2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

海中考古学の学べる大学

1 :出土地不明:2005/11/18(金) 20:38:50 ID:0/ZODaIv
海中考古学の学べる大学を知ってますか?

2 :◆Kr61cmWkkQ :2005/11/18(金) 20:47:59 ID:1PGLBHdP
考古学を学べる大学 その2.1
http://academy4.2ch.net/test/read.cgi/archeology/1116675127/ をご一読ください。

                                             −おわり−

3 :Lugal:2005/11/20(日) 01:53:42 ID:IPFhBPii
残念なことに日本では水中・海洋考古学はいまだに学べないようです。東海大の海洋文明(海洋学部)が一番近いと思います。なぜか日本はこの分野への興味が薄いらしく韓国、中国、タイなどと比べて15−20年ぐらい遅れているような気がします。

世界各国にはいろいろあります。こちらをご覧下さい。
http://www.anthro.fsu.edu/research/uw/links/directory_files/universities.html
Googleなどでサーチしてみれば他に何か見つかるかも知れません。


4 :出土地不明:2005/11/20(日) 10:27:43 ID:x5l9AK1e
スレ乱立するとまずいから 皆様書き込まんといてください
    

5 :出土地不明:2005/11/21(月) 01:16:28 ID:yjJRuzxz
日本で海中、水中、海洋、沈没船考古学が学べないのだったら誰か設立しようとか計画はないのでしょうか? 誰か専門の方とか? 

6 :出土地不明:2005/11/21(月) 11:13:46 ID:az/xkvK9
調査する場所も金も豊富にあるわけじゃないから無理

7 :出土地不明:2005/11/21(月) 11:55:26 ID:e3QL4MSI
日本の水中考古学や岩絵考古学は、オカルト屋が横行していても
平気で放置している状態だからな。日本の社会では当分
まともな学問として認知されないでしょう。

8 :出土地不明:2005/11/21(月) 19:20:52 ID:aFK3p693
奈良大で水野正好氏の前任者の田辺昭一氏、僕らの頃は京都市立芸術短大で
考古学の教鞭を執っておられました。『陶邑』の大著もありましたが、後に
水中考古学の(日本における)第一人者となっておられるはずです。

9 :Lugal:2005/11/22(火) 08:08:02 ID:jRh0p5pD
貴重な水中遺跡を見つけるためにサーヴェイなどに積極的に取り組む必要があると思います。
また、橋・埋立地などを作る前に調査する必要があります。
そのための水中遺跡保護の法律制定など政府が積極的に行動を起こすことが望まれます。
水中遺跡の調査や発掘はそれほど資金はかかりません。
沈没船などから得られる情報は地上での発掘とは違った貴重なものが多いです。
韓国の新安沈没船や地中海(とくにウル・ブルン沈没船)を見てください。
これらの成果をみれば水中考古学に力を入れる必要があることが一目でわかると思います。
日本で今出来ることは水中考古学への理解を高めることだと思います。


10 :出土地不明:2005/11/22(火) 16:58:03 ID:jdLRHyWi
ウルブルンばっかり有名になってゲリドンヤには全く関心が払われてないのが寂しい

11 :Lugal:2005/11/22(火) 22:49:11 ID:jRh0p5pD
ゲラドンヤ(ゲラドニア?)は60年代に発掘された沈船ですからそれほど正確に発掘されたわけではありません。
船材もほとんど残っていませんでしたし。
積荷は銅のインゴットと多少の交易品などウルブルンと正確が似ている...
今年から発掘調査が始まったトルコの沈没船(またINAが発掘を担当)はかなり期待が持てる発見だとか?
来年以降の調査に期待!


12 :出土地不明:2005/11/22(火) 23:44:36 ID:EVX2/pGU
Cape Gelidonyaの沈没船はLB期地中海の経済史研究上
結構重要なんだけどなぁ
個人商人の活動に関する研究も周辺文明の制海権に対する否定論も
ここから出てきたものでしょ

13 :出土地不明:2005/11/24(木) 14:03:49 ID:ghd75ULm
水中考古学の成果では個人商人の活躍や交易の広さを考え直す調査が幾つもあります。
日本でも“個人の歴史”を知ることが出来る水中考古学の可能性はあります。
沈没船の研究は貿易のメカニズムを知る上で重要だと思います。
貿易の本質を知るのはいくら地上の遺跡を掘っても分からない部分が多いでしょう。
地上の発掘では長年の堆積、他の遺跡との対比などから研究をすすめますが、沈没船考古学はどちらかといえば一括性(単発)になりがちです(ポンペイのように“あるイベント”を物語ってくれます)。
そのため大きな考古学史の流れの中からみれば多少異質に感じられるかもしれません。
しかし、歴史学との結びつき、海事史、航海技術など考古学の枠にはとらわれない研究が可能なのではないでしょうか?

14 :◆Kr61cmWkkQ :2005/11/29(火) 01:53:08 ID:9uQINVCW
このスレの削除依頼、却下されたですよ。
大学に拘泥せず、水中考古学全般のスレに変わったからだそうで…。

日本における沈没船研究を阻んでいる原因をふと考えたのですが…
地上の遺跡は主に公共事業前の埋蔵文化財発掘調査で明らかになりますが
水中遺跡には同様の法整備がないために、
簡単に護岸・埋め立て・浚渫工事で破壊されてしまう点が挙げられようかと。

博多・長崎・函館などの近代以前の国際貿易港は一度浚ってみたいところですが
現実問題として現代の経済活動を邪魔することになるので、ゴーサインは出せないでしょうね。

あと、あの開陽丸調査みたいに、明確な調査対象が存在していないと着手しにくいでしょう。
「博多湾全体を調査して、元寇や勘合貿易の実態を把握したい」みたいな漠然とした案ではちょっと…

15 :Lugal:2005/11/29(火) 11:20:35 ID:bI5d6UCv
埋立地や橋の建設の前に事前調査をすることを義務づけることが必要だと思います。
経済活動を多少制約することになるでしょうが、地上の工事と同様に扱われていないのが疑問に思えます。
UNESCOでは水中文化遺産保護を呼びかけています。
近い将来日本も国際法に従い水中遺産をマネージメントしなくてはならなくなります。
この時に国家が水中考古学者を育てようとしてもなかなか巧くいかないでしょう。

オーストラリアなどでは30年近く前から水中文化遺産の保護を国が積極的に取り組んできました。
当初は水中考古学などあまりぱっとしない存在でしたが、国家の取り組みにより、現在では水中考古学は割りとメジャーな存在です。
もちろん大学などで専門で学べますし、仕事もあります。


16 :Lugal:2005/11/29(火) 11:22:01 ID:bI5d6UCv
研究の対象ですが、サーヴェイの方法を海外の研究者や海洋学者から学ぶことが先決でしょう。
磁気探査、音波探査、サブ・ボトムプロファイラーや他の探査方法があります。
文献や考古学資料から交易のルートを探り、また同時に海流、海底面の様子、海底の堆積などを学び沈没船の発見が可能であるポイントを絞り込む必要があるでしょう。
これらを学ぶには時間がかかりますから、いろいろな研究者と協力をし、学際的な交流を深めていくことが水中考古学を発達させる最初の一歩だと思いますが...
もちろんそのためには考古学者が水中考古学の可能性を理解し、他の研究者の理解度も上げていく。
そんなことです。 よろしくお願いします。



17 :出土地不明:2005/11/29(火) 17:06:40 ID:n5PlFbwj
で?
一般的なことしか書いてないしつまんない糞スレ

18 :出土地不明:2005/12/03(土) 07:53:49 ID:8TAY9bFI
一般的な話しか出来ないのは日本での水中考古学に対しての認識がそれだけ少ない証拠。
イランのほうが日本よりもこの分野に関しては進んでいるそうです... 
なんだか悲しくなるのは私だけでしょうか?

19 :Lugal:2005/12/11(日) 01:33:51 ID:1P2wrErd
水中考古学の大モノ、ジョージ・バスさんが新しく本を出したそうです。
一般向けのポピュラーな本のようです。
日本でも売れるかな?


20 :Lugal:2006/01/04(水) 14:00:09 ID:6V8cAaIJ
http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20060103id21.htm
News速報のスレでも書きましたが、だれかもっと情報があればお知らせください。

【北京=藤野彰】3日付の中国紙「北京晨報」によると、広東省陽江市沖合の南シナ海で、12世紀の宋代に沈没した貿易船を丸ごと引き揚げて博物館に移すプロジェクトが1日から始動した。

 船は引き揚げた後、巨大な水槽の中に沈没時の状態のまま展示する計画で、積み荷の貴重な文化財とともにその全容の調査に関心が集まっている。

 この貿易船は約840年前に沈没。1980年代に発見され、「南海一号」と名付けられた。これまでに見つかった宋代の沈没船としては最大規模で、陶磁器など第一級の文化財を大量に積載していると見られている。

 船は水深約20メートルの海底に沈んでおり、厚さ約2メートルの土砂に埋もれている。このため、計画では、まず船の周囲を清掃した後、巨大な容器で囲い込み、4000トンの船の上に引き揚げる。

 この後、省内の博物館まで搬送し、沈没海域と同じ水質、水温を保った巨大水槽の中に安置する。文化財調査はこの環境で行われ、参観者はその作業を水槽越しに見学できるという。

 プロジェクトの事業費は1億元(約15億円)以上に上る見込み。船の引き揚げは来年中に実施するという。

 広東など中国沿岸では8世紀から「海の道」を通じてイラン、アラブ世界などとの間で活発な交易が行われており、沈没船引き揚げによって宋代の東西交流の実態解明が進むと期待されている。

(2006年1月3日21時40分 読売新聞)


21 :出土地不明:2006/02/22(水) 11:27:35 ID:q+W2nJv+
田辺 昭三先生がお亡くなりになったそうです。
日本でも水中考古学を実践していたことは大きく評価されるべきだと思います。
心からご冥福をお祈りいたします。

22 :出土地不明:2006/06/09(金) 02:15:14 ID:d6Kd5HVG
http://pr2.cgiboy.com/S/2385610
http://pr1.cgiboy.com/S/1252211
http://pr2.cgiboy.com/S/2825482/
http://blog.livedoor.jp/cubbear/
http://pr1.cgiboy.com/S/1273396/
http://ip.tosp.co.jp/i.asp?i=hoscafe

http://urac12ch.net/cat5/index2.html
http://yaplog.jp/nao5115riku/
http://01.xmbs.jp/dapo0oo/


23 :出土地不明:2006/09/16(土) 21:27:50 ID:CnImP6/C
中国学科教員 問題言動集

N.S教授・・・・・授業中に、
          「人間は働かなくても生きていける」
          「(自分のことを棚に上げて)中国語学科の学生は常識が無さ過ぎる」
          「(上に同じく)教育学科の学生はロリコンだらけ」
          「一般教養など必要ない」
          「セクハラというものはその行為を行う本人に悪気が無ければセクハラには当たらない」
          「大学教授は世間を知らなくて当たり前だ」
          etc迷言多数
W.Y教授・・・・同じく授業中に、
          「第123代天皇は精神異常者」
          「N.K(D大名誉教授)、F.N(T大教授)、S.T(元G大教授・故人)、H.I(元N大教授)、
           I.S(芥川賞作家・都知事)、K.Y(妄想漫画家)は人間のクズ」
          「金持ちへの税制優遇をやめて税金をできるだけ多く巻き上るべきだ」
Y.Y助教授・・・・退学願を提出した学生に対して、
          「私の言う通りに行動すれば、君の要求が通るように私が裏で話をつけておいてあげよう」
          という内容の取引を持ち掛けた。

以上のように、中国学科はキ○ガイ教員の巣窟です。
これから大○文化への入学をお考えの皆さんは、
中国学科にだけは絶対に出願をしないようにして下さい。

24 :出土地不明:2006/10/10(火) 03:06:45 ID:jLpSpROL
まずは、あちこちに乱立してる自称「海底遺跡」をきっちり
断罪できるようにならないと、いつまでたってもそういう
怪しげなオカルト業者と同一視されたまま。

こういう茶番に、だんまりのまま何も答えないと、世間では
「学会も認めている」というオカルト業者の言い分が
そのまま通っちゃう。

それでもいいなら、日本の水中考古学は永久に暗黒時代のまま。

25 :Lugal:2006/10/12(木) 13:20:15 ID:Jh09oPF9
というか、いんちき海底遺跡もどきを問題・迷惑と見ている考古学者はどれだけいるのか?
多少の知識があればあんなものはくだらないとわかるはず。
水中にある遺跡は”水中考古学者”の専門という考え方は先進国の間では1960年代の定義。
海外では海洋考古学、海事考古学、港の考古学などの専門がある。水中で発掘などを行うが、専門は水中での発掘ではない。
研究の対象となる船や港などの遺跡が水中にあることが多いため”水中考古学”と呼ばれるだけである。
陸と水中の違いは発見の方法、マネージメント、保存処理などであるが、これは対象となる遺跡が水中にあるための手法であり、研究目的ではない。
間単に言えば、水中にある遺跡があるだけでは研究の対象とはなりえない。

であるから、いんちき海底遺跡は研究の対象とする学者がいないのが問題ではないでしょうか?
それを問題と見るか見ないかは考古学全体の見解であると思います。





26 :出土地不明:2006/12/03(日) 17:25:12 ID:kLlqJLoN
奈良大

27 :出土地不明:2007/09/13(木) 19:35:19 ID:Z2MMV04o
      ■  ■ ■    ■   ■
■ ■■■■ ■ ■ ■■■■■   ■
■      ■        ■  ■  ■■
■      ■        ■   ■   ■
■      ■        ■   ■
■   ■■■■■   ■    ■
■  ■  ■   ■  ■     ■
■■  ■■   ■  ■ ■■

28 :出土地不明:2007/09/13(木) 19:35:50 ID:Z2MMV04o
>>27

29 :出土地不明:2007/09/13(木) 19:47:42 ID:Z2MMV04o
      ■  ■ ■    ■   ■
■ ■■■■ ■ ■ ■■■■■   ■
■      ■        ■  ■  ■■
■      ■        ■   ■   ■
■      ■        ■   ■
■   ■■■■■   ■    ■
■  ■  ■   ■  ■     ■
■■  ■■   ■  ■ ■■
>>29

30 :出土地不明:2008/01/27(日) 18:41:32 ID:AlBmCyW1
与那国島の海底「遺跡」を考察する 3
http://academy6.2ch.net/test/read.cgi/archeology/1156186460/

●●●熱海沖海底遺跡を考察する!●●●
http://academy6.2ch.net/test/read.cgi/archeology/1067732877/

■■串本沖海底遺跡を考察する■■
http://academy6.2ch.net/test/read.cgi/archeology/1090164464/

31 :出土地不明:2008/02/25(月) 01:59:47 ID:hvoPsjH1
保守

32 :出土地不明:2008/03/13(木) 21:25:51 ID:yoZ4Xdxa
保守

33 :出土地不明:2008/04/02(水) 21:56:18 ID:XRi+O9bg
            ,ィ"   _,,... ---- エエ --- ..,,,,_ :::ヽ
           i _,. -‐''"       !,キ) /     ̄ ̄;i
             |'" _,,. -―''''"""~~~~   ̄  ̄ ̄~~`'''ー|
         ,-、/-‐'"                      |          ̄ノ ̄| ̄
        /     、       `ヽ i;   ,r'"        |        ,勹 .├‐''
       ,' ⌒ヽ i;  ヾ'、_ ̄ ̄`'ヽ、ヾヽ , ,/,. -‐''" ''''ヽ , |r'"ヽ    ´_フ  ヽ、_,
       / 「  y'    `ーミーェr‐ェ- ゞ` "----f┬rー,='" :i!れヽ|
      ,!  | i!:/        - ::;r''" :;;; ヽ ̄ ̄ ̄ ̄   i!、ヽ i|    __l__
      ヾ、 ヾ`:,       ...:::;;;i'   ;;;:  |;;;::::::: : :     ヽ ノ |       |
        `ヽ )、     :::::;;;;;ノ      i;;::: :      : :::i;'",;!     i,____
    __i;,、__ュゝ'!;::ヽ     :;;;;;!,:へ.,,i  i ,、 i;;:;:;:: : . .  .,;.ィ"ィl
    ヾ;:;:;;:;:;:;:;:;:;:| :;ヽ   ,,...-‐-,、_ `ヾミ;:彡'-':::: : : :::,.-'"|;:;:;::;:`ー-,     ┬‐┌,┴┐
    ,.ゝ;:;:;:;:;:;:;:;:;|   ,.;;'";:;:;:;:;:,,,.--`=- -=こ ̄~`く、  |:;:;:;:;:;:;:;:ゞ-,    l__ ノl士
    フ:;:;:;;:;:;::;;:;;;/ ;: : /;::;:;:;:;r'"-‐''"  `" ̄~`ミヽ;:;:;:;ヽ  |:;:;:;:;:;:;:;:;:;;>  ノ凵  l土
   '"7;;ィ;:;:;:;:;;:;/ :; /;:;:;:;:;;/ ‐'''""~~ ̄ ̄~~`''ー `!;:;:;:;| ,!;:ィ;:;:;:;:;トド
    レ"V 〉'^`ヾ :;/;:;:;:;:;:;! :;、 _,,,...------,、_,,,  |;:;:;:;:| ;!'レv^y"     __ヽ__‐┬┐
    ,,.ィ"/   `y';:;:;:;:;:;:/  ~~`""~"~"~"~""   |;:;:;:;| '"   |       ニ メ ,ノ
   r' i' /     `i;;:;:;:;:;;i  ::;;::      '' ::::   |;:;:;:| : :;;;  ト.、       l ̄l ハヽヽ
   |、 ヽ'      /;:;:;:;:/`ヽ、:;;;: :::      :::: ,r''1;:;:;| :;;  :|;: ヽ      ̄   ̄
   ,': :\`丶、   ;!;:;:;:;/   ヾ ::;;;; : :     ;: /;:  i;:;:;! ;:   ;リ |

16 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)