2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

日本人どこから来たんだ?15

1 :出土地不明:2010/06/24(木) 10:36:26 ID:0rHoDy5f
◆前スレ◆
日本人どこから来たんだ?14
http://academy6.2ch.net/test/read.cgi/archeology/1274609639/

2 :LUNAMASK:2010/06/24(木) 10:40:15 ID:FHbv/QvZ
日本人どこから来たんだ?14
http://academy6.2ch.net/test/read.cgi/archeology/1274609639/menu899
秦氏も黒彝も似たようなものとすれば↓参考になる。
http://academy6.2ch.net/test/read.cgi/min/1204867737/

3 :テンプレ:2010/06/24(木) 10:44:24 ID:qj/9oqDn
◆過去スレ◆
日本人どこから来たんだ?13
http://academy6.2ch.net/test/read.cgi/archeology/1269416167/
日本人どこから来たんだ?12
http://academy6.2ch.net/test/read.cgi/archeology/1266584459/
日本人どこから来たんだ?11
http://academy6.2ch.net/test/read.cgi/archeology/1261997999/
日本人どこから来たんだ?10
http://academy6.2ch.net/test/read.cgi/archeology/1256552822/
日本人どこから来たんだ?9
http://academy6.2ch.net/test/read.cgi/archeology/1252776454/
日本人どこから来たんだ?8
http://academy6.2ch.net/test/read.cgi/archeology/1248834365/
日本人どこから来たんだ?7
http://academy6.2ch.net/test/read.cgi/archeology/1244083090/
日本人どこから来たんだ?6
http://academy6.2ch.net/test/read.cgi/archeology/1237219924/menu931
日本人どこから来たんだ?5
http://academy6.2ch.net/test/read.cgi/archeology/1225715306/
日本人どこから来たんだ?4
http://academy6.2ch.net/test/read.cgi/archeology/1217864779/
日本人どこから来たんだ?3
http://academy6.2ch.net/test/read.cgi/archeology/1209009011/
日本人どこから来たんだ?2
http://academy6.2ch.net/test/read.cgi/archeology/1189633821/
日本人どこから来たんだ?
http://academy6.2ch.net/test/read.cgi/archeology/1165607012/

◆本スレ関連リンク◆
まとめサイト : http://taatanniji.blog99.fc2.com/
黒潮圏の考古学 : http://ao.jpn.org/kuroshio/index.html
ISOGG(英語) : http://www.isogg.org/
TripAtlas(英語) : http://tripatlas.com/Human_Y-chromosome_DNA_haplogroups
ナショナルジオグラフィック : http://nng.nikkeibp.co.jp/nng/genographic/project.shtml
Atlas of the Human Journey : https://www3.nationalgeographic.com/genographic/atlas.html

4 :テンプレ:2010/06/24(木) 10:49:56 ID:qj/9oqDn
 1.35000年前±α D2南方旧石器人 スンダランドor華南山岳 → フィリピン・台湾・琉球 → 日本列島 40%
 2.18000年前±α C1貝文人      スンダランド → (黒潮ルート) → 日本列島  05%
 3.BC4000±α〜 O3越人        華南沿岸部 → (黒潮ルート) → 日本列島  15%
 4.BC1000±α〜 O2b東夷族      湖南・江西 → 安徽・江蘇 → 日本列島     30%

Indonesians (Han-Jun Jin et al. 2003):
6/36 = 16.7% O2b*(xO2b1)
1/36 = 2.8% O2b1
7/36 = 19.4% O2b total

Indonesia, West (Hammer et al. 2005):
2/25 = 8.0% O2b*-P49(xO2b1-47z)
2/25 = 8.0% O2b1-47z
4/25 = 16.0% O2b total

Micronesia (Hammer et al. 2005):
1/17 = 5.9% O2b*-P49(xO2b1-47z)

Tai-Kadai:
Thais (Han-Jun Jin et al. 2003):
1/55 = 1.8% O2b*(xO2b1)
2/55 = 3.6% O2b1
3/55 = 5.5% O2b total


5 :テンプレ:2010/06/24(木) 10:53:15 ID:qj/9oqDn
◆関連スレ◆
 LUNAMASK専用スレ
 http://academy6.2ch.net/test/read.cgi/archeology/1263883002/

◆このスレに頻繁に出没する朝鮮系コテハン達◆

 土器KID・・・Y染色体を火病を持って否定するコテハン。出土物を独自のねじ曲げた解釈で歴史をCreateする。
        ツンキーデとか沿海州が大好きで、強力なツングース水軍(笑)の概念の生みの親。
        台湾を異常に敵視し火病コピペを貼りまくる荒らし。どうも台湾・南方ネガキャン→日朝同祖論と思い込んでいるらしい。

 白馬青牛・・・Y染色体や血液型、生物科学全般を否定するマジ○○。典型的な曲学阿世の徒。
         権威への懐疑をウリにするが、自分自身が一番事大主義で権威寄りかかり僻が強かったりする。
         モンゴル系遊牧民が特に好きで、遊牧民とYAP+種族を意図的に混同しようとする。このためチベットを冒涜する。
         最近は土器KIDの影響も受けてツンキーデ狩猟民好きにも磨きがかかる。略奪民大好きな下劣なエセ教養人。

 LUNAMASK(月光仮面)・・・科学的所見を独自に使って妄想の広がりを楽しまれている御仁。少し残念なお方。
                  専用スレへ誘導するか、心の広い人はそっとしておくのもありかも。


6 :LUNAMASK:2010/06/24(木) 11:09:16 ID:FHbv/QvZ
オークネフ文化人は基本的にフルリ人という集団↓になったのではなかろうか。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%83%AB%E3%83%AA%E4%BA%BA
この中にミタンニの調教師キックリと言うのが出てくる。どうもこれが高句麗人・黒彝
の先祖のような感じがする。ヒクソスはエジプトに馬と二輪車を持ち込んだようだ。

7 :LUNAMASK:2010/06/24(木) 12:21:53 ID:FHbv/QvZ
「クンマンニ(Kummanni)という信仰の中心地」→これが「熊野」
「フルリ人の文化は、ヒッタイト人の宗教に大きな影響を与えた。フルリ人の国、
キズワトナに作られた「クンマンニ(Kummanni)という信仰の中心地」からフルリ人
の宗教がヒッタイト人の間にまで広まった。そして古いヒッタイトの信仰とフルリ人
の宗教は融合していった。またフルリ人の宗教はシリアへも広まった。そこでは
バール神がテシュブ神(Teshub)に対応する神であると考えられた。後世の
ウラルトゥ王国もフルリ人起源の神を信仰した。フルリ人の宗教は各地で姿を
変えながら、エジプトと南メソポタミアを除く全オリエントに影響を与えた。」
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%83%AB%E3%83%AA%E4%BA%BA
高句麗沸流川→大和布留川 石上神社布留御霊 参照

8 :出土地不明:2010/06/24(木) 13:37:04 ID:VxNA2qft
匈奴が, トルコ系とモンゴル系の集合体、Hunna Federation だった様に、
高句麗も各種遺伝子集合体だったでしょ。多分、Y-O2b、Y−C3、Y−N、
そしてY-O3(羌)のね。松花江盆地で牧畜を主にクニを作ってた時は、
羌が主導権を持ってたんじゃないの。中国との関係から見て、扶餘は
一貫して超絶ヘタレ。あのみっともない民族性からして、到底Y−C3の
騎馬モンゴル、匈奴系じゃないわ。扶餘は、野ヒツジを追ってる内に
内モンゴル方向へ迷い込んだか、あるいは殷の人柱、生き埋め要員に
される運命から逃亡しようとして東北へトンズラした羌の一派の予感。

9 :出土地不明:2010/06/24(木) 13:50:18 ID:K7+ac30R
そのくせY-O3(羌)は異母兄弟がなんかいっぱいおるわな
西蔵(M9) 雲南(M7b) 貴州(B4) 四川(D4) 山東(D1) 青海(A1) 日本(A5)

10 :出土地不明:2010/06/24(木) 14:19:42 ID:VxNA2qft
>>9
羌は、遺伝子の半分はヒツジなんだろ。
サカリが付くと見さかい無いんじゃないの。XX半島人の性癖に共通。

11 :LUNAMASK:2010/06/24(木) 15:01:56 ID:FHbv/QvZ
西安近辺秦嶺山脈にはピラミッドが100基あり、頂上に宝石のついた白ピラミッド
もあるとか。ヒクソスから帰還した王族のものだろう。
http://www.crystalinks.com/pyramidchina.html

12 :出土地不明:2010/06/24(木) 17:23:37 ID:uB5o6cAI
>>8 >>11
Y-O3a3c, Y-D1, Y-D3a, Y-N1, Y-NO, Y-N1c1
このグループって、北の四川に濃くて、雲南で薄まり、南の東南アジアには少ないんだよなーー
逆にミャンマーはO2a-M95, O2a1-M88が濃くなる
南詔のころに東南アジアを荒らしまわったのは、ロロ・ビルマ=黒彝じゃないの?

このへんめっちゃ気になる
  ↓
256 名前:LUNAMASK[] 投稿日:2010/03/04(木) 14:25:01 ID:qvMDNGRW
>>255
古羌族が本来シャングリラ的環境において牧畜をやっていたがしだいに戎(ノマド)、
武装移動性ノマド(犬戎)、そして、牛、馬、ヤク等の大型牧獣へと移行して行くの
かも。・・・しかし、中国YDNA資料によるとチベット・雲南にはテイ羌としてO,D等が
一緒になって入って行くようですね。トランスヒューマンスとは草原と山岳がぶつかり
合う様な地形、コーカサス、遼東、アルタイ等において起こるのでチベット・ヒマラヤ
に入り込むとそうしたハイブリッド構造はなくなるのではないかと思うんですが。
むしろ、古羌族というのはチュルク語族であってN系、騎馬民族の兵站を担当して
いたのではないかと思うんですね。

301 名前:白馬青牛 ◆cjIySZ2iYw [] 投稿日:2010/03/06(土) 00:25:29 ID:zxhG1gih
>>287-290及び>>296
合コン以前に羌戎系は中国西北部で生まれた集団ですよ。
長篠の戦いから鉄砲大量利用なんか後世に創作した物語でしょうに。
真央ちゃんは全体的に南ツングース満州族系の容貌ですね。福耳の
部分だけは縄文系じゃと思いますけど。白人は無いでしょう。

13 :出土地不明:2010/06/24(木) 19:55:15 ID:wV5heFY3
わぉ〜わぉ〜、新スレおめでとうございます!!

>Part14の893
>神武を先導←賀茂氏が神武封禅を按配したということでは。
>瀬織津姫 インドのサラスヴァーティー等になった中央アジア起源の川の女神。

瀬織津姫は、インドのサラスヴァティー、弁財天であり、アジスキタカヒコネ神と同じ
インド・イラン系の水神でしたか!!

http://ja.wikipedia.org/wiki/サラスヴァティー
>これは偶然の一致ではなく、インド・イラン共通時代から信仰されていた女神が
民族の分裂とともに2つに分かれたものではないかとされている。

神武を先導したアジスキタカヒコネ神を奉じる鴨氏は古代イ族の可能性が高いですね〜(^-^)/
古代イ族が後の修験道の開祖となる役行者を世に送り出した鴨氏の正体なんでつね!!!

14 :出土地不明:2010/06/24(木) 20:10:56 ID:wV5heFY3
わぉ〜わぉ〜わぉ〜
>Part14の893
>高夷=高彝でないでしょうか

http://members3.jcom.home.ne.jp/sadabe/kozoku/kozoku1-koui.htm
>扶余、高句麗の神話には北方系の日光感精型神話とともに、南方系の卵生型神話が示されていることから
南方系の部族が混在していたものと想像できる。そして、それが高夷氏の影響ではないだろうか。

この資料でも高句麗の鳥トーテム卵生神話が南方起源であり、それを高夷の影響として
南方の高夷【=高彝=古代イ族】と北方の扶余を区別しているんでつね!!

15 :出土地不明:2010/06/24(木) 20:25:22 ID:wV5heFY3
わぉ〜わぉ〜わぉ〜
>Part14の872
>この高夷がアルタイ・クマンディン族の祖先で、熊野神社系の神社を建設したんじゃないでしょうか。

熊野神社系の神社を建設したのは、南方系の高夷【=高彝=古代イ族】なんでつね!!!

16 :出土地不明:2010/06/24(木) 20:29:57 ID:wV5heFY3
わぉ〜わぉ〜わぉ〜わぉ〜
>Part14の774
>茶臼山古墳といいうのは時代、場所的に崇神に近いが、玄室内壁が石板墓
に特徴的な板石の横積であり、支石墓系統とは全く違っています。
>Part14の776
>アジスキタカヒコネと言うのはイランの竜神アジダハカとスクナヒコナの合成でしょう。

茶臼山古墳に比定される崇神は石板墓文化で、少彦名系の支石墓系統とは全く違うのですね〜
逆に金剛山・葛城山の高鴨神社のアジスキタカヒコネはやっぱりインド・イラン系で少彦名と関係あるんでつね!!

17 :出土地不明:2010/06/24(木) 20:43:42 ID:wV5heFY3
わぉ〜わぉ〜わぉ〜わぉ〜
となると高句麗も倭国も北方系鹿トーテムの石板墓文化人の扶余族と、南方系鳥トーテムの支石墓文化人の古代イ族の
連合国家ということになりますね〜(^-^)/

でも高句麗が支石墓文化圏に侵入したのは、北方扶余族が建国して相当時間がたって領土を拡大してからじゃね??
それに対して倭国は南方系稲作民が優位な神話を作り上げているんだお〜

18 :882:2010/06/24(木) 20:59:39 ID:1fM0EZMG
        , -、,- 、
         / `゚`ii´゚`∩  明日も書くけえのう
        ( _ ⊂⊃,,) /
        (     \
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
            :::::::::::::
            白馬さん・・・もう戻ってこないでください。
             , ── 
               /       ヽ                     , ── 、
            |        |                /       ヽ
            (\     /) ∩/)ヽ          |        |                  m
〜〜〜〜〜〜〜〜 ヽ、\へ/ノ/  /〜〜〜〜〜〜〜(ヽ      /、 m 〜〜〜〜〜  __∩   !
〜〜〜〜〜〜〜〜〜 l──l/\/〜/  ̄ ̄ ̄` \  / !\,へ/\) ノ 〜〜〜   /vv、  `ヽノ
             /  ̄ ̄ ヽ/   /            ヽ ∨_l二二l/ヽ/ 」\       /ヽ  |    i
           /ヽ|     |   i               | / |     | /  \  \   (⊃  ||)    |
         ⊂  /|  ─  |.   |              l/ヽ.|     |.      /\  \. |─┐ \__ !
          ///  |  ̄ ̄ ̄|   ヽ           /  /───ヽ  __o/ヽノ >   \ヽ、 _____|
              |___|  ◯ヽ         /◯/      \\_-´||)   / /⌒ヽ── ヽ
              |  | |  |   \ `━━━━━ /   ̄|. ̄| ̄| ̄   /   l 、/  /        |
             __|─| ヽ/\   |        |′   |   |  |  ∩  ̄/二二l  / \ /       |
            ( =|_|  ヽ/⌒ヽ  |      o    |   _|─||─| 三 | ̄ )   | /  /         |
             \_ )   | |─|   |    ┬   .|   (  |_||_|、  ̄ ̄Τ   |   /       |
                     ゙ー ′ (  ̄ ̄ )( ̄ ̄ )   \_ノ、_ノケ



19 :出土地不明:2010/06/24(木) 21:08:19 ID:wV5heFY3
わぉ〜わぉ〜わぉ〜わぉ〜
>>17
てか北方系の扶余族が南方系の古代イ族を列島の九州へ押し出したんじゃね!?
そして海部氏・鴨氏となって九州→丹後→伊勢→東海→金剛・葛城の大和→京都

20 :白馬青牛 ◆8mr41B7alChB :2010/06/24(木) 23:03:38 ID:AZwxmphk
>>5
また、違うとることを書きよるのう。4世紀のツングース水軍日本征服説を
唱えたんは、梅棹忠夫氏で土器氏は、中華奴隷の弥生期に遡らしとるだけ
じゃ。弥生期ならえらい弱い水軍になるのう。
ほいから、わしがここの嫌韓ネット右翼ほど事大主義になったこたぁ一度も
無いわ。いつぞやノーベル賞の権威に事大する者がおったのう。
http://fujiwaraha01.web.fc2.com/fujiwara/article/newleader100501.htm
ここの ノーベル賞に潜む奇妙な性格 ネオコンの砦「シカゴ大学」 に、
藤原肇氏「韓国の財界や政界有力者の子供は、ソウル大学で学んでから、
外国へ留学する際、多くがシカゴ大学を選び、一種のシカゴ閥と呼べる
集団を作っています。その鍵はノーベル賞でした。日本人はアイビー・
リーグが好きだから、留学の主流は、ハーバードやコロンビアですが、
韓国人は事大主義の傾向が強いために、ノーベル賞受賞者が多い
シカゴ大学を選ぶ。」と。まあ、韓国はスポーツでも、メダルの数を
気にする俗物趣味じゃが、日本は、伝統校とアイビー・ファッション、
昔のわしらの頃は、VANブランドが流行ったもんじゃが、日本人と韓国人は
志向が違うけんのう。嫌韓厨は、韓国に負けんようシカゴ大学へ行って
ノーベル賞を標的に学べ云う、韓国人のメンタリーに似た事大主義よのう。
あんたを含め嫌韓厨は、朱子学思想のせいか、韓国人に近いし、日本人離れ
しとるわい。(笑)
ほいから、わしゃはチベット人嫌いでも無いし、捏造誘導すなや。(笑)

21 :白馬青牛 ◆8mr41B7alChB :2010/06/24(木) 23:22:26 ID:AZwxmphk
>>13-14及び>>19
賀茂氏については、明夜航記氏が考察しておられるね。
 http://yumiki.cocolog-nifty.com/nautica/2010/02/73-d8c5.html
まあ、我が広島県の安芸の賀茂集団が、東北を殖民地としたことは
考えられるけど、あんたの賀茂族は古代イ族云う空想概念は可笑しいのう。
あんたの挙げた卵生神話の徐国も畑作地域で南方じゃ無いし。
イ族も支配層の黒イは南方系じゃ無いし、南下した北方牧畜民云う歴史的
な基礎くらいは、知っとらにゃあ。

22 :出土地不明:2010/06/24(木) 23:28:10 ID:D+lXkEfu

嫌われれば嫌われるほど、嫌われる事を大胆に遣り出す、何処かの民族。

ハイハイハイ!引ッ越し!引ッ越し!!引ッ越しオジさん「青牛」。

あんたの話など誰も関心ないよ、目障りなだけ!!!

23 :ドレミ ◆YeeMODUSQg :2010/06/24(木) 23:50:29 ID:5qIHyXDt
>>11
ヒクソスから西周の犬戎までは1000年近く間隔があるので、片道かもしれませんね。
途中でいろいろな勢力と合流して、スキタイから精密鋳造や還元剤の使い方を
教えてもらってきたというのは、十分に考えられます。
ブハラとかカスピ海回りでしょうか? それならスキタイ民族と接触しやすい。

24 :出土地不明:2010/06/24(木) 23:58:38 ID:6tmxPt51
牽用動物はスルー推奨

25 :LUNAMASK:2010/06/25(金) 08:49:16 ID:NM1fSsqt
>>13 羌族の神炎帝を奉じるものでしょうかね。
>>14 貊、これは羌系か。更には穢も淮川方面から来るんでしょうか。然し、
中原逐鹿というように昔は中原にも鹿がいた時代もあり、夫与も中原から
と言う可能性も残る。
>>15 熊野という言葉は、しかし、欧州に向かうフンの部族にもあり、日本・欧州へは
遼寧・アルタイ方面から出ているのでは。
>>16 金剛・葛城・熊野・・・これは山岳・炎帝指向、三輪山はなだらかに水平に
広がるオオナムチ信仰、オオナムチ・スクナヒコナの対称性がありますね。
>>17 高句麗・夫与間の関係が天と地の関係で、上にいうオオナムチ・スクナヒコナ
の対称性に基づくもので、私はトランスヒューマント・ガバナンスと仮称しています。
私は夏・商時代にも中原の拡大策は存在し、羌系の共工と言うのが淮河方面で
石棚・支石墓文化の導入に失敗し、東北部・遼寧に配置換えされたのかなと
考えているんですが。
>>19 これは九州の農業生産性にも限定があるということに過ぎないんじゃない
ですか。

26 :LUNAMASK:2010/06/25(金) 08:53:21 ID:NM1fSsqt
>>23 ヒクソス帰路といいますか。しかし、殷の錫青銅技術、龍山土器製作技術等が
東洋系フルリ文化を支えたのではないでしょうか。スキタイはよくいって商人集団
だと思うんですが。

27 :LUNAMASK:2010/06/25(金) 09:08:07 ID:NM1fSsqt
承前
逆に最近ECが http://www.eupedia.com/europe/origins_haplogroups_europe.shtml
シベリア出自のミケーネ人がセイマトゥルビノ・ホライゾン高度青銅器技術をバルカン
に持ち込んだとするのはアポロンが極北人に学んだとする神話と反していると考え
られます。実際はコーカサス・中近東のヒソ青銅器文化に資源的制約が発生する
のと共にモンゴル西部のカザフスタンにおける大型馬家畜化の成功と錫鉱床の
発見が一致し大規模な中近東コーカソイド集団の東方移動をもたらし、この
西方帰還こそミケーネ人のバルカン侵入とするべきだと思います。

28 :出土地不明:2010/06/25(金) 09:39:04 ID:khfcJUAc
西戎=カラスク

29 :LUNAMASK:2010/06/25(金) 10:57:02 ID:NM1fSsqt
>>28
カラスク人は華北中国人形質モンゴロイドとイラン系コーカソイドから形成された
箱式石棺墓文化人で殷・西周時代にシベリア・アルタイに栄え、羊を飼っていた
とされるので西戎、羌系とみていいかも。モンゴルでは
第四クラスタ 東モンゴル石板墓文化、中央トゥヴァ・カラスク文化
として東モンゴル石板墓文化と同定している。こうなると、尾張から関東に
濃密な前方後方墳は東モンゴル石板墓宮型石板墓に類似しており関係が
あるのかも。するとこれは東胡とも関係するのかもしれない。

30 :LUNAMASK:2010/06/25(金) 11:04:13 ID:NM1fSsqt
承前
すると、高句麗の貊というのはこれで、遼寧と言うのは民族の南北十字路にあり、
高夷と言うのが山東省から北上してきたもので、これに対して貊は夫与(東モンゴル
原住民)と共にホロンバイル方面から吉林省に移住してきたのかも。

31 :LUNAMASK:2010/06/25(金) 11:17:06 ID:NM1fSsqt
承前
高夷は西戎(秦・彝)O3a3c-M134であり、これに対してこのカラスク系は
北狄O3-M122*、つまり、高句麗には西戎と北狄(又は山戎)が高夷・貊
の形で共存していたのかも。

32 :出土地不明:2010/06/25(金) 11:39:06 ID:Hw8EHp8O
貊(Mo)
萌古(MengGu)
蒙兀(MongWu)
蒙古(MongGu)   O3-M122 + C3-217
苗=赫毛(Hmong) O3-M122 + O3a3b-M7

33 :LUNAMASK:2010/06/25(金) 14:33:06 ID:NM1fSsqt
http://academy6.2ch.net/test/read.cgi/archeology/1274609639/menu868
地中海に起こった「前1200年のカタストロフ」
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%89%8D1200%E5%B9%B4%E3%81%AE%E3%82%AB%E3%82%BF%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%AD%E3%83%95
これは津波のようなドミノ倒しとなって東進。白鳥庫吉博士の言う「陰陽及び天地人
三才の思想」
http://www.aozora.gr.jp/cards/000603/files/4729_17130.html
がインド、中国に入る頃、半島・列島に入った突帯文土器は思想的、遺伝子的にこの
余波の影響を受けなかったとは考えにくいのでは。中国では鳥トーテム・商の時代は
終わった。辺境外モンゴリアに雌伏していた夏・龍トーテム(オオナムチ)は南下を
開始したのでは。

34 :LUNAMASK:2010/06/25(金) 14:54:42 ID:NM1fSsqt
「前1200年のカタストロフ」
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%89%8D1200%E5%B9%B4%E3%81%AE%E3%82%AB%E3%82%BF%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%AD%E3%83%95

「これらには諸説あり、気候の変動により西アジア一帯で経済システムが崩壊、農産物
が確保できなくなったとする説、エジプト、メソポタミア、ヒッタイトらが密接に関連してい
たが、ヒッタイトが崩壊したことによりドミノ倒し的に諸国が衰退したとする説などが存在
する。地震によって崩壊したとする説は環東地中海全体の崩壊ではなく、特定の国に
のみ考えられており、少なくともミケーネ時代のティリンスではドイツ考古学研究所 (en)
の調査によれば激しい地震活動が発生したことが確認されている[9]。」

「この災厄についてフェルナン・ブローデルの分析によれば

1.ヒッタイトの崩壊
2.エジプトにおける海の民の襲撃
3.ギリシャのミケーネ文明の崩壊
4.気候の変動」

私はヒッタイトの崩壊と殷の滅亡は同じことで、本来アルタイ・新疆にあった西戎が
ヒクソス・ヒッタイトとして活躍後、中国に帰還したと考える。

35 :LUNAMASK:2010/06/25(金) 16:05:00 ID:NM1fSsqt
承前
つまり、仰韶文化圏から西進した秦、ヒッタイト、斉/姜、ヒッタイトは春秋戦国時代で
中国を統一したが、龍山文化圏の漢の巻き返しにあって満州・朝鮮半島の黄海沿岸部
に移動し、この時沿海州から南下してきた穢貊・沃沮集団と一緒になり共に日本列島へ
の移住を開始したと言うのが弥生民族移動の背景となる。

36 :LUNAMASK:2010/06/25(金) 16:06:23 ID:NM1fSsqt
訂正 斉/姜、ヒッタイト→斉/姜、ヒクソス

37 :LUNAMASK:2010/06/25(金) 16:11:30 ID:NM1fSsqt
承前
夏の黄帝の子孫が極北人で、オオナムチ信仰、羌・炎帝の子孫が鳥トーテム
スクナヒコナ神農信仰となる。これセールスマン系統。

38 :LUNAMASK:2010/06/25(金) 16:23:14 ID:NM1fSsqt
承前
初期稲作にかかわる突帯文土器と言うのは縄文人が縄文土器に突帯文を付加すると
いうことであり、民族移動と言うよりも何らかの思想の移動である。もちろん、
突帯文土器を持った渡来と言うのもあったではあろうが。この背景として考えられる
ことは:
牛頭天王の茅の輪という伝説にあるのではなかろうか。↓
http://www.city.hanno.saitama.jp/syoukoukankou/kankou/meibutsu/minwa/page_minwa/mi0304.htm

39 :出土地不明:2010/06/25(金) 18:24:46 ID:4ooayjmv
わぉ〜わぉ〜わぉ〜、日本おめでとう!!!
>>17>>30
つまり高句麗の建国は北方系鹿トーテム板墓文化人の扶余族が行い
一方列島倭国の建国は南方系鳥トーテム支石墓文化人の古代イ族が行った
ということでつね!!

40 :出土地不明:2010/06/25(金) 18:38:54 ID:4ooayjmv
>>33
わぉ〜わぉ〜わぉ〜
http://www.aozora.gr.jp/cards/000603/files/4729_17130.html
>陰陽及び天地人三才の思想はカルデアにもアッシリアにも存し、イラン民族に起りしゾロアスターの教は
陰神陽神を設けてその世界觀を説きたり。印度にては三才の思想は梨倶吠陀(リグヴェーダ)に存し
佛教の眞如と無明とは陰陽思想の變形なり。


このインド・イラン系のカイラス山三層、天地人思想を結実したのが我らがニッポン、八咫烏でつね!!

41 :出土地不明:2010/06/25(金) 18:54:38 ID:4ooayjmv
わぉ〜わぉ〜わぉ〜、ワールドカップがんばれ三本足ヤタガラス・ニッポン!!!
>>40
熊野本宮神社
http://www5e.biglobe.ne.jp/~midearth/mathom/images/strider/kumano8.jpg
>熊野では八咫烏を神の使者と言われています。
>三本足とは家津美御子大神の御神徳である智・仁・勇、または天・地・人の意をあらわしています。


インド・イラン系のカイラス山三層、天・地・人が、ヤタガラス・ニッポンの三本足の正体でつね!!!
http://farm2.static.flickr.com/1203/1239424987_b333ee9a9d.jpg

42 :ドレミ ◆YeeMODUSQg :2010/06/25(金) 20:39:29 ID:eVxE8J82
>>39
鹿は北狄、犬・猿・鳥は西戎のトーテム。
西戎は大勢力なので、顕聖二郎真君=犬、ハヌマーン系猿神話=猿、10羽の三足烏=鳥が全部ある。
犬は北or東寄り=斉地方、猿は西or南寄り=大理国、
烏は、射日神話なので湖南貴州など、どまんなかのやや南側=夜郎国に濃く分布。
犬は、飛び地で広西=ヤオ族・チワン族にもあるのが不思議。

43 :白馬青牛 ◆8mr41B7alChB :2010/06/25(金) 23:00:27 ID:WZxgjnAz
>>25-30
貊は、遼西地方から、東方へ移住したグループで、穢の方は、満州の
漁撈水辺民が南下したグループでしょう。扶余は江上波夫氏の考えでは、
大興安嶺のモンゴル系とされます。まあ、扶余と高句麗は、文献的には
同族とされますが、扶余が鹿トーテムや豆莫婁に近いモンゴル系として、
高句麗は貊要素が強く、ほんとうに同族かはまだ疑問な点が多いですね。
扶余・貊・穢と複数の集団が、朝鮮や日本へ移住したんでしょう。

44 :白馬青牛 ◆8mr41B7alChB :2010/06/25(金) 23:35:25 ID:WZxgjnAz
>>39
何回の云うが、イ族の支配層の烏蛮黒イは、北方から南下した
羌集団で、奴隷階級の白イたぁ、違うんよ。
http://www.gxtourism.com/shaoshuminzu/28.html
http://www.china-world.info/china23u.htm
上の文にも、羌の分派が南下したことが出とるよ。
黒イの容貌は上の女性でも、下の方の画像でも、新モンゴロイド
渡来形質で、越系や漢系の混じった白イのような南方形質じゃ
ないよ。
まあ、イ族の奴隷社会は、古代のテン国に似とるねえ。
http://www.mekong.ne.jp/directory/society/izokunodoreiseido.htm
http://www.geocities.jp/silkroad_tanken/katsudou_tp16/others/shishido_seinan_silkroad/shishido_seinan_2/shishido_seinan_silkroad_2_.html
上の文にあるよう、「騎馬や武芸にあけくれ、奴隷階級の
無償労働と現物貢納で暮らしていた」黒イ。
三つの奴隷階級に属し、無理やり拉致されて奴隷になった白イ。
奴隷が逃亡したら、酷い目に合うね。東日本の名子制度や
対馬の逃亡した罰でなった永代奴よりも酷いかも知れんよ。
下の雲南のテン族は、イ族奴隷社会の原型じゃね。

45 :白馬青牛 ◆8mr41B7alChB :2010/06/25(金) 23:50:45 ID:WZxgjnAz
>>42
トーテムは、面白いですね。満州族やキルギス人は犬で、ブリヤートは
牛でしょう。羌系の西夏は猿。モンゴル部族は犬と鹿で契丹は馬と牛。
まあ近年では、チベット人が、モンゴル人を罵るときは「この犬め」
モンゴル人がチベット人を罵るときは「この猿め」と云いますね。
南方では焼畑狩猟民系のヤオ・ミャオ系は犬ですし、広西の山地の
連中を集め、倭寇討伐でも武勲に輝く精強・獰猛な部隊の名は「狼兵」で、
狼・犬系てすからね。

46 :LUNAMASK:2010/06/26(土) 10:00:35 ID:X4S+/tOm
>>39 >>17>>30
>つまり高句麗の建国は北方系鹿トーテム板墓文化人の扶余族が行い
>一方列島倭国の建国は南方系鳥トーテム支石墓文化人の古代イ族が行った
>ということでつね!!
遼寧では殷期華東方面から北上してきたと見られる支石墓文化に、山東省岳石農業
文化がぶつかり合うところに、更に、西周期には華北白浮方面からの鹿石影響を受
けた遼寧銅剣文化と、南、南、西方からの影響を受けた後、戦国末には燕・斉からの
流民があり、これに加えて北方からの貊・夫与といった混沌とした状態であったと見ら
れます。最後に終電車に乗ったのが高句麗と言うことで、その頃最初の客は背振山系・
筑後川流域に達していたのでしょう。

47 :LUNAMASK:2010/06/26(土) 10:07:56 ID:X4S+/tOm
>>40-41
熊野は世界遺産中の世界遺産。しかし、日本には皇室、寺社仏閣その他有形無形
の数多くの世界遺産が残されており、これを世界の人のためにどのように保全し、
生命を与えて行くかということが大事ですね。

48 :LUNAMASK:2010/06/26(土) 10:13:17 ID:X4S+/tOm
>>43
>まあ、扶余と高句麗は、文献的には
>同族とされますが、扶余が鹿トーテムや豆莫婁に近いモンゴル系として、
>高句麗は貊要素が強く、ほんとうに同族かはまだ疑問な点が多いですね。
>>46 ←参照 今後の解明が待たれますね。

49 :LUNAMASK:2010/06/26(土) 16:35:26 ID:X4S+/tOm
>>46
高夷とは濮のことか*
(注 M-とはモンゴルクラスタ分類番号 Mのないのが直接山東省→半島)
O2b-SRY 7.7% 満蒙(外バイカル)M-I 山東岳石文化
Ob21-47z 22.0% 日韓(朝鮮半島) M-I 山東岳石文化
--------------------------------------------------
O3-M122* 6.6% 北狄・燕 M-II 遼寧銅剣文化
---------------------------------------------------
R-M207 0.4% 月氏(アルタイ) M-III
I-P19 0.4% スキタイ(アルタイ M-III
---------------------------------------
C3-217* 1.9% 匈奴(中央トゥヴァ M-IV
C3c-M86 1.2% 東胡(東モンゴル) M-IV
--------------------------------------
N1c1-M178 0.4% アルタイ人(内バイカル) M-V
N1-LLY22g* 1.2% 突厥人(アルタイ) M-V
Q-P36 0.4% フルリ人 (アルタイ) M-V
-----------------------------------------------------------
O3a3-LINE1 3.1% 楚(華東)遼寧大嘴子文化
O2a-M95* 1.9% 濮(華南)遼寧馬城子文化 高夷*
---------------------------------------
NO-M214* 2.3% 彝族(斉・ヒクソス)   故斉国
O3a3c-M134 10.4% 秦(ヒッタイト)     故斉国

50 :LUNAMASK:2010/06/26(土) 16:46:42 ID:X4S+/tOm
>>46
猿と言うのは高所適応性のある山岳民、羊等の山岳動物遊牧民と言うのは
面白いですね。日本では猿の赤いところから太陽と関連付けられる場合が
あるようですね。

51 :LUNAMASK:2010/06/26(土) 16:56:58 ID:X4S+/tOm
>>49 これは当然のことながら仕分け素案であり今後の考古学発見に応じて
随時変更されるものです。

52 :ドレミ ◆YeeMODUSQg :2010/06/26(土) 20:34:23 ID:Dj//6Rr7
>>44
イ族の6部族
1.北部
 A)大涼山(義諾) 西昌、美姑、昭覚*、峨邊、馬邊、雷波*
 B)布トウ*・普格*
  ↑↑↑
  ここまで>>44で紹介(*) 恐怖の大涼山 サイクリストの野宿ご注意との情報あり
  民国時代まで奴隷制度がずっと継続
 C)会理
 D)小涼山(聖乍) 木里、昭通、冕寧、塩源
   → ナシ族地区に近い 仏教徒の場合はチベット族登録
   長征ルート ここの有力者は後に国民党にぶっ殺されたみたいね。
2.東部=貴州・広西
3.東南部(撒尼)=石林 → テン王国
4.南部(尼蘇)=石屏,蒙自 → テン王国
5.中部=楚雄 → テン王国
6.西部=巍山 → テン王国

>>51
あくまでも出土物中心でしょう。
白イと黒イのハプロタイプの違いは、ずっと明らかにされないでしよう。大涼山や布トウ・普格では問題大有り。
隣接のナシ族(北)・ペー族(西)・ハニ族(南)の情報から類推するしかないのでは?

53 :ドレミ ◆YeeMODUSQg :2010/06/26(土) 20:50:02 ID:Dj//6Rr7
>>49
濮人(華南)は、むかし普通に中原におったでしょう。
中原は10000年前から継続して人が住んでいたわけだし
山東省と河南省の境付近には濮水が流れてますし、濮陽市があります。
殷の人柱、生き埋め要員かもしれませんね。姜姓で多分羊を飼ってたでしょう。
2600〜3000年前に西方から犬戎などが侵入してきて、こっちは姚姓で後秦とか五胡族の中心。

「高」は、濮人のことを表現していて高綿・高椋などクメールの音写です。
雲南テン王国の被支配者は高綿人という説が有力です。
白イの楚雄・魏山・尼蘇・撒尼とか、ラフ族やミャンマー人も南方形質混在で
濮人起源をもっているかもしれません。消えた巴族も濮人説があるんですよ。

周辺の漢族や少数民族も一般的に南方形質混在ですが、
ナシ族は北方形質が強いかもしれません。
ギャロンとかチャン族やトウチャ族は雑種ですが、白馬人の場合家系図上純系ですね。
白馬人は北方形質が強いらしいですが、その姿を見ることか少ないです。
http://en.wikipedia.org/wiki/Baima_people
http://zh.wikipedia.org/zh-hk/%E6%B0%90%E4%BA%BA

カンボジア人は、高綿人の純系で古モンゴロイド形質だといわれてますね。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AF%E3%83%A1%E3%83%BC%E3%83%AB%E4%BA%BA

54 :882:2010/06/26(土) 21:01:53 ID:QXpn9dId
韓国の人も、日本人をののしるとき猿っていうよね。

55 :LUNAMASK:2010/06/26(土) 21:06:56 ID:X4S+/tOm
>>53 うれしいです。よくわかりました。

56 :ドレミ ◆YeeMODUSQg :2010/06/26(土) 21:09:37 ID:Dj//6Rr7
>>45
ヤオ族は、ほぼ全域に犬神話があり、里見八犬伝のモチーフになってますね。
チワン族は大勢力で、全部が全部に犬神話があるわけでなく、ヤオ族と接しているあたりに分布しているみたいです。

ミャオ族の場合も大勢力で、蛇神話=洪水神話を持っているものや鳳凰神話を持っているものや
猿神話であったり、まちまちです。これがミャオ族という決まり手の神話がないです。
チワンとかミャオとか大勢力の民族の場合は、起源が複数で4〜5系統の起源があるんじゃないでしょうか?

57 :LUNAMASK:2010/06/26(土) 21:13:18 ID:X4S+/tOm
尾張・海部、最後の銅鐸人、アブラハムがイサクを神にささげたように炎帝に
青年を捧げる羌族↓
NO-M214* 2.3% 彝族(斉・ヒクソス)   故斉国
O3a3c-M134 10.4% 秦(ヒッタイト)     故斉国
アブラハムの伝説のモデルであったのだろう。。

58 :出土地不明:2010/06/26(土) 21:26:08 ID:ZdtnOOyp
イ族の祖先は、古代の「西南夷」「南蛮」と呼ばれた集団の一部。

唐代の雲南東部には、四川から南下してきた騎馬民族系の「烏蛮」、
西部には、雲南に古くから住んでいた農耕民系の「白蛮」種の民族がいた。
「烏蛮」の一部族が建てたのが南詔王国である。
「烏蛮」が現在の「黒イ」、「白蛮」が「白イ」と言われる。

黒イは、体つきも大柄で、女性は大きな帽子に、プリーツスカートを穿いている。
白イは小柄で、女性はズボンを穿いている。

59 :白馬青牛 ◆8mr41B7alChB :2010/06/26(土) 23:52:35 ID:SNDoL1So
>>48
扶余は元来木槨墓人で、支石墓人じゃ無いですしね。だいたい部族連合
なんか複数の集団が混じって構成されるわけですから、高句麗なんかも
一種族が起源云うわけじゃ無いですしね。
>>50
日本において猿は、馬頭観音の守り神とされてますね。
>>54
韓国の日本人が猿云うんは戦前にゃあ無いよ。多分米国の日本人の
黄色い猿概念の受け売りじゃないか。
台湾人なら、大陸から来た国民党の横暴に「犬去って、豚来る」よのう。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8F%B0%E6%B9%BE%E5%85%89%E5%BE%A9
ウイキの3にも、「犬(日本人)は吼えて煩いが番をしてくれたが、
豚(中国人)は、貪り食うだけで何もしてくれない。」と、あるよう
日本人は犬じゃわい。
まあ、日本人は、大神信仰から狼としてくれ云いたいが、犬科である
こたぁ変わらんよ。(笑)
>>56
江戸期、曲亭馬琴がネタにして、伏姫と犬の八房の物語「南総里見八犬伝」
のヒントにしましたね。
蛇神話は、南方に集中し、北方に余り見られませんね。洪水は、楚国の
伏義と女?の神話ですか。
当然壮や苗の諸民族も複数の集団から、構成されとるでしょう。

60 :白馬青牛 ◆8mr41B7alChB :2010/06/27(日) 00:03:24 ID:o9Lx4Opr
>>58
そう云うこと。じゃけぇ、>>44でブリーツスカートの黒イを選んだんよ。
http://www.china-world.info/cgi-bin/viewphoto_jp.cgi?1268&v
まあ、黒イの男は、パンタロン云うかバギー・ズボンじゃ。

61 :LUNAMASK:2010/06/27(日) 09:15:16 ID:hiDH7W20
>>59 >>48 夫与は木槨墳文化民族を含む混成民族であったものの支石墓文化は
含まず。高句麗も同様に混成民族・・・ということですね。
>>50
馬頭観音はインドイランの太陽を引く二頭の馬、乃至は、二人の御者
アーシュヴィン双神でしょう。安曇野のサエ神・カップル石像もこれだと思います。

62 :出土地不明:2010/06/27(日) 09:38:01 ID:91Ns7Mod
>>62
仏典軽視とは大胆ですな 馬頭観音はVishnu。
ttp://en.wikipedia.org/wiki/Vishnu
Vishnuは十化身(アヴァターラ) 減って二化身。
「神聖ローマ皇帝とローマ法王は、お互いに同一の神の化身」みたいな発想にたどり着く。

安曇野の神には記紀神話の神の名がついててサルタヒコとアメノウズメです

63 :LUNAMASK:2010/06/27(日) 10:13:44 ID:hiDH7W20
>>62
このスレの基本方針が考古学なんで、一切の聖典の論理は考古学発見に劣後します。
法医学の立場からは薬師教も香具師の仁義と同じような精神活動の結果と解釈される
べきだと思います。

64 :LUNAMASK:2010/06/27(日) 10:22:11 ID:hiDH7W20
さはさりながら、仏典にあるカルマとは別に歴史を通してダルマが見えてくる。
則と言うか。
それでもって世界遺産保護、文化財保護、環境保護の一助に資すればと言うのが
大方の本スレ投稿者の気持ちでしょうね。

65 :LUNAMASK:2010/06/27(日) 10:34:28 ID:hiDH7W20
>>62
猿田彦にはフランス語の太陽を意味するソレイユ、太陽電池ソーラーバッテリー
のソルが含まれている。天のウズメのウトゥと言うのは
Utu ("Utu, who sheds a wide light) is the Sumerian for "Sun".シュメール太陽神
http://en.wikipedia.org/wiki/Utu
羌族が持ち込んだんでしょうね。

66 :LUNAMASK:2010/06/27(日) 10:47:07 ID:hiDH7W20
承前
サルボボ http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%95%E3%82%8B%E3%81%BC%E3%81%BC
これは明確に太陽神を表してますね。日田・飛騨・日抱神社
http://www.gifu-hemp.net/hidakison.html  これも大いに関係あり。

67 :LUNAMASK:2010/06/27(日) 10:56:14 ID:hiDH7W20
承前
高山・木曽方面の考古学参考書
「あきらかにされた神武以前 日本民族!その源流と潜在意識 山本建造」 福来出版

68 :LUNAMASK:2010/06/27(日) 11:23:41 ID:hiDH7W20
>>65-67
↓宇都宮神社、これが太陽神信仰で
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%AE%87%E9%83%BD%E5%AE%AE%E7%A5%9E%E7%A4%BE_(%E5%B0%8F%E7%89%A7%E5%B8%82)
↓日野宮神社と同等であるとすれば、
http://www.mitene.or.jp/~hayamine/gazou/hi-miya21.jpg
東モンゴル宮型石板墓であるとか、2006年吉林省蛟河市で発見された西團山文化
三段ピラミッド墳、これらの遺跡が太陽神信仰とするなら、外バイカル石板墓文化圏
は太陽神信仰の宮型墳とオオナムチ系(大地・龍信仰)の方型石籬墳が共存していた
ことになる。

69 :LUNAMASK:2010/06/27(日) 11:36:08 ID:hiDH7W20
承前 モンゴル鉄器青銅器民族クラスタ分類、日本人mtDNA等に照らして考えると
O2b-SRY 7.7% M-I 山東岳石文化 JapanmtDNA分類本土I-1沖縄I→
           方形石籬石板墓 →方形周溝墓
--------------------------------------------------
C3-217* 1.9% M-IV匈奴(中央トゥヴァ)→ 宮型石板墓→前方後方墳
C3c-M86 1.2% M-IV東胡(東モンゴル)→ 宮型石板墓→前方後方墳
こういうことになろうか。

70 :出土地不明:2010/06/27(日) 11:42:32 ID:0zJ0u3bJ
>>63
このスレの基本方針が考古学なんで、一切の聖典の論理は考古学発見に劣後します。

都合よく考古学を持ち出すのはやめたほうがいい。このスレは考古学とは殆ど関係
ない話題で推移している。こういうのを考古学だというのはさすがに問題だ。

71 :出土地不明:2010/06/27(日) 12:13:19 ID:bj7cnY4F
馬頭観音像が後漢以前の時代に出土してないだろ
年代無視の語呂あわせだな

72 :LUNAMASK:2010/06/27(日) 14:17:29 ID:hiDH7W20
>>71
馬頭観音は殷末にウラルからインド・中国に入るリグ・ヴェーダ神話のアシュヴィン
双神とダヂャンク行者の逸話から来たもの。帝釈天からソーマ酒製法の秘伝を受けた
行者から双神が秘密を聞き出そうとする。行者は秘密を漏らせば首をとられると言う。
双神はそれなら首を馬の首に取り換え、馬の口から秘密を言えばよいとする。
それで行者の首を馬の首にとりかえるというもの。実際にウラルにおいてはこの通り
首を落として馬の首をおいたクルガンが発見されている。

73 :LUNAMASK:2010/06/27(日) 14:26:28 ID:hiDH7W20
>>69
外バイカルから尾張に匈奴が、エジプトから三河に犬戎が入ったということになるが。

74 :LUNAMASK:2010/06/28(月) 08:36:02 ID:3uli1jjr
モンゴルという藪をたたいて蛇、地祇族、をあぶり出すと、逆に茂みをたたいて鳥、
天孫族、が出てくる。そのタイミングは呉製鉄技術が伽耶を経由し、吉備に入る頃で
あり、鳥・天神埋葬形態は江淮竪穴墳土敦墓、歴史時代チュルク諸族に見られる
竪穴式クルガン、前方後円墳と言うことになる。>>49 すると天孫族は
O3a3-LINE1 3.1% 楚(華東)遼寧大嘴子文化
O2a-M95* 1.9% 濮(華南)遼寧馬城子文化 高夷*
---------------------------------------
NO-M214* 2.3% 彝族(斉・ヒクソス)   故斉国
O3a3c-M134 10.4% 秦(ヒッタイト)   故斉国
これらのいずれかに属するはずだが海部・秦は明らかに天孫の下位であるところから、
天孫とは
O3a3-LINE1 3.1% 楚(華東)遼寧大嘴子文化
O2a-M95* 1.9% 濮(華南)遼寧馬城子文化 高夷*
のいずれかになろうと思うが、更に製鉄と言う点で絞ると
O2a-M95* 1.9% 濮(華南)遼寧馬城子文化 高夷* が最後に残るんだが。

75 :出土地不明:2010/06/28(月) 11:41:20 ID:1qKLEdeg
わぉ〜わぉ〜
>>68
方墳の高句麗将軍塚は天地人三段でないものも多いんだお〜
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%AB%98%E5%8F%A5%E9%BA%97%E5%89%8D%E6%9C%9F%E3%81%AE%E9%83%BD%E5%9F%8E%E3%81%A8%E5%8F%A4%E5%A2%B3

>>74
竪穴墳の前方後円墳はカイラス山のきれいな天地人三段構造だったんだお〜
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100626-00000749-yom-soci.view-000

こうしてみると高句麗将軍塚と前方後円墳は全く構造が異なりますね!!!

76 :出土地不明:2010/06/28(月) 11:56:32 ID:1qKLEdeg
わぉ〜わぉ〜わぉ〜
>>74
伽耶から来た天孫族で前方後円墳を創り、初期邪馬台国を興した吉備・紀伊氏は
南方系の本流中本流、O2a-M95* 1.9% 濮(華南)遼寧馬城子文化 高夷 かも知れないですね〜(^-^)/

またまた青牛たんが沸騰しそうな展開でつね!!!

77 :LUNAMASK:2010/06/28(月) 12:01:57 ID:3uli1jjr
>>75
神武の故郷日向にはその後も前方後円墳が続きますが、日向・肥後山中に残る
地下式横穴墳は滑(エフタル・アヴァール・うかし)のもので、関東に残る鳥を伴う
テキサス・カウボーイ型武人埴輪はこれを描いたものと考えられます。
http://www.wordiq.com/definition/Huaguo
http://www.citizendia.org/Uar
神武天皇は「天神の子亦多(さわ)にあり」と言われますが、各地各様の墓制が
あったのでしょう

78 :LUNAMASK:2010/06/28(月) 12:06:48 ID:3uli1jjr
>>76
皇室典範とか、DNA鑑定によって皇統が決められたわけでもなく、結婚とか
戸籍とか全くない、現在のニューギニア山中のような社会ですからねー。
相当おおらかだったんではないでしょうかね。

79 :出土地不明:2010/06/28(月) 12:57:58 ID:myQ0kZUo
>>76
つ 広顔、低顔

縄文人だと一蹴されるだけじゃろw
よってO2aは縄文人
現にインドネシアやカンボジアには縄文形質のO2>>4がいるじゃないか?

2010/06/08(火)
> ほいから「西日本古墳人」たぁ渡来形質と縄文形質の混血特徴を
> 持つ人骨のことよ。その中でも縄文系の特色の強いんは、
> 「広島県の四―五世紀の古墳人骨が、縄文人に匹敵するほど
> 低顔性をもちあわせた」こと、「関東古墳人は顔面がきわめて低い
> 広島古墳人によく似ているが、そのうえ低く広い鼻もっているので、
> 広島古墳人よりさらに縄文的といえる。」(P188)と、

O1aも縄文形質
2010/06/13(日)
> 広西省は、タイ系壮族の地じゃけぇ、低顔でエラが張ったタイ系の顔に
> 近いね。

80 :LUNAMASK:2010/06/28(月) 13:42:11 ID:3uli1jjr
>>79
O2aはインディカ米と重なり、インド起源説が出るほど。インディカ種だとジャポニカ種
よりも古い縄文時代に入っていた可能性もある。
http://www.genebase.com/tutorial/item.php?tuId=22

81 :LUNAMASK:2010/06/28(月) 14:22:14 ID:3uli1jjr
>>74
O2aを縄文人とすると天孫とは「O3a3-LINE1 3.1% 楚(華東)遼寧大嘴子文化」の中
から出てくるものと言うことになろうか。

82 :出土地不明:2010/06/28(月) 15:01:31 ID:myQ0kZUo
>>81
だろうね

O2aとそのペアmtのM7*系が縄文人の主流として
馬牛などの大型畜獣をO3a3cやNO/N*あたりが持ち込んで
疫病で減少させちまったというのなら「馬牛説」と符合しよるよw
またO1aのほうは絶滅したとすればペアのmtのB系が日本が残った仮説も成り立つよ^^;
B系がブリヤートに多いのかよう知らんけど

D1やD3aが北方胡族に濃いことから
D2*を縄文人の主流に据えないで
O2a/O1aを中心に据えて思考実験するといいわな

83 :出土地不明:2010/06/28(月) 15:13:32 ID:myQ0kZUo
>>80
それ漢族のデータが欠けているから
漢族込みのも見るべきだな
http://hpgl.stanford.edu/publications/HG_2000_v107_p582.pdf

データは10年以上前のものだが

84 :出土地不明:2010/06/28(月) 15:25:33 ID:myQ0kZUo
mtならこっちが詳しい
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC384943/

85 :出土地不明:2010/06/28(月) 15:44:00 ID:myQ0kZUo
>>80
これのFig10見て感じるのは
C3-217がインドネシアやパキにもいて北方系とはいえないわけだな
北米や中米のC3bの祖先でもあるわけで新モンゴロイドの指標には使えないなw
いっぽうC3c-M86のほうは極端に北方に偏っているけど ^ ^;

86 :LUNAMASK:2010/06/28(月) 16:04:05 ID:3uli1jjr
>>82
BP6000―5,000年興凱湖の新開流文化が縄文とよく似ておりおそらくD1やD3a。
モンゴル新石器クラスタ分類で日本と同じとされているのはこれだろう。O2aは
インディカの日本流入に遺伝子が伴ったかどうかは別として、ニコバル、中越
マン族への食い込みが農業伴うことから新石器農業文化人であったことは
間違いない。縄文時代の日本に農耕文化があったのかどうかは土器面では
分かっていない。農業専門の土器なんてのはない。網羅型のようだ。

87 :LUNAMASK:2010/06/28(月) 16:11:57 ID:3uli1jjr
>>80
http://64.40.115.138/file/lu/6/52235/NTIyMzV9K3szNTg0MTI=.jpg?download=1
C3-217 これは弥生末・古墳時代にモンゴリアから日本に渡来したもので
アパッチ族等は細石刃時代に日本からカナダ・アメリカに渡ったものだろう。

88 :出土地不明:2010/06/28(月) 16:12:55 ID:myQ0kZUo
>>86
牡丹江のほうですか. . . . . .
縄文土器みたいなのが出土してますな
http://changbaishanshoucang.blog.hexun.com/30569953_d.html

89 :LUNAMASK:2010/06/28(月) 17:16:58 ID:3uli1jjr
>>88
大陸で同時進行する縄文→弥生
新開流文化(興凱湖)縄文
狩猟具69.4% 漁労具12.2% 採集具1.5% 木工具16.8% 計100%
半坡文化(西安・仰韶)
狩猟具4.6% 漁労具5.5% 採集具67.3% 木工具22.6% 計100%
315 160 325 115 915
賈湖文化(河南・稲作)弥生
狩猟具34.4% 漁労具17.5% 採集具35.5% 木工具12.6% 計100%

90 :出土地不明:2010/06/28(月) 18:15:17 ID:j4HCIjoO
土器の主な使い道は、調理と保存と少し祭祀だろう
しかも定住、土器は重いから移動には不適
縄文時代には計画的な食料の採取が有ったと見るべき

91 :出土地不明:2010/06/28(月) 22:13:00 ID:tHIjmb9B
>>88

全然ちゃうやん

92 :白馬青牛 ◆8mr41B7alChB :2010/06/29(火) 01:18:12 ID:CMC6LAsO
>>76
何で吉備や紀伊を南方誘致するんかねえ。
>>78
確かに皇室は貴族社会の一員ゆえ、妻女が不倫して南方系の父系が
入っても可笑しゅうは無いですけど、総合的に皇室、貴族は北方渡来
形質でしょう。

93 :出土地不明:2010/06/29(火) 01:47:14 ID:HRK6bwR4
ロシア貴族の3分の1はモンゴル系
出自と現在の見た目は無関係

94 :LUNAMASK:2010/06/29(火) 08:25:49 ID:Iz+bVu0J
>>92
天皇・皇統・血筋といったことに拘泥しすぎると可笑しくなるので今後できるだけ何とか
天皇というのは避けるようにします。ただ神武、崇神、神功、継体等は切れ目の
印として出てくるのはしょうがないけど。

95 :LUNAMASK:2010/06/29(火) 09:23:36 ID:Iz+bVu0J
>>82
>O2a/O1aを中心に据えて思考実験するといいわな
http://www.rekihaku.ac.jp/kenkyuu/kenkyuusya/fujio/seigyo/jomon.html
縄文期O2aは韓国においてはあり得ようが、日本においては単なる雑穀種子輸入
程度であったのだろう。

96 :LUNAMASK:2010/06/29(火) 10:07:14 ID:Iz+bVu0J
>>77 J. P. Malloryの論敵Safronov V.A. Indoeuropean Homeland http://www.istorya.ru/book/safronov/index.php の原印欧語ハプログループをIとし http://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/4/48/Haplogroup_I.png その直系
子孫がヒッタイト・トカラ人で、後にアヴァール、エフタルとなったものだが、これが
フルリ人Q、秦氏O3a3c-M134 と共に渡来、肥後・日向に地下式横穴墓を残したもの
と考える。

97 :LUNAMASK:2010/06/29(火) 10:20:23 ID:Iz+bVu0J
承前
http://www.wako.ac.jp/souken/touzai00/tz2012.html
この合掌式石室は小アジア・コーカサスにおけるヒッタイト王族のものであり、
日向・肥後のものとは違っている。後者をアヴァール系とするべきかも知っれない。

98 :LUNAMASK:2010/06/29(火) 11:04:59 ID:Iz+bVu0J
>>96
神武紀の兄滑、弟滑は秦氏以前なので河南の楚が秦に滅ばされた際に楚人
O3a3-LINE1といっしょに朝鮮半島に入ったことも考えられる。更に古く考えると
發というのも滑に結び付けられるのでは。

99 :LUNAMASK:2010/06/29(火) 13:13:57 ID:Iz+bVu0J
>>96
YDNAハプログループI↓の拡大は
http://en.wikipedia.org/wiki/Haplogroup_I_(Y-DNA)
↓下記サフロノフ仮説に見事に合致している。
42.1図 小アジアチャタルフユク(前7千年紀)及びバルカン・ヴィンチャA文化 (前5千年紀後半)併行早期印欧原郷
http://www.istorya.ru/book/safronov/safronov042.jpg
43.1図 原印欧原郷圏II期 レンジェルI期
43.2図 原印欧原郷圏III期 レンジェル ファンネルビーカー文化
http://www.istorya.ru/book/safronov/safronov043.jpg
44.1図 原印欧原郷圏IV期 レンジエルIII期 ファンネルビーカー・バールベルグ段階A
44.2図 原印欧原郷圏V期 レンジエルIV ファンネルビーカーII段階
http://www.istorya.ru/book/safronov/safronov044.jpg
45図 印欧連続体(前28-20世紀)
http://www.istorya.ru/book/safronov/safronov045.jpg

100 :出土地不明:2010/06/29(火) 15:47:45 ID:z5REgufn
わぉ〜とか言ってる人、キモイからコテ付けてくれないかな。

101 :LUNAMASK:2010/06/29(火) 16:06:39 ID:Iz+bVu0J
>>97
「エフタル」は「フタアレ」山神社に残る。日光二荒山と諏訪大社には産鉄を示す鉄鐸
が残るが、日光二荒山山頂には小型鉄鐸を祀る。この意図は銅鐸埋納同様鉄の再生を
祈るものである。担架者は幅広の帽子を被り、肩に鳥をとまらせるエフタル武人、
毛野族である。エフタルと鉄の
関係はヒッタイトと鉄の関係であり、ヒッタイト人と秦、乃至は、羌が小アジアから新疆→
黄淮、→黒竜江(ロシア・アムール州ポリツェ)に製鉄技術を伝えた結果によるものと
考えられる。諏訪の産鉄儀式を行ったのは善光寺合掌式石室被葬者と見られる。
これが毛野につながるのだろう。

102 :LUNAMASK:2010/06/29(火) 18:09:12 ID:Iz+bVu0J
承前
ホトタタラというのはEftalを倭語化したもの。神武イワレビコはウワール彦であろう。
吉備に入った産鉄集団の上層部と考えられる。

103 :出土地不明:2010/06/29(火) 21:03:59 ID:eUWNCIHW
倭王〜倭王〜

104 :ドレミ ◆YeeMODUSQg :2010/06/29(火) 23:34:42 ID:rlXJKWwY
>>98
滑国は>>77にもあるように秦漢時代に山西省臨汾付近だと考えられるので、匈奴の一部族。
五胡十六国時代は、鮮卑かもしれませんね。
山西省とか陝西省は、よく知られている慕容部や拓跋部ではなく、
乞伏部とか禿髪部の版図かもしれません。

禿髪部→南涼→(ミッシングリング)→發→吐蕃の流れがあります。
なぜ、『山海経』の發が『晋書』で復活するのか文献上なぞです。

吐蕃は、ガリ(阿里)地区・ロカ(山南)地区・ニンティ(林芝)までは
実効支配していない。東女国、シャンシュン王国などが並立しています。
もちろん、アッサム・アルナーチャルプラデーシュ・西ベンガルも実効支配していません。

吐蕃の起源については、中央チベット・漢民族・蒙古・大理国・西夏国で
食い違いがあるので、やはり謎です。4対1の多数決で發が吐蕃のルーツというのも乱暴ですね。

中央チベットの史書では、吐蕃分裂後にグゲ王国とか青唐王国などの仏教国を
正統としているので、大理国のポン教地区の諸侯になった者達は
正統な後継者とされていません。吐蕃の末裔がどこにあたるのか、これまた謎です。


よって、滑は楚というより北方系です。鮮卑でも慕容や拓跋でないから何系なのかもわからない。
一応、發も鮮卑の中心部族の慕容や拓跋と同系ということにしておきましょう。定住してないから言語なんかいくらでも変化しうると。

105 :出土地不明:2010/06/30(水) 02:29:16 ID:ubLfSuK2
わぉ〜どれみ民が

106 :斉藤 昌宏 :2010/06/30(水) 02:43:38 ID:V3nmZcL/
2010年財布最新品、新素材入荷!

会社の開業3周年を祝賀します ,古い取引先の優遇政策に対応します 。
◆ 信用第一、良い品質、低価格は 私達の勝ち残りの切り札です
◆ S/SS品質 シリアル付きも有り 付属品完備!
◆ 当社の商品は絶対の自信が御座います
◆ スタイルが多い、 送┃  料┃  無┃  料┃(日本全国)!
       

店舗HP:http://yahoo-bag.com(最大卸売り皮革市場)

e-mail:qianbing1986@gmail.com

責任者 : 斉藤 昌宏

営業時間  08:00〜24:00
営業時間:年中無休
ホームページ上でのご注文は24時間受け付けております

あなたの再度の注文を期待しています
☆★☆━━━━━━━━━━━━━━━━━☆★☆


107 :LUNAMASK:2010/06/30(水) 10:30:30 ID:P1nQvtQF
>>104 滑>厭達人(エフタル・アヴァール)>滑(うかし)>ほとたたら>いわれびこ>二荒
ということ
http://www.wordiq.com/definition/Huaguo
http://www.citizendia.org/Uar

108 :LUNAMASK:2010/06/30(水) 10:33:30 ID:P1nQvtQF
承前
滑国とは崩壊したヒッタイト国フルリ人が前1200年頃烏孫の地に入ったことによる
ものと考えられます。

109 :出土地不明:2010/06/30(水) 10:58:36 ID:rFkCgp8x
倭王〜、倭王〜
ヒクソスの砂に埋もれた都がエジプトで発見されたのも楽しみです

110 :白馬青牛 ◆8mr41B7alChB :2010/06/30(水) 22:45:07 ID:wb9AaQ6v
>>94
神武云う時代は無いでしょう。神話による想像の人物ですから。
>>104
北方胡族は部族連合で、勢力を広げる度に、他部族、他氏族の成員を
加えますからね。禿髪部の支配層は鮮卑拓抜部としても、現地民が
多く混じった集団かも知れませんね。確かに鮮卑系は青海方面に
多く移住しましたけど。

111 :LUNAMASK:2010/07/01(木) 08:34:03 ID:4Ij5etsQ
>>110 記紀自体神武の信ぴょう性については保証しかねるといったプロファイルで、
非現実性は年齢の高さにも表れています。しかし、記紀編集当局は魏志倭人伝を
参照しており、最初に男王があった等と言う魏志倭人伝の記述は考慮せざるを得ず、
各地の伝承をメドレー式につなぎ合わせ、特にギリシャ神話のイリアッド・オデッせ
イ等、高句麗朱蒙等をお手本にしたんでしょう。
しかし、編集者は極めてまじめであり、神武説話は部分的に、また、マクロ的に史実
を反映していると思います。完全に切り捨てるのはおかしいと思うんです。

112 :出土地不明:2010/07/01(木) 08:59:06 ID:+JbKlQOq
>>最初に男王があった等と言う魏志倭人伝の記述は考慮せざるを得ず、

・・・安本説では卑弥呼=アマテラスで神武はアマテラスの5代目の子孫となっているがな。


113 :LUNAMASK:2010/07/01(木) 10:17:39 ID:4Ij5etsQ
>>112
天孫ルーツに最も迫っているのは安本・邪馬台国の会で、
天孫族渡来ルート 呉・土敦墓(鳥葬・天神要素)→伽耶/吉野ヶ里
「そのころ、日本が、太伯伝説にもとづき、中国から姫氏国と呼ばれていたことがわ
かる。」
「太伯伝承の倭人が日本にやってきたとすると、その時期は、従来、日本列島の稲作
の始まりが紀元前400年前後と見られていたので、 前473年に呉が滅んで少しして
からということになる。」
「越が楚に滅ぼされ、江南一帯が楚の領土となってからは、土墓は消滅し、楚の
木槨墓が行われるようになった。」
「その余勢を駆って中原に覇を唱え、山東の斉(せい)の南辺を脅かしたが、前329年
に楚(そ)の威王(いおう)に大破され、さらには楚の頃襄王(けいじょうおう)にも大破
されて勢力が衰えた。その後山東の南に命脈を保ち、前257年、魯が楚に滅ぼされた
ころ、同じく楚に滅ぼされたらしい。」
「吉野ヶ里などの弥生時代の墳丘墓が、中国江南地方で呉・越の限られた時代に
行われた土墓の影響を受けた可能性を示しており、この時代の人々が、日本列島に
渡来したことと整合する。」
http://yamatai.cside.com/katudou/kiroku267.htm

114 :LUNAMASK:2010/07/01(木) 10:23:58 ID:4Ij5etsQ
勅島を基地に鉄を九州邪馬台国、伊都・奴・甘木朝倉・吉野ヶ里、は伽耶経由
吉備・阿讃播に天神思想による天孫竪穴墳文化をもたらし、東進して纒向に至る。
こうした者のリーダーとしてアヴァール族がいたか或いはその神話が存在した
のでしょう。

115 :LUNAMASK:2010/07/01(木) 10:26:34 ID:4Ij5etsQ
つまり、吉備・紀伊人と言うのは九州邪馬台国から伽耶に入って採鉄を行っていた
グループと言うことになる。

116 :LUNAMASK:2010/07/01(木) 10:29:32 ID:4Ij5etsQ
細烏女・延烏郎、アカルヒメ天日矛、神武等は同じような話で、この邪馬台国倭人の
吉備帰還を語っているものでしょう。

117 :LUNAMASK:2010/07/01(木) 10:32:29 ID:4Ij5etsQ
吉備では鬼の温羅の首を釜ゆでにしてみたり、神武の嫡子は二代天皇によって
試し切りされているところを見ると外人が入ったのかなという気配もある。

118 :出土地不明:2010/07/01(木) 10:45:22 ID:XzXs+7gQ
倭王〜、倭王〜
漢字の音読み・訓読みのうち音読みは中国の発音。唐音・漢音・呉音と3種類あるが
呉音がかなり多い。昔からの大和言葉の訓読みに加えて中国系発音の音よみも今では
ひらがなカタカタでも全くそれと意識せずに浸透して日本語になってしまっている。
既に大和言葉という土台があって新しい言葉が入ってきたのでしょう

119 :出土地不明:2010/07/01(木) 10:47:50 ID:XzXs+7gQ
どうして日本語に呉音が多いのか?呉は南方の国で倭国と交流の深かった北方とは
違って正式な外交関係は無いはず。それにもかかわらず呉音の多いこと。
これが南方との繋がりを色濃くしている。

120 :LUNAMASK:2010/07/01(木) 11:08:57 ID:4Ij5etsQ
高麗(コリョ)時代初期に朴寅亮(パク・インリャン)が編纂した『殊異伝』に出る延烏カ
や細烏女の説話は、韓国唯一の太陽神説話だ。新羅(シルラ)阿達羅王4年
(西暦157年)、東海(トンヘ、日本名=日本海)の海辺で暮らしていた延烏カと
細烏女の夫婦は、それぞれ岩に乗せられ、日本のある島にたどり着き、そこで王
と王妃になったが、その瞬間、新羅では太陽や月が光をなくす異変が起きたという。
ところが、当時、この夫婦が乗ったという岩とは、コククジラの背中だったそうだ。 」
http://japan.donga.com/srv/service.php3?biid=2008011055838
このアダタラというのもホトタタラ同様エフタルを当時の韓国語で発音したのだろう。
製鉄関連と考えられる。

121 :LUNAMASK:2010/07/01(木) 11:12:41 ID:4Ij5etsQ
承前
この日本のある島というのは最初にアマテル信仰が発生する対馬のことではなか
ろうか。

122 :出土地不明:2010/07/01(木) 11:24:01 ID:XzXs+7gQ
呉音が入ってきた時、すでに大和言葉と日本式文法は完成していた。
よって今の西洋諸国の言葉をカタカナ語と独自に使用しているのと同じく
日本語として吸収した。「呉から本当に人間が来ていたなら今頃日本人は中国語話してたはず
だがそんな事は一切無い。だから南方から誰も日本に来てないんだ」と極論する人が居るが
西洋からカタカナ語が多く入ってきて日本人は英語をなぜ使わないんだと言うような物。
入ってきた外来語を受け入れるとはこう言うことを言う。
言語の置き換えをやるには文字通り征服して言語を強制するしか方法は無い。秦が蜀を征服して言語を矯正したように。
騎馬民族から征服されたなら朝鮮語やシベリアのツングース系の言語と多くの点で一致しているはずなんだがね。
朝鮮語とツングース語は非常に似通っているのに対して日本語は大和言葉+漢語だからなんか違う。
日本が朝鮮半島を併合した時に大量の日本語を導入したんで現在の朝鮮語に日本語とよく似た発音が見受けられますが
こう言う荒っぽい事をした結果だ。現地ではその日帝時代にもたらされた言葉の使用を止めようと言う運動があるが中々うまく行っていない様子。
それに対して騎馬民族が列島を支配したと言う割には大して朝鮮語やツングース諸語と似ていないのはどういうことかなと?


123 :LUNAMASK:2010/07/01(木) 12:50:40 ID:4Ij5etsQ
>>120-121
「弥生後期後半以来,韓人(・楽浪人)と瀬戸内・畿内の倭人との直接交渉が拡大して,
弥生終末になって各地に交易拠点を築くに至ったと考えられる。」
http://www.ops.dti.ne.jp/~shr/wrk/2001a.html#3_6
土器考古学からもがっちり検証できるが↑青銅器考古学から見ると太陽神カリスマの
日本への移転を追うように、乃至は、ほぼ同時に銅鏡製作集団が伊都国に渡来する
のがわかる。
香春神社
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%A6%99%E6%98%A5%E7%A5%9E%E7%A4%BE
平原遺跡
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B9%B3%E5%8E%9F%E9%81%BA%E8%B7%A1
内行花文鏡
http://sakura.canvas.ne.jp/spr/markmaeda/naikoukamonnkyou.htm

124 :LUNAMASK:2010/07/01(木) 12:53:44 ID:4Ij5etsQ
承前
神武紀では神武が香春神社に近い岡港を出発点として東遷している。

125 :LUNAMASK:2010/07/01(木) 12:56:26 ID:4Ij5etsQ
承前
太陽神創設のモチベーションは方製鏡製造技術導入にあったと言える。

126 :LUNAMASK:2010/07/01(木) 13:07:10 ID:4Ij5etsQ
承前
しかし、玉垂宮鬼夜のような火祭は彝族の松明祭り共同根と考えられるが。銅鐸
圏にも拡大することから、これこそ、吉野ヶ里時代からの伝統であったのではな
かろうか。

127 :LUNAMASK:2010/07/01(木) 13:24:04 ID:4Ij5etsQ
>>111
記紀では天孫降臨は当初オシホミミが降臨の予定であったが、海外からニニギが帰国した
ので、ニニギがやることにしたというようなことを言っている。東瀬戸内の竪穴墳には
ベンガラ/朱といった顔料が使用されるが、朱は三雲遺跡以外には吉備盾築遺跡
辺りから登場する。つまり、ニニギは伽耶からこの辺に降臨したのではなかろうか。

128 :LUNAMASK:2010/07/01(木) 13:38:10 ID:4Ij5etsQ
後漢に数多くの奴隷を献上したにも関わらず、お土産の銅鏡にありつけず、海彦
の反乱を招いた帥升。その子孫は遂に香港で真っ赤な朱を得た。Lissten!
Click!
http://www.youtube.com/watch?v=j0XClu_oqkE
これがニニギでは。

129 :LUNAMASK:2010/07/01(木) 14:35:17 ID:4Ij5etsQ
>>112
神武は初代を辛国息長タラシ姫大目命とする中央構造体金属公団総裁で
就任当時本社は日向高千穂にあったが熊野地区新社屋完成式典に列席のため
関西に出張し、大和地方に本社のあった老舗・銅鐸製造会社を吸収合併した。
こういうことであったのかもしれない。

130 :LUNAMASK:2010/07/01(木) 14:43:32 ID:4Ij5etsQ
神武公団は崇神の代に赤城山に進出、金属開発業を展開したが、オオナムチ
の思想に共鳴する労働組合が鬼怒川水系を拠点に反抗し、大きな
争議に発展し、死傷者は多数にのぼったとされる。遂には体制側の勝利に
収まり、男体山には鉄鐸が奉納されたとされる。

131 :出土地不明:2010/07/01(木) 17:14:02 ID:xioJEJai
>>4
データ更新で〜す

査読付論文
http://hammerlab.biosci.arizona.edu/publications/Karafet_2005.pdf
> ヴェトナム 14% インドネシア 20%
そんなに高率には居なかったよ。

インドネシア・パリ
 O2a-M95      58.6%
 O1a-M119      18.1%
 (O2 (O2a除く)    0.2%)

インドネシア・西部
 O3a3b-M7      19.0%
 O1a          19.0%
 O2a-M95      14.3%

インドネシア・東部
 C*(C2含む) 32.7%
 K*(L/M/N/NO除く) 20.0%
 S-M230        12.7%
 M1a-P34       12.7%
 O3-M122       9.1%
 O1a-M119      12.7%


132 :出土地不明:2010/07/01(木) 17:15:03 ID:xioJEJai
マレーシア
 O3-M122      15.6%
 O3a3c-M134     9.4%
 O3a3b-M7      9.4%
 O2a-M95      34.4%

フィリピン
 K*(L/M/N/NO除く) 47.9%
 O3-M122       25.0%
 O1a-M119      10.4%

台湾・高山族
 O1a-M119      89.6%

ベトナム
 O3-M122      10.0%
 O3a3c-M134    15.7%
 O3a3b-M7     14.3%
 O2a-M95      27.1%
 (O2 (O2a除く)    5.7%)


133 :出土地不明:2010/07/01(木) 19:34:12 ID:XzXs+7gQ
倭王〜、倭王〜

神武東征のモデルは大和による邪馬台国征討戦がモデルでしょう。
ナガスネヒコは邪馬台国の末裔、ニギハヤヒは大和国からやって来た先遣隊
ナガスネヒコの妹と結婚して生まれた子供が物部氏の祖。
物部氏は大和の天孫族と邪馬台国の両方の血を引く。卑弥呼以来の日本神道の守護者を自認。
よって蘇我氏の持ち込もうとした外国の宗教である仏教に反対した。
そして天皇家も物部と結びついており現在の天皇家は邪馬台国の血も引いている。
ただ神武天皇は架空の存在で祟神天皇の業績を大げさにするために作り出されたもの。

134 :出土地不明:2010/07/01(木) 19:42:49 ID:XzXs+7gQ
神武天皇こと祟神天皇は九州南部から畿内に出撃した。九州南部は隼人の地で
海洋民族。中国南部から少数の人間が様々な物を持って倭人と交易していた。人種的には99%倭人だが
1%は中国南部の人間。だから征服王朝ではない。中国から得た技術力で国は大いに発展した。
祟神天皇は邪馬台国を制圧して邪馬台国を滅ぼしたのではなく
合併と言う形で新たな大和国を作ったと推測される。ナガスネヒコら一部は抵抗したがそれほど大規模な物ではなく
邪馬台国の長である物部一族も天皇家と共に統一国家樹立に賛同した。そして、機内は倭国の中心地となった。
中国南部からやって来た漢人は渡来人として大和国につかえる事になった。
やや遅れて半島からも渡来人がやって来て共に発展していく事となる。

135 :出土地不明:2010/07/01(木) 19:46:40 ID:XzXs+7gQ
もう一つの仮説は
畿内にあったのは狗奴国の方で、九州南部にあったのが邪馬台国でニギハヤヒは狗奴国の
王であったという説。これだと邪馬台国は九州にあったと考えられ卑弥呼は天照ということになりますね。
山門の女酋長とやらはあまりにも矮小すぎる存在ですから魏志倭人伝の女王にはあまりにもふさわしくない。
たまたま山門の地に邪馬台国とは全然関係ない女酋長の国があっただけでしょうね

136 :出土地不明:2010/07/01(木) 21:18:06 ID:/SNRqMRn
渡来系弥生人と言っても土井ヶ浜と筑紫平野で違う
前者は後者より低顔でエラが張り、眼窩の鼻側の縁が角張ってる
後者はより高顔で眼窩の鼻側の縁が弧を描く
ttp://www.geocities.jp/ikoh12/honnronn3/003_05toraijinn_no_kokyou_ha.html


>>110
昔、地理人類学板で中国人やアイヌはかつて尻を拭かなかったと言ってたけど本当ですか?

137 :白馬青牛 ◆8mr41B7alChB :2010/07/01(木) 22:49:39 ID:9wjls9HV
>>93
ロシア貴族はドイツ系の方が多いでしょう。
>>111-113
安本美典氏が神武まで遡らせようと空虚な「似非数理統計学年代論」を
妄想しとられますね。
http://www.geocities.jp/yasuko8787/1-3-3.htm
まあ、記紀、神話に合せて妄想する点じゃあ、安本氏が批判する歴博と
大して違いませんよ。まあ、安本美典氏ら朱子学派攘夷国粋派は
朱子学の総本山江南に慕夏事大し隷属根性が強いですからねぇ。
http://www.valdes.titech.ac.jp/~hashizm/text/titech/shukyo/resume/resume09.html
http://blog.goo.ne.jp/worldnote/e/98ac49754525b99b29f735f3e7b0b3dc
慕夏主義から中朝論で日本が中華主義の中心国にしたいんでしょう。
結局旧軍部も、中華に憧れとったんは、秀吉さんからの流れですね。
ほいから、列島の倭が呉の太伯の子孫じゃの公孫氏の子孫じゃの家系偽装の
事大主義ですよ。
まあ、北方民族でも、鮮卑系の唐王家の李氏が隴西の李氏を名乗るんも、
同様です。呉自体が、あるいは燕も、周系云う根拠も無いでしょう。
前にも云うたよう、日本でも天皇家に結びつけ、源平姓を勝手に
名乗りますからね。(笑)家系図とは、権威付けの偽称手段ですよ。

138 :出土地不明:2010/07/01(木) 23:05:35 ID:VV1gd2XA
源義光が新羅三郎と称したことからもわかるが源氏は新羅系で
百済人である桓武天皇の子孫の平氏は百済系でしょう
ついでに言えば物部は高句麗系で藤原氏は伽耶系で間違いないでしょう

139 :白馬青牛 ◆8mr41B7alChB :2010/07/01(木) 23:23:26 ID:9wjls9HV
>>118-119及び>>122
列島の倭国は、百済を通じて南朝六朝文化の影響も強いよ。
じゃが日本は、中国南部たぁ文法の構造が全く違う。まだ五胡の侵入以降
アルタイ文法構造の影響のある華北の方が近いよ。ましてや、朝鮮や
ツングース、モンゴル、トルコと日本は文法構造が同じじゃけんのう。
まあ、言語なんかトルコ語系の部族がモンゴル系部族となると言語なんか
すぐに変わるけぇ、言語と民族の関連は薄いよ。前にも云うたキルギスと
ウズベクのように同言語でも、ウズベクはイラン系タジクに習俗が似とる
よう、言語は、文化を表す概念としては根拠に薄いね。言語は文化の中の
一つの要素に過ぎんのよ。
>>134
倭人が何時から人種概念になったんやら。(笑)弥生期でも、九州北部の
渡来系倭人、九州西部の縄文形質の強い倭人云うか、支石墓の縄文形質の
韓人渡来人、南九州の短頭の縄文形質の大雑把に三つに分かれるじゃろう
に。しかも、歴史時代、豊前の秦氏が大隅隼人の地に入植し、後に
惟宗系(秦氏)の島津氏(後に藤原氏を名乗ったり、源氏を名乗ったりした)が
薩摩へ入植したり、渡来系の影響が強うなったけんのう。
だいたい南九州の大隅、阿多、日向の三種の隼人なんか畿内政権から異民族
とされとるんに、畿内の朝廷の連中の同族のわけあるまあ。
あんたの妄想は出鱈目が激しいのう。

140 :白馬青牛 ◆8mr41B7alChB :2010/07/02(金) 00:02:30 ID:eOo7om1M
>>136
http://www.geocities.jp/ikoh12/honnronn3/003_05toraijinn_no_kokyou_ha.html
土井ヶ浜と筑紫平野は高顔じゃし、大局的にほとんど変わらん
ですよ。土井ヶ浜も縄文形質ほどエラは張っとらんのは、
人骨を見ても明らかでしょうに。
戦前アイヌ人や中国人だけじゃのうて、モンゴル人、チベット人、
ロシア人も、大便の後に尻を拭く習慣なんかありませんでした。
日本や西欧、米国は紙やとうもろこしなんかで吹きましたけど。
まあ、西洋では娼婦が紙で拭いたんが起源の説もありますが、
日本でも遊女が起源かも知れませんね。戦前の日本では、大便の後は
紙や新聞紙で拭いた人が多かったでしょう。女性の小便の場合は
裕福な層や都市市民を除いて、紙では拭かんでしょう。農作業中
ゆえ、女の立ち小便の後はイマキ(腰巻)で拭く。戦前の性的
回想録に腰巻フェチが多かったんもうなずけますね。
>>138
そりゃあ、坂口安吾説に近いですのう。ですが、高句麗系の
武蔵金子氏の場合は桓武平氏ですが、以前云うたよう、高句麗系の
信濃村上氏の場合は清和源氏ですよ。上州の新羅系は源氏を
名乗ったでしょう。ですから地域によって違うんですよ。

141 :出土地不明:2010/07/02(金) 00:12:42 ID:HCyTNWEJ
>>139 >>まあ、言語なんかトルコ語系の部族がモンゴル系部族となると言語なんか
すぐに変わるけぇ、言語と民族の関連は薄いよ。

・・・日本列島内のアイヌ人はそうだが、蝦夷地のアイヌはまだ民族意識が強いな。

 満州人もシナ語を話すようになってから民族意識は消滅したらしいな。

 日本に帰化した百済人も民族意識など国家とともに消滅したしな。


142 :出土地不明:2010/07/02(金) 07:53:14 ID:BVkE88k+
天孫降臨がなぜ九州南部なのかも考えないといけないね、どうして九州北部じゃないのか?
ニギハヤヒもなぜ日本海側じゃなくて太平洋側から降臨したのかも。

143 :出土地不明:2010/07/02(金) 08:23:24 ID:iyf7UW+K
まとめサイトから来ました。初めてお目にかかります。
のっけから申し訳ないのですが、白馬青牛さんにレスつけるのを
やめていただけないでしょうか。レスがあるせいで
元コメントを掲載するという悪循環になっていると感じました。
白馬青牛さんはそのままどうぞ。トリップまでつけていただき
フィルタリングする側としては非常に親切だと感じております。

144 :出土地不明:2010/07/02(金) 09:59:02 ID:HCyTNWEJ
>>139 >>まあ、言語なんかトルコ語系の部族がモンゴル系部族となると言語なんか
すぐに変わるけぇ、言語と民族の関連は薄いよ。

・・・言語が変わる=同化、帰化したということだから民族意識が薄くなるのは当然だろう。

 現在在日朝鮮人は日本語をしゃべっているので日本人になりすまして朝鮮人意識が薄いのと同じだ。

145 :LUNAMASK:2010/07/02(金) 10:20:36 ID:9w1ui4hH
>>137 >>111-113
歴史は自国美化、国家主義のために利用されてはいけない。これは戦後日本人
共通の認識です。日本史は世界史の一部としてしか有効ではないと思います。
当たり前の話だが。一丸となって戦うサッカーチームはたとえそれがどんな
国でもあっても世界の共感を得るし、その逆は軽蔑されることも事実ですが。

146 :LUNAMASK:2010/07/02(金) 10:27:43 ID:9w1ui4hH
>>142
仮説なんだが、隼人は上海→沖縄→九州南部に上陸したエフタル族であったのでは。
ロシア考古学者グミリョフはエフタルの別称をハヤトレ、ハイタリ、ヘフタルとする。

147 :出土地不明:2010/07/02(金) 10:47:47 ID:HCyTNWEJ
>>145 関係ありませんがヨーロッパチームに黒人が混じっているとあまり共感できませんな。

 勝つためにそこまでやるのか、という印象しかもてない。あ、日本チームにも以前、白人や黒人がいましたか。


148 :LUNAMASK:2010/07/02(金) 10:58:22 ID:9w1ui4hH
承前
日本人YDNAルーツ見直し
O2a-M95*   始皇帝から徐福要請に応じて支給された中越国境マン族
         精鋭山岳戦闘部隊か。
R-M207    エフタル・パミール・フェルガナ型コーカソイド
I-P19      月氏(マサゲット族)銅鏡フェチシズムを持つ、ヒッタイト国原印欧語
         コーカソイド
O3a3-LINE1  ジャポニカ水稲栽培文化担架者・湖南省楚人(漢・土家・苗族)

149 :LUNAMASK:2010/07/02(金) 11:00:21 ID:9w1ui4hH
>>147
所詮、将棋の駒ですね。いろんな特徴をもったのがいい。

150 :LUNAMASK:2010/07/02(金) 11:40:41 ID:9w1ui4hH
>>146
>隼人は上海→沖縄→九州南部
更に考えられるコースは沖縄→五島列島→半島南部(拘邪韓國)であり、
この五島列島・狗邪韓国がいわゆる海幸に当たるのでは。
クシャン・狗邪韓・日下部がI-P19、隼人(厭達)がR-M207、他にフルリ人Q-P36
等も含まれるか。

151 :LUNAMASK:2010/07/02(金) 11:57:32 ID:9w1ui4hH
可愛山稜に祀られるニニギは拘邪韓國から来た延烏郎のことではないか。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8F%AF%E6%84%9B%E5%B1%B1%E9%99%B5
ここを起点として中央構造線沿いにユーラシア・ノマドの金属資源探査活動
が展開されるのだろう。

152 :LUNAMASK:2010/07/02(金) 14:37:13 ID:9w1ui4hH
隼人
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%9A%BC%E4%BA%BA
隼人はコーカソイドR-M207で、そのホームランドは
http://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/e/eb/Corded_Ware_culture.png
YAMNA(土壙墓文化圏)として右下に黄色く塗られた地域。
この土壙墓ではオークルを焼却して赤色化させたもので玄室底面、遺体鼻、目、
手足の先にくまなく詰め込む。これがおそらく変化して始皇帝陵、日本竪穴墳の朱
となるのだろう。
地図でYAMNAの上のCORDED WAREの地域では隼人紋の指輪等が出土する。
その中にあるGLOBULAR AMPHORAがコーカソイドI-P19で、これはヒッタイトと
関係する。
始皇帝陵の欧州系人
http://bushou.exblog.jp/3741889/
これは廟の製作を担当した隼人の送り人で、ニニギの先祖であったのかも。

153 :LUNAMASK:2010/07/02(金) 14:45:46 ID:9w1ui4hH
この土壙墓文化はその後東方の地下式横穴墓文化に変わり、それは更に
木槨墳文化(パジリク・伽耶)に変わり、その後東方に移動しアンドローノヴォ
文化となる。これがフルリ人がヒッタイトから烏孫に到着する頃であろう。
その後、滑として中原に入り、匈奴・秦との闘争を経ながらクシャン王朝、大月氏
国を建国し、他方小月氏は中国、朝鮮そして日本へと移動するも、新羅の
時代にはクシャン朝共連携が密になるのであろう。

154 :LUNAMASK:2010/07/02(金) 14:53:22 ID:9w1ui4hH
GLOBULAR AMPHORA丸い取っ手の付いた土器
http://hi.baidu.com/xj4949750/blog/item/200f93cb449852fe53664f78.html
新疆の鹿石文化期に到着しており、日本では新沢千塚から出土する。

155 :LUNAMASK:2010/07/02(金) 16:30:22 ID:9w1ui4hH
「人種的にはコーカソイドであり、葬制には西方ポンティック・ステップ地帯の
ヤームナヤ(竪穴墓)文化などとの類似点が多い。ギンブタスによって提唱された
クルガン仮説(ヤームナヤ文化をクルガンIV期とする)によれば、これらは
原印欧民族あるいはその後継者によるものとされる。アファナシェヴォ文化が
印欧語族によるものとすれば、その中で非常に古い時代に最も北東に位置した
民族ということになる。
以上に関連して、トカラ語派(紀元後まで南方のタリム盆地などで話され文字に
書かれた)の源流であるとする説も有力である。これについては、紀元前1800年頃
のタリム盆地における葬制(「楼蘭の美女」などのミイラで有名)や、家畜と野生動物
の骨がともに出土するなどの共通点が指摘されているが、直接的には証明されて
いない。」
http://ja.wikipedia.org/wiki/E3%82%A2%E3%83%95%E3%82%A1%E3%83%8AE3%82%B7%E3%82%A7%E3%83%B4%E3%82%A9%E6%96%87%E5%8C%96
>ヤームナヤ(竪穴墓)文化
地表から下に土壙を掘り下げて行き、仰向け膝曲げ埋葬して赤色オーカーで
まぶした後、穴の上面に墳丘(クルガン)を作ったもの。
日本の竪穴墓は墳丘を作りその頂上に竪穴玄室を作ったもので土敦墓。これは
チュルク民族によって歴史時代に継続される。

156 :LUNAMASK:2010/07/02(金) 16:33:27 ID:9w1ui4hH
アファナセヴォ文化
英文wiki
http://en.wikipedia.org/wiki/Afanasevo_culture
これから入り日本語をクリックすること。

157 :LUNAMASK:2010/07/02(金) 16:42:14 ID:9w1ui4hH
>紀元前1800年頃のタリム盆地における葬制
http://www.freerepublic.com/focus/f-news/1420989/posts
http://www.china.org.cn/english/features/Archaeology/130815.htm
http://www.theepochtimes.com/news_images/2005-6-10-1-(5).jpg
http://www.theepochtimes.com/news/5-6-10/29426.html
女王の船伏型棺を鮮血の牛の全身生革3枚程度でくるんだもの。
女王はこれを胞衣(えな)として再生する。
日本では船伏山
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%81%B5%E9%82%A3%E5%B1%B1
にアマテラスの胞衣(えな)伝承が残される。つまり、アファナシエヴォ文化圏から
河西回廊に残っていた西戎が伝えたものと考えられる。

158 :出土地不明:2010/07/02(金) 22:03:59 ID:K68kfNOC
>>152
日本語としては「ひちにん」が正しいが、レッドブックの「ななにん」も間違いではない
ただ朝鮮人や関西人が良く使う「しちにん」は明らかに間違い
これを使っていると日本人である事を疑われるので気を付けるように

159 :出土地不明:2010/07/02(金) 22:09:15 ID:1Hu/3dmj
天孫は船に乗って東から来たと伝承されてる
古代に太陽神を崇拝する帝国が日本列島の東に有ったはずだが
まあ見当たらない

しかし南米まで視野を広げると可能性が有る
天照(あまてらす)
天子(あまこ)
天孫(あまぞん)"てんそん"は誤用だと言える

天孫とは古代南米アマゾン帝国から来たのだ
そして天孫系は東から中央アジアに広まった

160 :白馬青牛 ◆8mr41B7alChB :2010/07/02(金) 22:11:18 ID:eOo7om1M
>>136
>>140の補足としてネットで検索しましたよ。
http://www.ne.jp/asahi/kibono/sumika/kibo/note/haisetu/haisetu-4setsu.htm
ここの第2節(2:1):西川一三の証言、蒙古・チベット 第3節(3:5)究極の排泄
スタイルにも出ております。大便の後も尻を拭くようなことは一切しない
んですよ。紙は貴重品ですからねぇ。アイヌ人が尻を拭かんことも出て
ますね。ここには出て無いですが、戦記を読めば解るよう、中国人も
「野壺があるが、チリ紙類は誰も使用しない」んですよ。
日本兵のシベリア抑留の記でも、「ソ連兵の用便を見ると、尻を
ブルブルとふるわしてスルリとズボンを上げる。器用なものだ。
我々は、どうしても紙を使わないと気持ちがわるい。
日本人は(紙が貴重ゆえ)新聞紙の小片の中央に穴をあけ人差し指を通す。
指先で肛門の周りを拭き、指に着いた糞を紙でしごく。ズボンははいて、
外の雪で手を洗うやり方だ。」と。

161 :白馬青牛 ◆8mr41B7alChB :2010/07/02(金) 22:32:18 ID:eOo7om1M
>>136
>>160の続き。
http://allabout.co.jp/r_house/gc/42499/2/
ここにあるよう「スウェーデンでは、お尻を雪でふくこともある。」
夏はどうするんじゃろうかね。アメリカ中西部はトウモロコシの毛
じゃし、紙が貴重な時代は、尻を拭く自体、贅沢ですよ。
http://keith1989.blog112.fc2.com/blog-entry-37.html
ここにあるよう、尻を拭いたにしても、「紙で拭く文化は、実際の
ところ、人間の不潔な部分を、もっとも効果のない方法できれいに
しようとしている」行為に過ぎません。現代日本のウォシュレット
時代以前の昭和期なんか、特に女性は汚れてましたね。
イスラム圏の水で尻を洗う方が合理的ですからね。

162 :出土地不明:2010/07/02(金) 22:57:46 ID:YO5RBQdY
>>161
うちの曾祖父と曾祖母は小さい頃から水で洗ってたらしいですよ。

163 :白馬青牛 ◆8mr41B7alChB :2010/07/02(金) 22:59:13 ID:eOo7om1M
>>141
現代日本語を話すが北海道のアイヌ人は、日本人に疫病と虐殺から抵抗心
云うか民族意識は強いじゃろう。満州族も漢人が多い地域と、満州族が
大多数の村落では、民族意識も違うじゃろう。民族の成立しとらん時期に、
百済人も渡来系日本人も民族意識なんか薄いよ。
>>142
筑紫の「ひむか」に降臨して韓国と近いわけじゃけぇ、隼人の地の日向より
北九州説の方が、可能性が強いのう。
http://yumiki.cocolog-nifty.com/station/cat4943888/index.html
明夜航記氏の云われる通り、日向隼人の地は焼畑地域で、ATLウイルスの
分布からも天孫系じゃないのう。
http://yumiki.cocolog-nifty.com/station/2008/02/post_e7fb.html
ここにも日向が渡来系に圧迫、征服された地であるとされる。
あんたの神話カルトはどこの宗教団体の見識云うかカルトなんか?

164 :白馬青牛 ◆8mr41B7alChB :2010/07/02(金) 23:33:30 ID:eOo7om1M
>>144
また言語カルトか。言語の共通性は文化の中の一つの要素に過ぎんので。
ウズベクが言語の近いキルギスより、タジクの方が文化親和性が強いよう
に。在日朝鮮人の多くは日本文化人であることと混同してものう。
>>145
国家主義、全体主義者に扇動されたネット右翼らは、そう思うとらんで
しょう。サッカーは残念ですね。パラグアイとは、実例から一つ勝って
二つ負け以外は引き分けで、そこそこ互角の勝負は出来るんですが、
運も実力の内で、蹴り合いで負けましたね。世界の共感を得ても、
負けの事実は変わりません。野球のクラシック戦のように世界一になるん
なら、美化出来るでしょうが、所詮ベスト16で、野球なら予選敗退組に
属する事実から目をそむけてはいけんと思いますよ。選手はよう頑張った
ことは褒めても、現実に弱い事実を覆すことは出来ません。
次にも負けた実例として、勝つ要素が困難になるわけですから。
>>146-150及び>>152
死の海の黒潮を越えて江南から沖縄、南九州なんかあり得ませんよ。
沖縄の住民は九州から南下した連中がほとんどでしょう。
しかも隼人は人骨からもモンゴロイドですよ。
>>162
ほう、あなたの曽祖父母さんは、どこの地方のどの地域?

165 :出土地不明:2010/07/03(土) 00:00:46 ID:MquPN7io
天孫降臨は北から来るには不自然な場所だね。対馬とか経由して直の場所があるのにね。
列島と半島がお互い目に見える位置にあるんだからこんな変な所になぜ降臨したのか?
普通に考えたら九州北部の奴国のあったあたりに降臨すればいいのにそうではない点が重要だ。












166 :出土地不明:2010/07/03(土) 00:08:14 ID:MquPN7io
北から降臨したなら何であんなに遠回りして降臨したのかと色々不自然な点が出てくるね。
当時の半島は分裂国家だったのでとてもではないが倭国を支配するなんていう余裕は無い。
そして、半島南部は列島と同じ国家で同じ民族が同じ言葉を話していたんだから。
今で言う青森県人と鹿児島県人の違いぐらいしかない。半島南部と列島を合わせて倭国だから
どちらが上でも下でもない。百済も新羅も存在しないわ楽浪郡は漢人に支配されているわ
ワイ族はまだ半島にやってきて居ないわ、高句麗は漢人との戦いで手一杯でとても列島や半島に
手を伸ばす余裕は無い。つまり列島を支配できる勢力が存在しないんですね。

167 :出土地不明:2010/07/03(土) 00:17:43 ID:MquPN7io
1、任那=弁韓時代でありそもそも列島の倭人とは同一の勢力なので支配するとかされるとか言う関係じゃない
2、馬韓=後の百済だが当然のこと倭国と同じく分裂国家で倭国に出兵は不可能
3、辰韓=後の新羅だがまだワイ族は統一国家を築けて居ないのでヤッパリ倭国に出兵は無理
4、高句麗=漢人との戦いで手一杯で半島にすら手を出す余裕無し
5、楽浪郡=半島亡命漢人を含む漢人勢力で王氏の出身地。半島を監視するのが目的で列島を支配する目的は無い
6、ワイ族=辰韓の地や半島の北部に住んでいるが統一国家じゃないから無理


はて?どこの誰が列島を支配できたんでしょうか?私には分かりません

168 :白馬青牛王:2010/07/03(土) 00:47:21 ID:Wl95zXsQ
http://www.korea-np.co.jp/Sinboj/sinboj1999/sinboj99-7/sinboj990706/sinboj99070664.htm

 高句麗の歴史的地位と役割に関する学術討論会が6月23日、平壌の人民大学習堂で行われ、社会科学院の太亨徹院長ら関係者、歴史学者が参加した。

 討論者は、金日成主席の指導によって、長らく定説になってきた高句麗の建国年代が紀元前277年として新たに考証され、
高句麗の建国始祖である東明王の陵墓が確定され、立派に改造された事実に言及し、故国原王陵(安岳第3号墳)と徳興里壁画古墳の主人公の問題や、
612年の隋との戦争の際に大規模な戦闘が起きた場所の問題など、
多くの重要な問題が科学的に解明されたと指摘した。

 また、高句麗が1000年もの間、自主権を守り、すべての内外政策を自国の利害関係に沿って進めたことで、
東アジアの強国としての歴史を輝かせてきた事実を論証。日本の一部の学者が、東方アジアには特定の国の皇帝を頂点に、
周辺国の統治者がその承認と統制を受ける「冊封体制」が存在し、高句麗もその下で拘束を受けたと主張するのは非科学的な見解であり、史実のわい曲だと批判した。

 続いて討論者は、高句麗が三国時期、民族史の発展において先導者的な役割を果たしたことや、古代日本の社会の発展に与えた政治的、
文化的影響にも言及し、その影響は天文学や医学、建築、美術、音楽舞踊など多岐にわたり、それを実証する遺跡も日本で多く発掘されていると、
具体的な史料をもって論証した。

169 :白馬青牛王:2010/07/03(土) 00:49:04 ID:Wl95zXsQ
http://home.att.ne.jp/blue/atelier/Inoue-sanNihonshi/Vol18.htm

大化の改新は蘇我氏の政府転覆の企てであったが朝鮮系王族の反撃にあって
蘇我氏は壊滅した。
これによって天智、天武の朝鮮系の支配は強後になったのだ。

645年 乙巳の変(大化改新)がおきる。軽皇子(後の孝徳天皇、有馬皇子の父)、
中大兄皇子が、中臣鎌足や蘇我石川麻呂などを味方に付けて、蘇我入鹿とその父蝦夷を殺害し、政権を奪取したクーデターである。
当時、蘇我氏は、日本を朝鮮系皇族支配から脱却させ、仏教を国教とする国造りをしていた。

 これに対して、2つの大きな反動勢力があった。
一つは、朝鮮系王族、とくに百済系・高句麗王族の反発、2つ目は、八百万の神を信奉する勢力である。
前者の代表軽皇子(後の孝徳天皇)・中大兄皇子であり、後者の代表が中臣鎌足であった。

170 :白馬青牛王:2010/07/03(土) 00:50:09 ID:Wl95zXsQ
http://home.att.ne.jp/blue/atelier/Inoue-sanNihonshi/Vol18.htm

春秋:新羅の王子で、647年日本に来て、9ヶ月滞在して帰国している。
金春秋は後の新羅の武烈王で、その子文武王が朝鮮半島を統一した。

金多寿:新羅の軍人で金春秋と一緒に日本に来たが、帰国した形跡がない。
筆者は、金多寿が大海人皇子と考えている。

余豊璋:百済の最後王・義慈王の子で、幼少より九州に住んでいたと言われている(母親が倭人か)。
百済が唐・新羅に攻められ、義慈王死後、九州で百済王となり、半島に向かう。
白村江で大敗を喫した後、高句麗に逃げたとされているが、筆者は、この人が中大兄皇子と考えている。

翹岐(ぎょうき):義慈王の子で、義慈王により母親とともに斉州島に流され、その後日本にきたと言われている。
小林惠子氏は、翹岐が中大兄皇子と考えている。

鬼室福信:百済の将軍で、義慈王死後日本に来て、余豊璋を百済王にし、最後まで唐・新羅に決戦を挑んだ将軍である。
白村江の敗戦後も日本と半島を往来し、百済再興に活動した。

蓋蘇文(がいそぶん):高句麗の将軍で、644年ごろ日本に来たとされている。
高句麗では、かなりの実力者で、日本での活動はよく判っていないが、小林惠子氏は、蓋蘇文を大海人皇子と考えている。

171 :白馬青牛王:2010/07/03(土) 00:51:26 ID:Wl95zXsQ
http://www3.ocn.ne.jp/~junsin/yurai/kaikyounokanata.htm

文藝春秋社に10冊以上の歴史書を上梓している小林惠子(やすこ)氏の知識と慧眼には目をみはる。
氏は日本、新羅、百済、高句麗、歴代の中国王朝の歴史書をひもとき、相互に関連性を見つけ大胆な歴史を作り上げている。
現在の中国、2朝鮮、日本という枠組みを意識下にもっている人にとって、氏の考えはあまりにも荒唐無稽に見えるだろう。
特筆されるのは、難解な「前文」を陰陽五行説から読み解き、歴史書の記述と対応させている点だ。

 具体的な内容をここに示す器量は、私にはない。
ただ、ひとつ言えることは古代の歴史を考える上での視点を列島とか大陸とか半島といった人の住むところから、
日本海、黄海、東シナ海といった海に変えてみることの重要性である。
海を渡れば、人は生き直すことができたのだ。たとえば、半島の彼の国の王が海を渡り倭に来て、
中国王朝に冊封(さくほう=国王であることを正式に認めてもらうこと)されることで倭王となり、その後半島に帰り再び王として君臨する。
もしくは漢時代、国を追われ列島に亡命してきた呪術者一族のある女性が、カリスマ性を武器にして卑弥呼になる。

172 :白馬青牛王:2010/07/03(土) 00:52:22 ID:Wl95zXsQ
http://www02.so-net.ne.jp/~toshihak/
著者自ら「歴史とはバーチャルリアリティである」と言い切ったのは、私の知るかぎりでは古代史研究家の小林惠子さんだけです。
人間とは自分の日記にさえウソをつく生き物であり、まして政治的な意図に基づいて編纂された史書に本当のことが書かれるわけがないとして、
彼女は中国史や中央アジア史の知識を駆使して日本の歴史のウソをあばき、
通説とは90%異なる内容でありながら、驚くべき論理的整合性を持つ古代史論を展開しています。

173 :LUNAMASK:2010/07/03(土) 09:09:44 ID:gi8J+IlF
>>164 >>145
しかし、日本は目覚めたし、眠れるドラゴン、中国ももうすぐ目覚めるだろうし、
欧州・南米天国もいつまで続くか。
>>146-150及び>>152
>死の海の黒潮を越えて江南から沖縄、南九州なんかあり得ませんよ。沖縄の
>住民は九州から南下>した連中がほとんどでしょう。 しかも隼人は人骨からも
>モンゴロイドですよ。
現在のところ物的証拠が挙がっていませんが、考古学は日進月歩どうなるか
わかりませんよ。

174 :出土地不明:2010/07/03(土) 09:14:54 ID:OmiKlQRy
>>118-119,122,133-135
わぉ〜(^-^)/の1レス目はageなんだよw
3回とも1レス目がsageだと中の人が入れ替わっているぉ

>>143 まとめサイトが江南誘致の印象操作しているから白馬が邪魔なんだろw

>>168-172 なんでリンク切れの引用が多いの? もしかしてコピペ

175 :出土地不明:2010/07/03(土) 09:52:32 ID:RoJlv4no
>死の海の黒潮を越えて江南から沖縄、南九州なんかあり得ませんよ。

・・・鹿児島の知覧、台湾の宜蘭という地名は関係あるのではないか?

 不知火やシノノメは台湾・フィリピン原住民語で解釈できるそうだし、死の海でもなかっただろう。

 沖縄にはシナ人集落もあった。


176 :LUNAMASK:2010/07/03(土) 10:46:45 ID:gi8J+IlF
>>175 亀甲墓は台湾、沖縄、九州へと続くしね。花蓮タラコ峡谷は天の岩戸だし。

177 :LUNAMASK:2010/07/03(土) 11:01:44 ID:gi8J+IlF
>>164 >>146-150 >>152
では隼人はモンゴロイドとしましょう。それはロシア考古学会が認識している滑=
アヴァール=ハヤトレ=厭達とは別にしましょう。

しかし、日本書紀では仁徳3年9月1日条、依網屯倉(よさみのみやけ)で捕獲された
鷹につつき、酒君(さけのきみ、サカ族の王)がこれは百済に多くいるクチという名の
鳥とし、馴らして天皇に献上、皇は鷹狩を行い、初めて鷹甘部(たかかいべ)設置したと
されるが、この鷹飼はサクソン系テキサス・カウボーイと全く同じ格好をしている。

これが隼人でないとすれば、日向のイラン系地下式横穴墓は何人なのかという
ことになる。この点、白馬青牛さんのご意見をお待ちします。

178 :LUNAMASK:2010/07/03(土) 11:15:04 ID:gi8J+IlF
承前
考えられることは禹、夏后少康、刺青の越人、YDNA O2a-M95*キャリアー達は西周の
初め東冶・会稽の地に至り入海、南北に移動した。この中にニュージーランドでマオリ
となった別系統のコーカソイド遺伝子があり、これを含む集団は華東・東シナ海沿岸を
北上、山東半島、遼東半島を経て楽浪群島に入り、五島列島経由九州南部に入ると
いうルートです。ロシアでは殷のインサイダーにタガール人があったもののこれが
島夷となり、台湾に入ったのではないかと推定する人もありますが、私は山東半島・
楽浪・五島列島ルートではないかと思うんです。

179 :出土地不明:2010/07/03(土) 11:22:35 ID:sOUk+Isc
ちょいと失礼します。

2万7千年前の、氷河期の日本列島、及び朝鮮半島、及び中国大陸の海岸線の
具体的な状況が解る方は、ぜひ教えて下さい。
地図を探しましたが、2万年前の物ばかりで、2万7千年前のものを探せずに
います。
6月13日?に放送されたNHKハイビジョンの日本人の起源に関する番組では、
2万7千年前に、“朝鮮半島”から独特な石器を持った人間が移住してきていたと
放送したそうです。
私は観ていませんが、2万7千年前は、朝鮮半島と大陸がつながっていた為、
“朝鮮半島”と呼ぶ事事態が不適切ではないか?との指摘が有ったようです。

どなたか、お知恵拝借。

180 :出土地不明:2010/07/03(土) 11:40:16 ID:sOUk+Isc
>>167
まぁ、常識で考えれば謎だらけです。

それから、万葉集を韓国・朝鮮語で読める方は、読んで訳していただきたいのです。
確か、以前その様な本が出版されていたと記憶しますが。

181 :出土地不明:2010/07/03(土) 12:59:02 ID:Tb3i2q/m
>>179 >>2万7千年前は、朝鮮半島と大陸がつながっていた為、
“朝鮮半島”と呼ぶ事事態が不適切ではないか?との指摘が有ったようです。

・・・朝鮮人自身が朝鮮史を半万年と言っているしな。シナでさえ4000年の歴史しかない。

 27000年前ならシナも朝鮮も関係ない。

182 :出土地不明:2010/07/03(土) 13:18:24 ID:fqIxBbZP
>>176
おいおい、亀甲墓は非常に新しい様式だぞ。
元朝以来の大陸の習慣の流入の結果だ。
その前の様式として風葬がある。
大木に棺桶を吊るすのも有ったがね。
念のため断わっておくと、
琉球人は平安・鎌倉・室町期に大量の日本人(弥生人)の流入で成立した民族だからね。

183 :出土地不明:2010/07/03(土) 13:33:33 ID:Uan5UYzq
>>179
この地図でいかが? 日本語のが見つからなかったので英語のでゴメン。
National Geographic がIBMとタイアップして今進行中のプロジェクト、
"Tracing the journey of our ancestors" の地図。100万年以上前から
1万年前までの世界地図が出る。ページが出たら、3万年前と2万年前の
表を見て、3万年前に近い方をクリックしたら、2万5千年前〜3万年前の
世界地図が出る。既に出てるのをコピペしたんだけど、うまく出るといーな。
成る程、2万7千年前は、朝鮮半島は、朝鮮半島、黄海、渤海、大陸と、
み〜んな引っ付いてて、朝鮮半島なんて何処にもないわ。でも九州と
朝鮮半島の突端に当たる部分は、糸みたくカ細いけど海峡が有る感じよ。

https://genographic.nationalgeographic.com/genographic/lan/en/atlas.html



184 :出土地不明:2010/07/03(土) 13:46:22 ID:Uan5UYzq
>>179
オーケー、やって見たけど、ずばり目当てのページには成らなかったので、
以下のサイトを出して、"Atlas of human journey" の所をクリックしてね。
ページが出たら、上の方に出る表、30,000~20,000年前の数字を凝視、二つに
別れてるので30,000に近い側をクリック。これで25,000年~30,000年前の
世界地図が出る。何度もorz。

https://genographic.nationalgeographic.com/genographic/lan/en/atlas.html


185 :LUNAMASK:2010/07/03(土) 13:59:18 ID:gi8J+IlF
>>182
了解、当分無視しよう。

186 :LUNAMASK:2010/07/03(土) 14:03:09 ID:gi8J+IlF
>>178
各種情報を統合して見ると日本のコーカソイド遺伝子について、現時点では
下記のことが想定できる。

●ドニエプル・ヴォルガ地域土壙墓(赤色オークル墓)文化人I-P19はアファナセヴォ
文化経由殷王朝で召方となり、しかし、その後は中原から燕(オルドス)・タガール
文化圏に移動、スキタイ・パジリク文化に従属する。

●後発の地下式横穴墓文化人R-M207(パジリク・エフタル)は木槨墳文化・
アンドローノヴォ文化経由、周に入り、呉太白と共に東冶会稽の地に入るが、
前473年呉国滅亡後、山東・遼東・楽浪に移動、4世紀の仁徳朝に主として関東・
毛野地方に入る。しかし、同族はイラン、バクトリア・マルギアナ方面でペルシャ、
スキタイとなり、中央アジアでは匈奴と覇を競い、楽浪から新羅にかけ相互関係を
保ちながらローマ・印度との交易関係を維持する。

187 :LUNAMASK:2010/07/03(土) 16:26:20 ID:gi8J+IlF
筑紫の磐井
「527年6月にヤマト王権の継体天皇は、新羅に奪われた南加羅・喙己呑を回復する
ため、近江毛野が率いる兵6万を任那へ派遣した。『日本書紀』には、「筑紫の磐井は
かねてより反逆の企てを抱いていたものの実行に移せないでいたが、それを知った
新羅が磐井へ賄賂を送りヤマト王権に対する反逆を勧めた」としている。磐井は火
(肥前国・肥後国)と豊(豊前国・豊後国)を制圧懐柔して、ヤマト王権軍の進軍
を妨害し、朝鮮半島との海路も封鎖して、朝鮮半島から来航する朝貢船を押さえた
りした。」「磐井軍と麁鹿火軍の決戦が行われたのは528年11月。」
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%AD%91%E7%B4%AB%E5%90%9B%E7%A3%90%E4%BA%95
時代的に↓このフヴァール(厭達)と関係すると見るべきだろう。
「河南北部滑国は始皇帝に滅ぼされた後、山西に亡命。匈奴に下り、更に柔然
に下る。滑が山西にある時、AD410-470年頃、Hua-Hun同盟が成立、滑の地位は
向上、柔然は滑に460年に征服した回乞の統治を任す。この後、滑は滑とフヴァール
の東西2国に分裂し、月氏の一族厭達に属する。梁職貢圖では東滑は541年厭達の
下に台頭し、柔然から独立し回乞地域の支配を主張する。同時に、その王族が厭達
と呼ばれることから外部からは厭達と通称されるが、内部では自らを滑と呼んでいた。
西フヴァールはフアラジム/花剌子模と呼ばれ、現在でもコーカサス北麓にダゲスタン
として存在する。」
http://www.wordiq.com/definition/Huaguo

188 :LUNAMASK:2010/07/03(土) 16:37:09 ID:gi8J+IlF
承前
>柔然は滑に460年に征服した回乞の統治を任す。
穹窿石室墓はどうやらウイグル人のもののようだ。

189 :出土地不明:2010/07/03(土) 16:49:27 ID:2tNAd9Zf
回乞はウイグル人としても、今のウイグル族とイコールじゃないよ。
ウイグル人とソグド人と混血して、ウイグル族になっている。
ウイグル族は、自称のそれぞれ氏族の出自でも複数起源を持ち、
ホータンのウイグル族は、ソグド人の子孫を自称している。
回乞のラベルを貼っておくほうがよく、ウイグルのラベルは不適切。

190 :出土地不明:2010/07/03(土) 17:47:19 ID:P2LzUFRv
> ほう、あなたの曽祖父母さんは、どこの地方のどの地域?

答えたくないんですけど、答えなくちゃ駄目ですか?
家のすぐ脇に沢が流れてて、そこにトイレがあったと言ってました。
お武家様じゃなくて、百姓だったらしいですよ。
因みに曾祖父母は明治20年代生まれ。
紙を使うと尻が痛いって言っていたのを覚えてます。

191 :白馬青牛 ◆8mr41B7alChB :2010/07/03(土) 23:53:55 ID:b+OkbMqh
>>165-166及び>>167
天孫降臨神話自体、北方牧畜民系の神話系統じゃし、朝鮮半島からは、
対岸が見るけんのう。える航海ルートになるけんのう。以前云うたよう
夜間航海なんか江戸期のことで、あんたの云う遠まわりの黒潮、東シナ海を
横断するんは無理じゃ。当時の半島が同一言語じゃの妄想しても
意味があるまあ。
任那伽耶地域は、北方木槨墓人が支配したよ。馬韓を支配したんは、
北方から南下した百済人じゃし、辰韓も北方積石木槨墓人の新羅人が
支配した。王氏が楽浪郡の漢人云う根拠も無いし、穢は高句麗に服属
しとっただけで、南下したら征服民になる可能性が強いわ。
世界的民族移動期じゃけんのう。そもそも五胡が漢を征服した時も、
匈奴、羯、羌らに統一国家なんか無いよ。征服して勢力を広げてこそ、
統一国家になるんじゃ。

192 :白馬青牛 ◆8mr41B7alChB :2010/07/04(日) 00:26:23 ID:Ook9WK0n
>>168-169>>170-171>>172
わしと勘違いされるじゃないか。自身の考えたコテでも付けりゃあ
ええのに。「つくる会」の西尾幹ニ氏も歴史は物語とされとるよ。(笑)
確かに西洋では歴史は物語じゃのう。公文書主義じゃあ、ナチスの
ユダヤ人虐殺も無いことになって仕舞うけんのう。19世紀じゃあるまいし、
今時、公文書崇拝の実証史学なんか意味をなさんよ。まあ、歴史修正主義の
西尾氏のような、時に公文書主義を使いわける、神話、記紀カルトも
可笑しいけど。
>>177
コーカソイドの隼人の人骨なんかありませんよ。地下横穴墓だけで、
イラン系云われるんは、単一根拠でしょう。新羅の積石木槨墓や黄金文化
も、アルタイ以西のコーカソイド地域の文化に近いんですが、
彼らがコーカソイドの確率は低いでしょう。仮にコーカソイド集団が
東方へ移動しても途中に別集団と混合しますし、容貌もモンゴロイドに
成りますよ。
>>190
沢が流れて、そこで便所があるんは特殊(糞を水に流すと肥料に使えん)
ですから、どこの地域の村落の中のどの程度か詳しく伺いたいんですけど。
農耕肥料はどうしとったんですか?他の農民から借りると、借りが
出来るでしょう。

193 :LUNAMASK:2010/07/04(日) 10:07:43 ID:vVBS2Zk3
>>189 NHK小河墓遺跡で有名な新疆文物考古研究所イディリス・アブドレンスレ所長
はウイグル族だが、彼はジョン・ウェーンとキム・ノヴァクの間に生まれたような顔の
美人の乙女、アルプスのハイジのような服装をしたミイラを見て「当時はさぞかし美人
だったことだろう」とうなっていた。アブドレンスレというのはエフタル族を意味するもの
だろう。先史時代のウイグル族はイェニセイウイグルという現代のケト人とかこのミ
イラのようなクロマニオン系古欧州・アファナシエヴォ文化人の混成集団であったと
考えられている。現代のウイグル族はイディリス・アブドレンスレ所長のようなソグド系
イラン人の系統であり、関東の鷹取武人もこれではなかっただろうか。ミイラと考古学者
とは何という歴史的めぐりあわせかと感心した。

194 :LUNAMASK:2010/07/04(日) 10:29:14 ID:vVBS2Zk3
>>192 >>177
現代日本人YDNAで出現する
R-M207 0.4%
I-P19 0.4%
合算するとアイヌよりも多数になりますが、これは
青銅器鉄器時代モンゴリア高原居住民族クラスタ
第三クラスタ アファナセヴォ・烏孫・ミヌシンスク文化人
に他ならず、これが日本古墳時代後期・新羅スキタイ文化期に新羅、九州、近畿、
関東にかなり入っていたのではないか、毛野、磐井と言うのがこれではないかと
思います。ただし、穹窿石室墓というのは
青銅器鉄器時代モンゴリア高原居住民族クラスタ
第五クラスタ
N1c1-M178 0.4%
N1-LLY22g* 1.2%
Q-P36     0.4%
イェニセイ・キルギス集団である可能性があります。

195 :LUNAMASK:2010/07/04(日) 10:51:19 ID:vVBS2Zk3
私の固定ハンドルネームLUNAMASKですが、NHK松平アナの解説による小河墓遺跡
の仮面に吹き付ける無常の砂嵐を見て人間所詮「月光仮面」ではないかと思いこれを
固定ハンドルネームとしたが、国際時代も視野に入れLUNAMASKとしたもの。実際
NHKのDVDも通販で買いました。しかし、なんということでしょう。大伽耶のラスト・
エンペラーは「月光太子」だそうな。
http://www.searchnavi.com/~hp/rekishi/youyaku/21-1.htm

196 :出土地不明:2010/07/04(日) 12:10:09 ID:9pJxEntR
>>192
説明不足でした。
沢に流してた訳じゃないみたいですよ。
桶か何かに水を入れてたようなこと言ってましたね。
なにしろ、何十年も前に亡くなってるんで細かいことまでは覚えてないんで。
今度田舎に行ったら、祖父に聞いてみますね。
場所は、、、プライベートな事なんで、あしからず。

197 :出土地不明:2010/07/04(日) 12:17:54 ID:P2LOdOj0
>>192
説明不足でした。
沢に流してた訳じゃないみたいですよ。
桶か何かに水を入れてたようなこと言ってましたね。
なにしろ、何十年も前に亡くなってるんで細かいことまでは覚えてないんで。
今度田舎に行ったら、祖父に聞いてみますね。
場所は、、、プライベートな事なんで、あしからず。

198 :出土地不明:2010/07/04(日) 12:20:15 ID:P2LOdOj0
大事なことなんで、二回言いました。

199 :LUNAMASK:2010/07/04(日) 14:09:26 ID:vVBS2Zk3
>>194
コーカソイド、全くないわけではなく今でも多少はあるんですよ。
C1-M8 5.4% 列島旧石器人
----------------------------
D2-P37.1* 3.9% 縄文人
D2a-M116.1   16.6% 縄文人
D2a1-M125*  12.0% 縄文人
D2a1a-P42 2.3% 縄文人
-----------------------------------
O2b-SRY 7.7% 突帯文文化人
Ob21-47z 22.0% 無文・弥生文化人
--------------------------------------
O3-M122* 6.6% 土方
------------------------------
R-M207 0.4% パジリク・スキタイ新羅人
I-P19 0.4% タガール・ヒッタイト・トカラ人
---------------------------------------
C3-217* 1.9% 匈奴・四隅突出型墳丘墓
C3c-M86 1.2% 東胡・前方後方墳
---------------------------------------
Q-P36 0.4% ケト人 ・穹窿石室墓
N1-LLY22g* 1.2% 突厥・穹窿石室墓
N1c1-M178 0.4% 韃靼・ヤクート・穹窿石室墓
--------------------------
NO-M214* 2.3% 羌
O3a3c-M134 10.4% 彝・秦
O3a3-LINE1 3.1% 楚人・ジャポニカ米
O2a-M95* 1.9% 越人

200 :出土地不明:2010/07/04(日) 16:13:50 ID:pOHpLlUm
>>183
ありがとうございます。
やはり、2万7千年前の“朝鮮半島”は、NHKの捏造っぽいですね。

それから、O2b1が実の所何かわかりますか?

Amazonで「Y染色体からみた日本人 (岩波科学ライブラリー) 」とい本を検索したら
次のようなレビューがありました。
それによると、天皇家は「中国江南から直接渡来したと考えられているO2b1遺伝子
(母集団151名)と一番近い」んだそうです。
半島南部に原倭人集団がいて、そこで“(江南系含む)雑多な民族”と「混血」しながら
日本に移住して来たのが弥生人 だとしたらありえない事ではないかと思いました。
        ↓
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
「Y染色体からみた日本人」 (岩波科学ライブラリー)

By 赤尖晶石 "スピネル" (鳥取県鳥取市) - レビューをすべて見る
(ry)
日本で一番古い家系といえば天皇家ですし、天皇家の方々の誕生日も相当古い
時代まで分かり公表されていますので、私は記録が正確な江戸時代初期109代〜
125代の今上天皇陛下と親王殿下と内親王殿下及び直系に連なる方々合計88名
の誕生月を元に基礎データとの相関関係をみてみました。結果は中国江南から直接
渡来したと考えられているO2b1遺伝子(母集団151名)と一番近いという結果になりました。
相関係数は0.737でした。
(ry)

201 :白馬青牛 ◆8mr41B7alChB :2010/07/05(月) 01:23:24 ID:xFwhFclg
>>194
単一遺伝標識のYに還元しても意味が無いと思いますよ。
>>200も、現代の不倫貴族社会の天皇家が上代から継続されとる
可能性も低いでしょうに。更に上代の遺伝子すら、現代に継続される
可能性は極めて低いでしょう。
http://pyan-gakuyo.cocolog-nifty.com/blog/2009/03/dna-5123.html
ここで篠田謙一氏と茂木健一郎氏の対談が載ってますが、
篠田氏の「(前略)私の持っている(遺伝子の)組み合わせなんて、
20世代もしたら影も形もなくなってしまう。私たちは、婚姻関係を
継続している集団の中で、ある時代に集まった遺伝子の1つの束に
すぎません。しかし、一般の人には、自分の本質的なものが、
一子相伝にずっとつながっているというイメージが強すぎて、
なかなか理解していただけないところがありますね。10世代
たったら、子孫に残っているものなんて何もないという話は、
ちょっと夢がないと。」
まあ、先祖が10代、20代遡れる可能性は低いわけですから、
単一遺伝標識だけなら、ますます夢物語になるわけです。
>>196-197
どの地域かなら、あなたのプライバシーや親族にも迷惑は
かからんでしょう。ほいで桶に何を入れたんですか?
どうも、抽象的な回答をされとるように思います。

202 :出土地不明:2010/07/05(月) 07:12:39 ID:VA7u4gk9
桶か何かに水を入れてたようなこと言ってましたね。
桶か何かに水を入れてたようなこと言ってましたね。
桶か何かに水を入れてたようなこと言ってましたね。


大切なことなんで三回言いました。

203 :LUNAMASK:2010/07/05(月) 09:12:45 ID:G86wR0dI
>>201 >>194
>単一遺伝標識のYに還元しても意味が無いと思いますよ。
「単一遺伝標識のYに還元しても」本質的な意味はないんです。検証の一つの
ツールですね。枠組み、総枠ですね。つまり、この辺のことを網羅した論議に
しなくてはおかしいといいうこと。・・・明白了?
こういう枠を作っていると日本人と言う集合のルーツは大別して
@和人
Aモンゴリア系
B華人(長江・黄河)系
に分けられます。
弥生と言うのは@ABが西日本稲作帯で成長する時代だと言えます。

204 :LUNAMASK:2010/07/05(月) 11:32:08 ID:G86wR0dI
弥生-飛鳥時代移住史の大枠
@弥生早期・前期・殷末ユーラシア青銅器期崩壊・無文・弥生開始
----------------------------------------------------
A弥生中期・臨海海退移住 吉林・沿海州 華東(山東・江蘇・浙江)臨海部から
-----------------------------------------------------------
B弥生後期・伽耶鉄器文化・邪馬台国(前方後円墳)・投馬国(四隅突出型墳丘墓)・
狗奴国(前方後方墳)
------------------------------
C古墳時代・応神朝・新羅スキタイ
--------------------------------
D古墳時代・継体朝・原ウイグル族・穹窿石室墓
---------------------------------
E飛鳥時代百済・高句麗移民

205 :LUNAMASK:2010/07/05(月) 11:35:14 ID:G86wR0dI
B竪穴古墳時代
C横穴古墳時代

206 :LUNAMASK:2010/07/05(月) 12:52:08 ID:G86wR0dI
>>203-205
最新バージョン 日本人ルーツ
C1-M8 5.4% 列島旧石器人
----------------------------
D2-P37.1* 3.9% 縄文人
D2a-M116.1 16.6% 縄文人
D2a1-M125* 12.0% 縄文人
D2a1a-P42 2.3% 縄文人
-----------------------------------
O3-M122* 6.6% 弥生早期突帯文文化人
---------------------------------------
O3a3-LINE1  3.1% 弥生前期・楚人・ジャポニカ米
------------------------------------------------
O2a-M95*   1.9% 弥生中期・越人
N1c1-M178 0.4% 弥生中期・青銅器文化人
--------------------------------------------
N1-LLY22g* 1.2% 弥生後期・鉄器文化人
C3-217*  1.9% 弥生後期・匈奴・四隅突出型墳丘墓 投馬国
C3c-M86  1.2% 弥生後期・東胡・前方後方墳 狗奴国
----------------------------------------
NO-M214*   2.3% 古墳応神朝 羌 新羅より
O3a3c-M134 10.4% 古墳応神朝 彝・秦 新羅より
R-M207 0.4% 古墳応神朝パジリク・スキタイ新羅人
------------------------------------------------------
I-P19 0.4% 古墳継体朝タガール・ヒッタイト・トカラ人
Q-P36 0.4% 古墳継体朝・原ウイグル族・穹窿石室墓
-------------------------------------------------------
O2b-SRY 7.7% 飛鳥時代百済高句麗移民
Ob21-47z 22.0%  飛鳥時代百済高句麗移民

207 :出土地不明:2010/07/05(月) 13:03:21 ID:CBfiUM1h
>>201
染色体と遺伝子の区別ぐらいちゃんとしろ。
ハプロイドってのは多数の遺伝子を含んでいるんだよ。

208 :LUNAMASK:2010/07/05(月) 13:36:18 ID:G86wR0dI
軍需産業系(武器・馬具・軍用犬・武術・養蚕等)
N1c1-M178 0.4% 弥生中期・青銅器文化人
--------------------------------------------
N1-LLY22g* 1.2% 弥生後期・鉄器文化人
C3-217*  1.9% 弥生後期・匈奴・四隅突出型墳丘墓 投馬国
C3c-M86  1.2% 弥生後期・東胡・前方後方墳 狗奴国
----------------------------------------
NO-M214*   2.3% 古墳応神朝 羌 新羅より
R-M207 0.4% 古墳応神朝パジリク・スキタイ新羅人
------------------------------------------------------
I-P19 0.4% 古墳継体朝タガール・ヒッタイト・トカラ人
Q-P36 0.4% 古墳継体朝・原ウイグル族・穹窿石室墓

農民系
O3-M122* 6.6% 弥生早期突帯文文化人 遼河系ミレット農民
---------------------------------------
O3a3-LINE1  3.1% 弥生前期・楚人・長江系稲作民
------------------------------------------------
O2a-M95*   1.9% 弥生中期・越人・長江系照葉樹林農業系
-------------------------------------------------------
O2b-SRY  7.7% 飛鳥時代百済高句麗移民 河川移動型漁労農耕民
Ob21-47z  22.0%  飛鳥時代百済高句麗移民 河川移動型漁労農耕民

209 :LUNAMASK:2010/07/05(月) 16:52:31 ID:G86wR0dI
魏志倭人伝によると倭国は
↓呉太白系
O2a-M95*   1.9% 弥生中期・越人・長江系照葉樹林農業系
ばかりのような書き方であるが、投馬国が存在し、邪馬台国と狗奴国が抗争中とある。
記紀では出雲の地祇族(↓下記が方墳・地祇系)との抗争の末に大和朝廷が生まれ
たとする。
O2b-SRY   7.7%
O2b1-47z  22.0%
すると↑は百済・高句麗と同系なんだが既に弥生後期に入っていたことになる。

210 :出土地不明:2010/07/05(月) 17:10:56 ID:CBfiUM1h
>>209
魏志倭人伝とその変な説を結びつけるなよ。
科学や考古学が言える範囲を遥かに越えているぞ。
そう言うのを似非学問と言うんだよ。

211 :出土地不明:2010/07/05(月) 19:25:19 ID:RxRl+jUj
モンゴル、エスキモー、ペルー

212 :出土地不明:2010/07/06(火) 00:01:22 ID:v3eRyxas
邪馬台国と狗奴のどちらかが大和でどちらかがニギハヤヒの国だろうね

213 :出土地不明:2010/07/06(火) 06:58:46 ID:y1VoQXSn
http://www.nikkei.com/life/living/article/g=96958A90889DE3E2E3EAE5E7E1E2E2E3E2E5E0E2E3E2E2E2E2E2E2E2;p=9694E3E6E2E4E0E2E3E2E4EAE6E2

下戸は渡来系で
過去に日本を征服した天皇の子孫であることが判明

214 :出土地不明:2010/07/06(火) 07:16:25 ID:+ex5t/OL
>>213
天皇家は上戸揃いですよ。
皇太子様も英国留学時代に酒豪振りを見せ付けたようですし、
お酒の飲みすぎで癌や依存症になられた殿下もいましたね。

215 :214:2010/07/06(火) 07:18:15 ID:+ex5t/OL
ていうか、古墳時代頃までには、普通に縄文系との混血が進んでいたと思いますねぇ。

216 :214:2010/07/06(火) 07:36:16 ID:+ex5t/OL
さらに言えば、仮に弥生系(大陸からの移住者でもいいや)の有力者が縄文の土地で支配者になろうとしたら、
宣撫工作をやって、現地の有力者の娘と結婚するでしょうね。
状況はかなり異なりますが、中国の漢の皇室なども、烏孫や匈奴との間で政略結婚をやり、
皇室の安泰を必至に図りました。
案外支配者層というのは、“政略結婚”によって、最も“混血”の進んだ人々なのかも知れません。

217 :LUNAMASK:2010/07/06(火) 09:38:06 ID:/skpWcK9
最新バージョン 日本歴史民族枠組試案
C1-M8 5.4% 列島旧石器人
----------------------------
D2-P37.1*  3.9% 縄文人
D2a-M116.1 16.6% 縄文人
D2a1-M125* 12.0% 縄文人
D2a1a-P42 2.3% 縄文人
-----------------------------------
O3-M122* 6.6% 弥生早期突帯文文化人
---------------------------------------
O3a3-LINE1 3.1% 弥生前期・楚人・ジャポニカ米
------------------------------------------------
N1c1-M178 0.4% 弥生中期・青銅器文化人
--------------------------------------------
N1-LLY22g* 1.2% 弥生後期・鉄器文化人
O2a-M95* 1.9% 弥生後期・越人
C3-217*   1.9% 弥生後期・匈奴・四隅突出型墳丘墓 投馬国
C3c-M86   1.2% 弥生後期・東胡・前方後方墳 狗奴国
O2b-SRY   7.7% 弥生後期・(飛鳥時代・百済高句麗移民)
Ob21-47z 22.0% 弥生後期・(飛鳥時代・百済高句麗移民)
----------------------------------------
NO-M214*   2.3% 古墳応神朝 羌 新羅より
O3a3c-M134 10.4% 古墳応神朝 彝・秦 新羅より
R-M207    0.4% 古墳応神朝 パジリク・スキタイ新羅人
------------------------------------------------------
I-P19 0.4% 古墳継体朝・タガール・ヒッタイト・トカラ人
Q-P36 0.4% 古墳継体朝・原ウイグル族・穹窿石室墓
-------------------------------------------------------

218 :LUNAMASK:2010/07/06(火) 10:01:30 ID:/skpWcK9
DV被害者の女神、アカルヒメ
「姫島は『摂津国風土記逸文』には、新羅の国に姫島があり、彼女は夫のもとを遁
れてきて、しばらくは竹斯の国の伊波比の比売島に住んだ。やがて彼女は『この
島はまだ遠くない。もしこの島にいれば、夫(アメノヒボコ)が尋ねてくるだろ
う』といって、また移り難波の比売島にとどまったとある。」
本当の被害者はどっちだったのか?
http://www.norichan.jp/jinja/renai/himejima.htm

219 :LUNAMASK:2010/07/06(火) 10:15:50 ID:/skpWcK9
「新羅国第8代阿達羅尼師今4年(157年)、東海(日本海)の海辺に延烏郎と細烏女の
夫婦が暮らしていた。ある日、延烏郎が海に出たところ突然、岩に乗せられて日本に
渡ってしまった。日本の人々は彼が平凡な人ではないことを知って王に推戴した。
夫が帰ってこないので細烏女は夫を探して海辺に出かけたところ、岩の上に夫が脱いだ
履き物があった。細烏女がその岩の上にのぼるや、すぐまた岩は細烏女をのせて日本
に行った。王は彼女をむかえて貴妃とした。
すると新羅では太陽と月が光を失った。阿達羅王は使節を日本に送って延烏郎と
細烏女に新羅に戻ることを求めた。しかし延烏郎は「私がこの国に来たのは天がさせ
たことで、どうじて帰ること ができようか。私の妻が織った薄絹がある。これを持ち帰
って天に祭れば、光を取り戻すことができるだろう」と語った。」
http://yutori7.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1260977413/-100
「すると新羅では太陽と月が光を失った。」・・・新羅政府の鉄原料税収入が細り、
税収の回復を目指し太陽神シャーマネスの新羅帰還を策したということでは。
いずれにせよ、この時代新羅・伽耶・日本の間ではこの事件が象徴するような
出来事があったに違いない。

220 :LUNAMASK:2010/07/06(火) 10:18:27 ID:/skpWcK9
どうもこれらが太陽感精神話→竪穴古墳となり、邪馬台国成立に関連している
のではと言う感じがする。

221 :LUNAMASK:2010/07/06(火) 10:24:46 ID:/skpWcK9
>>195
この月光太子も浪曲子守唄とか、プサン港に帰れを歌っていたのだろうか。

222 :LUNAMASK:2010/07/06(火) 10:33:25 ID:/skpWcK9
月光太子に捧げる
浪曲子守唄
http://www.youtube.com/watch?v=yZONpHAs2p8
釜山(プサン)港ヘ帰れ(昭和58年)
http://www.jttk.zaq.ne.jp/babpa300/aa4antei/pusankouekaere.html

223 :LUNAMASK:2010/07/06(火) 12:13:37 ID:/skpWcK9
>>220
蘇我入鹿の入鹿(いるか)のイル、イリヒコ、イリヒメのイリ・・・これらはオオヒルメムチ
のヒルと同様太陽を表すという解釈が成り立ち、イリヒコ、イリヒメは日光感精神話に
基づく竪穴墳被葬者への諡号(しごう)の一部と考えられる。

224 :出土地不明:2010/07/06(火) 14:08:16 ID:Is2nqhOC
アメノヒボコは、朝鮮半島DV始祖。
「犬と女は3日に1度は叩かなければならない」の諺を半島で創始。

225 :LUNAMASK:2010/07/06(火) 15:31:19 ID:/skpWcK9
日本には岡山に巨大な双方中円墳がある。一方中央アジアにはひげクルガンという
太陽・月/地平線出没観測遺跡があり、遊牧民のものとされる。これは東周のころ。
また、対馬には月読神社があり、天照同様に月読命も崇拝されていた。ところが
岡山で太陽中心の前方後円墳が生まれ、これが纒向ではマジョリティーになる。
これは卑弥呼共立が岡山で行われたことを物語るのではなかろうか。
すると対馬海峡を越えた天日矛の渡来と言うのはおかしく、日本国内の何らかの
宗教的保守派が何らかの利権を求めて活動したと言ったことかもしれない。

226 :LUNAMASK:2010/07/06(火) 15:39:02 ID:/skpWcK9
このことが神話上の天照の月読、スサノオに対する絶対的優先となる日本独自の
パンテオンと前方後円墳と言う日本独自の埋葬形態を生んだのだろう。これは
近畿の旧銅鐸圏勢力による吉備の制圧であったのだろう。

227 :出土地不明:2010/07/06(火) 21:44:41 ID:6eOADc9g
南米には縄文土器が有る
よって縄文人は南米から来た

228 :882:2010/07/06(火) 22:31:14 ID:tLLQSMW8
敬愛する月光仮面さんへ
http://www.youtube.com/watch?v=qITs4079DRA

229 :出土地不明:2010/07/06(火) 23:37:28 ID:fu4Kw37J
日本人のy-DNAハプロタイプのD系とC系を縄文系、O系を弥生系と分けた時
弥生系であるO系のうち O2とO3の比率は3:2だけど
これに対して、華北は 1:30、朝鮮南部は 2:3、華南は 1:1、ベトナムは 5:4
3000年くらい前はO3のタイプ(漢族)の南下は今ほどでなかったから
華南での比率はちょうど今の日本と同じくらいの3:2くらいだったのではないか
よって弥生人は華南から来たと思う

230 :白馬青牛 ◆8mr41B7alChB :2010/07/06(火) 23:46:40 ID:Vk8JTbz2
>>203
古代に倭人はおっても、和人は成立しとりませんよ。それに長江人なんか
ほとんど来て無いでしょう。
>>213
わしゃあ、酒が飲めるタイプじゃけど、渡来系が全て酒に弱い体質云うんは
飛躍しずぎで、要は比率の問題。
>>216
まあ、現地民との混血も初期の征服期には、あった思うけど、日本の
貴族階級は、満州族顔でほとんど縄文系要素が見られんね。
>>219-220
太陽や月の光の精による感生説話は、ウイグルやモンゴル等、内陸アジアに
多いですね。
>>226
前方後円墳が日本独自云うのは、問題があるでしょう。

231 :出土地不明:2010/07/07(水) 01:01:51 ID:/bqD+1Du
>>229
D系とC系は、東アジアの大陸部でほとんど北方形質だ。
O2aには、南方形質を持つ民族が多くいる。カンボジアやマレーシアやインドネシア西部が該当する。
そもそも3万年前に、分子時計の計算上全部のハプログループが東アジアに到着しているから
縄文人に何が入ってもOKなのだ。先発のC3-M217でも後方のO3-M122でもいいのだ。
あと弥生人だけがO2bがいると特定されているのは、分布が日本と朝鮮半島や渤海に限定的にいる理由による。
そして史書とある程度の一致がみられることにより、広く認められた学説になっているだけだ。
残りのハプログループは、全く渡来時期が推定されていない俗説ばかりだという事を、忘れてはいけない。

232 :出土地不明:2010/07/07(水) 01:29:00 ID:HXHoQoaw
>>230
日本と倭人が支配した弁韓以外に前方後円墳が有るのか?

233 :出土地不明:2010/07/07(水) 06:30:03 ID:J8gADtWL
>>230
>日本の貴族階級は、満州族顔でほとんど縄文系要素が見られんね。

人間ついつい想像で物を語りがちですが、孝明天皇は細長い顔でしたが目が大きく、
明治天皇は色黒で眉毛が太く、大正天皇は彫が深くてバタ臭い顔をされていた様に
思います。
何をもって“満洲的”というのかは不明です。
ところで、次の写真が「満洲的」に見えますか?

その2:百年前のセレブ?皇族カップル
http://yushodo.co.jp/pinus/61/meijiphoto/photom2.html

234 :出土地不明:2010/07/07(水) 08:14:54 ID:4ttZqH57
皇室はD2よ。脱アフリカしてインド洋アンダマン諸島に居た頃は
D*だった。インドシナ半島タイ・カダイだっけ族に成った頃はD1。
カダイの祖先は古代、内陸部へ北上してチベタンの祖に成ったと言われ。
アンダマン島民は、今でもD*を保持。6〜7万年前の脱アフリカ直後の
風体を保ち、政治的に正しくない言葉で言えばチビクロサンボ風。
4万年を経て、D*〜D1〜D3〜D2へと変遷し、その度メラニン色素が
剥離。今上が皇太子時代、スキー場で滑る前にご一緒した人から聞いたの、
何が庶民と違うって日本人離れした肌の黒さだと。ディープな黒さ。
学習院でも、その事でイジメが有ったらしい。今上陛下は先祖返りして
色黒に成られたのね。アメリカのキャンパスには、アジアンの顔を多少
彫り深くした感じで、肌色は黒人と全く替わらない程黒い人達が居る。
私が知ってるのはフィリピーノ。天皇家は、スンダランドから北上して
笠沙の岬に着いた日本列島一番乗りD2よ。あれ、土地の乙女と結婚したのか。
すると2番乗り。じゃあ、一番乗りは、C*かC1(原ポリネシアン)だ。
ポリネシアンは太っちょで馬鹿に背が高いから今の皇太子殿下と雅子妃
みたいなカップルが古代に九州南端で誕生して天皇家のルーツと成りました。
めでたし、めでたし。

235 :出土地不明:2010/07/07(水) 08:34:07 ID:Fac9e2E4
おめー、タイ・カダイのD1って何者か知ってて言ってるのか?
土司土官など貴族層で西方系の血統だぞ。
チワン族の奴隷主は、黒彝族と同根なのに何ボケかましてるんよ!?

ラサには氷河期に人は住んでない。チベタンは北から侵入してきている。
D3はカザフスタンうろうろしていて後の時代に侵入。D2とD3は塩基の違う箇所が多すぎてそんなに近くない。

フィリピーノのD1はほんのわずか。華僑だよ。華僑!
人口統計上少なくともフィリピンの5%は華僑で中国語を話せる。タガログ語ではない。
中国と関わりをもっていない非華僑でも中国ルーツのやつらがいるから、もっと地理や歴史で補間しる!

236 :LUNAMASK:2010/07/07(水) 09:59:30 ID:+BiNyzXz
>>230 >>203
>古代に倭人はおっても、和人は成立しとりませんよ。それに長江人なんか
ほとんど来て無いでしょう。
------------------------
縄文以降の日本人を言う場合、倭はおかしいですね。和も新しすぎますか。
「古代楚文化の起源と発展及びその特色 中国復旦大学中文系教授 徐志嘯」
これによれば、古代楚文化には、もしそれを当時の日本がコピペすれば、弥生
時代が一足飛びに奈良時代に躍進できる:
基本産業生産技術
@青銅器・鉄器製造
A絹織物/刺繍
B木彫り彫刻・竹製品・漆器
C天体の観測制度/天文現象理解
産業セクターシステム
@銅器鋳造技術・鉄器鋳造システム
A農業生産システム
B軍用皮革生産システム
C商業・流通システム
といったものがあり、これが徐福によって楽浪、雄略によって日本に流れたと考え
られます。
----------------------------
>>230 >>219-220
太陽や月の光の精による感生説話は、ウイグルやモンゴル等、内陸アジアに
多いですね。
-----------
これは重要ですね。
>>230 >>226
前方後円墳が日本独自云うのは、問題があるでしょう。
-------------------------------------------------
韓国にももっとはきはきして貰いたいですね。モンゴルにあるという情報もある。

237 :出土地不明:2010/07/07(水) 10:44:47 ID:4ttZqH57
>>235
ノンノン。
チベット高原には3〜4万年前の氷河期から人類が居住した痕跡が
あると中国社会科学院が英文の論文を発表してる。ほら。
http://www.biomedcentral.com/1741-7007/6/45#B7

あとナショナルジオグラフィックが目下進行中のgenographic project
でも、Spencer Wells が世界各地から採集したYとmt.ハプログループの
両者を元に最新の説を発表。それによると縄文人は、スマトラから
北上したフィッシャマンであーるの南方説を明確に支持。縄文人の
脱アフリカ移動経路、見たい?ほら。
https://genographic.nationalgeographic.com/genographic/lan/en/atlas.html

Spencer Wells の最新説は、国際日本文化研究センター、
尾本プロジェクト室の説に符合する。尾本恵一:日本最古の旧石器は、
神津島由来が特定されている不定形剥片礫器であり、これはSahul Land
起源の不定形剥片礫文化(35,000~30,000BP)に属する。読む?ほら。
http://ao.jpn.org/kuroshio/kaijo.htm

アリゾナ大学のMichael F.Hammer は、昔は弥生人朝鮮半島説を主張してたが
今年の講演で転向した。でもネットには未だ古い説しか流れてない。
ともかく彼の転向理由は、八重山群島の住民マジョリティがO2b*とO2b1
なので、やっぱO2b*+O2b1は、長江発と考えられると。弥生人は
インドネシアや日本朝鮮半島へと、南北に遁走したのよ。海岸端住民
だったんだろ。





238 :LUNAMASK:2010/07/07(水) 10:58:38 ID:+BiNyzXz
承前
古代楚文化から来ると考えられるYDNAハプログループ
O3a3-LINE1 3.1% 楚人(漢・苗・土家人)
O2a-M95*   1.9% 越人
N1c1-M178  0.4% セイマトゥルビノ青銅器文化人
N1-LLY22g* 1.2% 原突厥・鉄器文化人
NO-M214*   2.3% 羌/シルクロード商人
上記を考慮した最新最適化 日本歴史民族枠組試案
C1-M8 5.4% 列島旧石器人
----------------------------
D2-P37.1*  3.9% 縄文人
D2a-M116.1 16.6% 縄文人
D2a1-M125* 12.0% 縄文人
D2a1a-P42 2.3% 縄文人
-----------------------------------
O3-M122* 6.6% 弥生早期・突帯文文化人
---------------------------------------
O3a3-LINE1 3.1% 弥生前期・楚人・遠賀川土器人
--------------------------------------
N1c1-M178 0.4% 弥生中期・青銅器文化人
------------------------------------------------
C3-217*   1.9% 弥生後期・匈奴・四隅突出型墳丘墓 投馬国
C3c-M86   1.2% 弥生後期・東胡・前方後方墳 狗奴国
O2b-SRY   7.7% 弥生後期・(飛鳥時代・百済高句麗移民)
O2b1-47z 22.0% 弥生後期・(飛鳥時代・百済高句麗移民)
O2a-M95* 1.9% 弥生後期・越人(羽人)
N1-LLY22g* 1.2% 弥生後期・鉄器文化人
----------------------------------------
NO-M214*   2.3% 古墳応神朝 羌 新羅より
O3a3c-M134 10.4% 古墳応神朝 彝・秦 新羅より
R-M207    0.4% 古墳応神朝 パジリク・スキタイ新羅人
--------------------------------------------
I-P19 0.4% 古墳継体朝・タガール・ヒッタイト・トカラ人
Q-P36 0.4% 古墳継体朝・原ウイグル族・穹窿石室墓

239 :LUNAMASK:2010/07/07(水) 11:10:59 ID:+BiNyzXz
天皇のYDNA
モンゴル皇帝のYDNAはC3、満州皇帝のYDNAはC3c。
即ちCは旧石器時代からの狩人、弓の達人であり、武芸の達人。農民Oとか、
照葉樹採集民Dとは全く違う。日本にはC1-M8 5.4%と言うのが非常に多いが
狩猟民ではなく武家と考えられる。天皇は武門の長であるから当然Cである
が、外人のC3とか、C3cが天皇になるのは取り巻きであるとか、D2等も決して
容認できることではなかったはず。つまり、天皇のYDNAはC1以外には考えにくい。

240 :LUNAMASK:2010/07/07(水) 11:16:01 ID:+BiNyzXz
私は珍獣ハンターのイモトがC1でないかと思っているんだが。

241 :LUNAMASK:2010/07/07(水) 11:24:33 ID:+BiNyzXz
イケメン、韓流などが天皇になれるはずはないので、そうでない人も安心できる。
女は別だがね。

242 :出土地不明:2010/07/07(水) 11:52:27 ID:4ttZqH57
別の中国社会科学院の英文発表だと、以前は仰韶文化の人骨は形態的には
インドネシアや南方苗族に似ていると言ってたが、間違いどした、と。
実は、インドネシアに到達したK*とは別に、北方で、親K*から分離した
Nハプログループどしたって。よって仰韶文化の担い手の主流は、O3に非ず、
O2に非ず、C3に非ず。主流は、N、コレでしたと。
Saamiの居る北欧では、ずっと前から、Nが櫛目紋土器の担い手だったと理解されてる。
すると仰韶文化の後半部と、仰韶文化の少し後に興った興隆窪文化や紅山文化の
メイン土器たる櫛目文土器も"N"の仕業の可能性が有るね。日本の縄文時代、
朝鮮半島では櫛目文土器がメイン。半島はC3じゃなくて、N様の天下だったのよ。
興隆窪や紅山文化から流れて来たN様が朝鮮半島の先住民なのよ。今じゃ
民族的に殆どリプレイスされて超カワイソー。弥生時代の曙に、半島に
O2b*やO2b1がドトーの勢いで雪崩込んだ。N様達は、櫛目文土器を手に
ボートピープルと成って日本へ壷売りに。現代でもXX教会が壷売りに来てるでは
ないか。土器作りってのは、大体女の仕事だからね、N男達は、日本へ来てからも、
妻や娘の上前をハネるピンプだったな。弥生初期土器って、櫛目が付いてる。
日本へ来ても、律儀に遠い祖先のパターンを踏襲して泥にまみれ、汗にまみれて
土器作りをした女達よ、新天地で、ささやかに、したたかに生きて弥生時代に
貢献したハードワーカー達よ。ありがとう。ありがとう。

243 :LUNAMASK:2010/07/07(水) 12:19:22 ID:+BiNyzXz
>>242
櫛目文土器文化圏Comb Ceramin Pottery右上、紫色ゾーン
http://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/1/10/European_Middle_Neolithic.gif
これがN1c1-M178 のウリナラとなる。

244 :LUNAMASK:2010/07/07(水) 12:42:31 ID:+BiNyzXz
上記櫛目文土器文化圏と下記仰韶文化圏
http://upload.wikimedia.org/wikipedia/en/thumb/0/08/Yangshao_only.svg/696px-Yangshao_only.svg.png
が同一民族とすると、この中間にくる、馬の家畜化に関与するr、カザフスタンボタイ文化
も何らかの関係があったことになる。

245 :出土地不明:2010/07/07(水) 12:44:06 ID:TcmCRXV+
>>239
>天皇は武門の長であるから当然Cである

劉邦や朱元璋は農民出身です。
元朝(モンゴル)が中国大陸を支配したのは、1271〜1368とかなり短い期間。
騎馬民族が農民よりも強くて、長い間王朝を維持できる、
という決まりはどこにもありません。

246 :出土地不明:2010/07/07(水) 12:51:57 ID:/6rk0pNu
>>242
N系って奴隷社会関連でタブー視されていたのに.......
中国もゲロしはじめたんかい?

247 :出土地不明:2010/07/07(水) 13:07:45 ID:TcmCRXV+
>>242
Nは、日本でも朝鮮でも超少数派でしょう。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%97%A5%E6%9C%AC%E4%BA%BA

248 :LUNAMASK:2010/07/07(水) 13:30:14 ID:+BiNyzXz
>>245
農民王朝は短命ですね。いまだに胡錦濤なんて名前が横行している(w

249 :LUNAMASK:2010/07/07(水) 13:39:00 ID:+BiNyzXz
>>247
N1c青銅器、N1鉄器・・・金属産業の規模拡大と共に古代の職人芸の相対的
地位低下がすすむ。ついこの間まで村の鍛冶屋は英雄でした。

250 :出土地不明:2010/07/07(水) 14:48:18 ID:434+Rdi9
ホホデミの天孫降臨の地は日向で九州北部どころか九州中部ですらなく
鹿児島県の北側の地で九州南部そのもの。ニギハヤヒの降臨地は河内で和歌山県であり
太平洋側。
なぜ奴国のあった九州北部や日本海側(例えば出雲のある島根県とか)では無いのか?
どうして北方ではなく南方が降臨地なのか?
明白に答えられる説が無い。

251 :LUNAMASK:2010/07/07(水) 14:52:26 ID:+BiNyzXz
>>245
天皇は縄文につながる可能性もあります。
縄文後期初頭「大陸からの焼畑伝播にともなう異文化に対して,縄文側が精神的
紐帯を引き締めるために抵抗したため」東日本の土偶・石棒が西日本に伝播・・・
甲元氏
http://www.rekihaku.ac.jp/kenkyuu/kenkyuusya/fujio/seigyo/jomon.html
つまり、縄文文化防衛意識が存在したということ。こうした集団の連帯感を維持する
指導者的存在として狩猟文化/その延長線上で黒曜石・翡翠権益防衛者というものが
存在したと考えられます。諏訪大社も出雲族以前にはこうした黒曜石利権者の神、
黒姫、を祀る集団、そのリーダーと言うものがあったはずで神渟名川耳尊には姫川
方面の地名に通じるものがあります。

252 :出土地不明:2010/07/07(水) 14:55:11 ID:434+Rdi9
騎馬民族が列島を本島に支配したと言うのなら日本書紀や古事記・風土記にそれらしき物が書かれるはず。
漢書・後漢書・魏志・晋書・宋書・斉書・遼書・陳書・隋書といった中国の書物にもどこそこの勢力が倭国を支配下に置いたと
言う記述は一切見えない。朝鮮の歴史書の三国史記にも倭が半島に攻め込んできた記述しかない。

そして、日本で発見された遺物も支配された兆候が見えない。騎馬民族の確かに文化は入ってきた。しかし文化が入ってきただけで支配されたわけではない。
騎馬民族は来たかもしれない。しかし、来たのは騎馬軍団ではなく馬を倭国に売るためにやって来た商人たちであろう。
彼らが日本に騎馬文化と馬を持ち込んで日本でその有用性が認識されて喜んで買い付けて文化を取り入れたというのが真相だろうね。

253 :出土地不明:2010/07/07(水) 15:01:45 ID:eqefZetI
上げ


254 :出土地不明:2010/07/07(水) 15:07:50 ID:HXHoQoaw
>>250
高天の原(邪馬台国)が九州北・中部だからだよ。
余りも自明で誰も議論する必要を感じていないんだが・・・

255 :出土地不明:2010/07/07(水) 15:11:30 ID:434+Rdi9
>>254
自分は高天の原(邪馬台国)は畿内にあったと思っているので九州北・中部に
あったのは大きい奴国こと狗奴国だったと思っています。

256 :出土地不明:2010/07/07(水) 15:13:30 ID:434+Rdi9
神武東征は畿内にあった邪馬台国制圧戦がモデルだったと思います。
神武天皇=祟神天皇でしょうけどね。

257 :出土地不明:2010/07/07(水) 16:01:09 ID:HXHoQoaw
>>255
馬鹿馬鹿しい、チャンと魏志倭人伝を読め。

258 :出土地不明:2010/07/07(水) 16:19:09 ID:Bt6K2ZVa
>>252 第一、ウマという単語はシナ語なので連れてきたか買い取った先方もシナからだろうしな。

 騎馬民族から入ったのならマルかモリンになったはずだ。

259 :LUNAMASK:2010/07/07(水) 16:23:18 ID:+BiNyzXz
>>243 ウリナラなんていうと韓国と関係があるかの誤解を生みかねないので訂正して
おく。この櫛目文土器文化圏Comb Ceramin Potteryは中近東後期青銅器文化に
先駆けてアルタイから針葉樹林・ステップ境界を西進するサムシ(針葉樹林帯)、
セイマトゥルビノ(草原)青銅器文化と合致する。この民族は青銅器以前からも
アルタイと北欧の間を行き来していたようだが、その青銅器は、当時State of Artな
技術であり、東洋の青銅器文化にも影響を与えた。この地域に存在するのが
上賀茂・下賀茂の鴨伝説であり、銅鐸時代の奈良盆地に入ったのはこれで、
アカガネノヤソタケルとされるものも同じと考えられる。

260 :出土地不明:2010/07/07(水) 16:37:13 ID:434+Rdi9
>>257
魏志倭人伝は方向の間違いだ。距離的に考えてそのままの記述で行くと海に出てしまう。畿内に
あるとすると距離的にはシックリ来る。
邪馬台国は畿内説の方が今は主流である。

261 :LUNAMASK:2010/07/07(水) 16:38:36 ID:+BiNyzXz
承前
セイマトゥルビノ文化よりやや早くハカス地方にオクネフ文化と言うモンゴロイド族
の文化があったが、太陽・月・惑星の軌道周期を数値化し、それを点に変換し、
画像を描いている。描かれたのは「時」を意味する小アジアの女神マグナ・マーテル
であった。これは世界最高の軍事暗号解読技術で解読された。その結果この文化が
のちに拝火教の一派となる教義に近い宗教を持っていたことが確認されている。
海部氏のホアカリはこれに関係する可能性がある。

262 :出土地不明:2010/07/07(水) 16:40:54 ID:BpNto2qZ

491 名前: プリステラ(神奈川県) :2010/07/05(月) 16:38:26.15 ID:5j/yBt+t
職業別顔面比較←改良版!!
女優、アイドル、モデル、女子アナ、AKB48、一般人女性、声優、ルックストップレベルAV女優
http://bbs3.ryne.jp/arasi/d.php/736556/11
「これほど醜い日本人女性」
顔、化粧                 ←改良版!!
http://bbs3.ryne.jp/arasi/d.php/736556/12
スタイルの違い             ←改良版!!
http://bbs3.ryne.jp/arasi/d.php/736556/10
160ヶ国美女一覧           ←New!!
http://bbs3.ryne.jp/arasi/d.php/736556/6
http://bbs3.ryne.jp/arasi/d.php/736556/7
http://bbs3.ryne.jp/arasi/d.php/736556/8

・衛星テレビ使用者アメリカ人男性1000人に聞いた美しい女性が多い国ランキング100
1位 ベラルーシ (東スラブ人) 2位 ウクライナ (東スラブ人) 3位 ロシア (東スラブ人)
9位 インド           36位 中国
80位 大韓民国

99位 日本 ←100位中99位

日本男性と外国女性のカップル 35993組 国際結婚数 28526組
日本女性と外国男性のカップル  8708組  国際結婚数   7937組 離婚率82.3%(全て世界ダントツ最低)
http://www.mhlw.go.jp/toukei/saikin/hw/jinkou/suii06/marr2.html
http://www.mhlw.go.jp/index.html


263 :LUNAMASK:2010/07/07(水) 16:43:24 ID:+BiNyzXz
界最高の軍事暗号解読技術とは少々言い過ぎたがそれほど高いレベル
じゃなかろうかということ(w

264 :出土地不明:2010/07/07(水) 16:43:42 ID:434+Rdi9
九州には邪馬台国に相当するような強大な遺跡は存在しない。纏向遺跡こそが邪馬台国にふさわしい大きさだ。
九州に居た神武天皇こと祟神天皇が邪馬台国に攻め入って先遣隊として現地に溶け込んでいたニギハヤヒと邪馬台国の末裔ナガスネヒコの妹の
子が物部氏。ここでナガスネヒコが敗れた後に平和裏に統一がなされ物部氏は邪馬台国の末裔の血を引く
由緒正しき家系として大和建国に携わった。
仏教に反対していたのも先祖筋に当たる卑弥呼らに義理立てしたからとも考えられる。

265 :LUNAMASK:2010/07/07(水) 18:21:42 ID:+BiNyzXz
>>259
[サヤン・アルタイチュルク語民族固有宗教神話]
宇宙論的神話として、宇宙は天、地、地底世界(又、太陽と月がうっすらと照らし、自体
の天を持ったり、持たなかったり、海、川、地底世界のある特別な異界に言及するん
ぽのもある)天は穹窿で地を覆い、常に地の縁と接している。地底世界への入り口は
西方にある。その枝に人間・動物の胎児が乗っている世界樹が三界を結ぶ。あるいは
山頂が天に届く山が天を支えているとする。
-----------------------------------------------------------------
原初には巨大な水面があり、二羽の鴨が泳いでいた。一羽が水泥で大地を作る決意を
する。二羽目が水底の潜り、くちばしに水泥を咥えて浮上する。最初の一羽がそれを
水面に撒くことをはじめ、ついには大地が誕生する。二羽目が陸上に上がり、そこに石
を撒き始め、このために山ができた。シャーマン神話では一番目の鴨を天界の王
ウルゲンとし、二番目の鴨を地底の王イェルリクとする。彼らを兄弟とする神話もある。
--------------------------------------------------------------------------
上記の第二の鴨、上鴨から来る。日本の葛城の高・尾張の高とか、高地性集落、
高良大社等がこれである。

266 :出土地不明:2010/07/07(水) 19:11:41 ID:XraaC01Q
>>237
Daoroong KangwanpongもYAP+ 北→南説ではないのか?
http://hpgl.stanford.edu/publications/HG_2000_v107_p582.pdf

267 :出土地不明:2010/07/07(水) 19:12:50 ID:gLQK4O64
創価自民日本壊滅テロ組織の悪行を知って下さい。

永らくの自公連立政権で法律を改悪し、宗教無課税を悪用、
同和在日特権で陰で国から金を吸い上げまくり、金持ち日本を極貧日本に陥れた巨大な寄生虫。

たった一年足らずの民主政権の揚げ足取りは凄まじい。
テレビ雑誌ネット噂話あらゆる情報網に創価自民会員を配置して権力をダシして敵対者のケアレスミスを徹底的にあげつらって騒ぎ
自分達の犯している数え切れない凶悪犯罪は闇へと葬るか敵対者に罪を着せる。

外国人参政権は隠れ創価自民の小沢の民主破壊案。

口蹄疫は創価自民のバイオテロ。多額の保証金を国から奪い国債を激減し消費税upを工作。

民主政権支持率を激減させる計画。騙されないで下さい。

268 :ドレミ ◆YeeMODUSQg :2010/07/07(水) 21:00:09 ID:PaXyWiTg
>>235
広西の黄氏が陝西・河南の出自なんて、偽系図かもしれませんね。
黄氏は軒轅の丘から来たとはいってますが、本当なのかしらん!?

>>237
そんな古い時代のは、カロ遺跡みたいに、出土物がWeb上に展示されてたっけ?

269 :白馬青牛 ◆8mr41B7alChB :2010/07/07(水) 23:15:48 ID:N4M2A6T9
>>233
あんたが挙げた写真を見ても、面長な高顔で満州族顔じゃないか。
どこに低顔タイプの縄文顔があるんかねぇ。ほいから満州族は
日本人より概ね目も大きいよ。椿宏治氏の引用を前にも挙げたが、再び。
http://books.google.co.jp/books?id=szGT-dJcJRsC&pg=PA141&lpg=R#v=onepage&q&f=false
「公家と満州族はほとんど重なる」云うことじゃ。

270 :白馬青牛 ◆8mr41B7alChB :2010/07/07(水) 23:22:37 ID:N4M2A6T9
>>236
倭人が日本人を指すようになったんも、中世以降ですね。長江文化の
コピーだけでは、奈良時代には到達しませんよ。世界的北方民族化の
洗礼を受けにゃあ無理ですよ。前方後円墳は高句麗でしょうけど、
蒙古方面からの文化、民族影響でしょう。
http://www.d4.dion.ne.jp/~arai-n/test273.htm
http://www.d4.dion.ne.jp/~arai-n/pic1196.htm

271 :白馬青牛 ◆8mr41B7alChB :2010/07/07(水) 23:35:38 ID:N4M2A6T9
>>239
過去スレでも云うたよう、天皇家の父系は、昭和天皇以前に遡れんのが
実情で、貴族社会は不倫が多かったゆえ、貴族社会の集団として考察する
以外無いけどね。しかも前にも篠田氏の対談の引用で云うたよう、10代前の
DNAが現代に継続されとるかどうかも解らんのに。
>>268
まあ系図なんか権威付けするための偽装ですからね。被差別民出身の
徳川氏が賀茂氏、藤原氏、源氏と父系を御都合主義で変えたんと一緒
ですね。

272 :出土地不明:2010/07/08(木) 02:05:18 ID:m1gzgcnT
弥生人は江南から来た
縄文人は南米から来た
それ以前の日本人はアフリカから来た

ちなみに天孫は縄文人の事
これが正解

273 :出土地不明:2010/07/08(木) 02:29:24 ID:I0lwOwJ0
弥生人も縄文人いないよ。居るのは99%の大和民族とその他の少数民族。
その大和民族とやらは、朝鮮半島方向から来た。

消防署じゃないぞ。wそんな冗談アメリカ様には通用せん。

274 :出土地不明:2010/07/08(木) 03:19:24 ID:nmWz5Xpd
>>258
御意。神功皇后に相当するアマゾネスが軍団を率いて半島へ侵入、
とは言え、彼女は大和朝廷インベーダーの武運を祈る為、戦線フロントに
配置された巫女だったのだろう。時代は下るが、琉球王朝が薩摩軍団と邂逅した時、
琉球軍の戦線フロントに配置されていたのは、地元軍の勝利を祈るユタ達だった。
彼女らは、薩摩軍によってバッタバッタと倒され、真っ先に失命した。哀れ、
古代の白ゆり部隊の女達よ。
朝鮮半島へ侵攻した神功アマゾネスの方は、地元に倭人スパイの協力でも
有ったのか、沖縄ユタより、はるかに幸運だった。兄弟O2b1達の失地回復ならん!
と心から信じて先頭に立っていた事だろう。アマゾネスの戦功は、新羅の馬と
馬飼いを日本列島へ強制連行した事。日本語の「うま」の起源は、中国語の
マーの転音、「んま」で有る。新羅秦人が、馬飼いとして日本へ引っ張って
こられたからこそ、日本語の馬は、マルでなく、モリンでなく、中国語の
「マー」から、「んまぁ」?「うま」に成った。

275 :出土地不明:2010/07/08(木) 07:48:57 ID:JHy4pu0G
>>269
その写真、クリックすると大きくなりますよ。
そうすると顔の細部がはっきり見えますが。
男性は小錦の親戚みたいな人もいますねぇ。

276 :出土地不明:2010/07/08(木) 07:57:13 ID:7K2mO8A/
ttp://yushodo.co.jp/pinus/61/meijiphoto/photom2.html

有栖川熾仁親王の写真をクリックして拡大すると、明らかに縄文的ですよね。
あるいはポリネシア人みたいですよ。

>>271
>篠田氏の対談の引用で云うたよう、10代前の
DNAが現代に継続されとるかどうかも解らんのに。

だから遺伝子の話なんて、くどくどしても意味が無いんですよ。
昔の皇族なんて、身分の低い女性に手を出したり、政略結婚したり色々やってるんだから。

277 :出土地不明:2010/07/08(木) 09:21:18 ID:5tHXWCRM
南米から来たんじゃなく縄文人が南米に渡ったんだろ?


278 :出土地不明:2010/07/08(木) 12:12:51 ID:nMStFefW
>>271
貴族社会は不倫が多かったって(笑笑笑)
お前は庶民の方が性的に自由だったって事すら知らないのか。
野良でセックスするのは庶民、貴族の女子は厳重に見張られていたんだよ。

279 :出土地不明:2010/07/08(木) 12:32:00 ID:6QV1jXWT
ナガスネヒコの妹のトミヤスビメは台与の可能性がある。そして、ナガスネヒコとナガスネヒコの兄は
卑弥呼の弟の子孫である可能性もある。
ニギハヤヒとトミヤスビメの子ウマシマジノミコトが物部氏の始祖。

神武東征とは祟神天皇による邪馬台国征討戦であったかもしれない。
ナガスネヒコと兄は討たれたが、その一族は物部氏ともに大和建国に携わった。
大和は邪馬台国を吸収合併して造られた国であろう。
アマテラスが卑弥呼だとしたら九州の神武天皇こと祟神天皇とニギハヤヒは同族と言う事になる。
そして、何らかの理由で九州へ渡っていたが世代を超えて帰ってきたのだろう。
血統としては神武=祟神の方がニギハヤヒより格が上だったので国を譲ることに成ったと。

280 :出土地不明:2010/07/08(木) 14:03:56 ID:nmWz5Xpd
後漢書高句麗伝:
その習俗は淫。日が暮れると男女が集る。(その後どーしたの?)
自給自足できず節食している。何時も腹を空かせてた割りに、
その道はサカンだったのね。

281 :出土地不明:2010/07/08(木) 14:33:29 ID:9M8BvAgo
魏志倭人伝:
その風俗は淫らならず。
その俗、国の大人は皆四、五婦、下戸もあるいは二、三婦。
婦人淫せず、妬忌せず、盗窃せず、諍訟少なし。

282 :出土地不明:2010/07/08(木) 14:56:00 ID:nmWz5Xpd
高句麗人も倭人も、男の性欲に大差は無かったとオモ。
何が高句麗人と倭人の習俗を分けたかと言うと、生産力の差だろーな。
若い頃に貰った嫁が役立たずのババに成ってもカコい続けて
タダメシを食べさせるだけの余剰生産力が男に有ったか否か。
倭人は100歳(笑)まで生きてたそーだから、女は110歳か(笑。
倭人の男は大変だったなー。

283 :出土地不明:2010/07/08(木) 18:50:39 ID:LE0F2zi2
まだやってるのかここ。

オッテンブルグの研究によれば、日本人は中国南部の湖南型に属すると
研究結果が出てるんだが。

284 :出土地不明:2010/07/08(木) 19:12:59 ID:MSGQHBUB
>>271
自分とこはどうなん?関東武士の係累ではそういうこと無かったん

285 :出土地不明:2010/07/08(木) 21:58:09 ID:ijrLX2WZ
日本人は東アジア人とアイヌの混血でしょ。
アイヌがどういう人種か分かれば日本人もわかりそう。

286 :出土地不明:2010/07/08(木) 22:34:45 ID:9KBwGe+J
>>233
男系と女系で顔の造形が違うのな
男系は明らかにポリネシア、インド系
対して女系は北方アジア特有の新モンゴロイドの特徴が見て取れる
なぜこうもはっきりと違うのだろう
科学的にも証明できそうだ

287 :出土地不明:2010/07/08(木) 22:43:09 ID:6QV1jXWT
>>279
卑弥呼がアマテラスだとすると卑弥呼の弟はスサノオかツクヨミ。スサノオはDQN過ぎるのが
ちょっと。しかし、戦争には強い。ナガスネヒコとその兄はもっと傍系かもしれない。
九州の狗奴国を征討する為に邪馬台国から攻めて行ったのかも知れない。
狗奴国を滅ぼした後もしばらく九州に滞在していたがニギハヤヒが先に邪馬台国に帰って独立してしまったので
それを討つ為に祟神天皇が東征したとも考えられる。


288 :出土地不明:2010/07/08(木) 23:05:25 ID:MmFQ1wjq
>>286
当時は浮世絵や竹久夢二の美人画みたいな、色白で細面の美人が流行ったんでしょう。
色黒でポリネシア顔の女性もいたにはいたと思うけど、そういう人は写真写りも考えて、
お妃候補にはならなかったんでしょうね。
写真の無い時代には、色黒ポリネシア顔のお妃もいたはずです。
でないと、一度にあれだけ、色黒・彫深・癖毛の男性皇族が出現しません。

289 :現場人:2010/07/08(木) 23:14:24 ID:ryt9VuUr
ユーラシア大陸と東南アジアから

290 :白馬青牛 ◆8mr41B7alChB :2010/07/08(木) 23:22:50 ID:8Flhhqc7
>>258-274
神功神話を歴史と混同させる馬鹿がおるたぁのう。ほいから、モンゴル系
土族じゃあ、馬はマル、女真語じゃあマじゃろう。中国語と同じm音で、
何で中国語の輸入と断言出来るんか?日本でも馬や船に「○○丸」と、
名を付けたりするんも、馬のm音から来た可能性が強いのう。
>>276
高顔のどこが、縄文じゃあポリネシアンじゃあ、妄想自在じゃのう。
>>278
このスレの新入りか?わしが前にも云うたろうに。
941 :白馬青牛 ◆cjIySZ2iYw :2010/03/10(水) 23:35:06
>>939
貴族女性の浮気文化云うたら、『とはずがたり』に典型に出とるねえ。
http://ime.nu/app.m-cocolog.jp/t/typecast/607178/53596/56425290
http://ime.nu/app.m-cocolog.jp/t/typecast/607178/53596/56515335
前半の愛欲の日々が、解り易う出とるブログ。真ん中と下は、古代史から
中世、近代や世界史まで独自の視点で書いておられる明夜航記さん。
下の『とはずがたり』Aの◆二条の明かす宮中の「秘」 に、
「実兼といい、院といい、いかにも手口が鮮やかで、貴族や宮家でこうした
出生偽装が横行していた実態が伺えます。そうとするなら、歴史のオモテに
出ている「系図」は、どうもなかなか怪しいものです…。」
西園寺実兼の西園寺家は、近代になっても…。
http://ime.nu/amesei.exblog.jp/5972644/
>>703の続きみたいなもんじゃけど。つまり、父系の継続はどこかで断絶
しとる。同一階層グループが交わり、他の庶民等の血を時に混ぜ継続
されよる形態。

291 :白馬青牛 ◆8mr41B7alChB :2010/07/08(木) 23:32:40 ID:8Flhhqc7
>>278
続き。厳重に誰が見張っとったん?
703 :白馬青牛 ◆B3h9hvY9bA :2010/01/26(火) 22:25:08
>>698
血よりも家と云うんは、父系が継続される確率が低い云うこと。
http://ime.nu/hori109.blog.ocn.ne.jp/blog/2008/02/3_be8e.html
http://ime.nu/hori109.blog.ocn.ne.jp/blog/2008/02/5226_813a.html
笠原和夫氏へのインタビューの「昭和の劇」からじゃが、
上の方は海軍出身の笠原氏の大西瀧治郎氏と昭和天皇に対する見識
から、下の方の「ニ・二六事件というのは壬申の乱だったと。」
詳細を読んで個々に判断を任すけど、東久邇宮氏も昭和天皇の
戦争責任に言及されとるけぇ根は深いもんじゃ。
山県有朋氏じゃのうても、権力構造の渦中におる人物なら父系の
継続より、男系は誰でも良いが権威の象徴のお家を継続する
ことの方が大切なわけじゃ。「とはずがたり」のように貴族階級の
女性は男性遍歴が激しいわけじゃし、父系を辿るんは不可能。
日本書紀の崇峻天皇の妃、河上姫と男女の密通関係にあった渡来系の
東漢直駒の例など、現代で云う不倫なんか世界中の王家、貴族の
間では日常茶飯事じゃし、普遍的なもので、一般人でも父系の継続
なんか、どっかで妻となった女性が夫の嫌悪から復讐で、
あるいは密通が好きな性質で他の種を身ごもって生まれた子が
家を継いどる可能性から途切れておる高いじゃろう。じゃけぇ
先祖探しなんか、父系を辿るだけでは無意味で母系婚姻関係から、
どの系統の血が濃く入っておるか調べんと無意味じゃのう。
じゃけぇ父系家系を辿るんはフィクションになるんよ。
まさか先祖代々嫁に来た女性は品行方正貞淑じゃったなど、
希望的観測のフィクションから先祖は○○で云うたら、失笑を
買うんが落ちじゃ。
>>280-281
945 :白馬青牛 ◆cjIySZ2iYw :2010/03/11(木) 00:33:01
>>943-944
藤原一族は、実質の権力者じゃったけんね。自己の権力基盤の為
なら、いや、もっと軽い理由であっても、皇子すり替えはするん
じゃないかね。じゃけど権力者となった蘇我氏から怪しいもん
じゃけど。
編纂者の男系幻想もあると思うよ。須勢理毘売が浮気したかも
知れんし。じゃけど、古の満州の扶余なんか、密通に厳しい社会
(これも、妻側の確認は不可能として)と記されとるよ。
扶余の南下した同族の高句麗は大国を造ったゆえか、淫らと記され
とるね。道徳概念が先か、男系幻想が先かは難しい問題じゃけど。
それと、古事記より日本書記の方が貞操にゆるい記述じゃけぇ、
編纂者の違いか、その土地柄の習俗かの問題もあるね。
貞操概念自体も地域の土地柄で違うけん、出雲式貞操概念が
古くからあったんじゃないかね。

292 :白馬青牛 ◆8mr41B7alChB :2010/07/08(木) 23:56:51 ID:8Flhhqc7
>>284
わしの家系も関東武士系の濃いい云うんは地頭受領と婚姻関係からよ。
少なくとも家同士の結婚で、女性が不倫して他の種を身ごもったにしても、
子はと母から生まれるわけじゃけぇ、母系は系統を受け継いでおる可能性が
強いわけじゃ。その母の母もと、仮に父系が完全で無いとしても、母の父や
父の母と多面的に調べて確率上の問題になるだけよ。家同士の結婚は、
サンプリング・エラーを少のうする為、みたいなもんじゃろう。
ほいじゃが、不倫社会の父系に確信が無い、世界の王侯貴族が父系に
拘るんは、やましい言い訳の為系図が必要なんじゃろうて。

293 :出土地不明:2010/07/09(金) 01:10:40 ID:x82/fMNP
>>290
キバ民族のウリ男が、古墳時代のインベーダー、イルボン巫女に犯されて
嬉しくて筆が止まらない!まで読んだ。

294 :出土地不明:2010/07/09(金) 02:23:25 ID:L+W5gzqr
>>290 ほいから、モンゴル系土族じゃあ、馬はマル、女真語じゃあマじゃろう。

・・・それならウマだけがモンゴル、女真語というのはおかしい。他の騎馬用語も入っているはずだからそれを例示してくれ。

 手綱、あぶみ、クツワ、クラなどは和語で、モンゴル語や女真語ではないが。


295 :出土地不明:2010/07/09(金) 02:36:26 ID:SLgU43Lt

★【世界ブサイク度調査で日本人が堂々1位】
米調査会社のマルコ・インサイト・データ社は、世界各国のインターネット利用者等を対象
に、各国の民族の顔に関する意識調査の結果を発表した。調査では、顔の不細工度部
門で過半数のユーザーたちが日本人を挙げていた。「目が細い」(45%)、「全体的にのっぺ
らとしている」(31%)、「歯並びが悪い」(13%)等が理由として挙げられており、また髪の毛の
色に関しても「なぜあんな茶色や黄色に染めるんだ?顔に似合わないからすぐにでもや
めてもらいたい」といった意見が付け加えられたりされていた。この調査の担当者である
イアン・サイモン氏は「これは決して日本人を差別するようなものでないことをご理解いた
だきたい。ただ調査したらこういう結果になってしまったんだ。

296 :出土地不明:2010/07/09(金) 03:53:05 ID:ewzYpfn5
>>290
>>294
日本語の「馬」は、昔の中国語からです。
関西の爺さん婆さんは、「んま」って言いますね。「んまが走る」。


297 :出土地不明:2010/07/09(金) 08:06:46 ID:BtYvLg/y
黒歯国や裸黒はアメリカ大陸の事だとおもう
船旅で1年掛かると言うとここぐらいしかない
縄文の倭人は南米と交流していた!

298 :出土地不明:2010/07/09(金) 09:58:34 ID:7SJcGUOH
日本の将棋と中国の将棋のシャンチー(象棋)の駒でそれぞれ桂馬と馬があって動きが非常に良く似ているんだが。

将棋の桂馬=kei-ma
シャンチーの馬=ma

コレ見ても分かるがモロに漢語だ。女真だのモンゴルだのは金や元を建国した時に漢化してしまって
逆に漢語を受け入れたんだがね。女真がマと呼ぶなら漢語から取ったのでしょう。

どうも半島を含むツングース絶対主義で漢人アレルギーかなんかで漢系の物を頭から否定しているのも
いかがな物かと。

299 :出土地不明:2010/07/09(金) 10:03:32 ID:7SJcGUOH
マヤ文明の前身である南米オルメカ文明から出土した石造はそれぞれ黒人・白人・黄色人・インディオの
特徴を捉えている。い石造以外の絵でも特徴がとらえられている。
またマヤの神話に黒い人、白い人、黄色い人、赤い人の四種類の人間が居ると記されている。
縄文土器が出たとか甲骨文字が出たとか色々ある。またアフリカの黒人やヨーロッパの白人の痕跡もかなりある。
そして、現地インディオ自らをかたどった遺物も同時期に存在していて明白に区別が付く。

300 :出土地不明:2010/07/09(金) 10:13:44 ID:7SJcGUOH
自分は南方絶対主義ではない、半島含む北方ルートから文化が来た事は否定しない。
しかし、北方ルート支持派は南方系を完全に否定しているね。
どうして全てが半島経由の文化であると考えるのか?
南方ルート支持派で南方絶対主義の人なんて多分居ないのに対してね。

なぜ半島に逆に列島からも文化が伝わったと考えられない?どうして目と鼻の先の中国南部と
交易していないと考えられる?それは倭人が半島経由で文化を伝えられるまで野蛮で未開で半島や大陸に
行くような技術が無かったからと頭から決め込んでいるからではないかな。
倭人は言われているような野蛮で未開な原始人ではない。半島にも長江周辺にも自力で航海できる能力があったのだ。

301 :出土地不明:2010/07/09(金) 10:25:58 ID:bRE9GRlf
なんか朝鮮人がコテハンつけて暴れてるようだが。

302 :出土地不明:2010/07/09(金) 21:01:52 ID:7qfIqZy9
>>300
>北方ルート支持派は南方系を完全に否定しているね。

正直、精神科での治療を有するレベルだと思いますね。
或いは、完全な「政治プロパガンダ」です。

大陸から直接、半島経由、沖縄経由、シベリア経由、、先祖の渡来ルートは、
様々あってしかるべきでしょう。
私は全く考古学は素人なんだけど、今日本全国で、こうした硬直化した状況が
見られる事は、絶対に良くないと思っています。(政治屋の“小沢何某”も含めて。)
今後、研究者や博物館に対して地道に働きかけて行く所存です。(まじで)

303 :出土地不明:2010/07/09(金) 23:20:29 ID:BtYvLg/y
倭人は長江周辺や東南アジアどころか
シベリアや南米まで航海する能力があったと思われる

304 :白馬青牛 ◆8mr41B7alChB :2010/07/09(金) 23:43:17 ID:J4zE9Fr9
>>294-296及び>>298
馬具は、西方車馬文化流入の漢人の方が早いじゃろう。北方民族はスキタイ
騎馬文化が流入するまで徒歩じゃったし。じゃが馬飼育が北方牧畜民より
漢族の方が早い云う根拠も無い。しかも女真や蒙古が建国期の中世に
漢語のm音を採り入れた云う根拠があるまあ。
>>300-302
黒潮、東シナ海は漂流ルートで、目的地の陸地が見えんけぇ、民族移動は
無理じゃ。日本列島への航海ルートから半島経由か、樺太経由しか無いよ。
文化は交流じゃけぇ、列島から半島へは翡翠の勾玉なんかもあるが、
勾玉自体は、縄文期、東部蒙古、満州の先紅山文化に起源があるけぇ、
列島からの文化発信は、乏しいね。ほいから、上代日本は航海技術でも、
大陸や半島に追いつかんかったんが歴史の現実じゃけんのう。
政治プロパガンダは、あんたら江南朱子学派じゃろうに。
政治屋の小沢氏が嫌いらしいのう。わしゃあ、マスコミが扇動して正義の
味方イメージ付けられた検察対小沢氏なら、小沢氏の方を支持するね。

305 :白馬青牛 ◆8mr41B7alChB :2010/07/09(金) 23:56:38 ID:J4zE9Fr9
>>302
>>304の関連事項なら、他板にも書いたのう。
822 :白馬青牛 ◆cjIySZ2iYw :2010/05/19(水) 23:56:51
>>820
妄想概念が好きなネット右翼が司馬氏の駄作坂の上の雲たぁ笑える。
まあ、偉人談義云うたぁ郷土著名人じゃろう。
岡山県人なんか、山口県人に劣らず思想気違いを出しとるのう。
http://ime.nu/ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B9%B3%E6%B2%BC%E9%A8%8F%E4%B8%80%E9%83%8E
http://ime.nu/d.hatena.ne.jp/kojitaken/20100121/1264081714
広島人の加藤氏はまともじゃったのう。
http://ime.nu/ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8A%A0%E8%97%A4%E5%8F%8B%E4%B8%89%E9%83%8E
http://ime.nu/www.c20.jp/p/ktomosab.html
823 :白馬青牛 ◆cjIySZ2iYw :2010/05/20(木) 00:43:29
>>820
>>822でウイキやブログを挙げたが、あんた山口人なら、山口人に
対立した岡山県人の平沼騏一郎氏をどう思うとるんか、見解を
聞きたいもんじゃ。漢学朱子学攘夷国粋主義者で、大政翼賛会で
民主主義をストップさせた国粋主義思想中毒者について
どう思うとるんなら?検察が政治権力を左右する前例をつくり、
軍事独裁にして、法を弄ぶ「観念右翼」の攘夷思想者よ。
それに対し広島人の加藤氏は、経済的にも対米強硬は無理じゃと
現実的に観ておられる。日露戦争は英米の資金で勝利を得たもので、
日本人だけの手柄じゃ無いし、英米の代理としてロシアと戦闘した
ものを、後に日本の実力でロシアを倒したと勘違いする妄想者に
対する勧告でもあったんじゃが。加藤氏は義理も人情もあり、
山口県人や岡山県人の頭デッカチの中華思想朱子学攘夷思想の
文明人と違い、広島県人らしゅう野蛮人じゃ。

ほいから検察ファッショについては、ここも参考にしたらどうか。
http://fujiwaraha01.web.fc2.com/fujiwara/article/zaikai100601.html

306 :出土地不明:2010/07/10(土) 02:34:14 ID:y/+mYlTl
>>304
民族移動って・・・
移民が大規模に行なわれたと思っているのか?
せいぜい家族単位で十分だよ。

307 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2010/07/10(土) 06:24:50 ID:OPO1skqe
>>304
>マスコミが扇動して正義の
味方イメージ付けられた検察対小沢氏なら、小沢氏の方を支持するね。

「“半島南部”の騎馬民族が渡来して奈良に政権をつくった」という説を、
小沢が韓国講演で述べた事も知らないのか。
もちろんリップサービスで。

>>306

篠田謙一氏なども、多様なルーツを指摘しているのに。
それを軽く指摘するだけでも「江南朱子学派」になってしまうとは。

308 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2010/07/10(土) 06:53:58 ID:OPO1skqe
>>304
>>305
こういう書き込みを見ると、多くの人が考古学を「政治」に利用していると感じます。
腹の真底からもの凄い怒りを感じる。

小沢氏が、民団と韓国人へのリップサービスで「“半島南部”の騎馬民族説」を「真実」
としてぶちかました。
これ以上、学問の政治利用は、もう許したくないですね。

309 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2010/07/10(土) 08:18:26 ID:vuZjJQCr
>>308 小沢は自分が朝鮮起源だから、ヤマト政権朝鮮起源説を支持しているんだろう。

 リップサービスというより本当に信じているんではないか。

 騎馬民族征服説を宣伝しているのもマスコミの朝鮮人だしな。

310 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2010/07/10(土) 08:42:16 ID:jcgxvJRv
李氏朝鮮人の貴族ってネコ車に乗ってる。あれが騎馬民族ってPgr!
Isabella Bird の旅行記でも、Koreanは馬に乗る事を知らないと書かれてる。
家畜の使役に一片の思いやりもなく、馬夫は、死にそうに成ったヤセ馬を
狂った様に叩きまくって、叩き疲れて道端に座り込んでいるとも。牛の
殺し方も、わざわざ苦しみを長らえさせる様な残酷な方法で殺す。
住居、街頭、極めて不潔なので外国人は(ミッショナリー)は、
日本人街へ行って、日本人から買い物をするとも。本の印象では、
コリアンは騎馬民族の末裔じゃなく、略奪狩猟民族のソレだったわ。

311 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2010/07/10(土) 10:51:54 ID:y0MRNGGx
>>308
根は深いですよ。
彼らにとって、歴史とは学問ではなく「政治」です。
たどり着くべき真実ではなく、手段にすぎない。
古代の文書ですら嘘で汚されている。
けれど、そう分かって見直せば、解き明かせることも多い。

韓国人ではないですよ、もし韓国人がやるなら
日本に文化を伝えたのは韓国だと、文書を偽装するはずですからね。
古代からそれをしていたのは、違う国ですね。

現代になって韓国起源説が流行りだしたのは、
隣に起源捏造の伝統を持つ国があるからでしょう。
あいつらがやるなら自分もやる、なぜ悪い?
まあ、気持ちは分からないでもないですね。

312 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2010/07/10(土) 11:53:01 ID:o6rMiHCI
>>308
考古学者にそういう傾向があることは否定しない。ただ、それは
人文社会科学系の学者が往々にして陥ってきた(いる)ことであ
って、考古学が特別というわけではない。問題は、この学問が
数学や物理学などでは前面に現れてこないアイデンティティや
ナショナリズムといった問題を刺激し、それらと複雑に絡み合
っているということだ。

それから、白馬青牛みたいな連中が喚いていることが「考古学」だと
いうのは誤解なので注意してほしい。少なくとも白馬青牛は、自分
の妄想を説明するために物質資料をまともに使ったことはない。

勿論文字主体で展開されるこういう掲示板で、それを行なうことは難し
いけれども、白馬青牛が物を扱えない、そこから論を組み立てられる人間
では無いことは、彼奴のレスを読めばよく分かる。言はそれなりに立つが
考古学で必要とされる基礎的素養が不足している。

ついでに言っておけば、史料(文献)、形質やDNAなどは本来的には
考古学者の研究する分野ではない。考古学者はそういう学問成果を自分の
研究のために利用するが、基本は物質資料である。少なくとも物質資料
を全く扱わない人間は考古学者とは言えない。

313 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2010/07/10(土) 19:00:51 ID:5qH3nYlp
小沢は文明の衝突を読んだことがあるのか?

読んでたらこんなことリップサービスでも言えないよ。


314 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2010/07/10(土) 19:29:42 ID:Cvp2y+4y

日本人はまず中国湖南省や福建省から渡ってきて、その後に
朝鮮半島からやってきた人種が混ざって出来たんだってば。

http://rakuraku.cocolog-nifty.com/photos/uncategorized/2009/03/23/561.jpg

315 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2010/07/10(土) 19:54:38 ID:nhTFqAX8
>>312
>白馬青牛が物を扱えない、そこから論を組み立てられる人間
>では無いことは、彼奴のレスを読めばよく分かる。


771* 名前:白馬青牛 ◆cjIySZ2iYw [] 投稿日:2010/06/13(日) 23:53:06
>>766
基本的に、「検証」じゃ「論証」じゃの、空理空論の理屈で
あって、真実でも現実でも無いわ。抽象観念論よのう。
>>769
こんな、わしを騙るなや。
ほいじゃが、よう、わしの名前の覧の「#」まで調べたのう。
わしゃあ、何回も云うとるよう基本的に男性たぁ女性の方が
好きじゃ。じゃが、同性愛も否定せんけどのう。
まあ、武士の精神にゃあ同性愛精神は不可欠よ。

論などというものは空理空論の理屈だそうです
そもそも知識の探求に対する最低限の誠実さをもちあわせておりません
あとホモ

316 :白馬青牛 ◆8mr41B7alChB :2010/07/10(土) 21:57:30 ID:TtKwjk/+
>>306
まとまった集団が渡来せにゃあ種を残せんよ。
>>307-308及び>>309
あんたらの書き込みは嫌韓厨の政治思想そのものじゃないか。(笑)
あんたら、検察の非民主的なこの国の現状を維持したい為に騎馬民族説に
反対しとるんか?
http://ameblo.jp/kriubist/entry-10447059279.html
http://www.janjannews.jp/archives/2585746.html
http://31634308.at.webry.info/201001/article_24.html
http://blogs.yahoo.co.jp/kira39_39/11603680.html
http://ameblo.jp/kriubist/theme-10018530615.html
わしぁ小沢氏ほど親中じゃないが、ここら辺に出とるよう、日本が実質、
三権分立さえ出来とらん、戦前からの継続の全体主義部分の一つが
検察権力で、NYタイムズの記事にあるよう、欧米民主主義国から
したら日本は異質な、中共や北朝鮮と同じ全体主義国家みたいな
もんじゃ。嫌韓ネット右翼は、反民主主義じゃけぇ、検察側を
応援するんは当然としても、マスコミも大本営発表様式を継続し、
日本の「パンとサーカス」の民主主義熟成度の低い国民を扇動しよるけん
のう。その面で日本は戦前から変わっとらんのう。国民を扇動して
戦争を煽ったんと現代も同じじゃ。国民の9割が検察側を正義と
扇動するマスコミに国民が従属しとる構図なんか、日本人は
未だ近現代人にもなっとらん現状があるけんのう。

317 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2010/07/10(土) 22:11:30 ID:7H2NAxPH
私見:後期旧石器時代以降、歴史時代以前のヒト集団の日本列島地域への波及について(南方からの視点)

・「海面低下時、後期旧石器時代(最終氷河期)、日本列島地域へのヒト集団の移動についての考察」
@http://ao.jpn.org/kuroshio/nidai.jpg
Ahttp://research.kahaku.go.jp/department/anth/s-hp/JomAns.jpg
Bhttp://kyushu.yomiuri.co.jp/magazine/rekishikou/009/re_009_04112001.gif

仮に、スンダランド→中国南部地域→台湾地域→琉球地域→九州・本州地域のライン(@を参照)を否定
したとしても(Aを参照)、後期旧石器時代(最終氷河期)、南方方面からのヒト集団の移動は、朝鮮半島地域
を経由しない、海面低下で陸地となった東シナ海領域からの移動が可能であり(Bを参照)、後期旧石器時代
(最終氷河期)のこのラインは考古学資料(南方型旧石器)から考察するとき特に、4万年〜3万2000年前は
主なラインの一つであったと考えられる。そして、それ以降も最終氷河期の間、南方大陸方面からのヒト集団
の移動はあったと推測される。少なくとも、後期旧石器時代(最終氷河期)、大陸北方方面からのヒト集団の
移動"だけ"が主なものであったとは言えない。


・「海面上昇によって、日本列島地域が大陸と分離した後のヒト集団の日本列島への移動についての考察」
個人的には南方方面から「黒潮」を利用した、小人数集団(家族単位等)の日本列島への移動はあったと
考える。文化を伝え、日本列島での人口増を果たした集団はあったと考える。↓以下参考までに。

『かつてアイルランド出身の作家で冒険家でもあるティム・セヴェリンはそのような竹筏「徐福号」をベトナム
北部で復元し、香港からアメリカ大陸に向け実験航海を行った。南米大陸はセンターボールド式の竹筏が
存在するが、それはアジアからの伝播という説が有力で、セヴェリンはそれを証明したかったのだ。日本人
女性一人をクルーに加えた徐福号は香港を出た後、沖縄の宮古島に立ち寄った。その後黒潮にそって東進
し、和歌山の新宮市で通称徐福の墓に詣でた。地元の「新宮タイムス」などにその記事が見える。-以下略-』
---「海から見た日本人」 後藤明著 P121より一部抜粋


318 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2010/07/10(土) 22:27:18 ID:9ATfyzpw
>>316
>騎馬民族説

「半島南部」に騎馬民族がいたんですか?
騎馬民族って、農耕民族の事じゃないよ。

なんか宗教みたいで薄気味悪いので、もう来ませんよ。
先ほど、日テレで日本人のルーツをやっていたけど、見ましたか?
遺伝子解析の結果、アジア各地の色々な所にルーツがあるようでした。

319 :白馬青牛 ◆8mr41B7alChB :2010/07/10(土) 22:30:12 ID:TtKwjk/+
>>311
韓国に限らず、日本の学者も政治的な思惑が前提ですよ。
>>312氏が綺麗ごとに還元しても考古学者が政治的なんは、
共産党親派の佐原眞氏が、差別の思想を根絶する為に騎馬民族説を
撲滅する云う見識でも解るでしょう。その佐原氏は、嫌韓厨が嫌う
辛淑玉氏とは、お友達でしたね。
http://www.itatsu.net/diary/bn2007_01.html
ここの、2007.01.15/映画『硫黄島からの手紙』にも、辛淑玉氏の
佐原眞氏べた褒めよのう。渡来系と土着縄文系の平和共存なんか
夢物語なんじゃに。
>>313
日本知らずのハンチントンの政治的区分なんか意味をなさんが、
他に地政学では、日本の歴史実例を無視し、日本が海洋国家論云う
んが蔓延しとる。島国じゃが、西洋の英国やオランダと風土、歴史
条件が違うのにのう。日本は歴史的に朝鮮ほど海洋国家じゃ
無かったし、島国の内陸国家に過ぎんかったのに。
>>314
Y染色体カルトと同様の血液型カルトよのう。なんならA型の多い
ドイツ人と日本人は同一人種と電波飛ばしたらどうか?
まあ、ナチス・ドイツ事大と江南朱子学事大じゃったら、
江南奴隷の方がましじゃ思うとるんじゃろうて。(笑)
>>315
事実、論理たぁ机上の理論妄想で現実じゃない観念論に過ぎんよ。
どうも、日本は大陸ドイツ観念論の影響で、机上の空論が
知的な作業と勘違いする奴隷民も多いけど。

320 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2010/07/10(土) 22:44:52 ID:FBm8Rpb1
>遺伝子解析の結果、アジア各地の色々な所にルーツがあるようでした。
逆に同じ系統が圧倒的に多かったのでびっくりしたぉ

321 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2010/07/10(土) 22:51:21 ID:9ATfyzpw
>>320
えーーーー、最後までちゃんと見てた?
ゲストの遺伝子解析の結果、多岐に渡っていたように感じたけどね。
中国大陸の北、南、東南アジア、台湾の辺り、何処から来たか解らない謎の人etc

322 :白馬青牛 ◆8mr41B7alChB :2010/07/10(土) 22:52:10 ID:TtKwjk/+
>>317
台湾でも大陸華南人の移住が宋代以降なんに、それを飛び越えて日本へ
なんかファンタジー妄想じゃわいや。黒潮に乗ったら遭難して普通
死んでしまうよ。
>>318
伽耶の北方木槨墓人は、馬具も多く出とりますし、高句麗や百済よりも、
扶余直系と考えられる部分もあるんですよ。
新興宗教なら嫌韓ネット右翼の所属する団体のことでしょう。
さっき日本テレビで篠田謙一氏が出てましたね。DNA推定論ばっかしで、
遺伝子が必ずしも継続されるわけで無いことを云われませんでしたね。
南方から歴史時代の移住は不可能ですし、大陸から半島と付属した形で
南方系の遺伝子も流入した云う解説されたらええのに。
単一遺伝子で渡来する集団なんかほとんどあり得んのですけど。
テレビ用の発言にしては、誤解を招くんじゃないですか。以前に
爆笑問題との共演のNHKの番組にしても。

323 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2010/07/10(土) 23:00:17 ID:tr/1scUS
ミトコンドリアだしな

324 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2010/07/10(土) 23:02:13 ID:7H2NAxPH
>>322
ティム・セヴェリン氏は日本列島に至るまでは遭難していないのだがw
君こそファンタジー妄想だなw


325 :白馬青牛 ◆8mr41B7alChB :2010/07/10(土) 23:15:35 ID:TtKwjk/+
>>320-321
誰が見ても満州ツングース北方形質の松居一代さんが、DNAでは
南方系にされとったね。まあDNAなんかタンパク質のごく一部で、
篠田氏があなたのDNA的には、南方系が含まれてておっても、全体的
判断で無いと説明すりゃあええのに、DNAと別の問題とするんは
他分野の学問と交流されとる篠田氏にしては、誤解を招くよ。
ほいじゃが、一番多いD4系は、中国中部たぁ、北方じゃないか。
http://d.hatena.ne.jp/niming538/20081001
D4は、(韓国・朝鮮・満州)系統じゃろうね。

326 :白馬青牛 ◆8mr41B7alChB :2010/07/10(土) 23:23:12 ID:TtKwjk/+
>>324
実際あんたが、古代の船でも造って、黒潮、東シナ海を横断すりゃあ
ええのに。(笑)流されて死んでも知らんよ。波が静かな黄海なら
横断出来る可能性があるけど、目的陸地が見えるんが基本じゃわい。

327 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2010/07/10(土) 23:28:18 ID:Hv9VrIZv
>>325
D4は雲南と山東も多いから中部じゃね?
そのブログに書いてあるM8は山東と上海に多いんだわな

328 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2010/07/10(土) 23:33:10 ID:7H2NAxPH
>>326
何で、私が横断しなきゃならんのw
「ファンタジー妄想だと断言する君」が実際やってみて、遭難して"私は横断できませんでした"
と叫んでみたらw

329 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2010/07/10(土) 23:46:55 ID:/WUBjDFE
憐れな人だ。訊いても無いことをべらべらと喋って、見苦しいレッテルを
繰り出すのは悪罵性急の宿痾であって、自らの品性低劣さを示すもので
しかない。

佐原眞がどうしたというのか。白馬青牛はよく佐原を持ち出すが、彼が
考古学者の象徴だとでも言いたいのか。佐原はある時期から>>311で言
うような意味の考古学者であることを止めている。彼は「考古学を分かり
やすく」をモットーにして、一般への普及をはかる取り組みに熱心に
なったわけだ。それが良いか悪いかはまた別の話になるが、貴様は考古
学者、佐原のやっていたことをどれだけ知っているのか。

白馬の下らないレスを読んでいて思うのは、考古学者云々と喚く前に
貴様の方がよほど政治的だということだ。自分だけがそういうところ
から超然としていられるというような、愚かな幻想を抱くのは余りに
も都合が好すぎる。

330 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2010/07/11(日) 00:13:45 ID:Jvoy32l4
黒潮、関係ないから。
地図を見ろ。
すり替えんな。

331 :白馬青牛 ◆8mr41B7alChB :2010/07/11(日) 00:26:08 ID:f030Y9ME
>>328
おいおい、あんたが妄想しとるんで。遣唐使が新羅に泣きついた
もんをわしが何で横断せにぁあいけんのなら。われがすりゃあ
ええことよ。
>>329
また、わしの罵倒印象工作からスタートか。毎度のことじゃのう。
佐原氏が考古学者であることを「止めている」たぁどういうこと
ない。はっきり言明せえや。一般への伝達手段無しじゃあ、
学者の自慰になる認識すら無いことになろう。佐原氏の功績は
日本人の腸が長い云う俗説は根拠が無い云われた処は良心的じゃ
思うが、旧石器捏造を煽る側に立ったことは、いただけんのう。
http://www.amy.hi-ho.ne.jp/mizuy/zenki/This-Time-j.html
ここにあるよう、まあ、考古学者なんか、予算確保の為、
「報告書をでっち上げ」する官僚、役人同様、禄盗人に過ぎんが、
あんたは、誰の依頼で弁護しよるんか?
政府のヒモ付きの考古学界の連中より、わしの方が政治的云う
根拠は何なら?具体的に云うてみいや。

332 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2010/07/11(日) 00:37:49 ID:C/kSAq4K
>>331
いやいや、君の妄想でしょ。「ファンタジー妄想だと断言した」君が横断して"君なり"
の「思い」を叫ぶべきでしょ。私は>>317で「個人的に考える」と言っているにしか
過ぎないわけ訳でw で、"われ"って何?偉そうにw


333 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2010/07/11(日) 00:44:27 ID:C/kSAq4K
>>332
あーっと、ちと訂正。
×「ファンタジー妄想だと断言した」君が横断して
○「ファンタジー妄想だと断言した」君が遭難して

334 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2010/07/11(日) 01:23:58 ID:oWfTVfpI
>>329 佐原真は「騎馬民族は来なかった」という著書があるな。

 江上波夫との対決対談もあった。

 あと安本美典は「万葉集は朝鮮語で読めない」という著書があった。


335 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2010/07/11(日) 01:56:03 ID:vzxI76wi
万葉集を朝鮮語で読むと全く違う意味・景色が現れ、その訳にゾッとした経験がありますが…あの説は現在はどういう評価、というか扱われ方をされているのかな

336 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2010/07/11(日) 03:24:19 ID:h/ctAMAp
>佐原氏が考古学者であることを「止めている」たぁどういうこと
>ない。はっきり言明せえや。

>>312について、まるで理解できないってことを白状してるようなものだ。
意味が分からないにしても他人に頼らないで自分で勉強する方がいい。
紫雲出あたりからはじめたらどうだろう。

>まあ、考古学者なんか、予算確保の為、「報告書をでっち上げ」する
>官僚、役人同様、禄盗人に過ぎんが、

どうして、そんな短絡的に一般化できるのかな。考古学者と個人的にお付き合い
してるの?それとも官僚に対して個人的な恨みをもっていて?そういう乱暴な意見
が通用するんだったら私が、白馬青牛は凄く政治的だということも、別に誤りでは
ないらしいね。

>あんたは、誰の依頼で弁護しよるんか?
>政府のヒモ付きの考古学界の連中より、わしの方が政治的云う
>根拠は何なら?具体的に云うてみいや。

根拠?そんなのドイツ観念論か何かの影響じゃけぇ、って言えばみんな
納得してくれるだろうか

こういうある種、典型的なものの考え方、言い方をしないと他人とまともに
対話もできない人間がさぁ何言ってくれちゃってんの、って感じじゃない?
こういう硬直した思考法では、所詮こちらが何を言ってもムダということに
なる。ちょっと煽ったら、必ずレス付けてくるし、そんなのこちらの思うツボ
なわけだけど、そういうこと気にもせずにで喚きだすんだから、かわいいもんだね。

>また、わしの罵倒印象工作からスタートか
まだ自分にそんな価値があるとでも思ってんの?初めから終わってるものを相手
にするのは暇つぶしでしかないよ。そもそも始まるも何も無い。勝手に踊れよ

337 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2010/07/11(日) 03:32:13 ID:HsMs2xdd

                    _ _
                   /::. ソ .::;;ヽ
                  /::.     ..:::;;;ヽ
                  /::.      ..::;;;;ヽ
                /::.        ..::::;;;;i
                (::.        ..::;;;丿
                 >::...___..::::;;;イ
                 !ヾ. ̄⌒__ ̄彡|
                   iミ:::ミC= ≡..::: )
                 |::::     ″. ´/
                 |::::: ヽ    / /;|
                 |::: ( '   ( .::;;;|
                 |::: | ミ   .ヽ\|
                 |::: 丶ヽ  ..:ヽ )
                 |:::   .i !   ::;;;;;|
                 |:::   i .ノ   . ::;;;;;|
                 |:::  ( ヽ  ..::;;;;;|
                 ( \  l. |  ..:;;;;;;|
                  |::\∨丿 ″..:;;;;;|
                  |::: ( (  ゙ ..:;;;;;|
              ,,.-‐''"´" ノ ノ    ""´"''- 、 ´



338 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2010/07/11(日) 08:21:34 ID:qn+Kz5qg
>>322
>伽耶の北方木槨墓人は、馬具も多く出とりますし、高句麗や百済よりも、
扶余直系と考えられる部分もあるんですよ。

これだけはどうしても言いたかったんですけど、騎馬民族というのは、馬に跨って、
羊の放牧などをしているからこそ「騎馬民族」と言うんでしょう?
韓国人が、百済や高句麗を「騎馬民族」と看做す癖がありますけれど、田畑を耕したり、
豚を飼ったり、漁をしている時点で、それは「騎馬民族」とは言えませんよ。

よく桓武天皇の母方が百済系移民だから、天皇は百済系だとか、騎馬民族の血を引いていると
言う人がいるけれど、天皇がこんな↓事をしている時点で、既に農耕民族なんです。
「遺伝子」の問題じゃないんです。

最古の「大嘗宮」跡…皇位継承儀式で造営
http://osaka.yomiuri.co.jp/inishie/news/20100702-OYO8T00366.htm

339 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2010/07/11(日) 14:25:37 ID:UzPcqI+o
父系が正統血統

340 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2010/07/11(日) 14:46:18 ID:NnEA/V4N
>>339
下らない発想だな。
人種論を議論しているときそんなのは関係ないぞ。

341 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2010/07/11(日) 14:59:21 ID:phq2tiDr
出雲・砂原遺跡で国内最古の旧石器発見
http://www.sanin-chuo.co.jp/news/modules/news/article.php?storyid=515345004

(朝鮮南部、北九州)、(サハリン、北海道)
少なくとも、5000年前から、人の往来はあったんだと思うがな。

342 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2010/07/11(日) 15:30:08 ID:ad3E+aTe
人種論こそレイシストの発想だな

343 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2010/07/11(日) 19:48:25 ID:roEKfRui
>>338
横からごめん。よく誤解されることがあるが、江上波夫の「騎馬民族征服王朝説」で、
列島に到来したといわれている「騎馬民族」は「馬に跨って、 羊の放牧などを
している」というような連中のことではない。むしろ周辺集団に積極的に「同化」しな
がらも、「騎馬民族」なるものの「精神性」を受け継いで、最終的には「同化」した
集団も内部から支配して(戦闘に限らず、狡知を働かせて)突き動かしていくような
連中のこと。江上の「騎馬民族」はとても「柔軟」(ヌルヌル)にできている。
それが、多くの否定的な意見を得ながらも数十年にわたって一定の支持を得ていた
ことの理由のひとつだろう。

344 :斉藤 昌宏 :2010/07/11(日) 19:57:34 ID:FzWuWlfI
2010年財布最新品、新素材入荷!

会社の開業3周年を祝賀します ,古い取引先の優遇政策に対応します 。
◆ 信用第一、良い品質、低価格は 私達の勝ち残りの切り札です
◆ S/SS品質 シリアル付きも有り 付属品完備!
◆ 当社の商品は絶対の自信が御座います
◆ スタイルが多い、 送┃  料┃  無┃  料┃(日本全国)!
       

店舗HP:http://yahoo-bag.com(最大卸売り皮革市場)

e-mail:qianbing1986@gmail.com

責任者 : 斉藤 昌宏

営業時間  08:00〜24:00
営業時間:年中無休
ホームページ上でのご注文は24時間受け付けております

あなたの再度の注文を期待しています
☆★☆━━━━━━━━━━━━━━━━━☆★☆





345 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2010/07/11(日) 20:10:30 ID:zYwMSlIg
>◆ 信用第一、良い品質、低価格は 私達の勝ち残りの切り札です

信用第一なら2chで宣伝工作なんかしない・・・

346 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2010/07/11(日) 20:12:08 ID:zYwMSlIg
>◆ 信用第一、良い品質、低価格は 私達の勝ち残りの切り札です

信用第一なら2chで宣伝工作なんかしない・・・

347 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2010/07/11(日) 20:13:29 ID:zYwMSlIg
暴発した

348 :白馬青牛 ◆8mr41B7alChB :2010/07/11(日) 23:10:04 ID:f030Y9ME
>>336
>自分で勉強する方がいい。じゃの言い訳にもならん幼稚な回答じゃのう。
ほいじゃあ、短絡的じゃない根拠とやらを挙げてみんさい。
考古学者とプライベートの癒着の付き合いが無かったらり、官僚のお役人と
癒着の付き合いが無かったら、考古学界や官僚を批判したら政治的じゃと
でも云いたいんかのう。余程学界や官僚に奴隷根性を持つ事大主義じゃ
わいや。(笑)だいたい、あんたのように、抽象観念論を云うもんこそ、
何云うても、つまらん回答しかかえってこんし思考硬直化しとるんど。
勝手に踊れ云わんでも、わしゃは云いたいことを云うわいや。
>>338
羊の放牧だけなら、羊飼いでしょうに。羊飼育民はアラブから西アジア、
西洋でも、ほとんど騎馬で羊を追うわけでも無いのに、身勝手で強引な
前提設定条件ですね。逆に北中国の西部の羊飼育民じゃのうても、
北中国東部の山東省なんか豚飼育の畑作地帯ですが、精強な山東馬賊の
本拠地ですよ。満州族も狩猟漁労、畑作の豚飼育民ですが、騎馬に巧みな
民族です。扶余とモンゴル族の先祖の室韋や初期の柔然が馬に乏しく
牛に乗って掠奪に行く形態から比べたら、名馬を産する扶余の方が
馬と関わりが深かったんですよ。まあ、江上氏の云う騎馬民族は、
実際騎馬と関わりの薄い、駱駝飼育民のアラブ人や狩猟、漁労、
畑作と豚飼育民でもあるゲルマンも騎馬民族型とされ、
ゲルマンよりも羊飼育民の地中海系は農耕民族型とされます。
江上氏の騎馬民族とは、征服王朝を築く民族型云うことなんですよ。

349 :ドレミ ◆YeeMODUSQg :2010/07/11(日) 23:59:21 ID:APP85Hqn
>>348
東アジアでも犬を使って羊を追わせているところもあるし
古くはフン族も犬を使っていたようです。
どうもフン族にとっては、犬と羊でセットのようです。

日本の狛犬トーテムとして全国に広まって、羊は信濃だけ。
それも小尾寒羊しか入ってきていない。
犬をもって騎馬民族型の指標として使えるかもしれませんね。

350 :出土地不明:2010/07/12(月) 00:05:33 ID:KcI3vELq
>>343 現在の在日朝鮮人の工作を古代に投影したような説だな。

 江上波夫説もそう言われているが。

351 :出土地不明:2010/07/12(月) 01:03:03 ID:Nax02fWb
踊りに夢中になってないで、文章くらいちゃんと推敲しとけよ。
貧相な頭ん中がダダ漏れだぜ。お前は高々数十行の文章で他人
を見抜けた気になっているのか。

>ほいじゃあ、短絡的じゃない根拠とやらを挙げてみんさい。
ナニコレ?どこからどういう脈絡で出てきたのかな。お前の好きな
悪魔の証明ってやつなんだろうけどさ。イミふ

それにしても、たかだか牽用動物の分際で事大主義などという大仰な言葉を
使っているのはオモシロいな。馬牛も、たまには相手にしてやったほうが
よく嘶くようにはなるらしい。煽れば煽るほど喜んで飛びついてくる。
おおよしよし。ニンジンほしいか

352 :白馬青牛 ◆8mr41B7alChB :2010/07/12(月) 01:06:52 ID:fWl596We
>>349
東アジアに犬を使うて羊を追わせる地域があったんですか。
どの地域ですか?
西洋に近い地域は犬に羊を追わせる文化圏ですが、
モンゴルやチベットでも、犬はほとんど番犬でしょう。
ほいから、新羅系の多かった上野の多胡碑の羊なんかどうですか?
http://www.geocities.jp/npowaro/raku-102.htm
ちなみに吉井町は、この地の支配層新羅系子午足らの吉井連から
ですね。
>>350
朝鮮人は、元来女真族をオランケと侮蔑しとったじゃないか。
今は、女真、蒙古、突厥に自己民族投影して、中華世界と対等に
成りたい欲が出てきたんじゃろうね。
一方日本は、江南朱子学崇拝で、中国人に成りたい事大主義者が
嫌韓厨に多いけんのう。江上説を嫌うんは、朝鮮と朱子学
正統性を争う江南朱子学派の連中じゃろうに。

353 :出土地不明:2010/07/12(月) 08:20:47 ID:KcI3vELq
>>343 朝鮮進駐軍の古代投影版か。

354 :出土地不明:2010/07/12(月) 10:21:00 ID:nm19GCo/
朝鮮人て、骨の隋まで満州騎馬民族と日本人に意識下劣等感もってんだね。
自分たちは満州キバ民族に征服されちゃった方なのに、正直に敗北を
認めず、征服した勝者の方にアイデンティティを移して、キバ民族(笑)の
ウリが、古墳時代にはイルボン征服したなんて妄想に酔う。
何なの、このオッキャワイソーな精神構造。


355 :出土地不明:2010/07/12(月) 14:15:07 ID:GOhjYhT5
『論衡』 [編集] 本文 [編集] 倭人について、

「周時天下太平 倭人來獻鬯草」(異虚篇第一八)
周の時、天下太平にして、倭人来たりて暢草を献ず

「成王時 越裳獻雉 倭人貢鬯」(恢国篇第五八)
成王の時、越裳は雉を献じ、倭人は暢草を貢ず

「周時天下太平 越裳獻白雉 倭人貢鬯草 食白雉服鬯草 不能除凶」
(儒増篇第二六)
周の時は天下太平、越裳は白雉を献じ、
倭人は鬯草を貢す。白雉を食し鬯草を服用するも、
凶を除くあたわず。

とみえる。


356 :出土地不明:2010/07/12(月) 14:21:06 ID:GOhjYhT5
越高遺跡【こしたかいせき】

対馬最古の遺跡で、今から7000〜8000年前の縄文早期末から
前期初頭の遺跡である。
1976(昭和51)年12月の発掘調査で、
韓国釜山の東三洞貝塚出土の韓国新石器時代の
隆起文土器【りゅうきもん】と同じものが発掘された。
対馬と朝鮮半島の最も古い交流を示す遺跡として重要である。
http://www.pref.nagasaki.jp/t_reki/kositakaiseiki.html

357 :出土地不明:2010/07/12(月) 15:15:07 ID:NGXlh14I
>>343
無理矢理ですよね。w
それ、騎馬民族じゃないでしょう。

それに馬ぐらいなら、古代半島の“自称”騎馬民族国家以外の国々でも、
早くから戦場で利用していますよね?
殷王朝では、戦車を馬に引かせていましたし、始皇帝の兵馬俑は言うまでも無く、
秦以外の国々も、戦術として積極的に「胡服騎射」を取り入れています。
農民出身の劉邦が建てた漢王朝でも、スケールは小さくなりますが、「兵馬俑」の
習慣は続きました。
中原諸国が早くから「馬」を取り入れているぐらいなので、半島人も馬の乗り方ぐらいは
覚えたでしょう。
何故か韓国で騎馬民族説が大受けで、自分達を「騎馬民族の末裔」視しているのは、
個人的な願望が入っていると感じます。
朝青龍がモンゴルで、民族服を着て裸馬に乗っている映像を見た事がありますが、確かに、
威風堂々としてカッコイイ感じはしますね。
騎馬民族に対する“憧れ”は、何となく理解が出来ます。
泥にまみれて腰の曲がった農民は野暮ったい…そういう偏見(職業差別)が、もしかしたら
あるのか知れませんね。


358 :出土地不明:2010/07/12(月) 15:16:32 ID:nm19GCo/
>>355
倭人が北方の粛慎族や燕の国でなく、南方の越とペアで記述されて
いる事がポイントですね。成王に朝貢するに、もし満州の方から倭人が
来たのならば、はるか江南の越とペアで記述される理由がない。
周が勃興したBC1,000前後に、朝鮮半島と日本列島西部で、ほぼ同時期に
水田稲作が着地してる。弥生人が到来したのだ。八重山群島の住民多数が
O2b*とO2b1である事は、弥生人の出自が江南越だった事を強く示唆する。
弥生人は、日本で先住民と混血したが、大陸との交易を続けていたからこそ、
周の目に留り中国側の記録に残った。論衡に記された周初期の倭人は
列島半島倭人ではなく、当時まだ大陸にいた倭人の事だろうと鳥越憲三郎氏は
書いているが、紀元前1,000前後に弥生人が活発に移住地で活動し始めている事を
考慮すれば、列島半島倭人で有る可能性は大いに有り得る。もし倭人が大陸越人
ならば、単に何がし越が朝貢したと書けば済んだ事だ。しかし記録は、
そう成っていない。朝貢する時は江南の越とペアだが、越そのものでもない、
何だか不思議な存在、「倭人」なのだ。大陸の視点では、
越から出た Oversea Chineseだから、こんな書き方に成ったのよ。

359 :出土地不明:2010/07/12(月) 15:32:26 ID:zgjUQgi9
民族血統集団DNAはバラせば良いってもんじゃない。

今の大和民族とやらも父系母系の複合グループ構成だろがよ。
まあ、たしかに倭に北方民族系の意味合いは無いだろ。中国は厳密に
実行してる。

360 :出土地不明:2010/07/12(月) 16:20:35 ID:ZgCpC4oj
もうすぐ韓国人とカンボジア人、ベトナム人は異父兄弟になるな

最近、韓国人の10人に1人が外国人と結婚している。農村地域は10人のうち4人にのぼる。
この数年間に国際結婚、特に韓国以外のアジア国家出身女性と韓国男性の間の結婚が急激に増えたためだ。
これにともなう副作用も少なくない。需要が多いため金儲けになると考えて参入した仲介業者が人身売買に近い形態を見せているのがその代表例だ。
現地女性を数十人ずつ集めて男性に選ばせたり、韓国人男性に関する正確な情報を提供しないなど、
人権侵害的な要素は一つや二つでない。女性家族部が06年に調査した結果、
外国人新婦10人のうち1.3人が結婚前に聞いた夫の情報が事実でなかったと答えた。
信頼が土台になるべき結婚が最初のボタンを掛け違えば、その後の生活は平坦であるはずがない。
韓国に来てから8日目に夫が振り回した凶器で命を失った20歳のベトナム人新婦も、このように歪んだ国際結婚慣行がもたらした犠牲者の一人だ。
職業もなく年齢の差も大きいが、その夫が貧困を脱出できる唯一の希望だったため信じてついてきたということだった。
しかしもし彼女が夫の精神病歴まで知っていたとすれば、この結婚は成立していなかっただろうし、異国の地で無惨に殺害されることもなかったはずだ。
‘外国人新婦受難史’は深刻な外交的摩擦を招きうる。
単に今回の事件だけでなく、常習殴打と人種差別に苦しめられて家出・離婚を選択する女性が多い。自殺した人もいる。
カンボジアのフンセン首相は昨年10月、李明博(イ・ミョンバク)大統領に「カンボジアから来た嫁のことを考慮してほしい」と特別要請までした。
昨日、法務部が今後外国へ見合いをしに行く男性に素養教育をさせると明らかにした。
精神病や性的暴行の前科があったり、国際結婚の回数が3回以上なら、ビザ発給を制限する案も検討中という。
かなり遅くなったが、今からでも可能なすべての方法を動員し、国の恥となる誤った国際結婚慣行を根絶しなければならない。
そうしなければ国格を論じる資格もない。

中央日報 - 【社説】ベトナム人新婦の命を奪った誤った国際結婚慣行
http://japanese.joins.com/article/article.php?aid=131062&servcode=100§code=110

361 :出土地不明:2010/07/12(月) 16:37:22 ID:NGXlh14I
そもそも、「扶余」って何者なんでしょう。

大昔に、中国大陸の東北部辺りにいたツングース系の民族とは思いますが。
日本語の祖が扶余語だという言い方もありますが、沖縄の言葉と本土の言葉の
異様な近さとか、説明しなくてはいけない事が、まだまだ沢山ありそうですね。
日本語は、ツングース諸語には含まれていませんね。
ツングース諸語は、エベンキ語や、ソロン語、満州語などですが、これらの言語と
日本語の共通点は、どれだけありますか?

362 :出土地不明:2010/07/12(月) 18:05:07 ID:GOhjYhT5
韓国の国立扶余博物館
http://inoues.net/korea/fuyo_museum.html

363 :出土地不明:2010/07/12(月) 18:26:09 ID:GOhjYhT5
扶余(??:プヨ) 扶蘇山半月楼よりみた扶余市街

【扶余遷都】
百済が、公州(熊津)から今の扶余である泗?に都を移したのは、538年のことであった。
このときの王は聖王(聖明王(523-554))で、百済から 日本へ仏教を伝えたとされる年と
同じである。公州は盆地で防御にはよいが、平地が少ないため生産性が不利であった。
一方扶余から南は平野が広がり、生産性の大きな土地である。しかも白馬江伝いに海へ
出るのにも都合がよい。

扶余に遷都した頃、新羅では法興王の時代で、国力を急速に伸ばしたときであった
(この頃の新羅)。また、北の高句麗の圧力が強まり、それらに対抗するために
公州よりも南の豊かな地、扶余に都を移したのだ。都のまわりは羅城とよばれる城壁を
めぐらせ、町の北に王宮をつくり、その北にある山を避難用の山城(扶蘇山城)とした。
この王宮の作り方は高句麗の王城の作り方と同じである。北に山城を置いたのも、漢城、
公州と同じく北から攻めてくる高句麗に備えてのことであった。

【新羅との対抗】
551年、百済は新羅、加?と連合して高句麗を攻撃して、漢城を回復した。
しかしその翌年、漢城は新羅に奪われた。これに対して百済は新羅を討とうとしたが、
554年、管山城の戦いで聖王が殺されてしまい、百済が勢力を伸ばそうとした加?は
新羅に併合されてしまった。581年、中国は隋によって統一された。
その後、武王(600-641)は益山に弥勒寺を作るなどしたが、一方で新羅との戦いは続く。
次の義慈王(641-660)は642年の大耶城の戦いで旧加?地区の大半を奪った。
これに対して新羅は金春秋を高句麗に送り対抗しようとしたが、逆に高句麗は百済と
連合して新羅を攻撃した。そこで新羅は唐と接近した。

【百済滅亡】
百済は660年、唐と新羅の連合軍により滅ぼされ、焼き払われた。
唐は熊津に都督府をおき支配しようとしたが、それに対して百済復興運動が起きた。
その中心だった鬼室福信は日本にいた王子豊璋を迎えた。
しかし内部の分裂で弱体化してしまった。日本からも援軍を送ったが、
白村江(はくすきのえ)の戦いで負けてしまった。

百済が亡びたことにより、日本の政治も大きな変化が起きた。日本にも多くの亡命者が来るとともに、
新羅の侵攻に備えて多くの朝鮮式山城が作られたり、防御態勢が整えられた。
日本に行った百済系の渡来人の中には百済王氏をはじめ奈良時代以降の
日本の政治や文化に大きな影響を与えた者も多い。

現在の扶余の町は南北に2つのロータリーがあり、扶蘇山にまっすぐ進んでいる。
これは植民地時代、扶蘇山に扶余神宮を造ろうとしたことに合わせて行われた
都市計画によるものである。

364 :出土地不明:2010/07/12(月) 19:43:31 ID:GOhjYhT5
縄文人(D2 C1)は、その中期には阿蘇山噴火で北で採集生活を行うか、
九州北部の海岸や島に渡り、貝などを主食とした。。
特に、北九州では、朝鮮南部(O2B)との交流が生じて、緩やかに混血が進み、
次第に畑作文化とともに本州に拡散していった。
朝鮮南部は、その後高句麗系の民族(扶余? O3)が百済を建国したが、
新羅や唐に滅ぼされて、多くの人が技術や文化とともに、
同盟国であった九州王朝や大和国に亡命してきた。

365 :出土地不明:2010/07/12(月) 19:48:57 ID:IENdBsyX
不明な系統までむりやりあてはめる必要ないぜw

366 :出土地不明:2010/07/12(月) 20:41:55 ID:AcS3ygFU
いずれにせよ、百済も高句麗も加羅も騎馬民族とは言えず、扶余も中国東北部の
ツングース系狩猟民族で、扶余語とやらと日本語との関係も全くと言ってよいほど不明、
という事だけは非常によく解りました。

367 :ドレミ ◆YeeMODUSQg :2010/07/12(月) 21:47:26 ID:LmIy7jdz
>>352
>東アジアに犬を使うて羊を追わせる地域があったんですか。
漢語では、工作「犬」と食用「狗」という使い分けをしています。
特に貴州では、「犬」と「狗」の使い分けが厳密です。
工作犬の犬種には、猟犬と牧羊犬がありますが区別は曖昧です。
雲南や青海では牧羊犬の記事が検索ヒットすることがあります。
地区的には、ウズベクやキルギスから来た回族と相関がありそうです。

どんな工作犬か映像付でヒットするもので牧羊犬であるものを精査すると
新疆のアクス地区のキルギス国境近くのがヒットします。
ttp://www.tianshannet.com.cn/mt/content/2007-12/18/content_2353022.htm
ttp://tv.sohu.com/20080820/n259047934.shtml
犬種は、貴州下司犬っぽいです。昆明狼犬や山東細犬ではないのが意外です。

あとカザフ族のドゥラト人やサリウイスニ人も牧羊犬を使うような記述が
多少ヒットします。チャガタイ汗国とか烏孫の末裔になります。

368 :ドレミ ◆YeeMODUSQg :2010/07/12(月) 21:52:53 ID:LmIy7jdz
>>352
>新羅系の多かった上野の多胡碑の羊なんかどうですか?
ヤギ亜科の家畜は山間高地や島嶼に限られていて
群馬県は大正期にサフォーク種の移入もしてないように思えますが・・・

そういえば、6世紀の下野国に羚羊のフェルトの記述がでてきます。
羚羊はニホンカモシカのことだと推定されていて
猟で毛皮を得ていた可能性が高いです。

羊にまつわる文物は硯なんかがありますが、8世紀頃以降にならないと出てきません。
犬は、埴輪が橿原で出土してたり上野国で出土してたり、もっと古く広範囲に分布しています。

369 :白馬青牛 ◆8mr41B7alChB :2010/07/12(月) 23:17:59 ID:fWl596We
>>357
戦争で馬車を使うんは、平地の多い農耕民、都市民で、春秋の頃の北方
民族は、徒歩で戦闘しよりましたよ。馬車と直接馬の背に乗るんは、
元来違うんですよ。中国では、戦国期スキタイ騎馬文化が北方民族に
伝わると、北方民族の騎馬化が起こり、趙のように北方民族と接近しとった
連中は騎馬戦闘を採り入れましたね。まあ、採り入れた云うより、
北方民族を傭兵として取り込む云うたほうが真実に近いでしょう。
モンゴル人は、騎馬姿がサマになってますね。日本でも、
http://blogs.itmedia.co.jp/akemi/2010/03/post-c2bf.html
宮本常一氏の引用ですが、「とくに東日本における馬の使い方を
見ますと、馬へは乗るものてはなかった。」まあ、関東武士のは、
騎馬ロデオで馬が勝手に暴走します。イザベラ・バード女史も韓国馬の
記述と同じです。「それでは騎馬民族というのはいなかったかというと、
騎馬民族は明らかに日本にいたはずです。そして、それは奈良・京都を
中心とした政府を中心にして、そこで政治に携わっていた人たちという
のは、騎馬民族の後裔だとみてよいのではないかということに気が
ついたのは、ごく最近のことなのです。」
「たとえば、「年中行事絵巻」というものがあります。それを見ていると、
たくさんお公家さんたちが馬へ乗って出てきます。」「その馬の乗りこなし
のよさ。この人たち(公家)が、じつは騎馬民族の後裔だったのだという
ことがよくわかってくるのです。」と。

370 :出土地不明:2010/07/12(月) 23:47:58 ID:i1xqDhke
サマになってる、乗りこなしのよさ!じゃとか、印象語っても意味あるまあ

371 :白馬青牛 ◆8mr41B7alChB :2010/07/12(月) 23:54:36 ID:fWl596We
>>358
「倭は燕に属す」や鮮卑に拉致された倭人なんか、北東アジアの水辺民と
しての倭人の姿じゃにのう。(笑)
>>361
扶余は、江上波夫氏によるとツングース化したモンゴル族とされ、
佐口透氏も元来モンゴル系で後にツングースを加えたとされます。
まあ、後の北扶余はモンゴル族の先祖の室韋に加えられましたよ。
村山七郎氏なんかは、日本語をツングース語とAN語の混合とされ
ます。まあ極北民族もAN語の影響が見られるゆえ、南方系だけ
じゃない原アジア語としたら、その可能性もありますね。
>>366
騎馬民族の定義によるけど、北方渡来系支配の高句麗、百済、新羅、加羅、
大和、出雲も騎馬民族系統になるのう。

372 :白馬青牛 ◆8mr41B7alChB :2010/07/13(火) 00:30:39 ID:Qk4PJ8mW
>>367-368
牧羊犬云うても、雪ヒョウから、あるいは狼から家畜を守る番犬の
分類でしょう。西洋のように、羊の群れを誘導する犬とどうも違い
ますね。
ほいから、確かに羊の骨は出て無いですね。ですが、故国の家畜と
しての「羊」から名付けた可能性の否定できません。
弥生期の青谷上寺にも琴側板に描かれたんはニホンカモシカよりも
羊に見えますね。
http://kibiyamataikoku.blogspot.com/2009/10/blog-post_3985.html
>>370
宮本常一氏の絵巻を見ての印象を批判しとるが、宮本氏ほど、
農村を歩かれた学者は他におられまあ。まあ、机上の論理妄想する
学者と違い、宮本氏はフィールドワークで現実認識された経験豊富
で、20世紀の学者の中でも傑出されとるよ。
http://blogs.yahoo.co.jp/yuuutunarutouha/6127407.html
http://www.shohyo.co.jp/shf/981s201.html

373 :出土地不明:2010/07/13(火) 00:54:34 ID:ATxPSYFY
>>371 魏志倭人伝には倭国には「牛馬なし」と書いてあるし、4世紀の倭の五王も山野を「跋渉」して多くの国を平定したと書いてある。
 神話の神武天皇の東征も船でヤマトまで来て、徒歩軍勢で吉野から奈良へ入っている。
 ヤマトタケルの東征も船で出かけている。
 日本の支配層が騎馬民族だったという記録は見当たらないな。

 馬が出てくるのは聖徳太子が騎馬通勤していたことや、平安時代の源平合戦時代まで下るだろう。
 源氏や平家が騎馬民族だったのか。

374 :白馬青牛 ◆8mr41B7alChB :2010/07/13(火) 02:04:29 ID:Qk4PJ8mW
>>373
今ん所、弥生期の牛馬の骨と確認されたもんは出とらんよ。
古墳期にならにゃあ。
4世紀の倭の五王が日本の倭を表わす根拠も無い。しかも倭の五王
なんか記紀の記述にも無い。外交関係じゃけぇ、重要なのに
ねえ。(笑)
神話は記紀の編集された時代じゃけぇ、神話にしても奈良時代の
風土事象を表しとる可能性が強いけど、陸地が開発されとらん当時は
運輸は船が主じゃ。記録に正直に書く史料の方が少ないけん、
書かれとらんことは、当否の材料にならんよ。
馬飼育の河内から近い大和、奈良の貴族は騎馬が身近じゃった
ろうね。河内源氏は河内の馬飼い渡来系の子孫じゃろうけど、
源氏や平家の子孫なんか家系偽装が多いけんのう。
まあ平氏系でも、金子氏なんかは高句麗系の可能性が強いけど。
平安時代は騎馬の狩猟習俗は残っとったけど。
http://www1.bbiq.jp/hukobekki/seji/seji.html
ここの、九州の「騎猟の児」。豊後の「直入郡には官牧(官営牧場)
があって古くより、大野直入地方では、馬の飼育、馬役の仕事を
生業としていた。」それらを大宰府警備の兵にしたんじゃ。
武士とは、こういう連中から出とるね。
http://www.hi.u-tokyo.ac.jp/personal/fujiwara/kokawa.rekisidokuhon.html
http://moriheiku.exblog.jp/10738440/
つまり、身分の高低をとわず、カタギじゃないよ。(笑)
まあ、豊後は渡来系秦氏の多い地域で、秦氏は、西史氏と共に、
聖武天皇の騎馬護衛兵じゃったけぇ、騎馬と縁が深いよ。

375 :出土地不明:2010/07/13(火) 08:35:04 ID:jwRe0sCB
>>371
>騎馬民族の定義によるけど、北方渡来系支配の高句麗、百済、新羅、加羅、
大和、出雲も騎馬民族系統になるのう。

本物の騎馬民族の末裔たるモンゴル人に対して失礼ですね。w

NHKの大河ドラマなどが悪いのですが、戦国武将が大型のサラブレッドに乗って戦場を
走り回っていたかの印象を植え付けています。
戦国武将達は、馬力の大して無い、あしの遅い、小型の馬に乗っていたのでしょう?
平安時代の貴族は、牛の引く車に揺られていたのでしたっけ?
民間人は、“農耕馬”として使い続けましたね、馬を。
胡服騎射する目的ではないです。

376 :出土地不明:2010/07/13(火) 08:43:31 ID:jwRe0sCB
>>373
>ヤマトタケルの東征

ヤマトタケルは、歩き疲れて足を挫いたのでしたっけ?
とんでもないヘッポコ騎馬民族ですねw

377 :出土地不明:2010/07/13(火) 11:21:17 ID:ATxPSYFY
>>375 しかしヤブサメという単語はモンゴル語だとモンゴル語学者が書いていたな。

 あと、なぜかサルの意味のマシラがモンゴル語だそうだ。本物のモンゴル人も渡来していたのかも?


378 :出土地不明:2010/07/13(火) 11:32:38 ID:+9FWDgFP
>>377
どうでもいい事ですね。
流鏑馬(やぶさめ)というのは、鎌倉時代に盛んに行われた騎射の事ですか?

379 :出土地不明:2010/07/13(火) 14:56:54 ID:ATxPSYFY
>>376 ヤマトタケルはオヤジにあちこち平定して来いと指図されて

叔母にオヤジは俺に死ねというのか、と泣き言をいったりして騎馬民族という勇壮さは感じないな。


380 :出土地不明:2010/07/13(火) 20:21:07 ID:7FBcqZT3
>宮本常一氏の絵巻を見ての印象を批判しとるが、宮本氏ほど、
>農村を歩かれた学者は他におられまあ

で?

同じ印象語るのでも、宮本氏は机上の論理妄想する自分みたいなのとは
違って言葉にも箔が付いてるんじゃ!とでもいいたいん?けっこうな
事大主義だのう

381 :出土地不明:2010/07/13(火) 21:48:44 ID:1t1K3Ytb
>>379
モンゴルやトルコの叙事詩わ
そんなに腹切武士の潔さはほとんど感じさせないよ

382 :斉藤 昌宏 :2010/07/13(火) 22:23:21 ID:k4eGPKlm
2010年財布最新品、新素材入荷!

会社の開業3周年を祝賀します ,古い取引先の優遇政策に対応します 。
◆ 信用第一、良い品質、低価格は 私達の勝ち残りの切り札です
◆ S/SS品質 シリアル付きも有り 付属品完備!
◆ 当社の商品は絶対の自信が御座います
◆ スタイルが多い、 送┃  料┃  無┃  料┃(日本全国)!
       

店舗HP:http://yahoo-bag.com(最大卸売り皮革市場)

e-mail:qianbing1986@gmail.com

責任者 : 斉藤 昌宏

営業時間  08:00〜24:00
営業時間:年中無休
ホームページ上でのご注文は24時間受け付けております

あなたの再度の注文を期待しています
☆★☆━━━━━━━━━━━━━━━━━☆★☆


383 :白馬青牛 ◆8mr41B7alChB :2010/07/13(火) 23:00:54 ID:Qk4PJ8mW
>>375-376
モンゴル系中型馬の日本馬は、サラブレッドじゃ無いよ。
しかも、サラブレッドを戦争に使う民族なんかおらんよ。
日本馬でも南島の小形馬は更に小さいね。モンゴル馬は
当然足が遅いよ。
まあ、馬車より牛車の方が騎馬民族的じゃけど。
遊牧民であるモンゴル人は馬を農耕使役はせんしよ。労働は牛の
仕事になっとる。じゃけぇ牛車よのう。
日本では、大雑把に云うと、西日本は、牛を農耕に使い、
東日本では馬を農耕に使う。
ヤマトタケルが徒歩じゃったら可笑しいんかねぇ。森の多い日本で
騎馬を使う機会なんかほとんどあるまあに。しかも内陸アジアの
騎馬民族匈奴ですら歩兵部隊もおったけんのう。
>>379
騎馬民族という勇壮さたぁ、あんたの脳内イメージじゃろ。
モンゴル帝国兵士の詩なんか、望郷の嘆きで「我は呼びかく我が母に
 何にもまして いとしき母に」と、旧日本兵が、死ぬ前に
「お母さん」云うたんとそがあに違わんよ。

384 :出土地不明:2010/07/13(火) 23:23:26 ID:+2UDDdDG
モンゴルにはモンゴル相撲があり、日本の相撲の元と思われてますよね
でも疑問に思いませんか
どう見ても似ても似つきません
モンゴル相撲はローマのパンクラチオンに似てます
中央アジアでもパンクラチオンが伝わって、似たようなレスリング系スポーツ?格闘技が広まっていますよね
でも、日本の相撲はパンクラチオンとはまったく異なるものです
日本の相撲を思い浮かべて、似ていると思うのはアイルランドに古くから伝わる古代の相撲です
または太平洋の島々に伝わる相撲ですね
そう考えると日本の相撲は、新しいレスリング系とは隔絶された古代の相撲に近いと思えませんか

385 :出土地不明:2010/07/13(火) 23:29:49 ID:iNR0QeNw
韓国人教授が「李白は朝鮮民族」と主張、中国ネット上は炎上状態

  甘粛日報によると、韓国ソウル大学歴史学の金秉徳教授がこのほど、中国詩歌史上で
もっとも優れた詩人とされる李白は朝鮮民族の末裔だったと主張していることがわかった。
中国新聞網が伝えた。

  また、金秉徳教授は中国の李商隠、李賀、李渉などといった姓が「李」の詩人もみな、
朝鮮民族の末裔であると主張し、ユネスコに対して唐詩は韓国の無形文化遺産である
と申請する予定であるという。

  金秉徳教授が李白をはじめとする詩人が朝鮮民族であるとし、
「中国が歴史事実をわい曲し、韓国文化を剽窃(ひょうせつ)した」と主張していることに対し、
記事では、「驚きを隠せない」とする一方で、「笑いすらこみ上げてくる」と金秉徳教授の主張を一蹴。
「資料をひっくり返してみても、李白が朝鮮民族であるなどといった記述は一切見当たらない」とした。

  李白は唐の時代に生きた詩人で、同時代の杜甫とともに中国の詩歌史上でもっとも優れた
詩人と評価されている。出自については不明な点が多く、はっきりしたことはわかっていない。
記事では「韓国の李氏が中国に移住したのではなく、中国の李氏が韓国の李氏を生んだのだ」とし、
韓国有名大学の教授が李白は朝鮮民族だったなどとするデタラメを口にするのは遺憾であるとした。

  金秉徳教授の主張は中国の主要なインターネットメディアで大きく取り上げられており、
環球網では反論のコメントが900以上も寄せられるなど炎上の様相を呈している。
(編集担当:畠山栄)

サーチナ 2010/05/15(土) 15:25
http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2010&d=0515&f=national_0515_017.shtml





386 :白馬青牛 ◆8mr41B7alChB :2010/07/13(火) 23:33:58 ID:Qk4PJ8mW
>>380
宮本常一氏の解釈にわしが全て賛同しとるわけじゃあるまいし。
事大しとらんよ。宮本氏は、倭人を越人が南朝鮮に根を下ろした
民族で騎馬民族が倭人の船で日本へ来たとれるが、わしは、
ツングースの水軍要素の強さや倭人≒越人説を否定しとる方じゃ
けんのう。
じゃが宮本氏は、傑出した学者であることに違いないし、
柳田国男氏の夜這いの話も省く綺麗事羅列の官僚お役人民俗学と
違い、庶民の立場で農村の現実を書いておられるよ。
そういやあ、柳田氏は南方説論者じゃったのう。お役人の空虚な
綺麗事だけ書くけぇ、ファンタジーな南方論者になるんじゃろうね。
>>381
死を前にして潔いんは、中国人じゃないか。没法子(仕方ない)と
あきらめも早いけんのう。日本人なんか、死を覚悟した人間でも
一旦助命する。云うて、次にやっぱし処刑すると宣言されたら、
命だけはお助けをと弱音吐くけんのう。朝鮮人も日本人に近いじゃ
ろう。神経が細うて動揺し易い日本人は、勇敢と臆病の落差が
激しいけぇ、潔さは乏しいよ。

387 :白馬青牛 ◆8mr41B7alChB :2010/07/13(火) 23:42:28 ID:Qk4PJ8mW
>>384
モンゴル相撲はまわしを取らんですけんのう。その点ケルト系や
中央アジアのトルコ系のまわしを取るスタイルの相撲に近いですよ。
太平洋の相撲スタイルに関しては知識が乏しいゆえ、よう解りませんわ。
太平洋では、島々によって相撲スタイルも違うんですか?
ほいから、日本の相撲スタイルに近いんは、どの島ですか?

388 :出土地不明:2010/07/13(火) 23:44:38 ID:ud+1lkSx
牙民族襲来説って、散々否定しつくされた30年前のデンパだろ?
匿名掲示板じゃなきゃ恥ずかしくてプッシュ出来ないよな。

389 :出土地不明:2010/07/13(火) 23:46:39 ID:d4WLYBX4
>宮本常一氏の解釈にわしが全て賛同しとるわけじゃあるまいし。
>事大しとらんよ。

指摘されるたびに、そがなこといちいち書いてたらキリ無いど。あんたは人に
レッテル貼るのが好きなようじゃが、少し反省すべきじゃのう。わしゃあん
たの言う南方説論者だぁ綺麗事だファンタジーじゃ...には全く感心で
きんわ。そがな言葉でまとめられるほど単純ではないわい。まぁ宮本氏が
傑出した人物であることはわしも認めるところじゃがね

390 :出土地不明:2010/07/13(火) 23:51:51 ID:ATxPSYFY
>>383 それなら日本へ来たというのは騎馬民族でなくてロバ民族だな。

 または牛車民族か。

391 :出土地不明:2010/07/13(火) 23:56:26 ID:dPDFxks+
騎馬文化は来たかもしれないが、騎馬軍団は来てないよね。
だいたい半島から無理やり騎馬軍団が列島に渡ろうとしたら任那の倭人と列島の倭人に挟み撃ちに
されて起きて破りの逆白村江になって騎馬軍団は海の藻屑だ。

392 :ドレミ ◆YeeMODUSQg :2010/07/14(水) 00:25:45 ID:q/Vro2iH
>>387
トルコ系のは東に伝播してますよ。
四川の杏格(西戎系) このサイトは非常に重い・・・
ttp://v.youku.com/v_show/id_XMTEzMDU0MDMy.html

こっちは、レスリングと似てますよ。
雲南の杏格(南蛮系)
ttp://video.sina.com.cn/v/b/23722204-1540978647.html

牛レース (多分、四川康定県あたり チベット族でもKhamの競技か)
ttp://www.56.com/u79/v_NTEyMzM3NTY.html
>>390
ロバは、湖北省や河南省に多いんですが、日本に来てないみたいです。

393 :出土地不明:2010/07/14(水) 00:43:57 ID:0Z3CNjin
>>392 はあ、どうも。水牛も日本へ来ていないようですね。


394 :出土地不明:2010/07/14(水) 00:59:22 ID:AGDVjR5o
昔の相撲は野見宿禰をはじめとして今の古流柔術で見られるような何でもありのスタイルだ。
体系化された柔術が広まるまで武士の組討技術でもあった。

395 :出土地不明:2010/07/14(水) 02:15:08 ID:2RkOxu3N
猿やクマ同士でも相撲取るし、別にどこが起源ってわけでもないでしょ。
男の力比べなんてやらない所の方が存在せん。

396 :出土地不明:2010/07/14(水) 02:22:59 ID:KLJqRDJo
>>391
騎馬文化その物が古墳時代中期伝来でしょ。
邪馬台国や倭の5王は明らかに馬に乗っていない。
「山川を跋渉し・・・」

397 :出土地不明:2010/07/14(水) 08:01:10 ID:PizsQij/
日本の相撲は古代中国の相撲がルーツってことはないんですか?

398 :出土地不明:2010/07/14(水) 11:18:50 ID:E8c0iRnf
そもそも人の体がおなじ形だから格闘技術は似たものになるし、
人同士の争いがある以上どこがルーツということもなく、時間差があるにしても
それぞれ自然発生したという考えは無いのでしょうか

399 :出土地不明:2010/07/14(水) 12:11:31 ID:k9gIXGPX
読売朝刊に、大和朝廷が宮城県内に築いた「蝦夷防衛線」の話が載っていました。
騎馬民族や狩猟民族の侵入に怯えて「長城」や「城柵」を巡らすのは、農民の発想でしょう?
モンゴル人は馬に乗ってユーラシア大陸を縦横無尽に駆け抜けましたが、大和民族は、蝦夷の
進入に怯えて、土塁で囲まれた城柵を密集させて、長城を築いたのです(苦笑)

400 :出土地不明:2010/07/14(水) 12:49:30 ID:0Z3CNjin
>>399 世界歴史地図を見ると朝鮮にも新羅の長城というものが新羅北部で半島を横断している図が載っている。


401 :出土地不明:2010/07/14(水) 14:57:50 ID:KVPirKwA
>>400
そういう中華風のではなさそうだけどね。

402 :出土地不明:2010/07/14(水) 19:25:14 ID:KLJqRDJo
>>374
あほだねー、
4世紀末に倭を代表し新羅・百済を属国だと主張して認証される集団が
大和朝廷以外に有りうるのか?

403 :出土地不明:2010/07/14(水) 19:56:27 ID:o/JRqd6Y
1、弁韓=後の任那でありそもそも列島の倭人とは同一の勢力なので支配するとかされるとか言う関係じゃない
2、馬韓=後の百済だが当然のこと倭国と同じく分裂国家で倭国に出兵は不可能
3、辰韓=後の新羅だがまだワイ族は統一国家を築けて居ないのでヤッパリ倭国に出兵は無理
4、高句麗=漢人との戦いで手一杯で半島にすら手を出す余裕無し
5、楽浪郡=半島亡命漢人を含む漢人勢力で王氏の出身地。半島を監視するのが目的で列島を支配する目的は無い
6、ワイ族=辰韓の地や半島の北部に住んでいるが統一国家じゃないから無理





404 :出土地不明:2010/07/14(水) 20:03:44 ID:o/JRqd6Y
>>403
When・・・何時?
Who・・・誰が?(どの民族が?)
Why・・・なぜ?(どういう理由で)
HOW・・・どうやって?

騎馬民族が列島を支配したと言うのならこれらの疑問に答えなければならない。
騎馬民族は何時頃にどの民族がどういう理由でどうやって列島を支配できたのか?
何時?倭国建国時の何時頃に
誰が?いかなる民族の騎馬民族が征服したのか?高句麗?ワイ族?
何の理由で?そもそも列島に騎馬民族が来る理由が分からない。山がちで狭い国土なのに騎馬民族にとって魅力的ではない
どうやって?弁韓(後の任那)に倭人が居るので列島に渡ろうとすると挟み撃ちにあう。どうやって列島に渡るの?方法がほぼ無い

405 :出土地不明:2010/07/14(水) 20:20:49 ID:o/JRqd6Y
まず1の弁韓は後の任那で倭人が住む土地。列島と同じ勢力で同じ人種である。広島県人と愛媛県人の違いぐらいしかない。
任那と列島は二卵性双生児でありどちらが親でも子でもないよって列島を支配する理由が無い。なぜなら同一だから支配するとかされる関係じゃない。
2と3は統一国家ではない。中国も戦国七雄と呼ばれて分裂国家であった時期があり統一国家ではない。だがこの中国の統一国家と
一緒にしてはならない。戦国時代の分裂国家とは言えど戦国七雄は一国一国それぞれが半島全土や列島全土に匹敵する強大な支配権を持っている。
燕や斉や魏の一国だけで三韓の半島全勢力に匹敵する。中国の分裂国家と半島の分裂国家とは次元が違う。しかも、三韓自体が更に分裂国家を築いている。
つまり分裂国家の中に更に分裂国家がある状況。オマケに北部は楽浪郡の漢人勢力に抑えられていて身動きとれず。
2、3の馬韓と辰韓を戦国七雄と同じように見てはいけない。更に1の弁韓は倭人勢力。分裂国家中の分裂国家に列島を支配する力は無い。
5に上げた漢人勢力の楽浪郡。王氏の勢力だったのは間違いない。既に楽浪郡から「王氏」の名が記された遺物が「楽浪」と言う文字とセットで出土している。
日本に漢字を伝えた王仁は楽浪郡の漢人である事は間違いない。王仁が生まれた時は百済建国直前ですしね。
で楽浪郡は半島を監視するのが目的で倭国支配が目的ではない。
6のワイ族は高句麗に従属しており後に新羅を建国する民族だがまだ辰韓を制圧できていない。

しかし、ただ一つだけ列島を支配できる実力の勢力が居るそれは高句麗である・・・だが

406 :出土地不明:2010/07/14(水) 20:34:15 ID:o/JRqd6Y
弁韓は同一民族だから論外、馬韓・辰韓には列島に渡る実力が無いので支配するのは不可能
中国の分裂子国家である戦国七雄の一国にすら及ばない半島勢力の分裂国家の更なる分裂国家だから戦力的に無理、時期的にも
百済・新羅建国前なので無理。新羅・百済建国後は倭国も分裂国家じゃなくなっているからどの道無理
朝鮮側の資料である広開土王碑も三国史記も海を越えて倭人が攻めてきたとあるだけで、自身が列島に攻め入ったとの記述なし。中国と日本の資料も同じく。
楽浪郡は王氏(何度も言うが王氏の名が書かれた遺物が出土している)の故郷で半島監視が目的で列島支配が目的じゃない。ワイ族もまだ国家を作ってない
から無理。唯一戦力的に列島を支配するだけの実力があったのが高句麗だ。だが高句麗は場所が悪すぎる。鴨緑江の北の満州に居ており半島に勢力を伸ばせていない。
なぜなら楽浪郡が存在していて激しく対立していたからね。他にも他の遊牧民(鮮卑・鳥丸・匈奴など)も油断なら無い。列島攻める前に鴨緑江を渡って半島を支配しないといけない
でも楽浪郡や三韓や他の遊牧民に囲まれていて列島に攻め込むのは不可能。
高句麗は戦国七雄の一国に匹敵する。もし高句麗が半島南部に存在したら列島を支配するのは可能。
でも高句麗は満州にあったんです。だから無理なんですね物理的に。勢力は唯一列島を超えていたのにね。
つまり理由が無い

407 :出土地不明:2010/07/14(水) 20:50:56 ID:o/JRqd6Y
騎馬民族が列島を支配するには・・・
突如どの民族かは分からないが騎馬民族が海洋民族に目覚めて、騎馬民族と海洋民族の両方を備えた戦国七雄も
ビックリの超大国が発生。その騎馬民族が半島に侵攻するがなぜか楽浪郡がそれを黙認した上に弁韓の倭人もなぜか
全く抵抗しない。その上なぜか中国・朝鮮・日本の資料に一切記述が無いと言う不可解な列島侵攻、彼らはステルス戦闘機に
載っていたのかもしれません。そして、なぜか馬韓や弁韓が分裂国家中の分裂国家なのに突然半島国家の同族意識に目覚めてその騎馬民族に
従属して列島に侵攻。それなのになぜか列島に戦いの跡や言い伝えも資料も一切無いと言う不可解さ。そして、なぜか漢字の音読みに南方の呉音が
沢山あり、昔から話されていた大和言葉と朝鮮語が全然似ていないということで騎馬軍団が突如日本に来て自国の言葉をキレイさっぱり忘れて
大和言葉を話すようになり、DNAからも痕跡を消すのであった。
その上に騎馬民族特有の檀君神話もアリランもトーテムポールも熊が先祖だったと言う話も一切倭人に伝えるのを拒絶したと言うアクロバットが
実現して初めて騎馬民族が列島を支配できる。

408 :ドレミ ◆YeeMODUSQg :2010/07/14(水) 21:49:52 ID:q/Vro2iH
>>395
中国西南部のは女性の競技でもあるんですよ。
もとは母系社会だった可能性が示唆されているし、今でもナシ族モソ人は母系社会の痕跡があります。

>>397
中国沿海部は、モンゴル相撲の流れの満州相撲ばかりなので、可能性は低いが、
昆明とか成都とか土司地区近隣のものが古代の相撲かもしれません。
でも、土司地区のは、元の時代も含めてそれより前の来歴がわからんのです。
ルールや装束を規定した文書が出ていない。
墳墓の壁画(河南省密県打虎亭)などに、漢代から相撲の絵が出てきてます。
唐代の文書からは、蹴ったり殴ったりしてると解釈できるようです。

>>398
ルールの共通点とまわしがあるのか否かは、注目してもいいのではないかと思いますよ。
自然発生したものに、何か枷をはめているところを文化とする仮定に立てばの話です。

409 :出土地不明:2010/07/14(水) 22:06:17 ID:82k4lW0t
現代の朝鮮人には、アリランという祖先から伝承した唄があり、
自分たちの言語や文化の源流は、そこににあることを想起したらよい。
百済やミナマは、現代朝鮮人とは、関係なさそうだね。

410 :出土地不明:2010/07/14(水) 22:15:46 ID:82k4lW0t
ほれ、白馬青牛さんの故郷の唄だ。いい唄じゃないか。

原詞
1.??? ??? ????
?????? ?? ??
?? ??? ??? ??
??? ??? ????
2.??? ??? ????
??? ??? ????
????? ?? ??
??? ??? ?? ??
3.??? ??? ????
??? ??? ????
?? ? ?? ??????
?? ???? ?? ??

日本語訳
1.アリラン アリラン アラリヨ
アリラン峠を越えて行く
私を捨てて行かれる方は、
十里も行けずに足が痛む。
2.アリラン アリラン アラリヨ
アリラン峠を越えて行く
晴れ晴れとした空には星も多く、
我々の胸には夢も多い。
3.アリラン アリラン アラリヨ
アリラン峠を越えて行く
あそこ、あの山が白頭山(満州民族・朝鮮民族の霊峰)だが、
冬至師走でも花ばかり咲く。


411 :出土地不明:2010/07/14(水) 22:37:00 ID:o/JRqd6Y
アリランってエヴェンキ族の言葉らしいね

412 :出土地不明:2010/07/14(水) 22:41:47 ID:o/JRqd6Y
「イーゼンプップ、イーワンプ、イーゼイワンナーニーホー、チョッコウデルデルデルメンド♪♪♪」
の歌もマイナーだが日本が戦前に朝鮮と満州を占領した時に朝鮮人やモンゴル人が歌ってたそうだ。
日本にはもちろん伝わってない。
まあこの歌は元日本兵とか朝鮮半島に戦後に渡った日本人しか知らないからドマイナーで誰も知らないけど。
モンゴル人もこの歌を知っている説があってテレビでモンゴル人も歌えるとか素人老人が言ってたな、本当かは知らないが。

413 :白馬青牛 ◆8mr41B7alChB :2010/07/14(水) 22:44:11 ID:JVZSYXzE
>>389
わしが人にレッテル云うとるが、この板の反騎馬民族説の連中見てみい。
騎馬民族、遊牧民族について知識の乏しい嫌韓ネット右翼ブログの引用
ばっかしで、ヒステリックに連投羅列しよるだけじゃないか。しかも
同じ鋳型に嵌められた大量生産品が如く、個人の見識も無い。
そがんもんを類型パターンでレッテル貼ってどこが悪りいんのう。
われが感心しょうとすまあがわしゃあ知ったことじゃなあど。
>>390
出雲の大国主命らは、騎牛民族でもあるのう。
http://toyamanoteiou.blog102.fc2.com/blog-entry-854.html
牛に乗って越(北陸、古志の土雲の原住民)を平定したけんのう。
元来騎牛民族の柔然が、モンゴル高原を征服し、アヴールとして東欧まで
征服したことを考えると、騎牛民族侮り難しと云うべきか。
>>391-403及び>>404-405及び>>406-407
前にも云うたよう、伽耶任那の支配層は、北方木槨墓人で韓人や倭人を支配
したし、騎馬文化を持っとったよ。新羅の支配層も積石木槨墓人じゃし、
朝鮮半島自体、北方民族の支配しとらん地域は無いよ。列島倭人にしても、
漢に生口(奴隷)を献上する貧弱な隷属民じゃし、軍事力なんか無いけん
のう。あんたの妄想物語を羅列しても、世界的北方民族の移動期4世紀に、
ゲルマン・五胡・扶余等の南下による国家と民族の形成は否定出来んよ。

414 :出土地不明:2010/07/14(水) 22:55:06 ID:0Z3CNjin
>>412 そういえばジンジロゲの歌はインドか東南アジアにもあるという説が数十年前に出ていたな。


415 :出土地不明:2010/07/14(水) 23:05:44 ID:o/JRqd6Y
任那人=倭人なわけだが広島県人と愛媛県人が別人種と言えばおかしな話になるのと同じ事
任那人は倭人で列島の倭人と同種。どちらが先でも後でもない同時に誕生した二卵性双生児だ。

416 :出土地不明:2010/07/14(水) 23:11:17 ID:o/JRqd6Y
騎馬民族が南下するのに最大の障壁は楽浪郡、次に倭人の住む任那、当然列島に攻め込むなら
同族の任那が黙っていない。最後に海の万里の長城たる日本海が立ちふさがる。
そして、最後に邪馬台国か大和国が迎え撃つ事になる。

417 :出土地不明:2010/07/14(水) 23:12:41 ID:82k4lW0t
「ジンジロゲおどり」 作者不詳
(明治時代のジンジロゲおどり)
ヂンヂロゲ ヤ ヂンヂロゲ
ドーレドンガラガッタ
ホエツ ラッパノ ツエツ
マーヂン マーヂンガラ ヂョイヂョイ
シッカリカマタケ ワイワイ
ピラミナパミナ
ヂョイナラリイヤヂョイナラリイヤ
アングラカッチ カングラカッチ
ナッパッパルチルカーナ
オップルセット ナップルセット
ナッパッパルチルカーナ

なんか懐かしい気持ちになるが、意味わかってる人教えて、

418 :出土地不明:2010/07/14(水) 23:21:33 ID:4C9+ERMC
このスレで牛以外で騎馬民族渡来説を支持する人、挙手ノシ。
…牛、自演すんなよ。

419 :出土地不明:2010/07/14(水) 23:21:46 ID:goXo/K3X
>わしが人にレッテル云うとるが、この板の反騎馬民族説の連中見てみい。
>騎馬民族、遊牧民族について知識の乏しい嫌韓ネット右翼ブログの引用
>ばっかしで、ヒステリックに連投羅列しよるだけじゃないか。しかも
>同じ鋳型に嵌められた大量生産品が如く、個人の見識も無い。

人がどうだとか関係ないんじゃよ。あんた、自分も同じように思われとるという
ことを理解せにゃいかんのう。単語をかえりゃあ、こりゃ当にあんたのことじゃろうが。
自分で自分の姿が分からなきゃ、嫁さんにでも訊けばええんじゃ。

420 :出土地不明:2010/07/14(水) 23:30:18 ID:82k4lW0t
>>418
騎馬民族といおうか、馬の生産民は渡来したんだろうね。
でも、とても友好的な人たちで、乱暴に縄文人や弥生人を
征服や絶滅させたんでは無いと思うよ。

421 :白馬青牛 ◆8mr41B7alChB :2010/07/14(水) 23:35:36 ID:JVZSYXzE
>>392
モンゴルの相撲も、地域によって沖縄相撲に近い、内モンゴルの
オルドス地方型や日本の相撲に近い型もあったようです。
http://www.wako.ac.jp/souken/touzai02/tz0209.html
キルギスも、バンド(まわし)を持つ日本の相撲に近いスタイルですね。
http://www.human-g.com/KS04-4.html
ほいから、キルギスの馬も、背が低く、根気の強い、山でも走れる馬
ですね。
あなたが挙げたチベット・カム地域の馬なんかも根気があって山に強そう
ですね。騎牛レースも面白い。あの勇猛なカムパが、牛に乗って掠奪遠征に
行ったと考えると、柔然や出雲族みたいですね。
>>394
柔術なんか文献上江戸期じゃけど、人間が闘争に用いる技術は文献以前
じゃけんのう。高句麗壁画にも打撃を表わす相撲を描いとるね。

422 :白馬青牛 ◆8mr41B7alChB :2010/07/14(水) 23:50:04 ID:JVZSYXzE
>>396
倭の五王なんか、日本の記紀に記述が無いし、日本列島云う根拠も無いよ。
おそらく伽耶の北方木槨墓人が威張って中国側にラッパ吹いたんじゃ
思うが、百済より格下の地位しか与えられんかったんが実情じゃろう。
>>399
アングロ・サクソンも、大陸時代はローマの長城の化外じゃったが、
イングランドを征服すると、ケルト系から長城を持って防御する
立場になったよ。まあ、モンゴルのような遊牧地域は、城壁を築かんよ。
羌地域やツングースは城を築き、防御を整えるけんのう。
純遊牧型と半農半牧、半猟半農ないし、定住牧畜民型は違うよ。

423 :出土地不明:2010/07/15(木) 00:14:53 ID:U9O/eZxJ
>>422
倭王武はワカタケル大王だと思うが?

424 :白馬青牛 ◆8mr41B7alChB :2010/07/15(木) 00:15:33 ID:p9sC0c0U
>>402
4世紀に大和朝廷なんか、あった根拠すら無いよ。
>>410
わしの故郷は広島県じゃが、あんたの故郷なんか知らんが、半島の者かも
知れんのう。(笑)
>>411
アリランがエヴェンキ語云うんは嫌韓サイト以外の根拠云うてあるんか?
>>415-416
伽耶と列島が同一文化圏であるんは事実じゃのう。広島人と愛媛人は
多少違うけど。広島は東国人の移住が鎌倉末期から多かったわいや。
しかも、上代から広島県は蝦夷の佐伯部の影響が強いけんのう。
楽浪なんか高句麗に滅ぼされとる。伽耶自体が北方木槨墓人に支配され、
中国に奴隷を献上する軟弱邪馬台国じゃあ相手にならんよ。
大和国なんか、この時期に成立しとらんよ。
>>418
嫌韓ネット右翼の宗教カルトが多いこの板の性質を考えんさいや。
>>420
征服渡来者と、奴隷化された日本原住民との平和共存じゃのあり得んね。
http://yumiki.cocolog-nifty.com/station/2008/02/post_e7fb.html
明夜航記さんが、渡来者による日本先住民への酷使と壊滅の歴史と
されるように。

425 :白馬青牛 ◆8mr41B7alChB :2010/07/15(木) 00:21:51 ID:p9sC0c0U
>>423
語呂合わせで思うじゃのうて、倭からの外交文書事項じゃけぇ、
ワカタケル云う実在かどうか怪しい人物を含め、記紀に五王全てを
銘記して外交内容を日本側の独善でもええけぇ銘記せにゃあ可笑しか
ろうに。

426 :出土地不明:2010/07/15(木) 01:09:46 ID:XvW8Tcvh
>>422 倭王の一人は海北数十カ国を平定したと記録しているが、海北とは常識で考えれば列島から見た朝鮮南部のことだろう。

 加耶から海北というのは、どこを指すんだ?


427 :白馬青牛 ◆8mr41B7alChB :2010/07/15(木) 01:56:38 ID:p9sC0c0U
>>426
魏志に楽浪が辰韓征伐に船を利用しょうとしたよう、朝鮮半島も海上遠征が
普通じゃけぇ、伽耶から海北なら全羅北部でも、慶尚北部でも成り立つ
のう。

428 :出土地不明:2010/07/15(木) 06:25:03 ID:1IZCE0MP
騎馬民族が列島を支配するには・・・

突如どの民族かは分からないが騎馬民族が海洋民族に目覚めて、
騎馬民族と海洋民族の両方を備えた戦国七雄も ビックリの超大国が発生。
その騎馬民族が半島に侵攻するが
なぜか楽浪郡がそれを黙認した上に弁韓の倭人もなぜか 全く抵抗しない。

その上なぜか中国・朝鮮・日本の資料に一切記述が無いと言う不可解な列島侵攻、
彼らはステルス戦闘機に 載っていたのかもしれません。
そして、なぜか馬韓や弁韓が分裂国家中の分裂国家なのに
突然半島国家の同族意識に目覚めてその騎馬民族に 従属して列島に侵攻。
それなのになぜか列島に戦いの跡や言い伝えも資料も一切無いと言う不可解さ。
そして、なぜか漢字の音読みに南方の呉音が 沢山あり、
昔から話されていた大和言葉と朝鮮語が全然似ていないということで
騎馬軍団が突如日本に来て自国の言葉をキレイさっぱり忘れて
大和言葉を話すようになり、DNAからも痕跡を消すのであった。
その上に騎馬民族特有の檀君神話もアリランもトーテムポールも
熊が先祖だったと言う話も一切倭人に伝えるのを拒絶したと言う
アクロバットが 実現して初めて騎馬民族が列島を支配できる。


429 :出土地不明:2010/07/15(木) 06:49:01 ID:O+HCv7iW
>>428
一番疑問なのは言葉です。
それから、古代列島の支配者達が、出自を隠して「倭人」になりきってしまっている点。
(最初から倭人だったのかも?w)

何故か“倭人=縄文人”と考えている人も上の方にいるようですが、当然弥生人も
含んでいるはずです。
卑弥呼が縄文人かというと、、非常に疑問。

430 :出土地不明:2010/07/15(木) 07:34:49 ID:1IZCE0MP
>>429
縄文時代から、アイヌ民族と南朝鮮倭族との混血が、
進んでいたんではと思います。
単に稲作が広まったのが弥生時代と思います。

渡来人は、少数でなので、縄文人の言葉に従うものの、
新しい文化の語彙は、古くは呉音、近くは英単語のように、
元の言葉に吸収させていくのれるのかなあと思います。

和をもって貴しとなす。という後年の聖徳太子のように、
日本人の精神の基幹かなあ。

431 :出土地不明:2010/07/15(木) 08:31:40 ID:JOs6ffDU
お牛さんの話だと渡来人が少数だと縄文人に食べられてしまうから、
まとまって渡来して縄文人の男は殺すか奴隷にして、女はレイプする
しか一貫して交わる道はなかったらしいよ。

432 :出土地不明:2010/07/15(木) 08:43:49 ID:HGkltgQH
チベットには番犬や牧羊犬に使われていたチベタン・マスティフという犬種がいる
原種は背高が1mぐらいあって「たてがみ」が有る
これがシシや狛犬、シーサーの元になったと思われる
犬は食べ物にあらず

433 :出土地不明:2010/07/15(木) 09:50:18 ID:U9O/eZxJ
ベトナムから昔よくボートピープルが日本に流れ着いてきたが物凄く粗末な船でよく日本まで来れたなという
代物だった。ベトナムから・・・まあ台湾とか経由してるかもしれないが日本列島までボロ舟で来れるんだから
行き来はそれほど難しくないね。もちろん列島から行くのも列島に来るのもね。
>>428
匈奴とか鮮卑の対立遊牧民がその騎馬民族とやらが列島に侵攻したのを横から指をくわえて待ってたんかな?
兵力が手薄になったら速攻で攻めるよね普通は。それとも匈奴自体が列島に攻めてきたんでしょうか?
それはもっとありえないがね。
>>431
そうなると朝鮮に対するモンゴルや女真による征服みたいな事なんだがその痕跡とかあるのかな?




434 :出土地不明:2010/07/15(木) 09:55:41 ID:U9O/eZxJ
で一体列島を支配した騎馬民族様とはどこのどなた様なんでしょうか?
抽象的な答えしかないのでどうにも信憑性が薄い気がします。

倭王武=ワカタケル大王

武=タケル
と読むし
時期的に見てみても矛盾しないので正解だろう。

435 :出土地不明:2010/07/15(木) 11:25:42 ID:U9O/eZxJ
檀君神話・先祖が熊・アリラン・トラジ・鳥のトーテムポール・人面木に加えてオンドルも伝わってないな。
日本は畳文化だし。チマチョゴリと和服も似てない。
騎馬民族が列島を支配したならこれらは一体どこに消えてしまったのでしょうね?

436 :出土地不明:2010/07/15(木) 12:45:40 ID:5gw7vhGW
なんだか勘違いしてる人がいるようなので確認したいんだが
騎馬民族って別に別格に強いわけじゃないんだけどな

437 :出土地不明:2010/07/15(木) 14:00:38 ID:XvW8Tcvh
>>427 「海北」平定の解釈は倭の南韓平定>>>>>>加耶の辰韓・全羅北道平定だろう。

 加耶なら陸戦が主体になるのが常識だ。

438 :出土地不明:2010/07/15(木) 14:29:49 ID:AtpGx9QT
チョゴリのVネックは、魏志倭人伝の貫頭衣そのもの。半島倭人の
置きみやげだろう。チマはモンゴルの騎馬民族の女性のスカート。
元に支配されて居た頃の名残りか。鳥越憲三郎氏の「古代中国と倭族」には
雲南少数民族が現代も着用するVネック貫頭衣が写真付きで紹介してある。
2年前、タイ・チェンマイの少数民族文化センターで踊ってた少女達の
衣装も貫頭衣Vネックだった。頭には苗族風の銀兜を冠っていたが、
何故か衣装の上着の部分は倭人風。襟なしVラインに添って美しい刺繍が
してあった。彼女達は、自分達が民族衣装として着用している上着が、
1,700余年前、中国の歴史家によって倭人ファッションとして描写されて
いる事など知る由もない。

439 :出土地不明:2010/07/15(木) 17:48:06 ID:ArrjqfQ1
>>430
縄文時代にアイヌ民族は存在していない。
>>436
畳文化とかチマチョゴリとか、いったいいつの時代の話をしているんだ?
それぞれ時代が違うものをテキトーに並べて「伝わっているいない」の話を
しても意味が無い。ついでに言っておくと鳥形の木製品やオンドル状遺構
は普通に列島でも発掘されている。


440 :出土地不明:2010/07/15(木) 17:53:59 ID:lpIl5fhd
王子を人質に出した国
新羅 百済 高麗 李氏朝鮮 大韓帝国

王子を人質に取った国
倭 元 清 日本

 属国        宗主国

 新羅    →    倭
 百済    →    倭
 高麗    →    元
李氏朝鮮 →    清
大韓帝国 →  日本

三国史記 新羅本紀
・倭国と好誼を通じ、奈勿王の子未斯欣を人質とした。
・均貞に大阿滄を授け、仮に王子として倭国に人質として送ろうとした。

三国史記 百済本紀
・(阿宰)王は、倭国と好誼を結び、太子の腆支を人質とした。
・太子であった扶余豊は、かつて倭国に人質となっていた。

441 :ドレミ ◆YeeMODUSQg :2010/07/15(木) 21:59:25 ID:5fxY3M7w
>>424
> アリランがエヴェンキ語云う
艾呀♪ 雅拉索♪ 阿哩哩♪ なんでもいいいんじゃないですか?
意味のない間投詞だから。

>>432
この犬種の歴史って詳しくわかってないです。
http://www.sarastibetanmastiffs.com/breed.shtml
原産地がMcMahon Lineのあたりらしいので
狛犬の姿にてモンゴル経由で日本に伝わったのと
獅子の姿にてタイ経由で日本に伝わったのと両方あり得ます。

>>438
タイのメーオ族、ミャンマーのモン族、中国のミャオ族は同族ですよ。
彼等の口承叙事詩によれば、彼等の祖先は楚の民。

442 :白馬青牛 ◆8mr41B7alChB :2010/07/15(木) 22:20:23 ID:p9sC0c0U
>>428
また、繰り返しか。ここの過去スレでもトーテンポールは南方の雲南にも
ある云うたんじゃが。逆に騎馬民族のトーテンポール云うて何なん?
>>429
中国を征服した隋、唐も鮮卑出自を隠しとるよ。
>>430
縄文直系末裔のアイヌ語は、日本語と似とらんけぇ却下じゃのう。(笑)
>>432
日本も戦後まで犬の肉を食いよったけんのう。日本の犬肉食文化圏。
>>433
現代のように空から監視出来んかったら、黒潮に流される可能性が
強いね。しかも家族単位のボート・ピープルが来ても、現地民に
殺されるよ。渡来する側がまとまった集団で武力を持っとらん限り。
『バタン漂流記』になってしまうよ。現地民から殺されるか、逃げれるか
じゃね

443 :白馬青牛 ◆8mr41B7alChB :2010/07/15(木) 22:45:33 ID:p9sC0c0U
>>434
日本を征服したんは、古墳期の渡来集団で、江上氏のように
扶余だけとは、わしゃあ思うとらんよ。五胡のように多種の
北方民族が日本で権力争いをした方が可能性が強い。
倭の五王なら珍は誰になるん?まあ武とタケルも、中国人に通じん
日本的妄想じゃけど。
>>435
はあ?熊崇拝のアイヌ人や新大陸原住民まで、朝鮮文化か?
畳は室町時代からじゃし、云うとることが、わやくちやじゃのう。
>>436
別に騎馬民族じゃけぇ云うて強いわけじゃ無いよ。モンゴルなんかも
強かったわけでも無いし。モンゴルは漢人から掠奪されるケースの
方が多い。じゃけぇモンゴル高原を統一出来る連中を望んだんじゃ。
しかも周辺の森林の民から。個々じゃったら気性の荒いチベット
牧畜民の方がはるかに勇猛じゃわい。また、鈍重なモンゴル人より
も、快活機敏なトルコ系遊牧民の方が騎馬戦闘でも一枚上じゃない
かね。ただ沈黙の哲人と云われるモンゴル人はリーダーとして、
担がれる人徳要素で優っておったんじゃないかね。

444 :出土地不明:2010/07/15(木) 22:55:34 ID:U9O/eZxJ
日本を征服にやって来た騎馬民族の名前は?
それから王の名前は?

東ゴートのテオドリックとかフン族のアッチラとか匈奴の冒頓単于とか強大な王は名前が
知られているはずだが列島にやってきたと言う騎馬民族の王の名が一切不明なのも不可解。
楽浪郡の漢人はなぜ記述しなかったんでしょうね。鮮卑や鳥丸の王の名前とかでも普通に判明しているのに。

445 :出土地不明:2010/07/15(木) 22:58:09 ID:U9O/eZxJ
>>440
広開土王碑も倭が海を越えて半島に攻めてきたと言う話であって、高句麗が列島に攻め込んだと言う
話ではない。三国史記に書いてあるとおりだな。

446 :出土地不明:2010/07/15(木) 23:15:39 ID:WCmBdeJp
>>442
トーテンポール?(笑)

447 :出土地不明:2010/07/15(木) 23:21:14 ID:72ZxSMc8
>>439
>縄文時代にアイヌ民族は存在していない。
ちと参考までに↓(僭越ながら、多分承知済みのこととは思いますが)

ここでは「民族」を、
『縄文時代、政治的概念を有したヒト集団はいなかったという前提が妥当であると考えられるため、
ネイション的な「民族」ではなく、エスニシティ的なものを共有するヒト集団』と定義した。
「エスニシティ」とは簡潔に、【固有の文化に結びついた象徴的行為や認識の体系】とした。

>固有の"文化"に結びついた
>固有の"文化"に結びついた

ここでの、考古学的な「文化」の定義↓
『考古学にも独自の「文化」の認定法がある。とくに、V.G.チャイルドによる「土器・道具・装飾品・墓地・住居形態
などの特定型式の残存物が、いつも繰り返し共伴することがある。規則的に共存する諸特徴からなるこのような
複合体を、「文化集団」あるいは単に「文化」と名づける」という定義が、広く受けいられてきた。-以下略-』
"縄文時代の考古学T"「縄文文化の輪郭」 P51 より一部抜粋

アイヌ文化とは↓
@現在、「地域社会でアイヌの血を受け継いでいると思われる人、婚姻・養子縁組などによりそれらの人と同一
 の生計を営んでいる人」←この人たちが伴っている文化をアイヌ文化@と定義する。
A「和人」や「本土」の人たち、あるいは欧米人によって記録された文献史料や民族誌などから知ることのできる
 17世紀頃以降の文化をアイヌ文化Aと定義する。
B擦文文化が終わる13世紀以降の考古文化として復元されている文化をアイヌ文化Bと定義する。
以上、"縄文時代の考古学T"「縄文文化の輪郭」 P215 を参照

上記のことから、アイヌ文化Bから
「少なくとも、考古学的な定義では"縄文時代にアイヌ民族は存在していない"というのが妥当である。」
ということができる。また、アイヌ文化@とアイヌ文化Aに関しても縄文固有の文化と境界域が相当に
あると考えられる。


448 :出土地不明:2010/07/15(木) 23:22:28 ID:U9O/eZxJ
騎馬民族は鳥のトーテムポールが多い。西方の騎馬民族は犬のトーテムポールの民族がいる。
南方は竜神信仰が強くてあんまり鳥信仰は強くないイメージ

449 :白馬青牛 ◆8mr41B7alChB :2010/07/15(木) 23:26:38 ID:p9sC0c0U
>>438
チョゴリのVネックなら、和服も同じじゃし、貫頭衣は、今の
Tシャツのような丸でもあろうに。チマは漢族の裳もあるし、
モンゴル型でも無いよ。しかもチョゴリは、高句麗壁画や我が国の
高松塚古墳壁画にあるよう、モンゴル帝国時代のもんじゃ無いよ。
あんた、嫌韓サイトの受け売りが真実じゃと妄想しとるんじゃ
ないか?しかも日本の古墳時代の埴輪は北方民族の胡服・筒袖で
弥生期の文献の倭人スタイルと違うよ。
>>440
中国の史書にそがんこたぁ出とらんよ。
>>441
西川一三氏がチベット・アムド地方で「真黒いタングート犬の
獰猛なこと、大きいこと、蒙古犬は足元にも及ばないのである。」
と、あるのはこの犬の同じ種でしょうかね。

450 :出土地不明:2010/07/15(木) 23:51:26 ID:LjRJK+oy
このスレの主旨からして日本の支配層ではなく基層民が何処から
来たかの議論をすべき。
天皇が元々、高句麗とかと同祖かは可能性はあるとしても、一般の
倭人が満州・北朝鮮の人間と入れ替わったと主張するなら、考古学的
痕跡を挙げるべき。
どこかに古墳初期に船の残骸と馬具の遺品が大量にセットで発見
されているならともかく、筋の悪い仮説にすぎない。

451 :白馬青牛 ◆8mr41B7alChB :2010/07/15(木) 23:53:11 ID:p9sC0c0U
>>444
おいおい、アッチラや冒頓単于は防御する側の農耕民側の
史料に名前が載っとるんを、中国にダメージを与えたわけでも
無い、日本の渡来支配層を同一視してどうすんなら。
>>445
また嫌韓サイトの受け売りか。広開土王碑文の倭が何で日本列島
云う幸せ回路のお花畑解釈になるんかいのう。当時の倭は、
朝鮮半島や遼東まで含んどった沿岸住民の総称で。
まあ倭は遼東か伽耶地方の可能性が強いのう。
伽耶なんか、北方民族が支配し軍事力も強く、前世紀に奴隷を
献上しとった軟弱な列島倭人と違うよ。
http://www.rui.jp/ruinet.html?i=200&c=400&m=192870
4世紀に強力な騎馬軍団を持った伽耶に軟弱な列島倭人が
どう勢力を広げられるんか。(笑)
まあ、伽耶の原住民にゃあ、北方系に支配された縄文形質の
韓人、倭人がおったよ。
http://rickchan04.exblog.jp/10408537/
http://blog.livedoor.jp/hangyoreh/archives/888107.html
http://livedoor.2.blogimg.jp/hangyoreh/imgs/6/9/69974158.jpg
殉死の生贄にされた女性は、被支配民で、低顔、広顔ゆえ、
縄文系韓人・倭人か、この板に多い妄想南方説を取るなら
中国南部の越系倭人になるのう。

452 :出土地不明:2010/07/16(金) 00:54:15 ID:xXCx5VKr
>>451
騎馬軍団が強力ってのは妄想に過ぎない。

453 :出土地不明:2010/07/16(金) 01:08:45 ID:xiRLKd3Q
キモノの起源が貫頭衣である事は常識。鳥越憲三郎も、貫頭衣から
キモノに完成する過程を絵図にしてる。男が良く考察したなー。
チョゴリのVネックは、キモノより、さらに貫頭衣の原型に近い。
チョゴリは、豚飼い狩猟民族の粛慎の衣装として普書に記録された衣装をも
彷彿させる。記録によれば粛慎は非常に短い(一尺たけ)上着を上半身に
はおってただけ。チョゴリは、おそらく南方の貫頭衣と北方の豚飼い狩猟民族衣装が
融合したもの。青牛は、朝鮮半島が、倭人、漢人、東胡、蒙古、イルボンに
次から次へoccupyされまくった歴史なので、何とかして日本列島人も、
せめて正体不明の騎馬民族にでも征服された事にしてやりたくて、してやりたくて、
日夜、無駄な妄想に明け暮れ、頭がハチ切れて死にそー!!
万病のクスリであるらしいキムチを沢山食べて頑張ってね。

454 :出土地不明:2010/07/16(金) 01:31:38 ID:5RsvkRcG
縄文人は八丈島まで航海していた
黒潮を横断しまったく見えない島までな

しかも魏志倭人伝には、1年南東に航海すると違う国が有ると言っている
びびり朝鮮人にはこんな航海は無理だなw

455 :出土地不明:2010/07/16(金) 02:25:00 ID:SBGASxtN
脳内妄想全開だねw

456 :出土地不明:2010/07/16(金) 07:22:46 ID:jiPhxrGY
>>442
>中国を征服した隋、唐も鮮卑出自を隠しとるよ。

当時既に中華思想や華夷思想は根強くありましたから、彼らが少数民族出身で
ある事は隠す必要があったのかも知れません。
(時代が下って元や清になると、堂々と出自を明らかにする様になりますが。)

しかし、些か妙ですね。
倭人の住む日本列島は、当時は弱小で遅れた土地柄。
土着民は中華の人間でもないのに、意図的に出自を隠す必要があったでしょうか?
むしろ堂々と「扶余の末裔」だの「高句麗の末裔」だの主張するはずではないですか。

それから、扶余語とやらと日本語との共通点が殆ど解っていませんね。
現在の韓国・朝鮮語とは、文法と膨大な漢語(古典中国語)以外にどれだけの共通点が
ありますか?
逆に、本土の言葉と沖縄の言葉は、文法・語彙など、明らかに同根の言葉と思われます。

457 :出土地不明:2010/07/16(金) 09:27:05 ID:BRMGcO17
>>456
漢語も日本は南方の呉音が多いね。鍵なんて楚の言葉だし

458 :出土地不明:2010/07/16(金) 11:15:50 ID:cHIpVaMj
>>450 >>天皇が元々、高句麗とかと同祖かは可能性はあるとしても

・・・倭国のミミ、ミミナリ、ニキ、ヒナモリなどと類似官職名が大和朝廷でも使われている。

 つまり大和朝廷は倭人の後裔であって異民族臭は全然感じられない。

 征服王朝なら倭国とはガラッと違う異国情緒あふれる単語に満ちていたはずだ。

 百済、高句麗人が大量に渡来したはずなのに百済語、高句麗語の一語も記録に残っていないのは
征服民でなく日本へ帰化した連中にすぎないことを示している。

459 :出土地不明:2010/07/16(金) 12:57:24 ID:xiRLKd3Q
日本人男性のY遺伝子中、最大多数を占めるY−D2(40%)の
遠い祖先であるD*を、ほぼ100%持つインド洋、アンダマン島の
島民は、6万年前、人類が脱アフリカした頃の原初の風体を今も保つ。インド政府は
アンダマン島はインド領です。インド政府はカースト、カースト外に
係わらず、自国民の遺伝子を熱心に調査して堂々と公開する。
興味の有る方は、どぞ。
http://www.andaman.org/BOOK/chapter32/text32.htm

アンダマン島民の言語は、日本語、朝鮮語と同じSOV。現代アンダマン語の
母音の数は現代日本語と同じ5。昔の日本語は母音の数が多かったらしいけど、
アンダマン語も昔は多かったかも知れない。D*から別れてD2に成るのに
何せ別れて4万年の隔たり。日本語と共通する単語で唯一、目に留まったのは、
泣くと言う意味の「War」。英語のwarの発音ではなく、日本語ローマ字の発音と
変わらない音でWar。縄文人のご先祖様は、6万年前アフリカを出た時以来、
泣く時は、わーっ!って泣いてたのね。ところでアメリカ人が泣く時は
ブーフー!Boohoo!日本語とは似ても似つかない音で泣くんです。

460 :出土地不明:2010/07/16(金) 13:14:21 ID:vzIR5K/w
262 名前: 言語板よりコピペ 投稿日: 02/02/21 05:10
新羅意訳 高句麗語
三餐郡 密波兮 「み(つ)はけ」(中国語フォントでは餐が山+見になる)
五谷郡 于次-呑忽 「いつたに/たむ」
七重県 難隠-別 「ななへ」
十谷県 徳頓忽 「とたに/たむ」
兎山郡 烏斯含達県「うさぎだけ?」
海曲/海西県 波旦県 「わた」

三 mit (jap.み(つ))
頂上が平らな山 pua-kei (jap.はけ、はげは山梨・神奈川でまだ使われているようです)
五 (h)u-tsi (いつ)
谷 ta/on-mut (呑忽 = 頓忽) (たに、たむ?)
七 nan-in (Tungusic nadan)
重 in-pet,pet
十 to/ek (と(を))
兎 o/u-si/e-g/ke/am (をさぎ)
山 d/ta
海 pua-dan(波旦)? (Korean pada / Jap.わた)

http://www.sun-inet.or.jp/~ryr58037/kr_orig.htm#chuki06

水 買 mai (Jap.*mi-)
深 伏斯 b/puk-si/e(ふかし?)
谷 呑,旦 (たに)
鉛 乃勿 nai-mut (Korean nab) (なまり?)
口 忽次 kut-tsi (くち)

263 名前: 世界@名無史さん 投稿日: 02/02/24 00:37
http://www.sun-inet.or.jp/~ryr58037/kr_orig.htm#chuki06
  ↑
日本語、高句麗語、ビルマ語の基礎語彙比較表

264 名前: 世界@名無史さん 投稿日: 02/02/26 06:48
高句麗語の数詞はビルマ系だとした論文もあるよ

265 名前: 世界@名無史さん 投稿日: 02/03/02 22:25
>>264
日本語とビルマ語の基礎語彙の一致はつとに指摘されていること。
なので日本語を無視してビルマ語と関係づけるのは苦しいだろう。
でもまあ高句麗語はますます南方系だな。

461 :出土地不明:2010/07/16(金) 13:17:22 ID:gjN/lbB8
アンダマン島は母系が全く一致しない。よって袋小路w
チベット族は母系が5種類ぐらい一致する。
通常、父系と母系が一致しない集団の渡来は考えない。

462 :出土地不明:2010/07/16(金) 14:16:27 ID:MU3tbEwf
>>459
warは日本ではwarauで逆になるじゃん。

463 :出土地不明:2010/07/16(金) 14:31:39 ID:xiRLKd3Q
>>461
駄目なの?ショック。嫁なんて誰でもいーから連れて来れば良かったのに。
>>462
わーっ!気が付かなかった。

464 :出土地不明:2010/07/16(金) 14:40:49 ID:mLv9PrbH
男共が隣の女に目がくらめばその集団は母民族団から変質するw

465 :出土地不明:2010/07/16(金) 15:06:14 ID:q9RaiGwn
韓国で628ページもある「日韓同祖論」の本がでるそうです。
高額なので、いい本なのでしょう。

>5世紀末百済の蓋鹵王が高句麗長寿王によって死ぬとすぐに義慈王の息子が列島に渡り、
扶余列島をたてた後に日本古代の王朝である大和王朝を開いたのだ。

この説が白馬青牛氏の説と同じかどうかは解らないけれど↑

【韓国文化】「百済と日本は扶余族による同族」とした日韓古代史の新説本が出版される[07/16]
http://kamome.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1279253584/

百済(南部で)は扶余の回復を夢見たが高句麗の続いた南下でこれらがまた選択した土地が列島(日本)だ。
5世紀末百済の蓋鹵王が高句麗長寿王によって死ぬとすぐに義慈王の息子が列島に渡り、
扶余列島をたてた後に日本古代の王朝である大和王朝を開いたのだ。
結局のところ日本は扶余の国であるといえる。
 著者は徹底した文献的事実と考証を土台に本を書いたといった。 628ページ、2万2千ウォン

466 :出土地不明:2010/07/16(金) 15:46:51 ID:xiRLKd3Q
>>465
コリアンはアメリカに移民しても、或は多くのコリアン留学生や
売春婦の様に学生ビザでオーバーステイ不法就労してても、受け入れて
くれてる国に対して有り難う、じゃないのよ。「私は父親として、
我が子には常々教えている、アメリカを征服しに来たんだと思え。」だって。
このthanklessなコリアンの特異なメンタリティについて、アメリカ先住民(笑)も
ついに気が付き始めて新聞記事に成ってたわ。

467 :出土地不明:2010/07/16(金) 18:44:09 ID:FkXbb2ZZ
>>456
隋や唐の鮮卑拓跋部は少数民族ではない。
五胡は漢の頃から土着していて、突然現れた元や清とは違う。
同じ五胡でも他の部族は、それぞれのカリスマ的指導者を殺害されて、その政治力が著しく低下していた。
拓跋部だと名乗ったら、簡単にテロに遭う状態だったろうな。
事実として煬帝は、宇文部のテロみたいなもので殺害されている。
日本も北方民族が日本で権力争いをして、それぞれのカリスマ的指導者が殺害しているならば
勝ち残った指導者は過去を隠して倭人になりすますというのが、白馬青牛氏の説だと思う。

468 :出土地不明:2010/07/16(金) 19:27:27 ID:BRMGcO17
漢書には「倭は朝鮮半島の先の海を渡った所にある」と書かれており
論衡には「倭は呉越地方と交流があった」と書かれている

469 :出土地不明:2010/07/16(金) 21:16:00 ID:cHIpVaMj
>>467 小沢一郎や土井たかこが朝鮮出自を隠しているようなことを過去に投影しているだけだな。


470 :出土地不明:2010/07/16(金) 21:20:46 ID:cHIpVaMj
>>465 22000ヲンというと日本円で\2000くらいだが南鮮では高額書なのか?

 また朝鮮では人気が出る日韓同祖論で一儲けしようという同類の本が増えただけだな。

471 :出土地不明:2010/07/16(金) 22:10:53 ID:GX3Sjk9r
>>467
>日本も北方民族が日本で権力争いをして、それぞれのカリスマ的指導者が殺害しているならば
勝ち残った指導者は過去を隠して倭人になりすますというのが、白馬青牛氏の説

倭人はかなり強かったんですね。
征服者が積極的に言葉や伝統文化を学ぶぐらいだから。

今の皇族は混血して酒に強くなっているようですが、古代の征服者?は下戸だった
ようですね。
ちなみに、モンゴル人は赤ちゃんからお年寄りまで馬乳酒を飲み、一日平均1リットルは飲む
ようです。


“酒豪”どこに多い? 「全国酒豪マップ」の謎
http://www.nikkei.com/life/living/article/g=96958A90889DE3E2E3EAE5E7E1E2E2E3E2E5E0E2E3E2E2E2E2E2E2E2;p=9694E3E6E2E4E0E2E3E2E4EAE6E2

472 :出土地不明:2010/07/16(金) 22:17:15 ID:GX3Sjk9r
アルコール分1〜3%とは言え、赤ちゃんが平気で飲むのだから、モンゴル人は、
下戸ではないのだと思います。

馬乳酒
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%A6%AC%E4%B9%B3%E9%85%92
>酒とはいうものの、アルコール分は1〜3%程度であり、赤ん坊から年寄りまで飲用する。
酒というよりは限りなくヨーグルトに近い乳酸飲料であり、これだけで食事替りにして
しまうほどの夏のモンゴルの主食的存在である。大体一日に0.5〜1.5リットル位を摂って
いるという報告が殆どだが、中には一人一日平均4リットルを飲んでいるという驚くべき
調査結果もある。モンゴルでは丼のような入れ物にいれて飲む。

473 :出土地不明:2010/07/16(金) 22:57:33 ID:SBGASxtN
漢族の移動も知らないで呉音がどうのとか
言っているのがいるねw

474 :ドレミ ◆YeeMODUSQg :2010/07/16(金) 22:57:33 ID:vziEtBl7
鳥越憲三郎著『古代中国と倭族』って
各国語に翻訳されているみたいだけど
中国や台湾では、著者が意図していたのと違う結論を
導きだしているBlog論客が多い気がする・・・

475 :白馬青牛 ◆8mr41B7alChB :2010/07/16(金) 23:16:36 ID:U7jmX+0u
>>452
騎馬民族以上に列島倭人は弱いよ。
>>453
着物は後世で、古墳期は胡服じゃけぇ残念じゃのう。
>>454
八丈島じゃの原住民の存在が確認出来ん地域にたまたま辿りついたもんが
残っただけの話。
>>456
契丹以降は北方民族も出自を隠さんようになりましたね。日本は、江戸期
まで出自を隠しましたけど。ほいで新羅すら出自を隠してますね。
実際は>>451のよう伽耶の北方木槨墓人が扶余の末裔の可能性が強いん
ですけど。
ほいから上代日本語に、高句麗語以上に似た言語は今の処無いんですよ。
現代の江南の上海語は、北京語以上に文法的にも日本語とは遠いし。
>>457
百済経由で南朝の呉音が漢字表現に入っても、江南自体、日本のアルタイ
膠着語と関連がありませんよ。
>>458
あんた、ミミ、ヒナモリがアルタイ北方語と違う云う根拠も提示しとらん
じゃない。

476 :出土地不明:2010/07/16(金) 23:21:23 ID:F54Pb6gc
>>475
八丈島じゃの原住民の存在が確認出来ん地域にたまたま辿りついたもんが
残っただけの話。

無理して会話に入ろうとすると恥かくよ。八丈島の倉輪遺跡って知ってるか?

477 :白馬青牛 ◆8mr41B7alChB :2010/07/16(金) 23:39:27 ID:U7jmX+0u
>>467
倭人になりすますよりも、天降る云う抽象概念に還元したんが、日本の
渡来系支配層。
>>468
鮮卑に拉致された倭人を今回も無視か。
>>469
小沢氏や土井氏の在日朝鮮人説なんか、嫌韓ネット右翼サイト以外の
根拠が無いよ。竹下氏の方が可能性が強いね。
http://www.kkjin.co.jp/boso010_081207.htm
ここの 迫力ある記者がいなくなった にも出とる。ウイッシュ!
>>471
邪馬台国にしても奴国にしても、中華隷属の奴隷献上の列島倭人は、
奴隷根性が見に付いており弱いよ。
>>472
アルコール度数%の一桁じゃあ誰も下戸じゃないよ。しかも古代の征服者も
酒飲みも下戸も両者おったと考えるんが普通じゃし、下戸集団だけ婚姻し
継続した云うたら、それこそ単一遺伝子カルトにろうに。
>>473
漢族や越族の移動も知らんけぇ、越族日本まで横断云う電波が出て
くるんじゃろうね。

478 :出土地不明:2010/07/16(金) 23:48:16 ID:5RsvkRcG
>>465
百済と大和は同祖の可能性が高い
しかし、日本と韓国は同祖では無い!
百済は滅んでいる
百済王は日本に亡命した
朝鮮はモンゴルや中国の影響が強過ぎる、日本と同祖とはもはや言えない
犬を喰らう蛮族国家だ

479 :出土地不明:2010/07/16(金) 23:51:15 ID:FC2o+tm9
鮮卑に拉致された倭人と史書に書いているけど、
まさか列島人じゃないだろ。
大陸東岸漁労民を便宜的に倭人と書いただけじゃないか?

480 :出土地不明:2010/07/16(金) 23:51:37 ID:5RsvkRcG
騎馬民族は蛮族だよねえ

481 :出土地不明:2010/07/17(土) 00:04:01 ID:VaJ1hu/S
>>477
ビール一口舐めただけでひっくり返る私も下戸じゃないの?
アルコールの匂いを嗅いだだけで吐きそうになる私も下戸じゃないの?
もしかしたら世界中で私だけ?

482 :出土地不明:2010/07/17(土) 00:29:13 ID:+USpW4nn
>>447
お前オモロイな、
見てきたように嘘を吐くんだね(笑笑笑)

483 :出土地不明:2010/07/17(土) 00:52:11 ID:HdCxJqpI
>>447 の書いていることは基本的に誤りではないよ。
ID:+USpW4nn は、自分がそう思う理由も書いたほうが親切だと思うな。

484 :白馬青牛 ◆8mr41B7alChB :2010/07/17(土) 01:18:54 ID:3eYpc1Cr
>>478
同祖概念の問題は、個人主観概念じゃけぇ自由じゃないか。
日本もモンゴルやツングースの影響が大きいわけじゃし。
犬を食うんは、日本も同じじゃないか。
>>479
ほいじゃあ、朝鮮南部〜列島の倭人も便宜的倭人よのう。
>>480
騎馬民族云うより、ゲルマン・エフタル・五胡・扶余の
4世紀以降の北方民族も、蛮族に分類されとるんですか?
>>481
ぇビールが水変わりに過ぎんと思うとったが、酔う人もおります
けぇ。下戸だけの集団認定じゃの、可能性が低いけんのう。
>>482
竹下氏の家にまつわる話は、ある程度知られとるじゃろうに。

485 :出土地不明:2010/07/17(土) 04:43:58 ID:efIoALE+
日本独特の下の方を持つ和弓の形になったのはいつごろなの?

486 :出土地不明:2010/07/17(土) 05:57:55 ID:dECuzfIs
>>477
>アルコール度数%の一桁じゃあ誰も下戸じゃないよ。

モンゴル人はドンブリでがぶ飲みするんですよ。
夏場は、食事代わりにそれだけ飲んだりするそうです。
ビールも3%〜5%ぐらいですけど、ドンブリで1リットル飲むのはしんどいでしょう?
モンゴルでは、ハイハイしている赤ちゃんでも飲むんですよ?!

酒豪マップ見て下さい、近畿地方の異常なまでの“下戸”を。
下戸と言うのは、全く飲めない人の事です。
アルコールの入ったチョコレートやケーキを食べても酔っ払う様な人の事ですよ。

487 :出土地不明:2010/07/17(土) 06:13:40 ID:dECuzfIs
>>ドンブリで1リットル

しかも1日平均ですからね。

488 :出土地不明:2010/07/17(土) 09:07:34 ID:CGRcFkd0
>>485
奈良時代前期
今の形に落ち着いたのは元寇の後に改良が重ねられた鎌倉時代

489 :出土地不明:2010/07/17(土) 10:18:23 ID:mFEZ16pE
>アルコール度数%の一桁じゃあ誰も下戸じゃないよ。


下戸と言うのは、全く飲めない人の事です。
下戸と言うのは、全く飲めない人の事です。
下戸と言うのは、全く飲めない人の事です。

490 :出土地不明:2010/07/17(土) 10:52:20 ID:sYgMies2
>>463
mtDNAがM2かM4というのがアンダマンやニコバルの特徴だけど
日本には全くいない。
よって袋小路に入ったとみたほうがいいのでは?

491 :出土地不明:2010/07/17(土) 12:32:10 ID:KJhZKvoB
仁徳天皇陵は、平面積ではピラミッドより大きいし、お掘りを巡らせて
馬鹿に大きな造り。巨大古墳が近畿地方にはゴロゴロ。日本の古墳の
巨大さと数の多さは、朝鮮半島の王陵の比ではない。四国の山村の
我が故郷にさえ大きな円墳が何墓も有る。あんなのイパーイ築くのに
倭国内からの労働力だけで出来たかどーか怪しい。絶対、宋書に
書かれてる様に、倭の5王の時代にイルボンが朝鮮半島へ行って
倭人領土の保全戦争やったついでに、半島から捕虜をいぱーい
引っ張って来てる。てか、そんな余剰労働力に恵まれてたからこそ
馬鹿でかい古墳を沢山築造できたんだろ。古墳ゼネコン王(倭王)の
土方として、古代朝鮮人が大勢、近畿に来たから、彼等が子孫を増やし
現代の近畿地方に半島系形質が多いのよ。古事記によれば古墳完成の暁には、
古墳労働者には古墳周囲の土地が報償として与えられた(神武田)。
いま、古墳の周囲は、何故か圧倒的に童話民だ。都市化してるとは言え、
一村、一町、一市、これ童話。なぜ?古墳労働者の起源が半島由来で、
彼等のビヘイビアや言語が、どーにもこーにも異邦人的で、先住民とは
相容れない何かが有ったので文化的境界線が敷かれたんじゃないの?
童話の起源は、そりゃ色々書かれてるけど、大本を辿れば、古代の
移民が保持していた異色のマージナルマン・カルチュアだとオモ。
いーかげんシツコイな、列島、半島、どっちの民も。
古事記によれば新羅人は馬飼いとなって倭国へ引っ張って来られた。
ウマが漢語に近いから新羅秦人が来たんでしょ。でも、ウリは秦人ニダ、
ウリは倭人ニダ、と他の連中も後を追ったでしょ。そっちの方が
多かったかも。彼等は、日本で古墳土方に成って後で土地持ちに成ったり、
バクロウやジプシー的ダンサーや娼婦や、半島〜列島間のヒューマン
トラフィッカーに成った。古代にバクロウが何と呼ばれたか知らないけど、
バクロウの起源は絶対、朝鮮半島から来た人よ。子供の頃、故郷の村に
バクロウさんがよく来た。バクロウさんはハラマキに万札ドッサリの
ウェーハッハッハ。コガネ虫の様に金持だったな。それにも係わらず、
農民からは下に見られている様な、何かエも言われぬ身分的文化的境界が
有った。あれ、何だったんだ。もしかして古代の異邦人の境界線を
引きずってたのか。

492 :出土地不明:2010/07/17(土) 13:13:01 ID:4Q1ZFVo5
>>491 そんなに大量の異民族が来たのなら言語が残るはずだから、朝鮮語でも何語でもいいから痕跡をあげてくれ。


493 :出土地不明:2010/07/17(土) 13:31:02 ID:KJhZKvoB
>>492
半島では、新羅だった地域に秦語が残ってる? 今どうなん?
百済だった所に外国語みたいなプヨ語は残ってる? 今どうなん?
高句麗だった地域では、数を「みっつ、いつつ、ななつ」とか数えてる?
今、どうなん?

494 :出土地不明:2010/07/17(土) 15:49:16 ID:dLWXBQB8
>>493
本土の言葉と沖縄の言葉が、文法・語彙の面で明らかに共通している事は
解るでしょう。

495 :出土地不明:2010/07/17(土) 17:16:24 ID:6VK3O8s0
現代日本語と朝鮮語に共通語彙がないって事は、
もし、昔の朝鮮語と今の朝鮮語が同じ系統だったとしたら、
少数渡来人が来たとしても、少数の彼らはどこかで抹殺されたって事?
 または、女真族系だと確定してる高麗国が全土を支配したとき、
連れて来た女真族+ツングース系、モンゴル系の人々が元の住人と
完全に入れ替わってしまい今に至るとか。

496 :出土地不明:2010/07/17(土) 19:12:10 ID:4Q1ZFVo5
>>493 半島南部にいた倭人語が朝鮮語に多少残っているだろう。

 基礎語彙にはほとんど無いが、シトギとかノッポとか、カササギ、カモメなどというのにチラホラあるな。


497 :出土地不明:2010/07/17(土) 19:31:51 ID:mQNr9Rzg
だから一体誰なんですか?列島を支配した騎馬民族様とやらは・・・・

498 :出土地不明:2010/07/17(土) 21:44:57 ID:2p1fMsCp
謎の祖語(アルタイ祖語)|→ トルコ諸語 
            |→ モンゴル・ツングース共通祖語

             → 新羅語             → 朝鮮語
             → 高句麗・百済語    → 新羅語に同化
             → 江南・山東語(アルタイ系)→古南朝鮮語→ 弥生語(近畿方言)    → 日本語
             → 江南・山東語(アルタイ系)→倭人語  →弥生語(九州、中国、東国方言)→ 日本語
               江南・山東語(アルタイ系)      →南島語           →琉球語


499 :出土地不明:2010/07/17(土) 21:50:57 ID:2p1fMsCp
あのねー、自分たちが毎日、コメ食ってる理由考えろよ!
倭人が江南から来たからなの!
長江より北は小麦が主食なの!


500 :白馬青牛 ◆8mr41B7alChB :2010/07/17(土) 22:44:50 ID:3eYpc1Cr
>>485
長弓じゃけぇ、下の方を持つようになるよ。
http://www.kcn.ne.jp/~toyo/yumi/yu_reki/gensi.html
ほいじゃが、ここに出ととるよう、弓の射法において、日本は3)の
蒙古式射法に属する。
ほいから、昔はモンゴルも長弓があったよ。
http://www.geocities.co.jp/SiliconValley-SanJose/4402/histo2-5.html
http://d.hatena.ne.jp/j-m/20071213
上のブログの、装備の差(弓と鉄砲について) に、「元軍は短弓・長弓を
併用した。『蒙古襲来絵巻』には和弓に似た弓も描かれている。」
下の方の、「244:モンゴル騎兵もしばしば下馬戦闘をした。:騎馬用の
短弓と徒歩用の長弓の2種を用意していた。」
パルティアは、軽装騎兵に短弓、重装騎兵に長弓を使うたが、
モンゴル帝国時代は、重装騎兵が衰退した為、長弓は徒歩用専門に
なったんじゃろうね。

501 :白馬青牛 ◆8mr41B7alChB :2010/07/17(土) 23:10:12 ID:3eYpc1Cr
>>486-489
普通、酒飲んで顔が赤うなるもんを下戸云うよ。
しかもモンゴルでも馬乳酒を毎度飲むわけじゃあるまいし。
>>494
沖縄の琉球語は、15〜16世紀までしか遡れんど。それ以前の言語は
不明じゃし、何時アルタイ語化したかも解らんのう。
>>495
元代に人種が入れ替わるわけあるまあ、4世紀の世界的民族移動期じゃ
あるまいし。
>>498
山東は兎も角江南にゃあ、アルタイ語の痕跡が無いよ。
>>499
過去スレでも、日本人の多くが米を主食にしたんは、戦後高度成長期じゃ
云うたじゃろうに。
547 :白馬青牛 ◆cjIySZ2iYw :2010/05/09(日) 00:08:12 ID:sX8uPiIW
>>540-541
米は食うもんじゃ無かったのう。
http://ime.nu/www.geocities.jp/goodlife0703mameta/rekishi/kakeibo/nouminkakeibo.html
ここの下の解説にも、食費の内訳は「米より麦が多い」こと、
「麦ばかりの家計も見られ」「衣食住費、生産諸経費も米を売却して
ねん出しますから、米はほとど食べることはできません。」
2の紀伊の豪農の例でも、「米を食べるのは、正月・盆など年26日
だけでした。」と、あるけど特に西日本じゃあ、その程度の
もんじゃ。広島県でも、戦前ですら米を主食に出来た地域じゃ
無いけんのう。
http://ime.nu/www.jrt.gr.jp/yaki_imo/70-73.pdf
http://ime.nu/www.chugoku-np.co.jp/setouti/newseto/980608/980608.html
上のブログに「竹原市の吉名は、「貧乏人は麦を食え」といった、
池田勇人元総理大臣の出身地であります。戦前たくさんの
サツマイモを栽培して、これが大事な食料でした。また、麦も
主食としていました。池田元総理の失言は、当地のものからすると
違和感はなく、暴言とはとらえられていません。」と、
下のブログでも◆サツマイモが主食でも、
「わしの体はイモでできとる。」「朝が芋、昼と夜は麦飯が
普通。米はめったに食べなんだ。」図1。
http://ime.nu/www.chugoku-np.co.jp/setouti/newseto/980608/z0608_1a.gif
ほいで麦飯にしても、麦一升に米ニ、三合じゃし、これは、
広島県の中部穀倉地帯でも値は同様じゃったよ。
広島県の東日本並みに濃い味付けを好む北部地域の一部は比較的米を
食う地域じゃったけぇ、江戸期の飢饉や戦前でも飢えて沿岸部に
出たら食えると、移動して来た連中も多かった。ほいじゃが大部分の
地域は、味噌のような加工品も麦から作った。
まあ、■長生きと食事のように、文明食である米の食い過ぎは
健康にようない。精神と肉体を蝕むけんのう。
日本人が米を主食にしとらんかった事は、ここの過去スレでも
再三云うとることじゃが。
http://ime.nu/www.uonumanouka.com/unchiku-16.htm
http://ime.nu/musubu.sblo.jp/article/15655772.html
http://ime.nu/homepage.mac.com/naoyuki_hashimoto/iblog/C111252006/E20050813091054/index.html

502 :出土地不明:2010/07/17(土) 23:20:59 ID:xfUeQJdH
何が琉球語か知らんが沖縄本島首里が周りの島々の言語中枢で支配してるとでも
思ってんのか?騎馬先生w

503 :出土地不明:2010/07/17(土) 23:21:21 ID:u8S/9aob
>>499
幸せ回路がいるwww

504 :出土地不明:2010/07/17(土) 23:33:52 ID:4Q1ZFVo5
>>501 >>沖縄の琉球語は、15〜16世紀までしか遡れんど。それ以前の言語は
不明じゃし、何時アルタイ語化したかも解らんのう。

・・・それは朝鮮語も同じだ。

505 :出土地不明:2010/07/17(土) 23:34:35 ID:wBdIyadz
http://www.peoplechina.com.cn/zhuanti/2010-04/27/content_267275.htm
河姆渡で出土した稲は粒の形と色、殻の毛、葉の形からみると、インディカ米に属する。

江南www

506 :出土地不明:2010/07/17(土) 23:55:41 ID:efIoALE+
>>488
説明ありがとう。
>>500
いやいや、イギリスも長弓なんだけど、対称的で真ん中辺りを持つんでなんでだろうかなと。
いつごろあの形になったんだろうかなと。

507 :出土地不明:2010/07/17(土) 23:58:32 ID:xfUeQJdH
朝鮮半島は全域ほぼ言語は標準化してんの?
方言に古語の古形使ってる処は無いのかよ。

その前に何が古形かわからんのか?

508 :出土地不明:2010/07/18(日) 00:04:30 ID:0RK9ZEnt
そもそも古代朝鮮語がどのようなものだったかということは不明な点が多い

509 :出土地不明:2010/07/18(日) 00:10:54 ID:waaKT575
古代朝鮮なんぞ無い
倭人が住んでいたか誰も居なかったかのどちらか

510 :出土地不明:2010/07/18(日) 03:50:18 ID:mjABF1Td
アフリカだし.

511 :出土地不明:2010/07/18(日) 04:03:02 ID:aP3f43GF
>>508 古代どころか朝鮮語は500年前のハングル創製以後のことしか分からんしな。

 それ以前の吏読などは推定だけだ。日本の万葉仮名に比べると3分の1程度の歴史しかない。


512 :出土地不明:2010/07/18(日) 05:28:34 ID:jgpCxvfj
>>509
誰もいないとかって、頭大丈夫?w

513 :出土地不明:2010/07/18(日) 06:01:22 ID:n7ZzzGW4
>>501
>普通、酒飲んで顔が赤うなるもんを下戸云うよ。

正確には、下戸は、酒が全く飲めない人の事らしいです。
そして、強くは無いけれど何とか飲める中間型と、幾ら飲んでも吐かない酒豪型があるそうです。

514 :出土地不明:2010/07/18(日) 06:04:41 ID:n7ZzzGW4
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%8B%E6%88%B8

>AA型(お酒が飲めない「下戸タイプ」)
> モンゴロイドにのみ5%程度存在する。

>AG型(お酒に弱いタイプ)
>モンゴロイドにのみ35%程度存在する。

>GG型(お酒に強い、あえて言えば「上戸タイプ)
>ネグロイド(黒人)・コーカソイド(白人)はほぼ全てこのタイプ。
>モンゴロイドでは60%程度存在する。

515 :出土地不明:2010/07/18(日) 07:47:43 ID:PDstruTN
弟民族 日本

516 :出土地不明:2010/07/18(日) 11:09:42 ID:asR2FCjE
クニニカエレ

517 :出土地不明:2010/07/18(日) 11:49:33 ID:aP3f43GF
>>515 南鮮人の兄弟は北鮮人だけだ。

518 :出土地不明:2010/07/18(日) 17:04:23 ID:W5XT/dyf
結局誰も答えられないわけだな。日本列島を支配したという騎馬民族とやらは。
「どんなに妄想をしても無駄だ」と言われたが、質問に対して質問に返すだけで答えになっていない。

具体的に誰なんですか?鮮卑なら鮮卑でいいし匈奴なら匈奴でいい。答えが聞きたい。
「世界的な流れでこの時期の騎馬民族が・・・」の様な抽象的な話ばかりだし


519 :出土地不明:2010/07/18(日) 17:34:27 ID:aP3f43GF
>>528 新羅の馬飼いしか出て来ないから新羅の馬飼いが日本を支配したと言いたいんだろう。

 しかし馬飼いなら自動車整備工くらいの地位しかないな。


520 :出土地不明:2010/07/18(日) 17:54:22 ID:W5XT/dyf
>>519
新羅って言っても辰韓諸国は半島が3つに分裂している内のさらなる分裂国家。
油断ならない高句麗・倭人が住み列島と連合している弁韓諸国、後に激しく対立する
馬韓諸国。まわりじゅう敵だらけの上に国家統一すらできていない。
それでどうやって海を渡るのだろうか?大船団送っている間に隣国に本国が攻め滅ぼされるよ。
鮮卑が倭人を拉致したが任那の倭人かもしれないし列島の倭人かもしれない。北朝鮮にだって日本人は拉致されているぐらいだしね。
それがすぐに列島が騎馬民族に支配されていたから奴隷として連れて行かれたとはならない。

521 :出土地不明:2010/07/18(日) 18:07:18 ID:pcK8zI0L
新羅とは?

『三国志』魏書弁辰伝
辰韓人は馬韓人とは言語が異なっていたが、弁韓人とは互いに雑居し、風俗や言語は似通っていた。

『後漢書』辰韓伝
『三国志』魏書辰韓伝
『晋書』辰韓伝
新羅は古くは辰韓=秦韓と呼ばれ、秦の始皇帝の労役から逃亡してきた秦人の国という

『北史』新羅伝       
新羅とは、その先は元の辰韓の苗裔なり。領地は高麗の東南に在り、前漢時代の楽浪郡の故地に居を置く。辰韓または秦韓ともいう。
相伝では、秦時代に苦役を避けて到来した逃亡者であり、馬韓が東界を割譲し、ここに秦人を居住させた故に名を秦韓と言う。
その言語や名称は中国人に似ている。」

東北工程:百済・新羅の歴史も「中国史の一部」=中国社科院 『朝鮮日報2007年6月4日』
公式研究書に百済と新羅の歴史も「中国史の一部」と記述していたことが3日、分かった。
百済に対しては「(高句麗と)同様に古代中国の辺境にいた少数民族である夫余人の一部が興した政権」とし、
新羅については「唐は(百済が滅亡した)660年以前には羈縻政策を、それ以降には直接統治を行った」と記述した。
また、新羅は「中国の秦の亡命者が樹立した政権」であり「中国の藩属国として唐が管轄権を持っていた」とした。
http://www.chosunonline.com/article/20070604000018

522 :出土地不明:2010/07/18(日) 20:43:13 ID:zl8kGheD

「新羅本記」脱解王初年
脱解本多婆那国所也。其国在倭国東北一千里



523 :出土地不明:2010/07/18(日) 21:28:57 ID:zl8kGheD
里(り)は、尺貫法における長さの単位である。
現在の日本では約4km、
中国では500m、朝鮮では約400mに相当する。

524 :出土地不明:2010/07/18(日) 21:41:35 ID:zl8kGheD
脱解本多婆那国所也。
脱解の本は、多婆那国の所也。

其国在倭国東北一千里
倭国から東北1千里と記述されているので、
新羅を起点とした南西の任那が起点ではない。
倭国(九州、本州の倭国中心)より、
東北400kmから500kmの距離にある多婆那国?

みなさんは、どう思いますか?



525 :出土地不明:2010/07/18(日) 22:27:04 ID:aP3f43GF
>>524 >>多婆那国・・・で思い当たるのは玉名市くらいだな。


526 :白馬青牛 ◆8mr41B7alChB :2010/07/18(日) 22:36:28 ID:ymVw81Vw
>>477のリンク先が間違うとったのう。
http://fujiwaraha01.web.fc2.com/fujiwara/article/zaikai0107.html
竹下氏は済州島系じゃね。
>>504
沖縄と違うて、朝鮮語は、新羅時代まで遡れるよ。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%90%8F%E8%AA%AD
>>506
イギリスやウェールズの長弓隊は、歩兵じゃけぇ弓の真ん中あたりで
ええけど、日本は騎馬の長弓じゃけぇ、左右連射する為の入れ替えは
下の方を持った方がええよ。まあ日本でも騎馬で短弓を使う場合は、
弓の真ん中を持って射ったんじゃないか。
http://3.bp.blogspot.com/_71OM9lkGuVg/SvenjAuBCGI/AAAAAAAAUec/tGI4StvinVI/s1600-h/V10-294.jpg
奈良期なんかは、短弓で真ん中持ちじゃね。
高句麗や中央アジアと同じじゃね。
http://4.bp.blogspot.com/_71OM9lkGuVg/R1aQiJ7PHWI/AAAAAAAAGV4/9mAiFp208kA/s1600-h/K5-69.jpg
http://2.bp.blogspot.com/_71OM9lkGuVg/RbiKR-DMCVI/AAAAAAAABfw/Zbo0C1YSf2w/s1600-h/ast.jpg

527 :出土地不明:2010/07/18(日) 23:18:23 ID:pe7lsXRc
>>526
リンク貼るなら、公平にやっとけよ。

白馬青牛がリンク貼ったのは「吏読」
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%90%8F%E8%AA%AD

あわせてこちらも参照「古代朝鮮語」
「・・・古代朝鮮語期はハングルが作られる以前の時期であるので、その資料は
『三国史記』、『三国遺事』あるいは『日本書紀』などの朝鮮や近隣諸国の歴史
書に現れる地名や人名、吏読・郷札・口訣など漢字表記された資料に限られる。
朝鮮語が漢字によって暗示的に表示されるため、その語形を厳密に復原するのは
容易でない。・・・」

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8F%A4%E4%BB%A3%E6%9C%9D%E9%AE%AE%E8%AA%9E

528 :白馬青牛 ◆8mr41B7alChB :2010/07/18(日) 23:21:00 ID:ymVw81Vw
>>513-514
下戸の基準をどこに置くかでしょう。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%82%BB%E3%83%88%E3%82%A2%E3%83%AB%E3%83%87%E3%83%92%E3%83%89%E8%84%B1%E6%B0%B4%E7%B4%A0%E9%85%B5%E7%B4%A0
http://homepage1.nifty.com/koutarou/insyuidenshi.html
http://www.athome-academy.jp/archive/biology/0000000176_all.html
代謝能力の違いで、上のウィキの方は、AA.AG.GGとなっとりますが、
原田勝二氏は、DD.ND.NNと表記される。一番下でも、あんたの云う下戸の
全く飲めんタイプのDD型は日本人でも、ごくわずかしかおらんよ。
下の図も酒豪タイプのN型(ALDH2*1)の分布じゃし。
DD型だけじゃのうて、ND型も含め、D型を持つもんが下戸云うことじゃ
ないんかね。
>>517
西日本と東日本の容貌が違うよう、北朝鮮と南朝鮮の容貌も違うよ。
>>518
逆に日本へ渡来した集団が一種だけじゃあ、人口が増えんよ。
多民族の北方系が日本に渡来とた可能性が強いのう。
>>519
上代日本でウマビト云うたら高貴な身分じゃけぇのう。

529 :白馬青牛 ◆8mr41B7alChB :2010/07/18(日) 23:54:04 ID:ymVw81Vw
>>520-521
拉致なら戦前の日本でも、自国民や中国、朝鮮人を拉致しとるよ。
まあ、>>522-524の倭国東北千里多婆那国も伽耶の倭からか列島の倭からか
示しとらんけど、伽耶から東北云うたら辰韓か穢、沃祖の地域じゃね。
http://members3.jcom.home.ne.jp/sadabe/sinkan-siragi/siragi-sinwa2-seki.htm
ここにも、出とるけど、『三国遺事』脱解王の「七宝奴婢満載」とある
が、倭国東北は奴婢を献上しよった云うことになるのう。
まあ奴隷で売られる者も拉致にゃあ違い無いよ。
ほいから、新羅は、北方系の積石木槨墓人は支配したゆえ、辰韓の継続じゃ
無いよ。しかも中国文明の影響が薄く、スキタイ直系の文化じったけぇ、
高句麗のような大国や百済を押しのけ半島を統一出来たんじゃないかね。
http://park11.wakwak.com/~siori/sinwa.html
http://avantdoublier.blogspot.com/2009/03/blog-post_10.html
http://avantdoublier.blogspot.com/2009/02/blog-post_24.html
http://avantdoublier.blogspot.com/2009/01/blog-post_27.html
どう、見ても中国文化じゃ無いよ。

530 :白馬青牛 ◆8mr41B7alChB :2010/07/18(日) 23:58:58 ID:ymVw81Vw
>>527
15〜16世紀以前、全く文献の無かった沖縄と同一視する時点で
可笑しいじゃろうに。公平を欠いとるんは、あんたでえ。

531 :出土地不明:2010/07/19(月) 00:09:56 ID:z3BmHzID
>>530
>>527の何処にそんなことが書いてあるのか教えて欲しいわ。
人の言葉を、ちゃんとに受け取められない人間ってのは寂しいもんだな。


532 :出土地不明:2010/07/19(月) 00:51:14 ID:HamuMQyz
>>525
丹波、但馬

533 :出土地不明:2010/07/19(月) 00:52:56 ID:HamuMQyz
>日本へ渡来した集団が一種だけじゃあ、人口が増えんよ。
訳が判らん理屈だのう(笑笑笑)

534 :出土地不明:2010/07/19(月) 02:02:28 ID:xUrrwBey
牛さんってどのくらいの御歳なんですか?
そこまで知識を溜め込むのは相当年季が必要かと推察されますが・・・・。

535 :出土地不明:2010/07/19(月) 02:04:21 ID:xUrrwBey
あれ?
そういえば最近月光仮面さん出番少ないですね。
クビになったんでしょうか

536 :出土地不明:2010/07/19(月) 02:11:44 ID:noyaT+7S
月光氏はオカルト版へ移動しました。
性牛氏も歴史難民版へ移ることを勧告します。

537 :出土地不明:2010/07/19(月) 05:12:45 ID:6pnuS6SO
日本人は朝鮮下層階級の賎民子孫だよ?

538 :出土地不明:2010/07/19(月) 08:03:29 ID:9aPVo3WU
>>537
古墳周囲の童話民については、その可能性がある。当時新羅に明白な賤民階級の
の白丁が居たとは思わないけど、何時の時代にも下層民は居る。彼等が一発逆転の
望みを持ってイルボンへ来て古墳ドカタに成った事はあり得るでしょう。
日本でエライ大掛かりなゼネコン事業が有ると聞けば、ウリもウリもと出稼ぎに
来たでしょう。大変な労働だったと思うが、古墳完成の暁には、古墳周囲の
土地が報償として与えられた(古事記ー神武田)。朝鮮半島から来た下層出稼ぎ民は、
古墳周囲の開拓民として自分の子孫の為に田畠を耕し、地主に成り、その後、
バクロウ(馬喰)や皮革産業企業家に成り、エンタメ産業の主役と成ったでしょう。
現代にも、この構図は引き継がれている。日本の弥生時代と古墳時代を労働者として
担い、古墳築造や田畠開拓して子孫に美田を残し、裸一貫、おのれの血と汗で
日本の歴史遺産の一翼を築いた古代の朝鮮半島由来の戦時徴用民に対して、
深い感謝と敬意を捧げる。

539 :出土地不明:2010/07/19(月) 09:16:11 ID:U1P0FvCH
前方後円墳 (ぜんぽうこうえんふん)は、
日本における古墳の一形式で3世紀から7世紀頃にかけて盛んに造成された。
平面が円形と方形の墳丘を組み合わせた形状は、日本独特の特徴であり、
出現期より規模の巨大さを特徴としている。墳形については、現在では
円形墳丘墓の通路部分が発達し墳丘と一体化したものであると考えられている。
前方後円墳は日本列島の広範囲に分布しており、
北は岩手県から南は鹿児島県にまでおよんでいる。
かつては日本独特の墳墓とされていたが、
近年、朝鮮半島西南部でも存在が確認されている。

540 :出土地不明:2010/07/19(月) 09:28:55 ID:9aPVo3WU
>>539
朝鮮半島南部でも前方後円墳。当たり前田のクラッカー。
そこは列島倭人勢力が、百済の中に倭人利益確保用のアドミニストレイションを
置いた所だから。

541 :出土地不明:2010/07/19(月) 09:33:03 ID:U1P0FvCH
ところが、朝鮮半島のそれは、5世紀を遡れない。
結局、4世紀の民族大移動と虐殺があったのなら、
列島から、半島という、”倭民族征服説”が成立する。
(実際は、仲よく交流したんだと思うがね。)
って、てなもんや。

542 :出土地不明:2010/07/19(月) 10:17:00 ID:NrOx0qQL
>>529
邪馬台国の時代に、大人・下戸・奴婢・生口・・という階級制度が存在したとして、
大人が支配階級、下戸が庶民、奴婢が庶民の下働き、生口が“戦争捕虜”など、、という
考え方もありましたね。

いずれにせよ、何でか知りませんが、白馬青牛氏は「倭人」を蔑視あるいは、酷く敵視
しているようです。
「倭人」に何か恨みがあるのか、農民を差別しているのか・・・個人的な怨念を感じます。

543 :出土地不明:2010/07/19(月) 10:53:51 ID:U1P0FvCH
倭王武は
倭、百濟、新羅、任那、加羅、秦韓、慕韓七國諸軍事、安東大將軍、
倭國王

544 :出土地不明:2010/07/19(月) 11:11:09 ID:9aPVo3WU
これは他人ブログの受け売りなんだけど、新羅の王様の重臣だった「脱解」は
万葉仮名をそのまま引写した「たけ」だよね。ヤマトタケルのタケ、イソタケルの
タケ。タケは当時の倭人男(大人階級)のタケシ(武)クンみたいな意味の
名前でしょ。もし脱解を、どーしても古代朝鮮語であーる!と言うのなら、
古代朝鮮語で「脱解」を何と読み、どんな意味が有るのか、解説を乞う。

545 :出土地不明:2010/07/19(月) 11:47:20 ID:U1g+4I7J
フルネーム昔 脱解は、重臣どころじゃなくて王様だよ。
絶対これ、日本語だよね。
>>537
悪いけど、
古代の日本や中国から見たら、朝鮮人全体が下層階級の賎民だよ。
自分の歴史を直視しろ!と言いたいところだけど、
余りにも気の毒だから言わないだけ。


546 :出土地不明:2010/07/19(月) 11:51:19 ID:9aPVo3WU
>>545
そうなの? どうも有り難う。今、見たらタケシ君は新羅へ行って
4代目の王様に出世したんだ。


547 :出土地不明:2010/07/19(月) 12:12:36 ID:0G70Y8A5
>>543
任那、加羅が含まれている時点で任那の騎馬民族が倭国を僭称という説は成り立ちませんね。
そもそも任那は倭人の土地であって得体の知れない騎馬民族の土地ではない

548 :出土地不明:2010/07/19(月) 12:16:33 ID:0G70Y8A5
扶余・ワイ族・倭人・漢人が入り乱れていたのが三韓の実体。

549 :出土地不明:2010/07/19(月) 13:34:27 ID:6pnuS6SO
日本人は賎民子孫なの!何故反論する!

550 :出土地不明:2010/07/19(月) 14:16:44 ID:xUrrwBey
ファビョッ

551 :出土地不明:2010/07/19(月) 14:43:44 ID:9aPVo3WU
キムチ鈎虫

552 :出土地不明:2010/07/19(月) 18:33:45 ID:9udASM/b
たけぬしきみ → 脱解尼師今

武内宿禰 → 于道朱君 

葛城襲津彦 → 葛那古(新羅) 沙至比跪(百済)

553 :ドレミ ◆YeeMODUSQg :2010/07/19(月) 20:29:47 ID:BpWQCK4B
>>529
6世紀の時点で、中原の文化や仏教とも関係ない文化というのは
探すことが難しいです。
宝剣も、環首刀や唐刀の様式から外れると蝙蝠宝剣がありますが
東アジアの装飾宝剣とBlogの宝剣は関係がなさそう。

中国でも西南の辺境にスキタイ文明の名残が残ってたとしても
文化大革命の際に全部破棄させたという話もあります。
復活させようとしても、世界遺産に認定される見込みがない限り
文化大革命がまたあるかもしれないとして、用心深いようです。

554 :ドレミ ◆YeeMODUSQg :2010/07/19(月) 20:37:32 ID:BpWQCK4B
文化大革命の際に・・・
主語は何かは、中文Webでは語られてませんよ(笑)
辺境には、日本流にいえば「大名」の名跡家が今あるわけでして。

世界遺産
http://blog.ce.cn/html/93/101393-12409.html
http://zgmz.ccots.com.cn/2009_4/12_4/rhukg2sl5okr_3_0.htm
http://www.yunnanlyou.com/yunnanlvyou/5306.htm
鳥の羽飾りの付いた帽子がこんなに目に付く場所も珍しいかな?

555 :白馬青牛 ◆8mr41B7alChB :2010/07/19(月) 22:58:29 ID:TI5eymHW
>>531
そもそも、「おもろさうし」以前に文献が無い琉球語が何時アルタイ語化
したか解らん云う文中の流れを考えや。
>>534
想像にお任せするが、わしの過去スレから推測すりゃあだいたい何歳ぐらい
か解るじゃろう。
>>537-538
下層民と賤民を同一視するんは近代的概念じゃろうに。
http://moriheiku.exblog.jp/10309822/
http://moriheiku.exblog.jp/10738582/
中世じゃあ、非人は納税義務の無い、天皇直属民云う性質があったよ。
武士も非人と同様カタギじゃ無いんで。
一番みじめなんは、稲作農民で収奪される良民たる農奴じゃろう。
稲作の土地で貢ぐ連中に逃げ場は無いんじゃけえ。
>>539-540
前方後円墳の原型は高句麗にあるけぇ、日本独自なんぞお花畑よのう。
>>541
内モンゴル、遼寧、朝鮮におった倭人が朝鮮を征服?扶余や北朝胡族の
可能性が強いね。倭人とスキタイ文化が関連しとるんか?
>>542
実際、列島倭人は、漢直属の隷属奴隷民じゃけんのう。
ほいから農民差別云うて?魏志倭人伝でも、倭人は水辺漁撈民と
描いて、農耕民としての記述に乏しいね。まあ、列島倭人上層階級は、
朝鮮から来た、現地農耕民売買しよった拉致業者かも知れんね。

556 :出土地不明:2010/07/19(月) 23:13:54 ID:anE4+oM5
>>555 >>列島倭人上層階級・・・その官職名はミミ、ミミナリ、ニキ、ヒナモリ、セモコ、ヘモコなどの倭人語なんだが、なぜ半島系の官職名でないんだ?


557 :白馬青牛 ◆8mr41B7alChB :2010/07/19(月) 23:28:41 ID:TI5eymHW
>>543
伽耶の倭国の征服者が南宋に威張ったけど、第三品上の百済より格下の
第三品下の低位にしか成れんかったよ。高句麗は第ニ品じゃけぇ、
高句麗>>百済>倭になるのう。
>>545
日本語が成立しとらん時期に脱解が日本語じゃの幸せ回路よのう。
>>547
倭人の土地じゃのまた近代国家視点の妄想概念発動か。現代の中国の
や東南アジア少数民族の分布を見ても解るよう、村落の点として民族が
あるし、里から一つ山越えたら違う民族じゃ。倭人と韓人の分布も
そのようなものか、民族以前に単に沿岸に住む連中を倭人とし、
里で農業中心の連中を韓人と表現したんかも知れん。
国家ごとに色鉛筆で塗って区分する小学生並みの概念で歴史を視るたぁ、
幼稚なのう。
>>549
まあ、日本人は賤民の子孫じゃね。良民で農奴状態に置かれて逃げ場の
無い朝鮮土着の連中は逃げ場がのうて悲劇じゃったね。
朝鮮の恨の精神は、逃げ場の無い連中のブラック・マジックで征服者に
対する鬱憤を晴らす形態じゃないんかね。まあ韓国人は感情的にむきに
なって否定したがるじゃろうけど。

558 :出土地不明:2010/07/20(火) 06:02:12 ID:36WFoFpv
>>555
漢倭奴国王の時代は、日本列島には統一王朝なんぞないですよ。
田舎の弱小国が経済的利益を考えて、朝貢した見返りの品を期待
しただけかも知れません。
卑弥呼の時代は、戦乱に継ぐ戦乱の後だけに、権力基盤も何時脅かされる
かも知れない(事実卑弥呼の後に再び内乱があったと書かれています。)
から、大陸最強国家の後ろ盾が欲しかったのかも知れません。
これは、奴隷根性ではなくて「巧みな外交術」と呼ぶべきでしょう。

しかし、よくも先祖の歴史をそこまで糞みそにけなせますね。

559 :出土地不明:2010/07/20(火) 06:16:33 ID:36WFoFpv
>>557
古代においては、漢化の程度が甚だしく、中華に対して忠誠を誓えば誓うほど、
格上になります。
要するに、倭人は、単純な中華の奴隷ではなかったという事でしょう。

560 :出土地不明:2010/07/20(火) 08:22:54 ID:tqrW+Ugk
日本人は朝鮮賎民の末裔 奴隷の子孫 憫れ

561 :LUNAMASK:2010/07/20(火) 08:54:03 ID:QgU0aZTp
YDNA O2b系統は日韓共通のものにあっても飛びぬけている。これを基にして
先史時代に征服みたいな関係が存在したとするのはいずれの方向にも無理。
そんな証拠はない。どちらかと言うと弥生時代は九州に南下してきた東北日本
原住民による西日本のコロナイゼーションであり、D2の独り舞台。O2bはおそらく
松菊里方面で特化したO2b1が遠賀川で縄文系D2にジョインしたのであろうが、
その当時O2bは文化的に突出したものはなかった。O3a4-LINE1は甕棺発祥の
屈家嶺文化に多いが、遠賀川土器拡大時代には背振東南を離れていない。
これは本州の冬季寒冷気候等への適応能力に限界があったのだろう。
O2bは北倭ともいうべきシベリア・アムール水系に展開された漁労系民族
と見られるが、弥生後期に東沃沮として浸透を開始、古墳時代に拡大する
ものであろう。

562 :LUNAMASK:2010/07/20(火) 09:03:56 ID:QgU0aZTp
松菊里文化とは遼寧銅剣文化とBC2000年頃に山東省方面から遼東に入植する
岳石文化農民が古朝鮮経由辰韓松菊里に入ったものと考えられる。これに対して
甕棺墓を持つ屈家嶺系は遼東に甕棺を残していないことから、遼東を経由せずに
松菊里に入ったものと考えられる。O2b1がどこから入るのかは不明だが、遼寧から
錦江にかけてのどこかから入ったものだろう。

563 :LUNAMASK:2010/07/20(火) 11:15:06 ID:QgU0aZTp
穢貊(韓語;Yemaek)、北は中國吉林省東部に至る、朝鮮西北部の古老民族で、朝鮮
半島人はこれを先住民の一つと認めている。古文獻では「白民」、「毫人」或は「發人」と
呼ばれている。穢貊族とは穢族と貊族を併せて呼ぶもので、農業城柵を作ることを特徴
とするもので、遊牧民ではない。シベリアのコリャーク族と関係があるとする説もある。
穢貊、肅慎、東胡は古東北三大民族と呼ばれる。

早期社會

穢族は夏商時、本来山東半島に居住し、東夷民族に属したが、周滅商時に穢族は周の
圧迫を受け、大部分が東北(満州)移住し、松嫩平原を中心として定住したが、その
活動範囲は広大であり、最南端は頂上に達し、燕國と境界を接し、東北(満州)では
遼河を東として肅慎族と接した。穢族は早くも西周時代には存在し、周王朝の朝貢國
であった。春秋時期、齊桓公が對穢戰爭を起こしたことがあった。戰國時期、穢族は
農業と漁獵業に従事しており、黍が穢人の主要食糧であった。此時、穢族は原始社會
晩期に入り、顕著に定居生活を行った。穢族には多くの分支があり、其中、高夷(後の
沸流國)は渾江流域にあり、,良夷は今の大同江中下游(即ち、古朝鮮人、樂浪夷)に
あった。東穢は今の朝鮮江原道に分布していた。

貊族は蒙古草原アルタイ語系游牧民族であった。穢貊語は穢語中で最もアルタイ化の
進んだ言語であるとされており、穢語と貊語の融合の所産である。穢語の中でアルタイ
化の進んでいない言語に東穢語がある。東穢語は貊語の影響を受けていない
東部沿海地區の最原始穢語であった。これら以外に、これら二者の中間的穢語として
沸流語がある。また同時に、アルタイ語との一切の融合をしていない小水貊語、
梁貊語等がある。大同江一帶に居住する穢語民族である良夷は早くから古漢語の影響
を受けた。これら民族の言語系統を穢貊語群と呼ぶ。しかし、穢貊は一貫として兩民族
の聯盟であり、單一民族ではなかった。

貊には大水貊(異論もあるが)、小水貊、梁貊がある。梁貊は集安と新賓の間に分布して
いる。小水貊の一部は愛河にあり、大水貊は鴨麹]に分布している。貊には大水貊
(異説もあるが)、小水貊、梁貊がある。梁貊は集安と新賓の間に分布している。小水貊
の一部は愛河にあり、大水貊は鴨麹]に分布している。貊人は貉とも呼ばれ、九貉、
蠻貊、胡貊等が穢貊勢力中最大である。

後に穢族の貊人が東北地區と朝鮮半島に夫餘、沃沮、高句麗、百濟を建国したが、
これらは穢貊族の基礎上に形成され、発展したものである。
http://zh.wikipedia.org/zh-hant/%E6%BF%8A%E8%B2%8A

564 :出土地不明:2010/07/20(火) 11:53:46 ID:3axq2L95
>>561
>O2bは北倭ともいうべきシベリア・アムール水系に展開された漁労系民族
と見られる

ベトナムでも、ある程度まとまって出現していますよ。
ベトナムのO2bも、アムールですか?

565 :出土地不明:2010/07/20(火) 12:11:45 ID:ani/LFZn
>>564
それは韓国人兵士の父系として、研究データから除外されていることがある。
同様に江蘇省や上海市で検出されたO2b-M176/O2b1-47zやD2-M55も
復旦大学の研究データからは除外されている。
http://hmg.oxfordjournals.org/cgi/reprint/ddn427v1.pdf
D2は多少他所でも出ているみたいだが、O2bが検出される地域は日本の旧軍が
地上戦をやった場所に限定されている。

566 :出土地不明:2010/07/20(火) 12:33:36 ID:LY1mxYOg
>>561
沖縄の南方、八重山諸島では、O2b*とO2b1が、67%!と他の場所に
類例を見ない突出したマジョリティを形成します。
             (崎谷満:DNAでたどる日本人10万人の旅)

八重山諸島の特異な住民構成は、長江付近で O2b* and O2b1 が
発祥した事、彼等が黒潮に乗ってダイレクトに九州へ上陸するルートが
有った事を強く示唆するものです。

567 :LUNAMASK:2010/07/20(火) 12:42:21 ID:QgU0aZTp
>>566
久米島辺りはNaval Forceとしてのプレゼンスの意味合いが強いのでは。

568 :LUNAMASK:2010/07/20(火) 12:46:11 ID:QgU0aZTp
>>564
どうも大物主、金毘羅さんは鰐、皇室も和邇と関係が深く、他方で紛河鰐、揚子江鰐
を捕っていた鄂族が周に追われて南下するんですね。この辺が絡むかと。

569 :出土地不明:2010/07/20(火) 12:50:05 ID:LY1mxYOg
>>567
それならば、o2b* and O2b1 ではなく、本土の人口構成に準じて、
Y−D2が30%〜40%の高率で出る筈。八重山諸島のY−Dハプログループは
わずか4%に過ぎない。

570 :LUNAMASK:2010/07/20(火) 12:51:08 ID:QgU0aZTp
こんなところかな↓
Late Jomon Ecological Refugees
東胡C3-M217* 1.90% Gai (Vladivostok Yankovsky) Sidemi Mariners                        /Donghu as well
Late Jomon Total 6.9%
Jomon Total 47.1%
Initial Yayoi Immigration Circa 900-800 BCE (Northern Kyushu)
穢O2b1-47z 22.00% Wa-Yemaek from Songunni (Yan > Gojoseon > Jin)*
(*This primary wave added by secondary wave of Siberia-Manchurian siblings
O2b-SRY 7.70% makes a total of;
貊 29.70% making them by far the top winner among
                      immigrant farmers)
O3a3c-M134 10.40% Shandong Yueshi Farmers from Songunni (Yan
                   > Gojoseon > Jin)
O3-M122* 6.60% Liaoning Dagger Burial Farmers from Songunni (Yan >                     Gojoseon > Jin)
 Rice Farmers Total 39.0%
Early Yayoi Immigration Circa 800-400 BCE (Northern Kyushu)
North Kyushu Ongagawa Paddy Rice Pattern's Rapid Eastward Expansion
Middle Yayoi Immigration Circa 400-1 BCE (North Kyushu)
N1c1-M178 0.40% Dapple Horse Dingling/Samus Bronze Dagger Casters          (Susanowo-Yama God) thru Proto-Gaya
Late Yayoi Immigration Circa 1 - 200 AD
South Siberia Sve Mountain Fortifications/
Cis-Baikal Slab Grave/Inbent Square Platform Burial
貊 O2b-SRY 7.70% Siberia-Manchurian Dong-Okcho
Trans-Baikal Slab Grave/Palace Burial
粛慎 C3c-M86 1.20% Trans-Baikal Deer Herders Shushen ->
                         Wuhuan/Ye thru Gaya
Proto-Turkish Solar-Lunar Deity Cult
粛慎鍛鉄奴隷 N1-LLY22g* 1.20% Poltse thru Gaya

571 :LUNAMASK:2010/07/20(火) 12:54:20 ID:QgU0aZTp
>>569
O2bウェストポイント卒の海兵隊軍団。 D2ニューギニア現地軍団程度の
感覚でしょうか。

572 :出土地不明:2010/07/20(火) 13:00:00 ID:LY1mxYOg
>>570
あははは!Gojoseon project!
Good Luck!


573 :LUNAMASK:2010/07/20(火) 13:03:41 ID:QgU0aZTp
日本における東北三大民族
東胡 C3-M217* 1.90%
粛慎 C3c-M86 1.20%
穢  O2b1-47z   22.00%
貊  O2b-SRY   7.70%
穢貊計     29.70%

574 :出土地不明:2010/07/20(火) 14:17:19 ID:LY1mxYOg
>>573
C3-M217*  1,90%  バイカル湖・細石刃ブリアート、
C3c-M86 1,20% 華北型ナイフ石器人、みしはせ、ヤマタノオロチ、?婁海賊
O2b1-47z 22.00%  江蘇省弥生人、臨澑ボートピープル、遼寧青銅器セールスマン
O2b-SRY 7.70% 松菊里倭人 開拓移民 古墳ドカタ 戦争捕虜

575 :LUNAMASK:2010/07/20(火) 14:19:36 ID:QgU0aZTp
大陸におけるプロファイルから推定される列島における子孫氏族
東胡 C3-M217* 1.90% 縄文人に同化 関東武士
粛慎 C3c-M86 1.20% 鹿 鹿石付前方後方墳 鹿島神宮・春日大社・善光寺
藤原氏他武家
穢  O2b1-47z  22.00% 方形周溝墓 各地水軍 源氏他武家
貊  O2b-SRY   7.70% 投馬・出雲族 四隅突出型墳丘墓>前方後円墳>熊野三社
公家・神官

576 :LUNAMASK:2010/07/20(火) 14:26:56 ID:QgU0aZTp
>>574
勅島・対馬には縄文人入国審査官がスクリーニングしており、それをパスしても
壱岐・伊都国で税関のチェックがある。芸のないものは無理だったと思うが。

577 :LUNAMASK:2010/07/20(火) 14:28:01 ID:QgU0aZTp
人道的な外交官が生まれるのはずっと後のこと。

578 :LUNAMASK:2010/07/20(火) 14:34:26 ID:QgU0aZTp
倭人伝でも伊都国税関の審査が厳しいという風な指摘がある。途上国というものは
今も昔もいやなものだったらしい。

579 :出土地不明:2010/07/20(火) 15:17:18 ID:+wd9TWoC
奈良時代には防人制度があって、半島からの密入国者や日本人拉致事件が頻発していたんだろうな。


580 :出土地不明:2010/07/20(火) 15:59:12 ID:P465zxKl
>>566
>沖縄の南方、八重山諸島では、O2b*とO2b1が、67%!と他の場所に
類例を見ない突出したマジョリティを形成します。

一番気になるのは、やはり沖縄ですね。
言葉もそうだけど、O2bもそうです。

581 :出土地不明:2010/07/20(火) 16:03:54 ID:Bwogdw/B
月光たん帰ってきたのね〜〜〜♪






オカルト板に帰れ。

582 :出土地不明:2010/07/20(火) 20:17:29 ID:hhFZ8Frd
『漢書』地理志

「然東夷天性柔順、異於三方之外、
故孔子悼道不行、設浮於海、欲居九夷、有以也夫。
樂浪海中有倭人 分爲百餘國 以歳時來獻見云」

然して東夷の天性柔順、三方の外に異なる。
故に孔子、道の行われざるを悼み、説(も)し海に浮かばば、九夷に居らんと欲す。以(ゆえ)有るかな。
楽浪海中に倭人あり、 分かれて百余国をなし、 歳時をもって来たりて献見すと云う。


583 :出土地不明:2010/07/20(火) 21:27:39 ID:azKoN99E
>>579
実際に何度も新羅の海賊に拉致されているし・・・・

584 :出土地不明:2010/07/20(火) 21:59:59 ID:+wd9TWoC
>>583 古代から日本は対馬、北九州で朝鮮と対峙してきたということだな。


585 :出土地不明:2010/07/20(火) 22:16:11 ID:hhFZ8Frd
芸のないものは、生口として、中国に引き渡したのさ。

586 :出土地不明:2010/07/20(火) 22:39:42 ID:hhFZ8Frd
箸墓古墳(はしはかこふん、箸中山古墳とも)は
奈良県桜井市箸中に所在する箸中古墳群の盟主的古墳であり、
出現期古墳の中でも最古級と考えられており
3世紀半ばすぎの大型の前方後円墳である。

587 :出土地不明:2010/07/20(火) 23:31:37 ID:sfMBUwaw
>>586
4世紀半ばだよ。
ここにも歴博に誤魔化されている一般庶民がいた。

588 :白馬青牛 ◆8mr41B7alChB :2010/07/20(火) 23:34:55 ID:QImODHCt
>>558-559
巧みな外交ですかねえ?奴国でも頭に「漢」が付く属州であり、
漢直接支配地でしょう。列島倭人は、まさに中華の奴隷ですよ。
牧畜民が支配したスキタイ文化の影響が強い雲南のテン国なんか、
頭に「漢」が付いて無いでしょう。軟弱な列島倭人の奴隷根性と違い、
彼らは、精強な兵と軍事力がありましたからねえ。
>>584
記紀ゆえ、真実かどうか解らんが、筑紫の磐井は新羅と組んどった
じゃない。確実なんは平安期、貞観八年(866)の肥前諸郡司の新羅通謀事件
よのう。新羅と結んだ条件は、新羅に渡って「造兵弩器術之術」つまり、
弩の製法を教え45人の射手を同行させる計画じゃった。
こりゃあ、日本の技術者がサムソンの企業に引き抜かれる程度も
問題じゃないよ。ハイテク軍事機密を、肥前郡司云う公官が、日本へ
しばしば侵攻してきた敵国の新羅に教えるんじゃけぇのう。
ちなみに、日本側は「強弩為神」と弩は神器であり、中心兵器であった。
この兵器のおかげで、後の寛平六年(894)、対馬侵攻の新羅軍を撃退
出来た。いかに新羅側からすると怖れられた兵器であったか云うことでも
あるが、新羅側に渡っておったら、日本は相当掠奪されたじゃろうね。
まあ、その時は協力した九州の豪族連中も一緒に本州へ侵攻して来る
じゃろうね。(笑)九州人は節操がのうて、変わり身が早いけえ。(笑)

589 :出土地不明:2010/07/20(火) 23:59:28 ID:+wd9TWoC
>>588 今度は対馬の反韓運動が大きくなってきたので五島列島を狙っているようだな。

 裏にシナがいて佐世保基地を狙っているんだろうな。

590 :出土地不明:2010/07/21(水) 03:52:35 ID:b9O+8CMU
>>582
> 分かれて百余国をなし

ん?
元は一つだったって事かな

591 :出土地不明:2010/07/21(水) 04:18:27 ID:b9O+8CMU
>>588
まあ、朝鮮人が一番、節操がのうて、変わり身が早いw

592 :出土地不明:2010/07/21(水) 14:16:46 ID:4/JTeWz9
牛さんの主張は、騎馬民族>農耕奴隷民族で一貫してますけど
その見方はかなり特殊で狭量・浅慮ですよね。

騎馬民族の剽悍さは根拠地を持たない脆さの裏返しです。
彼らは望んで強くなったのではなく、生産性に乏しく他国の潤沢な生産余剰品を
略奪せねば生きていけなかったから強かっただけです。
これは彼らが定着民に大きな流れの中では圧迫を受け続けていた事のあらわれです。

実際に歴史をひもといても、
確かに騎馬民族は幾度となく定着民に勝利しましたがそれは長い歴史のほんの一時期です。
たんにトピックスになっているために目立つだけで、実際は農耕民がつねに勝利し続けていたわけです。
逆のいい方をすれば、農耕民が勝利するのは当たり前すぎて、話題にもならないだけなのです。
また彼ら騎馬民族は、勝利したとたん騎馬民族としてのアイデンティティを失い定着民と同じ生活様式にそまってしまいます。
彼らが必ずしも漂白を好み、定着を嫌っているわけではない事が判ります。

要するに彼らは持たざるもの故の、貧しい故の一時的な強さ、
しかも、隣接する定着民の政治的タイミングによる弱体化と対比としての戦闘能力であり、
実際の人種的・民族的強さではありません。
団結力にすぐれ、文字や不動産による文化の継承を行なう定着民のほうがあらゆる面で有利なのは明らかです。

現実に定着民はあらゆる局面に置いて最終的に勝利し、彼ら騎馬民族の土地を奪い
2000年前も現在も社会全体の勝利者であり為政者です。
騎馬民族が牛さんの言うほど最強無比の存在なら今のような社会は構築される事は決して無かったでしょう。
葉は木に繁り、木は森の中にあります。
葉っぱの観察はそのくらいにして森の観察、せめて枝くらいにはに目を転ずるべきではありませんか。
そろそろよいお年のようですから。


593 :出土地不明:2010/07/21(水) 14:35:09 ID:3oZTJIUx
3〜8世紀の日本の話なのに論点ヅレてるお┐('〜`;)┌
馬牛説わ金属や硝子の文明お自分のものにした民族が
土着民お支配したというだけで
騎馬民族>農耕奴隷民族の主張とわならないお

594 :出土地不明:2010/07/21(水) 14:48:39 ID:4/JTeWz9
>>593
全くずれてませんよ。
3世紀には中国にはもう成熟した巨大統一国家が誕生してますね。
あの土地を騎馬民族が我が物顔で駆け回っていたとでも?
 
喩えが悪いですが、素行が悪く体の大きなホームレスがそこらへんうろついてたら
我々としては気味悪く、恐怖を感じますよね。
実際喧嘩したら私より強いでしょう。
しかし彼らは社会全体からすれば弱者であり、敗者であり、最底辺にいるのです。
社会インフラの余剰生産力で生きているのです。
実際の社会に対する影響力では私にとても敵わないでしょう。
そこの問題を混同してはいけません。
個体や小群体としての戦闘能力は、人間全体の持つ社会構築能力には決して敵いません。



595 :出土地不明:2010/07/21(水) 15:10:17 ID:6ZLebJeX
柔道、空手、お茶、お花、和歌、俳句、ソメイヨシノ、その他もろもろ、
日本人が長年の努力と慈しみの末に築いた日本文化を、コリアンは全て
コリア起源と主張する事によって自分達の手柄にしたい。文化を育てた日本人の
名誉を簒奪したい。コリアンのこういう態度は、すぐれて略奪狩猟民的ね。
コリアンは、DNA上では農耕漁労民のY−O2b系統の方が多いけど、
心理上やビヘイビアでは、今だ圧倒的に飢えたる略奪狩猟民Y−C3に
支配されてる。青牛は典型。ご先祖は酷寒のシベリアで飢餓線上を
さまよい、南下して農耕民から穀物や衣服を奪って生き延びたのね。
DNAに刻印されたY−C3の本能だから、死ぬまで治らないわね。
お大事に。

596 :出土地不明:2010/07/21(水) 17:17:21 ID:wjucIrZj
まあ、馬さんはえれぇ形質に拘ってたが、新モンゴロイド極めてても間違って
D2、O2bの可能性もあるぞいっぺんDNA調査やってみろや。

馬さん故地の北朝鮮と韓国比べれば間違いなく韓国の方が更に新モンゴロイド化が進んでる筈だ。

597 :出土地不明:2010/07/21(水) 20:25:24 ID:emiYymML
http://specialnotes.blog77.fc2.com/blog-entry-1593.html
馬さんは、上みたいなのが嫌なので、朝鮮人のふりしてるんじゃねえか?

598 :出土地不明:2010/07/21(水) 21:22:38 ID:bE63uSO2
気持ち悪いスレ違い野郎 (・∀・)カエレ!
文化や文明を考える上で、ハルハモンゴルとブリヤートと
オルドスとホロンバイルを全く影響を与えていないと考えるやつはいねーよ!!

599 :出土地不明:2010/07/21(水) 21:49:04 ID:sTDCQXFs
そんなのより南方起源の文化色が強いからな

600 :出土地不明:2010/07/21(水) 22:20:30 ID:Lf2LZjL8
>>588
倭人が中華の奴隷だった時期なんてあったっけ?
奴隷というからには、生産物を一方的に収奪され
戦となれば先手として使い潰されるみたいな記録があってもおかしくないんだが

601 :ドレミ ◆YeeMODUSQg :2010/07/21(水) 22:38:06 ID:BxnlVAFu
>>588
筑紫の磐井で思い出したのですが、石人石馬=8世紀唐の武則天あたりからの陵墓というのが
すぐ連想されると思います。拓跋部の持ち込んだ文化かな?と

次に時期的に筑紫の磐井で連想されるのが、チブサン古墳等ですが
http://kyuhaku.jmc.or.jp/kofun_frame2.php?flg=
これらの意匠の正体は何だろう?と思うと、
>>44http://www.china-world.info/china23u.htm 普格・布トウがひっかかるのです。
この目玉模様は、聖乍のほうでは珍しいのに、大涼山では当たり前のようにある。

で、このポスター。目玉模様は本当かな〜と疑問がふつふつと湧いてくる。
http://www.rekihaku.ac.jp/kikaku/index93/pos_b.jpg
http://www.rekihaku.ac.jp/kikaku/index93/index.html

「照葉樹林文化論」でいくならば・・・ こっち系の意匠を採用しておけば違和感がなかったのですがね。
尼蘇 http://image1.chinanews.com.cn/09p/PhotoN/090117/090117172ta_3.jpg
撒尼 http://hiroaoki.blogzine.jp/photos/20081008_/pa095194.jpg
楚雄 http://www.yizuworld.com/uploads/090924/1_214713_1.jpg

602 :白馬青牛 ◆8mr41B7alChB :2010/07/21(水) 22:54:01 ID:qeFyoLd4
>>589
現代、韓国がどこを狙うても、多数の移民を送ってその土地の多数派になる
んは時間がかかるよ。短期的には無理じゃね。中国の場合も同様。
>>591
朝鮮人は、九州人と気質が似とるけんのう。両者は節操に乏しいよ。
>>592
また、無知偏見で語りよるのう。騎馬民族が移動性が強いが根拠地を
持たんわけあるまあ。生産品なんか馬でも他の家畜や狩猟民から手に
入れた毛皮、交易商人から手に入れた手工品じゃの中継交易しとるし、
掠奪は農耕民側とのこ交易の不均衡から起きるんよ。
飢える可能性は農耕民の農奴の方が飢饉にさらされるし、狩猟民の方が
死活問題になるのう。特に牧畜民は家畜の疫病を齎すけぇ、農耕民や
狩猟民にゃあ脅威であろう。定住民の圧迫が嫌じゃったら、他の地域に
移りゃあええし、だいたい遊牧民が圧迫されたんは、近世、近代の時代じゃ
ないか。
騎馬民族が勝利したんは、中世までじゃが、江上氏によると、北欧、西欧の
海賊末裔の連中も騎馬民族型(実際社会組織制度、民主制も似ておる)
じゃけぇ、現代でも騎馬民族の勝利になるのう。農耕民が勝利するんは、
支配者が同化せにゃあ無理じゃ。まあ江上氏は民主主義が騎馬民族型で
共産主義が農耕民族型とされとるけど、共産主義は勝利しとらんよ。
森の観察云うか森林浴は好きじゃけど、日本人は歴史的に森を粗末に
したのう。江戸期の広島県は禿山ばっかしじゃし、明治初期の神戸の北の
六甲山の写真も禿山じゃ。日本人は森林破壊民族じゃけぇ、エコが
叫ばれる現代に生きとる人間の幸運な処よ。
まあ、あんたは、歴史のお勉強してから、わしに意見した方がええよ。

603 :ドレミ ◆YeeMODUSQg :2010/07/21(水) 22:58:01 ID:BxnlVAFu
>>594
秦は純粋な農耕民族の国ではないし、長江も湖北省より上流は
相当な面積で野営しながらの放牧をしていたみたいです。
四川の蘆定県なんかの記述が三国演義の諸葛亮の話で出てくるけど、やはり放牧してますよ。
同じ時期にも山西省や河北省も、曹操が匈奴の入植をさせてますね。

唐は、鮮卑拓跋部だから、やはり純粋な農耕民族の国ではない。
野営しながらの放牧は、明末になってもまだ湖北省の記録にみられる。
恩施とか利川とかどうも、今と生活様式が違ってる印象がある。
明末や清の時代に、客家やミャオ族や回族を強制移住させて、放牧地を潰していったという感じですよ。

604 :出土地不明:2010/07/21(水) 23:08:42 ID:5vrKwNvM
フーム、三国史記には倭人が半島に攻めてきたと言う記述しかないわけだが。
半島から列島を攻めたとは書かれて居ない。
当の朝鮮人自体が倭人に攻められたと書いているにもかかわらず。

605 :白馬青牛 ◆8mr41B7alChB :2010/07/21(水) 23:43:52 ID:qeFyoLd4
>>594
中国を統一した秦も西戎系牧畜民じゃし、周もチベット羌系と
婚姻しとる西方の異民族。殷の支配層も北方狄系。
四世紀の世界的北方民族の移動期に夏華を支配した五胡は、
トルコ・モンゴル・ツングース・チベット羌系じゃ。
それが五胡の支配層から北朝、隋、唐の王朝が造られる。
あんたあ、歴史無知の妄想がひど過ぎるよ。
連帯性の強い騎馬民族を都市の貧困層と比較しても意味があるまあ。
都市の貧困層は、農地で生産出来ん飢餓民から派生したんじゃに。
あんた喧嘩が弱いくせに、上から目線で彼らを弱者認定する必要も
無いよ。それがあんた個人の実力で社会じゃ抽象概念に頼り、
社会的通念で自分以下の人間を創り彼らを卑下することで、
安心感を抱く、上に諂い、下を蔑視する農奴の奴隷根性じゃけん
のう。ほんま農耕民族の負の部分の典型じゃわいや。(笑)
>>595
嫌韓厨は、妄想被害者意識が激しいのう。コリアンは文明化しとる
だけ、狩猟民的性質が日本人よりも薄いけどのう。
しかも、あんた狩猟民と農耕漁労民と区分しとるが、漁労民は
農耕民じゃのうて狩猟民なんで。獲物の取っ暮らす人間じゃけぇ
のう。しかも漁労民がしばしば海賊化するんは日本の歴史からも
明らかなことを。嫌韓ネット右翼は嫌韓サイトばっかし見よって、
洗脳された電波歴史観を持ちよる云う典型意見じゃないか。(笑)
>>596
あのねえ、形質と遺伝子は関係無いよ。まあ、韓国の方が北朝鮮人
より目が細いよ。わしの先祖が東国武士じゃけぇ、高句麗・北朝鮮
の連想か?
>>597
中共は、沖縄が清朝に朝貢した中国の一部から工作するんじゃな
いか。次に倭人≒江南中国人工作から本土日本人も中国人の一部
として、嫌韓ネット右翼の主張と近いわけじゃ。
http://www.peoplechina.com.cn/zhuanti/2008-10/28/content_159390.htm
ここに出とるようにね。山海径や鮮卑に拉致された倭人を
無視して南方誘致よのう。その中共の歴史観の宣伝マンに
なっとるんがネット右翼で、朱子学の本場江南に隷属崇拝しとる
けんのう。
ほいから、わしゃあ朝鮮人じゃ無いし、「ふり」もしとらんよ。
だいたい在日認定するんは、どの板でもネット右翼の画一化された
行動パターンじゃないか。

606 :ドレミ ◆YeeMODUSQg :2010/07/21(水) 23:52:34 ID:BxnlVAFu
>>605
自分は、倭人≒黒彝族工作も怖いと思っとりますがね。
鳥越憲三郎の引用が多い点でも。

http://city.udn.com/50415/1447119?cate_no=55316&pno=1&tpno=0
「彝族説」的學者們認為,秦始皇統一六國後,曾命方士徐福率三千童男童女渡大海,
以求長生不老之藥。遇大風,幸存者抵壇州(今日本九州)後成家業,由此成為島上最早的
日本民族。令據《史記》記載,秦王室的家庭屬羌戎。羌戎經過歴史遷徒,最後抵達西南,
又成為今天雲南彝族的祖先。「彝族説」還認為,因為鳥越憲、佐佐木、渡部等專家到雲南
考察後發現石林等地撒尼人(彝支系)的「火把節」,類似日本的「孟蘭盆節」,即日本的
紀伊半島,同一天也舉行「火把節」,而在日本南部紀伊半島的神戸、京都、大阪、奈良、
和歌山等地,正是中國傳統文化在日本表現最為集中的地方。羌族是我國最古老的山地民族
之一。他們長期居住在青海、西藏的廣大高寒草原地帶,過著游牧的生活。但是,仍然沒有
確鑿的証據,在血縁和人種等諸方面,証明彝族曾經是日本的「祖先」。


なんか、現地でもその気みたいですし。
雲南楚雄彝文化網
http://yizuworld.com/html/yirenshihua/2010/0204/391.html

607 :出土地不明:2010/07/22(木) 00:07:11 ID:xxb2lBKc
>>605
中国は、徐福説から、江南説から、遼河文明から、江上騎馬民族説から、日蔵同祖から、
天皇朝鮮人説まで、あらゆる説を引っ張り出していますよ。

日本人の起源を江南に誘致しようが、北方騎馬民族に誘致しようが、西蔵に誘致しようが、
中国的には、全て対応できる状態にはなっているようですね。

608 :607:2010/07/22(木) 00:09:20 ID:xxb2lBKc
ただ、一番重要なのは、政治に振り回されず、正しいと思った説を主張する事です。



609 :出土地不明:2010/07/22(木) 00:10:38 ID:radr+OUt
張雲方さんの記事 2選
ttp://www.peoplechina.com.cn/zhuanti/2008-10/28/content_159390.htm
ttp://www.peoplechina.com.cn/wenhua/2009-11/09/content_228967.htm

610 :出土地不明:2010/07/22(木) 00:16:25 ID:dI7bZLga
>>607
そう云う事経過措置的な国家戦略だろ。
分子生物学なんて基地外に刃物。

611 :出土地不明:2010/07/22(木) 00:18:12 ID:xxb2lBKc
>>606
秦は羌戎って書いてありますね。
日本は羌系だと言いたいんじゃないですか?


612 :白馬青牛 ◆8mr41B7alChB :2010/07/22(木) 00:23:30 ID:ijoyA9IL
>>600
実際に倭の奴国の金印に「漢」が頭に付いとるし、列島倭人は
生口(奴隷)を漢に献上しとるじゃないか。
>>601
石人石馬は、白村江の敗戦で実質、唐に支配されたんじゃないかと
云う説もありますね。拓抜以前に日本の渡来系東漢氏は鮮卑要素が
強かったでしょう。
http://www.oct.zaq.ne.jp/kashiko_yushikai/reikai/reikai0610.htm
http://avantdoublier.blogspot.com/2008/01/blog-post_16.html
武士の先祖であり、天皇家の妃と不倫関係で有名な東漢氏は、
鮮卑系でも拓抜部よりも、新沢千塚出土品から慕容部との関連が
強いと思います。
縄文と弥生云う言い方は問題がありますが、モデルの女性は
縄文系と北方渡来系と区分し易いですね。
照葉樹林文化論ですが、日本の場合は照葉樹林地域の西日本に、
典型的北方系の新モンゴロイドの形質が強いゆえ、日本では南北
逆転現象です。大陸の西方で余程チベット羌系の北方新モンゴロイド
の形質を受け継がん限り、低顔の縄文系か南方系の容貌に
なりますね。
>>603
だいたい国家を造るんは、牧畜民の役割ですからね。農耕民は
土地に縛られるわけですから、国家の支配層になる能力が
社会が安定する以外無いでしょう。支配者は外来から来るんが
基本ですね。
>>604
三国史記の倭人解釈自体、高麗当時の価値観じゃけぇ、
日本人妄想が生まれるわけじゃ。形質的に縄文低顔系が伽耶でも
被支配層じゃし、日本も朝鮮も4世紀の世界的北方民族南下現象と
矛盾しとらんよ。列島も半島も支配層は北方民族じゃけんのう。

613 :白馬青牛 ◆8mr41B7alChB :2010/07/22(木) 01:04:00 ID:ijoyA9IL
>>606
鳥越氏の南方誘致電波で黒彜まで巻き添えになりますね。
しかも四川から河を下って江南へ移住した民族の例なんか無いのに。
>>607
彼らは、徐福江南弥生期中国人だけじゃのうて、遼河の先紅山文化の
影響化の縄文も中国人。騎馬民族も中国の少数民族、mtDNAは遼寧・山東、
精度の低いY染色体もチベットと江南云う拡張中華思想に還元しますよ。
まあ、現代特に倭人江南起源説の喧伝なら、日本の朱子学派も利用出来ます
からね。中共の文化人は朱子学派江南人が多いゆえ、自然と倭人工作に
力を入れとるんじゃないですか。
>>611
秦は西戎であり、夏華からは異民族ですよ。日本へは古墳期以外の
移住は可能性が低いでしょう。

614 :出土地不明:2010/07/22(木) 01:32:24 ID:UBwPe0I4
>>612
この人の胡散臭いところは、全ての書き込みに、政治的意図が有る事ね。
過去からのログを見ると明白だけど。最初は日本人の祖先は朝鮮系と誘導する発言の連続だった。
そうでは無い証拠の文献などが色々な人から提示されると、
「そう言う研究は陰謀によるもの。日本人は警戒しろ」みたいな、論理も何も無い、
プロパガンダに自ら走って、馬脚を現してる。
じゃあ、あなたが、今まで散々言ってきた「朝鮮説」はどういう意図だったか?
明白じゃん。こういう人がいるから、各方面でレベルが下がって、変な方向に誘導されてしまう。
最も警戒すべきは、この白馬青牛みたいな人間だと思うね。

615 :出土地不明:2010/07/22(木) 05:08:43 ID:xxb2lBKc
>>613
>鳥越氏の南方誘致電波で黒彜まで巻き添えになりますね。

その中国語の文章は、たぶん鳥越氏の倭族説とは違いますよ。

日本人=秦=羌 としたいようです。
それで、羌は雲南彝族の先祖であるとしています。
「火把節」(松明祭り)は、中国でもチベット系のナシ族なんかがやってる祭りです。
これが関西方面で見られると指摘していますね。
羌は、最も古い山地民族で、遊牧などをやっていたが、彝族が本当に日本人の先祖か
どうかはよく分らん、としています。

616 :出土地不明:2010/07/22(木) 12:34:02 ID:Kgy5sLIK
>>602
あのねえ・・・・遊牧民の生態くらい解ってますよ。
そんな事は解った上でもっと大きな視点に立って話は出来ませんか?

遊牧民が持ってる財産は商品でしょう?
厳密に言えば自分の物じゃないんですよ。この概念は解りますよね?
でもね、農耕民の持ってる物は純粋な意味での財産なんです。
人間が人間の生命としての材料、そして
共同体を築いていく上で最も重要な、食料という財産を持っているんですよ。
社会基盤の強固さが定着民と遊牧民は全く違うんですよ。
個体を増やすという方法論に置いては、採集民は農耕民に全く敵いませんね?
そのくらいは認めるでしょう?いくらあなたでも。

では、その定着民達を支配してるのは何か、支配とはそもそもどういう
状態、定義と言えるのか、に論をすすめますね。
どうやらホームレスという喩えはあなたのような狭隘な感覚の持ち主には
単に都市生活困窮者と遊牧民の直截的なたとえに感じるようですので
(その感覚もどうかと思いますが)もっと解り易く動物さんのお話をしましょう。

ライオンさんは草食動物を食べて生きていますね。
おっと、ライオンは交易するのかとか草食動物は自分で畑を耕さんじゃろがなんて
間抜けな突っ込みはやめてくださいね。
ライオンさんは消化能力が低いですから自分の肉体、および共同体を維持する財産が
自分の生活圏では非常に限られています。
一方でインパラさんは、一見ひ弱ですが、食物が非常に豊富ですね。
あまり知られてはいないですが、彼らは肉だって食べるんですよ。
腸が丈夫ですから本当は何でも食べられるんです。ただ、肉は手に入り難いですね。
周りにいっぱい食べ物があるのに、わざわざ狩りなんて危険を侵して(ライオンさんはよく狩りで死にますね)
食べ物を手に入れる必要は無いんです。

コレは利用可能な資源の豊富さ、社会基盤の構築の構造的格差となって
一番よく解り易く出てるのが個体差ですね。
さて、ではライオンさんはインパラさんがいなくなったらどうなるんでしょう?
インパラさんはライオンさんがいなくなっても別に困りません。
増えすぎるだろなんて突っ込みが入りそうですが、ライオンさんに食べられるのは群れのたった2%です。
本当はインパラさんの個体数を決めているのは気候っていう物なんですよ。
ですから、結局ライオンさんはインパラさんにおんぶにだっこで、やくざのようにかすりで生きているわけです。
情けないですね。




では、この喩えを人間に置き換えましょう。

定着民は、特に弥生時代において、3%という爆発的な増加率で増えていきましたね。
彼らは遊牧民の助けは要りません。食料は豊富ですから。
ところが遊牧民は数が増えるどころかぎりぎり横ばい。時には壊滅的に減ってしまいました。
数が増えた定着民はその安定した社会構造の中で、長い時間をかけていろんな事をしました。
文化を育み、多くの発明をし、それを継承しました。
個体が多いですから、あらゆる活動の規模が大きくなります。
現在我々が受けている様々な恩恵は、その定着民が強固な社会基盤というゆりかごで生み出した物です。
遊牧民はただ、それを享受し、他所の土地に伝えてきた、それだけです。
もちろん幾つかの例外はありますが、いちいち書く必要は無いので省略しますよ。
 
これをもって優れた民族であるかを問うのは、少なくとも私には愚問に思いますね。
人間の発展と、それを構築した能力というものに牛さんはもっと敬意を払うべきでしょう。

617 :出土地不明:2010/07/22(木) 12:37:29 ID:Kgy5sLIK
あっと・・推敲するまえに送っちゃった・・・・まあ、大意は伝わったでしょうから
後でまた書きますよ。

618 :出土地不明:2010/07/22(木) 12:49:46 ID:3EOxfWsj
スレチだけどごめん。マレー半島の原住民ネグロイド(Mani族)は、
インドシナ半島に6万年前から住んでいると言われている。彼等の住居が
おお見よ、高床式!熱帯雨林で暮らす合理的な設計よね。熱帯雨林と
原住民こそは、高床式建築の元祖だと思うにロケット科学の頭脳は不要。
マニは精霊信仰がある。死者の魂が生者にストーカーする事を恐れている。
何か日本人の[迷わず成仏しておくれ」の心理に似てる。
Natinal Genographic は、世界中からDNAサンプルを集積して、人類移動
ルートを設定してるけど、サンプルが多いので、従来の定説を次々と
覆している。それによると、漢民族の基礎となったY-O3も、従来の説と
違って、ヒマラヤ南麓からインドシナ半島に集積し、そこから中国へ
北上したと成ってる。Y-O3が熱帯雨林のインドシナ半島に居た頃、
原住民のネグリト同様、きっと高床式の小屋を建てたでしょ。Mani族の
高床式住居に興味のある方どぞ。ページが出たら、英文の方は無視して
スクロールバーを半分くらいまで下げてね。写真が出るから。貴州省の
苗族の切妻屋根の倉庫とか三内丸山の縄文遺跡の高床式倉庫の原型が、
ここに有る!

619 :出土地不明:2010/07/22(木) 12:52:23 ID:B4zCsJP0
ライオン、インパラ ( ´,_ゝ`) プッ
考古学、歴史民俗に全然関係ないやん

620 :出土地不明:2010/07/22(木) 12:55:25 ID:3EOxfWsj
スレチだけどごめん。マレー半島の原住民ネグロイド(Mani族)は、
インドシナ半島に6万年前から住んでいると言われている。彼等の住居が
おお見よ、高床式!熱帯雨林で暮らす合理的な設計よね。熱帯雨林と
原住民こそは、高床式建築の元祖だと思うにロケット科学の頭脳は不要。
マニは精霊信仰がある。死者の魂が生者にストーカーする事を恐れている。
何か日本人の[迷わず成仏しておくれ」の心理に似てる。
Natinal Genographic は、世界中からDNAサンプルを集積して、人類移動
ルートを設定してるけど、サンプルが多いので、従来の定説を次々と
覆している。それによると、漢民族の基礎となったY-O3も、従来の説と
違って、ヒマラヤ南麓からインドシナ半島に集積し、そこから中国へ
北上したと成ってる。Y-O3が熱帯雨林のインドシナ半島に居た頃、
原住民のネグリト同様、きっと高床式の小屋を建てたでしょ。Mani族の
高床式住居に興味のある方どぞ。ページが出たら、英文の方は無視して
スクロールバーを半分くらいまで下げてね。写真が出るから。貴州省の
苗族の切妻屋根の倉庫とか三内丸山の縄文遺跡の高床式倉庫の原型が、
ここに有る!

621 :出土地不明:2010/07/22(木) 12:57:27 ID:3EOxfWsj
>>618
あれ、何で2回も送った事になってんの?
アドレスをコピペする前に飛んで行っちゃったから、失礼しました。
ここです。
http://www.andaman.org/BOOK/chapter36/text36.htm

622 :出土地不明:2010/07/22(木) 13:03:46 ID:80N3PBKI
謎の祖語(アルタイ祖語)|→ トルコ諸語 
            |→ モンゴル・ツングース共通祖語

             → 新羅語             → 朝鮮語
             → 高句麗・百済語    → 新羅語に同化
             → 江南・山東語(アルタイ系)→古南朝鮮語→ 弥生語(近畿方言)    → 日本語
             → 江南・山東語(アルタイ系)→倭人語  →弥生語(九州、中国、東国方言)→ 日本語
               江南・山東語(アルタイ系)      →南島語           →琉球語


623 :出土地不明:2010/07/22(木) 13:04:51 ID:3EOxfWsj
>>616
すごーく分かりやすい話。どうも有り難うございます。
こんな風に噛み砕いて論を進める事が出来る人は、きっとプロ。大学か
学校教師だな。教師の質も色々だけど、やっぱ頭の良い先生ほど
授業も分かりやすかった。論理的に考えられる人は、たとえ論敵でも
話が通じる。青牛は、その点、ダメね。
              朝鮮半島人に愛を込めて。

624 :出土地不明:2010/07/22(木) 14:00:32 ID:RFQ/Yz2Q
>>618
>ページが出たら、英文の方は無視して
>スクロールバーを半分くらいまで下げてね。写真が出るから。

URLは?

625 :出土地不明:2010/07/22(木) 14:16:23 ID:mCK1Eztx
>>620 李氏朝鮮時代の朝鮮家屋にそっくりだな。


626 :出土地不明:2010/07/22(木) 15:24:56 ID:3EOxfWsj
>>624
ごめん。ここよ。(>>621と同じだけど)

http://www.andaman.org/BOOK/chapter36/text36.htm

627 :出土地不明:2010/07/22(木) 17:29:47 ID:qK7Xf5Kp
牛ちゃんはね、家の財産食いつぶしていきているのを正当化したいだけなのよ。
おかあちゃんやおとうちゃんを殴って俺は支配者だって遊牧民気分に浸っているだけなのよ。
そっとしておいてあげてよ。

628 :出土地不明:2010/07/22(木) 18:16:23 ID:tYcvT91Q
>>616
すごくわかりやすい。というか>>592だってすごくわかりやすいんだが
牛さんは反論のための反論で全然心にひびかない。
>>592で地球の丸さを話してるのに牛さんはエベレストのトガリ具合をはなしてるかんじ

>>623
牛さんは論理とか理屈とかは空理空論の抽象観念論なんだそうですよ
どうやって掲示板で論じるつもりなんでしょうね

629 :出土地不明:2010/07/22(木) 20:56:40 ID:VZykzF/v
日本書紀の記述は次のようなものである。

応神天皇十四年、弓月君が百済から来て、天皇に奏上した。
「私の国の百二十県の人民が帰化を求めています。
しかし新羅人が拒んでいるので、みな加羅国に留まっています。」

天皇は葛城襲津彦(かつらぎのそつひこ)を遣わして、
加羅国の弓月の民を召されたが、三年を経ても襲津彦は帰らなかった。

応神天皇十六年、天皇は平群木菟宿禰(へぐりのつくのすくね)、
的戸田宿禰(いくはのとだのすくね)を加羅に遣わした。天皇は精兵を授けて、
「襲津彦が帰らないのは、きっと新羅が邪魔をしているからだ。
お前達は速やかに赴いて新羅を撃ちその道を開け。」
と命じた。

木菟宿禰らは精兵を進めて新羅の国境に臨んだ。新羅王は恐れて、
その罪に服した。二人は弓月の民を率いて襲津彦と共に帰ってきた。


630 :ドレミ ◆YeeMODUSQg :2010/07/22(木) 22:27:42 ID:iO9kNP2x
>>613
>四川から河を下って江南へ移住した民族の例なんか無いのに。
一応、土家語話者は湖北省宣昌までは東進してますよ。実際トゥチャ(土家)族は漢語メインですが。
長江ではなく黄河を東進したとする説はありますよ。

>倭人江南起源説の喧伝なら
まず大陸中国では見かけませんね。雲南や遼寧やオルドスと違い
江南は反日感情が強いので、あっちがわのネットには江南起源説は殆どありません。
(掲示板ならDAT落ちかなと思うけど、Blogなんかにもないから検閲がある可能性あり)

>>615
鳥越氏の倭族説そのままのは、中国や台湾では見かけませんね。
秦嶺山脈で分岐して、山東龍山文化(B.C.2500頃)になったという説があります。
自分は日本語の資料だとこんなのを拾いました。
http://www.aa.tufs.ac.jp/komonji/history-01.html
http://abc0120.net/words/abc2007031802.html
(古彝文は、明代以降の規範彝文と書体が違うんですけどね。)

>>629
弓月君=秦始皇帝の五世孫
http://baike.baidu.com/view/1688521.htm
古漢族から日漢同祖論は拒絶反応があるので、>>611の方がいうような日本=羌戎論のほうが人気があります。

631 :ドレミ ◆YeeMODUSQg :2010/07/22(木) 22:34:38 ID:iO9kNP2x
>>616
>ところが遊牧民は数が増えるどころかぎりぎり横ばい。
寒冷化すると、遊牧民は事前レビラト婚・ソロレート婚みたいになります。
青海や中央チベットの住民登録は(ダラムサラや西寧での調査では)
そういう形になっていたようです。

白馬氏は「潜行十年」ばかり引用しますが、あれは制度と実態の実態のほうばかりの記述です。
分家をして家畜を増やしてはいけない時期となれば、一妻多夫も出現します。

632 :白馬青牛 ◆8mr41B7alChB :2010/07/22(木) 22:43:44 ID:ijoyA9IL
>>614
政治的プロパガンダは、嫌韓サイト受け売りのあんたら、ネット右翼じゃ
ないか。(笑)日本人と朝鮮人の関連で「証拠の文献」たぁ何なら?
文献が証拠になるんか?また、「論理」云う抽象概念の妄想じゃの、
空虚な言葉を羅列しても意味があるまあに。
ほいから、わしの「朝鮮説」たぁ何か具体的に、わしの文から提示して質問
せえや。わしへの人格罵倒他者印象工作が、あんたの「妄想論理」も補強
しとる思うとるんか?
>>615
雲南彜族の大多数は被支配民の白彜じゃけえ、黒彜に拉致され奴隷になった
南方漢人やタイ系の農耕民ですわ。羌の直系じゃ無いですよ。ほいから
松明祭りなんかの火の儀礼も高句麗にありましたし、関西云うより、
高句麗人の移民が多い信州や関東の方に分布しとる習俗でしょう。
>>616
遊牧民が持っとる財産は家畜ですよ。家畜は乳を出し、肉にもなります
から、食糧の財産は持っとりますよ。ライオンとインパラの話も
人間の社会生活と関わり無いことですよ。ライオンがインパラを
食料としても、カスリを取る云うて、インパラの乳でも絞って飲むん
ですか?(笑)
弥生時代に3%の増加?どっから出てきた数字ですか?紀元後千年までの年増加
率は、0.044%でしょう。近代の例を挙げて弥生期の人口を増やしたい中橋氏
のレトリックじゃあるまいし。逆に弥生期は中国と同様人口減少期に
なった可能性の方が強いでしょうに。古墳期の北方民族の世界的移住
現象によって人口を増加させたと考える方が自然ですね。
中国も五胡牧畜民の移住によって人口を増やしたんですよ。

633 :出土地不明:2010/07/22(木) 23:17:11 ID:Or0A1buq
偏向、捏造(`・д・´)ヤメタマエ 

634 :出土地不明:2010/07/22(木) 23:31:38 ID:sw4HbrLm
恣意的に、自分勝手に、証拠や根拠、論理というような抽象概念を利用
していながら、都合が悪くなると、あれこれ喚きだすのが馬牛。この場合は
形而上的な話(論理・観念論・言葉の本質など)に逃げる傾向がある。
論理が抽象概念で、自分は、そんな空虚なものとは無関係だというなら、
少なくとも他人とまともに話ができるわけが無いだろう、おっさん?

「雲南彜族の大多数は被支配民の白彜じゃけえ、黒彜に拉致され奴隷になった
南方漢人やタイ系の農耕民ですわ」こういう推理の仕方も一般に論理である。
もちろん、「4世紀は世界的民族移動期だから日本だけが例外であるはずはない」
というな単純な考え方も一般的に考えれば稚拙な「論理」であるし、また、
馬牛特有の思考形式という意味でも「論理」という一般的な言葉の意味と合致
している。

当然、馬牛もこういうことには気がついているのだろう。ただ、それを他人に
指摘されるのが極めて癪なので意固地になっているものと思われる。いい年し
て、「論理なぞ抽象概念じゃ」などと駄々こねられては、議論もまともには進まん。
もう大分前に詰んでいるにも拘わらず、それを認めないで逃げ回って、やおら
盤を引っ繰り返されるようなもんだからな。極めて潔くない人間だと思うね。

635 :出土地不明:2010/07/22(木) 23:34:17 ID:Kgy5sLIK
>>632
牛さんは遊牧民と農耕民の認識そのものを間違えてる気がしているのです。
農耕は、戦略として自分で食べる物を積極的に増やす、というアクティブな発想の元に始めた物です。
採集民はその真逆ですね。そこにある物を享受するという、非常に慎ましやかな受動的な生活形態です。
採集の基盤の元に構築されている牧畜もまた、おなじですね。受動型です。

牛さんは恐らく搾取という勇ましいイメージを念頭に、子供っぽい勘違いというか、
攻める側の遊牧民側がアクティブ側であると勘違いされているように思います。
搾取とは、搾取母体の状態に非常に左右される受動体なのです。
インパラの数が減ればライオンの数は減ります。しかしインパラはライオンの状態には左右されません。
この認識の間違いが、このスレで多く指摘されるあなたの感覚、結論のずれに繋がっているように思えてならないのですが。


636 :白馬青牛 ◆8mr41B7alChB :2010/07/22(木) 23:36:00 ID:ijoyA9IL
>>623-628
論理?抽象観念論の空理空論妄想は、わしみたいな馬鹿にゃあ
理解出来んねえ。(爆笑)
>>627
わしの家系で、財産を食いつぶしは戦前からあったよ。何しろ
戦前は、文武の世界にひたり、働かずに暮らした方も多数
おったけんのう。
軍隊に入隊すりゃあ、上官を殴るは、他人の脚絆を強奪したり、
夜中は兵舎から抜け出して、女遊びに行ったり、我儘し放題の
破天荒な人物を輩出しとる家系じゃし、そりゃあ誇りじゃね。
じゃが何が悲しゅうて、わしが親を殴るんなら。あんたの想像
空論はピンボケしとるわい。あんた自身の事云うとるんじゃないか?
ほいで、あんた自分の親を殴るんのう?そがあなもんがネット右翼に
なるんか?
>>630-631
土族は、昔は被差別民で、貴州まで移住し明代屈指の強力な傭兵
「土軍」兵の供給先にもなりました。旧国軍中の精強広島師団が
武勲を持つ宜昌は湖北でも西部で四川に近い処です。
実際わしが挙げたブログのよう、倭人江南説は大陸の中国人も
唱えておりますよ。江南や華南は戦前も抗日意識が強い地域ですが、
対日本に限らず、清朝の時代から、江南知識人による反満州族です
し、朱子学の本場でお米を食う地域は、排外攘夷思想が強いで
しょう。
木村肥佐生氏の『チベット潜行十年』だけじゃのうて、
西川一三氏の『秘境西域八年の潜行』も引用しとります。
実態こそ現実ですし、実態無しに制度は解りませんよ。
逆に権力側の文書に記述される内容は都合の悪いことを省いた
実態無視でしょう。

637 :ドレミ ◆YeeMODUSQg :2010/07/22(木) 23:44:06 ID:iO9kNP2x
>>636
>倭人江南説は大陸の中国人も
日本語でしか書かれてないし、「金盾」の仕組みがある一般の中国人は
オルドス同祖論や羌戎同祖論しか読めていないと思うのですよ。
自分が会った上海人や江蘇人でも、倭人江南説なんか信じている人は一人もいませんでしたよ。
杭州の浙江人に僅かにいるかな〜という程度です。

638 :出土地不明:2010/07/23(金) 01:22:55 ID:BD5GRn9l
すいません、くどいようですが、もう一つだけ。もうしばらく来ませんから。
生産と消費の関係性についてです。
生産側とは言うまでもなく農耕民です。
消費者の一部が牧畜側ですね。

生産と消費は、一見対等な貸借関係にあるように見えます。
しかしそれは生産が過剰な現代の感覚であって、実際は全く不均衡な関係です。
それはたった一つの背理方で証明できます。

つまり「消費の無い生産は可能だが、生産の無い消費は存在し得ない」

これは社会構造そのもののアクティビリティ、主導権を生産側が握っている事を意味します。
そのため、社会構造はつねに生産側に重心を置いて構築されています。
逆に言えば、最も小さいパイである消費の頂点は、構造上最も軽視されている部分なのです。
日本の首相がころころ変わるのも同じ力学にもとづいています。

この事から実際の社会の支配層というのがどこにあるのかは簡単に導き出せます。
牛さんは戦闘力至上主義のその感覚を、これらの構造力学から見直すべきだと思いますよ。

639 :白馬青牛 ◆8mr41B7alChB :2010/07/23(金) 01:26:23 ID:xmxudWUj
>>634
白彜の多くが黒彜から拉致されて奴隷になったんは、現実の実態で
論理じゃ無いわ。鎖国史観で日本独特じゃの云う方が世界の
普遍から事象を捉えん独善妄想論理に過ぎん。
論理抽象論なんか現実逃避する連中のお花畑よ。
まあ、日本はドイツ観念論の影響で論理をこねくり回すんが、知的な
作業と云う思い込みが強いけんのう。ほいで最後はまたもわしに
対する罵倒で他者への印象工作と毎度のパターンか。
じゃけぇ、ネット右翼は、同じ鋳型に嵌められた>>635氏の
生産云うより「人間受動体」に過ぎんので。

640 :白馬青牛 ◆8mr41B7alChB :2010/07/23(金) 02:03:45 ID:xmxudWUj
>>635-638
はぁ?遊牧は、農耕から牧畜専業に派生したもんですよ。
つまり農耕民の群から外れた連中ですよ。じゃけぇ、採集狩猟とは
本質的に違いますけど。
農耕民も牧畜民も基本は生産者ですよ。移動性の強い牧畜民と
土地に労働投資しとる農耕民との気質が違うだけです。
牧畜民は移動性が強いゆえ、個人主義、合理主義、社会の流動性が
強うなるんです。農耕民は定着性が強いゆえ、土地の大小から
格差が広がり、土地を受け継ぐ世襲が起り易い云う違いですよ。
やがて牧畜民が農耕民を支配するようになると農耕民に寄生して
乳を搾るように搾取はしますけど。
あなたのマルクス史観生産様式中心の歴史観は、定住生産者中心の
プロレタリア物語ですわ。主導権を生産者が握るじゃの現実世界に
無いことをあなたは、妄想されますね。
>>637
倭人江南説を云うとるんは、中共の知識階級の人たちで、
一般人は関心がさほど無いでしょう。日本でも一般の人たちは、
日本人がどこから来たか?なんか関心が無いですし。
まあ知識人階級が問題で、政治的喧伝の道具になりますからね。

641 :出土地不明:2010/07/23(金) 02:32:54 ID:yj7wqUBj
自分に対する批判に対して、すわと身構えてしまうのは哀しいサガだな。
お前は、中途半端なこと喚いている割には自分自身を買い被りすぎている。

それから、ネット右翼とか工作してる連中とかとマジメに関わりすぎ。
自分を、ネット右翼を論破するサムライかなんかだと勝手に思い込んで
いるのかもしれないが、そんなことやっててもキリないよ。それどころか、
長い間彼らに打たれ続けて、あんたおかしくなってるんだわ。
自分を批判する記述はみんなネット右翼だったり、工作員の仕業だと
すぐ思ってしまうんだろう?そして、口をついて出てしまう。哀れだね。

真正面から批判された場合には、印象工作と喚けば取り敢えず相手が怯ん
でくれる?自分に対する批判は一切受け付けないという意思表示か。
じぶんがかわいいこまったちゃんがコテハンやってるってのは
拙いんじゃいの

642 :出土地不明:2010/07/23(金) 02:39:57 ID:cku6vgHx
>>639
白彜の多くが黒彜から拉致されて奴隷にされたことに異議を唱えているわけじゃないとおもうんですが。
それ以前の問題として、議論を行う相手としてあなたが最低限の誠実さすらもちあわせていないという主張だと思いますよ。
実際の意図はレスした人に聞かないとわからないですけどね。

少なくとも私は、論理的じゃないみたいなこといわれて

>>623-628
>論理?抽象観念論の空理空論妄想は、わしみたいな馬鹿にゃあ
>理解出来んねえ。(爆笑)

こんな開き直った小ばかにしたレスつける人が誠実だとは思えません。

643 :出土地不明:2010/07/23(金) 02:41:37 ID:yj7wqUBj
>>634では、「こういう推理の仕方も一般に論理」と駄文を引いて説明
しているのに

「雲南彜族の大多数は被支配民の白彜じゃけえ、黒彜に拉致され奴隷になった
南方漢人やタイ系の農耕民ですわ」こういう推理の仕方も一般に論理である。

思い込みが激しく中途半端な人が上の文章を読んで、どういう理解を
得たかというと

>>639
「白彜の多くが黒彜から拉致されて奴隷になったんは、現実の実態で
論理じゃ無いわ。」

( ゚д゚)ポカーン 


644 :出土地不明:2010/07/23(金) 03:56:34 ID:iSp7AeFU
偉大なる馬蠅よ。騎馬種ウマバエよ。牛馬の皮膚下に産卵し、
ウジ虫コロニーを作り、真皮細胞から栄養を吸い取り、宿主・汗血馬を
支配征服した栄光の馬蠅よ。汝に「馬蠅朝鮮国王」の金印を与える。
列島倭人は心して敬仰せよ。


645 :出土地不明:2010/07/23(金) 07:17:03 ID:0zL+4THk
>>637
>日本語でしか書かれてないし

そんな事は無いですw
ただ、“意図的”に起こされたブームの波がある様に思いますね。
今、中国が力を入れているのは、たぶん「日中韓同祖論」だと思います。

>自分が会った上海人や江蘇人でも、倭人江南説なんか信じている人は一人もいませんでしたよ。

ルーツに興味がある中国人たちは、多種多様で“滅茶苦茶”な起源論を、ネットで好き勝手に
喚いていたように思います。
最近の中国人(一般人)は、北と南で遺伝子が違う事も知ってますよ。

「羌戎同祖論」は、秦の始皇帝や徐福を意識しているんでしょうかね。
一時期話題になったYAPナントカの関係もあるでしょう。
雲南には、羌系の少数民族が多いですから。
この人たちは、遺伝子的にも際立った特徴があるみたいですね。

646 :出土地不明:2010/07/23(金) 07:50:37 ID:KaFNZ7Zy
>>640
モンゴルの遊牧民は、アザラシやトナカイを喰っていた集団が
温暖化で住む場所が減り、南下し適応したのだと思うが

農耕から牧畜では、モンゴルの遊牧民は北上した事になってしまう

647 :645:2010/07/23(金) 07:59:09 ID:0zL+4THk
つい最近は、天皇朝鮮人説もやってましたよ、中国人は。
「“弥生人”(中国人と朝鮮人)や“渡来人”(中国人と朝鮮人)が原住民に文化を授けた」
という、危ない認識が蔓延していた大変でした。
最近まで、ウィキペディアも、その認識に従って編集されていたようです。

最近篠田先生などが、日本人のルーツを多岐に渡るものとして焦点を拡散させた事は、
非常によかったと思います。
弥生人は朝鮮族だ!とか、中国人は日本人の先祖だ!と、単純に言う事ができなく
なったからです。

騎馬民族説にしても、江南説にしても、またそのアンチにしても、それ一辺倒、というのは
よくないと思いましたね。

648 :出土地不明:2010/07/23(金) 08:03:39 ID:hHUDgmiX
シナ語は南方系で、モンゴル・ツングースは北方系だろう。

 シナ農耕民が遊牧牧畜民になったのなら言語が違いすぎる。

 それが本当だとしてもシナ・チベット語族と言われるチベット方面だけだろうな。


649 :出土地不明:2010/07/23(金) 08:27:15 ID:cku6vgHx
>>643
もしかして牛さんは文章読んで内容を理解するという事ができないんですかね?
そんな人がいくら史料や文献読んでも、出てくる論は到底議論に耐えるものじゃないと思うんですが。
文章の意味を取り違えたりするようでは、そりゃあヘンテコな主張にもなりますし
まともな論理構成もできないでしょう。
だから自分が苦手とする理屈の組み立てでおかしいといわれると手も足もでないから、論理や理屈を異様なまでに敵視するのかな?
そんなものは抽象観念論の空理空論妄想とか言って馬鹿にするのかな?

それともワザとヘンテコなレス返して誤魔化そうとしてるのかな?
コイツラは印象工作してる!とかいって
「自分は無謬だけどコイツラは理論理屈を悪用して詭弁を弄し、自分を貶めようとしてる」みたいな印象工作を自らがするみたいな。

そうだとしたら、まあアレですよ。
自分が理論理屈を悪用して詭弁を弄するから、他人もそうするにちがいないと思ってしまうんですよ。
なんかよくわからないけど受けいれられないぞ、そうだコイツは詭弁を使ってるに違いない。
そんな奴のいうことは空理空論の妄想だって。
なんとなくですが文章の理解不足もゴマカシもどちらも正しい気がしますけど。

まあこれまでにしときます。

650 :出土地不明:2010/07/23(金) 08:50:00 ID:l3dPHUGF
>>647
元々、大和朝鮮同祖を利用した半島誘導型は戦略的に持ってんのよw
あの手この手の中国からの国家の中心性の突っつきに日本側が掌乗せられてるだけだ。

651 :出土地不明:2010/07/23(金) 09:45:21 ID:QdWCWQ4U
>>647
何が大変なの?
まさか百度へ行って日本からソースロンダリングしているの??
書き逃げしているの???
あんまり変な事書くと17桁の納税者番号の頭8桁書けって迫られるよw

652 :出土地不明:2010/07/23(金) 09:50:37 ID:BD5GRn9l
>>640
牧畜は、牧草を追って移動する動物に人間が随伴した事に起源している、というのが一般的な解釈ですね。
乳の量や子供の数は牧草の状態に左右されるので受動型です。

653 :出土地不明:2010/07/23(金) 12:42:08 ID:LSA9vRcw
622>>日本人一般の華奢な体格をみたらとても朝鮮や満州のような北方起源とは思えないな。
こんなとこからも日本人江南起源説を支持する。

654 :出土地不明:2010/07/23(金) 12:46:49 ID:LSA9vRcw
日本人は寒さにも弱いしな。
華南から長江、華中あたりの人種に最も近いだろう。
大相撲みればモンゴル人のような北方モンゴロイドは日本人より
骨太で力が強いのわかるだろ。
サッカーだって韓国はテコンドーサッカーだからな。

655 :出土地不明:2010/07/23(金) 12:49:04 ID:LSA9vRcw
謎の祖語(アルタイ祖語)|→ トルコ諸語 
            |→ モンゴル・ツングース共通祖語

             → 新羅語             → 朝鮮語
             → 高句麗・百済語    → 新羅語に同化
             → 江南・山東語(アルタイ系)→古南朝鮮語→ 弥生語(近畿方言)    → 日本語
             → 江南・山東語(アルタイ系)→倭人語  →弥生語(九州、中国、東国方言)→ 日本語
               江南・山東語(アルタイ系)      →南島語           →琉球語


656 :出土地不明:2010/07/23(金) 13:15:15 ID:iSp7AeFU
>>654
ベトナム人も華僑でなく本物のベトナミーズの方は華奢な体格で、
日本人を色黒にした感じよ。言語とY遺伝子では、ベトナム人との共通性は
殆どないけど、母系ミトコンドリアのM7b、M7c、F、等で日本人とつながってる。



657 :出土地不明:2010/07/23(金) 15:26:02 ID:OfsTEAhT
ブリャートのおっかさんが強かったてわけだな。

658 :出土地不明:2010/07/23(金) 15:36:31 ID:b0oCQP0e
>>654
韓国人が多数の民族の雑種って事判っているの?

659 :LUNAMASK:2010/07/23(金) 15:44:54 ID:OfsTEAhT
新説 日本人のYDNAルーツ
C1-M8 5.40% Jomon
D2-P37.1* 3.90% Jomon
D2a-M116.1 16.60% Jomon
D2a1-M125* 12.00% Jomon
D2a1a-P42 2.30% Jomon
--------------------------------------------
C3c-M86 1.20% 弥生後期粛慎
C3-M217* 1.90% Gai (Vladivostok Sidemi)
                 &/or 主として弥生後期の鮮卑系
--------------------------------------------
O2b-SRY 7.70% 出雲族
O2b1-47z 22.00% 遠賀川弥生人
O2a-M95* 1.90% 秦漢騒乱時移住の越人
--------------------------------------------
O3-M122* 6.60% 華北環濠集落人
O3a4-LINE1 3.10% 屈家嶺水稲農耕人
O3a3c-M134 10.40% 秦韓人
--------------------------------------------
NO-M214* 2.30% 秦韓人に随伴するAbrahamic Xirong神官系秦氏
N1-LLY22g* 1.20% 隼人=彝族=犬戎 太陽・星辰信仰
N1c1-M178 0.40% 出雲族に随伴する駁馬丁霊
--------------------------------------------
Q-P36 0.40% 月氏新羅ケト・キルギス
I-P19 0.40% 月氏新羅・滑(ウァール)
R-M207 0.40% 月氏新羅・大月氏

660 :LUNAMASK:2010/07/23(金) 15:50:41 ID:OfsTEAhT
滑=アヴァール
大月氏=エフタル

661 :LUNAMASK:2010/07/23(金) 15:56:58 ID:OfsTEAhT
Abrahamic Xirong(西戎)
まだアマルナ王朝一神教とアブラハム教の中間程度のパンテオンをもつヒクソス系
民族。

662 :LUNAMASK:2010/07/23(金) 16:10:01 ID:OfsTEAhT
隼人の分支は柔然の鍛鉄奴隷、突厥であり、伽耶に入ったものと見られるが、
呉で発達し、燕から弁辰に伝わった鋳鉄技術についてはそれほどのノウハウは
持った来なかったようだ。しかし、夏至の太陽を祝う松明祭り、火抱節でみられる
火・太陽に対する強力な信仰を持ち、古墳時代の丹砂集中等には力を発揮した
のであろう。ニニギ・ホホデミと隼人には共通する点があり、牧畜民の日月観測
遺跡ひげクルガンと盾築の双方中円墳は同じ構想。

663 :LUNAMASK:2010/07/23(金) 16:45:46 ID:OfsTEAhT
新羅月氏の起源は漢武帝が河西で月氏系を捉え、朝鮮には四郡を設置したこと
以外にペルシャの辺境と朝鮮半島の南端がつながる理由が見当たらない。

664 :LUNAMASK:2010/07/23(金) 16:53:24 ID:OfsTEAhT
[夫与は大和族と関係する可能性があり、夫与語は百濟語、高句麗語及び上古日本語
と似ている。これら諸言語は扶餘語系言語とされる。遼史では穢貊國王府に言及して
いるが、その場所は不明である。ウイグルの貊歌息?というのは匈奴と?貊の混血種で
ある。満州人の費摩氏というのは?貊人の末裔である。]
http://zh.wikipedia.org/zh-hant/%E6%BF%8A%E8%B2%8A

665 :出土地不明:2010/07/23(金) 19:56:11 ID:LSA9vRcw
華奢で胸板の薄い日本人は長江流域民の血が濃いだろう

666 :ドレミ ◆YeeMODUSQg :2010/07/23(金) 20:14:37 ID:zD0LTyod
>>645
でも、Y-O2b江南起源とか、江南アルタイ諸語なんて見かけないです。
YAP+論とか、ヒマラヤ南麓のY-O3a3c集中から照葉樹林文化論ありますけど。
河姆渡がらみで浙江人が稲作文明のルーツを主張するのはありますね。

>>652
それは初耳。クルド人地区のキルクークの東に9000年前の遺跡が出ているけど、
最初に捕まえたはヤギ亜科であり、動物を草木性の餌=藁で飼育していたと考えられる。
http://www.mnsu.edu/emuseum/archaeology/sites/middle_east/jarmosite.html
> stored their food in stone bowls, and possessed domesticated goats, sheep, and dogs.
石の器に食糧を貯蔵し、馴致したヤギ・羊・犬を飼っていた。

農業も焼畑だと定住性が低いので受動型では?
湖南・広西・貴州それから雲南の紅河水系は、もともとはPH異常のため焼畑ですよ。

667 :ドレミ ◆YeeMODUSQg :2010/07/23(金) 20:32:54 ID:zD0LTyod
>>656
体格は、眼のつけどころかいいと思いますよ。

でも、マラリア耐性とか免疫系の話題になると、かなり遠い距離があります。
メコン水系や紅河水系において、上流のチベット羌系が攻め込めなかったのは
マラリア耐性が著しく低いと推定されています。
白馬氏が白彜にもとタイ系の部族がいると推定されるのは、南部の尼蘇人には
マラリア耐性を持った人の比率が高いという説からです。言語からのタイ系根拠はありません。

タイ系やベトナム系の人は、マラリア耐性を持った人の比率が高いそうです。
ミャオ族の場合は、父系同姓婚姻不可の原則により現地の人と婚姻して
マラリア耐性を持つようになり、南のタイまで達したと考えられています。
(チベット羌系は、父系同姓婚姻不可の原則が漢の時代にはありませんでした。)

日本人の中には、マラリア耐性を持った人が少ないんじゃなかったのでは?

668 :出土地不明:2010/07/23(金) 21:16:01 ID:LSA9vRcw
中原が完全にシナチベット化されたのは過去3千年くらいの話だろう。
江南な微妙だが山東あたりに漢族化される前のアルタイ系(プロト倭人)がいた可能性は
十分考えられる。

669 :出土地不明:2010/07/23(金) 21:16:41 ID:LSA9vRcw
中原が完全にシナチベット化されたのは過去3千年くらいの話だろう。
江南は微妙だが山東あたりに漢族化される前のアルタイ系(プロト倭人)がいた可能性は
十分考えられる。


670 :出土地不明:2010/07/23(金) 21:29:41 ID:l3dPHUGF
なかばるとやらに変なもんが混じりこんだんだろ。
北の消防署の方から。

671 :出土地不明:2010/07/23(金) 21:39:31 ID:KaFNZ7Zy
>>658
アジアの人類は、全てアフリカ産の単一民族だよ

672 :出土地不明:2010/07/23(金) 22:49:26 ID:hHUDgmiX
>>665 ジャッキー・チェンは完全なシナ人顔で日本人には見かけない顔だな。

 毛沢東もそうだ。

673 :白馬青牛 ◆8mr41B7alChB :2010/07/23(金) 22:59:50 ID:xmxudWUj
>>641-643
また、わしへの罵倒印象工作か。つまらん。現実感覚の無い連中に
限って、抽象的妄想論理観念論になるけんのう。
http://www.mekong.ne.jp/directory/society/izokunodoreiseido.htm
http://www.mekong.ne.jp/ippanreport/kurayashiki/sec1(3).htm
http://www.chinese-tours.com/chinatravel/travel/1139.shtml
一番上に出とるよう、支配階級で「騎馬や武芸にあけくれ奴隷階級の
無償労働と現物貢納で暮らした」黒彜と黒彜に征服されされ奴隷階級と
なった白彜は違うんで。
二番目と三番目は、歴史的にチベット羌系の北方から南下した
騎馬牧畜系の「烏蕃」がタイ系の水稲農耕民の「白蕃」を征服した
云うことが出とる。これは、前にも云うたよう、テン国の時代からあった。
http://www.geocities.jp/silkroad_tanken/katsudou_tp16/others/shishido_seinan_silkroad/shishido_seinan_2/shishido_seinan_silkroad_2_.html
スキタイ系文化のチベット羌系騎馬牧畜民が、現地の水稲農耕民を
奴隷にした歴史よ。

674 :白馬青牛 ◆8mr41B7alChB :2010/07/23(金) 23:25:12 ID:xmxudWUj
>>642
ほいじゃあ、わしに対する罵倒合唱団の連中にどかあな誠意が
あるんなら?
>>646-648
夏華の農主牧副民から、牧主農副民となったんが、長城地帯の西戎、羌、
北狄、貊の連中じゃ。その連中が後に北方の狩猟民と混血したんよ。
言語なんか移住地で変わるもんは、人種の起源たぁ関係無いよ。
>>647
その篠田謙三氏は、弥生系も縄文系も朝鮮や山東、遼寧の近隣北東アジアの
現代人と遺伝子が近いとされてますけど。
>>649
またも、わしへの罵倒印象工作だけに終始しよる。つまらん。
>>652
牧草が旱魃で減ったとしたら、農耕地が旱魃で減ったんも受動型になる
じゃないか。(笑)農耕民も受動型になるのう。

675 :出土地不明:2010/07/23(金) 23:29:18 ID:CnEBnm+T
>>673
抽象的妄想論理観念論?なんだそりゃ?
単語合体マニアか?

676 :出土地不明:2010/07/23(金) 23:38:42 ID:2w2lp+5I
相変わらず、呆れるようなことを平気でやるわ。

批判されると、「印象工作じゃ」と喚くのが決まりになっているらしい。
「白馬青牛 印象工作」でググると約 5,950 件ヒットする。同じこと
繰返しやってんのね、笑えるわ。おっさん、いつごろから駄々捏ねること
憶えたのよ?これじゃ、いくら説明しても通じないわけだ。それから、
>>673の後半部分、これ何?

リンクを連ねて、論旨をずらしながらあれこれ説明しようとしてる
みたいだけど、全く関係ないから。論旨はそこじゃないでしょ?
話のすり替えはみっともないよ。おまけに露骨だし。自分の誤りっ
つーか、理解力の乏しさ、あるいは稚拙な印象工作?、そういうのの非
は素直に認めなくちゃ。そこらへんは>>643で説明してあげてるけど、
まだ説明必要なの?これ以上やると、馬牛にとって恥の上塗りになる
と思うけどなぁ

677 :出土地不明:2010/07/23(金) 23:52:10 ID:KMIIrqo1
白馬青牛は本名晒して書けば中傷、罵倒が防げるぞ。
根拠のない罵倒をされたら名誉毀損で訴えてやれ。

678 :出土地不明:2010/07/23(金) 23:52:45 ID:2w2lp+5I
ついでに、「白馬青牛 印象工作」でヒットしたところを覗いてみると、
だいたい分かると思うけれど、白馬青牛の言ってることも充分に罵倒
印象工作の部類に入る。売り言葉に買い言葉で、喚いてる部分もある
けれど、他人が批判すると直ぐ罵倒だ印象工作だと喚くわりには
自分が同じようなことを繰り返し書き込んでいるということに気が
つかないんだね。

自分だけ、そういうのから超然としていると思い込んでるんだと
したら虫が良すぎる。中学生とかはよくそういう風に考えたりする
けど、あんたおっさんだろ。一番近くにいる奥さんにでも自分がどう
いう人間だか、真剣に訊いといたほうがいいんじゃないの?

679 :白馬青牛 ◆8mr41B7alChB :2010/07/23(金) 23:59:41 ID:xmxudWUj
>>653-654
体格は風土土地柄で変わるよ。同じポリネシアンでも台湾の高砂族の小柄
な体と南島のポリネシア大柄な体とだいぶ違う。
日本人が寒さに弱い云う調査でもあるんか?オンドルや家畜の糞の熱を利用
するような暖房施設の無い近年までの日本人が寒さに弱いんかね?
モンゴル人は、新モンゴロイドじゃけど、エヴェンキのようなバイカル型
ほど北方モンゴロイド形質が強うないよ。大相撲は最近の日本力士が、
ハングリーじゃ無いけぇ、弱うなっただけじゃ。
サッカーなんかは、日本も韓国も欧州や南米のトップクラスと比べたら
弱いけぇ大差無いじゃないか。
>>667
マラリアの耐性や免疫の調査でもあるんですか?文学作品では白人が
黒人よりもマラリアに弱いとありますけど。旧日本兵も南支(華南)や
南方戦線でマラリアに悩ませられましたけど、耐性が現地民と較べた
調査は知りません。西川一三氏は、モンゴル人はチベット人以上に湿気を
嫌うとされますが、生まれ育った環境も左右するでしょう。モンゴル帝国軍
兵士の末裔で雲南に留まった人たちの湿気やマラリア耐性なんかも調べたら
どうなるんでしょうかね。

680 :白馬青牛 ◆8mr41B7alChB :2010/07/24(土) 00:16:02 ID:UzuZbNSU
>>668-669
江南にアルタイ系言語の痕跡が無いでしょうに。
>>672
日本でも縄文系の残存度の強い関東あたりでは、毛沢東氏のような華南系の
エラの張った低顔タイプが見られるね。まあ、一般的日本人の中では、
少数派じゃけど。
まあ、日本人の容貌は北東アジア系が主流じゃけんね。
容貌についての過去スレがあったけど、観察力の鋭い意見もあったね。
http://rkrc5w2q.dyndns.org/cache/china/academy.2ch.net/china/kako/1006/10061/1006189796.html
135 名前: 名無的発言者 投稿日: 02/06/27 14:07

中国人だって顔の類型はたくさんあるが、共通しているのは
「中心が抜けてる」感じ。
日本人、朝鮮人、蒙古人にはこの感じがない。
満洲族にもない。
だから中国エステのお姉ちゃんなどで、どこか日本人くさい
人は満洲族であることが多い。
いちいち確かめている私が言うのだから間違いない。
142 名前: ほのるる雨 投稿日: 02/08/25 03:54

満州族にも漢民族的な顔の人はいる。
逆に、漢民族なのに満州人みたいな顔の人もいる>ゴン・リとか。

満州族が「なんか日本人ぽい」という印象を覚える原因はまぶた。

モンゴル(顔が丸くてまぶたが腫れてるかんじで手足が短め)

日本  (美男でも不細工でもまぶたが比較的厚い、体毛濃い
     手足の長さにかかわらず体の重心が低めで前かがみ。
     残念ながら脚の骨が曲がってる人が多い。
     世界的に言ってもかなり独特の癖のある歩き方
     目線が優しくボゥッとしたかんじ)

満州族  (北方漢民族の特徴が混じっているが、人によってまぶたが
     厚い人が多い。この3つの中で一番目が大きいと思う。
     やっぱ手足は漢民族よりは短いが、脚はそんなに曲がってな
     さそう。髭や腕の体毛は日本人くらいのようだ
     目線は漢民族的)
上海を中心とした漢民族と、北京あたりの顔はけっこう違う。
上海は微妙にベトナムっぽいとか、東北は日本人の平均より頭も体もでかくってウルフルズのトータス松本のまぶたを薄くしたみたいな顔が目を引く。
どっちにせよまぶたは日本人より薄い。ついでに言うと鼻の穴と鼻翼が
日本人にあんまりいないようなタイプが多い。

681 :出土地不明:2010/07/24(土) 00:20:29 ID:MJL9mSJT
一つだけ事実を述べますと、ここ数年、カビの生えた江上騎馬民族説や、天皇朝鮮人説を
唱えていたのは、中国メディアや中国語の新聞です。
(勿論“その他の説”も唱えていましたが。)

中国語のグーグルで「天皇」「朝鮮人」など、キーワードを絞って検索していただければ、
解るでしょうが、一時期これが吹聴されました。
もしかしたら、政治的判断によるものでしょう。

敢えて“邪推”は出来ますよ。例えば、、、、

@日中韓同祖論に利用できる。
A父(中国)、兄(朝鮮)、日本(弟)という序列を固定化する。
B日本国民に敬愛される天皇の権威を貶める。(日本人は嫌韓が多いので。)

篠田先生が、縄文人や弥生人のルーツが多岐に渡る事を示された事は、よかったと
思っています。
日本人の先祖が、「中国人」と「朝鮮人」に固定化されてしまったら、どえらい事でしたよ。
それはまさしく、政治であります。

騎馬民族説が好きな人は騎馬民族説を、江南説が好きな人は江南説を、シルクロード説が好きな人は
シルクロードを、シベリアが好きな人はシベリアを、東南アジアが好きな人は東南アジアを…
侃侃諤諤やればよいと思いますね。
そうする事で、考古学がバランスの取れた発展を遂げていけばよいのではないでしょうか?

682 :出土地不明:2010/07/24(土) 00:32:30 ID:92ykkZoi
>>679
まずは『マラリアと帝国』あたりを読んでおくといい

もっとやりたきゃ、帝国主義政策を推し進めたころから大戦まで
に「協会」とか「調査会」あたりで「ドクトル」たちのやってた
研究に逐一あたって調べるんだね。きっと忌むべき歴史が待ってるよ

683 :ドレミ ◆YeeMODUSQg :2010/07/24(土) 00:37:48 ID:cMAFapfT
>>679
マラリア耐性は、IgG抗体の検査で体質的なものが検証可能です。
その中に抗マラリア抗体が存在するそうで、詳しくは保健所に聞いてください。
タイ系民族や彜族尼蘇人は、その種のIgG抗体を持つことができるため
マラリア原虫にキャリア状態で感染しても、IgG抗体によって増殖できないので
発症しにくいのだそうです。

>モンゴル帝国軍兵士の末裔
雲南は麗江地区や四川は聖乍地区に蒙古族は集中していて、標高1500m以上の地点が殆どです。
雲南や四川で、少数民族認定を受けている蒙古族は10万人ぐらいいると思います。
認定を受けられなくて漢族登録の人数までは、わかりません。
聖乍地区は、イ(彜)族・ナシ(納西)族モソ(摩梭)人・ミャオ(苗)族・チベット族のモザイク地区です。
モソ(摩梭)人が蒙古族登録になっている場合があるから、そこを引かないと正確な人数はわかりません。

こういう情報から推理すると、マラリア流行区や湿気の高い地区に蒙古族は近寄っていないようです。

684 :出土地不明:2010/07/24(土) 06:52:33 ID:D11MxrN7
王の嫡子を人質に出すのは属国
不法入国した奴隷以下の犯罪者を生口としてついでに貢物とするのは、賢い独立国


685 :出土地不明:2010/07/24(土) 08:22:56 ID:r5IYY9m6
謎の祖語(アルタイ祖語)|→ トルコ諸語 
            |→ モンゴル・ツングース共通祖語

             → 新羅語             → 朝鮮語
             → 高句麗・百済語    → 新羅語に同化
             → 江南・山東語(アルタイ系)→古南朝鮮語→ 弥生語(近畿方言)    → 日本語
             → 江南・山東語(アルタイ系)→倭人語  →弥生語(九州、中国、東国方言)→ 日本語
               江南・山東語(アルタイ系)      →南島語           →琉球語


686 :LUNAMASK:2010/07/24(土) 10:53:20 ID:8v4WeJ6Z
縄文計   40.2%
弥生早-前期(農民系)
O2b1-47z 22.00% 倭人(楽浪海中倭人=辰韓(含松菊里)人)
O3-M122* 6.60% 華北環濠集落農民
O3a4-LINE1 3.10% 屈家嶺農民
計    31.7%
弥生中期(南北水辺系)
O2b-SRY 7.70% 貊人(沃沮)/出雲族
C3c-M86 1.20% 粛慎(穢)
C3-M217* 1.90% 盖/鮮卑
O2a-M95* 1.90% 越人
計    12.7%
応神朝(河西四郡遊牧系)
O3a3c-M134 10.40% 秦人
NO-M214* 2.30% 古羌
N1-LLY22g* 1.20% 隼人
N1c1-M178 0.40% 丁霊
Q-P36 0.40% 羯
I-P19 0.40% 滑
R-M207 0.40% 塞
応神移民計 15.5%
弥生古墳計 59.9%

687 :LUNAMASK:2010/07/24(土) 11:03:44 ID:8v4WeJ6Z
N1-LLY22g* 1.20% 隼人←これは↓これ
O2b-SRY 7.70% 貊人(沃沮)/出雲族
を抑えて前方後円墳を建設させた天孫族、彝族であり、弥生後期AD0-200年、
その終わりの倭国乱の頃に来たと見た方がいいのかも。

688 :出土地不明:2010/07/24(土) 11:27:15 ID:ULwzOJ14
>>627
その様な「ト」説は、バカ牛と同じレベルだぞ。

689 :LUNAMASK:2010/07/24(土) 12:27:09 ID:8v4WeJ6Z
>>686 弥生早-前期(農民系)
前1000年頃、遼東の山岳部馬城子文化人が吉林・長春地方の西団山青銅器文化に
入り農耕が発展し、土器が無文化する。一方、山東半島から渡海して遼東に入植した
岳石文化、同時に遼西から入る遼寧銅剣文化は合流して松菊里に入る。つまり、遼東
山岳部の馬城子文化人がO2b1乃至はその先祖の貊人O2bであった可能性が高い。
遼寧銅剣埋納慣習はO3-M122* 華北環濠集落農民であったと考えられる。日本の
弥生早-前期(農民系)はこれである。しかし、農民系の日本における縄文人に匹敵する
高率は入国後の遠賀川農法拡大によるもので、入国時の人口は微々たるものであった
と考えられる。

690 :LUNAMASK:2010/07/24(土) 13:21:52 ID:8v4WeJ6Z
>>686 弥生中期(南北水辺系)
沿海州・黄淮方面臨海文化以外に、吉林省・黒竜江省団結/沿海州沃沮クロウノフカ
文化がBC3世紀に江原道・比恵に移動した後、吉林長春地域腰紅嘴子上層文化
BC2000-BC1000年の五角形竪穴住居はBC100-AD100年頃鳥取、滋賀、石川県に
到来するのが大きな特徴。

691 :出土地不明:2010/07/24(土) 15:40:24 ID:FkGAtnt3
>>690
水辺C3系統を妄想するに、どーしてユーローの事も書いて上げないの?
ゆーろー可愛いよユーロー。後に新羅海賊に出世して倭国に度々侵入しては
撃退される。月光仮面の御先祖かも知れないのに、無視しちゃダメよ。

692 :LUNAMASK:2010/07/24(土) 16:04:09 ID:8v4WeJ6Z
ユーロウっていうのはロシア・アムール州考古学会によるアムール河ポリツェ遺跡
調査の結果、後の女真のような武装水軍のようなイメージが判明している。
精神的には姥捨て山のような棄老慣習があるが、これは年老いると死を恐れず
喜んで捨てられ、若者の生活を優先する美徳と考えられていたことが判明。
更にヒッタイトの次に、東洋では最も早く製鉄を行っていたことも分かっている。
武士の鑑のような民族だったらしい。日本では岐阜とか、千葉に養老という地名
があるが、どうもくさいね。

693 :LUNAMASK:2010/07/24(土) 16:10:36 ID:8v4WeJ6Z
更に、ヨンサマ冬のソナタのロケ地春川市中島方面にまでポリツェ鍛鉄製品が南下して
いる。七支刀のような鍛鉄製品はポリツェ・邑婁族が作ったものだろう。

694 :LUNAMASK:2010/07/24(土) 16:16:49 ID:8v4WeJ6Z
これとは別にウラジオにはマグロ漁を行い、貝塚を築く文化があったが、低温化による
海岸線の荒廃で消滅している。倭人伝の豆と同じなのか高坏土器を使用していた。
これはおそらく倭人の北方にあった盖(がい)国であり、近辺に盖馬という名前の山が
ある。

695 :LUNAMASK:2010/07/24(土) 16:26:11 ID:8v4WeJ6Z
こういうと縄文人が大陸に押し寄せたんじゃないかと思われるだろうが、沿海州
から半島にかけてはD1も、縄文と似た新開流文化というのもあり、昔は縄文的
文化は日本海の両岸に広がっていたんだろう。

696 :出土地不明:2010/07/24(土) 16:38:59 ID:D11MxrN7
>>695
日本海が湖だった頃の話ですか?

697 :LUNAMASK:2010/07/24(土) 16:57:59 ID:8v4WeJ6Z
Xinkailiu文化前4000(BP6000)年、Yankovsky(貝塚、マグロ)文化前1100年→、
Krounovka文化前800年→、Poltse文化前500年→、靺鞨文化紀元0年→ 後渤海、
金、元・・・Poltse南下はKrounovkaの水石里移動をもたらしたのだろう。

698 :LUNAMASK:2010/07/24(土) 17:16:29 ID:8v4WeJ6Z
>>691
>新羅海賊に出世して倭国に度々侵入
これって、五芒星が分布する尾張・海部と重なり、ひょっとして尾張・海部族の
御先祖かも。C3くさい。これは粛慎C3cを飛び越え鮮卑・匈奴C3と同類。

699 :LUNAMASK:2010/07/24(土) 17:26:18 ID:8v4WeJ6Z
http://www.maibun.com/KihonDate/open/001.html
↑おそらくこれはポリツェ族を含む尾張海部族が初めて持ち込んだ商品だったのでは。

700 :出土地不明:2010/07/24(土) 17:34:24 ID:ckiaFy//
粛慎→ユウロウ→粛慎
五胡十六国の時代は粛慎と呼ばれる
よって同一である可能性大

701 :出土地不明:2010/07/24(土) 18:24:09 ID:URUfe1Lv
>>692 >>日本では岐阜とか、千葉に養老という地名があるが、どうもくさいね。

・・・?婁(ゆうろう、?音:Yìlóuはエフロウで、養老yanglaoヤウラウとは発音がちがう。


702 :出土地不明:2010/07/24(土) 20:03:02 ID:4Xk33hTY
わぉ〜わぉ〜、月光たん(^-^)/
>>687
天孫族である古代イ族が前方後円墳を造らせたんでつね!!!

わぉ〜わぉ〜、ドレミたん(^-^)/
>>606
中国でも日本人の源流が古代イ族であることを認めているんでつね!!!

703 :出土地不明:2010/07/24(土) 20:06:54 ID:4Xk33hTY
そんでもって月光たん!!
>>698
五芒星の尾張・海部族は「稲作文化をもつ海神族」でつよ〜!!

LUNAMASK:2010/03/25(木) 12:51:12 ID:WNZduykI
承前
この稲作文化をもつ海神族というのが海部であり、久留米の方から、ニギハヤヒ、
ホアカリ等を奉じて丹後半島に上陸濃尾平野に入るというコースをとったんでしょう。

704 :出土地不明:2010/07/24(土) 20:16:26 ID:4Xk33hTY
わぉ〜わぉ〜わぉ〜

これが「稲作文化をもつ海神族」である尾張・海部族の文化でつね!!

LUNAMASK:2010/03/25(木) 12:47:33 ID:WNZduykI
火祭
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%81%AB%E7%A5%AD%E3%82%8A
これは「稲作文化をもつ海神族の文化」だが、起源は背振山東南↓
鬼すべ - 福岡県太宰府市、太宰府天満宮
鬼夜 - 福岡県久留米市大善寺、大善寺玉垂宮
火振り神事 - 熊本県阿蘇市、阿蘇神社
であり、彝族火把節
http://shonan-jcfa.com/shaoshuminzu.html
と共通するものと考えます。

705 :出土地不明:2010/07/24(土) 20:26:47 ID:4Xk33hTY
わぉ〜わぉ〜わぉ〜

>>606
>>704の「稲作文化をもつ海神族の文化」が、四川・雲南の古代イ族が日本人の源流であることの根拠なんでつね!!

>>606の文献にある紀伊半島の祭りとは、新宮のお燈まつり祭りや那智の火祭りのことでしょう〜(^-^)/

706 :ドレミ ◆YeeMODUSQg :2010/07/24(土) 21:38:10 ID:cMAFapfT
>>705
自分は、稲作文化はありえない気がしてきました。
チベット・ビルマ系民族の南方での東限は、湖北省宣昌であり
武漢とかに進出したらマラリアでバタバタ死ぬでしょう。
よって、日本でも奄美や沖縄には居住適性がないでしょう。
古代イ族は南方の尼蘇人やその近隣のハニ(哈尼)族ではなく、黒彜の分派のはずです。
湖北省宣昌から、長江を東進した民族は白馬氏がいうように存在しないと・・・自分は思います。

707 :出土地不明:2010/07/24(土) 21:59:47 ID:4Xk33hTY
わぉ〜わぉ〜
>>706
そういえばドレミたんも四川・雲南からの南方系渡来ルートはないと言ってましたね〜(^-^)/
【金沙遺跡で日本の神社建築のルーツを発見=祭祀用の高床式建物―四川省成都市】
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100519-00000013-rcdc-cn

では日本列島に稲作文化をもたらしたのは、どの民族とドレミたんは考えているのかな??

708 :ドレミ ◆YeeMODUSQg :2010/07/24(土) 22:04:27 ID:cMAFapfT
>>702
中国人は江南倭人説は認めていないけど、残念ながらこっちは拒絶反応が無いもので・・・
多分、日本でも「雲南殺人祭り」があって、先住民が滅んだんだー!わーお!っぽい感覚ではないかと。

大涼山のほうの話題は気が滅入るので・・・ 
1930年代の四川・雲南の辺境の写真があると聞いて探してみたら
http://www.peopleschina.com/wenhua/2009-07/29/content_209768.htm
これは、今のチベット族嘉戎人と近縁の阿バ州の理県付近で確定でしょう。
http://www.peopleschina.com/wenhua/images/attachement/jpg/site125/20090730/001e4fe1a1310bdb381413.jpg
庄学本
http://zhuangxueben.artron.net/exhibi_p.php?workSortPass=1242&workSortNumber=0
http://zhuangxueben.artron.net/exhibi_p.php?workSortPass=1242&workSortNumber=1

他にも、阿バ州や綿陽地級市の記事がありますね。このあたりって北方形質なんでしょうかね?
カム方言のMTV(ビデオクリップ)とか人民日報の映像って、康定県のダンスチームや九塞溝劇場に頼んでいるので中の人が違うといいますよ。
http://okuti.cool.ne.jp/unnnansisen/15.htm
http://okuti.cool.ne.jp/unnnansisen/13.htm
http://www.zenbunka.or.jp/03_magazine/zenbunka/li/210.htm

709 :出土地不明:2010/07/24(土) 22:05:09 ID:4Xk33hTY
わぉ〜わぉ〜わぉ〜
>>707
【金沙遺跡で日本の神社建築のルーツを発見=祭祀用の高床式建物―四川省成都市】
>祭祀を取り仕切る蜀王だけが登ることを許されていたと推測されている。
>中国の古代建築物の専門家、楊鴻[員力](ヤン・ホンシュン)教授は
>この建物を「古蜀大社」と名付け、日本の神社の原型だと述べた。

古蜀大社はすなわち古代イ族の神社で、日本の神社の原型なんだお〜(^0^)/

710 :出土地不明:2010/07/24(土) 22:10:34 ID:CLeksyOO
>>696
津軽海峡は最浅140mなので
最終氷期でも日本海は津軽海峡で太平洋と繋がっていた
塩水だったと思われるので湖と言うより地中海のような海だろう

711 :ドレミ ◆YeeMODUSQg :2010/07/24(土) 22:17:21 ID:cMAFapfT
>>707
これ>>505からすると、日本も最初はインディカ米(長粒米)じゃないと辻褄があわないですね。
中国大陸で、ジャポニカ米は東北大米と呼ばれる傾向があり、今は黒龍江省が主な生産地です。
准河以南の60年前の農業では、(文献上は)長粒米の栽培が主流です。

よって自分的には、稲作文化の担い手は、室韋(しつい)か扶余(ふよ)のほうが、辻褄があう気がするんですよ。
これは、あくまでも、LUNAMASKさんみたいにジャポニカ米にこだわる場合からでる結論です。
日本の古代の栽培種がインディカ米(長粒米)という前提ならば、タイ系民族があり得るのではないかと思います。

712 :出土地不明:2010/07/24(土) 22:38:54 ID:Nvs1IcHj
「縄文人」について、ちと参考までに。

『縄文文化は東アジアの中で孤立してはいないし、むしろ東アジア的世界の一翼を担っていたとも言える。しかし、一方で日本列島
独自の展開を見せていることも事実である。そして幸か不幸か現代の日本国の領土とおおよそオーバーラップしているので
あるが、それはあくまで結果として一致しているのである。--(略)---少なくとも研究をする上で、日本列島周辺と比較することは重要
である。縄文時代に日本列島の範囲を示す文化要素の存在は、縄文文化の範晴を示すものとして、 「縄文式」土器の概念(日本列島
各地の縄文土器型式が列島外とは一線を画して、相互に結び付き合って一つのまとまりを示していて、これらの土器型式群の総称
として縄文式土器、縄文土器がある)として設定しうることを、土器型式以外の要素から証明することにつながると私は考える。』
---「文化としての縄文土器型式」 川崎保著 P187より一部抜粋

>日本列島各地の縄文土器型式が列島外とは一線を画して、相互に結び付き合って一つのまとまりを示していて、
>これらの土器型式群の総称として縄文式土器、縄文土器がある


『縄文土器型式は何を示しているのか。土器自体は当たり前だが自分の意思で自分勝手に移動しない。もちろん、人間が移動させる
のである。つまり、人間の移動の結果、一義的には焼物の生産・流通圏や使用される範囲を示している。ここまでに異論はないだろう。
しかし、それから何が見えるか。各地域の縄文土器型式が、縄文時代の各時期を超えて、基本的に隣接地域と密接な関係を
絶えず維持しているということは、縄文時代の地域文化が、日本列島内で密接に関連しあっていたことを反映している。このことにつ
いては、後述するが、広い意味では、たとえば「縄文人」のように、 日本列島を対象とするような集団の概念を定めることには有効であ
ると筆者は考える。また、小林達雄が規定する土器様式群やさらに山内がいう個別の土器型式も人間集団の動態を示すという考え
方には有効である。』---「文化としての縄文土器型式」 川崎保著 P189より一部抜粋

>つまり、人間の移動の結果、一義的には焼物の生産・流通圏や使用される範囲を示している。
>各地域の縄文土器型式が、縄文時代の各時期を超えて、基本的に隣接地域と密接な関係を絶えず
>維持しているということは、縄文時代の地域文化が、日本列島内で密接に関連しあっていたことを反映している

『だから、いったん縄文式土器を日本列島内の各地域の土器型式に解体してみて、それを積み上げてみる。そうしてみると、今後も細
かい検討は必要だろうが、中国東北地方や朝鮮半島などの東アジアの新石器時代土器と近似しつつも、日本列島を中心に分布
する土器型式群の存在がおぼろげながら浮かびあがってきた。それは、口縁部文様帯をもち続けるバケツ形の深鉢形土器を中心
として構成され、器形は当初尖底であったが平底へ変化し、二度と戻ることがなかった土器群であった。筆者はこれを縄文(式)土器で
あるとしたい。器面調整に回転縄文を多用することも特徴的であり、縄文式の名称の起源ともなったが、これを決定的な要素とは筆
者は考えない。』---「文化としての縄文土器型式」 川崎保著 P197より一部抜粋

>日本列島を中心に分布する土器型式群の存在→口縁部文様帯をもち続ける土器群

少なくとも、最終氷河期が終って海面上昇が始まり、アジア大陸と日本列島地域が海によって隔てられ、現在の日本列島と
近い形になって以後、弥生時代まで、土器型式群を基に考察すれば日本列島各地の土器型式は列島周辺外とは一線を画し
ていて、列島周辺外と"同一文化圏"を形成することはないのである。
すなわち、「口縁部文様帯を特徴とする土器群を伴った文化を維持・継承していた文化集団がヒト集団としての"縄文人"である」
と考えられる。


713 :出土地不明:2010/07/24(土) 22:40:31 ID:4Xk33hTY
わぉ〜わぉ〜、ドレミたん!!
>>711
ジャポニカ米には温帯ジャポニカと熱帯ジャポニカがあるんだお〜

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B8%E3%83%A3%E3%83%9D%E3%83%8B%E3%82%AB%E7%A8%AE
>ジャポニカイネの起源がインドネシアやフィリピンなど東南アジアにあり、
>ジャポニカ稲の起源には「中国長江説」や「アッサム(インド)雲南(中国)説」がある

714 :ドレミ ◆YeeMODUSQg :2010/07/24(土) 22:56:34 ID:cMAFapfT
>>713
それ、ヒンディー語の記事とかないから、インドの研究成果を見ないとわからんですよ。
稲がインドに自生していたのは事実っぽい。
アッサム起源説といっても、現地のインドではどう言っているのか気になるところです。

雲南のは、「香米」といって、黒龍江省のとはまた別の短粒米です。
平地のマラリア蚊ぶんぶんのところで栽培するのではなく、棚田で栽培する種類です。
これは、アッサムの種類に近いらしいです。しかも、犂による農耕とセットです。

だから、このへんは結論を急がないで、インドのほうの文献を読むべきではないでしょうか?

715 :出土地不明:2010/07/24(土) 23:01:51 ID:4Xk33hTY
わぉ〜わぉ〜わぉ〜
ついでにドレミたん!!
>>601

>>601の九州に上陸した装飾古墳文化人は、どの民族が渡来したと考えているのかな??
九州の装飾古墳
http://kyuhaku.jmc.or.jp/kofun_frame2.php?flg=
イ族のお姉さん
http://www.china-world.info/cgi-bin/viewphoto_jp.cgi?1263&v

716 :ドレミ ◆YeeMODUSQg :2010/07/24(土) 23:06:16 ID:cMAFapfT
>>715
今のところ保留中。目玉模様は1930年代の写真にあまり残っていなかった。

717 :白馬青牛 ◆8mr41B7alChB :2010/07/24(土) 23:18:44 ID:ET0w6Air
>>681
江上氏の騎馬民族征服王朝説のどこにカビが生えとるんですか?
江上氏は世界史的視点から日本も北方民族が支配したと、あたり前の
ことを云われただけじゃけど。天皇朝鮮説を中国のメディアが唱えたと
あんたが判断したんはどの記事か提示せにゃあ。
@の日中韓同祖論なら、篠田氏の見識に当てはまるでしょう。(笑)
Aの中国が父としとるんは、朱子学派の慕夏主義ネット右翼の思考法
でしょうに。韓国が兄じゃの、韓国に僻み嫉妬が強い嫌韓ネット右翼の
脳内妄想でしょう。
B普通の日本人は、天皇家の権威を重んじとるんかね?戦前の日本でも、
明治天皇の女性関係なんか面白がって話する人たちがおったぐらいじゃ
けぇ、皇族に親しみを持っても崇拝的敬愛たぁ違うんじゃなですか。
前にも云うたよう、天皇家の男系も継続されとる根拠も無いですけど。
と、幕末勤皇派の連中と一緒に行動しとったことのある人や
明治期近衛師団じゃった人を親戚筋を持つわしが云うんも可笑しいですか
のう。
だいたい、日本へ渡来系が主流となった古墳期は、日本人や朝鮮人も
民族として成立しとりませんよ。日本人の先祖問題では、あなたは、
反篠田謙一派じゃないですか。(笑)

718 :白馬青牛 ◆8mr41B7alChB :2010/07/24(土) 23:50:09 ID:ET0w6Air
>>683
マラリア耐性とは、例えば人が南方へ移住して環境によって何世代で
耐性抗体が出来るとか、研究内容があるんでしょうか?
モンゴル人が高地しか移住してない原因をマラリアに対する抗体が
継続的に弱いという遺伝生物決定論の優生学に誤解される危険が
あるでしょう。雲南でもモンゴル人が水稲農耕地帯に適応したことは、
間違い無いですし、マラリア地域なら適応せんと云うんは疑問じゃと
思いますけどね。モンゴル人も現地の生活様式風土に影響されるよう、
環境が重要じゃと思いますよ。
http://www.asia-photo.net/yunnan/minzu/mongolzu/mongol_02.html
http://www.asia-photo.net/yunnan/minzu/mongolzu/mongol_05.html
モンゴル人も、全くの水稲農耕民になって、現地の環境に適応してますね。

719 :ドレミ ◆YeeMODUSQg :2010/07/24(土) 23:59:49 ID:cMAFapfT
>>718
興蒙人に関しては、言語からの自動識別で蒙古族なので
よくわからない点があります。
食文化と抗体の活性化が関係があるといわれていて
あまり遺伝生物決定論的には論じられていません。
マラリア耐性のゲノム地図を見つけようとか動きがありません。

720 :出土地不明:2010/07/25(日) 00:09:34 ID:5YxgygHq
日本を席捲した騎馬民族が、100年後の朝鮮出兵では歩兵でのみ
渡海したという不思議。
ま、どうせああ言えばこう言うの屁理屈並べるんだろうけど。

721 :白馬青牛 ◆8mr41B7alChB :2010/07/25(日) 00:16:22 ID:24A6pppw
>>704-705
稲作文化と海部族は関連が薄いよ。日本の漁撈地域は、段々畑の畑作や
平安期頃なら牧畜複合した文化要素が強いよ。イ族は湖と関連しても、
沿岸文化とは関わりが無いね。
>>708
カムパもギャロンも全体的に北方形質の方が多いでしょう。雲南のチベット
・ビルマ系は一部に北方形質があっても、全体的には南方形質が強いで
しょう。
>>709
高床式なんか北方でもあるものを無理に南方誘致する必要も無いと思う
けど。
>>712
典型的鎖国史観じゃね。土器は流通圏で中世の草度千軒のように、
中国陶器が出土したら、広島県の備後は中国人云う電波の逆バージョン
じゃのう。縄文教徒の講和よのう。

722 :出土地不明:2010/07/25(日) 00:34:35 ID:7SoAnp5k
>>721
>典型的鎖国史観じゃね。

では、典型的鎖国史観ではない「君」が考える、
縄文人の定義を提示してみてよw

723 :白馬青牛 ◆8mr41B7alChB :2010/07/25(日) 01:02:25 ID:24A6pppw
>>719
言語なんか、漢化が進めば漢化するでしょう。
自動識別の範囲は曖昧ですからね。民族においてもどこまで
モンゴル人とするかの問題になります。アフガンのモゴール族や
カルムイク・モンゴル族とモンゴル遠征軍の子孫とされる人たち
の分類も困難になりますね。チャガタイのモンゴルはトルコ人に
なったんですし、逆にカルムイクの先祖がオイラート・モンゴル
とすれば、サモエード語、トルコ語を話す民族がモンゴル化した
ことになりますから民族としてモンゴル族と自動識別でしょう。
ケルト系のスコットランド人やウェールズ人がケルトのゲール語や
ブリテン語を喋れず、英語を使えば、イングランド人かと
云えば、違う云う認識を多くの人が持つよう民族概念は
複雑ですからね。
>>720
100年後の朝鮮出兵では歩兵で渡海云うて、そがん歴史なんか
あったか?

724 :ドレミ ◆YeeMODUSQg :2010/07/25(日) 01:07:21 ID:d/3w1YxI
>>719 自己レスです。
よくわからない点=雲南西部へのミャオ族進出時期とモンゴル帝国が一致していること。
モンゴル人も、ミャオ族の柔軟な現地適応力の知恵を学習しているはずです。
だから、テン王国とか南詔の時代とは全然ナレッジベースが違います。
ミャオ族には、父系同姓婚姻不可であるため、移転をしてしまった場合
嫁は現地人を迎えなければならず、娘は現地人と結婚する。
現地人の免疫系が母乳によって素早く獲得できるのと、現地の食文化の取り入れも早くなる。

免疫系の活性化は、母乳に重要性があり、徳川家光の乳母に春日局が選ばれたのは
疱瘡の既往歴があったからだといわれています。

725 :出土地不明:2010/07/25(日) 01:09:44 ID:7SoAnp5k
>>712を、ちと訂正。

>土器型式群を基に考察すれば日本列島各地の土器型式は「列島周辺外」とは一線
>を画していて、「列島周辺外」と"同一文化圏"を形成することはないのである。

×列島周辺外
○列島外

726 :出土地不明:2010/07/25(日) 01:16:01 ID:w2cZFAeF
器物のことなんか殆ど分らんのに何処にでも口出す馬鹿がおるのう。あんた
の皮相的な批判(たとえば土器について、あんたが語るときよく持ち出すの
が中世の草戸千軒や土器は流通圏とかいう、ずれた話じゃが)に終始する
んなら、無理して話題に入らんほうがええぞ。

>>712を読んで「土器は流通圏で中世の草度千軒のように、中国陶器が出土
したら、広島県の備後は中国人云う電波の逆バージョン」みたいだというんが
あんたの理解なんじゃとしたら、実に浅い話だのう。わらけるわい。
理解力も持ち合わせてないんに、わざわざしゃしゃり出る必要もなかろうに。

現実的に縄文時代を通じて、大陸との関係を物語るような文物は、極めて
少ないんじゃ。例えば草創期の石器群や土器、石刃鏃、ケツジョウ耳飾、
曽畑式なんかは、そのようなものとして一般にもよく知られているもんじゃ。
だがのう、縄文時代を通じて大陸との交渉が認められるというわけじゃなーぞ。
地域的・時期的に限定されるものが殆どじゃ。鎖国史観という使い勝手のいい
レッテル貼りしても仕方なかろうも。純粋に文物からいえばの、いまのところ縄文
時代の列島というのは殆ど弧絶した状態であったというのは決して誤りでは
ないんじゃよ。大陸との交渉が認められるような文物が一般的に出土してく
る弥生時代以降とは違うんじゃぞ。分かったかい

727 :出土地不明:2010/07/25(日) 01:24:59 ID:w2cZFAeF
「土器は流通圏で中世の草度千軒のように中国陶器が出土したら、
広島県の備後は中国人云う電波」

なるほどのう。そういえば埴輪の服装が胡服じゃから、古墳期に
北方民族が大量渡来したんじゃと抜かしとった馬鹿もおったのう。
明治期以降の日本人の服装は洋装が主流になるが、これもなんとか
民族の大量渡来かのう

728 :出土地不明:2010/07/25(日) 01:40:12 ID:7SoAnp5k
>>726
こりゃまた、偉そうにw

>鎖国史観という使い勝手のいいレッテル貼りしても仕方なかろうも。
はぁ?いやいや「君」がレッテル貼りしたんでしょ。何いってんのw

>純粋に文物からいえばの、いまのところ縄文時代の列島というのは
>殆ど弧絶した状態であったというのは決して誤りではないんじゃよ。

文化的影響や搬入品をもたらした少人数集団の日本列島への流入を除けば、
ほぼその通りだと思いますよ。>>712もそのような要点も含んでいるのだがw

で、「君」が考える縄文人の定義は?

729 :出土地不明:2010/07/25(日) 01:59:04 ID:nQJPtrlS
>>728
やれやれ。あんたも理解力ないのんか?失望したわい。売り言葉に
買い言葉じゃ馬牛と変わらんじゃろうが。わしはあんたの>>712
受けて書いておるんじゃよ。あんたの説明は間違ってないと書いて
おるじゃろう。どこをどう読み違えとるのかのう。とんだ三文話に
付き合う羽目になったわい。


730 :出土地不明:2010/07/25(日) 02:09:26 ID:7SoAnp5k
>>729
ワロタw
では、寝るとするかなw

731 :出土地不明:2010/07/25(日) 02:18:00 ID:nQJPtrlS
このスレは、馬牛のほかにもひとの文章をまともに読めん、非を認められん
輩がおるんじゃのう。>>712が台無しじゃのう。言葉尻でわしを馬牛だと
でも思ったんか?そんなことじゃ、あんたネットで発言するのんもたいへん
じゃろうも。


732 :出土地不明:2010/07/25(日) 02:32:47 ID:7SoAnp5k
>>731
寝る前に、今一度読み返してみたら、私が間違ってようだ。
ゴメン。ちと、眠気でうっかりレスしたみたい。

733 :出土地不明:2010/07/25(日) 05:51:07 ID:gJrkOtEM
>>732
ドンマイ

734 :ドレミ ◆YeeMODUSQg :2010/07/25(日) 06:18:44 ID:d/3w1YxI
>>718
また「分子生物学者は全員ナチス」とかレッテル貼りするのかと冷や冷やしてますよ。(笑)

免疫系は遺伝要素ではありません。たしかに活発度に個人差があります。
でも麻疹やインフルエンザの抗体を、生まれつきもっている人はいません。
マラリアは、IgG3というタイプが媒体です。いわばフラッシュメモリです。
ちなみに寄生虫はIgEが媒体。ミャンマー人は、寄生虫を体内に飼っていても、
普通の人と同じように活動できるらしいです。タイ人も昔はミャンマー人と同じように
IgEの寄生虫抗体を持っていたかもしれません。(裏取りは、専門家に聞いてください。私は専門外だから。)

だから、何を記憶しようが最初は白紙です。フラッシュメモリを一杯持っていれば有利というだけです。
多分、マラリア原虫のたんぱく質で汚染された母乳を飲むと、抗体ができるのでしょう。

>>723
自動識別は、言語か宗教でしかできません。イギリスは東アジアとは民族の概念が違います。
東アジアでも、イラン系の民族がからんでくるとシナ世界のような民族概念と齟齬が発生します。

735 :ドレミ ◆YeeMODUSQg :2010/07/25(日) 06:22:40 ID:d/3w1YxI
白馬さん、あなたはタイ人の母乳飲んでも、ダメですよ。
大人には、効き目がないのです。本当にマラリアに罹っも知りませんよ。

736 :出土地不明:2010/07/25(日) 07:39:21 ID:aPSXr08j
>>731
自覚してんなら紛らわしいからやめれ
わざとやってんなら牛よりタチ悪いぞアンタ。

737 :出土地不明:2010/07/25(日) 08:21:59 ID:SoEQIRqe
>>693
ヨン様キモ〜!
シノドントの前歯ぬいて刺し歯じゃん。

738 :出土地不明:2010/07/25(日) 08:28:08 ID:5Vg5FdaD
>>717
下の記事を乱暴に要約すると、「日本人の先祖は大陸渡来の遊牧民らしい。天皇が中国人とする
意見もあるが、現在の皇室に直接つながる継体天皇はたぶん『朝鮮人』だろう。今上天皇も、
天皇家が朝鮮人の血を引いている(桓武天皇の母が百済系日本人)事を認めて親しみを感じている。
いずれにせよ、古代日本は、中国人や朝鮮人が作ったもんだべ。」という事が書かれています。
これは「人民網」の転載記事ですが、中国メディアは何年間もこの文章を基にした記事を掲載し
続けていました。

古墳の副葬品が中国製や半島製のものが多いので、恐らく古代の支配者は中国人か、
朝鮮人であろう。
今上天皇も朝鮮の血(百済の血)を認めている。
何か知らんが、継体天皇は朝鮮人に違いない。
         ↑
こんな乱暴な説を基にしたプロパガンダが延々流され続けてますよ。
   

日媒:日本天皇可能是中国人后裔?
ttp://world.people.com.cn/GB/8792590.html

739 :出土地不明:2010/07/25(日) 08:52:37 ID:UBSK5Syf
>>726
>現実的に縄文時代を通じて、大陸との関係を物語るような文物は、極めて 少ないんじゃ。

漆はどうよ
世界最古は日本だぞ、次点が中国、朝鮮は?

>>738
古代朝鮮は倭人の支配地だよね
氏名からも明らか
それが中国にぶん取られた、まあ倭人が見捨てた(諦めた)のだ
朝鮮人と言う物が生まれたのもその頃
それ以前は倭人+大陸系との多民族で棲み分けてた

740 :出土地不明:2010/07/25(日) 09:21:42 ID:5Vg5FdaD
>>739
元記事が全部おなじなので分りますが、継体天皇朝鮮説(天皇家朝鮮説)は共通している、
というか強調したい部分のようですね。

中には、「湯重南研究員傾向認為,繼體天皇是朝鮮人的可能性更大。 」と書いている
新聞もあります。
“湯重南研究員”が、(何だかよく分らないけどとにかく)継体天皇は朝鮮人である
可能性が高いと主張しているんだそうですよ(苦笑)

中国の有力紙がしつこく転載を繰り返している時点で、何かあるのでしょう。
しかも、元の文章を読みましたが、全く憶測に基くもので、具体的なデータが一つもあがっていませんでした。
中国語のウィキペディアの「日本」や「日本人」のページも、当初人民網などの文章が一部そのまま引用
されていましたよ。
かなり大きな影響力があったと思われます。
迷惑ですね。

741 :出土地不明:2010/07/25(日) 09:48:15 ID:5Vg5FdaD
なんと、中国語の原文を日本語に翻訳された人がいました。

もう何年も前の記事ですね。
これがしつこく中国メディアに掲載され続けているわけです。
江上波夫の騎馬民族説を悪用したものではないでしょうか?

日本の天皇は中国人か朝鮮人か? その1
ttp://hannichi.seesaa.net/article/4054406.html

日本の天皇は中国人か朝鮮人か? その2
ttp://hannichi.seesaa.net/article/4100084.html

>現在の考古学証拠によると、古代の日本は多くの部落国家から北アジアから来た
遊牧民族が融合して出来上がった。当時の部落の戦争の時期、生産力が発達した
中国と朝鮮の部落大王が戦争を通して有力な位置を占め、最終的に第一代の天皇に
なったのである。
            ↑
「今後の日本は中国人と朝鮮人が仕切る」と言わんばかりの政治的宣伝です。  

742 :出土地不明:2010/07/25(日) 10:39:03 ID:/as9M+Ga
>>741 初代天皇はカム・ヤマト・イワレ・ヒコという和名をもっていて、シナ名や朝鮮名などもっていないから心配するな。

 その後の歴代天皇も同じ。カム=カムイならアイヌ人も交じっているかも知れないが。


743 :出土地不明:2010/07/25(日) 11:22:29 ID:SoEQIRqe
>>742
心配するな、とかの問題じゃないっしょ。
日本の歴史と文化は日本人じゃなくて、オラ達、中国人と朝鮮人が
築いてやったと言う、奴隷マスター史観の危険性を、日本人はキチンと
自覚すべき。ナチス思想として、戦後の欧米では徹底的に批判された所の
マスターレイス史観を、アジアでは中国人と朝鮮人が、現代にも堂々と
やってる事について、日本人は大いに発言し批判するべき。

744 :出土地不明:2010/07/25(日) 11:30:02 ID:1+sotsj9
政治論争は他所でやれ!
政治に影響があるから「騎馬民族征服王朝説」禁止か?
曲学阿世の徒とはおまいらのことだ!!

745 :出土地不明:2010/07/25(日) 11:33:26 ID:SoEQIRqe
ファビョッ!

746 :出土地不明:2010/07/25(日) 11:35:17 ID:5Vg5FdaD
>>739
>古代朝鮮は倭人の支配地だよね

酷いのになると、「日本独特の前方後円墳に構造のよく似た古墳が半島南部に存在する。
天皇は恐らく朝鮮半島から来たのだろう。」なんてやってました。
築造年代を無視していますよ。
もちろん、中国語の新聞ですが。

最近は、多くの日本人学者がDNAを解析したりして、「渡来ルートは多岐に渡る」事を
強調し始めている為、中国も苦しくなって、「日本人のルーツは複雑」である事が
はじめて主張されるようになっていますけどね。

747 :出土地不明:2010/07/25(日) 11:42:54 ID:N39O023C
遺伝子もそうだけど、
縄文時代の土器や、日本語、などももっと研究が進めばいいのにね。

748 :出土地不明:2010/07/25(日) 11:49:50 ID:N39O023C
>>744
騎馬民族が、朝鮮半島を経由せず、上空から日本列島を襲撃する話も
それはそれで、結構じゃない。信じるも信じないも、その人次第だから。
にっぽん、自由の国だからね。

749 :出土地不明:2010/07/25(日) 11:51:01 ID:aPSXr08j
>>743
日本は事情が特殊すぎる。
有史以後、近代に入るまで戦争に負けて属国になった事が一度も無かった。
(現状をどう判断するかは解釈次第)
自己主張しないとどうなるのかを民族自体が学んでこなかった。
日本の国体は明治以降全く変化していないし、大きな意味では鎌倉時代
荘園の自己防衛による封建化以来ずっと同じメンタリティでいる。
つまり権力者の檻に囲われた羊の心だ。
これは権力者に対する関心を低下させ、同時に自己の存在規定を考える機会を喪失させる。

もう一つはアジア全体の未熟さだろう。
ヨーロッパでは私はどこどこの国の血を引いてます、と堂々と言う。
それは互いが互いに尊重しあってる証拠だ。
日本を含め、アジアはまだそこまでの域に達していない。
単純に国力や民度の差が大きすぎるために互いが尊重しあえないだけでなく
精神的にもルネサンス期の人文主義の前段階。
この先、エラスムスやルターのような精神的革命を起こす人間が
外部の要因ではなく自己啓発的に生まれる位になって初めて真の意味での先進国になれる。


750 :LUNAMASK:2010/07/25(日) 13:07:56 ID:PtRxTZWW
>>702 >>687
天孫族である古代イ族が前方後円墳を造らせたんでつね!!!
--------------------------------------------------------
縄文計   40.2%  (C1 5.4% + D2 34.8%)
弥生早-前期(農民系)
O2b1-47z 22.00% 倭人(楽浪海中倭人=辰韓(含松菊里)人)
O3-M122* 6.60% 華北環濠集落農民
O3a4-LINE1 3.10% 屈家嶺農民
計    31.7%
弥生中期(南北水辺系)
O2b-SRY 7.70% 貊人(沃沮)/出雲族
C3c-M86 1.20% 粛慎(穢)
C3-M217* 1.90% 盖/鮮卑
O2a-M95* 1.90% 越人
計    12.7%
↓こうした普遍的なものも弥生後期として上記↑に入れてみる。
NO-M214* 2.30% 古羌→布依族というのが丹砂生産地の貴州にいる。
もしかしてニニギ?
N1-LLY22g* 1.20% 隼人→すると
五芒星・アルタイ星型テント住居族はアルタイ起源か。*
N1c1-M178 0.40% 丁霊

*アルタイ族10.9%
ハカス族2.8%
トゥヴァ族1.6%
チュルク族0.2%
ウイグル族3.0%
ヤクート0.8%
満州エベンキ族2.4%
森林ネネツ族1.1%
満州族5.7%
シボ族9.8%
朝鮮族8%
徳島/青森県人7.7%
彝族30%
陝西漢族 6.8%
大陸系台湾人3.6%
チベット族8.6%
ネパール1.3%
ベトナム人2.9%
広州漢族15.0%
漢族3.0%
ハニ族11.8%
土家族4.1%
ボルネオ族2.5%
フィジー0.9%
http://en.wikipedia.org/wiki/Haplogroup_N_(Y-DNA)
悩ましいところ。

751 :LUNAMASK:2010/07/25(日) 13:17:35 ID:PtRxTZWW
>>703 そんでもって月光たん!! >>698
五芒星の尾張・海部族は「稲作文化をもつ海神族」でつよ〜!!
----------------------------------------------------------
朝日遺跡銅鐸文化人(タケハニヤス・津島神社等、華北トゥー族も同様と思うが、
「土」を信仰するO3-M122* 6.60% 華北環濠集落農民)の軍事利益代表であった
のでは。海人族ですね。ポリツェ鍛鉄製品なんかを供給していた。稲作文化は持っ
ていなかった。

752 :LUNAMASK:2010/07/25(日) 13:52:57 ID:PtRxTZWW
>>704 >これが「稲作文化をもつ海神族」である尾張・海部族の文化でつね!!
>火祭
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%81%AB%E7%A5%AD%E3%82%8A
>これは「稲作文化をもつ海神族の文化」だが、起源は背振山東南↓
>鬼すべ - 福岡県太宰府市、太宰府天満宮
>鬼夜 - 福岡県久留米市大善寺、大善寺玉垂宮
>火振り神事 - 熊本県阿蘇市、阿蘇神社
>であり、彝族火把節
http://shonan-jcfa.com/shaoshuminzu.html
>と共通するものと考えます。
>>705 >>606
>>704の「稲作文化をもつ海神族の文化」が、四川・雲南の古代イ族が
>日本人の源流であることの根拠なんでつね!!
>>606の文献にある紀伊半島の祭りとは、新宮のお燈まつり祭りや那智の火祭りの
ことでしょう〜(^-^)/
---------------------------------------------------------------------
アルタイ・オークネフ天文宗教がイラン拝火教の影響を受け夏至・火把節となり、
アルタイ→チベット→雲南に移動したのでしょう。

753 :LUNAMASK:2010/07/25(日) 14:16:24 ID:PtRxTZWW
>>702 >>687
天孫族である古代イ族が前方後円墳を造らせたんでつね!!!
--------------------------------------------------------
天孫族ニニギ(朱のシャーマン)NO-M214* 2.30% これの系譜はおそらく↓
回族→モンゴル人→満州エベンキ族→ダウール族→赫哲族→韓国人→徳島県人5.7%
彝族→漢族→布依族5.7%→ヤオ族→マレー人
http://en.wikipedia.org/wiki/Haplogroup_NO_(Y-DNA)
徳島県って古代に朱が採れたようですね。

754 :LUNAMASK:2010/07/25(日) 14:27:11 ID:PtRxTZWW
神武の熊野遠征、卑弥呼の狗奴国戦争の裏側は背振東麓旧甕棺墓集団と朝日
遺跡華北環濠集落集団との間の冷戦で、神武とか卑弥呼とかは改革派のリーダー
ということであったのでは。

755 :LUNAMASK:2010/07/25(日) 14:50:18 ID:PtRxTZWW
>>751
倭姫巡幸が海部のテリトリーで行われているが、どう見ても牧畜民の慣習ですね。

756 :出土地不明:2010/07/25(日) 15:19:03 ID:JQEWscZ7
>>746
だから、中国は列島の中心性をバラバラにするのが目的。

民族でバラシ史観で突っつきDNAでおちょくりw同じ事繰り返してるが
あんた中国の工作員か?

757 :出土地不明:2010/07/25(日) 15:44:08 ID:m5PYQyqK
>>756
そういう呑気な陰謀論も言ってられないですけどね。
「天皇は中国人か、韓国人か?」
中国メディアは、こんな珍説だらけですよ。

かく言う私も、前からこの状況を認識していた訳ではないけれど。

日本早期天皇是中国或?国人?
ttp://civ.ce.cn/qwsh/200704/26/t20070426_11171684.shtml

日本王室墓地 日本天皇有韓國血統(附圖)
ttp://www.wahas.com/archiver/?tid-1288062.html

758 :出土地不明:2010/07/25(日) 15:53:11 ID:csJOgRo1
コピペ出来そう

韓国:日本人の祖先は朝鮮半島から九州に流れてきた
中国:日本文化は中華文化の一支流
インド:日本とタミル人は同系統
イスラエル:日ユ同祖論

759 :出土地不明:2010/07/25(日) 15:59:09 ID:N39O023C
名誉なことだと思えばいいのかなあ。
半島人の祖先だなんて、どの国もいわないしなあ

760 :出土地不明:2010/07/25(日) 17:15:37 ID:c5DGFeFm
testdesu

761 :出土地不明:2010/07/25(日) 17:23:42 ID:W38T261n
ニュース速報:2010/07/25(日) 14:41:29 HOST:cdu02c40.cncm.ne.jp
「スクープ!!国民総背番号制!!!!!導入か?
   政府が発表!!!国民ひとりひとりに番号がつけられる!!」

政府が税と社会保障の共通番号制度の導入(どうにゅう)
にむけ原案を公表した。
共通番号があれば、個人の所得情報などが把握(はあく)
しやすくなり、
所得に応じた手当(てあて)の支給や社会保障サービスに活用できる。

一方で個人情報がもれてプライバシーを
侵害(しんがい)するリスクもある。

使う番号は、プライバシー保護(ほご)や導入(どうにゅう)コスト
などの面から、住民票コードをもとにあらたな番号をつけることが
のぞましいとしている。
                       (西日本新聞記事より)




762 :出土地不明:2010/07/25(日) 17:26:47 ID:c5DGFeFm
>>758
イスラエルと共通性があるのは、ユダヤ人の3割くらいと日本人の4割以上のYAP+だが、
D系統とE系統が判れたのは結構古いので、相当遠い親戚くらいになるお。

このYAP+を持った日本人の祖先はインドあたりを通ったのは確からしいが、
インド亜大陸のY染色体DNAはアーリア系とかドラビダ系で、共通性がどれだけ残っているのかと。

中国は弥生人のルーツだし、華南山岳には遠い生き別れのD系統が残るから縁は深い。
また文化というだけ正確ではあるが、根本的に別の文明で差異が大きいのも認識する必要がある。

韓国は近い割にあんまり血統的には関わりが薄いな。
楽浪郡などから入った古代中国人がちょうどO2bもそこそこ含んでいたようで、
本来ツングース民族なのに父系DNAがほぼ中国人化している朝鮮人には、
O2bが2割台と結構多くて、これがほぼ唯一日本人との接点になっているお。

と一応突っ込んでみたお

763 :726:2010/07/25(日) 22:44:14 ID:+zhhDP+H
>>732 >>736ほか諸氏へ

紛らわしい文章を書いて、不快な思いをさせてしまったことを謝りたい。
意図して、だれかをハメようと書いたわけではない。言葉尻がどうあれ、
内容で違いが分かるものだと思っていた。また、この板で、特定の名前
や言葉遣いが、初めから批判の対象とはならないことを信じたい。一般
的な良識が通じず、他人のレスに対して悪辣に振舞う人間も確かにいる
が、そういう輩のやり方をなぞるのは最も唾棄すべき行為だと思う。
しかし、いずれにしても、今回は少し悪乗りがすぎてしまった。
今後、書き込むことがある場合には、こういうことが無いようにしたい。

764 :白馬青牛 ◆8mr41B7alChB :2010/07/25(日) 23:08:11 ID:24A6pppw
>>724-734及び>>735
ミャオ族の適応力は客民として順応性が強かった要素もありますね。
山地民が多くを平地民に依存する形態で彜族のような征服性の強い
牧畜民の農耕民支配とは違いますね。モンゴルは現地民と話しの付き易い
連中を前線に置く方が無駄な血を流さんでもええでしょう。
ミャオ族の現地民の嫁の確率は知りません。乳母なら嫁が現地人で
のうても、雇えばええことです。乳母制度は被差別民出身の徳川氏が
始めたわけでのうて、日本の上層階層は乳母制度でしょう。
ほいから、米国の南部プランター階級は、マラリアに強い黒人乳母から
免疫を受けておるはずですが、マラリア免疫力が付いた話は知りません。
黒人の乳母の免疫性の話は米国の文学上でも信憑性がありませんね。

765 :出土地不明:2010/07/25(日) 23:27:04 ID:/NXM7rbq
>>763
712=732です。
こちらこそ、眠気が原因とはいえ、漠然とレスを読み、
失礼なレスを付けてしまったことをお詫び致します。
以後、自らの言動に留意しなければと思っています。
では、またの機会を。

766 :白馬青牛 ◆8mr41B7alChB :2010/07/25(日) 23:38:41 ID:24A6pppw
>>726-727
ケツ状耳飾りは、満州の先紅山文化起源で。石刃もバイカル・シベリアの
起源で日本独自じゃ無いんじゃけど。日本独自を強調するもんは電波
じゃのう。埴輪の服装は文化を齎した人物像の起源を表すもので、
魏志倭人伝のポンチョと違うよ。列島倭人が宗主国様と奴隷を献上した
漢の風俗を服装に真似るんなら明治期の例が当てはまるが、好き好んで
北方蛮族の服装を真似る可能性は低いのう。
>>729-731
あんた、因縁つけたもんに対する答え方がなっとらんよ。少しでも我がを
攻撃するもんや、仲裁に入るもんは反論者以上に真っ先に敵と見做すんが
当然じゃが、あんたぁ>>728氏に弁解説明しょうるじゃないか。(笑)
つまらん奴隷根性よのう。わしに対する反論者なら、なおさら真っ先に、
わし以前に潰さにゃあいけんので。ほんま喧嘩を知らんもんは、
可笑しげな行動とるのう。(笑)自分の味方じゃ思うとる人間でも、
対者に言質を取らせるようなことをする人間は敵側の人間として行動する
けぇ、潰さにゃあいけん。そがん鉄則を知らんもんは広島人じゃ無いわ。
まあ、あんたぁ似せ広島人気取りじゃけぇ、こがんことも知らんじゃろ
がのう。

767 :白馬青牛 ◆8mr41B7alChB :2010/07/26(月) 00:01:57 ID:bioSbOHE
>>738-740及び>>741-746
どうも、ネット右翼の書き込みじゃ思うとったら、案の定>>741でネット
右翼サイトを根拠にしよるのう。(爆笑)
政治宣伝は、あんたが挙げたブログの南京事件や従軍慰安婦連行を
隠蔽し、中国側のプロパガンダに還元する姿勢から明らかじゃないか。
しかも江南朱子学にゃあ反論も無い、中華奴隷の朱子学派ネット右翼を
扇動する側のブログじゃのう。中国が北方民族に支配され中華文明は
日本が本場とする、「慕夏主義」からの「中朝論」よのう。
http://www.valdes.titech.ac.jp/~hashizm/text/titech/shukyo/resume/resume09.html
中華隷属の朱子学で、本当の中国人は日本人じゃと妄想する、
中華奴隷の朱子学派の解釈を羅列しても意味があるまあ。

768 :726:2010/07/26(月) 00:14:18 ID:2PXcztcw
>>766
「石刃」ではなく「石刃鏃」と書いてるでしょ、意味分かる?
ケツ状耳飾りの起源は不明。

>(石刃もケツ状耳飾りも)日本独自じゃ無いん
>じゃけど。日本独自を強調するもんは電波じゃのう。

ぽかーん. ( ゚д゚) (つд⊂)ゴシゴシ (;゚д゚) (つд⊂)ゴシゴシ

>>726では「大陸との関係を物語るような文物は、極めて少ないん
じゃ。例えば草創期の石器群や土器、石刃鏃、ケツジョウ耳飾、
曽畑式なんかは、そのようなもの(大陸との関係を物語るもの)
として一般にもよく知られているもんじゃ。」と書いておきました。

文物オンチかつ性格の捻じ曲がった人間に、いちいち丁寧に指摘していく
のは骨が折れるので他の指摘はやめときますね。

>ほんま喧嘩を知らんもんは、可笑しげな行動とるのう。(笑
馬牛さんのケンカってのはひとりでやるもんなんですか?
相手がいないみたいだけれど・・・。自分は弱い相手とはケンカ
し無いことにしてるんですよ。中学生じゃあるまいし。そういや
犬はよく自分の尻尾追いかけてますね。

769 :726:2010/07/26(月) 00:19:41 ID:2PXcztcw
そうそう、これはあくまでも感想ですが>>766の後半あたりの文章をパソコン
の前でニヤニヤしながらひとりで書いてるようなおっさんにはなりたくない
と思いました。ホント悪辣ですね。ご家族はきっと毎日大変でしょう。


770 :白馬青牛 ◆8mr41B7alChB :2010/07/26(月) 00:21:23 ID:bioSbOHE
>>748
航海路から、朝鮮を経由せにゃあ民族移住は無理じゃのう。
>>749
日本は兵隊は強いが戦争は弱い国で、白村江から秀吉の朝鮮出兵も
敗北しとる。勝ったんは、元寇と明治期のみじゃ。属国は弥生期の列島
倭人から始まっとる。元寇に督戦だけで前線に参加せんかった鎌倉武士
賛美なんか、鎌倉武士マンセーの石母田流左翼マルクス史観か。
荘園の自己防衛どころか、北条得宗家は、前線で戦闘した九州や瀬戸内の
利権を独占しあがって、こがん歴史観は西日本人に対する愚弄挑発行為じゃ
けぇ、ほっとけんのう。

771 :出土地不明:2010/07/26(月) 05:04:50 ID:BZ5N6zad
>>767
>右翼サイトを根拠にしよるのう。(爆笑)

いいえ、していません。
私が、中国語の文章を直接読んで確認したものです。
訳文は、昨日ネット検索していて偶然発見しました。(ある事も知らなかった。)

あの中国語の記事は、2005年頃、小泉時代に中国の有力メディアに登場し、
現在も転載され続けているものです。
英国やシンガポールの記事に端を発するようで、その後、中国の人民日報初め有力メディアで
報じられ、香港や、台湾でも報じられたものです。
当時の政治状況もあるでしょうね。
中国語の新聞の記事のタイトルは概ね「天皇は中国人か?」とか「天皇は中国人の可能性が高い」
などと中国説を臭わせるものになっているようですが、内容は、騎馬民族説と朝鮮説を混ぜて
伸したような下らない記事です。

でも、ご安心下さい。
もう、あのような記事は減って行くでしょう。
政治状況が変化したからです。


772 :出土地不明:2010/07/26(月) 10:35:41 ID:w8wCFw6F
>>770 >>日本は兵隊は強いが戦争は弱い国で、白村江から秀吉の朝鮮出兵も
敗北しとる。

・・・朝鮮出兵は秀吉が死んだから引き揚げただけだろう。明はこの戦争で疲弊して満州族に国を乗っ取られるきっかけになった。
 日本が清の建国を助けてやったようなものだ。または満州人が日中朝の混乱に乗じて漁夫の利を得たというところだろう。

 日中戦争で日本と中華民国の戦争を見ていた中共が日本敗戦後、シナを乗っ取った歴史と似ているな。


773 :LUNAMASK:2010/07/26(月) 10:48:14 ID:rLRCpD2l
最近スレ方向が違ってきたので少々気が引けるが、
LUNAMASK専用スレ
http://academy6.2ch.net/test/read.cgi/archeology/1263883002/menu43
に入れておいた。

774 :出土地不明:2010/07/26(月) 11:49:22 ID:i4eiQKgO
>>771
あんた、辞書引いて外国語読む習慣あるの?電子辞書でいいから。
"新聞"は紙媒体を意味しないぜ。

>>738 引用しているのが『日本新華僑報』といって日本在住中国国籍の人向けで
日本に済んでいる記者が書いているのがわからんの?
あと、"驚くべき情報"って訳しているけど、原文のニュアンスはオカルト的orトンデモ説だから
ほとんどエンターテイナメント記事扱いで、真面目に論じてねーよ。
韓国のコリアンが、オカルト的トンデモ説出しても、どこの国の人も信用しないから
一連の「寒国」エンターテーナメントなのに気づけ!

775 :出土地不明:2010/07/26(月) 14:22:02 ID:Q/LyY1TJ
>>774
エンターテイナメント?エンターテーナメント?それって何?

776 :出土地不明:2010/07/26(月) 15:16:13 ID:2LYLNWnm
>>774
日本語、お上手ね。

777 :出土地不明:2010/07/26(月) 15:25:23 ID:/gHk2lb3
騎馬民族は農耕定住民族を馬鹿にしているのに一旦農耕定住民族の土地を
手に入れてしまうと途端に農耕定住民族の文化を受け入れてしまう。
中国の北方の騎馬民族(匈奴・五胡十六国・元・清)は皆中華に染まってしまう。
馬鹿にしていたくせに農耕定住の良さを知るとすぐ受け入れてしまう。
農耕>遊牧を暗に認めたことになる。インダス文明衰退後に遊牧民のアーリア人が侵入したが
彼らも最初は農耕定住民族のドラビダ人を馬鹿にしていたのに文化を受け入れてインド化してしまった。
遊牧民は農耕の方が文化的に優れているのを否定できないのだ。

778 :出土地不明:2010/07/26(月) 15:30:10 ID:/gHk2lb3
遊牧民は農耕定住民族より基本的に弱い。経済力と人員で圧倒している。
確かに戦闘力は遊牧民の方が上だが戦闘に勝っても戦争には負ける場合が圧倒的。
仮に制圧しても遊牧民は都市生活の良さに気が付き農耕民になってしまう。

日本にはその過程が見られない。遊牧民が農耕民を馬鹿にしている神話が必ずや出てくるはずなんだがね。
インドや中国はそうなんですけどね。いやイラクやエジプトもそうですね。
周辺の騎馬民族は農耕定住民族を最初は蔑視しているのが常なんです。
でも最終的には飲み込まれてしまう。

779 :出土地不明:2010/07/26(月) 15:34:04 ID:SALQvmlz
>>774
中国は其の「寒国」を大和民族用に戦略的に利用してんでしょうがよw
無理しなくていいですよw

長江文明スレでものぞいてました?

780 :出土地不明:2010/07/26(月) 15:50:25 ID:b9IFCj1S
>777
元の中でもハルハ蒙古はウランバートルのほうに帰りましたが何か?

781 :出土地不明:2010/07/26(月) 15:51:58 ID:A/k+JbJV
白馬青牛さんのいうところの騎馬民族渡来説は、
@いつの時代に
Aどこから
Bどんな人が来た。
というんだろうか?

782 :出土地不明:2010/07/26(月) 16:46:51 ID:qAFQpeLR
>>774
個人的には、「朝日新聞」「毎日新聞」「読売新聞」「産経新聞」「日経新聞」
ウェブニュースも全部「新聞」て呼んでますが。

>原文のニュアンスはオカルト的orトンデモ説だから
ほとんどエンターテイナメント記事扱いで、真面目に論じてねーよ。

あれは、“プロパガンダ”ですから、真面目に論じるものではありません。
刷り込む為のものです。
天皇陛下の「ゆかり発言」や「江上」と絡めて、海外では殆どプロパガンダと化していたでしょう、
天皇朝鮮説。
騎馬民族説も、ナショナルジオグラフィックか何かで真面目に取り上げられていたと聞きます。
(読んでないけど。)
当時タイムズが、ホルホルしながら、天皇は“Korean blood”だと書いていました。
「ゆかり」発言を指摘したものです。
実に荒っぽい、乱暴極まりない認識です。

日本人の歴史は、そんな大雑把なものではない!

783 :出土地不明:2010/07/26(月) 17:00:51 ID:5VCaFcMe
わぉ〜わぉ〜、月光たん(^-^)/

>>752
>アルタイ・オークネフ天文宗教がイラン拝火教の影響を受け夏至・火把節となり、
>アルタイ→チベット→雲南に移動したのでしょう。

オークネフ天文宗教がイラン拝火教の影響を受けて日本に上陸しているなら
「インド・イラン化したこと」が、四川・雲南からの南方系天孫ルートの傍証になるんじゃね!?
月光たんは>>606の夏至・火把節がどのルートで日本列島に上陸したと思っているのかな??
まさか扶余族経由ではないでつよね!!!

>>721の白馬たんがいうとおり
>雲南のチベット・ビルマ系は一部に北方形質があっても、全体的には南方形質が強い
であるなら
四川・雲南で南方形質化し、稲作民化したチベット・ビルマ語族が日本の天孫族になったということでしょう(^-^)/

784 :出土地不明:2010/07/26(月) 17:10:12 ID:5VCaFcMe
わぉ〜わぉ〜わぉ〜
>>783
熊野から大和へ神武を先導したのが、インド・イラン系の八咫烏・アジスキタカヒコネ神だお〜(^-^)/
http://www5.kcn.ne.jp/~takakamo/yuisho.html

785 :出土地不明:2010/07/26(月) 17:28:03 ID:5VCaFcMe
わぉ〜わぉ〜わぉ〜

LUNAMASK:2010/03/15(月) 18:34:51 ID:eAOXi9oo
承前
彝族松明祭りは青銅器冶金炉温上昇技術に係るもので、これが筑前から丹後半島に
東遷、炎帝/天火明命/天香具山命を奉ずる海部・尾張として、更には遠州・武州へと伝わったが、
神武は香具土神を封じ、天香具山の土を盗んだものということになろうか。

786 :LUNAMASK:2010/07/26(月) 17:44:59 ID:rLRCpD2l
>>783-785
いや、彝族は本来アルタイに近い中央アジアの遊牧民で、そこから2つに分かれ
一つはチベット・雲南高地に入り彝族となるが、アルタイにとどまり、東進し、
興安嶺西麓・満州北西で原突厥になったものがいるんです。日本に入ってきたのは
この北周りのもので、彼らは強力な遊牧集団の兵站部門、物部ですね、をたんとして
いたようですね。

787 :出土地不明:2010/07/26(月) 17:59:07 ID:5VCaFcMe
わぉ〜わぉ〜わぉ〜

>>786
なるほど古代イ族による四川の三星堆・金沙文明は邪馬台国と兄弟文明ではあるけど
南周りの上陸はなかったということかな〜!?

しかしそうするとアルタイにとどまり東進して満州経由で列島に入った北回り集団は
どこで「インド・イラン化(拝火教化)」したんでしょうね??
彼らはチベット・ビルマ語族ではないでつよね!?

そしてなにゆえアマテラス稲作民優位の神話が日本列島で創られたのでしょう??

788 :出土地不明:2010/07/26(月) 18:48:58 ID:/gHk2lb3
>>781
そう
@いつの時代に
Aどこから
Bどんな人が来た
に加えて
Cどのようにして
に対する明白な答えが無い。「4世紀の騎馬民族の世界的な移動が・・・」うんぬんと
抽象的なことばかりで。具体的に騎馬民族の正体は何なのかと言うのが無い。
半島のみならず満州やモンゴルでは騎馬民族同士が血で血を洗う抗争を繰り広げている段階なのに・・・・
そんな中突然列島に攻めてこれたのは誰?

789 :出土地不明:2010/07/26(月) 18:54:20 ID:/gHk2lb3
騎馬民族は戦闘には強いが戦争には弱い。元の時代ならまだしも4世紀かそこらに
騎馬民族を束ねるチンギス・ハーンみたいな奴は存在しない。
たとえ戦闘に勝って土地を支配しても維持できなければ北方に帰るしかなくなる。
日本なんて遊牧に全く適していないので騎馬民族が来る理由が無い。
理由が無い
Dどんな理由で
も追加しないといけないね

790 :出土地不明:2010/07/26(月) 19:21:35 ID:0hwlO8pH
騎馬民族説。まだ生きていたかw。
攻めてきた証拠は0。まあ、ドライ文でもいない限り
断言はできないけど、限りなく0に近い。

791 :出土地不明:2010/07/26(月) 20:00:55 ID:V5KQ2/oC
参考

・北方民族の大量渡来の文物からの根拠として、武人埴輪の装束と胡服の
 関係をかなり強調していた。しかし、>>766の前半部分をみると、この
 ことが「北方民族の大量渡来」の根拠とはならないということを自ら説
 明しているように思われる。認識が変化したのかどうかは、本人の説明
 を要する。
・馬牛説によれば、「北方民族の大量渡来」は4世紀から8世紀まで続いたという。
・「北方民族の大量渡来」の結果、在来系弥生人(縄文人)や渡来系弥生人は絶
 滅に近い状態に陥ったという。
・馬牛説では古墳期には「北方民族の大量渡来」による形質の変化があり、
 これは古人骨に明らかであるというが、説得力のある具体的な説明はない。
・馬牛説がもっとも強調するのは「4世紀は世界的民族移動期じゃから」と
 いうことで、繰り返し同じことを言っている。「」部分は、必ずしも妄言
 というわけでなく、括弧つきで妥当性があると思う。しかし、「」部分
 をもって「北方民族の大量渡来」の根拠と考える(少なくとも馬牛の
 論の運び方=本人は論理を認めないが=からするとそういう説明である)
 のは短絡的。
・ちなみに「4世紀は世界的民族移動期じゃから」の部分に難癖をつけると
 ほぼ間違いなく、「日本列島だけ特別だと考える鎖国主義、奴隷根性、
 夜郎自大」などのレッテルと罵声を浴びせられることになる。これを
 斟酌すれば、自分の言うことが絶対的に正しいのであり、それに対して
 批判するとは何ごとだ!というような、馬牛お得意のレッテルでいえば、
 パターナリズム的、マチズモ的傾向が見え隠れしているように思う。
・馬牛の騎馬民族説は、江上波夫のものとは違うというのが本人の主張で
 ある。たとえば、江上自身は騎馬民族の大量渡来を想定していないし、
 また、ガチガチの騎馬遊牧民族が列島にやってきたとも考えていない。
 馬牛説が江上説とどの程度違うのかは、よく分からない。また、批判を
 受けながらヌルヌルと自説を変化させていく可能性も否定できないだろう。
・関連して、自分に都合が悪くなると、それまで引用していた研究者を平気
 で切り捨て、やおら自分はその説に全く賛成と言うわけではない、などと
 言い出すことがある。


792 :出土地不明:2010/07/26(月) 20:10:15 ID:A/k+JbJV
卑弥呼(ひみこ、175年頃? - 248年頃)は、
『魏志倭人伝』等の中国の史書に記されている倭国の王(女王)。

約1世紀半経って、5世紀の初めの413年(東晋・義熙9年)に倭国が貢ぎ物を献じたことが
『晋書』安帝紀に記されている
413年 東晋 義熙9 讃 東晋・安帝に貢物を献ずる。(『晋書』安帝紀、『太平御覧』)[1]

478年 宋 昇明2 武 上表して、自ら開府儀同三司と称し、叙正を求める。
順帝、武を
「使持節都督倭・新羅・任那・加羅・秦韓・慕韓六国諸軍事安東大将軍倭王」とする。
(『宋書』順帝紀、倭国伝)(「武」と明記したもので初めて)

騎馬民族渡来説では。
3世紀から150年もたたずに列島に進出し、あまつさえ半島に攻め込み高句麗以外を制圧し、
使持節都督倭・新羅・任那・加羅・秦韓・慕韓六国諸軍事安東大将軍倭王の称号を得たことになるな。
(百済は477年にはリストに載っていたのに、無くなっているのは、なぜだろうか?)


793 :LUNAMASK:2010/07/26(月) 20:34:11 ID:rLRCpD2l
>>787 いま寝るところなんですが、失礼。
インドイラン系が言語的、遺伝子的に確立するのは前2千年紀でしょうが、古代
彝族、羌族なんかはずっと古い。それに、日本の火祭は朝鮮の火賊と同様、
ガダルカナルの米軍火炎放射器のような軍用の可能性が強いですね。

794 :ドレミ ◆YeeMODUSQg :2010/07/26(月) 20:45:05 ID:Ynp11Rx3
>>793
暑くて眠れんでしょう。羊さんでも見てください。
http://www.56.com/u41/v_NDYxNzg5MTA.html
中の人は、もと黒彝じゃないかもしれませんが。
攀枝花あたりと違って、衣装も真っ黒です。

大涼山には大尾羊がいるんですよ。阿バの毛糸用の小羊寒羊ではなく大尾羊。
中東から来た羊種で、羌族が小屋の中で飼っているやつと違いますね。

795 :出土地不明:2010/07/26(月) 20:53:34 ID:5VCaFcMe
わぉ〜ん
>>793
寝るの早くね!? (^0^;)/

>>786
物部にぐるぐる目玉の太陽信仰、稲作信仰の気配はあまりないでつね!!
イ族のお姉さん
http://www.china-world.info/cgi-bin/viewphoto_jp.cgi?1263&v


796 :ドレミ ◆YeeMODUSQg :2010/07/26(月) 21:00:13 ID:Ynp11Rx3
大涼山の彝語
http://www.56.com/u45/v_NDYxNzc3NzA.html
 ↑
>>795 目玉ぐるぐるは、大尾羊の巻き角かなーと
大尾羊には四角の羊とかもいるみたいですよ。

http://www.56.com/u81/v_NDY1Nzg5MTA.html
このリズム感は、楚雄や攀枝花の彝語と違って羌語に近いですよ。
http://v.youku.com/v_show/id_XMTM3ODc4OTI0.html
黒彝の中心地が、楚雄から大涼山に移動しているから
羌族や嘉絨人みたいな言語に変化してるのかもしれません。

797 :出土地不明:2010/07/26(月) 21:10:48 ID:5VCaFcMe
わぉ〜わぉ〜、ドレミたん(^-^)/
>>796
と、ということは中東(インド・イラン)の影響を受け、雲南(楚雄)、四川(大涼)から
古代イ族が九州にやってきたということになりませんか!!

798 :ドレミ ◆YeeMODUSQg :2010/07/26(月) 21:15:40 ID:Ynp11Rx3
>>797
なりませんね。楚雄で人さらいとか悪さばかりするので、
モンゴル帝国にオシオキ食らって四川に王が逃げたので北方シフトして
それでもまた悪さをするので、清朝に街道から外れた大涼山の馬辺とか美姑に押し込められたんですよ。
茶馬古道整備の公共事業にも参加できず、奴隷制が延々と20世紀まで続いたわけです。

799 :出土地不明:2010/07/26(月) 21:32:10 ID:5VCaFcMe
わぉ〜わぉ〜
>>798
清朝時代の羌族は精悍に戦って玉砕した印象しかないですね〜
ロロと羌族は違うんでしたっけ(^-^;)

それにしても雲南のイ族がどうして中東の大尾羊を飼うようになったのでしょう??

800 :ドレミ ◆YeeMODUSQg :2010/07/26(月) 21:40:56 ID:Ynp11Rx3
>>799
ロロと羌族は違いますね。ロロがイ族です。
その時代羌族はチベット族土司の農奴ですよ。
もう吐番王国に攻められてから清の大金川戦役あたりまで。

(この前、牛レースで漁ったやつが丁度ありますので・・・)
土司の殿様@黒水県
http://www.56.com/u61/v_MjUyNzQ1MzA.html
漢服の農奴@黒水県
http://www.56.com/u73/v_MzMyMzA3MTA.html

801 :出土地不明:2010/07/26(月) 21:44:08 ID:Z+pmFQzn
>>799
わぉーわぉーわぉー
ID が真っ赤でつね?

802 :ドレミ ◆YeeMODUSQg :2010/07/26(月) 21:53:06 ID:Ynp11Rx3
>>799
>雲南のイ族がどうして中東の大尾羊を飼うようになったのでしょう??
黒彝は、騎馬民族なわけだから機動力抜群でしょう?
西域のトルファンまで行けば、大尾羊を買ってこれるでしょう。
カザフの人達があたりまえに飼っている品種ですよ。

803 :ドレミ ◆YeeMODUSQg :2010/07/26(月) 23:23:28 ID:Ynp11Rx3
>>788-789
>騎馬民族を束ねるチンギス・ハーンみたいな奴は存在しない。
いっぱいいますよ。
張軌(前涼),劉淵(前趙),李特(成漢),石勒(後趙),慕容ファン(前燕),苻健(前秦)
慕容垂(後燕),姚萇(後秦),乞伏国仁(西秦),呂光(後涼),禿髪烏孤(南涼)
沮渠蒙遜(北涼),慕容徳(南燕),李ロ(西涼),赫連勃勃(夏),馮跋(北燕)などなど。

王族が滅んだら、臣民は「新漢族」になるだけの話ですよ。
五胡は、西周の牧野の戦いの頃から山西とか陝西に棲んでいるのだから、帰るところなんかないんですよ。
多分、新しいリーダーに率いられて、晋王朝を追い出す先鋒になったのでしょう。
鮮卑拓跋部が勝ち残ったから、「新漢族」ではなく拓跋部としての個性が残せたわけです。

804 :白馬青牛 ◆8mr41B7alChB :2010/07/26(月) 23:48:55 ID:bioSbOHE
>>768-769及び>>771
ケツ状耳飾りは、満州の先紅山文化起源。
http://nippon.zaidan.info/seikabutsu/2000/00850/contents/010.htm
石刃は、東北日本ではバイカル起源、西南日本は華北起源。
中学生も大人も喧嘩の形態は変わりませんよ。まあ、あんたらのような
ネット右翼より弱い連中は滅多におりませんけどね。(笑)わしが悪辣
ですか?あんたらネット右翼の「酷使様」に比べたら優しいですよ。(笑)
あんたの挙げたブログの、親韓国派の安部元首相を賛美しとるんは、
笑うたよ。
http://hannichi.seesaa.net/article/31777560.html
何が中国情報なら。幸せ回路、お花畑のネット右翼オナニーじゃ。(爆笑)
http://fujiwaraha01.web.fc2.com/fujiwara/article/abe07.htm
http://fujiwaraha01.web.fc2.com/fujiwara/article/abe10.htm
あんたの挙げたブログでは、外交巧みなはずの安部氏は、慰安婦問題を
隠蔽して世界に恥を晒したよ。日本の文書に証拠が無いじゃの、
この板のネット右翼並みの幼稚な回答で、世界に通用する思うとる
外交感覚は凄まじいもんじゃ。公文書なんか自国に都合の悪いもんは
焼却する手法を世界の人たちは知らんと考えられたんか?
しかも隠蔽の火消しに、宗主国のブッシュ様に謝罪しても何の意味にも
ならんのに。まあ日本の政治家なんか、戦前の旧軍上層部と同様、
事態を悪うする手段ばっかし取るんも、「幸せ回路」ゆえじゃろう。

805 :出土地不明:2010/07/26(月) 23:50:37 ID:/gHk2lb3
>>803
この中に列島に侵攻したとされる下手人は居ますかな?
騎馬民族征服説が正しいのであればの話ですが。

806 :出土地不明:2010/07/26(月) 23:56:49 ID:/gHk2lb3
元も結局長城以南を維持できずに北へ帰ってしまった。清は完全に漢族化されて
飲み込まれてしまった。
モンゴル人は先祖伝来の遊牧生活を放棄できなかった連中は皆北へ帰ったが漢族化されて
農耕民族になった連中はヒッソリと長城以南に居残った。
元の北では相変わらず遊牧民の本拠地があったからね。
清が滅んだ時には最早逃げる土地すらなかった。
元の時代ならモンゴル人は漢族化しており列島を征服する理由があるが4世紀の騎馬民族は
広い牧草地が欲しいので列島には来る理由が無い。
山ばかりで土地が狭く牧草地も限られている。征服するだけの魅力が一切無い。


807 :白馬青牛 ◆8mr41B7alChB :2010/07/27(火) 00:00:03 ID:QnxzR7yA
>>772
今日は、幸せ回路のお花畑が妄想垂れよるのう。現実はこうじゃ。
290 :廣島もみじ民 ◆cjIySZ2iYw :2010/07/15(木) 00:32:26 ID:UmthdViQ
>>286
また、ネット右翼の幸せ回路か。
638 :白馬青牛 ◆cjIySZ2iYw :2010/05/27(木) 22:25:54
>>625-626及び>>627
また、大本営発表が如き空虚な喧伝か。実際の文禄・慶長の役は、
こがんもんじゃ。
http://www7a.biglobe.ne.jp/~echigoya/ka/BunrokuNoEki.html
http://www7a.biglobe.ne.jp/~echigoya/ka/KeicyouNoEki.html
http://www.jyofukuji.com/11-tyosen/2002/02.htm
http://fukubara.web.infoseek.co.jp/2006/2006_3_4.htm
一番目と二番目のブログに、文禄の役で、日本軍は平壌で敗走し、碧蹄館の
戦いで勝ってなんとか戦闘は膠着状態となっただけじゃし、慶長の役でも、
一進一退で勝利の目は無い。日本軍が何時撤退するか時間の問題じゃった。
しかも、日本軍は蛮行の限りを尽くして、日本の武士道を汚した。
このことは、三番目のブログに日本側の従軍僧慶念さんもも認められとる
ことじゃ。四番目の青字の黒田官兵衛さんが、実際秀吉に皮肉を云われたか
どうかは解らんが、「小西・加藤が功名心にはやり、朝鮮人民を蹂躙しなが
ら先を争い、現地民を慰撫せず、」当然兵糧調達困難になるわ。
ほんま秀吉は馬鹿じゃのう。まだ山陽道育ちの黒田如水さんの方が
常識があるわ。まあ、朝鮮の役と同じ愚行を日華事変や対米戦争と
昭和の日本軍は繰り返すのであるが…。

まあ、日華事変でも、撤退は時間の問題で、文禄、慶長の役同様、
戦闘が長期化した時点で日本軍に勝ち目はのうなったよ。侵攻は速度
じゃけんのう。

808 :白馬青牛 ◆8mr41B7alChB :2010/07/27(火) 00:56:51 ID:QnxzR7yA
>>777-778
農耕文明に染まるんは現地の文明度が高い地域で、現代でもイタリア行って
みんさい。レストランでも金をさしくる(誤魔化す)けえ。現地民の多い
ラテン文化圏の特徴よ。じゃがゲルマン・ノルマンの要素が強い地域は、
金をさしくらんよ。一般に文明人より野蛮人の文化圏の方がモラルが
高い云う例の一つじゃのう。日本も弥生人が文明化されず、古墳期の
渡来系が支配して良かったのう。
>>783
はあ?日本の渡来系は北方形質じゃけど。

809 :白馬青牛 ◆8mr41B7alChB :2010/07/27(火) 01:04:27 ID:QnxzR7yA
>>791
漢を宗主国様と崇拝しとった弥生期と違い、何で古墳期は北方蛮族の
胡服になるんかのう。(笑)歴博奴隷は、鎖国史観じゃけぇつまらんよ。
>>806
騎馬民族が牧草地を求める云う根拠は、ネット右翼御用達サイトの見解
なんか?

810 :出土地不明:2010/07/27(火) 01:33:28 ID:MQehtbuK
>>804

┐(´-`)┌。くどいなぁ。分からないなら無理に口を出さな
ければいいと思うよ。 「石刃」ではなく「石刃鏃」ですよ。

>ケツ状耳飾りは、満州の先紅山文化起源。
可能性・蓋然性を語るのと、モノゴトをスパッと断定口調で語って
独り悦に入るのとでは、全く質が違うということを知るべき。

リンク先にある藤田氏の言をまともに読めているのか、基本的な
部分が疑われる。文章をよく読みもせず、目についたセンセーショ
ナルなトピックに跳びついてしまうような人が、某博物館を批判し
たり、捏造問題を手厳しく論難(ほとんど罵倒のようなものだが)
できるほど頭が切れるようには思えない。藤田氏の「興隆窪文化と
桑野遺跡」というページには一体どういうことが書いてあるのかね?

ちなみに「論理」の分からない馬牛に(めんどくさいので)最初
から教えておくと、某博物館や捏造問題はこの文章の趣旨ではないので、
噛み付いてこなくて結構。


811 :出土地不明:2010/07/27(火) 05:01:44 ID:akacUrtc
>>800
やだ、一番下のビデオ、いー歳したおっさん達が手つないで変なマイムマイム踊ってる。
これが黒水県の農奴って羌のこと? こんなマイムマイム踊るより
ドジョウ掬いでも踊れ。

812 :LUNAMASK:2010/07/27(火) 07:58:39 ID:pVFIKhxs
>>796
>大尾羊には四角の羊とかもいるみたいですよ。
西周初頭の列国会議出席国寸評において高句麗には「四角の羊」信仰があるとされ、
帰化高句麗王陵の神使/眷属は羊です。高句麗の貊には彝族/黒彝が入っていたと見る
べきでしょう。後の高句麗はピラミッド王陵を築きますが、太陽神の化身羊がピラミッド
階段を駆け上るという意味であり、これが熊野大社「毛摘み子」となり、熊野の太陽神
夏至祭りで神主が捧げるものが羊であることはここから来るものと思います。

813 :LUNAMASK:2010/07/27(火) 08:07:53 ID:pVFIKhxs
承前
伽耶に入る製鉄技術も呉の鋳鉄と邑婁の鍛鉄技術が一緒になったもので
分断民族・北周りタタール(ホトタタラ・姫蹈鞴)系と彝族系は合流して吉備
に入り出雲系と婚姻関係を結び盾築遺跡を築く。天孫ニニギ系の子孫は
これを討ち、日神・月神パンテオンを書き換え、太陽神専制体制とし、
出雲族の臣下編入を行う。これが国譲り。N1は所詮物部どまりでしょう。
ニニギ系はシステム・エンジニア思兼命あたりか。

814 :LUNAMASK:2010/07/27(火) 09:11:15 ID:pVFIKhxs
穢貊(出雲)(穢・グラスコフ・西團山+貊・石板墓・白金宝)と腰紅嘴子上層・五角天幕
(尾張・海部)の関係は西団山文化(吉林)がと腰紅嘴子上層を内包するとい複雑な形
ではあるが、五角天幕はアルタイ西麓・カトゥニ川流域が本拠地。が、穢貊は商鄂族が
北上したものと考えられ、出雲と尾張・海部の関係は微妙。他方甕棺は石家河文化
圏から岳石文化を経て松菊里・博多湾に入ったものと考えられるが、殷時代には鄂族
(出雲族)がホータン玉・銅緑山銅資源を管理、石家河族(銅戈族)に供給していた、
つまり、山元とユーザーの関係にあった。これが饒速日・ウマシマジと長髄彦(銅戈・
石家河族)の関係。他方、銅鐸は遼寧銅剣(大型銅製品)系統で夏家店文化人系、
これの御用商人が五角天幕(尾張・海部)族。倭国乱は石家河・夏家店の二大文化に
共通する環濠集落制度が時代に合わなくなり、近畿・東海共に土器統一を伴う共同
市場創設の革命的内部圧力を抱えていた。庄内土器・布留式土器の開発は、遠賀川
土器、古くは遼東における大嘴子文化からの馬城子文化人による西団山文化の
無文化、同様の松菊里・遠賀川を含む倭人国の土器統一の際と同様、内陸水系人の
手によって行われ、拡散することとなった。

815 :LUNAMASK:2010/07/27(火) 09:36:04 ID:pVFIKhxs
タカ(山系)+アマ(水系)ガ+原(合同会議)(高天原)において統合議長の役目を果た
したのが女性シャーマンであり、おそらく、男性では限界があったというのが、倭人伝
にいう、初めに男王を立てたが国中おさまらず、卑弥呼を共立したということだろう。

816 :出土地不明:2010/07/27(火) 10:33:05 ID:cOpruUCN
この時期になるとゴキブリの活動が活発化するけど、日中戦争はそれ。
スリッパなんかでパンパン叩いてゴキブリ殺すゲームよ。
ゴキブリホイホイで罠を仕掛けて沢山捕獲できても歓喜するだろ。
半世紀前、日本人は戦争ではなくてゴキブリ退治というゲームに楽しんだんよ。
ゲームはいつかは飽きる。
飽きて止めた日本軍や秀吉は賢かった。
白馬青牛叩きもゴキブリ退治も夏の風物詩だわ。

817 :LUNAMASK:2010/07/27(火) 10:54:17 ID:pVFIKhxs
>>812-815
参考資料
C1 5.4% 黒曜石経済人
D2  34.8% 弥生稲作を始めた縄文人
Total 40.2%
North-East Asia
C3c-M86 1.20% 粛慎(黒竜江)
C3-M217* 1.90% 唐怒烏梁海・五角天幕人(尾張海部)(イェニセイ河)
Total 3.1%
Central Asia
Altai
NO-M214* 2.30% 黒彝(アルタイ・オビ河)
N1-LLY22g* 1.20% 彝族(黒竜江・呉)
Total 3.5%
Hexi
Q-P36 0.40% 河西羯(イェニセイ河)
I-P19 0.40% 河西滑(ドニエプル河)
R-M207 0.40% 河西賽人(シルダリア河)
Total 1.2%
Total 4.7%
China
O2a-M95* 1.90% 百越・海洋水系人(長江)
O2b-SRY 7.70%  鄂族・出雲人(黄河)
O2b1-47z 22.00% 内水水系人(沸流河)
O3-M122* 6.60% 夏家店・「土」信仰・銅鐸文化人(遼河)
O3a4-LINE1 3.10% 夏家河・河内物部(長江)
O3a3c-M134 10.40% 秦韓人(黄河)
Total 51.7%

818 :出土地不明:2010/07/27(火) 11:53:08 ID:llfR2Anv
騎馬民族が牧草地を求めないなんて事はありえない。一番大事な資本じゃないか牧草地は。
日本はそういう意味で全然適していない。

819 :LUNAMASK:2010/07/27(火) 12:27:25 ID:pVFIKhxs
>>817
河内物部は石家河人、夏家店人は尾張・海部農民

820 :LUNAMASK:2010/07/27(火) 15:03:26 ID:pVFIKhxs
鴨緑江以南からの渡来人は来ていないようだ。
原住民
C1 5.4% 黒曜石経済人
D2  34.8% 弥生稲作を始めた縄文人
Total 40.2%

バイカル湖経由
O2a-M95* 1.90% 越(長江)
O2b-SRY 7.70%  鄂(黄河)
Total 9.6%

豆満江経由
C3c-M86 1.20% 粛慎
C3-M217* 1.90% 盖(沿海州) ・東穢
Total 3.1%

豆満江・鴨緑江経由
NO-M214* 2.30% 黒彝(北夷)(アルタイ・オビ河)
北夷索離族・腰紅嘴子上層五角天幕住居人(吉林)・高尾張
N1-LLY22g* 1.20% 彝(黒竜江・呉)
Total 3.5%

鴨緑江経由
O2b1-47z  22.00% 穢(沸流河)
Q-P36     0.40% 羯(イェニセイ河)
I-P19      0.40% 滑(ドニエプル河)
R-M207    0.40% 塞(アムダリア河)
O3-M122*   6.60% 土(遼)(遼河)
O3a4-LINE1  3.10% 苗(長江)
O3a3c-M134 10.40% 秦(黄河)
Total      43.2%

821 :出土地不明:2010/07/27(火) 15:12:44 ID:KsjHtt+v
わぉ〜わぉ〜わぉ〜

>>786
アルタイ近くにいた古代イ族が2つに分かれて
>>813
この2つの分断民族は北周りタタール系と彝族系として伽耶で合流したんですね〜(^-^)/

では、邑婁の鍛鉄技術をもたらした方が北回りなら
呉の鋳鉄技術をもたらした古代イ族は南回りと呼んでもいいんじゃね!!!

北回り>NO-M214* 2.30% 黒彝(アルタイ・オビ河)
南回り>N1-LLY22g* 1.20% 彝族(黒竜江・呉)

822 :LUNAMASK:2010/07/27(火) 15:28:13 ID:pVFIKhxs
>>821 その通り。兵主神社・天日矛等は南周りでしょう。

823 :LUNAMASK:2010/07/27(火) 15:30:04 ID:pVFIKhxs
O2b-SRY 7.70%  鄂(黄河) 出雲族
穢貊にあって古くからトランスバイカル、ホロンバイル、松嫩平原を根拠として牧畜・
農耕統合経済を運営してきた白金宝文化人は春秋戦国の乱世にあって穢人の国を
立ち上げる夢を追い続けたが叶わず、ついには博多湾に達した。古くは銅緑山鉱山を
持ち、殷の文明の大黒柱であった鄂族は日本で松嫩平原白金宝文化の再現を目指し
たが、博多湾に集結した倭人はこれを拒否、モンスーン農業への転換を迫り、鄂族を
出雲に封じ込めた。しかし、鄂族は出雲・吉備において青銅器生産の実権を握り、
王国建国への野望を貫こうとし、またしても倭人と衝突した。最終的には旧来の友邦
であった尾張・海部も離反、大和側に着き、神武革命が成功した。しかし、卑弥呼・
崇神の代に至っても倭国は完全に平定されたわけではなかった。

824 :LUNAMASK:2010/07/27(火) 15:40:11 ID:pVFIKhxs
なんと、出雲大社の裏側はワニの寺であった。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%B0%90%E6%B7%B5%E5%AF%BA

825 :出土地不明:2010/07/27(火) 15:41:39 ID:KsjHtt+v
わぉ〜わぉ〜わぉ〜

>>813
>>783
>日神・月神パンテオンを書き換え、アマテラス太陽神専制体制を強化したのは
ホアカリのインド・イラン化(拝火教)の影響ですね!!

>>786
日本文明の根幹たる日の丸太陽信仰・稲作信仰を強化したのは、邑婁の北周りニギハヤイ系タタール族ではなく
南回りのホアカリ系古代イ族なんじゃね!!!


826 :LUNAMASK:2010/07/27(火) 15:49:17 ID:pVFIKhxs
>>825
それは倭人の民の声、高木の神がヒミコの心に告げる声であり、決して渡来人
の声ではなかったはず。
http://academy6.2ch.net/test/read.cgi/archeology/1263883002/menu30

827 :出土地不明:2010/07/27(火) 15:51:16 ID:KsjHtt+v
わぉ〜わぉ〜わぉ〜わぉ〜、月光たん!!

物部(モノノベ)と海部(アマベ)は2つに分かれた分断民族で伽耶で合流した同族でつよ!!!

>>820
>C3-M217* 1.90% 唐怒烏梁海・五角天幕人(尾張海部)ではなく

北回り>NO-M214* 2.30% 黒彝(アルタイ・オビ河)→ニギハヤイ物部氏
南回り>N1-LLY22g* 1.20% 彝族(黒竜江・呉) →ホアカリ海部氏・高尾張(鴨氏)
が正解でつ!!!

828 :出土地不明:2010/07/27(火) 15:56:45 ID:YPAAtQ3Y
>>816
>この時期になるとゴキブリの活動が活発化するけど、日中戦争はそれ。

関東軍は弱かったそうですね?
何かの本で読みましたが、少なくとも戦争末期には、戦車はごく僅かしかなく、15トンの中戦車が
日本最大で、士官学校を卒業した将校でも、戦車そのものを見た事の無い人が大体数だったそうですが。
それも米ソの戦車のレベルでは、軽戦車に過ぎず、多くの若い兵士が、旧ソ連の機甲戦力その他の
凄まじさを知って、激しくびびっていたと聞きます。
ようするに、日本には、戦うだけの金(力)すら無かったのではないですか?

縄文人北方起源説(南方説の完全否定)は、中国の社会科学院のプロパガンダであるという
話を耳にしました。
むしろ、欧米や日本の学者がこれに異を唱える様な説を主張しているのではないでしょうか?
いずれにせよ、“思い込み”を廃して学問の中立を図っていかなければ。
何となく○○っぽい、見た目から○○と判断できる、、こういうのは危ないですね。

言いたい事を言い終えたので、素人は金輪際消えます。

829 :出土地不明:2010/07/27(火) 16:03:51 ID:KsjHtt+v
>>826
南回りの古代イ族、ホアカリ海部氏・高尾張(鴨氏)の方が物部の東進より先に
九州→丹後→伊勢→東海→金剛・葛城と入って渡来しています。

それが稲作民と同化し、倭人の民の声となったのでしょう〜
金剛教の本尊こそが大日如来(太陽神)ですね!!!

830 :LUNAMASK:2010/07/27(火) 16:05:01 ID:pVFIKhxs
>825
>日神・月神パンテオンを書き換え、アマテラス太陽神専制体制を強化したのは
ホアカリのインド・イラン化(拝火教)の影響ですね!!

>日本文明の根幹たる日の丸太陽信仰・稲作信仰を強化したのは、邑婁の北周り
ニギハヤイ系タ
>タール族ではなく南回りのホアカリ系古代イ族なんじゃね!!!
--------------------------
伊勢神宮では天照・岩戸神話を演出した思兼命がちゃんと祀られています。
著作権が祀られているわけです。インドイランなんて全く無関係。前方後円墳、
天照大神といいうのは統一国家創造のシンボルですが、要するに出雲族封じ込め
の一環にすぎません。 実際、崇神は就任するとすぐに鏡を投げだしている。

831 :出土地不明:2010/07/27(火) 16:09:04 ID:xPQuNtVg
>>828
南方限定のハプログループがある
母系にF1,M7c,B4という明らかな南方島嶼系がおるし
父系にC1という明らかな南方島嶼系がおるから南方説の完全否定はできないよ

832 :LUNAMASK:2010/07/27(火) 16:10:59 ID:pVFIKhxs
>>827
頼まれもしないのに生口を提供するのは殷遺民の手口ですが、考えてみると
遊牧から奴隷商人に転じたのが黒彝なんじゃないでしょうか。綏靖は食人慣習
があったそうですが、現代のニューギニアも同様です。

833 :LUNAMASK:2010/07/27(火) 16:15:31 ID:pVFIKhxs
>>829
戦国末の軍閥を渡り歩いた製鉄民が河北・楽浪経由伽耶に到来したんでしょう。
ただ、吉備に入って首を釜ゆでにされる温羅等もこうした連中であったのかも。

834 :LUNAMASK:2010/07/27(火) 16:25:55 ID:pVFIKhxs
>>829
アルタイには檜皮(ひわだ)、切妻の木造住居があり、日本の神社の原型見たいです。

835 :出土地不明:2010/07/27(火) 16:33:32 ID:FJ08YiQJ
>>828
いや、分子生物学の扱いは中国自身慎重にならんと危ないでしょう。
対外的に煽った領域もあるしアフォ国民が暴走したら共産党も崩壊するし。

836 :LUNAMASK:2010/07/27(火) 16:39:14 ID:pVFIKhxs
んじゃー、卑弥呼もやらせだろうなんて考えていると、今晩あたり、
http://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/1/16/Evenk_shaman_costume.jpg
こんなのが出てくるかも。 エベンキの百襲姫衣装

837 :出土地不明:2010/07/27(火) 16:40:56 ID:KsjHtt+v
わぉ〜わぉ〜わぉ〜
LUNAMASK:2010/03/25(木) 12:51:12 ID:WNZduykI
承前
この稲作文化をもつ海神族というのが海部であり、久留米の方から、ニギハヤヒ、
ホアカリ等を奉じて丹後半島に上陸濃尾平野に入るというコースをとったんでしょう。

LUNAMASK:2010/03/25(木) 13:03:10 ID:WNZduykI
承前
ハビリ-カリブ-ハルクィはアマルナ文書で別称サガスというが、サはクルド語、サクはイラン語で犬を意味する。
これはこの農耕犬族が、シンタシタ・アルカイム遺跡で見られ、日本の伊勢遺跡、大和姫巡幸、式年遷宮等で見られる
都市焼き払い神事を行っていたのではないかと考えてます。

838 :出土地不明:2010/07/27(火) 16:44:18 ID:KsjHtt+v
わぉ〜わぉ〜わぉ〜わぉ〜
>>830
日本の国教、伊勢神道は拝火教(インド・イラン)に関係ない!!
>>837
日本の国教、伊勢神道は拝火教(インド・イラン)に関係ある!!

どっちが正しいのかな〜(^-^)/

839 :LUNAMASK:2010/07/27(火) 16:49:55 ID:pVFIKhxs
>>837
稲作文化を持つというのを、稲作文化に奉仕すると読み変えて下さい。
別称サガスはおそらくイラン系サカ族でしょう。焼き払いは彝族でしょう。
クルドとバシキール族でエジプトに乗り込んだとするのがバシコルトスタン
考古学者の考え方ですが、バシキールが彝族であった可能性は大。

840 :LUNAMASK:2010/07/27(火) 16:53:18 ID:pVFIKhxs
>>838
日本神道の拝火的要素と拝火教は共に中央アジア遊牧民の原始宗教から
来ているというのが正しい。

841 :出土地不明:2010/07/27(火) 18:06:28 ID:KsjHtt+v
わぉ〜わぉ〜
>>839-840
なるほど理解いたしました〜(^-^)/

ところで
LUNAMASK:2010/03/27(土) 11:58:07 ID:+kWDQqSt
http://www.geocities.jp/siroztatsunosuke/_gl_images_/enkou-2.jpg
>国際情勢は邪馬台国と魏の銅鏡安全保障条約時代とすると、狗奴国としては
>呉と手を組むのは当然のこと。
>赤鳥元年 (238年)  内行花文鏡  山梨県三珠町鳥居塚出土
>赤鳥七年 (244年)  平縁神獣鏡  兵庫県宝塚市安倉古墳
>これらの地域を結ぶのが和邇・尾張/海部族じゃないでしょうか。

狗奴国を造ったの尾張/海部族が呉地域出身の南回り古代イ族だとすれば、後の呉との連携は合点がいくもの

吉備と出雲と狗奴国の共立関係が崩れたのはC3の崇神(イニエ)が政権を掌握してからで
初期の邪馬台国が大和纒向に太陽神殿を創った時代は吉備と同族の狗奴国とも対立してなかったんではないかな〜(^-^)/

842 :LUNAMASK:2010/07/27(火) 19:04:07 ID:pVFIKhxs
>>541
河内苗族と百済辺りならまだしも、狗奴国と呉の関係は・・・わかりません。

843 :出土地不明:2010/07/27(火) 20:39:48 ID:llfR2Anv
魏志倭人伝の記述が邪馬台国に近づくにつれて記述が乏しくなるのは、瀬戸内海を
通って畿内にやってきたからではなかろうか?九州北部に明るいのは実際に歩いて見聞きした土地だからで
山口・広島・岡山あたりは船の上から聞いた話しをそのまま記述しただけ。
船の上からではそれほど正確なことが分かるわけが無い。

844 :ドレミ ◆YeeMODUSQg :2010/07/27(火) 21:31:46 ID:ae0Ev1HC
>>799 (^0^;)/
辛亥革命の直前に松バン県で農民暴動をやっているので
この中に、現在の羌族やギャロン人がいると推定されています。

>>805
自分は、言語・服飾・食文化・住宅が関心の軸なのでよくわかりません。

>>811
綿陽市の羌族はもとは漢人です。北川県は民族自治県になっています。
あと理県・茂県・松パン県なども早めに改土帰流しているので、もと漢人です。
黒水県とかブン川県が、土司地区で「西番」となり古い時代にも民族識別がされていたことになります。
いまでも、このあたり土司の末裔は地元に住んでいると思います。
http://www.scmw.cn/ は土司の末裔とかの話題を取り扱うことがあります。

845 :出土地不明:2010/07/27(火) 22:53:33 ID:mh3KqFmb
「けつ状耳飾り」について、ちと参考までに。

『縄文時代の装飾品の1つに耳飾りがある。そしてこの耳飾りには使われた時期と形態から二つのタイプがある。
一つは縄文時代の前半期にみられる耳飾りで、扁平に磨いた石(骨角製や土製もある)の一カ所に切れ目を入
れて耳たぶに穴を開けはさみ込んで吊して飾るけつ状耳飾りとよばれる耳飾りである。
もう1つは縄文時代の後半期に流行するもので、耳たぶに穴を開けその穴に栓のようにはめ込んで着ける環状
の耳飾りで、耳栓ともよばれるものである。前者は早期末から前期(6000年から5000年前頃)に流行し、
後者は後期から晩期(4000年から3000年前項)にかけて普及しているのが一般的である。』
---「南九州に栄えた縄文文化」 新東晃一著 P65より一部抜粋

>一つは縄文時代の前半期にみられる耳飾りで、扁平に磨いた石(骨角製や土製もある)の一カ所に
>切れ目を入れて耳たぶに穴を開けはさみ込んで吊して飾る「けつ状耳飾り」とよばれる耳飾りである。
>早期末から前期(6000年から5000年前頃)に流行し、

けつ状耳飾は蛇紋岩や滑石などといった比較的柔らかな材質によって作られている。縄文時代の早期末に出現
し、前期に至り東日本地域を中心に盛行し,前期末から中期にかけて西日本地域にも広く認められるようになる。
---「縄文時代研究事典」 P69より一部抜粋

けつ状耳飾は縄文時代早期末から出土し始めます。そして前期に全国的に流行し、この時期の一般的な
装飾品として用いられるようになりますが、中期の初頭にはほぼその出土はなくなります
http://www.rekihaku.city.yokohama.jp/maibun/mb14/tame27.html より一部抜粋↑


846 :白馬青牛 ◆8mr41B7alChB :2010/07/27(火) 22:59:11 ID:QnxzR7yA
>>810
石刃と石刃鏃じゃの言葉遊びすなや。
http://www.geocities.jp/ikoh12/honnronn1/001honnronn_05_1microbrade.html
バイカル系の東日本と華北系の西日本。先紅山文化についても、
http://nippon.zaidan.info/seikabutsu/2000/00850/contents/012.htm
ここのページは読んだんかのう。誤魔化しよるんはあんたで。

847 :出土地不明:2010/07/27(火) 23:12:04 ID:a28MccVu
        , -、,- 、
         / `゚`ii´゚`∩  明日も書くけえのう
        ( _ ⊂⊃,,) /
        (     \
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
            :::::::::::::
            白馬さん・・・もう戻ってこないでください。
             , ── 
               /       ヽ                     , ── 、
            |        |                /       ヽ
            (\     /) ∩/)ヽ          |        |                  m
〜〜〜〜〜〜〜〜 ヽ、\へ/ノ/  /〜〜〜〜〜〜〜(ヽ      /、 m 〜〜〜〜〜  __∩   !
〜〜〜〜〜〜〜〜〜 l──l/\/〜/  ̄ ̄ ̄` \  / !\,へ/\) ノ 〜〜〜   /vv、  `ヽノ
             /  ̄ ̄ ヽ/   /            ヽ ∨_l二二l/ヽ/ 」\       /ヽ  |    i
           /ヽ|     |   i               | / |     | /  \  \   (⊃  ||)    |
         ⊂  /|  ─  |.   |              l/ヽ.|     |.      /\  \. |─┐ \__ !
          ///  |  ̄ ̄ ̄|   ヽ           /  /───ヽ  __o/ヽノ >   \ヽ、 _____|
              |___|  ◯ヽ         /◯/      \\_-´||)   / /⌒ヽ── ヽ
              |  | |  |   \ `━━━━━ /   ̄|. ̄| ̄| ̄   /   l 、/  /        |
             __|─| ヽ/\   |        |′   |   |  |  ∩  ̄/二二l  / \ /       |
            ( =|_|  ヽ/⌒ヽ  |      o    |   _|─||─| 三 | ̄ )   | /  /         |
             \_ )   | |─|   |    ┬   .|   (  |_||_|、  ̄ ̄Τ   |   /       |
                     ゙ー ′ (  ̄ ̄ )( ̄ ̄ )   \_ノ、_ノケ

◆次スレ
日本人どこから来たんだ?16
http://academy6.2ch.net/test/read.cgi/archeology/1280239449/

848 :出土地不明:2010/07/27(火) 23:19:37 ID:a28MccVu
あと25KB

849 :出土地不明:2010/07/27(火) 23:34:59 ID:Z2Dsd+FY
石刃と石刃鏃の違いが分からない馬牛

藤田氏の論文を拡大解釈する馬牛

こうも繰返して恥をさらすとは、天然なのか

なら仕方ないな

850 :白馬青牛 ◆8mr41B7alChB :2010/07/27(火) 23:42:15 ID:QnxzR7yA
>>816
敗戦の言い訳の撤退か。幸せ回路よのう。秀吉は負け戦を認識せんままに
死に、旧国軍は、国府軍の降伏勧告に応じたよ。
>>818
騎馬民族の定義は、遊牧民イコールじゃ無いんにのう。ほいから河内
じゃあ、牧場を作りよったのう。
>>828
日本に戦うだけの経済力も能力も無かったよ。
縄文人北方説は、日本の学界じゃあ、遺伝子を重んじる学者じゃあ
主流になっとるよ。
http://www.dai3gen.net/jinruigaku.htm
まあ、篠田謙一氏による縄文人特有のmtDNAも、縄文人は朝鮮人に近いし。
http://sapporo.cool.ne.jp/jpnam/sosen.html

851 :出土地不明:2010/07/28(水) 00:04:47 ID:9O7iLgNm
>>850
朝鮮は内乱と属国のみで
他国を侵略した事すら皆無なのだが
夢を見るのはいいが、たまには現実も見ろよ

852 :出土地不明:2010/07/28(水) 00:16:49 ID:qP+fpKPT
>>846
物分りの悪いおっさんだな。

>石刃と石刃鏃じゃの言葉遊びすなや。
>ttp://www.geocities.jp/ikoh12/honnronn1/001honnronn_05_1microbrade.html

理解もしてないのに引用されちゃ、相手さんに失礼だし迷惑が
かかるだろう。分からないなら意固地にならずに、そう言えばいいのに。
ホントに簡単に説明するぞ。石刃(石刃技法)は後期旧石器時代、
汎列島的に広がる。これは後期旧石器時代を特徴づける。縄文時代から
は基本的に押圧剥離。石刃鏃は、北海道の縄文時代早期。

http://nippon.zaidan.info/seikabutsu/2000/00850/contents/012.htm
>ここのページは読んだんかのう。誤魔化しよるんはあんたで。
誤魔化すも何も。>>810はちゃんと読んでくれたかな?
ここの文章の末尾は「〜起源地としての可能性を秘めている。」

そして↓
ttp://nippon.zaidan.info/seikabutsu/2000/00850/contents/012.htm
で年代の問題ほか、自説に批判のあることを述べて、近い将来の研究に期待
したいと言っている。専門の研究者が、文物を丁寧に挙げて考古学的な説明
をし、その起源については慎重な論の運びをしているのに対して、それを
拾い読みしただけの馬牛が、勝手に「先紅山文化がケツ状耳飾の起源地だ」と
断定しているのは、どういう理由だろう。

853 :白馬青牛 ◆8mr41B7alChB :2010/07/28(水) 01:29:10 ID:D/bo6lGF
>>852
石刃鏃自体、日本独自云う根拠が無いのう。
http://www.hi-ho.ne.jp/mizuno/isekivisit/urahoro.html
縄文教徒は、日本独自にしたいんじゃろう。(笑)
歴史や考古学にしても、証拠なんか無いけぇ、可能性が高いか低いかじゃ。
またも、縄文教徒は、南京事件の虐殺や慰安婦問題で証拠が無い云うとる
ネット右翼まがいの連中と同じ誤魔化し方をするのう。

854 :白馬青牛 ◆8mr41B7alChB :2010/07/28(水) 01:34:16 ID:D/bo6lGF
>>851
今度は御都合主義で朝鮮史観受け売りしよるが、
あんた朝鮮人に隷属する奴隷民になったんか?
新羅の海賊行為は侵略じゃのうて何なら?
現実を見よらん妄想お花畑は、朝鮮奴隷のあんたど。

855 :出土地不明:2010/07/28(水) 02:21:16 ID:Q6J+EbRO
>>768のこと、もう忘れちゃったのかな?

以下引用
>>766
「石刃」ではなく「石刃鏃」と書いてるでしょ、意味分かる?
ケツ状耳飾りの起源は不明。

>(石刃もケツ状耳飾りも)日本独自じゃ無いん
>じゃけど。日本独自を強調するもんは電波じゃのう。

ぽかーん. ( ゚д゚) (つд⊂)ゴシゴシ (;゚д゚) (つд⊂)ゴシゴシ

>>726では「大陸との関係を物語るような文物は、極めて少ないん
じゃ。例えば草創期の石器群や土器、石刃鏃、ケツジョウ耳飾、
曽畑式なんかは、そのようなもの(大陸との関係を物語るもの)
として一般にもよく知られているもんじゃ。」と書いておきました。

>石刃鏃自体、日本独自云う根拠が無いのう。
http://www.hi-ho.ne.jp/mizuno/isekivisit/urahoro.html
>縄文教徒は、日本独自にしたいんじゃろう。(笑)

まず、石刃鏃の意味を教えてあげたんだからお礼くらい言った方が
いいんじゃない?いままで石刃との違いが分からなかった人間がいきなり、
「石刃鏃自体、日本独自云う根拠が無いのう」と言い出して、話をずらす
ってのはみっともないね。それに、元々そういう話ではないってこと
覚えてる?もいっかい言ったほうがいいかな?「例えば、石刃鏃なんかは、
そのようなもの(大陸との関係を物語るもの) として一般にもよく知られ
ているもんじゃ」って書いておいたんだ。石刃鏃が「日本独自」って、いっ
たいどこから出てきたの?(笑)ってのは道化の自分を笑うって意味なんだ。

おっさん、あんた思い込みが激しいね。議論に勝つことに夢中になって
周りが見えてないから、そういうヘンテコなことを平気でできるんだわ。
自分のやってることをちゃんと見直してみた方がいいよ。自分でできな
きゃ誰かに見てもらうとかしてさ。

856 :出土地不明:2010/07/28(水) 08:28:21 ID:hV/QKhKO
なんだ、白馬鹿牛さんによる印象工作か。

857 :出土地不明:2010/07/28(水) 11:12:34 ID:nvj4NSfA
ひとつ言い忘れました。

韓国と中国以外の国でこの説を唱えると失笑されるでしょうが、「日本語扶余語系説」
というものが主張されています。
高句麗語と百済語と日本語は「扶余語系言語」であり、扶余語系言語は、朝鮮半島と日本列島に
広がっているという説です。
扶余語も、高句麗語も、百済語も、完全に死語であり、全容は不明ですし、現代日本語と朝鮮語
の距離は、とりわけ語彙の面では非常に遠いと感じます。
また、本土と琉球語の近さの問題もあり、日本では、この説は無視されているものと思います。
しかし、日本人が高句麗系民族とすれば、中国の「中華民族(56族)」の一つに組み込む事が
容易なのでしょう。(つ 東北工程、高句麗論争)

扶餘語系
http://zh.wikipedia.org/zh/%E6%89%B6%E9%A4%98%E8%AA%9E%E7%B3%BB

それから、時間があったら、専門家の方々に編集しなおして欲しいのは、この類ですね↓

日本
http://zh.wikipedia.org/zh/%E6%97%A5%E6%9C%AC
>日本語言受到鄰近的中國及朝鮮影響。(日本語は、近隣の中国や朝鮮の影響を受けている)

かつて漢語(古典中国語)の影響は多分に受けたとは思いますが、朝鮮語の影響が如何なるものか、
さっぱり解りませんね。
「地理的に近いので、たぶんそうに違いない」という思い込みは、刷り込みによって可能になります。
こういうのは危険ですし、場合によっては「日中韓道祖論」や「高句麗論争」とも連動してくるわけです。
政治の圧力に耐え、学問の中立を守れるか否かは、学者の良心にかかっているでしょう。

858 :出土地不明:2010/07/28(水) 15:08:13 ID:XEzItMcx
>>857
音読みとして漢語はかなり存在しているが。朝鮮語は語彙があまりにも違いすぎる。
日本による占領時代に日本語が朝鮮に導入されたにも関わらずだ。

859 :出土地不明:2010/07/28(水) 20:26:30 ID:CH9IhWkF
朝鮮が日本に文化を伝えたという宣伝をしているが、それなら古代文化用語で朝鮮語と共通するものがあるのか、と探しても何もないしな。

 半島から帰化人が大量に来たのならもっと日本語に朝鮮語と類似する単語があるはずなのだ。

 実際は文書輸入によるシナ語と仏教用語の梵語しか見当たらない。


860 :出土地不明:2010/07/28(水) 20:31:24 ID:CH9IhWkF
 さらに日本と朝鮮は地理的に近いにもかかわらず、近代以前には相互に外来語として取り入れた単語が極端に少ない。

 これは日朝関係は1000年にわたって断絶状態だった、といえるほど相互関係が薄かったということだ。

 西欧のポルトガル、オランダでさえ日本語に大量の外来語を残したが、朝鮮語の少なさは注目に値するほどだ。


861 :出土地不明:2010/07/28(水) 21:52:41 ID:9O7iLgNm
モンゴル、中国、日本に挟まれて
全ての文化は朝鮮起源!とアバレてるのが朝鮮人
脳にお花が咲いていますw

862 :白馬青牛 ◆8mr41B7alChB :2010/07/28(水) 22:42:40 ID:D/bo6lGF
>>855
あんたの無知の言い訳を羅列しても意味がないど。
>>857
韓国人や中国人だけじゃのうて、米国人に云うても笑わられんよ。
実際上代日本語で高句麗語以上に近い言語は無いよ。
ネット右翼の脳内は毎度お花畑じゃのう。(笑)
>>858-859及び>>860
近代以前に日本人が朝鮮を統治したことなんか無いし、日本語の影響が
強いわけあるまあ。あんたら朝鮮語以上に日本語に似た言語が
あるんなら提示したらどうか?(笑)ホルルトガル語やオランダ語より
外来語が少ない云うんも、また嫌韓サイトの受け売りか?(笑)
>>861
脳にお花畑が咲いとるんは、嫌韓ネット右翼の方じゃのう。(笑)

863 :出土地不明:2010/07/28(水) 22:48:01 ID:XEzItMcx
キムチとかそんなのしか・・・と思ったけど韓国では「キムチ」とは言わないんだったな。
むしろ日本統治時代に大量の日本語を朝鮮が受け入れて今も使っているぐらい。
日本人が西洋の概念を漢語に置き換えてそれを朝鮮が手したんだがね。
>>860
統一新羅の時なんて300年断絶で、元寇で関係悪化で高麗とも断絶。
秀吉の朝鮮出兵でまた断絶。

864 :出土地不明:2010/07/28(水) 23:22:25 ID:OmibdzuA
>あんたの無知の言い訳を羅列しても意味がないど。

最低のクズだな。これこそ印象工作。このスレッドのレスを逐一
読んでいけば、だれにでも分かってしまうような嘘を平気で
吐いて、恥ずかしくないの?

>>846で「石刃と石刃鏃じゃの言葉遊びすなや。」などと繰り返し恥の
上塗りをしてた人間の言葉とも思えない。自分の無知も認められず、
議論を優性に持って行くことに夢中で、そのためには手段も選ばない。
相当「ケンカ」が好きらしい。

このスレ早く落ちるといいね。自分の情けない行状見続けるのも、いい
かげん恥ずかしいだろうし。おれ、あんたのような馬鹿相手にレスする
のもこのスレまでにするわ。いろいろと時間のムダだったな。

865 :白馬青牛 ◆8mr41B7alChB :2010/07/29(木) 01:27:02 ID:KvSvk7wO
>>863
それが、嫌韓サイトのお笑い歴史観か?
>>864
嘘吐きはネット右翼の毎度のパターンじゃけぇ、わしが指摘して
やりよるんで。わしゃあ、石刃(鏃)文化が、外来じゃ云うて
最初から指摘してやりよんを逆切れ火病起こしゃあがって。
おどれがつまらんのをわしに転嫁すな。

866 :出土地不明:2010/07/29(木) 02:17:42 ID:AUGDf/Aw
白馬青牛の思考回路の一例(長文ごめんなさい)

発端は>>712氏の言及を受けた私の発言(>>726

「大陸との関係を物語るような文物は、極めて少ないんじゃ。
例えば草創期の石器群や土器、石刃鏃、ケツジョウ耳飾、
曽畑式なんかは、そのようなもの(大陸との関係を物語るもの)
として一般にもよく知られているもんじゃ。」

つまり「石刃鏃は大陸と関係ある」と書いた。

一方、白馬青牛は>>726・727に対して
>>766で次のように得意げに語りはじめる。

「石刃もバイカル・シベリアの起源で日本独自じゃ無いん
じゃけど。日本独自を強調するもんは電波じゃのう。」

>>726・727をどのように理解したのだのだろう?
@石刃と石刃鏃の違いを理解していない。
A>>726では石刃鏃(石刃については>>726は言及
していない)を「日本独自」だとは言っていない。


867 :出土地不明:2010/07/29(木) 02:20:32 ID:AUGDf/Aw
ぽかーん. ( ゚д゚) (つд⊂)ゴシゴシ (;゚д゚) (つд⊂)ゴシゴシ

カワイソウそうなので>>768で丁寧に指摘すると、>>807(白馬)で
http://nippon.zaidan.info/seikabutsu/2000/00850/contents/010.htm
>石刃は、東北日本ではバイカル起源、西南日本は華北起源。
というように、相変わらず石刃鏃と石刃の違いが分からず、いつものように
他人のサイトを漁って、リンクをペタリ。

>>810で、>>807(白馬)をうけてまた優しく教えてあげる
「┐(´-`)┌。くどいなぁ。分からないなら無理に口を出さな
ければいいと思うよ。 「石刃」ではなく「石刃鏃」ですよ。」

それを受けて>>846(白馬)
>石刃と石刃鏃じゃの言葉遊びすなや。
http://www.geocities.jp/ikoh12/honnronn1/001honnronn_05_1microbrade.html

言葉遊び?またも他人のサイトを貼り付けて事大主義を見せ付けるも、石刃と
石刃鏃の違いは相変わらず分からない

埒が明かないので、石刃と石刃鏃の違いを教えることにする>>852


868 :出土地不明:2010/07/29(木) 02:26:18 ID:AUGDf/Aw
餌を与えてみたところ>>853(白馬)
>石刃鏃自体、日本独自云う根拠が無いのう。
http://www.hi-ho.ne.jp/mizuno/isekivisit/urahoro.html

石刃鏃をようやく理解した白馬、意気揚々と、はじめに私が>>726
述べたことを蒸し返す(話が振り出しに戻る・・・やれやれ)。

さらに

>縄文教徒は、日本独自にしたいんじゃろう。(笑)
>歴史や考古学にしても、証拠なんか無いけぇ、可能性が高いか低いかじゃ。
>またも、縄文教徒は、南京事件の虐殺や慰安婦問題で証拠が無い云うとる
>ネット右翼まがいの連中と同じ誤魔化し方をするのう。

得意のレッテル張りと妄想・罵詈雑言。また「証拠」を否定してみたり。
はいはい、そうでちゅね。だから、最初から・・・石刃じゃなくてだな

>>855でこれまでの経緯をまとめ反省を促してみることにする。

すると>>862(白馬)で「あんたの無知の言い訳を羅列しても意味がないど。」
という、これまでの経緯を反故にして、逆転させるような発言を繰り出す。

また、こうした悪辣な姿勢に>>864で猛省を促すと

>>865(白馬)
>嘘吐きはネット右翼の毎度のパターンじゃけぇ、わしが指摘して
>やりよるんで。わしゃあ、石刃(鏃)文化が、外来じゃ云うて
>最初から指摘してやりよんを逆切れ火病起こしゃあがって。
>おどれがつまらんのをわしに転嫁すな。

上の文章って、まるで白馬馬牛そのもののようじゃないかと思い、
呆れながら筆を置くことにする。

汗と涙と涎と、あと何だか分けのわかんない汁拭けよ、おっさん。

869 :出土地不明:2010/07/29(木) 05:45:21 ID:ncStfkAC
白馬:「韓国人や中国人だけじゃのうて、米国人に云うても笑わられんよ。」

ぷ!何この事大主義。英会話教師くらいなら、韓民族ナショナリズに
引っかけられて、日本語の祖先は高句麗語なんて言う馬鹿もタマに居るけど
まともに 日本語または朝鮮語を勉強したアメリカ人なら、日本語と
朝鮮語には基本語に共通性がなく、高句麗語と言われている数詞も、
その場所には、かつて倭人が居住していた可能性を排除できない、
倭人が数詞を冠した地名を残した可能性が有る事くらい知っていますよ。
後漢書によれば、朝鮮半島だけでなく、中国東北にあった鳥候秦水なる
川の畔にも1,000戸の倭人集落が有った。アレは倭人じゃないニダ、
韓人のことニダって言いたいなら、どぞ。

870 :ドレミ ◆YeeMODUSQg :2010/07/29(木) 07:32:49 ID:kZ6PGDOa
>>862
>上代日本語で高句麗語以上に近い言語は無いよ。
高句麗語の古文書が無いに等しいので、わからない=建議中という表示しかしちゃならないのです。
私は、白馬氏の説に対して「トンデモ」認定いたします。
Wikiの記事にも「建議中」の表示があるので、「日本語扶余語系説」は各論併記の一つです。
決して、特定の論が優勢ということはありません。

高句麗語を復元したければ、ウイグル族南疆人の隠語であるエイヌ語聞き取り調査みたいな
アプローチが必要ですが、北朝鮮の国語教育に辺境言語・少数民族言語を考慮する政策があるのか
日本からは全然見えないので、何か成果物があるとは思えません。
もう、とてもアマチュアリズムで対応できるレベルではないと思っていいでしょう。

>あんたら朝鮮語以上に日本語に似た言語があるんなら提示したらどうか?(笑)
おそらく、女真・女直時代の満州語が日本語に一番近いと思います。
閉音節がとても少ないのと、昔は送気音/不送気音の区別ではなく清音/濁音であったからです。
満州語と高句麗語は、同系統とは確認できていないので、現段階で高句麗語は系統不明のまま保留でいいでしょう。

女真・女直時代の清音/濁音での発音の満語を復元したものが、56.comにあると思います。
錫伯語のもありますが、カザフ語からの借用語が多くて、閉音節が多いためおそらくチュルク語系に聞こえますよ。

871 :出土地不明:2010/07/29(木) 07:47:51 ID:3Q8WXD0i
>>865
ファビョッ

872 :ドレミ ◆YeeMODUSQg :2010/07/29(木) 07:56:19 ID:kZ6PGDOa
あと、もう一つ。後だしじゃんけんみたいで悪いのですが、こっちもミャオ・ヤオやシナ・チベットと違い
あんまり関心がなかったため、少し調べて考える時間が必要だったので、不意打ちしますのでよろしく。

ウズベク人の中にはタジク語の語彙を多用する集団があります。
ブハラはチュルク系とイラン系の両方がいた場所です。
鄭和の六世代前の先祖は、ブハラから雲南の昆明へやってきたとされています。
タジク語の語彙を使う集団の存在は、ウズベク人のなかに、タジク語話者がいた証拠とされているだけで
ウズベク人全体が、イラン系のタジクを出自とするものではないと考えられます。

白馬氏の表現だと、これをあたかもウズベク人全体がイラン系であるかのように誤解するような
変な表現になっていることがあります。

873 :ドレミ ◆YeeMODUSQg :2010/07/29(木) 07:59:25 ID:kZ6PGDOa
>>872は、>>139に対する遅レスになります。

874 :出土地不明:2010/07/29(木) 09:56:50 ID:ncStfkAC
>>870
「おそらく、女真・女直時代の満州語が日本語に一番近いと思います。」

わ!女慎って扶餘よりも後の時代に黒龍江から南下した Y−C3c でしょ。
て事は扶餘よりもずっと北に居たのよね。扶餘、百済の上層部、女慎、
粛慎、ぜ〜んぶ日本へ来たとして合計しても現代日本人の Y遺伝子の中に、
Y−C3c は、わずか 1,9% しか居ない。しかも Y-C3c は, ほぼ北九州限定で、
近畿や東海ではコンマ以下。これが日本列島で国語を起源した?それって
白馬の騎馬民族征服説より奇怪な説なり。Y-C3c の御真影を追うと、
晋書によれば扶餘の北1,000里の果ての深山幽谷におわす豚飼い穴居人。
古名は粛慎、後のユーロー。姿形は扶餘に似て言語には違いがある。
どさくさに紛れて新羅海賊に転進したか。日本文献ではスサノオに
退治されたヤマタノオロチ、史実では大和朝廷に撃退された新羅海賊。
これが中国東北時代には、豚飼い狩猟民族穴居人。穴が深ければ深い程
ハイステイタス、有力者は9段のハシゴを昇り降りして穴から出入り。
冬は豚の油を体中に塗り重ねて凍傷を防ぐ、顔を洗う時は溺れる人の
仕草の様に両腕をメチャメチャ振り動かす、居住穴の中央に小穴を掘り
そこを便所にして周辺で寝る。どうも小便で顔も洗ってたみたい。
まるで戦前のXX半島人みたいね。あの Y-C3c 人の言語と豚飼い狩猟文化が、
大和キングダムを築き、言語を規定したとしたら、日本は白馬の騎馬民族ではなく、
満州・豚殺しの親方にでも征服されたか。畏れ多くも、もったいない話なり。

875 :出土地不明:2010/07/29(木) 10:23:39 ID:AtbQG2mh
>あんたら朝鮮語以上に日本語に似た言語があるんなら提示したらどうか?(笑)

・・・大野晋がタミル語、安本美典がビルマ語、小沢重男がモンゴル語などを提示しているがな。

 その他、素人の個人的感想だがトルコ語が一番近いと思う。

 朝鮮語に似ている点があっても半島倭人がいた影響であって列島>半島という経路で倭人語が伝わった可能性の方が大きい。


876 :出土地不明:2010/07/29(木) 10:27:29 ID:AtbQG2mh
>あんたら朝鮮語以上に日本語に似た言語があるんなら提示したらどうか?(笑)

・・・朝鮮語で日本語ににているのは「が」と「か?」だけだろう。


877 :出土地不明:2010/07/29(木) 11:10:38 ID:ncStfkAC
>>876
「が」と「か」だって半島倭人の置き土産かも知れないし、
近代に朝鮮人が日本語表現を模してハングル漢字混じりの新国語表現を
始めた併合時代の残影かも知れないし。

878 :出土地不明:2010/07/29(木) 13:25:19 ID:NEnRnMvK
高句麗語≠朝鮮語

  古代日本語 高句麗語 新羅語 高麗語 中期朝鮮語 現代朝鮮語

1   Φi1to2    −−  hっtっn hっtっn   hΛnah    hana
                 (一等)  (河屯)
2   Φuta    −−  tu¨pっ¨l tuβっr   tulh      tu:l
                 (二尸)  (途孛)
3    mi1     mil    siet    sei     s∂ih     se:s
            (密)    (悉)   (洒)
4    'jo2     −−   −−   nei     n∂ih     ne:s
                       (廼)
5    'itu     'utsu   −−   ta∫us   tasΛs    tasっs
           (于次)        (打戍)
6    mu    −−   −−  'jul∫us  'jっsΛs    'jっsっs
                       (逸戍)
7   nana    nanun  −−  'ilkup    nilgub    'ilgob
            (難隠)        (一急)
8    'ja     −−   −−  'jultap   'jっdщlp    'jっdっl
                       (逸答)
9  ko2ko2no2  −−   −−  'ahop    'ahob     'ahob
                       (鴉好)
10   to2'wo    t∂k   −−   'jっl     'jっlh     'jっ:l
            (徳)         (噎)

※古代日本語の[i1]はイ列甲類、[o2]はオ列乙類。[っ]は母音[?]の代用。
 高句麗語の数詞「5」については村山説を挙げたが、李基文や板橋義三は
 再構語形を[uc]としている。

879 :出土地不明:2010/07/29(木) 14:24:35 ID:ncStfkAC
>>878
甲類だの乙類だの分からん。
古代日本語は中国語ほどじゃないけど、甲類、乙類の2音がある tone 言語だったと
言う事でしょうか?

880 :ドレミ ◆YeeMODUSQg :2010/07/29(木) 21:03:59 ID:kZ6PGDOa
>>874
自分は、「粛慎民族征服説」なんて主張してませせんよ。
満語(満州語)と日本語は、同じ系統に分類されていません。
古満語は、日本語に文法と音韻で近いという結果を出しますが
語彙に関しては、漢語や梵語由来の部分の除外してしまうと相関関係が低いです。

881 :出土地不明:2010/07/29(木) 21:31:51 ID:NEnRnMvK
888 出土地不明 [] 2010/06/24(木) 01:14:43 ID:+dw1xdNx Be:
高句麗の神話は華南のものと通じると三品彰英氏が指摘しているね。

魏志東夷伝によれば、3世紀に満洲から半島にかけて、6種族いたとあり
「夫余、高句麗、沃沮、穢」の4種族は似た言葉を話していたが、
「邑婁」はそれらと異なる言語だったとあり、
「辰韓、弁韓」は中国語の一種を話していたとある。

「邑婁」はツングース(後の女真族やオロチョン族)なので、
「夫余、高句麗、沃沮、穢」の言語はツングース語ではないことになる。

501 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)