2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

マルクス経済学・マルクス主義14

1 :くろしろー:2007/05/20(日) 19:44:50 ID:3VioJHvy
たつかなたつかな

2 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/20(日) 19:46:45 ID:3VioJHvy
たったー第がぬけてるがw

http://academy6.2ch.net/test/read.cgi/economics/1175881887/
前スレ

3 :Jimmy:2007/05/20(日) 19:47:14 ID:RB+3ihZz
メンキチィ〜〜

4 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/20(日) 19:53:52 ID:e42x16YX
ジミーが来ませんように!

5 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/20(日) 19:56:03 ID:3VioJHvy
http://d.hatena.ne.jp/kurosiro1/
くろしろー先生の異次元経済ジャーナル。
お金を持ちすぎて異次元に逝ってしまった人々のブログなのだ。

6 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/20(日) 20:05:49 ID:crxrbcby
広瀬を読むと自分たちが、アメリカの巨大財閥の手のひらで踊っているのがよくわかりいやになる。
しかし、彼の文章もっと面白くかけないのかと嫌気がさす。でも書いている
内容は非常に濃い。

7 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/20(日) 20:28:06 ID:D0tVdZEL
たったったー、塾長!


8 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/20(日) 20:49:58 ID:uXLeFe7N
めんきちいってどういう意味?

9 :Jimmy:2007/05/20(日) 21:15:16 ID:RB+3ihZz
>>8
メンヘラ基地外ですがナニか?

10 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/20(日) 22:59:08 ID:L7gmT2st
>>9
メンヘラってなに?


11 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/20(日) 23:06:25 ID:uXLeFe7N
>>9
ああそういう意味かなるほど ありがと

12 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/21(月) 01:17:36 ID:SRo7MzzU
塾長、こんな書き込みありますた↓
480 :名無しさん@七周年:2007/05/21(月) 00:55:37 ID:R/9un6ycO
共産党員www
左翼www

18:名無しさん@3周年 :2007/05/18(金) 21:34:56 ID:wPkAykIm [sage]
本当はセコウ工作員なんかいるかどうか分からないけど、いいんだ
政府を批判してると、ペニスが勃起してくるから、それで幸せ
もう、政権なんて夢の夢だし、冷戦が終わって左翼思想は滅びるのを待つだけ
残る人生、楽しみはオナニーだけ
今日もオナニーいくぜwwwwwwwwwwwwwwwwwwww!





13 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/21(月) 01:26:24 ID:SRo7MzzU
>>6
財閥って普通の会社とどう違うんでつか?
塾長の定義を一つご披露くださいでつ、、

14 :くろしろー ◆lKW0OnevWc :2007/05/21(月) 06:37:41 ID:+iaBJfAN
ぼくもよーわからんのでwikiで調べてみました。
どーんとでかいビルがあって受付嬢がやたらかわいいイメージですね。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%B2%A1%E9%96%A5

15 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/21(月) 08:14:45 ID:SRo7MzzU
ニセ塾長でつか?↑

16 :くろしろー◇IKW0OnevWc:2007/05/21(月) 18:42:44 ID:WvgjqzJW
ほんものでつお

17 :Jimmy:2007/05/21(月) 19:05:34 ID:e7a+T53G
め ん き ち ぃ〜 〜

18 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/21(月) 19:35:27 ID:SRo7MzzU
どーでもいいですよー

19 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/21(月) 19:39:33 ID:WvgjqzJW
ちょっとそこのジミー、おまえだ、おまえ、

20 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/21(月) 19:41:31 ID:WvgjqzJW
めんきちーってなんだ

21 :Jimmy:2007/05/21(月) 22:52:57 ID:H/wr21mc
>>20
だからどうしたメンキチ?

22 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/21(月) 22:53:47 ID:eQmUcg5B
ちんぽ

23 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/21(月) 23:30:13 ID:ZFZOJuNf
ロスチャイルドにさらわれたんじゃないかwwww

24 :Jimmy:2007/05/22(火) 07:41:15 ID:pla3LgWo
め ん き ち ぃ〜

25 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/22(火) 10:41:07 ID:tZ5Ed3/B
だからめんきちーってなに?

26 :Jimmy:2007/05/22(火) 12:18:33 ID:pla3LgWo
め ん 吉ィ 〜

27 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/22(火) 12:56:24 ID:tZ5Ed3/B
めん吉ィ〜ってなに?

28 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/22(火) 15:01:15 ID:wFx7NliN
何か書いておー、塾長、、

29 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/22(火) 15:02:45 ID:tZ5Ed3/B
塾長って誰?

30 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/22(火) 15:51:28 ID:wFx7NliN
(くろしろー)塾長を知らないの?
>>5だよ

31 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/22(火) 15:52:37 ID:wFx7NliN
>>30
ちょっと逝っちゃってるかもしれないでつが、、

32 :Jimmy:2007/05/22(火) 17:22:27 ID:pla3LgWo
カ ト 吉ィイ 〜 〜

33 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/22(火) 17:37:14 ID:tZ5Ed3/B
カト吉ってなに?

34 :Jimmy:2007/05/22(火) 18:11:15 ID:pla3LgWo
免 減ル 吉 外 〜 〜

35 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/22(火) 18:47:55 ID:wFx7NliN
台風発生したから、コロッケ祭でつ
塾長のつむじは左巻きだお

36 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/22(火) 19:20:25 ID:0eJBy48J
免減ル吉外〜〜ってなに?

37 :Jimmy:2007/05/22(火) 19:33:28 ID:pla3LgWo
メ ン キ チ ィ イ 〜 〜

38 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/22(火) 19:43:24 ID:0eJBy48J
>>37
バカは何回でも書く。はずかしいねー

39 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/22(火) 19:57:00 ID:wFx7NliN
もしや偽ジミー先生?

40 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/22(火) 22:18:34 ID:KtPCW0Ti
ちがう

41 :Jimmy:2007/05/22(火) 22:41:28 ID:pla3LgWo
う ん こ ば え ぇ ぇ 〜 〜

42 :Jimmy:2007/05/23(水) 00:49:14 ID:5UJYqvwP
チ ン シ ュ ュ 〜 〜

43 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/23(水) 08:19:39 ID:Se5E/suc
うんこばえ、チンシュってなんですか?

44 :Jimmy:2007/05/23(水) 09:09:10 ID:5UJYqvwP

う ん こ ば か ぁ あ 〜 〜

45 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/23(水) 10:27:27 ID:UocfjbN2
うんこばかぁあ~〜ってなですか?

46 :Jimmy:2007/05/23(水) 11:29:46 ID:5UJYqvwP
↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑

47 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/23(水) 15:21:34 ID:+ym1Chm8
はぁー、○経も終わったな。末期症状すぎる。
うんこって、おまwwwww

48 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/23(水) 16:46:26 ID:RHPDv9xg
塾長、どうぞこの○スレをお救いくださいませー

49 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/23(水) 18:38:56 ID:oBpSCNtr
↑↑↑↑↑↑↑↑↑ってなんですか?

50 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/23(水) 20:45:14 ID:RHPDv9xg
朝日には、諮問会議と規制改革会議の考えの相違が指摘されてますた
TFPとの関係もあるが、イノベーション・労働生産性の問題がどっかりと、、

【4:979】 【経済】労働者の権利強化はかえって不利益 内閣府の規制改革会議が提言★2
beチェック
1 :春デブリφ ★:2007/05/22(火) 11:46:22 ID:???0
 内閣府の規制改革会議は21日、労働者保護色が強い現行法制によって
企業が正規雇用を手控えるなど労働市場をゆがめているなどとする提言を
公表した。今後3年間かけて厚生労働省などと協議のうえ、労働法制の
見直しを進める。

 提言では、(1)厳格な解雇規制の結果、企業が正規雇用を敬遠してしまう
(2)最低賃金を安易に引き上げると生産性の低い労働者の解雇につながる−
といった問題点を指摘し、「労働者の権利を強めれば、その労働者の保護が
図られるという考え方は誤っている」としている。

■ソース(産経新聞)
http://www.sankei.co.jp/keizai/kseisaku/070521/ksk070521001.htm
■前スレ(1の立った日時 05/22(火) 03:02)
http://news22.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1179770526/


51 :Jimmy:2007/05/23(水) 22:50:48 ID:2SZq/Rai
↑↑↑↑↑↑↑↑↑ってウンコなんですか?


52 :くろしろー ◆lKW0OnevWc :2007/05/23(水) 23:03:07 ID:enVBc1l/
和派は安心しろシロクロー、面基地カップラーメンをくtってしまう前にジミーは昇天するわい。

53 :Jimmy:2007/05/23(水) 23:30:57 ID:5UJYqvwP
面基地カップラーメンてなんでつか?

54 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/24(木) 08:33:21 ID:ibllUaiy
>>53
ジミーって人を中傷する人なんですね。

55 :Jimmy:2007/05/24(木) 13:53:35 ID:DrVNv1tp
面基地カップラーメンって人なんでつか?

56 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/24(木) 14:32:16 ID:ibllUaiy
>>55
しつこいじじいだな

57 :Jimmy:2007/05/24(木) 15:05:43 ID:DrVNv1tp
め ん き ち ぃ〜〜〜〜

58 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/24(木) 15:11:42 ID:5+Sl+3MN
たっ、大変、ジミー先生が暑さで参っちゃったおー

59 :Jimmy:2007/05/24(木) 15:36:27 ID:DrVNv1tp
暑さで参ったおー。
冷ソウメ〜〜ン きち

60 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/24(木) 16:07:12 ID:5+Sl+3MN
和製「スパゲティボール」を冷やしてドゾー
http://www.rieti.go.jp/jp/columns/a01_0193.html

61 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/24(木) 17:32:19 ID:NyvIecZZ
>>59
ナニが暑さでまいっただ。冷ソウメ〜〜ンきちだとよ。もっとあおるともっとやるぞ。
いじるとおもしれー。

62 :Jimmy:2007/05/24(木) 18:23:06 ID:DrVNv1tp

雲 古 蝿 〜 〜 〜

63 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/24(木) 18:42:27 ID:/C2mKDFm
こんどは雲古蝿だってよ。どれくらいやるか観察するか。

64 :Jimmy:2007/05/24(木) 19:04:09 ID:DrVNv1tp

奸 殺 罵 迦 〜 〜 〜

65 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/24(木) 19:12:29 ID:uetGSmpf

ちんぽおやじ

66 :Jimmy:2007/05/24(木) 19:31:39 ID:DrVNv1tp

テ ィ ム ポ ク ソ オ ヤ ジ デツカ?

67 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/24(木) 19:46:14 ID:uetGSmpf

まんこおやじ

68 :Jimmy:2007/05/24(木) 22:31:08 ID:HFkzrlGQ
草井緒雌古ヶ?

69 :Jimmy:2007/05/25(金) 00:46:25 ID:ZmOSV3X0
麺 吉 イ 〜 イ 〜 イ 〜 イ 〜 ツ (-_-;

70 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/25(金) 05:27:18 ID:qBJb9Z8S
塾長がジミー先生を昇天させてくださいますように、ハァハァ

71 :Jimmy:2007/05/25(金) 08:43:13 ID:ZmOSV3X0
最終解決による地上の「浄化」
なんと力強くも美しい響の言葉か!

め ん き ち ぃ 〜〜〜\(^-^)/

72 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/25(金) 12:47:04 ID:c6hRmgFM
しかしマルクス経済学を語らないマルクススレっていいんだろか?

73 :Jimmy:2007/05/25(金) 18:23:13 ID:ZmOSV3X0
め ん ち き ぃ 〜 〜 〜\(^-^)/

74 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/25(金) 18:47:00 ID:qBJb9Z8S
>>72
まったく同感
いやはや、凄いスレになってきたでつ


75 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/25(金) 18:49:33 ID:qBJb9Z8S
【皇室】 両陛下、エストニアに到着…初の旧ソ連邦訪問
1 : ◆rotiEKAY.k @ろちかφ ★:2007/05/24(木) 23:24:50 ID:???0 ?2BP(461)
【タリン=井上茂男】天皇、皇后両陛下は24日正午(日本時間24日午後6時)前、
スウェーデンからバルト3国最初の訪問国エストニアの首都タリンに到着された。
(略)
エストニアの人たちは歌うことで独立を唱え、91年8月の独立回復は「歌う革命」と
呼ばれている。(略)
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20070524ic22.htm


76 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/25(金) 19:09:09 ID:JwcIP/Ws
本題に戻って先日からくろしろー氏が、ロスチャイルドのことを言ってるが
ロスチャイルドが財閥になった過程、○系でいうところの「いわゆる本源的
蓄積過程」はナニで儲けたんだろ?あるていどは知ってるが詳しく知ってる
人、おしえてちょ

77 :Jimmy:2007/05/25(金) 22:05:33 ID:xKbh6t3r

ニヤニヤ

78 :くろしろー ◆lKW0OnevWc :2007/05/26(土) 02:11:25 ID:Rl3ME3Em
>>76
おれはどうやらアメリカでもロスチャイルドは独自に発展した節があるので、(赤い盾文庫本一巻に出てくる
アスターとかと出てくるやつ)果たしてロスチャイルドの始まりは何なのか不明だが、伝説どおりに取れば
始祖マイヤー・アムシェル・ロスチャイルドが領主と古銭の買収で信任を得て、資産の運用を任されたことだろうな。

あとマルクスも好きな仕事して、エンゲルスから援助をもらい、浪費して子供を死なせ、1億人ものちにしぬことに
なるとは結構な人生だよなあ。

79 :くろしろー ◆lKW0OnevWc :2007/05/26(土) 02:17:34 ID:Rl3ME3Em
ジミーはどうやらナチに取り入れられたわけだが、ここで運子としかかけない自分がまず先に浄化
されろって。マルクス文献も読み始めました。今読んでいるのはエンゲルスの空想から科学へです。
ネットのレットモールで検索すると図書室とかで見れるよ。

80 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/26(土) 03:01:14 ID:B9XO7jmc
世界中の人的ネットワークと早馬・電信を使って、相場のゆがみをいち早く発見してたんじゃまいかー



81 :くろしろー ◆lKW0OnevWc :2007/05/26(土) 04:37:33 ID:Rl3ME3Em
やっぱり不快であるわけだな。週に5日他人のための使用価値となり、週2日だけ自由。
なぜそこまで社会をいとまなきゃならないのかと。そこが資本主義社会の欠点だろう。

82 :くろしろー ◆lKW0OnevWc :2007/05/26(土) 06:49:19 ID:Rl3ME3Em
さて、空想から科学へ」を読んだが、むしろ空想から無想へというべきだろう。
資本主義的生産様式が駄目であることは10年おきの恐慌ということであるが
現在では景気として感じられるのみである。資本主義が何かを捕まえたのだ。
それはやはり政府の介入が大きい。ここに解放する政府の可能性も見えてくる。
そもそもこのパンフでは空想から科学では計画された国家的な生産がほのめかされるが、
それがなぜ、どのように行われるのかはかかれていない。
人間にとってどう解放的であるのか示されてはいない。
また国家による計画では民法・商法的発展をあるはずだがそれも示されていない。
その意味で空想すらない「空想から科学」の実態である。無想なのだ。
また国家の死というレーニンの「国家と革命」にしろ抑圧的支配道具
としての国家が描かれるが、生産の手段である国家とがどう別れるのか果たして消えていくのか分析されていない。
科学どころか空想すらないというのが感想だ。こんなものが共産主義1億人の犠牲の本になるとは、
もちろん共産主義には収容所や粛清民族移動などによる死も多いが餓死が非常に多い。
革命だけをあおり何も考えない思考停止を許してはならないというのが歴史の答えだろう。


83 :くろしろー ◆lKW0OnevWc :2007/05/26(土) 07:01:17 ID:Rl3ME3Em
>>81>>82の差をよく考えるべきだろう。
わたしは共産主義をやることに何も反対はしない。
犠牲者が1億人出てもだ。
なぜなら試されてない可能性がある
生産方式を工夫し小集団で実験をくりかえし
科学として労働を改善していく科学的方法が試されていないからであり、
現代社会ではいまだ行われていないからである。

84 :くろしろー ◆lKW0OnevWc :2007/05/26(土) 07:16:33 ID:Rl3ME3Em
また階級対立が全ての歴史であるという甘い考えを取り去るべきだろう。
古代から現代まで支配と被支配の歴史は変わっていない。どんなに民主的になっても程度の問題であり、
支配から人間は逃げられない。しかし労苦を減らす科学的研究は行われうるのでなかろうか。大規模に
無計画に、無謀にやるのが歴史上の共産主義であった。小さなことからこつこつと労苦改善の労働研究
を繰り返すことが最後には世界を覆すのではないだろうか。

85 :くろしろー ◆lKW0OnevWc :2007/05/26(土) 07:34:01 ID:Rl3ME3Em
労働ではないが珍種王として、風俗の遊び方について考えてみた。
基本的にひとつ「お気に」を作ることである。同じ相手とやることでより現実的擬似恋愛度が高まり
効用を得やすくなる。またヘルス顔見世では絶対に指名を忘れてはならない。

86 :Jimmy:2007/05/26(土) 09:07:49 ID:9tAggU2M
>>81
>週に5日他人のための使用価値となり、週2日だけ自由。
お互い様だろ。分業社会の原則。別に資本主義に限ったことではない。
こちとらその上に税金払って、メンヘラ放し飼いにしている。ああ不快だ。
ワタスはこれでナチになりマスタWW

87 :くろしろー ◆lKW0OnevWc :2007/05/26(土) 09:15:02 ID:Rl3ME3Em
>>86
おたがい様とは思えんな。不快なものは不快だ。分業社会が嫌いだから、わたしはそこに改善する
価値があると思うのだよ。そういう労働実験をこつこつやることが科学の精神ではないかね。

88 :Jimmy:2007/05/26(土) 09:27:55 ID:9tAggU2M
>>87
ではさっさとその科学の精神を実践されたら如何?
「分限免職」すれすれの寄生虫がよく言うわ。

山にでも籠もって、仙人生活でもしてくれたら、「俗界」はどれだけ「浄化」
されることか。

89 :(・゜ω゜・) ☆まじめこて☆ ◆rgujENbs.s :2007/05/26(土) 09:32:25 ID:wXpvM+L0
>>87
科学の「か」の字も理解していないガキがなんかホザいちゃってますな。

テメー様の「好き嫌い」ほど「科学の精神」からほど遠いものはない。
そして分業が嫌ならさっさと山に籠もって仙人生活してろ。


何が「科学」だよw
虫の脳ミソには百万年はえーから。
せめてサメ並になってから口を開け。

目障り。

90 :(・゜ω゜・) ☆まじめこて☆ ◆rgujENbs.s :2007/05/26(土) 10:47:37 ID:wXpvM+L0
       ____
     /      \
   /  _ノ  ヽ、_  \
  /  o゚⌒   ⌒゚o  \  もう法律の解説を解説する仕事(分業)はイヤだお…
  |     (__人__)    |
  \     ` ⌒´     /
       ____
     /⌒  ⌒\
   /( ●)  (●)\
  /::::::⌒(__人__)⌒::::: \      
  |     |r┬-|        明日から仙人になればいいお! 
  \      `ー'´     /   

91 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/26(土) 11:07:35 ID:1jzSpA9J
>>81〜85
ソ連型。中国型。その他いろいろ、、の社会主義国家が失敗したことで、社会主義
のすべての思考を停止すべきではないだろう。労働研究を続ける必要性もあるだろう
それは、資本主義の行き過ぎを防ぐ意味でも必要だろう。

しかし、風俗の遊び方は人それぞれだ。
また、くろの話を茶化すのも止めたほうがいいが。くろちゃんももっとわかりやすく
書きなよ。

92 :Jimmy:2007/05/26(土) 12:17:18 ID:9tAggU2M
>>91
「くろちゃん」は?
まぁ、ゆったりとした時間を共にお過ごし下さい・・
誰も止めやしません。S.V.P

93 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/26(土) 14:44:42 ID:jryEXRDF
科学的アプローチというなら、反証可能かつ検証可能な仮説を
立ててからにしてくれ。反証不能and/or検証不能な言説を
振りまいておいて、何が科学的アプローチか?片腹痛いわwwww

宇宙空間でえら呼吸して光合成でもしてろ、はげども。

94 :くろしろー ◆lKW0OnevWc :2007/05/26(土) 15:59:08 ID:1PFJ1aC+
まず科学ということに対する基本的な理解が必要
ということでwikiを貼り付けてみる。
俺は要するにポパーの言ってる反証可能性がわかりやすかった。
パラダイムということも重要らしいがよくわからん。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%91%E3%83%A9%E3%83%80%E3%82%A4%E3%83%A0

95 :くろしろー ◆lKW0OnevWc :2007/05/26(土) 16:32:42 ID:1PFJ1aC+
>>89

>テメー様の「好き嫌い」ほど「科学の精神」からほど遠いものはない。
>そして分業が嫌ならさっさと山に籠もって仙人生活してろ。


これほど科学からかけ離れたこと態度はない。
つまりわたしは労働を対象として物語っている。
それが好きか嫌いかという方法論をものがたっているのではないのだ。
また「空想から科学」で問題になっているのが分業なのである。
ミジメ氏はたかだかhttp://redmole.m78.com/sosialism/tosyo.html
見つけられる問題すら見ないで罵倒の御狂乱。所詮ゲーマにすらなれず
ギャラリーにしかなれないのだ。職業も自立も怪しいフリーター。国一についていけなかった男。会社でも駄目だった人間である。

労苦をどう軽減するか(労働の好き・嫌い)ということは対象であって方法論ではないのだ。
だから「てめーの好き嫌い」を対象にすること自体なんら科学的に問題はない。
つまりは単なる労働の効用の分析だからだ。むしろ対象を忌避こそこそ氏が以前に言っていた価値判断の不停止。この時点で
「(ミジメの)てめーの好き嫌い」を出すのが駄目なのだ。
その対象「に対して」価値判断を停止し、その対象がどのように「好き嫌い」かをうむのかを実験し、反証すること。
つまり対象は可能な限り多くなければならない。それでなくては科学などゴミにしかならない。


ここでは私の労苦をどうすべきかこつこつ研究するのが、明日の労働者への力にもなろう
つまりポパーの言う反証をこつこつと繰り返すことがわたしが考える科学的な社会主義・共産主義に近づくのである。
こういうちいさいうちからこつこつとという精神がないのが社会主義共産主義の大きな問題である。


96 :くろしろー ◆lKW0OnevWc :2007/05/26(土) 16:47:18 ID:1PFJ1aC+
たとえば毛沢東
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%AF%9B%E6%B2%A2%E6%9D%B1
彼はでっかいことをいい加減にやったため労苦どころか大量の餓死者
すら出してしまった。ここが従前の共産主義のだめなところだ。

整理すると空想から科学にいたるのは正しい。だがそれは小さなことからこつこつと
労苦問題の解消を実験して反証して次第に全産業に生かすという問題であったのに。
「資本家さえ倒せば、あとはオーケー」と問題をすり替えた所に大きな間違いがあるのだ。

97 :くろしろー ◆lKW0OnevWc :2007/05/26(土) 16:52:42 ID:1PFJ1aC+
ちなみに風俗の遊び方は体験例から来た私の持つ持論であり
これを科学にするには反証が必要だろう。

98 :くろしろー ◆lKW0OnevWc :2007/05/26(土) 16:57:29 ID:1PFJ1aC+
>>94
科学そのもののwikiも必要だろうと思うのではっておく。

99 :くろしろー ◆lKW0OnevWc :2007/05/26(土) 16:57:50 ID:1PFJ1aC+
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%A7%91%E5%AD%A6

100 :くろしろー ◆lKW0OnevWc :2007/05/26(土) 17:29:55 ID:1PFJ1aC+
なるほどクーンの記号図式を反証可能性で調べれば、記号図式のシフトがあるはずであり、科学であるということに個人的な意見
としてはまとまってきた。

101 :かつてちんぽにんげんだった男:2007/05/26(土) 18:29:53 ID:qDx6a4BR
>>97
くろちゃんよ、ばかだな「おきに」ばっかりではおもしろくないの!
たまに行った店でいいおもいをすることもあるのよ。
>>96
マルクスの考えをまず科学としてとらえ、それを国家の政策のなかで活用する
それ自体必要だと思う。
中国やロシアの社会主義創生にあたっては国の指導者の理念とは別に、一般
民衆は「税金が安くなるかも?」とか「今よりはいい世の中になるかも」という
ような理由で参加したようなのが実際。つまり、民衆にとっては社会主義でも
資本主義でもまえよりしあわせだったらそれでよかったんだ。そこを毛沢東
は見えなかったんだろうね。持論を押し付けようとした。それで大変な犠牲
を出した。急ぎすぎた悲劇、独裁の悲劇だろう。
このようなことをすべて踏まえて、マルクスを現代の政策に生かすことは
可能だし十分意味があることだ。

くろしろーちゃんよ自分が中傷されたから、人を中傷するのはよくない。
だからあなたをまた攻撃するようになる。本題からはずれないように。

102 :Jimmy:2007/05/26(土) 19:19:14 ID:bapVr/DN
>>101
マルクスの「考え方」で科学として捉えられる部分があるのですか?
早く核心に触れようじゃありませんか。

103 :くろしろー ◆lKW0OnevWc :2007/05/26(土) 19:48:32 ID:1PFJ1aC+
>>101
おきには地方都市風俗で風俗が一軒のところでは貴重な存在でな。
メンヘル喪男の妻的存在よ。頭を洗ってもらうのが何よりの幸せ。
今度は膝枕でもしてもらおうかな。
すると男と女、性愛以上の楽しみが出てくるもんよ。
まあその上で浮気が出来るからやはり出張などはたまらんな。
2,3年前に戻りたい。すでにメンヘルであったが労働がそれなりに面白かった。
男子校的存在だったな
そういう焼け付くお楽しみがあったからね。
今の職場は難しい叔母さんばっかりというのも精神が疲れる原因だな。
エロ話がセクハラになってしまうし。w
あれで若い子ばっかりだったら楽しいかもしれんが。w

マルクスを科学的に捕らえるのは難しい。
まず資本論自体利潤をとらえられないという決定的な問題がある。
つまり利潤は資本論の場合産業社会の搾取に絞ってるが、それは利潤と利潤の問題点の混同であり
当時あまりにも搾取がひど過ぎて、そうなってしまったのであろうな。
今私は広瀬隆の赤い盾を使って実証主義的な財閥史をやっているが資本は単なる商売上のものではなく
血縁的な問題であるという面に気づく。私有財産であるゆえんだな。これが実に大きいのだ。もちろんこれも資本の一面に過ぎないが
ブログ異次元経済学ジャーナルを見てくれ。下に張っておく。

まじめコテは文章がすでに中傷文章として確立しているからな。w 攻撃しなければ攻撃しないという9条
戦略が役に立つとは思わんが試してみる。




104 :くろしろー ◆lKW0OnevWc :2007/05/26(土) 19:51:01 ID:1PFJ1aC+
産業社会ーー>産業資本
ブログ
http://d.hatena.ne.jp/kurosiro1/

105 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/26(土) 20:01:57 ID:qDx6a4BR
>>102
宇野派に言ってもわからんよ。
どうせ国家からはなれ景気循環の解析手段だろ。

106 :Jimmy:2007/05/26(土) 20:29:14 ID:bapVr/DN
>>105
何とも底の浅い科学だこと。┐(  ̄ー ̄)┌ フッ

107 :かつてちんぽにんげんだった男:2007/05/26(土) 20:51:23 ID:ZSAXvotg
>>102
まず科学ということの捕らえ方から理解しなければならない。それは自然科学
と違い経済学のような社会科学は人間の意志がかかわり市場というものが形成
されるので予測が非常に難しいものだ。すなわち、自然科学と同じように考えて
答え、結果を求められないだろう。まず最初にこの社会科学の考えを念頭においてほしい。

現在、世界的に見てますます世界は貧富の差がついている。それは、近経で言う
資本とは生産された生産手段として考えられ。それを使って再生産をして経済活動
を行うことを中心に考えられているからだ。いうなれば人件費などは安いほうがいい。
しかしこれでは働いているものはたまったものではない。
そこで「資本を自己増殖する価値の運動体」ととらえるマルクスの考え方。すなわち
労働力こそが価値の源であるという考え方、資本とは労働力の集積であるという考え方
をもって人件費を適正に持っていけば、雇用を適正に持っていけばという考えをもって
社会政策に生かされればと思っている。

108 :くろしろー ◆lKW0OnevWc :2007/05/26(土) 21:46:36 ID:1PFJ1aC+
>>107
そこがむずかしいのですよ。マルクスは産業資本のプロレタリアートの搾取が利潤だとしています。
しかしそれは利潤の問題であって利潤そのものではない。利潤とは結局売り上げ−費用であって
それ以上の何者でもない。たとえば油田の発見でも利潤は上がり下がりするし、資本も変わるわけです。
産業資本の搾取ではない。産業資本の搾取はひとつの社会病理だからです。
だからその語弊がマルクス・レーニン主義として結実したわけであって、問題を履き違えている。
分けです。社会病理と社会そのものは違う。だから革命も科学的なものにならず失敗した。
だからならず資本とは何か? という問題を経済学で定式化する必要がある。そして資本の問題は何か
というところで、あなたのいう雇用問題、最近ではネット喫茶難民や偽装雇用等々の問題がある。
だからマルクスの資本論は本来の売り上げー費用の繰り返しというところや私有財産の相続ということで
書きなおさなければ本物の資本の科学とはいえないわけで、それがわかって、初めて政策にもいかせる
ということです。ところが近代経済学には資本の概念がない。だから実際上の経済を語る資格に欠ける。
それはマルクス経済学が相対的に劣っていたから主流派となりましたが、現在の主流派経済学は実力的
にはブルジョア経済学に過ぎません。こちらも力不足なわけです。あとはやり倫理と現実だと思いますね。


109 :くろしろー ◆lKW0OnevWc :2007/05/26(土) 22:00:03 ID:1PFJ1aC+
まあ、ブログの息抜きにここに来たわけですが、特別剰余価値はマルクスではすぐに社会の共有になってしまいますが、
財閥史を見るととんでもない。私は今ロスチャイルドの分析をしていますが、この特別剰余価値が独占され、すごい力
になっている。そんなのレーニンの帝国主義論で、指摘されてるじゃないかというがそうじゃない。あの程度の分析では
なんの役にも立たない。財閥の分析が出来てこそ、問題の企業の実名は判別するわけで、それをやらないと駄目じゃないか
と思う。

110 :くろしろー ◆lKW0OnevWc :2007/05/26(土) 22:03:44 ID:1PFJ1aC+
>マルクスの資本論は本来の売り上げー費用の繰り返しというところや私有財産の相続ということで
>書きなおさなければ本物の資本の科学とはいえないわけで
マルクスの資本論は本来の売り上げー費用の繰り返しというところや、産業そのものの利潤生産方式や、私有財産の相続問題(異次元経済学)ということで
書きなおさなければ本物の資本の科学とはいえないわけで

111 :Jimmy:2007/05/26(土) 22:19:26 ID:bapVr/DN
ハーイ皆さんまたまたメンキチ双六の始まりだよ!
今回はイマドキミンミンゼミが季節外れの鳴き合わせだ。

112 :かつてちんぽにんげんだった男:2007/05/26(土) 22:42:25 ID:ZSAXvotg
ちょっと違ってますね。くろしろちゃん
産業資本の搾取が社会的病理で、、、すなわちブルジョアジーによるプロレタリアートの
搾取がマルクス、レーニン主義として結実したって?、、、搾取が問題でなく不況の発生という結果です。
資本とは何かを定式化する必要がある?、、、してますよ。
私有財産の相続?、、してますよ。だから寡占化の社会になったんでしょ。
近経に資本の概念がない?、、、だから、生産された生産手段っていってるでしょ。
○系が劣っているって?、、、なんで
主流派経済学の実力って?
経済学にブルジョアなんてあるの?
特別剰余価値が社会の共有?、、、、なってません
財閥の分析?、、、、企業は国家でないよ個人だよ
拡大再生産、、、、資本論の第1巻に書いてあるよ

もうだめだ貴方とは語れない!

113 :かつてちんぽにんげんだった男:2007/05/26(土) 22:48:53 ID:ZSAXvotg
>>111
そういうことを書いてたのしいですか?

114 :Jimmy:2007/05/26(土) 23:24:28 ID:bapVr/DN
チョー楽しい\(^-^)/
ここは2ちゃん、しかも異次元塾長がマスターのスレですぜ。
あらゆる悪徳のバッコする場所。良い子は、出入り禁止だよ。
「労働こそが、価値の源泉」証明抜きの「科学」ですか。そんなことで満足ですか?

115 :くろしろー ◆lKW0OnevWc :2007/05/26(土) 23:34:07 ID:Ce0sagJk
うーん残念な結果ですね
>ちょっと違ってますね。くろしろちゃん
>産業資本の搾取が社会的病理で、、、すなわちブルジョアジーによるプロレタリアートの
>搾取がマルクス、レーニン主義として結実したって?、、、搾取が問題でなく不況の発生という結果です。

ですから産業資本の搾取が利潤のもとであるからそのプロレタリアは資本家から利潤
を奪い返す口実となる。実際に革命に科学的根拠を与えたとされるのは資本論
しかしそれは本物の利潤ではないから革命は起きても産業を動かすことが出来ない。
よって国家経営に失敗。
利潤がなぜ起きるのかもっと研究史していれば違った結果になっていたはずです。

>資本とは何かを定式化する必要がある?、、、してますよ。
G−WーG’という定式がされてるが、利潤の原泉が産業資本の搾取のみにされて
いて商業資本、金融資本等々、独自の利潤形成を見逃していたため国家経営に失敗。
経済そのものがわかってなかったんです。

>私有財産の相続?、、してますよ。だから寡占化の社会になったんでしょ。

そうではなくて財閥の資本相続を調べないと経済事象がわからないということ

>近経に資本の概念がない?、、、だから、生産された生産手段っていってるでしょ。

謹啓に資本の概念はなく、このスレではそれはずっと指摘されていました。

>○系が劣っているって?、、、なんで

国家経営の学として失敗したからです。謹啓は曲がりなりにも成り立ってますから。

>主流派経済学の実力って?
社会問題を解決する実力です。所詮ブルジョワ支配を免れない社会しか築けないということ。

>経済学にブルジョアなんてあるの?
よくマルが謹啓をさすときブルジョア経済学と呼びます。

>特別剰余価値が社会の共有?、、、、なってません
資本論をお読み返しください。自由市場の元特別剰余価値は消えてしまうとあります。
もちろん現実は違います。

>財閥の分析?、、、、企業は国家でないよ個人だよ
企業を調べないと経済学ではありません。

>拡大再生産、、、、資本論の第1巻に書いてあるよ

拡大再生散逸いて何か書きましたっけ? 書いてませんよ

>もうだめだ貴方とは語れない!
丸に染まってるだけの人とは話はずれますね、残念です。





116 :くろしろー ◆lKW0OnevWc :2007/05/26(土) 23:50:38 ID:Ce0sagJk
基本的に僕の認識はこうです。マルクスは経済学批判の序文に書いてあるとおり下部構造が上部構造を決定するとしたが。
その下部構造が産業資本の搾取のみでは、狭すぎて全産業を語れない。産業資本の搾取はひとつの社会病理に過ぎない。
それが原潜で利潤が語られる資本論は、資本を正確に表現できない革命用のデマゴーグにしか使えない。
全産業の資本形成を全て調べ上げること、これが本来の資本論になっていれば歴史は違っていた。
たとえば産業資本と観光資本は利潤や資本形成の仕方が違いますよね。これを分析するというのは
現実にその資本の動かし方を知ることです。それを全産業でやれば、搾取6という悪弊を抜き差って、
なおかつ国家経営も破綻しない社会が出来るはずです。まあ机上の理論ですが。


117 :くろしろー ◆lKW0OnevWc :2007/05/26(土) 23:52:04 ID:Ce0sagJk
原潜ー>源泉です
失礼。

118 :くろしろー ◆lKW0OnevWc :2007/05/27(日) 00:11:07 ID:RM4EyOHr
>ちょっと違ってますね。くろしろちゃん
>産業資本の搾取が社会的病理で、、、すなわちブルジョアジーによるプロレタリアートの
>搾取がマルクス、レーニン主義として結実したって?、、、搾取が問題でなく不況の発生という結果です。

ああこれについてはもうひとこと、確かに今の不正な偽装労働とは、不況も原因でしょう。
しかし資本論じゃ戦えないんです。企業を動かせないから。搾取もせず利潤を上げる方法を全産業で出来る
理論があれば戦えますが。経営学に近くなるのかな。

119 :(・゜ω゜・) ☆まじめこて☆ ◆rgujENbs.s :2007/05/27(日) 00:36:44 ID:Lr6Ee5NF
ああだこうだ精神病を炸裂させる前に中学算数でも理解してくれ。
「珍種単語を好き勝手に羅列されても意味を為さない」と、これだけ指摘されてもまだ理解できないのか?

さすがは虫の脳ミソ。
「進歩」から最も程遠い場所にいる男。

120 :くろしろー ◆lKW0OnevWc :2007/05/27(日) 01:59:47 ID:RM4EyOHr
ほらだめだ

121 :くろしろー ◆lKW0OnevWc :2007/05/27(日) 02:00:48 ID:RM4EyOHr
検索してみるがいい。網俺はおまえはスルーする。

122 :くろしろー ◆lKW0OnevWc :2007/05/27(日) 02:03:12 ID:RM4EyOHr
死んでしまえ親ががりフリーターの国一でも会社でも駄目なゲーマーのギャラリー

123 :くろしろー ◆lKW0OnevWc :2007/05/27(日) 02:05:32 ID:RM4EyOHr
そんなミジメな人間からは何も従うことはないとわからんかそうかおまえは虫以下ミジンコのようなものなのだな。
脳もないのだ。

124 :くろしろー ◆lKW0OnevWc :2007/05/27(日) 02:07:14 ID:RM4EyOHr
おまえみたいな本物の精神病者から何も言われたくないわ。自分が狂っているとなぜ気づかない?

125 :くろしろー ◆lKW0OnevWc :2007/05/27(日) 02:12:57 ID:RM4EyOHr
想像してみよう。役所を首になったときを。
想像してみよう。会社を首になったときを。
想像してみよう。ゲーマにぼこられたときを。

ミジメだ。ミジメコテ。

126 :くろしろー ◆lKW0OnevWc :2007/05/27(日) 02:18:49 ID:RM4EyOHr
俺なら生きていけないな、そんな人生。家賃が2万9千円のアパートさえあれば仙人に本当になれる俺には。
まあ死んでくれ。

127 :くろしろー ◆lKW0OnevWc :2007/05/27(日) 02:33:37 ID:RM4EyOHr
フリーターでも駄目なんだろうな。だからまず中傷なんだ。女にも肝がられているのだろう
風俗に逝く金がない。いや親からもらっていっているのか。無職駄目板でググレばヒットするだろう。

128 :くろしろー ◆lKW0OnevWc :2007/05/27(日) 02:36:46 ID:RM4EyOHr
名前はたぶん和彦、「ママンたまってきちゃったよう」「これで抜いてきなさい和ちゃん。でも働かないとどんどん駄目になるわよ」
                                 

129 :くろしろー ◆lKW0OnevWc :2007/05/27(日) 03:14:09 ID:RM4EyOHr
(・゜ω゜・) ☆まじめこて☆ ◆rgujENbs.s


文字通り、真面目な方。



書き込む内容はスレに沿った話題。
脱線は決してしない。
質問にはきちんと答える。



お手本のような人。



だったらよかったのだが、
実際はそんな良コテではないどころか、人格破綻者である。



とある議論スレにて
何の予備知識も無い住人に全く謎の理論を垂れ流し、
スレ違いを指摘されるにもかかわらず、
長文でダラダラと公開オナニーを続ける。
さらには都合の悪い質問には答えないだけでなく
相手を貶す発言や人格批判をするなど
その異常さをいかんなく発揮した。



スレ住人が精神的苦痛を訴え始めたところ、
「低学歴」「雑魚」などの暴言を浴びせるなど、
冷静さのかけらもなく、知性もまるで感じられない。
また、プライドのかたまりで態度は高慢、他人を見下す。
「次スレには参加しない」と自分で言っておきながら
平然と顔を出し長文を書くあたり恥を知らないようである。
自称高学歴、識者、ノーベル賞。
通称みじめこて。



名は体を表さないという良い見本。

130 :くろしろー ◆lKW0OnevWc :2007/05/27(日) 03:15:14 ID:RM4EyOHr
やはりミジメコテだったか。

131 :くろしろー ◆lKW0OnevWc :2007/05/27(日) 03:37:26 ID:RM4EyOHr
まあ特別剰余価値な書いてもわかりもしないんだろうが。w
丸に知識つけて来いそれ以外でいり禁止だ。荒れるだけだ。

132 :くろしろー ◆lKW0OnevWc :2007/05/27(日) 03:40:16 ID:RM4EyOHr
丸にー>丸の
バーカ一週間まってやる。

133 :くろしろー ◆lKW0OnevWc :2007/05/27(日) 04:02:50 ID:RM4EyOHr
それか外交板にもどれ。二度とくるな
丸理解はリンクをj張ってやる。

134 :くろしろー ◆lKW0OnevWc :2007/05/27(日) 04:13:51 ID:RM4EyOHr
リンクが読めなくなってしまった。
岡崎次郎「資本論入門」を読め。
それ以外はくるな。

135 :(・゜ω゜・) ☆まじめこて☆ ◆rgujENbs.s :2007/05/27(日) 09:11:28 ID:Lr6Ee5NF
すげぇ・・・
リアルはやっぱ違うな。

136 :(・゜ω゜・) ☆まじめこて☆ ◆rgujENbs.s :2007/05/27(日) 09:50:42 ID:Lr6Ee5NF
つーか○を理解する必要などどこにもないし、
そんな事をやるだけ時間の無駄だし、
むしろ理解してしまったら実生活に不利だし、
酔狂でもそんなものは理解する気が無いんだけど?

そしてお前は何も理解していない。
散々指摘したことだが、お前は中学生レベルの算数能力も読解能力もないのだから。
現にお前は今まで何一つ、モノにしてねぇ。
「知ったかぶり」「理解したつもり」でごちゃごちゃ「用語」を振り回すだけだったよなぁ。
「コミットメント」?笑わせんな。

勿論「特別剰余価値」とやらも。
理解もしない○を語るお前の存在自体が、全世界の○主義者に対して失礼なんだよ。

うせろ屑。

137 :Jimmy:2007/05/27(日) 10:05:55 ID:/0sEoXIf
>何の予備知識も無い住人に全く謎の理論を垂れ流し、
スレ違いを指摘されるにもかかわらず、
長文でダラダラと公開オナニーを続ける。
さらには都合の悪い質問には答えないだけでなく
相手を貶す発言や人格批判をするなど
その異常さをいかんなく発揮した。

メンキチそのものじゃんWWW

138 :かつてちんぽにんげんだった男:2007/05/27(日) 10:26:34 ID:/tS5HVvB
くろしろー氏は、経済学と経営学をわかってないようだ。
経済学そのものは利潤追求を目的としていない。したがって国家経営に失敗した
しないは全く問題外。また、ソ連型、中国型などマルクスをかなり曲解した
国家が失敗しようが○系が劣ってるとはいえないし、何の関係もない。
彼の頭の中の用語を理解して考え方を理解することは無理。まあこういう人もいるさ。

ジミー
「労働こそが価値の源泉」の証明? 証明以前の問題。あたりまえ



139 :くろしろー ◆lKW0OnevWc :2007/05/27(日) 10:49:59 ID:kVGctG8C
>>136
だからおまえスレ違い。昨日ググッたけどおまえ外交版に戻るか、
謹啓の板に池。ここは実生活で役に立たず、有害無益な丸を語る板
なんだよ。おまえの好きな南京事件や従軍慰安婦は外交板でやれ。
丸の言葉も理解できずよくもまあ何も理解できてないとかいえるも
んだ。おまえにわかんねーだけなんだよ。おまえは小学国語も理解
できねーよーだな。悪いけど今年は社会で来年は国語で、再来年は
数一から数学と英語やるから半端な謹啓コテはいりません。荒らすだ
けだし。本物の資本論創設の役に立たない。だから国一で駄目で会
社で駄目でフリーターも駄目でギャラリーなんだよ。
特別剰余価値ってのは企業努力で特別に少ない労働時間で生産できる
ゆえに剰余価値をうむが、すぐに自由競争で消えてしまう。絶対的剰
余価値の生産、相対敵剰余価値の生産と並ぶ、資本論の三つの剰余価
値の生産のひとつだよ。「スレ違い」だしローカルルールに反します。
謹啓と丸経の争いはここでは禁止。しかも丸も酔狂で理解しようとし
ねえやつなんざ。必要なし。ハイ丸スレも駄目で駄目がまた一個増え
たね。


140 :(・゜ω゜・) ☆まじめこて☆ ◆rgujENbs.s :2007/05/27(日) 10:54:57 ID:Lr6Ee5NF
経済学板@2ch掲示板 ローカルルール

ここは近代経済学,その他大学経済学部で研究される分野について学術的に議論する板です。
以下の話題は板違いとなるので、適切な板をご利用下さい。
経済理論や実証を無視したイデオロギー等の開陳、景気談義など学問的アプローチ
を伴わない議論、マル経と近経の比較により煽り合いや相互介入が発生するもの、
などの学術的ではない話題は経済板へ
資格試験の一科目としての話題は資格全般板、会計試験板、公務員試験へ
政治的な話題は政治板、議員・選挙板へ
経営学の話題で、経済学と関連が高い(金融工学等)分野以外のものは経営学板へ
経済学と関係ないマルクス思想やマルクス主義は哲学板や共産党板へ


>経済学と関係ないマルクス思想やマルクス主義は哲学板や共産党板へ


ふぅ〜む。
さすが中学生以下の読解能力。

このスレの方こそがそもそも板違いなんだよね。
過去にくどいほど指摘されたとは思うけどさ。

 糞 し ろ ー 様 は 、 さ っ さ と 巣 に お 帰 り く だ さ い 。

板違いなんでw

141 :(・゜ω゜・) ☆まじめこて☆ ◆rgujENbs.s :2007/05/27(日) 10:57:19 ID:Lr6Ee5NF
あ、

>経済理論や実証を無視したイデオロギー等の開陳

>学問的アプローチを伴わない議論

この二つなんか モ ロ だよねぇ。
なんで板違いなのに、この板にいんの?

早く共産党板か哲学板に消えて欲しい。
目障りな上に、ローカルルールに違反しているんでw

142 :かつてちんぽにんげんだった男:2007/05/27(日) 10:58:50 ID:/tS5HVvB
>>139
国家経営に失敗した○系は劣ると言ったのはおまえだろ。謹啓と○系の争いを
あおっているのはおまえだよおまえ。頭大丈夫か?

143 :くろしろー ◆lKW0OnevWc :2007/05/27(日) 11:19:27 ID:kVGctG8C
続き

俺は資本論以外に丸を読むことで、文学のたしにしなきゃこのくだらねー官僚機構から出て池ねーんだよ。
分限免職? そんな甘いもんはない。強姦未遂の香具師でも出でいからねーからナ。
月2万9千円のアパートがあればすぐに出て行けるんだが。なかなかいい物件がない。
というわけで俺の野望のためには丸古典読みが必要です。おまえは荒らしてそれを
邪魔するから駄目です。こう疎外とかについて、いきた丸とはなしてーんだよ。
レーニンがどうのトロツキーがどうの、とかいうやつと。出来ればサン=シモンとか
あそこら編にいかれたやつを捕まえて、試し切りする必要がある。
反アングロサクソンとやらで、どうぞご高説を謳ってください。
そもそも国一も駄目で、会社も駄目で、ゲーマーも駄目で国一に過去偶然受かっただけの人間
の話なんか誰もききません。勉強は道具全部そろってるから安心しろ.。数一からやるから中学数学も大丈夫だ。
きみがここにいれたのはかつまるの丸つぶしがあったおかげです。俺も必要があったから
それに乗りましたが、もうひつようありません。
でもこのスレは変わってしまいました。もっと濃い丸を集め語りあうのです。

144 :くろしろー ◆lKW0OnevWc :2007/05/27(日) 11:27:49 ID:kVGctG8C
>>142
あおってはいません。指摘したのみです。僕の目標はここをもっと濃い丸の場にすることです。
>>140
>ここは近代経済学,その他大学経済学部で研究される分野について学術的に議論する板です。
これが読めないのかね。大学で丸はまだ生きています。だからこのスレは合法です

>経済理論や実証を無視したイデオロギー等の開陳
以後丸の歴史に沿ってやるから大丈夫です

>学問的アプローチを伴わない議論
将棋の話や安部総理云々が学問的アプローチですか?



145 :Jimmy:2007/05/27(日) 11:43:03 ID:/0sEoXIf
>「労働こそが価値の源泉」の証明? 証明以前の問題。あたりまえ

おおやってくれるねぇ。「あたりまえ」で終わりの科学か。
イマドキミンミン、流石ですなWW

「くろちゃん」→「おまえ」 やれやれ・・・

146 :かつてちんぽにんげんだった男:2007/05/27(日) 11:43:34 ID:/tS5HVvB
くろしろーちゃんへ
あなたが今までやってきたことこそ、このスレにふさわしくないのですよ。

147 :かつてちんぽにんげんだった男:2007/05/27(日) 11:48:54 ID:/tS5HVvB
>>145
延々と説明してほしいのか?あんた

148 :くろしろー ◆lKW0OnevWc :2007/05/27(日) 11:50:08 ID:kVGctG8C
>>138
ジミーはいわゆる一般化された商品搾取定理のことを問題にしているのです。
でもその話題はスレでもう消費されたので必要なしです。
なるほど国家経営の学ではないですか確かに経済学プロパーで考えることも出来る。
しかし、丸そのものの中で異常な部分はなかったか? それがブルジョア型民主主義や
社会民主主義の否定で、プロ独です。
プロ独はプロレタリアートが生産手段を独占することですが、政治権力を握った人間は
もはやプロレタリアではない資本家に匹敵する権力者になってしまった。
だからゆがむ、と思っています。

149 :くろしろー ◆lKW0OnevWc :2007/05/27(日) 11:56:45 ID:kVGctG8C
>>146
穴丸に耽溺しすぎ、まるつぶしに加担したことは別の意味で有意義だったのです。
しかしやりすぎてしまった。それは生産手段を握ったプロレタリアがまったく別のものに変質
するようなもの。学説として論破されればその魅力は消えます。しかしその成立と革命の流れのドラマが
個人的には役に立つのです。そこら辺に詳しい人を募集したいのですがね。

150 :かつてちんぽにんげんだった男:2007/05/27(日) 11:57:28 ID:/tS5HVvB
異常なところはない。なにいってるんだよ

151 :(・゜ω゜・) ☆まじめこて☆ ◆rgujENbs.s :2007/05/27(日) 12:03:43 ID:Lr6Ee5NF
>>144
>>ここは近代経済学,その他大学経済学部で研究される分野について学術的に議論する板です。
>これが読めないのかね。大学で丸はまだ生きています。だからこのスレは合法です

残念だけど、○はは学問じゃないんだよ。
ただの異次元オナニー。
わかりきった事だろ?

>>経済理論や実証を無視したイデオロギー等の開陳
>以後丸の歴史に沿ってやるから大丈夫です

イデオロギーのカタマリそのものである○を持ってきて、
「これは経済理論」だの「イデオロギーの開陳はしない」だの、
まさか言わんよねぇ。

>>学問的アプローチを伴わない議論
>将棋の話や安部総理云々が学問的アプローチですか?

そもそもこのスレが学問の形式を持っていません。
何の問題もない。
学術的でないスレで学術でない世間話をする。
到って日常的な光景。

将棋や安倍の話が嫌なら、あなたから少しは学問的な話をされたらどうですか?w
イデオロギーの開陳とテメーの身寄り話しかできん屑が人様に指図すんなってww

あ、ちなみに将棋の話も安倍の話も、ゲーム理論的なフレームは一応使ってるよ。
安倍の話で言えば、部分ゲーム完全均衡を探すような形で、問題のベストな対応策を模索するわけ。
このスレ的には「初手が間違い」でほぼ結論だった。
俺的には「初手は悪手だがやむを得ない」だけどね。

152 :くろしろー ◆lKW0OnevWc :2007/05/27(日) 12:04:29 ID:kVGctG8C
いやこう考えればいいでしょう。生産手段を握った人間はすでに資本家と同じ権力を有しています。
それに対して民主主義だと選挙などでそれに対して批判できますがプロ独だと独裁されているので
「もはやプロレタリアではありえない人」」を排除できません。あとは権力者の欲望でゆがみ放題。

153 :くろしろー ◆lKW0OnevWc :2007/05/27(日) 12:06:21 ID:kVGctG8C
>>150
上記

154 :くろしろー ◆lKW0OnevWc :2007/05/27(日) 12:16:18 ID:kVGctG8C
>>151
>丸は学問ではない。
大学ではまだ学問として商品に8なっています。何も知らずに
ただ罵倒するだけだからなぜ丸がゆがんだかがわからないのです。
>経済理論や実証を無視したイデオロギー等の開陳
マルクス主義革命の理論の歴史の「実証」を伴いどういうイデオロギーだったかを
解剖します
>もっと学問的な話を
あなたが邪魔しているのです
>将棋も安部もゲーム理論
ここはゲーム理論のスレではありません。
ゲーム理論のスレを立ててどうぞ

155 :Jimmy:2007/05/27(日) 12:20:11 ID:YODo8LZd
>>147
あれれ、証明以前、あたりまえが今度は「延々と説明」ですか。
早速の前言撤回、イマドキミンミンゼ石ですな、ですな。
ええ、ナニナニ、証明と説明は違う!なるほW

異次元ミンミンとシッポリやってんのがお似合いだわ。

156 :かつてちんぽにんげんだった男:2007/05/27(日) 12:24:50 ID:Kcal4R5s
>>153
マルクス経済学そのものとは関係ないだろ。
過去においてマルクスを曲解した結果だろ。
それを言ったら、カンボジアポルポト政権下
の虐殺までマルクスの責任になってしまう。

157 :かつてちんぽにんげんだった男:2007/05/27(日) 12:26:19 ID:Kcal4R5s
>>155
あなた、私に何をやってほしいの?

158 :(・゜ω゜・) ☆まじめこて☆ ◆rgujENbs.s :2007/05/27(日) 12:28:50 ID:Lr6Ee5NF
>>154
>>丸は学問ではない。
>大学ではまだ学問として商品に8なっています。何も知らずに
>ただ罵倒するだけだからなぜ丸がゆがんだかがわからないのです。

おお、たまには理解できるじゃねーか。
○は学問じゃあない。
政治的な理由で大学に巣食って学問を名乗っているだけ。
実態はただの政治イデオロギー。
そうやって権威を確保して政治的に優位に立ちたいだけ。

>>経済理論や実証を無視したイデオロギー等の開陳
>マルクス主義革命の理論の歴史の「実証」を伴いどういうイデオロギーだったかを
>解剖します

「マルクス経済学学」ね。
経済学と何の関係も無いんで、共産党板か哲学板に行ってください。

>>もっと学問的な話を
>あなたが邪魔しているのです

他人のせいにしない。
そもそもあなたが学問的手続きを一切無視した珍種そのものなのに、
学問的な話が出来るわけが無いだろ?

まさか>>152とかを学問的な話とか言いだすんじゃあないだろうね?wwwww

>>将棋も安部もゲーム理論
>ここはゲーム理論のスレではありません。
>ゲーム理論のスレを立ててどうぞ

ここは珍種のスレではありません。
珍種のスレをメンヘラ板かVIPに立ててどうぞ。

159 :くろしろー ◆lKW0OnevWc :2007/05/27(日) 12:31:05 ID:kVGctG8C
まあマジメ君も酔狂で丸を身に着けてくれればいいですよ。でもあなたは罵倒しか出来ないでしょう。
だから危険だから去れといっているのです。
私もこれほどなく丸を身につけて実生活がやばくなってもいい人を募集しているのです。
まずマルクスは下部構造として産業資本そのものしか見ませんでした。
これは学問的には次のように改善できたでしょう。つまり他の資本も生産しているのだということで。
下部構造ー上部構造これは現実的に破綻していません。僕がなぜ役所ごときにこだわらなければならないのかは
下部構造として僕がブルジョアでなく、プロレタリアで労働力を差出しかないからです。
ソ連等の革命もそうです。権力を握った人はもはや資本家なのです。だから権力を持った人を民主的に交代するか
まだ読んでませんが永続革命でもするほかはない。そうして赤い資本家をプロレタリアの意にかなうようにするしかない。
だけど一党独裁ではそれは出来ませんでした。限りない粛清も独裁がそれを可能にしました。

160 :(・゜ω゜・) ☆まじめこて☆ ◆rgujENbs.s :2007/05/27(日) 12:32:24 ID:Lr6Ee5NF
>>156
曲解も何も、私的情報を無視した平等理論が独裁者による大量虐殺に到るのは極々自然な流れ。
平等の定義、平等の実現、いずれにも現実的には強力な官僚機構を必要とする。

マルクス主義を振りかざす連中がいる限り、この世界に平和は訪れない。

161 :Jimmy:2007/05/27(日) 12:37:37 ID:YODo8LZd
>>157
いやなんも。
あなたの身元も確認出来ましたから、そのまま続行で結構です。

おーい面基地しばらく、遊び相手出来てよかったなぁ。

162 :(・゜ω゜・) ☆まじめこて☆ ◆rgujENbs.s :2007/05/27(日) 12:42:09 ID:Lr6Ee5NF
>下部構造ー上部構造これは現実的に破綻していません。

破綻しています。
何故ならば何を「上」「下」と定義するかは、定義するもののイデオロギーによるからです。

例えば夫婦関係を考えましょう。

妻は、金銭的に夫の収入に依存し、下部構造と定義される。
夫は、金銭的な理由により、妻の自由意志を拘束し、上部構造と定義される。

妻は、夫の収入を略取し、上部構造と定義される。
夫は、妻に収入を略取され、下部構造と定義される。

その日の気分です。
お腹が痛ければ夫を「上」にし、棒が右に倒れれば妻を「下」にし、
さいころが3の目を出せば夫を「下」にし、犬が3回鳴けば妻を「上」にする。
その程度のものです。
「上部下部構造」というのものは。

そんなこんなで、○は学問ではなくイデオロギーのカタマリ、と。
正確に言えば、○のフレームを使うにはいちいちイデオロギーが必要、ってか?

まーどうでもいいっすなw
 「 ○ は 板 違 い 」 
それだけ。

163 :かつてちんぽにんげんだった男:2007/05/27(日) 12:43:06 ID:Kcal4R5s
>>159
権力を握った人間はもはや資本家?、、、権力を利用して私腹を肥やしやすい
ということだろう。これは人間の欲望、本能の部分。マルクス経済学とは
関係ない。

164 :くろしろー ◆lKW0OnevWc :2007/05/27(日) 12:53:50 ID:kVGctG8C
>おお、たまには理解できるじゃねーか。
>○は学問じゃあない。
>政治的な理由で大学に巣食って学問を名乗っているだけ。
>実態はただの政治イデオロギー。
>そうやって権威を確保して政治的に優位に立ちたいだけ。
学問には二つあります。
まず第一点学問のひとつはおっしゃるような政治イデオロギーなのです。
権力者側が学問かどうかを決めるのです。
あなたもそうですね政治的にこのスレで優位に立ちたいから国一合格だのゲーム理論
をふりかざして優位に立ちたいだけ。それはもうごめんだといいたいのです。丸を知ろうとすれば
邪魔をするし、罵詈雑言を浴びせて不快なだけ。
第二は真理にたいする学問です。
しかしあなたには参加する権利がありませせん。
なぜなら学問をするには危険を伴います。常識をのりこえなればならないがあなたは丸のイデオロギー
を危険なものとして身につけられません。安全でも手に入る真理もありますが危険を冒さねば届かない真理もある。
丸がなぜ危険かというと一面ではプロレタリアの定義が真理だからです。だから私もこんなに役所のことで
悩まなきゃならない。

>「マルクス経済学学」ね。
違います。マルクス経済学史です。この板と関係あります。

>他人のせいにしない。
そういえば自分は何をやってもかまわないんですか?

>そもそもあなたが学問的手続きを一切無視した珍種そのものなのに、
>学問的な話が出来るわけが無いだろ?
学問的手続きとは?

>まさか>>152とかを学問的な話とか言いだすんじゃあないだろうね?wwwww
意味不明ですね。プロレタリアとブルジョアについて考察しただけですが。

>珍種
オナニーしてるのはあなたでしょう。私もしてないとは言いませんが。



165 :(・゜ω゜・) ☆まじめこて☆ ◆rgujENbs.s :2007/05/27(日) 12:58:01 ID:Lr6Ee5NF
駄目だこりゃwwww
新しく電波ちゃんも登場したし、まぁ仲良くやっててくださいw

166 :くろしろー ◆lKW0OnevWc :2007/05/27(日) 13:02:27 ID:kVGctG8C
上部構造ー下部構造というのは生産手段を持っているか持っていないかです

ですから労働者家庭内では通常は夫の労働力が下部構造6となります。

妻は、金銭的に夫の収入に依存し、下部構造と定義される。 ー>まるで理解してませんね
夫は、金銭的な理由により、妻の自由意志を拘束し、上部構造と定義される。 ー>まるで理解してませんね

妻は、夫の収入を略取し、上部構造と定義される。ーー>まるで理解してませんね
夫は、妻に収入を略取され、下部構造と定義される。ーー>まるで理解してませんね



その日の気分です。
お腹が痛ければ夫を「上」にし、棒が右に倒れれば妻を「下」にし、
さいころが3の目を出せば夫を「下」にし、犬が3回鳴けば妻を「上」にする。
その程度のものです。
「上部下部構造」というのものは。 ーーー>まったく違います労働力のみが生産手段なのですから夫から離れることはありません。

その程度のことならば、あなたフリーターやめれますか? 私も役所を辞めれませんよ。つまりは完全自給の生産手段を持たないからです。
それで不快な思いをする。重要なことではありませんか?



167 :くろしろー ◆lKW0OnevWc :2007/05/27(日) 13:04:35 ID:kVGctG8C
やっと消えてくれたか。これで丸を集めねばな。

168 :くろしろー ◆lKW0OnevWc :2007/05/27(日) 13:11:23 ID:kVGctG8C
>>163
資本家の権力とは何ですか? 生産手段を持つことですよね。そこから事業そのものや搾取(もしかすると搾取がないと成り立たないのかもしれない)で私腹を肥やします。
権力を握ったプロレタリアも同じです。いやもっとたちが悪い。生産手段をどうにでもできるし市場もないので、大躍進政策なんて、競争相手の制約がないため資本主義以下のトンでもをぶちまけて
やってくれますよね。

169 :(・゜ω゜・) ☆まじめこて☆ ◆rgujENbs.s :2007/05/27(日) 13:38:13 ID:Lr6Ee5NF
>>166
>上部構造ー下部構造というのは生産手段を持っているか持っていないかです

それがイデオロギーだっつーのwwwwwwwwwwwwwwwwww
マジで死ねよ低脳wwwwww

夫は家庭にとって対外的な労働力を生産し、妻は対内的な労働力を生産し、
それを生産要素として行使して、対価を得る。
どれも当たり前の生産活動だ罠。


つーかいい加減お前はブッちぎりで頭が悪いことを自覚しろ。
そしてお前ごとき糞が「学問」を語るな。

はっきり言って目障りで、邪魔。
さっさと死んでくれ。
酸素の無駄。



つーか俺ってホント優しいな。
こんなに熱心に間違いを指摘してやって。
世間様なら完全隔離放置対象にも暖かくレスを差し伸べる。

本人のためにならんかなw

170 :Jimmy:2007/05/27(日) 14:47:22 ID:YODo8LZd
麺吉と眠吉、その出会いと交流
・・・
キモ

171 :Jimmy:2007/05/27(日) 16:16:26 ID:/0sEoXIf
「私腹を肥やす」??
ンナのが経済学の言葉かよ。
「おまえのカーさんデベソ」と何らかわらンだろが。

172 :くろしろー ◆lKW0OnevWc :2007/05/27(日) 17:17:44 ID:8cz5znDR
>>169
だったらアンタバイトのみでなくてキャリアだったらそうかんがえるか? 気持ち悪いんで囲碁完全にスルーするが
このスレも死んだな

173 :くろしろー ◆lKW0OnevWc :2007/05/27(日) 17:44:23 ID:8cz5znDR
人格障害でもなんとか暮らしていける。非わな国だな日本は。

174 :くろしろー ◆lKW0OnevWc :2007/05/27(日) 17:48:36 ID:8cz5znDR
そもそも学問とは万人のものよ。受験でゆがんだな、哀れな。

175 :Jimmy:2007/05/27(日) 17:49:41 ID:YODo8LZd
精神障害の国家公務員も、2ちゃんで珍種しまくれる。
もうおはったなこの国。

176 :くろしろー ◆lKW0OnevWc :2007/05/27(日) 17:52:46 ID:8cz5znDR
よく漫画で見かける勘違いした子悪党とキャラがかぶるんだが,自なのかそれは?
たしかに社会人は無理だな。

177 :くろしろー ◆lKW0OnevWc :2007/05/27(日) 17:55:34 ID:8cz5znDR
別に二種などはじめかtら小役人よ。スレの終わりが見れてよかったな

178 :くろしろー ◆lKW0OnevWc :2007/05/27(日) 18:00:04 ID:8cz5znDR
つーかバイトヤつれが見えないのはなぜだ?

179 :くろしろー ◆lKW0OnevWc :2007/05/27(日) 18:37:53 ID:8cz5znDR
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A4%E3%83%87%E3%82%AA%E3%83%AD%E3%82%AE%E3%83%BC
たむけだ。安らかに眠れマルスレ。
このあと続くのなら興味があるが。

180 :Jimmy(心の醜い老人):2007/05/27(日) 18:48:54 ID:U/SNbz+N
さびしいなあ

181 :Jimmy(体はイケイケ):2007/05/27(日) 19:37:59 ID:YODo8LZd
まあまたドコかでチンシュと出会うかもな。


182 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/27(日) 19:45:18 ID:U/SNbz+N

人の痛みのわからない人(ぼけじじー)

183 :Jimmy:2007/05/27(日) 19:52:38 ID:YODo8LZd

クソバエ風情がナニか?

184 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/27(日) 19:54:20 ID:U/SNbz+N

かわいそうなひと


185 :Jimmy:2007/05/27(日) 20:02:09 ID:YODo8LZd

惨めなクソバエ

186 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/27(日) 20:23:47 ID:2v3wawz9
心の貧しい人

187 :Jimmy:2007/05/27(日) 20:29:37 ID:YODo8LZd

脳細胞が一つだけある、クソバエ。

188 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/27(日) 20:34:55 ID:2v3wawz9

人間として恥ずかしい人

189 :Jimmy:2007/05/27(日) 20:37:01 ID:YODo8LZd

クソバエとして完璧な物体。

190 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/27(日) 20:42:32 ID:2v3wawz9

人をいじめることしかできない人

191 :Jimmy:2007/05/27(日) 20:46:43 ID:YODo8LZd
クソバエをミンチにして麺吉に食わせる人。

192 :Jimmy(心の醜い老人):2007/05/27(日) 20:53:49 ID:2v3wawz9
パンティをくいこませたい


193 :Jimmy:2007/05/27(日) 20:58:58 ID:YODo8LZd
あれ、話し分かるじゃん。Tバックでお願いン(^з^)-☆

194 :Jimmy:2007/05/27(日) 23:58:47 ID:YODo8LZd
イテテテッ(>_<)
食い込んで、切れ痔に(T-T)

195 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/28(月) 02:05:07 ID:zrZaf+BB
すっ、凄いバトル、、
でも、二日ぶりに見たけどこのスレ何も進んでないおー

ちなみに疑問でつ↓

下部構造は上部構造に含まれるが、下部構造は上部構造に含まれないでOK?
ついでながら、上部構造の定義と下部構造の定義を具体的にはっきりして欲しいでつ

それから、塾長の主張は、搾取が存在する病気的な資本主義社会をいくら分析しても意味がないということ?
また、景気循環は、経済の支配者が起こしてるってこと?
スレを読んで、思ったことでつ、、


196 :Jimmy:2007/05/28(月) 11:01:11 ID:+YEskze2
ひまなのでちんぽをのばしてあそんでるよ

197 :Jimmy:2007/05/28(月) 11:34:30 ID:qPd6rXgW

ギョッ、何で分かる!?

198 :Jimmy:2007/05/28(月) 11:48:35 ID:+YEskze2
でも、いくらいじってもふにゃふにゃさ

199 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/28(月) 19:02:00 ID:zrZaf+BB
米国の穀倉地帯が自動車燃料のタンクに
食料とエネルギーで穀物の争奪戦が
レスター・ブラウン氏が農業環境シンポジウムで講演
「いま起こっている問題は、食料供給を人にするのか、車にするのかということであり、
この問題の決定的な問題点は、他の分野でみられるような仲介者・調停者が存在していないということだ」(略)
http://www.jacom.or.jp/news/news07/nous101s07052807.html

200 :Jimmy:2007/05/28(月) 19:38:45 ID:ktuAwzD+
くるまよりもおれはくるくるぱーだ
おれはガソリンのんで火をふけるぞ

201 :Jimmy:2007/05/28(月) 20:15:29 ID:qPd6rXgW
>>200
うん、わーたわーた。
あと頼むわ。

202 :Jimmy:2007/05/28(月) 20:31:20 ID:ktuAwzD+
こどもにいたずらしたい

203 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/29(火) 15:38:05 ID:IObTCjna
こんなんありますた↓

469 :名無しさん@七周年:2007/05/29(火) 15:25:59 ID:9ktAJ2C50
「泥棒国家(クレプトクラシー)の完成」(米経済誌「フォーブス」元記者B・フルフォード著)より抜粋
(1)現在の日本は、人類史上類をみない「泥棒国家」(クレプトクラシー)である。
民主主義国家ではありえないとされる一部の特権階級によるオリガーキー(寡頭政治)が行われている国であり、
本当の意味での国民の代表者が政治を行っていない。
彼ら、すなわち、政治屋、官僚、ゾンビ企業、ヤクザらが、
あなたが毎日一生懸命働いてつくりだした富を、手を替え品を替えて奪っているのである。
これは、まさに国家による収奪である。(中略)
そればかりか、2003年11月の総選挙で小泉“インチキ改革”政権の続投が決まったことによって、
このシステムはさらに強化されているのだ。(後略)
(2)なぜ、多くの日本国民が、いまだに自民党政治が、国民の財布からお金を巻き上げるだけの
「泥棒政治」(クレプトクラシー)であることに気がつかないのだろうか?(中略)
この国では、国民一般の勤勉さ、真面目さに比べ、政治家や官僚など支配層の人々の卑しさは、あまりにも異常だ。
彼らが一部の業界やヤクザと組んでこれまでやってきたのは、国民の税金を勝手に使って、
「車が通らない高速道路」「ただ水を貯めるだけに存在するダム」
「野菜を運ぶためだけの地方空港」「誰も利用しない市町村ホール」
「ただ官僚が天下るためだけに存在する豪華保養施設」などをつくることだけではなかったか?(中略)
そして、これらの公共工事と称する利権ビジネスで票とリベートをもらい、
それで私腹を肥やし、この国を民主主義国家から特権階級が支配する国家に変えてしまったのである。
その結果は途方もない借金の山である。
公的債務は約800兆円と言われるが、これに年金や公団・公社などの準政府部門の隠れ債務を加えれば、
その額はじつは2000兆円という説もある。(中略)
その結果、日本の国債の格付けは、アフリカの小国ボツワナ以下になってしまった。(中略)
それなのに、泥棒たちは、いまだに借金をやめようとしない。
国債を発行しまくり、道路もダムもまだつくるといって、年金カットや増税策を推し進めている。(中略)
それなのになぜ、あなたは怒らないのか?
なぜ、このような犯罪集団を選挙のたびに選んでしまうのか?(後略)


204 :Jimmy:2007/05/29(火) 20:17:25 ID:bMjcJwv8
めんきち〜

205 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/30(水) 17:01:53 ID:FSvs3cvU
みんな消えた
絶対おかすいでつ、おかすいでつ

206 :Jimmy:2007/05/30(水) 22:06:24 ID:a0eFjBpu
めんきち〜(^‐^)〜

207 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/31(木) 12:21:52 ID:EWexnxgf
age


208 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/31(木) 19:56:20 ID:jaodw5ta
【反体制TV局閉鎖へ】反米左派のチャベス政権、免許更新認めず 軍隊が各地の中継基地を占拠
1 :シガテラな本屋さんφ ★:2007/05/28(月) 11:51:52 ID:???0
5月28日9時0分配信 時事通信

 【サンパウロ27日時事】ベネズエラで反米左派のチャベス政権に批判的
だとして放送免許更新を拒否されていた同国最大の民放テレビ局RCTVが、
27日深夜をもって放送権を取り上げられ、実質的に閉鎖する。
 現地からの報道によると、同局は終日「友は永遠」と題した特別番組を
放送しているが、職員らはスタジオにこもって閉鎖に抵抗する構えを示し
ている。一方、首都カラカス市内では連日、反チャベス派市民らが閉鎖に
抗議。ロイター通信は、軍隊が各地の中継基地を占拠したと伝えている。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070528-00000020-jij-int


209 :Jimmy:2007/05/31(木) 20:02:00 ID:jfNK2CRH
面基地〜でつか?

210 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/01(金) 01:13:39 ID:Ks+30xts
今週の東洋経済にサミュエルソンのインタビュー記事あったおー
三回連続らすい、ハァハァ

貿易自由化は厚生を増やすが、分配の問題は別だとおっしゃってますた
塾長の出番ですぞ


211 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/01(金) 01:14:25 ID:Ks+30xts
しかし、みーんないなくなったお

212 :Jimmy:2007/06/01(金) 08:34:35 ID:G0CHKuZz
おまえはめんきちか?
おれには人を誹謗する資格があるんだぞ。


213 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/01(金) 16:53:00 ID:Ks+30xts
???

214 :Jimmy:2007/06/01(金) 18:40:11 ID:aE3WQrgt
チンポを噛んでください。女王様

215 :Jimmy:2007/06/01(金) 18:54:55 ID:KCDwzx9B
廃スレ決定デツね♪( ̄▽ ̄)ノ″

216 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/01(金) 19:23:27 ID:fgswc1Eb
「相手を批判するということは、同時に相手の学説の継承を意味するということである。
つまり「批判」と「継承」はメダルの裏表のようなものなのである。
(中略)
日本において、こういうことはまず絶対に起こり得ない。何しろ、意見というものは実体的であって、
その人の人格とは不可分だと信じられているのだから。
たとえば、マルクスを例に採れば、日本ではマルクスに盲従するか、反発するかの二つに一つしか道がないのである。
マルクスのこの部分はひじょうにいいから貰っておこう、この部分は悪いから捨てようなどということは、まずやらない。
もし、そういうことをする学者がいたとすれば、間違いなく、あいつは無節操だと非難される。
しかし、本来、そういうことは無節操とはまったく関係がない。
科学的態度とは、優れたものを採り、自分の仮説とするところから出発しているのだから。だが、困ったことに、
日本の学者はほとんどそういうことをしないのである。」
小室直樹(数理的思考/P.186〜187)より
★「マルクスに盲従するか、反発するかの二つに一つしか道がないのである。」これはサイエンスをしているのではなく、宗教なのである。
だから、論争しても日本では宗教論争になりがちなのである。

「最初に、まず一つの仮説を立てる。そして、その仮説を実証する。実証してみて、もちろん完全に証明される場合もあるわけだが、
大抵は、いやそうじゃない、もっといい仮説がありそうだということになって、また、よりよい仮説を立て直す。
また、それを実証する、またよりよい仮説を立てる。
そんなチェーンがどこまでも続くことになり、これが、つまり科学の方法であり、
この方法で研究するなら、たとえ研究するなら、たとえ研究対象が何であっても、科学といえるのである。」
小室直樹(数理的思考/P.167)より

 ★よく「陰謀的なことを言うな!」という人がいるが、その陰謀的なことも 仮 説 である。
あくまでも 仮 説 なのだから何を言ってもよいということである。
このことがわからないものはサイエンス(科学)のサもわからないものである。そういうものは無視してよい。
ただし、実証、証明もせず、「これは事実なのだ!」という者は論外なので注意されたし。


217 :Jimmy:2007/06/01(金) 20:14:14 ID:aE3WQrgt
おれはボケ老人なので廃人決定デツ♪( ̄▽ ̄)ノ゛

218 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/01(金) 22:16:21 ID:Ks+30xts
>二つに一つしか道がない
おかしいと思うでつ
そんなことを言ったら、学説の多様性が保てないおー
例えば、穴○とか、、


219 :Jimmy:2007/06/01(金) 22:22:28 ID:gOjOxL2v
>>216
>ただし、実証、証明もせず、「これは事実なのだ!」という者は論外
こーむろー、藻前だろが・・・

220 :Jimmy:2007/06/01(金) 22:24:02 ID:gOjOxL2v
>>217
デツねWW

221 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/02(土) 03:12:37 ID:GF/cHtsB
こーむろーセンセの一般向けの啓蒙書は読んだことあるけど、ぜんぜん印象に残ってませんでスマソ
でも、>>216はおもしろそだおー
図書館で探してみるでつ

小室直樹文献目録
(5-3) 2003年
データ数:20
(2004年5月24日改訂)
http://www.interq.or.jp/sun/atsun/kom/2000-2009/2003.htm

◆『数理的思考』(小室直樹著、オンデマンド独自復刊)
この本は、副島隆彦の師(mentor)であります小室直樹博士が初期に書いて埋もれてしまった、幻の名作をSNSIとして独自に発掘して復刊したものです。
きれいな表紙デザインにして、各ページも読みやすくして、出来る限りお客様の満足度を高めてもらえるように工夫いたしました。
http://soejima.to/boards/atsun/21.html

222 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/02(土) 03:19:42 ID:GF/cHtsB
相対化のなせる技だお↓

【8:434】 【中国】まさに天才?!とんちで泥棒撃退
beチェック
1 :出世ウホφ ★:2007/06/01(金) 17:39:48 ID:???0
まさに天才?!とんちで泥棒撃退―北京市

http://ca.c.yimg.jp/news/20070601091507/img.news.yahoo.co.jp/images/20070601/rcdc/20070601-00000003-rcdc-cn-view-000.jpg
発想の転換で、泥棒の撃退に成功したマンションが話題となっている。一休さんのとんちを思わせる名案だ。
発想の転換で、泥棒の撃退に成功したマンションが話題となっている。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070601-00000003-rcdc-cn


223 :Jimmy:2007/06/02(土) 07:58:49 ID:HuBwE6nf
まんこ

224 :Jimmy:2007/06/02(土) 18:10:52 ID:HuBwE6nf
おれのちんぽを改造してどらえもんにしたい

225 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/02(土) 20:14:27 ID:GF/cHtsB
塾長はどこに逝ったでつかw

226 :Jimmy:2007/06/02(土) 20:23:43 ID:HuBwE6nf
くろしろーにおれのちんぽをしゃぶらせたい

227 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/03(日) 01:18:08 ID:6W23U4cI
○スレがうほっスレでつか、うほっ!

228 :Jimmy:2007/06/03(日) 09:23:52 ID:sj1upkEj
うほっっほ!うほうほ!鼻毛、はなげ、ばくだんだー


229 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/03(日) 09:48:20 ID:6W23U4cI
うほっ!

230 :Jimmy:2007/06/03(日) 11:09:57 ID:sj1upkEj
はなげをちんぽにくつけたい

231 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/04(月) 02:03:07 ID:QI+2GO11
ジミー先生なら、たまにAAを使うはず
なんか怪しいでつ

232 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/04(月) 02:08:17 ID:QI+2GO11
今日、眺めていた本にいいことが書いてあったお

「植民地時代は、搾取する人間は肌の色が違うからそれとなくすぐ分かった。
でも、今では搾取する人間は我々と同じ肌の色で、同じ方言まで使う」、
と、、

資本主義経済の発展は、搾取をも巧妙にさせるのかもー
フリッチョ・カプラの本からですた
タイトルは忘れた、、
寝よ

233 :Jimmy:2007/06/04(月) 05:43:56 ID:A0sfeFYE
>>231
タリメーだろが。絡んでくる相手もなしに「荒らし」はやらんよ。
メンキチ、糞バエもどこかに消えた現今、意味ないっしょ。

234 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/04(月) 17:39:04 ID:QI+2GO11
スシで読み解くグローバル経済 米ジャーナリスト考察
 「地球規模の巨大ビジネスは、往々にして血も涙もない大企業が主役で、個人はその犠牲として位置づけられる。
しかし、スシ・エコノミーでは、だれかがすべてを支配し、搾取するということはない」
こうしたユニークな環境の構築について、アイゼンバーグ氏は日本人の特質が大きく作用したことを強調する。
その特質とは、硬直した大企業文化ではなく、築地市場にみられるような柔軟なネットワーク文化だという。
http://www.sankei.co.jp/kokusai/usa/070604/usa070604003.htm

235 :Jimmy:2007/06/04(月) 20:22:28 ID:o5PvPsRz
めんきち〜〜

236 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/05(火) 03:43:31 ID:mkofcO/S
共産主義は、人間をロボットにするしか実現の可能性はない。
ソ連型社会主義は別物。

237 :Jimmy:2007/06/05(火) 20:27:41 ID:cXKl31ya
このスレは終わったな。
○を語るハズもなし(−‥−)沈黙

238 :Jimmy:2007/06/05(火) 23:34:31 ID:uUMIAXVd
『資本論』、まあこのタイトルの訳から違和感ありだな。
Das Kapital 「資本」だろが。「論」を付けるか付けないかの、
ビミョーな違い、とくと噛みしめてや。

XXの○○○○噛みしめて・・とかきっと来るぞ。来い来い。

239 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/06(水) 01:45:58 ID:LFIWOqiW
資本の形態や定義について語るなら「ザ・資本」でもよさそうでつが、資本のおよぼす影響について語っているから資本論、、
うーむむ、、

240 :Jimmy:2007/06/06(水) 06:51:08 ID:gZw38Hjl
>>239
「論」をくっつけると、何か対象を突き放して分析的に考察するという、ニュアンス
が強くならないかな。
そこを剛毅に、「ザ・資本」。資本をして資本自身を語らしめる。いいねえ。

因みに前編の位置付けである、『経済学批判』は『資本』では副題に後退している。
これも同趣旨ではないだろうか。

241 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/06(水) 08:51:14 ID:tDQdogGF
なんか回りくどいやつの集まりだなここは。
本の題名なんかどうでもいいわけよ。

242 :Jimmy:2007/06/06(水) 09:16:46 ID:Uuj2P/FI
>>241
キターーーッ!
おかえり。

243 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/06(水) 09:34:37 ID:TQn/Cq5i
阪大社研の先生が「おせっかいを学問する」
という記事を書いたらしいのだが
誰か解説を頼む。


244 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/06(水) 17:19:53 ID:LFIWOqiW
>>240
>剛毅に、「ザ・資本」。資本をして資本自身を語らしめる
なるほどー、よく覚えときますでつ
ちなみに、日本に輸入された時代背景とも関係あるのでつか?
「資本論」、、

謹啓の祖先ワルラスあたりだと、資本(家)とか貨幣ってちょっぴりしか出てこないらすい、、
根岸センセの啓蒙書に書いてありますた


245 :Jimmy(ばかじじい):2007/06/06(水) 20:10:49 ID:lYHgAE3+
なんでもねーよ


246 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/06(水) 21:29:45 ID:O+snmtVH
宗教は民衆のアヘンである。マルクス主義も擬似宗教じゃないの?

247 :Jimmy:2007/06/06(水) 23:37:20 ID:gZw38Hjl
>>243
『論座』7月号 大竹文雄 「おせっかい」を学問する
だな。
 ンなんより青木昌彦の対談の方に目が行ってしまって。宇野三段階論
に言及し彼の総合社会科学構想の原型があることを、仄めかしておられる。
オッシャー!
35年前にも同趣旨のことを、発言されていたのよ。
>>244
時代背景はわからんな。後に国家社会主義者に転じた高畠素之訳が嚆矢だが、
ここで「資本論」とした。当時としては高畠はマルクス研究の第一人者
だったとか。Wikiでもご覧になって。

248 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/07(木) 10:19:02 ID:AtMOeVwy
 "Wealth of Nations" が『国富論』、"On Liberty " が『自由論』と訳されたのと
同じで深い意味はないよ。
 『国富論』→『諸国民の富』と同じような流れで、かつて『コンメンタール資本』
なんていうのもあった。しかし、ただの『資本』ではダス・カピタルのような響きの
強さがないからなー、定着しそうにない。

249 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/07(木) 17:16:29 ID:t4lKdsjh
>>247
>国家社会主義者に転じた高畠素之訳
ググってみたけど、よく分かりませんですた
ちなみに、国家社会主義ってのは開発独裁とか、戦後40年体制と関係ありそうな希ガス

250 :Jimmy(心の醜い老人):2007/06/07(木) 21:58:23 ID:tzbN/Wk6
なんでもねーよ

251 :くろしろー ◆lKW0OnevWc :2007/06/07(木) 23:48:31 ID:beNsGpPS
>>169

>それがイデオロギーだっつーのwwwwwwwwwwwwwwwwww
>マジで死ねよ低脳wwwwww

それがイデオロギーだっつーのwwwwwwwwwwwwwwwwww
マジで死ねよ低脳wwwwww





252 :くろしろー ◆lKW0OnevWc :2007/06/07(木) 23:49:53 ID:beNsGpPS
はっきり言って目障りで、邪魔。
さっさと死んでくれ。
酸素の無駄。



つーか俺ってホント優しいな。
こんなに熱心に間違いを指摘してやって。
世間様なら完全隔離放置対象にも暖かくレスを差し伸べる。

本人のためにならんかなww

253 :くろしろー ◆lKW0OnevWc :2007/06/08(金) 00:02:56 ID:QQMM00Re
俺は面白いこれがキャリアだと思っていたらバイト!
ゲーマーにもなれなくてギャラリー!
ああすばらしい。無職版で愚痴たれとけwwwwwwww

254 :くろしろー ◆lKW0OnevWc :2007/06/08(金) 00:08:06 ID:QQMM00Re
人格破綻者レスの連発で教師が適職!
すばらしい!

ネットとリアルは違う。そりゃおまえのみじめさは天然モノよ。


お金持ちのおうちで親と喧嘩か。
ヒッキーも楽じゃないな。wwwwww

255 :くろしろー ◆lKW0OnevWc :2007/06/08(金) 00:11:54 ID:QQMM00Re
めんきちーーーwwwwww

256 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/08(金) 01:46:33 ID:guqsxk7D
???

257 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/08(金) 02:10:25 ID:hr/OQqdp
マルクスについてゼミで勉強してます。(経済学史)

マニュファクチュアと大工業の違いについてマルクスは
どのように考えているか説明せよ。

という宿題があります。わからないので誰か教えてください。

258 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/08(金) 08:45:57 ID:GlNPB0AS
ちんぽ

259 :くろしろー ◆lKW0OnevWc :2007/06/08(金) 13:46:49 ID:VJFHRt6C
>>257
資本論読めばいーじゃねーか。読みやすいところだぞ。

260 :くろしろー ◆lKW0OnevWc :2007/06/08(金) 13:58:10 ID:VJFHRt6C
ただ俺もかなり忘れちまったが機械にあっては人間が逆に機械の分業に支配され、部品のように働くとあったぞ。

261 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/08(金) 15:09:18 ID:guqsxk7D
>マニュファクチュアと大工業の違いについて
生産手段の所有関係でつか?



262 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/08(金) 15:12:38 ID:SmV4mPfr
分業が進めば進むほど最終生産物には一人当たりの労働が反映する割合が減りますしね。
こういう第二義的疎外って他国ではどう訳されてるんだろ

263 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/08(金) 17:04:40 ID:guqsxk7D
分業が進むには、市場を創り出す企業家ないし資本家が必要になるってことでつか?

>第二義的疎外
って何でつか?



264 :くろしろー ◆lKW0OnevWc :2007/06/08(金) 18:48:26 ID:VJFHRt6C
しかしマルクスは過去からの批判に過ぎん。分業云々はマニュファクチュアからあったが、
その前の生産状態が自ら完成体を労働とすることが出来た。
しかし分業しねーとこの人口を支えるのは無理。マルクス主義は捨てるべき思想なのだ。

265 :くろしろー ◆lKW0OnevWc :2007/06/08(金) 18:53:14 ID:VJFHRt6C
貴下貴下の突き進む果てにしか未来はない。

266 :くろしろー ◆lKW0OnevWc :2007/06/08(金) 18:54:26 ID:VJFHRt6C

>貴家貴下
機械化失礼

267 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/08(金) 19:04:53 ID:guqsxk7D
「神の銀行家」変死、マフィアら無罪 謎解けぬまま…
2007年06月08日08時39分

 ローマ地裁は6日、バチカンとの深い関係から「神の銀行家」と呼ばれたイタリア最大銀行の頭取が25年前、銀行倒産後にロンドンの橋で死体で発見された事件をめぐり、
殺人罪などに問われていたマフィア幹部など5人の被告全員に無罪判決を言い渡した。
 事件では、背景となった銀行倒産の原因にバチカンの宗教事業協会(通称・バチカン銀行)関連の多額の融資焦げ付きが指摘され、波紋を呼んだ。
当初自殺とされながら、遺族らの訴えを機に05年に公判が始まった。検察側は動機として頭取が過去のマネーロンダリングを暴露するのをマフィアが恐れたことなどをあげたが、
判決は4人について証拠不十分、1人について「証拠なし」とした。(略)
http://www.asahi.com/international/update/0608/TKY200706080037.html


268 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/08(金) 20:07:07 ID:guqsxk7D
【フェアトレード】「理解を」市民団体がイベント 環境大生も手伝う「安い物には理由があり搾取されて生産している人がいること知って」鳥取
1 :シガテラな本屋さんφ ★:2007/06/06(水) 21:35:29 ID:???0
6月6日15時3分配信 毎日新聞

 途上国の農民らが作ったコーヒーなどを無料で提供する鳥取市の市民団体「フェアト
レード・カフェ(FTC)」主催のイベントが同市的場2の駐車場で開かれた。貧困に
苦しむ人が作った商品を公正な対価で支払い取引する貿易「フェアトレード」の趣旨を
広く知ってもらうのが狙いで、賛同した鳥取環境大の学生らもボランティアで手伝った。

 FTCは身近に売られている農作物などが大企業で不公平に生産・販売され、途上国
の生産者や手工芸職人を苦しめているとして、フェアトレード商品販売会社(同市的場
2)を経営していた長屋明子さんが06年10月、市民に理解を求めるため発足した。
 ボランティアで参加した同大生約10人らが、来場者らにネパール・ペルー産コーヒ
ーやインド産紅茶のほか、フィリピンのセブ島やルソン島の小規模農家が育てたマンゴ
ーのドライフルーツを無料提供し、フェアトレードの説明をした。FTC世話人の長屋
さんと同大環境政策学科2年の稲荷寛人さんは「海外で作られた安い物を日ごろ買って
しまいがちだが、安い物には理由があり、搾取されて生産している人がいることも知っ
てほしい」と声をそろえていた。
 問い合わせはFTC事務局(略)。【山下貴史】

6月6日朝刊
最終更新:6月6日15時3
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070606-00000256-mailo-l31


269 :Jimmy:2007/06/08(金) 20:28:28 ID:Atw8JgS1
チンポが、ちんぽが、、、ちんぽがかゆい

270 :Jimmy:2007/06/08(金) 22:42:29 ID:nWRWynqC
>>264
87 :くろしろー ◆lKW0OnevWc :2007/05/26(土) 09:15:02 ID:Rl3ME3Em
>>86
おたがい様とは思えんな。不快なものは不快だ。分業社会が嫌いだから、わたしはそこに改善する
価値があると思うのだよ。そういう労働実験をこつこつやることが科学の精神ではないかね。

は?

271 :Jimmy:2007/06/09(土) 06:55:33 ID:TCTUZGzN
くだらんねー、2ちゃんねるだよ。本気になるなよ

272 :くろしろー ◆lKW0OnevWc :2007/06/09(土) 08:08:52 ID:GPgmLIET
>>270
まあだからこそ労働市場の情報開示が必要になるのであって、今の社会はそれを隠しすぎるのよ。
それに機械化の果てのオートメーションが機械からの開放だと思うね。

273 :Jimmy(ばかじじい):2007/06/09(土) 08:20:31 ID:rp8fhcsm
面基地。また論点のすり替えか?あんた言ってる事コロコロかわるね。
常に自分の考えがなく。受け売りの証拠だ。

274 :Jimmy:2007/06/09(土) 09:37:32 ID:WZ08hVVN
>>273
禿同。続行ヨロ。

275 :くろしろー ◆lKW0OnevWc :2007/06/09(土) 19:06:31 ID:y0iw7S5Q
労働市場の情報の開示は一貫している。
ただ機械の廃止など無理だからオートメーションに行き着けと。

276 :くろしろー ◆lKW0OnevWc :2007/06/09(土) 19:26:50 ID:y0iw7S5Q
あと第三の階級として官僚が重要だ。官僚は資本家の手先だけではなく当たり前だが、国家の手先だ。
ここら辺がわかってなかったから、国家の消滅などと簡単に言えたわけだ。

277 :本物の偽Jimmyだかナンだか知らないが:2007/06/09(土) 20:36:55 ID:JCYM+Twp
ぜんぜんちがう。あなた社会的分業について理解してない。
また、ある時は必要、あるときは不必要。指摘されると
情報開示なんて漠然としたこといってごまかす。
資本主義でも社会主義でも社会的分業は必要だろ。
問題は市場経済のなかで生み出される無駄だろ。
まあ、いくら本読んでも曲解しかしないから無理だ。

278 :くろしろー ◆lKW0OnevWc :2007/06/09(土) 22:16:37 ID:MKNj+hfW
私は社会的分業を理解している。嫌いなだけだ。

279 :くろしろー ◆lKW0OnevWc :2007/06/09(土) 22:21:54 ID:MKNj+hfW
労働市場の情報公開を常に一環して求めているのは、社会的分業の
おいしい部分にしゃぶりつきたいだけだ。だが相続という才能がないと
資本主義社会では無理みたいだ。

280 :(・゜ω゜・) ☆まじめこて☆ ◆rgujENbs.s :2007/06/09(土) 22:22:29 ID:wqur5shb
てめーの好き嫌いなんぞどうでもいい。
リアルで病院に隔離されとけ。
目障り。

281 :くろしろー ◆lKW0OnevWc :2007/06/09(土) 22:25:03 ID:MKNj+hfW
バイトも首でヒッキーか。wwww人格障害として病院に閉じこもった方がいい
いはおまえの方だ。

282 :くろしろー ◆lKW0OnevWc :2007/06/09(土) 22:28:07 ID:MKNj+hfW
国一受かってバイト。なさけなさすぎ。

283 :(・゜ω゜・) ☆まじめこて☆ ◆rgujENbs.s :2007/06/09(土) 22:38:26 ID:wqur5shb
つか、俺フリーターでもないんだけど。

その妄想は一体どこから来たの?
マジでやばいよ君の脳ミソ。
イカれてる。
本当は統合失調症だと、そろそろ気付いていいんじゃないかな。

お前の主治医も困った奴だな。
さっさと檻にいれりゃあいいものをさ。
禁治産者を処分するよりも、役人に据えといて通院させた方が儲かるからしゃーないか。
やれやれ。

284 :くろしろー ◆lKW0OnevWc :2007/06/09(土) 22:43:39 ID:MKNj+hfW
どんどんばれるねえ。バイトも駄目かい。親ががりか。www
俺は少なくとも首になったことはないよ。

285 :くろしろー ◆lKW0OnevWc :2007/06/09(土) 22:48:10 ID:MKNj+hfW
親掛かりで勉強の合間にバイトですか。www将来有望ですなあ。

286 :くろしろー ◆lKW0OnevWc :2007/06/09(土) 22:57:26 ID:MKNj+hfW
親掛かりなんていわれて普通社会人だったら、何々会社につとめてるよと書くもんだがねえ。
前にバイトがどうのって書いてたし、今度はフリーターでもないと告白
確かにバイトやつれが感じられないね。
親掛かり。チリのワインで現実逃避しちゃ駄目だよーン

287 :(・゜ω゜・) ☆まじめこて☆ ◆rgujENbs.s :2007/06/09(土) 23:10:19 ID:wqur5shb
>何々会社につとめてるよと書くもんだがねえ。

キチガイでもあるまいし、ネットに個人情報書き込む馬鹿がどこにいるんだ?
知能は0の上、社会常識も全くないよな、お前は。
会社や役所でいびられるのも当たり前。

さっさと檻に帰れよ糞虫。

288 :くろしろー ◆lKW0OnevWc :2007/06/09(土) 23:10:31 ID:MKNj+hfW
http://human7.2ch.net/dame/
お前にぴったりの居場所はここだ。wwwwww

289 :くろしろー ◆lKW0OnevWc :2007/06/09(土) 23:12:07 ID:MKNj+hfW
別に会社員だよって書いても痛くもかゆくもねーだろ?
やっぱり親掛かりだ。wwwww

290 :(・゜ω゜・) ☆まじめこて☆ ◆rgujENbs.s :2007/06/09(土) 23:15:08 ID:wqur5shb
親なんか正月以来あってねーから。
てめぇが役所に吸い付くゴミ虫の分際で、他人を同類にしないで。

つーか檻に帰れ。

291 :くろしろー ◆lKW0OnevWc :2007/06/09(土) 23:19:51 ID:MKNj+hfW
いまおもいついたのかな。頭悪すぎだねえ。wwwww
お前は以前バイトがどうのと書いた。それは真実だ。
フリーターでもない、役人でもない。会社はうそ臭い。wwwww


292 :くろしろー ◆lKW0OnevWc :2007/06/09(土) 23:21:53 ID:MKNj+hfW
役所の仕事で名誉の負傷をおったんだから、それを保障しないのはまずいよねえ。

293 :(・゜ω゜・) ☆まじめこて☆ ◆rgujENbs.s :2007/06/09(土) 23:23:46 ID:wqur5shb
フリーターがどうのこうのはその時点の話。
お前は生まれてこの方ずっと北海道地方整備局にいるのか?
違うだろ。
今はフリーターではない。
会社員でもない。
親元にもいない。
それだけだ。

頭使え。

294 :くろしろー ◆lKW0OnevWc :2007/06/09(土) 23:26:09 ID:MKNj+hfW
学生しか答えはないが院生か?wwww

295 :くろしろー ◆lKW0OnevWc :2007/06/09(土) 23:33:37 ID:MKNj+hfW
国二か地方公務員って筋があるがこいつはあの酒社会でチリのワインを聞くからこれはなし。
残りは教師くらいか? でも酒社会だよなあ。こんな先生に教わるのはむごいしな。wwww

296 :くろしろー ◆lKW0OnevWc :2007/06/09(土) 23:35:52 ID:MKNj+hfW
俺にあこがれていたよな。教師って俺にぴったしかと。違うなあ。

297 :くろしろー ◆lKW0OnevWc :2007/06/09(土) 23:36:28 ID:MKNj+hfW
失礼、前に

298 :くろしろー ◆lKW0OnevWc :2007/06/09(土) 23:38:20 ID:MKNj+hfW
まあこいつが人格破綻者であることには間違いない。wwwww


299 :くろしろー ◆lKW0OnevWc :2007/06/09(土) 23:47:45 ID:MKNj+hfW
まあ、ここにいてももう利用価値はないな。wwwww

300 :(・゜ω゜・) ☆まじめこて☆ ◆rgujENbs.s :2007/06/09(土) 23:49:28 ID:wqur5shb
壊れているのはお前の脳ミソだけ。
俺は仕事も人間関係も順調。
勝手に妄想膨らませときな。

「自分は悪くない。悪いのは他人(社会)」

いつものパターンだよな。
糞虫特有の自分中心糞妄想。
てめーの人格破綻をこっちに振ってくんな。
筋金入りの屑が。

301 :(・゜ω゜・) ☆まじめこて☆ ◆rgujENbs.s :2007/06/09(土) 23:51:06 ID:wqur5shb
よしよし。
その調子で二度と出てくんな。

人格破綻の糞虫野郎。

302 :くろしろー ◆lKW0OnevWc :2007/06/09(土) 23:51:41 ID:MKNj+hfW
お前だって同じじゃないかwwwwwいつも自分は正しく、相手には誹謗中傷wwwwww

303 :くろしろー ◆lKW0OnevWc :2007/06/09(土) 23:53:13 ID:MKNj+hfW
大体お前マルクスに興味が無くて何でここにいるの?

304 :(・゜ω゜・) ☆まじめこて☆ ◆rgujENbs.s :2007/06/09(土) 23:58:03 ID:wqur5shb
>いつも自分は正しく、相手には誹謗中傷wwwwww

誹謗中傷をするな。

俺は「自分が正しい」など全く思っていない。
そして誹謗中傷などしていない。
お前は糞だとただ事実を指摘しているだけ。

消えろ屑。

305 :くろしろー ◆lKW0OnevWc :2007/06/10(日) 00:00:51 ID:Mt8ikGhr
まあしゃああんめい。古典マルクスの読書会でもやりたかったんだが。厨しか来ない。

306 :くろしろー ◆lKW0OnevWc :2007/06/10(日) 00:03:31 ID:Mt8ikGhr
嘘付けwwッをまえはいつも自分が正しく相手に誹謗中傷wwww
マルクスに興味があればいいけど激しく拒否。じゃあ何でここにいるんだ?

307 :(・゜ω゜・) ☆まじめこて☆ ◆rgujENbs.s :2007/06/10(日) 00:12:56 ID:fW/L1DVk
俺は価値判断の限界をよく知っているからな。
自分の「正しさ」についてもよく知ってるんだよ。
お前とは違ってな。

そしてお前が真性の屑である事は事実。
会社や役所、そして2chでイビられるのも当り前。
自覚しろ。
同時にお前が仕切る「読書会」とやらに誰が来ると思うんだ?
いい加減理解しろ。
お前の存在自体が邪魔で迷惑なんだよ。

じゃあな糞虫。
二度と出てくるな。

308 :くろしろー ◆lKW0OnevWc :2007/06/10(日) 00:25:22 ID:Mt8ikGhr
結局あれかなんとなく流れ着いて自己正当化できないと、誹謗中傷wwww
それを相手が認めないんで延々と駄レスを繰り返す。wwww
頭おかしいよお前としか言ってもらえないんだろう。wwwww


309 :くろしろー ◆lKW0OnevWc :2007/06/10(日) 00:28:29 ID:Mt8ikGhr
まあお前動機はわかった。意地だろ。? 悪いけどでてってくれ
マルクスについて俺は語りたいんだ。お前と誹謗中傷合戦は飽きた。www

310 :くろしろー ◆lKW0OnevWc :2007/06/10(日) 00:31:28 ID:Mt8ikGhr
自分の正しさをよく知っているならばマルクスに関してなんら学ぶ姿勢のない
お前が居座るのが間違ってるのはわかるな?
自分で、自分の価値判断の正しさの限界を知っているんならな。
後はお前に関係ないだろ?

311 :くろしろー ◆lKW0OnevWc :2007/06/10(日) 00:35:28 ID:Mt8ikGhr
やれやれ、やっと出て行ってくれるか。
さて皆さんお見苦しいところもありますがマルクス古典について語りませんか?

312 :くろしろー ◆lKW0OnevWc :2007/06/10(日) 00:49:34 ID:Mt8ikGhr
私は今トロツキーの永続革命論を読んでいます。この本を読んだ方。
特に中心的なポイントなど示唆していただければ幸いです。
私が読んだマルクス関連書籍は資本論、共産党宣言、フランスにおける内乱、ユダヤ人問題によせて、へ-ゲル法哲学批判序説
ゴータ綱領批判、ルイ・ボナパルトのブリュメール十八日、ロシア革命史、裏切られた革命、国家と革命、帝国主義論、空想から科学へ
あとE・H・カー「ボリシェビキ革命」「一国社会主義」、共産主義黒書、以上です。

313 :くろしろー ◆lKW0OnevWc :2007/06/10(日) 00:55:42 ID:Mt8ikGhr
かなり前に読んだので記憶に乏しいものもあります。では寝ます。

314 :くろしろー ◆lKW0OnevWc :2007/06/10(日) 07:53:34 ID:XPTq4n6v
おはようございます。まず永続革命論ですが面白い表現がでてきます。
やるか永遠にやらないかです。
これは革命の蜂起というものが一時的な熱情に過ぎず、
そのあとは幻滅するものだということを表しています。
しかし重要なのはその日常における継続的な何かではないでしょうか?

315 :くろしろー ◆lKW0OnevWc :2007/06/10(日) 08:09:04 ID:XPTq4n6v
またレーニンがモスクワから蜂起せよ。といっているのは隠れ家にこもっていて、
革命を肌で感じられないからだといっています。
つまり革命とは雰囲気に過ぎないのでしょうか?
マルクスの理論と反対します。
なぜなら、マルクスの場合、それが単なる雰囲気ではないからです。
日常に現れることだからです。
僕はこの永続革命論ははじめ、革命を起しても、また腐敗するので革命を続けなければいけない
ということかと思ってました。ところが10月革命の焼き直し本というのが僕の評価です。
永続革命論は今日の夜一時間読むつもりです。
今日は広瀬隆の「億万長者はハリウッドを殺す」を午前中読んで
午後は掃除です。

316 :くろしろー ◆lKW0OnevWc :2007/06/10(日) 08:18:08 ID:XPTq4n6v
資本家、労働者に加えて官僚というものを加える必要があると思っています。
この点で、フランスにおける内乱で、高級官僚の給料を抑えよと書いてあったのかと思います。
これは一面では正しいが高級官僚ほど忙しく、給料を払わなければならないという面も重要だと思います。
しかし「億万長者はハリウッドを殺す」を読むと何々会社の重役が閣僚になるケースが多く、それが
既得権益をもたらしてということが非常に多いのです。

317 :くろしろー ◆lKW0OnevWc :2007/06/10(日) 08:30:46 ID:XPTq4n6v
革命を起すと革命家はすぐさま官僚になります。この点を重視すべきではないでしょうか?
官僚とは暴力的バックグラウンドを元に、税金でその所得をもたらすものであり、
高級官僚は生産手段の指揮権を握ってしまいます。結局は資本家と同じであり、
しかも独占を果たしてるから思いのままです。独占資本の最も進んだ形が
高級官僚だといいえると思います。これでは国家の消滅など夢のまた夢であり、
何故そういいきれるのかが不思議です。

318 :くろしろー ◆lKW0OnevWc :2007/06/10(日) 08:54:30 ID:XPTq4n6v
俺には志があるからなといっても、それを否定したのがマルクス「経済学批判」の序文にでてくる
上部構造ー下部構造です、生産手段を持たなかった場合、「志」があっても、下部構造が変わると
豹変というのはわかる気がします。ましては独占資本以上の独占です。売るー買うと言う投票がないのです。
計画し実行することが出来、国家暴力を背景に出来ます。これはロックフェラーやモルガンがKKKなどに資金
を出し、ロスチャイルドがアパルトヘイトの推進者であり、ブルーデルボンドを飼いならしたことより重要です。

319 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/10(日) 09:31:10 ID:sFXq3Oal
妄想世界のたわごと。延々書くの止めろ。
あんた友達パソコンだろ


320 :くろしろー ◆lKW0OnevWc :2007/06/10(日) 10:26:28 ID:XPTq4n6v
それはいえるかも。ただ2chには失望のきわみです。情報がぜんぜん入ってこない。本読んでブログにした方が、
まだましですね。まあそれだけマルクスがどうでもよくなってるんでしょうけど。

321 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/10(日) 10:50:08 ID:sFXq3Oal
あなたなに考えてるの?
あなたの2ちゃんねるの書き込み独りよがり。おもしろくないの。
だから読んだ人も腹たってくるんだ。
だから嫌になる。それだけよ

322 :くろしろー ◆lKW0OnevWc :2007/06/10(日) 11:02:37 ID:XPTq4n6v
もっと具体性がほしいですな。官僚のあたり? 資本家の記述のこと? 資本家の知識は広瀬隆の受け売りなんですが。w
ともあれ官僚というものを一度考えてみた方がいいとは思いますよ。

323 :くろしろー ◆lKW0OnevWc :2007/06/10(日) 11:18:20 ID:XPTq4n6v
定義すると官僚とは暴力的実体をバックに国家というものをつくり税金を取り立てるやからのことです。
たとえば貴族なんかもそうですな。北朝鮮もそういう意味では退行した国家と考えるとわかりやすいでしょう。

324 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/10(日) 11:21:12 ID:jHonnnMY
小室直樹の本を久しぶりに眺めてたお
一般人向けの啓蒙書のせいか論理に飛躍があり杉でしたでつ
でも、読みやすいし、おもしろかったので、もうちょっと読もー
今日の塾長は、妙に冷静でつね
ちょっと不気味
では、、

325 :くろしろー ◆lKW0OnevWc :2007/06/10(日) 11:28:24 ID:XPTq4n6v
いやマジメ君との争いが終わったというのもありますし。不眠症で朝は起きられないんですが、今日はそれを克服
出来たので遅刻を線ですむというのもありますな。私は4時までに広瀬の本を読んであとは大掃除ですな。

326 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/10(日) 11:34:39 ID:sFXq3Oal
>>322
すべてメンヘラきちがいだからだよ。ははははっ
おまえばか?官僚、官僚ってお前官僚になればいいだろ
なにせ日本一エライからな

327 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/10(日) 11:46:03 ID:jHonnnMY
>大掃除ですな。
うー、漏れも
一度も読んだことのない○本をなんとかしたいでつ
読破するのに、10年はかかるな、、





328 :くろしろー ◆lKW0OnevWc :2007/06/10(日) 11:49:01 ID:XPTq4n6v
いや私は双極性感情障害でして落ち着いてるときは理性が働くのです。
官僚は年齢制限で駄目ですな残念なことです。
ともかく北朝鮮を見てください。日本からトヨタとかを抜いて
今はなんと言いましたっけまあ旧称の通産省が車作っていると考えてください。
うまくいかなくても、暴力的制裁を行える。正しく北朝鮮じゃないですか。


329 :(・゜ω゜・) ☆まじめこて☆ ◆rgujENbs.s :2007/06/10(日) 11:53:00 ID:6U5DxpIt
受け売りも糞も何も、お前に受け売りは無理。
何故ならば読解力が0だから。

そして受け売りをやるための元ネタを選ぶ能力も0。
何故ならば体系を持たないから。

キチガイはさっさと檻に帰ってキンタマいじくってろ。
お前の存在自体、酸素の無駄。

330 :くろしろー ◆lKW0OnevWc :2007/06/10(日) 11:54:48 ID:XPTq4n6v
>10年はかかるな
私も英語と数学で十年は飛ぶかな。ま、興味がほかを向いてるから必要ないでしょう。あとテニスもあるな。では読書に
精進します。

331 :Jimmy:2007/06/10(日) 11:57:39 ID:o1og3sq/
>>322
何もかもだよ。対象が漠然としている、論理に飛躍がありすぎ。
よってなにを言っているのかさっぱり分からない。

君の文章で分かるのは、まじめコテ君と罵倒合戦やっている時だけだよ。

少しでも高度なことは論理的に表現する能力がないんだね。
かつ読解力もゼロ。だから自分の勝手な思いこみをそこに投射するしかない。

永続革命論でトロツキーの言っているのは、武装蜂起で一時的に権力を
握ってもそれは幻想に過ぎない、国家の全機構の掌握仁摩で突き進まなければ
必ず挫折する。とりわけロシアという後進資本主義国における革命は、一国で
は成就不可能で、少なくとも先進ヨーロッパ諸国での、プロレタリア革命が、
連動されなければならないと説いている。革命が一時の情熱だだの、雰囲気
だなど、どこをどう読めば、出てくるのやら。

異次元ブログでソーユーのはやっててくれないかな?

332 :くろしろー ◆lKW0OnevWc :2007/06/10(日) 11:59:27 ID:XPTq4n6v
またマジメさんですか。荒らしにかかわるのも荒らし、以下スルーするということで。



333 :くろしろー ◆lKW0OnevWc :2007/06/10(日) 12:10:32 ID:XPTq4n6v
おおジミーさんは御復活ですな。
私はトロツキーについてはレーニンのやるべきか、永遠にやらないかのくだりのところです。
つまり今蜂起せねば民衆がなえてしまうというところです。
まだ全部読んでないので。
ブログは広瀬ブログが終わっったら共産ブログにしましょう。では読書ださっと片付けてしまわねば。

334 :(・゜ω゜・) ☆まじめこて☆ ◆rgujENbs.s :2007/06/10(日) 12:13:56 ID:6U5DxpIt
お前がマルクスをああだこうだ言い出すと、マルクスについて誤った印象が却って広がる。
お前はマルクスをまじめにやっている人間からしても 糞 です。
自覚しましょう。



糞しろーみたいなのに粘着されるマルクス及びマルクス研究者も大変だね、
と○嫌いのワタクシが他人ゴトに思う休日の昼下がり。

335 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/10(日) 12:29:34 ID:sFXq3Oal
アスペルガーくろしろー
こういう人困るよね

336 :くろしろー ◆lKW0OnevWc :2007/06/10(日) 12:43:23 ID:XPTq4n6v
ま、デューリング氏だと思えばいいじゃないですか。

337 :くろしろー ◆lKW0OnevWc :2007/06/10(日) 13:01:57 ID:XPTq4n6v
そもそもあなた方の批判自体間違っているのです。
読解力ゼロとはアラビア語にであって、初めて言いうることで
日本語に関してゼロはありえません。また、糞とはつまり肥やし
になるということでダイオキシンとか言うべきです。
そういう言葉の希薄さが私になされるのははなはだ迷惑なことであります。


338 :(・゜ω゜・) ☆まじめこて☆ ◆rgujENbs.s :2007/06/10(日) 13:20:04 ID:6U5DxpIt


ゼロは日本語でない?
じゃあどこまでが日本語なんだ?
お前の使っているその文字もそもそも漢宋隋唐から導入されたものだが、
ちゃんと原語にあたってるんだろうな?

まさかとは思うが、あたらずにだべってんのか?お前。
これからは全てあたってから発言しろ。
それまでこのスレには一切書き込むな。
原語にあたらなければ言いうる事ではないそうなんで。

「ありえない」のは理解能力0のお前自身だということを自覚しな。

糞は化学的に分解されてのみ活用されうる。
ダイオキシンも同様。
そこに差異もない。

仮に糞がダイオキシンに優れるとして、
お前の撒き散らす汚物を反面として俺が成長する余地があればそれで良し。
まぁ肥やしにも使えんだろうが。

さ、ウンコ君はさっさと檻に帰って漢語辞典でも読んでな。



339 :くろしろー ◆lKW0OnevWc :2007/06/10(日) 13:46:25 ID:XPTq4n6v
あなたも誹謗ばかりで、自分は正しいといいながら
ゼロは日本語ではないとは私は一言も言ってません。
日本語が読めるなら読解力ゼロはありえないといっているのです。
あなたの読解能力が怪しくなってきましたね。
怪しくなったとはゼロといっているのではありません。
あなたは単語としてゼロを認識したが、文脈として認識できてないということです。
まあこれを肥やしにでも使いなさい。

340 :くろしろー ◆lKW0OnevWc :2007/06/10(日) 14:00:43 ID:XPTq4n6v
アラビア語がミスリーディングを呼びましたか。ハングルと書けばよかったかな。
要するに読み方がさっぱりわからない言語に出会って初めて読解力はゼロになるのです。
永続革命論も反場までしか言ってません。ボルシェビキ右翼の蜂起はしないほうが言いに対して
トロツキーはレーニンの言葉を引き合いに出して今やらなければ民衆の幻滅がでてくる。
という場面があるのです。レーニンはモスクワから蜂起すべきだというのですが、それにも反論があるのです。

341 :くろしろー ◆lKW0OnevWc :2007/06/10(日) 14:02:17 ID:XPTq4n6v
反場→半場
失礼

342 :(・゜ω゜・) ☆まじめこて☆ ◆rgujENbs.s :2007/06/10(日) 14:35:07 ID:6U5DxpIt
おいおいw
お前のグダグダ論理すっ飛ばしまくりの雑文読ませといて
「読解力が無い」ですか?
読者の身にもなってみろよ。
読めない文を読まされる読者の身に。

散々指摘されてきただろ?
「お前の書く文章は『意味』を為していない」と。
直近ではジミ氏が>>331で書いているが。


  読  め  る  文  を  書  け  


ただそれだけだね。
俺の読解力のせいにスンナ。
読むことが可能な文を書ける様になってから、人様の事を言え。

あ、ちなみに>>339>>340の読解にも随分苦労させられましたw
どうやら「外国語に対して読解力はゼロだが日本語に関しては読解力はゼロではない」
と申されている様子ですが、高々それだけの話が意味不明の雑文のおかげでさっぱりわからない。
こっちの身にもなってくれよ。

  だ  か  ら  お  前  は  「  糞  」  な  の

お前の「自分は善、他人は悪」のスーパー自己中っぷりがね。
全てに於いてそうだろ?
経済を論じようが、政治を論じようが、○を論じようが、実生活を論じようが、2chマナーを論じようが、
お前から出てくる「内容」は「自分は善、他人は悪」だけ。

  だ  か  ら  お  前  は  「  糞  」  な  の

目障りだから消えてね。

ま、日本語能力やら読解能力ゼロとは言わないよ。
 激 し く 欠 如 としておく。
日常用語では、こういった「数値化できない観察対称の激しい欠如」は「ゼロ」と呼ぶけどね。
日本語能力が「激しく欠如」した糞しろー天皇にはそれが理解できなかったらしいw

はいはい、「読解力激しく欠如糞虫」は、檻に帰って漢語辞典読んでろww

343 :(・゜ω゜・) ☆まじめこて☆ ◆rgujENbs.s :2007/06/10(日) 14:44:19 ID:6U5DxpIt
さて、今週はこんなとこかな。

344 :くろしろー ◆lKW0OnevWc :2007/06/10(日) 14:45:32 ID:XPTq4n6v
まあ偶然アラビア語が出たところで、ミスリーディングを誘いましたねヘイヘイ
私が悪かったですよ。ともあれ永続革命論程度なら理解は出来よう。

345 :くろしろー ◆lKW0OnevWc :2007/06/10(日) 14:46:38 ID:XPTq4n6v
ところであなたは何故ここにいるのですか?
そこをはっきりしてほしい。無駄はいらない。

346 :くろしろー ◆lKW0OnevWc :2007/06/10(日) 14:48:15 ID:XPTq4n6v
後自分が書いた文章自分に言い聞かせたら?

347 :くろしろー ◆lKW0OnevWc :2007/06/10(日) 14:51:14 ID:XPTq4n6v
マルクスは読まないのに誹謗中傷する。自己正当化する。要するに難民でここにしか居場所がないのか?
他のスレでもたたかれてたよな。まあそういうお前の意地はここでは無用だから消えてくれ。

348 :くろしろー ◆lKW0OnevWc :2007/06/10(日) 14:54:31 ID:XPTq4n6v
俺にはマルクス古典を読むという目的があるのだが。
お前にはマルクスに対して何もない。何でここにいるんだ?
難民はよそでやってくれ。

349 :くろしろー ◆lKW0OnevWc :2007/06/10(日) 15:12:16 ID:XPTq4n6v
いやお前が誹謗中傷しないおとなしい虫ならいいよ。しかし、荒らすわ。誹謗中傷するわ。
得意の従軍慰安婦問題のスレにでも転居してくれ。

350 :(・゜ω゜・) ☆まじめこて☆ ◆rgujENbs.s :2007/06/10(日) 15:13:37 ID:6U5DxpIt
偶然じゃねーよ。

 常 に 意 味 不 明 

なんだよテメーは。
まだ自覚できねーのか?

ここにいる理由なら前に書いたつもりだが?
電波をヲチして弄って遊ぶためだ。
しかも○嫌いなんで○はよく弄るんだよ。
ニュー即とかでもそうだな。
だからここならなら一石二鳥というわけだ。

自分の文章?
まぁ丁寧さに欠けることもあるが、そこは自覚できてるんでな。
昔に比べたら随分マシになったな。

あ、ちなみに俺が叩かれてたスレの今のタイトルは「まじめコテ歓迎」になってたけ?
このスレか前スレにリンクが張ってあったけど。
リンク張る前に俺のwikiを訂正しとけってなwww
失礼な奴らだ。

お前に○の古典は無理。
読んでも誤読するだけ。
計算ドリルと漢語辞典読んどけ。

じゃ、またねww

351 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/10(日) 18:21:54 ID:sFXq3Oal
くろしろー
基地外につける薬なし
あほ

352 :Jimmy:2007/06/10(日) 18:57:22 ID:o1og3sq/
>>348
>俺にはマルクス古典を読むという目的があるのだが
本当か?またぞろ、○は飽きたとかいって、トンズラするんだろ?

永続革命論、いいじゃないか。つき合うぜ。
もちろん、俺の持っているのは、現代思潮社版 姫岡怜治訳だがな。

353 :くろしろー ◆lKW0OnevWc :2007/06/10(日) 19:38:33 ID:XPTq4n6v
おージミーさんに心が戻ったかが戻ったか。では一章づつ読んだら書きこむので
お願いするのであります。ま、マジメ君はしゃーないね。

354 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/10(日) 19:41:44 ID:sFXq3Oal

ばか

355 :くろしろー ◆lKW0OnevWc :2007/06/10(日) 20:31:44 ID:XPTq4n6v


55 名前:俺より強い名無しに会いにいく[sage] 投稿日:2007/06/10(日) 20:15:10 ID:Irxkfx/90
ココはまじめコテ歓迎のようですね。経済学板マルクスすれのものですがひきとってもらえないでしょうか?


56 名前:俺より強い名無しに会いにいく[sage] 投稿日:2007/06/10(日) 20:22:03 ID:OVxpc0YW0
>>55
申し訳ありませんがこちらでも持て余してます。
しかし奴はどこ行っても同じ扱いされてんのか


とのことです。さてピザをたべたら、せっかっくですから一からはじめましょう

356 :くろしろー ◆lKW0OnevWc :2007/06/10(日) 22:05:27 ID:XPTq4n6v
一我々は十月革命を研究しなければならぬ その一

 えーでははじめます、トロツキーは十月のロシア革命は成功したものの、十月革命そのものはまだ
十分研究されてないので、研究しなければならない、としています。
すでに達成したものを何故研究するかはトロツキーがわれれはインターナショナルの一部である。
とあることから、ほかの国で必要なのだとうけとれます。先年西ヨーロッパ、序文からドイツのことだ
と思いますが、現実の事実に対してまったく無知であったとされています。
 

 十月革命を研究すると過去の確執が出てくるのではないかとの危惧では国際的意義がそれにまさ
るそうです。
ブルガリアでも二回失敗、最初は運命論的および空論のために、ツアンコフの6月政変の後の農民
一揆のときに好機を逸し、次にはこの過ちを正そうとするが必要な政治的・組織的準備もなしにおこ
なったためだそうです。
 
 ブルガリア革命はドイツの革命の序曲であるにもかかわらず、最も悪い続編になったということで
す。ドイツ自体、註を見るとベルサイユ条約のドイツの社会経済危機をみのがしてしまった。概説は
したけれども、ここで再び十月革命の研究が必要だと繰り返されます。十月革命以後プロレタリアー
トが自然発生的に蜂起によっては権力を得られない。プロレタリア革命の始動する党がないと駄目だ
とされています。
 



357 :くろしろー ◆lKW0OnevWc :2007/06/10(日) 22:07:44 ID:XPTq4n6v
その2

 フランス大革命、パリ・コンミューンを研究しなければ十月革命もあやうかっただろう。
しかし十月革命に対しては、そのような研究がないと、インターナショナル全体の規模
で総括しなきゃいかんとのことです。


 十月革命は過去に対する優れた試金石であって、将来の門戸を広くする。この経験を
研究し、一歩一歩吸収することは特に若い世代に重要だとあります。
十月革命を研究したからといってそれで全てではない、革命の法則と方法を持った党
を除いては、一切の革命状況がそろっていたのが去年のドイツだったということです。
つまりくりかえし十月革命の研究の必要性を説いています。
 

 プロレタリア革命の基本的用具は党である。まず革命前に党内危機が訪れるそうです。
あまりに多くの保守性が党に蓄積する場合、突然の瞬間をのがし敗北へと導かれる。
また自らの階級の歴史的課題と共に歩き続けた党じゃないと、他の階級の道具になる。

以上のことは政治的戦術にも戦略にも当てはまる。政治上の戦術とは孤立した作戦の
指導技術。戦略とは権力の獲得。革命戦略が発現したのが、1917年のロシアで,それ
からヨーロッパ諸国に始まったとしています。戦略は戦術を排除するものではないが、
戦術は戦略に従属するとのことです。戦術ですら摩擦を生じさせるのに戦略はもっと摩
擦を生じる。つまり武装反乱のプロレタリア党への転換がなされなければならない。党内
で懐疑的なメンシェビキ的なものは反乱に対する日和見主義的反対派に入るとされてい
ます。


358 :くろしろー ◆lKW0OnevWc :2007/06/10(日) 22:12:31 ID:XPTq4n6v
その3

ココでまた十月革命の研究の必要であって、実際に急流に泳ぐ水泳と同じように、実際に権力奪由した
十月革命の研究の必要性が説かれています。

以上要旨です。結論するとまず期を逃さないためプロレタリア権力奪取を実際に実行しうる党が必要で
、過去の革命の研究が絶対必要であり、それだけに耽溺して保守的にならず、
場合によっては即座に行動できる党が必要だといったところでしょう。

私の持ってるのも現代思潮社、姫岡玲治訳、トロツキー文庫とあります。青いカバーで2刷です。

359 :くろしろー ◆lKW0OnevWc :2007/06/10(日) 22:35:07 ID:XPTq4n6v
期ー>機
失礼

360 :くろしろー ◆lKW0OnevWc :2007/06/10(日) 23:18:08 ID:XPTq4n6v
奪由ー>奪取
失礼。

361 :Jimmy:2007/06/11(月) 03:14:17 ID:CoDBicmI
明け方に覗いてみたら、くろしろーの要約が・・・
「十月革命」から行ったか。しゃんめーそっちからつき合うか。

十月革命を研究せよ、革命をやり抜く前衛党が必要、間違いじゃないし、
ある意味当然の主張。もっと強いモチーフが語られていないか。

362 :くろしろー ◆lKW0OnevWc :2007/06/11(月) 19:21:06 ID:E/zQ7wga
>>361
序文からの方がよかったですか。一から始めてしまったわけですが。
>強いモチーフ
なるほど、「インターナショナルな」、「ブルガリアからドイツへ」世界革命を促す言葉がでてきてますね。
それにこの戦略として10月革命は「現実のもの」であって、空想ではなく現実の世界革命がありうること
を示している。もちろんそれがどう失敗するかも。諸国によって事情が違うわけですが。その中でどう共通するものを提示していけるか。
そこら辺にこの論文の中心点がありそうです。
ここではまだイントロダクションだといえそうですね。

さて二ですが今週末までには必ず要約文を。実は不眠症のために睡眠のリズムが崩れ
昨日も3時半に寝たもので、眠い眠い。病休を取って病院で新しい眠剤をもらってきたんで、
それの効き目しだいで、書く日取りが変わると思います。今日はもう飯は食べたので
風呂入って寝ます。ブログよりこちらを優先させましょう。スレ的にはこれのみでぎりぎりかな。
ではよろしくお願いします


363 :くろしろー ◆lKW0OnevWc :2007/06/11(月) 19:27:37 ID:E/zQ7wga
ああぼけててわからなかったけども目次見たら十月の教訓って別の論文ですね。すいません「。
でもレスも何とかなると思うので両方やっつけましょう。

364 :くろしろー ◆lKW0OnevWc :2007/06/11(月) 19:46:47 ID:E/zQ7wga
すると十月の革命では諸国の革命にはいたらずあくまで十月の革命にこだわるんだれども、トロツキーはもともと
世界革命を論じている人ですからその始点につながる十月の革命論になると推測できます。

365 :くろしろー ◆lKW0OnevWc :2007/06/11(月) 19:50:09 ID:E/zQ7wga
>10月の革命
10月の教訓。失礼。

366 :Jimmy:2007/06/11(月) 23:42:05 ID:CoDBicmI
くろしろー
君の「要約」は殆ど抜き書きみたいなもんだから、間違えではあり得ない。
まずはこの文言で、トロツキーの伝えたかったメッセージは何か?それを取り出そう。

いいんだ、「十月の教訓」から始めても。ただコイツの序文はトロツキーの
ものでなく、ニューヨークにいた第4インターの書記長だったかの、
M.スペクターによる。

にしても、語られた表層的なテクスト以上に、語られていないもの、空所、
言いよどんでいること、そうしたところに多くのものが隠されているようだ。

1923年に継起したブルガリアとドイツの革命の試み、双方共に失敗に終わったが、
しかしこれらの情勢を、ボルシェビキはトロツキーはどのように観測し、どのように
備えようとしたのか?語られていない・・
トロツキーはことが済んでしまってから、十月革命を研究しよう??
これは既にトロツキーが党中枢から排除されていること、そこに居座っている連中は、
十月革命に際して決定的な役割を果たし得なかった、俺は軍事責任者として、
それをやり抜いた、なのに今は。
何か奥歯に物の挟まったいいようだな。
そうその空所とは「スターリン」その人の名と、一国社会主義なのだ。
まだことは表沙汰になっていない。

もう一つ重要なのは、トロツキーの革命観とでもいう点。なんで東欧の
ド田舎のブルガリア革命がドイツのそれの序曲なのよ?何も語られていない。
ここで直ちに想起されるべきは『資本論』第1巻初版序文でのマルクス
の資本主義の自然法則論。先進資本主義国は後進に対してその未来の姿を
示しているとしている。トロツキーのというよりは、ロシア革命自体の
特異性。それをどう総括しようというのか。
それからロシア革命以降の資本主義世界の革命情勢に関する基本的規定
も現れていない。

いずれにせよ、まだ序の口だ。

次へ進もう。

367 :いかりや:2007/06/12(火) 15:13:55 ID:am+STQqE
だめだこりゃ
次行ってみようー


368 :くろしろー ◆lKW0OnevWc :2007/06/12(火) 22:14:16 ID:gMdm98mi

そうですねトロツキーはE・H・カー「一国社会主義」でスーツは上品だが、あれだけのオルガナイザー
でありつつも人付き合いが苦手だったらしいですね。そこらへんをスターリンに付け込まれて閉職の
挙句はメキシコで殺されちゃったのかもしれませんね。
そこら辺のどろどろしたものがあるのでしょう、十月の教訓には。年表があってくれると楽なのですが
。まあ次です

二「プロレタリアートと農民の民主主義独裁」二月と十月における

十月革命は先進国でこそ革命が起きるという俗説を打ち破ったわけです。それは発展途上国に光
を与えると共に。これまでの説が似非とされたわけです「資本論序説」。エンゲルスを擁護していま
すね「ドイツ農民戦争」の序文で。しかしもっとも重大なのはレーニンが1905年前にさえ「プロレタリ
アートと農民の民主主義的独裁」で予言していたというレーニン賛美であり、かつての論敵に完全
に屈服してますね。メンシェビキとレーニンの定式の場合民主に重点を置くのはメンシェビキであり、
独裁に重点を置くのがレーニンですね。現実の革命時点において民主主義はプチブルジョアに落ち
着くことになる。二月革命のところの註に世界革命が埋め込まれてますね。





369 :くろしろー ◆lKW0OnevWc :2007/06/12(火) 22:17:33 ID:gMdm98mi
。それはもう古くなったと。権力を取るか否か取れが中心的論題であり、第一のものはプロレタリアであり
、世界革命への道へ導く。もうひとつはプチブルジョアジーのものであって究極的にはプロレタリアの政
策をブルジョアに認めさせる。革命期にはこの問題は必ず露呈する。権力革命の問題が提起されたのは
4月4日レーニンが到着してからだった。権力を奪取すべきか否か。
後に、この問題をレーニンのテーゼをめぐる闘争、4月協議会、7月事件の余波、コロニロフ期、民主会議
と予備会期、武装蜂起と権力奪取の問題について語っていくとこの章は終わる。要約終わり。

私の言う第三階級、官僚とは権力奪取したプロレタリアートが必然的になる官僚化にあるのです。裏切られ
た革命にも書いてありましたが、確かにプチブル民主主義でプロレタリアの政策が達成することはありませ
ん。日本もそうでしょう。でも一方でプロレタリア独裁を行えば革命家は官僚的になります。財源は税金であ
り公共サービスを行う。資本家の財を独り占め。ロシアや中国の例を見るまでも無く、それは特別にでかいや
り方で間違っても誰も口を開けません。世界革命でも同じでしょう。そして無謀な政策。何百、何千万の死。
もうひとつやり方でも救いは無く。「人類に」救いなどなどないのです。「人間」にはそれなりにあります。
プチブルになること、狂信者になること、小説家に成るぞと飲み屋でくだを巻くこと、創価になること。
社畜になること。これが救いでしょう。あとジミーさんの疑問のひとつはむしろ発展途上国のほうが革命
が置きやすいという結論になるでしょう。現実を見ると。

370 :くろしろー ◆lKW0OnevWc :2007/06/12(火) 22:20:14 ID:gMdm98mi
置きやすいー>起きやすい
失礼

371 :Jimmy:2007/06/12(火) 22:58:04 ID:oRjs3xUt
>>368-369
だめだだめだ、君はそうやって直ぐにテクスト内在的でない、自説の開陳
に走る。こっちはまだ二の途中だ。しばし待て。

372 :Jimmy:2007/06/13(水) 23:52:10 ID:KwsRBTaw
二「プロレタリアートと農民の民主的独裁」−二月と十月における

ウム、ここにおいて、『資本論』に反する革命が語られ始める。『資本論』
第一巻初版序文の、先進資本主義国は後進国にその将来の姿を示す、という
先進本資本主義自動崩壊論が語られていたが、ロシア革命はそれを実践的に
覆してしまった。
資本論の定式化は「限定条件」付であって、それを絶対化すると「スコラ的歪曲」
であるというのだが、そうした判断の根拠にまで、立ち入ってはいない。
後進ロシアでブルジョア革命でなく、プロレタリアートによる社会主義革命
が必然なのか。
さらにトロツキーの説くところに、耳を傾けよう。

373 :みのもんた:2007/06/14(木) 18:11:06 ID:klFLACae
いそがしすぎるー

374 :くろしろー ◆lKW0OnevWc :2007/06/14(木) 19:20:30 ID:veSK98jN
そうですね。トロツキーになった気分で望みましょう。すると彼はプロ独を民主主義以上に信
頼していたということですね。というより単なる民主主義に反対していた。民主主義では所詮
プチブル支配に終わると.。


今日はテニススクールなんで明日にでも3の要約をしましょう。



375 :みのもんた:2007/06/14(木) 21:41:50 ID:klFLACae
おもいっきりテレビ

376 :くろしろー ◆lKW0OnevWc :2007/06/15(金) 21:14:41 ID:7WFNUYon
ハイこんにちは今日は手土産にトロツキーの年賦
をもってまいりました。
http://www2u.biglobe.ne.jp/~Trotsky/nenpu/index.html
これによるとスターリンが一国社会主義を明確に打ち出す前に十月の教訓はかかれており、
まだ十分党内で力があったときですな。しかし機を見るに敏なスターリン、党内にそのような空気があることを
読んでいると思います。
そのような中でーは世界革命を現実にしようと思っている時にこの論文は書かれたのです。

では三 戦争と祖国防衛主義反対の闘争要約

二月革命は大きな社会主義への前進である。
しかし、二月革命はそれだけではフランス革命と同じブルジョア革命である。
しかしプチブル諸党はブルジョア革命ともなんとも考えず、民主主義的自己満足に浸っている。
その上に立って革命的祖国防衛主義なるイデオロギーをうちたてた。
レーニンが帰ってくる前のボルシェビキ中央委員会の機関紙[プラウダ」
にも似たような論調がみうけられる。レーニンはスイスからの「遠方からの手紙」を書き、
最初のものだけが「プラウダ」の十四号と十五号に載ったが、祖国防衛主義と協調主義へ
ののしっている。トロツキーも同じ立場にいるようだ。要するに帝国主義戦争(主にイギリスの)
だといっているのである。4月4日レーニンがロシアに帰ってくると[臨時政府にいかなる指示も与えるな」
と激しくたたく。銀行家どもの戦争に乗ることはない。レーニンは言う「我々はマルクス主義者であり
、国際主義者である。我々は平和に賛成し、政府に対して圧力を賭けることに賛成する」と
改良の道をマルクス主義者は拒否しないが、それだけでは駄目だ。国家権力は改良では得られない。
戦争はいかなる改良主義的「圧力」にもその余地を与えない、というまさに「革命敵情勢」であり、
全面的にブルジョアーと協力するかブルジョアジーの手から権力をもぎ取るためにそれに反対して
大衆を目覚めさせるか。

確かに戦争時というのは革命の芽かもしれませんね。戦時中ほとんど組織らしい組織を作れなかった
日本共産党に特高が必至でつぶしにかかったのもこの点だと思います。    


377 :くろしろー ◆lKW0OnevWc :2007/06/15(金) 21:37:06 ID:7WFNUYon
キーポイントをまとめてみましょう。前衛党の必要性、特に若い世代にとっての革命の研究の必要性、特に十月革命、これにはスターリンに対するけん制
があったと思われる。十月革命で大活躍したトロツキーを意識させるためかも。単なる民主主義よりプロ独が絶対に重要。帝国主義戦争に反対せよ。
戦争は革命の芽。

378 :みのもんた:2007/06/16(土) 08:56:48 ID:NPCfEoyv
今日も朝ズバ

379 :Jimmy:2007/06/16(土) 09:12:02 ID:SBejGcRJ
>>377
肝心の点が抜けている。後進資本主義国においても、しかも先進資本主義国に
先行して、農民を同盟者とするプロレタリア社会主義革命が必然化する。
1917年の2月革命から10月革命の過程はそれを実証した。
『資本論』序文の規定を機械的に主張した、メンシェビキは、
そうした歴史の、現実の激動に付いていくことが出来ず、
プロレタリア革命を遂行することもまた出来なかった。
しかもこうした傾向は、ボルシェビキの中にも根強くあったのである。

すなわちロシア革命とは、マルクスの理論的想定に、全く反する、
異例の革命であったのである。

これが抜け落ちては、ここまでの読解として、全く不十分ではないだろうか。

380 :くろしろー:2007/06/16(土) 16:10:18 ID:JUNQPfPX
成程補足レスありがとうございます。夜には4の要約をアップしたいと思います。

381 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/16(土) 18:46:10 ID:YovqeD27
落ちぶれた過激派がいるのはここでつか?

382 :くろしろー ◆lKW0OnevWc :2007/06/16(土) 21:17:38 ID:txY1gWfX
四 四月の党協議会 要旨

ロシア革命の社会主義的性格について、レーニンがフィンランドで行った演説
というのは爆弾だったとある。具体的には書かれていないがそれが社会主義的性格を
帯びたということから先ほどのレスで私がジミーさんに突っ込まれたことをレーニン
がうまく説明しえる人物だったということになろうと推測させる。マルクス・「レーニン」
主義というのは伊達ではないのだ。
また4月武装示威行動、これは二万五千から三万における兵士が労働者の指示の元に
戦争延長の責任者のミリューコフを辞めさせようと流血沙汰を犯した事件で、このことか
らレーニンはブランキ主義というプロレタリアートの陰謀的蜂起をもともめる人物だといわ
れていたが、蜂起主義でも当人はもっと進んでいて第一に先進的階級に依拠すること、
第二に人民の革命的高揚に依拠することとある。
四月の党協議会でもカーメニフの冒険主義との定式化にトロツキーは評価していて、
レーニンも臨時政府打倒を引っ込めたのもこの二つの依拠に足りなかったからだと思わせる。
スローガン自体は反対派が言うように間違いではなくて出すタイミングということだろう。
反対派は民主主義革命さえまだ起きていないとした。
レーニンの立場は祖国防衛主義への絶対的反対というより支持者への闘争。ソヴィエト
多数派の獲得。臨時政府の打倒。ソヴィエトを通じての権力の掌握。革命的平和政策と
国内での社会主義革命。「国外での」国際的プログラムとある。
然るに、反対派はまだ民主主義的革命が起きていなく、ソヴィエトもブルジョワ民主主義
革命が起きれば消えてしまうものとしている。これはたえがたい図式化である。何々革命
ではなく「何が」権力を握る革命なのかという。「全権力をソヴィエトに」のスローガンはどう
したのかとトロツキーはぼやく。


383 :くろしろー ◆lKW0OnevWc :2007/06/16(土) 21:28:45 ID:txY1gWfX
この時期、諸勢力は、その本来の性格からずれていて、ボルシェビキ右翼(反対派)は
メンシェビキの位置に、メンシェビキと社会革命党はブルジョワ政府与党に、カデット(立憲民主党
は共和派に、反動勢力はカデットにということである。諸勢力のまったく同一の編成が戦争の問題
でも起きていた。ブルジョアジーは非併合、無賠償と「ものうげに」かなでていた。チオメルワル派
メンシェビキ社会革命党は祖国防衛主義。ボルシェビキ右翼は受身の国際主義者、併合も賠償も
ない民主主義的平和のため臨時政府に「圧力」をかけるというもの。そういうわけで4月党協議会で、
プロレタリアート・農民の民主主主義的
独裁の定式は寸断されてこの時期諸いた。要約終わり。

私はレーニンが「あの」「スイス」で何をしていたのか。トロツキーが「あの」「ニューヨーク」で何をし
ていたのか非常に興味がある。当人同士が仲良くなったのはロシアに帰ってきてからだからである。
それと序文主義。マルクスの革命論は序文で科学としようとしているが、これは本文で深く分析される
べき内容ではなかろうか..。しかし非常にうだうだの状況である。これなら革命のひとつくらいおきても
不思議ではない。またおちぶれたのメンヘルせいであるが、私は所詮プチブル的野心の持ち主に過
ぎない。と答えてみるテスト。




384 :Jimmy:2007/06/16(土) 21:30:04 ID:SBejGcRJ
>>381
違う違う、どうしてこうも言葉遣いがダメなんだろね。
「過激派」にくっつくのは「食い詰める」か「変節」の二つだけだよ。
「落ちぶれる」は、そこから落ちてくる高い位置がないと、成立し
ないよな。

385 :くろしろー ◆lKW0OnevWc :2007/06/16(土) 21:41:56 ID:txY1gWfX
メンヘルせいー>メンヘルのせい
失礼。ちなみにトロツキーの年賦はOFW氏から贈呈されたものでもある。
オールド・ファッションド・ウェル、この響きにも興味深い響きがある。

386 :Jimmy:2007/06/16(土) 22:23:22 ID:SBejGcRJ
>>385
OFW=Old Fashioned Wellだったか。古井戸なのか。
ずっとWorkerだとオモテたよ。

387 :くろしろー ◆lKW0OnevWc :2007/06/16(土) 22:35:11 ID:txY1gWfX
失礼willでした。

388 :Jimmy:2007/06/16(土) 23:07:27 ID:SBejGcRJ
>>387
ハハァ、古くさい考え、あるいは意志か。そりゃピッタリだ。

389 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/17(日) 01:37:48 ID:ywiSz8rS
174 :名無しさん@八周年:2007/06/17(日) 01:03:33 ID:yQBXyadc0
>>172つづき

 だから今では天満宮は学問の神様。学業の神様と崇められている。神様のいちばんのポイントは徳育ですよ。
だから菅原道真によって、日本の神様は浮いてしまったんです。神様というのは徳なんです。道徳の起源が神様なんです。
あらゆるものの正気が神様なんですね。

 それを一帰化人、菅原道真を学問の神様というから日本の本来の神様は浮いてしまった。

 ですからこの前も湯島天神を航空撮影でHNKがパーッとやってるんですよ。東大の横に学問の神様の森があると。
10万人の人出があったとそういって報道しているんです。NHKまでが学問の神様と徹底的に報じている。

 神様の本分は学問じゃないんですよ。徳育ですよ。―

中略

 さっきのロックフェラー・・日本占領には、軍人、政治家、法律関係者やら経済関係者がみんな来ましたよ。
ところがどっこいロックフェラーのそういう大きな思惑は誰も知らない。おおらかにうまーく。日本人を、だれ気付かぬ深みから、
少しずつ崩していく。宣伝の名人です。

 だから大阪の宣伝元祖はユダヤに匹敵するんです。拝金主義のユダヤも共産主義者も、日本の神さまが一番いやなわけです。
http://www5f.biglobe.ne.jp/~shishoukaku/05shushinkai/003recommend/12010103sueyasu.html#0303


390 :くろしろー ◆lKW0OnevWc :2007/06/17(日) 02:27:13 ID:jmoXhk5d
なんかロックフェラーがナチの初期資金援助をやってたことを知らないリンクですね。でもこの手の本で一番面白いのが広瀬隆の一連本ですが
ロスチャイルドとロックフェラー&モルガンを同時に分析しないためにさっぱり面白くありませんね。両者の攻防があってこそ面白いんですが。
広瀬の作家としての腕が「億万長者はハリウッドを殺す」の時点で「赤い盾」の時点まであがっていれば壮絶なものが見れたのに
残念です。



391 :みのもんた:2007/06/17(日) 11:19:20 ID:upTAFmZj
学校へ行こう

392 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/17(日) 21:34:07 ID:5V6Uw1uE
OFW=Old Fashioned Wellでいいんだよ
Willではないよ

393 :みのもんた:2007/06/18(月) 07:50:02 ID:m2nF3FtV
セイヤング

394 :くろしろー:2007/06/18(月) 09:19:23 ID:e9SiThvJ
古井戸さんだったのか。今日と明日テニスなので要約はできるかわからんです。すいません。

395 :みのもんた:2007/06/18(月) 12:00:45 ID:m2nF3FtV
クイズミリオネア

396 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/18(月) 19:47:09 ID:f67HIwqs
「我々の暮らしている世界は人工的な仮眠状態にされています...
8ヶ月前にあるグループがそれを偶然に発見したのです...信号が発信されて
いるのを...貧困な人々が増えています。人権も軽視されている。彼らは
抑圧的な社会を作り上げているのです。我々は知らないうちに共犯者に
されている。彼らの目的は皆の意識を無くすことです。彼らの目的は人々を
欲に目をくらませ、物質主義者にしたてあげることです。しかも彼らは
隠れていて、自分の姿は現しません。彼らは自分たちが生きるために我々を
眠りこけさせ、欲に狂わせている。彼らは中産階級を骨抜きにしている。
我々は"奴隷"にされているのです。...残念ながら我々の電波の出力は弱く、
しかも奴らにこちらの電波の発信自体を止められてしまいそうです...」

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%BC%E3%82%A4%E3%83%AA%E3%83%96


397 :みのもんた:2007/06/18(月) 20:54:09 ID:8klfWVhC
愛の貧乏脱出大作戦

398 :くろしろー ◆lKW0OnevWc :2007/06/19(火) 19:35:40 ID:pTZ1an7E
急用につき、テニス不参加のため。要約です。

五 七月事件、コルニロフのエピソード、民主会議と予備議会

四月協議会は原則は打ち立てたものの、十月革命に及ぶほど意見の対立があった。
6月10日のレーニンによる示威行動は冒険主義だと決め付けられた。
6月18日に協調主義者によって始められた示威行動はほとんどまったくボルシェビキ
のスローガンだった。
レーニンは6月21「プラウダ」にこの時期に示威行動を起すことは、不得策と書いた。
七月運動はペトログラード民衆による自然発生的におきた
レーニンは、時は来たのか? ソヴィエトの合法性にのっとって、大衆から離反してな
いだろうか? と自問していたのではないか、とトロツキーは書いている。
反対派は有害だったと思い。
レーニンも参加すべきではなかったとしている。
ストックホルムでメンシェビキ等が参加するような会議にレーニンは反対だった。
党名変更を打ち出したのもこのときだ。それは一年以上もかかり、10月革命の後だった。
コルニロフ事件(反動派の失敗したクーデター)は意見対立を和らげた。
祖国防衛主義をレーニンは改めて批判し、プロ独の国になってから初めて祖国防衛を考
えるべきだとした。コルニロフ事件もこれと同じだとしている。
民主議会、と予備議会でメンシェビキと社会革命党の任務はボルシェビキのブルジョワ議
会主義への取り込みだった。右翼は歓迎した。レーニンは反対した。右翼の考えではソヴ
ィエトからブルジョア議会主義の樹立だった。レーニンは反対だ。反乱を組織し、権力を奪
取すること。これが彼の考えだった。十月革命はもうすぐに迫っていた。


399 :くろしろー ◆lKW0OnevWc :2007/06/19(火) 19:38:26 ID:pTZ1an7E
確かにブルジョワ議会は日本においてもまったく機能しない。しかしプロ独がそれより無残な結果に終わった
ことも事実である。しかしその可能性について知るには永続革命論は有用なのかな?

400 :くろしろー ◆lKW0OnevWc :2007/06/19(火) 22:17:43 ID:pTZ1an7E
それよりも真のプロ独ではありえなかったと言うことなのか? スターリンが官僚の頭目とされるように。
「フランスにおける内乱」では高級官僚にあたるひとびとも賃金は安かったと聞く。

401 :Jimmy:2007/06/19(火) 23:41:25 ID:zbkzrk24
>>399,>>400
どうも君は私から見ると、核心をついた読解というのが出来ないようだな。
百歩譲って観点が異なる。
ブルジョア議会とプロ独とどちらが有効なのか、というのは君の論点。
トロツキーはメンシェビキやボルシェビキのある部分が思い描くような、
先ずプルジョア革命を完成させてから、しかる後それに「圧力」をかけて、
戦争をやめさせたり、社会主義革命を展望することは不可能であると、
情勢を分析している。ブルジョアは自分人の譲れぬ理由から戦争を継続している、
その権力を認めてそれに働きかけても、決してブルジョアジーは譲歩をしないだろう。

トロツキーは終始彼の直面した、ロシアの革命情勢について、如何にプロレアリア
革命が必然的に要請されるかを語っているのだ。
ブルジョア革命=民主主義革命の完成しかる後社会主義革命という、一見マルクス
に忠実な歴史転変論は、この情勢を前にしたら、「図式主義」への後退を
意味するとも言っている。

具体的情勢分析抜きに、日本でのブルジョア議会とプロ独の有効性について、
何かを言い出そうとしている君の姿勢も、「図式主義」に陥っていないか。

核心はここではないか。


402 :くろしろー:2007/06/20(水) 01:12:41 ID:v7ylM514
成程そういう視点が必要なのですよ。現状分析をいうなら今の安部総理なブルジョア民主主義に期待しても無駄。政治家に期待しても無駄それじゃあなにがあるのか。というところで今を抜けだせないんですよ。正直プロ独がなんであるのかは知りません。

403 :くろしろー:2007/06/20(水) 01:20:56 ID:v7ylM514
今を抜けだせないということはテキスト読解トシテは確に失格ですな。

404 :くろしろー:2007/06/20(水) 01:40:00 ID:v7ylM514
只言わせてもらえば、ソ連はだめだめだったわけで、其処にヒロイズムをみいだせない。だから団塊の世代のあなたとはテキスト没入できない。という欠点ががある。

405 :Jimmy:2007/06/20(水) 17:20:36 ID:cGh0Olmr
テクスト内在的読解とは言ったが、ヒロイズムだの没入だの、全く関係ない。正確に読み取れ、それだけのこと。
君はもう少し、基本中の基本を、しっかり固めるべきだな。
ずっと同じことを言われ続けているわけだが。

406 :Jimmy:2007/06/20(水) 23:03:29 ID:NnezoIFt
>>402
それは、君の思うとおりにならないから、不平を言っているだけではないのか。
安倍総理を選んだのは選挙民ですよ。
1917年のロシアに、普通選挙制度、婦人参政権は、カケラもなかった。
その違いをどう考慮するのか。

407 :くろしろー:2007/06/20(水) 23:56:59 ID:v7ylM514
成程みえましたよ。私は図式的ですらない。絵が見えてない。今日は忙しいので明日進めましょう。

408 :Jimmy:2007/06/21(木) 06:57:40 ID:07hppCqu
それはそうと、この姫岡訳本の初版は1969年に出ている。この時すで
に青木昌彦は姫岡怜治の名を捨てていただろうに、一体どういう経緯
があったのか・・・

409 :みのもんた:2007/06/21(木) 08:48:32 ID:LkHJbD+F
ほっとけない

410 :くろしろー ◆lKW0OnevWc :2007/06/21(木) 22:51:44 ID:VxGbW6Ov
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%9D%92%E6%9C%A8%E6%98%8C%E5%BD%A6
この人なんかすごい人ですなア。でも京大なら丸活動もオーケーだったのかも。
ああ、アメリカ版を訳したわけですな。
中華人民大学云々ってのも未練を感じさせます。私は図式的なのではなく、絵
もないのです。永続革命論の中にプロ独の極意が書かれているようですなあ。楽しみです。

六 十月革命の前夜と余波 要約。()内は感想

緊急党大会も開かれること無く中央委員会から予備議会からもボルシェビキが脱退。諸勢
力の必要な左傾を確実にした。10月16日ソヴィエトの合法的反乱機関である軍事革命委
員会が創設された。党の右翼ジノヴェフとカメーネフが「現情勢について(以下書簡)」を党
[組織の重要機関全部に配布。敵を過小評価することに関しても警戒を要し、革命勢力を驚
くほど過小評価している、とトロツキーは言う。党右翼は社会民主主義を取ろうとした。議会
の三分の一以上の議席確保が可能と言う。憲法議会+ソヴィエトと言う偽装は後のヒルファ
ーディングも繰り返した。
「書簡」は労働者、兵士はともかく農民は社会革命党に投票するとしている。
この問題に対して、トロツキーは農民を投票させたら、社会革命党に投票するだろう。これに
反してプロレタリアートによる権力の奪取は即時地主と政府役人に対する農民の闘争への革
命的骨組みを作るだろう。(つまりは「革命は人工物」ということか?)プロレタリアートの指導に
おける農民の革命的潜在力を過小評価し、彼らの政治独立性を過大評価する、とする。

また「書簡」は平和を求めているから、兵士大衆から我々は評価され、革命戦争に持ち込む
のであれば我々は支持を失うだろう、としている。ブレスト・リトウスク条約――多額の賠償金
と広大な領土の損失――の受諾は「書簡」が作り出したことというのは幻想で、レーニンの政
治的天才をトロツキーは認める。力の優位は敵の側にあると言う発想が自らを鍛えるのだ、と
トロツキーは言う。(ここでは敵と味方という発想が必要だ)。「書簡」はペトログラードの脅威を
言い、レーニンでさえモスクワから蜂起すべきだと言うが、内戦では、単に大隊の数ではなく、
自覚状態の差引勘定が必要であり、それは十分ではありえない、とトロツキーは言う。この場
合より不利な状況を考えるべきだが(最悪の場合ではない点に注目すべきだ)、「書簡」は敵を
課題評価している点に注目すべきだ、とトロツキーは言う。(続く)



411 :くろしろー ◆lKW0OnevWc :2007/06/21(木) 22:58:24 ID:VxGbW6Ov
中華人民大学ー>中国人民大学
失礼。

412 :くろしろー ◆lKW0OnevWc :2007/06/21(木) 23:02:57 ID:VxGbW6Ov
レーニンがスイスと言う点がどうも引っかかる。

413 :くろしろー ◆lKW0OnevWc :2007/06/22(金) 00:11:47 ID:lQqJkc40
http://www.stanford.edu/~aoki/j/
なるほど見事に経歴から学生運動関連は消え去ってますなあ。

414 :くろしろー ◆lKW0OnevWc :2007/06/22(金) 00:28:27 ID:lQqJkc40
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B9%E3%82%A4%E3%82%B9
引っかかりは引っかかか。。。

415 :くろしろー ◆lKW0OnevWc :2007/06/22(金) 23:59:50 ID:pTJD2X2F
六 十月革命の前夜と余波 続きその一()内は感想
このことはドイツの蜂起にも生かされる。ドイツでの蜂起では、まず敵勢力は一次無視された。そのあとで
数々の統計表に絶対の信をなしてしまったのだ。確かにドイツの反革命武力はコルニロフと反コルニコフ
り強かっただろう。しかしドイツのプロレタリアは圧倒的多数である。わが国では問題はペトログラードとモ
スクワで決定された。ドイツでは多くのプロレタリアート中心的地域で時を移さず蜂起の火の手が上がった
であろう。こうした中では統計表より反動勢力は弱まるだろう。いずれにしても、ドイツの十月の挫折の後に
それを正当化しようとしている傾向的な政策を拒否しなければならない。ペトログラードにおける無血勝利は、
ユンケル、突撃隊とコサック扇形に展開された強力な守備隊と砲兵、そして戦線から到着しつつあった軍隊
が実際的にはゼロだったのだ。もしも蜂起しなければ、蜂起は狂気の沙汰で、ユンケル他の勢力は恐怖の
的になっただろう。レーニンは、九月から、十月にかけて、不断の圧力をかけたのは天与の好機を逃しはしな
いかと恐れたからである。レーニンは戦略的で実践的であり、反対派は運命論的である。天与のこ好機を失
うとはどういうことか? まったく同一の経済基礎と社会のまったく同一の階級分化の元で、下部構造が一定
で、プロレタリア大衆のムードと彼らの幻想が打ち砕かれる程度、彼らの政治的経験の成長度、国家権力に
対する中間階級と中間的大衆の信頼が打ち砕かれる程度、最後に国家権力が自信を喪失する程度。これ
ら等に依存して力関係は変化する(ここには確かにマルクス主義の図式主義がない!)革命期間中これらの
過程は閃光のように変化する。一切の戦術的技術は自体の組み合わせがにもっとも有利な瞬間をつかむこと
である。コルニロフの暴動はこのような組み合わせを完全に準備した。ソヴィエトの多数派を構成する党に対す
る信頼を失った大衆は反革命の危機を見て取った。彼らは、そうした情勢から抜け道を発見するのはボリシェビ
キだ、との結論に達したのだ。かつ絶対的な信頼の端緒的盛り上がりも長期にわたって続きうることが無かった。
レーニンは繰り返した、それは今やるか、永久にやらないかだと。右翼の「書簡」はこれに反対して、「プロレタリア
の党はもっと大きくなる、今蜂起することのみが失敗の元だ」という。革命党の勢力はただある一定期間まで増大
するに過ぎない。大衆は待たせすぎると幻滅する。と同時に敵はそのパニックから回復し、この幻滅を利用する。
1923年のドイツはこのケースだった。我々はロシアにおいても1917年、これと隔たっていなかった。「書簡」は「
そんなムードはない」と言うが、ドイツの十月の挫折を良くあらわす。問題の中心点は大衆が待機して決然たる有
能な戦闘指導者を要求するだけの十分な経験を持つときに、一般的において、蜂起の勝利は確信できる。4月の
示威運動、7月の示威運動、コルニロフの事件に基づいて、孤立した端緒的な講義や偵察作戦はもはや日程に上
がらず、権力奪取の決定的蜂起のみだ、との確固たる信念にすでに到達していたのである。大衆の気分もより精密
で意識的な心情になるが、プロレタリアートの蜂起を指導という党の真の心構えと能力によって克服されうる。他方
党が、協調主義者の影響から大衆を引き離す革命的煽動を長々と続け、大衆の信頼が最高潮に達したときにいた
って、動揺し、仲間割れを起し,両股をかけ、そして便宜的な妥協をする。この様な党は革命を破滅させる。「書簡」
]はまさにそれであった。(続く)


416 :くろしろー ◆lKW0OnevWc :2007/06/23(土) 00:09:53 ID:8hith+Sx
懸念はひとつだ。スイスでレーニンが銀行家と結託しないかどうか、これによって、情報能力が圧倒的に
変化し、レーニンは判断をより正確に下せる。ドイツではそのようなことはあってはならなかった。銀行化
自身が滅ぶ。しかしロシアならちょうど共産主義をどうにかしなければいけないと考えた銀行家が、適当
に成功させ適当に破滅させようとした最適の場所である。最後に得をしたのは銀行家だ。共産主義の再
興などもはやあるまい。

417 :くろしろー ◆lKW0OnevWc :2007/06/23(土) 00:17:08 ID:8hith+Sx
もしもそうでなければこれらトロツキーの考え通り、レーニンが正確にこれらの情報を読んだ軍事的
天才の持ち主だったのだと言う結論になろう。

418 :くろしろー ◆lKW0OnevWc :2007/06/23(土) 00:29:01 ID:8hith+Sx
モスクワから蜂起など情報が正確でない点もあるが偽装とも考えられる。銀行家を利用しようとして利用された
のではないかとの疑念がつい起こってしまう。これはヴィクター・ロスチャイルドがMI6のトップでソ連とつなが
っていたように、世界革命をつぶすには内側から崩せばいいのであって、そういう信じられないことをやってきたのが
世界のトップの銀行家だ。まあこの議論はおいておこう。トロツキーの言い分にもプロ革命家としての目を覚まさせる
ことがつまっている。

419 :くろしろー ◆lKW0OnevWc :2007/06/23(土) 01:27:37 ID:8hith+Sx
まったく同一の経済基礎と社会のまったく同一の階級分化の元で、下部構造が一定
で、プロレタリア大衆のムードと彼らの幻想が打ち砕かれる程度、彼らの政治的経験の成長度、国家権力に
対する中間階級と中間的大衆の信頼が打ち砕かれる程度、最後に国家権力が自信を喪失する程度。これ
ら等に依存して力関係は変化する(ここには確かにマルクス主義の図式主義がない!)革命期間中これらの
過程は閃光のように変化する。一切の戦術的技術は自体の組み合わせがにもっとも有利な瞬間をつかむこと
である。

このあたり、非常に面白い。マルクスに読ませてみたい。

420 :くろしろー ◆lKW0OnevWc :2007/06/23(土) 01:32:58 ID:8hith+Sx
>>401
>トロツキーは終始彼の直面した、ロシアの革命情勢について、如何にプロレアリア
>革命が必然的に要請されるかを語っているのだ。

必然的に要請されるのではなく、意図してその必然性へ追い込む。
そういうことではないのだろうか? 

421 :みのもんた:2007/06/23(土) 08:42:43 ID:LGaoimBy
ここらでちょっとブレイクしようよ

422 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/23(土) 21:22:00 ID:j/r4glAb
マルクス=神

423 :みのもんた:2007/06/24(日) 08:29:52 ID:+fJhdoYY
久米がきらいだ

424 :Jimmy:2007/06/24(日) 08:45:48 ID:d8pL+ias
僅か数ページの文章だ。もっと手短に要約すること。
くろしろーのは、抜き書き。
情勢は逼迫してきている。蜂起反対派は、敗北による損害だけを恐れて、
手を下そうとしない。レーニンは、機が熟してきたのを見抜いていた。

425 :Jimmy:2007/06/24(日) 16:18:12 ID:Yyielk49
反対派は言う、「これは女の罠だ」
レーニン「今やらなきゃ、一生男になれないぜ」
そういうことだ。

426 :Jimmy:2007/06/24(日) 16:26:08 ID:Yyielk49
反対派の言動を訂正する。
「ほって置いても、この女は落ちる。下手に手を出して逃げられるリスクを冒すな」

427 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/25(月) 13:40:18 ID:oLoYdIGU
レーニンの一国共産主義が無理だったんだよ。
世界同時革命で世界まるごと共産システムじゃないと
共産主義はうまく機能しないんだ。
ハードが資本主義のままで、永続的に続くわけがない。
ウォーラーステインの「反システム論」を読めば明らか。

428 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/25(月) 14:14:26 ID:TZSKLFju
 釣りか? 第一次大戦直後の世界革命情勢とその当然の敗北、孤立したソ連、
スターリンの「一国社会主義」論の開き直り、て高校世界史レベルの知識だが。
必修逃れか。

 それにしても、できもしない世界革命を唱え続けだのがトロツキーという理解
でよいのか? トロツキーてそんなに馬鹿だったの。

429 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/25(月) 14:22:14 ID:oLoYdIGU
そもそも資本主義の発達していないロシアなんぞの僻地で、
革命やったのがおかしい。
過渡期の法とか、どこの寸借詐欺だよ。
そりゃスターリンも出てきますよ。

430 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/25(月) 14:29:23 ID:5wftAC3p
しょうもない話ですが、某中国株の掲示板で
Jimmyという名前を見つけたのですが、ここに書いている
Jimmyさんですか?

431 :Jimmy:2007/06/25(月) 15:07:45 ID:qXiVNsJ4
ちがいます。

432 :くろしろー ◆lKW0OnevWc :2007/06/25(月) 21:15:48 ID:Xgch6pyn
短くですか。

十月革命は成功に終わったが、それでも反他派がいて他の政党との連立、憲法議会
の発議などを求めた。レーニンは断固これを反撃した。ペトログラード、モスクワその
他の地方の農民に動揺の影なしと。憲法議会の廃止によりプロレタリアートの党は権
力を確立したにとどまらず、それを保持したと。

こんなんでどうですか?


433 :くろしろー ◆lKW0OnevWc :2007/06/25(月) 21:20:35 ID:Xgch6pyn
失礼、農民=>労働者、兵士、大衆

434 :くろしろー ◆lKW0OnevWc :2007/06/25(月) 21:42:05 ID:Xgch6pyn
反他派ー>反対派
失礼

435 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/26(火) 15:06:40 ID:mPCmCaxn
がんばるなくろしろー

436 :くろしろー ◆lKW0OnevWc :2007/06/26(火) 21:55:24 ID:kEpCbhAa
七 十月反乱とソヴィエトの合法性要旨
レーニンは蜂起を技術(アート)として取り込むこと、時期の来た今こそ立ち上がるべきだとした。
しかし反対派も多かった。運命論的、妥協的、社会民主主義的、メンシェヴェき的だった。第二回
ソヴィエト大会よりも早くやる必要があった。。レーニンはモスクワから始めよと言ったがペトログラ
ードからのほうが早かった。レーニンは完璧にムードを読んでなかった。軍事革命委員会の創設、
全ての師団と軍機関に代表委員の任命が効いた。トロツキーは軍に革命目標と合法性を与えた。
「一切の権力をソヴィエトへ!」コルニホフとその一派に対してソヴィエトへの合法性を守ったこと
はある種の神秘性、合法性を持った。モスクワではペトログラードよりてこずった。段階的に怒らず
一気に起こったことと指導者に十分な決断にかけていた。戦争は動揺してはならない。引き伸ばし
は良くない。臨時政府の無能が有利なった。ドイツでは社会民主主義でうだうだしすぎである。イギ
リスについては特殊なプロレタリア革命(ロシアのような)をもたらすことはない。西欧では蜂起に対し、
はるかに難しいだろう。革命やの起こる順番や、軍事干渉、ソヴィエト連邦の経済力、軍リ力にかか
っていることだろう。


437 :くろしろー ◆lKW0OnevWc :2007/06/26(火) 21:57:56 ID:kEpCbhAa
有利なったー>有利になった。軍り力ー>軍事力

438 :くろしろー ◆lKW0OnevWc :2007/06/28(木) 01:24:24 ID:3BoZ+R+k
進んじゃいますよ。w

439 :Jimmy:2007/06/28(木) 06:50:11 ID:UDDBC7Ze
>>438
かまわん

440 :みの:2007/06/28(木) 18:46:16 ID:Yrk57bz/
げんきですか

441 :みの:2007/06/28(木) 21:47:27 ID:Sqlh2B0R
元気じゃないのは顔黒い

442 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/29(金) 11:36:40 ID:zaO3T4A4
ミリバンド論争で有名なミリバンドのお子さんがイギリスで最年少の外務大臣になりましたよ。ハンサムですな。

443 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/29(金) 15:13:05 ID:iGyd4Gr8
ttp://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070629-00000012-san-int
英新政権 外相にミリバンド氏 初の女性内相にスミス氏

■ミリバンド氏41歳 「首相候補」へ一歩リード

1997年の総選挙のマニフェストづくりで実績を上げ、ブレア前政権の政策顧問に。
2001年の総選挙で初当選。地域・地方政府担当閣外相などを経て、06年5月に環境・食糧・農村相に抜擢された。

先の党首選でブラウン氏の対抗馬として推す動きがあったが出馬を固辞。
結果的にブレア対ブラウンの党内の争いに巻き込まれることなく、
今回、ブラウン政権の“目玉閣僚”に起用されたことで、将来の党首、首相候補として一歩抜け出した格好だ。

ミリバンド氏は28日、外務省に出向き、「現代では目的を持った我慢強い外交が要求される。
その思いに沿って指導力を発揮していきたい」と記者団に抱負を語った。
ただ、国際外交の舞台における手腕は不透明。とくに、イラク政策の見直しなどで重責を担うことになる。

1965年、ロンドン生まれ。父親は著名なマルクス主義政治哲学者。
オックスフォード大学で哲学や政治を学び、米国のマサチューセッツ工科大学で政治学修士を取得。
閣僚のなかでは早くから自分のブログを持ち、「セカンドライフ」にも参加する。
夫人のルイーズ・シャッケルトンさんはロンドン交響楽団のバイオリニストで息子が1人。
弟のエド氏も今回、内閣府担当相として初入閣した。

ttp://ca.c.yimg.jp/news/20070628220425/img.news.yahoo.co.jp/images/20070628/jijp/20070628-00000045-jijp-int-view-000.jpg


444 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/30(土) 10:09:31 ID:udzKjXeU
ブラウンの次に最も次期首相に近い男がミリバンドさん。

445 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/01(日) 02:45:29 ID:nd4ObAZA
中国や旧ソ連をエセマルクス主義という人は多い。
マルクス主義に詳しいのなら何故見抜けなかったのか。
失敗がはっきりして仕方が無くエセだというのか。
前者なら無能。
後者なら偽善
どちらにしても糞には変わりはないか。


446 :みの:2007/07/01(日) 08:51:53 ID:jzReU0SB
おもいっきりテレビ

447 :みの:2007/07/01(日) 16:45:30 ID:RoUzTQFr
顔も黒いが亀頭も黒い

448 :くろしろー ◆lKW0OnevWc :2007/07/01(日) 20:43:51 ID:rbJ1zGDD
申し訳ない。永続革命論全部読んでからアップする。

449 :Jimmy:2007/07/02(月) 06:46:38 ID:BJUcTgpR
>>448
それでいいんだ。

450 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/02(月) 08:46:16 ID:Rq+Js/XN
>>449
よくないぞ

451 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/02(月) 10:44:15 ID:Ugn5jmA5
167 名前:金持ち名無しさん、貧乏名無しさん 投稿日:2007/06/29(金) 18:38:47
日本は社会主義から真の資本主義へと脱皮しつつあるのです。

168 名前:金持ち名無しさん、貧乏名無しさん 投稿日:2007/06/29(金) 19:44:36
企業主義は社会主義の一種です。企業が協同組合になっちゃっているのです。
外資系ファンドが日本の社会主義体制を壊しにやってきていますが、抵抗してますね。

169 名前:金持ち名無しさん、貧乏名無しさん 投稿日:2007/06/30(土) 08:41:23
果たして

社会主義=悪
資本主義=善   
         なのか?

452 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/02(月) 12:25:20 ID:SSgj9/1z
かつ○とまじめこてが同時に消えた件。

453 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/03(火) 11:49:45 ID:MRBs8qVY
しらん

454 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/03(火) 21:09:54 ID:9m701gQW
10年後にマル経勉強できるのは日本だけだとさ

455 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/04(水) 00:53:29 ID:RtB7FITy
マルクスの出身国独逸と日本。マル経が栄えれば社会が豊かになる。

456 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/04(水) 01:42:09 ID:rtT+Yc0W
粛清

457 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/04(水) 01:58:48 ID:RtB7FITy
資本主義社会が強制労働社会でないというのは嘘。
賃労者として働くか、さもなくば飢え死にしろ、という選択無き選択の
ディレンマを強いるシステムとして資本主義社会は機能してきた。

458 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/04(水) 08:40:11 ID:ivT5t33y
そのとおり

459 :くろしろー ◆lKW0OnevWc :2007/07/04(水) 23:41:20 ID:s82fC1gI
諸君、またしたな。永続革命論ただいまを持って読了した。明日以降アップをだすことにしよう。

460 :くろしろー ◆lKW0OnevWc :2007/07/04(水) 23:53:36 ID:s82fC1gI
その次は、トロツキー「裏切られた革命」にしようと思う。文章はブログ化する予定だ。
ココで私の疑問を抱くプロレタリア独裁について官僚と言う新しい階級についてご理解
いただけると思う。誰しもが農作業を終えてから、国家を運営するわけではない。
分業化の元、官僚として国家運営を担当する。まあ詳しくは明日以降。

461 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/05(木) 02:46:16 ID:Hrg+8U1s
くそしろーみたいなキチガイメンヘラーにも公務員が
務まるという事実。これが固定化された分業の廃止が可能である
ことの証左でなくてなんだというのか?

462 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/05(木) 03:31:39 ID:ZbpBeqSj
http://www.mofa.go.jp/mofaj/press/staff/iraq/20031119.html

パンの値段が安いのは政治的自由のない
人民の不満を抑えるためだって?
それじゃお前のカミさんがセックスのたびに
料金を請求しないのは性的自由のない
チンチンの不満を抑えるためかい?
カミさんへの支払いは「あからさまな支払い」より
「隠された支払い」を選んでるくせに奥参事官さんよ
お前は早稲田大学政経学部で誰に経済学を教わったのかね?
つーかお前バカだろ?
(゚Д゚)
あぁぽむぽむ

463 :くろしろー:2007/07/05(木) 09:53:32 ID:8Lqglgcn
>>461 それはまったく違うぞ。事実印刷会社はやめた。労働時間を短くする研究か転職がもっと一般化された社会にしか、さまざまな職や趣味を味わうことはない

464 :くろしろー:2007/07/05(木) 10:01:57 ID:8Lqglgcn
それに印刷会社なら勤まらなくて公務員くらいしかつとまらないということは分業できつい仕事と楽な仕事ができたおかげではないのか? 君にキチガイメンヘラをそっくり返す。

465 :くろしろー ◆lKW0OnevWc :2007/07/05(木) 22:10:51 ID:LG+VLuua
八 再びプロレタリア革命におけるソヴィエトと党について要旨()は感想

ソヴィエトはそれを意識して自己充足的に作るべきではない。
蜂起の中から自然と発生し、革命の成功のあとには国家権力の機関
として、発生する場合もある。ある種の団体が自然にソヴィエトにな
る場合はあるが、自己充足的にソヴィエトを作るようなときは敵はここにいるぞと
目立ち、敵対勢力として支配家層に破られてしまう。
(国家の廃絶はどこへ行ったのか?)
ロシアでは革命の「民主的」段階で成長したが、西欧諸国では党の呼びかけで
作られるだろう。ドイツでもフィンランドでも、党の適切な指導があれば勝てた。
ロシアでは、党の優れた諸条件がありながら、二月革命前夜反対派がでた。
また革命的な党でも保守性に気をつけるべきである。好機は一瞬のチャンス
だからだ。
ドイツではまさにメンシェビキ的であったから負けた。要するに革命は常に必
要な準備をしてチャンスを待ち時が着たら即座に実力行使出なければならない。

次回からいよい『永続革命論』の要約に入る。各章が長すぎるので、分割して予
要するかもしれない。


466 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/05(木) 22:36:23 ID:Hrg+8U1s
ヤクザがショバ代せしめるのも「分業」。
乞食が空き缶置いて金恵んでもらうのも「分業」。
キチガイメンへラー公務員が税金横領するのも「分業」。

「楽な」仕事ってあるものだね。
神の見えざる手の導きとは何と見事な予定調和なことよ。
どうしようもない社会のクズにも分業の役割を与え、生きる糧を与えて
くださったのだから。

467 :くろしろー ◆lKW0OnevWc :2007/07/06(金) 00:14:29 ID:lCPKI8Pr
>>466
馬鹿だね。キチ外メンヘルてのは神が与えた受難を背負う殉教者だよ。
なぜなら人口100人につき一人はそういう病にかかるんだから、つまり
残りの99人は運よくその受難に会わなかっただけ。
その運の悪い一人のおかげで狂わないだけ。
お前がなった可能性もあるんだぜ。たとえば人口百人で精神病者
がでて次々に自殺してお前一人になったとしよう。
するとお前の心の百分の一は基地外だ。犯罪者とかと一緒にしてもらいたくないね。
世界を恨む受難があるのにマジメに働いてるんだから社会の良心といってもらいたいね。
こういうことがおきるのは多分遺伝情報が多様性があったほうが人間の種の存続
として役に立ち、時にバグが生まれるからだろうな。

468 :くろしろー ◆lKW0OnevWc :2007/07/06(金) 00:23:37 ID:lCPKI8Pr
まあ俺ももっとひどい障害者がいたり、ひどい生活を送ってるんだから、このくらいですんでるんだろうが。

469 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/06(金) 11:10:33 ID:SNTOBlny
いつもいつも同じねたの堂々巡り
飽きたんだよくろしろー
お前も飽きたんだよじみー
くだらねーなー

470 :くろしろー:2007/07/06(金) 13:17:48 ID:Vbz3yKQj
俺は丸の古典を正しく読めているか確認しているだけで、本当の面白さは別のところから発生するのだ。4、5年待て。

471 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/06(金) 17:40:35 ID:08VyHmO2
>>470
>正しく読めているか
>4、5年待て
誤読もイイとオモタよ
自然科学の実験でいうところの偶然の発見が出てくるかもしれない
当分はROMるが、このスレおもしろい


472 :くろしろー ◆lKW0OnevWc :2007/07/07(土) 00:37:47 ID:BzJsoNTu
http://d.hatena.ne.jp/kurosiro1/20070706

トロツキー十月の革命をブログに整理した。

大体丸文献については私が平日の一時間、
土曜日3,4時間程度に通読し、またはじめ
から書き読みし2ちゃんねるに要旨掲載という
プロセスを行い。それをブログにまとめて資料
を作ることである。そこから「お楽しみ」を作る。
平日や休日に丸にこれだけしか時間をさかない
のはテニス道楽と「お楽しみ」の準備の為だ。
いずれ諸君らの目の前に「お楽しみ」を出せる
ことを祈っている。しかし丸文献の大きさにため
息をつかざるを得ない。w

473 :くろしろー ◆lKW0OnevWc :2007/07/07(土) 00:49:52 ID:BzJsoNTu
またスレが立てられればいいが、立てられなくなった際、ブログのみの整理と言う話になる。
お楽しみには丸文献の資料があればいいのだがと思うが、世界観の為、赤い盾まできっちり
整理したい。

474 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/07(土) 08:43:37 ID:45FE7GvD
オマエのブログでいう研究ってのは、本の要約なんだろ?
オマエ如きが整理とはww

475 :くろしろー ◆lKW0OnevWc :2007/07/07(土) 10:26:57 ID:FKNnmnHi
いや研究ではない。本の内容の把握だ。本と言うものは読むだけでは、中身スカスカだと
と言うのが赤い盾のブログ化で気づいた。書いて要旨まとめるぐらいになって初めてそのテキスト
を読みこなしたといえるのだ。それに10月の教訓にもあるとおり自分が弱いと言う精神が自分を鍛えるのだ。


476 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/07(土) 11:01:29 ID:jCCDll8u
◎初の「世界繁栄指数」を発表 レガタム世界開発協会 (共同通信PRワイヤー)

1位 米国、ノルウェー、スウェーデン

21位 アルゼンチン
22位 韓国

26位 チリ

28位 クロアチア、日本 (笑)

http://money.www.infoseek.co.jp/MnJbn/jbntext/?id=kyodopr200707041027

477 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/07(土) 15:46:36 ID:vrxQXdrL
(50カ国中)
国        全体   物質的豊かさ   生活満足度
日本       28     14      42
ブルガリア    37     28      43
バングラデシュ  47     48      44

478 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/08(日) 17:57:37 ID:xgUUQxIg
つまらんねー

479 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/09(月) 08:06:44 ID:t5iiVJMB
つまんねーパート2

480 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/09(月) 18:56:37 ID:twq58A6J
>>476
それってよくわからんよな
ほかでも見たけど、犯罪率がスウェーデンは劇高だけど
そういうのとかはすべて除外されてるし

481 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/09(月) 20:14:02 ID:kK30dkqB
 たしかに、以下の九項目でここまで日本が低くなるというのも奇妙な気が。
「強い信仰心」をもった共産主義者と天皇主義者が消滅してしまったことが大きいのかな?


報告書は、高いレベルの生活満足度の主要推進要因を重要度合いの順に示している。

(1)選択の自由を持ち、自分の生活の管理

(2)健康

(3)幅広く存在する機会

(4)強い信仰心

(5)高水準の所得。

(6)温暖で太陽が輝いている気候

(7)政治的自由

(8)低失業率

(9)低離婚率

482 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/10(火) 21:41:56 ID:pvJpsXV7
永続革命・永久革命(permanent revolution)
パーマ(permanent wave)
薬品処理なのでかつての熱処理に比べ永久的だと
いわれてたがパーマってそんなにもたないよね
(゚Д゚)
あぁぽむぽむ

483 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/10(火) 22:54:40 ID:Ziab5jpY
最近マルクスに興味を持った者です。
彼の生産力概念について調べているのですが、あまり良く掴めません。
このBBSのなら詳しく知っている方が多いと思い、書き込ませて頂きました。
これを機にマルクスについてもっと調べていこうと思っています。
もしよろしければ、初学者の私でも理解に近づけるよう、説明していただきたく思っております。
よろしくお願いいたします。

484 :くろしろー ◆lKW0OnevWc :2007/07/10(火) 23:13:34 ID:c8Bc3BC1
永続革命要約については主に水・木・金にやりたい。土日月はテニスで駄目だし、火曜日は疲れを抜くのと
この健康な生活から、丸読解などと言うデカダンに移る調整日だ。俺はある目的のために丸読解を目差しているが、
そうでなければ不毛で、不健康な趣味だ。

485 :Jimmy:2007/07/10(火) 23:39:18 ID:+f/YS1aC
>>483
マルクスの生きた当時の科学は古典力学が覇権を確立した時代。
だから彼の著作には、それとのアナロジーが至る所に顔を出している。
『経済学批判』序文の生産力と生産関係の矛盾など最たるもの。
資本論では、抽象的人間労働によってその価値の大きさを決定された、
力学的質点に準えた商品が、お互いを引き合う「関係」から、価値形態−貨幣形態ー資本形態
と進んで、労働生産過程における労働自身の生産力に基づく剰余価値生産
の開示へとすすみ、それが再びここの資本間の競争関係を、展開する、
という、力−関係ー力ー関係なる構図が変奏されている。

この構図の中ではやはり、労働自身の生産力に基づく剰余価値生産力
が中心的概念だろう。

労働自身の生産力とは。労働力の支出する労働時間のうち、労働自身を
再生産するのに必要な労働時間を超える部分、として定義される。

486 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/10(火) 23:52:52 ID:elL+dDLq
>>483
生産力は辞書には「社会が物質的財貨を生み出し得る力」とある。
このとおりに理解すればよろしいかと。

487 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/11(水) 10:04:56 ID:3SD68I1M
483さん。マルクスについて調べるのなら史的唯物論からではなく経済学から
入門することをお勧めします。ためしに『ドイツ・イデオロギー』とたとえばスターリンなんかのパンフ
を読み比べてみてください。「歴史の第一次的行為」の把握からして違います。
経済学から入るのが無難。いまさら労働価値説なんて・・・ともし思われるなら、
広西元信の『資本論の誤訳』をよめば、そういった先入観は吹き飛ぶと思います。

488 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/11(水) 11:44:39 ID:3oNpiiz9
あーあつまんね

489 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/11(水) 19:05:42 ID:v69H3PSS
共産主義者がいる日本が幸せになれるわけねえじゃん
日本の生活満足度が低い理由の半分以上は、マルクス主義者が大学・メディア・公務員を牛耳っていることで説明つくだろ

490 :くろしろー ◆lKW0OnevWc :2007/07/11(水) 20:55:49 ID:LVqNvZ+P
永続革命論。アメリカ版序文()内は感想

ココでトロツキーはスターリンの一国社会主義を否定し、世界革命を主張する。
まずアメリカに共産主義者がいるのかと言う問題があるが、マッカッシーによる
アカ狩りがあったように当然アメリカにも共産主義者がいるのであろう。この序
文でもっとも重要な支柱はトロツキーの世界革命論であり、スターリンの、一国
革命論への批判である。
インドとイギリスにあるように、資本主義は国際的に分業化され発展するもので
あって、お互いがお互いを必要としている。スターリンの言うがごとく国際的分業
は民族資本主義の補足ではない。国際的分業こそ資本主義のありうべき姿であ
る。スターリンのように民族資本主義など行き詰るのだと言うことだ。ロシアでしか
社会主義がうまれないと言うスターリンにたいして、各種さまざまな資本主義があ
るのであり、ロシアだけが特別なわけではない。スターリンの論理だとインターナ
ショナルはただのロシアの衛生国になってしまう。そう言うことではないだろうと
トロツキーは言っている。(この意味でトロツキーの方が正しいと私は感じる。た
だ計画経済の話が出えてくるが、そこにはやはり古さを感じずにはいられない)



491 :くろしろー ◆lKW0OnevWc :2007/07/11(水) 21:17:34 ID:LVqNvZ+P
>>489
そうではなく、本気で労働者の労働時間や強度を下げつつ、かつ、経済的発展に
復は後退しても、余暇が増えて暮らしやすと言うようなつながるような本気の動き
が無いからだろう。無謀な冒険主義で何千万人も人を餓死させたり、一国の大企
業批判していれば済むといった日本共産党的な態度があるからだろう。
これに対する大企業の答えはこれだ。国際的競争力が落ちると言うものである。
これに対して、なしうる手はその国際的に連帯して競争のスローダウンを労働者
側も行うべきであり、限りなき発展とか。国家がなくなる、貨幣が無くなるなどといった
マルクス主義のたわごとを捨て、現実の資本主義の中で、国際的に経済過競争
をやめさせ、まったりした社会を作ることだろう。

492 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/11(水) 22:25:23 ID:r8uCpXCW
くだらねー

493 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/11(水) 23:09:10 ID:5cGbK1F0
天皇主義者がいる日本が幸せになれるわけねえじゃん
日本の生活満足度が低い理由の半分以上は、天皇主義者が首相・自民党総裁を牛耳っていることで説明つくだろ

494 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/12(木) 13:09:11 ID:pIA9kgdL
労働価がなかなか上がらない
早く上がれ〜〜〜
もし上がったらいっぱい消費するからさ

495 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/12(木) 14:33:21 ID:BKQvH2b4
これぞまさに不動点
左巻きのくろしろー台風を気分転換にドゾー

http://www.jma.go.jp/jp/gms/largec.html?area=0&element=0


496 :Jimmy:2007/07/12(木) 21:11:19 ID:mDQzzhtg
トロツキーは世界資本主義の分業構造を一般的に指摘するに止まっている。
世界大恐慌の真っ只中にありながら、それへの言及は極めて乏しい。
スターリニズムと闘うことより、この資本主義世界体制の全面的危機に、
どう立ち向かうべきなのか。その問いが見い出し難い。

497 :くろしろー ◆lKW0OnevWc :2007/07/12(木) 22:41:02 ID:vzvkD9hb
今お楽しみのもうひとつの材料を調理している。半端な仕事はしたくないので、要約は明日と言うことにしよう。
確かにJimmyさんの言うとおり永続革命論には恐慌論はない。

498 :くろしろー ◆lKW0OnevWc :2007/07/13(金) 20:49:20 ID:vXisXy4+
ロシア版序文の評論的要約()内は感想。
今度の序文では十月の教訓ではデリケートな扱いを受け、あくまで研究の為だとした古参ボリシェビキ、
ジェノビフ、スターリン、ブハーリン等との対立がむき出しにされ、トロツキーがいかにレーニンに近く、ま
たこの永続革命論が1905年という昔からあったと言うことが扱われている。十月革命の際、レーニンの
考えに近かったのがだれであるか、いささか病的な社会主義の個人崇拝の予兆が見える。それだけ追
い詰められていることはトロツキズムと攻撃されていることからもわかる。またプロレタリアートと農民
の問題、プロレタリアートと農民の民主的独裁ではなく、農民の支持を得たプロレタリアートの独裁の立
場を明確に打ち出し、農民には独自の党派を作れないのだと言うことが示されている。また10月のプロ
レタリアートの革命の時期は十分に熟していたことが明確に打ち出され、永続革命論がそれを予見して
いたことを強調している。民主主義的諸条件の元で次第に社会主義化されていくことや一国的、民族的
革命には明確に否定している。社会主義の今後はこれからの世界資本主義の動向にかかっており、それ
こそが永続革命論の社会主義的正当性なのだとしている。


499 :Jimmy:2007/07/13(金) 21:44:20 ID:SXsYiUc0
つーか、どこまでもボルシェビキ内部抗争の、射程で語ることに終止
しているのが、トロツキーの限界なんだな。眼前に繰り広げられる、世界大恐慌と、資本主義体制の崩壊に、
いかに切り結ぶのか、そのことを何故語れないのか?

500 :くろしろー ◆lKW0OnevWc :2007/07/13(金) 22:03:58 ID:vXisXy4+
>>499
そこらであえて弁護するなら、彼には時間が無かったといえるといえるでしょう
1940年にピッケルで脳天割られてますから。大恐慌のあとから社会主義国が発生
して成功してくれれば、またはしなければそのことを語ったと思いますよ。
ところが大恐慌は一国社会主義に有利に働いた。被害が無かったからですからね
。でこちらの方が正当の座についた。

501 :くろしろー ◆lKW0OnevWc :2007/07/13(金) 22:26:56 ID:vXisXy4+
まあ、スターリンって人はそう甘い人じゃないから、トロツキーはどの道
殺されちゃっただろうけど、彼が生き抜いて世界革命のひとつの核になり、
時間がたってあれ計画だめだぞじゃあ競争の国際的鈍化、労働条件の国際
的改善と人間の欲望の抑制ができれば、もっとまったりした社会ができた
んじゃないだろうかと思いますよ。日本共産党の場合、まるっきり民族主
義でしょ。大企業批判するけど、大企業はじゃあ国際競争に負けていいの
かといえば手詰まり。創価学会を見てください。SGIだから、あれだけ
の勢いがあるのですよ。

502 :Jimmy:2007/07/13(金) 22:34:19 ID:SXsYiUc0
>>500
そうじゃなくって、資本主義の危機に対して、どう行動を起こすのか、その視点がないと言っている
のたが。
危機の特質を明確に捉え、戦略を提起すること。
国際分業論一般でしか語りえないトロツキーの限界だな。
社会主義建設の路線上の争いは、この文脈で初めて、意味を持つ。

503 :Jimmy:2007/07/13(金) 23:00:31 ID:J6wdb83f
スターリンの補完物の役回りを終始トロツキーは演じ続けた、それは時間的
制約とは別の文脈に属する事柄なのだ。

504 :くろしろー ◆lKW0OnevWc :2007/07/13(金) 23:12:50 ID:vXisXy4+
>>503
それには異論アリですな。役回りを途中で降りてしまった。いやおろされてしまった。
そこには時間的制約がやはり存在する。

505 :Jimmy:2007/07/13(金) 23:22:05 ID:J6wdb83f
>>504
>>502と合わせて考えて欲しい。トロツキーは眼前の状況に向かい合わず、
常にスターリンの方を向いている。それは革命家として問題ではないだろうか。
そのことを指摘しているのだ。

506 :くろしろー ◆lKW0OnevWc :2007/07/14(土) 00:00:36 ID:ldnOjkaQ
>>505
私から言わせれば、スターリンとも完全に向き合えていない。
だから殺される。まず自分を守る組織と、目標を見出すべきでしょうな。
そこから、革命家としてご指摘された現実の問題に自然に目がいくはず。
私から言わせれば、1905年や10月の勝利の輝かしい勝利にちょっと酔って
いるんかなという気がしますね。レーニンが労働者の帽子なんかかぶったけど
トロツキーはスーツにこだわるような感じで
党内の人間関係も苦手だったみたいですからね。
E・H・カーの「一国社会主義」の人物にはそうあります。


507 :Jimmy:2007/07/14(土) 01:06:00 ID:sc2o0Qb9
>>506
あんたの自説展開はいらない。何言っているのか脈絡不明のことしか言えないのだから。


508 :くろしろー ◆lKW0OnevWc :2007/07/14(土) 01:33:04 ID:ldnOjkaQ
頭がわるいからさ。w

509 :くろしろー ◆lKW0OnevWc :2007/07/14(土) 01:37:40 ID:ldnOjkaQ
アンタだって自説展開やってるんだろうが。思い上がるなよジミー。お前の厨房ぶりはわかっているんだ。
だがココは引こうか。またスレをぐしゃぐしゃにしたくないからな。w

510 :くろしろー ◆lKW0OnevWc :2007/07/14(土) 01:42:57 ID:ldnOjkaQ
だがひとつ教えてあげようか。お前は利用されているんだよ。俺のお楽しみのためにな。

511 :くろしろー ◆lKW0OnevWc :2007/07/14(土) 01:50:25 ID:ldnOjkaQ
ま、お互いほどほどにしようじゃありませんか。大人気ない。

512 :くろしろー ◆lKW0OnevWc :2007/07/14(土) 01:56:31 ID:ldnOjkaQ
オーケーいいでしょう。ココは私が一歩引く立場でいましょう。土日月はテニス付けだからそれ以外の日に
要約を書く。コメントをもらう。それでいいでしょう。

513 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/14(土) 02:04:46 ID:7eXARzYg
始まったな

514 :Jimmy:2007/07/14(土) 07:46:29 ID:sc2o0Qb9
脈絡不明になるから、自説展開は止めろ、と言っているの。
>>506のことを言っている。
なんで、スターリンと「完全に向き合っていない」から自分を守る組織が
出来なくて、殺されるのか?「完全」でないとはどういうことなのか?、
で組織が出来ない、殺されるに繋がるのか。論理が飛び杉。
また、眼前の状況に目を向けるようになるのか?
ソ連と各国共産党を掌握しているスターリンに、完全に「向き合う」とは
具体的になにを言いたいのか?

515 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/14(土) 11:54:43 ID:e/xAb/SV
つまんなーーーい

516 :くろしろー ◆lKW0OnevWc :2007/07/14(土) 14:41:57 ID:arQ0CVTR
>>514
推理力はいまひとつの様ですな。スターリンと完全に向き合うとはどういうことか?
それは相手の性格、生まれ、体力、家族、党内での勢力、エトセトラと向き合うことだ。
そうするとスターリンは自分を殺すことすらやりかねないと言うことがわかるはずだ。
もちろん自分が殺されると言うことが単純に、悪いことではない。安楽死や、武士に見
られる様な誇りを守る為でもある。革命家トロツキーここに死す。美しい死に様だと言
うこともできる。しかしこの場合それはいいことではなかった。党内情勢は、完全にスタ
ーリンの側にあった。トロツキーが死んだら永続革命論は完全につぶされる。革命家
としてはこれはあってはならないことだ。絶対に死んではならない。組織ぐるみで殺さ
れそうな場合やはり組織を作るべきだ。E・H・カーの「一国社会主義」によるとトロツキ
ーの場合、彼がロシアであれだけういてしまったのは西欧的で非ロシア的な性格だっ
たためういてしまったのだ。そこらへんがロシア的なものにも溶け込めるレーニンとは
違った。彼は人民帽なんかをかぶって大衆に溶け込むようだがトロツキーはスーツに
こだわるような絵性格の持ち主だ。しかも当時党内の中の論戦で知性でトロツキーに
かなう連中はいなかった。論戦でもかなわない、スーツ姿の非ロシア的トロツキー。鼻
持ちならないことこの上ない。殺せとならばボルシェビキは完全にトロツキーを殺すだ
ろう。そこでトロツキーの立脚すべき組織は欧米である。出来なければアジア。得意の
論戦で各国の共産党それスターリンの言うこといると衛星国にされるだけだぞと反スタ
ーリン組織を作ることだ。そしてスターリンを消す決断を下し、刺客を送りつつ、自らも
居を日々変えたりボディーガードを強力に布陣することだ。メキシコでちんたら著作活
動にはげんでたらそりゃ殺されて当たり前だし、敗北だ。
>>515
どこら辺がつまんないのかな。現代性が無いこと? お兄さんにもわかるようにもっと
具体的に書いてくれれば善処するよ。


さてテニスだ。





517 :くろしろー ◆lKW0OnevWc :2007/07/14(土) 14:44:44 ID:arQ0CVTR
各国の共産党それー>各国の共産党に
失礼。

518 :Jimmy:2007/07/14(土) 16:41:25 ID:SgOLuRkL
>>516
あのなトロツキーは、のんびりシェスタに浸っているところを、襲われたわけじゃないんだせ。
嘗ての政敵達が、スターリンの手にかかって、次々と粛清されていくのを、勿論知っていたし、
身辺に暗殺者の陰が迫っているのも察知していた。
メキシコの最後の住みかは、まるで要塞のように固められていたと言う。
トロツキーは、スターリンが何者であるか、充分熟知していた。
にもかかわらず、やられる時にはやられてしまうのだ。
高名な画家のシケイロスに襲われ、警戒を更に高めていたが、秘書に取り入った暗殺者の手にかかってしまった。
暴力革命を是とするソ連から追われるトロツキーを受け入れてくれる国は、西欧には結局なかったのだ。
そこでの活動の余地は、ありえようもなかったのだろう。

繰り返しになるが、トロツキーはスターリン反対派の立場を抜け出ることはなかった。
その時点ですでにスターリンの呪縛に絡めとられていたとも言える。

519 :くろしろー:2007/07/14(土) 20:10:23 ID:gbnKmk/Q
そうこなくちゃな。ネタ本はなんなんだ? 教えていただけるとありがたい。

520 :Jimmy:2007/07/14(土) 21:03:16 ID:sc2o0Qb9
訂正しなければならない。
トロツキーは、社会ファシズム論批判に見られるように、30年代初頭から
ナチスの危険性を指摘し、社会民主主義勢力をもファシズムの一分派と捉えて、
そこへの攻撃を唱える、コミンテルンの政策を批判し、社会民主主義との
共産党との統一戦線結成を主張していた。政治情勢への眼差しは極めて鋭い
モノがあったのだ。

しかし、トロツキー自身はヨーロッパ内での活動の場を得ることが出来ず、
同調者達は各国に生まれたものの飽くまで、コミンテルン派が主流を占める中、
少数の左翼反対派に止まった。38年第4インターが結成された時には、
既にトロツキーはメキシコの地にあったのだった。

ネタ本?
取りあえずWikiでも参照しなさい。

521 :くろしろー:2007/07/14(土) 23:08:17 ID:gbnKmk/Q
成程、まあwikiで満足できなければ伝記でもアマゾンであさってみますか。

522 :くろしろー ◆lKW0OnevWc :2007/07/15(日) 01:03:49 ID:f8NMf2UT
>>520
質問
>社会民主主義勢力をもファシズムの一分派と捉えて、
>そこへの攻撃を唱える
これは何ゆえに社会民主主義をファシズムととなえるのですか?
そしてファシズムと捉え攻撃するはずの社会民主主義に対して
>社会民主主義との
>共産党との統一戦線結成を主張していた。
などといえるのか? 大きな矛盾があると思うのですが?
>社会民主主義との
>共産党との統一戦線結成を主張していた。
これはなつかしのうちわだいこくんも言ってましたね?
共同してナチスをつぶすとかなんとか。

523 :くろしろー ◆lKW0OnevWc :2007/07/15(日) 01:06:26 ID:f8NMf2UT
>>520
もうひとつ質問、そういったするどい政治状況分析
のトロツキーが恐慌に対して何も言わないのは何故なのか?


524 :Jimmy:2007/07/15(日) 09:32:35 ID:eYEcmGac
>>525
私の説明を正確に理解していないな。コミンテルンは社会民主主義を
ファシズムの一形態として、攻撃すべき対象に据えた。
トロツキーはそれに反対して、まずはファシズム具体的にはナチとの
対決を、社民と統一戦線を組んで押し進めるべきと警告したのだ。

なぜコミンテルンは社民をファシズムの一形態としたか?
それは、第一次世界大戦への参戦に賛同してしまった、ドイツ社会民主主義党
の過去があり、社民は反動に転落すると規定していたからだ。
なんと、コミンテルンはナチに対する闘争より、社民攻撃を優先すべしと、
ドイツ共産党に指示していたし、ドイツ共産党自身、ナチを軽視していたのだった。
こうしたナチへの反撃体制の立ち後れにより、ドイツ左翼陣営は、為すすべもなく、
ナチ政権成立を許し、逆に彼らに消滅させられることになってしまった。

>>523
トロツキーはこの世界大恐慌の特異性については、アメリカとヨーロッパの
不均等発展の所産、というように見ていたから、ドル・ポンド体制の崩壊に
に集中して表現される、世界資本主義体制の分裂と、ブロック経済化、
その相互間の世界大戦という流れを、鋭く見通すことが難しかった。
しかし当時の恐慌論の水準は、その程度のものだったから致し方ない
面もある。

とはいえ、この危機から生じるファシズムの危険性について、いち早く察知した、
その政治感覚は、陣営の相違を越えて、群を抜くものであることは、
間違いない。

525 :くろしろー ◆lKW0OnevWc :2007/07/15(日) 17:54:33 ID:+Ri0xRlR
>>524
なるほどありがとうございます。よく分かりました。
それでも不均等発展から恐慌論へと続くのかがよく分かりません。
お答えいただければ幸いです。不均等発展であればイギリスが南ア
の鉱山をアパルトヘイトで、強制的に搾取を続け、それで超え太った
のがロスチャイルドなのですが、この際恐慌がずっと続いたと言った
言ったわけではありません。ご説明いただければ幸いです。


また私は○関連に再び興味をとりもどしつつあります。
失われた10年以来日本経済は低下傾向を続け、特に日本は
少子化問題に耐えられないのではないか?
と言うのが私の見解です。
いいソースがあったのですがYou Tubeなので流れてしまい、
残念です。結論は東京の段階ジュニアの子供がその世代の半分になるというショッキング
なものです。原因は失われた十年にちょうどその世代がぶち当たっている為、
ろくな経済基盤が出来ず結婚・出産がしづらかったと言うことで、
私もその世代ですが、それは実感しています。
私はネットでいろいろ女漁りをしたいと思いましたがyahoo等の恋人探し
は業者が出てきて使い物にならず、仕方なく結婚のサイトを使いましたが
やはリ函館派使い物にならず札幌圏だったらよかったのになー
と思うことしだいです。私は東京の大学にいましたのでそちらに友人も
いますが、大学時代私と同レベルの喪男がネットを使い、女漁りしているそうです。
(ただ人妻だとかそういうのもありだそうです)
その男も職業的にはふらふらしており、結婚出産とかはなさそうですが
つまり、私の言いたい結論はそういった若者の出会いに優れた首都圏ですら、
団塊ジュニア世代の子供はその世代の半分です。
外国人労働者の受け入れなど馬鹿なと聞き流していましたが、現実問題
として人的インフラが不足しているのです。
すると経済的にうまくいかなくなります。主流派経済学はその解決策を十分に
出せない可能性大です。すると丸と言うのもあったなと○が興味の対象
になることは十分に考えられます。もちろん、北朝鮮に代表できるマルの失敗
は十分に知られており、共産主義黒書(マルの犠牲者1億人)などという本も
ありますし、政治がマルに流れるなどということはないでしょうが、興味関心
としては十分に大であると考えられましょう。私はまず、剰余労働学説史
からはじめたいと思います。それはここでのトロツキーの著作とは別にブログで
やりたいと思います。○二本立てです。ここに書いてある要旨もブログ化しますしね。

526 :くろしろー ◆lKW0OnevWc :2007/07/15(日) 19:48:07 ID:+Ri0xRlR
少子化のいいサイトあった。まあ、まるでも解決できまいが。
http://www.ipss.go.jp/syoushika/

527 :Jimmy:2007/07/15(日) 21:23:59 ID:eYEcmGac
ほらほらまた脱線し始めているぞ。
それにはつき合わない。

528 :くろしろー ◆lKW0OnevWc :2007/07/15(日) 22:57:54 ID:+Ri0xRlR
いいでしょう。○古典読解そのためのスレだ。
軍事原則の第一に目標原則がある。どんな愚者でも目標を第一にすることによって
軍事力となると。

529 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/16(月) 06:37:51 ID:7nwP+egr
>>528
但し、クソシロは例外で糞にもならねー、と。

530 :くろしろー ◆lKW0OnevWc :2007/07/16(月) 11:00:55 ID:IUulzapA
ククク、誰かな? コテを名乗れなくなったお方かな? 格ゲー板の悪口には大笑いしたぜ。
お前どこへ言っても同じだな。ワードにコピペってるぜ。w

531 :くろしろー ◆lKW0OnevWc :2007/07/16(月) 11:18:35 ID:IUulzapA
御開帳〜wwww
155 名前:俺より強い名無しに会いにいく[sage] 投稿日:2007/06/17(日) 01:06:38 ID:E7rwmf1oO
格ゲ―板、最悪の糞コテはまじめか指し指だな

あはははは

532 :Jimmy:2007/07/16(月) 11:45:08 ID:yU18VAek
>>526
一つだけ言っておくと、君は直ぐ短絡的に何らかの問題の解決を、
理論や思想に求めようとする。その前に事実を把握して、原因や
因果関係を調べるようにしないとな。

533 :くろしろー ◆lKW0OnevWc :2007/07/16(月) 13:35:44 ID:IUulzapA
いかん、目標原則を第一にしなければ
永続革命論第一章批評的要約
第一章この著作に強いられた性質とその目的

ここでまたボルシェビキ内部抗争の中でごちゃごちゃしてわからないが、スターリンその他からトロツキズムという言葉で、
都合の悪いことは全部トロツキーに押し付けられているらしい。落ち着けトロツキー。お前がその窮地から脱するに
はスターリンを消すしかない。話はそれからだ。スターリンを消すことには二つの利点がある。第一、再びトロツキーが
権力を握る可能性がある。第二死なばもろとも。スターリンはどっちにせよ生きているだけでも大公害のあるカスだ。
1924年スターリンは理論を持った。「レーニン主義の諸問題について」とある。これはアマゾンに注文した。「レーニン主義の基礎」
は手元にある。あわせてまたブログ化する予定である。しかし、トロツキーのうろたえっぷりから見ると、スターリンの一国社会主義
に関係あるのではないか? と予想される。少なくともレーニンの歪曲であろう。独裁制と革命家の正当性のもろさがもろにでている。
プロ独がプロレタリア独裁ではなくプロフェッショナル独裁に移り変わろうとしている。彼らは缶詰め工場でひと働き
してから、政治を行うのではない。政治経済のプロフェッショナルだ。
スターリンの思想は共産主義の基本の世界革命を否定する内容であろう。ボルシェビキどもも権力の味を覚えたようである。
であれば一国社会主義の方がより確実で安心だ。トロツキーは友人らディックからも裏切られたらしい。この永続革命論はその反論として
1905年の永続革命論を復刻するものらしい。自分がいかにレーニンに近かったか、永続革命がレーニンと共通の思考であるかを訴えている。
またラデックがレーニンのトロツキー宛に言ってるが実はブハーリンやラデックに言っていることとレーニンとトロツキーの連帯を無視し引用し
トロツキーを批判していることに憤っている。自らを最良のボルシェビキといい。永続革命が最良のボルシェビキになるのを妨げているのでは
なく、社会革命党やメンシェビキとの調停主義がレーニンと意見の食い違うところであったと言っている。ラデックがレーニンの著作を読んで
自分いは可能性が無く、歪曲しているのだと主張する。ラデックは永続革命を広める立場から、反対する立場になった。
要するにトロツキーの言いたいことは私はレーニンと主張をともにしており世界革命や永続革命論が正しく、スタリーンその他ラデックなどは
レーニンの歪曲を行っているので、ここで反論する。これはこういう書物であるということだ。

534 :くろしろー ◆lKW0OnevWc :2007/07/16(月) 13:43:21 ID:IUulzapA
>>532
事実の把握は難しいでしょう。それはまったく広範で、私ごときは本を読むこと、そこから使いでのあることを
抜き出すことでしか出来ない。そういった意味で真に事実に近い人はある種の権力者であって、本に載ってない
ことも知っている人と言うことになるでしょう。その意味で私が無能で短絡的であることは重々承知しております。

535 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/19(木) 20:06:32 ID:mcBAIQMV
271 :法の下の名無し:05/01/02 02:07:10 ID:ZfouOhef
    隠れマルクシズムはアソシエーションのリベラル。柄谷とか田畑なんじゃないの。
    青木らの日本型コミュニタリアニズムは、マルクスを使っても、むしろ保守。
    どっちかといえば、佐伯や西部に近いでしょう。
    そういえば、以前聴いた青木の講演は、亡くなった長尾克子さん(長尾龍一夫人)と
    一緒にやっていた。マルクスを使うっていっても、宇野理論がベースだから、
    サヨクとは訳が違うんだよね。公文俊平・村上泰亮・佐藤誠三郎も宇野派だし、
    青木孝平は長尾龍一を継承してるんじゃないの?
    もっともマルクスといえば民科しか知らない法哲スレの住人には、宇野理論が
    日本の保守哲学の原点だというネジレ現象は分かんねーだろうな。
http://academy6.2ch.net/test/read.cgi/jurisp/1093143090/271

275 :法の下の名無し:05/01/03 11:45:07 ID:z0TSe0um
    >>273
    宇野弘蔵の理論を簡単に説明するのは難しいが、あえていえば、
    マルクスから唯物史観や弁証法を除去し、唯一評価する資本論から
    労働価値説や搾取論を消去し、資本論を商品の価値形態から構成される
    生産価格の一般均衡論的なシステム論に純化して純粋資本主義の体系を
    構築したことだ、とでも説明しておこう。
    この宇野の門下から玉野井芳郎や中野正のような、価値形態論を効用価値論に
    読み替える弟子たちが排出し、欧米の留学を経て、日本型近代経済学を完成
    させた。たとえば青木昌彦や公文俊平、村上泰亮や佐藤誠三郎だ。彼らは
    中曽根のブレーンとして保守本流のイデオローグとなった。
    また、西部邁や佐伯啓思のハイエク的設計主義批判、玉野井から栗本慎一郎にいたる
    ポラニーやイリイチの経済人類学、柄谷や岩井克人の価値形態ー貨幣論なども
    宇野の流れといえる。
    法学で、宇野と真正面から格闘したのは、青木孝平だけだろうが、古くは山中康雄の民法学、
    それから、なんといっても我妻栄の『債権の優越的地位』は、宇野のヒルファヂィング理解を
    継承したものだ。そして長尾龍一のケルゼン純粋法学の理解は宇野の純粋資本主義理解から
    ヒントを得ている。だから長尾は、宇野直系の経済学者である長尾克子を妻にして
    宇野派の研究会に精力的に参加して多くを学んだ。青木孝平は、純粋資本主義の
    イデオロギー体系として純粋法学を構想し、ロールズからノージックにいたる
    リベラリズムを転倒しようとした。長尾が果たそうとしてできなかった宇野との合体を
    ついに実現したといってよいだろう。
http://academy6.2ch.net/test/read.cgi/jurisp/1093143090/275

536 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/20(金) 05:13:10 ID:JFRT3pIM
産業革命(革命的共産主義者ブランキが命名)はアーツ&クラフツを生み、モダニズムを形成し、マルクス経済学は自分の基礎と言うシュンペーターはイノベーションを生んだ。

537 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/21(土) 08:54:31 ID:FQmvjyeq
あげとこう

538 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/22(日) 01:11:10 ID:9jVuTy+w
宮本顕治氏のご冥福をお祈りします、あげ

539 :くろしろー ◆lKW0OnevWc :2007/07/23(月) 09:19:05 ID:MKyqCjN8
>>535
脱線。柄谷とか気持ち悪いな。あの資本論フェチは異常だよ。浅田とかもそうだ。
頭よさそうなやつに限って馬鹿は手が付けられないな。
まともなやつなら宇野の方がまともだろ。ただし資本論こだわる以上マルクス主義
宇野派であってそれ以上ではない。資本論じたいがトンデモ本。利潤の源泉を産業資本
の人間の労働に求めるなど、くだらないと一読すればよく分かるだろうに。だからこのコピペのような
資本論の評価など笑止。資本論は参考書にして一から諸資本の利潤と資本の評価から
始めねばならないだろう。だから宇野も駄目。w 独り言。
テニスにかまけてすまない。合宿やら大会やらビリーズ・ブート・キャンプやるのと、
で、なかなか手がまわらない。今日、1本づつ頑張って要約入れたし。

540 :くろしろー ◆lKW0OnevWc :2007/07/23(月) 09:26:20 ID:MKyqCjN8
今日ー>今日、明日
失礼。

541 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/23(月) 17:14:58 ID:2nT1DtRK
派遣会社は派遣先から支払われる派遣労働者の給料から3割くらい
ピンハネすることで自分たちの取り分を得ている。
こういうピンハネは昔は違法だったが、法律が変わって合法になったわけだが。

この手のピンハネによる利潤を「合理的に」説明できる経済学理論が
あるならお目にかかりたいもんだな。マルクスの利潤論はトンデモらしい
ので、マルクス以外の理論で何かないの?

542 :くろしろー ◆lKW0OnevWc :2007/07/23(月) 17:15:03 ID:MKyqCjN8
やるなあ、創価の女も教学の本とか言うので攻めてきたし、テニスでも車出してくれとの以来があったので、
ちょっと飛ばしてきたよ。おかげに夜もスクールあるし。もうげっぷが出るね。さて時間がないのでやり方をちょ
っと改めよう。各章ごとにきれいにまとめたいがそうもいかないので数段を読んで要旨を書き時間が着たらアッ
プし、帰ってきたらまた書く。寝る時間が着たらよい子は必ず寝なければならないので寝る。
 
第二章 永続革命はプロレタリアートによる「飛躍」ではなく、プロレタリアートの指導下の国民の再建である。

ここではまずラディックに反論している。ラディックはレーニンの引用をして「ブルジョア革命の段階を社会主義
革命の段階などと混同している」などと書くがここでのレーニンの主張はエピソードに過ぎず、しかも誤っている
。レーニンはもっと別のことも言っているのにラディックは書いていない。
 レーニンとトロツキーはカウツキーの論文をトロツキーは知らずに翻訳しているがレーニンはこう言っている。
「わが国の革命はブルジョア革命でも社会主義革命でもない」と
この前後にレーニンは、ロシア革命をすなわちブルジョア革命と言っている。この種の矛盾はどこら辺にでもあ
るからラディック方式でいけば矛盾だらけだ。レーニンはそのときそのときの状況に応じて書いているとレーニン
をトロツキーは擁護する。


543 :くろしろー ◆lKW0OnevWc :2007/07/23(月) 17:21:59 ID:MKyqCjN8
>>541
スティグリッツの教科書に主流派経済学のエッセンスは詰め込まれているそうで、読み込めば
体得できるらしい。俺は一読したが(公共経済学は読んでない)どこにもないね。穴丸か宇野の
残党くらいじゃないの。

544 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/25(水) 11:00:22 ID:8iKjaZ98
おい、糞しろ、思いつきで語るんじゃねーぞ。


545 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/25(水) 11:28:47 ID:2VKyMzGX
>>541
税金や年金などという形で国家が徴収して、それを国民のサービスに回さないで政府機関の
所属する人間でピンハネする経済構造って、理論経済学からはどう説明するの?

競争がないからとか言うの?w

546 :キチガイは去れ!:2007/07/25(水) 15:35:02 ID:GNZWGl+n
おまえらが真っ先に知らねばならんことは
現在の保守政党が右翼からの献金で立ち上がったという事実である。
その右翼どもは
どこからカネを集めてきたかというと
日本の敗戦と同時に忽然と消えた隠退蔵物資などが主な財源なのである。
戦時中に軍部高官だった者や軍部に出入りしていた業者たちが
敗戦と同時に隠退蔵物資を横領し私物化して
ヤミ市で大もうけしたのである。その汚いカネを政治家に配って
うちたてたのが自民党だ。
そもそものはじまりからして、こいつらは犯罪者集団なのである。

戦後に大金持ちになったような連中はたいてい
敗戦のドサクサに紛れて盗みを働いた連中なのである。
いまの政治家が一様に下品なのはそこに原因がある
といってよい。


547 :くろしろー ◆lKW0OnevWc :2007/07/25(水) 19:40:56 ID:vqNpyqxw
>>544
>糞以下のブタ
スティグリッツが主流派経済学のエッセンスと言うのはかつてまるさんがかつて話していたことだよ。ぶひーくせー

あとトロツキー永続革命論の要約を一時中断したい。今俺派大量の丸本を集めているのが
その中でも伝記がもうとまらない魅力となっている。毛沢東、スターリン、トロツキー、マルクス、エンゲルス
これらを読んでから再開したい。



548 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/25(水) 22:27:57 ID:0krmp2Af
■なぜ情報化社会にマルクスの幽霊が回帰するのか

マルクスの幽霊が徘徊している

マルクスの唯物史観、生産、交通様式が上部構造を規定するという考えはある種の説得
力をもつだろう。特にマルクスの時代の機械論が隆起した高揚の時代には。しかしその
後、違和感をもつことになるのは、生産様式もひとつの次元でしかないということである。た
とえば構造主義では言語、すなわち欲望が下部構造におかれる。その典型がボードリヤー
ルの消費論である。差異の体系によるシュミラークルな消費社会に先導する。

しかし情報社会において、再び、マルクスの幽霊が徘徊している。インターネットなどの情
報技術の発展の中で人々の交通様式への期待の高揚感が高まっている。これを下部構
造としてネオリベラルなグローバルが語られている。フラット化、帝国、環境管理、グーグル
など冷たいネットワークとして語られる。ここに唯物史観の本質があるのではないだろうか。
唯物史観は一つのパラダイムシフトに対する期待への高揚感である。この高揚感は「機械
論への欲望」である。

549 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/25(水) 22:28:43 ID:0krmp2Af
>>
近代以降、「機械論」はなぜ回帰するのか、という話があります。人間は機械であるというと
きには、その時代の最先端のテクノロジーによって説明されます。たとえば古くは機械仕掛
けの時計であり、あるいはオートメーションラインであり、最近ではコンピューターであり、
ネットです。これは、テクノロジーの発展が、人間身体を拡張する方向で発達するためだと
言われます。だから新しいテクノロジー進歩のたびに、機械論は回帰してくるのです。グー
グル的な「世界征服」は回帰する「機械論の欲望」の新バージョンでしょう。

そこにあるのは私であるが私でない「人間」というフロンティア(無垢)を征服したい欲望で
す。心身論における「身体」のように「機械」に還元できない(コントロールできない)「心」を
抑圧するように現れます。先の産業革命後の大量生産ライン化における抑圧では、労働者
を(機械のように扱う)過剰労働と搾取の構造が生まれました。今回の「ネットの欲望」で
は、たとえば素朴な世界の民主主義化の「強要」や、あまりに空間を超越し急激に短絡し
ずぎる反動としてのナショナリズムの台頭と対立を生んでいます。
<<

マルクスの革命とは下部構造のとりもどしと改革、それにともなう上部構造の作り直しである。
この失敗は下部構造という冷たい様式への過剰な期待であり、実際は切り離せない、すな
わちそこには血が通い、冷たくはないということだろう。そして「機械論への欲望」が回帰して
いる。

550 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/25(水) 22:29:24 ID:0krmp2Af
サヨクを挫く「命がけの飛躍」

サヨクは主知主義と言われるように、人々がサヨクを欲望するのは、社会を設計することに
ある。現状の構造を徹底的に暴露して、それをよりよく再構築する。まさに最高の知的ゲー
ムである。

このような象徴化において問題にあるのが、「大文字の他者の他者は存在しない」というこ
とだ。象徴的なシステムの正しさを保証する上位の象徴界は存在しない。最後は神にゆだ
ねるしかないということで、超越論に至る。正確には現在において「神は死に」否定神学とし
て生き残っている。

たとえば否定神学の基本に、柄谷の「命がけの飛躍」がある。柄谷は、ヴィトゲンシュタイン
ははじめてのコミュニケーションにそしてマルクスははじめての交換に、共通項としてこの
場面を見いだした。異国の他者がはじめて出会うときに、いかにコミュニケーション(交換)
が可能であるか。それは論理的には説明できない、何らかの跳びこえが必要である。

「せき立て」論

そしてこのような否定神学を乗りこえ方法は、「速度」に求められる。ラカンの「せき立て」論
では、「囚人のゲーム」としてそこの「せき立て」の瞬間に現実界を見いだす。しかしラカン
の言説はあまりに正解の一点に向けて、集約されすぎる。

実際に人は「せき立て」の中でもっといい加減に振る舞いあう。システム論ではここに時間
のファクターが入る。異国の他者と他者が出会うときに、この緊張の場面でとにかくなにか
を言わなければならない。それが時間的な適当な「せき立て」である。

たとえばこの「命がけの飛躍」は人工知能の不可能性である「フレーム問題」に繋がる。こ
れに関する問題として「中国人の部屋」の問題がある。そこでも問題になったのが、「せき
立て」であったのは、偶然ではない。コミュニケーションとは「せき立て」である。コミュニケー
ションにおいて、無数に考えられるフレームの中で、正解を見いだせずフリーズせずに、
「せき立て」られることで、妥協する。

551 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/25(水) 22:30:31 ID:0krmp2Af
「計算不可能性を設計する」

ここにあるのは、人の認知限界と応答速度の関係である。人は人工知能ほどに計算速度
が速くない=「かしこくない」もっといい加減である。ここに否定神学の乗りこえの可能性が
ある。否定神学を論理的に乗りこえなくても、速度によって乗りこえられる。

たとえばアマゾンの提案システムは、私がいまほんとうの求めている本を提案できないだろ
う。ほんとうに求めている本を提案することなど、不可能である。しかしアマゾンはデータ
ベースから、次々にそれなりに提案する。人はそれなりに、答えを得る。ここではそれなり
に否定神学的な不可能性は乗りこえられている。

情報化技術(環境管理)は認知限界を利用して、それなりの回答を与えることができる。完
全な回答はいらない。ただ人が充足すればよい。ここに新たな、サヨク的、主知主義的な、
社会を設計の可能性=知的ゲームが生まれる。「計算不可能性を設計する(宮台)」。

第5の力「想像的なもの」の隠蔽

このような主知主義は、最近の、グローバル化、フラット化、「帝国」といわれる冷たい環境
管理が世界をネットワーク化するイメージにつながる。光速の信号が世界中を飛び回る。し
かしことはそれほど簡単だろうか。

たとえば有名なローレンス・レッシグの「CODE」で語った4つの社会的に人を動かす力、法
律・市場・アーキテクチャ・規範において、「想像的なもの」はどこに位置するだろうか。想像
的な力とは、大文字の他者のような規範に近いが、より「この他者」によって生まれる。より
身近な者との関係で生まれる。必ずしも社会性を勝ち得てないが、この人(たち)との関係
を崩したくない、というような力である。このような力は現在において、社会的に身近な人々
よりもネット上において働いている。

552 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/25(水) 22:31:13 ID:0krmp2Af
小さなエゴにより左右されやすい「帝国」

マルクスがいったように、資本主義の根底にあるのは、商品・貨幣へのフェティシズムであ
る。面倒な「愛の関係」をお金で解決する「消費の関係」へ転倒するというフェティシズムで
ある。この人間としての症候が、グローバル化、フラット化、「帝国」などの無機質な透明性
の中で、さらに深層に透明化されている。

たとえばグーグルなど、情報化社会においては、ある一部に力が集中する傾向があるとし
て、そこに「想像的な」力が働くとどのようになるだろうか。「小さなエゴ」によって、社会シス
テムが過敏に反応してしまうようなことが、おこるだろう。

たとえば、リバタリアンから生まれる格差社会とは、ほんとうに創発的な結果だろうか。主
知主義的な理想論の裏で、一部の勝ち組の「小さなエゴ」によって、リバタリアン的な流動
性は勝ち組に優位に固定化されているのではないだろうか。(終)

553 :電波生物学の院生です:2007/07/26(木) 02:57:27 ID:w+i830jO
マルクスは現在、物理の世界では著名ですよ。数量物理学者リチャードホーキンス博士曰くマルクス連鎖は、物体変動の基礎を考慮できるものであり、反重力レンズの説明に有用と即決している。経済学は物理学を模範としているだけにこの発言による波及効果は計り知れない。

554 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/26(木) 21:33:46 ID:CXU2PGX3
デムパばっかだね。

555 :くろしろー ◆lKW0OnevWc :2007/07/26(木) 22:10:57 ID:+OMn9hga
駄文極まりないね。
まあ私は釈迦の悟りを悟った。
それは人類の滅亡である。私は私の生涯をこれに全てかけよう。


556 :くろしろー ◆lKW0OnevWc :2007/07/26(木) 22:13:34 ID:+OMn9hga
問題はいかに安楽死かと言うことだ。核はきついだろうしな。

557 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/26(木) 22:14:51 ID:9vfg2INN
いきなりですが、すみません

マルクスの市場についての見解を教えてください

558 :くろしろー ◆lKW0OnevWc :2007/07/26(木) 22:23:19 ID:+OMn9hga
完全自由市場

559 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/26(木) 22:30:18 ID:9vfg2INN
ありがとうございます!
厚かましいですが
よかったらついでに
スミスとケインズの市場についての見解を教えてくれませんか?
お願いします

560 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/26(木) 23:40:41 ID:UjSs11N1
>>559
学生レポートウザー

561 :くろしろー ◆lKW0OnevWc :2007/07/27(金) 00:08:43 ID:eag/0CTF
スミス=神話化、神の見えざる手、市場により全てが幸せなファンタジー
ケインズ=市場は不完全、財政政策か金融政策かともかく政府の介入が必要。
       ちなみにIS曲線とかLM曲線はケインズの考えではない。後の大家(誰か忘れた)が考えたもの

562 :くろしろー ◆lKW0OnevWc :2007/07/27(金) 00:10:32 ID:eag/0CTF
まあそんな問題も人類滅亡で全部解決だ。目差せ全人類安楽死!

563 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/27(金) 08:31:08 ID:5uP6wNPz
「競争が進むとみんなが豊かになっていく」
  (竹中平蔵  経済学者 元政治家 人材派遣会社パソナ特別顧問)

564 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/27(金) 16:16:46 ID:UeBuZotD
【8:27】 【外交】松井駐ベネズエラ大使が「日本人はチャベス大統領より社会主義者だ」発言 抗議文書への日本政府の直接回答待つとベネズエラ外相
beチェック
1 :うし☆すたφ ★:2007/07/27(金) 16:08:21 ID:???0
★日本政府の直接回答待つ=「チャベス氏より社会主義者」大使発言−ベネズエラ外相

 【サンパウロ26日時事】松井靖夫駐ベネズエラ大使が同国有力紙に
「日本人はチャベス大統領より社会主義者だ」と語り、「21世紀の社会主義」を
掲げるチャベス政権が反発している問題で、同国のマドゥロ外相は25日、
ベネズエラ側の抗議文書に対する日本政府の直接回答を待っていると述べた。

 一方、大使館側が24日にベネズエラ外務省に提出した文書で、
「日本政府および大使は内政干渉を行う意図は全くない。インタビューが英語で行われた上、
記者に真意が必ずしも正確に伝わらなかった」と釈明したことについて、同外相は評価中だと語った。

時事通信 http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2007072700135

▽過去ログ
【21世紀の社会主義】ベネズエラのチャベス大統領さらに急進化 電話・電力を国営に
http://news22.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1168342709/
【ベネズエラ】スーパーから食料品が消えていく チャベス大統領が価格統制
http://news22.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1173915876/
【ベネズエラ】「グリンゴ(米国人)は地獄へ落ちろ」 チャベス大統領が演説で非難
http://news22.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1169591065/
【ベネズエラ】政府が放送免許を更新せず反体制TV局閉鎖に 「違法な弾圧だ」とRCTV社長 国内外で大統領批判が強まるのは必至
http://news22.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1180446332/


565 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/28(土) 23:25:26 ID:fw3FjKRB
>>1-100

566 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2007/07/29(日) 01:31:28 ID:6M2ij2It



おいおい
黒白というキチガイ
まだ生きてたのか

さっさと死ねよ?








567 :くろしろー ◆lKW0OnevWc :2007/07/29(日) 09:57:20 ID:5DQPJ1/I
御開帳〜wwww
155 名前:俺より強い名無しに会いにいく[sage] 投稿日:2007/06/17(日) 01:06:38 ID:E7rwmf1oO
格ゲ―板、最悪の糞コテはまじめか指し指だな

あはははは


568 :くろしろー ◆lKW0OnevWc :2007/07/29(日) 09:58:06 ID:5DQPJ1/I
>>566
お前は俺が「殺す」

569 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2007/07/29(日) 10:13:40 ID:mxak/MLT
おまえはバカだなあ
冗談でも殺すといえば
警察に逮捕されるのを
知らんのか


570 :くろしろー ◆lKW0OnevWc :2007/07/29(日) 10:16:46 ID:5DQPJ1/I
獲物はじっとしていろw

571 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2007/07/29(日) 10:18:18 ID:mxak/MLT
おい黒白
おまえは
自分より100倍頭のいい
しかも
正気の人間に勝てるとでも
おもっているのかWWW


572 :くろしろー ◆lKW0OnevWc :2007/07/29(日) 10:23:31 ID:5DQPJ1/I
スレが持ったない。もうここにはくるな。かまってちゃん。

573 :くろしろー ◆lKW0OnevWc :2007/07/29(日) 10:27:01 ID:5DQPJ1/I
ここはマル古典読解のスレだ。戯言は以後無視する。

574 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2007/07/29(日) 14:31:56 ID:+JGV0jsM
黒白 さっさと死ねよ?

575 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2007/07/29(日) 14:42:14 ID:NxQCMjle
いろいろ考えるの面倒だったので、公明と共産に投票してきますた

576 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/30(月) 06:41:56 ID:I5J2q4aX
東大のマル経で花マルをとったマル川珠代

577 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/02(木) 00:20:13 ID:OzzFUSpx
マルクス経済学の剰余価値と生産価格の現代的意義ってなんなのですか?

578 :くろしろー ◆lKW0OnevWc :2007/08/02(木) 01:49:28 ID:bRiHDtqe
批判精神を持って超えるべきもの

579 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/02(木) 09:09:48 ID:X2DJJ/5q
 批判側 → 相手の最も弱いところを攻める
 信仰者 → いかなる欠陥も認めようとせず、攻め手の術中にはまる

 もういい加減、マルクス経済学の一番弱い環である労働価値だの剰余価値だのから自由になれよ。
 資本の流通過程、総過程、恐慌・景気循環、金融資本、現代資本主義、等々、謹啓などお呼びでない
ところがいっぱいあるのを隠蔽する装置にしかなっていないんだよ、労働価値説なんてのは。

580 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/02(木) 17:49:38 ID:r+iR5dpi
>>577
学生レポートうぜー

581 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/02(木) 18:39:08 ID:bNzwzJNb
マルクスや共産主義に興味を持った理系の2年生ですが、
まず何の本から読めばいいか教えてください。

582 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/02(木) 18:41:38 ID:zX2nKZrR
資本論!

583 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/02(木) 18:44:43 ID:zX2nKZrR
新自由主義体制が崩壊すればマルケー復活くるかもな。

マルキスト達、がんばってー

584 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/02(木) 19:21:36 ID:bNzwzJNb
>>582
ありがとうございます♪
共産党宣言??も読んでみたいと思います。


585 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/02(木) 19:36:24 ID:uU7wHoPJ
置塩信雄も読んどき

586 :くろしろー:2007/08/02(木) 20:10:14 ID:iNnZ8bTq
経済学として考えず歴史学として捉えるのが有効だろうな。

587 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/02(木) 23:55:07 ID:WzLd2yok
【女性自身】川合俊一巨根説報道に対し、所属事務所は「男性自身は事実巨根」と否定せず

588 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/03(金) 11:54:04 ID:0dNtZ2B3
だから、自然の作用は価値を生まないって。
もし、自然の作用が価値を生むんだったら、そこらへんに
転がってる石ころが高値で売れるし。

589 :くろしろー:2007/08/03(金) 17:07:12 ID:b7rT12m+
ダイヤは?

590 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/03(金) 20:38:14 ID:vbavZ2v+
石ころ?

591 :くろしろー ◆lKW0OnevWc :2007/08/03(金) 22:14:01 ID:3RmQ8yk9
いいか、ダイヤを掘削する。この同じ労働でもダイヤでないほかの石を掘削するならダイヤとしての価値を持たない。
ダイヤ自体の特性が社会である価値と認められて価値となる。つまり抽象人間労働以外のダイヤの天然成分
が価値となるのだ.。
あと人力ではダイヤを掘削できないので機械を使う。丸経ではこれを不変資本=過去の労働というが、
たとえばダイヤの掘削機に入力するすなわち作り上げる労働以上に掘削機はエネルギーを発しないと
どうしていえる? むしろ機械を作る手間以上に機械が働いてくれるから機械を作るのだろう。
これで不変資本というものも怪しい。労働価値説はいかがわしく資本論は根本から間違っている。


592 :くろしろー ◆lKW0OnevWc :2007/08/03(金) 22:27:15 ID:3RmQ8yk9
>もし、自然の作用が価値を生むんだったら、そこらへんに
>転がってる石ころが高値で売れるし。
これは論理的に破綻してるな。自然の作用の全てが石ころと同一視されている。
塩、水、石油、米、その他もろもろ自然は価値の源泉になりうるし、そうならない石ころもあるってことだろ?




593 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/04(土) 13:35:22 ID:J2Qa/qlP
 いったい、マルクスが労働者はなぜ、働けど働けど我が暮らし楽にならず、飛び立ち加熱鳥にしあらねば、
ということになるのかを解明しようとした目的が重要なのか。それとも、マルクスが導き出した暫定的な解答
を護教することそのものが自己目的として重要なのか。
 労働時間に比例して商品の価値が決まる、というのが正しかろうが間違っていようが、どうでもいいのに、
なんでこだわるんだ? 聖書に地球は丸いと書いていない、サルからヒトに進化したとは書いていない、という
ファンダメンタリストのメンタリティとどこが違うんだ?

594 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/04(土) 17:45:13 ID:h+3aZ40l


5 名前: 林業(東京都)[] 投稿日:2007/08/04(土) 11:48:43 ID:vgPsBrJL0
大英博物館の、"Japan"の展示コーナーの地図から"Sea of Japan"が一切消えている。
売店で販売している公式パンフレット(数ヶ国語版がある)からも、完全に消されている。
"Korea"の展示コーナーには"East Sea"の記述がある。
それだけじゃなく、"Japan"の展示は「〜は朝鮮起源」とか、
「朝鮮通信使を日本は大歓迎し、朝鮮から日本文化が形成された」、
「秀吉により大勢の陶芸家が日本に捕虜として連行されたため、朝鮮侵略は『陶芸戦争』と呼ばれている」など、
朝鮮日報か韓国の国定教科書を読んでいるんじゃないかと思えるような異常な内容。
同時に現在(2007年7月〜)開催されている日本クラフト展からも"Sea of Japan"の表示が消えていて、
スポンサーは朝日新聞、文化庁他。
http://up.menti.org/index.html
↑「大英博物館01」、「大英博物館02」の名でファイルを上げました。



595 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/04(土) 19:49:21 ID:rXy3MoWJ
 で、"Korea"の展示コーナーには「〜は中国起源」とか書いていないのか?

596 :くろしろー:2007/08/05(日) 02:34:54 ID:8yAl2X6w
>>593 おまえは一億にんの死者についてはっきりしたらどうだ。俺は人類滅亡にたりないからダメだという意見だ。

597 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/05(日) 02:51:06 ID:bBFUI6KA

こりゃ本物のキチガイだわ

598 :くろしろー ◆lKW0OnevWc :2007/08/05(日) 02:59:55 ID:atZV0K0b
基地外という問題も人類滅亡でクリアだ。

599 :くろしろー ◆lKW0OnevWc :2007/08/05(日) 04:48:08 ID:atZV0K0b
>>594のような問題も人類滅亡でクリアだ。

600 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/05(日) 12:30:49 ID:TU5tbEL6
クソシロー、早く病院にかえれ!

601 :くろしろー ◆lKW0OnevWc :2007/08/05(日) 15:17:49 ID:7YCaekqP
>>600
そのいらダッチも人類滅亡でクリア。

602 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/05(日) 15:26:31 ID:pbgQOxU9
人類滅亡もくそしろーが自殺すればクリア

603 :くろしろー ◆lKW0OnevWc :2007/08/05(日) 15:54:32 ID:7YCaekqP
自殺は敗北です。しかし人類滅亡に敗北はありません。

604 :くろしろー ◆lKW0OnevWc :2007/08/05(日) 17:51:04 ID:hkYrxQGt
http://academy6.2ch.net/test/read.cgi/economics/1186259201/


605 :くろしろー ◆lKW0OnevWc :2007/08/05(日) 17:52:44 ID:hkYrxQGt
ここはマルクス古典読みスレですので上記スレで人類滅亡について語りましょう。

606 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/05(日) 17:53:21 ID:2Wo6A0xu
(1)人類滅亡は敗北ではありません⇔敗北とは人類が存続することです
(2)ところで、くそしろーの自殺は敗北です
(3)それゆえ、くろしろーの自殺とは人類が存続することなのです

607 :くろしろー ◆lKW0OnevWc :2007/08/05(日) 18:22:24 ID:hkYrxQGt
レスは上記スレへどうぞ。回答もそこに書いてあります。

608 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/06(月) 02:43:06 ID:HUnl4NOU
「クイーン」ギタリストが天文学の博士論文提出
2007年08月04日19時06分
著名な英国のロックバンド「クイーン」のギタリスト、ブライアン・メイさん(60)が3日、ロンドンのインペリアル・カレッジに天文学の博士論文を提出した。
メイさんはかつて同カレッジに在籍し、71年から博士論文のための研究に入っていたが、音楽活動のために棚上げした。
しかし、その後も思いは断てず、当時の研究を36年ぶりにまとめたという。(略)
http://www.asahi.com/science/update/0804/TKY200708040210.html


609 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/06(月) 14:18:24 ID:Y76Jz058
(1)プロレタリアに代わって機械が使役
(2)人間に搾取される機械
(3)第二のレーニンが機械に階級意識を注入
(4)特異革命、ロボット独裁(ロボットの原義は労働)
(5)知識や経験などは波から粒子になり、物質的に共有される

610 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/06(月) 17:00:30 ID:EJacgqa3
メトロポリスですね。あれがポチョムキンと並ぶマルクス主義映画なのはユダヤ人フリッツラングとかゴダール大方が認めてますが、最後の両者が握手するシーンはやはりファシズムだそうです。確かにファシズムは「階級闘争じゃなく階級協調」だからコーポラティズムですね。

611 :(・´ω`・) ☆まじめこて☆ ◆e3CXuSPwww :2007/08/06(月) 23:08:13 ID:m4LGjjyd
てすてす

612 :(・´ω`・) ☆まじめこて☆ ◆NxbbnmIPfQ :2007/08/06(月) 23:08:49 ID:m4LGjjyd
こっちか

613 :(・´ω`・) ☆まじめこて☆ ◆1QFwqBDwJA :2007/08/06(月) 23:09:47 ID:m4LGjjyd
う〜む

614 :(・´ω`・) ☆まじめこて☆ ◆kPQfpUDbyY :2007/08/06(月) 23:10:43 ID:m4LGjjyd
だめだこりゃ

615 :(・´ω`・) ☆まじめこて☆ ◆rgujENbs.s :2007/08/06(月) 23:11:14 ID:m4LGjjyd
残念

616 :(・゜ω゜・) ☆まじめこて☆ ◆rgujENbs.s :2007/08/06(月) 23:12:50 ID:m4LGjjyd
ふっか〜つ(・゜ω゜・)

617 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/07(火) 01:32:02 ID:CVNupzh3
キター、まじめ
くろしろーの点滴
救いの雨

618 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/07(火) 13:05:26 ID:Dg7EsgkZ
これだ!!!!!!!!!!!
http://p905.but.jp/get.php
http://p905.but.jp/gets.php
http://p905.but.jp/geta.php
http://p905.but.jp/gety.php
http://mega-r.com/u/rank.php?id=ranktera

619 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/07(火) 18:33:28 ID:FNE38OUD
お〜い、糞しろ、早く糞して脳天病院に帰れや!

620 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/07(火) 20:22:14 ID:y4qQiy+H
611
今日我輩が予言した銀河の弁証法的綜合が証された!銀河と銀河が衝突したのだ!新銀河のカウントダウンが始まった!必死に避けようとも貴様の脳内自由意志とやらが次元的に試されるだろう共産主義か氏か!

621 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/08(水) 12:56:28 ID:8AJj38ps
>>590
「石ころ」って言わない?北海道だけかな?

>>591

>同じ労働でもダイヤでないほかの石を掘削するならダイヤとしての価値を持たない。
その石ころは価値は持っている。ただ、その価値が販売によって実現されなかっただけだ。

>ダイヤ自体の特性が社会である価値と認められて価値となる。
ダイヤ自体の特性とはどういうことであろうか?それがダイヤの「キラキラ光る」、
「硬い」、「綺麗」といったようなものなら、君の言うその価値は使用価値である。

>つまり抽象人間労働以外のダイヤの天然成分 が価値となるのだ.。
ダイヤの天然成分も、もちろん使用価値である。

>たとえばダイヤの掘削機に入力するすなわち作り上げる労働以上に掘削機はエネルギーを発しないと
>どうしていえる? むしろ機械を作る手間以上に機械が働いてくれるから機械を作るのだろう。
正しい。
>これで不変資本というものも怪しい。労働価値説はいかがわしく資本論は根本から間違っている。
どうして、この様な結論に至ったのかわからない。

>塩、水、石油、米、その他もろもろ自然は価値の源泉になりうるし、そうならない石ころもあるってことだろ
塩、水、石油、米等は使用価値があり、石ころには使用価値がない。価値があるだけでは交換は
なされない。交換は互いの持っている商品の使用価値を欲して行われる。


622 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/08(水) 18:41:08 ID:/uHaZbor
使用価値はないけど、交換価値はある商品ってないの?
ブランドだけが一人歩きしてるようなバッグとか、、

623 :くろしろー ◆lKW0OnevWc :2007/08/08(水) 19:05:41 ID:II99Yj1P
>>621
つまり煎じ詰めると、使用価値もまた交換価値または価値の源泉なのだ。
不変資本が怪しいのは、これからの使用で交換価値を変化させるから。

624 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/09(木) 08:25:32 ID:qtfnBI6u
>>623
価値の源泉は労働だろが。
おい、糞シロ、おめーはOFWから何〜んも学んでねーな。
早く病院に戻れや。

625 :くろしろー:2007/08/09(木) 08:48:17 ID:vvbC/om7
それはただの暗記

626 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/09(木) 12:27:39 ID:7j1OXRkm
>つまり煎じ詰めると、使用価値もまた交換価値または価値の源泉なのだ。
意味がわからない。労働の二重性の否定??

>不変資本が怪しいのは、これからの使用で交換価値を変化させるから。
いわんとしてることは理解できる。機械等の不変資本の利用が価値を
生み出し、可変資本のように機能するということでしょ?
なぜ、労働する機械が価値を生み出さないと言えるのかということは
俺にはわからんな。「労働する人間」と「労働する機械」の違いが
わからんから、もしかしたら機械も価値を生み出すのかも知れないな。

全く人間と同じだが機械である(アンドロイド??)の労働は
価値を生み出すのか?

>>622
交換価値を持っているという属性も、使用価値。

627 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/09(木) 17:25:50 ID:OxgiPSto
>>626
>交換価値を持っているという属性も、使用価値。
てーことは、使用価値は交換価値を含んでると理解してよろしいですか?

628 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/09(木) 21:10:52 ID:3zxzuM5b
>「労働する人間」と「労働する機械」の違いが
わからんから、もしかしたら機械も価値を生み出すのかも知れないな。

「労働するXは価値を生み出す」ということだな。
で、Xには「労働する」という属性を持っていると認められるものなら、
何を代入して構わないと。

629 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/09(木) 21:18:43 ID:3zxzuM5b
何を代入して構わないと→何を代入しても構わないと


630 :くろしろー:2007/08/09(木) 21:38:34 ID:vvbC/om7
労働の二重性の否定でなく使用価値の二重性を付加すること。

631 :くろしろー:2007/08/09(木) 22:49:30 ID:vvbC/om7
だが使用価値のすべてが二重性をもつわけではない。

632 :絶対精神 ◆mk/rozvbWA :2007/08/10(金) 03:54:25 ID:9wv7VmVY
ちぃっと質問がありまーす。使用価値は「他人のための使用価値」よ。二重性なんて
ない。使用価値の二重性ってどこかでマルクスいってますか?
使用価値を価値の源泉としてしまうのは、価値と価値量との区別ができていなからでは?
価値量は構成要素を含むが、価値はそれらの構成要素の結合の仕方のことです。

633 :くろしろー:2007/08/10(金) 11:07:14 ID:EZo9fKEx
私はマルクスを暗記してそれを繰り返したくはない立場です。交換において使用価値が他人のための使用価値であることに異議はありませんが、交換価値において使用価値がまったく捨てられるのには反対です。なんらかの使用価値を感じるから人はものを買うのです。

634 :くろしろー ◆lKW0OnevWc :2007/08/10(金) 11:45:38 ID:HaIMEEXj
まあではここに私の考える価値論の試論を疲労しましょう。
まず使用価値は人間が生きていくうえでのさまざまな価値と考えられます。
しかし商品としては他人の為の使用価亜として、存在しなければなりません。
このとき初めて交換価値が生まれます。これは効用や便益と同じ立場と言えるでしょう。
交換価値は使用価値に含まれるものであり、その使用価値の属性を失うものではありません。
そしてその交換価値が生まれるわけには、自然的属性、つまりダイヤモンドを例にしてあげれば
鉱石として、自然に生み出されなければなりません。また人間的属性、おなじみの労働が出てきますし
それを労働とするためのアイディアも含まれます。
それと道具的属性、いわゆる家畜や道具、機械などがそうです。またダイヤを出したのは社会的属性
つまりダイヤはロスチャイルド財閥が支配するダイヤモンド・シンジケートがあるからその価格を保ちます。
異常の属性を考えることにより、主流派経済学にも応用可能な価値論を築けると思っています。

635 :くろしろー ◆lKW0OnevWc :2007/08/10(金) 11:47:46 ID:HaIMEEXj
疲労ー>披露。異常ー>以上。失礼

636 :くろしろー ◆lKW0OnevWc :2007/08/10(金) 12:56:01 ID:HaIMEEXj
http://d.hatena.ne.jp/kurosiro1/20070810
にまとめてみました。

637 :くろしろー ◆lKW0OnevWc :2007/08/10(金) 13:17:18 ID:HaIMEEXj
>>634
他人の為の使用価亜ー>他人のための使用価値
失礼

638 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/10(金) 13:18:28 ID:zLBIXvHf
>>627
すまん、間違った。交換できるという属性は使用価値だ。

639 :くろしろー ◆lKW0OnevWc :2007/08/10(金) 13:33:27 ID:HaIMEEXj
私もジミーさんには謝りたい。伝記と資本論「入門」の再解析が終わらんと
永続革命論に移れない.

640 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/10(金) 13:35:35 ID:zLBIXvHf
>628
構わないというよりは、なぜ人間の労働のみが価値を生み出し、
機械の労働が価値を生み出さないといえるのか、
俺の知識ではわからないのさ。
そのXに色々なものを代入したら、資本論の秩序がやばい位壊れるのは
わかるが…。

641 :絶対精神 ◆mk/rozvbWA :2007/08/10(金) 14:09:42 ID:H5o9fgv/
こういっては失礼にあたるかもしれんが、くろしろーさんはマルクス
がなんであんなに価値論にこだわったのかわかっていない。この点を
説明できないと640さんの問題は絶えず浮上してくる。
実際、640さんの疑問はかつて欧米マルクス研究でも問われたもの。
質問ですがくろしろーさんはなんで価格の他にわざわざ価値を導入して価値論
にマルクスがこだわったと思いますか?搾取なんてのは、価値を体系に導入しなくても
物量タームで説明可能なことは、置塩先生が<逆説的に>示してくれたことです。


642 :絶対精神 ◆mk/rozvbWA :2007/08/10(金) 14:35:22 ID:H5o9fgv/
ちなみにおれは主流派に価値論なんていらない、不必要だ、という考えです。

643 :640:2007/08/10(金) 14:53:22 ID:zLBIXvHf
どうしてマルクスは価値論にこだわったのか?
それがどのように640の疑問につながるのか?

644 :絶対精神 ◆mk/rozvbWA :2007/08/10(金) 14:55:35 ID:H5o9fgv/
640さんをだしに使ってすまない。おれはくろしろーさんがおれの質問に
回答してくれればよいだけです。

645 :くろしろー ◆lKW0OnevWc :2007/08/10(金) 16:24:15 ID:BlOCHsBp
>>64
私もあなたに言いたい。マルクス教条主義に走っては現実の労働者の問題がおざなりになれ
伝統芸として現実には何も彼らの苦しみを解決できないこと。その無自覚をあなたに問いたい。
日本共産党が労働党としてはなんら役に立たないのとあなたの立場は同根だ。
質問の答えですが、マルクスは要するに階級闘争を自らの「科学」としプロレタリアートを
解放するという物語に科学性を持ったイデオロギーを意図してか無意識的にか作りたがったのでしょう。
そして科学だとしてしまえば、革命の上での理論武装になりますからね。その意味では価格では
やっていけない。価格の下にある価値を見出さなければならないと言うことです。
しかし労働価値説は明らかに間違っている。そんな分析をしても、世の中の害にこそなれ
改良することはまるでない。正確な資本主義分析こそ、労働者の解放につながるでしょう。


646 :絶対精神 ◆mk/rozvbWA :2007/08/10(金) 16:31:07 ID:qormIqgn
ちなみに聞くけどくろしろーさんは、価値ってイデオロギーだと思っているの?
もひとつ聞くけどアソシアシオン論って知ってる?

647 :くろしろー ◆lKW0OnevWc :2007/08/10(金) 16:33:20 ID:BlOCHsBp
それに私は主流派があれでは困ると思っている。私もまたプロレタリアートで、「主流派」の議論が垂れ流しされ
それに対応する攻撃材料が丸経では非常に困ると思っている。つまり有権者が選挙に行かない無党派にならざる
を得ないように、この問題もどちらも駄目と言うしかないでしょう。

648 :くろしろー ◆lKW0OnevWc :2007/08/10(金) 16:36:16 ID:BlOCHsBp
交換価値自体はイデオロギーではない。それが労働、しかも産業労働の労働でないという主張は
イデオロギーだと思っている。アソアシアン論は知りません。wikiででも調べましょう。

649 :絶対精神 ◆mk/rozvbWA :2007/08/10(金) 16:52:51 ID:/mso5UwE
いやおれの「主流派」というのは、ミクロマクロなんかの経済学に
おける主流派なんです。それに交換価値ではない「価値」です。
それに
「それが労働、しかも産業労働の労働でないという主張」の「それ」とは
何ですか?

650 :くろしろー ◆lKW0OnevWc :2007/08/10(金) 16:53:16 ID:BlOCHsBp
フランスには、アソシアシオンと呼ばれる、趣味やレジャーを一緒に行う同好会的な色彩の強い非営利団体がある。
数十万団体が存在するとも言われているアソシアシオンの一部で、ボランティア活動が行われている。
また、欧州連合のヨーロピアン・ボランタリー・サービス等のプログラムを利用してボランティア活動に参加する若者もいる。

MSNのエンカルタで見つけました。

651 :絶対精神 ◆mk/rozvbWA :2007/08/10(金) 16:57:03 ID:/mso5UwE
そのアソシアシオンではありません。んじゃ「マルクスのアソシエーション論」
で調べてみてください。

652 :くろしろー ◆lKW0OnevWc :2007/08/10(金) 16:57:08 ID:BlOCHsBp
>>649
その主流派のことを私は批判しているのです。
「それ」とは価値のことです。交換価値と同一できない理由がわかりません。

653 :くろしろー ◆lKW0OnevWc :2007/08/10(金) 17:01:24 ID:BlOCHsBp
http://www.mii.kurume-u.ac.jp/~tadasu/yougo_aso.html
松尾さんのホームページがヒットしました。
では私から質問です。具体的に何をなすべきなのでしょう?

654 :くろしろー ◆lKW0OnevWc :2007/08/10(金) 17:08:06 ID:BlOCHsBp
また私はこのアソシエーション論は間違っていると思います。
まず独立した個人と言うものがありえない。生産手段を「独立して」
もつことなど不可能です。もしそうするなら人類をもっと減らさなければならない。
世界的分業の生産力のおかげで現在の人口は成り立っているからです。

655 :絶対精神 ◆mk/rozvbWA :2007/08/10(金) 17:10:48 ID:/mso5UwE
マツオさんではちとまずいなー。くろしろーさん、私はあなたの怒り
はよくわかる。労働運動におけるダラ幹の裏切り、メディアからの御用
学者の意見の垂れ流し。おまけに共産党のテイタラク。これで怒らないほうがおかしい。
 
本当は広西元信『資本論の誤訳』を読んでください、といいたいところ
だが仕事が忙しいでしょう。この議論はこれくらいでくろしろーさんの
ホントに論じたい革命論に戻りましょう。いかがですか?

656 :くろしろー ◆lKW0OnevWc :2007/08/10(金) 17:26:12 ID:BlOCHsBp
「資本論の誤訳」は持ってますよ。いずれ読むでしょう。
それに私は革命と言うものにそれほど期待を持ちません。
革命によって秩序が乱れろくでもないことが起こるからです。
毛沢東の伝記「マオ」を読みましたが話半分にしても大躍進政策などの
狂った政策の原因は暴力革命にあると私は思ってます。
私の本質的な怒りは労働市場の不透明さにあります。
私もなんとなく今の職につきましたが、退屈この上ない。
逆に忙しすぎることになる職も経験しました。
これが労働市場の不透明さに起こることは間違いないでしょう


657 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/10(金) 17:33:59 ID:lbCsjPM9
>絶対精神 ◆mk/rozvbWA 氏

氏はこのスレに最近現われてくろしろーという男のことが
まだ分かってないようなので、基本的情報を提供しましょう。

くろしろーとは?

@公務員である
A親が共産党支持者である
B数学が苦手である
C精神病者で障害者年金受給者である
D性風俗が大好きである
E働かないことが人間の理想像であると思っている

以上がくろしろーの基本的情報です。
このような人物にマジレスするべきかどうかは氏に任せますが。

658 :絶対精神 ◆mk/rozvbWA :2007/08/10(金) 17:35:18 ID:/mso5UwE
んーどうもくろしろーさんがよくわかりません。とりあえず永続革命を論じてください。

659 :絶対精神 ◆mk/rozvbWA :2007/08/10(金) 17:36:25 ID:/mso5UwE
657さん、ありがとう。それではさようなら。

660 :くろしろー ◆lKW0OnevWc :2007/08/10(金) 17:46:45 ID:BlOCHsBp
C双極性感情障害は精神病カテゴリーに入らない。年金は労働しているのでフルではもらっていない。
E働きたくないのではなくもっと有意義なところで働きたい。
以上訂正しておく。

661 :くろしろー ◆lKW0OnevWc :2007/08/10(金) 18:07:03 ID:BlOCHsBp
>永続革命を論じる
基本的活動としては、伝記を読むのあと、資本論入門を批判したあとになるでしょう。
それから古典○の読書と言うことで、永続革命論に触れるでしょう。
では私も時間がないのだ。今日中にマルクスの伝記を読まねば。
ではさらば。

662 :くろしろー ◆lKW0OnevWc :2007/08/10(金) 19:38:38 ID:BlOCHsBp
まあ不思議に思うのは>>657でマジレス規制がかかることだ。
少なくともマルクスの方が逝っちゃってると思うのだが。w

663 :くろしろー ◆lKW0OnevWc :2007/08/10(金) 22:23:27 ID:wAFLyDor
マルクスは本当に生活能力のない男だと言うか、なんと言うか、
慎ましやかに暮らすと言うことができなかったらしい。
それに仕事の話が来るとメンヘル性の病気になる。私は2級
精神障害者の資格を持ちながら、仕事をしているが、借金はした
ことはない。

664 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/11(土) 01:41:33 ID:XY9zUN7C
 最近思うところ協賛主義も資本主義も共倒れの方向に地球経済は逝く
 気がしてきた

 共産主義だろうが資本主義だろうが地球の大地から資源を掘り取っては
 加工して荒らしていくという作業に変わりは無いのでどちらも終わっていそう

 まずは労働そのものが必要なのかどうかをチェックすることかな

 ひょっとしたら近い将来ニートこそ神で労働者は負け組みという発想も
 生まれるかも

665 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/11(土) 02:10:56 ID:b4B6Lc0r
難しいお、、

666 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/11(土) 02:20:10 ID:5Oi3MQQv
元祖ニートといえば天皇だからな。まさにニート=神だ(苦笑)

667 :くろしろー ◆lKW0OnevWc :2007/08/11(土) 02:32:03 ID:CWA6ighD
いや皇室には仕事があるだろ。

668 :664:2007/08/11(土) 02:33:06 ID:XY9zUN7C
 俺なりのマルクスの解釈に

669 :664:2007/08/11(土) 02:38:22 ID:XY9zUN7C
 『労働』とは俺なりのマルクスの解釈に従えば自然に対する
 働きかけ(=労働)を通じて同じく自然たる人間は自己を再認識
 する過程である.

 しかし現実はどうだろうか? とりあえず社会主義国だった地域では
 ソ連におけるカスピ海の干拓によるカスピ海自体の大幅な縮小,
 チェルノブイリの事件しかマダ調べてないので思いつかないが
 資本主義であれ社会主義であれ労働の名のもとになされた自然資源
 の乱獲により希少種はいなくなり自然『環境』そのものが人間に
 とって優しくないものになりつつあるように感じる.

 というかこのまま逝けば温暖化はどうなってしまうのだろうという
 素人ながらにヤバそうな雰囲気抜群である.

 ていうかどいつもこいつも働くことを美しいものとして賛美している
 けれども果たしてそうなのか?という疑問が時折湧く.
 
 勿論人間が宇宙に出て地球以外の場所に資源を求めるようになれば
 社会主義VS資本主義という構図はまたサポートされるように思うが
 今のままではどちらでももううんざりという感じ.っていうか社会
 主義に対する理想なんてアパシーが蔓延しすぎて空しいだけ.

670 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/11(土) 04:05:19 ID:5Oi3MQQv
天皇も仕事をしている!即ち、天皇もプロレタリアートだ!
ゆえに、天皇も解放されなくてはならない!(苦笑)

671 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/11(土) 15:22:16 ID:b4B6Lc0r
「ドジョウ」も原告、繁殖地守れ=河川工事差し止め求め提訴−東京地裁
8月10日19時32分配信 時事通信
 「ドジョウの繁殖地を守れ」。
東京都東久留米市の住民4人が10日、同市を流れる落合川の都の埋め立て工事で、川に生息する「ホトケドジョウ」が絶滅するとして、このドジョウを原告に加え、石原慎太郎都知事を相手に、工事差し止めを求める訴訟を東京地裁に起こした。 
最終更新:8月10日19時32分
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070810-00000183-jij-soci

672 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/11(土) 22:20:43 ID:xhzgm2Bn
>>669
疑問あり。
『労働』とは俺なりのマルクスの解釈に従えば自然に対する
 働きかけ(=労働)を通じて同じく自然たる人間は自己を再認識
 する過程

疑問@ 自己の再認識する過程とは何ぞや?

疑問A 主張は自己を再認識した人間は自然と調和できる(環境破壊を起こさない)はず。
と読める。なぜそんなことがいえるのか?
自己を再認識しつつ環境を破壊するということが(論理的に)起きないのはなぜか?

673 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/12(日) 02:26:42 ID:lNKjeAuN
>>664
大内先生はもういいです・・・

674 :くろしろー ◆lKW0OnevWc :2007/08/12(日) 02:28:03 ID:wdDG89aW
俺流に解釈すれば、労働とは捕食行為が文明化したもので、文明化して
しまった以上空腹と直接結びつかなくなり、どうでもいいことと思える
だな。だが真剣に考えるとやはり捕食行為でえあり、俺もしょうがなく
8時半から5時15分までは公僕してますよ。マジメに。
これ出なんでマジレス規制がかかるのか? その@だな。  

675 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/12(日) 02:56:09 ID:be4nZj7Z
MARXは軍神MARSの子にして点を産むオートマトンMATRIXの略である。イノベーション資本主義、ファシズム、日本軍国新体制何れもMARXの門人が始めた。Aフリードマンの宇宙のようにMARXは膨張し続ける。やがて機械の目を借りて勝利を観測する。

676 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/12(日) 03:01:13 ID:+iwpqeKb
火星MARS。最初の自由の王国が誕生する。戦争や闘争が絶えないかもしれない。しかしいつも我々はそこから革命が起きたことを知っている。帝国主義も資本主義も敵ではない。反動こそが全てにおける敵。

677 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/12(日) 03:54:29 ID:xQtiesIo
オレはニートひきこもりだが、
起きている間はずっと自宅警備してますよ。マジメに。
今夜勤中。

今度、親に賃上げを要求する予定。
マルクス主義のみなさん、応援宜しくお願いしますm(__)m

678 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/12(日) 10:35:51 ID:rCx/hj04
 >>672

 自己を再認識する過程とは,自然である人間がそのままでは,無為
 の状態では自己が自然であること(=自己であること)を認識出来な
 いため,対象である自然に大して手を使って働きかけることでその
 存在,自己を再認識することであると考えています.(納得して下さ
 るか解りませんが)

 疑問Aですが?? よく解りませんがそのような意味のことを書いたつもり
 はありません.

 私はマルクスについては『資本論』『空想から科学へ』『経済学批判』
 しか読んだことがなくあまり難しいことも言えないのでスイマセン.
 (しかもかなり前のガクセイ時代に読んだっきりですので)

679 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/12(日) 10:38:08 ID:rCx/hj04
 ていうか空想から科学へはマルクスじゃないしね…

 スンマソ

680 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/12(日) 10:48:47 ID:rCx/hj04
ていうか資本論長すぎだよ… ていうかフォイエルバッハの『キリスト教
 の本質』が個人的に一番面白かったな.あれは慧眼だった.

 マルクソ? う〜〜んどうかな〜〜.

681 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/12(日) 17:37:54 ID:8ZWA9JY0
ブルジョア社会においては過去が現在を支配し、共産主義社会においては現在が過去を支配する。
とは、どういうこと??

682 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/12(日) 18:15:03 ID:9bCK0AB4
階層が固定化された社会では、無駄とも思える古いしきたりや礼儀が必要以上に大切にされる
つまり、変革が嫌われる
それは、時間の流れについても同じ

>>681の抜粋は、仮に共産主義が真の革命勢力であるならば、過去と決別して現在や未来志向でいくという主張じゃまいか?



683 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/12(日) 18:16:08 ID:9bCK0AB4
>>682
あんまりそう思えんけど、、
ということも付け足しておきますです

684 :くろしろー ◆lKW0OnevWc :2007/08/12(日) 18:29:23 ID:vxZmJ0sl
それでもってA親が共産党支持者であるにしても、俺は子供のころから
共産主義に疑問を持っていたし支持もしていた。だがそんなことは人生
においてそうざらにマジなことではなかった。遊んでいただけだ。
ソ連崩壊してザマミロと思ったけども、就職して労働者と言うこの
はかくも過酷なものかということで。問題意識としては労働条件の改善
はライフワークになった。だがマルクスの中には解決策は無かった。
一番疑わしいのがプロ独だ。それよりもプロレタリアートに奉仕しないと
生存にかかわる政治家や高級官僚を作ることが大事だと思う。

685 :くろしろー:2007/08/12(日) 20:55:18 ID:vxZmJ0sl
あとBの数学t嫌いについてはだね。まあその必要を感じなかったんだな高校時代に。
中学のテストなんかじゃ田舎の中学だから、テスト勉強をマジメにやれば学年で2番、か3番
にはなれたよ。でも高校で下宿生活なんかしたし、ちょうど田舎秀才が高校デビューしちゃったんだよ。
つまり遊びに目覚めたわけさ。このとき同時に勉強してれば良かったんだけどね。特に経済学における
数学の重要さを知ってればそうしたんだけど、そんな自覚はまったく無かったからいつも昼飯代とか倹約して
ビリヤードとかはやったからそんなことばかりしてたよ。後は文学にはまるんだが、太宰がきっかけだった。
太宰もマルクスにはまった口でどうもマルクスにはご縁があるんだな。洋楽とかにもはまったね。
まあそんなわけでマルクス、エンゲルス、レーニン、毛沢東、スターリン、トロツキーの伝記を読み
丸関係の古典を読み、ブログに整理し、ロックフェラー、ロスチャイルド、スティグリッツについてまとめたら
本でも書いてみるつもりさ。そのあと白チャートやキャンパスゼミで数学もブログにまとめようかと思う。

686 :くろしろー:2007/08/12(日) 21:13:45 ID:vxZmJ0sl
C精神病者で障害者年金受給者である
まあちょっと仕事にまじめすぎたんだな。躁うつ病、正式には双極性感情障害つーのにもなったけど、
これは精神病カテゴリーには入らない。
基本的には薬がするがあるから大丈夫。鬱のかわし方も覚えたし、趣味でやってるテニスもいい感じで
あんまり鬱にはならないね。論理的思考もばっちりだよ。障害者年金は労働してるので1万ほどもらってる。
もしも失業しても9万はでるから田舎じゃ何とか暮らしていけるかな。ネットはできなくなるけど。
図書館が立派だから隠遁生活を決めむのもいいね。まあ作家にでもなろうかな。
D風俗はスケベだからです。病気が怖いからススキノに行く機会があったらいく程度だけどね。
Eいや労働問題を解決する仕事につきたいね。丸を追い回してるのはそのためだよ。
基本知識として批判的に勉強してるよ。

687 :くろしろー ◆lKW0OnevWc :2007/08/12(日) 22:00:23 ID:vxZmJ0sl
http://d.hatena.ne.jp/kurosiro1/
これがそのブログ。価値についてはマルクスとはまったく
違っている。

688 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/12(日) 22:02:49 ID:8ZWA9JY0
マルクスの著書をリストアップしてもらえませんか??

689 :くろしろー:2007/08/12(日) 22:31:01 ID:vxZmJ0sl
まずマルクス・エンゲルス・レーニン・スターリン・トロツキー・
毛沢東の伝記、このうちマルクスと毛沢東の伝記は読んだ。
「カールマルクスの生涯」フランシス・ウィーン。
「マオ」ユン・チアン
あとマルクスエンゲルスに関してはアマゾンで手に入るほとんどのもの。
レーニンはレーニンの選集、スターリンはレーニン主義の基礎、レーニン
主義の諸問題、トロツキーは永続革命論、裏切られた革命、毛沢東は
毛沢東語録


690 :くろしろー:2007/08/12(日) 22:33:44 ID:vxZmJ0sl
http://redmole.m78.com/sosialism/tosyo.html
ここで結構ただで見れるよ

691 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/13(月) 01:15:16 ID:5AuoWNW/
どうもありがとうごさいます。

692 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/13(月) 01:34:22 ID:5AuoWNW/
くろしろーさんは何か音楽は聞いたりしますか?
好きなアーティストとかいれば教えてください。

693 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/13(月) 02:48:00 ID:HifUEK7n
近経の人が書いた○本のお勧めありますか?

694 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/13(月) 20:13:49 ID:s7wYjCsV
2月17日リチャード・コシミズ東京単独講演会ダイジェスト版
http://video.google.com/videoplay?docid=-7654256446381089725
2月17日講演 フルバージョン
http://video.google.com/videoplay?docid=3894395222162251717

695 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/13(月) 20:18:13 ID:jR6aKJVA
http://www.mofa.go.jp/mofaj/press/staff/iraq/20031119.html

パンの値段が安いのは政治的自由のない
人民の不満を抑えるためだって?
それじゃお前のカミさんがセックスのたびに
料金を請求しないのは性的自由のない
チンチンの不満を抑えるためかい?
カミさんへの支払いは「あからさまな支払い」より
「隠された支払い」を選んでるくせに奥参事官さんよ
お前は早稲田大学政経学部で誰に経済学を教わったのかね?
つーかお前バカだろ?
(゚Д゚)
あぁぽむぽむ

696 :くろしろー:2007/08/13(月) 22:03:02 ID:hf9QroAv
>>692
まず基本はピストルズだね。原点に返るときは必ずピストルズ聴くね。
もっと激しいのがほしいときにはディスチャージ。
あとやっぱりザ・スミスかな。ジョニーマー最高! ザ・ザもいいね。
あともっとさわやかなの聴きたいときはTAHITI80、小野リサ、カーディガンズ、アズティック・カメラ、プライマル・スクリーム
の1st。
どろどろしたいときはドアーズ、ヴェルヴェット・アンダーグラウンド、サイケデリック・ファーズ、エコーアンドバニーメン、
レッド・ツェッペリン、ザ・キルズ、プライマル・スクリーム「スクリーマデリカ」
死にたくなったらジョイ・デビジョン
ジャズはぜんぜんわからんけどジョン・コルトレーンのペットはドライブには最適です。
バンドやってたけどギターには最近ぜんぜん手が伸びない。認めたくものだな中年ゆえの感性の衰えと言うものをということで。w「」「

>>693
森嶋通夫の「マルクスの経済学」でしょう。岩波書店の森嶋通夫著作集の7巻です。
私は数学がだめで読めませんが。死ぬまでには読みたいな。
あとアナリティカルマルキシズム一派の本を読むとよろしいかと。ジョン・E・ローマーの訳してある本を読めばいいかと。
「分配正義の理論」とか記号がいっぱい。
穴丸の吉原さんのホームページもおすすめ。クーポン社会主義はちょっといけてないけど。w

では私はエンゲルスの伝記読んで寝ます。これは東ドイツ健在のときの本で、結構笑えます。

697 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/13(月) 23:11:58 ID:5AuoWNW/
くろしろーさん、ありがとうございました。

698 :くろしろー ◆lKW0OnevWc :2007/08/13(月) 23:44:55 ID:hf9QroAv
いえいえお気遣い無く、ブログで新しく資本論を展開するにあたって
搾取をどう捕らえるかについて新しい見解を書いたのでご興味
ある方はどうぞ。http://d.hatena.ne.jp/kurosiro1/

699 :くろしろー:2007/08/13(月) 23:58:17 ID:hf9QroAv
穴丸(アナリティカル・マルキシズム、主流派経済学の道具でマルキシズム
を再構築しようとするもの、私はクーポン社会主義など疑問はいっぱいあるが。)
の吉原氏のページhttp://www.ier.hit-u.ac.jp/~yosihara/
穴丸の参考文献は「アナリティカル・マルキシズム」「マルクスの使いみち」
をアマゾン等で検索すればでてきます。さて寝るか。

700 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/14(火) 01:59:34 ID:CKvPnF67
くろしろーさん、ありがとうございます
秋から、少し○っぽい学習を開始します

701 :Jimmy:2007/08/14(火) 20:24:18 ID:sJ7L54WT
おひさしぶりぶり
にせじみーちゃんだよ〜〜〜だ

702 :くろしろー:2007/08/14(火) 23:41:55 ID:w/6POJeZ
ついに一億カウントを目差す、異次元、いや「お笑い異次元経済学ジャーナル(文部科学省申請中)」
ここの過疎版にはって何が変わるのか?
「ろじっくぱらだいす」や「僕の見た秩序」をリンクしてグーグルで引っかかろうとするつたない戦略
でもいつも20〜30人くらい見てくれているので感謝しています。
http://d.hatena.ne.jp/kurosiro1/

703 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/15(水) 00:58:39 ID:uKvaUuQy
富塚良三「経済原論(簡約版)」有斐閣

ってどうよ?

704 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/15(水) 02:04:34 ID:OBc5rkSr
【物理】「宇宙には次元が無限に存在する、五次元空間はすぐそばに」国際物理学会に大きな波紋
beチェック
1 : ◆jpOkY1vL4s @冷やし中華 部分的に終わりましたφ ★:2007/08/15(水) 00:30:55 ID:???0 2BP(4378)
☆米物理学者、宇宙の無限次元を提唱

米「タイム」誌はこのほど、2007年の「世界で最も影響力のある100人」の一人に、
ハーバード大学の理論物理学者リサ・ランドール博士(44)を選んだ。ランドール
博士は、宇宙には次元が無限に存在する可能性を提唱し、現在世界で最も注目を
集めている物理学者の一人である。

明慧ネットの報道によると、ランドール博士は核分裂実験の過程で偶然、一部の
素粒子が突然消失するのを発見したという。このことから、それらの素粒子は我々
人類の目に見えない5次元空間に飛んで行ったため、突然姿を消したのである、
という大胆な仮説を立てた。この仮説は、アインシュタインの一般相対性理論と
大きく矛盾することから、国際物理学会に大きな波紋を投げかけている。

http://jp.epochtimes.com/jp/2007/08/html/d95264.html

705 :くろしろー ◆lKW0OnevWc :2007/08/15(水) 19:38:33 ID:kPsOx/Vy
異次元経済学衝撃のパラダイムシフト総合健康経済学に!
真資本論入門を中心に、未曾有の衝撃があなたを襲う
総合健康経済学!
http://d.hatena.ne.jp/kurosiro1/

706 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/16(木) 00:34:33 ID:pAEckPel
宇野弘蔵「経済原論」買ったが、あまりにも文章が読みづらくて
投げ出した。

707 :絶対精神 ◆mk/rozvbWA :2007/08/16(木) 01:35:08 ID:UDnJNyjQ
>>706
宇野弘蔵の文章が悪いことは有名よ。特に「これ」とか「それ」という指示代名詞が何をさすのかわからないことが多い。
なお指示代名詞が何をさすのかと尋ねた弟子にたいして宇野先生は烈火のごとくお怒りになったというエピソードも残っている。

708 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/16(木) 01:51:12 ID:isNoFLvZ
くろしろー先生のブログには、女優と結婚することが重要とありました
女優って誰ですか?

709 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/16(木) 12:20:24 ID:zpfFkRvM
>>708
なーんだ識らないの、有名なハナシなのにね。
むかし、某女性から糞シロは粗チンについてバカにされたことがあり、
それ以降真性女性では勃起しなくなり、女装した男性にしか感じない
片輪男になったんよ。
だから、糞シロの"女優"って"女装した男性"って読み返す作業が大事。

710 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/16(木) 16:24:02 ID:isNoFLvZ
>>709
詳しい解説ありがとうございます
しろくろーさんは、マルクス先生のひげ面に密かに萌えてるってことはないのでしょうか、アーッ

711 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/16(木) 19:47:58 ID:EFX9hETQ
資本主義も社会主義も滅んだポストインダストリアル社会

712 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/16(木) 20:19:32 ID:iHUeBDa4
近経を理解するマル経学者は少ない。
一方、マル経を理解する近経学者は皆無。

713 :絶対精神 ◆mk/rozvbWA :2007/08/16(木) 20:29:33 ID:53kbzh53
>>712
『資本論』やグルントリッセが、読めないんだから仕方ない。彼らに言わせると
「文学」だそうだ。

714 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/16(木) 20:30:39 ID:O09HXKkG
三野や二神は元々置塩の弟子だから丸系結構知ってんだろ。

それとは別に60以上の連中は皆マルクスある程度読まされてるよ。

まあ、どうでもいいけど。

715 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/16(木) 21:45:22 ID:MlZrk2bj
>>712
それはさすがに言い過ぎなので、次のように言い直すのが妥当かな。

(1)近経を理解するマル経学者は少ない。
  
  近経を理解しようという意欲のあるマル経学者自体は、決して少なくない(批判的視点のフィルターを通して、だが)。
  しかし、数学的能力が欠けているので、意欲はあっても現実には理解できないのが大半。

(2)マル経を理解する近経学者も少ない。

  近経学者は、そもそもマル経を理解しようとする意欲・姿勢自体がない者が大半。
  というか、他分野の方法論や問題意識についてまったく関心を持たない者が圧倒的多数。

つまり(1)は(数学の)能力の問題で、(2)は意欲・姿勢・態度の問題。


716 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/16(木) 23:14:55 ID:VzvTOKMJ
>というか、他分野の方法論や問題意識についてまったく関心を持たない者が圧倒的多数

ホント、これは困ったもんだねえ。
経済学者(主流派)ほど他の社会科学・人文科学に興味を示さない社会科学者も珍しい。
何で、こうなったのか。

717 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/16(木) 23:23:07 ID:EFX9hETQ
>>715
>しかし、数学的能力が欠けているので、意欲はあっても現実には理解できないのが大半。

それって分析的マル経済学者のこと?

718 :くろしろー ◆lKW0OnevWc :2007/08/16(木) 23:32:26 ID:fSURos+H
>>709
いい加減なこというな。つい最近まで仲間由紀恵に萌えていたが、
今は熱もちょっと冷めた。www

719 :くろしろー ◆lKW0OnevWc :2007/08/16(木) 23:40:22 ID:fSURos+H
>>713
お勧めの「資本論の誤訳」すごいね。
数ページしか読んでないが読むべき本だとわかる稀有な本だ。

720 :絶対精神 ◆mk/rozvbWA :2007/08/17(金) 00:47:31 ID:p5+79Ryq
>>719
急に議論打ち切って申し訳なかった。これからも時々来るのでよろしくお願いします。

721 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/17(金) 00:48:46 ID:j1zrEqaV
『資本論』読破にどのくらいかかりますか?
読む前に知っておいたほうがいいことありますか?

722 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/17(金) 02:44:21 ID:wVcBTF6f
>『資本論』読破にどのくらいかかりますか?

一年くらいかけて読んだ方がいいかと。

>読む前に知っておいたほうがいいことありますか?

「資本論」全三巻はドラクエ1・2・3の三部作と同じ
構造になっていると知っておこう。
つまりドラクエ3がドラクエ1へと接続されるように、
「資本論」第三巻は「資本論」第一巻へと接続される。
しかし「資本論」自体は未完なので、その構造は完結していないし、
完成度も低い。

723 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/17(金) 02:49:07 ID:M2//P3pW
>>712->>717
マルクス経済学は、わかりやすい標準的入門テキストがない希ガス
あるかもしれないが、図はないし、文字ばかりのテキスト



724 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/17(金) 02:57:42 ID:4eexW02R
>>681 ブルジョア社会においては過去が現在を支配し、共産主義社会においては現在が過去を支配する。
とは、どういうこと??

 ブルジョア社会においては過去の労働、死んだ労働、すなわち資本が現在の労働を支配し、
共産主義社会においては現在の労働、すなわち生きた労働そのものが資本(生産手段)を支配する。


725 :くろしろー ◆lKW0OnevWc :2007/08/17(金) 05:18:28 ID:Imoc9kJs
>>723
あるよ。「経済原論入門」相田慎一「資本論入門」岡崎次郎
「資本主義社会の理論」伊藤誠
こららのどれか読んでから「資本論」にチャレンジするといい。

726 :くろしろー ◆lKW0OnevWc :2007/08/17(金) 05:27:40 ID:Imoc9kJs
>>720
いえいえ、こちらこそ、又わかりやすい本があったら教えてください

727 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/17(金) 09:02:48 ID:GC88xMPo
1929年の世界恐慌の状況と対策

米では『永遠の繁栄』を信じ、大衆の株式投資熱が高まっていたが
株価大暴落がきっかけで、「破産者」や「企業倒産」、「失業者増」で商業、貿易不振。
世界経済の中心国の不況は全世界に波及し『世界恐慌』となった。

当時の各国の状況

米 国 共和党は景気回復に失敗し、民主党が選挙で圧勝した。
    ニューディール政策を推進で国家が経済活動統制。

独 国 米国資本の引上げ影響で大打撃を受け、失業率40%社会情勢悪化。
    社会主義政策で低所得者層に勢力を伸ばしナチス独裁政権の確立。

英 国 失業保険引き下げ、金本位制廃止、保護関税、自由貿易放棄。
    労働党が第1党になり、新内閣樹立。

仏 国 従来の緊縮財政から、公共事業、賃金引上げ、週40時間労働制
    で成果でず、クーデターで人民戦線内閣が成立。 

日 本 金融恐慌に巻き込まれ社会経済混乱。政党は財閥と腐敗し、国民の
    政治不信で軍部が勢力を伸ばした。

世界恐慌で世界各国の経済圧迫し、国際対立を深めて世界大戦へ流れていった。






728 :(・゜ω゜・) ☆まじめこて☆ ◆rgujENbs.s :2007/08/17(金) 23:36:23 ID:RJx4igAo
>>716
○なんかやって得るものが何も無いことがわかり切っているから。
オカルトに割く時間あったらその辺で散歩でもしてたほうがいい。

729 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/18(土) 18:43:26 ID:OaJTbykg
散歩で、熱中症にならなきゃいいね
まだ、○にでも熱中してたほうがイイ

730 :(・゜ω゜・) ☆まじめこて☆ ◆rgujENbs.s :2007/08/18(土) 21:34:45 ID:jDE5X07k
明らかに熱中症のほうがましだろ。
熱中症なんか点滴打って安静にしていれば一日で直る。

○やって頭おかしくなったら二度と取り返しがつかない。
糞しろーのように廃人になって狂死するだけ。
取り付かれたようにテメー本位なイデオロギーを撒き散らし、
金をせびっては人様に迷惑をかける。

○信者がいなければ世界はどれだけ平和に、
そして住み良い世界になるんだろうな。

731 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/19(日) 01:34:11 ID:ub8VlnPX
封建社会とブルジョア社会は同じですか?違いますか?

732 :絶対精神 ◆mk/rozvbWA :2007/08/19(日) 03:09:51 ID:WMhN3t14
>>731
気が向いたのでパクッと食いつきますよ。
ブルジョア社会を封建社会と分かつ最大の違いは、
@ 私的所有が確立されていること。 A 労働力が完全に商品化されていること。
この2点につきる。
従って当たり前だが、ブルジョア社会と封建社会とは、社会経済的構成において
異なる社会である。


733 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/19(日) 03:29:55 ID:Oy1FTDMk
>>732
土地の商品化というのも大きな差異なんじゃないのかな。
江戸時代は一部の例外を除いて土地の売買は基本的に禁止されていた。

晩年の司馬遼太郎が、土地の商品化を批判し、土地の国有化を
唱えていたりしたけど。

734 :絶対精神 ◆mk/rozvbWA :2007/08/19(日) 03:37:52 ID:WMhN3t14
>>733
「土地の商品化」・・・ということは、とりもなおさず「私的所有(プリヴァートアイゲンツーム)
が確立されている」・・・ということです。


735 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/19(日) 03:41:35 ID:Oy1FTDMk
>>734
江戸時代でも農民は土地を私有していた。
けど、土地を売買してはならないとされていたわけ。
なんで、私有が必ず商品化を意味するわけではない。

736 :絶対精神 ◆mk/rozvbWA :2007/08/19(日) 05:29:09 ID:2Hymt2D3
>>735
それは「共同占有」でしょう。「私的所有」ではございません。

737 :絶対精神 ◆mk/rozvbWA :2007/08/19(日) 06:19:11 ID:sjdfP++o
>>732
「人格的依存関係の解消」・・・、この最も重要な要因が抜けておりましたので
訂正しておきます。

738 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/19(日) 08:28:27 ID:aK8BfNPl
理屈ぬきで得した
http://www.infotop.jp/click.php?aid=56355&iid=8107

739 :(・゜ω゜・) ☆まじめこて☆ ◆rgujENbs.s :2007/08/19(日) 09:23:16 ID:MTxFxSLz
所有権とか労働力の商品化とか、そんな曖昧で主観的な価値基準持ち出して
自分の都合に合わせて分類遊びをしようって言うところが、どうしようもなく駄目すぎる。

宗教やりたいんなら寺行ってやれ。
せっかく代々木に立派な寺が建ったわけだから。

740 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/19(日) 14:42:40 ID:+NaupjJp
>江戸時代でも農民は土地を私有していた。
けど、土地を売買してはならないとされていたわけ。

@土地の排他的利用権を付与できる
Aその排他的利用権を他者へ転売できる


@とA双方が満たされて土地に対する私的所有権が確立された、
と普通は言うはず。
まあ、私的所有というか共同所有というか、は確かに言葉の問題に過ぎない。
真に大切なのは@とAの区別をすることだ。

From a guy who used to be a marxian


741 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/19(日) 15:37:38 ID:ub8VlnPX
共産主義と社会主義の違いとは何ですか?

742 :絶対精神 ◆mk/rozvbWA :2007/08/19(日) 15:38:49 ID:3VFGUkwg
>>740
んーでもここは経済学スレなんだけど。一般的にブルジョア社会と封建社会とを分かつ
メルクマールを聞かれたから答えただけなんだがなー。問題わかってる?

743 :Jimmy:2007/08/19(日) 15:39:14 ID:gGPEMM/k
>740
お暑う御座います。

744 :絶対精神 ◆mk/rozvbWA :2007/08/19(日) 15:43:01 ID:3VFGUkwg
>>739
んじゃあんたの考えるメルクマールを出してくれ。代々木って何?

745 :ヒトツバッシャー:2007/08/19(日) 15:56:54 ID:96/Y9fNk
 >>739

 オマエに言ってあげるけど資本主義の道具のヒトツである会計基準
 の"一般に公正妥当と認められた会計基準"とは何かとか勉強すれば
 いかに非マルクス主義サイドの曖昧かつスコラ哲学的な定義を理解
 するんじゃないか(俺はここらが現実世界ではやや詳しいので)

746 :絶対精神 ◆mk/rozvbWA :2007/08/19(日) 15:57:37 ID:3VFGUkwg
>>739
そうです。『諸形態』って、あなた読んだことないですよね。

747 :ヒトツバッシャー:2007/08/19(日) 16:01:28 ID:96/Y9fNk
 利上げ → 株安 → 消費収縮の恐れ → デフレの恐れ →
 利下げ

 を行おうとする各中央銀行のバカ丸出しさ
 
 『では初めから何もしない方がいいんじゃないだろうか?』

 とは中学生でも思いつきそうな政策である

748 :かつて○だった男:2007/08/19(日) 16:06:56 ID:+NaupjJp
>>742
いや、わからんよ。俺は@とAを区別せよ、といってるだけだ。
>>743
ああ、Jimmyさん、お久しぶり。暫く別スレで遊んでいた。
天才的ナンタラ言う人がいてな、言葉を弄ぶだけの奴だったので、少し遊んでやったわw.
で、木っ端微塵に叩き潰してやった。当分奴は出てこれまいてw.

くろしろー塾長も少しは成長したようで、何より。


749 :ヒトツバッシャー:2007/08/19(日) 16:09:39 ID:96/Y9fNk
 そういやかつて○だった人で今労働者を搾取している人とか知ってるな

 親の知り合いだからあまり悪口言えんが

 某取引所の上場会社の会長とか… こういう奴等ほど社会に危害を与えそう

750 :ヒトツバッシャー:2007/08/19(日) 16:11:13 ID:96/Y9fNk
 株価は最高値の20分の1とか…

 あまり詳しく言うとばれそうなので言わないが…

751 :絶対精神 ◆mk/rozvbWA :2007/08/19(日) 16:12:40 ID:3VFGUkwg
>>748
ほーこりは自信満々ね。んじゃ質問。同様にブルジョア社会と封建社会とを分かつメルクマール
をあげよ。

752 :絶対精神 ◆mk/rozvbWA :2007/08/19(日) 16:23:56 ID:3VFGUkwg
>>751
こんな問い、いつぞやから聞かれんようになったが、やはり問われて見てはじめてわかる
この漠然とした問題設定・・・。

753 :かつて○だった男:2007/08/19(日) 16:24:33 ID:+NaupjJp
>>751
その設問の前に答えるべき問いがある。
@ブルジョア社会と非ブルジョア社会を分かつメルクマールをあげよ。
A封建社会と非封建社会を分かつメルクマールをあげよ。
が論理的には先に考察されるべきだ。ア
ンタの設問に対する答えはこの二つの問いの解答の系として出てくる。


754 :絶対精神 ◆mk/rozvbWA :2007/08/19(日) 16:30:06 ID:3VFGUkwg
>>753
んじゃ考察してくれ。おおまかでいいぞ。

755 :絶対精神 ◆mk/rozvbWA :2007/08/19(日) 16:32:18 ID:3VFGUkwg
>>753
フォルメン交えてもなおいいぞ。

756 :絶対精神 ◆mk/rozvbWA :2007/08/19(日) 16:46:20 ID:3VFGUkwg
おーい739。お前もはったり君の仲間ですかー


757 :かつて○だった男:2007/08/19(日) 16:48:17 ID:+NaupjJp
>>754
封建制とは土地を媒介にした契約関係からなる制度のことだな。
国王・領主・領民などの階層に分かれ、それぞれ権利・義務関係を負っている。
例えば領主は領民の生産物の一部を税として徴収する権利を有する反面、領民の生活と安全を保障する義務を負うなど。
中世〜近世までの西洋や日本の社会がモデルとされているようだな。

ブルジョア社会は知らん。この用語は私の辞書にはない。
あえて言えば、
王権打倒のために革命派が頭の中でこしらえた架空の理想社会
とでもいうべきかw,


758 :絶対精神 ◆mk/rozvbWA :2007/08/19(日) 16:57:49 ID:3VFGUkwg
>>757
ふむふむ、先を続けてくれ。ブルジョア社会でなくともよい、資本制社会でよい。
それとフォルメンを可能なら交えてくれ。忘れたことを思い出すのにちょうどよいからな。
「はったり君」はちといいすぎたな、勘弁してくれ。

759 :絶対精神 ◆mk/rozvbWA :2007/08/19(日) 17:28:35 ID:3VFGUkwg
>>75
ビュルガーリッヒゲゼルシャフトがお気に召さないなら、
ツィヴィルゲゼルシャフトについて語ってもいいぞ。

760 :絶対精神 ◆mk/rozvbWA :2007/08/19(日) 18:45:15 ID:Lni22kZ5
>>739
あなたにはもっと簡単な問題を差し上げましょう。グルントリッセの課題について
本文からの引用文をもって答えよ。

761 :絶対精神 ◆mk/rozvbWA :2007/08/19(日) 19:47:02 ID:Lni22kZ5
いまちょい他のスレをみてきたけど「天才的経済学者」は何にも経済学なんて
やってないねー。つりごろつられごろか。一発で普通わかるでしょうよー。

762 :Jimmy:2007/08/19(日) 20:05:34 ID:gGPEMM/k
「メルクマール」の前に、「社会」っーヤツが、厄介なんだが・・・藁

763 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/19(日) 20:34:34 ID:AIflmfvu
 ゲゼルシャフト ゲマインシャフト ゲマインヴェーゼン ゲマインデ・・・

764 :Jimmy:2007/08/19(日) 20:57:25 ID:gGPEMM/k
 マルクスが眼前に見ていた、「資本主義」とは、イギリス綿工業とその周辺産業に、
機械制企業が成立する一方、農業は「大農経営」と「零細家族経営」に分解しつつ、
イギリス外部への依存度を高め、綿工業原料は、アメリカ奴隷制農業の綿花製品を、
食料品はドイツユンカー経営から、それぞれ輸入するようになっていく。
 この世界経済の編成は一体、ブルジョア社会なのか、封建社会なのか。
明らかなのは、「国民経済」なるブルジョア的観念によっては、この構図は、
決して視野に上ってこないこと、「社会」とは当のブルジョア的観念の、
紛う方なき産物であること、このことである。マルクスもこうした構図から、
完全に自由ではあり得なかった。


765 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/19(日) 21:01:11 ID:Oy1FTDMk
http://www.asyura2.com/07/hasan51/msg/733.html

766 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/19(日) 21:04:26 ID:ub8VlnPX
資本主義はいつから始まったのですか?

767 :Jimmy:2007/08/19(日) 21:15:02 ID:gGPEMM/k
>>768
貨幣と共に

768 :かつて○だった男:2007/08/19(日) 21:50:55 ID:+NaupjJp
>>764
おお。Jimmyさんも帰ってきたかw.
その独特の文体、懐かしいねえ。
気になる一文があるな。

>、「国民経済」なるブルジョア的観念によっては、この構図(世界経済の編成)は、
決して視野に上ってこないこと、「社会」とは当のブルジョア的観念の、
紛う方なき産物であること、このことである。

ここをもう少し説明して頂戴。少し興味がある。
俺も>>757では封建制とはいっても、封建社会とはいわなかった。
あくまで制度と限定して答えたわけだが。

769 :Jimmy:2007/08/19(日) 21:51:27 ID:gGPEMM/k
「フォルメン」・・・エエ響きの言葉デンナ。「ラーゲ」みたいなもんか。獏藁
正しくは「資本家的生産に先行する諸形態」の「諸形態」。
かつての「市民社会派」=「新講座派」の愛用句だがな。

770 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/19(日) 22:01:07 ID:AIflmfvu
>>マルクスもこうした構図から、完全に自由ではあり得なかった。

 ドイツイデオロギーでは、ビュルガーゲゼルシャフトは国民とか国家の境界を越えていると同時に、
ビュルガーゲゼルシャフトは国家に総括されると書いているが。
 この関連をめぐっては論争がたえない。岩田理論で解決できていたのか。最近ではウェーラーステインだが。

だけど、

>>「社会」とは当のブルジョア的観念の、紛う方なき産物であること

というのは意味不明だ。「原始社会」とか「閉鎖社会」とか、そういう普通の使い方を認めないのだろうか?

771 :Jimmy:2007/08/19(日) 23:39:34 ID:gGPEMM/k
>>768
 ブルジョア社会と封建社会を区別するメルクマールは何か?を巡って
議論が交わされているようですが、ブルジョアを資本主義と読み替えれば、
一つの法政と国境によって画された一国内にも、世界的な広がりにおいても、
両者は併存し、しかも相互に依存し合う関係を、展開してきた。
封建社会からブルジョア社会への、一方的な進化は実は、「神話」に属して
いたのではないか。もちろんその「神話」を語ったのは、ブルジョアイデオロギー
そのものだったのでしょう。こうしたブルジョア社会を法制的に表現する
、制度が国民国家というわけです。さらにこのブルジョア社会を基準に、
歴史を整序しようとすると「諸形態」が出てくる、こういう仕掛けになって、
いると考えています。
 要は「封建社会」も「資本主義社会」も、そのものとして純粋な形では、
実在し得ない、「イデアルティプス」と見なしているのです。
 
 資本の流通はそうした国境を越えて、世界市場へと開かれている。と同時に、
対内的にも、すべての生産部面が資本のもとに包摂されるのではなく、非資本主義的
生産関係を広汎に残存させている。
 ブルジョア的観念とは、こうした資本の部分性と世界性とを、国民国家の
枠内に押し止め、かつ当の国民国家を均質化した統体として、定置しようと、
企てる。もちろんリカードゥは比較生産費説によって、外国貿易必然論を
唱えますが、その外国の生産関係が、非資本主義的なものであるかどうかに
ついては全く関心を払うことなかったのです。むしろ同質な世界を、
構想していたように見えます。

>>770
 ドイツイデオロギーのような物言いでは、なんとでも都合よく、適用
出来てしまう程度のものでしょう。マルクスも、執筆時期としては、後期になる
「資本論」第二巻、資本循環論では、資本の世界性について、一層具体的に展開する
に至っていますよね。
 「原始社会」や「閉鎖社会」でおそらく意味しているのは、単一のルールで
成立している、自給自足体制のことではないでしょうか。そういう絶対的に
自立的で、純粋な体制であれば「社会」という語をある一つの形容詞の
あとに接続して用いても構わないでしょう。しかし「封建社会」や
「資本主義社会」では、ことはそう簡単ではないのではないのか。

772 :絶対精神 ◆mk/rozvbWA :2007/08/20(月) 01:22:24 ID:RM1Q/Loi
もっとどんどんやってくれ。それと「フォルメン」て市民社会派でなくとも普通に使う。
純粋な「資本主義社会」も「封建社会」も実在し得ない、それは「神話」ですなんて
経済史の連中なら普通に言うが、理論なんてそんなもんでしょ。合理的経済人の想定
と同じ種類の問題じゃないの?
あと資本というのは非資本主義的関係を自己自身の諸前提として措定する
運動体ですよ。「資本の世界性」もこの文脈で出てくるもの。「資本の部分性と世界性」と
いうような表現では「総体性」としての資本が説明できないと思うんだが・・・。


773 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/20(月) 02:08:09 ID:KFi8is9m
伝説のスーパースターたちが○スレに帰ってきたー
内容はさっぱり分かんないけど、、

774 :くろしろー ◆lKW0OnevWc :2007/08/20(月) 02:27:54 ID:HVtYjpoG
ククク、俺の居ぬ間に懐かしい顔ぶれが勢ぞろいだな。
まあマルクスに関する限りもう粛清はしないがね。
まあ、これまでは「資本論の誤訳」に基づかれた読み方はされてなかった。
これでかなり色合いが変わる。俺もこれを読んで資本論お入門書をぺらぺら
めくるクライはするつもりだが。まあ伝記のあとだ。
丸に割く時間が惜しい? 俺が丸?
馬鹿じゃねーか。ネット難民なんてモンが出て来た世の中で
一方丸にストレートにいけねー共産主義黒書系の丸の近寄りがたさもある。
丸やポスト丸に対する需要は増加するだろうな
その中でこれが答えだと言えるやつが力を持つ。


775 :くろしろー ◆lKW0OnevWc :2007/08/20(月) 03:11:43 ID:HVtYjpoG
http://d.hatena.ne.jp/kurosiro1/20070819
更新しました。マルクスと関係ないというあなた読みが浅い。

776 :くろしろー ◆lKW0OnevWc :2007/08/20(月) 03:28:42 ID:HVtYjpoG
>>774
資本論おー>資本論の
づかれた読み方はされてなかった。ー>づかれた読み方はされて
なかった(このスレでは)。



777 :くろしろー ◆lKW0OnevWc :2007/08/20(月) 03:32:35 ID:HVtYjpoG
ネット難民ー>ネット喫茶難民。重ね重ね失礼

778 :絶対精神 ◆mk/rozvbWA :2007/08/20(月) 04:49:16 ID:XSa/z3dL
>>769
一応「フォルメン」だした意図をいっておくとマルクスでは占有と所有がはっきり
区別されているということが言いたかったの。一昔前ならいざ知らず、今では
領有なんていう珍訳語は姿を消して、きっちり占有と所有が訳し分けられていますよ
ということね。

779 :Jimmy:2007/08/20(月) 05:10:21 ID:MxMvYtIn
>>772
>理論なんてそんなもんでしょ。
分かりました。実在する「社会」を対象に「封建」と「ブルジョア」を
区別するメルクマールを求めるのではなく、実在する対象を持たない、
「理論」上の、それを求めようと、そういうことね。

>資本というのは非資本主義的関係を自己自身の諸前提として措定する
運動体ですよ。

>「総体性」としての資本

この二つについてもう少し説明してもらえますか?
一番目は、表面的には私自身の見解と同じだが、中身を知りたい。
二番目は、全く見当がつきません。

780 :くろしろー ◆lKW0OnevWc :2007/08/20(月) 11:23:19 ID:vHTsyvf8
くくすげーなビリーズ・ブート・キャンプ昨日までテニスの大会
だったが、一試合しかやらなくて肉体的には物足りないので、ちょっ
と試してみたところ(ビリーズバンドは使わない)
結構楽にこなせる。でも腹部はきつかった。やっぱり脂肪のつくところは、
筋肉のより少ないということか。そしたら、今朝のの朝筋肉痛がすごい
すごい。体がまったく動かん。おかげで役所を年休取る羽目に。でも
ストレッチをやれば動くのがわかったので、3日に一度十時間睡眠、一時
間のストレッチで続けることにした。これで持続できるでしょう。後は
プロテインとクエン酸の摂取かな。さて昨日の深夜に書いたブログに高
反応なので、ひとつ私の書いてる絵を紹介すると、この資本主義社会の
落としどころは、「健康」と言うのではないのかということ。
要するにマルクス資本論一巻で書かれてる労働者の悲惨さも、それで何
が悪いの? と突き詰めれば不健康だからでしょう。今先進国で革命が
起きないのもそれなりに健康に過ごせるようにブルジョアがプロレタリ
アートを飼いならしてるからでしょう。用意するに労働なんてものは、
文明化された捕食行為にすぎない。で不健康なルールは廃しましょう
と言うのが大きな流れであればいいと。戦争とかもそうでしょう。
何で駄目なんだといえば不健康だからで。

>>780
永続革命論の読書会を勝手に中断してまことに申し訳ないです。
そんな私がお言葉をかけるのもなんですが絶対精神さん
のバックグラウンドのひとつには「資本論の誤訳」廣西元重
著があると思います。こぶしの本なので、革丸さんの理論書
かななあ、と思ったのですが数ページ読んでびっくりしました。
丸本を読んでびっくりしたのはこれが初めてです。
ぜひアマゾン等でお買い上げになったほうが絶対精神さん
との議論もより実りあるものになるかと。僭越ながらご報告まで。



781 :くろしろー ◆lKW0OnevWc :2007/08/20(月) 11:28:05 ID:vHTsyvf8
用意するにー>要するに。失礼。

782 :くろしろー ◆lKW0OnevWc :2007/08/20(月) 13:05:00 ID:vHTsyvf8
http://d.hatena.ne.jp/kurosiro1/20070819
真資本論更新超重要。

783 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/20(月) 16:01:52 ID:LqF4+OEp
>>771
 というか、とりあえずさまざまな形態をもつ人間集団のあり方を一般的によぶときに「社会」という言い方を
共有してしないのかなと思っただけです。マルクスの言い方でも、「社会的諸関係」、「社会構成」、「社会形
態」とかいろいろあって苦慮していたようですが。

 『資本論』第二巻では、ビュルガーゲゼルシャフトの交通形態と漠然といわれていたものを、資本循環概念を
使って詳しく分析していますが、かといってそこで国民国家のような問題が解決されているとは思えないですね。
 レギュラシオンに乗り移る前の市民社会派がせっせと紹介していた「生産様式の接合理論」あたりでも、その
辺を引用して封建制と資本制の「接合」とかなんとか問題にされていたようです。

 あと、ご存じと思うけど、マルクス主義系の諸論争の中から、さまざまなサブシステムからなる世界全体が単一
の「世界システム」だとするウォーラーステインの考え方がでてきて、今日ではかなりポピュラーになってますね。
雑駁だけど、錯綜した諸問題をブレークスルーする観点が出ているのではないでしょうか。


784 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/20(月) 17:41:25 ID:KFi8is9m
778
>占有と所有
農地改革における在村地主と不在地主みたいなもの??


785 :Jimmy:2007/08/20(月) 19:23:25 ID:as8vD0N7
そうだな、「社会」を持ってくるより、法制度の方がずっと紛れのない議論が出来そうだな。

786 :(・゜ω゜・) ☆まじめこて☆ ◆rgujENbs.s :2007/08/20(月) 21:10:27 ID:GeAJNwwY
>>760
何それ?知らんし、興味ない。
はやってんの?

「理論」ってやつは、作ろうと思えばいくらでも作れるものでしょう。
実在する対象を分類するやら、空想上のモデルを構築するやら、手法も色々。
そこで重要になるのは、その作られた「理論」が何に使えるのか?ということで。
仮にあなたの興味対象の「ブルジョワ」やら「非ブルジョワ」を分類することができるとして、
それで何なの?とか思いますわ。
結局「全ては階級闘争」とか最初にありきで、そのために「二項対立」設定したいだけっしょ。

分類を行う目的が自己正当化と他者への暴力じゃあね。
教条主義ってやつの香りがプソプソしますな。

787 :かつて○だった男:2007/08/20(月) 22:21:43 ID:T0wV0q3z
>>結局「全ては階級闘争」とか最初にありきで、そのために「二項対立」設定したいだけっしょ。

ハハハ、これは結構核心をついとるかもね。
封建社会とブルジョア社会を同じ議論の次元で評価・考察していいかどうかは、もう少し慎重になるべきだな。
封建制は、確かに一つのモデルだが、それは実在した社会(中世のヨーロッパや日本)を元に構成されたモデルだ。
ちなみに私の定義は>>757で述べている。
ブルジョア社会をこれと同じように歴史上に実在する一つの社会としてモデル化してよいかどうかは少し微妙だな。
ブルジョア社会は現行体制(絶対王政)を打倒するために理論家が頭の中でこしらえたもの、という経緯もある。
ブルジョア社会の持つこの二つの側面を同時に睨んで考えなければな。
Jimmyさんも似たようなこといってると思う。
一方、絶対精神殿のカキコからはこの点への配慮があまり見られないように感じる。


788 :Jimmy:2007/08/21(火) 00:02:16 ID:PXL5OPci
>>783
>とりあえずさまざまな形態をもつ人間集団のあり方を一般的によぶときに「社会」という言い方を
共有してしないのか

その程度のレベルでの「共有」は幾らでも出来ますが、歴史を「概念的に
把握する」のにそれで足りるのでしょうか。日本語では「社会」で一言
かも知れませんが、ヨーロッパ語では、様々な語が当てられている。これは
私が指摘するようなことではありませんけどね。

>国民国家のような問題
 何が問題なのですか?資本の論理からストレートに、その姿に似せて
国家が出てくるわけではない、それだけのことではないでしょうか。
まあ唯物史観主義者には、我慢の出来ない物言いでしょうが 藁

ウオラースティンですか。よく知りません。資本の世界システムを
うまく描き出しているのですか。もう流行らなくなって、書店にも
見かけないようです。

789 :此方は客観精神:2007/08/21(火) 00:56:33 ID:INQ5BB0v
>>788
 書店でみかけないなら、古本屋でも図書館でも探してお勉強してみれば。岩田さんや侘美さんの鋭さと狭さが
わかるんじゃないかな。まあ、雑駁すぎて数理好きのJimmyさんには、何が盥の水で何が赤子かは判別困難かも試練が。

 絶対精神さんとは別人です、念のため。


790 :Jimmy:2007/08/21(火) 07:48:38 ID:9oVi2mWE
>>789
図書館行って、勉強してこい。オイオイ、俺も落ち目だなW マァ、機会があれば、その内読んでみましょ。
ただしエンタテイメントとして。こうゆーのって、現実分析の手掛りを失ってうろたえる、
サヨク知識人の、心の癒しだろうな。

791 :かつて○だった男:2007/08/21(火) 08:30:38 ID:zWKqQgLT
>>790
ただしエンタテイメントとして。

世界システム論だね。
確かにあまりにスケール大きすぎて、実証できるような議論でもない。
理論的に考察できる代物でもない。
こういう考えもあるのか、と参考程度に頭にとどめておくしかないだろう。
なんか、世界システム論って物理学の宇宙論に似ている。
インフレーション宇宙論とか無境界宇宙論とか。
これらの実験的スケールを超えており、物理学とは呼べない、という批判は強い。
しかし、エンタテイメントとしてはこっちのほうが面白いなw.

宇宙論といえば、くろしろー塾長よ。
ハーバードのランドール博士が宇宙は無限次元という説を唱え、話題になっておりますぞ。
何でも実験的証拠があるとか、で。
博士曰く「我々のすぐ身近に5次元空間はある」そうな。
異次元からやって来たあんたにとって福音ではないか、博士の説はw.


792 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/21(火) 18:25:20 ID:dzoe0FMf
>>こうゆーのって、現実分析の手掛りを失ってうろたえる、サヨク知識人の、心の癒しだろうな。

 世界システム論は自民党議員の舛添要一や猪口邦子が「学者」時代に使っていましたが、何か?

793 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/21(火) 19:02:26 ID:lQ5GW1fQ
異次元空間が身近にある
なぜなら、くろしろー塾長が存在するから
QED

くっ、くろしろー塾長、早く逃げてー
ランドール博士の異次元珍種の標本1号にされちゃうお
でも、ランドール博士って美人だから、標本になってもイイかも
ハァハァ

ちなみに、国際貿易論の本をたまたま眺めていて、支配労働と投下労働の違いがやっと分かりますた
産業の資本集約度の違いも大切
レベルの低い話でスマソ

794 :かつて○だった男:2007/08/21(火) 19:48:52 ID:zWKqQgLT
>>793
44歳、熟女美人だな。
確かにくろしろー塾長は異次元空間存在の動かぬ証拠。
博士は狂喜すること明白。
塾長よ、運が向いてきたではないかw.

795 :くろしろー ◆lKW0OnevWc :2007/08/21(火) 19:57:51 ID:PaxU9o9P
>>791>>792
>かつ○先生
おひさしです。このスレもすっかりルネッサンス。
一時は将棋と韓国の話でしたからね。w
後読書会もおれがサボっちゃうし。w
まるに縛られてた方が読んでて面白いです。
総合健康経済学作りにいそしまねばならない為、
2chにも参戦できませんしね。w
さて私、総合健康経済学を創設いたしまして、
マルクス経済学の後釜をそっくりいただくことになりました。
以後学長とおよびください。
さて、その異次元論人の話には矛盾がありますぞい。
まず異次元人は1次元人でも2次元人でもいいはず、
つまり、無次元宇宙論が出たところで、私はなんら困らないのです。
現状維持です。
ただシロクロー情報によるとランドール博士は美人だとか
しかも私は外人好み、ランドール博士に知的に言葉攻めされながら
ライトSMチックにハァハァしたいですな。もはやセルフバー
ニングは避けられない状態です。
この前、ビリーズ・ブート・キャンプをやりましたところ、
性欲がたぎるように復活しましてな。筋肉痛にあえぎながらも
セルフバーニング2連発いたしました。
無限と言うのがあるというのは私の世界観を変えるでしょうし、
私の総合健康経済学は彼女のハートをメロメロにするでしょう。
もはや恋に落ちるのは必然の二人。
ぜひあってみたい女性一号ですな。
さて「資本論の誤訳」ですがちょっとほめすぎました。
私は一応社会学士ですしな、テンニースのゲマインシャフト
からゲゼルシャフトへってのは睡眠学習で習いましたよ。
つまりゲマインシャフトってのは家族とか共同体とかです。
たいしてゲゼルシャフトは国家とか会社とかそういう人工的
組織です。

796 :Jimmy:2007/08/21(火) 20:19:20 ID:9oVi2mWE
>>792
成程、私に反論する代わりに、世界システム論を、口舌の徒に売り渡したか。
割に合わん取引にしたねWWW

797 :くろしろー ◆lKW0OnevWc :2007/08/21(火) 20:30:44 ID:PaxU9o9P
ゲゼルシャフト以下を参考ください
http://dic.yahoo.co.jp/dsearch?dtype=2&p=%A5%B2%A5%BC%A5%EB%A5%B7%A5%E3%A5%D5%A5%C8
つまりテンニースは近代社会はゲマインシャフトからゲゼルシャフト
へ移行せざるを得ない、するとゲマインシャフトの共同体的温かさが
消えていってしまう。寂しいね。みたいなお話です。
つまり、ゲゼルシャフトってのは国家でもかまわない。
それなのに「資本論の誤訳」ではゲゼルシャフト=会社になって
しまっている。会社でもいいんです。でも=ではありません。
誤訳をたたくものが誤訳してどうするんだと言う話です。
ただ問題提起としては非常に優れています。
私は外国語には疎いですが、かつ○先生の大学の丸の先生には、
マルで外国語に強い先生もいるでしょう。この本を読ませて、
こういう重要タームに厳密な注釈を付けた資本論の翻訳本出せば
大もうけですよ。今資本論の新日本出版社の新書で第一巻で37刷
お化けみたいな金儲けの巣ですよ。かつ○先生はそのアイディア料
に一割もらえばいいでしょう。ものすごい財産ですよ。で、私に対
する見返りには総合健康経済学が完成した暁に、私を助教授待遇で
大学に推薦するってのはどうでしょう?
あと、二項対立の話ですが「アナリティカル・マルキシズム」のライトの階級
理論第二期を参照するといいでしょう。もってない人はアマゾンで買いましょう。
労働者階級も時間と共に階級が変わります組織資産なんて概念はまさに
公務員や大企業を説明する見事なものです。


798 :Jimmy:2007/08/21(火) 20:30:59 ID:9oVi2mWE
いや、実のところ、かくゆーワタシも、宇宙論にハマっていたのよ。
自分の口に入るものしか、信じないカミサンに、マルクスの次は宇宙かよ、
どっちもたわごとじゃん、と一刀両断されてしまた。
にしても、五次元とは、半端だな。超ひも理論じゃ、十一次元なんだが。WWW

799 :かつて○だった男:2007/08/21(火) 20:31:32 ID:zWKqQgLT
>>796
マスゾエは論客だからなあ。手ごわいぜ。

>>795
そうか塾長はマゾの気もあるのか。いや結構結構。
ランドール博士は気が強そうでSだな、あれは。
異次元SMプレイを堪能なされ。

○スレは新顔も居るようだし、暫くここで遊ぶことにするよ。




800 :くろしろー ◆lKW0OnevWc :2007/08/21(火) 20:38:32 ID:PaxU9o9P
44歳かちときついな。しかし私は隠れムスリム大丈夫でしょう。

801 :くろしろー ◆lKW0OnevWc :2007/08/21(火) 20:45:15 ID:PaxU9o9P
フフフ、では私は漫画を買いに行きましょう。
今ぐらいの子供「も」私の顧客になるからマーケティング
はしっかりやらなくては。しかし函館狂気の街だな。
エヴァンゲリヲン序を上映しないとは何考えてるんだ?
あほすぎる。
仕方がない札幌まで観にいくか。

802 :くろしろー ◆lKW0OnevWc :2007/08/21(火) 20:51:36 ID:PaxU9o9P
しかし穴丸もわかっちゃいないな組織資産を消してライト理論
からの前進とほざくとは。組織資産こそ官僚・大企業を説明する
重要タームだろうに。所詮、健康がわかってないやつは駄目だ。

803 :Jimmy:2007/08/21(火) 21:03:41 ID:9oVi2mWE
バカ、女は四十からよ。アノ情といい、ノーコーな絡みといい、堪らんなW

804 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/21(火) 21:28:19 ID:vooxSJ4g
>>796
 誰か解読キボンヌ

805 :かつて○だった男:2007/08/21(火) 21:36:12 ID:zWKqQgLT
>>797
翻訳は結構大変な仕事だよ。俺もやったことあるけど。
直訳では意味が通らん。で、構文・文法を無視して訳すこともしばしば。
しかし原著者自身の文体もあるわけだし、これを無視するわけにもいかない。
ジレンマ抱えて悩むこと多し。

社会科学系の訳書は概してひどいのが多いな。原書で読んだほうがわかりやすいのも結構ある。
科学哲学者ラッセルの本でfunctionを機能などと間の抜けた訳をしていたの見たことある。
文脈から明らかに数学用語の関数(写像)と訳すべきなのに。
数学に暗い訳者だったのだろう。
翻訳は外国語ができる(英語ならトイック満点)。
に加えて、その分野のことを裏の裏まで知っている。
こういう人がやらないと駄目だな。

>で、私に対する見返りには総合健康経済学が完成した暁に、私を助教授待遇で
大学に推薦するってのはどうでしょう?

俺の政治力をもってしても教授会では可決せんと思う。残念。
塾長よ、大学に勤めるのではなく、自ら大学を作り、そこの教授になればいいぞ。

>>798
夏休みになるとムショーに読みたくなるのが、宇宙本と恐竜本。
この歳になっても、少年時代から抜け切れておらん。



806 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/21(火) 21:51:11 ID:Rk+6SgW2
>>804
 たんに無知蒙昧ぶり突っ込まれてワケワメカな反応してるだけと思はれ。


807 :Jimmy:2007/08/21(火) 22:25:39 ID:9oVi2mWE
乙!そりゃヒツレイ。
前言撤回。
サヨクと知識人の間に、「えせ」を挿入致します。W

808 :くろしろー:2007/08/21(火) 22:30:42 ID:PaxU9o9P
>>803
なるほど熟女もハーレムにいれてこそ漢。時代はムスリムをもとめているようですな。
>805
トーイック満点ですか。きっついなー。ブレット・イーストン・エリスを辞書とグーグル使って翻訳する計画はありましたが。。。
そのあとで義他が引けるんで曲を作って(検閲www)まあだいたいわかるくらいな世界言語統一プログラムをスタートさせましょう。
あと学長です。カレッジですな。総合健康経済学単科大学。
小説も書かなきゃならないし実に多忙。

809 :かつて○だった男:2007/08/21(火) 22:31:52 ID:zWKqQgLT
>>806
違う、違うw.
世界システム論が重要であるといいたいならだ。
自分で、自分の言葉でそう主張すべきなのだ。
それを有名人を持ち上げて、彼らも使っているが、というだけではね…。
虎の威を狩る狐とはこのこと。
それをJimmyさん流に言えば
>成程、私に反論する代わりに、世界システム論を、口舌の徒に売り渡したか。
割に合わん取引にしたねWWW
となるの。

810 :Jimmy:2007/08/21(火) 23:14:11 ID:PXL5OPci
サンクス、かつて○さん。
さってと、ではいよいよ有知明敏なるサヨク○○知識人諸君の再登場と
頂こうかなWWW


811 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/22(水) 00:03:46 ID:VVCUQf1R
■9・15 リチャード・コシミズ東京講演会
 アジアの平和に必要なのは何か?
 911謀略を解明し、極東戦争を阻止する
http://www15.ocn.ne.jp/~oyakodon/newversion/9_15tokyo.htm 

■主  催 DAYA・SAGARA & 独立党
■日  時 07年9月15日 (土) 13:30〜16:30
■場  所 東京ウィメンズプラザ (東京都渋谷区神宮前5-53-67)

電話 03-5467-1711(代)   FAX 03-5467-1977
●交通:渋谷駅から徒歩12分、地下鉄表参道駅から徒歩7分。国連大学のとなり。
http://www.tokyo-womens-plaza.metro.tokyo.jp/

2月17日リチャード・コシミズ東京単独講演会ダイジェスト版
http://video.google.com/videoplay?docid=-7654256446381089725

812 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/22(水) 00:17:32 ID:a1eviCBE
 だから、なんで世界システム論がサヨの専売特許だっていってんの。有名人がどうのこうの関係ない。支離滅裂。


813 :Jimmy:2007/08/22(水) 00:37:46 ID:97JU6LvQ
>>812
ヨっ、一匹再登場。
何とも隙だらけだが、
@誰が「専売特許」だっていってんのよ?
A仮にあなたの「反論」で「サヨク知識人」が救済されたとして、
 桝添や邦子を引き合いに出すようじゃ、バナナの叩き売りじゃない?
と言いたい訳ね。

私のもとのテクストをよく読んで欲しい。ウオラースティンを有り難がっている、
サヨク知識人は、それを心の癒しとして求めている、と言っているんだが。



814 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/22(水) 00:52:34 ID:a1eviCBE
 どっちが隙だらけだか(大笑 誰がサヨの救済なんてしたよ。超自己チュー人間ならではの思い込み禿全開。WWW

815 :Jimmy:2007/08/22(水) 01:06:16 ID:97JU6LvQ
>>814
ホイ来た。
ではもう一度聞くが、私の言明したことの何に反論しているのかね?
専売特許?ハァ?

ああそうそう、それからあなたの、ウオラースティンへの評価は
どうなっているんだっけ。

816 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/22(水) 01:07:19 ID:EfOxRqe0
ペリヘリという言葉を日本語にした。これぐらいしか思いつかない。

知のペリヘリ=マルクス&&ぽすともだん系ブサヨ知識人

817 :くろしろー ◆lKW0OnevWc :2007/08/22(水) 02:02:10 ID:/ZM336sC
横レス失礼
ウォーラスティンの世界システム論は未完成だと、公務員試験の勉強の
時に見たことがあったよ。まあ確かに一応は左傾向と言えるだろう。
ところでシステム論自体は確かに左翼の専売特許ではない。
有名なのはパーソンズの社会システム論。AGILスケールがよく
切れまくるので、すごいと思った。総合健康経済学の過去ログに
邦訳されている、社会システム論の一部文化システム論を抜書きしてある。
これはむしろ保守的とされる。それでそっぽを向かれたんだけど。
ルーマンが独自に発展させた。ちょっと昔の人になったけど宮台
なんかはルーマンの輸入屋。面白いのは社会システム論は生物学の
分野から理論を取り入れていること。これは経済学で保守が競争は
自然の原理云々と言うのと似ていない?


818 :くろしろー ◆lKW0OnevWc :2007/08/22(水) 02:11:03 ID:/ZM336sC
まあだが主流派さんには合理的経済人ってのはやめてもらいたいね。
労働価値説並みに痛すぎ。たとえば俺がここでこうやって労働力の
再生産に逆らう夜更かしをしているのも合理的ではないのであって、
だいたいの合理性しか人々はもっていない。これはなんとアダム・ス
ミスの国富論にもだいたいの合理性しかもっていないと資本論の誤訳
に乗ってた。これも面白いね。

819 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/22(水) 02:21:32 ID:BsRhsqQH
>>818
あんた、もしかして革マル?

820 :くろしろー ◆lKW0OnevWc :2007/08/22(水) 02:31:03 ID:/ZM336sC
ではそのうだうだ合理的でない人間が、何故、合理性を持ったように観察されることが
あるのか、実はこれ本能のレベルよ。人間の全てを引っ剥がせば結局群生態体で、繁殖
して、適度な人口を残したいだけの存在。だから健康を壊す搾取は嫌われる。そこにう
まいこと物語を乗っけたマルクスさんが支持されたわけよ。主流派はもっとこの物語に
自覚的でなければあかんね。

821 :くろしろー ◆lKW0OnevWc :2007/08/22(水) 02:39:16 ID:/ZM336sC
俺が革○ではないよ。こぶしの本だから、そう思われたのだろうが。
学生時代はノンポリもいいところテニスサークルの飲み会麻雀係と
バンドですぜ。しかもゼミ辞め。www
まあ社会にでたのが就職氷河期で、悲惨な印刷会社で労働者階級
の悲惨さに出会ったわけですよ。でマルも駄目だと。主流派も
あかんと。じゃあ自らやりますかと。さて漫画読んで寝ようっと。


822 :くろしろー ◆lKW0OnevWc :2007/08/22(水) 03:02:48 ID:/ZM336sC
ハア、超人ロック堪能いたしました。漫画も煮詰まってるな。
俺が子供のころのヒーローが次々と御復活。

823 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/22(水) 03:06:17 ID:NDCu2GXt
ランドール博士のお写真をドゾ
http://physics.harvard.edu/people/facpages/randall.html

漏れの脳内では、ランドールは惑星警察の女諜報員なんだけど
サイモン・ライト博士どうしてるのかなー

ちなみに、世界システム論って、経済学の視点から歴史を分析していたような希ガス
奴隷とコショウとシルクだったかの三角貿易
確か、佐伯啓思あたりの啓蒙書のどっかに、、


824 :くろしろー ◆lKW0OnevWc :2007/08/22(水) 03:06:49 ID:/ZM336sC
それを書く爺さんもすげえ。さてお休み。

825 :くろしろー ◆lKW0OnevWc :2007/08/22(水) 03:12:52 ID:/ZM336sC
ランドールセルフバーニング可能! 外人が好き。日本人も好きだよ。

826 :(・゜ω゜・) ☆まじめこて☆ ◆rgujENbs.s :2007/08/22(水) 07:38:31 ID:jz1QEz/N
何で世界システム論とパーソンズが結びつくんだよw
システムって単語だけしか共通点ないじゃんかよTT

つか、世界システム論が未完成だなんてどこの誰が言ってんだ?
これ以上発展のしようもない、ただのガラクタだっつーのに。

相も変わらず、てきとーいってんじゃねーぞ^^;

827 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/22(水) 09:02:39 ID:xLhAAahN
>>826
"てきとー"って、ここ2chじゃん。
そんなのにマジなんぞ書けっか?
ましてクソ暑いってのによ。

828 :くろしろー:2007/08/22(水) 09:10:24 ID:uMocZJsS
君の指摘は実に正しい。W でも公務員試験用のって書いておいたろ?そこには未完成的ニュアンスで書いてあったはずさ。五択問題とくくらいこのていどでよろしい。
では職務にはげむか。

829 :くろしろー:2007/08/22(水) 09:15:24 ID:uMocZJsS
ああ、あとシステム論について語りたかったから無理やりな。

830 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/22(水) 17:42:36 ID:NDCu2GXt
フィッシュ&チップスに胡椒をかけ過ぎてクシャミをしたら、召使の奴隷がシルクのハンカチでお口を拭き拭きしてくれる
つまり、大英帝国は、三角貿易によって世界システムの頂点に立っていたわけ
世界システムを構築した者が搾取しまくりってのが、ウォーラスティン?

ちなみに、ランドール博士ついでにハーバード大学経済学部のサイトを眺めてみたら、今年のジョンベーツクラーク賞はスーザン某
という女計量経済学者の先生!
塾長好みじゃなさそうなので、URLは貼り付けないけど、、
ハーバードには、○経の先生っていないみたいだね

831 :(・゜ω゜・) ☆まじめこて☆ ◆rgujENbs.s :2007/08/22(水) 20:01:42 ID:iCsY5JIt
開き直りやがったよ^^;

832 :かつて○だった男:2007/08/22(水) 21:05:25 ID:1pmUWq4H
>>830
私もたいして知ってるわけではないが、世界システム論の出自は経済史ではないかな。
一国単位を研究していては駄目で、ある程度纏まった経済・政治・文化圏を考察の対象にしなければいかん、
そいいう研究が出てきているらしい。これは経済史の先生に聞いたことがある。
ウォーラスティンも最初はそういう地道な実証研究をやってたのでは?
で、ある日、蓄積してた知見が爆発を起こし、世界システムなる着想を生んだのだろう。

833 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/22(水) 21:31:02 ID:EfOxRqe0
アジア間交易に関する研究は日本ではかなり進んでるね。もちろん実証的なの。
東アジアという地域を理解するには重要な視点だ。

834 :Jimmy:2007/08/22(水) 22:35:37 ID:97JU6LvQ
部分を集めて全体像を構築し、全体があたかも部分を内的紐帯で結びつけられた
有機的分肢として全体の内部での配置を与えているかのように、
理論的に再構成する。マァいいんじゃないの、一般的には。
確かにヘーゲル的な百科全書的知識の蓄積が必要だろうな。W、

835 :くろしろー ◆lKW0OnevWc :2007/08/22(水) 22:37:01 ID:vLYtJA9v
まあ聞け公務員試験の参考書に、ウォーラスティンの世界システム論
はガラクタだ。と書くか? 常識的に考えて未完成だった。と書くだ
ろうな。後かつまるさんの話だとシステム論的アプローチではないみ
たいだな。俺が話したいのはパーソンズの社会システム論だ。
主にAが経済でGが政治Iが法Lがパターン維持の文化
これのどこがすばらしいかと言うとマルクスの例の下部構造、上部構造
をもっと精緻に表すことが出来るのだ。つまり先ず経済下で発展があったとする
そこでいきなりIやLに社会は変化しない。必ずG政治力を必要とし、
法にいたる。そして新たな文化がLとして生まれてAの経済パターン
を維持するわけだな。反射を考えてみよう。パターン維持だけの文化
出端にも生じない。でも文化に変動が起こったら端的に経済が変化するか?
答えはノーだな。先ず経済はそのリソースにひとつの決まりごとが無け
れば動かん。つまりIだな。そしてIはG政治の裏づけがあって、初めて
経済を拘束する。つまりLIGAとなるわけだよ。

836 :くろしろー ◆lKW0OnevWc :2007/08/22(水) 22:40:49 ID:vLYtJA9v
文化出端にも生じないー>文化では何も生じない。
失礼。

837 :(・゜ω゜・) ☆まじめこて☆ ◆rgujENbs.s :2007/08/22(水) 22:49:33 ID:iCsY5JIt
>>835
また適当ぶっこいてるな?

参考書に世界システム論への「未完成」という「評価」が書いてあるはずがない。
それどころか、参考書に掲載されたありとあらゆる学説に対して「評価」はされていない。
なぜならば公務員は特定の政治的な立場に立たないから。

「評価」と言うものは特定の政治的な立場によってのみ行いうるものなのだから、
特定の政治的な立場に立つべきではない公務員になるべき受験者に
特定の政治的な立場に基づく「評価」を含んだ試験問題を出題するわけもなく、
従ってその試験への対策を期する参考書において「評価」が行われるわけがない。
行われていたならばそれは「試験対策の参考書」として「失格」と言えるだろう。

あ、ちなみに「失格」の参考書をひとつ俺は持ってるけどね。
教養試験対策に買って、少しめくって捨てようかと思った糞本。
あんなもん読んでたら対策にならん。

838 :くろしろー ◆lKW0OnevWc :2007/08/22(水) 23:06:23 ID:vLYtJA9v
未完成と言うのは評価ではない。状態だ。
ある週あらゆる状態をただ羅列して検索できる人間を作る。
それが本来の公務員試験だ。
それにおまえ自身が自説に矛盾してるな。
評価してはいけないんだろ? でも失格と言うのは明らかな評価だな


839 :くろしろー:2007/08/22(水) 23:26:47 ID:vLYtJA9v
お前の過ちは二つだ
ひとつ、未完成は評価ではない。状態だ。
ふたつ、仮に未完成が評価だとしてそういうバグをうむ公務員試験本はでるわけがないと言って俺を非難したのに
ところがバグが出る参考書をご自分で持っているわけだ。IQ1300が笑わせるな.EQは80ぐらいだな。

840 :くろしろー:2007/08/22(水) 23:28:31 ID:vLYtJA9v
IQ1300だな失礼。

841 :くろしろー:2007/08/22(水) 23:29:21 ID:vLYtJA9v
ああもうw
IQ13000だな。

842 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/22(水) 23:30:52 ID:BrM0NzTB
>>832
そうですね。
封建制から資本制への移行論争のなかから世界システム論は出てきたはずです。
Jimmyさんのいうように本気で世界システムの歴史を記述しようとすれば
現代に近づくにつれてそれこそ百科全書的な膨大な蓄積が必要になるわけで
したがってウォーラーステインの研究プログラムは頓挫した、というのが一般的では。

843 :(・゜ω゜・) ☆まじめこて☆ ◆rgujENbs.s :2007/08/23(木) 00:40:51 ID:qSigavHI
相も変わらずアホかこいつは?
「未完成」が評価でなくなくて何なんだよw

「未だ完成に至らない状態にある」

こんな評価を下しておいて評価を下していない?
リアルで頭弱すぎんな。

>ある週あらゆる状態をただ羅列して検索できる人間を作る。
>それが本来の公務員試験だ。

意味不明。

>それにおまえ自身が自説に矛盾してるな。
>評価してはいけないんだろ? でも失格と言うのは明らかな評価だな

これもまた意味不明。
このスレはいつ公務員試験になったんだ?
公務員試験やってるわけでもないのになんで評価しちゃならんのだ?
馬鹿すぎるなお前は。

>ところがバグが出る参考書をご自分で持っているわけだ。

まぁ、教養一週間でキーワードまるおぼえとか、そんなタイトルの糞本だったな。
んで延々テメーの政治的立場で学説のこれがいいあれが駄目書いていると言う。
んなもん全く参考書になっとらん「自称」参考書だったな。

日本語がわからなかったようなんで、付け足しておくよ。
「自称」参考書な。
文脈読んでそれぐらい理解してほしかったがな。
悪いね。

844 :くろしろー:2007/08/23(木) 00:56:21 ID:J4oLj4kp
もういい。お前の人格障害には付き合わない。
未完成のものをどう評価するんだ?
ラーメンの麺だけゆでましたー未完成です。まずいですねーって論理か?
それでは形容詞全て評価になってぐしゃぐしゃになるぞ
例 鎌倉幕府は1192年に作られました。これも1192年と言う評価になるぞ。
問題の核心は政治的中立だ。
そこにおいて評価されるとまずいわけであって。未完成と言うのは端的な事実であって
それがいいも悪いも書いてなかったぞ。

845 :くろしろー:2007/08/23(木) 01:00:57 ID:J4oLj4kp
お前の論理では公務員試験は真っ白けの白紙だな。
いや白紙すら評価になる。
問題は政治的に中立であるかどうか?
まああんな糞試験を自慢の種にしてせこい職にやっとたどり着いてご苦労さんだな。w

846 :(・゜ω゜・) ☆まじめこて☆ ◆rgujENbs.s :2007/08/23(木) 01:25:34 ID:qSigavHI
カスが調子づいてんじゃねぇ。

>未完成のものをどう評価するんだ?

意味不明。
未完成とは評価。
当たり前の話。
日本語しゃべれ。

>ラーメンの麺だけゆでましたー未完成です。まずいですねーって論理か?

意味不明。

>それでは形容詞全て評価になってぐしゃぐしゃになるぞ

意味不明。
「未完成」は形容詞ではない。
なぜ形容詞が出てくるんだ?

>例 鎌倉幕府は1192年に作られました。これも1192年と言う評価になるぞ。

意味不明。
「1192年」は形容詞ではない。
前文の例に 全 く なっていない。
そして1192年は評価ではない。
なぜならば価値判断を含まないから。
わかる?
「価値を評する」、つまり価値判断を行うのが「評価」。
日本語やってくれ。

>問題の核心は政治的中立だ。
>そこにおいて評価されるとまずいわけであって。未完成と言うのは端的な事実であって
>それがいいも悪いも書いてなかったぞ。

意味不明。
「未完成」が多分に価値判断を含む言葉であることは明白。
なぜならば、何をもって完成とするか、何をもって完成に満たないとするかは、
恣意的な価値基準によって定められるから。
当たり前の話。

なんでこんなに頭が悪いの?
そしてそれでよくもまぁしたり顔で「学問」語る(騙る)わ。
恥さらしもいいとこ。
見ているこっちが恥ずかしいよな。

847 :(・゜ω゜・) ☆まじめこて☆ ◆rgujENbs.s :2007/08/23(木) 01:28:36 ID:qSigavHI
以下、お前の雑文に価値なし。

公務員試験で聞かれる内容は、「その学者はいつ何を言ったか?」だけ。
学者を選ぶ段階を除けば、解答を行う段階や採点を行う段階で価値判断を行う余地はない。
ただ学者の言ったことを思い出して選択肢を選ぶだけの暗記ゲーム。

あほくさ。

848 :くろしろー ◆lKW0OnevWc :2007/08/23(木) 01:39:35 ID:x4ONVM5g
ハアまじめコテ。いい加減にしろよ。
政治的中立が問題なんだよ。だからそれ以外の評価は関係ないの。
仕方がないから問題を作ってやろう。
正常な公務員試験
1世界システム論は未完成な理論である。
2世界システム論は完成された理論である。
正解は1

異常な公務員試験
1世界システム論は未完成であり、撲滅すべき思想である。
2世界システム論は未完成であり、歓迎すべき思想である。

これじゃあ政治的中立とはいえねえな。
ここの評価が問題になるわけ。

わかった?
まあ、お前はああだこうだいうだろうな、それでEQが低いし
IQもそれほどじゃねえな。

849 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/23(木) 02:17:37 ID:I/MxLk+d
>>832
かつ○先生ありがとうございます
佐伯啓思「欲望と資本主義」(講談社新書)の該当箇所を読んでみますた

分かったことは、

近世の初めまで、ヨーロッパは経済(商業)の後進国であったってこと
で、ヨーロッパはおいしい商圏を目指して船団を組織し、殴り込みをかけて奪いとった
それが、世界システムの確立の発端

ポイントは、ヨーロッパ中心に描かれかちな経済史を周辺部の立場からグローバルに再構成したってことかなー

まじめさんあたりに、公務員試験の参考書の世界システムに関する簡潔な説明も教えて保水です




850 :(・゜ω゜・) ☆まじめこて☆ ◆rgujENbs.s :2007/08/23(木) 07:26:51 ID:qSigavHI
>>848
そんな問題はありえない。
理論が完成されているだの完成されていないだの、
そんな政治的評価を含んだ問題が出題されるわけがない。
寝ぼけんな。

>>849
世界システム論で聞かれるとしたら、

・ウォーラーステインの学説である
・従来の従属理論(階層は2)とは違い、階層は3。
・従来の従属理論とは違い、「中心」は移動することがあると主張。(覇権循環)
・中心は半周辺に移動することがあっても、いきなり周辺に移動することはない。

これくらい。

851 :(・゜ω゜・) ☆まじめこて☆ ◆rgujENbs.s :2007/08/23(木) 07:42:37 ID:qSigavHI
もうちっと書いておくか。

「完成されている」だの「未完成」だのは、政治的な評価を含む。
「評価」は本人が行う場合、世間が行う場合に大別されると思うが、
そのいずれも政治的な立場を含むだろう。

自分の理論に対して「未完成」だと評価を行う。
それによって理論への信奉者は実際に変化するだろう。
「完成されている」と評価される場合も同様。

世間が理論に対して「未完成」だと評価を行う。
同様に信奉者は変化するだろう。
「完成されている」と評価される場合も同様。

公務員試験で仮にこのような評価が行われた場合、
国としてウォーラーステインに対する評価を行うこととなる。
政治的中立を守るはずの公務員が、だ。

「国は世界システム論は「未完成」だっていってるぜ?
なんだそんな中途半端なもん勉強してもしゃーないわ」
「国は世界システム論は完成されていると言ってるのか?
さぞかし素晴らしい理論だろうから、出世したらこれを使って政策立案をしよう」

幼稚な例えだがこんな話にもなるわけだ。
わかったら今日も窓際やってろ。
あ、通路側特等席だっけか?wwwww

852 :くろしろー:2007/08/23(木) 08:05:38 ID:p6sYEP2C
まあ、お前のいわんとしたことはわかった。たしかに完成されている。は政治的中立にかかわるな。だったらはじめからそれをいえ。人格障害にあふれた幼稚園児のようなポイントをずらしたレスにははたはたつかれるよ。まずくだらない罵倒ぐせをナオシテミロ。

853 :くろしろー:2007/08/23(木) 08:55:02 ID:p6sYEP2C
わかりやすくお前の人生の失敗を指摘してやろう。 お前のレスは 馬鹿馬鹿馬鹿馬鹿馬鹿馬鹿馬鹿馬鹿馬鹿馬鹿馬鹿馬鹿1+1=2馬鹿馬鹿馬鹿馬鹿馬鹿馬鹿馬鹿馬鹿馬鹿馬鹿馬鹿になっている

854 :くろしろー:2007/08/23(木) 08:59:57 ID:p6sYEP2C
だからお前のレスから論理を抜きとる作業をしなきゃならん。かつまるさん辺りでもよくみてみろ。論理で冷静に押してくるから間違ってもああそうかですむ。

855 :くろしろー:2007/08/23(木) 09:15:42 ID:p6sYEP2C
だがそんなこと出きるのはお前の家族くらいだ。公務員業界、格闘ゲーム板でも失敗してるのはわかってるな。このまま人格障害を治さない限りお前の人生は暗い。だが治せたらまだ20代だろ? やり直しはいくらでもきくよ。

856 :くろしろー:2007/08/23(木) 09:20:44 ID:p6sYEP2C
前レス。そんなことは罵倒だらけのレスから論理を読みとる親切な作業だ。

857 :くろしろー:2007/08/23(木) 09:24:45 ID:p6sYEP2C
さて長い糞になったな。働くか。

858 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/23(木) 10:30:29 ID:1FB+tdKd
もっと学生らしく勉強しようぜ

859 :くろしろー:2007/08/23(木) 11:13:37 ID:p6sYEP2C
いや社会人です。

860 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/23(木) 11:44:41 ID:qTn+eyhw
>>859
えッ、糞白サンって脳梅患者で、社会人失格じゃなかったの?

861 :くろしろー:2007/08/23(木) 15:09:35 ID:p6sYEP2C
いっそそうなった方がスッキリしますが働かなきゃならん身の上です。

862 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/23(木) 20:19:51 ID:I/MxLk+d
>>850
階層が3ってのはミソだね
半周辺にも役割を与えていて、南北のような単純な二項対立になってない
従属理論と何が違うんだろ

863 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/23(木) 20:24:43 ID:I/MxLk+d
小室直樹の本を読んでたけど、社会学チックな解説がなかなかイイ

864 :かつて○だった男:2007/08/23(木) 20:50:27 ID:D2sI5H+s
世界システム論が未完成のどうの…。
例によって約2人が恒例の殴り合いをしておりますが。
が、無視して先に進もう。
この理論をどう完成さすか?
それはたいして重要な仕事ではない気がするな。
私も一理論家だが、その経験で言うとだ。
これほどのスケール壮大な理論(?)はまず完成など程遠い。
理論家はもっと地に足付いた研究をすべきだな。
世界システム論の物の見方を心に止めつつだ。
地域研究なり経済史研究なりの地道な実証研究に打ち込むこと。
これが世界システム論の正しい利用の仕方といえる。


865 :Jimmy:2007/08/23(木) 21:54:36 ID:ePzgu4lF
なにか高揚とした気分にさせてくれて、世界史を語れる、それが効用。
アントニオ・ネグリも然り。そーゆー価値は、大いに認めたい。WWW

866 :かつて○だった男:2007/08/23(木) 22:18:54 ID:D2sI5H+s
>>865
確かに。
経済史は丹念に資料を探してこねばならんからなあ。
自分の足で探さねばならん。
暗く地道な仕事の連続だ。
だからたまには気宇壮大な話に酔って景気づけが必要かw.

867 :(・゜ω゜・) ☆まじめこて☆ ◆rgujENbs.s :2007/08/23(木) 22:40:48 ID:6cgJsZ76
>>862
さぁ〜w
漏れの知識は公務員用だから、必要なところを暗記してそれまでですよん。
深めようと思うのはミクロ経済学とそれに付随する技術くらいですね。
仕事が忙しくて一向に進んでないけどさ。

かつ○先生に華麗にスルーされて、嬉し恥ずかし20代後半。

868 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/24(金) 01:49:55 ID:bDw4WsXV
>>867
まじめさんは、やっぱりゲーム理論とか?
こちらは、○の入門書が積読状態
ゲームと情報の経済にもトライしてみたいw

>>860
糞白サンの梅毒治療にキニーネをドゾ、ぷっ
キニーネの生産が南米で行われ、アフリカ探検がすすんだとか、、
これも三角貿易の世界システムのおかげ?

ところで、塾長、今日はどこに行ったのかなー
寝る

869 :くろしろー:2007/08/24(金) 08:01:22 ID:98DILz+o
梅毒じゃないよー 毎年恒例のひどい下痢トイレから離れられん。漏らしちゃいそうで仕事も無理。

870 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/24(金) 08:19:41 ID:yTSEm9oo
>>869
ああ、淋病だったよね。
ゴメンね、間違えちゃった。
でも、淋病で精神病になるの?

871 :くろしろー:2007/08/24(金) 11:27:28 ID:98DILz+o
はっきりいってセンスゼロ。もっと面白い事書けよ。征露丸は神。まだ下痢は続いてるけど今日中に治るだろう。大人のオムツも買ってきてひたすら寝て治します。

872 :くろしろー:2007/08/24(金) 11:39:06 ID:98DILz+o
ちなみに俺は風俗で病気もらうなんてまぬけなことはしないし精神病ですらない。

873 :くろしろー:2007/08/24(金) 11:51:34 ID:98DILz+o
まあ昔の落語家は盲目のひとがいればメクラのネタを外し、皆をたのしませたという。まあそういう芸人根性を学ぶことだな。

874 :くろしろー:2007/08/24(金) 13:58:27 ID:98DILz+o
征露丸は歯痛にも効くよ。ということはアナルに突っ込めばもっと効くかも。

875 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/24(金) 17:00:17 ID:bDw4WsXV
>>868
>糞白サンの梅毒治療にキニーネをドゾ、ぷっ
正確に書くと、脳梅毒の治療には特効薬はない
が、梅毒は熱に弱いので、患者をあえてマラリアに感染させ、高熱で梅毒を殺す
そこで、特効薬のキニーネの登場
これが、正しい治療法みたい
まるで、毒をもって毒を制す、くろしろーをもってマルクスを制す、みたいなもんだね

参考文献
「世界史の中のマラリア」橋本 雅一(藤原書店)
あたりか?

>>874
そうか
くろしろーさんは、アナール派なのね
周辺部から中心部へ地中海をじわじわ、、



876 :Jimmy:2007/08/24(金) 18:23:40 ID:p2VdT8oJ
ところで、「メルクマール」はどうなったのかな?

877 :くろしろー:2007/08/24(金) 18:46:50 ID:98DILz+o
アナルティカル・マルキシズム

878 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/24(金) 19:39:08 ID:0Bot1IIs
>>872
クソ白はやっぱ重症、つか、末期症状とちゃう?
自分の病気も意識できてないんとちゃうの?
早よう病院に戻どはったほうがええよ。

879 :くろしろー:2007/08/24(金) 22:58:20 ID:98DILz+o
それはあなたが無知なだけ。そううつ病は精神病カテゴリーにはいらないんです。人格障害とかパニック障害とか障害系カテゴリーにはいります。双極性感情障害です。

880 :かつて○だった男:2007/08/24(金) 23:29:09 ID:bhsmqGYd
そううつ病は神経症だろう。精神病ではない。
神経症は自分がおかしいことに気づいている。
が精神病はそうでない。
これが二つを分かつ「メルクマール」だ。
まあ、塾長は時々トンデモ理論(異次元経済学)をここで大真面目に開陳することがある。
明らかにおかしいのだが、本人はいたって大真面目。
しかしこれは精神病ではないだろうw.

そううつは誰にでもある症状。躁うつ病はこれが過激に出るだけの話。
ただ医者に頼るのはよくないのではないか?精神科医の治療は薬漬けだからな。
他の療法、ヨガとかスポーツとか、色々自分で試してみるべきでは?

881 :くろしろー:2007/08/25(土) 00:17:57 ID:xZaEwGri
神経症とそううつ病はまたちがいますよ。要するに病気のマニュアルの分類の問題。薬は飲むと決めたらちゃんと飲むべき。一定程度の血中濃度を保たないと効かないです。スポーツはテニスをやってます効果的ですね。

882 :くろしろー:2007/08/25(土) 00:21:55 ID:xZaEwGri
それに統合失調症は精神病カテゴリーですが病識をもつこともあるのでメクルマールにはなりません。

883 :くろしろー:2007/08/25(土) 00:27:24 ID:xZaEwGri
一番いいのは脳内伝達物質の量を測れればいいのですが現代の医学では無理だそうです。

884 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 01:52:53 ID:Tc3F+dxD
要するに、オツムがイカレてるっていう事やね。


885 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 02:05:20 ID:edjGK3sD
ガンガレ、くろしろー
戯言には耳貸さず、マルクスの屍を乗り越えるのじゃー

886 :くろしろー:2007/08/25(土) 03:06:03 ID:xZaEwGri
そうですね。今こそOFWの知某に学ぶべきでしょう。あの男は私を○に引きずりこもうとした悪党ですが不思議と憎しみはない。これは恐るべきことです。紳士的な態度は敵をも錯覚させます。見習うべきでしょう。

887 :くろしろー:2007/08/25(土) 03:12:42 ID:xZaEwGri
脳内伝達物質のはなしですが、もしも其を測ることができれば完全なメンヘル対処薬も夢ではないのです。

888 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 09:15:59 ID:edjGK3sD
今年の秋は、国会で農業政策の論戦やるみたいだなー
○スレで、農業政策について一言ないの?


889 :かつて○だった男:2007/08/25(土) 09:40:40 ID:gC0boiSf
そうか、そううつは神経症ではないのか。
それは知らなかった。
まあ、そううつ(特にうつ)は俺の周囲にも結構居る。
その意味で珍しい病気ではなくなったな。

>>886
思想に対して免疫をつけることが重要。
数学とか、色々勉強していくしかない。
思想に対して最も強力な盾になってくれるのは、なんといっても哲学だな。
俺も学生達には哲学はちゃんとやれ、と指導している。

890 :くろしろー:2007/08/25(土) 10:37:39 ID:xZaEwGri
>かつまるさん うつ病とそううつ病はまた違うんですよ。まあもう私ごときでは説明できません。これ以上はネットでお調べください。勉強することはだいじですね。なぜ哲学かをもう少し御教授してくれれば幸いです。

891 :くろしろー:2007/08/25(土) 10:50:13 ID:xZaEwGri
OFWについてもう少し。要するに殺気がないんですよ○もヘーゲルも相当なものですからそれからくる余裕か本人の資質もあるんでしょうがこちらの攻撃中枢を刺激しない。議論スタイルも相手に意見の前提を問い悟らせるやりかた。

892 :くろしろー:2007/08/25(土) 10:58:15 ID:xZaEwGri
ですから恐るべき手ダレですな。一度子供の頃からマルエン全集読んでたニューケイジニアンにはぼろくそに負けたみたいですが。
農業問題についてはブログで取り上げたいと思います。

893 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 13:20:48 ID:a1IEUrGQ
>>891
だが、糞シローはOFWにアフォな質問ばっかしてたもんな。
もっとも、OFWもアジテーションとして、一番理解力の低い
糞シローに答えるという場を利用してたって感じだったけどな。

894 :かつて○だった男:2007/08/25(土) 19:24:09 ID:gC0boiSf
>>890
そううつは、そうとうつが交互に来る。鬱はずっとうつの状態か。
脳内物質という話だけど、欝の場合、脳内物質の原料であるトリプトファンを摂取しなければならない。
これは食品では肉・砂糖に多く含まれる。したがって欝の治療では代償として肥満になってしまう。
俺が知っているのはこんな所だな。
また間違っていたら指摘してくれ。

>なぜ哲学かをもう少し御教授してくれれば幸いです
>OFWもアジテーションとして、一番理解力の低い
糞シローに答えるという場を利用してたって感じだったけどな。

アハハハ。いわれておりますな、塾長。
まあ、しかし塾長のいいところは可愛げがあること。
少しは手助けしてやろうか、という気にこっちもなる。

哲学といっても、カントはこういっている、ヘーゲルはこうだ、といった薀蓄を語るのではない。
哲学的問いを発し、それに答えようとする思考の働き全体を指している。
哲学の問いというのは小学生にも理解できる。
心は存在するのか? 未来は決まっているのか?なぜ人を殺してはいけないのか?
等々。哲学者の議論を参考にしつつ、こういう問いに答えていく。
その過程で頭は鍛えられていくのだ。
自分の頭で考える、という意味では哲学ほどいい教材はない。
これが哲学以外の分野では先行研究を調べ、専門用語を理解し・・・。
自分の頭で考えれるまでの予備作業が膨大だからな。

895 :くろしろー ◆lKW0OnevWc :2007/08/25(土) 22:30:32 ID:pJchzMEp
>かつまるさん
>これは食品では肉・砂糖に多く含まれる。
>したがって欝の治療では代償として肥満になってしまう。
これは経験的に確かですね。欝のときは甘い者が食べたく
なるし肉食も鬱に効果的です。
哲学の話はちょうどブログでやってる真資本論が友好だと
思います。まだマルクスの影響を抜け出せませんが、
それに対する反駁で、思考力が必要とされます。
まあ、僕も殺気は出来るだけ消したいのであおり
に対する怒りはなしです。いまではOFWに対しても
もっとましな質問が出来ると思いますし。
まあ今は夏下痢の治療で手一杯です。大人のオムツ
は安心です。w明日は緊急病院で下痢止めの薬をもらってくる気です
体調的には改善傾向にあり、来週からは職場復帰、テニス復帰も可能
でしょう。
あと2chの皆さんへアドバイスですが夜型はメンヘルの元です。
避けましょう。


896 :くろしろー ◆lKW0OnevWc :2007/08/25(土) 22:33:09 ID:pJchzMEp
友好ー>有効
失礼

897 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/26(日) 08:15:08 ID:uQb4phVX
>>895
おい、クソ白、おめー、精神的に脆弱になってるぜ。
理由がこの糞暑さなのか、淫乱性脳梅下痢なのか
知らんがな。
ひょっとしたら、この夏は越えられねーな。
早く脳天病院に帰るこったぜ、悪いこたぁー言わねー。

898 :くろしろー:2007/08/26(日) 11:26:16 ID:Cyfi53LU
だから無駄な殺気はださない。

899 :くろしろー ◆lKW0OnevWc :2007/08/26(日) 15:56:49 ID:dDOPLgwi
>かつまるさん
補足、上記の話は食事で、鬱に対抗する場合。
薬の場合はちょっとちょっちがいます。
ドーパミン・ノルアドレナリン、セロトニン
などの脳内伝達物質の受容レセプターをブロックし、
脳内伝達物質の濃度を濃くするのが、薬の役目で
直接に肥満には結びつきません。
ただしドグマチールなど、副作用として肥満を併発
スル薬もありますし、パキシルなど、かえって自殺
願望が高まると言われる薬もあります。

900 :Jimmy:2007/08/26(日) 19:27:04 ID:87S7pg8b
900ゲト。
基地外のメルクマールだぜぃWWW

901 :かつて○だった男:2007/08/26(日) 19:47:16 ID:PRiOa/15
>>899
塾長はドーパミンの分泌が少ないでしょうか?
ドーパミンは快楽を司る物質。
それで大人のお風呂に行ってドーパミンの分泌を促していると。
フム、そう考えれば塾長の淫乱生活も合理的説明が付きますなw.
いや、結構結構。

○の思考の迷路にはまって、パーになっていく○系のバカ学者たち。
彼らの脳内でも脳内物質のバランスが崩れているのだろうが。
実際、どうなっておるのだろう?


902 :(・゜ω゜・) ☆まじめこて☆ ◆rgujENbs.s :2007/08/26(日) 21:11:47 ID:GhNnSxFj
てすてす

903 :(・゜ω゜・) ☆まじめこて☆ ◆rgujENbs.s :2007/08/27(月) 00:39:37 ID:SdcNehEV
メルクマールといえば絶対精神先生はどこ逝っちゃったのかな?
せっかくの新キャラだったのにサ。

904 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/27(月) 14:36:46 ID:4z4Vk9ZN
惜しいな彼は。

905 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/27(月) 14:41:02 ID:4z4Vk9ZN
是非ともお引き留めせねば。

906 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/27(月) 14:50:33 ID:4z4Vk9ZN
>かつまる氏 ぱーというか、そういう物語性が○の主流派に優る部分だろう。ドーパミンがでやすい構造なのだ。ただし統合失調症の病因としてドーパミン過剰がある。

907 :かつて○だった男:2007/08/27(月) 19:56:42 ID:fa+8hM1F
>>906
>かつまる氏 ぱーというか、そういう物語性が○の主流派に優る部分だろう。

何?パーになっていく物語性がいいと?
そういえば、大分前にみたアイリスという映画よかったぞ。
アルツハイマーになって廃人となっていく妻を愛し続け支えあう夫婦の物語。
これは実話で、結婚する前のカップルに是非見て欲しい映画だ、と評判になったが。
○を研究してパーになっていく学者の物語?
映画化してアイリスを超える感動が得られるかどうか?
それはアンタの腕にかかっている。

908 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/27(月) 20:30:08 ID:4z4Vk9ZN
もっと具体的にいうと麻薬に近い。だからぱーになるにせよ、やめられないし止まらないなのだ。

909 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/28(火) 15:58:37 ID:2CemlFqf
Aスミスの投資についての順序(農業→工業→外国貿易)に関するスレがあったけど、、
松原隆一郎の経済思想の本に説明があったー
「立場の交換」「公平なる観察者」にもう感動!
でも、○は難しいな

910 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/29(水) 18:14:40 ID:mBCK5Zsz
あれ?

911 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/30(木) 07:41:51 ID:bHHTEU/3
>>910
そうか?
真価を顕わすんはこれからだろ。

912 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/30(木) 19:06:40 ID:Dow2T9B3
日本でポルポトの再現するんだ。。。ふっ

913 :くろしろー:2007/08/30(木) 19:35:53 ID:kol+S4zZ
下痢から復帰ブログ更新したよ。

914 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/31(金) 01:26:32 ID:flDiyycP
>>913
くろしろー氏の下痢回復オメ
こ、今度はブログにぶりぶり垂れ流してくれ


915 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/31(金) 01:42:44 ID:flDiyycP
ちなみに、以前出ていたNM期待効用の独立性の公理とかって、こういうことですか?
気になってたので、○スレの方々教えてくださるとうれしいです

くろしろーさん、かつ○先生に合コンで女子大生を紹介するように頼みます
かつ○先生、曰く

Aちゃんは、ブスなんだけど、料理はうまいんよん
Bちゃんは、料理はうまいんだけど、ブスなんだよん

ここで、それぞれの期待効用を
ブス:△10万円、料理うまい:5万円
とすると、

AちゃんもBちゃんも、期待効用を足し合わせて5万円
こういうことですか?

でも、期待値を単純に足し合わせるとどっちも同値だけど、
ブスだけど、料理はうまいと、
料理はうまいけど、ブス、
ってのは、ニュアンスが微妙に違う

もしかして、これがNM期待効用理論の欠点?




916 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/31(金) 01:48:52 ID:flDiyycP
ところで、くろしろーさんの場合、女子大生との合コンで期待効用が5万円なら、
間違いなく、オトナのお風呂に行くとオモタ
それが、異次元経済学の最適化ってもんだw

917 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/31(金) 01:57:48 ID:flDiyycP
あー、あー
テステス
IDが変わることについて
OrKHH0Er

スレ違いスマソ

918 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/31(金) 11:07:36 ID:lG/xD6gd
>>917
いいってことよ。
どうせここは糞より劣るクソスレだ。気にスンナって。

919 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/31(金) 17:48:11 ID:flDiyycP
最近は、糞やゴミからもエネルギーを取り出すっていうから
まさに無限の再生産
くろしろーさまの教えは偉大でつ
ところで、今日も下痢?

920 :くろしろー ◆lKW0OnevWc :2007/08/31(金) 18:30:09 ID:GtSiws2h
>>915
まあ、○正等派以外で経済学俺に聞いてもしょうがないんだけどさ。
心理学的な俗説で初対面で人の印象が決まりやすいってのあるじゃない?
その見地から言うと先に料理だけ出されて、うまいと思って、ブスな正
体を知った方が、違う方より好印象を得るよね。
下痢はほぼ治ったデス。

921 :くろしろー:2007/08/31(金) 18:50:40 ID:GtSiws2h
>>916
甘いな5万の期待効用なら素人だね。1万4000円だと大人のお風呂
だけど。でも5万のブスの期待効用って非常に高くない?
ススキノのヘルスだとかわいい女の子が1万4000円あれば買えるよ
あんなことやこんなことー
あったーよねー
ちなみにこの前下痢のとき、エイズ検査も頼んだよ。陰性でした。
札幌にエヴァとお姉ちゃんを求める旅にでようかな。
函館ではエヴァやらないんだよ。狂ってるね。

922 :くろしろー ◆lKW0OnevWc :2007/08/31(金) 20:00:47 ID:GtSiws2h
うんこぶりぶり
ブログのアップだよん。

923 :くろしろー ◆lKW0OnevWc :2007/08/31(金) 20:02:09 ID:GtSiws2h
http://d.hatena.ne.jp/kurosiro1/20070810

スマソ2レスも使ってしもた

924 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/31(金) 20:54:39 ID:y4S1uoPV
糞シロ、相変わらず梅毒性精神分裂症か?

925 :くろしろー ◆lKW0OnevWc :2007/08/31(金) 22:32:00 ID:GtSiws2h
だがら殺気立てない。闘犬と同じ、キャンと泣いたほうが負け。

926 :(・゜ω゜・) ☆まじめこて☆ ◆rgujENbs.s :2007/08/31(金) 23:19:03 ID:ytdEECOc
勘違いすんなってw
区阻止ロー天皇相手にだれも「勝負」なんかかけてねーよww

自意識過剰にも程がある。
身の程知っとけ。

927 :くろしろー:2007/08/31(金) 23:44:02 ID:GtSiws2h
繰り返すお前のレスは
ばかばかばかばかばか
ばか1+1=2ばか
ばかばかばばかばか
もう人生で失敗するな。


928 :くろしろー ◆lKW0OnevWc :2007/08/31(金) 23:59:46 ID:GtSiws2h
56 名前:俺より強い名無しに会いにいく[sage] 投稿日:2007/06/10(日) 20:22:03 ID:OVxpc0YW0
>>55
申し訳ありませんがこちらでも持て余してます。
しかし奴はどこ行っても同じ扱いされてんのか


929 :くろしろー ◆lKW0OnevWc :2007/09/01(土) 00:18:48 ID:I3uFVPkc
お前の電波ヲチというのも人格障害者ゆえの、仲間探しなんだろうな

930 :(・゜ω゜・) ☆まじめこて☆ ◆rgujENbs.s :2007/09/01(土) 00:39:20 ID:FiON7xVk
電波ヲチだなんてよく覚えてたなぁ。
関心関心。
その記憶力をもっと有意義なことに使うんだぞ^^/

931 :くろしろー:2007/09/01(土) 00:51:46 ID:I3uFVPkc
残念ながらお前の居場所はない。お前が変わらなければな。
梅毒くんも同じだ。

932 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/09/01(土) 01:43:43 ID:tfnmbP52
みんな変わってるんだぜ、クソ白よ。
ただ、脳梅にはその動きが視えないだけよ。
だから言ってじゃんかよ、早く脳天病院に戻れって。

933 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/09/01(土) 02:35:28 ID:zXrxElfs
ススキノは安いなー
きっと搾取されまくりなんだろうな
道産子娘

小資本のたちんぼ営業だったら、有機的構成度も低いし、そもそも搾取されるってこともないのに、、

雑誌で読んだけど、最近は客の部屋で料理までしてくれるデリヘル嬢がいるんでしょ
ブスだけど、料理はうまいか、料理はうまいが、ブスってのは、
期待効用の公理に打撃を与えかねないんだな、きっと

下痢回復重ねてオメ

934 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/09/01(土) 02:42:14 ID:zXrxElfs
リカードは(新興)資本家の味方
マルサスは地主の味方
マルクスは労働者の味方
で、スミスは産業革命以前の労働者(自営業者)の味方

やっぱり、経済学説は階級を背負ってるんだお
思想の本を読んでいると、近代経済学って階級観がないのが変に思えてきますた


935 :(・゜ω゜・) ☆まじめこて☆ ◆rgujENbs.s :2007/09/01(土) 09:15:59 ID:FiON7xVk
「かいきゅー」観はあるっちゃあるんじゃない?

完全競争下での交換経済では、財の初期保有量によって競争均衡点が定まる。
競争均衡は必ずパレート最適だけど、これは必ずしも公正な配分状態とは言えず、
100対0の配分も含んでいる。
この配分をもって労働の再生産なり資本の再生産なりを行ったとする。
規模の経済を考えるならば、要素投入量の大きい経済主体ほど生産量が大きく、
生産後に再び行う交換において経済主体間の配分量の比率が逆転することはない。

ざーっと考えると、これを「かいきゅー」と呼んでもいいような気もするよね。
どっか間違ってて経済主体間の配分量の比率は逆転可能なのかもしれないけど。
だけど謹啓はこの「かいきゅー」に対して「これこれこうしよう」みたいな事は言わないよ。
ただ「任意のパレート最適点は所得再配分によって競争均衡として実現する」とは言うよ。
どんな配分状態も、初期保有量をいじってやればそこから新しい競争均衡が実現して、
それがパレート最適になっているってすんぽーさね。

で、ここで言う謹啓の「かいきゅー」と○との違いは、○は最初っから「かいきゅー」ありきで
「かいきゅーにくいにくい」で「かいきゅーぶちこわしたれー(戦争大好き)」なわけで、
謹啓ではんなこと一言も言わないってことでしょ。

とりあえず「資本家」ぶっ殺しとく?
資本家ってどうやって見分けんのよ?
資本家見分けんのが無理なら、生産設備でもぶっ壊しとく?
一人で大自然帰れよ…って感じでしょ。

一言でいえば「経済」と「政治」があって、
○の場合は「政治」があって「経済」がある、
謹啓の場合は「経済」があって「政治」があるって感じじゃない?
だから「 ○ は 板 違 い 」だと板ルールに書かれるわけだね。

936 :くろしろー:2007/09/01(土) 10:24:15 ID:I3uFVPkc
>>932病院で定期的なメンテナンスは受けている。
これでお前の役目も終わったな。
ちなみにおまうのレスはばかばかばかばか忠告?ばかだ。

937 :くろしろー:2007/09/01(土) 10:26:21 ID:I3uFVPkc
マジメ君よまともになったじゃないか。疑問にはテニスから帰ってきてから答えよう。

938 :(・゜ω゜・) ☆まじめこて☆ ◆rgujENbs.s :2007/09/01(土) 10:52:12 ID:FiON7xVk
【コラム・断】読めない名前(暴走万葉仮名)の女子学生が多い大学は偏差値がね、ちょっと・・・〔呉智英〕
http://news22.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1188609430/189

> 何事も、珍しき事を求め、異説を好むは、浅才の人の必ずある事なりとぞ。

呉智英や徒然草は、区阻止ロー天皇に喧嘩を売っているな。
これにもしっかりと反答えて差し上げなさい。

939 :くろしろー ◆lKW0OnevWc :2007/09/01(土) 16:02:04 ID:I3uFVPkc
ではかんたんなのから
>>938
呉は封建思想論者と言う異説だが、徒然草によると浅才なのだな。
異説を唱えても浅才ではない人物は小室直樹、穴丸のローマー
等いるがこれはどうしたことかな。ローマーはハーバートで
数学トップだぞ。
俺の場合はマルクスを読む場合までは異説を追っているわけではない
失われた十年に散々就職に苦労して労働者としてぼろくそな労働に
苦しめられればむしろ当たり前の現象に過ぎない。
総合健康経済学は学者が機能してないからしょうがなく立ち上がったに
過ぎない。以下のデータが不足していていっぱいいっぱいだ。
つまり各業界の利潤産出。何かいい本があれば誰か教えてくれ。

940 :くろしろー ◆lKW0OnevWc :2007/09/01(土) 16:08:29 ID:I3uFVPkc
謹啓に階級思想はあるか?
これは謹啓をどう捕らえるかで変わる。つまりスティグリッツ
の教科書に載るようなベーシックな問題意識としてはない。
でも穴丸みたいな応用ミクロと言われているものも
マジメが作ってみたように謹啓を応用して作ったものまで、
謹啓と言うのならば謹啓に階級思想があるといえるだろう。

941 :くろしろー ◆lKW0OnevWc :2007/09/01(土) 16:20:51 ID:I3uFVPkc
>はじめに政治ありきは経済学板では無効
ご存知のようにマルクスはドイツの哲学、
フランスの社会主義、イギリスの経済学を学んだわけだが、
資本論は彼ラストワーク、ヘーゲル左派のころから、あのころ
の時代を完成系とする右派に対抗して社会は変わり行く
と言う思考でそれを推し進めていった結果下部構造に経済が
あることを発見したわけであり始めに政治ありきはそのとおりなのだが
そうすると大恐慌に政治で対抗しようとしたケインズもまた、経済学板
では語れなくなる。
○を学ぶ意義はむしろ経済学史的に何故マルクシズムと言う現象があった
のかと言うことであり、大学の経済学部で学ぶべきトピックだろう。
これはローカルルールでちゃんと書いてある。

942 :くろしろー ◆lKW0OnevWc :2007/09/01(土) 16:23:08 ID:I3uFVPkc
ここは近代経済学,「その他大学経済学部で研究される分野」
について学術的に議論する板です。
この括弧の範囲に該当する分野なのだ。

943 :くろしろー ◆lKW0OnevWc :2007/09/01(土) 16:39:48 ID:I3uFVPkc
資本家を見分けるのは簡単だ。つまり生産手段のうち、
労働力だけではなく生産手段を持ち、賃労働で労働者
を雇えるものである、資本家の生産手段をぶっ壊す?
トンでもない。労働力以外の生産手段の私有化をやめ、公共的
社会的にもちましょうとしたのがマルキシズムだが
プロレタリア独裁が成功せず、党官僚の独裁システムを築き上
げてしまった。
特にここでそのひどさをあげてみれば毛沢東核兵器を手に入れ
るために3000万人を超す農民から生存可能な食料を取り上げ
売ってしまった。当然餓死の山だ。
戦争大好きなのは謹啓側も同じだ。軍需産業のためにいつでも戦争
が起こる。それを黙殺している謹啓も一種の思考停止イデオロギー
装置にすぎない。

944 :くろしろー ◆lKW0OnevWc :2007/09/01(土) 16:46:47 ID:I3uFVPkc
>つまり生産手段のうち、
>労働力だけではなく生産手段を持ち、

つまり生産手段のうち労働力ではない生産手段をもち
に訂正

945 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/09/01(土) 18:26:17 ID:xdDD7PfW
社会科学の理論枠組
とは何ですか??

946 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/09/01(土) 18:53:41 ID:tfnmbP52
>>943
糞城、だから前から言ってんじゃん、レーニン主義なんぞに世界性つか、
普遍性なねーってね。
農奴国家だったロシアで政治革命をでっち上げるため、個別ロシアでのみ
且つ政治革命にのみ有効だったやり方でしょ。
それなのにヴォケどもは普遍性を与え、社会革命にまでその有効範囲を
拡張しちまったから混乱がでかくなったな。

947 :くろしろー:2007/09/01(土) 19:32:15 ID:7HnZSV1o
>>946
前からって君何者? 無用な殺気を立てているようだが。

948 :くろしろー:2007/09/01(土) 19:37:14 ID:7HnZSV1o
>>945
要するにフィクションじゃなく現実の社会を論理に基づいて書けばいいんじゃない?
数学なしでもかまわない。ただし、社会理論だけでは科学とはいえないだろう。
反証可能性がないと駄目だろう。だから資本論なんかは科学じゃないというポパー
の説は正しいと思う。しかしだ。要するに反証可能性を持つということは実験できるか出来ないかだ。
社会でそれをやると大変なことになる。


949 :かつて○だった男:2007/09/01(土) 21:31:29 ID:a+pL2Akd
>>915
NM期待効用理論に関して:
問題設定がいまひとつよくわからん。
もっと説明してくれないと答えられない。

女子学生と合コン:
近頃はセクハラ・パワハラでうるさくてね。できぬ相談だ。
が、そんなの無関心でやってる先生もいる。そっち系の先生方に頼むことだ。
こういう先生、どの大学・学部にも居るね。
この人たちはセクハラ予備軍だな。
早晩何か問題引き起こすだろう。

階級に関して:○の階級は生産手段を持つ者(資本家)と持たない者(労働者)の二つに特定化される。
資本制経済では両者の役割は不可欠だが、その利害が鋭く対立しあい、それが資本制経済を破綻に持っていく。
これが○の物語。
しかし、現代の日本での階級は教育を受けた者とそうでない者で大きく対立するな。
階級を持ち出して意味ある議論をするにはやはり教育だろうね。

950 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/09/02(日) 02:45:27 ID:RVz5HUrl
>>949
>>935
確かに、教育は現代日本(=謹啓の世界?)でカイキューの問題になる希ガス
さっ、さすがは、かつ○先生
教育ほどお金のかかるものはないですよね

で、○では生産様式(下部構造)がイデオロギー(価値観)なり人を作る
つまり、労働カイキューは労働カイキューなりの、資本カイキューは資本カイキューなりの、、
が、謹啓では価値観と理想とする分配(経済社会)の選択は別物と考える
てことは、労働階級も資本階級も謹啓の世界では同じように考え、同じように行動するってことでつか?
でも、ケインズ経済のハーベイロードの前提ってある意味、階級的発想じゃまいかと、ちょっと不思議にオモタ


951 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/09/02(日) 02:48:57 ID:RVz5HUrl
ちなみに、根井先生の経済史の○の項目を読んでいて、○とハロッドの成長論って考え方が似てるとオモタ
どこまで理解できているか分からないでつが、○スレのおかげー
少し理解が深まったような希ガス

952 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/09/02(日) 03:47:40 ID:RVz5HUrl
>>949
>女子学生と合コン
くろしろー氏は女子大生を紹介してもらえなくて残念なのだ
やはりススキノのヘルスしかないのだ
総合健康(ヘルス)経済学ばんざいなのだー

>問題設定がいまひとつよくわからん
すいません
もういちど、説明を工夫してみます

NM期待効用理論の独立性の公理に関する漏れの理解では、
選好の順序が与えられば、その順序は与えられた状況(文脈)に関わりなく変わることがないと、理解しますた

例をあげると、(A)ブスな女の期待効用:△5万円、(B)料理のうまい女の期待効用:10万円だと、すると、
A>Bなので、
A+C>B+C

また、
A+BとB+Aは、順序をひっくり返しても等しいというもの

でも、この例を日常生活的にあてはめて考えれば、
ブス(A)だけど、料理のうまい女(B)なんだよと、言うのと、
料理のうまい女なんだけど、ブスなんだよと、言うのでは、
しゃべってる本人の言葉に込めてる意味合い(ニュアンス的)が違うので、
それを聞いている周りの人間の期待効用が違うとオモタのです。

つまり、NM期待効用理論の公理系においては、
A+B=B+Aですが、
現実世界においては、
A+B>B+Aなのではないのかと、思いますた
いかがなものでしょう?
反証になってないでしょうか?

以上、長々と変な疑問を失礼いたしますた


953 :(・゜ω゜・) ☆まじめこて☆ ◆rgujENbs.s :2007/09/02(日) 09:44:54 ID:CpsUEv85
>そうすると大恐慌に政治で対抗しようとしたケインズもまた、経済学板
>では語れなくなる。

ケインズ理論に先立つものはなるほど政治だろうな。
主義を振りかざすのではなく、○を客観的に観察しようと努める事は、
なるほど経済学板の趣旨から外れるものでもないかもな。

>戦争大好きなのは謹啓側も同じだ。

んなことあるわけがない。

戦争はお互いの所有権を侵害する。
市場経済は所有権を前提として初めて機能すると以前にやったはずだが、
忘れたか?
軍需産業が世界経済を牛耳ってどうのこうのの陰謀論は、
学問とはまったく別の世界なのでノーサンキュー。

>かいきゅーに関して

資本家と労働者の区別は区阻止ロー天皇の言うようにはうまくいかない。

例えば、株だけで生きている個人投資家はどうなる?
株を持っていて、かつ労働者でもある場合はどうなる?
名義だけの会社取締役はどうなる?
資本金1円で誰でも起業できるような現代に、
資本家と労働者という二分法がどれだけ意味を持ちうるのか?

かつ○先生の書かれるように、もっと明確に観察できる争点を設定しなければ、
かいきゅーを論じるだけ不毛。
例に挙げられた教育ならば、中卒、高卒、大卒、旧帝卒と階級をハナから明確に設定できる。
現実に誰と誰が対立しているのか見えなければ、政治なんかできないっしょ。
とりあえず「資本家」とラベル貼って片っ端から三角帽かぶせて銃殺するんじゃあ、
それは政治未満の野蛮に過ぎない。

つーかさすが先生は論点の整理が的確で早いなぁ。
かんどー的だ。

954 :くろしろー ◆lKW0OnevWc :2007/09/02(日) 11:08:45 ID:sliCijfu
>教育に関して、
もっと深く、労働市場のあり方に、関心を向けるべきではないのかな。
たとえば40代でドクターを取ったとする。それでも一般企業に就職先
を見つけようとしても無駄だろう。新卒の学歴が評価されているに過
ぎんよ。そして転職する際には大企業から大企業へと言うことは個人
的な理由ではむずかしい。国鉄がJRになるときに別の国家公務員に
なるというのはあるよ。でも中小企業にリストらがおきてもそういう
奇跡はない。若いうちに公務員試験に受かるしか脱出方法はない。

955 :くろしろー ◆lKW0OnevWc :2007/09/02(日) 11:21:01 ID:sliCijfu
>主義を振りかざすのではなく、○を客観的に観察しようと努める事は、
>なるほど経済学板の趣旨から外れるものでもないかもな。
そういうことだ。
>戦争大好き
謹啓はまあ陰謀史観を無視しちゃうのだから困るよ。広瀬隆レベル
の陰謀史観に対して、その人脈、経歴、閨閥を知った上で評価しないと。
結局は戦争に対する無関心で戦争の後押しするだけだ。
ちなみにマルだってロシア革命が成功した理由のひとつは第一次世界大戦
から撤退すると言うことが受けたわけだ。条約名は度忘れしたが、
領土をごっそりもぎとられたはずだ。
>かいキュー
先ず、俺の立場は穴丸のエリック・オリン・ライトの第二期のしんぱであって
そこで単純な二分論ではなく労働者も組織資産と技能資産によって別れている。
俺はただマルの階級論を解説しただけに過ぎないし、それが友好とはさらさら
思ってない。ブログの法でもっと詳しく書いている。



956 :くろしろー ◆lKW0OnevWc :2007/09/02(日) 11:25:55 ID:sliCijfu
>女子大生とのコンパ
残念だ。









非常に。

957 :くろしろー ◆lKW0OnevWc :2007/09/02(日) 11:34:06 ID:sliCijfu
まあ階級に関してはアマゾンで、「アナルティカル・マルキシズム」を
検索して、又陰謀史観に関しては広瀬隆の「赤い盾」を動揺に検索して
図書館でリクエストすればただで見れる。それから出ないと議論になら
ん。


958 :くろしろー ◆lKW0OnevWc :2007/09/02(日) 11:39:23 ID:sliCijfu
すまんアナリティカル・マルキシズムだ。

959 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/09/02(日) 12:14:01 ID:RVz5HUrl
難しいおー

○では生産関係(下部構造)がイデオロギー(上部構造)を作る
てことは、生産関係こそがカイキューを作るんじゃまいかー
つまり、労働者の子は労働者として、搾取される国は搾取される国として、それぞれのクラス・ステージにおいて再生産される
そして、その矛盾が第二次世界大戦となった

だから、それを是正・防止するために、所得再分配が認められたんじゃ?
戦後ケインズ型福祉国とか、ブレトンウッズ体制による国際協調体制の構築とかー

陰謀史観は、国内レベルでも世界レベルでも存在するし、ちょっと見は都市伝説みたいなものだから、やはり根強い支持があるとオモタお
そこには虐げられた人(や国)と虐げる人(や国)たちのなーんとも言えない葛藤やエンビィの構造が詰まっとる
真実かどうか別として、オカ板住民の漏れとしては気持ち的には理解できるなー

ちなみに、教育はカイキュー度をスクリーニングする代理変数のような希ガス
国内レベルでも、世界レベルでも、失業改善のメニューには、必ずといっていいほど失業者の能力開発が挙げられてるし、、
教育は、俗信や迷信を排するのにも役に立つ

穴○も勉強したいけど、漏れは○入門レベルと謹啓の勉強で手一杯だ
おそらく学問のカイキュー度を上げるには、教育でカイキュー内でのレベルを上げるか、カイキューをぶっ壊すかだなー
くろしろー先生みたいに、、


960 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/09/02(日) 12:48:33 ID:RVz5HUrl
>>957
>アマゾンで、「アナルティカル・マルキシズム」
アダルト警告キター
くろしろー先生は、なんでもお知りだなw

961 :かつて○だった男:2007/09/02(日) 12:55:29 ID:7ya5Y8Ai
>>952
ウーム。まだよくわからん。わからんのはここだ。
>例をあげると、(A)ブスな女の期待効用:△5万円、(B)料理のうまい女の期待効用:10万円だと、すると、
A>Bなので、
A+C>B+C

疑問点@:ブスな女の子の期待効用とか料理のうまい子の期待効用となる。
期待効用でなく効用ならば、この文章でもわかる。
しかし、期待効用である以上、何か選択の不確実性が伴っているはず。
それが何なのか、よくわからない。
例えば、合コンにいった。
可愛い子がいた、しかし口説ける可能性は10%、普通の子、口説ける確率は80%
さあ、どっちがいいか?これは期待効用の話。
10%でしかものにできない可愛い子よりは80%で口説ける普通の子を選択する(しない)といったように。
こういう背景設定がどうなっているのか、わからん。

疑問点A:演算記号+の定義が不明。
例えば
A:50%の確率で賞金10万円が当たるくじ
B:1%の確率で賞金500万円が当たるくじ
とする。
いまAをBより好んでいるとする。
そこで
C:100%の確率で賞金1万円が当たるくじ
とする。すると
A+C:50%の確率で賞金11万円が当たり、残り50%で賞金1万円が当たるくじ
B+C:1%の確率で賞金501万円が当たり、99%の確率で賞金1万円が当たるくじ
とする。
独立性は
A+CをB+Cより好む、ことを要求。
つまりAとBの間での選好は別の選択対象Cの影響を受けない、
これが独立性の意味。
正確にはCをAやBと同じくじとして、複合くじA+C、B+Cでも同じ性質が成り立つ。
これが独立性の本来の定義。
説明のためCを簡単化したまで。

こういう理解でいいのかな?

962 :かつて○だった男:2007/09/02(日) 13:22:54 ID:7ya5Y8Ai
>>ちなみに、教育はカイキュー度をスクリーニングする代理変数のような希ガス

企業が新入社員を選抜する場合。選抜には当然コストが掛かる。
候補者の能力を完全に測定するのは無理。
可能としてもそのための出費はバカにならない。
だから最終学歴が代理指標(シグナル)として使われる。
まあ、陰謀史観で頭がおかしいのでは?と思われるどこかの御仁も
しかし、一応D大卒だから・・・って感じで採用していただいたわけだw.
大事なのは企業は学歴で差別しているわけではない、という視点を持つこと。
学歴重視は企業なりに情報不完全な新卒労働市場の中で人材を確保する合理的方法を工夫した結果であるということだ。
このあたりの事情を察せずに、学歴差別だとか喚く人たちは、ホント困った連中だね。

963 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/09/02(日) 13:51:47 ID:RVz5HUrl
>>961
説明不足だらけで、すいませんでつ
後出しですが、前提になかったことを付け加えさせてください

>疑問点@:ブスな女の子の期待効用とか料理のうまい子の期待効用となる。

追加事項
>選択の不確実性
>背景設定
合コンで女子大生を紹介してもらって、お持ち帰りできる期待効用なんてのはいかがでしょう?
(お下劣でスイマセン)

(A)ブスな女の期待不効用:△5万円
→お持ち帰りの期待不効用の金額換算:△10万円×お持ち帰りできる確率50%
(B)料理のうまい女の期待効用:10万円
→お持ち帰り期待の効用の換算金額:20万円×お持ち帰りできる確率50%

で、AとBの特徴をミックスした女子大生がやってくるという合コン(くじ?)と、いうことでいかがでしょう?

>説明のためCを簡単化したまで。
まぁ、Cは標準的な女子大生のお持ち帰りの期待効用を簡単化したものということで、、

で、女子大生を紹介してくださる幹事氏の前口上だと、
ブス(A)だけど、料理はうまい女子大生(B)が来ると、
料理はうまい(B)けど、ブスの女子大生(A)が来る、
のというは、

期待効用の表現では、
(A+B)+C=(B+A)+C
となります
で、それはCを省略しても基数効用なので、値は同じだと思います

でも、現実問題として、幹事の前口上には微妙なニュアンスの違いってものがあるのでは、というのが疑問です
つまり、料理はうまいけど、ブスなんだよ(どーする、汗?)っていうのと、
ブスだけど、(彼女けっこう)料理はうまいぜ、という建前と本音の世界です

なんか、とてもファジーな話ですいませんが、そんな感じです
何度何度もお手数をおかけしてすいません

それから、ブスとか、お持ち帰りとか、お下劣な表現をしたことを高尚なこの○スレでせざるを得なかったことを重ねてお詫びします
(文責:シロクロー)

もし気になさるようでしたら、ブスをダサ男とか、お持ち帰りをデートできる確率とか、ご自由に読み替えてくださっても結構です
という説明でよろしいでしょうか?






964 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/09/02(日) 13:59:28 ID:RVz5HUrl
>>962
情報の経済、ゲーム
不甘美情報の世界なんて、いつになったら手をつけられるのやら、もうため息
期待効用については、この○スレのおかげで問題意識を持ってお勉強できましたが、、

ちなみに、某旧帝国大学の学生は、家庭が裕福な子たちだとかという話は、実証されてるんですか?
それとも都市伝説なんでしょうか?
ちょっと、調べてみたくなりますた

965 :くろしろー ◆lKW0OnevWc :2007/09/02(日) 14:15:18 ID:sliCijfu
広瀬の赤い盾は系図分析でロスチャイド財閥をおったものだから実証的
でオカルトではない。wそこらの学者では出来ない研究だ。

966 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/09/02(日) 14:30:55 ID:RVz5HUrl
>>965
広瀬氏の本を否定したつもりはないお
それに、まだ読んでないし、、
都市伝説の中にだって真実はある
オカ板住民だから、そのあたりはわかってるつもりだお
とにかく、恐ろしいのは人、人の心

967 :かつて○だった男:2007/09/02(日) 18:44:01 ID:7ya5Y8Ai
>>963
まあ、期待効用に関する理解は大筋そんなもんでいいと思う。
ただし、アンタの疑問点

>でも、現実問題として、幹事の前口上には微妙なニュアンスの違いってものがあるのでは、というのが疑問です
つまり、料理はうまいけど、ブスなんだよ(どーする、汗?)っていうのと、
ブスだけど、(彼女けっこう)料理はうまいぜ、という建前と本音の世界です。

これは期待効用に関する疑問というより、効用(選好)に対する疑問というべきではないの?
例えば、上の文章を次のように変えてみよう。

顧客がで新車を選んでいる場面の話だ。車に関しては品質その他に全く不明な部分はない。
また女の子と違って、対価を支払えば、欲しい車は必ず手に入るとする。

> でも、現実問題として、ディーラーの前口上には微妙なニュアンスの違いってものがあるのでは、というのが疑問です。
こちらの車は燃費や操縦性はうまいけど、外観・デザイン燃費その他の点で)いい車なんだぜ、という建前と本音の世界です。

どうです?つまりアンタの疑問は
@不確実性のない世界での選好に関しては疑問は出ないが、不確実性がある期待効用の場合ではこういう疑問が出る
というよりも、
A不確実性のあるなしは関係なく、選好一般に関する疑問である、
といったほうが正確なんじゃないの?


968 :かつて○だった男:2007/09/02(日) 18:54:10 ID:7ya5Y8Ai
書き間違え。訂正

>でも、現実問題として、ディーラーの前口上には微妙なニュアンスの違いってものがあるのでは、というのが疑問です。
つまり、燃費その他はいいのですけど、外観・デザインがもう一つです(どーする、汗?)っていうのと、
デザイン的にはいまひとつですけど、(この車けっこう)燃費その他ははいいのです、という建前と本音の世界です。

969 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/09/02(日) 20:14:40 ID:9n4XWFcv
きちがいのくろしろー

970 :くろしろー:2007/09/02(日) 21:13:11 ID:8O7Cek6P
またちがいますよ。

971 :くろしろー:2007/09/02(日) 21:15:55 ID:8O7Cek6P
理性がなければ楽でしょう。きちがいになってみたい。君のように。

972 :くろしろー:2007/09/02(日) 21:50:39 ID:8O7Cek6P
じゃあ本当のきちがいになってあげよう。 君住所と電話番号、実名をさらしなさい。

973 :かつて○だった男:2007/09/02(日) 22:02:07 ID:7ya5Y8Ai
>ちなみに、某旧帝国大学の学生は、家庭が裕福な子たちだとかという話は、実証されてるんですか?

それはよく聞く話。親の平均年収が1000万だとか。
最近、社会学者らが中心になって大規模な階層調査が行われたようだね。
それによると昭和30〜40年代に教育の機会均等化が進み、一般庶民の家庭から大学進学、上位ホワイトカラー層が生まれた。
しかしこのような上位突破は一回きりで、その後は上位ホワイトカラーは同じ階層の家庭からしか産まれなくなったそうだ。
いわば階層の固定化が進んだ、という話。
まあ、確かに親の教育水準・家庭環境で子供の進路は決まるなあ。
核家族化が進んだ今。
子供が接する大人は親だけ。だから親の影響が大きい。
給食費を滞納し、催促状を出すと外車で乗り付けて学校に苦情に来る親。
この親の姿を見れば、どんな子供でも楽してうまく世の中渡って行ければいいさ、と考えるわなw.

974 :(・゜ω゜・) ☆まじめこて☆ ◆rgujENbs.s :2007/09/02(日) 22:26:50 ID:CpsUEv85
ぶってぶってとよくせがむ区阻止ロー天皇。
得意科目はアナルティカル・マルキシズムってかw

ゆとり教育が進んだ結果、階層の固定化はよりいっそう促進されただろう。
こんな誘惑の多い世界、子供にゆとりなど与えようものなら遊び倒すに決まっている。
そして金銭的に裕福で子供を勉強できる環境に送り込める家庭のみが、
高学歴の家系となっていく。

つーわけで、ゆとり教育の推進によって、共産主義者の目論見とおり、貧困層が大量発生しましたとさ。
そうして貧困対策を謳って自らの票田にしましたとさ。

区阻止ロー天皇風の陰謀論で〆w

975 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/09/02(日) 23:39:00 ID:qV+gQ8id
そういえば昭和50年代の初め頃に日本中の学生の親の年収の統計をとってランクわけしたところ
某旧帝国大学の学生は、親の年収が全国で最低ランクだったとか

たぶん大学生協連の調査でしょう

976 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/09/03(月) 01:59:08 ID:T/dxjJzr
>>973
>>975
ソースにあたってないのですが、稲葉さんの経済学?の啓蒙書にあったような希ガス
さっきから本を探しているのでつが、見当たらないー

ちなみに、かつ○先生のデータと>>975氏のデータでは、結果が正反対
時代の変化なのでしょう
失われた十年で、階層(階級)の固定化(再生産)が進んでるのでつね
きっと

977 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/09/03(月) 02:13:53 ID:T/dxjJzr
>>967
かつ○先生、ごていねいな指導ありがとうございました

>A不確実性のあるなしは関係なく、選好一般に関する疑問である、
>といったほうが正確なんじゃないの?
実は、効用関数についても理解が今ひとつもやもやしている部分がありまして、正直どっちなのかよく判断のつきません
まぁ、かつ○先生からは、期待効用に関する理解は大筋そんなもんでいいと思うということでしたので、以前より一歩前進ということで、、
漏れの今後の課題として残しておきます

序数と基数の選好表示の違いですかねー
もしかして、、


978 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/09/03(月) 02:22:57 ID:T/dxjJzr
ちなみに、根井さんの学史本で、気になった点でつ

商業恐慌という言葉があったのでつが、資本家ってまさか商人を指すわけないでつよね?
○は産業革命以後の話でつし、時代背景にもあってない希ガス
それと、G→W→Gですが、資本を投げ入れ、流通から回収するという表現があったのですが、、
まさか商業(流通)ってことじゃー、ないでつよね?

おバカな質問で失礼しますた
どなたか偉い方、アドバイスをお願いしまつでつ



979 :くろしろー:2007/09/03(月) 12:05:46 ID:02yTb1Kb
偉くはないがGーWーG’です。


980 :くろしろー:2007/09/03(月) 16:57:38 ID:02yTb1Kb
資本の節約とかんがえればいいんじゃないの

981 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/09/03(月) 17:13:24 ID:02yTb1Kb
まあ、みじめを病院へが今月の標語

982 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/09/03(月) 17:15:21 ID:02yTb1Kb
攻撃的人格障害みじめコテ

983 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/09/03(月) 20:44:47 ID:QKTuipcC
くろしろーってきちがいだろ

984 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/09/03(月) 20:56:39 ID:02yTb1Kb
惨めは人格障害だね

985 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/09/03(月) 20:59:11 ID:02yTb1Kb
もうスレ立ててやらない。もうこない。勝手にしれ

986 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/09/04(火) 02:23:51 ID:xeaQWVrJ
>>980
くろしろー先生
資本の節約って何?
それから、G’って貨幣の増分ですよね?
ご指導よろしくお願いしまつでつ

987 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/09/04(火) 08:59:04 ID:nZTX5Jl7
>>986
マジ?
糞白は脳梅でまともな思考力なんぞ期待できねーって話だぞ。

988 :くろしろー:2007/09/04(火) 09:27:39 ID:yOxBeTb7
>シロクロー
だって貨幣が増加しないと資本にならないでしょう。ゆえにGーWーG’なのです。資本の節約とは厳密には産業資本でしか搾取は行われずそれ以外の搾取に見える形態は資本の節約とよばれます。来ないといったのに来てしまった。orz

989 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/09/04(火) 11:55:25 ID:nZTX5Jl7
>>988
焼きがまわったな。
やっぱ、淋病性脳膜炎の末期か?

990 :くろしろー:2007/09/04(火) 13:25:01 ID:yOxBeTb7
じゃあ君が書いたら?梅毒人格障害くん。 ちなみに恐慌には通じてない。

991 :シロクロー:2007/09/04(火) 16:47:51 ID:xeaQWVrJ
>>988
ありがd
貨幣の増分が資本になるんだ
フィッシャー方程式みたいな等式じゃないところが気持ちイイでつ
ハァハァ

資本の節約は、もうちょっと類書にもあたってみるお
次スレもくろしろー再起動で願います



992 :くろしろー ◆lKW0OnevWc :2007/09/04(火) 19:55:28 ID:KEjxv9SC
僕はそれで○を疑わしく否定するようにもなったんだがね。w
産業資本のみが価値を生産し、その他は生産できない。
そんなわけないだろうってね。

993 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/09/04(火) 20:09:27 ID:xeaQWVrJ
産業資本って、独占企業のような巨大な産業(工業)のことでつか?
もし工業なら、○における商業とか流通の扱いってどうなってるの?
教えてください

ちなみに、根井さんの学史本じゃ、産業部門と消費部門の2×2で再生産表を説明してますた
たぶんモデルの展開が面倒になるからだと思いますが、、


994 :くろしろー ◆lKW0OnevWc :2007/09/04(火) 20:18:03 ID:KEjxv9SC
産業資本とは要するに物を作る資本だ。ここで行われた搾取
(倉庫への搬入、倉庫に保存)が価値(抽象的人間労働)
をつくり、全利潤=総搾取(産業資本のみ)であり、商業や
流通、金融の利潤は産業資本からのおすそ分けだ。

995 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/09/04(火) 20:25:43 ID:xeaQWVrJ
なるほどー
製造業しか価値を作り出せないってことか、、
こりゃ、問題ありそうですな

996 :くろしろー ◆lKW0OnevWc :2007/09/04(火) 20:26:12 ID:KEjxv9SC
(倉庫への搬入、倉庫に保存)の書き方がまずかった。
これはここでも産業資本と同時に搾取が認められる。
商業資本や流通資本は価値を作ることが出来ないので
搾取できない。そういう搾取携帯で資本の節約になるだけ。

再生産表式は生産手段生産部門と生活手段生産部門に分かれる
不変資本と可変資本がわかればわかる。
消費?ッてのはよく分からない。

997 :くろしろー ◆lKW0OnevWc :2007/09/04(火) 20:29:19 ID:KEjxv9SC
>>995
そうです。トンデモのにおいぷんぷんデス。

998 :くろしろー ◆lKW0OnevWc :2007/09/04(火) 20:38:51 ID:KEjxv9SC
資本主義型農業でも製造業に入るがな。
可変資本V=生きた労働。たとえばこれが100あるとしよう
搾取率100%で100の剰余価値M
不変資本=過去の労働。これは搾取できない。

999 :くろしろー ◆lKW0OnevWc :2007/09/04(火) 20:47:55 ID:KEjxv9SC
要するに労働力が可変資本V、人間以外の材料機械等が不変資本C

1000 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/09/05(水) 02:06:18 ID:TJGtVdtT
置塩さんの経済学入門書と中野さんのマルクスの本をところどころ眺めてますた
本当は、2年前に挫折した九大さんの本からトライしようと思っていたのですが、索引が無いので今後の課題にしますた

で、基礎用語を整理しながら、スレでさんざん議論したシバク御仕置の定理がよく分かったような気がしますた
以前は、簡単な連立方程式でしか、その主張を追えなかったもので、、
(HS条件とか、レオンチェフモデルとか、やりますたねー)

言葉にするとこういうことじゃ?
剰余(利潤)ナシの場合、資本家が資本家として機能せず、資本主義の再生産活動が成立しない
すなわち、資本主義が成立するには、剰余が必要である

ワルラス以前に、資本主義社会の壮大な相互依存体系を再生産表なる道具でとらえていたなんてもうびっくり!
マルクスは天才だとオモタ
それから、異才くろしろーさまを始めとする○スレのみなさんにも感謝!

では、千ゲット

1001 :1001:Over 1000 Thread
このスレッドは1000を超えました。
もう書けないので、新しいスレッドを立ててくださいです。。。

361 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)