2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

日本人どこから来たんだ?3

1 :出土地不明:2008/04/24(木) 12:50:11 ID:L8IDSIOF

前スレ

日本人どこから来たんだ?2
http://academy6.2ch.net/test/read.cgi/archeology/1189633821/


2 :出土地不明:2008/04/24(木) 12:50:51 ID:Fek35Np5
2げと

3 :出土地不明:2008/04/24(木) 12:53:59 ID:Fek35Np5
こぴぺテンプレ
>長江系の繋がりでみると、台湾と日本は近しい存在
とどのつまり、これが言いたいだけ(爆

最近は台湾経由論より中国直ってのが多い訳だがw

↑焦ってすぐに揉み消しに出てくる馬鹿ワンコロ(爆

もみ消しも何も最新50の台湾検索だと

>まーたまたいつもの台湾人=98%元江南人が涌いてんのかw
> >長江系の繋がりでみると、台湾と日本は近しい存在
>とどのつまり、これが言いたいだけなんだろが(爆
>O1 系統は台湾が起源であり、
>台湾と近いにも関わらず、日本列島では O1 はごく少数に過ぎない。
> >長江系の繋がりでみると、台湾と日本は近しい存在
>とどのつまり、これが言いたいだけなんだろが(爆
> >長江系の繋がりでみると、台湾と日本は近しい存在
>とどのつまり、これが言いたいだけなんだろが(爆
> >長江系の繋がりでみると、台湾と日本は近しい存在
>とどのつまり、これが言いたいだけなんだろが(爆

北方土器人くらいしか台湾発言して無いんだがw

4 :出土地不明:2008/04/24(木) 12:56:35 ID:L8IDSIOF
貫頭衣は単に人類最初の服装の形で、古代から現代まで世界中に見られる。


●貫頭衣 (かんとうい)
一枚の布を2つに折り、その折り目の中央に穴をあけ、そこから頭を貫いて
(通して)衣服としたもの。エジプト時代から見られる原始的な衣服の
形式である。ポンチョやガラビアなどもこの一種。
http://www.frontstyle.com/dictionary/j_ka.html

人類最初の服装の形は一枚布であったり、一枚布の真ん中に穴を開けて
被るという貫頭衣というシンプルな形であった。
http://homepage1.nifty.com/mottoi/kokusai8.htm

人類の衣服の工夫の中で最も単純な基本形として、貫頭衣の分布は広いが、
南米アンデス諸国に見られるポンチョがその代表的なものとされている。
http://www.h6.dion.ne.jp/~fu35/minzokuHP/ajia/indonesia.htm

5 :出土地不明:2008/04/24(木) 12:58:46 ID:L8IDSIOF
古代ローマ時代の貫頭衣のような、一枚の布の頭の部分をくりぬいた
だけの服を着ていた。
http://home.att.ne.jp/red/senseofwondr/mou2.htm

古代中国もローマもギリシャも布を纏うか貫頭衣であった。
http://www.lcv.ne.jp/~yokota/contents/mumble/ykt/970410.htm

ローマ時代のイタリアでは男性はトーガという貫頭衣
http://www.psats.or.jp/psats.or.jp/column/nakamura027column.html

6 :出土地不明:2008/04/24(木) 18:26:20 ID:PQh1Ve9W
弥生文化は中国の江南から海流に乗って日本列島と朝鮮半島に移住してきた倭人の文化だ。
朝鮮の倭人は三韓だ。とくに伽耶は純粋な倭人で、任那は日本政府の植民地だ。

ツングース系の優勢な今の朝鮮とは関係ない。

そもそも韓国の「韓」とは朝鮮半島に住んでいた倭人のことだ。
これを中国人が韓人と呼んだ。

いまのツングース優勢の韓国とは全く関係ない。
お前らは鮮卑と同じだから朝鮮だ。「朝」とは中国語で「無礼」という意味だ。
だから「朝鮮」は「無礼な鮮卑」という意味だ。これがお前らの名前だ。

「韓」は日本人のもの。

ちなみに「倭」の音「wo」は江南の「呉」や「越」の「wo」と同じだ。
「wo」の音に漢字を当てただけだ。

古代大日本帝国は日本列島および朝鮮半島の国々を支配した大帝国。
朝鮮半島南半、すなわち現在の韓国は日本固有の領土。



7 :出土地不明:2008/04/24(木) 22:29:56 ID:jkXsqthT
弥生人は環壕集落に住んでいました。

>「環壕」集落のルーツとして考えられる3つのルート

>北部九州の初期環壕集落の母型が朝鮮半島南部にあったとすれば、
>そのルーツは引佐駆動用に、さらに山東半島から南へ、
>長江流域にその淵源をたどる事が出来るのだろうか?


>結論から言えば、「環壕」集落のルーツには
>○内蒙古を起源として、黄河中・下流域に広がって、山東半島から朝鮮半島南部、北部九州へと伝播した東方ルート。

>○渤海湾の北から吉林、沿海州に達し、日本海をも越えて日本列島の北端に達した北方ルート。

>空壕を巡らした「環壕」集落とは別ルーツとして
>○長江下流域を起源とする周囲に水をたたえた水濠をめぐらした「環濠」集落があった。

>「壕」と「濠」を厳密に使い分けているから注意して欲しい。

はい、長江起源でなくて残念でしたw

8 :出土地不明:2008/04/25(金) 02:04:18 ID:SjJrTNdv
弥生文化は中国の江南から海流に乗って日本列島と朝鮮半島に移住してきた倭人の文化だ。
朝鮮の倭人は三韓だ。とくに伽耶は純粋な倭人で、任那は日本政府の植民地だ。

ツングース系の優勢な今の朝鮮とは関係ない。

そもそも韓国の「韓」とは朝鮮半島に住んでいた倭人のことだ。
これを中国人が韓人と呼んだ。

いまのツングース優勢の韓国とは全く関係ない。
お前らは鮮卑と同じだから朝鮮だ。「朝」とは中国語で「無礼」という意味だ。
だから「朝鮮」は「無礼な鮮卑」という意味だ。これがお前らの名前だ。

「韓」は日本人のもの。

ちなみに「倭」の音「wo」は江南の「呉」や「越」の「wo」と同じだ。
「wo」の音に漢字を当てただけだ。

古代大日本帝国は日本列島および朝鮮半島の国々を支配した大帝国。
朝鮮半島南半、すなわち現在の韓国は日本固有の領土。




9 :出土地不明:2008/04/25(金) 02:38:16 ID:TO1CedaV
4万年前に日本も韓国もねぇや。

10 :出土地不明:2008/04/25(金) 02:56:40 ID:RqFsfhr6
>>7

無いだろうけど、ソースw

11 :出土地不明:2008/04/25(金) 12:38:04 ID:LEtk2H1g
鵜飼は満州や朝鮮半島にも見られる。


満州の京都ともいわれた古都吉林の松花江の鵜飼は6月から9月までの日中に
行われる。鵜縄をつけずに川に放った鵜が魚をくわえると網で船にすくい
あげて吐かせるという満州式の鵜飼であった。
http://www.jiyuu-shikan.org/shoseki_video4.html

日本の鵜飼いは、鳥居氏に便乗すれば、江南よりも朝鮮や満州の
北方民族から伝わったのかもしれません。鴨緑江や松花江などでも
鵜飼いは見られます(注9)。
http://www.han.org/a/half-moon/hm080.html

12 :出土地不明:2008/04/25(金) 12:40:55 ID:LEtk2H1g
しかも日本の鵜飼は中国よりも古い。


鵜飼いの歴史は古く、『日本書紀』神武天皇の条に鵜養部のことが見え、
『古事記』にも鵜養のことを歌った歌謡が載っている。また中国の史書
『隋書』開皇二十年(600年)の条には、日本を訪れた隋使が見た変わった
漁法として紹介されている。

隋書の書かれた時代には鵜飼いは中国人にとって珍しい漁法だったが、
その後中国においても鵜飼い漁法が定着した。

確実な記録として最古の物は、10世紀の文人・陶穀が残した『清異録』
(965年)において、当塗(安徽省太平府の都市)の漁民が「魚を捕らえる
のに非常に機敏な鵜を使う」と記述されているのが最初である。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%B5%9C%E9%A3%BC%E3%81%84

13 :出土地不明:2008/04/25(金) 19:57:03 ID:nRsDw8vE
>>10

>最古の環濠集落は、内蒙古自治区に集中する。

>例えば、赤峰市興隆窪(こうりゅうわ)遺跡は、
>183×166メートルの楕円形の環壕集落で、韓国や弥生時代の初期環壕集落を見るようだ。

>内蒙古に発し、円熟した黄河流域の新石器時代中期社会で整備された環壕集落の構造は、
>再び東へと伝わり、朝鮮半島を経て、列島の弥生時代に見事に再現されている。
http://toron.chu.jp/kodai/ine/kangoune.html


>日本には水ありの方が水なしよりも若干遅れて出現したようです。
http://okwave.jp/qa2210952.html

かさねがさね長江渡来人でなく残念でしたw

14 :出土地不明:2008/04/25(金) 23:19:56 ID:O3eABEtA
>>11
>鵜飼は満州や朝鮮半島にも見られる。
華南から日本へ、
日本から華北、満州、朝鮮に伝わったんだろ

中原へは華南と日本から伝わったんだろ

15 :出土地不明:2008/04/26(土) 07:22:12 ID:/VjTTPOs
>>13

最古の環濠集落は、内蒙古自治区に集中する。

例えば、赤峰市興隆窪(こうりゅうわ)遺跡は、
183×166メートルの楕円形の環壕集落で、韓国や弥生時代の初期環壕集落を見るようだ。

しかし、年代は紀元前6200年〜紀元前5400年、日本では縄文時代の早期だ。

ここから南下して黄河を遡ると、有名な仰木韶(ぎょうしょう)文化の西安市半坡(はんば)遺跡だ。
幅、深さとも5〜6メートルにも達する断面V字形の環壕が、
長軸200メートルの楕円形をなして、住居や貯蔵穴、家畜小屋、土器窯などを囲っている。

東南の隅がコの字状に突出しているから、吉野ヶ里遺跡のような望楼が建っていたのだろう。
しかし、この壕は、実は外壕であり、中心部に内壕が存在し中には長方形の大型建物がある。
弥生環壕集落の特別の集団を内側で囲むという二重構造も紀元前4500年のここまで、たどれるのである。


東方へのルートには、夏家店(かかてん)下層文化期(紀元前2300年〜紀元前1600年)の赤峰市大甸子(だいでんし)遺跡がある。
350×200メートルの楕円形で、弥生時代の環壕集落に規模、時期ともに近づく。

内蒙古に発し、円熟した黄河流域の新石器時代中期社会で整備された環壕集落の構造は、再び東へと伝わり、朝鮮半島を経て、列島の弥生時代に見事に再現されている。



ああ、結局中国起源かww
墓穴掘りまくりだなお前ww


16 :出土地不明:2008/04/26(土) 10:32:14 ID:RYSEBZ0p
>>15
検丹里(コムタンニ)遺跡で、環壕集落が見つかり、その文化が水稲農耕とともに
朝鮮半島南部から日本に伝来した事が明らかになりました。
 
検丹里遺跡は、無文式土器時代中期のB.C.5世紀〜B.C.4世紀初め頃の環壕集落ですから、
その年代から言っても北部九州の環壕集落の元になっていると言えるでしょう。

しかも、低い丘陵上に作られた環壕は、幅2m、深さ1.5m、平面119×70mの楕円形で、
規模も様相も博多区板付にある遺跡と類似しています。


17 :出土地不明:2008/04/26(土) 11:03:02 ID:RYSEBZ0p
従来の見解では環濠集落は、朝鮮半島ではあまり例がなく、
弥生時代の環濠集落のルーツは、中国の江南地域に求める説が有力であったが、
最近になって、慶尚南道検丹里で環濠集落が検出され、

通説の再検討が改めて必要となっている。

 そればかりではない。吉野ヶ里遺跡出土の埋葬人骨300体あまりの
人類学的考察によれば、その多くが渡来型人骨である


18 :出土地不明:2008/04/26(土) 15:26:08 ID:xqXzZSQu
>17
移動方法は?

19 :出土地不明:2008/04/26(土) 15:30:27 ID:xJpWpVgl
骨好きだよな兄さんら。
人類学的考察だとよw

20 :出土地不明:2008/04/26(土) 16:08:25 ID:L4b4b4yN
民潭の方から民潭からもらった教本のとおりに2CHに書き込めって
言われたんですけど何を書いたら良いですか教えて下さい。

21 :出土地不明:2008/04/26(土) 16:18:02 ID:xJpWpVgl
大和民族を半島方向に誘導すりゃ良いんだよw

22 :出土地不明:2008/04/26(土) 16:43:53 ID:RYSEBZ0p
>>21
つい最近まで半島を同じ国ということにして併合してたじゃないか?
戦争に負けたからといって嫌うんじゃないよw

23 :出土地不明:2008/04/26(土) 18:01:12 ID:gk8odGoB
>>16

でも結局起源は中国www




最古の環濠集落は、内蒙古自治区に集中する。

例えば、赤峰市興隆窪(こうりゅうわ)遺跡は、
183×166メートルの楕円形の環壕集落で、韓国や弥生時代の初期環壕集落を見るようだ。

しかし、年代は紀元前6200年〜紀元前5400年、日本では縄文時代の早期だ。

ここから南下して黄河を遡ると、有名な仰木韶(ぎょうしょう)文化の西安市半坡(はんば)遺跡だ。
幅、深さとも5〜6メートルにも達する断面V字形の環壕が、
長軸200メートルの楕円形をなして、住居や貯蔵穴、家畜小屋、土器窯などを囲っている。

東南の隅がコの字状に突出しているから、吉野ヶ里遺跡のような望楼が建っていたのだろう。
しかし、この壕は、実は外壕であり、中心部に内壕が存在し中には長方形の大型建物がある。
弥生環壕集落の特別の集団を内側で囲むという二重構造も紀元前4500年のここまで、たどれるのである。


東方へのルートには、夏家店(かかてん)下層文化期(紀元前2300年〜紀元前1600年)の赤峰市大甸子(だいでんし)遺跡がある。
350×200メートルの楕円形で、弥生時代の環壕集落に規模、時期ともに近づく。

内蒙古に発し、円熟した黄河流域の新石器時代中期社会で整備された環壕集落の構造は、再び東へと伝わり、朝鮮半島を経て、列島の弥生時代に見事に再現されている。


24 :出土地不明:2008/04/26(土) 18:07:07 ID:xqXzZSQu
アムール川から東進
樺太を南下


やがて定住

25 :出土地不明:2008/04/26(土) 19:15:14 ID:W3CEWco8
日本の銅鐸のルーツ? ベトナム・雲南地方の銅鼓、貯貝器の模様(最下方)
逆S字、のこぎり形、流水形、舳先の立ち上がったゴンドラ舟形、頭に鳥羽
を付けた人物、等々器形は全く違うが模様はうりふたつ逆S字は「隼人の盾」の
模様と同じ。

http://www.hum.u-tokai.ac.jp/journal/no76/BUNGA76Y-02_15162.pdf

隼人の盾

http://www.kazuart.com/nazo/kodaibunmei/hayato/kiji/hayato/index.html


26 :出土地不明:2008/04/26(土) 19:17:01 ID:W3CEWco8
長江文明を担ってたと思われる倭人、越人(渡来系弥生人)のY染色体(O2b)
大和民族を決定ずける(縄文系弥生人)のY染色体は(D2)である。

アイヌ        0 %  (D2  88%)
東京         26%  (D2  40%)
北琉球、沖縄   30%  (D2  39%)
南琉球、八重山  67%  (D2  4%)
漢民族、華北   0%   (D2  0%)
チベット       0%   (D1  16%  D3 33%)
朝鮮族       51%  (D2  0%)
満州族       4%   (D2  0%)
漢民族、華南   0%   (D2  0%)
ベトナム      14%  (D1  3%)
インドネシア    20%
タイ          6%
ミャオ族       0%   (D1  7%)
マレー        0%   (D1  3%)


27 :出土地不明:2008/04/26(土) 19:18:26 ID:W3CEWco8
〔 畳語の由来 〕

1畳語の由来
 日本語には畳語、つまり「グラグラ」するというように、同じことを二度くりかえす
言葉が多いが、南方語、取り分けマレー半島やジャワ、スマトラ、セレベスなどで使わ
れているマレー=インドネシア語にも、この畳語が非常にたくさんある。このことから、
日本語とマレー=インドネシア語との間には、何かつながりがあるのではないかという
疑問が生まれてくるが、マレー=インドネシア語をよく調べてみると、日本人がそれと
は気づかずに、日常の会話で使っている畳語の多くが、マレー=インドネシア語から
きているということがわかってきた。例えば、最初の「グラグラする」のグラは、これ
だけでは何のことかわからないが、マレー=インドネシア語の「動く」というgerak
(グラック)の語尾子音kがきえたものである。
2具体的な例
[畳  語][マレ・イン語][原  語  の  意  味]  [変化 や 脱落]
 マゴマゴ  mangu  驚きの為呆然となる意         u→o  n落
 クヨクヨ  kuyu  思いに悩む、悲しげなの意       u→o
 スゴスゴ  sungot 不平をいう意 いやいやながらの意   n落 語尾t落
 ボヤボヤ  boyak  香りのぬけた、うまみのない意        語尾k落
 シクシク  sik   ささやくの意、(すすりなきの様な場合)
 メソメソ  mesoh  悪態をつく意、(だだをこねる様な場合)   語尾h落
 クスクス  kuskus ささやく意
 ゲラゲラ  gelak  高笑いの意              ■→e語尾k落
 ヒソヒソ  bisu  おしの、という意           b→h、u→o
 パキパキ  pakik  金切声や大声をだす、叫ぶ、の意       語尾k落
 ハキハキ  pekik  上に同じ               ■→a語尾k落
 ペラペラ  perat  意味のわからぬことをいう意         語尾t落
 ペコペコ  pekok  湾曲した意                 語尾k落
 ベロベロ  belok  進みつつあるものが方向をかえる意      語尾k落
 トロトロ  tolo  頭など、鈍いぼんゆりした愚かなの意
 ウトウト  antok  ねむたい意              n→u、ak落


28 :出土地不明:2008/04/26(土) 19:19:44 ID:W3CEWco8
 シラジラ  silap  人の目をごまかす、目をくらますの意     語尾p落
 カサカサ  kasar  地のあらい、粗野な、の意          語尾r落
 スガスガ  sekar  壮快な、気持ちよい、の意   e→u,k→g語尾r落
 クラクラ  kelam  暗い、朦朧としたの意、(目がくらむ) ■→u語尾m落
 ブヨブヨ  buyut  ふとった、でぶでぶの意        u→o語尾t落
 ムクムク  gemuk  ふとったの意               語頭g■落
 ボロボロ  borok  みにくい、ボロボロの、意            k落
       buruk  上に同じ               u→o語尾k落
 ボロボロ  borot  したたるの意                語尾t楽
 ボチョボチョbochor もる意                   語尾r落
 ガブガブ  gabur  ほとばしり出るの意             語尾r楽
 ガツガツ  gatus  かむ、かみつく、の意            語尾s楽
 ゴロゴロ  guroh  雷、雷鳴の意             u→o語尾h落
 ガリガリ  garis  かく、の意                 語尾s落
 グルグル  gulun  たたむ、まく、の意             語尾n落
 クルクル  kurung 包む、くるむ、とりまくの意         語尾ng落
 バラバラ  balan  切断する、裂く、意             語尾n落
       belah  上に同じ               e→a語尾h落


29 :出土地不明:2008/04/27(日) 02:34:18 ID:4pwEWn56
http://jp.youtube.com/watch?v=5SMIgGAHAoU&feature=related
http://jp.youtube.com/watch?v=looALHmz6aA&feature=related
http://jp.youtube.com/watch?v=XlJkpEsaYMY&NR=1
http://jp.youtube.com/watch?v=aJ47PkaeM_M&feature=related
http://jp.youtube.com/watch?v=vsbv9Y-oPxg&feature=related
http://jp.youtube.com/watch?v=srYyLjVihYQ&feature=related
http://jp.youtube.com/watch?v=GyY_GFtj5Tg&feature=related
http://jp.youtube.com/watch?v=9uF85UO9-lg&feature=related
http://jp.youtube.com/watch?v=svH44ZUVE4A&feature=related
http://jp.youtube.com/watch?v=k9OJL0c-CBg&feature=related
http://jp.youtube.com/watch?v=I7nMFPYuF7o&feature=related

鉄道をこよなく愛する人たち

30 :出土地不明:2008/04/27(日) 12:54:11 ID:FOrPdCTa
長江文明だよ


31 :出土地不明:2008/04/27(日) 13:13:28 ID:Mt9wvetm
バイカル湖とアムール川だよ


水が無いと生きていけないって

32 :出土地不明:2008/04/27(日) 17:06:16 ID:O7NeA9Ss
http://www.hum.u-tokai.ac.jp/journal/no76/BUNGA76Y-02_15162.pdf
>弥生時代の青銅器鋳造現場の性格を詳細に研究した結果によると,
>弥生中期前半までは日本での青銅器の鋳造は朝鮮半島からの渡来人によって行われていたことが
>指摘されている......。それは工人の生活跡から出土した土器から導き出されている。そうすると
>弥生時代の銅鐸の文様の源流について

>南からの工人達は,朝鮮半島で土着化し,その後渡来したことも考えられる。

あらま、江南直伝でなかったんですねw

http://www.kazuart.com/nazo/kodaibunmei/hayato/kiji/hayato/index.html
九州のアイヌ(武士階級)+半島のO3O2b(農民)=日本人



33 :出土地不明:2008/04/27(日) 18:51:10 ID:JA6q/l6X
>南からの工人達は,朝鮮半島で土着化し,その後渡来したことも考えられる。

南からの工人達は、倭人,越人系の韓人,加羅人(カラビト)で有って
近代朝鮮人では無い事は理解してるよね。韓人は日本語を喋ってたんだから。

34 :出土地不明:2008/04/27(日) 19:47:56 ID:6zPEfODX
加羅の地域は、古代製鉄の盛んな地で『魏志』東夷伝の弁辰の条には、
「韓や倭がこれを取るし、また鉄が通貨として使われている」と書いて
あります。この時、流通していた鉄は砂鉄から精錬された鉄板で「ねりかね」
と呼ばれたものです。加羅の地域には早ければ紀元前四世紀に製鉄技術
が伝わったとされ、北九州では紀元前八世紀ごろの遺跡から鉄塊が出土してる。

南インドの崑崙船は戦国時代の江南地方にしばしばやってきましたから、
製鉄技術や刀剣製作技術は南インドから伝わったものでしょう。崑崙船
は足の長い外洋船ですから、さらに加羅の地域に来ていたものと思われます。
それはインドのアユダ国の姫が加羅の始祖王のところに船で嫁入りした
という伝説にもうかがうことができましょう。別に江南とはかかわりなく、
崑崙船でやってきた南インドのタミル人が直接加羅、北九州の地域に製鉄技術
や刀剣製作技術を伝えたとしてもおかしくないでしょう。



35 :出土地不明:2008/04/27(日) 19:57:32 ID:O7NeA9Ss
>>33
馬韓
かつて中国山東半島奥地にあった韓人が移住してきたと見なされていたふしがある。
この中国大陸の韓、朝鮮南端部の馬韓弁韓、日本西部は大陸中国からは一括して、
倭という民族単位で見なされてきた。[要出典]
"http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%A6%AC%E9%9F%93" より作成

辰韓
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%BE%B0%E9%9F%93
>頭は扁平短頭であり、風俗は倭人に似ていたと言われている。
まさに関西人ですね


36 :出土地不明:2008/04/27(日) 21:23:05 ID:iHOVvvg6
糸引き納豆の登場は室町時代頃、なれずしは3C頃。


平安時代の文献にも塩辛納豆の名は残っているが、一般に広まったのは
室町時代以降でこの頃から糸引き納豆も登場しており区別するために
塩辛納豆を久喜と呼び糸引き納豆を単に納豆と呼ぶようになった。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%B4%8D%E8%B1%86

なれずしの歴史は古くて、紀元前には中国で食べられていたらしいんだ。
それが三世紀頃に日本にも伝わって、奈良時代には文献にも登場する。
http://www.kouryu.or.jp/asobi/2003syoku/d/3.htm

37 :出土地不明:2008/04/27(日) 21:44:50 ID:bOxzXIOc
>九州のアイヌ(武士階級)

どんなものかkwsk。


38 :出土地不明:2008/04/27(日) 23:06:49 ID:O7NeA9Ss
縄文人はアイヌと同じ父系遺伝子を持つ

九州の縄文人も鎌倉武士が蒙古軍を破ったように半島からの侵略を撃退し
食料増産確保のため半島から農民を移住させて支配階級になったのだろう。

>鎌倉武士はアイヌと近縁である


>アメリカから見た鎌倉:ブレイスのアイヌ−サムライ説


>1989年に、ミシガン大のローリング・ブレイス教授らは「Reflections on the Face of Japan」
  という論文をAmerican Journal of Physical Anthropologyに発表した。

>この論文で、ブレイスらは、鎌倉の材木座・極楽寺付近から出土した1333年の鎌倉攻めの
 犠牲者人骨の歯のサイズと頭蓋骨計測データを用いて、
>鎌倉武士はアイヌと近縁であるという説を唱え、アメリカで注目を集めた。

>今回、ブレイスの頭蓋骨計測データを新しい統計処理法を使って再分析した。

>また、歯の計測データに関しては、ブレイスらは歯の合計面積の平均値のみを使って集団間の
  血縁関係を議論したが、
>今回は、個々の歯のサイズのデータを用いて多変量解析を行い、それらの結果を報告する。
http://www.marianna-u.ac.jp/gakunai/anatomy/jinrui59/sympo.html

39 :出土地不明:2008/04/28(月) 02:15:53 ID:ar6lDDRW
バイカル湖とアムール川

シベリアの[アムール川]と[アムール川の近くの山岳部分]


間宮海峡があるだって?

氷河期(1万年前)ならわたれる

40 :出土地不明:2008/04/28(月) 10:53:47 ID:pXMDsM/w
なんか旧石器人は渡海能力が無かったと思いこんでいる奴がいるな。

41 :出土地不明:2008/04/28(月) 12:22:40 ID:I7d27f75
抜歯は世界中の原始社会で見られ、日本では先土器時代から行われて
風習としては4000年前頃に仙台湾周辺から始まっている。


原始・古代の世界中に、抜歯風習はあったという。ことに長く続いたのが、アフリカ、
中国、日本だとされてますね。中でも目立ったのが、縄文・弥生の日本列島。
http://www5.ocn.ne.jp/~vorges/sub12..html

歯を抜いたり、歯を削り歯を飾る風習は、日本だけでなく中国、台湾、
アジア、オーストラリア、アフリカにもみられた。
http://www.dent-kng.or.jp/chishiki/museum/hakubutukan/wa_bassi/index.htm

抜歯の儀式は、世界の狩猟採集民族のなかでは、比較的あたりまえに
行われていて、それほど奇習というわけでもないのです。現在でも
アフリカ、東南アジア、オーストラリアの一部の民族に残っています。
http://www.city.fujiidera.osaka.jp/rekishitanbou/kodai/kodai5/kodai-64.html

42 :出土地不明:2008/04/28(月) 12:24:44 ID:I7d27f75


佐倉市にある国立歴史民俗資料館の春成秀爾氏によると、抜歯そのものは
縄文時代以前の先土器時代にもあるが、風習としての抜歯は約四千年前頃に
東北地方の仙台湾周辺ではじまり、それ以後に関東地方をはじめ全国に
広がったという。国立歴史民俗資料館前館長の佐原真氏によると、こうした
抜歯は現在でも世界のいくつかの民族の間に風習として残っており、
子どもから大人になるための儀礼(成人儀礼)としての事例、近親者が
亡くなると歯を抜く事例、勝利の明かしに捕虜から歯を抜く事例などが
あって、このうちも最も多いのは成人儀礼にともなう抜歯であるという。
http://www.ichiyomi.co.jp/rekisi/index4.html


43 :出土地不明:2008/04/28(月) 12:51:38 ID:VU7ipwtW
長江文明に決定

だから長江流域は日本領です

44 :出土地不明:2008/04/28(月) 13:25:14 ID:ar6lDDRW
>40
産業革命(1800年ごろ)前の木造船(しかも手作り)じゃ
渡海能力は小さいもの

大した数が運べない。
とても人間の数が合わない(木造船で運べる人数(百人)、出産率、政治的闘争(筑紫君磐井の乱 、倭国大乱(わこくたいらん)2世紀の末葉、なんでも)に記録される軍人の人数(数千人から万人))

45 :出土地不明:2008/04/28(月) 14:03:33 ID:UskJIeaF
「南インドからやってきたのは単に言葉ではない。文明がやってきたのだ」

今の日本に英語があふれているのはなぜですか、米国の文明が優れているからでしょう
南インドから優れた文明がやってきて、弥生時代の幕を開けた言葉はそれと同時にやってきた。

行事や習慣など民俗面の類似性。さらに土器に刻まれた記号や墓などの共通性。
弥生時代の特徴として水田稲作、鉄、機織りの三つを挙げ、一つひとつ日本と南インド
がつながる可能性を提示してゆく。
 最も論議を呼びそうなのは、「タミル語と朝鮮語」だろう。日本語(500語共通)
だけでない、朝鮮語にもタミル語と共通する言葉が多いというのだ。具体的に112語を
示し、音韻と意味の類似性を主張する。うち45語は日本語も含めた3言語で共通するという。
「タミル語は舟にのって日本列島にやってきた。同じ海でつながる朝鮮半島にも影響が
あって何の不思議もない」との考えを示し、「日本語と朝鮮語は出発点を共有する関係に
あると考えるべきでは、との仮説を提起したい」と語る。


46 :出土地不明:2008/04/28(月) 14:04:30 ID:UskJIeaF
「南インドの巨石(ドルメン)文化」
・稲作・鉄器・崑崙船・甕棺墓・土トン墓・子持ち土器・鏡餅・正月のとんど焼き・

http://www.google.co.jp/search?hl=ja&q=%E5%8D%97%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%89%E3%80%80%E9%89%84%E5%99%A8&btnG=%E6%A4%9C%E7%B4%A2&lr=lang_ja


47 :出土地不明:2008/04/28(月) 14:15:30 ID:sg6kjMjo

『弥生文明と南インド』(岩波書店)

語学者で学習院大名誉教授・大野晋の新刊


48 :出土地不明:2008/04/28(月) 14:50:54 ID:dj4gwkk3
>>46 ごめん間違えた

http://bbs.jinruisi.net/blog/2008/04/000367.html


49 :出土地不明:2008/04/28(月) 23:00:42 ID:F0uUG9J1
縄文人→シュメール人 弥生人→ユダヤ人

50 :出土地不明:2008/04/29(火) 01:03:10 ID:f0uabYT9
>>8
古代大日本帝国www

51 :出土地不明:2008/04/29(火) 11:16:25 ID:/hK37U7D
自分でボケて自分で突っ込む一人芝居乙w

52 :出土地不明:2008/04/29(火) 11:31:18 ID:/hK37U7D
半月型石包丁(桂葉形雙孔石刀)は遼寧を経由している。


中国遼寧省羊頭窪遺跡.  黒陶系土器 石器(石包丁 磨製石鏃) 紡錐車 骨角器 卜骨
http://www.museum.kyoto-u.ac.jp/museumF/jpncul.html

紅山文化は北方地区の新石器文化の中で重要な文化です。ここでいう北方地区とは、
東北3省(遼寧、吉林、黒龍江)、内蒙古自治区および新彊維吾爾(ウイグル)自治区を指します。
大型石器の中で特徴的なものに、土掘具(耜あるいは犁とも呼ばれる)、桂葉形の双孔石刀があります。
http://kohkosai.web.infoseek.co.jp/kaisetu/15-1kouzan.htm

中国北部の文化が東北部の遼西まで及んでいるいることを知りえた。それに、石包丁が出土していた
のには目を見張った。日本に石包丁が伝わったのはそれから3千年もたった弥生時代になってからなのだ。
http://kyohiro.blog.ocn.ne.jp/
◆遼寧の石包丁
http://kyohiro.blog.ocn.ne.jp/./photos/uncategorized/2008/02/04/070827_078_2.jpg

53 :出土地不明:2008/04/29(火) 13:54:22 ID:mMSFK8uY
アムール沿海州から来たんだよ。

54 :出土地不明:2008/04/29(火) 19:57:00 ID:f0uabYT9
弥生は違くない?古墳期ならありえるけど・・・


55 :出土地不明:2008/04/30(水) 05:49:15 ID:Dx1gVK4+
>54
風習(漢字の発音、料理技術)なだけ(Software)で
実物ではないと思う。

実物(人間自体)ならやはり移動の手間がある。
となると、人間の力だけでできる事と言う制約がかかる。
だから間宮海峡-宗谷海峡-津軽海峡の深さ温度がどういうものかによるる。

宗谷海峡(そうやかいきょう)
最深部は60mほど

あとは樺太の面積だね(海から上の部分)

しかし、証拠を集めたくても、日露間の政治(1904年、1917年、1939年-1945年)に巻き込まれてしまう。

証拠さえあれば議論に決着が付くのにorz

56 :出土地不明:2008/04/30(水) 05:53:03 ID:Dx1gVK4+
1297年、日本の津軽地方を本拠地とする蝦夷管領安東氏が「骨嵬」を率いてシベリアの黒竜江(アムール川)流域に侵攻したとされる。


1308年、「骨嵬」、元に降伏。毎年の貢物を約束。


関係あるといえるかどうか。。。また微妙な...

アムール川-間宮海峡-樺太
実地で調べたいんだけど
日本-中国-ロシアの3国の政治に思いっきり巻き込まれている。

57 :出土地不明:2008/04/30(水) 06:12:22 ID:0ALefWYG
長江文明とされる


58 :出土地不明:2008/04/30(水) 15:33:10 ID:hJ4OLruX
食生活の変化で体つきとか変わるからな

縄文人が米食うようになって弥生人になった可能性はどれくらいだ?

59 :出土地不明:2008/04/30(水) 15:38:12 ID:Skqg7HLc
>>44
誰が一挙に数百人が渡ってきたと言っているの?
数人ずつで十分なんだよ。

60 :出土地不明:2008/04/30(水) 16:20:16 ID:DsiimlYN
縄文人→シュメール人 弥生人→ユダヤ人

61 :出土地不明:2008/04/30(水) 20:16:36 ID:zPfa1IFU
朝鮮半島で最古の水田遺跡は今のところ前11世紀。



弥生時代の始まりと深く関連している韓国南部だが、最古の水田は
慶尚南道蔚山・オクキョン遺跡で見つかっており、孔列文〜突帯文土器が
伴っているところから、前11 世紀頃と考えられている。
http://www.rekihaku.ac.jp/press/yayoi_kaishi.pdf




62 :出土地不明:2008/04/30(水) 22:48:27 ID:Dx1gVK4+
>59
その人数(数人)じゃあ
とても組織(共同体、村、コミュニティー、外部とのイクサ)を維持できるとは思わない


自動化された現代船艦舶(駆逐艦、タンカー、なんでも)だって50人近い人間がいないと組織崩壊するのに

63 :出土地不明:2008/05/01(木) 04:06:04 ID:ZwwruqDl
>59
組織を維持できないな

64 :出土地不明:2008/05/01(木) 17:41:18 ID:yMMyLAtl
弥生文化は稲作だけでなくさまざまな文化要素の複合体である。大林太良氏が
指摘したように日本にあって朝鮮半島に存在にない南方的な要素が数多くある。

たとえば、鵜飼、割竹型木棺、げた、納豆、生魚を食べる習慣、みそ等、江南の
照葉樹林地域と同じような文化要素が存在する。

また、前回の講演会で述べたように、日本の弓は朝鮮半島とは異なり、南方に
同種の弓が分布している。

言語の近さ、日本語は、確率論的に、インドネシアやカンボジアなどの言語と
偶然とはいえない近い関係にある。しかし、朝鮮語とは疎遠であり、朝鮮半島
から人々が来たとは考えにくい。

日本語は、朝鮮半島南部と九州に倭人がいて、そこに南からカンボジア系などの
言語が混合して成立したクレオール言語と考えられる。


65 :出土地不明:2008/05/01(木) 19:16:54 ID:OFzY6nyh
>>64

ことばが共通することはこれで説明できるかもしれない。

しかし、「膠着語」であることが説明できるのかな?

66 :出土地不明:2008/05/01(木) 19:24:28 ID:ZwwruqDl
人間といった物理的な存在は北方であるシベリアから
文字や服装といったソフトは南方中国から


E=mc^2

67 :出土地不明:2008/05/01(木) 19:38:24 ID:IbpsU63n
だからよ、東アジア中に人種ばら撒く強大なエネルギー源は
シベリアの何処にあんのよw

地下に人種製造工場でもあんのか?

68 :出土地不明:2008/05/01(木) 19:55:41 ID:ZwwruqDl
氷河期
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B0%B7%E6%B2%B3%E6%9C%9F
III ヤンガードリアス (Younger Dryas) 8,800 - 8,300 BCE ツンドラ
II アレレード (Aller?d Oscillation) 9,800 - 8,800 BCE ツンドラ、カバノキ林
Ic オールダードリアス (Older Dryas) 10,000 - 9,800 BCE ツンドラ
Ib ベーリング (B?lling Oscillation) 10,500 - 10,000 BCE park ツンドラ
Ia オールデストドリアス (Oldest Dryas) 13,000 - 10,500 BCE ツンドラ


ツンドラ
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%84%E3%83%B3%E3%83%89%E3%83%A9
ツンドラには今の2000年でも人間が住んでいる。
けど、仮説であって断定とまでは。。難しい。数字が出せればいいんだが・・・・

69 :出土地不明:2008/05/01(木) 20:15:38 ID:ZwwruqDl
とりあえず

寒いところにも生き物はいる。具体例をあげれば

ホッキョクギツネ
シロフクロウ
オコジョ
レミング(Lemming)
ナキウサギ(鳴兎、英:Pika, rock rabbit, whistling hare)
トナカイ(アイヌ語:tunakkay、馴鹿、Rangifer tarandus、Caribou)
ヤチネズミ
いくつかは北海道にもいる動物。

70 :出土地不明:2008/05/01(木) 20:46:11 ID:itUHqCrX
>>65
タイ語インドネシア語ベトナム語マレー語カンボジア語クメール語情報 ...
タイ語インドネシア語ベトナム語マレー語カンボジア語クメール語翻訳専門の翻訳会社。
翻訳実績やタイ語インドネシア語 ... 形態論上では日本語と同じく[膠着語]に分類される。
オーストロネシア語族に属する。 もともとインドネシア語を母語として話す人口は ...
www.1click.jp/thai/information/ - 19k - キャッシュ - 関連ページ


71 :出土地不明:2008/05/01(木) 20:51:15 ID:OFzY6nyh
>>70

ぎょ。それって決定的に思うがなー。

日本語はオーストロネシア語族ってことになんでならんのん?
単に誰も指摘してないだけ?

72 :出土地不明:2008/05/01(木) 22:13:23 ID:ZwwruqDl
ウラルアルタイ語だぞ>日本語は

73 :出土地不明:2008/05/01(木) 22:15:22 ID:u6mlwi62
丸木弓は弓矢が普及する中石器時代から既に北方ユーラシアまで伝わっている。



弓矢が普及するのは、中石器時代(→石器時代の「中石器時代」)以降と考えられている。
矢は、旧石器時代の槍(やり)や投げ槍にくらべて携帯に便利であり、動物相の変化に
より小型獣を狩猟対象とするようになった当時においては格段に効率的な狩猟具であった。
なお中石器時代に属するマグレモーゼ文化期(前8000〜前5600年)の弓として、
ホルメゴール遺跡(デンマーク)からイチイガシ(→ カシ)製丸木弓が全形で出土しており、
当時の代表的な遺品とされている。

http://jp.encarta.msn.com/encyclopedia_1421501287/content.html

74 :出土地不明:2008/05/01(木) 23:04:24 ID:OFzY6nyh
>>72
通説ではね。ウラルアルタイ語族⊃日本語

しかし、
専門的には史料(資料?)不足で呼び名が決まってないと困るので
とりあえず「ウラルアルタイ語族」って呼んで研究を進めてる段階だそうな。

アルタイ語族
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%AB%E3%82%BF%E3%82%A4%E8%AB%B8%E8%AA%9E
アルタイ諸語を共通の祖語をもつアルタイ語族があるとする説は古くからあるが、
3グループは数詞などの基礎語彙が全く違うため、少なくとも伝統的な比較言語学の手法によってアルタイ祖語を復元し、アルタイ語族の存在を証明することは
困難であり、そもそもアルタイ語族というものは存在しないと考える言語学者も
多い。 ウラル語族(ハンガリー語、フィンランド語など)とあわせてウラル・
アルタイ語族を構成するという説もあった。

同「日本語の起源」。オーストロネシア語族説も触れられてるね。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%97%A5%E6%9C%AC%E8%AA%9E%E3%81%AE%E8%B5%B7%E6%BA%90

75 :出土地不明:2008/05/01(木) 23:09:21 ID:ZwwruqDl
シベリア・樺太の調査が出来れば確度は高まるんだが

そこから土器でも石器でも布でも矢じりポシェットでも証拠になるものが出て実物を示せれば
いかんせん政治が・・・

76 :出土地不明:2008/05/02(金) 11:47:23 ID:9WkFOxZO
日本刀が完成するのは平安時代後期頃で、それまでは鉄剣や鉄刀であった。


古墳時代には武器の鉄製化も進んだ。刀剣では、それまでの銅剣に代わって
鉄剣が作られた。一般的に、両刃を剣とし、片刃の刀と区別している。
なお、古墳時代の刀剣は、のちの日本刀に見られるような反りはない。
刀に反りができるのは、平安後期以後である。

http://www.yurihama.jp/town_history/2hen/1syo/04040400.htm

77 :出土地不明:2008/05/02(金) 17:42:54 ID:JoiwJnwJ
>75
要するに可能性はあるが

妄 想 乙

78 :75:2008/05/02(金) 18:55:19 ID:KgaTCZDR
>77
否定はしないさ

妄想と仮定の取り違いには自分で自分に対して痛い目にあってきた。
だけど、人間は食料と飲み水がいることを考えるとねぇ。
樺太のほうが物資を確保しやすいんだ。


あとは証拠をどうするか、まとまった時間をどう確保するか。

79 :出土地不明:2008/05/02(金) 22:32:21 ID:zaWOMXHz
日本人は中国人。
天皇家も中国人。
これ常識。

80 :出土地不明:2008/05/03(土) 01:30:33 ID:emH0TGMV
だから、その中国人とやらのコアは何よ?
早いとこ出してけり付けようや。
中共の中の人。

81 :出土地不明:2008/05/03(土) 05:05:49 ID:5SWJXTWN
>79
日本人は日本を除く東洋(海南島や台湾や上海)とは違いが大きい。
言語に似ている部分が少ない>日本語と中国語。

ドイツとイングランドみたいに共通性(georgeをゲオルグ、ジョージと呼ぶことが出来る)があるはずだ>民族が同じなら。
日本人の名前(田中角栄)と中国人の名前(ケ小平)は近似性がない。お互いの言語では読みにくい発音しにくい。
日本人と中国は縁が遠いと考えるのが妥当。
日本人は中国とは違うところからきたとするなら選択肢は減ってきて
消去法で北方領土(樺太)になる。
あとは間宮海峡という海の存在をどう説明するか。

82 :出土地不明:2008/05/03(土) 12:18:46 ID:Kp7hHCHI
縄文人→シュメール人 弥生人→ユダヤ人

83 :出土地不明:2008/05/03(土) 17:36:07 ID:emH0TGMV
いつまでやってんだ。

新モンゴロイドの血一滴で全体の形質を変えるからよ。
どっか行けや。

84 :出土地不明:2008/05/03(土) 18:30:21 ID:m4tXSiav
呉服は百済経由で伝わってきている。


また百済国に、「若(モ)し賢(サカ)しき人あらば貢上(タテマツ)れ」
とおほせたまひき。かれ、命(ミコト)を受けて貢上(タテマツ)りし人、
名は和邇吉師(ワニキシ)、すなはち論語十巻・千字文一巻、并(アハ)
せて十一巻(トヲアマリヒトマキ)をこの人に付けてすなはち貢進
(タテマツ)りき。この和邇吉師(ワニキシ)は文首(フミノオビト)
等(ラ)の祖(オヤ)。また手人(テヒト)韓鍛(カラカヌチ)名は
卓素(タクソ)、また呉服(クレハトリ)の西素(サイソ)二人を
貢上(タテマツ)り、また秦造(ハタノミヤツコ)の祖(オヤ)、
漢直(アヤノアタヒ)の祖(オヤ)、また酒を醸(カ)むことを
知れる人、名は仁番(ニホ)亦(マタ)の名は須須許理(ススコリ)等
(ラ)参(マヰ)渡り来つ。
http://kamnavi.jp/link/kojiki2.txt

85 :出土地不明:2008/05/04(日) 12:58:46 ID:b9N66Zch
>>84
ストローはどうでも良いよ。

86 :出土地不明:2008/05/04(日) 20:19:25 ID:UEeYHmHE
風呂は6Cに仏教と共に朝鮮から伝来し、最初は蒸し風呂であった。


蒸気浴の方法を世界的にみると、もともとイラン系の遊牧民スキタイ民族の
間で行われていたとか。日本には6世紀半ば、仏教の伝来とともに朝鮮を
経て伝わりました。仏教では、「沐浴(湯や水を浴びて身を清めること)」の
功徳を説いており、七堂伽藍(寺として備えるべき7つの建物)には浴堂が
加えられており、仏教伝来時に風呂もセットで伝わりました。「枕草子」や
「今昔物語」にも、焼石に水をそそぐ蒸し風呂が普及していたことが見えます。
以来、江戸時代初期頃まで、日本では蒸気浴が主流だったそうです。
http://homepage3.nifty.com/miya-s/myhome-page.files/Miya's_008.html

87 :出土地不明:2008/05/04(日) 22:18:41 ID:LMW1IM2E
>>81
>言語に似ている部分が少ない>日本語と中国語。
音が日本語と最も似ている言葉は
浙江省に残る方言だよ

88 :出土地不明:2008/05/04(日) 22:27:14 ID:b9N66Zch
>>86
それを現在の湯浴に変えたところに日本人の独創性が有ると言うことが理解できない。
朝鮮人哀れ

89 :出土地不明:2008/05/05(月) 00:03:57 ID:6J7Uwatu
>>87
それ漢字の読みだろw

90 :出土地不明:2008/05/05(月) 14:09:54 ID:yt1POUAo
瓦の登場は6C。百済から伝わり、飛鳥寺で初めて使用された。


地球上に瓦が誕生したのはおよそ2800年前の中国とされる。日本には
西暦588年、百済から仏教と共に伝来。飛鳥寺で初めて使用された。
様式は平瓦を並べ、その上に丸瓦を並べる様式である。飛鳥時代、
瓦が使用された建物は寺院に限られていた。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%93%A6

西暦538年(宣化三年)に、百済の聖明王が釈迦仏像や経典等を朝廷に
贈り仏教が公伝されました。間もなく瓦博士も渡来して造瓦の方法を伝え、
のち西暦588年(崇峻元年)に蘇我馬子が飛鳥の地(奈良県高市郡
明日香村)に法興寺(飛鳥寺)を建立しました。この瓦が日本最古の古瓦の
遺品とされています。「素弁蓮花文鐙瓦」様式です。
http://kabin.ohugi.com/6/2.html

91 :出土地不明:2008/05/05(月) 16:17:42 ID:w3DfhEfN
縄文人→シュメール人 弥生人→ユダヤ人

92 :出土地不明:2008/05/05(月) 18:05:52 ID:8revz6mO
日本人はるかな旅っていうNHKの番組DVD借りて見たんだけど、
内容的にあれが通説なんでしょうか?

93 :出土地不明:2008/05/05(月) 19:00:59 ID:Fmo1As8B
通説かどうかわからないが

昔の地図。
ttp://www.kahaku.go.jp/special/past/japanese/ipix/1/1-16.html


合ってればの話だが。。。
いかんせん時代が古すぎる。>日本人のルーツネタ

94 :出土地不明:2008/05/05(月) 21:05:38 ID:aO1UhUGh
>>93
ありがとうございます、こんなHPがあったんですね・・・
もう少し自分で勉強してみます。初心者のスレ汚しすいませんでした。

95 :出土地不明:2008/05/05(月) 21:06:13 ID:aO1UhUGh
ID変わってますが、92は自分です、たびたびすいません。

96 :出土地不明:2008/05/05(月) 23:19:50 ID:Sslj58Yk
>>89
浙江省の一部地域に残る、日本語と音韻要素が似ている言葉は
耳にすると、意味が分からないのに、日本語に聞こえるよ。
そこの出身者が日本語を学ぶと、北京語や上海語の訛りが
少ない、日本語らしい日本語に聞こえる。

97 :出土地不明:2008/05/06(火) 00:00:10 ID:v7WpgpKW
>96
浙江省


海の近くの省だっけ?上海の近くの。
蒋介石の出身省か。


天気も日本と似ているな(温度湿度、雨の時期、台風が近づく)

のどと湿度は関係しているのかもしれない。

98 :出土地不明:2008/05/06(火) 03:50:53 ID:f5pUVqcl
>>96
そんなもん他の言語にもあるだろ
しかもかなり主観的だな

99 :出土地不明:2008/05/06(火) 15:22:29 ID:dYh6C51z
高床式倉庫はシベリアやアムールにも見られる。


●ロシア・カムチャツカ半島における水産資源の生態・利用・管理

サケの燻煙は、二重の意味で重要である。一つには、ハエが大量に発生し、
卵を産みつけようとするので、そのハエを防ぐために燻煙する。さらに、
サケは、不飽和脂肪酸が多く、酸化しやすいという欠点があるが、燻煙に
よって味覚的にも優れたものになる。最後は天日干しで十分に乾燥させ、
村に持ち帰って★高床式食料保存庫★に収納する。
http://www.minpaku.ac.jp/research/sr/11691053-05.pdf#search='%E9%AB%98%E5%BA%8A%20%E5%8C%97%E6%96%B9'

100 :出土地不明:2008/05/06(火) 15:24:38 ID:dYh6C51z

エスキモーとも親しく付き合っている若い日本女性の案内で、
ロッジの近くの原野を散策したあと、一青年が原野を拓いて独力で
建てている立派な丸太小屋の住居(上)と、熊から食糧を守るための
★高床式の丸太組みの食糧貯蔵庫★(右)に案内された。
http://www.kcc.zaq.ne.jp/dfbgx603/alaska.travel.98/newpage9.html

※エスキモーの高床式倉庫
http://www.kcc.zaq.ne.jp/dfbgx603/alaska.travel.98/851100501.jpg

101 :出土地不明:2008/05/06(火) 15:26:42 ID:dYh6C51z

◎ケート Ket

中央シベリア、エニセイ川中流で伝統的漁撈・狩猟生活を送るケートと、
押し寄せる近代文明の点描。

自然環境(森、川、川岸の村)、川岸のチュム骨組に樹皮布を掛ける
(煙突は真上に出る)、製作中丸木舟に穴を開ける(火おこしの形を
した錐)、川に漕ぎ出す、魚(トナカイ肉?)を干す、日常生活
(洗濯物、子供のブランコ、食事、墓)、呪いの杭にトナカイの頭蓋骨
が掛かっている、★高床式蔵小屋★、素晴らしいアクセサリーの着いた
シャマンの枠太鼓、

http://tokyocinema.net/centralsiberialist.htm

102 :出土地不明:2008/05/06(火) 15:27:40 ID:dYh6C51z

ハントィ:自然環境、家屋等に関すること(家の飾り・トナカイ頭蓋骨、
デコイ、★高床式の狩猟用倉庫・鼠返し★、季節物衣料の取出し)

コミ:自然環境、家屋(木造家屋、隙間を苔で埋める)、狩猟(移動に
スキー、犬、鳥を餌に罠を仕掛ける、狩人寝床の用意、毛皮を剥ぐ)、
★小型高床式倉庫(狩猟用荷物、獲物を仕舞う、鼠返し)★、歌

マンシ:自然環境、家屋(丸太小屋、東側の外壁についた呪いの
ような物)、★高床式倉庫★、漁猟舟の櫂類、創生期に関する昔話、

http://tokyocinema.net/westsiberialist.htm

103 :出土地不明:2008/05/06(火) 15:28:47 ID:dYh6C51z

◎ナナイ人(ホジェン)の高床式倉庫(模型)

http://members.jcom.home.ne.jp/lerrmondream/nanai181.jpg.jpg

その他に、水がめ、料理するためのもの、魚皮なめし具、臼、織物を
する道具、糸まき、肉や魚を料理する時に使う道具、はし、食べ物を
保存するためにつくられた★高床式の倉庫★の模型、木の枝と泥でつくられる
家の模型、漁や交易に使う船(実物ならば700キロも載せられる)の模型、
鹿や魚を捕る為の道具などがありました。

http://members.jcom.home.ne.jp/lerrmondream/eastnanai.htm

104 :出土地不明:2008/05/06(火) 15:54:47 ID:dYh6C51z

これは銛を使ってクジラを捕っている線画だが、アム−ル川下流域と
サハリン北部のニブフもまた、板をつなぎ合わせた板船に5-6人で
乗り込み、アザラシやサケなどの捕獲を生業にしていた。
地吹雪のなかを訪問した北方民族館には、このニブフに代表される
北海の海辺と河川の民の風俗や生活用品の数々が陳列されていた。
彼らは、冬には保温性の高い竪穴式住居に住み、夏には魚干し棚や
★貯蔵庫のある高床式住居★で暮らし、衣装には木綿や魚皮で作った
布を用い、白樺皮製の帽子をかぶり、アザラシ皮や魚皮の靴を
履いていたようである。

http://www.geocities.co.jp/SilkRoad-Ocean/7754/liuhiyounoshiluet.htm

105 :出土地不明:2008/05/06(火) 15:56:03 ID:dYh6C51z

ウリチ人とニブフ人は一年中定住村の住居と作業場兼用の建物に住んでおり、
ナナイ人、ネギダル人、オロク人、オロチ人、ウデゲ人は、冬は森の中の
定住村に住み、夏は魚の採れる川岸の季節村に移りました。定住村も季節村も
川岸に沿って細長く展開し、それぞれの住居は互いに離れており、そばには
★高床式の納屋★がついていました。

http://www.npec.or.jp/northeast_asia/cultural/index.html

106 :出土地不明:2008/05/06(火) 15:56:59 ID:dYh6C51z

ナナイ人は、現在400人程度いてハバロフスク市内から約1時間15分
ぐらいのアムール川の近くに集落があります。東洋系の顔でなぜか親しみを
感じました。生活は国から、援護を受けていて仕事はしなく、川で釣り
ばかりしているそうです。家は、小さくてみすぼらしく、貧しさが感じられ
ました。村長は特別扱いみたいで、家も立派で学校より大きく丘の上にあり
権威の象徴を感じました。

http://www.toya-kohei.jp/cgi-bin/diary/wwwnikki.cgi?view=kako20050807.html

ナナイ人の高床式食糧倉庫
http://www.toya-kohei.jp/cgi-bin/diary/graph/20050807-1123390934.jpg

107 :出土地不明:2008/05/06(火) 15:58:28 ID:dYh6C51z
高床式建物を、

主に住居として利用しているのが南方系の高床式建物文化。
主に倉庫として利用しているのが北方系の高床式建物文化。

日本の弥生人たちが主に利用していた高床式建物文化は、
住居、倉庫、さてどっち?

ちなみに江南の河姆渡遺跡の高床式建物は主に住居の方である。

http://search.yahoo.co.jp/search?p=%B2%CF%D5%A8%C5%CF%B0%E4%C0%D7%A1%A1%B9%E2%BE%B2%BC%B0&fr=top_v2&tid=top_v2&ei=euc-jp&search.x=1

108 :出土地不明:2008/05/06(火) 23:40:03 ID:JH0aalph
>日本の弥生人たちが主に利用していた高床式建物文化

高床式建物は縄文人も利用していたんだが。

109 :出土地不明:2008/05/07(水) 03:58:05 ID:eKsHAFQ1
>93
アムール川一帯って

1万年前も
今のキリスト歴2000年も

形状はほとんど同じなのかな
変化しているのかしていないのか


安全が確認されるなら探検したいねぇ樺太アムール川一帯

110 :出土地不明:2008/05/07(水) 04:01:10 ID:tVIQktpn
同じ集落で弥生人が高床式住居に住み
縄文人が竪穴式住居に住んだ

111 :出土地不明:2008/05/07(水) 04:07:32 ID:tVIQktpn
縄文人と弥生人とが戦争して縄文人が死んだ。

                  負けた縄文人が逃げた。⇒東へ(西は弥生・東は縄文)

                  負けた縄文人が奴隷になった。

・縄文人と弥生人は仲良く暮らした。

・縄文人と弥生人とは最初は戦争をしたがそのあとは仲直りして仲良く暮らした


112 :出土地不明:2008/05/07(水) 08:37:20 ID:f4uZ0CRj
・三内丸山遺跡には高床式倉庫が存在する。
・初期弥生系集落には縄文系土器が多数出土する。
・縄文末期には稲作を受容した(板付遺跡)。

後は言わずともわかるな?

113 :出土地不明:2008/05/07(水) 10:07:33 ID:2Q/aEV16
ただ通常の縄文遺構からの高床式倉庫の報告はやはり無い。
つまり三内丸山、桜町が縄文期から対岸の沿海州方面と交流していた
証拠だろう。

ただ弥生開始時に突如、九州北部に現れる高床式倉庫はそれらとは
また別に沿海州方面から新たに伝わったものだろう。

114 :出土地不明:2008/05/07(水) 12:17:50 ID:2Q/aEV16
鳥居の登場は8C。


鳥居の起源については諸説あるが、確かなことは分かっていない。
天照大御神(あまてらすおおみかみ)を天岩戸から引きずり出す
ために鳴かせた「常世の長鳴鳥」(鶏)に因み、神前に鶏の止まり木を
置いたことが起源であるとする説、インドの仏教やヒンズー教に
みられるトラナや中国の華表など海外に起源を求める説などがある。
いずれにせよ、8世紀ごろに現在の形が確立している。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%B3%A5%E5%B1%85

8世紀ごろに現在の形が確立している
8世紀ごろに現在の形が確立している
8世紀ごろに現在の形が確立している
8世紀ごろに現在の形が確立している

115 :出土地不明:2008/05/07(水) 12:21:01 ID:2Q/aEV16
刺青はBC50Cには既に登場している。


紀元前5,000年前-日本人が世界で初めて?

日本人が最初に入れ墨を取り入れたであろうと想像できる縄文時代の土器が
発掘されています。縄文土器にあしらわれた顔には埋葬者を守る意味合いを
持つ神秘的な「入れ墨」のようなものが認められ、これが入れ墨として記録
されている世界最古のものではないかと想像されています。
また、日本原住民族であるアイヌには優れた入れ墨技術があったものと
思われます。
http://www.ta2.com/tattoohistory.html

116 :出土地不明:2008/05/07(水) 19:53:46 ID:pOZ+DbdE
http://www2.saga-s.co.jp/pub/hodo/yoshinogari/002.htm

平野 ただ前期から中期にかけての環壕(かんごう)集落は、
後期後半に全壊している。なぜ無くなったか。
私は、この時期に別の集団が入り支配関係が変わり、
1等地を空けさせたとみているが。

高島 考古学的には平野さんと違う見方をしている。
クニをつくり上げたのは渡来系の人たちだろうが、
時期は平野さんが考えている中期より古い。
恐らく弥生前期に丘陵南側で最初の集落を築き、
それが継続的に発展、拡大しクニへと発展していった。
支配層は草分け的一族の中でも祭事の主導権を握っていた人たちだろう。
祭事や農事の日時を決め、租税の起源とされる供物を集め、
経済力をつけ覇権を拡大していった。

平野 縄文時代からの連続性はあるのか。

宮本 2つの点から連続していると見る。
1つは建築技術。弥生時代は構造物が巨大化するが、
それを支える技術は縄文時代に成立している。
貫(ぬき)をはじめ梁(はり)や根太(ねだ)の
継ぎ手技法「合欠(あいがき)」などだ。
これら技術は現代にも引き継がれている。
いずれも4,000年前の桜町遺跡(富山県)から出た
建築部材で確認されている。
 もう1つは縄文時代に2つあった集落形態を
弥生時代も引き継いでいる。
縄文時代の拠点集落だった三内丸山遺跡(青森県)は
吉野ケ里遺跡と同様、機能別に配置されていた。
これに対し一般遺跡は中心に墓があり、
その周りに祭場や住居が配置され、
環状集落と呼ばれる同心円状のつくりだった。

117 :出土地不明:2008/05/08(木) 12:12:55 ID:z0Cp6yzb
魏志倭人伝には倭人が断髪をしていたなんて書かれていない。
倭人の男子は皆、髪を結って露わにし、木綿を頭に巻いていたと書かれている。




男子皆露? 以木緜招頭

http://www.g-hopper.ne.jp/bunn/gisi/gisi.html
http://boat.zero.ad.jp/~zaw10107/1/yayoi_2.htm
http://members3.jcom.home.ne.jp/sadabe/kanbun/wakoku-kanbun1-gisi.htm





118 :出土地不明:2008/05/08(木) 12:19:24 ID:z0Cp6yzb
歌垣は百済の帰化人から伝わっている。


翌宝亀元年(770年)3月には、男女230人が歌垣(うたがき)
には百済から河内の地に渡来した王仁(わに)の末孫たちが奉仕した
との記録が残されています。(続日本紀)
http://www18.ocn.ne.jp/~doukyou/shirukai/sub01.html

弓削の道鏡の出身地で称徳天皇がこの地に遊行されて、百済の人々が
歌垣をして慰めたという
http://www.shiga-miidera.or.jp/serialization/shinra/136.htm

歌垣を行った葛井氏ら六氏は百済からの渡来人を先祖としており
http://www.furutasigaku.jp/jfuruta/kaihou26/kaihou26.html

119 :出土地不明:2008/05/09(金) 12:07:43 ID:E4ajQ4LN
貫頭衣は単に人類最初の服装の形で、古代から現代まで世界中に見られる。


●貫頭衣 (かんとうい)
一枚の布を2つに折り、その折り目の中央に穴をあけ、そこから頭を貫いて
(通して)衣服としたもの。エジプト時代から見られる原始的な衣服の
形式である。ポンチョやガラビアなどもこの一種。
http://www.frontstyle.com/dictionary/j_ka.html

人類最初の服装の形は一枚布であったり、一枚布の真ん中に穴を開けて
被るという貫頭衣というシンプルな形であった。
http://homepage1.nifty.com/mottoi/kokusai8.htm

人類の衣服の工夫の中で最も単純な基本形として、貫頭衣の分布は広いが、
南米アンデス諸国に見られるポンチョがその代表的なものとされている。
http://www.h6.dion.ne.jp/~fu35/minzokuHP/ajia/indonesia.htm

120 :出土地不明:2008/05/09(金) 12:08:36 ID:E4ajQ4LN
古代ローマ時代の貫頭衣のような、一枚の布の頭の部分をくりぬいた
だけの服を着ていた。
http://home.att.ne.jp/red/senseofwondr/mou2.htm

古代中国もローマもギリシャも布を纏うか貫頭衣であった。
http://www.lcv.ne.jp/~yokota/contents/mumble/ykt/970410.htm

ローマ時代のイタリアでは男性はトーガという貫頭衣
http://www.psats.or.jp/psats.or.jp/column/nakamura027column.html

121 :出土地不明:2008/05/09(金) 12:52:20 ID:JEV9lGQT
縄文人→シュメール人 弥生人→ユダヤ人


シュメール人→農耕民族
ユダヤ人→牧畜民族

122 :出土地不明:2008/05/09(金) 16:04:26 ID:XZgSiDAo
東南アジアといえば高床住居ですが、
ボントックは高床住居に住まない特殊な民族として
民族学のなかでは有名でした。
ところが調査をしてみたら、ボントックの家は、
建築構造的には高床住居なんですよ。
奄美の高倉のような構造をした。
だけど、住人はわざわざその高床の下の土間部分に住んでいるのです。

http://www.minpaku.ac.jp/staff/sato/wp03.html

123 :出土地不明:2008/05/10(土) 14:08:36 ID:8Q/aYzpH
東韓列島には古代からアボリジニが狩猟生活をし
文化は皆無であったが
百済帝国の支配化になり文明化され百済人支配者と奴隷アボリジニの混血奴隷が
JAPになった

124 :出土地不明:2008/05/10(土) 15:29:23 ID:sSIOXrdq
人間は徒歩だから

やはり樺太あたり・・・


船じゃ物資が追いつきにくい。


海流の影響は既出?

125 :出土地不明:2008/05/10(土) 16:56:09 ID:SYn+UtV4
>>124
徒歩の仮定が間違い。

126 :出土地不明:2008/05/10(土) 20:19:44 ID:IX2BN/+V
鵜飼は満州や朝鮮半島にも見られる。


満州の京都ともいわれた古都吉林の松花江の鵜飼は6月から9月までの日中に
行われる。鵜縄をつけずに川に放った鵜が魚をくわえると網で船にすくい
あげて吐かせるという満州式の鵜飼であった。
http://www.jiyuu-shikan.org/shoseki_video4.html

日本の鵜飼いは、鳥居氏に便乗すれば、江南よりも朝鮮や満州の
北方民族から伝わったのかもしれません。鴨緑江や松花江などでも
鵜飼いは見られます(注9)。
http://www.han.org/a/half-moon/hm080.html

127 :出土地不明:2008/05/10(土) 20:23:30 ID:IX2BN/+V
しかも日本の鵜飼は中国よりも古い。


鵜飼いの歴史は古く、『日本書紀』神武天皇の条に鵜養部のことが見え、
『古事記』にも鵜養のことを歌った歌謡が載っている。また中国の史書
『隋書』開皇二十年(600年)の条には、日本を訪れた隋使が見た変わった
漁法として紹介されている。

隋書の書かれた時代には鵜飼いは中国人にとって珍しい漁法だったが、
その後中国においても鵜飼い漁法が定着した。

確実な記録として最古の物は、10世紀の文人・陶穀が残した『清異録』
(965年)において、当塗(安徽省太平府の都市)の漁民が「魚を捕らえる
のに非常に機敏な鵜を使う」と記述されているのが最初である。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%B5%9C%E9%A3%BC%E3%81%84

128 :出土地不明:2008/05/10(土) 23:56:41 ID:XMzvdeXR
長江文明→日本人


129 :出土地不明:2008/05/11(日) 09:19:43 ID:dW6JiJko
「神戸市に約20cmのアカホヤ火山灰を降らせた噴火が, 6300年前に南九州で起きた(写真4). 鹿児島の南の火山島で起きた噴火は, はじめにプリニー式噴煙柱を噴き上げ,そ
の後, 幸屋火砕流と呼ばれる大規模火砕流が発生した. 幸屋火砕流は海を渡り九州本
土まで流れ込み, 当時南九州一帯に栄えていた縄文式土器時代の人々の暮らしを一掃
した. 考古学的な研究によると, 幸屋火砕流堆積物の下位から出土する縄文土器は南
方から入って来たものであるが, 上位から出土する土器は北方から入って来たものであ
ることが明らかにされている(図4). 即ち, 幸屋火砕流は6300年前に南九州に生活してい
た縄文人をほぼ全滅させたことを伺い知ることが出来る. このように大規模火砕流は, 文
明をも滅ぼす程の大災害をもたらすことがある. 上空高く舞い上がった火山灰は偏西風
に乗って日本列島を縦断し, 東北地方にまで達している. 20cmの火山灰が積もって雨水
を含むとその重さは400kg/m2となるので,木造建造物や軽量鉄骨の屋根はつぶれて
しまう. 」
http://wwwsoc.nii.ac.jp/kazan/J/koukai/99/fig2-8.gif

130 :出土地不明:2008/05/11(日) 10:49:47 ID:dW6JiJko
「渡来系弥生人の故郷を中国に求めて
渡来系弥生人は大陸のどこからやって来たのでしょうか。最近の調査により、水稲耕作
の発祥の地ともいわれている中国南部が有力視されています。黄河下流と長江下流に
挟まれた地域の「漢代」の遺跡から、渡来系弥生人によく似た人骨があいついで見つか
っています。この時代の中国は、政治的に動乱の時代であり、いろいろな民族が入り乱
れて戦いました。日本にやって来た渡来民は、このような動乱から逃れてきた人々だっ
たのでしょうか。」
http://www.kahaku.go.jp/special/past/japanese/ipix/5/5-14.html
「 Y(穢)南與辰韓、北與高句麗、沃沮接、東窮大海、今朝鮮之東皆其地也。戸二萬。
昔箕子既適朝鮮、作八條之教以教之、無門戸之閉而民不為盜。其後四十餘世、朝鮮
侯淮(準)、僭號稱王。陳勝等起、天下叛秦、燕、齊、趙民避地朝鮮數萬口。
  Y(穢)。南は辰韓、北は高句麗と沃沮に接し、東は大海(日本海)に尽き、今の朝鮮
の東は皆、 Y(穢)の土地である。戸数は二万。昔、箕子が朝鮮に行き着き、八條の教
えを作り、これを教えたので、門戸を閉じずとも民衆は盗むことをしない。
 その後、四十余代の朝鮮侯準は王を僭称。陳勝(と呉広が反乱を)起したことで、天下
は秦王朝に叛くと、燕・齊・趙の民は戦乱を避けて朝鮮の地に数万人も逃げ込んだ。」
http://members3.jcom.home.ne.jp/sadabe/tungus/tungus-4-waihaku.htm


131 :出土地不明:2008/05/11(日) 10:53:48 ID:dW6JiJko
「渡来系弥生人の広がり
弥生時代の中頃(紀元前後)になると、大陸から渡来民が大勢やってくるようになりま
した。しかし、弥生時代の遺跡からみつかっている人骨が、すべて平らな顔の渡来系
弥生人というわけではありません。当時の日本列島には、縄文人の子孫たち(在来系
弥生人)も住んでいました。」
http://www.kahaku.go.jp/special/past/japanese/ipix/5/5-12.html

132 :出土地不明:2008/05/11(日) 12:21:12 ID:28uy7f2p
>>127
隋は北方の小麦文化民族だからね。

133 :出土地不明:2008/05/11(日) 12:37:28 ID:bfHKotkK
>>129
具体的に国外のどこの土器と一致するのかといった比較対照が
何も出せないのに、幸屋火砕流堆積物の下位から出土する縄文土器は
南方から入って来たものという無責任発言はやめろ。

>>130
中国しか調査していないのに弥生人骨によく似ているとか、
弥生人骨と一致した、などといった寝言をホザくのは
もう二度とやめろ。

ちゃんと満州やアムール沿海州などの北方アジアも全部調査した上で
弥生人骨との遠近距離の発言をしろ。

>>131
紀元前後の弥生中期に大陸から大勢やって来ておいて、
なぜ当時の中国土器も中国金属器も漢字も龍信仰も一切伝わって
いないのかキチンと説明をしろ。

134 :出土地不明:2008/05/11(日) 13:42:22 ID:bcolAjVB
>>130
>中国南部が有力視されています。黄
それが事実に近いと思うよ。

現在の住民とは違う形質の人たちが
いくつものグループを作って暮らしていたんだろう。

土器の話をいつも持ち出して北方誘導しようと頑張るヤツがいるが、
中国南部の広い地域にわたって、氷河時代の終結から
秦漢時代くらいまでの1万数千年くらいの時期別の
発掘が進んでいない状態で、北方誘導をいくら主張しても
根拠のない、恣意的な願いにしか聞こえない。

135 :出土地不明:2008/05/11(日) 13:53:12 ID:bfHKotkK
ならば、ちゃんと満州やアムール沿海州などの北方アジアも
全部調査した上で弥生人骨との遠近距離の発言をしろよ
台湾国策江南誘致サギ工作員よ。


136 :出土地不明:2008/05/11(日) 15:42:28 ID:zTwxgqVw
ほんと、骨好きだよなw

今の日本人中枢は新モンゴロイド化が進行してるんで北方、シベリアの
土の中や地上で適当なご先祖様に会えるだろ。そこ行けや。

137 :出土地不明:2008/05/11(日) 15:50:36 ID:bfHKotkK
糸引き納豆の登場は室町時代頃、なれずしは3C頃に朝鮮経由で伝わる。


平安時代の文献にも塩辛納豆の名は残っているが、一般に広まったのは
室町時代以降でこの頃から糸引き納豆も登場しており区別するために
塩辛納豆を久喜と呼び糸引き納豆を単に納豆と呼ぶようになった。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%B4%8D%E8%B1%86

なれずしの歴史は古くて、紀元前には中国で食べられていたらしいんだ。
それが三世紀頃に日本にも伝わって、奈良時代には文献にも登場する。
http://www.kouryu.or.jp/asobi/2003syoku/d/3.htm

「すし」のルーツは遠く東南アジア、メコン川の地域と言われております。
メコン川周辺地域から中国へ、そして朝鮮半島から稲作の伝播とともに
日本へ伝わってきたと考えられているようです。 
http://www3.ocn.ne.jp/~kosaka/izusi.html

138 :出土地不明:2008/05/11(日) 15:51:45 ID:bfHKotkK
半月型石包丁(桂葉形雙孔石刀)は遼寧を経由している。


中国遼寧省羊頭窪遺跡.  黒陶系土器 石器(石包丁 磨製石鏃) 紡錐車 骨角器 卜骨
http://www.museum.kyoto-u.ac.jp/museumF/jpncul.html

紅山文化は北方地区の新石器文化の中で重要な文化です。ここでいう北方地区とは、
東北3省(遼寧、吉林、黒龍江)、内蒙古自治区および新彊維吾爾(ウイグル)自治区を指します。
大型石器の中で特徴的なものに、土掘具(耜あるいは犁とも呼ばれる)、桂葉形の双孔石刀があります。
http://kohkosai.web.infoseek.co.jp/kaisetu/15-1kouzan.htm

中国北部の文化が東北部の遼西まで及んでいるいることを知りえた。それに、石包丁が出土していた
のには目を見張った。日本に石包丁が伝わったのはそれから3千年もたった弥生時代になってからなのだ。
http://kyohiro.blog.ocn.ne.jp/
◆遼寧の石包丁
http://kyohiro.blog.ocn.ne.jp/./photos/uncategorized/2008/02/04/070827_078_2.jpg

139 :出土地不明:2008/05/11(日) 16:51:05 ID:qaz5tv7z
ナウマン象
ttp://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8A%E3%82%A6%E3%83%9E%E3%83%B3%E3%82%BE%E3%82%A6
北海道ちゅうるいむら
ttp://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%BF%A0%E9%A1%9E%E6%9D%91

マンモス
ttp://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9E%E3%83%B3%E3%83%A2%E3%82%B9
の中のケナガマンモス

--------

あとは証拠の数と質だね

食うにしろ食われるにしろ「生き物には水が要る」ってことからある程度絞り込める。

誰か一緒に探検しない?アムール川樺太一帯

140 :出土地不明:2008/05/11(日) 16:58:35 ID:qaz5tv7z
間宮海峡における船舶の輸送に関して
ttp://www.asahi-net.or.jp/~xc8m-mmy/kaiky400.htm

---引用開始---
大型船が航行できる海域はほんの500メートル程の幅で続いているだけです。
その外側は、水深たった2メートル程の浅い海となってしまうのです。
---引用終了---

このままじゃ人間は機械無しに渡れないから

気象庁--対馬暖流および日本海固有水
ttp://www.data.kishou.go.jp/kaiyou/shindan/sougou/pdf/S23_2.2.4.pdf

で暖流が流れ込まないで海の水が凍結していたらどうだ。
やはり、あとは証拠(土器でも矢尻でも石器でも動物の骨の密集でも落とし穴でも)だな

141 :⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒○ :2008/05/11(日) 20:22:44 ID:SQvaIWyD
 
日ユ同祖論(1) 神武東征
http://kuwappa.livedoor.biz/archives/50386937.html

境目
http://diarynote.jp/d/36488/_0_1320.html

神武東征
http://www.enjoykorea.jp/tbbs/read.php?board_id=thistory&page=2&nid=1931046&st=writer_id&sw=jugemujugemu&start_range=1930987&end_range=1933039

倭国、大和国とヘブライ王国  ENTRY ARCHIVE 2005年09月  神武東征を読む
http://blog.goo.ne.jp/n_ishii517/m/200509

日本と古代ヘブライの共通点メモ
http://yawatakoma.blog46.fc2.com/blog-entry-281.html

磐余で天下を治めた「神倭伊波禮毘古」
http://blogs.yahoo.co.jp/leg1723/36027569.html

日本に来たユダヤの民 (古代日本謎の中東思想渡来考)
http://www.asyura2.com/0411/bd38/msg/790.html

聖徳太子の正体と2人のメシアの謎
http://get-astep-ahead.seesaa.net/article/55714287.html

日本大好きNo71 神の字が付く地名とユダヤ
http://nihonnsi.blog.so-net.ne.jp/2007-05-14

142 :出土地不明:2008/05/12(月) 10:13:01 ID:0UhJO67T
75 名前:出土地不明 メェル:sage 投稿日:2008/05/01(木) 23:09:21 ID:ZwwruqDl
シベリア・樺太の調査が出来れば確度は高まるんだが

そこから土器でも石器でも布でも矢じりポシェットでも証拠になるものが出て実物を示せれば

77 名前:出土地不明 メェル:sage 投稿日:2008/05/02(金) 17:42:54 ID:JoiwJnwJ
>75
要するに可能性はあるが

妄 想 乙

78 名前:75 メェル:sage 投稿日:2008/05/02(金) 18:55:19 ID:KgaTCZDR
>77
否定はしないさ

143 :出土地不明:2008/05/12(月) 10:13:41 ID:0UhJO67T
135 名前:出土地不明 投稿日:2008/05/11(日) 13:53:12 ID:bfHKotkK
ならば、ちゃんと満州やアムール沿海州などの北方アジアも
全部調査した上で弥生人骨との遠近距離の発言をしろよ
台湾国策江南誘致サギ工作員よ。

144 :出土地不明:2008/05/12(月) 11:58:16 ID:h3vncVVZ
抜歯は世界中の原始社会で見られ、日本では先土器時代から行われて
風習としては4000年前頃に仙台湾周辺から始まっている。


原始・古代の世界中に、抜歯風習はあったという。ことに長く続いたのが、アフリカ、
中国、日本だとされてますね。中でも目立ったのが、縄文・弥生の日本列島。
http://www5.ocn.ne.jp/~vorges/sub12..html

歯を抜いたり、歯を削り歯を飾る風習は、日本だけでなく中国、台湾、
アジア、オーストラリア、アフリカにもみられた。
http://www.dent-kng.or.jp/chishiki/museum/hakubutukan/wa_bassi/index.htm

抜歯の儀式は、世界の狩猟採集民族のなかでは、比較的あたりまえに
行われていて、それほど奇習というわけでもないのです。現在でも
アフリカ、東南アジア、オーストラリアの一部の民族に残っています。
http://www.city.fujiidera.osaka.jp/rekishitanbou/kodai/kodai5/kodai-64.html

145 :出土地不明:2008/05/12(月) 12:00:52 ID:h3vncVVZ


佐倉市にある国立歴史民俗資料館の春成秀爾氏によると、抜歯そのものは
縄文時代以前の先土器時代にもあるが、風習としての抜歯は約四千年前頃に
東北地方の仙台湾周辺ではじまり、それ以後に関東地方をはじめ全国に
広がったという。国立歴史民俗資料館前館長の佐原真氏によると、こうした
抜歯は現在でも世界のいくつかの民族の間に風習として残っており、
子どもから大人になるための儀礼(成人儀礼)としての事例、近親者が
亡くなると歯を抜く事例、勝利の明かしに捕虜から歯を抜く事例などが
あって、このうちも最も多いのは成人儀礼にともなう抜歯であるという。
http://www.ichiyomi.co.jp/rekisi/index4.html


146 :出土地不明:2008/05/12(月) 12:04:57 ID:hvS5vLot
>>142-143
で、なんなの?w

147 :出土地不明:2008/05/12(月) 16:24:41 ID:qkdAAblx
むしろ縄文から弥生になって朝鮮半島との違いが広がった気がする

148 :出土地不明:2008/05/13(火) 05:14:26 ID:vmY88aPC
>147
温度が関係しているからね。

証拠に氷床コアの数字(塵チリの濃度、空気の化石、温度変化)を見ると
時代の変わり目には天候が大変動している。

氷床コアのデータ
Vostok Ice Core Data
ttp://www.ncdc.noaa.gov/paleo/icecore/antarctica/vostok/vostok_data.html
米国海洋大気庁National Oceanic and Atmospheric Administration
National Climatic Data Center国立気候データセンター

氷床コア
ttp://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B0%B7%E5%BA%8A%E3%82%B3%E3%82%A2

グラフが振動していて見るのにいくらか知識が要るが。

しかし、奥が深い。長編ドラマ作れるんじゃね?

149 :出土地不明:2008/05/13(火) 05:20:15 ID:vmY88aPC
日本語見っけ
南極の地下の氷(氷床コア)
ttp://polaris.nipr.ac.jp/~kouhou/news/news070823/
引用元:極地研究所

グラフが見にくいけど、何とか読み取れる。


いかんせん古い(5千年以上前)から誤差が大きいなぁ。

150 :出土地不明:2008/05/13(火) 06:15:41 ID:vmY88aPC
tp://caos-a.geophys.tohoku.ac.jp/bujunkan/archives/000049.html
図3:ドームふじ氷床コアより得られた過去34万年にわたる大気組成の変動


3万年前から1万2千年前の大気の温度の影響が東アジア大陸にもあるなら
人間の生活を変化させる原因になるのでは。


氷床コアだけじゃ大気しかわからないからあとは海流のデータ探ししてくる(仕事が忙しいから投稿する保証はない)。

151 :出土地不明:2008/05/13(火) 11:17:25 ID:PedXJw1r
>>150
日本海のボーリングのデータも有るはず、ついでに探して(^o^)

152 :出土地不明:2008/05/13(火) 12:36:08 ID:WAgQV9ak

稲作が中国から直接日本に伝来した事の根拠としている
RM1-b遺伝子の稲は稲作が伝わったときの稲ではない。

なぜなら九州・西日本に伝わった最初の稲作が既に弥生前期末には
伝わってきていた北陸や東北にRM1-b遺伝子の稲が無いからである。

ゆえに朝鮮半島にはないRM1-b遺伝子の稲の存在がすなわち、
稲作が中国から直接日本に伝来した事の証拠にはならないのである。

http://www.athome-academy.jp/archive/images/0000000116_discussion_004.gif

153 :出土地不明:2008/05/13(火) 12:37:39 ID:WAgQV9ak
実は朝寝鼻貝塚からは6000年前の小麦とハトムギのプラントオパールも
稲と同時に検出されていて、小麦が中国よりも数千年も前から、ハトムギが
通説の江戸期伝来よりも5500年以上も前から栽培されていた事になってしまい、
改めてプラントオパールの調査自体が極めて疑わしいと言わざるを得ない。


岡山市の縄文時代の貝塚「朝寝鼻(あさねばな)」を調査している岡山理科大の
考古学チームが1999年4月21日、「縄文前期の土壌から稲の細胞に含まれる
プラントオパールが見つかった」と、発表。約6000年前に「米作り」が
行なわれていたとする発見で、稲作の歴史が縄文前期にまでさかのぼることになった。
このプラントオパールはイネ科の葉の細胞内に含まれるケイ酸体の粒子で、同貝塚の
下層(深さ2メートルの土壌)からのサンプルを採り調査したところ、356点の
サンプルから10点、形状からジャポニカ(短粒種)とみられる稲のプラントオパール
が検出された。また、稲のほか小麦とハトムギのプラントオパールも見つかった。
http://www.local.co.jp/news-drift/agri-99kome.html

154 :出土地不明:2008/05/13(火) 12:40:54 ID:WAgQV9ak
朝鮮半島で最古の水田遺跡は今のところ前11世紀。



弥生時代の始まりと深く関連している韓国南部だが、最古の水田は
慶尚南道蔚山・オクキョン遺跡で見つかっており、孔列文〜突帯文土器が
伴っているところから、前11 世紀頃と考えられている。
http://www.rekihaku.ac.jp/press/yayoi_kaishi.pdf




155 :出土地不明:2008/05/13(火) 18:34:51 ID:vmY88aPC
で、
南だ半島だという人たちは

「飲み水」

をどう考えているんだ?
人力や風力の船でどれだけの水を運べるんだ。
飲み水のことを教えてもらいたい。

156 :出土地不明:2008/05/13(火) 19:34:07 ID:/oZcAnaj
はいはい。

157 :出土地不明:2008/05/14(水) 11:54:47 ID:dnKyBqiE
丸木弓は弓矢が普及する中石器時代から既に北方ユーラシアまで伝わっている。



弓矢が普及するのは、中石器時代(→石器時代の「中石器時代」)以降と考えられている。
矢は、旧石器時代の槍(やり)や投げ槍にくらべて携帯に便利であり、動物相の変化に
より小型獣を狩猟対象とするようになった当時においては格段に効率的な狩猟具であった。
なお中石器時代に属するマグレモーゼ文化期(前8000〜前5600年)の弓として、
ホルメゴール遺跡(デンマーク)からイチイガシ(→ カシ)製丸木弓が全形で出土しており、
当時の代表的な遺品とされている。

http://jp.encarta.msn.com/encyclopedia_1421501287/content.html

158 :出土地不明:2008/05/14(水) 11:56:26 ID:dnKyBqiE
日本刀が完成するのは平安時代後期頃で、それまでは鉄剣や鉄刀であった。


古墳時代には武器の鉄製化も進んだ。刀剣では、それまでの銅剣に代わって
鉄剣が作られた。一般的に、両刃を剣とし、片刃の刀と区別している。
なお、古墳時代の刀剣は、のちの日本刀に見られるような反りはない。
刀に反りができるのは、平安後期以後である。

http://www.yurihama.jp/town_history/2hen/1syo/04040400.htm

159 :出土地不明:2008/05/14(水) 12:09:19 ID:5aD9+1qD
半島南部は倭人の領域だったと思うが、


160 :出土地不明:2008/05/14(水) 18:40:07 ID:VxXqf4+T
>>159
高句麗の地名も朝鮮語より日本語に近いそうだね。

161 :出土地不明:2008/05/14(水) 18:43:21 ID:HZE1TEsu
>>160

ちがうそれ逆。

162 :出土地不明:2008/05/14(水) 20:09:55 ID:NNN3Tc8i
日本人と朝鮮人はスキタイ人の末裔らしいのですがどう思いますか?

163 :出土地不明:2008/05/14(水) 20:17:26 ID:HZE1TEsu
いいんじゃないそれで。
ただし、日本人の方がスキタイさ=遊牧民的性質を残してるんじゃないの。知らんけど。

今、朝鮮半島にいる朝鮮人or韓国人は、
昔中国にいた漢民族だった人たちでしょう。
おそらく、北方遊牧民の鮮卑に追われた人たちが起源。

たぶん、朝鮮人or韓国人は日本人よりは現代中国人に近いはず。

164 :出土地不明:2008/05/15(木) 00:03:45 ID:mL48urXs
>>161
逆って?

165 :出土地不明:2008/05/15(木) 00:15:58 ID:GM5HBw6c
○日本の地名も朝鮮語より高句麗に近いそうだね。

166 :出土地不明:2008/05/15(木) 00:43:29 ID:ldYs5GdU
その高句麗とやらの地名幾つか挙げて下さいな。


167 :出土地不明:2008/05/15(木) 00:49:44 ID:GM5HBw6c
それは知らん。

ただ、歴史的の順序と民族移動がそうなってるんでな。

168 :出土地不明:2008/05/15(木) 00:50:29 ID:GM5HBw6c
○歴史の順序と民族移動がそうなってるんでな(汗

169 :出土地不明:2008/05/15(木) 01:33:54 ID:6+0n1tBw
>>163
>今、朝鮮半島にいる朝鮮人or韓国人は、
数百年前までシベリアにいた
エヴェンキ族だよ

トナカイやアザラシをストーカーしては
殺して生肉を貪り、近親相姦を繰り返していた蛮族だよ

170 :出土地不明:2008/05/15(木) 01:35:12 ID:GM5HBw6c
>>169

ということにしたいのですね、わかります。

171 :出土地不明:2008/05/15(木) 04:59:58 ID:cll1LqAS
>>169
> 近親相姦を繰り返していた蛮族だよ

ソースないだろそれ
蛮族の基準は?
日本の皇族等の近親交配の歴史は知ってるか?

くだらね

172 :出土地不明:2008/05/15(木) 09:29:40 ID:VBksN9e3
確かに弥生までは半島の方が豊かだったかもしれないな
しかし稲作の普及で立場が逆転してしまったって事だな

173 :出土地不明:2008/05/15(木) 12:07:58 ID:Wjb2DBTl
呉服は百済経由で伝わってきている。


また百済国に、「若(モ)し賢(サカ)しき人あらば貢上(タテマツ)れ」
とおほせたまひき。かれ、命(ミコト)を受けて貢上(タテマツ)りし人、
名は和邇吉師(ワニキシ)、すなはち論語十巻・千字文一巻、并(アハ)
せて十一巻(トヲアマリヒトマキ)をこの人に付けてすなはち貢進
(タテマツ)りき。この和邇吉師(ワニキシ)は文首(フミノオビト)
等(ラ)の祖(オヤ)。また手人(テヒト)韓鍛(カラカヌチ)名は
卓素(タクソ)、また呉服(クレハトリ)の西素(サイソ)二人を
貢上(タテマツ)り、また秦造(ハタノミヤツコ)の祖(オヤ)、
漢直(アヤノアタヒ)の祖(オヤ)、また酒を醸(カ)むことを
知れる人、名は仁番(ニホ)亦(マタ)の名は須須許理(ススコリ)等
(ラ)参(マヰ)渡り来つ。
http://kamnavi.jp/link/kojiki2.txt

174 :出土地不明:2008/05/15(木) 12:10:00 ID:Wjb2DBTl
風呂は6Cに仏教と共に朝鮮から伝来し、最初は蒸し風呂であった。


蒸気浴の方法を世界的にみると、もともとイラン系の遊牧民スキタイ民族の
間で行われていたとか。日本には6世紀半ば、仏教の伝来とともに朝鮮を
経て伝わりました。仏教では、「沐浴(湯や水を浴びて身を清めること)」の
功徳を説いており、七堂伽藍(寺として備えるべき7つの建物)には浴堂が
加えられており、仏教伝来時に風呂もセットで伝わりました。「枕草子」や
「今昔物語」にも、焼石に水をそそぐ蒸し風呂が普及していたことが見えます。
以来、江戸時代初期頃まで、日本では蒸気浴が主流だったそうです。
http://homepage3.nifty.com/miya-s/myhome-page.files/Miya's_008.html

175 :出土地不明:2008/05/15(木) 12:16:31 ID:Wjb2DBTl
瓦の登場は6C。百済から伝わり、飛鳥寺で初めて使用された。


地球上に瓦が誕生したのはおよそ2800年前の中国とされる。日本には
西暦588年、百済から仏教と共に伝来。飛鳥寺で初めて使用された。
様式は平瓦を並べ、その上に丸瓦を並べる様式である。飛鳥時代、
瓦が使用された建物は寺院に限られていた。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%93%A6

西暦538年(宣化三年)に、百済の聖明王が釈迦仏像や経典等を朝廷に
贈り仏教が公伝されました。間もなく瓦博士も渡来して造瓦の方法を伝え、
のち西暦588年(崇峻元年)に蘇我馬子が飛鳥の地(奈良県高市郡
明日香村)に法興寺(飛鳥寺)を建立しました。この瓦が日本最古の古瓦の
遺品とされています。「素弁蓮花文鐙瓦」様式です。
http://kabin.ohugi.com/6/2.html

176 :出土地不明:2008/05/15(木) 12:55:02 ID:OqiFtBNw
>それにRM1-b遺伝子の稲はかつては朝鮮半島にも存在したが、
>単に定着しなかっただけという事も十分に考えられる。
↑何か考古学的な説得力があるとでも思っているのでせうか(爆


>もともと4000年くらい前に稲が中国から朝鮮半島に入った当初は
>朝鮮半島にもbはあったが、bが寒さなどに弱いなどの理由で、
>この4000年のうちに遺伝子が淘汰されて消えてしまっただけだろう。
↑何か考古学的な説得力があるとでも思っているのでせうか(爆


177 :出土地不明:2008/05/15(木) 13:05:58 ID:Wjb2DBTl
↓おまえの台湾国策工作ムキ出しのこれよか1万倍マシだってーの(爆



RM1-b遺伝子の稲は、稲作が中国から直接日本に伝来した事を示す証拠である。

九州・西日本に伝わった最初の稲作が既に弥生前期末には
北陸や東北にもRM1-b遺伝子の稲が存在している。

ゆえに朝鮮半島にはないRM1-b遺伝子の稲の存在は、
稲作が「中国から直接日本に伝来した」事の証明となっている。

稲作の伝来ルートは
中国南方 → 日本 → 朝鮮
http://www.athome-academy.jp/archive/images/0000000116_discussion_004.gif



ちなみに稲の伝播が、

中国南方 → 日本 → 朝鮮

というのはあり得ないね。

なぜなら、日本から朝鮮半島に稲が伝わったのなら、
朝鮮半島の稲の遺伝子も日本と同じくa、b、c、
或いはbが淘汰されたa、cになっているはずだからである。

178 :出土地不明:2008/05/15(木) 13:26:55 ID:OqiFtBNw
>それにRM1-b遺伝子の稲はかつては朝鮮半島にも存在したが、
>単に定着しなかっただけという事も十分に考えられる。
↑何か考古学的な説得力があるとでも思っているのでせうか(爆


>もともと4000年くらい前に稲が中国から朝鮮半島に入った当初は
>朝鮮半島にもbはあったが、bが寒さなどに弱いなどの理由で、
>この4000年のうちに遺伝子が淘汰されて消えてしまっただけだろう。
↑何か考古学的な説得力があるとでも思っているのでせうか(爆


あとマジレスしても無駄だとは思うが
>ゆえに朝鮮半島にはないRM1-b遺伝子の稲の存在は、
>稲作が「中国から直接日本に伝来した」事の証明となっている。

なんて思ったことも主張したこともないがなw

179 :出土地不明:2008/05/15(木) 13:49:25 ID:Wjb2DBTl
↓おまえの台湾国策工作ムキ出しのこれよか1万倍マシだってーの(爆



RM1-b遺伝子の稲は、稲作が中国から直接日本に伝来した事を示す証拠である。

九州・西日本に伝わった最初の稲作が既に弥生前期末には
北陸や東北にもRM1-b遺伝子の稲が存在している。

ゆえに朝鮮半島にはないRM1-b遺伝子の稲の存在は、
稲作が「中国から直接日本に伝来した」事の証明となっている。

稲作の伝来ルートは
中国南方 → 日本 → 朝鮮
http://www.athome-academy.jp/archive/images/0000000116_discussion_004.gif



ちなみに稲の伝播が、

中国南方 → 日本 → 朝鮮

というのはあり得ないね。

なぜなら、日本から朝鮮半島に稲が伝わったのなら、
朝鮮半島の稲の遺伝子も日本と同じくa、b、c、
或いはbが淘汰されたa、cになっているはずだからである。

180 :出土地不明:2008/05/15(木) 14:57:32 ID:Wjb2DBTl
呉服は百済経由で伝わってきている。


また百済国に、「若(モ)し賢(サカ)しき人あらば貢上(タテマツ)れ」
とおほせたまひき。かれ、命(ミコト)を受けて貢上(タテマツ)りし人、
名は和邇吉師(ワニキシ)、すなはち論語十巻・千字文一巻、并(アハ)
せて十一巻(トヲアマリヒトマキ)をこの人に付けてすなはち貢進
(タテマツ)りき。この和邇吉師(ワニキシ)は文首(フミノオビト)
等(ラ)の祖(オヤ)。また手人(テヒト)韓鍛(カラカヌチ)名は
卓素(タクソ)、また呉服(クレハトリ)の西素(サイソ)二人を
貢上(タテマツ)り、また秦造(ハタノミヤツコ)の祖(オヤ)、
漢直(アヤノアタヒ)の祖(オヤ)、また酒を醸(カ)むことを
知れる人、名は仁番(ニホ)亦(マタ)の名は須須許理(ススコリ)等
(ラ)参(マヰ)渡り来つ。
http://kamnavi.jp/link/kojiki2.txt

181 :出土地不明:2008/05/15(木) 14:58:46 ID:Wjb2DBTl
風呂は6Cに仏教と共に朝鮮から伝来し、最初は蒸し風呂であった。


蒸気浴の方法を世界的にみると、もともとイラン系の遊牧民スキタイ民族の
間で行われていたとか。日本には6世紀半ば、仏教の伝来とともに朝鮮を
経て伝わりました。仏教では、「沐浴(湯や水を浴びて身を清めること)」の
功徳を説いており、七堂伽藍(寺として備えるべき7つの建物)には浴堂が
加えられており、仏教伝来時に風呂もセットで伝わりました。「枕草子」や
「今昔物語」にも、焼石に水をそそぐ蒸し風呂が普及していたことが見えます。
以来、江戸時代初期頃まで、日本では蒸気浴が主流だったそうです。
http://homepage3.nifty.com/miya-s/myhome-page.files/Miya's_008.html

182 :出土地不明:2008/05/15(木) 14:59:10 ID:Wjb2DBTl
瓦の登場は6C。百済から伝わり、飛鳥寺で初めて使用された。


地球上に瓦が誕生したのはおよそ2800年前の中国とされる。日本には
西暦588年、百済から仏教と共に伝来。飛鳥寺で初めて使用された。
様式は平瓦を並べ、その上に丸瓦を並べる様式である。飛鳥時代、
瓦が使用された建物は寺院に限られていた。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%93%A6

西暦538年(宣化三年)に、百済の聖明王が釈迦仏像や経典等を朝廷に
贈り仏教が公伝されました。間もなく瓦博士も渡来して造瓦の方法を伝え、
のち西暦588年(崇峻元年)に蘇我馬子が飛鳥の地(奈良県高市郡
明日香村)に法興寺(飛鳥寺)を建立しました。この瓦が日本最古の古瓦の
遺品とされています。「素弁蓮花文鐙瓦」様式です。
http://kabin.ohugi.com/6/2.html

183 :出土地不明:2008/05/16(金) 06:25:37 ID:O4Cl33ks
モンゴルJAPは糞から勝手に湧いたんじゃないかWwww
だからJAPは糞みてえに汚くくせえんだろWWwWw


184 :出土地不明:2008/05/16(金) 09:18:06 ID:bLqU1ZTo
>>183
ほれ死ねいw


●台湾ニグロ

http://www.tfjhs.ntct.edu.tw/album/gallery/011224_90%E5%AD%B8%E5%B9%B4%E6%A0%A1%E9%81%8B/122401_90%E5%AD%B8%E5%B9%B4%E6%A0%A1%E9%81%8B_1200x900_120.JPG


アハハハハハハ



アハハハハハハ



185 :出土地不明:2008/05/16(金) 10:17:10 ID:fxxUYZ7D
>それにRM1-b遺伝子の稲はかつては朝鮮半島にも存在したが、
>単に定着しなかっただけという事も十分に考えられる。
↑何か考古学的な説得力があるとでも思っているのでせうか(爆


>もともと4000年くらい前に稲が中国から朝鮮半島に入った当初は
>朝鮮半島にもbはあったが、bが寒さなどに弱いなどの理由で、
>この4000年のうちに遺伝子が淘汰されて消えてしまっただけだろう。
↑何か考古学的な説得力があるとでも思っているのでせうか(爆

186 :出土地不明:2008/05/16(金) 10:30:21 ID:bLqU1ZTo
↑いつもの江南誘致サギのベトナム顔した台湾国策工作員(爆





高貴な日本人様の先祖が、

おまえらみたいな醜悪なウンコくせえ

ベトナム顔の長江江南ゴリラなわきゃねーだろが(ゲラゲラ嘲笑)






187 :出土地不明:2008/05/16(金) 11:49:02 ID:HrUlaSdx
>>177
>稲の伝播が、
>
>中国南方 → 日本 → 朝鮮

常識的な理解だね

唐辛子や白菜の伝播と同じルートだ

188 :出土地不明:2008/05/16(金) 11:52:03 ID:HrUlaSdx
正確には

白菜は中国北方から日本で、そこから朝鮮だ

カルビなど焼き肉文化も

中国北方 → 日本 → 朝鮮 だ。

朝鮮人一般が牛肉の焼き肉を食べるようになったのは
日本からの引き揚げ者がジンギスカン鍋と一緒に
朝鮮半島に世界大戦後に引き上げてからのことだ


189 :出土地不明:2008/05/16(金) 12:15:37 ID:bLqU1ZTo
で、儲かるのか台湾国策工作員って?w

190 :出土地不明:2008/05/16(金) 12:18:12 ID:fxxUYZ7D
>中国南方 → 日本 → 朝鮮
>というのはあり得ないね。
>なぜなら、日本から朝鮮半島に稲が伝わったのなら、
>朝鮮半島の稲の遺伝子も日本と同じくa、b、c、
>或いはbが淘汰されたa、cになっているはずだからである。

どんな超絶理論だよw


弥生時代中期(約2100〜2200年前)の遺跡である
唐古鍵遺跡と池上曽根遺跡の
炭化米からもこのMR1b遺伝子が発見されました。
SSR遺伝子はいくら時を経ても全く変化しないので、
2000年前、明らかに中国大陸から直接b遺伝子を含む
水稲が渡来してきていたことが実証できます。
しかし同時にMR1a遺伝子は中国ではそんなに
高頻度では分布せず、朝鮮半島と日本では高い頻度で
分布することから、この遺伝子の水稲は伝播に
朝鮮半島との関わりが推測されます。

http://camel.jugem.cc/?eid=849


明らかに中国大陸から直接b遺伝子を含む水稲が渡来してきていたことが実証できます。
明らかに中国大陸から直接b遺伝子を含む水稲が渡来してきていたことが実証できます。
明らかに中国大陸から直接b遺伝子を含む水稲が渡来してきていたことが実証できます。
明らかに中国大陸から直接b遺伝子を含む水稲が渡来してきていたことが実証できます。
明らかに中国大陸から直接b遺伝子を含む水稲が渡来してきていたことが実証できます。
明らかに中国大陸から直接b遺伝子を含む水稲が渡来してきていたことが実証できます。
明らかに中国大陸から直接b遺伝子を含む水稲が渡来してきていたことが実証できます。

191 :出土地不明:2008/05/16(金) 12:31:16 ID:jVBxOjS+
>>190 ありがとう。

中国→朝鮮半島→日本を
強固に主張するおかしな人がコピペを繰り返してたんで、これでトドメになった。

ありがとう、本当にありがとう。

192 :出土地不明:2008/05/16(金) 12:33:28 ID:fxxUYZ7D
>191
中国→朝鮮半島→日本は
ありなしでいえば
充分ありだと思うけどな。

>コピペ北方土器人
>中国南方 → 日本 → 朝鮮
>というのはあり得ないね。
>なぜなら、日本から朝鮮半島に稲が伝わったのなら、
>朝鮮半島の稲の遺伝子も日本と同じくa、b、c、
>或いはbが淘汰されたa、cになっているはずだからである。

どんな超絶理論だよw

>なぜなら、日本から朝鮮半島に稲が伝わったのなら、
>朝鮮半島の稲の遺伝子も日本と同じくa、b、c、

朝鮮半島にはbが無いんだから日本もa、cになってなけりゃ
おかしいだろwwwww

日本から朝鮮半島に稲が伝わる必要条件に
>或いはbが淘汰されたa、cになっている
必要なんてねーだろwwwww

193 :出土地不明:2008/05/16(金) 12:36:51 ID:jVBxOjS+
>>192
その普通の理屈が、コピペ者に通じんのでした。

194 :出土地不明:2008/05/16(金) 12:39:24 ID:fxxUYZ7D
>中国南方 → 日本 → 朝鮮
>というのはあり得ないね。
>なぜなら、日本から朝鮮半島に稲が伝わったのなら、
>朝鮮半島の稲の遺伝子も日本と同じくa、b、c、
>或いはbが淘汰されたa、cになっているはずだからである。

この恥ずかしいコピペを何度も繰り返す理由......

羞恥プレイ?

195 :出土地不明:2008/05/16(金) 12:50:34 ID:bLqU1ZTo
で、儲かるのか台湾国策工作員って?w

196 :出土地不明:2008/05/16(金) 12:54:56 ID:fxxUYZ7D
時給計算で君の7倍くらいw

197 :出土地不明:2008/05/16(金) 12:57:43 ID:fxxUYZ7D
>中国南方 → 日本 → 朝鮮
>というのはあり得ないね。
>なぜなら、日本から朝鮮半島に稲が伝わったのなら、
>朝鮮半島の稲の遺伝子も日本と同じくa、b、c、
>或いはbが淘汰されたa、cになっているはずだからである。

どんな超絶理論だよw

>なぜなら、日本から朝鮮半島に稲が伝わったのなら、
>朝鮮半島の稲の遺伝子も日本と同じくa、b、c、

朝鮮半島にはbが無いんだから日本もa、cになってなけりゃ
おかしいだろwwwww

日本から朝鮮半島に稲が伝わる必要条件に
>或いはbが淘汰されたa、cになっている
必要なんてねーだろwwwww

198 :出土地不明:2008/05/16(金) 13:00:10 ID:fxxUYZ7D
>日本から朝鮮半島に稲が伝わったのなら、
>朝鮮半島の稲の遺伝子も日本と同じくa、b、c
>になっているはずだからである。


朝鮮半島にもbはあったが、bが寒さなどに弱いなどの理由で、
この4000年のうちに遺伝子が淘汰されて消えてしまっただけだろう。
こうじゃねwww

199 :出土地不明:2008/05/16(金) 13:10:28 ID:bLqU1ZTo
↑いつもの江南誘致サギのベトナム顔した台湾国策工作員(爆





高貴な日本人様の先祖が、

おまえらみたいな醜悪なウンコくせえ

ベトナム顔の長江江南ゴリラなわきゃねーだろが(ゲラゲラ嘲笑)






200 :出土地不明:2008/05/16(金) 13:14:16 ID:BjLw6jrT
>>199
いい加減、恥ずかしい書き込みは止めなさい。
ここは学問板ですよ。

201 :出土地不明:2008/05/16(金) 13:16:51 ID:bLqU1ZTo
ほれ死ねいw


●台湾ニグロ

http://www.tfjhs.ntct.edu.tw/album/gallery/011224_90%E5%AD%B8%E5%B9%B4%E6%A0%A1%E9%81%8B/122401_90%E5%AD%B8%E5%B9%B4%E6%A0%A1%E9%81%8B_1200x900_120.JPG


アハハハハハハ



アハハハハハハ



202 :出土地不明:2008/05/16(金) 14:11:25 ID:fxxUYZ7D
↑いつものアムール妄想のコピペ北方土器人(未発掘

203 :出土地不明:2008/05/16(金) 15:26:49 ID:fxxUYZ7D
古代中国では,いわゆる三足土器で炊飯していました。
http://www.hibari.ed.jp/club/ki/ki.html

↑合気道同好会のページかよ大爆笑wwww



土器というのはな、ところ変われば頻度も変わるんだよw

204 :出土地不明:2008/05/16(金) 16:13:52 ID:bLqU1ZTo



●歴史の先生に聞きました。

Q日本では昔から『気(け)』という考え方があったそうですね。

 古代中国では,いわゆる三足土器で炊飯していました。
三つの足の部分は空洞になっており,その部分に水をため,
足の上にのせた簀のこ(すのこ)の上に米を置く。




205 :出土地不明:2008/05/16(金) 17:29:41 ID:fxxUYZ7D
↑いつものアムール妄想コピペ北方土器人(未発掘


古代中国では,いわゆる三足土器で炊飯していました。
↑合気道同好会のページかよ大爆笑wwww

○歴史の先生に聞きました。
中国では氣の元は「元気」であり,宇宙の始源にある元の気という意味です。

考古学ですらないww

206 :出土地不明:2008/05/16(金) 17:36:36 ID:bLqU1ZTo
↑いつもの江南誘致サギのベトナム顔した台湾国策工作員(爆





高貴な日本人様の先祖が、

おまえらみたいな醜悪なウンコくせえ

ベトナム顔の長江江南ゴリラなわきゃねーだろが(ゲラゲラ嘲笑)






207 :出土地不明:2008/05/16(金) 17:46:18 ID:fxxUYZ7D
↑いつものアムール妄想コピペ北方土器人(未発掘

古代中国では,いわゆる三足土器で炊飯していました。

↑合気道同好会のページかよ大爆笑wwww

スポーツ板いけよwwww

208 :出土地不明:2008/05/16(金) 17:49:04 ID:bLqU1ZTo
↑いつもの江南誘致サギのベトナム顔した台湾国策工作員(爆





高貴な日本人様の先祖が、

おまえらみたいな醜悪なウンコくせえ

ベトナム顔の長江江南ゴリラなわきゃねーだろが(ゲラゲラ嘲笑)






209 :出土地不明:2008/05/17(土) 19:33:38 ID:M0PeEKq3
歌垣は朝鮮半島では今も残っている。


先生は「韓の国紀行『歌垣』」のなかで、「朝鮮民族には凄味がある、
と、ほとほと思ったのは、この仏国寺の松林で野遊びを見、歌垣の
歌声をきき、そして杖鼓(チャング)のリズムをきいたときであった。
http://homepage2.nifty.com/kodaijin-tamat/index.files/karanokuni.htm

日本にも野遊びはあった。万葉のころ歌垣は絶えた。韓国ではいまも
生活の中にある。
http://www.ric.hi-ho.ne.jp/nishikawasan/siba/karakuni.htm
 
韓国の山野では野遊びをする人々に出会うという。司馬さんは
「人々は強烈なリズムにのって群舞しており、さながら万葉時代の
歌垣や踏歌を現(うつつ)に見る思い」がすると書いていた。
http://www1.coralnet.or.jp/kn/tenti/c2002401.htm

210 :出土地不明:2008/05/17(土) 20:17:04 ID:ALwL3q8b
日本人は九州のアイヌD yap+(武士)支配階級+半島の米作農民(O3O2b)

>これはおそらく、アイヌ民族が、ホモ・サピエンスがコーカソイドとモンゴロイドに分
>化した直後の古形を保っている、すなわちアジア化がまだ進んでいないタイプの人びとで
>ある可能性が強い。  
http://www.geocities.jp/ikoh12/honnronn5/005_05kamigaminosisonntati.html

> 1989年に、ミシガン大のローリング・ブレイス教授らは「Reflections on the Face of Japan」
  という論文をAmerican Journal of Physical Anthropologyに発表した。

>この論文で、ブレイスらは、鎌倉の材木座・極楽寺付近から出土した1333年の鎌倉攻めの
 犠牲者人骨の歯のサイズと頭蓋骨計測データを用いて、
>鎌倉武士はアイヌと近縁であるという説を唱え、アメリカで注目を集めた。

>今回、ブレイスの頭蓋骨計測データを新しい統計処理法を使って再分析した。

>また、歯の計測データに関しては、ブレイスらは歯の合計面積の平均値のみを使って集団間の
  血縁関係を議論したが、
>今回は、個々の歯のサイズのデータを用いて多変量解析を行い、それらの結果を報告する。
http://www.marianna-u.ac.jp/gakunai/anatomy/jinrui59/sympo.html

品がなくえげつない不快感あたえまくりの吉本系関西人の出自が半島由来なのは間違いないw
これはよけいかwwwww

211 :出土地不明:2008/05/17(土) 21:03:01 ID:M0PeEKq3
また不快な鮮人のふりをした台湾国策工作員かw

水田稲作を九州北部〜西日本に伝えた弥生人たちは
朝鮮無文土器を伝えず、

なぜか水田稲作と同時に沿海州方面の土器を伝えたのである。

要は水田稲作は単に船で沿海州南岸から朝鮮半島東岸を通過中に
知っただけの話なのである。

212 :出土地不明:2008/05/17(土) 21:08:00 ID:ALwL3q8b
抗鳥フルエンザage

213 :出土地不明:2008/05/17(土) 21:12:14 ID:ALwL3q8b
すまんsageてしまったw
抗鳥フルエンザage

214 :出土地不明:2008/05/17(土) 21:50:00 ID:ALwL3q8b
>>212
ぶわっはっはっはっ
水田耕作が始まったときの水田付近から突帯紋土器にの出土が多いということから
妄想がはじまったようだなw

では 弥生時代の初期すなわち渡来人骨が発掘された時代の半島で使用されていた
土器は何と何だったでしょうか?
それから水田耕作が始まるまで
半島と500年くらいタイムラグがあってもおかしくないね

>土井ヶ浜弥生人は朝鮮半島・中国東北地方の沿岸民に共通する文化を持ち、
共通する固有の地域性は朝鮮半島沿岸部などの半農半漁民の中に潜んでいると云われる。

>土井ヶ浜弥生人の顔・かたちの形質的起源が中国大陸の青銅器時代(約3,000年前)の
古人骨に酷似していることが判明している
http://www.hi-ho.ne.jp/mizuno/isekivisit/doigahama.html

半島経由だと時間がかかるケースがあるねw

215 :出土地不明:2008/05/17(土) 22:17:33 ID:+CoE4zeU
北海道、マンモス
http://www.google.co.jp/search?q=%E5%8C%97%E6%B5%B7%E9%81%93%E3%80%80%E3%83%9E%E3%83%B3%E3%83%A2%E3%82%B9%E3%81%AE%E5%8C%96%E7%9F%B3&lr=lang_ja&ie=utf-8&oe=utf-8&aq=t&rls=org.mozilla:ja:official&client=firefox-a

アムール
ttp://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%A0%E3%83%BC%E3%83%AB%E5%B7%9D
Amur River
ttp://en.wikipedia.org/wiki/Amur_River

シベリア
ttp://en.wikipedia.org/wiki/Siberia

氷河期
ttp://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B0%B7%E6%B2%B3%E6%9C%9F#.E6.9C.80.E8.BF.91.E3.81.AE.E6.B0.B7.E6.9C.9F.E3.83.BB.E9.96.93.E6.B0.B7.E6.9C.9F.E3.81.A8.E6.9C.80.E7.B5.82.E6.B0.B7.E6.9C.9F
----------
米は南方中国沿岸地帯(長江揚子江より南)から、海流に乗ってやってきた。

アインシュタインの物理学が関係する(E=mc^2)。
E=mc^2によって太陽から光が当たって海に流れが出来る。風も流れる。

台風の進路(いつの時代(1960年でも2003年でも)でもどの台風(3号でも7号でも)でもいい)
ttp://www.imocwx.com/typ.htm

台風じゃなく船が同じ海に浮かんでいたら、時間を縮めてたどり着けるのでは?

机上の空論じゃなく、実在の人物で

阿倍仲麻呂
鑑真(がんじん
普照(ふしょう
ttp://ja.wikipedia.org/wiki/Category:%E6%BC%82%E6%B5%81%E8%80%85

南から北への風の流れが強い
北から南への風の流れは少ない
海流の影響を受けた実例として

藤原広嗣
筑前で反乱
ttp://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%97%A4%E5%8E%9F%E5%BA%83%E5%97%A3%E3%81%AE%E4%B9%B1
五島列島に押し戻された.

って海流の影響の証拠にならない?
天気図の知識が要るな・・・
天気図
ttp://www.google.co.jp/search?q=%E5%A4%A9%E6%B0%97%E5%9B%B3&lr=lang_ja&ie=utf-8&oe=utf-8&aq=t&rls=org.mozilla:ja:official&client=firefox-a

そろそろ個人の処理能力を超えるorz

216 :出土地不明:2008/05/17(土) 22:23:45 ID:M0PeEKq3
弥生開始時の朝鮮半島では孔列文土器と先松菊里式無文土器の時代。

つまり水田稲作を持ち込んだ集団は朝鮮半島の集団ではない。

沿海州内陸部にいた刻目のある土器文化であるシニ・ガイ文化と
関係が深いと見られる刻目突帯文土器人である。

217 :出土地不明:2008/05/17(土) 22:24:39 ID:ALwL3q8b
>>215
サイパン島から帰ってきた男

時は戦時中。サイパン島に米軍が迫って来たので、巻き添えになる
のは嫌だと思い、なんとか日本に帰りたいと現地のチャモロ人に
ぼやいていると、「金をくれるのなら日本へ連れて行ってやる。」
という男がいた。当時は定期便もストップし、漁船なども軍に全部
徴発されていたので、どこかに漁船でも隠してあるのかとついて
行ってみると、なんと2人乗ればやっとのアウトリガーカヌーだった。

これで日本まで行くのかと驚くと、チャモロ人は「大丈夫。これで
日本に行ったこともある。」と言われ、戦争に巻き込まれるよりは
と、ヤケクソでカヌーに乗り込んだ。

そして4日間かけて3千キロを航走して、高知県までたどりついた。
その間ほとんど水だけで過ごし何も食べなかった。
チャモロ人の男は、サイパン戦が終わるまでしばらく日本にいて、
その後帰るつもりだとこともなげに言うので、こんな連中なら
イースター島とかに行って石像を建てるのなんか簡単だったはずと、
心底たまげた。

以上のような話が「ちぢらんかんぷん」に書かれています。

この話をしてくれた患者さんによれば、チャモロ人がカヌーの方向を
決めるのは、夜に星を見て方向を定めていた。おどろくほど星の
位置に詳しくて、「今の季節は、あの星とあの星の間を目指して
いけば、日本だ。」というようにして方向を定めていた、とか。

また、大洋を恐れるということが全く無く、3千キロの航海でも
隣の島に行くのと同じような感覚で、平然と走り抜けたのにも
驚いた、というようなことが書いてあります。
http://academy6.2ch.net/test/read.cgi/archeology/1066535201/299n-

218 :出土地不明:2008/05/17(土) 22:30:41 ID:wUXyva7g
精神世界で癒される第38章
http://life9.2ch.net/test/read.cgi/healing/1210246310/

このスレのスレ主さんである単、直さんが、リアルのほうが忙しいので顔をなかなか出せないと言う事で、スレ主さんを下りられるそうです。

そこは、無国籍男女混浴風呂。どなたも、癒やされますよ。ひとっぷろ、どうですか?
いやしに尽いて、ひとこと いただけませんか?

↓ ここでは、さとりの語り手をつのっています。<(_ _)>

坐禅と見性第57章ろうそくの炎を吹き消せ
http://life9.2ch.net/test/read.cgi/psy/1210832703/

なにかしらその意のあるところを語ってください。

宗教とは、インドにおける原意では、いかに生きるかと言う事。

坐禅と見性 第56章 名詞を剥ぎ取る、なんと呼ぶか
物質には、名詞があります。その名詞を剥ぎ取った時、これをなんと呼ぶか、と言う公案です。

また、片手の人が叩く拍手の音を聞いてこい。
ほかに、30メートル先のろうそくの炎を坐のままで、吹き消せ!
と言う公案に参禅しています。
カキコ、のほどよろしくおねがいします、m(__)m

219 :出土地不明:2008/05/17(土) 22:33:52 ID:+CoE4zeU
>217
海流
+
風の流れ

なら3千キロも可能なのかな?

「4日間」ってのはおかしいような。。
「14日間」の「1」の部分が途中で取れただけか?

海上保安庁、黒潮図
ttp://www1.kaiho.mlit.go.jp/KANKYO/KAIYO/qboc/2008cal/cu0/qboc2008090cu0.html

いかんせん自然相手だからばらつきが大きいなぁ。

220 :出土地不明:2008/05/17(土) 22:43:29 ID:ALwL3q8b
>>216
あれれれれー
弥生時代ってつい最近に前5世紀から前10世紀に遡ったばかりだねw 
あと百年くらいまけてくれよww ていうか無文土器早期(突帯文)が
九州へ移動したんだろ

>韓国南部の無文土器は各時期の年代を測定した。結果を世紀であらわすと次のとおりである。
   >無文土器早期(突帯文)      前13〜前11世紀
   >無文土器前期(孔列文)      前13〜前11世紀
   >無文土器中期前半(先松菊里式)  前10〜前9世紀
   >無文土器中期後半(松菊里式)   前 9〜前 8世紀
http://www.rekihaku.ac.jp/kenkyuu/katudoh/kenkyuhokoku/031221/index.htm

221 :出土地不明:2008/05/17(土) 23:00:23 ID:+CoE4zeU
半島の工作船関連からして
半島の可能性は低い。
機械エンジンを搭載した船を使ってもまだ佐渡島にたどりつく。
機械エンジンの無い時代ならもっと困難。


船に関する統計も読まないと信憑性が獲得できないな。

船の成功率(複数の船隻中、何隻が成功し、何隻が失敗するのか(確率学))について調べる。

222 :出土地不明:2008/05/17(土) 23:08:04 ID:T0vYOyLo
朝鮮に歌垣があんの?
是非その具体的ソースを見せてもらいたい。
ホムペとか二次的なものじゃないので。

223 :出土地不明:2008/05/17(土) 23:09:38 ID:M0PeEKq3
おまえリアル鮮人だなw

残念ながら、朝鮮半島は刻目突帯文土器が数点しか出土しておらず、
ほとんど出ないんだよ。

明らかに朝鮮半島発の土器文化ではないの。

それは刻目突帯文土器がアムール沿海州の土器文化だと認めている
おまえら韓国考古学会が一番よく分かってる事だろうにw

224 :出土地不明:2008/05/17(土) 23:18:46 ID:+CoE4zeU
日本内閣総理大臣の一覧
ttp://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%86%85%E9%96%A3%E7%B7%8F%E7%90%86%E5%A4%A7%E8%87%A3%E3%81%AE%E4%B8%80%E8%A6%A7#.E6.98.AD.E5.92.8C_2

共通点は

目が大きく開いている
眉毛が太い傾向がある
頬(ほほ、ほお)が丸い

→水(真水、海水)が豊富にあることが関係している
東アジアで水が豊富なのは南方中国(長江より南)とシベリア(アムール川一帯)

あとは、物的証拠(住居でも土器でも髪飾りでも土偶でも靴でも焚き火のあとでも食べ残しでも)だ。
樺太島と北海道島が可能性が高いとにらんでいるが、インターネットのリンク(wikiからマンモスの項目のリンクを張る手法は既出)では押しが弱い。
樺太島の実地調査をしたいが時間が確保できないorz

225 :出土地不明:2008/05/17(土) 23:22:54 ID:+CoE4zeU
どこから来たかのネタと関係ないと思ってたら
軍事板の軍事史から

ttp://www21.tok2.com/home/tokorozawa/faq/faq11c.html
8世紀まで<戦史FAQ目次
の項目に
日本人のルーツネタっぽい記述があった。

やはりあとは、物証だ。

226 :出土地不明:2008/05/17(土) 23:33:48 ID:ALwL3q8b
>>223

>考古学界を驚愕させたのは、大規模な住居地から発見された「刻目突帯文土器」だった。
>この土器が江原道旌善で発見されたことにより、「早期青銅器文化」が韓半島全域
 に拡散していた可能性が出てきたという。
http://www.chosunonline.com/article/20051026000003
これからですよ ざくざくwww



227 :出土地不明:2008/05/18(日) 00:18:37 ID:QBnE8zbx
国別血液型分布
ttp://homepage2.nifty.com/tabbycats/blood/world.htm

日本人の血液分布ってかなり独特なのか?
近くに似た分布の国があれば参考になるんだが。。

距離からしてロシアが近いのかな
             O,,A,,B,,AB

日本          31 , 38 , 22 , 9
ロシア連邦(ロシア) 34 , 35 , 23 , 8
ロシア連邦(コーカサス)44 , 32 , 20 , 4


血液型って温度と関係しているんだっけ。

228 :出土地不明:2008/05/18(日) 00:33:16 ID:QBnE8zbx
血液型追記
ttp://www10.ocn.ne.jp/~kanam/distribution_of_a_blood_type.html

やはり日本は独特だなぁ。

しかし、科学と性格信仰が混ざってやりにくくてしょうがない。

科学にとってはいい迷惑、都市伝説やオカルト

229 :出土地不明:2008/05/18(日) 12:53:07 ID:qYJmGu96
>>226
だと良いねえw

永遠に無理だとは思うけど、全く期待せずに待っているよw

230 :出土地不明:2008/05/18(日) 17:19:11 ID:7UDXCafl
>>229

>アムール川流域では紀元前1千年紀のポリツェ文化に,鉄器が存在している。
>放射性炭素年代では,前980年という数値が提出されている。ポリツェ文化の鉄器には,
>斧・刀子・鉄鏃・小札・釣針などが存在している
http://www.tabiken.com/history/doc/M/M182L100.HTM

何でこんないいもん持ってこなかったんだね?w
当時のアムール川には環濠集落が在ったのかね?ww

231 :出土地不明:2008/05/18(日) 17:44:47 ID:qYJmGu96
>>230
実際の年代は,やや下る可能性が高い。

とあるようにポリツェ文化は弥生開始のもう少し後の時代だよ。

弥生人はポリツェ文化の一つ前のシニガイ文化人だろう。

環濠集落は内蒙古に8000年前に登場することが分かってるから、
3000年前なら北方アジア中が拡散しているだろうね。

232 :出土地不明:2008/05/18(日) 21:55:40 ID:7UDXCafl
>>223
刻目突帯文土器
http://kyohiro.blog.ocn.ne.jp/.shared/image.html?/photos/uncategorized/2007/10/11/photo_2.jpg
http://www.occpa.or.jp/ivent/ivent_html/kyoudou02_10.html

233 :出土地不明:2008/05/18(日) 22:57:18 ID:7UDXCafl
>>229
>ソウルの国立中央博物館で日本では在地の縄文土器とされているのと同じ
>突帯文土器を目にしてびっくりしてしまった。韓国南部晋州大坪里遺跡のものだった。
>これはどう理解したらいいのだろうか?
http://kyohiro.blog.ocn.ne.jp/okinawa/2007/09/post_4a5a.html

234 :出土地不明:2008/05/18(日) 23:29:46 ID:kdw5h6bR
縄文人が商売上手だったと思えば

235 :出土地不明:2008/05/18(日) 23:51:47 ID:kdw5h6bR
初めて覗いたがばかね。縄文系はポリネシア系海洋民族で商売上手
弥生系は大陸渡来人系で稲作広めたんじゃね
で日本人はそれらの混血でしょ

236 :出土地不明:2008/05/19(月) 00:30:12 ID:wXC+5n0j
>235
ポリネシア系海洋民族

→台湾島(民族名でいえばタイヤル族 、 タロコ族 、 セデック族、たくさん)あたりで止まっている(気温が関係する)

> 弥生系は大陸渡来人系で稲作広めたんじゃね
存在することは存在するが、数が少ない。

温度が違う。
人体は温度の影響を受ける。

独ソ戦(1941-1945年)でも温度(冬将軍)が軍事行動に多大な支障(潤滑油が凍る、銃床が冷えて凍傷)を与えたわけでして。

満州に行った日本人も温度には散々悩まされた。
水道管が凍る、住宅の扉が鉄だと素手で触ると皮膚が張り付く。

温度は奥が深い。

237 :出土地不明:2008/05/19(月) 02:58:30 ID:zNVvYA1C
>>1
南北アメリカ大陸に1万年以上前の氷河期に渡ったであろう人類がいたことを考えれば、
歴史的に確認されてる数千年前程度の文明などよりも遥か前に
日本に人類が到達してたと考えるのが自然。
大陸系やら南方系やらは後からきて同化しただけの話だろ。



238 :出土地不明:2008/05/19(月) 08:56:22 ID:qsNr8Q/A
>>233
知ってるよw

それも入れて数点しか朝鮮では突帯文が出てないんだよ。

残念だなビビンバくんw

239 :出土地不明:2008/05/19(月) 09:21:03 ID:qsNr8Q/A
ポリネシアに人類が入ってまだ3500年しか経ってないし、
彼らの土器文化であるラピタ土器も一切伝わっていない。

縄文人な訳がない。

弥生人は沿海州南岸でヴァイキング化した北方アジア人。

水田稲作は単に沿海州南岸から朝鮮東岸を抜けてくる最中に知って
持ち込んできたまでの話。

240 :出土地不明:2008/05/19(月) 10:13:54 ID:ayX+6kzL
稲作が東北から始まったて言うのと同じくらい無理がる

241 :出土地不明:2008/05/19(月) 10:44:47 ID:qsNr8Q/A
残念。

土器は語る。真実を。

242 :出土地不明:2008/05/19(月) 11:02:37 ID:2stKPd/c
;゚д゚)< 水田稲作はヴァイキング化した北方アジア人が“たまたま”持ち込んだらしいよ

                       Σ(゚Д゚;エーッ!! 重要な所が妄想じゃん......

243 :出土地不明:2008/05/19(月) 12:02:32 ID:wXC+5n0j
米(rice、riz)のルーツが
長江の南部分ってのは既出かな。
浙江省
江西省
あたりの水田地帯が
日本の水田と似ている(水の豊富さ、土壌の湿地状態、夏に強い風が吹く)。
まぁ、似ているだけで同じとはいわないが。

日本は緯度どおりなら気温が低く、小麦文化圏(フランス北方中国)になってもいいんだが
南方からの海流の影響(熱を運ぶ、雨水を運ぶ)で温かく、米の生産に適している気温、土壌状態になる。

奥が深すぎる。

244 :出土地不明:2008/05/19(月) 20:41:02 ID:pC4R8LW8
>日本最古の縄文水田址・菜畑遺跡から

>「水田稲作」に必要な道具がセットで発見された。
>これらはいわゆる大陸系磨製石器と呼ばれるものであるが、
>朝鮮半島南部からもたらされたことは100%確実である
>驚くほど朝鮮半島南部の無文土器文化前・中期の磨製石器群と似ている
>菜畑の水田稲作技術が長江中・下流域から直接ではなく
>朝鮮半島南部を経由してもたらされたことは、まず間違いないものと思われる。
>弥生土器は朝鮮半島の無文土器の系譜をひいており、
>こうした無文土器を作る人々が稲作を持って渡来したことは確実である。
>その場合、福岡県曲り田遺跡では、

>朝鮮系の無文土器の甕が30%、縄文土器の深鉢が60%存在する。
>このデータから家根は、新たに渡来した人々は、縄文人と同じ集落に住み、
>村の住民の三人に一人は渡来人であったろうと推定している。

>最初期の段階での水田農耕はどうも縄文人が主体的役割をつとめ、
>南朝鮮人は従的存在に止まったと思われる。
http://www.geocities.jp/ikoh12/honnronn3/003_02.html

つまり
O2b O3 は半島から縄文人に招待されて
雇われた水田耕作農民ですよ





245 :出土地不明:2008/05/19(月) 20:50:08 ID:6VA/zFMN
>>244

ええ? 日本から朝鮮半島への伝来でしょう。

たまたま在地の原住民、移民が無文土器とかゆーの使ってたか発明したか、
ということなんでないの?

246 :出土地不明:2008/05/19(月) 22:03:42 ID:zNVvYA1C
日本に北方から米が伝わったのは事実だけど、
それよりも古い縄文期の出土品から、
北方系とは別の南方系の稲が出てたことで、
北方系からの伝達よりも先に南方系からの伝達で稲作してたと証明されたよな。
これ既出?


247 :出土地不明:2008/05/19(月) 22:25:23 ID:6VA/zFMN
>>246

いや、たぶん、初。ありがおつ。

248 :出土地不明:2008/05/20(火) 10:01:13 ID:HxlBC7yC
http://www.geocities.jp/ikoh12/honnronn3/003_02.html
の別ページから

それは河姆渡と有明海との距離が、実は現在で言えば九州と東京の距離に過ぎず、また当時でいうならば、九州と姫川(ヒスイの産地)の距離と同等で日本列島内の交易とさして差がない

有明海と河姆渡遺跡との距離感
http://www.geocities.jp/ikoh12/honnronn2/002_03/ariakekaitokaboto.jpg

249 :出土地不明:2008/05/20(火) 10:20:46 ID:58RljRYg
>弥生土器は朝鮮半島の無文土器の系譜をひいており、
>朝鮮系の無文土器の甕が30%、縄文土器の深鉢が60%存在する。


ここが間違い。

曲り田遺跡人はなぜか当時の朝鮮無文土器の孔列文土器も
先松菊里式も作っていない。

正しくは、弥生土器は沿海州南部の土器の系譜をひいており、
沿海州南部系の無文土器の甕が30%、突帯文土器の深鉢が60%存在する

というのが正しい。

水田稲作は単に船で沿海州南岸から朝鮮東岸を抜けてくる最中に
知って持ち込んできただけの話。

日本から朝鮮半島へ伝来したなら朝鮮の水田からは弥生土器が
出るはずだし、南方から縄文期に稲作伝来したなら縄文土器には
印文土器や三足土器や釜や壺などが伝わっているはずだし、
縄文期から鋤もあるはず。

250 :出土地不明:2008/05/20(火) 14:41:52 ID:HxlBC7yC
http://washida.net/book/system/sys-5.html

遠賀川式土器(板付I式)は縄文文化の伝統を断ち切って
水稲農耕のなかから成立した新しい土器形式であり、
初期の弥生式土器と位置付けられています。

この遠賀川式土器は西日本一円から
東北まで広がっていきましたが、
その西日本における広がり方は、
北部九州に伝わった完成された形式の
水稲農耕技術という形で独立した分布で
広がっており、したがって、遠賀川式土器の普及は
拡大した集団からの移住が多いと考えられています。

それに対して突帯文土器は、
縄文土器の伝統を残した土器形式であり、
西北九州の一部の地域以外では
上記の遠賀川式土器のような
完全な形ではなく、
(木製農耕具を制作する大陸磨製石器群をともなって出土いない)
縄文人が集団や文化を維持したまま
農耕を受け入れたと考えられています。



251 :出土地不明:2008/05/20(火) 14:44:27 ID:HxlBC7yC
この突帯文土器は縄文文化の影響のなかで成立した弥生土器である。

この時期に,西日本においてこの土器を利用している社会が,
水稲農耕という生業の技術を受け入れたのである。

春成秀爾によれば,弥生時代において木製農耕具を制作する大陸磨製石器群は,
この突帯文土器の段階では北部九州の唐津平野から福岡平野の範囲に
限られているということである。

他の突帯文土器の社会では,農耕は受け入れても
これらの地方のような完全なかたちではなかったのである。

このことは,唐津・福岡以外の地域では農耕を開始するにあたって,
その技術をもった人々の移住が主要な原動力になっていないということを意味する。
縄文人が農耕を受け入れて弥生人になったのである。

またこれは,近畿の突帯文土器の時期の遺跡から土偶と石棒が出土し,
縄文的祭儀がまだ残っていたことを示すことによっても裏づけられよう。

252 :出土地不明:2008/05/20(火) 16:03:01 ID:58RljRYg
日本よりも数世紀も早く朝鮮半島に登場する突帯文土器が
縄文文化な訳がねえってのよ(苦笑

あれはアムール沿海州の土器文化。

253 :出土地不明:2008/05/21(水) 02:48:30 ID:BzpcHIyo
>韓半島南部の突帯文土器は細部編年が可能で、
>無文土器時代早期から前期末(III期)にまで及ぶ
>長期間にかけて存続したのが分かった。
>韓半島南部の突帯文土器は新岩里II期の鴨緑江中上流域から移住した
>小規模の住民が伝統的住居形態を基盤に、
>有文土器在地の土器組成を尊重しながら、
>新しい器種である壺や装飾的な突帯要素を導入して製作した
http://ja-tec.com/I/I34/content41337.html

半島の少人数の住人がルーツですね

254 :出土地不明:2008/05/21(水) 09:32:26 ID:xYCDE6Y8
推定だと書いてあるじゃないのw

刻目突帯文土器は鴨緑江流域からは一点しか出ていないし、
それも含めて朝鮮半島全体で今でさえ数点しか出ていない。

そんな朝鮮半島が刻目突帯文土器のルーツな訳がないの。

刻目突帯文土器は沿海州南部のシニガイ文化に関係がある土器である。

255 :出土地不明:2008/05/21(水) 09:47:33 ID:a132kpRP
一.早期突帯文土器編年の現状
 早期突帯文土器様式の編年は、
縄文土器研究者が縄文土器の分析手法を用いて、
浅鉢の変化を指標に作ってきた。
浅鉢は縄文的な習俗と深くかかわっている土器であるから、
浅鉢を指標とする編年は、縄文社会の変化を
よく反映したものとなり、その性格上広域にわたり
地域差も少ないので非常に有効である。
しかし突帯文土器に伴う浅鉢は水稲農耕の波及にともなって
弥生化していく社会システムに対する縄文側の抵抗を象徴する
側面をもつ。鉢はこの時期の精製土器のなかで壺と対局に
位置する土器である。壺と鉢が器種構成に占める割合は壺が
増加するとそのぶん浅鉢が減少するという相関関係にある。
またこの現象は全生業に占める水稲農耕の割合の変化とも
強い関連をもつ。水稲農耕が発達すればするほど、
種籾の貯蔵を主とする貯蔵機能の充実が要求され壺が増加するが、
これだけでは浅鉢の減少を説明できない。
水稲農耕の発達とともに浅鉢が有していた機能が
社会の中で必要でなくなってきたことを反映したものである。

256 :出土地不明:2008/05/21(水) 10:12:18 ID:xYCDE6Y8
弥生人が沿海州から持ち込んだ縄文土器に近い未開な
刻目突帯文土器文化が朝鮮半島との交流を通じて徐々に
朝鮮無文土器の影響を受けながら弥生土器が生まれていった
というだけの話。

257 :通りすがり:2008/05/21(水) 11:01:40 ID:kGn9qNJ8
ここで言う日本に来たことにしてる人は、
1.日本列島に到着して住み着いた人?
2.日本列島で文明化の基礎となる農業を始めた人?
3.日本列島に国家を創った人?

スレタイをそのまま解釈したら1に受け取れるんだけど、そこんとこどうなの?


258 :出土地不明:2008/05/21(水) 11:09:52 ID:J0b4q8Be
こういう学術系で云う日本は大和民族の領域のこと。
たまにすっとぼけて、先島まで日本列島に含めるがw

259 :通りすがり:2008/05/21(水) 11:11:52 ID:kGn9qNJ8
>>258
つまりどゆこと?
大和に住み着いた人?
大和で農業を始めた人?
大和に国を作った人?


260 :出土地不明:2008/05/21(水) 12:37:51 ID:a132kpRP
実際に発掘兆さしてる人間の仮説(妄想)と
未発掘だが北方(笑)土器人萌えの妄想と

真偽はともかくどちらがマトモかは
言葉にしなくてもわかるなwww

261 :出土地不明:2008/05/21(水) 18:45:53 ID:PwstsCn+
さあ盛り上がってまいりました。

全韓半島の考古学の中の人 
いまこそ日本人(半分)の出身地が半島であることを
証明するチャンスがやってきました。

刻目突帯文土器 刻目突帯文土器をどんどん発掘しましょう。

ww 一個発掘するごとに、品がなくえげつない不快感あたえまくりの
吉本系関西人(北方土人萌え)の寿命が1年縮まりますww
10個も出れば昇天するのは確実ですwww


262 :出土地不明:2008/05/21(水) 21:10:30 ID:c78q9LP3
>>258
勝手に領域を設定するんじゃない(怒)

263 :騎馬北方民族:2008/05/21(水) 22:49:34 ID:KZyEM+A5
皆さん、大国主命ナムジという漫画読んだことがありますか?
そこに日本人の起源の興味深い仮説がえがかれていますよ!! 

264 :出土地不明:2008/05/21(水) 22:50:58 ID:9blDwEzB
くわしく。

265 :出土地不明:2008/05/22(木) 01:20:50 ID:zoc3aYR/
大国主命ナムジ?

266 :出土地不明:2008/05/22(木) 09:52:15 ID:bb6DiRDu
朝鮮半島には刻目突帯文土器を生産していた集落が無い。

無理。

刻目突帯文土器は沿海州南部のシニガイ文化の土器文化。

刻目突帯文土器がアムール沿海州の土器文化である事は
かの国の学会も認めている事。

267 :出土地不明:2008/05/22(木) 11:45:04 ID:26wxiznJ
「 「早期青銅器時代」の代表的遺物として数えられるこの土器は、これまで鴨緑江(アプ
ロクガン)流域と咸鏡(ハムギョン)北道の虎谷(ホゴク)洞遺跡など、韓半島の北部地域
と慶尚(キョンサン)南道晋州(チンジュ)の南江(ナムガン)遺跡から出土していた。
健茂 (イ・ゴンム)国立中央博物館長や李栄文(イ・ヨンムン)教授(木浦(モクポ)大学)
らは、「韓半島中部では、河南(ハナム)市のI沙里(ミサリ)遺跡などでも出土してい
るが、刻目突帯文土器の破片しか発見されていないため、これまで「早期青銅器文化」
の全国的拡散を主張するには無理があった」と述べた。 しかし、この土器が江原道
旌善で発見されたことにより、「早期青銅器文化」が韓半島全域に拡散していた可能性
が出てきたという。 早期青銅器時代は「世紀前10〜8世紀」「世紀前13〜16世紀」
など、意見の差があるものの、青銅器時代の最初期を指す。民族最初の国家である
古朝鮮が青銅器時代に誕生したという点から、青銅器時代は民族史の源流が形成さ
れた時期とみなされる。」
http://www.chosunonline.com/article/20051026000003

268 :出土地不明:2008/05/22(木) 11:50:23 ID:26wxiznJ
「つい最近まで、新石器時代初期の文化として紹介されていたのは上宅文化だけで
あった。私は、上宅文化は、興隆窪文化、趙宝溝文化、紅山文化、小河沿文化を伴う
中国東北部南部新石器社会に欠くことのできない文化であると考えている。河北での
初期土器の発見は極めて大きな重要性を持っており、これはこの地域の土器作りの
起源を巡る問題に関わってくる。さらに、中国東北部南部から重要な文化的影響が、
アムール河流域、そしてプリモーリエ南部にまで及んでいたことも示している。」
「一般に、初期の農耕社会地域と金属を利用した中心地は一致している。中国東北部
南部では、峡江下流文化が金属利用の中心地であった。初期の中心地に関し、農業の
初期段階の起源や特徴を示す確固としたデータはない。いずれにせよ、この地域で
農業が登場したのは新石器時代後期もしくは青銅器時代初期(アムール川流域の
オシノゼルスカヤ文化:プリモーリエのキロフスキ遺跡とリドフカ遺跡)であるため、
ロシアの極東地域がそのような中心地であったとは考えられない。」
セルゲイ V.アルキン(ノボシビルスク州立大学考古民族研究所)
http://www.rekihaku.ac.jp/kenkyuu/shinpo/alkin.html

269 :出土地不明:2008/05/22(木) 12:20:05 ID:26wxiznJ
http://www.pitt.edu/~chifeng/pottery/Zhaobaogou4a.jpg
↑趙宝溝文化の刻目突帯文土器


270 :出土地不明:2008/05/22(木) 12:22:02 ID:yTDA/6fu
で、土器時代の朝鮮の住民と現在の朝鮮人に連続性はないだろう

271 :出土地不明:2008/05/22(木) 12:23:59 ID:+fZyw6v4
中国東北部南部から重要な文化的影響が、アムール河流域、
そしてプリモーリエ南部にまで及んでいたことも示している。

中国東北部南部から重要な文化的影響が、アムール河流域、
そしてプリモーリエ南部にまで及んでいたことも示している。

中国東北部南部から重要な文化的影響が、アムール河流域、
そしてプリモーリエ南部にまで及んでいたことも示している。

中国東北部南部から重要な文化的影響が、アムール河流域、
そしてプリモーリエ南部にまで及んでいたことも示している。


272 :出土地不明:2008/05/22(木) 12:56:31 ID:26wxiznJ
咸鏡北道・沿海州の櫛目文→刻目突帯文はボイスマン→ザイサノフに相当するが、
刻目突帯文が典型的とはいえず、むしろ、内蒙古趙宝溝文化の方に源流があるのでは。

273 :出土地不明:2008/05/22(木) 13:03:33 ID:bb6DiRDu
趙宝溝文化の時代を考えろよ時代を。

弥生開始期とさっぱり時代が合わない。

しかも269の趙宝溝文化の土器は日本の刻目突帯文土器とは
さっぱり似ていない。

274 :通りすがり再来:2008/05/22(木) 13:48:30 ID:v/aoQG+j
ここで言う日本に来たことにしてる人は、
大和に住み着いた人?
大和で農業を始めた人?
大和に国を作った人?

コレ定義しないと論点定まらないじゃないの?


275 :出土地不明:2008/05/22(木) 14:08:40 ID:26wxiznJ
そっくりだったらおかしいが、多少似ていれば似ているといえる。ところで韓国の
刻目突帯文土器の画像はないのか?

276 :出土地不明:2008/05/22(木) 14:53:22 ID:dM8QEMVj
>274
明治維新前の
東洋の海洋列島に住むヒトの総称


と自分は定義して解釈している。

277 :出土地不明:2008/05/22(木) 15:06:18 ID:+fZyw6v4
>274
まずはだな、前スレ、出来れば前々スレを見てくれ。

このスレは台湾工作員や北方土器萌人が跋扈する
キチガイスレなんだ、すまない。

278 :出土地不明:2008/05/22(木) 22:17:18 ID:zu/tvm88
.>現在発掘調査中の晋州市平居洞遺跡の試料を採取した。
>住居址床面に残っている木炭を含めて同じ住居址で出土した
>突帯文土器の内面に着いていた炭化物を採取した。
>特に未洗浄の突帯文土器の内面には多量の炭化物が良好に残っていた。
http://www.initiative.soken.ac.jp/5jigyo/report/repo-li2.html

279 :出土地不明:2008/05/22(木) 22:21:19 ID:zu/tvm88
>吉母浜遺跡などで孔列文土器の出土事例があり、
>韓半島との関係を考えていくうえで貴重な資料となるだろう。
http://web.cc.yamaguchi-u.ac.jp/~shige-y/genchi-19-4.html



280 :出土地不明:2008/05/22(木) 22:44:06 ID:pKF0OAgv
億ウソっていうサイトに書いてあることっていかがなものなのでしょうか?

281 :出土地不明:2008/05/23(金) 23:22:50 ID:0KBQPbpb
本州初の支石墓? 出雲の銅山跡で発見
「(朝鮮半島からの)鉱山技術集団が、北九州経由のほかに、
ダイレクトに山陰地方に渡ってきた可能性もある」と注目している。」
http://sankei.jp.msn.com/culture/academic/080511/acd0805110020000-n1.htm

西南部の全羅道を中心とする半島南部には、碁盤形・蓋石形といわれる「南方式」
支石墓が二万数千基あまり集中しており、北部九州に伝わったのはこの「南方式」です。
http://www.furutasigaku.jp/jfuruta/kaihou58/kai05802.html

韓国南部の支石墓と類似しています。
http://www.museum.kyushu-u.ac.jp/WAJINDEN2004/02-15.html

渡来人のルーツは半島南部ですね


282 :出土地不明:2008/05/23(金) 23:33:37 ID:0KBQPbpb
特徴的な土器には粘土帯土器があって、主に中部以南で発見されている。
これは、口唇部に丸い粘土帯を巻いて付けた深鉢形の土器で、
現在まで全羅道を除いて南部の全地域から出土しており、
最も稠密な分布は漢江流域である。忠清南道の大田槐亭洞と牙山南城の石棺墓遺跡からは、
細形銅剣を始めとする青銅器遺物とともに出土して、銅剣文化と密接な関連のあることを示す。
日本の九州地方からも粘土帯土器が出土していて、
この土器とともに韓国の銅剣文化が日本に渡っていったことを物語る

http://shushen.hp.infoseek.co.jp/kodaisi/kibaminzoku/kibaminzoku2.htm

283 :出土地不明:2008/05/24(土) 02:21:20 ID:99eGeiSQ
朝鮮半島で田といえば畑のことですからね

284 :出土地不明:2008/05/24(土) 02:22:33 ID:LkV9hFH2



日本のルーツはユダヤ人の古代イスラエル?失われたアークは四国の剣山に隠されている?Part1
http://www.youtube.com/watch?v=mhADVY-XVVk
日本のルーツはユダヤ人の古代イスラエル?失われたアークは四国の剣山に隠されている?Part2
http://www.youtube.com/watch?v=Qlt5qzV6FLI&feature=related
動画


この動画を見てみて
日本人の祖先はユダヤ人だよ



285 :出土地不明:2008/05/24(土) 13:03:12 ID:Osu1DlxT
そりゃ九州北部や山陰は朝鮮南部と交流や交易をしていた
んだから朝鮮南部の文化も土器も青銅器も入ってくるわな。

ただそれらのほとんどは単なる輸入物の域を出ない。

なぜなら朝鮮無文土器そのものと言える土器を主に生産していた
集落遺跡が九州北部や山陰にないからである。

渡来人として今のところ確実視できるのは、ひとえに弥生開始時に
沿海州沿岸から朝鮮東岸を抜けてくる最中に水田稲作を知って
九州北部に持ち込んできたヴァイキングである刻目突帯文土器人
ただ一つのみである。

286 :出土地不明:2008/05/24(土) 13:13:33 ID:digHrjJ3
↑最後の四行は妄想w

287 :出土地不明:2008/05/24(土) 20:23:04 ID:XgCOMTHl
まず注目すべきは、いわゆる「突帯文土器」が出土する遺跡の存在である。
現在まで、ソウル▲沙里遺跡、忠北黄石里遺跡、慶北金陵松竹里遺跡、
慶南晋州大坪里遺跡、同召南里遺跡、同泗川本村里遺跡、済州道上●里遺跡で出土している。

http://www.rekihaku.ac.jp/kenkyuu/shinpo/ahn.html

半島の広大な範囲から出土してますね

288 :出土地不明:2008/05/24(土) 20:23:22 ID:XgCOMTHl
>韓国南部の突帯文土器は前13〜10世紀の幅をもつと考えておく。

http://www.initiative.soken.ac.jp/journal_bunka/050509_fujio/thesis_fujio.pdf

菜畑遺跡と年代がぴたりと一致してますね

>韓国の突帯文土器を西日本の突帯文土器の祖型
>とみる説を主張してきた。最新の安の考えでは韓国南部でもっとも後出する本村里3号住居跡出土の突
>帯文土器と、菜畑遺跡出土の山の寺式の炭素14年代がほぼ同じであることから、
>日本の突帯文土器の祖型を韓国に求めている

289 :出土地不明:2008/05/24(土) 22:20:45 ID:xr3eRgql
>帯文土器と、菜畑遺跡出土の山の寺式の炭素14年代がほぼ同じであることから、
>日本の突帯文土器の祖型を韓国に求めている

何故逆に考えないのか?

290 :出土地不明:2008/05/25(日) 13:03:09 ID:PlKk0pcc
>京畿道、漢江の中流域にあるe沙里遺跡5次011号住居で、櫛目文土器と共伴した突帯文土器の底部内
>面の付着炭化物の較正年代は、前17〜16世紀であった。慶尚南道の突帯文土器が前13世紀を上限として
>いることからみると、かなり古い年代が出ているし、これまで韓国国内で報告されている測定値からみ
>ても200年ほど古い


日本に刻目突帯文土器が登場した時代よりもはるかに古いからだよ。

ただ、日本に刻目突帯文土器が登場する時代には朝鮮半島では
すでに別の土器の時代になっているし、登場が早いのにもかかわらず、
刻目突帯文土器を生産していた集落遺跡が朝鮮半島にはない。

沿海州からの交流品として刻目突帯文土器が朝鮮半島に搬入されていた
だけの事で、日本の刻目突帯文土器は沿海州からダイレクトに
伝わったものとしか考えられない。

291 :出土地不明:2008/05/25(日) 13:33:12 ID:dBKgpSLN
AAA
>>380 京畿道、漢江の中流域にあるe沙里遺跡5次011号住居で、櫛目文土器と共伴した突 帯文土器の底部内 面の付着炭化物の較正年代は、前17〜16世紀
BBB
>>290 日本に刻目突帯文土器が登場した時代
CCC
>>282 日本の九州地方からも粘土帯土器(刻目なしか?)
こんなことでいいのか?

292 :出土地不明:2008/05/25(日) 19:18:46 ID:sk+XRV5l
温帯ジャポニカ
 → 日本に稲作を持ち込んだとされる、大陸から朝鮮半島経由で日本にもたらされた品種

熱帯ジャポニカ
 → 名前から分かるように南方系の品種で朝鮮半島とは違う海流ルートでもたらされた品種

近年、縄文時代の土器に付着した炭化米が熱帯ジャポニカ米なことが発見されたことはこのスレにとって関係ある?


293 :出土地不明:2008/05/25(日) 19:25:22 ID:sk+XRV5l
ちなみにこういう研究もあります。

>水稲250品種(温帯ジャポニカ)のDNA分析からは、
>MR1a〜MR1hという8つの変形版(全て「中立遺伝子」)が発見されました。
>中国大陸にはこのMR1aからMR1hまでの8つの種類が全部存在し、
>朝鮮半島にはMR1bを除く7つの種類が存在します。
>そして日本には、MR1aおよびMR1bの2種類しか存在しません。
>従来、稲の伝わってきたルートは朝鮮半島経由だというのが考古学の結果から推論されていました。
>しかしMR1b遺伝子が中国と日本では高い割合で分布し、
>朝鮮半島の在来品種の中に見つからないという点から、
>この遺伝子を持つ水稲が、中国大陸から直接日本へ到達するモノの流れのルートを経てきたものと想定できるのです。

つまり温帯ジャポニカ米も、半島経由でなくて大陸から海流ルートでもたらされた可能性が高いってことですね。


294 :出土地不明:2008/05/26(月) 09:29:33 ID:uqhGy/Hb
熱帯ジャポニカは朝鮮半島からも出てるし、遺伝子というのは
場所によってどんどん頻度が変わってしまう。

MR1b遺伝子は日本でも全体の7%しかない。

やはり朝鮮半島にもかつてMR1b遺伝子はあったが、頻度が
どんどん減って、ついには消滅してしまったと見るべきだろう。

295 :出土地不明:2008/05/26(月) 13:26:30 ID:MgPrJsBh
>>294
遺伝子頻度がドンドン変わるって、生まれて初めて聞いた理論だな。
一応生物学科出身なんだが(^o^)

296 :出土地不明:2008/05/26(月) 14:08:09 ID:uqhGy/Hb
では、自称生物学科出身に聞くが、

この先、遺伝子比率は永遠に変わらないとでも?w

297 :出土地不明:2008/05/26(月) 18:22:28 ID:TCyPD+K6
>295
ずれるかも知れないが

アイガモDecoy
ttp://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%82%A4%E3%82%AC%E3%83%A2

マガモMallard
ttp://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9E%E3%82%AC%E3%83%A2

アヒルDuck
ttp://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%92%E3%83%AB

ってのは他の動物には適用できないものか。

生き物って分裂するべ。

ヨーロッパの人種(北欧・東欧・南欧・地中海)を調べると分裂しすぎで疲れる。

分裂の頻度がどの程度なのか(1日でなのか1年でなのか1千年なのか、)を調べる必要があるから1人じゃ手に負えなくなるのが自分の今の状態だけど。。

298 :出土地不明:2008/05/26(月) 19:56:15 ID:bUbU2mfZ
>>294
半島の熱帯ジャポニカは日本から半島へ伝わった


299 :出土地不明:2008/05/26(月) 23:07:43 ID:MgPrJsBh
>>296
参考書としては、ちょっと古いが木村資生「集団遺伝学概論」、根井正利「分子進化遺伝学」
を読んでから、最近のゲノム遺伝学関係の文献を読んでみたら。

300 :出土地不明:2008/05/27(火) 08:56:59 ID:FoOxhr31
>>298
だったら朝鮮の稲の遺伝子もa、b、cだろがヴォケ。


>>299
誤魔化さずにちゃんと答えろよ台湾国策工作員。

稲の遺伝子比率は永遠に変わらないのか?

301 :宮城県人:2008/05/27(火) 15:16:04 ID:8Z/+beu+
タリム盆地→シュメール、古代イスラエル→スキタイ→北方諸民族、南中国等の南方諸民族、伽耶、新羅、高句麗→日本←南太平洋、ポリネシア諸民族…となると思います。ちなみに万世一系はスキタイがルーツだと思われます。

302 :出土地不明:2008/05/27(火) 19:23:51 ID:7SF0caIy
>>300

お?高床式「倉庫」文化でファビョって逃走した先がここか?wwwww


303 :出土地不明:2008/05/27(火) 20:12:05 ID:Vlpb2vvN
>>1
>日本人がどこから来たのか?
現在の人類は「ミトコンドリア・イヴ」の末裔だから、アフリカってことになるね。


304 :出土地不明:2008/05/27(火) 21:27:40 ID:iTD95ske
ここ、証拠、真実ムシ、アカデミズムばかりね!

305 :出土地不明:2008/05/27(火) 21:30:23 ID:iTD95ske
考古学じゃなくて、アカデミズム教よ

306 :出土地不明:2008/05/27(火) 21:43:46 ID:FN7qdgDS
>>300
まず君がb変異は寒冷気候に適合しないという思いつきを立証するのが先だよ(^o^)

307 :出土地不明:2008/05/27(火) 22:55:44 ID:Vlpb2vvN
現在の人類は「ミトコンドリア・イヴ」の末裔だから、アフリカってことになるね。


308 :出土地不明:2008/05/28(水) 09:27:57 ID:2qNn5lw8
>>302
お?ファビョってという言葉もテロリスト台湾国策工作隊の
流行らせた言葉らしいなwwwww


>>299
先に質問したのは俺の方だろが台湾国策工作員。

稲の遺伝子比率は永遠に変わらないのか?

早く答えろやこの凶悪害国人。

生物学科出身なんだろ?

自称な(爆

309 :出土地不明:2008/05/29(木) 16:11:30 ID:Fc26fy6U
>>1
アフリカから徒歩でいろんなところを通過して日本にきたんだよ

310 :出土地不明:2008/05/30(金) 09:13:52 ID:urgCP1u0
ファピョンは朝鮮人特有の民族病として有名だろう…

311 :出土地不明:2008/05/30(金) 10:02:20 ID:/w0DqapF
約2万年前頃まで日本列島は朝鮮半島・華北・サハリンとつながっていたが
台湾とはつながってはいない。

約5〜6万年前頃に中央アジアに入った北周りのオーストラロイドがゴビ砂漠を
通ってモンゴロイドに変化しながら約3万年前頃に日本湖周辺に拡散。

その頃に地続きの朝鮮半島とサハリンから日本列島に古モンゴロイドが流入。
約18000年前頃に日本列島が華北・朝鮮半島と分岐。
華北・朝鮮半島では古モンゴロイドから発展した中央モンゴロイドに
変化していくが、日本列島では古モンゴロイドを維持。

約3000年前頃に北方モンゴロイドの弥生人が沿海州沿岸から船で
朝鮮半島東岸を通過してくる最中に知った水田稲作を持って
九州北部に定着して西日本に拡散。

古モンゴロイドの縄文人と混成して現在の日本人種に至る。

312 :出土地不明:2008/05/30(金) 12:06:01 ID:AUgSo3td

金関 一概にそうとも言えない。

313 :出土地不明:2008/05/30(金) 13:13:50 ID:ImZx/pMn
>>311
北方モンゴロイドの陸ザルに高度な航海術、造船技術があったとは思えんのだがな。
漂流してきのか?w


314 :出土地不明:2008/05/30(金) 20:19:31 ID:QMHh6JV7
まず 縄文人から現代人に変化した原因が渡来人にあるとするなら

現代人−縄文人=渡来人の姿が浮かび上がる

信仰 文化 言語 のソフト
遺伝子 形質   のハード
住居や出土品

このスレで多数上がった候補としては
ツンギーデ
中央モンゴロイド
江南人
台湾
タミル

まったりと検証してみよう


 


315 :出土地不明:2008/05/31(土) 13:18:39 ID:iuRSmBSO
>>311
縄文人の祖先とみなされる港川人等はあくまでも南方系だよ。
なお沖縄が大陸と繋がったことは無いから、
縄紋以前から人類は渡海能力を有していたことは自明。
陸続き云々はあまり意味がない。

316 :出土地不明:2008/05/31(土) 16:51:22 ID:1WhidrFQ
港川人は沖縄に定着できず滅んでしまい、現代日本人とは
何ら関係がないと言われている。

遺跡がBC1万年前頃を最後に途絶えてしまっているからだ。

それから5000年くらい空白があり、縄文前期末頃に再び人類の痕跡が
始まるが、これは九州縄文土器を伴う全く別の人類集団なのであった。

317 :出土地不明:2008/05/31(土) 17:55:43 ID:1WhidrFQ
縄文人も縄文前期から半島と活発に交流交易をしていた事が
曽畑式土器から分かるが、弥生人も沿海州沿岸から手漕ぎのついた
丸木舟で朝鮮半島東岸を点々と南下してきたんだろう。

朝鮮半島南岸で縄文人か半島人に海の向こうに日本列島がある事を
聞いてやって来たんだろう。

318 :出土地不明:2008/05/31(土) 18:49:48 ID:vUwiLubK
>>1-317
縄文時代って紀元前数千年〜1万年以上前とかだろ?
そのころに人類の痕跡がなくて3千年前くらいから突然人類の痕跡がでてるなら、
日本人がどこから来たかを語る意味あるかもだけど、
現在判ってる最古の文明よりも古い時代から人類の痕跡があるなら、
どこから来たかを語る意味ないんじゃねーの?


319 :出土地不明:2008/05/31(土) 23:34:46 ID:iuRSmBSO
>>316
アホか、人骨では山下人(BP32k)、ピンザアブ人(BP26k)、港川人(18k)、下地原(15k)と定期的に発見されている。
そしてその間を埋める遺跡が貝塚遺跡として各地に発見されている。
またBP8k喜界町総合グラウンド遺跡、知名町中甫洞窟遺跡などもある。
絶滅説って既に破綻しているんだよ。


320 :出土地不明:2008/06/01(日) 01:54:23 ID:qvQJeOYK
約5〜6万年前頃に東インド地域に入った南周りの人々が
約3万年前頃に日本列島地域に拡散。

その頃に中国地域から日本列島に古モンゴロイドが流入。
約18000年前頃に日本列島が中国と分岐。その二千年後には
中原地域で定住しての集団での稲耕作が開始する。
中原地域では古モンゴロイドが東進南下してきた
中央モンゴロイドに追われ減少していくが、
台湾や日本列島では古モンゴロイドを維持。
古モンゴロイドの一派、ポリネシア人の先祖たちは
中原を追われた後、太平洋諸島への長い旅を始める。

約3000年前頃に中央モンゴロイドの弥生人が中原沿岸から船で
水田稲作を持って九州に定着して西日本に拡散。

多毛という南方人種の形質を残した古モンゴロイドの縄文人と
混成して現在の日本の住民に至る。

321 :出土地不明:2008/06/01(日) 10:59:35 ID:fzl62cFo
>>320
ポリネシア人支那起源説は言語学者から出されたんだが、
遺伝学では東南アジア起源となっている。
この矛盾を説明できる理論が必要だろうね。
今の所は結論を急ぐべきでは無いと思うな。

322 :出土地不明:2008/06/01(日) 18:40:55 ID:AQpXVcSc
まーた長江江南ベトナム顔タイワン国家工作ゴリーが涌いているのかw

まず320の矛盾を指摘してやると、35000年前に日本列島にやって来た
古モンゴロイドたちが持ち込んだ石器文化は華北あたりが起源と
されているナイフ形石器文化なのだが、これが華南以南や台湾には
全く見られんのだよ。その後に伝わる細石刃文化も見られない。

ゆえに当時の華南以南や台湾の住民は古モンゴロイドなんかではない。

インドネジーデ的な茶褐色の肌で粗野な容貌のオーストラロイドだな。

むしろ中央モンゴロイドが古モンゴロイドから発展したものだね。

華南以南や台湾のオーストラロイドが新石器時代以降に南下してきた
中央モンゴロイドと混成していきながら現在の華南以南や台湾の
パレモンゴリーデ(南方モンゴロイド)が出来上がったんだろうね。

それと南方の人種は毛が薄い人種の方が多いんだよ。残念だな。

なるほどぉーーーー

弥生人が中原沿岸から船で水田稲作を持って九州にやって来たから
弥生開始期に突如登場する新型土器は灰色で三足の炊飯器があったり、
ラッパ型や三足の様々な酒器があったり、スタンプ法で土器全面に
幾何学的な文様が装飾された土器があったり、釉薬を使った原始的な
磁器なんかが弥生遺構の登り窯から出てきちゃう訳かぁーーー(爆

323 :出土地不明:2008/06/01(日) 21:18:30 ID:Ff09ugAy
>>321
>ポリネシア人支那起源説は言語学者から出されたんだが、
>遺伝学では東南アジア起源となっている。
>この矛盾を説明できる理論が必要だろうね。
そうだね。
遺伝学の弱みは古人骨の
サンプル数が十分じゃないことだ。

ポリネシア人の先祖は
今の上海あたりを中心とする地域から
日本や太平洋や東南アジアに
移動したというのが妥当に思えるよ。


324 :出土地不明:2008/06/01(日) 21:44:03 ID:Q2C/ESJ8
>>314
そのあたりで最も謎なのが日本語だよな。
現代の日本語の祖になる弥生語を使う集団が日本列島に現れて
エミシ語を話す縄文人を追いやり融合していったわけだが
両者は言語が違い通訳を必要としたとの記述があるし
別民族であることは確実。
そして日本語に似た言語が大陸には現存しないし、
日本語の地名と思われるものも大陸や半島にほとんど無い。
または任那時代に日本が進出したときの名残みたいなものに限定される。
しかし例えば東北にはアイヌ語を起源とする地名がいくつもある。

これらを総合すれば、現代の日本民族文化の基礎を成す弥生民族は
大陸からの移民を受け入れたにせよ、やはり九州やせいぜい半島南部などに居た
海洋民族なのではないか?と思われる。
現代の韓国人とは言語が明らかに違うし、別民族だ。
あくまで帰化した渡来人は居たかもしれないが、倭族は倭族で、どっかに居たんだろう。

問題はそこがどこなのか。痕跡が近隣に無いという謎。
考えられるのは、「元から居た」か、「めちゃめちゃ遠くから旅をしてきた異文化の大集団」しかない。
ユダヤ10支族なんてトンデモ説が一定の説得力を持ってしまうのはそのへんにある。

ユダヤでないにしても、チベットやウイグルあたりに居た民族が民族大移動をしたものが弥生人というのは
俺は本当にあり得ると思う。
日本人に明らかに特有な遺伝子セット、HLA-B52-DR2の流れもそのルートを追認してしまうし。
この集団が一体なんなのか?なんでそこまで民族全体で大移動してきたのか?が謎なのだが
中央アジアの遺跡や人骨の遺伝研究が将来明らかにするかもしれないな。


325 :出土地不明:2008/06/01(日) 21:54:37 ID:Q2C/ESJ8
アイヌが謎の民族とよく言われるが
本当に謎な民族は弥生人だよ。
歴史に突然現れる謎な集団と言える。
いったいどこに居た連中なんだ?ほんとに。

朝鮮半島の原朝鮮人(現代の朝鮮人とは別民族)という説明が
一番受け入れやすいかもしれないが
朝鮮半島に弥生人の痕跡が少なすぎる。
共通部分も逆に日本列島から半島に伝播したようなものが多いし
弥生時代でも弥生人と朝鮮人はやはり別民族のようだし謎すぎる。

326 :出土地不明:2008/06/01(日) 21:59:39 ID:eJ63jAIu
>>324
言語で見ると縄文語と弥生語は連続しているという見解もある。
小泉保の『縄文語の発見』によれば、縄文時代の発音の違いが
後世まで残っているとされる。

方言の分布域や変化からは、この人の見解は納得できる。

日本は大陸と切り離される前後の時期から言語は独自のまま
推移してきたという見方の方が自然ですね。

327 :出土地不明:2008/06/01(日) 23:11:49 ID:Q2C/ESJ8
>>326
もともと縄文人の住んでいた地域に移入したわけだから、地名などに代表されるように
縄文語から取り入れられる語彙はそりゃあるだろう。
しかし、発掘された骨の形状から縄文人の末裔であることは間違いないだろうエミシの言葉とヤマトの言葉は
互いに通じない言語であったと記述があるし
その流れを汲むアイヌ語を見れば明らかに弥生語とは別系統の言語だと思います。

アイヌ語がオホーツク系の民族の語であるというならそれは成り立つが
文化は移入したにしろ、縄文人がオホーツク系民族に制圧されていったという流れは今のところ見当たらない。

こういう言語比較では基礎語彙比較が有意義かと思うが、
やはりエミシ語=縄文語は弥生人の言語とは別系統だろう。
基礎語彙比較論の参考 http://yamatai.cside.com/yasumoto/tyosyo53.htm

『縄文語の発見』は未見なのですが、反論を書いてるサイトを見るかぎりですが(http://www.dai3gen.net/koizumi01.htm)
要は渡来人程度の数を少なく見積もって、その程度じゃ簡単に言語は置き換わらないということだと思います。
しかし骨から2種類のグループが居ることと、弥生人の人骨の数の変遷を見るだけでも、
相当な数の弥生人が突如出現していることが分かると思うのです。
縄文語の語彙は当然取り入れられてるにせよ、縄文語が普通に進化して弥生語になったというのは無理があるように俺は思いますね。

328 :出土地不明:2008/06/02(月) 00:20:23 ID:clDxU8wb
現代の日本語が縄文語と弥生語の混成語だとするなら
弥生語は現代日本語から、かなりかけ離れた言葉ということになる。

つまり渡来人がきたであろう近隣諸国に現代日本語と似た言葉がないのが自然だ。

どんな言語が被さると縄文語から現代日本語になるのかがヒントになる。
縄文語はアイヌ語同様に北方系の言語だとすると現代日本語に含まれる南方系の要素を考慮
すれば弥生語は意外にもかなり南の種族の影響をうけた言語であったであろう。


329 :出土地不明:2008/06/02(月) 01:37:53 ID:cSH+dmb6
>>328
>アイヌ語同様に北方系の言語
そんな事実はないよ

330 :出土地不明:2008/06/02(月) 03:25:13 ID:RomY8Y8H
>>328
混成語ではなく、弥生人=大和朝廷が使っていた言葉が現代日本語で
語彙レベルで縄文は取り入れられているにとどまるというのが妥当じゃないかなあ。
蝦夷語と大和朝廷の使っていた大和語が古墳時代に別言語としてあった以上、
現代日本語は弥生人の言語を発展させたものだよ。
弥生人が全く別文法の蝦夷語の構造を取り入れる意義が無いし
取り入れてないからのちのちでも延々両者は言葉が通じなかったわけだし。

大和語が、縄文語と弥生語の混成だとすると、じゃあ蝦夷語はなんなのかとなるしね。
蝦夷が縄文人の直系にあたるのはまず間違い無いし、アイヌ語に連なる彼らが使っていた言語が
大和語と決定的に相容れない別言語となっていた状況を考えると
取り入れた部分はもちろんあったろうが(現代日本語で欧米の外来語が入るような意味で)、
弥生人が使っていた大和語への影響は、語彙の拡大といったレベルに収まる話だろうと考えます。
同様な語彙の拡大は、朝鮮語や東南アジア系の言語由来のものも取り入れてるだろうし
そういったレベルの話で
大局的に見れば、元から弥生人は固有の言語を話していて、そのまま話しつづけて
今の我々に至ると言ったほうが妥当じゃなかろうか。

331 :出土地不明:2008/06/02(月) 09:29:40 ID:v76pBKFR
>>325
沿海州沿岸の刻目突帯文土器人がヴァイキング化したもの。

332 :出土地不明:2008/06/02(月) 11:37:16 ID:awn2d6QJ
>>327
『縄文語の発見』はアマゾンで入手できるので一読をお勧めします。
その批判である http://www.dai3gen.net/koizumi01.htm は的外れとは言わないまでも
小泉氏の論説の骨格を無視していますね。

小泉氏の論説の核心は、「方言の分布が弥生人の流入経路では説明できず、縄文語が
弥生語になったと考えなければ説明できない。」という点にあると思います。

例えば、西日本で出雲の方言のみが東北地方の方言と強い共通性があることなどは、
出雲も東北地方も縄文時代からの言語が残っているとの説明が合理的である。
一方、弥生人の流入が多い地域、例えば瀬戸内、畿内などで九州の方言との共通性が
あることは、縄文語のなかでの方言の移動として弥生語が存在するのが最も合理的です。

さらに、琉球語についても、九州〜畿内の弥生移民地域ではなく、裏日本〜東北との
共通性があることは、弥生語独自説からは、弥生人の中心を東北においてそれが
琉球に移動したと考えないと説明できないですが、縄文語発展説からは、方言の分断として
理解できます。

333 :出土地不明:2008/06/03(火) 01:25:20 ID:tdFPJBiT
遊びに来てね!
http://mblg.tv/pikarin3810/

334 :出土地不明:2008/06/03(火) 07:32:29 ID:t6lipS+7
>332
方言分布より遺伝子マップを重視すべき。
沖縄は明らかに現日本人=倭族であり
とするならばその方言の分布は縄文:弥生に由来するものではないと
考えるべきだろう。

恐らく、これは白村江の戦いの後に難民として大量に入ってきた半島倭族のせい。
魏志をはじめとする数々の中国の国史は
倭族が朝鮮半島南部から九州(そして恐らく沖縄にも)住む種族であると記している。
そもそも倭族は半島南部にも住んでいたと考えるべき。

その後は白村江で任那を失ったわけだが、当然半島倭族は日本列島に難民として逃げるだろう。
国家が滅びたわけだから数は相当である。
そうなれば当然半島倭族の方言が九州から広がる分布を見せるのは当たり前。
時代的にもそう考えれば方言分布はしっくりくると思う。

従来沖縄方言と東北方言の近似は
縄文語と弥生語の混成のせいという説があったが
もっと後代だと俺は思います。
そしてそれに合致するであろう白村江の戦いでの半島支配地の滅亡という事件がある。
半島倭族の方言がこの時代に流入したことはまずまちがいないだろうし
その痕跡は当然あると思うのだが。

335 :出土地不明:2008/06/03(火) 10:30:00 ID:W2gLBRAj
>まあ日本人には多かれ少なかれ朝鮮半島の血が流れているわけだが。

実はほとんど流れていない。
続日本紀によると、7C、百済滅亡で日本に来た百済人が3100人くらい。
高句麗滅亡で来た高句麗人が1800人くらい。
それらとは関係なく自主的に来た百済人や新羅人が数百人。
帰化人の最もピーク時だった7Cでも全部合せて5000人くらい。

それ以前の帰化人が始まる4C、続く5〜6Cに来た半島帰化人が合せて
2〜3000人くらい。

半島帰化人の総数は7〜8000人くらい。

古墳時代の日本人口が400万人くらいの時だから、
朝鮮半島の血など、日本人の血の僅か 0.2% ほどに過ぎない事が分かる。

336 :出土地不明:2008/06/03(火) 11:53:22 ID:W2gLBRAj
実は朝寝鼻貝塚からは6000年前の小麦とハトムギのプラントオパールも
稲と同時に検出されていて、小麦が中国よりも数千年も前から、ハトムギが
通説の江戸期伝来よりも5500年以上も前から栽培されていた事になってしまい、
改めてプラントオパールの調査自体が極めて疑わしいと言わざるを得ない。


岡山市の縄文時代の貝塚「朝寝鼻(あさねばな)」を調査している岡山理科大の
考古学チームが1999年4月21日、「縄文前期の土壌から稲の細胞に含まれる
プラントオパールが見つかった」と、発表。約6000年前に「米作り」が
行なわれていたとする発見で、稲作の歴史が縄文前期にまでさかのぼることになった。
このプラントオパールはイネ科の葉の細胞内に含まれるケイ酸体の粒子で、同貝塚の
下層(深さ2メートルの土壌)からのサンプルを採り調査したところ、356点の
サンプルから10点、形状からジャポニカ(短粒種)とみられる稲のプラントオパール
が検出された。また、稲のほか小麦とハトムギのプラントオパールも見つかった。
http://www.local.co.jp/news-drift/agri-99kome.html

337 :出土地不明:2008/06/03(火) 13:13:21 ID:VV4C3XqS
>>336
通説が間違っていたとは考えないのか(^o^)

338 :出土地不明:2008/06/03(火) 16:46:24 ID:RdJewox8
百済は倭人の国だろう



339 :出土地不明:2008/06/03(火) 16:48:37 ID:r9sJlIWP
>336
wiki
間に広く通用している説のこと。
すなわち、いくつかの仮説のうち
多数が支持しているものをさす。
確定的であるとされる定説とは異なる。


つうせつ 【通説】

(1)世間に広く通用している説。
「―をくつがえす新発見」
(2)全般にわたって解説すること。また、その解説。
「日本文学史―」
(3)通達した説。
大辞林 第二版 (三省堂)

考古学の前に日本語をだな......

340 :出土地不明:2008/06/03(火) 17:14:15 ID:VV4C3XqS
(2)と(3)は見たことがないな(^o^)

341 :出土地不明:2008/06/03(火) 17:25:57 ID:+alM/WkU
>>336
BP6000年頃には興隆窪文化圏との交流の試みもあったであろうことは想像に難くない
ものの、喜界カルデラ大爆発、テフラ降灰による西日本全域の酸性土壌化、環境破壊
によって、東南アジア起源のはと麦であるとか、西アジア起源の小麦の栽培が続けられ
ず、縄文文化が三内丸山から関東甲信越方面で足踏みしていたということもあろう。
気象上の特異点のように降雨量の多い宮崎、鹿児島には東北方面から入植者が入り
照葉樹農業を行っていたようではあるが。参考までであるが↓
「縄文と古代文明を探求しよう!」
http://blog.kodai-bunmei.net/blog/2008/04/000496.html
http://blog.kodai-bunmei.net/blog/2008/04/000488.html
http://www.pekinshuho.com/wh/txt/2007-08/22/content_73439.htm
http://home.t02.itscom.net/izn/chu0.html
興隆窪文化 8.三内丸山遺跡との類似点
http://www.tscc.tohoku-gakuin.ac.jp/~orc/sympo/20040201-r-2.htm
http://www.tscc.tohoku-gakuin.ac.jp/~orc/sympo/20040201-r-3.htm
中国東北・沿海州から見た縄文玉製品
http://homepage3.nifty.com/kamosikamiti/koutou/051119.htm
http://www.nihonkaigaku.org/03f/i031213/t1.html
http://www.nihonkaigaku.org/03f/i031213/t13.html


342 :出土地不明:2008/06/03(火) 19:05:14 ID:W2gLBRAj
>>337
考えないね。

それまでの炭化ハトムギが出ないだろが。

343 :出土地不明:2008/06/04(水) 04:26:00 ID:cHTRA1Ch
>>338
百済は属国であったかもしれないが
倭族の国ではないと思う。通訳を必要としたとの記述があるので
百済語は倭語とは違ったことが分かるので、倭族の国というわけではないだろう。

ただ、王族が亡命したりただならぬ関係を見るに
のちに藤原氏がしたように王族に姻戚関係を結ばせて属国化はしてたろうし
王族は倭族に近い立場にあったって感じじゃないかな。

恐らく倭族国家は任那地域。少なくとも半島にも倭族が居たと中国書は述べているし
半島に倭族国家があったろうとは思うが、百済も新羅もやはり主流は別民族の国じゃないかな。

344 :出土地不明:2008/06/04(水) 12:30:44 ID:EUIw76lp

通説が間違っている可能性を考えないのはキチガイ

345 :出土地不明:2008/06/04(水) 13:25:14 ID:AAmp1GuC
>>344
まあまあ、考古学の特徴は手元にある資料だけで判断しようとすること何だから。
だから新しい発見が有るたびに学説がひっくり返るでしょ。

346 :出土地不明:2008/06/04(水) 14:48:09 ID:EUIw76lp
通説と違うから
>336は
>極めて疑わしいと言わざるを得ない

って結論に達したわけだよ。

自説に都合の良い発見以外は
>極めて疑わしいと言わざるを得ない
で無視するのが336クオリティ

347 :出土地不明:2008/06/04(水) 21:51:20 ID:RLJ103XE
↑いつもの江南誘致サギのベトナム顔した台湾国策工作ゴリラ(爆





高貴な日本人様の祖先が、

おまえらみたいな醜悪なウンコくせえ

ベトナム顔の長江江南ゴリラなわきゃねーだろが(ゲラゲラ嘲笑)






348 :出土地不明:2008/06/05(木) 01:51:01 ID:Osokd1PJ
ムー大陸だな

そこが日本人の故郷



349 :出土地不明:2008/06/05(木) 10:52:36 ID:Z6FlcDIe
実は朝寝鼻貝塚からは6000年前の小麦とハトムギのプラントオパールも
稲と同時に検出されていて、小麦が中国よりも数千年も前から、ハトムギが
通説の江戸期伝来よりも5500年以上も前から栽培されていた事になってしまい、
改めてプラントオパールの調査自体が極めて疑わしいと言わざるを得ない。


岡山市の縄文時代の貝塚「朝寝鼻(あさねばな)」を調査している岡山理科大の
考古学チームが1999年4月21日、「縄文前期の土壌から稲の細胞に含まれる
プラントオパールが見つかった」と、発表。約6000年前に「米作り」が
行なわれていたとする発見で、稲作の歴史が縄文前期にまでさかのぼることになった。
このプラントオパールはイネ科の葉の細胞内に含まれるケイ酸体の粒子で、同貝塚の
下層(深さ2メートルの土壌)からのサンプルを採り調査したところ、356点の
サンプルから10点、形状からジャポニカ(短粒種)とみられる稲のプラントオパール
が検出された。また、稲のほか小麦とハトムギのプラントオパールも見つかった。
http://www.local.co.jp/news-drift/agri-99kome.html

350 :出土地不明:2008/06/05(木) 11:43:45 ID:Osokd1PJ
>>343

え〜そうなのか?

記述がある史書なに?

百済以前のあの地域は、黒潮文化圏で九州や西日本と同じ文化圏じゃないか?




351 :出土地不明:2008/06/05(木) 12:38:39 ID:Kc/H5KDh
通説が間違っている可能性を考えないのはキチガイ

352 :出土地不明:2008/06/05(木) 13:09:34 ID:Z6FlcDIe
で、間違っている証拠は?w

江南ベトナム顔タイワン国策ゴキブリくんwwww

353 :出土地不明:2008/06/05(木) 15:01:44 ID:2BmzHT/w
>>321
周の時代、越(広東省・福建省近辺)とか(江西省・湖南省の周辺)とかは、支那の本国とも
外国(夷狄=異民族の領域)ともつかない扱いだったし、秦末にも楚の王族の項羽のことを
「楚公は沐猴にして冠するのみ」(項羽はサルが支那風に着飾っているだけ)と後の漢の
高皇帝となる劉邦が侮蔑している。
実際に、揚子江両岸に居た、タイ人やら苗人やら姜人やらモン人やら今ではどういう系統の
人か判らない沢山の民族集団(百越)やらを南や西に押し出しながら、漢人が広がってきた。

ニューカレドニア近辺でラピタ文化が成立した時期は、支那では殷と西周にまたがる時期で
別段、支那紀元説も東南アジア起源説も矛盾しない。
ところで、台湾は、東南アジア? 支那?

354 :出土地不明:2008/06/05(木) 15:05:07 ID:Kc/H5KDh
通説が間違っている可能性を考えるのに
証拠が必要だと思うのはキチガイ

355 :出土地不明:2008/06/05(木) 16:54:27 ID:Z6FlcDIe
国策工作の都合の悪い事はみんなキチガイなwwww

356 :出土地不明:2008/06/05(木) 20:29:57 ID:3fvMkwoy

宮本長二郎・東京国立文化財研究所国際文化財保存修復協力センター長(建築学)の話。
縄文の高床建物のルーツは長江流域と考えるのが自然だろう。ただし、日本の高床建物は
祭祀(さいし)目的とみられ、住居など実用目的だった中国とは異なる。
http://inoues.net/ruins/sakuramachi.html

縄文の高床建物のルーツは長江流域と考えるのが自然だろう。
縄文の高床建物のルーツは長江流域と考えるのが自然だろう。
縄文の高床建物のルーツは長江流域と考えるのが自然だろう。
縄文の高床建物のルーツは長江流域と考えるのが自然だろう。
縄文の高床建物のルーツは長江流域と考えるのが自然だろう。

同時代で同規模の沿海州高床倉庫文化遺跡ってどれwwwww


357 :出土地不明:2008/06/06(金) 00:55:55 ID:vwzgEhzy
中国は長江周辺以南の考古DNA情報出してるんですかね?

どうでも良い半島の付け根付近はチラ出ししてるみたいだがw

358 :出土地不明:2008/06/06(金) 10:55:29 ID:8VkhED2r
住居など実用目的だった中国とは異なる。住居など実用目的だった中国とは異なる。
住居など実用目的だった中国とは異なる。住居など実用目的だった中国とは異なる。
住居など実用目的だった中国とは異なる。住居など実用目的だった中国とは異なる。
住居など実用目的だった中国とは異なる。住居など実用目的だった中国とは異なる。
住居など実用目的だった中国とは異なる。住居など実用目的だった中国とは異なる。
住居など実用目的だった中国とは異なる。住居など実用目的だった中国とは異なる。
住居など実用目的だった中国とは異なる。住居など実用目的だった中国とは異なる。
住居など実用目的だった中国とは異なる。住居など実用目的だった中国とは異なる。
住居など実用目的だった中国とは異なる。住居など実用目的だった中国とは異なる。
住居など実用目的だった中国とは異なる。住居など実用目的だった中国とは異なる。
住居など実用目的だった中国とは異なる。住居など実用目的だった中国とは異なる。
住居など実用目的だった中国とは異なる。住居など実用目的だった中国とは異なる。
住居など実用目的だった中国とは異なる。住居など実用目的だった中国とは異なる。
住居など実用目的だった中国とは異なる。住居など実用目的だった中国とは異なる。
住居など実用目的だった中国とは異なる。住居など実用目的だった中国とは異なる。
住居など実用目的だった中国とは異なる。住居など実用目的だった中国とは異なる。
住居など実用目的だった中国とは異なる。住居など実用目的だった中国とは異なる。
住居など実用目的だった中国とは異なる。住居など実用目的だった中国とは異なる。
住居など実用目的だった中国とは異なる。住居など実用目的だった中国とは異なる。
住居など実用目的だった中国とは異なる。住居など実用目的だった中国とは異なる。
住居など実用目的だった中国とは異なる。住居など実用目的だった中国とは異なる。
住居など実用目的だった中国とは異なる。住居など実用目的だった中国とは異なる。
住居など実用目的だった中国とは異なる。住居など実用目的だった中国とは異なる。
住居など実用目的だった中国とは異なる。住居など実用目的だった中国とは異なる。
住居など実用目的だった中国とは異なる。住居など実用目的だった中国とは異なる。
住居など実用目的だった中国とは異なる。住居など実用目的だった中国とは異なる。
住居など実用目的だった中国とは異なる。住居など実用目的だった中国とは異なる。
住居など実用目的だった中国とは異なる。住居など実用目的だった中国とは異なる。
住居など実用目的だった中国とは異なる。住居など実用目的だった中国とは異なる。
住居など実用目的だった中国とは異なる。住居など実用目的だった中国とは異なる。
住居など実用目的だった中国とは異なる。住居など実用目的だった中国とは異なる。
住居など実用目的だった中国とは異なる。住居など実用目的だった中国とは異なる。
住居など実用目的だった中国とは異なる。住居など実用目的だった中国とは異なる。
住居など実用目的だった中国とは異なる。住居など実用目的だった中国とは異なる。
住居など実用目的だった中国とは異なる。住居など実用目的だった中国とは異なる。
住居など実用目的だった中国とは異なる。住居など実用目的だった中国とは異なる。
住居など実用目的だった中国とは異なる。住居など実用目的だった中国とは異なる。
住居など実用目的だった中国とは異なる。住居など実用目的だった中国とは異なる。
住居など実用目的だった中国とは異なる。住居など実用目的だった中国とは異なる。
住居など実用目的だった中国とは異なる。住居など実用目的だった中国とは異なる。
住居など実用目的だった中国とは異なる。住居など実用目的だった中国とは異なる。
住居など実用目的だった中国とは異なる。住居など実用目的だった中国とは異なる。
住居など実用目的だった中国とは異なる。住居など実用目的だった中国とは異なる。
住居など実用目的だった中国とは異なる。住居など実用目的だった中国とは異なる。
住居など実用目的だった中国とは異なる。住居など実用目的だった中国とは異なる。
住居など実用目的だった中国とは異なる。住居など実用目的だった中国とは異なる。
住居など実用目的だった中国とは異なる。住居など実用目的だった中国とは異なる。
住居など実用目的だった中国とは異なる。住居など実用目的だった中国とは異なる。

359 :出土地不明:2008/06/06(金) 12:06:04 ID:WWXG7lbP
通説が間違っている可能性を考えるのに証拠が必要だと思うのはキチガイw
通説が間違っている可能性を考えるのに証拠が必要だと思うのはキチガイw
通説が間違っている可能性を考えるのに証拠が必要だと思うのはキチガイw
通説が間違っている可能性を考えるのに証拠が必要だと思うのはキチガイw
通説が間違っている可能性を考えるのに証拠が必要だと思うのはキチガイw
通説が間違っている可能性を考えるのに証拠が必要だと思うのはキチガイw
通説が間違っている可能性を考えるのに証拠が必要だと思うのはキチガイw
通説が間違っている可能性を考えるのに証拠が必要だと思うのはキチガイw
通説が間違っている可能性を考えるのに証拠が必要だと思うのはキチガイw
通説が間違っている可能性を考えるのに証拠が必要だと思うのはキチガイw

360 :出土地不明:2008/06/06(金) 12:25:14 ID:WWXG7lbP





で、同時代で同規模の沿海州高床倉庫文化遺跡ってどれwwwww

361 :出土地不明:2008/06/06(金) 13:41:32 ID:C0SaXryu
>>324
このサイトを丹念に読んでみたらどうですか。
娜々志さんのぺぇじ
http://www.geocities.co.jp/CollegeLife-Club/5420/index.html

362 :出土地不明:2008/06/06(金) 13:58:55 ID:ALqiE06j
糞ジジ糞ジジ糞ジジ糞ジジ糞ジジ糞ジジ糞ジジ糞ジジ糞ジジ糞ジジ
糞ジジ糞ジジ糞ジジ糞ジジ糞ジジ糞ジジ糞ジジ糞ジジ糞ジジ糞ジジ
死死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね
死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね
その老いた姿気持ち悪すぎ
その老いた姿気持ち悪すぎ
その老いた姿気持ち悪すぎ
その老いた姿気持ち悪すぎ
その老いた姿気持ち悪すぎ
その老いた姿気持ち悪すぎ
死ぬとき このレスの事思い出してくれよ
ニヤニヤ(・∀・) ニヤニヤ(・∀・) ニヤニヤ(・∀・) ニヤニヤ(・∀・)

363 :出土地不明:2008/06/07(土) 15:43:06 ID:eEvwaNxo
実は朝寝鼻貝塚からは6000年前の小麦とハトムギのプラントオパールも
稲と同時に検出されていて、小麦が中国よりも数千年も前から、江戸期に
伝来したハトムギが5500年以上も前から栽培されていた事になってしまい、
改めてプラントオパールの調査自体が極めて疑わしいと言わざるを得ない。


岡山市の縄文時代の貝塚「朝寝鼻(あさねばな)」を調査している岡山理科大の
考古学チームが1999年4月21日、「縄文前期の土壌から稲の細胞に含まれる
プラントオパールが見つかった」と、発表。約6000年前に「米作り」が
行なわれていたとする発見で、稲作の歴史が縄文前期にまでさかのぼることになった。
このプラントオパールはイネ科の葉の細胞内に含まれるケイ酸体の粒子で、同貝塚の
下層(深さ2メートルの土壌)からのサンプルを採り調査したところ、356点の
サンプルから10点、形状からジャポニカ(短粒種)とみられる稲のプラントオパール
が検出された。また、稲のほか小麦とハトムギのプラントオパールも見つかった。
http://www.local.co.jp/news-drift/agri-99kome.html

364 :出土地不明:2008/06/07(土) 19:14:40 ID:FM1ysNXz
このスレで聞いていいのか判らないけど、
気になるので詳しい方どうか教えてください。

YAP+をある程度持っているグループの分布で、
ハプロタイプD系統が多い日本・チベットなどとともに、
ネイティブアメリカン(特にアリューシャンに近いとこのイヌイット)が
これを持っているとのことらしいけども、

・中東とかその周辺に多いハプロタイプE系統Y染色体
・日本・チベット・チワン・スンダランドの一部のハプロタイプD系統

の2系統のハプロタイプ以外で(C系統とかが)YAP+あたるY染色体が存在するのか、
もしくは古い資料が誤っていたのか、
ハプロタイプにはあまり関係が無いのでしょうか?


365 :出土地不明:2008/06/10(火) 00:10:30 ID:uafTzu9s
日本人のルーツ
------
それはシベリア
シベリア周辺の地図siberia map
ttp://upload.wikimedia.org/wikipedia/ja/8/84/Okrug_dalne.png
アムール川amur river
ttp://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%BB%92%E7%AB%9C%E6%B1%9F
以上が地図的証拠、飲み水(淡水、真水、塩気の無い水)の証拠
--------
ナウマン象Elephas namadicus
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8A%E3%82%A6%E3%83%9E%E3%83%B3%E3%82%BE%E3%82%A6
忠類村(ちゅうるいむら)は、北海道十勝支庁南部にあった村。
ttp://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%BF%A0%E9%A1%9E%E6%9D%91
1969年 日本で初めてナウマンゾウの化石が発掘される
アムールトラ Panthera tigris altaica (Amur Tiger)
ttp://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%A0%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%83%88%E3%83%A9
レミング(Lemming)
ttp://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AC%E3%83%9F%E3%83%B3%E3%82%B0
オコジョStoat
ttp://en.wikipedia.org/wiki/Stoat
>ホンドオコジョ M. e. nippon:青森県から本州中部にかけて生息する。
>エゾオコジョ M. e. orientalis:ユーラシア大陸に生息する。日本では北海道に生息する。ホンドオコジョに比べ、一回り大きい。
シロフクロウSnowy Owl(白梟、学名:Bubo scandiacus)
ttp://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B7%E3%83%AD%E3%83%95%E3%82%AF%E3%83%AD%E3%82%A6
以上によって、間接的に生物の存在を証明する。
動物が生きているなら人間ヒトも生存可能。

続く

366 :出土地不明:2008/06/10(火) 00:12:28 ID:uafTzu9s

場所が特定できた。
場所を説明する事により時期も特定できる。

間宮海峡Strait of Tartary or Tatar Strait、中国語:韃靼海峡)
ttp://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%96%93%E5%AE%AE%E6%B5%B7%E5%B3%A1

海水の凍結温度を調査すれば時期が特定できる。
海水の凍結温度(約-1.8℃)
氷床コアのデータ Ice Core
Vostok Ice Core Data
ttp://www.ncdc.noaa.gov/paleo/icecore/antarctica/vostok/vostok_data.html
米国海洋大気庁National Oceanic and Atmospheric Administration
National Climatic Data Center国立気候データセンター
氷床コア
ttp://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B0%B7%E5%BA%8A%E3%82%B3%E3%82%A2
南極の地下の氷(氷床コア)
ttp://polaris.nipr.ac.jp/~kouhou/news/news070823/
極地研究所
ttp://caos-a.geophys.tohoku.ac.jp/bujunkan/archives/000049.html
図3:ドームふじ氷床コアより得られた過去34万年にわたる大気組成の変動
----------
結論
よって、1万2000(誤差が存在するので1万3千年の可能性アリ)年前までに食料となる動物(ねずみ、マンモス、食えれば何でも)を追いかけて
[シベリア]と[樺太]を横断してしまった民族が大和民族のルーツ
アイヌ民族(北海道島のさらに北側)の存在も証明できる。
---/簡略文---
Japanese roots?
http://en.wikipedia.org/wiki/Lake_Baikal
argun river
http://en.wikipedia.org/wiki/Argun_River%2C_Asia
shilka river
http://en.wikipedia.org/wiki/Shilka_River
amur river
http://en.wikipedia.org/wiki/Amur_River
http://en.wikipedia.org/wiki/Strait_of_Tartary
根拠は「人間には「飲み水」が必要」
傍証は「アイヌ民族」
---簡略文/---
(end)

367 :出土地不明:2008/06/10(火) 00:27:25 ID:uafTzu9s
土器による証明

北海道 縄文式土器
ttp://www.google.co.jp/search?q=%E5%8C%97%E6%B5%B7%E9%81%93%E3%80%80%E7%B8%84%E6%96%87%E5%9C%9F%E5%99%A8&hl=ja&lr=lang_ja&ie=UTF-8&oe=UTF-8&sourceid=mozilla-search

「放射性炭素年代測定」の知識が自分には無い。
誰か補助してください。

大部分は天候(大気温度、海水温度、川の流量)の変動で水没(宗谷海峡La Perouse Strait)したと愚考する次第

ロシア連邦が軍事政治の行動(北方領土をめぐる争い日露)しなければ、夏休みに発掘調査できるのにorz


眠いから寝ます

(おしまいend)

368 :出土地不明:2008/06/10(火) 03:21:43 ID:5NvlLDWn
土器つながりで
ttp://www.wonder-okinawa.jp/024/japanese/kataru/serizawa/banuatu/index.html

これについて考古学会はどういった認識なんだろか。
小笠原あたりにも縄文遺跡とかあるよね?
縄文人は南方に遊びに行ってたのか?

369 :出土地不明:2008/06/11(水) 14:43:47 ID:U6DQ9P9x
10年以上前の宝来博士の調査結果
本州日本人 ミトコンドリアDNAのタイプ

日本人固有タイプ     4.8%
韓国人に多いタイプ   24.2%
中国人に多いタイプ   25.8%
アイヌに多いタイプ     8.1%
沖縄に多いタイプ     16.1%
5集団以外のタイプ   21.0%
----------------------------------------------------------------
***この研究結果のおかしい部分***

・韓国人に多いタイプなど存在しない=韓国に多いタイプ=モンゴル・扶余人の遺伝子である

・日本人固有タイプとアイヌを分けた意味が分からない。
 アイヌが原住民とされるなら日本人固有タイプもアイヌであるはず。 
 日本人固有が少ないことを強調したかったんだろうか。

・5集団以外のタイプが何なのかを公表しないのがおかしい。
 おそらく中東・北アフリカ地域によく見られるYAP+遺伝子だと思われる

正しいタイプ分け

韓国人に多い蒙古扶余タイプ24.2%
中国人に多いタイプ      25.8% 
日本人固有(縄文+アイヌ) 12.9%  ̄|
沖縄に多いタイプ        16.1%   |─あわせて50%
以外のタイプ          21.0% _|     


370 :出土地不明:2008/06/11(水) 20:35:27 ID:vToSYYkt
北方アジアは一切抜きの偏向調査で作為的に中国・朝鮮に誘致していた
スットボケ遺伝学者(嘲笑)


宝来センセイによると、韓国や中国にはそれぞれドミナントなミトコンドリアDNAがあるのに、
日本本土では、とくにドミナントなものがない。つまり系統的にさまざまな人たちから成り立って
いるのである。また、これまで、大陸から渡来した弥生人によって分断され、北に追いやられたのが
アイヌ、南に追いやられたのが琉球人といわれてきた。しかし、アイヌと琉球は少なくとも1万2000年
以上まえに分岐しており、紀元前3世紀以降に渡来してきた弥生人によって分断されたんではないという。
1万2000年前にそれぞれ日本に住み着いたアイヌと琉球人。そこへ紀元前3世紀以降になって渡来し、
稲作をはじめた中国・朝鮮系の人びと。こうした人たちの子孫がわたしたちなのだ。
それにしても紀元前3世紀以降の大陸からの渡来って、それ、秦の始皇帝のころの、徐福たちじゃない?
http://home.att.ne.jp/apple/tamaco/Yutenji/000115DNA.htm

371 :出土地不明:2008/06/11(水) 20:35:58 ID:vToSYYkt


宝来mtDNAデータのトリックとその欠陥を簡単に説明してやると、

朝鮮半島にしろ中国大陸にしろ、古代より北方アジア人の侵入定着が絶え間ない
地域であったのにもかかわらず、データの中に北方アジア人に関するタイプの
データが一切出てこない。

しかも、調査サンプルにも北方アジア人のサンプルが一つも無い。

つまり、宝来mtDNAデータは、北方アジア抜きの偏向調査で出された単なる
偏向データなのであって、ただひたすら中国や朝鮮からやって来たと
錯覚させるだけの非常に悪質極まりない欠陥データに過ぎないのである。



372 :出土地不明:2008/06/12(木) 11:40:37 ID:T9w5auNn
>1万2000年前にそれぞれ日本に住み着いたアイヌと琉球人。
>そこへ紀元前3世紀以降になって渡来し、稲作をはじめた中国・朝鮮系の人びと。

同意しかねる。
広い意味では縄文人もアイヌ人も倭人も渡来人
縄文人とアイヌは別物
アイヌは4000年前のシベリア経由の渡来人。
倭人は紀元前10世紀、大陸にいた頃から日本語に近い言語を使っていた可能性がある。

373 :出土地不明:2008/06/12(木) 13:06:34 ID:M0KgVAvu
>>1
>日本人どこから来たんだ?
なんでこんな簡単な話題に対してスレが三つ目なんだ!?

アフリカからに決まってんじゃん。
ミトコンドリアイブって知らないか?
現在の人類はアフリカのミトコンドリアイブの子孫なんだぞ。


374 :出土地不明:2008/06/12(木) 13:11:09 ID:M0KgVAvu
>そこへ紀元前3世紀以降になって渡来し、稲作をはじめた中国・朝鮮系の人びと
最新の研究では縄文期から稲作があったことが証明されてるんだろ?
いまだにこんなこと言ってる人っているんだね。



375 :月光仮面:2008/06/12(木) 17:10:27 ID:0Najklzl
Wikiでアイヌ人口は23,000人、日本人総人口は平成11年で126,686,000、0.018%
これに対してYAPは34,7% http://img438.imageshack.us/my.php?image=japan9zr.gif
誰が見てもおかしいよなー。

376 :出土地不明:2008/06/12(木) 22:08:57 ID:aiTML/DZ
http://www.cam.hi-ho.ne.jp/sakura-komichi/kodaishi/hn2602/index.shtml


377 :出土地不明:2008/06/13(金) 04:00:36 ID:xmr4dOHS
遊びに来てね!
http://mblg.tv/pikarin3810/
意見よろしく。

378 :出土地不明:2008/06/14(土) 01:04:41 ID:DJzeNWbm
実は朝寝鼻貝塚からは6000年前の小麦とハトムギのプラントオパールも
稲と同時に検出されていて、小麦が中国よりも数千年も前から、江戸期に
伝来したハトムギが5500年以上も前から栽培されていた事になってしまい、
改めてプラントオパールの調査自体が極めて疑わしいと言わざるを得ない。


岡山市の縄文時代の貝塚「朝寝鼻(あさねばな)」を調査している岡山理科大の
考古学チームが1999年4月21日、「縄文前期の土壌から稲の細胞に含まれる
プラントオパールが見つかった」と、発表。約6000年前に「米作り」が
行なわれていたとする発見で、稲作の歴史が縄文前期にまでさかのぼることになった。
このプラントオパールはイネ科の葉の細胞内に含まれるケイ酸体の粒子で、同貝塚の
下層(深さ2メートルの土壌)からのサンプルを採り調査したところ、356点の
サンプルから10点、形状からジャポニカ(短粒種)とみられる稲のプラントオパール
が検出された。また、稲のほか小麦とハトムギのプラントオパールも見つかった。
http://www.local.co.jp/news-drift/agri-99kome.html

379 :出土地不明:2008/06/14(土) 01:16:37 ID:45lcmrjN
プラントオパールは自然にできるものだということになれば
今までの縄文時代の稲作開始云々は全部白紙ですね

380 :出土地不明:2008/06/14(土) 01:31:10 ID:DJzeNWbm
さよう。

岡山プラントオパール事件を根拠とする6000年前の稲作はもちろん、
今まで縄文後期〜末期とされていた稲作遺跡も弥生時代がBC10Cに
遡る事で縄文稲作の可能性は極めて弱くなる。




381 :月光仮面:2008/06/14(土) 08:25:34 ID:HMCc70NP
>>378-380
YDNA O-LINE 苗、土家族、YDNA M-134 シノ-チベット族(江南、雲南、チベット)
のはと麦等を伴う北東アジアへの移動がBP6000年頃の縄文時代にあり、これに伴
ってYAPも動き、更に、稲作の伝播する弥生時代より千年ほど前には達胡爾と同系の
YDNA O47zが、これまた、YAPを伴い、そしてYAPはスキタイ、匈奴といった遊牧化、
戦闘民族化したものとしても弥生末、古墳、飛鳥、奈良時代に入ってくる。こんな
姿が浮上してくる。

382 :月光仮面:2008/06/14(土) 08:41:13 ID:HMCc70NP
http://zh.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%AD%E5%9B%BD%E6%96%B0%E7%9F%B3%E5%99%A8%E6%96%87%E5%8C%96%E5%88%97%E8%A1%A8
↑この図から見ると、長江下流良渚文化文化に一つのハイマート(原郷)があり、
同時期の西北、斉家文化から春秋・戦国の賽外の地を経て吉野ヶ里に到達する
のが環濠集落文化であろう。

383 :月光仮面:2008/06/14(土) 09:58:15 ID:HMCc70NP
6,300年前(放射性炭素年代測定)の縄文時代、「鬼界カルデラ」が大噴火
http://sennboku.web.fc2.com/bunarintokodaisi/minamikiyuusiyu/kiyusiyuu-right.html
↑これを織り込んで、鹿児島の縄文も一時中断するのであるから遼河・趙宝溝、黄河・
大文江、長江・松沢文化に入ったものが日本にも渡来したが、当時の西日本でテフラ
被害からの回復が早かったのは鹿児島とか、伊勢・熊野とかの降雨量が異常な地域に
限定され、中国地方はチトきつかったのではなかろうか。



384 :出土地不明:2008/06/15(日) 00:24:31 ID:cZaE0arw
YAP+は単に陸分岐以前の古モンゴロイド時代の名残なだけ。

スキタイや匈奴がやって来ておいて何で羊を百済から貰う必要があるのか。

しかも遊牧文化もゲル文化も伝わってない。

あんまりアホな創作を飛ばさんように。

環濠集落は6000年前の内蒙古・遼寧の興隆窪遺跡にも見られるから、
弥生開始以前には北方アジア中に広がってただろ。

九州の早期縄文文化人は確実に死滅しただろうな。

それに連続する遺跡がないからね。

385 :月光仮面:2008/06/15(日) 08:43:46 ID:1pfalKKU
スキタイ、匈奴おいうのは特定の人種に固定するよりも、ライフスタイルとか、職業
とかいったものと考えるべきもの。例えば群馬県に羊太夫という伝承があるが、一時的に
羊を飼っていたとしても、仏教の影響とかで長続きはしなかったのであろう。特に
関係するのは馬の家畜化、騎乗、金属の品質向上による轡等の馬具の生産・・・こうした
条件があって初めてスキタイ文化が発生する。そうしたライフスタイルをとるのはさまざま
な民族であり、モンゴル、タタール、チュルク、サカ、サルマートなどとあるが、白人あり、
モンゴロイドあり、さまざまである。

386 :月光仮面:2008/06/15(日) 08:52:05 ID:1pfalKKU
満州で牧畜をやっていたにせよ半島の農業地帯とか、山岳地形では無理があり、
半島南部の倭国拘邪韓國、対馬、壱岐、伊都国ではアマテラス・ドクトリンで
家畜の殺生を固く禁じており、輸送手段もShip Japanの原則が貫かれたことであろう。
しかし、これは人間としての牧畜民であるとか、トカラ人、インド人の渡来を妨げるもの
ではなかったのである。

387 :月光仮面:2008/06/15(日) 09:03:14 ID:1pfalKKU
当時の満州方面の諸民族は東夷伝でもわかるが、現在のモンゴルのように馬の生産に
偏るといったものではなく、雑穀から狩猟、漁労等多角的な生業ポートフォリオを持って
おり、阿波に降臨し、安房に向かうオオアサヒコ、天日鷲集団は粟、豆、麻を初めとする
山地農業と商業、加工業も持ってきているようである。

388 :月光仮面:2008/06/15(日) 11:34:27 ID:1pfalKKU
YAP+の西の形であるEについて考えてみると、新石器時代に入ってはアラビア・紅海
・地中海沿岸で、ユダヤの遺伝子としても活躍しているが、新石器農業経済と共生
する流通的役割が考えられる。サハラ以南のものなどについては、現在のアフリカ系
米人の活躍ぶりを考えてみると、人種的に商品価値があったようである。要するに
頭がいいので重宝されたもののようだ。東洋でのYAP+は完新世以前の突然変異で
Dであるが、チャンピオン的なのが中国のプミ族。これが山椒大夫のような商売上手で
栄えているようである。半島、列島も古墳時代の頃生口を中国に献上しているが、
この手口がプミ族と似ている。日本が大陸と陸続きであった頃彼らの先祖はまだ中東
から遠くない方面にいたと考えるのが順当であり、日本列島はマージャンの配牌時に
既に満貫の役が付いていたと甘く見てはならない、

389 :月光仮面:2008/06/15(日) 13:16:08 ID:1pfalKKU
中国YDNAより推理する中国諸民族成長移住の歴史
http://library.ibp.ac.cn/html/slwj/000222645600001.pdf
これによるとT羌は前三千年-四千年紀中原を西進、チベットに南下、カム、蔵となり、
これが東進、貴州、雲南諸族となるという仮説となる。しかし、共工伝説では共工が
青銅器時代であり、中原を追われるのは殷か、早くとも夏の時代であり、前二千年紀
初頭の頃ではないかと思うのだが。つまり、甘粛四覇文化時代だ。T羌と同族の倭YAP+
あるいはそれらの祖は興隆窪時代にイラン高原テル・ハラフ文化から移住してのではな
いかと考える。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%86%E3%83%AB%E3%83%BB%E3%83%8F%E3%83%A9%E3%83%95


390 :月光仮面:2008/06/15(日) 13:28:34 ID:1pfalKKU
上記「中国諸民族成長移住の歴史」は中国人西方起源にまで発展しているが、これは
ソフトとハードを一緒にした誤りであり、日本を含め東アジアはズンダランドを北上して
きた民族の実体を持ち、このハードの上に西方起源の仰韶文化とか、シノーチベット、
アルタイ言語等のソフトが乗っかっているんだということは、日本の歴史を考えれば
はっきりしていると思うんだが。

391 :出土地不明:2008/06/15(日) 16:53:57 ID:4wSBgnNm
実は朝寝鼻貝塚からは6000年前の小麦とハトムギのプラントオパールも
稲と同時に検出されていて、小麦が中国よりも数千年も前から、江戸期に
伝来したハトムギが5500年以上も前から栽培されていた事になってしまい、
改めてプラントオパールの調査自体が極めて疑わしいと言わざるを得ない。


岡山市の縄文時代の貝塚「朝寝鼻(あさねばな)」を調査している岡山理科大の
考古学チームが1999年4月21日、「縄文前期の土壌から稲の細胞に含まれる
プラントオパールが見つかった」と、発表。約6000年前に「米作り」が
行なわれていたとする発見で、稲作の歴史が縄文前期にまでさかのぼることになった。
このプラントオパールはイネ科の葉の細胞内に含まれるケイ酸体の粒子で、同貝塚の
下層(深さ2メートルの土壌)からのサンプルを採り調査したところ、356点の
サンプルから10点、形状からジャポニカ(短粒種)とみられる稲のプラントオパール
が検出された。また、稲のほか小麦とハトムギのプラントオパールも見つかった。
http://www.local.co.jp/news-drift/agri-99kome.html

392 :出土地不明:2008/06/15(日) 20:10:18 ID:BNx6F1XF
                                             
 古代満州の東南部に住んでいた『女真族』について、最近、朝鮮人・韓国人が「彼らは朝鮮人だ」と、主張している。
もちろん、すべてデタラメである。
 女真族(ニュイヂェン)は、日本海に面した古代満州の東南部、現在の朝鮮半島東北部、
咸鏡道方面に居住していた古代民族・沃沮(ウォヅゥ)の末裔である。朝鮮人(ツングース)とは異種なのだ。
 沃沮は、漁業と農業を生業としていた倭人系民族である。この沃沮が、モンゴル系民族のフヨ族やキタイ族
(契丹族)の支配下に入り、モンゴル系と混血して遊牧民化したのが、女真族(ニュイヂェン)なのである。
 そして、朝鮮人は女真族やキタイ族のことを「オランケ」と呼んで蔑んでいた。それなのに今頃になって、
「彼らは我々と同じ朝鮮人だった」などと、デタラメを言いふらしているのである。

 また、最近の朝鮮人は、現在ロシア領となっている沿海州地方に住んでいた粛慎族(スゥシン)のことも、
朝鮮人だったと主張している。これもウソである。
 たしかに、粛慎(スゥシン)はツングース系の狩猟民族であり、朝鮮人の先祖にあたるワイ族もツングース系である。
しかし、人種的・文化的に同系というだけであり、民族(政治的共同体)としては、まったく別系統である。
 粛慎は、歴史上一度も、ワイ族(朝鮮人の先祖)の支配下に入ったことはない。完全に独立した別民族である。
それなのに朝鮮人は、「粛慎は朝鮮人だった」などとデタラメを主張するのである。
 古代シナ大陸南部に栄えた『呉』は、倭人(越人)の国であり、呉人は人種的・文化的には日本人と同系であった。
しかし、だからといって我々日本人は、「呉人は日本人だった」とか、「呉を建国したのは日本人だった」とは言わない。
 呉人が倭人系民族だったとしても、日本列島の倭人とは、民族(政治的グループ)が異なるからだ。
『呉』という国は、日本列島の倭人が建国したわけではないし、歴史上、日本列島の倭人がシナ南部の倭人を
支配下においたことは一度もない。日本列島の倭人とシナ南部の倭人は、民族が別である。
 日本人は、そのことを正しく理解しているのだが、朝鮮人は妄想を膨らませて、「粛慎は朝鮮人だった」と主張するのだ。
古代満州東南部に住んでいた女真族(ニュイヂェン)は、朝鮮人とは無関係だし、粛慎(スゥシン)も無関係である。

 朝鮮人の妄想によると、『女真』も『粛慎』も、「チュシン」と呼ぶのであり、チュシンとは『中心』の意味であり、
『朝鮮』のことなのだという。まさに妄想である。
 『朝鮮』はチュシンとは読まない。朝鮮は「ヂャオシェン」と読むのが正しい読み方である。朝鮮人は、朝鮮を「ジョソン」、
あるいは「チョソン」と読むが、これは10世紀以降の朝鮮式の読み方であって、間違った読み方なのだ。
 朝鮮人が、朝鮮を「チュシン」と読むのは、この国号が「中心」と同じ意味であり、「朝鮮が世界の中心」という意味であると
主張するためらしい。もはや、学説というより『狂気の世界』である。
 そもそも、『朝鮮』という国号は、漢人が名付けたものであって、朝鮮人(ワイ族)は無関係である。『朝鮮』はワイ語ではないのだ。
『朝鮮』を建国したのは、漢人の衛満だが、『朝』は一日の意味、あるいは早朝に家来が主君に挨拶するの意味であり、
『鮮』は新しいの意味、あるいは何も無いという意味である。『朝鮮』(ヂャオシェン)に「中心」という意味は無いのだ。



393 :出土地不明:2008/06/15(日) 20:21:47 ID:4wSBgnNm
>古代シナ大陸南部に栄えた『呉』は、倭人(越人)の国であり、
>呉人は人種的・文化的には日本人と同系であった。


呉の文物がさっぱりさらさら伝わっていない。

サギはやめろ。

この敵国人の長江江南移民の台湾ベトナミー。

ここでも例の方法を使っている。

例の方法とは、『朝鮮煙幕』→『江南サギ誘導』の事だ。


『朝鮮煙幕』→『江南サギ誘導』→『朝鮮煙幕』→『江南サギ誘導』→
『朝鮮煙幕』→『江南サギ誘導』→『朝鮮煙幕』→『江南サギ誘導』→
『朝鮮煙幕』→『江南サギ誘導』→『朝鮮煙幕』→『江南サギ誘導』→
『朝鮮煙幕』→『江南サギ誘導』・・・・・・・



臭く醜く汚らしい台湾ツブレ広鼻ベトナム顔二グロは、

日本人の祖先のようなふりをしないように!




394 :出土地不明:2008/06/15(日) 20:36:10 ID:4wSBgnNm

●戰國時代陶質編鐘在呉文化發源地無錫出土


新華網江蘇頻道南京4月16日電 (高幼元) 日前,在無錫市錫山區泰伯文化
藝術節上,一批最近出土的戰國時代陶質編鐘等古樂器向中外遊客展示。
這批距今2000多年?青銅器的樂器中,最令人驚嘆的是,經修復後最大的編鐘,
高30多公分,造型十分精致。

展示會上,錫山區文管會同志介紹?,這裏是呉文化發源地。這批新出土的文物,
除編鐘、鐃、磬等樂器類陶器30餘件外,還有經修復的缸、罐、壇、鼎等各種
陶器共五十多件。這些原始瓷或印紋硬釉陶器,紋飾繁多。有乳釘紋、水波紋、
方格紋、圓圈紋等。經考古專家初?鑒定,數量之多,品種之全,工藝之精,
在全國罕見。

395 :出土地不明:2008/06/15(日) 20:36:33 ID:4wSBgnNm
這批珍貴的出土文物是當地村民發現的。今年2月19日,錫山區後宅鎮天仙
塘萬安橋村村民鄒曉峰和鄒春鋒,帶著20多件陶器,向區文管會報告,村裏
一個大土?上發現了“古董”。工作人員認出是極有價?的陶制編鐘。第二
天即?到現場。這個大土?是五年前,鎮上築新路取土用的,當時就有部分
古陶器被?出,村民見是陶土做的,沒在意。而這次錫山區考古人員卻十分
在意,“掘地三尺”,出土的陶片、陶器用1噸半?車裝了滿滿一車。隨後,
他們邊向上級部門報告,邊請專家來修復,並對來報告的兩村民給予了獎勵。

後宅鎮往南數公里的鴻聲鎮,正在發掘的彭祖?文化遺址,已有一大批距今
6000年至7000年的新石器時代文物初露真容。據南京博物院考古學家介紹,
彭祖?是長江三角洲文化層次堆積最厚、包含物最多、保存最好的一處?史文化
遺址,是當代研究太湖流域人類文明發展史最好的?史資料。該鎮的鴻山南麓有
一座被譽為“開發江南先祖”泰伯之墓,距今已有3196年?史。現在,後宅鎮又
新出土的2000年前的古編鐘,作為陶樂器隨葬品,非一般人可用,是墓主人身?
顯赫?還是當時這塊地主是個文化“繁榮”勝地?這還需專家來解謎。
http://big5.xinhuanet.com/gate/big5/www.js.xinhua.org/htm4/2041622.htm

396 :出土地不明:2008/06/15(日) 20:36:58 ID:4wSBgnNm
>陶質編鐘等古樂器向中外遊客展示
>鐃、磬等樂器類陶器30餘件外,還有經修復的缸、罐、壇、鼎等
>各種陶器共五十多件。這些原始瓷或印紋硬釉陶器,紋飾繁多。
>有乳釘紋、水波紋、方格紋、圓圈紋等。


編鐘?????鐃?????磬?????缸?????壇?????
鼎?????原始瓷?????印紋硬釉陶?????乳釘紋?????
水波紋?????方格紋?????圓圈紋?????


いやあ、弥生時代の江南の江蘇省無錫の呉の遺址からは日本の弥生遺構では
さーっぱり見た事がない摩訶不思議な物や文様が出るんですねえ(ゲラゲラ嘲笑)



397 :出土地不明:2008/06/16(月) 01:17:56 ID:EMou5p8U
>>379-380
土器の付着物からも検出されてるわけだが。


398 :出土地不明:2008/06/16(月) 09:09:10 ID:SK2BDvYb
このまえテレ東の関東日本王国の番組みたけど
関東は日本ではとくに古墳時代の馬具の出土が多く、
古墳時代の馬場の跡も多数みつかるのは関東だけだとか
ともかく西日本の大和にはそのような痕跡はほとんど見られないことから
関東日本王国は大和王権と平行して存在したとか言ってたけど

実際には埼玉のサキタマ古墳の鉄剣銘の雄略天皇ワカタケルの支配した土地
ということが書いてあるように、大和の天皇に支配されてたのは確実なんだが

つまり西日本には馬を持たない文化があり、たぶんこちらのほうは倭国からの流れを汲むもので
東日本には馬の文化があり、倭には元々馬がいなかったことからも、
騎馬民族と文化が関東に集中して流入したのは確実なことで

元々関東というのは毛人(縄文・アイヌ)の土地であったが、天皇がそれを討伐する際に
天皇が渡来人に帰化の許可を与えるかわりに関東の開拓と毛人討伐を条件にしたので
関東に集中的に帰化騎馬民族を投入、その結果が馬の多さということだろう

399 :出土地不明:2008/06/16(月) 10:09:13 ID:C8M9ctHY
単に半島帰化人を関東各地に住まわせて起こっただけの話。

400 :月光仮面:2008/06/16(月) 10:20:37 ID:99juZ0Wp
水郷近辺以外に水稲栽培適地が少なく、鹿の放牧とか、水稲以外の雑穀、麻等の
生産とか、近畿向けへの馬の飼育とか、狩と言う名目での軍事演習とかで、在郷軍人
というか、屯田兵というか、そんな形の経済圏が形成されたということも、補足して
言えるかな。

401 :出土地不明:2008/06/16(月) 10:32:39 ID:C8M9ctHY
要するに鞍作部、馬飼部は関東に置かれたんだろうな。

402 :出土地不明:2008/06/16(月) 11:21:45 ID:C8M9ctHY
それよか、この江南サギ台湾土人↓を嬲って遊ぼうぜw


>古代シナ大陸南部に栄えた『呉』は、倭人(越人)の国であり、呉人は
>人種的・文化的には日本人と同系であった。しかし、だからといって
>我々日本人は、「呉人は日本人だった」とか、「呉を建国したのは
>日本人だった」とは言わない。呉人が倭人系民族だったとしても、
>日本列島の倭人とは、民族(政治的グループ)が異なるからだ。
>『呉』という国は、日本列島の倭人が建国したわけではないし、
>歴史上、日本列島の倭人がシナ南部の倭人を支配下においたことは
>一度もない。日本列島の倭人とシナ南部の倭人は、民族が別である。



403 :出土地不明:2008/06/16(月) 11:23:23 ID:C8M9ctHY

●戰國時代陶質編鐘在呉文化發源地無錫出土


新華網江蘇頻道南京4月16日電 (高幼元) 日前,在無錫市錫山區泰伯文化
藝術節上,一批最近出土的戰國時代陶質編鐘等古樂器向中外遊客展示。
這批距今2000多年?青銅器的樂器中,最令人驚嘆的是,經修復後最大的編鐘,
高30多公分,造型十分精致。

展示會上,錫山區文管會同志介紹?,這裏是呉文化發源地。這批新出土的文物,
除編鐘、鐃、磬等樂器類陶器30餘件外,還有經修復的缸、罐、壇、鼎等各種
陶器共五十多件。這些原始瓷或印紋硬釉陶器,紋飾繁多。有乳釘紋、水波紋、
方格紋、圓圈紋等。經考古專家初?鑒定,數量之多,品種之全,工藝之精,
在全國罕見。

404 :出土地不明:2008/06/16(月) 11:24:00 ID:C8M9ctHY
這批珍貴的出土文物是當地村民發現的。今年2月19日,錫山區後宅鎮天仙
塘萬安橋村村民鄒曉峰和鄒春鋒,帶著20多件陶器,向區文管會報告,村裏
一個大土?上發現了“古董”。工作人員認出是極有價?的陶制編鐘。第二
天即?到現場。這個大土?是五年前,鎮上築新路取土用的,當時就有部分
古陶器被?出,村民見是陶土做的,沒在意。而這次錫山區考古人員卻十分
在意,“掘地三尺”,出土的陶片、陶器用1噸半?車裝了滿滿一車。隨後,
他們邊向上級部門報告,邊請專家來修復,並對來報告的兩村民給予了獎勵。

後宅鎮往南數公里的鴻聲鎮,正在發掘的彭祖?文化遺址,已有一大批距今
6000年至7000年的新石器時代文物初露真容。據南京博物院考古學家介紹,
彭祖?是長江三角洲文化層次堆積最厚、包含物最多、保存最好的一處?史文化
遺址,是當代研究太湖流域人類文明發展史最好的?史資料。該鎮的鴻山南麓有
一座被譽為“開發江南先祖”泰伯之墓,距今已有3196年?史。現在,後宅鎮又
新出土的2000年前的古編鐘,作為陶樂器隨葬品,非一般人可用,是墓主人身?
顯赫?還是當時這塊地主是個文化“繁榮”勝地?這還需專家來解謎。
http://big5.xinhuanet.com/gate/big5/www.js.xinhua.org/htm4/2041622.htm

405 :出土地不明:2008/06/16(月) 11:24:59 ID:C8M9ctHY
>陶質編鐘等古樂器向中外遊客展示
>鐃、磬等樂器類陶器30餘件外,還有經修復的缸、罐、壇、鼎等
>各種陶器共五十多件。這些原始瓷或印紋硬釉陶器,紋飾繁多。
>有乳釘紋、水波紋、方格紋、圓圈紋等。


編鐘?????鐃?????磬?????缸?????壇?????
鼎?????原始瓷?????印紋硬釉陶?????乳釘紋?????
水波紋?????方格紋?????圓圈紋?????


いやあ、弥生時代の江南の江蘇省無錫の呉の遺址からは日本の弥生遺構では
さーっぱり見た事がない摩訶不思議な物や文様が出るんですねえ(ゲラゲラ嘲笑)



406 :出土地不明:2008/06/16(月) 12:34:13 ID:L1YHRmfJ




同時代で同規模の沿海州遺跡ってどれwwwww

さーっぱり見た事がないんですが(ゲラゲラ嘲笑)

407 :出土地不明:2008/06/16(月) 13:01:44 ID:mJ4w4w2P
>>406
ついでに環濠集落もあるでよw

408 :出土地不明:2008/06/16(月) 14:57:14 ID:teRMJuD5
>406
遺跡かどうかはわからないが

間接的な証拠

東京国立博物館
ttp://www.tnm.go.jp/jp/servlet/Con?pageId=B06&processId=01&event_id=802&event_idx=1&dispdate=2004/11/06
[Tokyo National Museum]

*鈴谷貝塚
*東多来加貝塚
*ハンツーザ貝塚
*ノグリキ遺跡
サロマ湖
ttp://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B5%E3%83%AD%E3%83%9E%E6%B9%96

ドラマだねぇ。

時代が古いから地下深くに埋没しているだけで、
根気強く、探せば大量の証拠が見つかるんじゃね?

北大博物館[The Hokkaido University Museum]
ttp://micro.museum.hokudai.ac.jp/Fossils/
の簡易検索で
「マンモス」って入れると話が膨らむかと。

というわけで明日から遺伝学の知識勉強するわ。

おれは2000年の今で言えば、「ブリヤート」の地域の人間と血液が近いと睨(にら)んでいる。

なぜか?

「 飲 み 水 drinking water 」

が人間には必要だからね。

409 :出土地不明:2008/06/17(火) 10:27:32 ID:sjbvkpO+
実は朝寝鼻貝塚からは6000年前の小麦とハトムギのプラントオパールも
稲と同時に検出されていて、小麦が中国よりも数千年も前から、江戸期に
伝来したハトムギが5500年以上も前から栽培されていた事になってしまい、
改めてプラントオパールの調査自体が極めて疑わしいと言わざるを得ない。


岡山市の縄文時代の貝塚「朝寝鼻(あさねばな)」を調査している岡山理科大の
考古学チームが1999年4月21日、「縄文前期の土壌から稲の細胞に含まれる
プラントオパールが見つかった」と、発表。約6000年前に「米作り」が
行なわれていたとする発見で、稲作の歴史が縄文前期にまでさかのぼることになった。
このプラントオパールはイネ科の葉の細胞内に含まれるケイ酸体の粒子で、同貝塚の
下層(深さ2メートルの土壌)からのサンプルを採り調査したところ、356点の
サンプルから10点、形状からジャポニカ(短粒種)とみられる稲のプラントオパール
が検出された。また、稲のほか小麦とハトムギのプラントオパールも見つかった。
http://www.local.co.jp/news-drift/agri-99kome.html

410 :出土地不明:2008/06/17(火) 12:37:42 ID:Za75dhLM
>根気強く、探せば大量の証拠が見つかるんじゃね?

お前が妄想癖の持ち主なのは分かった。



同時代で同規模の沿海州遺跡ってどれwwwww

さーっぱり見た事がないんですが(ゲラゲラ嘲笑)

411 :出土地不明:2008/06/17(火) 13:27:33 ID:1E3eormn
このスレなんで必死なん?

412 :出土地不明:2008/06/17(火) 16:28:44 ID:HvOUtlSH
次の戦争ネタだからだよ。

413 :出土地不明:2008/06/17(火) 18:37:39 ID:3VLK+ZtE
>>411
日本国は
隣国がねぇ

羅列すると

*台湾中華民国
*ロシア・ソビエト連邦
*中華人民共和国、大陸中国
*アメリカ合衆国
*関わりたくないし、孤立させる為には書かないほうがいいんだが話の都合上みとめてください、「ちょうせんはんとう」

ロシア、アメリカは民度が高いし、
台湾中国はアレ(途中まで文明があったせいで中華思想が発生)だが、まぁ、まだ話し合いはできる。

あそこはどうしようもない。

「自分の成果(コレア)」と「他人の成果(チナ)」の区別が付いていない。

そもそも東洋の3国は顔つきがぜんぜん違うじゃないか。(´∀`) <丶`∀´>( `ハ´),,,(・ω・) <`∀´>(`ハ´)
言葉も違う。北京語、日本語、アレ語

日本語:主語目的語述語([私は]、[ご飯を]、[食べる])
北京語:主語述語目的語([我]、[吃]、[小麥])
「はんとう語」は知らない


じゃあ、日本語に近い言語は何だ?
ウィルタ語(UILTA, Orok)
ttp://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A6%E3%82%A3%E3%83%AB%E3%82%BF%E8%AA%9E

証拠(言語、血液型、貝塚、マンモスの骨、遺伝子、北海道在住の民族)はどちらを支持するかな

414 :出土地不明:2008/06/17(火) 19:03:13 ID:3VLK+ZtE
アルタイ諸語(-しょご,Altaic Languages)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%AB%E3%82%BF%E3%82%A4%E8%AB%B8%E8%AA%9E
http://en.wikipedia.org/wiki/Altaic_languages

上記が言語による根拠

次に血液型による根拠

台湾血液型グラフTaiwan Blood Services Foundation
ttp://www.blood.org.tw/index.php?action=english&id=130
血液型関連のデータバンク NPO Human Scisence ABO Center(血液型人間科学研究センター)
ttp://www.human-abo.org/databank/worldmap.html


となると、半島でもない、中国南方でもない、
/元寇
文永の役(ぶんえいのえき・1274年)
弘安の役(こうあんのえき・1281年)
元寇/
「国家権力を投入した状態」で、「生きのいい成年男子」を投入して
なお、失敗した。
船(戦艦、空母、タンカー、タイタニック号のような客船)による移動では人間の数が説明が付かない。

他にはどのルートが考えられる?

九州島、沖縄、小笠原諸島、以外の候補
それは北海道島

証拠は出る(北海道の貝塚、象(ナウマン)の骨、細石器)
しかし、証拠の数が少ない。
[数が少ない]ことは何を意味しているか。そもそも存在していないからなのか、はたまた
「時代(8000年以上)が古すぎることを意味」して、コスト高で発掘しきれていないだけでは。

考古学の問題じゃなく、掘削ボーリング企業の問題だな。
ボーリング(土木学)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9C%E3%83%BC%E3%83%AA%E3%83%B3%E3%82%B0

しかし、他の方法をとればいい。氷床コアIce core
http://en.wikipedia.org/wiki/Ice_core
よって答えは
http://www.google.co.jp/search?hl=ja&client=firefox&rls=org.mozilla%3Aja%3Aofficial&hs=XVs&q=%E3%83%96%E3%83%AA%E3%83%A4%E3%83%BC%E3%83%88%E3%80%80%E9%81%BA%E4%BC%9D%E5%AD%90&btnG=%E6%A4%9C%E7%B4%A2&lr=lang_ja

415 :出土地不明:2008/06/17(火) 19:30:34 ID:3VLK+ZtE
手元に/a,a/の資料があるんだけど解読に時間がかかってしょうがない

/a
二十五史 (簡体中国語/繁体中国語)
ttp://www.hoolulu.com/zh/
漢 籍 電 子 文 獻
ttp://www.sinica.edu.tw/ftms-bin/ftmsw3
a/

言葉の壁は大きいなぁ。

魏志倭人伝だけは何とか訳したいところ。

誰か手がかりを教えて。
自分の持っている日本語訳は
「魏志倭人伝」
ttp://www.g-hopper.ne.jp/bunn/gisi/gisi.html
ttp://yamatai.cside.com/tousennsetu/wazinnden.htm
ttp://johokan.net/history/Rekishi/earlyjapan/Yamatai/gisi.html

翻訳(北京語→日本語)による取りこぼしは無いかが気になるところ。

中国の史書以外ろくな手がかりが無いのがつらいなぁ(文字の存在の有無)。
問題点は中国人の数字はアテにならない(文学のように誇張するから)

以下は調査中の覚え書き
アイヌ、ウィルタ、オロチ、コリャーク人、ナナイ

416 :出土地不明:2008/06/18(水) 09:19:18 ID:3J1jvp4c
それよか、この↓江南サギ台湾ベトナム顔土人を慰みものに嬲って遊ぼうぜwwww



>古代シナ大陸南部に栄えた『呉』は、倭人(越人)の国であり、呉人は
>人種的・文化的には日本人と同系であった。しかし、だからといって
>我々日本人は、「呉人は日本人だった」とか、「呉を建国したのは
>日本人だった」とは言わない。呉人が倭人系民族だったとしても、
>日本列島の倭人とは、民族(政治的グループ)が異なるからだ。
>『呉』という国は、日本列島の倭人が建国したわけではないし、
>歴史上、日本列島の倭人がシナ南部の倭人を支配下においたことは
>一度もない。日本列島の倭人とシナ南部の倭人は、民族が別である。




417 :出土地不明:2008/06/18(水) 09:20:33 ID:3J1jvp4c

●戰國時代陶質編鐘在呉文化發源地無錫出土


新華網江蘇頻道南京4月16日電 (高幼元) 日前,在無錫市錫山區泰伯文化
藝術節上,一批最近出土的戰國時代陶質編鐘等古樂器向中外遊客展示。
這批距今2000多年?青銅器的樂器中,最令人驚嘆的是,經修復後最大的編鐘,
高30多公分,造型十分精致。

展示會上,錫山區文管會同志介紹?,這裏是呉文化發源地。這批新出土的文物,
除編鐘、鐃、磬等樂器類陶器30餘件外,還有經修復的缸、罐、壇、鼎等各種
陶器共五十多件。這些原始瓷或印紋硬釉陶器,紋飾繁多。有乳釘紋、水波紋、
方格紋、圓圈紋等。經考古專家初?鑒定,數量之多,品種之全,工藝之精,
在全國罕見。

418 :出土地不明:2008/06/18(水) 09:21:10 ID:3J1jvp4c
這批珍貴的出土文物是當地村民發現的。今年2月19日,錫山區後宅鎮天仙
塘萬安橋村村民鄒曉峰和鄒春鋒,帶著20多件陶器,向區文管會報告,村裏
一個大土?上發現了“古董”。工作人員認出是極有價?的陶制編鐘。第二
天即?到現場。這個大土?是五年前,鎮上築新路取土用的,當時就有部分
古陶器被?出,村民見是陶土做的,沒在意。而這次錫山區考古人員卻十分
在意,“掘地三尺”,出土的陶片、陶器用1噸半?車裝了滿滿一車。隨後,
他們邊向上級部門報告,邊請專家來修復,並對來報告的兩村民給予了獎勵。

後宅鎮往南數公里的鴻聲鎮,正在發掘的彭祖?文化遺址,已有一大批距今
6000年至7000年的新石器時代文物初露真容。據南京博物院考古學家介紹,
彭祖?是長江三角洲文化層次堆積最厚、包含物最多、保存最好的一處?史文化
遺址,是當代研究太湖流域人類文明發展史最好的?史資料。該鎮的鴻山南麓有
一座被譽為“開發江南先祖”泰伯之墓,距今已有3196年?史。現在,後宅鎮又
新出土的2000年前的古編鐘,作為陶樂器隨葬品,非一般人可用,是墓主人身?
顯赫?還是當時這塊地主是個文化“繁榮”勝地?這還需專家來解謎。
http://big5.xinhuanet.com/gate/big5/www.js.xinhua.org/htm4/2041622.htm

419 :出土地不明:2008/06/18(水) 09:22:51 ID:3J1jvp4c
>陶質編鐘等古樂器向中外遊客展示
>鐃、磬等樂器類陶器30餘件外,還有經修復的缸、罐、壇、鼎等
>各種陶器共五十多件。這些原始瓷或印紋硬釉陶器,紋飾繁多。
>有乳釘紋、水波紋、方格紋、圓圈紋等。


編鐘?????鐃?????磬?????缸?????壇?????
鼎?????原始瓷?????印紋硬釉陶?????乳釘紋?????
水波紋?????方格紋?????圓圈紋?????


いやあ、弥生時代の江南の江蘇省無錫の呉の遺址からは日本の弥生遺構では
さーっぱり見た事がない摩訶不思議な物や文様が出るんですねえ(ゲラゲラ嘲笑)



420 :出土地不明:2008/06/19(木) 12:20:18 ID:nHetABdU
実は朝寝鼻貝塚からは6000年前の小麦とハトムギのプラントオパールも
稲と同時に検出されていて、小麦が中国よりも数千年も前から、江戸期に
伝来したハトムギが5500年以上も前から栽培されていた事になってしまい、
改めてプラントオパールの調査自体が極めて疑わしいと言わざるを得ない。


岡山市の縄文時代の貝塚「朝寝鼻(あさねばな)」を調査している岡山理科大の
考古学チームが1999年4月21日、「縄文前期の土壌から稲の細胞に含まれる
プラントオパールが見つかった」と、発表。約6000年前に「米作り」が
行なわれていたとする発見で、稲作の歴史が縄文前期にまでさかのぼることになった。
このプラントオパールはイネ科の葉の細胞内に含まれるケイ酸体の粒子で、同貝塚の
下層(深さ2メートルの土壌)からのサンプルを採り調査したところ、356点の
サンプルから10点、形状からジャポニカ(短粒種)とみられる稲のプラントオパール
が検出された。また、稲のほか小麦とハトムギのプラントオパールも見つかった。
http://www.local.co.jp/news-drift/agri-99kome.html

421 :出土地不明:2008/06/20(金) 13:20:14 ID:a9nYiOjP
扶余族が先祖と考えてる人も多いのか?

2Chスレ
『扶余族』
http://academy6.2ch.net/test/read.cgi/archeology/1186721165/l50

司馬遼太郎は倭人と扶余族は分けて考えてたようですな!
http://www.kurikomanosato.jp/to-siba-syuhen2.htm

wiki
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%89%B6%E4%BD%99

422 :出土地不明:2008/06/20(金) 13:25:31 ID:a9nYiOjP
扶余族が日本人の祖先と考えてる人も多いのか?

2Chスレ
『扶余族』
http://academy6.2ch.net/test/read.cgi/archeology/1186721165/l50

司馬遼太郎は倭人と扶余族は分けて考えてたようですな!
http://www.kurikomanosato.jp/to-siba-syuhen2.htm

wiki
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%89%B6%E4%BD%99


423 :出土地不明:2008/06/21(土) 12:37:17 ID:ckIa2srr
>>393
誰も、江南人が日本人の先祖だと言ってないだろ(w

江南人と日本人は、どちらも倭人系であり、人種的・文化的に同系っていう、
単にそれだけの話だろうが。怯えるなよ、馬鹿ワイ族(w

それじゃあ、ドイツ人はアングロサクソンの先祖か? アホ(w

wwwwwwwwwwwwwwwwwww


424 :出土地不明:2008/06/21(土) 20:52:52 ID:0/KUrPTA
今日も、この↓江南サギ台湾ベトナム顔土人を嬲って楽しもうぜwwww



>古代シナ大陸南部に栄えた『呉』は、倭人(越人)の国であり、呉人は
>人種的・文化的には日本人と同系であった。しかし、だからといって
>我々日本人は、「呉人は日本人だった」とか、「呉を建国したのは
>日本人だった」とは言わない。呉人が倭人系民族だったとしても、
>日本列島の倭人とは、民族(政治的グループ)が異なるからだ。
>『呉』という国は、日本列島の倭人が建国したわけではないし、
>歴史上、日本列島の倭人がシナ南部の倭人を支配下においたことは
>一度もない。日本列島の倭人とシナ南部の倭人は、民族が別である。





425 :出土地不明:2008/06/21(土) 20:53:18 ID:0/KUrPTA

●戰國時代陶質編鐘在呉文化發源地無錫出土


新華網江蘇頻道南京4月16日電 (高幼元) 日前,在無錫市錫山區泰伯文化
藝術節上,一批最近出土的戰國時代陶質編鐘等古樂器向中外遊客展示。
這批距今2000多年?青銅器的樂器中,最令人驚嘆的是,經修復後最大的編鐘,
高30多公分,造型十分精致。

展示會上,錫山區文管會同志介紹?,這裏是呉文化發源地。這批新出土的文物,
除編鐘、鐃、磬等樂器類陶器30餘件外,還有經修復的缸、罐、壇、鼎等各種
陶器共五十多件。這些原始瓷或印紋硬釉陶器,紋飾繁多。有乳釘紋、水波紋、
方格紋、圓圈紋等。經考古專家初?鑒定,數量之多,品種之全,工藝之精,
在全國罕見。

426 :出土地不明:2008/06/21(土) 20:54:13 ID:0/KUrPTA
這批珍貴的出土文物是當地村民發現的。今年2月19日,錫山區後宅鎮天仙
塘萬安橋村村民鄒曉峰和鄒春鋒,帶著20多件陶器,向區文管會報告,村裏
一個大土?上發現了“古董”。工作人員認出是極有價?的陶制編鐘。第二
天即?到現場。這個大土?是五年前,鎮上築新路取土用的,當時就有部分
古陶器被?出,村民見是陶土做的,沒在意。而這次錫山區考古人員卻十分
在意,“掘地三尺”,出土的陶片、陶器用1噸半?車裝了滿滿一車。隨後,
他們邊向上級部門報告,邊請專家來修復,並對來報告的兩村民給予了獎勵。

後宅鎮往南數公里的鴻聲鎮,正在發掘的彭祖?文化遺址,已有一大批距今
6000年至7000年的新石器時代文物初露真容。據南京博物院考古學家介紹,
彭祖?是長江三角洲文化層次堆積最厚、包含物最多、保存最好的一處?史文化
遺址,是當代研究太湖流域人類文明發展史最好的?史資料。該鎮的鴻山南麓有
一座被譽為“開發江南先祖”泰伯之墓,距今已有3196年?史。現在,後宅鎮又
新出土的2000年前的古編鐘,作為陶樂器隨葬品,非一般人可用,是墓主人身?
顯赫?還是當時這塊地主是個文化“繁榮”勝地?這還需專家來解謎。
http://big5.xinhuanet.com/gate/big5/www.js.xinhua.org/htm4/2041622.htm

427 :出土地不明:2008/06/21(土) 20:54:55 ID:0/KUrPTA
>陶質編鐘等古樂器向中外遊客展示
>鐃、磬等樂器類陶器30餘件外,還有經修復的缸、罐、壇、鼎等
>各種陶器共五十多件。這些原始瓷或印紋硬釉陶器,紋飾繁多。
>有乳釘紋、水波紋、方格紋、圓圈紋等。


編鐘?????鐃?????磬?????缸?????壇?????
鼎?????原始瓷?????印紋硬釉陶?????乳釘紋?????
水波紋?????方格紋?????圓圈紋?????


いやあ、弥生時代の江南の江蘇省無錫の呉の遺址からは日本の弥生遺構では
さーっぱり見た事がない摩訶不思議な物や文様が出るんですねえ(ゲラゲラ嘲笑)



428 :出土地不明:2008/06/21(土) 21:16:23 ID:r40YtGMB
まだまだ情報(特に日本語の)が少ないが、Y染色体ハプログループで系統が
はっきりと判るようになってきてるみたいだな。

おそらく縄文人と考えられそうな日本人列島人(琉球・本土日本・アイヌ)の半分を占める
なおかつほぼ日本人のみしかもたないD2(50%前後)とC1(10%弱)の2系統が、
古い時代に中東orアフリカの角からユーラシア南縁の海岸沿いに移動してきた、
C系統とD系統の末裔だというのは、理解できた。
C系統は寒帯から熱帯まで広く残ったが、D系統は中緯度の日本とヒマラヤ周辺(D1、D3)のみ
多くの人数で残っているのは面白いね。

それで御願いなんだが、アイヌ・青森・東京・静岡・徳島・九州・沖縄諸島・先島諸島での
各ハプロタイプ頻度についてはデータがあるが、日本の歴史的な中央部といえる、
近畿・中部三県あたりの詳細なデータが見たいんだが、ないのかな。

あと、中国の華中(長江流域、アジア大陸で珍しくA型が多い地域)と、
狭義の華南(広東省あたり、アジアで珍しくO型が多い地域)の
それぞれ別々の頻度がわかるデータがあれば見てみたい。


429 :出土地不明:2008/06/21(土) 21:53:22 ID:0/KUrPTA
YのCとDは、モンゴル、ウイグル、アルタイ、カザフ、ウズベク
にもあるだろが。

作為的な誘致工作はやめな。

http://www.scs.uiuc.edu/~mcdonald/WorldHaplogroupsMaps.pdf


●縄文人の移動経路

アフリカ→アラビア半島→中央アジア→ゴビ砂漠→日本

http://yamatai.cside.com/katudou/image/ooa.png

HLAと比較しても何ら矛盾しない。

http://photoimg.enjoyjapan.naver.com/view/enjoybbs/viewphoto/thistory/1801000/20061213116596874597100400.jpg


やはり原始からシルクロード経由で来ているんだよ。

430 :出土地不明:2008/06/21(土) 22:46:24 ID:kjVC8hi6
>>429
父系だけの一系で伝わるY染色体のハプログループが
系統とかルーツを調べる上で、基本になるとの前提で言うが、
D系統の祖型は、ユーラシアの南のアンダマン諸島とかには残っているが、
中央アジアに残っているというのは聞いたことが無い。

スレを観てみると、北方の内陸シルクロード(草原ルートかオアシスルート)に
拘る人がいるらしいが、
最も日本人の約半数のD系統についていえば、
現代人については、日本(人口で圧倒的に多い、ほとんどがD2)と
ヒマラヤ周辺(D1、D3)がほとんどだから、今の東南アジア人のほぼ全員と
この面では共通性は無い。中国の南西沿岸部ともD系統について共通性は無い。
なのでもしも南方系が嫌いという理由ならば、気にする必要は無い。


431 :430:2008/06/21(土) 23:08:03 ID:kjVC8hi6
それでついでにD系統とともに来たと思われる日本人の1割程度のC系統についてだが、
日本人には、南方アジア太平洋(旧スンダランドやサフルランド)に大変多いC2またはC4は
ほとんどいない。また同時に、北方アジアに非常に多いC3系統も少ない。
日本人にだけみつかるC1系統が多い。

そこで少し細かくなるが重要なのが、アイヌだけはC3があるがC1はない。
また反対に、沖縄には日本人に多いC1はあるがC3は全くない。
アイヌ以外の日本本土人でC1よりC3の方が多いのは九州に限られる。
なので、C系統の先祖自体は航海が得意で、アフリカからユーラシア南縁を移動して、
一部は南の太平洋の島々まで拡がったが、
北方へは日本列島・樺太経由でモンゴルやシベリアへC3として拡がったことが判る。

本土日本人でも九州とかで少しC3がいるのは、後の時代で今度は本当に
南下した渡来人の影響だろう。
ちなみに日本に地理的には近い朝鮮半島人には、
C系統が日本人よりも多いが、C1はなく北方系のC3のみとなる。


432 :出土地不明:2008/06/22(日) 00:56:30 ID:UHwK3R1G
>>431
>日本に地理的には近い朝鮮半島人には、
>C系統が日本人よりも多いが、C1はなく北方系のC3のみとなる。

良かった。日本人に固有のC1が朝鮮人にないということは嬉しい事実だ。

433 :出土地不明:2008/06/22(日) 01:51:19 ID:nWk4ahQt
>>431
まあその原油帝国主義というか石油原理主義というか、産油国でもないのに
日本人がみんなそれに同調してるのは何なんだろうねあれは。
とにかく強そうな奴に尻尾振っとこうとか、とりあえず日本人叩いときゃ頭撫でて貰えんだろとか
韓国人に特有の習性だと思ってたけど最近じゃ日本の若者がみんなそうなんだよね。
昔の日本人からは考えられない話だけど、遺伝子が国境を越えて拡散してるというか。

434 :出土地不明:2008/06/22(日) 01:58:16 ID:ZIDtaLdJ
>>430-431
それはあくまで今現時点で存在する因子とその頻度での判断であって、
時間的変化までは分からないだろ。

消滅や変化さえよく分からない。

そこがYやmtが精度的に当てにならない点なのだよ。

だから他の遺伝子指標と抱き合わせで見ないと信憑性は極めて薄いがね。

435 :出土地不明:2008/06/22(日) 02:11:42 ID:7RwllYBK
だから、民族血統のグループ分けと時系列移動は
基地外中共が金玉握ってんだよ。運良く土の中に保存され
てても連中がマトモナDNA情報晒すことは、まだ無い。

436 :出土地不明:2008/06/22(日) 03:04:17 ID:ZIDtaLdJ
だから石器や土器を見てた方が1万倍ましってこった。

たとえ情報開示したとしても石器や土器の精度にははるかに
及ばないがね。

437 :出土地不明:2008/06/22(日) 16:07:00 ID:ZIDtaLdJ
今日も、この↓江南サギ台湾ベトナム顔土人を嬲って楽しもうぜwwww




>古代シナ大陸南部に栄えた『呉』は、倭人(越人)の国であり、呉人は
>人種的・文化的には日本人と同系であった。しかし、だからといって
>我々日本人は、「呉人は日本人だった」とか、「呉を建国したのは
>日本人だった」とは言わない。呉人が倭人系民族だったとしても、
>日本列島の倭人とは、民族(政治的グループ)が異なるからだ。
>『呉』という国は、日本列島の倭人が建国したわけではないし、
>歴史上、日本列島の倭人がシナ南部の倭人を支配下においたことは
>一度もない。日本列島の倭人とシナ南部の倭人は、民族が別である。




438 :出土地不明:2008/06/22(日) 16:07:40 ID:ZIDtaLdJ

●戰國時代陶質編鐘在呉文化發源地無錫出土


新華網江蘇頻道南京4月16日電 (高幼元) 日前,在無錫市錫山區泰伯文化
藝術節上,一批最近出土的戰國時代陶質編鐘等古樂器向中外遊客展示。
這批距今2000多年?青銅器的樂器中,最令人驚嘆的是,經修復後最大的編鐘,
高30多公分,造型十分精致。

展示會上,錫山區文管會同志介紹?,這裏是呉文化發源地。這批新出土的文物,
除編鐘、鐃、磬等樂器類陶器30餘件外,還有經修復的缸、罐、壇、鼎等各種
陶器共五十多件。這些原始瓷或印紋硬釉陶器,紋飾繁多。有乳釘紋、水波紋、
方格紋、圓圈紋等。經考古專家初?鑒定,數量之多,品種之全,工藝之精,
在全國罕見。

439 :出土地不明:2008/06/22(日) 16:08:25 ID:ZIDtaLdJ
這批珍貴的出土文物是當地村民發現的。今年2月19日,錫山區後宅鎮天仙
塘萬安橋村村民鄒曉峰和鄒春鋒,帶著20多件陶器,向區文管會報告,村裏
一個大土?上發現了“古董”。工作人員認出是極有價?的陶制編鐘。第二
天即?到現場。這個大土?是五年前,鎮上築新路取土用的,當時就有部分
古陶器被?出,村民見是陶土做的,沒在意。而這次錫山區考古人員卻十分
在意,“掘地三尺”,出土的陶片、陶器用1噸半?車裝了滿滿一車。隨後,
他們邊向上級部門報告,邊請專家來修復,並對來報告的兩村民給予了獎勵。

後宅鎮往南數公里的鴻聲鎮,正在發掘的彭祖?文化遺址,已有一大批距今
6000年至7000年的新石器時代文物初露真容。據南京博物院考古學家介紹,
彭祖?是長江三角洲文化層次堆積最厚、包含物最多、保存最好的一處?史文化
遺址,是當代研究太湖流域人類文明發展史最好的?史資料。該鎮的鴻山南麓有
一座被譽為“開發江南先祖”泰伯之墓,距今已有3196年?史。現在,後宅鎮又
新出土的2000年前的古編鐘,作為陶樂器隨葬品,非一般人可用,是墓主人身?
顯赫?還是當時這塊地主是個文化“繁榮”勝地?這還需專家來解謎。
http://big5.xinhuanet.com/gate/big5/www.js.xinhua.org/htm4/2041622.htm

440 :出土地不明:2008/06/22(日) 16:09:45 ID:ZIDtaLdJ
>陶質編鐘等古樂器向中外遊客展示
>鐃、磬等樂器類陶器30餘件外,還有經修復的缸、罐、壇、鼎等
>各種陶器共五十多件。這些原始瓷或印紋硬釉陶器,紋飾繁多。
>有乳釘紋、水波紋、方格紋、圓圈紋等。


編鐘?????鐃?????磬?????缸?????壇?????
鼎?????原始瓷?????印紋硬釉陶?????乳釘紋?????
水波紋?????方格紋?????圓圈紋?????


いやあ、弥生時代の江南の江蘇省無錫の呉の遺址からは日本の弥生遺構では
さーっぱり見た事がない摩訶不思議な物や文様が出るんですねえ(ゲラゲラ嘲笑)



441 :出土地不明:2008/06/23(月) 11:01:01 ID:lD7tDnh4

いやあ、弥生時代の沿岸州の遺構はさーっぱり見た事がないですねえ(ゲラゲラ嘲笑)


442 :出土地不明:2008/06/23(月) 21:15:58 ID:vzIhdsGB
今日も、この↓江南サギ台湾ベトナム顔土人を嬲って楽しもうぜwwww




>古代シナ大陸南部に栄えた『呉』は、倭人(越人)の国であり、呉人は
>人種的・文化的には日本人と同系であった。しかし、だからといって
>我々日本人は、「呉人は日本人だった」とか、「呉を建国したのは
>日本人だった」とは言わない。呉人が倭人系民族だったとしても、
>日本列島の倭人とは、民族(政治的グループ)が異なるからだ。
>『呉』という国は、日本列島の倭人が建国したわけではないし、
>歴史上、日本列島の倭人がシナ南部の倭人を支配下においたことは
>一度もない。日本列島の倭人とシナ南部の倭人は、民族が別である。





443 :出土地不明:2008/06/23(月) 21:16:26 ID:vzIhdsGB

●戰國時代陶質編鐘在呉文化發源地無錫出土


新華網江蘇頻道南京4月16日電 (高幼元) 日前,在無錫市錫山區泰伯文化
藝術節上,一批最近出土的戰國時代陶質編鐘等古樂器向中外遊客展示。
這批距今2000多年?青銅器的樂器中,最令人驚嘆的是,經修復後最大的編鐘,
高30多公分,造型十分精致。

展示會上,錫山區文管會同志介紹?,這裏是呉文化發源地。這批新出土的文物,
除編鐘、鐃、磬等樂器類陶器30餘件外,還有經修復的缸、罐、壇、鼎等各種
陶器共五十多件。這些原始瓷或印紋硬釉陶器,紋飾繁多。有乳釘紋、水波紋、
方格紋、圓圈紋等。經考古專家初?鑒定,數量之多,品種之全,工藝之精,
在全國罕見。

444 :出土地不明:2008/06/23(月) 21:16:56 ID:vzIhdsGB
這批珍貴的出土文物是當地村民發現的。今年2月19日,錫山區後宅鎮天仙
塘萬安橋村村民鄒曉峰和鄒春鋒,帶著20多件陶器,向區文管會報告,村裏
一個大土?上發現了“古董”。工作人員認出是極有價?的陶制編鐘。第二
天即?到現場。這個大土?是五年前,鎮上築新路取土用的,當時就有部分
古陶器被?出,村民見是陶土做的,沒在意。而這次錫山區考古人員卻十分
在意,“掘地三尺”,出土的陶片、陶器用1噸半?車裝了滿滿一車。隨後,
他們邊向上級部門報告,邊請專家來修復,並對來報告的兩村民給予了獎勵。

後宅鎮往南數公里的鴻聲鎮,正在發掘的彭祖?文化遺址,已有一大批距今
6000年至7000年的新石器時代文物初露真容。據南京博物院考古學家介紹,
彭祖?是長江三角洲文化層次堆積最厚、包含物最多、保存最好的一處?史文化
遺址,是當代研究太湖流域人類文明發展史最好的?史資料。該鎮的鴻山南麓有
一座被譽為“開發江南先祖”泰伯之墓,距今已有3196年?史。現在,後宅鎮又
新出土的2000年前的古編鐘,作為陶樂器隨葬品,非一般人可用,是墓主人身?
顯赫?還是當時這塊地主是個文化“繁榮”勝地?這還需專家來解謎。
http://big5.xinhuanet.com/gate/big5/www.js.xinhua.org/htm4/2041622.htm

445 :出土地不明:2008/06/23(月) 21:18:21 ID:vzIhdsGB
>陶質編鐘等古樂器向中外遊客展示
>鐃、磬等樂器類陶器30餘件外,還有經修復的缸、罐、壇、鼎等
>各種陶器共五十多件。這些原始瓷或印紋硬釉陶器,紋飾繁多。
>有乳釘紋、水波紋、方格紋、圓圈紋等。


編鐘?????鐃?????磬?????缸?????壇?????
鼎?????原始瓷?????印紋硬釉陶?????乳釘紋?????
水波紋?????方格紋?????圓圈紋?????


いやあ、弥生時代の江南の江蘇省無錫の呉の遺址からは日本の弥生遺構では
さーっぱり見た事がない摩訶不思議な物や文様が出るんですねえ(ゲラゲラ嘲笑)(ゲラゲラ嘲笑)



446 :出土地不明:2008/06/24(火) 08:29:53 ID:0USYjPLd
>>432
C1もYAP+も日本人にはあり、朝鮮人にはない。
良い、良い、良いことだ。

447 :出土地不明:2008/06/24(火) 11:26:40 ID:xrhN4iL4
ゲラゲラ人よ何か人生で嫌な事でも有ったのか、
ナイフ買う前に親の事、家族の事を思い出せよ、お前も頑張れば
きっと言い人生が待ってるから、早まるなよ天の声より。

448 :出土地不明:2008/06/24(火) 13:44:10 ID:FoBKGVSA
元々日本列島(北海道・沖縄を除く)には日本原住民だけが住んでいた。
そこへ1世紀初頭にレプチャ民族がシッキムから逃げ台湾・沖縄を移動して日向(当時は鹿児島も含む)へやって来た。
そこでレプチャ民族と日本原住民が交わり今で言う大和民族が誕生した。
従って、本来大和民族は日向民族と呼ぶべきである。
んでもって九州の日本原住民である熊襲征伐とかあったりして
西日本で日向民族が多数派となったある日、
朝鮮半島経由で騎馬民族化したイスラエルのガド族が渡ってきて、
暫らく君主の座に付いていたが、或る時日向民族の反乱が起こり、君主の座を剥奪された。
日向民族はガド族を東へ追った。東へ追われたガド族は東北の日本原住民、蝦夷(エミシ)と交流した。
東北にイスラエル的な風俗があるのはそのためである。
さらに日向民族はまだ生き残っていた熊襲や、各地の日本原住民を殺しまくった。
これを生き延びて山へ逃げたのが山海(サンカ)である。
そしてその後東北の日本原住民も同じようにし、
日本の主流は日向大和民族となった。

という電波はいかがでございましょう。

449 :出土地不明:2008/06/25(水) 20:31:41 ID:xq8YluWo

●鴻山越國貴族墓地發掘情況介紹

鴻山越國貴族墓地位江蘇無錫鴻山鎮東部,該區保存大小規模土?近百座。南京博物院考古研究所及
錫山區文物管理委員會組成聯合考古隊,於2003年4月至2004年12月期間,對該範圍?土?進行搶救性
發掘。

是次發掘7座墓葬,出土共計2000餘件隨葬器物,其中丘承?就出土1100餘件精美成套的青瓷禮器、
樂器和玉器。 根據墓葬的封土規模、墓葬結構和隨葬器物的種類、質地、組合關係,7座墓葬可以
分為5個等級:

450 :出土地不明:2008/06/25(水) 20:34:36 ID:xq8YluWo
第一級別為丘承?,該墓封土為長方形覆斗?,是墓地中唯一的深坑墓,墓坑平面為「中」字形,
並有壁龕;隨葬品中青瓷禮器數量?多,器類齊全;青瓷樂器既有中原式的鈕、甬鍾、磬,
亦有越式的ロ于、丁寧、鐸、勾、鈴形器、具座,還有以往從未確認的缶;玉器中,既有葬玉、
劍飾,亦有佩玉,而成雙成對的龍形佩、雙龍佩、龍鳳佩、龍首?、龍形?等組成的佩玉,
當為春秋戰國時期最高等級的佩飾;此外還隨葬琉璃釉盤蛇玲瓏球形器等象?特殊意義的器物;
第二級別為老虎?,該墓封土亦為長方形覆斗?,埋葬方式為平地鋪木,隨葬器物中除生活用品外,
還包括成組的原始青瓷樂器和硬陶禮器、樂器;第三級別為萬家墳,與老虎?的封土規模和平地
鋪木的葬制相同,然隨葬品中僅有成組的硬陶禮器、樂器而不見原始青瓷樂器;第四級別為曹家墳、
杜家墳,為長方形覆斗?封土;第五級別為老墳?、鄒家?。這4座墓葬均無成組樂器隨葬,為長圓形
饅首?封土。

451 :出土地不明:2008/06/25(水) 20:34:57 ID:xq8YluWo
鴻山貴族墓葬的特?大致可歸納為以下幾點:
1. 長方形覆斗?或長圓形封土;
2. 除特大型墓葬為深坑墓外,皆為平地起封;
3. 除特大型墓葬為「中」字形外,其餘皆為長條形墓葬,大型的還有?木或分室用的木板等用於
構築墓室;
4. 隨葬器物主要為原始青瓷器和硬陶器;
5. 特大型墓葬的隨葬品中有組玉;
6. 隨葬器物中常見原始青瓷或硬陶的勾、ロ于、丁寧、鐸、羊角器、璧、鈴形器以及越式鼎、
筒形、?、器蓋等;
7. 高等級的器物紋樣中常見蛇。而以蛇為器物紋樣也是越人圖騰崇拜的體現。

452 :出土地不明:2008/06/25(水) 20:35:17 ID:xq8YluWo
這些特?中多為越國墓葬獨有,其中墓葬形制和隨葬品的質地、器形、器類與浙江紹興印山越王墓
以及安吉、海鹽、長興等地的越國貴族墓葬相同,尤其明顯的是均隨葬陶、瓷禮器和樂器,如ロ于、
丁寧、勾、?、甬鍾、磬、鈴形器、缶、具座、羊角器、璧以及越式鼎、筒形、?、器蓋等;
根據墓葬的規模、形制和在墓地中的位置,以及隨葬器物的數量、種類和等級推測,鴻山貴族墓地
中丘承?墓主的等級應為僅次於越王的越國大夫,此墓主室和後室總長僅次於紹興印山越王墓,
遠高於其他中小型越國貴族墓,而出土的隨葬器物則是目前已發掘的越國墓葬中等級最高、
質地最好且器類最為齊全的。

7座墓葬的隨葬品中,皆有完全相同器物,如壇、、碗、?、器蓋等,其年代應相同;而大型或
中型墓葬中則有造型相同的鍾、?、磬、鈴形器、璧、羊角形器等,其年代亦應相同;而從印紋硬陶
和原始青瓷基本生活用品的形態、僅見麻布紋和米字紋等紋飾以及器物的組合關係,根據長江下游
土?墓的分期,其年代應為戰國早期;出土玉器中,儘管有少量紋飾保留春秋?期特?,而?大多數玉器
的造型和紋飾都呈現戰國早期的特?。因此鴻山越國貴族墓地的年代可定為戰國早期,即越國最強盛的
越王勾踐時期。

453 :出土地不明:2008/06/25(水) 20:35:44 ID:xq8YluWo
鴻山越國貴族墓地中,丘承?位於墓地的西北角,而其他大、中、小型墓葬則圍繞在丘承?的東南呈
扇形分布,墓葬與墓葬之間既有一定的分布規律,又存在著嚴格的等級差別,為是次考古發掘最重要的
收穫之一;丘承?墓為目前僅次於紹興印山越王墓的越國第二大墓,而丘承?出土的大批精美成套的玉器、
青瓷禮器和樂器,應為迄今為止江浙一帶所發現的最高等級的越國隨葬器物,同樣為是次考古發掘最重要的
收穫之一。其墓地的完整性和禮器、樂器組合的完整性,尤其是越國的禮樂文化中將中原系統和諧地融入
越系統中,為越國史的研究和解決一系列春秋戰國時期的重要學術課題提供了一批極為珍貴的實物資料,
對於越文化乃至百越民族史的研究和越國考古學的研究將起著積極的推動作用。
http://www.cuhk.edu.hk/ics/ccaa/talk9.htm

454 :出土地不明:2008/06/25(水) 20:38:02 ID:xq8YluWo


いやあ、弥生時代の江南の江蘇省無錫の越の土トン墓からは、

楽器やら、玉器やら、酒器やら、原始青磁やら、印紋硬陶やら、鈕やら、
甬鍾やら、磬やら、ロ于やら、丁寧やら、勾やら、鈴形器やら、具座やら、
佩玉やら、龍形佩やら、雙龍佩やら、龍鳳佩やら、龍首?やら、龍形?やら、
琉璃釉盤やら、蛇玲瓏球形器やら、羊角器やら、璧やら、越式鼎やら、
筒形やら、?やら、器蓋やら、?やら、

もうさーっぱり見た事も聞いた事もない代物まで、もうありとあらゆる
摩訶不思議な物や文様が、出るわ、出るわ、出るわ、出るわ・・・

何でこんなイイモン、日本の弥生遺構からさっぱり出んのやろ?(ゲラゲラ嘲笑)



455 :出土地不明:2008/06/25(水) 21:51:00 ID:xOSpYX4B
>>454を無視して
縄文人は周知の通りブリヤート民族。ちなみにこれの生き残りの純粋日本人が山海(サンカ)。
これにミャオ民族が交わって形成されたのが大和民族。
いや、朝鮮民族か。
いや、琉球民族か。
いや、レプチャ民族か。

456 :出土地不明:2008/06/25(水) 23:23:47 ID:EEHnGU7t
ツンギーデのブリアートが縄文人な訳がないだろが。

ツンギーデというのはな、総じて扁平な顔面で鼻骨が低く、
狭い眼裂で一重まぶたが多い人種でむしろ弥生人骨そのものの
形質だろが。

それに弥生期に苗族がやって来ておいてだ、何で弥生期に長江や
華中華南の文物が一切伝わっていないのかね?

苗族だけが長江江南の文物文化に浴していないとは絶対に言わせんぞ。

苗族がやって来たなら敵の『龍』だって弥生期に伝わってしまう。

いいか、伝わっているんだよ。伝わっているの。

弥生開始と同時に新しい器形と新しい文様と新しい焼成法を持った大陸の新型土器が。

ところがそこには三足やラッパ型や楽器を模した長江江南の土器文化の
器形がさっぱり見当たらず、スタンプ方式で器面全体に装飾される幾何印文と
呼ばれる長江江南の土器文化の幾何学文様がさっぱり見当たらない。

というか、華北も含めた中国大陸全体の土器文化とは器形も文様も
全く系統の異なる大陸の新型土器が伝わってしまっている訳だよ。

しかも、弥生開始時の朝鮮無文土器とは器形は近いが文様など
が一致せず、あまり似てはいない。

中国でも朝鮮でもなければ、どこだと言うのかね?

答えはもう一つしかない。

457 :出土地不明:2008/06/26(木) 03:45:06 ID:2F6bsvui
>>456
とりあえずコピペ荒らしは止めてくれ

458 :出土地不明:2008/06/28(土) 01:54:48 ID:SkQLDvWC
>368
> 小笠原あたりにも縄文遺跡とかあるよね?
> 縄文人は南方に遊びに行ってたのか?

遊びに行ったんじゃなくて
「食料」を求めて行ったのでは?

小笠原諸島と本州島の間の移動機械はどうしたって?

何も2000年の時点の価値に固執する必要は無い
最終氷期
ttp://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9C%80%E7%B5%82%E6%B0%B7%E6%9C%9F
ttp://en.wikipedia.org/wiki/Last_glacial_period

木造船(丸木船)による移住も存在しただろうけど補助的なものだったんだろう。

推定をつければ証拠の発見にもつながる

小笠原諸島の周辺地図(海底部分付)
ttp://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/d/d7/Map_of_ogasawara_islands_ja.png

移動方法の傍証には
沖縄が参考になる
ttp://www.ocvb.or.jp/card/ja/0000900374.html
ttp://www.kersol.net/magazine/vol17/24
>西表島と由布島をつなぐ海は、満潮時でも膝丈ぐらいなので、歩いて渡ることもできますが、
>やっぱり由布島へは、情緒あふれる水牛車にゆらて渡ること

1日2日で[小笠原][本州]が遮断されたんじゃなく
年単位の時間をかけてゆるやかに海水没したのであろう。(渡航が「出来たり」「出来ない」を繰り返し、「出来ない」時代の方が優勢になっていった)
海水没した後(気象学の知識が必要だが)は船舶(木造船(丸木舟→櫂船帆船))によって移動が行われた(しかし、あくまで補助的であって数字(血液数、人間の数)を大きく変えるほどではない)。

氷河期説(1万3000年前近辺)の方が説明がつく(「血液」「石器」といった物的証拠も氷河期説を支持している)

氷河期説なら発掘に凄く手間(物証の数を出そうとすると深く穴を掘る必要がある)が掛かることも納得がいく。

氷河期なら場所はどこだ?日本の周辺の地図を見ればシベリアに行き着く(中国南方は暖流が流れ込み海水が凍結しにくい、半島周辺の海水も凍結しにくい、凍結するなら「寒いほう」)。
(「シベリアと主張するなら食料はどうした」という方々にも証拠を出すべきだが(生物学の知識が要るから少し待ってもらいたい))

話が長くなるから続きはまた今度。


459 :出土地不明:2008/06/28(土) 02:04:38 ID:SkQLDvWC
誰か補助してくれ
頭脳がオーバーヒートしてきた

書き込む前に使っているネタ元を教えるから誰か発展させて。

誰か補助してくれ
頭脳がオーバーヒートしてきた

Japan Meteorological Agency気象庁
ttp://www.data.kishou.go.jp/kaiyou/db/kaikyo/knowledge/sopqHP.html
Ice-age
ttp://en.wikipedia.org/wiki/Ice_age

---/a---
中国
http://academy6.2ch.net/china/
台湾
http://academy6.2ch.net/taiwan/
---a/---

/a,,a/から使えそうなリンクを拾い

---/b---
台湾血液型グラフ Taiwan blood type
ttp://www.blood.org.tw/index.php?action=english&id=130
血液型関連のデータバンク blood data bank
ttp://www.human-abo.org/databank/worldmap.html
---b/---
を見つけ出し、
日本人の数字(O型は何パーセント、混血結婚の際の「消滅率〜」は「継承率〜」は、新生児の生存率は)と付き合わせるってのが俺の使っている手段。

頭が混乱してきたから
寝る

460 :出土地不明:2008/06/28(土) 17:05:58 ID:yMagu+UA
今日も酒の肴に、この↓江南サギ台湾ベトナム顔土人を嬲って楽しもうぜwwww




>古代シナ大陸南部に栄えた『呉』は、倭人(越人)の国であり、呉人は
>人種的・文化的には日本人と同系であった。しかし、だからといって
>我々日本人は、「呉人は日本人だった」とか、「呉を建国したのは
>日本人だった」とは言わない。呉人が倭人系民族だったとしても、
>日本列島の倭人とは、民族(政治的グループ)が異なるからだ。
>『呉』という国は、日本列島の倭人が建国したわけではないし、
>歴史上、日本列島の倭人がシナ南部の倭人を支配下においたことは
>一度もない。日本列島の倭人とシナ南部の倭人は、民族が別である。





461 :出土地不明:2008/06/28(土) 17:06:37 ID:yMagu+UA

●戰國時代陶質編鐘在呉文化發源地無錫出土


新華網江蘇頻道南京4月16日電 (高幼元) 日前,在無錫市錫山區泰伯文化
藝術節上,一批最近出土的戰國時代陶質編鐘等古樂器向中外遊客展示。
這批距今2000多年?青銅器的樂器中,最令人驚嘆的是,經修復後最大的編鐘,
高30多公分,造型十分精致。

展示會上,錫山區文管會同志介紹?,這裏是呉文化發源地。這批新出土的文物,
除編鐘、鐃、磬等樂器類陶器30餘件外,還有經修復的缸、罐、壇、鼎等各種
陶器共五十多件。這些原始瓷或印紋硬釉陶器,紋飾繁多。有乳釘紋、水波紋、
方格紋、圓圈紋等。經考古專家初?鑒定,數量之多,品種之全,工藝之精,
在全國罕見。

462 :出土地不明:2008/06/28(土) 17:06:57 ID:yMagu+UA
這批珍貴的出土文物是當地村民發現的。今年2月19日,錫山區後宅鎮天仙
塘萬安橋村村民鄒曉峰和鄒春鋒,帶著20多件陶器,向區文管會報告,村裏
一個大土?上發現了“古董”。工作人員認出是極有價?的陶制編鐘。第二
天即?到現場。這個大土?是五年前,鎮上築新路取土用的,當時就有部分
古陶器被?出,村民見是陶土做的,沒在意。而這次錫山區考古人員卻十分
在意,“掘地三尺”,出土的陶片、陶器用1噸半?車裝了滿滿一車。隨後,
他們邊向上級部門報告,邊請專家來修復,並對來報告的兩村民給予了獎勵。

後宅鎮往南數公里的鴻聲鎮,正在發掘的彭祖?文化遺址,已有一大批距今
6000年至7000年的新石器時代文物初露真容。據南京博物院考古學家介紹,
彭祖?是長江三角洲文化層次堆積最厚、包含物最多、保存最好的一處?史文化
遺址,是當代研究太湖流域人類文明發展史最好的?史資料。該鎮的鴻山南麓有
一座被譽為“開發江南先祖”泰伯之墓,距今已有3196年?史。現在,後宅鎮又
新出土的2000年前的古編鐘,作為陶樂器隨葬品,非一般人可用,是墓主人身?
顯赫?還是當時這塊地主是個文化“繁榮”勝地?這還需專家來解謎。
http://big5.xinhuanet.com/gate/big5/www.js.xinhua.org/htm4/2041622.htm

463 :出土地不明:2008/06/28(土) 17:07:32 ID:yMagu+UA
>陶質編鐘等古樂器向中外遊客展示
>鐃、磬等樂器類陶器30餘件外,還有經修復的缸、罐、壇、鼎等
>各種陶器共五十多件。這些原始瓷或印紋硬釉陶器,紋飾繁多。
>有乳釘紋、水波紋、方格紋、圓圈紋等。


編鐘?????鐃?????磬?????缸?????壇?????
鼎?????原始瓷?????印紋硬釉陶?????乳釘紋?????
水波紋?????方格紋?????圓圈紋?????


いやあ、弥生時代の江南の江蘇省無錫の呉の遺址からは日本の弥生遺構では
さーっぱり見た事がない摩訶不思議な物や文様が出るんですねえ(ゲラゲラ嘲笑)(ゲラゲラ嘲笑)



464 :出土地不明:2008/06/28(土) 20:44:48 ID:1WMxv/gA
いい加減にしてよソ
コピペ厨ども。

真面目な板じゃないのか?

誹謗中傷より、客観的に学説を分析しなさいよソ



465 :出土地不明:2008/06/29(日) 10:04:12 ID:6hVfT4p2

創価が攻めてくる

466 :出土地不明:2008/06/29(日) 23:40:15 ID:A63VKq2u
>461-463
の内容には関知しない。

けど、文法や単語からして日本語と違うことは明らか。

となると中国大陸ではない。
船では成功率が低く、人口の説明がつかない。
ならば、結論は日本の北方になる。

けど、政治(日本とロシア)がめんどくさい。

ttp://en.wikipedia.org/wiki/Amur_River

>The Amur River or Heilong Jiang (Russian: река Амур)
>ウクラインカは、北緯51度09分東経128度30分に位置している。最寄の都市は、36 km離れたところにあるスヴォボードヌイである。
>ウクラインカには、ソ連時代より空軍(ソ連空軍・ロシア空軍)の基地が置かれ、第37航空軍第326重爆撃機師団が置かれている。また、航空博物館が基地に併設されている。
---------------
ロシアも知ってて(大和民族の経路)やっているフシ(軍港建設、道路、橋脚)がある。


材料は提供するからあとは個々人が判断して。

http://en.wikipedia.org/wiki/Shilka_River
http://en.wikipedia.org/wiki/Argun_River
http://en.wikipedia.org/wiki/Amur_River
http://en.wikipedia.org/wiki/Amur_Oblast
http://en.wikipedia.org/wiki/Mammoth
http://en.wikipedia.org/wiki/Ice_age
台湾血液型Taiwan Blood Services Foundation
ttp://www.blood.org.tw/index.php?action=english&id=130
血液型関連NPO Human Scisence ABO Center(血液型人間科学研究センター)
ttp://www.human-abo.org/databank/worldmap.html

私の頭脳では上記が限界
(アイマイな自説:やはりシベリア地帯だと思うよ。[言葉]でも[血液型]でも、日本人の肉体(肌の色)や内面(思考)からして。)

投了

467 :出土地不明:2008/06/30(月) 22:17:48 ID:Ssf91+Sb
>>456
>しかも、弥生開始時の朝鮮無文土器とは器形は近いが文様など
>が一致せず、あまり似てはいない。

あまりに漠然としてるねw
弥生開始時は年代で紀元前10世紀で遺跡は菜畑遺跡や板付だ。
半島の比較対照の遺跡とその年代を言ってごらんなさい。

468 :出土地不明:2008/07/01(火) 14:09:17 ID:LXGlTK+5

●鴻山越國貴族墓地發掘情況介紹

鴻山越國貴族墓地位江蘇無錫鴻山鎮東部,該區保存大小規模土?近百座。南京博物院考古研究所及
錫山區文物管理委員會組成聯合考古隊,於2003年4月至2004年12月期間,對該範圍?土?進行搶救性
發掘。

是次發掘7座墓葬,出土共計2000餘件隨葬器物,其中丘承?就出土1100餘件精美成套的青瓷禮器、
樂器和玉器。 根據墓葬的封土規模、墓葬結構和隨葬器物的種類、質地、組合關係,7座墓葬可以
分為5個等級:

469 :出土地不明:2008/07/01(火) 14:10:13 ID:LXGlTK+5
第一級別為丘承?,該墓封土為長方形覆斗?,是墓地中唯一的深坑墓,墓坑平面為「中」字形,
並有壁龕;隨葬品中青瓷禮器數量?多,器類齊全;青瓷樂器既有中原式的鈕、甬鍾、磬,
亦有越式的ロ于、丁寧、鐸、勾、鈴形器、具座,還有以往從未確認的缶;玉器中,既有葬玉、
劍飾,亦有佩玉,而成雙成對的龍形佩、雙龍佩、龍鳳佩、龍首?、龍形?等組成的佩玉,
當為春秋戰國時期最高等級的佩飾;此外還隨葬琉璃釉盤蛇玲瓏球形器等象?特殊意義的器物;
第二級別為老虎?,該墓封土亦為長方形覆斗?,埋葬方式為平地鋪木,隨葬器物中除生活用品外,
還包括成組的原始青瓷樂器和硬陶禮器、樂器;第三級別為萬家墳,與老虎?的封土規模和平地
鋪木的葬制相同,然隨葬品中僅有成組的硬陶禮器、樂器而不見原始青瓷樂器;第四級別為曹家墳、
杜家墳,為長方形覆斗?封土;第五級別為老墳?、鄒家?。這4座墓葬均無成組樂器隨葬,為長圓形
饅首?封土。

470 :出土地不明:2008/07/01(火) 14:11:05 ID:LXGlTK+5
鴻山貴族墓葬的特?大致可歸納為以下幾點:
1. 長方形覆斗?或長圓形封土;
2. 除特大型墓葬為深坑墓外,皆為平地起封;
3. 除特大型墓葬為「中」字形外,其餘皆為長條形墓葬,大型的還有?木或分室用的木板等用於
構築墓室;
4. 隨葬器物主要為原始青瓷器和硬陶器;
5. 特大型墓葬的隨葬品中有組玉;
6. 隨葬器物中常見原始青瓷或硬陶的勾、ロ于、丁寧、鐸、羊角器、璧、鈴形器以及越式鼎、
筒形、?、器蓋等;
7. 高等級的器物紋樣中常見蛇。而以蛇為器物紋樣也是越人圖騰崇拜的體現。

471 :出土地不明:2008/07/01(火) 14:11:54 ID:LXGlTK+5
這些特?中多為越國墓葬獨有,其中墓葬形制和隨葬品的質地、器形、器類與浙江紹興印山越王墓
以及安吉、海鹽、長興等地的越國貴族墓葬相同,尤其明顯的是均隨葬陶、瓷禮器和樂器,如ロ于、
丁寧、勾、?、甬鍾、磬、鈴形器、缶、具座、羊角器、璧以及越式鼎、筒形、?、器蓋等;
根據墓葬的規模、形制和在墓地中的位置,以及隨葬器物的數量、種類和等級推測,鴻山貴族墓地
中丘承?墓主的等級應為僅次於越王的越國大夫,此墓主室和後室總長僅次於紹興印山越王墓,
遠高於其他中小型越國貴族墓,而出土的隨葬器物則是目前已發掘的越國墓葬中等級最高、
質地最好且器類最為齊全的。

7座墓葬的隨葬品中,皆有完全相同器物,如壇、、碗、?、器蓋等,其年代應相同;而大型或
中型墓葬中則有造型相同的鍾、?、磬、鈴形器、璧、羊角形器等,其年代亦應相同;而從印紋硬陶
和原始青瓷基本生活用品的形態、僅見麻布紋和米字紋等紋飾以及器物的組合關係,根據長江下游
土?墓的分期,其年代應為戰國早期;出土玉器中,儘管有少量紋飾保留春秋?期特?,而?大多數玉器
的造型和紋飾都呈現戰國早期的特?。因此鴻山越國貴族墓地的年代可定為戰國早期,即越國最強盛的
越王勾踐時期。

472 :出土地不明:2008/07/01(火) 14:13:28 ID:LXGlTK+5
鴻山越國貴族墓地中,丘承?位於墓地的西北角,而其他大、中、小型墓葬則圍繞在丘承?的東南呈
扇形分布,墓葬與墓葬之間既有一定的分布規律,又存在著嚴格的等級差別,為是次考古發掘最重要的
收穫之一;丘承?墓為目前僅次於紹興印山越王墓的越國第二大墓,而丘承?出土的大批精美成套的玉器、
青瓷禮器和樂器,應為迄今為止江浙一帶所發現的最高等級的越國隨葬器物,同樣為是次考古發掘最重要的
收穫之一。其墓地的完整性和禮器、樂器組合的完整性,尤其是越國的禮樂文化中將中原系統和諧地融入
越系統中,為越國史的研究和解決一系列春秋戰國時期的重要學術課題提供了一批極為珍貴的實物資料,
對於越文化乃至百越民族史的研究和越國考古學的研究將起著積極的推動作用。
http://www.cuhk.edu.hk/ics/ccaa/talk9.htm

473 :出土地不明:2008/07/01(火) 14:16:00 ID:LXGlTK+5


いやあ、弥生時代の江南の江蘇省無錫の越の土トン墓からは、

楽器やら、玉器やら、酒器やら、原始青磁やら、印紋硬陶やら、鈕やら、
甬鍾やら、磬やら、ロ于やら、丁寧やら、勾やら、鈴形器やら、具座やら、
佩玉やら、龍形佩やら、雙龍佩やら、龍鳳佩やら、龍首?やら、龍形?やら、
琉璃釉盤やら、蛇玲瓏球形器やら、羊角器やら、璧やら、越式鼎やら、
筒形やら、?やら、器蓋やら、?やら、

もうさーっぱり見た事も聞いた事もない代物まで、もうありとあらゆる
摩訶不思議な物や文様が、出るわ、出るわ、出るわ、出るわ・・・

何でこんなイイモン、日本の弥生遺構から出んのやろ?(ゲラゲラ嘲笑)



474 :出土地不明:2008/07/01(火) 15:40:11 ID:+N7JYbKy
(begin)
日本人の移動経路調べていたら
手間が大変なことになるって気付いた。

たくさんの学問を投入する必要がある。

[言語学]、[血液学]、[海洋学]、[気象学]、[地質学]、
[アインシュタイン物理学]、[船舶工学]、[漢文学]、[ロシア関連の学問],,[花粉学]、、[動物学]
さらに、政治軍事が絡むから[軍事板(2ch)][政治-外交]にも出張する必要がある。
そして、時代がとても古いから[土木工学]の協力も必要。
さらに、日本は周辺国(中露(+半島))と一通りもめているから誤差異物(長江に工場(工場には水が必要だから)が存在、アムール川にはロシアが唾(基地建設)をつけている。)に関する知識が必要。
もう、十分ややこしいのに、産業革命、温暖化の影響で史料が劣化風化、史料が移動し始めている。

奥が深すぎる。
中学生(15年)の知識じゃ無理。
例えば、南極の氷から数字を読み取る必要があるが
/a
ttp://tgr.geophys.tohoku.ac.jp/index.php?option=com_content&task=view&id=26&Itemid=44
a/
aだけでも十分疲労するのに、aだけじゃあ、信憑性が低いから他の史料を引っ張り出す必要が
日本国気象庁の統計Japan Meteorological Agency
Ocean current
ttp://www.data.kishou.go.jp/kaiyou/db/kaikyo/dbindex.html

そして、証拠を増やすために語学を調べて、血液型を調べて、船舶による移動の成功率の数字を計算して(以下略)
長すぎ・orz・!!・グフォア・。。

過程が長くなりすぎて、文字を入力しきれない。
1人じゃ手に負えない。キリが無いから書きかけを投稿して終える。

(end)

475 :出土地不明:2008/07/01(火) 16:08:27 ID:+N7JYbKy
考古学という枠じゃなく、

・理系の学部の知識
・文系の学部の知識

両方を全部投入しないと、[信頼のある証拠]を組み立てられない。

2chに書き込むどころか、これじゃあ、大学の論文並みの手間が掛かる。

俺の頭脳じゃあ、無理。

手がかりは提供するからあとは誰かがチームを組んで文章にしてくれ。


とにかく言いたいことは、[1人じゃ無理!!]

下記は整理前の下書きの材料(公開するから誰か発展させてくれ)

NOAA:National Oceanic and Atmospheric Administration米国海洋大気庁
ttp://www.ncdc.noaa.gov/paleo/icecore/antarctica/vostok/vostok_data.html
Japan Meteorological Agency日本国気象庁
ttp://www.jma.go.jp/jma/indexe.html
Trace Gas Research Group - Center for Atmospheric and Oceanic Studies,,Tohoku University東北大学
ttp://caos-a.geophys.tohoku.ac.jp/bujunkan/
Hokkaido University北海道大学
ttp://www.hokudai.ac.jp/
University of Tokyo東京大学
ttp://www.u-tokyo.ac.jp/index_j.html
National Astronomical Observatory of Japan(NAOJ),,Science List of centuries理科年表
ttp://www.rikanenpyo.jp/
Theory_of_relativity相対性理論
ttp://en.wikipedia.org/wiki/Theory_of_relativity

疲れた

476 :出土地不明:2008/07/01(火) 16:25:30 ID:+N7JYbKy
---/Weather---
NINS,,National Astronomical Observatory of Japan
ttp://www.nao.ac.jp/
Ice age
ttp://en.wikipedia.org/wiki/Ice_age
Little_Ice_Age
ttp://en.wikipedia.org/wiki/Little_Ice_Age
Global_warming
http://en.wikipedia.org/wiki/Global_warming
---Weather/---

---/Blood---
NPO Human science ABO center
ttp://www.human-abo.org/databank/japanmap.html
ttp://www.human-abo.org/english/index.html
Taiwan Blood Services Foundation
ttp://www.blood.org.tw/index.php?action=english&id=130
---Blood/---

---/water---
http://en.wikipedia.org/wiki/Amur_River
http://en.wikipedia.org/wiki/Strait_of_Tartary
http://en.wikipedia.org/wiki/Yangtze_River
---water/---
頭脳がオーバーヒートしたから
今日はもう寝る。

477 :出土地不明:2008/07/01(火) 19:40:13 ID:Pl1wOZWQ
>>473
ただのコピペ馬鹿だなw
 
で 比較対照の半島の年代と遺跡は?

478 :出土地不明:2008/07/01(火) 21:45:25 ID:MJ1OcIPt
>>466
>私の頭脳では上記が限界
>(アイマイな自説:やはりシベリア地帯だと思うよ。[言葉]でも[血液型]でも、日本人の肉体(肌の色)や内面(思考)からして。)

血液型についていえば、内陸のシベリアは日本と著しく異なる。
この面に関しては、中国北部(華北・満州)・朝鮮半島・モンゴルも全然違う。
この辺は単純に、寒地適応している新モンゴロイド系が多い→B・AB型が多いってことだと思う。

ただ、シベリアでも厳寒よりはマシな沿岸部(カムチャッカ半島とか、特に最東端のチュコト)は
日本人と同様にA型頻度が高く、場所的にも当然関連あるだろう。

では「主に」どちらがルーツでどちらが移住先かとか、その影響度とかが問題だな。
以前俺が思っていたのが、縄文系のルーツがシベリア沿岸系の古モンゴロイド系と思っていた。
北海道−樺太−シベリアは、広いとか深い海峡が全く無く、また北方にあるためちょっとした氷河期でも
陸続きになるから、新モンゴロイド化する前のシベリアから縄文人の祖先が南下したのだと。

最近の遺伝学の発展でわかってきた系統の知識によると、これはたぶん逆で、
太古(非常に古い時代)に、 (アフリカ→ユーラシア南縁→)日本列島→シベリア(→アメリカ大陸)
と人類がひろがったことは確からしい。
シベリアの特に内陸やアメリカ大陸にはヨーロッパの北の方からひろがった系統もいるが、
これは日本人にはあまり入っていないらしい。あえて細かく言えば、
B型頻度・酒豪遺伝子比率などが全国最多の秋田周辺(近くの津軽に十三湊がある)には、
後世に少し入ったかもしれない。


479 :出土地不明:2008/07/02(水) 11:45:38 ID:2E5Ge5xy
>どちらがルーツでどちらが移住先

ここを抜きにすれば

>縄文系のルーツがシベリア沿岸系の古モンゴロイド系と思っていた。

これは充分ありうる。
石器時代の縄文人は北方大陸系で
稲作は南方から、というのは一応定説といって良いのかな?

問題は水稲稲作、弥生時代の
人の移動がどの地域からどの程度なのか?

石器類を見ると揚子江下流から南鮮・北九州。
金属器だと半島を越えて北九州。

当然、先に日本へついて半島へ渡った物もあっただろうし。



480 :月光仮面:2008/07/02(水) 12:07:24 ID:rwwwwEdE
mtDNA移住図
http://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/3/37/Map-of-human-migrations.jpg
YDNA移住図
http://www.kerchner.com/images/dna/ydna_migrationmap_(FTDNA2006).jpg
これは男女遺伝子であるが、基本的には整合されなくてはいけない。とくに下図のDは誤り。
上図を基本に考えるべきだ。参考→ http://www.bradshawfoundation.com/journey/
日本人はアイヌがカムチャッカのチュクチ、コリャクと縁のある人種、本州人、朝鮮人には
夏家店上層文化系が多く、琉球人にはカラスク文化系が、それぞれ古層の上に広がっている。


481 :月光仮面:2008/07/02(水) 12:15:51 ID:rwwwwEdE
注目すべきは南米アマゾン・モホス文明を築いたのが日本人の形質と遺伝子を持ち、豹狩り、青銅ディスク
等、貊に似た習慣を持っていることと、アリューシャンに見れれる口の中に装飾物を入れる習慣を持つことだ。

482 :月光仮面:2008/07/02(水) 12:20:10 ID:rwwwwEdE
モホス文明の首長の棺は隼人紋(九州とアイヌに残る)で覆われているが、神武の頃を髣髴させる。

483 :月光仮面:2008/07/02(水) 12:40:37 ID:rwwwwEdE
上記のYDNAについて、日本では宝来、埴原、尾本先生等の研究があるが、アイヌにYAP+があることを
強調しすぎるあまり、すっきりしていないが、
Mitochondrial Genome Variation in Eastern Asia and the Peopling of Japan
Masashi Tanaka1,15, Vicente M. Cabrera2, Ana M. Gonza'lez2, Jose' M. Larruga2, Takeshi Takeyasu1,3, Noriyuki Fuku1,4, Li-Jun Guo1,3, Raita Hirose1, Yasunori Fujita1, Miyuki Kurata1, Ken-ichi Shinoda5,
Kazuo Umetsu6, Yoshiji Yamada7,1, Yoshiharu Oshida3, Yuzo Sato3, Nobutaka Hattori8, Yoshikuni
Mizuno8, Yasumichi Arai10, Nobuyoshi Hirose10, Shigeo Ohta11, Osamu Ogawa9, Yasushi Tanaka9,
Ryuzo Kawamori9, Masayo Shamoto-Nagai1,4,12, Wakako Maruyama12, Hiroshi Shimokata13, Ryota Suzuki14 and Hidetoshi Shimodaira14
http://www.genome.org/cgi/content/full/14/10a/1832#TBL2
これなどが正鵠を得ている。アイヌのYAP+は粛慎のものである可能性が高い。考古学的にも
オホーツク文化領域に岩戸山、飛鳥、突厥に見られるステップの石像文化の痕跡が認められる。


484 :月光仮面:2008/07/02(水) 13:25:39 ID:rwwwwEdE
沖縄に出現するカラスク文化・箱式石棺墓
http://www.hi-ho.ne.jp/mizuno/pics/iseki/momenbarujinkotsu.jpg
沖縄県ジュリ馬
http://w1.nirai.ne.jp/cruz/juriuma.jpg
鹿児島県甑島トシドン
http://www.koshikijima.net/event/tosidon.jpg
男鹿のナマハゲ
http://www.namahage.co.jp/namahagekan/index/tayou/tayou3.jpg
タタールが持ち込んだと見られるポーランド・クラコワの春駒
http://www.chebucto.ns.ca/~aa051/lajkonik-sa.jpg
スイスのナマハゲ
http://www.loetschental.ch/admin/files/uptables/content/maske.jpg
「きがねご、いねが?」イタリア・トリノ北方のスイスの秘境レッチェンタールに)にのこるナマハゲ
(チェッゲッテ)
http://www.maskenkeller.ch/
Was ist eine Tschaggatta?(チェッゲッテとはなんぞや?)
http://www.sagapictures.ch/masken/index.php?option=com_content&task=view&id=7&Itemid=8
スイスの手彫り面は怖いだが、カーニバルはそれだけに格別
http://www.stripes.com/article.asp?section=103&article=27897&archive=true





485 :出土地不明:2008/07/02(水) 13:52:30 ID:42k/7onv
>>480
出アフリカがパレスチナ経由の時点で失格

486 :月光仮面:2008/07/02(水) 15:41:00 ID:rwwwwEdE
mtDNA、YDNAときたのでこの辺で血液型について触れておくが、
http://anthro.palomar.edu/vary/images/map_of_B_blood_in_the_world.gif
(1)現在の日本は血液型で人を区別しようとするところがあり、世界的に例外的存在である。
(2)B型は中央アジアに最も多く、米豪州に少ない。しかし、アフリカにもB型の多いポケット地域がる。
しかし、B型は人類全体ではわずかに16%である。*
(3)A型は、モンタナ州黒足インディアン (30-35%)、豪州原住民(多くは40-53%)、北欧北方ラップ/サアミ
(50-90%)等があるが、飛び飛びである。
(4)O型は通常A及びB型の両方の存在しないことによって起こり、全人類では約63%であるが、中南米
では100%に達し、西欧州のケルト系に多い。東欧と中央アジアはO型が非常に少なく、B型が多い。
(5)Diegoについてはアフリカ、欧州、東インド、豪州原住民、ポリネシア人がマイナスで、唯一プラスである
のは米州原住民(2-46%)、東アジア人(3-12%)であり、この有作為的分布は米州原住民の出自が東アジ
ア人であるという仮説を裏付けている。
(6)人種差別と言うことは生物学的に無意味であり、文化、歴史によるものである。人種は文化が生む
もので生物学的に生まれるものではない。
http://anthro.palomar.edu/vary/vary_3.htm
*これは後期青銅器、初期鉄器時代中央アジアで発生した移動遊牧民、騎馬民族、ひいては、エコノミック
アニマル、偏差値教育至上主義、差別主義によるものではなかろうか。インドを初めとするカースト制度
もこれだ。

487 :月光仮面:2008/07/02(水) 15:44:34 ID:rwwwwEdE
>>485
http://www.bradshawfoundation.com/journey/
これを見ていて一番おもしろいのはパレスチナまで行ったが、躊躇して引き返し、オマーン辺りから
出直すところだ。


488 :月光仮面:2008/07/03(木) 08:51:47 ID:APF+8CIP
>>481-482
モホス首長の棺内は翡翠乃至はトルコ石、しかも、日本なんかにしかない管錐穿孔技術が使用され、
發の世界だが、いわゆる、薬師教にいう瑠璃光浄土を欣求したようであり、朝鮮の發(狛、豹の皮を
生産、交易する)の先祖ではないかという観を深めるものであった。

489 :月光仮面:2008/07/03(木) 09:04:24 ID:APF+8CIP
>>480
夏家店上層と言うのは当時の中国では山戎、新疆・オルドス方面のものは土方、鬼方、犬戎であり、
土方の土宗教は日本では朝日遺跡周辺に現存するし、ファリシズム(巨大陽根儀礼は新潟、神奈川等に
残る)、神主がこれを演ずるオンダ祭りは近畿に広く残るし、ツブロサシといって佐渡にも残る。そして
そっくりなのが南シベリアのコチャカナン祭である。鬼方は鬼の面を被る文化で、チベット、モンゴルには
チャム、ツァムというのがあるが、日本で言えば高千穂の夜神楽、神楽である。ナマハゲ的なものは能登
つまり越に始まり秋田方面、鹿児島では甑島に残る。山戎文化は熊野をはじめ全国的に修験道と化した。
犬戎は朝廷を守る軍事組織であったり、犬神人として残っているが、ローマのルペルカリア、バレンタイン
デーにもなった。

490 :出土地不明:2008/07/03(木) 12:31:30 ID:Fkyt3bux
>>487
絶滅の方が納得できるんだが・・・

491 :月光仮面:2008/07/03(木) 14:09:00 ID:APF+8CIP
↑レヴァントでは実際9-12万年前の最早期脱阿現生人類人骨が出土している。問題はこれらがどの程度永らえたかであるが、遺伝学的形跡からすれば永らえたなどと言うことはないようである。Stephen Oppenheimer 初回脱阿
http://www.bradshawfoundation.com/journey/levant2.html

492 :月光仮面:2008/07/03(木) 14:28:07 ID:APF+8CIP
>>486
B型はそうした闘争、競争時代の申し子だから、団塊の世代のようなもので、生まれながらに身について
いるが、勿論、その他の血液型の人々と同様な特性ももっている。しかし、B型同士で集まると馬が合うの
ではなかろうか。価値観も似てくる。こうした人がいないことには現代社会は成り立たないのも反面の事実
だろう。世界の人の言うのは日本人はロメオとジュリエットのような社会でさぞや不自由しているのではとか、
日本人と本当の恋はできないとか、だろうか。


493 :月光仮面:2008/07/03(木) 16:24:32 ID:APF+8CIP
>>480
YDNA移住図
http://www.kerchner.com/images/dna/ydna_migrationmap_(FTDNA2006).jpg
問題なのはここでYDNA Dがあたかも日本発のように描かれていることにある。これはアイヌにYAP+
があることを強調しすぎたために起こったことと考えられる。実際は、
mtDNA移住図
http://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/3/37/Map-of-human-migrations.jpg
ここにあるGとかFのような経路であり、インド亜大陸、新大陸に足跡のないのが特徴である。従って、
日本でも上記mtDNAを執筆されたようなマジョリティーの考えは日本渡来民族を南シベリア、朝鮮半島
方面から渡来したとするもので、韓国、中国において行われた調査結果とも整合している。


494 :月光仮面:2008/07/03(木) 16:33:59 ID:APF+8CIP
>>488
ンモホスの巨大養魚場と似た巨大な人口水面がインド北西部で発見されているし、テラプレンと言うのは
発想がテル、デペ、テペと類似していることから、オークネフ文化人がタントラ、ヒンドゥー教と共に第5の
ヴェーダを伴いオクサスからアフガニスタンに影響を与え、その後南シベリア、新疆、内蒙古、満州経由
朝鮮半島に入ったのではないかとも考えられる。非常にメタボであるのは「ダイダラボッチ」伝承を思わせる。

495 :出土地不明:2008/07/04(金) 00:28:06 ID:m6189iTX
今日も酒の肴に、この↓江南サギ台湾ベトナム顔土人を嬲ってやるかwwww




>古代シナ大陸南部に栄えた『呉』は、倭人(越人)の国であり、呉人は
>人種的・文化的には日本人と同系であった。しかし、だからといって
>我々日本人は、「呉人は日本人だった」とか、「呉を建国したのは
>日本人だった」とは言わない。呉人が倭人系民族だったとしても、
>日本列島の倭人とは、民族(政治的グループ)が異なるからだ。
>『呉』という国は、日本列島の倭人が建国したわけではないし、
>歴史上、日本列島の倭人がシナ南部の倭人を支配下においたことは
>一度もない。日本列島の倭人とシナ南部の倭人は、民族が別である。





496 :出土地不明:2008/07/04(金) 00:28:40 ID:m6189iTX

●戰國時代陶質編鐘在呉文化發源地無錫出土


新華網江蘇頻道南京4月16日電 (高幼元) 日前,在無錫市錫山區泰伯文化
藝術節上,一批最近出土的戰國時代陶質編鐘等古樂器向中外遊客展示。
這批距今2000多年?青銅器的樂器中,最令人驚嘆的是,經修復後最大的編鐘,
高30多公分,造型十分精致。

展示會上,錫山區文管會同志介紹?,這裏是呉文化發源地。這批新出土的文物,
除編鐘、鐃、磬等樂器類陶器30餘件外,還有經修復的缸、罐、壇、鼎等各種
陶器共五十多件。這些原始瓷或印紋硬釉陶器,紋飾繁多。有乳釘紋、水波紋、
方格紋、圓圈紋等。經考古專家初?鑒定,數量之多,品種之全,工藝之精,
在全國罕見。

497 :出土地不明:2008/07/04(金) 00:29:21 ID:m6189iTX
這批珍貴的出土文物是當地村民發現的。今年2月19日,錫山區後宅鎮天仙
塘萬安橋村村民鄒曉峰和鄒春鋒,帶著20多件陶器,向區文管會報告,村裏
一個大土?上發現了“古董”。工作人員認出是極有價?的陶制編鐘。第二
天即?到現場。這個大土?是五年前,鎮上築新路取土用的,當時就有部分
古陶器被?出,村民見是陶土做的,沒在意。而這次錫山區考古人員卻十分
在意,“掘地三尺”,出土的陶片、陶器用1噸半?車裝了滿滿一車。隨後,
他們邊向上級部門報告,邊請專家來修復,並對來報告的兩村民給予了獎勵。

後宅鎮往南數公里的鴻聲鎮,正在發掘的彭祖?文化遺址,已有一大批距今
6000年至7000年的新石器時代文物初露真容。據南京博物院考古學家介紹,
彭祖?是長江三角洲文化層次堆積最厚、包含物最多、保存最好的一處?史文化
遺址,是當代研究太湖流域人類文明發展史最好的?史資料。該鎮的鴻山南麓有
一座被譽為“開發江南先祖”泰伯之墓,距今已有3196年?史。現在,後宅鎮又
新出土的2000年前的古編鐘,作為陶樂器隨葬品,非一般人可用,是墓主人身?
顯赫?還是當時這塊地主是個文化“繁榮”勝地?這還需專家來解謎。
http://big5.xinhuanet.com/gate/big5/www.js.xinhua.org/htm4/2041622.htm

498 :出土地不明:2008/07/04(金) 00:29:55 ID:m6189iTX
>陶質編鐘等古樂器向中外遊客展示
>鐃、磬等樂器類陶器30餘件外,還有經修復的缸、罐、壇、鼎等
>各種陶器共五十多件。這些原始瓷或印紋硬釉陶器,紋飾繁多。
>有乳釘紋、水波紋、方格紋、圓圈紋等。


編鐘?????鐃?????磬?????缸?????壇?????
鼎?????原始瓷?????印紋硬釉陶?????乳釘紋?????
水波紋?????方格紋?????圓圈紋?????


いやあ、弥生時代の江南の江蘇省無錫の呉の遺址からは日本の弥生遺構では
さーっぱり見た事がない摩訶不思議な物や文様が出るんですねえ(ゲラゲラ嘲笑)(ゲラゲラ嘲笑)



499 :月光仮面:2008/07/04(金) 08:48:40 ID:V3uhcnia
>>483
http://www.eva.mpg.de/genetics/pdf/Japan.pdf 問題はこのPage 5/12 Table1にある↓
Table 1 Frequencies (%) of Japanese haplogroups in six Japanese populations
     人数 D-P37.1 O-P31 O-M122 C-M8 C-M217 N その他
アイヌ*   4 75.0 0.0 0.0 0.0 25.0 0.0 0.0
アイヌ** 16 87.5 0.0 0.0 0.0 12.5 0.0 0.0
青森 26 38.5 30.8 15.4 7.7 0.0 7.7 0.0
静岡 61 32.8 36.1 19.7 4.9 1.6 1.6 3.3
徳島 70 25.7 32.9 21.4 10.0 2.8 7.1 0.1
九州 53 26.4 35.8 26.4 0.0 7.5 3.8 0.0
沖縄 45 55.6 22.2 15.6 4.4 0.0 0.0 2.2
合計 259 34.7 31.7 20.1 5.4 3.1 3.9 1.1
合計には**アイヌ16人を含まず。
*今回**Tajima他2004年
日本人が1.2億人、アイヌが2万人程度だからアイヌ4人とか、16人とかの上記統計のおかしさがわかるが
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%82%A6%E4%BA%BA
↑こんな結果になり、まったく不明。沖縄に来たD-P37.1がアイヌにも来ているがこれを粛慎とすれば
なんとなくわかる。

500 :月光仮面:2008/07/04(金) 08:58:55 ID:V3uhcnia
↓逆にアイヌ、縄文遺伝子をC-M21と見るとこういうことになるが、
     C-M21
アイヌ*  25.0
アイヌ** 12.5
青森 0.0
静岡 1.6
徳島 2.8
九州 7.5
沖縄 0.0
合計 3.1
九州、徳島等にかすかに残るのが、アカホヤ噴火後の縄文人の南下の痕跡ともとらえることができる。


501 :月光仮面:2008/07/04(金) 09:09:43 ID:V3uhcnia
弥生人の実態が犬戎、鬼方、土方といった移動遊牧民であったということは恥なのだろうか。彼らがいな
ければ四大文明は生まれなかった。犬戎のふるさとバシコルスタン学会はエジプト文明を生んだのは
ほかならぬ犬戎だとさえ主張している。

502 :月光仮面:2008/07/04(金) 11:15:40 ID:V3uhcnia
タンカンサー、田の神、ジンギスカンはファラオのような頭巾をかぶるので、モーセもこうでなかった思わ
れる。これらが山と里を季節的に行き来する山戎、Transhumance http://en.wikipedia.org/wiki/Transhumance ハイジ、おそらくは、例のミイラとなったアイスマン、ヤマ
ズミ、ヤマクイ、仲哀、雄略、天武、後醍醐等がこれだ。彼等には天文、経営、兵法(孫子)といった今で
言うMBA的才能があり、ヨセフ、太公望、山本勘助等に見られるユダヤ人的な体制内部への食い込み
能力がったようだ。秦氏などにはカミオカンデにょうな銅鉱山とか金鉱山経営等の能力もあったのでは
ないかと見られるが、これらはバイカル湖周辺で牧畜の始まった頃に天文学と共に始まり、季節的に氾濫
を繰り返す西シベリア、ナイル流域で農閑期のピラミッド、長城型失対事業的事業を経営することによって
王権に登るが、アマルナ文書の伝える犬戎の季節的移動はこうした王権発生の起源を物語るというのが
バシコルド学会の主張。
殷王朝においては http://www.rku.ac.jp/~hara/tokushumay20.htm
また始皇帝が泰山に詣でたことは有名だが、日本の王朝もことあるごとに入山しており、山戎と言うのは
王権がらみの遊牧民なのであろう。


503 :月光仮面:2008/07/04(金) 15:56:21 ID:V3uhcnia
南シベリア・トゥーヴァ大学アバーエフ教授は高句麗とは南シベリアから韓国をさし、朝鮮とは日鹿の意味
であり、高句麗と同義、ソウル大Wontack Hong教授は夏家店上層文化は遼西から始まる高句麗であり、
韓三国はその同類というが、私は日鹿は日本語では「カガ」、「カツシカ」等であり、鹿文化と共に秋田、
岩手方面にまで延びているが、この西の端が南シベリア、北の端がバイカル湖であってもおかしくはないと
思う。日本にはI-P19がアイヌの20倍もの0.4%もいるとされるが、これはアシケナージ・ユダヤ、トルコ、
黄金の牛、ドルメンで有名なアドゥィゲ、イラク、アンダルシア、フランス、スロヴェニア、サアミ等にいるとさ
れている。
ドルメンは支石墓としておそらくはY貊が山東から遼東、楽浪、九州に広め、牛については『続紀』には
東漢氏の渡来に関して「神牛の導き」で中国漢末の戦乱から逃れて朝鮮に移住したことや氏族の多くが
才能に優れて朝鮮で重宝されていたこと、聖王が日本にいると聞いて渡来してきたという伝承が記載され
ている・・・この話がスケールが大きい。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9D%B1%E6%BC%A2%E6%B0%8F

504 :月光仮面:2008/07/04(金) 15:58:54 ID:V3uhcnia
聖書のアーロンについてはアラブ等に多い遺伝子をアーロン標準ハプロタイプと喧伝したがどうも見込み
違いに終わったらしい。逆に「アムル人」(マルトゥ)と現在アシケナージが分布するバルト海東南部森林
地帯の出自ででおそらくはUgro-Finn語族に属するものであったのだろう。
http://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/4/43/Rzeczpospolita.png
彼らはパレスチナにおいてセム系遊牧民からその言語を取得したが「マルトゥの手は破壊的であり、その
特徴は猿のものである。…敬意を表す事を知らず、神殿を憎悪する…麦を知らず、家も町も知らぬ山の
住人であり、神域の丘でキノコを掘り起こし、膝を曲げること(耕作)を知らず、生涯家に住むこともなく、
死者を埋葬する事も知らない。… 」これはセム系遊牧民よりも森林民族に似ている。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%A0%E3%83%AB%E4%BA%BA アロンは荒野での放浪の
初期においてはモーセの補佐役として重要な役割を担っている。アマレク人との戦いにおいては、モーセ
が杖をあげている間はイスラエル人が優勢になっていた。モーセが疲れて手をおろすと、フルという人物と
共にモーセの左右でその腕を支えた。
モーセが帰ってこないことで不安になった民がアロンに要求し、アロンは金の子牛の像をつくらせて神と
モーセの怒りをかっている
http://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/6/63/GoldCalf.jpg
http://www.emc.komi.com/01/28/img/bychok.jpg
こうした黄金乃至は青銅の子牛は↓ドルメンで有名なコーカサス北部マイコープ文化に限定される。
http://www.ingushetiya.ru/history/book/photos/008.jpg
アシケナージユダヤ人はハザール地域を通って原郷に帰還したのであろう。
http://radosvet.zx6.ru/uploads/posts/2008-05/thumbs/1210327279_khasars2.jpg

505 :月光仮面:2008/07/04(金) 16:18:12 ID:V3uhcnia
ヨセフと同じ話にバシコルスタンのアミンベクがあるが、日本には出雲のオオクニヌシ、諏訪の甲賀三郎
と2つもある。これは日本民族が基本的に移動遊牧民であったということを物語るのであろう。

506 :出土地不明:2008/07/05(土) 15:27:41 ID:aU1UO34c

●鴻山越國貴族墓地發掘情況介紹

鴻山越國貴族墓地位江蘇無錫鴻山鎮東部,該區保存大小規模土?近百座。南京博物院考古研究所及
錫山區文物管理委員會組成聯合考古隊,於2003年4月至2004年12月期間,對該範圍?土?進行搶救性
發掘。

是次發掘7座墓葬,出土共計2000餘件隨葬器物,其中丘承?就出土1100餘件精美成套的青瓷禮器、
樂器和玉器。 根據墓葬的封土規模、墓葬結構和隨葬器物的種類、質地、組合關係,7座墓葬可以
分為5個等級:

507 :出土地不明:2008/07/05(土) 15:28:01 ID:aU1UO34c
第一級別為丘承?,該墓封土為長方形覆斗?,是墓地中唯一的深坑墓,墓坑平面為「中」字形,
並有壁龕;隨葬品中青瓷禮器數量?多,器類齊全;青瓷樂器既有中原式的鈕、甬鍾、磬,
亦有越式的ロ于、丁寧、鐸、勾、鈴形器、具座,還有以往從未確認的缶;玉器中,既有葬玉、
劍飾,亦有佩玉,而成雙成對的龍形佩、雙龍佩、龍鳳佩、龍首?、龍形?等組成的佩玉,
當為春秋戰國時期最高等級的佩飾;此外還隨葬琉璃釉盤蛇玲瓏球形器等象?特殊意義的器物;
第二級別為老虎?,該墓封土亦為長方形覆斗?,埋葬方式為平地鋪木,隨葬器物中除生活用品外,
還包括成組的原始青瓷樂器和硬陶禮器、樂器;第三級別為萬家墳,與老虎?的封土規模和平地
鋪木的葬制相同,然隨葬品中僅有成組的硬陶禮器、樂器而不見原始青瓷樂器;第四級別為曹家墳、
杜家墳,為長方形覆斗?封土;第五級別為老墳?、鄒家?。這4座墓葬均無成組樂器隨葬,為長圓形
饅首?封土。

508 :出土地不明:2008/07/05(土) 15:28:27 ID:aU1UO34c
鴻山貴族墓葬的特?大致可歸納為以下幾點:
1. 長方形覆斗?或長圓形封土;
2. 除特大型墓葬為深坑墓外,皆為平地起封;
3. 除特大型墓葬為「中」字形外,其餘皆為長條形墓葬,大型的還有?木或分室用的木板等用於
構築墓室;
4. 隨葬器物主要為原始青瓷器和硬陶器;
5. 特大型墓葬的隨葬品中有組玉;
6. 隨葬器物中常見原始青瓷或硬陶的勾、ロ于、丁寧、鐸、羊角器、璧、鈴形器以及越式鼎、
筒形、?、器蓋等;
7. 高等級的器物紋樣中常見蛇。而以蛇為器物紋樣也是越人圖騰崇拜的體現。

509 :出土地不明:2008/07/05(土) 15:28:51 ID:aU1UO34c
這些特?中多為越國墓葬獨有,其中墓葬形制和隨葬品的質地、器形、器類與浙江紹興印山越王墓
以及安吉、海鹽、長興等地的越國貴族墓葬相同,尤其明顯的是均隨葬陶、瓷禮器和樂器,如ロ于、
丁寧、勾、?、甬鍾、磬、鈴形器、缶、具座、羊角器、璧以及越式鼎、筒形、?、器蓋等;
根據墓葬的規模、形制和在墓地中的位置,以及隨葬器物的數量、種類和等級推測,鴻山貴族墓地
中丘承?墓主的等級應為僅次於越王的越國大夫,此墓主室和後室總長僅次於紹興印山越王墓,
遠高於其他中小型越國貴族墓,而出土的隨葬器物則是目前已發掘的越國墓葬中等級最高、
質地最好且器類最為齊全的。

7座墓葬的隨葬品中,皆有完全相同器物,如壇、、碗、?、器蓋等,其年代應相同;而大型或
中型墓葬中則有造型相同的鍾、?、磬、鈴形器、璧、羊角形器等,其年代亦應相同;而從印紋硬陶
和原始青瓷基本生活用品的形態、僅見麻布紋和米字紋等紋飾以及器物的組合關係,根據長江下游
土?墓的分期,其年代應為戰國早期;出土玉器中,儘管有少量紋飾保留春秋?期特?,而?大多數玉器
的造型和紋飾都呈現戰國早期的特?。因此鴻山越國貴族墓地的年代可定為戰國早期,即越國最強盛的
越王勾踐時期。

510 :出土地不明:2008/07/05(土) 15:29:20 ID:aU1UO34c
鴻山越國貴族墓地中,丘承?位於墓地的西北角,而其他大、中、小型墓葬則圍繞在丘承?的東南呈
扇形分布,墓葬與墓葬之間既有一定的分布規律,又存在著嚴格的等級差別,為是次考古發掘最重要的
收穫之一;丘承?墓為目前僅次於紹興印山越王墓的越國第二大墓,而丘承?出土的大批精美成套的玉器、
青瓷禮器和樂器,應為迄今為止江浙一帶所發現的最高等級的越國隨葬器物,同樣為是次考古發掘最重要的
收穫之一。其墓地的完整性和禮器、樂器組合的完整性,尤其是越國的禮樂文化中將中原系統和諧地融入
越系統中,為越國史的研究和解決一系列春秋戰國時期的重要學術課題提供了一批極為珍貴的實物資料,
對於越文化乃至百越民族史的研究和越國考古學的研究將起著積極的推動作用。
http://www.cuhk.edu.hk/ics/ccaa/talk9.htm

511 :出土地不明:2008/07/05(土) 15:30:02 ID:aU1UO34c


いやあ、弥生時代の江南の江蘇省無錫の越の土トン墓からは、

楽器やら、玉器やら、酒器やら、原始青磁やら、印紋硬陶やら、鈕やら、
甬鍾やら、磬やら、ロ于やら、丁寧やら、勾やら、鈴形器やら、具座やら、
佩玉やら、龍形佩やら、雙龍佩やら、龍鳳佩やら、龍首?やら、龍形?やら、
琉璃釉盤やら、蛇玲瓏球形器やら、羊角器やら、璧やら、越式鼎やら、
筒形やら、?やら、器蓋やら、?やら、

もうさーっぱり見た事も聞いた事もない代物まで、もうありとあらゆる
摩訶不思議な物や文様が、出るわ、出るわ、出るわ、出るわ・・・

何でこんなイイモン、日本の弥生遺構から出んのやろ?(ゲラゲラ嘲笑)



512 :出土地不明:2008/07/07(月) 05:04:49 ID:hqkaBe43
面白いニュース出たね

513 :出土地不明:2008/07/07(月) 13:38:24 ID:pHxHESp1
【研究】日本のイネ・ジャポニカ米 中国ではなく「南に源流」 遺伝子研究で解明
http://mamono.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1215402716/

日本や中国で栽培されるイネ「ジャポニカ」の起源が、インドネシアやフィリピンまでたどれることがわかった。
農業生物資源研究所(茨城県つくば市)の井澤毅・主任研究員らが、もみの大きさを決める遺伝子の変異を
手がかりに突き止め、6日付の米科学誌ネイチャー・ジェネティクス(電子版)に発表する。

もみの幅が広くて米粒が大きいジャポニカは、これまでの考古学的な調査によると、約1万年前の長江中・
下流域が起源との説が有力だ。

研究チームは今回、ジャポニカの「日本晴」とインディカの「カサラス」の2品種を比べ、米粒の大きさの変化
にかかわる遺伝子(qSW5)を発見。この遺伝子が変異してジャポニカのもみが大きくなったことを確かめた。

この変異と、もみを穂から落ちなくする遺伝子変異、もちもちした食感にする遺伝子変異の計3種類について、
アジア各地の古い栽培品種142系統を調べた。

その結果、フィリピンやインドネシアの品種で、三つの遺伝子に変異のないものと、もみを大きくする変異のみ
をもつものが見つかった。このため、この地域でイネの遺伝子が変異してもみが大きくなり、その後、インドシナ
半島や中国大陸で他の二つの変異が組み合わさって現在のジャポニカができたという。

総合地球環境学研究所の佐藤洋一郎教授(植物遺伝学)の話 もみの幅を広げる遺伝子の変化をとらえた
ことは大きな発見で高く評価できる。ただ、遺伝子の変化を、直接イネの栽培化と結びつけるのは難しい。
考古学資料とのすり合わせが必要だろう。

http://www.asahi.com/science/update/0706/TKY200807060196.html

http://www2.asahi.com/science/update/0706/images/TKY200807060204.jpg

514 :月光仮面:2008/07/07(月) 17:08:03 ID:8rQBQAcZ
↑韓国人の遺伝子内容を見ていると南方稲作民族との関係が深い。九州の縄文人はこの文化を吸収し
弥生文化を作った。その最終段階で朝鮮半島の北部、高句麗領域を経由して鉄器文化が流入したと
いえるのかも。

515 :出土地不明:2008/07/07(月) 17:32:38 ID:RwaJk/Ja
>韓国人の遺伝子内容を見ていると南方稲作民族との関係が深い。
ソースくらはい。



516 :神子・コンドリア:2008/07/07(月) 18:30:54 ID:uyArAPWd
>>514

私も>515と同じ。
どこで発表されたの?
まさかとは思うけど、「全ての起源は韓国である。」とする
嘘つき韓国人の発表データじゃないよね。

517 :出土地不明:2008/07/08(火) 00:17:44 ID:yRpTHitR
>>514
韓国人の遺伝子内容って何だ?

518 :出土地不明:2008/07/08(火) 01:24:20 ID:B2/FGWDq
今日も酒の肴に、この↓ウンコくせえ江南サギ台湾ベトナム顔土人を嬲ってやるかwwww



>古代シナ大陸南部に栄えた『呉』は、倭人(越人)の国であり、呉人は
>人種的・文化的には日本人と同系であった。しかし、だからといって
>我々日本人は、「呉人は日本人だった」とか、「呉を建国したのは
>日本人だった」とは言わない。呉人が倭人系民族だったとしても、
>日本列島の倭人とは、民族(政治的グループ)が異なるからだ。
>『呉』という国は、日本列島の倭人が建国したわけではないし、
>歴史上、日本列島の倭人がシナ南部の倭人を支配下においたことは
>一度もない。日本列島の倭人とシナ南部の倭人は、民族が別である。




519 :出土地不明:2008/07/08(火) 01:25:48 ID:B2/FGWDq

●戰國時代陶質編鐘在呉文化發源地無錫出土


新華網江蘇頻道南京4月16日電 (高幼元) 日前,在無錫市錫山區泰伯文化
藝術節上,一批最近出土的戰國時代陶質編鐘等古樂器向中外遊客展示。
這批距今2000多年?青銅器的樂器中,最令人驚嘆的是,經修復後最大的編鐘,
高30多公分,造型十分精致。

展示會上,錫山區文管會同志介紹?,這裏是呉文化發源地。這批新出土的文物,
除編鐘、鐃、磬等樂器類陶器30餘件外,還有經修復的缸、罐、壇、鼎等各種
陶器共五十多件。這些原始瓷或印紋硬釉陶器,紋飾繁多。有乳釘紋、水波紋、
方格紋、圓圈紋等。經考古專家初?鑒定,數量之多,品種之全,工藝之精,
在全國罕見。

520 :出土地不明:2008/07/08(火) 01:27:23 ID:B2/FGWDq
這批珍貴的出土文物是當地村民發現的。今年2月19日,錫山區後宅鎮天仙
塘萬安橋村村民鄒曉峰和鄒春鋒,帶著20多件陶器,向區文管會報告,村裏
一個大土?上發現了“古董”。工作人員認出是極有價?的陶制編鐘。第二
天即?到現場。這個大土?是五年前,鎮上築新路取土用的,當時就有部分
古陶器被?出,村民見是陶土做的,沒在意。而這次錫山區考古人員卻十分
在意,“掘地三尺”,出土的陶片、陶器用1噸半?車裝了滿滿一車。隨後,
他們邊向上級部門報告,邊請專家來修復,並對來報告的兩村民給予了獎勵。

後宅鎮往南數公里的鴻聲鎮,正在發掘的彭祖?文化遺址,已有一大批距今
6000年至7000年的新石器時代文物初露真容。據南京博物院考古學家介紹,
彭祖?是長江三角洲文化層次堆積最厚、包含物最多、保存最好的一處?史文化
遺址,是當代研究太湖流域人類文明發展史最好的?史資料。該鎮的鴻山南麓有
一座被譽為“開發江南先祖”泰伯之墓,距今已有3196年?史。現在,後宅鎮又
新出土的2000年前的古編鐘,作為陶樂器隨葬品,非一般人可用,是墓主人身?
顯赫?還是當時這塊地主是個文化“繁榮”勝地?這還需專家來解謎。
http://big5.xinhuanet.com/gate/big5/www.js.xinhua.org/htm4/2041622.htm

521 :出土地不明:2008/07/08(火) 01:29:23 ID:B2/FGWDq
>陶質編鐘等古樂器向中外遊客展示
>鐃、磬等樂器類陶器30餘件外,還有經修復的缸、罐、壇、鼎等
>各種陶器共五十多件。這些原始瓷或印紋硬釉陶器,紋飾繁多。
>有乳釘紋、水波紋、方格紋、圓圈紋等。


編鐘?????鐃?????磬?????缸?????壇?????
鼎?????原始瓷?????印紋硬釉陶?????乳釘紋?????
水波紋?????方格紋?????圓圈紋?????


いやあ、弥生時代の江南の江蘇省無錫の呉の遺址からは日本の弥生遺構では
さーっぱり見た事がない摩訶不思議な物や文様が出るんですねえ(ゲラゲラ嘲笑)(ゲラゲラ嘲笑)



522 :月光仮面:2008/07/08(火) 09:16:52 ID:fzg+QPW/
>>515-517
“我が民族はモンゴル人より漢族・日本人と近い”
http://bbs.enjoykorea.jp/tbbs/read.php?board_id=phistory&nid=106064&tab=five
「金教授は “韓国人はモンゴル人より日本人と中国漢族にもっと近い遺伝的特性を現わした”と “2300年
前日本に出現した彌生族が韓半島で渡った民族なのを再確認する遺伝的証拠も捜した”と言った」
「韓半島で渡った」は「韓半島を経由して日本に渡来した」の意味。
↓出典
Han-Jun Jin ・ Kyoung-Don Kwak ・ Michael F. Hammer ・
Yutaka Nakahori ・ Toshikatsu Shinka ・ Ju-Won Lee ・
Feng Jin ・ Xuming Jia ・ Chris Tyler-Smith ・ Wook Kim
Y-chromosomal DNA haplogroups and their implications
for the dual origins of the Koreans
http://www.geocities.com/vetinarilord/korean.pdf
Page 3/9 Table 1 Allele frequencies of eight Y-chromosomal binary markers in east Asian populations
Page 4/9
Table 2 Distribution of Y-chromosomal haplogroup frequencies in east Asian populations
Page 5/9 Fig. 2 Distribution of Y haplogroups in east Asia.
Page 8/9 Fig. 3 Principal components (PC) analysis of haplogroup frequencies in 11 east Asian populations

523 :月光仮面:2008/07/08(火) 09:26:08 ID:fzg+QPW/
Page 5/9 Fig. 2 Distribution of Y haplogroups in east Asia.
この色分けを見ると韓国人が日本人より南方(黄色表示)要素の多いことがわかる。
ただ韓国人に少ないYAP+はチベット、雲南に多いのだが全く表示がない、。韓国人対象の
分析だからしょうがないが。


524 :514:2008/07/08(火) 09:42:43 ID:d3+C0cgA
サンクスです。


525 :514:2008/07/08(火) 09:47:49 ID:d3+C0cgA
8頁の図を見ると面白いですね。

526 :月光仮面:2008/07/08(火) 10:08:22 ID:fzg+QPW/
2300年前日本に出現した彌生族とはO-47z/O-SRYとはPage 5/9 Fig. 2 Distribution of Y haplogroups
in east Asia. において中国北部、韓国、日本になっているがこれは現在中国にはない。この論文は
その原郷を中原ではないかと見ているようだが、かれらはダウール族等のいる黒龍江省方面出自でない
かと思う。


527 :月光仮面:2008/07/08(火) 10:11:28 ID:fzg+QPW/
>>525
日本人がチベットあたりに位置することになっちゃってるのがね。

528 :514もとい515w:2008/07/08(火) 10:50:17 ID:d3+C0cgA
日本の場合、地続きでないので
一度に大量移民、というのは基本少ないんですよね。

割合と年代の関係性をどう考えるの?

529 :月光仮面:2008/07/08(火) 11:12:37 ID:fzg+QPW/
http://bbs.enjoykorea.jp/tbbs/read.php?board_id=phistory&nid=106064&tab=five
↑この翻訳はあまりにも誤字が多いのでデバッグしてみると↓
“韓国人起源は中国漢族”
韓国人は北方(モンゴル) 単一起源ではなく中国南・北方漢族が混合した多民族機嫌という主張が出た。
檀国大生物学とキムウック教授は血縁関係がない韓国人 185人を対象でミトコンドリア DNAを分析した
結果韓国人は中国南・北方民族の遺伝子が混在されたことが判明したと 11日明らかにした.。
金教授がミトコンドリア遺伝子型グループ)の頻度及び種類を比べる方法で調査した結果 韓国人と異民族
との遺伝的距離(隔たり)は中国漢族とが一番近くて(0.0165), 次が中国北方漢族(遼寧地方・0.0166), 日本(0.0183), 中国南方漢族(0.0211) との順序だった. 一方モンゴル多数民族(0.0335), ブリャートンモンゴル
(0.379)は韓国人と遺伝的距離(隔たり)が比較的遠いことに分析された.・・・
つまり、現代ブリャート人は古代バイカル湖南部に居住した日韓人の祖とは距離があるということで、
これは歴史的にその通りではなかろうか。日韓人の祖とは現在の遼寧地方、古代においては内蒙古、
南シベリア方面にいたものであろう。素盞嗚命が韓国をバイパスする(金属工業に必要な木材が不足)
というのも歴史的な真実を語っているのであろう。





530 :月光仮面:2008/07/08(火) 11:19:15 ID:fzg+QPW/
素盞嗚命が大陸から持ち込んだとされるのは鋳物の木型製作に不可欠な朝鮮五葉松であり、
その原産地は高句麗・吉林省集安付近と考えられる。

531 :月光仮面:2008/07/08(火) 11:39:28 ID:fzg+QPW/
>>528
日韓原住民はその言語からして1万年以上の隔たりがあるとされるが、無紋・弥生時代の渡来人というの
は、日本の場合でも楽浪とか、三韓の商人的なもの、この実態が遼東方面出自なんだろうが、これが
九州から近畿方面にちょこちょこやってくるというのが基本的なjパターンであり、これとは別に戦乱の
時の避難民といったものもあった。日韓両国共によく似たパターンであったのではなかろうか。

532 :出土地不明:2008/07/08(火) 12:19:18 ID:yRpTHitR
>>530
日本書紀では素戔嗚尊が朝鮮から何かを持ってきたとは書いてないぞ。
大体、書紀の本筋では直接出雲に他の筋でも出雲、安芸、新羅、韓経由
となっていて。そんな話は載ってない。
いったい出典はなんだ?
ただ、素戔嗚尊の髭が杉に、胸毛が檜に、尻毛が槇、眉毛が樟となるという
寓話がある。

533 :月光仮面:2008/07/08(火) 13:25:19 ID:fzg+QPW/
↑「『日本書紀』の一書第4では、天から追放されたスサノオは、新羅の曽尸茂梨(そしもり)[2]に降り、
この地吾欲さず「乃興言曰 此地吾不欲」と言い息子の五十猛尊(イソタケル)と共に土船で東に渡り
出雲国斐伊川上の鳥上の峰へ到った(「遂以埴土作舟 乘之東渡 到出雲國簸川上所在 鳥上之峯」)後
ヤマタノオロチを退治した。そのとき天から持ち帰った木々の種を、韓(から、朝鮮)の地には植えず、
大八洲(おおやしま、本州のこと)に植えたので、大八州は青々とした地になったと言う。」
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B9%E3%82%B5%E3%83%8E%E3%82%AA

534 :月光仮面:2008/07/08(火) 13:28:14 ID:fzg+QPW/
この天というのは、この場合は朝鮮五葉松の原郷である、長白山脈西麓であろう。

535 :月光仮面:2008/07/08(火) 13:36:12 ID:fzg+QPW/
事実、伊都国平原遺跡からは国産の大型内行花文鏡が出土するが、その背景には極めて高度な
木型作成技術とそれを支える良質木材の存在があったことが想定される。こうした当時としては国際的
にも稀な技術はその後日本では発見されない。そしてその技術は殷の技術を受け継ぐ魏のものとは
ことなり、幾何学的なものであった。

536 :月光仮面:2008/07/08(火) 14:05:05 ID:fzg+QPW/
この当時九州甕棺文化が消滅、沿海地方から箱式石棺墓が始まる。四川地震震源地文川方面では
戦国時代からちょうどこの頃、後漢のころにかけて箱式石棺墓 http://www.aba.gov.cn/zqwh/lswh08.jpg
そして、「時代从旧戦国早期延続至東漢初年,・・・。随葬品有陶器、銅器、鉄器、石器及鉄斤等。」
要するに箱式石棺文化はその宗家筋のようなところから文化発展の自動更新サポートを受けている
感じである。それは新疆か或いは綏遠か。

537 :出土地不明:2008/07/08(火) 14:21:17 ID:d3+C0cgA
コテはずした。

>それは新疆か或いは綏遠か。

新疆>甘粛>綏遠の流れは見えた気がしたw

538 :出土地不明:2008/07/08(火) 15:32:34 ID:Hb0qeX2W
古代中国と倭族
http://www7a.biglobe.ne.jp/~monadon/books134.htm

古代中国に住んでいた東夷や南蛮は<倭族>であり、かって長江(揚子江)に
文明を築いたが、漢の時代までに周辺に追いやられた−という東南アジアから
極東にいたる大きな歴史の流れを示したものである。後半には、出土物と
現在の山岳少数民族の風習から<倭族>を描き出している。そこには、今の
日本にある神社、鳥居、正月のシメ縄などのルーツを見ることができる。そう、
日本人のルーツの一つは<倭族>なのである。



539 :出土地不明:2008/07/08(火) 15:35:18 ID:Hb0qeX2W
長江下流には紀元前5000年頃に河姆渡文化と名づけられた稲作文化が見出された。
この地域は、古来中国では南蛮とか南西夷と呼ばれた。鳥越氏は彼らを<倭族>と
呼ぶことを提唱している。出土した炭化米のDNAからジャポニカ種と野生種が
混じっていることが分った。ホゾ穴を開ける高度な木工技術をつかった高床式住居に
住んだ。また鳥飾りが出ており、これは住居の棟に飾っていたものと考えられる。
鳥は天降りするときの乗り物と信じられており、鳥飾りは天神が家族を守護するために
降りてきていることを示すものである。夾炭黒陶なども出ている。

ケノ的雑談だが、漢字の「不」を連想する。字の意味は、鳥が空に上がって帰ってこないと
いうこと。不在というわけだが、鳥飾りの話と組み合わせると、神の不在を意味する。
案外、「漢」字は倭族が作成に関わったのかもしれない。

540 :出土地不明:2008/07/08(火) 15:49:02 ID:d3+C0cgA
>鳥越氏は彼らを<倭族>と呼ぶことを提唱している。

いきなり提唱しちゃうんだw

541 :月光仮面:2008/07/08(火) 17:16:54 ID:fzg+QPW/
俺なんか歴博、科博のコピペだが、半島以遠の歴史で日本に直接影響するのは満蒙とその周辺
に限定され、揚子江文明の影響は半島抜きには考えにくいと思うが。半島をなめたらあかん。

542 :月光仮面:2008/07/08(火) 17:24:05 ID:fzg+QPW/
満蒙はウリナラというのは時の流れを逆流するのと同じで無理があるが、ウリナラにかなり吸収され
ているていどはおかしくないよなー。

543 :出土地不明:2008/07/08(火) 17:36:41 ID:d3+C0cgA
別になめないけど、考えにくいとも思わない。

揚子江文明というか、水稲稲作に関していえば
日本>半島経路は十分検討に値するでしょ。

544 :月光仮面:2008/07/08(火) 17:50:59 ID:fzg+QPW/
そりゃー、中には韓国がいやで山東省、済州島から五島列島に来たとかもあるかもね。

545 :出土地不明:2008/07/08(火) 18:59:11 ID:aHX2cv4y
>>538
かつて長江流域に倭族がいたのなら、中国南部に追いやられた民族に日本語との共通点が多い言語を話す民族、日本人のDNAとの親近性が認められる民族いてもおかしくないと思うが、そのあたりの裏付けはあるのか?

546 :出土地不明:2008/07/08(火) 19:05:39 ID:d3+C0cgA
>中には韓国がいやで

いや韓国の好嫌ではなくてw

陸路と海路どちらが移動者の手段として
妥当か、とか生活圏か、とかじゃね?

547 :出土地不明:2008/07/08(火) 19:08:13 ID:d3+C0cgA
例えば
山東半島から韓半島へ移動した人間のすべてが
陸路から、ではないでしょ。
それと同じように考えるべき。

548 :神子・コンドリア:2008/07/08(火) 21:15:30 ID:xmWwcJGw
>>522
やっぱり、「嘘つき韓国人」の理論が基ネタなんですね。

も〜ゥ。
韓国誌の日本語版を見て御覧なさい。
「世界初」とか、「韓国起源」とか、言って記事に成ったやつ。
2、3ヵ月後には、どこかの国やどこかの人からクレームが付き、
間違っていた事が露呈しているじゃないですか。

いい加減なんだよーーー。 韓国人は。
大体、自分の国には、まともな文献が残っていなく、
日本や中国、そして欧米の文献を探しまくっては、
誤訳によって自分の都合に良い解釈をする。

だから、いつも間違っているばかりの韓国人なのです。

信用に価しないんだよねー。

549 :出土地不明:2008/07/09(水) 00:48:44 ID:yDRMJvKs
今日も腹の底から大いに笑ってやろうじゃないかwwwww


●鴻山越國貴族墓地發掘情況介紹

鴻山越國貴族墓地位江蘇無錫鴻山鎮東部,該區保存大小規模土?近百座。南京博物院考古研究所及
錫山區文物管理委員會組成聯合考古隊,於2003年4月至2004年12月期間,對該範圍?土?進行搶救性
發掘。

是次發掘7座墓葬,出土共計2000餘件隨葬器物,其中丘承?就出土1100餘件精美成套的青瓷禮器、
樂器和玉器。 根據墓葬的封土規模、墓葬結構和隨葬器物的種類、質地、組合關係,7座墓葬可以
分為5個等級:

550 :出土地不明:2008/07/09(水) 00:50:38 ID:yDRMJvKs
第一級別為丘承?,該墓封土為長方形覆斗?,是墓地中唯一的深坑墓,墓坑平面為「中」字形,
並有壁龕;隨葬品中青瓷禮器數量?多,器類齊全;青瓷樂器既有中原式的鈕、甬鍾、磬,
亦有越式的ロ于、丁寧、鐸、勾、鈴形器、具座,還有以往從未確認的缶;玉器中,既有葬玉、
劍飾,亦有佩玉,而成雙成對的龍形佩、雙龍佩、龍鳳佩、龍首?、龍形?等組成的佩玉,
當為春秋戰國時期最高等級的佩飾;此外還隨葬琉璃釉盤蛇玲瓏球形器等象?特殊意義的器物;
第二級別為老虎?,該墓封土亦為長方形覆斗?,埋葬方式為平地鋪木,隨葬器物中除生活用品外,
還包括成組的原始青瓷樂器和硬陶禮器、樂器;第三級別為萬家墳,與老虎?的封土規模和平地
鋪木的葬制相同,然隨葬品中僅有成組的硬陶禮器、樂器而不見原始青瓷樂器;第四級別為曹家墳、
杜家墳,為長方形覆斗?封土;第五級別為老墳?、鄒家?。這4座墓葬均無成組樂器隨葬,為長圓形
饅首?封土。

551 :出土地不明:2008/07/09(水) 00:51:46 ID:yDRMJvKs
鴻山貴族墓葬的特?大致可歸納為以下幾點:
1. 長方形覆斗?或長圓形封土;
2. 除特大型墓葬為深坑墓外,皆為平地起封;
3. 除特大型墓葬為「中」字形外,其餘皆為長條形墓葬,大型的還有?木或分室用的木板等用於
構築墓室;
4. 隨葬器物主要為原始青瓷器和硬陶器;
5. 特大型墓葬的隨葬品中有組玉;
6. 隨葬器物中常見原始青瓷或硬陶的勾、ロ于、丁寧、鐸、羊角器、璧、鈴形器以及越式鼎、
筒形、?、器蓋等;
7. 高等級的器物紋樣中常見蛇。而以蛇為器物紋樣也是越人圖騰崇拜的體現。

552 :出土地不明:2008/07/09(水) 00:52:22 ID:yDRMJvKs
這些特?中多為越國墓葬獨有,其中墓葬形制和隨葬品的質地、器形、器類與浙江紹興印山越王墓
以及安吉、海鹽、長興等地的越國貴族墓葬相同,尤其明顯的是均隨葬陶、瓷禮器和樂器,如ロ于、
丁寧、勾、?、甬鍾、磬、鈴形器、缶、具座、羊角器、璧以及越式鼎、筒形、?、器蓋等;
根據墓葬的規模、形制和在墓地中的位置,以及隨葬器物的數量、種類和等級推測,鴻山貴族墓地
中丘承?墓主的等級應為僅次於越王的越國大夫,此墓主室和後室總長僅次於紹興印山越王墓,
遠高於其他中小型越國貴族墓,而出土的隨葬器物則是目前已發掘的越國墓葬中等級最高、
質地最好且器類最為齊全的。

7座墓葬的隨葬品中,皆有完全相同器物,如壇、、碗、?、器蓋等,其年代應相同;而大型或
中型墓葬中則有造型相同的鍾、?、磬、鈴形器、璧、羊角形器等,其年代亦應相同;而從印紋硬陶
和原始青瓷基本生活用品的形態、僅見麻布紋和米字紋等紋飾以及器物的組合關係,根據長江下游
土?墓的分期,其年代應為戰國早期;出土玉器中,儘管有少量紋飾保留春秋?期特?,而?大多數玉器
的造型和紋飾都呈現戰國早期的特?。因此鴻山越國貴族墓地的年代可定為戰國早期,即越國最強盛的
越王勾踐時期。

553 :出土地不明:2008/07/09(水) 00:52:56 ID:yDRMJvKs
鴻山越國貴族墓地中,丘承?位於墓地的西北角,而其他大、中、小型墓葬則圍繞在丘承?的東南呈
扇形分布,墓葬與墓葬之間既有一定的分布規律,又存在著嚴格的等級差別,為是次考古發掘最重要的
收穫之一;丘承?墓為目前僅次於紹興印山越王墓的越國第二大墓,而丘承?出土的大批精美成套的玉器、
青瓷禮器和樂器,應為迄今為止江浙一帶所發現的最高等級的越國隨葬器物,同樣為是次考古發掘最重要的
收穫之一。其墓地的完整性和禮器、樂器組合的完整性,尤其是越國的禮樂文化中將中原系統和諧地融入
越系統中,為越國史的研究和解決一系列春秋戰國時期的重要學術課題提供了一批極為珍貴的實物資料,
對於越文化乃至百越民族史的研究和越國考古學的研究將起著積極的推動作用。
http://www.cuhk.edu.hk/ics/ccaa/talk9.htm

554 :出土地不明:2008/07/09(水) 00:54:09 ID:yDRMJvKs


いやあ、弥生時代の江南の江蘇省無錫の越の土トン墓からは、

楽器やら、玉器やら、酒器やら、原始青磁やら、印紋硬陶やら、鈕やら、
甬鍾やら、磬やら、ロ于やら、丁寧やら、勾やら、鈴形器やら、具座やら、
佩玉やら、龍形佩やら、雙龍佩やら、龍鳳佩やら、龍首?やら、龍形?やら、
琉璃釉盤やら、蛇玲瓏球形器やら、羊角器やら、璧やら、越式鼎やら、
筒形やら、?やら、器蓋やら、?やら、

もうさーっぱり見た事も聞いた事もない代物まで、もうありとあらゆる
摩訶不思議な物や文様が、出るわ、出るわ、出るわ、出るわ・・・

何でこんなイイモン、日本の弥生遺構から出んのやろ?(ゲラゲラ嘲笑)(ゲラゲラ嘲笑)



555 :月光仮面:2008/07/09(水) 08:03:05 ID:I1g/91d8
>>548
徳島大学中堀、新家も執筆者に入っているし、内容はウリナラ極端論などではなく、純粋の学術
論文。この辺を明らかにしてもらわないと日本も困るところが明確になっている。つまり、日韓の
共通部分は日韓以外の地域からの渡来人であり、日韓の非共通部分は相当に異なっている。
共通部分のものは現在の中国にはいない、つーか、黒龍江省の少数民族にかすかに同系が残る
もの。

556 :月光仮面:2008/07/09(水) 11:17:59 ID:I1g/91d8
日韓共通外来YDNAにはSRY+465-TとO-47zと言うのがあるが親子関係でちょうど無紋弥生初期の
頃に別れた。原郷は山西・河南両省黄河流域というから二里頭を含むあたり。ところが、別の中国
YAP+研究「中国YDNAより推理する中国諸民族成長移住の歴史」ではYAP+てい羌は前三千年-
四千年紀中原を西進、チベットに南下、カム、蔵となり、これが東進、貴州、雲南諸族となるとの想定。
なお、四川地震震源地アバチベット羌自治区では後漢時代に箱式石棺墓が出現している。だから
日本のYAP+もSRY+465-TやO-47zと同じコースを取ったとすると低地農業・山岳農業の相補関係
があったということですっきりする。箕子統治下の燕を通過して半島に入るわけだ。

557 :月光仮面:2008/07/09(水) 11:29:54 ID:I1g/91d8
プラントオパールとしてのジャポニカの動きは雑穀農業地帯とは無関係で既に縄文人の手に入っていた
であろうが、灌漑農業と言う文明的手法はそれなりの社会秩序を必要とするわけで、
「雀居遺跡は御笠川の東岸にあり板付遺跡と対峙する位置関係にある集落遺跡で,土坑群と溝状遺構
が検出された。溝は台地の縁辺を巡る自然流路であるが,報告者によると水田との関係はわからないと
いう。早期古段階から営まれはじめ,東北地方の晩期の土器である大洞C2式の浅鉢が出土するなど,
東日本との関係をもっていた人びとの集落である。」歴博 
http://www.rekihaku.ac.jp/kenkyuu/kenkyuusya/fujio/fukuokaheiya/fukuoka8s.jpg
要するに縄文人が必要としたのは経営ノウハウであったのだ。




558 :月光仮面:2008/07/09(水) 11:48:50 ID:I1g/91d8
ナイルでヒクソスを樹立したものが北上川で樹立したのがこれだ→世界遺産・藤原三代平泉中尊寺、
そしてこれらと同じユーラシア・ノマドがアマゾンに樹立したアンデス文化を崩壊させ、その資産を
スペインに移し、それを奪ったブリテンの海賊が産業革命を起こしたのだ・・・と説明すれば多少なりと
世界遺産立候補の意図が理解してもらえたかと思うんだが(w 歴史を筋道立てて説明しないこと
には誰も納得はしない。

559 :出土地不明:2008/07/09(水) 12:14:25 ID:K5EKuwJG
>558
たまに論理が飛ぶよねw
その説明で納得する人間は少数だと思われ

560 :月光仮面:2008/07/09(水) 12:36:43 ID:I1g/91d8
いーじゃん、反対意見大歓迎。まじになるが、
http://jpn.korean.net/wcms/list.jsp?pageID=04025257&bID=22113&byid=1
「ドルメンの種類は北方式(机型)、南方式(碁盤型)、蓋石式など三種類であるが、このごろは北朝鮮で
言う寝存形が追加されて少し複雑な構造になってしまった。寝存形はいくつかの北方式ドルメンまたは
石板が楕円形の積石塚の中に集まっているもので、そこから積石を無くして独立したのが蓋石式、
北方式、南方式である。」ここでいう「寝存形」を日本で考えると楯築墳丘墓が思い出される。平地では
バイカルの「匈奴スラブ墓」がこのデザインとなる。で、四隅突出型墳丘墓は楯築墳丘墓が平原で
方形周溝墓の洗礼を受けて変形したもの、すなわち、スサノオの信徒が宗旨替えを余儀なくされた
ものの、吉備で蜂起し、キビツヒコに改めて征伐され首を釜茹でにされたとも考えられる。なんとか
寝存の意味を知りたいものだ。


561 :月光仮面:2008/07/09(水) 12:45:01 ID:I1g/91d8
石板墓中国的定義 
古代墓葬的構築形式之一。用石板做墓底、墓壁并封頂。這種墓在我国始
于新石器時代晩期,
盛行于春秋戦国時期,
唐時渤海墓葬亦多為石板墓。・・・渤海湾沿岸地域の意味か。

562 :出土地不明:2008/07/09(水) 12:48:06 ID:hYDmccYz
うお 文字化け

563 :出土地不明:2008/07/09(水) 13:00:18 ID:K5EKuwJG
いや、俺はいーんだけどさw

>その説明で納得する人間は少数だと思われ

例えば>556の
「中国YDNAより推理する中国諸民族成長移住の歴史」ではYAP+てい羌は前三千年-
四千年紀中原を西進、チベットに南下、カム、蔵となり、これが東進、貴州、雲南諸族となるとの想定。

は理解しやすく、納得もできるけど

>ここでいう「寝存形」を日本で考えると楯築墳丘墓が思い出される。
これは筋道立てて、とは言えないよw

564 :出土地不明:2008/07/09(水) 13:14:42 ID:NLofUyWt
>>554
着の身着のまま渡ってきた難民と支配層を一緒にされても・・・

565 :月光仮面:2008/07/09(水) 13:36:25 ID:I1g/91d8
>>563 ごもっとも。「楕円形の積石塚の中に集まっているもので、そこから積石を無くして」・・・楯築
の場合、スラブ石柱が外側に傾斜する形で楕円形ひまわりの形状をしていた。この楕円形ひまわりの
磐境(あの世との結界)の中に埋葬主体があると解釈しているんだけどね。そして、北朝鮮のもこんな
ものではないか。それとも・・・なんて考えているんだけど。


566 :月光仮面:2008/07/09(水) 13:58:02 ID:I1g/91d8
これはYAP+と見られる四川地震震源地阿ば藏族羌族自治州箱式石棺墓
http://www.aba.gov.cn/zqwh/lswh08.jpg
喪葬文化
包括石棺葬、崖墓、大石墓、專室墓、土坑墓、石室墓等,有鮮明的時代特色和地方特色。
至于当地居民為何同時采用両種(石棺葬、崖墓)不同的墓葬形式,即是一个未解之謎,有待進一歩
考証。何故当地住民は同時代に二種類(石棺葬、崖墓)の異なる墓葬形式を採用したのか、この謎は解け
ておらず、考証をさらに前進さす必要がある。日本の後漢時代も同じ謎がある。この頃後漢には仏教が
伝来、日本には天竺から修験道のようなものも伝来したような節がある。


567 :出土地不明:2008/07/09(水) 14:46:30 ID:K5EKuwJG
ツングース水軍説とか。

568 :月光仮面:2008/07/09(水) 15:41:16 ID:I1g/91d8
「伝説によると、まだ日本に仏教が伝来しない時代、人皇10代崇神天皇(一説では西暦紀元元年の弥生
時代中期)の御代、すでに日子山権現(権現とは仏の仮の姿)の霊神が、天竺から東に向って五つの霊剣
を投げだといわれ、また26代継体天皇の御代に、大唐(いまの中国で異説では魏国)から善正和尚という
僧が飄然として海を渡って大宰府につき、豊州(豊前国)の高岳(英彦山)の聖なる地に「彦山霊仙寺」と
いう一寺を建立して、釈迦如来、阿弥陀如来、観世音菩薩を本地(仏)にしたという。」
http://www.sysken.or.jp/Ushijima/Den-buzen.html

569 :月光仮面:2008/07/09(水) 15:43:56 ID:I1g/91d8
「求菩提山(782メートル)の中宮から上宮にかけて850段の石段がある。これは、昔、犬ヶ岳に住んでいた
鬼が築いたものであると伝えられている。」
http://www.city.buzen.fukuoka.jp/minwa/minwa-2/oninoabumi.htm

570 :月光仮面:2008/07/09(水) 15:52:58 ID:I1g/91d8
鬼とナマハゲの接点
http://5.store-web.net/~tetsuyosie/akita/ogasi/gosyado/gosyado.html
鬼関連
http://taro.hamazo.tv/c232886.html


571 :月光仮面:2008/07/09(水) 15:57:26 ID:I1g/91d8
>>484
↑欧州まで続く鬼の面、これぞ鬼方であり、他方、土族、土家族、土方は土師氏として来日、犬戎は
犬飼となる。支配層は山戎、ヤマズミ、仲哀天皇他である。

572 :月光仮面:2008/07/09(水) 16:04:42 ID:I1g/91d8
ツングースと言うより既にモンゴル語である、ホムタ(hormusta)、クト(冒頓単于)>ホト等が使用されて
おり、チュルクに近い言語を持っていたのではなかろうか。例の楯築は中円双方墳であるが、カザフスタン
方面では双方がカイゼル髭となって伸びるがそれに沿って置石があり、中央から地平線の天体観測
を行っていたよし。その置石を峰と名づけているが、ヒコホホデミ、高千穂などがこれに関連するのでは
ないかと思う。

573 :月光仮面:2008/07/09(水) 16:21:05 ID:I1g/91d8
昨夜、聖徳太子がペルシャ人でシリウスを奉じたというのがあったが、バシコルスタンではモンゴロイド
のバシキールと白人のクルドが犬戎となり、シリウスを奉じてエジプトを支配していたことになっている。
別に聖徳太子がモンゴロイドであってもエジプトを統治できるわけだ。ポイントはシリウスが犬神であること。

574 :出土地不明:2008/07/09(水) 22:37:35 ID:NLofUyWt
>>572
藤村由加と同じレベルだな(^o^)

575 :出土地不明:2008/07/10(木) 00:36:03 ID:klC0JfIc
見よ!

これが稲作が伝わった当時の長江江南や華北の炊飯器である。


鬲(レキ=袋状の足を持つ三足土器)
http://infoimages.nmgnews.com/information/20050618/4482.jpg
http://infoimages.nmgnews.com/information/20050610/2764.jpg
http://www.ccnt.com.cn/antique/zhiliaoku/wenwujingcui/crockery/introdution/090.jpg

鼎(テイ=棒状の足を持つ三足土器)
http://www.ccnt.com.cn/antique/zhiliaoku/wenwujingcui/crockery/introdution/099.jpg
http://www.sx.xinhua.org/ztjn/2003-08/29/xin_49b7e0a2d93511d7be2c0050ba1967d3.jpg
http://www.shtong.gov.cn/node2/node4/node2250/songjiang/node70313/node70604/images/00004623.jpg

576 :神子・コンドリア:2008/07/10(木) 06:01:55 ID:gGo5FwYK
>>575
これが報じられてから必死だな(笑
http://mainichi.jp/select/science/news/20080707k0000m040115000c.html

577 :月光仮面:2008/07/10(木) 07:47:17 ID:eI9wRfrm
逆に三足土器を見ると無紋・弥生土器の先進性がよくわかる。食器洗いする立場に立つとね。

578 :月光仮面:2008/07/10(木) 08:07:01 ID:eI9wRfrm
箱式石棺墓のルーツはアファナシエヴォ、オークネフ、カラスク諸文化に認められ、鴨を初めとする
鳥トーテム神話の背景となった原初の海、これは、春夏の西及び東シベリア・冠水タイガであると
思考する。インド・アヨダヤより磐船にのって新羅に降嫁する姫、河内猛峰に降臨する物部の磐船、
高句麗・扶餘、更には日本の神話の始めとか、書き出しに出現する卵、梵卵、イースターエッグも
オークネフ文化にそのルーツが見られる。神武、賀茂氏、孝霊帝などは鳥トーテムであり、鳥は
天神のシンボルである。逆に地のシンボルは蛇、龍である。狼、犬は守護神。が、伊勢遺跡の
ストーン・サークル的建造物はウラルのアルカイム同様太陽崇拝に基づくものであろう。

579 :月光仮面:2008/07/10(木) 08:12:47 ID:eI9wRfrm
また、日鹿、つまり、角の間に太陽を挟んで天かける鹿も西シベリアでは太陽神の象徴。

580 :月光仮面:2008/07/10(木) 08:27:06 ID:eI9wRfrm
>>574
天文考古学の分野で研究が行われウェブに公開済み。ダウンロードしたんだが検索に時間が
かかってね。

581 :月光仮面:2008/07/10(木) 08:40:28 ID:eI9wRfrm
↑ http://www.folklore.ee/folklore/vol31/bekbassar.pdf
このpage10/20にアジダハカというイランの火を噴いて空を飛ぶ龍が日本のピラミッド葦嶽山とか、
アジスキタカヒコネと関係するかと思ってね。

582 :出土地不明:2008/07/10(木) 13:24:39 ID:vPW2PW3Z
>>529
そりゃあそうだろう。紀元前来何度も漢民族の植民地になってるしな。
地続きだし人や物のやり取りも多かったし、
当然民衆レベルで数限りなくセックスもしただろうから
混血はしただろう。
鎖国してたのなんてほんのわずかな期間だし、
鎖国といっても地続きなんだから実質ざるだっただろうし

それに生物学的な血縁と言語文化とはまた別だしね。

583 :出土地不明:2008/07/10(木) 13:38:12 ID:vPW2PW3Z
>>528
朝鮮ほど周辺地域からの流入民が多くはないだろうけど
朝鮮と日本って、かなり近いぞ。
少なくとも九州と奄美大島よりは断然近い。
東シナ海を横断するのとはぜんぜん違うし、
短期間で大量移民も十分に可能。
特に沿岸警備がほとんどなかったと思われる
縄文〜弥生時代に関しては。

584 :出土地不明:2008/07/10(木) 13:54:04 ID:vPW2PW3Z
>>501
別に恥じゃないよ。彼らはケンカがめちゃくちゃ強かったんだから。
彼らが暴れたことで、文明地域の危機意識をあおり、
その文明の発展を加速することに貢献したし。
黄河文明や日本しかり、インド、オリエント、ギリシアやローマ、ゲルマン系民族の文明しかり。
で、その文明人とやらも当然のことながら、農耕を覚える前は狩猟採集や遊牧民出身。
ようするに、何らかの生活条件が重なり、定住して知恵を集積して文明化した民族というのが現れると、
それをケンカの強い民族が横取りして甘い汁を吸って自分が頭のいい知的民族になり、
それをまた別の暴力団が横取りし・・・というのが人類の文明の基本パターンなのは
世界史の本を読めば一目瞭然で、この範囲ではヘーゲル史観はあたってるかもしれん。
彼ら暴力団民族がいなければ、東西文明が橋渡しされて人類の文明が発展することも無かった。
他人がちまちま発展させた文明を最後に横取りしてそれらを融合し
文明の頂点に君臨するのは彼らであることを、歴史が証明した。
今威張ってる英米民族だって、もとをただせば北欧の野蛮な遊牧民だもんな。
匈奴=フン族が暴れてローマをつぶしてくれたおかげで、南下して
威張り始めることができた。彼らはモンゴロイドに感謝すべきだ。
ケンカの強いやつが一番威張ってるのは歴史上ずっとそう。
今だってケンカ大将のアメリカが一番威張ってる。

585 :神子・コンドリア:2008/07/10(木) 14:00:47 ID:gGo5FwYK
>>555
だからさぁ!
他のスレでも投稿をしたけど、、、。
朝鮮人(韓国人)は、嘘つき、大法螺吹きなんだよ。

因みに最近の「http://japanese.china.org.cn/culture/2008-07/04/content_15956153.htm」も同じ。
…読んでみなよ。
中・日・韓の学会員が中国の「古典・鍼灸」を参考にして統一を図ろうとしても、
韓国は自国「鍼灸」が正統と発表したんだよ。

この事は、韓国誌でも大々的に報じられた。

しかし、どうだね!?
日本国は黙っていたが、中国側は猛抗議した。

そのような事だよ、、、日本国の学会員は。
殆ど反論をしないんだよね。

する時には、日本国民から異論が出て初めて抗議をする有様。

だからさぁ。
日・韓の共作事項で発表される物は、
初めから日本側が韓国寄りの考えの人が多いと思うよね。

586 :月光仮面:2008/07/10(木) 14:16:33 ID:eI9wRfrm
↑エジプト、中国のような巨大国家の農業規模が拡大すると管理、防衛が手薄になる。エジプトの
場合は外人部隊に頼る。そこで昨夜の足利義満の如き人物が登場する。中国は果てしのない
分裂、統一の繰り返しだ。ロシアもそんなもんだった。だから専制国家、軍事国家に成長する。
逆に現在の西欧社会が標榜する市民社会というのは極めて不安定なもので、維持するのは
難しい。銃がないと国が保てないというのはこの標本みたいなもんだ。日本はまがりなりにも
戦前戦後学校教育で基本的な国民の均等化は行った。しかし、多くの矛盾を残している。

587 :月光仮面:2008/07/10(木) 14:24:22 ID:eI9wRfrm
↑これ >>563 だったんだ。

588 :月光仮面:2008/07/10(木) 14:25:20 ID:eI9wRfrm
間違えた >>583 だったんだ。

589 :月光仮面:2008/07/10(木) 14:26:32 ID:eI9wRfrm
また、間違えた >>584 だったんだ。

590 :出土地不明:2008/07/10(木) 15:33:39 ID:Wv9IHMXD
>>501
遊牧民で有る可能性が非常に低いだけ。
恥云々の問題では無い。

591 :月光仮面:2008/07/10(木) 15:53:47 ID:eI9wRfrm
↑満蒙では半農半牧だったが、半島、列島稲作地帯に入ると先着農耕民の強力な農地防衛のために
ニッチ分野、古墳等の第三次産業に入らざるを得なかったのでは?

592 :月光仮面:2008/07/10(木) 16:02:31 ID:eI9wRfrm
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8B%E3%83%83%E3%83%81%E5%B8%82%E5%A0%B4
淀川、大和川流域で農地が拡大、在地豪族が傭兵的存在を求め神武を招聘するとする
記紀の記述の通りではないかと思うが。プッシュではなくプル。これを察知したのか
半島南端にまで流れてきていた難民が九州に移動してきた。こんなところか。

593 :出土地不明:2008/07/10(木) 16:27:59 ID:Wv9IHMXD
>>591
そういうのを屁理屈というんだよ。

594 :月光仮面:2008/07/10(木) 16:43:40 ID:eI9wRfrm
半島、列島の先進稲作地帯で山地と平野が接する部分では、吉野ヶ里で見られるような強い
摩擦が生じ、後々まで残ったが、稲作に不向きな東日本・東北ではエミシ、東国武士、農民と
なるもしこりは残らなかった。つまり、スサノオの言う「根のカタスの国」とはこうした東日本
のことで、渡来したユーラシア・ノマドは箱根というカンコク関ならぬ、天然の山海関、燕の長城
のようなインターフェースを持つ地方を求めたのではなかろうか。勿来の関、多賀城は日本版
燕の長城かも。

595 :出土地不明:2008/07/10(木) 16:58:31 ID:4dFibk+r
個人的妄想

紀元前10万年ごろに朝鮮半島を経由してブリヤート民族が渡来。
紀元前6000年ごろ、ヒマラヤから台湾・西南諸島を経て、
レプチャ民族が陸稲を持ち渡来。ここから縄文時代の稲作が始まる。
そして、ブリヤートとレプチャが交わったものが縄文人となる。
紀元前1000年ごろ、水稲を持ってミャオ民族が渡来。
縄文人と交わって弥生民族となり、そして弥生文化スタート。
弥生人が今の大和民族であり、彼等に追われた縄文人が山人である。
山人はサンカの原型。



596 :出土地不明:2008/07/10(木) 17:29:40 ID:04AAWaqs
紀元前10万年ごろのブリヤート民族と
今ブリヤート人ってどれくらい違うんだ?

韓半島の民族が多様でブリヤート民族は万世一系って
話でもないだろうしw

ブリヤート人はどこからきたんだスレでも建てるかw

597 :神子・コンドリア:2008/07/10(木) 18:26:15 ID:gGo5FwYK
私にとっては「日本人どこから来たんだ?」という前に、
「日本と言う国名は、いつから名乗るように成ったんだろう?」の方が気になります。

例えば中国の古文に出てきても、それは中国が名づけた訳じゃなく、
日本国に住んでいた者が名乗った筈と思います。

いつから名乗るようになったんだろう〜?

この問題を早く日本人の誰かが解明しなければ、
あの大法螺吹きの韓国人が「日本国の名付け親は朝鮮人。」と、言うだろうな〜。

598 :出土地不明:2008/07/10(木) 21:07:57 ID:uZczDbnE

>子孫達よ悩むでない俺達が就いてるじゃないか。センス良いだろ!<

人形塚古墳出土
http://karamatsu.cocolog-nifty.com/./photos/uncategorized/hakkutsuten_edohaku_010.jpg
http://chikatsu.mediajoy.com/2007_winter/images/07winter_2.jpg
姫塚古墳出土
http://karamatsu.cocolog-nifty.com/blog/images/haniwa1_23.jpg
http://www.gsn.ed.jp/gakko/syo/iskses/aikawa/haniwa.htm#photo_haniwa1
http://www.geocities.jp/wind_of_hometown/image/hakkutu/haniwa_oinezuka1.jpg
http://www12.wind.ne.jp/tomohm/img_2/a.jpg
http://www.gunmaibun.org/osoretoinori/kohun/img/228.jpg
http://www.tnm.jp/gallery/search/images/500/C0010468.jpg


599 :神子・コンドリア:2008/07/10(木) 21:48:46 ID:gGo5FwYK
>>598
ま〜た、いつもの君かよ〜。
今日は、登場が早いんじゃないの?

今日は、仕事に有り付けたのですか?

600 :出土地不明:2008/07/10(木) 22:02:51 ID:4dFibk+r
>>597
天武天皇が「天皇」号や三種の神器とかと一緒に定めたかと思うのだが。

任那日本府は実際に日本の植民地と言う感じだったのだろうか。
あるいは、北九州と朝鮮南部が同一勢力だったということだろうか。

601 :神子・コンドリア:2008/07/10(木) 23:30:44 ID:gGo5FwYK
>>600
すまん!
天皇家を否定する訳じゃないけど、
天皇の誕生秘話に興味がないんだよ。

ごめんね。
今の天皇の家系だって、本当の真実が判ったら、
日本の天皇制が揺らぐと思うんだ。
※韓国系と言っている訳じゃない。
むしろ、途中に日本人の他の部族が
「天皇」名義を奪ったかも知れないと思うから、、、。

ほら、現世が大きく影響されるでしょう。

602 :月光仮面:2008/07/11(金) 08:43:13 ID:96MkHz1w
>>595
↓最初はマンモスハンター見たいなのが八ヶ岳で黒曜石の商売をやってたようだ。
http://www.avis.ne.jp/~tsutsumi/kyuseki/kyuseki2.htm


603 :出土地不明:2008/07/11(金) 09:51:22 ID:Y0oWX1uc
>597
現在確定してる最古のものはこれでしたっけ?

http://www5f.biglobe.ne.jp/~sans-culotte/topics041010-6.html

604 :出土地不明:2008/07/11(金) 10:42:37 ID:yMjNnVQs
>>601  コンドリアは鹿島ワールドのファンか以外とお子ちゃまだな。

*鹿島昇・裏切られた三人の天皇明治維新の真実を告白!!

これに勝るタブー破りは無い! 鹿島 昇 (新国民社) 裏切られた三人の天皇
明治維新の謎(増補版) 現在の、政治・経済腐敗、 差別問題、体制の隠蔽体質の
本質がここに明かされる。 それらを、クリアーにする為には、 ...

*鹿島昇著書/大室寅之祐=明治天皇究極の歴史の真実。

裏切られた三人の天皇の著者・鹿島昇の日本、東洋の歴史、秘史情報。
山口県田布施町の秘密=明治維新の秘密を明かす.



605 :月光仮面:2008/07/11(金) 14:15:45 ID:96MkHz1w
>>570
河川海洋民族倭人は遼河、黒竜江流域、豆満江、日本海、鴨緑江、大同江、漢江、洛東江を経由して
安曇、住吉、宗像海人族として、日本列島東シナ海、日本海沿岸に展開したが、日本列島先住民は彼らの
ことを現代韓国語wenom(倭奴)の古代形からに借用されたoni(鬼)という言葉で呼んだ。彼等には鬼面を
被る鬼方の風俗があったからでもあろうが、ツヌガアラシトと言う言葉は未知との遭遇をあらわしているよ
うだ。彼らの自称は、山海経の時代から倭awa (阿波(沖縄、四国)、安房、粟(島))、 owo(意宇、多)、
uwa(宇和)、owa (尾張)、wa (輪(島))[関連 阿波岐原、淡路]であり、wの発音に弾みをつける補助母音
を伴ったのであろう。更に、委奴国owo-kuni, owo-na 倭国王 owo-kuni-nusi, owo-na-muti、首都的なも
の表すおおやまとowo-yamato 倭山門(山都)、大倭があった。

606 :月光仮面:2008/07/11(金) 15:13:41 ID:96MkHz1w
三雲,、須玖、井原鑓溝と続いた筑紫の王権を征圧した庄内文化圏連合軍は平原を築き、一大率を
置き、布留式土器文化圏邪馬台国を樹立するが、このときに出雲国造神賀詞のような合意の下に
旧政権を素戔嗚尊の故事になぞらえて出雲に封じたと考えるべきか。あるいは更に楯築征伐、
あるいは、伊勢遺跡方面での政権移譲があったのか。結果的に庄内勢力は九州から鏡作りを
大和に取り込み、時代は青銅祭器時代から古墳時代、大王の時代へと変わる。

607 :出土地不明:2008/07/11(金) 15:16:13 ID:mMs6MQHB
>>605
仮説から論じ始めるところが何とも言えず文系らしくて微笑ましい。(^o^)

608 :神子・コンドリア:2008/07/11(金) 15:36:31 ID:AAaWYXnO
善いの出してくれましたね。

実は私は、10数年前に西安にも約3年程住んでいました。
中国友人の紹介してくれた人も 古墳関係の学術員で、
その時、話題を何にしようかと思いながら、
何気なく日本との関係を聞いて行くうちに、興味を持つように成りました。

日を改めた日に、まだ外部に公開していない某所・博物館所蔵の
剣などを見せてもらいながら話を聞くと、
否応なしに自分の国の歴史を知らない事を思い知りました。
※学術員の話では、「私がこのような遠方とつながりが有るのですか?」と言うと、
日本と西安は、歴史上深いつながりが有るのだと、
いっそうに熱弁された事を思い出します。

このサイトを紹介してくれてありがとう。

609 :月光仮面:2008/07/11(金) 15:42:52 ID:96MkHz1w
承前。
委奴国王、おおなむちは後漢から金印
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%80%AD%E5%A5%B4%E5%9B%BD%E7%8E%8B%E5%8D%B0を受けた。
委奴国の版図は後の出雲の版図であるが
http://www2.odn.ne.jp/~nov.hechima/sikatoadumi.html
秋田方面は五社堂と関連しており、後漢光武への献上品として鹿の角を調達していたのかもしれない。漢
の武帝と言うのはこれか。
http://5.store-web.net/~tetsuyosie/akita/ogasi/gosyado/gosyado.html
重要なのは狗奴国と見られる尾張、海部の勢力圏をカバーしていることで
「葛城の島の宿禰」というのと「一大率」は同じことかもしれない。


610 :月光仮面:2008/07/11(金) 15:46:28 ID:96MkHz1w
とすると、庄内連合の委奴国征圧は狗奴国との冷戦を引き起こしたとも考えられる。

611 :神子・コンドリア:2008/07/11(金) 15:59:23 ID:AAaWYXnO
追伸:
>>608の件は、>>603さんに対するコメントです。
相手先が抜けていました。

612 :出土地不明:2008/07/11(金) 16:01:08 ID:pydTlfy2
>>601
そもそも、天皇家の出自が分かって
「何!何という事だ…」てな感じで揺らぐぐらいの影響力は
象徴天皇制にはないと思うから安心して良いよ。

613 :月光仮面:2008/07/11(金) 16:01:34 ID:96MkHz1w
魏の帯方郡特使訪倭に際し、通訳は中国側に各国の説明をしたであろうが、内戦が勃発しており、
特に、裏で糸を引く出雲については、既にゲリラ状態にあり、その所在を投馬国としてしか説明できず、
交戦する狗奴国の衛星国、クガ(京都、若狭か)方面については鬼国等と苦しい説明をしたのであろう。
後に丹波で日子イマスに討たれるクガミミノツカサ、ヒキメ等が最後の決着の姿であろう。

614 :月光仮面:2008/07/11(金) 16:15:21 ID:96MkHz1w
http://www2.odn.ne.jp/~nov.hechima/sikati1.jpg
↑これを見ると紀伊、熊野にも安曇に通じる海軍勢力があったと見られ、神武の熊野征伐の
戦略的目的がはっきりする。要するに邪馬台国は狗奴国の包囲を解放する必要があったのだ。

615 :神子・コンドリア:2008/07/11(金) 16:34:34 ID:AAaWYXnO
>>612
「象徴天皇」と言うのは、日本国民の「天皇制度」に対する
賛同が得られているからです。

もし、過去の天皇家に対する系図が捻じ曲げられた事だとすれば、
日本人が重んじている「歴代」と言う「名家」的尊信が無くなります。

「天皇家」とは、そのような家柄じゃないでしょうか?

616 :出土地不明:2008/07/11(金) 20:24:42 ID:aUdKGEoy
                                                                 
>しかし、韓国人が「日本が好きだ」と言うと、政治的、マスコミ的に問題があるので、
>「嫌い」という態度を通しているだけだ。
                                                                  
 実は、2000年前から反日主義だったワイ族。その実態とは?
                                
 現在の朝鮮人は、半島東北部の太白山脈(たいはく山脈)の東側に住んでいたワイ族(『東ワイ』とも呼ばれた)の子孫である。
高句麗人(フヨ族)ではないし、韓人(カラビト)でもない。今、国際社会で「コリアン」と呼ばれている民族は、
実は朝鮮人ですらない。
 もともと朝鮮人というのは、紀元前1世紀の時代に半島北部に住んでいた漢人のことである。
つまりチャイニーズのことだ。衛氏朝鮮国の住民である漢人が「朝鮮人」と呼ばれていたのだ。
現在の『コリアン』と呼ばれている半島人(ワイ族=ワイアン)とは、異種なのである。
 古代の半島南部に住み、日本列島の住民から韓人(カラビト)と呼ばれていた人々は、
倭人系民族だった。
彼らは、とうぜん日本語を話したし、現在の半島人(ワイアン=WAIAN)とは人種・民族が異なっていた。
 カラ半島南部においてワイ語(現在の朝鮮語の基になった言語)が公用語になったのは、
8世紀以降であり、7世紀までは、半島南部の公用語は倭語(日本語)だったのである。
古代日本人が交流していた相手は、あくまでも半島南部の倭人であって、ワイ族(今の朝鮮人の先祖)ではない。
古代における日本列島住民と半島南部住民の交流には、朝鮮人(ワイアン)はまったく無関係なのである。



617 :出土地不明:2008/07/11(金) 21:51:01 ID:ZxkGhIju
マルチ乙www

618 :出土地不明:2008/07/11(金) 23:03:12 ID:pydTlfy2
>>615
そんなもんかね。

妄想的日本古代史
紀元前20000年、朝鮮半島を経由してブリヤート民族が渡来。
紀元前16500年、ヒマラヤを下山したレプチャ民族が陸稲を伴い、黒潮ルートにのり渡来。
この2民族の交配により縄文人(日本原住民)が形成され、縄文文化が始まる。
紀元前1000年、長江流域からミャオ民族が水稲を伴い、対馬暖流ルートにのり渡来。
縄文人と交配することにより弥生人(大和民族)を形成。
57年、奴国大王天照が魏に使いを送り、「漢委奴国王」印を貰う。
117年、奴国大王神武が東へ進出し、三輪山付近へ遷都。国号を邪馬台国に改める。
239年、邪馬台国大王開化の叔母倭迹迹日百襲姫命(卑弥呼)が魏へ使いを送り、「親魏倭王」印と「三角縁神獣」鏡を貰う。
247年、卑弥呼死す。その後を開化の妹倭迹迹姫命(台与)が継ぐ。
252年、百済王沸流の一族が渡来。今の天皇家の始祖は彼である。彼は崇神大王となる。
297年、イスラエルのカド族が渡来。その長は沸流大王家に成り代わり大王となる。
「帝(ミカド)」はカド族を敬した「御門(御カド)」の事。
387年、沸流大王家の雄略がクーデタを実行。大王に即位後は異民族蔑視の政策を。
まだ国内(と言っても中部より東はまだ倭ではない)に住んでいた縄文人を虐殺。
縄文人が山へ生き延びたのが「山人」、今の山海(サンカ)の原型である。
ガド大王家は東国へ追放(つまり国外追放)。東北にユダヤ的風俗が見られるのはこのせいである。
507年、狗奴国大王継体が倭を侵略、倭の大王となる。
673年、沸流王家の天武がクーデタを実行。
彼は記紀の編纂命令、「天皇」号と国号「日本」、三種の神器の制定など、
後の天皇制の基礎を築く。

で、
神武奴国王朝
崇神沸流王朝
応神御門王朝
雄略奴国王朝
継体狗奴王朝
天武天皇王朝

619 :出土地不明:2008/07/12(土) 02:52:16 ID:u1IrXukj
今日も酒の肴に、この↓ウンコくせえ江南サギ台湾ベトナム顔土人を嬲ってやるかwwww



>古代シナ大陸南部に栄えた『呉』は、倭人(越人)の国であり、呉人は
>人種的・文化的には日本人と同系であった。しかし、だからといって
>我々日本人は、「呉人は日本人だった」とか、「呉を建国したのは
>日本人だった」とは言わない。呉人が倭人系民族だったとしても、
>日本列島の倭人とは、民族(政治的グループ)が異なるからだ。
>『呉』という国は、日本列島の倭人が建国したわけではないし、
>歴史上、日本列島の倭人がシナ南部の倭人を支配下においたことは
>一度もない。日本列島の倭人とシナ南部の倭人は、民族が別である。




620 :出土地不明:2008/07/12(土) 02:53:01 ID:u1IrXukj

●戰國時代陶質編鐘在呉文化發源地無錫出土


新華網江蘇頻道南京4月16日電 (高幼元) 日前,在無錫市錫山區泰伯文化
藝術節上,一批最近出土的戰國時代陶質編鐘等古樂器向中外遊客展示。
這批距今2000多年?青銅器的樂器中,最令人驚嘆的是,經修復後最大的編鐘,
高30多公分,造型十分精致。

展示會上,錫山區文管會同志介紹?,這裏是呉文化發源地。這批新出土的文物,
除編鐘、鐃、磬等樂器類陶器30餘件外,還有經修復的缸、罐、壇、鼎等各種
陶器共五十多件。這些原始瓷或印紋硬釉陶器,紋飾繁多。有乳釘紋、水波紋、
方格紋、圓圈紋等。經考古專家初?鑒定,數量之多,品種之全,工藝之精,
在全國罕見。

621 :出土地不明:2008/07/12(土) 02:53:36 ID:u1IrXukj
這批珍貴的出土文物是當地村民發現的。今年2月19日,錫山區後宅鎮天仙
塘萬安橋村村民鄒曉峰和鄒春鋒,帶著20多件陶器,向區文管會報告,村裏
一個大土?上發現了“古董”。工作人員認出是極有價?的陶制編鐘。第二
天即?到現場。這個大土?是五年前,鎮上築新路取土用的,當時就有部分
古陶器被?出,村民見是陶土做的,沒在意。而這次錫山區考古人員卻十分
在意,“掘地三尺”,出土的陶片、陶器用1噸半?車裝了滿滿一車。隨後,
他們邊向上級部門報告,邊請專家來修復,並對來報告的兩村民給予了獎勵。

後宅鎮往南數公里的鴻聲鎮,正在發掘的彭祖?文化遺址,已有一大批距今
6000年至7000年的新石器時代文物初露真容。據南京博物院考古學家介紹,
彭祖?是長江三角洲文化層次堆積最厚、包含物最多、保存最好的一處?史文化
遺址,是當代研究太湖流域人類文明發展史最好的?史資料。該鎮的鴻山南麓有
一座被譽為“開發江南先祖”泰伯之墓,距今已有3196年?史。現在,後宅鎮又
新出土的2000年前的古編鐘,作為陶樂器隨葬品,非一般人可用,是墓主人身?
顯赫?還是當時這塊地主是個文化“繁榮”勝地?這還需專家來解謎。
http://big5.xinhuanet.com/gate/big5/www.js.xinhua.org/htm4/2041622.htm

622 :出土地不明:2008/07/12(土) 02:55:19 ID:u1IrXukj
>陶質編鐘等古樂器向中外遊客展示
>鐃、磬等樂器類陶器30餘件外,還有經修復的缸、罐、壇、鼎等
>各種陶器共五十多件。這些原始瓷或印紋硬釉陶器,紋飾繁多。
>有乳釘紋、水波紋、方格紋、圓圈紋等。


編鐘?????鐃?????磬?????缸?????壇?????
鼎?????原始瓷?????印紋硬釉陶?????乳釘紋?????
水波紋?????方格紋?????圓圈紋?????


いやあ、弥生時代の江南の江蘇省無錫の呉の遺址からは日本の弥生遺構では
さーっぱり見た事がない摩訶不思議な物や文様が出るんですねえ(ゲラゲラ嘲笑)(ゲラゲラ嘲笑)



623 :神子・コンドリア:2008/07/12(土) 08:42:05 ID:fGzfyr2y
>>618
>紀元前20000年、朝鮮半島を経由してブリヤート民族が渡来。
>紀元前16500年、ヒマラヤを下山したレプチャ民族が陸稲を伴い、黒潮ルートにのり渡来。
>この2民族の交配により縄文人(日本原住民)が形成され、縄文文化が始まる。

よく、このような文言が議定されていますよね。

しかし、主観で言えば、「紀元前16500年、ヒマラヤを下山したレプチャ民族が陸稲を伴い、黒潮ルートにのり渡来。」の件も
黒潮ルートに乗ったら朝鮮半島や日本の対馬島あたりが善い所じゃないかな〜。
…と、言う事は、「紀元前20000年、朝鮮半島を経由してブリヤート民族が渡来。」と同じだよね。

私は、ヒマラヤを下山したレプチャ民族がいたとするのなら、
潮流に乗るより、強引に東へ東へと進むうちに太平洋側まで出て、
九州南東北部(鹿児島・宮崎・大分)に渡来した方を推測します。
※この時代は、四国や本州などは、まだまだ氷河期の厳しい時代で
移住地に適していないと思うからです。

古代の氷河期時代は、移住地に胡桃や動植物が自生していなければ、
生活できなかったと思います。

624 :神子・コンドリア:2008/07/12(土) 09:10:27 ID:fGzfyr2y
もうひとつ問いたいことは、日本人を始めとするアジアの古代人は、
「アフリカから渡来した説。」に成っているよね。

その理由のふとつが、古代のミイラ発掘でアフリカのものが古いとされているからだよね。
アジアでは、中国・北京原人クラスばかりだった。

しかし、2007年だったか?
北京原人やアフリカなどの原始人より更に古いとされる遺骨が発掘された。
今、詳細な調査をしている最中だと思うよ。

だから、もし、中国の古代人がアフリカ等の原始人より古い事が確実に成ったら、
アフリカ渡来説が変わるので、、、面白くなるよね。
※天動説が昔、信じられていた事と同じくらいに、、、「あの時代はなんだった。」程度。

625 :神子・コンドリア:2008/07/12(土) 09:17:20 ID:fGzfyr2y
>>623の件は、
×よく、このような文言が議定されていますよね。
○多く、このような文言が議定されていますよね。
の誤りです。・・・地方弁が出ました。

626 :神子・コンドリア:2008/07/12(土) 09:51:04 ID:fGzfyr2y
>>624の件。
>しかし、2007年だったか?
>北京原人やアフリカなどの原始人より更に古いとされる遺骨が発掘された。
>今、詳細な調査をしている最中だと思うよ。
…部分について。
そのサイトを再度見つけることが出来たので、投稿しときますね。

      【古人類化石が発見 中国人祖先は三峡地区に誕生】
http://japanese.china.org.cn/culture/2007-11/13/content_9220724.htm

    【山頂洞原人よりも早い時期の原人の頭蓋骨、河南省で発見】
http://japanese.china.org.cn/culture/2008-01/23/content_9575631.htm


627 :出土地不明:2008/07/12(土) 10:02:25 ID:7ynJpIWx
>>624
ゲノム解析で現代人の祖先はアフリカであることは立証されている。

628 :神子・コンドリア:2008/07/12(土) 10:30:29 ID:fGzfyr2y
>>627
私って、少し疑り深いんだよね。

日本人のゲノム解析って、全国10万人(定かな数字とも断言できないけど…。)の
数字で行なったのなら良いよ。

しかし、何人の日本人?
しかも>>626で上げた事を考えたら、「アジア地域からアフリカへ移住した人がいた。」と、
反論さえ言えるかもよ?

何事も決め込んじゃいけないよ。
ああでもない、こうでもないが良いよね。

629 :出土地不明:2008/07/12(土) 12:18:55 ID:ug8sf2mU
>しかも>>626で上げた事を考えたら、「アジア地域からアフリカへ移住した人がいた。」と、
>反論さえ言えるかもよ?

......無理だろ

630 :出土地不明:2008/07/12(土) 12:23:18 ID:9a/L7Wp8
>>628

仮に中国の超古代種が本当だったとしても、

中国古代種→→→アジア地域での進化→→系統絶滅

アフリカ移住→ミトコンドリアイブ→全世界へ→今の中国人、アジア人

ということしかミトコンドリア・イブ仮説からはいえないし、少なくともこの仮説に対する
反証は今のところ無い。

何事も決め込んじゃいけないというなら、根拠もなく「○○かもしれない」なんてことも
いえないでしょ。まずは系統の考え方とミトコンドリア・イブ仮説についてもう少し
調べてみてらどうだろ。 十万人単位で調べないと確たることがいえないような話だったら
ここまで支持されない。

ミトコンドリア・イブ仮説は 別に一人の女性から過去に存在したすべての人類が
生まれたなんてことはいっていない。現在する人類の女系をたどるとアフリカのある
女性にたどり着くというだけに過ぎない。今は絶えているけれど当然多の系統だって
過去には存在したはずだし、ミトコンドリア・イブの前には人類は存在しなかったという
ことは含意していない。

形態の違いなんて全く当てにならないよ。チワワとダックスフンドとチャウチャウと
全然見た目も大きさも色も違いすぎるからって、単一起源の訳がないっていえないでしょ。
今いる様々な犬の種類の大多数は19世紀以降に作り出されたものだよ。


631 :出土地不明:2008/07/12(土) 12:42:39 ID:ug8sf2mU


     ____
   /__.))ノヽ
   .|ミ.l _  ._ i.)  
  (^'ミ/.´・ .〈・ リ   今の人類はわしが育てた
  .しi   r、_) |  
    |  `ニニ' /   
   ノ `ー―i

632 :出土地不明:2008/07/12(土) 13:17:22 ID:pW+MLPRX
ていうか人類発祥を中国起源or多起源にすることで
いったい何をしたいのかがわからん・・・

民族移動の仮説を否定してカオス状態にして、
自分に都合のいい説にもって行きたいってことか?
もはや科学じゃなくなってる希ガス・・・

人類がいろんなところで自然発生的に涌いたとか言いたいの?
だから日本人も日本で涌いたと?

633 :出土地不明:2008/07/12(土) 15:46:35 ID:u1IrXukj
今日も心の一番深い所から大いに笑い飛ばしてやろうじゃないかwwww



●鴻山越國貴族墓地發掘情況介紹

鴻山越國貴族墓地位江蘇無錫鴻山鎮東部,該區保存大小規模土?近百座。南京博物院考古研究所及
錫山區文物管理委員會組成聯合考古隊,於2003年4月至2004年12月期間,對該範圍?土?進行搶救性
發掘。

是次發掘7座墓葬,出土共計2000餘件隨葬器物,其中丘承?就出土1100餘件精美成套的青瓷禮器、
樂器和玉器。 根據墓葬的封土規模、墓葬結構和隨葬器物的種類、質地、組合關係,7座墓葬可以
分為5個等級:

634 :出土地不明:2008/07/12(土) 15:47:15 ID:u1IrXukj
第一級別為丘承?,該墓封土為長方形覆斗?,是墓地中唯一的深坑墓,墓坑平面為「中」字形,
並有壁龕;隨葬品中青瓷禮器數量?多,器類齊全;青瓷樂器既有中原式的鈕、甬鍾、磬,
亦有越式的ロ于、丁寧、鐸、勾、鈴形器、具座,還有以往從未確認的缶;玉器中,既有葬玉、
劍飾,亦有佩玉,而成雙成對的龍形佩、雙龍佩、龍鳳佩、龍首?、龍形?等組成的佩玉,
當為春秋戰國時期最高等級的佩飾;此外還隨葬琉璃釉盤蛇玲瓏球形器等象?特殊意義的器物;
第二級別為老虎?,該墓封土亦為長方形覆斗?,埋葬方式為平地鋪木,隨葬器物中除生活用品外,
還包括成組的原始青瓷樂器和硬陶禮器、樂器;第三級別為萬家墳,與老虎?的封土規模和平地
鋪木的葬制相同,然隨葬品中僅有成組的硬陶禮器、樂器而不見原始青瓷樂器;第四級別為曹家墳、
杜家墳,為長方形覆斗?封土;第五級別為老墳?、鄒家?。這4座墓葬均無成組樂器隨葬,為長圓形
饅首?封土。

635 :出土地不明:2008/07/12(土) 15:47:46 ID:u1IrXukj
鴻山貴族墓葬的特?大致可歸納為以下幾點:
1. 長方形覆斗?或長圓形封土;
2. 除特大型墓葬為深坑墓外,皆為平地起封;
3. 除特大型墓葬為「中」字形外,其餘皆為長條形墓葬,大型的還有?木或分室用的木板等用於
構築墓室;
4. 隨葬器物主要為原始青瓷器和硬陶器;
5. 特大型墓葬的隨葬品中有組玉;
6. 隨葬器物中常見原始青瓷或硬陶的勾、ロ于、丁寧、鐸、羊角器、璧、鈴形器以及越式鼎、
筒形、?、器蓋等;
7. 高等級的器物紋樣中常見蛇。而以蛇為器物紋樣也是越人圖騰崇拜的體現。

636 :出土地不明:2008/07/12(土) 15:48:21 ID:u1IrXukj
這些特?中多為越國墓葬獨有,其中墓葬形制和隨葬品的質地、器形、器類與浙江紹興印山越王墓
以及安吉、海鹽、長興等地的越國貴族墓葬相同,尤其明顯的是均隨葬陶、瓷禮器和樂器,如ロ于、
丁寧、勾、?、甬鍾、磬、鈴形器、缶、具座、羊角器、璧以及越式鼎、筒形、?、器蓋等;
根據墓葬的規模、形制和在墓地中的位置,以及隨葬器物的數量、種類和等級推測,鴻山貴族墓地
中丘承?墓主的等級應為僅次於越王的越國大夫,此墓主室和後室總長僅次於紹興印山越王墓,
遠高於其他中小型越國貴族墓,而出土的隨葬器物則是目前已發掘的越國墓葬中等級最高、
質地最好且器類最為齊全的。

7座墓葬的隨葬品中,皆有完全相同器物,如壇、、碗、?、器蓋等,其年代應相同;而大型或
中型墓葬中則有造型相同的鍾、?、磬、鈴形器、璧、羊角形器等,其年代亦應相同;而從印紋硬陶
和原始青瓷基本生活用品的形態、僅見麻布紋和米字紋等紋飾以及器物的組合關係,根據長江下游
土?墓的分期,其年代應為戰國早期;出土玉器中,儘管有少量紋飾保留春秋?期特?,而?大多數玉器
的造型和紋飾都呈現戰國早期的特?。因此鴻山越國貴族墓地的年代可定為戰國早期,即越國最強盛的
越王勾踐時期。

637 :出土地不明:2008/07/12(土) 15:49:03 ID:u1IrXukj
鴻山越國貴族墓地中,丘承?位於墓地的西北角,而其他大、中、小型墓葬則圍繞在丘承?的東南呈
扇形分布,墓葬與墓葬之間既有一定的分布規律,又存在著嚴格的等級差別,為是次考古發掘最重要的
收穫之一;丘承?墓為目前僅次於紹興印山越王墓的越國第二大墓,而丘承?出土的大批精美成套的玉器、
青瓷禮器和樂器,應為迄今為止江浙一帶所發現的最高等級的越國隨葬器物,同樣為是次考古發掘最重要的
收穫之一。其墓地的完整性和禮器、樂器組合的完整性,尤其是越國的禮樂文化中將中原系統和諧地融入
越系統中,為越國史的研究和解決一系列春秋戰國時期的重要學術課題提供了一批極為珍貴的實物資料,
對於越文化乃至百越民族史的研究和越國考古學的研究將起著積極的推動作用。
http://www.cuhk.edu.hk/ics/ccaa/talk9.htm

638 :出土地不明:2008/07/12(土) 15:49:44 ID:u1IrXukj


いやあ、弥生時代の江南の江蘇省無錫にある越の土トン墓からは、

楽器やら、玉器やら、酒器やら、原始青磁やら、印紋硬陶やら、鈕やら、
甬鍾やら、磬やら、ロ于やら、丁寧やら、勾やら、鈴形器やら、具座やら、
佩玉やら、龍形佩やら、雙龍佩やら、龍鳳佩やら、龍首?やら、龍形?やら、
琉璃釉盤やら、蛇玲瓏球形器やら、羊角器やら、璧やら、越式鼎やら、
筒形やら、?やら、器蓋やら、?やら、

もうさーっぱり見た事も聞いた事もない代物まで、もうありとあらゆる
摩訶不思議な物や文様が、出るわ、出るわ、出るわ、出るわ・・・

何でこんなイイモン、日本の弥生遺構から出んのやろ?(ゲラゲラ嘲笑)



639 :神子・コンドリア:2008/07/12(土) 16:00:19 ID:fGzfyr2y
>>630
まぁ、そうだけどさぁ。
>ゲノム解析で現代人の祖先はアフリカであることは立証されている。

…なんて言われると、反論したく成るじゃん!

「立証されている。」じゃなくて、
「ゲノム解析で現代人の祖先は、アフリカと繋がっている。」が正しいじゃないの?
つまり、「アフリカのいち小母さんのゲノム解析と、
世界中の人々のゲノム解析の結果が同じであった。」と、言うだけでしょう!?

そして、古代にアフリカ大陸から分離移動した
インド大陸に乗ってアジア人も生まれたとする考え方の人もいれば、
アフリカからヨーロッパや中東・アジアへ直接移動したとする、考え方の人もいる。
更にこれまた、中国の古人類がアフリカより古い事が証明されれば、
…む、むぅ。…難しいね。
卵が先か、親鳥が先かの理論に成るよね。
※卵子が先か、類人猿が先かのレベル。

しかし、君のこの例は戴けないよ。
>形態の違いなんて全く当てにならないよ。チワワとダックスフンドとチャウチャウと
>全然見た目も大きさも色も違いすぎるからって、単一起源の訳がないっていえないでしょ。

だって、犬は、人間が狼より造った事だけはハッキリしている。
特に、チワワとダックスフンドとチャウチャウなど、人間が品種改良をした傑作だもんネ。

640 :神子・コンドリア:2008/07/12(土) 16:21:56 ID:fGzfyr2y
>>632
人類発祥をA(アフリカ起源説)とする考え方の人もいれば、
いやいや、B(世界の人類発祥の基になる類人猿的要素を持った種がいくつか居たとする説。」

特にBの説は、現在の人類に行き着くまでに、色んな類似の種と交わったとする説も有ります。
※ライオンとトラの交わりが可能のように…。混血が存在する。

だから、中国のような下記事柄が脚光をあび得るのです。
      【古人類化石が発見 中国人祖先は三峡地区に誕生】
http://japanese.china.org.cn/culture/2007-11/13/content_9220724.htm

    【山頂洞原人よりも早い時期の原人の頭蓋骨、河南省で発見】
http://japanese.china.org.cn/culture/2008-01/23/content_9575631.htm

「日本人は、どこから来たか?」は、上の中国の結果がハッキリしない限り、
東南アジアから新説が出ない場合は、中国から散らばって行った説に成るかも??

641 :出土地不明:2008/07/12(土) 18:00:38 ID:u1IrXukj







神子・コンドリア =朝鮮煙幕タイワン国策工作員







642 :618 ◆I3Bq6RbzwY :2008/07/12(土) 19:55:04 ID:VFsFEoUU
>>623
この場合の「黒潮ルート」と言うのは、
稲の伝来において考えられるルートの1つで、
「江南から台湾・西南諸島を通って南九州へ伝来した」という事。
実際に黒潮で渡来するのとはまた違う。
柳田国男の「海上の道」と言うと分かりやすいか。


643 :出土地不明:2008/07/12(土) 20:05:38 ID:ejxeJSw5
>>638
>いやあ、弥生時代の江南の江蘇省無錫にある越の土トン墓からは、
>楽器やら、玉器やら、酒器やら、原始青磁やら、印紋硬陶やら、鈕やら、
>甬鍾やら、磬やら、ロ于やら、丁寧やら、勾やら、鈴形器やら、具座やら、
>もうさーっぱり見た事も聞いた事もない代物まで、もうありとあらゆる
>摩訶不思議な物や文様が、出るわ、出るわ、出るわ、出るわ・・・

>何でこんなイイモン、日本の弥生遺構から出んのやろ?(ゲラゲラ嘲笑)


別に不思議でもなんでもない(嘲笑
おまえは、「弥生時代の日本人」と「江南人」の区別もつかないのか?
そこまでアホなのか?(嘲笑



644 :出土地不明:2008/07/12(土) 20:26:06 ID:ejxeJSw5
                                    
>しかし、韓国人が「日本が好きだ」と言うと、政治的、マスコミ的に問題があるので、
>「嫌い」という態度を通しているだけだ。
                                                                                                      
 実は、2000年前から反日主義だったワイ族。その実態とは?
                                
 現在の朝鮮人は、半島東北部の太白山脈(たいはく山脈)の東側に住んでいたワイ族(『東ワイ』とも呼ばれた)の
子孫である。高句麗人(フヨ族)ではないし、韓人(カラビト)でもない。今、国際社会で「コリアン」と呼ばれている民族は、
実は朝鮮人ですらない。
 もともと朝鮮人というのは、紀元前1世紀の時代に半島北部に住んでいた漢人のことである。
つまりチャイニーズのことだ。衛氏朝鮮国の住民である漢人が「朝鮮人」と呼ばれていたのだ。
現在の『コリアン』と呼ばれている半島人(ワイ族=ワイアン)とは、異種なのである。
 古代の半島南部に住み、日本列島の住民から韓人(カラビト)と呼ばれていた人々は、倭人系民族だった。
彼らは、とうぜん日本語を話したし、現在の半島人(ワイアン=WAIAN)とは人種・民族が異なっていた。
 カラ半島南部においてワイ語(現在の朝鮮語の基になった言語)が公用語になったのは、
8世紀以降であり、7世紀までは、半島南部の公用語は倭語(日本語)だったのである。
古代日本人が交流していた相手は、あくまでも半島南部の倭人であって、ワイ族(今の朝鮮人の先祖)ではない。
古代における日本列島住民と半島南部住民の交流には、朝鮮人(ワイアン)はまったく無関係なのである。


645 :618 ◆I3Bq6RbzwY :2008/07/12(土) 22:40:33 ID:VFsFEoUU
色々考えた末に、
「江上波夫が唱えた「崇神天皇は騎馬民族である」の「騎馬民族」を「朝鮮からの渡来人」に変えるとあながち間違いでもない」
と言う結論に至った。

646 :出土地不明:2008/07/12(土) 23:41:32 ID:UBUexkkJ
http://etc7.2ch.net/test/read.cgi/esp/1215839585/l50
仏像の力を信じる者はここで祈れ
1 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/12(土) 14:13:05 ID:xl45iBs5
仏像の神々しさ、超越的パワーは一切の衆生を救い給う。
その慈悲の厚さ、全能さを信じて止まないもの、何となく心ひかれるものは
毎日このスレで仏像の御方へお祈りささげましょう
日々の出来事、悩みを仏像に聞いて頂きましょう
            /ヽ v1
          |Y ゝくY :!
          | |Yゝク  |
         f三 へ三ニト
         {ゝ二 二kミ!
         | ー 一 Y
         U、 ー ,U
        >'1ミ二彡^ヽ、
       /  个 ー イ 彡ヽ
      /  i  ト/ミy@┬ ヘ
      /| ̄|ヘ / ,h  /| ̄ |
      7|> '  /n `タ._k  |
      ゝ _ /彡イ `〜 、...,,_}
    __ >彡 '_ゞ_ゝニゝ、_
   < ミ三三彡彡へ r‐ァニ三彡ハ
   〉ーニ二三彡彡1 l キニ三二−ヲ
   f⌒Y⌒⌒Y⌒⌒Y⌒⌒Y⌒⌒Y⌒ハ
 f⌒Y⌒⌒Y⌒⌒Y⌒⌒Y⌒⌒Y⌒⌒ 〉
  ゝ⌒X⌒ヽ〜‐-<⌒⌒ メ⌒Y  / ヘ
 ( \ \     〉-‐rく   ,.-く   ノ
  `丶 _ へ  ハ    ) /  //    【大日如来様】

どの仏像に願掛けしてもお前らの自由だ。
参考:http://syorin.fc2web.com/butuzou.htm

647 :出土地不明:2008/07/13(日) 06:15:19 ID:DfvM0go/
>>646
仏教やなくて仏像教になっとるでないか。

648 :神子・コンドリア:2008/07/13(日) 09:46:47 ID:RDwHOvkD
>>642
この考え方だったら、私もほぼ同じです。

しかし、古代だからと言って中国大陸ばかりとは限らないと思います。
例えば、既に中国大陸から東南アジアへ移住が終えた事の、
その東南アジアの環境が悪かったので、
更にある部族が台湾や九州へ北上したかも知れません。

そのような状況が可能な、茅(かや)船のような小船が
インドネシア・フィリッピンなどで、今でも使われていますよね。

649 :出土地不明:2008/07/13(日) 14:51:05 ID:/LQx6pH1
だったら印文土器系統の土器やら彩陶やら取っ手や耳付きの土器やら
琉球や九州に伝わってるだろがw

台湾には伝わっているが琉球以北にはさっぱり伝わっておらんよw

琉球における稲作開始が平安期の11C頃だという事もしっかり頭に
入れたまえよ考古学を語る素質がない脳弱諸君w

650 :出土地不明:2008/07/13(日) 14:52:55 ID:/LQx6pH1
今日も酒の肴に、この↓ウンコくせえ江南サギ台湾ベトナム顔土人を嬲ってやるかwwww



>古代シナ大陸南部に栄えた『呉』は、倭人(越人)の国であり、呉人は
>人種的・文化的には日本人と同系であった。しかし、だからといって
>我々日本人は、「呉人は日本人だった」とか、「呉を建国したのは
>日本人だった」とは言わない。呉人が倭人系民族だったとしても、
>日本列島の倭人とは、民族(政治的グループ)が異なるからだ。
>『呉』という国は、日本列島の倭人が建国したわけではないし、
>歴史上、日本列島の倭人がシナ南部の倭人を支配下においたことは
>一度もない。日本列島の倭人とシナ南部の倭人は、民族が別である。




651 :出土地不明:2008/07/13(日) 14:54:09 ID:/LQx6pH1

●戰國時代陶質編鐘在呉文化發源地無錫出土


新華網江蘇頻道南京4月16日電 (高幼元) 日前,在無錫市錫山區泰伯文化
藝術節上,一批最近出土的戰國時代陶質編鐘等古樂器向中外遊客展示。
這批距今2000多年?青銅器的樂器中,最令人驚嘆的是,經修復後最大的編鐘,
高30多公分,造型十分精致。

展示會上,錫山區文管會同志介紹?,這裏是呉文化發源地。這批新出土的文物,
除編鐘、鐃、磬等樂器類陶器30餘件外,還有經修復的缸、罐、壇、鼎等各種
陶器共五十多件。這些原始瓷或印紋硬釉陶器,紋飾繁多。有乳釘紋、水波紋、
方格紋、圓圈紋等。經考古專家初?鑒定,數量之多,品種之全,工藝之精,
在全國罕見。

652 :出土地不明:2008/07/13(日) 14:55:50 ID:/LQx6pH1
這批珍貴的出土文物是當地村民發現的。今年2月19日,錫山區後宅鎮天仙
塘萬安橋村村民鄒曉峰和鄒春鋒,帶著20多件陶器,向區文管會報告,村裏
一個大土?上發現了“古董”。工作人員認出是極有價?的陶制編鐘。第二
天即?到現場。這個大土?是五年前,鎮上築新路取土用的,當時就有部分
古陶器被?出,村民見是陶土做的,沒在意。而這次錫山區考古人員卻十分
在意,“掘地三尺”,出土的陶片、陶器用1噸半?車裝了滿滿一車。隨後,
他們邊向上級部門報告,邊請專家來修復,並對來報告的兩村民給予了獎勵。

後宅鎮往南數公里的鴻聲鎮,正在發掘的彭祖?文化遺址,已有一大批距今
6000年至7000年的新石器時代文物初露真容。據南京博物院考古學家介紹,
彭祖?是長江三角洲文化層次堆積最厚、包含物最多、保存最好的一處?史文化
遺址,是當代研究太湖流域人類文明發展史最好的?史資料。該鎮的鴻山南麓有
一座被譽為“開發江南先祖”泰伯之墓,距今已有3196年?史。現在,後宅鎮又
新出土的2000年前的古編鐘,作為陶樂器隨葬品,非一般人可用,是墓主人身?
顯赫?還是當時這塊地主是個文化“繁榮”勝地?這還需專家來解謎。
http://big5.xinhuanet.com/gate/big5/www.js.xinhua.org/htm4/2041622.htm

653 :出土地不明:2008/07/13(日) 14:56:34 ID:/LQx6pH1
>陶質編鐘等古樂器向中外遊客展示
>鐃、磬等樂器類陶器30餘件外,還有經修復的缸、罐、壇、鼎等
>各種陶器共五十多件。這些原始瓷或印紋硬釉陶器,紋飾繁多。
>有乳釘紋、水波紋、方格紋、圓圈紋等。


編鐘?????鐃?????磬?????缸?????壇?????
鼎?????原始瓷?????印紋硬釉陶?????乳釘紋?????
水波紋?????方格紋?????圓圈紋?????


いやあ、弥生時代の江南の江蘇省無錫にある呉の遺址からは日本の弥生遺構では
さーっぱり見た事がない摩訶不思議な物や文様が出るんですねえ(ゲラゲラ嘲笑)(ゲラゲラ嘲笑)



654 :神子・コンドリア:2008/07/13(日) 15:03:09 ID:RDwHOvkD
>>649
私に問うているのかい?

しかし、
>だったら印文土器系統の土器やら彩陶やら取っ手や耳付きの土器やら
琉球や九州に伝わってるだろがw
…と、
>台湾には伝わっているが琉球以北にはさっぱり伝わっておらんよw
…は、意味不明。

琉球や九州に伝わってるだろ⇒台湾には伝わっているが琉球以北にはさっぱり伝わっておらんよ
じゃ何を言いたいんだよ?
「琉球以北」って、九州じゃん!

さっぱり判らん。
日本語、知っているのか?

655 :出土地不明:2008/07/13(日) 16:29:03 ID:BdsoOdZ5
>>649
水田稲作と稲作の起源をごっちゃに論じている時点で失格。

656 :出土地不明:2008/07/13(日) 18:59:23 ID:/LQx6pH1
見よ!

これが稲作が伝わった当時の長江江南や華北の炊飯器である。


鬲(レキ=袋状の足を持つ三足土器)
http://infoimages.nmgnews.com/information/20050618/4482.jpg
http://infoimages.nmgnews.com/information/20050610/2764.jpg
http://www.ccnt.com.cn/antique/zhiliaoku/wenwujingcui/crockery/introdution/090.jpg

鼎(テイ=棒状の足を持つ三足土器)
http://www.ccnt.com.cn/antique/zhiliaoku/wenwujingcui/crockery/introdution/099.jpg
http://www.sx.xinhua.org/ztjn/2003-08/29/xin_49b7e0a2d93511d7be2c0050ba1967d3.jpg
http://www.shtong.gov.cn/node2/node4/node2250/songjiang/node70313/node70604/images/00004623.jpg

657 :出土地不明:2008/07/13(日) 19:18:12 ID:RDwHOvkD
>>656
こればっかり、あちこちに張っているが、
サイドビジネスでもやってんのか?

早く本国・朝鮮へ帰れ!

658 :出土地不明:2008/07/13(日) 22:45:49 ID:KetR2/iU
面白い事言ってるぞw
http://love6.2ch.net/test/read.cgi/chiri/1215613451/849-

659 :XYZ ◆PH4Mje0jPU :2008/07/14(月) 00:55:30 ID:EL0wBFM3
>>654
>>649の文章、わたしは普通に解りますよ。
つまり南周りでの渡来が主だったのであれば、土器や稲作等の
大陸と共通する諸物が、必然的に沖縄以北の日本列島に
同時代に伝わっているはずだ、ということでしょう。
ちなみに揚げ足を取るつもりはありませんが、「琉球以北」は
「琉球を含む琉球から北の地域」という意味ですよ。
文脈的にもべつにおかしくも何ともないですし…。
日本語??

660 :XYZ ◆PH4Mje0jPU :2008/07/14(月) 01:29:38 ID:EL0wBFM3
>>659(訂正)
× 大陸と共通する
○ 大陸に在った


661 :神子・コンドリア:2008/07/14(月) 07:52:08 ID:4+qhcV3f
>>659
益々、意味不明。

君の投稿したこの内容は、
>つまり南周りでの渡来が主だったのであれば、土器や稲作等の
大陸と共通する諸物が、必然的に沖縄以北の日本列島に
同時代に伝わっているはずだ、ということでしょう。

これ「>649」が投稿した内容で、私も最初から文意が判る。

しかし、
>台湾には伝わっているが琉球以北にはさっぱり伝わっておらんよw
                         ̄ ̄ ̄ ̄注(1) ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
の「注1=さっぱり伝わっておらんよ」は、「まったく伝わっていない」と、投稿している。

君の説明してくれた内容
「沖縄以北の日本列島に 同時代に伝わっているはずだ、」
と比較をしても、
じゃ、台湾には伝わっていて、琉球以北には「注(1)の何が」伝わっていないんだ?

662 :神子・コンドリア:2008/07/14(月) 08:40:08 ID:4+qhcV3f
>>659
追伸:

まさかとは思うが、
「つまり南周りでの渡来が主だったのであれば、土器や稲作等の
大陸と共通する諸物が、必然的に沖縄以北の日本列島に
同時代に伝わっているはずだ。」の文意は、

「伝わっているはずだ。」は、「伝わっているはずだ?」=「伝わっていない」って事かい?

もし、そのような投稿文意だったなら、この↓

「だったら印文土器系統の土器やら彩陶やら取っ手や耳付きの土器やら
琉球や九州に伝わってるだろがw」

…を、「・・・・琉球や九州に伝わっていても良いだろうがw」に投稿するべきだよね。

しかし、もしこのような文意だったら、
中国で発掘された物が全て日本へ渡来するとは限らないよね。

つまり、中国大陸や東南アジアから日本へ渡来するときに、
荷物になるような重い土器類を持ち込んで来ると思うかい?
身近な種籾や衣服類だけでを持参して渡来(中国等から避難する。)すると、思うよ。

しかし、こいつ>>649は、ただ、>>638を主張したいんだよ。

移動行動しやすい中で、
「大陸と共通する諸物」の「稲作や土器」などは、既に日本の遺跡調査で発掘されているよね。
そして、「http://mainichi.jp/select/science/news/20080707k0000m040115000c.html
の件もあるからね…。
これからが解明が急がれるんじゃないのかな〜。

663 :トレクワトリスタ:2008/07/14(月) 23:26:09 ID:F+xkNXmq
       (南方系)    (縄文系) (黄河系) (北方系)

        O1   O2   C1   D   O3   C3   N
[日本]
 アイヌ     0%   0%   0%  88%   0%  13%   0%
 旭川     1%  16%   0%  64%  12%   5%  不明
 青森     0%  31%   8%  39%  15%   0%   8%
 関東     2%  31%   2%  48%  15%   2%  不明
 東京     3%  27%   1%  41%  14%   2%   0%
 静岡     0%  36%   5%  33%  20%   2%   2%
 名古屋   3%  32%   5%  34%  22%   1%  不明
 西日本   1%  37%   3%  27%  24%   4%  不明
 徳島     0%  33%  10%  26%  21%   3%   3%
 福岡     2%  36%   4%  28%  26%   8%   4%
 沖縄     1%  24%   8%  40%  21%   2%   0%

[北東アジア]
 ブリヤート 不明  2%  不明   0%   2%  84%   28%
 エヴェンキ 不明 不明  不明  不明   0%  68%  17%
 オロチョン  不明 不明  不明   0%  不明  91%  不明
 モンゴル   1% 不明   0%   1%  23%  52%  不明
 満州     4%  4%  不明   0%  38%  27%  不明
 朝鮮南部   3% 29%   0%   3%  45%   9%   4%
 華北     不明  2%  不明   0%  66%   5%  不明

[温帯・東南アジア]
 チベット   不明   0%  不明  49%  33%  16%  不明
 イー族   不明   9%  不明  16%  33%  16%  不明
 ベトナム   6%  50%  不明   3%  41%   4%  不明
 台湾     22%  9%   0%   0%  58%   6%  不明
 華南     15%  30%  不明  不明  33%  不明  不明
 チワン    11%  68%  不明  不明  16%  不明  不明
 タイ     不明  53%  不明  不明  不明  不明  不明
 マレー    9%  28%  不明   3%  31%   3%  不明
 スマトラ   不明  不明  不明  10%  不明  不明  不明
 ジャワ    23%  42%  不明  不明  不明  不明  不明
 フィリピン  41%  不明  不明  不明  不明  不明  不明

        O1   O2   C1   D   O3   C3   N

664 :出土地不明:2008/07/14(月) 23:27:23 ID:+XVGz6es
彼は記憶からの伝達の話をしてるのに誰が持ち込みの話なんかしたんだよ馬鹿w

話をすり替えんなカスw

だったら何で四方海に囲まれた日本に弥生開始時に水田稲作と同時に
新しい器形と新しい文様と新しい焼成技術を持った大陸の新型土器が
伝わっているんだよヴォケw

何で太平洋の遥かかなたに浮ぶポリネシアにラピタ土器が伝わってるんだタコw

そうか、あれはみんな持ち込みだったんだな?w

じゃあ何で水田稲作と同時に真っ先に三足土器か釜を日本に持ってこないんだよ?w

三足土器だけは忘れて壺だけは覚えてるのか(爆

それと、インドネシアとフィリピンはもみを大きくする遺伝子だけだろがヴォケ。

だったら、インドネシアやフィリピンから直接イネが来たなら
もみが大きくなるだけでジャポニカにならねえだろがドアホw

結局、イネは中国を経由して山東半島から遼東半島に入って朝鮮半島に伝わり、
それを沿海州から弥生人が船で朝鮮半島東岸を通過してくる最中に水田稲作を
知って九州北部に運び込んできただけの話。

以前と何も変わらないよw

臭くて醜く汚らしい江南ベトナム顔タイワン国策工作土人くん(爆

665 :トレクワトリスタ:2008/07/14(月) 23:55:53 ID:F+xkNXmq
以下が、日本人のY染色体ハプロタイプの比率の特に多いもの

D → Dが最も多く、なおかつ海で分けられるアイヌ、本土日本人、琉球人すべてで多い。
     いわば、日本人を象徴するDNA。縄文人の系統と考えられる。
     日本語のベースを形成した系統だと考えられる。
     ※日本以外では、ミャンマー沖のアンダマン諸島で極めて高頻度で、他に
       チベットなどヒマラヤ周辺、スマトラ、雲南周辺の少数民族の一部で多い。
       近縁で同じYAP+を持つ兄弟系統のEは、地中海沿岸・中東・アフリカに分布する。

O2 → 次に多いのがO2で、アイヌを除く全地域の日本人に多くみられ、
     Dとともに日本人の大多数を構成するDNA。
     主に弥生人の系統と考えられる。分かれて渡来したため、
     言語・文化的にはD系統の縄文系によって形成されたものを大きくは置き換えずに、
     水稲栽培などをもたらしつつ、融合していったと考えられる。
     ※だからO2が多く血液型が日本人と似ている江南との関係があっても、
       日本文明のベースはD系統にあるので、何でも取り込んだわけではない。
     ※日本以外では、中国最大の少数民族で最南東端に住むチワン族で最多。
       タイ・ベトナム・ジャワ・日本・華南でも多い。
       (下戸遺伝子の多い西日本・華南・ベトナムが含まれている。)
       (照葉樹林帯(大陸東岸の温帯常緑樹林帯)&東南アジアの稲作地帯に当たる。)
      オーストロアジア語族系と関係あり。


666 :出土地不明:2008/07/14(月) 23:56:40 ID:+XVGz6es
大陸の新型土器の弥生土器、あれはみんな持ち込みだったんですよw

持ち込みw

長江江南フィリピンインドネシアから何を血迷ったのか、
わざわざ北方アジアに関係がある土器を日本に持ち込んできたんです(爆

667 :トレクワトリスタ:2008/07/15(火) 00:24:49 ID:7hl2aEa2
>>663のデータで結構以外だったのが、
日本列島の近隣である、台湾、朝鮮南部(韓国)、ベトナムの3集団が
(北方系・南方系の影響の差異はあるものの)主要部分が結構似ている構成になっていること。

3集団ともに黄河流域を中心に分布する漢民族を特徴ずけるO3系統が非常に多い。
あと、O2系統もそれなりにもっている。(ベトナムではこれも非常に多く最多。)

朝鮮南部に関しては、父系に関してはシベリア系や南方系よりも、黄河系が圧倒的に多かった。

台湾でも父系に関しては、フィリピンなどで多い南島系O1が少なくないにもかかわらず、
対岸の華南には多いO2よりも華北に多いO3系の方が多かった。
(外省人の多い台北のサンプルが多い可能性はあるが)

ベトナムはO2系が最多だが、華南以上に黄河系のO3系が多く、2系統で大多数を構成している。

日本では古墳時代以降、北九州を始めとする本土日本人に、
O2系のとの混血の形でO3系・C3系の北アジア系統が朝鮮半島からいくらか入ったみたいだが、
韓国・台湾・ベトナムの中華文明圏と違って、D&O2に比べてずっと少ないのが特徴的
⇒ だから中国語コピペ厨よ、ベトナム顔(と多分プノンペン顔も)やチョソ顔が嫌いなら、
   日本人に関して、その心配は全く必要ない。


668 :神子・コンドリア:2008/07/15(火) 01:18:46 ID:UNcLNDpI
>>664
昨日も吠えているね〜。
>じゃあ何で水田稲作と同時に真っ先に三足土器か釜を日本に持ってこないんだよ?w
三足土器だけは忘れて壺だけは覚えてるのか(爆

三足土器、三足土器と言っているが、
そんなに大事な要素か?

中国の三足土器がでてきた時代は、紀元前4000年も昔の時代。
つまり、旧石器時代。

それに、だいぶ遅れる事の紀元前1000年前後が「日本の縄文時代。」
更に紀元前200年ごろが「日本の弥生時代。」

つまり、「日本の弥生時代。」に中国で普遍的に三足土器を
使っていたんだったら、君の言い分も判るよ。

しかし、「日本の弥生時代。」に相当する時代のテオティワカン(遺跡)で
円筒型三足土器がでてきたからって、
この時代に、中国の古墳から出てきたのかよ。
新しい年代でも中国・竜山文化の紀元前1800年ごろだろう。

しかしだ。
君の話に合わせるのなら、
日本の縄文時代に、このような「http://dspace.wul.waseda.ac.jp/dspace/bitstream/2065/8557/1/80466_42.pdf
ことも有るようだから、一読したら…(笑

669 :神子・コンドリア:2008/07/15(火) 01:24:54 ID:UNcLNDpI
追伸:
君と議論するのは面倒臭いから、
http://dspace.wul.waseda.ac.jp/dspace/bitstream/2065/8557/1/80466_42.pdf」 を
最後の文末まで、噛み締めて読めよ(笑

670 :出土地不明:2008/07/15(火) 10:44:20 ID:1lUi2J85
宮本長二郎・東京国立文化財研究所国際文化財保存修復協力センター長(建築学)の話。
縄文の高床建物のルーツは長江流域と考えるのが自然だろう。ただし、日本の高床建物は
祭祀(さいし)目的とみられ、住居など実用目的だった中国とは異なる。
http://inoues.net/ruins/sakuramachi.html

縄文の高床建物のルーツは長江流域と考えるのが自然だろう。
縄文の高床建物のルーツは長江流域と考えるのが自然だろう。
縄文の高床建物のルーツは長江流域と考えるのが自然だろう。
縄文の高床建物のルーツは長江流域と考えるのが自然だろう。
縄文の高床建物のルーツは長江流域と考えるのが自然だろう。

同時代で同規模の沿海州高床倉庫文化遺跡ってどれwwwww

671 :月光仮面:2008/07/15(火) 11:00:07 ID:Botx3eB+
>>665 中国調査報告2件以下の通り
Human Genetics Center
of Yunnan University Science in China
Series C-Life Sciences
2003 Vol.46 No. 2 pp.135-140
Primi has the highest YAP+ frequency (72.3%)
Tibetan (36.0%),
Naxi (37.5% and 25.5%),
Zhuang (21.3%),
Jingpo (12.5%),
Miao (11.8%),
Dai (11.4%, 10.0%, 3.3% and 2.0%),
Yi (8.0%),
Bai of Yunnan   (6.7% and 6.0%),
Mongol of Inner Mongolia   (4.3%),
Tujia of Hunan (2.6%),
Yao (2.2%) and
Nu (1.8%).
--------------------------------------------
Zhongguo Yi Xue Ke Xue Yuan Xue Bao. 2006 Apr
Zang        36.7%,
Tu         23.8%,
Yi         18.4%,
Pumi       11.3%,
Tajik        7.4%,
Bai         6.7%,
Jino        5.1%,
Shandong Han          4%,
Mulao              2.7%, and
Maonan             1.3%.
----------------------------------------------

672 :月光仮面:2008/07/15(火) 11:22:50 ID:Botx3eB+
>>663
O1   O2   C1   D   O3   C3    N
 アイヌ     0%   0%   0%   88%   0%   13%   0%
 旭川     1%   16%   0%   64%   12%   5%   不明
アイヌはC3であり、Dは粛慎、
アイヌ          13%
↓隠れアイヌの全国分布は
旭川        5%
青森        0%
関東        2%
東京        2%
静岡        2% 
名古屋       1% 
西日本       4%
徳島        3%
福岡        8%
沖縄           2%

                




673 :出土地不明:2008/07/15(火) 12:09:28 ID:XZp/U89k
>>668
弥生時代は紀元前千年前から始まった。

674 :出土地不明:2008/07/15(火) 21:50:33 ID:x9XlMkMc
>>673
いまふと思いついたが、弥生時代が紀元前千年前って書いたが、
商のキ氏が朝鮮を支配したのもその頃だよねー。
やっぱり商の圧制を逃れてきた難民なんだろね。

675 :トレクワトリスタ:2008/07/15(火) 22:17:35 ID:f8z6GwiH
>>671
ありがとうございます。
> Primi has the highest YAP+ frequency (72.3%)
これってプミ族のことですかね。
だとすると、下の方の
> Pumi       11.3%,
とだいぶん差があるので、居住地とかのサンプル条件で差が出るのかな。
これを見ると、雲南の少数民族は日本ほどは高頻度ではないけれど、
そこそこYAP+持ちが多いですね。

中国最南西部の雲南(昔の大理国)・ミャンマー・インド北東部・ヒマラヤ周辺
このあたりは色々と面白い場所ですね。
ちょっと秘境で狩猟・採集民が最近まで多く残っていたり、
古い田舎の日本の風景や日本人に似ている人たちが多いような。

昔、タイ、ミャンマー、ラオス3国の国境地帯で麻薬で有名な
ゴールデン・トライアングルが有名でちょっと怪しい場所でしたが、
あの辺の高原地帯はアジアでは気候が良く、
先の大戦中は軍が日本人の移住先に適した場所という報告をしていたとか。

縄文人の仲間のYAP+をもった集団は、温帯の海とか山のあるところを
好んで住み着く傾向があるような。夏冬で気温が激変するのは苦手なのかもしれないですね。


676 :675続き:2008/07/15(火) 22:49:27 ID:f8z6GwiH
そういえば同じYAP+のY染色体E系統の仲間達も、多くが地中海沿岸の温暖で
食事のうまいところに住み着いていますな。

D系統の話に戻ります。

チベットなどのD1(とD3)、日本列島のD2がどちらが古いかというので、
アメリカとかの最新の研究では、ユーラシア南縁沿いに移動して日本に入り、
ここから(樺太or朝鮮半島経由かはともかく)北アジアに移動し、チベットに落ち着いた説になってきている。

その一方で日本人とかでは、D1などが古く、チベット・中央アジアからモンゴルとかの北アジア経由、
または東南アジアを経由しつつも朝鮮半島か樺太経由で日本には入ったという考えもある。
(途中の移動地域にYAP+が残らなかった説明が大変になるが。)

ミャンマーの沖合いにハプロDの古い祖型が高頻度で残るアンダマン諸島(ミャンマー沖の)がありますが、
ここから比較的近いベンガル湾沿岸は、ユーラシア南縁で最も海が北に入り込む場所ですね。
ここからヒマラヤまでの距離も結構短い。
自信があるわけではないけど特別な理由が無ければ、
D1(チベットとか)、D2(日本)ともに海辺から直接入ったとも考えられるのでははないかと。


677 :出土地不明:2008/07/15(火) 23:45:31 ID:EC63iH8q
>>668
あほだろおまえw

じゃあ何で稲作が伝わった九州北部からはその炊飯器だった鬲型土器
が一つも出てこねえんだバカw

「稲作は中国からではない!」と自ら言っているようなもんだろが(爆

それにそんな資料くらい大昔に目を通しているよ。

当時、金関も青森の鬲型土器は邑婁との交易品という見解を出していたし、
その資料にも、

『虚空蔵遺跡の三足土器が東アジアの三足土器と関連があるとすれば、
殷末周初に始まる中国東北地区から沿海州にかけての鬲dタイブと
関わる可能性を探らねばならない。』

と結論付けているだろうが。

おまえこそ最後の文末まで噛み締めて読めよカス(爆

青森の鬲型土器は中国の鬲とは成形方法が違うし、日常土器として定着していない。
ましてや他の中国土器もない。

中国とは異なる場所から持ち込まれた単なる交易品だよ。

それにウソはいかんなウソはw

三足土器は漢代までは現役で使われているだろうがw

>約6000年前には三足土器が登場。中国の漢時代まで代表的な土器の一つとなりました。
http://www.kaen-kaido.com/r_contents/manabu_event_frm04_2.html

三足土器が衰退していったのは三国時代頃で、原因は竈が普及したせい。
竈と釜のセットなのだが、竈や釜にしたって古墳期に朝鮮から伝わるまで伝わっていない。

死にたきゃ何度でも殺したるぞw

ただしヒマなときに頼むわw

臭くて醜く汚らしい人間未満の江南ベトナム顔タイワン国策工作土人くん(ハゲシクワラウwwww

678 :出土地不明:2008/07/15(火) 23:47:19 ID:EC63iH8q

>約6000年前には三足土器が登場。中国の漢時代まで代表的な土器の一つとなりました。
http://www.kaen-kaido.com/r_contents/manabu_event_frm04_2.html

三足土器が衰退していったのは三国時代頃で、原因は竈が普及したせい。
竈と釜のセットなのだが、竈や釜にしたって古墳期に朝鮮から伝わるまで伝わっていない。

死にたきゃ何度でも殺したるぞw

ただしヒマなときに頼むわw

臭くて醜く汚らしい人間未満の江南ベトナム顔タイワン国策工作土人くん(ハゲシクワラウwwww

679 :トレクワトリスタ:2008/07/16(水) 00:15:32 ID:GEJAb1BY
>>672
縄文人がD系統と考える前提だと、発汗が多い・彫が深いなどの特徴を持つはずなので、
元々から北方由来(特にシベリア由来)ではないだろうと。

ただ温暖だった縄文時代には、縄文系のD系統がC系統とともに
水の多いアムール川流域までひろがり、その後の寒冷化にともなって
寒地適応したC3系統(粛慎?)と混ざってシベリアと地続きの北海道に南下したとすると、
多数のD2とそのほかをC3で占めるアイヌの説明がつきますね。
アイヌは彫が深い・漁撈を行うといった古モンゴロイド一般の要素と、
B型が多い・北方系に近い言語を話す(C3系言語?)といった新モンゴロイドの要素を併せ持つ要因かと。

北九州などのC3系はアイヌとは別系統では?
東日本・中央日本にC3系が少ない上に、津軽海峡を隔てた青森ではC3系がない。
津軽海峡は対馬海峡よりは狭いけど、間宮海峡≒宗谷海峡よりはずっと広く深くなる。
暖流に乗ったD2系統の北上はできても、大陸からのC3系統の東北地方への南下は
古い時代には難しかったのではないかと。
C3系統の日本本土への多少の流入は、主に古墳時代以降と思われ。


680 :出土地不明:2008/07/16(水) 00:16:22 ID:CdfMcZPv
>>678
お前竃って何するものか判っているの?
縄文土器はどの様に使用されたか判っているの?
既に有る物をなんで外来の物にリプレースしなければならないの?

681 :出土地不明:2008/07/16(水) 00:56:49 ID:4YWPt1YP
だったら何で竈も釜も須恵器も青磁も白磁も伝わっているの?
既に有る物をなんで外来の物にリプレースしなければならないの?

俺には絶対に勝てんよw

ツブレ鼻でウンコ色した下劣なタイワン半ニグロくん(爆

682 :トレクワトリスタ:2008/07/16(水) 01:11:30 ID:GEJAb1BY
>>677
>臭くて醜く汚らしい人間未満の江南ベトナム顔タイワン国策工作土人くん(ハゲシクワラウwwww

日本人の顔は、東南アジアのベトナムとかカンボジアとかに典型的な顔には
一部に似てる奴もいるが、確かに大多数はそれほど似ていないと思う。
同様に、韓国や台湾の顔ともたいていは違いを感じる。(特に男の顔は)
日本人では華北・朝鮮・台湾で支配的で、ベトナムでも多いO3系統は少数派。
(台湾は南方系と北方系のバランスのせいか女性では似ていると思う。)

日本人が彼らと違って鼻筋がはっきりしていて君が言う「高貴」な雰囲気が
あるとすれば、旭川から那覇までにだけ多いD2系統の縄文DNAによるもの。
台湾以南と日本人の差を強調しても、朝鮮と(特に多数派の偏平顔の穢族顔に)
近いことにはならないが良いのか。

日本人にD系統に次いで多いO2系統だけは、稲作の北限であった朝鮮南部にも少数派ながら存在するので、
もしも山東半島南部(中国の稲作の歴史的北限)〜中国南端のチワン族(O2系統分布の中心)と、
日本人の差を強調するほど、血統的には韓国系少数派との共通部分まで否定することになるが
宜しいのかな。

特に、たぶん朝鮮半島南西部に少数入ったO2系の稲作・航海民は、日本の弥生人の多くと同様に
A型が多くそれほど南方顔ではない江南周辺に近い系統がルーツのはずだ。
(O型比率世界最低の韓国人に広東系やチワン族の血が入ったとは思われない。)

日本人は現在では近隣のアジア人とは、地理的に近い割には血統的には独自性が強いが、
強いて言うなら、弥生系は長江中・下流域の湖南(湘方言地域)や浙江(呉方言地域)に近く、
縄文系はチベット・四川・青海・雲南に比較的近いかと思う。そっくりとは思わないが・・・。


683 :出土地不明:2008/07/16(水) 01:25:37 ID:pHSgt3//
中国がマトモナDNA情報晒してんのかよ?情報は掻き集めてるみたいだし何とか艦隊
の子孫はDNA調査までして留学させる拘りようだがw

考古、歴史全般に胡散臭い。

684 :出土地不明:2008/07/16(水) 01:44:07 ID:4YWPt1YP
mtとYは全く信用に値しないただのゴミw

弥生人を中国と出してくるような最低の精度のもので系統なんか
見れるわけがないの。

弥生人を北方と出してきた精度的に正確な遺伝学はHLAだけ。

685 :出土地不明:2008/07/16(水) 02:03:36 ID:4YWPt1YP
>>682
日本人で高貴な顔をしてるのは偏平な顔の系統だよ。

人類全体を通して扁平な顔ほど高貴な顔とされているよ。

三足土器のふるさと長江江南から台湾島に渡った祖先を持つ
ベトナーム顔の醜悪な台湾国策工作員くんwwww

弥生系は満州や沿海州などのツングースに近く、
縄文系は極北のシビリーデに近い。

顔面的に言えばな。

686 :月光仮面:2008/07/16(水) 08:29:15 ID:YzPAoXqN
>>676
>チベットなどのD1(とD3)、日本列島のD2がどちらが古いかというので、
http://www.isogg.org/tree/ISOGG_HapgrpD.html
D M174
・nbsp; D* -
・nbsp; D1 M15
・nbsp; D2 M55, M57, M64.1, M179, P12, P37.1, P41.1 (M359.1), 12f2.2
・nbsp; ・nbsp; D2* -
・nbsp; ・nbsp; D2a M116.1
・nbsp; ・nbsp; ・nbsp; D2a* -
・nbsp; ・nbsp; ・nbsp; D2a1 M125
・nbsp; ・nbsp; ・nbsp; ・nbsp; D2a1* -
・nbsp; ・nbsp; ・nbsp; ・nbsp; D2a1a P42
・nbsp; ・nbsp; ・nbsp; ・nbsp; D2a1b P53.2
・nbsp; ・nbsp; ・nbsp; D2a2 M151
・nbsp; D3 P47
例えばD2a1bの場合は、これ自体の持つ突然変異P53.2に加えて、この祖形D2a1にある突然変異
M125と、D2共通の戸津ゼ燕変異M55, M57, M64.1, M179, P12, P37.1, P41.1 (M359.1), 12f2.2とか
D共通の突然変異M174を含むということ。これはD2a1bのの出現が非常に新しいことを意味します。
そして、中央アジアのD*とかD3、チベットなどのD1は日本と比較して突然変異が少ない。これは
古代から孤立していたことを意味します。





687 :月光仮面:2008/07/16(水) 08:42:04 ID:YzPAoXqN
承前
http://img438.imageshack.us/my.php?image=japan9zr.gif
これを見るとCAS(Central Asia)に古形が集中、新型は日本に集中しています。基本的に
中央アジアにいた民族が日本に移住したとしないといけない。これは日本に存在する型の
突然変異が発生するには12,000-20,000年を必要とする。日本では2万年前には姶良、6300
年前には喜界カルデラ噴火があり、西日本が初期化されています。環境が劣化したために
12,000-20,000年の間でこれほどの子孫繁栄はありえません。逆に、D1、D3のような孤立化
を辿るのが必定。それなのに事実は逆であること。これは弥生末期の渡来にその原因を
求めざるを得ない。


688 :月光仮面:2008/07/16(水) 08:54:47 ID:YzPAoXqN
承前
1.アイヌと琉球人の間には共通パターンがない
2.アイヌと本土日本人の間には4つの共通パターンがある
3.アイヌと韓国人の間には3つの共通パターンがある
http://www.dai3gen.net/mt06.htm
男性遺伝子であるYDNAだけではなく、mtDNAの立場から見ると上記の結果となります。
アイヌ人の持つ希薄なモンゴロイド特徴は非常に古い民族であることを意味し、日本列島とか
朝鮮半島の基層部分にそうした非常に古いものがあり、YDNAのDとは異なるということがいえる
と思います。



689 :出土地不明:2008/07/16(水) 09:50:16 ID:M5K6pwUR
このサイトはどう思われるでしょうか?

東京も横浜も「茶臼(jawsu)」だ
ttp://www5a.biglobe.ne.jp/~kaya2002/0106.htm

某国工作員っていうやつでしょうか?

690 :出土地不明:2008/07/16(水) 11:30:34 ID:qpylXr3a
アイヌは言語もエスキモーと似てるからそりゃ一番古いだろうな
そこに揚子江系やアルタイ系の住民が後から入ってきたんじゃろ。
揚子江系=稲作弥生人、アルタイ系=古墳時代を作った大和支配層
って考えるのが一番自然な解釈かな。
アルタイ系は満州に来た時点で稲作文化と混じっていた可能性も高いね。

特にアルタイ系はシベリア全体に進出してきてアイヌ・エスキモー系を押しやったり
同化したりしたから、アイヌが孤立してるように見えるだけで。
もちろん西日本にいたアイヌは混血やら何やらで
渡来人に同化されてしまったんだろうな。

691 :出土地不明:2008/07/16(水) 12:30:12 ID:CdfMcZPv
>>684
全世界の生物学者を敵にしたいらしいな(^o^)

692 :出土地不明:2008/07/16(水) 13:03:30 ID:CdfMcZPv
>>686
突然変異が多い=古いだろ。

693 :出土地不明:2008/07/16(水) 13:40:15 ID:pHSgt3//
大陸で古層の保存ができんのかよ。それらしく見えるだけで
どんな辺鄙なとこも表層は混じりまくってんだろ。

694 :月光仮面:2008/07/16(水) 13:48:24 ID:YzPAoXqN
>突然変異が多い=古いだろ
苦労を重ねた、流浪の旅を続けた、しぶとい、年輪の厚いといった系統という意味。
逆に、少ないというのは、ヒマラヤの奥地のような秘境で同じ環境のまま何千年も代が続いた
と言う意味。ウドの大木というか。日本人の場合は縄文杉と言うか。

695 :月光仮面:2008/07/16(水) 14:02:03 ID:YzPAoXqN
>>690
6300年前長江の河口、喜界カルデラが噴火した時海水ははるか太平洋の彼方に後退。海底が
露出し、その上を火砕流が鹿児島の開聞岳に押し寄せた。このとき、噴煙は津軽海峡までの空を
覆い、太陽光線は遮断された。その後太平洋から押し寄せた津波は波高30M以上であったがこれは
長江を遡るにつれて加速的に高くなり、中国大陸は未曾有の洪水に見舞われた。「不周山」が崩れた
と言うのは三峡ダム近辺の山々が崩壊したことを意味するのではなかろうか。こうした天災・地震のため
三苗・百越は中原を時計回りに中央アジア・シベリアへと分散した。アルタイ・ツングースなどはこうして
発生したのだろう。

696 :月光仮面:2008/07/16(水) 14:13:41 ID:YzPAoXqN
承前 
竜山文化、三星堆、バンチェン青銅器文化が消滅し、殷の青銅器文化となるのは斉家、四覇文化
の頃に四川大地震のような規模の地震が発生したと考えられる。なにか長江文化を中断さす要素があった
筈だ。私は三苗・百越・羌が中央アジアで後期青銅器のセイマ・トゥルビノ技術革新を成し遂げたのではな
いか、そしてその弾みでエジプト・ヒクソス王朝を樹立したのではないかと考えているんだけど。

697 :月光仮面:2008/07/16(水) 14:17:04 ID:YzPAoXqN
そして、日本のYAP+とはこの動きの一貫としてアルタイ、内蒙古方面からの山戎・土方・鬼方の流入で
あると考えている。

698 :月光仮面:2008/07/16(水) 14:42:35 ID:YzPAoXqN
>>676
アンダマン島にはD1もいたはずですが。日本にはブリャートの宝貝の展示品があります。昔は
竹馬古道といって南北シルクロードがあったそうですね。YAP+はインドに形跡がなく、北米行きの
最終電車の出た12000年前には乗り場である南シベリアにはいなかったようです。そうして兄弟の
YAP+Eはホルムス海峡、中近東、小アジアにいる。と言うことは彼らは山戎的暮らしぶりをしていた
のであるとするとイランの山地あたり、ハラフ文化の起こったあたりにおいてDE共通から12000年頃
前に枝分かれを始めたのではないかなといった感じがしますね。

699 :トレクワトリスタ:2008/07/16(水) 22:13:49 ID:3iV2iW/C
>>685
> 日本人で高貴な顔をしてるのは偏平な顔の系統だよ。
> 人類全体を通して扁平な顔ほど高貴な顔とされているよ。
これダウト。おまえの願望だろ。
モンゴル帝国に支配されたユーラシア内陸部とかの限られた時期・地域で、
貴族層にこういうのが多くて、それに近いことは過去にあったかもしれないが、
世界の大体の地域では、偏平顔は気味悪がられたり見下されることの方が多いだろう。
女の場合は異文化趣味で、こういう東洋系がハリウッドなんかの女優にいるが・・・。

Y-DNAは父系だけしか追えない限界はあるが、系統はごまかしなしにはっきりと出る。
まず、日本人に多いD系統は古い出アフリカの系統であって新モンゴロイドではない。
D2はC1とともに古くから日本列島に固有の系統で、D2に関してはまず縄文人で間違いない。

> 弥生系は満州や沿海州などのツングースに近く、
> 縄文系は極北のシビリーデに近い。
上のツングースをC3系統(ブリヤートとか)、下のシビリーデをN系統(西方のサーミ人やシベリア最東部)と
なるだろう。ハプログループの分布からすると。でもこれらは日本人にはかなり少ないんだよね。

母系ではY-DNAのN系統に対応した集団がもう少し多い可能性は確かにあると思う。
でもそうなると、その偏平顔(これはC3やO3の特徴だと思うが)の男達は、
高貴なはずなのに、人類の常識と違って父系の方が減少してしまっていることになるよな。
(チンギスではなく、みんな上杉謙信みたいだったとかだったら判る。)
少なくとも天皇家や父系で同じ系統の源氏・平家や高位の公家の一定部分は、
おそらくD2系統だろうし、他系統の公家にはO2系統などが多かった可能性が高い。

D2系統とO2系統が日本人の多数を占めるが、ではどうしてシベリアに分布していないのかね。


700 :トレクワトリスタ:2008/07/16(水) 22:52:30 ID:3iV2iW/C
同じく>>685
> 三足土器のふるさと長江江南から台湾島に渡った祖先を持つ
> ベトナーム顔の醜悪な台湾国策工作員くんwwww

まず、台湾島の「漢族」は対岸のビンナン(福建省)とか少数は客家と近いと言われている。
それらの言語を話すから。福建〜広東と同じくO型が頻度が高いというのもある。
彼らとかそれより南の東南アジア人の多くは、お前の言うように鼻はだんご鼻。

長江江南はA型がアジアの中では中では比較的多くて、日本人の血液型比率を表現するのに、
湖南型という言葉もある。また鼻は縄文系と比べなければ、アジアでは整っている方。
O3系統も、周辺の朝鮮・華北・台湾・ベトナムよりは少ないが日本人よりは入っている上に、
彼らはD系統は入っていない(長江の上流までいくとD1があるが)から、
日本人よりは見劣りする人が多いだろうがな。

それで、日本人はD2系統(縄文系)を多く持つのが特徴で、
俺に関しては縄文系の特徴がほぼ揃っているんだよね。
(もっともY-DNAは一人に1つのマーカーだが、日本人のほとんどは縄文と弥生の混血。)

・発汗が多い(寒地適応した新モンゴロイドは汗をあまりかかない。)
・耳垢が湿っている(人類では一般的だが、O系統のアジア人では乾燥が多い)
・鼻が高く大きい
・長頭
・肉付きにメリハリがかなり大きい。
・少し下品でスマンが、あれのサイズが22cmある。(世界最短は韓国人の平均9cm。)

たぶん精悍なD系統の血と柔らかくアイドル顔(狸顔)のO2系統の血が、
上手く混ざったイケメンにはかなわないと自覚しているが、
ベトナム顔では全くないな。それ以上にO3系統とC3系統に蹂躙された気味悪いチョン顔ではない。

それから、朝鮮人や中国人に比べると縄文DNAのおかげで体臭がキツイ人間は
日本人に多いのだが、おまえらチョソのように人糞を料理にするような不潔ではない。
昔から日本人は風呂や温泉に入るのが好きだし、
水道が整い衛生的な大都市を早くから構築している。

YAP+の兄弟系統の地中海沿岸に住むE系統の連中も、
紀元前の古代ローマの時代から、温泉を好んで探し、高度な大浴場を各都市に完備している。

つーか欧州でも北方系の元蛮族の方が衛生面でも酷かった。
パリの歴史を調べてみると良く判るはずだ。


701 :トレクワトリスタ:2008/07/17(木) 00:50:51 ID:HqeN9tkU
>>686 >>698
アンダマン諸島にD1もいたというのが確かなら、
日本列島の経由で後の新しい時代にチベットにD系統が入ったというより、
おそらくベンガル湾周辺で、D祖型(M174)から直接D1が派生して
チベットなどに広がったという可能性もありますね。

>>692氏がいうとおり、突然変異が多い日本人のD2系統は
かなり古いということになる。
D2がチベット・中央アジアあたりから比較的新しい時代にやってきた可能性は
ありえないでしょう。
もしもD2a1aかD2a1bだけが日本人が持っていて、
その祖型になるD2aなんかが中央アジアなんかにあるなら、
日本列島のD2が新しいことになるけど、全然そうではない。
D2系統の多様なタイプを日本人だけが持つので、
古い時代に日本列島に入り、孤立した状態で少なくない人口を長期間保持した証明になる。

ただD1やD3の突然変異が少ないのも、D系統の人口が日本よりは
少なかったことを考えると、D2とともにこちらも結構古い可能性はなくはないかと思う。
日本にD1がほとんどなかったり、チベットにD2がないことから、
どちらも古い時代に派生したように思うのだけど。
それぞれ寒冷だった旧石器時代に南の海岸・島嶼ぞいを移動して、
暖かくなった縄文時代に北上したんだろうね。


702 :トレクワトリスタ:2008/07/17(木) 01:04:31 ID:HqeN9tkU
>>698
D、EのDE祖型からの分岐はミステリーですよね。
ペルシャは海岸沿いまで山地が迫っているし、12000年頃前でもそこそこ暖かかったから、
どちらかがこのあたりで派生した可能性はあるかもしれませんよね。

常識的には出アフリカの前にD系統、E系統ともに発生していた事になるのでしょうが、
D系統については、現在のアフリカや中東にも残っていませんから。


703 :月光仮面:2008/07/17(木) 13:08:49 ID:BOnk76w1
>>699-702
日本人類遺伝学会2005年11月発表「狩猟採集民と農業民Y染色体遺伝子を共通基盤とした日本民族の
二重起源」 http://www.eva.mpg.de/genetics/pdf/Japan.pdf
最も新しいにもかかわらず、サンプリング手法に致命的誤り >>499 があり、これ以前の、ゲノムリサーチ
2004年「東アジアゲノム変化と日本民族起源」[日本と外国を比較すると遺伝子的に最も日本に近いのは
朝鮮であり、これは弥生移行における半島から列島への遺伝子流入を意味している。旧石器日本人には
広範な変異があった。早期に南周りと北周りのあったことは琉球とアイヌにM系とN系のあることでわかる。YDNA発見事項と並行してチベットとの関係は明白。分岐状態から若干の遺伝子は日本から大陸に向か
ったこともわかった。]
http://www.genome.org/cgi/content/full/14/10a/1832#TBL2
とか、檀国大学(中掘・新家も参加)2003年9月「Y染色体遺伝子の意味する朝鮮民族二重起源」
[DE-YAPは低頻度ながらサンプリングした北東アジア全域に拡散(日本抜き合計2.4%、日本込合計9.6%)
するも、南アジアでは2カ国(計0.8%)にすぎず、韓国YAP+が南アジア起源ということははありそうにもない。YAP+が中央アジアに多いことからおそらくは中央アジア、北西方向から東アジアへと移動したであろうこ
とを示唆する。]
http://www.geocities.com/vetinarilord/korean.pdf
が、中国で行われた、日本人類遺伝子学界2004年6月発表「中国人Y染色体遺伝子証拠から推論する
中国民族の発展と移住の歴史」[中国YDNAクレード階層分析:西中国、南中国、漢族、北東アジア、南ア
ジアの下位グループから北中国、チベット下位グループへの距離を置いた隔離を伴う制限的遺伝子移動
事例が一例とチベット下位グループから北中国下位グループへの接触範囲拡大が一例認められた。]
http://library.ibp.ac.cn/html/slwj/000222645600001.pdf
とも整合しているが、これらはYAP+を中央アジア起源とするもの。私はYAP+が南回りであることは、それ
がインド亜大陸を迂回する事実からしてもありえず、中央アジア起源であるが、この日本への渡来は縄文
時代早期にはありえず、>>153 「約6000年前に「米作り」が行なわれていたとする発見」とかを考慮する
と、内蒙古、遼寧、河北紅山文化時期(前4700年-前2900年)
http://zh.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%AD%E5%9B%BD%E6%96%B0%E7%9F%B3%E5%99%A8%E6%96%87%E5%8C%96%E5%88%97%E8%A1%A8) であり、YAP+はこの時期までに中央アジアから内蒙古、遼寧、河北に入った
のではないか、と考えます。




704 :出土地不明:2008/07/17(木) 13:26:01 ID:TmTxtoqP
つうかよw甕棺思想の起源もタミールと言われてるだろ。
地上の表層人種DNA分布なんぞ参考に過ぎん。

705 :月光仮面:2008/07/17(木) 13:42:55 ID:BOnk76w1
>>699
>D2系統とO2系統が日本人の多数を占めるが、ではどうしてシベリアに分布していないのかね。
D2は全員日本に。 O2の原種はダウールとして黒龍江省に残る。
>>701
>>686 >>698
>アンダマン諸島にD1もいたというのが確かなら、
>日本列島の経由で後の新しい時代にチベットにD系統が入ったというより、
>おそらくベンガル湾周辺で、D祖型(M174)から直接D1が派生して
>チベットなどに広がったという可能性もありますね。
あるとおもいます。
>>692 
>氏がいうとおり、突然変異が多い日本人のD2系統は
>かなり古いということになる。
向こうでの生活がかなり古いということでしょう。
>D2がチベット・中央アジアあたりから比較的新しい時代にやってきた可能性は
>ありえないでしょう。
ありえないと思います。
>もしもD2a1aかD2a1bだけが日本人が持っていて、
>その祖型になるD2aなんかが中央アジアなんかにあるなら、
>日本列島のD2が新しいことになるけど、全然そうではない。
>D2系統の多様なタイプを日本人だけが持つので、
>古い時代に日本列島に入り、孤立した状態で少なくない人口を長期間保持した証明になる。
日本でしか繁栄できないだろうという考えには説得性がありますね。しかし、後漢書東夷伝等には
多くの類似した風俗の諸国が記載されていますね。

>ただD1やD3の突然変異が少ないのも、D系統の人口が日本よりは
>少なかったことを考えると、D2とともにこちらも結構古い可能性はなくはないかと思う。
そうですね。
>日本にD1がほとんどなかったり、チベットにD2がないことから、
>どちらも古い時代に派生したように思うのだけど。
チベットにモンゴルのオボーと言う石組み遺構とか、将軍塚のようなピラミッドとかがあり、
アルタイの石積文化が南下した形跡があり、また、タングートの動き等も北方からの
移住を意味しています。
>それぞれ寒冷だった旧石器時代に南の海岸・島嶼ぞいを移動して、
>暖かくなった縄文時代に北上したんだろうね。
これは檀国大学で否定されている通りだと思います。
>>702
>>698
>D、EのDE祖型からの分岐はミステリーですよね。
>ペルシャは海岸沿いまで山地が迫っているし、12000年頃前でもそこそこ暖かかったから、
>どちらかがこのあたりで派生した可能性はあるかもしれませんよね。
ちょうどヤンガードリアスという「寒の戻り」により動植物相の上下移動に従って山岳との縁が出来たので
しょうかね。
>常識的には出アフリカの前にD系統、E系統ともに発生していた事になるのでしょうが、
>D系統については、現在のアフリカや中東にも残っていませんから。
と言うことはホルムス海峡を渡り、イラン高原からパミール高原に向かうあたりで突然変異と孤絶が
発生したのでは。

706 :出土地不明:2008/07/17(木) 13:55:07 ID:CGDyFjKh
> 三足土器のふるさと長江江南から台湾島に渡った祖先を持つ
> ベトナーム顔の醜悪な台湾国策工作員くんwwww

そういえば、台湾の三足土器ってどのくらいあるの?

707 :出土地不明:2008/07/17(木) 15:33:34 ID:lw6OXsvf
おい、おい、兄ちゃん壇国大学って何所の国の大学?
日本の大学以上に日本国内の発掘を行なっているんですかwww
出アフリカのL3が見つからんのは如何言うことよ

708 :月光仮面:2008/07/17(木) 16:01:06 ID:BOnk76w1
韓国の大学。しかし、その韓国人調査結果を日本の日本人調査結果と比較している。徳島大学から
新堀、新家が参加。日本人にとって韓国人の調査ほど貴重なものは世界中でどこにもないからね。

709 :月光仮面:2008/07/17(木) 16:11:38 ID:BOnk76w1
L3と言うのはコイサンのmtDNAだから、YDNAではEにはいるもんだね。現代のアフリカ系米人は
Eが多いらしい。商品価値があったようだよ。日本人の兄弟分だね。ユダヤ系として欧州にもいるらしい。
頭がいいんだね。

710 :出土地不明:2008/07/17(木) 16:43:04 ID:yzTv0LB9
笑!  で、L3は?www
新たな新説を御拝聴出来ると期待したのだが


韓国ねwww   日、中、韓で始めた歴史認識でさえまともに行なえず
爪弾きにされている国ねwww

日本人にとって日本人の調査ほど確かで貴重なものは存在しないと思うが

日本人が参加していようがいまいが然したる違いは無い、評価価値は無い



711 :出土地不明:2008/07/17(木) 16:54:07 ID:awqsLc3v
>>705
の議論は突っ込みどころ満載すぎて、一つ一つ議論する気にならんなー。
高校生か学部生ぐらいかな?

712 :月光仮面:2008/07/17(木) 17:11:17 ID:BOnk76w1
↑重箱の隅をほじくるように細かいところを一つだけ突っ込めばいいじゃん。取調官になったつもりで
やるんだよ。ポイントは話が合わなくなるところだね。それを突くんだよ。上手になると商売で役に立つよ。

713 :月光仮面:2008/07/17(木) 17:16:02 ID:BOnk76w1
>>710
>日本人が参加していようがいまいが然したる違いは無い、評価価値は無い
余り知らねーようだな。

714 :出土地不明:2008/07/17(木) 17:56:24 ID:CGDyFjKh
>上手になると商売で役に立つよ。

マルチ的な意味で?w

715 :トレクワトリスタ:2008/07/18(金) 01:48:12 ID:Z6FVf8C8
>>703
D系統が中央アジア→内蒙古→南満州→朝鮮半島から北九州、日本列島全土へ流入と
断定できるのが全く理解できません。
特に移動時期等はこの先の結論に合わせて、後付で解釈しているようにしか思えません。

・D系統は同じくアジア太平洋にまで広がったC系統や、YAP+で祖型が共通するE系統とともに
 出アフリカをしていないA系統・B系統を除けば最も古いハプログループで、
 C系統とD系統は一緒に最古の出アフリカを行い移動したとされる。

・D系統の祖型が古くから孤立したアンダマン諸島住民(ネグリト)に、極めて高頻度で見つかっている。
 アンダマン諸島はインド領だが、インド亜大陸よりも東の海上にあり、
 (常識的には氷河期でも温暖で、食料も豊かだった海岸・島嶼沿いを移動したとしか考えられないが)
 そこまでのルートはともかく、古い時期にインドの東のここまでは確実に来られたわけだ。
 (万が一奇跡的に氷河期が終わっていない1万5000年以前に、中央アジア山岳を経由できたとしても。)

・後は、インド(or中央アジア)の東から日本までのルートがどうなのかの議論が大切なところだ。
 ミャンマーの南に連なるアンダマン諸島から海沿いの南回りでは、
 まず東南アジアの島嶼部にD系統がある程度残されている。
 アンダマン諸島に至近のスマトラ島で、この地域では最も高い10%程度のD系統ハプログループがある。

 マラッカ海峡を越えた(太古ではサフルランドで陸続きの時期が多いが)、ボルネオ島、マレー半島、
 タイ、フィリピンなどでもスマトラ島より低い頻度だがO系統が多い現在でも、古いC系統とともにD系統が存在する。
 ここからは暖流に乗って南西諸島・日本本土へとC系統とともにひろがったと考える事ができる。
 (C系統は沖縄を含めた日本では主にC1、北アジアではC3系統となる。)

・中央アジアの辺りから北周りについても考えてみる。(日本→チベット・中央アジアの可能性も大体は同様。)
 「オアシスの道(西域)→華北・内蒙古→南満州→朝鮮半島→北九州」のルートと、
 「草原の道(外モンゴル以北を通る)→アムール川流域→樺太→北海道」のルートがありえる。

 縄文系であるD2系統が発汗が多い・彫が深いなどの寒地や乾燥地帯に向かない体質を保有している事、
 この北アジア地域にD系統が現在ほとんどみられないことの2点から、
 いずれのルートであっても比較的暖かい時期に、まとまって速やかに日本まで移動したことが必要となる。
 (北アジアには、日本やチベットと距離的に近く、新しい時代の交流が多い割にはDが低頻度すぎる。)
 旧石器時代までの時期では、ヤンガードリアス直前の13000年前頃の亜間氷期しかありえない。

 草原ルートの場合は、騎馬民族化していれば高速での移動は可能だが、
 古い時代の騎馬での移動は考えられず、D2系統が古い系統なのと整合性が全くない。
 (逆に、日本→樺太→モンゴル→アムド地方発祥の遊牧チベット系民族、なら後の時代で問題ないかも。)
 (3万年前〜1万2000年前の状況では、対馬海峡は暖流が流れるが、大陸・樺太・北海道は陸続き。)

 ゴビ砂漠の南縁・朝鮮半島経由ルートの場合だと、温暖な時期であっても、
 O3系統による麦と牛を主食とする黄河文明よりはるか前に、狩猟・採集型の縄文人の祖先が
 生存しつつ速やかに日本までまとまって来られたか、非常に疑問がある。
 加えて太古において、ずっと陸上を移動してきて、玄界灘のみ船で渡ったというのは想像しにくい。

 満州と米栽培と縄文人をリンクさせるのは困難では。
 特に前期渡来人(弥生人)の朝鮮半島経由説を強く推す農学系とかの学者でも、
 温暖化した時期に山東半島南部(稲作の歴史的北限)の港から朝鮮半島西部・南部を経由のナローパスを、
 少し厳しい条件と断りながら挙げているくらいなんだが。
 (今でも中国では淮河以南が稲作地帯。これより以北は畠作と牧畜地帯。)
 縄文時代の特に温暖化が進んだ時期に、寒冷地の栽培方法が日本に入ってきたというのは不自然では。

・旧石器時代の先住民としてC系統と一緒にD系統が日本列島に入ったか、C系統よりも遅れてきたとしても、
 ヤンガードリアスが終わった、9000年前頃の温暖化した縄文時代早期が自然では。
 (縄文時代早期に、日本列島が完全に大陸と離れた。)
 (もしも、D系統到来が縄文早期であれば、北アジアにほとんどひろがらなかった一因かも。)


716 :月光仮面:2008/07/18(金) 10:20:33 ID:b0ypnSYY
>>714
マルチ、マルボウはいかん。しかし、商売と言うのは基本的にだましを含む。神武とて神をだまして
香具山の土を盗み、日本の天皇になれたではないか。

717 :月光仮面:2008/07/18(金) 10:38:26 ID:b0ypnSYY
>>715 トレクワトリスタ さん、レスありがとうございます。誰かが言ったけど「クジラの解体」のような
点があり、つまみ食い的に対応させてもらいます(w
Dの南回りの可能性についてはトレクワトリスタのご意見は極めて独創的で、卓見であると思います。
ただ、インドを北回りしているのも事実でしょう。日本の弥生文化は韓国の百済・松菊里と関係してい
ますが、そこには北方の他に対岸である山東省方面からの南方型支石墓とか、甕棺が出現します。
また、中国のデータでは山東省漢族にDが検出されています。沖縄のDは喜界カルデラ大噴火以降
でしょうから、シーサ、ジュリ馬、その他の北方的特徴と併せておそらくはモンゴル西北方面からの
移住によるものでしょう。しかし、喜界カルデラ以前の消滅した部分に南回りのDがあった可能性が
残りますね。


718 :出土地不明:2008/07/18(金) 11:24:24 ID:ST+MnrmF
百済の姫氏って誰だっけ?

719 :月光仮面:2008/07/18(金) 11:46:27 ID:b0ypnSYY
>D系統が中央アジア→内蒙古→南満州→朝鮮半島から北九州、日本列島全土へ流入と断定できるのが
>全く理解できません。 特に移動時期等はこの先の結論に合わせて、後付で解釈しているようにしか思え
>ません。
これは米国ハートウィック、ハーバード、英国ケンブリッジ、シェフィールド大学が近年ロシア南部に
おける発掘調査結果において導出した馬の家畜化、青銅器馬具、二輪車等の研究結果、「セイマ・
トゥルビノ青銅器文化」というものが浮上してきたということ。それと、これは私の個人的見解ですが
西シベリアでは海洋輸送、雪上輸送、氷上輸送、陸上輸送のモードが季節的に交替しており、ここに
おいて犬輸送が馬による牽引輸送、騎乗輸送に変化したこと、この影響でこの南部のバクトリアに
おいてラクダ輸送が始まること。これはシュメール、エジプト、地中海の定置農業文明を破壊したこと。
これは中国の仰韶文化圏方面にも影響を与え始め、ついには、商・周時代を引き起こすこと。
そして特に日本と関係するのは、黒竜江にいた機動性の高い民族が沿海州を出発点とし裏日本、
九州・沖縄西海岸に上陸を開始することです。



720 :月光仮面:2008/07/18(金) 11:57:10 ID:b0ypnSYY
>D系統は同じくアジア太平洋にまで広がったC系統や、YAP+で祖型が共通するE系統とともに
>出アフリカをしていないA系統・B系統を除けば最も古いハプログループで、
>C系統とD系統は一緒に最古の出アフリカを行い移動したとされる。
しかし、アメリカに渡るほど早くもなかった。ブッシュマンなんかは優秀な毒矢のノウハウを持っている。
サバイバル能力の高い系統かなと思います。D系統は山岳に沿って行動しているようですが、これは
海浜に沿ってビーチコーミングするパターンではなく、果敢に山岳に挑戦するタイプと言うことですね。
Cのほうはビーチコーミングをしながら移動するほうで、縄文人等はこちらでしょうか。


721 :出土地不明:2008/07/18(金) 12:03:03 ID:ST+MnrmF
>南部のバクトリアに おいてラクダ輸送が始まること。
>これはシュメール、エジプト、地中海の定置農業文明を破壊したこと。

ここ詳しく

722 :月光仮面:2008/07/18(金) 12:13:05 ID:b0ypnSYY
>>721
ハードディスクの検索をやんなくっちゃなんねーんだけど、この問題は重要なんで是非調べます。
少々時間をください。

723 :月光仮面:2008/07/18(金) 12:21:02 ID:b0ypnSYY
>D系統の祖型が古くから孤立したアンダマン諸島住民(ネグリト)に、極めて高頻度で見つかっている。
>アンダマン諸島はインド領だが、インド亜大陸よりも東の海上にあり、
>(常識的には氷河期でも温暖で、食料も豊かだった海岸・島嶼沿いを移動したとしか考えられないが)
>そこまでのルートはともかく、古い時期にインドの東のここまでは確実に来られたわけだ。
>(万が一奇跡的に氷河期が終わっていない1万5000年以前に、中央アジア山岳を経由できたとしても。)
なんだか、ヤンガードリアス・過冷却で山から小僧が降りてきたって感じがしますね。

724 :月光仮面:2008/07/18(金) 12:29:19 ID:b0ypnSYY
>後は、インド(or中央アジア)の東から日本までのルートがどうなのかの議論が大切なところだ。
>ミャンマーの南に連なるアンダマン諸島から海沿いの南回りでは、
>まず東南アジアの島嶼部にD系統がある程度残されている。
>アンダマン諸島に至近のスマトラ島で、この地域では最も高い10%程度のD系統ハプログループがある。
>マラッカ海峡を越えた(太古ではサフルランドで陸続きの時期が多いが)、ボルネオ島、マレー半島、
>タイ、フィリピンなどでもスマトラ島より低い頻度だがO系統が多い現在でも、古いC系統とともにD系統が存在>する。
>ここからは暖流に乗って南西諸島・日本本土へとC系統とともにひろがったと考える事ができる。
>(C系統は沖縄を含めた日本では主にC1、北アジアではC3系統となる。)
クリスチャン系のOrigin of Nationsは日本商人の活躍の後としている。山田長政、からゆきさんなんかの
ことを考えているのであろう。しかし、タイ・バーン・チャン青銅器文化が錫資源をマレー半島に求める
こともあるし、ミャンマーにはイスラエル・マナセが来ている。


725 :月光仮面:2008/07/18(金) 12:35:24 ID:b0ypnSYY
>中央アジアの辺りから北周りについても考えてみる。(日本→チベット・中央アジアの可能性も大体は
>同様。)  「オアシスの道(西域)→華北・内蒙古→南満州→朝鮮半島→北九州」のルートと、
>「草原の道(外モンゴル以北を通る)→アムール川流域→樺太→北海道」のルートがありえる。
突厥石像を残す粛慎がアイヌのDだろうが、日本にはインデアン遺伝子も残り、オホーツク文化の
影響かもしれない。

726 :月光仮面:2008/07/18(金) 12:41:33 ID:b0ypnSYY
>縄文系であるD2系統が発汗が多い・彫が深いなどの寒地や乾燥地帯に向かない体質を保有している
>事、この北アジア地域にD系統が現在ほとんどみられないことの2点から、 いずれのルートであっても
>比較的暖かい時期に、まとまって速やかに日本まで移動したことが必要となる。
>(北アジアには、日本やチベットと距離的に近く、新しい時代の交流が多い割にはDが低頻度すぎる。)
日本に来る前に中国の五岳周辺とかに結集し、離散し塞外に逃れ半島に入るといった経由もあろうか。

727 :月光仮面:2008/07/18(金) 12:43:31 ID:b0ypnSYY
>旧石器時代までの時期では、ヤンガードリアス直前の13000年前頃の亜間氷期しかありえない。
>>723

728 :月光仮面:2008/07/18(金) 12:56:58 ID:b0ypnSYY
>草原ルートの場合は、騎馬民族化していれば高速での移動は可能だが、
>古い時代の騎馬での移動は考えられず、D2系統が古い系統なのと整合性が全くない。
>(逆に、日本→樺太→モンゴル→アムド地方発祥の遊牧チベット系民族、なら後の時代で問題ないかも。)
>(3万年前〜1万2000年前の状況では、対馬海峡は暖流が流れるが、大陸・樺太・北海道は陸続き。)
海の民はボブスレー、スキー技術、ライフル並みの射撃、ライオンを頭から食う殺人軍用犬で武装し。
穆王の名馬のように光速より早くユーラシアを席巻、エジプトに幕府のようなヒクソスを樹立したが、
この光速より早い目無し勝間の不審船は真冬の日本海の島々を経由して裏日本に上陸したのであろう。

729 :月光仮面:2008/07/18(金) 13:03:37 ID:b0ypnSYY
>ゴビ砂漠の南縁・朝鮮半島経由ルートの場合だと、温暖な時期であっても、
>O3系統による麦と牛を主食とする黄河文明よりはるか前に、狩猟・採集型の縄文人の祖先が
>生存しつつ速やかに日本までまとまって来られたか、非常に疑問がある。
>加えて太古において、ずっと陸上を移動してきて、玄界灘のみ船で渡ったというのは想像しにくい。
黒竜江中流北岸ポリツェ遺跡では船を使って沖合い漁業を行う極めて戦闘的集団が発見された。
これは後に沿海州に進出するようだ。沿海州ではマグロを食べていたという。


730 :月光仮面:2008/07/18(金) 13:18:30 ID:b0ypnSYY
>満州と米栽培と縄文人をリンクさせるのは困難では。
>特に前期渡来人(弥生人)の朝鮮半島経由説を強く推す農学系とかの学者でも、
>温暖化した時期に山東半島南部(稲作の歴史的北限)の港から朝鮮半島西部・南部を経由のナローパスを、>少し厳しい条件と断りながら挙げているくらいなんだが。
>(今でも中国では淮河以南が稲作地帯。これより以北は畠作と牧畜地帯。)
>縄文時代の特に温暖化が進んだ時期に、寒冷地の栽培方法が日本に入ってきたというのは不自然では。
満州、日本東北縄文人と稲作とをリンクさせるのは無理です。福岡芝居遺跡等で東北縄文人はチャレンジ
したようですが、東北で長続きをさせることは無理だったでしょう。「山東半島南部(稲作の歴史的北限)の
港から朝鮮半島西部・南部を経由のナローパス」とはずばり真実ではないかと思います。燕地方であるとか、
その塞外の諸族は、これこそDである山戎であり、会社で言えば営業マンではなく管理部門、ラインではなく
スタッフであったのでしょう。しかし、当時の稲作にはリスクが多く、ポートフォリオ、保有資産の多様化は
不可欠であった。しかし、半島におけるこのスタッフはやがてO-SRY/O-47zが自分達で行うようになり、
失職した連中は楽浪海中に入海、対馬の沖では沿海州から降りてきた連中共々列島沿岸を目指したの
でしょう。

731 :月光仮面:2008/07/18(金) 13:30:59 ID:b0ypnSYY
>旧石器時代の先住民としてC系統と一緒にD系統が日本列島に入ったか、C系統よりも遅れてきたとし
>ても、 ヤンガードリアスが終わった、9000年前頃の温暖化した縄文時代早期が自然では。
>(縄文時代早期に、日本列島が完全に大陸と離れた。)
>(もしも、D系統到来が縄文早期であれば、北アジアにほとんどひろがらなかった一因かも。)
CとDについては山幸海幸相互関係があったのでしょう。実際の山幸海幸は海人族間の抗争のようですが。
問題は日本列島には東南アジア、アルタイ山地、フェルガナ奈盆地のような大規模な相補関係はなく、
当初はCが独走したのではないかということです。どちらかと言うとメコン、長江、黄河、オクサス、ナイル
メソポタミアのような巨大な平野がなく、山国であったということ。

732 :出土地不明:2008/07/18(金) 15:19:45 ID:ST+MnrmF
>>722
愉しみにしてますw


>「山東半島南部(稲作の歴史的北限)の港から
>朝鮮半島西部・南部を経由のナローパス」
>とはずばり真実ではないかと思います。

同意。

>黒竜江中流北岸ポリツェ遺跡では船を使って
>沖合い漁業を行う極めて戦闘的集団が発見された。
>これは後に沿海州に進出するようだ。
>沿海州ではマグロを食べていたという。

鉄器が発見されたのは知ってるけど
船ってどの時代のどんなの?

733 :月光仮面:2008/07/18(金) 15:59:56 ID:b0ypnSYY
>>721-722
ミケーネ文明については他で数多くの資料がありますがその他については

http://www.unm.edu/~gbawden/328-coll/328-coll.ht_
BC1000年頃に一こぶらくだと2こぶらくだを掛け合わせた実用性のある種が生産されそれと併せて馬も
使用され、鉄鉱石等の輸送が行われるとされています。
http://www.cambridge.org/us/catalogue/catalogue.asp?isbn=9780521847803&ss=toc
こんなのしかなくて申し訳なし。
>>732
舟の出土品の具体的情報はまだ見たことがないが、調べて見ましょう。

734 :出土地不明:2008/07/18(金) 16:34:32 ID:1xQOJRkP
トレクワトリスタ氏の方が正論だな、
月光仮面氏は検証に足る事実に基づいたものと言うより己が論理のなれの果てと、いった感じだな
ドバ噴火に因るインド大陸人類絶滅、血統分離は?  考慮してんの
アジアに於いて何処よりも多くの出土物がある日本の学界をスルーする辺りが実に香ばしいww
月光仮面が答えて出土地不明が合いの手をいれる・・ 白馬青牛とYMOそっくりですねwww

735 :出土地不明:2008/07/18(金) 17:12:16 ID:ST+MnrmF
合の手のものですw

>>721
これ良くわからないんで詳しく、と合の手w

>>732
>黒竜江中流北岸ポリツェ遺跡では船を使って
>沖合い漁業を行う極めて戦闘的集団が発見された。

これも個人的に知らんからソース知りたいと。
興味ない?

736 :出土地不明:2008/07/18(金) 21:48:18 ID:njM3JZpZ
>>734
おれも合いの手を入れているが、ちっとも議論にならない。
おれのレスを理解できないみたいだ。

737 :出土地不明:2008/07/19(土) 03:14:49 ID:VngOevAa
吹春勉熊倉三郎,坂田芳夫,中村浩幸,小澤晃,池田和子,横山雅一,田中正人,吉田教夫,
三浦静,室永敬三郎,柿ノ迫国夫柿ノ迫栄子豊田君雄広瀬勲綏,藤森旭柿木洋一伊藤光義向後道明
藤森行彦堀田潤一堀井昭一本多康夫増田義明増田亮三松浦達夫松浦益二郎丸山昭次宮崎邦雄
村山英夫森田彰人由利和久白木良彦勝又嘉子小木曾通子小堤清子柴崎友夫鈴木輝夫広井勲広井正子
松本良二三木明美渡辺幸雄,松井久臣,兼子美千代小林秀行祷茂彰,飯島登植木紘二岡部繁夫文原義雄
鈴木康爾,鈴木晴子田中今朝好長谷川清土井藤枝駒木靖彦,小田公治森岡豊福井英之,白石光治神宮政和
大澤清二福島裕子雪谷民商五十嵐肇五十嵐操岡野文雪吉岡弘史高山健治西海照夫,田嶋勝雄
長谷川進,青木八重子岡田淳湯川義明澄川藤枝,西條明美土井和雄白岩昇,斉藤衛斉藤尚子児玉康彦
浜田一江,伊藤由枝佐々木春夫寺山健治川口定美卜蔵一之皆川靖彦山中敏嗣樋口恕雄東野淳子曽根孝子
斉藤未子杉山勝俊石原健広木健二鈴木美夫田中信雄山本広子古平篤柘植真言中西知二仲山敏之渡辺睦大
盛啓一吉木宏山室常太北沢幸雄涌井一充岩城恵美子高井昭子文椎野耕一林志江遠藤美津江久保田元之
山崎洋子三浦岩男川和田博和田元子佐藤伸子古川克也島田公子


738 :月光仮面:2008/07/19(土) 08:56:45 ID:duRE0LSd
>>723 >>727
http://www.bradshawfoundation.com/journey/asia-map.html
@ルートをクリックした時に見える道がヤンガードリアス直前
Aルートをクリックした時に見える道の内、黄河を除いたものがヤンガードリアス寒冷期
下山ルートではないかと。

739 :月光仮面:2008/07/19(土) 09:02:57 ID:duRE0LSd
>>733
舟の出土品はウェブにはない。科博あたりから現地に作成を要請してもらいたい。

740 :月光仮面:2008/07/19(土) 09:04:37 ID:duRE0LSd
>>735
家業の合間を見てやってるんで、細かいところまではどうも。

741 :733-735:2008/07/19(土) 09:46:37 ID:8wd7zTGx
いやまあ、知りたがりなだけなんで。
重要だったりする点が知らないものだと特にね。

面白く読んでるのでまたよろ。

742 :月光仮面:2008/07/19(土) 11:01:16 ID:duRE0LSd
「前2千年紀半ばの大崩壊」・・・イラン東部、アフガニスタン方面の文化が北方の影響で崩壊すること。
これだけ読んだのでは背景が不明だろうが、「セイマトゥルビノ青銅利器」、二輪車、馬の軍用化、こうした
ものが旧世界を崩壊させた。ユーラシアが機甲兵団の戦場に変化した。インドでは転輪聖王、西欧では
アーシュビン双神神話が生まれた。環濠集落の防衛的特徴の高まり、つまり、吉野ヶ里の望楼はこの
変化が千年の時をおいて日本にも波及したことを意味している。しかし、それは反面、来るべき鉄器時代の
到来を予告するものでもあった。それはバルカン、ギリシャ、ハルシュタット、ラテーヌ、イタリアへと
移動し、ギリシャローマ文化をもたらした。中国では秦の統一から五胡一六国、隋、唐、日本でも飛鳥、
奈良へと時代は変わった。日本誕生は弥生文明の崩壊によるものといってもいいのではなかろうか。





743 :出土地不明:2008/07/19(土) 12:01:01 ID:8wd7zTGx
弥生時代の変革のきっかけ
・鉄の流入量増

青銅の輸入は
・前期>朝鮮半島
・中期>中国華北
・古墳>中国華南

っての思い出した。

あと宮崎市定の中国文明論集。

744 :出土地不明:2008/07/19(土) 15:39:02 ID:ONgYG5Ks
飲み水
硬水(ミネラル分が多い)
軟水(ミネラル分が少ない)

日本の水は軟水
利根川、淀川、網走川、石狩川、信濃川、四万十川、那珂川
どれをとっても軟水。

/a中国南方(たとえば[長江])の水は?→硬水→日本人が飲むとまず下痢をする a/
/b半島(たとえば[錦江])の水は?→硬水→やはり下痢をする b/
/c台湾島(たとえば蘭陽溪)の水は?→硬水→やはり下痢をする c/

[大陸中国や半島に行くとトラブルに巻き込まれる、揉めるから嫌だ、言語が違う]という方に
硬水と軟水を実体験したかったら
台湾島に行けば体験できる。

日本列島を除いた場所で[軟水]が入る河川はどこだ?
資料が入りにくいが
/d軟水の水質である可能性が高い河川[amur riverアムール川]d/

つか大陸中国もロシアも知っていてやっているんじゃねーの?
[アムール川] [汚染]
ttp://www.google.co.jp/search?q=%E3%82%A2%E3%83%A0%E3%83%BC%E3%83%AB%E5%B7%9D%E3%80%80%E6%B1%9A%E6%9F%93&start=0&hl=ja&lr=lang_ja&ie=utf-8&oe=utf-8&client=firefox&rls=org.mozilla:ja:official

資料史料に対する強烈な破壊だと俺は思うがねぇ.
露国とチナ国は裏で手を組んでいるんじゃねぇの(({[中][露][半島]}の行動)は話ができすぎ)
以上が整理前の材料
----区切る----

整理して
[a][b][c][d]を理由に
-----/m----
時代:氷河期に
目的・動機:食料となるマンモスを追いかけて
経路:バイカル湖アムール川を横断してしまった
区切る時期:1万2000年前(根拠は南極の氷床コア)
-----m/----
mが組み立てた説
a,b,c,d,mなら、東アジア全般(顔つき、骨格、足の長短、血液、寒暖にたいする肉体の適応性、紋様、言語、たくさん)について説明が付く。
長文過ぎて2chの仕様じゃ書ききれないが。
アムール川説なら日本の周辺国の中露の行動(基地をこさえたり汚染したり史料封鎖をしたり)の説明も付くと俺個人は思う。

著作権も所有権も主張しないから後は誰か肉付けして(長文過ぎて1人じゃ企画倒れに終わるのが落ちだと思うけど)。

745 :出土地不明:2008/07/19(土) 16:08:21 ID:nEVCUZ6O

>しかし、韓国人が「日本が好きだ」と言うと、政治的、マスコミ的に問題があるので、
>「嫌い」という態度を通しているだけだ。
                                                                  
 実は、2000年前から反日主義だったワイ族。その実態とは?
                                
 現在の朝鮮人は、半島東北部の太白山脈(たいはく山脈)の東側に住んでいたワイ族(『東ワイ』とも呼ばれた)の子孫である。
高句麗人(フヨ族)ではないし、韓人(カラビト)でもない。今、国際社会で「コリアン」と呼ばれている民族は、実は朝鮮人ですらない。
 もともと朝鮮人というのは、紀元前2世紀の時代に半島北部に住んでいた漢人のことである。つまりチャイニーズのことだ。
衛氏朝鮮国の住民である漢人が「朝鮮人」と呼ばれていたのだ。
 現在の『コリアン』と呼ばれている半島人(ワイ族=ワイアン)とは、異種なのである。
 古代の半島南部に住み、日本列島の住民から韓人(カラビト)と呼ばれていた人々は、倭人系民族だった。
彼らは、とうぜん日本語を話したし、現在の半島人(ワイアン=WAIAN)とは人種・民族が異なっていたのだ。
 カラ半島南部においてワイ語(現在の朝鮮語の基になった言語)が公用語になったのは、8世紀以降であり、
7世紀までは、半島南部の公用語は倭語(日本語)だったのである。
 古代日本人が交流していた相手は、あくまでも半島南部の倭人であって、ワイ族(今の朝鮮人の先祖)ではない。
古代における日本列島住民と半島南部住民の交流には、朝鮮人(ワイアン)はまったく無関係なのである。




746 :月光仮面:2008/07/19(土) 17:27:07 ID:duRE0LSd
>>703
>中国で行われた、日本人類遺伝子学界2004年6月発表「中国人Y染色体遺伝子証拠から推論する
>中国民族の発展と移住の歴史」[中国YDNAクレード階層分析:西中国、南中国、漢族、北東アジア、南ア
>ジアの下位グループから北中国、チベット下位グループへの距離を置いた隔離を伴う制限的遺伝子移動
>事例が一例とチベット下位グループから北中国下位グループへの接触範囲拡大が一例認められた。]
http://library.ibp.ac.cn/html/slwj/000222645600001.pdf
これって↓
[中国西部、中国南部、漢族、北東アジア、南アジアD*→中国北部、チベットD3*]
つまり、(1)中国周辺にいた原種が内モンゴル、チベットに別れて住み着いた。
[チベットD3*→中国北部D3a]
(2)その後、チベットにいたものが、内モンゴルに拡大した。
・・・このことから日本の下位グループは距離的に言って(1)モンゴルに入る集団に属していた。
日本の枝分かれの大きさから考えて、それは興隆窪文化圏、高句麗版図を含む地域で長期に
渉って分岐し、その後で数個のクレードとして列島に移住したのではなかろうか。



747 :出土地不明:2008/07/19(土) 18:46:11 ID:lPpEUJoZ
実は朝寝鼻貝塚からは6000年前の小麦とハトムギのプラントオパールも
稲と同時に検出されていて、小麦が中国よりも数千年も前から、江戸期に
伝来したハトムギが5500年以上も前から栽培されていた事になってしまい、
改めてプラントオパールの調査自体が極めて疑わしいと言わざるを得ない。


岡山市の縄文時代の貝塚「朝寝鼻(あさねばな)」を調査している岡山理科大の
考古学チームが1999年4月21日、「縄文前期の土壌から稲の細胞に含まれる
プラントオパールが見つかった」と、発表。約6000年前に「米作り」が
行なわれていたとする発見で、稲作の歴史が縄文前期にまでさかのぼることになった。
このプラントオパールはイネ科の葉の細胞内に含まれるケイ酸体の粒子で、同貝塚の
下層(深さ2メートルの土壌)からのサンプルを採り調査したところ、356点の
サンプルから10点、形状からジャポニカ(短粒種)とみられる稲のプラントオパール
が検出された。また、稲のほか小麦とハトムギのプラントオパールも見つかった。
http://www.local.co.jp/news-drift/agri-99kome.html

748 :出土地不明:2008/07/19(土) 20:23:38 ID:nEVCUZ6O

<改良ヴァージョン>
                                                       
>韓国人は反日主義だと思われている。
>しかし、韓国人が「日本が好きだ」と言うと、政治的、マスコミ的に問題があるので、
>「嫌い」という態度を通しているだけだ。
                                                                  
 実は、2000年前から反日主義だったワイ族。その実態とは?
                                
 現在の朝鮮人は、半島東北部の太白山脈(たいはく山脈)の東側に住んでいたワイ族(『東ワイ』とも呼ばれた)の子孫である。
高句麗人(フヨ族)ではないし、韓人(カラビト)でもない。今、国際社会で「コリアン」と呼ばれている民族は、実は朝鮮人ですらない。
 もともと朝鮮人というのは、紀元前2世紀の時代に半島北部に住んでいた漢人のことである。つまりチャイニーズのことだ。
衛氏朝鮮国の住民である漢人が「朝鮮人」と呼ばれていたのだ。
 現在の『コリアン』と呼ばれている半島人(ワイ族=ワイアン)とは、異種なのである。
 古代の半島南部に住み、日本列島の住民から韓人(カラビト)と呼ばれていた人々は、倭人系民族だった。
彼らは、とうぜん日本語を話したし、現在の半島人(ワイアン=WAIAN)とは人種・民族が異なっていた。
 カラ半島南部においてワイ語(現在の朝鮮語の基になった言語)が公用語になったのは、8世紀以降であり、
7世紀までは、半島南部の公用語は倭語(日本語)だったのである。
 つまり、7世紀の『白村江戦争』の後に、ワイアンが半島全域に移住し、今の半島人の先祖となったのである。
ワイアンは、志羅紀人(シラキ人=任那人とも呼ばれた)や百済人等のカラビトとは異なる民族なのだ。
 古代日本人が交流していた相手は、あくまでも半島南部の韓人(倭人)であって、ワイ族(今の朝鮮人の先祖)ではない。
古代における日本列島住民と半島南部住民の交流には、朝鮮人(ワイアン)はまったく無関係なのである。


749 :出土地不明:2008/07/19(土) 22:10:44 ID:ONgYG5Ks
エゾオオカミ

タイリクオオカミ

シベリアオオカミ
Canis lupus lupus

シンリンオオカミ
Canis lupus lycaon

ホッキョクオオカミ

秋田犬
ttp://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%A7%8B%E7%94%B0%E7%8A%AC
縄文犬
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%B8%84%E6%96%87%E7%8A%AC

オオカミで裏を取ろうとしたが
企画倒れ・・・・だけど話題として書き込み

人間の血液型のリンクは存在するけど
「犬・猫」の血液型に関する調査は誰かお持ちでない?

証拠固めが中途なんだよな自分。



750 :出土地不明:2008/07/19(土) 22:24:03 ID:ONgYG5Ks
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%96%E3%83%AA%E3%83%A4%E3%83%BC%E3%83%88%E4%BA%BA
http://en.wikipedia.org/wiki/Buryats

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B0%B7%E5%BA%8A%E3%82%B3%E3%82%A2
http://en.wikipedia.org/wiki/Ice_core

http://en.wikipedia.org/wiki/Mammoth


個人の手じゃ限界。
後は誰か肉付けして。
時代が古すぎて証拠の場所が深すぎるメンドクサイ

[北海道] [マンモス]
http://www.google.co.jp/search?q=%E5%8C%97%E6%B5%B7%E9%81%93%E3%80%80%E3%83%9E%E3%83%B3%E3%83%A2%E3%82%B9&start=0&hl=ja&lr=lang_ja&ie=utf-8&oe=utf-8&client=firefox&rls=org.mozilla:ja:official

日本人の顔つきとして・・・・
「総理大臣の一覧」
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%86%85%E9%96%A3%E7%B7%8F%E7%90%86%E5%A4%A7%E8%87%A3%E3%81%AE%E4%B8%80%E8%A6%A7#.E6.98.AD.E5.92.8C

751 :出土地不明:2008/07/20(日) 00:27:59 ID:RwBaSvT6
吹春勉熊倉三郎坂田芳夫,中村浩幸,小澤晃,池田和子,横山雅一,田中正人,吉田教夫,
三浦静,室永敬三郎,柿ノ迫国夫柿ノ迫栄子豊田君雄広瀬勲綏,藤森旭柿木洋一伊藤光義向後道明
藤森行彦堀田潤一堀井昭一本多康夫増田義明増田亮三松浦達夫松浦益二郎丸山昭次宮崎邦雄
村山英夫森田彰人由利和久白木良彦勝又嘉子小木曾通子小堤清子柴崎友夫鈴木輝夫広井勲広井正子
松本良二三木明美渡辺幸雄,松井久臣,兼子美千代小林秀行祷茂彰,飯島登植木紘二岡部繁夫文原義雄
鈴木康爾,鈴木晴子田中今朝好長谷川清土井藤枝駒木靖彦,小田公治森岡豊福井英之,白石光治神宮政和
大澤清二福島裕子雪谷民商五十嵐肇五十嵐操岡野文雪吉岡弘史高山健治西海照夫,田嶋勝雄
長谷川進,青木八重子岡田淳湯川義明澄川藤枝,西條明美土井和雄白岩昇,斉藤衛斉藤尚子児玉康彦
浜田一江,伊藤由枝佐々木春夫寺山健治川口定美卜蔵一之皆川靖彦山中敏嗣樋口恕雄東野淳子曽根孝子
斉藤未子杉山勝俊石原健広木健二鈴木美夫田中信雄山本広子古平篤柘植真言中西知二仲山敏之渡辺睦大
盛啓一吉木宏山室常太北沢幸雄涌井一充岩城恵美子高井昭子文椎野耕一林志江遠藤美津江久保田元之
山崎洋子三浦岩男川和田博和田元子佐藤伸子古川克也島田公子

752 :月光仮面:2008/07/20(日) 08:20:16 ID:hdgBha32
>>700
日本人類遺伝学会2005年11月発表「狩猟採集民と農業民Y染色体遺伝子を共通基盤とした日本民族の
二重起源」 http://www.eva.mpg.de/genetics/pdf/Japan.pdf
最も新しいにもかかわらず、サンプリング手法に致命的誤り >>499 があり
中国で行われた、日本人類遺伝子学界2004年6月発表「中国人Y染色体遺伝子証拠から推論する
中国民族の発展と移住の歴史」
http://library.ibp.ac.cn/html/slwj/000222645600001.pdf
これにおいて適用されている階層クレード分析を駆使する先進的レベルから程遠い、非論理的手法
を駆使していることは奇怪千万。木の実ナナが縄文人で岩下志麻が弥生人なんだが、卑弥呼は
先生どっちですかと聞かれ、映画館に密かに出かけたら「極道の妻」をやっていて入るのに躊躇された
先生、どうなっちゃってんでしょうか。


753 :出土地不明:2008/07/20(日) 08:26:35 ID:hdgBha32
知り過ぎたのね。あまりに私を。恋は終りね。嘘がないから♪・・・ウッソ!

754 :出土地不明:2008/07/20(日) 08:42:11 ID:hdgBha32
階層クレード分析には特殊用語が多いが、
Restricted Gene Flow with Isolation by Distanceとは
遠賀川から難波津への長髄彦・河内物部の移住
筑後川から大和への三輪族の移住
Contiguous Range Expansionとは
出雲から吉備への土師の移住
こんなことを言ってるんだろうか。


755 :出土地不明:2008/07/20(日) 08:59:12 ID:hdgBha32
>>752
正規化されないデータで演算を行った結果でグラフを描いている。あのグラフは別のソースのものと違うか
と思いたくもなる。

756 :出土地不明:2008/07/20(日) 12:55:08 ID:z+8cL336
>>752
おまえアホだろ、ランダムサンプリングが可能だと思っているの?

757 :出土地不明:2008/07/20(日) 13:17:26 ID:hdgBha32
↑東京のサンプリングは都庁下のプータローの遺伝子でしかやれねーべ?

758 :出土地不明:2008/07/20(日) 13:33:13 ID:hdgBha32
Ainu    4 人 
Aomori   26 人
Shizuoka  61 人
Tokushima  70 人
Kyushu   53 人
Okinawa   45 人
All     259 人
かんなもので日本全体がわかるか?これでアイヌ3人がD、1人がCと出たからってアイヌに本来
Dがあったとはいえねーだろ。東京は、大阪は、名古屋、仙台はどうなっちゃってんのつうことだ。


759 :出土地不明:2008/07/20(日) 14:03:55 ID:hdgBha32
こうした延長でだんだん尾びれがつけられる悪例↓
日本  C1 C3   D1  D2  D3 N O1 O2a  O2b  O3
アイヌ  0  13   0  88   0 0 0 0   0  0
青森   8   0   0  39   0 8 0 0   31  15
東京   1   2   1  40  0 0 3 1   26  14
静岡   5   2   0  33   0 2 0 0   36  20
徳島  10   3   0  26  0 7 0 0   33  21
九州   4   8   0  28   0 4 2 0   36  26
北琉球  4   0   0  39  0 0 0 0   30  16
南琉球  0   0   4  0  0      67
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%82%A6%E4%BA%BA    


760 :出土地不明:2008/07/21(月) 14:39:55 ID:G4S4K9U4
>檀国大学(中掘・新家も参加)2003年9月「Y染色体遺伝子の意味する朝鮮民族二重起源」
>[DE-YAPは低頻度ながらサンプリングした北東アジア全域に拡散(日本抜き合計2.4%、日本込合計9.6%)
>するも、南アジアでは2カ国(計0.8%)にすぎず、韓国YAP+が南アジア起源ということははありそうにもない。>YAP+が中央アジアに多いことからおそらくは中央アジア、北西方向から東アジアへと移動したであろうこ
>とを示唆する。]
http://www.geocities.com/vetinarilord/korean.pdf
檀国大/徳島大は韓国DE-YAPの詳細を明示すること。
特に下記日本YDNAのDクレード、或いは、他地域のDクレードに該当するものがないか再調査のこと。
http://img438.imageshack.us/img438/5519/japan9zr.gif


761 :トレクワトリスタ:2008/07/21(月) 15:41:07 ID:0pJn2A2H
ttp://temple.iza.ne.jp/blog/entry/643882/
> アジアの国々で、まもなく深刻な経済危機がはじまると噂されているのは、
> ベトナム、韓国、中国、台湾だ。4カ国とも、経済危機は、すでにかなり顕在化している。
> そんな4カ国の中で、ベトナムが一番最初にアウトになるといわれはじめたが、
> そのベトナムへの最大投資国はやはり経済危機の韓国だった!

上記、見事にはY-DNAのO3系統が多い国々ばかりが揃ってる。
今まで新興国バブルに乗って実力が過大評価されていたところに、
原油を始めとする資源高によるダメージが大きいのが最大の原因でしょう。

本来は景気低迷・国際競争力の低下には、金融緩和政策を採るのが本来はマトモな対応。
小泉政権中盤での日本などはこれを実行して、経済を最悪の状態から脱却させている。
最近では、米国がバーナンキ議長の決断で大幅利下げを早期に断行し、
不動産バブル崩壊による信用収縮が長期化しないように手を打っている。

日本の周辺にある、これらのO3系統が4割以上の自然環境を大切に扱わない黄河文明の末裔諸国家は、
経済発展をするほど資源を大量に乱費するスパイラルから抜け出せないため、
資源輸入代金高騰対策から自国通貨を切り下げできず、泥沼にはまりつつある。
また工業化・経済発展に伴って、環境問題全般が極めて悪化してきている。
黄河文明の黄昏が近く、砂漠化が迫る北京でのオリンピックは最後の輝きとなるかもしれない。

日本は原油が安かった1960年代までの高度成長期の都市化によっても、
江戸時代からの(あるいは三内丸山の縄文以来の)環境負荷が低く衛生的な都市を築く伝統にそって、
東京圏と京阪神圏といった、稠密な通勤鉄道網をベースとするエネルギー効率の高い都市圏を育ててきた。
これが原油が極端に高騰した現在において、日本へのダメージを最小限に抑える一因となっている。
(特にネットワーク性が高い東京圏は、北海道とともに縄文系のD2系統の集積が極めて高い地域。)

稲作農耕民族に分布するO2系のDNAは、分布を見るに勤勉で経済に強い特徴が見られ、
O3系が多い中華文明圏の中で最近の発展を主導したのは、この中で
O2系が存在する上海、広東・香港、バンコク、シンガポール、朝鮮半島南部といった地域。
だが、親和性が高いD2&O2が多い日本と、O3&O2が多いこれら地域には大変な差が存在する。
(日本は倫理観の高いD2中心の関東に政治中枢、O2中心の上方に経済中枢がある時代に繁栄している。)

日本にも(恐らく古墳時代・飛鳥時代に)O3系統が10%〜20%程度は入っていて、
これは功罪両面があったと思う。大正時代が終わってから第二次大戦終戦までの時代、
田中角栄が登場した1970年代から彼の後継者が権力を振るった2002年頃までの時代。
これらの時期に北東アジアを極端に優先する外交、自然環境の乱開発で自滅している。
DNAレベルで中華文明にシンパシーを感じる日本人が、通常は少数派ながら一定数存在する。
もしもO3系統が3割を超えていれば、日本も中華圏の一部になっていた可能性が高い。


762 :出土地不明:2008/07/21(月) 19:09:28 ID:V71whxUr
今日も精度がすこぶる劣悪でどうとでも解釈できるmtとYで
台湾国策脳内サイエンスフィクションか(爆

でも、中国土器なんか日本に伝わってないし、朝鮮半島も楽浪より前の
中国土器なんかありませんから〜



残!念!(爆




763 :761@トレクワトリスタ:2008/07/21(月) 20:18:23 ID:35VYgzdd
>>762
率直に聞くが、
今日のレスは>>760>>761しかないが、

>>760氏のレスは詳しくリンク先とかまだ読んでないが、YAP+に関するもので、
「台湾にはチョソとかと中国人と同じくYAP+はほとんど無い」はずなので、
彼が「台湾の国策工作員」だとすると、何が狙いなのか教えてくれないかね。

もしも>>761(俺)へのレスのつもりはないよな。
学術スレにしてはちょっと品がないかもしれないが、
「O3系統がうじゃうじゃのベトナム、韓国、中国、台湾のネガティブな話をしている。」
そして、「D2系統が多い日本を自画自賛したレス」なんだが、
台湾政府の工作員が書いたら少なくともクビになるような内容であるが。
どこの部分がタイワンなんだね。教えてくれよ!

> でも、中国土器なんか日本に伝わってないし、朝鮮半島も楽浪より前の
> 中国土器なんかありませんから〜
土器の細かいことは詳しくないが、日本は土器の先進地域で、太古から日本人を形成した
D2系統の縄文人が、多様で芸術的な素晴らしい縄文土器を古くから創っている。
他の土器は少しは入ったかもしれないが、あまり必要性は高くなかっただろうね。

それから、土器先進地域の日本に伝わったおのぼりさん土器以上に、
チョンに土器が伝わったとか伝わってないとか関心ないんだよね。

ひとつ是非教えて欲しいんだが、おまえチョソでいらっしゃいますか?
もし違うなら大変ごめんなさい。
御願いですから、「チョソもタイワニーズもチャンも野蛮人」と書き込んでくださいますか。
おながいします。


764 :出土地不明:2008/07/21(月) 23:31:05 ID:V71whxUr
ほれw


チョンもタイワンゴリラも中華豚も人間未満!


ところで、


「台湾人は劣等人種!いや、ただのゴリラ!ベトナム顔したウンコくせえ
長江江南の茶色、ツブレ広鼻、突き出た口元の汚らしい東南アジア土人!
半ニグロ!人間未満!汚物!ヨゴレ!」


って書き込んでみw

765 :トレクワトリスタ:2008/07/22(火) 00:49:38 ID:zNxVXx4b
>>764
そこまで汚い表現は期待しなかったが、どうもありがとう。
なんであなたが、朝鮮と日本を関連付けたいような文章を、
それとなく入れているのかは疑問があるけど・・・。

贅沢を言えばですが、タイワンにゴリラ、中華に豚を付けたように、
チョンにもそれにふさわしい修飾語を付けて欲しかったな。
(人糞を食べるとか、犬を埋葬した縄文人と異なり21世紀でも犬食いのとか)
(あるいは、宇宙人グレイのように目が釣りあがった生物であるとか)
(そうすれば、朝鮮系帰化人とか、朝鮮が入っている混血でさえないかもとチョットは思ったかも。)

あまり汚い言葉は失礼になるので自分の言葉にするが、
一方的に要求するだけなのも失礼ですので、こちらも書き込みますよ。
(正確かどうかは判らないが、あなたが嫌いな台湾人やベトナム人ではないことは十分判るはずなので。)
「半ニグロ」に関しては拒否させていただく。理由はD系統にはネグリトがいるし、
YAP+共通のDE祖型はナイジェリアにいる。(私はサッカーのJJオコチャのファンでもあった。)
D系統の遠くにいる兄弟系統のE系統は地中海沿岸だけでなく、
C系統とD系統が出アフリカした可能性が高い、エチオピアなどにもいるので。
E系統が今以上に多かっただろうローマ・カルタゴの古代地中海文明は、日本以外では好きな文明だ。
日本の縄文D2系統にも癖毛などの特徴が残っている。
「江南」への悪口も拒否する。醜悪な漢族の血やガメツイ拝金主義が混じりつつも、
縄文人に混じった弥生人のルーツに比較的近いことと、近い文化を残すのが理由だ。
※下記に人によって不快な表現を書きますが、日本人と別人種でも不必要に公の場で冒涜する趣味は
 無いので、私が日本人であることに疑問を持たせない(レッテルを許さない)手段とお許しください。

「一重で醜いO3系統と、日本人と別人種の南方系O系統の混血の平埔族がルーツの台湾人は、
 チョソと同じで不必要にエラが張った四角い顔の男が多く、馬面総統がイケメン認定の全く逝けてない連中。」

「ベトナム人の食べるものは、チョンのキムチに負けない量の魚醤をぶっかけた、
 いかれた味や臭いがする吐き気を催すものばかり。ライタイハン問題を味わいながら、
 金につられて血統の近いDVブサチョソに嫁に行く低脳がわんさか。
 21世紀にチョソ・チャンとともに、マルクスを崇拝するアジア変態国家3兄弟。」

「東南アジア人は、D系統のインドネシアとか雲南の極一部の方々だけ文明人。
 (たぶん味の素とかたこ焼きとか納豆が好きな方々。)
 あとの連中は、ペニス短さNo1のチョソやNo2のインドと同じで、
 頭に良くない香辛料をぶっ掛けて食べる、サッカーが弱いB型後進地域。」


766 :トレクワトリスタ:2008/07/22(火) 00:55:57 ID:zNxVXx4b
>>764
「ツブレ広鼻」について書き忘れたが、悪口ばかりでもなんですので
かなり手前味噌ながら褒め言葉を。

人類共通のイケメンは、鼻が大きく高いのが最低条件だ。
明治天皇や平成の今上天皇陛下のような上品で威厳のある顔は、
みな鼻が大きく高い。文明国の見栄えのする王族達もみなこれは当然だ。


767 :出土地不明:2008/07/22(火) 01:16:31 ID:jaIyPYch
違うなw

人類共通のイケメンは鼻が小さく彫りがあまり深くなく
切れ長の目でEラインから唇がはみ出していない顔。

日本人も白人もな。

768 :出土地不明:2008/07/22(火) 02:47:38 ID:jaIyPYch
ところで、


「台湾人は劣等人種!いや、ただのゴリラ!ベトナム顔したウンコくせえ
長江江南の茶色、ツブレ広鼻、突き出た口元の汚らしい東南アジア土人!
半ニグロ!人間未満!汚物!ヨゴレ!」


って書き込んでみw

769 :出土地不明:2008/07/22(火) 06:12:08 ID:x5R7XFR8
飲み水を追いかけると

どうしてもアムール川バイカル湖に行き着く。
半島、中国大陸の水を飲むと下痢をするという実験結果は
旅行した日本人の大多数が主張する事。

東アジア大陸起源というなら飲み水という当たり前のことで簡単に腹部を壊すとは考えにくい。

河川のミネラル分(軟水、硬水)からしてもやはりシベリアだよ。

シベリア(バイカル湖の東側)からの大移動なら、時系列(言語、文字、捕獲対象動物、植物分布、紋様,)の説明が付く。


シベリアの食料の少なさを理由とすれば、大移動の「動機」にもなる。

770 :出土地不明:2008/07/22(火) 13:24:08 ID:HY+4tJBs
土器を追えっての。

土器を追えばどこから来たかなどそれほど困難なく明確に分かる。

771 :出土地不明:2008/07/22(火) 15:57:06 ID:CSbiTGlW
飲み水を根拠にしてる奴正気か?
水のきれいな地に定住すれば汚い水が飲めなくなるのは当たり前だろwww
生まれたときから日本に住んでる奴が他の地の水飲めなくなるのは当たり前ジャン
逆に東南アジアの連中だって日本に生まれ育てば同じになるよ。

772 :出土地不明:2008/07/22(火) 16:30:18 ID:es9MCt5F
俺Volvic好きだから、フランス行ってくるわw

773 :出土地不明:2008/07/22(火) 20:30:32 ID:mKUkF5po
爆笑問題のニッポンの教養 7月22日(火)午後11:00〜午後11:30(30分)
どこから来たのかニッポンのヒト〜分子人類学 篠田謙一

公式HP
http://www.nhk.or.jp/bakumon/nexttime/

【番組内容】
DNA分析で人類の歴史を解き明かそうとしている分子人類学者・篠田謙一を訪ねる。
DNA検査で明らかになる爆笑問題の驚くべきルーツとは?すべての日本人の起源を探る。

【詳細】
ヒトの遺伝情報が詰まったDNA。
これを調べれば、現代人の「母方の祖先」が数万年前どこにいたのかまでわかってしまう。
この手法によって、人類の歴史はどのように書き換えられるのか?
番組では、爆笑問題の2人にDNA検査を実施。太田・田中のルーツを探り、日本人すべての起源を探る。

ヽ(`Д´)ノ お前ら絶対見ろよ!!!!!!!!!1

774 :出土地不明:2008/07/22(火) 20:57:35 ID:d+rdexAZ
>>773
爆笑問題は少なくとも1人は日本人じゃなく半島系だったはずだが。
もし帰化してたとしてもDNAには関係ないし・・・。
渡来人ですらない外国系のDNAから日本人のルーツを探るとは印象操作が(鬱

放送するのが最近のNHKってなると、サンプルに彼らを使うのも含めて、
意図的にルーツを特亜の方に誘導しそうな感じがありありとする。
実際に、最近は中国を美化して北京五輪を盛り上げようとする企画の番組も多い。
朝鮮系の小池栄子に中国語を話させて、日中友好とか。

確か以前のNHKはるかな旅路かなんかの母系DNAの移動図で、
実際以上に中国北部あたりからのルートを強調していたと思う。

今の時点で、ルーツが判りやすい父系DNAを使わないのも判ってて無視してそう。
母系DNAは近隣諸国との共通性を印象づけるのに使いやすいだろうし。


775 :出土地不明:2008/07/22(火) 21:31:26 ID:MFR7l8TN
>>1  この人達、韓国人か?朝鮮人か?。どうだセンス良いだろ。

http://karamatsu.cocolog-nifty.com/./photos/uncategorized/hakkutsuten_edohaku_010.jpg
http://chikatsu.mediajoy.com/2007_winter/images/07winter_2.jpg
http://karamatsu.cocolog-nifty.com/blog/images/haniwa1_23.jpg
http://www.geocities.jp/wind_of_hometown/image/hakkutu/haniwa_oinezuka1.jpg
http://www12.wind.ne.jp/tomohm/img_2/a.jpg
http://www.gunmaibun.org/osoretoinori/kohun/img/228.jpg
http://www.tnm.jp/gallery/search/images/500/C0010468.jpg


776 :出土地不明:2008/07/23(水) 10:31:51 ID:3nOaiqej
>>774
Y遺伝子は移動しやすいから民族のルーツを追うには不適だろ。
生物学的には雄はどうでも良い存在だよ。

777 :出土地不明:2008/07/24(木) 13:46:13 ID:XqjDHAUA
既出だったらスマソ

遺伝子的なルーツだけに着目して、でよければ、これ読んでみたら?
ttp://www.amazon.co.jp/%E3%82%A4%E3%83%B4%E3%81%AE%E4%B8%83%E4%BA%BA%E3%81%AE%E5%A8%98%E3%81%9F%E3%81%A1-%E3%83%96%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%82%A2%E3%83%B3-%E3%82%B5%E3%82%A4%E3%82%AF%E3%82%B9/dp/4789717593

778 :出土地不明:2008/07/24(木) 22:34:44 ID:duzCZKJg
>>774
君が日本の恥なのはよく分かったから。
落ち着きなさい。

779 :出土地不明:2008/07/24(木) 23:32:40 ID:+NRqQfEC
>>777
書籍紹介したいなら自分で基本的な書誌事項を書け

780 :出土地不明:2008/07/25(金) 02:01:41 ID:tPq7RTZ8
たばこの煙を嫌がるそぶりをされただけで
いきなり【在日朝鮮人】が日本人に殴りかかり
鼻の骨を折る重傷を負わせました!
 / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
│   【生活保護】 もっと たくさん出せ
│ 
│     早く 選挙権を よこせ!
│   
│         民主党に 投票しろ!
 \_ _______________
    V
  ∧_∧ 在日特権〜♪
 <丶`∀´>      
 ( 在日 )        【税金税金】
 | | |      【社会保険料】
 〈_フ__フ      【税金税金】
【在日特権】     【社会保険料】
【生活保護】     【税金税金】
【毎月二十数万】   (T_T)
【税金免除】       (    ) 日本人は
【病院無料】      | | |  つらいよ〜
【学校無料】      〈_フ__フ 
■■■■■■■■■■■■■■■■■■



781 :出土地不明:2008/07/25(金) 06:41:46 ID:AIuYF6+p
>>780
それでも自民党よりマシなことは
国民の大半が知る所。
…君、統一協会って知ってる?

782 :出土地不明:2008/07/25(金) 06:59:27 ID:20FIiuto
http://best100.jp/link.php?carrier_id=3&category_id=21&site_id=yatiju

783 :出土地不明:2008/07/25(金) 09:31:57 ID:2x2t53mc
またミンス工作員か

784 :出土地不明:2008/07/25(金) 11:00:20 ID:nsi+0VxQ
>>783
朝鮮人工作員か中核だろ。

785 :出土地不明:2008/07/25(金) 12:33:59 ID:KOvp4QdI
昔アムールにも高床建築があるとかいう基地外がいたんだけどさ。

三内丸山遺跡と同時代の遺跡でなくて、
現在使用されてるソースばかり出してくんだよなwww

■同時代の新開流文化■
何枚もの魚骨が重ねて出土する貯蔵穴が
多く発見されて、魚を貯蔵する施設だと思われている。

何枚もの魚骨が重ねて出土する貯蔵穴
何枚もの魚骨が重ねて出土する貯蔵穴
何枚もの魚骨が重ねて出土する貯蔵穴
何枚もの魚骨が重ねて出土する貯蔵穴
何枚もの魚骨が重ねて出土する貯蔵穴w

穴に貯蔵ですがなにかw


ちなみにの見つかるのは竪穴住居址wwwww

786 :出土地不明:2008/07/25(金) 13:54:15 ID:/qEzCh44
>>785
アナタ クサイネー

カオ ガ クサーイ

コーナンジン ノ タイワン クサーイ

ベトナム フィリピン カオ オナジオナジ

787 :出土地不明:2008/07/25(金) 17:05:23 ID:KOvp4QdI
ほーら、ボロが出ましたねw

邪魔な日本人に台湾人呼ばわり=朝鮮国策工作員wwww

とっとと敵国人の朝鮮国策工作員は日本から出ていけよ。


そういえば昔アムールにも高床建築があるとかいう基地外がいたんだけどさ。

三内丸山遺跡と同時代の遺跡でなくて、
現在使用されてるソースばかり出してくんだよなwww

■同時代の新開流文化■
何枚もの魚骨が重ねて出土する貯蔵穴が
多く発見されて、魚を貯蔵する施設だと思われている。

何枚もの魚骨が重ねて出土する貯蔵穴
何枚もの魚骨が重ねて出土する貯蔵穴
何枚もの魚骨が重ねて出土する貯蔵穴
何枚もの魚骨が重ねて出土する貯蔵穴
何枚もの魚骨が重ねて出土する貯蔵穴w

穴に貯蔵ですがなにかw


ちなみにの見つかるのは竪穴住居址wwwww

788 :出土地不明:2008/07/25(金) 17:57:17 ID:alErD8Dm
だったら、



「台湾人は劣等人種!いや、ただのゴリラ!ベトナム顔したウンコくせえ
長江江南の茶色、ツブレ広鼻、ギョロ目、突き出た口元の汚らしい東南アジア土人!
プノンペン野郎!半ニグロ!人間未満!汚物!ヨゴレ!屎尿以下!」



って書き込んでみwwww

789 :トレクワトリスタ:2008/07/25(金) 23:37:03 ID:PM6vbeod
日本が台湾・ベトナム・江南との差異を強調すれば、
自動的に日本人がチョソに近いと思ってもらえると期待してるんだろうか?
だったら池沼すぎだな。

−下記にてベトナムの皆さん侮辱してスマソ−
遺伝的にはベトナム人に一番近いのは、韓国人なんだが。
(O3系統が4割以上で、その他にO2b系統が多いのは、ベトナム人と韓国人だけ。)

最も、モンゴル帝国、フランス、アメリカ、中国の侵略に勝ったベトナム人と、
千年以上、負けっぱなし&強国に寄生して、
残虐行為や戦争けしかけ工作だけしていたチョンと比べるのは失礼ではある。

ベトナム人も中国人も台湾人もチョンも、普通のアジア人全般に多いO系統だから、
人類の中では例外的に体臭が少ない連中だぞ。
そのかわり匂いのきつい食事とか食べる連中が多いから、そちらで匂う。

日本人は基本的にD系統(YAP+)だから、一緒にするなら
チベット人とか北東インドの田舎なんかにいる日本人そっくりのモンゴロイド系とか、
イタリア人とか北アフリカのベルベル人(ジネディーン・ジダンが有名)と一緒にしてくれ(怒

穢族の縄張り(慶尚道・江原道・北朝鮮東部・ロシア沿海州・満州東部)か、
ベトナムと同系統の韓国西部(全羅道・済州島・京畿道)に帰ってくれ。
頼むから故郷へお帰り願う。


790 :出土地不明:2008/07/26(土) 02:13:19 ID:pfma+wl0
弥生人を中国だと出してしまうような精度がすこぶる粗悪で
どうとでも解釈できてしまうmtやYを使ったいつもの
サイエンスフィクションなw

ベトナム人に一番近いのは朝鮮人で、日本人は地中海人種ってかw

本物のアホだろおまえ(ゲラゲラ嘲笑





台湾ベトナム顔江南茶色土人は日本人のふりをしないように!






791 :レジスタ:2008/07/26(土) 03:47:06 ID:LdtOFBwx
理系厨や台湾嫌いなども痛いけど、
トレクワトリスタも相当痛い人みたいやね・・・
くだらない中傷はやめーなって

しかもここは考古板やろ?
遺跡とかが中心の話題ちゃうの?

792 :出土地不明:2008/07/26(土) 04:08:37 ID:qfMznDuu
奴が台湾人工作員だと瞬時に分からない君も相当痛けどな。

朝鮮煙幕が出た時点で台湾人だと把握しないと。

朝鮮煙幕はエサ。

最終的な目的は日本人のルーツの長江江南誘致。

朝鮮煙幕で釣って長江江南創作を君みたいな頭の弱い人間に
ねじ込むの。

793 :出土地不明:2008/07/26(土) 04:27:34 ID:LdtOFBwx
どうでもいいけどトレクワルティスタじゃね?

794 :トレクワトリスタ:2008/07/26(土) 08:42:42 ID:wslZeAGv
>>790
> ベトナム人に一番近いのは朝鮮人で、日本人は地中海人種ってかw
古い出アフリカの系統なので、かなり古くから日本独特の系統だが、
日本人のD2系統と一番近いのは同じD系統のチベット人。
D系統以外でルーツが近いのは、地中海沿岸のE系統。
(但し今の南欧人には、元蛮族のゲルマン人の血も濃く入っているが。)

それから茶色土人が嫌いなのに、何故地中海人種を嫌うんだろうな。

君が妄想する完全なO系統の台湾人工作員が、
何故チベットや地中海人種を強調するのか、訳が判らん。

三国人とは関係なく、
縄文人の血が濃い日本人は、このスレに書いてはいけない理由でもあるんかね。

俺は台湾には行ったこともない、親戚にも一人もいない。(全員、日本人だからな)
人生で関わった台湾人は、中学生の時の教育実習で来てはった
美術の先生(越前大仏つくった人の奥さんとか・・・。)の一人だけだな。
だいたい鼻が高くて、汗書きで、髭が濃くて、耳垢が湿っていて、
中国語が読めないで、昔結核で苦しんだ身内が多いって、どんなレアな台湾人なんだろうな。
というか、何でチベット人認定やイタリア人認定はされないんだろうな。w

お前のようなのにレスの内容関係なしに、チョソに都合の悪いレスする人間は
台湾人認定されるから、あえてコテハンで書いているんだが。
だからレスの中身見れば、日本人はチョンにも台湾人にも似ていないと繰り返し書いてるんだが、
お前のように判っていて、それを無視したレッテルを貼るのは卑怯すぎる。
嘘も100回書けば本当になるとおもっているんかい。

>>791
スマソなんだが、ここは明らかに自分自身のルーツに絡めて、
朝鮮とか穢族のルーツのその北東部に誘導したい外国系が多すぎる。
別の板なんかでスレ立てて、「外国人特別永住権保持の条件を、男に関しては
D系統、C1系統、O2系統、E系統に限定するべき」とかやった方が良いのかも知れませんね。


795 :トレクワトリスタ:2008/07/26(土) 09:02:37 ID:wslZeAGv
>>793
トップ下を「トレクワトリスタ」という人も多いですが、
発音的にはそっちの方が正しいのかもしれません。
「ジュリアス・シーザー」と「ユリウス・カエサル」のようなもんかな。

少し前にサッカーでこの名前のポジションのスターだった、
ジダンとかデルピエロとかトッティなんかが、
みんなキャプテン翼に影響を受けているのは面白いよね。
ジダンはYAP+が多いベルベル人出身だし(翼を見てなければ、替わりに柔道をしていたはずらしい)、
同じく芸術肌のデルピエロはエトルスク(中東ルーツといわれる。王政時代ローマ人の片方の祖。)の
末裔らしいし、トッティは生粋のローマっ子。

中東では、イラク南部(YAP+が多いシーア派地域。日本人と同じくA型が多い)の
自衛隊の車にキャプテン翼の絵が描いてあって、大人気だったとか。
髭が濃い隊長が、地元の人たちに慕われてたのも、遠い兄弟と思えば感慨深い。

2002年の日韓W杯で、イタリア代表は仙台での暖かい歓迎に感激して、
そのまま勝ち上がって韓国から日本に戻るのが目標だったとか。
でも、モレノ主審での対韓国戦で、一方的に暴力行為を受けながら、トッティが退場にされて負ける悲劇が。
(4年後のドイツW杯では優勝している。)
また、このW杯でジダンは韓国との調整の練習試合で負傷してしまった。
(4年後のドイツW杯では最優秀選手に。)
ことごとくYAP+の多い民族の宿敵だと思いました。


796 :siraki:2008/07/26(土) 09:17:08 ID:pfma+wl0
韓國
天皇家の 神は 韓神 百済
園神は 朝鮮神 新羅

797 :出土地不明:2008/07/26(土) 09:38:00 ID:akK8cG28
>>794-795
いいや。

おまえは100%台湾人だよ。

しかもプロの、グリーンベレー並みの対日洗脳用工作員な。

798 :トレクワトリスタ:2008/07/26(土) 09:50:30 ID:wslZeAGv
>>797
じゃあ何の為に、日本人がO3系統が多いチョン・台湾・ベトナムの
小中華3兄弟と全然違うと言っているんだ。

これは何回も尋ねているが、全く無視される。
あんたは、チョソでも日本語が読めないわけでもなさそうだし本当に訳がわからん。

そういうことにしないと、精神の安定が保てないから意図的に無視しているのか、
それとも、日本独自の縄文系D2系統・C1系統が実は台湾に多い極秘データでも
持っているのか?だったら教えてくれ。
俺は三国人のチョソと台湾人が多い横浜が、柄が悪くて大嫌いなんだが。


799 :出土地不明:2008/07/26(土) 09:50:55 ID:akK8cG28
>>794-795
だったら、




「台湾人は劣等人種!いや、ただのゴリラ!ベトナム顔したウンコくせえ
長江江南の茶色、ツブレ広鼻、ギョロ目、突き出た口元の汚らしい東南アジア土人!
プノンペン野郎!半ニグロ!人間未満!汚物!ヨゴレ!屎尿以下!」




って下に書き込んでみwwww

前は書けなかったよなw

800 :出土地不明:2008/07/26(土) 10:19:21 ID:akK8cG28
>>798
早く書けよ台湾遺伝学工作部隊w

おまえはいつも弥生人を中国南部に誘導するには好都合な
Yやmtだけで創作し誘導行為をやらかしている。

他の遺伝学や土器や考古遺物では全くそうじゃないと出ているのに
それはまーーーーーーーーーーーーーーーったく無視。

言葉巧みに丸めこんでいつも執拗にYやmtだけで弥生人を中国南部へと
中国南部へと創作で恣意的に誘導している。

801 :出土地不明:2008/07/26(土) 10:39:39 ID:cpmMimWP
かわりにコピペしてやるよ?

「>799は劣等人種!いや、ただのゴリラ!北方土器顔したウンコくせえ
高床倉庫文化色、ツブレ広鼻、ギョロ目、突き出た口元の汚らしいアムール未発掘人!
アムール野郎!半ニグロ!人間未満!汚物!ヨゴレ!屎尿以下!」


これで満足か?なら発掘してからまたこいやw


802 :出土地不明:2008/07/26(土) 10:47:03 ID:akK8cG28
奴の隣席にいる別の台湾工作員だろw

台湾代表処もかわるがわる大変だなw



803 :出土地不明:2008/07/26(土) 10:48:35 ID:cpmMimWP
発掘してからまたこいやw

804 :出土地不明:2008/07/26(土) 10:55:44 ID:akK8cG28
白金台にか?(爆

805 :出土地不明:2008/07/26(土) 11:00:10 ID:cpmMimWP
発掘しないならスレ違い。もうくんなw

806 :出土地不明:2008/07/26(土) 11:02:35 ID:akK8cG28
おまえこそ日本にくんなw日本から出てけwとっとと出てけw敵国人がw

807 :出土地不明:2008/07/26(土) 11:10:24 ID:cpmMimWP
あれ?俺は台湾工作員で台湾にいるんじゃねーの?www

808 :トレクワトリスタ:2008/07/26(土) 11:24:33 ID:wslZeAGv
>>800
俺は台湾やベトナムに何か恨みは無いが、>>765に書いてやったから嫁。

三国人うざすぎだから、我が政府はマジでYAP+(D系統、E系統)、C1系統、O2系統以外の人間から、
特別永住権みたいなある意味差別的な既得権益を剥奪して欲しい。

上記実行できれば、お前の嫌いな台湾やベトナム人も特別永住権が無くなるから満足だろう。
これをもっているのはほとんどがチョンだがな。
60万人+不法滞在チョソうざすぎ。
日本人のルーツをお前らが語るな。

日本人を象徴するD2系統が、日本人(本土・沖縄・アイヌ)だけに固有である事を何度も書かせるな。

い つ か ら 日 本 人 以 外 が D2 を 持 つ よ う に な っ た の か ね。


809 :出土地不明:2008/07/26(土) 14:35:31 ID:gcil+Ldr
>>808
残念w

俺は朝鮮人も嫌いだがw

それと台湾工作員バレして必死に取り繕うおまえもなw

他の遺伝学や土器や考古遺物との矛盾を一切無視して
工作に好都合なYとmtだけで、しかも勝手な解釈による創作で
弥生人を中国南部にゴリ押ししてくる様な、
そんな如何わしい台湾人のおまえの言う事なんか誰が信じるんだよ馬鹿w

それに何でおまえはN系の話はしないの?w

それに弥生人が中国南部からやって来ておいて、
何でK系がない矛盾を言わないの?w

クサイ台湾産の華南ベトナム顔ブタは死にましょう(ゲラゲラ嘲笑

810 :出土地不明:2008/07/26(土) 14:49:59 ID:vbsrlBn0
で、大雑把に言って「日本人って人種はどんな風に構成されてるの?」
汚らしいチョンとはほとんど関係ないんですよね?
なんか見苦しいのでNGワード:台湾 でお願いします。

811 :トレクワトリスタ:2008/07/26(土) 15:00:08 ID:wslZeAGv
>>809
とりあえず俺の過去レスを見直してみたが、
日本人が、台湾とかベトナムと同系とかは書いていない。

> 761 名前:トレクワトリスタ[] 投稿日:2008/07/21(月) 15:41:07 ID:0pJn2A2H
> ttp://temple.iza.ne.jp/blog/entry/643882/
> > アジアの国々で、まもなく深刻な経済危機がはじまると噂されているのは、
> > ベトナム、韓国、中国、台湾だ。4カ国とも、経済危機は、すでにかなり顕在化している。
> > そんな4カ国の中で、ベトナムが一番最初にアウトになるといわれはじめたが、
> > そのベトナムへの最大投資国はやはり経済危機の韓国だった!
>
> 上記、見事にはY-DNAのO3系統が多い国々ばかりが揃ってる。
> 今まで新興国バブルに乗って実力が過大評価されていたところに、
> 原油を始めとする資源高によるダメージが大きいのが最大の原因でしょう。

> 765 名前:トレクワトリスタ[] 投稿日:2008/07/22(火) 00:49:38 ID:zNxVXx4b
> 「一重で醜いO3系統と、日本人と別人種の南方系O系統の混血の平埔族がルーツの台湾人は、
>  チョソと同じで不必要にエラが張った四角い顔の男が多く、馬面総統がイケメン認定の全く逝けてない連中。」
>
> 「ベトナム人の食べるものは、チョンのキムチに負けない量の魚醤をぶっかけた、
>  いかれた味や臭いがする吐き気を催すものばかり。ライタイハン問題を味わいながら、
>  金につられて血統の近いDVブサチョソに嫁に行く低脳がわんさか。
>  21世紀にチョソ・チャンとともに、マルクスを崇拝するアジア変態国家3兄弟。」
>
> 「東南アジア人は、D系統のインドネシアとか雲南の極一部の方々だけ文明人。
>  (たぶん味の素とかたこ焼きとか納豆が好きな方々。)
>  あとの連中は、ペニス短さNo1のチョソやNo2のインドと同じで、
>  頭に良くない香辛料をぶっ掛けて食べる、サッカーが弱いB型後進地域。」

> 766 名前:トレクワトリスタ[] 投稿日:2008/07/22(火) 00:55:57 ID:zNxVXx4b
> 人類共通のイケメンは、鼻が大きく高いのが最低条件だ。
> 明治天皇や平成の今上天皇陛下のような上品で威厳のある顔は、
> みな鼻が大きく高い。文明国の見栄えのする王族達もみなこれは当然だ。


812 :トレクワトリスタ:2008/07/26(土) 15:21:30 ID:wslZeAGv
>>809
> 俺は朝鮮人も嫌いだがw
それはそうなのかもな。君の祖国で白丁とか差別されて日本に密入国だろうから。
本当に嫌いなら、このスレには朝鮮半島経由での渡来を主張するレスがあふれているが、
なぜそれに対して君らしく、「偏平顔のウンコ食い人種のチョン、オロチョン、穢族工作員w」ってレスしないんだね。

お前のやりかたが陰湿なのは、江南の土器のコピペをさんざんするが、
自分の出自がばれないように、たぶんおまいが主張したい「朝鮮半島から日本人は来ました。」とは
直接的には絶対書かない。下のようにバレバレでも。

> 日本人で高貴な顔をしてるのは偏平な顔の系統だよ。
>
> 人類全体を通して扁平な顔ほど高貴な顔とされているよ。

> 762 名前:出土地不明[] 投稿日:2008/07/21(月) 19:09:28 ID:V71whxUr
> でも、中国土器なんか日本に伝わってないし、朝鮮半島も楽浪より前の
> 中国土器なんかありませんから〜
↑何でいきなり朝鮮半島の話が入るんだろうね。

> 776 名前:出土地不明[] 投稿日:2008/07/23(水) 10:31:51 ID:3nOaiqej
> >>774
> Y遺伝子は移動しやすいから民族のルーツを追うには不適だろ。
> 生物学的には雄はどうでも良い存在だよ。
↑Y-DNAで、日本人が朝鮮人と、台湾人と、ベトナム人のどれとも違う事が露になるんだが。


813 :トレクワトリスタ:2008/07/26(土) 15:49:59 ID:wslZeAGv
>>809
・このスレで関心の高いアムール川流域と、古い日本が関係があるかもしれないが、
 樺太・北海道が陸続きだったためで、日本列島からアムール川流域や外モンゴルにひろがった
 C3系統での共通性がある。アイヌとか、後の時代に日本に逆流した要素もあるだろう。
 母系遺伝子などで、日本に非常に多く、モンゴルにも多い、しかし朝鮮半島に少ない遺伝要素があるが、
 旧石器時代をはじめとした、樺太経由での繋がりからして不思議ではない。
 十三湊なんかあとの時代に少し、北方シベリア系が秋田周辺に入っただろうとも思う。
 しかし現在人のDNAとしては、日本人は朝鮮人と異質である。
 現代朝鮮人には、華北系のDNAが非常に強い。
 なので日朝の共通の先祖がシベリアにいたわけではない。
 この華北系DNAはモンゴル人も持っているが、日本とモンゴルで共通の遺伝子とは完全に別のもの。
 モンゴル人の一部が日本人と母系で近いが、朝鮮人はモンゴル人と父系で近い。(支配を受けた為)

[下記非常に重要]
・曖昧さがない父系DNAデータにおいて、朝鮮人・台湾人・中国人・ベトナム人はすべて華北型DNAが
 圧倒的に多く、日本人とは全然別人種。
 ↑お前が本当に朝鮮人・台湾人共に嫌いなら、大喜びしてくれるよな。
  どう考えてもそうだよな。喜びの言葉が欲しいね。

・上記中華文明圏の民族の中で、韓国人とベトナム人の共通性が極めて高い。
 また、台湾人はフィリピンとかの南島系DNAが少し入る以外は、
 華南よりも華北に非常に近い。だ か ら 日 本 人 と 別 人 種。
 ↑これと同じことを俺は何度もはっきり書いている訳だが。

・日本人はD2系統を中心とする、かなり古い時代から一定の人口を保って孤立した独自性の強い人種。
 旭川から那覇まで、地理的な距離にかかわらず均質性がかなり高い。
 古くに分かれた近い系統は、チベット人、地中海・中東・アフリカのE系統(YAP+の兄弟グループ)など。


814 :トレクワトリスタ:2008/07/26(土) 15:59:20 ID:wslZeAGv
>>809
おまいは本当に、朝鮮半島在住でも在日朝鮮人でも、朝鮮系(混血含む)でもないのか?
それを信用するとすれば、ユーリ・アバチャコフみたいなシベリア少数民族出身なのか?
ユーリはチョンみたいな気味悪い偏平顔ではないけど。

朝鮮に関係ないなら、何故おまいが、「朝鮮が台湾・ベトナム・華北と似てる」というのを
嫌がるのか見当が付かない。
もし俺がシベリア少数民族出身で、日本とシベリア同祖論を強調するなら、
アムール下流域−樺太−北海道−本州の森の民としての繋がりを書いて、
チョンとは共通性が低いといいきるが。


815 :出土地不明:2008/07/26(土) 19:07:49 ID:i9q2rIz4
>>811-814
おっ、もの凄い動揺ぶりじゃないかwwww

焦りと怒りが文面からビンビン伝わってくるぜw

だいたい長江江南と同系にする事で自動的にその移民の台湾人と
同系になるじゃねえかヴォケw

それに俺は日本人は朝鮮半島から来たといつも直接的に言ってるがなw

ただし弥生人じゃねえぞw35000年前の地続き時代だw

それにベトナム人に一番近いのは朝鮮人で、日本人は地中海人種に近いってのが
イヤとか好きとかじゃなくて、 あ ま り も 馬 鹿 馬 鹿 し 過 ぎ る の w

他の遺伝学指標ではそんな風には絶対出てこないし、土器など考古遺物の関係もさっぱり一致しない。

それにおまえは朝鮮人の顔をよく分かっていない。

朝鮮人は巨視的にあまり扁平な顔をしておらず眼裂もあまり狭くない。

日本の弥生顔の持ち主たちの故郷としては朝鮮半島はあまりも弱すぎるの。

弥生人はさらに北方の沿海州中南部あたりの沿岸部からやって来た
刻目のある土器文化を持った北方モンゴロイドのヴァイキング集団。

水田稲作は朝鮮半島東岸を通過してくる最中に知って九州に持ち込んだだけ。

分かったかね?Yとmtだけの偏向創作しかしないクサイ台湾産の長江江南ベトナム顔ブタくんw

ところで、何でおまえはN系の話はしないの?w

で、何で弥生人が中国南部からやって来ておいて、
K系がない矛盾を言わないの?w

やっぱ誘導工作に不都合だから?(爆

816 :出土地不明:2008/07/26(土) 19:09:40 ID:i9q2rIz4
ところで、何でおまえはN系の話はしないの?w

で、何で弥生人が中国南部からやって来ておいて、
K系がない矛盾を言わないの?w

やっぱ誘導工作に不都合だから?(爆

817 :出土地不明:2008/07/26(土) 19:11:57 ID:fmTQR6BU
>>810
日本人を構成する人種とは、
1)先ず3万年前に日本に到達した南方系民族、
2)縄文期に樺太を経由してきた民族
3)同じく縄文期に朝鮮を経由してきた民族
4)弥生期に朝鮮を経由してきた北方民族
5)弥生期に朝鮮を経由してきた南方民族
6)弥生期以後に樺太・千島を経由してきた北方民族
7)弥生期以後に北上してきた海洋民族
8)その他から構成されているよ。

818 :出土地不明:2008/07/26(土) 20:14:32 ID:i9q2rIz4
>1)先ず3万年前に日本に到達した南方系民族


ダメだな。石器が違う。

35000年前に華北あたりで発展したナイフ形石器を使う北方人種が
地続きだった朝鮮半島から日本列島に侵入。


>5)弥生期に朝鮮を経由してきた南方民族
>7)弥生期以後に北上してきた海洋民族


これもダメだな。

土器も金属器も楽器も玉器も中国や南方の文物が何も伝わっていない。

819 :カテナチオ:2008/07/26(土) 23:17:56 ID:ho+LLjqV
>>818
> >1)先ず3万年前に日本に到達した南方系民族
>
> ダメだな。石器が違う。
>
> 35000年前に華北あたりで発展したナイフ形石器を使う北方人種が
> 地続きだった朝鮮半島から日本列島に侵入。

これ、大陸を南から北上した人々が、華北・朝鮮あたりまで北上して
日本に入って来たって可能性はないの?つまり陸伝いということね。
何もべつに島伝いに南方から、とは誰も限定して言っていないよね?

820 :トレクワトリスタ:2008/07/26(土) 23:24:22 ID:wslZeAGv
>>815
悪いが、ちょっと切れ気味で書いた。
焦りというより、俺も大した教養は無いんで明確に書いたことへの誤りの指摘ならいいんだが、
言ったこと自体を捻じ曲げられたり、無視されるんで、
ループして議論にならないから、やぶ蚊にたかられているようで正直むかついている。
あなたが朝鮮系とかなら、そうと断って多少は北方ルートに興味が強いし贔屓するかもと
言ってくれれば、反論はしてもそんなに個人に対して悪し様に書く気はないんだが。

35000年前とかって、めちゃくちゃ古い、氷河期真っ只中で
日本に初めて人類が来たんじゃないかとか言われてる時代だね。
これは同意で、その頃はさすがに日本も大陸もあんまり違いは無いだろうね。
だから母系DNAでこの頃の名残で、そこそこ共通性があるっていうのはありえなくはないと思う。
日本海自体が湖で、対馬暖流が無かったから日本にしたって大陸にしたって凄く寒かったはず。
「紀元前5万年前」とかの映画にでてきそうな本当の原始時代だね。
もしかしたらホモ・サピエンスになったかどうか微妙なくらいの。

> それにおまえは朝鮮人の顔をよく分かっていない。
確かにそれほどは詳しくないかもしれないね。

> 朝鮮人は巨視的にあまり扁平な顔をしておらず眼裂もあまり狭くない。
>
> 日本の弥生顔の持ち主たちの故郷としては朝鮮半島はあまりも弱すぎるの。
なんとなくは言いたい感じはわかる。それから朝鮮半島の住民も地域とか
個人での差が結構あると思う。

父系DNAをまた持ち出すが、これで出てくる結果に限って言えば、
今現在の日本人と韓国人(北朝鮮のデータは判らない)で、大きく共通しているのは、
中国最南端のチワン族でMAXで華南・東南アジアにも多いO2系統が、
アイヌ以外の日本人全般で多く、これを韓国人も3割近く持っていることだ。
分布からして稲作農耕民の系統だから不思議ではない。
O2系統をサブグループまで分けると、この内、O2b系統に関しては、
西日本で最も多くて、東日本、ベトナム、韓国でもそこそこ多い。
航海・水田稲作に優れていた倭人系(弥生系とか、古代朝鮮の百済・任那とかの種族)だろうとは言える。
この系統の大陸での厳密なルーツの特定は今のデータでは難しいと思うが、
O2系統の中でも福建省以南の亜熱帯のO2系統とは遠いのではないかと思う。(ここを無視しないでくれ!)
※台湾は福建省に言語などが近いが、Y-DNAではO2系統自体が少ないのこの段階で異なることになる。

あえてここから踏み込んで通説なども参考に私的な推測を許して欲しいが、
稲作先進地だった長江下流域の江南あたりが大まかなもともとのルーツで、
日本の弥生時代に、九州〜東海・山東半島南部・朝鮮半島南西部(いわゆる百済・任那)・トンキン(ベトナム北部)
そして一部は遼東(燕地方)に船舶での移動にて、日本の弥生時代に(中国の三国時代の終わりまでに)
ひろがった種族ではないかと思う。
これらの広義の倭人系種族内で、その後の古墳時代を中心に双方向での交流が多かったのではないかと。


821 :出土地不明:2008/07/26(土) 23:36:17 ID:oRqlCJnO
>>815
>水田稲作は朝鮮半島東岸を通過してくる最中に知って九州に持ち込んだだけ。

なんで水田稲作はもともと知っていた半島の人間が九州に持ち込んだだけではないのか?

遺伝子
土器の種類
言語
以上をもって沿海州のツングースではないだろ 常識的に考えてw


822 :820続き:2008/07/26(土) 23:44:11 ID:wslZeAGv
倭人・弥生系の共通点とは別に、Y-DNAにはあまり出てこないんで曖昧だが、
もっと前の時代の旧石器時代にやってきて、縄文時代早期頃には
日本列島と朝鮮半島南部に、共通で多くいた先住民だった可能性がある。
指摘の刻目式土器を含めた海の民を思わせる貝や渦巻き模様がある土器を
つくっていた人たちだろうね。
Y-DNAには出ないものの、東日本と朝鮮半島南部で共通性が高い遺伝要素が
ちらほら見つかるが、そう考えると説明がつくと思う。
踏み込んで言えば、古代朝鮮の(穢族南下前の)新羅系の人たちは、
百済系と異なって、この血を濃く残した末裔だったのではと思う。

日本の縄文人に関しては、Y-DNAではD2系統が多いので、
彼ら本当の古い先住民の後に来た種族(おそらく後の天皇家を含む)で、
これだけは朝鮮半島にはあまり入らなかったみたいです。


823 :822訂正:2008/07/26(土) 23:47:39 ID:wslZeAGv
× 共通で多くいた先住民だった可能性がある。
○ 共通の先住民が多くいたかのうせいがあり、彼らが初めに


824 :出土地不明:2008/07/27(日) 00:52:55 ID:MK5T8nCB
>>821
口縁部に刻目のある土器文化があったのは世界中見渡してもアムール沿海州だけ。
朝鮮半島にも数点出土があるものの生産していた痕跡はない。
言語学的に日本語がツングース語に近い事はさんざん語り尽くされてる事だろが。


>>820-823
Yとmtだけで妄想し杉なんじゃおまえはw

言ってる事が支離滅裂で分からない上に、俺のNとKの質問にも全く答えない。

もっと他の遺伝学や考古遺物との矛盾を真摯に見つめたらどうかね?

825 :出土地不明:2008/07/27(日) 01:03:37 ID:MK5T8nCB
見よ!

これが稲作が伝わった当時の長江江南や華北の炊飯器である。


鬲(レキ=袋状の足を持つ三足土器)
http://infoimages.nmgnews.com/information/20050618/4482.jpg
http://infoimages.nmgnews.com/information/20050610/2764.jpg
http://www.ccnt.com.cn/antique/zhiliaoku/wenwujingcui/crockery/introdution/090.jpg

鼎(テイ=棒状の足を持つ三足土器)
http://www.ccnt.com.cn/antique/zhiliaoku/wenwujingcui/crockery/introdution/099.jpg
http://www.sx.xinhua.org/ztjn/2003-08/29/xin_49b7e0a2d93511d7be2c0050ba1967d3.jpg
http://www.shtong.gov.cn/node2/node4/node2250/songjiang/node70313/node70604/images/00004623.jpg

826 :出土地不明:2008/07/27(日) 01:17:02 ID:7eh5Kj5x
>>824
残念ながら基本的な単語が対応してない 
数詞 身体名称 さっぱりにてないw

なんでアムール沿海州人が朝鮮無文土器を伝えるんだよw
http://www.city.fukuoka.lg.jp/maibun/myc/75.html#1
>朝鮮半島南部に系譜をもつ無文土器の壷(前方右)がともなっている。
土器は母から娘へ一子相伝だよ

ツングースに多い遺伝子C3が日本人には少数派w

無理が大杉

827 :出土地不明:2008/07/27(日) 01:22:49 ID:7eh5Kj5x
>>826
訂正 土器は母娘直伝だよ

828 :出土地不明:2008/07/27(日) 01:35:35 ID:iGCmeyrm
そもそもC系は北回りなのか?南回りなのか?
O系がどこまで新モンゴロイド形質だったのか?

このへんがいまいちはっきりしないな

829 :出土地不明:2008/07/27(日) 01:41:45 ID:MK5T8nCB
弥生人は朝鮮無文土器なんて生産してないっての。

半島からの無文土器の輸入搬入物から影響は受けたものの、
弥生遺跡に無文土器そのものを生産していた集落遺跡はないよ。

830 :出土地不明:2008/07/27(日) 01:48:45 ID:iGCmeyrm
そうそう、そのあたりを>>826は勘違いしている感じ

831 :出土地不明:2008/07/27(日) 01:51:30 ID:iGCmeyrm
>>829
んで、>>819の可能性についてはどうなのよお兄さん?

832 :トレクワトリスタ:2008/07/27(日) 02:27:02 ID:/+luuwSQ
>>824
Nというのは日本人に極わずかにしか存在しない、Y-DNAの
N系統ハプログループのことか?
東北の青森だけでかなり高く8%存在するが、他の地域では0に近い。
こんなものであまり妄想逞しく出来ないので、あんまり触れてない。
(系統が明確に出るY-DNAで日本人に多いD系統やO2系統の話でも、まともに受け取られないくらいだからね。)
君の方がY-DNAのすごい微細なデータに注目しているわけだから、
これに関して何か言いたいなら自分で持論を書いてもいいんだし、
俺の意見なんかで良くて聞いてみたいことがあるなら、もっと直截に質問してくれないか。

多分、なぜ日本人にN系統が存在するんだねという含意だろうけど、
後世に平安時代にシベリアと交易があった大貿易港の
十三湊(大地震で壊滅したんで結構無名なんだがな)から入ったDNAの可能性が高いだろう。
念のために、三内丸山の縄文人がツンキーデのN系統とか妄想しないでくれよ。

>>825
土器に関しては日本は先進地域で、稲作が始まるずっと前の縄文時代の結構早い時期から
刻目式とか渦巻き文様とかの複雑な文様の土器を作っていたわけだから、
中国からあんまし真似する必要は無かったし、
アムール川流域とか沿海州の土器は、むしろ日本の縄文土器の影響じゃね。

つーかスレタイの問いかけが主題だから、
縄文人のルーツについていいたいのか、弥生人のルーツについてテーマにしてるのかとか、
時代について触れてくれないと、わけがわからん議論になる。


833 :出土地不明:2008/07/27(日) 02:42:30 ID:iGCmeyrm
> つーかスレタイの問いかけが主題だから、
> 縄文人のルーツについていいたいのか、弥生人のルーツについてテーマにしてるのかとか、
> 時代について触れてくれないと、わけがわからん議論になる

そうそれ重要。

834 :出土地不明:2008/07/27(日) 02:44:22 ID:iGCmeyrm
もっと言うと4期ぐらいにわけたほうがいいのかもね

835 :出土地不明:2008/07/27(日) 02:46:22 ID:7eh5Kj5x
>>829
http://www.city.fukuoka.lg.jp/maibun/myc/75.html#1は輸入品なのか?


がんばって発掘に精を出してみてはw

>次のパネルは弥生時代の銅剣などをつくる鋳造遺跡に、
>朝鮮の無紋土器が伴うという、日本の考古学にたいする重要な問題提起である。
>有明海にのぞむ福岡・佐賀の24遺跡が鋳造遺跡で、その中の土生(はぶ)、
>横隈鍋倉、三国の鼻、吉野ヶ里の四大遺跡に朝鮮の無紋土器が伴っている。
http://kodaiken.moe-nifty.com/blog/2008/02/index.html

>弥生時代の鋳造技術は朝鮮半島から九州に渡来してきた
>無紋土器人によってもたらされた、ということである。

やっぱり渡来してきてるじゃないか

836 :トレクワトリスタ:2008/07/27(日) 03:05:06 ID:/+luuwSQ
>>815,824
> 水田稲作は朝鮮半島東岸を通過してくる最中に知って九州に持ち込んだだけ。

> 口縁部に刻目のある土器文化があったのは世界中見渡してもアムール沿海州だけ。
> 朝鮮半島にも数点出土があるものの生産していた痕跡はない。
> 言語学的に日本語がツングース語に近い事はさんざん語り尽くされてる事だろが。

朝鮮半島東岸って・・・。山岳・丘陵地帯が多いし、中国の稲作地帯からも遠い。
半島の南部でも西岸と違って朝鮮半島の松菊里遺跡なんかの
弥生時代頃の稲作の遺跡も少ない。
扶余族系の騎馬民族が半島西岸を南下中に稲作を急速に覚えて、
そのまま日本に渡って稲作を持ち込む以上にトンデモ。

土器は世界で日本の縄文土器が最古とされているし、
手の込んだ技術がいらない陸稲栽培なら、縄文時代から行われている。
弥生時代の始め頃の人口で、沿海州・アムールってかなり少ないんじゃないの。
海人系の模様の複雑な土器や、航海技術なら縄文人のほうが進んでいたんじゃ・・・。


837 :出土地不明:2008/07/27(日) 04:17:23 ID:Y4cGOCGU
>>832
で、Kは?

口縁部に刻目のある土器文化があったのは世界中見渡してもアムール沿海州だけ。
というのはもちろん弥生開始頃の話だぞ。

誰も縄文期の話などしていない。

朝鮮半島東岸を抜けてくるとBC11C以前には確実に水田稲作のあった
朝鮮南岸に出るだろが馬鹿。

それに最古の土器はアムールだぞカス。

それに縄文稲作も弥生開始がBC10Cに繰り上げられた事で、
今まで縄文後期晩期とか言っていた稲作遺跡も本当に縄文後期晩期
なのかどうか、かなり怪しくなってきている。

実際はBC10C以降の縄文遺構がほとんどだろうね。

Yとmtだけに偏向した低級マスターベーション創作をもう俺に見せないで
くれないか。

もの凄く恥ずかしいから。

他の遺伝学や土器や考古遺物との矛盾がない理論展開をしろや。

もう寝るぞ。

838 :出土地不明:2008/07/27(日) 05:14:38 ID:/+luuwSQ
>>837
> 口縁部に刻目のある土器文化があったのは世界中見渡してもアムール沿海州だけ。
> というのはもちろん弥生開始頃の話だぞ。
>
> 誰も縄文期の話などしていない。
>
弥生人は美しい遠賀式土器を好んで使っているが、
遠賀式土器が古くから出土する九州が弥生人のルーツかね。
尤もO2b系統の中心が西日本でサブグループも多様なので、長江系O2から分岐しての
O2b系統が広がったルーツが九州あたりの可能性はないわけではないけど。

> 朝鮮半島東岸を抜けてくるとBC11C以前には確実に水田稲作のあった
> 朝鮮南岸に出るだろが馬鹿。
>
最新の稲の遺伝子の判定から長江下流域→九州が一番可能性が高い訳だが、
水田稲作技術の習得の難しさを重視して、連続性に拘る伝統的な考古学系の学者
(多分に韓国の大学との共同研究で、向こう側の意見に影響されてるのもある)には、
長江下流域→山東半島→朝鮮南西部→北九州が正しいという意見も少なくはない。
どちらもそれなりに説得力はあるんだろう。
しかし朝鮮東岸南下は、九州周辺では一番水田稲作が普及してなかったコースだぞ。アホだな。

> それに最古の土器はアムールだぞカス。
>
1万6千年前ごろに日本で最古の土器っていうのは、氷河期で疑う人間もいるわけだが、
1万3千年前ごろの縄文土器は普通にいろいろと出てくる。
年代測定は揺れが大きいわけだが、控えめな日本の学者はあんまり自分の国のが最古と、
強く主張したがらないらしいね。不思議がられるほど。
氷河の上で土器を作っていたのがおかしいなら、ガーシャ遺跡とかのシベリアは
当然一番怪しいわけだが。

> Yとmtだけに偏向した低級マスターベーション創作をもう俺に見せないで
> くれないか。
>
> もの凄く恥ずかしいから。
>
> 他の遺伝学や土器や考古遺物との矛盾がない理論展開をしろや。
>
> もう寝るぞ。
韓国人が自国と日本人遺伝子を語るとき、決してY染色体にはふれずミトコンドリアだけで語る。
しかしそのミトコンドリア遺伝子ではアジアでみられる起源はすべて2万年以上前のため、
それより以降の新モンゴロイドの発生移動と増加には全く役に立たない。
つまり東アジアではどの国も多少の差はあれどほとんど同じ構成になってしまうである。
だから俺はmtはあんまり参考にしていない。
日本人という人間が主対象であるから、Y-DNAと全然合わない弥生人アムール起源説はふざけすぎ。


839 :出土地不明:2008/07/27(日) 11:47:05 ID:GPuY01AM
>>818
1)は港川人、磨製石器、mtDNA F,M7が根拠なんだが・・・

840 :出土地不明:2008/07/27(日) 12:50:12 ID:8lyermM5
 日本人は倭人の子孫である。一方、朝鮮人はワイ族の子孫である。この2つの民族は最初から別種なのだ。
戦前に唱えられ、現在も一部の無知な日本人や朝鮮人が唱えている『日韓同祖説(日鮮同祖説)』は学問的な
根拠がまったく無い、妄説である。
                                        
■倭人とは何か
                                          
 シナ揚子江下流地域、浙江、福建、広東、広西、海南、ベトナム、ラオス、台湾、フィリピン、
沖縄諸島、九州、四国、本州、カラ半島南部などに住んでいた、南方アジア系=海洋民族の総称。
稲作も行っていた。                          
                                        
                                       
■ワイ族とは何か
                                         
 古代カラ半島東北部に居住していた北方アジア系=狩猟民族。もともとはシベリアの山岳部や森林地帯に
住んでいたツングース系民族の一派であり、現在の朝鮮民族の直系の先祖である。『東ワイ』とも呼ばれる。
 『ワイ』、『東ワイ』というのは、半島北部を支配していた漢人が付けた名称である。
 日本書紀=崇神天皇紀および垂仁天皇紀の「ソナカ・シチ=都怒我阿羅斯等(ツヌガアラシト)の条」には、
シラキ人の敵=『ケリン族』(鶏林)という民族名で登場する。
『鶏林』という字は、民族名・『ケリン』に漢字を当てたものであり、特別な意味はない。
 ワイ族は、古代の半島南部に住んでいた倭人系民族のシラキ人(後世のミマナ人)、クタラ人などとは
敵対関係にあり、倭人系民族と領土紛争を繰り返していた。
 ワイ族は、3世紀(崇神天皇の時代)に、まず最初にシラキを侵略し、4世紀前半頃には完全に乗っ取った。
その後、シラキ領に『新羅(シンラ)』を建国し、シンラ人、シラ人と自称するようになった。
シラ人とはシラキ人という意味である。
 シラキ領(カラ半島東南部)を奪われた結果、本物のシラキ人は敵と身内を区別するために、
自国の号を『シラキ』から『ミマナ』へと改めざるを得なくなった。
 新羅は、西側に隣接する日本領=ミマナ(馬韓)への侵略を何度も繰り返し、6世紀前半には、ついにミマナを滅ぼして、
新羅(シンラ)に併合した。
 7世紀の『白村江戦争』では日本と百済を相手に戦争し、百済を滅ぼして、半島の南北地域の大部分を
支配下においた。


841 :出土地不明:2008/07/27(日) 13:00:49 ID:fvZmFOJu
>>838
あのな馬鹿、遠賀川式土器は刻目突帯文土器の時代よりも1C以上後の
時代の土器だぜ。

まず沿海州の刻目突帯文土器文化が西日本一帯に拡散する事から始まるの。

いつ長江に刻目突帯文土器文化があったのかね?大馬鹿。

他の遺伝学や土器や考古遺物との矛盾というのはな具体的に、
GMやHLAや中国土器や中国青銅器や古代中国楽器や古代中国服飾品や
信仰偶像遺物などの事ですよ。

都合の悪い事は見えない聞こえない。

で、Yだけで激しく長江誘致オナニーをし、みんなもオナれと偏向フェチ癖のある
マスターベーションを自ら晒しまくっている恥ずかしい人間がおまえだよ。

ところで、Kの矛盾はどうしたんだい?(爆

842 :出土地不明:2008/07/27(日) 13:05:19 ID:IP/Bv7SB
東北人は大和に対して複雑な感情を抱いている。
沖縄が本土に対して抱いている
複雑な感情と比べたらはるかに軽いが、やはり坂上田村磨呂という初代征夷太将軍に蝦夷の総長であるアテルイが討伐されているので
複雑ではあろう。
だが蝦夷はアイヌであるという説が強いので、文化を持っていた
南東北の縄文人と区別される事もある。
だいたいは東北は縄文の
文明国だが、税を徴収していたのが蝦夷のアテルイ軍団だったのだろう。
また東北には
弥生人の遺跡もあるので
一概には言えない。
青森の加藤容疑者も弥生系であったように。



843 :出土地不明:2008/07/27(日) 13:54:13 ID:EBRrs4ss
> ところで、Kの矛盾はどうしたんだい?(爆
これって何のこと?


844 :出土地不明:2008/07/27(日) 14:05:19 ID:EBRrs4ss
>>840
もし>>841の言うように沿海州とか朝鮮北東の方から弥生人が来たのなら、
全員が日本に移動してしまって、全然異人種の女真族、穢族が
その後に住み着いたってこと?
現代朝鮮人と現代日本人って全然別人種だからな。
北方の縄文人が反時計回りに九州に戻っただけって可能性あるかな?


845 :出土地不明:2008/07/27(日) 15:56:52 ID:8lyermM5

>>840のどこにも、「沿海州や朝鮮北東から弥生人が来た」とは
書いておらんのだが。
それに、女真族は朝鮮人とは無関係。女真(ニュイジェン)は倭人系の沃祖(ウォヅゥ)と、
モンゴル系のフヨ族の混血民族。
沃祖は、高句麗の支配下で、文化的にも血統的にも、モンゴル化している。
               
弥生人っていう民族は存在しない。
後期縄文人が、春秋・戦国時代頃に大陸から渡って来た大陸系倭人と混血した。
その混血縄文人のことを、現代日本人が「弥生人」と呼んでるだけの話。

つまり、後期縄文人が「弥生人」なわけだ。




846 :出土地不明:2008/07/27(日) 16:40:13 ID:DFyH4Kxx
見よ!

これが稲作が伝わった当時の長江江南や華北の炊飯器である。


鬲(レキ=袋状の足を持つ三足土器)
http://infoimages.nmgnews.com/information/20050618/4482.jpg
http://infoimages.nmgnews.com/information/20050610/2764.jpg
http://www.ccnt.com.cn/antique/zhiliaoku/wenwujingcui/crockery/introdution/090.jpg

鼎(テイ=棒状の足を持つ三足土器)
http://www.ccnt.com.cn/antique/zhiliaoku/wenwujingcui/crockery/introdution/099.jpg
http://www.sx.xinhua.org/ztjn/2003-08/29/xin_49b7e0a2d93511d7be2c0050ba1967d3.jpg
http://www.shtong.gov.cn/node2/node4/node2250/songjiang/node70313/node70604/images/00004623.jpg

847 :出土地不明:2008/07/28(月) 04:47:26 ID:odjtTD+4
古代中国人てコーカソイドじゃん。
今の中国人とは縁もゆかりもないじゃんw

848 :出土地不明:2008/07/28(月) 09:45:42 ID:ZNr2zZbE
そういえば昔アムールにも高床建築があるとかいう基地外がいたんだけどさ。

三内丸山遺跡と同時代の遺跡でなくて、
>99
>100
みたいに
現在使用されてるソースばかり出してくんだよなwww
ちなみに>100の高床倉庫はH20年に使用されてる原物w

■同時代の新開流文化■
何枚もの魚骨が重ねて出土する貯蔵穴が
多く発見されて、魚を貯蔵する施設だと思われている。

何枚もの魚骨が重ねて出土する貯蔵穴
何枚もの魚骨が重ねて出土する貯蔵穴
何枚もの魚骨が重ねて出土する貯蔵穴
何枚もの魚骨が重ねて出土する貯蔵穴
何枚もの魚骨が重ねて出土する貯蔵穴w

穴に貯蔵ですがなにかw


ちなみにの見つかるのは竪穴住居址wwwww

849 :出土地不明:2008/07/28(月) 11:28:20 ID:1491pcPv
>>847
コーカソイドも居たってレベルだな。

850 :出土地不明:2008/07/28(月) 15:31:22 ID:YElu0tYW
話の途中、口を挟んで申し訳ないが、一つ註釈を入れさせて欲しい、
参萬五千年前〜朝鮮半島と接続している時代・・・
其のころ現在、新モンゴロイドと一般に言われている、アルタイ、バイカル湖周辺で発生したと思われる
北方モンゴロイド、(モンゴル、中国北方、朝鮮等)は発生しておりません、
北方モンゴロイドと言われる種族は極めて新しく、現在発見された最古のもので凡そ壱萬壱千年と言われています
また一部北方モンゴロイドの形質をもつと思われる頭蓋の一部・・が見つかって居る物の明確なものとは言えません
その年代は凡そ弐萬年前です・・
ですので↑での議論そのものが成り立たない、又は故意に新モンゴロイド発生時期を無視する事により自らの要望を適える
為の行為としか思えないことが多々お目見えしてるようです。

851 :出土地不明:2008/07/28(月) 15:35:54 ID:YElu0tYW
注釈、その煮、
タイ、カンボジア、ヴェトナム、中国南部、と北東アジアとの(先に書いた)
遺伝的違いを、オッペンハイマ〜博士など多数の方が指摘しております

852 :出土地不明:2008/07/28(月) 16:26:53 ID:HKwinniT
だから縄文人は35000年前に地続き朝鮮経由で入った
古モンゴロイドなんだろ。

で、アイヌが樺太経由の古モンゴロイド。

で、時代は飛んで、

弥生人が3000年前の沿海州の北方モンゴロイドの海賊と。

たったそんだけの話をごちゃごちゃと。

853 :出土地不明:2008/07/29(火) 00:05:31 ID:iXnyMUs9
その朝鮮経由が、君のよく言うゴビ砂漠方面からか、
それとも東南アジア方面からか、がまず問題なんじゃないの?

どっちが先か?またはどっちが多勢だったのか?とかさ

854 :出土地不明:2008/07/29(火) 01:30:52 ID:3aiXQzpy

●縄文人の移動経路

アフリカ→アラビア半島→中央アジア→ゴビ砂漠→日本

http://yamatai.cside.com/katudou/image/ooa.png

HLAと比較しても何ら矛盾がない。

http://photoimg.enjoyjapan.naver.com/view/enjoybbs/viewphoto/thistory/1801000/20061213116596874597100400.jpg

855 :出土地不明:2008/07/29(火) 01:35:11 ID:W8IawV67
・南方ルート
 インドシナ→東シナ海→沖縄→九州→本州
 インドネシア・フィリピン→東シナ海→沖縄→九州→本州
 オセアニア→東シナ海→九州→本州
 ポリネシア・ミクロネシア・メラネシア→太平洋→沖縄→九州→本州
 南インド→インド洋→スマトラ島→東シナ海→フィリピン→台湾→九州
・中国ルート
 中国東北部→沿海州→北海道→東北
 中国中部→朝鮮半島→対馬海峡→九州→本州
 中国南部→朝鮮半島→対馬海峡→九州→本州
 中国中南部→東シナ海→九州→本州
 南中国→台湾→沖縄→九州→四国→本州
・北方ルート
 ヨーロッパ→シベリア→カムチャッカ→寒流→北海道→本州
 シベリア→カムチャッカ→寒流→北海道
 バイカル→シベリア→樺太→北海道→本州
 バイカル→シベリア→アムール→リマン海流→本州
 モンゴル→満州→朝鮮半島→日本海→本州
・シルクロードルート
 中東→陸のシルクロード→朝鮮半島→日本海→本州
 中東→ペルシャ湾→インド洋→東シナ海→九州→本州(海のシルクロード)

*対馬海峡が陸続きになる時期があったのかどうかは意見が別れている

856 :出土地不明:2008/07/29(火) 01:52:57 ID:a4X7kTyO
ダメだ・・・もう我慢の限界・・・なにこの糞スレ・・・・

もうね、金融工学を学んでる自分からすると馬鹿馬鹿しくて観てられないのね・・・
高卒とか文系の人は楽しめるかも知れないけど、自分は無理っすわ・・・

っつーことで落ちるわw あとは高卒&文系の諸君で楽しんでくれやノシ


857 :出土地不明:2008/07/29(火) 02:13:03 ID:3aiXQzpy
その中なら


中東→陸のシルクロード→朝鮮半島→日本海→本州


だな。

HLAと比較しても何ら矛盾がないし。

http://photoimg.enjoyjapan.naver.com/view/enjoybbs/viewphoto/thistory/1801000/20061213116596874597100400.jpg


ただしパミール高原から天山山脈南部のタクラマカン砂漠南辺を通る
西域南道を使ってゴビ砂漠に入っている。

この道が一番古くからあったからだ。

858 :出土地不明:2008/07/29(火) 02:21:53 ID:kFLwYkfd
自然科学は普遍的なものではない。局所的な事実とされるものを恣意的に解釈し
思い込みと自負心を増進させる材料にもなるのである。

859 :出土地不明:2008/07/29(火) 02:27:10 ID:kFLwYkfd
>>858のレスは>>857に対するレスではないよ。
誤解がないように。では寝ます。

860 :出土地不明:2008/07/29(火) 02:53:00 ID:iXnyMUs9
>>856
ちょっと兄ちゃんさ、「理系脳」って知ってるか?
男よりもよっぽど現実的で賢い女性の方々からはよく避けられるタイプだぜ。
なんでか知ってるか?それは他の野郎たち同様、強引で感情的なタイプが
多いからなんだぜ。

ならお前さんの意見を皆に矛盾無く説明してくれよ、コテでもつけてさ。
あ、それとここは考古板だし、考古学的にも矛盾無く説明してくれよ。
当然出来るんだよな?馬鹿馬鹿しいなら。

多角的に納得のいく説明が出来なきゃ当然世界では通用しないよな?
それとも絶対的な何かでもあるのかいな?


待ってるぜ。
根性あれば逃げるなよ。

861 :出土地不明:2008/07/29(火) 11:40:10 ID:o2sJ46Pt
>>858
普遍的でなければ科学ではない。

862 :出土地不明:2008/07/29(火) 12:08:59 ID:ja8mO1er

普遍的って使いたくてしょうがないw

863 :出土地不明:2008/07/29(火) 15:20:21 ID:Ec9xIWvY
実は朝寝鼻貝塚からは6000年前の小麦とハトムギのプラントオパールも
稲と同時に検出されていて、小麦が中国よりも数千年も前から、江戸期に
伝来したハトムギが5500年以上も前から栽培されていた事になってしまい、
改めてプラントオパールの調査自体が極めて疑わしいと言わざるを得ない。


岡山市の縄文時代の貝塚「朝寝鼻(あさねばな)」を調査している岡山理科大の
考古学チームが1999年4月21日、「縄文前期の土壌から稲の細胞に含まれる
プラントオパールが見つかった」と、発表。約6000年前に「米作り」が
行なわれていたとする発見で、稲作の歴史が縄文前期にまでさかのぼることになった。
このプラントオパールはイネ科の葉の細胞内に含まれるケイ酸体の粒子で、同貝塚の
下層(深さ2メートルの土壌)からのサンプルを採り調査したところ、356点の
サンプルから10点、形状からジャポニカ(短粒種)とみられる稲のプラントオパール
が検出された。また、稲のほか小麦とハトムギのプラントオパールも見つかった。
http://www.local.co.jp/news-drift/agri-99kome.html

864 :出土地不明:2008/07/30(水) 13:31:26 ID:Ixkv97FE
このキチガイは縄文稲作出土遺跡が一カ所だけだと思っているのか?

岡山・6000年前の貝塚
縄文前期に本格稲作?
http://osaka.yomiuri.co.jp/inishie/news/is50219a.htm

この他にもあちこちあるぞ、自分でググレ。

865 :出土地不明:2008/07/30(水) 14:18:31 ID:Uj36TqoQ
他のプラントオパートは隠して出していないだけの話。

866 :出土地不明:2008/07/30(水) 16:02:36 ID:Ixkv97FE
>>865
捏造論者はカルト板へどうぞ、

場違いです。

867 :出土地不明:2008/07/30(水) 20:34:15 ID:mdXgdnLE
http://society6.2ch.net/test/read.cgi/volunteer/1193288701/l50
日本の貧困層はシカトで何故海外ボランティア?
1 :バリアフリーな名無しさん:2007/10/25(木) 14:05:01 ID:SO9FV1ER
道端で死にかけてるおいじいちゃん、
働けず飢え死にしてしまった精神疾患の人、
介護の為、会社を辞めたが生活保護を受けられず、介護自殺してしまう人、
貧しい生活から抜け出そうにも、
貧しさ故に、学歴もスキルも身につけられない子どもたち
豊かな日本に、確実に非文化的で非健康的な生活を送っている人達がいるのに、
何故、海外ボランティアなの?

868 :出土地不明:2008/07/31(木) 12:37:44 ID:U0RG/axk
>>866
おまえがな。

869 :出土地不明:2008/07/31(木) 14:43:51 ID:rPfh0jjV
短期的(30日60日)じゃなく

長期的(10年、、15年、20年)視野で見ると答えが出る

というわけで答えは

lake,Baikal
Buryats

机上の空論だったら証拠は発見できない。
事実だったら証拠が見つかる。
ブリヤートと縄文人の遺伝子比較の結果。
http://www.google.co.jp/search?hl=ja&client=firefox&rls=org.mozilla%3Aja%3Aofficial&hs=HkQ&q=%E3%83%96%E3%83%AA%E3%83%A4%E3%83%BC%E3%83%88%E3%80%80%E9%81%BA%E4%BC%9D%E5%AD%90&btnG=%E6%A4%9C%E7%B4%A2&lr=lang_ja

南方起源を主張する人に対する否定は
日本列島の南部には他の民族がいないじゃないか。
しかし、南方中国には
福建省のシェ族(しぇぞく、?族、あるいはショー族、シャ族)、
台湾島のアミ族
が実在する。
だから南方ルートは主張が弱い。

[沖縄、九州島]と違って
"北海道島"には大和民族以外の民族が存在する。
アイヌ民族、ウィルタ族、ニヴフ族
だから日本人(大和、Ainu、沖縄)はシベリアからの大移動により定着した。
後世(弥生時代以降)には、誤差として福建省から[自転車の補助輪(主導権は無さ杉)]程度の少数が混血したが
台湾や福建省を起点とする人間の集団の「文化や肌の色や教育制度」は継承はされなかった(証拠は言語の継承)。

/結論
氷河期のシベリアのバイカル湖から水のラインを追って壮大な時間をかけて定着。
結論/

870 :出土地不明:2008/07/31(木) 15:11:17 ID:rPfh0jjV
あとはどう肉付けするか。

間宮海峡
宗谷海峡

海峡というのは平成時代において海峡だった。
そもそもは海峡ですらなかった。

どこまで時計を巻き戻すのか。
1万年でも足りない。
1万2000年でも足りない。
1万3000年前(キリスト歴では紀元前1万1000年前)
まで巻き戻すと時計が追いつく。事実なら証拠が出る。
----/証拠----

氷河期
ttp://en.wikipedia.org/wiki/Ice_age
Vostok Ice Core Data
ttp://www.ncdc.noaa.gov/paleo/icecore/antarctica/vostok/vostok_data.html
米国海洋大気庁National Oceanic and Atmospheric Administration
National Climatic Data Center国立気候データセンター

氷床コアice core
ttp://en.wikipedia.org/wiki/Ice_core
マンモス
ttp://www.google.co.jp/search?hl=ja&client=firefox&rls=org.mozilla%3Aja%3Aofficial&hs=Kg6&q=%E5%8C%97%E6%B5%B7%E9%81%93%E5%A4%A7%E5%AD%A6%E3%80%80%E3%83%9E%E3%83%B3%E3%83%A2%E3%82%B9&btnG=%E6%A4%9C%E7%B4%A2&lr=lang_ja

樺太島
ttp://en.wikipedia.org/wiki/Sakhalin

国立科学博物館
ttp://www.kahaku.go.jp/special/past/japanese/ipix/1/1-16.html

対馬暖流と黒潮
海上保安庁Japan Coast Guard,,海流
ttp://www1.kaiho.mlit.go.jp/KANKYO/KAIYO/qboc/index.html
----証拠/----

古い時代においても、新しい時代においても半島との交流はすこぶる低い。
古い時代(1万2000年〜縄文後期)は人体の体温が海峡を横断できない(海水に体温を奪われるから)。
新しい時代(弥生時代〜平成時代)においては海流(対馬海流)の影響で横断中に漂流して
ロシアに流れてしまう(証明は半島の工作船舶)。

突き詰めるなら中国南方(上海、香港)の交流の[数の大小]や[時代の詳細]を書き入れたいが・・・
文字数が多すぎて書ききれない。あとは個々人で話を膨らませて。

書き込み終わり、投了、(end)

871 :出土地不明:2008/07/31(木) 15:39:53 ID:tJ0Ytcxy
南方モンゴロイドを母体にバイカル周辺で新モンゴロイドが発生したと言うのに
mtの違いを比べて如何すんの?  
君たち、若しかして御馬鹿?
東南アジアモンゴロイド間で極端な違いが出るほうが可笑しいわい、
地域性を見るのであればY遺伝子の方が明確にその違いを表すと言われてるじゃね〜か
何で態々呆け咬まして混乱させるんだ。

872 :出土地不明:2008/07/31(木) 16:17:10 ID:U0RG/axk
違うだろ。

中央アジア経由でゴビ砂漠入りしたオーストラロイドだろ。

インドシナ半島経由だとHLAと全く矛盾してしまう。

だいたい当時、まだモンゴロイド自体が存在していないし、
南方蒙古人種の形成なんてまだここ数千年の話。

873 :出土地不明:2008/07/31(木) 17:13:44 ID:tJ0Ytcxy
南方蒙古人種?   何じゃそれ
オーストトラロイドねぇ・・・
インドシナ(スンダランド)経由しない?
いきなり極砂漠に突入ですか、  すんごいですね
歯の形成や遺伝的多様性、その後の分派、離散集合を見ると海洋採集民の拡大
が先でその後北方モンゴロイド発生が見られる

874 :出土地不明:2008/07/31(木) 18:59:04 ID:ONw7Hip1
馬鹿。

当時は湖だったんだよ。ゴビもタクラマカンもな。

インダス川を北上しパミール高原を抜けてタリム盆地から
ゴビ砂漠に入っている。

875 :出土地不明:2008/07/31(木) 20:31:24 ID:KUYXqtB1
>>871
北方モンゴロイドの起源が南方モンゴロイドかを先ず検討しなさい。
それを検証できるのがmtDNAだよ。

876 :出土地不明:2008/08/01(金) 14:03:58 ID:wKVLzqn5
怒阿呆!

新モンゴロイドは其のころ存在さえしていない、戯け

ゴビ砂漠に入植したのがオーストロイドである根拠は?  

ああ そう言うことねww お前の頭の中に発生した妄想が根拠かwww

北方モンゴロイド起源が南方モンゴロイド別とする理由は? 又妄想かい、其れともお得意の捏造ですかwww

Yとmtには 発生分離、拡大にさいしその関連が強く示唆されてる



877 :天日矛は『日子』である:2008/08/01(金) 20:21:06 ID:uGSxybrq

■新羅王家・『朴氏』は存在しなかった。
                                         
 高麗時代に編纂された朝鮮の歴史書・『三国史記=新羅本紀』の中に、新羅を建国した王家として『朴氏』という王家が登場する。
だが、『朴氏』などという王家は存在しないのである。
 この『朴氏』という王家は、『三国史記』の編纂者・金富軾(きん・ふしょく)が、任那日本府に伝わる古文書を読んで、
その記録の内容を誤解して創作した王家なのだ。
                                          
 おそらく金富軾は、任那日本府の『シラキ史』の記録に出てくるシラキ王の称号・『日子』(ボコ)を、王族の「氏」であると誤解し、
ボコに『朴』の字を当てたのであろう。
 古代日本の皇族男子の名前の頭には、『日子』(ボコ)が付くことが多い。『日子』はアマテラス大神の子孫である皇族男子を
意味する称号である。
(例:日子ホノニニギ、日子ホホデミ、日子イマス王など)
 しかし、朝鮮人(ワイ族)である金富軾が、そのような事実を知るわけがないので、彼は『日子』を氏だと勘違いしたのだ。

 第四代以降の王家だとされている『昔氏』(セキ氏)というのも、金富軾が誤解に基づいて創作した王家である。
これは金富軾が、カラ半島東南部に位置した旧シラキの別名・『南加羅』(ありし日のカラ)の号を誤解した結果、創作された氏であろう。
『南加羅』の日本式の読み方である『ありし日のカラ』の「ありし日」とは、昔の意味である。
 おそらく、高麗に残っていた任那日本府の歴史文書には、『南加羅』(ありし日のカラ)のことを『昔加羅』、
もしくは『昔新羅』と表記していたのだろう。
 それを読んだ金富軾は、『昔加羅』を「昔氏の加羅という意味なのだろう。昔氏という王家が存在したのだろう」と、
誤解したのである。
 『南加羅』『昔加羅』というのは、古代カラ半島東南部にあった頃の『シラキ』(知ら城)であり、『三国史記』が「昔氏」と
呼んでいる『シラキ王』は、ヤマト朝廷が『シラキ日本府』へ派遣した長官(ミコト持ち)であろう。だからこそ、『三国史記=新羅本紀』は、
「昔氏は倭から来た」と記しているのである。

 そして、『昔氏』の後を継ぐ王家として登場する『金氏』だけが、実在した『新羅王家』であり、『金氏』はケリン族(鶏林)の王家
なのである。つまり、新羅(ケリン)を建国したのは『金氏』であって、『朴氏』や『昔氏』などという王家は、新羅には存在しなかった。
 『三国史記』において、『朴氏』、『昔氏』という名で呼ばれている王は、実は新羅以前に存在した『志羅紀』(シラキ)を統治していた
倭人王、つまり、日本皇族のことなのだ。


878 :出土地不明:2008/08/01(金) 22:09:47 ID:muag1bp+
>>852
> だから縄文人は35000年前に地続き朝鮮経由で入った
> 古モンゴロイドなんだろ。
日本列島最古の人類は、半魚人かよ!!!
35000年前は、大陸と樺太と日本列島が地続きだが、朝鮮半島とは地続きじゃないぞ。
半魚人の古モンゴロイドは韓族の祖先だけにしといてくれ。
歴史をcreateスルナヨ

>>869etc
旧石器時代のバイカル湖あたりの古モンゴロイドが縄文人と共通性があるなら、
気候を考えると、縄文人が日本列島の北方から
ゴビ砂漠より北方の地域に直接ひろがったんだろう。


879 :出土地不明:2008/08/02(土) 02:04:58 ID:I+i3Q0Wb
>>876
その前におまえ、4500年前にインダス文明を築いた人々が
どんな人類集団だったか知っているか?

南インドと同じドラヴィダ語族の系統集団だよ。

南インドの奥地には今でもなお純粋なオーストラロイド(原始黒人)
であるヴェダ人が多く残っている。

その55000年も前に湖だったタリム盆地に入って、さらにゴビ砂漠に
到達したばかりの人種がもうモンゴロイドだったのかね?

モンゴロイドになるのはゴビ砂漠に入って以降の事だよ。

880 :出土地不明:2008/08/02(土) 02:40:04 ID:I+i3Q0Wb
>>878
createしたいのはいつもの台湾工作土人のおまえだろが。

http://members.jcom.home.ne.jp/kaskoba/TT_SE01.htm
http://yamatai.cside.com/katudou/image/ooa.png

HLAと比較しても何ら矛盾がない。

http://photoimg.enjoyjapan.naver.com/view/enjoybbs/viewphoto/thistory/1801000/20061213116596874597100400.jpg


ただし28000年くらい前に一度半島と分岐し、18000年くらい前に
再度つながり、12000年くらい前に再度分岐したという説や
18000年くらい前に半島と分岐したという説があるが、
個人的には後者を取っている。

881 :出土地不明:2008/08/02(土) 07:07:52 ID:juH862Ck
要するに現代日本人と現代朝鮮人の人種はどの程度似通ってるの?(;´Д`)

882 :出土地不明:2008/08/02(土) 08:49:11 ID:21K/nJZb
>>880
はあ?
台湾は通過した可能性はあっても、今の住民は日本人とはY-DNAが全く違う。
極端に古い話だと、今の人類はアフリカ起源では同じと判明してきたが、
「今の日本人」は相当過去に遡らなければ、近いものがない基本的に孤立人種。
古く遡れば、日本人に多いD系統だと、チベット人やスマトラ住民、
雲南、インパール、あたりの少数民族と一番近い。

ウェルム氷期(最後の氷期)の最寒期が2万年前くらいと今では判っていて、
この時期でも北海道からシベリアは陸続きだが、朝鮮半島とはつながっていない。

>>881
極一部に、朝鮮半島を通過して日本列島に入った祖先がいるかもしれないんだが。
遺伝学の進歩で、今では人間自体の系統分岐がはっきり判るので、
「現代日本人」と「現代朝鮮人」では、DNAでは構成が全く違うのが判明している。
だからたとえ遺跡とか土器で共通性が高いと認めたとしても、
昔の半島人と現代の朝鮮人が人種が違うことにしかならない。

「現代朝鮮人」に関していうと、「現代中国北部人」や「現代ベトナム人」と先祖が一番共通している。
他には「現代モンゴル人」や「現代台湾人」とも近い。

「現代日本人」は、「現代チベット人」と一番近い。
漢民族系のO3系統が入る前のチベット人はさらに日本人に近かった可能性が高い。


883 :出土地不明:2008/08/02(土) 10:33:18 ID:YrQRJr5F
>>882
はあ?

台湾人はその人口の98%までが東南アジアの長江江南から移植した
茶色広鼻の東南アジア豚だろがスットボケ。

こんな常識も知らない人間が遺伝子なんか語るんじゃねえよカス。

それに、Yとmtだけに偏向した低級マスターベーションを見せるな、
他の遺伝学や土器や考古遺物との矛盾がない論理展開をしろ、
と言っただろが馬鹿。

他の遺伝学や土器や考古遺物との矛盾というのは具体的に
GMやHLAや中国土器や中国青銅器や古代中国楽器や古代中国服飾品や
信仰遺物などの事だぞ。

都合の悪い事は見えない聞こえない。

で、Yだけで激しく長江誘致オナニーをし、みんなもオナれと偏向フェチ癖のある
変態マスターベーションを激しく晒しまくっている恥を知らない人間。

それがおまえだよ。

それに2万年前に朝鮮半島とはつながっていないという証拠は?

Kの矛盾はどうしたんだよ?

都合の悪い事は見えない聞こえない。

都合の悪い事は見えない聞こえない。

884 :出土地不明:2008/08/02(土) 11:49:07 ID:wvQNrE9n
台湾人は漢族というか華人が来るまでの間は
精悍な顔立ちのポリネシアンと
共通するところが大きい民族がメインだよ

885 :出土地不明:2008/08/02(土) 12:29:58 ID:IBRbTUOj
>>881
名前: 出土地不明 投稿日: 2008/08/02(土) 07:07:52 ID:juH862Ck
要するに現代日本人と現代朝鮮人の人種はどの程度似通ってるの?(;´Д`)


顔つきを見れば一目瞭然

日本:大きな目、太い眉→水が豊富に存在するからできる芸当
半島:細い目、尖った頬→日本と逆、水不足に悩む、そして日本と大きく違うのは「黄砂の量」

「黄砂」が日本と半島を大きく分断する重要単語

以上が外面
以下が内面(外面より重要)

内面は直接お会いになれば日本人と違う事がわかるかと。
内面の定義:思考回路、食事、いろいろあるけど大きいのは[言語]


886 :出土地不明:2008/08/02(土) 14:26:23 ID:fwoHKw5n
>>883
> それに、Yとmtだけに偏向した低級マスターベーションを見せるな、
> 他の遺伝学や土器や考古遺物との矛盾がない論理展開をしろ、
> と言っただろが馬鹿。
Y-DNAの他に、先祖の系統が明確に出るものはない。
最近までは、Y-DNAの判定技術が確立されていなかったから、他のもので推測するしかなかった。

過去の文化の伝播や人については、文化や出土物は参考になるが、
「現在の」民族間の違いや近さは、Y-DNAでごまかしなく出る。
これを無視して「現在の」集団間の近さを決め付ける方が、完全に間違い・矛盾になる。
サンプルが今後さらに増えてこれば、もっと詳細な違いが判ってくるだろう。
昔は、日本人は南北のアジア人の混合くらいにしか認識されていなかったわけだから、
最近になって、主に本当の系統があからさまになってきている。

以下は「現在の」種族・住民についてだが、
台湾人は意外な事に、中国北部系(黄河文明系、漢民族系)に多いO3系統が多く、
日本人より中国人、それも華北の中国人に近い。
また日本人よりも、中国人や朝鮮人、ベトナム人のいわゆる「中華文明圏」の種族に近い。

日本人が、北も南も含めて、「今の」隣接地域の種族すべてと、かなり人種が異なってるのが、
相当にまずい、気に入らないマイノリティーがいるらしいな。

Kの矛盾というのは、何の事か説明が全くないが、何の事か詳しく。

> 都合の悪い事は見えない聞こえない。
これはお前の事だ。


501 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)