2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

日本人どこから来たんだ?12

1 :出土地不明:2010/02/19(金) 22:00:59 ID:xZG/F30T
◆前スレ◆
日本人どこから来たんだ?11
http://academy6.2ch.net/test/read.cgi/archeology/1261997999/
◆過去スレ◆
日本人どこから来たんだ?10
http://academy6.2ch.net/test/read.cgi/archeology/1256552822/
日本人どこから来たんだ?9
http://academy6.2ch.net/test/read.cgi/archeology/1252776454/
日本人どこから来たんだ?8
http://academy6.2ch.net/test/read.cgi/archeology/1248834365/
日本人どこから来たんだ?7
http://academy6.2ch.net/test/read.cgi/archeology/1244083090/
日本人どこから来たんだ?6
http://academy6.2ch.net/test/read.cgi/archeology/1237219924/menu931
日本人どこから来たんだ?5
http://academy6.2ch.net/test/read.cgi/archeology/1225715306/
日本人どこから来たんだ?4
http://academy6.2ch.net/test/read.cgi/archeology/1217864779/
日本人どこから来たんだ?3
http://academy6.2ch.net/test/read.cgi/archeology/1209009011/
日本人どこから来たんだ?2
http://academy6.2ch.net/test/read.cgi/archeology/1189633821/
日本人どこから来たんだ?
http://academy6.2ch.net/test/read.cgi/archeology/1165607012/

◆本スレ関連リンク◆
まとめサイト : http://taatanniji.blog99.fc2.com/
黒潮圏の考古学 : http://ao.jpn.org/kuroshio/index.html
ISOGG(英語) : http://www.isogg.org/
TripAtlas(英語) : http://tripatlas.com/Human_Y-chromosome_DNA_haplogroups
ナショナルジオグラフィック : http://nng.nikkeibp.co.jp/nng/genographic/project.shtml
Atlas of the Human Journey : https://www3.nationalgeographic.com/genographic/atlas.html


2 :1:2010/02/19(金) 22:02:08 ID:xZG/F30T
 1.35000年前±α D2南方旧石器人 スンダランド → フィリピン・台湾 → 日本列島 40%
 2.18000年前±α C1貝文人      スンダランド → (黒潮ルート) → 日本列島  05%
 3.BC4000±α〜 O3越人        華南沿岸部 → (黒潮ルート) → 日本列島  15%
 4.BC1000±α〜 O2b東夷族      湖南・江西 → 安徽・江蘇 → 日本列島     30%


3 :1:2010/02/19(金) 22:02:47 ID:xZG/F30T
Indonesians (Han-Jun Jin et al. 2003):
6/36 = 16.7% O2b*(xO2b1)
1/36 = 2.8% O2b1
7/36 = 19.4% O2b total

Indonesia, West (Hammer et al. 2005):
2/25 = 8.0% O2b*-P49(xO2b1-47z)
2/25 = 8.0% O2b1-47z
4/25 = 16.0% O2b total

Micronesia (Hammer et al. 2005):
1/17 = 5.9% O2b*-P49(xO2b1-47z)

Tai-Kadai:
Thais (Han-Jun Jin et al. 2003):
1/55 = 1.8% O2b*(xO2b1)
2/55 = 3.6% O2b1
3/55 = 5.5% O2b total


4 :出土地不明:2010/02/19(金) 22:06:36 ID:xZG/F30T
━ 白馬青牛の特徴 ━

━━━━━━━━━━━━━╋━━━━━━━━━━━━━━━
A 脳内ソースを持ち出し.    ┃B 得意技は悪魔の証明
  根拠の無いことをわめく   ┃   「ほうじゃ無かった根拠を提示せえや」
  ∧_∧.....               ┃    │     |   │彡
 <#`Д´>O  Y染色体は    ┃    │   .i|○ │彡<「ないことの証明」をしろ
Oー、 //|  父系遺伝しない! ┃    │     |   │    
ビリビリ\ (;;V;;)/             ┃    │     └― ┘ 
━━━━━━━━━━━━━╋━━━━━━━━━━━━━━━
C なぜか右翼の話しをする  i.┃D 理屈で反論できなくなると
   从_从人_从_从人_       ┃  レッテル貼りか人格攻撃
从从ゞ ウヨの妄言ウザい !/,   ┃     ∧_∧ <分子生物学者は全員ナチス
ウヨクタバレ∧__∧  从_从人__....  ┃     <♯`Д┌―――┐
⌒WWY´<#`Д´>ナチスダマレ! ┃     /    . | i ̄ ̄i |
 从_从( |   | )⌒WW⌒⌒Y..┃    jm==== | i :: i |
━━━━━━━━━━━━━╋━━━━━━━━━━━━━━━
E ムキになって駄文荒らし   .┃F 事実に対して都合のいい仮定を持ち出す
     ((((( ))))))         ┃ +   ∧_∧   .. ' ,:'.
       | |           .┃  ,:'.<  `∀´>   ,:'     
       ∧__∧    从_从人__....┃+ , ..⊂    つ     +  
   ∩<#`Д´>'') フザケヤガッテ┃  ' ,:'ノ  つ ノ    +  。  , .. .    + 
   ヾ      ノ  WW⌒⌒Y ┃      レ レ  〜 幸せ回路作動中 〜
━━━━━━━━━━━━━╋━━━━━━━━━━━━━━━


5 :1:2010/02/19(金) 22:08:17 ID:xZG/F30T
−前スレ最後?を一応転載−

Y Chromosomal STR Polymorphism in Northern Chinese Populations

ttp://www.scielo.cl/scielo.php?pid=S0716-97602009000400011&script=sci_arttext&tlng=en
(右上枠からPDFのdownload可能)

中国旧満州地域の7民族(モンゴル、エベンキ、コリア等)と
山東半島ハン、日本、台湾、チベット等を比較すると、
7民族はほとんど一塊になり、これに山東半島ハンを加えたtreeと
日本、台湾、チベット等は別のtreeに分かれ、
コリアよりも台湾のほうが日本に近いという結論を出している。

調査方法は、よく読んではないが、Y染色体のSTR17箇所ということで、
一般的なハプロ部分ではないようだ。


6 :出土地不明:2010/02/19(金) 22:31:56 ID:UI/KNhfS
>>5
これ読むと、何か日本人と台湾人が同じグループ、
韓国やモンゴルとは別のグループだね。

7 :出土地不明:2010/02/19(金) 22:38:58 ID:uRVEYfk8
同性愛は戦士たる男の嗜みじゃ。
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄l/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
     ___  
    / 牛先生 }
    |/-O-O-ヽ|
    | . : )'e'( : . |
    ` ‐-=-‐     ∧_∧
    /     \   (´Д` ;) 味にうるさいホモがいると聞いて
.__| |    .| |_ /     ヽ
||\  ̄ ̄ ̄ ̄   / .|   | |
||\..∧_∧    (⌒\|__./ ./
||. ( ; ||| )     ~\_____ノ|   ∧_∧
  /   ヽアッー!      \|   (;´_ゝ`) 夜更かしのホモがいると聞いて
  |     ヽ           \/     ヽ.
  |    |ヽ、二⌒)        / .|   | |
  .|    ヽ \∧_∧    (⌒\|__./ /
http://academy6.2ch.net/test/read.cgi/history/1261316855/

8 :白馬青牛 ◆B3h9hvY9bA :2010/02/19(金) 23:34:04 ID:zsvD8ONk
>>5
また、精度の低いY染色体のみで妄想しよるわい。
>>6
福建人や広東客家系の多い台湾人と日本人は人種が違うけん
残念じゃのう。

9 :出土地不明:2010/02/20(土) 01:04:29 ID:B/rj5R+P
>>8
いくら頭の悪いあんたでも奴らが台湾人だという事が分かっただろ。

10 :白馬青牛 ◆B3h9hvY9bA :2010/02/20(土) 01:28:23 ID:0PzmmUTU
>>9
台湾人でも、中華人民共和国の倭人宣伝マンじゃろう。
台湾つまり、中華民国も中華人民共和国の華僑の一種じゃし、
漢民族じゃけんのう。漢民族を分類したら台湾人のほとんどは、
南方人の越系よ。圧迫された歴史から越人の海外拡張を妄想するん
じゃろうが、日本の縄文系の海外拡張妄想と似た構図なんは
笑えるけどのう。

11 :出土地不明:2010/02/20(土) 02:14:59 ID:MBzr+WOu
まあ、そういう事だ。

だから呉だの越だの苗だの百越だのと、狂言し狂ってしまうって訳だろ。

こんなウンコを撒かれるくらいなら渡来人は朝鮮人だ!の方が
俺は1万倍マシだがねw

12 :出土地不明:2010/02/20(土) 11:07:35 ID:hGzMi9rf
「木骨泥墻」(もっこつでいのう)「木骨泥墻」(もっこつでいのう)「木骨泥墻」(もっこつでいのう)
「木骨泥墻」(もっこつでいのう)「木骨泥墻」(もっこつでいのう)「木骨泥墻」(もっこつでいのう)
「木骨泥墻」(もっこつでいのう)「木骨泥墻」(もっこつでいのう)「木骨泥墻」(もっこつでいのう)
「木骨泥墻」(もっこつでいのう)「木骨泥墻」(もっこつでいのう)「木骨泥墻」(もっこつでいのう)
「木骨泥墻」(もっこつでいのう)「木骨泥墻」(もっこつでいのう)「木骨泥墻」(もっこつでいのう)
「木骨泥墻」(もっこつでいのう)「木骨泥墻」(もっこつでいのう)「木骨泥墻」(もっこつでいのう)
「木骨泥墻」(もっこつでいのう)「木骨泥墻」(もっこつでいのう)「木骨泥墻」(もっこつでいのう)
「木骨泥墻」(もっこつでいのう)「木骨泥墻」(もっこつでいのう)「木骨泥墻」(もっこつでいのう)
「木骨泥墻」(もっこつでいのう)「木骨泥墻」(もっこつでいのう)「木骨泥墻」(もっこつでいのう)
「木骨泥墻」(もっこつでいのう)「木骨泥墻」(もっこつでいのう)「木骨泥墻」(もっこつでいのう)
「木骨泥墻」(もっこつでいのう)「木骨泥墻」(もっこつでいのう)「木骨泥墻」(もっこつでいのう)
「木骨泥墻」(もっこつでいのう)「木骨泥墻」(もっこつでいのう)「木骨泥墻」(もっこつでいのう)
「木骨泥墻」(もっこつでいのう)「木骨泥墻」(もっこつでいのう)「木骨泥墻」(もっこつでいのう)
「木骨泥墻」(もっこつでいのう)「木骨泥墻」(もっこつでいのう)「木骨泥墻」(もっこつでいのう)
「木骨泥墻」(もっこつでいのう)「木骨泥墻」(もっこつでいのう)「木骨泥墻」(もっこつでいのう)
「木骨泥墻」(もっこつでいのう)「木骨泥墻」(もっこつでいのう)「木骨泥墻」(もっこつでいのう)
「木骨泥墻」(もっこつでいのう)「木骨泥墻」(もっこつでいのう)「木骨泥墻」(もっこつでいのう)
「木骨泥墻」(もっこつでいのう)「木骨泥墻」(もっこつでいのう)「木骨泥墻」(もっこつでいのう)
「木骨泥墻」(もっこつでいのう)「木骨泥墻」(もっこつでいのう)「木骨泥墻」(もっこつでいのう)
「木骨泥墻」(もっこつでいのう)「木骨泥墻」(もっこつでいのう)「木骨泥墻」(もっこつでいのう)
「木骨泥墻」(もっこつでいのう)「木骨泥墻」(もっこつでいのう)「木骨泥墻」(もっこつでいのう)
「木骨泥墻」(もっこつでいのう)「木骨泥墻」(もっこつでいのう)「木骨泥墻」(もっこつでいのう)
「木骨泥墻」(もっこつでいのう)「木骨泥墻」(もっこつでいのう)「木骨泥墻」(もっこつでいのう)
「木骨泥墻」(もっこつでいのう)「木骨泥墻」(もっこつでいのう)「木骨泥墻」(もっこつでいのう)

13 :LUNAMASK:2010/02/20(土) 13:20:41 ID:gLuXqCg6
http://academy6.2ch.net/test/read.cgi/archeology/1261997999/menu910
「日本列島−南中国(長江流域以南)−チベット高原」は「邪馬台国−バンチャン−
三星堆の天孫族ホットライン」というより、ボーリングでピンがスプリットしたようなもん
でしょう。

14 :LUNAMASK:2010/02/20(土) 13:22:50 ID:gLuXqCg6
http://academy6.2ch.net/test/read.cgi/archeology/1261997999/menu865
「鳥居・歌垣・鵜飼・支石墓」・・・江淮-山東半島で集合、満州・半島経由列島に入るん
でしょう。

15 :LUNAMASK:2010/02/20(土) 13:23:56 ID:gLuXqCg6
http://academy6.2ch.net/test/read.cgi/archeology/1261997999/menu912 http://academy6.2ch.net/test/read.cgi/archeology/1261997999/menu902
スキップさせてください。あしからず。

16 :LUNAMASK:2010/02/20(土) 13:26:04 ID:gLuXqCg6
http://academy6.2ch.net/test/read.cgi/archeology/1261997999/menu914
沖縄のシーサ、神社の柱付鬼頭、欧州、日本の鬼がわらなんかがなんか似てます。
関係があるんでしょう。


17 :LUNAMASK:2010/02/20(土) 13:27:04 ID:gLuXqCg6
http://academy6.2ch.net/test/read.cgi/archeology/1261997999/menu923
I R Q C等と共に秦氏の移住又はそれ以降ではないかと思ってるんですが。

18 :LUNAMASK:2010/02/20(土) 13:50:55 ID:gLuXqCg6
>5
http://www.scielo.cl/fbpe/img/bres/v42n4/fig11-03.jpg
日本とロシア、セルビア、ポルトガルというのはちょっと不思議な気がするなー。


19 :LUNAMASK:2010/02/20(土) 14:02:23 ID:gLuXqCg6
↑セルビア、ロシア、ポルトガル・・・どこを取っても民族の吹き溜まりのようなところで
あって、特定の遺伝子の研究には難があるんじゃないかなーというのが正直な感じ。

20 :出土地不明:2010/02/20(土) 14:59:18 ID:lq74IE5I
コテが揃ってファビョってるねえ

21 :出土地不明:2010/02/20(土) 15:01:21 ID:lTVtIYVN
>>5のDNA調査では大きく2グループに分かれていますね。

[日本人を含むグループ]
 ・日本人、台湾人
 ・回(ホイ)族
 ・チベット人
 ・セルビア人
 ・ロシア人、ポルトガル人

[日本人を含まないグループ]
 ・オロチョン
 ・ダウール族
 ・モンゴル人、シボ族
 ・満州族
 ・エヴェンキ族
 ・朝鮮人
 ・山東省漢民族

北アジアで人口の多い民族が詳しく重点的に調べられている調査ですね。
これだけで日本人のルーツをどうこう言えませんが、
北アジアがルーツからほぼ消去できるとは言えるでしょう。


22 :LUNAMASK:2010/02/20(土) 15:09:10 ID:gLuXqCg6
↑日本人のどの遺伝子のことなのか、台湾人のどの遺伝子のことなのか・・・そうした
ことをあいまいにしたままにはなにも論じられないし、まして、ロシア人、ポルトガル人
なんてあまりにも暴論すぎる。

23 :出土地不明:2010/02/20(土) 15:10:23 ID:lTVtIYVN
>>18
日本人と現代のラテン人やスラブ人が近いと言うより、
日本人と北アジアの諸族が揃ってそれよりも縁が遠いと言った方が正確なのでしょう。

地中海人種には日本人はそこそこ近いので、ポルトガル人は不思議ではないですが。

案の定台湾が云々が湧いていますが、調査の範囲が北東アジア以外も重点的になされれば
台湾人と同等かそれ以上に日本人に近い民族が出てくるかもしれませんし。


24 :出土地不明:2010/02/20(土) 15:15:32 ID:lTVtIYVN
山東省漢民族が朝鮮人に非常に近いが、両者ともに日本人とかなり遠い
また北アジアの少数諸民族には近いことから、
淮河以北の現代の華北人は弥生人とあまり近くなく北方系の要素が強いことが判りますね。


25 :出土地不明:2010/02/20(土) 17:25:39 ID:GZyOiBhw
「木骨泥墻」(もっこつでいのう)「木骨泥墻」(もっこつでいのう)「木骨泥墻」(もっこつでいのう)
「木骨泥墻」(もっこつでいのう)「木骨泥墻」(もっこつでいのう)「木骨泥墻」(もっこつでいのう)
「木骨泥墻」(もっこつでいのう)「木骨泥墻」(もっこつでいのう)「木骨泥墻」(もっこつでいのう)
「木骨泥墻」(もっこつでいのう)「木骨泥墻」(もっこつでいのう)「木骨泥墻」(もっこつでいのう)
「木骨泥墻」(もっこつでいのう)「木骨泥墻」(もっこつでいのう)「木骨泥墻」(もっこつでいのう)
「木骨泥墻」(もっこつでいのう)「木骨泥墻」(もっこつでいのう)「木骨泥墻」(もっこつでいのう)
「木骨泥墻」(もっこつでいのう)「木骨泥墻」(もっこつでいのう)「木骨泥墻」(もっこつでいのう)
「木骨泥墻」(もっこつでいのう)「木骨泥墻」(もっこつでいのう)「木骨泥墻」(もっこつでいのう)
「木骨泥墻」(もっこつでいのう)「木骨泥墻」(もっこつでいのう)「木骨泥墻」(もっこつでいのう)
「木骨泥墻」(もっこつでいのう)「木骨泥墻」(もっこつでいのう)「木骨泥墻」(もっこつでいのう)
「木骨泥墻」(もっこつでいのう)「木骨泥墻」(もっこつでいのう)「木骨泥墻」(もっこつでいのう)
「木骨泥墻」(もっこつでいのう)「木骨泥墻」(もっこつでいのう)「木骨泥墻」(もっこつでいのう)
「木骨泥墻」(もっこつでいのう)「木骨泥墻」(もっこつでいのう)「木骨泥墻」(もっこつでいのう)
「木骨泥墻」(もっこつでいのう)「木骨泥墻」(もっこつでいのう)「木骨泥墻」(もっこつでいのう)
「木骨泥墻」(もっこつでいのう)「木骨泥墻」(もっこつでいのう)「木骨泥墻」(もっこつでいのう)
「木骨泥墻」(もっこつでいのう)「木骨泥墻」(もっこつでいのう)「木骨泥墻」(もっこつでいのう)
「木骨泥墻」(もっこつでいのう)「木骨泥墻」(もっこつでいのう)「木骨泥墻」(もっこつでいのう)
「木骨泥墻」(もっこつでいのう)「木骨泥墻」(もっこつでいのう)「木骨泥墻」(もっこつでいのう)
「木骨泥墻」(もっこつでいのう)「木骨泥墻」(もっこつでいのう)「木骨泥墻」(もっこつでいのう)
「木骨泥墻」(もっこつでいのう)「木骨泥墻」(もっこつでいのう)「木骨泥墻」(もっこつでいのう)
「木骨泥墻」(もっこつでいのう)「木骨泥墻」(もっこつでいのう)「木骨泥墻」(もっこつでいのう)
「木骨泥墻」(もっこつでいのう)「木骨泥墻」(もっこつでいのう)「木骨泥墻」(もっこつでいのう)
「木骨泥墻」(もっこつでいのう)「木骨泥墻」(もっこつでいのう)「木骨泥墻」(もっこつでいのう)
「木骨泥墻」(もっこつでいのう)「木骨泥墻」(もっこつでいのう)「木骨泥墻」(もっこつでいのう)

26 :出土地不明:2010/02/20(土) 17:28:01 ID:GZyOiBhw
「木骨泥墻」(もっこつでいのう)「木骨泥墻」(もっこつでいのう)「木骨泥墻」(もっこつでいのう)
「木骨泥墻」(もっこつでいのう)「木骨泥墻」(もっこつでいのう)「木骨泥墻」(もっこつでいのう)
「木骨泥墻」(もっこつでいのう)「木骨泥墻」(もっこつでいのう)「木骨泥墻」(もっこつでいのう)
「木骨泥墻」(もっこつでいのう)「木骨泥墻」(もっこつでいのう)「木骨泥墻」(もっこつでいのう)
「木骨泥墻」(もっこつでいのう)「木骨泥墻」(もっこつでいのう)「木骨泥墻」(もっこつでいのう)
「木骨泥墻」(もっこつでいのう)「木骨泥墻」(もっこつでいのう)「木骨泥墻」(もっこつでいのう)
「木骨泥墻」(もっこつでいのう)「木骨泥墻」(もっこつでいのう)「木骨泥墻」(もっこつでいのう)
「木骨泥墻」(もっこつでいのう)「木骨泥墻」(もっこつでいのう)「木骨泥墻」(もっこつでいのう)
「木骨泥墻」(もっこつでいのう)「木骨泥墻」(もっこつでいのう)「木骨泥墻」(もっこつでいのう)
「木骨泥墻」(もっこつでいのう)「木骨泥墻」(もっこつでいのう)「木骨泥墻」(もっこつでいのう)
「木骨泥墻」(もっこつでいのう)「木骨泥墻」(もっこつでいのう)「木骨泥墻」(もっこつでいのう)
「木骨泥墻」(もっこつでいのう)「木骨泥墻」(もっこつでいのう)「木骨泥墻」(もっこつでいのう)
「木骨泥墻」(もっこつでいのう)「木骨泥墻」(もっこつでいのう)「木骨泥墻」(もっこつでいのう)
「木骨泥墻」(もっこつでいのう)「木骨泥墻」(もっこつでいのう)「木骨泥墻」(もっこつでいのう)
「木骨泥墻」(もっこつでいのう)「木骨泥墻」(もっこつでいのう)「木骨泥墻」(もっこつでいのう)
「木骨泥墻」(もっこつでいのう)「木骨泥墻」(もっこつでいのう)「木骨泥墻」(もっこつでいのう)
「木骨泥墻」(もっこつでいのう)「木骨泥墻」(もっこつでいのう)「木骨泥墻」(もっこつでいのう)
「木骨泥墻」(もっこつでいのう)「木骨泥墻」(もっこつでいのう)「木骨泥墻」(もっこつでいのう)
「木骨泥墻」(もっこつでいのう)「木骨泥墻」(もっこつでいのう)「木骨泥墻」(もっこつでいのう)
「木骨泥墻」(もっこつでいのう)「木骨泥墻」(もっこつでいのう)「木骨泥墻」(もっこつでいのう)
「木骨泥墻」(もっこつでいのう)「木骨泥墻」(もっこつでいのう)「木骨泥墻」(もっこつでいのう)
「木骨泥墻」(もっこつでいのう)「木骨泥墻」(もっこつでいのう)「木骨泥墻」(もっこつでいのう)
「木骨泥墻」(もっこつでいのう)「木骨泥墻」(もっこつでいのう)「木骨泥墻」(もっこつでいのう)
「木骨泥墻」(もっこつでいのう)「木骨泥墻」(もっこつでいのう)「木骨泥墻」(もっこつでいのう)
「木骨泥墻」(もっこつでいのう)「木骨泥墻」(もっこつでいのう)「木骨泥墻」(もっこつでいのう)
「木骨泥墻」(もっこつでいのう)「木骨泥墻」(もっこつでいのう)「木骨泥墻」(もっこつでいのう)
「木骨泥墻」(もっこつでいのう)「木骨泥墻」(もっこつでいのう)「木骨泥墻」(もっこつでいのう)
「木骨泥墻」(もっこつでいのう)「木骨泥墻」(もっこつでいのう)「木骨泥墻」(もっこつでいのう)
「木骨泥墻」(もっこつでいのう)「木骨泥墻」(もっこつでいのう)「木骨泥墻」(もっこつでいのう)
「木骨泥墻」(もっこつでいのう)「木骨泥墻」(もっこつでいのう)「木骨泥墻」(もっこつでいのう)

27 :出土地不明:2010/02/20(土) 17:29:45 ID:GZyOiBhw
「木骨泥墻」(もっこつでいのう)「木骨泥墻」(もっこつでいのう)「木骨泥墻」(もっこつでいのう)
「木骨泥墻」(もっこつでいのう)「木骨泥墻」(もっこつでいのう)「木骨泥墻」(もっこつでいのう)
「木骨泥墻」(もっこつでいのう)「木骨泥墻」(もっこつでいのう)「木骨泥墻」(もっこつでいのう)
「木骨泥墻」(もっこつでいのう)「木骨泥墻」(もっこつでいのう)「木骨泥墻」(もっこつでいのう)
「木骨泥墻」(もっこつでいのう)「木骨泥墻」(もっこつでいのう)「木骨泥墻」(もっこつでいのう)
「木骨泥墻」(もっこつでいのう)「木骨泥墻」(もっこつでいのう)「木骨泥墻」(もっこつでいのう)
「木骨泥墻」(もっこつでいのう)「木骨泥墻」(もっこつでいのう)「木骨泥墻」(もっこつでいのう)
「木骨泥墻」(もっこつでいのう)「木骨泥墻」(もっこつでいのう)「木骨泥墻」(もっこつでいのう)
「木骨泥墻」(もっこつでいのう)「木骨泥墻」(もっこつでいのう)「木骨泥墻」(もっこつでいのう)
「木骨泥墻」(もっこつでいのう)「木骨泥墻」(もっこつでいのう)「木骨泥墻」(もっこつでいのう)
「木骨泥墻」(もっこつでいのう)「木骨泥墻」(もっこつでいのう)「木骨泥墻」(もっこつでいのう)
「木骨泥墻」(もっこつでいのう)「木骨泥墻」(もっこつでいのう)「木骨泥墻」(もっこつでいのう)
「木骨泥墻」(もっこつでいのう)「木骨泥墻」(もっこつでいのう)「木骨泥墻」(もっこつでいのう)
「木骨泥墻」(もっこつでいのう)「木骨泥墻」(もっこつでいのう)「木骨泥墻」(もっこつでいのう)
「木骨泥墻」(もっこつでいのう)「木骨泥墻」(もっこつでいのう)「木骨泥墻」(もっこつでいのう)
「木骨泥墻」(もっこつでいのう)「木骨泥墻」(もっこつでいのう)「木骨泥墻」(もっこつでいのう)
「木骨泥墻」(もっこつでいのう)「木骨泥墻」(もっこつでいのう)「木骨泥墻」(もっこつでいのう)
「木骨泥墻」(もっこつでいのう)「木骨泥墻」(もっこつでいのう)「木骨泥墻」(もっこつでいのう)
「木骨泥墻」(もっこつでいのう)「木骨泥墻」(もっこつでいのう)「木骨泥墻」(もっこつでいのう)
「木骨泥墻」(もっこつでいのう)「木骨泥墻」(もっこつでいのう)「木骨泥墻」(もっこつでいのう)
「木骨泥墻」(もっこつでいのう)「木骨泥墻」(もっこつでいのう)「木骨泥墻」(もっこつでいのう)
「木骨泥墻」(もっこつでいのう)「木骨泥墻」(もっこつでいのう)「木骨泥墻」(もっこつでいのう)
「木骨泥墻」(もっこつでいのう)「木骨泥墻」(もっこつでいのう)「木骨泥墻」(もっこつでいのう)
「木骨泥墻」(もっこつでいのう)「木骨泥墻」(もっこつでいのう)「木骨泥墻」(もっこつでいのう)
「木骨泥墻」(もっこつでいのう)「木骨泥墻」(もっこつでいのう)「木骨泥墻」(もっこつでいのう)
「木骨泥墻」(もっこつでいのう)「木骨泥墻」(もっこつでいのう)「木骨泥墻」(もっこつでいのう)
「木骨泥墻」(もっこつでいのう)「木骨泥墻」(もっこつでいのう)「木骨泥墻」(もっこつでいのう)
「木骨泥墻」(もっこつでいのう)「木骨泥墻」(もっこつでいのう)「木骨泥墻」(もっこつでいのう)
「木骨泥墻」(もっこつでいのう)「木骨泥墻」(もっこつでいのう)「木骨泥墻」(もっこつでいのう)
「木骨泥墻」(もっこつでいのう)「木骨泥墻」(もっこつでいのう)「木骨泥墻」(もっこつでいのう)
「木骨泥墻」(もっこつでいのう)「木骨泥墻」(もっこつでいのう)「木骨泥墻」(もっこつでいのう)
「木骨泥墻」(もっこつでいのう)「木骨泥墻」(もっこつでいのう)「木骨泥墻」(もっこつでいのう)
「木骨泥墻」(もっこつでいのう)「木骨泥墻」(もっこつでいのう)「木骨泥墻」(もっこつでいのう)
「木骨泥墻」(もっこつでいのう)「木骨泥墻」(もっこつでいのう)「木骨泥墻」(もっこつでいのう)
「木骨泥墻」(もっこつでいのう)「木骨泥墻」(もっこつでいのう)「木骨泥墻」(もっこつでいのう)

28 :出土地不明:2010/02/20(土) 17:30:57 ID:GZyOiBhw
「木骨泥墻」(もっこつでいのう)「木骨泥墻」(もっこつでいのう)「木骨泥墻」(もっこつでいのう)
「木骨泥墻」(もっこつでいのう)「木骨泥墻」(もっこつでいのう)「木骨泥墻」(もっこつでいのう)
「木骨泥墻」(もっこつでいのう)「木骨泥墻」(もっこつでいのう)「木骨泥墻」(もっこつでいのう)
「木骨泥墻」(もっこつでいのう)「木骨泥墻」(もっこつでいのう)「木骨泥墻」(もっこつでいのう)
「木骨泥墻」(もっこつでいのう)「木骨泥墻」(もっこつでいのう)「木骨泥墻」(もっこつでいのう)
「木骨泥墻」(もっこつでいのう)「木骨泥墻」(もっこつでいのう)「木骨泥墻」(もっこつでいのう)
「木骨泥墻」(もっこつでいのう)「木骨泥墻」(もっこつでいのう)「木骨泥墻」(もっこつでいのう)
「木骨泥墻」(もっこつでいのう)「木骨泥墻」(もっこつでいのう)「木骨泥墻」(もっこつでいのう)
「木骨泥墻」(もっこつでいのう)「木骨泥墻」(もっこつでいのう)「木骨泥墻」(もっこつでいのう)
「木骨泥墻」(もっこつでいのう)「木骨泥墻」(もっこつでいのう)「木骨泥墻」(もっこつでいのう)
「木骨泥墻」(もっこつでいのう)「木骨泥墻」(もっこつでいのう)「木骨泥墻」(もっこつでいのう)
「木骨泥墻」(もっこつでいのう)「木骨泥墻」(もっこつでいのう)「木骨泥墻」(もっこつでいのう)
「木骨泥墻」(もっこつでいのう)「木骨泥墻」(もっこつでいのう)「木骨泥墻」(もっこつでいのう)
「木骨泥墻」(もっこつでいのう)「木骨泥墻」(もっこつでいのう)「木骨泥墻」(もっこつでいのう)
「木骨泥墻」(もっこつでいのう)「木骨泥墻」(もっこつでいのう)「木骨泥墻」(もっこつでいのう)
「木骨泥墻」(もっこつでいのう)「木骨泥墻」(もっこつでいのう)「木骨泥墻」(もっこつでいのう)
「木骨泥墻」(もっこつでいのう)「木骨泥墻」(もっこつでいのう)「木骨泥墻」(もっこつでいのう)
「木骨泥墻」(もっこつでいのう)「木骨泥墻」(もっこつでいのう)「木骨泥墻」(もっこつでいのう)
「木骨泥墻」(もっこつでいのう)「木骨泥墻」(もっこつでいのう)「木骨泥墻」(もっこつでいのう)
「木骨泥墻」(もっこつでいのう)「木骨泥墻」(もっこつでいのう)「木骨泥墻」(もっこつでいのう)
「木骨泥墻」(もっこつでいのう)「木骨泥墻」(もっこつでいのう)「木骨泥墻」(もっこつでいのう)
「木骨泥墻」(もっこつでいのう)「木骨泥墻」(もっこつでいのう)「木骨泥墻」(もっこつでいのう)
「木骨泥墻」(もっこつでいのう)「木骨泥墻」(もっこつでいのう)「木骨泥墻」(もっこつでいのう)
「木骨泥墻」(もっこつでいのう)「木骨泥墻」(もっこつでいのう)「木骨泥墻」(もっこつでいのう)
「木骨泥墻」(もっこつでいのう)「木骨泥墻」(もっこつでいのう)「木骨泥墻」(もっこつでいのう)
「木骨泥墻」(もっこつでいのう)「木骨泥墻」(もっこつでいのう)「木骨泥墻」(もっこつでいのう)
「木骨泥墻」(もっこつでいのう)「木骨泥墻」(もっこつでいのう)「木骨泥墻」(もっこつでいのう)
「木骨泥墻」(もっこつでいのう)「木骨泥墻」(もっこつでいのう)「木骨泥墻」(もっこつでいのう)
「木骨泥墻」(もっこつでいのう)「木骨泥墻」(もっこつでいのう)「木骨泥墻」(もっこつでいのう)
「木骨泥墻」(もっこつでいのう)「木骨泥墻」(もっこつでいのう)「木骨泥墻」(もっこつでいのう)

29 :出土地不明:2010/02/20(土) 17:54:30 ID:vorbIfV0
>>22
月光仮面が「暴論」だって…ワロタ。

30 :出土地不明:2010/02/20(土) 18:04:48 ID:l8JkNSU0
>>22
読まずに批判するのは、よくない。

Recently, a set of 17 Y-STR loci had been
analyzed in some populations and
a high degree of haplotype diversity (Huang
et al. 2008; Kumagai et al. 2007; Pontes et
al. 2007), while the polymorphism of these
loci in the northern China population was
unknown. Here, we present haplotype
analysis and genetic tests of these 17 Y-
STR loci in eight ethnic populations from
northern China to explore the genetic
relationships of these populations.
(略)
the haplotypes of these populations were compared to
published data from eight populations:
Tibetan, n=167 (Zhu et al. 2008);
Taiwanese, n=200 (Huang et al. 2008);
Portuguese, n=175 (Pontes et al. 2007);
Serbian, n=185 (Veselinovic et al. 2008);
Shandong Han, n=131 (Yan et al. 2007);
Japanese, n=1079 (Mizuno et al. 2008);
Western Russian, n=545 (Roewer et al.2008)
and Chinese Hui, n=143 (Guo et al.2008),
(以下、略)

まあ、読んだとしても、
引用されてる論文を一般人が簡単に内容を知るわけにはいかないのだが。

31 :白馬青牛 ◆B3h9hvY9bA :2010/02/21(日) 00:57:13 ID:M43N1K+t
>>13
江南とチベットは人種が違うし関連がありません。中華奴隷の邪馬台国
とも関連がありません。まだカルト集団の提灯持ちをしとるんですか?
>>18-21及び>>23-24
精度の低いY染色体なんかABO血液型同様、環境的差異に過ぎんよ。
mtDNAの方が近隣の民族と共通性があるだけ真っ当じゃのう。
mtなら日本人は北東アジアの集団に属するけぇ、HLAや形質と矛盾
しとらん。Yは人種の起源に有効じゃ無いガラクタじゃわい。
白人種の地中海人種と蒙古人種の日本人のどこが近いんか?
妄想も甚だしいわい。
ほんま、Yカルトはナチス優生学の継続者の電波よのう。

32 :出土地不明:2010/02/21(日) 01:21:18 ID:wKzQveLl
白馬青牛氏はY染色体に対する認識が全く科学的常識とかけ離れている。
前提が違いすぎるので、建設的な議論に全くなりません。
しかもそれを開き直ったようにキチガイじみた言を繰り返している。

そこでどなたか可能な方に−Y染色体否定派専用−の別スレ立てを御願い致します。

>31を見ればY染色体に科学的問題があるからではなく、自分の観念に合わないから
それは指標として正しくないというヤクザのいちゃもんに近い難癖なのが判ります。
しかも確信犯的にレッテル張りと嘘を100回言えば本当になるを実行しようとしている。
以前は卑怯なりにもなんとか論破しようと試みた痕跡がありますが、
完全に部が悪いのを悟ってこのようなそらぞらしい反応を繰り返すばかりに至った。

既に言われていることではありますが、これ以上彼の相手にするのは時間の無駄だと思います。
別スレが立ったと同時に、彼のレスを「あぼーん」するのが生産的かと思います。


33 :出土地不明:2010/02/21(日) 01:31:34 ID:wKzQveLl
前スレで紹介されていたmtDNAの系統図
http://img05.ti-da.net/usr/simanntyunutakara/EPSN4064.JPG
ttp://simanntyunutakara.ti-da.net/e2600136.html


34 :出土地不明:2010/02/21(日) 01:33:08 ID:LP4SiUTw
馬牛って、ただ自分の言いたいことを喚いて、批判されると
情けない行動に出る困ったおやじだろ。専用スレに囲ってあげて、
そこで勝手に言いたいこといわせときゃいいと思うわ。

35 :出土地不明:2010/02/21(日) 01:37:16 ID:wKzQveLl
mtDNA版

[日本人を含むグループ]
 ・沖縄、本州日本
 ・南中国、アイヌ

[韓国人などのグループ]
 ・韓国
 ・モンゴル

[インド人などのグループ]
 ・インド
 ・台湾先住民、インドネシア
 ・北中国
 ・台湾漢民族、タイ少数民族


36 :白馬青牛 ◆B3h9hvY9bA :2010/02/21(日) 02:00:17 ID:M43N1K+t
>>32
科学たぁ、多元的、複合的根拠がいるんど。
精度の低いY染色体だけで妄想するんは科学じゃのうて、
カルトじゃ。一元論を科学云うんならナチスに協力した生物学者は
表面上科学者じゃが、レイシストの思想で扇動したに過ぎんよう、
Yカルトも後追いしよるのう。胡散臭い連中ほど「科学的」云うて
他者を扇動しようとする。左翼が「科学的唯物論」云うように。
>>33
誰の出典かも提示しとらん、妄想コピーじゃのう(笑い)。
>>34
批判されると情けない行動たぁ具体的に書けぇや。
抽象的文言で他者を扇動する工作に利用しても意味があるまあに。

37 :出土地不明:2010/02/21(日) 02:20:35 ID:wKzQveLl
>>36
> 科学たぁ、多元的、複合的根拠がいるんど。
お前の言説が多元的・複合的根拠に著しく欠けている。
多元的・複合的根拠というのは、妄想をレスの長さでカバーする事とでも思ってそうだが。

> 精度の低いY染色体だけで妄想するんは科学じゃのうて、
Y染色体を相対的に精度が低いと言う人間と人類のルーツを議論するのは、
万有引力を否定する人間と構造力学や流体力学を議論するのに近いくらい
ナンセンスだが、理解出来るだろうか。

> 一元論を科学云うんならナチスに協力した生物学者は
> 表面上科学者じゃが、レイシストの思想で扇動したに過ぎんよう
お前の観念が、ナチス型やソ連型に近いだろう?
Y染色体を否定しながら「人種」を遠慮なく多用しているが、
多地域進化論の立場なのか?これは重要な部分だ教えてくれ。

ちなみに左翼のマルクス主義などはある意味カルト宗教そのものだ。
そしてお前は旧ソ連の学者や支配領域が旧共産圏とほとんど一致する
騎馬民族を過剰評価する典型にしか見えない。
歪んだ史観に個別の歴史を無理やり当てはめるのも同様で完全に同類だ。


38 :出土地不明:2010/02/21(日) 11:24:54 ID:545B2Meb
馬は「具体性」とか、言っちゃだめだろ。「根拠」も「証拠」、
「ソース」も「検証」も「論理」も(あとはry 関係ないんだろ?
人と対話もできないし、すぐレッテルを貼って妄想カキコ。

こないだは、戦時中の臨時ニュースがどうとか喚いてたな。「具体的」
にと言うなら、それをまず「具体的」に書いてほしいところだな。
戦時中の臨時ニュースと学術報告書の違いについて、ちゃんと具体的
一般人に理解できるように論述してくれ。ニュースの日付時間・誰(
どの機関)が発したのか、何処で、どのくらいの人が聞いたのか、
ここらへんのデータはきちんと出せるわけだよな

それからお前の情けない行いはみんな記憶してるから、特に書く必要も
ないんじゃないの?連投して貼ってもいいけど。惨めな思いするだけだよ。
なんつーか、あんたが「そういう人」だってことみんな知ってるわけだし。
ま、これも印象工作ってことになるのかな。別にあんたの存在なんて
どうでもいいけど。五月蠅いから隔離スレ逝けよ


39 :白馬青牛 ◆B3h9hvY9bA :2010/02/21(日) 23:48:32 ID:M43N1K+t
>>37
多元的・複合的根拠ものう妄想するんがY染色体カルトじゃ。
万有引力を否定する人間に近いんは、米国のファンダメンタリスト
じゃのう。人間が猿から生まれたんは聖書の教えに反するじゃと。
その米国のキリスト教原理主義のファンダメンタリストでも
Y染色体カルト論にゃあ賛同するんじゃないか?
聖書アダム理論云う面で。彼等はKKKとも近いし、共和党右派の
政治基盤じゃけんのう。
このように、カルトはマルクス主義だけじゃないよ。
反共右派もキリスト教原理主義や日本の右派も神道、仏教、キリスト
教の原理主義宗教団体との関連が強いけんのう。
政治的左派は科学理論で理論武装し、右派は宗教原理主義で
理論武装する違いだけで、理論自体、抽象観念論で両者は
似たようなもんじゃけど。旧共産国のソ連、中国、
カンボジアも典型的農耕民族型国家じゃのう。
>>38
戦時中の臨時ニュースを視て、現代真実じゃ思う人間が
どれだけおるんか?日本が戦うたびに米軍に勝ったじゃの
おとぎの国じゃあるまいし。日本の敗戦が無かったら
学者は好んで日本軍が如何に優秀であったかを賛美し続ける
じゃろう。学術なんかその程度のもんで、元来御用学者に
なる連中が戦後においても、跋扈しとるだけのことよ。
あんたのように、情けない行いは何かと指摘しても、抽象的言い訳
に終始する人間で他者に頼る心の弱さをわしに見せたり、
敗者の弁そのものじゃないか。結局他者への依頼心をアテにしとる
軟弱者よのう。

40 :白馬青牛 ◆B3h9hvY9bA :2010/02/22(月) 00:34:36 ID:HubQ2vtI
>>37に関連して江上波夫氏は、
「幸か不幸か、中国だとか、ソ連だとか、こういう共産主義になったやつは
アウタルキーだな。社会が先にあって、人間がなくなっちゃう。
いわゆる近代の自由主義とか、近代民主主義の系譜っていうのは、牧民に
くるんだと思うんだ。そして社会主義、ことに共産主義なんていう思想は、
農耕世界のものなんだ。」
「しかし、中国が昔からそうだと思ったら、間違いじゃないかと思います。
中国では、それがある時期から主流になってしまった。というのは北を
北方民族に荒らされてしまい、南のあの行き方になってしまったんです。
革命家として常に出る奴は、反蕃族、反外国イデオロギー」
「現代の中共は南方人(越人)だからだよ。南方人は駄目なんだよ。」
と、典型的農耕民は朱子学攘夷排外思想じゃとされる。
前スレでも云うたが、ソ連でも農奴化されたスラブ農民より牧民化した
コサックの社会やカリブの海賊の社会が民主的で平等であったよう、
民主主義は牧民や騎馬化、海賊化した社会に特有で、農耕民族は、
共産主義の上下に二分化した階級格差社会的じゃ。
これは優生学でもレイシズムでも無い、生業社会の分類じゃ。
それを共産主義者の自称農耕民族の代表の佐原眞氏が、江上説は
差別主義と宣伝したんじゃ。

41 :出土地不明:2010/02/22(月) 03:11:03 ID:IfVhNmVj
詭弁の特徴のガイドライン

議論するにあたり、真っ当な意見と見せかけ、実は詭弁で論点をはぐらかす輩が多々おります。
皆様も以下の「詭弁の特徴15条」を覚え、そういう輩を排除しましょう。

1:事実に対して仮定を持ち出す   
2:ごくまれな反例をとりあげる
3:自分に有利な将来像を予想する
4:主観で決め付ける
5:資料を示さず自論が支持されていると思わせる
6:一見関係ありそうで関係ない話を始める
7:陰謀であると力説する
8:知能障害を起こす
9:自分の見解を述べずに人格批判をする
10:ありえない解決策を図る
11:レッテル貼りをする
12:決着した話を経緯を無視して蒸し返す
13:勝利宣言をする
14:細かい部分のミスを指摘し相手を無知と認識させる
15:新しい概念が全て正しいのだとミスリードする

42 :出土地不明:2010/02/22(月) 09:55:46 ID:s+TpAaZA
>>40
蕃/番と蛮は、中国での音が全く違います。
普通話での前者は、fanで声調は第一声
後者は、manの第二声

fan1には、一番・一等の意味があり、近現代に野蛮人の意味で使われることはありません。

43 :出土地不明:2010/02/22(月) 11:48:35 ID:xydgtbrI
>>38
朝鮮人にも生まれ付き二重はいる
正確に見分けるには顔の表面より骨格を見る必要がある
例えば鼻の下が長く、上顎が突出していたらまず間違いなく朝鮮人だと思っていい

44 :出土地不明:2010/02/22(月) 13:06:50 ID:oQb6MlvN
>>39

おまえの言い訳なんぞ聞きたくない。
>>38 で指定したものを提示すればいいよ

45 :出土地不明:2010/02/22(月) 13:45:38 ID:KXkfGQGl


白痴禿牛は「Y染色体は精度が低い」という自説を、
世界中の分子生物学者に言えず、
ここでしか言えない卑怯者だから、
早く消えうせてほしいよね。



46 :出土地不明:2010/02/22(月) 14:36:02 ID:s+TpAaZA
http://www.biomedcentral.com/1741-7007/6/45/table/T2
YAP+に関しては、この表↑で、25%以上を示す特異な点を見つけて
系統ぐらいは、いろいろ仮説立てられるのでは?

DE*, D*-M174, D1-M15, D2-M57, D3-p47, E-M40の明細があるし
中東やアフリカなんかはゴソっと落ちてしまう。
サンプル地域違いのやつは、複数併記になっているので、不明なものは不明と留保しておく必要あるけど。

常に新しい分析が出てきていて、当然もっと新しいものもあって、
日本の旭川市のデータとかもとれているらしい。

47 :出土地不明:2010/02/22(月) 15:14:09 ID:x+28vcib
>>46
データが古すぎる

48 :出土地不明:2010/02/22(月) 16:12:40 ID:H6BTcILF
わぉ>>46たん
タイにD*がこんなに多いとは、チベット系アカ族などの山岳民族がいるからかな〜
やっぱり「三星堆−バンチャン(タイ)−邪馬台国の天孫族ホットライン」でつね(^-^)/

49 :出土地不明:2010/02/22(月) 17:16:40 ID:E8di9iwe
>>39
Y染色体DNAが使えなかった時代に欧米では白人と他人種が
異なる地域で進化を遂げた別種のようなニセ科学が信じられて、
植民地主義、KKKやナチスのような考えが横行した。
大東亜共栄圏の考えにも影響しただろう。

Y染色体でいう「アダム」というのは全人類の共通男性祖先を喩えて言ったわけで、
昔の聖書を一種の解釈で白人種・黄色人種・黒人種に分けた考えとは全く反対。
つーか白馬はこれなど十分承知で、白々しい偽レッテル張りを行っているのだろう?

江上波夫さんもそうした昭和という「政治の季節」に持てはやされたが
多元的・複合的根拠からナンセンスとなっているわけだが、
今でも某政権与党の幹事長が韓国でこれを言ってしまったりするから危険なのだ。
(リップサービスで言ったのか、彼の出自のためなのか、間違って信じているかは不明だが)
白馬青牛の工作はほとんど悪質な歴史・政治工作と見られて仕方がない内容だ。


50 :出土地不明:2010/02/22(月) 17:47:27 ID:sXzG/j6R
追い込まれると、論理や証拠にまで難癖を付け始める
情けない馬牛。しかし結局さらに追い詰められて、意味
不明な妄言を繰り出しはじめる。

おまえが喚いていた武士の定義、あれもう一回書いてみたら。
そうすれば自分がどんな人間か分かるだろう。

眼に見えない染色体についてあれこれ言う割には、徳川家康
の実在を証明できないという馬牛。そう懐疑してみるのは
結構なことだが、そもそもお前の頭の中では染色体は証明
されているのか?

臨時ニュースを早く取りまとめて貼ってみろよ。他人のサイト
は盗めるのに、webcatやopacのリンクは貼れません、臨時ニュ
ースは私の頭の中です、で通用するってのは、
素晴らしい世界だね、馬牛

51 :出土地不明:2010/02/22(月) 18:05:44 ID:s+TpAaZA
>>48
自分は、Tibeto-Burman languages(Wikiの項目名だと、チベット・ミャンマー語派)という
用語に馴染んでいるので、「チベット系」という言い方には、すごく抵抗があります。

語派の下位区分のグルーピングが考えられています。もちろん諸説いろいろあります。
Tibeto-Burman languages
  Tibeto-Kanauri languages
  Lolo-Burmese languages
  Qiangic languages
  Rgyalrongic languages

言語からいうと、Lolo-Burmeseの語群に入るだろうアカ(Akha)に使うのは、どうなぁ。

52 :出土地不明:2010/02/22(月) 21:32:10 ID:H6BTcILF
わぉ〜>>51たん
チベット・ミャンマー語族の羌族、イ族、西夏族、カレン族、ミャンマー族らは
チベット系製銅製鉄民+南方稲作民の連合体ですね!!
彼らの分布地一帯が「鳥居・歌垣・鵜飼・支石墓」の天孫文化の母胎ですね!!

>>14
これが江淮-山東半島に集合して列島に入り、纒向に太陽神殿を創ったのかな〜!?(^-^)/

53 :出土地不明:2010/02/22(月) 21:36:47 ID:M+IWYsKX
福建省南部、江蘇にO2bが発見されている
http://hmg.oxfordjournals.org/cgi/reprint/ddn427v1.pdf

O2b系が中国でもだんだん見つかってきてるな。

54 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/02/22(月) 23:31:08 ID:YsRIWqO1
徳川家康の実在は証明できないが、自分自身は「東国武者」
の子孫だと自称する白馬青牛。完全に病んでいるんだろうか。
それともただの法螺吹きなんでしょうか。

55 :白馬青牛 ◆B3h9hvY9bA :2010/02/23(火) 00:52:21 ID:nMULZRD4
>>42
江上氏の引用の「蕃」用語にカバチ垂れよるが、文脈ばっかししか
見れん欠陥者がYカルトになるんじゃろうのう。
>>43
われが言い訳しよるんで。大本営発表に信憑性があるんなら、
われが提示せんかい。
>>45
たんぱく質の一部を抽出した仮説を真実のように語る、あんたらYカルトの
方が問題じゃろうに。
>>48-52
また江南朱子学妄想の低能君が、東アジアと関係ない中国西南部と、
ビルマにおけるチベット系の南下を結びつけ妄想しよるわい。
>>49
ニセ科学は生物学者に多いんじゃないか。生物決定論の妄想を唱える処
ナチス優生学と何ら変わらんのう。KKKやナチスを上げてもキリスト教
原理主義根本主義者らを無視する処も可笑しいのう。ネット右翼も
キリスト教原理主義派と関りが深いことは無視かいのう。
ほいで昔も今の聖書原理主義でも、アダムとイブから人類が生まれた
前提条件が必要なんじゃろう。特にYカルトには。小沢発言をどうのこうの
云うあたり、あんたの方が政治工作の臭いが強いど。
>>50-54
追い込まれとるじゃの、また第三者への印象工作で逃げなや。
徳川家康の実在なんか現代人に証明出来るはずも無いわ。たんぱく質の一部
のY染色体なんか証明以前に古人骨からもDNAを抽出出来んけぇ、
仮定に仮定を重ねた、しかも狭い視野で妄想するだけじゃないか。
東国武士の子孫の可能性は父系だけでは母系に品行方正な女性ばかりが
代々続くと妄想論になるけぇ、父系はどこかで途切れると考えられる。
母系は腹から生まれた証明に甚だ近いと考えられるけぇ片方は
関東武士の血が混じる可能性が強い。更に親戚筋も婚姻は決まった家同士
の割合が強いことから、何代に亘って血が継続されとる可能性が強い。
然るにわしの家系は東国武士の可能性が甚だ強いと云えよう。
確率上の問題じゃけんのう。ほいで、先祖もどこの馬の骨か知れん
あんたの東国武士の子孫の可能性でも提示したらどうか?

56 :出土地不明:2010/02/23(火) 01:15:21 ID:vUWg1bhl
はいはい

あんたが提示しなさい。逃げてばかりいないで
素直に謝れないおやじって、何処にでもいるよなぁ

Y染色体が証明でき無いことを証明せよってのが
あんたの好きな論法だったな。

自分は提示しないでおれに提示しろってか
情けない馬鹿だねぇ

57 :出土地不明:2010/02/23(火) 12:47:50 ID:+jtllBX0
日本人に中国系のDNAが多いけど、確かに南方系ではないはず。
http://www.novartis.co.jp/product/teg/te/te_teg0801.html
薬の副作用で明らかになった、アジア南方由来と思われる「HLA-B*1502」ね。
南方の華人とかフィリピン人、タイ人で保有率が高く、
実は本土の中国人にはほとんどない因子。
日本人にも、もちろんほとんどない。1%以下で、副作用例もないんだよ。
これを見ても、日本人のDNAは百越とかより、中原に近い所から来てるのは明らか。

●HLA-B*1502の保有率には地域間で大きくばらつきがある。
香港、タイ、マレーシア、フィリピンの一部では15%以上が陽性、
台湾では10%、中国北部では4%、南アジアでは2-4%、
日本と韓国では1%未満と報告されている。
アジア系以外ではほとんど認められていない。

58 :出土地不明:2010/02/23(火) 13:10:05 ID:mb5UWI18
↑この人も必死になってきたな。

59 :出土地不明:2010/02/23(火) 14:57:19 ID:3qIfY/Cv
>>57
南アジアってどこだよw
まあ、それみると日本人は何処からも来ていない。という結論になっちゃうけど

60 :LUNAMASK:2010/02/23(火) 16:14:09 ID:U/1MNL3w
>>48 参考まで
オックスフォード/ヤング他「中国最古の鉄使用」
「呉は銅の埋蔵量が少なく、分散しており、錫、鉛は稀少で、青銅製農具は高価であった
筈である。この地方の農業が発達するにつれ金属農具への依存は高まり、より安価な
金属の発見が求められた。そのうちに、鉄は鋳造であることがわかり、白色銑鉄鋳造に
伴う問題も、少なくとも美観を必要としない鋳物においては十分に解決が可能なこともわ
かったが、これは呉の鋳鉄製造者が北方で開発され高度に洗練された青銅鋳造を習
得していたからのことである。最古の鋳鉄道具とされる、前4世紀及びその後の楚墓から
出土する鉄製キャップは呉の青銅製原型に明確に由来しているという事実はこの仮説を
かなり補強するものである。しかしながら、呉から出土した早期鉄器に関してはこれまで
適切に公表されたものがないということはこの仮説にとってはっきりとした弱点である。
この反論に対する回答として、呉地方の考古学は未だ揺籃期にあり、多くの出土品が、
腐食の激しい鉄片を誤って貴重な出土遺物であること認識されなかったり、出土遺物で
あるという認識が全くなかったりする非考古学者によって行われているということがある。
さはさりながら、最古の鋳造鉄器が出土するのは呉ではなくて楚であり、若干の青銅製
農具も楚の関連で出土しており、ここで論じた発展史は呉ではなく楚で起こったという
可能性については公にしておくべきであろう。」
http://www.staff.hum.ku.dk/dbwagner/EARFE/EARFE.html

61 :LUNAMASK:2010/02/23(火) 16:28:08 ID:U/1MNL3w
↑ 
>さはさりながら、最古の鋳造鉄器が出土するのは呉ではなくて楚であり、若干の
>青銅製農具も楚の関連で出土しており、ここで論じた発展史は呉ではなく楚で起こった
>という可能性については公にしておくべきであろう。
--------------------------------------------------------------------
さはさりながら、最古の鋳造鉄器が出土するのは呉ではなくて楚であり、若干の
青銅製農具も楚の関連で出土しており、ここで論じた発展史は呉ではなく楚で起こった
という可能性についてはオープンにしておくべきであろう。
------------------------------------------------------------------
↑これが正解だね。

62 :LUNAMASK:2010/02/23(火) 16:57:10 ID:U/1MNL3w
>>31 >>13
>「日本列島−南中国(長江流域以南)−チベット高原」は「邪馬台国−バンチャン−
>三星堆の天孫族ホットライン」というより、ボーリングでピンがスプリットしたようなもん
>でしょう。
-------------------------------------------------------------------
>江南とチベットは人種が違うし関連がありません。中華奴隷の邪馬台国
>とも関連がありません。まだカルト集団の提灯持ちをしとるんですか?
-------------------------------------------------------------------
BP6300年の喜界カルデラ爆発時、津波波高は30M、ハサイ流は開聞岳に上陸、九州
、列島はアカホヤに埋もれたんですが、この噴火は河姆渡文明の玄関口で発生してるん
ですね。こうしたことやBP20000年頃の桜島大噴火は当時の人類の生活に影響しなかっ
たと想像するのは間違いだと思うんですね。

63 :出土地不明:2010/02/23(火) 17:44:22 ID:z08La8JG
>>60
楚というのは、苗(Hmong)族と関連性が高いと思っていたが、
瑶(Yao)族(ヴェトナムでは、ザオ族)も、同じミャオ・ヤオ語派。

広西、湖南、雲南とヤオ語話者は、離島状態に分布する。
広西の瑶族は、人口が多い割りに、漢語を話し、特色ある服飾もない。
彼らは、百越ではなく、楚の末裔だという説あり。楚はいくつかの言語集団の混成と推定されているから。

広西が漢化しすぎてて、漢語の方言から元のヤオ語が復元しきれない。残念。
壮(チワン)族や水(スイ)族の言語とまじりあった漢語の方言になっちゃっている。

64 :出土地不明:2010/02/23(火) 18:06:10 ID:4+AwHa1a
新羅のトンデモ本を読み、「D2は駆除された」とか主張してた人がいたな
まだいたのかって感じだ

65 :出土地不明:2010/02/23(火) 21:29:05 ID:yFzYx38z
>>55 然るにわしの家系は東国武士の可能性が甚だ強いと云えよう。
白馬青牛の先祖自慢はおもしろい。こいつ完全な馬鹿だ。
この馬鹿は他人をレイシストと罵倒するが、白馬自身は醜男のくせに、
ナルシストなんだね。先祖自慢のナルシストって気持ち悪い。


66 :出土地不明:2010/02/23(火) 21:30:10 ID:5SbSViZT
「印象工作」ってことばお気に入りみたいだな。「大言壮語」、「妄想」
とか、馬牛は人が使った言葉をパクるクセがあるらしい。

>徳川家康の実在なんか現代人に証明出来るはずも無いわ。
どうして?誰かが「居ないことの証明せいや」とか喚いてたな。各家の古文書
を総合すると存在しない確率が高いとも言ってた。その古文書は信憑性あるの?
例によって臨時ニュースレベルの話なのかな


>仮定に仮定を重ねた、しかも狭い視野で妄想するだけじゃないか。

これって以下の文章の要約でしょう?なんか「可能性が強い」とか
盛んに喚いてるけど。客観的な証拠がないと馬と違う一般人には
判断できないので、通用しないよ。

>東国武士の子孫の可能性は父系だけでは母系に品行方正な女性ばかりが
>代々続くと妄想論になるけぇ、父系はどこかで途切れると考えられる。
>母系は腹から生まれた証明に甚だ近いと考えられるけぇ片方は
>関東武士の血が混じる可能性が強い。更に親戚筋も婚姻は決まった家同士
>の割合が強いことから、何代に亘って血が継続されとる可能性が強い。
>然るにわしの家系は東国武士の可能性が甚だ強いと云えよう。

妄想だよね。

>確率上の問題じゃけんのう。ほいで、先祖もどこの馬の骨か知れん
>あんたの東国武士の子孫の可能性でも提示したらどうか?

なんで東国武士が好きなのかね、この馬鹿は。その仮定に仮定を重ねた
妄想はいいから、お寺に行って過去帖くらい調べて来いよ。
ちなみにうちは東国の武士の家系だよ。下級のね。

証拠はここでは挙げられないから結局はあんたと同じ妄想ってことで
構わないけれど、こっちはまぁ代々のお寺の記録とか、拝領の品物と
か、家系図とか、お墓とか、色々実際的な証拠があるので、馬のよう
にファビョる必要も無い。

67 :白馬青牛 ◆B3h9hvY9bA :2010/02/23(火) 22:25:37 ID:nMULZRD4
>>56-65及び>>66
あんたの家系図妄想にゃあ笑うたわい。

:白馬青牛 ◆B3h9hvY9bA :2010/01/22(金) 00:11:13
>>682
宮本常一氏は対談で「平家落人の話は、大半がウソだ(笑)と思えば
いいんでね。すぐ考えられるのは高野聖との関係です。真宗地帯には
ほとんどなく、例外として、能登のさきのほうの時国家、越中の
五箇山、飛騨の白川とかにもありますけど、これは真宗といっても
毛坊主(髪を伸ばした坊主)のおったところで、真宗でも、変わった
特殊なところなんです。山口県の萩の近くの川上というところに、
やっぱり平家谷の伝説があって、調べてほしいと頼まれたものです
から、文献を探したんです。そのへんの旧家に系図が残っているのを
見て、愉快に思ったのは、その家は清和天皇から出てる源氏なん
です。それがのちに平家になってる。そういう記録をもっているん
です。室町へはいったころから、平家になっちゃうんです。」
松永伍一氏は「幕末ぐらいに、平家の末裔だよって言い出したやつが
いる。つまり、伝説をつくって喜ばせるプロがいた、系図師などが、
ずいぶんたくさん山の中に入ってますからね。彼らは山持ちの家へ
行って、ご馳走になって、何日の逗留してるんです。山の方では
近親結婚でいろいろ弊害が出てくるので、胤おろしを求める風潮が
あります。遊芸人とかが来ますと、彼らは別の土地の人ですから、
この人たちの胤を娘におろしてもらえば、血が新しくなるっていう
願いがあるわけです。大事にされて、適当に相手の家を賞めて、
いまは山住まいだけど、昔おたくは京都の公家さんで、『平家物語』
を暗誦をちょっとやって、系図をつくって、なにがしかのお礼を
貰って立ち去っていく。旅の恥はかき捨てと同じで、嘘をついて、
人々を喜ばせていく」と、云う程度のもんじゃろうね。

68 :白馬青牛 ◆B3h9hvY9bA :2010/02/23(火) 22:46:14 ID:nMULZRD4
>>56-65及び>>66
あんたの家系も>>67のように系図師に頼んで、ついでに系図師に
胤おろしして貰うたんじゃないか(笑)。つまりあんたの父系はニセ系図師
云うことになるのう。お寺の記録じゃの、拝領の品物じゃの家系図じゃの
お金で買えるもんで全て証拠にならんもんばっかしじゃのう。
しかも下級云う処も曖昧で足軽云うことか。奴隷で売られて足軽になって
系図でも欲しかったんか?しかも父系は断絶する可能性が強いけぇ、
あんたの母系や親戚筋の婚姻関係まで調べにゃあ可能性が強いことに
ならんど。所詮証拠、証拠とわめく人間の家系妄想じゃのう。



703 :白馬青牛 ◆B3h9hvY9bA :2010/01/26(火) 22:25:08
>>698
血よりも家と云うんは、父系が継続される確率が低い云うこと。
http://hori109.blog.ocn.ne.jp/blog/2008/02/3_be8e.html
http://hori109.blog.ocn.ne.jp/blog/2008/02/5226_813a.html
笠原和夫氏へのインタビューの「昭和の劇」からじゃが、
上の方は海軍出身の笠原氏の大西瀧治郎氏と昭和天皇に対する見識
から、下の方の「ニ・二六事件というのは壬申の乱だったと。」
詳細を読んで個々に判断を任すけど、東久邇宮氏も昭和天皇の
戦争責任に言及されとるけぇ根は深いもんじゃ。
山県有朋氏じゃのうても、権力構造の渦中におる人物なら父系の
継続より、男系は誰でも良いが権威の象徴のお家を継続する
ことの方が大切なわけじゃ。「とはずがたり」のように貴族階級の
女性は男性遍歴が激しいわけじゃし、父系を辿るんは不可能。
日本書紀の崇峻天皇の妃、河上姫と男女の密通関係にあった渡来系の
東漢直駒の例など、現代で云う不倫なんか世界中の王家、貴族の
間では日常茶飯事じゃし、普遍的なもので、一般人でも父系の継続
なんか、どっかで妻となった女性が夫の嫌悪から復讐で、
あるいは密通が好きな性質で他の種を身ごもって生まれた子が
家を継いどる可能性から途切れておる高いじゃろう。じゃけぇ
先祖探しなんか、父系を辿るだけでは無意味で母系婚姻関係から、
どの系統の血が濃く入っておるか調べんと無意味じゃのう。
じゃけぇ父系家系を辿るんはフィクションになるんよ。
まさか先祖代々嫁に来た女性は品行方正貞淑じゃったなど、
希望的観測のフィクションから先祖は○○で云うたら、失笑を
買うんが落ちじゃ。


69 :白馬青牛 ◆B3h9hvY9bA :2010/02/23(火) 22:55:35 ID:nMULZRD4
>>62
日本列島は、長江の河姆渡より先紅山文化の影響が強いで
しょう。長江から直接影響はほとんど無いでしょうに。
特に人類学的影響はほとんどありませんね。

70 :出土地不明:2010/02/24(水) 00:26:57 ID:UUFiGmv6
馬が釣れたなぁ

長文ご苦労。鬼の首は取れましたか?

>証拠はここでは挙げられないから結局はあんたと
>同じ妄想ってことで構わない

って書いといたから、これでいいじゃん。
ここで証拠を晒す気なんて全くないし。

71 :出土地不明:2010/02/24(水) 00:29:11 ID:UUFiGmv6
それよか、早く武士の定義とか、臨時ニュースとか
そういう過去に喚いていた妄想を貼ってくれないか
>>67みたいにさ

72 :出土地不明:2010/02/24(水) 00:37:07 ID:UUFiGmv6
68 名前:白馬青牛 ◆B3h9hvY9bA :2010/02/23(火) 22:46:14 ID:nMULZRD4
>>56-65及び>>66
あんたの家系も>>67のように系図師に頼んで、ついでに系図師に
胤おろしして貰うたんじゃないか(笑)。つまりあんたの父系はニセ系図師
云うことになるのう。お寺の記録じゃの、拝領の品物じゃの家系図じゃの
お金で買えるもんで全て証拠にならんもんばっかしじゃのう。
しかも下級云う処も曖昧で足軽云うことか。奴隷で売られて足軽になって
系図でも欲しかったんか?しかも父系は断絶する可能性が強いけぇ、
あんたの母系や親戚筋の婚姻関係まで調べにゃあ可能性が強いことに
ならんど。所詮証拠、証拠とわめく人間の家系妄想じゃのう。

下衆な話だね。しかも妄想。おまえ自分の発言読み返したことあるか?


73 :出土地不明:2010/02/24(水) 00:53:09 ID:UUFiGmv6
ついでに、家系図に拘りすぎじゃん。馬って東国武士とか
系図とかに拘りがあるの。ひょっとして貴種落胤みたいな
話がしたいのかな?あ、これ妄想ね

家系図に偽モノが多いのは常識だよね。家康は源氏
だとかさ。ま、系図どうこうも証拠を提示できない
以上妄想だけれどね

でも、うちには一応、お寺の過去帳で調べた先祖代々の鬼籍
年月日なんかの記録と、あとそれに符合するお墓があるん
だけれど。でもまぁ、懐疑的精神に溢れるお馬様には
認められないか。

で、馬はどうやって自分が東国武士の子孫だと証明しようと
してるのかな。ひょっとしてああいう類いの妄想でか。


74 :出土地不明:2010/02/24(水) 09:07:18 ID:mgRaQV5C
百越人は江蘇にも多く住んでたな。
どうしても福建や南を比較対象にしたいのがいるようだけど

75 :LUNAMASK:2010/02/24(水) 10:59:48 ID:0sfrm9P9
>>69
オッペンハイマーは
http://www.bradshawfoundation.com/journey/
http://www.bradshawfoundation.com/journey/toba2.html
BP74,000年のトバ火山噴火がその後の人類拡散に大きな影響を与えたとしています。
喜界カルデラも東アジアにおいて長江方面から南北方向にスプリットした遺伝子が存在
し、それらが山岳地帯に立地している理由が、平地の生態系に異変が起こり、動植物が
山地に移動した結果によるのではないかと仮定することを可能にします。

76 :出土地不明:2010/02/24(水) 12:41:58 ID:fPXlPMuY
>>52
羌族は、自称民族名が「日麦」族、「日刀v族、「日瑪」族。方言の違いを反映して複数の書き方が存在。
当て字の"日"を"爾"に変更しているので、今では「爾麦」族、「爾刀v族、「爾瑪」族と書く。

日本が綿陽に空爆したからとか、抗日戦争なんとかとか壁にスローガンに書かれたりするので
ヒビッて、"爾"に変えたような経緯があるのだよ。
四川の人は、北方の人から「矮人」とからかわれるので、「倭人」という言葉にも敏感。
近縁の少数民族は、「日瑪」「矮人」と一緒だと嫌だなぁと敬遠して、知名度の高い苗族やチベット族に登録した。
「日瑪」の人々の中にも、ヒビッて漢族に登録した人が続出。
本来の民族名を、名乗らなれなくなったので、古代の「羌」族の名を名乗ることになったんだよ。
別に、古羌の本流にある民族ではなく、西夏語の特徴をひきつぐ言語を使っていただけだよ。

なんか、四川大地震の時に、政府が、日本の救助隊が来た時に面倒がって
「「日瑪」のところへ行ってもらって、同族だと勘違いしてましたにしよう」と、中国政府は逃げ道作っていたのかも。

77 :出土地不明:2010/02/24(水) 13:23:17 ID:p+diyPG2
それ、何一つソースはないんだな。

78 :出土地不明:2010/02/24(水) 13:57:03 ID:fPXlPMuY
>>77
「日瑪」の字だったと中国人が主張しだしたのは
震災後だからね。古い誤字の文書が根拠だから。

「爾瑪」と書いている人のほうが圧倒的に多い。

79 :出土地不明:2010/02/24(水) 14:18:54 ID:WF//+EUO
>>75
オッペンハイマーってこの人?

人類の足跡10万年全史
スティーヴン オッペンハイマー (著)
http://www.amazon.co.jp/dp/4794216254


80 :LUNAMASK:2010/02/24(水) 15:18:36 ID:0sfrm9P9
オッペンハイマーはそのとおり。↓音声付英語バージョンはフリー。
http://www.bradshawfoundation.com/journey/
このレクナーは↓その延長線上で読むと縄文C/D、弥生O2bが詳しく解説されている。
http://www.genebase.com/tutorial/item.php?tuId=21

81 :出土地不明:2010/02/24(水) 15:26:17 ID:Ix4NKPjj
レクナーってマーク・レクナーって人ですか?
LUNAMASKさんしか知らないような人でつね。
ぐぐってたらこんなサイトが・・・

http://lunamask.spaces.live.com/


82 :LUNAMASK:2010/02/24(水) 16:01:34 ID:0sfrm9P9
↑レクナーのジーンベース・サイト↓
http://www.genebase.com/tutorial/item.php?tuId=21
レクナー資料は非常に興味深いものがある。
レクナー添付パイチャート付分布地図においてO2bのブリャート起源を示唆するようなもの。
●ブリャート共和国における異常なOの存在
http://64.40.115.138/file/lu/6/52235/NTIyMzV9K3szNTg2MTQ=.jpg?download=1
●モンゴル/ウリャンハイ・ザフチンにおけるO2bの存在
http://64.40.115.138/file/lu/6/52235/NTIyMzV9K3szNTg0MTE=.jpg?download=1

83 :LUNAMASK:2010/02/24(水) 16:08:33 ID:0sfrm9P9
北京原人、ジャワ原人なんて騒いだ時もあったが、レクナーはそうした旧人類はスマトラ・
トバ火山の噴火で絶滅したとしている。

84 :LUNAMASK:2010/02/24(水) 16:23:01 ID:0sfrm9P9
>>82
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 日本人
Y染色体による系統分析
O2a/O2b系統は長江文明の担い手だと考えられている。O2b系統が移動を
開始したのは2800年前である。長江文明の衰退に伴い、O2aおよび一部の
O2bは南下し、百越と呼ばれた。残りのO2bは西方及び北方へと渡り、日本
列島、山東省、朝鮮半島にそれぞれ達したと考えられる[41]。長江文明の
稲作を持ち込んだと考えられる[42]。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%97%A5%E6%9C%AC%E4%BA%BA
{残りのO2bは西方及び北方へと渡り、日本列島、山東省、朝鮮半島にそれぞれ達したと
考えられる[41]。長江文明の稲作を持ち込んだと考えられる[42]。」
私の言いたいことはなぜ長江からバイカルに移住したのかを考えるとそこには
喜界カルデラ爆発のような出来事があるのではないかということ。


85 :LUNAMASK:2010/02/24(水) 16:25:59 ID:0sfrm9P9
稲作の伝播はなにも民族移動がなくてはならないといったものでもない。縄文人が
導入した要素も強い。もちろん、若干の半島人の移住はあっただろうが。

86 :出土地不明:2010/02/24(水) 17:29:25 ID:15tncjKZ
>>32>>34
スレ立ててもこっちに来ちゃうんだよなぁ
LUNAMASKと同じで…

87 :出土地不明:2010/02/24(水) 18:06:08 ID:5FUyRyLT
昨年12月、ベトナムのホーチミン市で開催された日中越国際会議の
「東アジアの文化交流―仏教と水田稲作の伝来」(川端)では、
これまで大陸から朝鮮半島を経由して伝来したとされてきた仏教も稲作も、
新しい科学的な年代測定により、中国南方からの直伝が確実視されることが報告された。

仏教については、基本的な用語のほとんどが中国南朝の呉音の読みなので、
日本の仏教が江南から伝来したことは疑いなかったのであるが、さらに2001年、年輪年代法により、
法隆寺の中心柱の伐採が西暦594年と断定され、寺院建築もまた南朝から伝来したことが確実となった。
その当時の南朝尺で、法隆寺の用材の寸法がとられていることが判明した。
これまで飛鳥様式といわれてきたのは、実は中国ではすでに失われてしまった南朝様式を今に伝えるものだったのである。
http://www.hokkai.ac.jp/hinaswiki/pukiwiki/index.php?plugin=attach&refer=NewsLetter&openfile=Newsletter%20No.124.pdf

88 :出土地不明:2010/02/24(水) 22:05:09 ID:7TexEl3n
>>84
わぉ!!月光たん〜
すると出雲族(O2b)も長江文明人だったということでつか?

89 :出土地不明:2010/02/24(水) 22:24:31 ID:gOaTfkZ0
白馬の嘘つきはまた、屁理屈をこねているが、自分が「東国武士」
の子孫だという客観的な証拠はいつ出るんだろうか。
ご自身の言動には責任を持ってください。

90 :オオクニヌシ:2010/02/25(木) 00:09:22 ID:BareQ29J
また ホモネアンデルターレンシスがレリーフに刻んでますぜ?
脅かしてやりますか教授

http://www.youtube.com/watch?v=-omqpElkk14&feature=related
↑パート1
http://www.youtube.com/watch?v=6je32bpOScU
↑パート2
観ておきな 貴様らの親 祖父の時代大学生連中らだ国立大学 市立大学 私立のやからもメンバーの中にいる。
現代の若い親どもは国立大学に入校させて、息子や娘を暴力団関係者に仕立て上げようとしている

無論教授がらみのところもある。
現代の世の中が勝負の世界にしてしまったのは 君ら自身の問題が大きい
政府の対策が悪いとか 公務員の不祥事とかいうけど 君らの親の世代が
競争化させたんだから 公務員にはほとんど責任ありません
唯一保護の対象となるのは 身体障害者 精神障害者(ICD物) 知的障害者
年配の方々ぐらいだ さあ ゴミドモ 貴様ら 働きな カス掲示板など
みてねえで

そうまでして身分が欲しいなら一度現行犯され 刑務所入ってきな!!
犯人像匿罪 証憑隠滅 公務執行妨害 器物破損 建造物侵入 殺人罪 未遂含む


91 :白馬青牛 ◆B3h9hvY9bA :2010/02/25(木) 00:34:13 ID:WgyJVrjH
>>70-71及び>>72-73
また連投火病かいのう。「大本営発表」で検索でもしときんさいや。
わしが東国武士の末裔の可能性が強い云うんは、広島県は承久の変以降
東国武士の移住が多く、戦国期の安芸国人衆のほとんどは東国系で
在地豪族がほとんどの山口県とは違う。山口県は毛利氏に付いて行った
本家一族がほとんどで概ね広島県に残っとる。近世の庄屋文書からも
帰農した連中が確認出来るし、長州藩士となった家と交流した家もある。
確率上、父系が継続されておらんにしても、東国武士が土着した村落が
多かったけぇ、東国系が全部種から消え去る可能性の方が薄い。
しかも婚姻関係からも確率上の問題として関東武士系じゃ云うとるんで。
ほいじゃが、然るにあんたのは、父系を辿る物語に終始し父系は継続
されとる云う妄想前提じゃし、下流となると全く解らんじゃないか。
関東地方は戦国期越後勢やらに蹂躙され奴隷市場で売られた者も多かった
けぇ、どこの種か解らん可能性が強いけんあんたの方が東国武士の
末裔の可能性は低いわ。

92 :出土地不明:2010/02/25(木) 00:37:07 ID:0J99sOfw
牛!以下、書き込みを禁ず。
例の台湾キチガイ共々な。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

93 :出土地不明:2010/02/25(木) 00:47:12 ID:1kZoyURd
だから、拘りすぎだって。そんな妄想どうでもいいって書いた
でしょ。読めないのかい

それよか早く臨時ニュース貼りなよ、お馬鹿さん。

もうあんたのこと相手にする人おれくらいになっちゃったねぇ、
可哀想に。ブログでも作って、勝手に妄言垂れ流したら。誰にも
迷惑掛けないし。寂しいおやじの妄想にも、一定の需要があると
思うけどなぁ。


94 :出土地不明:2010/02/25(木) 00:49:46 ID:1kZoyURd
あ、おれの他にも居たみたいだけど。

でも、まぁあとはブログにでも妄想を書いてさぁ、ここに
リンク貼ればいいじゃん。同じでしょ。コメント欄開け
とけば、誰か相手してくれるって

95 :白馬青牛 ◆B3h9hvY9bA :2010/02/25(木) 00:50:02 ID:WgyJVrjH
>>75
たんぱく質の一部である遺伝子からのみのDNAwで、人の移動を想定する
生物学者の論じゃあ根拠に乏しいでしょうに。ほいで>>84には、また
カルト執筆者の書いたウイキですか。前スレでも指摘したはずですよ。

912 :白馬青牛 ◆B3h9hvY9bA :2010/02/18(木) 23:10:16 ID:u5WX5E6G
>>901
埴原和郎氏ゆ池田次郎氏の引用をここでも引用しとるじゃないか。
あんたほんま読み返したんか?次回のスレが立ったら、
また挙げてもええで。
>>902
そのウィキの文はYカルトか、朱子学江南派が書いた印象工作
そのもので、月光仮面さんもその一味ですか?
http://wapedia.mobi/ja/%E3%83%8E%E3%83%BC%E3%83%88:%E6%97%A5%E6%9C%AC%E4%BA%BA
文中1.の2008年6月9日(月)や2008年6t月10日(火)でウィキの
執筆者の批判のよう、ひどいもんです。尾本氏も宝来氏、
篠田氏の埴原氏の二重構造説を肯定されとるんに、
反対者のように虚偽工作したんがウィキの執筆者ですよ。
わしもウィキで埴原氏は渡来系云う言葉を使われたのに、
弥生系と書いてあるけぇ可笑しい思うとりましたよ。
月光仮面さんも、扇動屋の提灯持ちになったとは、残念ですね。

96 :白馬青牛 ◆B3h9hvY9bA :2010/02/25(木) 01:10:56 ID:WgyJVrjH
>>88
長江と出雲はなんら関連が無いど。
>>89
客観的証拠たぁ何なら?空虚な表現じゃのう。具体的に
「客観的証拠」たぁどがぁな事例か書きんさい。
>>93
http://www.kt.rim.or.jp/~r_kiyose/review/rv0402.htm
台湾沖航空戦でも戦果が2隻撃破なのに11隻撃沈8隻撃破に
なりよるよう、大嘘を平気で報道するんが日本の上層部じゃし、
あんたらネット右翼らの性質に受け継がれとるのう。

97 :出土地不明:2010/02/25(木) 01:49:53 ID:0J99sOfw
この朝鮮総連の荒らしはホントしつこいな。
徹底スルーするしかなさそうだ。

98 :出土地不明:2010/02/25(木) 01:52:31 ID:1kZoyURd
この書評を書いてるの馬牛なの?

そうじゃないとしたら、なんで人の書評に直リン貼ってんのかな、
馬鹿?この人に迷惑かかるじゃん。そのくらいの想像力使いなよ、
おじさん。そこんとこどうなの。

それから、このサイトについてあれこれ書きたくないんだけどさ、これ書評
じゃないの?子引き孫引きで、どこに原史料の提示があるのかな。この
サイトは悪くないけど。その臨時ニュースの原文とか日付とか・・・色々
貼っとけよって言っといたじゃない。理解力ないの?
しかも最後の付け足し何、ハァ?呆れるわ。他人のサイトを剽窃して、
付会して、ネット右翼がどうたら・・・

そもそも、おれいつネット右翼になったの。馬牛の素晴らしき
妄想世界では、自分以外ネット右翼とナチ優生学とかそういう輩で
構成されているってこと。アホらしいわ。

99 :出土地不明:2010/02/25(木) 01:56:42 ID:1kZoyURd
91 名前:白馬青牛 ◆B3h9hvY9bA :2010/02/25(木) 00:34:13 ID:WgyJVrjHわしが東国武士の末裔の可能性が強い云うんは、広島県は承久の変以降

東国武士の移住が多く、戦国期の安芸国人衆のほとんどは東国系で
在地豪族がほとんどの山口県とは違う。山口県は毛利氏に付いて行った
本家一族がほとんどで概ね広島県に残っとる。近世の庄屋文書からも
帰農した連中が確認出来るし、長州藩士となった家と交流した家もある。
確率上、父系が継続されておらんにしても、東国武士が土着した村落が
多かったけぇ、東国系が全部種から消え去る可能性の方が薄い。
しかも婚姻関係からも確率上の問題として関東武士系じゃ云うとるんで。
ほいじゃが、然るにあんたのは、父系を辿る物語に終始し父系は継続
されとる云う妄想前提じゃし、下流となると全く解らんじゃないか。
関東地方は戦国期越後勢やらに蹂躙され奴隷市場で売られた者も多かった
けぇ、どこの種か解らん可能性が強いけんあんたの方が東国武士の
末裔の可能性は低いわ。

96 名前:白馬青牛 ◆B3h9hvY9bA :2010/02/25(木) 01:10:56 ID:WgyJVrjH
客観的証拠たぁ何なら?空虚な表現じゃのう。具体的に
「客観的証拠」たぁどがぁな事例か書きんさい。

自己完結しとる

100 :LUNAMASK:2010/02/25(木) 08:29:29 ID:zXFQMITX
>>88 出雲族(O2b)も東シナ海沿岸方面ではなかったんでしょうか?

101 :LUNAMASK:2010/02/25(木) 08:30:26 ID:zXFQMITX
>>85 YDNAはどうしてこんな分布をしているのか、その原因を考えているんですよ。
環境・気象変動、その原因となる大地震、津波があったんじゃないかとね。
二重構造説、つうか、南北2元の渡来説といったものは日本、朝鮮に共通して認められ
るっつーのが通説ですね。

102 :LUNAMASK:2010/02/25(木) 09:50:26 ID:zXFQMITX
>>95 ↑参照番号の誤り。すんません。
YDNAはどうしてこんな分布をしているのか、その原因を考えているんですよ。
環境・気象変動、その原因となる大地震、津波があったんじゃないかとね。
二重構造説、つうか、南北2元の渡来説といったものは日本、朝鮮に共通して認められ
るっつーのが通説ですね。

103 :出土地不明:2010/02/25(木) 21:08:41 ID:2ey84oyR
日本に住んでる種族といっても
縄文石器文化をもった原住民の’倭人’と’渡来人’と漁業や操船業を営む
熊襲や安曇野氏、村上氏といった’海人系’と
東方征伐前から東北に住んでいた’蝦夷’とその中でも虜囚として
別所に追いやられた’エタ’、サンカなどの’山民系’と先祖によってルーツはいろいろ
なんだけど謎の4世紀以降なぜか古墳をつくりまくったり飛鳥に大陸風文明都市が誕生して
シルクロード交易の終着点になったりなので ここが解明されないことには 

104 :出土地不明:2010/02/25(木) 21:12:24 ID:qFoSYbtl
言語が同じだったのでそんなにルーツは多くないですよ。

105 :出土地不明:2010/02/25(木) 22:08:33 ID:2ey84oyR
明治以降学校教育を通じて広まった皇国史観では天皇を中心とした単一大和民族を強調しすぎだし
現在の歴史教科書でも民族部分はスルーだが、どの時点の居住者を日本人とするかを別にしろ
漢字、着物、建築、陶芸、仏教、鉄加工、漆器等は大陸からの輸入品で
百済滅亡と共に貴族が飛鳥に移住したあたりからその影響が随所に見られるようになる。


106 :出土地不明:2010/02/25(木) 22:57:36 ID:LVm5hikf
その理屈を他国に当てはめると日本はかなり古い国になるな
中国人朝鮮人など最近出来た民族ということだ

107 :出土地不明:2010/02/25(木) 23:14:08 ID:88cMw1Wv
>>105
>どの時点の居住者を日本人とするかを別にしろ

半島に住んでる民族はどの時点から韓国人なのかを答えてくれ

108 :出土地不明:2010/02/25(木) 23:32:43 ID:sSlH23fy
「民族」ってのは、「自らがその民族である」と強く意識して始めて
成り立つものだから、そこ突き詰めて行っても仕方ない。

そもそも半島に住んでる「民族」が「韓国人」っていう質問は?だ。
「韓国人」ってのは「近代国家」以後の概念であって(ry

109 :白馬青牛 ◆B3h9hvY9bA :2010/02/26(金) 00:43:59 ID:CS6fowWb
>>97
朝鮮総連の荒しなんか確認出来んのう。ネット右翼も妄想癖じゃないか?
>>98
子引き孫引きなんか関係あるまあ。戦時中に戦場の事実を云える社会で
あったかの視点を欠落させて何の意味があるんか?しかも歴史家も
引用で書かれたもので、歴史家がタイム・スリップして書くわけ
あるまあに。相変わらず馬鹿げなことを云うのう。
わしゃあ、ネット右翼やナチ・レイシストだけじゃのうて共産主義の科学的
唯物論も社会進化論の一部として批判しとるんに、あんたが後者に言及
せん処、ネット右翼かナチス・レイシスト優生学信奉者じゃろう。
>>100-101及び>>102
出雲集団は日本海側経由の渡来集団で、東シナ海沿岸方面は根拠に薄いで
しょう。しかも、東シナ海は航海の軸線でもありませんよ。
YDNAなんかABO血液型と同様地方的特色に過ぎんでしょう。A型人種とかB型
人種とか無いんと同様ですよ。二重構造説で日本と朝鮮は縄文形質の
古モンゴロイド原住民地域で北方民族が支配拡散し彼らが主流となった
んです。それをY染色体に還元した論を妄想じゃ云うとるんですよ。
>>105
単一民族論が強調されたんは、戦後左翼史観全盛からじゃけど。

110 :LUNAMASK:2010/02/26(金) 08:50:03 ID:rkfrOzqd
>>109
>>100-101及び>>102
>出雲集団は日本海側経由の渡来集団で、東シナ海沿岸方面は根拠に薄いで
>しょう。しかも、東シナ海は航海の軸線でもありませんよ。
>YDNAなんかABO血液型と同様地方的特色に過ぎんでしょう。A型人種とかB型
>人種とか無いんと同様ですよ。
--------------------------------------------------------------------
出雲神話の根底にある素盞嗚命・大国主命、出雲を中心に裏日本を北上する四隅突出
型墳丘墓、更に、ナマハゲ、鹿児島の甑島のトシドン、こうしたものにエジプトのオシリス
に見られる冥界の王、オークネフ三つ目神像、閻魔と同一のものが感じられます。そして
モンゴルにまで広がっていたと見られるYDNA O2bの軌跡とも重なる。しかし、O2bはO2a
との接点が存在したことが考えられるのだがO2bはアフリカのマダガスカル、インド等か
ら東南アジアにまでも広がっている。接点を求めると山東省・浙江省あたりかなー、ある
いは海没した東シナ海・黄海の陸地かななんて考えたくなるんですねー。中国の河姆渡
から興隆窪に展開される新石器時代の引き金となったのはBP7300年(暦年更正)の喜界
カルデラ噴火ではないでしょうか。
--------------------------------------------------------------------
>二重構造説で日本と朝鮮は縄文形質の古モンゴロイド原住民地域で北方民族が
>支配拡散し彼らが主流となったんです。それをY染色体に還元した論を妄想じゃ>云う
とるんですよ。
---------------------------------------------------------------------
特に、支配という言葉が気になります。アカホヤの降灰からの回復は雨の多かった
九州・紀伊の山岳地帯から起こり、そこに植物相、それを追うように動物相が回復して
行くと思うんです。鹿児島に最初に上陸するのは東北人です。Dの山岳への住みつきは
こうして起こったと考えています。
---------------------------------------------------------------------

111 :LUNAMASK:2010/02/26(金) 09:01:30 ID:rkfrOzqd
>O2bはアフリカのマダガスカル、インド等から東南アジアにまでも広がっている。
失礼。O2aの間違いでした。O2bは日本・朝鮮が中心ですね。

112 :LUNAMASK:2010/02/26(金) 11:37:12 ID:rkfrOzqd
>>110
鬼のいわや(西都原古墳群)伝承にある、オオヤマツミというのが原住民D、恐ろしい顔を
した鬼というのがニニギ系渡来人だと思ってるんですが。
http://www.miyazaki-c.ed.jp/tsumakita-e/gakkousyuuhenn.htm
「妖怪などと同様に民間伝承であるため、正確な発祥などはわかっていない。 異形の神
が脅して教訓を与える祭として、鹿児島県薩摩川内市の甑島列島にトシドンという類似
の行事があり、トカラ列島の悪石島にはボゼ神の祭がある。これらとなまはげを関連づけ
る意見もある。また、「なまはげのモデルは、漂流してきたものの、異形で異なる言葉か
ら住民と交われず、人里離れた場所にひっそりと住み着いた外国人(白人)ではないか」
というような説もある。「農閑期の終わりを前に、農民を管理していた当時の役人が農民
達の怠惰を戒める為に鬼のような形相で各戸を訪問してきたことがルーツである」などと
も言われている。他にも秋田には、「漢の武帝が男鹿を訪れ、5匹の鬼を毎日のように
使役していたが、正月15日だけは鬼たちが解き放たれて里を荒らし回った」という伝説が
あり、これをなまはげの起源とする説もある[2]。」
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%AA%E3%81%BE%E3%81%AF%E3%81%92
↑これらも同様でしょうね。・・・こうした関係は支配とは正反対の状況です。

113 :出土地不明:2010/02/26(金) 19:02:20 ID:rTY5RCD7
>>84
>残りのO2bは西方及び北方へと渡り、日本列島、山東省、朝鮮半島にそれぞれ達したと
>考えられる[41]。

誤)西方及び北方へ

正)東方及び北方へ

114 :出土地不明:2010/02/26(金) 19:19:53 ID:312IYVE9
>>109
大和民族や日本男児という概念が戦時体制に移行する中で濃厚になっていったのだし
ネトウヨの根拠なき優越感の出どころ。 ただ北一輝みたいな赤い民族主義者もいるからこそ
大政翼賛会という右左翼合同民族結社が結成されたのだろう。


115 :出土地不明:2010/02/26(金) 19:37:56 ID:8mCUvGiB
>>106
日本民族はかなり古いよ。
日本語にも、まだかなり謎があるけど、古代の言葉に各時代の色々な言葉
が重層した、貴重な言語だと思う。

政治的な意味もありアルタイ語とか言うけど
語彙の一致や構造から考えると間違いなく違うし。

116 :出土地不明:2010/02/26(金) 19:48:14 ID:312IYVE9
謎の4世紀以前の日本人はどこから来たんだろうね?


117 :出土地不明:2010/02/26(金) 20:14:43 ID:iFOgAhGX
質問されたら答える馬はまだマシだという事がわかった。


118 :出土地不明:2010/02/26(金) 20:34:04 ID:Z1HKvjpA
一部地域や田舎では「ワ」を「お前」や「自分」という意味で使ってる
これが「わたし」や「われわれ」に繋がってる可能性も有る
少なくとも「日本」になる前の国名を日本語は覚えている

まあ日本人は国名が「にほん」でも「にっぽん」でも「じゃぱん」でも
たいして拘りが無いのはこのせいかも
国と言えば、藩と言うか地域を指すし

119 :出土地不明:2010/02/26(金) 21:06:48 ID:Z1HKvjpA
>>116
6万年前にアフリカから来たのが大きい勢力なったのは確かだろう
だから日本語とヘブライ語とかシュメール語とかの類似が指摘されるのかも
出アフリカを達成したグループは同一言語を喋っていたと思われる

日本に来たグループは民族移動が出来ずに封じ込められてしまった
その孤立が日本語になり、日本語は数万年の歴史が有るかも知れん

120 :出土地不明:2010/02/27(土) 01:40:51 ID:VNDOKYy2
このスレでは日本文化と日本人が混同されているとおもう
これは同じでは無い

今の日本に多く見られる文化は何処から来たかと言えば、これはアメリカである。
カルチャー的に欧米系が50%ぐらいあるだろう
しかし日本人は欧米系では無い

古代においても同じ事が言える、大陸の文化は数多く流入した
しかしそれは大陸民族の移住を伴う物であったのか、それが疑問である
日本には人種の流入が多く有った、しかし違う文化を受け入れながら伝統を守っている

日本人の原形は日本にしかないと思う
日本に定着し日本語を話す者が日本人である。こういう見方も出来る

121 :出土地不明:2010/02/27(土) 01:58:44 ID:n6Y965Zx
>>119
外洋航海船の建造技術なしで海洋民でもない狩猟採取を行っていた縄文人が
大陸や日本の海岸部に住む海人系民族と交雑することなく日本にどうやって渡ったかだよ。



122 :出土地不明:2010/02/27(土) 06:49:18 ID:J/H0uWRk
>>119
いいですね、その意見。

>>121
私なりに解釈すると、

2万年前、日本列島は大陸と陸続きで、ナウマン象やマンモスが渡ってきた。
それを追って来たのが、YAP遺伝子を持った人々で、
原始的なセム語を話す集団と、原始的なシュメール語を話す集団がいた。

その後、日本列島は大陸から切り離され、取り残された人々が最初の縄文人となる。
そこに、黒潮に乗って来た南方系の言語を持つ人々が交じり合い、
様々な言語的要素を内包しながら、日本語の基が形成される。

ということではないでしょうか。


123 :LUNAMASK:2010/02/27(土) 09:17:45 ID:Y8JT1xYn
豆末婁在八世紀初,被K水靺鞨及室韋諸部所?併。至此,嫩江中游東岸的夫余族融合
到肅慎和東胡系統之中。這些人可能與大和族有關,他們的語言與百濟語,高句麗語及
上古日語相似。
http://zh.wikipedia.org/zh-tw/%E6%BF%8A%E8%B2%8A
「豆末婁は八世紀初頭にK水靺鞨と室韋諸部によって併呑される。この時点で、嫩江中
流東岸の夫余族が統合し、粛慎、東胡の系統に分かれる。これらの人々は大和族に関
連する可能性があり、彼らの言語と百済語、高句麗語及び上古日本語は似ている。」・・・
これって日本人のルーツはこの夫余だといわんばかりだね。



124 :LUNAMASK:2010/02/27(土) 09:22:16 ID:Y8JT1xYn
白金宝文化は松嫩平原を代表する青銅器時代の文化として知られ (譚英杰・孫秀仁・趙
虹光・干志耿1991)、戦国期から漢代並行期に位置づけられる漢書第2期文化より以前
であることが層位的に確かめられている。白金宝文化の土器紋様は殷のそれを踏襲する
ものであり、5層の砂の堆積は紀元前8世紀を中心とする寒冷乾燥化した時期に堆積した
と想定することが可能である。
http://reposit.lib.kumamoto-u.ac.jp/bitstream/2298/7901/1/BR0097_001-052.pdf
扶餘立國 秦漢之際,松嫩平原出現第一個國家--「穢王國」,在漢代人們發現了「穢
王之印」,其「國有故城」,穢貊人的北支為索離族(穢貊の北部部分を索離族とする),飼
養豬、馬、牛,又善於狩獵。索離人生活在嫩江以東、松花江以北的松嫩平原地帶。
嫩江下游肇源縣白金寶遺址(白金宝遺跡が索離族の文化遺跡である)就是索離人的
文化遺存。索離人的社會内部已出現私有制和階級對立,已跨入文明的門坎。
索離族人東明稱王,不用穢族和索離族名,而採用鳧臾 Puyo 
族名,中原漢族王朝譯作夫餘,後改為扶餘。漢時受玄菟郡管轄,漢末三國初改屬
遼東公孫氏,晉朝時由東夷校尉管理。
http://home.megapass.co.kr/~hsg8689/zz236.htm 
つまり、大和族は白金寶文化人となる。だが、四隅突出型墳丘墓は更に興安嶺の
かなた石板墓文化地帯、石板墓文化の前身グラスコフ文化からきていると見られる。

125 :LUNAMASK:2010/02/27(土) 09:33:38 ID:Y8JT1xYn
「創祀年代不詳。
人皇第十二代景行天皇即位十二年、
九州御巡幸のみぎり、当社に祈祷したというほどの古社。
神社名の読みは「しかうみ」が一般的だが、
神職が「しかかい」と言っていた。
志賀島にある「海神社」という意味らしい。
志賀島の由来は、『続日本紀』には、「因曰近島今訛謂之資珂島」とあり、
チカシマからの訛とする説があるが、
鹿の多い「鹿島」ではないだろうか、と思う。
寶物として、鹿の角数千本があるらしい。
諏訪でも、鹿の生贄を神に奉じる。摂社の中には、
千鹿頭神社というものもある。諏訪の建御名方に関連あるのか。
建御名方の妃・八坂刀売は安曇の女らしい。
祭神は、阿曇族の祖神。
古事記には「此三神綿津見神者阿曇連等之祖神以伊都久神也」。
「阿曇連者其綿津見神子宇都志日金拆命之子孫也」。
日本書紀には「底津少童命・中津少童命・表津少童命、是阿曇連等所祭神也」。
神功皇后の三韓征伐の時の梶取、安曇磯良も志賀島大明神と呼ばれ、
同じ神とされている。
「ワタツミ」の「ワタ」は海を表わす古代朝鮮語「バタ」。
「ツミ」は精霊を表わす語であり、「海の精霊」を意味する。
志賀島の入口にある。境内はかなり広い。
参道も長く木々も豊富。なかなか気持ちの良い神社。」
http://www.genbu.net/data/tikuzen/sikakai_title.htm
これが扶余(鹿)族、安曇海人族の拠点だと考える。

126 :LUNAMASK:2010/02/27(土) 09:57:36 ID:Y8JT1xYn
「バイカル湖沿岸の住民はシベリア鹿Siberian stagの雌の歯をペンダントを好んで アクセ
サリーとした。この動物の歯の入手が困難な場合は梨型の石製ペンダントで代替するこ
とによって彼らは特定の支族、部族に帰属することを強調したのであった。現在もこの辺
の人々は自己の起源を神話的動物又は鳥としている。たとえば、ブリャート族ホンゴドル
は現在バイカル湖周辺に住んでいるが、自分たちの先祖を天の白鳥としている。」・・
・これはロシアサイトの情報。なにか抜歯慣習との関連を感じる。

127 :LUNAMASK:2010/02/27(土) 11:00:13 ID:Y8JT1xYn
「A 縄文時代晩期〜弥生時代早期に九州北部に水稲農業を伝えたのは江南系の人
たちだった。
B 弥生時代前期末に日本列島に青銅器を持ち込んだのは北部九州・山口県西部に
渡来した弥生人だった。
C 北部九州・山口県西部の弥生人に似た人たちは江南にもいた。
D 北部九州・山口県西部の弥生人は朝鮮半島から青銅器と水稲を携えて渡ってきたと
考えられ、この人たちと江南の人たちが似ているということは、江南から山東半島・朝鮮
半島西南部、さらに北部九州・山口県西部にかけて、これらの人たちは均質だった、とい
うことである。
E 紀元前1000年頃の朝鮮半島南部には縄文系の人たちが住んでいたが、紀元2〜3
世紀頃にはすべて北部九州・山口県西部の弥生人に似た人たちなっていた。
日本人の起源と系統について 2」
http://www.k4.dion.ne.jp/~isshun_y/page2-2.html
どうやら、バイカル人は松嫩平原に南下、最終的には北部九州・山口県西部に上陸した
ようだ。このうちの北部九州拠点が志賀海神社となったと見てよいだろう。

128 :LUNAMASK:2010/02/27(土) 11:20:21 ID:Y8JT1xYn
ちはやぶる鐘の岬を過ぎぬとも我れは忘れじ志賀の皇神
http://www.geocities.jp/oden1947/route.html
http://www6.airnet.ne.jp/manyo/main/seven/m1230.html

129 :LUNAMASK:2010/02/27(土) 12:16:11 ID:Y8JT1xYn
Haplogroup O2b-M176
Found frequently among Koreans, with a moderate distribution among Buryats,
Chinese, Daurs, Chinese Evenks, Hezhe, Indonesians, Japanese, Manchus,
Micronesians, Ryukyuans, Sibe, Thais, Udegeys, and Vietnamese.

[edit] Haplogroup O2b1-47z
Found frequently among Japanese and Ryukyuans, with a moderate distribution
among Indonesians, Koreans, Manchus, Thais, and Vietnamese.
http://en.wikipedia.org/wiki/Haplogroup_O_(Y-DNA)
CULTURE CENTER OF NORTHERN ASIAN FIRST PEOPLES' ART
http://www.culturecenternorthernasia.org/index.html
C-M8 5.4% 縄文人
D-P37.1* 3.9% 縄文人
D-M116.1 16.6% 縄文人
D-M125* 12.0% 縄文人
D-P42 2.3% 縄文人

O-SRY 7.7% グラスコフ白金宝文化・無文弥生人
O-47z 22.0% グラスコフ白金宝文化・無文弥生人

O-LINE1 3.1% 長江文明・江南人
O-M122* 6.6% 遼河文明・華北人
C-M86 1.2% 粛慎・邑婁

O-M134 10.4% 黄河文明・華夏人
O-M95* 1.9% 百越
C-217* 1.9% 匈奴・鮮卑

N-LLY22g* 1.2% 古羌族
N-M178 0.4% 古羌族
NO-M214* 2.3% 古羌族
Q-P36 0.4% ウラル族
R-M207 0.4% 古欧州人
I-P19 0.4% 古欧州人
http://blogs.yahoo.co.jp/ngsqf394/12558042.html

130 :出土地不明:2010/02/27(土) 13:19:52 ID:n5NHmiK9
>LUNAMASK氏

「無断で本文の内容を転載することを禁ず」  

◆無断転載転用を禁じます。
◆引用する場合には出典を明記してください。


と記してるサイトを貼ったらダメ。


131 :LUNAMASK:2010/02/27(土) 14:04:17 ID:Y8JT1xYn
Haplogroup O2b-M176
Found frequently among Koreans, with a moderate distribution among Buryats,
Chinese, Daurs, Chinese Evenks, Hezhe, Indonesians, Japanese, Manchus,
Micronesians, Ryukyuans, Sibe, Thais, Udegeys, and Vietnamese.

[edit] Haplogroup O2b1-47z
Found frequently among Japanese and Ryukyuans, with a moderate distribution
among Indonesians, Koreans, Manchus, Thais, and Vietnamese.
http://en.wikipedia.org/wiki/Haplogroup_O_(Y-DNA)
CULTURE CENTER OF NORTHERN ASIAN FIRST PEOPLES' ART
http://www.culturecenternorthernasia.org/index.html
C-M8 5.4% 縄文人
D-P37.1* 3.9% 縄文人
D-M116.1 16.6% 縄文人
D-M125* 12.0% 縄文人
D-P42 2.3% 縄文人

O-SRY 7.7% グラスコフ白金宝文化・無文弥生人
O-47z 22.0% グラスコフ白金宝文化・無文弥生人

O-LINE1 3.1% 長江文明・江南人
O-M122* 6.6% 遼河文明・華北人
C-M86 1.2% 粛慎・邑婁

O-M134 10.4% 黄河文明・華夏人
O-M95* 1.9% 百越
C-217* 1.9% 匈奴・鮮卑

N-LLY22g* 1.2% 古羌族
N-M178 0.4% 古羌族
NO-M214* 2.3% 古羌族
Q-P36 0.4% ウラル族
R-M207 0.4% 古欧州人
I-P19 0.4% 古欧州人

132 :出土地不明:2010/02/27(土) 16:08:50 ID:XilzpVJ8
>>122
>2万年前、日本列島は大陸と陸続きで

それは近年の研究で否定されてる。

日本人の祖先は獲物を追いかけ大陸から来たと考え、陸続きだった時期を割り出す研究もあった。
しかし、氷河期の最寒期でも対馬、津軽両海峡は干上がることはなかったことが分かってきた。
http://www.asahi.com/culture/news_culture/TKY200704140116.html

133 :LUNAMASK:2010/02/27(土) 16:11:21 ID:Y8JT1xYn
N-LLY22g* 1.2% 古羌族
N-M178 0.4% 古羌族
NO-M214* 2.3% 古羌族
Q-P36 0.4% ウラル族
R-M207 0.4% 古欧州人
I-P19 0.4% 古欧州人
夕月の民とはイェニセイ河上流・中流で穹窿形石室墳を持つ古代堅昆-キルギス渾邪、
月氏胡を中心とするものである可能性が高い。
http://en.wikipedia.org/wiki/Kyrgyz

134 :LUNAMASK:2010/02/27(土) 16:48:03 ID:Y8JT1xYn
O-LINE1 3.1% 長江文明・江南人
O-M122* 6.6% 遼河文明・華北人
O-M134 10.4% 黄河文明・華夏人
O-M95* 1.9% 百越
これらに関連するものとして↓
「・・・この他、呉国(宋)から手工業者・漢織(あやはとり)・呉織(くれはとり)らを招き、
また、分散していた秦民(秦氏の民)の統率を強化して養蚕業を奨励したことも知られる。
479年4月、百済の三斤王が亡くなると、入質していた昆支王の次子未多王に筑紫の兵
500をつけて帰国させ、東城王として即位させた。兵を率いた安致臣・馬飼臣らは水軍を
率いて高句麗を討った。」
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%9B%84%E7%95%A5%E5%A4%A9%E7%9A%87
徐福
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%BE%90%E7%A6%8F
こうしたことが考えられる。

135 :出土地不明:2010/02/27(土) 16:52:49 ID:4AAUeOwo
■■■悪の王者『台湾人工作部隊』の卑怯で卑劣で悪辣な工作の手口■■■


@まず日本人のふりをしながら朝鮮煙幕を炊き付け、それを自ら叩いて
自家発電でもって正義の味方を装う。
(朝鮮人を叩く正義のおじちゃんだ!と、この時点でバカ落ちる)

Aバカがダマサれ切ったのを見計らって、何十年もかけて作り上げてきた
それはそれは高度な誘導用の捏造創作を使って勝手に自分たちの祖先、
長江江南人が渡来したと狂言しまくる。
(バカ、ダマサれ信じ込む)

Bバレかけたら、邪魔な日本人に対して朝鮮人呼ばわりをする卑劣な狂言を
働く事で防衛し、再び@に戻って、A、@、A、@・・・と無限に繰り返す。

Cハイ、直接的関係など何も無い台湾人祖先「江南土人」が日本人の祖先になりました。

136 :LUNAMASK:2010/02/27(土) 16:57:26 ID:Y8JT1xYn
In Siberia, haplogroup N1c reaches a maximum frequency of approximately 90% among
the Yakuts, a Turkic people who live mainly in the Sakha (Yakutia) Republic.
However, it is practically non-existent among many of the Yakuts' neighboring
ethnic groups, such as Tungusic speakers. It has also been detected in Seoul,
South Korea at 2/85 = 2.4%[4] and Tokushima, Japan at 1/70 = 1.4%[5].
http://en.wikipedia.org/wiki/Haplogroup_N_(Y-DNA)
徳島のは忌部。剣山山頂に肥後のトンカラリンと同一の遺跡があり、麓の美馬市付近
には穹窿石室墳がある。これはオークネフ山岳蔵王信仰の系譜と見られる。

137 :LUNAMASK:2010/02/27(土) 16:59:28 ID:Y8JT1xYn
徳島県貞光の白人神社、イスラエル大使も見学に来ているが、これは貊人であり、
夕月の民であろう。

138 :出土地不明:2010/02/27(土) 17:10:07 ID:gorqrmfF
そうかそうか、よかったねー

早く睡眠薬50粒飲んで寝ろよ。



139 :出土地不明:2010/02/27(土) 19:44:43 ID:J/H0uWRk
>>132
干上がることはなくても、最寒冷気期には結氷して、歩いて渡れた可能性はあるんじゃないの?
その可能性まで、最近の研究では否定されてるのかな?

仮に船で来たのだとしても、初期の縄文人が中東の原始的な言語を話していたかもしれないという
仮説を否定することにはならない。
むしろ、現代日本人に残るYAP遺伝子がその可能性を示唆しているわけで、
今までそれに気がつかなかったことに、自らの愚かさすら感じる。

140 :出土地不明:2010/02/27(土) 20:52:09 ID:vgCBzDMI
>>2くらい読めばいいのに・・・

141 :出土地不明:2010/02/27(土) 21:00:58 ID:J/H0uWRk
仮説くらい許してよ

142 :出土地不明:2010/02/27(土) 22:03:50 ID:n6Y965Zx
>>139
それにしても先が日本に続いているという情報なんて当時の人間にはないのに
どこまで続くかかわからない流氷を女子供を連れて一族で渡ろうという
気を起こすことなんて普通ないと思うのだ。

143 :白馬青牛 ◆cjIySZ2iYw :2010/02/27(土) 22:47:37 ID:JPNTk3ES
>>110-112
出雲の四隅突出墳は、南方とは関係ないんですよ。山岳への人の
住み着きは、新しい渡来者から圧迫された結果です。
日向の隼人も出羽の蝦夷も圧迫された側の説話ですね。

144 :白馬青牛 ◆cjIySZ2iYw :2010/02/27(土) 23:40:45 ID:JPNTk3ES
>>114
北一輝氏に限らず、戦後左翼からネット右翼に至るまで攘夷思想が強いね。
戦後左翼なんか幕末に生まれとったら、勤皇攘夷派になったじゃろうし、
ナショナリズムなんか外圧で生まれるもんじゃけぇね。
「反文化変容ないし土着主義運動は、多くの場合、新興宗教の形をとる。
しかし、それは多くの場合、優越した外来者には、武力でとうてい
対抗できないから、現世の不公平の是正と救済を、楽園状態の到来を
約束むする宗教のなかに求めようとするからである。」
これは、宗教じゃのうても思想、歴史観にも当てはまるよ。
プロレタリア独裁の千年王国を夢見た左翼も、カルト新興宗教のネット右翼
も似たようなもんじゃね。
>>115
日本民族は西洋諸国や朝鮮と同様4世紀以降の世界的北方民族南下で、
作られたけえ、民族形成は同時期の蛮族で新しいよ。
華北は五胡が征服者となっても、シナ語じゃが、日本はアルタイ系文法を
使うとる。
>>116
4世紀以降の渡来者が日本人の主流になったけぇ、それ以前の渡来者や
原住民は、疫病や飢饉で多くは死に絶えたろう。どっから来ても少数派に
転落するよ。
黄巾の乱以降の人口減少は、日本列島でも倭国大乱でかなりの人口を
減らしたんじゃないかね。
>>119
上代日本語は記紀の時代以前は遡れんよ。それ以前の日本語なんか
妄想じゃのう。
>>120
典型的戦後左翼マルクス史観。藤間氏から佐原氏まで、あんたと似た見解
じゃのう。
>>123
中文ウィキですね。じゃけど今の処、高句麗語以上に上代日本語に似た
言語は無いけぇ妥当な表現でしょう。日本人の起源は、概ね扶余地域
ですよ。

145 :出土地不明:2010/02/27(土) 23:43:57 ID:AugC6CvY
久々のヒットか?

満州族の鳥居。

8Cに登場した鳥居は時代背景から遣隋使・唐使使たちが唐の華表を持ち込んで
アレンジしたものと考えていたのだが、満州のものは鳥居そのものであり、
そうなると、8Cという時代背景から渤海使が伝えたという線も濃厚になる。

渤海使は727年、聖武天皇に初謁見している。


満州族の鳥居
http://www.geocities.jp/ramopcommand/_geo_contents_/090718/Manchukuo00C.html

146 :出土地不明:2010/02/27(土) 23:44:14 ID:VNDOKYy2
古代の海洋技術に関してはこんな研究も出てきてる

初期人類、航海術に長けていた
http://www.nationalgeographic.co.jp/news/news_article.php?file_id=20100218001&expand
>クレタ島の南西岸に位置する町、プラキアス近郊では30個以上の手斧をはじめとする同年代の石器が
>9カ所の堆積物から多数発見された。
>石器が作られた年代は特定できないが、かつては浜辺だったとみられる手斧の発見場所の堆積物については
>ピンポイントで年代が判明している。放射性炭素年代測定法によりもっとも若い堆積物が4万5000年以上前、
>地質学者と土壌科学者の分析によりもっとも古い堆積物が13万年以上前のものと推定されたのである。

旧石器時代の人類が航海技術を持たなかったと言うのは、根拠の無い妄想なのかも知れない

147 :出土地不明:2010/02/27(土) 23:47:05 ID:VNDOKYy2
>>145
それが何故中国に伝わらなかったのだ?
中国は満州族の支配地だったのに

148 :出土地不明:2010/02/27(土) 23:51:31 ID:AugC6CvY
華表があったからだろ。

つか、華北に伝わって華表になった、或いは華表が満州に伝わって
鳥居になったのかも知れんがな。

149 :出土地不明:2010/02/28(日) 00:00:14 ID:AugC6CvY
久々のヒットか?

満州族の鳥居。

8Cに登場した鳥居は時代背景から遣隋使・唐使使たちが唐の華表を持ち込んで
アレンジしたものと考えていたのだが、満州のものは鳥居そのものであり、
そうなると、8Cという時代背景から渤海使が伝えたという線も濃厚になる。

渤海使は727年、聖武天皇に初謁見している。


満州族の鳥居
http://www.geocities.jp/ramopcommand/_geo_contents_/090718/Manchukuo00C.html

150 :出土地不明:2010/02/28(日) 00:11:19 ID:f1HuhYxi
その満州のは何時の時代のやつ?

151 :出土地不明:2010/02/28(日) 00:35:33 ID:zilosWgs
つーかそれ農家の門と書いてあるが
根本的に別モン
日本のマネだろうなw

152 :出土地不明:2010/02/28(日) 01:22:44 ID:u+6Sb9Ce
>>146
君の黒潮妄想には敵わないよw

153 :出土地不明:2010/02/28(日) 01:27:31 ID:u+6Sb9Ce
>>151
>日本のマネ

君も半島起源と同じ幸せ回路だねw
何でも自分の国が基準かいなw

154 :出土地不明:2010/02/28(日) 07:44:06 ID:JYJYhz9E
黒潮でむぱ垂れ流してる奴は、実際に自分で当時の古代船を再現して
江南褐色広鼻ランドから船出して日本に辿り付ける事を実証してから
言えっての。

それができない内はただの江南人が祖先の在日台湾褐色広鼻土人の狂言に
過ぎんって事だな。

155 :出土地不明:2010/02/28(日) 08:12:44 ID:6ZOiQt8Z
キチガイ通常運転

156 :LUNAMASK:2010/02/28(日) 10:48:26 ID:Z8D4yqa8
>>143
伊都国平原女王遺跡は方形周溝墓といわれます。当時の日本には、たとえば楚におけ
る方格鏡に対するがごとき、東夷諸国四方信仰があり、バイカル湖由来の扶余系も根源
においては共通する四隅突出型墳丘墓を展開させたんでしょう。日向の隼人、出羽地
方ではホエトと呼ばれるものもらいの起源も大黒舞のようなもの
で、文化的慣習の一つであったであろうと思います。昔の農業技術からすれば風水害の
影響をもろに受ける低地水田よりも盆地のようなところの方がリスクは少なかったのでは
ないでしょうか。それに食生活における米の比重もそんなに高くはなかったと思います。

157 :LUNAMASK:2010/02/28(日) 11:06:53 ID:Z8D4yqa8
>>143 >>123
豪州の(Peter) Wei Ming JIAによると扶余は松嫩草原の南部から起こっているよう
です。Archaeological discoveries in relation to the Fuyu society are assigned to
the Laoheshen (Paoziyan) culture (San 1988; Jia, Weiming & Wei, Guozhong 1989).
おそらくは白金宝文化に由来するんでしょう。共時的に
この東方に西團山文化(粛慎・邑婁)、鶯歌嶺文化等が続きます。西團山文化はロシア
のポリツェ文化とつながっているんでしょう。更に東方牡丹江には黒曜石を独占する鶯歌
嶺文化があり、これが愛新覚羅家の祖先で、縄文人から黒曜石を供給してもらってたん
じゃないかと思います。宝賀・諏訪等というサイトに半島南部に縄文人がおり、交易して
いたという情報があり、暦博にも釣り針等の関係で古くからの半島との関係を示唆する
ものがあります。

158 :LUNAMASK:2010/02/28(日) 11:12:36 ID:Z8D4yqa8
>>157
愛新覚羅家の祖先というより半島・間道方面にいた縄文形質人種C3c M86 1.2%で
玄界灘から諏訪湖・八ヶ岳方面で海人族と知って貿易を行っていたのかも。

159 :LUNAMASK:2010/02/28(日) 11:14:01 ID:Z8D4yqa8
↑安曇海人族として・・・のミスタイプでした・・・ご免。

160 :El-Fire:2010/02/28(日) 12:23:38 ID:JkeSN+1x
空気も読まず、半端な資料投入!


未完成版mtDNA系統図
ttp://toku.xdisc.net/cgi/up/qqq/nm21320.rar.html


あと、これ。
縄文人、多様な起源 山梨大教授ら、遺伝子分析で解明
ttp://www.hokkaido-np.co.jp/news/environment/215305.html
確か、細石器にはシベリア系と華北系があったな。


161 :LUNAMASK:2010/02/28(日) 12:49:23 ID:Z8D4yqa8
>>157 漢字による地名
Laoheshen 老河深(泡子沿Paoziyan吉林省四平市公主嶺市范家屯鎮泡子沿村 )
culture

162 :LUNAMASK:2010/02/28(日) 15:12:46 ID:Z8D4yqa8
2008年ロシア科学アカデミーによる朝鮮半島北東中央部考古学調査結果の結論・・・
朝鮮半島東北中央部の鉄器時代への移行は中島文化(江原道春川市中島)と密接に
関係している。この作業の重要な総括の一つは、この文化の全ての主要な構成集落の
分析に基づいた、それを基礎にして解明された構造物、土器コンプレクス、青銅器、
鉄器、石器、粘土製、木製出土品及び環境事実、の詳細な特徴である。この作業に伴っ
てこの文化の編年が行われた。これにより朝鮮東北中央部の鉄器時代の開始年代が
前4-3世紀であることが確認された。朝鮮北西部で出土する燕の鉄器もほぼこの頃の
ものである。従い、朝鮮半島北半分の全域において鉄器時代への移行は実質上同時に
起こった。さりながら、朝鮮におけるこのプロセスは近隣地域各種文化との接触の一環と
して進行した。朝鮮北西部の住民は燕と積極的に接触していた。この時代の朝鮮北東
中央部遺跡の出土品分析により、この地域の住民が中国考古学によって団結文化と呼
ばれる沿海州クロウノフカ文化と多くの共通点を持っていたことが確認できた。中島文化
遺跡の一連の出土品は漢楽浪郡からの輸入品だが、扇型刃鉄斧はポリツェ由来である
ことがはっきりしている。中島文化とクロウノフカ(団結)文化の関係の性質についての
検討が行なわれた。  続く

163 :LUNAMASK:2010/02/28(日) 15:40:08 ID:Z8D4yqa8
この結果として、中島文化は沿海州及び中国東北部クロウノフカ(団結)文化に由来する
という仮説が出された。朝鮮半島におけるこの文化の出現はおそらく沿海州南部からの
クロウノフカ住民の朝鮮北東そしてその後中央への民族移動に関連するものである。
漢籍の詳細な研究の結果研究者はクロウノフカ(団結)文化と中島文化が民族的に類似
するものであるとの結論に達した。クロウノフカ(団結)文化と漢籍にある沃沮が同じであ
るということは以前から中国史学界では広く認められてきたが、ロシアの多くの歴史学者
及び考古学者も同意見である。中島文化の住民は漢籍にいう穢族(三国志)又は靺鞨
(三国史記)とされるものとみなしえるが、これはこうした史書に記述された出来事の時期
と場所がこの文化の編年や領域と一致するからである。一部歴史学者の意見によると
沃沮というのは穢の東支族であるとされる。中島文化資料の分析結果はこれはそうで
はなく、穢は沃沮の一部であった。

164 :LUNAMASK:2010/02/28(日) 15:46:00 ID:Z8D4yqa8
ということで、前4-3世紀朝鮮半島では移動してきたクロウノフカ文化と地元の青銅器
文化の相互作用があった。この相互作用の結果、中島文化が誕生した。・・・(ちょっと
所用で中断。)

165 :出土地不明:2010/02/28(日) 19:04:15 ID:u+6Sb9Ce
>>160
その通り。

ここでは黒潮で東南アジアからとか言ってるトンデモがいるけどねw

166 :出土地不明:2010/02/28(日) 19:44:49 ID:iIExBx5S
北方系縄文人は樺太から北海道ルートだったことが証明されたな。

167 :出土地不明:2010/02/28(日) 20:25:37 ID:wVVC2HFL
ミトコンドリアDNAは、結構古い人骨からもきちっと検出できるのだな。
すごいな。

168 :El-Fire:2010/02/28(日) 21:03:31 ID:JkeSN+1x
>>165
ま、南方からの移住が全くないとは言えないが、どうも主流ではないらしい。
もっと調べないとわからないかれども。


>>166
mtDNAは確かに凄いんだけどね。
マクロハプログループの祖である
M祖形、N祖形、R祖形のどれもが広範囲に拡散したことによって、
あちこちで階層構造の浅い系統が発生し、整理に困難性が出てきている。
(M系とか、祖形から一気に四十系統も出ている。)

それに比べ、Y染色体は年代測定に相当の難があるものの、
ツリー構造に近い構造な事から、資料からの推定がしやすい。
だから、mtDNAは後回しにしていました。


これkらは、各考古文化とmtDNA、Y-DNAを対応させる試行ができたらいいな、なんて思ったり。


169 :出土地不明:2010/02/28(日) 21:45:09 ID:IqricnFz
日本に父系D2が入った3〜4万年前は東シナ海は陸地だったから、
船に乗らなくても大陸から海岸沿いを歩いて渡ってこれるよ。
母系M7aはそうやって沖縄から本州へ渡ってきたらしいし。

170 :出土地不明:2010/02/28(日) 22:56:20 ID:My3+1WRr
となると一重まぶたで色白なツングース系なのかね?


171 :出土地不明:2010/02/28(日) 23:18:16 ID:My3+1WRr
>>149
170書きこしてから見たんだけど、どんな神様も先祖崇拝にすり替える点や
祠をつくって八百万の神様をつくるあたり葬式仏教と氏神神道の日本に似てるね。
満州族(女真族、シィボ族)、白丁族(高句麗人)、ウェッタ人(極東ロシア、網走)なんかは
極東アジアに分布するアルタイ語族ツングース系民族に属するのでもし陸続きにわたってきた石器人と
ルーツは同じかもしれないし、日本陸軍がわずか2個師団で満州国を併呑できたのも民族的抵抗がなかったからだとおもわれる。

古代時点での共通点はシャーマニズムで天山山脈や、白頭山、白山といったハク、ペク、しらといった対象を最高神として
崇拝している点および先祖崇拝で先祖の霊を呼び寄せるとされるイタコなんかはいまでもおしら崇拝なんだよ。



172 :出土地不明:2010/02/28(日) 23:20:34 ID:hF72C9VX
> 「4万年前には、地球の寒冷化で海面が下がり、現在の黄海から東シナ海にかけての周辺は広大な陸地となっていた
> M7グループの起源は、各サブグループの分布圏が重なるこの地域と考えられる」と篠田主幹。
> 沖縄では4人に1人がこのタイプだ。
> 同じM7aと分類される中でも細かい塩基配列は異なっているが、それを詳しく分析すると、
> 沖縄では他地域に比べて多様なタイプに分かれているという。
> 「一般的に集団が移動すると、起源地から離れるにつれて、もともと持っていた塩基配列の多様性は減少する。
> M7aの集団は海に沈んだ起源地から琉球列島に来た後、南九州に入ったのだろう」

このM7aの父系が、同じく日本固有で南方系、南から入って来たというD2だった可能性があるね。

173 :出土地不明:2010/02/28(日) 23:27:07 ID:GNLVyclL
>>171
弥生人が土器文化から見て沿海州ツンギーデなんだから、
満州ツンギーデとは親戚関係になるだろうな。

感性も近いんだろう。

174 :出土地不明:2010/02/28(日) 23:31:39 ID:W3oq+oCB
満州人とモンゴル人とウイグル人の遺伝子は近年の混合によって生まれたものだと中国の論文に書いてあったけどな

175 :白馬青牛 ◆cjIySZ2iYw :2010/03/01(月) 01:55:07 ID:hwg7vrtC
>>156-157及び>>158
扶余族は、バイカルよりも大興安嶺でしょう。江上波夫氏はツングース化
したモンゴル族とされますね。西團文化は穢族じゃと思いますね。
ポリツェはユウ婁でしょう。これらに四世紀以降南下したバイカル方面から
南下した連中と混合して靺蝎集団、女真集団となるんですよ。
縄文系の割合は低いでしょうね。
>>171
朝鮮で賤視された白丁は李朝時代の呼び方で、高句麗じゃ無いよ。
白丁の起源は契丹や靺蝎の集団の可能性が強いけど。
石器時代にツングースの概念は無いじゃろう。まあ、どこからツングースで
どこまで古アジア族かの概念も曖昧じゃけんのう。
満州を併合出来たんと、大多数を占める漢族の抵抗感は違うじゃろう。
白色信仰はトルコ・モンゴル・ツングース・チベット羌系と遊牧狩猟系
民族に多いね。

176 :出土地不明:2010/03/01(月) 02:20:38 ID:0qcYY0uX
縄文人、多様な起源 山梨大教授ら、遺伝子分析で解明 (02/13 08:36)
 

日本列島全体でほぼ均一な集団とみられてきた縄文人(約1万2千〜約2300年前)が、
遺伝子(DNA)レベルでは、北海道・東北集団と関東集団で大きく異なることが、
遺跡から出土した人骨のDNA分析で分かった。
特に北海道の縄文人は、ロシア極東に暮らす現代先住民族との共通性が認められ、
従来の縄文人南方起源説だけでは説明できない複雑な成り立ちをうかがわせる。

山梨大の安達登教授や国立科学博物館の篠田謙一・人類史研究グループ長らが、
縄文早期から続縄文期にかけての道内54体、東北地方20体の人骨から
ミトコンドリアDNAを取り出し、遺伝子型の種類と出現頻度を関東縄文人のデータと比較した。

その結果、関東集団ではほとんど見られない、ハプログループN9b遺伝子型が、
北海道・東北集団では6割を超える高頻度で見つかった。
また、北海道集団だけが、シベリア先住民族に見られるハプログループG1b遺伝子型を
10人に1人の割合で持っていることも明らかになった。<北海道新聞2月13日朝刊掲載>

▽記事引用元
http://www.hokkaido-np.co.jp/news/environment/215305.html
どうしんウェブ北海道新聞(http://www.hokkaido-np.co.jp/

177 :出土地不明:2010/03/01(月) 03:39:43 ID:15oQVWfh
>>176
D2父系が後から南から侵入した可能性があるなw

178 :出土地不明:2010/03/01(月) 08:04:01 ID:VtG021UG
>>177
D1かD3のどちらがD2に近縁なのかによって、話が違ってくるけどね。
番号は、発見順であって発生順じゃないから。

@ D1のほうが近縁
D┬→ preD1┬→D1 彝(金沙江)・羌(a江)・土家・白 東蔵?(雅ロン江)
 │      └→D2 日本
 │
 └→ preD3→→D3 青海,迪慶・麗江

A D3のほうが近縁
D┬→ preD1─→D1 彝・羌・土家〜四川・重慶=長江上流,白
 │
 └→ preD3┬→D3 青海,迪慶・麗江(納西,普米) 西蔵?
         └→D2 日本

現在の分布地と地理的にD2とD3が遠いので、移動年代をうんと前にしなきゃならないのがA説
西蔵と東蔵は、全部チベット族なので、明細がわからないからあやふや。

179 :出土地不明:2010/03/01(月) 08:36:10 ID:VtG021UG
瀾滄江(メコン上流)は、D1とD3の両方がいるんだな。

180 :LUNAMASK:2010/03/01(月) 08:44:50 ID:G4nNrgcC
>>175 >>156-157及び>>158
>扶余族は、バイカルよりも大興安嶺でしょう。
韓国日本語版「扶余」
http://japanese.historyfoundation.or.kr/?sub_num=36
同英語版「扶余」
http://english.historyfoundation.or.kr/?sub_num=21
1. Introduction
Buyeo was founded by a band of followers of Goguryeo(Koguryo)'s founding King Dongmyeong, exiled from the small state of Tangni (Kanli) in present-day northern
China, who had settled in the former territory of the Yemaek tribe, ruled by King Ye.
1.序文 扶余は現在の華北の小国Tangni (Kanli)を追放され、穢貊族の故地に定着した
高句麗建国王・東明王の従者集団によって建国された。2. Location
As the records show, Buyeo was founded by a band of followers of Jumong (later
King Dongmyeong of Goguryeo(Koguryo)) who arrived from Tangni, a small state in northern China, and settled in what was once Yemaek territory ruled by King Ye.
2. 所在地 記録によれば扶余は華北の小国Tangni (Kanli)から来て、かつては穢王が
統治した穢貊族領地に定着した朱蒙(後の高句麗東明王)の従者集団によって建国
された。
------------------------------------------------------------------------
Tuva国立大学Abaev教授によればGoguryeo(Koguryo)はアルタイ語でTannu-Uryanhaiと
呼ばれるとのこと。Fuyuはツングース語で鹿を意味しGoguryeo(Koguryo)=Tannu-
Uryanhaiと通ずる。つまり、扶余はトゥーヴァ、ハカス、アルタイ共和国方面から松嫩平原
南部に入ったと考えられます。


181 :LUNAMASK:2010/03/01(月) 08:48:14 ID:G4nNrgcC
承前 このことは白馬青牛さんのおっしゃる通り、バイカル湖ではなく、つまり、
出雲系ではなく、応神朝の系統だと思います。王朝の切れ目にあたります。

182 :LUNAMASK:2010/03/01(月) 09:47:01 ID:G4nNrgcC
承前 興安嶺西麓、ソ満国境駅マンチューリ(満州里)の東北にクダラ・スモンという落人
部落伝説を持った集落がありますが、クダラといいうのはブリャート語で「忍び足で、
こっそり」という意味で、伝承では西方から逃げてきた落人の隠遁地であったとされま
すが、これも白馬青牛さんの興安嶺説を補強するものでしょう。また、コーラ、クレ等も
Abaev説では鹿の意味だそうで、高良大社、呉市等もこの語源ではないでしょうか。

183 :LUNAMASK:2010/03/01(月) 10:10:16 ID:G4nNrgcC
承前 扶餘立國 秦漢之際,松嫩平原出現第一個國家--「穢王國」,在漢代人們發現了
「穢王之印」,其「國有故城」,穢貊人的北支為索離族(穢貊の北部部分を索離族とす
る),飼養豬、馬、牛,又善於狩獵。索離人生活在嫩江以東、松花江以北的松嫩平原
地帶。嫩江下游肇源縣白金寶遺址(白金宝遺跡が索離族の文化遺跡である)就是索離
人的文化遺存。索離人的社會内部已出現私有制和階級對立,已跨入文明的門坎。
索離族人東明稱王,不用穢族和索離族名,而採用鳧臾 Puyo 
族名,中原漢族王朝譯作夫餘,後改為扶餘。漢時受玄菟郡管轄,漢末三國初改屬遼
東公孫氏,晉朝時由東夷校尉管理。
http://home.megapass.co.kr/~hsg8689/zz236.htm
どうやら、馬を持ち込んだ、つまり、騎馬民族の走りは北方から南下してきた扶余族、
高句麗族であったようですね。つまり、当時騎馬民族匈奴の拡張に伴って騎馬民族化
された「北夷」(トゥヴァ、ハカス、アルタイ)方面諸族が南下した。最終的に到着する
イェニセイ・キルギス穹窿石室墳文化もこの一環でしょう。これが継体王朝。

184 :LUNAMASK:2010/03/01(月) 10:19:30 ID:G4nNrgcC
>>175
>西團文化は穢族じゃと思いますね。ポリツェはユウ婁でしょう。
ドイツの英語サイトでは西團山文化を邑婁としてるんですが。穢族の線も非常に強いで
すね。ただ北海道に残る猿石のようなものは鍛鉄奴隷の感じがするので前9世紀には
鉄を作っていたポリツェ粛慎 と関係があるのかもという感じもするんです。

185 :LUNAMASK:2010/03/01(月) 10:35:51 ID:G4nNrgcC
>>183
>索離人的社會内部已出現私有制和階級對立
階級対立が発生するような背景ではなく、単にスキタイの階級制度がその神話と共に
入ってきたということでしょう。

186 :出土地不明:2010/03/02(火) 21:19:12 ID:Ze3aCP1d
日本には縄文時代から弥生時代に至るまで中国土器はない。その影響土器もない。
中国金属器もない。朝鮮半島も衛氏朝鮮・楽浪郡頃まで中国土器はない。

弥生人が支那から直接、あるいは支那から朝鮮半島を経由して流入した人々であった
のならば、彼らが伝えるのは中国土器か朝鮮無文土器のはず。

ところが、彼らが最古の水田遺構と同時に伝えたのは中国土器でも朝鮮無文土器でもなく、
口縁部に刻目を持つ当時の沿海州南西部から内陸部あたりが故郷と見られる土器。

輸入したと見られる朝鮮無文土器は少量見られ、その影響を受けた弥生土器も見られるが、
朝鮮無文土器そのものを生産していた集落遺跡がない。

結論的に弥生人は沿海州中南部の沿岸部にいた口縁部に刻目のある土器文化を持った
海洋的性格の強い北方蒙古人種。

沿海州から船で朝鮮半島東岸を抜けてくる最中に水田稲作を知って
九州北部に上陸し刻目突帯文土器とともに最古の水田遺跡を残したのである。

187 :白馬青牛 ◆cjIySZ2iYw :2010/03/02(火) 23:15:21 ID:fBwKOEi+
>>180-181及び>>182-183
扶余は鮮卑、烏垣、豆莫婁と近い種族でアルタイ方面は遠過ぎると
思いますよ。アルタイ地方も満州と同様民族移動の震源地で
あったんですけど、鉄の生産と農耕、狩猟、牧畜と多角的生業を
持った民族の地域ですからね。
出雲系も穢貊系統でバイカルとは遠いと思いますね。
鹿トーテムはモンゴル部族もですが、狩猟と牧畜を兼ね合わせた
集団に多いですね。
索離は烏洛候と同様、おそらく大興安嶺地方でしょう。
しかし大興安嶺地方は、古くは牛飼育が盛んで馬飼育は盛んで
無かった問題がありますね。おそらく扶余の騎馬民族化は、
満州平原の騎馬に適した産地で、お隣さんの鮮卑や烏垣から
騎馬を学んだんかも知れません。おそらく扶余の初期は、出雲の
大己貴命が牛に乗って北陸の越(土雲)に遠征したよう、初期の
柔然(アバール)が牛に乗って他部族を掠奪したよう、
軍事輸送に牛を使うた可能性が強いと思います。

188 :白馬青牛 ◆cjIySZ2iYw :2010/03/02(火) 23:49:25 ID:fBwKOEi+
>>184-185
西團文化の担い者は、三上次男氏や現代の中国の学者は穢貊説ですよ。
ユウ婁はアムールや朝鮮東北部の趣きが強いですね。
スキタイの司祭、武人、生産者の階級と神話の三機能体制ですね。
スキタイ的云うより、アーリア的でしょう。インドのカーストも
司祭、武人、生産者と三階層に、新たに不可触民を加えましたけど。
アーリア人である西洋人も、基本的三機能、三階層じゃないですか。
>>186
土器だけなら、そういう結論も可能じゃけど、ポリツェ文化の牧畜文化で
牛馬が弥生期に欠けとるけんのう。ポリツェ以前の沿海州初期石器時代の
遺跡では家畜の骨が80%を占め、豚が多く牛や馬の骨の出土しとる。
豚だけなら弥生と一致するけど、牛や馬は古墳期になるけんのう。
もっとも現代の沿海州のツングースは豚飼育すら廃れて仕舞うた。
農耕と牧畜より狩猟と漁労を経済活動の主力とした原因は不明じゃけど。

189 :出土地不明:2010/03/03(水) 00:09:46 ID:0CwdpNEv
沿海州内陸部に居た頃はそういう牛馬の家畜文化もあったかもしれんが、
南下して沿岸部に出てしまえば自ずと海洋活動が主力になるだろ。

まだ見ぬ未知の日本列島、そしてそこに牛馬が居ない事さえ知らぬ者たちが
果たして船に乗せてまでわざわざ牛馬を連れて行こうとするのかね?

それに彼らが西日本にいないトナカイの存在を知っていたのはなぜか?

190 :白馬青牛 ◆cjIySZ2iYw :2010/03/03(水) 00:41:10 ID:ashoN/m4
>>189
ポリツェ人とされる、ユウ婁の海賊要素は沃祖を襲うた頃じゃろう。
日本まで直接は無理じゃのう。
弥生期は豚のみで牛馬に欠けとるんは不思議じゃないか。
ほいで、沿海州は上代トナカイを飼育しとらんよ。
トナカイ飼育の産地はシベリアから満州北部じゃわい。

191 :出土地不明:2010/03/03(水) 00:54:07 ID:7axu4D87
サイバーテロからようやく復帰したと思ったら、
テロ支援国家の連中が、大興安嶺・シベリア・扶余・満州・沿海州・アルタイとかの
話題で熱く盛り上がっている。

 ウェーーーーッハッハッハッハッハ
   ∧_∧     ∧_∧     ∧_∧  
  <`∀´>    <`∀´>    <`∀´> 
   ゚○-J゚     ゚○-J゚     ゚○-J゚ ,,


スレタイたまには読めよ。


192 :出土地不明:2010/03/03(水) 05:00:32 ID:tOdGUeA5
>>191
>スレタイたまには読めよ

それ自分だろ?w

そんなもん貼って嘘言う暇があるなら、少しは考古の勉強でもしろよ。
どうせ南方起源に妄想しまっくてるんだろうからさwww

193 :出土地不明:2010/03/03(水) 07:10:53 ID:ClGrLLqY

このエベンキの始末もそろそろ考えないとな。

194 :出土地不明:2010/03/03(水) 07:59:02 ID:+k4fryPk
>>147-148
西安・洛陽には、牌坊というものがあってだな。
左右に対聯に、梁に扁額という形を作るのはもともと中国にあるのだよ。

清の時代には、牌坊も華北に伝わってさかんに建築されている。

195 :LUNAMASK:2010/03/03(水) 08:53:01 ID:5xMcr3nH
>>187 >>180-181及び>>182-183 >扶余は鮮卑、烏垣、豆莫婁と近い種族でアルタイ方面は遠過ぎる
>>188 >スキタイの司祭、武人、生産者の階級と神話の三機能体制
--------------------------------------------------------------------
原住民がスキタイ化された形ですね。
--------------------------------------------------------------------
>>187 >出雲系も穢貊系統でバイカルとは遠い
>>187 >鹿トーテムはモンゴル部族もですが、狩猟と牧畜を兼ね合わせた集団に多い
------------------------------------------------------------------------
なるほどね。
----------------------------------------------------------------------
>>187
>索離は烏洛候と同様、おそらく大興安嶺地方でしょう。しかし大興安嶺地方は、古くは牛飼>育が盛んで馬飼育は盛んで無かった問題がありますね。おそらく扶余の騎馬民族化は、満>州平原の騎馬に適した産地で、お隣さんの鮮卑や烏垣から騎馬を学んだんかも知れま
>せん。おそらく扶余の初期は、出雲の大己貴命が牛に乗って北陸の越(土雲)に遠征した
>よう、初期の柔然(アバール)が牛に乗って他部族を掠奪したよう、 軍事輸送に牛を使うた可>能性が強いと思います。
----------------------------------------------------------------------
木曽義仲の頃でしたか、クリカラ峠で牛の角に灯した松明を縛り付け谷底にスタンピード
さす戦法が用いられましたね。これも関係するんでしょう。


196 :LUNAMASK:2010/03/03(水) 08:58:14 ID:5xMcr3nH
>.182
クダラ・ソモン
正しくはクダラソモンと言い、所在地はモンゴル・ウランバートルの北方でブリャート
モンゴルとの国境のブリャートモンゴル側の町キャフタ、このキャフタの東方のようだ。
Kudara-Somon (Кудара-Сомон) has an area of 1.0 km2 and an estimated population of 1 500.
Kudara (Кудара) has an area of 1.2 km2 and an estimated population of 1 500.
http://harrysworldatlas.blogspot.com/2008_09_02_archive.html
この辺りにはクダラという地名が多いようだ。
Kudara RS STM 51.8333333 119.9666667
Kudara RS PPL 50.1988889 107.0430556
Kudara RS PPL 50.1547222 107.4013889
Kudara RS STM 50.1938889 107.0366667
Kudara RS PPL 52.2202778 106.6566667
いずれにせよブリャート語ではクダラと言うと日本語では忍びの野→信濃といった感じ
なのではなかろうか。

197 :LUNAMASK:2010/03/03(水) 11:44:32 ID:5xMcr3nH
>>187 >鹿トーテムはモンゴル部族もですが、狩猟と牧畜を兼ね合わせた集団に多い
------------------------------------------------------------------------
前2千年紀、シナイ半島、バルカン、パミール、アルタイ、興安嶺、中国五山
にかけてはトランスヒューマンス(山地低地間季節移動遊牧)のコンビナート戦略による
広域政治経済統合が開始され、そのシンボルとして山岳をのぼる鹿が太陽を角の間に
抱く姿が銅剣の柄等にも描かれたと考えるんですよ。

山地        低地
トゥーヴァ Tannu-Uryanhai     モンゴル西部 Uryanhai
遼東山地/高句麗   松嫩平原/扶余・老河深(泡子沿) 文化
葛城高尾張     尾張
冒頓単于の匈奴拡張によりアルタイにあったシステムが高句麗に移動したんでしょう。

198 :LUNAMASK:2010/03/03(水) 11:51:20 ID:5xMcr3nH
↑しからば、肥前背振山を中心に展開されるものは高句麗より早いのはなぜかという
疑問が残りますが、これは二里頭・安陽方面から嵩山、泰山を中心とする集団が
錦江方面経由渡来したということも考えられます。

199 :LUNAMASK:2010/03/03(水) 12:19:46 ID:5xMcr3nH
承前 高地性集落とはカントリー倶楽部/高天原が東遷する軌跡とも考えられます。
高良大社→金毘羅宮、信貴山朝護孫子寺こうしたものが高地性集落と同じルーツ
でしょう。

200 :LUNAMASK:2010/03/03(水) 12:25:05 ID:5xMcr3nH
>>187
>出雲の大己貴命が牛に乗って
大和に出るときには、馬のいなかった時代のはずなのに馬にも乗る。そして箸墓からは
世界最古の鐙が出土しているんですね。

201 :出土地不明:2010/03/03(水) 12:34:00 ID:hECqcEyP
日本人と朝鮮人は、言語も、DNAも、文化も、メンタリティーも
全く違う。
捏造して、戦争中朝鮮を合併したりした、前世代の
売国日本人が主張した、
朝鮮人のためにしかならない、妄言・妄説はもうやめよう。
日本人と朝鮮人が、全く違う系統を持つ事を、認識して
日本人に擦り寄る朝鮮人を隔絶しよう。
科学的な根拠をもとに、冷静に判断すれば、結論は一つ。
どう考えても、朝鮮人と日本人は全く違う民族。

202 :出土地不明:2010/03/03(水) 13:54:05 ID:0Hoy5jkT
>>201
朝鮮半島南端部は日本に近いと思うが
それ以外が違うってのは同意
北部は7千〜3千年前頃は無人の地だったし

203 :出土地不明:2010/03/03(水) 14:43:21 ID:tOdGUeA5
ほんと民族差別で嘘ばっかり言っているな
お前らみたいのが国を滅ぼす元凶だよ

204 :出土地不明:2010/03/03(水) 15:13:49 ID:22wuphCQ
国が滅ぼのは、己は何者かを忘れ国家の中心性につけ込まれた国だよw
余計なおせっかいかもしれんが半島も民族どうのこうの言ってくる善人面
国連何たらの介入は跳ね除けるべきw

近場で民族遊びが出来るのは、米中露のみ。

205 :出土地不明:2010/03/03(水) 16:39:47 ID:8iCdbJ3D
わぉ月光たん、2塁にいた古羌族のオークネフ密教を日本にもたらしたルートは
1)1塁方向の「大陸に進出した縄文人」を伴った北回り地祇ルートと
2)3塁方向の「長江稲作民」を伴った南回り天孫ルートと
2通りのバックホームがありそうですね(^-^)/

>>198
先に日本列島に到着したのは、1)地祇族ではなく2)天孫族だったということかな!!

206 :出土地不明:2010/03/03(水) 17:45:02 ID:8iCdbJ3D
>>205
845 :LUNAMASK:2010/02/15(月) 11:39:30 ID:ax0d4Mvw
>彝族南下のルート平安-全羅道、O2b族南下のルート咸鏡-慶尚道といった
分列行進のようなルートも考えられる。

207 :出土地不明:2010/03/03(水) 19:55:24 ID:+k4fryPk
奧庫涅夫(オクネフ)?

208 :出土地不明:2010/03/03(水) 20:32:10 ID:OMabDMuD
>>201
おまえさんの理論だと日本人は固有の大和民族とかいうのににかよってるが
過去スレを読め。それと科学的根拠とやらの具体的ソースをみせてくれないと
韓国人にサーバー落とされてファビョってるネトウヨということになるぞ



はあ昭和までは礼儀作法のあった日本人も随分劣化したな。

209 :出土地不明:2010/03/03(水) 21:43:32 ID:dpMMEtxu
奴は台湾人だっての。

奴の本音は朝鮮なんかどうでもいいの。

日本人と台湾人祖先江南土人が同祖であるというウソ創作を工作で
人間の脳内だけで真実にするミッションイン工作が成就すればいいの。

そのために朝鮮を利用してるの。

朝鮮ネガキャン炊き付け正義の味方を装う事で、そのあとに続くトンデモを
馬鹿の脳内で真実かのように錯覚させるのが目的なの。

高度な心理学を使った非常に高度な情報工作だと思うよ。

だから、最初から「台湾人祖先江南土人が日本人の祖先だ!」とは言わないだろ。

言えば「バーカw」の一言で終わっちゃうんだから。

だから奴らは朝鮮ネガキャン煙幕で正義の味方を「装う」といったワンクッションを
入れてから、台湾人祖先江南土人が日本人の祖先かのようなウソ創作を「ねじり込んで」くる訳だ。

朝鮮ネガキャン煙幕で正義の味方を「装う」→台湾人祖先江南土人が日本人の祖先かのようなウソ創作を「ねじり込む」→
正義の味方装う→創作ねじり込む→正義の味方装う→創作ねじり込む→正義の味方装う→創作ねじり込む→
正義の味方装う→創作ねじり込む→正義の味方装う→創作ねじり込む→正義の味方装う→創作ねじり込む→
正義の味方装う→創作ねじり込む→正義の味方装う→創作ねじり込む→正義の味方装う→創作ねじり込む→
正義の味方装う→創作ねじり込む→正義の味方装う→創作ねじり込む→正義の味方装う→創作ねじり込む→
正義の味方装う→創作ねじり込む→正義の味方装う→創作ねじり込む→正義の味方装う→創作ねじり込む→
正義の味方装う→創作ねじり込む→正義の味方装う→創作ねじり込む→正義の味方装う→創作ねじり込む→
正義の味方装う→創作ねじり込む→正義の味方装う→創作ねじり込む→正義の味方装う→創作ねじり込む→
正義の味方装う→創作ねじり込む→正義の味方装う→創作ねじり込む→正義の味方装う→創作ねじり込む・・・・・


本当は奴らにとって朝鮮なんてどうだってイイんです。

台湾人祖先江南土人を日本人の祖先にする工作ための単なるダシに過ぎんのです。

210 :出土地不明:2010/03/03(水) 21:44:24 ID:dpMMEtxu
朝鮮ネガキャン煙幕で正義の味方を「装う」→台湾人祖先江南土人が日本人の祖先かのようなウソ創作を「ねじり込む」→
正義の味方装う→創作ねじり込む→正義の味方装う→創作ねじり込む→正義の味方装う→創作ねじり込む→
正義の味方装う→創作ねじり込む→正義の味方装う→創作ねじり込む→正義の味方装う→創作ねじり込む→
正義の味方装う→創作ねじり込む→正義の味方装う→創作ねじり込む→正義の味方装う→創作ねじり込む→
正義の味方装う→創作ねじり込む→正義の味方装う→創作ねじり込む→正義の味方装う→創作ねじり込む→
正義の味方装う→創作ねじり込む→正義の味方装う→創作ねじり込む→正義の味方装う→創作ねじり込む→
正義の味方装う→創作ねじり込む→正義の味方装う→創作ねじり込む→正義の味方装う→創作ねじり込む→
正義の味方装う→創作ねじり込む→正義の味方装う→創作ねじり込む→正義の味方装う→創作ねじり込む→
正義の味方装う→創作ねじり込む→正義の味方装う→創作ねじり込む→正義の味方装う→創作ねじり込む・・・・・


本当は奴らにとって朝鮮なんてどうだってイイんです。

台湾人祖先江南土人を日本人の祖先にする工作ための単なるダシに過ぎんのです。

211 :El-Fire:2010/03/03(水) 22:10:05 ID:vV3Qpefr
>>209>>210
うーん、何でそんなに台湾が嫌いなんだか……。

ま、置いといて、mtDNAを調べた限り、明確な南方との繋がりは一割強くらいと言ったところかな・・・・。

日本の主なmtDNAハプログループ
D4,D5,G,M7a,M7b,A,B4,B5,N9a,F,
日本のその他のmtDNAハプログループ
M7c,M8,M9,M10,Y,C,Z


明確な南方系のmtDNAハプログループ
M7a,M7b,M7c,

明確な北方系のmtDNAハプログループ
C,Z

その他のハプログループは東亜全域に広がっているか、調査中ってことで。


212 :出土地不明:2010/03/03(水) 22:46:19 ID:Pe9ve/Xz
>>211
工作しかしねえ、工作しか働かねえ極悪害国人なんかおまえ好きか?

どーとでも解釈できる一部の偏った遺伝学を駆使した悪の創作で台湾人祖先、
江南広鼻ブラックを日本人の祖先だと唱え殺し洗脳してくる工作に工作を
し狂ってくるキチガイ極悪害国人の台湾ゴキブリになんかどう好きになるんだよ?

どこまで行っても遺伝学は過去そのものの存在たる遺物を超える存在にはならんよ。

213 :出土地不明:2010/03/03(水) 22:49:37 ID:NZNdYOOs
わおう奴隷民が

214 :出土地不明:2010/03/03(水) 23:06:59 ID:+k4fryPk
>>205
古羌族の宗教って、どんなのかわからんが
彝語のピモ(畢摩)、羌語のシピ(巫師)と関係あるのかな?

奧庫涅夫の巫師像って、カザフ族のいる地域の記事がよくでてくる。
偶像崇拝はカザフ族の文化ではないと、注目はあたっていなかった。

羌族の瓦爾俄足(歌仙節)という行事は、四川地震前までは
女性だけによる祭祀行事として、残っていたらしいけど今はやっていないらしい。
ttp://www.sxfx.gov.cn/qiangzu/news/show.asp?ArticleID=380

215 :白馬青牛 ◆cjIySZ2iYw :2010/03/03(水) 23:07:09 ID:ashoN/m4
>>191
おいおい、何時から日本はテロ支援国家になったんか?
>>195-197及び>>200
木曽義仲の逸話は、鎌倉期の『平家物語』の創作としても、類例が
あったからこそ、採り入れられたもんでしょう。
鹿トーテムは扶余や蒙古族の支配層が森林の民であった頃、蒙瓦室韋の
頃の反映でしょう。スキタイの鹿トーテムも、ロシア北部の森林地帯からの
影響じゃと思います。
箸墓は、歴博の年代は古過ぎるでしょう。世界最古なんか日本的鎖国史観
ですよ。
>>201
日本人と朝鮮人はmtDNAじゃあ同種族ほど近いし、縄文人ですら
現代朝鮮人に近いんは、あんたの好きな左翼唯物史観的科学的根拠じゃ
ないんか。メンタリティも同じ朝貢根性で近いのう。
特に九州人は江南思想の朱子学の影響が強いけぇ、本州日本人より
朝鮮人に近いとも思えるけんのう。売国日本人云うて、米軍の捕虜と
なった軍の上へ行くほどべらべらしゃべる体質のことか?

216 :出土地不明:2010/03/03(水) 23:15:17 ID:2muVNrU9
>>215
>日本人と朝鮮人はmtDNAじゃあ同種族ほど近いし

ほう、北方系女と南方系男が日本人の実態だね。

217 :出土地不明:2010/03/03(水) 23:17:37 ID:+k4fryPk
歌垣=朝鮮半島も、先入観ができてしまっているかもしれないが、

歌垣といえば、納西族摩梭人が現役じゃなかったかな。
彜族撤尼人の阿斯馬伝説も、外せないと思う。

218 :白馬青牛 ◆cjIySZ2iYw :2010/03/03(水) 23:22:32 ID:ashoN/m4
>>202
嫌韓ネット右翼サイトの受け売りじゃないか。無人云う珍説の根拠は何かい
のう。
>>203
同意。江南思想の朱子学に洗脳され、他民族蔑視概念こそ国を滅ぼす
最大の要素。
>>204
「さらば国連よ」なら戦前と同じ道を歩むことになるのう。
日本が民主主義国家でおられるんは残念じゃが国際的外圧のおかげじゃ
けんのう。日本を北朝鮮や民主化以前の韓国のような全体主義国家に
せん為の抑止効果があるわいや。
>>205
南回り天孫ルートなんか存在せんよ。妄想が好きじゃのう。
>>211
mtDNAのDは北方系の確率が高いのう。

219 :出土地不明:2010/03/03(水) 23:29:37 ID:+k4fryPk
>>52
歌垣というよりも、日本の「花一匁」みたいなのは、
跳鍋庄とか鍋庄舞というのが、康巴蔵族から周囲に伝わっているみたい。

年代としては、新しいのだけど、受容している地域とそうでない地域があり
受容の仕方も違うので、基層の文化がそれぞれ違っていたんじゃないかと。
鍋庄舞から古い宗教行事を掘り起こすのは、難しいかも。

成都の鍋庄舞って、康定県のをそのまま移入した形でやるし・・・
昆明のは、何かあちこちのが入ってわけわからない。
西寧のは、那曲というところのをそのまま。

220 :出土地不明:2010/03/03(水) 23:40:33 ID:TFkVAQU6
DNAによる調査の信憑性はどれくらいなんだろう?
素人や部外者には判断できない部分が多くて、
「こういう結果が出ました」とか言われると、「そっかー」と納得するしかないんだけど、
サンプルの集め方次第で、どうにでも出来そうな気がするんだよね。

今後、都市部への人口集中や国際化によって純粋なDNAが減少する前に、
高齢者を中心に数万人規模の調査が必要なんじゃないかな?

221 :出土地不明:2010/03/03(水) 23:53:04 ID:+k4fryPk
チベット族といっても、康巴や安多なんかより
衛蔵のほうがよっぽど、唐朝っぽいんだけとな。

唐の踏歌みたいな踊りは、衛蔵がすごく好むんだよ。
ラサというのは、本当は、鮮卑族か何かの文化が濃いんじゃないかと。。。

222 :白馬青牛 ◆cjIySZ2iYw :2010/03/03(水) 23:56:05 ID:ashoN/m4
>>217
父系と母系が一致せん集団を想定する自体、Yカルトの電波じゃのう。
南方系男なんか、存在せんよ。まあ生物学自体が科学よりもカルト的
じゃけんのう。
http://www.rui.jp/ruinet.html?i=200&c=400&m=86518
ここに、「現在 科学的 とされている認識なるものが、いかに 固定観念
 や 価値観念 に支配されているか」私権統合なんか優生学の
ご都合主義じゃけぇ、前提認識すら可笑しい。
「研究室や実験室で己の保身と自己充実に励んでいる科学者たちは、
犯罪者、しかも確信犯である」と、書いとられるが、
科学者たぁ机上の空論を弄ぶ、国家や企業の使用人が多数を占める、
制度内の集団じゃけんのう。ネット右翼や左翼が科学的云う場合、
国家や企業の代弁宣伝者か、それらに洗脳された宣伝マンである
ことを告白しとるようなもんじゃ。

223 :出土地不明:2010/03/04(木) 00:03:33 ID:T1cssZ3h
ラサは、何が本当なのか、わからない場所。

224 :出土地不明:2010/03/04(木) 00:08:14 ID:GmNkyvS0
>>218
>>mtDNAのDは北方系の確率が高いのう。
一概には言えなさそう。

と言うより、時代によって北方系に意味が全く異なってくる。
未だにちゃんと整理ができてはいないけど、あえて説明してみる。

mtDNAの大きな流としては、沿岸を東に渡ってきた系統と、中央アジアを北上した系統があるらしい。
その二つの系統が出会ったのがハルハ・モンゴル付近。
この時代においては南回り系は沿海州などの極東シベリアあたりまで進出していたらしい。

mtDNAのD系はその北上する過程で誕生したらしい。
(系統的には南回りだが、やや北寄りに発生している。)
また、D系の分布範囲は広く、南北モンゴロイドの違いをどうと言うことは難しいように見える。

私見を述べるならば、最終氷期最盛期までの遺伝子はシベリア(北方)・華北〜沿海州・南方・中央アジアの四つくらいに分けるほうがいい。



225 :出土地不明:2010/03/04(木) 00:14:14 ID:T1cssZ3h
>>220
インドでもタイでも中国でもヴェトナムでも、民族識別は、たいがい言語(母語)でやっているでしょう。
次に、宗教で集団分け。

でも、カーストやジャーティは絶対に識別に使わないよ。

226 :出土地不明:2010/03/04(木) 00:44:29 ID:O71UrdET
父系と母系が一致しない集団

インド
Y アーリア系 90%
mt ドラビタ系 90%

南米・ポリネシア
Y 白人系   90%
mt 原住民系 100%

アメリカ・黒人
Y アフリカ系 75% ヨーロッパ系 25%
mt アフリカ系 99%

227 :出土地不明:2010/03/04(木) 00:46:52 ID:gIw7z6ik
日本と近くなりたくて仕方がない、という薄気味悪い在日の本音を必死で隠そうとしてるこのふんいき。

228 :El-Fire:2010/03/04(木) 00:49:27 ID:GmNkyvS0
>>222
物理学科の私としては、ここまで生物学が否定されるのを見るのは忍びないというか、なんというか・・・・。
確かに反省すべき点は多々あるが、ここまで全否定されるものなのかなぁ?
Y-DNAとmtDNAを見比べたとき、時代が新しくなるほど違う動きをしているように見える。
大抵、Y-DNAのほうが動きやすいし、系統も消えやすい。


(あと、>>224は俺ね。名前入れ忘れちゃった。)


スレチだからあんまり突っ込まないけど、世間一般の科学に対する態度って、宗教に近いんだよね。
『よくわかんないけど正しい。』
っていう感じで。
科学の正しさというものを何が根拠になっているのか(科学哲学)?
そういうことが全く振り返られないまま、科学が語られている気がする。


>>225
言語は系統がツリー状にはっきり出やすく、更に世界中に適用できて、ある程度は実態に沿っているからね。
あくまで、ある程度だけど。

229 :出土地不明:2010/03/04(木) 00:55:10 ID:8gLWgEbr
>>222
>ここに、「現在 科学的 とされている認識なるものが、
>いかに 固定観念や価値観念に支配されているか」私権統合なんか優生学の
>ご都合主義じゃけぇ、前提認識すら可笑しい。
>科学者たぁ机上の空論を弄ぶ、国家や企業の使用人が多数を占める、
>制度内の集団じゃけんのう。

なるほど。
じゃこのとんでもないアホ↓に一言どうぞ。

215 :白馬青牛 ◆cjIySZ2iYw :2010/03/03(水) 23:07:09 ID:ashoN/m4

日本人と朝鮮人はmtDNAじゃあ同種族ほど近いし

230 :出土地不明:2010/03/04(木) 00:57:57 ID:lWEZtYR5
>>227
アフォかお前は?
朝鮮朝鮮キモイのはお前だボケ

231 :出土地不明:2010/03/04(木) 00:59:04 ID:gIw7z6ik
>>230


232 :出土地不明:2010/03/04(木) 01:02:04 ID:lWEZtYR5
>>229
お前も同種かw

ミトコンでは白馬の言う通りだぞ
勉強しろよw

233 :出土地不明:2010/03/04(木) 01:06:00 ID:gIw7z6ik
こいつ意味が通じてないな

234 :出土地不明:2010/03/04(木) 01:09:18 ID:lWEZtYR5
坊主、その意味とやらを言ってみw

235 :El-Fire:2010/03/04(木) 01:13:39 ID:GmNkyvS0
>>221
チベットの源流はアムド地方にあるらしい。
紀元前が紀元後にかわるあたりで移住してきた、と少し古めの本で読んだことがある。

あと、ラサはそれなりに首都やってた期間が長いから、色んな文化があるかと思う。


236 :出土地不明:2010/03/04(木) 03:04:50 ID:Bo0Vwjz+
>>232
mtDNAの最新の系統図
http://img05.ti-da.net/usr/simanntyunutakara/EPSN4064.JPG

[日本人を含むグループ]
 ・沖縄、本州日本
 ・南中国、アイヌ

[韓国人などのグループ]
 ・韓国
 ・モンゴル

[インド人などのグループ]
 ・インド
 ・台湾先住民、インドネシア
 ・北中国
 ・台湾漢民族、タイ少数民族

面白いのは北海道・樺太・千島のアイヌと南中国が互いに最も近いことだな。
アイヌと南中国はY染色体では差異が大きい(北アジアよりはYAP+がいるにはいるが比率的に少数)が、
古モンゴロイドの基層みたいなのが窺われて面白い。

本州日本と沖縄は地理的には少し離れているがY染色体でもmtDNAでも
非常に良く似ていて楽しいですね。同種族というのはこういうことを言う。


237 :236:2010/03/04(木) 03:10:23 ID:Bo0Vwjz+
>北アジアよりはYAP+がいるにはいるが比率的に少数
↑これは南中国のことですね。少数民族などに散発的にYAP+が見られるが圧倒的にO3とかが多いから。
アイヌの方は父系ではD2系統が多いですし、今でも旭川あたりではD2比率が特に高い。

本州日本と沖縄が一番南方系的で、それに準ずる(北方系も混じった基層)のがアイヌや南中国ってことかな。


238 :El-Fire:2010/03/04(木) 05:34:16 ID:GmNkyvS0
未完成版mtDNA系統図 ttp://uploaders.ddo.jp/upload/1mb/src/1up8101.zip.html
pass : mtdna
一部の分岐年代を記載。
つかれた〜

239 :出土地不明:2010/03/04(木) 08:38:00 ID:8gLWgEbr
>>234
>坊主、その意味とやらを言ってみw

>ここに、「現在 科学的 とされている認識なるものが、
>いかに 固定観念や価値観念に支配されているか」

という言葉を引きあいにしてる白馬が、

>日本人と朝鮮人はmtDNAじゃあ同種族ほど近いし


まだ意味わからないの?

240 :LUNAMASK:2010/03/04(木) 09:26:27 ID:qvMDNGRW
>>205
>わぉ月光たん、2塁にいた古羌族のオークネフ密教を日本にもたらしたルートは
1)1塁方向の「大陸に進出した縄文人」を伴った北回り地祇ルートと
2)3塁方向の「長江稲作民」を伴った南回り天孫ルートと
2通りのバックホームがありそうですね(^-^)/
>>198
先に日本列島に到着したのは、1)地祇族ではなく2)天孫族だったということかな!!
------------------------------------------------------------------------「コレアンはアルタイ又はプロト・アルタイ語族でモンゴル、ツングース、チュルクと関係
する。考古学によるとプロト・コレアンは南シベリア・中央シベリアから新石器-青銅器
時代に何度となく移住してきたアルタイ語民族であると推定される。
遺伝子研究から-Y多形性の研究によりコレアンは同族結婚を行う古い歴史を持つ独特
な民族であって何度となく半島に流入し、3つのハプログループの集合である。コレアン
の男性遺伝子は満州起源であろうとされO2b* (P49)が非常に多い。O2b*はコレアン
では二番目に多く男性の約14-33%である。O3もかなり多く、C3も多い。O3の渡来源は
広範で、あるものはO2bと共に満州から拡大し、他のものは苗族として華南から稲作と
共に拡大した。C3の当初居住地はニブヒ関連と考えられる。DNA調査が語ることは
コレアンが中央アジアモンゴロイド起源だということだ。」コレアン≒弥生人と見ていいん
じゃないっすか。
http://en.wikipedia.org/wiki/Koreans
最初はニブヒ、次に満州畑作民O2b、後から稲作のO3といった感じですね。
日本到着は前後するかな。

241 :LUNAMASK:2010/03/04(木) 09:32:40 ID:qvMDNGRW
↑コレアン マイナス ニブヒ プラス 縄文人 ≒ 日本人
こんなことでいいんじゃないかな。

242 :出土地不明:2010/03/04(木) 10:05:18 ID:o6uA/5GV
>>240
なるほど月光たん
日本列島の場合は南方稲作O3が先に入って
畑作O2bが神やらいされたということでつね


243 :LUNAMASK:2010/03/04(木) 10:09:24 ID:qvMDNGRW
>>242
でしょうね。青銅器が入る前から稲作はあるし。

244 :出土地不明:2010/03/04(木) 10:22:01 ID:o6uA/5GV
その後、北方畑作O2bの地祇族は日本海側を南方稲作O3の天孫族は瀬戸内側を東遷し
倭国大乱で衝突するも巻向で和合し、共栄の証しとして前方後円墳を造った
ということかな(^-^)/


245 :LUNAMASK:2010/03/04(木) 10:33:41 ID:qvMDNGRW
銅鐸圏は出雲系と地元の長髄彦系、つうことは、地祇系のショバですよね。そこに
天孫の神武が来るんだが、タギシミミはただちに殺される。綏靖以下は地元系でしょう。
この辺は倭国乱時代で、収拾がつくのが卑弥呼時代、前方後円墳ということでしょうね。
前方後円墳の開始部分である基礎部分は四隅突出型墳丘墓と同じ技法ですね。

246 :LUNAMASK:2010/03/04(木) 10:37:43 ID:qvMDNGRW
>>243 補強資料
「吉野ヶ里遺跡の甕棺から出土する絹は、弥生時代前期初頭のものは四眠系蚕(淮河
以南の華中・華南の蚕)で、華北・朝鮮半島特有の三眠蚕は中期後半から現われる。」
http://www.k4.dion.ne.jp/~isshun_y/page2-2.html
「日本人の起源と系統について 2」

247 :出土地不明:2010/03/04(木) 10:47:00 ID:o6uA/5GV
>>245
なるほど北方畑作民O2bと大陸に進出した縄文人D2は交易を通じて地祇勢力を形成していた

天孫族と卑弥呼を共立できたのは、天孫族と地祇族が両方とも源流として中央アジアのオークネフ密教でつながっていたから

ということかな(^O^)/

248 :LUNAMASK:2010/03/04(木) 11:16:31 ID:qvMDNGRW
>>247
縄文人大陸進出は縄文時代に既に渡来していたO2bあるいはO3によって行われた
可能性もあります。D2の形跡は全くありません。
>天孫族と卑弥呼を共立できたのは、天孫族と地祇族が両方とも源流として中央アジア
>のオークネフ密教でつながっていたから
韓国人wikiのO2b中央アジア起源は浅い。本当は長江下流域方面ではないかと思います。
オークネフ山岳宗教はユーラシア牧畜民のトランスヒューマンスによるものでないかと。

249 :LUNAMASK:2010/03/04(木) 11:17:51 ID:qvMDNGRW
>>215 >>195-197及び>>200
鹿トーテムは扶余や蒙古族の支配層が森林の民であった頃、蒙瓦室韋の頃の反映で
しょう。スキタイの鹿トーテムも、ロシア北部の森林地帯からの影響じゃと思います。
---------------------------------------------------------------------
右からホルス・オシリス・イシス
http://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/0/01/Egypte_louvre_066.jpg
スキタイ世界の鹿崇拝とこのイシス像が習合しているんじゃないかと考えます。ユーラ
シア北方のトナカイ遊牧民がエジプト文明を取り入れたのか、その逆なのかはわかりま
せんが。渡来人研究会で取り上げられたユダヤと日本の併行関係等も含め、前2千
年紀、シナイ半島、バルカン、パミール、アルタイ、興安嶺、中国五山にかけて成立した
トランスヒューマンス(山地低地間季節移動遊牧)のコンビナート戦略による広域政治経
済統合ということで多くの謎が解けると思います。雄略(神武、天武、後醍醐)、始皇帝、
モーセ等も説明できます。

250 :出土地不明:2010/03/04(木) 12:27:41 ID:r2XMIZzy
若い女って言うのは,触ってもいいし,舐めてもいいし,
また,髪の毛の匂いを嗅ぐのもいいよね。
寒い時は,湯たんぽ代わりになるし,暇な時は撫でくってると
甘えてくる。
それこそ,チンポを1時間くらいしゃぶらせるのも良し,
精液を顔に掛けるのも良し,
ただ柔らかい感触を味わうだけでも良い。
ケツの穴のシワを丹念に舐めさせるのもいい。

やっぱり,女は最高だね・・・

251 :出土地不明:2010/03/04(木) 12:54:40 ID:o6uA/5GV
>>249
わぉ〜、月光たん
月光たん説によると神武、雄略、天武、後醍醐はいずれも南方呉越系かと思っておりましたが在野勢力なのでしょうか?(^-^)/

彼らがトランスヒューマンスな統治戦略を持つということは、やはり天孫族もオークネフ密教を信望したのかな

252 :LUNAMASK:2010/03/04(木) 13:21:44 ID:qvMDNGRW
スキタイの影響は雲南、殷にも濃厚です。刺青なんかはパジリク・イラン系文化です。
呉越にもスキタイ文化は大きく影響している筈です。楚のTLV鏡にも影響があるんじゃ
ないでしょうか。神武、雄略、天武、後醍醐はランスヒューマンスな統治戦略を持つと
いうことは、神武が殷のような地形を選んでいることからもわかります、オークネフ密教、
つうか、山岳宗教の極めつけは徳島県剣山頂上付近のトンカラリン遺構でしょう。
あの近所にはそうめん、アルタイの馬供養儀式と見られる首切り馬伝説、千葉県、
東京都にみられる麻という地名も多い。成田山のようにごまをたく寺がある。




253 :LUNAMASK:2010/03/04(木) 13:28:24 ID:qvMDNGRW
珍獣ハンター井本絢子さんなんかは秦の始皇帝以上の名山上りの実績があり、
キリマンジャロなんかでは現地のシェルパがダウンし担架で下ろされるのをしり目に
駆け上がる・・・華山は東岳・泰山、南岳・衡山、北岳・恒山、中岳・嵩山と並ぶ「五岳」
のうちの西岳・・・徳島の剣山はこれには少々負けますがよく似た趣旨のようですね。


254 :LUNAMASK:2010/03/04(木) 13:32:15 ID:qvMDNGRW
殷の文化がカラスク人を通してアンドローノボ文化圏に伝わりスキタイの司母を
生んだというのがいいのかもしれません。

255 :出土地不明:2010/03/04(木) 13:33:55 ID:o6uA/5GV
>>252
南方系天皇(神武・雄略・天武・後醍醐)の多くが日本のオークネフ密教の聖地である吉野・熊野を基盤とするのも、なるほど頷けますね(^-^)/

ユダヤとの関連からすれば、雲南や呉越にトランスヒューマンスな文化をもたらしたのがチベット系の古キョウ族でしょう(^-^)/

256 :LUNAMASK:2010/03/04(木) 14:25:01 ID:qvMDNGRW
>>255
古羌族が本来シャングリラ的環境において牧畜をやっていたがしだいに戎(ノマド)、
武装移動性ノマド(犬戎)、そして、牛、馬、ヤク等の大型牧獣へと移行して行くの
かも。・・・しかし、中国YDNA資料によるとチベット・雲南にはテイ羌としてO,D等が
一緒になって入って行くようですね。トランスヒューマンスとは草原と山岳がぶつかり
合う様な地形、コーカサス、遼東、アルタイ等において起こるのでチベット・ヒマラヤ
に入り込むとそうしたハイブリッド構造はなくなるのではないかと思うんですが。
むしろ、古羌族というのはチュルク語族であってN系、騎馬民族の兵站を担当して
いたのではないかと思うんですね。

257 :LUNAMASK:2010/03/04(木) 15:16:33 ID:qvMDNGRW
斎藤道三の金華山、信長の安土城、徳川の日光東照宮・・・信長の髑髏盃、家光のお
犬様、豊川稲荷・・・尾張海部はアルタイ人だ。その理由↓
「日本本土愛知県の日本人は他の本土日本人とは非常に異なり、mtDNAハプログルー
プBが非常に高頻度なのだが、本書では他の地域と比較の際には日本の区分に入れる
ことにしている。」
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC524407/?tool=pubmed
http://upload.wikimedia.org/wikipedia/en/d/dd/Migration_map4.png
「アメリカ・インディアンの祖先がアメリカ大陸に移住するのはシベリアからだといわれてき
たのだが、特に驚くべきことにmtDNA Bグループだけが現在の北シベリア住民には見ら
れないのだ。そして、mtDNA Bグループはトゥーヴァ、アルタイ、ブリャート等の南シベリア
で発見されている。また、このハプログループはモンゴル、チベット、朝鮮、日本の一部、
中国、ベトナム、マレーシア、台湾、インドネシア、マダガスカル、フィリピン、メラネシア、
ミクロネシア、ポリネシアにもあるのだ。」
http://en.wikipedia.org/wiki/Haplogroup_B_(mtDNA)
このことはボリビアのモンゴロイド巨人王が日本発であった可能性を示す。

258 :LUNAMASK:2010/03/04(木) 15:21:29 ID:qvMDNGRW
このことは男子フィギュア織田信成君のご先祖はアンデス・マチュピチュの城主でも
あったことを意味するのだ。

259 :LUNAMASK:2010/03/04(木) 15:27:51 ID:qvMDNGRW
旧大陸から新大陸に渡った無毛犬
http://www.mayankids.com/images/xoloitzcuintli.jpg
エジプトのアヌピス
http://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/1/1f/Tutanhkamun_jackal.jpg
豊川稲荷
http://www2.u-netsurf.ne.jp/~sanpo/tokyo/inari.html
犬戎はエジプトアマルナ文書に登場するが、シリウス信仰・天文学を有し、その地質探査
能力の為にニジェール河、ドゴン族に踊り、仮面、天文観測情報を残してものとみられる
が、アバーシェヴォ文化に近いウラルのバシコルスタン情報では黒犬信仰とダビデ信仰を
持つ遊牧民が存在するとのことであり、日本の稲荷系神社、大僻神社、籠神社、伊勢神
宮等に多くのユダヤ教的痕跡を残しているのは、中央アジアのこの系統の文化が甘粛
オルドス方面に流入したことを物語っているようだ。
--------------------------------------------------------
ドゴンの踊りは連獅子の踊りだ。

260 :LUNAMASK:2010/03/04(木) 15:31:58 ID:qvMDNGRW
↑井本絢子さんにかかったら「君、行ったことあるの?」と一笑かもしれないけどね。

261 :LUNAMASK:2010/03/04(木) 15:52:51 ID:qvMDNGRW
>>252
スキタイ風御物石器の出土する飛騨高山には「阿波の北方様」の伝承が残っているが、
ホケノヤマと同様に楽浪の銅鏡を共有する鳴門萩原1号墳被葬者のことを指すのかも。

262 :LUNAMASK:2010/03/04(木) 15:59:26 ID:qvMDNGRW
>>257
邪馬台国は狗奴国・尾張の管制区域に入り、葛城の高尾張からの監視下にあったことに
なるんだけど、卑弥呼は大丈夫だったのかな。

263 :LUNAMASK:2010/03/04(木) 16:17:23 ID:qvMDNGRW
>>257
ブライア・サイクスは有名な著書「イブの7人の娘」でこのmtDNAハプログループを
イナと名付けた・・・ウーン、お主やるのう。
In his popular book The Seven Daughters of Eve, Bryan Sykes named the
originator of this mtDNA haplogroup Ina.
http://en.wikipedia.org/wiki/Haplogroup_B_(mtDNA)

264 :出土地不明:2010/03/04(木) 16:29:16 ID:o6uA/5GV
わぉ、月光たん(^-^)/
>>257
このmt-DのBがチベットと日本列島の共通項かも知れませんね〜

>>259
ところでY-hapのO2bは新大陸へは渡っていないけど、この集団Y-hapでいうと何だろう??

265 :出土地不明:2010/03/04(木) 17:01:13 ID:o6uA/5GV
>>264
あっ>>259にちゃんと犬丈と書いてありましたね(^_^;)

だからそれって≒古キョウ族ということでないの!?(^-^)/

266 :出土地不明:2010/03/04(木) 17:07:06 ID:T1cssZ3h
『人類基因組単体型図計画』の採血は、本人同意が必要です。
中国では、チベット語で説明された説明書が出回っていると聞いたことがありません。

チベット族のY-hapやmt-DNAは、その殆どが四川省カンゼや雲南省デチュンで
採取したものではないでしょうか?
チベット自治区では、説明して採取できたとしても、かなり階層が偏っていると思います。

NHKの『中国鉄道大紀行』でも、通訳が通訳しきれなかった地点があり
チベット自治区、貴州省の凱里、新彊自治区の天山山脈より西は
たとえ2人通訳がついても、言いたいことが伝わっていないのが明らかでした。(エベンキ族は例外的)
逆にイ族やプイ族、ラフ族、モンゴル族は、ほぼ完全に漢語で通じていました。

少数民族でも、漢語が通用するしないは民族や居住地で大きな格差があります。
チベット族、ミャオ族、ウイグル族のデータに関しては、結論は急いではならないと思います。

267 :出土地不明:2010/03/04(木) 17:58:05 ID:T1cssZ3h
>チベット族のY-hapやmt-DNAは、その殆どが四川省カンゼや雲南省デチュンで・・・

>>256
ナクチュ地区や果洛、ひょっとして玉樹も、何系であるかわかっていないと思いますよ。

党項は、言語での集団を指したものではなく、地理的な集団を指すので
モンゴル語でもチベット語でもチュルク語でも一向に構わないのです。
歴史的にも、青海四部二十九旗とか玉樹族百戸としか呼んでいない。
藩属にあたる地点は、詳しく、どんな言語を使っていたかもわかっていない。

268 :出土地不明:2010/03/04(木) 18:17:29 ID:yUdnJiOv
これってどうなの?

ウラル・アルタイ語族とは
http://d.hatena.ne.jp/keyword/%A5%A6%A5%E9%A5%EB%A1%A6%A5%A2%A5%EB%A5%BF%A5%A4%B8%EC%C2%B2
>かつては「インド・ヨーロッパ語族」「ハム・セム語族」と並ぶ世界三大語族だとされていた。
>現在では研究の結果、「やっぱどう見てもウラル語族とアルタイ語族は別物だろ」
>「つーか、アルタイ語族って本当に語族か?
>アルタイ祖語なんて再構成できねーよ。アルタイ諸語って呼ぼうぜ」など、ほぼ*1否定されている。

アルタイ諸語
http://d.hatena.ne.jp/keyword/%A5%A2%A5%EB%A5%BF%A5%A4%BD%F4%B8%EC
>主にチュルク、モンゴル、ツングースの三つの語派からなる。今のところ、
>祖語を再構成できる見込みは立っておらず、この概念にどの程度の意味があるのかは不明*1。
>ウラル諸語(ハンガリー語、フィンランド語など)や朝鮮語、日本語を含めて「ウラル・アルタイ語族」とする説もあった。
>アイヌ語まで含める人もいるらしいが、さすがにアイヌ語は地理的に近いくらいしか共通点はないであろう。

アルタイ語とアイヌ語は完全に別モノらしい

269 :出土地不明:2010/03/04(木) 19:24:30 ID:1zkXjYbx
まとめサイトでLUNAMASKのレスがガン無視されててワロタ

270 :白馬青牛 ◆cjIySZ2iYw :2010/03/04(木) 22:48:36 ID:UjyIwcpg
>>224-226及び>>228-229及び>>236
時代より現実に現代のアジア南北の諸民族との比較が大切じゃし、
古人骨すらアジア北部の集団に近いことが重要なことじゃろう。
http://www.nig.ac.jp/labs/AnnualRp/AR98ja/research/A/Ac2.html
http://www.geocities.jp/ikoh12/honnronn4/004_08_1.mitochondria_karamita_sosennhtml.html
http://gontango.exblog.jp/7104431/
http://d.hatena.ne.jp/niming538/20081001
一番上のブログは、宝来聡氏の見解じゃが、「南グループには台湾中国人、
インドネシア人とタイ人が含まれ、北グループには、本土日本人、韓国人、
ハルビンの中国人、琉球人とアイヌ人が含まれた」と、まあアイヌは微妙
としても概ね北方集団じゃ。
二番目のブログも前にも挙げたが、弥生や縄文ですら朝鮮人に近い。
三番目も篠田氏の「遺伝子全体の0,2%に満たない。Y染色体は、
それほど偉くない。」と。人種分別にも精度低いABO式血液型程度じゃ
けんのう。
四番目は中国人のDNAじゃが、日本人に一番多く、満州や朝鮮に多い
北方系のD4が中国人に少ないようじゃがサンプル不足もあろう。

271 :El-Fire:2010/03/04(木) 23:19:37 ID:GmNkyvS0
白馬青牛さんの『日本と類似する北方』ってのはどこから何処までを指しますか?
私は華北から沿海州と極東シベリア沿岸あたりを指していると思われます。
(バイカル以北はかなり違うなあという印象。)
ちょっと気になったもので……

あと、mtDNAの世界地図
http://s284.photobucket.com/albums/ll27/Prodigal_Jerk/?action=view¤t=MtDNA-MAP-World.jpg


272 :白馬青牛 ◆cjIySZ2iYw :2010/03/04(木) 23:23:01 ID:UjyIwcpg
>>228
生物学はタンパク質の一部から抽出したDNAで全てが分かると新興宗教的な
宣伝をする処がカルトなんじゃ。篠田氏のように他分野の学問との交流から
考察せんと、井の中の蛙になるけんのう。
かつてABO血液型崇拝者が血液型では親子鑑定も出来るが、形質人類学では
親子鑑定も出来んけぇ、A型の多い西日本人はドイツ人と先祖が同じで
B型が増える朝鮮人や日本の東北人は劣等人種と垂れよった左翼が
おったけど、現代のネット右翼は今度はY染色体妄想で同じような
ことを云う。ABO式血液型でドイツ人、Y染色体では、DE系統で中東、
アフリカに近いじゃの近隣の民族と違う地域的文化的問題を人種的に
還元する動きは優生学そのものじゃし、人種的に遠い地域を近いと
妄想する幻想を植え付けるだけの偏見だけしかもたらさんけんのう。
ほいで科学も宗教も自己投影云う意う。味じゃあ似たようなもんじゃろう。

273 :El-Fire:2010/03/04(木) 23:41:55 ID:GmNkyvS0
>272
確かに、生物学者の言説には視野の狭い点が見られるが、
少なくとも、全うな生物学者は戦前の優生学の愚を犯すような言説は避けてるように思われる。
遺伝的な違いがあろうと、人類のあいだでは本質的に違いはない。
ある集団を指して劣等人種などと言う人間は全うな生物学者には居ない。

自然人類学に関しては、遺伝子で以って人類がどういうルートを通ってきたかを解き明かす試みに過ぎない。
文化的なことに関しては、語るべき術を持たないため、特に触れていないが、
遺伝的流れと文化的流れが往々にして違うことは認めているはず。

274 :白馬青牛 ◆cjIySZ2iYw :2010/03/04(木) 23:58:04 ID:UjyIwcpg
>>240-248及び>>249-257及び>>258
民族集団は単一な遺伝集団じゃないですよ。しかも遺伝子から生業まで
レッテル貼るなんかナチレイシストのやることです。
しかも、縄文人の海外進出なんぞ夜郎自大ですよ。
トナカイ遊牧民が直接エジブト文明なんか採り入れるわけ無いでしょう。
尾張だけ一つの遺伝子型が突出しても、単一根拠で全体的複合根拠が
ありませんね。しかも戦国武将を挙げても彼らの遺伝子が継続されとる
根拠すらありません。織田信成氏についても、家系根拠が薄いでしょう。
尾張人、周辺美濃人とて他の日本人と大して違いはありません。
戦前美人の産地じゃったこと、江戸期不義密通の多い地域じゃった
ことから父系なんか辿るんも不可能でしょうに。
まあ、織田信長や豊臣秀吉じゃの先祖も知れん成りあがりが多かった地域
ですね。しかも国際感覚に疎い。織田信長が戦前におって軍人になったら
住民虐殺の戦犯として真っ先に処刑されるような人物ですし、秀吉も
朝鮮の役で敗戦に導いた戦犯ですよ。信長も秀吉も日本だけしか通用せん
人物ですわ。彼らの遺伝子が世界拡散にゃあ笑いましたけど。

275 :出土地不明:2010/03/05(金) 00:26:10 ID:U7gzPTTr
>>246
だから、

このホームページについて
◆無断転載転用を禁じます。
◆引用する場合には出典を明記してください。

と記してるサイトを貼るなっつてんだろカス
URL削ってTOPページ見てみろ

276 :白馬青牛 ◆cjIySZ2iYw :2010/03/05(金) 00:29:26 ID:DlzVSM/x
>>242-244及び>>264
江南カルトが、またY染色体妄想たぁ幸せ回路よのう。
>>268
アルタイ語族は文化的共通性があることと、同一文法云うことじゃ。
言語なんか、オイラート族のようにウラル系からアルタイ系トルコ語、
更にモンゴル語と変化するけんのう。
>>271
大体淮河、長江あたりがアジア南北の分類に適しとるんじゃないですか。
HLAでもその当たりをアジア南北の分岐点としとるし、形質人類学的にも
北方の新モンゴロイドと南方の古モンゴロイド形質の違いの線にもなり
ますわ。
>>273
生物学の生物決定論はドーキンス氏にも受け継がれておるでしょうに。
現代は人種をあからさまに云わんだけで、個人の資質を遺伝子に還元する
妄想は継続しとるね。そもそも生物学自体、共産主義とルーツが同じ
「社会進化論」の前提じゃけぇ、変わりゃあせんよ。
人類が通って来た道なんか、狭い生物学的推測じゃが、それを前提条件に
する自体可笑しなことじゃけんのう。こういう処が科学云う看板を掲げた
新興宗教なんじゃ。

277 :出土地不明:2010/03/05(金) 00:31:30 ID:fSGeKDto
>>272
西欧・地中海沿岸は確かに世界のA型集積の圧倒的な中心だが、
ヨーロッパでも東へ行くほどややA型比率が下がりB型比率が上がる傾向がある。
そんなわけでドイツはA型が多い国の代表ではない。
(おそらくA型をナチスのイメージと結びつけるための印象操作の気が多分にある。)
ローマ人が入植したライン川流域や南ドイツだけ取り出せば多いのかもしれないが。

ヨーロッパでA型比率が最高レベルな国は、
 ノルウェー・スイス・スウェーデン・フランス・スペイン・オーストリア
といった国々になる。
イタリアだけはかなり特殊でギリシャ系ルーツの南伊・シチリアはA型比率が低いが、
ラテン人・エトルリア人を起源とし中世には共和制都市国家が栄えた中伊・北伊はA型比率が非常に高い。
特に1000年維持された旧ヴェネチア共和国領の都市では半分がA型だったりする。

世界で他にもう一つだけ大きなA型集積の中心があって、日本〜ポリネシアの地域。
徳島・岐阜・鳥取・福岡などで特に多い。
ちなみに古代日本国家の故郷・心臓部であった大阪と奈良は、
日本の平均よりもさらにA型とO型が共に多いいわゆる「先進国型」。
白馬の言う4世紀以降に半島からの北方系侵略者が日本を支配したならこれはありえません。
まあ民族別・地域別にはこうした比率は興味深いのだが、個人レベルではあまり意味がないと思います。


278 :277:2010/03/05(金) 00:37:22 ID:fSGeKDto
ああそうだ。日本やポリネシアと少し離れていますが、
チベットやインド北東部の少数民族の一部もA型比率が周囲と異なり高いです。
いわゆるD系統を高頻度で持つ民族群ですね。顔立ちも驚くほど日本人と似ています。
「一つの指標だけでなく総合的に」見てルーツの深い縁が判りますよね。

中国は地域によって差が大きいのですが、
(北部では朝鮮などと同じくB・AB型が多い。南部では台湾と同じくO型が多い。)
湖南とか江蘇とか長江流域のあたりのみA型比率が大分高めのようです。


279 :出土地不明:2010/03/05(金) 00:42:06 ID:Zec73AdI
229 :出土地不明 :2010/03/04(木) 00:55:10 ID:8gLWgEbr
>>222
>ここに、「現在 科学的 とされている認識なるものが、
>いかに 固定観念や価値観念に支配されているか」私権統合なんか優生学の
>ご都合主義じゃけぇ、前提認識すら可笑しい。
>科学者たぁ机上の空論を弄ぶ、国家や企業の使用人が多数を占める、
>制度内の集団じゃけんのう。

なるほど。
じゃこのとんでもないアホ↓に一言どうぞ。

215 :白馬青牛 ◆cjIySZ2iYw :2010/03/03(水) 23:07:09 ID:ashoN/m4

日本人と朝鮮人はmtDNAじゃあ同種族ほど近いし

280 :出土地不明:2010/03/05(金) 00:52:58 ID:6gMDdHD7
>>278
インド北東部って、シッキム?
O3が多数派。珞巴語というシナ・チベット語族の言語を使う。

チベットも、ラサは、四川からの出稼ぎ者(四川話とチベット語のバイリンガル)
シガチェは、雲南からの出稼ぎ者(雲南話とチベット語のバイリンガル)が
多いので、D系統うんぬんは、あまりあてにしないほうがいい。それこそYカルトw

281 :出土地不明:2010/03/05(金) 00:56:32 ID:bpk+pNEP
>>190
ユウロウは沿海州東沿岸部だぜ。

沿海州東沿岸部は沿海州南西部と土器文化が違う事も知らんのか。

日本まで直接は無理じゃのうって何が無理なんだ?

意味不明な事言ってんじゃねえよ。

弥生期は豚のみで牛馬に欠けとるんは不思議じゃないかって、
189に、まだ見ぬ未知の日本列島、そしてそこに牛馬が居ない事さえ知らぬ者
たちが果たして船に乗せてまでわざわざ牛馬を連れて行こうとするのかね?
と書いてあるのが見えんのかあんたは。

ほいで、沿海州は上代トナカイを飼育しとらんよ。
トナカイ飼育の産地はシベリアから満州北部じゃわい。って、
誰が飼育の話なんかしたんじゃヴォケ!

あんた本当に知能に欠陥があるただの馬鹿なんだからさ、もう何も口答えするなよ。

確証一つ出せない北方説のガン細胞の分際が俺を否定する権利など無い。

282 :277:2010/03/05(金) 01:16:50 ID:fSGeKDto
>>280
シッキムでO3が多いとの御話ありがとうございます。
確かにマクマホンラインの近くはO3が結構多いみたいですね。
ちなみにチベットもラサのあたりはO3系統がかなり多く、
チベット語自体が言語系統が基本的にはDではなくO3系統のようとの話があるとか。

シッキムのレプチャ族の血液型比率は
O型35% : A型31% B型26% AB型8%
ってデータを見たことがある。

O3系統は今では東アジアで広汎に広がり圧倒的に多い唯一のY−DNAですが、
このタイプは血液型比率とはあまり相関関係がないようにも思われます。(母系がそれぞれ差異が大きい?)
シッキムとかチベットだとA型が多いし、福建だとO型が多いし、黄河流域だとB型・AB型が多い。
最後の黄河流域に広がったO3系統が有名ですが、
この種族は元々この一体により早くから多かったC3系統(新モンゴロイド)を征服混血し、
Y染色体以外ではO3の源流の南方と違った血液型や容貌を持っているのかもしれませんね。


283 :出土地不明:2010/03/05(金) 01:59:21 ID:6gMDdHD7
>>282
Yカルト D系統は、中国共産党が政治利用していますから、ちょっと危険視しています。

西蔵の歴史を改竄するな(中文)
http://www.xzass.org/html/news878.html
ここで、唐突に党項羌(タングート羌族) >>235のいう紀元前が紀元後にかわるあたりに相当します。
党項ではなく、党項羌という言い方は珍しいなと思ってました。党項蒙とか党項蔵という使い方もあるようです。
党項突というのも語法的にはありですね。

百羌といって、四川省にいたとされるギャロン人の祖先とは、どうやら別系統で
党項羌は、青海省が源流の集団を指しているようです。

だから、ひょっとして、もともとのチベット語は、シッキムに源流があり、後世のは党項羌の言語の影響が
あるのではないかとも考えられる余地が残っているのです。
だから、チベット自治区が、かなり中華世界とは違っていて、百羌や党項羌の言語の存在でむりやり中国に
引き込まれているんじゃないかと。自分の論理が飛躍しているのは十分承知で、直感の段階です。

284 :出土地不明:2010/03/05(金) 02:45:37 ID:81aKlcwS
若い女って言うのは,触ってもいいし,舐めてもいいし,
また,髪の毛の匂いを嗅ぐのもいいよね。
寒い時は,湯たんぽ代わりになるし,暇な時は撫でくってると
甘えてくる。
それこそ,チンポを1時間くらいしゃぶらせるのも良し,
精液を顔に掛けるのも良し,
ただ柔らかい感触を味わうだけでも良い。
ケツの穴のシワを丹念に舐めさせるのもいい。

やっぱり,女は最高だね・・・

285 :出土地不明:2010/03/05(金) 03:05:31 ID:gHqpJZ/A
日本語は孤立言語である
つまり民族移動から外れ孤立してた民族だと言える

日本に数万年住み着いた結果、いつの間にか日本人になったと考えられる
アイヌも古くから定着していたが日本人とは別のグループだろう
日本に来た人達は大勢いるが、日本人はどこからも来ていないと言えるだろう

286 :出土地不明:2010/03/05(金) 08:38:24 ID:NUCy8/4Q
血液型の分布
「ABO式血液型と民族の文化(民族性)の間に関連性がある」という指摘は私が
初めてではありません。し、このことは、すでにある程度認められていることです。
しかし、原因は、民族の移動によるものという説で落ち着いているようです。

http://www10.ocn.ne.jp/~kanam/distribution_of_a_blood_type.html


287 :LUNAMASK:2010/03/05(金) 09:25:56 ID:llbLtuud
>>264-265
YDNAハプログループのO, N, C3グループがmtDNAハプログループCZ/C/Z, D, G
(M types); A (N type); B, F (R types) と東アジア、シベリア方面で合コンをやってたんじ
ゃないか程度のことしか言えないそうでね↓
http://en.wikipedia.org/wiki/Haplogroup
この辺はそして古羌族・・・犬戎・・・彝族・・・こういうのも連複で流しましょう。

288 :LUNAMASK:2010/03/05(金) 10:39:49 ID:llbLtuud
>>274 >>240-248及び>>249-257及び>>258
古代尾張(濃尾三遠)に移住したのは応神朝に三韓より導入した騎馬軍団の兵站部門
であり、その中には軍馬装備品・兵器部品を製造するもの、軍用犬を飼育するものがあっ
たと思います。特にセイマトゥルビノ長槍軍団↓
http://history.novosibdom.ru/node/46
の生残りが朝鮮半島に多かったようです。彼らの一部はヒクソスとして人類史上初め
てヒッタイト・エジプトに二輪車・軍馬を供給、軍事訓練に当たったものと考えます。

289 :LUNAMASK:2010/03/05(金) 10:58:51 ID:llbLtuud
承前
青銅斧 http://history.novosibdom.ru/files/u5/sibir_25.jpg
青銅斧の鋳型 http://history.novosibdom.ru/files/u5/sibir_26.jpg
青銅斧全装備 http://history.novosibdom.ru/files/u5/sibir_27.jpg
http://history.novosibdom.ru/node/36
ポリツェ・粛慎もこのセイマトゥルビノ西進に参加したんでしょう。そしてアムール北岸に
復員後、同資源の供給が止まり、後の呉人同様、地元の鉄資源に切り替わったんじゃ
ないかあと考えます。


290 :LUNAMASK:2010/03/05(金) 11:58:04 ID:llbLtuud
「〈暗黒時代〉もようやく終りに近づいた前8世紀の半ば過ぎ,ギリシア世界に現れはじめ
た独特の戦士を指す。彼らは重いブロンズづくりの甲冑(かつちゆう)をつけ,多くは騎馬
で戦場におもむく。いざ敵に接すると馬から下りて,馬を従者に渡し,徒歩で仲間の戦士
たちとびっしり盾を並べて密集隊形(ファランクス phalanx)を組み,長い突槍をふりかざし
敵にあたっていった。これを後方から軽装兵が応援した」
「5月15日鳥居強右衛門(すねえもん)を使者にしての城主奥平信昌の請いにより,勝頼
軍の約3倍の兵員で家康,信長の連合軍が救援におもむき,長篠城の西約2kmの設
楽原で連吾川を前にして三重の馬防柵を築き,3000挺の鉄砲を配備して武田勢を待
った。これに対し武田勢は午前6時ごろより午後2時ごろまで騎馬隊による突撃を繰り
返したが,柵にはばまれて敵陣に入ることができず,しかも鉄砲の一斉射撃を浴びて
壊滅的な打撃をうけた。連合軍のとった戦術は,大きな合戦での鉄砲使用ということで
画期的なものであり,以後の戦争に大きな影響を与えた。武田氏はこの敗戦で衰退に
向かった。」・・・これらは共にセイマ・トゥルビノ長槍軍団の遺産だと考えられる。

291 :LUNAMASK:2010/03/05(金) 12:34:32 ID:llbLtuud
>>264 >>287
「アラスカ(say some 42%) からカナダのチッペワ/ナデネ(+- 6%)、合衆国チェイェンヌ
(>14%)、アパッチ(>12%)となったC3がいる。」
There was an element (C3) that moved into the Amerindians in Alaska (say some
42%) and then to the Chippewa or Na-Dene in Canada (+- 6%) and the Cheyenne
(>14%) and Apache (>12%) in USA.
http://www.historyofnations.org/English/s/p265.html
これが少々くさいですね。

292 :LUNAMASK:2010/03/05(金) 14:19:32 ID:llbLtuud
>>262
>ウーン、お主やるのう。
Inaもいいなー。が、巴はどうかな?それとも真央がいいかな?


293 :LUNAMASK:2010/03/05(金) 15:20:02 ID:llbLtuud
↓ヒクソス王朝に侵入するセイマ・トゥルビノ集団の出発点・・・赤で囲んだところ
http://www.proza.ru/pics/2009/06/18/216.jpg
及びその装備

294 :LUNAMASK:2010/03/05(金) 15:36:31 ID:llbLtuud
↑セイマ・トゥルビノ文化はBC1700-1300年頃のこと。オークネフ文化と併行。この後に
カラスク/殷・西周文化が続く。

295 :出土地不明:2010/03/05(金) 15:57:52 ID:6x5AogRM
わぉ〜月光たん!!
>>288
古代尾張(濃尾三遠)の狗奴国と応神朝では200年もの開きがありまつる〜
>>257-258
日本発でボリビア・インカ文明ができたとしたら、応神朝では間に合わないでつ〜

296 :LUNAMASK:2010/03/05(金) 16:03:43 ID:llbLtuud
http://www.geocities.jp/ikoh12/honnronn4/004_08_1/1dnaakei_no_keitoukannkei.jpg
http://www.geocities.jp/ikoh12/honnronn4/004_08_1.mitochondria_karamita_sosennhtml.html
>>292 あれれ、白馬青牛さんご紹介の↑ではmtDNA Bは欧州グループ。真央ちゃんって
白人なんかな?

297 :LUNAMASK:2010/03/05(金) 16:06:25 ID:llbLtuud
↑いや、そうでもないようだ。なんだか紛らわしい位置にいるようだ。

298 :LUNAMASK:2010/03/05(金) 16:19:10 ID:llbLtuud
>>295
だからこの辺はあいまい思考で行こうと思ったんだけど見破られたか。
ところで倭人伝では投馬国、狗奴国について地理的に特定することは避けておる。
それでいて戸数分布のところでは投馬国を奴国と邪馬台国の中間に置く。この背後に
投馬国・狗奴国をノマド的な、メタな存在と見る視点があると考えられる。これは
孝霊帝が黒田のイオリ、Camp Kuroda (現在でいえばキャンプシュワブ)のような
ところに根拠地をおいたことでも察しが付く。投馬国とはスサノオが駁馬の生革を
はぎとっては葬礼に使用する集団(タタール・チュルク)ということで、狗奴国というのは
軍用犬を駆使するノマド、犬戎、と考えることができます。犬戎の監視ポストとして
の高尾張があったと考えられるんですが。


299 :白馬青牛 ◆cjIySZ2iYw :2010/03/05(金) 23:36:56 ID:DlzVSM/x
>>277-278及び>>282-286
大陸思想の、ナチス優生学レイシストの登場か。ABO式血液型なんか、
19世紀の帝国主義の遺物じゃのう。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%A1%80%E6%B6%B2%E5%9E%8B%E6%80%A7%E6%A0%BC%E5%88%86%E9%A1%9E
http://www.arsvi.com/b1900/8311sz.htm
http://shinka3.exblog.jp/2111241/
http://www.jca.apc.org/inochi/euge/eugenics00.htm
ウイキには、日本、韓国、台湾中共の一部で信じる人間もおると
出とるが、朱子学の国は優劣関係が好きなのう。疑似科学に過ぎんもんを。
二番目のブログにも出とるが、あんたの好きな福沢諭吉氏も
生物決定優生学論者よ。まあ、福沢諭吉氏は米国少女と並んで撮った
写真が自慢な白人に卑屈な劣等感を持った奴隷根性の持ち主じゃけぇ
日本人の朝貢根性を体現した人物に過ぎんわ。
三番目のブログは、ナチス・レイシズム生物学の継続者が日本の
知識人に浸透しとる例としてノーベル賞学者らを挙げとってじゃのう。
四番目の生物決定論のドーキンス氏の生存機械で遺伝子還元主義よ。
人間は環境で変わるもんじゃ云うひとを無視して還元主義を前提に
妄想するけんのう。タンパク質の一部から抽出したもんから、はい、
人間でござるじゃけぇ馬鹿らしい。
まあ、あんたらナチス・レイシストは、ABO式血液占いの電波と共に、
新たにY染色体型占い電波でも流行らしたいんじゃろう(笑い)。

300 :白馬青牛 ◆cjIySZ2iYw :2010/03/06(土) 00:03:53 ID:zxhG1gih
>>283
党項(タングート)羌が、嘉戎(ギャロン)羌と別種族じゃのトンデモ電波の
根拠が、またY染色体電波か。党項は満州から来た鮮卑が支配した歴史的な
ことも知らんらしい。羌族自体中国の西北地方から発生しただけよ。
だいたい、古人骨からDNAを抽出出来んY染色体で、党項の遺伝子じゃの
フィクションの妄想以外あるまあ。ABO式でA型の多いドイツと日本は
同民族でB型の多いアジア人とは違う人種云うたらお笑いネタしかならん。
ドイツ人よりイギリス人はO型が多いゆえ、アングロ・サクソンは
嘘じゃ云うほうが電波になるんと同様よ。なんで、まあYカルトは
幼稚なんかのう。
>>284
また、民俗学板のマグロ男か。女へ奉仕、要求ばっかしじゃのうて、
あんたが、女へ奉仕するんが先じゃろう。

301 :白馬青牛 ◆cjIySZ2iYw :2010/03/06(土) 00:25:29 ID:zxhG1gih
>>287-290及び>>296
合コン以前に羌戎系は中国西北部で生まれた集団ですよ。
長篠の戦いから鉄砲大量利用なんか後世に創作した物語でしょうに。
真央ちゃんは全体的に南ツングース満州族系の容貌ですね。福耳の
部分だけは縄文系じゃと思いますけど。白人は無いでしょう。
>>281
ユウ婁は満州東部、朝鮮東北部から沿海州にかけての集団の総称じゃが、
第二ユウ婁族じゃの創作したいんか?
航海で沿海州から直接日本へ渡来するんは無理じゃ云うとるんで。
江南電波と同レベルじゃのう。
少なくとも古墳人は牛馬がおるけぇ、弥生期は渡来集団が少なかった根拠に
なるじゃないか。しかも弥生期は世界的民族移動期から外れとるわい。

302 :出土地不明:2010/03/06(土) 00:49:20 ID:7ODY38Zu
>>301
創作してるのはあんただろうが。

?婁は大海沿いの集団で南は北沃沮と接する。

つまり沿海州東沿岸部の集団。

シホテアリニ山脈の向こう側は扶余、南部に北沃沮。

無知さらけ出しだろうが。


>?婁在夫餘東北千餘里、濱大海、南與北沃沮接、未知其北所極。

>?婁は扶余の東北千余里に在り、大海に沿い、南は北沃沮と接し、
>未だその北の極まる所を知らない。
http://members3.jcom.home.ne.jp/sadabe/kanbun/kanbun-yuuro.htm


沿海州南岸から沿岸沿いに直接日本へ航行する事のどこが無理なんだよ?

むしろ最も望ましい安全な航路だろが。

事実、渤海使はそうやって来てるじゃないか。

牛も馬も半島南部から輸入しただけ。

そんなもの長距離航行で連れてくる訳がねえだろが。

303 :出土地不明:2010/03/06(土) 01:13:59 ID:QFDviAJm


229 :出土地不明 :2010/03/04(木) 00:55:10 ID:8gLWgEbr
>>222
>ここに、「現在 科学的 とされている認識なるものが、
>いかに 固定観念や価値観念に支配されているか」私権統合なんか優生学の
>ご都合主義じゃけぇ、前提認識すら可笑しい。
>科学者たぁ机上の空論を弄ぶ、国家や企業の使用人が多数を占める、
>制度内の集団じゃけんのう。

なるほど。
じゃこのとんでもないアホ↓に一言どうぞ。

215 :白馬青牛 ◆cjIySZ2iYw :2010/03/03(水) 23:07:09 ID:ashoN/m4

日本人と朝鮮人はmtDNAじゃあ同種族ほど近いし



304 :出土地不明:2010/03/06(土) 01:32:01 ID:ihj+9/MX
>>300
ラサの人達が、嘉戎(ギャロン)羌の人をものすごく気味悪がっているのに
中国が、党項=羌なんて刷り込むのか呆れるばかりです。

嘉戎(ギャロン)の人達が、チャーシーテーレーと変な発音で挨拶したり
マニ車を逆回転させるのは、漢族以上にムカつくらしい。terribleだって表現してた。

嘉戎(ギャロン)の言葉は音韻が違って、ラサでは通じない。
漢族がラサへ来て、チベットの歌で唱えるのありますというので、歌わせたら
嘉戎(ギャロン)語の「かけつけ三杯三杯」みたいな歌唱って、これがラサの歌だと思われているの?と・・・

チベット語の民間人歌手は、ほとんど嘉戎(ギャロン)のアクセントで、意味もわからずラサの歌っているそうです。
まともなチベット語で歌える歌手はと尋ねれば、解放軍関係の人はOKらしく、巴桑と韓紅の名がよくあがります。

305 :連合右翼団体:2010/03/06(土) 08:24:36 ID:VDNx/5iI
貴様ら、あまり調子に乗るなよ。いい加減くだらねえ 掲示板しまって
東大の資料弁償しろや
http://www.youtube.com/watch?v=bhboOwV7HGI
若いのはしらんだろうな この伝説旧革命

306 :LUNAMASK:2010/03/06(土) 08:28:41 ID:0Ez8G6tv
>>301 >>287-290及び>>296-297
http://www.geocities.jp/ikoh12/honnronn4/004_08_1/1dnaakei_no_keitoukannkei.jpg
mtDNA-R mtDNA-Nは欧州mtDNAを生み出したアジア系というわけか。つまり、欧州人
はアジア人の子孫ということですかな。

307 :LUNAMASK:2010/03/06(土) 10:30:18 ID:0Ez8G6tv
承前
長槍はセイマトゥルビノ→扶餘→穢→東沃沮と流れ、穢人は3丈、現在の長さでいうと
7Mの槍を使ったとされ、東沃沮では歩兵戦に使用している。この使用には長篠の戦の
もととなった密集隊形(ファランクス phalanx)が不可欠です。
http://en.wikipedia.org/wiki/Chinese_units_of_measurement
http://www.geocities.jp/thirdcenturyjapan/gisi-toi.html

308 :LUNAMASK:2010/03/06(土) 11:19:37 ID:0Ez8G6tv
L. S. Klejn 古代民族移動と印欧語諸民族の起源 Sankt-Peterburg 2007
KOZINCEV氏: 私は木槨墳人がイラン語族であって、スキタイ人は木槨墳人を起源として
いると考えていたんですが、キエフでクルツから新しい資料を見せられたんです。森林
草原スキタイ(これをスキタイとすればのことですが)の人類学的に木槨墳人に近く、
継続性がありますが、この見せられた資料は草原系で、そうしたものではない、似てい
ないんです。草原系はトゥヴァの(ハカス共和国のミヌシンスク盆地ではなく、ほかでもなく
トゥヴァの)オークネフ文化人の骨に異常に似ている。つまり、草原スキタイ人はトゥヴァ
起源だということになるんです。
http://www.protobulgarians.com/Russian%20translations/Klein%20L%20S.pdf
つまり、スキタイというのはモンゴロイド要素の強いオークネフ文化人が主体ではないか
ということになる。実際スキタイ遺物の画像に表現されているのはイラン系コーカソイド
だが。


309 :LUNAMASK:2010/03/06(土) 11:37:06 ID:0Ez8G6tv
司母=シャーマン 
「商代の鼎に鋳造された文字には、神権と兵権の二重の意味がある。「司母」は「女性
祭司」であり、いわゆる「廟号」は「天干」の順によって統帥の位が受け継がれた順番で
あろう。『春秋左氏伝』の中に「国之大事、在祀与戎(国の大事は祭祀と軍事にあり)」と
あるが、この名言の起源は、商代の鼎にはっきりと現れている。」人民日報
http://www.peoplechina.com.cn/maindoc/html/200706/56zhuanwen56.html
卑弥呼の制度は殷からトゥヴァに入り、扶餘→穢→東沃沮→纒向という経路が
考えられる。

310 :LUNAMASK:2010/03/06(土) 11:45:43 ID:0Ez8G6tv
>>301
>真央ちゃんは全体的に南ツングース満州族系の容貌ですね。
娘18、満州娘、春よ3月雪解けに、お嫁に行きます隣村、王(ワン)さん待っててちょうだ
いな♪なんだかハルピンの方面の感じですね。

311 :LUNAMASK:2010/03/06(土) 11:50:00 ID:0Ez8G6tv
↑私ゃ十六満州娘春よ三月雪どけに迎春花(インチュンホァ)が咲いたならお嫁にゆきま
す 隣村王(ワン)さん待ってて頂戴ネ

312 :出土地不明:2010/03/06(土) 13:36:53 ID:BFkQi0E8
韓国でもY染色体の検査の登場でロシアと漢人に取り込まれつつある
モンゴル、満州に変わって自分たちが元、清の正当後継者だっていう
言論が出てきてるな、一面は真実だけど

異民族が貴族層にがっつり入り込んでたから被支配者層に
原始時代並みの生活させることに疑問を感じなかったんだろうし

313 :LUNAMASK:2010/03/06(土) 14:39:24 ID:0Ez8G6tv
>>308
ジョンガラ節、ホーハイ節、阿波踊りよしこの囃子、お神楽・・・こうしたもののルーツ・・・
トゥヴァのホーメイ。このホームページの下の方に3つのYouTubeがあり、これを聞くだ
けで、日本神話がなぜスキタイなのかにも合点が行く。↓
http://briancutts.blogspot.com/2009/09/khoomei-tanna-tuva.html

314 :LUNAMASK:2010/03/06(土) 14:48:17 ID:0Ez8G6tv
↑日本の浪花節、演歌のルーツはこの辺にあるのかも↓
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9B%E3%83%BC%E3%83%9F%E3%83%BC

315 :LUNAMASK:2010/03/06(土) 14:55:26 ID:0Ez8G6tv
「商代では、シャーマンの占いによって吉凶を問い、国家の大事を決定した。実には、
「薩満」の「薩」は、古代中国語「司」であり、「満」は古代中国語「媽」が転じたもので
ある。青銅製の大鼎に鋳造された「司母」の文字は、古代の語音では「シャーマン」と
読み、「祭祀の女神(母なる神)」あるいは「女性の祭司」を意味した。 他の民族では
「シャーマン」には「狂い舞う者」という意味が込められているが、古代中国にはその意味
はない。たぶんこの原始的な宗教行為は、中国から中央アジアの民族を含む他の民族
に伝えられたのであろう。彼らは中国語の意味が分からないので、「シャーマン」を「狂い
舞う者」と理解したのだろう。  「司母」すなわち「シャーマン」は、世界で唯一、中国語で
名が付けられた原始宗教で、主に中国の北部と西北部で流行し、ずっと清朝の末まで
信仰され、一定の権威性を持っていた。清朝が滅亡した後、南方から来た革命者たち
は、これを「封建的迷信」と見なし、「シャーマン」は何度も一掃された。しかし今になって
も、北部地区にわずかに存在している。」
http://www.peoplechina.com.cn/maindoc/html/200706/56zhuanwen56.html
↑これもまた事実であろう。

316 :El-Fire:2010/03/06(土) 15:06:03 ID:VqLGMzKr
>306

簡単にはいかないよー。
mtDNAのN,Mは出アフリカから存在した。
M系は東方にしか進出しなかったが、N系はどの方向に進出した集団も持っていた。



317 :El-Fire:2010/03/06(土) 15:26:57 ID:VqLGMzKr
エチオピア(L3)

南アラビア沿岸(M、N)

インド(M,N,R)
|||↓
|||ザグロス(N,R,U)―→欧州、北アフリカ(U)
||↓
||西中央アジア・カフカス(HV、JT,W,I)―→欧州(HV)
|↓
|東中央アジア(C,Z,X)―→内陸シベリア(C,Z,X)

東南アジア(M,N,F,B)―→パプア・オーストラリア(M,N,Q)
|↓
|雲南(M,A,F,B)

東亜沿岸(M,D,G)

沿海州・満州周辺(D)

これが最終氷期最盛期までの集団の動き、らしい。

318 :LUNAMASK:2010/03/06(土) 15:54:21 ID:0Ez8G6tv
http://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/3/37/Map-of-human-migrations.jpg
↑ここにある愛知県に集中するBが、なぜ津波に逆らうように南米に入ったのか。
日本の大学のボリビア・モホス巨人王人骨鑑定結果は山東省・遼東方面から、ドイツの
研究所は弥生時代の東北人という鑑定を出している。墓標には隼人紋があり、
甕棺も見られた。

319 :出土地不明:2010/03/06(土) 15:54:25 ID:9JNXYHWW
◎国内最古、馬の乳歯出土 大阪・四条畷の遺跡、飼育を裏付け


大阪府四条畷市の蔀屋北遺跡で、5世紀中ごろ(古墳時代中期)とみられる国内最古の
馬の乳歯が出土していたことが5日、分かった。当時から馬が飼育されていたことを
裏付ける史料。

府教育委員会文化財保護課の宮崎泰史主査は「乳歯は非常にもろく、残るのは珍しい。
当時の馬は貴重で高級車のような存在だったため、丁寧に葬られたのだろう」と話している。

府教委によると、見つかったのは臼歯部分で、最も長い歯は約8センチ。乳歯はすり減る
などして、短くなっていたが、ほかの歯もほぼそろっていた。新しい歯も形成されている
ことから、歯が生え替わる前の2〜3歳の若い馬とみられる。骨や前歯は見つからなかった。

遺跡一帯は日本書紀が河内馬飼と記す朝廷の牧場があったとされ、これまでに馬の全身骨格や
くらなどの馬具も出土。百済系の土器が出土していることから朝鮮半島から来た渡来人が
飼育していたとみられる。〔共同〕(05日 22:02)
http://www.nikkei.co.jp/news/shakai/20100305STXKF039605032010.html
百済系の土器が出土していることから朝鮮半島から来た渡来人が飼育していたとみられる
百済系の土器が出土していることから朝鮮半島から来た渡来人が飼育していたとみられる
百済系の土器が出土していることから朝鮮半島から来た渡来人が飼育していたとみられる
百済系の土器が出土していることから朝鮮半島から来た渡来人が飼育していたとみられる

320 :LUNAMASK:2010/03/06(土) 16:11:50 ID:0Ez8G6tv
>>318
http://www.tbs.co.jp/amazon2007/intro.html
このモホス文明の養殖技術はたんぱく質大量消費集団ということで↓このだいだら法師
伝説と結び付く。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%80%E3%82%A4%E3%83%80%E3%83%A9%E3%83%9C%E3%83%83%E3%83%81

321 :出土地不明:2010/03/06(土) 16:26:06 ID:NEZUHF+a
>>319
> 遺跡一帯は日本書紀が河内馬飼と記す朝廷の牧場があったとされ
>日本書紀の内容の正確性がまたひとつ証明されたわけですね


322 :LUNAMASK:2010/03/06(土) 16:30:50 ID:0Ez8G6tv
トゥヴァにはコンタン節、ツルロサシ踊り、ホダレ祭りなどと共に御柱のような4本の
柱で馬をいけにえにする神事もある。

323 :LUNAMASK:2010/03/06(土) 16:36:16 ID:0Ez8G6tv
こんたんだが、各地では酒宴で座布団を丸めて踊るんだが正調のものはちょっと違う
ようだ。↓
http://blogs.yahoo.co.jp/milkmikky22/60309626.html

324 :LUNAMASK:2010/03/06(土) 17:08:10 ID:0Ez8G6tv
>>291 mtDNA BとyDNA C3の合コン後の軌跡↓
http://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/3/37/Map-of-human-migrations.jpg
http://www.kerchner.com/images/dna/ydna_migrationmap_(FTDNA2006).jpg
アパッチあたりでC3は消えている。南米では時代と共に他のyDNAに寝取られて滅亡し
たのかな。

325 :LUNAMASK:2010/03/06(土) 17:13:20 ID:0Ez8G6tv
女は化けて出るというが(w

326 :出土地不明:2010/03/06(土) 21:13:06 ID:ihj+9/MX
>>315
>商代では
それはいいんだけど・・・
>中国から中央アジアの民族を含む他の民族に伝えられたのであろう。
殷商の末裔は、宋と呼ばれ、北方に逃れていないだろう。

>「薩満」
Saman嘘くせえ。Simuに転化した? いつの時代のどこ地方で転化したのか書けない古い時代?

>世界で唯一、中国語で名が付けられた原始宗教
トンパ教(東覇,東巴)は、原始宗教と浄土世界観の習合だといわれているよ。
その原始宗教部分は、近隣の女性祭司の畢摩や巫師と共通性ありとする説多い。

>清朝が滅亡した後、南方から来た革命者たちは、これを「封建的迷信」と見なし、
嘘だろう。南方の人達は、自ら封印する機会あったから、隠し持ってたろう。国民党も共産党もダブルスタンダード。
今では、トンパ文字ひっぱり出して、観光資源にしているんだぞ。

これは、「東北工程」か何かの文書か? 麗江世界遺産政策と矛盾している表現じゃないか。
こんな怪文書を、昆明や麗江の政治家が読んだら、ぶったまげるぞ。

327 :出土地不明:2010/03/06(土) 22:53:56 ID:/i8z3a61
「木骨泥墻」(もっこつでいのう)「木骨泥墻」(もっこつでいのう)「木骨泥墻」(もっこつでいのう)
「木骨泥墻」(もっこつでいのう)「木骨泥墻」(もっこつでいのう)「木骨泥墻」(もっこつでいのう)
「木骨泥墻」(もっこつでいのう)「木骨泥墻」(もっこつでいのう)「木骨泥墻」(もっこつでいのう)
「木骨泥墻」(もっこつでいのう)「木骨泥墻」(もっこつでいのう)「木骨泥墻」(もっこつでいのう)
「木骨泥墻」(もっこつでいのう)「木骨泥墻」(もっこつでいのう)「木骨泥墻」(もっこつでいのう)
「木骨泥墻」(もっこつでいのう)「木骨泥墻」(もっこつでいのう)「木骨泥墻」(もっこつでいのう)
「木骨泥墻」(もっこつでいのう)「木骨泥墻」(もっこつでいのう)「木骨泥墻」(もっこつでいのう)
「木骨泥墻」(もっこつでいのう)「木骨泥墻」(もっこつでいのう)「木骨泥墻」(もっこつでいのう)
「木骨泥墻」(もっこつでいのう)「木骨泥墻」(もっこつでいのう)「木骨泥墻」(もっこつでいのう)
「木骨泥墻」(もっこつでいのう)「木骨泥墻」(もっこつでいのう)「木骨泥墻」(もっこつでいのう)
「木骨泥墻」(もっこつでいのう)「木骨泥墻」(もっこつでいのう)「木骨泥墻」(もっこつでいのう)
「木骨泥墻」(もっこつでいのう)「木骨泥墻」(もっこつでいのう)「木骨泥墻」(もっこつでいのう)
「木骨泥墻」(もっこつでいのう)「木骨泥墻」(もっこつでいのう)「木骨泥墻」(もっこつでいのう)
「木骨泥墻」(もっこつでいのう)「木骨泥墻」(もっこつでいのう)「木骨泥墻」(もっこつでいのう)
「木骨泥墻」(もっこつでいのう)「木骨泥墻」(もっこつでいのう)「木骨泥墻」(もっこつでいのう)
「木骨泥墻」(もっこつでいのう)「木骨泥墻」(もっこつでいのう)「木骨泥墻」(もっこつでいのう)
「木骨泥墻」(もっこつでいのう)「木骨泥墻」(もっこつでいのう)「木骨泥墻」(もっこつでいのう)
「木骨泥墻」(もっこつでいのう)「木骨泥墻」(もっこつでいのう)「木骨泥墻」(もっこつでいのう)
「木骨泥墻」(もっこつでいのう)「木骨泥墻」(もっこつでいのう)「木骨泥墻」(もっこつでいのう)
「木骨泥墻」(もっこつでいのう)「木骨泥墻」(もっこつでいのう)「木骨泥墻」(もっこつでいのう)
「木骨泥墻」(もっこつでいのう)「木骨泥墻」(もっこつでいのう)「木骨泥墻」(もっこつでいのう)
「木骨泥墻」(もっこつでいのう)「木骨泥墻」(もっこつでいのう)「木骨泥墻」(もっこつでいのう)
「木骨泥墻」(もっこつでいのう)「木骨泥墻」(もっこつでいのう)「木骨泥墻」(もっこつでいのう)
「木骨泥墻」(もっこつでいのう)「木骨泥墻」(もっこつでいのう)「木骨泥墻」(もっこつでいのう)

328 :出土地不明:2010/03/06(土) 23:52:02 ID:XyewpA3z
>>236
台湾原住民と北中国が近いのは意外だなと思ったけど、
この調査でもそうなってるね。

>チベット族と台湾原住民がインドから渡来した南方民族だとする従来の説は間違いで、
>いずれも中国の北方系民族を起源とすることが判明したと張助教授は説明した。
http://www.excite.co.jp/News/china/20100211/Recordchina_20100211022.html

329 :白馬青牛 ◆cjIySZ2iYw :2010/03/07(日) 00:25:15 ID:s55usWFw
>>302
ゆう婁の北限なんか史書へ出とらんじゃないか。野人女直の地を
ゆう婁の地としただけで構図は近世まで変わらんのう。
沿海州横断は無理じゃけぇ、朝鮮の日本海側を通ったんが渤海でぇ。
しかも牛馬まで輸入云う共産主義史観に還元すなや。
疫病をもたらす家畜を好き好んで輸入する集団たぁどこの集団なら。
馬鹿げな妄想するのう。
>>303
他者への印象工作しか芸が無いんか?
>>304
ギャロン側も、中国とチベットなら、中国側の戦士として戦う可能性が強い
わ。歴史的にも、チベットの文化圧迫に反抗する精神の方が強いけんのう。
チベット東部のカムパですら、中共寄りじゃし、中央チベット人を嫌う
体質は変わらんよ。妄想遺伝子や歌以前に。
>>305
米国に対する、江南朱子学の攘夷運動なんか、幕末の攘夷運動から現代の
軟弱ネット右翼に至るまで、外圧に対する思想運動構図は変わらんよ。

330 :白馬青牛 ◆cjIySZ2iYw :2010/03/07(日) 00:44:23 ID:s55usWFw
>>306-307
DNA以前にアジアのモンゴロイドとコーカソイドでは容貌が違います。
遠地と日本人が遺伝的に近い云う系統妄想はABO血液型同様の疑似科学
ですよ。槍なら南北朝期に悪党が使うとりますよ。まあ、これも後世の史料
で信憑性はありませんが、古代の鉾や、狩猟道具としての鉾が槍になった
可能性は強いでしょう。しかし鉄砲は長篠以前でも活用されてますし、
北朝鮮のような個人崇拝で織田信長に還元しても意味がありません。
>>312
支配層は集団の権力構造で父系妄想に還元しても意味があるまあ。
前にも云うたが、父系なんか、好きものの女が出た時点で崩壊するよ。
父系なんかどこの馬の骨か解らん。その面からも系統論は無意味じゃのう。
>>319
百済系の土器だけで百済人に還元しても意味が無い。楽浪や満州蒙古からの
流入者も含む集団と考えた方がえかろう。

331 :出土地不明:2010/03/07(日) 01:01:39 ID:BSsvDxAN
>>329
>他者への印象工作しか芸が無いんか?

何が工作だよ卑怯者。
おまえが自分で書いてることだろうが。

332 :出土地不明:2010/03/07(日) 01:08:09 ID:BSsvDxAN
215 :白馬青牛 ◆cjIySZ2iYw :2010/03/03(水) 23:07:09 ID:ashoN/m4

日本人と朝鮮人はmtDNAじゃあ同種族ほど近い


そうですね。
ところがこのボケはこんなアホな事言ってます。↓

222 :白馬青牛 ◆cjIySZ2iYw :2010/03/03(水) 23:56:05 ID:ashoN/m4
「現在科学的とされている認識なるものが、いかに固定観念や価値観念に支配されているか」私権統合なんか優生学の
ご都合主義じゃけぇ、前提認識すら可笑しい。

科学者たぁ机上の空論を弄ぶ、国家や企業の使用人が多数を占める、
制度内の集団じゃけんのう。

333 :El-Fire:2010/03/07(日) 01:15:32 ID:muXZ7JQZ
>>306 >>330
一応言うと、欧州の集団はインドが故郷らしい。
五万年前にザグロス山脈に移動した、オーリニャック文化の集団と、
三万年前に西部中央アジアに出て西に出たグラヴェット文化の集団。

そういう意味で言えば、『mtDNA-R mtDNA-Nは欧州mtDNAを生み出したアジア系』と言えなくもないが、
これは現在の人種的特徴を獲得する前の話。

334 :出土地不明:2010/03/07(日) 01:17:55 ID:bIML6tJj
>>328
だから党項(タングート)羌と、嘉戎(ギャロン)羌は違う種族と言っているわけで

335 :出土地不明:2010/03/07(日) 01:27:09 ID:LBKbLkNi
◎国内最古、馬の乳歯出土 大阪・四条畷の遺跡、飼育を裏付け


大阪府四条畷市の蔀屋北遺跡で、5世紀中ごろ(古墳時代中期)とみられる国内最古の
馬の乳歯が出土していたことが5日、分かった。当時から馬が飼育されていたことを
裏付ける史料。

府教育委員会文化財保護課の宮崎泰史主査は「乳歯は非常にもろく、残るのは珍しい。
当時の馬は貴重で高級車のような存在だったため、丁寧に葬られたのだろう」と話している。

府教委によると、見つかったのは臼歯部分で、最も長い歯は約8センチ。乳歯はすり減る
などして、短くなっていたが、ほかの歯もほぼそろっていた。新しい歯も形成されている
ことから、歯が生え替わる前の2〜3歳の若い馬とみられる。骨や前歯は見つからなかった。

遺跡一帯は日本書紀が河内馬飼と記す朝廷の牧場があったとされ、これまでに馬の全身骨格や
くらなどの馬具も出土。百済系の土器が出土していることから朝鮮半島から来た渡来人が
飼育していたとみられる。〔共同〕(05日 22:02)
http://www.nikkei.co.jp/news/shakai/20100305STXKF039605032010.html
百済系の土器が出土していることから朝鮮半島から来た渡来人が飼育していたとみられる
百済系の土器が出土していることから朝鮮半島から来た渡来人が飼育していたとみられる
百済系の土器が出土していることから朝鮮半島から来た渡来人が飼育していたとみられる
百済系の土器が出土していることから朝鮮半島から来た渡来人が飼育していたとみられる
百済系の土器が出土していることから朝鮮半島から来た渡来人が飼育していたとみられる
百済系の土器が出土していることから朝鮮半島から来た渡来人が飼育していたとみられる
百済系の土器が出土していることから朝鮮半島から来た渡来人が飼育していたとみられる
百済系の土器が出土していることから朝鮮半島から来た渡来人が飼育していたとみられる

336 :出土地不明:2010/03/07(日) 01:33:01 ID:8RaG2ykh
5世紀中ごろの話なんてどうでもいいだろ

337 :出土地不明:2010/03/07(日) 07:08:28 ID:VckHc4Pm
>>334
党項(タングート)羌という用語は、本来、西夏・宋の時代にしか使わない。
秦漢の時代に使われるようになったのは、最近の中国共産党。

起源前30世紀の新石器時代から、ラサやシガチェには継続的に人は住んでいて
党項が、青海から進入したというのは秦漢の時代。
チベット自治区や青海省の猿男と山鬼の神話は、これの時代を表現している。

>>329
中央チベットでは、ギャロン人のことをBenZhuと呼ぶことあるけど、 漢字で書くと「笨猪」なんだろうな。多分、蔑称だな。
ラサでは、BenZhuとわざと聞こえるように言うみたいだよ。韓国人が日本人を「チョッパリ」と呼ぶようなものだな。
笨教は左巻きで、マニ車もチベット仏教と逆回転だから。中国の農家が食うようなものを好むから、豚なんだろうな。
羌族のことは、KuZhuで、ギャロン人がBenZhuなので、てっきりチベットでは羌系の人をZhuと呼ぶのかと思ってた。
KuZhuは、漢字にすると「ネ庫 猪」かな? 

338 :LUNAMASK:2010/03/07(日) 10:37:22 ID:nLRZ+rcf
>>330 >>306-307
>DNA以前にアジアのモンゴロイドとコーカソイドでは容貌が違います。
遠地と日本人が遺伝的に近い云う系統妄想はABO血液型同様の疑似科学
ですよ。
----------------------------------------------------------------
日本と周辺北東アジアに「騎馬民族征服王朝説」にいうような古代の民族移動が
あったかどうかを立証できる科学的証左がほしい。これがこのスレの真意ですよ。

339 :LUNAMASK:2010/03/07(日) 10:43:04 ID:nLRZ+rcf
>>330 >>306-307
>槍なら南北朝期に悪党が使うとりますよ。まあ、これも後世の史料
で信憑性はありませんが、古代の鉾や、狩猟道具としての鉾が槍になった
可能性は強いでしょう。
-----------------------------------------------------------------
穢の3丈の矛、黒田節、利家の長槍・・・こんなもので近藤勇のツキで象徴される実践の
白兵戦、個人格闘に用をなすなんて考えられない。ではなんでこんなものがあったのか
を考えると密集隊列戦闘が考えられる。それが伝世されたのが古代尾張地方ではな
いかと。

340 :LUNAMASK:2010/03/07(日) 10:46:37 ID:nLRZ+rcf
333 >>306 >>330
一応言うと、欧州の集団はインドが故郷らしい。
五万年前にザグロス山脈に移動した、オーリニャック文化の集団と、
三万年前に西部中央アジアに出て西に出たグラヴェット文化の集団。
そういう意味で言えば、『mtDNA-R mtDNA-Nは欧州mtDNAを生み出したアジア系』と
言えなくもないが、
これは現在の人種的特徴を獲得する前の話。
-------------------------------------------------------------------
なるほど。そうでしたか。このへんをぼかした、なんだか欧州人種を天孫降臨とするよ
うな(ネアンデルタールにひきずられてるのか)DNA移動マップが横行してますね。

341 :El-Fire:2010/03/07(日) 10:47:16 ID:muXZ7JQZ
ttp://elfire.blog73.fc2.com/blog-entry-48.html

mtDNAの系統図、小幅更新。



単に趣味でまとめてみただけだけど、需要があるのなら公開し続けます。


342 :LUNAMASK:2010/03/07(日) 10:57:02 ID:nLRZ+rcf
>>330 >>306-307
>しかし鉄砲は長篠以前でも活用されてますし、
北朝鮮のような個人崇拝で織田信長に還元しても意味がありません。
-------------------------------------------------------------------
ヒクソスのファラオ、匈奴冒頓単于、織田信長・・・こいつらに比べればスターリン、
ヒットラーはまだ餓鬼ですが、肉親、家臣も平然と殺戮する・・・この鬼畜の軍事優先主義
のルーツに興味があるので、崇拝というよりこうしたことに巻き込まれることを未然回避
せんがためです。

343 :出土地不明:2010/03/07(日) 11:28:07 ID:bIML6tJj
>>337
マニ車が逆回りなのは嘉戎(ギャロン)羌族が信仰するのはチベット仏教でなく、自然崇拝のポン教だからだよ

ポン教の方が原始的なアニミズムに近く、土地の精霊と強くつながっているから、彼らの方が先住文化だったのだろう

344 :LUNAMASK:2010/03/07(日) 11:41:19 ID:nLRZ+rcf
>>340 欧州民族のインド経由というのは、
http://www.kerchner.com/images/dna/ydna_migrationmap_(FTDNA2006).jpg
この図でイラク辺におかれたFをインドまでドラグしたような形ではないかということか。

345 :LUNAMASK:2010/03/07(日) 11:51:04 ID:nLRZ+rcf
Dの兄弟分Eの軌跡もインド方向に向かっている感じがする↓
http://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/d/dc/Haplogrupo_E-ADN-Y.GIF

346 :出土地不明:2010/03/07(日) 12:42:26 ID:whG9yWSC
http://www.kerchner.com/images/dna/ydna_migrationmap_%28FTDNA2006%29.jpg

347 :出土地不明:2010/03/07(日) 12:50:29 ID:iyOYtRVo
華北エリア(北京市、天津市、河北省、山西省、内モンゴル自治区、河南省)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%82%A1%E3%82%A4%E3%83%AB:Huabei_China.png

西部エリア(貴州省、雲南省、チベット自治区、陜西省、甘粛省、青海省、寧夏回族自治区、ウイグル自治区)
http://www.jetro.go.jp/images/jp/world/areamap-cn02.gif

東北エリア(遼寧省、吉林省、黒龍江省)
http://www.jetro.go.jp/images/jp/world/areamap-cn01.gif

華東エリア(上海市、江蘇省、浙江省、山東省)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%82%A1%E3%82%A4%E3%83%AB:Huadong_China.png

華中エリア(安徽省、湖北省、湖南省、江西省、重慶市、四川省)
http://www.jetro.go.jp/images/jp/world/areamap-cn04.gif

華南エリア(福建省、広西チワン自治区、海南省、広東省)
http://www.jetro.go.jp/images/jp/world/areamap-cn03.gif

348 :El-Fire:2010/03/07(日) 14:28:00 ID:muXZ7JQZ
>>344
多分、そうだと思われる。
出アフリカのY-DNAはC,D,Fかな。

349 :El-Fire:2010/03/07(日) 14:53:46 ID:muXZ7JQZ
出アフリカ組は『南アラビア沿岸を除く中東』より先にインダス川流域へたどり着いている。
当時は中東方面への道は砂漠で閉ざされていたらしい。
この時点でmtDNAのマクロハプログループであるM,N,Rを保持している。
そして、恐らくY-DNAのC,D,Fも

アジア集団は、そのまま東へ向かっている。
南アラビア沿岸からオーストラリアまでは一万年もかからなかった。
mtDNAはM,N系の諸系統を保持
恐らくY-DNAはC。(Dも?)
およそ六万年前。

西部インドから中東へ向かった集団はザグロス山脈に居ついてオーリニャック文化となる。
通行可能になると同時に中東へそして北アフリカ、欧州へ拡散。
mtDNAはU (Rから派生)
Y-DNAはF,J
およそ五万年前。

西部インドから北上、西進し、グラヴェット文化となる。
mtDNAはHV
Y-DNAはK?
およそ三万年前

また、同じくインドから北上、東進する集団(南シベリア)
時期不明だが
mtDNAはC,Z,X
Y-DNAはQ?


なお、Y-DNAに関してはあまり正確ではないためあしからず。

350 :出土地不明:2010/03/07(日) 17:01:48 ID:KPxBLkfi
■■■悪の王者『台湾人工作部隊』の卑怯で卑劣で悪辣な工作の手口■■■


@まず日本人のふりをしながら朝鮮煙幕を炊き付け、それを自ら叩いて
自家発電でもって正義の味方を装う。
(朝鮮人を叩く正義のおじちゃんだ!と、この時点でバカ落ちる)

Aバカがダマサれ切ったのを見計らって、何十年もかけて作り上げてきた
それはそれは高度な誘導用の捏造創作を使って勝手に自分たちの祖先、
長江江南人が渡来したと狂言しまくる。
(バカ、ダマサれ信じ込む)

Bバレかけたら、邪魔な日本人に対して朝鮮人呼ばわりをする卑劣な狂言を
働く事で防衛し、再び@に戻って、A、@、A、@・・・と無限に繰り返す。

Cハイ、直接的関係など何も無い台湾人祖先「江南土人」が日本人の祖先になりました。

351 :出土地不明:2010/03/07(日) 17:24:58 ID:WoNugw5U
若い女って言うのは,触ってもいいし,舐めてもいいし,
また,髪の毛の匂いを嗅ぐのもいいよね。
寒い時は,湯たんぽ代わりになるし,暇な時は撫でくってると
甘えてくる。
それこそ,チンポを1時間くらいしゃぶらせるのも良し,
精液を顔に掛けるのも良し,
ただ柔らかい感触を味わうだけでも良い。
ケツの穴のシワを丹念に舐めさせるのもいい。

やっぱり,女は最高だね・・・


352 :出土地不明:2010/03/07(日) 21:24:07 ID:VckHc4Pm
>>343
吐蕃が攻め込む前の段階から、嘉戎(ギャロン)にはポン教があったみたいですね。
チベット仏教の仮面劇で、振袖のポン教司祭が調伏されるのがあります。

ラサに比べると、青海省のチベット寺院にはニンマ派が多くあり
四川省の場合は、ゲルク派でもニンマ派の教科書を兼学するようです。
ニンマ派は、ポン教を習合しているといわれてますね。

ポン教は、やおろずの神の体系があって、教義は鏡面のような静かな境地を
求める土着宗教っぽい感じがします。

353 :出土地不明:2010/03/07(日) 23:05:05 ID:zdeVDOmc
「木骨泥墻」(もっこつでいのう)「木骨泥墻」(もっこつでいのう)「木骨泥墻」(もっこつでいのう)
「木骨泥墻」(もっこつでいのう)「木骨泥墻」(もっこつでいのう)「木骨泥墻」(もっこつでいのう)
「木骨泥墻」(もっこつでいのう)「木骨泥墻」(もっこつでいのう)「木骨泥墻」(もっこつでいのう)
「木骨泥墻」(もっこつでいのう)「木骨泥墻」(もっこつでいのう)「木骨泥墻」(もっこつでいのう)
「木骨泥墻」(もっこつでいのう)「木骨泥墻」(もっこつでいのう)「木骨泥墻」(もっこつでいのう)
「木骨泥墻」(もっこつでいのう)「木骨泥墻」(もっこつでいのう)「木骨泥墻」(もっこつでいのう)
「木骨泥墻」(もっこつでいのう)「木骨泥墻」(もっこつでいのう)「木骨泥墻」(もっこつでいのう)
「木骨泥墻」(もっこつでいのう)「木骨泥墻」(もっこつでいのう)「木骨泥墻」(もっこつでいのう)
「木骨泥墻」(もっこつでいのう)「木骨泥墻」(もっこつでいのう)「木骨泥墻」(もっこつでいのう)
「木骨泥墻」(もっこつでいのう)「木骨泥墻」(もっこつでいのう)「木骨泥墻」(もっこつでいのう)
「木骨泥墻」(もっこつでいのう)「木骨泥墻」(もっこつでいのう)「木骨泥墻」(もっこつでいのう)
「木骨泥墻」(もっこつでいのう)「木骨泥墻」(もっこつでいのう)「木骨泥墻」(もっこつでいのう)
「木骨泥墻」(もっこつでいのう)「木骨泥墻」(もっこつでいのう)「木骨泥墻」(もっこつでいのう)
「木骨泥墻」(もっこつでいのう)「木骨泥墻」(もっこつでいのう)「木骨泥墻」(もっこつでいのう)
「木骨泥墻」(もっこつでいのう)「木骨泥墻」(もっこつでいのう)「木骨泥墻」(もっこつでいのう)
「木骨泥墻」(もっこつでいのう)「木骨泥墻」(もっこつでいのう)「木骨泥墻」(もっこつでいのう)
「木骨泥墻」(もっこつでいのう)「木骨泥墻」(もっこつでいのう)「木骨泥墻」(もっこつでいのう)
「木骨泥墻」(もっこつでいのう)「木骨泥墻」(もっこつでいのう)「木骨泥墻」(もっこつでいのう)
「木骨泥墻」(もっこつでいのう)「木骨泥墻」(もっこつでいのう)「木骨泥墻」(もっこつでいのう)
「木骨泥墻」(もっこつでいのう)「木骨泥墻」(もっこつでいのう)「木骨泥墻」(もっこつでいのう)
「木骨泥墻」(もっこつでいのう)「木骨泥墻」(もっこつでいのう)「木骨泥墻」(もっこつでいのう)
「木骨泥墻」(もっこつでいのう)「木骨泥墻」(もっこつでいのう)「木骨泥墻」(もっこつでいのう)
「木骨泥墻」(もっこつでいのう)「木骨泥墻」(もっこつでいのう)「木骨泥墻」(もっこつでいのう)
「木骨泥墻」(もっこつでいのう)「木骨泥墻」(もっこつでいのう)「木骨泥墻」(もっこつでいのう)

354 :白馬青牛 ◆cjIySZ2iYw :2010/03/07(日) 23:07:42 ID:s55usWFw
>>333
欧州集団の集団の故郷はインドは無いよ。インドの支配層の
アーリア人は中央からインドを征服したんじゃし。
>>334
タングートとギャロンの集団は同族に近いじゃろうに。タングート羌族は、
四川西部のミニャク木雅族と同族の可能性が強い。ギャロン族と近隣で
ギャロンにも西夏王国の末裔伝説もあるじゃろうに。
>>338-339及び340-342
高句麗の南下で楽浪が滅び、朝鮮南部に北方民族の南下は、百済が扶余
集団であったことや、新羅に積石木槨墓や伽耶の北方木槨墓人が支配した
ことや形質人類学的に北方形質の人間が朝鮮だけじゃのうて日本でも主流に
なったんは明らかなことですよ。民族移動が無かった云う電波証左でも
提示したらどうですか?
白兵戦においては、長槍の方が実戦に有効ですよ。個人格闘においても
槍や長刀も長い方が有利で、槍千日なら刀は万日の慣れが必要です。
密集隊列戦闘尾張起源も根拠がありません。密集隊列も強弩や砲弾で
崩される脆さがありますから合理的な戦法ではありませんね。
人種的特色を確保する以前を語るんはファンタジーの世界でしょう。
系統論は遡るだけ、二分の一から四分の一、八分の一、十六分の一と
血が薄うなるわけですし。十六の部分では残りの十五の系統は無視されるん
じゃあ意味がありません。
織田信長なんか日本でも天下を取って十年も持たんかった愚将ですよ。
ヒトラーやスターリン程度か日本的ローカルから、彼らより劣るんじゃ
ないですか。まあ、信長が昭和初期に上層軍人であったら、戦犯として
処刑された程度でしょう。南京事件の責任で処刑となった谷寿夫氏と
同様。

355 :出土地不明:2010/03/07(日) 23:42:19 ID:Vs/093XD
日本人の特徴

・電車やバスで他人が倒れても、財布落しても知らん顔
・電車やバスで倒れた人、蹲ってる人が若い女性だった場合は即座に助けようとスケベ男が群がる
 (性欲を抑えきれない昆虫未満の劣等遺伝子を発揮する場面wwwwww)
・弱い者には声を荒げ、眼を飛ばし、威張り散らすが強い者には見苦しいほど媚び諂う。
・白人コンプレックスの塊であり、自分達は「アジア人ではない!アジアの白人」と勘違いしている。
・「世界で日本文化は人気」とか訳の分からん妄想を抱き喜ぶ
・天皇(笑)が大好きで、彼に少しでも異を唱えると生きていけない世の中。
・オウム真理教に見られるように、カルト宗教が多い。つーか国家自体がカルト色強い
・食事の仕方が下品極まりない。「クチャクチャ」音を立て、挙句の果てにはお茶を嗽飲みwwww
・海外旅行では謙虚な人間振り、帰国すると「海外旅行経験者」という詰まらない優越感に浸り、他人を馬鹿にする
・日本の男はスケベで有名であり、戦時中の反省もせず未だに世界中で買春をしている。
・世界一ストーカーが多い。そして世界一キモオタが多い。

356 :出土地不明:2010/03/07(日) 23:58:54 ID:/y+IkIx6
>>355
類は友を呼ぶ。だな〜

357 :出土地不明:2010/03/08(月) 00:01:38 ID:JiyQeNzl



台湾人

不都合な事は見えない聞こえない

ただひたすら朝鮮人と叫びまくるだけ

A級有害害国人指定



358 :El-Fire:2010/03/08(月) 00:18:25 ID:vMQGqJj5
>>354
俺が言っているのは、出アフリカ組の最初の動き(約7〜3万年前くらい)のことに関してで、
印欧語族やアーリア人(約1万年前)が云々と言う新しい時代のことではないんだが・・・・。

全ての出アフリカ組は、南アラビアを通ってインドに定着し、
気候的・技術的に可能な方向に順次拡散した。

ところで、>>中央から ってのがよくわからなかったからできれば解説お願いします。

359 :LUNAMASK:2010/03/08(月) 10:59:30 ID:G3t8qnrY
>>354 >>338-339及び340-342
高句麗の南下で楽浪が滅び、朝鮮南部に北方民族の南下は、百済が扶余
集団であったことや、新羅に積石木槨墓や伽耶の北方木槨墓人が支配した
ことや形質人類学的に北方形質の人間が朝鮮だけじゃのうて日本でも主流に
なったんは明らかなことですよ。
---------------------------------------------------------------
「東胡の民族は鳥桓山と鮮卑山に逃れた。鳥桓山に逃れた東胡遺民を鳥桓となる。
鮮卑山に逃れた東胡遺民を鮮卑となる。東胡の人々はツングース系の民族であろう。
その後、鮮卑は中国(漢民族)に大きな影響をもたらすのである。」
http://blogs.yahoo.co.jp/cmnwn2612001/12041893.html
「匈奴の冒頓単于は盧綰を歓迎し、「東胡の盧王」に封建するも、一年余で盧綰は
病死した。」
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%9B%A7%E7%B6%B0
バイカル、セレンガ(ヤブロノヴァヤ)、ネルチンスク(オノン)・ダウリア
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%80%E3%82%A6%E3%83%AA%E3%83%A4
おそらく鮮卑山、烏桓山はこれ↓でしょう。
http://jupiters.narod.ru/expedit5/b-0.jpg
本件に関しての白馬青牛さんは日本の主流の考えだと思います。

360 :LUNAMASK:2010/03/08(月) 11:04:11 ID:G3t8qnrY
>>354 >>338-339及び340-342
白兵戦においては、長槍の方が実戦に有効ですよ。個人格闘においても
槍や長刀も長い方が有利で、槍千日なら刀は万日の慣れが必要です。
密集隊列戦闘尾張起源も根拠がありません。密集隊列も強弩や砲弾で
崩される脆さがありますから合理的な戦法ではありませんね。
-----------------------------------------------------------
とどのつまりは自衛隊ですよ。

361 :LUNAMASK:2010/03/08(月) 11:06:36 ID:G3t8qnrY
>>354 >>338-339及び340-342
人種的特色を確保する以前を語るんはファンタジーの世界でしょう。
系統論は遡るだけ、二分の一から四分の一、八分の一、十六分の一と
血が薄うなるわけですし。十六の部分では残りの十五の系統は無視されるん
じゃあ意味がありません。
--------------------------------------------------------------
このスレの目的は考古学ですよ。遺伝云々はあくまでもツール。

362 :LUNAMASK:2010/03/08(月) 11:08:59 ID:G3t8qnrY
>>354 >>338-339及び340-342
織田信長なんか日本でも天下を取って十年も持たんかった愚将ですよ。
ヒトラーやスターリン程度か日本的ローカルから、彼らより劣るんじゃ
ないですか。まあ、信長が昭和初期に上層軍人であったら、戦犯として
処刑された程度でしょう。南京事件の責任で処刑となった谷寿夫氏と
同様。
-------------------------------------------------------------
歴史の愚を繰り返さないためにも真実を追求するというのが大事では。

363 :LUNAMASK:2010/03/08(月) 11:17:49 ID:G3t8qnrY
>.359
おもしろそう紀に↓
「前漢初期、匈奴を軽んじて過酷な要求を続ける東胡に、冒頓単于(匈奴国王)が反逆
し、冒頓の軍勢に大敗した東胡は匈奴の属国とされ、国王を匈奴から迎える逆境とな
る。それを嫌った東胡の支族が大輿安嶺山脈に逃れ、そこの鮮卑山や鳥桓山に拠って
自立した。それが鮮卑族と鳥桓族の起源だとされる。だが、烏丸は匈奴に対抗する戦力
がなく、数千の部落が匈奴に服属して毎年、牛馬や皮革を貢納させられたようだ。 」
http://www9.plala.or.jp/juraku/bsoki1_3.html
こういう情報があります。私としては京都の烏丸、琵琶湖の烏桓半島、和邇川等は
烏桓であり、和邇氏も烏桓の中国流発音ウワンから来ると解釈しています。

364 :LUNAMASK:2010/03/08(月) 11:46:23 ID:G3t8qnrY
民族移動の研究にはアルタイ・バイカル・黒竜江・沿海州の他に江南・山東方面
↓を常に考慮する必要がある。
「中国東北部(満州)古民族の源は東夷だ」
  能?證明東北古民族與東夷同族關係的材料還有許多,例如:
東北古民族中?一民族的具體族稱一般都與東夷中的某一民族的族稱有著對應
關係;
二者間共同流傳的始祖卵生神話;
共同崇拜鳥、犬、龜、龍的宗教意識;
左衽的服飾特點; 
發達的造船和航海技術等等。
限於篇幅,這裏不再細述。
總之,東北地區古民族的形成,是東夷族系的一支向東北地區大規模遷徙的結果
東北古民族と東夷が同族関係にあることを立証する材料は非常に多い。
両地方の族称が顕著に対応している。
双方に始祖卵生神話がある。
鳥、犬、亀、竜崇拝。
左衽 上前の衽(おくみ)が左手のほうへくるように重ねて着ること。「さじん」。
造船航海技術等々。
(注:古来,中国漢民族の衣服は右衽,周辺の遊牧民族の衣服は左衽であった。
漢民族は左衽の服を胡服すなわち野蛮人の服として軽蔑したが,騎馬の習俗とともに
胡服様式を採用すると,これを左衽の袍(ほう)と称し,後には右衽に着るようになった。
中国文明の影響下にあった周辺民族の服装も,しだいにこれに倣って左衽から右衽に
変化していった。)
これは東夷が東北地区に大規模な民族移動を行った結果として東北地方の民族形成
が行われたことを示している。
石器土器の共通特徴
1.石器製作                     石器的製造
2.卵殻黒陶                     蛋殼K陶
3.鳥型器物                     器物造形‐擬鳥形
4.彩陶文様                     彩陶的風格 
習俗の共通特徴
1.頭骨変形                     頭骨人工變形的習俗
2.礼 蹲居                      “禮”
3.樂器                        楽器
4.亀甲・骨占い                   龜卜、骨卜
5.弓矢                        弓箭
6.支石墓                      石棚墓
7.動物殉葬                     殉葬豬、狗、羊等家畜的習俗
http://artvine.org/forum/index.php?topic=285.0
李コ山 撰
《東北師大學報:哲社版》,1995/04,91〜96頁

365 :LUNAMASK:2010/03/08(月) 15:25:20 ID:G3t8qnrY
>>361 ツール↓
http://www.kahaku.go.jp/special/past/japanese/ipix/5/img/5_26_01.jpg
日本列島に求心的に線を引くからおかしいので、いったん北上しタイガ地帯から
東方、南方に移動すると頭を切り替える要があるようですね。

366 :LUNAMASK:2010/03/08(月) 16:14:48 ID:G3t8qnrY
>>359
「おそらく鮮卑山、烏桓山はこれ↓でしょう。」
http://jupiters.narod.ru/expedit5/b-0.jpg
しかし、ブリャートモンゴルのウェブ・サイト地図によれば↓この
「おもしろそう紀 第二章 神日本磐余彦β  第三節  王権の由来β 万世一系の
源流β」
「匈奴の領土は中央に直轄領たる単于庭があり、西東に王族出自の右左賢王などを
配置して、単于庭の北と南については記録することがない。姻族氏がどこを宰領していた
かも分からない。もしかすると単于庭の北部にあったかも知れない。夫餘・高句麗の四
道・四部はつまるところ匈奴の制に由来する可能性もある。

http://www9.plala.or.jp/juraku/bsoki1_3.html
右左賢王を既述の鮮卑山、烏桓山に当てている。いずれにせよ葛城山系と山の辺の道
丘陵と同じ配置だ。おまけにバイカル湖は琵琶湖にそっくりだ。神武、ヤマトタケルは
ハングライダーに乗る程度の土地勘をもったトランスヒューマンス統治であったと見る
べきか。

367 :LUNAMASK:2010/03/08(月) 16:24:25 ID:G3t8qnrY
↑和邇川というのがアンガラ川なんで和邇氏とか、壬申の乱はイルクーツクと関係
するのかなー。

368 :LUNAMASK:2010/03/08(月) 16:52:18 ID:G3t8qnrY
弥生期の沃沮系に続いて
三輪王朝=東胡
マトリックス的にしか見えないが↓
応神・継体王朝/白鳳・奈良=トゥヴァ・ハカス/月氏
こうしてみると騎馬民族征服王朝ともみまがうべき渡来人の内容変貌が
あったのかもしれない。


369 :出土地不明:2010/03/08(月) 20:30:34 ID:tJswzDBf
>>354
木雅語は、羌系だったんすか。
テレビドラマ『康定情歌』の木雅曲登は、ちょっと蔵族っぽくないと評価があったけど
西洋人とも漢人とも対等に渡り合っていた木雅族の話とすれば、納得です。
洛桑がカムパで、木雅曲登が木雅なら隣接しているがちょっと違う感じが現れていると思います。

長河西魚通寧遠宣慰使(明正土司)が、木雅族ですね。

西夏王国の西夏語も複数系統あり、王家の末裔伝説も2〜3ぐらいの言語グループに
並立しても、矛盾はありません。

370 :出土地不明:2010/03/08(月) 20:34:31 ID:y5Kf/RdY
広島人の特徴

・市電やバスで他人が倒れても、財布落しても知らん顔
・市電やバスで倒れた人、蹲ってる人がかわいい少年だった場合は即座に助けようとスケベ男が群がる
 (性欲を抑えきれない昆虫未満の劣等遺伝子を発揮する場面wwwwww)
・四国者には声を荒げ、眼を飛ばし、威張り散らすが九州者には見苦しいほど媚び諂う。
・ツングースコンプレックスの塊であり、自分達は「日本人ではない!日本のツングース系」と勘違いしている。
・「世界で広島風お好み焼きは大人気」とか訳の分からん妄想を抱き喜ぶ
・毛利元就(笑)が大好きで、彼に少しでも異を唱えると生きていけない世の中。
・浄土真宗に見られるように、カルト宗教が多い。つーか県自体がカルト色強い
・食事の仕方が下品極まりない。「クチャクチャ」音を立て、挙句の果てにはお茶を嗽飲みwwww
・中国旅行では謙虚な人間振り、帰国すると「中国旅行経験者」という詰まらない優越感に浸り、岡山人を馬鹿にする
・広島の男はスケベで有名であり、戦時中の反省もせず未だに世界中でアッ―をしている。
・世界一オカーマーが多い。そして世界一ブサメンが多い。

371 :出土地不明:2010/03/08(月) 21:24:24 ID:eWLsYxOx
◆国内最古、馬の乳歯出土 大阪・四条畷の遺跡、飼育を裏付け


大阪府四条畷市の蔀屋北遺跡で、5世紀中ごろ(古墳時代中期)とみられる国内最古の
馬の乳歯が出土していたことが5日、分かった。当時から馬が飼育されていたことを
裏付ける史料。

府教育委員会文化財保護課の宮崎泰史主査は「乳歯は非常にもろく、残るのは珍しい。
当時の馬は貴重で高級車のような存在だったため、丁寧に葬られたのだろう」と話している。

府教委によると、見つかったのは臼歯部分で、最も長い歯は約8センチ。乳歯はすり減る
などして、短くなっていたが、ほかの歯もほぼそろっていた。新しい歯も形成されている
ことから、歯が生え替わる前の2〜3歳の若い馬とみられる。骨や前歯は見つからなかった。

遺跡一帯は日本書紀が河内馬飼と記す朝廷の牧場があったとされ、これまでに馬の全身骨格や
くらなどの馬具も出土。百済系の土器が出土していることから朝鮮半島から来た渡来人が
飼育していたとみられる。〔共同〕(05日 22:02)
http://www.nikkei.co.jp/news/shakai/20100305STXKF039605032010.html
百済系の土器が出土していることから朝鮮半島から来た渡来人が飼育していたとみられる
百済系の土器が出土していることから朝鮮半島から来た渡来人が飼育していたとみられる
百済系の土器が出土していることから朝鮮半島から来た渡来人が飼育していたとみられる
百済系の土器が出土していることから朝鮮半島から来た渡来人が飼育していたとみられる
百済系の土器が出土していることから朝鮮半島から来た渡来人が飼育していたとみられる
百済系の土器が出土していることから朝鮮半島から来た渡来人が飼育していたとみられる
百済系の土器が出土していることから朝鮮半島から来た渡来人が飼育していたとみられる
百済系の土器が出土していることから朝鮮半島から来た渡来人が飼育していたとみられる

372 :出土地不明:2010/03/08(月) 22:16:10 ID:ygPwrWDy
>>371
日本書紀の記述は正しかったと言う事だな
百済は日本の属国だったし

373 :白馬青牛 ◆cjIySZ2iYw :2010/03/08(月) 22:37:36 ID:ux1fc2Ny
>>358
アフリカ起源一元説だけから、推測遊びしても意味がないよ。
>>354のんは、アーリア人が中央アジアから南下してインドを征服した
云うこと。
>>359
東胡をツングース云うよりモンゴルの要素が強いでしょう。もちろん
鮮卑や後の契丹の初期は森林の民たるツングースの要素も強かったん
ですが。草原地帯に移住するほどモンゴル的あるいはトルコ的要素が
強うなりましたね。その辺はこちらのスレにもありましたね。
http://yomi.mobi/read.cgi/academy5/academy5_whis_1108895458
わしも何回か書いとりますけど。
>>369
木雅語は西夏語に一番近いとされてます。上に挙げた過去スレにも、
鮮卑拓抜部からミニャク族、西夏の話題になりましたけぇ、
122 名前:白馬青牛 [2005/07/27(水) 01:55:57 0]
>>120
タングート拓跋部は四川省北部白河(白水江)流域が発祥地で、
「弥薬」、「弥人」と称した。
ミ・ニャク族は現在四川省の康定(戦前の西康省、
東部チベット・カム地方、漢人は西蕃、蛮子とも呼び、
中央チベット人(蔵)と区別した。)あたりに住んで木雅という
名で呼ばれており、そのミ・ニャクが北上し西夏国をつくり、
北上せずに、四川に残った一族が、木雅人とされる。
鮮卑拓跋部の影響もあろうが、後に征服王朝を築いた風土的、民族的
基盤は、四川の白河にあったと思う。
 と、書いております。ミニャク木雅語と西夏語の関係は、
http://www.honyakunoizumi.info/path/Path_WorldLng_p3.htm
http://coe21.zinbun.kyoto-u.ac.jp/newsletters/CCC-vol6.pdf
に、出とりますね。

374 :白馬青牛 ◆cjIySZ2iYw :2010/03/08(月) 23:30:46 ID:ux1fc2Ny
>>369
>>373の続き。木雅族は羌系でしょう。西番と云うべきか。
http://abc0120.net/report/abc2007042501.html
ここにも、『「西番」チベット族には、ギャロン、白馬、アールゴン、
ジャバ、クィリャン、ミニャク、アールスー、ナムイ、シシン、チュと
よばれる12の集団が含まれる。(中略)歴史や言語、白石や山神の崇拝、
石積みの家屋や巨大な石塔などの点でむしろ岷江上流に居住するチャン族
の間に共通した要素が指摘されている。』と、蔵よりも羌でしょう。
カムパは言語は蔵系ですが、中央チベット連中から見たら、カムパも
羌系言語の連中も広い意味でカムパ(カム地方の人間)になります。
>>370
あんたの空想妄想の広島人像よのう。あんた他板に書きよる九州人
じゃろう。ハッタリ虚言癖の性質を持つ九州人に諂う広島人は
まずおらんのう。しかも戦争中女を見ると強姦して殺す九州人ほど、
広島人は助べえで残忍じゃないわ。世界に冠たるレイプ軍団
九州族が得意の虚言癖で責任転嫁しても意味ないど。
http://anchorage.2ch.net/test/read.cgi/army/1258649782/

375 :El-Fire:2010/03/08(月) 23:31:38 ID:vMQGqJj5
>>373
まさか、アフリカ起源説とmtDNAだけで語っている訳ないよ。
当時の気候、特にアネクメーネの分布と石刃技法の拡散からの結論。
無論、専門家でもないから、1から考えるのではなく、
スティーヴン・オッペンハイマーの『人類の足跡10万年全史』をベースに
裏取りを頑張っているだけだけど。


そうそう、白馬青牛とLUNAMASKさんは自分のサイトとか持ってますか?



376 :El-Fire:2010/03/08(月) 23:32:57 ID:vMQGqJj5
あ・・・・・呼び捨て、ごめんなさい。

377 :白馬青牛 ◆cjIySZ2iYw :2010/03/08(月) 23:36:56 ID:ux1fc2Ny
>>370
139 :廣島・もみじ民 ◆cjIySZ2iYw :2010/01/21(木) 22:41:04 ID:Tmc7BBte
>>137
皇室の権威を借りたい、権威欲の強い九州人の性格丸だしじゃのう。
しかも菊の由来は皇室から賜った根拠がどこにあるんやら?
今東光氏が「大体九州人なんていうのは、ハッタリだけでな、
豪傑ぶってるけど、ちっとも豪傑じゃあありゃあしねえ。それに助平でな。
戦争中なんか、満洲などで、「九州の部隊がくる」っていうと、
村の人たちは娘を全部隠したもんだ。女と見るとみんなやっちゃうんだ、
九州の兵隊は。権力側につくと九州人ほど強くなる人種もないんでね。
虎の威を借る狐よ。」と、権力に弱く弱者に威張りたがる九州人の性質は
当っとるのう。皇室の紋章を貰うたじゃのハッタリ権威好きな処なんか。
伊藤桂一氏は「女っ気がないと、夜も日も明けないのが九州兵団らしく、
久留米の龍兵団は北ビルマまで女(慰安婦)を連れていっている。」
と九州兵の女好きの性格を云われ、「これは、ビルマでの話だが、
某兵団で、どうしても強姦事件が絶えないとみて、内々に強姦を認めた。
しかしビルマは親日国で、かつ民衆は熱心な仏教徒であり、強姦など
行えない。残された方法は証拠の湮滅ーつまり、犯した相手をその場で
殺してしまうことであった。」と、(まあ伊藤桂一氏は、戦争体験者から
話を聞かれて戦記を書かれるので、戦争体験者の自部隊の恥部を暴露
されたら伊藤氏に自身の戦闘体験など語られんじゃろうし。伊藤桂一氏の
思いやりとして、ぼかしておられる)
具体的にはビルマで、久留米18D(菊)に付いて従軍したカメラマンの
石井周二氏が「部隊の通った後をいくと、女が大の字になって死んでいるん
ですよ。開いたマタのあそこに、トウキビが一本突き刺してあるなんてのは
ザラですね。田の稲の間にタコツボみたいな穴を掘って女が隠れているん
ですな。兵隊はそれを知っているから、女を捜し出しては犯ったあと、
バン!と一発です。ウン、殺しちゃうんです。」と、ぼかさん話は
生々しいのう。

378 :白馬青牛 ◆cjIySZ2iYw :2010/03/08(月) 23:45:33 ID:ux1fc2Ny
>>375
わしゃあ、自分のサイトは持っておりませんよ。

379 :El-Fire:2010/03/08(月) 23:54:21 ID:vMQGqJj5
自分は、持ったほうがいいんじゃないか、と思います。
スレに書き込んだ文章だけでは、ジグソーパズルをやってる気分になります。
過去ログを含めて膨大な書き込みがありますが、
とびとびで、とても整理できたものじゃなく、各人の考え方の違いもまとめにくい。

自分としては(そして、恐らく多くの名無しさんも)、置いてけぼりにされてる気分になっています。
だから、サイトを作ってくれるとすごくありがたいですね。

380 :出土地不明:2010/03/08(月) 23:59:19 ID:7BWKqy7z
広島の師団って日本一弱かったよね。

381 :出土地不明:2010/03/09(火) 00:45:47 ID:j0daoAgW
なぜ中世の広島県民は戦争が弱かったのか
http://academy6.2ch.net/test/read.cgi/history/1261316855/

382 :出土地不明:2010/03/09(火) 01:21:36 ID:ZMOLN/Ct
やはり、鮮卑族が西へ行ったり東へ行ったり忙しいし
いろんな言語の集団と行動を共にするので
難しいところですね。

逆に漢側が、不明な言語集団を全部鮮卑族と呼んでいたり
してたら、もうカオスです。北辺を通って東西に行き来していた集団は
殷商の時代からあったはずですから。

383 :連合右翼団体:2010/03/09(火) 05:14:18 ID:XG8Irc6Q
http://www.youtube.com/watch?v=pYVARhCLfz8

http://www.youtube.com/watch?v=TsmmjeLaZyE&feature=related

http://www.youtube.com/watch?v=a2xPsN6sCyQ&feature=related

http://www.youtube.com/watch?v=AHJYt_5IE_A&feature=related

http://www.youtube.com/watch?v=kcFwTWv4cCU&feature=related

http://www.youtube.com/watch?v=XhYTklv48E0&feature=related

現代日本人ではできない 普通 政治に不満があったり就職活動が
上手くいかないから 上手くいかせるようこうしたり アフガニスタン戦争の
犯人も見直したほうが良いはずだ あと普通留めに入るだろ 
入らない理由として現代人は以下のコトが当てはまる↓
@カス
Aチキン
B知識不足
C知恵遅れ
Dキチガイ
Eつながりが薄い
これらのコトが適用さえれるからである。この掲示板もキチガイだから
日本人がどこから来たのか見失う

384 :出土地不明:2010/03/09(火) 08:56:39 ID:FHB1Rbk5
215 :白馬青牛 ◆cjIySZ2iYw :2010/03/03(水) 23:07:09 ID:ashoN/m4

日本人と朝鮮人はmtDNAじゃあ同種族ほど近い

----------------------------------------------


そうですね。
ところがこのボケはこんなアホな事言ってます。↓

222 :白馬青牛 ◆cjIySZ2iYw :2010/03/03(水) 23:56:05 ID:ashoN/m4
「現在科学的とされている認識なるものが、いかに固定観念や価値観念に支配されているか」私権統合なんか優生学の
ご都合主義じゃけぇ、前提認識すら可笑しい。

科学者たぁ机上の空論を弄ぶ、国家や企業の使用人が多数を占める、
制度内の集団じゃけんのう。

385 :LUNAMASK:2010/03/09(火) 11:15:53 ID:vJ4WItQ7
>>373 >>359
東胡をツングース云うよりモンゴルの要素が強いでしょう。もちろん
鮮卑や後の契丹の初期は森林の民たるツングースの要素も強かったん
ですが。草原地帯に移住するほどモンゴル的あるいはトルコ的要素が
強うなりましたね。その辺はこちらのスレにもありましたね。
http://yomi.mobi/read.cgi/academy5/academy5_whis_1108895458
わしも何回か書いとりますけど。
--------------------------------------------------------------
YDNA O2b↓
http://en.wikipedia.org/wiki/Haplogroup_O2b_(Y-DNA)
東夷地域:・・・これがアルタイ語族と重なる。
ウリャンハイ(西モンゴル)、ザフチン(西モンゴル)、満州族、ダウール、ブリャート、
ウデゲ、ナナイ、錫伯族(鮮卑)、北京漢族(燕人)、延辺朝鮮族、朝鮮族、日本人、
江蘇漢族
南蛮地域:
フィリピン、タイ、ベトナム、ミクロネシア
この東夷が草原に北上してきた農耕・漁労民族で、
そして北方でO2bと重なるのがC3↓が森林の先住民、狩猟民族であったのでしょう。
C3* Typical of Buryats, Mongolians, Daurs, Kalmyks, Hazaras, Manchus, Sibes,
Oroqens, Koryaks, and Itelmens;

with a moderate distribution among other Tungusic peoples, Koreans, Ainus,
Nivkhs, Altaians, Tuvinians, and Uzbeks[5][2][6][13][11][21][8]
C3a (M93)

Observed sporadically among Japanese[8][22]

C3b (P39) Found especially in the Na-Dene peoples of North America[7]

C3c (M48, M77, M86) Typical of Northern Tungusic peoples, Kazakhs, Oirats,
Kalmyks, Outer Mongolians, Yukaghirs, Nivkhs, Koryaks, Itelmens, and Udegeys,

with a moderate distribution among other Southern Tungusic peoples, Inner
Mongolians, Buryats, Tuvinians, Yakuts, Chukchi, Kyrgyz, Uyghurs, Uzbeks,
Karakalpaks, and Tajiks[13][9][23]

C3d (M407) Observed sporadically among Yakuts and Han Chinese[8]
http://en.wikipedia.org/wiki/Haplogroup_C3_(Y-DNA)

386 :LUNAMASK:2010/03/09(火) 11:19:42 ID:vJ4WItQ7
↑倭人伝で東冶会稽・呉の太白の末裔ではとされるのはこの江蘇漢族 のことかな。


387 :LUNAMASK:2010/03/09(火) 11:26:45 ID:vJ4WItQ7
>>197 トランスヒューマンスは高地C3、平野部O2bとした生業補完システムであったと
考えられます。C3が早期警戒、防衛の任に当たる・・・これが武士・天皇の起源という
ことになりますね。

388 :LUNAMASK:2010/03/09(火) 13:06:52 ID:vJ4WItQ7
>>367
イルクーツクはグラスコフ文化↓の中心地
http://en.wikipedia.org/wiki/Glazkov_culture
この文化は↓ここにある海岱から北上したもので
http://en.wikipedia.org/wiki/Dongyi
海岱(黄淮)岳石文化→小拉哈文化→グラスコフ文化→石板墓文化→白金宝文化
こうした経路を取っているものと考えられる。




389 :LUNAMASK:2010/03/09(火) 13:21:07 ID:vJ4WItQ7
>>313 ジョンガラ節・・・↓一番上のYouTubeのホーミーを聞くと
http://briancutts.blogspot.com/2009/09/khoomei-tanna-tuva.html
ジョンガラとはオイラートの左翼であったんだということ、ジョンガラ節の起源がわかる。
http://en.wikipedia.org/wiki/Zakhchin
http://en.wikipedia.org/wiki/Dzungar
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B8%E3%83%A5%E3%83%B3%E3%82%AC%E3%83%AB

390 :LUNAMASK:2010/03/09(火) 13:24:36 ID:vJ4WItQ7
>>388
石板墓は夏家店上層とも関係し、後の東胡になり、松嫩平原に扶餘として降りてくる
というコースも考えられる。

391 :出土地不明:2010/03/09(火) 15:37:02 ID:Dmq0bMNG
>>389
わぉ〜月光たん、このトゥバ族のジョンガラ(ホーミー)の最初のおっさんは
もろに先日神やらいされたモンゴル出身の朝青龍O2bタイプだけど

本命アルタイ出身の日馬富士(安馬)DorCタイプの歌い手はおらんの?
2番目の人はそれに近いタイプでつね(^-^)/


392 :LUNAMASK:2010/03/09(火) 15:50:01 ID:vJ4WItQ7
>>391 朝青龍vs日馬富士≒キムヨナvs浅田真央≒C3 vs O2b
こんなところかなー。白馬青牛さんの御高説をまちましょうや。

393 :出土地不明:2010/03/09(火) 16:05:31 ID:Dmq0bMNG
>>392
あっそうか〜
月光たん説ではO2bは東夷発祥の南方モンゴロイドでしたね!!

朝青龍vs日馬富士≒キムヨナvs浅田真央≒C3 vs O2b/O2a
≒北方モンゴロイドvs南方モンゴロイド

すると神やらいはアマテラス系平地型 O2b/O2aがスサノオ系山地型 C3を
出雲族として日本海側に追い返したということかな??


394 :LUNAMASK:2010/03/09(火) 16:09:19 ID:vJ4WItQ7
そうですよ。畑作、牧畜を稲作地帯の環境になじまずとしたんですね。
ところで日馬富士の烏梁海、ザフチン地区にはO3が多いのが驚きですねえ。
http://64.40.115.138/file/lu/6/52235/NTIyMzV9K3szNTg0MTE=.jpg?download=1

395 :LUNAMASK:2010/03/09(火) 16:13:17 ID:vJ4WItQ7
承前 三貴神神話の時代背景は倭国乱時代ですね。

396 :出土地不明:2010/03/09(火) 16:33:25 ID:Dmq0bMNG
>>395
すると三輪山麓に三つの輪の太陽神殿をもらたした
初代卑弥呼イスケヨリヒメは真央ちゃんO2b/O2aかな〜(^-^)/


397 :LUNAMASK:2010/03/09(火) 16:56:22 ID:vJ4WItQ7
>>396
倭人伝は初代元首を男王としており、おそらくは帥升のことかと。初代女王イスケヨリヒメ
と神武といったカップルはありそうにないこと。大神神社のホト蹈鞴五十鈴姫は
ありそうなのでこれが初代卑弥呼のようなものかと。すると出身地が東奈良の方であり、
当時は三輪山近辺は唐古・鍵集落で、三輪山祭祀も太陽神殿もなかったこと。
で、崇神のおば、ももそひめ、の頃には葛城山系の二上山とか、箸墓東方のゆ夕月が嶽
等が意識されてはいるが、三輪山祭祀がなかったこと。こうした背景で
東奈良方面の出身者の遺伝子mtDNAは何が多かったんだろうかと考えると、もし、
それが銅鐸冶金関係者の子女とすれば遼寧銅剣文化人なんかなー
なんて思いますが、はっきりいってわかりません。

398 :LUNAMASK:2010/03/09(火) 17:07:39 ID:vJ4WItQ7
三輪山の主は蛇で夜中に忍んでくる。糸を結んで捕まえると化粧箱のも入るくらいの
小さな蛇であった・・・これは大地は長蛇の兵站を持つ幾へもの戦列を展開する軍に
よって維持されるとし、蜈蚣、蛇、藤を軍事力のシンボルとする思想を全く理解していない
平和ボケ、幸せなD縄文族の思想ではないかと思います。こんな多様な人種が
日本を築きあげていったのではないでしょうか。

399 :LUNAMASK:2010/03/09(火) 17:26:31 ID:vJ4WItQ7
>>391
YouTube 1番目は阿波踊り、2−3番目は声明つうか、カント・グレゴリアーノ的つうか。
仏教の影響がありますかね。

400 :出土地不明:2010/03/09(火) 21:02:54 ID:LHRZwJw4
騎馬民族が日本を征服したのなら、大規模な馬牧場が北九州に有るはずである
それが最古の馬場が大阪に見つかったと言うと事は
朝廷は騎馬民族でなかったという証明になる

え?
船に馬を積んだまま畿内に直行したんですか?
そんな元の大軍でもやれなかった事をできたのかよ、不案内な関門海峡や瀬戸内を通れたのかよw

401 :白馬青牛 ◆cjIySZ2iYw :2010/03/09(火) 21:59:51 ID:XgSR/YXE
>>370及び>>380-381
93 :廣島・もみじ民 ◆cjIySZ2iYw :2010/01/01(金) 00:41:03 ID:gGFNnAaM
>>91-92
明けましておめでとう。じゃが新年早々広島師団妄想批判か。久留米ねえ。
http://www.rakuten.co.jp/ishii-fruit/owner.html
http://homepage2.nifty.com/ijn-2600/6d.html
上の方の弘前師団の地元青森でも「熊本師団、広島師団と並び国内最強師団
と言われた、弘前第八師団」と、久留米師団の菊、龍はお呼びじゃないし、
下の方でも、「仙台第二師団、広島第五師団、旭川第七師団とともに、
最精鋭・最強師団の名前をほしいままにした、熊本第六師団」と、
久留米師団の菊・龍はまったく無視されとる。
まあ、九州兵団の特性の勇猛ぶりじゃあ、熊本師団の方が目立って、
久留米兵団は陰が薄うなるけんのう。
日本最強師団たる広島師団に風評ですら勝てんのが久留米師団じゃ。
久留米師団も九州兵団云うだけで、風評はそこそこ良かったにしても。
龍よりも現役が多い菊の方が装備は良かったろう。菊はビルマでは、
姫路54Dに次いで強かったのう、最強は無いけど。
菊の装備の良さは、ドロボー部隊らしゅう、英軍から盗んだ武器が豊富
じゃった点じゃろう。まあ広島師団には到底及ばん程度の兵団じゃけど
のう久留米は。
124 :廣島・もみじ民 ◆cjIySZ2iYw :2010/01/18(月) 23:40:52 ID:47EBLgQp
>>122
続き。平野部の多い、土地も豊かな北九州のどこが体が強うなるんか
?平野部も少ない耕地面積の乏しい広島人なら考えられんことじゃ。
http://homepage3.nifty.com/ne/kk/kk-kaiho/kk-2008/2008-67/p-08.html
ブログの小倉の連隊:に「かなり厳しい第一次選抜で合格するのは
下関、豊浦の兵士が多かったと、幼年学校の教官から聞いたことが
ある。」と、小倉・門司・田川・遠賀より中国地方の山口県の
壮丁の方が北九州の壮丁より戦力になったのう。山口県でも東部は
西部よりももっと強いし、広島師団の中でも山口連隊は最も下と
見られた程度じゃ。山口県人の石田義顕元少将が憧れの歩十一と、
広島第十一連隊に憧れるんも、「広島連隊管区の壮丁は誠実機敏に
して概ね勇敢であつたので、成績は常に優良、多くは広島師団の
最上位に在つた。とりわけ剣道はその隋一で、他に比し格段にと
秀でていたようだつた。」と、云う資質もあろう。
兵の資質は広島>山口>九州北部じゃのう。

402 :出土地不明:2010/03/09(火) 22:40:18 ID:0epCYmSU
>>400
つ草千里で放牧

403 :白馬青牛 ◆cjIySZ2iYw :2010/03/09(火) 22:53:46 ID:XgSR/YXE
>>382
鮮卑は北朝、隋、唐と中原を征服し世界帝国を作ったことが注目されます
が、新五代史に「居於青海之上、唐処之河西、其大姓有慕容・拓抜・赫連等
族」と、鮮卑系の慕容部や拓抜部、匈奴系の赫連らが移住して羌族の地へ
移住しとります。
http://www.gesanmedo.or.jp/uli227.html
http://www.recordchina.co.jp/group/g410.html
http://mm-hunter.cocolog-nifty.com/blog/2007/05/post_bc51.html
その鮮卑慕容部の子孫が、一番上のブログの土族とされます。
拓抜部は、西夏王国を造ったミニャク木雅族、ギャロン等らの集団に
入ったんでしょう。満州に残留した拓抜部の子孫は二番目と三番目の
ブログのシボ族ですね。まあ鮮卑族も諸種族の混合でモヒカン頭の宇文部
云うトルコ系と思われる連中も仲間に加えておりますからね。
日本でも鮮卑系と関連が深いんは、新沢千塚古墳を残した、例の天皇の
奥方と男女の関係、不倫した東漢氏でしょう。
http://www.oct.zaq.ne.jp/kashiko_yushikai/reikai/reikai0610.htm
http://inoues.net/ruins/niizawasenduka_museum.html
http://avantdoublier.blogspot.com/2008/01/blog-post_16.html
東漢氏は、他にも遊牧民的神牛伝説、ツングースのハラ氏族制、
弓馬の家柄の武人の性格から、百済、楽浪よりも、鮮卑的要素を濃厚に
持っておった連中ですわい。

404 :白馬青牛 ◆cjIySZ2iYw :2010/03/09(火) 23:45:23 ID:XgSR/YXE
>>382
続き。おもしろいブログがありましたわ。
http://www.asyura.com/0505/bd40/msg/358.html
源氏の始祖は東漢氏云うもんですが、そもそも源氏とは鮮卑系の北魏王室を
築いた拓抜部≒元氏から分かれた禿髪氏が、北魏太武帝から「卿は朕と
源を同じくする。今源氏と為す可し。」と、賜姓源氏となって、唐の宰相
源乾曜も出てくるわけじゃけど、日本の賜姓源氏もそれにまねたとして、
偶然か東漢氏の同族西史氏の地盤である河内・摂津から河内源氏や
摂津源氏が出て、河内源氏は関東を支配したりする。後世の徳川の源氏改姓
は出鱈目じゃが、奈良・平安期の上層階級の姓は、Y染色体遺伝子よりは、
信憑性が強いんじゃないんかね。遺伝子は単独じゃけぇ、信憑性が低いが、
集団は血が継続される可能性が強いですけんのう。つまり血統とは、
父系、母系の系統論では無く、婚姻集団の組織継続の現象なんですよ。
>>385-389
オイラート族も森林の民の時代はサモエード語で次第にトルコ語化して、
モンゴル語を使うモンゴル語族が支配者となってモンゴル語化しました。
メルキトもそうですね。言語なんか両親が広島人でも、東京育ちは東京弁を
しゃべるようなもんで、大集団に取り込まれると変化しますからね。
言語と人種・民族の関係は薄いもんですよ。
ホーミーより長唄を聞くと日本の追分節に近いんじゃないですか。

405 :白馬青牛 ◆cjIySZ2iYw :2010/03/10(水) 00:05:11 ID:UjmW9KXa
>>386
容貌と遺伝子は関連しませんよ。じゃけぇ>>391のような電波が飛ぶん
ですよ。
>>392
キム・ヨナちゃんはモンゴル的容貌で真央ちゃんは満州族的容貌でしょう。
>>393
満州や蒙古、日本は南モンゴロイド的容貌は少ないんで。
出雲族は日本海側に渡来しただけで、追っ払われた事実なんぞ確認出来ん
が、あんたの得意な妄想論か?
>>400
北方民族が最初から騎馬だけで征服するはずと、幸せ回路の前提条件を
想定しても意味があるまあ。ユウ婁が如く、船を利用した海賊集団として
活動した極東の風土は考慮せん幸せ回路よのう。

406 :出土地不明:2010/03/10(水) 00:45:29 ID:mHsovbYb
>北方民族が最初から騎馬だけで征服するはずと、幸せ回路の前提条件を
>想定しても意味があるまあ。ユウ婁が如く、船を利用した海賊集団として
>活動した極東の風土は考慮せん幸せ回路よのう。

何の証拠もないのにおまえこそ幸せ回路よのう。

407 :出土地不明:2010/03/10(水) 01:19:50 ID:kuVK/NPT
広島人はニューギニアでオージーにまで狩られて、人肉喰らいつつ
終戦を迎えたんじゃなかったっけ?
支那の流賊やマレーの植民地軍相手の戦歴は当てにはならん。
それなら日本の戦車まで優秀になってしまうだろうが。

408 :白馬青牛 ◆cjIySZ2iYw :2010/03/10(水) 01:46:27 ID:UjmW9KXa
>>407
ニューギニアでオージーに狩られたんは、九州人の混じった20Dの
ことじゃろうに。他に宇都宮51Dのことか?
129 :廣島・もみじ民 ◆cjIySZ2iYw :2010/01/20(水) 00:55:06 ID:KaztuziE
>>128
「私らの部隊は、戦闘は弱いけど、悪いことでは天下一品だった。
だから鬼部隊と呼ばれてね。街に入ったら強い。なにしろ掠奪や強姦は
お手のもので」と、麻布暴力団と呼ばれた東京師団ねえ。
まだ蛮行は激しいが、前線で勇猛な戦闘をする九州兵団の方が
強いよ。東京兵団はレイテ以前の日華事変では、張家口で第二旅団の
死傷者が約三分の一に達して使い物にならんかったわ。
宇都宮師団も、ニューギニアで広島師団から派遣された浜田連隊の
第三大隊の兵と比べ戦闘技術も拙劣で体力も乏しかったよ。
 ほいで植民地軍も精強じゃったのう。
319 :廣島もみじ民 ◆cjIySZ2iYw :2010/03/01(月) 00:07:34 ID:0nUEVcQV
>>315
植民地派遣軍が2級3級で戦闘力が無いんか?シンガポールものう。
http://members.jcom.home.ne.jp/british-army/reg/75&92nd.html
精強を以って鳴るスコットランド高地部隊ザ・ゴードン・ハイランダーズの
ブログじゃあ、上の方に「この連隊は世界最高の連隊である」
(ウインストン・チャーチルの賛辞)と、出とる。
下の方の *20世紀 に、「第二次大戦においては第一、第二の両大隊が
極めて困難な状態に陥った。第一大隊はフランスで撤退する英軍の殿部隊と
して留まりダンケルクで壊滅。第二大隊はシンガポールで同様の状態に
なった。両大隊は直ちに再建され、大戦中はアフリカ、フランス、イタリア、
ドイツにおいて激戦を勝ち抜いた。」と。
2級3級じゃ無いのう。
ほいで戦車隊?
321 :廣島もみじ民 ◆cjIySZ2iYw :2010/03/01(月) 00:54:11 ID:36ah2rRF
>>318
マレー・シンガポール戦で、日本軍戦車隊なんか大して活躍しとらん
よ。元陸軍大尉越智春海氏は『マレー戦記』で、
「第五師団が、どれほどの破壊力を持った兵団なのか、彼らには
まだ判っていないのだろう。大たわけが! いくら戦車隊を持って
いても、向田隊には、歩兵一個大隊ほどの戦力もないことが、
まだ判っていないのだ。
 向田支隊は、たぶん大茶釜だ。参謀たちの表情が想像される。
やれやれ気の毒に…明日か、明後日か、前へ! の命令がくるのは。
 向田戦車大隊が全滅した翌日、西方では、五反田戦車中隊が
無謀な猪突(岩畔大佐の言)をして、一瞬に全滅、軽戦車十輛を
破壊され、生存者全員も敵中に突入、戦死した。
 こうして東西の主陣地で、開戦以来の大戦果を上げ、英軍の士気は
あがり、シンガポールの各新聞は一斉に、写真入りの戦車全滅記事を
掲げ、総反撃開始を揚言していた。」
と、戦車隊は、友軍に迷惑かけたこと甚だしいけんのう。

409 :出土地不明:2010/03/10(水) 04:26:11 ID:jIegggj8
このスレの白馬青鹿もどきは
日本は、騎馬民族であり水田農耕民族だった民族が支配した
と思ってるんだよな

騎馬民族であり水田農耕民族って、どこにいた民族だよw
かつ海を渡った海洋民族www

410 :出土地不明:2010/03/10(水) 08:23:31 ID:Aq1g/ZSc
>>409
クロンファートのブレンダン:Saint Brendan of Clonfert(アイルランド, 6世紀)のような集団。

東アジアにいたかどうかわからないが、
犂を輓く農耕牛に騎乗でき、牛革でできた河川帆船を操れた民族。

鮮卑族が、倭寇のようにいろんな言語集団の連合だとしたらあり得る。
鮮卑も倭寇も、西へ進んだり東へ進んだり、来たり帰ったり往復することだってしている。

東漢氏や秦氏は、日本に元々いたことがあるので、戻って来たと考えれば地理に明るくても不思議ない。

411 :出土地不明:2010/03/10(水) 10:30:23 ID:mHsovbYb
>>410
409はそれらが「支配した」のはおかしいと言ってる。

東漢氏や秦氏がそのような民族であったとしても、
彼らは支配者ではなく帰化者だ。

412 :LUNAMASK:2010/03/10(水) 13:53:57 ID:AYhMZ7mP
>>404 >>385-389
長唄→三味線、四畳半、襖、長襦袢・・・ホーミー、ヨーデル、追分→軽井沢、山小屋
・・・いずれにせよ情緒がありますね。

413 :LUNAMASK:2010/03/10(水) 13:58:36 ID:AYhMZ7mP
>>405 >>386
>>392 >キム・ヨナちゃんはモンゴル的容貌で真央ちゃんは満州族的容貌でしょう。
今年もまた、いずれが菖蒲、杜若の季節が来ますね。


414 :LUNAMASK:2010/03/10(水) 15:37:36 ID:AYhMZ7mP
>>412 関連情報 モンゴルの追分↓
http://sankei-jigyou.iza.ne.jp/blog/entry/1462294/

415 :LUNAMASK:2010/03/10(水) 16:16:13 ID:AYhMZ7mP
北朝鮮の女性キャスターも岸壁の母をやると声が合いそうなのがいますね。

416 :出土地不明:2010/03/10(水) 19:30:42 ID:Aq1g/ZSc
>>315
薩満は、一般的には、跳神(神おろし)と呼ばれています。
>>403でいうシボ族が、この跳神の本家みたいな印象です。
エベンキ・オロチョン・ホジェンにも似たようなのが残っているといわれます。
だから、満州族も昔は、跳神をやっていた可能性があります。

ところが、宗教的な意味合いを排除した形で、陝西・甘粛・青海などでも
シボ族の跳神のステップで、求雨舞というのをやります。文革前は求雨以外にも他にあったかもしれません。
「偏枯」「禹歩」ともいって、片脚を軸にして飛ぶような形になります。

日本の舞楽に、「蘭陵王 (陵王)」というのがありますが、それが「偏枯」のステップなんだそうです。
中国でも沿海部の人は意味がわからず、西部の人が日本のを見て騒いでいるわけです。
宮島のではなく、地方のほうがテンポが速くより「偏枯」っぽいといわれます。

ラサやシガチェのチャムという踊りも、インド伝来ではなく「偏枯」なんじゃないかというのですが、
まあ、論争相手が亡命しているので決着はつけずにいるみたいですね。

417 :白馬青牛 ◆cjIySZ2iYw :2010/03/11(木) 01:28:14 ID:2dawZrvG
>>409
水稲農耕民は被支配階級で、北方の騎馬、海洋民の集団が日本を
支配したグループじゃ云うとるんで。わしの言を捏造すなや。
>>410
犂も東アジアに広く分布しとるが、東日本じゃあ乏しかったのう。
東漢氏や秦氏は渡来して日本へ定着した集団で、行ったり来たり云うて
集団でどこへ行ったんか?
>>411
東漢氏は支配階層に属しとるけんのう。じゃけぇ天皇の奥方とも不倫関係に
なるんよ。支配階層たぁ、支配集団グループのことじゃし、男系の種なんか
すり替えればええわけじゃ。また彼らが>>404に出とるよう神別の、
神の子孫を名乗らんかったんは、西日本は君姓が多く、東日本のように
直姓で天皇家との繋がりを強調せん地域的特色じゃし、東日本のように
権威を利用せんでも中枢部で実力を発揮出来たけんのう。
>>413
日本では、満州族容貌の典型はお公家さん貴族階級ですね。
http://books.google.co.jp/books?id=szGT-dJcJRsC&pg=PA141&lpg=R#v=onepage&q=&f=false
椿宏治氏「3.顔の型から 公家と満州族はほとんど重なる。山形や
青森は蒙古に近い。日本海側一帯の人たちは蒙古族や満州族に近い。
 以上のことから、公家を含めた畿内や山陽の人たち、日本海側の
人たちは満州族に近縁である。」と。
>>414
追分長唄のコブシを効かせた歌い方は、日本、モンゴルや西方ではトルコ
共和国にもあるそうですね。ステップルート(草原遊牧民の道)を通って
日本へ伝わった文化の一つでしょう。
>>415
朝鮮もコブシを使う文化圏でしょう。

418 :出土地不明:2010/03/11(木) 01:47:24 ID:0GU3S4c/
>>417
>水稲農耕民は被支配階級で、北方の騎馬、海洋民の集団が日本を
>支配したグループじゃ云うとるんで。わしの言を捏造すなや。

北方の騎馬、海洋民の集団て何?
あたまダイジョーブw
あと水田を伝えたのは別のグループだって事を自分でハッキリ言ってるね

419 :出土地不明:2010/03/11(木) 02:30:58 ID:CL89IiMl
>>417
弥生人と、そのなんだ古墳期に渡来した騎馬民族とやらの具体的名称
をそれぞれ教えてくれ。
それとも中国の史書には載っていない民族か?

420 :出土地不明:2010/03/11(木) 08:02:18 ID:CbfXzG7H
>>417
>東漢氏は支配階層に属しとるけんのう。じゃけぇ天皇の奥方とも不倫関係に
>なるんよ。支配階層たぁ、支配集団グループのことじゃし

高位にはいたが皇別とされてないのだから意味ねぇよ。
何で支配者たち(皇別)から見て渡来系と認識されてるのだ。
「北方の騎馬、海洋民の集団が日本を支配した」と全然合ってないじゃないか。

頭の悪いやつだな。


421 :出土地不明:2010/03/11(木) 13:57:11 ID:LQsDkpql
おやおや 暫くぶりに顔を出して見れば、白馬氏妄言に変化が

氏曰く日本原住民は北方騎馬民族の侵入により滅ぼされた

氏曰く遺伝学や分子生物学は考古学に於いて意味がない

氏御曰く考古学に於いて事実の検証や証拠は必要としないw



422 :出土地不明:2010/03/11(木) 19:28:24 ID:aElEVwIF
馬牛の妄言は、学問とは全く別のものだから問題ない

そもそもこのスレでああだこうだ言われているのは一般的な
意味の考古学ですらないわけで、思いつきを独白するデンパ
の飛ばし合いみたいなもんだろ。

ジャンクYがどうたら、人種だ、東国武士だ(ry
明らかにスレチ。いつまでやるんだろ。ま、ときどき茶々
入れてあげると、老骨が釣れてくるので暇つぶしにはなるが

423 :白馬青牛 ◆cjIySZ2iYw :2010/03/12(金) 00:25:39 ID:MKk9a2dU
>>418
北方民族のツングースは、風土、地勢に応じて海洋や騎馬の集団にも
なるど。稲作農耕民は朝鮮南部の連中が渡来した弥生期のことでぇ。
あんたは、理解力が無い低能じゃのう。
>>419
古墳期に渡来した騎馬民族云う言い方より、支配集団として扶余系が
多かった可能性が強いのう。支配層には、五胡北朝系、楽浪や朝鮮系も
混じる可能性が強かろう。中国の史書にそれらの連中が載って無いんか?
>>420
皇別に載らんかったら、支配層じゃ無いじゃの珍説全開じゃのう。
皇別なんか、後世の出鱈目家系源平藤橘姓みたいなもんじゃ。
>>404の鮮卑、百済系の東漢(やまとあや)氏と同族の西文(かわちあや)氏も
渡来系から神別で天皇の子孫になっとるよ。
http://www.oct.zaq.ne.jp/yasuo26/hakatahikojinjya.html
http://mononobe.nobody.jp/siryou/sujroku/07syouji.htm
http://f8.aaa.livedoor.jp/~jyuku/hujiwarahuhito.htm
一番上のブログにも出とる。二番目のブログは上毛野氏との関係じゃ。
田辺氏が甲斐を支配するんは後じゃのう。三番目のブログは、
当時最大の権力者じゃった藤原不比等が田辺史に養育され、史にちなんで
不比等となったんかも知れんが、藤原氏の背後には渡来氏族集団が
おったし、藤原氏自体も渡来集団であった可能性も強い。
これらが当時の日本を動かした権力者集団じゃ。
Y染色体論者は、父系が継続される云うファンタジー妄想家じゃけぇ
つまらんよ。

424 :白馬青牛 ◆cjIySZ2iYw :2010/03/12(金) 00:37:49 ID:MKk9a2dU
>>421
日本原住民は被支配集団よ。ほいで、あんたの云う遺伝学、
生物学は、古人骨からDNAを抽出出来んY染色体オンリーじゃないか。
考古学に於いて、Y染色体なんか何ら意味が無いど。
歴史学、考古学から可能性が高いか低いかの考察は出来るが、
事実の証拠は不可能じゃわい。そがんことも解らんたぁ幼稚なのう。
>>422
あんたの主張する学問の定義を云わんかい。あんたの抽象的観念論
じゃのうて具体的指摘をせえや。幼稚なデンパ飛ばしとるんは、
あんたど。

425 :出土地不明:2010/03/12(金) 01:14:31 ID:xAP+8ifc
まぁ、逃げないことだよね

>歴史学、考古学から可能性が高いか低いかの考察は出来るが、
>事実の証拠は不可能じゃわい。そがんことも解らんたぁ幼稚なのう。

↑そんなことみんな分かってるって。こういう言葉を使って逃げ回るの
、空寒いんだよね。証明できないとか言ってるけどさ、そんなの言い訳
に過ぎないの。人に理解してもらいたいなら、ちゃんと相手の土俵に
乗って、分かるように根拠を出す。そして誰にでも再検証できるようにする
そのくらい当然のことだろう、おじさん?好い加減理解しなよ。蓋然性の
追究でいいのよ。タイムスリップとかそんなの要らないから。

そもそも馬牛は自分で話振らないのよね。人の意見にああだこうだ言ってる
だけ。それにモノの話がないね。

まず、その「日本原住民は被支配集団よ。」って妄言の根拠をちゃん
と順を追って説明してみなよ。考古学だからモノを使ってね。染色体
とか、人種とか、そういうの要らないから。ここ考古学板だから。

426 :出土地不明:2010/03/12(金) 01:20:32 ID:xAP+8ifc
たとえば、>>423、424 にモノの話はあるのかな。

それから、なぜ、モノの話をせにゃあかんのか、とか駄々を
捏ねないように。そういうのはこの板では愚問だから。
意味分かるよね?もし、分からないんだとしたら別の板
行った方がいいよ。根本的にずれてるから

427 :出土地不明:2010/03/12(金) 02:22:09 ID:sYI+6ZUe
>>423
まず古墳期に日本の民族置換が起きたというなら、渡来者の基層民
が何者かが問題で、支配者層が何者かはとりあえずいい。
そういうことで、古墳期直前の扶余系の国家となると、百済、新羅、
加耶の基層民は扶余じゃないので×、扶余国は内陸だし、まさか
馬を乗船させるほどの船を建造できるわけないのでこれも×。
ユウロウは扶余とは言語が違うし、残りは高句麗か?
そこで疑問なんだが、どういうルートで大量渡来してきたの?
南韓三国を押し通って釜山あたりから乗船したの?だったら、その
痕跡が史書なり考古学的遺物にあってしかるべきだと思うが。
また高句麗本国から出帆したのなら、馬は少なくとも耐えられない
ね。そもそも高句麗に海洋と親和性があるとは思えないんだが。
元寇の時でも馬は役立たずになったし。馬無しの進攻にしても
弥生人を駆逐するほど大量の人員を揃えれたのか疑問。また遺跡の
推移を見ても弥生人がその頃人口を極端に減らした痕跡は無いはず
だけど。まあ天皇家が高句麗から来たかどうかは否定も肯定もする
根拠は無いけど、古墳期に民族置換が起きたという説には蓋然性が
感じられませんわ。
あと弥生人は何処から来たの?呉越の説を否定していたけど、これも
北朝鮮から?古墳期に同族同士で民族が入れ替わったの?
あんたの説は同意できないからスルーしても良いのだけれど、何回も
何回も声ばかりでかくて煩いから、いい加減はっきりしてよ。

428 :LUNAMASK:2010/03/12(金) 10:35:48 ID:PN5dt23y
>>417
>>414
追分長唄のコブシを効かせた歌い方は、日本、モンゴルや西方ではトルコ
共和国にもあるそうですね。ステップルート(草原遊牧民の道)を通って
日本へ伝わった文化の一つでしょう。
>>415
朝鮮もコブシを使う文化圏でしょう。
---------------------------------------------------------
チュルク族の小アジア、半島、列島移住の痕跡でしょうね。


429 :LUNAMASK:2010/03/12(金) 10:49:38 ID:PN5dt23y
アルタイ・クマンディン族(古ウイグル・イェニセイ-キルギスの末裔)の慣習として(未明
に白衣の神官が鬼面を着け、「クルイ・クルイ」と呪文を唱え周囲を回り踊る中、四本柱に
四肢を結縛された馬の背中にヨイトマケで杭を打ち込み、口を朝日に向け鮮血を太陽に
噴出させる)生き馬の生贄儀式、素盞嗚命はこうして剥ぎ取った駁(斑)の生皮を
おそらく平原女王の葬儀に献上し、「生剥(なまはげ)」というのはここから来ているのだと
思います。四隅突出型墳丘墓とか諏訪大社御柱祭、相撲の土俵にはにはこうした神事を
行う空間が意識されているのでしょう。おんだ祭り、ほだれ祭り、よかちん(ちん)踊り、
つぶろさし踊り等のファリシズム儀式等があります。各地に残る馬の首切り伝説、シシマイ
等もこの辺に由来するのでしょう。(葬儀に際しては首と足を残した毛皮をポールの上に
投げかけておく慣習を持つ)


430 :LUNAMASK:2010/03/12(金) 11:04:24 ID:PN5dt23y
承前
おもしろそう紀では↓
「椎根津彦の諱はすなわち「うづ」のみであったのであろう。その原義は山城の「内・
宇治」に違いないが、椎根津彦が磐余に入った時に、自らの氏姓を「うづ」から転じて
「大」または「太」といい、その版図もまた「大国」と呼んだのではないかという推測が
たつ。磯城県主宗家が葉江といったのを思い出せばいい。その葉江の由来は「黒速」
で、おそらく摂津の速水(難波・浪速)に由来した。
 まだ倭国ではない。後北方に進出してそこに遠市(十市)をたて本拠地とした。そこが
大国の中心であり大(多)と呼ばれた。多神社注進状がいう綏靖二年に神八井がそこに
宮を営んだという記事は、すなわち椎根津彦の進出をいうであろう。」
と推論しているが、
椿大神社御由緒
http://www.tsubaki.or.jp/yuisyo/
http://www.tsubaki.or.jp/keidai/
宇治土公(うじとこ)
http://www.harimaya.com/o_kamon1/syake/kinki/s_tubaki.html
飛鳥坐神社
http://f1.aaa.livedoor.jp/~megalith/asukanimasu.html
はクマンディン族(北アルタイ・ツブラル(ツバ・キジ))のもので、宇治土公(うじとこ)氏の
山稜が前方後円墳であることは前方後円墳は宇治土公(うじとこ)氏の支族によるもので
あったということが考えられます。



431 :LUNAMASK:2010/03/12(金) 11:16:45 ID:PN5dt23y
葛城のソツヒコ(これは匈奴の左賢王)は大和のウツヒコ(これは匈奴の右賢王)に対置
されていたということが想定されるのです。
http://www9.plala.or.jp/juraku/bsoki1_3.html
葛城円(かつらぎのつぶら、生年不詳 - 安康天皇3年(456年))、紀元5世紀ごろに活躍
した葛城氏の豪族。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%91%9B%E5%9F%8E%E5%86%86
葛城氏(かずらきし)は、古墳時代、大和葛城地方(現在の奈良県御所市・葛城市)に
本拠を置いていた有力な古代在地豪族。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%91%9B%E5%9F%8E%E6%B0%8F
おもしろそう紀では↓

432 :LUNAMASK:2010/03/12(金) 11:19:19 ID:PN5dt23y
「椎根津彦の諱はすなわち「うづ」のみであったのであろう。その原義は山城の「内・
宇治」に違いないが、椎根津彦が磐余に入った時に、自らの氏姓を「うづ」から転じて
「大」または「太」といい、その版図もまた「大国」と呼んだのではないかという推測がた
つ。磯城県主宗家が葉江といったのを思い出せばいい。その葉江の由来は「黒速」で、
おそらく摂津の速水(難波・浪速)に由来した。
 まだ倭国ではない。後北方に進出してそこに遠市(十市)をたて本拠地とした。そこが
大国の中心であり大(多)と呼ばれた。多神社注進状がいう綏靖二年に神八井がそこ
に宮を営んだという記事は、すなわち椎根津彦の進出をいうであろう。」

433 :LUNAMASK:2010/03/12(金) 11:24:19 ID:PN5dt23y
いずれにせよ猿田彦、佐多大神はトランスヒューマンス山岳国境防衛の神であり、
後に天狗となる。他方役行者→空海によって洗練される山岳信仰は最終的には
真言宗にまで高められるというのがその後の展開でしょう。

434 :LUNAMASK:2010/03/12(金) 11:37:10 ID:PN5dt23y
>>429
天照大神は素盞嗚命の所業に「絶句」されたのでは。学習院の男子園児もよかれと
思ってすることが裏に出ることもあるかと思いますね。

435 :出土地不明:2010/03/12(金) 11:42:56 ID:ZGHNBIkT
国立遺伝学研究所ホームページ 
http://www.nig.ac.jp/

日本人の起源
集団間の近縁度をみる尺度として、塩基多様度のネット値(DA)というものを利用することができる。
この値が大きいほど二集団間の遺伝距離は遠く、小さければ遺伝距離が近いと理解していただきたい。

八集団(アフリカ人、ヨーロッパ人、アメリカ先住民、アイヌ、中国人、琉球人、韓国人、本土日本人)
において総当たりで計算したDAの値の分布を調べた。
アフリカ人は、他のどの集団と比較しても大きな遺伝距離をもっている。

これとは対照的に、東アジアの五集団は、それぞれの集団間の遺伝距離が非常に小さい。
特に、韓国人と本土日本人の二集団間の遺伝距離はゼロであった。
やはりこの分析でも、韓国人と「本土日本人」は遺伝的にきわめて近縁な関係にあることが明らかとなったのである。

国立遺伝学研究所 遺伝学電子博物館 「DNA人類進化学」
http://www.nig.ac.jp/museum/evolution/02_e.html

436 :出土地不明:2010/03/12(金) 11:43:41 ID:ZGHNBIkT
国立科学博物館ホームページ 「日本人はるかな旅」
http://www.kahaku.go.jp/special/past/japanese/ipix/index.html

第5章 そして日本人が生まれた
およそ2300年前に中国や朝鮮半島から渡来してきた弥生人は、長く平坦な顔で、大柄な身体つきをしていました。
彼ら渡来系弥生人は、九州北部から日本列島各地に広がり、縄文人と混血しつつ、本土人の主体を形成しました。
彼らと共に渡来した文化は、在来の縄文文化と融合して、弥生文化を生み出しました。
http://www.kahaku.go.jp/special/past/japanese/ipix/5/index.html

アイヌ・本土人・琉球人
大陸からの渡来民の流入は、古墳時代の終わりの7世紀頃まで続きました。
この間、大陸からの新しい文化や技術を持ち込んだ渡来民は、
本州を東に進んで近畿地方に進出し、大和朝廷を築き、さらに関東、東北へと、
先住の縄文系の人々と混血しながら進出していったようです。
このような混血により古墳時代の末には、渡来民が主体となって
現代の本土人の原型がほぼできあがったと考えられています。
http://www.kahaku.go.jp/special/past/japanese/ipix/5/5-15.html

分子レベルでみた日本人のルーツ
http://www.kahaku.go.jp/special/past/japanese/ipix/5/5-26.html

437 :出土地不明:2010/03/12(金) 11:44:26 ID:ZGHNBIkT
明らかになった韓国人祖先の移動経路…遺伝子は日本人と最も近い・中央日報

韓国生命研究院のカン・ホヨン博士は「73民族2000人を対象にした広範囲な研究は初めて。
新しい遺伝子追跡技法を活用し、信頼性が高い」と述べた。

今回の研究は約5万6000個の遺伝子を分析した後、
似た遺伝子が多いか少ないかに基づいて民族の移動路を追跡した。

各民族間にどの程度の差があるのかも今回の研究で確認された。
韓国人とアフリカ人の差を100とした場合、韓国人と中国人は5.03、
韓国人と日本人は4.23、中国人と日本人は6.99、韓国人とヨーロッパ人は58.2だった。

韓国人は日本人と最も近いということだ。
これは「日本人は韓国から渡った」という学説を傍証するものだと、研究チームは説明した。
http://japanese.joins.com/article/article.php?aid=123817&servcode=400

438 :出土地不明:2010/03/12(金) 12:15:12 ID:HSopeilQ
>>436
そのサイトには
http://www.kahaku.go.jp/special/past/japanese/ipix/5/5-11.html
>北東アジア人の歯は、大きく複雑な形をしていて、その典型が中国人にみられることからシノドントとよばれています。
>厳寒の氷河期を生き抜いてきた人たちの頑丈な歯です。渡来系弥生人の歯もシノドントです。
>一方、東南アジアの人々の歯は、小さく簡単な形をしていて、スンダドントと呼ばれます。
>もともと数万年前のスンダランドにいた人々がもっていた歯です。縄文人の歯も、小さく、スンダドントに近いのです。

縄文人の歯はスンダランド
弥生人の歯の典型は中国人

439 :出土地不明:2010/03/12(金) 13:12:14 ID:/Pp/pUt8
>>437
チョンの結論だけ意味不明なのはいつものことだが
これはナショジオの系統樹と比較してどう違うのか

縄文スンダランド 弥生江南説には追い風な結果だろ

440 :出土地不明:2010/03/12(金) 13:30:37 ID:iYhc+yYI
>>436
そのサイトの結論

渡来系弥生人は大陸のどこからやって来たのでしょうか。
最近の調査により、水稲耕作の発祥の地ともいわれている中国南部が有力視されています。

黄河下流と長江下流に挟まれた地域の漢代の遺跡から、渡来系弥生人によく似た人骨があいついで見つかっています。
http://www.kahaku.go.jp/special/past/japanese/ipix/5/5-14.html

渡来系弥生人によく似た頭骨が発見されている中国の遺跡
http://www.kahaku.go.jp/special/past/japanese/ipix/5/img/5_14_02.jpg

441 :出土地不明:2010/03/12(金) 13:33:11 ID:iYhc+yYI
>>435
そのサイトの引用元

宝来聰著「DNA人類進化学」(岩波科学ライブラリー52)より引用

宝来聰(笑)


442 :LUNAMASK:2010/03/12(金) 14:02:19 ID:PN5dt23y
>>440
これってズバリBC1000年頃に海岱(岳石文化)→山東半島→遼東に移動する石包丁・
ミレット稲作民の軌跡。↓
http://www.kahaku.go.jp/special/past/japanese/ipix/5/img/5_14_02.jpg

443 :LUNAMASK:2010/03/12(金) 14:37:05 ID:PN5dt23y
>>430-433
アルタイ・興安嶺山岳地帯トランスヒューマンス文化人が倭国乱の時代に高地性集落・
四隅突出型墳丘墓・前方後円墳を築いたと考えられる。それは古ウイグル・兀良哈で
あったのだろう。

444 :LUNAMASK:2010/03/12(金) 14:48:33 ID:PN5dt23y
>>417
>>413
日本では、満州族容貌の典型はお公家さん貴族階級ですね。
http://books.google.co.jp/books?id=szGT-dJcJRsC&pg=PA141&lpg=R#v=onepage&q=&f=false
椿宏治氏「3.顔の型から 公家と満州族はほとんど重なる。山形や
青森は蒙古に近い。日本海側一帯の人たちは蒙古族や満州族に近い。
 以上のことから、公家を含めた畿内や山陽の人たち、日本海側の
人たちは満州族に近縁である。」と。
----------------------------------------------------------------------
青森・山形            蒙古型
日本海沿岸            蒙古族 満州族
公家・畿内・山陽・近隣日本海沿岸 満州族
ってことですか。秋田唐松神社(秋田物部)はモンゴルのケレクスル形式。岩手の方では
クロマンタというピラミッド遺跡があるが、これは高句麗将軍塚のようなもの。相当、
兀良哈、ジョンガラ関係が入っているようですね。


445 :LUNAMASK:2010/03/12(金) 14:52:15 ID:PN5dt23y
ホーミーと同じ裏声系統にはホーハイ節というのもあります。そもそも、下北の石積み
文化はズバリイェニセイ河オリジンの十王信仰を具現化したようなものですね。

446 :LUNAMASK:2010/03/12(金) 14:53:55 ID:PN5dt23y
承前 竜飛岬も古代人なら辰国と呼んだはずですね。

447 :LUNAMASK:2010/03/12(金) 15:04:30 ID:PN5dt23y
承前
イェニセイ河、冬季は数メートル結氷するが春先大地をとどらかす地響き、氷と氷が
ぶつかり合い青い火花を飛ばす。罪人は死後この氷の川に投げ込まれる。
関東には出雲から勧進した氷川神社が多い。十王経の氷の川に相当する現象は
イェニセイ河の春の風物詩であり、十王経のオリジン、クリスマス・ツリーのオリジン
を物語っているようです。

448 :LUNAMASK:2010/03/12(金) 15:46:16 ID:PN5dt23y
YDNA別推定渡来時期
Hg SNP %
C1   M8 5.4%  縄文時代
D2 P37.1* 3.9%  縄文時代
D2a M116.1 16.6%  縄文時代
D2a1 M125* 12.0%  縄文時代
D2a1a P42 2.3%  縄文時代

O2b SRY 7.7%  松嫩・小拉哈文化期
O2b1 47z 22.0%  松嫩・小拉哈文化期 

O2a M95* 1.9% 海岱岳石文化・箕子朝鮮期 
O3 M122* 6.6%  海岱岳石文化・箕子朝鮮期
O3a3 LINE1 3.1%  海岱岳石文化・箕子朝鮮期 
O3a3c M134 10.4%  海岱岳石文化・箕子朝鮮期

C3 M217* 1.9%  高地性集落期
C3c M86 1.2%  古墳時代
 
NO M214* 2.3%  古墳時代 
N1 LLY22g* 1.2%  古墳時代 
N1c1 M178 0.4%  古墳時代
Q P36   0.4% 古墳時代 
R M207 0.4% 古墳時代

449 :出土地不明:2010/03/12(金) 16:50:31 ID:A7lJrL6G
【日朝】 鳩山内閣が「朝鮮学校」無償化除外の方針を固める 〜世論には「差別的な扱いをすべきでない」との声も [03/12]
http://yutori7.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1268344310/

450 :出土地不明:2010/03/12(金) 18:02:13 ID:fXG5GDnb
>>440
中国南部はないからw
マジ電波はやめてくれw

451 :出土地不明:2010/03/12(金) 20:15:44 ID:c0IPVY8O
わぉ〜、月光たん!!
>>448
O2a M95* 1.9% 海岱岳石文化・箕子朝鮮期 
O3 M122* 6.6%  海岱岳石文化・箕子朝鮮期
O3a3 LINE1 3.1%  海岱岳石文化・箕子朝鮮期 
O3a3c M134 10.4%  海岱岳石文化・箕子朝鮮期


これが「双身船に乗る鳥装の銅鐸文化人」の正体でつね!!

O-LINE1 3.1% 呉 准夷 炎帝(少彦名)蚩尤(兵主)製鉄技術 銅剣 銅鐸
O-M95* 1.9% 越 隼人 海人族 尾張・海部氏

452 :出土地不明:2010/03/12(金) 20:33:30 ID:c0IPVY8O
わぉ〜>>427たん
弥生人は長江の呉越民で「双身船に乗る鳥装の銅鐸文化人」だお(^-^)/

O-LINE1 3.1% 呉 准夷 炎帝(少彦名)蚩尤(兵主)製鉄技術 銅剣 銅鐸
O-M95* 1.9% 越 隼人 海人族 尾張・海部氏

北方民は神やらいされちゃったので、民族置換?は起こってないお(^-^)/

453 :出土地不明:2010/03/12(金) 21:04:47 ID:HRUVAzxG
江南人と弥生人の古人骨DNAが同じだったのは、
韓民族が江南を支配していたからでつ。

454 :出土地不明:2010/03/12(金) 21:26:42 ID:I+nVUAJi
>>452
炎帝とか神農は、どちらかというと西北の民っぽいですよ。
蚩尤-->九黎族が成り立つならば、それは中国南部の民っぽいけど。

呉の王というのは、周の本流とは、腹違いの兄の系図に入れられているので
周と関連があります。西北民っぽさが多少匂います。越のような純然たる中国南部の集団ではないかと。

古公亶父
 |
 |-----+-----+
 |    |     |
季歴 虞仲 太伯 <-- 呉の太伯は、周の傍系
 |
文王
 |
武王(伐紂事業完成)

455 :出土地不明:2010/03/12(金) 21:46:29 ID:c0IPVY8O
わぉ〜>>454たん
殷の黄帝に対して、周の炎帝は古羌族など西北から南下した民の香りがしますね(^-^)/

>>52
わぉ〜>>51たん
チベット・ミャンマー語族の羌族、イ族、西夏族、カレン族、ミャンマー族らは
チベット系製銅製鉄民+南方稲作民の連合体ですね!!
彼らの分布地一帯が「鳥居・歌垣・鵜飼・支石墓」の天孫文化の母胎ですね!!

>>14
これが江淮-山東半島に集合して列島に入り、纒向に太陽神殿を創ったのかな〜!?(^0^)/

456 :出土地不明:2010/03/12(金) 21:54:21 ID:I+nVUAJi
>>455
周の本流は黄帝であって、同盟者達が炎帝なのですがw

457 :出土地不明:2010/03/12(金) 22:12:51 ID:c0IPVY8O
>>456
すべて王の本流は「黄帝」の子孫でつね!!

>「炎帝」の称号の由来については、神農氏が油性の木を束ねて火をつける
「松明」を発明したため「炎帝」と呼ばれたという説もある。

まるでイ族の「松明」祭りのようです〜(^-^)/

458 :出土地不明:2010/03/12(金) 22:41:14 ID:I+nVUAJi
昔のを、本当に復元したのか疑わしいんだけど。>「松明」祭
全員が黒イ族だったのでしょうか?w

中華民国時代の写真とは、随分違うので、
イ族は、格好よく見せたい見栄はる傾向のある民族だと思いますよ。

459 :白馬青牛 ◆cjIySZ2iYw :2010/03/12(金) 22:55:17 ID:MKk9a2dU
>>425
低能相手に逃げる馬鹿がどこにおるんなら?強がり虚勢で第三者に印象づけ
たいんはあんたの方で。あんたが証明出来る事例を挙げたらええじゃ
ないか。タイム・スリップの妄想以外不可能なことは解りきっとるが。
「日本原住民は被支配集団」のどこが妄想なんか?日本列島みたいな島国で
支配層が土着民じゃった事例を挙げにゃあ、あんたは嘘吐きになるのう。
日本列島は在来土着民自体、少数派じゃけぇ確率は低いのう。
http://www.geocities.jp/k_saito_site/bunkn22.html
埴原和郎氏の古墳期近畿が北方渡来系9対在来縄文系1、中国地方渡来系8対
在来系2、関東地方渡来系7対在来系でも明らかなことじゃ。
>>426
モノの話なら中世の広島県福山の草戸千軒遺跡の陶器が中国や朝鮮製じゃ
けぇ、当時中国人や朝鮮人の渡来が多かったわけでもあるまいし。
民族集団の移動期は、世界的傾向の4世紀じゃの期間があるもんじゃ。
モノ云う物質物だけじゃあ根拠にならんのんで。

460 :出土地不明:2010/03/12(金) 23:05:43 ID:c0IPVY8O
>>458
LUNAMASK:2010/01/29(金) 09:41:58 ID:nctVE+3g
「イ族はチベット系の民族でかつて周が全盛を誇った頃(BC一〇〇〇〜BC八〇〇年)
に周の西に接して強勢を示していた犬戒だ。まさに西方の覇者だから極めて誇り高い。
これが呉、越から南東を経て南九州へやってきて倭国を形成した。」
http://www5.ocn.ne.jp/~toyokazu/jpn/nswana/nsw-09.html

LUNAMASK:2010/01/29(金) 09:47:16 ID:nctVE+3g
犬戎が長江下流に達する足跡は↓
The earliest use of iron in China
Published in Metals in antiquity,ed. by Suzanne M. M. Young, A. Mark Pollard,
Paul Budd and Robert A. Ixer
http://www.staff.hum.ku.dk/dbwagner/EARFE/EARFE.html
によってよく理解できる。

461 :出土地不明:2010/03/12(金) 23:12:15 ID:c0IPVY8O
これが、南方系トンカラリン天孫族の瀬戸内海東遷ルートじゃないかな〜(^-^)/

>>252 :LUNAMASK:2010/03/04(木) 13:21:44 ID:qvMDNGRW
スキタイの影響は雲南、殷にも濃厚です。刺青なんかはパジリク・イラン系文化です。
呉越にもスキタイ文化は大きく影響している筈です。楚のTLV鏡にも影響があるんじゃないでしょうか。
神武、雄略、天武、後醍醐はランスヒューマンスな統治戦略を持つということは
神武が殷のような地形を選んでいることからもわかります。
オークネフ密教、つうか、山岳宗教の極めつけは徳島県剣山頂上付近のトンカラリン遺構でしょう。
東京都にみられる麻という地名も多い。成田山のようにごまをたく寺がある。

462 :出土地不明:2010/03/12(金) 23:30:52 ID:PI7ohVsG
話にならないなぁ。

ここで形質人類学の成果を請け売りされてもねぇ。ここは
考古板だってあれほど言ってるのに全く意味が分からない
んだね、おじさん。

そもそも「日本原住民」って何?
言人謙次あたりからでいいから順を追って話してくれよ。

馬牛の話に草戸千軒ってよく出てくるね。内容は無いに等しいけど
なんで時代の違うものに言及してるのかね。古墳時代の話したい
なら、もっとたくさんモノ資料あるのに・・・。韓式土器の話でも
してみたらどうかな。草戸に拘りたいなら十三湊とかの話もいい
かもよ。

463 :出土地不明:2010/03/12(金) 23:31:57 ID:I+nVUAJi
>>460
うへっ。
涼山イ族は、四川盆地に出かけて、人を捕まえてきては
農奴にしていて、支配層は農耕をしなかった民族です。

あと、雲貴高原へ行って全然言葉が通じない連中を
捕まえてきて、奴婢にしていたそうですよ。

とても怖い印象があるのですが。。。

464 :白馬青牛 ◆cjIySZ2iYw :2010/03/12(金) 23:37:06 ID:MKk9a2dU
>>427百済は扶余系、新羅も伽耶も支配層は北方木槨墓人。伽耶の
礼安里古墳の人骨も北方高顔の者と被支配民の韓人、倭人系の低顔の
人骨があり、扶余の満州内陸部も漁労文化の伝統が強いゆえ、
あんたの北東アジアの歴史を知らん妄想は却下されるよ。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B8%A4%E6%B5%B7_(%E5%9B%BD)
http://gunsight.jp/c/sankou-03.htm
http://www31.ocn.ne.jp/~ysino/column/page008.html
上のウィキと二番目のブログでも、732年の高句麗の継続地域国家の渤海に
よる水軍での山東への侵攻は出とるし、高句麗が日本へ使節を送り、
また日本へ渡来したことは、航海技術も進んだ地域じゃった云うことよ。
一番下のブログの▼新羅商人の山東半島の進出▼に、「732年渤海は
山東半島登州を攻め、唐と新羅使の海路を制圧する。唐は水軍が貧弱で
あったため、それを新羅に依存せざるをえなかった。」後は張宝高親分の
登場じゃのう。満州や朝鮮は海洋的性格が強く、島国の大陸的性格を
持つ日本列島と違うところじゃろう。

465 :出土地不明:2010/03/13(土) 00:02:57 ID:HSopeilQ
>>464
扶余族がいつ水田民族に変化したんだよw
これの説明が無いと説得力皆無w

466 :出土地不明:2010/03/13(土) 00:11:25 ID:2SDgZ5xd
>>450
個人的で申し訳ないが
うちの家族はベトナム人に煮てる気がするw
だから何?と言われればそれだけだがw

467 :白馬青牛 ◆cjIySZ2iYw :2010/03/13(土) 00:20:30 ID:RSmMRP+B
>>428-444
広い意味で、追分は遊牧民草原の道ユーラシア文化でしょう。
東北でも日本海側は、渡来形質が多いでしょう。
http://blog.goo.ne.jp/yokohama888/e/c201e1ae9b9d52ee1ff6b4b3e0679658
「いわゆる縄文人とは似ても似つかない」(東北日本海側が美人かどうか
別として)津軽、秋田、山形は、東北の太平洋側と比べ、、渡来系顔が
多いてすね。東北のズーズー弁は、司馬氏が指摘する以前に、満州や
朝鮮東北部の方言の訛ですね。なぜか中国地方の出雲地域にも残って
おります。
>>448
古墳期から日本人の主流となった渡来系が少な過ぎますよ。
まあ、遺伝子還元は電波ですから。
>>451-452
精度の低いY染色体のみにすがる、新興宗教の呈じゃのう。
遺伝子じゃあ時代は特定出来んし、列島倭国の住民は黄巾の乱と同時代
現象で人口の半数以上は死んだ可能性が強いのう。
北方系が南方系を支配したんが世界史の実例で、日本だけ真逆は
あり得んど。
>>453
韓系より華北形質の漢人が江南を支配したんよ。その後江南沿岸部の
北方支配層は、山地の南方系楚らに駆逐されたろう。
後に韓人云うよりも新羅が、山東へ進出し、海路の利益を独占したんじゃ
けど。まあ、山東は満州や朝鮮と海路で頻繁に交流出来るし、
高句麗遠征の山東の水軍を使うとる。山東は精悍な山東馬賊の地でも
あるし、騎馬と船の騎馬、海賊要素が強い地域とは云えようよ。

468 :白馬青牛 ◆cjIySZ2iYw :2010/03/13(土) 00:59:06 ID:RSmMRP+B
>>454
父系製図なんか、浮気癖のある女性で書き変えられる、根拠の無いもんで。
家系の女性が全員貞淑じゃったと妄想概念でしか成立せんものを、
ファンタジーで解釈しても意味があるまあ。
>>458-463
支配層の黒イは、少数派で、被支配民の漢人やタイ系の白イが多数派。
チベット系遊牧民の黒イが白イを奴隷化しただけじゃ。
http://blog.goo.ne.jp/yokohama888/e/c201e1ae9b9d52ee1ff6b4b3e0679658
ここにもあるように。
黒イは奴隷社会じゃけぇ、原住民にとっては怖いじゃろうね。
イ族以前のテン族も同様じゃね。
http://www.geocities.jp/silkroad_tanken/katsudou_tp16/others/shishido_seinan_silkroad/shishido_seinan_2/shishido_seinan_silkroad_2_.html
南方系蛇トーテムが北方系チベット系に支配された現象じゃけど、
凄まじい支配ですのう。
>>460
江南から直接日本渡来は無理なこと。
>>462
形質じゃないと、遺伝子じゃあ渡来時期が説明出来んよ。
>>465
扶余が水稲農耕民に変化した事例は無いのう。日本は水稲農耕民が支配
したわけじゃあ無いけえ、本末転倒よのう。

469 :出土地不明:2010/03/13(土) 01:03:51 ID:HGMrqfqt
>>464
これらの当然起こる疑問に答えられないんだね。
古墳に入るのは支配者層、南韓三国の支配者層のことはどうでもいいと
言ったろう。しかもそれらが扶余族かは結論が出てないはずだが。
内水面の漁労文化なんかが外洋船建造、運用とかかわりあると?
8世紀の渤海の話がいきなり出て驚いた。まず高句麗と渤海の関係も結論が
でてないと思ったが。渤海使の船なんか過大評価できるの?新潟に着くか
秋田に着くか出たとこ勝負で、しかもほとんど破損させて日本建造の船を
あてにするのに。山東と遼東の行き来なんて問題になるかい。戦国時代以前
からの民間船の定期ルートだよ。朝鮮海峡やましてや日本海突っ切るのと
比較できるかい。まあ以上のことは肝心なことじゃない。
で、大事なのは未回答の疑問なんだけど
渡来ルートは?(南韓を押し通ったか否か)
その考古学的遺物は?(当然あるよなあ大量渡来だし)
何を根拠に弥生人は激減したっていうの?
そもそも、あんたは弥生人のルーツを何だと思っているの?(これも
 ツングースかい?それを扶余が駆逐したんだ)
はじめに結論ありき。後から大量読書の中から都合の良い部分をぬきだす。
あんた同じことの繰り返しでウザすぎるから。

470 :出土地不明:2010/03/13(土) 01:26:20 ID:2SDgZ5xd
>>468
>扶余が水稲農耕民に変化した事例は無いのう。日本は水稲農耕民が支配
>したわけじゃあ無いけえ、本末転倒よのう。

扶余が水稲農耕民に変化した事例は無い
常識は有るようだなw

では、騎馬民族が日本を支配した根拠を出してもらおう
馬は何処を駆け抜けたのだ

471 :出土地不明:2010/03/13(土) 01:48:45 ID:wh/fEtQ+
Y染色体を否定できるほどの科学的知識もないくせに、
しつこく何とか言いくるめようとしてるだけの、
変態糞男が白馬だねw

472 :出土地不明:2010/03/13(土) 02:34:56 ID:Y7gZJw0a
国立遺伝学研究所ホームページ 
http://www.nig.ac.jp/

日本人の起源
集団間の近縁度をみる尺度として、塩基多様度のネット値(DA)というものを利用することができる。
この値が大きいほど二集団間の遺伝距離は遠く、小さければ遺伝距離が近いと理解していただきたい。

八集団(アフリカ人、ヨーロッパ人、アメリカ先住民、アイヌ、中国人、琉球人、韓国人、本土日本人)
において総当たりで計算したDAの値の分布を調べた。
アフリカ人は、他のどの集団と比較しても大きな遺伝距離をもっている。

これとは対照的に、東アジアの五集団は、それぞれの集団間の遺伝距離が非常に小さい。
特に、韓国人と本土日本人の二集団間の遺伝距離はゼロであった。
やはりこの分析でも、韓国人と「本土日本人」は遺伝的にきわめて近縁な関係にあることが明らかとなったのである。

国立遺伝学研究所 遺伝学電子博物館 「DNA人類進化学」
http://www.nig.ac.jp/museum/evolution/02_e.html

473 :出土地不明:2010/03/13(土) 02:36:25 ID:Y7gZJw0a
国立科学博物館ホームページ 「日本人はるかな旅」
http://www.kahaku.go.jp/special/past/japanese/ipix/index.html

第5章 そして日本人が生まれた
およそ2300年前に中国や朝鮮半島から渡来してきた弥生人は、長く平坦な顔で、大柄な身体つきをしていました。
彼ら渡来系弥生人は、九州北部から日本列島各地に広がり、縄文人と混血しつつ、本土人の主体を形成しました。
彼らと共に渡来した文化は、在来の縄文文化と融合して、弥生文化を生み出しました。
http://www.kahaku.go.jp/special/past/japanese/ipix/5/index.html

アイヌ・本土人・琉球人
大陸からの渡来民の流入は、古墳時代の終わりの7世紀頃まで続きました。
この間、大陸からの新しい文化や技術を持ち込んだ渡来民は、
本州を東に進んで近畿地方に進出し、大和朝廷を築き、さらに関東、東北へと、
先住の縄文系の人々と混血しながら進出していったようです。
このような混血により古墳時代の末には、渡来民が主体となって
現代の本土人の原型がほぼできあがったと考えられています。
http://www.kahaku.go.jp/special/past/japanese/ipix/5/5-15.html

分子レベルでみた日本人のルーツ
http://www.kahaku.go.jp/special/past/japanese/ipix/5/5-26.html

474 :出土地不明:2010/03/13(土) 02:39:17 ID:Y7gZJw0a
明らかになった韓国人祖先の移動経路…遺伝子は日本人と最も近い・中央日報

韓国生命研究院のカン・ホヨン博士は「73民族2000人を対象にした広範囲な研究は初めて。
新しい遺伝子追跡技法を活用し、信頼性が高い」と述べた。

今回の研究は約5万6000個の遺伝子を分析した後、
似た遺伝子が多いか少ないかに基づいて民族の移動路を追跡した。

各民族間にどの程度の差があるのかも今回の研究で確認された。
韓国人とアフリカ人の差を100とした場合、韓国人と中国人は5.03、
韓国人と日本人は4.23、中国人と日本人は6.99、韓国人とヨーロッパ人は58.2だった。

韓国人は日本人と最も近いということだ。
これは「日本人は韓国から渡った」という学説を傍証するものだと、研究チームは説明した。
http://japanese.joins.com/article/article.php?aid=123817&servcode=400

475 :出土地不明:2010/03/13(土) 02:52:31 ID:2SDgZ5xd
>>474
>これは「日本人は韓国から渡った」という学説を傍証するものだと、研究チームは説明した。

日本の遺跡や遺物の方があらゆる意味で古いのだが
この研究者は恥ずかしいほど無知

476 :出土地不明:2010/03/13(土) 03:21:45 ID:CGZY38SA
まあお前が何言っても無駄だよw

477 :出土地不明:2010/03/13(土) 09:04:49 ID:ln9qlDKU
韓国人のDNAと最も近いのは中国人(満州族)
http://popsci.hankooki.com/popsci_news/view.php?news1_id=6315&cate=15

478 :出土地不明:2010/03/13(土) 09:16:35 ID:AXw53bZj
遥か古代に中国揚子江下流域において稲作が始まりました。
陸稲種の熱帯ジャポニカは縄文期に先行して南島経由で日本に渡来し、青森まで到達していました。
この熱帯ジャポニカ種は日本経由で半島に渡った可能性があります。

縄文時代に栽培されていた稲は現在の温帯ジャポニカではなく、
この熱帯ジャポニカといわれる種類のものだったと考えられるようになりました。
青森県・高樋V遺跡などから出土した炭化米のDNA鑑定で、
それが熱帯ジャポニカに特徴的な「7C6A」という配列を示していたのです。

水稲250品種(温帯ジャポニカ)のDNA分析からは、
MR1a〜MR1hという8つの変形版(全て「中立遺伝子」)が発見されました。
中国大陸にはこのMR1aからMR1hまでの8つの種類が全部存在し、
朝鮮半島にはMR1bを除く7つの種類が存在します。そして日本には、MR1aおよびMR1bの2種類しか存在しません。

従来、稲の伝わってきたルートは朝鮮半島経由だというのが考古学の結果から推論されていました。
しかしMR1b遺伝子が中国と日本では高い割合で分布し、朝鮮半島の在来品種の中に見つからないという点から、
この遺伝子を持つ水稲が、中国大陸から直接日本へ到達するものの流れのルートを経てきたものと想定できるのです。
http://yamatai.cside.com/katudou/image/266-4.gif
http://www.iza.ne.jp/images/user/20090917/613712.jpg

479 :出土地不明:2010/03/13(土) 09:41:51 ID:GXzNBcYz
>>475
だってそれ朝鮮人のチームだからw
実際はコレ

今回のサイエンス誌上に掲載された論文は、日本などアジア10カ国の合同研究チームにより発表されたもので、
その内容は核DNAの膨大な数の塩基配列上に点突然変異で生じた一塩基多型(SNP)6万箇所を調べ、
アジア、太平洋地域、南北アメリカの約73民族・集団の1900人を対象に比較分析し、
得られた各集団内・集団間のハプロタイプの多様性を調べたものです。

今回発表された論文の中で作成された系統樹は、
約19934の一塩基多型から民族・集団間の近縁関係を最尤法(さいゆうほう)系統樹で示したものであり、
各民族や集団の構成員のハプロタイプに基づき集団の成り立ちを考察したものではないので、
上で議論したミトコンドリアDNAやY染色体DNAのハプロタイプに基づく日本人の成立といった詳細なシナリオは、
この方法からは得られません。
ttp://www.cyber-u.ac.jp/column/wh/006/index.html

480 :出土地不明:2010/03/13(土) 10:00:02 ID:rlOuD4WT
>>455
羌系の羌族とロロ系のイ族の間には、言語的な断層がある。
嘉戎(ギャロン)とか羌族や蜀の漢人が、
イ族やチベット族の農奴にされて、言語的なブリッジがかかったと考えられる。
(ブリッジには、白族言語もあり複数だけど、ブリッジがなくなると
 中国語とイ語・チベット語の距離は、中国語とタイ語ぐらい遠くなる。)

固有語が残っていたのは、通気口のちょう(石偏に周)楼と地底トンネル網のある地域。
漢人みたいに城壁都市を作り、戦争時に城壁の中に人も家畜も篭ったという。
地底トンネルから援軍が来て、敵を撃退というのも漢人的な発想。
このため、固有語と四川話を使い分けていたから、固有語が残ったといわれる。

黒イ族の騎馬技術は、元朝のモンゴルとの類似が指摘されるし
白族の重商主義の背景は、イスラムとの類似が指摘される。
ロロ系の昔の姿を探るならば、ハニ族やラフ族やリス族も見ないと無理。

イ族と白族の昔の姿を探るのは難易度が高く、>>460であげているブログで、
クマソやハヤトと結びつけているのは、強引すぎ。

481 :LUNAMASK:2010/03/13(土) 10:16:04 ID:h7tqX2Rw
>>451 科博の >>442 にも殷墟が入っているんで銅緑山の銅資源をもって箕子朝鮮に
移住したんでしょうね。大連に上陸後、遼東山岳部で高夷トランスヒューマンスを展開し
たんじゃないでしょうか。蚩尤/兵主は明らかに海岱(黄淮)ですね。
>>452 おそらく呉越の方が曹操に追われて亡命する烏桓よりも一日の長があったので
甘木朝倉の方に陣取って行政指導をしていたんじゃないですか。
>>453 それはちょっと断言するのが難しいですね。韓国は孔子も亡命したがる君子の
東夷国であったはずなんでね。

482 :LUNAMASK:2010/03/13(土) 10:31:01 ID:h7tqX2Rw
>>444 >14 太公望を西安から斉に封じることは徳川時代のように旧所領の武家のみ
ならず遊牧民をも含む領民の移動を伴ったことであり、この結果として民族移動的なこと
が起きたと推定されます。


483 :LUNAMASK:2010/03/13(土) 10:38:54 ID:h7tqX2Rw
>>461
太陽は猪、牛のように大地に、あるいは、海蛇のように、鹿のように海中に潜り地底、
水中をモグラ、竜のように移動し、朝になると地平線から上昇する神のようなものである
→トンカラリン。したがいトンカラリンの起源はオークネフ、山戎のようなところであったと
見られます。



484 :LUNAMASK:2010/03/13(土) 11:03:26 ID:h7tqX2Rw
>>467 >>428-444 朝青竜の会見でのモンゴル語もズーズー弁でしたね。
>>467 >>448 継体王朝・穹窿石室墓にミヌシンスク盆地、モンゴル・トラ川流域からの
第二次古ウイグル族の肥後・阿波をはじめとする大規模移住があったのではないかと
考えます

485 :出土地不明:2010/03/13(土) 12:24:48 ID:GzPDJ+BT
>>467
>韓系より華北形質の漢人が江南を支配したんよ。

【書籍】 「韓民族が中国大陸支配した」〜先祖の多彩な姿復元、チェ・ジンヨル著『大陸に立つ』[03/12]
http://yutori7.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1268447878/

486 :LUNAMASK:2010/03/13(土) 15:07:28 ID:h7tqX2Rw
>>467 >>448
イェニセイ河ハカス共和国オクネフ文化
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AA%E3%82%AF%E3%83%8D%E3%83%95%E6%96%87%E5%8C%96
これと同時期のBC1800年頃沿バイカル・グラスコフ文化、松嫩・小拉哈文化、沿海州・
ザイサノフカ(鶯歌嶺下層)文化では刻目突帯文土器が始まるが、これが海岱(黄淮)
から北上したO2bで、BC1300年頃には朝鮮半島に南下して無文土器、BC1000年頃
から日本に入り、弥生土器をもたらすものと考える。
ロシアのデレヴャンコは「古代の道は現代に至る」↓で、
http://historic.ru/books/item/f00/s00/z0000041/st008.shtml
「バイカル湖Bolshaya Chana湾から南行すると湖岸はかなりの湾によって分断されて
いる。特に興味のあるのはKurla岬からSeverobaykalsk市109°18'60.00"E
55°37'60.00"N に至る広大な湖岸平地である。距離にして15-20kmではあるが、
この辺では古代集落遺跡が多く発見されている。 われわれは、ここで新石器時代仮泊
地及び鉄器時代早期集落と共に、複雑な層をもつ2ヶ所の遺跡発見 に成功した。この
2つの遺跡間の距離は小さかった。第一の遺跡はバイカル湖岸の高い段丘にある
Malaya Kurla川の河口から300m上ったMalaya Kurla谷で発見された。芝の下の褐色砂
交じり粘土層で水で磨耗 した川石の上に、表面が円滑であり、紐の痕の付いた、刷毛
及びスタンプで押して刻まれた文様を持つ、容器及び土器の砕片が集まっていた。容器
表面は円滑であり、基本的には2つの形状があって、弱輪郭、厚手ズン胴平底甕で、
表面には分断貼り付け突帯があり、突帯表面に装飾があるものと、薄手で胴が膨らん
でいて、口縁に斜めの刻目があり、その下に貼り付け突帯があり、その下には紐で
押した痕がはっ きり付いているものとかあった。一つの容器は形状も装飾もバイカル
湖周辺グラスコフ文化埋葬遺跡から出土する容器と瓜二つであった。この時代はバイ
カル湖、アンガラ川峡谷に住み着いていた民族が銅製 品の使用を開始した時期に相当
する。」 ・・・このように述べている。

487 :LUNAMASK:2010/03/13(土) 15:22:43 ID:h7tqX2Rw
周克殷の頃、箕子封朝鮮、召公封燕により、オルドス・山戎の銅剣文化が箕子朝鮮に、
太公望封斉により、斉の岳石文化が箕子朝鮮に流入するのと同時にバイカル湖、
沿海州からも朝鮮半島への流入が始まる。それで↓こうしたことを推定する次第です。
O2b SRY 7.7%  松嫩・小拉哈文化期
O2b1 47z 22.0%  松嫩・小拉哈文化期
O2a M95* 1.9% 海岱岳石文化・箕子朝鮮期 
O3 M122* 6.6%  海岱岳石文化・箕子朝鮮期
O3a3 LINE1 3.1%  海岱岳石文化・箕子朝鮮期 
O3a3c M134 10.4%  海岱岳石文化・箕子朝鮮期

488 :出土地不明:2010/03/13(土) 15:38:50 ID:cyuw5D3C
雲南にも02bが結構ある。
これも韓民族が古代に雲南に進出していたからだわ、きっと。
http://www.plosone.org/article/fetchSingleRepresentation.action?uri=info:doi/10.1371/journal.pone.0004210.s003

489 :LUNAMASK:2010/03/13(土) 15:39:58 ID:h7tqX2Rw
承前
箕子朝鮮にはポルポト幹部のように殷時代に羌族の大量虐殺に関与していたものが
潜んでおり、彝族が日本にまで入り込むのはこういった分子摘発の使命があったの
か、それほどでなくても、羌族と箕子朝鮮とはあまりいい関係ではなかったのではと
考えたりしますが。

490 :出土地不明:2010/03/13(土) 15:52:01 ID:cyuw5D3C
ほぅ・・・
箕子朝鮮って凄いですね・・・雲南にも進出していたなんて・・・

491 :出土地不明:2010/03/13(土) 16:13:08 ID:1sjTLfPQ
国立遺伝学研究所ホームページ 
http://www.nig.ac.jp/

日本人の起源
集団間の近縁度をみる尺度として、塩基多様度のネット値(DA)というものを利用することができる。
この値が大きいほど二集団間の遺伝距離は遠く、小さければ遺伝距離が近いと理解していただきたい。

八集団(アフリカ人、ヨーロッパ人、アメリカ先住民、アイヌ、中国人、琉球人、韓国人、本土日本人)
において総当たりで計算したDAの値の分布を調べた。
アフリカ人は、他のどの集団と比較しても大きな遺伝距離をもっている。

これとは対照的に、東アジアの五集団は、それぞれの集団間の遺伝距離が非常に小さい。
特に、韓国人と本土日本人の二集団間の遺伝距離はゼロであった。
やはりこの分析でも、韓国人と「本土日本人」は遺伝的にきわめて近縁な関係にあることが明らかとなったのである。

国立遺伝学研究所 遺伝学電子博物館 「DNA人類進化学」
http://www.nig.ac.jp/museum/evolution/02_e.html

492 :出土地不明:2010/03/13(土) 16:14:14 ID:1sjTLfPQ
国立科学博物館ホームページ 「日本人はるかな旅」
http://www.kahaku.go.jp/special/past/japanese/ipix/index.html

第5章 そして日本人が生まれた
およそ2300年前に中国や朝鮮半島から渡来してきた弥生人は、長く平坦な顔で、大柄な身体つきをしていました。
彼ら渡来系弥生人は、九州北部から日本列島各地に広がり、縄文人と混血しつつ、本土人の主体を形成しました。
彼らと共に渡来した文化は、在来の縄文文化と融合して、弥生文化を生み出しました。
http://www.kahaku.go.jp/special/past/japanese/ipix/5/index.html

アイヌ・本土人・琉球人
大陸からの渡来民の流入は、古墳時代の終わりの7世紀頃まで続きました。
この間、大陸からの新しい文化や技術を持ち込んだ渡来民は、
本州を東に進んで近畿地方に進出し、大和朝廷を築き、さらに関東、東北へと、
先住の縄文系の人々と混血しながら進出していったようです。
このような混血により古墳時代の末には、渡来民が主体となって
現代の本土人の原型がほぼできあがったと考えられています。
http://www.kahaku.go.jp/special/past/japanese/ipix/5/5-15.html

分子レベルでみた日本人のルーツ
http://www.kahaku.go.jp/special/past/japanese/ipix/5/5-26.html

493 :出土地不明:2010/03/13(土) 16:15:11 ID:1sjTLfPQ
明らかになった韓国人祖先の移動経路…遺伝子は日本人と最も近い・中央日報

韓国生命研究院のカン・ホヨン博士は「73民族2000人を対象にした広範囲な研究は初めて。
新しい遺伝子追跡技法を活用し、信頼性が高い」と述べた。

今回の研究は約5万6000個の遺伝子を分析した後、
似た遺伝子が多いか少ないかに基づいて民族の移動路を追跡した。

各民族間にどの程度の差があるのかも今回の研究で確認された。
韓国人とアフリカ人の差を100とした場合、韓国人と中国人は5.03、
韓国人と日本人は4.23、中国人と日本人は6.99、韓国人とヨーロッパ人は58.2だった。

韓国人は日本人と最も近いということだ。
これは「日本人は韓国から渡った」という学説を傍証するものだと、研究チームは説明した。
http://japanese.joins.com/article/article.php?aid=123817&servcode=400

494 :出土地不明:2010/03/13(土) 16:17:00 ID:i+GEESp/
歴史発見】
       中日共同調査団が発表、 「弥生人」の起源は江南地方か

※ 江南人骨日中共同調査団(山口敏・東京国立科学博物館名誉研究員が団長)は、
江蘇省の墓から出土した六十体(二十八体が新石器時代、十七体が春秋戦国時代、十五体が前漢時代)
の頭や太ももの骨、 歯を調査。特に、歯からDNAを抽出して調査し、
福岡、山口両県で出土した渡来系弥生人と縄文人の人骨と比較。
結果、春秋戦国時代人と前漢時代人は弥生人と酷似。DNA分析では、
江蘇省徐州近郊の梁王城遺跡の人骨の歯から抽出したミトコンドリアDNAの持つ塩基配列の一部が、
福岡県の隈西小田遺跡の人骨のDNAと一致した。

「文化的にも江南から影響有」という記事も見られる。
吉野ヶ里で発見された絹は、遺伝子分析により前2世紀頃中国江南に飼われていた四眠蚕の絹であることが分かった。
当時の中国は蚕桑の種を国外に持ち出すことを禁じており、
世界で最初に国外に持ち出された場所が日本の北部九州であり、考古学的に証明された。

中国江蘇省無錫市の越時代の貴族墓から出土した鐸(共同)右日本の銅鐸(弥生時代)
『中国沿海部の江蘇省無錫市にある紀元前470年頃の越の国の貴族のものとみられる墓から、
原始的な磁器の鐸が見つかった。南京博物院(同省南京市)によると、
これまで中国各地で出土した鐸と異なり、日本の弥生時代の銅鐸によく似ている。中国側研究者からは
「日本の銅鐸は越から伝わった可能性があるのでは」との声が出ている。
ttp://sawyer.exblog.jp/7178292/

495 :出土地不明:2010/03/13(土) 16:17:50 ID:i+GEESp/
日本の銅鐸のルーツ? 中国で青磁器の「鐸」出土 2006

【上海9日共同】中国江蘇省無錫市にある春秋戦国時代(紀元前770−同221年)の地方国家、
越の貴族墓から、日本の弥生時代の銅鐸(どうたく)に形が似た青磁器の鐸がこのほど出土した。
発掘調査を担当した南京博物院考古研究所の張敏所長が9日までに明らかにした。
張所長は、鐸が中国南部の越から日本に直接伝わった可能性があると指摘している。
稲作農耕を中心とする弥生文化のルーツ解明にも影響を与えそうで、発掘結果をめぐる今後の議論が注目される。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20060209-00000148-kyodo-ent

496 :出土地不明:2010/03/13(土) 16:19:04 ID:i+GEESp/
韓国人のDNAと最も近いのは中国人(満州族)
http://popsci.hankooki.com/popsci_news/view.php?news1_id=6315&cate=15

497 :出土地不明:2010/03/13(土) 16:20:03 ID:i+GEESp/
遥か古代に中国揚子江下流域において稲作が始まりました。
陸稲種の熱帯ジャポニカは縄文期に先行して南島経由で日本に渡来し、青森まで到達していました。
この熱帯ジャポニカ種は日本経由で半島に渡った可能性があります。

縄文時代に栽培されていた稲は現在の温帯ジャポニカではなく、
この熱帯ジャポニカといわれる種類のものだったと考えられるようになりました。
青森県・高樋V遺跡などから出土した炭化米のDNA鑑定で、
それが熱帯ジャポニカに特徴的な「7C6A」という配列を示していたのです。

水稲250品種(温帯ジャポニカ)のDNA分析からは、
MR1a〜MR1hという8つの変形版(全て「中立遺伝子」)が発見されました。
中国大陸にはこのMR1aからMR1hまでの8つの種類が全部存在し、
朝鮮半島にはMR1bを除く7つの種類が存在します。そして日本には、MR1aおよびMR1bの2種類しか存在しません。

従来、稲の伝わってきたルートは朝鮮半島経由だというのが考古学の結果から推論されていました。
しかしMR1b遺伝子が中国と日本では高い割合で分布し、朝鮮半島の在来品種の中に見つからないという点から、
この遺伝子を持つ水稲が、中国大陸から直接日本へ到達するものの流れのルートを経てきたものと想定できるのです。
http://yamatai.cside.com/katudou/image/266-4.gif
http://www.iza.ne.jp/images/user/20090917/613712.jpg


498 :出土地不明:2010/03/13(土) 18:41:14 ID:8XrT1/yG
わぉ〜月光たん
>>489
殷の辺境で生贄にされていた羌族(犬戎)と、殷の治世に関与していた箕子とは仲が悪いでつか〜
まるで炎帝の子孫と黄帝の子孫の対立ですね(^-^)/

でも纒向では炎帝(少彦名)と黄帝(大物主)が一緒に祭られているから
列島では卑弥呼を共立して、一緒に建国したのではないかな!!
その後の邪馬台国と狗奴国の対立は炎帝(犬戎)側が仕掛けたのか気になる〜

499 :出土地不明:2010/03/13(土) 19:00:45 ID:QNLVUy+F
中国の長江文明は今から約4,000年前に崩壊しました。これは,4,200年前に訪れた寒冷化によって,
中国北部の畑作牧畜民(漢民族)が南下してきて,稲作漁労民である彼らを滅ぼしたことによります。 
(日本においても,この寒冷化の時期に「三内丸山」も崩壊したと考えられます。)
さらに今から約3,000年前にもう一度寒冷期が訪れます。
このとき,畑作牧畜民(騎馬民族)のさらに激しい拡大・南下があり,
長江流域の稲作漁労民は,雲南省や貴州省へと逃れました。また一部の人々は日本へと船でやって来て,
米や文化(稲作文化)を伝えたと考えられています。
ttp://www.biwa.ne.jp/~futamura/sub45.htm

つまり4000〜3000年前の長江流域には北方系民族がすでに住んでいたということですな。

500 :出土地不明:2010/03/13(土) 19:31:25 ID:rlOuD4WT
>>498
犬戎は、古羌の一支であっても、炎帝の子孫とされてない。
緬蔵語派(古羌?)の支族は、ロロと羌。時代が下がるとチベット(蔵)が登場。

殷は、黄帝の子孫の地位を剥奪されたのかもしれないが
周の王室が、黄帝の子孫。

501 :出土地不明:2010/03/13(土) 23:30:32 ID:8XrT1/yG
わぉ>>500たん
犬戎は古羌の一支であっても、炎帝の子孫とされてないのでつか(^_^;)

纒向で炎帝(少彦名)が祭られるということは、やっぱりアランちゃんたち嘉戎(ギャロン)族が
やってきて邪馬台国を建国したのかな〜(^0^)/

502 :出土地不明:2010/03/13(土) 23:48:04 ID:8XrT1/yG
>>443わぉ〜月光たん
前方後円墳の東殿塚古墳から出土した円筒埴輪に描かれた船はどうみても南方系に見えるお〜(^-^)/
http://mytown.asahi.com/nara/k_img_render.php?k_id=30000140904170001&o_id=6241&type=kiji

503 :白馬青牛 ◆cjIySZ2iYw :2010/03/14(日) 00:07:22 ID:McZl3+ci
>>469
内水面の漁労文化が外洋船建築と関わりあることは、梅棹忠夫氏が『日本の
海洋民』で、「船が大型化して軍事勢力として編成されていくまでの
初期段階では、かなり安定した水域が必要なんです。大陸の、平野に
おける大河や湖がかつこうの場を提供する。
ヴァイキングにしても、フィヨルドという非常に静かな水域がなかったら
育たなかったでしょう。そのヴァイキングが各地に拡がっていくときも、
大洋をおし渡るというより、海岸づたいに行って、セーヌ川とかテムズ川
のような大河川を遡っていく。あるいはバルト海という内陸経由でロシア
内陸部まで大陸河川を伝っていくわけです。その過程で、船が大型化して
軍事勢力として安定してくる。極東北部での水軍育成水域はどこかと
言うと、遼河、松花江、鴨緑江などを考えています。
川の問題はたいへん大事ですよ。日本近海というのはとりわけ荒い海で、
古代の技術とバランスできない。私のツングース水軍説で考えるところは、
穏やかな海。それが朝鮮半島の西側、黄海だということです。高句麗・
百済・倭というものが、同じ原理でつくられたツングース諸国家群だと
見たいわけです。西洋のノルマン・コンクェストと対比されるべきもので、
極東水域でのツングース・コンクェスト。その基盤となったのが、大河で
つくられた漁撈民を母体とした水軍文化である。」と、地勢的にも満州
河川は水軍活動の基盤じゃわいや。
渤海以前にも高句麗の使節は日本へ来とるし、渤海のウイキの図と違い
実際は朝鮮半島の海岸線で陸地が見えるあたりで航海して山口県あたりから
東北に航海して北陸へ行く可能性が強いのう。
日本建造の船云うて、日本船なんか一番ボロ船ど。
http://www31.ocn.ne.jp/~ysino/column/page003.html
▼新羅船が9隻購入され、帰国の運びに▼
でも、遣唐使らは、性能の良い新羅船を購入し、海路に詳しい新羅人60余人
を雇う。島国の大陸国家の日本は、海洋国家新羅に依存するしか無かったん
が実態じゃ。

504 :出土地不明:2010/03/14(日) 00:31:27 ID:QGbXlWei
「しかし、少数渡来説が優勢な考古学者からは、埴原説(大量渡来説)は支持されなかった。
渡来初期の窓口である北部九州の遺跡では、土器の大半は縄文式で弥生土器は全体の1割程度。
弥生時代を通しても大陸系の物品が急増して見つかる遺跡はなく、少数集団が数次に分かれて
渡来してきたと考えられるためだ。
一方で、弥生中期以降の遺跡では、人骨の多くは渡来系の形質で、北部九州では、八割〜九割
を渡来系が占める。土器から想定される初期の在来人と渡来系の人口比率から、そっくり逆転
している。」・・【試行私考 日本人解剖】第3章 ルーツ 民族の形成(4)から抜粋

>渡来初期の窓口である北部九州の遺跡
>弥生時代を通しても大陸系の物品が急増して見つかる遺跡はなく
>弥生時代を通しても大陸系の物品が急増して見つかる遺跡はなく


上記を噛み砕いて言えば、「形質的な逆転はあったが、文化的に縄文文化と渡来文化はゆっくり
と融合し弥生文化が生じた。即ち、大量渡来で形質が逆転したのではなく、列島内において渡来
形質が効率よく増加し、人口の逆転が生じた。」

渡来初期の窓口である北部九州の遺跡でさえ、そうなのである。"何をいわんや"である。

505 :出土地不明:2010/03/14(日) 00:50:24 ID:ZII2okHi
>>503
広開土王碑
〈そもそも新羅・百残(百済)は(高句麗の)属民であり、朝貢していた。しかし、
倭が辛卯年(391年)に海を渡り百残・加羅・新羅を破り、臣民となしてしまった。〉

倭の方が新羅より海軍力が強大だったみたいだよ
新羅が日本に攻め込んだ事は無い、でも倭は何度も攻め込んでいる。(ただし負けが有る)
高句麗は北方系だろうから陸戦は強かっただろうな

元寇は元と朝鮮の連合軍だったけど、日本は2度も撃退してる
元と朝鮮の連合軍をだゾ
元寇の敗戦が海難で運なら、遣唐使もタダの運だ

506 :白馬青牛 ◆cjIySZ2iYw :2010/03/14(日) 00:51:51 ID:McZl3+ci
>>469
続き。日本の支配層の多くは、対馬海峡経由じゃろう。考古学遺跡でも
南韓の須恵器が大量に出とるじゃないか。土器は交易圏の物じゃが、
南韓を経由した故の物よ。前スレでも云うたよう、中国でも黄巾の乱で
人口を大幅に減らした。倭国大乱の同時期で日本列島だけが人口を増やす
妄想は通用せんよ。同時代現象として。>>499なんか安田善憲氏の引用じゃ
ろうが、長江人渡来の北陸越説は電波じゃが、世界的民族移動期の古墳期
は、真っ当な見解じゃのう。
http://akatonbo-jo.cocolog-nifty.com/jo/2004/07/post.html
安田氏は古墳期に疫病で国民の半数が死んだと想定されたけど、
弥生期から人口現象で古墳期は家畜飼育に免疫が無い、日本原住民の多くは
死んだろう。岡田英弘氏が五胡の北方胡族の侵攻で古い漢民族は絶滅したと
されるが、日本では、縄文人や弥生期の倭人の絶滅になるのう。
古墳期の北方渡来系と混血した連中以外はほぼ絶滅程度の民族の変換は
起ったろう。
弥生人のルーツ云うて渡来弥生人のことか?在来の縄文系弥生人と誤解
される言い方はすなや。渡来弥生人は韓の地から渡来したが、その中には、
山東系、満州系も混じっておったろう。
はじめに嫌韓厨サイトの受け売りで結論決めよる洗脳された人間は
あんたじゃし、わしが引用した書物の中で、都合よう抜き出した部分は
どこかと具体的指摘もせず、感情論で他者をイメージ工作することに終始
しよる処も嫌韓ネット右翼の特徴よのう。
>>470
扶余が水稲農耕民に変化したことは無いんは満州におる限り云うことで。
支配した地域じゃあ、庶民も生まれるわけじゃし、稲作する連中が
おっても不思議じゃあるまあ。雲南の元軍の子孫が風土に応じて、
稲作農耕しとるように。
日本の風土に騎馬戦なんかほとんど必要なかったろう。

507 :出土地不明:2010/03/14(日) 01:28:05 ID:QGbXlWei
一応、過去レス貼っとくわ。

騎馬民族征服王朝説(以前主流であった征服したとする有名な学説)

『1949年に東洋考古学者の江上波夫が提起した学説で、4世紀後半ころ、東北アジア系の遊牧
騎馬民族が朝鮮半島を経由して日本列島に侵入し、統一国家を樹立したとするもの。--(略)--
確かに、前期の古墳にはまったくみられなかった 馬具が、中期の5世紀になると古墳の副葬品
のなかにみられるようになり、前期にみられなかった乗馬の風習や騎馬文化が急速に普及した
ことを物語っている。また中期には新しく朝鮮半島の影響により成立した横穴式石室が古墳の
埋葬施設として登場し、後期には古墳の最も一般的な埋葬施設となり、さらに中期には須恵器
と呼ばれる朝鮮半島系の土器の生産も開始される。ただそうした馬具や横穴式石室の普及、
あるいは須恵器生産などは、5世紀初め以来100年の間にしだいに進展してきたもので、古墳時代
の前半期と後半期の古墳文化の間に革命的な変化を認め、その背景に騎馬民族の渡来
・征服などを想定するのは困難である。むしろ、4世紀後半以来の高句麗の南下に伴う朝鮮半島
南部の戦乱に倭国もかかわり、その結果、こうした大きな変化が生じたと考えるべきであろう。
なおこの戦乱の影響で、多数の渡来人が日本列島に渡り、日本列島の社会や文化にきわめて大
きな変化を及ぼしたことは正しくとらえなければならない。その後の倭国が中国を中心とする
東アジアの文明を短期間に受容し、7世紀後半には強力な中央政権的古代国家を打ち立てることが
できたのは、倭人が絶えず多くの渡来人を受け入れ、新しい先進的な文化を受容する能力を常に
保持していたからにほかならない。』
---『詳説 日本史研究』山川出版社より一部抜粋


>さらに中期には須恵器と呼ばれる朝鮮半島系の土器の生産も開始される。ただそうした馬具や
>横穴式石室の普及、あるいは須恵器生産などは、5世紀初め以来100年の間にしだいに進展して
>きたもので、古墳時代の前半期と後半期の古墳文化の間に革命的な変化を認め、その背景に
>騎馬民族の渡来・征服などを想定するのは困難である。

508 :白馬青牛 ◆cjIySZ2iYw :2010/03/14(日) 01:30:52 ID:McZl3+ci
>>471
Y染色体は、精度の低い遺伝子型の一つでしかない。それをABO血液型同様、
人種形成の根拠にしたか疑似科学になるわいのう。
19世紀の復古主義生物学者に洗脳されとるんか?
>>484-489
モンゴル語もズーズーに近いですね。モンゴル人は気質的にもズーズーの
日本の東北人に近いですね。小心で温厚にして鈍重。血の気の多い気性の
荒いチベット北部東部人や北朝鮮北部人、西日本の人間と気質が違い
ますね。
ポルポトのような大量虐殺は農耕民の特徴でしょう。>>468の農耕地域を
支配したテン族のように殺人の生贄と現地民の習俗を継続しとりますね。
イ族が日本へ来た根拠も無いですし、朝鮮と羌が反目した根拠もありま
せんよ。
>>504
人口減少を考えん幸せ回路よのう。
>>505
広開土王碑にゃあ、高句麗が海路を使うて攻めたことが出とるのう。
ほいで倭は『後漢書』『魏書』でも、朝鮮南部から九州北部の集団で、
四世紀にそれらを支配したんは、伽耶の北方木槨墓人じゃに。
倭人なら鮮卑に拉致された倭人が朝鮮半島へ行ったとも解釈できるんで。
中国宗主国様に奴隷を献上した軟弱な連中しかおらん当時の日本列島に、
兵を送る軍事力なんか無いわ。
ほいで新羅の入寇も知らんたぁ、歴史の知識も乏しい。
まあ、あんたのんは嫌韓サイトの受け売り幸せ回路論じゃのう。

509 :出土地不明:2010/03/14(日) 01:36:53 ID:hfVwxYTw
王は、倭人が対馬島に軍営を設置し、兵器・武具・資財・食糧を貯え、
我が国を襲撃することを企てているとの報を聞いた。倭兵が出動する前に、精兵を選んで兵站をしようと考えた。
舒弗邯の未斯品が曰く「臣は、兵は凶器、戦は危事だと聞いております。いわんや広い海を渡っての討伐は、
万一にも勝利を失すれば、悔やんでも悔やみきれません。険しい地に依って関を設け、侵入して来れば、
それを防ぎ、侵略をさせず、好機に応じて出撃し、これを捕獲する。
これがいわゆる(孫子兵法にいう)相手の行動を制御し、相手にこちらの行動を制御されないことで、上策とされるのです」
王はこの意見に従った。(三国史記)

510 :出土地不明:2010/03/14(日) 01:41:53 ID:QGbXlWei
>>508
何が幸せ回路だよw人口減少の根拠は。
世界普遍の現象なんたらはいいからw
ここは考古学板なので遺跡、遺物で頼むw

511 :白馬青牛 ◆cjIySZ2iYw :2010/03/14(日) 02:00:57 ID:McZl3+ci
>>507
http://inoues.net/mystery/kibaminzoku.html
http://bbs.jinruisi.net/blog/2009/01/000513.html
上の方の黒字の部分を読んでみんさい。騎馬民族説を嫌うんは、
日本の学界が左翼マルクス主義者の「社会発展段階説」に合わん、
見解じゃけぇ、感情的反発があるんよ。左翼は「社会進化論」の
前提条件を幸せ回路で妄想しとるだけじゃ。
東西冷戦終了以降、左翼の右変節者に洗脳されたネット右翼が、
騎馬民族説を嫌うんも、政治的に外来者を嫌う左翼思想の受け売り
じゃけんのう。
下の方の共産主義者の佐原眞氏の「侵略や差別に通じる伝説を否定し
根絶することが現代に生きる研究者の社会的責任」たぁ、学術より
左翼の政治思想スローガンじゃないか。まず政治思想が前提条件で
感情論で嫌う。江上氏の細部を批判して貶めるが、遊牧民と
江上氏の云われる騎馬民族は同一じゃ無いのに、同じ言を
主張したら大衆は騎馬民族否定派になると印象工作をする。
現代のネット右翼の幼稚さと変わらんのが左翼学者じゃわいや。

512 :出土地不明:2010/03/14(日) 02:08:51 ID:QGbXlWei
>>511
何だよ、レッテル貼りに終始かよ。
古墳期における。大量渡来の考古学的根拠を提示せよ。


513 :出土地不明:2010/03/14(日) 02:23:17 ID:Iw6oecfB
>いわんや広い海を渡っての討伐は、万一にも勝利を失すれば、悔やんでも悔やみきれません。

倭が加羅なら広い海を渡る必要は無いな
ついでに、海を渡って戦闘もしたことがない民族は海洋民族とは呼べない

514 :出土地不明:2010/03/14(日) 09:55:02 ID:w+ncqEJX
>>511
女子高生じゃないのだから好き嫌いの話に摩り替えるな。

ハゲ頭でセーラー服でも着ておけボケ。

515 :出土地不明:2010/03/14(日) 10:21:04 ID:o56olkF8
日本の古墳時代の西暦3世紀前後に書かれた後漢書で「倭に近いから、刺青をして」といってる。
「倭に近いから・・」というのは、別ないいかたすれば、「弁辰と倭は異なる地政学存在」という
認識もとづいた表現である。また刺青文化は朝鮮半島文化でないという認識にもとづいてることも
かの文意から明白。

『後漢書』弁辰伝
 弁辰與辰韓雜居、城郭衣服皆同、言語風俗有異。其人形皆長大、美髮、衣服巨エ。
而刑法嚴峻。其國近倭、故頗有文身者。

(弁辰と辰韓は雜居しており、城郭、衣服などいずれも同じで、言語と風俗は異なる。
その族は背が高くて大きく、美しい髮、衣服は清楚である。刑罰法令は厳格。
その国は倭に近い故に全身に刺青を施している者も少しいる。)


516 :出土地不明:2010/03/14(日) 10:24:47 ID:o56olkF8
刺青文化は海洋民族文化である。
ミクロネシアや揚子江下流域海岸地帯やフィリッピン、台湾、琉球、日本など。


517 :出土地不明:2010/03/14(日) 10:26:06 ID:7RFZB9zR

【北朝鮮】 中国東北地方で北朝鮮女性の人身売買横行〜妻に迎えられるが「朝鮮ブタ」と呼ばれる[02/05]
http://yutori7.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1265458184/


518 :出土地不明:2010/03/14(日) 10:38:17 ID:w+ncqEJX
>>506
>日本の支配層の多くは、対馬海峡経由じゃろう。考古学遺跡でも
>南韓の須恵器が大量に出とるじゃないか。

考古学遺跡ってw
須恵器は新文化として広まっただけ。
もちろん渡来人はいたが。
20世紀、世界中に自動車が広まったのを理由に、
自動車を発明したドイツ人たちの拡散を言うアホはいないだろ。
それと同じ。

519 :出土地不明:2010/03/14(日) 10:49:05 ID:betd9+ry
>>516
雲南省のトーロン族(独龍族)に残っていた女性限定の刺青文化は?

これ、ミャオ族(苗族)やヤオ族(瑶族)の女性の装束みたいなもの?
民族的な統一的な装束というのは、彼らにはない。
中国の中でも、苗・瑶みたいに細分化されているのは特異なんだよ。
氏族ごとに違う意匠になっており、集落を識別する装束みたいなもの?

同じ氏族の者が野合しないために、女性に刺青させていたという可能性無い?

520 :LUNAMASK:2010/03/14(日) 11:04:01 ID:NhO/Rpyi
>>498 >>502 そうするとこんなことかな↓
O2b SRY 7.7%  沃沮  突帯文土器文化人
O2b1 47z 22.0%  沃沮 突帯文土器文化人
O2a M95* 1.9% 百越・越  ドラゴンボート人 遠賀川文化人
O3 M122* 6.6%  カラスク文・オルドス化人   銅鐸文化人
O3a3 LINE1 3.1%  黄淮・呉 殷人         遠賀川文化人
O3a3c M134 10.4%  秦系漢族
C3 M217* 1.9%  東胡
C3c M86 1.2%  粛慎
NO M214* 2.3%  旧石器アラル海人・・・もしかして細石刃?  
N1 LLY22g* 1.2%  オークネフ文化人・高地性集落・穹窿石室墳 
N1c1 M178 0.4%  オークネフ文化人・高地性集落・穹窿石室墳
Q P36   0.4% 羯族 
R M207 0.4% パジリク文化人・滑族

521 :LUNAMASK:2010/03/14(日) 11:25:45 ID:NhO/Rpyi
>>508
>ポルポトのような大量虐殺は農耕民の特徴でしょう。>>468の農耕地域を
>支配したテン族のように殺人の生贄と現地民の習俗を継続しとりますね。
----------------------------------------------------------
アステカ文明もこんなのがありますね。
--------------------------------------------------------
>イ族が日本へ来た根拠も無いですし、朝鮮と羌が反目した根拠もありま
>せんよ。
---------------------------------------------------------
松明祭りは彝族のものだと思いますが。韓国には姜なんて姓も多いので
仲良くやってたんでしょうね。


522 :LUNAMASK:2010/03/14(日) 11:41:26 ID:NhO/Rpyi
>>498
>炎帝(少彦名)と黄帝(大物主)が一緒
葛城・大和山系のトランスヒューマンス・ガバナンスの象徴的表現でしょうね。

523 :LUNAMASK:2010/03/14(日) 11:48:23 ID:NhO/Rpyi
韓国南部には縄文人の兄弟分のようなD1というのがおり、牡丹江鶯歌嶺文化は
白頭山噴火による黒曜石噴出のない時期に黒曜石の供給を受けており、この
時期沿海州にはヤンコフスキー貝塚文化がある。どうもD1がD2から黒曜石を輸入し
転売していたんじゃないかと思われる。積極的にウリナラ思考で研究して欲しい。

524 :出土地不明:2010/03/14(日) 12:10:20 ID:betd9+ry
>>523
晋州姜氏は、高句麗王の同盟者で有力貴族の出です。
太公望と同じで、王への同盟者は、姜氏(炎帝の末裔)と名乗るのでは?
中国から来た確証はないです。

>>523
そんなD1-M15は、東晋の五胡乱華以降、韓国に来た漢人です。
古くからい

525 :出土地不明:2010/03/14(日) 12:21:18 ID:/yWx4lXF
>>511

恥ずかしい論理だなぁ。騎馬民族説の内容について真正面から対峙
するわけでもなく、「こういう思想を持つ連中が語っているからこ
うだ」とはね。これじゃ誰からも相手にされない。

はじめに遺物・遺跡を以って騎馬民族説の成立するか否かについて
語ってみなよ、おじさん。ここ「考古学板」だから。

526 :出土地不明:2010/03/14(日) 12:44:46 ID:5WjIU/d0
牛は相変わらず牛か。

527 :出土地不明:2010/03/14(日) 12:51:07 ID:betd9+ry
>>501
禹王の祭祀をしたがる自称炎帝の末裔と
禹王の祭祀に消極的な自称炎帝の末裔の違いがありますね。
炎帝は、結構抵抗なくいろんな少数民族が受け容れています。

アランちゃんの実家は、毛家爺かケ家爺を祭祀しているかもしれませんね。
人民解放軍の男装で歌う歌手だよね。日本では男装しないけど。

528 :LUNAMASK:2010/03/14(日) 13:33:22 ID:NhO/Rpyi
>>534
こうした岳石文化人は↓
O2a M95* 1.9% 百越・越  ドラゴンボート人 遠賀川文化人
O3a3 LINE1 3.1%  黄淮・呉 殷人         遠賀川文化人
こうした西安方面からの移住者に押され
O3a3c M134 10.4%  秦系漢族/姜太公等の姜姓を含む
N1 LLY22g* 1.2%  彝族
海岱/黄淮から遼東・古朝鮮へと移住し、更に、戦国末に秦に押されて同様な移住を
繰り返したんでしょう。姜姓は高句麗に入る高夷の流れでしょう。

529 :LUNAMASK:2010/03/14(日) 13:38:45 ID:NhO/Rpyi
↑あるいは漢楽浪郡設置によって移住してくるということもあり得ます。

530 :出土地不明:2010/03/14(日) 14:05:01 ID:betd9+ry
>>528
そもそも、韓国人の先祖が漢姓名乗るのは
統一新羅以降と考えられているのですが。

韓国人で、中国系の宗族は、自分達は中国から何時来たか
だいたいの年代を推定して族譜を書いているのです。

楽浪郡の本貫を持つ中国系の宗族から
D1-M15, O2a1-M88が出るといわれとりますが。有為とはいえません。

晋州姜氏は、中国系だと自己申告していません。

531 :出土地不明:2010/03/14(日) 20:27:37 ID:kVY8MsbP
わぉ〜、月光たん(^-^)/
>>528
O2a M95* 1.9% 百越・越  ドラゴンボート人 遠賀川文化人
O3a3 LINE1 3.1%  黄淮・呉 殷人      遠賀川文化人
O3a3c M134 10.4%  秦系漢族/姜太公等の姜姓を含む
N1 LLY22g* 1.2%  彝族

これってまるで呉越稲作民+古羌族の集団だお(^-^)/
これが「双身船に乗る鳥装の銅鐸文化人」の正体でつね
(彝族はロロ系でしたっけ!?)

532 :出土地不明:2010/03/14(日) 20:48:11 ID:kVY8MsbP
>>528>>487
するとなるほど日本列島にトランスヒューマンスな山岳信仰を伝えたのは

1)高句麗(扶余・ユウ婁・穢)経由の北方日本海ルートと
2)殷・燕・楽浪(古羌族)経由の南方瀬戸内海ルートの
2通りあったということかな!!

533 :出土地不明:2010/03/14(日) 22:12:58 ID:BWONkBso
朝鮮半島のD1は蒙古と一緒に来たチベットじゃないか?
李朝で寺焼いたけど殲滅までは出来なかっただろうし

534 :出土地不明:2010/03/14(日) 23:48:25 ID:betd9+ry
>>531
>彝族はロロ系でしたっけ!?
ロロ系です。

他のチベット・ミャンマー語派のロロ系で、民俗記録が豊富なのは、アカ族と近縁の哈尼(ハニ)族が該当。
棚田、発酵食品に関して、日本語の資料も多い。
彝族だけでなくて、哈尼族も連複で流しとくんですかね?

535 :白馬青牛 ◆cjIySZ2iYw :2010/03/14(日) 23:57:20 ID:McZl3+ci
>>510-512
世界的現象から、日本を考察せんと鎖国史観になるわい。
人口の減少が可能性が高いか低いんか、倭国大乱が人口減少をもたらさん
根拠の方が薄かろうに。
古墳期の埴輪の服装は北方胡族様式で、北方民族が日本人の主流に
なったことを現わしととるじゃないか。
>>513
朝鮮半島は海洋風土で、楽浪が辰韓征伐に海上を利用することは前スレにも
書いたが。伽耶から陸上で行くより黄海の海上利用の方が合理的じゃ。
新羅は日本の特に九州地方を蹂躙した海洋国じゃけど。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%96%B0%E7%BE%85%E3%81%AE%E5%85%A5%E5%AF%87
>>514
好き嫌いの感情を学術に持ち込むんは嫌韓厨の毎度のパターンじゃないか。
さすがに左翼史観の受け売りで政治思想に洗脳された連中よのう。
>>515
『後漢書』の倭人伝じゃあ、倭奴国が倭国の極南界じゃけぇ、北九州が
倭国の一番南云うことは、倭国は朝鮮半島が主体になるわいのう。
http://members3.jcom.home.ne.jp/sadabe/kanbun/wakoku-kanbun2-gokan.htm
「倭国極南界也」と。実際は当時韓人と倭人の近代的領土区分はないゆえ、
朝鮮半島でも、同種族で沿岸で刺青する連中が倭人、内陸で農耕する
連中を韓人と称した程度の違いに過ぎんよ。じゃけぇ、あんたの
地政学たぁ、近代発想の政治イデオロギー感情論に過ぎんので。
>>516
アルタイの刺青は海洋文化か?しかも>>513は、海外へ侵攻せにゃあ
海洋国家じゃないと定義しよったど。南方系海民は北方系ほど
掠奪海賊要素が低いと、わしゃあ歴史的事例から少ないと思うが、
>>513の意見に賛同するんなら、南方諸民族の海洋民は
矛盾4しちろうに(笑い)。

536 :出土地不明:2010/03/15(月) 00:09:17 ID:hznN8UOQ
倭が加羅なら広い海を渡る必要は無いな

537 :出土地不明:2010/03/15(月) 00:18:39 ID:v+o2TOCB
>>535
>倭国大乱が人口減少をもたらさん根拠の方が薄かろうに。

何だよ、「薄かろうに」って。
だからさ、ここ考古学板なんだから、考古学的根拠を提示してよ。

>古墳期の埴輪の服装は北方胡族様式で、北方民族が日本人の主流に
>なったことを現わしととるじゃないか。

服装の流行が大量渡来の根拠ですかw
大量渡来によって民族的置換が生じたとするならば、短期間に劇的な変化
が起った遺跡、遺物が多数発掘されるはずだがwそのような遺跡、遺物の
考古学情報を多数提示してよ。

538 :白馬青牛 ◆cjIySZ2iYw :2010/03/15(月) 00:32:57 ID:T3CGyvKf
>>518
土器は交流圏じゃが、埴輪の胡服はどうなるんかいのう。
列島倭国の宗主国様の漢を真似せず、バルバロイ野蛮人の北方胡族の服装を
真似するなんか、明治の日本人が、西洋じゃのうて、インドや中東の服を
好んで真似したような事例になるど。
>>521
アステカも、農耕民族ですからね。韓国の姜姓を系統論でチベット羌系の
イ族に結びつけるんは電波ですよ。姓氏系統論は根拠の乏しい父系を
辿るだけでしょうに。
>>525
普通、学者の人脈や思想背景を調べてから考察するんが当たり前田の
クラッカーよ。現実として学問の世界はイデオロギー論を専門学問に
反映しとるけんのう。考古学者もその一員に過ぎん。
この板の嫌韓厨ネット右翼とて、朝鮮人に対する差別用語を交えて語る処、
政治思想に洗脳された連中であることは明らかなことよ。何を今更教条論の
お題目を云うて意味があるまあ。本音を吐露すりゃあええのに。

539 :出土地不明:2010/03/15(月) 00:37:39 ID:NDSAlpne
>>538
>土器は交流圏じゃが、埴輪の胡服はどうなるんかいのう。

秦氏や東漢氏の影響じゃないか。
だからどうなんだボケ。
日本の古墳時代の武装は衝角付冑など弥生時代からの継続の上に、
桂甲などの新文化が重なってるのだが。

アホは死ね。

540 :白馬青牛 ◆cjIySZ2iYw :2010/03/15(月) 00:39:47 ID:T3CGyvKf
>>537
ほいじゃあ、日本列島のみに人口減少は無かった云う根拠を
提示せにゃあ。服装が漢式じゃのうて、北方民族の胡服を
あえて着たんかの根拠も提示せにゃあ、あんたは嘘吐きになるのう。

541 :出土地不明:2010/03/15(月) 00:44:44 ID:yjaCG0+V
確かに白馬鹿は死んだ方がいいと思います。

542 :出土地不明:2010/03/15(月) 00:49:05 ID:9Fhn7E7H
南朝鮮へ日本が進出してただけ。
倭が倭に近いなんて言われないんだよ、もう諦めなさい。

543 :出土地不明:2010/03/15(月) 00:58:23 ID:v00c6iEj
白馬は胡服騎射も知らんのか

それより前に埴輪が胡服ってのが確定事項じゃないだろ

544 :出土地不明:2010/03/15(月) 00:59:49 ID:lNTpMMA7
「楽浪の海を越えた所に百余国に分かれた倭人の国がある。
毎年、四季毎に(楽浪郡政庁を)訪れて貢物を献上する」(『漢書』地理志)

「倭人は帯方郡の東南の大海の中におり、山の多い島のうえに国や邑(むら)をつくっている。
旧百余国。その中には漢の時代に朝見に来たものもあった。」(『魏志』倭人伝)

倭というのは日本列島の事ですよ

545 :出土地不明:2010/03/15(月) 01:00:23 ID:v+o2TOCB
>>540
君は、>>506
>安田氏は古墳期に疫病で国民の半数が死んだと想定されたけど、
>弥生期から人口現象で古墳期は家畜飼育に免疫が無い、日本原住民の多くは
>死んだろう。岡田英弘氏が五胡の北方胡族の侵攻で古い漢民族は絶滅したと
>されるが、日本では、縄文人や弥生期の倭人の絶滅になるのう。 古墳期の
>北方渡来系と混血した連中以外はほぼ絶滅程度の民族の変換は起ったろう。
とほぼ断言してるわけよ。
であるならば、君が根拠を提示するのが筋でしょ。
私は、人口減少がまったくなかったとは断言してないし、大量渡来は想定困難で
あると考えているまでのこと。で、私のどのあたりが「嘘吐き」なの。私のレス
>>504>>507>>510>>512>>537

546 :出土地不明:2010/03/15(月) 01:20:26 ID:cVxz77hY
日本人もシナ人も朝鮮人もアフリカから来たのだ。


547 :出土地不明:2010/03/15(月) 01:27:14 ID:8SASrG9F
540レスは酷い言い草だな。
まず自分に証明の責任があるだろうが。
無いものの証明をしろとか。
ホントに恥ずかしくないのか。
俺はこれ以上この人物の相手はせんわ。

548 :出土地不明:2010/03/15(月) 01:32:33 ID:JdwWedXO
倭人と総称したのは紛れもなく漢人
よそ者の意味だろ倭人て?
丸っきり見た目違うんじゃないか?

549 :出土地不明:2010/03/15(月) 01:42:08 ID:p90dvsnN
>>538

レッテル罵詈が大好きな馬牛にとっては、そういうことが
第一義になってしまうんだろうなぁ。かわいそうなおやじ
だこと。

自称東国武士の子孫ってのは、こんな低劣な考え方しか
できないらしい。モノの話は結局スルーだし(もしかして
してるつもりなのかな・・・

550 :出土地不明:2010/03/15(月) 01:42:46 ID:EAbKlVrW
You are really foolish.
Anything doesn't change even if quarreling on such a bulletin board.
Resign the vain argument.
A foolish Japanese like you is hated.
I was really disappointed because I thought that only the Japanese was very gentle and the kindly creatures.
It is writing of the slander and discrimination, etc. disappointed most.
It was really disappointed.

I misjudged the Japanese.
Goodbye.
Foolish Japanese.

551 :出土地不明:2010/03/15(月) 01:46:16 ID:p90dvsnN
>>506
>考古学遺跡でも南韓の須恵器が大量に出とるじゃないか。
>土器は交易圏の物じゃが、南韓を経由した故の物よ。

あほまるだしだなぁ

552 :出土地不明:2010/03/15(月) 02:25:31 ID:LIqj06xZ
後漢書は魏志より後に書かれたものなんだけど。
魏志を元に書かれたものだから倭国の極南界という解釈ではないことくらいわかるだろ

553 :出土地不明:2010/03/15(月) 03:29:19 ID:06gwlRgt
■中国人の本音(翻訳)
ttp://blog.goo.ne.jp/dongyingwenren/c/b3bc6edd2f5fc796e3da60c5c1b3f7c1

10 名前:マンセー名無し人民
韓国人はクソ野郎の集まり。
中国、日本、アメリカとご主人様を変え続けてペコペコしあがって、キモいったらありゃしねえ。
韓国人が中国の飼い犬なのは、完全に証明されてることだよね。
「崇礼門」だの「迎恩門」って施設の名前が、何よりの証拠だ。

61 名前:マンセー名無し人民
日本人が韓国人を軽蔑するのは今日に始まったことじゃないよ。
日本は韓国のことを、自分に仕えるイヌだと思ってるから。

73 名前:マンセー名無し人民
動画はいいこと言ってるんじゃね?

韓国の文化なんて、もともと中国と日本の混合物でしかないし。
それが、「数千年前には日本も中国もロシアも朝鮮の領土だったニダ!」って、頭が痛いよ。

しかも、「●●の起源は…」って言い出して、
俺たち中華民族の伝統をウリジナルにしあがる。笑うしかない。

110 名前:マンセー名無し人民
頭が可哀想になったニダーの主張によると、
釈迦も孔子も韓国人だったし、徳川家康ももちろん韓国人www

韓国にはそれをマジで調査してる研究者がいるって聞いたんだがww

554 :LUNAMASK:2010/03/15(月) 10:27:04 ID:eAOXi9oo
>>530
>D1-M15, O2a1-M88
>晋州姜氏
「火のないところに煙は立たない」・・・なんかあるんですよ。

555 :LUNAMASK:2010/03/15(月) 10:34:21 ID:eAOXi9oo
>>531 そうですよ。

556 :LUNAMASK:2010/03/15(月) 10:35:01 ID:eAOXi9oo
>>532
ユ-ラシア草原が山塊と出会うアルタイ、遼西、遼東、興安嶺、五岳等でトランスヒュー
マント・ガバナンスが発生。殷、高句麗、大和等を生んだということですね。

557 :LUNAMASK:2010/03/15(月) 10:44:26 ID:eAOXi9oo
>>538 >>521
>韓国の姜姓を系統論でチベット羌系のイ族に結びつけるんは電波ですよ。姓氏>
系統論は根拠の乏しい父系を辿るだけでしょうに。
mtDNA調査では本土日本人で朝鮮・海岱に続き二番目に多い関連する中国の
地方民族として華北・新疆を挙げています。三番目が西安漢族・彝族です。

558 :LUNAMASK:2010/03/15(月) 10:56:36 ID:eAOXi9oo
>>498 >>489
>その後の邪馬台国と狗奴国の対立は炎帝(犬戎)側が仕掛けたのか気になる〜
神武が狗奴国(朝日遺跡・尾張・海部・犬戎(炎帝)・武埴安) の天香具山を奪い、
香具土神、天香具山尊を神統譜において冒涜、卑弥呼が銅鐸文化を破壊したからで
すよ。悪いのは神武・卑弥呼です。狗奴国は被害者。

559 :LUNAMASK:2010/03/15(月) 11:47:17 ID:eAOXi9oo
承前 関係資料↓
「雲出の砂つぶ †
S字甕,それは八王子遺跡で採用された新しい道具。いままでの伝統的な煮沸具・台付
甕の常識を覆すものであった。
本来、S字甕の祖形は、伊勢中央部を流れる雲出川流域の伝統的な様式の中で育まれ
たものである。しかしそこからS字甕への進化には、台付甕製作技法の画期が存在
する。台部の製作や補充技法、独特なハケメなどなど。そして最も重要な点は軽量薄甕
への志向性である。
そしてさらに混和材としてある特定の砂粒を使うという仕様。鉄の掟がある
つまりS字甕製作には雲出の砂粒を使わねばならないという強い規制の確立である。
これは風習というよりも宗教性に近いかもしれない。では何故雲出の砂粒なのか。
おそらくその誕生にまつわる神話にあるように思われる。その中身は計り知れないが、
ただ、松阪市片部貝蔵遺跡の複雑に入組んだ河道と堰の組合せの中に、砂粒採集の
儀式場を想定することも可能と考えている。いずれにしろ二世紀から三世紀にかけて
伊勢湾沿岸部に流行したS字甕は、その製作に特定の砂粒を混ぜるという共同性が
確かに存在する。そしてその風習が最も強く働く時期、それがS字甕が濃尾平野から
伊勢沿岸部の各集落内に広く採用される段階であり、かつ東海系が動き出す瞬間でも
ある。伊勢湾を取り巻く人々の間に、同じ道具を共有し、その神話を共有するという
伝統性が創造された。」
http://higashinomiya.com/kuna/index.php?S%BB%FA%E1%B1
これと宇治土公・椿大社の伊瀬進出とが関係しているんでしょう。


560 :LUNAMASK:2010/03/15(月) 11:48:52 ID:eAOXi9oo
伊勢が間違えてた↑・・・失礼。

561 :LUNAMASK:2010/03/15(月) 11:53:28 ID:eAOXi9oo
邪馬台国と狗奴国の関係↓
http://higashinomiya.com/kuna/index.php?plugin=attach&refer=%B6%E9%C5%DB%B9%F1%CF%C0&openfile=hennen2003.jpg
「狗奴国論」
http://higashinomiya.com/kuna/index.php?%B6%E9%C5%DB%B9%F1%CF%C0



562 :LUNAMASK:2010/03/15(月) 12:43:24 ID:eAOXi9oo
承前
銅鐸民は朱開溝・犬戎文化人 YDNA O3 M122* 6.6% mtDNA B
http://en.wikipedia.org/wiki/Zhukaigou_culture
121-鐸、青銅、中国、赤峰市付近収集、前九−七世紀(西周-春秋時代)、長さ一・
八cm、文学部考古学研究室列品室
122-鐸、青銅、中国、赤峰市付近収集、前九−七世紀(西周-春秋時代)、長さ
二・〇cm、文学部考古学研究室列品室
赤峰市付近を中心として内蒙古東部に分布する夏家店上層文化の鐸である。夏家店
上層文化は、初期遊牧民文化のなかでも早い時期の文化で、スキトーシベリア動物意匠
も既に見出される。(高浜)
http://www.um.u-tokyo.ac.jp/publish_db/1997Expedition/02/img/02photo42.jpg
江上波夫の内蒙古における調査とオルドス青銅器研究
http://www.um.u-tokyo.ac.jp/publish_db/1997Expedition/02/020400.html

563 :LUNAMASK:2010/03/15(月) 12:47:03 ID:eAOXi9oo
承前 朱開溝文化は夏家店上層に重なり、現在の土族につながる。これが現在の
愛知県民につながると考える。

564 :LUNAMASK:2010/03/15(月) 13:05:43 ID:eAOXi9oo
承前
これに対して神武王朝の支配階級の出自は黄河下流の鳥夷、松尾(匈奴冒頓王=鳴鏑
矢神)大社、上鴨・下鴨神社(突厥)等に見られるアルタイ・興安嶺系等の複合体と考え
られる。

565 :出土地不明:2010/03/15(月) 13:58:30 ID:4f30j1UY
80 名前:白馬青牛 ◆B3h9hvY9bA [] 投稿日:2009/12/08(火) 01:39:14 ID:qsVzG80R

ほいで倭人は、鮮卑に拉致された倭人がおったよう、内モンゴル、遼寧、
朝鮮、九州及び江南に近い処にもおったんで。

724 :白馬青牛 ◆B3h9hvY9bA :2009/10/15(木) 00:51:09 ID:qzRfw1U2

>>715
穢と倭は同音weiの同族と見なされたろうし、武器も穢の矛長と倭の大鉾の
類似もあろう。倭が越なら越と銘記するよ。

566 :LUNAMASK:2010/03/15(月) 14:23:21 ID:eAOXi9oo
>>562
朱開溝に近い寧夏回族自治区で発掘された前漢五銖銭を含む地下式横穴墓(日本で
は熊本・宮崎両県に集中)には銅鐸とルーツが同じと見られる鐸が埋葬されている。あの
世で鐸を振りその金属音で魔物を撃退する趣旨と見られる。銅鐸も最初はこうした辟邪の目的があったのであろう。この墓はおそらく渾邪王等に関係するもので、武帝の大判振る
舞いで蓄財し後に新羅に流れてくるのではないだろうか。新羅に黄金が集中する理由
としてはこれが有力と考えるのだが。

567 :出土地不明:2010/03/15(月) 17:39:03 ID:fjGaB7AV
白馬の発言

「倭は穢と同種」
「倭は韓と同種」
「倭は江南に近い処にもいた」

で、穢と同種である韓の名前の由来は?

568 :LUNAMASK:2010/03/15(月) 18:34:51 ID:eAOXi9oo
承前
彝族松明祭りは青銅器冶金炉温上昇技術に係るもので、これが筑前から丹後半島に
東遷、炎帝/天火明命/天香具山命を奉ずる海部・尾張として、更には遠州・武州へと
伝わったが、神武は香具土神を封じ、天香具山の土を盗んだものということになろうか。

569 :出土地不明:2010/03/15(月) 19:15:38 ID:KbkbIwNq
どかからも来ていない
日本列島が洪積世の時代に日本列島となる場所に住み着いていた
のが、日本人。


570 :出土地不明:2010/03/15(月) 19:24:25 ID:MVMBaF4d
554 :LUNAMASK:2010/03/15(月) 10:27:04 ID:eAOXi9oo
555 :LUNAMASK:2010/03/15(月) 10:34:21 ID:eAOXi9oo
560 :LUNAMASK:2010/03/15(月) 11:48:52 ID:eAOXi9oo
563 :LUNAMASK:2010/03/15(月) 12:47:03 ID:eAOXi9oo
566 :LUNAMASK:2010/03/15(月) 14:23:21 ID:eAOXi9oo
568 :LUNAMASK:2010/03/15(月) 18:34:51 ID:eAOXi9oo

仕事なにしてんの?家族とか友達いるの?

571 :出土地不明:2010/03/15(月) 19:46:39 ID:7rxV4tmT
<丶`∀´> 蚩尤は韓国の祖 蚩尤天皇は黄帝を打ち破った
(´_ゝ`)(`ハ´ )とりあえず炎帝をロロの祖にして
(´_ゝ`) 把火祭は、炎の祭りですから、了解いたします   ← イマここ
<丶`∀´> 炎帝は韓国の祖♪
(`ハ´ )お願い! 禹王も祭祀して
(´_ゝ`)うちには、そんな史跡ありません
m(`ハ´m )年金あげるからさ この通りお・な・が・い
<丶`∀´> ロロに、踏み絵を踏ませているニダ・・・

(ノ´_ゝ`)ノ彡┻━┻ ロロがロロでなくなるじゃまいか!

572 :出土地不明:2010/03/15(月) 21:34:25 ID:K0FYiivP
ビーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーん
●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●
●              ●              ●
●              ●              ●
●              ●              ●
  ●            ●            ●
    ●         ●           ●  
      ●       ●         ●           _( "''''''::::.
        ●    ● ●      ●__ ____,,,... --‐'''^~   ヽ   ゛゛:ヽ
         ●  ●    ●  ●:::::::::....:""""  ・    ・  . \::.   丿
          ● ●    ● ●:::::::::::::::::::       ・  ....:::::::彡''ヘ::::/
           ●       ●:::::::::::::::::::::::::::::;;;;;,, ---‐'' "^~
            ●●●●●-‐‐


573 :出土地不明:2010/03/15(月) 23:02:51 ID:4kTPJING
>>570
ヒント 還暦、白馬

574 :白馬青牛 ◆cjIySZ2iYw :2010/03/15(月) 23:08:46 ID:T3CGyvKf
>>536
楽浪が辰韓を征伐する時、同じ朝鮮半でも海路を使うとる。海洋風土朝鮮の
認識が無い馬鹿。
>>542-544
共産主義史観の内的発展論こそ電波じゃ。鮮卑に拉致された倭人も
日本列島から進出した倭人云う根拠がどこにあるんなら?
漢の地理志じゃあ楽浪からの何処へ行ったら倭か示されとらん。
遼東半島が倭でもええわけじゃし。帯方郡東南の海中なら、朝鮮南部の
多島海が倭の主体になるのう。
http://www1.megaegg.ne.jp/~myfriend/higeki.htm
文中の「朝鮮半島の百済王朝と大和朝廷はルーツが同じではないのか」に
『日本歴史を点検する』の海音寺潮五郎氏引用に、『「魏志倭人伝を素直に
読めば、倭の境は朝鮮半島にありますね。つまり、三国志の頃の中国人は
南朝鮮から日本列島全体を倭・日本と考えていたのですね。ですから
おそらく南朝鮮の人間と日本人とは同種族でしょう。』
海音寺氏はまた、『朝鮮と日本の関係は、イギリスとアメリカの関係じゃ
ないかとね。朝鮮がイギリス、日本がアメリカとね。』

575 :出土地不明:2010/03/15(月) 23:14:01 ID:Trk3O4L6
百余国といえばどう考えても日本列島です。ありがとうございました。

576 :白馬青牛 ◆cjIySZ2iYw :2010/03/15(月) 23:23:14 ID:T3CGyvKf
>>536及び>>542-544続き。>>565-567にも関連して。倭人考なら、
http://www.cam.hi-ho.ne.jp/sakura-komichi/kodaishi/hn2602/8.htm
ここにもあるが、ワイと倭は同音の北東アジア水辺民のことよ。
277 :白馬青牛 :07/06/01 23:08:37 ID:grqgbUe5
>>276
朝鮮人は、ワイ族だけではなく様々な民族集団が混じって構成され、
それは日本人も同じことです。
ワイ族は、元来満洲の水辺漁撈民で、三上次男氏は倭人も北東アジアの
水辺居住民にたいする一つの総称でワイ族と同じ性質のものとされます。
日本人もワイ族の末裔でしょう。
292 :白馬青牛 :08/05/25 01:27:03 ID:C/VWW9dT
>>291
東胡はモンゴル系言語じゃと思いますが、トルコ系語族の影響も
あったでしょう。小水貊(狛)は、『魏志』東夷伝、高句麗の条に
出ておる鴨緑江流域の集団で貊(狛)弓を産出した部族です。
その汗人は『三国志』の鮮卑伝で、『後漢書』では倭人となって
ます。ですから三上次男氏の東北アジアの漁撈集団=倭人が妥当と
思えるんです。
『後漢書』の倭人も奴国が極南界とあり、倭人は、この時期は
日本列島の集団よりも朝鮮半島に主体の集団とした方が現実的です。

577 :出土地不明:2010/03/15(月) 23:26:28 ID:9vKatwjP
>>576
白馬の発言

「倭は穢と同種」
「倭は韓と同種」
「倭は江南に近い処にもいた」

で、穢と同種である韓の名前の由来は?

578 :出土地不明:2010/03/15(月) 23:33:55 ID:HCaboWOP
甕棺は、吉野ケ里遺跡をはじめ、弥生時代の北部九州だけに見られる特徴的な埋葬形態だが、
鳳凰台遺跡に隣接する金海貝塚からは多くの甕棺が出土している

玄界灘沿岸から韓国南岸まで直線距離で200キロ。
金官伽耶が誇った鉄製品などを求めて、人々は海を渡った。そして、移り住んだ人たちもいただろう。
甕棺に埋葬された人々を「海を渡った倭人たちだった」と考えている。

東三洞貝塚を発掘調査した釜山市立博物館福泉分館の河仁秀(ハ・インス)館長は、
日本製土器などが密度濃く出土したことから、海を渡った倭人たちがここに住み付き、交易活動を行っていたとみる。

579 :出土地不明:2010/03/15(月) 23:44:28 ID:7rxV4tmT
甕棺墓・屈葬は、アジアなら内陸でも沿海にどこにでもあるだろう。
ウリナラ電波みたいなのよせってば。

580 :出土地不明:2010/03/15(月) 23:49:07 ID:HCaboWOP
よく読めばいいじゃない

581 :出土地不明:2010/03/15(月) 23:54:52 ID:7rxV4tmT
鉄製品めあてというのが、変な表現だ。

582 :白馬青牛 ◆cjIySZ2iYw :2010/03/16(火) 00:14:38 ID:IfqCKFWp
>>545
実際に古墳期大量渡来があったことは、形質人類学で示されとる。
家畜飼育の中国でも人口減少が顕著なんに、古墳期牛馬をもたらして、
日本の原住民が疫病に罹らん根拠の方が薄かろうに。
疫病に免疫の無い民族は滅びるけんのう。
http://kuramotokeisuke.ebo-shi.com/hikakukoukogaku.html
http://akatonbo-jo.cocolog-nifty.com/jo/2004/07/post.html
http://yumiki.cocolog-nifty.com/nautica/2009/04/post-50a2.html
http://yumiki.cocolog-nifty.com/station/2007/07/post_081e.html
http://yumiki.cocolog-nifty.com/station/2007/02/post_2fc6.html
一番上のe, 古墳時代人に脊椎カリエス、結核の事例が出とる。
二番目の安田善憲氏の崇神期の結核は牛によるウシ型結核菌とされとる
ようじゃけど。三番目〜五番目までは、知識の深い明夜航記氏による
免疫が原住民を滅ぼす事例で、征服者の持ち込んだ疫病で家畜飼育の
乏しい縄文人の多くも、シベリアのユカギル族も、新大陸のネィティブ
原住民も多くが死滅した。新大陸のインデオが少数派であることや、
今でもアマゾンの原住民と文明人が一緒に生活するにゃあ、文明人側が
現地民に病原菌を移さんように予防注射して現地民と接触する
ことが許可されるんじゃ。軍事力を伴わん大量殺戮よのう。
そういう面から、疫病に圧迫された地域の華南や東日本は、
余所者旅行者を殺害し人身供儀の生贄にする習俗があったんも、
異文化からの防衛手段とも云えよう。

583 :出土地不明:2010/03/16(火) 00:19:31 ID:1+unvIaI
>>582
>実際に古墳期大量渡来があったことは、形質人類学で示されとる。

んじゃ我々はここから来ましたというはっきりした伝承もないこと自体おかしいね。
包み隠さず言えばいいだけで何で遠慮してるのだろうね。

584 :出土地不明:2010/03/16(火) 00:33:44 ID:ZbuKIjvh
>>582
>実際に古墳期大量渡来があったことは、形質人類学で示されとる。

だからさ、何回も言ってるでしょ。ここ考古学板だから。
他の板でやってよ。

考古学的には、>>582の意見は容認できないね。
発掘された古墳期のものであるとされる総人骨数と結核の痕跡のある
人骨数の比率を提示すれば、多少考察してもよいがw

585 :白馬青牛 ◆cjIySZ2iYw :2010/03/16(火) 00:43:16 ID:IfqCKFWp
>>539-543
日本の埴輪の服装の方が、北方胡族と漢族の混じった胡漢文化の高句麗より
も胡族の伝統を受け継ぎ、清朝を造った満州族が漢人に強制して
定着したチャイナ服に似とるのう。逆に風土的温暖な日本では、
元来漢族の寛広の服装が和服として定着した逆転現象よ。
奈良期、平安期と徐々に寛広な服装になる日本が、今の和服のような
服装を古墳期にしとったわけあるまあが(笑い)。
>>557-563
Y染色体より精度の高いmtDNAでも単一根拠でしかありませんよ。
まして愛知県人だけ、他の日本人と違う特徴も無いでしょうに。
>>577
言語も違う(日本と同様朱子学的単一民族論の韓国人は反発するじゃろうが)
馬韓と辰韓が同一種族とは考えられんし、韓も倭も同一種族で構成された
根拠も無い。当時の中国人が、朝鮮半島で農耕地帯の人間を韓、水辺漁撈
主体の連中を倭と称し違い程度のもんじゃ。穢は、高句麗と言語が
近い言語集団としてまとまりつつあったんじゃろう。
あんた、文化、言語、人種を混同しとるんじゃないか?

586 :出土地不明:2010/03/16(火) 00:47:30 ID:gD+cYOVW
>>585

>普通、学者の人脈や思想背景を調べてから考察するんが当たり前田の
>クラッカーよ(>>538 での馬牛の戯言)

あんた本格的なバカだろ。まず直リンするなよ。許可得てるのか?
それから、これ大学かなんかに提出したレポートじゃないの。

執筆者の方には問題ないけれど、誰かの研究を読んで、それを
紹介したものだろう。

馬牛は小片、鈴木、それからおまえが罵っていた樋口らから
間接間接に勝手に引用してることになるが、その辺は問題な
いのかね

587 :出土地不明:2010/03/16(火) 00:50:27 ID:gD+cYOVW
日本の埴輪の服装=古墳時代の一般民衆の服装
だと短絡してるとしたら、相当なもんだな。


588 :白馬青牛 ◆cjIySZ2iYw :2010/03/16(火) 00:50:51 ID:IfqCKFWp
>>583
中国を征服した鮮卑も、隋唐時代は出自を隠し、中国人起源に
家系偽装しとるよ。唐の李氏なんかのう。
このスレでも再三云うとるが、家系なんか捏造するんが、
日本でも習わしじゃ。被差別民出身の江戸幕府を造った
徳川氏のように。家系偽装が真実じゃと妄想するけぇ、
Y染色体に傾倒するんじゃないか?
父系なんか、奥様が他の男系を身ごもった時点で断絶よ。

589 :出土地不明:2010/03/16(火) 00:52:48 ID:gD+cYOVW
>家系なんか捏造するんが、日本でも習わしじゃ。

じゃがわしは東国武士の子孫である可能性が高いってか

590 :出土地不明:2010/03/16(火) 00:57:10 ID:q8s6IEqs
なぜ中世の広島県民は戦争が弱かったのか
http://academy6.2ch.net/test/read.cgi/history/1261316855/

591 :出土地不明:2010/03/16(火) 01:03:54 ID:q8s6IEqs
サムライってどのくらい本当に強かったの?
http://gimpo.2ch.net/test/read.cgi/nanminhis/1227039877/
幕末剣豪強さ議論と雑談
http://gimpo.2ch.net/test/read.cgi/nanminhis/1263473835/
【通算68】啜り錣畷綴り【歴難10】
http://gimpo.2ch.net/test/read.cgi/nanminhis/1235274246/
出身国別 最強兵卒はドコだ?? パートD
http://gimpo.2ch.net/test/read.cgi/sengoku/1243651008/
毛利と大友の北九州攻防戦を語ろう
http://gimpo.2ch.net/test/read.cgi/sengoku/1172121280/
【広島人】西日本なのに関西は嫌い?!【福岡人】
http://academy6.2ch.net/test/read.cgi/geo/1213542364/

592 :出土地不明:2010/03/16(火) 01:12:23 ID:1+unvIaI
>>585
>日本の埴輪の服装の方が、北方胡族と漢族の混じった胡漢文化の高句麗より
>も胡族の伝統を受け継ぎ、清朝を造った満州族が漢人に強制して
>定着したチャイナ服に似とるのう

古墳時代の話なのにチャイナ服に似とるのうって?w
こんな馬鹿も珍しいな。

593 :白馬青牛 ◆cjIySZ2iYw :2010/03/16(火) 01:13:56 ID:IfqCKFWp
>>584
古墳期の人骨を渡来形質と在来縄文形質に分けて、感染率を
測った資料なんか無いのう。考古学マニアのあんたなら
状況提示してから云うたらどうか?
考古学なら人骨も出土するんじゃけぇ、形質人類学を
自然人類学の分野とわしらは関係無いと、閉鎖的アカデミズムの
姿勢を宣言してどうすんなら?じゃけぇ、アカデミズムの閉鎖体質
じゃ云われるんど。
>>586
直リンの許可なんか知らんわい。数々の見識を提供する場所で
意味の無いことを云う。2chで直リンを出来んようにしとるわけじゃ
あるまいし。あんたが都合が悪いけぇ嫌う感情論を吐露しよる
のう。罵っっとろうが意見に同意出来る部分はあろうに。
あんたが無いとしたら政治思想に犯された思想カルト云うことよ
のう。江上氏がおらん処で江上説を批判した姑息な手段を採った、
共産主義派の佐原氏も日本人の腸が欧米人に比べて長い云う
俗説は根拠が無いとされたあたりは、この人も良心があるんじゃ
のう。と、評価出来る処じゃし、あんた流の江南思想の
朱子学勧善懲悪カルトたぁ違うんど。

594 :出土地不明:2010/03/16(火) 01:20:05 ID:gD+cYOVW
>>593

落ち着けよおやじ。瑣末なことにはああだこうだ言い訳するが
肝腎なとこは流すんだな。それとレッテル罵詈の悪い癖が
出てきて見苦しいぜ。

>あんた流の江南思想の朱子学勧善懲悪カルトたぁ違うんど。
意味ふ

早く考古学の話してくれないかな

595 :出土地不明:2010/03/16(火) 01:23:53 ID:gD+cYOVW
形質について話したいなら人類学板にでも逝けばいいのに。

>考古学なら人骨も出土するんじゃけぇ、形質人類学を
>自然人類学の分野とわしらは関係無いと、閉鎖的アカデミズムの
>姿勢を宣言してどうすんなら?じゃけぇ、アカデミズムの閉鎖体質
>じゃ云われるんど。

これもイミフ。「閉鎖うんぬん」と人のせいにするより
考古学がどういう学問か知らないんですって言えばいいのに

596 :出土地不明:2010/03/16(火) 01:24:31 ID:1+unvIaI
>>588
>中国を征服した鮮卑も、隋唐時代は出自を隠し、中国人起源に
>家系偽装しとるよ。唐の李氏なんかのう。

鮮卑がそうだったとして、それが日本にもあったとなるわけないだろ。
証拠もないだろボケが。
鮮卑が出自を隠したと分かってるのに対して、
日本では何人が出自を隠したかって分かってないじゃないか。
いい加減なこと言うな、このボンクラうすらハゲ。

597 :出土地不明:2010/03/16(火) 01:26:10 ID:+Jr7YOOe
考古学板といいながら、遺伝子厨の暴走には釘を刺さないんだねww

598 :出土地不明:2010/03/16(火) 01:28:51 ID:1+unvIaI
>>593
>閉鎖的アカデミズムの姿勢を宣言してどうすんなら?

都合の悪いY染色体を無視するおまえが言うな。
腐ったハゲ頭叩き割るぞ。

599 :出土地不明:2010/03/16(火) 01:30:34 ID:ZbuKIjvh
>>593
何だよ、断言した割には、結局「大量渡来」の考古学的根拠の核心である
「短期間に劇的な変化が起った遺跡、遺物の考古学情報」や人骨の比率さえ
提示できないじゃないかw

"何をいわんや"である。
早いとこ、他板に行きなよ。

600 :LUNAMASK:2010/03/16(火) 08:44:50 ID:+v7UVlEu
>>576 >>291
タングートは東胡から来るとされていますね。小水貊(狛)の鴨緑江山地は山東半島から
渡海北上するものと、遼西から半島黄海沿岸に入るものとのクロスロードで同時期に
複数の文化が共存するようです。
「『後漢書』の倭人も奴国が極南界とあり、倭人は、この時期は
日本列島の集団よりも朝鮮半島に主体の集団とした方が現実的です。 」・・・その通りで
すね。まだ半身は大陸に体重を置いていたんでしょう。
>>585 >>557-563 ある特定mtDNAが愛知県に集中しているということだけであって
残余の愛知県民は他の日本と変わらないと思います。


601 :LUNAMASK:2010/03/16(火) 10:11:51 ID:+v7UVlEu
>>564
[サヤン・アルタイチュルク語民族固有宗教神話]
宇宙論的神話として、宇宙は天、地、地底世界(又、太陽と月がうっすらと照らし、自体の
天を持ったり、持たなかったり、海、川、地底世界のある特別な異界に言及するんぽのも
ある)天は穹窿で地を覆い、常に地の縁と接している。地底世界への入り口は西方にあ
る。その枝に人間・動物の胎児が乗っている世界樹が三界を結ぶ。あるいは山頂が天に
届く山が天を支えているとする。
-----------------------------------------------------------------
原初には巨大な水面があり、二羽の鴨が泳いでいた。一羽が水泥で大地を作る決意を
する。二羽目が水底の潜り、くちばしに水泥を咥えて浮上する。最初の一羽がそれを
水面に撒くことをはじめ、ついには大地が誕生する。二羽目が陸上に上がり、そこに石を
撒き始め、このために山ができた。シャーマン神話では一番目の鴨を天界の王ウルゲン
とし、二番目の鴨を地底の王イェルリクとする。彼らを兄弟とする神話もある。
-----------------------------------------------------------------
これをベースに上賀茂・下賀茂神社とか
蚕の杜 三柱鳥居↓
http://suzuki-t.hp.infoseek.co.jp/3hasira2.htm
こうしたものができていると考えられる。
アルタイ=金剛山=金峯山=天香具山 ・・・これらは同じ意味であろう。

602 :LUNAMASK:2010/03/16(火) 11:13:16 ID:+v7UVlEu
↑現在の上賀茂神社は電気の神様等に変貌している。時代と共に氏子のニーズに合わ
せるからお宮の経営が成立するのであろう。ということは原初はアルタイ神話でなかった
とは言えないことになる。

603 :LUNAMASK:2010/03/16(火) 14:52:49 ID:+v7UVlEu
承前
建角身<嶽角身<(アルタイ・西モンゴル・新疆)山岳山羊=太陽を山岳に昇らす霊力
=(遼西・遼東)太陽鹿(=句麗)
八咫烏=三足烏=太陽
原意→神武は太陽神の末裔であり、建角身、八咫烏の霊力により紀伊半島を熊野
から吉野に縦走し大和朝廷の国土軸を定めた。
鴨川<Ulug(川)-Kem(kem=鴨)ウルグ・ケム<イェニセイ河。
上賀茂・下賀茂=三柱鳥居、は宇宙構造を明示するもの。


604 :LUNAMASK:2010/03/16(火) 15:27:36 ID:+v7UVlEu
承前
「《三国史記》が伝える百済の建国伝説によると,温祚王は高句麗の始祖朱蒙の第3子
であったが,長兄で異母兄の類利を恐れ,兄の沸流とともに扶余の地を逃れて南下し,
漢山に至った。沸流は弥鄒忽に居を定め,温祚は慰礼城に都して国号を十済とした。と
きに紀元前18年であったという。その後沸流が死ぬと,温祚はその民をあわせ,国号を
百済とし,扶余氏を名のった,と伝えられている。」・・・アルタイ語の解釈では沸流=高句
麗=太陽鹿。従って初期大和朝廷の中心地は高句麗同様、布留川であり、物部の祀る
「石上坐布留御魂(いそのかみにますふるのみたま)神社,また布都(ふつ)御魂神社,
布瑠社など」の名称を考えると初期大和朝廷が沸流の末裔であった可能性は強い。

605 :LUNAMASK:2010/03/16(火) 16:13:37 ID:+v7UVlEu
http://zh.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%A7%E5%92%8C%E6%97%8F
所以是大和人與布里亞得人也是扶餘後人的證據。
「つまりこれは大和人とブリャート人が扶餘の子孫である証拠だ」中国語wiki


606 :LUNAMASK:2010/03/16(火) 16:18:13 ID:+v7UVlEu
こうした大和人と縄文人、江南人、華北人等が合わさって現在の日本人が生まれた
ということになろうか。

607 :出土地不明:2010/03/16(火) 17:58:36 ID:gMaFUAP1
>>606
縄文人の前にも居たぞ
港川人と呼んでいいかどうかは微妙だが
3〜4万年ぐらい前から石器は出てるし黒曜石も採掘してる

608 :出土地不明:2010/03/16(火) 22:45:03 ID:Gyloq51A
>>604
朱蒙の息子の話、呉の太伯・虞仲と同じ構造です。
必ずしも王族であるという確証にはなりません。

吐谷渾も、同じ王子3人のうち2人が出ていったという話ではありませんが
鮮卑慕容部の王族だったという話も、多少似てはいます。
吐谷渾は、暦と服飾の記録が残っていて、中国人学者が鮮卑云々いってますが
定説はひっくり返る可能性あります。

609 :出土地不明:2010/03/16(火) 23:55:03 ID:50Ov029P
ソース・不明、根拠・一般論のこの野郎がいつものように
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

610 :白馬青牛 ◆cjIySZ2iYw :2010/03/17(水) 00:48:27 ID:1TmzYWCC
>>596-598
日本の家系も仮冒、捏造好き放題よのう。江戸幕府を築いた徳川氏なんか
その典型じゃないか。
http://www.ai-trip.com/trip/ieyasu/P2Text.html
文中にあるよう、遊行僧の徳阿弥が松平氏の先祖じゃ。遊行僧≒賤民じゃ
けんのう。家康自身も賀茂氏、藤原氏、源氏と姓を何回も変えとるんど。
日本に無かったじゃの何隠蔽したがるんなら。
精度の低い、Y染色体カルトよのう。人の頭をぶち割る性根の無いもんが、
ようカバチ垂れるわい。
>>601-602
徳川氏も最初賀茂氏を名乗っておりましたが、芸能、被差別民は賀茂氏系を
名乗るんが多いようです。賀茂氏は秦氏とも関連が深いんですが。
http://blog.goo.ne.jp/iinna/e/0c8ec7d0a1e9271c9d5e3c1e1c659474
http://kamnavi.jp/yamasiro/kamigamo.htm
上の賤民の親分弾左衛門さんが人間の肝を、漢方薬人胆丸として専売
した、日本の食人伝統から、秦氏を称したことや、賀茂氏との関連も
出ておりますね。家系の信憑性は薄いとして、職能集団の相互婚姻関係から
賀茂氏系の信憑性は強い部類に属すると思いますよ。
下の方の「お祭り」は、賀茂氏騎馬民族説ですね。

611 :出土地不明:2010/03/17(水) 00:57:49 ID:K1TJd1DE
589 名前:人間七七四年[] 投稿日:2010/03/08(月) 03:06:16 ID:4dTZ1UMQ
馬鹿牛

597 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/03/11(木) 04:45:35 ID:/Q4ki8Iq
いつも同じ単語を羅列してるだけだなこいつw

>>589
=゚ω゚) ナニをいまさら
>>597
=゚ω゚) ナニをいまさら。

612 :出土地不明:2010/03/17(水) 01:38:35 ID:g+zzNafD
>>610
(リンク先)
>司馬さんが書かれている本を紹介すると、
>松平家の遠祖は決して名家の出ではなく漂泊の聖遊行僧であったとある。

小説が根拠かよw
こんな馬鹿も珍しいなw

613 :LUNAMASK:2010/03/17(水) 08:48:34 ID:K9NpMk4f
>>607 港川人と呼んでいいかどうかは微妙だが、3〜4万年ぐらい前から石器は出て
るし黒曜石も採掘してる
-------------------------------------------------------------------
スンダランド黒曜石について情報ないですか。

614 :LUNAMASK:2010/03/17(水) 08:50:51 ID:K9NpMk4f
>>608 >必ずしも王族であるという確証にはなりません。
>>610
---------------------------------------------------
アルタイ神話は農耕民優位の神話に換骨奪胎されたようですね。文法もアルタイ語法と
なり、語彙にはオーストロネシア系が残されたということでしょうか。


615 :出土地不明:2010/03/17(水) 10:03:59 ID:3fisV7DH
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC2823730/figure/F1/


アルコール代謝の遺伝子の多型は米の栽培とともに

616 :LUNAMASK:2010/03/17(水) 10:27:59 ID:K9NpMk4f
>>604
>アルタイ語の解釈では沸流=高句麗=太陽鹿
どうやら沸流/布留はアルタイ語カム・クルチャクのクルから来るようだ。アルタイのシャー
マン、カムはカム・クルチャクという帯を使用。未婚の子女が粗布を絹糸で縫って仕上げる
ことにより霊力を持つ。シャーマンの天空浮遊呪具。天界との通路。投げ縄として悪霊を
捉える。異界への通路に深淵があるとこのカム・クルチャクを投げて橋とする。息長帯比
売は秋田物部に腹巻を授けているが、その腹帯がこれのようだ。つまり、タラシというの
はこの腹帯のこと。水天宮の腹帯の起源だ。腹帯はシャーマンを守り、いかなる邪鬼も
腹帯を巻いているシャーマンには勝てない。多重突帯文土器の粘土紐はこれから来るの
だろう。茅の輪、相撲のまわし等も同様と見られる。布留川の上流に神の世界を見て
いたわけだ。

617 :LUNAMASK:2010/03/17(水) 10:49:14 ID:K9NpMk4f
>>610 ↓貴重な情報です。
http://blog.goo.ne.jp/iinna/e/0c8ec7d0a1e9271c9d5e3c1e1c659474
鴨川に集結するのは天界との絆を求める宗教活動。差別するのはYAPの島国根性
ですよ。
http://kamnavi.jp/yamasiro/kamigamo.htm
造物主である第一鴨が作る陸地(地祇)、第二鴨が造る山(山岳宗教)を象徴。↓
http://kamnavi.jp/yamasiro/kamigaj3.jpg
「須波神社 式内社論社である。中古諏訪神社と記した。 」オークネフ文化高地性祭祀
遺跡はSWEスウェと呼ばれる。ずばり、須波神社です。
これは諏訪神社の御柱がアルタイ・クマンディン族の馬生贄儀式に他ならないことを示
すものと考えられます。

618 :LUNAMASK:2010/03/17(水) 10:54:37 ID:K9NpMk4f
↑これが大地と山を創造してくれた神への感謝の念↓
http://kamnavi.jp/yamasiro/kamigaj5.jpg


619 :LUNAMASK:2010/03/17(水) 10:56:20 ID:K9NpMk4f
↑また間違えた。諏訪神社、すなわちオークネフ文化の山上祭祀石組スウェ。

620 :出土地不明:2010/03/17(水) 11:25:40 ID:wJDhL1vX
>>604
アルタイ語の解釈では沸流=高句麗=太陽鹿。

沸流以外もアルタイ語で解釈して

朱蒙
類利
温祚

621 :LUNAMASK:2010/03/17(水) 11:32:30 ID:K9NpMk4f
>>605
布里亜特人的レスリング不是蒙古-土耳其式レスリング,而是和高麗レスリング相似,
與日本相撲属于同一个系統。所以是大和人與布里亞得人也是扶餘後人的證據。
ブリャ−ト相撲は蒙古・トルコ相撲とは異なり、高麗相撲に似ており、日本相撲とも同一
系統。すなわち、大和人とブリャート人は扶餘の子孫である証拠だ。




622 :LUNAMASK:2010/03/17(水) 11:48:21 ID:K9NpMk4f
>>620
アルタイ語系神名・族名に朱蒙、類利、温祚 はなく、これらは局地的なものでないかと。


623 :出土地不明:2010/03/17(水) 12:19:21 ID:rIfZ8fIX
>>621
台湾人の創作研究を真に受ける人 発見。
珍説を真にうけないでほしい。

台北の漢人は、モンゴル語も苗語もチュルク系言語も聞いたことがない。
台北は、他民族言語世界の北京とは違うのだよ。妄想だって変な方向へ行く。

624 :出土地不明:2010/03/17(水) 12:46:52 ID:rIfZ8fIX
>>621
北京のも、東北工程や東突新彊関係のは政治バイアスが強いし
それらの突合のメソッドもないから、慎重に頼む。

Tibetanは、国内のMongolian, LoloishとChiangishの地方記録を突合させると、
何が政治バイアスか見破れる突合のメソッドがあるけど、東北や東突はそのメソッドは通用しない。

625 :出土地不明:2010/03/17(水) 21:20:59 ID:SQnQm15h
白馬鹿青筋よ、他人の家系はすべて嘘と叫びながら、自分自身は東国武士の
子孫だと公言しているが、証拠を明示しろよ。
ところで、お前の家には偽系図もなく、江戸期には名字も名乗れなかったのに、
どんな証拠を出すか、期待してるぞ。


626 :出土地不明:2010/03/17(水) 22:51:04 ID:t6izGOOG
白馬鹿青筋

627 :白馬青牛 ◆cjIySZ2iYw :2010/03/17(水) 23:27:46 ID:1TmzYWCC
>>612
司馬氏の根拠は、大久保彦左衛門さんが書いた『三河物語』で。
そがあなことも知らずっと、無知を披露したがる馬鹿タレじゃわい(笑)。
http://59983917.at.webry.info/200805/article_5.html
http://www.scs.kyushu-u.ac.jp/~hatt/sinanoisi.html
http://www.ne.jp/asahi/ninja/kasa/kasa/zuihitsu3.html
一番上のブログでも、6.かって三河の松平郷という水田のない山地にいた
徳川家の祖も、似たようなものであった。流浪民乞食僧の徳阿弥が
酒井氏の娘とSEXして生まれた子孫よ。当時の遊行僧賤民じゃけぇのう。
5.の秀吉については、二番目のブログに、中世史学者の石井進氏との
話に出ととるが、安国寺さんの書状のハチから鉢屋秀吉の話題から、
石井氏が秀吉の妻の実家が連雀商人で、当時差別された存在で
秀吉の木綿針やわらじを売る前職も賤視された職種から
秀吉も徳川氏同様賤民出身の可能性が強いわ。
以前武士と被差別民は元来同族の紙一重じゃ云うたけど、
折口信夫氏大名の身元を洗えば、そうなるけんのう。
三番目のブログの下の注2)に、歌舞音曲の芸能民じゃった出雲の
鉢屋賀麻党の冨田城奪回に参戦したり、芸能民は軍事力も持って
おったけんのう。

628 :出土地不明:2010/03/17(水) 23:50:29 ID:sVSPcXGR
根拠、ブログ。

629 :白馬青牛 ◆cjIySZ2iYw :2010/03/18(木) 00:04:23 ID:TGQMabTX
>>617
差別するんは、遺伝子云うより土地に縛りつけられた農奴でしょう。
賤民が下の階級に意識されとることで、自らの奴隷境遇を悲観せず、
上の権力に逆らわんようにと。
>>627でも書いたよう、芸能民は戦闘力を持った連中ですからね。
以前云うた傀儡子もそうですね。
http://blogs.yahoo.co.jp/kawakatu_1205/41164787.html
http://www.overcube.com/blog/archives/2007/09/20_1.php
http://www.geocities.jp/taru638/page048.html
一番上のブログに傀儡子の習俗が北方騎馬民族に似て、
弓馬に優れ狩猟民でもあったこと。官吏の権力も恐れず、自由民で
あって女は売色を業とする。傀儡子が朝鮮で賤視された白丁の末裔で
しょうから、武士、大名の身元を洗えば朝鮮白丁の末裔の可能性が
強いですね。芸能を管轄する秦氏と出てますが、秦氏と芸能の関係は
以前挙げた二番目のブログでも出とりますね。
三番目のブログは秦氏と羌族の関係にも触れてありますけど。
ギャロンのアランちゃんも芸能に巧みな羌系ですね。
ああ、ほいで古墳埴輪のとんがり帽子はスキタイ系ですね。

630 :白馬青牛 ◆cjIySZ2iYw :2010/03/18(木) 00:38:06 ID:UDp9LssU
>>625
また、先祖を単一系統論だけで妄想するお馬鹿さんか。
複合的総合的根拠は親戚関係の庄屋文書に書かれたもんや、
近世武士から商人に転身した者の史料を調べて、
婚姻関係から可能性が強いか低いかの問題じゃ云うとるんじゃに、
お馬鹿さんは、金で買うたかも知れん家系図や、また妻が
不倫してどこの種かわからん子供の子孫かも知れんのに、
父系が断絶することは無いと幸せ回路こそ証拠が無いじゃ
ないか(笑)。血筋は系統論じゃのうて、総合的集団によって
受け継がれるもんじゃ云う認識すら無いたぁのう。
>>628
『三河物語』は、教育社の現代語訳じゃった思うが、
読んだことはあるよ。ほいから、近世経済史の大石慎三郎も、
先祖は山賊に近かった徳川家として、流れ者僧徳阿弥が入り婿と
なったこと、農耕の出来ん土地の松平郷で農民の収穫期に襲う
山賊から出発したことを書いておられるのう。
そもそも、漂泊民、芸能民、武士はカタギじゃ無いんよ。

631 :出土地不明:2010/03/18(木) 01:26:09 ID:pu6NOqvR
>白痴青筋

その徳川が出自を『三河物語』とやらで明らかにされてるのに、
なんで古代大和朝廷の創始者は出自を明らかにされてないのだという元の話に戻るわけだ。

何人なのかかはっきり言えやクズ。

632 :出土地不明:2010/03/18(木) 01:56:09 ID:ns6BoVQB
>>629
アランちゃんは、チベット土司地域だったからそうなったと思います。

中華の保甲制度で土地に縛りつけられていた羌族はかなり違います。
チベット族のお祭りに呼ばれると、本当に律儀に出かけていくようですが・・・
陝西腰鼓舞のように、真剣に踊っております。
http://www.56.com/u42/v_MTk1MzM1Njc.html


633 :出土地不明:2010/03/18(木) 08:25:51 ID:uTfK8dki
>>632
女性衣装もおもしろいそうだな。
遊牧民風衣装のなかに、ラサ風の衣装に主婦用エプロン。
ラサ風の衣装に人民帽似合わん。

四川の松州古城で、トランスヒューマンス民と定住農民の競演。
トランスヒューマンス民は、父の一音節+母の一音節+サンスクリットの名前、
定住農民は、部族名+ケラ夫・イナゴ麿のような幼名 と 漢族風の戸籍名の二本立て。

LUNAMASKも、こんなの見るの初めてか?
同系の羌系言語喋っていても、チベット族支配か科挙官僚支配かで文化は違うんだぞ。
コンビナート戦略は、清朝とか共産党のような強力な外枠が無いと実現しないだろう。
清朝は大小金川戦役の後、チベット族にも漢族風の戸籍名を名乗らせ、農民を入植させていく。
大涼山のイ族は定住農民を捕まえてきて土地に縛ったが、チベット族は逆に定住農民によって馬から下されているぞ。

634 :LUNAMASK:2010/03/18(木) 10:21:37 ID:BvSQMWFm
>>629 中締めしてみると前2000年紀のアジア北部で形成されていた文化集団からの
列島への移住者としては↓
鴨の民 カラスク アルタイ 山岳宗教 武家 警備 軍需産業 慰安産業 
秦の民 西安漢族・古羌族 斉 軽工業 サービス業
高麗の民 ブリャート 扶餘 突帯文土器人 海人族・漁猟民
呉越の民 遠賀川土器人 吉野ヶ里・背振山系
こんなものがある。

635 :LUNAMASK:2010/03/18(木) 10:33:41 ID:BvSQMWFm
仰韶-馬家窯期西突厥地域(カザフスタン北部)のボタイ文化(c. 3700-3100 BC)の家畜
は馬と犬であった。つまり、マンモスハンターの子孫は馬を捉えた。その成果で泥縄式
に、追われるがごとく、馬の畜産加工業が家内工業となり、銅製器具生産供給を上回っ
た結果として小型石器、骨角製品、銅器の生産技術の急速な発展を助長した。・・・こうし
た時代背景があった。これはセイマ・トゥルビノ(ミケーネ人)、オークネフ、カラスク人
(華北人)(葵紋の祖形である鴨の水かきをロザリオとする集団)等の商活動拡大、拡散
を引き起こす。・・・馬という磁力に誘導され、車という電力が発生するように、裾野産業と
して工業が発展、初期ヒソ青銅器は錫青銅器へと材質改善が進む。

636 :LUNAMASK:2010/03/18(木) 11:23:22 ID:BvSQMWFm
旗幟を更に鮮明にするとこうなる。
鴨の民 ウラル・アルタイ語族 オルドス銅鐸文化 
秦の民 西安漢族・古羌族 シナ・チベット語族 漢鏡文化
高麗の民  ツングース語族 細形銅剣
邪馬台国時代秦の民は公孫の領内にいたのか。

637 :LUNAMASK:2010/03/18(木) 11:38:28 ID:BvSQMWFm
EUは私が追求していたYDNAによる古代民族移動を既に解明している。
http://www.eupedia.com/europe/origins_haplogroups_europe.shtml
日本で畜産業を賤民扱いした歴史があったなどとするとEU諸国民は皆賤民扱いとなるし、
逆に日本人が畜産を差別する世界でもまれな民族として逆差別され、袋叩きにされる。



638 :LUNAMASK:2010/03/18(木) 11:46:55 ID:BvSQMWFm
ミタンニの調馬師キックリはいった「アイワ・ワルタンヌ、ワン・ラウンド」、トヨタ・アキオは
いった「私はテスト・ドライバーでもあります」・・・カラスク人はミタンニ経由ヒクソスと
合流し、他方は東進し尾張に入り銅鐸、自動車を作り上げたのだ。

639 :出土地不明:2010/03/18(木) 12:31:26 ID:uTfK8dki
>>637
中国でもチベットでも、屠殺と皮革加工は、ムスリムの役目だからな。
インドでも、ムスリムに改宗した人の中に、アウト・オブ・カーストがいる。

ムスリムになれば、差別構造から抜け出て、尊厳を保てる効果大。

640 :出土地不明:2010/03/18(木) 13:19:41 ID:9M9HD7OH
>>639
明かな嘘乙
豚を飼っている民族は皆自分で屠殺するんだよ。
イスラム教徒は豚を喰わない(^o^)

641 :出土地不明:2010/03/18(木) 14:00:15 ID:BZZiCMYI
チベット族のいるところには、必ず回族あり。
賤民を作り出すのは、仏教が関係しとるかかね?

642 :LUNAMASK:2010/03/18(木) 15:16:21 ID:BvSQMWFm
>>629 >>634-638
鴨の民 ウラル・アルタイ語族 銅鐸文化  葵 犬   ・・・ 徳川 木曽源氏
秦の民 シナ・チベット語族  漢鏡文化 馬(牛) 狐 ・・・ 源氏
高麗の民  ツングース語族  細形銅剣  鹿 ・・・ 藤原氏
こんなもんでしょうか。



643 :出土地不明:2010/03/18(木) 16:14:50 ID:+XO0ly4Y
>>642
ひょっとして、そのシナ・チベットって、D*-M174?

644 :LUNAMASK:2010/03/18(木) 16:41:56 ID:BvSQMWFm
>>647
本日の仕分けは↓
2b SRY 7.7%  (アルタイ化しつつある)ツングース語族
O2b1 47z 22.0%  (アルタイ化しつつある)ツングース語族

O2a M95* 1.9% オーストロアジア語族 苗族・百越
O3 M122* 6.6%  アルタイ語族 これって大洋州にもいるけど
O3a3 LINE1 3.1%  (シナ・チベット語化しつつあるオーストロネシア語族
O3a3c M134 10.4%  シナ・チベット語族

C3 M217* 1.9%  アルタイ語族
C3c M86 1.2%  (アルタイ化しつつある)ツングース語族
 
NO M214* 2.3%  ウラル語族 
N1 LLY22g* 1.2%  彝族 羌語 
N1c1 M178 0.4%  ウラル語族櫛目文土器人
Q P36   0.4% ウラル語族 
R M207 0.4% 印欧語族

645 :出土地不明:2010/03/18(木) 17:29:07 ID:VwxsYuPZ
>>644
ID:BvSQMWFmは、>>644でやってはいけないことをやってしまったな。
鴨氏の分析をしてから、遺伝子の話に結びつけるとは、呆れた。

646 :出土地不明:2010/03/18(木) 18:04:03 ID:QGLN6W7V
>>642
わぉ〜月光たん、
>鴨の民 ウラル・アルタイ語族 オルドス銅鐸文化

これが「双身船に乗る鳥装の銅鐸文化人」の正体でつね!!

そんでもって銅鐸から前方後円墳の円筒埴輪まで、ずっ〜と船が描かれているんだから
卑弥呼も銅鐸文化人で、鴨氏が初期の王権を引き継いできたんじゃね(^0^)/

福井井筒銅鐸
http://www.archives.pref.fukui.jp/fukui/07/zusetsu/A02/a0224.gif
奈良東殿塚古墳 円筒埴輪
http://mytown.asahi.com/nara/k_img_render.php?k_id=30000140904170001&o_id=6241&type=kiji


647 :出土地不明:2010/03/18(木) 18:16:24 ID:R2ITPRE8
わぉ〜白痴青筋たん

648 :LUNAMASK:2010/03/18(木) 18:49:56 ID:BvSQMWFm
>>646
>「双身船に乗る鳥装の銅鐸文化人」の正体でつね!!
O2a M95* 1.9% オーストロアジア語族 苗族・百越 ・・・これでしょうね。

649 :LUNAMASK:2010/03/18(木) 19:09:13 ID:BvSQMWFm
銅鐸民はサービス業で絵馬のようなデザインの発注は稲作民が行ったんでしょう。

650 :出土地不明:2010/03/18(木) 19:12:03 ID:PZ/BwM7n
http://www.youtube.com/watch?v=5xnTXqFvwdc
http://www.youtube.com/watch?v=gkXSa8ogZZc
http://www.youtube.com/watch?v=Pg9O1NuH7_A
http://www.youtube.com/watch?v=b6ilvX0zPBU
http://www.youtube.com/watch?v=WcgOlVg4BGA
http://www.youtube.com/watch?v=8lyVuj4h1aE
http://www.youtube.com/watch?v=6DoK-eS1Klk
http://www.youtube.com/watch?v=UmLg0PLuoJg

651 :出土地不明:2010/03/18(木) 22:59:53 ID:ZZvrP2w4
久々のヒットか?

満州族の鳥居。

8Cに登場した鳥居は時代背景から遣隋使・唐使使たちが唐の華表を持ち込んで
アレンジしたものと考えていたのだが、満州のものは鳥居そのものであり、
そうなると、8Cという時代背景から渤海使が伝えたという線も濃厚になる。

渤海使は727年、聖武天皇に初謁見している。


満州族の鳥居
http://www.geocities.jp/ramopcommand/_geo_contents_/090718/Manchukuo00C.html

652 :白馬青牛 ◆cjIySZ2iYw :2010/03/18(木) 23:01:36 ID:UDp9LssU
>>631
大和朝廷自体、あんたの用語出云う証明は出来んけんのう。ましてや
出自じゃの。ほいじゃが、畿内の王朝の支配層は渡来系の可能性が強いと
云えよう。
>>632
羌族は、圧迫されて山に押し込まれた面もあるけど、土木堤防工事で
漢人と共存しとったでしょう。ギャロンの方が軍事力を持っておったけぇ
漢人に睨まれるゆえ、土司制度で監視した面もあります。土司が漢人の
妻を貰い、ギャロン族の動向を監視したように。
>>634-637
秦氏でも、僧ちょう然のように、後に藤原氏を名乗った人もおりますし、
し、薩摩の島津氏のように、後に源氏を名乗った一族もおりますから、
図式じゃあ描けません。また、ブリヤートの近世に形成された、
低地モンゴル人のことですよ。ブリヤートと云う集団は、
中世には無いんですけど。
ヨーロッパでも、中世は羊飼いや皮はぎ人は賤視されましたよ。
http://blhrri.org/kenkyu/project/mibun/mibun_0002.htm
ヨーロッパ(2)共同体とその住民に奉仕する下級吏員と職業
B.公共サービスに従事する職業 に、出とりますね。
その上のチベット でも屠者の地位は低いもんです。
月光仮面さんは、どうも余りにも国粋主義の日本的独善史観考察を
されますね。

653 :出土地不明:2010/03/18(木) 23:31:34 ID:Pbv1U5bi
鳥居はユダヤ由来だ馬鹿者

654 :出土地不明:2010/03/19(金) 01:25:08 ID:iXCb2G5V
懐かしい、8年ぶりに戻ってきたら、まだやっていた。

末裔の俺がここで秦氏のことかきまくっていたら、最近ものすごい秦氏関連書が
刊行されブームなんだよね。

655 :出土地不明:2010/03/19(金) 01:31:11 ID:7Npmm6kr
>>652
>畿内の王朝の支配層は渡来系の可能性が強いと
云えよう。

わぉ〜白痴青筋たん

相変わらず何の根拠も示さずアホ丸出し意見だねw


656 :出土地不明:2010/03/19(金) 02:44:13 ID:3BT39z9Y
>>652 >>畿内の王朝の支配層は渡来系の可能性が強いと云えよう。

・・・ 畿内王朝で渡来系の姓名をもった天皇など聞いたことがないな。

 渡来系なら渡来系とハッキリ表明すればいいだけだが、表明できない理由でもあったのか?


657 :出土地不明:2010/03/19(金) 02:47:26 ID:3BT39z9Y
>>652 >>畿内の王朝の支配層は渡来系の可能性が強いと云えよう。

・・・モンゴル人でも満州人でも征服王朝なら自民族の姓名を名乗っているがな。

 日本の天皇で日本語でない名乗りをあげた天皇がいたか?


658 :出土地不明:2010/03/19(金) 03:03:51 ID:olQMS2hF
>>657
モンゴル族は、たいがい姓なんかなくて
父親の名前をミドルネームに持っているだけだよ。

チベット族も、ギャロン人ぐらいしか姓は持ってないよ。

タイ国民も中国タイ族もミャンマーのシャン族も、近代まで姓は持ってなかった。
布朗族などのオーストロアジア語族の少数民族にも、姓はない。

以上

659 :出土地不明:2010/03/19(金) 03:22:20 ID:iXCb2G5V

4世紀のメイフラワー号、謎の秦氏と天皇誕生ファンタジー
http://luna555.blog19.fc2.com/blog-category-13.html

どうもこの10年調べてたら、前秦、後秦の河西政権亡命末裔説が一番しっくり
くるんだよね。

660 :LUNAMASK:2010/03/19(金) 08:54:33 ID:IpCj7iYf
>>648 >>648
O2a M95* 1.9% オーストロアジア語族 苗族・百越 ・・・これでしょうね。
レクナーによるチベット-ビルマ語族の南下の主体と見られるテン族
O3a3b (SNP M7)は日本に入っていない。だが、テン族の石寨山文化につき
「論文弥生時代の銅鐸の文様の源流について 東海大学紀要文学部 末房由美子」
http://www.hum.u-tokai.ac.jp/journal/no76/BUNGA76Y-02_15162.pdf
において「・・・朝鮮無文土器時代の有名な防牌形銅器・・・この器物は,その
文様から農耕祭祀にかかわる儀器であると推測されているが,人物の特有の
表現(図27)は,石寨山型銅鼓等に施されている人物表現(図28・29・ 30)と
酷似している。・・・これらの異形青銅器は,紀元前4世紀から紀元前3世紀頃,
忠清道に分布し,突然現れて短期間で消えていったとされている。これらの諸点は,これらの青銅器が朝鮮半島本来のものではなく,外 から入ってきた要素であること,
またその製作にはそうした要素の関与があったことを暗示しているように思える」
こうした技術はO-M95* 1.9%(越人・海部・狗奴国)が仲介したのではないでしょうか。
----------
福井井筒銅鐸
http://www.archives.pref.fukui.jp/fukui/07/zusetsu/A02/a0224.gif
奈良東殿塚古墳 円筒埴輪
http://mytown.asahi.com/nara/k_img_render.php?k_id=30000140904170001&o_id=6241&type=kiji
これは銅鐸→円筒埴輪というメディアの変化にも関わらず「双身船に乗る鳥装の
銅鐸文化人」が古墳時代の大和朝廷に生き続けていることを物語っていますね。


661 :LUNAMASK:2010/03/19(金) 09:01:05 ID:IpCj7iYf
>>652 >>634-637
欧州でも3K蔑視なんてのがあってもおかしくはない。しかし、そんなことをいまどき
騒ぎ立ててると日本人ってなんてやつらだともなりかねない。
ニッポン、チャチャチャでいいんじゃないすかねー。

662 :LUNAMASK:2010/03/19(金) 09:12:09 ID:IpCj7iYf
卑弥呼が死んだ時三輪山から二上山まで人の列ができた。大仏開眼には国民の
半数が参加した。欧州ではネオナチ反対の人の輪ができた。おそらく古代人であ
ったら欧州人と同様にネオナチに立ち向かうと思います。さもなくて今の日本は
なかっただろうと思います。

663 :出土地不明:2010/03/19(金) 11:05:37 ID:fdxxodab
古代天皇一族は日の登る方向から来た、と言ってなかったか?

で古代に習ってわざわざ伊勢から畿内に攻め込んだ

664 :LUNAMASK:2010/03/19(金) 11:35:45 ID:IpCj7iYf
>>659
この地図で↓
http://blog-imgs-21.fc2.com/l/u/n/luna555/000000sekaiidennsi2.jpg
クルディスタンとされているヒッタイト、アッシリアとされているミタンニ、アフガニスタンと
されているホレズムにおいて秦氏とユダヤの接触があり、秦氏は内部にユダヤ教・イス
ラム教の要素を秘めたまま東方に移動したと見られる。
これは、EU資料による
http://www.eupedia.com/europe/origins_haplogroups_europe.shtml
アーロンYDNA J1
A considerable part of Jewish people belong to J1 and J2, although J2 is more
common. J1 is the Cohen Modal Haplotype, meaning that about three quarters
of the people called Cohen, Kohen, or a variant belong to a specific J1 haplotype.
In the Hebrew Bible the common ancestor of all Cohens is identified as Aaron,
the brother of Moses.
http://www.eupedia.com/images/content/J1-J2_map.jpg
とバシコルトスタンに残るダビデ教・イスラム教を奉じる黒犬教集団についての伝承においてこの民族がイラク→ホレズム→トルケスタンに移動したとされていることからも
読み取れる。

665 :出土地不明:2010/03/19(金) 11:41:27 ID:oYWYUHsk
>>661-662
倫理のない科学をやる者こそネオナチ。
完全な古代民族移動など、誰も知りたがっていない。
Y-DNAのMolecular clockの速度がわかっていない。
特にC系とD系が変化していった時期は矛盾なく説明できる説が無い。

先天的な遺伝情報と賤民の識別に結びつけるなどもってのほか。
キミの書いていることは、ヘイトクライムの水準まで達している。
ヘイトクライムは、表現の自由を保障されない。




666 :LUNAMASK:2010/03/19(金) 11:49:58 ID:IpCj7iYf
>>664
武帝・霍去病によって渾邪王・月氏胡に流れた巨億の資産は前秦から新羅・バクトリア
に流れ、秦氏はその新羅を経て渡来したのであろう。

667 :LUNAMASK:2010/03/19(金) 11:56:18 ID:IpCj7iYf
>>665
われわれが憎むのは原爆・空襲。

668 :LUNAMASK:2010/03/19(金) 12:27:46 ID:IpCj7iYf
>>666
ソース→ http://www.geocities.jp/rarememory/ei/ei

669 :LUNAMASK:2010/03/19(金) 12:34:35 ID:IpCj7iYf
河西回廊↓上記霍去病の活躍したあたり
http://blog-imgs-24.fc2.com/l/u/n/luna555/map1.jpg

670 :632:2010/03/19(金) 12:38:32 ID:rP0LTmzJ
>>659
まあ、執筆時期がこれよりも前なので、プログ主は
それほど前秦・後秦に関心を持ち続けてなかったとは思いますが。

四川の綿陽北川県
http://www.56.com/u46/v_MjUwNzI0Njc.html
http://v.youku.com/v_show/id_XMTE3NTMzNzg4.html


「呂氏春秋」の火葬とユダヤ教は、相容れません。
確かに、日本に火葬が伝わったのは、秦氏と時期的に一致します。
秦氏と前秦・後秦が関係なくても、羌岷や嘉戎との接点は残ります。

671 :LUNAMASK:2010/03/19(金) 13:02:45 ID:IpCj7iYf
http://www.aba.gov.cn/abgk/zjab.asp
日本と似ている↑

672 :LUNAMASK:2010/03/19(金) 14:12:40 ID:IpCj7iYf
↓こうした崖墓・箱式石棺墓のアバ到来が漢代ということは九州北部と同時期であり、
これは日本と同文化であるものの交流ということには相互アリバイがあることを意味
すると考える。
http://www.aba.gov.cn/zqwh/lswh08.jpg
http://www.aba.gov.cn/zqwh/lswh_sz.asp

673 :出土地不明:2010/03/19(金) 16:26:20 ID:oh666q9t
わぉ〜月光たん!!
>>660
福井井筒銅鐸
http://www.archives.pref.fukui.jp/fukui/07/zusetsu/A02/a0224.gif
奈良東殿塚古墳 円筒埴輪
http://mytown.asahi.com/nara/k_img_render.php?k_id=30000140904170001&o_id=6241&type=kiji

生活道具でなく祭祀道具に描かれたということは、権威の象徴を表しているのでは(^-^)/
とすると卑弥呼の大和人においても、弥生期から古墳期までシームレスに
南方呉越稲作民+古羌族が支配権を持っていたということじゃないかな〜(^0^)/

674 :出土地不明:2010/03/19(金) 16:41:59 ID:oh666q9t
>>670
古羌族のチャン族が多いアバ・チベット族チャン族自治州(阿?蔵族羌族自治州)は
嘉戎(ギャロン)族のアランちゃん出身地の美人谷とも近いですね!!

>>672
アランちゃんの列島到来は漢代の北九州でつか〜(^0^)/

675 :出土地不明:2010/03/19(金) 18:15:23 ID:5jSNh2wV
>>671
似ていない県もあるので、注意ね。自治州の中でも荒廃しちゃっている箇所がある。
阿バ、若爾盖、紅原、壤塘の4県は、自然破壊しまくり。チベット族が樹木を切りまくって現金を手にした。
そして、湿原の周囲に過放牧して、20年たったら鷹がいなくなった。
南のブン川のほうは稲作もやっている。あと、阿バ州だけでなく、綿陽市側も見ないと誤るよ。

長征の記述は補足がいる。先に出発した毛沢東(第一軍)は、湿原地帯でチベット族の襲撃にあっている。
朱徳(第四軍)が、長征草鞋をしこたま作るために16ヶ月もここにいたとは思えない。
兵士の補充は、ここで増えているから、補充できた可能性あり。朱徳が人脈づくりをした。
朱徳は、毛沢東からいつまでいるつもりか?と出発を催促されている。
賀竜(第二軍)は、もっと西のカンゼ州の真ん中を北上しているのでチベット族と交戦している。

中国プロパガンダは、行間も読むようにw

676 :出土地不明:2010/03/19(金) 18:36:19 ID:5jSNh2wV
>>672
XuanGuan 篷船的木棺
http://www.showchina.org/tour/jdzt/03/02/200910/t449324.htm

17世紀以後崖墓は、作られなくなっている。
17世紀よりも前からずっと住んでいた蜀人は、結構山間地に多く、
東の盆地のほうは住民が入れ替わっている。
客家だけは、なぜか結構残っている。山間地にも客家がいる。

張献忠の乱と関係ありとされるが、清朝以降の住民は湖北や湖南の音を持ち込んだといわれる。
この辺は(移住した人数)/(疫病や戦乱の前の人口)がわからないので不明な点が多い。
あと、漢化した苗族が点在しているが、もとは南にいた人。苗族の南下の残留組なんかではなく出戻り組。
GoogleMap見ていると、突如苗族郷が現れる地点があるけど、もとは貴州省の人。

雲・貴・川・渝・湘・鄂は、近世に人為的な動きがあるので、撹乱要素多々、すごく難しいよ。

677 :LUNAMASK:2010/03/19(金) 18:59:13 ID:IpCj7iYf
本日の仕分け素案
O3a3c M134 10.4%  シナ・チベット語族 秦氏
NO M214* 2.3%  百越・布依族 
N1 LLY22g* 1.2%  彝族 羌語 
Q P36   0.4% ウラル語族 フルリ人 
R M207 0.4% 印欧語族
http://zh.wikipedia.org/wiki/%E5%B8%83%E4%BE%9D%E6%97%8F

678 :出土地不明:2010/03/19(金) 22:45:27 ID:RpS5ZsXz
「木骨泥墻」(もっこつでいのう)「木骨泥墻」(もっこつでいのう)「木骨泥墻」(もっこつでいのう)
「木骨泥墻」(もっこつでいのう)「木骨泥墻」(もっこつでいのう)「木骨泥墻」(もっこつでいのう)
「木骨泥墻」(もっこつでいのう)「木骨泥墻」(もっこつでいのう)「木骨泥墻」(もっこつでいのう)
「木骨泥墻」(もっこつでいのう)「木骨泥墻」(もっこつでいのう)「木骨泥墻」(もっこつでいのう)
「木骨泥墻」(もっこつでいのう)「木骨泥墻」(もっこつでいのう)「木骨泥墻」(もっこつでいのう)
「木骨泥墻」(もっこつでいのう)「木骨泥墻」(もっこつでいのう)「木骨泥墻」(もっこつでいのう)
「木骨泥墻」(もっこつでいのう)「木骨泥墻」(もっこつでいのう)「木骨泥墻」(もっこつでいのう)
「木骨泥墻」(もっこつでいのう)「木骨泥墻」(もっこつでいのう)「木骨泥墻」(もっこつでいのう)
「木骨泥墻」(もっこつでいのう)「木骨泥墻」(もっこつでいのう)「木骨泥墻」(もっこつでいのう)
「木骨泥墻」(もっこつでいのう)「木骨泥墻」(もっこつでいのう)「木骨泥墻」(もっこつでいのう)
「木骨泥墻」(もっこつでいのう)「木骨泥墻」(もっこつでいのう)「木骨泥墻」(もっこつでいのう)
「木骨泥墻」(もっこつでいのう)「木骨泥墻」(もっこつでいのう)「木骨泥墻」(もっこつでいのう)
「木骨泥墻」(もっこつでいのう)「木骨泥墻」(もっこつでいのう)「木骨泥墻」(もっこつでいのう)
「木骨泥墻」(もっこつでいのう)「木骨泥墻」(もっこつでいのう)「木骨泥墻」(もっこつでいのう)
「木骨泥墻」(もっこつでいのう)「木骨泥墻」(もっこつでいのう)「木骨泥墻」(もっこつでいのう)
「木骨泥墻」(もっこつでいのう)「木骨泥墻」(もっこつでいのう)「木骨泥墻」(もっこつでいのう)
「木骨泥墻」(もっこつでいのう)「木骨泥墻」(もっこつでいのう)「木骨泥墻」(もっこつでいのう)
「木骨泥墻」(もっこつでいのう)「木骨泥墻」(もっこつでいのう)「木骨泥墻」(もっこつでいのう)
「木骨泥墻」(もっこつでいのう)「木骨泥墻」(もっこつでいのう)「木骨泥墻」(もっこつでいのう)
「木骨泥墻」(もっこつでいのう)「木骨泥墻」(もっこつでいのう)「木骨泥墻」(もっこつでいのう)
「木骨泥墻」(もっこつでいのう)「木骨泥墻」(もっこつでいのう)「木骨泥墻」(もっこつでいのう)
「木骨泥墻」(もっこつでいのう)「木骨泥墻」(もっこつでいのう)「木骨泥墻」(もっこつでいのう)
「木骨泥墻」(もっこつでいのう)「木骨泥墻」(もっこつでいのう)「木骨泥墻」(もっこつでいのう)
「木骨泥墻」(もっこつでいのう)「木骨泥墻」(もっこつでいのう)「木骨泥墻」(もっこつでいのう)

679 :出土地不明:2010/03/19(金) 23:07:50 ID:5jSNh2wV
秦氏のインパクトに比べれば、あとは小さいだろう。
古墳期は騎馬民族征服王朝ではなくても、華夏民族が支援した王朝だろう。

日本語は、ウラル語族や印欧語族と語彙の関連性を持たない。
アルタイ諸語とは文法が類似。
土族が、シナ・チベット語族からモンゴル語に変わったうえに、
変形漢語も使っているので、「青海官話」はクレオール言語。
日本語は、クレオール言語すると都合いい。

>>677
布依族は、移動してきたので古代遺跡関係は無いし、ブラックホールの苗族抜きに考察できない。
もともと壮族の一支という認識だったし、壮族自体も漢族と共存してきたので、文献も期待薄。
彝族の祖語は、羌語ではないから。祖語は黒彝成分のロロであって、白彝成分の言語注入は後世になってから。

680 :白馬青牛 ◆cjIySZ2iYw :2010/03/20(土) 01:04:12 ID:P3AKLEKa
>>655
あんたの>>673-674の民族移動期でも無い弥生期に羌系と江南を結び
つけ、日本列島移住自体が電波妄想じゃないか。
>>656-657
同じ言を繰り返すのう。契丹以降の自民族の出自を名乗るんと、隋唐の時代
漢人に仮冒する時代を同一視するとは、歴史認識が低能じゃのう。
モンゴル族が狼の子から生まれたけぇ、「人間の子では無い」文献に
「狼の鹿の間に生まれた」と書いてあると主張したいんか?
幼稚な詭弁はすなや。
>>659
Y染色体電波説は兎も角、秦氏は東漢氏と同様、五胡北朝の連中は
含んどるんじゃないかと思うよ。
>>661
欧米に付いて誤った情報で洗脳して、ナショナリズムを鼓舞扇動するんが
現代の文化人やマスコミですよ。月光仮面さんが、扇動に乗って、
欧米を夷として日本を華とする朱子学排外国粋主義を唱えておられるん
じゃないかと思える書き込み>>637でしたからね。
ニッポンチャチャチャが、独善他悪の排外主義に基づく偏見であったら、
皮剥ぎは牧畜民族で日本だけは賤視されたと、洗脳された勘違い連中が
これからも出てきますよ。
>>679
五胡北朝は漢化しても征服王朝じゃし、華夏民族とは違うよ。
土族が元来チベット系語使用民族じゃった根拠も無いね。

681 :出土地不明:2010/03/20(土) 01:13:55 ID:G5qB2PNQ
>>680 >>契丹以降の自民族の出自を名乗るんと、隋唐の時代
漢人に仮冒する時代を同一視するとは、歴史認識が低能じゃのう。

・・・ほお、そうすると日本征服王朝(?)は日本を隋・唐並みの大国と認識して日本名を名乗っていたのか?


682 :出土地不明:2010/03/20(土) 01:26:35 ID:EgqNegpN
>>680

4段目を拝読すると、白馬青牛先生は日本語はあれですが
外国語には堪能でおられるようですなぁ。やはり、あちら
の情報を原文できちんと咀嚼して、そこから発言している方
の意見には説得力がありますなあ

ハハハ


683 :出土地不明:2010/03/20(土) 01:44:52 ID:5mdcZsIR
>>680
>あんたの>>673-674の民族移動期でも無い弥生期に羌系と江南を結び
>つけ、日本列島移住自体が電波妄想じゃないか。

わぉ〜白痴青筋たん。
俺は655でもないし、弥生期に羌系と江南を結び
つけてもいないのだが?

相変わらずハゲ頭から湯気出して妄想してるのだな。

わぉ〜!!

684 :出土地不明:2010/03/20(土) 01:55:23 ID:8nc1nvjv
>>682
いや、トゥ族(土族)のことは、不明なんですよ。
単語に、チベット語から来たと思われるサンスクリット語彙が多いだけらしいし
トゥ族の人達は、まがりなりにも中国語しゃべれちゃうので、深く研究されてないです。

白馬青牛先生の言っていることは、べつに嘘ではないです。

685 :出土地不明:2010/03/20(土) 02:06:03 ID:EgqNegpN
>>684

えーっと・・・。
ん?誤爆みたいなもんですか?

686 :出土地不明:2010/03/20(土) 02:09:04 ID:EgqNegpN
>>680
>同じ言を繰り返すのう。契丹以降の自民族の出自を名乗るんと、隋唐の時代
>漢人に仮冒する時代を同一視するとは、歴史認識が低能じゃのう。

何で自分のことは分かんないのかね。このおやじは。上で書いている
批判ってさ、馬牛がいつも指摘されてることじゃん。

687 :出土地不明:2010/03/20(土) 02:26:31 ID:8nc1nvjv
>>685
日本語版では、チベット語だったという記述があるのですが。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%88%E3%82%A5%E6%97%8F
中国人は、文法が蒙古語族までで、それ以上突っ込んでない。
http://zh.wikipedia.org/wiki/%E5%9C%9F%E6%97%8F

688 :出土地不明:2010/03/20(土) 04:29:52 ID:pO0bwcyF
うわー、このスレやっぱすごいわ〜
濃いなぁ

LUNAMASKさん、他の方、、ありがとうございます
千の風になって 四川大地震版、泣けますね・・・

役に立ちますが、時間貰わないと消化できません・・・

689 :LUNAMASK:2010/03/20(土) 08:39:32 ID:r6xzR+jE
>>673 逆にいえば牧畜要素を持つ渡来系は少なくとも三輪王朝に限っては支配
権を持ってはいなかったといいうことでしょうね。

690 :LUNAMASK:2010/03/20(土) 08:46:01 ID:r6xzR+jE
>>674 >>672 アランちゃんの列島到来は漢代の北九州でつか〜(^0^)/
列島到来を否定するアリバイが双方にあるということ。

691 :LUNAMASK:2010/03/20(土) 08:54:59 ID:r6xzR+jE
>>679 >>677
O3a3c M134 10.4%  シナ・チベット語族 秦氏
NO M214* 2.3%  ブラックボックス 
N1 LLY22g* 1.2%  彝族 ロロ語
Q P36   0.4% ウラル語族 フルリ人 
R M207 0.4% 印欧語族
取り敢えずこうしましょう。
秦氏は仰韶民のような気がするなー。

692 :LUNAMASK:2010/03/20(土) 10:02:40 ID:r6xzR+jE
素案
西周始め
バイカル→松嫩→間道→九州と移動した突帯文人は
2b SRY 7.7%  (アルタイ化しつつある)ツングース語族
O2b1 47z 22.0%  (アルタイ化しつつある)ツングース語族
遼西→遼東→半島に移動した畑作民は
O3 M122* 6.6%  興隆窪文化の子孫・カラスク・銅鐸文化人の先祖 
黄淮→半島・列島に移動した稲作・岳石文化人・遠賀川人は↓
O2a M95* 1.9%  苗族
O3a3 LINE1 3.1%   土家族

693 :LUNAMASK:2010/03/20(土) 12:53:01 ID:r6xzR+jE
>>691 NO につきwikiは↓
ハプログループNOを特徴づけるM214変異はBP35000年ころアラル海東部に居住した
祖先を起源とする。これは多数の現代のハプログループN又はOの先祖となった。子孫
の分布が広大なのに、NO自体はまれにしか見られない。最大は布依族で5.7%
(2/35) 。次は大和族で3%、中でも徳島県が断トツで4/70 = 5.7%。これ以外では
漢族、彝族、マレー族、モンゴル族、ダウール族、満州エベンキ族、赫哲(ナナイ)、
回族、ヤオ族、韓国人がある。ハプログループNOが完全絶滅に近くなった理由は
不明。しかし、P、 R 、Qも同様の状況。ここには創始者効果と遺伝子ドリフトが
働いた。
http://en.wikipedia.org/wiki/Haplogroup_NO_(Y-DNA)
これは突帯文人系統と一緒にしてもいいということだろう。


694 :出土地不明:2010/03/20(土) 14:45:10 ID:v19pxdHG





       台湾土人が日本人女子学生を目隠しして集団レイプ!


  http://www.youtube.com/watch?v=7psuvP-f5sU&feature=player_embedded#







695 :出土地不明:2010/03/20(土) 15:04:43 ID:h9uVQJo6
わぉ〜月光たん
日本人がどこから来たのか、大分みえてきましたね〜(^-^)/

>>692>>693
そんでもって、この分類でいくと、下記の「鳥居・歌垣・鵜飼・支石墓」の天孫文化を
列島にもたらしたのは、どちらのグループ??

LUNAMASK 10/02/13(土) 15:33:59 ID:4MlscNHB
周克殷時に殷を含む江淮・山東地方から満州・朝鮮半島に稲作を含む農耕民が北上。
鳥居・歌垣・鵜飼・支石墓などもこの時北上したのでしょう。
この湿潤地帯の動きと同時に乾燥地帯からモンスーン地帯への動き存在した。
このことは千年後の動きでも証明されていると考えます。

696 :LUNAMASK:2010/03/20(土) 18:52:27 ID:r6xzR+jE
>>695
最近の満州発というのが面白い。どうも突帯文関係が直近かなとの感じだが
中国各地にあるようだし。オープンにしておきましょう。支石墓は黒海沿岸
からでしょうね。それが箱式石棺墓となりオークネフ、カラスク、遼東へと来る。

697 :出土地不明:2010/03/20(土) 19:09:14 ID:h9uVQJo6
これかな!!

LUNAMASK:2010/01/19(火) 15:47:30 ID:1+jzWFPh
英文wiki「古朝鮮」では・・・●琵琶型銅剣 ○細形銅剣 ▲支石墓↓
http://upload.wikimedia.org/wikipedia/en/b/b9/Bipabronze1.jpg
これを「邪馬台国の会」資料で再検討すると
●琵琶型銅剣 A群
○細形銅剣  L群
▲支石墓↓  A群
となって、A群・L群がそれぞれ綏遠、ザバイカルから半島に入ってくることが分かる。

698 :出土地不明:2010/03/20(土) 20:23:51 ID:Qf+FPQhG
わぉ〜痔もちのホモがいると聞いて

699 :出土地不明:2010/03/20(土) 22:26:16 ID:ihF6MeCn
>>630複合的総合的根拠は親戚関係の庄屋文書に書かれたもんや、
近世武士から商人に転身した者の史料を調べて、
婚姻関係から可能性が強いか低いかの問題じゃ云うとるんじゃに、
お馬鹿さんは、金で買うたかも知れん家系図や、また妻が
不倫してどこの種かわからん子供の子孫かも知れんのに、
父系が断絶することは無いと幸せ回路こそ証拠が無いじゃ
   ないか(笑)。血筋は系統論じゃのうて、総合的集団によって
受け継がれるもんじゃ云う認識すら無いたぁのう。

この白馬青牛という男は何が言いたいのか?
   こいつ完全に狂っているのか。それとも妄想なのか。
   ただの嘘なら、少しでも早く謝れよ。   


700 :白馬青牛 ◆cjIySZ2iYw :2010/03/20(土) 23:05:54 ID:P3AKLEKa
>>681
日本は小中華主義で隋唐をモデルとしたろうに。
>>682
軍板にわしに英語力が無いと指摘して、何時まで経っても自分の英語力を
披露せず云い訳とわしに対する罵倒に転嫁しょる馬鹿がおるけど。
>>683
あんたが、コテ名を名乗らん限り、言い訳と判断するよ。
>>686
宋代は唐の貴族性が崩壊したゆえ、北方民族側も出自を隠す必要性が
薄うなった面もあろう。あんたの抽象的な文こそ何が云いたいか
解らんけぇのう。

701 :出土地不明:2010/03/20(土) 23:19:07 ID:Qf+FPQhG
わぉ〜ツルッ禿のホーモがいると聞いて

702 :白馬青牛 ◆cjIySZ2iYw :2010/03/20(土) 23:31:51 ID:P3AKLEKa
>>687
前にも云うたよう、土族はモンゴル語族で、鮮卑慕容部の末裔とされる。
語彙は流通圏ゆえ、チベット語の借用語の影響があるだけのこと。
>>689
三輪王朝自体、あったかどうか。しかも牧畜民と違い農耕民に
国家形成は困難でしょう。
>>695
殷は稲作民じゃ無いよ。山東地方や江蘇北部地域も稲作地域じゃ無いし。
しかも彼らが北上した根拠すら無い妄想論。
>>699
男系が必ず継続されとる云う、前提条件自体妄想じゃないか。
嫁いで来た女性が全て貞淑で不倫もせず、どこの馬の骨か解らん種の
わけ無い云うんは主観的感情論の幸せ回路の妄想になるけんのう。

703 :出土地不明:2010/03/20(土) 23:52:36 ID:h9uVQJo6
わぉ〜月光たん!!
>>697
L群とA群は明らかにルート違うよね

L群がツングース語族でバイカル→高句麗→日本海の地祇ルート
A群がシナ・チベット語族でオルドス→箕子→瀬戸内海の天孫ルート
ってことかしらん(^-^)/

>>487
周克殷の頃、箕子封朝鮮、召公封燕により、オルドス・山戎の銅剣文化が箕子朝鮮に、
太公望封斉により、斉の岳石文化が箕子朝鮮に流入するのと同時にバイカル湖、
沿海州からも朝鮮半島への流入が始まる。
それで↓こうしたことを推定する次第です。
O2b SRY 7.7%  松嫩・小拉哈文化期
O2b1 47z 22.0%  松嫩・小拉哈文化期
O2a M95* 1.9% 海岱岳石文化・箕子朝鮮期
O3 M122* 6.6%  海岱岳石文化・箕子朝鮮期
O3a3 LINE1 3.1%  海岱岳石文化・箕子朝鮮期
O3a3c M134 10.4%  海岱岳石文化・箕子朝鮮期

704 :出土地不明:2010/03/21(日) 00:06:48 ID:WddoJeyo
コテ名なにそれおいしいの?
言い訳な(ry

外国語の文献読めないって書いてたの自分じゃなかったっけか?。
その件について忘れているんじゃないかしら、と思ったから
指摘してあげただけよ。なぜに「英語力」そしてなぜに私の
英語力を披露しないと言い訳(ry

なんでも勝ち負けにこだわるし、すぐ極論を言うねこのおじさん。
「悪魔の証明」ってやつ。いい年して恥ずかしいこと。

「証明なんてできんわい。」はいはい、ああそうですか。現実の
社会生活ちゃんと送れてますか?

705 :出土地不明:2010/03/21(日) 00:10:36 ID:YyjkNJcG
>>562 :LUNAMASK:2010/03/15(月) 12:43:24 ID:eAOXi9oo
銅鐸民は朱開溝・犬戎文化人 YDNA O3 M122* 6.6% mtDNA B


「これがまおちゃんの正体でつね!!」

706 :出土地不明:2010/03/21(日) 08:29:23 ID:cv71BfxD
>>702
>三輪王朝自体、あったかどうか。しかも牧畜民と違い農耕民に
>国家形成は困難でしょう。

わぉ〜!!白痴タン。
白痴タンがハゲ頭から湯気出しながら否定しても纏向遺跡は三輪王朝の前身。
そして纏向遺跡に渡来系要素はきわめて少ないのだが。

渡来系が王朝を打ち立てたという証拠でもあれば、
遠慮なく言ってね白痴タン。

707 :LUNAMASK:2010/03/21(日) 09:37:00 ID:kB4p/4P7
>>697
○細形銅剣  L群           殷銅資源
この銅資源を半島に持ち込んだのは土家族、百越等の稲作民か。細形利器に懐中
したのは扶餘等のバイカル系統。
●琵琶型銅剣 A群 ▲支石墓↓  A群  綏遠銅資源
この銅資源を半島に持ち込んだのはオルドス・綏遠、つまり興隆窪系統の文化人、
銅鐸文化人(小銅鐸はL群だが)

708 :LUNAMASK:2010/03/21(日) 09:50:44 ID:kB4p/4P7
>>703 神武は「天孫と自称するものは沢山いる」といっているが、当時の高地性集
落自体が天山(香具山つまりアル-タイ)思想なので天孫と名乗れば誰でも天皇にな
れるということではなかったんじゃないでしょうか。実力があったのはむしろL群の
地祇派であり、神武も嫡子タギシミミをすぐに殺されています。


709 :LUNAMASK:2010/03/21(日) 10:16:36 ID:kB4p/4P7
>>705
N1 LLY22g* 1.2%  彝族 犬戎
↑これが↓この興隆窪系尾張・鴨とか
O3 M122* 6.6%
↓この仰韶系
O3a3c M134 10.4%  
秦氏とかに大きな影響を与えた。しかし、朱開溝文化の頃に興隆窪系は
もう朝鮮半島への移動を開始していた可能性があるということですね。
菊は栄える、葵は茂るというのはこの二大民族賛歌でしょう。

710 :LUNAMASK:2010/03/21(日) 10:21:39 ID:kB4p/4P7
>>702 >>689 トランスヒューマント・ガバナンスなしに高句麗・大和は形成されなかっ
たと思います。国の姿ですね。


711 :LUNAMASK:2010/03/21(日) 10:25:47 ID:kB4p/4P7
>>709
ソース→ http://8.health-life.net/~susa26/ikoi/kantarou.html

712 :LUNAMASK:2010/03/21(日) 10:28:43 ID:kB4p/4P7
↑戦時中なんで葵は枯れるなんてしたのかなー。

713 :LUNAMASK:2010/03/21(日) 12:44:08 ID:kB4p/4P7
>>710
現在ネパールで焦眉の問題となっている移牧民の入会権侵害、逆説的に
http://www.forestaction.org/pdfs/journal_of_forest_and_livelihood/vol7_1/6_transhumant.pdf
神武はおそらく稲作民の移牧民からの防衛を標榜、Raison D'Etreとし、稲作民を
支配したのでしょう。

714 :LUNAMASK:2010/03/21(日) 13:18:34 ID:kB4p/4P7
↑当時の日本では移牧民の代わりに在来縄文人の生活空間と、これに対置される
渡来稲作民の生活空間。これを仕切るのが神武のトランスヒュマント・ガバナンス
であったと思います。

715 :出土地不明:2010/03/21(日) 13:20:25 ID:I4j+ClIC
とにかく、今の朝鮮半島人とは、文化人類学的な人種の面でも明らかに違うよ。
朝鮮半島は、そもそも13世紀の元寇時、半島全域で蒙古軍に強姦されまくって生まれた
子孫が多いところ。そういった強姦魔の遺伝子が埋め込まれている。
それ以前、朝鮮戦争時には北朝鮮軍と人民解放軍に強姦されまくってたしな。
そういったこともあって、朝鮮半島人の遺伝子は強姦魔のDNA遺伝子が集積されている。

戦前の「日本兵の悪行」の話は、真実はそのほとんどが、朝鮮兵のしたことだ。
20世紀になってベトナムでやった韓国軍兵士の前近代的な悪行は、その遺伝子の
特性を、遺憾なく発揮、証明した。


716 :出土地不明:2010/03/21(日) 13:26:57 ID:I4j+ClIC
安曇氏(金印が授与された百越人王族一族。この一族が漂着、澄みついた島が志賀島)



717 :出土地不明:2010/03/21(日) 13:30:25 ID:I4j+ClIC
北海道教組など在日の巣窟組織工作員、DNA、Y染色体分布で
FRーO2bを抹殺、証拠隠滅しはじめた。


718 :LUNAMASK:2010/03/21(日) 13:31:43 ID:kB4p/4P7
志賀島の前に、天地創造のオノゴロ島が能古島でないかな。

719 :出土地不明:2010/03/21(日) 13:34:42 ID:I4j+ClIC
志賀海神社
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%BF%97%E8%B3%80%E6%B5%B7%E7%A5%9E%E7%A4%BE

720 :出土地不明:2010/03/21(日) 13:37:12 ID:I4j+ClIC
「安曇族」のあらすじ
安曇族は BC5世紀に呉から渡来
http://www2.odn.ne.jp/~nov.hechima/contents.html

721 :出土地不明:2010/03/21(日) 13:50:03 ID:I4j+ClIC
ベトナム戦争時における南朝鮮兵の暴虐

子供も妊婦も容赦なく…
“軍人たちがまず僧侶に向かって銃を射ちました. 続いて、助けてくれと逃げる女性や
菩薩様にも銃を射ちました. そして、屍体を皆燃やしました.”ユエンハンの証言だ.
当時やっと15歳になったばかりの彼は恐ろしさで真っ青になり、叫び声もあげられずに
息を潜めていたと告白する.
略)
"女性たちを強姦した後、殺害"
韓国軍は残酷な大量虐殺を行ったため、南ベトナム民族解放戦線(NLF)さえ、できるだけ
直接的な交戦は避けようとした程だったと伝えられる. 前線もなく、敵が誰なのかも
わからないベトナム戦でベトコンの根拠地を捜索, 破壊するという作戦上の名分が
老若男女を区別しない虐殺行為を正当化させた. 筆者が持っている記録は、その内容が
非常におぞましく、詳細に明らかにするもので、負担がなくはなかったが, その一部を
ここに紹介する.

1965年 12月22日, 韓国軍作戦兵力 2個大隊がビンディンソン、クィニョン市に500余発もの
大砲を撃ち込んだ後、“きれいに殺して, きれいに燃やして, きれいに破壊する”という
スローガンの下、 捜索掃討作戦を繰広げた. 彼らはこの村で12歳以下の22人の子供,
22人の女性, 3名の妊産婦, 70歳以上 6名の老人を含む, 50余名を超える良民を虐殺した.
"… などは、子供を出産して二日目に銃で射たれて亡くなりました. 彼女の子供は軍靴で踏み潰され、
まだ血が流れていたお母さんの胸の上に投げ捨ててありました. 妊娠8ケ月に達していた友人は
銃弾が貫通して亡くなり, 子宮が外に出ていました. 韓国兵は一歳になる子供を背負っていた娘を射ち殺して, 子供の頭を切り取って地面に放り投げ, あとはいろいろな形に切り出してくぼみに捨てました.
彼らはまた、二歳の子供の首を折って殺し, ある子供のからだを持ち上げて、樹に投げつけて
殺した後、焚き火に乗せました. そして、12歳の私は脚を射たれて倒れ、くぼみに捨てられたのです…"
略)

722 :出土地不明:2010/03/21(日) 13:50:57 ID:I4j+ClIC
http://www.tamanegiya.com/betonamudeno.html

723 :出土地不明:2010/03/21(日) 14:03:27 ID:4yJ19dmq
わぉ〜月光たん(^0^)/
>>709
彝族の犬戎文化を引き継いだのは、鴨氏・秦氏の2大民族でつね!!

そんでもって>>707
L群(地祇勢力)が列島到来時には、すでにA群(鴨氏・秦氏)すなわち(支石墓・銅鐸)が
九州北部で呉越稲作民と融合していたんじゃないかな

そしてL群がA群に九州で神やらいされた後、大和もA群天孫銅鐸族が押さえていた

吉備方面でL群とA群が再度衝突し、倭国大乱が起きた

倭国大乱後、卑弥呼を共立して銅鐸と銅剣の神器を双方が各集落が大量廃棄し、銅鏡による統治が始まった
この時、3種の神器(鏡・剣・勾玉(銅鐸))の融和の象徴をもってわが日本の建国が成立したのでしょう

しかし狗奴国の銅鐸族はそれが許せず、邪馬台国と狗奴国の冷戦は続いた..

役割の終わった神武一族は呉越稲作民に追放される

こんな歴史ヒストリアじゃね(^0^)/

724 :出土地不明:2010/03/21(日) 14:15:20 ID:4yJ19dmq
>>716
安曇族は、L群ではなく、先住の双胴船に乗る呉越稲作民の方でつね!!

725 :LUNAMASK:2010/03/21(日) 14:16:04 ID:kB4p/4P7
>>723
首長連中は仁義なき戦いであったんでしょうが、全体的にはそんなもんでしょうね。
ただ百年もすれば全てががらりと変わり、秦系などの渡来民が多くなってくる
んでしょう。

726 :LUNAMASK:2010/03/21(日) 14:25:28 ID:kB4p/4P7
>>724
安曇族は鹿飼い族で、四隅突出型墳丘墓文化L群だったんでしょう。しかし、海域の
制海権はその後沖ノ島祭祀を行う宗像乃至は住吉に入り、瀬戸内航路は住吉の
集中に収まったんじゃないでしょうか。

727 :出土地不明:2010/03/21(日) 14:25:55 ID:4yJ19dmq
>>713
まるで黒澤映画の「7人の侍」のようでつ!!
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%83%E4%BA%BA%E3%81%AE%E4%BE%8D

【あらすじ】
収穫の季節となるたびに野武士たちが村を襲いにくる。ある年の春、今年こそ麦の収穫の季節に襲われまいと
百姓たちは危険を回避する方法を話し合うため集まる。
「野武士が来るなら、こちらも侍を雇って対抗する」という案が長である儀作の口から出て
危険な侍を村に入れることに反対する意見も出る中、結局用心棒として飢えた侍を食事で釣って雇うことが決まる。


やっぱり神武は稲作民の守護神だお〜(^-^)/

728 :LUNAMASK:2010/03/21(日) 14:28:24 ID:kB4p/4P7
つまり、委奴国、三輪・邪馬台国、応神・河内王朝の海軍は異なっていた。

729 :LUNAMASK:2010/03/21(日) 14:39:18 ID:kB4p/4P7
↑安曇海人族は弥生後期後半から既に近畿勢の影響を受けていた。
「阪湾岸から播磨灘沿岸にかけて行われていた飯蛸壺漁が,弥生後期後半か
ら終末ごろに博多湾でも行われるようになり,古墳前期に普及するということです。
こうした漁撈技術が同じころに伝わるところをみると,弥生終末に各地で交易を担っ
た人びとのなかには,瀬戸内で漁撈を生業とする人びとがいたことがわかります。」
http://www.ops.dti.ne.jp/~shr/wrk/2001b.html


730 :LUNAMASK:2010/03/21(日) 14:46:00 ID:kB4p/4P7
>>727
土地神話族vs入会権依存縄文人の調整機能を持つ神武政権ってな感じですね。

731 :出土地不明:2010/03/21(日) 14:57:03 ID:4yJ19dmq
>>728
各王朝の海軍はこんな感じかしらん!?
委奴国→安曇族
三輪・邪馬台国→宗像族
応神・河内王朝→住吉族

魏の三輪・邪馬台国支援は、倭人が東胡化するのを恐れたのものか?
その後の応神・河内王朝は大陸の南朝と手を結び、歴代随一の卑弥呼・住吉大神の神功皇后を筆頭に
高句麗との一大決戦に至るのでつね



732 :LUNAMASK:2010/03/21(日) 15:15:58 ID:kB4p/4P7
>>731
韓人が魏に反抗してますから、魏は倭が連中と手を組むこと恐れたんでしょう。
倭はここぞとばかりに銅鏡などを要求したんでしょうね。神獣鏡などは女王鬼道用
の特注ですね。帥升はおそらくこうした銅鏡の成果がなく、釣り針を持つ海人族を
奴隷に提供して失脚し、海彦山彦、倭国乱内戦を引き起こしたんでしょう。

733 :出土地不明:2010/03/21(日) 15:52:02 ID:I4j+ClIC
在日が「日本文化の起源は朝鮮半島」とか「日本人の祖先は朝鮮半島人」とか言うのは
つまりは「同じ民族で、俺達の祖先が日本に文化を教えた。だから参政権よこせ」って
言いたいだけだろ。
その悪巧み、ミエミエなんだよ(爆笑


734 :出土地不明:2010/03/21(日) 15:56:45 ID:I4j+ClIC
日本の海岸地帯、特に漁業関係には「安住」とか「滋賀」っていう苗字が結構、多い。
そういった家族には背が高い家族が多い。

735 :LUNAMASK:2010/03/21(日) 16:07:53 ID:kB4p/4P7
>>710-714 日本におけるトランスヒューマント・ガバナンスは二社制神社に残る。
「上社、下社
神社には上社と下社、あるいは上の宮と下の宮など二社に分かれているものが多数
あり、これを二社制という。上社、中社、下社の三社に分かれているものもある(三社
制)。
上社と下社はその位置関係から呼称されているものが多く、上手にあるものを上社、
低地にあるものを下社と呼んだりする。また、本宮、本社から見て深奥部にある社は
奥社、奥宮(おくのみや)、山宮、人里近い社は前宮、里宮などと呼ばれ、僻遠地の
元宮に対し集落近郊に新たに建てられたものを新宮と呼んだりもする。
これらの上下社では祭神を異にする場合もあるが、一方がもう一方の若宮であっ
たり、本宮の配偶神を祭っているケースもある。これらの起源ははっきりしないが山奥
に埋葬墓、都邑近郊に礼拝墓を設ける「両墓制」との関係を指摘する声もある。また、
山岳そのものをご神体として、その山麓に遙拝施設を建てたものを里宮の起源とし、
神霊降臨の思想から山頂にもう1社を建ててこれに分祀したものが山宮の起源だと
する説もある。」
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%A5%9E%E7%A4%BE

736 :LUNAMASK:2010/03/21(日) 16:11:12 ID:kB4p/4P7
↑このトランスヒューマント・ガバナンスは弥生末期には高地性集落として、その後は
椿大神社を中心とする猿田彦神社の拡大に見ることができる。

737 :出土地不明:2010/03/21(日) 16:12:31 ID:I4j+ClIC
宮城県の漁港で有名な石巻出身で安住っていう民主党の衆議院議員がいるな。
あの東北の海岸地帯には、明治ー昭和にかけて勝浦、那珂湊、波崎、銚子などから移り住んで
漁業や水産加工業を伝えた人たちが結構いる。昔の船乗りは刺青をしてる人が多かった。


「後漢書の倭伝に登場する刺青の男たちは私たちの祖先でした。
刺青は潜水のときサメに襲われないためのものでした。そして金印紫綬を
後漢の光武帝からさずかった時に、ははっきりと「呉の太伯の末裔の大夫である」
と言っています。(AD57年)
http://kuu5011.hp.infoseek.co.jp/kuu/azumihistory/

738 :出土地不明:2010/03/21(日) 16:30:16 ID:nsBnGpcl
◆国内最古、馬の乳歯出土 大阪・四条畷の遺跡、飼育を裏付け


大阪府四条畷市の蔀屋北遺跡で、5世紀中ごろ(古墳時代中期)とみられる国内最古の
馬の乳歯が出土していたことが5日、分かった。当時から馬が飼育されていたことを
裏付ける史料。

府教育委員会文化財保護課の宮崎泰史主査は「乳歯は非常にもろく、残るのは珍しい。
当時の馬は貴重で高級車のような存在だったため、丁寧に葬られたのだろう」と話している。

府教委によると、見つかったのは臼歯部分で、最も長い歯は約8センチ。乳歯はすり減る
などして、短くなっていたが、ほかの歯もほぼそろっていた。新しい歯も形成されている
ことから、歯が生え替わる前の2〜3歳の若い馬とみられる。骨や前歯は見つからなかった。

遺跡一帯は日本書紀が河内馬飼と記す朝廷の牧場があったとされ、これまでに馬の全身骨格や
くらなどの馬具も出土。百済系の土器が出土していることから朝鮮半島から来た渡来人が
飼育していたとみられる。〔共同〕(05日 22:02)
http://www.nikkei.co.jp/news/shakai/20100305STXKF039605032010.html
百済系の土器が出土していることから朝鮮半島から来た渡来人が飼育していたとみられる
百済系の土器が出土していることから朝鮮半島から来た渡来人が飼育していたとみられる
百済系の土器が出土していることから朝鮮半島から来た渡来人が飼育していたとみられる
百済系の土器が出土していることから朝鮮半島から来た渡来人が飼育していたとみられる
百済系の土器が出土していることから朝鮮半島から来た渡来人が飼育していたとみられる
百済系の土器が出土していることから朝鮮半島から来た渡来人が飼育していたとみられる
百済系の土器が出土していることから朝鮮半島から来た渡来人が飼育していたとみられる
百済系の土器が出土していることから朝鮮半島から来た渡来人が飼育していたとみられる

739 :出土地不明:2010/03/21(日) 16:30:24 ID:I4j+ClIC
秦氏を「ハタ氏」と呼ぶのは「機織り」の職種だったから。
その別名が「服部(ハットリ)」だ。
なぜかと言えば、日本の秦氏は養蚕、絹産業もメッカである長江流域呉越地方から
きた人が多かったからである。
呉は越にBS6世紀に滅ぼされ、その後、越も楚によって滅ぼされ秦によって華南、
華北の全土は統一された。
だから、秦時代以降(紀元0年以降)でも「元呉」の地方(現江蘇省一帯)出身の人を
「エチ秦氏」と呼んだ。

彼らは、大和朝廷の権力闘争、そのものには加わらなかった。あくまでもテクノクラート
族として大和朝廷の日本統一に協力する立場をとっていた。
「呉服」とは「呉羽織り」に生地でつくった服のこと。呉羽折とは文字通り、呉地方の
機織技術。つまり「エチ(依智)秦氏」一族の技術だ。
「エチ」とは「越」の呉風(現江蘇省一帯)の発音。


740 :LUNAMASK:2010/03/21(日) 16:30:45 ID:kB4p/4P7
イラン南部トルコ系カシュガイ族の場合↓
Kashkaiは新鮮な牧草地を求め毎年南北に移牧、北の夏の高山牧地を"Yeilak"と
言い、冬には"Qishlaq"という冬の低地牧地に戻る。
http://en.wikipedia.org/wiki/Transhumance
"Yeilak""Qishlaq"が夫々上社、下社に相当する。

741 :出土地不明:2010/03/21(日) 16:32:48 ID:I4j+ClIC
古墳(エチ秦氏の古墳は、古墳時代の初期のものだ。)や絹織物こそ、
後期弥生時代文化の象徴だよ。

742 :出土地不明:2010/03/21(日) 16:33:38 ID:zWgeVaPj





       台湾土人が日本人女子学生を目隠しして集団レイプ!


  http://www.youtube.com/watch?v=7psuvP-f5sU&feature=player_embedded#







743 :出土地不明:2010/03/21(日) 16:39:13 ID:mc20nbEd
安曇はワダツミの子孫なので、天孫とは別系統だぞ
天孫以前の日本の先住民ぽい
天孫は外来系ぽいが東から来たらしい

744 :出土地不明:2010/03/21(日) 16:42:10 ID:I4j+ClIC
古代から日本造船のメッカだった呉地方(安芸地方)は豪族「呉氏」がいたとろ。
遣隋使、遣唐使用の船を古代からつくっていた。


745 :出土地不明:2010/03/21(日) 16:45:04 ID:I4j+ClIC
日本人全般と天皇家のルーツは重なる面もあるだろうが、
「同じ」じゃないよ。


746 :出土地不明:2010/03/21(日) 16:45:51 ID:I4j+ClIC
誰も、安曇氏は天皇家の祖先なんて言ってない・


747 :出土地不明:2010/03/21(日) 17:03:23 ID:I4j+ClIC
ただし綿津見一族が、血統的に天皇家とまったく関係ないとはいえない。
豊玉の姫を介して神武天皇系の子孫と血縁関係であることは明白。
つまりで出雲系の須佐之男命とは別系統であることは明らかだと思える。
(つまり、神武天皇系は朝鮮半島経由ではないことが伺える。)

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AF%E3%82%BF%E3%83%84%E3%83%9F
イザナギが黄泉から帰って禊をした時に、ソコツワタツミ(底津綿津見神)、
ナカツワタツミ(中津綿津見神)、ウワツワタツミ(上津綿津見神)の三神が生まれ、
この三神を総称して綿津見神と呼んでいる。
元々は一柱の神であったのを上中下の三神に分けたものと考えられている。
綿津見神の子のウツシヒカナサク(宇都志日金析命)が阿曇連(阿曇氏)の祖神である
と記している。


748 :出土地不明:2010/03/21(日) 17:17:36 ID:mc20nbEd
神話からは日本には最初にワダツミの安曇族が来て
次にスサノオの出雲族が来て
そしてアマテラスの天孫族が来たと読み取れる

天皇家は安曇(海幸彦)からも出雲(神武)からも嫁を貰ってる
なんか古代においてすでに純血じゃないよなw
守ってたのは血じゃなくて家系だな

749 :出土地不明:2010/03/21(日) 19:01:54 ID:MKLf5sxt
安曇=瀬戸内海人 出雲=出長江・弥生人 天孫=葛城山系・縄文人一派

750 :白馬青牛 ◆cjIySZ2iYw :2010/03/21(日) 22:49:19 ID:lSwsdgAs
>>703
瀬戸内がシナめチベット語族じゃの妄想よのう。瀬戸内の人間のわしは、
シナ・チベット語ほ話しよらんで。馬鹿タレじゃわい。
>>704-706
英和辞典を持っても訳せんが、あんた英訳出来る語学があるんなら
翻訳せぇ、云うたんど。翻訳ツールじゃのうてあんた流のを早う
提示せえや。人文科学に証明なんか出来んのに、
「証明」用語が好きじゃのう。ネット右翼は、洗脳された大量生産された
者じゃけぇ同じ用語しか使わんところがカルトなんじゃ。
歴史は証拠じゃのうて可能性が高いかどうかなんど。
日本が在来系より渡来系が支配した可能性が強い云うことじゃ。
三輪王朝自体、あったかどうか解らんもんは根拠にすらならんよ。
>>710-713
トランス型の山地の高低移動牧畜型だけの問題じゃ無いでしょう。
移動村落は日本でも近世以前にありましたし。焼畑民に典型ですね。
ですが焼畑民が征服王朝を造る例は少ないんじゃないですか。
神武なんて架空ですよ。稲作民に防衛の手段なんか無いでしょう。
稲作は移動性が無いだけ、土地に労働投資をした逃げ場の無い人たちで、
移動性の強い外来者の武力に従う以外無いんですよ。貢納を取り上げられる
ことで生活が出来るんです。

751 :出土地不明:2010/03/21(日) 22:56:21 ID:qEx9gGHK
↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑
稀にみる、かまってチャン

752 :白馬青牛 ◆cjIySZ2iYw :2010/03/21(日) 23:20:24 ID:lSwsdgAs
>>715
文化親類学的にも日本と朝鮮は近いよ。特に九州は長床鋤・縄莚と
同一文化圏を形成しとるじゃない。
>>716-717
漂着しただけじゃ現地民の奴隷か人肉にされるよ。安曇族は北方海人
集団の可能性が強いのう。
日教組は左翼の教育扇動集団で、扇動云う意味じゃあ、つくる会の
ネット右翼扇動集団と大して違いがあるまあ。政治的右も左も国民を
扇動する特権意識を持った日本に民主制は根付かんのう。
元社会党の民主党農水大臣が、マグロ如きでナショナリズムを発揮すなや。
江戸時代味覚音痴の関東人でさえマグロは下魚じゃったんに、不味い
マグロが日本文化の象徴になって、マスコミも追従して煽る。北朝鮮の
ような全体主義国じゃあるまいし。ほんま幼稚なわい。
>>720
江南朱子学派の妄想ブログか。戦さの弱い呉越の江南人が渡来しても
奴隷化される程度よ。

753 :出土地不明:2010/03/21(日) 23:37:48 ID:I4j+ClIC
>>749

安曇こそが出長江系なんだよ。、

754 :出土地不明:2010/03/21(日) 23:56:00 ID:6wknnqJH
>欧米に付いて誤った情報で洗脳して、ナショナリズムを
>鼓舞扇動するんが現代の文化人やマスコミですよ。

>英和辞典を持っても訳せんが

ふーん。もし英訳したとして、上の様な上体じゃ
判断そのものができないんじゃないのかなぁ。
どうしてあんたのために英訳して語学力を見せなきゃ
ならないのか、未だに意味分からんし。

>人文科学に証明なんか出来んのに、「証明」用語が好きじゃのう。
>歴史は証拠じゃのうて可能性が高いかどうかなんど。
鸚鵡返しが好きだな。蓋然性でいいんだって言ってるでしょうが。
どうして素直に理解できないのかな、このおやじは。

>ネット右翼は、洗脳された大量生産された者じゃけぇ同じ用語
>しか使わんところがカルトなんじゃ。
ところで、かれこれ5年以上、おなじ妄想を根拠も無く語っている
おじさんがいますが、彼はネット右翼でしょうか?よくYカルトとか、
優生学とかネオナチとかジャンクとか徳川とか、貞淑な妻はいないとか
吼えてますが、彼はカルトの類いですか?

755 :出土地不明:2010/03/22(月) 00:02:40 ID:I4j+ClIC
出長江系でも朝鮮半島経由で日本に渡った出雲系と海路で九州にわたった系統
二種類あると思える。どちらも主流は呉越が楚や秦によって滅ぼされた後の話だと思う。
それまでにも数々の政変劇ごとに亡命舎や、漂流漁民として、少しずつではあるが
渡来してた人たちがいただろう。

呉、越の権力機構いにいた人たちが政変で亡命して、朝鮮半島の「辰韓(秦韓)」経由
で渡来したのが先か、または安曇一族のように呉滅亡時に海路で渡来したのが先か、
それはわからない。たぶん「秦」を名乗るくらいの人たちは、安曇族(紀元前500年前後)
よりは新しい(紀元前200年前後)だろう。

もっとも既に紀元前1000年以前、狩猟文化、焼畑農業文化(陸稲文化)縄文時代
において日本には黄河文明の山東半島文化(龍山文明・三足土器文明)が入って
きていた。
その後に紀元前1000年頃から、水稲稲作文明の長江文明が入ってきたようである。
集落遺跡から文化人類学的に読みとれるのはそういうことだと思える。


756 :出土地不明:2010/03/22(月) 00:03:08 ID:sqiAk0j4
久々のヒットか?

満州族の鳥居。

8Cに登場した鳥居は時代背景から遣隋使・唐使使たちが唐の華表を持ち込んで
アレンジしたものと考えていたのだが、満州のものは鳥居そのものであり、
そうなると、8Cという時代背景から渤海使が伝えたという線も濃厚になる。

渤海使は727年、聖武天皇に初謁見している。


満州族の鳥居
http://www.geocities.jp/ramopcommand/_geo_contents_/090718/Manchukuo00C.html

757 :出土地不明:2010/03/22(月) 00:03:37 ID:I4j+ClIC
文化人類学的には日本と朝鮮は近くない。


758 :出土地不明:2010/03/22(月) 00:05:27 ID:8f3yHzpN
どっちも嘘。息するように嘘をつく朝鮮半島文化人

>ID:sqiAk0j4
>満州族の鳥居。
>8Cに登場した鳥居は時代背

759 :出土地不明:2010/03/22(月) 00:06:48 ID:fz3B34HV
鳥居に使う注連縄(稲藁)が満州でとれるわけない。


760 :出土地不明:2010/03/22(月) 00:08:35 ID:VNDOKYy2
>>756
バカなの?バカなの?バカなの?バカなの?バカなの?バカなの?バカなの?バカなの?
バカなの?バカなの?バカなの?バカなの?バカなの?バカなの?バカなの?バカなの?

それの何処が8Cだよ

761 :出土地不明:2010/03/22(月) 00:11:40 ID:fz3B34HV
・この牽強付会や論理のすりかえ話法は朝鮮半島文化人の特徴

鳥居とは似ても似つかないものを牽強付会してるだけ

>満州族の鳥居。

「現在の形が定まったのが8世紀(大宝律令)」を「鳥居の登場」と論理のすりかえ
してる

>8Cに登場した鳥居は時代背




762 :白馬青牛 ◆cjIySZ2iYw :2010/03/22(月) 00:12:35 ID:F+B5nAe2
>>721及び>>715の続き。
日本人の強姦を朝鮮人に責任転嫁しても結果日本人を貶めることが
解っとらんようじゃ。>>377でも、云うたよう、九州兵の強姦も
ひどかったよ。九州兵に次いでは関東地方兵じゃのう。その点江南人を
含め中国人は日本人や朝鮮人と違い強姦する者は少なかったのう。漢奸の
者への容赦無い拷問は酷いけど、強姦せんのは中国人。
>>723-727
チベット系と呉越系が融合するわけれあるまあ。戦さの弱い呉越が
架空の神武を追放じゃのファンタジーの世界よ。
七人の侍は流浪の連中ゆえ、用心棒なんど。用心棒は定住稲作農民の
カスリを取って生活する形態になるんが、移動民、被差別民が領主となる
戦国時代よ。学習院大学教授じゃった大石慎三郎氏が「先祖は山賊に近
かった徳川家の先祖」で゛稲作農耕の出来ん松平郷の頃を「断崖絶壁で、
石でも落されたら中に入り込めないようなところなんです。矢作川周辺の
平野部で秋にて稲が実って波打ちだすと、馬に乗って走り出てくるわけ
です。それで自分の縄張りから年貢など半ば強奪のような形で取り立てて
ついでに娘なども何人か召し上げては逃げていくわけですね。」
と、云われたが武士とヤクザは紙一重よ。

763 :出土地不明:2010/03/22(月) 00:13:50 ID:xDHmYph5
>>750
日本語の分類は、明治維新後、かなり変化してきてる。
最初は、「アルタイ語族」固定で、研究の余地がなかった。
その後、事実重視の科学的な手法による研究で、日本語の実像が明らかになってきた。
今は、アルタイ語族と語彙の一致がない、文法体系も違う、音韻構造も違う事から
(1)基礎語彙の一致率が最も高いのはシナ・チベット語族の言語
(2)日本語には意味の弁別のための高低アクセントがあることは否定できない事実で、これはアルタイ語族にはなく
漢蔵語の特徴の一つ。高低アクセントだけでなく3段階以上の音階を使い分けているという事実も明らかになってきた。
(3)ミャンマー語・チベット語の文法と有意の一致が見られる。
------
その結果、今では、アルタイ語族説はほぼ否定され、
「語族不明」言語に分類されている。
冷静に考えれば、日本語は漢蔵語族に最も近いというのが妥当だが、
今後の研究にゆだねられている。
率直に言うと、ビルマ語の声調よりも、日本語の声調の方が複雑だし
文法的にも日本語は漢語に近い部分があるので、
間違いなく日本語は分類するなら漢蔵語族だね。

764 :出土地不明:2010/03/22(月) 00:17:19 ID:fz3B34HV
訂正
「現在の形が定まったのが8世紀(大宝律令)」を「鳥居の登場」と論理のすりかえ
してる

「現在の形が定まったのが8世紀(大宝律令以後)」を「鳥居の登場」と論理のすりかえ
してる


765 :出土地不明:2010/03/22(月) 00:19:43 ID:fz3B34HV
韓国の性犯罪は世界のトップクラスだ。


766 :出土地不明:2010/03/22(月) 00:24:57 ID:4S1QPmL2
性犯罪者王国・韓国
http://blog.goo.ne.jp/kazu4502/e/08c9371d35a832b4abb8f54978539b12

767 :出土地不明:2010/03/22(月) 00:34:56 ID:4S1QPmL2
DNA、Y染色体でも「DE-D」系を持ってるのは日本人とチベット族系(やイー族、
トウチャ族)だけ。朝鮮半島では「D系」はまったく見られない。

そういった意味で日本人と朝鮮人はまったく異なる。
日本人の直系祖先であるD系(縄文人主流)は朝鮮人によって半島で皆殺し絶滅
されていた。





768 :出土地不明:2010/03/22(月) 00:40:53 ID:VNDOKYy2
韓国の出生率は世界最低だお
http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2009&d=0224&f=national_0224_006.shtml
日本にいる朝鮮人は恵まれすぎ、日本に感謝しなさいw

769 :白馬青牛 ◆cjIySZ2iYw :2010/03/22(月) 00:45:19 ID:JPNTk3ES
>>728-731及び>>732
国家形成期に近い古墳期は兎も角、弥生期に海軍なんか無いでしょう。
韓人も倭人も国家も無い村落単位で、政治的妄想も無いですよ。
>>733
在日じゃの政治問題を絡ませる思想中毒で、歴史知識の無い馬鹿が毎度シャ
シャリ出てくるのう。在日外国人の参政権も国連が強う推進したら、
逆らうことは出来まあ。時勢が決める問題を思想じゃあどうにもならん
問題で。国際的歩調を取りながらどうするかの問題を思想に還元しても
意味があるまあ。
>>736
トランス・ヒューマンスは西洋の高知低地の季節的移動概念で、
それを弥生期の高地集落と結びつけられませんでしょう。
トランス用語の独り歩きが過ぎると思いますよ。
>>737
唐王朝も鮮卑系の出自を隠蔽し甘粛の李氏の子孫を名乗ったし、
被差別民の徳阿弥の子孫も賀茂氏、藤原氏、源氏を姓を変え、
江戸幕府を築いた。文献系図の出鱈目さを信仰するんは、
カルトの世界よ。

770 :出土地不明:2010/03/22(月) 00:46:15 ID:6ncFqLAB
>>767
D*-M174が無視できんぐらい居る。

つ >>46

771 :出土地不明:2010/03/22(月) 00:54:35 ID:3XRPWZn4
>>47

772 :出土地不明:2010/03/22(月) 00:55:43 ID:4S1QPmL2
Y染色体は男の遺伝子である。D系という古い男性の遺伝子が、後の弥生文化人に
よって征服された日列島全般に亘って見られるということは、日本人がの祖先が、
武力を背景に陵辱をしたのではなく、武力で優勢だった弥生人の女性と、武力で
劣勢だった男性の縄文人が結ばれてできた子孫であることを意味する。
D系は現在アイヌ人に極めて多く分布することで知られているが、アイヌの文化には
「戦争」というものはなく極めて平和的な人種である。
朝鮮半島で絶滅させられたのも、むべなるかな、である。


773 :出土地不明:2010/03/22(月) 01:04:03 ID:vYtaQdl3
2008年中国アメリカ共同論文

東アジアに特有のY染色体系統(すなわちD系統ーマーカーM174)が、
チベットと日本列島およびアンダマン諸島にだけ、高い頻度で見出される
ttp://www.geocities.jp/ikoh12/kennkyuuno_to/012_4Y_chromosome_no_kennkyuu.html

ほかの主要な東アジアのD系統が北方起源であるという仮説は、われわれのデータではまだ支持出来ない。
何故なら、D系統は、中央アジアの集団において稀にしか認められないからであり、
わずかに認められる中央アジアのD系統もすべて、Y-STRネットワークの周辺のポジションにしか存在しないからである。
北アジアでYAP+が欠落していること、中央アジアでD系統が散発的にしか出現しないことを考慮すると、
D系統の北方起源説を説明する代わりの言い方はありそうにない。
それから導かれる結論は、D系統が南方起源であることに導く。

最近の研究では、アンダマン諸島の人々に高い頻度(56.25%)でD系統が認められることが報告されている。
彼らは、インド洋の離島に住んでおり、東南アジアに最も早い時期に移り住んだアフリカ起源の
現生人類のひとつだと考えられている。

ハプログループDの分岐年代は約60,000年前であり、D系統が広範囲に断片的に散らばって分布していることを考えると、
D系統の旧石器時代の移動は、最初に東アジア南部に定着し、
その後現生人類としてはじめて、北方へ集団で移動を始めたのであろう。

774 :白馬青牛 ◆cjIySZ2iYw :2010/03/22(月) 01:09:28 ID:JPNTk3ES
>>739-744
中華人民共和国の倭人歴史宣伝マンが登場か。
古墳期の埴輪の服装に南方の影響なんぞ無いよ。筒袖の胡服じゃに。
北陸の越(高志、こし)は縄文系の土雲の住む地域で、江南の越とは関係が
無い。わが郷土広島の安芸の呉市の呉も元来九嶺(クレ)で、
江南の呉とは関係ないわ。九嶺なら高句麗の句麗の方が妥当じゃろうに。
>>745
前にも云うたよう、天皇家のルー自体、古代まで遡れんけぇのう。
近代ですら父系は誰が断定出来んのに、妄想しても意味が無いよ。
貴族社会たぁ、そういうもんじや。まあ確率上藤原氏の血は濃いとしか
云えんよ。

775 :出土地不明:2010/03/22(月) 01:14:08 ID:YfG8EZK4


776 :白馬青牛 ◆cjIySZ2iYw :2010/03/22(月) 01:21:53 ID:JPNTk3ES
>>747-748
天皇家のルーツを妄想文献伝説論で追っても意味があるまあ。
貴族社会に男系はどこの種か解らんし、種の継続より家の継続なんよ。
他板でも、云うたように。
941 :白馬青牛 ◆cjIySZ2iYw :2010/03/10(水) 23:35:06
>>939
貴族女性の浮気文化云うたら、『とはずがたり』に典型に出とるねえ。
http://mamachari.cocolog-nifty.com/blog/2009/10/post-91da.html
http://app.m-cocolog.jp/t/typecast/607178/53596/56425290
http://app.m-cocolog.jp/t/typecast/607178/53596/56515335
前半の愛欲の日々が、解り易う出とるブログ。真ん中と下は、古代史から
中世、近代や世界史まで独自の視点で書いておられる明夜航記さん。
下の『とはずがたり』Aの◆二条の明かす宮中の「秘」 に、
「実兼といい、院といい、いかにも手口が鮮やかで、貴族や宮家でこうした
出生偽装が横行していた実態が伺えます。そうとするなら、歴史のオモテに
出ている「系図」は、どうもなかなか怪しいものです…。」
西園寺実兼の西園寺家は、近代になっても…。
http://amesei.exblog.jp/5972644/
>>703の続きみたいなもんじゃけど。つまり、父系の継続はどこかで断絶
しとる。同一階層グループが交わり、他の庶民等の血を時に混ぜ継続
されよる形態。
942 :白馬青牛 ◆cjIySZ2iYw :2010/03/11(木) 00:00:26
>>939
続き。王朝を築いたグループの王家、貴族は世界的に不義密通の
姦通浮気が大好きな傾向が強いね。日本は何時頃か、地域差も
考慮せにゃあいけん問題じゃけど。出雲族は神話記紀では、
女性にだけ貞操を求めたけぇ。
http://homepage1.nifty.com/Nanairo-7756/level4.htm
スサノオの娘、須勢理毘売は、大国主命の浮気に嫉妬しながら
我慢しよったね。現代訳「あなたは、男でいらっしゃるから、
お巡りになる島の岬々、お巡りなる磯辺の岬々に、残す所なく妻を
お持ちでしょうが、私は女ですから、あなたの他に男はありません。
あなたの他に夫はないのです。」と。

777 :出土地不明:2010/03/22(月) 01:29:56 ID:vMaSqdQW
> シュー等(2006)の研究によると、
> モンゴル人やウイグル人、満州人には高い遺伝子多様度があることを主張している。
> それは、彼等が皆、中央アジア人と漢民族集団との間で近年、
> 大規模な混交があったと記録されているが、まさにその結果である。
http://www.biomedcentral.com/1741-7007/6/45

今のモンゴル人や満州人の遺伝子は近年の中原や漢人との大規模な混血の結果。
つまり満州人の遺伝子が日本人に似ているとすれば最近になって日本人に近くなってきたというわけです。

778 :出土地不明:2010/03/22(月) 01:30:44 ID:4S1QPmL2
縄文人が半島や大陸で皆殺し絶滅させられたこと(気質)と、ODAや生活保護制度や
子供手当(外国人にも出す)や外国人参政権、人権擁護法案などで見られる
「お人よし」とされる現代日本人の気質は繋がっているように思えてならない。

現代日本人は、古代朝鮮半島で日本人の祖先がなした過ちを繰り返してはならない。
現代日本人は、科学部門でノーベル賞が一個もとれない朝鮮半島人の似非学問、
牽強付会の似非学説に騙されてはならない。


779 :出土地不明:2010/03/22(月) 01:32:54 ID:Q9JzKva1
>>773
チベット人は、チベット族と訳さないといかんだろう。
チベット族にはいろんな部族がいるからね。

780 :出土地不明:2010/03/22(月) 01:39:52 ID:/HdlMecS
「縄文人形質」というのは、樺太や沖縄から入ってきた人が日本列島で混血して日本の中で形成されたものなので、
大陸や半島にはいないと思いますよ。近いのはいたと思うけど。

781 :出土地不明:2010/03/22(月) 01:56:54 ID:VNDOKYy2
>>776
話しにならんとは
まさにこういう状態だな

782 :出土地不明:2010/03/22(月) 02:59:50 ID:Mn7gS4u/
久々のヒットか?

満州族の鳥居。

8Cに登場した鳥居は時代背景から遣隋使・唐使使たちが唐の華表を持ち込んで
アレンジしたものと考えていたのだが、満州のものは鳥居そのものであり、
そうなると、8Cという時代背景から渤海使が伝えたという線も濃厚になる。

渤海使は727年、聖武天皇に初謁見している。


満州族の鳥居
http://www.geocities.jp/ramopcommand/_geo_contents_/090718/Manchukuo00C.html

783 :出土地不明:2010/03/22(月) 08:28:29 ID:1k3krBPm
>>750
>三輪王朝自体、あったかどうか解らんもんは根拠にすらならんよ。

わぉ〜!!白痴たん。

河内王朝まで否定しそうな自虐変態かな?
巨大前方後円墳を中心とする河内王朝があるなら、
同じ形態である前身の三輪王朝もあるでしょうに。

わぉ〜!!



784 :LUNAMASK:2010/03/22(月) 11:37:39 ID:5YfZsXu1
白馬青牛さん→ >>750 LUNAMASK→ >>710-713
白馬青牛さん→ >>769 LUNAMASK→ >>736
キーワード↓
夏・商期(二里頭・安陽)、高句麗・渤海/大和・山城、チベット・三韓
二次元表現 大己貴・大国主 クナド神:佐多大神・猿田彦 鹿石・長城→高地性集落
三次元表現 少彦名・天神 二社制神社
アルタイ、ザバイカル、高句麗・渤海、二里頭、山城・奈良盆地には顕著な里山地形が
見られる。この里山地形が大陸では移牧に適している。しかし安定した移牧環境を維
持するためには武装した勢力による防衛、管理が不可欠になる。このために犬戎、
鬼方、土方等の防衛集団が形成される。他方、イルティシュ河中遊ロストフカ青銅器
文化は殷の青銅技術の影響を受けており、セイマトゥルビノ青銅器文化も同様に間接
的にこの影響を受けたものと見てよい。カラスク人というのは安陽とロストフカの間に
介在した、華北人とイラン系人との混合集団とされている。この時代にザバイカル・内
モンゴルにランドマークとしての鹿石が起こるが、これは後の春秋時代に始まる長城に
つながるものと見てよい。このカラスク人が殷の後高句麗→三韓→大和・山城へと入っ
てくる。・・・こういうことを考えています。
参考↓
ソウル大学Wontack Hong教授 Professor, Seoul University
ソウル大学Hong教授 「古代燕国と?貊朝鮮」2005年3月
http://www.freerepublic.com/focus/fr/1366591/posts
>>601 ←このカラスク人の基本思想がこれですね。


785 :LUNAMASK:2010/03/22(月) 12:04:49 ID:5YfZsXu1
承前
韓国に残る伏羲、女禍を表すと見られる蛇の形の雌雄二本の太縄を結合さす神事をみ
ると伊邪那岐、伊邪那美神話にはこの苗族神話のような男女の神の考えが入ってお
り、これがスキタイ系三貴神の上におかれるということは双胴船に乗る呉越稲作民が
先住民として存在し、その下にスキタイ系土族・カラスク人、鴨・尾張銅鐸人の神話が
組み込まれたということだと思います。


786 :出土地不明:2010/03/22(月) 12:11:08 ID:JbhIAJmS
>>777
日本国民と中国国民の満州族は、国籍が違うので
書類上の民族籍書き換えでは混合できず
満州族地域からの渡来を否定する根拠にはならない。

787 :出土地不明:2010/03/22(月) 12:21:01 ID:7CV4C2pM
むかーしむかし、長江の河口域あたりの江蘇省から3000年前、渡来系弥生人が
九州北部に渡来して水田稲作を伝えました。

ところが、なぜかこの九州北部に最古の水田遺構を残した長江の渡来人、
何を血迷ったのか、自らの故郷の農耕具の主役だった石鋤を伝えず、
長江に無いはずのクワを真っ先に最古水田に伝えてしまったんです。しかも木製の。

最後の最後まで当時の江南の農耕具の主役だった石鋤を稲作開始地の九州北部に
一切伝えてくれなかったんです。

おまけに、この水田稲作を伝えてくれた長江の渡来人、何をとち狂ったのか、
故郷の長江江南系中国土器を伝えず、わざわざ遠く離れた北方の沿海州系の土器を
最古の水田遺構に伝えてしまいましたとさ。


おしまい(爆

788 :出土地不明:2010/03/22(月) 12:57:24 ID:JbhIAJmS
>>785
伏羲・女禍を一体化して、黄帝を追加する場合もあるが
三皇(伏羲・女禍・神農)は、漢代を境目に年代が下ると
どこにでも伝わっているので、伊邪那岐・伊邪那美神話の成立時期との照合が必要。
楚の勢力を取り込むために、神話の古い層に入れられている。
五帝(尭・舜を含む)のほうも、祭られていなければ、華夏との関係が薄い。

ということは、韓国も日本も、中国と外交関係がある異民族という位置づけ。
『記紀神話』の成立時期は、漢代よりも後とみればの話。
伏羲・女禍が、楚→漢→韓国→日本の経路で伝わった可能性もある。

789 :LUNAMASK:2010/03/22(月) 13:03:38 ID:5YfZsXu1
>>784
燕長城・・・「この長城は移動牧畜民と農民を引き離すために建造されたものではなく、
人々の通行を統制する強い軍事存在感(ミリタリー・プレゼンス)作り上げるためのもの
であった。この長城は主として非農業地帯の防衛の目的であった。この長城が従来主
に牧畜を営む外来者によって居住されていた地域に入った漢族入植者の保護を目的
としたということを裏付ける証拠は皆無である。われわれはこの長城の正確な機能、
それがいったい何を防衛していたのかがわからない。」
ソウル大学Wontack Hong教授 Professor, Seoul University
ソウル大学Hong教授 「古代燕国と穢貊朝鮮」2005年3月
http://www.freerepublic.com/focus/fr/1366591/posts
私は燕長城建設の意図をトランスヒューマント・ガバナンスと名付ける。
移牧農牧共栄圏とでも言おうか。

790 :出土地不明:2010/03/22(月) 13:27:48 ID:JbhIAJmS
>>788
補足

魏・晋の時代ならば、韓国経由する必要ないな。

楚→漢→日本
楚→漢→韓国

791 :出土地不明:2010/03/22(月) 13:40:01 ID:0zPBKZ/+
↑この人日本語不得意なんだろうか。

792 :出土地不明:2010/03/22(月) 13:43:32 ID:JbhIAJmS
注連縄と伊邪那岐、伊邪那美神話は関係薄い。
日本の場合は、結界を示す。

伏羲、女禍とは、別の経路で、オーストロネシア系の神話が
伊邪那岐、伊邪那美神話の起源だったり・・・

793 :出土地不明:2010/03/22(月) 16:03:53 ID:/Vb1qLGA
福建省
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%A6%8F%E5%BB%BA%E7%9C%81
海流の関係で日本に近く、近世には倭寇と結託して密貿易を行う福建人が多かった。
現在でも日本在住華僑の多くは福建出身であり、また蛇頭による日本密航も福建を出発地とすることが多い。

794 :出土地不明:2010/03/22(月) 17:06:49 ID:4S1QPmL2
この牽強付会や論理のすりかえ話法は朝鮮半島文化人の特徴

>>782 :出土地不明 :2010/03/22(月) 02:59:50 ID:Mn7gS4u/
>久々のヒットか?

鳥居とは似ても似つかないものを牽強付会してるだけ

>満州族の鳥居。

現在の形が「定まった」のが8世紀(大宝律令以後)を鳥居の「登場」と論理のすりかえ
してる

>8Cに登場した鳥居は時代背





795 :出土地不明:2010/03/22(月) 17:38:53 ID:4S1QPmL2
BC1万年以前では日本は大陸と陸続きだったんですよ。
縄文人(D系統、中国西部と言われる)何故、現半島地域にいなかったって
いえるのよ。

アイヌはC3、D2

D系:
D系統はYAP型(YAPハプロタイプ)ともいわれ、アジア人種よりも地中海沿岸や
中東に広く分布するE系統の仲間であり、Y染色体の中でも非常に古い系統である。
・・・以下、前掲崎谷の分析に依拠して説明する。最初に日本列島に到達し、
後期旧石器時代を担ったのはシベリアの狩猟民であるC3系統である(2-3万年前)。
バイカル湖周辺からアムール川流域およびサハリンを経由して、最終氷期の海面低下
により地続きとなっていた北海道に達した。
また、一部はさらに南下し、北部九州に達した。細石刃石器を用い、ナウマンゾウを
狩っていたと考えられる。
その後、1万数千年前に、大陸からD2系統が入ってきた。これが縄文人である。
D2は日本だけで見られる系統であり、アイヌ88%、沖縄県56%、本州42-56%で、
朝鮮半島では0%である。近縁のD1,D3がチベットで見られる。
D系統は華北で東西に分かれ、東がD2、西がD1,D3になったと考えられる。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%97%A5%E6%9C%AC%E4%BA%BA

チベット人(D1,D3)
イ族(D1,D3)
イ族は中国西部の古羌の子孫である。古羌は、チベット族、納西族、羌族の先祖でも
あるといわれる。イ族は南東チベットから四川を通り雲南省に移住してきており、
現在では雲南に最も多く居住している
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A4%E3%83%BC%E6%97%8F


796 :795:2010/03/22(月) 17:43:13 ID:4S1QPmL2
>>780

>>795は、>>780へのレス


797 :795:2010/03/22(月) 17:53:51 ID:4S1QPmL2
青森県とか縄文人集落跡では、龍山文化の特徴である三足土器が見つかる。
縄文人が初めに入ってきたのは、旧石器時代の後期以降、新石器時代初頭の
1万数千年前くらいだろうが、それだけでなくすくなとも親石器時代中期の
BC5000年以降まで継続的に入ってきたとも思える。


798 :797:2010/03/22(月) 17:55:29 ID:4S1QPmL2
訂正
親石器時代中期→新石器時代中期

799 :出土地不明:2010/03/22(月) 19:21:51 ID:d6zuCfpd
わぉ〜、>>763たん
最新の研究によると日本語は
「ミャンマー語・チベット語の文法と有意の一致が見られる。」のでつね!!

これってひょっとして下記を裏付けることになりますね(^0^)/

>>534:出土地不明:2010/03/14(日) 23:48:25 ID:betd9+ry
>>531
>彝族はロロ系でしたっけ!?
ロロ系です。

他のチベット・ミャンマー語派のロロ系で、民俗記録が豊富なのは、アカ族と近縁の哈尼(ハニ)族が該当。
棚田、発酵食品に関して、日本語の資料も多い。
彝族だけでなくて、哈尼族も連複で流しとくんですかね?

800 :出土地不明:2010/03/22(月) 19:30:55 ID:d6zuCfpd
それって、やっぱりこういう歴史ヒストリアじゃないかな〜(^0^)/

わぉ〜
>「日本列島−南中国(長江流域以南)−チベット高原」
これが邪馬台国−バンチャン−三星堆の天孫族ホットラインにつながっているんですね
>ここで「鳥居・歌垣・鵜飼・支石墓」の文化が生まれたのでつね〜(^-^)/


LUNAMASK:2010/02/15(月) 10:51:37 ID:ax0d4Mvw
古代羌人、古羌族はカザフスタンのアファナシエヴォ文化圏の南部にいたが、
アファナシエヴォ文化の新疆、西南馬廠/斉家文化への影響と共に三星堆文化(テン族)
/タイ・バンチャン文化の方面に浸透を始める。
しかし、安陽の殷によって銅緑山を奪取され駆逐される。
その後百越に逼塞していたが、殷の滅亡後勢力を持ち直し北上を始め、
江淮、山東、渤海湾を北上し、満州、東北地方にてバイカルから南下してきたO2b族と合流して
朝鮮半島、日本列島に侵入する。

801 :出土地不明:2010/03/22(月) 19:51:41 ID:EV3AD82/
N-LLY22g*, N-M178 ロロ厨
キタキタキタ━━━(゚∀゚≡(゚∀゚≡゚∀゚)≡゚∀゚)━━━━!!!!!!!!!


802 :出土地不明:2010/03/22(月) 19:53:37 ID:d6zuCfpd
>>785わぉ〜月光たん(^0^)/

わぉ〜、日本神話で伊邪那岐、伊邪那美神話の2神に続いて3貴神の上におかれたのは

双胴船に乗る呉越稲作民が先住民として存在し、その下にスキタイ系土族・カラスク人、
鴨・尾張銅鐸人の神話が組み込まれたということなんでつね!!!

これが邪馬台国・三輪王朝であり、「日本人どこから来たんだ?」の正体でつね!!

803 :出土地不明:2010/03/22(月) 19:56:36 ID:VNDOKYy2
旧石器時代の磨製石斧
http://ao.jpn.org/kuroshio/palaeomafu.htm
>C-14年代測定値で約40,000〜30,000年前の文化層に集中している。

旧石器人、浮かぶ行動 佐久穂で黒曜石の槍などが出土
http://www.shinshu-liveon.jp/www/topics/node_135608

http://ja.wikipedia.org/wiki/黒曜石
>科学的年代測定により産出時期は古いものでは今から約3万5千年前の後期旧石器時代と
>判明しており、その採掘坑遺跡(高原山黒曜石原産地遺跡群) は日本最古のものと推定されている。

日本人はどこから来たんだろうw

804 :797:2010/03/22(月) 20:37:29 ID:4S1QPmL2
「日本人」を単一人種って考えたらいつまでたっても拉致はあかないよ。
1、C1が一番古くて、これは南方系(スンタランド、ボルネオ、ミクロネシア系)
2、次がC3系で、これはシベリア、ツングース系。
どちらも2万年以上も前の話で原始縄文人ともいうべき連中。
3、次が、1万数千年前頃にD2でいわゆる縄文人主派が入ってきた。
4、紀元前2000年以降になると弥生人の祖先の百越系(FR-O2b)が入ってくる。
5、その後、紀元前5世紀以降になるといわゆる漢民族(華南ー華中流域の秦氏・出系)
FR-03が入ってきた。それ以前、海路で、長江流域からは、呉越戦争の政変のたびに、
また、気候変動によって北方からもN系の人たちが入ってきただろう。
そういうふうに絶えず避難民や亡命者は各地に漂着してきたとお考えられる。

C1について言うと、稲も遡るとスンタランド(今のボルネオ一帯らしい)が原産地だそうだ。
豆腐、納豆などもスンタランド文化。神社文化もそうらしいね。
「黒潮」というのはもとはインド洋に流れ込んでいおたらしい。ところが1600万年前に
今のボルネオあたりて大規模は地殻変動があって黒潮が、アジア東岸沿いに流れるように
なったとのこと。
最近、一族一種と考えられていた「イリオモテヤマネコ」も、実は起源はベンガルヤマネコ系
である解析が出たそうである。


805 :797:2010/03/22(月) 20:45:32 ID:4S1QPmL2
尚、「黒潮」は地球上で最大の潮流であることを知ってる一般人は意外に少ない。


806 :出土地不明:2010/03/22(月) 21:45:33 ID:fVI3LDe8
>>804
ある程度合ってる気がしますが、
華南沿岸部にいた百越系ってのはFR-O2bではなくてFR-03のようで、
日本人のFR-03多くはこの種族由来のものだろうと。
ボートで自動的にたどり着く位置関係なので、渡来時期は散発的だった可能性が高そうですが、
縄文時代後期頃とかDE-D2やFR−C1よりは後で、FR-O2bよりは早い時期が濃厚かと。

FR-O2bはFR-03よりは遅い弥生時代にもっと組織だって船団でやって来た可能性が高そう。
FR-O2bは基本的に長江文明を受け継ぐ水田稲作農耕民だったと思われるので、
華南の海洋民的なFR-03よりは定住性が当然強かっただろうと。
このFR-O2bが日本に大量渡来に成功したのがちょっとした日本史上の奇跡かと。


807 :出土地不明:2010/03/22(月) 21:52:09 ID:fVI3LDe8
もう一つはDE−D2はFR-C1と同じかより古い最古の日本人の可能性が高い。
一番古い故に南方から来たにも関わらず、南からの渡来が多い日本列島では
DE−D2は頻度の特に濃い地域が「やや」北東寄りになっています。
典型的にはアイヌにDE-D2比率が高かったりします。
(アイヌには北方系のC3も少しだけ入っていますが、DE-D2やアイヌの多くのDNAは南方系)


808 :出土地不明:2010/03/22(月) 22:19:07 ID:KJ3RK9ix
>>807
そのC3が話題になると、征服王朝vs江南稲作民の感情論になるんですよ。
他の系統については、詳しい情報が交換できる場として、このスレは役割を果たしますが
C3だけは、どうもまともに論じられないのです。

809 :白馬青牛 ◆cjIySZ2iYw :2010/03/22(月) 22:21:03 ID:JPNTk3ES
>>763
アルタイ系の言語と日本語の文法は同じじゃ。言語学における科学的手法
たあなんなら?抽象的な、科学的じゃの云うたら権威が付けられると
思うとるんじゃろう。語彙なんかこじつけや個人の主観で、人によって
どこのグループ言語か決めよるだけじゃけぇ、文法構造よりも
客観性が乏しいことになろうに。高低アクセントも耳で聞く限り、
シナ・チベット語と日本語はかなり違うど。
>>772-778
疑似科学のABO血液型で妄想しょる大陸ナチス優生学のレイシストが
登場か。今回は、また精度の低いY染色体を持ちだして工作活動か。
ノーベル賞の権威に弱いのう。ほいじゃあ、アメリカ人より
ノーベル賞受賞者が少ない日本は劣等民族と云いたいんかのう。
>>780
朝鮮南部に縄文形質はおったし、前にも挙げたよう、今でも韓国人にも
おるじゃないか。
>>783
古墳があったら王朝なら、日本各地王朝だらけになるのう。
>>785
イザナギ・イザナミ神話の源型なんか、シベリアのハダウとママルディ
云う人間の最初の夫婦が創造した神話もありますから、
好んで南方誘致する必要もないでしょうに。

810 :出土地不明:2010/03/22(月) 22:25:38 ID:VNDOKYy2
そこで不思議になるのが南から来たから何度も来てるのに
なぜみんな日本語で、かつ全国で人種的な混じり具合が一緒なのか
アイヌを別とすれば沖縄も本州(九州〜青森)もほぼ一緒
日本語に至っては2千年前に分岐したって説も有るほどだ

811 :出土地不明:2010/03/22(月) 22:32:32 ID:VNDOKYy2
>>810
>日本語に至っては2千年前に分岐したって説も有るほどだ
日本語の方言ね、琉球方言も含む

>>808
だって説の展開に無理あるものw
日本人の極一部と言うべき
弥生征服説も無りありまくり
大量難民と言うべき

812 :出土地不明:2010/03/22(月) 22:34:52 ID:d6zuCfpd
>>806
わぉ〜、804たん、806たんの言うとおり、多方面からの段階的渡来が正解でつね!!(^-^)/

でもおいらは現代でもなお日本文化の根幹となっている「鳥居・歌垣・鵜飼・支石墓」の天孫文化が
どこから来たのかを教えてくれるここでの情報交換は、墓場に持っていくほど
大変ありがたいと思っておりますm(_ _)m

ましてやそれが>>672の月光たんが言うように、アバ地方の少数民族と同じ文化で
日本建国の邪馬台国成立時で形成されたとなれば、世界遺産的ロマンですな〜(^0^)/

813 :白馬青牛 ◆cjIySZ2iYw :2010/03/22(月) 22:59:53 ID:JPNTk3ES
>>784-789
初期の高句麗の長白山地域は山地で、戦前ですら現代よりも森林に
おおわれて牧畜に適したじゃ無いでしょう。ほいで山賊的な性質に
なったんじゃと思いますね。防衛施設を持ったんは山国で
生活した連中で、ツングースや羌系ですが、平原遊牧地域には
ありませんからね。
中国の戦国時代の長城に漢族と非漢族の民族概念を持ち込むあたり
韓国人らしい民族主義ですね。韓国人は日本人同様先入観と
固定観念が強いですから、可笑しげな解釈になるんでしょう。
>>793
福建移民が台湾へ移住したんは宋代からで。宋代航海技術を
それ以前の時代に押し付けるお馬鹿さんじゃのう。
>>799
日本語とチベット・ビルマ語の文法の一致は無いよ。
発酵食品も北東アジアから東南アジアに広く分布するけえ、
南方誘致する必要も無いね。しかもチベット羌系は、北方牧畜民で
稲作民を征服した連中もおるが、元来チベット羌系は稲作民じゃないんど。
>>804-805
また疑似科学君が航海の軸線でも無い、死の海の黒潮妄想(笑い)。
豆腐なんか中国でも朝鮮でもアジア湿潤地域の食べ物じゃし、
納豆は雲南の一部と東日本の辺境ローカルにしか残っとらん
食べ物に過ぎんど。
>>806
華南人と日本人は人種も違うのに、精度の低いY染色体をあてにする
妄想論よのう。南方誘致論者はファンタジーが好きじゃけんのう。
中国では、華北の現実主義、江南華南の空想主義から朱子学や
道教の幻想を夢見よるんじゃろうのう。
海洋民の定義にもよるが、華南に海洋民云うておったんか?

814 :出土地不明:2010/03/22(月) 23:06:40 ID:askQvbxV
>>812
多分、日本列島とアバ地方は、地震多発地帯というところが共通。
茶馬古道との整備維持はここの人達の重要な仕事でした。日本が港湾や道路整備が
大好きなように、アバの人達も土木建築が好きなのかもしれません。
ただ、西へ進むと金沙江に橋がかかってなかったなどかなり様相が違いますけどね。

815 :出土地不明:2010/03/22(月) 23:11:26 ID:rzsvgr67
「木骨泥墻」(もっこつでいのう)「木骨泥墻」(もっこつでいのう)「木骨泥墻」(もっこつでいのう)
「木骨泥墻」(もっこつでいのう)「木骨泥墻」(もっこつでいのう)「木骨泥墻」(もっこつでいのう)
「木骨泥墻」(もっこつでいのう)「木骨泥墻」(もっこつでいのう)「木骨泥墻」(もっこつでいのう)
「木骨泥墻」(もっこつでいのう)「木骨泥墻」(もっこつでいのう)「木骨泥墻」(もっこつでいのう)
「木骨泥墻」(もっこつでいのう)「木骨泥墻」(もっこつでいのう)「木骨泥墻」(もっこつでいのう)
「木骨泥墻」(もっこつでいのう)「木骨泥墻」(もっこつでいのう)「木骨泥墻」(もっこつでいのう)
「木骨泥墻」(もっこつでいのう)「木骨泥墻」(もっこつでいのう)「木骨泥墻」(もっこつでいのう)
「木骨泥墻」(もっこつでいのう)「木骨泥墻」(もっこつでいのう)「木骨泥墻」(もっこつでいのう)
「木骨泥墻」(もっこつでいのう)「木骨泥墻」(もっこつでいのう)「木骨泥墻」(もっこつでいのう)
「木骨泥墻」(もっこつでいのう)「木骨泥墻」(もっこつでいのう)「木骨泥墻」(もっこつでいのう)
「木骨泥墻」(もっこつでいのう)「木骨泥墻」(もっこつでいのう)「木骨泥墻」(もっこつでいのう)
「木骨泥墻」(もっこつでいのう)「木骨泥墻」(もっこつでいのう)「木骨泥墻」(もっこつでいのう)
「木骨泥墻」(もっこつでいのう)「木骨泥墻」(もっこつでいのう)「木骨泥墻」(もっこつでいのう)
「木骨泥墻」(もっこつでいのう)「木骨泥墻」(もっこつでいのう)「木骨泥墻」(もっこつでいのう)
「木骨泥墻」(もっこつでいのう)「木骨泥墻」(もっこつでいのう)「木骨泥墻」(もっこつでいのう)
「木骨泥墻」(もっこつでいのう)「木骨泥墻」(もっこつでいのう)「木骨泥墻」(もっこつでいのう)
「木骨泥墻」(もっこつでいのう)「木骨泥墻」(もっこつでいのう)「木骨泥墻」(もっこつでいのう)
「木骨泥墻」(もっこつでいのう)「木骨泥墻」(もっこつでいのう)「木骨泥墻」(もっこつでいのう)
「木骨泥墻」(もっこつでいのう)「木骨泥墻」(もっこつでいのう)「木骨泥墻」(もっこつでいのう)
「木骨泥墻」(もっこつでいのう)「木骨泥墻」(もっこつでいのう)「木骨泥墻」(もっこつでいのう)
「木骨泥墻」(もっこつでいのう)「木骨泥墻」(もっこつでいのう)「木骨泥墻」(もっこつでいのう)
「木骨泥墻」(もっこつでいのう)「木骨泥墻」(もっこつでいのう)「木骨泥墻」(もっこつでいのう)
「木骨泥墻」(もっこつでいのう)「木骨泥墻」(もっこつでいのう)「木骨泥墻」(もっこつでいのう)
「木骨泥墻」(もっこつでいのう)「木骨泥墻」(もっこつでいのう)「木骨泥墻」(もっこつでいのう)

816 :出土地不明:2010/03/22(月) 23:19:55 ID:JbhIAJmS
>>813
>華南に海洋民
広東や福建には、蛋(ry  荒れるからやめときます。

817 :出土地不明:2010/03/22(月) 23:55:00 ID:d6zuCfpd
わぉ〜〜>>814たん
「茶葉古道」こそ、チベットと雲南と邪馬台国をつなぐロマンの道ですね(^0^)/
それが「インカ道」とつながっていたらすごいな〜


月光仮面:2008/04/18(金) 10:52:47
セイマ-トゥルビノ、カラスク、バンチャン、テン王国/三星堆、高霊伽耶、金冠加羅を
結ぶ茶馬古道青銅器文明の存在が浮上するであろう。これが、環黒海青銅器文化圏、
黄河青銅器文化圏(殷)の東西の青銅器文化圏のそれぞれに影響を与えたという大き
な歴史的背景を抜きにしては日本史も、ヒクソス・ヒッタイト・ミタンニ・カッシート
・アーリアの歴史も説明がつかない。
それは失われた地平線、洪水に沈んだ長江文明の残影であるのかもしれない。

月光仮面:2008/04/18(金) 11:23:23
甘粛斉家文化時代の秦氏による馬の家畜化とタイ・雲南のロストワックス工法までに
発展する青銅器技術がユーラシアを席巻し、ヒクソス、ヒッタイト、ミタンニを生んだ。
ミタンニいおいてアーリア族と共にインダスに入ったものの内、トン族とか、ギャロン
がニューデリー方面からカイラスに入り茶馬古道を東進して帰還し、それが秦・漢・
魏・・・の時代に朝鮮半島、日本へと入ってくるといったコースもありえる。

818 :806:2010/03/22(月) 23:58:33 ID:fVI3LDe8
日本人のFR-O3は一割台だからDE-D2やFR-O2bよりは少数派。
これが華南系と指摘しているわけだからあなたの御指摘は完全に的外れ。
判りやすく言えば十数パーセントは華南由来だが、FR-O2bの三十数パーセントはより北からだろうと言っているのだ。
FR-O2bが華南よりは北から来たといっても、白馬氏が期待する朝鮮半島でも満州でももちろん無い。
この点について誤読と認めるか再反論するか両方でも良いがどちらかを待ってるので逃げるなよ。


819 :806:2010/03/22(月) 23:59:21 ID:fVI3LDe8
>818は>>813へのレスです。

820 :出土地不明:2010/03/23(火) 00:24:58 ID:ZniZIS/0
>>809
>古墳があったら王朝なら、日本各地王朝だらけになるのう。

わぉ〜白痴たん!!
畿内の大王墓は明らかな王朝だとさえ認めれない変態なんだね!
さすがは母親が売春婦だっただけあるね!

わぉ〜!!

821 :出土地不明:2010/03/23(火) 02:44:16 ID:uc8o3uxT
華南妄想のやつって、ほんと頭おかしいんじゃないのか?w
突っ込みどころ満載すぎて話にならないわw

822 :出土地不明:2010/03/23(火) 02:56:55 ID:3NZ4hOPQ
>>821
いつも草生やしながら文句付けるしか出来ないおまえの方が頭おかしいんじゃないの?

823 :804:2010/03/23(火) 06:23:56 ID:3XYjTC6X
>>806
C1っていうのはあくまでもC系なんであって、FR系ってことはないだろうがwww



824 :804:2010/03/23(火) 06:28:56 ID:3XYjTC6X
だいたいそもそも、このY染色体での分類のアルファベットはね、万年オーダーで
古い順番なのよ。
だから、DEのほうが、Cより早く入ってきたんていうのは、それなりに合理的な論拠を
提示してもらわんとねえええ



825 :LUNAMASK:2010/03/23(火) 07:54:10 ID:I0E2u0fG
>>802
カラスク・鴨・尾張(=オークネフ=山戎=銅鐸文化人)はウクライナと安陽の間で交易
を行ってきたグローバルな民族。カラスクのペンダント、鴨の水かきは葵の御紋。菊紋
と葵紋を対置するのが善光寺(アフラ・マツダ寺)、これと同様に車輪と布引牛頭 http://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/2/29/Samothraki_Arsinoe_rotunda_2.jpg を対置しているのが、ギリシャサモトラキ神殿。この牛頭信仰はNHKシルクロード、
小河墓遺跡で見られた。
牛頭天王の起源。・・・これほどの文化も日本では弥生遠賀川文化の後から到来して
いる。すなわち双胴船に乗る呉越稲作民が先住民として存在し、それに従属している。
このことはスサノオの「高麗連邦構想」の却下、神やらいとして聖典的に神話に書き込
まれています。

826 :LUNAMASK:2010/03/23(火) 08:02:23 ID:I0E2u0fG
>>809 >>785
ポイントは >>601 ←この神話がなぜ採用されなかったかのかということなんですが、
やはり双胴船に乗る呉越稲作民が先住民として存在し、その農業生産力が渡来人をひ
きつけ、これに優先したということでしょうね。

827 :LUNAMASK:2010/03/23(火) 08:19:56 ID:I0E2u0fG
>>813
長城を築いた構想が高地性集落(高句麗式山城、神籠石、高良大社、金毘羅宮、
朝護孫子寺等の山岳寺社仏閣)を生んだ。それは宗教化し二社制神社を生んだ。
高句麗の長白山地域でも、二里頭でもすでに移牧の意味は形骸化していたと考え
るべ役きでしょう。しかしその淵源はザグロス山系の移牧慣習の安全保障上の
必要性から生まれたと考えられます。これはカザフスタン・モンゴルの今後の
考古学的調査が発展することで更に裏付けられることでしょう。


828 :LUNAMASK:2010/03/23(火) 08:41:10 ID:I0E2u0fG
本日の仕分け素案
2b SRY 7.7%  古ダウール族
O2b1 47z 22.0% 古ダウール族
---------------------------------
O2a M95* 1.9% 南蛮
-----------------------------------
O3 M122* 6.6%  山戎(銅鐸民)
O3a3 LINE1 3.1%  苗
O3a3c M134 10.4%  仰韶彩夏(秦)
----------------------------------------
C3 M217* 1.9%  匈奴
C3c M86 1.2%  粛慎
--------------------------------------- 
NO M214* 2.3%  ウラル語族 
N1 LLY22g* 1.2%  彝族 羌語 
N1c1 M178 0.4%  ウラル語族櫛目文土器人 把瑠都?
Q P36   0.4% ウラル語族 
R M207 0.4% 印欧語族

829 :出土地不明:2010/03/23(火) 08:47:30 ID:7/egEwjl
若い女って言うのは,触ってもいいし,舐めてもいいし,
また,髪の毛の匂いを嗅ぐのもいいよね。
寒い時は,湯たんぽ代わりになるし,暇な時は撫でくってると
甘えてくる。
それこそ,チンポを1時間くらいしゃぶらせるのも良し,
精液を顔に掛けるのも良し,
ただ柔らかい感触を味わうだけでも良い。
ケツの穴のシワを丹念に舐めさせるのもいい。

やっぱり,女は最高だね・・・

830 :LUNAMASK:2010/03/23(火) 09:00:41 ID:I0E2u0fG
↑アマテラスはスサノオにいった「汝は弥生の脱税王になりたいのか」・・・こんなこと
かもね。

831 :LUNAMASK:2010/03/23(火) 09:54:17 ID:I0E2u0fG
>>828 >N1c1 M178 0.4%  ウラル語族櫛目文土器人 把瑠都?
ソース→Ceramic Comb Pottery (Uralic speakers)↓
http://www.eupedia.com/europe/neolithic_europe_map.shtml

832 :LUNAMASK:2010/03/23(火) 10:38:07 ID:I0E2u0fG
ミケーネ人は若干のR1b1b2をギリシャに持ち込んだ可能性があるが、その起源は北方
森林ステップ/セイマトゥルビノ文化にまで追跡することだでき、そうなると彼らは主に
R1a1aだったということになる。・・・ ・・・ミケーネ文化は1650年BCE頃に始まり、明らか
にステップ文化が流入したものである。ミケーネ語とProto-Indo-Iranian語の緊密な
関係は彼らの分離がかなり遅く2500-2000年 BCE頃であったことを示唆する。考古学
的にミケーネ二輪車、槍先、短剣その他の青銅器出土品は大きな機動力を持つノマ
ディック戦士で知られるロシア北方森林ステップのSeima-Turbino culture (c. 1900
-1600 BCE)と驚くほど似ている。(Seima-Turbino sitesは遠くはMongoliaにおいても
発掘されている。)従って、ミケーネ人は1900-1650年 BCE頃にロシアからギリシャに
下り、そこで現地人と混交し新しい独自なギリシャ文化を創造したものと見られる。
http://www.eupedia.com/europe/origins_haplogroups_europe.shtml


833 :632=670:2010/03/23(火) 12:12:31 ID:cA8kQBCr
>>817
茶馬古道は、日本人にとってロマンの道ですね。
Naxi Pumi Bai Yi Qiang 映像資料のURL貼っておきました。

http://hideyoshi.2ch.net/test/read.cgi/ms/1268918439/82

834 :LUNAMASK:2010/03/23(火) 13:43:22 ID:I0E2u0fG
>>832
>(Seima-Turbino sitesは遠くはMongoliaにおいても発掘されている。)
→そして長篠の戦で力を発揮する。

835 :出土地不明:2010/03/23(火) 19:00:43 ID:cJPqKmY6
>>828
ダウール族=達斡爾族って、河川漁業と農業をやるモンゴルのコンビニエンスストア的位置づけ。
専門店の魚屋さんは、ツングースのホジェン族(赫哲族)だけど、商圏が違う。
どこかの時代でモンゴルに捕まってしまったグループなんだろうな。

836 :出土地不明:2010/03/23(火) 21:37:08 ID:Lqxpu+4R
後漢書や広開土王碑文は、結局、暗黙に次のことを示している。
1、朝鮮半島の北方の民族と倭は同種ではなく戦闘を繰り返し外交もなかった。
2、朝鮮半島の北方民族が倭に攻め込んだことはなぃ。

よって、西暦5世紀までに北方の騎馬民族が日本を支配したことはありえない。
但し、黄河文明を抱合した「秦」あるいは「漢」という華北に棲んでいた人種が
大和朝廷の成立、強化に重要な役割を果たしたことは広隆寺などの現実から
十分にありうることと推察できる。


837 :出土地不明:2010/03/23(火) 22:15:13 ID:Lqxpu+4R
秦ー前漢時代の楚人(項羽、劉邦・前漢初代皇帝)は呉越出身人とは同じ長江文明の
「百越人」として反秦思想で仲間意識があったと思える。

日本での西暦6世紀頃前後の話を総体的に見ると、大和朝廷での権力闘争は、新羅系と
百済系の争いというふうにも見えてくる。どちらにしても、今日に言うところの、
「朝鮮人(高句麗系)」同士の争いではない。
百済はワイ人によって建国された国家ではあったが、そもそも百済とは「様々な渡来人の国」
という意味だし、新羅にしてもそれは明白に秦の滅亡(楚によって滅ぼされた)と深く関係
していたことは明白である。

遡って大和朝廷の黎明期、秦を滅ぼした楚の人々(項羽、劉邦・前漢初代皇帝)の末裔ら(劉氏)
と倭族の関係は「倭奴国王印」(光武帝・後漢初代皇帝。姓・諱は劉秀)から明白であって、極めて
興味深いものである。
つまり、同じ百越人であるが山間部(雲南省)地帯に住むでいた楚人である劉邦・前漢初代皇帝の
子孫らが、安曇一族(長江流域、海岸地帯、つまり揚子江下流に住んでいた)百越人(呉か越の人)
に金印を授与したことを意味するからである。
楚、呉、越の人は、いずれも秦の主流である黄河文明人ではなく長江文明の人たちであった。
また、光武帝(劉氏)王朝が外国の王に金印を授与したのは志賀島の「漢倭奴国印」だけであったことも、
極めて意義深いことと思える。

838 :出土地不明:2010/03/23(火) 22:20:33 ID:Lqxpu+4R
訂正
「倭奴国王印」、「漢倭奴国印」→「漢委奴国王印」

839 :白馬青牛 ◆cjIySZ2iYw :2010/03/23(火) 22:25:01 ID:oGG9n2Cq
>>816
>>813の海洋民族の定義でも、梅棹忠夫氏は国家形成を重要視されとるね。
古代国家の中でフェニキアとかギリシャを挙げるのが普通だけれど、
フェニキア貿易国家、ギリシャは単に沿岸国家で、どちらも海上軍事組織が
国家形成につながらなかったという意味での海洋国家ではない。
ギリシャ史をみても海上決戦というのはサラミスの海戦くらいで、あとは
陸戦でしょう。」と、まあ地中海の勢力はギリシャを統一して世界帝国を
創ったマケドニアは大陸部のバルバロイじゃし、ローマ人はアルプスから
南下したし、世界的に海洋勢力が国家形成したんは、西洋北部のゲルマン、
ノルマンと、極東のツングース云う北方勢力になるのう。
アジアの南部の百越の子孫ベトナムも陸上からの移住で海上からの
国家形成じゃ無いけんのう。海上からの侵攻するんは地勢条件も
必要で朝鮮は、楽浪が辰韓を征伐計画も海上輸送じゃったし、
黄海の静かな海から日本海側に行く経路で、大きな川と静かな海が無いと
海上勢力は創れんよ。越の活動は長江云う川で、南下する時は陸上南下で
海洋性に薄いんじゃないか。黒潮は死の海じゃけぇ遠距離移動は
困難じゃけんのう。その点からも越文化も大陸型と云えよう。
>>818
血液型疑似科学君は、精度の低いY染色体にしがみついとるのう。
母系のmtDNAと違う云う人種、民族集団なんか存在せんよ。
特に父系だけならどこの馬の骨か解らんのが系統論じゃけえのう。
逃げるな云うて強がるほど、あんた喧嘩出来るんか?せいぜい
朝鮮人から恐喝された経験から嫌韓厨になった軟弱者じゃろうに。
学問たぁ複合的、全体的見解で、井の中の的Y解釈せえ云うて、
わしに、井戸へ入って蛙のカルトになれじゃの幼稚な駄々こねよるわい。

840 :出土地不明:2010/03/23(火) 22:26:47 ID:kM5mzJFR
朝鮮半島南部の、東がズーズー弁系で西が関西弁系なのも面白いと思うよ
紀元前は百済は元祖大和朝廷系、新羅は出雲系だったと言う見方も出来る
無論北方民族の影響も無視できない
中国の影響はわりと後だから記録が有る

言語は親から子に伝わるから民族が出やすい
文化は横にも伝わるから民族とは無関係に伝播する場合が多い

841 :出土地不明:2010/03/23(火) 22:33:35 ID:cJPqKmY6
>>837
>山間部(雲南省)地帯に住むでいた楚人である劉邦
>つまり揚子江下流に住んでいた
この2点、住んでいた地点が、迪慶の南側・麗江の北側に限定されてしまいます。
後の時代の南詔国あたりになるので、楚人ではないでしょう。

劉邦の先祖が、迪慶or麗江の出自を示すものは無いと思かったと
思いますが、いかがでしょう?

842 :白馬青牛 ◆cjIySZ2iYw :2010/03/23(火) 22:47:46 ID:oGG9n2Cq
>>826-827及び>>834
呉越稲作民が日本の先住民になった例すら無いんですよ。
高地集落と移牧のトランス型はまた違うでしょう。
長篠の戦闘は後世の講談でしょう。
>>835
ダウール族が河川漁業をやるんは、水室韋の伝統で拉致された訳でも
無いよ。

843 :出土地不明:2010/03/23(火) 22:54:13 ID:Lqxpu+4R
尚、「華北に住んでいた人」が漢族とは断定できない。
なぜなら、越は呉を滅ぼし後、中原の覇者となり山東半島一帯まで
治めたことがあるし、また、越、秦を滅ぼし秦後の統一国家である
前漢を建国した楚人(劉邦ら)も長江の上流に住む「百越」地域に住む
人たちだったからである。


844 :出土地不明:2010/03/23(火) 22:55:35 ID:/NXno9aY
>>825わぉ〜、月光たん!!
これでいくとカラスク・鴨・尾張(=オークネフ=山戎=銅鐸文化人)は神やらいされたL群のスサノオでなく
A群の炎帝(少彦名)なんじゃね??

LUNAMASK:2010/01/19(火) 15:22:32 ID:1+jzWFPh
L群 細形銅剣、細形銅矛、細形銅戈、多鈕細文鏡、初期の銅鐸など、
A群 甕棺から出土する前漢鏡、邪馬台国時代のものと思われる小形製鏡第U型の鏡、
  広形銅矛、広形銅戈、近畿式・三遠式銅鐸など。 オルドス・遼寧青銅器文化。
  燕・櫛目文朝鮮後継者を経由、筑紫内陸に入る。支石墓。

O-SRY 7.7% 沃沮 スサノオ 大己貴 細形銅剣
O-47z 22.0% 沃沮
O-M134 10.4% 周・秦・漢 銅戈 
O-M122* 6.6% 燕・古朝鮮
O-LINE1 3.1% 呉 准夷 炎帝(少彦名)蚩尤(兵主)製鉄技術 銅剣 銅鐸
O-M95* 1.9% 越 隼人 海人族 尾張・海部氏


845 :出土地不明:2010/03/23(火) 22:56:20 ID:Lqxpu+4R
>>842
で、おまえは日本人かそれとも朝鮮人かどっちだ?


846 :出土地不明:2010/03/23(火) 22:58:14 ID:Lqxpu+4R
>>842
「『日本人』とは日本列島の先住民だけを意味する。」って
朝鮮半島の学校でそう教えてるのか?



847 :出土地不明:2010/03/23(火) 23:22:04 ID:uc8o3uxT
相変わらず間抜けなレスしてるやつがいるなあw

848 :出土地不明:2010/03/23(火) 23:23:06 ID:Lqxpu+4R
>>841
>劉邦の先祖が、迪慶or麗江の出自を示すものは無いと思かったと

そもそもこの論法は、詭弁だろ。
おまえは、「劉邦の先祖」の出自について明白な論拠をもってるのか?

訂正
山間部(雲南省)地帯に住むでいた楚人である劉邦

山間部(雲南省など)地帯に住むでいた楚人である劉邦

>つまり揚子江下流に住んでいた
これは訂正する必要まったくない。なぜなら安曇一族は「呉」の海岸地帯に住んでいた
人々であることはほぼ間違いないからである。
呉王族が太伯の子孫一族かどうかは別問題にして、光武帝に出自を自己紹介した安曇一族が
少なくとも「周」「太伯」についての当時の中国(漢)で通用していた歴史を知っていたこと、
歴史についてかなり造詣が深い一族だったこと、つまりは呉王族と関係の深い人たちであった
ことは、まず間違いと思えるからである。

あと、「劉邦の先祖」って、劉邦をすら遡る話をはじめたら、きりがない。
劉邦が楚人でなかったって、珍学説だね。何を根拠に言うのかね?


849 :出土地不明:2010/03/23(火) 23:25:50 ID:Lqxpu+4R
劉邦:親は呉人
沛県郡豊県中陽里(現在の江蘇省徐州市沛県)で誕生

850 :白馬青牛 ◆cjIySZ2iYw :2010/03/23(火) 23:29:21 ID:oGG9n2Cq
>>836
>>574で書いたことで、しばらくすると、また同じ言を繰り返すのう。
倭は、日本列島だけに限定されておらんし、漢人宗主国様に奴隷を
献上する当時軟弱な列島の倭に朝鮮に兵を送る実力は無いのう。
>>837-838
長江文明なんか、今の中共が南方人が多いことからの宣伝じゃろう。
五胡に荒らされ南方へ移住した漢人が南下して支配層になって江南開発が
始まったんじゃけぇ、それ以前の長江を文明云うんは問題があろうに。
楚人は畑作狩猟のヤオ文化で、越の稲作民じゃあるまいし。
秦は、チベット羌系羊飼育民とトルコ系の馬飼育民の混合文化人。
反秦は、軍事的問題で思想じゃ無いわ。秦を滅ぼしたんは、
項羽が華北でも兵を集められただけで、楚単独で秦を滅ぼしたわけでも
無い。
百済の支配層は扶余系じゃし、新羅支配層の積石木槨墓人と支配された
秦韓は違うよ。例の金印は「漢」が頭に付いとるけぇ漢直属の隷属した
地域云う意味で、朝貢根性を自慢しても意味があるまあ。
雲南に楚人なんかおったんか?馬鹿じゃないか。雲南にチベット羌系が
支配層とされるスキタイ文化騎馬征服国家の>>468のテン国の場合は
頭に「漢」が付いとらん独立性が強かったのう。
>>840
朝鮮南部にズーズー弁は無いよ。ズーズー弁は朝鮮北部、日本海側の
咸鏡道方言。

851 :出土地不明:2010/03/23(火) 23:30:44 ID:Lqxpu+4R
呉は越によって滅ぼされ、越は楚によって滅ぼされた。
その後、楚もまた秦に征服される。
その頃から劉邦は楚側(反秦)の軍人として歩みはじめる。
秦の支配中は彼らはより山奥部に逃げてる。


501 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)