2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

経済学初学者がミクロ・マクロの質問をするスレ3

1 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/12(木) 20:36:23 ID:mghHOh8v
ミクロ・マクロ限定の質問スレを立ててみた
ミクロ・マクロに詳しい方は答えてやってください
ミクロ・マクロに関係ない質問はスルーしてヨシ

3スレ目いってみよう!

過去スレ 
経済学初学者がミクロ・マクロの質問をするスレ
http://academy4.2ch.net/test/read.cgi/economics/1122486575/
経済学初学者がミクロ・マクロの質問をするスレ2
http://academy6.2ch.net/test/read.cgi/economics/1153704279/

2 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/12(木) 21:27:06 ID:NzGd3bEd
新古典派とケインズ派の
賃金と雇用の決定の違いについて教えていただけないでしょうか?

3 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/12(木) 21:43:36 ID:GCSLyRWt
>>2
ケインズ派:賃金は決して上がらないとする。下方にはいくらでも下がるけれども。
したがって政府が悪徳企業の監視をする必要アリ。大きな政府の主張でもある。
新古典派:賃金は市場によって決まり、以下の劣悪な賃金でも、それは労使双方の合意。
自己責任の問題。それがいやなら市場を廃止すべきである、と説いている。

4 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/12(木) 21:49:01 ID:NzGd3bEd
>>3
ありがとうございます。
ケインズ派は賃金を払う側=労働需要側に雇用の決定権が有利に与えられている、
新古典派は市場原理を信用=需要と供給は対等、ということでしょうか?


5 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/12(木) 22:07:28 ID:pUk255uh
マーシャルのKって何ですか?

6 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/12(木) 22:47:45 ID:lsWWrLkG
wikipediaのアルフレッド・マーシャルのページの下の方に説明がある。

7 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/12(木) 22:53:15 ID:G4Fn/36O
すみませんミクロ・マクロってなんですか?
マジです

8 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/12(木) 23:00:09 ID:GCSLyRWt
>>4
おいおいおい。
気をつけろ。>>3は大嘘書いているよ。
書いたのは俺だけどw.
2チャンは鬼の住む場所だからな。
いくら試験前だからといって慌ててはいけないw.
ご用心、ご用心。

9 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/12(木) 23:39:58 ID:YXujvzlw
中谷マクロ(第4版)+スタディガイドをやっているのですが、

10章:インフレーションと失業(フィリップス曲線・インフレ需給曲線など)
11章:経済成長の理論(新古典派成長理論・内生的経済成長論)

の内容がいまいち理解できません。
そこでこれらのトピックをわかりやすく噛み砕いて説明してある本を教えていただけないでしょうか?

10 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/13(金) 00:04:22 ID:dhJZgJCs
>>9
ドーンブッシュ/フィッシャー マクロ経済学(改訂版)

11 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/13(金) 02:04:03 ID:MQYRdjB8
>>10
レスありがとうございます。
改訂版が図書館になかったので、とりあえず古いほうを読んでみる事にします。

12 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/13(金) 04:16:47 ID:W4iCOdnk
ohi

13 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/13(金) 05:29:27 ID:1Ns3odJR
限界消費性向と限界貯蓄性向の和が必ず1になるのはなぜなんでしょうか
式でなることは説明はできるんですがなぜかといわれてもわかりません。
教えてください。


14 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/13(金) 06:18:37 ID:3lqvBASO
ググレカス

15 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/13(金) 09:07:23 ID:5i9t93cj
>>14
そんなこと言わず、説明してあげたら?
自分自身の勉強にもなるし…。
と、>>3で大嘘書いた私が言ってみる。
しかしだ。尤もらしく嘘書くのは結構難しいな。

16 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/13(金) 12:31:03 ID:3lqvBASO
>>15

http://academy6.2ch.net/test/read.cgi/economics/1175000395/819-821

17 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/13(金) 15:31:26 ID:M/3vsrSt
消費と貯蓄以外何に使うんだ?

18 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/13(金) 16:27:13 ID:mI/70GXx
数学だめですが、時間がかかってもマクロの勉強を始めたいと思います。

ですが、どの教科書が初学者向きか、ましてや数学だめなクソにも分かるよう努力して書いてくれてるのか分かりません…
何かオススメあるでしょうか?

19 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/13(金) 16:56:59 ID:HV61zSTV
福田慎一のマクロ経済学・入門

20 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/13(金) 17:19:29 ID:9WxUPifJ
中谷巌 入門マクロ経済学 第5版 日本評論社

21 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/13(金) 20:49:47 ID:R3PyNDc5
照山

22 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/14(土) 00:52:53 ID:LJCNiVwl
>>11
途中の数式で出てくる近似の計算方法などは、
ブランシャールの数学付録読むといいよ。

>>18
石川秀樹の経済学入門塾。
入門なんてサクっとやってしまって、何より高校数学と経済数学をやりまひょ。

23 :18:2007/07/14(土) 05:58:08 ID:mWhUI74M
>19>20>22
ありがとうございます。本屋で見てみます。
高校数学の復習をしていますが、やはり数学こそ最も継続が大事なんですね…
ぱっと数式やグラフを見た時、何かを感じ取れてる人はやはり昔から数学やってきた人ですね。
サークルの同じ一年生がこの前のEREでAランク確実とか…

24 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/14(土) 20:54:49 ID:q5RVJti1
某公務員試験で「経済政策」という科目が出題されるのですが、
ミクロ・マクロ経済学のどの部分を勉強すればよいのでしょうか?

25 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/15(日) 08:26:13 ID:hSnMrEdc
過去問見れ

26 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/15(日) 14:29:58 ID:LKWPi3lE
効用関数がu(x y)で与えられているとしたら、u(x y)=zで結べば一つの無差別曲線の出来上がりですよね。
無差別曲線と効用関数の関係はこんなところですか?

27 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/15(日) 22:57:36 ID:nHFcpU/l
「限界効用逓減の例を挙げよ」という問題が出されたのですが、

1週間振りのオナニーはとても気持ちがいいけど、2回目3回目射精するにつれて快感が少なくなっていく

と解答して間違いはありませんか?

28 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/15(日) 23:18:51 ID:mmY0yY1E
マクロの総需要曲線について質問です。

総需要曲線は、ISーLM曲線の交点の
物価変動によるLM曲線のシフトの軌跡ですよね?

IS曲線が右にシフトすると総需要曲線が右にシフトするのは分かります。
しかしなぜLM曲線のシフトの軌跡なのに
LM曲線の右シフトも総需要曲線の右シフトに繋がるのでしょうか?

文章力足りなくて申し訳ありませんが、どなたかお願いします。




29 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/15(日) 23:27:04 ID:xS50R/JP
>>28
物価の変化によるLM曲線の変化の軌跡だから、物価の変化以
外の要因によるLM曲線の右上方へのシフトは、総需要曲線を
右上方にシフトさせる。

30 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/15(日) 23:41:31 ID:mmY0yY1E
>>29
物価変動と他の要因によるシフトを区別するんですか?


31 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/16(月) 01:47:58 ID:ypB7YiwQ
>>30
総需要・総供給の分析では物価はモデルの内生変数=この
モデルで決まる変数。外生変数の変化による効果を見るた
めに、IS曲線やLM曲線のシフトを見ているのだから、物価
の変化によるLM曲線の変化は考えられない。
IS・LMモデルでは、物価は内生変数ではないから、物価が
変化したときの効果が考えられる。

32 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/16(月) 02:30:59 ID:bbnbZa5C
>>31
とても分かりやすい説明ありがとうございます!
かなり悩んだのでとても助かりました。

33 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/16(月) 11:41:33 ID:jInzajTo
初めまして。もうすぐ試験を迎える某大学生ですが、マクロ経済学について質問したいと思います。

問:次のマクロモデルを考える。
Y=C+I+G+EX-LM;C=50+0.9Y;I=100;G=200;EX=200;IM=60+0.1Y;YF=2500;
ただし、C:消費、I:投資、G:政府支出、IM:輸入、EX:輸出、YF:完全雇用GDP。

完全雇用が達成されるときの貿易・サービス収支を求めよ。



この問なのですが、「完全雇用が達成されるときの」という箇所がよく理解できません。ぜひアドバイスお願いしますm(__)m

34 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/16(月) 13:37:30 ID:hcDPPT3n
EX-IM=200-(60+0,1Y)=140-0,1Y
Y=YF=2500を代入
EX-IM=140-250=-110
110の赤字

35 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/16(月) 13:40:22 ID:/7VkilWc
完全雇用・・・理不尽なニートがいない状態

36 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/16(月) 14:11:17 ID:FPP8Lkvf
>>33
完全雇用が達成されるというのは、Y=YFとなること

37 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/16(月) 14:26:05 ID:FFKNAfb4
http://society6.2ch.net/test/read.cgi/river/1182957447/

777 名前:とりぷるせぶん◆777gET2f/t:2007/07/07(土) 07:07:07 ID:wSevEnc7

(σ´∀`)σ 七夕 ゲ〜ッツ!! 777


778 名前:ま、まぢっすか?:2007/07/07(土) 07:10:03 ID:td96FY9k
>>777

( ゚д゚)

(つд⊂)ゴシゴシ

(;゚д゚)

(つд⊂)ゴシゴシ

(;゚д゚)ポカーン


779 名前:名無しさん@ぬるぽ:2007/07/07(土) 07:30:43 ID:n1uTumG2
>>777
過疎スレにしてもよくゲトしたもんだ、感動した!

38 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/16(月) 15:37:25 ID:ypB7YiwQ
>>33
問題の写し間違いがなければ、この問題には不備がある、ある
いは問題が不完全です。

39 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/16(月) 15:55:30 ID:hcDPPT3n
>>38
なぜ?

40 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/16(月) 16:08:38 ID:ypB7YiwQ
>>39
与えられた消費、投資、政府支出、輸出、輸入のもとでは
完全雇用は達成されない。完全雇用のGDPを達成するには、
何かを変更しなければならないが、それが明示されてない。
たとえば、政府支出を増減するか、輸出促進策をとるかで、
結果は変わる。

41 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/16(月) 16:33:37 ID:X90j3xwa
輸出促進策なら貿易収支は変わるだろ
輸出や輸入が与えられていてそれが変わることを特に明示していない以上、それはないと考えるべき

42 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/16(月) 16:44:31 ID:ypB7YiwQ
>>41
輸出、輸入だけでなく、消費も投資も政府支出も与えられ
ていて、どれも変わるとは書いてないが、、、

43 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/16(月) 17:36:08 ID:X90j3xwa
デフレギャップが生じていて、物価が下落するだろ。
貨幣市場の情報は与えられていないとしても。

44 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/16(月) 21:40:22 ID:NPt+j+Jq
>>43
一人で何をもがいているんだw

45 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/16(月) 22:09:38 ID:X90j3xwa
いや長期的に完全雇用は達成されるから、政策を考える必要はないという意味。

46 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/16(月) 23:13:17 ID:ypB7YiwQ
>>45
しかし、>>33のモデルは何らかの政策をとらないと、完全雇用にはならないモデル。

47 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/17(火) 03:01:11 ID:MznU9/Wd
誰か≡←の意味教えて…マクロで出てきた。

48 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/17(火) 06:23:38 ID:N0JJD5tJ
そう定義するって意味じゃねーの、普通は

49 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/17(火) 06:42:02 ID:fwR2mwLl
おはようございます
課題で出題されたのですが授業ノートを見ても理解できないので助けて頂ければありがたいです

A国において、新たな生産技術が開発されたとしよう
この事は総需要曲線・短期総供給曲線・長期総供給曲線にどのような影響を与えるか
また産出量と物価に短期・長期的にどのような影響を与えるか という問題です

50 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/17(火) 07:49:50 ID:j2iKPZED
>>49
おはようございます
いい天気ですね

51 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/17(火) 07:55:56 ID:XKvuLdR5
>>49
そんなに大雑把に質問されても
教科書読め以上のアドバイスは出来ないが。

52 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/17(火) 07:59:07 ID:XKvuLdR5
Σ(・□・), ハッ!DjVu

53 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/17(火) 08:12:45 ID:fwR2mwLl
>>50
おはようございます
横浜は朝から雨ですが
>>51
正直教科書が分厚すぎて敬遠していたのですが
これを機に目を通してみようと思います ありがとうございます

54 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/17(火) 08:22:00 ID:XKvuLdR5
目を通した上で分からないことがあったら、また来な。

55 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/17(火) 08:25:57 ID:fwR2mwLl
>>54
親切にありがとうございます

56 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/17(火) 10:53:50 ID:MznU9/Wd
≡と=はどう違うのでしょうか?

57 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/17(火) 11:48:45 ID:YFk4sxPg
>>56
≡は恒等式。
=はただの等号、つまり文字の値によっては成り立たない。

たとえば、
x^2-2x+1≡(x-1)^2
だが、
x^2-2x+1=0
はx=1のときにしか成り立たない。

58 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/17(火) 11:56:05 ID:/7Ew58WR
何でアメリカは世界1の経済大国なのに借金がいっぱいあるの?


59 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/17(火) 13:26:49 ID:MznU9/Wd
>>57丁寧にありがとうございます。ですが ^ ←この記号の意味が分かりません…無知で申し訳ないのですが、教えてもらえますか?

60 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/17(火) 13:30:54 ID:139cZeZ/
>>59
指数

61 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/17(火) 13:52:19 ID:MznU9/Wd
>>60すみません、指数ってなんですか…??本当に無知ですみません。

62 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/17(火) 14:09:25 ID:ihq4Mp3X
代数式(Y=C+Iなど)を利用することの意義、およびその理論的有用性について
調べろ

って課題で出て、調べたんですけど明確にはわからなくて・・(;_;)
どなたかわかりましたら教えていただけないでしょうか・・。
あと、
ミクロ経済学で「完全競争市場」っていったいどのようなことですか?(;Д;)

63 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/17(火) 14:17:48 ID:MznU9/Wd
そもそも"Y"の意味がよく分からないのですが…"Y=C+I"と"Y=C+I+G+NX"の式の違い?というか使い分けもわかりません。誰か教えてください

64 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/17(火) 14:51:03 ID:139cZeZ/
ある程度はぐぐれよ

65 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/17(火) 19:26:49 ID:1mAgZoFF
ミクロの、均衡価格と均衡数量を求めるにはどうしたらいいですか?

66 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/17(火) 21:18:08 ID:lJuu12Ux
需要関数と供給関数を連立させて解くんだよ。

67 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/17(火) 21:39:51 ID:UBBFTUfA
>>63
YはGDP。二つの違いは、政府支出、輸出、輸入を考慮するかしないか。

68 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/17(火) 22:59:51 ID:MznU9/Wd
>>67ありがとうございます。そもそもGDPっていうのは政府支出や輸出、輸入を考慮した数値なんですか?考慮する場合と、しない場合とで二つのGDPが存在するのですか?

69 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/17(火) 23:44:51 ID:139cZeZ/
なぜGDPをYと書くのか考えるといい

70 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/18(水) 00:00:14 ID:uE49Ngu2
yieldですよね??でもやっぱり分かりません…><;

71 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/18(水) 00:04:30 ID:BJNGoHUZ
最近の中学生は勉強熱心だな。感心、感心。

72 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/18(水) 10:10:24 ID:aXY265pY
なんで利子率上がると投資が下がるの?

73 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/18(水) 10:15:06 ID:nM/5e2+G
とりあえず効用の意味がわかりません。

74 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/18(水) 10:18:25 ID:n0p80bjd
恋愛新自由主義が蔓延し、恋愛における格差社会もかなり深刻です。
一生童貞に終わる人が増えています。こういう人達のことを「恋愛プア」と呼びます。

あ、「童貞男には発達障害の疑いがある」という新たな記事をみつけました!

75 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/18(水) 16:39:08 ID:BRs6E9Gv
預金も投資も見返りを望んでする行動で、預金の方がより確実だから

76 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/18(水) 16:40:09 ID:BRs6E9Gv
効用は満足度です

77 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/18(水) 17:13:36 ID:imKDoBJ7
貯蓄といえ貯蓄と

78 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/18(水) 20:01:45 ID:7qoQlszz
>>68
モデルってわかりますか?どちらもGDPを決めるモデルで
すが、Y=C+Iのほうは、単純化のため、政府支出、輸出、
輸入がないものと仮定しています。

79 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/18(水) 22:29:21 ID:pQPx6sw8
>68
>78も書いてるけど、分析目的によっては政府支出や輸出を考慮しなくても
結論に影響が出ないことがよくある
そういう場合、単純化するために政府支出や輸出入をないものと仮定したほうが便利だからそうなってる

80 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/18(水) 23:38:38 ID:uwHeLTu0
今日、大学でミクロ経済学の試験だったのですが、
論述の2題があまり思ったように出来ませんでした・・・
解説できるかた、よろしくお願いします!

(問1)

ある個人は職業Uと職業Cのいずれかを選択するものとする。
個人が職業Uを選択した場合、所得は不確実であり他方、
職業Cから得られる所得は確実であり、その額はy円であるとする。
この個人は危険愛好者であり、個人は職業Uを選択するとしよう。
平均的には同額の所得が得られる時、
リスクのある方の職業を選択する危険愛好者の行動を例題を作って述べなさい。

(問2)

ベルトラン=ナッシュ均衡における二企業の価格決定行動について、
例題を作って述べなさい。


↑の2題の解説、よろしくお願いします!

81 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/19(木) 00:07:33 ID:bgomzk2a
       ____
     /      \
   /  _ノ  ヽ、_  \
  /  o゚⌒   ⌒゚o  \  公務員なんかいやだお・・・
  |     (__人__)    |
  \     ` ⌒´     /

       ____
     /⌒  ⌒\
   /( ●)  (●)\
  /::::::⌒(__人__)⌒::::: \   だから証券ディーラーやるお!
  |     |r┬-|     |
  \      `ー'´     /

82 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/19(木) 00:09:56 ID:Xvs9DeRA
>>80
こんなんで単位が出るとはすてきな大学だな。

83 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/19(木) 00:19:21 ID:wpqJNJWq
>>78>>79ありがとうございます!!

84 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/19(木) 00:29:20 ID:Qrik0+zs
>>82
二問目はともかく、一問目は面白くないか?
リスク愛好的な職業選択の実例っていってもなかなか思いつかないんだが。
...ひょっとして大学院生とかか?

85 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/19(木) 02:18:18 ID:MBy6N2cI
芸能人やスポーツ選手は、リスク愛好の例ではないか。失敗した
ケースを考えれば、平均収入が高いとは言えないでしょう。

86 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/19(木) 16:00:22 ID:pSBJaBQs
人生ゲームで考えればいーんだよ。
つ発明家

87 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/19(木) 16:05:35 ID:QW5ZSCaX
個人投資家はリスク愛好の例になるかな

88 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/19(木) 17:11:57 ID:HkFHY0m4
俺なら役者とか芸能関係にするかな

89 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/19(木) 18:10:22 ID:YBqkJD7N
お笑い芸人とかそれっぽいかな。

90 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/19(木) 19:54:08 ID:VETTBj4H
ADとAS曲線を求めろって問題があるのですが、アルファベットで表すと
どのような式になるか御教授願いたいです。


91 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/19(木) 22:24:33 ID:MBy6N2cI
>>90
アルファベットで表すと、D(P)=S(P) ですが。これでいんですか。

92 :90:2007/07/20(金) 00:54:04 ID:HPy9XeUS
お手数を掛けさせまいと思い出来るだけ単純化したものにしようとしましたが
すみません言葉足らずでした。

C=8+0.6(Y-T) I=41-4r G=3 T=0 Nx=-4 L=y/5+(26-8r) M=50

このときAD AS曲線を求めよという問題でした。

93 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/20(金) 04:01:45 ID:J2mnt33u
>>92
そういうのが困る。問題は正確にぜんぶ書くのがベター。
Y=C+I+G+Nx
L=M/P
これに代入して、連立させてrを消去すると、YとPの関係式になる。それがAD曲線。
AS曲線は>>92の条件だけからは出せない。

94 :90:2007/07/20(金) 10:54:43 ID:HPy9XeUS
すみません。ありがとうございました。非常に分かりやすいです。
お手数ですが上記の要領でAS曲線の求め方も御教授願いたいです。

95 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/20(金) 11:20:40 ID:XgasbGw2
ある財の価格が2000のときの需用量を100とする
ある日、価格が上昇したとき、需用量が80まで減り、消費者余剰が18000減少した。
この財の収入を最大化する価格を計算しなさい。


宜しくお願いします。

96 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/20(金) 11:35:45 ID:MUmox9Qt
>>94
は?
馬鹿か貴様は。
ASは求められないって書いてあるだろうが。この程度も分からないやつは氏ねカスが。

97 :96:2007/07/20(金) 19:07:49 ID:Z74hwMRf
すまん。かなり嫌なことがあって八つ当たりした。

98 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/20(金) 22:18:36 ID:jlO/rU5x
>>95
問題が不完全。これだけでは解けない。

99 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/20(金) 23:28:50 ID:XgasbGw2
>>98
テストでこの文章だけで出題されたのですが…

100 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/21(土) 00:30:14 ID:hx/TM0JG
>>99
そんなことはないだろう。もしそうなら、担当の教師は信用
しないほうがよい。

101 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/21(土) 00:31:49 ID:p9WhpnyW
1250じゃないの?

102 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/21(土) 00:52:42 ID:TEknljKR
ある個人は職業Gと職業Cのいずれかを選択するものとする。
個人が職業Gを選択した場合、所得は不確実である。
他方、職業Cから得られる所得は確実であり、
その額はyドルであるとする。
この個人は危険○○者であえい、個人は職業Gを選択するとしよう。
危険○○者の効用関数は、u=○○(uは効用、yは所得)
である。また個人が職業Gを選択する場合に、
1/2の確立で○ドル、1/2の確立で0になるとする。

(1)この場合、職業Gから得られる所得の期待値は( )ドルとなる。
(2)個人が職業Gを選択した場合の期待効用は( )である。
(3)個人が職業○を選択するのは、
  不確実な所得の期待効用が確実な所得の効用を○回るからであるから、
  職業Cから得られる所得yが( )ドル以下である場合である。


よろしくお願いします。

103 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/21(土) 01:00:39 ID:y7O4MwII
>>102
わかるところだけでも埋めたら?

104 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/21(土) 01:51:15 ID:q2z5vWft
AS曲線て文字で表すとどのように表せるか教えてください!

105 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/21(土) 06:41:29 ID:PFO2yeT8
>>104
>AS曲線て文字で表すとどのように表せる

AS曲線て文字だろ。



106 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/21(土) 10:03:05 ID:7KM3tvsN
>>95
需要曲線が直線というのがかくれた前提にあるんじゃないかな。
消費者余剰が台形の面積ということから、価格の増加分が導ける。
すると、新旧の価格と需要量の組み合わせがわかり、需要曲線の直線の式が出せる。
収入=価格×需要量に、価格=の形の需要曲線の式を代入すると、収入は価格の二次関数。
そこで、この二次関数を価格で微分して=0とおけば、答えが出ますな。

107 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/21(土) 13:40:51 ID:QWLmMQCF
>>104
おそらく期待している答えは総供給曲線

108 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/21(土) 13:53:16 ID:hx/TM0JG
>>106
なるほど。直線が仮定されているのか。

109 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/21(土) 14:50:33 ID:RQW0Rs/7
初心者です


耐用年数4年の資本財を稼働させると、毎年200万円の収益を予想できるとする。
当資本の現在価値を求めよ。利子率は5%とする

この答えがどうしても知りたいんです
すいません、どなたかお願いします

110 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/21(土) 15:08:57 ID:9sg1BAWw
武隈慎一『ミクロ経済学増補版』p.119 問3.4より

企業の生産関数が
q=2L^(1/4)*K^(1/2)
(Lは労働 Kは資本)
であるとき、企業の供給関数と要素需要価格を求めよ。

この問題で要素需要関数を求める際、費用を最小化してD(q,w,r)を求めました。
でも答えでは、利潤を最大化したらしく、D(p,w,r)になっていました。
費用関数を求める計算のときは費用最小化した要素需要D(q,w,r)を求めて、
c=wD_L(q,w,r)+rD_K(q,w,r)
のように求めたと思うのですが、普通に要素需要関数を聞かれたら、利潤最大化って思えばいいのでしょうか?
わかりにくくてすみません。

111 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/21(土) 16:48:36 ID:Jxw4l19j
>>110
利潤の最大化と費用の最小化は同義だったような希ガス。

112 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/21(土) 16:57:19 ID:KYo4kAEh
AとBが市場競争している場合、供給量をそれぞれQA,QB、費用をそれぞれCA,CBとする

需要関数 P=200-0.2(QA+QB)
費用はCA=20*QA, CB=20*QB

とした場合の、均衡状態における供給量、利潤、価格はどうやってもとめたらよいでしょうか・・?

初心者です よろしくお願いします。

113 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/21(土) 17:11:32 ID:a52Cay2v
「貨幣の需要は、利子率の減少関数である」

レジュメにこんなことが書かれていました。説明もありません。
この一文の意味が分かる方、教えていただけませんでしょうか。

114 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/21(土) 17:31:01 ID:hx/TM0JG
>>113
そのままじゃん。

115 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/21(土) 17:32:17 ID:og8W4EQ2
>>113
Ld=L1(Y)+L2(r)
じゃん?

116 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/21(土) 17:53:04 ID:og8W4EQ2
>>110
費用最小化より利潤最大化のほうが厳しい条件だよ。
費用最小化∋利潤最大化
だから利潤最大化されているならば費用最小化されているので、利潤最大化の条件で出してもいいと思うよ。

117 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/21(土) 17:59:56 ID:rXEU0BCp
>>112
利潤πA=P(QA+QB)-CAを微分する。

118 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/21(土) 18:55:49 ID:qfktG/ge
>116
その逆は成り立たないの?費用最小化されてれば利潤最大化されてるっていう。

119 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/21(土) 19:03:53 ID:og8W4EQ2
>>118
費用最小化の条件は
MPL/MPK=w/r

一方、利潤最小化の条件は
MPL=w/p
かつ
MPK=r/p

利潤最大化の条件から、費用最小化の条件は導けるが、その逆はできない。
費用最小化のときは、ある生産量のもとで費用最小化する。だから、その生産量が最適に選ばれているとは限らない。したがって利潤最大化されているとは限らない。

120 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/21(土) 19:07:48 ID:og8W4EQ2
ちょwww訂正www利潤最「大」化の条件ね。

121 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/21(土) 19:19:38 ID:KYo4kAEh
>>117
ありがとうございます><
微分してみたら、QA+QB=450が出てきました。
需要関数よりP=110となりました。

供給量、利潤、価格ってどうやって求めるのですか?
利潤=価格マイナス費用 なのはわかるのですが・・・


122 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/21(土) 20:02:23 ID:qfktG/ge
>119
あーなるほど。MCで費用を最小化しても、それを需要曲線に当てはめなきゃ利潤は最大化されないってことね。

だよね?

123 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/21(土) 21:55:17 ID:KFo/cHox
二種類の生産要素、資本と労働を用いて一種類の生産物を生産する企業を考えよう。生産技術には限界代戒律の提言が見られ、生産要素市場は純粋競争(完全競争)市場であるとして、つぎの問いに答えよ



問1 資本および労働の使用に掛かる費用を、それぞれ一単位あたりrおよびwとし、それぞれの限界生産力をMPKおよびMPKとするとき、生産の大きさを一定の水準に定めたときの費用最小化の条件は
r    MPK 
-  =----
w   MPR

であることを証明しなさい

問2 この企業の限界費用をMCとすると、つぎの等式が成り立つことを示しなさい。

       r    w
 MC =-----=---
      MPK  MPL





月曜日テストなのですが 力不足でわかりません

誰か教えてください お願いします。

124 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/21(土) 22:32:37 ID:me5eQSuV
マルチすんなボケェ

125 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/21(土) 23:01:04 ID:Vk9bALwL
>>123
マルチしたので絶対に答えて貰えませんね。

126 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/21(土) 23:02:16 ID:hx/TM0JG
>>110
一般均衡論的には、利潤最大化が正しい。

127 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/21(土) 23:03:58 ID:me5eQSuV
>>119を読めば分かると思うが?
第一問は等生産量曲線を描いて考える。
第二問は利潤最大化の条件
MPL=w/p
かつ
MPK=r/p
にp=MCを代入すれば求められる。

128 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/21(土) 23:16:44 ID:7bymlBEo
>>102を誰か頼みます。。。

129 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/21(土) 23:31:58 ID:hx/TM0JG
>>128
問題が不完全だから、答えられない。もう一度確かめて、
完全な問題を書いてくれ。

130 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/22(日) 00:01:19 ID:RQW0Rs/7
>>109はどうでしょう。。。

131 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/22(日) 00:50:52 ID:SIwC3SOa
助けてください・・・。

ある企業の(短期)費用関数を
C(y)=3y^3−9y^2+9y+3
とする。
(1)(短期)供給関数S(p)を(すべて)もとめなさい。
  なお、操業停止点に対応する価格をp*としなさい。
(2)利潤関数Π(p)を求めなさい。
(3)利潤関数の導関数Π'(p)を求めなさい。
  ただし価格はp*よし大とする。

自力で頑張って(1)の操業停止点のほうだけはわかりました。
おそらく(y,p*)=(3/2,9/4)
しかし他はさっぱりです。
よろしくお願いします。

132 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/22(日) 01:10:47 ID:zNBAcbEn
>>109
200/1.05+200/(1.05)^2+200/(1.05)^3+200/(1.05)^4が現在価値。

133 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/22(日) 01:26:53 ID:Qlj81+K/
すみません
>>112>>121もお願いします。
ほんとにすいません


134 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/22(日) 02:03:25 ID:o2pJzWjb
学校のテストで、コブ=ダグラス型の効用関数から需要関数を導出する仕方が分かりません。どのように導きだせばいいのでしょうか?詳しく教えてもらえたら幸いです。

135 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/22(日) 02:15:49 ID:HAU+oNkS
>>133
ttp://www.uploda.org/uporg916570.gif

136 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/22(日) 02:38:31 ID:Ue6zuZ31
生産フロンティアの問題で自国1200単位 労働量 メロン3スイカ2
自国のメロンの生産量を3単位減少させると、スイカは何単位増加?
と言う問題はどう考えればいいのですか?

137 :136:2007/07/22(日) 02:42:22 ID:Ue6zuZ31
減少するのはメロンでなくスイカでした、すいません

138 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/22(日) 02:54:58 ID:QfOyuFJK
この2題を誰か解ける方いませんか???
お願いします!



同一の商品を生産している複占企業AとBは、同一の価格Pで供給している。
市場の需要曲線はD=○○−P(D:市場全体の需要量)であり、
企業Aの生産量はQA、企業Bの生産量をQBとする。
企業Aの限界費用を12、企業Bの限界費用を○○とする。
各企業は他企業の生産量を所与と予想した上で利潤を最大化する。
また、他企業の生産量が分かり次第、予想を訂正していく。

1、クールノー=ナッシュ均衡における2つの企業の生産量を求めなさい。
2、この均衡における価格を求めなさい。

139 :110:2007/07/22(日) 02:55:22 ID:qeqIcHjS
>>116
それは何故ですか?

140 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/22(日) 02:55:50 ID:BxkCw1/l
>>127さん

一問は等生産量曲線を描いて考える。

第二問は利潤最大化の条件
MPL=w/p
かつ
MPK=r/p
にp=MCを代入すれば求められる。


勉強不足で説明ではわからないのですが どうかよければもう少し詳しく教えてください。
お願いします。


141 :110:2007/07/22(日) 03:18:39 ID:qeqIcHjS
要するに…2つの生産要素L,Kから生産物qを作るとすると、
q=f(L,K)

min_L,K wL+rK s.t. q=f(L,K)

費用最小化された要素需要D(q,w,r)を求める。

c(q,w,r)=wD_L(q,w,r)+rD_k(q,w,r)
で費用関数が出る。

w,rを一定と仮定して、
c(q)=wD_L(q)+rD_K(q)

完全競争を仮定して
π(q)=pq-c(q)

これをqで微分して
p-c'(q)=0
⇔p=MC(q)


ここまでとは別の流れで、πをL,Kの関数とみると、
π=pq-wL-rK=pf(L,K)-wL-rK

∂π/∂L=p*∂f/∂L-w=0

p*∂f/∂L=w

同様に
p*∂f/∂K=r
これを連立して要素需要関数

こんな流れでどうでしょう[
間違いあったら指摘よろしくです

142 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/22(日) 03:26:16 ID:zB4d1tVv
>>141
何がしたいの?

143 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/22(日) 03:40:50 ID:KcKQVwGQ
>>138
クールノー均衡を求める問題なら
企業1、2の利潤最大化条件、MR1=MC1、MR2=MC2を連立すると答えが出ますよ
他人に聞くなら、先に○○の部分を書かないと答えは出ないと思います

144 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/22(日) 04:14:28 ID:Qlj81+K/
>>135
本当にありがとうございました 涙
QB=450-0.5QA 
という反応関数を、Aが知っている場合の利潤最大化のための供給量はいくらになりますか?
これで、AとBが共同利潤最大化を行ったらどうなるでしょうか?

価格P=200-0.2QAー0.2QB
費用CA=20*QA、CB=20*QB
反応関数 QB=450ー0.5QA 
です

145 :sage:2007/07/22(日) 08:15:50 ID:q834CPtb
>>136
>自国1200単位 労働量 メロン3スイカ2

これどういう意味? 全部で1200単位の労働力があり、
メロンとスイカを1単位生産するのにそれぞれ労働力が、
3単位と2単位必要、ということ?




146 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/22(日) 11:21:36 ID:ZKSulvYM
>>145
はい そういうことです
説明不足でしたね、スイマセン
資料やネットで検索したのですが分からずじまいで…、ご指導お願いします

147 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/22(日) 12:07:21 ID:BxkCw1/l
1.資本の投入量1単位の増加にともなう生産量の増分=資本の限界生産力
生産量を不変に保つとすれば節約できる労働の量=資本の限界生産力/労働の限界生産力
資本の労働に対する限界代替率=資本の限界生産力/労働の限界生産力
資本/賃金率=資本の労働に対する限界代替率=資本の限界生産力/労働の限界生産力

よってr/w=MPK/MPRである

2.労働投入量の増分(a)と資本投入量の増分(b)
1=労働の限界生産力×a+資本の限界生産力×b
 =賃金率/労働の限界=資本代/資本の限界生産力
   限界費用=賃金率/労働の限界生産力=地代/資本の限界生産力


よってMC=r/MPK=w/MPL



できたけど なんか説明が不足している気がする

148 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/22(日) 12:48:12 ID:zNBAcbEn
>>146
スイカを1単位減らすと労働が2単位節約でき、これでメロ
ンが2/3単位生産できる。スイカを3単位減らせば、メロン
が2/3の3倍、すなわち2単位増やせる。

149 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/22(日) 13:01:08 ID:HII5bIPI
>>135は最後の最後でケタが違うなw

150 :136:2007/07/22(日) 13:22:57 ID:Ue6zuZ31
>>147 >>148
ありがとうございます!
お二人の解説を自分なりに解釈した(つもりです)ことをもとにして
例えばスイカを3増加したとすれば、
1単位増加すると-2/3の乱費で、3単位増加だと-2/3x3で-2の減少ということでしょうか?

151 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/22(日) 14:31:55 ID:zNBAcbEn
>>150
乱費ってなんだかわからんが、スイカを3単位減らしたら
メロンがどれだけ増えるか、という問題ではないのか?
この答えは2単位。

152 :136:2007/07/22(日) 14:54:44 ID:Ue6zuZ31
いやその問題の考え方を踏まえたうえで別の問題で考えてみようとしてみたんです、すいません

では 自国の労働力800単位 メロンとスイカを1単位生産するのにそれぞれ労働力が、
3単位と1単位必要の場合で、スイカの生産量を3単位増加させるとメロンは生産量いくらなのでしょうか?

153 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/22(日) 15:55:14 ID:zNBAcbEn
メロンの生産量は1単位減少。

154 :136:2007/07/22(日) 15:57:57 ID:Ue6zuZ31
>>153
何度もありがとうございました
解の流れを考えてみます
ありがとうございました

155 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/22(日) 16:01:36 ID:0CPENoLt
>>131お願いします><

156 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/22(日) 16:57:09 ID:fC17I9v2
>>143

返信ありがとうございます!!
○○は、数字を仮定したものだと思います。(数学でいうXのような)


157 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/22(日) 17:04:53 ID:op9YeDec
http://academy6.2ch.net/test/read.cgi/economics/1094090807/
のほうが向いてる気がする

158 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/22(日) 17:28:03 ID:qTA/smao
>>157
ここで答えて貰えなかったヤツはそっちに書いてるのな。
なんという典型的マルチ。

159 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/22(日) 17:47:27 ID:zNBAcbEn
>>131
価格と限界費用が一致する水準に供給量は決まるから、
p=9y^2−18y+9
をyについて解けば供給関数になる。yの解は二個あるが、
大きいほう。ただし、pはp*以上の部分だけ。それ以下の
価格のときの供給はゼロ。利潤関数は、
Π=py−C(y)
これを微分すると、
Π′=p−9y^2+18y−9
これでいいかな。

160 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/22(日) 17:57:31 ID:zNBAcbEn
>>131
>>159だけど、利潤関数の導関数は価格に関する微分かな。
だとすると、利潤関数はyに供給関数を代入して、
Π=pD(p)−C(D(p))
となり、これを、pで微分するんだね。


161 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/22(日) 18:04:30 ID:ep5frjYq
ニ財の効用関数u(x1,x2)=x1かけるx2
購買力m=10でニ財の価格P(1,2)から
P(1,1)に下落した時の
1、代替効果による消費計画の変化を計算せよ
2、所得効果による消費計画の変化を計算せよ
をよろしくお願いします。


162 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/22(日) 18:30:35 ID:qTA/smao
>>161
http://www.uploda.org/uporg917620.gif
x1、x2はx、yに変えたから。

163 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/22(日) 20:06:31 ID:ep5frjYq
>>162さん
ありがとうございます!こんな親切な方がいたなんて…。

164 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/22(日) 20:16:18 ID:0CPENoLt
>>159>>160
ありがとうございました。
(1)はわかったのですが、
(2)利潤関数と(3)利潤関数の導関数がよくわかりません、

(2)の答えは、Π=py−C(y)とΠ′=p−9y^2+18y−9 のどちらなのでしょうか?

(3)の答えはΠ=pD(p)−C(D(p)) を微分でしょうか?
D(p)はいったいなんでしょうか。

基礎知識がなくて申し訳ありません><


165 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/22(日) 20:26:25 ID:0CPENoLt
ミクロ経済学生産者理論の問題です。

2種類の投入要素で、一種類の財を生産する。

生産関数(資本K労働L)
f(K,L)=K^2/3L^1/3

資本賃貸率r=2,賃金率w=1とする。
産出量水準をq,産出物の価格pと書く。

このとき・・・

@K=2(固定)の、短期費用関数SC(q)を求めよ。
AK=2(固定)の、損益分岐点に対応する価格p*を求めよ。
BK=2(固定)の、短期供給関数S(p)を求めよ。
C長期費用関数LC(q)を求めよ。

よろしくお願いします!!

166 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/22(日) 20:54:13 ID:qTA/smao
>>165
何問あるんだwww

167 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/22(日) 21:03:08 ID:zNBAcbEn
>>164
ごめんなさい。D(p)はS(p)の間違いです。ここでS(p)は(1)で
求めた供給関数です。利潤関数は
Π(p)=py−C(y)=pS(p)−C(S(p))
導関数はこれをpで微分して求めます。

168 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/22(日) 21:20:42 ID:0CPENoLt
>>167
わかりました!
解決しました!
Π(p)=p−2p√p−6
Π'(p)=1−3√p
となりました^^
ありがとうございました。

169 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/22(日) 21:21:21 ID:0CPENoLt
>>166
これがラストです><

170 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/22(日) 21:42:28 ID:Qlj81+K/
>>144
シュタッケルベルグの解
共同利潤最大化の解

このとき方を教えていただけないでしょうか><


171 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/22(日) 22:18:08 ID:zNBAcbEn
>>168
計算ミスがないか、もう一度確認するといいよ。

172 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/22(日) 22:29:10 ID:0CPENoLt
>>171
え!??間違ってますか??汗
利潤関数において計算ミスはないとは思うんですが・・。
ってことは(1)の供給関数自体が間違ってるんですかね;;
p=9y^2−18y+9
をyについて解いて、供給関数がy=1+√p(p≧9/4)
って出たんですけどね・・。

173 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/22(日) 22:31:19 ID:woLg2MNz
固定費用が存在し、MCは逓増し、AC=MCのとき成り立つ命題、成り立たない命題はどれかという問題で
「その生産量で利潤が最大化される」「平均費用はその生産量のとき最低である」「その生産量で社会的余剰は最大となる」の3つはどれが成り立つのでしょうか?
問題の意味がわからん

174 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/22(日) 22:41:09 ID:zNBAcbEn
>>172
いや間違っているという意味ではありません。一般論として
言ったまでです。私はきちんと確認していませんので。ごめ
んなさい。


175 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/22(日) 22:43:57 ID:zNBAcbEn
>>173
二番目が成り立ちます。

176 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/22(日) 22:46:59 ID:woLg2MNz
ありがとうございます

固定費用が存在し、MCは逓増し、市場価格pはACの最低点を上回っているという条件下で、p=MCとなるよう生産量を決めたとき成り立つ命題、成り立たない命題、
だったら上の3つのうちどれが当てはまるでしょうか?
これも問題の意味がわからん

177 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/22(日) 23:00:55 ID:qTA/smao
>>176
問題の意味もわからんのに2番が答えだって聞いてそれでいいわけ?

178 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/23(月) 00:15:12 ID:qmoL8CDG
製品差別化をしている複占企業の価格決定行動が、
企業1と企業2の反応関数で示され、企業1は、P2=-3200+4P1、
企業2は、P2=550+0.25P1、である。
ここでP1は企業1の製品価格、P2は企業2の製品価格を表している。

(問1)
このような複占企業が直面している需要曲線を企業1と企業2について求めなさい。
ただし、2つの企業の費用関数は同一とし、
固定費用はともに30、可変費用はともに、「100×各企業の生産量」であるとする。

(問2)
2つの企業の固定費用がともに40に増大するとき、
ベルトラン均衡における企業1の○○と企業2の○○を求めなさい。


この問題を解ける方、いませんか???
難しくてわからないんですが・・・。

よろしくお願いします!


179 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/23(月) 00:27:27 ID:rzm1V/yX
必死なのはわかるけど、公務員試験板にまで乱入するのかどうかと・・・。
相手にされてないのは当然として、常駐組が引きまくって完黙してるじゃないかw

180 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/23(月) 00:30:29 ID:ZVQPiPze
>>178
だからさ、なぜ企業1の反応関数がP2=で始まってるわけ?
それあってるの?ww

181 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/23(月) 00:39:36 ID:7LVOtfV9
>>180
P1について解くとP1=800+0.25P2になるから、そういうことなんじゃない?

>>178
複数箇所で質問した時点で、もう誰も答えてくれないよ。

182 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/23(月) 00:47:13 ID:M8xh9GLR
この時期はいつも糞な質問が増えるね
ここと後すごい勢いで〜スレに
課題くらい自分でやれ

183 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/23(月) 00:47:25 ID:H7acA2Ac
>>162
俺は>>161ではないんだけど、もう一度うpお願いします

184 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/23(月) 01:01:13 ID:ZVQPiPze
クソな質問というかさ、質問が意味をなしてないんだよ。
とりあえず適当に写しただけで、問題の意味すらわかっていない。
解くこともできないような問題を載せる。数値しかり、式しかり。

>>183
俺計算ミス多いから数値があってるかどうかは不明だがw
http://www.uploda.org/uporg918416.gif

185 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/23(月) 01:21:52 ID:UKi7FHmZ
平野綾チンコ解説音源
http://www.42ch.net/UploaderSmall/source/1185119013.mp3

186 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/23(月) 01:25:04 ID:vwKq68tt
>>170もお願いします。明日提出なんです><
ほんとにお願いします


187 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/23(月) 01:35:52 ID:WeBPxZja
突然ですいません。マクロでの貨幣需要の式の導出の仕方を教えてください。

188 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/23(月) 01:49:23 ID:IOg0ufWC
生産関数をx=f(y1,y2…yn)として生産物価格をp、生産要素の価格をg=(g1、g2…gn)
固定費用はゼロ。
費用最小化を求める問題を解くときのラグランジェ関数は「(1)」であり、解必要条件として「(2)=1÷λ」が
導かれ、このときのλは「(3)」に等しい。さらにpは利潤最大化のために「(4)」に等しくなくてはならないので
λは「(5)」にも等しい。よって利潤を最大化する生産計画においてはgj=「(6)」が成り立たねばならない。(for=all j)
お願いします

189 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/23(月) 02:01:34 ID:8G2/f4Wl
所得のすべてを2財XとYに支出している消費者の効用関数が
U=XY
で表されるものとする。いま2財の価格をPx=1、Py=2、貨幣所得を24
とするとき、この貨幣所得の限界効用はいくらですか?

190 :理系は黒船:2007/07/23(月) 02:03:06 ID:HGlwiwDq
あのさー、一般最適化理論とかランダムウォークとかブラウン運動とか分かる??理系なら大体知ってる数式だけど、もし知らないなら、結論として経済学は理系のが得意って言い切れるよね、専攻じゃないのに。どう思う??







じゃ。

191 :しばは黒ぶた:2007/07/23(月) 02:03:43 ID:HGlwiwDq
あのさー、一般最適化理論とかランダムウォークとかブラウン運動とか分かる??理系なら大体知ってる数式だけど、もし知らないなら、結論として経済学は理系のが得意って言い切れるよね、専攻じゃないのに。どう思う??







じゃ。

192 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/23(月) 02:25:38 ID:y5EeeTOk
>理系なら大体知ってる数式だけど

お前、知らないだろwww


193 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/23(月) 02:27:33 ID:BKg830cs
うちの大学のテストみっけw

194 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/23(月) 02:31:25 ID:H7acA2Ac
>>184
どうもありがとう

195 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/23(月) 02:44:56 ID:8CTHapwj
C=4+0.6Y I=15-4r G=1 L=y/5-8r+40 M=50 P=1 Yf=60

このとき均衡国民所得と均衡利子率、総需要曲線を求めていただきたいです。
よろしくお願いします。

196 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/23(月) 03:18:13 ID:7LVOtfV9
>>190-191
一般最適化理論 -> 知らん。ストカスティック・アニーリングのことか?
ランダムウォーク/ブラウン運動 -> 知ってる。確率積分、確率的HJBはマクロの基本ツール。

197 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/23(月) 03:20:26 ID:7LVOtfV9
>>186
やってみたよ。解けたよ。答えは今僕の手元の紙切れに書いてあるよ。
でも、もう眠いから寝るんだ。お休み。

198 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/23(月) 07:47:39 ID:PaW1/COR
初歩的な質問スミマセソ。

U=xy+x
と与えられてるときの、財xと財yとの間の限界代替率はどうなります?
計算は-dy/dxでいいと思うんだけど、yで微分/xで微分って意味でok?
そうなると答えはx/y+1になるんですが…なんか解答と合わなくて(´;ω;`)

199 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/23(月) 10:59:42 ID:e3vJcTpC
U=xy+x
xy=U-x
y=Ux^(-1)-1

-dy/dx=1*Ux^(-2)=U/x^2=(xy+x)/x^2=(y+1)/x

200 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/23(月) 17:49:39 ID:g/V3T8LH
利子率のrって何?たまにiもあるけどこれはInterestだよな。

201 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/23(月) 18:27:37 ID:tSNFC2Io
i・・・名目利子率
r・・・実質利子率

202 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/23(月) 18:35:49 ID:g/V3T8LH
なるほど、thanks!

203 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/23(月) 19:17:34 ID:lqCFKiU2
独立消費がy円増加したことにより、国民所得がx円増加した。
このとき、ケインズの乗数理論による限界消費性向c1の大きさはいくらか
っていうのが出たんですけどヒントとかくださったらうれしいです。

204 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/23(月) 20:03:20 ID:4IzJF9MB
どなたか!
ベルヌーイナッシュ型効用関数の式を教えてくださいませ。

205 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/23(月) 20:50:47 ID:IOg0ufWC
全体効果ってのは所得効果+代替効果ですけど、
所得効果を先に考えた時と代替効果を先に考えた時では、消費計画の変化の値が変わってきますか?
要は、>>161の答えが二つずつないのかな。ということなんですが…

206 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/23(月) 21:23:55 ID:y5EeeTOk
>>203
次が成り立つ。
(1−c1)y=x

207 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/23(月) 21:32:41 ID:lqCFKiU2
>>206さん
ありがとうございます。
本当に助かりました。


208 :HELP:2007/07/23(月) 23:15:44 ID:tBwOow5V
世界の格差について経済学はどのように考えてきたか?
(近代化論、従属論、植民地主義、国際分業、資本、国家)
括弧内の語句をつかって論述せよ。
という質問が難しくてわかりません。助けてください。

209 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/23(月) 23:34:49 ID:CqEqVAvz
スルツキー方程式を数式を用いて証明せよという問題がわからないんですが…
言葉では何となく理解してはいるものの数式でとなると全く手がつけられないです。

210 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/24(火) 00:11:31 ID:glwGIui4
>>209
>>184がスルツキーだったけどもう流れたね。

211 :文学部:2007/07/24(火) 06:59:30 ID:2iILXNXR
ヴァリアン『入門ミクロ経済学』買ったーーーーー!
今日から読むぞ。

212 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/24(火) 08:42:58 ID:v3t1b7MH
消費者の最適化行動ってなんでしょうか?無知ですいませんm(_ _)m

213 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/24(火) 14:23:42 ID:4VmPEonI
ある財の所得が100万円のとき、その財の需要量は2000個である
所得が15%増えた後、何個需要されるかを計算しなさい。
ただし、この財の需要弾力性は2とする。


考え方を教えて下さい。
宜しくお願いします。

214 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/24(火) 14:29:39 ID:glwGIui4
>>213
「ある財の所得」ってどういう意味?

215 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/24(火) 15:47:13 ID:HcnLcriC
>>213
マルチ。

216 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/24(火) 16:33:41 ID:Xq0QHnnT
乗数理論で、兀/僭だったり兀/僭+儿だったりするのは、いちいち与式を代入して決めるの?
めんどくさいんだけど('д` )

217 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/24(火) 16:46:35 ID:iaGAjdyp
ある例題で:需要と供給関数が次のように表される
需要関数 X=1400-3P
逆需要関数 P=40+0、2X
市場均衡点での需要の価格弾力性はいくらになるか
ってのがあって、計算してくとP=200になるのはわかったんだけど
ed=3×200/800=3/4
この式の3×の3てどこからでてきたんですか?


218 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/24(火) 16:56:04 ID:EqUzzPkW
ケインズ派の供給曲線はどうして右上がりになるんでしょうか?
古典派の労働市場において賃金が伸縮的であるならば、労働の需要と供給が均衡するように実質賃金が調整されることになり、完全雇用が実現される。このとき、物価水準が変化すると、貨幣賃金も比例的に変化し、均衡の実質賃金と雇用量は変化しない。
したがってどのような物価水準でも産出量は完全効用水準で一定である。よって総供給曲線は垂直である
というのと対比にして文章をかきたいのですが、よくまとまりません
よろしくお願いします

219 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/24(火) 16:59:22 ID:4VmPEonI
>>217
需要曲線の傾き

220 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/24(火) 18:10:33 ID:iaGAjdyp
>>219bPのbってことですよね?ありがとうございます

221 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/24(火) 18:43:53 ID:fafoLpfp
質問です。

複数の除数的効用関数のもとで主体的均衡点を求めた時、どんな価格や所得でも同じ消費の組合せが選ばれるとしたら、その効用関数は同じ[ ]をあらわすといえる。
[ ]内を埋めなさい。

と言う問題が出たのですがわかりません。
誰かエロい人教えてください。(m´・ω・`)m

222 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/24(火) 19:03:33 ID:HcnLcriC
>>221
選好。

223 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/24(火) 19:37:53 ID:fafoLpfp
>>222
d

224 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/24(火) 20:11:21 ID:acdXd3Qc
毎年の財の価格と販売量の関係をグラフにとっていけば財の需要曲線を描くことができるか?図を用いて検討せよ
という問題が本で調べてもわからなかったのでよろしくお願いします
確か出来たと思うんですが 検討の仕方がわからないのでよろしくお願いします

225 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/24(火) 20:48:36 ID:fafoLpfp
すいません、また質問です。

・需要曲線と供給曲線の2本の式から均衡価格・均衡生産量を求める時、『解の一意性が確かめられていない』としたら、[均衡価格・均衡生産量が経済学的に意味の無い、マイナスの値をとるかもしれない]
・AさんはB財が高くて買えない時、効率的な資源配分を保ちつつAさんがB財を消費できるようにするには、政府は[B財の価格統制を行うのが良い]

こんな短時間に再度質問してしまって申し訳ないです(m´・ω・`)m
エロい人おしえてください

226 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/24(火) 21:27:57 ID:HcnLcriC
>>225
質問になってないが。正しいか誤りかを答えるのか?

227 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/24(火) 22:48:30 ID:rItGGZgR
>>226
[ ]内を正す問題なんです。
説明不足でしたね。ゴメンナサイ

228 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/25(水) 00:59:20 ID:OhOPCzYW
S大自重

229 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/25(水) 02:11:04 ID:vtybShLh
スレ違いかもで非常に申し訳ないのですが、どなたか以下の問題の解法を教えてください。
問題文そのままので、命令口調になってますがすいません。

ある地主が、労働L(0≦L≦60)を雇用し、農産物(y)を次の生産関数の下で生産しているものとする。
y=−2/5×L^2+50L
労働市場と生産物市場は完全競争であり、市場賃金を10、農産物価格を1、小作人を監督する費用はゼロとして、以下の問に答えなさい。
(1)賃金労働制度の下での最適な雇用労働量を求めよ。
(2)定額借地制度下で地主が設定し得る定額借地料の最大値を求めよ。
(3)分益小作制度において、地主にとって最適な分益小作率を求めよ。ただし、分益小作率は、(地主取り分):(小作人取り分)で示しなさい。

多数の生産者と多数の労働者からなる農村経済を考える。いま、労働市場における労働供給関数と産業全体の生産関数が次のように与えられている。
市場労働供給関数  w=N+10
産業全体の生産関数 y=−1/4×N^2+40N
ただし、wは市場賃金、Nは市場の全労働量であり、0≦N≦80。
(1)多数の生産者に含まれる零細企業Aの生産関数が
y=−1/2×L^2+60L
であるとき、この企業の最適な雇用労働量を求めなさい。
ただし、yはこの企業Aの生産量であり、Aの経済活動が市場に与える影響は皆無である。また、LはNよりも十分に小さい一企業における雇用労働であり(0≦L≦60)、Nとは単位が異なる。
(2)ここで、巨大企業Bがこの市場に参入し、市場に供給される労働を全て独占したとき、この企業にとっての最適な賃金を求めなさい。
ただし、Bの生産関数は産業全体の生産関数になり、雇用労働には全て同一の賃金を支払うものとする。

230 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/25(水) 02:32:10 ID:PsfZhWl2
消費関数がC=0、8Y+50、投資関数がI=-6r+20、貨幣需要がL=0、2Y-14r+300、貨幣供給がM=360のときの均衡国民所得と均衡利子率の求めかたわかるかた求めかたと答え教えてください!
どうかお願いします!

231 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/25(水) 02:35:23 ID:zJS+Rr3G
05年の国内総生産、国内総支出、国内総所得の3つの数値の関係わかりますか?

232 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/25(水) 04:02:02 ID:gWWab+v7
>>231全部一緒。

233 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/25(水) 08:06:38 ID:zJS+Rr3G
ある国の限界消費性向は0.7であるという。所得が100兆円増えると、A国では消費がいくら増えるのかわかりますか?

234 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/25(水) 08:18:22 ID:Bmv4cCdh
100兆×0.7=70兆

235 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/25(水) 08:34:57 ID:TYAsX5MP
エコノミーに経済と語訳があたえられた理由って分かりますか?

236 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/25(水) 09:32:05 ID:8rlfPD6B
x財y財ともに上級財でx財の価格が上がった場合y財は代替効果によって消費量は上がり、所得効果によって下がる、であってますよね?
で、y財の全部効果は上がるか下がるかどちらともいえないんでしょうか?
それとも代替か所得か片方が必ず大きくなるとかあるんでしょうか?

237 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/25(水) 09:59:27 ID:WfBktLPr
>236
無差別曲線の形状に依存するから分からん。

238 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/25(水) 11:28:34 ID:JBf33GYR
2期間だけ生きる家計で、第1期の実質所得が100、第2期の実質所得が275
実質利子率が10%のとき、生涯所得は?

という問題の答えがなぜ350になるか教えてエロい人…

239 :文学部:2007/07/25(水) 11:42:57 ID:F0GDQMC+
>>235
経国済民

240 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/25(水) 12:08:41 ID:cVulv+MJ
>>231>>233も他のスレで聞いてるよ。
しかもこんなクソみたいな問題www

241 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/25(水) 14:31:36 ID:M8B8roVV
>>238
問題文に「生涯所得の『割引現在価値』は?」と書かれてなかったか?

割引現在価値は、将来にわたる受け取りを現在の受け取りで
換算しなおしたもの。

第2期の所得275を第1期の所得に置き換えるには、
粗利子率1.1で割ってやって、275÷1.1=250
(今期250持ってて、それをまるまる貯蓄したら来期には
275になる。それを逆転させたもの)

これに第1期の所得100を足して(今期の所得は割り引かれない)、
350になる。

242 :Mr.マクロシエンティスト:2007/07/26(木) 01:34:27 ID:w+i830jO
無差別曲線は差別的均衡値の値動きに反応しづらいからその範囲では続落します。なので統計学にいうジャスダック平均とは正規分布しています。



バーナンキンムシもグリーンスパイパンもバカだからこういう議論に慣れてない。彼等はマサチューセッツではマッチポンプに過ぎない

243 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/26(木) 03:45:27 ID:tf7Dn8JR
パーシェ式価格指数とGDPデフレーターの関係について述べなさい。

クラウディングアウトとは何か。

流動性のわなとは何か。

という3つの問題を出されました。
どのように回答すればいいでしょうか?

244 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/26(木) 04:59:48 ID:IjvZiAO/
>>243
ぜんぶ定義を聞いてるだけなんだから、教科書丸写ししなよ。

245 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/26(木) 13:46:22 ID:+W9wle0u
古典的な貨幣数量説では、貨幣需要の増加関数って何になってるの?

246 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/26(木) 14:16:43 ID:YDttQpGV
大学の授業で経済学があるのですが、おすすめの参考書はないでしょうか?


247 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/26(木) 15:06:11 ID:oacr5lyq
>>246
どういう経済学ですか。
ミクロマクロその他諸々。

248 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/26(木) 15:32:49 ID:PaxVjHaX
>>245
よく意味が分からん。取引動機に基づく貨幣需要なら
所得の増加関数になるが、そういうことかな?

249 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/26(木) 16:08:46 ID:ybhGTHJ0
ハクサイの需要量が Q^d=10-2P、Q^d:需要量 P:価格で与えられている

問1)P=4における価格弾力性を求めよ
問2)価格が0<P<5の範囲で変化するとき、需要の価格弾力性はどのように変化するか
問3)今年のハクサイの生産量はQ=4となることが見込まれている。
  この場合、農協主導でハクサイの産地廃棄を行うことは、農家にとって好ましいだろうか
  生産量Q=8が見込まれる年はどうだろうか

助けてください><

250 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/26(木) 16:10:35 ID:wiEaQXpL
資産の特徴の1つである「リスク(危険性)」は収益率の分散ないしは標準偏差によって捉えられるということですが・・・
その収益率の分散ないし標準偏差ってのはどういう意味なんでしょうか?


251 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/26(木) 17:51:35 ID:37jDxXx6
消費税がかけられた場合、消費税は従価税だから
供給曲線は傾きを変えながら上方にシフトする、でいいのでしょうか?




252 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/26(木) 17:53:06 ID:CFI+C56l
効用関数u=x1^2x2で無差別曲線を書くと、x2が4の時はx1は1、x2が1の時は2となっているんですが、これはどういう方法で無差別曲線が求められるのでしょうか?
お願いします。

253 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/26(木) 18:53:53 ID:x6pnrFtS
>>251
それでよい。

>>252
その無差別曲線は、u=4 をもたらすx1とx2の組み合わせで
しょう。

254 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/26(木) 18:58:46 ID:x6pnrFtS
>>250
分散と標準偏差は統計学のテキストを読め。一番簡単そうな
のを、図書館で借りればよい。

255 :246:2007/07/26(木) 22:13:22 ID:YDttQpGV
>>247
今やってるのはミクロです。
需給曲線の計算とか、税とか補助金がどうとか… 

何かオススメのものはありますでしょうか?

256 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/26(木) 22:31:57 ID:oacr5lyq
>>255
そこまでおすすめって訳じゃないけど、初心者だっていうなら
コア・テキストミクロ経済学 (ライブラリ経済学コア・テキスト&最先端) (単行本)
多和田 眞 (著)

結構わかりやすく書いてあるよ。練習問題模範解答のミスは異常に多いけどw

257 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/26(木) 22:38:43 ID:os8OZGIK
平野綾チンコ解説
ttp://www.42ch.net/UploaderSmall/source/1185119013.mp3


258 :246:2007/07/26(木) 22:43:45 ID:YDttQpGV
>>256
レスありがとうございます。

模範解答のミスが多いというのは…物凄く不安なんですが。。。

259 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/26(木) 22:44:29 ID:n2lu0BkD
>>255
一般教養なら、公務員試験用の『らくらく』がコンパクトにまとまっててお勧めです
あまり深入りできず、面白さは半減ですが、教養科目には十分過ぎる

学部なら、数式が少なくて取っ掛かり易い伊藤元重が俺のお勧めです

260 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/26(木) 22:46:06 ID:U9CTChRt
この問題の解法がわからないので教えてください。

問題1 ある消費者の効用関数を、第1財の消費量をX1,第2財の消費量をX2として、
u(X1,X2)=(X1)^1/2・(X2)^1/2と表せるとする。このとき、以下の問いに答えなさい。

(1)X1=X2=4とするときの第1財の効用関数を、数値で求めなさい。

(2)第1財の価格を30、第2財の価格を10とし、この消費者の所得を600として、第1
財と第2財の効用を最大化する消費量を求めなさい。

261 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/26(木) 22:47:22 ID:U9CTChRt
(1)X1=X2=4とするときの第1財の限界効用を、数値で求めなさい。
でした。よろしくお願いします。

262 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/26(木) 22:51:53 ID:oacr5lyq
>>258
計算ミス(四則演算)が多いだけですが、気になるならやめた方が無難でしょうかね。

初級の教科書である程度中身のあるものってなかなか少ないですよ。
大学の書籍部でいろいろ比べてみるといいかもしれんね

263 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/26(木) 22:54:36 ID:5jAOgUVH
ISLM、BPモデルの解き方教えてください

264 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/26(木) 22:57:27 ID:oacr5lyq
>>260
(1) 1
(2) (x1,x2)=(10,30)

265 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/26(木) 23:50:50 ID:BdUmBfOM
問 ある生産者の費用関数が、費用をC、生産量をyとして、C=10y^2+5であるとする。

(1)この場合の平均(総)費用曲線と限界費用曲線の式を求めなさい。

(2)産出物の価格をpとして、供給曲線の式を求めなさい。

(3)(2)の供給曲線と同じ供給曲線を持つ生産者が20人いたとして、その場合の市場の供給
曲線を求めなさい。

解き方を教えてください。お願いします。

266 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/27(金) 01:56:51 ID:9yG2bU0L
>>264
(1)が間違ってる。

267 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/27(金) 02:03:19 ID:KbZT/X4v
>>266
ほんとだ。限界代替率だと思ってた。

268 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/27(金) 02:17:30 ID:9yG2bU0L
>>267
この問題で限界効用を問うのもなんだよな。普通は限界代替率
でしょうね。

269 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/27(金) 02:17:49 ID:SflGizcg
『企業が赤字になってもすぐ廃業しないのは何故か。ミクロ経済の観点から説明せよ。』
となっているのですが、調べるにもまるで見当がつきません。
どなたか教えて頂けないでしょうか?

270 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/27(金) 02:22:13 ID:oL6YULcR
>>269
操業中止点以上損益分岐点以下なら固定資本投資の回収ができるから、赤字でも廃業しないほうがミクロ経済的に得だから

271 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/27(金) 02:34:57 ID:SflGizcg
>>270
ありがとうございます。
助かりました。

272 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/27(金) 03:05:28 ID:W+rTRLUh
>>253遅れましたが、ありがとうございます。

273 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/27(金) 08:47:28 ID:KbZT/X4v
>>269
同じ問題を聞いてるヤツが他スレにいるんだがな。
まあなんでもいいけどさ。

274 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/27(金) 09:01:43 ID:WNjTPQI5
恒常所得仮説において平均消費性向は一定なの?
好景気には減少すんじゃなかった?

275 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/27(金) 09:22:23 ID:WNjTPQI5
もう一個質問。
Ypって所得とはまた違うの?

276 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/27(金) 14:48:12 ID:mWpFVHEm
マネーサプライの本質が民間銀行の貸出しってのはどういうこと?
民間銀行が貸出しをすることで金利が得られるってこと?

277 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/27(金) 16:26:46 ID:7ds5/n40
>>276
信用創造でぐぐれ

278 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/27(金) 17:34:29 ID:6vEuKgJ0
良スレ

279 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/27(金) 20:41:55 ID:qXWn0u02
『A国では、貨幣の流通速度は一定である。実質GDPは年率5%、貨幣ストックは年率14%伸びており、名目利子率は11%である。この国の実質利子率は何%か?』

解説よろしくお願いします。

280 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/27(金) 21:58:23 ID:f/Tbk927
生産関数がx=y1^2/3+y2^1/6
x=生産量 y1,y2=生産要素 生産物価格p=6 要素価格g1=1 g2=16
一 (y1,y2)における技術的限界代替率
二 生産の拡張経路
三 費用関数
四 利潤を最大化する生産量と要素投入量
計算が激しくなるんですけどお願いします

281 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/28(土) 00:38:52 ID:XWQCt/+L
この時期は質問と宿題依頼を勘違いしてるヤツが多いなぁ。

282 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/28(土) 00:52:20 ID:YCB47Mw3
>>281
もうそろそろ終わるだろうがね。

283 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/28(土) 06:31:36 ID:mqa0vPMA
試験期間だから試験問題をうpするやつが多いんじゃね

284 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/28(土) 06:53:56 ID:Zhk1FU6N
「この問題のここが分からない」っていうんじゃなくて
問題丸投げして「お願いします」のひとことでおしまいだもんな。

285 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/28(土) 10:40:11 ID:YCB47Mw3
>>280は、とりあえずどこまでやったかを書いたらいいと思うよw

286 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/28(土) 16:02:54 ID:spqFqb8/
マクロの質問です
マクロ経済モデルが次の式で表されるとき均衡国民所得Y*を求めるという問題で、

Y=C+I+G+X-M
C=cY+A

が所与の式で輸入関数が与えられていないのですがこういう場合
輸入関数を一定として計算して

Y*=1/1-c(A+C+G+X-M)とするのか

輸入関数を考慮して例えばM=mY+Bという式を自分で提示して

Y*=1/1-c+m(A+C+G+X-B)とするのか、どちらにすればいいんでしょうか?
お願いします


287 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/28(土) 20:20:43 ID:JjleZDEU
国民所得に比例するとか書いてないなら一定だよ。

288 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/28(土) 20:43:25 ID:U9mkEM6w
微分での解き方を教えてください。
問題:企業1と企業2の間には、外部性が存在し
企業1は企業2に外部不経済を与えるものとする。
企業1は、x財を生産し、その費用関数は次の通りに示される。
ここで、C1は企業1の総費用、Xはx財の生産量である。

C1=2X^2

他方、企業2はy財を生産し、その費用関数は次のように示される。
C2は企業2の総費用、Yはy財の生産量である

C2=Y^2+XY

2つの企業が協力して、2企業の利潤の合計を最大にするように
行動するならば、2企業の生産量はそれぞれいくつになるか?
なお、x財の市場価格は45、y財の市場価格は20である。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
まず、利潤πを求める。
企業1 π=45X-2X^3 企業2 π=20Y-Y^3+XY

すみません。此処までしかわかりませんでした。
ご指導、ご鞭撻のほど宜しくお願いいたします。
申し訳ございませんが、詳細に式の展開の助言をお願いします。


289 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/28(土) 22:37:46 ID:FnyY5LTy
>>286
その場合は>>287のいうとおり、輸出入は定数として扱えばいいよ。

>>288
利潤からして間違ってるぞ。与えられてるのは総費用関数だから
あらためてxやyをかける必要はないんだ。つまり
企業1:π1=45x-2x^2
企業2:π2=20y-(y^2+xy)

問題は、π1+π2=45x-2x^2+20y-(y^2+xy)を最大にすることだね。
xとyでそれぞれ偏微分すれば、一階の条件が
[x]: 45-4x-y=0
[y]: 20-2y-x=0
となる。この連立方程式を解けば、x=10,y=5になる。

290 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/28(土) 22:51:07 ID:U9mkEM6w
>>289
ありがとうございます。
最初から間違っていたなんて。
情けないーー。

291 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/29(日) 00:28:33 ID:PiDwcDje
途中まで考えてることが分かる人には答える気にもなるね
問題丸投げ厨は…

292 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2007/07/29(日) 00:44:36 ID:2zuvcoSH
>途中まで考えてることが分かる人には答える気にもなるね
>問題丸投げ厨は…

申し訳ございません。
π1+π2=45x-2x^2+20y-(y^2+xy)
π1=45x-2x^2
=45-4x
π2=20y-(y^2+xy)
=20y-y^2-xy
=20-2y-x
最大化=利潤 0

情けないですが、教えてください。
[x]: 45-4x-y=0
の式「-y」は、どこから代入するのでしょうか?

お手数ですが、教えてください。



293 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2007/07/29(日) 01:06:29 ID:tDlVmRsP
君のことじゃない
まぁ確かにほんと初歩的なところで詰まってるがまだ考えた形跡がある

その代入というのが良く分からないが、
-yがどこから出てくるのか分からんということか?
それは「外部不経済」のモデルだから、ある企業の生産行動が他の企業の費用を
増加させる効果を持つ。そのために、全体としての利潤の合計を最大化するためには、
それぞれの企業の利潤を個別に最大化するんじゃなく、>289のやってるように
あたかも一つの企業の問題であるかのようにπ1とπ2を足して全体としての利潤関数πを
導き出して、xとyで変微分して=0と置いた式を連立させて解く必要がある。

294 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2007/07/29(日) 01:21:20 ID:2zuvcoSH
外部経済効果で企業1から企業2の利潤が減っています。
だから、内部化の考えで企業1+企業2での利潤を求めます。
π1+π2=45x-2x^2+20y-(y^2+xy)
の偏微分が分かってないってことですね。
π1+π2=45x-2x^2+20y-(y^2+xy)
π1=45-4x
π2=20-2y-x
と言うのは、間違いなのでしょうか?

お伺いするのも申し訳ないのですが
もう少し、ご助言を頂けないでしょうか。


295 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2007/07/29(日) 01:25:14 ID:2zuvcoSH
あ、わかりました。
π1+π2=45x-2x^2+20y-(y^2+xy)
=45x-2x^2+20y-y^2-xy
xで微分
45-4x-y
yで微分
20-y-x

計算、間違っていますか?


296 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2007/07/29(日) 03:44:30 ID:dzBE9M1e
あってるよ。

297 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2007/07/29(日) 04:13:06 ID:jXCKNck2
Aという選択肢を選んで行動すれば100万円の利益が
Bという選択肢を選んで行動すれば200万円の利益が
あったとすると、AはBと比べ100万円の機械費用があったと考えるの?

298 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2007/07/29(日) 08:33:43 ID:6pS8AKcI
>>297
Aを選択することの機会費用は200(Bを選択すれば得られた
はずの200を失っているからです)、同様に、Bを選択するこ
との機会費用は100と考えます。

299 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2007/07/29(日) 10:15:23 ID:JOZShuSQ
つまり合理的な人間は機会費用の少ない選択をして生きるんだよ。

300 :シマウマ:2007/07/29(日) 11:15:14 ID:f06F1o0f
わし物理学で場の量子論やってるもんだけど、なんだね
今の経済学が数式をこねくり回して屁理屈こいてるの可哀想になるよ。
現実の社会でそんな数式役に立つのかね。人類の経済がどうすれば自然
環境のなかで人類民が幸せになれるか、それを考えるのが経済学だろ
経世済民、民のために世の中を経営する学、これが経済学だろ。


301 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2007/07/29(日) 11:18:33 ID:ffzwCj1l
政策決めるときには使ってるから役に立ってないことはないと思うんだけどね。

302 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2007/07/29(日) 11:53:15 ID:GMmlNSRP
>>300
数式を使って考えるのはそのための手段ですよ。

303 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2007/07/29(日) 14:51:11 ID:6pS8AKcI
>>300
物理をやっていないのがバレバレ。

304 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2007/07/29(日) 15:00:47 ID:NxQCMjle
>現実の社会でそんな数式役に立つのかね。
ひも理論とか、ブラックマターと同じじゃまいか?
理論とともにいろいろな観測技術が発達すれば、より正確な宇宙の成り立ちとか構造が分かるようになるばず
現代物理だって、数式をこねくり回して屁理屈こいてるだけにしかみえない
今のところ、、

305 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2007/07/29(日) 15:02:36 ID:NxQCMjle
>>304
でも、漏れは否定しないよ
物理学者たちの知的探求を、、

306 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2007/07/29(日) 16:36:50 ID:JOZShuSQ
>300
ケインズ曰く、『経済学は一種の論理学』だってさ。わかった?

インフレが穏やかだとフィリップス曲線は何で緩やかなの?

307 :あやか:2007/07/29(日) 20:19:30 ID:9yA+XS27
マクロ経済学の問題の解き方を教えてください><

問題
A国では、貨幣の流通速度は一定である。実質GDPは5パーセント、貨幣ストックは年率14パーセント伸びており、、名目利子率は11パーセントである。
この国の実質利子率は何パーセントだろうか。

よろしくお願いします。

308 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/29(日) 20:58:54 ID:JOZShuSQ
>307
公式使えよ

309 :あやか:2007/07/29(日) 21:08:39 ID:9yA+XS27
どうやって公式使えばいいんですか?

310 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/29(日) 21:20:17 ID:l9Y6UpjS
>>307
女のフリまでしてマルチ乙ですw

311 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/29(日) 23:51:25 ID:fZOADBQ60
すみません。教えて下さい。
マクロ経済を次のように想定する。
C=40+0.75Y
I=45−500i
M=175+0.25Y-500i
この経済の下でマネーサプライを1兆円増やすと均衡国民所得はいくら増えるか?
Y=C+Iの公式を使って不要な数字を削除?
0.25Y=500i
M=0.25Y-500iを解いて2でいいのでしょうか?


312 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/30(月) 00:58:17 ID:wR8CyBx1
うん、まぁそんな感じかな。とりあえず答えはあってる。ただ、計算過程も採点対象になる試験なら
減点されるかもね。差分の式を使ったんなら、ちゃんと凾付けて区別しないと。あと
>Y=C+Iの公式
そんな名前の公式はないw

まぁ、どうせ試験終わればすぐ忘れるんだから、どうでもいいかw

313 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/30(月) 02:16:00 ID:/+2OzgWV
有難うございます。
剳tけて明日は頑張ってきます。

314 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/30(月) 02:26:30 ID:GoYLaIVd
ミクロでわからないんすけど死荷重ってなんすか!?

315 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/30(月) 02:27:51 ID:BzEyj+s1
>>314
テキスト見ればいいと思うよ
それくらい基礎単語

316 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/30(月) 03:33:17 ID:tlRrLN5/
>死荷重
ホラーのタイトルだお

317 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/30(月) 05:07:19 ID:S19VzwT3
ミクロ経済を独学で学び始めたばかりの初心者なんですが、
次の問題が解けなくて困ってます。


(問1)コメを海外から自由に輸入するとともに政府の補助金政策が廃止されるなら、
   政府の補助金が(   )いる時に比べて、社会的厚生は増加するか?
   それとも、減少するか?
   (  )を埋めて、その理由を図を用いて述べなさい。


図はどんなものか教えてくれるだけでいいので、
どの様に論述して解けばいいのか教えてください!


318 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/30(月) 05:23:32 ID:FP4GJfFB
>>317
問題として成立してない気がするな

319 :317:2007/07/30(月) 08:20:03 ID:T5rY8T+e
自己解決しました!

320 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/30(月) 10:53:15 ID:bHh27qPk
>テキスト見ればいいと思うよ

ここで質問している人々は、テキスト買っていない、授業には出てない、
図書館に行く気力もない、とりあえず期末のテスト or レポートを意味わからなくても
突破して可でもいいから単位取れればそれでOK、というのがデフォルト設定。

321 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/30(月) 11:30:17 ID:k3PzSOvh
なんというスレの勢い
これは間違いなく試験期間

322 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/30(月) 18:33:04 ID:BzEyj+s1
>>320
だったら切り返しはこうか

「ググレカス」

323 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/31(火) 18:13:05 ID:MbtiBl8i
「価格消費曲線が垂直の場合には、その財は上級財・中級財・
 下級財のいずれか」
この問題の考え方がわからなくて困っています。
価格消費曲線が垂直→割高・割安のとき共に需要量一定→代替効果なし?
と考えていったのですがさっぱりわかりません。
根本的な考え方が間違っているのでしょうか・・



324 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/31(火) 18:39:24 ID:PkR6WUgr
グラフを描いてみれば明らか。

第一財の価格低下→予算線の傾き緩やかに→代替効果で需要増加
→しかし価格消費線が垂直ということは、その代替効果を打ち消す所
得効果があるはず→この場合、第1財の価格低下により実質所得が
増えているので、所得増⇒需要減、ということでこれは下級財。

325 :323:2007/07/31(火) 22:59:14 ID:X1SKDwxL
>>324
丁寧な回答どうもありがとうございます。少しわかってきました。
>第一財の価格低下→予算線の傾き緩やかに→代替効果で需要増加
>→しかし価格消費線が垂直ということは、その代替効果を打ち消す所
>得効果があるはず

ここまでと

>この場合、第1財の価格低下により実質所得が
>増えているので、所得増⇒需要減、ということでこれは下級財。
は理解できたのですが、この間を?ぐことができません。
代替効果により需要増かつ所得効果により需要減→全部効果としてゼロ
実質所得の増加に対し需要の増減無しなら中級財?と思ってしまう
のですが、どのように考えたらいいのでしょうか。
よろしくお願いします。


326 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/01(水) 01:23:00 ID:CWBlU1mH
自分でおかしなこと言ってるって思わない?

>代替効果により需要増
>所得効果により需要減
>全部効果としてゼロ

所得効果で需要が減少するってわかってるんでしょ?
なのに、なんで

>実質所得の増加に対し需要の増減無し

ってことになるの?実質所得の増加に対して、需要は増減無し、じゃなくて需要減だって自分で
上で書いてるのに。それとも、価格消費線の意味がわかってない?所得消費線じゃないからね。
所得消費線が垂直だっていうなら、所得の増減に無反応だから中立財だけど。

327 :323:2007/08/01(水) 09:31:08 ID:+4uxrVej
実質所得の増加と全部効果として増減ゼロ、から
>実質所得の増加に対し需要の増減無し 
としてしまいました。
所得の変化に伴う増減だけで評価すればよかったんですね。

そもそもの定義をきちんと理解できてなかったみたいです。
復習してきます。
324さん、326さんどうもありがとうございました。


328 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/01(水) 10:12:27 ID:EndnV0oi
なぜ名目賃金に下方硬直性があると非自発的失業が発生するんですか?

329 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/01(水) 10:24:10 ID:xpl+aVrr
逆に聞きたい。なぜ名目賃金に下方硬直性があるときに非自発的失業が発生しないと思うのか?

330 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/01(水) 11:04:04 ID:dx2z1wjU
名目賃金の減少関数である右下がりの労働需要曲線と、名目賃金の増加関数である
右上がりの労働供給曲線を考える。

両者の均衡に対応する名目賃金水準をw*としよう。ところが何らかの制度的要因など
で現実の賃金水準がそれより高い w0 に維持されているとする。その水準では需要よ
りも供給が過剰になるが、この場合ショートサイドの原理により、需要分に見合うだけ
の労働供給は雇用される。残ったのが非自発的失業。

下方硬直性がなければ、賃金は均衡水準まで下落し、全ての働きたい労働者は雇用
される(はず、ということに一応はなっている)。

詳しくはマクロ経済学の教科書の、総供給曲線の導出の項を参照。

331 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/01(水) 11:14:16 ID:EndnV0oi
>330
とても分かりやすかったです。
これは効率的賃金仮説と同じことを言ってるんですか?

332 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/01(水) 11:14:53 ID:eCGamOyR
>>331
分かりやすかったんじゃないのか?

333 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/01(水) 11:17:42 ID:dx2z1wjU
>>331
全然違う。

334 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/01(水) 11:25:26 ID:oa6RYEkp
    (;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::::::\          .i:::::::://///::::::::::::::::::::|
    //        ヽ::::::::::|         .|::::::/ ::////⌒⌒ i.:::::::ノ
  . // .....    ........ /::::::::::::|        .|:::::/         |::::|
   ||   .)  (     \::::::::|         |::/.  .ヘ    ヘ.  |::|
   .|.-=・‐.  ‐=・=-  |;;/⌒i ぽん!   ⊥|.-(=・).-.(・=)- .|⊥
   .| 'ー .ノ  'ー-‐'||||   ).|        l .!:;  ⌒´.し.`⌒  ::|. l
   |  ノ(、_,、_)\      ノ   ////   ゝ.ヘ         /ィ
   |.   ___  \ U  |          -‐ヘ  <ニ二ニ>  /─-
   ..|   エエエエヽ     /|:\  /⌒⌒⌒\/ !\  ̄ /!\    ゙̄ー- 、
    ヽ  ェェュュノ    //::::::::// / / /⊂)
    /\___  / /:::::::::::::::  _______∧_____________
  ./::::::::|\   /  /::::::::::::::::: /                               \
                    | 民主党のマニフェストは完璧!財源も実行力もある!|
                    | あのマニフェストがあってこそ参院選の勝利!    |
      /::::::::::::::::::::::::ヾヽ
      .i:::::::://///::::::::::::::::::|
     .|::::::/ ::////⌒⌒ i.:::::ノ
     .|:::::/         |::::|
      |::/.  .ヘ    ヘ  |::|
      .⊥|.-(=・).-.(・=)-.|⊥   | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
     l .!:;  ⌒´.し.`⌒  ::|. l   .| ・・・えー、小沢さんが入院しました
      ゝ.ヘ         /ィ  _ノ
    __,. -‐ヘ  <ニ二ニ>  /─- __ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
_ -‐ ''"  / !\  ̄ /!\
【政治】 「小沢氏なぜ出てこない」 田原総一朗ら、怒りや批判…「私では役不足ですが」と民主・菅氏★5
http://news22.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1185840645/

335 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/01(水) 14:06:25 ID:EndnV0oi
>333
『何らかの制度的要因』の説明が効率的賃金仮説じゃないの?

336 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/01(水) 15:15:47 ID:dx2z1wjU
「一般理論」が書かれた当時、念頭に置かれていたのは強硬なスタンスの労働組合の存在。
あるいは、労働者が名目賃金にこだわる(古典派第二公準の否定)点を強調するなら、人々の
貨幣錯覚を想定していたことになる。

効率的賃金仮説は、かなり後になってニューケインジアンと言われる人々が価格の粘着性を
説明するために考え出した理論。メニューコスト理論やインサイダー・アウトサイダー理論も
その系譜。

『何らかの制度的要因』の(ひとつの)説明が効率的賃金仮説、という言い方は確かに正しいが、
>>330の説明そのものが効率的賃金仮説と同じだ、などと試験で書いたら絶対減点。



337 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/01(水) 15:54:30 ID:dZRzvioo
固定相場制度時代において、アメリカのインフレが他国のインフレに繋がるというのがよくわかりません。
実質為替=名目為替×(外国物価/国内物価)
上式にて、固定相場だから名目為替・実質為替が一定で、アメリカ物価が上がったから他国物価も上がったという理解でいいのでしょうか?

338 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/01(水) 16:13:37 ID:EndnV0oi
>336
なるほど、効率的賃金仮説は後付けの説明か。
サンクス。

339 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/01(水) 16:50:33 ID:vVfBgC90
>>337
固定相場では、

アメリカのインフレ=貿易収支の赤字化
→相手国側の貿易収支黒字化
 →相手国側のベースマネー増加(外貨準備増加の裏返し)
  →相手国側もインフレ
アメリカのインフレ=相手国のインフレとなるまで、上記プロセスが続く

という解釈もありかなと思う。

340 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/01(水) 20:08:08 ID:H9CMoWOr
競争企業の短期費用曲線を
C=16x^3-24x^2+12x+5とする。
1.限界費用曲線、平均費用曲線、平均可変費用曲線を求めなさい。
2.企業の供給曲線を求めなさい。

過去問なんですが、どう答えればいいかわかりません。
1.について、
SMC=dC/dx=48x^2-48x+12
SAC=C/x=16x^2-24x+12+5/x
AVC=16x^2-24x+12
これでいいのですか?それと曲線を求めろって作図しろってことですか?
2.について
SMC=AVCを解いてx=3/4,0だから操業停止点がx=3/4のところになって
供給曲線はそれより右のSMCとなると思うんですが、どのように示したらいいかわかりません。

お願いします。

341 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/01(水) 20:15:09 ID:vdYVi2aa
>>340
場合わけ

342 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/01(水) 22:39:49 ID:kKE4i823
>>341
場合分けってどういう事ですか?

343 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/02(木) 00:54:40 ID:SGndpLrd
今週からマクロ経済を勉強し出したのですが、限界代替率の公式で詰まっています。
MRS=-(兀/儿)を変形して、
(儷/儿)/(儷/兀)=MUx/MUy とする過程が分かりません。
どうかよろしくお願いします・・・。

344 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/02(木) 01:01:16 ID:px9ciVLD
マイクロだろ?

345 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/02(木) 01:06:04 ID:ra5LajwD
効用関数をU=U(X,Y)とする。これを全微分してゼロと置くと、
儷=(∂U/∂X) 儿+(∂U/∂Y) 兀=0

∂U/∂XはXの限界効用、∂U/∂YはYの限界効用を表し、それぞれMUx, MUyと置く。

後はMUx 儿+MUy 兀=0を変形して、
-兀/儿=MUx/MUy

346 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/02(木) 01:16:29 ID:SGndpLrd
>>345
素早い回答ありがとうございました。
とりあえず全微分できるようになります・・・。

347 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/02(木) 01:31:14 ID:/4PtHsZ9
>342

Pの値で場合わけする。
おおむね君の言うとおりだが、SMC=AVCとなる点のXじゃなく”P”の値が重要
それをP*と今仮に呼ぶとすると、
0≦P≦P*のときはX=0、P*<Pのときは限界費用曲線が供給曲線になるはず(たぶん)
曲線を求めろってのは、普通は作図まで求めてはいないはず
それならだいたいそれも支持するはずだから

348 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/02(木) 18:29:19 ID:SupZKx1/
ISーLMモデルで
人々の予想インフレが高まった時、実質利子率が下がり
投資が増えIS曲線が右シフトするのは分かります。
しかしなぜ実質利子率が下がり、貨幣需要は増えるのに
LM曲線は右シフトしないんですか?

349 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/02(木) 20:39:15 ID:ra5LajwD
貨幣需要に影響を与えるのは名目利子率。

350 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/02(木) 21:22:24 ID:qRkQF+Oy
>348
LM曲線は何を表してるか考えて

351 :348:2007/08/02(木) 21:34:24 ID:YaYum4gs
>>348>>349
財市場の民間投資に影響を与えるのは実質利子率で
貨幣市場の投機的動機の貨幣需要は名目利子率ということですか?

もしそうならば、時々IS-LMモデルで縦軸がiではなくrとなっている時がありますが
その時はIS曲線で実質利子率の変化による民間投資の変化は内生変数になり
LM曲線で名目利子率の変化による貨幣需要の変化が外生変数になるのでしょうか?


352 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/03(金) 09:08:21 ID:/ARiJjje
何で資本はKで技術進歩率はAなの?

353 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/03(金) 10:00:57 ID:LuG8G1l0
なぜペッパーランチ事件のような
凶悪事件を真剣に調査しないのか
広告業界・外食業界の禁則事項?

354 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/03(金) 12:10:42 ID:RdxiGMHx
>>351
両方とも所与ではなく、モデル内で決定されるんだから、いずれも内生変数でしょうが。

355 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/04(土) 13:13:54 ID:747PrP8Y
>>348>>351
浅子・加納・倉沢「マクロ経済学」の13.2節を見るといいよ。図書館に行けばあるでしょう。

356 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/04(土) 13:27:25 ID:OYtTO0WR
>>352
政府支出がGで消費がCなのはなぜ?
ときいてるようなもんだ。
初級のテキストには記号の説明がちゃんとしてあるからよく読め。

357 :280:2007/08/07(火) 10:45:18 ID:rbZu4atZ
>>280の拡張経路だけ解答お願いします。他は多分できたので…

358 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/07(火) 12:59:48 ID:Z6sQD1Yn
これだ!!!!!!!!!!!
http://p905.but.jp/get.php
http://p905.but.jp/gets.php
http://p905.but.jp/geta.php
http://p905.but.jp/gety.php
http://mega-r.com/u/rank.php?id=ranktera

359 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/20(月) 05:35:27 ID:Kqhy/kYf
Y=C+I+G+CA(X-M)のCA(X-M)経常収支について混乱しています。
経常収支+資本収支+外貨準備=0ですよね。
したがって、経常収支が黒字ならば、その分は資本流出超(投資)
と(それでも外貨が余れば)外貨準備の増加につながり、経常
収支が赤字ならば、資本流入超(投資受け入れ)と(それでも外
貨が足らなければ)外貨準備の取り崩しになると理解しています。
そこで、混乱しているのですが、たとえば経常収支の黒字は基本
的に民間が輸出超で稼ぎ出したもので、外貨の所有権は民間です
よね?
なんで、経常収支の黒字・赤字のファイナンスに関連して
当局の外貨準備の増加や減少が関係してくるのでしょうか?
政府当局が海外向け債権を発行していたり、固定相場制や
一定の変動為替相場を維持するために介入することで外貨
準備が増減することは理解できるのですが、経常収支のファ
イナンスの文脈での外貨準備の増加がどうしても理解できま
せん。
詳しい方、教えてください。お願いします。

360 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/20(月) 06:15:57 ID:w+QSUy3D
経常収支の黒字が全額資本収支の赤字で海外に還流していれば問題ないが、
たまに足りなくなったりするかもしれない。そこを、通貨当局が自国通貨売り・
外貨買いのオペレーションをやってつじつまを合わせたりすると、結果的に
外準の増加に計上されるかもしれない。

361 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/20(月) 08:59:09 ID:ISRfkFBK
>>359
資本取引はお金vsお金の取引であり、常に収支差額は0となる。
よって、純粋な資本取引による資本収支は常にゼロ。

経常取引は、財・サービスvsお金の取引であり、財・サービスの取引の集計が経常収支。
残ったお金のやり取りの収支が資本収支として表面に出てくる。

外貨準備増減は、資本取引のうち公的部門が保有する分を抜き出したもの。

362 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/20(月) 09:42:39 ID:Kqhy/kYf
>>361
ありがとうございます。
ただ、やっぱりまだ理解できません。
資本収支が常にゼロで、外貨準備増減は資本取引の内訳とすると、
ある国が経常収支黒字の場合
経常収支(黒字)+資本収支(常にゼロ、外貨準備増減は資本取引
の内訳)=黒字
となり、経常収支と資本収支の合計がゼロにならないように思うの
ですが。。私の理解のどこかが根本的に間違っていると思うのです
が、どこを間違っているのかが分かりません。。。
すいません、教えてください

363 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/20(月) 10:26:36 ID:tuD+ee6j
>>362
>>361で、「資本取引」と「資本収支」の2つの単語を使っているところに着目して読み直せ

364 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/20(月) 10:44:53 ID:IuQRYxUy
>(それでも外
>貨が足らなければ)外貨準備の取り崩しになると理解しています。

先進国の場合は、 銀行が短期融資で資金繰りつける場合が多いはず。まぁそれはさて置き

>なんで、経常収支の黒字・赤字のファイナンスに関連して
>当局の外貨準備の増加や減少が関係してくるのでしょうか?

いや、別に関係しなくてもいい。っていうか平時はほとんど関係ないはず。日常的に
経常収支のファイナンスを意識して外準を増やしたり減らしたりしてる当局なんて
ほとんどいないと思う。その式は、結果的にいつも成り立っている恒等式みたいな
もんで、当局の主体的な行動や政策意図を(常に)示しているわけではない。

もちろん、非常時は別ですよ。短期の海外資本が急激に流出して自国通貨が急落した、な
んて場合は自国通貨防衛のために巨額の為替介入をしたりするかもしれないが、その場合
はファイナンスを明確に意識していることになる。でも、そんな事件が日常的にいつも起きて
いるわけではない。

365 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/20(月) 10:45:31 ID:DV1g4FXZ
経済ってマニアックだな。

366 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/20(月) 10:57:07 ID:W5jk3FQ6
>>365
そうだよ。
財政金融からロリータ美少女まで研究対象が広いからな。
研究者もマザコン・ゲイ・手鏡と最高の趣味を持ち合わせてる。

367 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/20(月) 18:03:17 ID:DV1g4FXZ
手鏡!あはは…思わず、笑ってしまった。

368 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/20(月) 19:16:50 ID:DV1g4FXZ
あのおっさん、今頃なにしてんだろ

369 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/23(木) 00:15:40 ID:p2nhjFCM
Aスミス=マザコン
ケインズ=ゲイ
植草=手鏡

これでおk?

370 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/23(木) 13:21:57 ID:0UdLYbUf
ケインズの妻を知った上での発言か?

371 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/23(木) 13:45:53 ID:mWt6CQPl
上流階級の男子のみが集う寄宿舎生活。やっぱ、甘美なふいんき?

372 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/24(金) 14:56:45 ID:9gZyqIHp
質問です。BP曲線を表わす式なんですが、いろいろな参考書を見ると
どれも違う式が書かれていて混乱しています。経済学に精通した皆さんは
どのような式を使っていますか?この問題に関連して、変動相場制のもと
でマネーサプライを増やした場合、利子率が上がる場合は有りますか?
あるとすれば、どのような条件下で起こるのでしょうか?教えて下さい。

373 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/27(月) 00:39:22 ID:tvUC8SPx
ミクロの消費者理論で価格の需要弾力性についての質問です

ある財の需要曲線がX=0.2P^2-4P+50で与えられているとき
P=10における需要の価格弾力性を求めよ

という問題なのですが、公式を変形して−僖/儕×P/Dで答えを出そうと
すると、XをPで微分した後の傾きが正のままのため
最終的に弾力性がマイナスになってしまいます・・・
この問題はどう考えればいいんでしょうか?
お願いします

374 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/27(月) 01:38:49 ID:o/vzbVIE
うむ、っていうかそれだと弾性値ゼロだな。

375 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/29(水) 00:59:31 ID:EiznLB8v
定義に忠実に計算すればいいだろ
μ=-(僖/D)/(儕/P)
=-(僖/儕)/(D/P)
=-(0.4P-4)/(0.2p-4+50/P)

P=10のとき、
μ=-(4-4)/(2-4+5)
=0

まあ需要曲線がP=10を軸とすることに気づけば
明白なんだがな

376 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/31(金) 12:16:28 ID:B3XbHhsl
■再投資コンソル債■
こんな課題を与えられましたが、解けません。どなたか教えてください!
================================================================================
次のようなコンソル債の合理的な価格と価格算定の根拠を示しなさい。
@ タイプA(通常のコンソル債):毎年1万円の利息が支払われる。
A タイプB(再投資コンソル債):毎年1万円の利息が発生するが、
当該1万円はタイプBに自動的に再投資される。
※前提※
・市場金利はターム等にかかわらず1%であり、将来も一定。
・タイプA,Bとも発行及び市場での売買はコストなしで自由にできる。
・タイプA,Bとも発行・売買は1口未満のいかなる僅少単位でも可能。
・利息や売買損益に税金はかからない。
・コンソル債の発行体は倒産しない。
================================================================================
@の方は1万円÷1%=100万円で簡単ですが、問題はAの方です。
MM理論によれば利息が現金で支払われるか再投資されるかで価値が変わることはないので、
タイプBもタイプAと同じく100万円となるんでしょうが、、、、
実際のところタイプBみたいな債券が発行されても誰も買わないんじゃないかって思うんです。
だってそうでしょう?タイプBの発行体は結局のところ投資家に1円も払わないんですよ!?



377 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/31(金) 13:28:53 ID:mjrv9sRo
んー直感的に考えると売買がコストなしで自由にできるから
再投資された分を売ればAと同じだけの収益が得られるんじゃないかな
第二の仮定からどんな小さな額でも売買は可能みたいだし

378 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/31(金) 13:30:38 ID:mjrv9sRo
間違った第三の仮定だ

379 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/31(金) 14:36:26 ID:1HJm76l+
これは、たいへ便利。使ってみて。

http://95.xmbs.jp/rnja3126/

380 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/31(金) 14:42:57 ID:rDtzdoTQ
どなたか余剰の部分の「しかじゅう」の漢字を教えてください 
度忘れしますた(;^ω^)

381 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/31(金) 14:47:29 ID:ioIQjija
死荷重だな。デッドウェイトロスという英語もついでに憶えてみよう。

382 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/31(金) 14:50:07 ID:rDtzdoTQ
>>381
超アリガトウゴザイマス(`・ω・≡・ω・´)超アリガトウゴザイマス 


383 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/09/02(日) 07:58:16 ID:AFvzkgJ1
>>376実際に投資家に人気があるのはAの方

投資の板に行ってみ?@みたいなのは損だって言われるよ

実際の商品を買ってみたらすぐ分かるよ



384 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/09/02(日) 13:47:04 ID:5qJ069gT
複利計算になるから?
でも利息は毎年一定額なら意味なくない?

385 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/09/02(日) 16:26:05 ID:6bC/Jta7
>>383
>実際に投資家に人気があるのはAの方
って前提条件にかなうコンソル債自体がないでしょ。
スプレッドがあるようなやつだったら
危険愛好云々が出てくるかもしれんが。

386 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/09/03(月) 19:45:09 ID:Hx4FbXno
>>376
>タイプBの発行体は結局のところ投資家に1円も払わないんですよ!?

そうだね、将来生じるキャッシュフローの割引現在価値が債券の価格と考えれば、
タイプBの価格はゼロだね。

387 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/09/05(水) 11:42:02 ID:Ckwq/F2l
ミクロ経済学なのですが、

1:タバコ市場では、需要の価格弾力性が低いことが知られている。内税方式で税金をかけたとき何が起こるか説明せよ。

2:太郎君は貧しい時には食費に収入の半分を使っていた。
収入が倍になった最近では、収入の3分の1を使っているという。
このとき、食費は経済学的にはどのような財といえるか、説明して述べよ

3:限界代替率が逓減するのはなぜか。簡単に説明せよ。

基本的なことで申し訳ないのですが、お願いいたします。

388 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/09/05(水) 12:28:03 ID:TfO7/pGy
>>387
お願いしますって何を?
問題文の漢字が読めんのでしょうか?
このスレは宿題依頼スレ出はないですよ、念のため。

389 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/09/05(水) 14:24:14 ID:QbRorJoA
>>387
1 たぶん内税方式って言葉に途惑ってるんだと思うけどさ、
  難しく考えずに需要の価格弾力性が低いタバコに税金かけたらどうなるのか考えてみよう。

2.所得弾力性・奢侈品・必需品の3つの用語を手元にあるミクロのテキストで調べてみよう。

3.そういう効用関数だからじゃないの?

390 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/09/05(水) 15:58:23 ID:2HZFxS5W
1.税込み販売価格は上昇、取引数量は微減。

2.所得増加に伴い、食費の絶対水準も増加しているので、
 需要の所得弾力性はプラス。よって、下級財ではなく上級財。
 しかし、所得の増加よりも食費の増加程度が小さいので、
 需要の所得弾力性は1より小さい。よって、嗜好品ではなく
 必需品。以上まとめると、上級財かつ必需品。

3.ある一定の予算制約下で、ある個人が2財の選択に直面してい
 るとする。この消費者が2財の消費から得る満足度(効用)を一定
 に保った場合の両財の消費量の組み合わせをXY平面に描いた
 軌跡を無差別曲線と称する。これは右下がりの曲線であり、そのマ
 イナスの傾きを限界代替率と呼ぶ。

 ここで、効用を不変に保ったままで、第1財の消費を増やす一方で、
 第2財の消費を減らすという操作を考える。

 第1財が相対的に少なく、第2財が相対的に多い領域では 第1財が
 相対的に希少なため、第1財の一定の増加幅に対し第2財の削減幅
 は相対的に大きくなる。一方、第1財が相対的に多く、第2財
 が相対的に少ない領域では、第2財が希少なため、ここからさらに第1
 財の消費を増やして2財の消費を減らした場合、効用を不変に保つため
 には、希少な第2財の削減幅は相対的に小幅にとどまる。

 これは、第1財が増加するに従い、〔第2財の増加幅/第1財の減少幅〕
 が小さくなっていくことを示している。すなわち、限界代替率は逓減する。

391 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/09/05(水) 17:27:20 ID:ucyLkXhD
>>390
「限界代替率が逓減するのはなぜか」であって「限界代替率が逓減するとはどういうことか」ではない
よって「そのような選好を持つため」が正解じゃない?完全代替な選好だったら逓減しないでしょ。

392 :376:2007/09/09(日) 03:42:00 ID:aZkv09Q7
>>386
>そうだね、将来生じるキャッシュフローの割引現在価値が債券の価格と考えれば、
>タイプBの価格はゼロだね。

しかし、一方でMM理論を援用すると利息を現金で支払うかどうかで価値は変わらないはずなので、
タイプBも100万円と言うこともできそうな気がします。
だから、この問題はパラドクスではないかと感じてしまうんです。

MM理論は一定の条件が整えば成立するといわれてますが、その条件の中に、
”当該証券が現金と同程度に信用されている、あるいは、有限時間内にしかるべき
現金配当が行われる”というのも入ってるんでしょうか?

もし、見当違いのこと言ってたらすみませんm( )m



393 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/09/09(日) 15:50:51 ID:M19OU5ff
大学でミクロ経済をとろうと思ってるんですが数学的思考がなきゃきついですかね…?

394 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/09/09(日) 18:16:05 ID:9CavPMdn
>>393
微分積分は絶対に復習しとけ

395 : ◆38RvbOB61U :2007/09/11(火) 21:47:03 ID:Af+2swnR
 

396 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/09/12(水) 03:11:53 ID:XCh9Dkfi
♪サッチャンハネ、コウツウジコデ、ハネラレタ、ダカラ、カオガトレテ、
ドッカトオクヘ、トンデチャッタ♪悲しいね、さっちゃん♪
さっちゃんは即死で死んじゃったの。このレスを見た人は…
さっちゃんが0時に行ってあなたの首をかまで切り取っちゃうよ♪
いやなら、さっちゃんが行くまでに、9回違うスレにレスを送ってね♪
あ、さちゃんの顔は、こんな顔だから、
探してくれるのもイイよ♪オネガイネ…。http://www.operaou.com/image/cmail/rei0204.gif
これマジだよ!!このレスを見たら
7日後以内に死にます
無残な姿で死にます
回避する方法は1つ
このレスをコピペしてほかのスレに7つ貼る事です。
100%これをやってください
本当に死にます.
ごめんなさい。死にたくないんです
信じなかった私の友達は首を狩られて死んじゃったし
このレスを見たら
7日後以内に死にます
無残な姿で死にます
回避する方法は1つ
このレスをコピペしてほかのスレに7つ貼る事です。
100%これをやってください
本当に死にます.
ごめんなさい。死にたくないんです

397 : :2007/09/12(水) 09:46:26 ID:p8/gakSF
自分の読んでる本では三面等価の原則の分配面のところで間接税は出てくるけど
直接税はでてきません。直接税は三面等価の原則とは無関係なのですか。

398 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/09/17(月) 20:02:08 ID:pxUhxYZ9
実質為替レートのことを交易条件と呼ぶらしいですが、交易条件の悪化とは実質為替レートの増価、減価どちらを表すのでしょうか?

399 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/09/17(月) 20:08:57 ID:HVehUh9B
円高のときと円安のときのどちらが輸出に有利か考えてみよう

400 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/09/17(月) 20:55:45 ID:sSA+Oy30
日本の文系学問の存在価値:0%
----
日本人研究者の科学論文は、物理学や材料科学などの分野で
世界をリードする例が多く見られるが、
工学や環境などの分野では、やや影が薄い、という実態が
文部科学省・科学技術政策研究所の報告書で4日発表された。

同研究所は、米国の調査会社の論文データベースを使い、
1999〜2004年に発行されたもののうち、
引用回数で上位にある約1万件の重要論文を分析した。

その結果、日本の占有率は9%で、米国(61%)、ドイツ(13%)、
英国(12%)に次ぎ4位だった。5位以下はフランス(7%)、中国(3%)だった。

分野別では物理学や化学、材料科学、動物・植物学などで、日本の占有率が9%以上の領域が多く、
特に特定の超電導材料を研究する領域では日本発が約6割を占めた。
生体分子の機能解明や新材料開発といった学際的分野でも、占有率の高い領域が多くみられた。
一方、工学、環境・生態学、宇宙科学などでは占有率が9%を下回る領域が目立った。

また精神医学・心理学、社会科学、経済学は 0 % だ っ た。
                           ^^^^^^ 
(2007年4月5日0時56分 読売新聞)
----

幾らなんでも0%って凄すぎだろ…>文系

401 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/09/17(月) 21:06:14 ID:pxUhxYZ9
>>399
交易条件の悪化→実質貨幣レートの増価なんですね
ありがとうございます。

402 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/09/17(月) 22:13:28 ID:LuWAFxaG
違う。輸出競争力の話じゃない。
http://www.indb.co.jp/inreport/e_graph/html/BUKKA202.html


403 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/09/17(月) 22:49:00 ID:bgbeHskk
>399は間違いだな

404 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/09/27(木) 01:34:30 ID:vwek67qg
経済の基本FRBの成り立と国際金融資本
『Monopoly Men』〜Federal Reserve Fraud〜日本語字幕版
http://video.google.com/videoplay?docid=-845461387975920288
2月17日講演 フルバージョン
http://video.google.com/videoplay?docid=3894395222162251717
6月9日京都講演会
http://video.google.com/videoplay?docid=-5531771243763964471&hl=en
最新9.15 東京講演会 ダイジェスト版
http://video.google.com/videoplay?docid=3889996417451902162&hl=en
9.15 東京講演会 全編版
http://video.google.com/videoplay?docid=-3859363222910740882&hl=en

405 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/01(月) 18:04:57 ID:Fzk23quG
最近ミクロ経済学を学び始めたものです。あほな質問をします。
魚の市場需要曲線と市場供給曲線が以下のように与えられていた場合の均衡価格を求めよ。という問題です。

市場需要曲線:D=360-4p (Dは市場需要量、pは市場価格)
市場供給曲線:S=20p (Sは市場供給量)

逆需要関数は(必要なのかわかりませんが)P=90-1/4
逆供給関数?はP=1/20s

ここからどうすればよいかわかりません。詳しい方お願いします


406 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/01(月) 20:27:37 ID:kQMd1p3c
均衡価格とは、需要量=供給量となるような価格です。
式に書くとD=Sです。
この式のDとSに問題文の数値を代入してみましょう。
360-4p=20p
となります。
これを解きましょう。
解けない場合は中学生の数学を思い出してみてください。
p=15
均衡価格が求まりました。
このp=15を需要か供給のいずれかの式に代入すると均衡数量が求まります。
問題を見ると難しそうに感じますが、ここで用いた処理は中学の数学です。
がんばってください。

407 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/01(月) 20:39:30 ID:Fzk23quG
>>406
完全に理解できました。あなたの丁寧な解説があってこそでした。
本当にありがとう

408 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/14(日) 22:02:27 ID:5kk0v2nU
ミクロ経済学の魅力ってなに?
実用性あるの?

409 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/14(日) 23:27:28 ID:KYlnKNqH
ミクロ経済学=ザ・経済学だから。
「マクロ経済学」という呼称は10年後には消滅しているかもしれない。

410 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/15(月) 00:04:05 ID:SSn0GUYG
>>409
答えになってるようで、全くなってない・・・

411 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/16(火) 21:23:59 ID:stnGpvz4
ミクロ経済をはじめたのですが、どうしてもわからない問題があります
仲介人は超過需要になれば価格を競り上げ、超過供給になれば
価格を競り下げる場合、次のいずれが正しいか?という問題です

(0)需要の法則と供給の法則を満たしている場合、市場均衡は不安定になる
(1)需要の法則を満たし、供給の法則を満たさない場合、市場均衡は安定になる
(2)供給の法則を満たし、需要の法則を満たさない場合、市場均衡は不安定になる
(3)需要の法則も供給の法則も満たさない場合、市場均衡は安定になる
(4)上記のいずれでもない

長文ですみません・・・・ どなたか解説していただける方はいらっしゃるでしょうか?

412 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/16(火) 21:41:18 ID:stnGpvz4
需要と供給のグラフで考えてみたのですが
どっちのグラフが上になるかで変わってくると思うんです
考え方が間違ってたら、すみません・・・

413 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/17(水) 08:23:16 ID:JKtn7bFF
仲介人が手数料ゼロでマーケットメイクしているとするならば、前半の記述は「市場の価格調整メカニズムが正常に機能している場合」と読み取れます。
仮に、需要超過の場合は仲介手数料を厚くしてマーケットメイクさせる、という意味であれば、手数料分需要供給曲線共に左にシフトすることになり少し違った議論になるかと。
需要供給の法則が成立しない場合っていうのは具体的にどういう意味でしょうか??

414 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/17(水) 18:45:03 ID:pC+MKHJf
>>411
意味不明な問題。あえて選ぶならば(4)しかない。

415 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/17(水) 21:17:48 ID:pJWRFX2B
>>413
授業では需要の法則は「ある財の価格が上昇すれば、その財の需要量
は減少する」
供給の法則は「ある財の価格が上昇すれば、その財の供給量は増加する」
と習いました
それぞれが逆の意味になるという意味ではないでしょうか?


416 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

417 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/17(水) 21:46:56 ID:JKtn7bFF
仮に需要供給の法則がそういう意味であれば、法則が成立している時は需給か一致する均衡点で安定するかと思われます。

やはり議論のミソは、前半の「需要超過で競り上げ・供給超過で競り下げ」をどう取るかでしょう。
普通に考えれば、これって「需要が多い場合は市場価格が下がり、供給が多い場合は市場価格が下がる」という当たり前の市場メカニズムの説明だから、一度需要=供給となる均衡点に落ち着けばそこで安定すると思います。



418 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/17(水) 22:04:34 ID:pJWRFX2B
>>417
でも、どんな場合でも均衡点は存在するのではないでしょうか?

419 :卒論:2007/10/17(水) 22:08:17 ID:JwKWrmtS
すみませんが、設備投資額のデータから、資本ストックをどうやって算出したらいいのでしょうか…?

420 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/17(水) 23:22:38 ID:eu4G9SWB
>>415
需要・供給の法則がその定義とするならば
単純に各条件下で需要曲線、供給曲線がグラフとしてどういう形になるか
想像すればいいんじゃない。

(0)は需要曲線が右下がり、供給曲線は右上がりの状態で、一般的に市場は均衡点を持つ
(1)は需要曲線、供給曲線がともに右下がりの状態で、均衡点は持つことがある(市場の安定性は需要曲線・供給曲線に依存する)
(2)は需要曲線、供給曲線がともに右上がりの状態で、均衡点は持つことがある(市場の安定性は需要曲線・供給曲線に依存する)
(3)は需要曲線が右上がり、供給曲線は右下がりの状態で、一般的に市場は均衡点を持つ

結局はいずれも必ずではなく、需要・供給曲線の形態に依存すると思うんだけど・・・

ワルラスやマーシャルの調整過程をちゃんと考えないといけないのかな

421 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/18(木) 00:17:26 ID:YLjgwoyf
藻前ら、頼むから教科書くらいちゃんと読んでください。

ワルラス的価格調整を想定するなら、安定条件は
1/供給曲線の傾き > 1/需要曲線の傾き

マーシャル的数量調整を前提にするなら、安定条件は
供給曲線の傾き > 需要曲線の傾き

なんてのはミクロの教科書の市場均衡を説明した章に必ず出てるでしょうが。

需要の法則・供給の法則という用語を知らないのも論外。

>>419
ある時点のストック水準をベンチマークにして、翌年の租投資額を足して
除却額を引くという計算を繰り返す。

422 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/18(木) 00:22:47 ID:LtcNBfWh
結局>>411の答えはどうなるのでしょうか?


423 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/18(木) 00:27:51 ID:LtcNBfWh
>>420-421
ワルラスやマーシャルの調整過程は習っていないので
使わないと思います

424 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/18(木) 10:01:28 ID:+holJlRd
>>411
(0)市場均衡は安定
(1)安定の場合も不安定な場合もある
(2)安定の場合も不安定な場合もある
(3)市場均衡は不安定

残るのは(4)


425 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/18(木) 23:16:30 ID:LtcNBfWh
みなさま、ありがとうございます
おかげで理解することができました!!

426 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/19(金) 01:35:52 ID:tUVF593v
総余剰と死加重の大きさについて質問させていただきます。

ある財の市場は完全競争市場とします。

需要曲線:D=78-2p (Dは需要量でpは市場価格)
供給曲線:S=2p-2  (Sは供給量)

1.この時の総余剰ですが、市場均衡が20で78-20=58で合っているでしょうか?

2.もし供給量がS=30である時、価格はいくらになるか?そのとき発生する死加重の大きさは?
30=2p-2 p=16になります。p=16(価格は16になる)を需要曲線に入れるとD=46となります。グラフを頭の中で書きまして死荷重は120となりました。

2.は全く自信がないのでご教授お願いします。

427 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/19(金) 22:51:42 ID:zzFYtkS7
インフレーションターゲティングって日本で導入されてるんですか?

428 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/20(土) 04:32:19 ID:EvoQeEJp
sage

429 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/20(土) 04:32:50 ID:EvoQeEJp
sage

430 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/20(土) 04:41:32 ID:EvoQeEJp
nema

431 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/21(日) 23:05:37 ID:Jv3SGtLk
「上限金利の引き下げはマクロ経済に大きな影響を及ぼす」などと、
サラ金業界がよろこびそうな論文ばかりを発表してきた
早稲田大学の消費者金融サービス研究所、通称サラ研。
その運営費のほぼすべてが大手・中堅消費者金融会社の
寄付金でまかなわれていることがわかった。

総額5,100万円も寄付した「消費者金融サービス振興協会」の理事長はアコム社長で、
理事4人はプロミス、アイフル、武富士、三洋信販の経営者だ。
サラ金“御用学者”たちが、業界のカネで業界のための論文を量産する−−
そんな、学問の本道を外れた、歪んだ産学連携の姿が見えてきた。

全文はソースで
http://www.mynewsjapan.com/kobetsu.jsp?sn=755


432 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/22(月) 00:16:44 ID:W4fguY6R
>>431
理系だったら、そんな額じゃすまないね。

433 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/22(月) 17:15:01 ID:OaZkT5Mz
まぁ経済学自体がエセ学問とまでは言わないが現実社会と乖離してる面があるからなぁ・・・なんとも

434 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/26(金) 00:56:18 ID:3mwsXVa0
明日提出の宿題なのですが
どなたか分かる方いらっしゃったら教えてください。

@ある消費者の効用関数が次のように与えられている。
u=min{x1,2x2}
所得および両財の価格が、m=80、p1=6、p2=4のとき、
両財への需要量を求めよ。

A200万円の収入を得た美穂は、その一部を今年使い、
残りを貯蓄して来年使う。
来年は所得がなく、今年の貯蓄には来年10%の利子がつく。
支出と貯蓄(来年の支出)の組み合わせに対する彼女の選好は、
今年の支出額と来年の支出額の積として表される。
彼女は今年いくら貯金するだろうか。


よろしくお願いします。


435 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/26(金) 11:03:18 ID:+h+uh35V
>>434
まだタイムリミットはOKか?

436 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/26(金) 11:30:50 ID:JwTs9EQc
ここってなんでこんな過疎ってるんですがね。そもそも2chで経済語るなんてのがおかしいんですかね

437 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/26(金) 15:38:06 ID:wgbauC2S
ある企業は完全競争市場において生産物を販売しており、この企業の短期費用関数が、
TC=x^3ー2x^2+5x+8
で示される。この企業の損益分岐点に対応する生産量はいくらか。
っていう問題が分かりません。良かったら教えてください(´・ω・`)

438 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/26(金) 15:51:27 ID:aWCk8RuC
>>437
損益分岐点での生産量は、平均費用と限界費用の式を連立すると出るらしい

439 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/26(金) 15:57:54 ID:wgbauC2S
>>438
ありがとうございます!本当に全然分からなくて。
平均費用と限界費用はどの様にして出せばいいのか分からないです。
もし宜しければ教えてください!

440 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/26(金) 18:36:37 ID:+h+uh35V
>>439
それくらいはテキスト見ようよ

441 :教えて下さい:2007/10/26(金) 23:39:57 ID:MtXFp2Jo
政府支出100で、均衡予算を仮定する。基礎消費が20、限界消費性向が0.8、投資関数は70-200rであるとする。また、実質貨幣供給は570で貨幣需要関数は1.2Y-600rと与えられたとします。


均衡国民所得と利子率は??


所得の一定比率を所得税にしようとすると、均衡予算を維持するためには税率はいくらにすべきか??


わかる人がいればよろしくお願いします。

442 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/27(土) 00:04:01 ID:bq8DyI6v
Y=1900/3, r=19/60

443 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/27(土) 00:09:18 ID:uCZ+eGhz
教科書持ってるんだったら、2ちゃんでなんか質問しないって。

444 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/27(土) 00:26:12 ID:Y53DYdNl
>>437
x=2

445 :教えてください:2007/10/27(土) 00:37:24 ID:ACNotbrC
≫442

ありがとうございます。

次の問題もわかりますか??

446 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/27(土) 00:43:09 ID:oXAiVJDv
すみません。質問です。

なぜ政府はお金を発行しないのでしょうか?
そしてなぜ中央銀行は無からお金を作り出して、政府や民間に貸し付けるのでしょうか?

447 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/27(土) 00:52:19 ID:uCZ+eGhz
実務上、財政政策と金融政策の担当部署が別々になってるってだけ。
経済学的には一体化しているものと考えて差し支えない。

448 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/27(土) 00:56:14 ID:oXAiVJDv
>>447
有難うございます。
でも経済学的に一体化していると言っても、政府が国債を発行し、中央銀行がそれを買い取ったとしたら、
結局、税金でその国債の額を、中央銀行に返さないといけませんよね。
その税金を払うのは国民ですが、なぜ無から作り出したものを、返さなければならないのでしょうか。

449 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/27(土) 01:16:32 ID:THQNqXRU
>>446
政府は国債を発行します。

中央銀行は、国債を買い入れて通貨を発行します。

要するに、中央銀王は、国債という通貨の種を、通貨に変えているのです。

450 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/27(土) 01:17:36 ID:THQNqXRU
>>448
中央銀行に帰したお金は、政府の収入ですね。

451 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/27(土) 01:35:05 ID:oXAiVJDv
>>449 >>450
有難うございます。
>中央銀行に帰したお金は、政府の収入ですね。

この辺りが良く分からないのですが、
それを実際に予算として使うことはできるのですか??

日銀の国庫納付金というのがありますね。
これは一兆円前後らしいですが。。。
中央銀行に帰したお金とほぼイコールになるのでしょうか??

452 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/27(土) 01:38:59 ID:9FVFrkP6
詳しい人
これについて教えて下さい
http://www.youtube.com/watch?v=EF2PU674cI8


453 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/27(土) 02:17:06 ID:THQNqXRU
>>451
すまん。その国庫納付金は金利だな。そして、金利が政府の収入だ。

お金というのは、貸し借りの結果生じる。無から生まれるんだよ。
この基本がわかっていないと、難しいかも。


454 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/27(土) 02:17:56 ID:THQNqXRU
>>451
とりあえず、

お金はどこから来るんだぜ?
http://academy6.2ch.net/test/read.cgi/economics/1148896499/

を全部読んできてごらん。


455 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/27(土) 11:45:11 ID:oXAiVJDv
>>454
了解です。読んでみます。
有難うございました。

456 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/27(土) 15:26:40 ID:CGzQobN4
A君はほぼいつでも所得の1/3を食費に、1/6を娯楽費に、1/2を住居費にあてています。
財が食料、娯楽、住居の三種類に集計できるとすればA君はあたかもどんな効用関数を最大化しているとみなすことができますか?

457 :442は間違い:2007/10/27(土) 18:48:45 ID:Y53DYdNl
>>441
Y=500, r=1/20, 税率は20%

均衡予算をdG=dTだと思っててそれでやったら税率300%になってワロタ

458 :446:2007/10/27(土) 21:50:53 ID:oXAiVJDv
MONOPOLY MEN
http://video.google.com/videoplay?docid=3388799387341337020&q=monopoly+men&total=87&start=0&num=10&so=0&type=search&plindex=1
字幕
http://anti-rothschild.net/material/animation_02.html


Money As Debt(日本語字幕版)
http://video.google.com/videoplay?docid=-446781510928242771&hl=en

>>446の疑問はこの2つのビデオを見て生まれた。
政府ではなく、中央銀行が紙幣を発行するという事を当たり前と思ってる人は、見た方がいいかもしれません。

お金の本質を知らずに経済学やっても、意味ないと思います。

459 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/28(日) 07:56:35 ID:WOWqYU9K
勉強頑張れ

460 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/28(日) 14:27:14 ID:tDpkTcIk
ミクロど初心者です
<弾力性と因果関係について具体例を用いて説明せよ>って課題が出てるんですが、どなたか教えて下さい。

461 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/28(日) 15:34:31 ID:zMY0z7G3
>>456
食料、娯楽、住居の消費量をx、y、zとすると効用関数は

u=x^1/3*y^1/6*z^1/2

となる。



462 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/28(日) 23:04:22 ID:s3RGilV5
ミクロ経済学について質問させてください。
「A君はいつでも所得の1/3を食費に、1/6を娯楽費に、1/2を住居費に充てている。
財がこの3つだけに集計できるとすれば、A君の最大化している効用関数はどんな形か?」
という問題です。解答(これ自体不確かですが)では、効用関数を、u(x)=x(1)^a(1)*x(2)^a(2)*x(3)^a(3)とおき、
a(1)+a(2)+a(3)=1として計算していますが、このどちらの前提も理解できません。
どなたかアドバイスをお願いします。

463 :_:2007/10/29(月) 00:07:50 ID:IJM18tpt
コブダグラス型

464 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/29(月) 15:51:58 ID:XG0f7HAZ
インセンティブっていうのは
モチベーションと同じ意味ですか?

465 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/29(月) 17:01:31 ID:/cyFhwr0





         は?





466 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/30(火) 13:55:59 ID:3XEa07AK
早大副総長・江夏教授 サラ金業界からの“研究費”を身内企業に還流の疑い  
https://www.mynewsjapan.com:443/kobetsu.jsp?sn=772  
 サラ金業界からの寄付金で運営する早稲田大学消費者金融サービス研究所(通
称サラ研、所長・坂野友昭教授)の研究費をめぐり、早大副総長・江夏健一教授
の親族と疑われる人物が経営し、江夏教授自身も取締役に名を連ねていた身内企
業に、事務委託費名目でカネが還流していることが分かった。大学側が認めた。
一方、停職処分を受けた坂野教授についても、サラ金業界のカネで研究を受託し
ながら報告書が見つからず、研究実態を確認できない事実が発覚した。  


467 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/05(月) 17:17:25 ID:4eohHNd1
【問題】
完全競争下において、いま、従量税がかかった場合を考える。
このとき、この税金によって、長期的には企業数は減少するか増加するか?理由とともに答えよ。
なお、限界費用は一定である。


468 :学生B:2007/11/05(月) 18:39:43 ID:/hRY+IOJ
マクロ経済学なんですが、
C=30+0.8Yb I=30 G=30 T=30 で
1、総需要関数を求めよ
2、投資乗数を求めよ
3、政府支出を求めよ
を教えてくれませんか?

469 :学生B:2007/11/05(月) 18:53:54 ID:/hRY+IOJ
追加3、政府支出乗数でした、

470 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/05(月) 19:23:08 ID:Z9BawWj/
総需要関数はY=C+I+Gで表されます
Ybは所得から税を差し引いた可処分所得なので、Yb=Y-T
代入して、Y=30+0.8(Y-T)+I+G
0.2Y=30-0.8T+I+G
Y=5(30-0.8T+I+G)
以上から、投資乗数は5
同様に、政府支出乗数は5

こんな感じでどうですか?

471 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/05(月) 20:39:52 ID:fFZjTUby
ミクロ経済学です

効用関数u=U(x,y)g(1),(2),(3)のようにあらわさられるとき、(x,y)=(2,1)における財xの財yに対する限界代替率

をそれぞれ求めなさい。


(1)u=5xy
(2)u=2x+y
(3)u=min{x,3y}


どなたかよろしければお願いします。

472 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/05(月) 20:41:00 ID:fFZjTUby
ミクロ経済学です

効用関数u=U(x,y)が以下の(1),(2),(3)のようにあらわさられるとき、

(x,y)=(2,1)における財xの財yに対する限界代替率 をそれぞれ求めなさい。


(1)u=5xy
(2)u=2x+y
(3)u=min{x,3y}


どなたかよろしければお願いします。

473 :学生B:2007/11/05(月) 21:35:23 ID:/hRY+IOJ
470
ありがとうございます
でも実は1、2、3、わけてかかなくちゃいけないんですよ;
1つ1つ分けて式とかおしえていただければ幸いです;
すいません:

474 :_:2007/11/05(月) 22:28:38 ID:7JCyzCB3
>>468
1. 貨幣市場に関する情報が無いので総需要関数は求まりませんよ

2. Iをシフトパラメータとして財市場の均衡式はY=30+0.8Yb+I+30
  整理して全微分すると、投資乗数=dY/dI=1/(1-0.8b)

3. Gをシフトパラメータとして財市場の均衡式はY=30+0.8b+30+G
 整理して全微分すると、政府支出乗数=dY/dG=1/(1-0.8b)


>>470
Ybは一定税率でY-Tは一定税額なのでYb=Y-Tは満たされないのでは?

475 :_:2007/11/05(月) 23:00:48 ID:7JCyzCB3
>>472
限界代替率MRS=|dy/dx| , u:一定

1. 全微分して 0=5ydx+5xdx、これより |dy/dx|=|-y/x|、故にMRS=y/x=1/2

2. 全微分して 0=2dx+dy、これより |dy/dx|=|-2|、故にMRS=2

3. 論理記号がわからない><

476 :学生B:2007/11/05(月) 23:14:56 ID:/hRY+IOJ
>>475
ありがとうございます^
またまたマクロなんですが、
問、現在均衡GDPが330兆円であり、完全雇用GDPが350兆円であるとき

1、民間投資があといくらあれば完全雇用を達成できるか
2、政府支出を増加させて完全雇用を達成させたい。
  いくら政府支出を増加させればよいか
3、減税して完全雇用を達成させたい。いくら減税すればよいか

この3つがむずかしくてできません><
よければ答えをおしえていただければうれしいです;
長文&何度もすいません;

477 :_:2007/11/06(火) 00:33:58 ID:xXaaSMcg
>>474訂正
T=30は条件なので税収面で考えればY(1-b)=T=30、でYb=Y-Tは成り立ちますね、失礼しました
これを使ったらdY/dI=5、dY/dG=5になりますた

>>476
完全雇用を達成するためには凾fDP=兀=350-330=20兆円

1. 兀=(dY/dI)僮 ⇒ 20=5僮 ∴僮=4兆円
2. 兀=(dY/dG)僭 ⇒ 20=5僭 ∴僭=4兆円
3. TをシフトパラメータとしてY=30+0.8(Y-T)+30+30、整理して0.2Y=90-0.8T、全微分してdY/dT=-4を得る
 兀=(dY/dT)儺 ⇒ 20=(-4)儺 ∴儺=-5兆円

どう見ても>>470さんのほうがスマートです本当にry

478 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/06(火) 08:38:38 ID:3DtGiAzx
消費者行動理論の問題について3問程度、質問させてください
ある消費者、Aさんの選好が以下の無差別曲線で与えられているとする。
x1・x2=k (k>0) (x1はアイスの、x2はコーヒーの量)
また、Aさんの所得は10(千円)とし、アイス、コーヒーそれぞれ一単位の市場価格はp1=2、p2=1とする。(p1はアイスの、p2はコーヒーの価格)

1.Aさんの最適消費店を求めよ。
2.今、アイスの価格が値下がりして、p1=1になったとする。アイスの消費量はどうなるか?

1.2共に解いてみたのですが、自分でも何やってるかわからなくなってしまいました。
詳しい方お願いします

479 :467:2007/11/06(火) 11:47:31 ID:jrraUhPd
>>467です。
どなたか優秀な方、知恵を貸していただけませんか…?
すいません…orz

480 :無名:2007/11/06(火) 12:56:00 ID:r/rz6jZN
マクロ経済学です、
C=30+0.8Yd
I=30
G=30
T=10+0.25Y
1、均衡GDPを求めよ
2、このとき、財政黒字はいくらになるか
3、政府支出乗数はいくらか
4、減税乗数はいくらか
5、比例税は景気の変動を小さくする。これは自動安定化装置としての役割
  を果たしている。比例税以外で、ビルドインスタビライザーとしての機能
  を果たしている経済制度を1つあげよ。

マクロはむずいですね;なにいってるかわかりません
この5つの問題回答てつだってもらえませんか?
お願いします
長文失礼しました

481 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/06(火) 19:04:51 ID:dPCP/ExV
>>478
k=x1・x2,p1=2,p2=1
加重限界効用均等の法則MU1/MU2=p1/p2より、x2/x1=2
よって、x2=2x1‥@
また、予算はp1x1+p2x2=Mなので
代入して、2x1+x2=10‥A
@をAに代入して解くと、x1=2.5、x2=5

p1=1のときは、MU1/MU2=p1/p2がx1=x2、予算はx1+x2=10です
これを上と同様に解いて、x1=x2=5

こんな感じでどうですか?

482 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/06(火) 20:52:36 ID:dPCP/ExV
>>480
Y=30+0.8(Y-T)+I+G‥@
=30+0.8(Y-10-0.25Y)+I+G
0.4Y=22+I+G
Y=2.5(22+I+G)‥A

1、均衡GDPはAにIとGを代入して、Y=205
2、財政収支(この問題では黒字です)は税収-政府支出、つまりはT-Gです
  T-G=10+0.25×205-30=31.25
3、政府支出乗数はAより、∂Y/∂G=2.5
4、租税乗数は@をTを代入せずに変形して展開すると、
Y=30+0.8Y-0.8T+I+G
Y=5(30-0.8T+I+G)
3と同様に偏微分して、∂Y/∂T=5×(-0.8)=-4
5、これは何でもいいようなので、検索してください
ありがちなところでは、社会保障制度があります

たぶんこれでいいと思います
計算間違いなどあるかもしれないので、確認はしてください

483 :意味不明:2007/11/07(水) 11:45:09 ID:M6zMGzzk
消費する財が2種類存在し、第1財の消費量をX2として、次のように示せるものとする。
U=U(X1,X2)=X1(2 X2+5)
第1財と第2財の組み合わせA=(5,2)とB=(3,4)とでは、どちらのほうが効率水準が高いか。

484 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/07(水) 17:44:19 ID:VkJtk38E
483>そのまま代入しろよ。多分、「効率水準」は
「効用水準」のtypoで、一応言っておくと、
A,Bがそれぞれ「第1財と第2財の組み合わせ」。
なんでこんな宿題を出すのかが意味不明だが
(よっぽどみくびられてるんだろ)。


485 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/07(水) 18:18:25 ID:aTiCkmr2
>>467の解答がわからん
単純に従量税による費用増加で、MCとACが上昇→利潤減少→企業減か?
MCが一定(=水平)であることは何か関係あるのかもしれないが

書いた人まだいるなら、なんの問題か教えてください

486 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/08(木) 05:53:33 ID:Nb5pMRhr
物理学科卒の女教師が歌っている大学レベルの数学学習のための替え歌
・微分積分、微分方程式、ラプラス変換、フーリエ級数展開、電磁気学(マックスウェル方程式)など

組曲『微分積分』ver.女教師 (カバー http://www.nicovideo.jp/watch/sm992976
■物理学科の私が歌います。歌っただけです。作者様⇒http://www.nicovideo.jp/watch/sm833990
■楽しい組曲をありがとうございますm(_ _)m もう大学でて何年の私には過ぎ去りし景色は グラフィティ・・・ 
■10万アクセスありがとうございます。元ネタが逸品とはいえ沢山の方に聞いていただけて感謝です。
http://www.nicovideo.jp/mylist/813723/2280218
組曲『宇宙論』http://www.nicovideo.jp/watch/sm1142540
★新作 星空はおっくせんまんhttp://www.nicovideo.jp/watch/sm1389622


487 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/08(木) 20:56:44 ID:okOoigF2
>>481
ありがとうございます。
まだ式を理解できないので、勉強してきます。

488 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/09(金) 16:06:36 ID:XI9j+FlC
質問です。よろしくお願いします。



日本銀行と市中銀行の単純化した貸借対照表が次のようであるとする。

《日本銀行の貸借対照表》

(資産)                      (負債)
国債:50兆円                発行銀行券:10兆円
                         準備:40兆円

《市中銀行の貸借対処表》

(資産)                      (負債)   
保有銀行券:2兆円            預金:442兆円
準備:40兆円
貸出:400兆円

1、民間銀行部門が保有する日本銀行券はいくらか。

2、マンネーサプライはいくらか。ただし硬貨は存在しないとする。


よろしくお願いします。




489 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/09(金) 16:22:38 ID:tmXOia4C
ミクロの質問をさせていただきます。

問題;プライス・テーカーであるF企業の生産関数が以下のように与えられている。

y=2√x1・√x2 (x1、x2はそれぞれ労働、資本投入量)

また、労働賃金率は2(千円)、資本の賃貸料(レンタル・プライス)は1とする。

今、「x2=4」(すなわち資本設備の台数が4台)で固定されている短期を想定する。

問1 F企業の費用方程式を記述せよ
問2 F企業の短期費用関数を求めよ。
問3 F企業の平均費用関数(AC)と限界費用関数(MC)を求めよ。
問4 財の市場価格が、P=10のとき、生産量はいくらか?

よろしくお願いします。

490 :_:2007/11/09(金) 21:07:30 ID:lMjYgJ8E
1. C=2*x1+1*x2
2. 短期ではx2=4なので、y=2(x1^1/2)*1(4^1/2)、よってx1=(1/16)y^2
  ∴ 短期費用関数STC=2*(1/16)y^2+1*4=(1/8)y^2+4
3. AC=STC/y=(y/8)+(4/y), MC=dSTC/dy=y/4
4. 利潤最大化条件:限界収入MR=MCより、10=y/4, ∴y=40

491 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/09(金) 23:38:28 ID:tmXOia4C
>>490
ありがとうございます。申し訳ないんですがお使いになっている記号がわかりません
*と^です。経済を学び始めているのに、恥ずかしいのですがよろしくお願いします。

492 :_:2007/11/09(金) 23:53:13 ID:lMjYgJ8E
*は×、^は指数
例えば, 2*3 = 2×3,  x^1/2 = xの2分の1乗 = √x
分かりにくくてすいません

493 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/10(土) 12:24:50 ID:qiOq8HFD
>>492
ああなるほど!丁寧にありがとうございます。
勉強してきます。

494 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/10(土) 14:09:59 ID:J/sLDygb
マクロ経済学なんですが、なぜ、m2+cdが貨幣の代表的指標として利用され、その動向が景気の先行きを知探る重要な手がかりとされるのか?わかりますか?

495 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/10(土) 19:31:40 ID:/TRCLmwu
ミクロです。通常の需要関数について、0次同次性の性質を利用して式を変形させるような問題ってありますか?
自らの需要関数xも右辺の説明変数になるような問題がそれに使われるのでしょうか?

ちなみに問題は
u=(x^1/3 * y^1/3)^3
から出す需要関数です。Px、Pyともに与えられていません。

496 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/10(土) 20:08:09 ID:FxmULyRP
ミクロです。
お願いします。
効用関数がu=min{x,3y}とあらわされる時、(x,y)=(2,1)
における財xの財yに対する限界代替率をそれぞれ求めなさい。
という問題です。

497 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/10(土) 21:49:19 ID:oAU4GLWJ
>>488
前提が変だよ。もう一度、問題をチェックして、正しく書き
直してください。

498 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/10(土) 23:15:33 ID:FCvtnX7r
>>494
その手の話はネットにもいっぱいころがってるし、例えば中谷巌のマクロ
にも答えが書いてあるよ。

>>495
一般的に価格と所得を与えて解く問題ではないの?

499 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/10(土) 23:52:48 ID:y8UvD+nk
>>495
とりあえず問題文を全部、一字一句漏らさず書いてください。

>>496
∞。

500 :495:2007/11/11(日) 01:31:36 ID:wrdA5g2Y
>>498-499
価格はPx、Pyで所得はIです。需要関数を文字式を含む形へ導くのが目的です。
効用関数写し間違えてました。すいません。

u=(X^1/2 * Y^1/2)^2 から需要関数を求めよ。

です。
答えは自分で解きたいので、解く上で必要な概念とかヒントだけでもいいです。
お願いします。


501 :495:2007/11/11(日) 01:33:13 ID:wrdA5g2Y
日本語が変でした。
×需要関数を文字式を含む形へ導くのが目的です。
○文字式で需要関数を表すのが目的。

502 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/11(日) 01:58:39 ID:inAunVCS
導出方法自体は、財価格や所得金額に具体的な数値が与えられている問題を解くのと同じ。
文字のまま解くか、数値計算をするか、だけの違い。

効用関数をそれぞれの財について偏微分して限界効用比を出し、それと財価格比を
イコールとおいて、これと予算制約式を連立してXとYについて解けば導出できる。
あるいは、予算制約式をそのまま効用関数に代入してuを最大化しても同じ。
(ラグランジェアンが使えるなら、それでももちろんOK)

あと、この形の効用関数なら公務員試験本などにによく出ている例の「公式」も使える。

いずれにしても消費者理論の基礎が理解できていれば、悩むような話じゃない。

503 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/11(日) 02:14:18 ID:wrdA5g2Y
>>502
すいません何度も何度も書き間違いをしています。
効用関数が
u=(X^1/2 + Y^1/2)^2
が本当です。真ん中の記号が、掛け算じゃなくて足し算です。本当に申し訳ありません。

ラグランジュで出したんですが。需要関数XのなかにXが入ってしまうんです。合ってるんでしょうか?
それだから間接効用関数がおかしくなるんです。

504 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/11(日) 03:47:45 ID:inAunVCS
あぁ、CES型ね。でもそれだって式変形を落ち着いてやればなんの問題もない。
効用関数と価格比より、効用最大化条件はY/X=(Px/Py)^2
これを予算制約式に放り込んで
X=MPy/(Px*(Px+Py))
Y=MPx/(Py*(Px+Py))

505 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/11(日) 11:11:33 ID:o+mZgXBL
初心者すぎてすいません
D=100-p
S=3p
の場合は市場均衡価格は25になるらしんですが、
どうやって計算すればいいのか教えてください

506 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/11(日) 11:20:04 ID:BBsHXwgw
D=S (需要と供給が一致
100-p=3p
100=4p
P=25

507 :_:2007/11/11(日) 11:23:37 ID:7Yz6/So/
>>499
>∞

これは
(x,y)=(2,1) のとき、無差別曲線は u=x になりその傾きが∞ということですか?

508 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/11(日) 11:23:57 ID:o+mZgXBL
あっありがとうございます!!
こんなのも分からなかった俺って…

509 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/11(日) 13:47:42 ID:YNGwkCGY
>>504
CES型ですか!名前だけしか知らなかったのでCES型勉強します。
ありがとうございました。

510 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/12(月) 12:42:52 ID:UBU6IRHa
マーシャル的調整過程と、ワルワス的調整過程についてわかるかたいますか?

511 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/12(月) 12:47:42 ID:4mwQxWpz
>>510
わかるけど?

512 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/12(月) 16:33:06 ID:c+LD8nPf
ミクロなんですが
プライス・テーカー企業の利潤最大化生産量の条件 MC(Y)=P・・・@
プライス・テーカー企業の利潤最大化労働投入    MPL=w/p・・・A

@とAは論理的に同等で@からAへ、Aから@へ導き出せるらしいのですが、
それを論理的に説明しろと言われるとできないのですが。どなたか説明できるかた
ご教授お願いします。

513 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/13(火) 10:35:38 ID:vfZnRGS5
>510
俺なんてクモの巣調整も分かるぜ

514 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/13(火) 15:11:54 ID:hck9e7J5
510はグラフ書いてみそ。
調整過程は収束条件の式は選択肢にそのものズバリでるのでなければ、
覚える必要はなし。そもそも数学苦手な人にはわかりにくい式だから。
ふたつがずれるのって変なときしかないけど、
そこらへんは国U地上の過去問・問題集に出てるはず。

512は生産量と生産要素投入量が裏表なところから考えて。
Aをw/MPL=pとしたほうが読みやすいかも。

515 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/15(木) 13:50:30 ID:NcMBD+2M
限界代替率って
ある財を一単位増やした時の効用ともう一つの財を一単位増やした時の効用の比率
って言える?

516 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/15(木) 15:28:15 ID:AlgDCe0i
言える。
選好でなくて効用からスタートするならそれが普通だと思うけど
(解釈としてはともかく、数式としてはMRS=MU1/MU2で)。

517 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/15(木) 15:43:25 ID:NcMBD+2M
サンクス!

518 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/15(木) 22:09:57 ID:0xTw4K3V
ケイジアンモデルについて考える、C=0,6(Y-T)+40 I=50 G=30 NX=10 T=50で与えられているとする。

Y=150での平均消費性向は?

この経済の均衡国民所得は?したがって、完全雇用GDPがYf=400であるとき、デフレギャップは?

政府支出乗数の値は?したがって、デフレギャップをゼロにするために必要な政府支出の増加額は?

租税乗数の値は?したがって、政府は()だけの増税を行うことでもデフレギャップをゼロにすることができる

上記の問題、お願いします。

519 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/15(木) 23:17:15 ID:HYGpKui/
C=60+0.8Yd
Yd=Y-T
I=60
G=30
T=0
X=70
M=20+0.2Y
という式があって
投資乗数はいくつ?という質問があったのですが
乗数はY=(1/1-β)Iという式が成り立つと思うんですが 計算が合わないです
答えは2.5です
ご教授お願いします

520 :519:2007/11/16(金) 10:17:36 ID:K1Q2kP7l
519をお願いします

521 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/16(金) 10:49:22 ID:AJzzGAqA
>>519
こんなのいくら解いても意味ないよ。
クソ教師だな

522 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/16(金) 15:37:36 ID:7S+PVlcQ
公務員試験や会計士試験じゃこれがメインだから仕方ない
ヒントを教えてあげると、Y=(1/1-β)Iじゃなくて
他の変数の変化をゼロとした場合ΔY=(1/1-β)ΔIとなることを出す

523 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/16(金) 17:49:57 ID:BvjHSbMR
>>521 

意味が無いってどういう意味?
とりあえず、単位を取るためには有用.

524 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/16(金) 18:40:13 ID:3DWmqBc8
>>523

521は教師を批判してるんでしょ。
学生を批判してるわけじゃない。
学生は試験に出ると言われれば、年号でも学者の名前でも何でも覚えなきゃならん。

>>521

逆に聞きたいのですが、
意味のあるマクロ経済学の問題ってどういうものがありますか?

525 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/17(土) 10:40:56 ID:7eP4JGlD
おそらくその教員はエクササイズを説いて海外journalに投稿している種類の経済学者なのでそう

526 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/18(日) 11:57:10 ID:UdBDKzji
ミクロです。
2財モデルの効用曲面について、ある一つの財の組み合わせ(x,y)から強い意味での凹関数を保証する計算仮定が理解できません。
お願いします。

527 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/18(日) 13:03:48 ID:vBWn5kqF
>>526
計算過程のどの部分が理解できないのか具体的に書いてください。

528 :_:2007/11/18(日) 13:09:46 ID:lO9qrs7P
凸関数じゃなくて?

529 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/18(日) 14:13:48 ID:pkVlYX6i
質問。
現実の世界では、ダイヤモンドは非常に高価で、水や空気はタダで消費できる(つまり価格が0である)。
このような現象は需要と供給を用いてどのように理解できるだろうか

とあったのだが、どのように説明すればいいのだ?orz

530 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/18(日) 19:14:01 ID:7YCjeAYE
>>527-528
凹関数です。西村和雄さんの東洋経済新報社ミクロp20の求め方で、
もう一点(x',y')取って,二点を通るその直線式(傾きをh2/h1)とすると、
(2.22)式 h1(y'-y)=h2(x'-x)
だとはわかりましたが、
その直線上の点が
(2.23)式 (x(t),y(t))=(x,y)+t(h1,h2) t:実数
を通るというのがなぜだかわかりません。
もしかしたら高校数学レベルのど忘れかもしれませんが、お願いします。
上の式は見やすいように本書の書き方を変えて、財をxとyと書き直しました。

531 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/18(日) 22:17:01 ID:batJk66s
x=x0+th1
y=y0+th2

から、t=(x−x0)/h1 ・・・(*)

これを使って、tを消去してみな。(2.22)に戻るから。

逆に言って、(2.22)において、(*)のようにtを定義することで、
(2.23)式がえられる。

でも、傷が浅いうちに他の本に乗り換えた方がいいような気もする。
ビンガー・ホフマン『微積分で学ぶミクロ経済学』(シーエーピー出版)
なんかどうだろ。

532 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/18(日) 23:38:38 ID:pkVlYX6i
もう一つ質問。
ある商品の需要曲線がp=-0.5x+200で供給曲線がp=x+20であるとする。
このとき、この商品に1単位あたり30の消費税が課せられるとする。
このときこの消費税の導入による総余剰の減少分(死荷重)を求めなさい

どのように求めたらいいのかわからないです。おねがいします。


533 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/18(日) 23:41:28 ID:1/60oCQN
>>531
ありがとうございます。
なるほど・・・何回書き写しても理解できなかった・・・l(;o;)/俺アホ過ぎる、もっと勉強しなくては。

手持ちのACチャンの『現代経済学の数学基礎』に凹関数について書いていたのを見つけたので、
今こっちをよみ込んでいるところです。
紹介してくれたビンガー・ホフマンも明日図書館で借りて読んでみます。


534 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/18(日) 23:50:58 ID:kfuTU33C
>>529
例のグラフ

535 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/19(月) 01:56:11 ID:weSsPABF
>>534
いじわる(;_;)

536 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/19(月) 04:49:09 ID:vsTg65Ey
>西村和雄さんの東洋経済新報社ミクロ

こりゃまたやけに高級な本をお使いで。。。

537 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/19(月) 17:48:57 ID:9Hz1ZrBB
需要の価格弾力性,所得弾力性に関し以下の問に答えよ。ただし,いずれの場合もその他の与件は不変であると仮定する。
(1)需要の価格弾力性の定義
(2)財の価格が低下した場合,需要の価格弾力性が1を下割れば当該財への支出が減少することを示せ
(3)需要の所得弾力性の定義
(4)消費者の所得が増加した場合,所得に占める需要品への支出割合は低下することを示せ

__
1以外全部書けません 易しい解説をお願いします><

538 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/19(月) 18:57:11 ID:ybldqack
>>537
せめて後(3)くらいは・・・初級の本でも見ればそのまんま載っているはず。
全く努力せずに、課題は他人任せで単位とっても時間の無駄だよ。

539 :_:2007/11/19(月) 18:59:08 ID:JCG1MPt9
(4)は必需品だろ

540 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/19(月) 19:03:57 ID:9Hz1ZrBB
>>538
大学ではなくて予備校です・・・1,3は定義式は書けますが,応用の2,4がわかりません。
文系です。

541 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/19(月) 19:59:46 ID:vT6m9pUE
>>540
最後の「文系です」は何を意味してるのかな?

542 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/19(月) 20:16:17 ID:9Hz1ZrBB
>>541
・・・法学プロパーです
経済学のけの字を始めました

543 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/19(月) 20:59:32 ID:75QOElLc
経済学学べば経済事件に騙されにくくなりますか?

544 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/19(月) 21:26:26 ID:3cLtoxMb
>>542
だから?法学ってのは論理だててモノを考える必要がないんだ?

545 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/20(火) 01:31:56 ID:fiHmZAYK
>>544
論理だてて物事を考えられるような人間なら、法学なんて出来ないだろ。

546 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/20(火) 08:38:08 ID:RJ3Sdw7N
それで何で疑問には答えてくれないんでしょう><

547 :_:2007/11/20(火) 09:56:15 ID:iASrU0E1
みんなお前が嫌いだからだ

548 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/20(火) 12:53:19 ID:KHH7KuBI
初級のテキストにそのまま載ってる内容だからテキストを見ろと言われて
「文系です」と言って意味不明な返答したからみんながお前を嫌いになった

549 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/20(火) 14:46:35 ID:m1N4J02G
なんというナッシュ均衡

550 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/20(火) 22:29:16 ID:iuaxWqYN
ロイの恒等式の一番わかりやすい証明教えてください。またはそれの載っている本を教えてください。
お願いします。

551 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/20(火) 22:40:10 ID:7aVj/sva
>>550
あんなの単なる微分じゃん。微分しとけ。微分。わからなかったら高校に再入学して
2年生になったら理系に進んで、数3まで履修してから、大学を受けなおせ。

552 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/20(火) 23:11:52 ID:iuaxWqYN
間接効用関数に支出関数代入して得られる恒等式を、Pjで偏微分すると
0 = Vj + VI Mj
この「VI Mj」が、どうして出てくるかがわかりません。ちなみにそれぞれVのMを右側の変数で微分していることを表しています
もうちょっと勉強してわからなかったらもう一回聞きに来ます。

553 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/20(火) 23:34:18 ID:m6C91/Tc
Mjは支出関数?
それなら単なる合成関数の微分だと思うけど

554 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/21(水) 00:43:46 ID:We9tHTG7
>>553
はいMjは支出関数をPjで偏微分しているという意味です。
合成関数の微分の仕方は知っているのですが・・・

555 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/21(水) 01:07:30 ID:gdyc9i5S
需要曲線がD=90-P、供給曲線がS=-10+Pの時


消費者余剰と生産者余剰と総余剰の大きさはいくつですか?

学校の宿題なのですが全くわかりません。


556 :554:2007/11/21(水) 01:16:37 ID:We9tHTG7
(VI Mj)がチェーンルールになっているのはわかっているのですが、
なぜここでこの数値が足されているのかがわからない。っていうのが、質問の本意です。

間接効用関数に支出関数代入して得られる恒等式を、Pjで偏微分すると、
Vj = 0
になるのでは?なんで足されているの?(?_?)←これが今の僕です。

557 :553:2007/11/21(水) 01:18:23 ID:We9tHTG7
すいません>>556の名前間違えました
>>553=>>556です、申し訳ない

558 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/21(水) 01:47:10 ID:4VPJvNNz
>>556
残念ながら、それでは合成関数の微分が ちゃんと わかっているとは言えない。

間接効用関数に最初から入っていたPjについての偏微分が第1項、
さらに入れ子になっている支出関数の中のPjの分が第2項だが、ここで
チェインルールが適用され、できあがりは第1項と第2項を足すかたちになる。

詳しくは、多変数関数の場合のチェインルールについて、経済数学の教科書で。
できれば国産のあっさりしたやつじゃなくて、翻訳物のしつこく書いてあるものが
いい。

559 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/21(水) 02:31:52 ID:eLgH4daP
>>558
ありがとうございます
さっきチャンの本を見直したら、全導関数の単元に載っていました。数学知識の穴をもっと埋めなくては・・・
ここにくると、いつも勉強不足だということに気づけるので助かっています。


560 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/21(水) 15:57:02 ID:T33F3ABW
ミクロ経済学の質問です。
非労働所得の増加と実質賃金の増加は、労働時間に対する影響がそれぞれ違いますよね?

実質賃金増加→代替効果と所得効果どちらが大きいかによって労働時間の増減が決まる

非労働所得増加→余暇の消費(と財の消費)が増加するので労働時間減る
この考え方であってますか?非労働所得の方は自信無いのですが…

561 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/22(木) 11:38:53 ID:ILlyHZPT
日本の「たばこ」業界は「独占市場」ですか?

562 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/22(木) 19:10:23 ID:C8Diy7Zn
日銀が市場のお金を回収しながら一方で国債を買っているのはなぜですか?

563 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/22(木) 19:26:34 ID:c5NuRk8X
和田アキ子は朝鮮人だから紅白に出れるの?

564 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/23(金) 09:59:16 ID:rt1G8HvY
最近動学最適化の勉強を始めました。
ハミルトニアンを使って最適化する場合、二階条件はどういうふうになるのでしょうか。

どなたかよろしくお願いします。

565 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/27(火) 21:38:24 ID:jbZvN2OO
純粋交換経済で二者の無差別曲線が交わる点はパレート効率的である。なぜか。

何て答えるべき?
他者の効用を下げることなくもう一方の効用を上げることが出来ないから。
でOK?

566 :_:2007/11/27(火) 21:57:11 ID:cgy1K+VD
交わっちゃだめだろJK

567 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/27(火) 22:06:20 ID:jbZvN2OO
交わる→接する

スマソ。定義を答えにしていいの?

568 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/27(火) 23:55:54 ID:jbZvN2OO
誰かわかる?

569 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/28(水) 01:07:35 ID:fuSm7gr6
誰かマクロ経済学に詳しい人
2000年
りんご100円(5個)
みかん50円(4個)
2005年
りんご200円(6個)
みかん100円(6個)
2006年
りんご300円(7個)
みかん500円(6個)
のとき基準年2000年とした2005年から2006年にかけてのインフレ率と
2006年において、125万人の成人人口のうち2割が非労働力人口で、完全失業率が6%の時の失業者数と就業者数を教えてくれないか。
丁度休んでてプリントが無いんだ・・・
教科書買おうにも朝一の授業だし、友達もいないし。

570 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/28(水) 01:49:24 ID:MvhYXqec
>>569
その物価指数の計算はパーシェ?それともラスパイレス?

571 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/28(水) 01:55:13 ID:fuSm7gr6
>>570
簡単な方で・・・
まだ始めたばかりなんで

572 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/28(水) 02:04:55 ID:MvhYXqec
>>571
パーシェ物価指数とラスパイレス物価指数は違う結果が出るのよ

573 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/28(水) 02:05:56 ID:fuSm7gr6
>>572
パーシェだと思います。パーセントのことですよね?

574 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/28(水) 02:12:13 ID:ZvO4yJAT
↑座布団10枚!!ww

575 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/28(水) 02:21:52 ID:MvhYXqec
笑いすぎて腹痛い
半泣きで計算したから間違ってたらゴメンよ

  ラスパイレス  パーシェ
00  100        100
05  200        200
06  243        510

インフレ率
ラスパイレス 21.5%
パーシェ    115%

(ある年の)ラスパイレス指数 (%) = (Σ(財・サービスのある年の価格 × 財・サービスの基準年の購入数量)) / (Σ(財・サービスの基準年の価格 × 財・サービスの基準年の購入数量)) × 100

(ある年の)パーシェ指数 (%) = (Σ(財・サービスのある年の価格 × 財・サービスのある年の購入数量)) / (Σ(財・サービスの基準年の価格 × 財・サービスのある年の購入数量)) × 100

576 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/28(水) 02:36:25 ID:fuSm7gr6
まだ習ってないもん・・・
やっぱパーシェでした。ありです!

577 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/28(水) 02:39:31 ID:MvhYXqec
物価上昇率が115%はありえないな
あとみかんが500円ってのも
間違ってるかもしれないから提出する前に検算してくれ

578 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/28(水) 03:03:15 ID:fuSm7gr6
計算したら155%でした。まだ入門なので数値は滅茶苦茶みたいですねw

579 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/28(水) 08:37:38 ID:xh5W5SkR
パレート最適(効率的)って、他者の効用を下げることなくもう一
方の効用を上げることが出来ない状態だよね?

じゃパレート効率性は?資源を効率的に分配する比率って言える?

580 :_:2007/11/28(水) 09:03:58 ID:MRDBkkX8
>>567でおk エッジワースボックス書いて説明すれば良いんじゃね

581 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/28(水) 13:33:46 ID:1H9on9nt
ミクロでわからない問題が3問あるので質問させてください。

今、ある企業Aが独占企業であるとする。企業Aのあるサービスに対する
市場需要曲線は以下のように与えられているとする。

D=120-2p (Dは需要量、pは価格)
また企業Aの費用関数はC(x)=x^2/2+2であるとする。(xは生産量)

問1 ある企業の限界収入(MR)と限界費用(MC)を、xの式で表せ。
問2 ある企業がサービス一単位につける独占価格は?
問3 独占の弊害は?

以上よろしくお願いします。

582 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/28(水) 14:57:48 ID:nfPs8q6E
1.
D=120-2p → 2p=-D+120 → p=-1/2・D+60
TR=p・x=(-1/2・x+60)・x=-1/2x^2+60x

MR=ΔTR/Δx=-x+60
MC=ΔTC/Δx=x

2.
独占企業は,MR=MCが成立する生産量の時に利潤が最大化される。よって生産量は,
-x+60 = x → x=30
この生産量が全て消費されるように独占企業は価格設定を行うため,
p = -1/2・30+60 = 45
よって価格は 45 となる。

3.
   _人人人人人人人人人_
   > 余剰分析がまだ未習<
    ̄^Y^Y^Y^Y^^Y^Y^Y^Y^ ̄

一昨日に,経済学を始めました・・・

583 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/28(水) 15:25:40 ID:OsJQk24v
>>582
独占なんだから、消費者余剰だけ見てればいいよ。需要関数の下側の面積ね。
比較の対象、もちろん限界費用で販売した場合。グラフ書けばわかるよ。

584 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/28(水) 17:16:06 ID:nfPs8q6E
>>583
ああ・・何となくわかりました
1と2はあってますかね

585 :_:2007/11/28(水) 18:11:05 ID:MRDBkkX8
死荷重

586 :579:2007/11/29(木) 16:10:00 ID:rcbXZk2t
パレート効率性って状態を指すの?


587 :_:2007/11/29(木) 18:17:43 ID:LFNknl+F
ggrcs

588 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/29(木) 21:29:24 ID:Cea08yCR
IS曲線での金利とLM曲線での金利はそれぞれ異なるもであると思うのですが、
IS、LM曲線が一つのグラフとして表されたとき、金利というものは債権に関する金利なのかそれとも
銀行などの貸付金利のことなのかいまいちわかりません。仮にどちらの金利でもあるとするならば、この二つの金利
は同様に上がり下がりするのですか?また、なぜそのような同時に上がり下がりという動きをするのですか?

589 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/29(木) 22:03:19 ID:LFNknl+F
金利は連動します
日本で政府が無担保コール翌日物金利を操作するのは、その金利に他の短期金利が追随するから
追随する理由はお金の貸し借りを考えれば自明

590 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/30(金) 00:45:00 ID:WQXkrdOO
スレ違いかもですが、経済学の教科書で説明されていることと現実が異なっている
事例をレポートで書かなきゃいけないのですが、何か良い例はありませんか?

591 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/30(金) 03:31:17 ID:aIVJeml3
>>583
具体的に教えていただけるとありがたいです。

592 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/30(金) 13:19:11 ID:b5uNKNzT
>>588
あのモデルの場合、貸出金利とか借入金利とかの区別はなく、抽象的な一本化された利子率。
モデルの成り立ちについて、教科書をちゃんと読んでいればわかるはず。貨幣市場(あるいは
その裏側での債券市場)で需給均衡の結果決定された「利子率」が、実物部門の設備投資を
規定するという関係。IS-LMモデルにおいて、民間の市中銀行は登場していない。

593 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/30(金) 17:25:01 ID:PnAAdCIU
パレート効率性を資源を効率的に分配する比率と定義することは可能?

594 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/30(金) 19:35:59 ID:NxxLg7jd
一通り解説を聞いたんですが,不完全競争下の独占企業と,独占的競争における長期均衡条件の違いが
結局一緒なんじゃないの,MR=MC=Pになればいいんでしょ,どこが違うの?って思うのですが,どなたか説明してくれませんか。

595 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/30(金) 22:13:44 ID:no5VQKfF
長期均衡にいたってない独占企業の場合はMR=MCまでは言えても、
MC=Pまでは言えない。

596 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/30(金) 22:24:51 ID:SIFh5QEu
独占
MR=MC
独占的競争
MR=MC
P=AC


597 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/30(金) 22:39:40 ID:Znqv/84L
ミクロです。スルツキー方程式についてです。書きづらいのでwordでアップします。
簡単にまとめてみました、間違い・改良点があればご指摘お願いします。
http://www.uploda.net/cgi/uploader4/index.php?file_id=0000023046.doc

598 :597:2007/12/01(土) 11:22:06 ID:t6Px92i/
質問というか間違いがあれば教えてほしいという内容なので、これはスレ違いでしょうか?
ダウンロードできない場合はもう一度あげなおしますのでお願いします。

599 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/01(土) 12:30:34 ID:0ydXyMyF
マクロウイルスが怖いからなぁ
PDFなら可

600 :597:2007/12/01(土) 22:58:38 ID:0sKPgGHh
>>599
http://www.uploda.net/cgi/uploader4/index.php?file_id=0000023092.pdf
pdfであげ直しました。お願いします。

601 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/01(土) 23:19:43 ID:aCnOdla4
代替効果と所得効果の合計のことを価格効果っていうのは初めて見た。
自分は全部効果(全効果)だと思っていたが。

602 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/02(日) 12:12:52 ID:o4RGeHH1
P=100-Qという需要曲線に直面し,したがって限界収入がMR=100-2Qであり,限界費用が20で一定で,
固定費用が1200である独占企業を想定し,その企業に関する以下の全ての設問に答えなさい。
ただし,Pは価格,Qは数量,MRは限界収入である。

  (1) この企業の利潤を最大にする価格とその利潤の大きさはいくらか。

  (2) この市場(産業)で生ずる余剰を最大にする水準に価格を設定させたとすると,その価格はいくらか。また,その際の余剰の
   大きさはいくらか。

教えてください。

603 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/02(日) 14:44:05 ID:00FLz3By
ミクロの二部料金制について質問です。

NTTとか東京電力には、使用料金のほかに基本料金という形で、消費者から利用料金を徴収している。
これを「二部料金制」というが、この料金体系をミクロ理論的にモデルを用いて説明せよ。

現時点では詳しくわからないのですがAさんの需要曲線(y価格x需要量)y軸にある価格P1をとると
下にできる長方形の面積がそれが実際の使用料金で、その上の三角形の面積を超えない額を
徴収してもAさんは消費続けるわけですよね。これをどう説明したらよいかわからないので
よろしくお願いします。

604 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/02(日) 16:14:17 ID:ld5yYH2Z
すみません。質問させてください。
ミニマックス解というものは、ナッシュ均衡と同じ意味なんでしょうか?

【問題】
プレイヤーAは戦略A1,A2,A3をとることができ、
プレイヤーBは戦略B1,B2,B3をとることができる。
利得行列は次のとおりである。

B1 B2 B3
A1[4,-4][5,-5][6,-6]
A2[7,-7][9,-9][8,-8]
A3[8,-8][6,-6][9,-9]

表中の[]内の2つの数字は、左の数字がプレイヤーAの利得、
右の数字がプレイヤーBの利得である。純粋戦略の範囲内で
ミニマックス解を答えなさい。


よろしくお願いします。

605 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/02(日) 16:35:48 ID:XxLkjLae
ミニマックス法で求めた解がミニマックス解で、その中で客観的に見て両者にとって状態を改善可能な別の
解が残されているものをナッシュ均衡と言う。

606 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/02(日) 18:04:38 ID:ld5yYH2Z
>>605
ありがとうございます。

ということは、>>604の解は
[A1,B3]の[6,-6]になるということでしょうか?

607 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/02(日) 18:23:19 ID:Kwre1O7b
[A2,B1]

608 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/02(日) 19:44:02 ID:ld5yYH2Z
・・・・。よければ解説お願いします。


609 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/02(日) 21:13:16 ID:ld5yYH2Z
[A1,B1]が答えだと思うのですが、違うのかな・・・。

610 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/02(日) 22:43:51 ID:Kwre1O7b
>>608
プレイヤーAが各戦略をとったときに起こりうる最小の利得(ミニ値)は
A1の時4、A2の時7、A3の時6
これらの中で最大となる利得(マックスミニ値)は7、すなわちマックスミニ戦略はA2

プレイヤーBが各戦略をとったときに起こりうる最大の損失(マックス値)は
B1の時-8、B2の時-9、B3の時-9
これらの中で最小となる損失(ミニマックス値)は-8、すなわちミニマックス戦略はB1

したがって[A2,B1]が解

611 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/02(日) 23:24:11 ID:ld5yYH2Z
>>610
なるほど!!そう考えるんですね。
[A2,B1]という答えは、図から必ず[7,-7]でなければならないと思っていました。

どうもありがとうございます。

612 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/03(月) 23:14:29 ID:vC+9Hpde
誰か教えてください…

@消費関数は、国民所得の線形関数として、C=0.8Y+30 のとき
投資を20としたときの国民所得はどいくらになるか?

A下記のようなときの国民総生産に占める貿易黒字の割合はいくらか?
・国民純生産=290
・消費=150
・投資=90
・資本減耗=10
・政府支出=50
・補助金=27
・間接税=40

出来れば途中計算も教えて欲しいです

613 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/04(火) 01:23:30 ID:12eWbgK0
@Y=0.8Y+30+20を解くだけ。中学生でもできる。
AGNPとNNPの定義に従って与えられた数字をあてはめていけば、これまた中学生でも計算できる。

614 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/04(火) 01:36:33 ID:oyeHZSVa
>>613
お前バカだろ?
中学生が中学生でも出来ることをわざわざ聞くと思うか?
>>612は小学6年生だぞ

615 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/04(火) 08:56:13 ID:FQLPF6gk
>>614
面白いと思っているのかな?かな?

616 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/04(火) 23:44:09 ID:8cwMFGaU
何題か答え教えてください
1 所得が上昇したときに需要量が減少する財はなんというか?

2価額が1ドルから3ドルへ上昇した。その結果、総収入(価額X数量)は100ドルから240ドルへ増加
 したとする。このときのの需要の価格弾力性を求めよ。そしてこのような財をなんと呼ぶか。

3市場がつぎのような需要関数と供給関数によって表されるとする。
 需要量、Qd=300−P
 供給量、Qs= 2P
 (a)このときの均衡価額と均衡取引量をもとめよ。
 (b)ここで課税額(t)が10ドルとする。この場合の売り手、買い手、売上高の変化をもとめよ。

続きあります。

617 :616:2007/12/04(火) 23:54:30 ID:8cwMFGaU
4あるお菓子工場の労働者(総数20人)が一人増えたことによってケーキの生産量が1000個から
 1055個に増加した。この場合の労働の限界生産量はケーキの生産量で表せばいくらか。

5典型的な企業の費用曲線を描き、限界費用曲線と平均総費用曲線を図示せよ。
 だいたいでいいので教えていただいたら幸いです・・。

6豆腐産業は競争的である。豆腐やの豆腐一個生産の平均総費用は100円であり、130円で販売しているとする。
 この場合の豆腐の限界費用はいくらか。

7企業Xが製品Aを0から6個まで生産するときの生産量と総費用の関係は次の表になる。

  生産量  0   1   2   3   4   5   6
   
  総費用 256 320 340 355 368 381 400

  1)固定費はいくらか
  2)生産量5個のときの可変費はいくらか 
  3)限界費用の最大値と最小値はいくらか
  4)上の表から平均費用曲線と限界費用曲線を示せ。
  
  長いですかどうかお願いします(m_m)



618 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/05(水) 00:07:47 ID:EwFxCYQw
>>616
ミクロのテキストを持ってないのか?
特に難しい問題じゃないからここに書き込む暇があったらテキストの該当箇所をよく読みなさい。

619 :616:2007/12/05(水) 00:12:04 ID:8n9h1J58
>>618さん
今わけあって手元にないんです・。


620 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/05(水) 00:18:02 ID:EwFxCYQw
ここは君の宿題を解いてもらうスレじゃない
明日図書館で借りてきなさい

621 :616:2007/12/05(水) 00:27:59 ID:8n9h1J58
そこをなんとかお願いします・・

622 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/05(水) 04:40:51 ID:bQ2MRx7f
( ^ω^)ゆとりはしねお

623 ::2007/12/05(水) 21:19:03 ID:Y+SWHYs9
最近のマクロ経済問題について2つぐらい事例を挙げてわかりやすく説明してください

624 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/05(水) 23:05:20 ID:SixGh43e
レポートか?
サブプライム問題について解説してる新聞サイトの記事でもコピペして
提出しとけ。
もう一つは新卒採用の改善あたりでいいんじゃねーの。

625 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/06(木) 11:00:41 ID:tYkWDe1i
Nash均衡がよくわからないので質問です。

純粋戦略の枠組みでNash均衡が存在しないものにおいて
混合戦略でNash均衡が存在するかを証明せよ。

626 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/06(木) 11:03:30 ID:tYkWDe1i
追記で以下の囚人のジレンマゲームみたいな表を用いてもらえるとうれしいです

  a b
A (1,1) (2,2)
B (0,3) (3,0)

627 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/06(木) 14:21:07 ID:WZX+SA6p
最適化問題です
Aの効用関数がu=x^2y^3で、所得が100、X財の価格が5、Y財の価格が10であるとき予算制約は@であり、
Aの満足を最大にするX財Y財の組み合わせはAである。
次にAの所得が倍になり、X財の価格が6、Y財の価格が9に変化したときの、X財Y財の組み合わせはBである


よろしくお願いします

628 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/06(木) 16:05:20 ID:+qW+luN2
>>627

経済やめろ、死ね

629 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/06(木) 18:49:51 ID:sWfRm4Lt
>627
どこがどうわからない?

630 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/06(木) 18:58:47 ID:QAIFfbvE
違うよ。>>627は自己紹介しただけだよ。

631 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/06(木) 19:59:48 ID:WZX+SA6p
>>629 @ABに入る解答が知りたいんです

632 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/06(木) 20:02:12 ID:ZQYthsKx
ggrcs

633 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/06(木) 20:57:20 ID:sWfRm4Lt
>631
それは「どこが」の解答だろ。「どうわからない?」に答えてない。

もう一度。

634 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/07(金) 05:19:02 ID:TPN+UCiF
>>627
なんで@がわからない?

635 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/07(金) 07:20:55 ID:jpLmdy9S
@は100=5X+10Y
だと思ったのですが、
この先から、効用関数と@をどのようにして利用するかが分かりません。

636 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/07(金) 08:10:27 ID:hI8KVKJ6
加重限界効用の法則を使え。無差別曲線と予算制約線が揃ってるなら。

637 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/07(金) 12:14:25 ID:n9neLOp1
どなたかNash均衡のやつお願いします><

638 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/07(金) 13:34:01 ID:0YqprmQt
>>637
だから、混合拡大してるだけだろ。混合戦略は純戦略の凸結合みたいなもんじゃん。
てか定義嫁。

639 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/07(金) 19:37:55 ID:Ubqlkmyy
普通にp,qと確率をおいてナッシュ均衡もとめればそれで証明完了

640 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/07(金) 21:30:08 ID:uafgTjmO
国民がどの政治家や政党に投票するかというのも一種の経済であり市場行動だと思う。
マクロ経済学はそういうところまで人間行動を明らかにしないと片落ちになる。

641 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/07(金) 21:32:58 ID:L5V37kvY
前みたいに自分なりの要点整理レジュメ作ってみました、間違い・改善点あったらご指摘ください。
ミクロの弾力性・財の種類のまとめです。
この前はあんまり反応が無くあっているかどうか分からなかったので、間違いが無かった場合もレスいただけると幸いです。
僕自身今は学士で自分の確認用に作ったので、教材としての配慮もなく、見る側には不親切な点もあると思いますが、よろしくお願いします。
ttp://www.uploda.org/uporg1146911.pdf

642 :641:2007/12/07(金) 21:46:31 ID:L5V37kvY
今自分で気づきました。一番下の表の
「補償需要曲線の傾き」
っていうやつ間違っていますよね?補償需要曲線って交叉関係の軸で表してなかったはず・・・

あと言っておきたいんですけど、このpdfは本当の初学者は見ないほうがいいと思います。僕馬鹿なんで誤りを書いている可能性のほうが高いし、
それを見ることで間違った知識を撒き散らしたくないからです。


643 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/08(土) 00:47:14 ID:ZEPZabBX
〜の変化→〜の変化率

需要の所得弾力性のところ。
価格→所得

644 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/08(土) 01:20:33 ID:ZGWPY9sT
>>643
ご指摘ありがとうございます。確かに変化率じゃないと言葉不足ですね。
あと自分で気づいたんですが、
供給の価格弾力性の英語もsupplyではなくdemandになっていた
ところを訂正します。

スレ汚しですが、上のリンクも切れていたことだし今まで出た誤りを修正した改訂版としてあげなおします。
ttp://www.uploda.org/uporg1147404.pdf
ほかにも何かありましたらお願いします。スレ違いでしたら誘導お願いします^^;

645 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/08(土) 14:02:16 ID:1zXtkit2
ミクロの質問です

ある財の市場は複占状態であるとし、二つの企業ををそれぞれA,B社とする。
A,B者の費用関数は以下のように与えられている。
Ca(xa)=xa, Cb(xb)=xb    ( xa , xb  はそれぞれの生産量)
また、この財の(逆)市場需要関数は
p=10-D ( p , Dは価格、需要量を表す)

問1.それぞれの利潤を xa ,xbで表せ

問2.クールノー・ナッシュ均衡を計算せよ

問3.B社しかこの財市場に存在せずB社が独占企業の場合と比較して消費者余剰は
どれほど増加するか?また、この結果からどのような推測が成立するか?

646 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/08(土) 19:14:25 ID:6ETyiERs
武隈ミクロで見たような問題だな



647 :フブ:2007/12/08(土) 22:48:44 ID:bP3zcBU+
予算制約線の傾きは2財の価格比になるみたいなんですが、なんでですか?
よければおしえてください。

648 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/08(土) 23:13:55 ID:ZEPZabBX
中学生でも知っている1次式だ。
PxX+PyY=m
から
Y=m/Py-(Px/Py)X

>予算制約線の傾きは2財の価格比

正確には、傾きの絶対値。

649 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/09(日) 00:25:14 ID:xyIYzwhe
需要独占ってどのような独占ですか?
供給独占ならわかるのですが。。

650 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/09(日) 00:44:24 ID:of7K+Sq6
>649
TOYOTAの車の部品とか。

651 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/09(日) 01:44:50 ID:wJQkHFZP
田舎にある大企業の大工場が大勢の工員を雇っていて、そこが撤退したら地元の労働市場が
崩壊するようなケース。

652 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/09(日) 11:38:39 ID:AUFCp7P+
2010年には貯蓄率がゼロになるそうだけど、国債の安定消化は可能ですか?

653 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/09(日) 13:26:55 ID:f+NovaKd
お願いします。

マクロ経済学における概念上の「短期」と「長期」の違いを説明せよ。さらに、「短期」と「長期」それぞれにおいて、物価水準と産出量(GDP)の水準が決定されるメカニズムがどのように違うか、説明せよ。

654 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/09(日) 16:46:02 ID:aw+ZLcz2
つ 教科書

655 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/09(日) 23:19:09 ID:CcWFamTK
ミクロ経済の質問です。

Aの効用関数はU(x,y)=(x^2)y,Bの効用関数はU(x,y)=xyで与えられる。
Aの初期保有量は(12,0)で、Bの初期保有量は(0,12)である。
財Xの価格をpx、財Yの価格をpy=1とする。

(ここらへん問題がたくさん)
i)公正な配分を一つ求めよ。またそれを図示せよ。
j)公平だが公正でない配分を一つ求めよ。またそれを図示せよ。
k)パレート効率だが公平ではない配分を一つ求めよ。またそれを図示せよ。

これより前の問題で市場均衡配分がkの場合の一つの例ということはわかったんですが、
それ以外の例が思いつきません・・・
回答よろしくお願いします。

656 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/11(火) 22:01:34 ID:l1VwkwlZ
自然失業率の出し方をだれか教えてください…

フィリップスπt−πt-1=ー(Utー0,06)
オーカンUtーUt-1=ー(Ut-0.06)
総需要曲線gyt=gmt-πt

これを使うらしいんですけど…↓


657 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/12(水) 00:35:42 ID:XpZPkA4A
最適化問題です

@効用関数がu=x^2y^3で、所得が100、X財の価格が5、Y財の価格が10であるときの予算制約を求めよ。
また、満足を最大にするX財Y財の組み合わせを求めよ。

A@の所得が倍になり、X財の価格が6、Y財の価格が9に変化したときの、X財Y財の組み合わせを求めよ。



解答
@予算制約:y=-1/2x+10
x財は8、y財は6
Ax財は40/3、y財は80/9
間違っていますか?

658 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/12(水) 08:58:41 ID:tXONA5rr
資本をモデル化してください・。
もちろんマルクスの言ってた奴

659 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/12(水) 09:49:57 ID:tXONA5rr
フフフ誰も答えられまい。

660 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/12(水) 10:46:06 ID:Dpflu0pe
マクロの問題なのですが、

貨幣の利子弾力性と財政支出の効果の関係を述べなさい

というものなのですがわかりますでしょうか?
よろしければ教えて下さい。
お願いします。



661 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/12(水) 11:42:55 ID:agRM5Jb1
ここに書いても誰も答えないよ

みんな答えて時,間違えてる点を指摘されるが怖いから

だから「教科書嫁」「考えろ」しかいわない

662 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/12(水) 12:03:15 ID:JCXbmFtI
自演は止せ

663 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/12(水) 12:05:41 ID:B4RkGnqM
聞き方が悪い
自分の答えを書いて,これであっているか?
って聞き方しなよ

664 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/12(水) 12:20:39 ID:G6Oj407j
ミクロの質問です

紙製さんには「負の外部性」である「ヘドロの発生」が不可避的であるとする。
ゆえに、紙生産の私的限界費用線(私的供給曲線)とヘドロの回収・処理費用
まで含めた社会的限界費用線は乖離し、以下のようであるとする。

私的限界費用線 ; S=2p ( p は紙1単位の市場価格)
社会的限界費用線 ; S=p

また紙の市場需要曲線は、D=10−p であるとする。

問1;紙市場が完全競争市場であるとして、完全競争均衡を求めよ。また、このとき、
   発生している死加重はいくらか。
問2;最適な供給量はいくらか。
問3;最適供給量を市場均衡で達成するためのピグー的政策を示せ。

665 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/12(水) 14:04:07 ID:TT9LoN8v
>>661
自分の課題は自分でやりましょう
基本的事項はテキストをよく読んで理解しましょう
答えを聞くのではなく解法を聞くようにしましょう

666 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/12(水) 14:14:20 ID:fCxtOvN9
>>661は答えて欲くて煽ってるだけ

667 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/12(水) 16:28:55 ID:vPgd3c5L
はじめまして。
今、わたしはマンキューを自力で勉強しているんですが、よくわからないところがあったので質問させていただきます。

それは古典派の二分法のことです。

これは貨幣数量方程式により、古典派経済理論ではマネーサプライが実質変数に影響を及ぼさないところから導かれる。

という風にしているのですが、これがいまいちしっくりきません。

マネーサプライが増加すると、価格×生産の項も増加します。
これは思いっきり実質変数に影響をあたえているように見えますが。。。

そこで、わたしが今思っている理解は、この古典派経済理論と前提を付けると、生産が価格によらない変数となり、古典派の二分法が得られる、ということです。

しかし、これでは(ここで使っている古典派経済理論の仮定)=(古典派の二分法)なので、まったくもってナンセンスなことを言っているように思えて混乱しているのですが、もしよろしければアドバイスをお願いします。

668 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/12(水) 16:51:33 ID:Daq/Rqp2
@消費関数は、国民所得の線形関数として、C=0.8Y+30 のとき
投資を20としたときの国民所得はどいくらになるか?

これって、まともなモデルなんだろうか。

全然わからんな。 もちろん「解ける」けど。

669 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/12(水) 17:12:57 ID:8PvYsOAV
経済の勉強を始めようかと思っているのですが、やはり数学の知識は必須でしょうか?
中学レベルの数学さえもう殆ど覚えていないような状況なのですが、
経済といえばまずもって、数学に強いことが大事、とはよく聞く話なので
このまま経済の本を読んでも挫折するかな…と不安に思っています。

新書などで、経済における基本的な「考え方」やキーワード、概念についてはちょろちょろと読んではみたのですが、
実際、数学的な知識ゼロで本格的な経済学を理解するというのは不可能なんでしょうか?

軽く中学の数学から復習してみようかとは思っているのですが、それもどの程度の数学力を目指せばよいのか
いまいち到達点もイメージしにくくて・・

どなたかご教示頂けると助かります。

670 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/12(水) 17:17:35 ID:fCxtOvN9
なんだ?もう冬休みか?

671 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/12(水) 17:37:14 ID:TT9LoN8v
>>667
君が言ってる「物価水準×生産量」は名目のGDP
実質は必ず物価Pで割らないといけない。

672 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/12(水) 21:40:59 ID:bX9ERT90
>>669
線形代数と微積分、確率が経済を知る必要な数学といわれています。
特に微分ができないと学部中級以上のミクロでは話になりません。
ただし、大学入試とかのクイズのような数学は必要ないことだけは忘れないでください。
数学は経済学をわかりやすくするだけのツールだと考えると苦しくないと思います。
経済学に必要な数学だけ学ぶので十分ではないでしょうか?
テキストを紹介したくてもあなたの数学力がどれほどかわからないので、自分で「経済数学」の本を選んでみるのがいいと思います。
「経済数学の本」で全く理解できない点が出れば、高校数学あたりの「公式集」で確認程度でのりきれると思いますよ。

673 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/13(木) 00:36:54 ID:KGKYmL5r
>>672
高校数学の本でも概要を把握できる良書は少なからずあるようですので、
確認程度に一通り洗ってから、経済の勉強に入ってみようと思います。
私の数学力は壊滅的なのですが、やる気が出てきました。頑張ってみます。

ご親切にありがとうございました。

674 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/13(木) 01:06:11 ID:grga4eHs
>>667
>マネーサプライが増加すると、価格×生産の項も増加します。
>これは思いっきり実質変数に影響をあたえているように見えますが。。。

生産は増えない。価格が上昇するだけ。だから実質変数に影響は出ない。

>>668
もっと複雑でリアリティを追求したモデルもあるけど、いきなりそんなのから入ったら、
学生側が消化不良を起こすから、中学生でも知っている一次式から始めているだけ。


675 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/13(木) 15:35:34 ID:BksxKFDL
初歩的な質問で申し訳ないのですが、JDR (日本版預託証券)の
為替リスクって誰が取るんですか?

あと、海外と日本の双方向の資金循環って生じえますかね?

676 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/13(木) 16:31:16 ID:3GhJ1Fdx
◆◆ユーチューブ◆◆
★テレビ取材流失モノ「これ、絶対使わないでください」
田中康夫長野県知事の脱ダム関連問題発言
http://jp.youtube.com/watch?v=2ofKvImD0Wc
この動画について 田中康夫が長野県知事時代にした脱ダム関連問題発言。

「これ使えないですが、」という取材クルーの声... (続き)
追加日: 2007年10月18日
田中康夫が長野県知事時代にした脱ダム関連問題発言。
「これ使えないですが、」という取材クルーの声の後に
「これ、音声とってないだろうな」
「今のは、絶対使わないでください」
といって語られたホンネ発言。
当時長野県議会でも問題になった。

田中知事(当時)は自分の声かどうかわからないと会見で私の質問に答えたり、
議会で「 記憶にない」などと答弁し失笑をかった。皆さんの耳には誰の声と
聞こえるでしょう。

677 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/13(木) 19:28:01 ID:kK9mxRfp
>>668
輸出入やら政府支出、金融市場の金利、
為替レートなんかをまとめたモデルもあるよ。
簡単なんだよ、近経
と信じて疑わないなら飛び級どうぞ。

678 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/17(月) 22:52:05 ID:YoHJpBGQ
数学についてかじりつつ経済学なら
ミクロ経済学入門>井堀だろ

バリアンは中級以上だからな。
最初から独学であれを読みこなせたらこのスレにはこないだろうし。
まぁマンキューからはじめるのが無難だが、数学をはしょっていることの功罪両面はあるだろう。
間違っても西村入門から始めないように。

マンキューもたしか原著では数学の補論があったのでは?
バリアンは訳書では数学の補論がオミットされている。

さっき図書館でマンキューみてきたけど、まわりくどいというか、井堀の方がコンパクトでいいでない?

おれがおすすめするのは
井堀、orマンキュー→バリアン入門ミクロ→バリアンミクロ経済分析
かなぁ。まぁでもマンキューをスタートにするとバリアンまでたどりつけないし。
難しいところではある。

679 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/17(月) 22:52:32 ID:YoHJpBGQ
井堀の入門ミクロ経済学でした。

680 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/17(月) 22:55:27 ID:YoHJpBGQ
ちょいと数学者とお話してたんだが、高校数学の復習に高校数学の教科書を使うべきか?
実はあれ出版社の社員が書いてるんだって。
だから無味乾燥なので、もっと面白いものを探してよむといいとアドバイスされた。

俺が現時点でいいと思ったのは
竹之内
経済・経営のための数学概説 新世社

統計は小島さんの完全独習統計学から勉強してます。
これも数学を省いてるんだけど、これじゃぁステップアップできない。
だから高校の確率統計の復習なんだけど細野の確率統計はわりかし良かったと思うのだが。

681 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/17(月) 22:57:34 ID:YoHJpBGQ
ミクロがつまんねぇと思う方なら
丸山雅祥の
「経営の経済学」をお薦めする。

ビジネスエコノミクスでいいのないっすかねえ。


682 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/17(月) 22:59:15 ID:YoHJpBGQ
あーそうそう
バリアンで思い出したけど
彼の著書は最新のトピックスに言及しているんだけどなんというか
基本がそのぶんおろそかになってるんじゃないか。
初学者にはtoo muchなのではと思う。

その点井堀は三色刷りでわかりやすい記述。
てか大学の図書館は井堀が貸し出し中で一冊もねぇんだ。
バリアンもね。

683 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/18(火) 17:51:43 ID:sGbgwqeJ
住宅購入が及ぼす経済効果を教えてください
GDPとからめて教えてください

684 :ロック:2007/12/18(火) 21:44:18 ID:VPkuHQV8
経済学を判っているなら、2008年からリセッションに入るぐらいわかるだろう
机上の空論はいいかげんにせい!

685 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/18(火) 22:36:34 ID:8uC9jKxY
えっ?もう入ってるんじゃないの?

686 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/19(水) 02:28:05 ID:1pLHqD/1
>>684
すれ違いだが、5年間サブプライムローンの金利が据え置かれることに
なった。この効果はどんなものだろう。2008年から劇的にリセッション
とは考えにくい

687 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/19(水) 21:09:56 ID:z0TXsIVb
Part 2.価格理論
教科書はたくさん出版されていますが,以下,「現代の」ミクロ経済学の教科書で私が好きなものをあげておきます.原著が洋書ばかりなのには理由があります.

この授業と同様のレベル
スティグリッツ+ウォルシュ『スティグリッツ ミクロ経済学(第3版)』 東洋経済新報社,2006年(amazon,本やタウン).
Kreps, Microeconomics for Managers. W.W. Norton, 2004 (amazon).
この授業より高いレベル(中級ミクロのレベル)
ヴァリアン 『入門ミクロ経済学(原著第7版)』 勁草書房,2007年(amazon,本やタウン).
McAfee, Introduction to Economic Analysis. はじめてのオープンソースの教科書(pdf←2MB以上あります).
なぜオープンソースなのかについての著者の説明.


http://obata.misc.hit-u.ac.jp/~itoh/be/be07s.html

688 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/20(木) 18:43:38 ID:W8RYGAcy
金価格と原油価格の相関とリターンに関係するマクロ的事象
を説明してもらえませんか?お願いします。


689 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/22(土) 09:44:32 ID:F9xQZ7DQ
>>657
今更だけどやってみた。


@はおK。

AはX財、Y財ともに40/3にならないかな?
予算制約線は6*x+9*y=200になるから、(x,y)=(40/3,80/9)を代入すると合わないんだが。

L(x,y,λ)=(x^2)*(y^3)-λ(6*x+9*y-200)
とおいて、これをx,y,λでそれぞれ偏微分してゼロとおくと、
∂L/∂x=2*x*(y^3)-6λ=0 …(1)
∂L/∂y=3*(x^2)*(y^2)-9λ=0 …(2)
∂L/∂λ=6*x+9*y-200=0 …(3)
(1),(2)よりλを消去して、
(1/3)*x*(y^3)=(1/3)*(x^2)*(y^2)
∴y=x
あとは、これを(3)へ代入して、x=y=40/3を得る。

ごちゃごちゃ読みづらくてスマソ。

690 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/24(月) 20:32:57 ID:qhePbAKC
大きな災害は経済に悪影響どころか良い影響をもたらす、と言ってる人がいたのですが、意味がわかりません。
どういう原理で災害が経済に良い影響を及ぼすのでしょうか?

691 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/24(月) 20:44:46 ID:t2WwUUm5
>>690
考えてみてください。
あなたの街で小さな地震が起きて棚の時計が落ちて壊れました。
そしたらあなたは新しい時計を買いますよね。
でも地震が起こらなければ、あなたは時計を買うことは無かったわけです。
ある街で大きな地震が起こりました。
家が焼け、ビルが壊れ、多くの人が怪我をしました。
家が焼けた人は新しい家を立てようとしますし
壊れたビルのオーナーはビルを修繕しようとします。
怪我をした人は当然病院に行きます。
でも、地震が起きなければこんな支出は必要が無かったわけです。
このように、災害は本来必要なかった支出を被災者に強制します。
被災した張本人から見ればたまったもんじゃありませんが
経済全体で見れば、プラスです。
(ただし、ライフラインや生産が大きな被害をこうむった場合、それらが回復するまでは経済は混乱します)

692 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/25(火) 12:11:29 ID:97Utk3hX
まぁ、ストックの毀損に目をつむって、フローだけを問題にするんなら、表面的にはそういうことに
なるけど。でも、復興需要にしたって、復興できる人はいいけど、したくてもできない人、そもそも
その災害で地上からいなくなっちゃう人もいるわけで、きわめて皮相的、非人間的な捉え方と
言わざるを得ない。

693 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/25(火) 16:26:10 ID:pyuFc3aG
経済なんてそんなもんだろ>非人間的

694 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/25(火) 21:19:15 ID:QBA0o4jK
>>692
合成の誤謬という奴ですね。
何も経済学では災害や戦争を待ち望んでるわけないです。
ただ、上述のように復興需要で
景気がよくなることがあるのは確かです。
あと被災者救済はまた別に何らかの政策も必要でしょう。

695 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/25(火) 23:13:22 ID:RuD9EcN0
そんな無茶苦茶な事してフローを多少改善したところで
ストックの毀損によって潜在成長率が打撃を受けるんじゃないかな?
やっぱ有害でしょ。

696 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/26(水) 01:44:07 ID:uusAw/Ki
>>691
時計に使った金も、ビルに使った金も、病院に使った金も、災害が無ければ他に使えていたわけで。

697 :692:2007/12/26(水) 10:19:29 ID:ZgEloJwE
言いたいのは、
>大きな災害は経済に悪影響どころか良い影響をもたらす
こんなことをほざく輩は、果たして被災者のことを考えたことがあるのか。
悲嘆に暮れる人々を目の前にしても、同じせりふが吐けるのか、ということ。

698 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/26(水) 11:52:46 ID:eDYsbg+I
道徳はスレチ

699 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/26(水) 13:35:50 ID:DLrQUYpQ
>>695
この辺微妙なところではあるな。復興時の再開発で資本ストックが
より整備された形で復活というケースも少なくないしね。

>>697
話が噛み合ってないね。
各種の統計結果やそれらに基づく経済学の理論では
災害によって景気にプラスの影響を与える事実もあるということです。
経済学では景気にプラスだからといって災害をプラスだとは見ていません。
被災者がかわいそうだからという理由で理論を曲げては何にもなりませんし、
第一、被災者の前でこういうことを言うともいってないです。

700 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/26(水) 14:42:38 ID:JgXw9zD3
アメリカでは
ニューディール政策施行前と第二次世界大戦勃発時の失業率が変わらないらしいのですが
ケインズの需要を作るという政策は無意味だったといえるのでしょうか?
100l言い切れるかどうかではなくて
そういう意見も十分成り立ちうるかという質問です

その件について
そういう批判をする学者さんはいますか?

701 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/26(水) 16:30:25 ID:kj7uq79d
ニューディールはそもそも言われてるほどの大規模なものでなく、
ケインズ自身もだいぶ不満だったようだよ。

702 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/26(水) 20:24:41 ID:6Ex81546
>>697はまだバカなことほざいていたのか
学問としての見方が出来ないのか?失せろ

703 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/27(木) 03:22:42 ID:8jCDE9MW
今勉強してるんですけど
債権ってふつう利息が上がれば値段上がりませんか?

1000円の債券があって3%の利息がつくけど
今度から7%の利息がつきますってなれば
買いが入って価格が上がるような気が刷るんですけど?
よくわかりません

704 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/27(木) 10:48:10 ID:ItrHYURk
>>703
3パーセントという約束で1000円買ってるから
7パーセントはもらえません
公定歩合などが7パーセントになると
3パーセントで約束されたものは相対的に価値が落ちるかと
だから債券が値下がりするのではないでしょうか

705 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/27(木) 10:52:09 ID:ItrHYURk
>>701
なるほど・・
それは知りませんでした

706 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/27(木) 11:22:32 ID:ItrHYURk
>>703
おれのあやふやな知識で説明すると

それ以外にも債券の発行体(借りた会社等)の信用が落ちれば金利は上がるかと
例えば最近サブプライム債券の値下がりが凄いですが
それは発行体が償還期限(返済期限)までに潰れるかもしれないからです
そうなると債券を買うことで貸したお金が返ってこなくなるので
危険を感じた人は債券を安くてもいいからどんどん投げていきます
だけどもし期限が来たときまでに発行体が潰れずに
全額お金を償還してくれるなら
その投げを拾った人が大儲けできます
その投げられた段階では債券は割安になっていたので金利は高い状態だったといえます

例えば1年後の返済が予定されている債券があるとして
投げられる前は100だったものを50で買い
期限のときに100で返してもらえるので
差額の金利50の大儲け(額面100−買値50=利益50、利益50÷買値50=1、1×100なので金利100パーセントをゲット)

個人的には
サブプライム債券はやばいと思います


707 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/27(木) 13:19:07 ID:wexS8qIq
>>669
理論云々をおっしゃるんなら、せめて資金制約と動学的最適化くらいは考慮してもらわないと。
みんながみんな復興資金を用意できるわけでもないし、運良く借入で調達できたとしても、負債
の増加が、復興後の支出態度を震災前対比で慎重化させる要因になるかもしれない。

>>703
利子率が高いということは、それだけ借り手の信用度が低いということを意味する。世間一般の
金利が3%なのに、7%でもいいから貸してくれと言っている人は、よほど切羽詰っていることになる。
貸し手としてはむしろ警戒した方がいいということ。


708 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/27(木) 13:21:06 ID:wexS8qIq
アンカーミスすんまそん。
×>>669
>>699

709 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/27(木) 14:37:54 ID:tgTHBeI0
>>707
動学云々言い出したらきりがないよ。100%良い影響とも言ってないし。
あくまでも>>690の災害発生から経済に与える影響までの原理を説明したわけで。

>>703
"債権の利息"があがれば確かに価格は上昇するよ。
株の配当なんかでもそういう理屈があります。
たぶん、債権の利息じゃなくて市場金利のことでは?
教科書読み直してください。

710 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/27(木) 23:21:36 ID:Acmn9k69
債券の利率と価格でなんでこんなに喧々諤々してるんだ?
償還額面が一定なら利率が高いほうが合理的に算出された
割引現在価値が低くなるというだけの話じゃね

711 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/27(木) 23:40:02 ID:GRZHvtuj
というか、表面に記された利回りは、周りの金利が変わろうと、当初の契約どおりかわらない=機会損失が発生する
その分が、現在割引価値として価格の低下をもたらす。

という事を、どうやって理解させるのかという話かな。

利回りと金利は別ものだという事ね。

712 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/28(金) 17:07:04 ID:V4GV9IxR
自己資本リスク比率って何ですか?

713 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/28(金) 23:19:28 ID:9EXzxjOu
無差別曲線が「逆L字型」になるのはどういう状況ですか?

L字型はXYの片方のみがどんなに増えても意味がないという状態ですが、
逆L字型は片方が一定数さえあれば、効用は同じという状態なんでしょうか?

具体的な例を教えていただけませんか?

714 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/28(金) 23:36:31 ID:M0+bgxCl
>>713
逆L字ってLを何度回転させたやつ?

715 :713:2007/12/29(土) 00:02:31 ID:Wr/EXmLR
━━
    ┃

こうです。180度でしょうか。ずれていたらごめんなさい。

716 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/29(土) 00:44:37 ID:Vue5gvlH
こんな無差別曲線あるんだ

717 :713:2007/12/29(土) 00:50:33 ID:AGHgIDdw
国税税務官試験で出てるんですよ
でもどういう線なのかは解説ないんです
http://globaleye.jp/_co/pdf_t_d/d_kezai_koku.pdf


718 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/29(土) 01:23:16 ID:oXgk1tDY
考えてたら、頭こんがらがってきたww


719 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/29(土) 02:07:53 ID:0KwCTCx3
試験会場で質問できないの?


720 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/29(土) 02:09:01 ID:0KwCTCx3
 |←でも逆L字でしょ


721 :713:2007/12/29(土) 02:59:52 ID:AGHgIDdw
>>719
私はその試験受けてません

>>720
その問題収録した参考書ではこうなっています・・・
http://uproda.2ch-library.com/src/lib003409.jpg.shtml
とにかく具体的にどういう例が該当するんでしょうね・・・

YXが4つあって、どちらが4つあれば効用は同じ、みたいな?

722 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/29(土) 03:23:31 ID:dBQSiN9V
例1:ミックスして消費するとかえってマズくなる、
あるいは片方しか消費しないような組み合わせ。
アロー=ハーンの「一般均衡分析」では、
財1=中華料理
財2=フランス料理
みたいな例があった。大昔の本だが。

例2:2期間モデルを考えて、
財1=今期の消費
財2=来期の消費
のようなケースを考えると、逆L字は
「人生において最良の時点」しか考慮せず、人生最悪の時点の
消費がどんだけ少ないかを気にしないような人に相当する。

例3:2状態の不確実性の状況を考えて、
財1=状態1が起こったら行える消費
財2=状態2が起こったら行える消費
のようなケースを考えると、逆L字は
チョー楽観的で、一番ラッキーなケースしか考えないような人に相当する。

723 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/29(土) 05:24:59 ID:F04b+MGu
経済学は難しいですね。日常の簡単なことを複雑にグラフを使って説明
するのが難しい。 中央銀行=日銀 市中銀行=民間金融機関
ハイパワードマネー 名目マネーサプライ 利潤最大化 需要要素関数 
限界代替率 公開市場操作 公定歩合 預金準備率 コンプライアンス コーポレート
ガバナンス クラウディングアウト等々・・・・・

企業とは、利潤最大化をするため意思決定を行う経済主体。

その意味をよく読んでみるとな〜んだそんなことかが、難しい言
い回しで説明しなければならないのが難しい・・・・

724 :713:2007/12/29(土) 07:21:00 ID:AGHgIDdw
>>722
なるほどー、フランス料理のたとえは分かりやすいです。

その他のは少し理解が必要みたいです
とにかく逆L字のはこれで理解できました

725 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/29(土) 11:54:51 ID:dBQSiN9V
まあ、例2例3みたいな話は試験ではまず出ないが、
貯蓄や投資の話をするときには出てきます。
もちょっと説明しとくと、

例2:
(10,0)=今期10単位消費して来期は0
(5,5)=今期も来期も5単位消費できる
(0,10)=今期0単位で来期は10単位

L字の人だと、(5,5)の方が(10,0)および(0,10)よりも
良い。というのは、後者2つは0消費の最悪の日が1日でもある、
という意味で(0,0)と同等だから。

逆L字の人だと、(10,0)と(0,10)の両方は(5,5)よりも
良い。というのは、前者2つは消費10の最良の日が1日でもある、
という意味で(10,10)と同等だから。

例3も形式的には似たような感じだが、解釈が違う。
お天気に賭ける状況を考えて書き起こしてみると、
(10,0)=晴れたら10単位消費、雨降ったら0
(5,5)=晴れようが雨降ろうが5単位消費できる
(0,10)=晴れたら0単位消費、雨降ったら10単位

L字の人だと、(5,5)の方が(10,0)および(0,10)よりも
良い。というのは、後者2つは0消費の最悪の可能性があり、この人は
チョー悲観的なので、最悪のケースをとって、これらは(0,0)と
同等だと考える。

逆L字の人だと、(10,0)と(0,10)の両方は(5,5)よりも
良い。というのは、前者2つは消費10の最良の可能性があり、
この人はチョー悲観的なので、最善のケースだけ考えて、
これらは(10,10)と同等だと考える。

726 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/29(土) 11:57:23 ID:dBQSiN9V
最後から2行目訂正。

>この人はチョー悲観的なので

ではなく「楽観的」

727 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/29(土) 16:55:03 ID:UCQoxnou
経済学の考え方を学ぶ上で
フリードマンははずせないと思うのですが

その系統で
今の時代
影響力があるとされている
経済学者の本はありませんか?
初学者でも理解しやすく
邦訳されているものがいいです

728 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/29(土) 16:56:28 ID:0KwCTCx3
経済学の考え方を学ぶ上で
フリードマンははずせないと思うのですが

この理由を書いてくれないと

その系統が何を指すのかわからない

729 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/29(土) 17:01:11 ID:UCQoxnou
小さい政府を志向し
政府の無駄な財政政策を批判しつつ
市場原理を重視する系統です

反ケインズの系統ともいえると思います

730 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/29(土) 18:29:30 ID:5nUbhiSf
誰彼の学説を学ぶというのは、文系特有の発想だね。

経済学を学ぶなら、さいしょに標準的な教科書を読んだほうがいいよ。

731 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/29(土) 22:11:04 ID:UCQoxnou
スティグリッツやクルーグマンが批判してますよね
グローバリズム等に対して
そして一部マスコミはその立場に立ちながら
経済の自由主義への前進を否定しようとする論を立てています

確かにチリのような発展途上国には新自由主義がそのまま当てはまらず
むしろ田中角栄的な公共事業でインフラ整備を重視するのが合理的な気がします
しかし日本のようなインフラも整って
かなりの程度発展してきた先進国の場合
フリードマンのような民間の活力を生かす方向で物事を進めた方が
うまくいくケースが多い気がするのです(ただの直感ですが)
今の日本程度の不十分な規制緩和や歳出削減で国民を不幸にしているという
そのような(直感的に)間違った考え方に反論できるように
軽く理論武装をしたいと思って


基本的には教科書的な経済学が解ったところで
世の中の流れが読めるわけではないと思っています
この世の経済活動とはモデルのように単純ではなく
もっと複雑で奥深いものだからです
計量経済学も変数が多すぎて使い物にならないとよく聞きます

例えば人間が不合理なことは
行動経済学の人に言われずともみんなわかっていたことですし
何の役にも立たない気がします

しかし多くの財政政策が無駄であり国力を落とするなら(直感)
それに対して理論武装して反論するということは意味があると思うのです

だから教えてくれればありがたいですね
ハイエクは読みました

732 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/29(土) 23:18:15 ID:9J9g2UvF
>>731
計量経済学や統計学を使い物にならないと言わずにちゃんとやっとけ
実証を無視して直感だけで経済を動かすと大変なことになりかねないよ

733 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/29(土) 23:22:31 ID:AjI7A0Cr
>>731
>計量経済学も変数が多すぎて使い物にならないとよく聞きます
具体的にどのような方が言っているのですか?

734 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/29(土) 23:52:36 ID:UCQoxnou
その実証というものに裏付けられた経済政策を遂行して
国家とそこの国民のgdpを押し上げた例というのはありますかね?
(別にgdp万能主義者のつもりはありませんが例として)

バブル崩壊過程の日本では実証に基づいて
土地の総量規制と利上げが行われ
不景気が本格化すると
実証に基づいて
財政出動が繰り返されたのでしょうが
景気が回復せず
結局は将来世代に借金を押し付けるだけで終わったかの様に見えます
逆に歳出削減をした小泉の時代に回復してしまいました
それも実証に基づいたものなんでしょうか

いまのアメリカやイギリスは土地や株の値上がりによる
資産効果で消費を増やして景気がいいだけのような気がします
仮ににこれから大きい反動による景気悪化が進めば
実証に基づいてグリーンスパンが金利を僅かずつにしか上げなかったことが
結局は国民を塗炭の苦しみにおいこむかもしれません

あるいはインドについては
政治が安定しており
人口構成が若くて
教育水準も高く
国民が豊かになろうとする欲をたくさん持っているので
今から50年後には
世界に占めるgdpのシェアは大きくなっていると予想できます
それは実証に基づかずとも
直感的に予想されることですが


実証・・
大事ですかねそんなに
なにか機能した例を教えて欲しいですね
逆方向に機能した例もあるんじゃないかとすら思えます

735 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/30(日) 00:21:10 ID:10pMr2g5
総量規制や利上げはむしろバブル景気を終わらせるための政策です。
財政出動は必ずしも景気を良くするだけの目的で行われるとも限りません。
我田引鉄のような例がごまんとあります。
あと確か80年代後半に規制緩和と小さな政府に移行を促す、
つまり小泉政権がやったことをやれとしたレポートがいくつかありますよ。
実証がどうとか機能できたのとか言う前に勉強しましょう。

736 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/30(日) 00:27:34 ID:BxFzAdPu
モデルの関数型を決定するときにお前はどうするの?
線形か非線形かを経済理論が具体的に示してくれるの?
経済学は管理実験できないのにどうやってモデルを検証して安定的法則を発見するの?勘だけでできるの?
実証分析をしないと安定的な経済法則を見つけるのは無理じゃないかい?
ミクロマクロのテキストではある程度の将来予測はできても精度のある予測はできないんじゃない?
小泉経済政策が間違ってるというときに直感だけで言ったら説得力無いんじゃない?
お前はエスパーでも常人にはこれらは無理だからエコノメトリクスは必要なんだと思うけど?

ID:UCQoxnouの書き込みを見てそう思った
悪いことは言わないからミクロマクロ・統計・計量は標準的なテキストでいいから一通りやっておけ

737 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/30(日) 00:32:01 ID:2GjAzW0U
>>733
教えてgooです・・w

http://oshiete1.goo.ne.jp/qa449473.html
読んでいくと10年後はおろか1年後も高い精度で読むのなんて
完全に絵空事だとわかります
(直感でですが)

技術革新や疾病や戦争
原材料費の変動
人々の消費志向

あまりにも現実は複雑で日々再更新していくので
モデル化するのは無理だと思いますよ
それより直感で判断した方が早い気がします

たとえば経営者や学者やジャーナリストや投資家で経済状態の未来予測に優れた人の
直感(思考)を参考にしてみるとか

経済政策は
その優れた人の直感を参考に
その考え方に近い経済学者にそれを理論的に裏付けてもらうという
そんなイメージが理想ですね

今の経済学者への不満は
現実社会では理論倒れで
成果を挙げていない感じがすることです
もしかしたら挙げているのかもしれませんが・・

738 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/30(日) 01:27:01 ID:2GjAzW0U
>>735
たしかに勉強不足なことは認めますよ
だけど実証ということを重視するみたいじゃないですか経済学は
だったらそれが機能することを初学者の俺にもわかりやすく
機能した例を持って説明して欲しい・・
わがままですみません

経済学が現実に影響を与えていることは確かだと思うんですが
景気浮揚という成果を出せているかは
その評価すら難しい


>>736
現実は複雑すぎるから
経済政策に生かせる安定的法則は見出せないと思うんですよ・・
すぐに陳腐化してしまう・・
だからこそ
その時々で機能する(人々の期待をうむ)
直感に期待したい
>>737のやり方とかどうでしょうか

現実に対して限界まで肉薄していく上で
何が重要かを見極めることはある種の特殊な現実認識能力・洞察力が
要求されると思います
経済政策は国民の生活に関わるからこそ
センスある人に任せないと
ちなみに俺にあるとは言ってないです

小渕あたりの橋本派の人たちが真水で何兆円とか
大盤振る舞いをしていて
野村證券のエコノミストの人たちもそれを応援していたのを良く覚えています
俺は素人だけど
それは嘘だとなんとなく感じていました
乗数効果なんて嘘だと
みなさんはどう思われていましたか?
実際には成果があったかもしれませんが
実証はどうなんですか・・


739 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/30(日) 01:34:17 ID:WoigwOfY
実証分析は予測じゃない

実証分析がいかに機能したかを知りたいなら
少々古いが
http://www.amazon.co.jp/dp/0201499002/
でも読みなさい
これは学部生でも読めるから


740 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/30(日) 02:11:02 ID:iBpLud/j
教えてgooの奴見たけど、実証と全然関係neeeeeー。


741 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/30(日) 02:16:30 ID:8B+M4j9z
私も経済学を現実に適用するという上においては
個人の主張を先立たせ、理論は後付けという方法が理に適うと思います。
純粋な学問的枠組みでは把捉しきれない社会的な意味での経済活動は
その実個々の経済主体の行動結果であり、人間の判断の非合理性に加え
確率的な要因も結果を左右します。
だから経済政策も最終的に意思決定するのは学者でなくともよいのです。
学問的な経済学は結果を分析した経験知の集約にすぎず、
数学のようにアプリオリに規定された確実性など皆無に等しいのですから。
その意味では私は物理学も経済学と近しいものであるという印象を持っています。
両者は常に結果の観察に対して説明を加え、時には将来の予測を立てるのです。
小渕総理の大量の赤字国債発行も、継続する不況で消費が落ち込む中、
政府支出を増やして消費や投資を誘発するために採られたにもかかわらず、
現実には一時的な効果しませんでした。
LTCMしかりバブルしかり、経済的な「事件」が起きてから
何々は失敗であったとか見落とされていた、予測されていなかったといわれます。
経済政策はむしろ迅速な施行の方が重要で、それゆえ分析や実証は事後的な
政策評価で活用し、既存の経済学の枠組みに組み入れればよく、
それは判断の説明根拠になりこそすれ、最適解を導出してくれる要素とはならないと思います。

742 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/30(日) 02:19:33 ID:WoigwOfY
なんか真面目に答えたのが馬鹿みたいな流れで萎える

743 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/30(日) 02:23:46 ID:iBpLud/j
飯田先生の「ダメな議論」「経済学思考の技術」を真っ先に読むことを進めます。
平行して「ヤバい経済学」と「その数字が戦略を決める」も読むといいと思う。


744 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/30(日) 02:51:27 ID:QeS9Az4c
>>739
僕もBerndtのテキストをお勧めします。
学部4年のときに読みました。難しかったですが、
理論と計量のつながりが見えてきて、わくわくして読みました。

745 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/30(日) 12:27:41 ID:LcvLkE59
ID:2GjAzW0Uは何を言いたいんだ?
全部「なんとなく」で片付けるし

746 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/30(日) 14:17:38 ID:FOBNdppz
マル経学者とか経済学史の先生が書いた新書によくある近経批判だなw
まぁ名前や肩書きだけはある先生がそういう新書を書くと
こうやって洗脳される人が出てくるから本当老害だよね。
自分が理解できないからって妄言を撒き散らすなっつーの。
とりあえず初学者はそんなアホな新書やエッセイを読まないで
マンキュー経済学の入門編でも読んでしっかり勉強して下さい。
こういう近経批判は単なる「現実は複雑だから分かりようがない」という
単なる不可知論であって対案があるわけじゃないから不毛だし無意味。

747 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/30(日) 15:49:26 ID:2GjAzW0U
>>739>>743>>746
とりあえずここら辺を読んで
自分なりに
経済学の有効性について考えて見ますよ
ありがとうございました!!

>>745
藪の中だからなんとなくとしかいえない気がするんですよ
断言するのは知的ではないのではない気が・・
大体言いたいことは>>741の方が代弁してくれたと思ってます


最近まで福井が金利を上げようとしていました
福井がたくさんの経済学を学んでいることは明らかですが
本当に彼の言う金利正常化という理屈が今の日本にあっているのか疑問です

デフレを脱却できていないし
景気だって外需に依存しているだけ
財政赤字だって大きすぎるのでこれからの新規国債発行がより高コストに

俺は経済学の枠組みで判断することは出来ませんが
福井のやろうとしていた政策は国民に有害だと思います
彼への批判をしている経済学者の方もたくさんいるとは思います
だけど彼がやろうとしたことが
そもそも失敗に終わるのかそうではないのか
評価も割れるであろうから
実質的に評価ができない可能性すらあるし
その学者によって断言された批判も微妙なケースがあると思います
その断言が当たっているかもわからないかもしれない

経済学という枠組みを学べば学ぶほどアホになっていくのではないか?
彼の一連の行動を見ているとそうとすら思えてくるのです
本当に経済学を学ぶことが経済事象の本質をつかむことに繋がったり
将来を予想することへの手がかりに出来るのでしょうか
先進国下のデフレという新しい事態に対応できないというイメージを
経済学の専門家の福井を見ていると持ってしまうのです

だったら学問的な裏づけなど無くても
センスがあるといわれている人間に任せてしまった方が・・


748 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/30(日) 18:24:16 ID:ClSOqxfV
>福井がたくさんの経済学を学んでいることは明らかですが
だから勉強しろよ。福井が近代経済学を知ってるってギャグだぞw

749 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/31(月) 14:33:24 ID:KeFGVI2u
結局 ID:2GjAzW0Uは何だったんだ?
マル経かレギュラシオンが数学批判しただけ?

750 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/31(月) 15:04:17 ID:X+EbERfc
サプライサイドからケインズを批判したんじゃない?

751 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/01(火) 13:41:21 ID:++2MxMGs
貿易財の生産性の向上スピードの速い国の通貨の
為替レートが切り上げって行くという話を聞いたものの、
バラッサ・サムエルソン効果により物価が上がるところまでは、
理解できるのですが、それがなんで為替への上昇圧力になるのかが
理解できません。
インフレ率↑>金利↑>通貨↑
というのが根拠なら、「アセットアプローチ説が適用できる範囲において」
との但し書きが必要になると思うのですが。
で、長期的には購買力平価説が有効になってくるとすると、
むしろその国の為替は弱くなってしまうとおもうのですが、
でも、これでは実態(例えば戦後の高度成長と円切り上げ)とは
かけはなれてしまうし・・・。

馬鹿ですいませんが、どなたか教えてください。

752 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/01(火) 17:34:48 ID:ZZtKxo/P
ハイパワードマネーが中央銀行の負債ってどういう意味ですか?

ハイパワードマネーの定義って、「現金通貨+中央銀行預け金」ですよね?
その定義に預金通貨を含めない理由もよく分かりません・・・

どなたか御回答よろしくお願い致します。

753 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/01(火) 18:36:56 ID:ottGqv2z
>>752
そのまんまだけど。

754 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/02(水) 02:15:18 ID:3hrxc6JO
A,Bの2財と労働が存在し、それぞれの価格PA、PB、賃金率Wが所与であり、さらに、PB=1である時、消費者の労働供給量、財需要量の決定プロセスを示せ。

この様なミクロのテスト対策用の課題が出されたのですが、少し噛み砕いて教えていただけないでしょうか。

755 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/02(水) 05:44:47 ID:koh+RFJI
消費者の効用みたいのについては何も書いてないの?

756 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/02(水) 11:41:04 ID:WrcK+rS5
これまで学んだ経済学で将来の判断がうまくいったなということがありますか
各国の為替と経済成長と金融政策があたったとか・・
それはどういう風に経済学を使って判断したのかということも含めて教えてください
それと経済学の枠組みで判断してこれから経済成長する国としない国
その理由を添えて教えてください

757 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/02(水) 18:10:13 ID:IJZeM0Ry
>>756
その程度の疑問にも答えられないのが経済学の現状(笑
以下お茶を濁して経済学を弁護するレス↓(笑

758 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/02(水) 23:30:02 ID:z8JarBME
>>752
>ハイパワードマネーが中央銀行の負債ってどういう意味ですか?
定義としか言いようがないな。強いて言えば、昔、金本位制のときは
紙幣 = 発券銀行に対するゴールドの債権
だったわけだからその名残。

759 :752:2008/01/03(木) 00:45:01 ID:gGtVRfHT
>758さん

なるほど!
とても明快な説明ありがとうございました☆

760 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/03(木) 03:38:56 ID:0C7FQ2a+
>>752
もう解決済みですかね?
一応書き込ませてもらいます.
ハイパワードマネーが負債な理由.
会計学ってやったことあります?
例えば中央銀行が買いオペをした場合,
中央銀行の債券が増えますよね?
債券は資産項目で,借方になります.
それに対応する貸方項目が負債のハイパワードマネーです.

価値がある債券を,本来価値がない貨幣で決済しているのです.
債券を手に入れる代わりに,
それをもらった証書みたいのを売り手に手渡してると思えばわかりやすいかも

761 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/03(木) 21:48:47 ID:UCQoxnou
>>757
本当ですか??
きっと経済学者で将来をぴたりとあてて
適切な処方箋を出した人がいそうな気がするのですが・・
多くの経済学者が適切に現状を分析して政策提言してるのではないでしょうか?

762 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/03(木) 22:51:43 ID:KhTx8ICC
NTT西日本正社員の採用パンフレットに出ている採用担当リーダー、ブログのお客様差別発言で大騒ぎ。

飛び込み営業して断られたら逆切れ、その客のことを
「明らかに<不孝をしょってます>的な表情の30代後半のアパート住まいの女性」
と差別し見下す書き込みをWebで公開。会社はこの事実を把握しているものの何もアクション無し。

http://money6.2ch.net/test/read.cgi/recruit/1197990147/l50
〜〜〜その他やっちゃったことまとめ〜〜〜
●youtubeで自分の裸チンポ踊りを反日デモのあった上海で撮影、全世界へ配信した。本人はウケると思ってたようだ。
●mixiに井上賀友と実名で入っているのに自己紹介文で「心が勃起」と卑猥な表現。
●会社情報満載のブログを自慢げに公開。連日、自宅にお客様情報ファイルを持ち出ししていたことを明記。
●公開ブログでお客様を「おっさん」や「クレーマー」呼ばわり、馬鹿にする発言。
●公開ブログで、訪問販売を断ったお客様を
 「明らかに<不孝をしょってます>的な表情の30代後半のアパート住まいの女性」と差別感満載の書き込み。
●公開ブログで会社同期を実名で挙げ、見下す批評。
●公開ブログで「君たちはペガサスです。飛べるのです。」と怪電波ポエム発信。
●公開ブログで人事資料を自分が作ってることを自慢。いぇい!

763 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/04(金) 02:15:47 ID:ESXoyYB2
質問です
賃金(名目現金給与額総額)は、デフレ・インフレに対してどのように影響するのでしょうか?
名目賃金が下がるとデフレが起こるのですか?

764 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/04(金) 07:20:10 ID:cH5X683j
日本では賃金はカットしない→賃金の下方硬直性
デフレ下では実質賃金は上がり、インフレ下では下がる
デフレの時に生活水準を下げずに借金でそれを補った

まではわかるが

765 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/04(金) 08:36:59 ID:M5QGnKBR
>>761
いるなら誰か答えてるだろ。

766 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/04(金) 15:59:18 ID:Pn5sHris
質問があります。お手数ですが、何卒回答の方よろしくお願いいたします。

金利とIS曲線に関しての質問です。

「金利の低下はマネーサプライの増加などでLM曲線を右下方向に動かすもので、IS曲線は動かない」
と記述されてました。

しかし、利子率を考えたとき、IS曲線は利子率の低下は投資の上昇を招くと思います。

利子率=金利と思っていたため、記述にあるような金利がIS曲線に影響を与えないという記述に納得がいきません。

利子率=金利という考えがそもそも間違っているのでしょうか?
それとももっと他の考え方が存在するのでしょうか?

何卒、よろしくお願いいたします。

767 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/04(金) 17:04:53 ID:ILaHA+Pr
>IS曲線は動かない

その場合の「IS曲線」の中の投資関数は、利子率の影響を受けない独立投資という設定だった、
なんてことはないでしょうね?

768 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/04(金) 18:20:36 ID:/PNT4dxD
どなたか、「進捗率」と「達成率」の違いを教えて下さい。

769 :766:2008/01/04(金) 19:06:36 ID:Pn5sHris
>>767

独立投資というような設定の記述は見当たらないので、違うかと思います。



770 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/04(金) 21:01:43 ID:pAXjc9lq
ミクロの質問なんですが、関税前と後の消費者余剰の違いが
わかりません。
教えてください



771 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/04(金) 22:25:40 ID:PufB/ToP
>>769
どの教科書にそんなこと書いてあった?
多分実質利子率と名目利子率の違いを言ってるんだと思うけど
金利なんて曖昧な言葉使ってIS曲線はシフトしないとか書いてある教科書は
すぐに捨てたほうがいい

772 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/04(金) 23:30:39 ID:CUnullK4
二財(x,y)と二人(A,B)の消費者からなる交換経済を考える
Aの効用関数 u=2x^2y 初期保有量ωA=(6.0)
Bの効用関数 u=2xy^2 初期保有量ωB=(0,9)
であるとする。競争均衡における価格比px/py とそれぞれの消費者の配分を
求めよ という問題なのですが、

AのMRS=BのMRS=px/py のときが均衡するはずだから
それぞれのMRSを出し、そこから代入していってみれば答えが出ると
思って早速、MRSを出してみたのですが、x=0,y=0となり、どうも計算があいません
この解き方は間違っているのでしょうか?
もし別のアプローチがあれば教えていただきたいです

773 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/05(土) 00:11:41 ID:kYvEypzg
>>766が見た本の記述は恐らく正しいが、>>766がそれを誤解・曲解しているだけだと思う。

中央銀行が通貨供給を増やす→通貨需要が不変のままなら利子率は低下、LM曲線は右下シフト→
IS-LMの均衡点は、LMのシフトに伴い、IS曲線に沿って右下に移動。

これにより、利子率低下→設備投資の増加→国民所得の増加、はきちんと表現されている。

投資増加→ISシフトなんて思い込んでいるようじゃあ、ダメダメ。IS曲線の導出過程に関する
説明を改めて読み直したほうがいいと思う。





774 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/05(土) 01:06:17 ID:WD5U3gO8
>>772 ですが、なんとか解けました。
価格比3/2、Aさんの配分は(4,3)Bさんは(2,6)と
なりました。あっているかはわかりませんが…
スレ汚しすいませんでした

775 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/05(土) 13:11:33 ID:ADfDXa9f
何が購買力平価を成立させない要因となるのか

どういう場合に同じ市場においても価格支配力はなくなるのか

おしえてくださいませ
できればくわしくいおねがいします

776 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/05(土) 13:23:54 ID:hMMGhHmO
>>775
1.金利裁定

2.完全競争の成立条件

777 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/05(土) 16:11:20 ID:iwZZ4Lbc
効用の問題で、例えばu=x^a×y^bの時に所得Mのときに最大となる価格Pxの下でのxの消費量は、x=aM÷Px(a+b)とされてます。
ここでPxの価格が上下したときに、同じ効用を得るには予算(所得)がどこまで増えればいいかを求める際に、
最初のPxの効用は上の公式で求めていいらしいですが、変化したPxの効用は駄目らしいです。


この理由がさっぱり分かりませんので教えてください(ちなみに効用関数が単純な掛け算じゃないときも駄目なのは知ってます)

778 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/05(土) 16:18:20 ID:+QwNDxRk
実質GDPってどうやって求めるんですか?

779 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/05(土) 16:36:45 ID:vPFMCGCi
名目GDP/GDPデフレータ

780 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/05(土) 16:59:16 ID:kYvEypzg
>>777
ダメってことはない。変化後についても、消費量の公式に変化後の価格をぶち込み、
変化後の所得を未知数として式を立て、イコール変化前の効用水準と置いて所得に
ついて解けばよい。確かにスー過去ミクロの解説を見ると変化後については消費量の
公式を使っていないけど、他意はないんじゃない?

#なかなかグッドなレス番じゃないか・・・。



781 :777:2008/01/05(土) 18:15:51 ID:iwZZ4Lbc
ありがとうございます。公務員試験のスー過去を持っていただいてるなら話が早いのですが、
あれはレジュメの段階で、価格が変化したあとの効用関数には残念だが使えないとあるんですよね……。
そして実際に使っても答えが出なかったと思うんです。

ただ所得を未知数にして解くのはやりませんでした。帰宅したら試してみます。

782 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/06(日) 00:04:33 ID:87YwpuQo
貿易サービス収支B(Y、e)は、一般にYの減少関数、eの増加関数となる理由を教えてください。

783 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/06(日) 01:53:56 ID:XfcDMgJt
>>782
Y増→M増→B減、円安→X増→B増

784 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/06(日) 11:43:49 ID:rtez4P0E
ガリレイの相対性原理も、アインシュタインの相対性理論も
破棄されました。!

21世紀の科学、物理学は支配の法則が支配する!!!!!

http://home9.highway.ne.jp/cym10262/fenomina.html

785 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/06(日) 17:13:31 ID:vKij3HFZ
>>780
スー過去的には、一発で答えに至らない場合は、公式じゃない(として使えない)ってことなんじゃ?
「とりあえず問題処理手順を暗記せよ、数学的背景・理屈はどうでもいい」ってカンジの執筆方針
みたいだからな、あの本は。

786 :777:2008/01/06(日) 20:21:42 ID:5Ph/zGeV
やはり所得変化後は例の公式はつかえません・・・

「所得の全てをX財Y財に支出するある合理的な消費者の効用関数はU=XYで
 この消費者の所得が80, X財価格は1, Y財価格は4であった時にX財価格が4に上昇したら、
 同じ効用水準を維持するには所得は幾らになればいいか (スー過去P80より抜粋) 」

X=1・80/1・(1+1)=40 Y=1・80/4・(1+1)=10
これよりU=400 ・・・@
次に微分の方法で解かずにまた公式を用いるとすると
X=1・M/4・(1+1)=M/8 Y=1・M/4・(1+1)=M/8
これより、U=(M/8)^2=M^2/64
@より、400=M^2/64 M=5 で、明らかにおかしくなります。

自分が変な計算ミスとかしてますか?(そっちの方が安心なのですが…)
スー過去には「掛け算でなおかつ効用最大のパターンを求める時にしか使えない」としか書いてないんです。
「その時の価格や所得での最大値となる効用の値しか出せないので、別の価格や所得で出した効用の値を入れるとおかしくなる」
と言う事なのかもしれませんが・・・どうして使えないのかさっぱりで…。

787 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/06(日) 20:52:10 ID:XfcDMgJt
>明らかにおかしくなります。

うん、確かにおかしい。

>自分が変な計算ミスとかしてますか?

例えばこの辺とか。
>400=M^2/64
>M=5



788 :777:2008/01/06(日) 21:04:13 ID:CteIWHIo
本当だ・・・どうしてそんな計算ミスしたんでしょうか。
M=160で確かに答えが出ますね。

とするとこの公式は使えるってことなんですね。

789 :リア・秘蔵映像:2008/01/06(日) 21:12:28 ID:POc+DGmK
http://topartists.myspace.com/index.cfm?Mytoken=60D4F587-71BC-4E6C-A9D170E3758A18CF24083799&fuseaction=music.topBands&page=2&GenreID=35&Country=JP&state=&zip=&distance=0&localType=state&xargstringp=&xargstringn=&lastpagesent=1

790 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/06(日) 21:21:02 ID:XfcDMgJt
経済学部の人じゃないみたいだから一応付け加えておくと、通常の需要量を求める問題は
「一定の価格・所得のもとで、自分の満足度が最大になるように財の消費量を決める」
ということだが、
この問題の場合は、
「価格が変化したにもかかわらず、一定の満足度を得るためには所得をどれくらいもら
えばよいか」という意味合いになる。
具体的には、
「昨年より物価があがったけど、昨年と同じ生活水準を維持したい!!」
と駄々をこねている国民に、いくら所得補償をしてやればいいか、というような状況かな。

791 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/06(日) 21:47:11 ID:3EB218BT
この問題を教えて下さい。

次のような簡単なマクロモデルを考えなさい。
 消費関数 C=0.8Y+100
 投資   I=300
   ここで、C=消費額、I=投資額、Y=GDPをあらわす。

  単純化の為、この経済には政府も海外部門もないとする。以上のような
消費関数と投資の元で、マクロ経済を均衡させる様なGDPの水準はどの様に決まるか。
マクロの均衡条件式をたてて計算しなさい。

   調べてもわかりませんでした。よろしくお願いいたします。

792 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/06(日) 22:11:03 ID:2VTc3aN+
ゲーム理論について質問です。
サブゲームに関してなのですが、
   PlayerB
  yes /\no
   /   (10.0) 
PlayerA
yes/\no
(-1.-1) (3.3)

この場合のナッシュ均衡は(A.B)とした場合(yes.no).(no.yes)となっていました。
後者の場合は(-1.-1)と比べて考えれば納得がいくのですが、
前者の組み合わせが理解できません。

BがNOを選んだ場合Aは何を選んでも最適反応になると教科書には書いてあったのですが、
どの本を見ても必ず-1のように他と比べて効用が低いものが選ばれてました。
これには何か理由があるのでしょうか??

普通に考えると(no.no)のほうが効用が高いように思えてしまいます。
どなたかご教授宜しくお願いします。


793 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/06(日) 22:11:03 ID:3EB218BT
続きです。

(2) ここで、投資が300から400に100だけ増加したとする。
その場合、マクロ均衡をもたらすGDPの水準はどこまで上昇するだろうか。
計算結果を求めると同時に、それを乗数の考え方を利用して説明しなさい。

794 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/06(日) 22:11:32 ID:3EB218BT
>>793ha>>791の続きです。

795 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/06(日) 22:52:24 ID:XfcDMgJt
>>792
Bがyesの戦略を取るなら、Aの最適反応はno。
Bがnoの戦略を取るなら、Aとしては利得が同じなのでyesもnoも無差別。

一方、Aがyesの戦略を取るならBの最適反応はno。
Aがnoの戦略を取るならBの最適反応はyes。

結局均衡は(no,yes)と(yes,no)。
戦略型のマトリックスに書き直して見た方がいいんじゃない?

796 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/06(日) 23:05:53 ID:2VTc3aN+
>>795
確かによく考えてみるとそうなりますね。
理屈がわからないと駄目な人間なのでこの分野はいまいち難しいです^^;
おかげでつっかえが取れました。ありがとうございました

797 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/07(月) 07:41:44 ID:7A5sYxAz
>>793
調べてもわからないわけないじゃん・・・

ヒントだけ
1:GDPは2000
2:Iが300の時Yは2000、Iが400の時Yは2500→投資が100増えるとGDPは500上がる

798 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/08(火) 12:47:53 ID:AmNCrPmu
>>790
ありがとうございます

799 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/09(水) 02:24:51 ID:JMNDzy/a
純粋交換の文脈の中で、競争均衡と独占均衡の効率性の比較をボックスダイヤグラムを用いて行なえ。
という課題があるのですが純粋交換における独占均衡というのが分かりません。
どういうことでしょうか?

800 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/09(水) 23:23:02 ID:bhPwwn0b
C=40+0.75Y
I=45−500r
L=175+0.25Y−500r
M=180の時

@IS方程式を求めよ
ALM方程式を求めよ
B均衡国民所得と均衡利子率を求めよ
が分からないんですが、どなたか教えてくださいm(_)m

801 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/09(水) 23:36:15 ID:qhgw2y58
>>800
                         ,、ァ
                         ,、 '";ィ'
________              /::::::/l:l
─- 、::::;;;;;;;;;`゙゙''‐ 、    __,,,,......,,,,_/:::::::::/: !|
  . : : : : : : `゙'ヽ、:::゙ヾ´::::::::::::::::::::::`゙゙゙'''‐'、. l|
、、 . : : : : : : : : r'":::::::::::::::::::::::::,r':ぃ::::ヽ::::::::ヽ!                 ,、- 、
.ヽ:゙ヽ; : : : : : :ノ:::::::::::::::::::::;;、-、、゙:::     rー-:'、                /   }¬、
. \::゙、: : : :./::::::::::::::;、-''"::::::::::   ,...,:::,::., :::':、            _,,/,,  ,、.,/   }
   ヽ:ヽ、 /:::::::::::::::::::::::::     _  `゙''‐''"  __,,',,,,___       /~   ヾ::::ツ,、-/
     `ヽ、:::::::::;;;、、--‐‐'''''',,iニ-    _|  、-l、,},,   ̄""'''¬-, '  ''‐-、 .,ノ'゙,i';;;;ツ
   _,,,、-‐l'''"´:::::::'  ,、-'" ,.X,_,,、-v'"''゙''yr-ヽ / ゙゙'ヽ、,    ,.'      j゙,,, ´ 7
,、-''"    .l:::::::::::;、-''"  ,.-'  ゙、""ヾ'r-;;:l  冫、     ヽ、 /    __,,.ノ:::::ヽ. /
       l;、-'゙:   ,/      ゞ=‐'"~゙゙') ./. \    /  '''"/::::;:::;r-''‐ヽ
     ,、‐゙ ヽ:::::..,.r'゙         ,,. ,r/ ./    ヽ.   ,'     '、ノ''"   ノ
   ,、‐'゙     ン;"::::::.       "´ '゙ ´ /      ゙、 ,'            /
  '     //:::::::::            {.        V           /
        / ./:::::::::::::            ',       /         /
.    /  /:::::::::::::::::.            ',.      /   ,.、     /

802 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/10(木) 00:03:47 ID:PBBV3AyW
マクロ経済学、ソローの残差についての質問です。

以下のような問題を出されたのですが、わかる方いませんでしょうか?

演習1
生産関数がY=AF(K,N)のときのソローの残差を示せ。ただし、F(K,N)は一次同次関数である。
Aは技術水準、Kは資本ストック、Nは労働量ということらしいのですが。


演習2
ある国の経済成長率が4%である。
このとき、資本シェア(分配率)は0.4、労働シェアは0.6、資本成長率が1.2%、労働成長率が2%であった。
このときのソローの残差を求めよ。

という問題です。


ほかのサイトなどでも投稿したのですが回答がを得られませんでした。

よろしくお願いします。


803 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/10(木) 05:50:53 ID:55+h79A6
>>802
>ほかのサイトなどでも投稿したのですが
それをマルチポストと呼ぶんだよ。
基本的にマルチの質問には答えてもらえないと思った方がいい。

演習1はともかく、演習2は公式使って普通に解けるだろ?
人に聞く前に少しは頭使えよな。それでも大学生なんだろ!
これだからゆとりは…って言われるんだよ。



と、マルチ野郎にマジレスしてみる。

804 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/10(木) 06:44:15 ID:kyV3SPOz
>>791とか>>800は教科書も読めないのか?
大体一回読んだら覚えてなくてもすぐ調べるべきところがわかるものだろ
宿題か何か知らんがふざけすぎだろ
前者は回答もらってるのに返答ないし

805 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/10(木) 08:48:46 ID:n5wMEwpj
マルチポスト…気を付けます。

では演習1だけでも教えていただけませんか?
ソローの残差の公式って簡素化されたものがあるのですか?教科書には載ってないもので。


これだからゆとりはって教授によく言われます。

806 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/10(木) 15:43:19 ID:9Gb2pkMU
ミクロ教科書の【効用関数】説明のくだりなのですが

「財の組をz=(x,y)とし、効用の数値をU(z)=U((x,y))で表すとする。
ミカンX個とリンゴY個の組(5,5)に対して75
ミカンX個とリンゴY個の組(6,4)に対して85
という効用の数値が付けられた場合
U((5,5))=75
U((6,4))=80と表せる。
この二つを満たす一つの効用関数として
U(z)=U((x,y))=10x+5yが考えられる」

と書いてあるんですが、どうしたらその効用関数の式が導き出せるのか
まったく分かりません。確かに
x=5、y=5をU(z)=U((x,y))=10x+5yに代入したら75、
x=6、y=4を代入したら80になるのですが、どういう計算をしたら
U((5,5))=75
U((6,4))=80から
U(z)=U((x,y))=10x+5yが導けるのでしょうか…

>>770
確か小国の場合、輸入関税後には消費者余剰は減少しますが生産者余剰は増加します。
総余剰は関税前と比べて減少します。

807 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/10(木) 17:33:04 ID:MxU8xeun
>U(z)=U((x,y))=10x+5yが導けるのでしょうか…

違う。導くんじゃない。そのような式でその個人の効用が表せるものと「仮定しよう」ということに
過ぎない。だから具体的な効用関数の形式はその都度場面や問題設定、対象とする
個人によって異なる。

808 :806:2008/01/10(木) 18:04:59 ID:9Gb2pkMU
>>807
回答有り難うございました!
(5,5)だから5+5で10…10X?とわけのわからん式を書きまくってました

「仮定しているだけ」とすると他にもその二つを満たす
関数が存在するということなんですね。
>「この二つを満たす一つの効用関数として
U(z)=U((x,y))=10x+5yが考えられる」
という例文の意味がやっとわかりました!


809 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/10(木) 19:59:34 ID:AUEqmOr9
>>799
二人をA、Bとする。
Aはプライスティカーとして行動すると仮定し、そのオッファー曲線(需要曲線)を求める。
Bは、Aのオッファー曲線上の中で、自らの効用が最大となる点を選ぶ。
それが均衡。

810 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/10(木) 20:03:29 ID:jTOS+XDX
ゲーム理論でもう5時間くらい悩んでも答えが出てこないので質問します。
助けてください。。。

新製品の規格をめぐり、A,Bがそれぞれ競争している。企業Aは企業Bの製品規格を
自社のそれにあわせることができるとき、A、Bはそれぞれ利得を2.1得るものとする。
逆の場合は1.2とする。さらにそれぞれが独自の規格の製品を開発するときの利得は
-1.-1とする。

1 戦略型ゲームとしてあらわしなさい
2 ナッシュ均衡を求めよ。
3 AはBに先立ち製品開発に成功したと仮定する。この状況を展開型ゲームで表せ。
4 3で示したゲームの部分ゲーム完全均衡kを求め、この均衡戦略を簡単に説明せよ。

という問題なんですけど、のっけからつまづいてます。
どちらも適応って状況が創造できない以上、適応・適応のマスが作れなくて
行列表が作れないんですけど。。。どう考えればいいのでしょうか。

234は、行列表ができてないので考えてもないけれど、もしよかったらヒントでも
もらえるとうれしいです。

811 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/10(木) 20:04:36 ID:AUEqmOr9
すまん。
それが均衡。→ それが独占均衡。

812 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/10(木) 20:17:51 ID:U0UEI1Jf
A社の規格にする:a,B社の規格にする

A\B  a     b
  a  (2,1)  (-1,-1)
  b  (-1,-1) (1,2)

813 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/10(木) 20:33:55 ID:jTOS+XDX
>>812
なるほど。他社が自分の規格を採用したら利得があるとするんですね。
でも、相手の規格を採用し合うって考えると違和感を覚えるんですけど。
うーん。

814 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/10(木) 20:43:05 ID:U0UEI1Jf
>>813
表は考え得る戦略の”計画”を書いてるだけだよ

815 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/11(金) 00:37:02 ID:WEAX/9KE
>>813

確かに。納得しました。
がんばって解いてみようと思います。
812さん ありがとう

816 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/11(金) 00:44:16 ID:DZcJK8fi

「マル経難民」の床屋談義

金子勝 『反グローバリズム』岩波書店

著者は、経済理論学会(マルクス経済学の学会)に所属する経済学者では随一のマスコミの人気者である。「ブッシュはバカだ」とか「小泉改革はニセモノだ」というような床屋政談が受けるらしい。
この本も、最初から最後まで学問とは無縁の「ぼやき漫才」のようなもので、まあそういう読み物としてはいいが、まじめに受け取るべきではない。
マル経は、今でも一部の大学には講座の枠が残っているので、無能な学者でも職にありつける「穴場」である。しかし、よりどころとする理論が崩壊してしまったので、「きわもの」的なテーマを探すしかない。
こういう「マル経難民」が好んで選ぶテーマが「国際」「情報」である。このフレーズさえつければ文部省から科研費が引っ張れるし、状況の変化が激しくて「近経」の理論がついていけないので、「床屋理論」でも何かいえそうだからである。
そもそも著者のいう「グローバリズム」とは何なのか、ちゃんとした定義も書かれていない。国際会計基準と年金改革の話がごちゃごちゃに並んで、「グローバル・スタンダード」への非難が繰り返されているだけだ。
改革を批判するときの根拠は、いつも「リストラしたら景気が悪くなる」というだけで終わりだ。「市場の失敗」を非難するが、「政府の失敗」については何もいわない。
こういう介入主義もマル経の悪しき遺産である。著者は「主流派経済学」を批判するが、それを理解していないことは明白である。「情報の非対称」や「ゲーム論」についての孫引きをもとにした一知半解の「批判」はなかなか笑える。
この程度の学者でも慶応大学に職を得られるぐらい、日本のマル経業界は「売り手市場」になっているわけだ。先進国で最低レベルといわれる日本の大学の恩恵を受けている著者が「グローバリズム」に反対する理由はよくわかる

http://www003.upp.so-net.ne.jp/ikeda/Kaneko0.html



817 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/11(金) 02:56:55 ID:khJL1JtT
御手洗経団連会長、続投へ=慣例従い2期目に

日本経団連会長(通称:財界総理)
初 代  石川  一郎    東京帝大   日産化学工業
第2代  石坂  泰三    東京帝大   東京芝浦電気
第3代  植村  甲午郎  東京帝大   経団連事務局
第4代  土光  敏夫    東京工業大 東京芝浦電気
第5代  稲山  嘉寛    東京帝大   新日本製鉄
第6代  斎藤  英四郎  東京帝大   新日本製鉄
第7代  平岩  外四    東京帝大   東京電力
第8代  豊田  章一郎  名古屋大   トヨタ自動車
第9代  今井   敬    東京大学   新日本製鉄
第10代  奥田   碩    一橋大学   トヨタ自動車
第11代  御手洗 冨士夫  中央大学   キヤノン

日本経団連の御手洗冨士夫会長は10日までに、1期2年の任期を迎える今年5月以降も続投する意向を固めた。
2月末にも開かれる正副会長会議に諮った上で、5月末の総会で正式決定する見通し。
経団連会長は2期4年務めるのが慣例で、御手洗会長もこれに従う。
1月10日配信 時事通信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080110-00000036-jij-bus_all


818 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/11(金) 13:55:41 ID:D52Re8Y9
初歩的な質問です。価格弾力性の問題。
需要曲線が1次式で与えられた時。Dは需要量、pは価格です。
D=100-2p
P=50-(1/2)D
P=10 D=80のとき
ΔD=-2ΔP ←このΔDと-2ΔPはどっから出てくるんですか?
ΔD/ΔP=-2

価格弾力性(υ)=0.25

819 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/11(金) 15:24:48 ID:ETB0Uyxz
DをPで微分して、需要曲線の接線の傾きを出す。
dD/dP=-2

820 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/11(金) 16:48:52 ID:D52Re8Y9
>>819
ああ、dD/dP=-2の部分が微分だったんですね。
ありがとうございます。

821 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/12(土) 18:10:55 ID:BQMIcNGk
初歩的な質問で申し訳ありません。

商品Aの需要関数 Q=max{200−p、0}(pは価格)
価格pのときの需要の運価格弾力性は?
また、需要の価格弾力性が1のときの価格は?

822 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/12(土) 18:34:38 ID:bpesr1rf
大学の講義で先生が走り書き程度に
1  AC(Y)=C/Y
2  MC(Y)=Y/2  ただしYは生産量。

故にP=10であればMC(Y)=PでYが決まるからY/2=10
Y=20 ただしPは価格。

1,2の式が何を表しているのかわかりません。
教えてください。



823 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/12(土) 21:11:28 ID:bpesr1rf
平均費用曲線と平均可変費用曲線の違いはなんですか?

824 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/13(日) 04:33:38 ID:oUwZ3Qwy
>>823
生産量で割る値に固定費用が含まれているかないか
この質問は本来すべきではないし、したことを恥じてください

825 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/13(日) 14:49:50 ID:7QTyPWOn
独占市場において需要関数がD=-2pで与えられ、
この独占市場で決まる価格(独占価格)は45、
数量は30になる。この時この企業の死荷重を求めなさい。

独占価格と、数量は自分で求めました。(費用関数はC(x)=(1/2)x^2+2です。)
お願いします。


826 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/13(日) 16:30:15 ID:34eT8NeH
>>822
1平均費用(生産量1単位当たりの費用)
2限界費用(生産を1単位増やしたときの追加的費用)

MC=pは完全競争時の利潤最大化条件

827 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/13(日) 21:40:12 ID:/Xhrm7nP
>>825
定数項忘れてるよ。

828 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/13(日) 21:48:27 ID:7QTyPWOn
>>827
>>827
すみません、(Dは需要量、pは価格です。)
他間違っているところがあったらご指摘お願いします

829 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/13(日) 23:47:34 ID:3uPnCLVr
NASAのホームページによると、太陽物理学者ハザウェイ氏と同僚のロバート氏は、 2010〜2011年にピークを迎えるサイクル24は
過去400年の中で最大級のものである と予測しています。
NASA Solar Cycle Prediction
http://solarscience.msfc.nasa.gov/predict.shtml
太陽が活動期入りか 携帯・ATMも障害の可能性2008年01月10日17時53分
 米海洋大気局(NOAA)は、太陽が新たな活動期に入ったことを示す黒点を観測した。太陽活動はほぼ11年周期で変動してお
り、活動が活発になる今後数年は、携帯電話や現金自動出入機(ATM)の停止など、さまざまな電子・通信機器に障害が起きる可
能性があると警告している。
 NOAAは昨春、太陽が新たな活動周期に入るのは今年春ごろと予報を出していた。3日に特徴的な黒点が太陽の北半球に現れ
たため、活動期に入ったとみられると判断した。
 太陽が活動期に入ると、太陽から放出される電子や陽子などの太陽風によってさまざまな影響を受ける。NOAAは、衛星通信の
途絶、全地球測位システム(GPS)の混乱に加え、地上の送電線や電子製品の回路などに異常な電流が流れることなどで携帯電
話やATMの機能が停止といった障害を予測する。
 太陽の活動が最も激しくなるのは11〜12年ごろとみられる。
http://www.asahi.com/special/space/TKY200801100234.html
磁気データ消滅。遺伝子に傷。ウイルスパワーアップ

830 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/14(月) 15:30:44 ID:K6cOrKm+
マル激トーク・オン・ディマンド
http://www.videonews.com/

マル激トーク・オン・ディマンド 第354回(2008年01月12日)
2008年日本経済の課題
ゲスト:熊野英生氏(第一生命経済研究所主席エコノミスト)
 08年株式市場は全面安の幕開けとなった。1月4日の大発会で日経平均は一時616円安を記録し、
昨年の最安値1万4837円を更新して引けた。円ドル相場も円高が進み、昨年末より4円以上円高ドル安の
1ドル108円台に突入している。また、一方で、原油価格は史上初の100ドルを突破している。
 このような波乱含みの中、今年の日本経済はどうなるのか。この株安と円高の原因を読み解きつつ、
08年の日本経済が抱える課題と展望を、気鋭のエコノミスト・熊野英生氏に聞いた。

ストリーミング動画(試聴)はこちら
http://www.videonews.com/asx/marugeki_backnumber_pre/marugeki_354_pre.asx

831 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/14(月) 17:30:44 ID:FxvwQTYR
総消費をC、総所得をY、税金をT
とおくと、消費関数は以下で表される。
C = c0 + c1(Y ?T )
ただし、c0=100 とc1=0.5 は一定の値である。また、総投資をI、名目利子率をR、
期待物価上昇率をπ
とおくと、投資関数は以下で表される。
I = i0 ? i1(R ?π )
ただし、i0=50 とi1=1000 は一定の値である。このとき、名目利子率が10%
(R=0.10)から4%(R=0.04)に下がると、この経済の総所得(GDP)はいくら
増えるか。IS 曲線を用いて求めよ。ただし、固定資本減耗、生産・輸入に課され
る税金、補助金はないものと仮定せよ。

この問題誰か解いてくれませんか?IS曲線の式を使ってもGとかTとかの数字が無いから全然解けません

832 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/14(月) 17:31:39 ID:FxvwQTYR
?のところは−です

833 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/14(月) 17:58:40 ID:T7LZk/Ae
>>831
>GとかTとかの数字が無いから全然解けません

なくても解けるよ。問題の要求はYの変化分だけなんだから。とりあえずわからないもの
(G,T,X,M)は全部文字のままで変化前のYと変化後のYについて式を立てる。その上で
変化後から変化前を引いて差分の式を作る。そうすると定数部分は全部消えて、残るのは
YとRに関する部分だけ。差分を凾ナ表すと
兀=0.5兀-1000儚
問題文より儚=-0.06だからこれを上の式に放り込んで、兀について解けば
答えは120。

834 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/14(月) 18:13:49 ID:FxvwQTYR
ありです。すごい難しいですね。入門なのに。

835 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/14(月) 18:31:17 ID:1jnBIalw
どなたか>>825をお願いします。

836 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/14(月) 18:41:24 ID:FxvwQTYR
ケインズの流動性選好仮説に基づいて、実質貨幣需要が以下で表されるとする。
Ld = 0.5Y ?100R
ただし、Ld は実質貨幣需要、Y は実質総所得、R は名目利子率である。
(a)実質総所得が10 から20 に増えると、貨幣市場を均衡させる名目利子率は
いくら上がるか。
(b)実質貨幣供給が3 から5 に増えると、貨幣市場を均衡させる名目利子率はい
くら下がるか。



公衆が保有する現金通貨と預金通貨の額をそれぞれC、D、銀行部門が保有す
る支払準備の額をR とする。今、公衆の現金‐預金比率(C/D)は0.3、銀行部門
の支払準備‐預金比率(R/D)は0.1 であるとする。ハイパワードマネーの量が
30 兆円であるとき、公衆が保有する預金通貨の額D はいくらか。



ある国の経済が、
Y = C + I +G
C = 52 + 0.6(Y ?T )
I = 80 ?12r
L =120 + 0.5Y ?10r
M P =170
G = 20
T = 20
で示されるとき、この国の均衡国民所得はいくらか。ただし、Y は国民所得、C
は消費、I は投資、G は政府支出、T は税収、r は利子率、L は実質貨幣需要、M
は名目貨幣供給、P は物価水準を表す。



IS 曲線とLM 曲線が以下で表されるとする。
IS 曲線:Y = 100 ?10R +G
LM 曲線:Y = 40 +10R + 0.5M
ただし、Y は総所得、R は名目利子率(%)、G は政府支出、M はマネーサプライ
である。
(a)マネーサプライが20 から60 に増えると、均衡総所得はいくら増えるか。
ただし、物価水準は変わらないものとする。
(b)政府支出が10 から30 に増えると、均衡総所得はいくら増えるか。ただし、
物価水準は変わらないものとする。

あとこれらの問題がプリントなどを見ても分からないのですがヒントだけでもいいので教えてくれませんか?

837 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/14(月) 18:55:44 ID:+6lYvaks
>>835
需要関数がおかしい

838 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/14(月) 19:14:43 ID:1jnBIalw
>>837
ごめんなさい。訂正します
D=120-2p
です。よろしくお願い

839 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/14(月) 19:36:16 ID:+6lYvaks
>>838
死加重は75
そのうち企業の損失分は50
解法は図なので略。競争均衡と独占均衡の余剰を比較すれば良い

840 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/14(月) 21:12:28 ID:9sDyByEa
恐れ入ります。質問があります。

消費をC、国民所得をYとするとき、C=100+0.75Yという消費関数を考える。

(問題1)投資IをI=20とする。このときの財市場の需給均衡条件を式で示せ。
(問題2)上の(問題1)の条件の下で、人々の貯蓄行動を示す限界貯蓄性向sが0.4になったとする。
その結果、国民所得Yと貯蓄の額Sはそれぞれどうなるか。計算により求めよ。

自分の考えでは
(問題1)の解答はY=C+I
(問題2)の解答は、限界消費性向を0.6にして、
Y=に代入して国民所得と貯蓄を求めればいいと考えて、
Y=300、S=20としました。

よろしくお願いいたします。



841 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/14(月) 21:19:00 ID:1jnBIalw
>>839
ありがとうございます。もしよろしければ
死荷重(75)の計算過程を教えていただけませんか?

842 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/14(月) 21:24:51 ID:HBrc4mbf
>>836
そんな理論はもう使えないし、大学院ではIS-LMは教えてないんだから、解くだけ時間の無駄だって担当の教官に言え。

843 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/14(月) 21:48:12 ID:FxvwQTYR
>>842
過去の公務員試験からの問題らしいです
でも解かないと単位もらえないんですorz
自分でもやってみましたが何しろまだ半年も習ってないのにプリントにも書いてないような問題なんで皆目見当がつきません
誰か解説お願いします


844 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/15(火) 00:00:20 ID:BAEgYinJ
そんな単位とっても仕方ないから放棄しな

845 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/15(火) 00:08:58 ID:0ny9TysX
必修なんです
誰かお願いします

846 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/15(火) 00:57:10 ID:cJaU1q2F
>>839
ある程度は理解できたので、少し質問させてください。
限界費用(MC)=x ですよね。 (xは生産量、x=D これも書いてませんでした。すみません)
とすると死荷重を求める場合、完全競争均衡点、
つまり価格=限界費用が成立する点を求めれば、xないしはDが求まると思うのですが
計算するとx=120-2p でp=60-1/2x^2と当たり前ですがpについてになってしまいます。
完全競争均衡点はどのように求めればよいのでしょうか?因みに自分で試しに
X=40と置くと死荷重は75、企業の損失50のように教えてくださった結果が出ました。

847 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/15(火) 01:19:51 ID:R32M7lST
>>846
競争均衡は需要曲線(D)と供給曲線(MC)の交点ですよ
あと企業の損失間違えた。独占になると生産者余剰は100だけ増加して消費者余剰は175だけ減少するようです。

848 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/15(火) 01:26:12 ID:cJaU1q2F
>>847
そうなんですか。間違っていました。
DはD=120-2pですよね
供給曲線(MC)=x
x=120-2pだとX=40という数字が
出てこないのですが。どうすれば導けますか?
訂正の部分ありがとうございます。

849 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/15(火) 01:40:18 ID:cJaU1q2F
色々試していたら自己解決できました。
しかし疑問があります。
D=120-2pをpについて求めるとp=60-1/2xです。
これを供給曲線(MC)と連立させて
x=60-1/2x でx=40とでたのですが
なぜDではなくpなのですか?よくわかりませんが
逆需要関数というやつでしょうか。

850 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/15(火) 02:06:07 ID:UWSxrZG5
必修ってことは経済学部生?入門用の教科書に書いてあるような内容ばかりだけど、
もらったプリントに書いてなかったら、それで終了?教科書持ってないってのは
最近の学生のデフォルトだからいいとして、図書館行って調べる気力も体力もないわけね?

>ケインズの流動性選好仮説に基づいて、実質貨幣需要が以下で表されるとする。
(1)0=0.5兀-100儚より儚=0.05
(2)儉d=-100儚より儚=-0.02

>公衆が保有する現金通貨と預金通貨の額をそれぞれC、D、銀行部門が保有す
ハイパワードマネーをHとすると
H=C+D、問題文より
30=03.D+0.1D これをDについて解いて
D=75

>ある国の経済が、
IS曲線は
0.4Y=140-12r
LM曲線は
50=0.5Y-10r
rを消去してYについて解くと
Y=200

>IS 曲線とLM 曲線が以下で表されるとする。
IS曲線とLM曲線からRを消去してYのみの式を作ると
2Y=140+0.5M+G
これを差分の式にすると
2兀=0.5儁+僭
(a)儁=40より兀=10
(b)僭=20より兀=10

851 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/15(火) 02:16:01 ID:0ny9TysX
>>850
本当にありがとうございます
経済学部です
明日の1時間目なのでどうしても間に合わなくて
それまで忘れてた自分が悪いんですけど

852 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/15(火) 02:26:38 ID:R32M7lST
>>849
質問の意味がよくわかりませんがD=x=120-2pとMC=p=xを満たすxとpを求めただけ

853 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/15(火) 03:02:52 ID:Td2DexNz
エッジワースのボックスダイアグラムについて教えて下さい、お願いします。

854 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/15(火) 03:15:56 ID:BAEgYinJ
>>853
ミクロの教科書に載ってるよ

855 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/15(火) 03:47:41 ID:YryJTJiV
単純な独占での限界収入が
どの生産・販売量においても価格より小さくなる理由を簡単に説明しなさい

この問題教科書に載ってなかったので教えてください

856 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/15(火) 04:25:25 ID:BAEgYinJ
>>855
実際にグラフを書いてみればわかる。
もしくはMC=PとMC=逆需要関数で比較すればわかる

857 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/15(火) 04:47:52 ID:YryJTJiV
サンクス

858 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/15(火) 14:33:00 ID:cJaU1q2F
以前の質問です。
ある財の市場は複占状態であるとし、二つの企業ををそれぞれA,B社とする。
A,B者の費用関数は以下のように与えられている。
Ca(xa)=xa, Cb(xb)=xb    ( xa , xb  はそれぞれの生産量)
また、この財の(逆)市場需要関数は
p=10-D ( p , Dは価格、需要量を表す)

問1.それぞれの利潤を xa ,xbで表せ

問2.クールノー・ナッシュ均衡を計算せよ

問3.B社しかこの財市場に存在せずB社が独占企業の場合と比較して消費者余剰は
どれほど増加するか?また、この結果からどのような推測が成立するか?

よろしくお願いします。

859 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/15(火) 14:34:17 ID:cJaU1q2F
>>852
やっと理解できました。あなたのおかげです。
ありがとうございます。上の質問は難しくて
解けなかったので、よろしければご教授ください。

860 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/15(火) 15:22:42 ID:TrVGvOOr
問1
πa=(10-xa-xb)xa-xa
πb=(10-xa-xb)xb-xb

問2
xa=3,xb=3

問3
7.875増加
生産者が増えて競争が行われた方が完全競争に近くなり余剰は増加する


なんか気持ち悪い数字になったな。。。

861 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/15(火) 15:26:35 ID:cJaU1q2F
>>860
ありがとうございます。問1は理解できたのですが
2,3の計算過程がわかりません。どうすればそこに
辿り着けるかお願いします。

862 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/15(火) 15:48:35 ID:TrVGvOOr
問2
∂πa/∂xa=0より
xa=(9-xb)/2
∂πb/∂xb=0より
xb=(9-xa)/2
上二式を連立方程式として解く

問3
πb=(10-xb)xb-xbとして
∂πb/∂xb=0より
xb=4.5
P=5.5

クールノー均衡の際の価格は逆需要関数より4

あとはそれぞれの場合の消費者余剰を計算して比較すればよい



863 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/15(火) 16:47:37 ID:cJaU1q2F
>>862
自分でもやってみました。が
企業1の利潤π1はxa+xb=Dより
π1(xa+xb)=Pxa-(xa)
=10-(xa+xb)xa-xa
計算するとxb=10-2xa  @

企業2
π2(xa+xb)=Pxb-(xb)
=10-(xa+xb)xb-xb
計算するとxb=10/2-xa/2  A

@とAを連立させるとxa=10/3となります。
これは全くの間違いでしょうか?
また∂の記号の意味を教えてください。


864 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/15(火) 17:59:49 ID:TrVGvOOr
>Pxa-(xa)
>=10-(xa+xb)xa-xa

どういう計算してますか?中学生の数学の教科書を引っ張り出して、
式展開の仕方を復習してください。

正しくは、(10-xa-xb)xa-xaを展開して 9xa-xa^2-xaxb,
これをxaで偏微分してイコールゼロと置き9-2xa-xb=0。
これをxaについて解いてA社の反応関数を導出するのです。

>また∂の記号の意味を教えてください。

偏微分です。



865 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/15(火) 18:05:53 ID:cJaU1q2F
>>864
納得しました。馬鹿な質問に答えていただいて
感謝です。

866 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/16(水) 02:35:00 ID:83d2ZgfC
http://up2.viploader.net/pic/src/viploader559956.jpg_OgvC5BIxAfmnF8SzFKly/viploader559956.jpg をよろしくお願いします
挑戦したのですが解き方がわかりません


867 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/16(水) 17:30:14 ID:L5tSAG64
ミクロ経済についての質問です。

ミクロ経済についての質問です。

ある特定のペンがあり、買手はAとBのみ。ペンは日本に6本しかなく、1本4000円以上なら売ってもよいと考えている市場。
Aさんは、1本9000円までなら3本買ってもよい。
Bさんは、1本5000円までなら5本買ってもよい。2人ともそれを超えるなら1本も欲しくない。

このペン市場が完全競争な場合、取引量は何本でしょうか?
また、1本あたり何円「でしょうか?

自力でやろうと心がけたのですが、さっぱり分かりません助けて下さい。。。

868 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/17(木) 01:37:59 ID:lH+0gqZK
経済学の問題の解き方・回答をご教授ください。

ある財の市場において、その取引量をx、価格をpとするとき、需要曲線と供給曲線が、それぞれp=a-bxおよびp=c+dxで表されるものとする。ここでa,b,c,dは全て正の定数である。
(1)均衡取引量、価格を示し、それらがともに正である条件を示しなさい。
(2)単位あたりtの価格の従量税が課されたときの、買い手の支払い価格、売り手の受け取り価格、政府の税収額、死加重を示しなさい。

当初、ある財の市場需要曲線がp=10-x、市場供給曲線がp=(2/3)であったとする。ここで、xは生産物の取引量であり、pは価格である。その後、この市場にp=x-2の供給曲線を持つ企業が参入した。
(1)当初の市場均衡価格、均衡取引量を求めなさい。
(2)参入後の市場供給曲線を表す式を書きなさい。
(3)参入後の市場均衡価格、均衡取引量を求めなさい。
(4)参入後の消費者余剰、生産者余剰、社会的余剰を算定しなさい。

869 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/17(木) 03:15:03 ID:Gwxt6fC8
このスレで合っているのか分かりませんが、質問があります。
1、期待効用理論の公理を6つ示せ
2、期待効用特性とは何か?
3、vnm効用関数について記せ
4、vnm効用関数が正のアフィン変換するまで定まるという定理について記せ

どなたか情報が載っているウェブサイト等でもいいのでよろしくお願いします。

870 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/17(木) 09:53:45 ID:x1glX0NZ
>>867
需要曲線と供給曲線を描き、その交点に対応する取引量と価格を求めればよい。
取引量6本、価格5000円。

871 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/17(木) 10:43:06 ID:q+/gvC/0
ヒックスとスルツキーの考え方の違いってなんですか?

872 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/17(木) 10:45:12 ID:dGCs4dvZ
>>871 ヴァリアンの入門ミクロの教科書に載ってる

873 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/17(木) 13:11:34 ID:lH+0gqZK
>>868の者です。

当初、ある財の市場需要曲線がp=10-x、市場供給曲線がp=(2/3)であったとする。ここで、xは生産物の取引量であり、pは価格である。その後、この市場にp=x-2の供給曲線を持つ企業が参入した。
(1)当初の市場均衡価格、均衡取引量を求める。
これは価格は4、取引量は6となるはのは理解できます。

(2)参入後の市場供給曲線を表す式を書け。
この問題がわかりません。
答えはp=5/3x-5/6となってるのですが、これはどのような式で辿り着けるのでしょうか。
(2)が解ければ(3)もわかるのですが。

874 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/17(木) 14:26:33 ID:dq80kG/h
ある消費者にとってX財とY財は1:1比率で完全代替財である。
予算が5600円、X財の価格が800円、Y財の価格が700円のとき
この消費者はX財を何個購入するか答えよ

875 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/17(木) 14:53:19 ID:qbKHH92u
7個。

876 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/17(木) 17:56:05 ID:ZLMoEIG4
効用関数についてなかなか理解できないので質問します。
U=(X、Y)=X^2+Y^2

400X+600Y=3000←予算制約式

これで最適消費量を求めるにはどうすればよいのでしょうか。


877 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/17(木) 17:59:32 ID:dGCs4dvZ
>>876 さすがにその質問はするな もう単位落とせ

878 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/17(木) 18:59:34 ID:4kA8U4Xu
効用最大化のための消費量が予算線上に無い、つまり予算を使いきらない状態ってあるの?

879 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/17(木) 19:41:56 ID:ZLMoEIG4
すみません、ネットで勉強していてわからないところがありましたので。
記述間違えました。
問題です。
ある個人の効用関数と予算制約式が以下の時、この個人の最適消費量を求めよ」

U(x1、x2)=x1^2,x2^3

400x1+600x2=10000

こちらが回答です。

まず、効用関数UをXで偏微分します。
U'X=2*X*Y^3
同様に、効用関数UをYで偏微分します。
U'Y=3*X^2*Y^2

次に限界代替率を求めます。
(限界代替率)=(U'X)/(U'Y)=(2Y)/(3X) ←U'X=2Y U'Y=3Xとなっています。
なぜ偏微分してこうなったのか教えてください。


880 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/17(木) 21:10:22 ID:dq80kG/h
Y財を生産する完全競争企業の生産関数がY=Y(L)である
労働(L)の限界生産物と賃金をそれぞれ30と15000であるとすると
Y財の価格はいくらになるか答えよ

881 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/17(木) 21:23:35 ID:d4OvK2Ws
>>878
薬品なんかは当てはまるね。

882 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/17(木) 21:32:58 ID:46a3YAQU
マクロの問題の質問です。

「消費関数が同じだとすると、45度線モデルとIS-LMモデルでは、
それぞれの政府支出乗数は後者のほうが小さいと考えられるのは、なぜか。」

これは45度線モデルでは利子率が一定であると仮定されているのに対して、
IS-LMモデルでは利子率が考慮されており、政府支出の増加が招く利子率の増加により
民間投資が減少することで乗数効果が相殺されると考えられるからなのでしょうか?

883 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/17(木) 21:52:02 ID:ZLMoEIG4
>>880
プライステーカー企業の利潤最大化労働投入
で考えればいいんじゃないんですか?
MPL=w/p wは賃金
p=w/MPL →15000/30
p=500?
自分にもためになるので推測してみました。間違ってる
と思うのでごめんなさい。

884 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/17(木) 22:17:26 ID:8LU34CVb
ある企業の最適生産量とその利潤を求めなさいって問題で
価格33ドルのとき 最適生産量は5杯、 利潤は139ドル
ttp://www4.ocn.ne.jp/~a110/JPG0.jpg
利潤=収入ー費用  165−26=139
収入=価格×生産量 33×5=165
費用=可変費用+固定費用 20+6=26

こんな感じであってるのでしょうか
どうかよろしくお願いします(´;ω;`)

885 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/18(金) 00:02:35 ID:d3NzaG63
>>879
>(限界代替率)=(U'X)/(U'Y)=(2Y)/(3X) ←U'X=2Y U'Y=3Xとなっています。

約分しただけだろ
ちなみに2/4=1/2だが、2≠1は理解できるよな

886 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/18(金) 00:11:20 ID:uvaj9pXs
>(限界代替率)=(U'X)/(U'Y)=(2Y)/(3X) ←U'X=2Y U'Y=3Xとなっています。
>なぜ偏微分してこうなったのか教えてください。

違う。偏微分したからそうなったんじゃない。分母に置かれた乗数を分子に持ってくるとマイナスがつく
(逆は逆)という計算規則に従っただけ。例えばXが分子にあった場合、それを分母に降ろせばXのマイナス
1乗。分母がYの2乗だったら、分子に上げればYのマイナス2乗になる。もしかしたら>>863の人かもしれない
が、やはり中学・高校の数学の教科書を復習することを強く推奨する。

887 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/18(金) 00:22:05 ID:4YG2iImc
ご親切にありがとうございます。やはり私には絶対的な数学力というか
数学の基礎知識がないので、小学校のドリルから真面目にやり直そうと
思っています。計算力も低いので。
アドバイスありがとです。

888 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/18(金) 00:22:28 ID:uvaj9pXs
>>884
費用が平均表示になっているから、数量をかけて費用総額を出さないとだめ。
正しくは費用が130で、収入の165から引いて利潤は35。

889 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/18(金) 00:32:44 ID:1cUsWH+J
>>888
本気でありがとうございます(´;ω;`)
精進します!

890 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/18(金) 01:04:57 ID:4YG2iImc
あ、

891 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/18(金) 05:00:54 ID:QyP+RAL4
>>879
お前が勉強しても何も生まれないから何もしなくていい
死ね

892 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/18(金) 05:02:54 ID:FDNezhiv
これ分かりますでしょうか?教科書にも載ってないしググってもよくわからなくて・・・

貨幣の概念として狭義の貨幣M1を採用する。要求払い預金 に対する現金通貨 の比率 がつねに0.5に等しく,
要求払い預金D に対する銀行の準備預金R の比率 R/Dはつねに0.1に等しいとする。

(1) 狭義の貨幣をMとする。MとハイパワードマネーHとの間の関係式を求めよ。

(2)M1を10%増加させるためにはハイパワードマネーを何%増加させればよいか。

(3)貨幣供給を増加させるために,日銀は債券市場で何を行うか。



893 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/18(金) 10:49:07 ID:4YG2iImc
>>891
お前餓鬼?w
死ね

894 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/18(金) 11:00:17 ID:F9VIK7VW
>>874
X財は買わない。
予算制約線と無差別曲線を描いてみればすぐにわかるよ。

895 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/18(金) 11:36:30 ID:wdCtfpJY
1974年にわが国の実質GDP成長率はマイナスであったし、1970年代前半以降、実質GDP成長率はそれ以前に比べて低下した(高度成長の終焉)。
まず、コブ・ダグラス型生産関数を想定する。X軸は労働、Y軸は実質GDPとする。
今、二つの期間、高度成長期(原油価格が安い時期)と原油ショック期(原油価格が高い時期)を考える。
ここで、「原油価格が高ければ設備の稼働率が低下する」ことに注目する。
他の条件は一定とし、この考えと整合的な両時期における生産関数と労働の限界生産物の形状をそれぞれ描きなさい。
また、どうして両時期で生産関数と労働の限界生産物の形状にそれぞれ差が生じるのかを簡潔に説明せよ。

という問題が全くわかりません。
解答のヒントとなることでもなんでも、教えていただけないでしょうか。

896 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/18(金) 13:08:49 ID:yklg6UtA
>>892
(1)
H=C+R (a)
M=C+D (b)
a/bの式変形を行うと、
H/M=(C/D+R/D)/(C/D+1)
問題よりC/D=0.5,R/D=0.1なのでこれを代入して整理すれば
M=2.5H

(2)上で求めた式を使って計算すると4%

(3)買いオペレーション

>教科書にも載ってないし

この説明が載っていないマクロの教科書なんてあり得ん。即刻買い替えを推奨。
さらにその本の書名を明らかにしてもらえれば、「買ってはいけない教科書」
としての情報価値が高まることでしょう。



897 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/18(金) 22:20:06 ID:nWmexgAD
協力ゲームの仁を求める問題について教えてください。

全体合理性の条件xa+xb+xc=20
配分(xa,xb,xc)に対する全員提携を除く各提携の不満の量は、
提携{A,B}:v({A,B})-(xa+xb)=6-(xa+xb)
提携{A,C}:v({A,C})-(xa+xc)=0-(xa+xc)
提携{B,C}:v({B,C})-(xb+xc)=8-(xb+xc)
提携{A}:v({A})-xa=-xa
提携{B}:v({B})-xb=-xb
提携{C}:v({C})-xc=-xc

この問題を線形計画問題を使って解きたいのですが、
(xa,xb,xc)における最大の不満の量をMとする。
6-(xa+xb)≦M,-(xa+xc)≦M,8-(xb+xc)≦M,-xa≦M,-xb≦M,-xc≦M
この条件のもとでMを最小にする。
この解き方がさっぱり分かりません。
どなたかよろしくお願いいたします。


898 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/18(金) 22:53:43 ID:/DhJda8Y
ミクロにおいて「長期均衡は利潤がゼロで限界費用=平均費用である」
とされていますが、限界費用<平均費用の状態でも
他会社は参入しないのだから、条件は一緒じゃないのですか?

それとも限界費用<平均費用になると既に参入済みの企業は去るのもいるだろうから、
そういう意味で均衡ではないとするのですか?

899 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/18(金) 23:15:51 ID:oJEvPHs5
>>898さんが
限界費用<平均費用=価格
で利潤ゼロと考えているなら,そのとおりです。

平均費用=価格として参入退出の無い長期均衡を定義します

完全競争市場では価格=限界費用なので
限界費用=平均費用=価格となるということです。

不完全競争では一般的に価格が限界費用より高くなるので
限界費用<平均費用=価格
が長期均衡として定義されます。
詳しくは独占的競争やコンテスタブルな市場,過剰参入定理などのキーワードで調べてみてください。

900 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/18(金) 23:20:27 ID:/DhJda8Y
ありがとうございました

「参入」だけでなく「退出」も踏まえた「完全競争」での概念なのですね

901 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/18(金) 23:24:26 ID:oJEvPHs5
完全競争の定義には二つの考え方があって

定義1.プライステイカーで価格=限界費用が成立する市場
定義2.1.かつ企業が長期的に参入退出をしない状況 価格=平均費用が成立する

の二つの定義が同じ言葉で用いられているので
混乱を招くかもしれません

902 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/18(金) 23:37:05 ID:RZ/1wSfu
費用関数を求めるのですが、
x1=1/3・(w2/2w1)^2/3・q
x2=1/3・(2w1/w2)^1/3・q
これをC=w1x1+w2x2に代入すれば求まりますよね。
解答はC=2^-2/3・3・w1^1/3・w2^2/3・qとあるのですが、
指数がどう計算されているのか、よくわかりません。
もしよろしければ、ご指導よろしくお願いいたします。

903 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/19(土) 00:16:32 ID:YUtWhMfx
>>901
なるほどー ありがとうございます

904 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/19(土) 00:36:30 ID:i5+5mE7o
次の問題の解けません。お願いします。

法人の利潤はπ=pY-rK-wLで表される。コブ=ラグラス型生産関数Y=K^(α)L(1-α)
のとき、課税がないケースのこの法人にとっての最適資本ストックK[1]
利潤πに対してt(0<t<1)の課税が行われるケースの最適資本ストックK[2]
売上高pYに対してt(0<t<1)の課税が行われるケースの最適資本ストックk[3]を
求め大小を比較せよ。


905 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/19(土) 01:32:58 ID:SUvRUkyj
以下のIS−LMモデルについて考えよ。
C=400+0.5(Y−T),T=0,I=300−20000i,G=400。
実質貨幣需要:(M/P)d=Y−10000i,実質貨幣供給:(M/P)s=700
均衡GDP,均衡利子率を求めよ。

↑教えてください

906 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/19(土) 01:46:25 ID:GJhWhnJF
>>905
友達に聞きなさい

907 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/19(土) 02:54:22 ID:l791Mx9z
公認会計士合格者数(2007年度)

@ 慶応大 411 ←トーマツ理事長、あらた理事長
A 早稲田 293 ←あずさ理事長
B 中央大 150 ←新日理事長
C 神戸大 105
〃 明治大 105
E 同志社 102
F 東京大  99
G 一橋大  94
H 京都大  73
I 立命館  71
---------------
− 法政大  62
− 関西大  47
− 専修大  23
− 創価大  11

※三田会調べ他

908 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/19(土) 05:30:33 ID:7q0LqgLF
>>902
x1=1/3・(w2/2w1)^2/3・q
x2=1/3・(2w1/w2)^1/3・q
から計算しても
C=2^-2/3・3・w1^1/3・w2^2/3・q
にはならないけど。

っていうか、この問題と同一と思われる問題が載ってる本が手元にあるけど
(武隈・演習ミクロ)写し間違えてない?

それはさておき、ここで必要な計算規則なんてたいしたことない
(例えばhttp://www.kdcnet.ac.jp/college/buturi/kougi/suugaku/zennki/exp1/exp1.htm
けど、2ちゃんの掲示板の表記上の制約から誤解が生じやすいため、具体的な計算過程の説
明はやりにくい。ピンポイントで「この部分のこの変形がわからない」って話ならなんとかなるかも。


909 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/19(土) 10:12:42 ID:tt338je7
>>904
学部の宿題か何かかな。
出題の意図はわかるけど、問題が不完全というか、あまり適切でないと思う。
例えば、課税がないケースを考えると、p、r、w の値の大きさに依存して、
最適な資本ストックは、0 か、非決定か、存在しない、のいずれかになる。


910 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/19(土) 10:31:38 ID:LSzw/wGi
コブダグラス型生産関数について便乗して質問です。

X軸を労働、Y軸を実質GDPとします。
高度経済成長(原油が安い)とオイルショック期(原油が高い)の期間に対して、
「原油価格が高ければ設備稼働時間が低くなる」ことに注目し、
この考えに対する両時期の 生産関数と労働の限界生産物の形状をそれぞれ描きなさい。
また、なぜこのような差が生じるのか説明せよ。

という問題なのですが、質問の意味が分からず・・
どのようなアプローチをすればいいのでしょうか?

911 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/19(土) 12:31:12 ID:tt338je7
>>910
資本ストックが高い水準のとき(高度成長期)と、低い水準のとき(オイル
ショック期)の労働の限界生産力を比較すればよいのでは。それが問題
の意図だと思う。間違っていたらごめん。

912 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/19(土) 12:35:54 ID:famDhPIa
等比級数の公式から、 r(a+a^2+a^3)+a^3=1 が成り立つ。ただしa=1/1+r である。
(1) 額面を1 円として、3 年もの利付債のパーレートr と1年もの割引債のゼロクーポンレートri との裁定条件を述
べなさい。
(2) 額面を100 円として、利付債が3 年目に入り、その年の1 年物割引債のゼロクーポンレートが2 パーセント
であるならば、残存期間が1 年の利付債の最終利回りはいくらか。

教えてください。お願いします。

913 :910:2008/01/19(土) 12:41:58 ID:LSzw/wGi
レスどうもです。
Y=AK^aL^bとした場合、二つの時期によってaとbの値が変化し、
それに伴った限界生産物のグラフ(3次になる?)を描けばいいのかな、と思っているのですが・・
限界生産物の形状を描けという質問がよく分かりません・・

914 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/19(土) 13:33:07 ID:Ju5Oam/0
日本経済になってしまいますが、
金融緊急措置令とはつまりデノミネーションのことですか?

915 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/19(土) 13:42:14 ID:LXqxJlS0
>>909
自分で再度考えましたが、0ではないかと思いましたが
最適資本ストックで0とは違和感がありまして、計算をやりなおしましたが
同じになってどう答えにすればいいのか困惑しています。
利潤と売上高に課税では、どちらも変わりがないように思うのですが
式で扱う上で違いはあるのでしょうか?

916 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/19(土) 15:00:31 ID:tt338je7
>>915
利潤に課税したときと課税しないときは同じ結果。売上に課税したときは
一般にこれとは異なる。
いずれにしても結果は、p、r、w などパラメタの大きさに依存する。

917 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/19(土) 18:54:10 ID:jF4C7uh1
生産関数において利潤極大化において
等利潤線を生産要素で微分してゼロでおくのはどうしてですか?

生産関数と等利潤線が接するときに利潤が極大化されるらしいから、
微分(傾き)を求めるのはなんとなく分かりますが・・・


918 :902:2008/01/19(土) 19:53:57 ID:azwGCKBF
>>908
すみません。わからないのは指数法則ではなくて…

では武隈 演習 ミクロ経済学に載っている問題で、
z1=2^1/3・w1^-1/3・w2^1/3・q
z2=2^-2/3・w1^2/3・w2^-2/3・q
をc=w1z1+w2z2に代入すると、
c=3・2^-2/3・w1^2/3・w2^1/3・qとなるのですが、
代入した後の、
c=2^1/3・w1^2/3・w2^1/3・q + 2^-2/3・w1^2/3・w2^1/3・q
の足し算が分りません。
c=3・〜の3はどうして出てくるのでしょうか?
ミクロ…というよりは、数学の計算の問題だと思いますが、
よろしくお願いいたします。

919 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/19(土) 21:00:21 ID:7q0LqgLF
>c=2^1/3・w1^2/3・w2^1/3・q + 2^-2/3・w1^2/3・w2^1/3・q
>の足し算が分りません。

まず、w1、w2、q の項が共通なので括り出すと
w1^2/3・w2^1/3・q (2^1/3 + 2^-2/3)
になって、あとはカッコの中を計算すればいい。
2^(-2/3)は、2を分母におろせば指数のマイナスが消える。
その上で2^(2/3)を共通の分母として通分すれば分子は
2^(1/3)*2^(2/3)+1=2+1=3ということになって
結局カッコの中全体は
3/(2^(2/3))

>ミクロ…というよりは、数学の計算の問題だと思いますが、
いや、もはや数学でさえなく、算数。

920 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/19(土) 21:34:47 ID:d6fZmFrS
http://www2.soec.nagoya-u.ac.jp/~hanazono/supp0531.pdf

↑これの2つの需要関数の求め方が分かりません。
教えてください

921 :902:2008/01/19(土) 21:53:18 ID:azwGCKBF
>>919
恥ずかしながら、本当にこの計算で悩んでました。
丁寧に教えていただきありがとうございました。


922 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/19(土) 23:21:22 ID:6siFIa4Q
@所得税の課税最低限を引き上げることで、税金を払っていない人が公共サービスを
「ただのり」しようとする気持ちを抑制することは可能でしょうか?
A所得効果は所得が減少したときの効用の変化をさし、代替効果はそれを組み合わせを
変えて回復しようとする動きである。このことから、代替効果が大きいほど損失が少ないと
考えることはできるのでしょうか?

以上の2点お願いします。

923 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/19(土) 23:24:55 ID:dG+gBgtO
>>912
どなたかお願いします。

924 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/19(土) 23:41:53 ID:ASpEw4N0
代替財と粗代替財の違いがわかりません。
教えてください。。

925 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/20(日) 00:19:51 ID:nPjLazqW
ビッグリソースとリソースベースの意味がわからないです
どなたか教えてください。お願いいたします。

926 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/20(日) 01:23:28 ID:vMdUYo3y
>>917
>等利潤線を生産要素で微分してゼロでおく
そのような書き方・言い方をしている本・先生がある・いるとしたら、ちょっと違うんではないかと
いう気がするけど、まぁいいや。

企業の利潤は、(売上数量×商品の単価)マイナス(使用した生産要素の量×その単価)の合計
で表され、これを生産要素との関数とみることができる。具体的な形状としては、往々にして上に
山形の二次曲線を想定する。

利潤最大点はそのグラフの頂点であり、そこでは傾きがゼロになっているので、利潤関数を
生産要素で微分してゼロと置けば利潤最大化点での当該生産要素の最適量が求まる。

これは、等利潤線の傾きと生産関数の傾きをイコールと置く、という計算と結果的には同じ。



927 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/20(日) 01:32:12 ID:vMdUYo3y
>920
消費者Aの場合なら、
効用最大化条件: x2A/x1A=p と、
予算制約線: px1A+x2A=pω1A+ω2A
を連立方程式として、x1Aとx2Aについて解けばよい。

928 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/20(日) 02:13:52 ID:n/YsYDlQ
他の方と比べてレベルがめちゃくちゃ低いんですが、ぜひ教えてください。
「ある資源を2人に配分するとき配分の組を(甲の配分量、乙の配分量)として次の5つの配分があったとする。
A(9、7)B(9、6)C(7、8)D(8、6)E(6、7)
このうちパレート最適な配分はどれか。またそれがなぜパレート最適になるかを説明しなさい。(150字以上)」

929 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/20(日) 02:32:54 ID:7Ew9yV7E
需要曲線 Qd=12-p
供給曲線 Qs=2p

このとき供給側(企業)に1,5の課税をしたとき
新しい均衡価格と均衡供給量を求めよ。

おしえてくだちぃ。

答えはあるけどどんだけ考えても理解できないorz

930 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/20(日) 03:52:28 ID:78BKhTb8
すいません
景気動向には2種類あり、その特徴を書けという
問題です。なぜかマクロで出ました
わかるかたいたら。教えてください

931 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/20(日) 06:06:53 ID:5+Yf8ry/
なぜかって景気動向はマクロだろw

932 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/20(日) 08:35:55 ID:ZoNyLmvb
>>928
全部で16資源があって、甲も乙も多ければ多いほど嬉しいならばA
がパレート最適。財を全部配分しているから。

>>929
12-p = 2(p -1.5) より p =5(税込、税抜なら5-1.5=3.5)、q=7かな

>>930
景気動向指数のことならここに何か書いてある。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%99%AF%E6%B0%97%E5%8B%95%E5%90%91%E6%8C%87%E6%95%B0

933 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/20(日) 14:17:30 ID:2HSIqySZ
日本人が知らない 恐るべき真実
http://d.hatena.ne.jp/rainbowring-abe/

ユダヤ・ロスチャイルドの世界支配について書いています。


ロスチャイルド一族が世界を支配していると言っても、ほとんどの人は「そんなバカな」とか「くだらない陰謀論だ」と思うことでしょう。
その原因は、ほとんどの人が“おカネのことを知らない”ためだと思います。
「おカネのことぐらい知ってるよ」と思われることでしょう。
しかし、本当におカネの仕組みを理解している人は、この世にほとんどいないのが実状です。

934 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/20(日) 17:26:22 ID:AGQZKxqx
マンデルフレミングモデルとAA-DD分析のちがいを
分かる方いたら教えていただきたいんですが。
どちらもIS-LMを開放経済に応用させたものですよね?
AA-DDの方とかはぐぐってもあんま出てこなくて…

935 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/20(日) 17:29:18 ID:6aS7xXIh
200000ドルの物件を買うにあたって、
そのまま購入するか住宅融資(15年満期、解約繰上げ不可、利子は年率2%)を受けるか、という話で
住宅融資を受けた方が合理的といえる今後15年の物価上昇率の年率を答えよ

マクロでもミクロでもないかもしれませんがどなたかお願いします・・

936 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/21(月) 00:52:36 ID:/HTaEMFl
マクロの質問です。
政府が1兆円の減税、限界消費性向が0.7
この場合公的貯蓄、民間貯蓄、国民貯蓄、投資にどのような増減が生じるのでしょうか?

恥ずかしながら調べたけど分かりませんでした・・・どなたかお願いします

937 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/21(月) 00:56:34 ID:0BwZF1Uv
2002年から現在まで続く景気拡大の
原動力となったものは何か(総需要の構成
項目の中のどれか)教えてください。

938 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/21(月) 03:01:50 ID:XRSVcQdA
以下のIS−LMモデルについて考えよ。
C=400+0.5(Y−T),T=0,I=300−20000i,G=400。
実質貨幣需要:(M/P)d=Y−10000i,実質貨幣供給:(M/P)s=700
均衡GDP,均衡利子率を求めよ。

↑教えてください


939 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/21(月) 04:05:02 ID:hOu1lnWU
Y=1000
i=0.03

940 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/21(月) 06:42:36 ID:fqjsivtB
>>928
AとCが答え。
誰か1人の消費者の効用(満足度)を犠牲にしなければ他の誰の効用も高めることができない状態がパレート最適
逆に言えば、犠牲にしなくても他のヤツの効用アップできる点がひとつでもあればパレート最適ではないってこと。
そしてこのパレート最適はいくつも存在し得る

A(9.7)で、誰かの効用上げられる点といえばC(7.8)だけだが、これは甲の効用がダウンしてるから、パレート最適
B(9.6)は乙の効用が上がるA(9.7)にシフトする際、甲の効用はダウンしてないからパレート最適ではない
こんな感じ。

C(7.8)は誰かの効用が上がる点はA(9.7)、B(9.6)、D(8.6)が全てだが、どれにしても乙の効用は下がってるよってことでパレート最適
D(8.6)はB(9.6)っていう点があるからパレート最適じゃない
E(6.7)もA(9.7)とかがあるからパレート最適ではない

150字以上は自分で考えろ

941 :有賀:2008/01/21(月) 08:27:46 ID:L0V0YbMP
>>912
>>923

見てますよ

942 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/21(月) 14:51:55 ID:lvUgCLjx
新古典派とケインズの貨幣に対しての考えが違うらしいけど
どう違うんですか?

943 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/21(月) 15:12:22 ID:RxmYkkOW
宿題ラッシュだな

944 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/21(月) 15:34:02 ID:uMfT2iTI
完全競争企業の利潤最大化行動を前提にして、短期供給曲線を導出せよ。

短期供給曲線の形はわかっているのですがどう説明すればいいのかがわかりません。
「前提にして」ということは利潤最大化行動については説明しなくてもよいと言うことでしょうか?
そこを省くと結局説明がしにくくなるけど入れると非常に長くなってしまいます。
わかりやすく説明する方法はあるでしようか。

945 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/21(月) 22:32:53 ID:XRSVcQdA
1年後に8400円で償還される国債があるとしよう。現在の国債の価格が8,000円だとする。
国債の名目利子率を求めよ。インフレ率が3%であるとする。
,実質利子率を求めよ。

(8400−8000)/8000=0.05が名目利子率で実質利子率はどうやって求めるんでしょう?
お願いします。教えてください

946 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/21(月) 23:01:23 ID:VnG6hjRJ
3パーセント上がるんだろう!!!
寝ぼけんな!!

947 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/21(月) 23:04:15 ID:hOu1lnWU
>>945
1.05÷1.03

948 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/21(月) 23:06:16 ID:XRSVcQdA
何に0.03をかければいいんでしょうか?
それとも0.08になるってことでしょうか?

949 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/21(月) 23:13:10 ID:hOu1lnWU
違うって。上に書いたように1.05÷1.03だってば。
そこから1引いて、100をかければ%表示。

950 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/21(月) 23:17:44 ID:5fx7V2w5
ある競争企業の生産関数が谷型を示しているとき、この企業の利潤を
最大にする生産量は次のいずれか。
?ゼロの生産量
@生産関数と収入関数が交わる生産量
A労働の限界生産力価値と賃金が等しくなる生産量
B生産能力最大の生産量
C利潤がゼロになる生産量

答えはBらしいのですがなぜそうなるのかがわかりません。
Aではないのでしょうか。

951 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/21(月) 23:20:39 ID:XRSVcQdA
ありがとうございます!
1.05÷1.03=1.019・・・−1=0.019ですね
%表示にしたほうが良いのでしょうか?

952 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/22(火) 00:14:49 ID:AGqvkPZQ
1.GDPの増加と均衡利子率の維持が政府の政策目標であったとする。これを達成するためのポリシー・ミックスについて説明せよ。

2.均衡GDPの維持と財政赤字の削減という政策目標を実現するためのポリシー・ミックスについて説明せよ。

この問題がよくわかりません。教えていただけないでしょうか?
2は財政赤字の削減と均衡GDPの維持は同時に達成できないと思うんですけど・・

953 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/22(火) 06:42:24 ID:sKsZseln
固定電話での二部料金制についてお伺いします
グループ1:P=14-q
グループ2:P=18-q
qは単価pという売り方をしたときの需要量をあらわす
また、通話からの消費者余剰がゼロの場合には、消費者は通話することの方を選ぶものとします
Qだけの延べ時間の通話サービスを提供する場合の費用は2Qである

このとき、使用料金を限界費用2に等しく設定した場合を考え、企業が両方のグループにサービスを提供することをしめしなさい


この最後に書いた文で何を聞いているのかわかりません
何を求めたらいいのでしょうか?

954 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/22(火) 14:34:54 ID:9LO4IT9Y
>>951
お前釣られてるぞ
フィッシャー方程式を調べろ
インフレ率とは物価上昇率のことってわかってるよな?

955 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/22(火) 14:50:27 ID:dUvpd7PU
釣りはお前だ。まさか、「名目利子率マイナスインフレ率」という計算式が簡便法で、
厳密には割り算の方が正しいって知らないわけじゃあるまい。

956 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/22(火) 16:05:55 ID:Kv+1Pe/S
限界費用曲線って平均費用と平均可変費用の最低点を通るけど
何か理由があるの?

957 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/22(火) 20:19:43 ID:po1CGm06
Px=3,6 Py=2,4
MUx=Y^2 MUy=2XYで
MRS=MUx/MUy=Px/Pyより
MRS=Y^2/2XY=3,6/2,4
ここまではわかったのですが、この次の
Y=3X
というところがなぜこうなるのかわかりません。
どなたか教えてください

958 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/22(火) 20:51:08 ID:DHV6VD7H
>>942
新古典派は、貨幣と実物経済が分離していて、貨幣量は物価にしか影響を及ぼさない。
「貨幣ヴェール説」と称する。
ケインズでは、貨幣市場で決定された利子率が国民所得に影響を及ぼすモデル構成。
貨幣と実物が結びついている。



>>957
Y^2/2XY=3,6/2,4 <---左辺をYで、右辺を1.2で約分
Y/2X=3/2 <---両辺に2Xをかけた
Y=(3/2)*2X <---右辺の2を約分
Y=3X

小学校の分数計算と、中学校の方程式の解き方を復習してください。

959 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/22(火) 22:17:26 ID:po1CGm06
>>958こんな低レベルな質問にも関わらず丁寧に教えていただけ感謝しています。
ありがとうございました

960 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/23(水) 01:27:15 ID:eohgeNc8
お願いします。

生産物市場(IS)
均衡条件 Y=C+I
消費関数 C=(3/5)Y+150
投資関数 I=-50r+80

貨幣市場(LM)
均衡条件 Ms/P=L
貨幣供給 Ms=3000
貨幣需要 L=(3/10)Y+(150-80r)
物価水準 P=10

この時のIS曲線とLM曲線の方程式を示せ。


という問題なのですが、何回やっても数字がおかしくなってしまいます。
お願いします。

961 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/23(水) 02:00:23 ID:udKuj7vm
試験教室でやれ

962 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/23(水) 02:22:02 ID:Dwguk2Wc
総需要関数と総供給関数を前提にして、次の問に答えよ。 予想物価水準の
下で契約された雇用水準に対応した生産量を潜在的生産量とする。政策当局
がこの潜在的水準以上に生産水準を維持しようとすると、物価は継続的に上昇
しはじめる。この過程を説明しなさい。

上記のような問題についてどなたか教えてくださいませんか?

963 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/23(水) 04:43:26 ID:Ciac+B8f
簡単な問題ですが質問させてください

uv曲線がuv=16という式で表す
この場合摩擦的失業率は4%
2)この場合現実の失業率が8%ならば 需要不足により失業率は4%です
3)また現実の欠員率は2%です

2と3がなぜこうなるのか式を教えてください

964 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/23(水) 04:54:44 ID:mpksUhui
後期だからマクロの質問が多いのかな?

965 :963:2008/01/23(水) 05:12:49 ID:Ciac+B8f
明日テストなんですよ

966 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/23(水) 06:30:35 ID:Qku4zNWs
自分で簡単な問題とか言っちゃってるのに分からないの?

967 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/23(水) 06:31:39 ID:RDqwoEa+
試験前の学生は我を忘れるからな

968 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/23(水) 06:45:58 ID:Ciac+B8f
我を忘れても
単位は取れるけどね


969 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/23(水) 08:08:35 ID:SHaawN1W
>>964
大学のカリキュラムによるけどマクロが比較的多いな

970 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/23(水) 08:10:26 ID:SHaawN1W
経済学初学者がミクロ・マクロの質問をするスレ4
http://academy6.2ch.net/test/read.cgi/economics/1201043370/

971 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/23(水) 10:00:01 ID:fLL758ZW
>>960
IS曲線:
125r=-Y+575
LM曲線:
800r=3Y-1500

中学生でも知っている一次式。

972 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/23(水) 11:05:15 ID:eohgeNc8
>>971
すみません。
そこからYとrを求められますか?
Yが11100/17
rが9/17
になってしまうんですが。

これで合ってるんでしょうか?

973 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/23(水) 11:50:32 ID:fLL758ZW
惜しい。25900/47と9/47。

経済学以前に、中学校の方程式の解き方の復習と、小学生向けの算数ドリルをやった方がいいと思う。

974 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/23(水) 20:49:23 ID:pVt/IK+V
政府支出乗数、投資乗数、不変価格表示とはそれぞれ何なのかを教えてください。
よろしくお願いします。

975 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/23(水) 20:59:12 ID:rmoAR7Gt
>>974
宿題は自分でやりなさい
テキストに載っている用語を自分で調べもせずに人に聞いても意味無いよ

976 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/23(水) 21:02:36 ID:pVt/IK+V
>>975
テキストに載ってないんですよ。
ネットで検索しても分からなくて。

977 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/23(水) 21:06:18 ID:jRctYZRh
ある人の効用関数をU=X二乗Yであるとする。ここでUは効用水準、XはX財の消費量、YはY財の消費量です。Xの価格が60、Yの価格が30、所得が900であるとする。10%の所得税を課されたとき、この人の効用水準はいくらに低下するかを計算しなさい。なお、MUx=2XY,MUy=X二乗である。
ミクロです。よろしくお願いします。

978 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/23(水) 21:08:47 ID:Qku4zNWs
>>976
検索なんてしてないんだろ?

979 :974:2008/01/23(水) 21:11:42 ID:pVt/IK+V
検索した
でも文章で説明できるようにならなきゃいけないから不十分だった


980 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/23(水) 21:53:40 ID:rmoAR7Gt
>>976
マクロ経済学のテキストで調べなさい
初級のテキストで政府乗数も載っていないものなんてないんだから索引ばかりを見ないで本文をよく読みなさい

981 :974:2008/01/23(水) 21:58:56 ID:pVt/IK+V
テキストなんてもってねーよwだいたい宿題じゃなくてテストなのよ

982 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/23(水) 22:14:45 ID:rmoAR7Gt
テキストも持っていないのにテキストに載ってないなんてよく言えたもんだなw
それ以前にテキスト持たずによく勉強できるなw

983 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/23(水) 22:19:00 ID:jRctYZRh
977なのですが、よろしくお願いします。

984 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/23(水) 22:46:24 ID:gcwRSBcC
効用最大化条件は、Y=X。
これを課税前の予算制約式に放り込んでX=Y=10、よって効用水準は1000。
課税後は所得を810として、同様に計算するとX=Y=9、よって効用水準は729。
効用の低下は271。



>自分で調べもせずに人に聞いても意味無いよ

いや、そもそも内容を理解しようなんて気がなく、単位さえ取れればそれでOK、時間割上
経済学で埋めるしかなかった、なんていう非経済学部生なら、それはそれで彼の効用
最大化の結果だろう。


>テキストなんてもってねーよw

最近はこれがデフォルト。1年間でおさらばの教養科目なら、まさに費用最小化行動。

985 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/23(水) 22:53:27 ID:mpksUhui
不変価格表示は俺のテキストにはなかった
有斐閣アルマの「マクロ経済学・入門第3版」だけど

986 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/23(水) 23:05:51 ID:rmoAR7Gt
名目価格(時価表示)
実質価格(不変価格表示)

987 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/23(水) 23:30:37 ID:jRctYZRh
ある独占企業の生産する財について需要関数がX=550-P、X:取引量、P:価格であり、この企業の平均費用曲線がAC=0.5X-50+6000/Xであったとする。この企業の利潤最大化する価格、生産量とその時発生する独占のデットウェイトロスを計算しなさい。なおMC=X-50である。よろしくお願いします。

988 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/23(水) 23:36:24 ID:RDqwoEa+
死荷重って絵描かないでも求められるの?

989 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/23(水) 23:44:16 ID:gcwRSBcC
>>963
2)現実の失業率−摩擦的(あるいは構造的)失業率=需要不足(あるいは循環的)失業率

3)欠員率×失業率=16という関係。中学生でも知っている直角双曲線。

990 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/24(木) 00:03:16 ID:Iwf6y55u
>988
慣れれば頭の中にグラフが浮かんでくるようになる。あとは小学校で習う三角形の面積の公式を知っていればOK。

991 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/24(木) 00:13:57 ID:KwQiZi7H
987です。よろしくお願いします。

992 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/24(木) 00:33:47 ID:drUTaoPH
>>990
それしかないのか。絵をイメージせずに文脈のある式変形で求められないかと思ってたんだが

993 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/24(木) 00:56:02 ID:a7tSmYf0
>>992
できるじゃん
課税前・課税後の供給曲線の式と需要曲線の式があれば
その二式の均衡数量と均衡価格がわかって
あとは各差を掛けて2で割るだけ

315 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)