2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

**** Reading American Economic Review ****

1 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/18(水) 02:03:50 ID:6gzh7HdI
経済学の最高峰、American Economic Review の掲載論文について
語るスレです。

2 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/18(水) 03:48:17 ID:cRzViYoS
まず>>1より始めよ。

3 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/18(水) 07:17:56 ID:6gzh7HdI
では、最新号より。Hsieh and Kelnow、Gentzkow、Cohen and Einav、
Roth et al、Kartik and Mcafee、Harstad、Jackson and Rogersとどれ
もタイトルからしてとても面白そうなんですが、まずはFerreyraの
Estimating the Effects of Private School Vounters in Multidistrict
Economies。

スクールバウチャーを巡る実証の殆どがバウチャーの導入が生徒の成績に
与える効果に焦点を当てるが、この論文ではバウチャーにより校区外の
私立校への進学が容易になることに伴う、Residential Choiceへの影響を
考慮した一般均衡モデルを考えて、それをストラクチャるに推定している。
アメリカでは地元公立校の質は殆ど居住者の所得水準と比例しているので、
バウチャーがResidential Choiceを通してこの関係にどのような影響を
与えるかというのは非常に面白い視点。推定した構造モデルを使って、
仮想的にさまざまなバウチャー制度を考え、その効果をCounterfactual
なシミュレーションで数値化している。



4 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/18(水) 08:30:49 ID:d8MQyNJ+
ええと、それは、どういうこと?

5 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/18(水) 09:38:49 ID:VCpPdPAg
これ系のスレは以前建てたことがあるが伸びない

6 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/21(土) 08:32:49 ID:cdSkpe4e
思いっきりアメリカの問題だな。
さすがAER。

7 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/22(日) 12:44:48 ID:RufFAGPm
>>6

そんなことないと思う。バウチャー導入すれば日本でも近いこと起きると
おもうけど。とくに中学校レベルで。

8 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/23(月) 02:24:10 ID:Bmu3HFDT
仮定の話だが、これ日本とアメリカが逆の立場だったら
(つまり日本にスクールバウチャーという制度があってアメリカにはない)
JERには載っても、AERには載らんだろうと思う。
そんな日本国内の問題の実証分析を載せるほど
AERは懐深くないと思う。AERに(アメリカにない)他国の制度の
実証分析って載ってるの?



9 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/23(月) 11:19:34 ID:oY+QzYUD
Euroの論文もAERに載ってるし心配するな

10 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/25(水) 05:25:41 ID:OyC/jv0w
>>8

そんなことないよ。例えば今年の3月号のSuttonの記事は、日本の45業種の23年間
のマーケットシェアのデータを使った論文だし、ちょっと前だったらLevittの
有名な相撲の論文だってAERだよ。

11 :8:2007/07/25(水) 05:29:47 ID:5pTpZn7K
>>そんなことないよ。例えば今年の3月号のSuttonの記事は、日本の45業種の23年間
>>のマーケットシェアのデータを使った論文だし

それはアメリカにない制度の分析なの?

>>ちょっと前だったらLevittの
>>有名な相撲の論文だってAERだよ。

まぁアメリカに相撲はないけどあれは反則技でしょ。
たまたま相撲という日本のスポーツがデータもある
適した「例」だっただけで。


12 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/25(水) 06:07:03 ID:OyC/jv0w
>>11

そうだね。アメリカにない制度の分析ではないね。ちなみに、スクール
バウチャーはアメリカでも実験的に数箇所で行われてるだけだし、多く
の国で検討されてるから、別にアメリカの制度ってわけではない。

日本のデータで日本固有の問題をやってもダメだけど、大事な問題を
日本の制度とデータをうまく利用してやれば、べつにAERは嫌がらない
と思う。たとえばこんなのとか。
An Empirical Assessment of the Comparative Advantage Gains from Trade:
Evidence from Japan.
Bernhofen, Daniel and Brown, John
Mar2005, Vol. 95 Issue 1, p208-225,

We provide an empirical assessment of the comparative advantage
gains from trade argument. We use Japan's nineteenth-century
opening up to world commerce as a natural experiment to answer
the following counterfactual: "By how much would real income have
had to increase in Japan during its final autarky years of 1851-1853
to afford the consumption bundle the economy could have obtained if
it were engaged in international trade during that period?" Using
detailed historical data on trade flows, autarky prices, and Japan's
real GDP, we obtain upper bounds on the gains from trade of about 8
to 9 percent of Japan's GDP.

13 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/25(水) 09:46:02 ID:H7A1gkuS
たたかれそうだけど

実証だと載りやすいんだなって思ってしまう

14 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/25(水) 12:46:06 ID:PkxD/2/l
実証重視の流れには逆らえない
経済学はあくまで実証科学だから



15 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/25(水) 12:51:07 ID:PkxD/2/l
最近流行ってる人種差別の実証分析なんかは
アメリカ固有の問題かもしれない
あとはCEOの給料の分析とか



16 :6:2007/08/17(金) 11:35:11 ID:mCTFkCPe
ごめんスクールバウチャーって日本でもやってるところあるみたいね。
東京都がやっていると聞いた。


17 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/17(金) 11:51:19 ID:PisKMeS0
確か足立区がやってるんだっけ?


18 :6:2007/08/20(月) 22:32:50 ID:GYVPbKnm
いや俺もよく知らないんだけど。

19 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/20(月) 23:23:06 ID:oJ8T050M
この論文がそれだろ。
ttp://www.e.u-tokyo.ac.jp/cirje/research/workshops/micro/documents/micro0424.pdf

20 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/23(木) 12:43:11 ID:ryHO+5F+
大学院のコアコースの成績と就職先の関係とかやってたな
院生が多いアメリカならではという感じがする

6 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)