2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

日本人どこから来たんだ?13

1 :出土地不明:2010/03/24(水) 16:36:07 ID:1tHWGidB
◆前スレ◆
日本人どこから来たんだ?12
http://academy6.2ch.net/test/read.cgi/archeology/1266584459/
日本人どこから来たんだ?11
http://academy6.2ch.net/test/read.cgi/archeology/1261997999/
◆過去スレ◆
日本人どこから来たんだ?10
http://academy6.2ch.net/test/read.cgi/archeology/1256552822/
日本人どこから来たんだ?9
http://academy6.2ch.net/test/read.cgi/archeology/1252776454/
日本人どこから来たんだ?8
http://academy6.2ch.net/test/read.cgi/archeology/1248834365/
日本人どこから来たんだ?7
http://academy6.2ch.net/test/read.cgi/archeology/1244083090/
日本人どこから来たんだ?6
http://academy6.2ch.net/test/read.cgi/archeology/1237219924/menu931
日本人どこから来たんだ?5
http://academy6.2ch.net/test/read.cgi/archeology/1225715306/
日本人どこから来たんだ?4
http://academy6.2ch.net/test/read.cgi/archeology/1217864779/
日本人どこから来たんだ?3
http://academy6.2ch.net/test/read.cgi/archeology/1209009011/
日本人どこから来たんだ?2
http://academy6.2ch.net/test/read.cgi/archeology/1189633821/
日本人どこから来たんだ?
http://academy6.2ch.net/test/read.cgi/archeology/1165607012/

◆本スレ関連リンク◆
まとめサイト : http://taatanniji.blog99.fc2.com/
黒潮圏の考古学 : http://ao.jpn.org/kuroshio/index.html
ISOGG(英語) : http://www.isogg.org/
TripAtlas(英語) : http://tripatlas.com/Human_Y-chromosome_DNA_haplogroups
ナショナルジオグラフィック : http://nng.nikkeibp.co.jp/nng/genographic/project.shtml
Atlas of the Human Journey : https://www3.nationalgeographic.com/genographic/atlas.html


2 :出土地不明:2010/03/24(水) 16:39:47 ID:1tHWGidB
日本人どこから来たんだ?12
http://academy6.2ch.net/test/read.cgi/archeology/1266584459/menu851
>秦の支配中は彼らはより山奥部に逃げてる。
→一部は、肥前背振山にも逃げ込んだ。


3 :LUNAMASK:2010/03/24(水) 16:44:15 ID:1tHWGidB
LUNAMASK専用スレ
http://academy6.2ch.net/test/read.cgi/archeology/1263883002/menu14-25
白馬青牛さん、わぉーさんの一連のコメントに対する返事↑緊急避難的に上記に
書き込みました。あしからず。


4 :LUNAMASK:2010/03/24(水) 17:02:48 ID:1tHWGidB
燕の銅と殷・楚の銅が逆転する不思議は↓
「『史記』の「楽毅列伝」によると、BC284年に燕の昭王が、楚と三晋(趙、魏、韓)と
秦と連携して、斉の都の臨澑(りんし)を陥落させた時に、燕の将軍の楽毅が斉の
宝物類を根こそぎ奪って昭王のもとに送り届けたとされる。 」
http://yamatai.cside.com/katudou/kiroku267.htm
こういうことでしか説明できない。

5 :テンプレ:2010/03/24(水) 17:59:42 ID:tyVkSJf+
 1.35000年前±α D2南方旧石器人 スンダランド → フィリピン・台湾 → 日本列島 40%
 2.18000年前±α C1貝文人      スンダランド → (黒潮ルート) → 日本列島  05%
 3.BC4000±α〜 O3越人        華南沿岸部 → (黒潮ルート) → 日本列島  15%
 4.BC1000±α〜 O2b東夷族      湖南・江西 → 安徽・江蘇 → 日本列島     30%


6 :テンプレ:2010/03/24(水) 18:00:29 ID:tyVkSJf+
Indonesians (Han-Jun Jin et al. 2003):
6/36 = 16.7% O2b*(xO2b1)
1/36 = 2.8% O2b1
7/36 = 19.4% O2b total

Indonesia, West (Hammer et al. 2005):
2/25 = 8.0% O2b*-P49(xO2b1-47z)
2/25 = 8.0% O2b1-47z
4/25 = 16.0% O2b total

Micronesia (Hammer et al. 2005):
1/17 = 5.9% O2b*-P49(xO2b1-47z)

Tai-Kadai:
Thais (Han-Jun Jin et al. 2003):
1/55 = 1.8% O2b*(xO2b1)
2/55 = 3.6% O2b1
3/55 = 5.5% O2b total


7 :テンプレ:2010/03/24(水) 18:00:53 ID:tyVkSJf+
━ 白馬青牛の特徴 ━

━━━━━━━━━━━━━╋━━━━━━━━━━━━━━━
A 脳内ソースを持ち出し.    ┃B 得意技は悪魔の証明
  根拠の無いことをわめく   ┃   「ほうじゃ無かった根拠を提示せえや」
  ∧_∧.....               ┃    │     |   │彡
 <#`Д´>O  Y染色体は    ┃    │   .i|○ │彡<「ないことの証明」をしろ
Oー、 //|  父系遺伝しない! ┃    │     |   │    
ビリビリ\ (;;V;;)/             ┃    │     └― ┘ 
━━━━━━━━━━━━━╋━━━━━━━━━━━━━━━
C なぜか右翼の話しをする  i.┃D 理屈で反論できなくなると
   从_从人_从_从人_       ┃  レッテル貼りか人格攻撃
从从ゞ ウヨの妄言ウザい !/,   ┃     ∧_∧ <分子生物学者は全員ナチス
ウヨクタバレ∧__∧  从_从人__....  ┃     <♯`Д┌―――┐
⌒WWY´<#`Д´>ナチスダマレ! ┃     /    . | i ̄ ̄i |
 从_从( |   | )⌒WW⌒⌒Y..┃    jm==== | i :: i |
━━━━━━━━━━━━━╋━━━━━━━━━━━━━━━
E ムキになって駄文荒らし   .┃F 事実に対して都合のいい仮定を持ち出す
     ((((( ))))))         ┃ +   ∧_∧   .. ' ,:'.
       | |           .┃  ,:'.<  `∀´>   ,:'     
       ∧__∧    从_从人__....┃+ , ..⊂    つ     +  
   ∩<#`Д´>'') フザケヤガッテ┃  ' ,:'ノ  つ ノ    +  。  , .. .    + 
   ヾ      ノ  WW⌒⌒Y ┃      レ レ  〜 幸せ回路作動中 〜
━━━━━━━━━━━━━╋━━━━━━━━━━━━━━━


8 :テンプレ:2010/03/24(水) 18:15:26 ID:tyVkSJf+
◆関連スレ◆
 LUNAMASK専用スレ
 http://academy6.2ch.net/test/read.cgi/archeology/1263883002/

◆このスレに頻繁に出没する朝鮮系コテハン達◆

 土器KID・・・Y染色体を火病を持って否定するコテハン。出土物を独自のねじ曲げた解釈で歴史をCreateする。
        ツンキーデとか沿海州が大好きで、強力なツングース水軍(笑)の概念の生みの親。

 白馬青牛・・・Y染色体や血液型、生物科学全般を否定するマジ○○。典型的な曲学阿世の徒。
         権威への懐疑をウリにするが、自分自身が一番事大主義で権威寄りかかり僻が強かったりする。
         モンゴル系遊牧民が特に好きで、遊牧民とYAP+種族を意図的に混同しようとする。このためチベットを冒涜する。
         最近は土器KIDの影響も受けてツンキーデ狩猟民好きにも磨きがかかる。略奪民大好きな下劣なエセ教養人。

 LUNAMASK(月光仮面)・・・科学的所見を独自に使って妄想の広がりを楽しまれている御仁。少し残念なお方。
                  専用スレへ誘導するか、心の広い人はそっとしておくのもありかも。


9 :LUNAMASK:2010/03/24(水) 18:44:26 ID:1tHWGidB
http://yamatai.cside.com/katudou/image/267-4.gif
↑どうも平原の大型内行花文鏡は細形銅剣族、スサノオ族の腕試しだったが、
この辺で遊牧民族の馬の毛皮を剥がす出来事が起きてアマテラスが吃驚仰天
したんじゃないかな。この時近畿の方からも視察者が列席していたのかな。

10 :出土地不明:2010/03/24(水) 18:55:45 ID:7yl4mVX7
春休みで暇なんだんねーw

空しいやつwww

11 :出土地不明:2010/03/24(水) 19:04:45 ID:zqJrv1LL
1.35000年前±α C1旧石器人          スンダランド → (黒潮ルート) → 日本列島  05%
2.2500年前±α C3旧石器人          シベリア → 日本列島  05%
3.15000年前±α D2新石器(縄文人主派)    ビルマ→雲南、四川→華中、華北、朝鮮半島、日本列島 40%
4.BC1500±α〜 O2b長江文明人(弥生人主派) 雲南、湖南、江西、江蘇 →山東・朝鮮半島経由、又は黒潮の2系統で日本列島 30%
5.BC5000±α〜 O3黄河文明人(漢族)     中原 朝鮮半島 → 日本列島  15%


12 :出土地不明:2010/03/24(水) 19:07:47 ID:zqJrv1LL
実は、日本に稲作を伝えていたのは弥生人ではなく縄文人だった。


13 :出土地不明:2010/03/24(水) 19:13:00 ID:zqJrv1LL
縄文人は日本に熱帯ジャポニカ(陸稲)を伝えた。
弥生人は日本に温帯ジャポニカ(水稲)を伝えた。


14 :出土地不明:2010/03/24(水) 20:16:27 ID:xOMG4Iw5
弥生人自身が呉の子孫と言っているではないか。
これ以上何を議論することがある?

15 :出土地不明:2010/03/24(水) 23:12:41 ID:ftEChZtL
言ってるのはおまえの脳内だけだろがw

北方から沿岸航行してきた弥生人自身が朝鮮南部で知った水田稲作を
九州北部に導入しただけの話だろがボケ湾ウンコ色ベトナム顔土人くんw

16 :出土地不明:2010/03/24(水) 23:34:02 ID:xOMG4Iw5
これがテンプレの土器小僧か。
おまえは魏志魏志安安伝も読んだこと無いのか。

17 :出土地不明:2010/03/25(木) 00:09:57 ID:FuFJ7tDA
白馬青牛が、『日本史の黎明』における座談会p.753あたりの江上
発言を読んだら、どういった反応を示すのか、そのくらいだな。
興味あるのは。あとは妄(ry

ま、読んだ上で、騎馬民族説についての妄想を語ってるんだと
したら、それはそれで流石と言わざるを得ないが

18 :11:2010/03/25(木) 00:17:20 ID:k7CzT8vZ
訂正
2.2500年前±α C3旧石器人          シベリア → 日本列島  05%

2.25000年前±α C3旧石器人          シベリア → 日本列島  05%


19 :11:2010/03/25(木) 00:21:30 ID:k7CzT8vZ
黄河文明人にしても長江文明人にしても一度に、ワッと入ってきたんでなく、
数百年かけて、ボツリボツリって入ってきたとお思うよ。


20 :白馬青牛 ◆cjIySZ2iYw :2010/03/25(木) 00:30:34 ID:CMx+4N6X
>>3-4
 ですから、尾張だけ長槍密集戦法を採ったんじゃありませんし、
江南が文明化したんは、五胡に圧迫された漢人が江南開発したおかげで、
宋代以降文明化しただけけですよ。中国は北から新しい文化が入り、
人も文化も北から南へです。日本は西から東へです。
>>7-8
エラの張った縄文人顔なんか西日本より東日本に多い形質じゃし、
わしゃあそがん容貌じゃないど。他者扇動工作が幼稚過ぎよ。
事大主義は、疑似科学血液型君のことじゃろうに。
欧米奴隷の福沢諭吉を尊敬しとるけんのう。 このスレを欧米人で
見よるもんがおる思うたら赤面するよ。
しかも、わしゃあモンゴル遊牧民は周辺森林狩猟民から蹂躙されとる
劣等感から事大主義じゃ云うとるで。わしの罵倒宣伝工作自体が
既に間違うとる。生物優勢学妄想ナチスは可笑しげなことを云うのう。
>>11
死の海の黒潮からの移民なんか存在せんよ。
>>12-13
縄文人は稲作を伝えた連中に圧迫されただけよ。どうせ稲作の米なんか
日本人の主食になっとらん物じゃし、稲作伝播なんか大した意味すら無い。
>>14
弥生人云う云い方は誤解を招く。渡来系弥生人が奴隷根性で
呉の末裔を名乗っても、事実はのうて仮冒でしか無いよ。

21 :出土地不明:2010/03/25(木) 00:31:48 ID:APAOaCk2
文字はどうやって世界に広まった
宗教はどうやって世界に広まった
小麦はどうやって世界に広まった
米だけなんで移住前提なんだよ

22 :白馬青牛 ◆cjIySZ2iYw :2010/03/25(木) 00:39:07 ID:CMx+4N6X
>>17
『日本史の黎明』云うて読んだこと無いがどの出版社か?

23 :出土地不明:2010/03/25(木) 10:50:15 ID:94wgtxpq
ググレカ...仕方ないなぁ。六興出版だよ。あとで、ちゃんと
読んで引用してみてね。研究者の思想的背景を探ることの重要性
を説いていた馬牛なら、このくらい知っておかないと

ttp://webcat.nii.ac.jp/cgi-bin/shsproc?id=BN0036947X


24 :LUNAMASK:2010/03/25(木) 12:14:09 ID:WNZduykI
>>20
例えば、鵜飼一つとってみても、中国では淮河辺りを南北の境界として、その南方に分
布するが、わが国古代でこの技術を担ったのは稲作文化をもつ海神族系の部族であ
った。殷周時代には、この淮河の線辺りが殷・周王朝の勢力圏の南限で、南方の楚の
北限であったとみられている(貝塚茂樹・伊藤道治著『古代中国』)。『魏志倭人伝』等
に見える倭人の入れ墨も、越など中国南部の習俗であった。こうした事情から見て、
日本は本来、多民族国家であったことは疑いなく、樋口清之氏も、現代日本人の顔つ
きをじっくり見れば、これは明らかで、複雑な敬語体系はその証拠と述べられる(『逆・
日本史3』)。観念的なマルクス主義の社会進化論だけで、わが国の上古史の動向が
説明できるものではない。宝賀寿男「扶余系民族が日本に来た可能性」
・・・美濃の北の岐阜の長良川にも鵜飼があり、なかなか複雑なようですね。

25 :LUNAMASK:2010/03/25(木) 12:47:33 ID:WNZduykI
>.20
火祭
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%81%AB%E7%A5%AD%E3%82%8A
これは「稲作文化をもつ海神族の文化」だが、起源は背振山東南↓
鬼すべ - 福岡県太宰府市、太宰府天満宮
鬼夜 - 福岡県久留米市大善寺、大善寺玉垂宮
火振り神事 - 熊本県阿蘇市、阿蘇神社
であり、彝族火把節
http://shonan-jcfa.com/shaoshuminzu.html
と共通するものと考えます。日本では「日本は西から東へです」 >>20
というのはご指摘の通りだと思います。

26 :LUNAMASK:2010/03/25(木) 12:51:12 ID:WNZduykI
承前
この稲作文化をもつ海神族というのが海部であり、久留米の方から、ニギハヤヒ、
ホアカリ等を奉じて丹後半島に上陸濃尾平野に入るというコースをとったんでしょう。

27 :LUNAMASK:2010/03/25(木) 13:03:10 ID:WNZduykI
承前
アケナテン、アメンへテプ4世の治世、アマルナ楔形文字文書はイエルサリム駐在エジ
プト代官からハビリ-カリブ-ハルクィ(バシコルト語では農耕犬族)が都市を次々に陥落
させたとの報告書をあげるが、当時の文書ではファラオが本件を全く無視している事実
が確認できる。ハビリ-カリブ-ハルクィはアマルナ文書で別称サガスというが、サは
クルド語、サクはイラン語で犬を意味する。
これはこの農耕犬族が、シンタシタ・アルカイム遺跡で見られ、日本の伊勢遺跡、
大和姫巡幸、式年遷宮等で見られる都市焼き払い神事を行っていたのではないかと
考えてます。


28 :出土地不明:2010/03/25(木) 19:07:37 ID:MW/fspc2
Part13 何か通夜みたいな雰囲気になっちゃったな

29 :出土地不明:2010/03/25(木) 19:20:30 ID:T5VqUZA2
235 名前:<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん[] 投稿日:2010/03/25(木) 06:31:00 ID:0wSSn76N
日本側の報告書を読むと、

・倭は海上を越えた存在で、百済、新羅、加羅とは違う民族。
・弥生人は半島人ではない。
・半島の国家を形成していたのは中国からの流民が多い。
・日本から半島へ渡り住んでいた人間も多数居た。
・飛鳥文化は中国南北朝の文化。

こんな感じだったな。上で挙げたのはまったくの正論なのでこの辺はGJでした。

30 :出土地不明:2010/03/25(木) 19:38:52 ID:Dvy7qsHe
>>11
弥生人O2b系統が江蘇(江北)から日本へ渡来した時期はちょうど、
東夷と呼ばれた彼らが黄河流域(中原)の畑作民の元祖漢民族(C3と混血したO3系統)に
影響を強く受け始めていて同化される直前の時期なんですね。
黄河流域の漢民族が日本に渡来したと言うよりは、
弥生人の先祖のO2b種族が部分的に支那の先進文明を運んだのだろうと思います。

他方簡易なボートでも太古から海流に乗ってやって来やすいもっと南の福建などの華南沿岸部は、
背後が山がちの土地でO3系統比率が支那でも最高率の地域です。
日本に来たO3系統の100%とまでは断言しませんが、多くは当然この地域がルーツと考えられます。


31 :30:2010/03/25(木) 19:45:28 ID:Dvy7qsHe
>>11
縄文人についてはそのルートはほぼありえません。
少し古い崎谷満氏の本でD2の渡来経路がそのように推定されていましたが、
現在ではD系統が南方由来であることと、D1&D3系統とD2系統が古くに分岐して
相互に孤立していたことが判っています。
そして北アジアにはD系統が極めて低頻度なのですが、
その低頻度なD系統も基本的に新しい時代にチベット方面から拡散したD1系統です。


32 :出土地不明:2010/03/25(木) 20:07:46 ID:3m0NPkCC
>>31
崎谷満氏の本は言語学の要素が弱いですね。ジェノグラフィックのデータ解釈が甘いと思います。
チベット族だと、D3+O3で70%いってしまうので、新しい時代(秦漢以降)なら
D3も北アジアにいなけりゃおかしいです。
D3は、日本の近所にはいなくて、ウイグル族に4%とかいるというデータもあり
スレのテーマでは、あまり関心を持たれないし、保留しときます。

チベット・ビルマ語派の人達全体を俯瞰すると、正解に近づくのではないでしょうか?
アランちゃんみたいなギャロン人は、チベット語話者なんかじゃないです。
数もチ・ニ・スム・シでなく、タル・タウ・カル・カプと数えていく異民族ですが、チベット族です。
(ギャロン語は、語頭にHやJの音が残り、閉音節も多いので若干違うと思いますが。)

33 :出土地不明:2010/03/25(木) 20:14:41 ID:3m0NPkCC
>>25
彝族の古代ロロ語だといわれているのが「白狼王歌」です。
彝語と白語が関連性があるといわれている根拠もこの「白狼王歌」です。
http://www.chinabaike.com/article/1/78/181/2007/20070510111459.html

漢代は、犬=狗ではなく、狼と呼ばれてたわけですね。
六彝七羌九テイのうち、六彝はロロ語の集団です。

白狼で歌われている古代ロロの要素が、日本にも入ってきたかどうか
何かの出土物に結びくかどうかに、私も関心があります。

34 :出土地不明:2010/03/25(木) 20:20:20 ID:3m0NPkCC
>>8
>遊牧民とYAP+種族を意図的に混同しようとする。
アムド・チベットの人達は、本物の遊牧民。事実は事実。
1000年〜2000年の遊牧歴史がありそうです。

西寧付近のチベット族の人が、ジェノグラフィックに参加していると思います。(図2)
http://www.geocities.jp/ikoh12/kennkyuuno_to/012_4Y_chromosome_no_kennkyuu.html

この人達は、アムドという遊牧民を含む集団の一員です。

35 :出土地不明:2010/03/25(木) 21:54:10 ID:wxDTV4UR
わぉ〜〜月光たん、てか皆さん新しいスレに移動してたんでつね(^_^;)
そんでもって、やっぱりカラスク・鴨・尾張(=オークネフ=山戎=銅鐸文化人)はA群でしたか(^-^)/

LUNAMASK:2010/03/24(水) 10:36:51 ID:1tHWGidB
http://academy6.2ch.net/test/read.cgi/archeology/1266584459/menu844-825
これでいくとカラスク・鴨・尾張(=オークネフ=山戎=銅鐸文化人)は神やらいされた
L群のスサノオでなくA群の炎帝(少彦名)なんじゃね??
http://yamatai.cside.com/katudou/image/267-5.gif
http://yamatai.cside.com/katudou/kiroku267.htm
つまり、こうなる↓
銅緑山(直線L)スサノオ 
大井子(領域A)カラスク・鴨・尾張(=オークネフ=山戎=銅鐸文化人) 
鳳凰山(領域B→銅出徐州)おそらくこれが鏡作り

36 :出土地不明:2010/03/25(木) 21:59:25 ID:wxDTV4UR
ってことは、A群「カラスク・鴨・尾張(=オークネフ=山戎=銅鐸文化人)」が
「天孫・八咫烏」の正体でつね!!

LUNAMASK:2010/03/24(水) 10:53:47 ID:1tHWGidB
http://yamatai.cside.com/katudou/image/267-4.gif
九州の古代邪馬台国に侵入してきたスサノオ、細型利器族、左、の当初勢力範囲。
右は勝利した天孫族の最終布陣。スサノオは四隅突出型墳丘墓として出雲に
神やらいされ、天孫は吉備へと進む。

37 :出土地不明:2010/03/25(木) 22:06:19 ID:JVcyr4tb
月光といえども、カキコを皆に読んでもらいたいという欲求が
あるんだな。専用スレからすぐ戻ってきやがる。

38 :出土地不明:2010/03/25(木) 22:14:09 ID:wxDTV4UR
わぉ〜わぉ〜
これが、南方呉越稲作民が、天孫族(カラスク・鴨・尾張(=オークネフ=山戎=銅鐸文化人))と
邪馬台国を建国するプロセスなんでつね〜(^0^)/

LUNAMASK:2010/03/24(水) 15:54:34 ID:1tHWGidB
http://academy6.2ch.net/test/read.cgi/archeology/1266584459/menu842
黄淮
http://yamatai.cside.com/katudou/image/267-2.gif
から北上した集団/楚O-LINE1 3.1%・呉越O-M95* 1.9%/が
http://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/5/5a/Streitende-Reiche2.jpg
http://yamatai.cside.com/katudou/image/267-1.gif
背振山系東南↓に入り、
http://yamatai.cside.com/katudou/image/267-4.gif
右図中広青銅利器分布圏に天孫の九州邪馬台国を建国し、これが後に後発の左図細型青銅利器、
地祇族と対立することになったと考えられるのです。

39 :出土地不明:2010/03/25(木) 22:38:38 ID:wxDTV4UR
わぉ〜>>32たん(^0^)/

>>36
A群天孫チベット・ビルマ語族とL群地祇ツングース語族の対立が倭国大乱でつね(^-^)/
そして卑弥呼共立で近畿邪馬台国・三輪王朝が確立する〜


40 :出土地不明:2010/03/25(木) 22:46:57 ID:3m0NPkCC
>>39
それが、なんか動きたがるグループと
あんまり動きたがらないグループがあるんですよ。

だから、ロロ系=彝=白狼のグループには期待しているんですけどね。

41 :出土地不明:2010/03/25(木) 22:53:03 ID:DWjmeRCp
久々のヒットか?

満州族の鳥居。

8Cに登場した鳥居は時代背景から遣隋使・唐使使たちが唐の華表を持ち込んで
アレンジしたものと考えていたのだが、満州のものは鳥居そのものであり、
そうなると、8Cという時代背景から渤海使が伝えたという線も濃厚になる。

渤海使は727年、聖武天皇に初謁見している。


満州族の鳥居
http://www.geocities.jp/ramopcommand/_geo_contents_/090718/Manchukuo00C.html

42 :928:2010/03/25(木) 22:54:06 ID:6OUdSBMd
倭面土国
 =ヤマト国
 =ヤのモト国
 =ヒのモト国
 =日本国

虚空みつ倭
 =ソラ、ミツ、ヤ、モト
 =ソラの光のヤのモト

「日本語の起源」田中孝顕

トンデモかもしれないが、魅力的な説だ。

43 :出土地不明:2010/03/25(木) 22:59:57 ID:Dvy7qsHe
>>32
>5は大まかに合ってると思うけど、中国の最新のY染色体分析とか読むと
D(日本ではD2旧石器人→縄文人)はナショジオとかで言われるスンダランド由来の
古い海洋民(C系統と一緒に最初の出アフリカを行い東へ海沿いに来たとされる)の可能性の他に、
「ヒマラヤ南麓→華南山岳→琉球弧→九州・本州」と拡がった可能性が捨てきれない気がする。
海の民の性格もあるのでしょうが、それ以上に山の民の性格が太古より強いのではと。

最終氷期であれば、琉球弧がほぼ陸橋になっていた時期が多いでしょうし
航海が得意な種族でなくても容易に移動出来たと考えられます。
採集に向いた風土は水が豊富で落葉広葉樹林が広がる山岳地ですが、
最終氷期の終り頃の気候では大体、華南山岳や沖縄がこの気候帯に当たったと推測されます。

言語学は詳しくないので>32氏などの御話も興味深いのですが、
前スレで日本語に一番近いのはあえて言えばシナ・チベット語族という話がありましたが、
北方の影響も強く受けた中国語は微妙ですが、大体このベルト状の地域が由来の共通性かもしれませんね。
元々最古の東アジアの種族だったD系統が父系ではO系統に圧倒されたのが今の南部中国人なのでしょう。。

C1系統に関してはもう少し遅い(といっても相当古いですが)の最終氷期の終り頃に海面上昇に直面して、
必要に迫られてスンダランド地域から脱出して海を北上したと考えれば、
現在の分布、渡来時期の違い、移動手段の違いなど色々と説明が付きそうです。


44 :出土地不明:2010/03/25(木) 23:03:07 ID:8gxxX1/c
>>29
>・弥生人は半島人ではない。

濱田耕策氏は「古代日韓関係の成立」-地域間の交流から古代国家の関係-
"第一章 考古学の成果から見る「半島・海峡・列島」の地域間交流"の中で、

・「島嶼分散タイプ」(沿岸部に点在するタイプ)<弥生前期末〜中期後半の"九州と山口"の遺跡12ヵ所>
 ---小規模な交易や偶然の漂着による列島への渡来人

・「内部集中タイプ」(内陸部に集中するタイプ)<弥生前期末〜中期前葉の"九州と山口"の遺跡21ヵ所>
 ---弥生社会に住み着いた渡来人
を、
 [諸岡タイプ]<弥生前期末の"九州"の遺跡11ヵ所>
 →限定された時間内に弥生集落の一部を占めているに過ぎない渡来人集団
 [土生タイプ]<弥生中期初頭〜中期前葉の"九州"の遺跡10ヵ所>
 →弥生人に同化したと理解される渡来人集団
に分類したうえで、

「弥生人≠半島人」の考古学的蓋然性がきわめて高いことに言及している。

お見事。


45 :出土地不明:2010/03/25(木) 23:05:17 ID:Dvy7qsHe
>>34
血統・種族と言う意味では、アルタイ系とYAP+系と区別した方が良いのでしょうね。
チベット北東部アムド地方の遊牧民は、血統的に半分YAP+の種族ですが、
生活スタイルと言う意味ではモンゴル系(C3&O3)に近い形になっていると。


46 :出土地不明:2010/03/25(木) 23:08:48 ID:3m0NPkCC
>>43
「白狼王歌」を解読した学者さんの見解だと
シナ・チベット語族の古い形が分析されていますが
その結果からは、「とんでも学説」を否定するものだと思います。

だから、白狼語の人達は、仮に日本にきても、少数派なので日本語に合わせてしまって
全国統一を企んで、シナ・チベット語を押し付けようという発想は無かったみたいです。

47 :出土地不明:2010/03/25(木) 23:10:42 ID:Dvy7qsHe
自己レスですが、>43はD2の日本渡来時期の最終氷期の頃の気候で言えば、
インドシナ半島北部・華南南縁地域と言った方がより正確かもしれません。


48 :出土地不明:2010/03/25(木) 23:16:07 ID:wxDTV4UR
わぉ〜>>43たん(^0^)/

>「ヒマラヤ南麓→華南山岳→琉球弧→九州・本州」

チベット−雲南−邪馬台国の茶馬古道、チベット・ミャンマー語族天孫ネットワーク
でつね!!

49 :出土地不明:2010/03/25(木) 23:18:50 ID:3m0NPkCC
>>45
アムドといっても、黄河上流の農家で、菜種畑も生業にしている人も多い。
そんな中国の農民みたいな人もいるから、全部が遊牧民じゃないみたいです。

だから、生活スタイルも日本からみると近親感のある人達もいて
ただアムドの言葉を話せるというだけなんですよ。

50 :出土地不明:2010/03/25(木) 23:21:21 ID:wxDTV4UR
>>45
月光たんはオークネフ密教(後の修験道)を日本に伝えたのは、アルタイ系と言っているけど
おいらはYAP+系だと思うの(^-^)/

51 :出土地不明:2010/03/25(木) 23:23:29 ID:Dvy7qsHe
>>46
D2種族が約3万5千年前頃に来た最古の日本人(そして現在まで最大の系統)で、
日本語も基本的にD2系統の言語なのはほぼ確かだと思われます。
その一方でD1やD3は日本人にほとんど存在しないので、
もっと後世にビルマ・チベット系種族が有意な人数で渡来はなかったことになります。
(日本にD系統が渡来したのはこの3万五千年前にD祖型の形で一度のみ。ここから人口爆発した。)
なので白狼語の人達が日本に多数渡来したと言うことも仰る通りになかったと言えるでしょう。


52 :出土地不明:2010/03/25(木) 23:27:25 ID:3m0NPkCC
>>50
ロロといえば、N系が30%超の民族になってしまうので、可能性薄いですね。
人口の多い彝族(700万)哈尼族(140万)がジェノグラフィックに参加してますが
N系が高めなんです。

53 :44:2010/03/25(木) 23:27:50 ID:8gxxX1/c
訂正。
・「内部集中タイプ」(内陸部に集中するタイプ)<弥生前期末〜中期前葉の"九州と山口"の遺跡21ヵ所>

・「内部集中タイプ」(内陸部に集中するタイプ)<弥生前期末〜中期前葉の"九州"の遺跡21ヵ所>

54 :出土地不明:2010/03/25(木) 23:29:59 ID:Dvy7qsHe
>>48
このベルト地域は今(の気候)では照葉樹林ベルトなのですね。
最終氷期終了後は現在まで大雑把に言えばほぼ一貫して照葉樹林帯です。

邪馬台国とかは明らかにD2渡来よりも遥かに時代が下ったO2b系水田稲作民渡来の時期ですよね。
なので両者の日本人のルーツとしての繋がりは、一応はっきり区別されるべきです。
もっともヒマラヤ周辺地域・南中国・日本が2重の意味で縁があるのは確かですよね。


55 :出土地不明:2010/03/25(木) 23:36:16 ID:Dvy7qsHe
>>52
N系統と言えばアルタイ系ではなくロシア(ウラル)系に典型的ですが、
確か南にも残っているのですよね。(NOは元々南方由来らしい)

D系統とN系統が共にそこそこ存在すると言う意味では青森県人に少し似ていると言えないことも。
(とは言え青森県人は日本人なので当然D系統の方がずっと多いですが・・・)


56 :出土地不明:2010/03/25(木) 23:37:59 ID:DWjmeRCp
何だこの台湾人洗脳プログラム通りに動いてるスレ?

57 :白馬青牛 ◆cjIySZ2iYw :2010/03/26(金) 00:23:25 ID:GtE3Z7ne
>>23
わしゃあ、江上氏の対談集の六興出版なら、他板でも引用しとる『攻めの
文明・守りの文明』『世界史の新視点』を持っとるが、あんたの挙げた本を
持っとらんのう。どがあな内容か提示してつかい。
>>24-25及び>>26-27
鵜飼なら、満州の鵜飼を無視して南方誘致工作は頂けませんし、樋口清之氏
なんか出鱈目県民性本で商売した方ですから、挙げても意味が無いで
しょう。火に対する概念でも高句麗の火渡り習俗を意識的に無視して、
南方誘致前提を工作しようとされる。しかも稲作文化を持つ海神と
されますが、我が国に稲作と漁撈が混合した生業を持つ漁撈民なんぞ、
ほとんどおりません。漁撈はむしろ畑作や牧畜とリンクしとるでしょうに。
瀬戸内の島嶼部でも漁撈は段々畑の畑作と関連しますが、内陸部の稲作文化
とは関係無いんですよ。牧畜は島嶼部が牛馬の放牧地域であった中世の
歴史から関連が強いですよ。稲作を主として漁撈が副業の南方越文化と、
漁撈を主とし、畑作を副業とする我が国とは文化形態の違いますよ。

58 :出土地不明:2010/03/26(金) 00:33:22 ID:vYaHsggS
>>57
『日本民族の起源』は読んでるよね?


59 :出土地不明:2010/03/26(金) 00:36:42 ID:vYaHsggS
同名の本、いっぱいあるか。昭和33年平凡社から刊行されたやつ。

60 :白馬青牛 ◆cjIySZ2iYw :2010/03/26(金) 00:47:31 ID:GtE3Z7ne
>>29
日本側の報告書なんかオナニーでしか無いわ。倭が南鮮と違う民族と
書かれた文書なんか東夷伝でも出てこんよ。
>>31-32
城崎氏は、古人骨を抽出出来ん、精度の低いY染色体妄想論を
補強するため、抽象的な解釈論になる曖昧な言語学でお茶を
濁しただけじゃろう。複合的、総合的根拠なら形質人類学を無視出来ん
もんじゃが、あえて抽象解釈論に還元出来る主観的な妄想言語学を
入れて、自己妄想を重ねる。学者云うよりカルト扇動家まがいの人物に
過ぎんよ。じゃけぇ>>39のような架空の言語対立の倭国大乱妄想が
出てくるんじゃ。言語なんか、トルコ語使用の民族がモンゴル語化する
よう、人種論とは何の関係も無いのに。
>>49
アムドには、タングート、ゴルクと様々な集団があるけぇ、>>45のように
人種概念に還元妄想するんは、ナチレイシストじゃね。
なんで考古学と関連せんYカルトがここに集うんじゃろうかね。
>>50-51なんかも。新興宗教集団信者の連投かのう。

61 :白馬青牛 ◆cjIySZ2iYw :2010/03/26(金) 00:50:56 ID:GtE3Z7ne
>>58
『日本民族の起源』平凡社は、手元に持っとるよ。著者代表が
軍人から学者に転向された岡正雄氏じゃ。

62 :出土地不明:2010/03/26(金) 01:43:39 ID:s0bD50HU
だから、倭と百済が似てるとして
なぜ朝鮮南部と北が言語が違うんだ
北方民族が朝鮮北部に来て、それから南に来て九州に入ったとする説は
成り立たない。モンゴル系言語に関西弁が似てないといけない。
しかし似てるのは東北の方だ。

むしろ環日本海に大きな交流圏が古代に有って(モンゴル、北、東北、出雲な)
2000年ちょっと前頃に南方から天皇系が朝鮮南部や九州や畿内まで
割り込んできたと言う方が成り立つ

63 :出土地不明:2010/03/26(金) 01:51:36 ID:s0bD50HU
ただし天皇は江南系では無い
日本語だからだ
九州に隔離されてた勢力だろう

朝鮮南部に隔離されていた勢力と言うのも成り立つかも知れない
この場合は日本に来た理由は、モンゴル北方系に押されて逃げてきたと言う形になる

北方系が日本に、これはどうしても繋がらない

64 :白馬青牛 ◆cjIySZ2iYw :2010/03/26(金) 02:07:46 ID:GtE3Z7ne
>>62-63
モンゴル云うか満州族のズーズー弁は、東北だけじゃのう
出雲に残っとるし、方言周辺説じゃ畿内の古語が辺境に残る
形態とも云える。
航海の軸線から外れる南方は問題外で、南方人が征服した例も
世界史的に無い。国造りの得意な北方民族しか無いのう。

65 :出土地不明:2010/03/26(金) 02:16:26 ID:2Et53snz
>>62-63
おまえはまず土器の勉強から始めなw

66 :出土地不明:2010/03/26(金) 02:18:17 ID:BlrbksDi
言語を言えば日本語と似ていたらしいのは高句麗語と百済の支配層言語だけで他の大陸言語とはほとんど関係がないらしいな。

 普通、征服王朝なら支配層と平民の言語が違うはずだ。混じりあったのなら痕跡くらい残るだろうし。

 しかし日本語にそんな痕跡もない。朝鮮語ともほとんど関係ないのは朝鮮人が民族移動してきたからではないか?

 その証拠はアリランにある。


67 :出土地不明:2010/03/26(金) 02:20:50 ID:s0bD50HU
>>65
土器が似てると民族移動の証拠になるのかよw
職人が一人来ただけで技術移転は可能なんだけど

68 :出土地不明:2010/03/26(金) 02:23:18 ID:3WA+KZya
>>51
少なくとも日本語の数詞は縄文起源だな

大湯環状列石出土の土版にも倍数関係が現れている
1 hi  ・ 2 hu
3 mi ・ 6 mu
4 yo ・ 8 ya

大湯環状列石出土の土版 縄文の数の標準器
http://www.dokyoi.pref.hokkaido.lg.jp//NR/rdonlyres/5862FE7A-AA6D-427F-BC62-6EB4FE0DE90C/0/tablet.jpg
http://www.dokyoi.pref.hokkaido.lg.jp/hk/bns/lecture

69 :出土地不明:2010/03/26(金) 02:39:13 ID:2Et53snz
>>67
痛いやつだなw

70 :LUNAMASK:2010/03/26(金) 09:00:48 ID:iwDtewsL
>>50 五岳信仰、モーセ等と同根と考えています。

71 :LUNAMASK:2010/03/26(金) 09:01:29 ID:iwDtewsL
>>57
>火に対する概念でも高句麗の火渡り習俗を意識的に無視して、
>南方誘致前提を工作しようとされる。
高句麗は北上のルート上にあり、また、白山信仰も >>33 白狼と関係するのかも。
>しかも稲作文化を持つ海神とされますが、
>我が国に稲作と漁撈が混合した生業を持つ漁撈民なんぞ、
>ほとんどおりません。
稲作文化圏出自と見られる海人族→尾張海部
縄文・畑作時代からの海人族→安曇海人族
こういうことを考えています。


72 :LUNAMASK:2010/03/26(金) 09:52:55 ID:iwDtewsL
>>57
>南方誘致前提を工作しようとされる。
-----------------------------------------------------
誘致しようとしているのは↓
http://www.catv296.ne.jp/~t-homma/image13.gif
http://www.catv296.ne.jp/~t-homma/dd090210.htm
南方ではありますが、白馬青牛さんのおっしゃる西方からの流れに沿っています。

73 :LUNAMASK:2010/03/26(金) 10:04:43 ID:iwDtewsL
http://academy6.2ch.net/test/read.cgi/archeology/1263883002/menu24
>楚がもともと鄂国のものであった大冶の銅緑山鉱山を奪い取った
鄂国ですが ↓これによると
据七秩齢童(七才児の)考証:

大約4000年前,揚子鰐广泛分布于黄河和長江流域,其時在山西汾河流域就盛産
一種“汾河鰐”,而隣近汾河的今山西郷寧県在商代就建有一“鄂侯国”,以捕鰐
為業,商紂王時封為三公,以“鄂”為国号。

其県至今尚有鰐山(又名鄂山),鄂水,鄂谷等地名。

由于古鄂国地近晋都(周成王封其弟叔虞于唐,改国名為“晋”),周成王時被兼并,
故《世本》載有:“唐虞侯居鄂”,不得已鄂国的遺民南逃至今河南洛陽亡山的鄂里坂
定居,但此時的成周強盛,虎視眈眈,鄂国被迫再往南遷至今河南南陽一帯,史
称“鄂”或“西鄂”。

周夷王時,周鄂交悪,周、鯱連軍出兵征鄂,鄂人只好再次南遷到今湖北梁子湖畔
的“鄂城”(今大冶有鄂王城遺址,為第五批全国重点文物保護単位。)定居下来,
史称“東鄂”。
http://www.qjren.com/showtopic-53855.html

74 :出土地不明:2010/03/26(金) 10:08:13 ID:s0bD50HU
>>69
オマエがなw
さあ土器の話をしてもらおうか

75 :LUNAMASK:2010/03/26(金) 10:10:29 ID:iwDtewsL
承前
伯耆では大国主命が鰐ざめに毛皮を剥がされたウサギを助ける話があり、また、
琵琶湖西南に和邇川、大和には和邇氏、和邇という地名等があります。黄河・
長江で揚子江鰐の皮を剥いでいたということとも一致します。

76 :LUNAMASK:2010/03/26(金) 10:13:09 ID:iwDtewsL
承前
出雲大社の北に鰐淵寺という寺がある。

77 :LUNAMASK:2010/03/26(金) 10:25:56 ID:iwDtewsL
「この楚文化の繁栄は、荘王一代に限られた現象ではなく、それ以降連綿と、基本的
には呉起変法ののちまで続くのです。
この段階の楚文化は、主に以下のような点に示されています。

まず第一は、経済の進展を決定付けた青銅器・鉄器製造の発展です。青銅器の鋳
造記述は以前に比べてさらに進歩し、種類・器形はますます増加して、種類・器形が
増加するのにともなって、様式・風格は南方楚地域の独自性を、より強くもつようにな
りました。鉄器も同様に、さらに普及するようになり、兵器・礼器はもちろんのこと、広く
生産と生活の場で使用されるようになって、さまざまな製品が作られました。

第二は、絹織物とその刺繍が空前の発展を見せたことです。製作技術においても、
様式・紋様・装飾は、きわめて高い水準を示しており、特にその紋様は特徴的な動植
物のそれとなっています。

第三は、木彫り彫刻・竹製品・漆器などがきちっとした生産工程で生産され、きわめて
高水準の装飾芸術が出現して、しかも楚文化独特の風格を備えていることです。

第四は、基本的な天文暦法の知識をもとにして、天体の観測制度や天文現象の
理解が、大きく進展したことです。帛画・壁画・楽舞といった芸術には、以上にのべた
文化発展の四つの様相が、もっともよく示されているでしょう。

要するに、楚国の国力が強勢となるにしたがって、この段階の楚文化は繁栄の気運を
みせ、百花斉放の状況を出現させたのです。

ここで、特に強調しておきたいのは、青銅器鋳造技術・鉄器鋳造技術の発展、農業生
産技術の発展、皮革業の発展、商業の発展です。」


78 :LUNAMASK:2010/03/26(金) 10:31:41 ID:iwDtewsL
徐福の百工、雄略天皇の呉人招聘といった国策的移民の他に孔子が言及する
筏による民間の移民というのがあったのでしょう。

79 :出土地不明:2010/03/26(金) 12:13:13 ID:lEf3L2Yx
>>68 >>32 をヒントに数詞の比較を貼っておくよ
シナ・チベット語族
(普通話)イ・アール・サン・ス
(客家語)イッ・ニー・サーム・シー
(藏語)チ・ニ・スム・シ
(彝語)チ・ニ・スォ・アー
(羌語)タル・タウ・カル・カプ
タイ・カダイ語族
(タイ語)ヌン・ソーン・スム・スィー
ミャオ・ヤオ語族
(苗語)エ・ホウ・フー・ヘイ

東アジア最古の種族を捜すヒントにしてね

80 :出土地不明:2010/03/26(金) 20:08:13 ID:81lrp20V
>>79
おっ、香格里拉「縄文人」ですね。

実は、桃花源「縄文人」もいるみたいです。場所は広西チワン族自治区の桂林付近
瑶族語(勉語)には、シナ・チベットにもミャオ・ヤオにも無い独有的基本詞があるとあります。
http://yx.gxun.edu.cn/yaozuwenhua/yaozuyuyan.htm
妄想言語学の素材にもなっています。壮族語と瑶族語には共通の古い基層があると仄めかしてます。
http://www.eduquan.com/fanwen/356/685/20070729113992.html
壮族も瑶族も、普段は漢語を使っているので、独有的基本詞はあまり人前で口にしないでしょう。
独有的基本詞が残っている地域ほど、漢語通用率も高い気がしますね。

ミャオ族の苗語は、北方的要素が強いみたいで、東アジア最古の種族とは違うでしょう。
ミャオ族は、北→南の向きです。

81 :出土地不明:2010/03/26(金) 20:21:06 ID:81lrp20V
香格里拉(四川省や雲南省北部)は
元謀原人も住んでいたから、一等地だったという解釈もありです。

貴州省や雲南省南部は、川沿いか尾根筋確保しないと
砒素井戸でしか水が確保できなくて、それほどいいとはいえません。(>>25のリンク先)

82 :出土地不明:2010/03/26(金) 22:21:11 ID:bwjNR9Wr


父親から息子にのみ伝わる男系のY染色体DNAとともに、人類や民族集団の
起源探究の有力なツール。現生人類の母方のルーツをアフリカの1人の女性
(ミトコンドリア・イブ)と導き出し、人類「アフリカ単一起源説」の支持を高めた。
日本人全体の祖先は2人の女性だが、人類の拡散途中に各地で生まれた多様な型を
持っていること、南方説が有力だった縄文人のルーツは弥生人同様、大陸方面が
優勢と考えられることなどを明らかにしている。

http://sankei.jp.msn.com/life/trend/080804/trd0808041444013-n2.htm
南方説が有力だった縄文人のルーツは弥生人同様、大陸方面
南方説が有力だった縄文人のルーツは弥生人同様、大陸方面
南方説が有力だった縄文人のルーツは弥生人同様、大陸方面
南方説が有力だった縄文人のルーツは弥生人同様、大陸方面


83 :出土地不明:2010/03/27(土) 00:44:49 ID:6+GlIi3h
シロウマアオウシはどこからきたか?2
http://academy6.2ch.net/test/read.cgi/archeology/1250095263/

84 :出土地不明:2010/03/27(土) 01:00:49 ID:dAdfct2N
>>82
残念だけどその研究は前提が怪しい
日本で縄文人比率が一番高いのが沖縄で96%になっている
沖縄には3万5千年前に湊川人もいるし縄文人だけになる訳が無い

湊川人が北方ルートなら3万5千年前に九州に着てるはず
江南には湊川人に似た骨が出てる

85 :白馬青牛 ◆cjIySZ2iYw :2010/03/27(土) 01:29:56 ID:MJClH8A+
>>66
征服王朝と言語は関連せんし、言語は人種と関連せんよ。
その中で日本語がアルタイ系文法を維持したんはアルタイ語系の渡来系が
多かった云うことを表しとる云うだけのこと。
>>68
日本の数詞は、高句麗に近いけど、言語の文献の無い縄文と結びつけたら
電波になるのう。
>>71
高句麗が北上云うより西方からの移民でしょう。尾張海部云う種族さえ
妄想でしょう。安曇を縄文認定するんも。海人は畑作と漁撈の生業ですよ。
>>72-73
西方の流れと江南華南は別の文化圏でしょう。
>>75
高句麗のスッポンが橋を作った形態の神話ですから、江南誘致よりも、
高句麗の方が近いでしょう。

86 :白馬青牛 ◆cjIySZ2iYw :2010/03/27(土) 01:44:14 ID:MJClH8A+
>>77
青銅器を造ったんと経済力を混同しても意味がありません。
江南は4世紀以降の華北人の農地開発以降文明化したわけですから。
>>78
呉人も高句麗の句麗かも知れんでしょう。日本から江南へは
百済、高句麗の地域を通じての交流ですし、朝鮮北部経由は
外せません。江南の呉の文化なんか直接的には日本には
無いんですよ。
>>79
日本語のヒトツ、フタツ、ミッツとは言語形態が異なるよ。
>>82
時代を遡って実証した学者がおらんのに、父系が継続される
じゃのファンタジーの世界じゃろう。

87 :テンプレ:2010/03/27(土) 02:17:15 ID:kVQN+IyO
☆重要事項☆ 

専用ブラウザの最適設定
LIVE2ch
http://www8.plala.or.jp/uro/live2ch/
・下のほうにインストーラー付きのやつがあります。
・ダウンロード・インストールしたら主画面の上にある「設定」をクリック・さらに「オプション」をクリック
・なんか画面がでてくるので真ん中にあるNGワードをクリック
・すると本文、やらメールやらでてきます ここにNGワードにしたい言葉(白馬青牛)を打ち込みます
・最後に主画面のキターの顔文字のやつクリックして再読込すればおk(あぼーんの種類、透明、あぼーん等各々お好きなように)

Jane doe style
http://janestyle.s11.xrea.com/
@まずダウンロード・インストールしてください
A主画面の上、右から2番目の「ツール」をクリック・さらに一番下の設定をクリック
Bなんか出てきますので、左にある項目群の真ん中らへんにある、「あぼーん」をクリック
C上にタブが10個くらいでてきます。左から3番目にある「NGword」をクリック
D「追加」でNGワードにしたい言葉(白馬青牛)入力します →で「OK」
EまたCまで進んでください。
Fそしたら上のタブの一番右「option」をクリック
G「NGをあぼーん」をチェックし「OK」
Hすでにスレッドを開いてしまっている方は一旦主画面真ん中の右から2番目にあるゴミ箱をクリックして、ログをしましょう。
I再読込するとあら不思議。きれいさっぱり荒らしの方がいません。

すごいめんどくさい手順かもしれませんが、自分はこれでやっています。ご参考までに
他にも専用ブラウザーがありますので、上記2つが何か気に入らなかったら「ギコナビ」等試してみるのもいいかもです。
どちらも無料です。

88 :LUNAMASK:2010/03/27(土) 11:38:33 ID:+kWDQqSt
>>85 [←白馬青牛さん]
>>71 [←LUNAMASK]
>高句麗が北上云うより西方からの移民でしょう。[←白馬青牛さん]
高句麗地方は歴史的に北、西、南の影響を受けるところ。
>尾張海部云う種族さえ妄想でしょう。[←白馬青牛さん]
籠神社勘注系図参照。
>安曇を縄文認定するんも。[←白馬青牛さん]
安曇族は縄文黒曜石ネットワークの中心地信州八ヶ岳に集束。
>海人は畑作と漁撈の生業ですよ。 [←白馬青牛さん]
そうでしょうね。稲作では農繁期と漁労期がぶつかります。
>>72-73 [←LUNAMASK]
>西方の流れと江南・華南は別の文化圏でしょう。[←白馬青牛さん]
基層的な部分と西方から移動してくる部分が重なるのでしょう。
---------------------------------------------------------------
>>75 [←LUNAMASK]
>高句麗のスッポンが橋を作った形態の神話ですから、江南誘致よりも、
>高句麗の方が近いでしょう。[←白馬青牛さん]
-----------------------------------------------------------------
なるほどね。
-----------------------------------------------------------------
>>86 >>77 [←LUNAMASK]
青銅器を造ったんと経済力を混同しても意味がありません。
江南は4世紀以降の華北人の農地開発以降文明化したわけですから。[←白馬青牛
さん]
--------------------------------------------------------------
青銅器時代つまり夏・商期には銅緑山を掌握したもの、巴族→鄂侯国人、はカザフス
タンの銅資源を掌握したものと同様、シルクロードの前身のユーラシア隊商ネットワーク
の商権を確保したはず。そうしたものの後に江南は4世紀以降の華北人の農地開発
以降更に文明化したのでしょう。
---------------------------------------------------------------
>>78 [←LUNAMASK]
呉人も高句麗の句麗かも知れんでしょう。日本から江南へは
百済、高句麗の地域を通じての交流ですし、朝鮮北部経由は
外せません。江南の呉の文化なんか直接的には日本には
無いんですよ。 [←白馬青牛さん]
そうじゃないんです↓大いに関係あるんです。
http://homepage1.nifty.com/o-mino/page766.html
「その後、孫権は遼東の公孫氏に使者を送って魏を挟撃しようとしたが失敗した。
また、東の夷州・亶州(今の台湾・沖縄諸島)に探索と人を集めさせに兵を派遣したが、
亶州には辿り着けず、夷州から数千人の住民を連れ帰っただけに終わった。」
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%AD%AB%E5%91%89
「黄龍二(230)年、孫権は将軍の衛温・諸葛直を派遣して、海路夷州・亶州を捜させて
いる。」
http://www.geocities.jp/siroztatsunosuke/_gl_images_/enkou-2.jpg
http://geocities.yahoo.co.jp/gl/siroztatsunosuke/view/20090420
呉年表
http://songokousatushitu.web.fc2.com/nenpyou.html
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%AD%8F_(%E4%B8%89%E5%9B%BD)

89 :LUNAMASK:2010/03/27(土) 11:58:07 ID:+kWDQqSt
http://www.geocities.jp/siroztatsunosuke/_gl_images_/enkou-2.jpg
国際情勢は邪馬台国と魏の銅鏡安全保障条約時代とすると、狗奴国としては
呉と手を組むのは当然のこと。
赤鳥元年 (238年)  内行花文鏡  山梨県三珠町鳥居塚出土
赤鳥七年 (244年)  平縁神獣鏡  兵庫県宝塚市安倉古墳
これらの地域を結ぶのが和邇・尾張/海部族じゃないでしょうか。

90 :LUNAMASK:2010/03/27(土) 14:02:28 ID:+kWDQqSt
>>85 [←白馬青牛さん]
>>71 [←LUNAMASK]
>高句麗が北上云うより西方からの移民でしょう。[←白馬青牛さん]
>高句麗地方は歴史的に北、西、南の影響を受けるところ。[←LUNAMASK]
-------------------------------------------------------------------
YDNA O2bはシロコゴロフ説のツングースのように >>73 鄂がバイカル湖周辺に
北上したとも考えられます。

91 :出土地不明:2010/03/27(土) 14:36:46 ID:I559PgLn
【参政権】福岡県議会 民主県政ク、公明党が反対したが永住外国人の地方参政権法制化に慎重な対応を求める意見書を賛成多数で可決[03/27]
http://yutori7.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1269665477/


広島ワロッシュw
http://15jyou.web.fc2.com/gazou/map.png

92 :出土地不明:2010/03/27(土) 21:42:03 ID:Lq5u9cTO
安曇一族は呉の文化だ。単なる海洋民族でなく呉の海岸地帯の人たち。
つまり、「朝貢」とい呉の文化と刺青や航海術という海岸地帯の文化の
両方を持った人たちだ。


93 :出土地不明:2010/03/27(土) 21:52:04 ID:Lq5u9cTO
単なる海洋民族は、熱心な朝貢文化やって金印もらえるような外交はできない。
冊封国の国王としての金印は、単に一回だけ朝貢したからもらえるというような
ものではない。


94 :出土地不明:2010/03/27(土) 21:54:46 ID:/Psc6jJX
>>88
巴族→鄂侯国人は通説みたいですけど、また別の見方が出てきているようです。

・金沙江(ディチュ河)文化
・三星堆と南方シルクロード青銅文化
四川師範大学巴蜀文化中心
ttp://www.bswh.net/ReadNews.asp?NewsID=445&BigClassName=中心??&SmallClassName=??&SpecialID=53
                                        中心簡報            簡報

5000年〜3000年前のこの時代には温暖化しているので、唐以降の「茶馬古道」の前身は
南方シルクロードとして存在してたのではないかと。金沙江の上流はディチュ河となります。
ひょっとして、巴族→藏系先住民となった可能性があるから、研究されているのかもしれません。
西藏では燃料が無いので青銅は難しいと思いますが、巴→鄂 巴→藏の両方の流れがあったら面白いですね。

95 :出土地不明:2010/03/27(土) 21:58:10 ID:/Psc6jJX
>>50 >>70
オークネフ密教(後の修験道)といいつつ
慶尚南道の智異山山麓を忘れていませんか?

三韓・新羅の時代から山岳信仰として存在し
先達が講を組んで登山してくるタイプです。

江原道の五台山、済州道の漢拏山より古い歴史があるそうです。
五台山・漢拏山が消去法で消えても、智異山は検証してませんよね。

96 :出土地不明:2010/03/27(土) 23:30:29 ID:Lq5u9cTO
>>80
ミャオ族はもともとは華北一帯にいた種族。紀元前2000年頃、夏と戦争して負けて
南に大規模に移動した。その南下によって百越人が大規模に四散した。


97 :白馬青牛 ◆cjIySZ2iYw :2010/03/28(日) 01:01:27 ID:fO819sDj
>>87
わしに対するストーカー行為か、わしに尻を提供したいんか、よう解らん
カバチ垂れよるのう。
>>88-89及び>>90
稲作と漁撈はリンクしませんよ。時期よりも生業として。沖縄に辿りつける
わけ無いでしょう。黒潮は死の海ですから。
ほいで邪馬台国じゃの奴国じゃの、楽浪を通らんと魏に行けませんから、
図は妄想ですよ。国家も出来ておらん列島の倭が公孫氏を無視して
魏と直接奴隷を献上出来るわけないでしょうに。
狗奴国が呉と組むなんぞ、妄想倭国過大評価でしかありませんよ。
韓も倭も北方民族移動期に南下する以前は奴隷国で同盟云々もあり得ま
せん。1シロコゴルフ氏はツングース華中起源で江南とは違いますよ。
>>91
外国人参政権なんか国連の意思次第で、日本国内の問題でも、
日本だけで決められることじゃないど。日本を北朝鮮のような
ユニークな国にしとう無いんなら、外国人参政権が国際的に
多くなったら、受け入れるしかあるまあ。国際協調で思想以前の問題じゃ。
>>92
んのう。安曇氏が何で江南に結びつくんか?根拠も無いじゃろうに。
呉からは海上路の軸線から外れるけんのう。
>>93
奴隷献上の属州に過ぎん弥生期の列島の倭なんか海洋民族じゃ無いよ。

98 :白馬青牛 ◆cjIySZ2iYw :2010/03/28(日) 01:07:17 ID:fO819sDj
>>96
ミャオ(苗)族は、今でも南下して東南アジアの焼畑民族も多い。
元来畑作狩猟民の山地民で、傭兵に使われる。呉越の軟弱稲作民じゃ
無いよ。

99 :出土地不明:2010/03/28(日) 01:55:22 ID:fKMAgYJ/
石家河(せつかが)文化は、屈家嶺文化から発展し、B.C.2,500年頃に、湖北省天門県石家河に
大規模な都城を造営します。湖北省天門市を中心とするB.C.3,000〜2,000の文化で、
長江中流域最大級の都城遺跡です。この都城壁は南北1.3Km、東西1.1Kmという大きさで、
城外から水を引き込み、運河として使用した跡があります。中心部には宮殿址と思われる
遺構もあって、土器、塑像、紡績の用具、玉器が出土しています。石家河の住民は苗族とされ、
黄河流域の部族と抗争したのはこの頃と考えられます。
http://www.geocities.jp/rarememory/cyoukou/cyou.htm
石家河の住民は苗族とされ、
石家河の住民は苗族とされ、
石家河の住民は苗族とされ、
石家河の住民は苗族とされ、

100 :出土地不明:2010/03/28(日) 01:56:15 ID:No0QjVjm
◆石家河文化(紀元前2500年頃-紀元前2000年頃)

石家河文化の遺跡

陶器類(深腹罐、圏足盤、鼓腹罐、大口罐、鼎、釜、瓶、杯、平底鉢、竹節豆、甑、器座、擂鉢など)
http://www.tscc.tohoku-gakuin.ac.jp/~orc/sympo/20031129.pdf
深腹罐、圏足盤、鼓腹罐、大口罐、鼎、釜、瓶、杯、平底鉢、竹節豆、甑、器座、擂鉢
深腹罐、圏足盤、鼓腹罐、大口罐、鼎、釜、瓶、杯、平底鉢、竹節豆、甑、器座、擂鉢
深腹罐、圏足盤、鼓腹罐、大口罐、鼎、釜、瓶、杯、平底鉢、竹節豆、甑、器座、擂鉢
深腹罐、圏足盤、鼓腹罐、大口罐、鼎、釜、瓶、杯、平底鉢、竹節豆、甑、器座、擂鉢

101 :出土地不明:2010/03/28(日) 02:26:33 ID:z+eqJZsr
>>99
その年代の苗族は、三苗=巴+蛮+濮だから、今の苗族の血統に拘らんでいいです。
でも、近縁みたいなので、戎とは区別されて三苗なのです。
おそらく、蛮が今の苗族です。長沙蛮、武陵蛮などの下位分類があります。
字ヅラだけ見ると巴はチベット、濮はクメールになるけど、漢代以降と食い違っていてもかまわんのです。
漢代以降のように言語の記録もないし、楚音も全部判明しているわけでないです。

漢代以降のように言語は、指標になりません。
出土物で追っていけば、百越と違った流れになっていると思います。

102 :出土地不明:2010/03/28(日) 02:37:51 ID:NZ9v+ANw
苗にしろ百越にしろ鼎土器人ですから。

日本に一切関係無し。

残念!

103 :出土地不明:2010/03/28(日) 02:54:58 ID:+KgU6YIp
縄文土器は何処から伝わったんだ?
北方アジアかw
何プアジアか?


104 :出土地不明:2010/03/28(日) 02:59:31 ID:8XTMPEHs
また今日も飽きもせず、キチガイがデンパ飛ばしてるぜ
自演が酷すぎ、ワラエル

105 :LUNAMASK:2010/03/28(日) 16:42:35 ID:JlIswY87
>>94 ダウンロードして研究中。面白いですね。ありがとうございました。


106 :LUNAMASK:2010/03/28(日) 16:45:56 ID:JlIswY87
>>95 倭と新羅にとって江原道五台山は非常に興味あるところです。↓
643年 江原道五台山 新羅の慈蔵法師は善徳女王の代の643年に唐へ渡り、現在
の山西省にある五台山で仏法をおさめ頂骨舎利などを持って帰国した。新羅で数多く
の寺院を建てた慈蔵法師は、中国の五台山にちなみ、唐に渡る前に自らが修行してい
た山の名を改め「五台山」としたという。
653年(白雉4) 道照が入唐の途中,新羅の山中で法華経を講じたところ,聴衆の中か
ら日本語で質問する者がいるので,その名をただすと役優婆塞と答えた。
653年(白雉4)道昭 入唐(につとう)学問僧として遣唐使にしたがい唐にわたる。玄奘
(げんじよう)を師として業をうけた。玄奘からとくに愛され,同房に住み,禅を習い,悟る
ところが多かった。661年(斉明7)帰朝にあたり,玄奘所持の舎利・経論を授けられて
いる。

107 :LUNAMASK:2010/03/28(日) 16:52:38 ID:JlIswY87
>>97 >>88-89及び>>90
湖南省から紛河にかけての河川漁猟を行っていたO2bが遼河から嫩江、黒竜江と、
河から河へ、百の河を越え、百済、北上したんじゃないでしょうか。シロコゴロフ仮説は
立証されると思いますが。

108 :LUNAMASK:2010/03/28(日) 16:55:49 ID:JlIswY87
>>99-101 おそらく殷の青銅器文化は石家河の銅石文化から成長したんでしょうね。

109 :出土地不明:2010/03/28(日) 17:13:40 ID:NQsnFUKr
わぉ〜わぉ〜>>94たん
三星堆文化人の末裔の巴族が、『茶馬古道』の前身の南方シルクロードを通じて
チベットと四川・雲南の天孫ラインをつなげていた可能性がありますね!!

>>101
三苗の一角をなす巴族が日本列島にやってきたのかも知れませんね〜(^0^)/

110 :出土地不明:2010/03/28(日) 18:00:47 ID:z+eqJZsr
>>106
智異山のほうは三韓の古い層がありそうだけど、
五台山の年代のほうが有望なんですか・・・

>>109
さあ、どうでしょうか?
温暖化=洪水に沈む長江文明〜4000年前あたり・・・
「チベットに中国からの民族が、一番乗りしてました」にして
インドに対する政治工作してるっぽい気がするんですよ。
イェティはいない・ヤルツァンポ河は当時遡上できないにしたい。

三苗の濮族だと、名前が嫌ですか(笑)?

111 :LUNAMASK:2010/03/28(日) 18:50:05 ID:JlIswY87
>>110 智異山 どちらかってーと百済に近いような感じがしますが。


112 :出土地不明:2010/03/28(日) 19:01:24 ID:z+eqJZsr
>>108
湖北の楚って B.C300年の屈原の年代だと
楽器・礼器・車馬器・竹簡・漆器・兵器が出土物ですね。
ttp://www.lunwentianxia.com/product.free.397181.1/

騎馬民族ではなく、馬車民族のようです。

113 :出土地不明:2010/03/28(日) 21:36:48 ID:aG/kf5h/
苗の土器文化が一切伝わっとらんだろがこのボケワン!

汚らしい半東南アジア褐色広鼻の中華ゴキブリが皇土を歩くんじゃねえよ。



             
         穢  ら  わ  し  い




 

114 :出土地不明:2010/03/28(日) 22:05:29 ID:tHdSv3uV

:::: ヽ \\       ィユ,        /  / / /::::::::::::::::
:::: ( \ \\    <`∀´>ニダー   l  三 / / ):::::::::::::::
:::::::ヽ ヽ . ミヽヽ    | |       /   二 / /::::::::::::::::::
::::::: ( \ ヽミ ヽヽ   | .|   +  /    二 ___/ヽ ...::::::::::::::
::::... /ヽ ヽ ニ ヽヽ |,,,| ┼  //   ニ _______/   ...:::::::::
:::.   ヽ____  ニ ヽ`l  ヽ__//    ニ ____ノ     .....::::::::::
      ヽ___,  ニ l ::   ′    ニ ___ノ +   + ....:::::::::
        ヽニ -‐ ,l ::     __ ≡ __ノ+ ┼ *    :::::::::
         ヽ---'''ヽ、  ,,,;''''='''''__ +  ┼  +  .::::::::::
 :::::...     + ┼ + NEi''!Q.Qー-、___~'''''ー-、   :....::::::::::::
  :::::::....     + ┼ EUi. Q. Q  +~~'''ヽ ..:...::::::::::::::::::::
   :::::::::::::::::.....    +  ERi. Q.  Q  ┼  :....:::::::::::::::::
    ::::::::::::::::::::....: + * EUi Q   Q  .....:::::::::::::::::
      ::::::::::::::::::::::::::...  + EP!  Q    @.....:::::::
        ::::::::::::::::::....::....::.  カO  @...::::::::::::::::
私は火病の鳥です。あなたの様な生き方をした者に次の転生を告げるのが仕事です。
土器KID>113よ、あなたは氏ぬのです。
次に生まれ変わるのは、在日では無く韓国人です。
その次は、北朝鮮人に。その次は、中国朝鮮族に。
永遠に属国人を繰り返すのです。
ウェーハッハッハッ


115 :出土地不明:2010/03/28(日) 23:09:45 ID:nmc6VPXS
そうか。

よく分かったから、とっととあのハッカクくせえ広鼻褐色島に帰ってくれ。

そして二度と皇土に足を踏み入れないでくれ。

116 :出土地不明:2010/03/29(月) 00:42:31 ID:sq8onbh9
広島人の特徴

・市電やバスで他人が倒れても、財布落しても知らん顔
・市電やバスで倒れた人、蹲ってる人がかわいい少年だった場合は即座に助けようとスケベ男が群がる
 (性欲を抑えきれない昆虫未満の劣等遺伝子を発揮する場面wwwwww)
・四国者には声を荒げ、眼を飛ばし、威張り散らすが九州者には見苦しいほど媚び諂う。
・ツングースコンプレックスの塊であり、自分達は「日本人ではない!日本のツングース系」と勘違いしている。
・「世界で広島風お好み焼きは大人気」とか訳の分からん妄想を抱き喜ぶ
・毛利元就(笑)が大好きで、彼に少しでも異を唱えると生きていけない世の中。
・浄土真宗に見られるように、カルト宗教が多い。つーか県自体がカルト色強い
・食事の仕方が下品極まりない。「クチャクチャ」音を立て、挙句の果てにはお茶を嗽飲みwwww
・中国旅行では謙虚な人間振り、帰国すると「中国旅行経験者」という詰まらない優越感に浸り、岡山人を馬鹿にする
・広島の男はスケベで有名であり、戦時中の反省もせず未だに世界中でアッ―をしている。
・世界一オカーマーが多い。そして世界一ブサメンが多い。

117 :白馬青牛 ◆cjIySZ2iYw :2010/03/29(月) 01:24:42 ID:hS4B7j8X
>>107
シロコゴルフ氏は、ツングース華中起源説で江南起源とされませんよ。
河川漁撈は、満州の風土で江南とは関係ありません。
>>109
南方に南下したチベット羌系が日本へ移住するわけも無く、
航海の軸線からも無理じゃ。
>>116
広島人の印象工作しても、事実じゃないけぇつまらんよ。
韓国人と似た気質の九州人に云うたらどうか?

118 :出土地不明:2010/03/29(月) 06:37:41 ID:MIufNX/Y
>>108
石家河の三苗は、どれでしょうかね? 蛮と仮定して殷になっていると楚が後継で
亡国時に大多数は漢化。苗族の移動は何回もあったから一概に言えないが・・・
(時系列無視した苗族の移動方向)↓
貴州省へ行って苗族になった者、さらに雲南へ行って変容した苗族。
そのままラオスやミャンマーへ南下したHmong族。
広西まで達して土着勢力と混血した者は瑶族(苗族識別の人もあり)
その土着勢力とタイ系と混血した者はチワン族(言語学的証明なし) シェ族もミャオ・ヤオ語族。

三苗 = *巴 + *蛮 + *濮

        【北狄】

 周都鎬京
  (陝西)

【西戎】 殷(河南)−−*濮(河南・山東) 【東夷】
     ↑   ↓
 *巴−*蛮 楚(湖北)
(重慶)     ↓
         ↓
 苗族(貴州)←苗族(湖南)→瑶族(広西)
 ↓
 苗族(雲南)
        【南蛮】

119 :LUNAMASK:2010/03/29(月) 10:49:31 ID:gA6X5KbC
>>117 >>107
2007年ロシアウェブサイトで発表された1938年ゾロタリョフ論文によれば
「シロコゴロフはツングース原郷を華南・華中であったと考えている。華北には古亜細
亜人がいた。前2千年紀、ツングースは華人に圧迫され北上し、満州、華北、ウスリー
区南部に住みつき、今度は逆に古亜細亜人を圧迫した。」「この考え方は、他の著者
の理論と同様に、ツングース第一波を鹿飼いと結び付けており、ツングース文化の
特徴的要素に南方文化の残滓を見るものである。」

120 :LUNAMASK:2010/03/29(月) 11:11:20 ID:gA6X5KbC
>>118 >>108
http://en.wikipedia.org/wiki/Haplogroup_O3_(Y-DNA)
O2b SRY 7.7%  ツングース
O2b1 47z 22.0%  ツングース
O2a M95* 1.9%  蛮 石家河
O3a3 LINE1 3.1%  苗 石家河 
O3 M122* 6.6% 華北オルドス・カラスクか 
O3a3c M134 10.4% 華
こんなことかも。

121 :出土地不明:2010/03/29(月) 11:36:25 ID:dfWKabTf
ま、とにかく、アチコチから来たっていうことは間違いない。


122 :出土地不明:2010/03/29(月) 11:38:19 ID:dfWKabTf
↓嘘吐き

>120 :LUNAMASK :2010/03/29(月) 11:11:20 ID:gA6X5KbC
O2b SRY 7.7%  ツングース
O2b1 47z 22.0%  ツングース
O2a M95* 1.9%  蛮 石家河
O3a3 LINE1 3.1%  苗 石家河 
O3 M122* 6.6% 華北オルドス・カラスクか 
O3a3c M134 10.4% 華
こんなことかも。


123 :出土地不明:2010/03/29(月) 11:42:24 ID:dfWKabTf
↓これも嘘。もともとの苗族は黄河流域です。

118
>苗族(貴州)←苗族(湖南)→

124 :出土地不明:2010/03/29(月) 11:45:08 ID:dfWKabTf
苗族の遺伝子は典型的な漢民族です。
I

125 :LUNAMASK:2010/03/29(月) 11:50:00 ID:gA6X5KbC
>>119
「エジプト神話によれば太陽神ラーは天のナイル川で昼舟に乗り、夕方には地底世界
への入り口において夜舟に乗り換えるのだという。夜の航路の終端において恐ろしい
蛇が太陽神の通行路をふさぎ、日輪が地底王国から出るのを妨げる。しかし、強力な
ラーは蛇を打ち負かし、昇天すると、また更に昼舟に乗っては旅に出る。別の神話に
よると、太陽を脅かすのは蛇ではなく、それを呑み込もうとする鰐だとされる。グラスコ
フ文化の誕生と発展の新しさを考えると、この日夜創造の考えはナイル河畔に生まれ
てのち、間を置かずして、遠いシベリアタイガの原始林、バイカル湖畔、レナ川上流にま
で達したことになる。有名なシーシキン岩絵には日輪を呑み込もうとする鰐が描かれて
いるのだ!」
http://www.krasrab.com/archive/2005/06/24/34/photo_19_2/orig
http://www.krasrab.com/archive/2005/06/24/34/view_article
このナイル川は黄河、紛河でないだろうか。・・・と思うんです。

126 :出土地不明:2010/03/29(月) 11:50:01 ID:dfWKabTf
苗は黄河文明種族であって、そもそも長江文明の種族じゃない。黄河にNO



113 :出土地不明 :2010/03/28(日) 21:36:48 ID:aG/kf5h/
苗の土器文化が一切伝わっとらんだろがこのボケワン!


127 :出土地不明:2010/03/29(月) 11:54:54 ID:dfWKabTf
ミャオ族は、華南に(江南にも)侵入して居座った種族
日本人のルーツの一大要素は、それは違って華南、江南から追い出された種族。


128 :LUNAMASK:2010/03/29(月) 12:05:49 ID:gA6X5KbC
>>125
ロシアのデレヴャンコは「古代の道は現代に至る」↓で、
http://historic.ru/books/item/f00/s00/z0000041/st008.shtml
「バイカル湖Bolshaya Chana湾から南行すると湖岸はかなりの湾によって分断されて
いる。特に興味のあるのはKurla岬からSeverobaykalsk市109°18'60.00"E 55°37'60.00"N に至る広大な湖岸平地である。距離にして15-20kmではあるが、こ
の辺では古代集落遺跡が多く発見されている。 われわれは、ここで新石器時代仮泊
地及び鉄器時代早期集落と共に、複雑な層をもつ2ヶ所の遺跡発見 に成功した。この
2つの遺跡間の距離は小さかった。第一の遺跡はバイカル湖岸の高い段丘にある
Malaya Kurla川の河口から300m上ったMalaya Kurla谷で発見された。芝の下の褐色
砂交じり粘土層で水で磨耗 した川石の上に、表面が円滑であり、紐の痕の付いた、
刷毛及びスタンプで押して刻まれた文様を持つ、容器及び土器の砕片が集まってい
た。容器表面は円滑であり、基本的には2つの形状があって、弱輪郭、厚手ズン胴平
底甕で、表面には分断貼り付け突帯があり、突帯表面に装飾があるものと、薄手で胴
が膨らんでいて、口縁に斜めの刻目があり、その下に貼り付け突帯があり、その下に
は紐で押した痕がはっ きり付いているものとかあった。一つの容器は形状も装飾も
バイカル湖周辺グラスコフ文化埋葬遺跡から出土する容器と瓜二つであった。この
時代はバイカル湖、アンガラ川峡谷に住み着いていた民族が銅製 品の使用を開始
した時期に相当する。」 ・・・このように述べている。

129 :出土地不明:2010/03/29(月) 12:07:28 ID:dfWKabTf
>>99
現在の住民種族が2500年前から住んでいた種族っていう発想は、珍しい。


130 :LUNAMASK:2010/03/29(月) 12:22:04 ID:gA6X5KbC
>>125 >>73
大約4000年前,揚子鰐广泛分布于黄河和長江流域,其時在山西汾河流域就盛産
一種“汾河鰐”,而隣近汾河的今山西郷寧県在商代就建有一“鄂侯国”,以捕鰐
為業,商紂王時封為三公,以“鄂”為国号。
其県至今尚有鰐山(又名鄂山),鄂水,鄂谷等地名。
グラスコフ文化はBC1800-1300年頃で商代よりも古いが、鰐を捕獲するグラスコフ人
が約4000年前の華南・華中からバイカル湖に北上するということは、シロコゴロフ説
の線ですが、あり得ると思うんです。


131 :LUNAMASK:2010/03/29(月) 12:36:15 ID:gA6X5KbC
>>125
http://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/c/c7/Crocodylidae-drawing.jpg
上から順にアメリカ、アフリカ、アジアなんですが、くちばしの長いようなのところから
考えると http://www.krasrab.com/archive/2005/06/24/34/photo_19_2/orig
はナイルではなく黄河系統のようですね。

132 :出土地不明:2010/03/29(月) 13:16:23 ID:9pm3kdjz
>>123
でも北方汚染されたマンダリン回路ではなく
苗族は古いシナー回路で動いている人気民族だぉ
京劇でも項羽が出てくれば拍手喝采しあわせ回路にスイッチがはいる
台湾人が項羽やミャオ族きらいだなんて聞いたことないぉ

133 :LUNAMASK:2010/03/29(月) 14:30:05 ID:gA6X5KbC
>>122 んじゃー、これにする↓
O2b SRY 7.7%  鄂温克/突帯文/安曇海人族
O2b1 47z 22.0%  鄂温克
O2a M95* 1.9%  濮
O3a3 LINE1 3.1%  苗/遠賀川/宗像海人族 
O3 M122* 6.6% 山戎/銅鐸人 
O3a3c M134 10.4% 華/秦氏
どうかな。

134 :出土地不明:2010/03/29(月) 14:39:28 ID:JOyH1fFE
↑わぉ〜月光たん、>>133これよいでつね〜
ついでに巴族も殷経由で入れてくださいませ〜(^0^)/


あとは、青牛たんと嫌台湾たんの反応次第でつね!!!


135 :LUNAMASK:2010/03/29(月) 14:46:54 ID:gA6X5KbC
神武東征軍久米集団↓
http://www.furutasigaku.jp/jfuruta/kaihou43/imai43.html
これって、これ↓かな
高棉族(越南文:Khmer)是柬埔寨的主要民族,占柬埔寨1400万人口的九成左右。
一些高棉人生活在相隣的泰国和越南。高棉族是越南54个民族之一,人口105万
5174人(1999年),排名第五位。越南的高棉族主要居住在メコン河三角洲地区。
有人説他們來自雲南,與緬甸孟族是同一回事,也是百濮後人←注目

136 :出土地不明:2010/03/29(月) 15:05:38 ID:JOyH1fFE
>>118
なるほど三星堆文化人・巴族の青銅器文化は、殷を介して
山東省の東夷→列島へとつながっているのですね(^-^)/


137 :LUNAMASK:2010/03/29(月) 15:27:43 ID:gA6X5KbC
>>134
巴族↓これが一番近いんでしょうか。
N1 LLY22g* 1.2% 彝族 羌語 
NO M214* 2.3% ヤオ族
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A4%E3%82%AA%E6%97%8F
N1c1 M178 0.4% 突厥/ヤクート 
Q P36   0.4% ハザラ人
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8F%E3%82%B6%E3%83%A9%E4%BA%BA
R M207 0.4% ソグド人 
http://en.wikipedia.org/wiki/Haplogroup_N_(Y-DNA)

138 :LUNAMASK:2010/03/29(月) 15:31:07 ID:gA6X5KbC
>>136
三星堆文化人・巴族の青銅器文化は、殷の婦好に征伐されていますね。
日本に入る青銅器文化は主として山戎の銅鐸文化だと思うんですが。

139 :LUNAMASK:2010/03/29(月) 15:45:11 ID:gA6X5KbC
■ 商(殷)周時代の鉛が日本に来た ・・・理由↓
新井宏氏は次のような根拠から、商周期の鉛は、燕の将軍・楽毅(がくき)が「斉」から
奪った宝物類が原料であるとする。『史記』の「楽毅列伝」によると、BC284年に燕の
昭王が、楚と三晋(趙、魏、韓)と秦と連携して、斉の都の臨澑(りんし)を陥落させた
時に、燕の将軍の楽毅が斉の宝物類を根こそぎ奪って昭王のもとに送り届けたとされ
る。斉は、その前々年に宋を滅ぼして併合しているので、その時の戦利品も楽毅が奪っ
た宝物の中に含まれていたと思われる。この結果、中国の中原地方の宝物として伝世
された青銅器が、燕に大量に集められ、ここで青銅器の原料として再溶解されたのでは
ないか。
商周期の鉛が、500年以上を経て、突如として燕や朝鮮半島そして日本列島に大量に
現れ、しかも、短期間で使用が終わってしまったのは、このような想定以外にストーリー
が考えられない。」
http://yamatai.cside.com/katudou/kiroku267.htm


140 :出土地不明:2010/03/29(月) 15:49:18 ID:JOyH1fFE
>>134わぉ〜、月光たん!!!
三星堆文化人・巴族は彝族N1 LLY22g*に一番近いんですね(^-^)/

LUNAMASK:2010/03/21(日)
N1 LLY22g* 1.2%  彝族 犬戎
↑これが↓この興隆窪系尾張・鴨とか
O3 M122* 6.6%
↓この仰韶系
O3a3c M134 10.4% 秦氏とかに大きな影響を与えた。

彝族を介して巴族の三星堆文化を引き継いだのは、鴨氏・秦氏の2大民族でつね!!

141 :LUNAMASK:2010/03/29(月) 16:37:43 ID:gA6X5KbC
>>140
テン族の石寨山文化につき「論文弥生時代の銅鐸の文様の源流について 東海大学紀
要文学部 末房由美子」
http://www.hum.u-tokai.ac.jp/journal/no76/BUNGA76Y-02_15162.pdf
において「・・・朝鮮無文土器時代の有名な防牌形銅器・・・この器物は,その文様から
農耕祭祀にかかわる儀器であると推測されているが,人物の特有の表現(図27)は,
石寨山型銅鼓等に施されている人物表現(図28・29・ 30)と酷似している。・・・これらの
異形青銅器は,紀元前4世紀から紀元前3世紀頃,忠清道に分布し,突然現れて
短期間で消えていったとされている。これらの諸点は,これらの青銅器が朝鮮半島本来
のものではなく,外 から入ってきた要素であること,またその製作にはそうした要素の
関与があったことを暗示しているように思える。」・・・とこう述べていること、このこと自体
日本の銅鐸とテン族の石寨山文化、巴族の三星堆文化が全く無関係であることを
物語ると思うんです。

142 :LUNAMASK:2010/03/29(月) 16:41:29 ID:gA6X5KbC
異形青銅器をもたらしたものは後の鏡作りとなる、銅鐸ではない、青銅器文化人では
なかったかと。そして彼らが到来した頃青銅祭器の時代には幕が引かれかけていたの
ではないかと。

143 :LUNAMASK:2010/03/29(月) 16:51:39 ID:gA6X5KbC
承前
鴨氏は修験道、神道等の森林地帯に近く、秦氏はケン教、回教、ユダヤ教、仏教
等草原地帯に近い起源をもっているようです。

144 :出土地不明:2010/03/29(月) 17:01:57 ID:JOyH1fFE
>>141わぉ〜月光たん!!

>異形青銅器は,紀元前4世紀から紀元前3世紀頃,忠清道に分布し,
突然現れて短期間で消えていったとされている。
>これらの諸点は,これらの青銅器が朝鮮半島本来のものではなく,
外から入ってきた要素である

これが徐福集団のように半島から消えて日本にやってきたとしたら、
「テン族の石寨山文化、巴族の三星堆文化」が列島につながっているということじゃね??

145 :出土地不明:2010/03/29(月) 17:10:59 ID:JOyH1fFE
>>143月光たん説でも鴨・尾張は銅鐸文化人(=オークネフ=山戎)だお〜

LUNAMASK:2010/03/24(水) 10:36:51 ID:1tHWGidB
つまり、こうなる↓
銅緑山(直線L)スサノオ 
大井子(領域A)カラスク・鴨・尾張(=オークネフ=山戎=銅鐸文化人) 
鳳凰山(領域B→銅出徐州)おそらくこれが鏡作り

これが修験道、神道と断絶しているのか、継承・発展しているのかがポイントでつね〜(^-^)/

146 :出土地不明:2010/03/29(月) 22:00:39 ID:zCOlqorp
>>144
そう。
朝鮮人が時間や他人の金にルーズでその事に全く罪悪感を抱かないのは近代まで数の概念を持っていなかったせいなんだけど、
もっと深く言うと彼らには文化というものが無かったのが原因なんだ。
中国人のモラルの無さも中華人民共和国が建国40年と言う歴史の浅い国だということを考えればむしろ当然の事といってよい。
合衆国などはシステムだけ見れば日本をも上回る点が少なくないが
個々の国民レベルになると日本人の足下にも及ばないのは西暦1776年建国という浅い文化では
皇紀2600年の蓄積を持つ日本文化のような歴史と呼ぶに値するまでには至っていないからだ。

147 :出土地不明:2010/03/29(月) 22:29:49 ID:mDB5ePvw
>>145
コピペしてんじゃねーよカス

148 :出土地不明:2010/03/29(月) 22:30:43 ID:mDB5ePvw
>>146だった

149 :出土地不明:2010/03/29(月) 23:01:35 ID:MIufNX/Y
>>135
百濮→モン・クメール族
濮水・濮陽→モン・ミェン族(Hmong-Mien) 三苗の同盟者ぐらいの意味
"モン"は2系統ああるからまぎらわしいんです。

>>140 >>137
伝承では、巴族と蜀族がおり、彝族=ロロとの関係は・・・ロロ文字の先駆として
巴蜀文字があるといわれています。
2つの勢力は四川+重慶のどのあたりで勢力圏を持っていたか不明なので
ロロが巴族かどうかはまだわっていません。
ロロは漢代の白狼歌の民族です。

>彝族を介して巴族の三星堆文化を引き継いだ
彝族は三苗と関連ないし、まだ彝族が漢字を知っていない時代ですが・・・
漢代と三星堆文化では時代が1000年違います。

150 :出土地不明:2010/03/29(月) 23:11:30 ID:pvwHmyPB
日本民族起源の新説――――浙江工商大学日本文化研究所 王 勇

たとえば、『通典』にひかれた『魏略』に「倭人自謂太伯之後」とあり、
『資治通鑑』にも「今日本又云呉太伯之後、蓋呉亡、其支庶入海為倭」と記されている。
呉国は太伯(泰伯とも)を始祖と崇め、紀元前四七三年、越国に滅ぼされてから、その一派が日本へ渡ったと考えられる。
三角縁神獣鏡をめぐっては論争がまだ続きそうだが、王仲殊氏の主張する呉人移民の製作説はかなり有力であろう。
また『漢書』(地理志・呉地)に出てくる東?人も日本へ移住した呉人だった可能性は指摘されている。

日本における龍の出現を弥生後期か古墳時代とし、その影響は朝鮮半島から受けているとの指摘にも賛同しがたい。
蛇崇拝は黄河下流域の苗族にあり、また長江下流域の越人にも行なわれていたようだ。
水または海との関連で、東方の夷族に共有されていると推定される。
鳥から進化した朱雀が南方の守護神とされるのと同じように、蛇から進化した青龍は東方の守護神である。
したがって、日本へわたった越人が龍信仰を弥生文化にもたらした可能性もある。
『魏志』(倭人伝)をひもとくと、「(越人は)断髪文身して、以って蛟龍の害を避く。
今、倭の水人も好んで沈没して魚蛤を捕る。文身して、亦以って大魚と水禽を厭う」とあり、
蛟龍信仰が九州沿海の漁民に広がっていた証拠となろう。
ttp://www.japanology.cn/japanese/paper/wy/06民族起源.htm

151 :出土地不明:2010/03/30(火) 00:22:32 ID:vSsLOBmV
朱元璋高麗人説

「朱元璋高麗人説」を紹介したのは韓国MBCの番組「神秘な歴史サプライズ」。
同国に残る記録や民間伝承を根拠とした。翌8日には韓国紙「中央日報」が、
「中韓の学者が激論」などとして同話題を取り上げた。
韓国内では朱元璋が自国出身だったとして
「歴史を書き直すべきだ」との主張が相次いだという。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100329-00000027-scn-cn

152 :出土地不明:2010/03/30(火) 00:54:25 ID:mfbzJISa
>>150
この人、完全にミャオ族ブラックホールに吸い込まれてる・・・
雲南とか広西なんか見て類似点見つけて飛びついても仕方ないと思うよ。

ミャオ族・チベット族・回族はあちこちに分布していて、それぞれの地域の
要素と結合しているから、常に周囲の他民族と比較して固有要素か見ないと
ブラックホールへ吸い込まれる。
チベット族・回族は宗教識別で言語識別ではないと割り切ればいいけど
ミャオ族の難しさはもっと上。

153 :出土地不明:2010/03/30(火) 01:02:29 ID:mfbzJISa
>>150のリンク先では、

安田喜憲氏『龍の文明・太陽の文明』のおかしい点を
浙江の王先生は
>苗族を長江文明の創造者と強調するためか、長江流域に分布していた太陽・蛇・鳥の諸信仰を
>持ち合わせる南方民族として扱うところも気になる。苗族の先祖は北方民族であり、
と述べているのだよ。

154 :白馬青牛 ◆cjIySZ2iYw :2010/03/30(火) 01:56:39 ID:DIL5zVLc
>>119
シロコゴルフ氏は、原ツングースを華北、華中の地域とされ、華北の西部
から移住した支那人に追われ、山東、遼寧、満州の古亜細亜人を
更に辺境に追いやりながら進出した見識ですし、華南は、南方原住民と
区別されました。ツングースと南方の類似は東方と南下した集団の習俗の
類似で、華南の原住民は北上したわけでは無いんですよ。
まあ、わしはアジア湿潤地域の生業の類似の環境的影響の方が
強いと思いますけどね。

155 :白馬青牛 ◆cjIySZ2iYw :2010/03/30(火) 02:08:29 ID:DIL5zVLc
>>134
ABO血液型程度に精度の低いY染色体は根拠にならんよ。
>>146
他民族蔑視のあんたこそ、江南朱子学の攘夷主義者で中華文化人なん
じゃが。しかも皇紀云うて、『記紀』を経典にするカルト解釈たぁ
狂うとるわ。
>>153
安田氏は、歴史学や民族学を無視されるけんのう。しかも平地苗から、
苗族を稲作民族と勘違いされとる。気候現象と民族移動だけ
やられればええのにね。

156 :出土地不明:2010/03/30(火) 06:55:26 ID:tcjiTlPB
>ABO血液型程度に精度の低い
精度が低けりゃ輸血のたびに患者はアナフィラキシーショックで死ぬから輸血という治療法自体が成り立たんわ。

157 :LUNAMASK:2010/03/30(火) 11:53:17 ID:C32KpjMj
>>144 >.141
石塞山型の羽飾り、盾を持つ戦士というのはどちらかといえば宗像海人族の方
かな。
O2a M95* 1.9%  濮→百濮 >>149
神武東征軍久米集団↓
http://www.furutasigaku.jp/jfuruta/kaihou43/imai43.html
NO M214* 2.3% ヤオ族 >>149 モン・ミェン族(Hmong-Mien)
----------------------------------------------------
N1 LLY22g* 1.2% 彝族 羌 三苗とは無関係 >>149
この辺が臭いですね。

158 :LUNAMASK:2010/03/30(火) 11:54:43 ID:C32KpjMj
>>145 >>143
地理的に鳳凰山(領域B→銅出徐州)とは関連するが。山戎とは関係ないでしょうね。

159 :LUNAMASK:2010/03/30(火) 12:02:11 ID:C32KpjMj
>>154 中原逐鹿がツンドラでトナカイを追っかけるようになり、
http://www9.plala.or.jp/majan/han24.html
黒竜江でチョウザメを捕るようになったということでしょうか。

160 :LUNAMASK:2010/03/30(火) 15:14:14 ID:C32KpjMj
>>149 >>140 >>137
>伝承では、巴族と蜀族がおり、彝族=ロロとの関係は・・・ロロ文字の先駆として
>巴蜀文字があるといわれています。
「日出ずる處の天子、書を日沒する處の天子に致す。 恙なきや」云々(聖徳太子)の
プロファイルは布依族「夜郎自大」とそっくり。
この夜郎遺伝子は布依族と徳島県に残されている。
However, NO-M214(xN1-LLY22g, O-M175), which potentially may belong either to Haplogroup NO* or to Haplogroup N*-M231(xN1-LLY22g), has been found in 5.7%
(2/35) of a sample of Buyi[1] and in 2.9% (6/210) of a pool of four samples of
Japanese, particularly in Tokushima (4/70 = 5.7%)
http://en.wikipedia.org/wiki/Haplogroup_NO_(Y-DNA)
http://en.wikipedia.org/wiki/Yelang 
従いこれが天孫・神武系統で、百濮(久米)を率いて大和・吉野を討伐したとすると
話がすっきりします。

161 :LUNAMASK:2010/03/30(火) 15:26:38 ID:C32KpjMj
承前
この家系は3.5-4万年前にアラル海東部に出現し、シベリアからインドシナ半島
に君臨し、その末裔としてOとか、Nとかがあるわけで、神武の言う120万年
も続く家系というのは全くのウソでもないということになります。多少夜朗自大
の感が否めませんが。
Haplogroup NO-M214(xN1-LLY22g, O-M175) Y-DNA also has been found
sporadically in samples of Han Chinese[2], Yizu[2], Malays[2], Mongolians[2],
Daurs[1], Manchurian Evenks[1], Hezhes[1], Huis[1], Yaos[1], and South
Koreans[1]; however, the two published Han Chinese cases of NO-M214
(xN1-LLY22g, O-M175) subsequently have been found to belong to N*-M231
(xN1-LLY22g).[3]

162 :LUNAMASK:2010/03/30(火) 16:04:11 ID:C32KpjMj
本日の仕分け
縄文系
C1   M8 5.4% 縄文人
D2 P37.1* 3.9% 々
D2a M116.1 16.6% 々
D2a1 M125* 12.0% 々
D2a1a P42 2.3% 々 
------------------------------------------
北方系
C3c M86 1.2%   満州族
O2b SRY 7.7%    沃沮
O2b1 47z 22.0%   沃沮
O3 M122* 6.6%   山戎
C3 M217* 1.9%  モンゴル(東胡)族
N1c1 M178 0.4%  匈奴
-------------------------------------------
西域系
N1 LLY22g* 1.2%  彝族(隼人)
Q P36   0.4%  ハザラ(タタール)人
R M207 0.4%  ソグド人
O3a3c M134 10.4%   華夏族
--------------------------------------------
南方系
NO M214* 2.3%   布依族(初代天皇神武)  
O3a3 LINE1 3.1%  苗族 
O2a M95* 1.9%   百濮 (久米)

163 :出土地不明:2010/03/30(火) 19:42:51 ID:k0mvymW2
> シュー等(2006)の研究によると、
> モンゴル人やウイグル人、満州人には高い遺伝子多様度があることを主張している。
> それは、彼等が皆、中央アジア人と漢民族集団との間で近年、
> 大規模な混交があったと記録されているが、まさにその結果である。
ttp://www.geocities.jp/ikoh12/kennkyuuno_to/012_4Y_chromosome_no_kennkyuu.html

今のモンゴル人や満州人の遺伝子は近年の中原や漢人との大規模な混血の結果。
満州人の遺伝子は扶余とは違うわけですね

164 :出土地不明:2010/03/30(火) 20:44:49 ID:mfbzJISa
>the high gene diversity was claimed for Mongolian, Uygure and Manchurian,
>and all of them have recorded recent extensive admixture with
>Central Asian and Han Chinese populations.

P.88
>蒙古人、維吾爾、人和満族人的遺伝多様性更高,
>而文献記録中這些人群都与中亜人群或漢族有広泛混合[22]

"而文献記録中"が原文なので、recorded recentは秦漢以降を指しますね。
668年に扶余族の高句麗は滅亡してます。
そこまでの動きは、『史記』以降の歴史書を読めばOKです。

満州人と扶余族を比較して、どうするの? >>163

165 :出土地不明:2010/03/30(火) 20:54:01 ID:mfbzJISa
>>162
そっかー ロロ人が第一王朝の王家ではなかったのだね。
あと2回チャンスがあるのね(笑) (どうぞ、当選しませんように)

でもさ、第三王朝の継体天皇は何者?って、ずばり言っちゃうと、スレ炎上しない?

166 :出土地不明:2010/03/30(火) 21:00:16 ID:4pByS1kI
>>164
> "而文献記録中"が原文なので、recorded recentは秦漢以降を指しますね。

幅広いですね。「ウイグル人」「満州人」なので最近の事かもしれませんね。

167 :出土地不明:2010/03/30(火) 21:09:24 ID:mfbzJISa
>>166
確かに、満族人は清朝以降にしか出てこない用語ですが
女真 靺鞨 契丹とかなんかとかぐだぐだ書くと、韓国が何か言うのでしょう。

168 :出土地不明:2010/03/30(火) 22:10:14 ID:VBVst34o
>>165
南九州とか北東北の人は大王にはならない
と言うかなれないよw

169 :出土地不明:2010/03/30(火) 22:27:52 ID:g1JbAIaw
ツングース系はC3がほとんどだったと思うよ。

170 :出土地不明:2010/03/30(火) 22:43:01 ID:mfbzJISa
>>157
巴族は、重慶側での勢力で、構成民族には百濮or百越説がある。
http://baike.baidu.com/view/193191.htm
百越説だとチワン族との関係を示唆されている。
チワン族語とヤオ族語の近縁関係は、スワデシュ・リストなのでパス。有力視しない。

消去法で蜀族は、四川側の勢力で、構成民族はロロ。

巴族と蜀族は、4000年前に四川盆地に来たと仮定しましょう。漢化して残っていたにします。
重慶・四川の住民は明末にかなり入れ替わって、巴族の言語痕跡を持つ人達を探すのが困難です。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%A5%BF%E5%8D%97%E5%AE%98%E8%A9%B1
言語でダメなら、血縁Y-DNAか・・・おいらはパス。
四川の少数民族が、明末で文字を失ってしまった理由は昔の四川語と違うから。
もう万葉仮名での記録の解読が困難。彝族はロロ文字を持っていたのでセーフでした。
明末でギブアップしてないので彝族の漢化の速度は緩やかなのです。

171 :出土地不明:2010/03/30(火) 22:49:00 ID:mfbzJISa
>>157
宿題できました。百濮の末裔のうち最も東にいるのは、布朗族
http://www.iq365.com/shop/upload/pic/article/20/187237_6787197_35.gif
カンボジアのクメール語に近縁であるプーラン語を話す。

オーストロアジア語族クメール語系の言語痕跡は、雲南省以外にあるのか?
 → あまり残っていない。華南ではタイ・カダイ語族のほうが圧倒的に強い。
    広東語に強くタイ・カダイが残り、福建語にも多少見られる。
 → 数詞でいくとクメール語系と思われる独有的基本詞は無いと思われる。
    (カンボジア語)ムオイ・ピー・バイ・ブオン・プラム (5までしかない)

濮水・濮陽=百濮は、根拠がまだまだ薄い。裏付ける材料が少なすぎます。
漢代より前の"モン"が、ミャオ・ヤオ語族(Hmong-Mien)を指すのか、
オーストロアジア語族(Austro-Asiatic)を指すのかわからないです。
>>118の図は、自分が地名の濮水・濮陽にとびついているので忘れてください。

昆明・石塞山クメール人説ってあったかな・・・高綿語説ヒットの上位っぽいです。
雲南で百濮優位の時期は、ミャオ族がどんどん押し寄せて来る前。
巴族の一支族が雲南行ってテン族というのは、時期的かLUNAMASKさんの宿題ということで。

172 :出土地不明:2010/03/30(火) 23:08:53 ID:mfbzJISa
>>96
>その南下によって百越人が大規模に四散した。
    ↓
 その南下によってクメール人が大規模に四散した。

これなら、説得力持ちますね。

173 :白馬青牛 ◆cjIySZ2iYw :2010/03/31(水) 01:53:45 ID:CceEFCrt
>>156
ABO血液型は、人種民族の起源を語るに精度が低いよ。同様に古人骨から
YDNAを抽出出来ん遺伝子で太古を語るんはファンタジー妄想の世界に
他ならん。じゃけえ>>163の扶余の遺伝子じゃの空虚な妄想が出て来るん
じゃ。そもそも生物学なんか社会進化論者、ナチス・レイシストらが
政治利用した政治的産物を思想に還元した疑似科学まがいのものに
過ぎんけぇのう。
>>160
何で神武とか神話ファンタジーで語るんですか?神話は形態であって
史実では無いんですよ。

174 :出土地不明:2010/03/31(水) 05:51:36 ID:ozPmmbvd
ポリネシアからきました。

175 :LUNAMASK:2010/03/31(水) 12:33:50 ID:Dcw6DAQ+
>>165 神武は第二代綏靖によって実子タギシミミを殺されており、卑弥呼の登場までは
倭国乱が続く。しかし、鳥トーテム文化の影響は鳥型祭祀器具として古墳周辺で多数出
土し、現在の皇室にも鳥文化に由来する行事は数多く残る。その後河内王朝、更にそ
の後に継体となるが、その頃古墳は土敦墓同様の竪穴前方後円墳から、アルタイ・西
モンゴルの穹窿石室墓に変わる。これは九州から始まるので、仏教とか、神道とかの
ように、時代の宗教を反映するに過ぎないのであろう。

176 :LUNAMASK:2010/03/31(水) 12:35:23 ID:Dcw6DAQ+
>>173 >>160
神話・伝承は宇宙、時間、生命の起源を物語る他に、歴史を物語る部分もあります。
神武は神話というよりも九州王朝と大和王朝を結ぶものであるが、大和に国とか語り部
が誕生する以前の伝聞要素の多い史話なので神がかったということだと思います。

177 :LUNAMASK:2010/03/31(水) 12:44:48 ID:Dcw6DAQ+
>>173
白馬青牛さんからは、むしろ、死の海である台湾-与那国島海峡経由とか
春秋戦国・秦漢の覇権の中でなぜ夜郎国布依族が日本に来るのかと
突っ込んでほしかったですね。秦始皇帝が徐福の要求に応じて精兵・布依族、
クメール族と武器、百工を与え、これが錦江方面に住みつき、時代と共に
吉野ヶ里方面に入り、四国山脈、紀伊山岳で丹砂を探鉱・採掘するという
プロセスがあったと思うんです。

178 :LUNAMASK:2010/03/31(水) 16:11:57 ID:Dcw6DAQ+
承前
-------------------------------------------------------------
倭を訪問した魏・帯方郡の役人に、邪馬台国の倭人は、自分たちが呉(東冶会稽の出自
だと言っているが、山東半島に侵入する公孫・楽浪は呉に起源をもつ同向式画文帯神
獣鏡の生産を開始し、この銅鏡を持った古墳は徳島県鳴門萩原1号墳、纒向ホケノ
ヤマ古墳、特にホケノヤマは当時最大規模で非常に時代の近い追葬部分を持ち、
神武・タギシミミを彷彿させる。
参考地図↓
徐福の渡った海峡と画文帯神獣鏡の生産地楽浪郡・公孫楽浪が攻めた東莱↓
http://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/d/df/%E4%B8%AD%E5%9B%BD%E4%B8%9C%E5%8C%97%E4%B8%8E%E6%9C%9D%E9%B2%9C%E5%8D%8A%E5%B2%9B_2copy.jpg

179 :165:2010/03/31(水) 22:05:26 ID:xJ+zwL1l
>>176
ここは、民族・神話学板ではないので、神話は手段でしかなく、
神話自体の検証が目的ではありません。
突き合わせて、神話のほうが不都合ならば、神話のほうを捨ててください。

出土物や金文の情報から、民族の起源を探るのではなかったのですか?

180 :LUNAMASK:2010/04/01(木) 11:20:54 ID:/kUouW8I
>>177
>秦始皇帝が徐福の要求に応じて精兵・布依族、
>クメール族と武器、百工を与え、これが錦江方面に住みつき、時代と共に
>吉野ヶ里方面に入り、四国山脈、紀伊山岳で丹砂を探鉱・採掘するという
>プロセスがあったと思うんです。
しかし、徐福の時代から400年も後の公孫楽浪のことなので、当時の呉との関係
を考えると公孫と利害の一致した山越が孫権時代に楽浪に入り、何らかの理由、
たとえば邪馬台国への呉の影響を阻止する乃至は強める等の政治的意図を
もって邪馬台国に入ったということも考えられる。神武の嫡子暗殺事件はこの辺
と連動している可能性もあるのではなかろうか。

181 :LUNAMASK:2010/04/01(木) 11:41:22 ID:/kUouW8I
親呉政策から親魏政策に転換する場合、公孫の配下には高句麗がおり、他方、
纒向の北隣りには布留・物部が来るがこれは明らかに高句麗・沸流の系統。
黄淮の山越を送り込んだ後に渾江の高句麗系を送り込んだということであろうか。

182 :LUNAMASK:2010/04/01(木) 12:06:57 ID:/kUouW8I
「商代の獣面紋は主に「司母」が使う重要な器を飾っている。甲骨文には「女己御獣」と
いう表現があり、これは「司母己」が「天獣」に乗り、天に昇ることを意味し、「司母」と
天獣の関係を示している。「司母」が「天獣」に乗るという形は、戦国時代(紀元前475〜
同221年)の楚の屈原がうたった『九歌』の中の「山鬼」という詩に、ぼんやりとした影を
見ることができる。「山鬼」は山中の怪物ではなく、妖しくなまめかしい女神で、人間の
男性に恋をしたが、その意を遂げられなかった悲しみを歌っている。 「司母」がかぶっ
ている青銅の兜にも、獣面が鋳造されているが、これは征戦と「天獣」「司母」との関係
を示している。すなわち「司母」は天に替わって征戦するのである。」
http://www.peoplechina.com.cn/maindoc/html/200706/56zhuanwen56.html
この価値観を共有する文明においては、同向式画文帯神獣鏡、三角縁神獣鏡は
公孫楽浪と魏からの大国邪馬台国の女王への贈り物としてもたらされたものと解釈
でき、このことは既に公孫楽浪、神武の時代から邪馬台国に女王が存在していたこと
を示唆する。神武は卑弥呼の警備兵として入ってきたのであろう。

183 :LUNAMASK:2010/04/01(木) 13:40:31 ID:/kUouW8I
本日のYDNAによる日本人ルーツ仕分け
Haplo SNP %
group
縄文
C1   M8 5.4% 縄文人
D2 P37.1* 3.9%  々
D2a M116.1 16.6% 々
D2a1 M125* 12.0% 々
D2a1a P42 2.3% 々
------------------------------------------
沿日本海
C3c M86 1.2%  満
O2b SRY 7.7%  沃沮
O2b1 47z 22.0%  沃沮
------------------------------------------
沿黄海北岸
O3 M122* 6.6%  山戎
C3 M217* 1.9%  東胡
N1c1 M178 0.4%  匈奴
-------------------------------------------
西域・秦氏
N1 LLY22g* 1.2%  古羌
Q P36   0.4%  ハザラ(タタール)人
R M207 0.4%  ソグド人
O3a3c M134 10.4%  秦氏
--------------------------------------------
山越  http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B1%B1%E8%B6%8A
NO M214* 2.3%  ヤオ族 神武
O3a3 LINE1 3.1%  苗族
O2a M95* 1.9%  百濮  久米

184 :出土地不明:2010/04/01(木) 20:38:38 ID:S6m9bMQw
☆重要事項☆ 

専用ブラウザの最適設定
LIVE2ch
http://www8.plala.or.jp/uro/live2ch/
・下のほうにインストーラー付きのやつがあります。
・ダウンロード・インストールしたら主画面の上にある「設定」をクリック・さらに「オプション」をクリック
・なんか画面がでてくるので真ん中にあるNGワードをクリック
・すると本文、やらメールやらでてきます ここにNGワードにしたい言葉(白馬青牛)を打ち込みます
・最後に主画面のキターの顔文字のやつクリックして再読込すればおk(あぼーんの種類、透明、あぼーん等各々お好きなように)

Jane doe style
http://janestyle.s11.xrea.com/
@まずダウンロード・インストールしてください
A主画面の上、右から2番目の「ツール」をクリック・さらに一番下の設定をクリック
Bなんか出てきますので、左にある項目群の真ん中らへんにある、「あぼーん」をクリック
C上にタブが10個くらいでてきます。左から3番目にある「NGword」をクリック
D「追加」でNGワードにしたい言葉(白馬青牛)入力します →で「OK」
EまたCまで進んでください。
Fそしたら上のタブの一番右「option」をクリック
G「NGをあぼーん」をチェックし「OK」
Hすでにスレッドを開いてしまっている方は一旦主画面真ん中の右から2番目にあるゴミ箱をクリックして、ログをしましょう。
I再読込するとあら不思議。きれいさっぱり荒らしの方がいません。

すごいめんどくさい手順かもしれませんが、自分はこれでやっています。ご参考までに
他にも専用ブラウザーがありますので、上記2つが何か気に入らなかったら「ギコナビ」等試してみるのもいいかもです。
どちらも無料です。

185 :179:2010/04/01(木) 21:26:17 ID:VePmcxxw
>>183
ヤオ族は他の民族と混合しているので不適切な表現でしょう。
山越のwikiでヤオ族と書いているのは日本語版だけです。英語版・中文版も一応見ましょう。
後漢の時代の山越で、濮(Pu)と苗(Miao)と越(Yue)がごっちゃはまずいです。
漢代以降の越は、タイ系もしくはベトナム系を意味します。三苗と違い苗(Miao)は苗です。

濮(pu)は、布(bu)なのですよ。クメールの言語形跡を持っていたのは布朗族だけです。
他のオーストロアジア語族の3民族(京族など)は、クメールから言語的距離があります。

布依族も元は濮(pu)でしょう。古い層ではなく家畜や祭祀関係に特異なものが残っているといわれています。
ただ、それが何かとか具体的な発音やソースが貼れないし、自分は興味が無いので探す予定もありません。
布衣族は、チワン族の一部として振舞っていたニュアンスがwikiの英語版にありますが、
その意味は示されていません。

186 :出土地不明:2010/04/01(木) 21:31:49 ID:VePmcxxw
承前

ミャンマーのパガン朝に、濮(pu)の人は臣民として参加しているみたいなので
東南アジア史を視野にいれないと山越の謎は解決しません。民族名はモン(≠Hmong)とピューです。
苗(Miao=Hmong)は、濮(Pu)と対決関係が元朝初期頃にありそうで
口承ですが雲南省から濮(Pu)が減った時期と苗(Miao)の進出時期が、偶然一致しているのです。
元が苗(Miao)を使って濮(Pu)を追い出したのかもしれません。パガン朝と元との関係から裏が取れるかもしれません。
濮(Pu)と苗(Miao)と越(Yue)の比定は、謎が多いので、山越は山越のまま未分類にするか
ミャンマー、タイ、ラオス、カンボジア、ベトナムも追わないとわかりませんが得るものは少ないでしょう。
夜郎自大のほうが海を渡る気がするし、ヤオ族は土着勢力と一緒に安住の場所を見つけている印象があります。

濮(Pu)は、布依も布朗も、やはり河南・山東の濮水にも居て、
北上した流れもあったにしたほうが自然かもしれません。

苗(Miao)は、漢以降に秦氏のような渡来人勢力でもいいかもしれません。
苗も古羌もその時代なら、一緒に行動しても不自然ないです。
苗(Miao)は漢化不適合者として漢化していないのではなく、漢化もしてます。
その証拠は、漢籍の文法が苗語と客家語の共通の特徴を持つからです。

187 :出土地不明:2010/04/01(木) 21:54:47 ID:VePmcxxw
パガン朝については、自分はあやふやなことしか書けません。
ミャンマーのことなので、謎は謎ということで、LUNAMASKさんの宿題ということで、よろしく。

188 :白馬青牛 ◆cjIySZ2iYw :2010/04/02(金) 01:13:17 ID:FD2t45g0
>>177
航海の軸線から外れる黒潮なんか問題外ですし、夜郎集団が
日本へ渡来した根拠すらありません。しかも徐福なんか伝説の
挿話のたぐいですから意味は無いでしょう。
>>179
他民族との神話の類似の方が、古人骨からDNAを抽出出来ん、
Y染色体カルトより、ましじゃ思うけどね。神話を史実としたら
問題じゃけど。

189 :LUNAMASK:2010/04/02(金) 10:01:43 ID:a/bavlfp
>>185-187
西域・秦氏
Q P36   0.4%  ハザラ(タタール)人
R M207   0.4%  ソグド人
O3a3c M134 10.4%  秦氏
--------------------------------------------
山越*  http://zh.wikipedia.org/wiki/%E5%B1%B1%E8%B6%8A ←中国語バージョン
NO M214* 2.3%  布依族
N1 LLY22g* 1.2%  古羌 太公望と共に東遷か
O3a3 LINE1 3.1%  苗族
O2a M95* 1.9%  濮族
*以下の4種はマトリックス的に考えておいた方がよい。・・・てなことのようですね。
ありがとうございました。

190 :LUNAMASK:2010/04/02(金) 10:05:20 ID:a/bavlfp
↑中国語wiki
山越是中国漢代対以浙江紹興為中心,在今天江蘇、安徽南部及浙江、江西、福建一
帯山区生活的百越族人的称呼。山越属于百越族四个分支,即東甌、山越、南粤和
門虫越中的一支,他門民風彪悍,不服朝廷的統治。三国時東呉大将周瑜、黄盖等
数次対山越征圧。最后諸葛恪从嘉禾三年(234年)開始使用堅壁清野的戦術圏山
三年,使山越降伏,得四万壮丁加入軍隊,六万百姓従事農業生産。
在宋代后,早前已経被中原文化所同化的呉文化大量進入山越地区,同時由于経済
発展,使得山越逐漸后退到浙江山区少部分地方,経済体制崩壊,加之南宋定都
杭州,為保証首都安全,宋軍大挙遷移距離杭州不遠的山越人,使之与漢族
徹底融合。

191 :LUNAMASK:2010/04/02(金) 10:09:43 ID:a/bavlfp
>>188
>>190 他門民風彪悍,不服朝廷的統治・・・なんだか肥後薩摩の人間見たいですね。

192 :LUNAMASK:2010/04/02(金) 10:16:47 ID:a/bavlfp
>>186
>苗(Miao)は、漢以降に秦氏のような渡来人勢力でもいいかもしれません。
なるほど。それに、そもそもジャポニカ水稲を持って来るということがありますね。

193 :LUNAMASK:2010/04/02(金) 11:12:51 ID:a/bavlfp
>.190 注→堅壁清野
堅壁清野(けんぺきせいや)は、焦土作戦の一種。中国では古来からの戦法とさ
れ[1]、古くは『後漢紀』巻四にも現れるが、特に日中戦争(支那事変)期に中国国
民党軍によって行われたものを指すことが多い[2][3]。城壁に囲まれた市街地内に
人員を集中させ(堅壁)、城外は徹底して焦土化する(清野)ことで、進攻してきた
敵軍は何も接収できないようにして疲弊させ、持久戦を有利に運ぶ狙いで行われる。
・・・逆兵糧攻めと言おうか。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A0%85%E5%A3%81%E6%B8%85%E9%87%8E

194 :LUNAMASK:2010/04/02(金) 11:21:07 ID:a/bavlfp
>>183 脱字訂正
C3c M86 1.2%  満 →満州族、愛新覚羅ヌルハチ系統も同じ。

195 :LUNAMASK:2010/04/02(金) 12:46:28 ID:a/bavlfp
徳島県ではNO M214* N1* LLY22g* N1c M178が見られる↓
http://en.wikipedia.org/wiki/Haplogroup_NO_(Y-DNA)
http://en.wikipedia.org/wiki/Haplogroup_N_(Y-DNA)
つまりこれらは山越としてマトリックス的に見た方がいいかも。
http://www.kerchner.com/images/dna/ydna_migrationmap_(FTDNA2006).jpg
NはWikiでは東南アジア起源だが↑上記では中央アジアから欧州に向かっている。
石器時代には、非常にモバイルであり、中央アジアを起点として各地で子孫を残しな
がら移動したようだが、最終的には山越とか、山戎の中に入ったのであろうか。この
DNAと私が想定しているトランスヒューマント・ガバナンス(移牧的農耕・牧畜統合
経済)が馬が合いそうだ。

196 :LUNAMASK:2010/04/02(金) 13:18:40 ID:a/bavlfp
本日のYDNAによる日本人ルーツ仕分け
Haplo SNP %
group
縄文
C1   M8 5.4% 縄文人
D2   P37.1* 3.9% 々
D2a M116.1 16.6% 々
D2a1 M125* 12.0% 々
D2a1a P42 2.3% 々
------------------------------------------
沿日本海
C3c M86 1.2%  古満州族
O2b SRY 7.7%  沃沮
O2b1 47z 22.0%  沃沮
------------------------------------------
沿黄海北岸
O3 M122* 6.6%   山戎
C3 M217* 1.9%  東胡
-------------------------------------------
西域・秦氏
Q P36  0.4%  ハザラ(タタール)人
R M207 0.4%  ソグド人
O3a3c M134 10.4%   秦氏
--------------------------------------------
山越  http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B1%B1%E8%B6%8A
NO   M214* 2.3%  布依
N1c1 M178 0.4%  匈奴
N1 LLY22g* 1.2%  古羌
O2a M95* 1.9%  濮/久米
O3a3 LINE1 3.1%  苗(楚民)

197 :LUNAMASK:2010/04/02(金) 16:32:37 ID:a/bavlfp
>>195
N1* LLY22g*が徳島県、青森県に分かれている。原因として、
「『日本書紀』景行天皇51年条
日本武尊が熱田神宮に献上した蝦夷らは昼夜を問わずうるさく騒ぎ(サエギ)立て、
礼儀も悪かったので、倭媛(ヤマトヒメ)命は、蝦夷らを神宮に近づけないように命じ、
朝廷に奏上した。そこで三輪山の辺りに置かれることになったが、幾日も立たない
うちに三輪山の木を伐ったり、大声を上げて村人を脅かしたりした。これを聞いた
天皇は、その蝦夷たちを遠方に置くことにした。これが播磨、讃岐、伊予、安芸、
阿波の五つの国の佐伯部(サエキベ)の先祖となった。」
http://members3.jcom.home.ne.jp/sadabe/oni-megami/oni-megami-1-4.htm
また更に、
「空海は宝亀五年(774年)、讃岐国屏風浦(香川県善通寺市)の佐伯氏に生まれて
いる。つまり上記の蝦夷の末裔で、土蜘蛛の系統である。そして、丹生明神は丹砂を
採取する土蜘蛛の一族が祀る神。両者に同族意識があっても不思議はない。
30歳まで空海は高野山周辺で山岳修行をしており、その一帯が水銀の産地であるこ
とは承知していたはず。丹砂の利権を有する彼らに資金援助をさせたのではないかと
思われる。そもそも空海が唐に渡ったのは私費留学であり、莫大な渡航費用を弱小
豪族の佐伯氏が負担できたとは思えない。すでに、その段階からスポンサーになっ
ていた可能性もある。」・・・住友金属の先祖か?

198 :LUNAMASK:2010/04/02(金) 16:39:03 ID:a/bavlfp
「空海が唐から密教経典を持ち帰り真言密教を立てるが、仏教界の君臨する天台宗
開祖の最澄は、空海の密教経典に執着するあまり、空海と確執を生じた。どうしても
密教経典を入手したい最澄は、弟子の円仁を唐に派遣した。
そして、円仁が唐から密教経典を将来したことで天台密教が成立し、後に円仁は
天台宗三代座主『慈覚大師』となるのだが、円仁は安倍氏族の下野国壬生(ミブ)氏の
出身。壬生(ミブ)は丹生(ニフ)の転音。従って、円仁も土蜘蛛の系統である。
承和十四年(847年)、故郷下野国(栃木県)の二荒山(日光山)に修験場を開き、そこから
西の阿武山中の金砂山に「東西の金砂神社」を開基する。その名の通り、近くには
金鉱山があり、丹生沢の地もある。
さらに、東大寺大仏の建立に銅を献上した摂津国(大阪府北部)の多田鉱山に東光寺を
建立するが、そこは朝廷に帰順した蝦夷(俘囚と呼ばれる)が労働者として送られた
鉱山で、この多田鉱山が後の清和源氏となる多田源氏の金蔵となる。後に酒呑童子
を退治したのは、ここ多田源氏の頼光である。」
つまり、山越は日本金属鉱業の生みの母なのだ。

199 :LUNAMASK:2010/04/02(金) 16:50:21 ID:a/bavlfp
ロシア黒竜江の州政府は前10世紀粛慎が鉄器時代に入っていたとしている。
これは東アジアでは最も早く、ハルシュタットと同期で、ヒッタイトに続くもの。
http://members3.jcom.home.ne.jp/sadabe/oni-megami/oni-megami-1-7.htm

200 :出土地不明:2010/04/02(金) 18:52:10 ID:M9pwhl0H
>>51

数詞

    ビルマ語群   ビルマ語群   ヒマラヤ語群

 7    ?et        nai          nhi?
 8    ?et        ??         yai-lo
 9    kok        kok         k-h? 
10    t?s‘e       t?ts?        tai 

201 :出土地不明:2010/04/02(金) 20:19:36 ID:M9pwhl0H
ビルマ語群  7?et 8?et 9kok 10t?s‘e
ビルマ語群  7nai 8?? 9kok 10t?ts? 
ヒマラヤ語群 7nhi? 8yai-lo 9k-h? 10tai

202 :出土地不明:2010/04/03(土) 17:11:09 ID:6goXOJkX
DNAでたどる日本人10万年の旅―多様なヒト・言語・文化はどこから来たのか?
http://www.amazon.co.jp/gp/product/images/4812207533/

Y染色体の系譜

      ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━ A 
      ┃
━━━┫    ┏━━━━━━━━━━━━━━ B 
      ┃    ┃
      ┗━━┫    ┏━━━━━━━━━━━ C 
            ┃    ┃
            ┃    ┃            ┏━━━━ D 
            ┗━━╋━━━━━━┫
                  ┃            ┗━━━━ E 
                  ┃      F
                  ┃      ┏━━━━━━━ G 
                  ┃      ┣━━━━━━━ H 
                  ┃      ┣━━━━━━━ I 
                  ┃      ┣━━━━━━━ J 
                  ┃      ┃    K
                  ┗━━━┫    ┏━━━━ L 
                          ┃    ┣━━━━ M 
                          ┃    ┣━━┳━ N 
                          ┗━━┫    ┗━ O 
                                ┃  ┏━━ Q 
                                ┗━┻━━ R 
                                    P

      ・    ・     ・       ・    ・   ・  
      ・     ・     ・       ・    ・   ・  
      ・     ・     ・       ・    ・   ・  
   90420 82000 68500  53000 35600 29900 (年)

http://freepages.genealogy.rootsweb.ancestry.com/~robert/Y-Haplogroups-1500AD-World-Map.png

203 :出土地不明:2010/04/03(土) 21:35:06 ID:Nud8kYo3
>>202
南米悲惨だな

204 :LUNAMASK:2010/04/06(火) 10:29:20 ID:lOux+lza
縄文 狩猟採集 第一次産業
弥生 農業   第二次産業
古墳 探鉱、冶金、酒造、繊維、服飾、宗教、防衛、警備、
   音楽、舞踊、彫刻・・・
        第三次産業

205 :LUNAMASK:2010/04/06(火) 11:33:09 ID:lOux+lza
カザフスタン銅石器・青銅器文化、中東鉄器文化を東アジアに伝えた民族/DNAで日本
に渡来する可能性のあるのはN-LLY22g* 1.2% N-M178 0.4%であり、本来東アジアに
出現したO3、O2ではないと見るべき。これらは馬、金属利器生産、交易、防衛等機動性
の高い活動に関わり、粛慎、邑婁、穢並びに羌が関連しているものと見られる。O2、O3
はこれには関係しない農業、機織等定住性の高いものに関係するのであろう。

206 :LUNAMASK:2010/04/06(火) 13:58:10 ID:lOux+lza
本日のYDNAによる日本人ルーツ仕分け
Haplo SNP %
group
縄文
C1   M8 5.4% 縄文人
D2   P37.1* 3.9% 々
D2a M116.1 16.6% 々
D2a1 M125* 12.0% 々
D2a1a P42 2.3% 々
------------------------------------------
沿日本海
C3c M86 1.2%  古満州族
O2b SRY 7.7%  沃沮→突帯文土器文化人
O2b1 47z 22.0% 沃沮→突帯文土器文化人
N1c1 M178 0.4% セイマ・トゥルビノ文化/粛慎・穢→銅剣銅矛・銅鐸文化人
------------------------------------------
呉越水稲農民
O3 M122* 6.6%  百越→遠賀川土器文化人
O3a3 LINE1 3.1%  苗(楚民)→遠賀川土器文化人
-------------------------------------------
中央アジア
C3 M217* 1.9%  匈奴
-------------------------------------------
西域・秦氏
Q P36    0.4%  ハザラ(タタール)人 秦氏系戦士
R M207    0.4%  ソグド人 秦氏系商人
O3a3c M134 10.4%   秦氏系農民
--------------------------------------------
山越  http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B1%B1%E8%B6%8A
NO   M214* 2.3% 布依
N1 LLY22g* 1.2% カラスク文化/古羌・彝→銅鏡文化人
O2a M95* 1.9%  濮/久米
-------------------------------------------

207 :LUNAMASK:2010/04/06(火) 14:35:32 ID:lOux+lza
追加
I-P19 0.4% 欧州巨石文化人   プロト印欧語
山東省・遼寧省方面に入る支石墓文化を欧州からもたらしたもので、
遼寧銅剣文化と共に入ってきたのでは。

208 :出土地不明:2010/04/06(火) 16:44:32 ID:OmHbrPaa
わぉ〜月光たん、お久しぶり〜
>>206だとするとA群:カラスク・鴨・尾張(=オークネフ=山戎=銅鐸文化人)は
南方と北方に引き裂かれてしまいそうでつね!?

>>35
銅緑山(直線L)スサノオ 
大井子(領域A)カラスク・鴨・尾張(=オークネフ=山戎=銅鐸文化人) 
鳳凰山(領域B→銅出徐州)おそらくこれが鏡作り


カラスク・鴨・尾張は南方渡来の山越で、オークネフ=山戎=銅鐸文化人は
北方渡来のセイマ・トゥルビノ文化人なのかしらん??
遼寧銅剣文化はA群でつよね!!


209 :LUNAMASK:2010/04/06(火) 16:57:31 ID:lOux+lza
>>208 >>206
>だとするとA群:カラスク・鴨・尾張(=オークネフ=山戎=銅鐸文化人)は
>南方と北方に引き裂かれてしまいそうでつね!?
--------------------------------------------------------
この地図で↓バイカル湖と安陽と南北2本に分かれて進む線ですね。
http://www.archatlas.dept.shef.ac.uk/EastWest/1SeimaTurbino.jpg

210 :LUNAMASK:2010/04/06(火) 17:00:25 ID:lOux+lza
承前
日本には、半島で2系統が合わさってまた分れるのでどれがどうなんだか。
これから仕分けします。

211 :出土地不明:2010/04/06(火) 17:10:02 ID:OmHbrPaa
>>209わぉ、月光たん〜(^-^)/

205 :出土地不明:2010/03/03(水) 16:39:47 ID:8iCdbJ3D
わぉ月光たん、2塁にいた古羌族のオークネフ密教を日本にもたらしたルートは
1)1塁方向の「大陸に進出した縄文人」を伴った北回り地祇ルートと
2)3塁方向の「長江稲作民」を伴った南回り天孫ルートと
2通りのバックホームがありそうですね(^-^)/

212 :出土地不明:2010/04/06(火) 17:43:20 ID:OmHbrPaa
この辺をどう整理するかが問題でつね〜(^-^)/

592 :LUNAMASK:2010/02/01(月) 16:04:02 ID:paTt7qj6
鹿は趙宝溝文化時代から朝陽を表すものとされており、モンゴル西部、新疆方面では
青銅器時代に山の斜面を角の上に太陽を戴いて天にのぼる存在とされている。
銅鐸の民が夏家店下層方面から来た遼寧銅剣文化人であるとすれば広型銅剣・銅鐸に
本来的に随伴する思想であるのかもしれない。こうなると出雲族の渡来とは無関係となってくる。

213 :LUNAMASK:2010/04/06(火) 18:40:49 ID:lOux+lza
>.212 マールイ緑の山手線、真中通るは中央線・・・♪
オルドス-遼寧青銅器が中央線、南は安陽-呉越、北はバイカル湖から
遼東に入るもの、全ては遼東を通過しているのでしょう。

214 :LUNAMASK:2010/04/06(火) 18:53:04 ID:lOux+lza
承前 バイカル→遼東へと出てきた出雲族、これが
http://yamatai.cside.com/katudou/kiroku267.htm
ここにある
商(殷)周時代の鉛が日本に来た
細型銅剣の年代
の銅資源を加工したものでしょう。

215 :LUNAMASK:2010/04/06(火) 19:08:18 ID:lOux+lza
承前
銅剣銅矛 バイカル湖系青銅器文化
銅鐸    オルドス系青銅器文化
銅鏡    呉越系銅鏡文化・・・これが一番新しい。

216 :出土地不明:2010/04/06(火) 20:55:41 ID:OmHbrPaa
>>215 わぉ〜月光たん(^-^)/

1.銅剣銅矛 バイカル湖系青銅器文化
2.銅鐸   オルドス系青銅器文化
3.銅鏡   呉越系銅鏡文化

列島に到来する順番は、2→1→3の順でしょうか
卑弥呼前夜、2が呉越稲作民と合流して「双胴船に乗る鳥装の銅鐸文化人」となったのなら
2は遼東で呉越稲作民と一緒になったんじゃね!?

217 :118:2010/04/06(火) 22:12:18 ID:pv6PfWOO
>>206
LUNAMASKさんお久しぶりです。
(1) ここは、全部秦漢以降の渡来人だと思っています。弥生人とは思えません。
  皆、身元がはっきりしています。
===========================================
 【熟越】 百越, 【熟苗】 苗(楚民)
 匈奴, ハザラ(タタール)人, ソグド人, 秦氏, 古羌・彝
===========================================

(2) 山越はやはり難しい。 なぜ生越でなく山越なのか?
 百越と百濮の区分は、漢代以降でも混乱が見られる。
  → 京族(ベトナム住民と同じ),ワ族,ドアン/パウラン(徳昂)族

気になっているのは、「濮水人」〜 殷の師延,青銅
  濮≒布 は何を意味するのか 壁にぶちあたっています。

 仙姑 王Nang仙=王阿従の貴州の事件がものすごく気になるのですが、
 苗族の農民起義のような、怒りのまま暴れるようなのと、何か違うのです。

218 :出土地不明:2010/04/06(火) 22:26:53 ID:pv6PfWOO
承前

古羌・彝が山越というのは、誰が見てもおかしいです。
ずっと、西のほうでじっと朝貢冊封を中央と繰り返している民族が多いのです。
烏蛮・白蛮が多分最初の朝貢冊封であり、後の土司土官制度もその続きです。

古羌(ロロと羌など)とは、西戎と現地勢力の複合民族で、秦漢時点でも、決して単一民族ではありません
リストアップしましたので、青銅器出土物との関連に参考にしてください。(正確さは専門家の記述を当ってください)
(A) 最大の勢力
 イー 彝
(B) 渓谷に住む民族
 ミニャク 弥薬→西夏,木雅蔵族
 チャン 羌(北部と南部は農業形態に差があるが、環境要因?  北部は改土帰流がかなり早めである。)
 ヌー 怒
 リス 栗粟(←蔑称かもしれないので漢字には人偏をつける)
 ナシ 納西(蔵系と直接接しているため、正史に現れた民族の特徴を失っている)
(C) 更に別の文化をもっている民族
 ケサラ 嘉絨蔵族=ギャロン 〜不明な成分 ポン教かな?
 トーロン 独龍 〜漢民族世界との交渉が極小 (最後の携帯電話開業エリアとして有名になりました。)
 ジノー 基諾 〜タイ系の成分?
 ハニ 哈尼 〜苗系の成分?
 プミ 普米 〜ナシ族からの二次的影響 ナシ族モソ人なども関連か?
 トゥチャ 土家 〜 秦良玉伝説 元明清以前が何だったのか? テイか?
 ぺー 白  〜早くから漢化した彝族
 ラフ 拉古 〜国境なくあちこちに出没 元は焼畑農民

まだもう1民族。九塞溝の住人=白馬蔵族だが、10万人いないので情報発信力が乏しい。
(阿昌族やヂンポー族は、古羌ロロ系には分類されていない。)

219 :出土地不明:2010/04/06(火) 22:35:07 ID:pv6PfWOO
>>207
石柱や山岳宗教は、日本にも3000年前の遺跡とかもあり、かなり古い文化です。
青銅器とは別枠で考えて、暦(こよみ)などのカテゴリで考察している人もいます。

月の満ち欠けで暦を作るのは世界中にありますが、石柱の陰で太陽観察するのは
普遍的ではありません。
これらは、銅鐸や銅鏡とは一緒に入ってきたのではなく、もっと古い層の可能性があります。

220 :LUNAMASK:2010/04/07(水) 08:01:37 ID:+1d/bWce
>>216
そうだと思います。尾張はC3匈奴/山戎/銅鐸でしょうね。

221 :LUNAMASK:2010/04/07(水) 08:10:50 ID:+1d/bWce
>>219 石棒・ファリシズムは朝鮮人YDNA二元論で日本にもあるとされているK、
ニューギニアなどにもあり、スンダランド起源か。現代でもペニスケースを付けている。
これがCに継承され遠くアナトリアにまで進出したものと思います。チャタル・フユクには
ペニスを立てた人の画像があり、これは新疆カンチャシメンチ岩絵にもあります。
またバイカル湖にもあります。小河墓遺跡の近くには木製の石棒遺跡があり、岩手県
のものとそっくり。沿海州にも石棒遺跡があります。

222 :LUNAMASK:2010/04/07(水) 08:15:00 ID:+1d/bWce
>>218 YDNAハプログループNの問題としてとらえると、O拡大以前に鹿・山羊等の
山岳有角獣の家畜化に成功していた可能性があるのかなと。

223 :LUNAMASK:2010/04/07(水) 08:30:33 ID:+1d/bWce
>>220
出雲/荒神谷・加茂岩倉は崇神が摘発から保護に切り替えた神宝、実は出雲族の
基本資産である殷オリジンの青銅器、同様の銅鐸民基本資産は河内にもあり、
物部が銅剣に改鋳して石上神社に奉納。こうした諸民族基本資産の無力化こそ
大和朝廷、銅鏡国家の根幹だったのでしょう。逆にこのことは弥生後期にこうした
基本資産を基に一種の広域政治単位、投馬、狗奴国が成立していたことを物語る
ものと考えます。

224 :LUNAMASK:2010/04/07(水) 08:45:32 ID:+1d/bWce
>>220
前方後円墳は
1)出雲族の大地(おおなむち)信仰、方形祭壇
2)銅鐸族の岳神(天香具山)信仰、後円
3)呉越系の土敦墓(鳥葬的な竪穴墓)
以上がセットとして折衷された、まるで三種の神器のように大和朝廷の実体を表明
するものであったと見られます。

225 :LUNAMASK:2010/04/07(水) 08:54:52 ID:+1d/bWce
承前
参考:桃太郎について
犬 狗奴国
猿 出雲・佐多大神(猿田彦)
雉 大和・鳥トーテム族
桃太郎とは百の足、モモタル、50人部隊という風にも解釈できます。

226 :LUNAMASK:2010/04/07(水) 09:18:37 ID:+1d/bWce
本日のYDNAによる日本人ルーツ仕分け
Haplo SNP %
group
縄文
C1   M8 5.4% 縄文人
D2   P37.1* 3.9% 々
D2a M116.1 16.6% 々
D2a1 M125* 12.0% 々
D2a1a P42 2.3% 々
------------------------------------------
沿日本海
C3c M86 1.2%  古満州族
O2b SRY 7.7%  沃沮→突帯文土器文化人
O2b1 47z 22.0% 沃沮→突帯文土器文化人
N1c1 M178 0.4% セイマ・トゥルビノ文化/粛慎・穢→銅剣銅矛
------------------------------------------
呉越水稲農民
O3 M122* 6.6%  百越→遠賀川土器文化人
O3a3 LINE1 3.1%  苗(楚民)→遠賀川土器文化人
-------------------------------------------
中央アジア・オルドス→尾張
C3 M217* 1.9%  匈奴・銅鐸文化人
-------------------------------------------
反時計周り・西域・黄河/斉経由 秦氏
Q P36    0.4%  ハザラ(タタール)人 秦氏系戦士
R M207    0.4%  ソグド人 秦氏系商人
O3a3c M134 10.4%   秦氏系農民
--------------------------------------------
反時計回り・長江/楚経由
NO   M214* 2.3% 布依
N1 LLY22g* 1.2% カラスク文化/古羌・彝→銅鏡文化人
O2a M95* 1.9%  濮/久米

227 :出土地不明:2010/04/07(水) 14:26:08 ID:Da+SdL56
わぉ〜わぉ〜月光た〜ん(^0^)/

>>226
反時計回り・長江/楚経由
NO   M214* 2.3% 布依
N1 LLY22g* 1.2% カラスク文化/古羌・彝→銅鏡文化人
O2a M95* 1.9%  濮/久米


これが「神武、雄略、天武、後醍醐」の南方系天孫族の正体でつね!!

228 :出土地不明:2010/04/07(水) 15:13:10 ID:Da+SdL56
わぉ〜わぉ〜
これが、南方系天孫族が邪馬台国を建国するプロセスなんでつね!!(^0^)/

LUNAMASK:2010/03/24(水) 15:54:34 ID:1tHWGidB
http://academy6.2ch.net/test/read.cgi/archeology/1266584459/menu842
黄淮
http://yamatai.cside.com/katudou/image/267-2.gif
から北上した集団/楚O-LINE1 3.1%・呉越O-M95* 1.9%/が
http://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/5/5a/Streitende-Reiche2.jpg
http://yamatai.cside.com/katudou/image/267-1.gif
背振山系東南↓に入り、
http://yamatai.cside.com/katudou/image/267-4.gif
右図中広青銅利器分布圏に天孫の九州邪馬台国を建国し、これが後に後発の左図細型青銅利器、
地祇族と対立することになったと考えられるのです。

229 :出土地不明:2010/04/07(水) 15:38:26 ID:BiOhB4Yi
おい お前ら、本気で遣るなよ、白馬青牛出て来なくなっちゃったじゃないか

俺は白馬氏の滅裂火病〜が面白く見に来ていたのに

月面! もう少し白馬の味を引き出すようにいじれ

230 :217:2010/04/07(水) 19:29:23 ID:SCBYy9Em
>>222
「濮水人」〜 殷の師延,青銅 クメール北上説捨てきれないんですよ。

殷(商)と周の最終決戦
 ↓
牧野の戦い
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%89%A7%E9%87%8E%E3%81%AE%E6%88%A6%E3%81%84

武王は周辺8カ国の異民族を結集した。
庸・蜀・姜・ボウ・微・ロ・彭・濮
(五筆字形)
 尸竹弓戈竹(SHNIH) ボウ
 女火卜心廿(VFYPT) ロ

庸と彭は、その後もミャオ・ヤオ系の記事に絡んでくる。
微とロも、滅亡したわけでなく漢族の中に流入したと考えましょう。
ボウと濮はまだ後に出てきます。

文字が出ているWebページ
http://www.a1a.cn/main/barcontent.php?bid=57668
ボウは、雲南の楚雄市に現れます。
百濮は、わりあい雲南に広くいたことになります。

日本の本願寺関係で、「血脈」と「法脈」というのが使われますが
古羌は、「法脈」を重視する傾向がある集団だと考えます。
よって私は、苗や越同様に、YDNA論の俎上に馴染まないラベルだと思います。

231 :出土地不明:2010/04/07(水) 19:39:26 ID:SCBYy9Em
承前

確かに、長江側にもタテの苗・越の動きだけでなく
ヨコの動きもあってしかるべきで、「法脈」側の羌・苗・越のラベルは馴染みません。

布依族の特異性・・・ 唐草模様やバンブーダンスなど漢族世界に普遍的にあるものを
取り除いていくと、意外に、中央チベット(蔵系)に共通なものがあります。
(バンブーダンスの類は、苗族が練習して観光に利用してますが、結構広い範囲にあります。高山族にまで分布)
髪の毛を増量するため=ウィッグに使われると説明されていることが多いです。
http://pic.nipic.com/2007-06-20/200762011756231_2.jpg
http://pic.nipic.com/2007-06-20/2007620101542569_2.jpg
長角苗族にも外来文化として入っているかもしれません。

辮髪を使って、髪飾りを固定していた民族で3色以上の縄を使っている映像は発見してません。
彝族は男女とも60年前まで辮髪で、羌族も辛亥革命までは辮髪です。
3色を超える縄=ウィッグは、アイベックスという野生種を想起させるものです。
中央チベットのパンデン(pangden)という縞エプロンも6色以上を使います。

あと、玉(ぎょく)信仰みたいなのが、カムパ(蔵系)に強くあります。
翡翠ではなく、琥珀のほうが好まれる傾向がやや特異です。
チベットのほうは布依族と違い、豊富な記録が開示されていますから
特に、中央チベットやカムパの民俗資料をあたるといいかもしれません。
まあ、チベット自治区は各地の文化がシャッフル状態なので、苗族ほどでないにしても難しいです。

巴or蜀の三星堆と中央チベットの結びつきは最近言われだしています。
火葬の古羌とは異質な石棺や墳墓がアバに残っていたりする。カラスクですか。
これが、長江のヨコの動きなのかもしれません。
「血脈」側で見ると見えてこないものが見える可能性ありますが、「法脈」側を
無視して暴走すれば、もう学問とはいえませんがね。

彝族は「血脈」でカラスクだが、「法脈」では古羌という見方をすると考察が進展するかもしれません。

232 :出土地不明:2010/04/08(木) 11:42:11 ID:nA8+Nr7N
わぉ〜、そんでもって月光たん!!

>>26:LUNAMASK:2010/03/25(木) 12:51:12 ID:WNZduykI
この稲作文化をもつ海神族というのが海部であり、久留米の方から、ニギハヤヒ、
ホアカリ等を奉じて丹後半島に上陸濃尾平野に入るというコースをとったんでしょう。

>>226
尾張に入ったのがニギハヤヒ、ホアカリ系統なら鴨・尾張は
>C3 M217* 1.9%  匈奴・銅鐸文化人 ではなく

>反時計周り・西域・黄河/斉経由 秦氏
Q P36    0.4%  ハザラ(タタール)人 秦氏系戦士
R M207    0.4%  ソグド人 秦氏系商人
O3a3c M134 10.4%   秦氏系農民
なんじゃね!?

だから、文化的同一性のある「反時計周り」地帯すなわちL群地帯に
「時計回り」の南方系天孫族が侵入しやすかったのではないかな?

233 :出土地不明:2010/04/08(木) 15:37:35 ID:nA8+Nr7N
>>232
L群地帯でなく、A群地帯だった〜m(_ _)m

*LUNAMASK*:2009/09/30(水) 08:49:23 ID:Mo0+msyM
フルリ物部はこのQ-P36 0.40%のエニセィ・ケト族支石墓<ドルメン<巨石文化・・・
これが特定遺伝子と一対一対応することは あり得ないが、その起源において、
たとえばYDNAのO、C、Dと関係しないこともほぼ明らか。


234 :白馬青牛 ◆cjIySZ2iYw :2010/04/09(金) 00:28:20 ID:BtRfAUE7
>>229
アク禁じゃったけぇ、書けるわけないよ。火病は日本や韓国の国粋主義、
江南思想朱子学の連中の思想性にあり、わしにゃあ関係無いわ。
>>191
山越は、ヤオ、ミャオ(苗)の山地民文化で、薩摩のシラス台地の畑作狩猟
山地民文化と似とるんは、文化的問題で、人種的共通性を表したものでは
無いんですよ。焼畑狩猟の山地民と里の稲作民の関係は、日本のみならず、
東アジアの多くの現象でしょう。華南では山地の畑作狩猟の苗と平地の
稲作の越の漢人。中国西北部では山地の牧畜畑作の羌と平地の畑作華北の
漢人と云うように。日本も戦国期までは、前にも云うたよう、徳川氏等
畑作狩猟山地民と稲作平地民の違いがありました。ほいで漁撈民は、
平地民より山地民との共通項が多いんですよ。台湾の高砂族も
元来ポリネシア漁撈民でしたが、山地の焼畑狩猟民文化人でもありますし、
日本の漁撈民は関が移動する警護徴収もシノギとした掠奪文化から、
山賊、海賊は、武士やヤクザとも同業です。平地農民のカタギの世界とは
異質なんですよ。

235 :出土地不明:2010/04/09(金) 01:55:26 ID:8z0lwdE3
わぉ〜、奴隷民たん!!

236 :出土地不明:2010/04/09(金) 10:50:04 ID:pvILmZGH
前回の氷河期が終わったのは約一万年前。
縄文人はその時すでに日本にいたんですね。
その時の地形はこんなかんじ?
http://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/e/e4/Last_glacial_vegetation_map.png

237 :ドレミちゃん ◆YeeMODUSQg :2010/04/09(金) 22:17:15 ID:KuE5n66b
幽黙的 ミ´∀` ミ

>>200
この板はUnicode不可なんですよ。(笑)

238 :ドレミちゃん = 231 ◆YeeMODUSQg :2010/04/09(金) 22:29:19 ID:KuE5n66b
アンバーレッドの玉(ぎょく)は、瑪瑙の場合もあるみたいです。
中央チベットおよびやカンパ 〜 ハルシュタット文化

交易していた証拠といわれてますが、あんまり語られてないですね。
ここ100年ぐらいの嗜好なのかもしれないし。

239 :白馬青牛 ◆cjIySZ2iYw :2010/04/09(金) 23:25:19 ID:BtRfAUE7
>>235
わしら広島人は蝦夷系東西佐伯部の系統が混じっとるけぇ、奴隷民の
系統も混じっとるよ。まあ、日本原住民や列島倭人が混じる限り、
奴隷民系統よのう、日本人は。
>>236
一万年前に縄文人が成立したわけじゃあるまいし。

240 :出土地不明:2010/04/09(金) 23:54:56 ID:pvILmZGH
>>239
16500年前の縄文人の遺跡が見つかってますからねぇ

で、
>一万年前に縄文人が成立したわけじゃあるまいし。
何が言いたいのか理解できないのですが…

241 :出土地不明:2010/04/10(土) 01:17:21 ID:h0g/krLU
=リアルビジネス
【設立10年を超える某国内企業との独占契約が可能にする「最大36ヵ月間の長期ロイヤリティ」/田沢智也】
ライブチャット
-返金成功報告複数有り
【週に一度だけ某行政機関に足を運ぶことで知ることができる「絶対収入の糸口」-月に50万円以上稼ぐことも可能、某行政機関に潜む/加藤 秀信】
-裁判所の動産競売
【1回の書類申請で3〜5万円の手当!国家公募サイドビジネス/藤川健司】
-統計調査員
=その他
【裏社会からの招待状。。。裏求人[時給5000円即日手渡し]国内全土各地区限定募集/筧文博】
パチンコのデジタルセグ
-被害多数
【国家予算からの還元金(個人向け、法人向け)〜ある国家予算からの還元金を専門家への依頼料0円で受け取り続ける方法〜】
-はずれ馬券を拾って当たりを探しましょう
【もしも100%損をすることの無い●●●●●が存在したなら・・・】
-e-bet
【ワンクリックワンコイン〜完全自動課金ツール〜】
-キャッシュフィエスタ自動化
(1) そもそも日本からの換金申請は通らない (どころか、英語圏でも通っているかすらも謎。サクラ疑惑)
(2) 高いポイントを獲得すると難癖つけてアカウントを削除される (マクロ利用疑惑などで)
(3) 額面として表示される金額はレートが 100% の場合であって、基本的にはその 1% だけが報酬となる
【3通の書類・・・ただそれを送ることで獲得した完全なる不労所得-たった3枚の書類で得られた不労所得収入-】
-この商材そのものをヤフオクで販売
【定額給付金など非では無い知られざる真実!!あなたにもその金を受け取る権利があるんです】
-鉄クズ
【脱ネットビジネス宣言】
-コインパーキング

242 :出土地不明:2010/04/10(土) 01:18:24 ID:h0g/krLU
=在宅系
【ウォーリーを探さないで。。。[只今第1次募集]最低報酬1500円〜在宅サーチワーカー募集 /池橋望美】
サイトのバグ

【完全暴露!情報内容公開中!/モビットワークス 求人部、国崎浩隆】
これは公開されてっだろググれカス
-現在、被害報告複数有り
【エクセルを使って月に29万円以上を稼げてしまう最新モデルの在宅ワークを初めてみませんか?/佐藤貴彦】
クロスワードパズル作成
-被害多数、返金成功報告複数有り
【20名限定完全受注生産プログラム(月間収益60,000円無条件保障/平江 保雄 屋号:マネーホール】
レビューサイト
-返金成功報告複数有り
【〜桜井 修一・PRESENTS〜月収30万円を最短6ヵ月間で積み上げる在宅ビジネス構築教材/桜井 修一】
私設私書箱
【[時給1800円〜完全在宅+携帯電話での参加も可]自由参加型テレホンオペレーター緊急大募集】
占い相談
【オンラインゲームを使って毎月40万円を稼ぐ方法/佐々木伸治】
エクスチェンジ・ドリーム
-被害多数、返金成功報告複数有り

243 :出土地不明:2010/04/10(土) 22:47:27 ID:hNkrXXjh
白馬青牛よ、奴隷の子孫はお前だけ。
あんたは短頭で扁平、彫りが浅く、一重か二重かも分からない細い目
だったよな。そんな顔なのに、まだ蝦夷の血が混じっているなんて
妄想を言っているのか。お前さんの顔は、あんたの大好きな朝鮮族と
瓜二つだ。

244 :白馬青牛 ◆cjIySZ2iYw :2010/04/10(土) 22:59:38 ID:mzedrl3q
>>240
縄文人は多様な人種が混じっとって、一時期の渡来だけじゃ
あるまあに。前にも云うたよう、篠田謙一氏が、
精度の低いY染色体と違い、古人骨からDNAを抽出出来るmtDNAから、
縄文人の遺伝子は、朝鮮、山東、遼寧に最も近いとされとるよう、
縄文人の多くは朝鮮系、朝鮮経由じゃろうに。
>>243
また、わしの容貌の妄想か。しかもわしゃあ、朝鮮族好きじゃ
無いど。まあ朝鮮族の女性に関しては日本人よりも美人率が
高いけぇ、嫌わんけど。

245 :出土地不明:2010/04/11(日) 00:21:34 ID:YzYkiyJH
>縄文人の多くは朝鮮系、朝鮮経由じゃろうに。

妄説だな。出土遺物の裏付けが全くない。そもそも、いつ
のどの地域の縄文人なのか、その点を明確にした方がいい。
カムケラから語ってみなよ

246 :出土地不明:2010/04/11(日) 10:08:24 ID:79P2D9OT
688 : 出土地不明 : 2010/04/10(土) 11:02:30 ID:NSP7kfhK (1)
これかな? 九州だね。
http://en.kendincos.net/video-tjhppnjf----.html


247 :出土地不明:2010/04/11(日) 21:55:13 ID:7TGqzj4r
ちと、参考までに。

『日本列島各地で発掘され、「回転縄文」という特徴的な施文技法による縄目の文様を特徴とする土器を一般的に
縄文土器と呼びます。そうした土器群を持つ竪穴住居や貝塚や墓地など集落遺跡で出土する土器、石器など、
様々な遺構・遺物つまり彼ら縄文人たちの持っていた生活道具、およびそこからうかがわれる生業や信仰、儀礼、
祭祀、風俗習慣などの精神生活、そういった彼らの物質文化や精神文化総体のことを「縄文文化」と呼び、そのような
文化の続いた時代を「縄文時代」と便宜的に呼んでいるのです。』
---「考古学の教室」 菊池徹夫著より一部抜粋

>「回転縄文」という特徴的な施文技法による(略)そうした土器群を持つ
>「回転縄文」という特徴的な施文技法による(略)そうした土器群を持つ

続く。

248 :出土地不明:2010/04/11(日) 21:59:06 ID:7TGqzj4r
『縄文文化の指標は縄文土器であるが、その全てに“縄文”が文様として用いられている訳ではない。しかしその一方で、
縄文を施された土器が、現在全国に60あまり知られている土器様式の過半を占めることも、また事実である。
土器の外面に、撚り紐で作った縄を回転させて施文する「回転縄文」の手法は、一部中南米にもその類例が報告されて
はいるが、まず、わが縄文文化のオリジナルと言ってよいであろう。縄文の施文された土器は、北は樺太南部、国後、
択捉島から九州北部にまで及び、これに加えて、縄文が施されない縄文土器は、さらに沖縄本島にまで分布を伸ばす。
時期的にこの分布が最も広がるのは縄文時代後期頃と言われるが、この範囲をもって、縄文文化の広がりはほぼ完結
すると見てよいであろう。』
http://www.netcity.or.jp/michinoku/izakaya/jyomon/j22suii2.html

>しかしその一方で、縄文を施された土器が、現在全国に60あまり知られている土器様式の
>過半を占めることも、また事実である。
>土器の外面に、撚り紐で作った縄を回転させて施文する「回転縄文」の手法は、(略)
>わが縄文文化のオリジナルと言ってよいであろう。

すなわち、「回転縄文」の特徴的な土器群をともなった文化が、
「縄文文化」の"肝であり"、考古学的には、縄文文化をともなった人々=縄文人。

付、
『現在、曽畑式の成立の問題については、朝鮮半島の櫛目文土器との関係を無視することはできないものの、
むしろ日本列島内部の土器群からの影響の方が強いという考えが主流となっている。』
---「日本の美術9 縄文土器 前期」 建石徹著より一部抜粋

249 :白馬青牛 ◆cjIySZ2iYw :2010/04/11(日) 22:45:58 ID:JWw/+7cl
>>245
土器は必ずしも人の移動と関連せんけど。曽畑系土器なんかも朝鮮の影響
じゃろうに。
http://db.yamahaku.pref.yamaguchi.lg.jp/db/kouko/syuzou_ko_01_01.html
あっ、>>248氏が早かったね。

250 :出土地不明:2010/04/11(日) 22:59:18 ID:7TGqzj4r
>>249
考古学的には、現生人類が日本地域に行き着き旧石器人になり、その旧石器人
が日本列島に残存して縄文人なった、また、縄文時代に渡来し縄文文化をとも
なった人々が縄文人になった。つまり、考古学的には縄文人は日本列島で縄文
人になったということでしょう。すなわち、自然人類学的な見解をベースに
語りたいのであれば、他板に行った方がよいのでは。

251 :出土地不明:2010/04/12(月) 19:08:59 ID:VSn0xKvx
秦氏はユダヤ人くさい


252 :出土地不明:2010/04/12(月) 19:13:43 ID:VSn0xKvx
「台湾土人がああ」とかって騒いでいたVANK工作員、一方では江南で見つかる
三足土器が日本では蜜からない。だから弥生文明は長江文明とは関係ないとかって
言ってたけどさ。

龍山文化の特徴である「三足土器」は、なんと縄文遺跡からぞくぞく出てる(爆笑


253 :出土地不明:2010/04/12(月) 19:23:49 ID:VSn0xKvx
陸稲すら朝鮮半島経由ではないことが明らかだね

>朝鮮半島で確認された炭化米は紀元前2000年が最古で畑作米の確認しか取れないこと
>岡山県で6000年前の陸稲(熱帯ジャポニカ種)のプラント・オパールが次々に発見された

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%A8%B2%E4%BD%9C
日本への伝来
稲の伝来に関して、以下の説が主なものとして存在する。

1,水稲(温帯ジャポニカ)に関しては、揚子江下流域原産米が山東半島(斉の田)を経て、朝鮮半島南部を経由して九州北部に伝来[2]。
2,水稲が、遼東半島から朝鮮半島を南下して九州北部に伝来[3]。
3,水稲が、揚子江下流域から直接九州北部に伝来(対馬暖流ルート)[4]。
4,水稲が、江南から西南諸島を経て九州南部へ(黒潮ルート)[5]。

2.については、遼東半島や朝鮮北部での水耕田跡が近代まで見つかっていないこと、朝鮮半島での確認された
炭化米は紀元前2000年が最古で畑作米の確認しか取れないこと、極東アジアのジャポニカ種稲のDNA分析において、
一部遺伝子が朝鮮半島を含む中国東北部稲からは確認されないなどの点から、この説の支持者は少ない。

4.の江南からの黒潮ルートは柳田國男の提唱した海上の道で名高かったが、沖縄での稲作を示す考古学的資料が
出ていないため関心が薄かった。しかし、岡山県で6000年前の陸稲(熱帯ジャポニカ種)のプラント・オパールが
次々に発見された等により、水稲伝来も考えられるとして再び注目されつつある。



254 :出土地不明:2010/04/12(月) 19:35:15 ID:VSn0xKvx
朝鮮半島で見つかる炭化米は、なぜ2000年前のが最古なの?

日本では6000年前の稲のプラントオパールが次々と見つかってるのに
水田遺構での炭化米でさえ2000年以上前のが見つかってるわけで。

255 :ドレ ◆YeeMODUSQg :2010/04/12(月) 21:53:04 ID:mKv35c1i
>>252
龍山文化は、黄河文明が南へ拡大したのではなかったのですか?
龍山←屈家嶺ではなく、龍山→屈家嶺のほうが無理がないので
屈家嶺の三苗は、華北起源の集団とされとるのです。

256 :白馬青牛 ◆cjIySZ2iYw :2010/04/13(火) 01:32:35 ID:wxerl7fz
>>250
他板へ行ったらええんは、古人骨からDNAを抽出出来んのに、なぜか
考古学板におるY染色体カルトじゃろうに、あんたは何で指摘せんのん。
あんたもその一味じゃと宣言しとるようなもんじゃない。
>>251
秦氏が仮にユダヤ人を含むとして、アシュケナージかスファラディの
どちらにしたいわけか?ほいでその理由は?
>>253
これも日本人の起源とは、関連が薄いが、陸稲は水稲たぁ、畑作に属する
けんのう。しかも、熱帯ジャポニカはアジア辺境部に後世も残存した
云う説明しか出来んじゃない。温帯米は日本に存在せんかった根拠でも
見つかったんか?しかも未だに航海の軸線で無い黒 潮妄想たぁ(笑い)。
>>254
朝鮮半島の炭化米が2000年前が最古云う根拠は?嫌韓サイトの妄想じゃあ
駄目ど。
ほいじゃが戦後になってようやく日本人の主食になった米で、
毎度神聖視するんか、どこぞの宗教団体から米信仰を洗脳されとるんか、
このスレは可笑しなんが多いのう。

257 :出土地不明:2010/04/13(火) 21:25:24 ID:UrTwmfY7
>>250です。
それでは、いちいち、その都度指摘するのは面倒なので、この場をかりて指摘しておきましょう。

レスをつけるみなさんへ
『自然人類学的見解をベースに語りたい方は、他板にて語られた方がより実り多いものになるでしょう。
あくまでここは考古学板なので、他板に行かれることをお勧めします。また考古学的見解をベースとし、
副次的に自然人類学的見解を語る場合、 「Y染色体カルト」等の"執拗な"レッテル貼りは控えましょう。』

258 :白馬青牛 ◆cjIySZ2iYw :2010/04/13(火) 23:55:28 ID:wxerl7fz
>>257
ベースじゃの副次的じゃの、あんたの御都合主義に
付き合うとれんよ。「Y染色体カルト」と正直に云うて
不都合なことでもあるんか?

259 :出土地不明:2010/04/14(水) 00:28:06 ID:KzT2LR0p
まったくだw

260 :出土地不明:2010/04/14(水) 00:29:19 ID:VR1LQjGO
>>258
私も君のご都合主義に付き合っていられないね。
それから別に不都合なことはないよ。指摘しただけ。

261 :出土地不明:2010/04/14(水) 05:36:27 ID:IAtKb8mS
荒らしとキチガイだけ残って、このスレも、もうダメだな。

262 :出土地不明:2010/04/14(水) 09:45:10 ID:Gk0xJPjL
弥生人はエラが張ってないから
朝鮮人では無い
これは確定している
北方アジア系が九州に来て、いきなり水田することも不可能

残る可能性は、北方アジア系が大陸南部に移住し稲作文化と融合し
なんらかの事情で日本に大量移住した。
これだけ

263 :出土地不明:2010/04/14(水) 16:17:58 ID:Kc4I2gc3
わぉ〜、ドレミたん!!
>>231
巴蜀族の三星堆遺跡と中央チベットはやっぱり結びつきがあるんですね〜(^0^)/

彝族のカラスク文化人が南方系天孫族の正体でつね!!

264 :出土地不明:2010/04/14(水) 16:35:49 ID:Kc4I2gc3
わぉ〜わぉ〜

先週、奈良の平城遷都1300年祭にあわせて、NHKで『大仏開眼』という
歴史ドラマをやっていたけど、月光たん説によると..
>>225
犬     葛城氏→葛城王のちの橘諸兄(橘氏はなんと元は犬養氏) 
猿(鹿?) 藤原氏→藤原仲麻呂のちの恵美押勝
鳥 カラスク吉備氏→吉備真備

であり、奈良時代になっても3族三つ巴で抗争していたことがよく分りまつ!!



265 :出土地不明:2010/04/14(水) 21:59:55 ID:Kc4I2gc3
わぉ〜わぉ〜

その吉備真備が遣唐使として中国に居たおり、唐の朝廷が真備の才能を試すために
複雑な並びの漢詩「邪馬台詩」を読ませようとした話は有名でつ〜(^-^)/
http://f.hatena.ne.jp/images/fotolife/n/nikogori12/20080713/20080713195739.jpg
その内容は「古代中国の周王室(姫姓)の流れをくむ東海の国(日本)は
百世にわたって代々栄えるが、やがて戦乱の世に入るや皇室は絶え、
猿や犬のような輩が国を奪って相争う。
その結果、国中焼土となって滅びてしまうであろう。」というものです。

『猿(藤原氏)や犬(橘氏)が国を奪って相争う』というあたりが
吉備真備が日本に戻ってからの奈良時代の政情を予言しているかのようでつね〜

それにしても邪馬台国はこの詩のとおり姫氏(黄帝)の国なんでしょうか(^-^)/

266 :出土地不明:2010/04/14(水) 22:16:57 ID:TZjYmV8m
白馬青牛さん、貴兄の存在は迷惑です。
他人を罵倒するのはやめてください。
あなたは下劣です。

267 :白馬青牛 ◆cjIySZ2iYw :2010/04/14(水) 23:13:44 ID:lOrnz6LS
>>260
ABO血液型同様、人種の判別すら出来んY染色体で妄想する方が
余程御都合主義じゃのう。
>>262
朝鮮人は、江南人、東日本人と比べてエラは張っとらんよ。
なんらかの事情で日本に大量移住した云うとるが、
弥生期は世界的に民族移動期じゃ無いわ。北アジア系が
弥生期多く移住したにしては、奴隷献上の列島倭人は弱過ぎるのう。
>>263-264及び>>265
南方系に天孫の概念なんか無いよ。カラスク文化が長城北部、
蒙古地域の文化じゃ云うことも知らんらしい。
はあ?日本が周王室じゃのファンタジーが好きじゃのう。
周がチベット羌系遊牧民じゃけぇ、弥生期の邪馬台国とは
関連が薄いし、日本へ来る前に絶えとろうに。
ほいで、前にも云うたよう日本の皇室の血統は藤原系が
濃いし、皇室たぁ貴族社会の婚姻関係の結合の結果じゃけぇ、
父系なんか遡れんし、不倫のおおい貴族社会じゃあ
どうでもええんよ。

268 :出土地不明:2010/04/14(水) 23:37:12 ID:divIeINQ
>>267
いや、いや、だから、そうじゃなくて、
"ここが考古学板である"にも関わらず、
「ベースじゃの副次的じゃの、あんたの御都合主義」と捉えること自体が、
君のご都合主義でしょ。
といってるわけ。

そして、Y染色体の件は
「不都合なのではなく、"執拗"にレッテル貼りを繰り返すのは、学問板にふさわしくなく、
第一、鬱陶しいでしょ。」
と指摘してるわけよ。

269 :出土地不明:2010/04/15(木) 00:35:01 ID:Z5y4WO7s
YAP!
神は日本人と人外を区別するために刻印を残してくれた。

270 :出土地不明:2010/04/15(木) 15:06:48 ID:3RwyOi20
白馬氏、予てより彼方はY遺伝子を否定しmtDNAに重きを置いた痛い発言をうわ言の如く繰り返しているが
何故それらが重要視され人類分派の基準とされたか解ってるの?
交雑し無いからだぞ
突然変異による変化以外無く、凡その分岐年代が推定出来るからだ
大体mtDNAとY染色体の遺伝量がどれ程違うか其れさえ理解していないだろ
mtに比べ圧倒的膨大なY染色体DNAを否定する根拠を遺伝学に元付いて述べてみろ
大体人種の判別すら付かない・・・?
怒阿呆! 民族の分派、個人のルーツまで分かるわい

271 :出土地不明:2010/04/15(木) 21:40:01 ID:KuSuqKZq
390 名前:日本@名無史さん[] 投稿日:2010/04/15(木) 20:52:36
梅原猛=中国の先進文化は韓国を経由して日本に入った。 私は今月、『葬られた王朝―古代出雲の
謎を解く』という本を出すが、出雲王朝の創立者は韓国から来たと考えている。 『日本書紀』に多くの
文書があるが、そのうち3つの文書は‘韓国系’と把握している。
これは新しい考えだ。 弥生(BC200−AD300)時代には日本海(東海の日本式表現)側が日本の
中心部だった。したがって越の国、今の新潟県から移ってきた国が出雲を支配していたが、
韓国から来たスサノオ(日本神話の人物)が出雲を越の国の支配から独立させた。 出雲王朝の
創立者は韓国系と考える。

その証拠に出雲王朝の遺跡から銅鐸が出てきた。 大和王朝の鏡に代わるものだ。 銅鐸の起源は
韓国の貴族が双頭馬車に付けて入った鈴だ。
(神話に出てくる)スサノオが韓国から渡ってきたとする説はますます有力になっている。 新しい日韓関係を
見せてくれる。韓国にまた注目しなければならない。 古代日本にとって韓国は文明国であったし、さまざまな
文化を伝えてくれた恩人だった。(抜粋)

272 :白馬青牛 ◆cjIySZ2iYw :2010/04/15(木) 23:05:08 ID:aPVbFU5y
>>268
一番考古学に関連が薄いのは古人骨からDNAが抽出出来んY染色体で。
生物学板で妄想論を語りゃあええじゃないか。わしが鬱陶しい
思うんは、あんたがY染色体カルト君じゃけぇよ。
>>269
日本人にDE系統があったら、中東やアフリカの住民が日本の近隣諸国
たぁ、近い電波を飛ばす自体でアウト。ABO血液型同様、
人種の判別は出来んし、南米の新大陸やアジアの日本やチベットは
辺境ゆえ、古い遺伝子型が残った文化的問題で人種的問題じゃ
無いんで。あんた神云うて新興宗教信者か?
>>270
http://gontango.exblog.jp/7104431/
前にも挙げたが、篠田謙一氏の引用で、Y染色体は「遺伝子全体の
0.2%にも満たない。Y染色体は、それほど偉くない。」と、
その程度の遺伝子型で妄想する馬鹿がこの板に多いのう。
Yの分岐年代じゃの妄想の産物を信仰しとるたぁ、ドーキンス論
信者か新興宗教集団信者か?
http://www.rui.jp/ruinet.html?i=200&c=400&m=60&pgh=0&t=6
http://www.rui.jp/ruinet.html?i=200&c=400&m=61&pgh=0
http://www.rui.jp/ruinet.html?i=200&c=400&m=81945
http://sicambre.at.webry.info/200907/article_28.html
ドーキンス論は長年遺伝子が変異せん「幸せ回路」を前提条件に
して、自己の頭の中の脳内妄想空論で理論云うレトリックを創った
だけじゃ。「利己的」云う主観概念を題名に付けてのう。
まあ、所詮生物学者なんか、生物決定論、ナチレイシストを産んだ
疑似科学に過ぎんけど。

273 :出土地不明:2010/04/15(木) 23:32:32 ID:TG511yN9
白馬青牛は、自分でネタを振らないで、他人のネタにああだ
こうだ妄言垂れるのが好きな批評家さんだから、適度に構っ
てやるくらいがちょうどいいんよ。結局どの板行っても叩か
れるから、気の合う電波の多い過疎板に常駐してるんでしょ。

必死に話をすり替えているけど、Y染色体カルトも物質資料
を基に話のできない白馬青牛も、どっちにしても激しく場
違いであることは明らか。

でも居てもいいと思う。結局このスレってほとんど妄言・工作
・電波論で構成されているんだから。白馬青牛は、なんつーか
勘違いしてるおやじ。よく読むと可笑しなとこいっぱいある。
またこう書くと、「具体的に指摘せい」とか喚くんだろうけど
勝手にやってください(冷笑)

同じ穴の狢同士、みんなでせいぜい好きなこと騙ってれば
いいと思うよ。他人に迷惑掛けないように

こういうのが考古学だと勘違いする香具師があんまり沸くのは
困るから。この板の下の方、サゲ進行で展開されているのが
残念ながら、ホントの考古学。

274 :出土地不明:2010/04/15(木) 23:33:32 ID:vI4JddEj
>>272
何故の返レス?私が振ってもない話をペラペラと。
何が「Y染色体カルト君」だよw

あー、ちと面倒になってきたw
というわけで、「荒らし」認定。
「あぼーん」と

275 :出土地不明:2010/04/15(木) 23:57:21 ID:hNoRx4pS
>>272
>古人骨からDNAが抽出出来んY染色体
これは可能になってきているはずだが。


276 :出土地不明:2010/04/15(木) 23:59:18 ID:hNoRx4pS
>>272
あなたの「人種」の概念は非常に恣意的で古い白人至上主義者みたいですね。


277 :出土地不明:2010/04/16(金) 00:15:48 ID:pNtXWBWT
>>273
>同じ穴の狢同士、みんなでせいぜい好きなこと騙ってれば
>いいと思うよ。他人に迷惑掛けないように

そうですね。
ただ、私が言いたいことは、日本人の文化的なものを考察する際、
重要なポイントである、縄文期、弥生期、古墳期において、
最近の考古学的見解は、
1、「縄文人(縄文文化人)は、日本列島にて生じた」
2、「弥生文化は、縄文文化と渡来文化の融合である」
3、「古墳期に民族的置換が生じた根拠は、考古学的にはない」
ということだけは、言っておきたいです。

自由にやって下さって結構ですよ(>272の君もついでにw)。
機会があれば、他スレにてお会いしましょう。

278 :出土地不明:2010/04/16(金) 00:42:37 ID:R18wNUx1
>>277

こっちも、ひとことだけ言っておきたいんだけれど、
1〜3の内容ってかなり昔から(それこそ分化前から)
言われてることね。最近になってどうこうって話でもない。


279 :出土地不明:2010/04/16(金) 00:50:05 ID:pNtXWBWT
>>278
あー、そうだったですね。ちと人類学の見解に引きずられていたかなw
貴方の言われる通りです。

280 :出土地不明:2010/04/16(金) 00:51:17 ID:R18wNUx1
もうひとことふたことみこと。

1は、時期的(草創期とか)・地域的(前に話題になってた曽畑とか)
に大陸との交渉はあるけれども、基本的に縄文文化は列島内(千島〜
琉球)で完結してたと思う。

2は、縄文施文が弥生以降も残るからね。とくに東では。ほかにも
あるけど

3は、詳しいことは分からないんだけど、まぁ騎馬民族説みたいな
ものを念頭においてる人が、まだ居るとしたらありえないわな。

ということでだいたい、あなたと同じ意見かな。細かいこと言えば
キリ無いんだろうけど

281 :出土地不明:2010/04/16(金) 16:14:06 ID:Fu1z4Q6C
>>273

研究の結果が誰かにとって望ましくないものでも(明らかになって

誰も幸せにならない結果だったとしても)このコテハンの書きこみは

置いといてもね


282 :出土地不明:2010/04/16(金) 22:18:49 ID:CMa8BEza
>>272
>274だが、「あぼーん」設定する前に、
昨日ちと眠く、面倒で詳細を記載できなかったことについて言及してみる。

君の「思い」である「Y染色体カルト」等のレッテルを正直に云う分には、何ら
私に不都合はない。しかしながら、"執拗"なレッテル貼りが鬱陶しいのであり、
「Y染色体カルト」等の"表現自体"が鬱陶しいと云っているわけではない。
これは、よく見かけるレッテル貼りの例を提示したにすぎない。"等"って書いて
あるでしょ。つまり、君を鬱陶しいと思う原因は、Y染色体云々が原因なのではなく、
その"執拗さ"が原因なのだ。そしてその"執拗"さが「荒らし」認定の要因なのだ。

ゆえに、>>272
>わしが鬱陶しい思うんは、あんたがY染色体カルト君じゃけぇよ。
の返レスは、君の読解力のなさが浮き彫りになったにすぎない。

では、此れにて。

283 :出土地不明:2010/04/16(金) 22:22:33 ID:CMa8BEza
>>280
>277です。
遅レスですが、補足的なレスありがとう。

たぶん、読まれているかとは思いますが、最後に引用して終わりたいと思います。

『矢野: --(略)--よく「曽畑式は北白川下層式とは違って朝鮮の櫛目文土器に近い」というような言い方を
する人がいるけれど、それは前後の歴史的経緯を全く無視した説明であって、これは歴史的な説明になって
ないと思うんです。--(略)--
矢野: 搬入品があるかないか、文化的影響があるかないかという問題じゃなくて、その分布圏が他と同一
化するかどうかだと思うんです。たとえば九州地方まで船元式が分布する現象と比べてみると、曽畑式の
場合は櫛目文が来たわけじゃないわけですから、船元式が本州からやってきたときと同じレベルの現象が
生じているわけではない。』
---"縄文時代の考古学12"「研究の行方」より一部抜粋

では、此れにて失礼致します。

284 :出土地不明:2010/04/16(金) 23:46:34 ID:jLItXoOf
>>283

248ページね。自分もあなたの引用した文章については同意見
(対談におけるこの発言のコンテクストから言うとどうなの
かなって気もするけど)

櫛目文土器と曽畑式にはそれぞれの主体的分布地域に
おける系統的な変遷過程があるわけで短絡的に矢印では
結べない。ただ何らかの影響関係については考慮しても
よいかなと。おそらく誰かやってるんだろうけど(不勉
強なので分からないんだけれど)、東三洞で出てるとか
いう土器の胎土(滑石)分析とか面白いと思うなぁ。



285 :出土地不明:2010/04/17(土) 00:14:51 ID:Kqx40J4G
>>284
>283です。
最後、最後といいつつ、くどいようで申し訳ないのですが、

>対談におけるこの発言のコンテクストから言うとどうなの
>かなって気もするけど

中々、わかりやすい引用が見あたらなかったので。(汗

とにもかくにも、縄文学の進展は目覚しく、さらなる新進の研究者
よる研究成果に期待しています。

では、本当に此れにて失礼致します。(私ごときがレスするまでもないと思っていますので)

286 :出土地不明:2010/04/17(土) 17:19:36 ID:iMDqBI6Y
相変わらず白馬鹿牛は分子生物学をろくに理解もせずに批判してるんだな。
Y染色体が小さいから取るに足らないなら、Y染色体とさえ比較にならないほど小さいミトコンドリアDNAは
全く顧みる価値がないとでも妄想してるわけか?

287 :出土地不明:2010/04/17(土) 17:26:31 ID:iMDqBI6Y
HLAなどの一つから数個の遺伝子は、当然ながらY染色体と比べて比較にならないほど小さい。
無意味なほど大変な手間をかけて46本の染色体全ての変異を研究対象にする馬鹿はいないから、
遺伝子なり染色体なりの大小を問題にする馬鹿は根本的に何も分かってないんだろうな。

288 :出土地不明:2010/04/17(土) 17:27:06 ID:Q9Ft3ned
☆重要事項☆ 

専用ブラウザの最適設定
LIVE2ch
http://www8.plala.or.jp/uro/live2ch/
・下のほうにインストーラー付きのやつがあります。
・ダウンロード・インストールしたら主画面の上にある「設定」をクリック・さらに「オプション」をクリック
・なんか画面がでてくるので真ん中にあるNGワードをクリック
・すると本文、やらメールやらでてきます ここにNGワードにしたい言葉(白馬青牛)を打ち込みます
・最後に主画面のキターの顔文字のやつクリックして再読込すればおk(あぼーんの種類、透明、あぼーん等各々お好きなように)

Jane doe style
http://janestyle.s11.xrea.com/
@まずダウンロード・インストールしてください
A主画面の上、右から2番目の「ツール」をクリック・さらに一番下の設定をクリック
Bなんか出てきますので、左にある項目群の真ん中らへんにある、「あぼーん」をクリック
C上にタブが10個くらいでてきます。左から3番目にある「NGword」をクリック
D「追加」でNGワードにしたい言葉(白馬青牛)入力します →で「OK」
EまたCまで進んでください。
Fそしたら上のタブの一番右「option」をクリック
G「NGをあぼーん」をチェックし「OK」
Hすでにスレッドを開いてしまっている方は一旦主画面真ん中の右から2番目にあるゴミ箱をクリックして、ログをしましょう。
I再読込するとあら不思議。きれいさっぱり荒らしの方がいません。

すごいめんどくさい手順かもしれませんが、自分はこれでやっています。ご参考までに
他にも専用ブラウザーがありますので、上記2つが何か気に入らなかったら「ギコナビ」等試してみるのもいいかもです。
どちらも無料です。

289 :出土地不明:2010/04/17(土) 21:09:37 ID:gCHeuDfc
まったくこの分野は知らないけど・・・

次世代シーケンサーの技術進歩はすさまじく何千人かの全ゲノムを読んじゃうってのが数年内に出来そう
(コストさえ考えなければ今でも可能だが・・・たしか中国や韓国はやり始めてたような)


そこまで行かなくても全ゲノムレベルでSNPを調べてると思うけど・・・
分子進化専門の人でPubMEDあたりで調べてくれない?

290 :ドレミ ◆YeeMODUSQg :2010/04/17(土) 23:46:39 ID:NwoGTlKT
>>263
カラスクよくわかりません。チベット自治区のカロ遺跡のカロが
古くからの地名らしく、何かあるのかもしれません。

私は、彝族というより、謎の巴族がどこかの民族に呑み込まれているという仮説で
長江のヨコの動きを妄想しているだけです。
鄂侯国(長江三峡ダム付近)とカロ(西蔵昌都地区)が、妄想材料なのです。
むしろ、これらが日本に来てないで水源地〜三峡ダムで完結していると思っています。

291 :出土地不明:2010/04/18(日) 00:59:45 ID:IviPGlqD
結局KYな遺伝子厨が欲求不満でスレ荒してんのなココw

292 :出土地不明:2010/04/18(日) 11:52:54 ID:dnDBFQCT
>>289
技術的に可能であることと、かけられるリソースに制限がある現状で実施できるのとは天と地ほどの開きがある。
また、検討する染色体なり遺伝子なりの特徴によって得られる知見も異なるから、意味もなく全DNAを調べりゃ
いいってものでもない。例えば警察の鑑識が血痕から動物種を割り出すのに全DNAを検査する手法を導入したら
馬鹿扱いされるだろう。

293 :出土地不明:2010/04/18(日) 11:56:38 ID:dnDBFQCT
>>291
分子生物学の基本も知らない馬鹿が寝言ほざいてるから書き込んだけど、私が書いたのは>>286, >>287, >>282だけ。
妄想と戦ってる奴はどこにでもいるけど、傍で見ていても気分のいいものじゃないな。

294 :斉藤 昌宏:2010/04/18(日) 14:33:09 ID:gdLZVQrs
2010年財布最新品、新素材入荷!

会社の開業3周年を祝賀します ,古い取引先の優遇政策に対応します 。
◆ 信用第一、良い品質、低価格は 私達の勝ち残りの切り札です
◆ S/SS品質 シリアル付きも有り 付属品完備!
◆ 当社の商品は絶対の自信が御座います
◆ スタイルが多い、 送┃  料┃  無┃  料┃(日本全国)!
       

店舗HP:http://yahoo-bag.com(最大卸売り皮革市場)

e-mail:qianbing1986@gmail.com

責任者 : 斉藤 昌宏

営業時間  08:00〜24:00
営業時間:年中無休
ホームページ上でのご注文は24時間受け付けております

あなたの再度の注文を期待しています
☆★☆━━━━━━━━━━━━━━━━━☆★☆


295 :出土地不明:2010/04/18(日) 18:17:50 ID:r8P6hUXz
森川智之=BL界の帝王

そして、

檜山修之=現人神(矜羯羅童子:こんがらどうじ)
http://blog-imgs-30-origin.fc2.com/s/u/i/suiseisekisuisui/up3250.jpg
http://blog-imgs-30-origin.fc2.com/s/u/i/suiseisekisuisui/vl2_108763.jpg
http://blog-imgs-30-origin.fc2.com/s/u/i/suiseisekisuisui/vip1144171.jpg
http://blog-imgs-30-origin.fc2.com/s/u/i/suiseisekisuisui/viploaderf151679.jpg
http://blog-imgs-30-origin.fc2.com/s/u/i/suiseisekisuisui/KONGARA_DOJI_KIMKARA_KOYASAN.jpg
http://blog-imgs-30-origin.fc2.com/s/u/i/suiseisekisuisui/viploaderf151680.jpg
http://blog-imgs-30-origin.fc2.com/s/u/i/suiseisekisuisui/vl2_109381.jpg
http://blog-imgs-30-origin.fc2.com/s/u/i/suiseisekisuisui/vl2_109397.jpg
今更だが

296 :白馬青牛 ◆cjIySZ2iYw :2010/04/18(日) 23:43:09 ID:lJw/Sp4q
>>277
>>250から考古学的には、じゃの妄想定義しとるが、誰の見識かも提示せず
「考古学的には、」の連呼だけで他者の洗脳工作だけじゃあ意味があるまあ
に。3の古墳期にしても、具体的に須恵器が伽耶式で文物の交流圏に還元
しても形質人類学的には、古墳人は渡来人系の形質が全国に拡散しとる
ことから、民族的云うか人種的に置換が無かった根拠なんか何一つ無い。
民族の置換が生じた可能性の方が無かった可能性より強い。
しかも世界的民族移動期に古墳期はある。そがぁなことも考慮せず、
考古学云う用語の権威で扇動したがる奸者よ、あんたあ。
Y染色体カルト論者が、古人骨から抽出出来んDNAの劣等感から、
考古学者に成り済ましても、意味があるまあ。

297 :白馬青牛 ◆cjIySZ2iYw :2010/04/19(月) 00:01:55 ID:F3J9GGky
>>280
騎馬民族説のどこが、気に入らんのかねぇ。朱子学思想で北方民族に征服
される見識は排除したい云う感情論か?
>>282
考古学的にYカルト論が容認されたんかのう?
>>286
ほう、Y染色体はmtDNAより遺伝子の数でも多い云う根拠でもあるんか?
しかも、考古学板に、古人骨からDNAを抽出出来た根拠でも提示したら
どうかいのう。
>>287-293
双系HLAの方が単系DNAよりも、日本人の起源に有効じゃけんのう。
特に父系なんか辿ると途中で断絶する確率が高いけんのう。そりゃあ違う
云うたら貞淑な女性ばっかし代々妻を娶った云う「幸せ回路」妄想が
前提になるけぇのう(笑)。

298 :出土地不明:2010/04/19(月) 06:35:51 ID:hCsl6jUr
本当に馬鹿な奴だな。

>ほう、Y染色体はmtDNAより遺伝子の数でも多い云う根拠でもあるんか?

Y染色体上の遺伝子数は78。ミトコンドリアDNA上の遺伝子数はrRNAの遺伝子座2とtRNAの遺伝子座22に、
タンパク質をコードする遺伝子13をあわせると37だな。こんなググれば簡単にヒットする情報だ。それを
根拠云々とは根本的に何も分かっていない証拠だ。馬鹿め。
なお、大きさが異なるという場合は遺伝子数でなくY染色体とミトコンドリアゲノムのサイズそのものを比較する。
Y染色体は極端に遺伝子の密度が低いからサイズは大きく、平均60Mb。個人差が大きい。
ミトコンドリア遺伝子は原核細胞なみに遺伝子が圧縮されているから1万6569塩基。サイズは3桁違う。

>考古学板に、古人骨からDNAを抽出出来た根拠

それを言ってる奴に改めて聞き直せ。

>双系HLAの方が単系DNAよりも、日本人の起源に有効じゃけんのう。

遺伝子のサイズの大小が研究の信頼性に何の関係もないことは理解できたかボンクラ。

299 :出土地不明:2010/04/19(月) 06:46:30 ID:hCsl6jUr
>特に父系なんか辿ると途中で断絶する確率が高いけんのう。そりゃあ違う
>云うたら貞淑な女性ばっかし代々妻を娶った云う「幸せ回路」妄想が
>前提になるけぇのう(笑)。

呆れるほどの馬鹿だな。ガキができる以上は遺伝学的な父親は確実に存在するから、遡る途中で
断絶などするわけがない。父親が戸籍上の父親だろうが隣りのオッサンだろうがレイプ犯だろうが
遺伝学上は父親だ。DNAルーツ研究で家系の情報なんざ反映されるわけがねえだろ。馬鹿め。

300 :出土地不明:2010/04/19(月) 07:55:23 ID:hCsl6jUr
ググッたら簡単にヒットした。縄文人古人骨からのDNA抽出例。
http://www.nig.ac.jp/museum_080501/evolution/D/dna-05.html

301 :出土地不明:2010/04/19(月) 23:21:16 ID:8Uf+i11R
>>297
>ほう、Y染色体はmtDNAより遺伝子の数でも多い云う根拠でもあるんか?

ケケケ!
アホ丸出しww

302 :出土地不明:2010/04/20(火) 14:32:11 ID:oq2SwKUx
オイ! お前ら、白馬さんをイジメルな!

本気出したら駄目だろ、 答えられなくなるからな

それに皆、白馬、白馬って言っているが本名は ペク(白)さんだ

303 :出土地不明:2010/04/20(火) 21:16:27 ID:9sRqWH8J
だから「白 馬鹿牛」と呼んでるだろうが。

304 :出土地不明:2010/04/20(火) 21:24:24 ID:cJl1DeqL
月光仮面氏は家族により強制入院となりましたので、しばらくスレを
お休みさせていただきます。

305 :白馬青牛 ◆cjIySZ2iYw :2010/04/20(火) 22:52:09 ID:y6zbgsOS
 昨日アクセス規制中ゆえテスト。
名前: 白馬青牛 ◆cjIySZ2iYw
E-mail:
内容:
>>298-299
Y染色体カルト君は、馬鹿じゃのう。
http://www.wdic.org/w/SCI/Y%E6%9F%93%E8%89%B2%E4%BD%93
http://www.wdic.org/w/SCI/Y%E6%9F%93%E8%89%B2%E4%BD%93%E3%82%A2%E3%83%80%E3%83%A0
「Y染色体は突然変異を起こしやすい染色体であり、末代まで
同じY染色体を伝えるというのは難しいと考えられる。」
じゃけえ、机上の理論云う妄想概念でしか無いんど。
http://www.rui.jp/ruinet.html?i=200&c=400&m=2053&pgh=0
つまり、分子時計も「前提条件の範囲内」に過ぎんので。
>>300
文脈を読みんさいや。わしゃあYDNAで古人骨からDNAが抽出
出来るんか?云うとるんで。それをmtDNAで誤魔化すたぁ(笑)のう。


★ アクセス規制中でも書ける板たち ★

306 :白馬青牛 ◆cjIySZ2iYw :2010/04/20(火) 23:02:51 ID:y6zbgsOS
>>301
ジャンク遺伝子のY染色体信者の方がアホ丸出し(笑)。
>>302-303
アク禁で書けんかったら勝利宣言たぁ単純なのう。おいおい、わしの名字に
白云うんは付いとらんど。また妄想想像が好きじゃのう。じゃけぇ、
ジャンク遺伝子のY染色体に傾倒するんじゃのう。
>>304
月光仮面さんも、たぶんアク禁じゃないんか?

307 :出土地不明:2010/04/20(火) 23:49:29 ID:6Qoj5+Os
>>305

具体的な板名と書き込んだ時間、IDが無いのはなぜよ?

308 :出土地不明:2010/04/21(水) 00:11:39 ID:pDo/z6Ed
はじめに、書いておくと古人骨からY染色体を抽出することは
現在の技術水準では難しいことは確か。白馬青牛の引用してる
篠田さんのを貼っておく。

ww.geog.or.jp/journal/back/pdf118-2/p311-319.pdf

>文脈を読みんさいや。わしゃあYDNAで古人骨からDNAが抽出
>出来るんか?云うとるんで。それをmtDNAで誤魔化すたぁ(笑)のう。

確かに文脈をよく読むべきかな。けど自分で
「考古学板に、古人骨からDNAを抽出出来た根拠でも提示」しろ
と書いてるわけで、>>300はそれにちゃんと応えているには
違いない。

>わしゃあYDNAで古人骨からDNAが抽出出来るんか?云うとるんで。
>それをmtDNAで誤魔化すたぁ(笑)のう。

「誤魔化す」って、何悦に入ってるんだか。
じゃ、ちゃんと省略せずに書けばいいのに。ミスリードを
誘うでしょう。前の方>>256でも自分で「YDNA」の「Y」を
外して書いてるところあるから見てみなよ。Yが抜けたら
意味が違ってくるわけで。

もし、はじめからミスリードを意図してるのだと
すれば、ホント下衆いね。
ま、自分も勝ち負けどうこうの話してる時点で・・・

遺伝子の話は、板チだし他の方に任せるわ。白馬青牛は
>古墳期にしても、具体的に須恵器が伽耶式で文物の交流圏に還元
>しても

あたりのイミフな文章をちゃんと練って考古学的にネタをふって
みてくれ。振らないんなら、穴だらけの文章について細かく質問
してくけど


309 :白馬青牛 ◆cjIySZ2iYw :2010/04/21(水) 00:45:17 ID:h/iobw1S
>>308
このスレの過去スレの流れを無視すなや。>>300で「Y」が抜けた
ことに揚げ足取りたぁつまらんのう。他者の文を全体的な流れで
読まんのは、国語力の欠如であんた自身が文中の矛盾点から揚げ
足りで、全体論としてどうかを考慮せん、幼稚な低脳の手段を
ここで披露して何の意味があるんか?全体論を批判出来る能力の無い
もんは、個別的に文脈の矛盾や文中の矛盾を突く井の中の蛙式
反論しか出来んことにゃあ同情するが、露骨過ぎると建前論じゃ
済まんよ。

310 :白馬青牛 ◆cjIySZ2iYw :2010/04/21(水) 00:54:55 ID:h/iobw1S
>>307
これが、略しとらん全文ど。時間なんか知るかい。
ERROR:アクセス規制中です!!(\.ppp.infoweb.ne.jp)
ここで告知されています。

ホストnthrsm159240.hrsm.nt.ftth4.ppp.infoweb.ne.jp

名前: 白馬青牛 ◆cjIySZ2iYw
E-mail:
内容:
>>298-299
Y染色体カルト君は、馬鹿じゃのう。
http://www.wdic.org/w/SCI/Y%E6%9F%93%E8%89%B2%E4%BD%93
http://www.wdic.org/w/SCI/Y%E6%9F%93%E8%89%B2%E4%BD%93%E3%82%A2%E3%83%80%E3%83%A0
「Y染色体は突然変異を起こしやすい染色体であり、末代まで
同じY染色体を伝えるというのは難しいと考えられる。」
じゃけえ、机上の理論云う妄想概念でしか無いんど。
http://www.rui.jp/ruinet.html?i=200&c=400&m=2053&pgh=0
つまり、分子時計も「前提条件の範囲内」に過ぎんので。
>>300
文脈を読みんさいや。わしゃあYDNAで古人骨からDNAが抽出
出来るんか?云うとるんで。それをmtDNAで誤魔化すたぁ(笑)のう。


★ アクセス規制中でも書ける板たち ★


--------------------------------------------------------------------------------
こちらでリロードしてください。 GO!
アクセス規制・プロキシー制限等規制は、2ちゃんねるビューア を使うと回避できます。
自分で解決してみよう! 書き込めない時の早見表
分からないことがあったら2ちゃんねるガイドへ。。。



311 :出土地不明:2010/04/21(水) 01:08:25 ID:5hUbBRxL
血圧大丈夫ですか?

>このスレの過去スレの流れを無視すなや。
流れなんてあったんですか?武士道のなんたるかという御説は「オモシロかった」ですよ

>>300で「Y」が抜けたことに揚げ足取りたぁつまらんのう。

正しくは「>>300でも」。恒常的に抜けてるのだとしたら・・・

>他者の文を全体的な流れで読まんのは、国語力の欠如であんた自身が
>文中の矛盾点から揚げ足りで、全体論としてどうかを考慮せん、幼稚
>な低脳の手段をここで披露して何の意味があるんか?

息継ぎしましょうか。「何の意味」?これから注意しましょうねということ
ですが、何か?

>全体論を批判出来る能力の無いもんは、個別的に文脈の矛盾や文中の矛盾
>を突く井の中の蛙式反論しか出来んことにゃあ同情するが、露骨過ぎると
>建前論じゃ済まんよ。

たかだかツイートくらいの文章の集まりではなんとも言えません。ブログ
でもサイトでも論文でも、何か一定程度の分量で書いた物を提示してくだ
さい。話はそれからです。あと「全体論」というのはいまいちイミフ
ですが、白馬青牛にそういう思考が認められるとしたら、非常に興味深い
話です。検査してみる必要がありますね。


312 :出土地不明:2010/04/21(水) 01:12:05 ID:5hUbBRxL
>>310

わざわざすいません。感想としては、アクセス規制中なのに必死
だな、です



313 :出土地不明:2010/04/21(水) 01:15:27 ID:5hUbBRxL
>>311

正しくは「>>256でも」だった。変なおじさんに揚げ足取られる
と怖いからなぁ(;´Д`A

314 :出土地不明:2010/04/21(水) 08:48:41 ID:yq9dxKEt
>>305
こっちが指摘したのは、お前が恥知らずにも主張していた「遺伝子のサイズで信頼性の大小を
語るお前の主張の愚かさ」であって、こっちは一度たりともY染色体を用いたルーツ研究の
妥当性については言及しとらん。話のすり替えとは本当に愚かな奴だな。

>つまり、分子時計も「前提条件の範囲内」に過ぎんので。

どうせお前のことだから、ミトコンドリアDNAを用いた研究も、分子時計であることが念頭から
外れているんだろうよ。変異の起こしやすさ、起こしにくさは分子時計の信頼性には関係しない。
関係するのは、変異の速度がばらついて指標として信頼性が低い場合だ。

分子生物学の基本すらわきまえてない奴だと、こんな愚かな主張を恥知らずにも行うことになる。
しかしこいつは絶対に自分の愚かさを認めない。なぜなら自分の愚かささえ理解できないからだ。

315 :出土地不明:2010/04/21(水) 08:52:06 ID:yq9dxKEt
この>>314の書き込みについても「馬鹿牛のY染色体ルーツ研究批判に妥当性がないことの指摘」に過ぎないが、
馬鹿牛は脳ミソが粗雑だから、こっちがY染色体ルーツ研究自体を支持していると勘違いしてヒステリーを
起こしかねないな。おーい馬鹿牛、勘違いで恥を晒し続けるのは楽しいか?

316 :出土地不明:2010/04/21(水) 09:06:43 ID:yq9dxKEt
なお、馬鹿牛はHLAハプログループを用いた検討を支持しているようだが、現在の各民族での
各ハプログループの比率を検討するものだから、Y染色体の変異を用いた研究と同じ研究スタイルだ。
馬鹿牛的には、HLAは妥当でY染色体は妥当でないとする根拠は何だ? やっぱ上で書いていたように、
「嫁が間男するとY染色体は断絶してしまう」という愚かな思い込みが根拠か?

馬鹿め。

317 :出土地不明:2010/04/21(水) 12:43:51 ID:yq9dxKEt
例のテンプレートでは、「Y染色は父系遺伝しない」なんて台詞があるほどで、馬鹿牛の程度の低さは
折り紙つきなんだよな。
研究手法という道具もろくに理解せずに平然と否定して見せるその姿は、マイナスのネジにプラスの
ドライバーで作業をしようとしてうまくいかず、このドライバーは欠陥だなんだと癇癪を起こす馬鹿のようで
見苦しいことこの上ない。

318 :出土地不明:2010/04/21(水) 20:49:58 ID:KQxaLy28
━ 白馬青牛の特徴 ━ 馬鹿は死んでも直らない 

━━━━━━━━━━━━━╋━━━━━━━━━━━━━━━
A 脳内ソースを持ち出し.    ┃B 得意技は悪魔の証明
  根拠の無いことをわめく   ┃   「ほうじゃ無かった根拠を提示せえや」
  ∧_∧.....               ┃    │     |   │彡
 <#`Д´>O  Y染色体は    ┃    │   .i|○ │彡<「ないことの証明」をしろ
Oー、 //|  父系遺伝しない! ┃    │     |   │    
ビリビリ\ (;;V;;)/             ┃    │     └― ┘ 
━━━━━━━━━━━━━╋━━━━━━━━━━━━━━━
C なぜか右翼の話しをする  i.┃D 理屈で反論できなくなると
   从_从人_从_从人_       ┃  レッテル貼りか人格攻撃
从从ゞ ウヨの妄言ウザい !/,   ┃     ∧_∧ <分子生物学者は全員ナチス
ウヨクタバレ∧__∧  从_从人__....  ┃     <♯`Д┌―――┐
⌒WWY´<#`Д´>ナチスダマレ! ┃     /    . | i ̄ ̄i |
 从_从( |   | )⌒WW⌒⌒Y..┃    jm==== | i :: i |
━━━━━━━━━━━━━╋━━━━━━━━━━━━━━━
E ムキになって駄文荒らし   .┃F 事実に対して都合のいい仮定を持ち出す
     ((((( ))))))         ┃ +   ∧_∧   .. ' ,:'.
       | |           .┃  ,:'.<  `∀´>   ,:'     
       ∧__∧    从_从人__....┃+ , ..⊂    つ     +  
   ∩<#`Д´>'') フザケヤガッテ┃  ' ,:'ノ  つ ノ    +  。  , .. .    + 
   ヾ      ノ  WW⌒⌒Y ┃      レ レ  〜 幸せ回路作動中 〜
━━━━━━━━━━━━━╋━━━━━━━━━━━━━━━


319 :白馬青牛 ◆cjIySZ2iYw :2010/04/21(水) 22:56:43 ID:h/iobw1S
>>311
流れたぁ、わしの文全体のことじゃ。一部だけを抽出して矛盾点を
挙げる愚か者がおるけんのう。武士道を考察するんも、起原、習俗
から掘り起こしていかにゃあのう。
ほいで、あんたこのスレでわしが書いた過去スレから全部
コピーして、どういう見識か調べて、違う思うたら意見すりゃあ
ええじゃないか。
>>316
近隣民族との類似を示す、HLAやmtDNAの方が、ABO血液型同様に、
人種の違う遠地と近い誤差が多いY染色体は、精度が低いけぇ
そがん結果になるんじゃ。確かにY染色体と間男の関係は
似とるんじゃないか(笑)。人間の父系だけ辿るとどこかで
断絶する。その点中世イスラム社会の、子は母の身分を継続する
制度の方が合理的じゃのう。女性が間男したら、どこの種か
解らんが、母の陰部から子供は生まれるけぇ、母子認定の方が
し易い(笑)。

320 :出土地不明:2010/04/21(水) 23:19:08 ID:gxXBiJ/q
>>320

めんどくさいし、こっちに実りが無い。自分でまとめサイトでも
作って過去レス全部載せてくれ。その方が単発的に書き込むより
ずっといいんじゃないの。dat落ちても見られるしさ。

考古板では、武士道を考察するんも、物質資料を基にして起源を
掘り起こしていかにゃあのう。習俗やら文献史料やらは出土遺物
を補うものとして用いる

ってことで、さぁネタ振っておくれ。


321 :出土地不明:2010/04/21(水) 23:20:48 ID:gxXBiJ/q
↑320じゃなくて>>319ですた


322 :出土地不明:2010/04/21(水) 23:28:03 ID:t7CKsBeF
             彡'⌒`ミ
           (ヽ(     )ノ)  <あんたダンスを踊るつもりで反転する時、
            ヽ ̄ l  ̄ ./     爪先に重点を置いて動いてみんさい。
            ノ . .  ノ
          (((___*__ )))
            ; 丿 ヽ 丿
            ∪  ∪

323 :出土地不明:2010/04/22(木) 07:32:24 ID:yF5eAaOm
1位 宇宙刑事ギャバン
2位 宇宙刑事シャリバン
3位 宇宙刑事シャイダー

若さ!若さってなんだ!振り向かないことさ
愛ってなんだ!ためらわないことさ

324 :出土地不明:2010/04/22(木) 07:54:48 ID:XUyOorVm
>近隣民族との類似を示す、HLAやmtDNAの方が、ABO血液型同様に、
>人種の違う遠地と近い誤差が多いY染色体は、精度が低いけぇ
>そがん結果になるんじゃ。
研究内容もろくに知らずにヒステリー起こしてるだけかよ。馬鹿が。Y染色体研究がABOなみに少ない表現型での
検討をしてるわけがねえだろ。否定する前に学べアホが。

>人間の父系だけ辿るとどこかで
>断絶する。
あーあ、丁寧に教えてやってるのに、この馬鹿繰り返しちまったよ。
馬鹿牛に繰り返し教えてやるが、馬鹿牛の主張は「女が間男すると単為生殖によって、種付け男の遺伝子を受け
継がないガキが生まれる」と言ってることになる。馬鹿牛は、自分がそんな愚かな主張を平然と行うほど愚かだと
自覚しろ。
遺伝子は、遡及する方向では断絶などしない。それこそヒトの祖先の原核生物の段階まで遡れる。ただし、Y染色体に
限れば、現在の人類の様式でY染色体というものが確立する古動物種まで遡れる。動物種によっては性染色体が
存在しないから、それ以前は、Y染色体とはみなせない「Y染色体の原型」となる。

>女性が間男したら、どこの種か
>解らんが、
遺伝子調べりゃ判明するし、父系ルーツ研究はその遺伝子調査を手段にしている。本当に愚かな牛だな。


馬鹿牛は「ほう、Y染色体はmtDNAより遺伝子の数でも多い云う根拠でもあるんか?」とか言ってのけるほどだから、
何も分かっていないことははじめから明らかだったと言えるが、それにしても酷い。馬鹿牛は対象を理解していようが
いまいが、自分の妄想に都合がよければ受け入れ、都合が悪ければ適当に理由をこじつけて否定する。そんな
バカなことを繰り返すから、お前には学問など無理だというんだ。
おい馬鹿牛、「私はY染色体を研究対象としたルーツ研究について何も知らないのに批判していた愚か者です」と
自己批判しろ。


325 :出土地不明:2010/04/22(木) 18:49:33 ID:+Bp6vGuw
604 :廣島・もみじ民 ◆cjIySZ2iYw :2009/12/31(木) 01:49:45 ID:GRZm0xb1
>591-592
食人は縄文期からあるよ。江戸期の飢饉でも人肉は売買された。
昭和期にはタブー視意識が強うなったけんのう。

http://anchorage.2ch.net/test/read.cgi/army/1250392064/

326 :出土地不明:2010/04/22(木) 21:13:55 ID:PSP7rOlL
飢餓の食人なら世界中にある
近代でも墜落した飛行機の中で白人が食人の儀式をした

327 :出土地不明:2010/04/22(木) 21:29:18 ID:PSP7rOlL
こんなんかな
http://www.nazoo.org/distress/andes.htm
飢餓でも殺人も食人もしなかったと言い張るのは馬鹿だ

328 :出土地不明:2010/04/22(木) 22:23:28 ID:8x4LnnqP
男食を好むホモがいると聞いて

329 :出土地不明:2010/04/22(木) 22:27:15 ID:cOCevZGw
文字記録の残されている時代には、史料が残っている。あるいは
そうしたエスノグラフィーが記録されている場合がある。

しかし、そうした記録の無い縄文時代に食人があったということを、
物質資料から説明するにはどうすればいのだろうか?

廣島・もみじ民こと白馬青牛はどうして>>325のように断言したのかな


330 :出土地不明:2010/04/22(木) 22:50:17 ID:PSP7rOlL
>>329
縄文期に食人が有ったのは事実だと思う
ただしそれは一時的な物だったようだ

三内丸山が滅んだ時期は、世界的な寒冷化が有り
シュメール、エジプト、モヘンジョダロ、長江などの文明も同時期に消滅した
それだけひどい飢餓が有ったと思われる

朝鮮半島にはそんな歴史は無い。
なぜなら無人だったからw
ただし南端部には縄文系が少し居たかも

331 :出土地不明:2010/04/22(木) 22:54:01 ID:cOCevZGw
物質資料から説明してくれ

以上

332 :出土地不明:2010/04/22(木) 23:03:46 ID:hHUpQh3T
北朝鮮では、現在も食人習慣がある。

333 :出土地不明:2010/04/22(木) 23:27:24 ID:PSP7rOlL
物的資料は山ほど有るがw
そんな事もしらんのか?

独遺跡で大量の人骨を発見、先史時代に「食人習慣」存在か
http://www.afpbb.com/article/environment-science-it/science-technology/2673322/5014228

334 :白馬青牛 ◆cjIySZ2iYw :2010/04/22(木) 23:31:52 ID:rHnqs6kb
>>318
あのねえ、じゃけえわしゃあ、エラが張った縄文顔じゃ無いんど。
>>320
文献も出土品も現れるのは、ごく僅かじゃ。両方とも補うもんに過ぎんよ。
>>324
古人骨からDNAを抽出出来んY染色体で、なんで先祖を辿れるんか?
Yカルトらは、「幸せ回路」よのう。
>>325
758 :白馬青牛 ◆cjIySZ2iYw :2010/03/30(火) 23:13:41 ID:GXZr8yg1
>>744
事実に基づく話をしとらんのは、あんたの方じゃ。ダイナマイトで敵対する
組長を殺しとるじゃの嘘を吐いとるじゃろうが。建物を爆破したんだけど。
九州の食人の話か。
http://panorama.dip.jp/hanbaku/hanbaku.htm
http://www.tulips.tsukuba.ac.jp/limedio/dlam/M19/M192452/4.pdf
上の方の西南戦争で九州の軍夫が「良い肉が手に入ったから一緒に食おう。
しかし肝の方は先客があってもう取られていたと。」「問い詰めればすぐに
薩摩軍の兵士の死体から切り取った肉であることを白状した。」
下の方は、医療の食人を強調して、先入観が強い桑原氏を引用の国粋主義
偏見が強いブログではあるが、-27-の「西南戦争の際、肥後・薩摩の人々の
なかには、人肉を食べた人がかなりいたという。その理由は「(九)州の
中ニハ古来ヨリ人胆ヲ喰ヘバ其ノ効験アリ」」じゃの薩摩の
「ひえもんとり」よのう。まあ、日本国内食人はあったが、
九州や沖縄は特に習俗としての食人が多かったんじゃないか。
後の文は、韓国・九州人らしいハッタリ、虚勢を張って自己を大きく見せ、
自慰勝利宣言じゃけぇつまらんよ。
759 :白馬青牛 ◆cjIySZ2iYw :2010/03/30(火) 23:48:59 ID:GXZr8yg1
>>745
鳥取城の人肉食は、>>758の下の方のブログにも出とるよ。ほいでここにも、
http://mblog.excite.co.jp/user/trushnote/entry/detail/?id=7876738
鳥取城のは、(二)籠城で糧食が尽きた際の食糧。西南戦争の九州人の
場合は(四)憎しみを晴らすための怨敵の肉の食用、憎悪の面を強調して
あるが、強い者の人胆が人気があったよう、敵軍への尊敬の面も
無視出来んのう。つまり(四)は食人習俗の強い地域の文化側面云う
ことになろう。
http://cscd.osaka-u.ac.jp/user/rosaldo/030314morse.html
ここても、下の方に肥後、熊本の当尾貝塚の食人風習が出とるが、
九州は食人習俗の伝統が強いけんのう。
760 :白馬青牛 ◆cjIySZ2iYw :2010/03/31(水) 00:28:02 ID:Y/UPy8ZS
>>746-750
わしゃあ>>708-711の事実を云うとるだけで、われが勝手に被害妄想の
火病を起こしよるだけど。現代の強姦率が戦時に比例する根拠すら提示
出来とらんし、しかも>>752以下、初期数値で数字の変る統計じゃあ根拠に
ならんど。
強姦は種を残したい本能で死を実感するの場合が多いんは事実じゃ。
http://carecopain.gooside.com/k8.htm
ここでも九州の方が、中国兵が「形勢を盛り返してくると退却しなくては
ならない。いつ戦死するかわからないからやっておこうとレイプ殺人が
激しく増える。殺してから女性器に竹槍を突き刺して道端にほっぽり
だした兵隊がいた。」と、>>711と同様の事例よのう。
南九州兵の熊本第六師団が第二次長沙作戦で中国国府軍に敗北して、
兵隊が荒れたんも同様じゃわい。
じゃが、九州兵が敗北して退却する負け癖から強姦が多かっただけじゃ
のうて、攻略時も強姦が多いんは、九州兵の良う云うたら、自己の命をも
軽視する傾向にあったけんのう。

335 :出土地不明:2010/04/22(木) 23:33:35 ID:cOCevZGw
>>333
ドイツにも縄文時代ってあるんだな。知らなかった。

336 :出土地不明:2010/04/22(木) 23:38:22 ID:cOCevZGw
>>320
文献も出土品も現れるのは、ごく僅かじゃ。両方とも補うもんに過ぎんよ。

考古学板なのに考古学という意味すら分かってない人間がいるみたいだな。
さすがに失笑を禁じえない。これじゃあ「考古学的に」と何度言ってみても
わからないわけだ。


337 :出土地不明:2010/04/22(木) 23:47:33 ID:PSP7rOlL
>>335
日本の縄文なら
人骨の加工とか常識かと思ったんだが

そんな事も知らないなんて、知らんかったよw

338 :出土地不明:2010/04/22(木) 23:48:13 ID:cOCevZGw
>>334

失笑

http://cscd.osaka-u.ac.jp/user/rosaldo/030314morse.html
>ここても、下の方に肥後、熊本の当尾貝塚の食人風習が出とるが、
>九州は食人習俗の伝統が強いけんのう。

哀れだな。縄文人に食人の風習があると言い出したのは、そこに引用されて
いるモースだろ。モースが大森貝塚を発掘したとき発見された人骨がバラバ
ラだったんだよ。

それで、モースはこの状況を食人があった証拠だと解釈した。けっこうセン
セーショナルな話だったよ。1870年代末のことだ。その後の展開について
は、自分で勉強してくれ。勉強熱心な高校生なら知ってる話だから、
あんまりヘンなこと吹聴して回らない方がいいぞ。恥かくだけだから。

339 :出土地不明:2010/04/22(木) 23:52:53 ID:cOCevZGw
>鳥取城の人肉食は、>>758の下の方のブログにも出とるよ。ほいでここにも、
http://mblog.excite.co.jp/user/trushnote/entry/detail/?id=7876738

ブログって白馬青牛にとっては重要な史料だよな

340 :出土地不明:2010/04/23(金) 00:16:18 ID:LC1NHBm4
食人をしなかったと言ってる国のほうが
実はあぶない
全てを闇に隠せる国である

人類史において飢餓で食人をしなかった例は無いだろう

341 :白馬青牛 ◆cjIySZ2iYw :2010/04/23(金) 02:10:56 ID:ELw+RUrx
>>336-338
笑いが止まらんのは、こっちの方じゃ。
http://research.kahaku.go.jp/department/anth/s-hp/s24.html
http://www5.ocn.ne.jp/~vorges/sub16.html
上の方ブログの大浦洞穴報告は、歯切れが悪りいのう。食人を
隠蔽したいけぇ、言い訳がましい文になっとるんじゃろう。
縄文連続説電波の鈴木尚氏ですら、認めておられるのに。
じゃが文中にある「また、食人には、力の譲渡や復讐などを
目的とした儀礼・呪術的食人、食糧源の確保の為の経済的食人、
薬としての医療的食人など、多様な事例が報告されている。
(Lindernbaum 2004)それら全体を視野に入れた検討をするには、
骨学的情報のみではなく、考古学的コンテキスト、社会構成、
共伴遺物、民俗学的評価などを含めた複合的判断をするべきであると
指摘されている。(Hurlbut2 000)。」
は、真ともな文じゃ。
学問は複合的、総合的に考察する云うことも理解出来んあんたこそ、
幼稚園からやり直した方がええど(笑)。
現場を調べられたモース氏を必死に批判する暇があるんなら。
下のブログは以前にも挙げたが、あんた縄文時代にタイム・
スリップしたら喰われるかも知れんど(笑)。
>>340のように、食人を飢饉だけに還元する馬鹿もおる。
じゃけど一行目から前半の引用はよろしい。食人を隠蔽したがる
日本人にとってのう。

342 :出土地不明:2010/04/23(金) 06:34:07 ID:naYeV3HY
なるほど複合的、総合的な学問の行き着く先が騎馬民族なんですね。
 こ の デ ン パ が !

343 :出土地不明:2010/04/23(金) 08:05:04 ID:kpyL/Sy8
>古人骨からDNAを抽出出来んY染色体で、なんで先祖を辿れるんか?
「馬鹿牛が支持している現代人各民族のHLAを対象とした手法と全く同じやり方で」に決まってんだろ。アホが。

>Yカルトらは、「幸せ回路」よのう。
ここまで完全論破されてなお虚勢が張れるとは、病的なほどの「幸せ回路」だな。

344 :出土地不明:2010/04/23(金) 08:31:08 ID:MGi28Ce1
さすが先祖代々土下座一家だっただけのことはあるよなw

345 :出土地不明:2010/04/23(金) 09:51:36 ID:wcz3swnF
>>341

本物の馬鹿っているんだな。しかも救いようのない馬鹿。

346 :出土地不明:2010/04/23(金) 12:55:23 ID:dwxRx/79
>>343
そういうのは生物学板でやれ!

347 :出土地不明:2010/04/23(金) 13:59:55 ID:kpyL/Sy8
>>346
考古学で用いる手法の話に終始している。板違いではありえない。
その程度のことさえ分からないお前は馬鹿牛なみの無能だな。

348 :出土地不明:2010/04/23(金) 23:23:49 ID:TpUQKv+P
>上の方ブログの大浦洞穴報告は、歯切れが悪りいのう。食人を
>隠蔽したいけぇ、言い訳がましい文になっとるんじゃろう。
>縄文連続説電波の鈴木尚氏ですら、認めておられるのに。

@白馬青牛は考古学の意味を全く理解できていない。
A「隠蔽」云々は@に由来する妄想である。
B下記の言述に全く関心の無い人間にはAのような妄想がお似合いである。
 
 鈴木氏は実際の観察所見を基にして慎重に判断している訳(なぜなら
 類例が乏しいから)だが、白馬青牛ように「証拠」「根拠」など全く関知
 しない人間にとっては「勝手な妄想→現実にあったこと」という直線
 矢印があるだけである。お話にすらならない。
 
「古人骨資料において食人痕跡であるか否かを判断する難しさは、様々な先行研究
において指摘されている(White 1992, Turner and Turner 1999)。鈴木も述べて
いるように、単純な骨の人為的な損傷や破壊の有無は、再葬や儀礼・呪術目的、加工
目的など食べる行為を伴わない要因が想定され、決定的な食人の証拠とはみなせない
(鈴木 1998, White 1992)」。

Cそれでも馬鹿なりに必死になってサイトを巡回した結果、「弥生時代の食人」の
 可能性を示す「証拠」に言及している論文を発見して、速攻で引用する浅ましさ。
 しかも、「縄文時代に食人」ということを説明するのに「弥生の食人の証拠」
 を挙げるというアナクロニズム。

349 :出土地不明:2010/04/23(金) 23:29:38 ID:TpUQKv+P
Dおまけに、引用元についても流し読みしかしてない、あるいはそもそも
 話の内容を理解することができないのだということがばればれ。

Eさらにさらに、全く文脈に関係ないところで

「それら全体を視野に入れた検討をするには、骨学的情報のみではなく、
考古学的コンテキスト、社会構成、共伴遺物、民俗学的評価などを含めた
複合的判断をするべきであると指摘されている。(Hurlbut2 000)」。

 を孫引用し、高説を垂れた気分になっているが、そもそも「考古学的
 コンテクスト」という意味すら分からない馬鹿が、このような文章を
 引用していいわけがない。虚栄心からの無意味な引用は反って恥をかく
 ということをそろそろ理解すべきである。

Fまた、鈴木氏の原典も読んでないどころか、鈴木氏の観察所見につい
 ては、ひとことも触れずに結論を持ち出し、

 さらには剽窃、我田引水した鈴木氏の説に乗っかって、浮いているだけ
 の中身の無い棒切れに過ぎないのにさも自説を説明するような口調
 には呆れる。また、剽窃元であり恩義ある鈴木氏に対して非礼極ま
 りない発言をしている。学問をやる人間としても一般の生活人として
 も品性下劣であることは、今更言うまでも無い。

350 :出土地不明:2010/04/23(金) 23:35:35 ID:TpUQKv+P
G「学問は複合的、総合的に考察する云うことも理解出来んあんたこそ、
  幼稚園からやり直した方がええど(笑)。」

  無知な猿は鏡に向って語りかけるうち妄執に取り付かれ饒舌さを増
  すものらしい。

  白馬青牛は自分が複合的、総合的に判断していると勘違いしている
  が、おまえの言っていることは断片的な妄想を牽強付会したクズ
  ゴミに過ぎない。
  
  このような体で、実際に多くの観察所見を積み
  上げている鈴木氏らと同じ座にありつこう、批判してやろう
  という破廉恥極まりない根性は見上げたものだ。

H「現場を調べられたモース氏を必死に批判する暇があるんなら。」
 
  白馬青牛には、自分で勉強しなさいとやさしく教えてあげた
  つもりだったが、全く勉強する気がないらしい。「必死に批判
  する」。
  
  こういうことを書く時点で、この板では笑いものに
  なることを知るべきである。それはもう学問の歴史であって、
  今更ここでどうこういう話でもない。おまえが引用元から
  引用した文章は岩波文庫の大森貝塚に収載されている。
  恥ずかしさに身もだえしながら読むといい。

I「あんた縄文時代にタイム・スリップしたら喰われるかも知れんど(笑)」

  最後まで妄想で締めてくれるとは白馬青牛らしい。ゆくゆくは特老あ
  たりで、自分が縄文時代にタイム・スリップしたときの話を
  ヘルパーの若い男の子の尻を触りながら囁きかけるんだろう?


351 :出土地不明:2010/04/23(金) 23:40:48 ID:TpUQKv+P
それから、一応断わっておくが、おれは縄文時代に食人が無かった
と言っているわけではない。

ただ、それを主張したいなら考古学的な方法で、物質資料、あるいは
人骨に見い出される証拠をもって説明してくれと言っているだけだ。
白馬青牛はY染色体について散々喚いているが、じゃあ食人はどうな
んだ?ということだ。

352 :出土地不明:2010/04/24(土) 01:19:16 ID:mCZrstJO
わしゃあ岡山の美少年を食っちゃる
広島はブサイクしかおらんでのう

353 :白馬青牛 ◆cjIySZ2iYw :2010/04/24(土) 01:40:19 ID:ppgIFqgD
>>342
わしゃあ騎馬民族説派じゃ無いが、全体、複合的に騎馬民族説に落ち度は
無いね。どこが電波なんか?
>>344
先祖代々土下座一家云うて、東日本の縦型農奴社会の現象で、広島にゃあ
関係無いのう。
>>348-349及び>>350
Aで@に由来する妄想云うても、現実に旧石器捏造事件を起こしとるじゃ
ないか。その捏造を煽った文化庁や歴博の弁護でもしたいんか。
なんで考古学の体質に言及せんのか不思議なのう。
http://www.amy.hi-ho.ne.jp/mizuy/zenki/This-Time-j.html
[日本社会の体質的問題]で「やはり閉鎖的なシステムから生じている。」
ことを考えるべきじゃろう。政財官や戦前の国家を破滅されかけた
旧軍人上層部と同様のエリート体質を持つ、日本の知識人たる考古学者、
歴史家なんど。隠蔽、捏造するんが過去の実例から現実的に判断出来よう
もんに。それをあんたみたいに知識専門家と崇める奴隷根性を持つものが
おるけぇ可笑しいんじゃ。
しかも、「縄文連続説」の縄文主義たる鈴木尚氏の意見に、全面的に
わしが賛同しとるにように書き変えなや。ほいで鈴木氏が歯切れの悪りい、
決定的な食人の証拠とはみなせない」の前文「儀礼・呪術・加工目的」の
殺害にしても食人の習俗とリンクしとることは、>>334-341でも指摘しとる
ど。民俗学的知識無いあんたの無知を棚に挙げ、総合的見識を無視して、
隠蔽考古学的主観に還元したいんじゃろう。
「証拠」たぁ学者の詭弁で、食人があった可能性が高いか低いかじゃ。
「証拠」たぁ、詐欺師や盗人が捕まった時に「証拠があるか」の常用句の
意味しか無いど(笑)。

354 :出土地不明:2010/04/24(土) 02:14:12 ID:xlTdgAKI
>Aで@に由来する妄想

云々で、話しをずらされると面倒だから説明してやろう。

いいか

大浦山洞穴の「弥生時代層」から検出された人骨について鈴木尚氏は、
各個の骨片に残された損傷の痕跡を詳細に記載し、関節周辺にみられる切創、
長幹骨の分割、頭骨の打撃創など、縄文の遺跡から出土する獣骨の解体痕
と同じ位置に損傷が認められる」という所見を根拠に、「弥生時代の大浦
山洞穴」に生活痕跡を残した人々が、食人を行なっていた可能性について
言及した。

こういう根拠があってこそ、はじめて

>「証拠」たぁ学者の詭弁で、食人があった可能性が高いか低いか

おまえが漸く理解できた(のかな)蓋然性について云々できるわけだ。

そこでだこの「可能性が高いか低いか」という話をする際に、おまえ
には鈴木氏が指摘したような根拠がいったい何処にあるのかと聞いている。

簡単なことだ。あれば書けばいい。

355 :出土地不明:2010/04/24(土) 02:15:35 ID:xlTdgAKI
もっと簡単に言うとだ

鈴木氏の説の引水やパクリではなく、実際に遺跡から発見された
縄文時代人骨(物質資料)に現れた食人の証拠(関節周辺にみら
れる切創、長幹骨の分割などなど)を提示してから、それに
ついて自分の意見を言えと言ってる。


356 :出土地不明:2010/04/24(土) 02:20:36 ID:xlTdgAKI
>現実に旧石器捏造事件を起こしとるじゃ
>ないか。
>その捏造を煽った文化庁や歴博の弁護でもしたいんか。
>なんで考古学の体質に言及せんのか不思議なのう。

話をずらすんじゃないよ。「文化庁や歴博の弁護」?おれの書いたものの
どこからそういう脈絡のない話が出てくる。旧石器捏造事件について触れ
れば、議論を有利に進められるとでも思ってるのか。浅ましい。

話しの流れと直接的に関係ないことなのに、言われると窮するような
事件やら、戦争やら、悪事やら、そういうのを何かにつけねじ込んで
くる特徴をもつ「人種」(比喩的な意味だ)がいるな。

正面から来いよ馬鹿。

おれが書いた文章の中で、そのような言及があるか?
あるなら、引用すればいい。おまえの特異な引用だよ。



357 :出土地不明:2010/04/24(土) 02:23:40 ID:xlTdgAKI
>政財官や戦前の国家を破滅されかけた旧軍人上層部と
>同様のエリート体質を持つ、日本の知識人たる考古学者、

別スレ立てて、自分でネタを振れよ、コソ泥。話を錯綜させるだけ
させて逃げる癖があるな、おまえ。おまえが以前同じような妄言
を繰り出して、必須文献すら挙げられずに逃走したときにはガッカリ
したよ。悪くない話しだったのに。ポンコツが無理するとああなる。

>縄文主義

なにそれ(苦笑)

>前文「儀礼・呪術・加工目的」の殺害にしても食人の習俗
>とリンクしとることは、>>334-341でも指摘しとるど。

そんな自明のことを自説みたいに言うな。恥ずかしい。

>>329「そうしたエスノグラフィーが記録されている場合がある。」
で理解しろよ。文脈読めるんだろう?

>民俗学的知識無いあんたの無知を棚に挙げ、総合的見識を無視して、
>隠蔽考古学的主観に還元したいんじゃろう。

おや、さっきの引用の高説からだいぶ交代したもんだ。あぁ、自分の
言葉で書くとこういうのが限界なのか。

ところで、「縄文の食人」について「弥生の食人」で説明したことに
対する弁解はまだか?ほかにもたくさん弁解しなきゃならないこと
あって忙しいな、薄汚れた白馬青牛

358 :出土地不明:2010/04/24(土) 02:37:20 ID:xlTdgAKI
>前文「儀礼・呪術・加工目的」の殺害にしても食人の習俗
>とリンクしとることは、>>334-341でも指摘しとるど。

そういや、おまえは次に↑に関連して、サレジオ会宣教師が収集した
エスノグラフィーを引用しながら自説を展開するんだろう?

359 :出土地不明:2010/04/24(土) 03:00:33 ID:xlTdgAKI
連投御免。

>ほいで鈴木氏が歯切れの悪りい、決定的な食人の証拠とはみなせない」
>の前文「儀礼・呪術・加工目的」の殺害

殺 害 ?
元の文章のどこに書いてあるんだ?
下記の引用文は、普通に考えて、骨に傷がついたり破壊されている
理由はいろいろあるだろうって言っているんだぜ。

鈴木も述べているように、単純な骨の人為的な損傷や破壊の有無は、
再葬や儀礼・呪術目的、加工目的など食べる行為を伴わない要因が
想定され、決定的な食人の証拠とはみなせない(鈴木 1998, White
1992)」。

人為的損傷→生前の骨折。普通に自然死して白骨化、土に埋もれている間に
起こる痕跡もある。恐竜の化石をイメージしてみな。あるいは、後代に何ら
かの原因によってキズ付けられたり。骨が薬になると言われて居た事もあ
ったし。または、発掘調査の際スコップでガツンとかもありうる。

再葬→洗骨の際に、肉片をこそげ落とす際に骨にキズがついたり。
儀礼・呪術・加工目的、民族誌から考えると時代地域によっては
蓋然性が低いとはいえないだろう。

骨が傷ついてる→殺人→食人、という短絡思考がありありと
見えてくるな。そんな単純な話だったら、証拠も根拠も論理も
いらねーよ



360 :出土地不明:2010/04/24(土) 06:29:01 ID:UXSbpHgq
ここの人たちは優しいね。馬鹿牛はY染色体云々で完全論破されて、本来ならフラストレーションが溜まって
しょうがないところを、食人の話題が振られたおかげで、単純な脳ミソの馬鹿牛は相変わらずアドレナリン全開で
嫌なことも忘れられることだろう。

覚えておくべきことも忘れて同じ醜態を繰り返すから馬鹿牛なんだけどな。

361 :出土地不明:2010/04/24(土) 10:23:41 ID:kwy3fwxj
>「証拠」たぁ学者の詭弁で、食人があった可能性が高いか低いかじゃ。
>「証拠」たぁ、詐欺師や盗人が捕まった時に「証拠があるか」の常用句の
>意味しか無いど(笑)。

白馬青牛という妄言吐きの詐欺師、他人のサイトの説明を剽窃する
ことを生業とするコソ泥が、追い詰められて捕まった(詰んだ)ときに
(見慣れた光景)よく「証拠があるか」とか、逆の根拠を示せとか
喚いているけど

そういうことか。

362 :出土地不明:2010/04/24(土) 13:56:23 ID:UXSbpHgq
こりゃまた驚くほど低いレベルで自爆して見せたものだな。さすが馬鹿牛。

363 :白馬青牛 ◆cjIySZ2iYw :2010/04/24(土) 22:59:40 ID:ppgIFqgD
>>354-355及び>>356-357及び>>358-359
連投火病か。>>353の考古学界の実情は都合が悪いらしい。
考古学の実情や捏造事件が話の筋と違うわけあるまあ。
この問題から逃げるあんたは、正面から来ず、わしへの罵倒に
還元する幼稚な手段じゃし見苦しいのう。
じゃけぇ、鈴木尚氏は、殺害云うたぁ食人を肯定されたんか?
否定されたんか?
おのずから結論は解っとろうに。ほいからあんたこそ、鈴木氏の
見識じゃのうて、食人の根拠たる骨の状態を語ったらどうか。
調査したことも無いわしにも可能じゃ云うんじゃろ?あんたこそ提示
すべきじゃないか。
縄文の食人と弥生の食人云うて区別しとるが、縄文、弥生との時代
区分は単にマルクス史観の生産段階説で区分したもんで、
マルクス式生産形態の時代区分が違うと食人習俗が変わるんか
どうか説明せえや。いやあんたの場合弁明か(笑)。
人為的損傷を云いながら、最後は民族誌じゃの自己弁護の逃げ道は
用意しても、言い訳にならんど(笑)。論理じゃの抽象観念論に還元
するおまけまでつけよる。幼稚なのう。

364 :白馬青牛 ◆cjIySZ2iYw :2010/04/24(土) 23:18:31 ID:ppgIFqgD
>>360
わしにカバチ(文句)垂れたもんは、わしを論破したことになる云う
「幸せ回路」よのう。云うか他者への喧伝工作じゃけぇつまらんよ。
>>361
詐欺師が捕まった時、「証拠」を出せ云うんと同様の詭弁を
云うんはあんたとお仲間の群れる雑魚連中じゃないか。
それをわしに転嫁工作たぁ、また幼稚な手段じゃのう。
>>362
低レベル自爆なんは、>>359氏じゃわい。詭弁で長々と連投しょる
もんの尻馬に乗りよるお馬鹿さんのあんたこそ、最もつまらんよ。

365 :出土地不明:2010/04/25(日) 00:41:20 ID:HDRrVRpN
このスレ初めて見た
白馬青牛は在日みたいだけど
何でそんな鬱陶しい言葉使うの?何かの漫画?

366 :出土地不明:2010/04/25(日) 00:45:53 ID:o7kXiELN
>>353の考古学界の実情は都合が悪いらしい。
>考古学の実情や捏造事件が話の筋と違うわけあるまあ。
>この問題から逃げるあんたは、正面から来ず、わしへの罵倒に
>還元する幼稚な手段じゃし見苦しいのう。

くどいよ。明らかにスレ違いだから、別のスレッドを自分で立ててネタを
振れと言っているのに理解できないのか?煽る暇があるなら早く立てろ。


367 :出土地不明:2010/04/25(日) 00:47:31 ID:HDRrVRpN
考古学て在日入り込んでるの知ってるけど、排除した方がいいと思う
でないと縄文遺跡とか潰されそう
チョンに都合の悪い記録はなかった事にしたり十分ありえる

368 :出土地不明:2010/04/25(日) 00:48:03 ID:o7kXiELN
連投ほんとにごめん。

>じゃけぇ、鈴木尚氏は、殺害云うたぁ食人を肯定されたんか?
>否定されたんか?

ちゃんと、省略しないで書かなきゃダメだろ?

自分(白馬青牛)は、食人についての背景知識も無いし、原典である鈴木尚氏
の原典そのほかも読んだことはありません。たまたま手ごろな説明書きを見つ
けたので、引用しただけです。内容なんぞ分かるはずも無いです。浅はかな
虚栄心から鈴木氏を貶めるような発言をしたことは言い訳のできない過ちで
した。どうか、分かり易く教えてください

ってさ。

そして、それに対するおれの返答はこうだ。どうして該博な知識をお持ち
の白馬先生に私めのような浅学の徒が教えることなどありましょうか。
さぁ、そこらへんの内容について私めに詳しく教えてください。

みたいな大根を打っても、姑息なおまえが返答するはずもないな。

この質問っておまえの得意とする悪魔の証明の応用なんだろう?
おれが答えても答えなくても、おまえはそれについて何かしら
批判することができる。だから答えないし、言う必要も無いだろう。

ただ、それじゃあんまりだから、おまえに新しい餌を撒いてやるよ

ちょうど手許に人類学講座の5(雄山閣)があった。1983年の発行で
ちと古いが、食人そのほかについて大要は分かるはずだ。

こいつの189〜202頁あたりを読んでみたら?食人についての研究
の歴史も知らないでああだこうだ高説を垂れる馬鹿でも、このくらい
読んどかないといけない。今夜も恥ずかしさに身悶えできるな変態馬牛。
『大森貝塚』も読んで無いんだろうからちょうどいいだろう。


369 :出土地不明:2010/04/25(日) 01:10:25 ID:o7kXiELN
>おのずから結論は解っとろうに。

以下への突っ込みは面倒なので省略。先に挙げた文献読んどけ馬鹿

>縄文の食人と弥生の食人云うて区別しとるが、縄文、弥生との時代
>区分は単にマルクス史観の生産段階説で区分したもんで、
>マルクス式生産形態の時代区分が違うと食人習俗が変わるんか
>どうか説明せえや。いやあんたの場合弁明か(笑)。

白痴か?食人習俗が縄文と弥生で変わるか否かは「分からない」だよ。
それについてこれからも研究は続けられる。当たり前だろう。
白馬青牛流に言えば、おまえはその愚問に答えられるのか?

考古学で物事を語りたいのならば、上記の命題について>>355に書いた
ような方法を使って、同様の類例を集めて説明する必要がある。惰弱にも
分かり易いように>>355で説明してやったろう?

最初から「骨のキズ→殺人→食人」みたいに考えちゃう仕合せな馬鹿
のなかでは、最初から答えは決まっているから、そんな検討は一切必要
ないんだよな?妄想直結人間ってのは怖ろしいねぇ

ところで「マルクス式生産形態」って具体的にどういうことな
のかな〜?略さないでしっかり説明してみなよ。あと、おまえ
自分の都合のいいところばかりレスしてるけど。おれが指摘した
おまえ自身の虚妄ぶりについては、ちゃんと認識できているん
だろうな?ひとつひとつ教えてやら無いとダメかい?ダメなら
言ってくれよ。一文ずつ突っ込みいれてやるから。

370 :出土地不明:2010/04/25(日) 01:45:08 ID:o7kXiELN
>>364

>詐欺師が捕まった時、「証拠」を出せ云うんと同様の詭弁を

白馬青牛は議論で詰んでしまったとき、言うに事欠いて「証拠」
という概念そのものに意味無いと喚きだすわけだが、これは捕ま
った詐欺師の捨て台詞と同じことだよな。

余裕があるうちは証拠なんて出ないだろうと高をくくっているから
証拠出してみろと強弁する。馬牛も精神状態が危なくなる寸前までは
「証拠」について普通に語っている(過去スレを見れ)。それが、
余裕がなくなると「証拠」なんて知らないといい、さらに目の前に
「証拠」を突きつけられると証拠なんて概念は意味が無いと言い出す

馬牛って「詭弁」という言葉使っていいの?

自分の姿もちゃんと認識できないってのは恥ずかしいな


371 :出土地不明:2010/04/25(日) 09:42:31 ID:uBbzthxU
>わしにカバチ(文句)垂れたもんは、わしを論破したことになる云う

大丈夫。お前が自分の醜態を認めなかろうと、醜態自体はレスとして残ってるから。

>詐欺師が捕まった時、「証拠」を出せ云うんと同様の詭弁を
>云うんはあんたとお仲間の群れる雑魚連中じゃないか。
>それをわしに転嫁工作たぁ、

「ほう、Y染色体はmtDNAより遺伝子の数でも多い云う根拠でもあるんか」とか言ってた馬鹿牛は詐欺師の眷属だろうな。
自己紹介乙。

372 :支援隊:2010/04/25(日) 10:02:47 ID:EB1ccb43
━ 白馬青牛の特徴 ━

━━━━━━━━━━━━━╋━━━━━━━━━━━━━━━
A 脳内ソースを持ち出し.    ┃B 得意技は悪魔の証明
  根拠の無いことをわめく   ┃   「ほうじゃ無かった根拠を提示せえや」
  ∧_∧.....               ┃    │     |   │彡
 <#`Д´>O  Y染色体は    ┃    │   .i|○ │彡<「ないことの証明」をしろ
Oー、 //|  父系遺伝しない! ┃    │     |   │    
ビリビリ\ (;;V;;)/             ┃    │     └― ┘ 
━━━━━━━━━━━━━╋━━━━━━━━━━━━━━━
C なぜか右翼の話しをする  i.┃D 理屈で反論できなくなると
   从_从人_从_从人_       ┃  レッテル貼りか人格攻撃
从从ゞ ウヨの妄言ウザい !/,   ┃     ∧_∧ <分子生物学者は全員ナチス
ウヨクタバレ∧__∧  从_从人__....  ┃     <♯`Д┌―――┐
⌒WWY´<#`Д´>ナチスダマレ! ┃     /    . | i ̄ ̄i |
 从_从( |   | )⌒WW⌒⌒Y..┃    jm==== | i :: i |
━━━━━━━━━━━━━╋━━━━━━━━━━━━━━━
E ムキになって駄文荒らし   .┃F 事実に対して都合のいい仮定を持ち出す
     ((((( ))))))         ┃ +   ∧_∧   .. ' ,:'.
       | |           .┃  ,:'.<  `∀´>   ,:'     
       ∧__∧    从_从人__....┃+ , ..⊂    つ     +  
   ∩<#`Д´>'') フザケヤガッテ┃  ' ,:'ノ  つ ノ    +  。  , .. .    + 
   ヾ      ノ  WW⌒⌒Y ┃      レ レ  〜 幸せ回路作動中 〜
━━━━━━━━━━━━━╋━━━━━━━━━━━━━━━



373 :出土地不明:2010/04/25(日) 11:07:18 ID:jma7J4+G
白馬青牛(aka.廣島もみじ民)のながれ

  他人のレスを批判しながら登場
         ↓
  すぐに妄言癖が発覚
         ↓
  逆に批判の矢面に立たされる
         ↓
       (アク禁)
         ↓
  弥増しにおかしな言動をとるようになる(テンプレ参照)
         ↓
  ほとんどのレスが白馬青牛に対する批判煽りで埋まり
  元々のスレッドの内容自体が分からなくなる。
  結果として、白馬青牛スレと化す
         ↓
        スレ衰退

374 :出土地不明:2010/04/25(日) 11:08:51 ID:jma7J4+G
メモ
・2005年ごろに出現。2008年ごろからコテハン。
・目立ちたがりなので、さげない。
・初期は標準語で書いていた。
・主な書き込み板は、軍事・近現代史・お国自慢広島関係など。
・どの板・スレでも上のような流れで進む。
 ずっと同じ調子。誰に問題があるんだろう。
・自分からネタは振らず、他人のレスを上から批判するのが定石。

・コメンテーター気取り。ただし需要はない。
・板違い、スレ違い全く関係なく突入してくる。
・ちなみに、ガチホモ。また、変態語録多数。後ろに気をつけたほうがいい。
・書物やサイト閲覧で培った「該博な」知識をひけらかそうとする気持ちが強い。
・しかし、言う事為す事中途半端で浅いので、書けば書くほどスレは混乱。
・学歴・権威(学界・研究者)などに対してのコンプレックスが強い。
・レスは妄言・妄断である場合が多い。
・ただし独特の書きぶりと自信ありげな(さして根拠は無い)断定口調を
 弄するので、真っ当な意見と錯覚してしまう場合あり。よく読むと...。

375 :出土地不明:2010/04/25(日) 11:10:51 ID:jma7J4+G
・極端な負けず嫌い。物事を勝ち負けで判断する傾向が強い。
・ガキと罵られると過剰に反応して言い返してくる。
・同様の傾向は廣島についての煽りの際にもある。
・自身を馬鹿と認める発言をしながら、直接馬鹿と言われると
 怒り出す、坂○師匠のような御仁。
・自分の主張は正しい、他人は間違っているという思い込みが強いため、
 思考に柔軟性が無い。

・どんなに叩かれても持説(多くは根拠の乏しい妄想)を曲げない。
・書かれたら必ず言い返すが、自分が優位に立つことに重きを置くために手段を
 選ばない。結果、雪だるま式虚妄の道へと突き進む。
・嘘みたいな話だが、批判されると基本的にテンプレの内容をなぞる行動(盛んに
 レッテルを貼る。印象工作じゃと喚きだす、罵詈雑言を口走るなどなど)をとる。
 こうなると更にめんどくさい。
・そのうち「根拠」・「証拠」や「論理」そのものに、大した根拠も無く難癖を
 付けはじめる(末期)。こうした話に答が出るはずもなくgdgdに
・ある種の依存症および○○。叩かれると分かっているのに夜中に書き込みにくる。
 そういうヘキ(癖)か?
・全体的に哀れ

適当に補記・訂正してくれ

376 :出土地不明:2010/04/25(日) 11:21:14 ID:jma7J4+G
馬牛のためにホモスレと化した軍事板「ここだけ白兵戦スレ」

http://anchorage.2ch.net/test/read.cgi/army/1250392064/

377 :支援隊:2010/04/25(日) 17:18:30 ID:EB1ccb43
374と375もテンプレとするか。

378 :出土地不明:2010/04/25(日) 17:56:11 ID:Yx+Epilh
傀儡師は、高麗忍者でオロチ族新潟県民がルーツ。都民にも共通する先祖。

河野海賊薩摩藩士の鹿児島県民は、半島難民の末裔。沖縄県人にも共通する先祖。


379 :出土地不明:2010/04/25(日) 18:02:15 ID:s0xmB4Pj
>>374
白馬青牛の2chデビューは2004年です

205 :名無しの歩き方@お腹いっぱい。:04/03/02 01:08 ID:WhVN00Bz ←コレ!

240 :205:04/03/24 00:10 ID:v/nAHlVp
>>237過去の戦争に対する自己の歴史観を構築するたあどうゆうことかいの?
幼稚で愚劣なもんに、頭のええひとの歴史観とやらを教えてつかい。
まあ、あんたが考えることはあんたの脳みその自由じゃ。
掛替えのない脳みそののう。じゃが最初の文に「こいつら」たあ
行儀を知らん昭和人よのう。

244 :205:04/03/25 23:24 ID:8niLQsQi
昭和人よ「切捨て」じゃ、そりゃあ命のやりとりで言う言葉ど。
相変わらず行儀を知らん。われは軽ういいよるが。

326 :名無しの歩き方@お腹いっぱい。:04/06/22 22:51 ID:m8Tk+jyy
>>205は広島糞慰撫史観の親父ww

376 :205:04/08/07 02:30 ID:dL8JI4FL
>>374
郷土資料ほど参考になるものは他にない。

421 :205:04/08/30 01:00 ID:JUvrKfgx
風評に嫉妬?実績がある方がなにが悲しゅうて嫉妬せにゃあいけんのか。
おかしな動機?わしのことをやれ病気じゃあ、人格攻撃しておいて、
ほいで邪心じゃゆうて書くもんが立派な動機があるんか。出て行けゆうん
は、わしを恐喝しとるんか。

432 :名無しの歩き方@お腹いっぱい。:04/08/31 01:33 ID:dai0a8qg
205そっくりの人物は以前別スレで九州も貶めてましたなw 
そもそも広島のは一部の時期に活躍しただけで通史的にはオーバーに語る事はない師団でしょうな。
防衛庁戦史が参考にしてるのなんて別に広島だけじゃないんだし。
試しに軍事学の本の1つでも開いてみれば、彼が明らかに後年の郷土資料を参考にしてるのは丸わかりですね。
勇猛果敢な九州師団が特にそうだけど長い帝国陸軍の歴史の中で生まれた風評や評判というのはそれなりのものであって、
一夜にして出来たものではない。これらの評価は現在もほとんど変わってないだろう。
彼に言わせると広島師団が評価されてないがどうも許せんらしいw 自慢するだけなら別にいいんだけど。
結論として彼は郷土資料ばかり参考にしてて且つ過去にさかのぼった不純な動機があるのは明らか。

380 :出土地不明:2010/04/25(日) 18:14:44 ID:jma7J4+G
>>379

あんたすげえな。GJ

381 :出土地不明:2010/04/25(日) 18:36:02 ID:pPzCUvKY
でも君たちはこの牛さんの問いには必ずしも答えられてないよ。
彼の話に対し「それはこのような説が欧米で唱えられてすでに証明された」って
繰り返してるだけ。最初からある「結論」を押し付けて「周囲と違う」
という理由だけで発言の機会を失わせている。数千年前の人類でさえ
こんなやり方は避けているのに、今のあなた方がなんでこんなおかしな
議論のやり方をしてるんです?

382 :出土地不明:2010/04/25(日) 19:12:17 ID:uBbzthxU
>でも君たちはこの牛さんの問いには必ずしも答えられてないよ。
>彼の話に対し「それはこのような説が欧米で唱えられてすでに証明された」って
>繰り返してるだけ。

普通ならこんな釣りでもボウズだろうけど、馬鹿牛がらみでは放置も出来んからな。
馬鹿牛の主張の内部矛盾をせっせと指摘してやっているのを欧米云々とは、馬鹿牛なみの阿呆だな。例えば、
馬鹿牛いわく、証拠を出せと言う奴は詐欺師同然なんだとさ。つまり>>297で「根拠を出せ」と繰り返す馬鹿牛は
詐欺師同然らしいよ。

383 :出土地不明:2010/04/25(日) 20:36:50 ID:+PeAEhQs
荒らしの糞コテは結局、かまうから増長するんだよ。
放置プレイが最良。

384 :出土地不明:2010/04/25(日) 21:04:34 ID:pPzCUvKY
>>382例えばどんな点で詐欺師だといわれるのですか?私は彼の南京大虐殺支持論以外は
マトモな視点でモノを言ってる様に思えますが?他の人は世界史の教師みたいに「教科書に
載ってないことはこの世にありえない」という風な観点でしか人類の歴史を捉えることが
できず、そういう人に果たしてこのスレのような話題はふさわしいでしょうか?大いに疑問です。

385 :白馬青牛 ◆cjIySZ2iYw :2010/04/25(日) 22:58:11 ID:YXQ6Xdbi
>>366-368
考古学界の都合の悪りいことは、またスルーか。
じゃけぇ、鈴木尚氏が食人を肯定されたんか、否定されたんか、
あんたの口から云うてみいや。わしゃあ、鈴木氏が食人の事実を
歯切れが悪う肯定したけぇ云うても、鈴木氏の縄文からの「連続説」は
あんた同様、頭が可笑しい思うとるよ。面白かったけぇ、
摂政関白氏のブログでも挙げとこう。
http://www63.tok2.com/home2/ahonokouji/sub1-20-3.html
http://www63.tok2.com/home2/ahonokouji/sub1-26-6.html
上の方の(5)長谷部の後続説に、鈴木尚氏の「連続説」を「小進化説」と、
されとられるが、内容は一緒じゃ。ほいで長谷部氏もナチス優生学の影響で
日本人混合民族説から単一民族説に変った経緯が出とるのう。
じゃけど、渡来系や原住民のアイヌ人との関係を否定して空虚な
日本人論よのう。
下の方の赤字を読んだら解ろうが、ナチス優生学とマルクス史観は思想的
右と左じゃが、如何によう似たもんか。まあ両者ともドイツ観念論じゃけぇ
似とるんは当然じゃが。日本の歴史学なんか未だにドイツ観念論の
右が好むランケ流実証史学と左が好むマルクス史観で日本の右翼と
左翼の両者が自民族発展段階説でベースは単一民族論よ。
疑似科学、疑似歴史学は、疑似人類学とも云えるけんのう。

386 :白馬青牛 ◆cjIySZ2iYw :2010/04/25(日) 23:27:31 ID:YXQ6Xdbi
>>369-370
「マルクス式生産形態」生産様式による段階説に決まっとろうに。
あんた、そがぁなことも知らんで「考古学的に」じゃ云えるのう。
学問の分野に詳しいんなら避けて通れんことを知らんふりするにしては、
おとぼけが過ぎよう。
http://blog.kodai-bunmei.net/blog/2010/01/001001.html
文中にある「生産様式が社会構造の根底にある」云う立場で、
未だに日本のアカデミズムはその影響下から脱却出来とらんよ。
わしから証拠を出せ云うたことは無いど(笑)。わしゃネット右翼共が
「証拠」を連呼するけぇ、逆に「証拠」を出して見い云うたことはあるが
のう。「証拠」じゃの裁判じゃあるまいし、社会科学で頻繁に使う用語じ
ゃが、人文科学じゃあ「文書」は権力者の都合で偽装されたもん
じゃけぇ、「証拠」にならんし、裁判のような言質を取って有利にする
もんでもない。じゃけぇ「証拠」なんか不毛な妄想論じゃ。
要は現実的にどっちが可能性が強いか弱いかじゃ。

387 :出土地不明:2010/04/25(日) 23:58:00 ID:HsFk97m9
>考古学界の都合の悪りいことは、またスルーか。

おれが白馬青牛だったら「印象工作すなや」と喚いてるところだな。
何度も言わせるな。「ネタがあるなら自分で別スレを立ててそこでやれ」
と言っている。逃げる理由などどこにもない。おまえはネタの用意が
できてるんだろうな?臨時ニュースレベルの話とか止めてくれよ。

>じゃけぇ、鈴木尚氏が食人を肯定されたんか、否定されたんか、
>あんたの口から云うてみいや。わしゃあ、鈴木氏が食人の事実を
>歯切れが悪う肯定した

教えてやった文献は読んだのか?アホウ。読まないだろうから、もう書いて
しまうわ。鈴木尚氏は1930年代後半から、つまり戦時中から、日本列島に居
住した集団における食人について、その可能性(食人が行われていた)を
追求していたほぼ唯一の研究者。

おまえが「隠蔽」と妄想するのは、この場合、縄文人が食人を行っていた
ことが認められるとまずいというようなことを言っているのだろうが、
鈴木氏は戦時中から、それを肯定する方向から人類学雑誌に書いていた。
人誌というのは査読雑誌、しかも戦時中は検閲がある。意味分かるか?

「隠蔽」する気なら鈴木氏の説など、無かったことにすることも
可能なんじゃないか、えぇ白馬青牛よ?

さて、おまえも必死に勉強したんだろう?鈴木氏が自説の根拠とされた
遺跡名をいくつか挙げてみてもらおうか。聞くだけ聞いといてトンズラ
するなよ

388 :出土地不明:2010/04/26(月) 00:03:56 ID:asJOce1l
>摂政関白氏のブログでも挙げとこう。

間に合ってるから、別にいいよ。しかも、他人のブログの引用だろ。
寺田→工藤ラインの書籍でも引用してればいいんじゃないの、
馬鹿牛クラスは

>じゃけど、渡来系や原住民のアイヌ人との関係を否定して空虚な
>日本人論よのう。下の方の赤字を読んだら解ろうが、

なんでハナシするとき偉そうなの?恥ずかしいコソ泥なのに。
そこから先については言及する気も無いが、テンプレに注意しとけ。
発作が出てきてるぞ


389 :白馬青牛 ◆cjIySZ2iYw :2010/04/26(月) 00:05:03 ID:YXQ6Xdbi
>>374-375
違うよ。わしゃあ2003年頃から書いとるけどのう。標準語云うか東京弁
じゃあニュアンスが書けんけぇのう。スレが立っとる意見で違うんなら
書くよ。あんたが上から批判じゃ思うんは、あんたが低能被害妄想ゆえ、
わしの知ったことじゃあるまあ。わしゃあ思想中毒コメンテイターよりまし
じゃのう。同性愛に偏見を持つあんたぁ、同性愛の多い日本文化を否定
してどうすんなら。わしゃあ文章力が無いけぇ、サイトの引用するよ。
また、サイトを紹介することで多面的に見ることの出来る人たちが増えれば
幸いじゃ思うとるし。学歴・権威に隷属しとるんは、あんたの奴隷根性で、
あんた為政者にとって都合のええ人間の価値しか無いんか。悲しいのう。
勝ち負けは実例よ。ガキのあんたら幼稚な連中と一緒にされとう無いのう。
他者で真っ当な意見を云うもんが少ないけんのう。真っ当な意見なら、
わしゃああえて異を唱えとらんよ。優位に立つ為、わしへの個人罵倒に
終始する見苦しいあんたらじゃまるまあに。レッテル貼りなら、
このスレだけじゃのうてネット右翼共の在日認定工作に言及せにゃあ。
論理じゃの百人おりゃあ百通りの論理が出来、空虚な観念論に過ぎんもんを
重んじる時点でドイツ観念論の影響が日本にゃあ強いんじゃのうと感心
するが、同時に洗脳された連中は哀れじゃ思うよ。

390 :出土地不明:2010/04/26(月) 00:14:13 ID:asJOce1l
>じゃけぇ「証拠」なんか不毛な妄想論じゃ。要は現実的にどっちが可能性
>が強いか弱いかじゃ。

で、その可能性の強弱、蓋然性について、おまえ以外の人間が確認、検証
して、おまえの意見の可否を判断するにはどうすればいいわけ?

391 :白馬青牛 ◆cjIySZ2iYw :2010/04/26(月) 00:17:42 ID:XrytKKou
>>379
また九州人久留米師団ファンの煽りか。
528 :廣島もみじ民 ◆cjIySZ2iYw :2010/04/16(金) 01:15:11 ID:fq5WtaqI
>>526
同じ言を繰り返すんならここのコピーで充分じゃろう。
93 :廣島・もみじ民 ◆cjIySZ2iYw :2010/01/01(金) 00:41:03 ID:gGFNnAaM
>>91-92
明けましておめでとう。じゃが新年早々広島師団妄想批判か。久留米ねえ。
http://www.rakuten.co.jp/ishii-fruit/owner.html
http://homepage2.nifty.com/ijn-2600/6d.html
上の方の弘前師団の地元青森でも「熊本師団、広島師団と並び国内最強師団
と言われた、弘前第八師団」と、久留米師団の菊、龍はお呼びじゃないし、
下の方でも、「仙台第二師団、広島第五師団、旭川第七師団とともに、
最精鋭・最強師団の名前をほしいままにした、熊本第六師団」と、
久留米師団の菊・龍はまったく無視されとる。
まあ、九州兵団の特性の勇猛ぶりじゃあ、熊本師団の方が目立って、
久留米兵団は陰が薄うなるけんのう。
日本最強師団たる広島師団に風評ですら勝てんのが久留米師団じゃ。
久留米師団も九州兵団云うだけで、風評はそこそこ良かったにしても。
龍よりも現役が多い菊の方が装備は良かったろう。菊はビルマでは、
姫路54Dに次いで強かったのう、最強は無いけど。
菊の装備の良さは、ドロボー部隊らしゅう、英軍から盗んだ武器が豊富
じゃった点じゃろう。まあ広島師団には到底及ばん程度の兵団じゃけど
のう久留米は。
>>527
どういたしまして。英国は、知性を蔑視する武人が上層指揮官ですが、
日本はIQ知性が自慢な軍人恩給目当てのお役人が上層指揮官ですからね。
秀才信仰のドイツは英国と日本のほぼ中間でしょう。まあ、ドイツも
日本同様戦争に勝てる国じゃ無いですのう。

 ほいから、明日、明後日は所用で書けませんわ。

392 :出土地不明:2010/04/26(月) 00:19:12 ID:i1JEAKTV
日本語を話し日本に住んでいるのが日本人

どこにこんな民族がいるんだ
馬鹿

393 :277:2010/04/26(月) 00:19:13 ID:MZgFniDe
>>296
前言を撤回する。(このスレでのROM化、あるいは「あぼーん」を)
(実はちと気になって、ちと覗いていたw)
先ず、君が時間差で横レス(アク禁かなにか都合の悪いことでも?)した
>>296のレスに返レスしてみる。

>「考古学的には、」の連呼だけで他者の洗脳工作だけじゃあ意味があるまあに。
「考古学的には、」の連呼は、"ここが、考古学板にも関わらず"自然人類学を前提とした
対話を望むのは、板ルール違反であるから、それを認識してもらうための連呼だが。

>Y染色体カルト論者が、古人骨から抽出出来んDNAの劣等感から、
>考古学者に成り済ましても、意味があるまあ。
別に成り済まそうが、なにしようが、別に対話には何ら関係ないが。

でさ、横レスにも関わらず、
>>250から考古学的には、じゃの妄想定義しとるが、誰の見識かも提示せず
これが、ムカッときたわけよ。
他スレに貼ったスレ↓
http://academy6.2ch.net/test/read.cgi/archeology/1254652962/395-397
私の定義は以上の見解から導きだした定義。

で、妄想定義だと断言するならば、君の考古学的な定義を語ってもらおうか。


394 :出土地不明:2010/04/26(月) 00:21:01 ID:i1JEAKTV
このスレには
日本人の定義が必要だと思います!

395 :出土地不明:2010/04/26(月) 00:25:52 ID:asJOce1l
>「文書」は権力者の都合で偽装されたもんじゃけぇ、「証拠」にならんし、

ほう、おまえは「徳川家康など存在しない」といういう妄想を語っていたが
それを導き出したという記録文書、あれは偽装されてなかったのか?それから
ここではっきり言質をとって置きたいがおまえの挙げていた記録文書、また
盛んに引用するブログ、サイトは、おまえにとって何だ?

おまえにとって「証拠」や「根拠」ではないんだろう?だとしたら何だ?
みんなに分かるように書き残しておけ

396 :277:2010/04/26(月) 00:38:57 ID:MZgFniDe
>>386
「証拠」
1、事実・真実を明らかにする根拠となるもの
2、要証事実の存否について裁判官が判断を下す根拠となる資料
---大辞泉より抜粋

ここで、スレのみなさんが言っている「証拠」とは
>1、事実・真実を明らかにする根拠となるもの
でしょ。

397 :白馬青牛 ◆cjIySZ2iYw :2010/04/26(月) 00:51:15 ID:XrytKKou
>>384
南京事件の虐殺があったんは事実じゃけぇ、否定出来んよ。まあ、中共や
産経新聞のように30万〜40万云う電波を飛ばしたことも無いし、ネット右翼
支持の虐殺否定電波も云うたことは無いよ。
http://www.geocities.jp/s19171107/DIARY/MATERIAL/HTML/NANKIN/2ch-40manninsetu.sankei.html
まあ、産経新聞を弁護すると、当時の日本兵は、蒋介石氏の日本軍の
「暴に報ゆるに徳を以ってす」と寛大な処置で帰郷することが出来た。
じゃが近年の産経は台湾独立派を支持し、国民党を裏切ったけんのう。
http://www.geocities.jp/yu77799/kyoudobutai.html
郷土部隊史の静岡三十四連隊でも昔の産経新聞は隠蔽せんかったね。
ちなみに静岡連隊は日本軍の中でも軍規厳正で現地民を慰撫した
誇るべき部隊。マイナスイメージが付くと誤解されるけぇ、云うとくよ。
白々しいのは、一番上に出とる熊本兵団史の隠蔽で空虚な文章じゃ。
一番蛮行した部隊ゆえ隠蔽じゃ話にならん。「一名の弱兵もなければ
一名の無能指揮官も存在せず」不祥事はまったく存在せず、世界一の
模範的軍隊じゃの、高崎隆治氏の「そういうことを書くからおかしくなって
しまうのだ。みえすいた虚構は用いない方がいいのである。」
と、ネット右翼にゃあ耳が痛いのう。

398 :277:2010/04/26(月) 01:24:15 ID:MZgFniDe
>>397
あのさ、俺はムカついてるわけよ。
妄想定義だと断言なら、すぐにでも返レスできるでしょ。
早いとこ、返レスしなよ。
また、時間差でレスするわけ?

399 :出土地不明:2010/04/26(月) 06:49:50 ID:QqcJhA5F
ここに書き込んでる人たちは、>>383の指摘を真摯に受け止めるべきではあるまいか。
馬鹿牛の相手をしても何の収穫も得られないのは明らかだからね。

>>384
馬鹿牛を詐欺師とみなす理由は、お前がレス付けた先にはっきり書いてある。
読解力がないなら介入してこないようにね。邪魔だから。

400 :出土地不明:2010/04/26(月) 10:13:09 ID:naDuUg0b
>>397なるほど。だけどこれは虐殺というか単に指揮が低く作戦が無謀だったために
起こった戦闘中の規律違反だと思います。つまり「故意に」したのではなくて結果として
そのようになってしまった、ということでしょう。これが大虐殺なら世界中の戦争は
すべて大虐殺という矛盾になり、世界中の戦勝国の戦争が無罪であるならこの日本兵の
混乱(感覚麻痺)も無罪といえます。つまり歴史用語としても実態を表す単語としても
間違っており、認識としても誤ったものです。要するに南京大虐殺はなかった、ということです。

401 :出土地不明:2010/04/26(月) 14:12:49 ID:htzrh9Gu
>>367
都合が悪ければ、DNAもなかったことにするしな。どういう脳味噌してんだかw。

402 :出土地不明:2010/04/26(月) 21:53:24 ID:YPvl5rDL
白馬なんて、ただの道化だよ。
全く証拠もないくせに、馬鹿げた先祖自慢ができる人間にまともな奴は
いないぜ。

403 :出土地不明:2010/04/26(月) 22:09:50 ID:naDuUg0b
俺は彼を信じるよ。君たちみたいに考えることもせず、どこか(必ず欧米w)で生み出された
結論を紹介してるだけなのとは、大違いさね。

404 :277:2010/04/26(月) 22:12:07 ID:h3xutMUX
昨日、不覚にもレスを付けてしまい、
文章が乱れてしまったので訂正します。

>>393
△「別に対話には何ら関係ないが。」→○「別に対話の内容には何ら関係ないが。」
×「他スレに貼ったスレ↓」→○「他スレに貼ったレス↓」

>>398
×「妄想定義だと断言なら、」→○「妄想定義だと断言するなら、」

405 :出土地不明:2010/04/26(月) 22:34:49 ID:9gAeMUQ4
>君たちみたいに考えることもせず、どこか(必ず欧米w)で生み
>出された結論を紹介してるだけなのとは、大違いさね。

おまえの信じている白馬青牛先生は、よく他人のブログを勝手に
引用して結論に結び付けているがな。しかも、孫引き。おまえも
馬牛がどういうことを語っているのか、自分の頭でよく考えて
みた方がいいよ。

406 :出土地不明:2010/04/26(月) 22:48:48 ID:9gAeMUQ4
ためしに >>341あたりをみてみな。馬牛先生がくだらない孫引き
(しかも内容を理解していない)をやってる。本人は言い逃れを
繰返してるし、認めないだろうが、馬牛がどうあがこうが別に
どうでもいい。

馬牛の貼ったリンクとその後の言動を見れば、普通の読解力
を持った人間は、だいたいどういうことなのか意味分かるだろ。
それに、おなじところでLindernbaum 2004やHurlbut 2000の言葉を
意味も分からず孫引用して、妄言の補強をしようとしている。
LindernbaumやHurlbutは日本人か?

407 :白馬青牛 ◆cjIySZ2iYw :2010/04/26(月) 22:52:18 ID:XrytKKou
>>393
結局、連続説学者の引用じゃないか。特に歴博の広瀬和雄氏を
挙げとる処、歴博の宣伝マンの工作活動じゃないか。
広瀬和雄氏云うたら、捏造体質の歴博を追及される小林滋氏の
ブログに出とったのう。
http://shushen.hp.infoseek.co.jp/hitori/edojidai.htm
C広瀬教授の脱唯物史観「(注3)広瀬氏が提示する唯物史観に
代わる見方」なんか、面白い云うかゾッとするよ。
暴力とそれを付随した強力が政治権力の本質で、共同体を破壊せん
為の秩序の維持が政治の目的で、大勢の人々を統率していくにゃあ
暴力行使は「必然」じゃそうな。誰もが従うべき強力な
権力が無いと利害の調整は出来るはずもない。そうじゃ。
北朝鮮か中共の弁護でもしたいんかどうか知らんが、ネット右翼も
似たような事を云うけぇ、思想的右と左が如何に似たもんか。
マルクス史観じゃあ大衆は前衛党の操作によって思いのままに
動く生物であり、歴史の「必然」によって踊る存在に過ぎんけぇ
のう。小林氏は「唯物史観([政治権力は階級支配のための暴力だ」)
から全然抜けきれていない広瀬氏」とされるが、わしは「必然」
云う言語で暴力支配を肯定する、左翼マルクス史観から脱却出来
とらん広瀬和雄氏の姿が見えるよ。騎馬民族説を否定するんも、
左翼の自民族発展説を継続されとるのう。
ほいで、小林滋氏の武家の実家出産は北陸の習俗じゃとか、
江戸期は地域性で異なり、西日本の横社会の中でも、
薩摩犯土佐藩は固定身分化が強い等、異論があるが、
本題じゃ無いけぇ、別の機会にしとこうよ。

408 :277:2010/04/26(月) 23:03:52 ID:h3xutMUX
>>407
何だよ、あいかわらずレッテル貼りに終始かよ。
また、どおでもいいような事をゴチャゴチャと。
結局、自らが考える「定義」を示せないわけね。

とにもかくにも、
http://academy6.2ch.net/test/read.cgi/archeology/1254652962/395-397
の引用元を「妄想」だと判断する「日本人」は極めて少ないと思うよw

ま、>>399氏が言われるように、君との対話は「何の収穫」も"実り"もなさそうだし、
ちと、昨日不覚にも酒の勢いでレスしてしまったが、やっぱ、これ以上はやめとくわ。
疲れるし、連休も近いし。

409 :白馬青牛 ◆cjIySZ2iYw :2010/04/26(月) 23:18:34 ID:XrytKKou
>>400
結果以前に故意ですよ。非戦闘員は絶対殺さないとする倫理が
日本軍に欠如しておったんですから。上層部は士気を鼓舞する為に
煽りましたからね。あとは兵士の個々人の判断で虐殺命令から
現地民を見逃すかどうかにかかります。世界中とされますが、
非戦闘員の殺害が地域の軍隊によって差がありますし、
日本でも軍規厳正な明治期と軍規が弛緩た昭和期は違います。
それに加え郷土兵団でも差があります。日本兵の殺害実行者は、
実際対米軍では捕虜を処刑したものは、無罪にはなりませんし、
処刑されましたよ。一番日本将兵に寛大な処置をした中国国府軍も、
捕虜を処刑した日本兵と憲兵だけは極刑で臨みました。
まあ実際日本へ追及の手を逃れて帰国された方は多いんですけど。
実際に南京事件の非戦闘員の虐殺はあったんですから隠蔽しても
意味が無いでしょう。隠蔽したら世界中の笑い物になって、
日本はユニークな独特な人たちと侮蔑を以って認識されるで
しょうね。

410 :出土地不明:2010/04/26(月) 23:38:06 ID:i1JEAKTV
>>409
キチガイだな
米軍の日本空襲やベトナム戦争も語ってよ

411 :出土地不明:2010/04/26(月) 23:48:06 ID:i1JEAKTV
韓国によるベトナム戦争もすごかったなw
殺戮とレイプの嵐
ちゃんとベトナムの孤児を引き取れよ

412 :出土地不明:2010/04/27(火) 00:34:58 ID:T2gRQqFW
白馬青牛君、宿題は進んでおるのかね?だいぶたまってきているようだが。
『大森貝塚』と『人類学講座』は読んだかね。

それから気になっているんだが、君は篠原謙一氏に言及しているが、
『日本人になった祖先たち』は読んでいるのだろうね?どうも、君
のムダ話を聞いていると可笑しなところがあるようなんだが。
まず、この点についてYES・NOで答えてみたまえ。その際、
>>407みたいに篠田氏に対するいかなる形容詞も必要ないぞ。

413 :白馬青牛 ◆cjIySZ2iYw :2010/04/27(火) 02:21:11 ID:3TCAXVLs
>>408
引用元を「妄想」だと断定する日本人が少ないとしたら、戦後左翼
マルクス史観の洗脳の自縛から抜けきれん連中が多い云うこと
じゃろう。
>>410-411
空爆が一番犠牲者が多かろう。元陸軍大尉越智春海氏は、「爆撃の
実施者側には、正義感こそあれ、罪悪感などは、たぶん皆無だった。
「日本国民の血と汗の結晶(爆弾)を、敵国の戦力破壊に最も有効に
投下しよう!」と念願しているだけで、悲壮感の世界に心酔している
「空の神兵」だったのだ。
 被爆者側は、落ちてくる爆撃を「血と汗の結晶」とは気づかず
「非戦闘員を殺傷する地上最悪の爆撃弾」ぐらいにしか認識しない
ので、全然ありがたくはないのだ。
 まあ、それが戦争というものの実態で、お互いに「相手のほうが
悪い」のであるが、あの渡洋爆撃というのは、近代史のなかで、
もっと解析されるべきものではないか。その破壊と殺傷の総量は、
南京事件やヒロシマ、ナガサキの比ではない! はずなのだが」
と、越智氏は広島人らしい皮肉をまじえて、広東空爆に付いて
書いておられるが、日本軍の重慶空爆でも、犠牲者はかなり
出たろう。
韓国軍の日本軍やロシア軍、オーストラリア軍と同様、強姦したがる
けんのう。その点中国軍は、国民党軍でも八路軍でも強姦は
ほとんど無かったけんのう。イデオロギー以前に中国人は
華北人でも、江南人でも強姦はほとんどせんね。
この点にだけ関して云えば立派なもんじゃ。
まあ、朝鮮人の敗戦後の振る舞いは、昨日まで日本軍の
権威を借りて中国人に威張っておったんに、日本軍が降伏すると
手の平をかえして、国府軍に日本兵を密告して売る行為に走った
けんのう。日本人の上層将校が捕虜になると、敵将校に卑屈になり
諂う性質と同様の性質を持っとったけんのう。

414 :出土地不明:2010/04/27(火) 04:59:56 ID:p+ytFuf2
>>413
反日大爆発じゃん。馬脚を現したって感じ?
ずっと朝鮮史観ばかり言ってると思ったら、
今度は中国人を褒めて、日本人を貶める。数ヶ月前、シナ人がどうとか、
散々悪口書いてたのに?
本当に、呆れるほど、卑怯で、卑屈だよね。
だから、嫌いなんだよ、朝鮮人は。今後絶対お前ら、許さないわ。


415 :出土地不明:2010/04/27(火) 05:21:08 ID:nNvKHyQu
   ∩∩
 ∩| || |∩
 | .|| || || |
 |  __|
 | (__.|.  ∧_∧
 ヽ.___.丿\(・∀・ ) 荒らしの駄文、読まない、レスしない!!
   .   \     )
        | | | STOP!!
        .(_(__)


416 :出土地不明:2010/04/27(火) 06:28:41 ID:yook0mBk
>>415
俺もそれがいいと思う。

417 :出土地不明:2010/04/27(火) 14:53:17 ID:Ca2GFS5e
まあ>>414みたいのが、白馬青牛はじめ自分に批判的な人間を
すぐ「朝鮮人は」だの言い出してファビョり始めるだけなんだけどねw
遺伝子でオナニーも始めるしww

こういうある結論を押し付けたいだけの、変態レッテル貼り勘違い民族主義者達こそ
即刻消えてもらいたいね。
話し相手がいなくて寂しいんだろうけどw

418 :出土地不明:2010/04/27(火) 17:17:32 ID:yook0mBk
↑こういう見え見えの釣りもスルーの方向で。

419 :出土地不明:2010/04/27(火) 17:41:16 ID:XnN4efzO
>>415
>>418

そうだな。デンパ論の蔓延るスレのながれを傍観しえずに書き込んで
しまっていたが、「そういうもんだ」と思うことにして、馬鹿に対す
る意味の無いレスはやめることにするわ。連投スレ汚しすまんかった。

420 :出土地不明:2010/04/27(火) 20:01:32 ID:2KQc00l/
「バカ」だの「チョソ」だの、学問板かよ・・
「〜を読んだか?」なんてのも意味がない。
それはつまり「〜という説がある」っていう論文の使いまわし・知識の転送行為にしか
過ぎず、歴史を年代暗記のクイズ王になるための修行だと考えてるやつと同じ愚かな
議論の仕方だ。それらは真実を探る学問とは何の関係もない。もっと様々な論に寛容となり、
動くものと動かぬものの見極め(真実)を追求する板にしようよ。ののしりあいばかりで
幼稚すぎ。

421 :出土地不明:2010/04/27(火) 20:19:11 ID:7jr09Akr
乳出しチョゴリとうんこ酒は朝鮮が起源

422 :白馬青牛 ◆cjIySZ2iYw :2010/04/27(火) 22:43:50 ID:3TCAXVLs
>>414
反日認定か、中国じゃあ漢奸を使うが、江南朱子学攘夷思想に
洗脳されたあんたの方が、余程中華思想じゃ。
日本人にも朝鮮、中国人にも長所も短所もあり、あんたの朱子学
攘夷思想、勧善懲悪で他民族を絶対悪に設定する自体が
可笑しいんじゃが。まあ、典型的なネット右翼じゃのう。
http://ansaikuropedia.org/wiki/%E3%83%8D%E3%83%83%E3%83%88%E3%82%A6%E3%83%A8
ここの 由来に、「近年、ネットウヨの言動に対し、
『実は左翼勢力なのではないか?』という批判が挙げられている。
その理由として、戦後右翼の主流である親米保守派がアメリカ様から
授かった自由主義と民主主義に猛烈に反発し、富国強兵や思想の検閲
を熱望するなど、政治的主張の内容が本質的には北朝鮮の金正日や
中国共産党の反民主主義的イデオロギーとほぼ同一の内容で
あるからである。」と、あんたこそ、ネット右翼用語の
特ア思想者の反日になるじゃないか(笑)。

423 :白馬青牛 ◆cjIySZ2iYw :2010/04/27(火) 23:05:25 ID:3TCAXVLs
>>414
反日特亜思想者君よ。続きじゃ。
http://d.hatena.ne.jp/hagakurekakugo/20070408/p1
http://homepage2.nifty.com/munesuke/photogallerly-oinohukei-terashima.htm
YouTubeは、消されとったが、朝ナマは視とったよ。
寺島氏が南京事件の虐殺を肯定しただけで、罵倒を繰り返すネット
右翼に良心なんか無いのう。戦場の前線で戦われた将兵を罵倒し
はるか後方で弾が届かん、軍人恩給目当ての軍上層部の弁護
ばっかしするプロ奴隷そのものよのう。
じゃけぇ、卑怯に日本人にとって最大侮辱語をネットで
平気で他者に浴びせることが出来るんじゃろうて。
真っ当な家庭で躾を受けとるもんなら、到底「卑怯」云う用語で
他者を罵倒出来んけぇのう。あんたはやっぱし日本人の誇りを
愚弄する反日ネット右翼じゃ。

424 :斉藤 昌宏 :2010/04/27(火) 23:19:19 ID:/lHqeDVa
2010年財布最新品、新素材入荷!

会社の開業3周年を祝賀します ,古い取引先の優遇政策に対応します 。
◆ 信用第一、良い品質、低価格は 私達の勝ち残りの切り札です
◆ S/SS品質 シリアル付きも有り 付属品完備!
◆ 当社の商品は絶対の自信が御座います
◆ スタイルが多い、 送┃  料┃  無┃  料┃(日本全国)!
店舗HP:http://yahoo-bag.com(最大卸売り皮革市場)
e-mail:qianbing1986@gmail.com
責任者 : 斉藤 昌宏


425 :白馬青牛 ◆cjIySZ2iYw :2010/04/28(水) 00:26:58 ID:zY1R5akc
>>414
続き。司馬遼太郎氏について書かれたブログでも挙げとこう。
http://www.geocities.jp/pilgrim_reader/study/dualism.html
イデオロギーについてじゃが、「現実離れした観念主義であり、
固陋な教条主義であり、ファナスティックな扇情主義であり、
空理空論の形而上学的思弁性であり、」「歴史的には、近世の水戸学
と陽明学、幕末の尊王攘夷と天誅テロ、近代においては
左翼(マルクス主義)と右翼(昭和国家の超国家主義)が
このイデオロギー(朱子学)の現象形態である。」と。
司馬氏の合理主義をリアリズムに還元する面は異論があるが、
日本の思想中毒者の朱子学的要因は同意じゃのう。
ネット右翼は江南思想朱子学の申し子じゃけんのう。
次にー朝鮮人による司馬遼太郎の歴史批判ーでも挙げてとこう。
http://www.shibano-jijiken.com/NIHON%20O%20MIRU%20JIJITOKUSHU%2033.html
司馬氏の関西文化人たる、関東史観要素の部分はわしも同意出来ん。
じゃが、中国ー韓国対モンゴルー(満州)日本比論は、部分的肯定じゃ。
韓国人は、「中国に対する文化的属国」とした司馬氏が気に入らん
らしい。司馬氏の日本における朱子学の枠から出たは飛躍しすぎで、
米国人のドナルド・キーン氏に日本は儒教民族であると
批判され、西洋から見たら日本も朱子学的じゃと司馬氏は
訂正した言を後に述べておられる。
無思想の日本は騎馬民族の中心文化? で、司馬氏の「イデオロギー
は人間を土木機械のような奴隷にしてしまう」「空理空論を
業とする朱子学」の部分は同意で、この板の朱子学思想の
ネット右翼の奴隷根性を見れば、云うまでもない。
まあ、中華隷属の弥生期から北方騎馬民族的古墳期に
日本の民族と国家が形成され、地理的にも大陸の中国文化と
距離があったんは日本の幸運ゆえ、全体としては肯定出来るのう。
まあ、司馬氏ですら、「日本独自」じゃの観念論的論調は、
リアリズムから外れると思うけど。

426 :出土地不明:2010/04/28(水) 00:45:41 ID:4RUnFkZR
俺は廣島もみじ民の髪の毛だ。
最近、もみじ民の頭部から我が髪の毛軍団の団員が不足しているらしい。
おかげでもみじ民に、あだ名がついた、今まで一回もつけられなかったあだ名が。
そう、それは最もポピュラーなあだ名、
「ハゲ牛」
だ。
このあだ名は皆に愛された。
こいつの存在自体よりも愛された。
気が付くと呉市内を歩くだけでも周りにざわめきが聞こえる。
俺は悔しかった。
本当に悔しかった。
そしてとうとう…
もみじ民は最終兵器の「リーブ21」を使うことにしたらしい。
……我々はこの最終兵器に最も期待した。
しかし、現実はそう甘くない。。。夢ははかなくも終わった。
.
嗚呼…毛根が次々と抜けてゆく…
   ここで一句。

  夏風と
    共に散りゆく
         頭の毛
              by かみのけ

427 :出土地不明:2010/04/28(水) 00:47:19 ID:c3ooIpUx
☆重要事項☆ 

専用ブラウザの最適設定
LIVE2ch
http://www8.plala.or.jp/uro/live2ch/
・下のほうにインストーラー付きのやつがあります。
・ダウンロード・インストールしたら主画面の上にある「設定」をクリック・さらに「オプション」をクリック
・なんか画面がでてくるので真ん中にあるNGワードをクリック
・すると本文、やらメールやらでてきます ここにNGワードにしたい言葉(白馬青牛)を打ち込みます
・最後に主画面のキターの顔文字のやつクリックして再読込すればおk(あぼーんの種類、透明、あぼーん等各々お好きなように)

Jane doe style
http://janestyle.s11.xrea.com/
@まずダウンロード・インストールしてください
A主画面の上、右から2番目の「ツール」をクリック・さらに一番下の設定をクリック
Bなんか出てきますので、左にある項目群の真ん中らへんにある、「あぼーん」をクリック
C上にタブが10個くらいでてきます。左から3番目にある「NGword」をクリック
D「追加」でNGワードにしたい言葉(白馬青牛)入力します →で「OK」
EまたCまで進んでください。
Fそしたら上のタブの一番右「option」をクリック
G「NGをあぼーん」をチェックし「OK」
Hすでにスレッドを開いてしまっている方は一旦主画面真ん中の右から2番目にあるゴミ箱をクリックして、ログをしましょう。
I再読込するとあら不思議。きれいさっぱり荒らしの方がいません。

すごいめんどくさい手順かもしれませんが、自分はこれでやっています。ご参考までに
他にも専用ブラウザーがありますので、上記2つが何か気に入らなかったら「ギコナビ」等試してみるのもいいかもです。
どちらも無料です。

428 :白馬青牛 ◆cjIySZ2iYw :2010/04/28(水) 01:05:20 ID:zY1R5akc
>>426
おいおい、わしの毛髪はハゲとらんど。
>>427
ネット右翼たる隠蔽を喧伝推奨してどうすんなら。
事実に蓋をする性質は言論統制国家の中共か北朝鮮にでも
習うたんか?特亜隷属そのものの手法がお好きなようで(笑)。
じゃけぇ、この板の江南朱子学攘夷派はつまらんのんで。

429 :出土地不明:2010/04/28(水) 03:31:19 ID:+wCgLk/O
>>420
言う通りだよ。
君のような人が多ければこのスレも何も問題はないんだけどねorz

430 :出土地不明:2010/04/28(水) 09:07:43 ID:77TFlGUg


                                 ,          /
                                ・)\_   , 〃´
                                 |   ⌒ー(∠;・
                               _|    ,.--´
                             .( cvー-、」´
                              >,=
                              _π々、
                              >   )
                              丿  「
                            , ノ  i-|
                          ,. `/´   |
                         |レ-´    i´
                   ,.    /      . >
                  ,_...-ー--; .  π.「/ノ
                ,..チタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!!!!!
            ;, .,_F_i-冗--、ヽ_/      .
            ,..-; つ、(.,.--/
           .;ヾ=3  / ^            .
             ・ゝ.i |
              `~;~
               ’

431 :LUNAMASK:2010/04/28(水) 09:43:17 ID:77TFlGUg
>>230 >>232
YDNA NO の原郷を秦氏の原郷、下図で Hui と記載されたところで、そこ
から南北の青色のポイントに移動したとする説があり、これを基にして日本の NO
を秦系(回族)としてもいいのではないでしょうか。NO-M214* 2.3% ←これもか。
http://trog.narod.ru/et/China-NO.jpg ←Huiとしてあるのが秦氏の原郷
http://en.wikipedia.org/wiki/Hui_people
http://en.wikipedia.org/wiki/Haplogroup_NO_(Y-DNA)
O3a3c M134 →秦漢時代・・・これは秦氏。
http://en.wikipedia.org/wiki/Haplogroup_O3_(Y-DNA) ・・・
>>209 反時計回りとは・・・
シェフィード大学考古学地図の説明「前 2 千年紀初頭のユーラシア横断接触:
矢印のついた赤線はウラルからアルタイに続くセイマ・トゥルビノ冶金文化圏を表
し、遠くはバルト海東部、ベッサラビア、バイカル地方、中国で出土するソケット
付槍先等の典型的生産物の範囲を示している。オレンジ色はアンドローノヴォ文化
と関連するステップ地帯における初期拡大フェーズを示す。中国の緑色矢印はこ
の技術に基づく青銅武器のその後の拡散を表す。」
http://www.archatlas.org/EastWest/1SeimaTurbino.jpg

このように黄河上流から長江下流、そこから沿岸を北上して朝鮮半島、日本へと回
るコース、別に最北はバイカルからハルピン、大連、中央線はアルタイからオルド
ス、大連という風に 3本の冶金文化伝播コースが考えられます。
>>234
「畑作狩猟山地民と稲作平地民」
前方後円墳、上社・下社の二社制神社は「畑作狩猟山地民と稲作平地民」の
相乗・相補効果による国家形成を表象しています。三種の宝物、八咫鏡(や
たのかがみ)、草薙剣(くさなぎのつるぎ)、八尺瓊勾玉(やさかにのまがた
ま)は地方、民族、文化の統合を意味しています。前方後円墳から日本建国
の意図が読み取れます。
「漁撈民は、平地民より山地民との共通項が多い」
平地民は農事サイクルに拘束されるが、漁労民・山地民はそれがなかったと
いうことでしょうか。

432 :出土地不明:2010/04/28(水) 13:33:06 ID:RLu8d0E5
わぉ〜、月光たんお久しぶりです〜(^0^)/
>>431
3本の冶金文化伝播コース

これが>>232-233
1.北方のA群地祇ルート
2.中央のL群銅鐸族ルート
3.南方の神武銅鏡天孫ルート
として列島に到着するのでつね!!

433 :出土地不明:2010/04/28(水) 13:43:32 ID:RLu8d0E5
>>431
地方、民族、文化の統合とは..

1.北方のL群地祇ルート→草薙剣(くさなぎのつるぎ)
2.中央のA群銅鐸族ルート→八尺瓊勾玉(やさかにのまがたま)
3.南方の神武銅鏡天孫ルート→八咫鏡(やたのかがみ)

の融合でつね!!!

434 :出土地不明:2010/04/28(水) 13:55:00 ID:RLu8d0E5
しかし月光た〜ん!!!

こうしてみるとわが国日本の建国には二重三重の民族和合の象徴が
架せられておりますね〜(^0^)/

1.円墳+方墳(前方後円墳)
2.下社+上社(二社制神社)
3.北方+中央+南方(三種の神器)

435 :LUNAMASK:2010/04/28(水) 14:20:12 ID:77TFlGUg
>>484
極めて奥深いのが勾玉で、これは黒曜石山地の北方で原石を産出するが、縄文
の象徴とも言えるんですね。残りの剣は東胡、鏡はカラスク文化が行き来した
スキタイ・殷方面ですね。弥生の象徴ですね。つまり、縄文と弥生の融合でも
あるんじゃないかと思うんです。

436 :出土地不明:2010/04/28(水) 14:30:05 ID:RLu8d0E5
>>435
日本に到来した順番が2→1→3だとすると

初期の弥生人である2の銅鐸族が縄文文化を接収したのかもしれませんね〜(^-^)/

437 :LUNAMASK:2010/04/28(水) 15:24:25 ID:77TFlGUg
http://members3.jcom.home.ne.jp/8606zlgh/JapanYDNA.gif
縄文C・Dの絶対多数は縄文人が地主、弥生人は小作だったことを意味している
のでしょう。全国どこでもオオヤマズミが鬼に古墳とか石段を作らせたというのが
筋ですね。稲作を広め、弥生を吸収したのは縄文人だったということじゃないでし
ょうか。

438 :LUNAMASK:2010/04/28(水) 15:35:50 ID:77TFlGUg
承前
神武の子、タギシミミを殺す第二代綏靖はヌナカワミミという語素を含みますが、
これは翡翠の産地姫川を指すものであり、縄文系です。日本という国はどうしても
縄文をホストに納めないとうまく行かなかったんでしょうね。

439 :LUNAMASK:2010/04/28(水) 15:43:03 ID:77TFlGUg
近畿・東海の農民にとって銅鐸とはゲームソフトのようなものであり、神武の時代
にゲームソフトが銅鏡に変わったということでしょう。東海のS字甕土器製作圏
ではデザインの共鳴というように非常に世の中の動きに敏感になってきていた
ようでもあり、現代とやや似ているのかも。

440 :LUNAMASK:2010/04/28(水) 15:47:58 ID:77TFlGUg
卑弥呼って蓮舫みたいだったのかなー(w

441 :出土地不明:2010/04/28(水) 23:10:51 ID:BiT/udww

生きてやがった!
無意味な文字の羅列で通報して、もう一度アク禁にしてやろう。

442 :白馬青牛 ◆cjIySZ2iYw :2010/04/28(水) 23:14:00 ID:zY1R5akc
>>431
牧畜民であった秦が成立した場所が、現代回族自治区が重なりますが、
日本の渡来系の秦氏は、古墳期以降ですし、秦よりも五胡、北朝の漢化した
トルコ系かチベット系の要素が強いでしょう。昔の秦もチベット系の
可能性は強いんですが、直接秦氏とは関係しませんね。
ほいで、回族はイスラム教徒で言語は漢語ですよ。西方から来たイスラム
教徒が現地民の混合した子孫ですから、秦氏≒回族は誤解を招きますね。
日本の国家形成は飛鳥期から律令期ですから、前方後円墳を国家形成に
結びつけるんは違うでしょう。
平地民は農耕サイクル云うより土地へ労働投資してますからね。
移動性の強い海や山の民とは平地農耕民に支配されるんが嫌なら余所へ
移れば良いし、武力があれば平地農耕民から掠奪しカスリを取れば良い
わけです。アジアでの山の民は一般的に南へ行くほど騎馬民族的性格が
薄いせいか、武力が無いせいか悲惨になりますね。東南アジアの
山の民は港市の連中に奴隷狩りされて、奴隷して労働力や他国に売られる
わけです。漢人に輸出した崑崙奴なんかも東南アジアの山の民です。
ですから>>437のような縄文人が地主になることはあり得ません。
縄文人は渡来系港市の弥生人に奴隷にされるか、売り飛ばされるかの
存在でしかありません。山地の縄文系は古墳期以降北方渡来系と
混血し彼らと似た性質を持って、傭兵や芸能、売春で身を立て、
支配層に加わる連も出てきたたけですよ。日本の縄文系なんか、
本土ではほぼ絶滅してます。>>438の翡翠の産地の越の土雲も
前にも云うたよう、渡来系の出雲勢力に平定されましたよ。

443 :出土地不明:2010/04/28(水) 23:32:58 ID:gIsL4xLD
>>409「故意に」南京市の民を虐殺はないと思いますよ。そんな指令書でもあれば
別ですが。「戦闘に付随する意図しない一般市民の犠牲」は戦争につき物でおよそ
ありとあらゆる勢力がこれを結果的に行っています。しかしこの話は軍が命令したとか
現場の下士官が「殺すのが面白いからやれ」などと「故意に」したとはまったく聞きません。
個別の事例(郷土兵団)を以って「日本軍全体がこうだった」とするのも無理があります。


444 :出土地不明:2010/04/28(水) 23:39:00 ID:gIsL4xLD
>>431ウラル・アルタイ経由で中原に文化・文明は行き着くものなのでしょうか?
漢代のときでさえ漢中から西のことは殆どまったくといって良いほど知らず、派遣団を
出してもことごとく匈奴に捉えられ、西域にたどり着けるものはほんのわずかだったと
聞きます。それより以前の状態で西方文明の流入はありえるのでしょうか?

445 :出土地不明:2010/04/28(水) 23:39:59 ID:tFM7q0mh
>>422
> ネット右翼用語の特ア思想者の反日

じゃあ最初からそういう輩を「ネット右翼」って呼ばなくていいんじゃないか?
自分で「おまえみないな思想はネット右翼って言うんだ」って勝手に定義して、
「おまえの行動はネット右翼の定義のネット右翼に当てはまらない」って自分で勝手に否定とかアホとしか

446 :白馬青牛 ◆cjIySZ2iYw :2010/04/29(木) 01:56:49 ID:p2dIyXZD
>>443
南京事件の虐殺は「故意」ですよ。南京攻略以前の柳川兵団が
杭州湾に上陸した時から指令が出ています。
http://www.geocities.jp/yu77799/minkanjin.html
各部隊の将兵や従軍記者の証言から明らかでしょう。
ほいで、非売品の宮下光盛氏の手記『徒桜』がここに出とらんが、
わしが引用しとこう。
P22「我が柳川兵団は上陸後、1民家を発見したら全部焼却すること
2老若男女をとわず人間を見たら射殺せよ(中略)5一兵に至るまで
徹底させ別命あるまではこれを厳守するように望む」とね。
宮下氏は陸軍中野憲兵学校出身であることや最悪の状況でも
一握りの米や一片の肉を分かち合い、戦闘で健闘した日本の下士官
であったことに誇りを持っておられる。俗に云う左翼じゃ
無いですよ。ほいで上層軍人の南京の虐殺は認められとりますよ。
http://www.geocities.jp/yu77799/gunjin.html
松井石根大将が日露戦争と比較して「武士道とか人道とかいう点
では、当時とは全く変わっておった。」
暴行を「甚だしいのは、或る(中島)師団長の如きは
「当たり前ですよ」とさえいった。
http://www.asyura2.com/08/reki01/msg/182.html
http://anarchist.seesaa.net/article/78079481.html
まあ、ここらへんでも読んだらええでしょう。
>>444
西方文明の流入云うたら戦車なんかその一例でしょう。
秦の兵馬俑のなんかもね。これらはアルタイ経由云うより、
オアシスルートで西方文化が流入したんですよ。
まあ中国人、現代の中共は外来からの影響を否定したがるんは、
日本と同様。
http://www63.tok2.com/home2/ahonokouji/sub1-8.html
日本も中国も朱子学攘夷主義者が多いゆえですよ。

447 :LUNAMASK:2010/04/29(木) 06:12:16 ID:xAepi46Z
>>442 >>446
過去から目をそむけず、二度とその愚を繰り返さないようにしたいです。

448 :LUNAMASK:2010/04/29(木) 06:21:28 ID:xAepi46Z
>>444
前3000年紀のカザフスタンで人類史上最初の馬・車輪・本格的牧畜が始まった
のは確実です。先ず技術・商品の流れはエジプトに向かった。
しかし、当時中国にはカザフスタンの錫青銅以上に高度な窯業技術があった。
中国の技術も西方に流れた。同時に中国も青銅技術を発展察せた。
中国にせよ、エジプトにせよ、農業文明はでんと腰を据えていたが、草原の
遊牧民はひたすら大陸を歩き続けていたということでしょう。

449 :LUNAMASK:2010/04/29(木) 06:35:57 ID:xAepi46Z
>>442
>日本の縄文系なんか、 本土ではほぼ絶滅してます。>>438の翡翠の産地の越の
>土雲も前にも云うたよう、渡来系の出雲勢力に平定されましたよ。
YDNA D(YAP)というのが安定株主なんですね。私もこれえは弥生じゃないかと
思ったんですが、中国などが、いやそうじゃないんだ、非常に古いんだという
ことを立証しているんです。
地主ではなかったでしょうが、農民にとってはマタギのように飛び道具を持っている
物騒な存在であったのかも。いったん稲作に接すると逆に強力な農民に変身した
可能性はありますね。

450 :LUNAMASK:2010/04/29(木) 06:53:25 ID:xAepi46Z
>>442
>秦氏≒回族は誤解を招きますね。
渡来人研究会というところで飛鳥時代のユダヤ教、キリスト教等の影響の考察を
やっているんですが、誰がそうしたオリエントの宗教を日本に持ち込んだのかが
謎なんですね。特に秦系の寺社に多いんです。回、ハザラなんてのが秦氏の
傘下にいるんじゃないかと。

451 :LUNAMASK:2010/04/29(木) 10:14:35 ID:xAepi46Z
>>442
>日本の国家形成は飛鳥期から律令期ですから、前方後円墳を国家形成に
>結びつけるんは違うでしょう。
卑弥呼を元首と仰ぐ倭国
http://www.rekihaku.ac.jp/kenkyuu/shinpo/164.gif
その内部に存在する投馬国↓
http://www5d.biglobe.ne.jp/~tosikenn/yosumibunpu.mht
この時代における前方後円墳は国家統合の象徴であったと思われます。
天照大神・内行花文鏡が大国主命・方格鏡より優先されたんでしょう。
それが、卑弥呼の後の、その甥の崇神の時代には三輪山の大国主中心に
変わっている。こうした天円地方の分け方は高句麗では見られない。
高句麗では方形石積墳が優先します。三韓・倭には円墳系が多い。
この円には呉越・アルタイ・カザフスタンの太陽崇拝が窺えます。

452 :LUNAMASK:2010/04/29(木) 10:22:25 ID:xAepi46Z
承前
吉村さんのエジプトピラミッドからの考察によれば太陽カルトと星辰カルトの
対立があるようです。私流にいえば農耕と遊牧の対立としてもいいんじゃないかと。

453 :出土地不明:2010/04/29(木) 15:25:54 ID:dNCJjRat
>おいおい、わしの毛髪はハゲとらんど。

そりゃ「ごめんなさい」も言えずに開き直るガキがハゲのわけがないわな。

454 :出土地不明:2010/04/29(木) 17:45:36 ID:YCJf33AV
>>446なるほど。しかしそれは「そういう証言があった」と書かれ、その日記の
引用として「そういう命令があった」とか「そのような命令さえありえた」と
なっています。そしてその内容(戦時中の日記)は敗戦後の1979年に記され
出版されたものです。しかもそのサイトはいわゆる大虐殺があって日本軍は
残虐だったという「ポジショントーク」になっており、本当の意味での証拠としては
まだ薄い感じがしますね。私はそれらを見ても合理的に当時虐殺があったとは
思えません。敗戦国に口なしですので、これらは戦後戦勝国の正当化のために書かされた、と
見るべきではないでしょうか?

455 :出土地不明:2010/04/29(木) 18:56:17 ID:eSR526jB
わぉ〜月光たん(^-^)/

>>451大国主中心の三輪王朝の後に
南方呉越系歴代最強の卑弥呼、神功皇后が誕生して三韓・倭を併合・統治し

高句麗(方墳文化圏)vs三韓・倭(円墳文化圏)の対立となっていくのでつね!!

456 :出土地不明:2010/04/29(木) 19:25:16 ID:eSR526jB
わぉ〜わぉ〜
>>452
高句麗(北方遊牧文化圏)vs三韓・倭(南方農耕文化圏)の対立

といった方がよいかな〜(^-^)/

457 :白馬青牛 ◆cjIySZ2iYw :2010/04/29(木) 22:40:32 ID:p2dIyXZD
>>445
実際にネット右翼は、同じ意見で、同じ鋳型に嵌められた大量生産の部品
みたいなもんじゃないか。最後の方は何が云いたんか、も通らんど。
>>447
結局、日本の軍人はドイツ流のクラウゼヴッツの殲滅論に洗脳されたん
ですよ。現代の日本は民主主義が為政者の足枷となって虐殺は
出来んと思いますが、戦時中のようなファシズム体制になったら
また繰り返すかも知れませんね。
>>454
ポジショントークも、史料の引用ですから間違いは無いでしょう。
わしも宮下光盛氏の『徒桜』で確認しておりますよ。
実際に殺害した兵士たちも回想と証言をしておられます。
日本テレビ系のドキュメントのものでも挙げときます。
http://www.youtube.com/watch?gl=JP&hl=ja&v=KZzm3mvATjU
下の方のコメントでは、ネット右翼がしゃしゃり出て火病を起こして
ますけど。

458 :白馬青牛 ◆cjIySZ2iYw :2010/04/29(木) 23:21:54 ID:p2dIyXZD
>>449
Y染色体だけの痕跡ですから根拠になりませんよ。DE型の痕跡云う
たら西アジア〜アフリカに及ぶわけですから。
まあ、農民でも弓矢は持っておったでしょう。外来支配層が稲作に
接すると稲作民を奴隷にするか、商品にするか、カスリを取るか
でしょう。強力な農民云うより、稲作民の人身供儀から生贄を出す
恐ろしい集団に成りますね。例えば雲南のテン族のように。
http://www.geocities.jp/silkroad_tanken/katsudou_tp16/others/shishido_seinan_silkroad/shishido_seinan_2/shishido_seinan_silkroad_2_.html
ここの青銅器4の『殺人祭り』ですよ。「人を殺害して、その首と
血で神に祭るとその年の豊穣を約束してくれる信仰は、中国を
始め東南アジア、日本も含めた稲作民族に共通してみられる
ものである。」と、云うことです。
テン国の支配層はスキタイ文化を持ったおそらくチベット羌系
牧畜民ですが、越文化に多い蛇トーテムの稲作民族を征服し、
稲作の神にも敬意を払うには、稲作民族の習俗の人柱が
居ったでんしょうね。

459 :白馬青牛 ◆cjIySZ2iYw :2010/04/30(金) 00:10:21 ID:cUzcnANs
>>450
秦氏は水利土木業で羌系に似てますし、西方文化影響も見られますね。
広島生まれの佐伯好郎氏なんかも。
http://www.ne.jp/asahi/pasar/tokek/TZ/C-IL-egami.html
http://love55555.at.webry.info/200808/article_1.html
秦氏の中にネストリウス派キリスト教徒がおったかも知れません。
ハザラはモンゴル系のアフガンあたりに住む部族にもおりますし、
トルコ系にもユダヤ教徒になったハザール(カザール)族がおりましたね。
http://akon.sakura.ne.jp/tiune/violin.html
http://www.isis.ne.jp/mnn/senya/senya0946.html
http://www.jca.apc.org/~altmedka/2003aku/aku1015.html
http://inri.client.jp/hexagon/floorA4F_ha/a4fhb500.html
現代のユダヤ人の多くを占めるアシュケーナジ・ユダヤ人は、
中央アジアのトルコ系ハザール族説があります。
まあ、二番目のブログにあるよう『シオン議定書』の反ユダヤ主義の
喧伝プロパガンダに気を付けんといけん政治的問題がありますけど。

460 :白馬青牛 ◆cjIySZ2iYw :2010/04/30(金) 00:53:42 ID:XWy59ajl
>>451
魏志倭人伝による、道路も整備されとらん処で、国家形成なんか無いで
しょう。邪馬台国も奴国も漢に奴隷を献上する漢の属州ですよ。
ほいから、出雲に中国地方に邪馬台国なんかありませんよ。
円墳はどこにでも北方のアルタイにもありますが、副葬品から新羅の円墳の
積石木槨はスキタイ系ですね。三韓も古墳期にはスキタイ文化でしょう。
呉越は三韓や日本にあんまし関係無いでしょう。高句麗、出雲は
スキタイ・アルタイ系の方墳・円墳の内、方墳を選んだ好みの問題じゃと
思いますよ。
ほいで、>>459の弓月とは伊麗水(イリ河)付近ですね。『新唐書西突厥伝』
に、「弓月城・伊麗水を小牙と呼んだ。」と出てましたね。
>>453
事実、わしゃあバゲとらんけぇのう。勝手に妄想すなや。

461 :LUNAMASK:2010/04/30(金) 08:52:57 ID:uoq57RF+
>455-456 WoWさん
ブリャート史学家スクリンニコヴァはモンゴリア高原中央を南北に走る
線がコーカソイド起源太陽崇拝とモンゴロイド起源大地崇拝を分けると
されており、私はこの中央線が満州・半島・列島において東西から南北に
と分断しながら連続していると考えます。

462 :LUNAMASK:2010/04/30(金) 09:11:42 ID:uoq57RF+
>>457 >>447 同感です。
----------------------------------------------------------------
>>456 >>449
猿田彦神社の配置を見ると、長城のように農耕民と網羅型経済山岳民の
境界に沿っている感があります。
-----------------------------------------------------------------
>>459 >>450
商売熱心になると相手により赤旗も聖教新聞も店に並べるようになりますが、
彼らも同様の商人でしょう。きわどいところがありますね。
-----------------------------------------------------------------
>>460 >>451
纒向遺跡からは当時の稲作圏全域の土器が出土していますから、大仏開眼
のような国民集会があったと考えられます。纒向近辺は大和川水域の源流に
近く、当時の交通が河川水運に頼るものであったことを示唆します。
--------------------------------------------------------------------
邪馬台国の会の資料 http://yamatai.cside.com/katudou/kiroku267.htm
満蒙日鮮は西南円墳、東北方墳という2つの文化担架者が住み分けていた
と考えられます。
--------------------------------------------------------------------
>ほいで、>>459の弓月とは伊麗水(イリ河)付近ですね。『新唐書西突厥伝』
>に、「弓月城・伊麗水を小牙と呼んだ。」と出てましたね。
同感です。情報ありがとうございます。

463 :LUNAMASK:2010/04/30(金) 09:29:29 ID:uoq57RF+
>>461 >>455-456 WoW (わぉ〜)さんのこと。失礼しました。

464 :出土地不明:2010/04/30(金) 18:55:31 ID:ebTDRLrX
>>457そうですか・・残念です。しかし日本やドイツのだけ取り出して
虐殺だの何だの言うのは正当な行いといえるでしょうか?

465 :白馬青牛 ◆cjIySZ2iYw :2010/04/30(金) 22:38:52 ID:XWy59ajl
>>462
>商売熱心になると相手により赤旗も聖教新聞も店に並べるように
なりますが、彼らも同様の商人でしょう。きわどいところがあります
ね。
その通りで、一番下の元ソ連外交官の政治思想に重点を置いた解釈
http://inri.client.jp/hexagon/floorA4F_ha/a4fhb500.html
だけでは偏ります。
ここの広瀬隆氏の引用にあるよう、
http://d.hatena.ne.jp/rainbowring-abe/20070613
ウクライナ穀物やバクー油田にカガノビッチ=カガン(可汗)一族が、
暗躍したように書かれてますが、サロー首相やルイ=ドレフェス
商会との関連で、ソ連では共産主義を店頭に並べ、西側資本主義
交渉では資本家として店頭に並べますね。政治思想に洗脳される
思想奴隷の左翼や右翼なんか眼中に無いんです。
思想は道具であり、実質は「何ぼ儲かるか」の問題ですよ。
今でもチェチェンの利権問題で戦争が起こってますが、本質は、
月光仮面さんがおっしゃる通りです。資本家と共産主義者を
使いわけりゃあええわけです。
ほいから、カガノビッチ氏のカガン(可汗)姓は、英語サイト、
http://translate.google.co.jp/translate?hl=ja&langpair=en%7Cja&u=http://en.wikipedia.org/wiki/Kaganovich
ここに、出てますけど、トルコ・モンゴル系の可汗、チンギス汗の
(カーン・ハン)と王や首長の意味です。
アシュケナージ・ユダヤ人に可汗姓があるのは、やはりハザール説は
無視出来ませんね。

466 :白馬青牛 ◆cjIySZ2iYw :2010/04/30(金) 23:29:00 ID:XWy59ajl
>>462
>>465の続き。可汗姓や汗姓は、新羅・伽耶にもありましたね。
http://www.toyo-keizai.co.jp/news/culture/2000/post_3610.php
赫居西居世干から麻立干の干(汗)です。ここには出ておりませんが、
扶余の牛加・馬加の加も元来汗でしょう。新羅や伽耶には、
積石木槨や角杯等、非中国的なスキタイ文化の影響が強いですね。
それから、>>465の元ソ連外交官の方が、■■ユダヤ権力を壊滅させた
ジューコフ元帥 と、されますが、対トイツ戦に偉業を立てた
ジューコフ氏はノモンハンで日本軍と戦いましたね。
ジューコフ氏は西側の記者の最も苦しい戦闘について聞かれ、
即座に「ノモンハン」と言明したそうです。
しかも、日本軍の戦死兵士を丁重に埋葬し、献花するなど
敵兵にも敬意を表した立派な軍人です。そのジューコフ氏も
日本の上層軍人は無能とされましたね。
http://hha.blog39.fc2.com/blog-entry-113.html
http://www11.ocn.ne.jp/~donpo/newpage21002sijime.html
「日本軍の下士官は頑強で勇敢であり」として「高級将校は無能で
ある」と。その無能な高級将校を弁護するんがネット右翼です。
下のブログの4、外国の軍隊とその忠誠 と 5、日本軍人の責任感、
その真と偽 7、語り継がれるていること、語り継ぐべきこと
に出ております(文中に誤認があるけど、ここではあえて追及せん)
が、細部に誤認があっても、日本軍上層部の役人体質は、
西洋の武人体質の上層将校と違いますね。

467 :出土地不明:2010/04/30(金) 23:42:31 ID:LuTWvT7D


         _,. -‐1    ,. - ‐:‐:‐:‐:‐- 、
          _,. -‐:'´: : : : : |  , :'´::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.丶
     ,.イ ,.-:'´: : : : : : : : : : : ! /::.::.::.;.ィ::; ヘ::.::.::.::.::.::.::.::.::.:\
      /: ∨: : : : : : : : : : : : : : :l'/l:/::./ ,':/  i::.:ト、::.l、::.:!::.::.::.::.',
  ,. -:' : : : : : : : : : : : : : : : : : : : -┴-'.._l/    l:| i::| i::l::.::.::.::.::i
 ー‐ァ: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :`ーァ  l|  l|  l:|::.::.::.::.::|
   /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :/  ー‐‐---、!ヘ::.::.::.::|
  ,': : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :/    ┬--、  }::.:/::.!
  ! : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ;.イj     {辷リ ′/::/!::/ここは貴方の日記帳じゃないわ。
 ノ: : : : : : : : : : : : : : : : : : :.:.:.:.:.. : :、/     ;         /〃ノ:/
´. .:.:.:.:.:.:.:.: : : .:.: : : .:.:.:.. : : :.:.:.:.:.:.:__:.:.ヽ   r―-,    /-:'´::;′ チラシの裏にでも書いてなさい。
`ー---;.:.:.:..:.:.:.:.:..:.:.:.:.:.:.:.:...:.:.:.:.:.:.:.V ̄`ヽ、 `ー‐'   ィ;、:::∧:{
    /:.:.:.:._:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|'´ヽ  rく` ト、. -‐'´ | `:く `   ね!
   厶-‐'´ |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ト、:.:.:.|  _,.-‐! \  __,,. -‐''´ }‐:、
       _l;.ィ´ヽ:./ヽ:|'´ ,>‐'´: : く    ∨       > \
   _,r{`7  ̄{ ̄} ̄¨`‐く__ヽ_;,: -‐; :\       _,.-:'´: : : : : :>、
 ,.イ | 〉´ ̄ ̄ ̄:  ̄`ー‘v'´>‐_く : : : \___,,. -‐:'´: : :ト-、_;,.-'´  ヽ
r'l ! ,し′: : : : : : : : :}_ノ/ __,,.ヽ: : : : : : : : : : : : : : V       l
,Jー'´: : : : : : : : : : :`辷'_,,、 '; : : ∧: : : : : :_; -'´         |
  l´: : : : : : : : : : : : }´   l  l`ー':.:.:`ー:.'"´:〈         v'


468 :白馬青牛 ◆cjIySZ2iYw :2010/04/30(金) 23:49:01 ID:XWy59ajl
>>462
続き。円墳にするか方墳にするかは、現代の日本の餅の形が
西日本は丸餅、東日本は角餅のような、好みが習俗となった形態でしょう。
>>464
日本やドイツは全体主義の国家になりましたから、現在の全体主義の
共産国が自国民を虐殺粛清するんと同様ですよ。
では、あなたは中共の天安門事件も証拠が無いと黙殺するんですか?

469 : ̄ ̄ ̄ ̄ ̄V ̄ ̄ ̄ ̄ ̄:2010/04/30(金) 23:59:05 ID:LuTWvT7D
           _. ‐''"^``丶、
          ,r'"         `ヽ、
        ,r'"            `';i,
       ,i;'´  二  ̄   ‐ -- 三  ';i,     ど ー じ ゃ い み ん な ! !
       ,i;'       ‐ --       ';i,
       ,i;'   _ -‐-     -‐- 、    ';i,
       i;'   /‐''" ̄` 丶ノ  ̄`ヽ\  i;i
       n    __::::::::::::::::::::::::_...._    i;h      糞 ス レ じ ゃ ろ ?
       | | : = <◎\:::::::::::∠◎>-=: i| |
         ト|:    ` ̄  {:::::}    ̄´   : | |
        l」:       /:::::::ヽ       lノ
        l      (__:::::::__)ヽ     l         ―┐    _    _    _    ___   ┃ ┃
         l   ( ';';';';`ー'∪';';',';)    l        _ノ オ ´   `ー'´  `ー'´   `ー'´  `  ・  ・
           l: .   r‐===‐ 、';i   /
        ∧:: : .  ヽ円円シノ : . : :/
      /{  \;: . `二二二´. : ::/ト 、__
    /\二\  ヽ、;';';';';';';';';';';'/   `iニヽ ヽニヽ
  /   \ニニ\ ヽ`川川川´   /  |ニヽ \ニ\
/三\    \ニニ\  ヽ      i  ノニニヽ  \三\



470 :出土地不明:2010/05/01(土) 00:13:28 ID:QUtivPob
>>467
何が言いたいのでしょうか?
まさかわたし日本人ではないのではないかなど、その手の話ですか?
いい加減に、憶測で嘘はいけませんよ。
住人の傾向・個人の人間性の
部分部分にはそれなりに思うところはあります。
真っ当でしょう?^^

471 :出土地不明:2010/05/01(土) 00:14:15 ID:QUtivPob
一応参考までに。
『アジア大陸の東端に位置する日本列島は、約1万1000年以前の更新世の時期(旧石器時代)に
大陸や台湾と何回か「陸橋」でつながったことがある。旧石器人はこの「陸橋」を歩いて、あるいは
海峡が開いていた時期には筏や丸木舟などで移住してきたと考えられる』

『琉球列島の旧石器文化を理解する上で、台湾の先陶文化(先土器時代)は重要である。
現在知られている、台湾最古の遺跡は太平洋岸に面した八仙洞遺跡群である。約1万5000年
〜5000年前の礫器と不定形剥片石器類が発見され、「長濱文化」と呼ばれている。長濱文化の
石器の特徴から、沖縄や香港(東湾下層石器群=旧石器)、ベトナム(ソンヴイー文化=旧石器)
との関連が深いと指摘されている。』
以上、上村俊雄氏の「琉球列島の歴史と文化」より一部抜粋

既出かな?
山下町洞人は「新人」 日本国内で最古
http://ryukyushimpo.jp/news/storyid-24469-storytopic-1.html

これは、前スレ既出だが一応貼ります。
"海上の道の始まり"http://ao.jpn.org/kuroshio/kaijo.htm
「種子島の立切、横峯B遺跡(約3万年前)、東京の西之台B、中山谷遺跡(約3万5千年前)で出土した
礫器、大型幅広剥片石器、錐状石器、クサビ形石器、磨石、敲石などの「重量石器」を特徴としている。
同様な旧石器群は、ベトナム、香港、台湾島などにも分布が認められている。 』

472 :出土地不明:2010/05/01(土) 00:17:25 ID:QUtivPob
Haplogroup C (M130, M216) Found in eastern Eurasia, Oceania, Japan, and North America

Haplogroup C1 (M8, M105, M131) Found in Japan

Haplogroup C3a (M93) Found in Japan

Haplogroup D (M174) Found in Tibet, Japan, the Andaman Islands

Haplogroup D2 Found at high frequencies among the Ainu, Japanese, and Ryukyuans

Haplogroup M12 small clade found in Japan

Haplogroup M7 found in East Asia, especially in Japan

Haplogroup O2a (M95) Found in Japan, southern China, Southeast Asia, and the Indian subcontinent,
especially among Austro-Asiatic peoples, Tai-Kadai peoples, Malays, and Indonesians

473 :出土地不明:2010/05/01(土) 01:28:03 ID:9SfGUdGr
縄文人が、今の日本人の主な先祖ですね。


474 :出土地不明:2010/05/01(土) 05:18:17 ID:HreZGEAM
いや、混ぜ混ぜなんだ。

関西を中心としたお酒が飲めない遺伝子は新モンゴロイドのもので、
縄文人本来のものではないんだ。

そう、大和朝廷自体も日本古来のものだったかすら怪しい。

文化を伝えるではなく文化を持ってやってきたと考えるとすんなり理解もできるだろう。

関西人は大陸人なのだ!!!

475 :出土地不明:2010/05/01(土) 09:25:59 ID:tydixr5O
>>468
> 日本やドイツは全体主義の国家になりましたから、現在の全体主義の
> 共産国が自国民を虐殺粛清するんと同様ですよ。

無抵抗の民間人を殺すことを虐殺なら一番は無差別の空襲をしたアメリカのはず
アメリカが全体主義の国家?
歴史に善も悪もない
今の時代の価値観で歴史を語るな
虐殺はどの地域でも当たり前にあるし、その価値観が変わったのは少なくとも戦後以降だ

476 :LUNAMASK:2010/05/01(土) 10:26:41 ID:a0SDvlxD
>>465
>アシュケナージ・ユダヤ人に可汗姓があるのは、やはりハザール説は
>無視出来ませんね。
-----------------------------------------------------------------
逆に、アラブにはユダヤ人の頭脳は考えられませんね。
-----------------------------------------------------------------
>>466 >>462 >>465の続き。可汗姓や汗姓は、新羅・伽耶にもありましたね。
http://www.toyo-keizai.co.jp/news/culture/2000/post_3610.php
>赫居西居世干から麻立干の干(汗)です。ここには出ておりませんが、
>扶余の牛加・馬加の加も元来汗でしょう。新羅や伽耶には、
>積石木槨や角杯等、非中国的なスキタイ文化の影響が強いですね。
------------------------------------------------------------
そうでしたか。
----------------------------------------------------------------
>「日本軍の下士官は頑強で勇敢であり」として「高級将校は無能で
>ある」と。
-----------------------------------------------------------------------
兵としては無能であり、政治家・商人としては有能なのでは困りますね。
-----------------------------------------------------------------------
>>468
Scrynnikovaは踊りの回り方も円と隊列の2種に分かれるとしています。
九州・瀬戸内の円墳vs山陰・東日本の方墳に分かれているのでは。

477 :出土地不明:2010/05/01(土) 14:18:16 ID:QUtivPob
『台湾でも、東中野教授の翻訳本は出版されているのか?』

 台湾出身の金美齢さんは、南京事件を否定されている様です。又、
 今年初旬の台湾の検定で、新しい高校の歴史教科書で、
 南京事件の記述を減らしたりしているようなので
 さぞや、台湾でも東中野先生の代表作の1つ『南京事件「証拠写真」を検証する』の
 翻訳本などが話題を呼んで、文壇やネット上で
 白熱した論争がまき起こって、その世論の圧力が
 台湾の高校の歴史教科書から 南京の記述を減らしたりしたのかと思い、
 台湾のネット上から、その白熱した議論の様子を調べてみようと考えました。

 結論から言えば、日本のネットでは東中野先生の本の話題が山のようにあるのと比べて、
 (googleで 南京虐殺の徹底検証 を検索すると25,300件あった)
 台湾のネット上では、概略?が翻訳(個人的?)されている
 サイトが 1種類3サイト(他に1,2種類)等がある以外は
 あまり東中野先生の本は話題になっていないみたいなので
 (拍子抜け・・・)
 (今回 検索日時2007年11月20日)
 おそらく、いまだに台湾では翻訳本(漢訳)が出版されている可能性は低いと思われます...

 続きは
 http://society6.2ch.net/test/read.cgi/soc/1169464965/
  南京攻略戦の大隊指揮官真相を語る
  88.〜96.

  否定派の方は、日本に11月21日に来日されるという
  馬英九氏に日本語版をプレゼントしてあげましょう。

478 :出土地不明:2010/05/01(土) 14:20:05 ID:QUtivPob
アイリス・チャン著、巫 召鴻訳
「ザ・レイプ・オブ・南京―第二次世界大戦の忘れられたホロコースト」

この本の核心の一つは、本書、五一頁以下。
「朝香宮が指揮権を握る」 と言う部分である。

曰く、

「日本軍が南京に入城したとき、中国人捕虜の殺害命令は、書面として
 作成されただけではなく、下位将校にも通達された。一九三七年十二月
 十三日、日本陸軍歩兵第六十六連隊は次の命令を受け取った。

 大隊戦闘詳報、午後二時零分、連隊長ヨリ左ノ命令ヲ受ク。
 左記 イ、旅団命令ニヨリ捕虜ハ全部殺スベシ。」
                       (『ザ・レイプ・オブ・南京』、五十三頁)

右の日本軍連聯隊長は、この命令を、旅団長から受けたと言う。

この旅団長は、その命令をどこから受けたのか。この命令を遡って行くと、
「朝香宮」に突き当たる。朝香宮は、その命令を、誰から受けたのか?

当時の中国派遣日本陸軍の正規の序列では、朝香宮(上海方面司令官)
の上官は、松井石根大将(中支派遣官司令官)である。

松井大将は、そのような命令の、まさに逆のことを命令している。
これこそ、全南京問題の核心中の核心である。

479 :出土地不明:2010/05/01(土) 14:21:10 ID:QUtivPob
不心得者がいて、略奪があったという可能性を否定するものではありませんが、
物資調達と言っても、イコール略奪ってことではありません。カジノのチップのように、
一応「軍票」を渡して所定の場所で換金できるようなしくみがあったわけで。
戦局が行き詰まり、財政面で破綻してからは、軍票はただの紙切れになってしまったわけ
ですが、南京陥落当時はまだかなりの余裕があったようです。
支那大陸は広く、兵士以外の一般人は、戦争からは距離をおいていられることもできた
らしく、私の身内は近隣の村の村長さんのお宅で、よく桜茶をご馳走になったそうです。
彼は大虐殺というのは、また支那人の虚言か、という印象しか持っていないようです。
局所で処刑騒ぎがあったということですが、そういう話は全く知りませんし。
八路軍は優秀だったそうですが、一方ではにわかごしらえの支那兵もいたらしく、
そういう連中は戦力としてはたいしたものではなかった、とも言っています。
交戦中に両脇の戦友が被弾して死んだのに、支那人全体に憎しみを持つ、ということは
ないようで、のんきに民間人のところへ行ってお茶を飲んでくる、というのも不思議では
ないみたいです。やはり、国民党軍、共産党軍、それらのシンパ、ノンポリ的な一般人、
などの区分と、南京地方の住人と、それ以外の地域の住人は別の国の人、みたいな区別
もあって、たとえば上海を日本軍が制圧したから日本軍憎し!とは、南京では思われては
いなかったみたい。言葉はよく使う単語くらいはわかるのですが、仮定の話などの文章
表現まではできませんね。何年も支那にいたんだけど。終戦時伍長で、すでに退役の者。

480 :出土地不明:2010/05/01(土) 14:23:57 ID:QUtivPob
何人死んだかはわかりませんが、とにかく大虐殺はありました。
これは資料を検討すればわかることです。
遺骨、死体が発見されていないことは瑣末なことです。
遺体を処理した者の証言があり、
これは遺体、遺骨が発見されていないことを補うに余りあるものです。
また、当時の写真として伝えられてきたものが満州の馬賊を処刑したものであったことが判明したとしても、真実を揺るがすに足るものではありません。
資料整理の混乱はよくある話で、単なる事務処理の不手際から事実が隠蔽されてはなりません。
大虐殺否定派が肯定派を陥れんがためにでっち上げた陰謀であることすら疑われます。
さらには、当時の写真に合成があったといわれますが、その論拠が薄弱です。
仮に合成があったとしても、それが捏造を意味するものではありません。
技術的な制約から、やむを得ず、断片的な写真をつなぎ合わせて記録に残そうとして試みが、
どうして捏造なのか、理解に苦しみます。
否定派は、必死に日本軍の蛮行の存在を否定しようとします。
しかし、外国の軍隊である日本軍がこともあろうに中国を占拠していること自体、
その強度な侵略志向性を示すものです。
己の悪しき欲望を満たさんがためにアジア諸国民を苦しめ、
各所で悪行の限りを尽くした、悪の権化たる日本軍が、
大虐殺発生時に相当期間の間南京を占拠していたという事実そのもの自体が、
大虐殺の存在を推定させる何よりの証拠です。
南京大虐殺の存在は史実として明白であるがゆえに教科書にも取り上げられており、国連機関の調査報告書にも記載されていることからしても、
もはや、南京大虐殺の存在は、国際的にも異論を差し挟む余地皆無です。
以上のとおり、南京大虐殺の存在は明白であり、歴史学上も何ら疑う余地がないのに、
強弁をもってこれを否定しようとは、歴史を冒涜し、悪を弁護する行為に他なりません。
このような輩は、人類共通の敵として、徹底的に糾弾せねばなりません。

481 :出土地不明:2010/05/01(土) 15:35:31 ID:sJ/SbzTt
スレチ、うせろや。
スレタイ声に出して読め。
クソ荒らしばっかり蔓延るわ。

482 :出土地不明:2010/05/01(土) 18:00:28 ID:6w7EgEOK
>>471
最終氷期の時代なら
琉球弧の方は陸橋で繋がった事は無い
九州北部は大陸まで平野で繋がっており
九州も朝鮮半島も只の山岳地帯だった

483 :出土地不明:2010/05/01(土) 20:58:20 ID:fyKij/8s
>>474
酒に弱い下戸遺伝子というのは人類全体では少なくて、
日本、中国南部、ベトナムくらいしか下戸が多い地域はなかったりする。
明らかに水田農耕民の種族の遺伝的特徴だろうな。

典型的な新モンゴロイドが多い北東アジア大陸部は下戸がそれ程多くなくて、
特に朝鮮人がアジア東部で一番酒に強かったはず。
和田アキ子が酒に強いとかもなるほどなと。

てなわけで日本人の祖先は酒に強い縄文人も、酒に弱い弥生人も
シベリア系の種族とはそれほど近くないってことだな。


484 :277:2010/05/01(土) 21:06:48 ID:da4OlHyD
参考までに、どうぞ。
「最近では多数の分析グループ(立教大、東京学芸大、京都大、お茶の水女子大、パリノ・サーヴェイ、国立工業高専)
が、この地方の黒曜石分析を行うようになっている。その成果の一つのとして、神津島系の黒曜石が約35,000年前頃
に東京の旧石器遺跡(武蔵台X層文化)から確認され、旧石器人が世界に先がけて海上航海を行っていたことが判明
している(小田 1997)。」
http://ao.jpn.org/kuroshio/kenkyudoko.htm

『ニューブリテン島にはラピタ期に周辺の島々へ大量の黒曜石を供給したタラセア原産地がある。2万年前にはこの
タラセア産黒曜石が海峡を隔てたニューアイルランド島で出土し、また本来の生息限界がニューギニアにあるクスクス
の骨が認められるようになることから、印東道子は「メラネシアの旧石器集団が往復航海を行う渡海能力をもち、水上
運搬によって動物や黒曜石を異なった産地から入手」していると評価する。2万年を遡る黒曜石の海上運搬は確認され
ていないが、いずれ旧石器人のメラネシア渡航の時期まで接近していくものと思われる。
「サフール大陸」で旧石器時代の遺跡が急激に増加するのは約3万数千年前であり、それとほぼ同時期に海を越え
メラネシアへの進出が果たされている点は、日本の後期旧石器時代と共通する部分があり興味深い。』
---「黒曜石考古学」 池谷信之著より一部抜粋

『もう一つの分析では、オーストラリア東南部出土の人骨化石、キーローが、港川人以上に縄文時代人に似ていることが
示された。これは、今後、縄文時代人の祖先を探索するためには、広くオーストラリアまでも含めた地域を対象にしなけ
ればならないことを意味する。』
『北海道の縄文人に関しては、大陸北東部の周辺集団という捉え方もできることをDNA分析は示している。一方、ハプロ
グループM7aはこの地域にはごく僅かしか見いだせず、むしろ現代では琉球列島の集団に高頻度で存在する。このこと
は縄文人の起源を考える際に、多様なルートを想定する必要があることを示唆している。』
http://research.kahaku.go.jp/department/anth/s-hp/s28.html

付、
「サフール大陸」・・・ニューギニア・オーストラリア大陸を中心とした現在のオセアニア地域の一部
おまけ↓
黒潮環境圏とは何か・・・氷河期であるにも関わらず、後期旧石器時代、黒潮の影響によって温暖であり豊かな森が
存在していたと推測される地域圏、いわゆる黒潮環境圏を目指し「新人」は中国南部→台湾→琉球→九州南部の
陸橋づたいを徒歩であるいは、時に丸木舟、筏等を利用し海上渡航行い、しだいに日本列島太平洋側(黒潮環境圏)
に到達したと考えられる。

尚、>>471のレスを作成したのは私だが、今回貼ったのは私ではない。どのような意図で貼ったのかは図りかねる。
そして、「荒らし」コテハンと対話するつもりはないが、このスレにおいては、未だRAM化状態ではある。

485 :出土地不明:2010/05/01(土) 21:26:29 ID:U3jTKT30
>>483
下戸遺伝子は朝鮮系にも多い。イザベラバードも書いてるように、向こうは暴飲暴食の習慣があるから、
飲める人間に無茶な飲み方をする人間が多く混じっていてもおかしくはないけど。

486 :出土地不明:2010/05/01(土) 21:35:12 ID:U3jTKT30
>関西人は大陸人なのだ!!!

アイヌが縄文系に近い以外は、関西人も関東人も九州人もみんな縄文弥生半々程度のあいのこ。
一割二割程度縄文系の血が濃いのが関東人の誇りだとでもいうかのように、関西人だけを大陸系だという馬鹿が
たまにいるけど、関西人からすれば、関西人以上にどっちつかずのこうもり野郎としか扱いようがないんだよね。
関東人が縄文系の血が濃いアイヌ人を崇めているという話も聞かないし、よほど頭を使うのが苦手な
可哀想な子なのかもしれないけど。

487 :白馬青牛 ◆cjIySZ2iYw :2010/05/01(土) 22:28:04 ID:zcA0Zb5N
>>475
空爆は20世紀以降の大量虐殺であることを否定したことは無いですよ。
銃剣で殺すより銃殺、銃殺より空爆撃と人を殺す実感と罪の意識が薄うなる
けんのう。近代兵器である以上民主主義国でも全体主義国でも、使うんが
悲しいながら現実ですわ。
戦後じゃの価値観なんか外面の思想以前に、人間性は内面の良心の問題で
時代は関係無いでしょう。昔から軍規厳正にした方が統治する面でも
良かったわけですし。わしのコピーでもしときますよ。
780 :白馬青牛 ◆cjIySZ2iYw :2010/04/01(木) 01:24:37 ID:6TMqg8Uz
>>768
今度は法律に還元か。建前論が好きじゃのう。兵士が現地民を
殺すか見逃すかは個人や郷土性の判断を無視してもつまらん。
ほいで、戦勝を得る為には、軍規厳正は不可欠じや。
今村均将軍は、アレキサンダーやナポレオンを例に「戦勝を得る
為の悪行、−掠奪、強姦、捕虜及び無辜の市民の虐待または
奴隷化を戦勝獲得の必要手段とさえ考えていたようであるが、
その後は厳禁している。」
「日清戦争、北清事変、日露戦争、日独戦争、シベリア事変までの
歴代戦争指導者は、皇軍は王師であり、戦陣道徳のかく守を厳重に
監督してきた。従って、皇軍の向かうところ、草の風に
なびくように迎えられ、風を聞いて投降するものがあいつぎ、
敵情は、手にとるようにわかり、すみやかに戦勝を得るように
なった。」「支那事変では、捕虜や市民のあつかいをいいかげんに
し、ただ入城をあせったため、いつでも、敵の軍隊そのものは
逃がしてしまい、支那兵をして捕虜になることは戦死と同様の
ことだと観念させ、荒らされた市民の恨みを買い、いつまで
たっても敵は手をあげず、ついに長期戦にしてしまった。
 すなわち、知る! 戦陣道徳。敵対する敵以外の者には、
慈悲心をもって接することが、迂遠なようで、じつは戦勝獲得の
近道であることを。」と、戦争に勝つ為にゃあ、慈悲心が
必要なんど。

488 :白馬青牛 ◆cjIySZ2iYw :2010/05/01(土) 22:41:28 ID:zcA0Zb5N
>>476
日本の軍人、政治家、官僚、財界人等のIQ秀才エリートは、数学的図式の
出来る経済の中のごく一部の計算高さを除いて有能では無く無能でしょう。
583 :白馬青牛 ◆B3h9hvY9bA :2009/09/26(土) 00:05:20
>>576
はあ、個人罵倒か。わしゃあ自分が云いたいことを書くだけじゃ。
今回は広島県人の森金千秋氏の文から抜粋しとこう。
『俗に秀才と云われる学校の優等生は、単に記憶力が優れている
だけで、人間としての最も重要々素である創造性、判断力、決断力、
思考力が欠如していた。
 エリートコースをたどった秀才がいかに愚物で小人物であるかと
いうことは、軍人だけではなく、現在の政財界を観ても一目瞭然で
ある。
 日露戦争を勝利に導いた大山、東郷は秀才ではなかったが、大器
の中の大器で戦局を的確に把握して判断を誤らなかった。
天下の秀才を網羅したかの観のあった陸大や海大は、実は
よりすぐって全国の小粒人を集め過ぎた。陸大を上位で卒業した
エリートは、後方の大本営や軍司令部の作戦室で、専ら机上の
作戦遊戯を弄ぶだけで、前線も実戦も経験しなかった。
敵と戦ったことのない、敵も味方も分らない参謀に、作戦の
責任指導をさせていた。
 なにも金モールの肩章を吊ったエライ参謀殿でなくとも、第一線で
何度か敵と戦ったことのある兵士なら、例え末端の上等兵でも、
軍の参謀よりは数段優れた作戦指導ができたに違いない。
 少なくとも四分の一以下に減った兵に攻撃をさせるような、無謀な
ことはしなかったであろう。敵を識っている者には出来ない芸当で
あるからである。』

489 :白馬青牛 ◆cjIySZ2iYw :2010/05/01(土) 22:53:52 ID:zcA0Zb5N
>>476
続きです。
562:白馬青牛 ◆B3h9hvY9bA [] 09/09/22(火) 16:41:32
>>555
広島県人の元陸軍大尉越智春海氏の文でも抜粋しとこう。
『日本軍は常に、敵情判断が甘かった。なるべく自己に有利に、
なるべく都合のよいように、諸情報を整理して、敵の動きを、
きわめて楽観的、願望的に想定しては、対応策を講じていた。
そんなナンセンスな敵などいないから、常に破たんした。
これは全戦場に共通、いや、開戦決定から終戦処理まで、
すべてこのパターンだった。読者は、当時の軍人や政治家を笑っては
いけない。今日でもこのパターンで政治は動かされており、国民の
日常生活は進行しているのだから・・・。
 ついでに開戦以来の日本の戦争遂行方針の変貌を一覧すると、
開戦時の基本構想は「まず南方資源要域を略取して、米英が反抗態勢
を整えるまでに、日本は防衛・経済等の態勢を確立して、持久戦を
策す」るのだった。
 この決策のとき、海軍を代表する山本五十六連合艦隊指令官長は
「開戦後一年半ぐらいは、相当にあばれてみせるが、あとは自信が
ない」と表明したそうだ。つまり早期に和平手段を講じて、うまく
戦争を収拾してくれという考えである。しかし、その後の経過には、
まったくそのような動きは見られず、第一段作戦の予期以上の好調に
有頂天になってしまい、ずるずると戦線拡大の一途をたどった。
「勝った。勝った。」の狂喜乱舞のなかで、なしくずし的に大事を
決定してしまったのだ。』 続く。
563:白馬青牛 ◆B3h9hvY9bA [] 09/09/22(火) 17:21:39
>>555
続き。『そのムードで決策されたのが、第二段作戦指導要綱で「既得
の戦果を拡充しつつ、機を見て積極的方策を構ずる」という、
趣旨不明の根本方針であった。和平も持久戦の構想もない。
これでは、前線の軍隊が積極的方策をとるのは当然だ。このとき
大々的に復員準備を進めていた陸軍側も、海軍側の要請に巻き込まれ
てしまい、ガダルカナルなどという予想外の遠隔地へ派兵して、
連合軍の反攻初動において、戦勢を決定してしまい、あとは敗亡へと
一路狂乱の道を突っ走ることになったのである。
 このときの動きで反省すべき点の一つに、固定観念の頑固さという
一事がある。海軍は、太平洋での作戦は、トラック島の確保が万事を
決するかに思い込んでいた。この固定観念が戦場をソロモン海域に
進め、ニューギニアを愚劣な戦場とした元凶である。ガ島失陥後も、
この観念は変わらず、ラバウルではしばしば陸海軍の意見が衝突
した。第八方面軍では、兵力と補給の問題で、中部ソロモンを放棄
して、北部ソロモンを防衛する計画だったが、海軍側では少しでも
前方へ兵力を配備して、トラック島の安泰を図るべく、中部ソロモン
の島々に陸戦隊その他を配置していた。しかし現実問題として、
陸戦隊などは地上戦闘部隊ではないから、結局は陸軍部隊の増援と
なって、第八方面軍の戦略は、それだけ破たんしたし、将兵は余分の
悲劇を演じた。しかも到着後の補給はまったく保証されていないのだ
から、派遣される部隊こそ災難この上もなかった。』
越智氏引用ですが、「読者は当時の軍人や政治家を笑ってはいけ
ない。今日でもこのパターンで政治は動かされており、日常生活は
進行しているのだから」と、今の旧政権、新政権の政治家も
昔の軍人と同様「幸せ回路」で動いておりますね。

490 :白馬青牛 ◆cjIySZ2iYw :2010/05/01(土) 23:55:23 ID:zcA0Zb5N
>>479
物資調達は掠奪に近いでしょう。特に敵地域に侵攻した時は。
徴発した時も「購買票を残すが、敵地域のため作戦終了後も代金をとりに
来る者なく支払うすべもなかった。まず徴発とは体裁のよい奪掠で
あった。」「徴発即ち無辜の住民の糧食を盗むのである。零細な備蓄を
戦乱に備えて智恵を絞って分散隠匿した文字通り生命の糧を、通り魔の
ような異国の軍隊によって一粒も余さず徴発されてしまうわけである。」
「山があっても禿山ばかりの中国大陸の住民には、日本の農家のように薪の
貯えのある家は一軒も無かった。兵たちは、住民の食卓、椅子から薪の
代用に使用し、足りないときには戸板、ベッド(竹製)までが兵たちの
炊事や採暖用の為に燃やされた。工兵が橋に架ける軍橋にしても、杭や
材木などは現地調達であるが、中国人の民家を毀して使用する以外に
方法が無かったわけである。中国住民に被害を与えるのは日本軍だけでは
なく、中国軍が撤退にあたって橋梁を破壊し、市街や村落に放火する
焦土作戦をやって後退することもしばしばあった。」と、両軍の犠牲に
なるんは無辜の住民。「軍票」を残した云う払うた行為と、現物の財産が
奪われ燃料に使われた住民の感情は別ですよ。しかも中国人自体、
当時日本軍を異国の軍云うより中国の一部広東あたり軍閥と同様の認識しか
無かった人たちが大勢おりましたからね。
ほいで敵に憎しみを持つかどうかは兵士個人の問題ですよ。敵兵への
憎しみの為に、殺害した兵士もおるんですよ。
南京事件後の南京の住民の意識は表面上日本人に好意的に接しても
腹の中は、違うんじゃないですか。東京27Dの戦争体験者は、
外面服従しておっても、内面に憎悪の感情を持つ南京住民の複雑な心境
を云われておりますけど。

491 :出土地不明:2010/05/02(日) 00:14:14 ID:Pm3kscRL
http://hideyoshi.2ch.net/test/read.cgi/asia/1271172994/
http://hideyoshi.2ch.net/test/read.cgi/asia/1230937596/
http://hideyoshi.2ch.net/test/read.cgi/asia/1259146514/

こんな過疎スレで、スレチな内容連投してねーで、上にあげたスレ逝って
存分に語ってこいや

492 :481:2010/05/02(日) 00:28:46 ID:r3LXqPn1
白馬青牛、うせろや。

スレタイ声に出して読め。

クソ荒らし白馬青牛ばっかり蔓延るわ。

493 :白馬青牛 ◆cjIySZ2iYw :2010/05/02(日) 00:44:49 ID:PUhtkdFs
>>471
ほいで本題ですが、縄文期も北方経由渡来が多かったんじゃないですか。
細石刃からも、そうですね。
http://www.geocities.jp/ikoh12/honnronn1/001honnronn_05_1microbrade.html
バイカルから東日本へと、華北から朝鮮経由の西日本へですよ。
>>473
縄文系住民なんか、アイヌ民族と琉球民族に残っておるだけで、
本土日本じゃあ、ほぼ絶滅したよ。
>>474-483
下戸遺伝子ねぇ。わしゃあ下戸が多い西日本でも酒が飲める方じゃ。
http://www.geocities.jp/k_saito_site/bunkn22.html
ここの下の方に下戸遺伝子の起原を江南にしてあるが、図1-2を見れば、
どっこもピンクの下戸じゃ無い方が多数派で根拠に薄いのう。
単一遺伝標識じゃあ、Y染色体、ABO血液型と同様根拠に乏しい。
上の埴原氏の形質人類学や真ん中の耳垢の遺伝子から、複合的考察が
重要じゃわいや。
>>485
朝鮮人はよう飲むけんのう。中国人は華北人であろうと、江南・華南人で
あろうと酒で乱れる者は少ないんは文化的違いの差異が大きい。
>>486
挙げたブログの 人口増加モデル に、埴原氏の渡来系と縄文系の割合が
近畿地方9対1中国地方8対2関東地方7対3と、縄文系が少数派ながら、
1、2、3と多過ぎるね。埴原氏は渡来系と縄文系の人口シュミレーションで
縄文系と渡来系一対八・六から縄文系と渡来系一対二十五まで数値を
挙げておられたが、渡来系を少なく見積もってもの数値じゃね。
わしゃあ、現代本土日本人の縄文要素は1ケタ数%程度じゃ思うとるよ。
東日本でも10%前後程度ぐらいに考えとるね。

494 :出土地不明:2010/05/02(日) 01:07:09 ID:mHnCrdQv
日本本土人の常染色体やミトコンドリアでは朝鮮南部とほとんど差がなく、
アイヌ人や沖縄人との差のほうがずっと大きいことは、
母系の大多数が渡来人の系列であることを意味している。
しかし、Y染色体の約半分がアイヌ人と共通であり、沖縄人とも似ていることから、
父系の約半分は縄文人由来なのである。
つまり、父系と母系の頻度が異なっている。
日経サイエンス2007年6月号「対談 DNAで探る日本人の起源」の中で、
人類学者の篠田謙一博士の言葉を借りると、
「すると「渡来人は全員女だった」と言う話になるんです。
これは絶対あり得ない」というほどである。



495 :出土地不明:2010/05/02(日) 06:54:32 ID:KMte0jop
>>494
 アイヌや沖縄人の父系は、元の系統から他の系統に置き換わったのです。
縄文人の特定系統が、アイヌや沖縄人を置き換えていったのでしょう。
だから、アイヌや沖縄人がその特定系統と一致してしまっているのです。
 本土でも、縄文人の特定系統の父系が増えて置き換わっているのでしょう。
その後、その縄文人の特定系統は、山岳で水源地の地を押さえているか
堀濠に水を引き込める河川敷を押さえるかで、要害の地を占領したのです。
後者の河川敷の場合、水車での汲み上げなどのテクがないと無理があるので
空き地だったのかもしれません。
 弥生人が渡ってきても、縄文人の特定系統は、新石器の飛び道具を
要害の地から繰り出せるので、依然として優位を占めることが可能なのです。


496 :出土地不明:2010/05/02(日) 07:57:14 ID:mHnCrdQv
高地性集落
日本の弥生時代中・後期に、平地より数十mも高い山頂部や
斜面に形成された集落である。
http://yamatonokuni.seesaa.net/article/33144977.html

497 :出土地不明:2010/05/02(日) 09:02:16 ID:eqZ8YoYt
>>494
絶対に有り得ないと言うほどでは無い
戦争難民が女子供老人なのでそれに近い形になる
男は皆殺し状態

498 :出土地不明:2010/05/02(日) 09:53:35 ID:oX6yR/zI
稲作の大規模土木事業は技術を持つ男手がなければ不可能だけどね。

499 :出土地不明:2010/05/02(日) 12:32:18 ID:gRvBGyrM
>縄文系住民なんか、アイヌ民族と琉球民族に残っておるだけで、
>本土日本じゃあ、ほぼ絶滅したよ。

考古学板で言説を張っているのに
東日本の弥生式土器では普通に縄文が施される意味を理解でき
ていないらしい。

500 :出土地不明:2010/05/02(日) 12:46:57 ID:eqZ8YoYt
>>498
なんで?
技術を伝えるのは一人でも十分だぞ
しかも男女は無関係
技術者が出張して指導すればいいだけ

最近の中国東北部に水田を定着させたのはたった一人の日本人の技術指導から
中国はヒッタイトに侵略され、中国人が奴隷になってから
鉄の技術を得たのかな?
どうも文化の伝播と民族移動が必ず「=」だと思ってる人が多い
便利な文化は民族移動より早く伝わる

501 :出土地不明:2010/05/02(日) 15:01:18 ID:hzbggcg9
稲作は重労働だから、狩猟民に言葉を尽くして説明しようが米の現物を鱈腹食わせようが無理。米は物々交換で入手できるしね。
農耕民族に支配されるか、狩猟で食っていけない状況で確実に上手くいくという実例を見せでもしなければ農耕には移行しない。

明治にアイヌに農耕をさせるにも同様の苦労が伴った。

502 :出土地不明:2010/05/02(日) 20:19:07 ID:eqZ8YoYt
>>501
縄文時代後期にはすでに焼き畑稲作が有った
http://ja.wikipedia.org/wiki/縄文時代#.E7.A8.B2.E4.BD.9C.E3.81.AE.E5.A7.8B.E3.81.BE.E3.82.8A

それに縄文土器の多さは、食料を貯蔵していたからだと考えられる
しかも三内丸山では酒まで飲んでたw
これらから果実や雑穀など、かなりの量を収穫していた事が窺える

縄文人は動物を追って暮らす放牧や狩猟民では無い
定住し季節に合わせて暮らす農漁猟の合体した生活だろう

503 :出土地不明:2010/05/02(日) 20:30:43 ID:hzbggcg9
>縄文時代後期にはすでに焼き畑稲作が有った
焼畑稲作と用水路確保が不可欠の水稲栽培では土木作業のレベルが段違い。一緒に語るのはナンセンス。

504 :出土地不明:2010/05/02(日) 20:48:05 ID:AY3PllcY
縄文人は食生活なんかからすると採集主体で、補助的に狩猟や農耕をしてた感じ。

日本列島の場合は最先端の水田稲作民そのものが長江流域から直接移住してきた上に、
同時に縄文時代からの先住民が農耕にもそこそこ順応性があったのが上手く行ったのでしょうね。

まああれだ、明治時代に文明開化・富国強兵が上手く行ったのは
英国を始めとする西欧文明と、当時の日本人の素養が両方とも優れていて
相性もそこそこ良かったのと似ています。


505 :白馬青牛 ◆cjIySZ2iYw :2010/05/02(日) 23:06:28 ID:PUhtkdFs
>>494
それ、朱子学派電波生物学者の蔵琢也氏の洗脳者の引用じゃないか。
http://waterracoon.iza.ne.jp/blog/entry/1091141/
蔵氏は生物決定論のナチス的優生学を唱えとるのう。
http://www.interq.or.jp/red/kota/bunka/bunka4.html
しかも低能ネット右翼を扇動する工作に熱心じゃ。
http://webcache.googleusercontent.com/search?q=cache:http://kuroneko.blogdns.net/HP/others/Revlution.htm
自由主義の用語ですら新自由主義に還元し、見解が違うもんには
無政府主義者と扇動レトリックを使う。
江南思想の朱子学を、日本の伝統じゃの中華隷属そのものじゃのう(笑)。
しかも「易姓革命の現実」じゃの、中華奴隷の朱子学派の本性を
出してからに。
http://www.valdes.titech.ac.jp/~hashizm/text/titech/shukyo/resume/resume09.html
http://www.isis.たne.jp/mnn/senya/senya0796.html
「慕夏主義」「中朝論」を使うて結局日本人を中華文明人に洗脳したい
だけじゃろう。狂信的朱子学系統の水戸学の尊王攘夷主義者に洗脳された
ネット右翼が「縄文教」朱子学の本場「弥生江南教」になるんも、
洗脳されとるゆえじゃのう。

506 :白馬青牛 ◆cjIySZ2iYw :2010/05/02(日) 23:30:02 ID:PUhtkdFs
>>496
弥生期を遡らしたい、歴博喧伝ブログじゃのう。まあ、中国の
黄巾の乱による人口減少と絡み倭国大乱で弥生期の列島倭人や
縄文系住民は人口を減らしたろうて。中華奴隷の弥生期の
列島なんかに武力なんか無いよ。
>>501
日本の稲作云うても、日本人にとって米が主食になったんは、
20世紀後半の戦後で。稲作一本で食えるわけ無いじゃない。
>>504
富国強兵云う南宋朱子学用語を使うて、優れているじゃの
他民族蔑視のレイシスト概念に還元しても意味があるまあ。
知性を蔑視する英国野蛮人とIQ知能指数が高い低能の文明人が
威張る日本を同一視してもつまらんよ。

507 :出土地不明:2010/05/03(月) 01:03:16 ID:YlGWa2tw
白馬さんは仮に日本が独立するとしたら何を建国の根拠にしたらいいと思いますか?

508 :出土地不明:2010/05/03(月) 14:38:26 ID:dBtJvpoN
>>506
>日本の稲作云うても、日本人にとって米が主食になったんは、
>20世紀後半の戦後で。稲作一本で食えるわけ無いじゃない。

だったら江戸時代に飢饉が起こらない事になるんだがw

米は年貢として領主が集めたが、米は通貨だったので
野菜を買ったり人足を雇ったりと下々まで回っていた

江戸時代の米の収穫量は一人当りにすれば現在の2倍!
自作農は5割を超えていたから
完全に主食になっていたと言っていい

ただし農民は白米を食べる事を禁止されていた、ただし特別な日は食って良いので
農村は何かにつけて祭りや行事を行い、どうどうと白いメシを食っていた
「白いご飯が食べたい」と言うのは農民の願望だが米は食えていたのだ

509 :出土地不明:2010/05/03(月) 16:12:17 ID:qZTeIjQH
>>506
…えーっと、朱子学ってのは、南宋までの中国思想の集大成的な部分があって、
そりゃ似てるだろって話なんだが。

朱子学は朱子学で問題があるけど、漢民族至上主義だからと
全てを批判するのなら無理があるよ。南宋という時代を考えれば、
正統王朝は金ですなんて、そんな思想は生まれがたいだろうし。

逆に、民族的なとこさえなけりゃokっていうなら、その方が驚きなんだが。

例えば>>506なんかの例文は、確かに朱子学的な思考でイヤなんだよ。
それだけじゃダメだろってツッコミたくなるんだ。
そこをダメだしするならわかるが、>>506みたいなことだけ言う人いるんだよね。
>>506的なこと言う人って、>>506みたいな例文読んで、
少なくとも漢民族至上主義的な話じゃないから、最高や!!バッチシや!!って思うのかな?

いつも疑問に思うんだよね。

510 :出土地不明:2010/05/03(月) 16:13:01 ID:qZTeIjQH
朱子。
日本と中国では朱子学の権威が地に落ちて地中にめり込んでしまったが、
なぜか欧米では朱子をトマス・アクィナスなどと並べて論じるほどの扱い。
Time誌の2000年の特集「2000年の偉人」では晴れて東洋思想代表として扱われている。
ジョゼフ・ニーダムなんかも朱子をべたほめ。
朱子の真価を知らないのは実は現代日本人の方かもしれん。
月が輝くのは太陽光の反射によるとか実際に論証してたりするし、意外と朱子は
すごいのかもしれない。行政家としての手腕も凄いし。個人的には朱子の社倉法は王安石の
青苗法よりも使えると思う。

511 :出土地不明:2010/05/03(月) 16:14:57 ID:qZTeIjQH
暗君も否定するが明君も否定するのが法家

たとえば事故で怪我人がでで、救急車が中々こない
で、その人を運ぶために普通自動車で信号無視や速度違反をしたら
普通自動車を運転した奴も間に合わなかった救急隊員も首を跳ねられる


対して、交通違反した人を「自ずから人を助けようとする心ってすばらしいよね」と称賛するのが孟子
「コイツを誉めると間接的に交通違反を容認してしまうから難しいところだ」と見てみぬフリをするのが荀子
「死んだらそれまで。それがそいつの寿命」と助けもしないのが老子
「事故が起きたのも、交通違反も、救急車がこないのも全部政治が悪いせいだ!」と引きこもるのが孔子

512 :出土地不明:2010/05/03(月) 16:18:26 ID:qZTeIjQH
岩波新書から出ている(現在品切れ中かもしれないが?)
島田虔次・著のそのタイトルもズバリ『朱子学と陽明学』が
入門書としては最適では?
朱子学についてはやはり『大学』『中庸』ですね。
ハッキリ言えることは、朱子学が存在しなければ陽明学も
ありえず。やはり何処かで朱子学は学んでおくべきでしょう。
日本の江戸思想家である伊藤仁斎も荻生徂徠もやはり朱子学
批判から彼等の学問を生み出しています。
ちょうど近代西洋哲学がヘーゲルによって体系された後
その批判者・ヘーゲル左派に連なるマルクスや
キェルケゴールが出てきたみたいに…

513 :出土地不明:2010/05/03(月) 16:43:06 ID:JmoXu800
はいはいスレチスレチ。

>>415の前後を参照してくれ。それから適当なところで
スレタイに沿うように内容を戻していけよ。

514 :白馬青牛 ◆cjIySZ2iYw :2010/05/04(火) 00:55:18 ID:Am7/lCzs
>>507
日本の独立する云うて、現在の日本は独立国に建前上でも
なっておりますが。どういう意味からの独立ですか?
>508
日本人が米を主食にしとらんかった事は、ここの過去スレでも
再三云うとることじゃが。
http://www.uonumanouka.com/unchiku-16.htm
http://musubu.sblo.jp/article/15655772.html
http://homepage.mac.com/naoyuki_hashimoto/iblog/C111252006/E20050813091054/index.html
あんたも、文明食の米を喰うより、麦を喰うた方がええよ。
まあ現代は栄養豊富で脚気にならんとしても。
米は江戸期でも、財産や先物取引に使われるもんで食うもんじゃ
ないよ。しかもあんた、下の方で特別な日に食うハレの食事で
日常食じゃなかったことを書いとるじゃないか。
農民の願望じゃのあんたの希望じゃろ。
わしの曽祖母なんか、裕福な家じゃが米は毎日食うたら、
あぐ(あきる)云うて、芋の方を好んだよ。

515 :白馬青牛 ◆cjIySZ2iYw :2010/05/04(火) 01:05:51 ID:Am7/lCzs
>>509-510及び>>511-512
朱子学は文明(華)の立場に立って、異民族(夷)排斥する
排外主義の要素は無視出来まあ。ほいで朱熹の行政手腕たぁ?
朱熹やヘイゲル、マルクスも偉大な思想哲学者になるじゃろうね。
彼らの思想で犠牲者が多く出たとしても、歴史人物の著名人に
なったわけじゃけぇ。

516 :出土地不明:2010/05/04(火) 06:49:56 ID:O7lrHynk
>米は江戸期でも、財産や先物取引に使われるもんで食うもんじゃ
>ないよ。
コイツすげえアホだなw
腐るまで溜め込んでるバカはいねえだろ。最終的には必ず食うんだよアホがw


517 :出土地不明:2010/05/04(火) 06:53:28 ID:ph/9UNCg
>>514仮に新憲法を破棄し、日本国民が憲法を制定するとしたら、何がその成立
根拠となるのでしょうか?キリスト教でしょうか?

518 :出土地不明:2010/05/04(火) 07:50:48 ID:wp2Tn154
中国の「風俗」で働く留学生、「中韓関係が逆転へ」―韓国メディア

2008年12月14日、韓国の聯合ニュースは記事「改革開放30年、逆転する中韓関係」
を掲載した。同記事は朝鮮半島5000年の歴史において、半島が中国より優位に立って
いたのはわずかここ数十年だけの現象であり、それもあと数年のうちに終わりを告げる
と予測した。16日、環球時報が伝えた。

世界的な経済危機が深刻化するなか、韓国経済は大きな打撃を受けている。通貨ウォンは
11月24日に1ドル=1513ウォンを記録、わずか1年余りで3分の1もの下落となった。
国内経済に与える影響も深刻ながら、最も直接的な影響を受けているのは海外生活者。
北京市の韓国人街・望京ではすでに半数近くが帰国したと伝えられている。

北京市には多くの韓国人留学生が住んでいるが、彼らの生活も日に日に厳しさを増している。
以前ならば外食もショッピングも好きなように楽しめたのが、今では日々の生活費すら
節約する必要がある。それどころか生活や学費を稼ぐために風俗産業に従事する女子大生
まで現れたという。東北アジア歴史財団の趙煥復事務総長は「中国経済の急成長により
中韓関係は逆転しつつある」と話し、その象徴的な事例は風俗産業に現れるとコメントした。
同氏は「かつて韓国は強大な中国に美女を献上してきた。もし韓国経済が活性化されなければ、
歴史は再び繰り返されることになる」と発言、将来的には韓国人女性が中国に渡航、
風俗産業に従事する時代が来ると予測した。

Record China
http://www.recordchina.co.jp/group/g26779.html



519 :出土地不明:2010/05/04(火) 08:37:28 ID:O7lrHynk
なんでスレチな話題ばかりが並ぶんだ?
米は食うもんじゃないとか抜かしてた阿呆は別格としても、残りの奴らも全員アホかよ。

520 :出土地不明:2010/05/04(火) 11:40:00 ID:iuJS+naY
>>518 北鮮はついに一度もシナより優位に立ったことがなくて女がシナ人の性奴隷として売られているらしいな。


521 :出土地不明:2010/05/04(火) 13:15:03 ID:/9/a/U46
>>420 みたいな物分りの宜しい
おエラいさんはどこ行ったんだ、書き逃げか?

相変わらずのクソスレで、まともな議論にもならず
テンでバラバラ、スレチな内容を独り善がりに書き込む
連中の巣窟になってるわけだが

522 :出土地不明:2010/05/04(火) 19:36:32 ID:kcVnMRTx
>>483
惜しいけどちょっと違うね。
下戸遺伝子の多い地域は東アジアの農耕民が多い地域と重なる事は確か。
それにシベリア系の民族が酒に弱いわけではないという事も確かだね。
だけど水田稲作民の多い東南アジアなどが下戸が多いというわけでもない。
タイもそうだしインドネシアなんかもね。
下戸遺伝子が中国で発生したと言われているわけで、朝鮮人も世界的に見れば
下戸は多いほうだよ。
要は特に酒に弱いわけではないシベリアというか北方新モンゴロイドタイプの人々が
中国や東アジア各地に南下して農耕民となり、そのうちの一部の人間の中で
下戸が発生し、その人々が同心円状に広がったということ。
だから日本の渡来系の人々は現在の中国にあたる部分の大陸から来た農耕民であった事は
確かだけど、南部・南方から来たといえるわけではない。

523 :ドレミ ◆YeeMODUSQg :2010/05/04(火) 20:01:21 ID:BL8ro+mH
アク禁解けたかな〜

中国ではウイグル族が酒に弱いと聞く。(西域系のモンゴロイドかな)
ウイグル族には20人に一人ぐらいほんものの下戸がいるとか。(北京人の概数感覚 2007年頃の情報)
新彊はムスリムの禁酒なんて戒律を外してある。シルクロードだから付き合い大事ですもん。
「いや、おいら戒律を外してないんで酒飲まないんですよ」とか韜晦できて便利だと。

ウイグル族は、酒乱or宴席でうたた寝する→ケロケロしてから蛙
という話を、中国の北京人から聞きますね。(西安とかも下戸が多いとか 真偽は知らんけど)

524 :出土地不明:2010/05/04(火) 20:09:51 ID:wp2Tn154
>>519 すまんかった。 
東北アジア歴史財団の趙煥復事務総長というのが、おもしろかったんで
愚かな書き込みをしてしまった。


525 :ドレミ ◆YeeMODUSQg :2010/05/04(火) 20:20:35 ID:BL8ro+mH
>>493
> 中国人は華北人であろうと、江南・華南人で
> あろうと酒で乱れる者は少ないんは文化的違いの差異が大きい。

華北人はフィンガーボウルに注いだり、飲んでいるふりしてますもん。
植木鉢に栄養剤代わりに酒やったり、隠れてこそこそしてますよ。
天津人にいたっては、わざとこぼして被ったりして自演します。

上海や杭州の人のほうが、華北人よりも酒が強いかもしれませんね。
それから、北京で見かけた海南省出身の人は酒を水みたいに飲んでいましたね。
このへんは文化の差であり、「飲んだふり文化」の存在により真実が見えないのです。

526 :出土地不明:2010/05/05(水) 08:17:19 ID:ru2BDKRN
モンゴロイドはなぜ酒を飲めない体質になったのでしょうか?
人類の最新型だから、酒の摂取を不必要としてその遺伝を取り去ったのでしょうか?w

527 :白馬青牛 ◆cjIySZ2iYw :2010/05/06(木) 00:36:12 ID:jZOAhyuk
>>516-519
また、馬鹿がしゃしゃり出たか。
米が先物取引の貨幣の変りの担保になったことも知らんたぁ。
http://www4.airnet.ne.jp/sakura/komekaisyo.html
最終的には都市部で売って、脚気が増えるわい。じゃが地方の農民が
大部分じゃ云う点を無視してどうすんない。一般庶民は米は
喰うもんじゃ無かったのう。しかも喰うより酒に加工する方が儲かる。
http://drhnakai.hp.infoseek.co.jp/sub1-58.htm
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%85%92%E9%80%A0%E7%B5%B1%E5%88%B6
>>517
新憲法を破棄云うんは今の憲法のことで、新憲法を作る云うことですか。
まあ、今の憲法は日本の為政者に足枷になるけぇ、日本国民にとっては
抑止効果があるんじゃないですか。日本の一般人が新しい憲法を
作るわけで無く、無能な日本のエリートの政治屋さんたちが作るわけ
ですから、ろくなもんにならんでしょう。今の保守層や昔の共産党が
改憲論ですが、保守でも革新でも所詮日本を自滅させかけたエリート
旧軍人の末裔エリートですからね。
価値観の違う共産主義や独裁国家は問題外として、日本は民主主義国の
外国人らに作らせりゃあええと思いますが、現実的にはそうは成りません
からね。民主主義国はキリスト教徒の国が多いですから、
キリスト教の影響は当然強いでしょう。ですが、日本の為政者は
国民を守りませんから、舶来の偽善が混じったとしても、そのほうが
良いと思いますよ。

528 :白馬青牛 ◆cjIySZ2iYw :2010/05/06(木) 01:14:42 ID:jZOAhyuk
>>523-525
トルコ系ウイグル族は、モンゴロイドとコーカソイドの混合で
西へ行くほどコーカソイドの要素が強い。
ウイグル族の歯冠形態でも、
http://ci.nii.ac.jp/naid/110006420766/en
ウイグル東部のウルムチでは、シノドント集団(日本人、漢族、満族、
朝鮮族、回族、ダフル族、ナシ族)とコーカソイド集団(ヨーロッパ人、
北アフリカ人)の中間的形質ですから、西部へ行くとコーカソイドの
比率が高くなるかも知れんね。
ですからウイグル族にも新モンゴロイド系の下戸がおっても
不思議じゃあない。
ウイグル族やオスマン・トルコ人は、イスラム教徒でも酒の戒律は
守らん傾向にあるね。煩悩を忘れる為とか、色々と酒を飲む
口実にするようじゃけど。
ほいで漢人は華北も華南も酒に強いか弱いかより、酒に乱れんように
振る舞う文化的問題じゃけんね。酒に乱れても許される日本や
モンゴルのような周辺野蛮民族とは文化的に違う面が強いじゃろう。
まあモンゴルに比較したら酒乱に厳しい日本で朝青龍は酒飲んで
失敗したけど。力士は胃袋が大きいけぇ飲めるけど、
朝青龍も酒自体は、強い方じゃなかったらしいね。
>>526
なぜ、モンゴロイドが酒を飲めない体質になったんかは、
わかりませんね。特に新モンゴロイドが。
元来遊牧民の酒の馬乳酒もアルコール度が数%の一桁が多いで
しょう。酒に飲めん体質でも酔える便利性があったとか結果論
からは云えますが、原因は解りませんね。

529 :出土地不明:2010/05/06(木) 17:13:15 ID:NzmYD/f8
>>527白馬さんが想う「民主主義」とはいったいどういうものなのでしょう?
私はキリスト教徒は民の感情で政策を決めてるだけで、それがすなわち民のためになる、
つまり民主であるとは思いません。要するに民主主義じゃなくて「民意主義」なんだと。
何でもかんでも民の意向ですべてを決めても、必ずしも正しい道に導けるとは限らず、
結果として民を不必要に損ねてしまえばそれは民主主義とはいえないでしょう。

530 :出土地不明:2010/05/06(木) 18:19:20 ID:i02pNWO1
モンゴロイドで酒の飲めない奴が生まれたのは
酔って馬に乗ると危ないから、
とかいう説が有ったな
落馬は高確率で死亡や怪我につながる

531 :白馬青牛 ◆cjIySZ2iYw :2010/05/06(木) 22:30:21 ID:jZOAhyuk
>>529
キリスト教徒の民の感情じゃあまずいんですか?
「民意」を反映する方が、共産主義国の全体主義のように、
党前衛理論による民衆の操作、階級意識の遅れた大衆を、
階級意識の進んだ少数の前衛に従属させるよりも良いでしょう。
もっとも、民主主義国でもマスコミや知識人による
世論扇動もありますけど、共産国や軍事独裁国より民主主義の方が、
現代の政治制度の中で、現実的に「民意」が反映されるだけ、
まともでしょう。共産国扇動者のように、為政者の考える
正しい道に導く扇動なんか必要無いんですが、権力者は余計は
お世話をしますね。民を不必要に損ねとるんは、全体主義国家
でしょう。今の北朝鮮や旧ソ連、ナチスドイツや我が大日本帝国も
そうでしたよ。
>>530
モンゴル人は、酒に酔うた者を落ちんよう、馬に括りつけて
帰宅させるようじゃけど。馬に運命をあずけるしか無いね。
自宅に戻れて家族に運んでもらうまでの記憶や意識の薄い
ドライブじゃわ。

532 :出土地不明:2010/05/07(金) 19:22:29 ID:vEQa9SPs
しかしナチスドイツは「キリスト教徒の民意」で90%以上もの支持を獲得して
誕生した完全なる民意政党ですよ。それに私は共産主義者・独裁主義者じゃありません。
民の感情で政策を決めるのはある意味の独裁を生みます。民の好み以外はすべて
どんな意見も切り捨てられるのですから。

533 :出土地不明:2010/05/07(金) 19:26:26 ID:vEQa9SPs
それと大日本帝国も「民意」によって戦争が決まりました。戦前戦中と何度も
議会が入れ替わり、その結果として「すべての敵対勢力と無計画・戦略性のない
戦闘を繰り返す」行為が受けいれられ、支持されました。当然冷静で合理的な
見解をもつ人たちは民意によって非国民とされ退けられ、民意の結果敗北したのでした。
私は当時の日本帝国は官僚だけの暴走ではなく、彼らに対しむやみに信頼し
何らかの打開を期待した日本人の「民意」にこそ、大敗北の理由があるのだと
考えています。どうでしょうか?

534 :出土地不明:2010/05/07(金) 20:45:03 ID:3b0qCXR3
ここは「日本人どこへ行くんだ」スレか?


535 :白馬青牛 ◆cjIySZ2iYw :2010/05/07(金) 23:31:25 ID:d2cL2gKQ
>>532-533
ドイツはキリスト教徒でも、ナチスを産んだ南部のバイエルン地方は
カトリックですし、現代でも政治的に右翼に近い保守層が多い
土地柄です。ドイツ自体も西北ヨーロッパ沿岸部地域からすれば、
後進的地域ですからね。その辺は、これらを読めは良いでしょう。
http://www.hm.h555.net/~hajinoue/print/29zettaishugi2.htm
http://ritsumeikeizai.koj.jp/koj_pdfs/49302.pdf
上の方のブログにあるよう、ヨーロッパでも農奴制の強い地域です
し、下の方のブログでは、はじめに に、西ヨーロッパ型(イギリス、
フランス)と対比して東ヨーロッパ型(プロイセン。そして日本も)
と、民主主義を圧殺する寡頭専制的支配のグループに入れられて
いるます。まあ、20世紀のファシズム国家となった日本、ドイツ、
イタリアは、三国は、19世紀後半に、近代的統一国家が出来た点で
似とりますね。まあ、より後進的な20世紀後半まで共産主義国と
なった地域の東欧陣営(東ドイツのプロイセン農奴社会も含む)
よりは、先進的ですが、西北ヨーロッパと較べると、民主制も
後進的です。ロシアなんか、騎馬民族的民主制を持つコサックの
社会が基盤にならず、圧倒的多数を占める帝政ロシアの農耕民族的
農奴社会が基盤となりましたからね。
日本では、明治政府を創ったのは、西日本の民主的横社会の
出身者が多かったのですが、東日本の縦型農奴社会の基盤の地の
江戸、東京的性質になってしまいました。

536 :白馬青牛 ◆cjIySZ2iYw :2010/05/07(金) 23:46:25 ID:d2cL2gKQ
>>532-533
>>535の続き。ほいで、ナチス自体、産業界の支援があって出来たわけです
から、民意だけでは無いわけです。日本でも非国民と煽った市民を煽った
連中は、庶民層では無く知識層でしょう。民主主義的になるか、
全体主義的になるかは、その地域の社会の伝統、基盤が左右する面が
大きいですから、日本が負ける戦争をしたのは民意にだけに還元すべきじゃ
無いと思うんですが。民意に責任があるとしたら、日本とドイツに共通する
無能なエリート秀才信仰でしょう。未だに脱却出来て無い問題ですよ。

537 :出土地不明:2010/05/08(土) 00:05:40 ID:Ao+K+V+m
ネアンデルタール人と混血してましたw

538 :出土地不明:2010/05/08(土) 01:19:28 ID:Xyhpmeex
そうなるとネアンデルタール人は旧人類では無いぞ

539 :出土地不明:2010/05/08(土) 02:06:21 ID:KiZWde+Q
白馬青牛(aka.廣島もみじ民)のながれ

  他人のレスを批判しながら登場
         ↓
  すぐに妄言癖が発覚
         ↓
  逆に批判の矢面に立たされる
         ↓
       (アク禁)
         ↓
  弥増しにおかしな言動をとるようになる(テンプレ参照)
         ↓
  ほとんどのレスが白馬青牛に対する批判煽りで埋まり  
                
  元々のスレッドの内容自体が分からなくなる。 ←今このあたり
  結果として、白馬青牛スレと化す
         ↓
        スレ衰退




540 :出土地不明:2010/05/08(土) 09:42:09 ID:Etp0/9Hk
>米が先物取引の貨幣の変りの担保になったことも知らんたぁ。
コイツすげえアホだな。同じ主張で恥の上塗りをしてやがるw
腐るまで溜め込んでるバカはいねえだろ。最終的には必ず食うんだよアホがw

>じゃが地方の農民が
>大部分じゃ云う点を無視してどうすんない。一般庶民は米は
>喰うもんじゃ無かったのう。
馬鹿牛は根本的に勘違いしているようだが、禁じられたのは白米の飯であって、米粥や玄米や麦交じりの飯じゃない。
つーか、都市部の人間が少数だと分かってんなら、人口一人当たりの米の生産量が今の数倍だった当時に、武士や
町人だけで米を消費しきれるわけがないことも馬鹿牛でない限り分かることだ。いくら副食が少なくて主食への
依存率が高かろうと、人口の二割三割に過ぎない武士町人が一人当たりで今の何十倍もの米を食ってたなどという
妄想を主張して見せていることに自分でも気付いてないだろ。アホが。
また、米は耕地面積あたりの収穫量が麦や大豆など他の作物に比べて多い上に売却価格も上だったから、領主も
農民も、木綿や菜種などの食えない商品作物を作るのでなければ、可能な限り耕地は稲作を行おうとした。
そんな状況で米以外のもの、例えば小麦を人口の大多数を占める農民が食って生産が賄えるわけがねえだろ。
麦が主食なのは讃岐や甲斐信濃などの水の確保が難しく田が作れない土地限定の話だ。馬鹿め。

541 :出土地不明:2010/05/08(土) 09:53:32 ID:Etp0/9Hk
わざわざ自分でスレチの話題を続けることもないから、馬鹿牛でも理解できそうなHPリンクしておく。
馬鹿牛はアホだから、決して自分の愚かさを自覚できないだろうけど。

http://www2.ttcn.ne.jp/kazumatsu/sub226.htm#7

542 :出土地不明:2010/05/08(土) 11:15:51 ID:hr1QU2di
>>535-536詳しい回答をありがとうございます。しかしやはりそのリンクも
「何でもかんでも英仏型の政治形態が正しい」という立場からのポジショントークに
なっている観があり、客観的ではないと思います。このように自らを評価の基準とさせる
ことに大多数を納得させてしまえば、当然それに外れるものはみな「悪しきもの」となり、
他の少数意見は抹殺され、まさに英仏を標準とし他を排斥する全体主義となってしまいます。
いまの欧米の人権外交、民主主義と唱えて侵略戦争を行い虐殺をも正当化する
行為とそれは重なります。白馬さんはこの辺をどう思われますか?


543 :出土地不明:2010/05/08(土) 11:21:24 ID:hr1QU2di
それと選挙による産業界・財界の援助は自称民主主義国家でさえ
ごく普通のことですよ。アメリカの選挙はまさに金の選挙であり、いかに
経済界に有利に働かせる法や政策を議員が唱えるか公約するかで
合否が決定する。古今東西結局政治は金です。ところで官僚に対する
無条件の信頼が暴走を生んだという件については賛成です。それは
日本人が政治といういわば穢れ仕事を嫌い、政治に対して結論の延長しかできない
「穢れのない」高級官僚を好むからだと聞いたことがあります。

544 :出土地不明:2010/05/08(土) 11:39:38 ID:PMRx396d
>>542 と白馬青牛は、個人的にメールのやりとりでもしろよ。
どこか別板に別スレ立てるのでもいい。

読んでないみたいだから、この板の注意書きを貼っておく
================================
考古学(仮)2ch掲示板

○人類の遺跡・遺物に関する学問=考古学、およびその関連分野について語る板です。
○人類史・遺跡に関わらない話題については、より相応しい板があるかもしれません。

それぞれの話題に応じて適した板を選びましょう。
=======================================
それから、ついでにこのスレは「日本人どこから来たんだ?13」
おまえら、自分のことしか考えてないだろ?おまえらの書き込む内容は
さすがに言い訳できないレベルだ。

545 :出土地不明:2010/05/08(土) 13:05:36 ID:hr1QU2di
その「日本人」というのが単なる身体的な問題なら遺伝子関連で話が終わりますが、文化や言語の共有体としての日本人ならこういった
政治・思想の分野は切り離せないと思いますよ。

546 :出土地不明:2010/05/08(土) 13:40:32 ID:nT3/fUfq
>>545 話をすり替えるなよ。

>その「日本人」というのが単なる身体的な問題なら
「日本人」が単なる身体的問題?そんな浅い話なら尚更メールででも
対話するこった。

>遺伝子関連で話が終わりますが
終わらないな。そもそも遺伝子関連の話は考古学そのものじゃない。
生物学・人類学板あたりでもんでもらってくるといい

>文化や言語の共有体としての日本人なら
遺伝子・形質・文化・歴史・環境・言語・・・全てが「日本人」なる
ものの構成要素。ついでに「日本人」ってのは自分とは異なる者との
係わり合いのなかで生じてきた、比較的新しい概念。

>こういった政治・思想の分野は切り離せないと思いますよ。
考古学板(仮)の「日本人どこから来たんだ?」って意味分かってるか?
>>544をよく読め。

547 :白馬青牛 ◆cjIySZ2iYw :2010/05/09(日) 00:08:12 ID:sX8uPiIW
>>540-541
米は食うもんじゃ無かったのう。
http://www.geocities.jp/goodlife0703mameta/rekishi/kakeibo/nouminkakeibo.html
ここの下の解説にも、食費の内訳は「米より麦が多い」こと、
「麦ばかりの家計も見られ」「衣食住費、生産諸経費も米を売却して
ねん出しますから、米はほとど食べることはできません。」
2の紀伊の豪農の例でも、「米を食べるのは、正月・盆など年26日
だけでした。」と、あるけど特に西日本じゃあ、その程度の
もんじゃ。広島県でも、戦前ですら米を主食に出来た地域じゃ
無いけんのう。
http://www.jrt.gr.jp/yaki_imo/70-73.pdf
http://www.chugoku-np.co.jp/setouti/newseto/980608/980608.html
上のブログに「竹原市の吉名は、「貧乏人は麦を食え」といった、
池田勇人元総理大臣の出身地であります。戦前たくさんの
サツマイモを栽培して、これが大事な食料でした。また、麦も
主食としていました。池田元総理の失言は、当地のものからすると
違和感はなく、暴言とはとらえられていません。」と、
下のブログでも◆サツマイモが主食でも、
「わしの体はイモでできとる。」「朝が芋、昼と夜は麦飯が
普通。米はめったに食べなんだ。」図1。
http://www.chugoku-np.co.jp/setouti/newseto/980608/z0608_1a.gif
ほいで麦飯にしても、麦一升に米ニ、三合じゃし、これは、
広島県の中部穀倉地帯でも値は同様じゃったよ。
広島県の東日本並みに濃い味付けを好む北部地域の一部は比較的米を
食う地域じゃったけぇ、江戸期の飢饉や戦前でも飢えて沿岸部に
出たら食えると、移動して来た連中も多かった。ほいじゃが大部分の
地域は、味噌のような加工品も麦から作った。
まあ、■長生きと食事のように、文明食である米の食い過ぎは
健康にようない。精神と肉体を蝕むけんのう。

548 :白馬青牛 ◆cjIySZ2iYw :2010/05/09(日) 00:48:44 ID:sX8uPiIW
>>540-541ほいから、米を比較的食える地域は関東低地帯ぐらいじゃったろう。
農村で実地のフィールド・ワークされた宮本常一氏も指摘して
おられる。
http://www.chugoku-np.co.jp/setouti/newseto/980608/z0608_1a.gif
単一経営を主とした村 「東日本の低地帯では稲作一本、
西日本では米麦ニ作、」のように地域差もある。
じゃが、日本の農業が米作一本に偏ったんは、「まったく封建制度の
もたらしたもので」「日本の農業を停滞させてきた」
>>541の大石慎三郎氏の引用と実情は違うんど。
大石氏は戦国時代は戦乱の暗黒時代で江戸期は平和な時代として
安易に江戸時代美化されるけんのう。戦国期を冷静に捉える
視点が専門の江戸期に関しては「幸せ回路」になられるけんのう。
宮本常一氏は、農村の本音を聞き出すには、夜這いと密造酒の
話を地元民が語るかどうかじゃと云われたが、米で造った密造酒
のことは公式文書に書かんよのう。バレたらまずいけぇ。
米農家の食事の内、密造酒に加工した分も、米を食うた分なるんか
数値をデータにするかどうかで、初期数値すら異なるわい。
特に西日本人は米食を東日本人ほど好まん。
http://waga.nikkei.co.jp/play/kiko.aspx?i=MMWAa1004006032009
せんべいですら、西日本は麦系で東日本は米系じゃ。
東日本の首都江戸に脚気の「江戸患い」に代表されるよう、
「関東低地」の米食い欲望を反映しとるのう。
毎日でも米が食いたい連中は東日本人に多いんじゃないか。
わしのような、西日本の小麦や芋も文化圏の人間にゃあ
理解出来んよ。じゃけぇ西日本と東日本は民族が違うんよのう。

549 :白馬青牛 ◆cjIySZ2iYw :2010/05/09(日) 01:27:04 ID:sX8uPiIW
>>542-543
わしは、なんでもかんでも西欧型が良いたぁ、云いませんよ。
西欧は英仏や米国も階級社会で、階級差が無い東アジアの儒教国家
の方がその面では先進的じゃと思うとります。日本の農村の貧農が
出身が出世したり、中国の文盲が国府軍の将校になったり、
西洋では将校の出身階級はほとんど貴族か上層中流階級でしょう。
米国は微妙ですが、アジアの方が社会の流動性が強いんですよ。
西洋側の人権を建前にして、むしり取るやり方は肯定してませんし、
帝国主義時代からの強奪ですが、人権云う大義名分は自らの足枷にも
なりますから、欠点ばかりでは無いでしょう。
西洋でも産業界の意向で政治決定しますし、以前ここでも
云うたよう西洋のノーベル賞受賞者などの学者の多くは、
産業界の使用人、スポークスマンを演じてお金を貰う妾のような
もんです。古今東西、政治だけじゃのうて軍事云うか戦争の
原因も金ですよ。ですが録盗人の日本の官僚が高潔ですか?
その点は、西欧の官僚の方がましでしょう。東欧や南欧の
賄賂社会の官僚は問題外ですけど。
まあ、民主主義や人権は、為政者や産業界に対して、
僅かながら持たざる者が権利を主張できる点で、
権力者の都合のままに誘導される全体主義と較べると、
より良い云うことですよ。

550 :出土地不明:2010/05/09(日) 11:10:27 ID:szp+vXJW
広島はチビ県民

551 :出土地不明:2010/05/09(日) 19:49:56 ID:MQ05A+mr
>>549米国は欧米世界の中で英についで「権力者の循環」がない国だという
報告をみたことがあります。米英は金持ちはいつまでも金持ちで、貧乏人はいつまでも
貧乏人ということです。こういう国がやれ「人権」だのやれ「民主主義」だの
主張して他国を侵略するのです。キチガイですよ、中世十字軍並みの。彼らに
あこがれる者は物事の道理を知らないんです。だから日本の政治家モドキには
英米かぶれが多いでしょ?無能は英国と米のドルが大好きってのは世界共通の真実ですよね。

552 :出土地不明:2010/05/09(日) 19:53:22 ID:MQ05A+mr
そして西欧の官吏が腐敗しない、というのはどうかと思います。彼らは
要するに地位が低く尊敬もされてないのです。権力が余りないので仕事を
しなくても大きな影響がないので誰からも無視される。さらに昨今の世界的な
官僚狩り運動(外資からの公務員削減要求)によって窮地に立たされている。
仕事をしても評価されないし、敬意も払われない、やっつけ仕事で役所の
事務をしてもだれも意に介さない、じゃ腐りようもないですよ。

553 :出土地不明:2010/05/09(日) 20:41:35 ID:eoUW9AF0
>>552
spoils system は猟官制と訳すのが正しくて
政党が、局長級の人事を指名する方式のことをいう。
以前の米国は全官員がこのシステムで指名され、任官していた。

おれは、外資からの公務員削減要求と解釈を、ここで初めて見た。
採用試験で公務員になった者は、局長にはなれない仕組みなので
地位が低く尊敬されていないんだと思う。

554 :白馬青牛 ◆cjIySZ2iYw :2010/05/10(月) 01:16:54 ID:2RDU65e6
>>551
権力者の循環なんか固定階級社会の英米に乏しいんですが、
現実的に政治体制として、中共や北朝鮮の全体主義よりは、
英米の偽善的でも民主主義を選んだ方が良いと思いますね。
欧米の価値観押しけは、その通りですが、他国交渉に恫喝や
価値観を押しつけも、交渉カードの一つですよ。
価値観に反発するより、交渉カードの思想を含め価値の問題です。
利益を齎さん価値の思想なら捨てる。
他国にダメージを与えるに有効な思想や商品価値があるなら、
道具になるか云う、単純な問題です。
政治思想論すら、相手国への交渉手段に利用価値があるか無いかに
関わりますから、自分自身が自ら思想の道具になって、
他国の価値観を罵っても意味が無いんです。
政治的スローガンも国内大衆扇動だけでは意味が無いでしょう。
具体的な他国交渉で利益を誘導出来るかどうかですよ。
日本は、宗主国様の米国にもネット右翼の云う特亜にも戦略すら
無いでしょう。その程度の国なんですよ。我が国は。戦前の愚かな
愚行事例以上に期待しても無意味ですわ。

555 :出土地不明:2010/05/10(月) 07:58:16 ID:4EDwTMfG
まあアジアの「近代化」は日本から始まってるいるし
歴史的見るとアジアで重要な国は、中国、インド、モンゴル、日本だろうな
これらは善し悪しは別に、他国を占領する力を持った国だった

そろそろスレタイに戻ろうw

556 :出土地不明:2010/05/10(月) 15:22:02 ID:rAq5B/+E
海外旅行に行って最初に驚くのは「公務員のやる気のなさ」なんだそうな。
欧米もそれ以外も本当にやっつけ仕事でやってる。社会主義的だから、というより
その真逆で国家を守ってるのに誰も評価しないからなんだろうな〜と思う。
国内法の防人たる国家公務員が居なくなればそりゃ、誰が得するかってねえ・・

557 :出土地不明:2010/05/10(月) 15:28:17 ID:tto2HpkZ
>他国を占領する力を持った国

中東やインドシナあたりに関しては完全に無知かよ。

558 :出土地不明:2010/05/10(月) 18:54:14 ID:4EDwTMfG
>>557
中東ったらアジア以外も入るだろ、だから中東と呼ばれる国は除いた
インドシナは極めて記憶が薄い、たとえばどこ?

559 :出土地不明:2010/05/10(月) 21:00:29 ID:tto2HpkZ
>中東ったらアジア以外も入るだろ、だから中東と呼ばれる国は除いた
言い訳になってない。中東のうちアジアの国々について言及すればいい話だ。

>インドシナは極めて記憶が薄い、たとえばどこ?
現在でいうところのベトナムとかタイとかミャンマーあたりの勢力が侵略戦争は活発。

560 :出土地不明:2010/05/10(月) 22:39:17 ID:4EDwTMfG
>>559
うーん、オスマントルコがアジアで
イスタンブールがアジアの大都市というのは、どうも馴染まないんだが
中東勢力はどうしてもヨーロッパかアフリカに行っちゃうんだよね

ベトナムは中国に攻め込んでるが元みたいな国を建てていないな
ミャンマー勢力も半島のみかなあ
モンゴルも落ちぶれたが過去は凄かった

561 :白馬青牛 ◆cjIySZ2iYw :2010/05/11(火) 00:44:22 ID:HD3lZiQe
>>555-560
モンゴル云うても、西方遠征にトルコ系遊牧民の協力無しには
遠征出来んし、トルコ系突厥帝国の再来にモンゴルを担いだ
いう面もあります。まあモンゴルが世界帝国を創り東西の交通路を
抑えた面では大したもんです。大日本帝国はツングース系満州族が
中国全土を治めた点からすると劣りますわ。

562 :出土地不明:2010/05/11(火) 08:59:43 ID:5MoKHHxD
>>560
ペルシャすら知らんならもう何も書かなくていい。
馬鹿牛並みに基準を恣意的に設定したり変えたりする奴を相手にするのは不毛だ。

まあ、馬鹿牛はやたらと証拠を出せとか言う割には、自分が証拠を求められると
「証拠を出せとは犯罪者の開き直りに過ぎん」とか言い出すくらいの阿呆だけどな。
ここまで見事に自爆する阿呆も珍しい。

563 :出土地不明:2010/05/11(火) 12:16:04 ID:hDqK/ERS
>>562
当然知ってるよ
じゃあこうしよう

まあアジアの「近代化」は日本から始まってるいるし
歴史的見るとアジアで重要な国は、トルコ、イラン、中国、インド、モンゴル、日本だろうな
これらは善し悪しは別に、他国を占領する力を持った国だった

564 :出土地不明:2010/05/11(火) 19:08:47 ID:KkxxNbEa
欧州の近代化は中世イスラムとインド科学を取り入れるところから始まった。
それを「古代の欧州が起源」である「ルネサンス」でごまかしてる。
アジアの近代化が欧州に比べて遅れたのはイスラム・インド科学を無視したから。
この頃アジアにはやっていたが朱熹の尊皇攘夷であっても彼の「格物窮理」じゃ
なかったのがすごく痛かった。これですごい差がついた。

565 :出土地不明:2010/05/11(火) 19:54:41 ID:5MoKHHxD
中国の場合、民衆が力をつけると統一国家が崩壊するからな。押さえ込まざるを得なかったのだろう。

566 :出土地不明:2010/05/11(火) 22:00:48 ID:OG5dYGnq
そうまでして、でかい国にしとく必要ないのにねえ

567 :出土地不明:2010/05/11(火) 22:17:17 ID:hDqK/ERS
>>566
たぶん無駄に広い平原を見ると統一したくなるんだよね
人間の性として
合衆国にすればいいんだけど、アメリカのような理念「自由と平等」とかが無いからムリだった
のだろう

それはともかく、古代出雲はどこまで日本を統一していたのだろうか
出雲が日本人の起源の様な気がする

568 :出土地不明:2010/05/11(火) 22:30:20 ID:KkxxNbEa
>>565民衆が力をつけて滅んだのは近代の欧州に頻発してますよ。
革命、宗教戦争、これらに共通するのは民衆の力による政変運動です。
>>567アメリカには自由も平等もありませんよ。あなた、団塊の世代か
小学生ですか?第一「法」がある国に個人の自由など存在しません。
法の下の自由、なんてすべての国々がそうですし、第一人の行為を
限定する法と自由が同列に語られること自体矛盾した話です。平等も
ありません。南部人の黒人、異教徒、異人種、ヒスパニックなどへの
堂々とした人種差別、スラム街から抜け出せる人の少なさ、最近では
国民皆保険がないので医療さえ十分に受けられなかった。
こんな国に自由も平等もありません。北朝鮮を民意国家とみなすほどの
暴論で幼稚な国家観としか言いようがありません。

569 :出土地不明:2010/05/11(火) 23:05:59 ID:CWpxlRvw
568みたいなのは、他に相応しい板があるだろう。
それともこの板のこのスレじゃないと書けないことなのか?

再三再四注意されているのに、なぜここで書くのか
理解できないな。それからいちいち指摘する必要も無い
だろうけれど、言ってること論理破綻してる。

570 :白馬青牛 ◆cjIySZ2iYw :2010/05/11(火) 23:19:23 ID:HD3lZiQe
>>563
インドで帝国を創ったのは、クシャーナ朝、サカ朝、ムガール帝国
のように、北方騎馬民族系よ。農耕民族に世界帝国は創れん。
中国でも、世界帝国の唐も鮮卑系北朝じゃし、清は満州族で
騎馬民族系統。
>>564
それどころか、西洋のレディ・ファーストもイスラムの女性崇拝の
受け売り。
>>567
中国を支配した騎馬民族系統は「自由と平等」を重んじるけど、
農耕化すると駄目じゃね。
>>568
米国は、陰湿な人種差別もあるけど、中共や北朝鮮と較べたら、
遥かに自由度は強いですよ。社会保障の面で欧州より劣っておる
面はありますけど。

571 :出土地不明:2010/05/11(火) 23:19:25 ID:sqJd4M9c
どうも2chには日本人のアイデンティティーを破壊したい勢力が
いるから、このスレタイもターゲットになっているのかもしれん。


572 :出土地不明:2010/05/11(火) 23:19:44 ID:hDqK/ERS
>>568
そんなことは知ってるから「理念」と言ったんだが
ものすごい想像力のみでレスしてるね
つづきはニュー速やVIPでどうぞ

573 :出土地不明:2010/05/11(火) 23:27:43 ID:hDqK/ERS
中国と言えばこれだよね
http://ja.wikipedia.org/wiki/中華思想

結局は「支配した者」が正しい、これだけ

574 :出土地不明:2010/05/11(火) 23:31:01 ID:CWpxlRvw
ナショナリズムの話も他のところでやってくれ。

まためんどくさくなる

575 :出土地不明:2010/05/12(水) 00:30:28 ID:4oL50PuG
>>570自由とはなんでしょうかね。私は民の行為を縛る法がある以上自由なんて
まったく存在しないと考えてます。だってそうでしょう?アメリカだって自由だ、
自由だ、なんていって殺人を犯しては逮捕されるバカが大量にいる。自由な国なら
殺人を犯すのさえ自由です。ものすごくバカバカしい基本的なところでウソを
ついているからあの国は犯罪が絶えないのです。

>>572いやそもそも「自由と平等」というだけでもはや矛盾概念ですから。
貴方はそんなこともわらかないので?

576 :出土地不明:2010/05/12(水) 00:40:17 ID:4oL50PuG
>>573「支配したものだけが正しい」というのはフランス革命当時のデンパですよ。
いわく「民衆が行うことはすべて正しい」なんて煽っておいて、国家ごと潰れてしまった。
国王に権威も権力もなく、力のある民衆が招いた結果です。古代において
民衆が神を祭る地域を支配した、というデモクラティアだって今も昔も、そして
東西の知識人は正しいものとはみなしてませんでした。ただただ「他を圧倒する多数の声」が
少数の意見を封じ込め、破壊に戦争にとそれを推し進め、知性をなくし全体主義に
陥らせているのです。まるで学級崩壊の小学生が集団でイジメを開始するかのように。
古代支那思想(たしか書経)には「多数が少数を圧倒して苛めてはならない」とあります。
古代人でさえ単なる人数で事を決するのは良くない、としているのですね。現代人はまったく
過去から学んでいない。単に目の前の現象に違う名称をつけてごまかしているにすぎない。
愚かですよね。


577 :出土地不明:2010/05/12(水) 00:40:36 ID:KeZLCdK2
アイデンティティーw

578 :出土地不明:2010/05/12(水) 01:12:15 ID:i6rK8RvO
>>575

おまえ14歳くらいか?

おまえの言っている「自由」は「勝手気ままって」ことだろ。
libertyやfeedomとは違う。自由には責任が伴なう。辞書の
引き方は分かるか?もし、そこに載っている「自由」の意味
とおまえが喚いている「自由」の意味が違うっていうなら、
それを他人に分かるように書き込んでから話をはじめろや。


579 :出土地不明:2010/05/12(水) 01:14:47 ID:i6rK8RvO
それとな、平等なんてどこ探してもねぇから「法の下の平等」
っていうんだよ。分かるか?

580 :出土地不明:2010/05/12(水) 01:40:22 ID:4oL50PuG
顔真っ赤ですよ、落ち着いてください。
「自由には責任が伴う」のなら、
そもそもそれは「自由」ではない。
法の下での単なる法に触れない行動である。
これのなにが自由なのか?どの国の国民も
法の下で暮らし、法の下で行動を選択している。
法の下での選択肢をふつう「自由」とは言わない。
詐欺師の謳い文句にあるのなら別だが。

君は、英米かぶれで英米を知らない阿呆ですか?

581 :LUNAMASK:2010/05/12(水) 11:54:23 ID:TJ08QLYy
モンゴル、日馬富士出身地ゴビアルタイをはじめ各地にて四隅突出型墳丘墓が
続々発掘され始めているようだ。
http://www.silkroadfoundation.org/excavation/takhilt2007.html

582 :LUNAMASK:2010/05/12(水) 12:02:29 ID:TJ08QLYy
http://www.silkroadfoundation.org/excavation/Project_Summary_maps[1].jpg
この地図で@が朝青龍のウランバートル、Aが日馬富士のゴビアルタイなんだが、
ロシア・イルクーツク考古学調査団がAの付近のTevsh山というところで多くの
四隅突出型墳丘墓を発見。テフシュ文化と仮称している。

583 :LUNAMASK:2010/05/12(水) 12:10:07 ID:TJ08QLYy
↑この地図、ここでは括弧が災いしてリンクが出ないようなんで、エクスプローラ
ブラウザにコピペすれば見えるかも。

584 :LUNAMASK:2010/05/12(水) 12:47:43 ID:TJ08QLYy
>>582
http://www.geographic.org/geographic_names/name.php?uni=-3256584&fid=3834
テフシュ山というのは朝青龍と日馬富士の中間辺りのようだ。↑

585 :LUNAMASK:2010/05/12(水) 13:35:03 ID:TJ08QLYy
内蒙綏遠に近いが、ここで出土する銅鐸は日本の小銅鐸よりも聴く銅鐸に近い。
「赤峰市付近を中心として内蒙古東部に分布する夏家店上層文化の鐸である。夏家店
上層文化は、初期遊牧民文化のなかでも早い時期の文化で、スキトーシベリア動物
意匠も既に見出される。」
http://www.um.u-tokyo.ac.jp/publish_db/1997Expedition/02/img/02photo42.jpg
これはこの地方の銅鐸人の渡来が吉野ヶ里・東奈良よりも遅かったことを意味するの
かも。
http://www.um.u-tokyo.ac.jp/publish_db/1997Expedition/02/020400.html
四隅突出型墳丘墓文化人の中には銅鐸圏に入った鋳造工人がいたのかも。

586 :LUNAMASK:2010/05/12(水) 13:47:07 ID:TJ08QLYy
>>585
逆に、小銅鐸、吉野ヶ里等は戦国の斉、楚からの難民が多く、そっちのものだったの
では。

587 :LUNAMASK:2010/05/12(水) 17:32:49 ID:TJ08QLYy
>>584
朝青龍出身地で、オボルハンガイ県ボグド郡テフシュ・ウウル山と言うらしい。
http://en.wikipedia.org/wiki/%C3%96v%C3%B6rkhangai_Province

588 :出土地不明:2010/05/12(水) 20:57:02 ID:4oL50PuG
支那文明はインドシナ経由かカザフスタンの牧畜文明経由か
どっちなんだろう?

589 :出土地不明:2010/05/12(水) 22:06:44 ID:4oL50PuG
>>570「騎馬民族が世界帝国・・」
なんかこういう風に見てみますと国家という概念は牧畜民族の「柵で囲った
地域」みたいな感じがしますね。対して土地に縛り付けられる農耕民は
あまり国境の区分は必要じゃない。自分の土地の収益と税くらいしか考えが
及ばないからです。安全保障は結局自分たちが直接やってるわけじゃないし。

590 :白馬青牛 ◆cjIySZ2iYw :2010/05/12(水) 23:39:22 ID:Hv2yoGii
>>578-579
リベラルもフリーダムも西洋的理屈であって、自由の一部じゃが、
わしの云うんは広義の自由云うことじゃ。
http://www.orient-matsudo.com/ogawa.html
2・イブン・ハルドゥンの『歴史序説』遊牧民…自由と質実剛健 
に、「イブン・ハルドゥンの考える自由は「誰にも支配されない
自由」なのです。都市の住民とか農耕民は王に支配されているから
自由ではない。遊牧の民こそ自由だ。ほいから、遊牧民の市民化 に
、質実剛健のモラルの高い野蛮な遊牧民が農耕民を支配すると文明的
堕落し、他の遊牧民に掠奪され餌食となり、覇者交代となった
新たな遊牧民支配者も被支配者の軟弱な文明人に感化される
循環よ。ほいから、平等も、
http://www2.ttcn.ne.jp/~tvsantora/norimono/senpaku_22.htm
http://homepage2.nifty.com/murasaki-miyako/english/d2cossak.html
http://www.zarathustra-wins.net/cossack.shtml
http://akon.sakura.ne.jp/tiune/violin.html
一番上のように、西洋の農奴封建社会から逃れた海賊集団は、
今の時代よりも民主的で平等であったし、
二番目からの海賊であり騎馬集団のコサックも、まさに農耕民族の
農奴の「群から離れた者」たちで、民主的で平等な権利を有し、
モラルも高かった。
近代国家以前は遊牧海洋的な自由平等で民主的な民と、権力者の
思いのままの奴隷的な土地に縛りつけられた農耕民との
社会に分類できよう。ほいで江上波夫氏は、近代民主主義は
遊牧民系統で、土地に縛りつけられる共産主義は農耕民系統と
されたんじゃ。まあ西欧は海賊的民主制と土地所有領地の領域の
農耕民的要素の両面を持った近代国家になったけんのう。

591 :出土地不明:2010/05/13(木) 00:09:15 ID:WX0P5kEK
面白い観点ですね。朝青龍が「モンゴルとはどんなところですか?」と
日本人に訊かれた時に「さえぎるものが何もない」と答えたといいます。
欧米がいう「自由」とはものすごく強固な法律とキリスト教的倫理観に
がんじがらめに縛られた、自由とはまったくかけ離れたものであるのに
どうしてそんなものがあると人は信じてやまないのか、本当に疑問です。

592 :白馬青牛 ◆cjIySZ2iYw :2010/05/13(木) 00:22:28 ID:jBQ7xGOK
またアク禁か。

593 :白馬青牛 ◆cjIySZ2iYw :2010/05/13(木) 00:24:58 ID:jBQ7xGOK
書いても載らんど。

594 :出土地不明:2010/05/13(木) 00:33:57 ID:WX0P5kEK
?書かれてますよ。

595 :白馬青牛 ◆cjIySZ2iYw :2010/05/13(木) 00:44:53 ID:jBQ7xGOK
>>594
コピーが載らんよ。

596 :白馬青牛 ◆cjIySZ2iYw :2010/05/13(木) 00:46:13 ID:jBQ7xGOK
また載らんのう。

597 :出土地不明:2010/05/13(木) 00:58:19 ID:Jg6rWzqW
まあ、日本人の理念は「和」じゃないかなと思う
和を持って尊し

和が倭になったけど、ヤマトが大和とか自称したけど
結局「和」は今も生きている

598 :白馬青牛 ◆cjIySZ2iYw :2010/05/13(木) 01:39:26 ID:jBQ7xGOK
 今回は転送出来んけぇ、>>585の月光仮面さんへの異論は省くと
しょうよ。
>>589
ウオルター・ゴールドシュミット氏は、牧畜民と農耕民の違いについて、
「農耕民の場合は、ある人が土地を広げていくと、他の人がその分だけ
土地を減らす現象が起きる。牧畜民の場合、ある時点で家畜を沢山持って
いても、疫病や旱魃が起きたら、財産が無くなってしまうので等質性な
社会になる。
また、農耕民はよその支配者が来ても、土地に労働投資しているので、
簡単に土地を捨てることが出来ず、支配者に対する鬱々たる気持ちを
持ちながら我慢するため、呪術が発達する。
牧畜民の場合は支配者が厭ならっさとよそへ行く。呪術は発達せず、
卜占のどちらの方角へ行くかの方が関わってくる。また水場はどこに
するかと、かなり個人的な判断を迫られるので、個人主義が発達する。」
と、両者は社会構造の違いも出てくるが、あなたの云う柵は、農耕を
基盤とした酪農であって、移動性の強い牧畜形態と異なるよ。
国境とか面の世界は農耕民の発想で、移動性の強い遊牧民や海賊なんかは
点と線で捉えるでしょう。モンゴル帝国なんかも、オアシス都市をおさえる
拠点支配を交易路の線で繋げる。一方農耕民のロシアの場合は、
土地ごと面でとらえる領土支配よ。
>>591
欧米人でも、海賊的要素の強い西欧沿岸部と内陸部や東欧の農耕性が
強い地域では、キリスト教的倫理観以前に、民俗的に差異があると
思いますけど。倫理観とは、その地域に住む人間の解釈ですから。

599 :出土地不明:2010/05/13(木) 02:02:30 ID:LEFTUkMv
>イブン・ハルドゥンの考える自由は「誰にも支配されない
>自由」なのです。

それどこに書いてあるの?イスラームの神や法や預言者からも
自由なの?それ国家的訓育的権威からの自由じゃないの?
はい質問3つね

人間の悪徳は種々の形をとって現れるが、まず目につくのはお互いの
権利侵害と確執である。他人の財産に目をつける者は、もし彼をとど
まらせるような自制心がなければ、その財産を得ようとして手をくだ
すであろう。(中略)大小の都市における住民の互いの確執について
は、当局や国家がその大衆を支配下において、他人の財産に手をのば
そうとしたり、互いに反目しようとするのを取り締まる。こうして
権力や政府当局者の力によって権利侵害を防ぐことができる。

イブン=ハルドゥーン『歴史序説』336ページ(森本公誠訳 岩波文庫)

ここでハルドゥーンがいう「お互いの権利侵害」というのは
「社会的自由」が侵されているという意味。「社会的自由」に
ついては広辞苑でも引いてくれ

それから

なぜ、あんたら社会規制について触れないのかね。「未開」と言われて
いたような社会にも複雑な社会規制があることは知っているよね?
砂漠の遊牧民にも掟がある。タリードも居る。

>近代国家以前は遊牧海洋的な自由平等で民主的な民

って頭の中まで牧歌的だな。馬牛が原始共産制に与するとは
思わなかったわ

600 :出土地不明:2010/05/13(木) 09:00:55 ID:mXCwWYVe
>>597
それは全体主義という見せかけだけの「和」ね

601 :出土地不明:2010/05/13(木) 16:41:24 ID:kQoDDIu0
わぉ〜月光たん(^-^)/

>>582
そうすると出雲族の四隅突出型墳丘墓文化人も@朝青龍=キム・ヨナの北方型C3ではなく
A日馬富士=真央ちゃんの南方系O2bかも知れませんね!!

602 :出土地不明:2010/05/13(木) 17:44:42 ID:kQoDDIu0
わぉ〜わぉ〜

>>585
月光たんが>>462でご紹介したホームページでは
http://yamatai.cside.com/katudou/kiroku267.htm
L群の奴国の後にA群(見る銅鐸族)が邪馬台国を形成したようでつね!!

初期の邪馬台国はA群の見る銅鐸族の国だったのだろうか!?
その後ヤマトモモソヒメの代で、南方系カラスク族(吉備族)に入れ替わったのかな〜(^-^)/

603 :出土地不明:2010/05/13(木) 17:52:18 ID:kQoDDIu0
わぉ〜わぉ〜わぉ〜
http://yamatai.cside.com/katudou/kiroku267.htm によると
下の「邪馬台詩」にある邪馬台国が周王室(姫姓)の流れをくむというのは
やっぱり本当だったんでつね!!

>>265
吉備族の吉備真備が遣唐使として中国に居たおり、唐の朝廷が真備の才能を試すために
複雑な並びの漢詩「邪馬台詩」を読ませようとした話は有名でつ〜(^-^)/
http://f.hatena.ne.jp/images/fotolife/n/nikogori12/20080713/20080713195739.jpg
その内容は「古代中国の周王室(姫姓)の流れをくむ東海の国(日本)は
百世にわたって代々栄える〜」

604 :ドレミ ◆YeeMODUSQg :2010/05/13(木) 20:17:32 ID:KS3yNs6L
>>603
古墳時代(3〜7世紀)の後半の5世紀ごろに漢籍は日本に入ってきたと考えられ、
『魏志倭人伝』の3世紀でもかなり中国事情に通じていた勢力はいたようです。
吉野ヶ里の紀元前3世紀だと、漢字の痕跡はありません。

8世紀には漢籍は定着していたので、吉備真備は回文の創作解読ができたと思います。

紀元前11世紀の殷商末期の姫姓では年代(日本は縄文後期)が遠く
日本は、中国でもどの勢力とかかわっていたか、不明だと思います。
一度秦や漢で全土統一した後の時期である5世紀以降の日本において
情報が十分にあるので、「邪馬台詩」は創作可能だと思います。

605 :LUNAMASK:2010/05/13(木) 22:11:09 ID:NPdSZheS
>>601-603
朝青竜の在所で四隅突出型墳丘墓が出ています。出土品には陝西省抄道溝
の殷代遊牧民文化と共通するものがあるようです。陝西省は秦氏の故土でもあり、
また、ホータンの玉が、殷の女王婦好による土方征伐の結果もあってか、西周以降
現代まで出荷がストップし、その後の玉の産地ははバイカル湖にに移るようです。
こうしたことから、西周には遊牧民がオルドス北方、陰山の北麓に移動したのではな
いか。その一部がオルドス、遼寧経由朝鮮半島に入り、更には日本に入るのではな
いかといったルートが考えられます。

606 :白馬青牛 ◆cjIySZ2iYw :2010/05/13(木) 23:26:15 ID:jBQ7xGOK
>>599
あんたのイブン=ハルドゥン『歴史序説』のP336は、文庫版のページ
じゃろう。わしが持っとるんは、P248〜249じゃ。あんたが(中略)
しとる処に、「不正を犯すのは人のさが、みずからを抑うる者が
いれば、その人は不正を犯さないという、ひとつの病にかかって
いるのさ」云う詩よ。ほいからあんたは、後文を書いとらんが、
「こうして権力や政府当局者の力によって権利侵害を防ぐことが
できる。ただ、支配者自身が権利侵害を行う場合は別である。
(中略)遊牧民のあいだの確執は族長や指導者によって抑えられるが、
これは部族民が彼らに対して深い尊敬の念を持っているからためで
ある。」と、農耕都市民と遊牧民の比較を云うておられるのに、
後者の部分を省いてどうすんなら。
未開な社会も、縄文人のような採集狩猟民の食人習俗があっても
社会規制はあるよ。遊牧民にものう。じゃが農耕民に比べ
遊牧民は自己抑制のおもむきが強い。
原始共産制なんか、マルクス史観の一元的古代概念で、あんたの
云う未開な社会にも複雑な社会規制があるんと矛盾しとらんか。
社会規制も、地域や生業で違う面を無視する一元的解釈じゃ
つまらんのと一緒じゃ。

607 :出土地不明:2010/05/13(木) 23:55:32 ID:89GkPANx
>『歴史序説』のP336は、文庫版のページじゃろう。
ちゃんと「岩波文庫」って書いておいたろうが。

「農耕都市民と遊牧民の比較を云うておられる」。そうだよ、これは
ハルドゥーンが繰り返し言ってること。小見出しにもなってる。そこ
に異論はない。

わざわざ省略部分を書いてくれたわけだけれど、このスレの最新50
あたりに書かれている内容と、それがどう絡むわけ?論点とずれる
ところ引用するの別に構わないけど、だから何なの?省いたのは
ここでの論点とずれるからだよ。

>原始共産制なんか、マルクス史観の一元的古代概念で、あんたの
>云う未開な社会にも複雑な社会規制があるんと矛盾しとらんか。

>近代国家以前は遊牧海洋的な自由平等で民主的な民

こういう幻想って、原始共産制と似たような話じゃないんですかって、
おれがおまえに訊いてるわけ。論点のすり替えみっともないよ

それから質問にはいっさい答えないんだね

608 :白馬青牛 ◆cjIySZ2iYw :2010/05/14(金) 00:08:35 ID:1oUr5u+m
文の貼り付け規制中になったのう。
http://anchorage.2ch.net/test/read.cgi/army/1258649782/

609 :白馬青牛 ◆cjIySZ2iYw :2010/05/14(金) 00:12:09 ID:1oUr5u+m
>>607
論点のすり替えしよるんは、あんたじゃ。
「似たような話じゃないんですか」と自白しとるじゃないか。

610 :出土地不明:2010/05/14(金) 00:22:21 ID:ze31sk9Q
自白?よく読みましょうね。

「近代国家以前は遊牧海洋的な自由平等で民主的な民」という表現に
関して、おまえ(馬牛)の言っていることが内容的に原始共産制と
似通ってはいないのですか?

と訊いています。

これで理解できる?

611 :出土地不明:2010/05/14(金) 00:27:05 ID:ze31sk9Q
別に答えなくていいよ

612 :白馬青牛 ◆cjIySZ2iYw :2010/05/14(金) 00:34:25 ID:1oUr5u+m
>>610
「原始共産制」云う概念自体、マルクス史観概念に当て嵌めよ
ろうに。わしゃあ、民主制云うたが共産制たぁ一言も
云うとらんど。あんたの「原始共産制」の一元的解釈をわしに
云うて、理解出来る云々以前の問題じゃ。

613 :出土地不明:2010/05/14(金) 08:01:22 ID:brClUc2G
>>600
そんな時代も有った
大和朝廷は和とは違う気がする、無論明治以降も
日本は全体主義が生まれては崩壊し地域主義が復活する、こんな歴史を繰り返してる
今はまだ崩壊過程かなー

江戸は和で、縄文も和、良い田舎も和かな
和は原始家族的共産主義にもつながる、全体主義には「和」は無い

614 :出土地不明:2010/05/14(金) 08:13:41 ID:brClUc2G
>>613
修正
>全体主義には「和」は無い  → 全体主義は「和」とは違う

615 :出土地不明:2010/05/14(金) 09:39:37 ID:TOavZ5Tr
>>605殷と周ってなんか牧畜文明に関係が深いですよね。

616 :LUNAMASK:2010/05/14(金) 10:16:42 ID:SJOI65Kj
>>615 そうですね。NHKのシルクロード・小河墓遺跡でもわかるとおり西方からの
流れはあった。白鳥博士は「思ふに陰陽及び天地人三才の思想はカルデアにもアッシ
リアにも存し、イラン民族に起りしゾロアスターの教は、陰神陽神を設けてその世界觀を
説きたり。印度にては三才の思想は梨倶吠陀(リグヴェーダ)に存し、佛教の眞如と無明
とは陰陽思想の變形なり。この思想はアリアン及びセミチック種に著きが如し。而して
二十八宿は印度にては二十七宿( 初めは二十八宿なりし也、ナクシヤトラといふ )
にして、アラビアにては二十八宿なり。この類似は三者偶發的とするよりも、同一起源
に基けるものと考ふるを至當とす。その起源に就きては、從來之れが研究に從へる西
人の間に考説の區々なるありと雖、とまれセミチック族に起りしものならん。支那より
西方に移り行きしものとは考ふる能はず。而してラッセンによれば二十八宿の印度に
入りしは、西紀前一一五〇年頃ならんと。その眞僞は明ならざれども、支那に入れるも
その前後なるべきか。二十八宿が西方より來れるを推するは、後世の支那歴史の大勢
を通觀して歸納せらるゝ所、又西方との交通が比較的夙に行はれしことは、禹貢に流
沙、弱水等今の新疆省の地域をいへるによりても旁證せらるべし。現に日を十二時に
分つことも、五星( 土星を尚んで中央にする )の思想もアッシリアより支那に入り來れ
るもの也。
 五星によりて五行思想起り、易は伏羲、神農、黄帝、堯、舜の五帝を作りて、黄帝を堯
の前におきたり。『書經』は堯以前につきては何事も載せざるに、後に至りて黄帝をその
以前に存せりとするは、偶その製作の後世のものなるを證するもの也。更に三皇を
五帝の前におけるも同樣なり。五星に迷信的思想を附加せるはアッシリアの思想なり。
 然らばかゝる天文五行思想の入り來らざる以前の支那思想界は如何なりしかといふ
に、そはアミニズムにして、宇宙萬象に生靈ありと考へしもの也( これにつきては已に
論じたることあれば今は省略す)。而して宗教的思想より進みて道徳を以て人々の行を
規定し行かんと擬したるは儒教なり。この固有思想と五行等の新來思想とが合せる時、
その宗教的方面に結びつきしは方士の類なり。後に道教となり風水説となれり。その
道徳的方面に結びつきしは儒教也、易也。而して『書經』『禮記』は五行分子多く、孔子
の説は道徳的分子に富みたり。
 而してかの陰陽思想は延いてわが國に及び、神代史の構成に影響すること大なり
き。」
〔明治四十五年二月二十二日、漢學研究會の講演、明治四十五年四月『東亞研究』
第二卷第四號〕・・・と言っています。

617 :LUNAMASK:2010/05/14(金) 10:25:41 ID:SJOI65Kj
承前
ペンシルヴァニア大学 四川師範大学  2006年12月 「中国農業文明の勃興:考古学
発見と史書の不一致」では、中国には河姆渡文明のような長江農業文明があるのに
その何千年も後に西方から入る殷や周が初めて農耕文明に接するような詩歌を
残しているのはおかしいとしています。

618 :LUNAMASK:2010/05/14(金) 11:32:17 ID:SJOI65Kj
承前
「対称性の破れが世界を創る」・昼と夜、天と地、生と死という風に敗れ行く対称性:
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%AF%BE%E7%A7%B0%E6%80%A7%E3%81%AE%E7%A0%B4%E3%82%8C
と言われますが、陰陽対称性が天地人三才へと移行、「而してかの陰陽思想は延いて
わが國に及び、神代史の構成に影響すること大なりき」というのは崇神の完成させた箸
墓古墳、鳥型祭器で一つの頂点を見ることができます。神武が熊野から吉野への峰を
山岳山羊の角の間に高句麗壁画に見られる三足烏を掲げる太陽神が導くというパー
フォーマンスが古墳の稜線上で、鳥型祭器乃至はシャーマンの鳥装をもって行われた
のであろうと考えられます。

619 :LUNAMASK:2010/05/14(金) 11:39:25 ID:SJOI65Kj
殷・周が長江文明の発展の過程として起こったのではなく、中央アジアの気候変動
の結果による民族移動によって起こったのと同様、日本の古墳文化も銅鐸文化の
自然発展によっておこったのではなく、九州から来る銅鏡文化によって引き起こされ、
物質面、理論面でこれを補強したのが出雲に入ってきた四隅突出型墳丘墓文化人
であったであろうと考えられます。

620 :LUNAMASK:2010/05/14(金) 13:38:45 ID:SJOI65Kj
承前
天照大神vs素盞嗚命の陰陽対立の対称性から、出雲の素盞嗚命vs大国主命への時
系列における分化がありますが、素盞嗚命の持つ閻魔・牛頭天王的なものから大国主
命の持つ国魂的なものへの変化は崇神がオオタタネコを三輪の神主に任命し、三輪
山をAxis Mindiとしたことにあると見られます。渡来集団を
@アルタイ・カツニ川(葛城)孝霊-武内宿禰-蘇我、ヘレクスル、前方後円墳、穹窿石
室墓
A興安嶺・黒水上流集団・藤原氏、前方後方墳
Bアンガラ川・モンゴルテフシ・ウウル・陝西省、四隅突出型墳丘墓、玉造集団
に三分類する場合、崇神朝には@→A+Bの動きがあり、@は応神、継体朝において
復活、
Bは平安朝に藤原氏として開花すると考えられます。

621 :LUNAMASK:2010/05/14(金) 13:41:16 ID:SJOI65Kj
失礼、藤原氏はAが主力でしょう。Bはその後も神職に専念したのでしょうか。

622 :LUNAMASK:2010/05/14(金) 13:46:49 ID:SJOI65Kj
>>620 Correctly AXIS MUNDI
http://en.wikipedia.org/wiki/Axis_mundi
世界のへそ、日本の場合、現在は富士山のようですが、崇神の時代は
三輪山を世界のへそとしたのでしょう。

623 :LUNAMASK:2010/05/14(金) 14:26:18 ID:SJOI65Kj
やまとは 国のまほろば. たたなづく 青垣 山ごもれる やまとし うるわし
http://www.youtube.com/watch?v=DBqQOOaT4io
Hovering high in the sky, Yamato Takeru sung:
“Yamato - the Forum of the State, fenced by green hedgerow of ridges,
Yamato is glorius.”
日本をまほろばに!

624 :LUNAMASK:2010/05/14(金) 15:50:03 ID:SJOI65Kj
半島琵琶型銅剣●と細型銅剣□の対立↓は九州北部へと続く。
http://upload.wikimedia.org/wikipedia/en/b/b9/Bipabronze1.jpg
http://en.wikipedia.org/wiki/Gojoseon
他方、メス鹿の歯のペンダントは四隅突出型墳丘墓発祥の地イルクーツク近辺で見ら
れる。朝鮮半島のゴゴクは縄文の勾玉とイルクーツク鹿歯の習合したものと考えら
れる。
http://en.wikipedia.org/wiki/Gogok
従って@大型青銅器を鏡、天孫族、A細型銅剣を扶余系鹿飼い集団、B勾玉を縄文、
イルクーツク玉造集団と見ることで三種の神器が渡来系エリート集団のシンボルであっ
たことが分かる。縄文系との関係は大国主命の求愛の歌でそのの縄文との深い
交易関係が読み取れる。

625 :LUNAMASK:2010/05/14(金) 16:08:15 ID:SJOI65Kj
素粒子のパートナー探し↓のように、
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%B6%85%E5%AF%BE%E7%A7%B0%E6%80%A7
大国主命にも時代と共に新たなパートナーが求められる。京都市の新羅神社
http://www.shiga-miidera.or.jp/serialization/shinra/142.htm
神主の間では理論物理学論争にも似た論争があったのであろうか。

626 :出土地不明:2010/05/14(金) 16:23:43 ID:sBGqw3C5
わぉ〜月光たん(^-^)/

>>622
日本のカイラス山は三輪山ですね〜!!

627 :出土地不明:2010/05/14(金) 16:46:17 ID:sBGqw3C5
わぉ〜わぉ〜

>>225
先月のNHKで『大仏開眼』という歴史ドラマでは..

犬     葛城氏→葛城王のちの橘諸兄(橘氏はなんと元は犬養氏) 
猿(鹿?) 藤原氏→藤原仲麻呂のちの恵美押勝
鳥 カラスク吉備氏→吉備真備

ということで、奈良時代の後期は@南方系天孫族の勢力が盛り返していた模様でつね!!

628 :出土地不明:2010/05/14(金) 17:09:19 ID:sBGqw3C5
>>624
すなわち
@A群(犬+鳥) VS AL群(鹿)+B出雲族(猿)
ということでつか!!

629 :出土地不明:2010/05/14(金) 17:15:33 ID:sBGqw3C5
わぉ〜わぉ〜

でもカイラス山の三層(三輪)構造は
@A群(犬+鳥)がもともと持っていたんじゃね??

神武が熊野から吉野への峰で行った鳥装のシャーマンによる修験道は
西域の拝火教から来てるようだし..

630 :出土地不明:2010/05/14(金) 19:03:56 ID:TOavZ5Tr
>>616明治の人間は師が全部白人で、しかもその当時は人種差別が極当然に
行われてる時代だった。その中で「何でもかんでも西から来た」とするのは
現代の我々がそのまま飲み込んでもいい説なのかは疑問ですね。日本周辺での
農耕の開始、つまり文明の蓄積に対する大きな援助たる定住農耕生活、は
インドシナの稲作でメソポタミアより早いかもしれないといわれています。
文字の成立もエジプトを除けば支那がかなり早い。それなのにすべての文明が
西方から来た、とするのはすこし無理があると。ただし車輪や戦車、騎馬、
牧畜に対する様々な技術はカザフスタンの最古の牧畜文明から由来するのでは
ないかと考えてますが。

631 :出土地不明:2010/05/14(金) 20:18:11 ID:skLvn9Fa
>>630
>文字の成立もエジプトを除けば支那がかなり早い。
甲骨文字はメソポタミアの楔形文字(BC3500)よりどのぐらい早いの?


632 :白馬青牛 ◆cjIySZ2iYw :2010/05/14(金) 22:27:57 ID:1oUr5u+m
>>617
長江を文明と呼べるんですかね。まあ、文明の定義の仕方にもよりますが。
長江地域は、北方民族に押された漢人の江南入植による農耕開発で
開けたと思うんですよ。つまり六朝の頃でしょう。

633 :出土地不明:2010/05/14(金) 22:42:27 ID:brClUc2G
>>632
長江文明は文明と呼べると思う
滅んだ時期も今から約4200年前で、モヘンジョダロやシュメールや三内丸山の
崩壊時期と一致する。更に同時期にエジプト文明もかなり弱体化してる。
大規模な気象変動(寒冷化)が有ったのだろう

634 :出土地不明:2010/05/15(土) 01:11:14 ID:vNlOLg9V
>>631楔形文字を忘れてました。古代エジプトのが約7000年前、
楔形文字が5500年前、甲骨文字は3500年前ですね。

635 :出土地不明:2010/05/15(土) 06:26:13 ID:bIb2yvrD
ぶっちゃけ長江文明の話って今どうなってるの?<教えてエロイ人

もし黄河よりも先に長江のほうに文明があったらなら、人の流れは
大陸を北上していたはずだよね。でも史実は逆じゃない。

日本人の起源を江南に誘致しようとしてる奴らのフィクションとか?w

636 :出土地不明:2010/05/15(土) 07:09:25 ID:vNlOLg9V
何を以って文明とするかだろ。文字の成立以外はその地域の単なる手前味噌にしか
すぎんよ。

637 :LUNAMASK:2010/05/15(土) 09:47:41 ID:TV253zcr
>>626 その頃はですね。
>>627 干支の関係もあり一意的に決まらないものがありますね。
>>628 鏡・幅広利器がアルタイ・オルドス、細型銅剣が主に扶余・出雲、出雲には別に
玉造がいるということですね。これとは別に半島・九州には支石墓文化があり、これは
少彦名(欧州巨石文化)と考えています。
>>629 三層構造は白鳥博士の三才説に還元できます。神武の峰渡は拝火教かもしれ
ません。太陽が山岳山羊によって推力を獲得し黄道を登るという考えはモンゴリア西部
が発信源のようですね。綏遠の趙宝溝時代には鹿・鳳凰・猪らしき概念があり、紅山
時代には猪龍の概念が生まれているようです。

638 :LUNAMASK:2010/05/15(土) 09:50:17 ID:TV253zcr
>>630 同感です。しかし、明治啓蒙思想は美しいですね。

639 :LUNAMASK:2010/05/15(土) 09:54:12 ID:TV253zcr
>>632 文明、農耕等の定義の仕方ですね。風と共に去りぬで南部の文明が滅びたと
いう場面がありますが文学的ですね。

640 :出土地不明:2010/05/15(土) 16:39:31 ID:7s/BD/k5
わぉ〜月光たん(^-^)/
おいらは日本人について初めて興味を持ったのが梅原猛さんの本でしたが
このスレを1から読み始めて、弥生(古墳)VS縄文がそのまま天孫VS地祇といった
梅原史観のように単純ではないな〜と強く思ったものでした。

しかしスレも13になって、>>624でBの出雲族に縄文人が強く関与している説を受けると
あながち梅原史観も間違いではなかったとまた感じています。
(彼が縄文系とした物部氏もBということかな!?)

ただ梅原史観では、藤原氏は「地祇の神々を流ざんした」憎き天孫族として描かれていますが
>>624のAによると、神やらいされた扶余系の地祇勢力だったということになりますね〜

奈良の春日大社に鹿が守られている理由もよく解ります〜(^-^)/


641 :出土地不明:2010/05/15(土) 21:47:07 ID:GFy0HaIj
>>635
別にエロくないけど、横レスw

河姆渡文化は寒冷化で人口激減して、復活した良渚文化から現在まで
継続しているというのが、本来は自然な見かたです。
だが、良渚文化は長江河口にあり、洪水で滅んでしまったという見かたがあるようです。
よって、水田稲作の長江文明というのは、滅んだ扱いが続いてます。

その後の屈家嶺遺跡や三星堆遺跡はもっと上流地域であり、河姆渡や良渚と
生活様式がかなり違う。それを長江文明と呼べるのかどうか疑問です。

642 :白馬青牛 ◆cjIySZ2iYw :2010/05/15(土) 23:11:37 ID:7IBy/Zmg
 貼り付けが出来んのう。

643 :白馬青牛 ◆cjIySZ2iYw :2010/05/15(土) 23:13:56 ID:7IBy/Zmg
また、アク禁か。貼り付けが全く出来ん。

644 :出土地不明:2010/05/15(土) 23:22:53 ID:H8Ea8vr+
>>641
いったん滅んで、黄河や四川文明に繋がっていると言う見方も有るね
シュメール文明も滅んでユダヤ文明につながってるが
気象変動による文明崩壊は移住を生む

645 :白馬青牛 ◆cjIySZ2iYw :2010/05/15(土) 23:23:06 ID:7IBy/Zmg
書き込めんのう。

646 :出土地不明:2010/05/16(日) 03:27:52 ID:0JQehi2S
>>638明治啓蒙思想ってなんですか?江戸は日本史上一二を争うダメ政権ですよね。
平安時代と同じ。

647 :LUNAMASK:2010/05/16(日) 08:52:52 ID:2j9bTGS1
>>640 アルタイ・クマンディン族に残る生き馬生贄儀式は凄惨なもので、こうした儀式
に対する拒絶反応が天照大神の素盞嗚命神やらいの主因であり、また素盞嗚命の
罪状の一つである畑の中に青銅小型呪具を投入する慣習は支石墓文化・日光感精
伝承に含まれる小童神・天帝伝承によるもので、これが次期オリンピック開催地ソチの
ドルメンに付随する祖霊慰撫用の小型供献具が示唆する死霊のミニサイズ化と共通
するものがあると考えられます。これは少彦名(高句麗・扶余神話の小型化し、微小な
隙間を通りぬける日光の特性を持つ天帝)となるもので、私はこれを新石器農耕文化の
持つ古い太陽神信仰だと考えています。少彦名、太陽と大国主・大地はかつて対称性
を保持したが、この対称性が神やらい事件によって崩壊し、その後、天照大神のような
形で復活し、新しい神話パラダイムを作って行くものと考えます。・・・
縄文時代、我が国の最大の輸出武器、黒曜石は半島、満州、沿海州に伸びていた
形跡が残ります。他方、大陸には紅山文化のような高度な玉文化があり、縄文文化
との交易を通じての接触は存在したのではないか思います。・・・

648 :LUNAMASK:2010/05/16(日) 09:02:22 ID:2j9bTGS1
>>646
古き良き明治、大正を葬った国家主義、古き良き大和を葬ったおぞましい儒学・
朱子学・・・こんな感じがします。

649 :出土地不明:2010/05/16(日) 13:26:15 ID:0JQehi2S
明治・大正のどこがいい時代だったので?
ガイジンが今みたいに偉そうに振る舞い、
それにペコペコして神みたいに扱う日本人が居て、
みんな貧乏で独自の文化もなけりゃ文明もない、
英植民地の香港と何も変わらない時代ですよ。

650 :LUNAMASK:2010/05/16(日) 15:45:35 ID:2j9bTGS1
>>648
天地開闢以来最悪の日中戦争・太平洋戦争時代に比較すれば良かったいう話で
すね。

651 :出土地不明:2010/05/16(日) 16:16:33 ID:8cHr9IiH
ID:0JQehi2S みたいなのや白馬青牛にうっかり乗っかると
スレがあらぬ方向に行くから気をつけないと

652 :LUNAMASK:2010/05/16(日) 16:28:44 ID:2j9bTGS1
>>647
ががいもの舟に乗って登場する少彦名の伝承は、神武に率いられたニニギ天孫と
古・鍵集団によって建国され、平原大型銅鏡工人を含む葛城勢力(アルタイ・カツニ川
に発する)も加わった邪馬台国は、卑弥呼の急進的な銅鐸文化の銅鏡文化への改
革運動に対し、前方後方墳を推進するザバイカル国土神オオナムチの上位を唱える
鹿飼い勢力(後の春日・藤原)が立地した尾張狗奴国は邪馬台国と魏が外交関係を
樹立することにもかまわずに公然と魏・邪馬台国に挑戦し、背振周辺に集結した斉・
楚文化を持ち、豊前を中心に勢力を温存していた旧甘木朝倉オシホミミ系天孫族と手を
組み、卑弥呼の死後政権の座に就いた崇神に対し三輪山をオオナムチとし、自らの
利権を代表する、旧銅鐸文化の子孫、オオタタネコを国家最高司祭に任命するととも
に、葛城系には倭姫巡幸という、遊牧民の移牧とか、サーカスの巡業のようなような
ステータスを割り当てたのではないかということ示唆します。

653 :LUNAMASK:2010/05/16(日) 16:39:11 ID:2j9bTGS1
承前
天日矛というのは豊前を中心に勢力を温存していた旧甘木朝倉オシホミミ系天孫
族で、神農、蚩尤、兵主等の斉の文化と呉の製鉄文化を持った集団であり、崇神・垂仁
朝の宗教改革を支えたものと考えられます。

654 :白馬青牛 ◆cjIySZ2iYw :2010/05/16(日) 22:39:09 ID:kWpqUWNf
>>639-648
米国南部の場合は、帝国でしょう。レット・バトラーの台詞で
「たいていの人間は、文明の建設の場合とおなじように、文明の破壊の
ときにもまた金もうけができるということを知らないらしい。」
スカーレット「それは、どういう意味ですか?」
レット「あなたの一家も、ぼくの一家も、また今夜ここにいるすべての
人々も、荒野をひらいて文明を築きあげることによって金をもうけた。
それが帝国の建設というものです。帝国を建設するさいには、いくらでも
金もうけができる。しかし帝国が崩壊するさいには、もっともっと金もうけ
ができるんです。」
スカーレット「どの帝国の話をしていらっしゃるの?」
レット「われわれが住んでいるこの帝国ーつまり南部ー南部同盟ー綿花王国
ーいまわれわれの足もとで崩壊しつつある帝国ですよ」と。
古き良き明治・大正期も江戸・維新から続く朱子学国家ですよ。
>>649
ガイジンにペコペコする連中は、明治・大正期云うか戦前は少ないで
しょう。まあ、上層エリートは今も昔も外国人に卑屈になったり、
戦争の緒戦で勝つと、居丈高になったり上下朝貢関係で見たりしますね。
江南思想朱子学と朝貢根性は、染みついた日本のエリートには永遠に、
克服出来んでしょう。

655 :白馬青牛 ◆cjIySZ2iYw :2010/05/16(日) 22:57:31 ID:kWpqUWNf
>>633
採集狩猟文化の縄文を文明にする必要も無いでしょう。
>>640
なるほど、縄文美化の妄想者であられる梅原猛氏に洗脳されたんか。
出雲人は渡来形質じゃし、高志の土雲じゃ無いんよ。
>>652-653
鍛冶集団は伽耶系か伽耶以前は北方民族で呉越稲作民とは関係無いで
しょう。狗奴国なんか尾張に無いですし。隋書倭人伝に九州の記述しか
無いし、難波津も飛鳥の記述すら無い、漢人の認識に尾張なんか無い
ですよ。

656 :白馬青牛 ◆cjIySZ2iYw :2010/05/16(日) 23:06:09 ID:kWpqUWNf
>>647
ほいから、稲作民族の人身供儀で、人柱にする方が馬供儀より
生類を大切にしたことになるんですかね。まあ牛馬供儀でも、
稲作民族は流血供犠云う動物を苦しめる殺害方法を選びますね。

657 :LUNAMASK:2010/05/17(月) 08:46:13 ID:IaRviBLO
>>655
>狗奴国なんか尾張に無いですし。隋書倭人伝に九州の記述しか無いし
--------------------------------------------------------------------
朝日遺跡↓も唐古・鍵、加美・久宝寺集団同様に渡来ノマドを用心棒にし
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9C%9D%E6%97%A5%E9%81%BA%E8%B7%A1
政治勢力となっていた。美夜受媛の尾張国造家が狗奴国と考えます。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A4%E3%83%9E%E3%83%88%E3%82%BF%E3%82%B1%E3%83%AB

658 :LUNAMASK:2010/05/17(月) 08:52:21 ID:IaRviBLO
>>654 レット・バトラーってこうして見るとなんだか学者見たいですね。文明人なんだ。
参考事例ありがとうございます。

659 :LUNAMASK:2010/05/17(月) 09:14:05 ID:IaRviBLO
>>655
>鍛冶集団は伽耶系か伽耶以前は北方民族で呉越稲作民とは関係無いで
しょう。
---------------------------------------------------------------------
弥生時代鋳造鉄斧の流入時期
http://www.ops.dti.ne.jp/~shr/wrk/1996a.html
「弥生時代鋳造鉄斧の流入時期 鉄斧30005を出した土坑SK-201は,出土土器が須玖II
式古段階に属し,弥生時代中期後半に位置づけられる。鉄斧30005は2条突帯をめぐ
らし刃部が広がらぬもので,川越哲志氏のAa−1型に属す。戦国時代(前5〜前3世紀)
の河北・遼寧,西北朝鮮(燕)が製作地と考えられている。」
ポリツェ鍛鉄技術は沃沮の民族移動によってアムールから江原道春川に南下、そこで
上記の呉を起源とする鋳造技術と一体化する。この際に製鉄関連に統合があったとして
もおかしくはないと考えるのです。

660 :LUNAMASK:2010/05/17(月) 09:27:09 ID:IaRviBLO
>>658
レット・バトラーがヤマトタケルなら尾張文明から大和文明への飛翔と言ったかも。
http://academy6.2ch.net/test/read.cgi/archeology/1263883002/menu30

661 :LUNAMASK:2010/05/17(月) 10:49:07 ID:IaRviBLO
>>655
>高志の土雲じゃ無いんよ。
--------------------------------------------------
「幻のヌナカワ王国」↓というものがあり、
「長岡、糸魚川、魚津地区には、火焔土器という特徴的な共通文化をもった高志
族が先住していたとみてよいのではないだろうか。とくに姫川下流の玉造遺跡か
らは、長者ヶ原のほかにも岩野、入山(縄文中期)、細池(縄文晩期)、田伏、
大角地(古墳期)とヒスイの原石をともなう玉造遺跡が発見されており、これら
の遺跡は弥生期のものが一つもないことが判っている。
 そこで、弥生期(紀元前三〇〇〜三〇〇年頃)に何か大きな変化があったとみ
なければ、この説明がつかないことになる。」
http://members.at.infoseek.co.jp/Accord/BIGLOBE/KAIZIN/nip10630.htm
綏靖天皇↓もここの出自で
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%B6%8F%E9%9D%96%E5%A4%A9%E7%9A%87
辰韓難彌理彌凍国
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%BE%B0%E9%9F%93
がヌナカワ王国の三韓における通商代表部と考えています。

662 :LUNAMASK:2010/05/17(月) 13:23:35 ID:IaRviBLO
>>658
しかし、レット・バトラーってリーマンブラザーズのようでもありますね。

663 :LUNAMASK:2010/05/17(月) 21:35:35 ID:IaRviBLO
>>640
神やらいされたのはアルタイ系牧畜民(諏訪大社御柱信仰)、ミレット畑作農民であり、
これは建御名方と共に裏日本から諏訪に入り、また、日本海、鹿児島、沖縄方面に残る
ナマハゲにも関係するのでしょう。ブリャート系鹿飼いは生業としての鹿飼いとか、狩猟
をしながら志賀島→安芸→秋田・岩手→宮城→茨城→奈良と言ったルートで転々として
いたが、最終的には利根川河口の鹿島・香取方面に落ち着き、更には奈良・春日大社
に落ち着くといったコースでしょうか。

664 :LUNAMASK:2010/05/17(月) 21:40:47 ID:IaRviBLO
承前
弥生人と言うのはとどのつまり、mtDNAによると大和女性は韓人とブリャート人、
沖縄女性はブリャート人に最も近いという結果をもたらしたのでしょう。
http://genome.cshlp.org/content/14/10a/1832/T4.expansion.html

665 :出土地不明:2010/05/17(月) 23:45:43 ID:Q+5lkNBJ
縄文土器に算版というか、サイコロの目みたいなもので数を表し、それを足すと
いくつになるかという簡単な計算式とその答えをしるしたものがあったんだそうな。

666 :白馬青牛 ◆cjIySZ2iYw :2010/05/18(火) 00:07:47 ID:ZD+bCCiF
>>658-662
レット・バトラーは、見識を持っておって一般的な学者の
ように愚かじゃと思えませんが。勿論、物質的には兎も角、精神的
には文明人じゃ無いでしょう。彼が愚弄する神士たちを含めて。
知識階級たる中流階級から見たら、その上の神士階級は野蛮人
なんですよ。
ほいから、名門の家出身のレット・バトラーは、陸軍士官学校を
放校になり、故郷チャルストンで未婚の娘と問題を起こし、その兄を
射殺し、父親から勘当され、南米あたりまで放浪し飛び道具を持って
の殺し合いや中米の革命軍に鉄砲の密輸で金を稼ぎ、南北戦争では
船に南部の綿花を積んで、北軍にバレんようイギリスに行って、
戦争で南部から綿花が入らんで紡績工場が休業状態ゆえ、
綿花の密輸は高い値で取引でき、帰りに軍需物資を積んで南部に
売り、この封鎖破りで巨万の富をつかんだ云う人物設定です。
レット・バトラーの台詞「建国のときは、徐々に金ができるが、
一攫千金は崩壊のときだ。」ですよ。
まあ、日本でもバブル崩壊で、米国のユダヤ系金融業界は大分
儲けたでしょうね。

667 :白馬青牛 ◆cjIySZ2iYw :2010/05/18(火) 00:32:13 ID:ZD+bCCiF
>>657-659及び>>661
神話のヤマトタケルにしても、出雲風土記のオオクニヌシにしても、
東国の利権収奪物語ですよ。これら渡来系の収奪は、平安期に
至っては金の収奪になりますね。鮮卑要素の強い東漢系の
坂上田村麻呂、百済王敬福ら役者がそろいます。
出雲は、掠奪した高志の翡翠の勾玉を新羅へ何ぼで売ったんでしょう
かね。収奪品を交易転売すると相当な見返りがあるでしょう。
三国史記の昔氏が財宝、奴婢を満載して王なった伝説がありますが、
来た地は倭ですから伽耶〜列島まで考えられますが、倭の東北なら
高志の財宝と拉致した奴婢とも考えられますね。
ほいから製鉄は伽耶地方が産出しとっておったわけですから、
売る立場で相当な利益は得ておったでしょう。
「鉄は国家なり」ですかね。

668 :白馬青牛 ◆cjIySZ2iYw :2010/05/18(火) 00:37:48 ID:ZD+bCCiF
>>664
弥生人も、渡来系と土着縄文系があり、渡来系でも北方形質と
朝鮮南部の縄文形質支石墓系と多様な集団がおったでしょう。
篠田謙一氏は縄文人も弥生人も朝鮮、山東、遼寧の集団に
近いとされてますが。

669 :出土地不明:2010/05/18(火) 01:27:00 ID:dwkNW64x
>>665
これのこと?

1 hito 

2 huta 1×2

3 mi

4 yo

5 itu

6 mu  3×2

http://www.dokyoi.pref.hokkaido.lg.jp/hk/bns/lecture
http://www.dokyoi.pref.hokkaido.lg.jp/NR/rdonlyres/5862FE7A-AA6D-427F-BC62-6EB4FE0DE90C/0/tablet.jpg


670 :LUNAMASK:2010/05/18(火) 08:22:07 ID:uxswqRO3
>>666 池上さんのような名解説ですね。
>>667 ヤマトタケルって国税庁のGメンみたいですね。女を提供されている。
ミヤズヒメはテイよくあしらったんでしょう。
出雲が値段をたたいては高く売ったんだとしても、それが基本ですよね。
安売りのマニフェストで高く買ったんではね。
浦項、上海の製鉄が国の役に立つようにと願った日本の気持ちも分かって
ほしいですね。
>>668 そういう細かい調査にはYDNAによる各国の資料が役立ちます。
EUもYDNAでやってます。あんまり言うとアメリカを刺激するかな。

671 :出土地不明:2010/05/18(火) 12:45:34 ID:eWZHLDR/
わぉ〜青牛たん(^-^)/
>>668
渡来系に北方形質と土着縄文形質支石墓系がいて
L群:北方形質(スサノオ系)
A群:土着縄文形質支石墓系(少名彦系←朝鮮半島に行って戻ってきた縄文人なら神話に符号しますね!!)
なら
A群がL群を神やらいして邪馬台国を建設したんじゃね??

672 :LUNAMASK:2010/05/18(火) 15:51:22 ID:uxswqRO3
>>671 おじゃまします。
L群は鹿飼い・ブリャートで、一方、神やらいの対象はミレット・牧畜・アルタイ系。
出雲ではあらゆる青銅器を鋳造しているようです。
邪馬台国はA群青銅で銅鐸を鋳造していたが卑弥呼時代からB群銅鏡が入手できる
ようになった。
崇神は欲を出して出雲のL群に手を出そうとしたが、出雲は荒神谷に秘匿したということ
でしょう。

673 :LUNAMASK:2010/05/18(火) 15:58:48 ID:uxswqRO3
承前
西部ブリャートは玉造・四隅突出型墳丘墓、イェニセイ河を通じてアルタイと関係
東部ブリャートは鹿飼い・前方後方墳、黒水上流
こんな関係であったんでしょう。

674 :LUNAMASK:2010/05/18(火) 16:30:50 ID:uxswqRO3
>>672
しかし、出雲の言動と九州との裏取引、荒神谷に埋められた青銅器の内容を
見るとどうも邪馬台国転覆を画策していた感じが強い。崇神は牽制球を投げた
といった感じですね。

675 :出土地不明:2010/05/19(水) 00:45:45 ID:JV7UA+Ow
わぉ〜シロウマアオウシ

676 :LUNAMASK:2010/05/19(水) 11:00:55 ID:fyWcEHzw
ユーラシア各地の草原と山岳の接点で生まれる移動民と定住民の共存関係は日本列
島において稲作民と畑作民の関係、特に、尾根によって隔てられた雪深い裏日本と
表日本の気候・地理的条件下では効果的に作用し、神社の上社・下社、墓地の両墓
制にもアルタイ・興安嶺・綏遠・集安において効果的に作用したであろう原則の姿を見る
ことができる。しかし、日本の研究者は九州においてすでに弥生以前からこうした高地・
海浜の補完関係が存在し、稲作の北部九州から南部九州への伝播において障害とな
っていたことを指摘する向きもある。神社の上社・下社、墓地の両墓制についてはこうし
た九州の影響も考慮せざるを得ないし、九州には更に古田説で研究されている考古学
上列島の他地域にはない先進的な遺跡がある。
山への旅(シリーズ)
http://www.sysken.or.jp/Ushijima/voyage2.htm

677 :LUNAMASK:2010/05/19(水) 11:12:20 ID:fyWcEHzw
承前
参考 http://academy6.2ch.net/test/read.cgi/archeology/1263883002/menu31

678 :LUNAMASK:2010/05/19(水) 14:37:41 ID:fyWcEHzw
応神天皇・ホムダワケのホムダ、善光寺、本田善光のホンダはアフラ・マツダを意味する
モンゴル語ホルムスタから来る。ゾロアスターの神は九州→難波→信州と移動した。
大日如来はこの神を仏教の下で表現したものであり、ブリャート族国土神オオナムチの
世界を胎蔵界曼陀羅、支石墓天神の世界を金剛界曼陀羅とすると、大仏開眼の毘盧
遮那仏はこの両部を統一したものとなり、そのイベントの意味するのは金剛山・葛城系
とオオヤマト・オオナムチ系の統合であり、藤原時代の夜明けを告げるものであったの
だろう。

679 :LUNAMASK:2010/05/19(水) 15:42:08 ID:fyWcEHzw
日本の考古学は世界の考古学とつながるが、国内でも九州、近畿、中部、東日本と広
域的に広がる全体の各部分を漏らすことのないアプローチが必要で、地域的に孤立し
た見方では説明のつかないことが多い。
九州 山への旅(シリーズ)
http://www.sysken.or.jp/Ushijima/voyage2.htm
第3回宮川寅雄記念講座◎講演会 最近の発掘から見た東日本 大塚初重 明治
大学名誉教授
http://www.wako.ac.jp/souken/touzai00/tz2012.html
信州
http://www.geocities.jp/rarememory/ei/ei.html

680 :出土地不明:2010/05/19(水) 16:07:22 ID:bJMMBDsF
わぉ〜わぉ〜わぉ〜
>>678
わぉ〜月光たん(^-^)/ かっこう良くまとめ過ぎでつ!!!

でも大仏開眼後の考謙天皇時は吉備の時代
藤原氏が転落しそうになった時代でつよ〜

681 :LUNAMASK:2010/05/19(水) 16:15:50 ID:fyWcEHzw
わぉーさん、たたきだいですよ。会議の始まる前にはアバウトな議決事項の
輪郭をもっていなくては話が進まない。そんなラフなものの一つのアイディア
ですね。

682 :LUNAMASK:2010/05/19(水) 16:20:20 ID:fyWcEHzw
政治論戦を張るにしても全体マニフェストを中長期財務諸表化して立体的に
討論しないと政権担当してもうまく行かないし、うまくいったとしても口蹄疫の
様なものは飛び込んでくる。・・・あ、また脱線したなー。

683 :出土地不明:2010/05/19(水) 16:23:36 ID:bJMMBDsF
わぉ〜わぉ〜わぉ〜
>>678
なるほど@天孫族(少名彦系)の拝火教の最高神アフラ・マツダを
信州善光寺は祭っているんですね!!

684 :出土地不明:2010/05/19(水) 16:27:03 ID:bJMMBDsF
でも月光たん、日本の@天孫族(少名彦系)の拝火教すなわち修験道の聖地は
吉野・熊野なんじゃね??

685 :LUNAMASK:2010/05/19(水) 16:27:41 ID:fyWcEHzw
善光、善の光というのは拝火教の教義に忠実ですよ。
http://www.kanko.komoro.org/midokoro/nunobiki.html
これなんか明らかにクシャン朝の仲介するギリシャ・ローマ文化ですね。

686 :LUNAMASK:2010/05/19(水) 16:29:56 ID:fyWcEHzw
>>684 そうですね。神武から空海、後には後醍醐などみんな熊野ですね。

687 :LUNAMASK:2010/05/19(水) 16:38:16 ID:fyWcEHzw
熊野のクシミケヌのミケヌ、これは三脚烏で、おそらくは高句麗語起源でしょう。
高句麗の壁画に出てきます。

688 :LUNAMASK:2010/05/19(水) 16:43:32 ID:fyWcEHzw
>>686
熊野ですがアルタイでは白鳥の意味です。欧州に侵入するフンのクマン族
もこれから来るのでしょう。スイスには日本同様ナマハゲがあります。
ポーランドにはタタール起源と見られる馬の首の踊りがあります。

689 :出土地不明:2010/05/19(水) 16:56:54 ID:bJMMBDsF
>>687
>>624
高句麗はA扶余系鹿飼い集団の側では??

領土を拡大して遼東半島の@A群の支石墓文化を飲み込んだのは5世紀ごろかな!?
http://upload.wikimedia.org/wikipedia/en/b/b9/Bipabronze1.jpg

690 :LUNAMASK:2010/05/19(水) 17:04:33 ID:fyWcEHzw
>>689
高句麗が倭・三韓と宿命的対立関係にあったのならなぜ突厥・バクトリア系
文化がスイスイと高句麗を通過して日本にくるのか?・・・これは大きな謎です。
高句麗のような山戎的文化が遼東に広がる文献情報の多いのは周克殷の時と
前漢と後漢の境目の頃ですね。

691 :LUNAMASK:2010/05/19(水) 17:08:36 ID:fyWcEHzw
承前
新の王莽が高句麗は下句麗だと卑下した下句麗の概念、これが扶余ですね。
どちらが偉いというのでもなく山地と低地の住み分けを意味しており、高句麗も
扶余も同一民族であったと考えられます。その残滓が葛城・高尾張ですね。

692 :LUNAMASK:2010/05/19(水) 17:11:21 ID:fyWcEHzw
クリはアルタイ語の朝の鹿、チャーゾン、朝鮮の意味だそうです。プヨはおそらく
満州・ツングース語の鹿の意味を含む言葉と考えられます。

693 :出土地不明:2010/05/19(水) 17:15:30 ID:bJMMBDsF
>>690
神やらいの本質が、単に稲作民と遊牧民の文化的対立ではなく
A扶余系鹿飼い集団による高句麗連邦の形成をけん制する目的があったのなら
A集団も神やらいの対象になりますね。それが宿命的対立関係だったのではないでしょうか
(蘇我氏はそれを阻止しようとしたのかな?飛鳥文化のルーツはメソポタミアにあったようでつ)

まるで、今の民主党による中国連邦(東アジア共栄圏)の形成のようでつね!!


694 :出土地不明:2010/05/19(水) 17:38:36 ID:bJMMBDsF
>>690
>なぜ突厥・バクトリア系文化がスイスイと高句麗を通過して日本にくるのか

楽浪郡・帯方郡があったからじゃね!?

695 :LUNAMASK:2010/05/19(水) 18:43:21 ID:fyWcEHzw
>>693
遊牧系は高句麗・扶余的な農耕民・遊牧民共存を目指したのだが、稲作民としては
渡来系の抑え込みを国是としたということでしょう。

696 :LUNAMASK:2010/05/19(水) 18:44:49 ID:fyWcEHzw
>>694 遊牧系の本質として移動に不干渉の原則があったのかも。

697 :白馬青牛 ◆cjIySZ2iYw :2010/05/19(水) 21:44:38 ID:ZLdse6OK
>>669
数詞が上代日本語や高句麗語に近うなっとるけど、おらく縄文語は
違うんじゃない。
>>670
池上さんは、差し障りの無いことやオブラートに包んで云われるのが
巧いですね。出雲は、高志の翡翠をタダ同然で奪ったので、
リスクはかからんでしょうし、武力たる兵の供給も次々渡来する
連中を使うゆえ、大儲けですよ。南北戦争の時、移民してきたドイツ人や
アイルランド人を北軍兵士にしたように。武器も兵力の供給出来る側と
投入するだけ枯渇する側では勝負になりません。
上海の製鉄が役に立ちましたか?伽耶から日本へ渡来した集団は鉄産地を
押さえたゆえ、日本原住民は供給される隷属関係は覆すことは出来ま
せんよ。YDNAは古人骨からDNAを抽出出来ませんから、現代の生物学者の
ファンタジーで古代を埋め合わせておるだけですから、大した意味は
ありませんね。
>>671
支石墓は朝鮮西南部からの渡来系で土着じゃ無いよ。しかも縄文系が
朝鮮半島へ行って戻った神話なんかも無い。朝鮮南部は元来エラの張った
縄文形質で、朝鮮北部や満州の新モンゴロイドたぁ違うんよ。

698 :出土地不明:2010/05/19(水) 22:00:27 ID:12lhtQaq
白馬青牛氏の分析は実に面白くて、拝聴しております。
ただ、南方系の情報に関しては、何となく弱いような気がするのですが、そうでもないでしょうか?
生意気なことを言って申し訳ありませんが、期待の現れということで、ぜひお許しのほど。

699 :白馬青牛 ◆cjIySZ2iYw :2010/05/19(水) 22:23:53 ID:ZLdse6OK
>>676-679
山地、平地海浜の共存関係なら縄文期からあるでしょう。渡来者云う
新集団が来て共存関係よりも、渡来者の現地民収奪になるだけのことです。
前にも云うたよう、信濃の高句麗集団は、大和よりも出雲系ですよ。
出雲→北陸→信濃→関東、北魏仏教、出雲神ルートで、大塚氏の
大和中心史観はピンボケしとるでしょう。
>>682
日本は、マニフェストなんか役に立ちませんよ。日本の政治家は
民主党や前政権の自民党、戦前の政治家、軍人にしても「なし崩し」と
云う得意技がありますから。陸軍も海軍も最後の進攻作戦と取り決めて
おっても、勝てば有頂天になって次は相手が手を上げるまでと、
ズルズルと深入りし滅亡の道を歩むだけでしたね。
実に幼稚で諸外国からすれば赤子の手をひねるようなもんです。
なにしろ日本の上層エリートはIQの高い知的朱子学文明人で、
知性を蔑視する西洋の上層階級ような野蛮人と違いますからね。
「文明は常に野蛮に滅ぼされる」宿命から逃れられません。

700 :ハゲちゃびん池田:2010/05/19(水) 22:50:18 ID:OAwHnO3C
かながわ考古学財団廃止絶対反対!反対!

701 :白馬青牛 ◆cjIySZ2iYw :2010/05/19(水) 23:20:13 ID:ZLdse6OK
>>689-690
扶余に鹿飼育集団がおったとは、確認出来ません。
扶余の家畜部族は狗加、馬加、牛加、豚加でしょう。北満州やシベリアの
集団のようにトナカイ飼育なんか、おそらくせんでしょう。高句麗に
おいては特に。狩猟の指標として鹿トーテムと家畜は別なんですよ。
江上氏は狼や鹿トーテムは、純遊牧民よりも、半猟半牧民族のトーテムに
多いとされますね。馬は元来の遊牧騎馬民、牛は半農半牧民に多いと。
まあ、日本でも狼は大神として崇拝されました。
高句麗は胡漢文化でスキタイ文化と漢文化が混合しとりますが、
新羅は非漢系のスキタイ文化が黄金文化に直接入っておりますね。
強国の高句麗は漢文明化し、弱小新羅が朝鮮の大部分を掌握出来たのも、
野蛮が文明を倒した一例になりますが、後の朝鮮は野蛮人で無く、文明人の
側に立ちましたから、悲劇になりましたね。
日本は、弥生期の文明属国から古墳期のスキタイ文化側の野蛮化した点は
良かったと思います。特に継体王朝という日本海勢力は、文明化した黄海
勢力を叩いた点においては。
>>693
飛鳥文化の非漢的なゾロアスター教要素も、新羅経由の西方文化要素の
一つでしょう。民主党の中共べったりや戦前の満州利権派であった
建前として親米反中の自民党右派の大陸利権回想朱子学派の現代の
政治思想とは関連せんでしょう。まあ両者とも知的文明人たる
朱子学の本場江南人になりたいんでしょうけど。
>>695
稲作民に遊牧民を抑えこむだけの実力もありません。収奪されるだけ
ですよ。
>>698
南方系の情報云うても、前にも云うたよう、黒潮、東シナ海は荒海で
航海の軸線にならんのですよ。そがん場所から多くの人間は渡来出来ま
せんね。

702 :出土地不明:2010/05/20(木) 06:38:55 ID:iulY+GVb
>>白馬青牛さん
初めてこの板にきたが、アンタみたいな人がいてほっとした。
他の板でもその知識で論破して欲しいもんだ。
未だに戦前の感覚で論ずる輩がうじゃうじゃいるからな。

703 :出土地不明:2010/05/20(木) 07:39:28 ID:VpmRb9TT
>>699
文明の瓦礫の中から生まれた野蛮人に文明は破壊される、
でしょう。ローマ帝国が崩壊したときの評です。支那にも
似たような面白い文明評があって「東で生まれたものは西で成熟して
東を征服する」という話が史記に書かれています。農耕による
定住と知恵の蓄積による文明は必ず腐敗構造を生み出し、
搾取を嫌う民に利敵行為をされて滅ぶのですなあ。

704 :LUNAMASK:2010/05/20(木) 08:48:11 ID:DL3uU6DX
>>701
>稲作民に遊牧民を抑えこむだけの実力もありません。収奪されるだけ
>ですよ
支配者側に立つ実力はないということですね。武力は狩猟・牧畜系が
優れているんでしょう。が、政治力なんかは稲作の方があるかも。
実際にはこうした対立が存在したというか、椎根津彦が神武をお迎えした、
スラブ人がバイキングをお迎えしたと言ったものだったのかも。

705 :LUNAMASK:2010/05/20(木) 09:22:28 ID:DL3uU6DX
承前
神話上は天照大神が素盞嗚命を神やらいしたことになっているし、考古学上
四隅突出型墳丘墓は裏街道を進み、前方後円墳の下請けですね。問題は
前方後円墳の御施主さんは誰かということですね。少なくとも豪族以上のもの
であったはず。しかし、唐古・鍵には豪族が集結する以前から中国風の立派な
建物があり、倭人伝も邪馬台国に近ずくほどに東冶会稽に近づく思いが
したような書き方です。予断はできませんね。

706 :LUNAMASK:2010/05/20(木) 10:14:51 ID:DL3uU6DX
>>699
>大塚氏の大和中心史観はピンボケ
大塚さんが大和中心史観なんてとんでもない。どちらかと言えば高句麗も含めた
広域的に解釈されており、江上さんを高く評価しておられる。
そもそも考古学者となんとか史観というのは相反する考えです。科学と宗教
というのは全く次元の異なる話です。考古学者がキリスト教であったもおかしくはない。

707 :LUNAMASK:2010/05/20(木) 10:25:21 ID:DL3uU6DX
>>701
>飛鳥文化の非漢的なゾロアスター教要素も、新羅経由の西方文化要素の
>一つでしょう。
それより先に伽耶のスキタイパジリク大成洞古墳が神功皇后のゾロアスター
かぶれの原因でしょうね。どうやら息子の一人をアフラマツダに仕立て上げた。
仁徳なんかは七支刀をぶら下げていたようですね。これもスキタイのモチーフです。
神功の磐立たす少彦名というのは巨石文化の少彦名信仰を指すものと思います。

708 :出土地不明:2010/05/20(木) 10:51:33 ID:bE+I2/k5
わぉ〜わぉ〜月光たん、核心が近づいてきましたね!!
>>705
青牛たん説も北方民族が裏日本の出雲族の側であったことは認めてるんですけどね!!
裏街道の出雲族がいつ騎馬民族として支配する側に逆転するんでしょうか??

前方後円墳はその亜流と位置づけてるのでしょうが、月光たん説では
東冶会稽すなわち南方系呉越族の香りがぷんぷんでつね(^-^)/

709 :LUNAMASK:2010/05/20(木) 11:10:51 ID:DL3uU6DX
>>708
この核心こそこのスレ全体で決めることですね。今後の研究にかかってますね。
私は大仏開眼の聖武天皇が平城京から恭仁京へと北方に向かうのがどうもくさい。
恭仁京は水運の要、椿井大塚山古墳、タケハニヤスの戦場・・・裏街道を歩いてきた
ブリャート系が藤原として表舞台に浮上してくる動きと関連するんじゃないかと。

710 :出土地不明:2010/05/20(木) 11:23:10 ID:bE+I2/k5
わぉ〜わぉ〜わぉ〜、キーワードあげてみました(^-^)/

>>707
2大勢力の対立と融和が日本の建国史の最大のエポックでつね!!

@少名彦系(天孫)
支石墓・前方後円墳・南方(西方)系・メソポタミア・カラスク・イ族・稲作民
太陽信仰・ゾロアスター(拝火)教・修験道・松明祭り・鳥・犬
邪馬台国・神武・神功皇后・雄略・天武・後醍醐・飛鳥文化
蘇我氏・秦氏・鴨氏・吉備氏・橘氏・紀氏

A素盞嗚系(地祇)
前方後方墳・四隅突出型・北方系・ブリアート・バイカル・高句麗・牧畜民
大地信仰・星辰信仰・鹿・猿
崇神・天智・藤原氏・物部氏

711 :LUNAMASK:2010/05/20(木) 11:52:29 ID:DL3uU6DX
C1-M8 5.4% Paleolithic 奥州藤原氏を取り巻いた武人か
D2-P37.1* 3.9% Jomon
D2a-M116.1 16.6% Jomon in Yayoi period
D2a1-M125* 12.0% Jomon in Yayoi period
D2a1a-P42 2.3% Jomon in Yayoi period
O3-M122* 6.6% Jomon Austronesian  縄文 長江系*

O2b-SRY 7.7% Yayoi Tungusic    弥生ブリャート系倭人

O2a-M95* 1.9% Yayoi Austroasiatic 越人   長江系*

Ob21-47z 22.0% Yayoi Okcho     弥生満州系倭人
O3a3-LINE1 3.1% Yayoi Miao      呉・楚人 長江系*

C3c-M86 1.2% Yayoi Deer Herder Elite 藤原氏か
N1c1-M178 0.4% Yayoi Uralo-Turkic

N1-LLY22g* 1.2% Kofun Turkic
NO-M214* 2.3% Kofun Paleo-Qiangic
C3-217* 1.9% Kofun Altaian
O3a3c-M134 10.4% Kofun Chinese Qins 秦氏(戦国期中国人)
Q-P36 0.4% Kofun Kets Q1a1 M120, M265/N14
R-M207 0.4% Kofun Pajiriks
I-P19 0.4% Kofun Tocharians ササン朝・大月氏関係ゾロアスター教

712 :出土地不明:2010/05/20(木) 14:49:34 ID:VpmRb9TT
よく分からんが出雲の大国主命はカザフスタン人の末裔ってこと?

713 :LUNAMASK:2010/05/20(木) 18:26:08 ID:DL3uU6DX
↑大国主=国魂=国の魂 日本・モンゴル・ブリャートにある考え

714 :LUNAMASK:2010/05/20(木) 18:59:31 ID:DL3uU6DX
モンゴルの中心を南北に分断する線の西側はコーカソイド系太陽崇拝ケレクスル
円墳、東側はモンゴロイドの四隅突出型墳丘墓・方形石籬・前方後方墳等の大地崇拝
方墳という2つの文化圏に分かれる。モンゴル西北アルタイ山脈は西麓にカトゥニ川を
支流として含むオビ河、東側はイェニセイ河の分水嶺。カトゥニ川は葛城、桂川、
イェニセイ(鴨)河は鴨川として奈良・京都盆地にコピペされている。

715 :LUNAMASK:2010/05/20(木) 19:20:46 ID:DL3uU6DX
鴨川水系はブリャート族、桂川水系はイラン・ウラル系諸族ということになるが。

716 :出土地不明:2010/05/20(木) 20:14:00 ID:VpmRb9TT
なるほど。それらのモンゴロイドとコーカソイドが混住する地域は
先史時代にどっちが優勢だったのでしょうか?

717 :出土地不明:2010/05/20(木) 20:35:47 ID:pBHkwAWB
>>712
そういうこと

天照は月の女神アルテミスの末裔
AMATERASU
ARTEMIS

蝦夷の阿弖流爲はフン族のアッティラの末裔
ATERUI
ATTILA

718 :白馬青牛 ◆cjIySZ2iYw :2010/05/20(木) 23:03:04 ID:ce8UcMcI
>>702
「他の板でも」云うてどこの板ですか?
>>703
農耕文明側は、腐敗構造を生み外部の蛮族によって滅ぼされますね。
まあ、農耕文明地域を支配した蛮族もやがて文明人となって同じ愚行を
繰り返し滅ぶわけですけど。
>>704-705及び>>706-707
稲作民が、政治力を遊牧民側から奪取するには、彼らが農耕文明に同化し、
精神が堕落、腐敗するまで待たねばなりませんよ。
上代日本の日本海側は裏街道じゃ無いですよ。むしろ瀬戸内側の方が
形質人類学的にも新モンゴロイド化が遅かったんですから。
記紀が書かれた奈良期の印象を数百年前に当て嵌めてはいけんでしょう。
そもそも大塚氏が、前方後円墳と積石塚が別集団のように云う自体
可笑しいでしょう。高句麗が楽浪を滅ぼしたり、南下したりすると、
従来の積石塚もありますが、土盛塚が増えるでしょう。
前者が現地楽浪の影響を受けた下請けじゃ無いんですよ。
ほいから、考古学者は史観に左右される人が多いでしょう。観念論云う
意味じゃあ、科学も宗教と相反しとりませんね。
>>708
わしゃあ、過去スレでも、出雲は日本海勢力の高句麗・新羅・伽耶系で、
畿内は、黄海側の鮮卑・百済・伽耶系と分類しとるよ。
しかも、日本海が当時裏街道じゃの偏見妄想が激しいね。

719 :白馬青牛 ◆cjIySZ2iYw :2010/05/20(木) 23:21:15 ID:ce8UcMcI
>>709
天孫概念は遊牧民じゃし、逆に大地信仰は農耕民で、あんたのは
最初から出鱈目じゃない。イ族はチベット羌系牧畜民で、
稲作しとるんは、イ族が拉致して奴隷にされた、漢・タイ系の
稲作民じゃし、歴史知識の無い者は妄想が激しいね。
>>711-713及び>>715また、精度の低い遺伝子遊びですか。ほいから、
古墳期にモンゴルにブリヤート集団なんか成立してませんよ。
チンギス・ハーンの時代ですらブリヤートなんかおらんのに。

720 :出土地不明:2010/05/21(金) 00:25:24 ID:dkA639rH
>>717 素人でもできる語呂合わせだな。

721 :出土地不明:2010/05/21(金) 00:35:51 ID:65pS44Ym
モズの「はやにえ」
http://www.city.okazaki.aichi.jp/menu2472.html
エヴェンキ族のトーテム
http://www.sfu.ca/archaeology/museum/russia/new033.jpg
http://www.kjclub.com/UploadFile/exc_board_61/2010/03/18/3(1)(2)(3)(4).jpg

はやにえ、そして隼人の「はや」はエヴェンキ族の事。
こんな語呂合わせはどうですか

722 :LUNAMASK:2010/05/21(金) 08:31:41 ID:LGvCxFm2
>>721
このエベンキ鳥型祭器が日本古墳時代の大和地方のもののルーツと考えた
方がてっとりばやい。が、シロコゴロフ説のように湖南省方面を起源とするツングース
が北上するとするのももう一つの考えだ。北上した後で列島に南下するとすること
もできる。

723 :LUNAMASK:2010/05/21(金) 08:36:10 ID:LGvCxFm2
>>719
>天孫概念は遊牧民じゃし、逆に大地信仰は農耕民で、あんたのは
>最初から出鱈目じゃ
-----------------------------------------------------
騎馬民族スキタイは方位をもっているし、騎馬民族的モードだけでの
生存は無理がある。この問題は一意的に行かないところがあると
思いますね。

724 :LUNAMASK:2010/05/21(金) 08:41:34 ID:LGvCxFm2
>>718
>そもそも大塚氏が、前方後円墳と積石塚が別集団のように云う自体
>可笑しい
ブリャートの史家スクルィンニコヴァによっても大塚さん同様別集団と見てますね。
施主が違うんでしょう。前方後円墳方墳部分は四隅突出型墳丘墓のコーナーと
同じ設計で、おそらく儀式も似ていたのでしょうが、発注者である豪族は建設者とは」別の
ものと考えられます。

725 :LUNAMASK:2010/05/21(金) 08:47:00 ID:LGvCxFm2
承前
天照がスサノオより優位に立ったことは古墳建設における隷属関係をにも、
南方系陰陽の伊邪那岐・伊邪那美を上位においたこととも軌を一にしているのでしょう。

726 :出土地不明:2010/05/21(金) 10:06:36 ID:Mg+fJYBi
>>718その日本海と瀬戸内海勢力では、どっちがモンゴロイドの形質が強いのでしょうか?
両者同じ弥生系に感じられますが。

727 :LUNAMASK:2010/05/21(金) 10:09:47 ID:LGvCxFm2
>>710
旧石器時代の人骨については、日本同様、情報はありません。現在の
DNA 分布をもとに推定するほか道はない。あの辺はコーカソイドとか
印欧語族の移動学説を参考にするとある程度わかります。相当ぶれてますがね。

728 :LUNAMASK:2010/05/21(金) 10:14:14 ID:LGvCxFm2
>>712
カザフスタンで馬が家畜化され、馬の制御に必要な石器、骨・角器具、金属器
の精密化が求められ、急速な技術進歩があった。セイマ・トゥルビノ錫青銅器
鋳造技術もソノスピンオフと見ていいのでは。玉造集団も紅山文化からこの地方
に進出したものであった可能性が残ります。

729 :LUNAMASK:2010/05/21(金) 10:39:37 ID:LGvCxFm2
>>719
>古墳期にモンゴルにブリヤート集団なんか成立してませんよ。
>チンギス・ハーンの時代ですらブリヤートなんかおらんのに。
--------------------------------------------------------
それはロシアの人もよく言うようですね。ただ、ヤクート・サハ共和国には日本人そっくり
なブリャート人、フィリピン人のような南方系、骨太のヤクート人等がいるようです。
ブリャート考古学では前方後方墳を神殿墳と呼びますが、これは方形の本殿と階段で
段差が付く拝殿からできた神殿と姿が似ていることからそう呼ぶそうです。神官は正月
に御日射をするそうです。これは東部地方ですが、西部は鹿の歯のペンダント、リング
状軟玉等玉造文化とダブって四隅突出型墳丘墓がありますが、更に西方のアルタイで
は生き馬を4本の柱にしばり、背中に杭を打ち、鮮血を朝日に捧げ、首のついた生革を
剥ぎ取り、棒の先に飾る儀式があり、葬礼として行われる場合もあるようです。この動物
を四方に張った形が四隅突出型墳丘墓と似ています。これが出雲ー信州を結ぶ儀式で
あった可能性があり、天照が糾弾したのはこうした風習と畑に異物を投入する農業慣習
であったものと考えられます。

730 :LUNAMASK:2010/05/21(金) 10:54:03 ID:LGvCxFm2
>>728 >>729
カザフスタンと玉造を結びつけるのは、本来、鹿トーテム文化である地方に西方から
馬という、太古には家畜ではなかった動物が登場することにあります。馬は中国の
夏・殷、エジプト・ヒクソス王朝に車輪と共に登場します。当時としては現代でいう
ハイブリッド車のような新商品であったのでしょう。中国に馬を持ち込んだ秦氏は日本
に入るアルタイ・鴨系とまたしてもコンビを組んでいます。

731 :出土地不明:2010/05/21(金) 10:57:09 ID:Mg+fJYBi
先史時代のDNAって判別不可能なんですか。初めて知りました。
ということが人類のアフリカ起源説とかコーカソイドの移住とか
モンゴロイドのスンダランド起源というのは誰がどうやって
特定したのでしょう?単なる人骨の骨格の類似でしょうか?

732 :出土地不明:2010/05/21(金) 11:01:47 ID:Mg+fJYBi
>>728有名な騎馬民族征服説ですか?でもアレはそういった類似品以外に、
たとえば日本に騎馬の習慣がなかったり家畜の育成技術がなかったりで現代では否定的だとか。

733 :LUNAMASK:2010/05/21(金) 12:19:07 ID:LGvCxFm2
>>731
あのへんではのこと。一般的な諸学説は別であり、それはその情報源による
ものでしょう。

734 :LUNAMASK:2010/05/21(金) 12:22:25 ID:LGvCxFm2
>>732
有名な騎馬民族征服説もなるほどなーと思える時代になりました。
単純にアングロサクソン、ノルマンのようなことではなく、三韓征伐に近い
状況だったんでしょうね。

735 :LUNAMASK:2010/05/21(金) 12:27:03 ID:LGvCxFm2
承前
後妻、後家さん皇后が熊襲、大和、三韓を抑えたというのはジャンダークどころでは
ないですね。

736 :LUNAMASK:2010/05/21(金) 12:36:31 ID:LGvCxFm2
承前
伽耶に来ていた大月氏出身の木槨墳文化・スキタイ人が卑弥呼と同時代に
金印を叙勲された大月氏王波調と同格の女王が倭国に存在すると信じていた
といいうこともあり得ますね。このころササン朝ではホルミズド(=ホルムスタ
=ホムタ)という王名が登場しています。

737 :LUNAMASK:2010/05/21(金) 13:00:17 ID:LGvCxFm2
>>735
敦賀を中心に出土する角杯、スキタイの女王を守る黄金の角伝承
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%BB%84%E9%87%91%E3%81%AE%E8%A7%92
七支刀、一角獣を想起さす獅子頭等から、この時代の神功皇后説話自体が
スキタイ人の創作で、皇太子をアフラマツダ→ホムタとするのも
この一環とも考えられます。

738 :出土地不明:2010/05/21(金) 13:10:58 ID:65pS44Ym
>>722
>>721
>このエベンキ鳥型祭器が日本古墳時代の大和地方のもののルーツと

日本古墳時代の大和地方にも類似のものがあったんですか。
まったく無学につき、存じ上げませんでした。
よろしければ、何か資料をご教示くださいませ。

739 :LUNAMASK:2010/05/21(金) 13:20:25 ID:LGvCxFm2
ヤフーで 鳥型木製品を検索すると
http://search.yahoo.co.jp/search?p=%E9%B3%A5%E5%9E%8B%E6%9C%A8%E8%A3%BD%E5%93%81&ei=UTF-8&fr=top_ga1_sa&x=wrt
グーグルでも試してみてください。

740 :出土地不明:2010/05/21(金) 13:30:11 ID:65pS44Ym
>>739
見つかりました、ありがとうございます。
なるほど腹に取り付け用の穴が空いてますね。

LUNAMASKさんは、
「隼人」とはどのような民族だったとお考えですか?

741 :LUNAMASK:2010/05/21(金) 14:00:46 ID:LGvCxFm2
>>740
先ず、隼人紋ですが南米ボリヴィア出土モンゴロイド巨人王の棺、アイヌ、ポーランド
紐文土器文化等で見られます。おそらくは太陽の動きを表すものでしょう。隼人舞は
太陽が海に沈む光景を表しており、これも太陽崇拝の表れだと思います。従って
どちらかと言えばプロト・インドアーリア/プロト・チャンジックのカザフスタン方面が
原郷ではないかと思っています。日本に入るのは古羌であり、雲南方面の松明祭り
を持ち込んでいるのではないでしょうか。

742 :LUNAMASK:2010/05/21(金) 14:09:39 ID:LGvCxFm2
承前
宮崎・熊本に広がる地下式横穴墓はコーカソイドのカタコーム墳・地下横穴(ダグアウト)
墳であり、これを隼人と考えるのには無理があるのかも。おそらく秦氏と共に渡来した
月氏系でしょうね。

743 :出土地不明:2010/05/21(金) 14:09:57 ID:65pS44Ym
>>741
まず、「隼人紋」で検索しましても、以下の書き込みしか見つかりません。
http://academy6.2ch.net/test/read.cgi/archeology/1141653370/143
他の人に理解できるようにお書き下さい。

大体ソレ、隼人の盾じゃなくて熊襲の盾じゃないんですかね
アイヌの文様と似てて当然な気がしますが

744 :出土地不明:2010/05/21(金) 14:17:16 ID:PNw190tM
わぉ〜わぉ〜
>>719
>天孫概念は遊牧民じゃし、逆に大地信仰は農耕民で、あんたのは
>最初から出鱈目じゃ
-----------------------------------------------------

わが国の天孫は、稲穂を持参して降臨しているんだお〜!!!(^-^)/
後の世に記紀が創作されたとしても、あえて天孫=稲作民とする根拠があったのでしょう〜

『吾が高天原に所御す斎庭(ゆにわ)の穂(いなほ)を以て、亦吾が児に御せまつるべし。』




745 :LUNAMASK:2010/05/21(金) 14:19:17 ID:LGvCxFm2
>>743
京田辺という地方には隼人紋として残ってるんですよ。熊襲ねー。そう言われると
そうかも。

746 :出土地不明:2010/05/21(金) 14:24:01 ID:PNw190tM
わぉ〜わぉ〜わぉ〜
>>725:LUNAMASK:2010/05/21(金) 08:47:00 ID:LGvCxFm2
承前
天照がスサノオより優位に立ったことは古墳建設における隷属関係をにも、
南方系陰陽の伊邪那岐・伊邪那美を上位においたこととも軌を一にしているのでしょう。

これがアマテラスを頂とした稲作民・南方系天孫族の源流でつね!!

747 :LUNAMASK:2010/05/21(金) 14:33:36 ID:LGvCxFm2
>>746 政治的に最も安定する形ですね。実態はどうだかわかりませんが。

748 :出土地不明:2010/05/21(金) 14:35:13 ID:65pS44Ym
>>745
隼人は京田辺、近江国津田郷などに移住させられたそうですね
その津田郷は織田信長ゆかりの地だとか?
安土城崩壊後、城下の者は近江八幡へ移住したと言いますが
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%82%A1%E3%82%A4%E3%83%AB:Satsuma-samurai-during-boshin-war-period.jpg
近江八幡には、こんな目つきの人が多いです。

隼人がエベンキ族なら、朝鮮の息がかかったマスゴミが
織田信長を持ち上げたのも納得ですね!!
わぉ〜〜〜

749 :出土地不明:2010/05/21(金) 14:39:14 ID:PNw190tM
わぉ〜わぉ〜わぉ〜
>>735
>>707
太陽信仰・ゾロアスター(拝火)教・アフラマツダ・巨石文化・少彦名信仰
・修験道・松明祭り・古羌

熊襲、大和、三韓を統治した神功皇后時代が南方系天孫族の全盛期でつね!!

750 :出土地不明:2010/05/21(金) 14:42:50 ID:65pS44Ym
というか近江国津田郷ってまんま安土ですやん!

751 :LUNAMASK:2010/05/21(金) 14:50:02 ID:LGvCxFm2
>>745
秦氏は夕月国、旧烏孫、の月氏系を含む諸民族をバルハシ湖を有明海、イリ川
を筑後川と見たててコピペ式に配備したとすれば熊襲の語源はクモ=昆莫(こんばく)
に求められるかな。

752 :LUNAMASK:2010/05/21(金) 14:53:23 ID:LGvCxFm2
>>749
>熊襲、大和、三韓を統治した神功皇后時代が南方系天孫族の全盛期でつね!!
神功ー雄略時代ですね。南朝朝貢時代と言うか。

753 :出土地不明:2010/05/21(金) 14:57:27 ID:65pS44Ym
>>751
>コピペ式に配備

えっ?????

754 :出土地不明:2010/05/21(金) 15:00:52 ID:65pS44Ym
LUNAMASKさん「コピペ式に配備」について、
詳しくご説明いただけませんか?

755 :LUNAMASK:2010/05/21(金) 15:18:43 ID:LGvCxFm2
>>753-754
筑後川以南球磨川に至る九州の古墳時代から奈良時代に至る古墳様式
の移り変わりはバルハシ湖東方の諸民族配置、つまり、穹窿石室墓から
地下横穴式墓等への移り変わりを表すんじゃないかと思うんですね。

756 :出土地不明:2010/05/21(金) 15:36:52 ID:65pS44Ym
なんかよく分からないですけど
九州とバルハシ湖東方とで、古墳様式が「移り変わり」も含めて似ているから、
熊襲はバルハシ湖東方から来たのだろう、と言うことですか

しかし「コピペ」というのは一般的に・・というか意味合い的に
時間ではなく空間が相似形のときに使うべき表現だと思います。
長安を平安京にコピペ的に配備、とかなら分かるような

人間をコピペ的に配備って、その発想はなんでしょう
国獲りゲームやりすぎのゲーム脳とかですか

757 :出土地不明:2010/05/21(金) 15:48:13 ID:65pS44Ym
あ「コピペ式」でしたね
「コピペ的」だと頭悪そうですよねごめんなさい。

758 :LUNAMASK:2010/05/21(金) 16:04:15 ID:LGvCxFm2
>>755-756
いやー、他にもアリアケ=向こうの人、ホレズミ=低地、沼沢地等有明とバルハシ湖に
かんするイラン語の研究で出てくるシーンがそっくりなんですね。
更に、ウクライナでは土壙墳文化人をトゥヴァ・モンゴロイドではないか考える人が
います。薩南にも土壙墳があり、隼人原郷と一致します。↓
http://www.sysken.or.jp/Ushijima/KyuYamaDen.html#薩南諸島
http://www.sysken.or.jp/Ushijima/voyage2.htm#よみがえる九州王朝

759 :LUNAMASK:2010/05/21(金) 16:10:49 ID:LGvCxFm2
>>756-757
こぴぺではなくエクセルで縦にさらっとコピーするようにでした。いい加減だな。

760 :出土地不明:2010/05/21(金) 16:15:54 ID:65pS44Ym
>>758
「土壙墳」で検索したら漢江(ハンガン)流域にある
キレイすぎてうそくさい石積みが出てきましたが
これですか

761 :出土地不明:2010/05/21(金) 16:16:48 ID:65pS44Ym
>>759
もういいから。

762 :出土地不明:2010/05/21(金) 16:17:33 ID:PNw190tM
>>755
少彦名系天孫族キーワード追加します(^-^)/

「前方後円墳」「穹窿石室墓」「地下横穴式墓」

763 :LUNAMASK:2010/05/21(金) 16:18:26 ID:LGvCxFm2
土壙というのは土に穴を掘ったということで木の壁とか石の壁のないものです。

764 :出土地不明:2010/05/21(金) 16:23:16 ID:PNw190tM
わぉ〜わぉ〜
>>758
少彦名系天孫族キーワード、「土壙墳文化人」「トゥヴァ」来た〜(^-^)/

トゥヴァ共和国の辺りが「天孫」と「地祇」の境目かしらん

765 :LUNAMASK:2010/05/21(金) 16:25:21 ID:LGvCxFm2
承前 ウクライナ土壙墳↓
http://images.yandex.ru/search?p=2&text=%D1%8F%D0%BC%D0%BD%D0%BE%D0%B5%20%D0%BF%D0%BE%D0%B3%D1%80%D0%B5%D0%B1%D0%B5%D0%BD%D0%B8%D0%B5&spsite=www.arheolog-ck.ru&img_url=www.arheolog-ck.ru%2Fwp-content%2Fuploads%2F2009%2F08%2F004-1024x1024.jpg&rpt=simage

766 :LUNAMASK:2010/05/21(金) 16:30:25 ID:LGvCxFm2
>>764
トゥヴァはモンゴロイド色の強いところで、その北はウラル色が、その西のアルタイが
コーカソイド色の強いところですが、モンゴロイドとコーカソイドの中間はモンゴル
中央のヘンティー山脈とされています。しかし、現在米国等の調査が進行中であり、
結果によってはまた変わるかも。

767 :出土地不明:2010/05/21(金) 17:32:29 ID:65pS44Ym
>>764
スクナは、リョウメンスクナ(両面宿儺)のスクナと同じですよね
飛騨の「スクナカボチャ」、藍染に使う「スクモ」も関係ありそう
ですから、東南アジア寄りの出身ですね
キーワードは「安曇族」です。

結合双生児をシャム双生児、と呼ぶことからも
東南アジアで結合双生児が生まれやすかったのかもしれません

768 :出土地不明:2010/05/21(金) 18:04:56 ID:65pS44Ym
安曇族≒?越(びんえつ)ではないかと思います、
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%93%E3%83%B3%E8%B6%8A
そしてまた、このビン越人というのは
縄文人(及びアイヌ・蝦夷・熊襲)と同じ、Y遺伝子D2系統の流れで、
縄文期は大陸に留まったグループではないかと。
(これは、越の国・新潟でD2系統の割合が最大、ということから)

越が楚に滅ぼされた時に日本に逃れたグループは、安曇族、北陸・越の国へ。

その後秦に吸収されたグループは、秦氏の一員として渡来。
(ただし、秦氏のリーダーは遊牧・騎馬民族)

769 :出土地不明:2010/05/21(金) 18:09:49 ID:65pS44Ym
あ、文字化けた。「ビン」は門構えに虫。

770 :出土地不明:2010/05/21(金) 18:22:10 ID:Mg+fJYBi
新潟ってのはアイヌから土木工事のために人夫を大量に呼んだと
聞いたぞ

771 :出土地不明:2010/05/21(金) 18:30:59 ID:65pS44Ym
>>770
それで影響するのは数%ですよ。

D2が、東北よりも新潟で最大、というのは不思議です。
東京でもD2の割合は高いですね。
江戸は穢土であり、越人の土地だったのでは。

772 :出土地不明:2010/05/21(金) 20:52:53 ID:uPWvebGT
>>771
女系のミトコンドリアDNAの分布では、関東が割合がかなり高い
つまり縄文末期に日本に移住してきた奴らは
大量に女だけ関東に送られている事になる

男系のDNA(D2)では日本全国が大体一緒だから
移住してきた弥生系は女が大部分だったのだろう
当時は関東が未開の地で、人が少なかったので送られたんでないかな
高句麗の亡命者も関東に送られてるし

773 :出土地不明:2010/05/21(金) 21:03:46 ID:desFQP/K
>>772
>移住してきた弥生系は女が大部分だったのだろう
そうとは限らない

弥生系の男 子孫を残せなかった。 弥生系のY染色体は現代に伝わらなかった。
弥生系の女 縄文系の男との間に子孫を残した。 男系子孫(D2)、女系子孫(弥生系のmtDNA)をそれぞれ現代に伝える。

774 :出土地不明:2010/05/21(金) 21:32:53 ID:uPWvebGT
>>773
でも日本に来た弥生系に「女が大量に居た」と言う事実は変わらない

日本人は有史以来、列島内で民族移動をして無い
女が大量に移住するなんてよっぽどの事

775 :出土地不明:2010/05/21(金) 21:38:23 ID:5yUO7D/3
アイヌと和人の混血は、第一子が男の子の場合、乳児期の死亡率が
かなり跳ね上がるらしい。
なんでかは知らん。
まあ最近まで乳幼児の死亡率自体は今よりかなり高かったけど。


776 :出土地不明:2010/05/21(金) 21:48:26 ID:97NBsTao
>>772
いいかげんスレチな話題はやめてくれ。

男系のDNA(D2)も渡来系と考えればいい。
古い系統は、C1,C3,Qだけとすれば、古い縄文人にはD2はいなかった>>449で整合性があう。
分子時計説は、mtDNAの話なので、それをY-DNAに機械的にあてはめているだけ。
古人骨からmtDNAは採取できてもY-DNAは採取できない。

>>449の記述の >中国などが、いやそうじゃないんだ、非常に古いんだ
 ↑
これなんかも古人骨から取れないから、そんなに金科玉条にとらなくてもいいと思う。

777 :出土地不明:2010/05/21(金) 21:59:24 ID:65pS44Ym
そもそも縄文系とされるmtDNAは、D2と対応するもの?
C1に対応するんじゃないかな。

正直、mtDNAの見方がつかめません

778 :出土地不明:2010/05/21(金) 22:03:01 ID:uPWvebGT
>>776
はあ?
>男系のDNA(D2)も渡来系と考えればいい。

それって何時ごろを想定してますか?

779 :出土地不明:2010/05/21(金) 22:20:45 ID:uPWvebGT
>>777
D2が最も多いのはアイヌである
アイヌ語と日本語はかなり隔たりが大きい、分離したのはかなり(1万年以上?)前
縄文人がD2で有ると言うのは成り立つと思うが
古い縄文人にD2が居なかったと言うのは成り立たないと思う

縄文草創期には九州に遺跡が多い、琉球北部地域にもD2は多い
最終氷期では琉球弧は島、地続きでは無い
D2が北から来たのなら、海流に逆らい何百キロも回路を南下する必要が有る

780 :出土地不明:2010/05/21(金) 22:23:41 ID:uPWvebGT
>>779
>回路を南下する必要が有る

これは「海路」ですぅ

781 :出土地不明:2010/05/21(金) 22:32:16 ID:65pS44Ym
>>779
日本語は弥生以降の持込みと思います。当然アイヌ語とは別物。
ええ、D2は間違いなく南から。アイヌの衣服は「キモノ」の形ですし。

それはそうと
アイヌのmtDNAはどんな感じでしょうかね?
何かいい資料があれば教えてちゃん。。

782 :出土地不明:2010/05/21(金) 22:33:28 ID:97NBsTao
>>779
説明に整合性がとれるなら
アイヌなど先住民♂は、虐殺されたでいいじゃないか?
崎谷満説の平和的融合説など「お花畑説」だけが答えではないから。

一応D2渡来時期は、気候変動があった時期が候補だろうね。縄文後期とかが第一候補。

783 :出土地不明:2010/05/21(金) 22:57:47 ID:65pS44Ym
アイヌのD2は女を連れて逃げ
縄文人のD2は現地人C1の女をゲット
みたいな感じですかね

なんだかんだ言って、Y遺伝子でたどる方が
「民族」の流れは読みやすいと思いますね〜

784 :出土地不明:2010/05/21(金) 23:07:03 ID:BhmLTLxl
今夜はやけにデンパが飛ぶなぁ

785 :出土地不明:2010/05/21(金) 23:13:26 ID:uPWvebGT
>>782
それだとD2がアイヌに多く、本土系はそれより少ないので
アイヌを虐殺した奴らは
また別の奴らに虐殺された事になる
史実的に空想小説だな

786 :白馬青牛 ◆cjIySZ2iYw :2010/05/21(金) 23:15:38 ID:xJHtJZy+
>>722-723
シロゴゴルフ氏は華中をツングースの起原としておられるので、
湖南起原ではありません。
方位は遊牧民に発達した概念です。農耕民は呪術が発達すると前にも
云うたでしょうが。
>>729
ブリヤート集団は、モンゴル集団の北上で成立しとります。
ヤクート集団の容貌については、「A.T.ミッデンドルフ、R.マアクらの
観察計測で、だいたい顕著に区別されるニ型があり、一は、広顔と低鼻を
有する純モンゴル型で、ニは、長顔と隆起した狭鼻を有する西南シベリアの
トルコ型。いわゆる高貴なヤクートの長老たちは、大部分が第ニ型に
属するとされ、混血の少ない、より純粋なヤクート体質を代表することは
疑いなく、しかもそれは彼らと西南シベリアのトルコ族との
人種的近縁関係を示唆する。(第一の純モンゴル型は、キルギス草原南方
から追われたヤクートがバイカル湖西岸に到達し、モンゴルの勃興による
ブリヤートのバイカル方面への来住であった。ヤクートとブリヤートは
お互いに混血し、この時期にヤクートの体質及び言語にモンゴル的要素を
加えたが、キルギス原郷以来の伝統、諸性質はほとんど失われず、
彼らがブリヤートより別離して再び東北に向かった際にも、これを維持して
前進したのである。」と、逆にブリヤートにもバイカル地方の原住民たる
トルコ系・ウラル系の要素を加えたとしても、基本的にはモンゴル人
ですよ。
ほいから、モンゴル系やチベット系の遊牧民に流血供儀はありませんよ。
血は神を汚すゆえですね。内臓切断や絞殺で家畜を殺します。
ただし、都市農耕民から発達したイスラム教に改宗したトルコ系遊牧民は
イスラム教の教えが如く喉を切って家畜を殺します。
どうも、あなたの文では、遊牧民に流血供養を好んだような誤解を招き
ますわ。流血供犠牲は農耕民族の習俗ですから。

787 :白馬青牛 ◆cjIySZ2iYw :2010/05/21(金) 23:51:42 ID:xJHtJZy+
>>731-732
母系のmtは古人骨からDNAを抽出出来ますが、父系のY染色体は古人骨から
DNAを抽出出来ません。その分だけファンタジーを好む妄想者に
好まれますね。DNAなんか聖書伝説、アフリカ一元説の前提条件を
付けとるだけです。多元説の解釈からは、HLAなんかそうですね。
スンダーランド説は、シベリアにスンダーランドほど古い人骨のサンプルが
無いからでしょう。
ほいから江上氏は、騎馬に疎い農耕民族のゲルマンも騎馬民族の類型と
されたよう、文化史構造類型なんですよ。生業だけ見れば、豚牛飼育に
比重を置く定着酪農のゲルマンよりも、乾燥地帯である地中海の文明圏の
方が羊飼育の移牧要素が強く、牧畜民的でしょう。ですが、
海賊的ヴァイキング要素から見ると野蛮人のゲルマンの方が騎馬民族が
船に乗り換えただけで、社会の民主制や文明国家自体を掠奪する類型に
なるんですよ。ですから梅棹氏のツングース水軍日本征服説でも良い
わけです。

788 :出土地不明:2010/05/22(土) 00:01:31 ID:LVqb4r6s
>>787
「征服説」というネーミング、なんとかなりませんかね。
「征服」って言葉に拒否反応起こして否定する人が多そうです

789 :出土地不明:2010/05/22(土) 00:14:58 ID:LVqb4r6s
騎馬民族の征服者、という言葉尻から、
何かスゴイ、チンギスハーンみたいな蒙古襲来みたいなのを連想し、
そんなわけないだろ!と否定する人がほとんどだという気がします

だらだらと言葉を発するわりに、想像力が劣る文系の人は特に。

790 :白馬青牛 ◆cjIySZ2iYw :2010/05/22(土) 00:20:42 ID:9xe2EL+7
>>734
基本的に四世紀の寒冷期の世界的民族移動による国家形成で日本だけ
特殊じゃの例外云うんは鎖国主義です。古墳期の渡来系こそ
アングロ・サクソンの日本バージョンですよ。
>>744-749
「天孫」の概念はお解りかね。エジプトら農耕民族の太陽信仰と混同され
とるんじゃないかね。
神功皇后時代じゃの実在せん神話の人物で妄想し、神話を歴史と混同するに
至ってはファンタジー妄想云うほか無いね。
>>784
電波ファンタジーで妄想出来る、お花畑は、南方起原が好きな連中は
宗主国様の江南玄学が好きなゆえ。まあ江南思想が好きなゆえ、
長江文明云うたり、縄文文明云うたり、妄想文明を強調するんじゃない。

791 :出土地不明:2010/05/22(土) 00:27:23 ID:LVqb4r6s
>>790
だって日本は和の国ですから、
いろんな文化の持ち寄りで成り立ってるんですよ。
それぞれのストーリーがあって当然ですよ。

792 :ドレミ ◆YeeMODUSQg :2010/05/22(土) 00:28:13 ID:T58Zbvrr
>>705
東冶会稽は、「計其道里 當在會稽 東治之東」の部分でしょう。
後漢時代の東治県のことで、浙江省の緯度と同じと記述しているだけ。
邪馬台国が呉越の百越人のようであるとは書いてないです。

>>749
太陽信仰ではなく、十月太陽暦。巨石文化でもある。(楚雄市に十月太陽暦記念公園があるとのこと。)
太陰暦が三苗や百越にもあって普遍的なのに対して、古羌のグループには太陽暦があったと雲南省は主張してますね。
シナにも三統暦(太陰太陽暦)より前には太陽暦の国が存在。太陽暦の最終採用は秦。各地の太陽暦は古墳時代よりも前の年代です。
日本でも巨石文化は3000年ぐらい前ではなかったでしょうか?

松明祭(火把祭)は、シナ全体にある追儺(ついな)で、イ族の以下のリンクは原始時代の再現形。拝火教そのものではないです。
ttp://www.fxyn.cn/Article/ynmz/200708/8847.html
拝火教については、唐代の南詔鉄柱関連で確認できますので、入ってきてますが、導入年代がまだわからないです。
ttp://www.piaojia.cn/jingdian/show.asp?id=27244

793 :出土地不明:2010/05/22(土) 00:33:44 ID:DuNT3EXb
LVqb4r6s みたいなのは騎馬民族征服説がどのような経緯で
提唱されたのかも、またその推移についても興味ないんだろうな。

「想像力」ってのは素晴らしいね。騎馬民族征服説もたぶんに想像力
と思想ありきで提唱されていることを知ってるかい。これは江上自身が
言っている。でも考古学は実際に出土したモノを対象として、そこか
ら帰納的に論証していくものだからねぇ。

794 :出土地不明:2010/05/22(土) 00:37:17 ID:LVqb4r6s
>>793
いえ「騎馬民族征服説」という“ネーミング”がいかがなもんかって言ってます。
普通に読んでください。

つかいきなりのレッテル張り人格否定うざっ

795 :白馬青牛 ◆cjIySZ2iYw :2010/05/22(土) 00:40:12 ID:9xe2EL+7
>>788-789
ヨーロッパ人が新大陸を征服した云う表現もまずいですかねぇ。
理系の人たちは、想像力云うか妄想がお好きなようで。
例えば佐藤洋一郎氏なんか、縄文人の心まで植物のDNAで
解るじゃの想像力豊かな方ですねぇ。
http://www5.ocn.ne.jp/~vorges/sub5.html
○縄文人の心って何ですか。
佐藤氏の縄文自己投影妄想ですね。
「縄文は謎の世界だ、だから魅力がある。」は、このスレの
「Y染色体は謎の世界だ、だから魅力がある。」ゆえ、
電波お花畑妄想になるんと同様ですよ。

796 :出土地不明:2010/05/22(土) 00:50:07 ID:OKHQwde7
考古学的遺物を提示することなく古墳期におけるワイ族?大量渡来を
ぶちあげるのも、十分デムパ・ファンタジーと知れ。

797 :出土地不明:2010/05/22(土) 00:52:26 ID:DuNT3EXb
ああ、普通に読めなかったのは悪かった。そこは謝るわ。

でもこちらは「レッテル張り人格否定」してるつもりはないけど
「だらだらと言葉を発するわりに、想像力が劣る文系の人は特に。」
こういうのでしょ、レッテル張りって?

騎馬民族征服説というネーミングにも歴史があるから、>>793を否定する
意味でも、経緯と推移についてモノも絡めて説明しておいたほうが
いいんじゃない

798 :出土地不明:2010/05/22(土) 00:52:32 ID:LVqb4r6s
>>795
>ヨーロッパ人が新大陸を征服した云う表現
その場合「征服された」のは誰でしょうか。

799 :出土地不明:2010/05/22(土) 00:56:01 ID:kXZ3C8Ye
たしかに韓国の男の9割が中国系の子孫なのに、日本は50%だけなのは謎だな

800 :出土地不明:2010/05/22(土) 01:25:20 ID:LVqb4r6s
ワイ族渡来については、その人達が移住したとされる土地で
かつて、他の地域よりもひどい差別が行われていたという事、
私自身が実際そこに住み、差別されていた地域の人よりも
そうでない人達の方に、問題を感じることが多かったという事。
それが根拠です。
はい、考古学ではありませんね。

801 :出土地不明:2010/05/22(土) 02:26:29 ID:LVqb4r6s
あ、ちなみに私は
古代、遊牧民族が渡来し日本の支配者になった、
という説は、まったくその通りだと思ってます。
随分前から提唱されていたなら、
なぜ未だに本流にならないのか、はがゆいくらいです。

どうぞ、結論に向かうための議論をして下さい。

802 :LUNAMASK:2010/05/22(土) 10:43:24 ID:l7H4339Y
>>790 >>734
>基本的に四世紀の寒冷期の世界的民族移動による国家形成で日本だけ
>特殊じゃの例外云うんは鎖国主義です。古墳期の渡来系こそ
>アングロ・サクソンの日本バージョンですよ。

古墳時代関東の埴輪ですが↓これって
http://karamatsu.cocolog-nifty.com/photos/uncategorized/hakkutsuten_edohaku_010.jpg
アングロサクソンですかね。

803 :LUNAMASK:2010/05/22(土) 10:49:45 ID:l7H4339Y
>>792
拝火教は理屈ばかりこねくり回してますね。太古はすっきりしたもんだと思います。
中近東青銅器文化が東南アジアに入る過程において熱処理温度の飛躍的増大を
もたらす呪術的手法が必要で、これが松明祭りの背後にあるんではないでしょうか。

804 :LUNAMASK:2010/05/22(土) 11:03:40 ID:l7H4339Y
>>786
>ほいから、モンゴル系やチベット系の遊牧民に流血供儀はありませんよ。
>血は神を汚すゆえですね。内臓切断や絞殺で家畜を殺します。
>ただし、都市農耕民から発達したイスラム教に改宗したトルコ系遊牧民は
>イスラム教の教えが如く喉を切って家畜を殺します。
>どうも、あなたの文では、遊牧民に流血供養を好んだような誤解を招き
>ますわ。流血供犠牲は農耕民族の習俗ですから。
---------------------------------------------
四隅突出型墳丘墓/玉造文化は本来的に農耕文化由来であり、その証拠に
大地を意味する方形、4本柱を基調としている・・・白馬青牛さんの説により
このように自説を補強します。
さらに、前方後方墳文化も同様に起源は農耕文化にあると考える。
ツングース同様華中からの北上でしょう。
これらがYDNA O2bであったとするとO3同様華中方面に原郷があったことになり
うまくフィットします。

805 :LUNAMASK:2010/05/22(土) 12:24:04 ID:l7H4339Y
>>802
ところで出雲意宇には宇流布、宇留布(うるふ)、松江市大庭町平原ウルフ山
<宇流布神社>宇留布神社 八雲村平原金多 祭神:大山祇之命、木花咲耶姫之命
というのがあり、これは狼を祀るといわれるが↓
http://www5d.biglobe.ne.jp/~tosikenn/izumokami.html
印欧語で狼をどう呼ぶかを調べると↓
http://www.utexas.edu/cola/centers/lrc/iedocctr/ie-ling/ie-lex/animals/wolf.html
これはトカラ語系ではなく、ゲルマン系に近い。すると、応神朝に渡来したという阿知
使主(あちのおみ)を祖先とし大和国高市郡に蟠踞(ばんきよ)した倭(東)漢(やまとの
あや)氏の一族で,武術に秀でていた坂上氏、〈赤面黄鬚,勇力人に過ぐ,将帥の量
あり〉といわれた征夷大将軍田村麻、《吾妻鏡》の記事は田村麻呂伝承が利仁伝承や
鞍馬の毘沙門天信仰とも交渉をもっていたことを示すと言うが、毘沙門天信仰は西域
の信仰、こういうことから、サカ族↓が浮上する。
http://en.wikipedia.org/wiki/Saka
http://en.wikipedia.org/wiki/Goths
http://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/2/23/Chernyakhov.PNG
http://en.wikipedia.org/wiki/Image:Chernyakhov.PNG
サカ族=サクソン族ではなかったのか。

806 :LUNAMASK:2010/05/22(土) 12:40:08 ID:l7H4339Y
>>786 にて「純モンゴル系」とされる↓ブリャート人
http://pics.photographer.ru/nonstop/pics/pictures/406/406952.jpg
これが >>804 YDNA O2b から生まれた、父の形質をもつ女性と
思うんですね。

807 :出土地不明:2010/05/22(土) 13:29:45 ID:4M5uiUee
‡‡‡‡‡‡‡‡‡‡‡‡‡‡‡  ‡‡‡‡‡‡‡‡‡‡‡‡‡‡
                        ‡
      ___ AA           ‡
   *〜/■ ■⊂ ・ ・P          ‡
      | ■ ■.(_Д)          ‡
     U U ̄ ̄U U             ‡
                         ‡
‡‡‡‡‡‡‡‡‡‡‡‡‡‡‡    ‡‡‡‡‡‡‡‡‡‡‡‡‡‡

808 :出土地不明:2010/05/22(土) 13:41:56 ID:zLFQvRio
>>801
騎馬民族征服説の問題点は多い

・古代の日本の気候風土を考えると、馬が走れる平原は日本にほとんど無かったと考えられる。
・水田と馬は相性が悪い。古代モンゴル辺りの騎馬民族も乾燥地帯を好み、主食が小麦である。
 よって水田と馬をセットで考える事は出来ない。
 騎馬民族が水田を伝えたというは仮説としても飛躍が有りすぎる。
・騎馬民族は船作りが下手であり、馬を連れて海を渡るのはかなり困難だったと思われる。
・強い騎馬民族なら、なんで海を渡って山と森が多い東に来たのか?
 西や南に広大な平原が存在するから、征服欲があるならそっちを優先して目指すだろう。
 山が多い島(日本)を目指す理由が無い。
・日本に馬場の遺跡が少ない。

もっと有ると思うが、水田は中国南部の文化ね。北京やモンゴルは小麦食だから
水田は北からは来ない。

809 :出土地不明:2010/05/22(土) 13:46:10 ID:LVqb4r6s
>>806
何言ってるんだろう・・・
YDNA O2b が 2% 程度しかないブリャート人が
典型的な YDNA O2b の形質を持っていると??
自分が恣意的な印象操作をする人間だと
わざわざアピールしているんですか?

810 :LUNAMASK:2010/05/22(土) 14:02:11 ID:l7H4339Y
>>809
ブリャート YDNA O2b は2%? しかし、それってどこの話なんだろう。中国?
ロシア?

811 :LUNAMASK:2010/05/22(土) 14:13:48 ID:l7H4339Y
私の推定は「mtDNAによると大和女性は韓人とブリャート人、沖縄女性はブリャート人
に最も近い」・・・↓
http://genome.cshlp.org/content/14/10a/1832/T4.expansion.html
このパートナーをマジョリティーYDNA O2bと考えるもの。2000年以上のことだから
現在のブリャート圏とは異なるだろうが。

812 :出土地不明:2010/05/22(土) 14:25:10 ID:LVqb4r6s
>>808
そう思います。
馬を連れて来たとは思えない。(なので「騎馬」民族ではない)
奈良盆地で鹿を飼うのが関の山だっただろうと。
水田を伝えたのはもちろん別民族でしょうね。

「騎馬民族征服説」、なかなかディテールに無理がありますね^^;
修正説は出てこないものでしょうか・・

船をどうしたかは
>>787 青牛さんの
>ですから梅棹氏のツングース水軍日本征服説でも良いわけです。
これと同じような事かもと思いますが
まず船作りが得意な民族を支配し、海を渡った、とか
そもそも、中国の殷・周時代、すでに遊牧民と稲作民(船も作る)は合流していた
・・これは全く想像にすぎませんが。

813 :LUNAMASK:2010/05/22(土) 14:25:45 ID:l7H4339Y
>>808
>水田は中国南部の文化ね。北京やモンゴルは小麦食だから
>水田は北からは来ない。
そうなんだけど、コースの問題。考古学的に南からの石包丁の上陸するのは
遼東半島。これがちょうど半島・列島稲作開始時。豪州中国系学者の説です。

814 :出土地不明:2010/05/22(土) 14:50:11 ID:tltoWCir
.   |::| | |_|,,,,,|.....,;;;;;;;;;;;、‐''''''''""~~ ̄|:::|
    |::| | |. |  | {;;;;;;;;;;;;;;}.: . .: . : .. .: |:::|
    |::| | | ̄| ̄| '::;;;;;;;;;::'<小日本死ね!
    |::| | | ̄|,r''''"~    ""''ヽ. : .: .: ..|:::|
    |::|,__!_--i'    支     'i,-――|:::|
      曰   |.    那      'i,二二.|:::|
    ノ_丶  !    蓄  i'>  } . iュ. .|:::|
  -''"..||  |",.`!        ; _ノ _,...、..|:::|
     ||  | 'i, `'i'''―--―''''i'ニ-'"   ノ// ̄~""
    `~~´  ヽ.i' "'    '''"';  _/ // _,,..i'"':,
        ===`ゝ_,.i、_   _,;..-'"_//  |\`、: i'、
 /日本|              ̄  ̄/,/  \\`_',..-i
 |..AV../               /,/    \|_,..-┘




815 :LUNAMASK:2010/05/22(土) 15:13:22 ID:l7H4339Y
高句麗、新羅、百済、伽耶等いろいろあったが騎馬民族に征服されたような話は
一切ない、。なのに、島国日本だけが征服されるというのは如何にもおかしい。
しかし、騎馬民族系文化が伝わったというのなら新羅・高句麗等には顕著だ。
だから、「征服王朝」という概念があまりにも突拍子だいうことでしょうね。

816 :LUNAMASK:2010/05/22(土) 15:23:47 ID:l7H4339Y
倭国をフランスとすると伽耶はモロッコ。外人部隊を募集していた。神功説話は
カスバの女のようなもんだったんでしょうね。亡命外人部隊がうじゃうじゃやってきた。

817 :出土地不明:2010/05/22(土) 16:03:21 ID:LVqb4r6s
>>811
あのー、これは当然の認識だと思っていたのですが
ある集団の、男性のマジョリティー遺伝子と
女性のマジョリティー遺伝子は、同じ出自だとは言えませんね?
何らかの理由で、かなりパートナーチェンジしてますよ。
特にY遺伝子C3系統は、純潔主義のアイヌに13%見られるように
「無差別に種を撒く」傾向があると思われます・・

>>815
そう、ネーミング、捉え方の問題ですよ。

818 :出土地不明:2010/05/22(土) 16:18:35 ID:08OG1fx/
>>817
C3系統自体が、アメリカ大陸へも移動していて
北米の先住民の多数派です。
C3系統が、アイヌ民族のもともとの多数派のハプロタイプと考えて
自分なりの仮説を立ててみたらどうですか?


819 :出土地不明:2010/05/22(土) 16:21:23 ID:LVqb4r6s
>>818
どうやったってたちません

820 :出土地不明:2010/05/22(土) 17:12:45 ID:Qjwq6Q3u
>>802俺には自分の女房に生活のすべてをコントロールされてるうだつのあがらない
トルコ人に見える。

821 :ドレミ ◆YeeMODUSQg :2010/05/22(土) 18:16:20 ID:T58Zbvrr
>>820
オルドス=内蒙古の雑技団かも。
頭上にバランスを保って陶器を載せ続ける系統の雑技で、
丸木の上、揺れる台、梯子の上などのバリエーションがあり、最近では一輪車もある。

蹴椀というのが、最高技。
足の甲の上の丼や鉢を蹴り上げて頭上で受ける技が、蹴椀。

822 :出土地不明:2010/05/22(土) 21:22:56 ID:Qjwq6Q3u
コーカソイドかどうかは「額と鼻梁がじかに繋がってる」ことが
判別の一つの方法ですよね。

823 :白馬青牛 ◆cjIySZ2iYw :2010/05/22(土) 22:09:53 ID:9xe2EL+7
>>791
日本は和の国ですから、と、云う建前で実際は虐殺する。古の蝦夷や近世の
アイヌ人への虐殺。近代は中国人を大量殺戮しましたね。
>>796
前にも云うたが、考古学的に四隅突出墳はワイ族。大量渡来は形質人類学的
事実じゃけんのう。
>>798-800及び>>801
新大陸征服されたんは、ネィティブ原住民ですよ。日本において征服された
んは、縄文系や列島倭人らです。
まあ、大国主は、牛に乗って高志の土雲を征伐したので、
「騎牛民族日本征服説」でも良いわけです。モンゴル系柔然が初期に馬を
持ってないゆえ、「騎馬民族」で無く、「騎牛民族」として、周辺の
部族を掠奪したと、解釈しても良いわけですから。
ワイ族云うと四隅突出墳以外に、>>805の坂上田村麻呂の
鮮卑、百済、伽耶系の東漢氏にも、「穢人(あやひと)」が見られますね。
http://www.han.org/a/half-moon/hm087.html#No.612
ほいから、ワイとエトリの職を混同されてますが、まあ貴族、武士
と被差別民は紙一重でカタギじゃ無いですから同種でしょうね。
日本に遊牧民そのもので渡来した連中は少なかったでしょう。
かって遊牧民であった連中も、満州や朝鮮の風土で変化した者らが
渡来した云うことです。

824 :白馬青牛 ◆cjIySZ2iYw :2010/05/22(土) 22:28:56 ID:9xe2EL+7
>>802-805
とんがり帽子云うか山高帽はサカ族が有名ですが、現代でもトルコ系
キルギス族のカラパック帽は、その系統ですね。
http://www.geocities.jp/taru638/page048.html
http://pub.ne.jp/takesi3396/image/user/1203803861.jpg
http://blogs.yahoo.co.jp/alternative_politik/24463112.html
http://proxy.f5.ymdb.yahoofs.jp/travel/47995b65_2b43/20080205/7a901280.jpg?jtAGc.LBsVW_msBS
http://proxy.f5.ymdb.yahoofs.jp/travel/47995b65_2b43/20080205/42e91280.jpg?jtAGc.LBeKy.7k__
日本の古墳期渡来人は、スキタイ文化人ゆえ、帽子、胡服、筒袖と
非中国、非農耕民的服装で似とるんは当然ですね。

825 :出土地不明:2010/05/22(土) 22:50:12 ID:LVqb4r6s
>>823
遊牧民ってー
スキタイとか、金属加工も得意だったわけじゃないですか。
動物に乗る=人の物を奪うっていう発想がわっかりませんわ。

鮮卑、百済、伽耶系は、漢氏じゃないですわ、漢氏はツングース系。
これは近畿に住む者の勘です。何ぬかしとんじゃワレ〜みたいなノリの人達。

そんなこまっかいネタをこね回すのはどうでもいいんで。
ネイティブアメリカンに「ヨーロッパの勇者、新大陸征服の歴史」みたいな書物を渡して、
これがあなた達の歴史ですよなんて言うバカがいたら、バカだなあと思いませんか?
思いませんか。そうですか。

826 :出土地不明:2010/05/22(土) 23:00:00 ID:teCq2Xn1
>考古学的に四隅突出墳はワイ族。大量渡来は形質人類学的事実

白馬青牛の持説であって、一般的事実ではない。誤解の無いように

827 :出土地不明:2010/05/22(土) 23:09:35 ID:RZ9d36KR
アフリカから発生して日本列島に居ついて大陸から離れて独自に出来上がったんじゃないの?
日本人の持ってるYAP+は近隣諸国にはないらしいからね


828 :白馬青牛 ◆cjIySZ2iYw :2010/05/22(土) 23:28:10 ID:9xe2EL+7
>>804-806
方位は大地よりも、どの方角かが大切ですから、移動性の強い遊牧民文化
でしょう。ほいから、容貌と遺伝子は関係ありませんよ。
>>808-812
モンゴル高原は乾燥地帯でも大興安峰を越えたら乾燥地帯から湿潤地帯に
以降するよ。その地域のツングースは船を造り、海賊、水軍の地域じゃし、
歴史的にもアジア初の海賊ユウロウ、山東を水軍で襲うた渤海、九州まで
海賊として遠征した刀伊(女真)と、南ツングースは騎馬民族であり、
海洋民族でもある。
ほいから、わしゃあ騎馬民族が水田を伝えたじゃの一言も云うとらんよ。
馬を連れて船で運ぶんも馬に眼隠しすりゃあ済むだけのこと。
実際弥生期に牛馬はおらんかったとされるが、古墳期からこの列島におった
現実を認識せにゃあ。じゃけど北方渡来系も日本列島に住まうと
騎馬も船作り、海戦も下手になるんは風土の問題じゃろう。
遣唐使の日本船より新羅船の方が余程上じゃけんのう。
近代付近になるまで朝鮮半島の方が造船技術は上じゃった。
http://tokyo.cool.ne.jp/nara_hakken/kouryuu/isinsei.htm
http://www.touhoku.com/to-siba-umi.htm
上の方の■遣唐使の船 に、我が安芸で造った百済系技術者の遣唐使船も
百済船の半構造船から中国の影響で大型を無理して造ったと見られ、
百済式云うたら誤解を招くが、兎も角日本の船よりも、「新羅船はよく
波行を能く凌ぐ」「風波によく耐える」と、海洋国家新羅と
島国の大陸国家日本の船技術は雲泥の差があった。
まあ、下の方の司馬氏が指摘するよう、高句麗は海洋国家であろうし、
新羅やツングース水軍の伝統の渤海も海洋国家じゃが、日本は島国の
大陸国家に過ぎんかったよ。

829 :出土地不明:2010/05/22(土) 23:34:03 ID:OKHQwde7
でた!ツングース水軍。
相変わらずクソデンパ飛ばしよる。
こいつ例の台湾台湾叫ぶキチガイと同一人物じゃね?

830 :出土地不明:2010/05/22(土) 23:50:37 ID:LVqb4r6s
バカのために説明しときますが

「えた」は「越」から来た少数派だったというだけで、
人格的には全くまともな人達、カタギですよ。
関西で、差別されていたのは浄土真宗信者が多いと言うのは、そういうこと。
越出身者が多い北陸では、浄土真宗が多数派ですね。
また、江戸では都市での雑多な仕事をさせるために、
古くから住んでいた越系の住民を被差別階級としたのでしょう。
ただそれだけのこと。

831 :出土地不明:2010/05/23(日) 00:03:31 ID:XZesBGsi
>>828
そのお国自慢の遣唐使船、越出身の職人の手によるものじゃないですか?
なんかいきなり半島マンセーになってはりますけど。

832 :白馬青牛 ◆cjIySZ2iYw :2010/05/23(日) 00:04:30 ID:TK9pYS6a
>>813-815及び>>816
中国はだいたい淮河を南に越すと、麦が根腐れするといいますからね。
日本、特に西日本のように、春から夏は財産になる米を作り、秋から冬に
主食となる麦をつくる形態と違うわけですよ。まあ、前にも云うたよう、
西日本人の粉もん、麦の御菓子好きは、東日本人の米好きとは民族が
違いますね。より西日本が北方系食嗜好と云うべきか。
まあ、米好きは「江戸わずらい」になりますね。
http://kokyuhou.exblog.jp/6320830/
http://blogs.yahoo.co.jp/akihito_suzuki2000/archive/2007/4/2
上の方は兵隊に米食を推奨した為、多くの犠牲者が増えました。
下の方は華北人が北方騎馬民族に圧迫され、米所の江南へ移住し、
江南開発し、江南を文明化しましたが、脚気が出てきますね。
「江南わずらい」とも云えるでしょう。
まあ、日本はお米の国云う脚気妄想者のスローガンにゃあ、あきれ
ますけど。
高句麗、新羅、百済、伽耶、日本の支配層は扶余や五胡系ですから、
騎馬民族系ですよ。トルコ・モンゴル系の中でも、馬を飼育しとらん
民族は騎馬民族じゃ無いと云う前提をすれば別でしょうけど。
倭国がガリア(フランス)なら、ローマは漢。伽耶北方木槨墓人は、
ゲルマンになるでしょう。いや、朝鮮や列島の貧弱な漢の奴隷民の倭国に
実力なんかありませんから、勇猛なガリアのケルト人に失礼な言でした。

833 :出土地不明:2010/05/23(日) 00:23:34 ID:XZesBGsi
何を以って実力って言ってんでしょうね
自分達でメシを賄えるなら、人から奪わなくても済むんですよ?

834 :白馬青牛 ◆cjIySZ2iYw :2010/05/23(日) 00:34:42 ID:TK9pYS6a
>>825
新羅なんかスキタイ直系の非中国式の金属文化ですね。
高句麗や百済は、スキタイ文化と漢文化が融合した胡漢文化です。
非中国式な野蛮で弱小な新羅が最後は強国となる。文明は野蛮に
結局負けますのう。
前にも云うたよう、東漢氏とされる新沢千塚の副葬品は鮮卑で
しょう。東漢氏も鮮卑、百済、伽耶の要素は強いですよ。
まあ、東漢氏はツングース系のハラ氏族制ですから、広い意味では
ツングースですよ。まあ河内は、東漢氏と同族の西漢氏であり、
平安期は武士の供給地でしたからね。河内弁の乗りは、武士の本場と
云えそうです。
ヨーロッパ人の移住征服者は、渡来者が征服した日本同様、
現地民を虐殺してますから、現地民の立場で云うと悲劇でしょう。
http://yumiki.cocolog-nifty.com/station/2008/02/post_e7fb.html
「★南方系縄文人の酷使と壊滅の記録である。まるでインディオの
運命を見るようで、悲惨である。」と明夜航記さんが最後に書いて
おられますが、悲劇ですのう。

835 :出土地不明:2010/05/23(日) 00:39:46 ID:XZesBGsi
>>834
あのねえ
現地民殺したら、食うもんもらえないでしょ
だから想像力が劣るっつってんの

836 :出土地不明:2010/05/23(日) 00:45:19 ID:XZesBGsi
白馬青牛さん、一つお聞きしたいのですが
法隆寺を建てた技術者は、どこから来たんでしょうね?

837 :出土地不明:2010/05/23(日) 01:12:00 ID:XZesBGsi
ちなみに堺は、まさにサカ族(スキタイ)が住んだ地でしょうね
そうでもなきゃ、いきなり鉄砲作れるなんて不思議すぎる

838 :白馬青牛 ◆cjIySZ2iYw :2010/05/23(日) 01:18:25 ID:TK9pYS6a
>>826
前にも書いたが、繰り返しが多いのう。また他者喧伝か。大量渡来は、
http://www.geocities.jp/k_saito_site/bunkn22.html
http://yumiki.cocolog-nifty.com/nautica/cat21314075/index.html
にも、根拠として挙げたじゃろうに。
>>830
「えた」と越は関係ありませんし、江戸期の被差別民囲い込みゲットー化
以前は、彼らは自由民であったことも以前にも書いたでしょうに。
http://www.ikedakai.com/yogo/michimichi.html
弓馬が得意で、狩猟や芸能を業として、牧宰をおそれぬ。良民のカタギの
隷属奴隷民じゃ無く、自由民ですよ。

839 :白馬青牛 ◆cjIySZ2iYw :2010/05/23(日) 01:40:01 ID:TK9pYS6a
>>830
関西で浄土真宗が差別されたたぁ、浄土真宗家系の司馬遼太郎氏の
話に無いけど、どこの事例か?浄土真宗の多い江戸経済を動かした
近江商人も関西で差別されたじゃの聞いたことも無いけど。
我が安芸広島も浄土真宗王国じゃが、逆に岡山に多い真言宗や
日蓮宗じゃと差別されるくらいじゃのう。
まあ、浄土真宗は間引きの赤子殺しをせんけぇ、ヒューマニズムの
観点からは良かったんじゃない。
http://shimazono.spinavi.net/index.php?itemid=29
ここに、間引きの多い岡山県の美作地方や北関東と
間引きが無い広島県安芸や北陸と対比してあるけど。
広島安芸地方は移動性が強い県民性じゃけぇ、浄土真宗が
合うのう。
まあ西日本より東日本の方が間引きが多いし、西日本では沿岸部は
無く、山間部に多い傾向にあるね。騎馬民族のモンゴル人や
ツングース満州族も間引きは無く、農耕民族の漢民族に間引きが
多いことも、比較文化になるよ。

840 :出土地不明:2010/05/23(日) 01:43:42 ID:XZesBGsi
とにかくクダまいて法隆寺の件からは逃げたいわけだー^^;

>>839
浄土真宗だから差別されたんじゃなくてー
越出身者がいじめられたんですわーただ単にー

841 :出土地不明:2010/05/23(日) 01:50:04 ID:VFykHV74
「他者喧伝」?

白馬青牛さんよ、自分の周囲の情勢に敏感になっているのか?

>考古学的に四隅突出墳はワイ族。大量渡来は形質人類学的事実
→白馬青牛の持説であって、一般的事実ではない。

持説:固く持ち続けている意見/事実:本当にあった事柄

この指摘に何か問題でも? かつて誰かが「本当にあったか
どうかは」云々と盛んに息巻いていたような気がするんだが。

ある一定程度の集団が列島に渡来してきたのは事実だとおれも思うよ。
でも大量渡来が「形質人類学的に事実」とまで言えるのかね。しかも、
それについて指摘したら根拠がどうとか言い出す始末。

ところで最後の孫引きブログはあんたが書いてるのか?「にも根拠
として挙げたじゃろうに」って書き方が気になるんだが

842 :出土地不明:2010/05/23(日) 01:52:11 ID:XZesBGsi
>>839
でも
>浄土真宗は間引きの赤子殺しをせん
それは知りませんでしたわ。
それで結合双生児(シャム双生児)もそのまま育てたわけで、
リョウメンスクナの伝承が生まれたりするわけですね。
ビンゴ。

843 :出土地不明:2010/05/23(日) 01:52:29 ID:wY86SyRZ
カザフスタンに騎馬民族が興って、唐・モンゴル・オスマン・清・・といった
時代まで「野蛮が文明を征服する」という話は成立しますが、現代でもそれは
可能なのかな?核だの大陸間弾道ミサイルだのを持っている欧米といった
文明国を敗れる勢力って現れるかな。

844 :出土地不明:2010/05/23(日) 01:58:56 ID:XZesBGsi
憂うべきは「下賎が高貴を搾取する」ことですなー

845 :白馬青牛 ◆cjIySZ2iYw :2010/05/23(日) 02:02:38 ID:TK9pYS6a
>>833-835及び>>836
自分達がメシが食えようが食えまいが、他者から収奪するカスリを取る方が
合理的だから。どうせ農耕民は土地に労働投資するゆえ貧富の差は出来る
ゆえ、貧しい者は自滅するけえ、遊牧型の民族の支配を受ける方が、
保障になるよ。
現地民を武力制圧せんでも、移住者のもたらした疫病で死ぬよ。
生き残って支配者の血を受け継いだ混血は生き延び農業生産者になるだけの
こと。新大陸のヨーロッパ移民で飢えるものより現地民が深刻になるんと
日本の渡来者と土着者の関係は一緒。
法隆寺を作った技術者はどこか確定しとらんけど、渡来系の確立が高いね。

846 :白馬青牛 ◆cjIySZ2iYw :2010/05/23(日) 02:19:02 ID:TK9pYS6a
>>841
あんた他者に喧伝しとるじゃないか。ほいでワイ族の地域に
四隅突出墳があったことも挙げたろうに。
形質人類学的に埴原和郎氏は古墳期を新モンゴロイド化の速度が
早くなる云う表現をされたけど、大量渡来は否定出来る材料も無い
し、世界的民族移動期の普遍性から当然のことよ。
>>842
そがんことも知らんたぁ、ここのスレは歴史や文化人類学に
疎い人が集まっておることは解っておっても、浄土真宗に対する
偏見が出るほど無知が多いとは考えてもみんかったのう。
>>843
ここや他板でも再三云うとることですが、欧米の支配層は知識人の
中流階級じゃのうて、紳士階級の知性を蔑視する野蛮人ですから、
例えば東アジアの儒教文明国の日本、中国、朝鮮の官僚知識人支配の
系統と違うんですよ。
西洋の方が文明堕落度は低いんですよ。

847 :白馬青牛 ◆cjIySZ2iYw :2010/05/23(日) 02:25:58 ID:TK9pYS6a
>>843
>>846最近他板に書いとったんは、これ。
545 名前:白馬青牛 ◆cjIySZ2iYw :2010/05/22(土) 01:57:03
>>538
前にも云うたよう、秀吉が死なぁでも、長期化した時点で
日本側の勝ち目なんか潰れたわい。進攻は速度じゃけんのう。
清の時代に書かれた『明史』の前王朝批判を真に受ける学者の
引用を根拠にしても意味があるまあ。
>>540
英国上層子弟と海軍上層子弟の教育を比べたら、どっちが
武人らしいか明らかなことよ。
http://shinsho.shueisha.co.jp/column/campus2/050912/index.html
◆<人格教育の原点>に、「冷たい風呂、寒い寮(暖房施設が無い)、
雨天の一走り、質素な食事(栄養不足)」をして、過去の帝国は
支配階級が贅沢好みで柔弱になった為に崩壊したという認識が
浸透していた。生徒が週に二度も熱い風呂を浴びた事実を
耳にした寮長は、「そのような行為がローマ帝国を滅ぼしたのだ」と
彼を厳しく注意した。」
http://homepage.mac.com/naoyuki_hashimoto/NetNews_site/Personal184.html
じゃけぇ、36塩津計さんの英国将校がラグビーボールを蹴って、
真っ先に突撃して死ぬのに対し、日本の将校は「兵卒はほとんど
死んだが、穴の中からぞろぞろと将校が出てくる」
「「秀才は犬死してはならない」と穴の中でじっとしている。」
日本軍の上層将校は知的文明人であっても武人じゃないわ。
英国の野蛮人たる将校の方が余程武人らしい。
あんたも、軍人恩給と出世目当ての日本の上層軍人を弁護する
奴隷根性を発揮するプロ奴隷じゃのう。

848 :出土地不明:2010/05/23(日) 03:14:33 ID:XZesBGsi
まー渡来系って言ったって
騎馬民族に木造建築の技術は期待出来ないんでw

Y遺伝子D系統ってのは、日本とチベットで多いですが
スマトラ島とかにもちょっと残ってるんですよね
で、その辺りを検索の旅してみたら
インドネシアの農民の家がすごい事に。
ttp://www.minpaku.ac.jp/staff/sato/wp07.html
バタック族のすごい屋根
ttp://www.ioc.u-tokyo.ac.jp/~hkano/memory/99Toba.html

849 :出土地不明:2010/05/23(日) 03:39:03 ID:XZesBGsi
>>846
浄土真宗への偏見じゃないっつの
別にわるいことした訳でもけがれてた訳でもないんだから
関西では少数派だったってだけなんだから

850 :LUNAMASK:2010/05/23(日) 09:01:11 ID:Z6NpheNX
>>823
近年、欧米考古学最大の関心事であったセイマトゥルビノ錫青銅器西方急展開事象(セ
イマトゥルビノ現象)につき、ロシアは軍事工学技術を駆使し、出土青銅槍先から柄の
長さを復元、推定した結果、びっしり盾を並べその間から長い突槍をふりかざし敵にあ
たり、これを後方から軽装兵が応援する密集隊形(ファランクス phalanx)戦闘方法が
史上初めて登場したという仮説を出した。長槍は穢人の得意とするところであり、日本
では安土桃山時代の北陸・東海地方での使用が有名。穢人はセイマトゥルビノと日本
の長槍をつなぐものと考えます。他にもセイマトゥルビノ文化と穢人を結ぶキーワードと
してセイマトゥルビノ時代からそろそろ牽引力利用が開始される馬、その飼育を行う能力
があります。

851 :LUNAMASK:2010/05/23(日) 09:10:30 ID:Z6NpheNX
>>824 サカ、キルギスにとんがり帽子がある。メキシコのソンブレロ、ツバの広いのは
アメリカのカウボーイ・ハットもある。
>>832
>倭国がガリア(フランス)なら、ローマは漢。伽耶北方木槨墓人は、
>ゲルマンになるでしょう。
サカ→サクソン→ゲルマンの線があり得ると思います。

852 :LUNAMASK:2010/05/23(日) 11:20:22 ID:Z6NpheNX
>>823 >>796
>前にも云うたが、考古学的に四隅突出墳はワイ族。大量渡来は形質人類学的
>事実じゃけんのう。
四隅突出型墳丘墓文化が長野県の千曲川沿いに南下し、諏訪に至る。これは
荒神谷遺跡で大量に出土する銅矛文化を持っていたんでしょう。
さて、長野県にはそれ以前に銅戈・銅鐸を持つ柳沢遺跡がある。これは福岡県
小郡市、春日市、筑紫野市と長野県大町市に見られる鹿の陽刻された銅戈
等とも関連し、バイカル系ではないオルドス乃至は斉方面かもしれませんが。

853 :LUNAMASK:2010/05/23(日) 11:27:10 ID:Z6NpheNX
>>848
D2というのは東南アジア方面のD1とは異なり、列島以外では見られないんですが、O2b/O2b1といいうのはインドネシア方面にも進出しているんですね。

854 :出土地不明:2010/05/23(日) 11:40:23 ID:sQv5PshD
サカ、キルギスにとんがり帽子がある。
日本に前田利家のとんがり兜がある。

なんで日本人がどこから来たのかの話をしないんだろう
創価学会員とかなのかな

855 :LUNAMASK:2010/05/23(日) 12:03:59 ID:Z6NpheNX
>>850
セイマトゥルビノ型青銅器出土遺跡分布図
http://i022.radikal.ru/0901/82/8268eac5b3bf.jpg
○セイマトゥルビノ型青銅器出土遺跡  草原型
●サムシ・キジル型背銅器出土遺跡  森林型
1 ― o. Muhu; 44 ― 6. Terskiy okrug;
2 ― Noorsmarkku; 45 ― Chernoozer'e VI;
3―Kaasanmaki; 46 ― Evgawino;
4 ― Laukaa; 47 ― ust'e r. Tary;
5 ― Rielavesi; 48 ― r. Irtysh;
6―Galichskiy klad; 49 ― ≪Zapadnaya Sibir'≫;
7 ― Iberdus III; 50 ― Omsk;
5 ― s. Reshnoe; 51 ― Achair (?);
8a ― Bol'shaya El'nya; 52―≪yuzhnee Omska≫;
9 ― yul'yaly; 53 - Semipalatinsk;
10 ― Penza; 54 ― Kalbinskiy hrebet;
11 ― Shigony II; 55 ― r. Dzhun-Ta:
12 ― b. Simbirskaya gub.; 56 ― r. Maykopchegay;
13, 18 ― b. Kazanskaya gub.; i ― Novo-Mordovo, 57 ― Gobi-Altayskiy aymak, MNR;
15 ― Bazyakovo III; 58 ― Altay; 59 ― r. Charysh;
16 ― Murziha I; 60 ― Parfenove;
17 ― Inyaevo; 61 ― Smolenckoe;
19 ― b. Vyatskaya gub.; 62 ― Sokolove;
20 ― Donaurovo; 63 ― oz. Itkul';
21 ― Elabuga; 64 ― Verhniy Suzun;
22 ― Zarni-yag; Kosiha;
23 ― Nytva; 66 ― Krahalevka I;
24 ― Podgremyachinskaya gora; 67 ― Tar'sya;
25 ― Perm'; 68 ― gora Arkas;
26 ― b. Cherdynskiy u.; 69 ― Kizhirovo;
27 ― Koksharovo I; 70 ― Samus' IV;
28 ― Beregovaya I; 71 ― Tenga;
29 ― oz. Ayat'; 72 ― Tuh-Sigat VII;
30― Iset' I; 75 ―Tuh-yemtor IV;
31 ― r. Krutoberegovaya; 74 ― Shamanskiy mys;
32 ― oz. Berezovoe; 75 - Sredniy Vasyugan;
33 ― Voskresenskoe; 76 ― Beyskoe;
34 ― Sigaevo; 77 ― Evmakovskoe;
35 ― Shadrinsk; 78 - Minusinskaya kotlovina, Altay (?);
36 ― Voypovka-Gilevaya; 79 ― Minusinskaya kotlovina;
37 - Pashkin Bor I; 80 ― Kurtay;
38 ― Volvoncha I; 81 ― Ust'-Sobakipo;
39 ― Samarovo; 82 ― Zaledeevo;
Tyukovo; 83 - r. Sobakina;
41 ― Suzgun II; 84 ― Kubekovo (Usubekovo);
42, 43 ― b. Kargalinskaya volost'; 85 ― Goremyk.

856 :出土地不明:2010/05/23(日) 12:27:58 ID:sQv5PshD
>>846
>例えば東アジアの儒教文明国の日本、中国、朝鮮の官僚知識人支配の系統
この発想も違和感・・
日本が儒教文明国で中国・朝鮮と一絡げ?
日本は仏教国じゃないん?

857 :LUNAMASK:2010/05/23(日) 12:28:29 ID:Z6NpheNX
>>854
日本人どこから来たか 本日のYDNAによる日本人ルーツ仕分け
C1-M8 5.4% 縄文        スンダランド
D2-P37.1* 3.9% 縄文       中央アジア
D2a-M116.1 16.6% 縄文       中央アジア
D2a1-M125* 12.0% 縄文       中央アジア
D2a1a-P42 2.3% 縄文       中央アジア
O2b-SRY 7.7% 弥生       ブリャート
O3-M122* 6.6% 弥生       華中
O2a-M95* 1.9% 弥生       華南
Ob21-47z 22.0% 弥生       ブリャート
O3a3-LINE1 3.1% 弥生       華中
C3-217* 1.9%  古墳       モンゴル
C3c-M86 1.2%  弥生       満州
N1c1-M178 0.4% 弥生       ブリャート
N1-LLY22g* 1.2% 古墳       モンゴル
NO-M214* 2.3% 弥生       カザフスタン・陝西省・山東省
O3a3c-M134 10.4% 古墳      山東省・三韓
Q-P36 0.4% 古墳         カザフスタン
R-M207 0.4% 古墳        カザフスタン
I-P19 0.4%  古墳         カザフスタン

858 :出土地不明:2010/05/23(日) 12:31:33 ID:sQv5PshD
>>857
D2系統が中央アジアってのはナゼ?

859 :LUNAMASK:2010/05/23(日) 12:34:11 ID:Z6NpheNX
承前
CDNOはスンダランド・モンゴロイド、それ以外は非モンゴロイドという考えも
できるようだ。

860 :LUNAMASK:2010/05/23(日) 12:36:42 ID:Z6NpheNX
Eとの共通点があり、南西アジア山岳地帯、パミール・カラコルム、あたりで分かれた
と考えるとうまく行く。

861 :LUNAMASK:2010/05/23(日) 12:39:26 ID:Z6NpheNX
この場合スンダランドに入るのかどうか、ちと、微妙になるがね。

862 :LUNAMASK:2010/05/23(日) 12:47:56 ID:Z6NpheNX
>>855
注目したいのは85 ― Goremyk、これは四隅突出型墳丘墓発祥の地、バイカル湖
西岸アンガラ川流域であるということ。これが荒神谷銅矛の起源と考える。

863 :出土地不明:2010/05/23(日) 12:48:11 ID:sQv5PshD
D2が他のD系統から分岐した場所は中央アジア?

O2bがブリャートってまだ言ってるし

たいがいだね
頭が悪いなら同情するけど、性格が悪いならくたばれとしか言えない

864 :出土地不明:2010/05/23(日) 12:51:48 ID:sQv5PshD
それで青牛も、YDNAを必死で否定するわけですね

865 :LUNAMASK:2010/05/23(日) 13:01:39 ID:Z6NpheNX
>.>863
アフリカ、イラン、アフガニスタンと北上してきたDEは急激な気温乱高下、ヤンガー
ドリアスに遭遇、それに適応しながら更に中央アジア方面に移動したと考える。
この適応の途中で突然変異によりDが登場する。アンダマン諸島への南下はそれ
以後のこと。
現在のブリャートはほとんど旧ソ連諸民族だと思うよ。そこでO2bが2%という数字は
逆に非常に正確なもんじゃないのかなー。

866 :LUNAMASK:2010/05/23(日) 13:24:47 ID:Z6NpheNX
>>864
白馬青牛さんがYDNAを非難するのは、おそらく、現代の遺伝子情報のみに頼り、
ヘンテコ史観を創造することにのみ走り、若い者が歴史的文献を研究しなくなる、
乃至は、考古学者の努力を妙に批判したりする風潮を醸すのではないかとの
危惧から出ているものでしょう。そうだとすれば青牛さんは全く正当だと思う。、

867 :出土地不明:2010/05/23(日) 13:32:39 ID:sQv5PshD
文献の正当性は考えないと。

868 :LUNAMASK:2010/05/23(日) 13:39:23 ID:Z6NpheNX
あんたも、おれの考えている先をちゃんとついてくるね。頭がいいんだね。
ところで、反対の話になるがホツマツタエ、ホツマっていうのはアルタイ語にあるん
だね。Hor-Tumat 日本で言えば鎌倉時代にそういう民族が出現している。
どうも平安時代の渤海との交渉辺りに端を発しているんじゃなかろうかという気がする。

869 :出土地不明:2010/05/23(日) 13:39:33 ID:mjGHPbVs
>>866
LUNAMASKはずいぶん人のいい考え方だな
その考え方でいくとmtDNAに対しても同様に批判的になるはずだが
青牛の場合、なぜかYDNAのみを猛烈に批判する

その理由は火を見るより明らかだろ
北方民族が大量渡来して支配しているという妄想がつら抜けなくなるからなwww

870 :出土地不明:2010/05/23(日) 13:42:51 ID:sQv5PshD
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%97%A5%E6%9C%AC%E4%BA%BA

ブリャート共和国のブリャート人でしょう?
どう考えても、「ブリャート」という字面を見て
昔どこかにあったブリャートだなんて思いませんよ?

「中央アジア」「華北」などと同じように
地域を表すには適切な語句ではありません。
何らかの意図もなくピンポイントで「ブリャート」を選ぶわけがない。

871 :出土地不明:2010/05/23(日) 14:16:49 ID:sQv5PshD
あ「華北」はないな

>>869
YDNAをまるごと否定が青牛
YDNAを捏造解釈が月面
どっちもどっち、目的は同じ。

872 :LUNAMASK:2010/05/23(日) 14:21:45 ID:Z6NpheNX
>>869
現在のハプログループシェアーは3千年間の生きざまの結果なんで、この比率から
北方民族大量移住云々は言えない・・・これはわかるよ。骨だって全国的に残ったわ
けでもないしね。

873 :LUNAMASK:2010/05/23(日) 14:23:34 ID:Z6NpheNX
>>870-871
いやー、整理整頓のために参考までにYDNAをつかっているだけさ・・・

874 :LUNAMASK:2010/05/23(日) 14:26:25 ID:Z6NpheNX
おれなんかの本音を言うと、あの特攻隊のような事や、潜水艦で体当たりのような
波目になるような時代を作っちゃいかん・・・これだよね。皆、思いは同じとは思うが。

875 :出土地不明:2010/05/23(日) 14:41:07 ID:sQv5PshD
>>854-855
この話題のそらし方、図星だったって事ですかね

876 :LUNAMASK:2010/05/23(日) 15:05:04 ID:Z6NpheNX
見ての通り、別にあんたのレスに対応したわけじゃない、隣のグランドの草野球
のようなもんだ。しかし、行く行く日本の考古学もこれを避けては通れなくなる。
彼らも同様だ。日本の考古学に目をつぶってはいられないだろう。

877 :出土地不明:2010/05/23(日) 15:11:34 ID:26zAPjLu
C1-M8 5.4%

みたいに他人の与えてくれた数字を、ああだこうだ捏ね繰り回して
いるうちにいろんなことが麻痺してくるわけだ。戦争に拠る現実の
死も、死傷者数に還元され分類され、暢気なコメンテーターの机に
並べられる。

mtDNAの分析にデータを提供した人間は、数字になって、もはや生身
の人間としては省みられない。例えばアイヌのデータがどうやって
採取されたものなのか考えてみたことあるか?


878 :LUNAMASK:2010/05/23(日) 15:21:48 ID:Z6NpheNX
>>876 関連
ミケーネ人は若干のR1b1b2をギリシャに持ち込んだ可能性があるが、彼らの起源は
北方森林草原セイマトゥルビノ文化に求められ、そうだとすると、彼らはR1a1a主体の
民族だったということになる。
http://www.eupedia.com/europe/origins_haplogroups_europe.shtml
The Greek branch

879 :LUNAMASK:2010/05/23(日) 15:40:43 ID:Z6NpheNX
承前
プロト・ギリシャ語族が草原から到着することについての情報は全くない。ミケーネ文化
は前1650年頃始まり、明白に草原文化を持ち込んだものだった。ミケーネ語とプロト
インドイラン語には密接な関係があり、両言語の分岐は前2500-2000年の間という
かなり遅いものだった。
考古学的にミケーネ二輪戦車、槍先、銅剣、その他青銅出土品は非常に強力な機動性
を持つ遊牧民戦士として知られる、ロシア森林草原セイマ-トゥルビノ文化
(前1900-1600年頃)と驚くべく密接な類似性を持っている(セイマートゥルビノ遺跡は
はるか遠くのモンゴリアでも発見されている)。これゆえに、ミケーネ人は前1900-
1650年頃にロシアからギリシャに降臨し、地元民と交わり新しい独特なギリシャ文化を
創造したものと見られる。
http://www.eupedia.com/europe/origins_haplogroups_europe.shtml

880 :LUNAMASK:2010/05/23(日) 15:44:05 ID:Z6NpheNX
>>877
>例えばアイヌのデータがどうやって
>採取されたものなのか考えてみたことあるか?
想像に絶するね。一億分の二万そこそこのデータなんてあり得るンかなー。
こんな素朴な考えはある。

881 :白馬青牛 ◆cjIySZ2iYw :2010/05/23(日) 15:53:04 ID:TK9pYS6a
>>870
はあ、スレもそろそろ終わりか。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%97%A5%E6%9C%AC%E4%BA%BA
下記の方が面白いが、あんたぁD氏ですかのう?
http://ja.m.wikipedia.org/wiki/%E3%83%88%E3%83%BC%E3%82%AF:%E6%97%A5%E6%9C%AC%E4%BA%BA
D氏の姑息ぶりが目立つけど。

882 :出土地不明:2010/05/23(日) 15:57:53 ID:26zAPjLu
>>880

応答として根本的にずれてる。想像力が欠けているんだな。
どのような手段・方法を用いてアイヌのデータを採取すると
思ってるんだろう。

883 :出土地不明:2010/05/23(日) 15:58:20 ID:sQv5PshD
>>881
無知なド素人なんで、そんなの見ません

>>8が正解なのはよく分かりました♪

884 :LUNAMASK:2010/05/23(日) 16:34:18 ID:Z6NpheNX
>>878-879
セイマトゥルビノ技術を持つ四隅突出型墳丘墓文化人は穢人となり、出雲を根拠地
として日本の古墳時代を築いた。このスレももう終わりですかね。

885 :出土地不明:2010/05/23(日) 18:07:19 ID:26zAPjLu
>>846
>形質人類学的に埴原和郎氏は古墳期を新モンゴロイド化の速度が
>早くなる云う表現をされたけど、大量渡来は否定出来る材料も無い
>し、世界的民族移動期の普遍性から当然のことよ。

説明になってないな。飯塚・中橋の理論的な説明についても平等に
触れておいた方がいいんじゃないか。それ以前に埴原が依拠する小山
の人口推計そのものに大いに問題があるわけだが。

886 :ドレミ ◆YeeMODUSQg :2010/05/23(日) 19:05:25 ID:FnQXFBDM
>>860
パミール・カラコルム地震の巣ですね。ハイウェイもガタガタ。
雲南・四川・陝西・甘粛・青海、そしてスマトラ・サラワク、日本列島、火山と地震の巣。
70年周期ぐらいで文明が崩れます。それでも環境としてはよいので人が住み続ける。

>>868
ホツマツタエは北インド系文字のパスパ文字系ですよ。ハングルの親戚。
あの話も後世に作られたもので、神代文字としてはネタバレです。

887 :ドレミ ◆YeeMODUSQg :2010/05/23(日) 19:14:52 ID:FnQXFBDM
◆次スレ◆
日本人どこから来たんだ?14
http://academy6.2ch.net/test/read.cgi/archeology/1274609639/

888 :出土地不明:2010/05/23(日) 20:22:18 ID:Ts92uHYa
わお〜って言ってる人もそろそろコテが欲しいです。

889 :出土地不明:2010/05/23(日) 21:19:05 ID:rNFqn8rm
日本人は何処からも来ていない
あちこちから逃げてきた人が定着して日本人になった
てのがオレの考えw

890 :出土地不明:2010/05/24(月) 01:15:29 ID:MClsd7V4
関西で同和民の帰依する宗派というと真宗ですよ。
商人系は法華ですね。

891 :白馬青牛 ◆cjIySZ2iYw :2010/05/24(月) 01:24:34 ID:+v0k7hOx
>>890
関東の「気違い法華」と罵倒しとるんは関西人じゃろうに(笑)。
あんたの家筋が知れるのう(笑)。

892 :白馬青牛 ◆cjIySZ2iYw :2010/05/24(月) 01:29:58 ID:+v0k7hOx
>>885
中橋氏は、黄巾の乱以降の人口減少を倭国大乱の列島にあてはめん
幸せ回路。

893 :白馬青牛 ◆cjIySZ2iYw :2010/05/24(月) 01:36:00 ID:+v0k7hOx
>>872
弥生期じゃのうて、大量渡来の古墳期のことですよ。

894 :出土地不明:2010/05/24(月) 01:37:33 ID:MClsd7V4
馬鹿ですね。
関西では真宗は数が多くて同和民もいればそうでないのもいますが、
同和民は概ね真宗です。
事実を述べれば家筋ですか。
死んだ方がいいですね。

895 :白馬青牛 ◆cjIySZ2iYw :2010/05/24(月) 01:51:41 ID:+v0k7hOx
>>894
近江商人は真宗が多かったけぇ、被差別民云いたいんか?
播州門徒についての見解の聞きたいもんじゃ。

501 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)