2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

モンゴロイドはコーカソイドに追われた?

1 :出土地不明:2010/03/06(土) 15:04:02 ID:p96OTHdn
最近あちこちでみつかるコーカソイド居住区からの「モンゴロイドと
見られる遺骨」。7000年前のグリーンランドや北欧のサーメなど、
もともとモンゴロイドは北半球の東西を問わず住んでいて、西の枝は
コーカソイドの定住農耕民族に土地を奪われて東だけが生き残ったのでは?

2 :出土地不明:2010/03/06(土) 22:44:00 ID:KjPs3tF3
うーん、おもしろいね。そうなのかも…。

3 :出土地不明:2010/03/07(日) 14:33:56 ID:oYeR2LQf
もともと北半球全体にモンゴロイドは拡散していて、一万年前あたり、
つまり新石器と農耕時代が訪れたときにそれを持つコーカソイドに負けたのでは?

4 :出土地不明:2010/03/07(日) 14:35:03 ID:oYeR2LQf
そういう意味で割りと最近だがアッティラやサーメなどの母集団は
ハンガリー平原以東じゃなくて北方からローマに行ったのでは?ということ。

5 :出土地不明:2010/03/07(日) 20:46:20 ID:Jd1jiB81
コーカソイドの方が先に誕生した

6 :出土地不明:2010/03/08(月) 17:47:30 ID:VejhLyrE
wikiより抜粋
20 - 15万年前、アフリカ大陸において現生人類(ホモ・サピエンス)が出現(人類のアフリカ単独起源説)。
その後10万年前にはアフリカ大陸の対岸に位置する中東地域に進出し、現在のコーカソイドの前身となる。
中東地域に進出した人類は、その後7万 - 5万年前にサフール大陸(現在のオセアニア地域)に進出、オーストラロイドの前身となる。
さらに、5万 - 4万年前には西方では地中海伝いにヨーロッパへ進出する一方、
東方ではヒマラヤ山脈を越え東南アジア・東アジア方面に進出する。

ヨーロッパに進出したグループは、その後も中東地域および北アフリカ地域との交流が保たれたため、
これらの地域の人々の間では遺伝的な差異が生じず、現在でも同じコーカソイド(西ユーラシア人)に分類される。

しかし、東南アジア・東アジア方面に進出した人々は、天然の要害であるヒマラヤ山脈・アラカン山脈が障害となり、
中東・インド亜大陸の人々との交流を絶たれ、独自の遺伝的変異・環境適応を成し遂げることとなる。
これが、後のモンゴロイドである。

ちゃんちゃん


7 :出土地不明:2010/03/08(月) 20:32:16 ID:eghaTyu2
最初にコーカソイド世界にけんかを売ったのは黒人かな?

8 :出土地不明:2010/03/08(月) 23:49:43 ID:drkamAh/
エジプトのヌビア王朝か。でも彼らはむしろエジプト文化を崇拝していたと思うけど

9 :出土地不明:2010/03/09(火) 00:24:22 ID:wpeUVTKX
エジプト人ってコーカソイドだろ?
世界で実質的に始めてコーカソイドに喧嘩を売って(日露戦争)、
かつ経済的にも軍事的にもコーカソイド国家と肩を並べ続けてるのは日本だけ


10 :出土地不明:2010/03/09(火) 01:29:19 ID:BaOiwccT
いやいや
古エジプト人がコーカソイドだったってのは強引だよ
コーカソイドでも無くモンドロイド、ネグロイドでも無い
ハイブリットの血筋ってのが正解に近いと思うよ
断片的にはヌビア朝の様な人種が特定出来る王朝もあるけど

11 :出土地不明:2010/03/09(火) 19:21:10 ID:I1Aqzbke
エジプト人は様々な人種の混血であるとミイラの鑑定から結論が出てるよ。
彼らは白人だった、と言いたいのは人種差別しかとりえが無い
欧米のゴミだ。
>>6コーカソイドとモンゴロイドに分かれたのが4万年ならその間ユーラシアの
北西側はどうなってたの?って話だわな。

12 :出土地不明:2010/03/09(火) 19:59:47 ID:dq5LZE9e
他の原人がいたんじゃね?


13 :出土地不明:2010/03/11(木) 20:29:14 ID:hwqbEYgr
欧州のコーカソイドは北欧まで到達してたんかいな?それ以前に寒冷地に
適応したモンゴロイドがすんでいそうなものだが。

14 :出土地不明:2010/03/12(金) 00:02:18 ID:JabSNklp
>>13
自分もそう思う
>>6
とは微妙に違って
モンゴロイドの祖になった種が、先に脱アフリカをした
モンゴロイドの元になった人種は、西へ東へ海岸沿いをその後北上し
世界に広がった
グリーンランドやカナダに渡った人たちもいたと
その後、地中海で混血を繰り返したコーカソイドが、北上してヨーロッパ地域に進出した

15 :出土地不明:2010/03/12(金) 19:45:15 ID:ZyodP/y/
モンゴロイドは開拓・狩猟文明。
コーカソイドや北方ネグロイドは定住・蓄積文明。

16 :出土地不明:2010/03/12(金) 19:47:53 ID:ZyodP/y/
なんにしても>>9はバカすぎだろ。大昔東西ローマ帝国でアッティラが
大暴れしてるし、その再来といわれたモンゴル帝国は何なんだよ?
さらにロシア人って白人じゃないとWASPに馬鹿にされてるのに。
典型的な阿呆日本人だな。

17 :出土地不明:2010/03/13(土) 04:24:57 ID:0wwHCoDl
>>14
遺伝子的に見てアフリカ人以外の人種はアフリカ人と比べ近縁であるのは確か。
よって極端に言えば出アフリカは一度ってこと。(勿論正確には違うんだろうが)
北方モンゴロイドは北上した南方モンゴロイドと中央アジアからやってきた古コーカソイドの混血。

18 :出土地不明:2010/03/13(土) 16:40:58 ID:S57Uc0de
WASPを引き合いにだすのはどうかね。
別にスラブ系とか民族的差異を抜きに
カトリックなどの異教徒も見下している連中だし。

19 :出土地不明:2010/03/13(土) 17:17:51 ID:KgQORwAF
ハンガリー、フィンランド、エストニア語(ウラル語族)やトルコ系語族はモンゴル語に似たところがあるから、黄色人種が混じっているんだろう。

 容貌は白人と区別がつかなくなっているが。

20 :出土地不明:2010/03/13(土) 22:55:07 ID:O6XkAaIZ
ダメリカに住むときに記入しなければならない「人種」の項は
ナチスが分類したやり方なんだよな。

21 :出土地不明:2010/03/13(土) 22:56:38 ID:O6XkAaIZ
>>17朝青龍なんかで比べるとどうしてもそんな風には見えねえな。

22 :出土地不明:2010/03/16(火) 21:22:11 ID:oZY1dRnp
>>17 どちらかというと南方モンゴロイド(マレー系)の方が北方よりはコーカソイド風に近いと思うがな。


23 :出土地不明:2010/03/16(火) 22:27:15 ID:GEG4onOP
>>22
どの辺が?
肌の色、体格、顔幅、鼻と圧倒的に北方系の方が近い気がするけど・・・
勿論その後の北方系の寒冷適応とコーカソイドの変化で二者が大きく掛け離れているのは言うまでも無いので
あくまで比較的にね。

24 :出土地不明:2010/03/17(水) 01:07:54 ID:zyUp6mI8
朝鮮人て南方系だろ?漢民族と混血しまくってる。
日本人の方が北方系に近いんじゃないの?

25 :出土地不明:2010/03/17(水) 01:35:39 ID:aIa5FGNi
>>23マレー人を漂白剤の入った洗濯機に入れてグルグルまわして
干すとコーカソイドそっくりになると思うよ。彼らは顔の彫りが深い。


26 :出土地不明:2010/03/17(水) 02:46:51 ID:2aliRiLv
どうでもいいけど
>>25
彫が深いだけなら新モンゴロイド以外のすべての人種に共通することじゃない?
顔面だけで言う白人の特徴って鼻根の高さじゃないかな
そう考えると新モンゴロイドの方が近い気がする

27 :出土地不明:2010/03/17(水) 04:34:41 ID:oM1aLv2w
だから
外見的形質だけでどっちがコーカソイドに近いかって
完全に区分けする事は出来ないって

@新モンゴロイドの体格はコーカソイドに近い
A旧モンゴロイドの体型はコーカソイドに近い

体付きを比べただけでも、どっちでも取れるだろ

28 :出土地不明:2010/03/17(水) 04:54:00 ID:C9sAlw4E
>>25
マレー系は黒人に近いだろどう見ても

29 :出土地不明:2010/03/17(水) 06:58:13 ID:aIa5FGNi
黒人と白人は胸板が厚く身長が高いよね。やつら親戚じゃねーの?

30 :出土地不明:2010/03/17(水) 13:05:10 ID:oM1aLv2w
身長や体格は栄養状態が良好なら上昇していくもんだって
フランス革命時のパリ市民の平均身長って僅か152cmだよ


31 :出土地不明:2010/03/18(木) 04:12:09 ID:mzlz5ZLD
>>26その鼻梁の高さって白人が人種差別の際に決めたガイドラインじゃなかったっけ?
顔が正面から見るとT字に彫りが深くなってるのはアレクサンドロス三世がバカな
有色人種を文明化させたときに起こった混血だ、ってつい最近までそう信じられてきたんだろ。
だからインド人もアレクサンドロスにレイプされたから白人の仲間って現在も信じられてるw

32 :出土地不明:2010/03/18(木) 16:54:05 ID:hyrvtdhy
でもコーカソイド特有の特徴は鼻とおでこが溝無く繋がってるくらい高いというのは確かなことだろ?
しかも実際問題、現在のインド人はコーカソイドとオーストラロイドの混血

33 :出土地不明:2010/03/18(木) 23:42:39 ID:OMs+5OH9
形質人類学上、コーカソイドに最も遠いのが新モンゴロイド
寒冷地適応で細目、扁平顔、になったのが新モンゴロイドなんだが
目でもおかしいのか?
仮に新しく獲得した形質を進化と呼ぶなら、欧米人が風刺画で描く
ようなチョン顔に進化したのがモンゴロイドだよ。
プレコーカソイドから別れたばかりの進化してない形質を残すアイヌ
の方がよほどプレコーカソイドっぽいよ。

34 :出土地不明:2010/03/19(金) 00:23:40 ID:lvCkdkz3
北欧人も細目、扁平顔傾向があるけどな。

原始的な顔の中東人よりも知的で進化した人間に見えるが。

35 :出土地不明:2010/03/19(金) 02:58:50 ID:3BT39z9Y
チンパンジーとゴリラ、オランウータンはどれがどれに近いか、というようなものだ。


36 :ぐううううううううううううううう:2010/03/19(金) 03:26:21 ID:FGMcPkJ7
埴輪の顔見ろよ、どれも鼻筋が通って高いぜ。
尚且つ白人ほどゴツクない顔してる。
それが新モンゴロイドじゃないの?


37 :出土地不明:2010/03/19(金) 05:27:22 ID:dqm9xWuG
俺もそう思う。
形質的に見ても一番近いのが北方モンゴロイドだと思う。
>>33の周りには南方の血がたっぷり入ったチョン顔のやつらしかいないんじゃないか?
ちなみにアイヌも北方系。南方系の方が顔全体は平坦だし

http://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/0/0e/Tungus_man_at_vorogovo.jpg
これとか顔のパーツはほとんどコーカソイドと同じだし。
ちなみにこの人は、大陸の中では北方系頻度が高いツングース系のエヴェンキ人

38 :出土地不明:2010/03/19(金) 15:51:09 ID:jy/Xn5Ry
朝青龍は南方系じゃないか?

39 :出土地不明:2010/03/20(土) 01:25:48 ID:j+kTiVzA
>>37
アイヌが北方系?南方系だろうが。あんな毛だらけでマイナスな気温の中生活できるわけないだろ。
中国にもアイヌの村があったっていうから交流はあったんだろうけどさ。

40 :出土地不明:2010/03/20(土) 14:26:38 ID:oPVnyvaf
毛むくじゃらは寒冷地に最適だろがよ。
コーカソイドの肌がクソ汚くて荒れ放題なのは
人間が住むに最適な土地にいるから肌が丈夫じゃなくてよかった。
それ以外は皮脂を大量に分泌するなどしないととてもじゃないが
生きていけない

41 :出土地不明:2010/03/20(土) 20:21:42 ID:PJf8bcbw
世界的に見て雪国の人は毛深いんだよね。

雪除けの役割なんだろう。

42 :出土地不明:2010/03/21(日) 07:17:43 ID:ACwFeOFQ
>>35人類と遺伝子的に一番近いのがチンパンジーで、チンパンジーに一番
形質が似てるのがコーカソイドなんだってw

43 :出土地不明:2010/03/21(日) 16:42:29 ID:+WZzP3xj
>>42

白人コンプっぽいな、ソース出してみ。

44 :出土地不明:2010/03/21(日) 18:51:16 ID:XpADJrNg
>>42 ブッシュ大統領を見ると信憑性が高いな。日本猿にも似ている面があるが。



45 :出土地不明:2010/03/22(月) 02:59:16 ID:2nVZq2MT
そう思わない。明らかに一番近いのは黒人、次点でオセアニア、東南アジア人

46 :出土地不明:2010/03/22(月) 10:04:51 ID:2spYyog5
>>43第二次大戦中にオランダの人類学者が人種差別思想にもとづいて「サルに最も近いのはどの
人種か?」というようなことを外見から調べたらものらしい。

47 :出土地不明:2010/03/27(土) 02:00:15 ID:jVi1SIUS
チョンまじうぜえ〜
Googleでダウン症と入力して画像検索してみろ
ちょんにそっくりな写真がぞろぞろ出てくるぜ
ダウン症発生率が日本4.5人/1000人 韓国10.5人/1000人
チョンは人との関わり合いに問題があるとかってチョンの学者が発表してたな
チョンのせいでおれの風貌はくさくなってしまったよ

48 :出土地不明:2010/03/27(土) 02:02:06 ID:jVi1SIUS
アジア人はもうみんなslunt eyeだって言われてる
おれも傾いた目をしてるよ
絶壁頭でぶっさ〜〜いく
チョンよありがとう!

49 :出土地不明:2010/03/27(土) 14:15:53 ID:FH0zL+L+
下手な煽り乙

50 :出土地不明:2010/03/27(土) 20:51:59 ID:rPrBz3Un
コーカソイドもマジャールやモンゴル帝国に追われていたな。

51 :出土地不明:2010/03/28(日) 14:16:51 ID:3W+vd+O6
朝鮮人は体毛が薄い。寒い地域なのに薄い。
体毛が薄いのはダウンの特徴でもある。
在日であるダウンタウ○の浜田とかもろ特徴でてるし保因してるのは確実。
朝鮮人の目の釣りあがったおばさん。
目が釣りあがるのもダウンの特徴。
弥生顔はのっぺりしてるがそれもダウンの特徴。
朝鮮人がどれだけ臭い特徴を持ってるかもう分かっただろ。
小さい目ブサイクな鼻へんな顔の整形大国。

52 :出土地不明:2010/03/28(日) 16:05:33 ID:MsKsyAz3
北方系の平均寿命は全人種中最長なのはどう説明するの?
ダウン症の寿命は20歳も生きられるかどうかだよ?

53 :出土地不明:2010/03/29(月) 00:02:36 ID:6tuhmJ2j
朝鮮人の体毛は言われているほど薄くなく、日本人より濃い人も
結構目立つ。

朝鮮人の目は吊り上っていない人の方がはるかに多い。

朝鮮人の顔はあまり扁平ではなく、あまりのっぺりしていない。

全ては「日本人と比べて」という前置きがあって成立する事柄。

54 :出土地不明:2010/03/29(月) 00:50:19 ID:x+c6eLUx
>>52
ダウン症の短命は体の色々な機能不全などが原因。

ダウン症でない人の中にも保因者がいて、ダウン症の症状が出ないダウン症の人
(モザイク型)もいる。
韓国はダウン症の発生率が日本の2倍以上という調査結果が出てる。
ダウン症児の画像見てて韓国人のおばさんにそっくりだったんでゾッとした。
>>53
体毛については言葉ではいくらでも言える。
朝鮮人の体毛が濃い0.0001%の人と日本人を数字をあげずに比べたらなんとでも言える。
とにかく目が小さくてきもい。ぶさいく。
整形大国。キリスト教。

55 :出土地不明:2010/03/29(月) 05:34:52 ID:Viwjwmet
体毛は薄いかあるいは無いほうがいいよな


56 :出土地不明:2010/03/29(月) 13:49:39 ID:kJoMJM/M
台湾放送「韓国人はつり上がった目、日本人は垂れ目」
http://japanese.joins.com/article/article.php?aid=80027&servcode=400§code=410

57 :出土地不明:2010/03/29(月) 18:16:08 ID:2+tFqVn6
体毛の薄い男は存在価値ないだろ。
男のくせに髭もはえねーってなんなの?
眉毛も薄いは顔も薄いはまじで不気味。
整形して自分の容姿を否定してろよ馬鹿

58 :出土地不明:2010/03/29(月) 20:24:08 ID:p/xrnEko
ひりだされたばっかりのバリウムウンコみたいな白人よりなんぼかマシだろ

59 :出土地不明:2010/03/30(火) 03:58:49 ID:1YyqLoGF
体毛なんて必要ないだろ、あんな汚いもんいらねーよ

60 :出土地不明:2010/03/30(火) 22:17:05 ID:/FkU3C/D
ガイジンの「毛深い体毛」もサルに近い形質としてオランダの
人種差別学者に分類されてなw

61 :出土地不明:2010/03/31(水) 01:23:20 ID:fUaFGM7G
日本人は毛人(アイヌ人?)と混血しているのが確実だろうな。

62 :出土地不明:2010/03/31(水) 14:09:28 ID:D3KPsbtg
ひげが生えないのは男として恥ずかしいよ


63 :出土地不明:2010/03/31(水) 19:16:53 ID:74w/rcek
ローマでさえ定住の歴史は3000年しか無いんだぜ。
つまり北欧は人類が到達するのにすごい時間がかかったってことだ。

64 :出土地不明:2010/04/01(木) 03:31:22 ID:LLokwtqY
ヒゲ剃るのめんどいし、金もいる俺はヒゲ必要ないと思う。
体毛だって臭いし。

65 :出土地不明:2010/04/02(金) 03:25:40 ID:o+mTXGl6
中原に住む人たちは漢代になるまで今のアフガンにある国やインドさえ
知らなかった

66 :出土地不明:2010/04/02(金) 09:55:32 ID:o+mTXGl6
しかしその北方・北西にいた騎馬民族はたとえばモンゴルが東欧などで覇権を確立する
以前からフランスの位置を知っていたという。

67 :出土地不明:2010/04/04(日) 23:30:28 ID:f3QlgwmS
>>66 そのころにフランスなどという国はまだなかったはずだが。

 漢代なら神聖ローマ帝国かガリアだったんではないか?

 せいぜいフランク王国か。

68 :出土地不明:2010/04/05(月) 06:13:16 ID:XDTN0MTr
皆さんはダウン症をご存知でしょうか?染色体異常が原因と思われる病気で、
身体、知能の発達が著しく低くなります。この病気は世界中で見られるのですが、
とても奇妙な、そして興味深い特徴があるのです。
それは、この病気を持って産まれた人はいかなる人種でも、皆同じ顔をしていると言う事です。
そして、その顔とはまさにモンゴロイドそのものなのです。
欧米でも中東でもアフリカでもモンゴロイドの顔をした人がしばしば産まれているのです。
勿論、周りの人はそれが遺伝子に異常を持って産まれたであろう事を知っています。
こんな不都合な事実が在ることからも解るように、外人はモンゴロイド顔にとても敏感なのです。
これは同じモンゴロイド顔をした日本人同士が議論していても決して理解できる物ではありません。


人種差別の本質は容姿差別である
http://alfalfa.livedoor.biz/archives/51191464.html

69 :出土地不明:2010/04/05(月) 06:14:46 ID:XDTN0MTr
「ダウン症候群」=「Mongolism(蒙古人症)」または「mongolian idiocy(蒙古痴呆症)」

ダウン症は、正式の名前をダウン症候群といいます。
この名前は1866年、イギリスのラングドン・ダウンという医師が由来しました。
ダウン医師は発達の遅れを持つ子供の中に両親は違っていても、
兄弟のようによく似た子供達がいることを発見しました。

【顔は、彫りが深くなく、頬がまるく、目尻が上がっていてまぶたの肉が厚いこと、
また体は小柄で柔らかく、髪の毛もカールではなくてまっすぐ薄いことなどです。】

↑モンゴロイドの特徴=ダウン症の特徴

それが、モンゴリアン(蒙古人)と似ているとして、それが、
ダウン医師はヨーロッパ人のなかでに能力の劣った蒙古系の人種が生まれてきたと考えました。
そしてモンゴリズム(蒙古症)という名を付けたのです。

ダウン症白人
http://www.webhealthguides.net/wp-content/uploads/2008/12/down-syndrome-child.jpg
http://pds.exblog.jp/pds/1/200703/17/99/e0061699_8402712.jpg
http://i362.photobucket.com/albums/oo62/picturesofswedes/down2.jpg
http://i15.photobucket.com/albums/a381/emmajayne1/blog%20pictures/IMG_4868_2.jpg
http://farm3.static.flickr.com/2315/2353766143_0a8e350b94.jpg
http://farm3.static.flickr.com/2407/2218535223_1878359353.jpg
http://home.comcast.net/~daryl59/10q/anderson_jess/jess6yr.jpg
http://www.harrycutting.com/graphics/photos/children/child-boy-with-downs-syndrome-FC5101-19LG.jpg

70 :出土地不明:2010/04/05(月) 06:16:19 ID:XDTN0MTr
ダウン症児の特有の徴候(症状)

ダウン症の容貌の特徴に
短頭・首が太く短い・低身長・短い手足・凸凹してない平面顔・筋緊張低下
内眼角贅皮(蒙古ひだ)・平坦な鼻根・あごが未発達・エラなし・直毛…
(全ての特徴が現れる訳ではありません)

モンゴロイドはダウン症の特徴が多く集まっています。
コーカソイドでも、この病気を持って生まれてくると
モンゴロイドのような顔になります。

ダウン症白人
http://farm4.static.flickr.com/3091/2866451687_ac9f819320_o.jpg
http://farm1.static.flickr.com/189/486175516_2c712abb2d_o.jpg
http://farm1.static.flickr.com/209/486175518_913a9ef453_o.jpg
http://farm1.static.flickr.com/224/516519237_d27973d164_o.jpg
http://farm4.static.flickr.com/3512/3830660732_6d0f84c481_b.jpg
http://farm3.static.flickr.com/2591/3956692766_7af06fd1e5_b.jpg
http://farm3.static.flickr.com/2548/3768068387_a3e6f387f0.jpg
http://farm3.static.flickr.com/2503/3751920560_d5d1374cf8_b.jpg
http://farm4.static.flickr.com/3236/2869943204_c7a88760f9.jpg
http://farm3.static.flickr.com/2075/1673880491_a1f275377a.jpg
http://farm4.static.flickr.com/3295/2825936216_a037218da6.jpg
http://farm4.static.flickr.com/3154/2730191437_3ff18f6089.jpg
http://farm4.static.flickr.com/3177/2730188023_22b1a90763.jpg
http://farm4.static.flickr.com/3291/2730146619_9fab01fbd8.jpg
http://farm4.static.flickr.com/3087/3102941436_a46555c96e.jpg
http://farm3.static.flickr.com/2488/3793291213_17384b8a19_b.jpg

71 :出土地不明:2010/04/07(水) 09:18:57 ID:UVdpU/Tx
>>67フランスは地名という意味で言ってます。当時14世紀末だとそこにある国は
フランク王国ですね。モンゴル帝国が欧州に行く際フランス軍と「軍事同盟」を結んだという。

72 :出土地不明:2010/04/07(水) 09:24:09 ID:UVdpU/Tx
史記の「大宛列伝」に如何に古代支那人が西域に行くのが難しいか、その
苦労のほどが書かれている。漢の官人が今のミャンマー経由でインドに行くことさえ
途中の蛮族の襲撃により不可能だったし(商人は可能だったらしい)、西の砂漠から
行くと奴婢や牧畜民族に簡単にさらわれてしまう。たった2000年前でさえこうである。
定住民族の移動はこれほどまでに難しいのだ。しかし常に移動する遊牧民族は
どうだろう?その機動力を生かし、とうの昔に北欧からシベリア南部まで到達し、すでに
生活を営んでいたのではないだろうか?

73 :出土地不明:2010/04/07(水) 22:29:06 ID:XnYids0a
>>72 モンゴル人、満州人はアラビア系の文字を使っているくらいだしな。

 中央アジア、ウイグル、モンゴル、満州はつながっていたんだろう。

 またモンゴルはインド>チベット、内モンゴルという文化流入経路もあった。


74 :出土地不明:2010/04/08(木) 08:56:52 ID:qYIqC/vp
史記に「大宛の人たちはみな目がひっこんでおり羊の皮をなめしたものに
字を横から書く」と記されてますね。奴婢も字は横から書いていたんですか?

75 :出土地不明:2010/04/10(土) 11:59:33 ID:tfAt+g5I
モンゴル平原に居た民族が文字を使い始めたのはモンゴル帝国からだっけ?

76 :出土地不明:2010/04/10(土) 16:07:17 ID:caYUPJFT
>>75 突厥が突厥文字をつかっていたな。モンゴルはウイグル文字をとりいれた。


77 :出土地不明:2010/04/10(土) 18:00:26 ID:owpqcpBp
コーカソイドのダウン症が追われて、
生き延びたのがモンゴロイドってことか
納得

78 :出土地不明:2010/04/10(土) 20:34:06 ID:tfAt+g5I
>>77ボッシュート中】                
                           ∧,,∧  ∧,,∧
      | | |  | || |             (・ω・`) (・ω・`)
      || | || |  | チャラッチャラッチャーン♪(   ∪) (  ∪∧,,∧
     ________          ∧,,∧  ∧,,∧(ω・` )
    /|::::::::∧,,∧:::::::::::::::/         (・ω・`) (・ω・`)  ∪)
 /:::::::|:::::(´・ω・)::::::/               (   ∪)(   ∪) u-u'
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄              `u-u'  `u-u


79 :出土地不明:2010/04/11(日) 11:15:35 ID:mwmPGPSS
コーカソイドは子供を選別してきたんじゃないかと思う。


80 :出土地不明:2010/04/11(日) 22:33:20 ID:TnDmTONa
子供を選別までは行かなくとも、ナチのような人種差別は大昔から何度も行ってきたんだろうな

81 :出土地不明:2010/04/12(月) 20:50:44 ID:musryoFM
今もアメリカでは先祖の一人に黒人がいるだけでカラードですよw

82 :出土地不明:2010/04/13(火) 17:17:30 ID:YRzDj/Dc
欧州にアッティラが行ったときもその容姿をめぐってすごい記述だったとか

83 :出土地不明:2010/04/15(木) 02:21:54 ID:NPSL/DWk
古代ローマにあったモンゴロイドの遺骨は漢の大宛派遣団が奴婢に捕まって
奴隷としてローマに売られたものだろう

84 :出土地不明:2010/04/15(木) 08:53:36 ID:ezYdoRNQ
>>82-83
kwsk

85 :出土地不明:2010/04/16(金) 11:04:37 ID:jgYrkd9v
アッティラの要望に関する記述はモンゴロイドそのまま。ただしアッティラの
墓が暴かれてないので不確定。
支那は漢代初期、奴婢との抗争に勝利するために西域に何度も漢は派遣団を送り、
「公的な」官吏はパルティアの東隣にある国まで行っている。大体その外交使節、
あるいは商人たちの生存率は10%くらいで殆どは遊牧民に連れ去られたり、飢えや
渇きで落伍したという。その捕らわれた者達がはるばるローマまで奴隷として
売られたのだろう。

86 :出土地不明:2010/04/16(金) 20:56:27 ID:gZBo0Uel
>>85
詳しくありがとうございます。
ハン帝国といいフン族といいモンゴロイドというのは巨大な国家を作ってたんですね。
なんでそんな事が可能だったのか謎です。

87 :出土地不明:2010/04/17(土) 00:51:55 ID:0lTyIk5B
むしろ何で謎なのか分からない。西暦で1800年前後まで世界で最も
豊かだったのはインドや支那だったのだし、明まで支那はおそらく
イスラムのオスマンと並んで世界一の文明・文化国家だった。しかし
「栄枯盛衰」の通り時代は移ろいそれからは白人の「人種差別と異教徒絶滅」の
時代に入った。それから我々は不幸に不幸が襲ってすべての地域が白人の
植民地になっている。そんな中で白人を神格化せんためのくだらない教育が
まかり通り、有色人種は白人にひれ伏して自分たちのご先祖様の功績や歴史を
忘れ(あるいは白人に消し去られて)いる。なんと情けないことじゃありませんか?
もっと私たちの「本当(正当な)の歴史」を学びましょう。



88 :出土地不明:2010/04/17(土) 02:58:28 ID:y/Vo2AaZ
>>70
ほんとだ。親しみ易い顔が並んでる。こういう顔した子供、普通にいるじゃん。
 でも白人社会とかでは知的障害者にこういう顔の子供がいるんだね。
 なるほど、黄色人種と付き合うってことは、彼らの社会の中の障害者と付き合うような感じがするのか。

89 :出土地不明:2010/04/17(土) 11:48:27 ID:XSUVO4fO
小頭症(microcephaly)で検索してみた。
白人と黒人の知的障害児は確かにアジア人に見えるな。
自分の子供の頃にそっくり。

http://www.youtube.com/watch?v=hUO01lX1KHQ
http://www.youtube.com/watch?v=o-TJ7eO055g&feature=related
http://www.youtube.com/watch?v=1ImtsqH63oQ
http://www.youtube.com/watch?v=jDK1BCOM138&NR=1
http://www.youtube.com/watch?v=-iAfXSeJpmM
http://www.youtube.com/watch?v=VPh_8RvDIMk
http://www.youtube.com/watch?v=HlSF2SHyZ78

90 :出土地不明:2010/04/17(土) 12:33:41 ID:a3FP31vL
その知的障害者に知能で劣る白人や黒人はどうしようもないってことを言いたいんですね

91 :出土地不明:2010/04/17(土) 22:34:31 ID:toABir38
そんなことどこにも書いてない。
関係ないけど知能がすべてIQテストで計れるとも思わん。
黒人や白人に一定の確率で障害児が生まれてそれがアジア人に見えるってのが不思議で仕方ないだけ。


92 :出土地不明:2010/04/18(日) 11:28:34 ID:4O5XgueD
白人の学者が証明(というか支持されたことね)したこと
1、意に反してチンパンジーに最も似てるのは白人(コーカソイド)だった
2、知能や生活水準の高い「未来人類」の形を白人の科学者が予測したら
  これも意に反して裸のモンゴロイドそのままになってしまった
前者は前も言ったので繰り返しになるのでここでは省略。後者の「知能が高く
なるので体に対して脳化指数が大きくなる(つまり頭がでかくなる)の比率を変える」、
「食料を余り必要としなくなるので小さな体躯」、「手足性器が身体の比率として
大きくなる」、「丈夫で環境に適した衣服を着るので少ない体毛」等等・・
つまり人種差別を科学的に説明する方法はある意味本当の人種差別に成功してしまったのです。
ちゃんちゃん。

93 :出土地不明:2010/04/18(日) 11:57:34 ID:z+7WgrK1
普通に考えて一番野蛮でない人種は北方系モンゴロイドなのは一目瞭然だろ
比較的幼い容貌、体毛が少ない、体臭が無い、脳容量が一番大きい

しかし、いかに高緯度地域のモンゴロイドでも南方系の影響は少なからず残っているので
モンゴロイドはまだまだ発展途上と言える。
そのためにも北方系至上主義を広めねばならん。

94 :出土地不明:2010/04/18(日) 14:05:41 ID:4O5XgueD
幼い容貌ってなんだろ?そんなの主観にすぎんよ。俺は白人の顔に対して
大きな目のほうが幼く感じるけどね。

95 :出土地不明:2010/04/19(月) 12:26:14 ID:RlX/PnwW
白人は筋肉質だぞ。
骨格も大きいし頑丈。
時々見てて東洋人とは痛みとか恐怖の感覚が違うのか?と思う。
さすがネアンデルタール人の血が入ってる。

96 :出土地不明:2010/04/20(火) 07:42:10 ID:7xsyXt3r
恐竜は筋肉質だぞ。
骨格も大きいし丈夫。
ただ脳化指数が低いから
しっぽの先を切り落とすと30分かからないと気がつかない

97 :出土地不明:2010/04/20(火) 16:01:28 ID:gljh4g7e
>>95 相撲を見ているとモンゴル人の方が筋肉質のようだが。

 バルトやガガ丸は脂肪質だろう。

98 :出土地不明:2010/04/21(水) 12:30:07 ID:/2j60Wro
>>97
個人差もあるしどういったらいいか分からんけど、白人は筋肉が付きやすいとでも言ったらいいだろうか。
手足が長いのはコーカソイド全般に言えるけど、あの腕の長さがあってもそれほど細くは見えないのは骨格が太いのと筋肉が付いてるから。
ごく平凡な体型の人でも胸板とか隆起してる。
まあ日本人と比べての話だけど。日本人が細すぎるのかも知れんけど。

99 :出土地不明:2010/04/21(水) 15:23:14 ID:xko12ni6
あの・・ステロイドまみれのバカ白人を見てそういってるの?おまえ
根本的にバカなんじゃね?

100 :出土地不明:2010/04/21(水) 18:39:20 ID:nznVaZBi
筋力ならモンゴロイド≧コーカソイド>黒人じゃね

101 :出土地不明:2010/04/21(水) 22:59:28 ID:BsGCCAAs
>>99
平凡な体型の人と言ってるだろ。以前カナダ人と仕事で公私ともにしばらく付き合いがあった。
>>100
体重別の話か?
大、強 >小、弱 か?


102 :出土地不明:2010/04/22(木) 02:12:05 ID:fz6o9WGe
はっきりいって人種別じゃどの人種もそこまで大差無いが、
強いて言えば意外かもしれないが南方系モンゴロイドに属するポリネシア系が一番筋量は多い。これはしっかりと検証されたことがある。
それと欧米国家の食事は日本で言うと毎日プロテインガブ飲みしているようなもんだから、白人はあまり参考にならない。
コーカソイドの基準は中東、中央アジア辺りが丁度良い。

103 :出土地不明:2010/04/23(金) 19:12:09 ID:gV2E6+ua
あちらは「成長ホルモン注射」で薬まみれになってる牛肉を食うから
あんな体型になると聞いた・・

104 :出土地不明:2010/04/23(金) 19:57:28 ID:VbC2wTQ0
天皇家は、D2系統だったりしたら、ファビョルやつが現れるだろうな。

105 :出土地不明:2010/04/23(金) 22:23:32 ID:gV2E6+ua
モンゴロイドは南米に到達する2万年前まで人類の開拓者といえる存在であったのであり、
その進出と定住の過程でより人間らしく進化したのでしょう。小さい体躯、高い脳化指数など
新しく過酷な環境で適応し生き抜くためにそのような形質が遺された。対して北アフリカから
始まる定住民族は新環境に適する生き方をするより、決まった土地でよりよく生活するために
ご先祖様などの知恵の蓄積を重視した。つまり文字と天文、農耕・牧畜の発達である。
モンゴロイドが形質として最新の形態なのはこのせいで、コーカソイド(といっても白人ではないw)と
ネグロイドの集団がエジプトやメソポタミアで文明を最高に発達させたのはこのせいなのだろう。

106 :出土地不明:2010/04/23(金) 23:24:18 ID:N1J+HFxM
>>104
それが一番平和な気がしますがw

107 :出土地不明:2010/04/24(土) 03:42:36 ID:hgdOsEJ3
ところでダウン症の白人の人って体毛も薄くなったり生えなかったりするんでしょうか(頭髪除く)


108 :出土地不明:2010/04/24(土) 12:05:06 ID:e2VvD8T8
D2系統ってなに?白人男性の遺伝子?

109 :出土地不明:2010/04/24(土) 12:14:58 ID:e2VvD8T8
人類がアフリカから出たとすればいく先々で「無駄な形質」が人々の落伍という
かたちで削られていくのだから、当然最果ての東にいる人々はまったく人間らしい
姿になる(毛がない、体臭がない、脳が大きい、現場適応的な手足・頭脳の発達)。
だがそれは一方で偏っていて種類・幅の少ない遺伝子を保有し続けていくということにもなる。
人間の豊かな遺伝情報が環境のせいで精鋭化し削られていくからだ。だからアフリカ人と
東アジア人の遺伝子は最も遠いのである。
・・などと思う。

110 :出土地不明:2010/04/24(土) 12:22:20 ID:OKlBdYJG
>>108
オナガザル系アジアンの遺伝子
6000年前からいて
後期縄文期から古人骨が増えだすタイプ

111 :出土地不明:2010/04/24(土) 14:47:39 ID:xqjtfAS4
>>109
アフリカエチオピア辺り、中東、アンダマン島、チベット、日本、エスキモー、インディアン、インディオはYap+で見ると非常に近いんだけど?
コイサンと東南アジア人はよく似た人種で言葉も似てるんだけど?
日本でも色の濃さを除けばアフリカ人に似た人はたくさんいるけど?

112 :出土地不明:2010/04/24(土) 15:23:49 ID:8caXzhoA
>>111
それは怪しげなハプロタイプの知識だから、このスレで補完するといいよ。

ナデネ、イヌイットおよびアルゴンキン、スーはC3b
インディオは、Q1a
この人達は、イエメン・ユダヤの起源らしく、Yap+ではない

スファラディムといって、Q1は本当にユダヤ人の中にもいる
E1bもスファラディムでこちらがYap+

113 :出土地不明:2010/04/24(土) 23:08:27 ID:GNlBDxIM
>>111
コイサン語族は東南アジアに存在しない。
マダガスカルに、マレーシア語と近縁のマダガスカル語が存在する。

本当に怪しげなカキコだなw

114 :出土地不明:2010/04/24(土) 23:17:05 ID:jlQtBbFW
個人的主観だからね。
まあこれでも見て感想言ってよ。

http://www.youtube.com/watch?v=c246fZ-7z1w
http://www.youtube.com/watch?v=OAPY6WkNY1A&feature=related

115 :出土地不明:2010/04/24(土) 23:56:27 ID:GNlBDxIM
>>114
Click Language ではないが、モン・クメール語派は韻尾の子音が
これっぽく聞こえるかもしれんね。
息継ぎする時に子音の唇形のままでClick Languageみたいに聞こえる場合がある。

タイ語とか広東話でも、韻尾の子音と次の頭の子音のところでリズム崩して
捲くし立ててしゃべると、Click Languageみたいに聞こえる場合があるかもしれない。
口論している時に相手を遮って、リズム崩すような罵り合いをしてるとでやすいけど、その音では識別してない。癖のレベル。
タイ語や広東話は、組み合わされる母音が、近所の言語より増えているのでリズム感がかなり違うので
「でやすい特性」があるんかな? 韓国語は母音種が違うので「でやすい特性」が低い。

116 :出土地不明:2010/04/25(日) 18:32:28 ID:pPzCUvKY
語族って客観視できるものなのか?
同じ字を使うならわかるが「聞いてみて似てるから同じ語族」ってさ・・
その遺伝子の話も世界中の人間の遺伝子をとって調べてみたの?
それなら遺伝子を使ってある程度の人類の軌跡をたどることはできるけどさ。

117 :出土地不明:2010/04/25(日) 19:36:51 ID:k26bh0ZK
人が見て「似てる」と思うのは重要な事では内科と思う。
というのは何か調べるにしろ研究するにしろまずこういった直感がないと何から手を付けたらいいのかという状態になる。
DNA調査で似てないという結果が出たとしても言語学的には全く別であっても、その結果が直感から外れているならその調査自体も偏ったものという可能性があるんじゃないかと考える。
もちろん直感が違ってる場合もあるだろうし、調査や学術的見地からは全く別という結果がでればその事実は揺るぐ事はないのだけど
似てるというのはやっぱりどこか共通する部分があるんじゃないかと思う。
それはDNAとか言語学からは見出すことの出来ていない部分もあるんじゃないかと考える。
だから現段階では科学的には否定されても、コイサンと東南アジア人は容貌や言葉の雰囲気に共通するものがあるんじゃないかという考えは変わらない。


118 :出土地不明:2010/04/25(日) 19:42:37 ID:pPzCUvKY
>>72-74は「匈奴」の間違い

119 :出土地不明:2010/04/25(日) 23:37:45 ID:i5FVtH5L
>>117
まあ、UFOと一緒で観測できないということ。
自然科学や言語学では、検証できないぐらいに留めて
調査自体も偏ったものとまでは、考えないほうがいい。
そのために「不可知」という言葉がある。

120 :出土地不明:2010/04/29(木) 14:14:31 ID:2aXVrxKh
アフリカ人とアジア人の顔の扁平率見ればいい勝負だと思うよ
アフリカ人なんて鼻がつぶれてて横から見ると殆どない状態だ(アメリカ黒人は殆ど白人との混血だから例外)
それと毛深い金髪白人も赤道付近で生活すると毛が薄くなるらしい
金髪が日本で長く生活すると食文化の傾向で毛色が濃くなり体型もスリムになる
白人の鼻の高くて細いのは寒い冷気を温めるため・・
青目で色白は熱い国に行くと肌が耐えられなくなる・・目も耐えきれずにサングラス必要
現にブタ潰れ鼻アフリカ人が北極に行ったら鼻の気道が凍りついて呼吸ができなくなるらしいし

121 :出土地不明:2010/04/29(木) 14:16:53 ID:2aXVrxKh
アフリカ人の体毛の薄さはアジア人の比ではない・・(実話)

122 :出土地不明:2010/04/29(木) 17:50:19 ID:YCJf33AV
>>120おまえ言ってることがめちゃくちゃだわ。寒い地域に彫の深い
コーカソイドが暮らしてみろ。あっという間に顔が凍傷だらけになって
腐り落ちるぞ。モンゴル平原だったら手を露出して馬に乗って駆けると
ほぼ100%指がもげる。そして白人が赤道でどうのこうの、なんて
興味はない。ひりだしたばかりのバリウムウンコ、それをよーく見ると金色の
産毛が生えていてビー玉みたいな目が埋まってた、ってのが白人種。気味が悪い。

123 :出土地不明:2010/04/30(金) 18:56:33 ID:ebTDRLrX
>>121確かにアフリカ人ってつるっつるだよね。太ももや膝下に毛が殆どない。

124 :出土地不明:2010/05/01(土) 23:56:45 ID:TWgZzPsu
>>117
民俗学的に生活環境が似ていれば、服飾とか食物の文化が似てきて
成立過程を研究するのですが、東南アジアとコイサンはかなり環境が違いますから
そっちでもアプローチはしないのです。

鳥居龍蔵博士の苗族と高山族の民族学研究には
東京帝国大学で研究するよう、ポストが与えられていました。

125 :出土地不明:2010/07/01(木) 16:24:45 ID:Ne11VGe0
始め人間ギャートル{マンモスハンター時代}に中央アジアからバイカル湖付近で
コーカソイドとモンゴロイドの混血で出来た集団がチュルク系{トルコ系}で
後世漢籍でモンゴル平原に居た「突厥、丁令、鉄勒、高車、匈奴、」と言われた集団。
チュルク系とツングース系の混血で出来たのがモンゴル系、
チュルク系とモンゴル系の違いは可なり難しい。

126 :出土地不明:2010/07/15(木) 17:59:43 ID:SllPJDGY
>>120
黒んぼは鼻がつぶれてるが眼窩は深いよ
日の強いところに対応したんだろうね

127 :出土地不明:2010/07/31(土) 16:00:55 ID:8DvKmQJ0
>>109 アフリカから一番遠いのは東アジアでなくて南米のインディオだろう。

 南米インディオが人類の最進化型なのか?


128 :出土地不明:2010/07/31(土) 16:46:32 ID:ld+1/nv3
>>127
白人も白くなって高緯度に侵入出来たが、なんといっても寒冷地適応の新モンゴロイドだろ。
それに獲得形質を東アジア中に増殖させてる。

129 :出土地不明:2010/08/01(日) 17:02:22 ID:ltef9JZV
>>121
非アフリカ人はネアンデルタール人と若干混血したらしいから、体毛が濃くなったのは、ネアンデルタール人の血が入ったからでは?


130 :出土地不明:2010/08/01(日) 19:09:33 ID:VLbhVxPh
モンゴロイドはネアンデルタールの血が入ってるらしい。
一番濃いのがオーストラロイドで、20%程度入ってるらしい。

131 :出土地不明:2010/08/01(日) 21:33:06 ID:ln78fMTI
え?ネアンデルタールってヨーロッパしか出てないでしょ?

132 :出土地不明:2010/08/02(月) 11:40:22 ID:OgwCMc9C
>>131 中東のどこかにも居てホモ・サピエンスと共存していたという話もあったな。

 しかし、ネアンは頭がでかすぎてホモ・サピエンスと交配しても出産は不可能とかいう説もあった。


40 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)