2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

マルクス経済学・マルクス主義16

1 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/13(火) 13:32:49 ID:JiJAZpoj
マルクス経済学・マルクス主義15
http://academy6.2ch.net/test/read.cgi/economics/1188902327/
前スレ

2 :糞淋病:2007/11/13(火) 14:02:09 ID:CNQtTnCH


3 :糞淋病:2007/11/13(火) 14:10:40 ID:CNQtTnCH
ちなみに15のように大学で研究なんたらと書いておくとローカルルール違反厨をさばけるよ。

4 :Jimmy:2007/11/13(火) 14:34:30 ID:N7/0+vek
ホレ

このスレはマルクス経済学・マルクス主義を『経済史的』(ハァ?)
に経済学部で研究される分野について『学術的に』議論するスレです。
『なお殺気を抑えてください。』書けるかな。

なお、『糞尿臭』も抑えてください。クワハァァァ!!!




5 :糞淋病:2007/11/13(火) 15:02:58 ID:CNQtTnCH
馬鹿ネットでにおうか!

6 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/13(火) 16:03:31 ID:2HrvhHPI
スレ立て乙
くんくん、くんくん
なんか匂うでふ、にほふでふ・・・
しかし、塾長は糞だけで足らず淋病とは、、
あはれよのー

7 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/13(火) 16:18:18 ID:2HrvhHPI
こういうのって、唯物論チックだお
携帯メールの発明→イライラ・せっかち文化でつ、でつ↓

【社会】 「15分以内にメールの返事なければ友達じゃない」「懐石料理の準備待てない」…待てない人々、増加★2
1 :☆ばぐた☆ ◆JSGFLSFOXQ @☆ばぐ太☆φ ★:2007/11/13(火) 13:23:35 ID:???O
・週末の夕方。都内の広告会社で営業を担当する佐野裕美子さん(23)=仮名=は、
 仕事を終えると友人2、3人に携帯メールを送る。
 「いま何してる?」
 送り終わると、すぐに返信確認。1分、2分、3分…何度も操作を繰り返す。返事が来たら
 食事に誘う。5分も返事が来なければイライラする。「早く決めたいから、すぐ返信がほしい。
 自分が待てなくて嫌な思いをしているので、わたしはいつも即レス(即答)です」

 便利なはずの携帯電話を手にして、イライラと格闘するのは彼女ばかりではない。
 「返信が気になる。地下鉄に乗れば一駅ごとに『センター問い合わせ』をしてしまう」(24歳の
 女性会社員)、「返信が来ないで5分過ぎると貧乏ゆすりが始まる」(20歳の大学生)−。

 小中学生は「15分以内に(メールを)返さなければ友達じゃない」などと言う。情報モラルサイト
 「エンジェルズアイズ」の遠藤美季代表は、そんな言葉に違和感を抱く。「返事を待てずに次々と
 別の子にメールを送り、最初の相手への用件を忘れてしまっていることもある。落ち着いて時間を
 過ごすのは、格段に下手になったでしょうね」

 シチズンホールディングスが平成15年、首都圏のビジネスパーソン400人を対象に行った
 「待ち時間」に関する意識調査。通勤電車の遅れが「5分」でイライラするという人は10年前の
 17・6%から56・6%へと急増した。加速する“せっかち度”が各所で摩擦を引き起こす。
 懐石や鍋のコース料理がメーンのある日本料理店。落ち着いた雰囲気が売りだが、店長(33)は
 「お客さまと店側の時間意識のズレ」に頭を悩ませる。前菜に始まりメーンの料理を提供するまでの
 所要時間は「昼10分・夜15分」と決めている。しかし、時間内にスムーズに料理を出しても苦情が
 入る。テーブルセッティングのための1、2分の時間すら待てない客もいる。受付で「少しお待ち
 ください」と言うと、「待てるか!」と声を荒らげ、トイレに入った連れの女性を残したまま帰った
 中高年男性もいた。(>>2-10につづく)
 http://sankei.jp.msn.com/life/lifestyle/071113/sty0711130811000-n1.htm
※前:http://news22.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1194917387/


8 :糞淋病:2007/11/13(火) 21:14:03 ID:CNQtTnCH
下僕のくせに。

9 :糞淋病:2007/11/13(火) 21:17:49 ID:CNQtTnCH
お前等の魂はすべて悪魔に売りはらった。魔王になるためにな。魔王にふさわしい名をなのろう。

10 :糞淋病ジーザス・クライスト2世:2007/11/13(火) 21:28:04 ID:CNQtTnCH
崇めよ。下僕ども。

11 :Jimmy:2007/11/13(火) 22:03:56 ID:N7/0+vek
一応念のため;


このスレはマルクス経済学・マルクス主義を『経済史的』(ハァ?)
に経済学部で研究される分野について『学術的に』議論するスレです。
『なお殺気を抑えてください。』書けるかな。

12 :糞淋病イエス・クライスト2世:2007/11/13(火) 22:10:20 ID:CNQtTnCH
馬鹿め。お前等の魂はすべて地獄行き、魔王たる俺がルール。

13 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/14(水) 02:09:17 ID:jfnFncs+
つ う (叫ぶ)わからない。あんたのいうことがなんにもわからない。
    さっきの人たち同じだわ。口の動くのが見えるだけ。声が聞こえるだけ。
    …あんたは、あんたが、とうとうあんたがあの人たちの言葉を、あたしに
    わからない世界の言葉を話し出した…ああ、どうしよう。どうしよう。
    …
つ う …ああ、あんたがどんどん遠くなっていく。遠くなっていく。小さくなって
いく。どうしたら、どうしたらいいの?あたしは。…
    やめて。やめて。与ひょうをひっぱるのをやめて。…

つ う これなんだわ。…みんなこれのためなんだわ。
    …おかね…おかね…あたしはただ美しい布を見てもらいたくて…それを見て
    喜んでくれるのが嬉しくて…ただそれだけのために身を細らせて織ってあげ
    たのに、…
    ほかにあんたをひきとめる手だてはなくってしまった。
    …布を織っておかねを…

14 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/14(水) 02:14:50 ID:jfnFncs+
塾長改め糞淋病イエス・クライスト2世さまー

まっ、まさか、噂のエッチ教団の教祖にでもなるのでつかー?
科学は疑うことから始まりまつが、信仰は信じることから始まるでつ
だから、このスレではすべてを疑ってかかったほうがよいというのが、
漏れの教訓

だか、真偽を見分けることができれば、得るものはでかい

15 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/14(水) 04:26:10 ID:/TWApXHx
うたばんで共演した亀田とBoAは喧嘩騒ぎになった

木下優樹菜
「優樹菜は亀田君の気持ちわかります」

さんま
「ホンマね、あいつら(亀田三兄弟)、ホンマやんちゃな子供のまんまやからね
 後藤(真希)とかに会わせたらあかんよ
 『うわー!後藤真希やんけー!』とか言いよるで」
後藤真希
「そんな感じですかね(笑)?」

爆笑問題「今回の沢尻エリカはどう思う?」
亀田興毅「俺は対戦相手とかにはメンチきるけど、お客さんには絶対あんなことせえへん」
太田「お前が言うか!(笑)」
田中「沢尻さんのメンチはどう?」
亀田「メンチ?怖い(笑)」
太田「女としてはどう?タイプ?」
亀田「女は苦手やから(笑)、好きも嫌いもないよ」
田中「またぁ〜、本当この子は、女の子の話になったら話そらすのよ(笑)」

太田光
「先週、番組に亀田の兄貴(興毅)が来てさ、CM中に俺が興毅に
 『あの女、お前のファンなんだってよ?』って言ったら急に大人しくなっちゃって」
田中裕二
「スッゲーかわいいんだよね(笑)」
太田
「俺が小声で『ヤっちゃえよ』って茶化したらさ、顔真っ赤にして
 『ちょっ!何言うてんねん!』って、子供みたいに焦ってんの(笑)
 今はマスコミや世間じゃ、ものすごい悪い奴ってことになってるけど、俺はあいつ等かわいくてしょうがないんだよね」

16 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/14(水) 04:26:59 ID:/TWApXHx
オロナミンCのCMで亀梨、赤西は上戸彩と共演

亀梨と双子姉妹まなかなは生年月日がまったく一緒である(86年2月23日)

浅田真央は「亀梨君と赤西君に会いたい!」と熱望し、KAT−TUNのコンサートにも行っている

TV番組の企画でアパートを訪れた赤西はその家の女児にいきなりキスをされた
そのOA日のテレビ欄は『小悪魔少女に赤西メロメロ』

ゲストのアヴリル・ラヴィーンが自分達とちょうど同年代と知ったKAT-TUNが
「じゃあ俺達と丁度いいですね(笑)」

上田「こんばんは、KAT-TUNの西尾由佳里(%8

17 :871:2007/11/14(水) 12:53:18 ID:zL/w/i4l
tesuto

18 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/14(水) 14:45:57 ID:coM0ugde
"Rape of Nanking photograph is fake" ─ part2 南京大虐殺のウソ
http://www.youtube.com/watch?v=__ZKNCWWnR4

19 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/14(水) 16:39:00 ID:jfnFncs+
>>13
つうは、愛する与ひょうのため部屋に閉じこもり機織りをし、身を削るようして布を織って金に変えたんだお
それも、与ひょうの愛をつなぎ留めたい一心のためにでつ
でも、与ひょうとその仲間たちは、覗くなと言われていたにもかかわらず、商品差別化の源泉を確かめるため覗きまでしまつでつ
ひどい、ひどい、可哀想なつう
これはまさに、搾取と疎外、貨幣と愛の物語なんだお
でも、それはとても謹啓的かつ都市的なラストのような希ガス
○だったら、どんなラストを考えたでつか?
漏れは、しばらくじっくり考えてみたいでつ

塾長、それからスレ住民にもよく考えていただきたいでつ、でつ
では



20 :糞淋病ジーザス・クライスト2世 ◆lKW0OnevWc :2007/11/14(水) 16:57:05 ID:HybYkctS
わしが魔王として君臨したのは他でもない。
我々はのんびり平和に労働価値説がどうのーとかOFW
がどうのーとか逝っているが、マルキシズムが一億人もの
人間を無残に殺したことを忘れてはならぬ。
今回、このスレはマルキシズムの負の部分について考えるスレだ。

21 :糞淋病ジーザス・クライスト2世 ◆lKW0OnevWc :2007/11/14(水) 17:12:39 ID:HybYkctS
まずスターリンと毛沢東だが非常に似通った国民虐殺をしている。
それは農民の必要カロリー以下まで穀物を輸出し、飢餓による
農民虐殺。それと粛清による虐殺だ。
「赤いツアーリ、スターリン、封印された生涯」エドワード・ランスキー
「マオ、誰も知らなかった毛沢東」ユン・チアン、ジョン・ハリディ
「共産主義黒書」が今回のテキストだ。
買うが良い。

22 :糞淋病ジーザス・クライスト2世 ◆lKW0OnevWc :2007/11/14(水) 17:22:52 ID:HybYkctS
なんとスターリンの奴は第三次世界大戦まで用意していたとある。
その直前にまた大粛清をしようとしたために、殺されたらしい。
粛清か、世界大戦かどちらを止めようとして誰かに殺されたと言う
のが「赤いツァーリ」の結論だ。異論もあるだろう。また資本主義
における虐殺負の遺産を方ってもよいぞ失われた十年とかな。

23 :糞淋病ジーザス・クライスト2世 ◆lKW0OnevWc :2007/11/14(水) 17:29:01 ID:HybYkctS
>また資本主義
>における虐殺負の遺産を方ってもよいぞ
>失われた十年とかな。
また資本主義における虐殺、負の遺産を語ってもよいぞ。
失われた十年とかな。
必読書を忘れていた「デトロイト・メタル・シティ」若杉公徳
だ。

24 :糞淋病ジーザス・クライスト2世 ◆lKW0OnevWc :2007/11/14(水) 17:31:22 ID:HybYkctS
またこれらの虐殺を述べてそれでもマルクシズムに価値(一般的な意味n
)があると思ったらそれも述べるが良い。

25 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/14(水) 17:32:06 ID:jfnFncs+
資本主義:失業率10%程度あるけど、再チャレンジの可能性のある社会
社会主義:失業はないけど、政治的抑圧のもと監視下におかれ裁判ナシで殺される可能性のある社会
そのどっちがイイって話でつな、つな

塾長さまの逝っておられるのはー

26 :糞淋病ジーザス・クライスト2世 ◆lKW0OnevWc :2007/11/14(水) 17:35:06 ID:HybYkctS
マルキシズムが正しいな悪魔にも失礼アリだ。

27 :糞淋病ジーザス・クライスト2世 ◆lKW0OnevWc :2007/11/14(水) 17:39:42 ID:HybYkctS
>>25
そういう話も結構だがお前やOFWの脳みそにあるような
上っ面では歴史も経済も語れぬ。まず、アマゾンで、前記
のテキストを買って読むが良い。地獄ではスターリンと、
毛沢東の叫びが聞こえぬ日がない。

28 :糞淋病ジーザス・クライスト2世 ◆lKW0OnevWc :2007/11/14(水) 17:43:44 ID:HybYkctS
>>25
すまぬ読み違えた。そういうことだ。

29 :糞淋病ジーザス・クライスト2世 ◆lKW0OnevWc :2007/11/14(水) 17:45:27 ID:HybYkctS
だがテキストを図書館リクエストでもいいから必ず手に入れろ。


30 :糞淋病ジーザス・クライスト2世 ◆lKW0OnevWc :2007/11/14(水) 17:53:47 ID:HybYkctS
それからナ、ロシアの穀物は当然外国の穀物メジャーが買っているわけだ。
その犯人は穀物メジャー、ルイ・ドレフィスだ。ドレフィス事件で冤罪とされた
もの9度元同じ一族だよ。もちろんユダヤ系。

31 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/14(水) 18:59:09 ID:aT8SnKLP
今さらだが、糞淋病よ、おめーはマジ真性馬鹿だな。
何度も言ってきたが、早く脳天病院に戻れや。

32 :糞淋病ジーザス・クライスト2世 ◆lKW0OnevWc :2007/11/14(水) 19:54:12 ID:HybYkctS
ここが脳天病院だ。お前の様な雑魚は火あぶりにでもなるが良い。
ジミーさんよ。

33 :糞淋病ジーザス・クライスト2世 ◆lKW0OnevWc :2007/11/14(水) 19:56:26 ID:HybYkctS
それともヘーゲルとマルクスのOFWのホモ仲間か?
だったらおめーはなおさら地獄行きだ。
お前の性で100人は殺してる。

34 :糞淋病ジーザス・クライスト2世 ◆lKW0OnevWc :2007/11/14(水) 20:00:25 ID:HybYkctS
今やらなければならなきことは、丸経残党の粛清。主流派に労働者
の経済学を作ること。今3万人は自殺してるがお前のような馬鹿が
殺してるんだ。

35 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/14(水) 20:07:33 ID:vAVb66z5
もしかしてまた発病した?

36 :糞淋病ジーザス・クライスト2世 ◆lKW0OnevWc :2007/11/14(水) 20:19:45 ID:HybYkctS
ハハハ、なおんねんだよ。だから恨んでるじゃないかこんなにも強く。

37 :かつて○だった男:2007/11/14(水) 20:20:07 ID:LPZnTA4G
>>主流派に労働者の経済学を作ること。

主流派だけでなく、経済学、いや広く人文・社会科学全ては特定の集団・勢力に組することはありません。
党派性を帯びてはならない。これが学問というもの。

塾長のやろうとしていることは塾長自らが批判しているスターリンのやったことと同じですぞ。
ベクトルの向きこそ正反対ですが、特定集団の立場に組し、対抗勢力を攻撃するという点では塾長とスターリンは同じアナのムジナというべきもの。

38 :糞淋病ジーザス・クライスト2世 ◆lKW0OnevWc :2007/11/14(水) 20:21:27 ID:HybYkctS
俺は俺のできることをするまでだ。安易にマルクスを振りかざすことがどんなに負い目を
もたらすかこのスレで、俺の知る限り吐き出す。

39 :糞淋病ジーザス・クライスト2世 ◆lKW0OnevWc :2007/11/14(水) 20:24:47 ID:HybYkctS
>>37
特定の集団? 笑わせないでいただこう。
搾取概念もないし、資本も元で、資本家の血縁分析もないし
明らかに現体制の道具だ。搾取階級のな

40 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/14(水) 20:31:12 ID:aT8SnKLP
糞淋病よ、おっと、今や糞梅毒だったかな。
どっちでもいいが、「安易にマルクスを・・・」って
オメーの場合にゃマルクスに食いつぃても食いついても
一行もマルクスを理解できなっかたよな。
そんなオメーが「安易にマルクスを・・・」なんざぁお笑いの
極みだぜ、脳タリン君よ。

41 :糞淋病ジーザス・クライスト2世 ◆lKW0OnevWc :2007/11/14(水) 20:40:21 ID:HybYkctS
>>40
理解してるさ。だからたたく。読書があるので
これにて失礼するが。魔王の俺と雑魚の前じゃ
志や恨みが違うんだ。
それよりお前、脳梅毒とか悪口ばっかりだが
マルクスについては何も語らないな。
自分の立場を語ってみろよ。
出来ねえのか。
悪役スレに引っ付く寄生虫か?

42 :糞淋病ジーザス・クライスト2世 ◆lKW0OnevWc :2007/11/14(水) 20:41:49 ID:HybYkctS
不変資本について語ってみな。出来るかな?

43 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/14(水) 20:45:15 ID:jfnFncs+
塾長、キター
もうちょっと優しく責めて欲しいでつ
今晩の塾長は、少しサディスティックー


44 :かつて○だった男:2007/11/14(水) 20:52:33 ID:LPZnTA4G
>>39
ハハハ、そうですか、では気が済むまでどうぞ。
私もJimmyさん同様、以後スルーさせていただこう。
では、さらば。

45 :糞淋病ジーザス・クライスト2世 ◆lKW0OnevWc :2007/11/14(水) 21:03:32 ID:HybYkctS
>>44
敗北宣言いたみいりまず。

46 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/14(水) 21:53:49 ID:aT8SnKLP
>>41
おやおや、糞梅毒さんはもうちょい観察眼がおありかと思ったが
過大評価だったようだね。
屁にもならない糞梅毒をからかう時以外は、ご存知のコテハンで
カキコしているが。

47 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/14(水) 23:07:20 ID:HybYkctS
俺は不変資本について論じろと命令したはずだ。

48 :糞淋病ジーザス・クライスト2世:2007/11/14(水) 23:08:32 ID:HybYkctS
名前入れ忘れた。

49 :Jimmy:2007/11/15(木) 00:15:38 ID:OWF+SaJJ
飽くまで形態上の話だが、人間の形をした残骸物がどこまで屑になれるか、それを
デモンストレーションするところにこのスレの、唯一にして最大の
馬鹿馬鹿しい意義がある。
QED

50 :(・゜ω゜・) ☆まじめこて☆ ◆rgujENbs.s :2007/11/15(木) 01:10:36 ID:STHtdBu1
いくらいじっても何の進歩もない馬鹿。
やはり総スルーしか対処法はないのだろう。

51 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/15(木) 02:01:57 ID:MSDErKgS
まぁ、ここは異次元経済の世界でつ
塾長の天下だお
ガンガレー

誰かスレ住民は、>>13>>19の疑問についても考えて保水

52 :(・゜ω゜・) ☆まじめこて☆ ◆rgujENbs.s :2007/11/15(木) 02:30:21 ID:STHtdBu1
↑どうでもいい話だね。
ノーコメント。

敢えて答えるならば、ノーコメントとしか言いようが無い。
どうでもいいから。

53 :糞淋病ジーザス・クライスト2世 ◆lKW0OnevWc :2007/11/15(木) 04:40:25 ID:rewC+tg9
具体的でないね。意味不明。この場の空気でだめにしちゃってる
だけに過ぎない。

54 :糞淋病ジーザス・クライスト2世 ◆lKW0OnevWc :2007/11/15(木) 04:42:19 ID:rewC+tg9
具体的でないね。意味不明。この場の空気でだめにしちゃってる
だけに過ぎない。そもそもジミーも人格障害がハッキリしたわけだ。
まじめと同じ。猫とかいじめて人にいたるケース。

55 :糞淋病ジーザス・クライスト2世 ◆lKW0OnevWc :2007/11/15(木) 04:45:21 ID:rewC+tg9
不変資本一つ語れないジミー、人格障害のまじめ、敗北宣言の
かつまるさんと異常者の巣なわけだ。

56 :糞淋病ジーザス・クライスト2世 ◆lKW0OnevWc :2007/11/15(木) 04:48:45 ID:rewC+tg9
敗北宣言もろくに出来ないかつまるさんか。

57 :糞淋病ジーザス・クライスト2世 ◆lKW0OnevWc :2007/11/15(木) 04:51:32 ID:rewC+tg9
俺は別にはんどるなんかの歌リンでもいいんだぜ。
それを何故糞淋病にしたのか。つまりスターリンや
毛沢東をイメージさせたかったからだ。

58 :糞淋病ジーザス・クライスト2世 ◆lKW0OnevWc :2007/11/15(木) 04:55:08 ID:rewC+tg9
まじめにいじられて良くなることなどあるのだろうかまじめ自体
駄目をきわめている人間なのに。

59 :糞淋病ジーザス・クライスト2世 ◆lKW0OnevWc :2007/11/15(木) 04:56:49 ID:rewC+tg9
>>49
俺は本物の障害者手帳まで持ってるよ。そこへいつもその発言
。自分のことを語っていると見ていいな。

60 :糞淋病ジーザス・クライスト2世 ◆lKW0OnevWc :2007/11/15(木) 05:00:27 ID:rewC+tg9
>>44
具体的には答えられず、さっさと逃亡か。
主流派が価値中立ならばそれを示せばいい。
それが出来ないということはやっぱり敗北宣言だな。

61 :糞淋病ジーザス・クライスト2世 ◆lKW0OnevWc :2007/11/15(木) 05:03:44 ID:rewC+tg9
>>51
そりゃ価値の源泉とか言って労働にこだわったのは丸じゃないか
するめイカ

62 :糞淋病ジーザス・クライスト2世 ◆lKW0OnevWc :2007/11/15(木) 05:13:03 ID:rewC+tg9
まあ確かにここは人格障害を生みやすい場所だ。
見知らぬ人間、表現の自由。

63 :糞淋病ジーザス・クライスト2世 ◆lKW0OnevWc :2007/11/15(木) 05:23:05 ID:rewC+tg9
まあ総スルー結構。すると俺の反スタ反毛沢東がつらつらかかれるだけだ。

64 :Jimmy:2007/11/15(木) 05:33:01 ID:KSISFiCK
「一般化された商品搾取定理」において、それぞれの商品が生産過程で生産手段
として「稼働」する時間を、「投入量」に置き換えると物的タームから
「時間ターム」への変換が出来、「一般化された商品『労働』搾取定理
が導出出来る。不変資本の「価値増殖問題」は、ここからの単純な
系論に過ぎない。



65 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/15(木) 05:49:57 ID:QeIhYtiz
皆さん早起きですね。

66 :糞淋病ジーザス・クライスト2世 ◆lKW0OnevWc :2007/11/15(木) 06:55:17 ID:rewC+tg9
ひゃははははは。お前3流だよ。
数学のできん俺がそんなの、つかむかよ。
不変資本の胡散臭さ。
欺瞞はそもそも何故道具を使うのかということに発する。

67 :Jimmy:2007/11/15(木) 08:18:19 ID:FtERPGOo
無論件の「残骸物」に関しては、上記の体系中に占める場所はなく、
単なる廃棄物として、「浄化」「最終解決」するほかない。

68 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/15(木) 12:10:56 ID:oSALN7TR
どうも、ここは臨床室のようですね。スレごと削除依頼だし
ましょうか?

69 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/15(木) 13:00:26 ID:Oh8TVKe0
糞淋病は実に賢い。

書いてていることへの賛否両論(このスレでは圧倒的に否定的な意見が
多いのは否めないが……)はあるだろうが、それは全く問題ではない。

私はこのスレが荒れて、糞淋病が誹謗中傷の的となっていることを、
悲しんでいる。もし、皆さんがこのスレを読んで私のことを
「糞淋病を擁護するキチガイ」などと思うなら、私は次の事を
皆さんに問いたい。「あなた方は、今までこれほど優れた知能をもつ
チンパンジーを見たことがありますか?」と。


70 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/15(木) 13:33:01 ID:MSDErKgS
糞淋病さん、アウト・ブレイクッ!
のんびりガンガレ

>>64
>一般化された商品『労働』搾取定理
労働者に対しては最賃があるからともかく、生産要素である商品(ないし自然)には必要労働時間以下の賃金?しか払ってない可能性があるのというのが○流時間タームの資本主義解釈ってこと?
すなわち、謹啓のロジックだと、自然や環境が必ずしも再生産されないってことでつね
だけど、旧共産圏の国々にもいろいろな環境破壊が存在してたっていうしぃぃ…
誤読だと思いますけど、入門レベルなりに勝手に興奮してますでつ
ジミー先生のお言葉は本当に勉強になりますでつ、でつ

>>52
まじめさん、わざわざコメントありがd
もうちょっと漏れの問題意識なりを練ってみるお

71 :Jimmy:2007/11/15(木) 14:55:56 ID:FtERPGOo
>>70
違う。生産手段の操業時間も必要操業時間と剰余操業時間の区分が成立している、という指摘。

72 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/15(木) 16:19:40 ID:MSDErKgS
>>71
ジミー先生
申し訳ございません
誤読して勝手に興奮してますた
たぶんレベルの高い議論なんで、入門レベルを超えるまで頭の片隅に入れておきまつでつ
時間ターム

73 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/15(木) 16:25:17 ID:MSDErKgS
信念というのか、確信犯というのは怖いでつね
よくも悪くも、、
これを考えると世界は唯心論で動いてるのでつかねー??
塾長の糞淋病みたいなもんだお
塾長ガンガレ、異次元経済学研究に邁進するんだぁぁ↓

スパイの名は「デリマル」 米原爆開発計画、ソ連へ奪取
2007年11月15日12時45分

米国が第2次世界大戦中に原子爆弾を開発した「マンハッタン計画」について、決定的な機密情報をソ連にもたらしたスパイの名前を
ロシアのプーチン大統領が初めて明らかにした。
研究者らは「20世紀のスパイ史に一ページを書き加える新事実」と注目している。 (略)
http://www.asahi.com/international/update/1115/TKY200711140395.html

74 :Jimmy:2007/11/15(木) 17:16:01 ID:KSISFiCK
>>72
そんな難しい議論じゃないよ。
一日8時間稼働する機械があったとして、その8時間で機械自身の
損耗部分以上を生産出来なければ、縮小再生産過程に入ってしまう、
ということを言っているだけ。逆に4時間で生産出来るなら、残りの
4時間はそれを超えて、剰余操業時間となる。ただし労働力と違って、
必要操業時間は技術係数によって客観的一意的に決定されている、
その違いはある。
機械の操業時間で尺度した、純生産可能性のお話しでした。

75 :ば〜か:2007/11/15(木) 18:55:32 ID:FZDSNLX3
糞淋病ジーザス・クライスト2世 ◆lKW0OnevWc 、、、何だこの名前相変わらずのばかだなくろしろー

76 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/15(木) 19:10:24 ID:MSDErKgS
>>74
ジミー先生へ
うーん、てことは、時間タームで地球環境問題を考える場合、
地球環境が危ないってことは地球の再生産ができなくなるってことでつよね
それは時間タームの概念で読み替える、損耗部分すらも生産出来ないので、
地球が縮小再生産過程に陥る可能性があるってことでつ
てことは、その背景には生産要素に必要操業時間に見合う分さえ支払わず、知ってか知らなくてか
搾取してる人間(資本家??)が存在してるってことでつ

謹啓では、外部(不)経済を内部に取り込むことで環境問題の解決を考えてるようでつが、
しょせんは、値付けのできる商品の領域までだお
てことは、○の一般均衡アプローチのほうがより現実を写し出せるのではと思いましたでつ、でつ
入門レベルの知識で、批判を恐れずに言えばー、、


77 :糞淋病ジーザス・クライスト2世:2007/11/15(木) 22:30:24 ID:Xe8Djo+N
あれ、最後の別れはかけたのかな? とにかくドクターストップだよさらばだ。

78 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/16(金) 01:22:30 ID:8G7HBzHl
ここに経済学板からきましたと書き込んでください
よろしく御願いします
http://etc6.2ch.net/test/read.cgi/entrance/1195139029/
              〉iii_
      人     /\ノ  
     (__)  /;;;;/              紳士淑女の社交場 ラウンジ@2ch掲示板
     (__)/;;;;/                      http://etc6.2ch.net/entrance/
    ,.((●));;;;/v─:-,            
    /::::::ノヽV∠::〉,,;;;::::/         lll   Welcome to
   /:::::/、;;;;;;〉;;;;;;!:::::/        .,lll゙`   
   /:::::/ l  ,-、 \_ _      .,lll″   ,,,,,,,,.  lll  iii ;;;iiiii,:  ,,liiilii,i´ ;;;;;;;;;,
  /_/ .L-〈 \_/〉}     .llll   ..,il゙  ..lll ,ll   ill ,lll  ,lll ,il゙`  lll`,illr--゙゙
 r‐',,ノ   (__ノ   (-;;;ノ   : ,lllll,,,,,,,lll"゙!l,,,,,,lll! lll,,,rllll「.lll「 ,lll: .!!l,,,,,,,ll,: '!!l,,,,,,,.
                                     li,,,_,,,,l!l′

79 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/16(金) 02:08:08 ID:9aOZ/B30
思ったでつが、有機的構成の高度化も時間タームで考えると、ハロッド成長論っぽくなりそうでつ
まぁ、入院してから考えればいいや
遠い先の話でつ

80 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/17(土) 02:58:43 ID:wSPki9fr
くろしろーは木村愛○と同じ第五列

81 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/17(土) 09:42:10 ID:EZHqK+fW
どうでもいいけど誰か、マル経の入門的な教科書教えて下さい。
詳しい先輩に宇野弘蔵の「経済原論」薦められたが南海過ぎて
何が何やら・・・・

82 :Jimmy:2007/11/17(土) 10:20:02 ID:wT0MBxsw
伊藤誠 『資本主義経済の理論』岩波書店
 ”  『資本論を読む』 講談社学術文庫

特に岩波の方が、伊藤が色々な市民講座などで使ったテキストを元に
しているから、入門向きだろうね。後者は『資本論』のテクストを辿りながら、
読み解く時に、是非参照して欲しい。

83 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/17(土) 16:18:01 ID:ifYlGe27
>>81
さくっと通して読むには、
「マルクスる?」木暮太一(星雲社)とか?
学術的評価は分かりませんでつが、
字が大きく、価格は千円と安い

伊藤誠先生の「資本主義経済の理論」は、
ブック・オフあたりでじーっと待っていると、
百円コーナーにたまに並んでまつでつ

入門レベルの漏れは必要箇所だけ眺めるだけで、まだ通読してませんでつが、
読み手を意識して作られた貴重な現代○テキストのような希ガス

>>80
>木村愛○
は、検索で分かったでつが、

>第五列
って何お?

まぁ、どうでもイイことでつが、、




84 :Jimmy:2007/11/17(土) 16:21:56 ID:wT0MBxsw
>>83
「第五列」で検索塩。Wikiに記載あり。

85 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/17(土) 16:52:22 ID:ifYlGe27
>>84
調べ方が足りなくて、ジミー先生にお手数をおかけして申し訳ございません
分かりますたでつ

欧州の第三の道なんても、保守ばりばりの石頭たちからすれば第五列かなー、、


86 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/17(土) 16:55:54 ID:ifYlGe27
OPEC、閣僚会議でドル安巡り議論白熱
 石油輸出国機構(OPEC)が16日、サウジアラビアの首都リヤドで開いた関係閣僚会議で、原油取引の決済通貨である米ドル安を巡って加盟国間の議論が白熱した。
核開発問題などで米国と対立するイランやベネズエラはドル安の懸念を首脳会議の宣言案に加えることを主張。一方、OPECの盟主で親米色の強いサウジアラビアはドル急落を招きかねないと強硬に反対した。(略)
http://markets.nikkei.co.jp/kokunai/hot.cfm?id=d2m1700117&date=20071117

87 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/18(日) 01:57:55 ID:nFXJfKO7
P225 (34)実は、マルクス経済学に対する本質的な批判も、生産を主軸とする理論構築に向けられていた。
…すなわち、マルクス経済学にあっては、消費も生産のための投入要素に過ぎない。この点にマルクス
経済学とケインジアンの経済学(ケインズ卿の経済学ということでなくて)がどことなく共鳴しあう
素地があるのかもしれない。

P53 余談ついでであるが、MITの大学院のクラスに…
クラスで社会主義国がなぜだめになったかという議論があったときに、
彼が”THEY CONSUMED TOO MUCH”と、言っていたことを鮮明に覚えている。

88 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/18(日) 02:03:25 ID:nFXJfKO7
>>67
斉藤誠さんの啓蒙書「消費重視のマクロ経済学」より

後段のMITの学生はまったく分かってないんじゃまいか
と、漏れは思いまつでつ
頭は物凄くいいんだろうでつけど、、

まぁ、ライス長官が授業を受け持った日には、ムチで百叩きにするでつ、でつ
OH PLEASE DOMINATE ME HA HA!

89 :Jimmy:2007/11/18(日) 21:48:57 ID:gv1vXath
「魔王」がドクターストップ喰らったスレはここでつか?

90 :(・゜ω゜・) ☆まじめこて☆ ◆rgujENbs.s :2007/11/18(日) 23:35:11 ID:/SOlJw2z
そうでつ(・゜ω゜・)

91 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/19(月) 13:23:03 ID:QJU8AJOA
OFWって本当にOld Fucked Womanの略なんでつか?

92 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/19(月) 13:23:46 ID:QJU8AJOA
OFWって本当にOld Fucked Womanの略なんでつか?

93 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/19(月) 15:44:11 ID:h31545Yt
OFWって本当にOld Fucked Womanの略なんでつか、つか?




94 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/19(月) 15:45:20 ID:h31545Yt
塾長は、逝きてまつか??

95 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/20(火) 01:53:26 ID:npcAeL8w
ただ今、訃報が入りました。お亡くなりになったとのことです。享年・・・
涙で書けません。

96 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/20(火) 03:29:09 ID:M0CZqkcz
ヒルベルト・プログラムならぬマルクス・プログラム進行中

ゲーデルは例え不完全性定理があろうと時代はヒルベルトの方向に進むと言った。マルクスも同じでは?

97 :(・゜ω゜・) ☆まじめこて☆ ◆rgujENbs.s :2007/11/20(火) 07:48:49 ID:H3/GZZVd
冗談きつい。

散々「マルクスは何も具体的なビジョンを示さなかった」としておきながら、
今度は手のひら返して「時代はマルクスの方向に進む」だって?




寝ぼけるな白痴野郎。

98 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/20(火) 08:25:25 ID:7n3Ict+D
>>91
過去ログで見たらOld Fashioned Wellだって。

99 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/20(火) 09:59:18 ID:4a9Ty766
ただ今、訃報が入りました。まじめこてことニートがお亡くなりになったとのことです。
死因は轢殺。腐臭が漂っていたとのこと。
お悔やみ申し上げます。



100 :(・゜ω゜・) ☆まじめこて☆ ◆rgujENbs.s :2007/11/20(火) 12:41:12 ID:H3/GZZVd
あらあら。
何の反論も出来なくなっちゃって。

かわいいやつだw

101 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/20(火) 15:28:10 ID:uYdV7kS8
>>96
これなんてどうでつか?
今、いちごにあったけどー

132: 名無しさんの冒険  2007/11/20(Tue) 12:30
賃金、低迷脱出見えず・単位労働コスト、日銀が判断下げ

 緩やかな景気回復が続くなか、賃金がなかなか上がらない状態が続いている。
世界的な競争に直面する企業が人件費抑制を続けているうえ、中小企業を中心に原油高で収益が厳しくなっているためだ。
日銀は2008年度までの経済見通しで、賃金面から物価動向をみた「単位労働コスト」について判断を下方修正。
中小企業を含む全産業ベースの今冬のボーナスは昨年よりも厳しい予想となっている。

 厚生労働省の毎月勤労統計では、9月の1人あたり平均の現金給与は27万3008円で前年同月比0.6%減。
現金給与は06年12月から8カ月連続マイナスとなった後、8月にはいったん0.6%増とプラスに転じたが9月には再びマイナス圏に戻った。
雇用者数の増加で、賃金総額は増えているものの、1人当たり賃金は弱含む状況が続いている。

http://www.nikkei.co.jp/news/keizai/20071120AT2C1903K19112007.html
 
133: 名無しさんの冒険  2007/11/20(Tue) 12:37
インフレではなく「単位労働コスト」をターゲットにしたら良いんでないかい?

102 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/20(火) 15:29:47 ID:uYdV7kS8
>>101
金融政策も労働価値説風に、労タゲwww

103 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/20(火) 17:29:51 ID:Tq+FE+/M
ただ今、訃報が入りました。まじめこてことニートがお亡くなりになったとのことです。
死因は轢殺。腐臭が漂っていたとのこと。
お悔やみ申し上げます。


104 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/20(火) 17:31:47 ID:Tq+FE+/M
さあ、ニート祭りだ

105 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/21(水) 01:51:22 ID:3cRCWtnm
みんな、どこに逝ったでつかー

106 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/21(水) 01:58:43 ID:xzuog+Zp
>>97
冗談おっしゃる。まじめこてさん、公理ですよ。反論なさりたいのなら体系的に反論しなさい。

107 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/21(水) 02:14:09 ID:xnadV5ok
院試もネットに頼る難民に口なし。哲学板の決定論スレも宜しく。

108 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/21(水) 03:20:10 ID:7XTTbxXR
-----------------------------------------------------------------
1949年 東トルキスタン侵略、占領(ウイグル大虐殺)、民族浄化継続中
1950年 大躍進、文化大革命3000万人大虐殺開始
1950年 朝鮮戦争参戦
1951年 チベット侵略、占領(チベット大虐殺)、民族浄化継続中
1959年 インド侵略(中印戦争)アクサイチン地方を占領
1969年 珍宝島領有権問題でソ連と武力衝突
1973年 中国軍艦が佐渡島に接近、ミサイル試射
1974年 ベトナム、パラセル諸島(西沙諸島)を軍事侵略、占領
1976年 カンボジア、クメール・ルージュによる大虐殺を強力支援
1979年 ベトナム侵略(中越戦争)、中国が懲罰戦争と表明
1988年 スプラトリー諸島(南沙諸島)を軍事侵略、占領
1989年 天安門事件
1992年 南沙諸島と西沙諸島の全てが中国領土と宣言
1995年 フィリピンのミスチーフ環礁を軍事侵略、占領
1996年 台湾総統選挙恫喝、台湾沖にミサイル攻撃
1997年 フィリピンのスカーボロ環礁の領有を宣言
1997年 日本の尖閣諸島の領有を宣言
2003年 スーダンのダルフール大虐殺を強力支援
2005年 日本EEZ内のガス資源を盗掘
-----------------------------------------------------------------

2007年現在でも、非漢族に対する大虐殺、婦女子を強制連行・中絶・不妊手術、
まさしく民族浄化を継続中である。

記録に残ってるだけでもこれだけあるのに、
「中国は歴史上、他国を侵略したり、他国の領土で殺人・放火をしたことはない」
が政府の声明。

侵略と虐殺の限りを尽くすナチより凶悪・残虐な中国共産党。
そんな奴らにシンパシーを感じる馬鹿サヨ連中はキチガイとしか言いようがない。

109 :(・゜ω゜・) ☆まじめこて☆ ◆rgujENbs.s :2007/11/21(水) 18:46:51 ID:04OGP6Ex
>>106
おいおいそれで釣ろうってか?w
どんなレス乞食だよお前は?w

いいけどさ、いったいどこがどう公理になってんだ?w
何の証明もなく公理とか言い出しちゃって、ギャグにも程があんだろ。

110 :かつて○だった男:2007/11/21(水) 19:05:16 ID:ZVToJRKR
>>106
公理は証明できない。あなたは論理学が全くわかっていないね。

>何の証明もなく公理とか言い出しちゃって、

公理に証明は不要だから、「正しいものは正しいんだ」と信仰告白をしているのだろうね。

111 :(・゜ω゜・) ☆まじめこて☆ ◆rgujENbs.s :2007/11/21(水) 19:43:40 ID:04OGP6Ex
あ、お恥ずかしながらワタクシ、公理と定理を勘違いいたしましたw

役所勤め始めて勉強から遠ざかったらもうこれですか・・・。
馬鹿になっていく自分がいやズラTT


それが公理ならば何の反論の余地もない罠。
それが前提で全ての話が進められるわけだから。
そりゃあ全てはマルクスの方向に向かっているんでしょうなぁ。
よかったですなぁ。

112 :(・゜ω゜・) ☆まじめこて☆ ◆rgujENbs.s :2007/11/21(水) 21:59:54 ID:04OGP6Ex
つか、宗教なんぞはどうでもいい。
iPS細胞作成成功のニュースが何よりも重要。
国もマスゴミもノーリアクションなのが笑えるが。

113 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/22(木) 02:32:55 ID:rC/Jyb3I
公理を緩めて仮定命題にするか、まったく新しい公理を導入してみればイイでつ
で、どの公理系がより現実を説明できるかで、理論としての有用性が分かるでつ
まぁ、実証の世界かなー

かつ○先生の言ってた、フリードマンの話などが参考になるような希ガス

114 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/22(木) 03:19:18 ID:rC/Jyb3I
江戸時代の数学者・関孝和、菩提寺の過去帳調査(03:00)
http://www.asahi.com/


115 :(・゜ω゜・) ☆まじめこて☆ ◆rgujENbs.s :2007/11/22(木) 07:23:37 ID:MQduu07N
公理も結構なんだけどさ、
「マルクスは何も具体的なビジョンを示さなかった」のに、
「時代はマルクスの方向に進む」だよ?

どんだけ「公理系」が必要なわけよ?
テメーに都合のいい結論を出すためにはwwwwwww

116 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/22(木) 12:38:27 ID:rC/Jyb3I
>>115
うーん、○を学習中の身としては、難しいでつ
ビジョンを示すことはなかったけど、唯物史観の法則だけは示したってことでつかねー
だから、○の公理系を理解して、法則をもとに演繹していけば、時代は○の方向に進むってこと??

それから、まじめさんの役所勤めオメ
将来は鬼の○撲滅担当でつかね
あのマルクスを追いかけまわしたという、ナントカ警部?みたいに塾長と役所リアル対決をぎぼん

117 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/22(木) 23:43:51 ID:G6Vmkpr8
おっしゃーーーーーーーーーーーー!!!!!!!!!
左翼活動開始!!!!!!!!!!!!!
国家を揚棄しようぜ。
くろしろは国家公務員として内部から国家を揚棄するよう働きかけてくれ。

118 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/22(木) 23:50:38 ID:G6Vmkpr8
>>115
ビジョンを示さなかったってことはない。
あるビジョンを否定し、ある考え方を否定し、・・・で残るのがマルクスのビジョンだ。
人が理解できるのは、いちど考えたことか、考えうることに過ぎない。
時代は変わる。時は来る。

119 :かつて○だった男:2007/11/23(金) 01:44:46 ID:CPeCj8FA
>>118
時代は変わる?時は来る?
甘いな。そんな抽象的な文言、耳に心地よく響くだけの文言。
そんな言葉の羅列に酔う住民はこのスレにはいないのよw。
マルクスのビジョンとは何か?
それを具体的に語れない限り、意味はないのだ。

120 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/23(金) 01:57:08 ID:tgLao4Jq
嵐の前触れでつ、これは嵐の前触れでつ、、

121 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/23(金) 02:06:41 ID:tgLao4Jq
現存する共産主義国家は5つです
その中で、ベトナムが一番開放的でつ
一党独裁の国でつが、集団指導体制を採用してまつし、
政治局内で派閥争いもないので、政治的に安定してまつ
国民も大乗仏教を信心してまつから、
日本人と気が合いまつ
ちなみに、ベトナムの金族は中国の漢族と違って、
お尻に蒙古班がありまつ

今日、勉強したことでつwww

122 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/23(金) 13:42:21 ID:tgLao4Jq
誰もいないでつ、嵐は来なかったでつ
休日だから仕方ない罠www

123 :(・゜ω゜・) ☆まじめこて☆ ◆rgujENbs.s :2007/11/24(土) 11:45:48 ID:5quMCHNT
【中国】上海・深セン株式相場が急落、香港へも波及[11/23]
http://news21.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1195824282/81


>81 名前: [] 投稿日:2007/11/23(金) 23:41:13 ID:dXvYr6E5
>環境経済学を専攻してたんだが、公害とか砂漠化、
>水資源の枯渇を環境経済学で「外部不経済」と言うわけね。

>で、この問題に対策を打たずに経済を発展させても、
>結局、どこかでこの「外部不経済」が蓄積していき、
>どこかで経済発展を妨害させる要因として飛び出してくる。

>通常、対策をとらない経済では、この「外部不経済」はGDPの
>2割を占めるといわれているわけで、中国の公表GDPから2割
>をマイナスした値が正しいGDPとなります。

>さらにこの外部不経済を長年放置した場合は、この割合が高く
>なっていくから、どこかで「GDP=外部不経済」になる。



・・・・こういうレス見るたびにリアルで殴りたくなりますな。

124 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/24(土) 13:18:32 ID:IAEBIlDm
>>123
>リアルで殴りたくなりますな
えっ、なんででつかと、書き散らして外出するでつ

125 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/25(日) 04:52:35 ID:n8NZSbEW
しろくろを見ると昔の俺を思い出すな 不変資本について考えろ。何故原材料や機械の投入と支出がぴったり同じなのか?鍵はそこだ。



126 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/25(日) 05:18:12 ID:n8NZSbEW
石炭は同値としよう。なら溶鉱炉は不変資本じゃないでつか? 耐久性は永久でつか?

127 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/25(日) 05:43:10 ID:n8NZSbEW
溶鉱炉をかきまわせます。人間労働は溶けてしまいます。鉄棒だとこうかありですね。不変資本があるから価値ができるんですな

128 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/25(日) 11:05:22 ID:+OSoxFvw
不変資本って、フローの生産関係そのものじゃまいかー??
確かに、それは投入された価値を単純に写し出しまつですが、それは死んだ労働の魂の働きと生きた労働の働きによる協業でつ
で、生きた労働には、労働者による労働と企業管理者による労働が入っているでつ
そして、それが死んだ労働の魂の価値をも決める倒錯した関係にあるでつ
てーことは、ご先祖さまである死んだ労働は子孫である生きた労働によって祭り上げられ、かつ支配されるとも言えるでつ???
つまり、祭りあげられることで、子孫の価値も上がるんですなー、南無南無

バランス・シートの右が価値で、左が使用価値???




129 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/25(日) 11:27:08 ID:+OSoxFvw
私のお墓の前で、泣かないでくださいー
そこに私はいません、入ってなんかいません
死んだ労働、不変資本の世界ですなー
きっと糸色文寸 の ネ申 はいないんでつね
今日はさえてる、ムフフ…

130 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/25(日) 15:53:28 ID:UhehRyoC
そもそもお金は必要ない。
生産物を分け合う配給券や商品券でよい。
一年間で生産できる量をできる限り最大限にして、
その生産物を分け合えるように、有効期限付きの配給券を発行し、
配給券をお金類似のものにして、労働力を雇えば不況は起きない。

1900年代に比べ、30%の労働力で国家の生産は賄えるようになった。
それは機械の発達による。ワークシェアすれば、週休5日だって
可能な、国力が日本にはある。一億総セレブ化だって可能。
共産主義か資本主義か知らんが、これが次世代の考え方。

131 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/25(日) 18:20:49 ID:YeSR1V4X
シロクロー君は解けた右腕を左腕に変えて、
剰余価値の生産ですか。w
でも溶けてゼロ。
単刀直入にいいましょう。不変資本でも、剰余価値は発生します。
そんなの古典○の時代に気付けよ。
生きた労働って何?
労働日の設定しだいで、いくらでも生きた労働だよ。
死んだ労働って何? 石炭が何で死んだ労働なの?
掘り出したから? でも掘り出したカロりーと燃やしたカロリー
は石炭の方が高いから石炭使うんだろ? 剰余価値だしまくりじゃん。
然るにこれら全て売れることを100%前提としての話。
命がけの飛躍はどこへ行ったの?


132 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/25(日) 18:32:12 ID:YeSR1V4X
そもそも道具を使い始めた時点で、労働価値説は意味なしです。
人間以上の労働をするから、道具を使う。そこには需要は当然あり、
石器時代から労働価値説は役立たずだな。

133 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/25(日) 18:36:57 ID:n3xXF3mB
ダメだ・・・もう我慢の限界・・・なにこの糞スレ・・・・

もうね、金融工学を学んでる自分からすると馬鹿馬鹿しくて観てられないのね・・・
高卒とか文系の人は楽しめるかも知れないけど、自分は無理っすわ・・・

っつーことで落ちるわw あとは高卒&文系の諸君で楽しんでくれやノシ


134 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/25(日) 18:41:55 ID:YeSR1V4X
いやいや違いますず。あなたは大変な問題に気がついたのです。
文系が数学を必修せずに経済学を学べる。このシステムが腐って
ることを露呈したのです。

135 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/25(日) 18:49:08 ID:YeSR1V4X
思うに、教科書問題とは先祖の誇りがどうのとかより、こういった不条理な
連携があることのほうが重要です。数学・英語・近代史の基礎教養なくして
経済学の理解もありますまい。しかし私は、日本史・国語・英語で、
応用経済学科に入りましたな。これが以上なのです。私もひどいスチューデン
ト・アパシー(無気力)に陥りましたな。名にやってるのかわかりゃしない。


136 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/25(日) 18:59:06 ID:GVXENF+M
>>132
マルクス分かってねーな
労働に価値があるかは問題じゃない
あたかも労働に価値があるごとくに商品交換してしまうってことだろ
価値というものはそういうものだし

137 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/25(日) 19:02:10 ID:YeSR1V4X
しかしこの教科書をやればこの学問や、この職業につながる
という連携の全体図の不在が、教科書問題の最も重要なとこ
ろでありますし、団塊の世代のとき不変資本の問題でマルクス
は破れ、主流派もソ連崩壊で棚ぼたを拾うのではなく、自ら
搾取、資本、血縁に対する独自の立場を立てればよかったのです
がそういう人はあまりいませんな。

138 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/25(日) 19:06:44 ID:YeSR1V4X
>>136
はっきりいおう。私はマルクスより頭が良い。
それはその分歴史的に、後に生まれたからです。
そうやってすぐごまかすのがあなたのような頭の悪い人。

139 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/25(日) 19:12:05 ID:GVXENF+M
>>138
後に生まれたから頭いい、とか調子こいたこと言ってないで、金融工学でマルクスをやるくらいやってみろよ。

140 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/25(日) 19:12:24 ID:YeSR1V4X
まあ私はこのスレでまだマルクスにかぶれているものの淘汰
と人生の意義を説こうとこう粘っているわけです。

141 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/25(日) 19:36:26 ID:YeSR1V4X
>>138
まず、金融工学ということが私の専門ではありませんし、
その必要性もありません。私はただ労働条件が悪いー>マルクス主義
という条件反射を壊すためにここいます。20時までですが。

142 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/25(日) 19:43:47 ID:YeSR1V4X
人生の意義は要するに種煮の保存、またはそれに訳たつにこしたことはないですな。
しかし空白の自分を感じる程度でしょうな。

143 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/25(日) 19:50:47 ID:YeSR1V4X
種族ですな。これがなかなか難しい。
スターリンと毛沢東には共通点がありますな。
まず、工業化、核開発のためなら、農民の生存カロリー以上の農作物
を奪って犠牲にする。
大粛清、内部破壊をまるで恐れない。
これでロシアでは2000万、中国では6500万程度の人間が死んだそうです。

144 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/25(日) 19:56:02 ID:YeSR1V4X
まあ一つ言えば、マルクスの予想とまったく反対の国で成り立ったこと
これは考えるべきがありますな。まずロシア、ここでは要するに政府ががたがたですな。
中国もそう。先進国はきっちりしてますからな。

145 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/25(日) 19:59:11 ID:YeSR1V4X
じゃあ時間が来たので去りますか。

146 :(・゜ω゜・) ☆まじめこて☆ ◆rgujENbs.s :2007/11/25(日) 21:12:20 ID:Ttubt4sJ
>>124
技術的外部不経済がGDPと同じ値になることに何の意味もない。
生産物が消えるわけでもない。
利潤が消えるわけでもない。
ただ公害に対する損失の評価額がGDPと同じになったと言うだけ。

細かいことを言い出せば他にもあるが、肝はこれ。
あほくさい。

147 :(・゜ω゜・) ☆まじめこて☆ ◆rgujENbs.s :2007/11/25(日) 21:59:13 ID:Ttubt4sJ
【日韓】 交流再開、反省なき鳥取県の工作にひっかかった江原道〜独島本部論評[11/22]
http://news21.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1195986398/

朝鮮人って筋金入りの基地外だよな。
毎度毎度どうやったらこんな糞文がひり出せるんだろうか?
感心するわ。

148 :(・゜ω゜・) ☆まじめこて☆ ◆rgujENbs.s :2007/11/26(月) 00:19:46 ID:9nMoKxHR
【オランダ】「(ポーランド人たちは)釣った魚を食べるなんて!」…釣りをめぐってオランダで文化摩擦★2
http://news22.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1195862241/

と思ったらオランダ人の脳みそも腐ってンな。
世界中クソシローレベルのカスで満ち溢れてるわ。

149 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/26(月) 00:34:54 ID:8WvDiI1p
ふ、アメリカを相手にしないお前の頭の方がいかれてるわ。

150 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/26(月) 00:44:58 ID:8WvDiI1p
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%97%E3%83%A9%E3%82%B6%E5%90%88%E6%84%8F

151 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/26(月) 00:49:34 ID:8WvDiI1p
しかしどこのスレにも居つけずこのスレしか帰るところがない
元キャリア。

152 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/26(月) 00:55:09 ID:8WvDiI1p
反韓とか反中国ってやつは自分のみじめな状況を勝てそうなよわっちい
相手で必死で笑っちゃうね。

153 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/26(月) 01:16:56 ID:8WvDiI1p
ああ世代か。こいつらに本の黄金期知らないんだ。

154 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/26(月) 02:52:45 ID:mlNSFtzT
>>146
まじめさんへ
でもさ、外部不経済で被った人的損害はお金だけで解決できないお
それは、価格表示以外の世界だから、、

155 :(・゜ω゜・) ☆まじめこて☆ ◆rgujENbs.s :2007/11/26(月) 07:55:36 ID:9nMoKxHR
>>154
その通り。
糞支那がばら撒く公害によって俺が蒙っている精神的被害は、
毎年数百兆円に及んでいます。
実はGDPの値なんかとっくに超えてるしね。

156 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/26(月) 11:27:24 ID:RsP6+a3F
中野太郎類似事案発生
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20071126i301.htm

157 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/26(月) 11:53:33 ID:8WvDiI1p
>>155
デモなんでアンチ・アメリカには行かないの?

158 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/26(月) 11:59:42 ID:8WvDiI1p
>>156
馬鹿。中野太郎はやくざの大親分にもいるんだぞ。
新潟の石油王は中野家だし。

159 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/26(月) 12:26:52 ID:mlNSFtzT
【1:751】 【社会】 「エスカレーター、歩かないで」 名古屋や横浜の地下鉄など…「歩く人のため、関東は右空け・関西左空けルール」は思い込み?
beチェック
1 :☆ばぐ太☆ ◆JSGFLSFOXQ @☆ばく太☆φ ★:2007/11/26(月) 11:09:08 ID:???0
・「エスカレーターでは歩かないでください」。横浜市営地下鉄は今秋から、全32駅構内に
 設置されたエスカレーターの乗り口にこんなポスターを掲示した。昇降客のために関東は
 右空け、関西は左空けがルールと思い込んでいる人も多いが、国土交通省によると、
 エスカレーターの構造はもともと、利用者が歩くことを想定していないという。 (抜粋)
 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071126-00000023-mai-soci


160 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/26(月) 14:24:55 ID:S0ZqufQy
 【】医学部や司法試験よりはるかに難しい最難関試験である国家T種試験【】

    ★☆★☆  真のエリートを輩出する実力校はここだ  ☆★☆★
 
  07年度国家公務員1種試験合格者 私立大学別(10人以上合格)          

           
          早稲田大   85   さすがは早稲田の一言に尽きる      
          慶応義塾   72   さすがは慶応の一言に尽きる      
          中央大学   35   さすがは資格試験でも早慶に次ぐ実績を誇る中央     
          東京理科   32   さすがは理系私大NO,1の王者の風格      
          立命館大   31   さすがは関西私大NO,1の実力を披露   
          法政大学   13   さすがは東京六大学の実力校   
          上智大学   10   さすがは早慶上と並び評されるエリート校 

161 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/26(月) 15:58:32 ID:mlNSFtzT
>>133
金融工学って何が楽しいのでつか?
○経は、人間社会のあるべき姿の一類型を探求してるような気がしておもしろいんだけど、、
まぁ、○はまだよく分かんないけど(><)

162 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/26(月) 16:06:48 ID:mlNSFtzT
【論説】 「“ザ・アール”奥谷禮子社長を見て“裸の王様”を思い出す…派遣する側とされる側、溝は深くて大きい」…評論家
http://sankei.jp.msn.com/culture/academic/071125/acd0711250255001-n1.htm

・【残業代ゼロ】「過労死は、自己管理の問題」「祝日も労基署もいらない」「格差なんて甘え」…派遣の「ザ・アール」奥谷禮子社長

【美しい国】奥谷社長の「ザ・アール」、日本郵政公社の仕事を四年間で七億円近く受注 2007年3月18日(日)「しんぶん赤旗」
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik07/2007-03-18/2007031815_01_0.html



163 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/26(月) 16:36:55 ID:Zfs73uNY
まあ、マル経は人類的詐欺。それはここでつぶす。搾取や資本や血縁の分析のできない主流派はブログでつぶしてくれるわ。

164 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/26(月) 16:39:30 ID:Zfs73uNY
日本共産党といういまだにマル経のおかげでいまも過労死がとまらない。

165 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/26(月) 16:50:41 ID:Zfs73uNY
韓国のくだらない精神攻撃にひっかかる前にかつて第二の経済大国をこんなにしたアメリカを問題にすべきだね。

166 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/26(月) 16:58:33 ID:mlNSFtzT
釣り人たちの笑顔にこの国の豊かさをみた
ニュージーランド人と親しくなろうとしたら、釣りの話をすればいい。そういってもおかしくないくらい、この国では釣りが盛んだ。
(略)

マスは、乱獲を防ぐために愛好家組織によって厳重に管理されているため、レストランやスーパーに出されることがない。
食べたいと思ったら、自分で釣るしかないのである。
http://www.asahi.com/ad/clients/nz/thn/gre2.html

価格だけでは解決できない価値がある

167 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/27(火) 01:00:45 ID:ez2QBOKv
まじめ君のカスレスの精神被害は韓国が全部肩代わりしているみたいです。
私は親韓ですな。やくざの中にはない日が多いとされるが、彼らがいるお
かげで風俗がありますからな。島くらいやったら? 第二の経済大国だった
時代にはそんなもんカスだよ。

168 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/27(火) 01:03:11 ID:ez2QBOKv
ない日ー>在日

169 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/27(火) 01:11:46 ID:ez2QBOKv
まじめ君ー>みじめ君

170 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/27(火) 01:26:46 ID:ez2QBOKv
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9A%B4%E5%8A%9B%E5%9B%A3

171 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/27(火) 01:54:48 ID:rmI+0tbm
昔、在日の女から聞いたが、高校入学の書類提出の時に、自分だけ住民票の色が黄色とかで違うことに気が付いたらすい
で、親に聞いて在日だということが分かったとか、、
家がパチ屋とかカラオケ屋と手広く商売やってたから、金持ちらしくあっけらかんと語っていたが、
多感な年頃だったろうから、きっとショックだったんじゃまいかー

かわいい子だっただけに、漏れは涙で目がうるうるさせながら話を聞きますた


172 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/27(火) 01:59:00 ID:oGKgsn54
ホワイトカラーエグゼブションより恐ろしい「労働契約法」】

先日、衆議院を通過した「労働契約法」は使用者側が自由に決められる就業規則を
「労働契約」と見なすというものです。
「合理的」な理由があれば,使用者側が就業規則=労働契約を簡単に変更できるので
例えば
≪会社の収益が悪化したときに,株主配当を維持するために賃金をカットする≫
というような今までは考えられないようなことが
≪株主様の会社なのだから,株主様の利益を優先するのが当然で「合理的」である≫
という理屈で強行できてしまいます。
また、就業規則=労基法になるから、今まで労基法を根拠に守られてきた労働者の
権利が全部剥奪される恐れすらあります。
「労働契約法」が成立すれば、すべての労働者は正規・非正規関係なく。
使用者の奴隷として、低賃金・長時間労働させられ、
一般庶民の生活は滅茶苦茶どころか壊滅的になるでしょう。
しかし、今、この法律が民主協力の下、今国会会期中に成立する見通しです。
こんなのありえない!絶対反対!
ソース
http://www.hokkaido-np.co.jp/news/politics/60752.html
http://www.business-i.jp/news/for-page/naruhodo/200711170007o.nwc
ホワイトカラーエグゼプション復活【衆院通過】既婚女性板
http://human7.2ch.net/test/read.cgi/ms/1195799042/
このことを、あなたの友人知人家族に話したり、他の板にスレを立てたり、プログで情報発信して広めてください。
時間がない!!

173 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/27(火) 05:12:59 ID:ez2QBOKv
おせえよおめえ。衆議院とおちゃったものひっくりかえらねえよ。
抗議の焼身自殺でもしてみねーと。ノーインパクトだよ。

174 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/27(火) 05:19:19 ID:ez2QBOKv
まあ、とおまあリだが、○撲滅、主流派に搾取、資本、血縁をやらせてブレーン
を作ることだな。

175 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/27(火) 05:29:49 ID:ez2QBOKv
それで経済学は近代史、数学、英語を受験の必修にすることだ。
国語、日本史、英語では猿しか出来ん。
こういう学問や実業への連関のマッチングがよく分かる副読本を教科書
につけることだな。

176 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/27(火) 05:36:34 ID:ez2QBOKv
後は文化的な地方分権だな公共投資でも公務員バンドとか公務員漫画家とか
育成した方が道路作るよりまともだと思うよ。

177 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/27(火) 05:51:15 ID:ez2QBOKv
ああ後、健康オタクを増やすことだよ。
まず名前は忘れたけど筋トレとして、アイソメトリックトレーニング
だっけ? 筋肉を10秒緊張させて、筋繊維を破壊して筋肉の膨張
を計るやつ。アレを子供のうちから、癖にすべきだな。
健康オタクは労働環境が健康に悪いと不満分子になるから、
要チェックだよ。

178 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/27(火) 05:56:48 ID:ez2QBOKv
後は産学共同で不健康な労働を減らして、健康な労働で生きていける社会の研究
だな。

179 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/27(火) 05:59:48 ID:ez2QBOKv
嗜好も大切だな。産学共同で、好きで、健康的8名労働を研究するしかあるまい。

180 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/27(火) 09:41:40 ID:ISKKhpXg
あと労働時間短縮がなったら仕事として 政治労働組合活動する事。その上で世代税によりその時の政治の失敗があったら世代に課税する。

181 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/27(火) 09:54:54 ID:ISKKhpXg
あと軍事大臣現役武官制を悪用したもの。政府の不拡大政策を無視したものは賊軍。慰安所問題は業者の監督責任。朝鮮併合、中国における軍事作戦は侵略。稚拙な戦略は軍法会議。

182 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/27(火) 09:59:39 ID:ISKKhpXg
米国対立のさいは3国同盟の破棄。米国に支援。

183 :(・゜ω゜・) ☆まじめこて☆ ◆rgujENbs.s :2007/11/27(火) 12:32:30 ID:k5mIjQvE
相も変わらず幼稚園レベルのマスカキばっか。
ホント進歩がねーな。

184 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/27(火) 15:39:29 ID:rmI+0tbm
ダライ・ラマの会談中止 ローマ法王
 【ローマ26日共同】イタリアのレプブリカ紙は26日、12月に予定されていたチベット仏教最高指導者ダライ・ラマ14世と、ローマ法王との会談が中国政府の圧力で中止になったと報じた。法王庁報道官は同紙に「会談の予定はない」と述べた。
http://www.sanyo.oni.co.jp/newsk/2007/11/26/20071126010007021.html

185 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/27(火) 22:08:21 ID:ez2QBOKv
くくく、お前は退歩してるけどな。
落ちぶれネットウヨみじめちゃん

186 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/27(火) 22:48:56 ID:ez2QBOKv
みじめは何故嫌韓で、反アメリカじゃないのか説明せよ。

187 :(・゜ω゜・) ☆まじめこて☆ ◆rgujENbs.s :2007/11/27(火) 23:37:26 ID:k5mIjQvE
あほ?

理由なんかわかりきった話じゃん。
アメリカ叩いたところで何の利益もないから。
第3次世界大戦でもやりたいんなら別だろうけど、
俺はそんなもんに何の利益も見出さないから。

まぁ落ちぶれと言えば落ちぶれかもな。
第一志望官庁にはいけず毎日下らん雑用三昧。
一族ぶっちぎりの低学歴低収入だしな。

ま、それでもくそしろー大先生よりはましですがw

188 :(・゜ω゜・) ☆まじめこて☆ ◆rgujENbs.s :2007/11/27(火) 23:47:23 ID:k5mIjQvE
【野球】 韓国系に化けた稲尾和久投手〜実体は「作る会」支援する極右主義者[11/26]
http://news21.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1196174646/

朝鮮人きも杉。
勝手に稲尾を在日認定しては今度は極右認定して叩き出してるし。

完全に精神病だね。

189 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/28(水) 18:06:20 ID:tT46bQGu
アホはお前だ。第3次世界大戦は笑えるが実生活レベルで害があるのにブレーンがない現状が異常。お前は結局、試験しかできない男なんだな。

190 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/28(水) 18:15:26 ID:tT46bQGu
まあ、俺も鉄壁の公務員ディフェンス。しかも妹がセレブゲットで(旧財閥系社長の息子)磐石ですわい。

191 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/28(水) 18:21:58 ID:tT46bQGu
だから資本の究明は日本ナショナリズム的にも重要。

192 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/28(水) 18:26:54 ID:V+f4m94F
塾長もとうとう資本家階級入りですな、トリクル・ダウンのお恵みをーー

193 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/28(水) 18:42:22 ID:tT46bQGu
使われ社長だから、資本家まではいかないが。と言うよりきみも主流派で資本分析、血縁分析出来んとバブルや失われた10年を繰返しかねん愚を認識したまえ。みじめのはやつあたりだよ。

194 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/28(水) 18:49:35 ID:tT46bQGu
何よりも血縁分析が広瀬の独占市場の結果、おわってしまうのがいたい。主流派資本分析と実際の血縁分析を日本の学会のスタンダードにせねば。

195 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/28(水) 19:04:23 ID:tT46bQGu
まあなんというか財閥解体で日本は財閥ではなく企業グループであった。資金運用は欧米型の株ではなく銀行融資。担保が土地と株だった。これがプラザ合意で内需拡大を押し付けられたとき膨張したのがバブル。破裂させたのはアメリカのブレーディ財務長官。

196 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/28(水) 19:08:58 ID:tT46bQGu
逆に資本を分析すると資本の発生がみえる。マルは時代遅れで使えん。

197 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/28(水) 19:14:36 ID:V+f4m94F
【国際】 「日本は円の価値を見直すべき」とサルコジ仏大統領
1 :ランボルギーニちゃんφ ★:2007/11/28(水) 13:50:54 ID:???0

▽日本は円の価値を見直すべき=サルコジ仏大統領
http://jp.reuters.com/article/mostViewedNews/idJPJAPAN-29073420071127

 [上海 27日 ロイター] 中国訪問中のフランスのサルコジ大統領は27日、
米国に対して財政赤字および経常赤字の削減を求めるとともに、日本に対して
円の価値の見直しを要請し、外国為替の不均衡を是正するための共同行動を呼び掛けた。

198 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/28(水) 19:18:58 ID:tT46bQGu
まあバブル期に放漫経営せず地方に文化を作ってみればいいんじゃなかろうか。 しかしそれなりに階級差がありながらも、企業グループであるから義父もそれほどセレブではない。

199 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/28(水) 19:54:03 ID:wnLpGSFy
>>199
この様な感じでバブル崩壊もやられたと「ゼミナール現代金融入門」
にもあったよ。(320P)今は事情が違うけどな

200 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/28(水) 22:08:25 ID:wnLpGSFy
>>199->>107
失礼

201 :(・゜ω゜・) ☆まじめこて☆ ◆rgujENbs.s :2007/11/28(水) 23:57:12 ID:z5384dMs
ほぅ、妹の旦那に吸い付く(搾取)わけですな。
それで搾取がどうのこうの批判しようってんだから片腹痛いですわ。

それに試験しか出来ない男でもないよ。
仕事投げられすぎで全く帰れない現状を考えて。
仕事できないやつに仕事は投げないからねぇ、誰も。

窓際で妹の旦那を搾取するのに必死なくそしろー天皇には心当たりあると思うけどさ。

まぁ、好きにやってなさい。
俺も好きにやるし^^

202 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/29(木) 02:44:46 ID:6BNR0gcd
そういや、昨日の朝日夕刊3面の連載記事よかったお
戦前の統制経済をめぐる論争について書いてあったでつ
笠とか岸とかの名前あったー

203 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/29(木) 05:55:05 ID:hJ0e0iil
マルクスは機械は特別剰余価値を生み出してるように見えるとの記述を残している。そこから解釈も出ないなんて、全く、マルクス訓古学くずれもいい加減にしろだ。

204 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/29(木) 06:18:51 ID:OuV9K4ss
見えるということは分析ではなく、観測となる。

205 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/29(木) 12:25:14 ID:PzVd1/SI
>>201
いや自慰的なここでのSぶりから相当ストレスがたまってるとみた。
昔読んだ本で、夜女のいる店に行って、あたるのは出来ないやつ、
あたらないのは昼間恐ろしい奴と見たが雑用こなしてストレスためて
韓国にあたる惨めは内心悶々としたストレスを感じる。

206 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/29(木) 12:35:46 ID:PzVd1/SI
妹の旦那には搾取できんよ。多分。
世の中そんなに甘くない。
それに搾取しそうな自分がいるからこそ
システムとしての搾取が問題になる。
韓国に当たるより主流派の意識改革を訴えたい。

207 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/29(木) 12:40:36 ID:PzVd1/SI
>>203
ほかのスレにも書いたが、供給要素だけで需要要素がまったくなく、
当時特許の概念もないのですぐ消える使えない概念。

208 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/29(木) 16:36:28 ID:PzVd1/SI
ブログでも書いたが、日本国軍こそ賊軍である。中国権益
をあきらめ、ナチスドイツ、イタリアを切り、米国と同盟
ナチスドイツに宣戦すればよかった。
こうすれば日本必勝である。

209 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/29(木) 16:45:17 ID:PzVd1/SI
http://d.hatena.ne.jp/kurosiro1/20071107
その意味で政府の言うことを聞かず
「無条件降伏」というありうべからざる状況
をまねいた。日本軍は賊軍と割れるべきである。


210 :かつて○だった男:2007/11/29(木) 20:13:22 ID:0f/+uDLd
>ナチスドイツ、イタリアを切り、米国と同盟
ナチスドイツに宣戦すればよかった。
こうすれば日本必勝である。

ハア?
日本がナチスに宣戦布告して何の得があるというのだ?

>こうすれば日本必勝である。
国際政治はゲームじゃないよ。
勝つことは手段であっても目的ではない。

211 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/29(木) 21:13:07 ID:PzVd1/SI
>>210
いいですか? まあ軍がいうこと聞いてくれたらの話ですが、
問題は軍の中国権益に英米が手を出したがっていたのです。
ですから、中国は満州であきらめる。英米に中国はあげる。
これで他の植民地全ては日本のものですよ。そして先のない
ドイツやイタリアを切って米国と同盟を結びドイツに攻めれば
同盟国アメリカ参戦に役に立ったでしょう(無論国が遠いから主力は
アメリカ)戦後植民地を失わずにいた挙句ヨーロッパの復興の
事業で日本もウハウハです。

>勝つことは手段出会っても目的ではない
確かに目的は国を存続・繁栄させることですが、
手段として最終的には勝たねばならない。

212 :かつて○だった男:2007/11/29(木) 21:22:57 ID:0f/+uDLd
>中国は満州であきらめる。英米に中国はあげる。
これで他の植民地全ては日本のものですよ

満州も放棄せよ、とハルノートは言ってたな。
その条件では英米はなっとくしないだろうね。

>ドイツやイタリアを切って米国と同盟を結びドイツに攻めれば
アメリカが参戦してくれれば欧州諸国は十分なはず。
日本の欧州宣戦への参戦は欧州にとってはありがた迷惑な話。
実現はしない。

213 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/29(木) 21:23:32 ID:PzVd1/SI
いいですか? 勝つことは大切ですよ。
戦争に負けてまだアメリカは良心的でしたよ。
アパルトヘイトみたいな差別社会にだってなりえたんですよ。
「日本人用バス」なんて差別されて。
あそこでドイツやイタリアに遠慮することはない。
要はアメリカさえ参戦してればドイツは先がないんだから、
枢軸を捨てて、アメリカと結ぶべきでしたね。

214 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/29(木) 21:27:18 ID:PzVd1/SI
アレ、満州も入ってましたっけ? よござんす。差し上げればいいでしょう。
欧州にありがた迷惑でもいいんですよ。それがアメリカやイギリスのやってる
現実ですから。

215 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/29(木) 21:32:16 ID:PzVd1/SI
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8F%E3%83%AB%E3%83%BB%E3%83%8E%E3%83%BC%E3%83%88
ハル・ノート
満州がなくなってもその他の植民地を残して連合軍に入ったほうに3000点

216 :かつて○だった男:2007/11/29(木) 21:41:16 ID:0f/+uDLd
>>214
開き直ってどうするw。

>欧州にありがた迷惑でもいいんですよ。それがアメリカやイギリスのやってる
現実ですから。

それでは史実と同じ。嫌がっているアジア諸国に解放と称して押し入ったのが史実。
ありがた迷惑と思っている欧州にナチス打倒と称して押し入るのが塾長(?)のIF戦史。
何にも変わらんじゃないかw.

217 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/29(木) 21:49:29 ID:PzVd1/SI
っていうか甘すぎる。敢えてそれをやれといってるのですよ。


218 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/29(木) 21:54:19 ID:PzVd1/SI
例えばかつて○さんの嫌がってるアジア諸国に解放と称して
押し入ったのは史実なんだから、ハルノートの時代に、いきなり
方向転換は無理。
それなら植民地政策を初めからしないことです。

219 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/29(木) 22:00:45 ID:PzVd1/SI
かつまるさんの理想を言うなら
朝鮮併合、満州国、台湾侵攻、これらを全部やめて清
あたりをリーダーにして真の大アジア連合反欧米を最初から
やるべきでしょう。


220 :かつて○だった男:2007/11/29(木) 22:02:16 ID:0f/+uDLd
>>218
>それなら植民地政策を初めからしないことです。
それはありえなかったと思う。
植民地化されたくないならば、海外へ武力進出し勢力圏を広げるしかない。
どの国もこれは同じ。日本だけが独自の道を進むことは不可能。
この時代はそういう時代だったのだ。


221 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/29(木) 22:06:28 ID:PzVd1/SI
かつまるさんの理想を言うなら
朝鮮併合、満州国、台湾侵攻、これらを全部やめて清
あたりをリーダーにして真の大アジア連合反欧米を最初から
やるべきでしょう。


222 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/29(木) 22:12:01 ID:PzVd1/SI
>>220
ありえないでしょう。だから枢軸を裏切って、中国利権(満州を含む)
を欧米に任せて、英米と同盟、ナチスに宣戦布告。これはヨーロッパ再興の利権のため。
がベストな選択です。

223 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/29(木) 22:15:07 ID:PzVd1/SI
それを阻んだのは糞軍部。賊軍として貶めましょう。w

224 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/29(木) 22:20:58 ID:PzVd1/SI
天ちゃん「勝てるのか(<−こいつも頭悪い)」
糞軍部「必ず勝ちます」
終戦後
無条件降伏です。うううううう
コヴァ「誇りだ!」

コントですか?

225 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/29(木) 22:25:43 ID:PzVd1/SI
天ちゃん「勝てるのか?」
まともな軍部「必ず勝ちます」
ナチスドイツを攻撃、戦後インフラ復興でウハウハ
いやまともな軍部を期待するこ9とが間違いかw

226 :かつて○だった男:2007/11/29(木) 22:26:46 ID:0f/+uDLd
>中国利権(満州を含む) を欧米に任せて、英米と同盟、ナチスに宣戦布告。これはヨーロッパ再興の利権のため。
がベストな選択です。

いやいや、それはそれで別の問題を引き起こすのよ。
@中国利権(満州を含む) を欧米に任せる
まあ、これはできるだろう。
しかし当の中国を抜きにこんなこと決めていいのかね?
隣国のソ連も刺激するぞ。

A英米と同盟?
まあ同盟の条件は何なのかね?それをはっきりさせないとなんともいえんな。

Bナチスに宣戦布告。これはヨーロッパ再興の利権のため
これが一番難しい。欧州諸国は日本の介入を望まない筈。
史実での日本対アジアの構図が日本対欧州と形を変えて出てくるだけだ。
ヨーロッパ再興=アジア解放だな。
これも史実での日本の唱えた美しきスローガンと同じだ。


227 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/29(木) 22:27:14 ID:PzVd1/SI
歴史は変えられない。だが評価しなければならない。

228 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/29(木) 22:32:58 ID:PzVd1/SI
>>226
まあまともな軍部での仮定ですが
@中国の主権なんてありません
大甘なことを。
A英米と同盟しナチスドイツ・イタリアと戦う。
B確かにやりすぎは良くない。敗戦国にならないことで良しくらいにすべし。輸送支援とか。


しかし賊軍がすべてぶっこわし。www


229 :かつて○だった男:2007/11/29(木) 22:40:54 ID:0f/+uDLd
@中国の主権なんてありません
大甘なことを。

その態度が今の中国の日本に対する不信感を生んだ大きな背景的原因なのだ。
それにも気づかないでよく賊軍などと大口たたけるわな。
アンタのやり方は残念ながら批判している賊軍と形こそ違え全く同じ。
同じアナのむじなだよ。

230 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/29(木) 22:41:59 ID:PzVd1/SI
スタちゃんは破壊王ですからね。赤いツアーリは第三次世界大戦までもくろんでいたとゆう伝記がありますが。w
たしかにこれがどうでるか?
でも中国ならアメリカイギリスとかませればいいだけでしょう。

231 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/29(木) 22:44:34 ID:PzVd1/SI
>>229
むじなですよ。そのとおり。
でも理想どおりには出来ないんだからしょうがないです。
英米がどのように統治するかでしょうなあ。

232 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/29(木) 22:55:28 ID:qG1dX/Cv
残念ながらアクセス禁止ですのでこれを最後のレス。 ムジナの論理で賊軍です。

233 :かつて○だった男:2007/11/29(木) 22:55:57 ID:0f/+uDLd
>>スタちゃんは破壊王ですからね。赤いツアーリは第三次世界大戦までもくろんでいたとゆう伝記がありますが。w

英国の当時の首相チャーチルはこの勢いで対ソ連戦になだれ込むべし、と考えていた。
彼はノルマンジーからの上陸に反対し、ギリシャ南部から上陸、東側からベルリンに迫る進撃ルートを考えていたらしい。
ソ連がヨーロッパに入るのをさえぎろうとしたのだ。
「スターリンに欧州の半分をやるわけにはいかない」と考えたのだろうな。
これが実現していたら、ソ連は連合国側から離脱。英米vs日独vsソ連の世界三極構造に。
果てはドイツとソ連が手を結ぶことのあったかもしれんね。

234 :かつて○だった男:2007/11/29(木) 23:24:16 ID:0f/+uDLd
塾長(?)は退場したか。
では私が後を引き継ごうか。
まあ、塾長だけでなく、日本はこうすれば対米戦は避けれたとか、
こうすれば勝てた、といった議論が多いわな。
しかしもっと重要な議論がある。
それは、もっとうまい負け方はなかったか、だ。
始まってしまった戦争をどうやってやめるか?
しかも負けてやめるのだから難しい。
ポイントは昭和19年6月のマリアナ諸島陥落だ、と思う。
このとき日本の負けが確定した。
この島はB29の飛行場として最適だった。
をこの島から北海道を除く全土が空襲できる。
米国の国力なら毎日20機程度のB29を飛ばすのは朝飯前。
一機あたり5トンの爆弾を運べる。20機で100トン。
これは真珠湾奇襲攻撃で日本軍が落とした爆弾量と同じなのだ。
日本は毎日真珠湾大空襲を受ける!
これがどんな結果を招くか想像はできるだろう?
もっと重要なことがある。
マリアナ陥落の直後、蒋介石は連合国側にたったのだ。
塾長は中国に政権はなかったといったが、この当時には蒋介石・毛沢東の連立政権ができていた。
中国は日本の負けを予想し、勝ち馬に乗ったのだ。
こうして中国の利権を得るという日本の戦略目的は遠ざかった。
ここで日本が負けを認めていれば、東京大空襲もなかったし、広島・長崎の悲劇もなかった。
何百万もの民間人の死もなかったのだ。
戦争指導者の判断の鈍さ、諦めの悪さが悲劇を増大させたのだ。


235 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/29(木) 23:35:36 ID:h8O1/E6T
>>マリアナ陥落の直後、蒋介石は連合国側にたったのだ。
塾長は中国に政権はなかったといったが、この当時には蒋介石・毛沢東の連立政権ができていた。
中国は日本の負けを予想し、勝ち馬に乗ったのだ。

 あまりの事実離れに絶句。
 第一、日米開戦の前から必ず負けることぐらい、政府や軍の首脳はわかっていたわけだが。

236 :かつて○だった男:2007/11/29(木) 23:51:55 ID:0f/+uDLd
>第一、日米開戦の前から必ず負けることぐらい、政府や軍の首脳はわかっていたわけだが。


それはあとづけの理屈。
ことが終わった後からなら、何とでもいえるさ。
負けることはわかっていてもあそこまでの大負けを予想できた指導者が何人いたか?
具体的にあげてみてくれ。
占領され、天皇は人間になり、憲法は改正され、軍は解散、2度と戦争はしません!
こんな国になると戦前に予想できた人間がいたというなら挙げてほしいな。
私は負け方を問題にしているであって、勝つか負けるかを問題にしているのではない。
それに事実離れって、何の事実のことをいっているのだ?

アンタみたいな人が戦争指導者だったら、本土決戦まで言ったかもね。
それこそ日本民族が1000万のオーダーで死んでたろうなw.

237 :かつて○だった男:2007/11/30(金) 00:45:05 ID:hUV2+lU0
異次元歴史学試験問題
歴史とは何か?
それは川の流れと川に落ちて流れる落ち葉の如し。
川の水は上流から下流へ流れる。これは必然。
しかし…。
その流れに乗ってどの落ち葉が先んじて流れるか?
これは偶然。

さてこのなぞ賭けを説明しなさい。

238 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/30(金) 00:55:40 ID:2PkSOYdS
歴史

239 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/30(金) 01:50:01 ID:N22ta7wV
かつ○先生、カッコイイー
負けるが価値でつ
降雪片々、不落別所でつ

240 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/30(金) 01:56:29 ID:N22ta7wV
マジレスすると、日本の経済発展そのものが帝国主義の後追いでしたからー
先の見える人には、頭打ちになるのは必然でつ

明治初期の条件
大陸への進出を企てる(征韓論)→マーケットの拡大
憲法・議会の創設→国体の組織整備
富国強兵→生産力の拡大


241 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/30(金) 04:36:38 ID:QNd/YEqY
NHK特集 御前会議 紹介
平成3年8月15日放送ダイジェスト

アメリカの国力を軍部はどう認識していたのか。

参謀本部からアメリカの国力調査に派遣された一人の軍人の資料が最近研究者の手で明らかにされた。
参謀総長杉山元が出した辞令には「対米諜報ヲ命ズ」と記されている。任務を命ぜられたのは陸軍主計大佐新庄健吉(注・昭和16年死)であった。
新庄健吉が任務についたのはニューヨークである。新庄は活動の舞台を三井物産ニューヨーク支店に選んだ。当時エンパイアステートビルの7階にあった三井物産。
新庄は物産の社員を装って諜報活動に専念していった。当時三井物産はアメリカに最大のネットワークを誇る日本の企業で、新庄はその情報量をフルに活用した。
新庄はこうした企業や軍の情報をもとに当時のアメリカの国力を徹底的に調査していったのである。当時既に世界一の工業生産力を誇っていたアメリカは
民主主義陣営の兵器工場を自認していた。そして全米の工場をフル操業させて生産を続け、ドイツや日本と戦うイギリスや中国に対し武器を送り続けていた。
新庄健吉がアメリカで調査した内容を伝える文書が残されていた。そこにはアメリカの工業生産の実態が細かく記され、

日本の国力はアメリカの20分の1という結論であった。

242 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/30(金) 04:37:33 ID:QNd/YEqY
蒋介石
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
1936年、西安事件で軟禁される。この事件により対日・反共政策の見直しを迫られる。
1937年(民国26年)、盧溝橋事件を契機に、抗日を推し進める。日本軍による首都南京の占領が不可避と判断し、四川省の重慶へ遷都。
1943年、カイロ会談に参加する。

243 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/30(金) 04:38:29 ID:QNd/YEqY
汪兆銘
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
蒋介石が中国共産党と手を結び抗日民族統一戦線を作ると、対日和平を唱え抗戦派と衝突、1938年12月に重慶を脱出しハノイ経由で南京入りする。
その後、汪らの一党は青島で王克敏らの中華民国臨時政府・梁鴻志らの中華民国維新政府と会談、1940年3月30日に南京国民政府を樹立し政府主席代理・
行政院長・軍事委員会委員長・海軍部長代理に就任した。日本政府はこれを承認し、日華事変の解決を図ろうとしたが、根本的解決はしなかった。

244 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/30(金) 04:42:53 ID:QNd/YEqY
NHK特集 御前会議 紹介
平成3年8月15日放送ダイジェスト

このとき(昭和16年11月)、蒋介石が出した秘密電報が台湾に残されている。
……宋子文あてに出された電報。宋子文には陸・海軍の長官を説得するように指示している。
この電報には「日本に対する石油禁輸と資産凍結を緩和すれば、中国人民はアメリカが中国を
犠牲にして日本と取引したと受け取らざるを得ない。4年半に及ぶ我々の多大の犠牲と、
史上類を見ない破壊を伴った日本との戦いはむだに終わるであろう」と記されている。
一方、胡適大使にあてた電報ではハル国務長官を説得するように指示している。
ここでは「今妥協すると中国はかつてチェコスロバキアやポーランドがドイツの犠牲にされた
のと同じ災難をこうむる」と訴えている。中国側は繰り返しアメリカ政府への説得を試みた。
ハル国務長官は洪水のごとく大量の電報が寄せられたと後に述べている。
中国の反対は功を奏し、ハル長官はルーズベルト大統領あてに、中国政府の反対により「暫定
協定案の提出は留保する」という意見書を提出するに至った。さらに陸軍長官から日本軍が
南方へ移動中との情報も入り、ルーズベルト大統領は暫定協定案の放棄を決断したのであった。

11月26日、アメリカは従来の四原則に加えさらに厳しく中国・インドシナからの全面的な撤兵を
要求した、いわゆる「ハル・ノート」を日本に提示した。事実上の最後通告であった。


245 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/30(金) 08:17:24 ID:8WECcCgG
原爆を落とされたのは国体の護持とか言って手間取ってたせいだろ。
むしろ「いかに負けるか」にこだわってたから悲惨な負け方をしたわけで、
とっとと負けを認めていればこんなことにはならなかった。

246 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/01(土) 21:40:42 ID:7rX3x34h


247 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/01(土) 22:11:48 ID:7rX3x34h
>>234
感想は今まであおりきって言っていた大本営発表をごまかす技術。
マリアナ諸島奪回派をどう抑えるということか。そしてそもそも
本が負ける選択をするなら勝つ選択もできたのではないかという
ことだ


248 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/01(土) 22:16:18 ID:7rX3x34h
本がー>日本が

249 :かつて○だった男:2007/12/01(土) 22:30:55 ID:1kZCc0vJ
>>247
奪回には海軍力がいる。しかし
マリアナ諸島陥落に先立って、マリアナ沖海戦が勃発。
日本海軍は先手をとる幸運に恵まれたにも拘らず大敗北を喫し、事実上壊滅。
まあ、野球で言うと15対0でノーヒットノーランを食らったぐらいの負けっぷりだった。
奪回する力などどこにも残っていなかったのだ。


250 :かつて○だった男:2007/12/01(土) 22:38:08 ID:1kZCc0vJ
>>勝つ選択もできたのではないかということだ

無理。地域紛争の局所的戦闘だけで終えることができたら、日本有利な条件で講和も可能だったろう。
しかし、開戦劈頭の米本土直接攻撃(ハワイ真珠湾奇襲攻撃)をやり、しかも宣戦布告が攻撃に後になってしまった、という不手際もあり、
アメリカ国民が怒り心頭に達してしまった。
日本を焦土と化すまで戦争はやめない。とアメリカが決心したため、総力戦にならざるを得なかった。
こうなると国力がものをいう。上のレスにあったが20対1の国力差は、多少の戦術・戦略の卓越性でカバーできる類の物ではない。


251 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/01(土) 22:38:38 ID:7rX3x34h
なるほど軍の狂気につき合わされたわけですな。

252 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/01(土) 22:40:52 ID:7rX3x34h
>>250
私の言う勝つ戦略は、枢軸を捨てて連合国へ
参加ということです

253 :かつて○だった男:2007/12/01(土) 22:52:13 ID:1kZCc0vJ
>私の言う勝つ戦略は、枢軸を捨てて連合国へ
参加ということです

そんなことまでやって勝つ意味がどこにあるのか、非常に疑問だが。
まあ、その線でシュミレートしようか。
枢軸を捨てるということは三国同盟を破棄が必要。
捨てて連合国と同盟?
そん変わり身の早い国を国際社会は信用するのかね?
結婚している男が自分の連れよりいい女がいたから離婚、その女に言い寄るようなもんだw。


254 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/01(土) 22:52:17 ID:7rX3x34h
また昨日英米で統治すれば共産政権が出来たとかは異常です、

255 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/01(土) 23:05:05 ID:7rX3x34h
ヨーロッパの戦争だからし薄い銀行も危ない。日本f型スイス番号式銀行をつけっては?

256 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/01(土) 23:06:25 ID:7rX3x34h
薄いー>スイス

257 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/01(土) 23:08:52 ID:7rX3x34h
親で持って永久独立国を築いては? 需要もあるでしょ。

258 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/01(土) 23:09:55 ID:7rX3x34h
親でー>そんで

259 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/01(土) 23:22:11 ID:7rX3x34h
何なら三国同盟をう辞めるは日本版スイス銀行を作りたい。で十分でしょ

260 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/01(土) 23:28:59 ID:7rX3x34h
そうすれば日本はアジアにあるし、ユダヤ人も助けるから、どっとユダヤ人が押し寄せますよ。
@これで、ドイツとユダヤ人問題で決裂。
後は金が入るのをまてばいい。ヨーロッパにいなくても日本ですむから、アジアにリスク分離
した銀行が出来る。

261 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/01(土) 23:42:04 ID:7rX3x34h
でも、治安はよくなると思いますよ。国際的な意味で。

262 :かつて○だった男:2007/12/01(土) 23:51:37 ID:1kZCc0vJ
>>260
でたな。異次元国際関係論。
ユダヤ人問題を日本に持ち込み、混乱させるつもりとは?
流石は塾長の深謀知略。
ユダヤ人が日本に大量に入り込む→彼ら独自の社会を日本に形成→近隣住民と紛争
→パレスチナ問題が日本国内に→アジアの大義を唱え中国その他アジア諸国が日本に軍事介入

何もいいことはないな。

263 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/01(土) 23:59:31 ID:7rX3x34h
いえいえ金持ちのサロンになるだけです。
マネーロンダリングの第二首都になりますがね。
スイス銀行に受け入れるほど野地さんのあるユダヤ人は
そういませんよ。貧乏人は入れなきゃいいんです。

264 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/02(日) 00:02:09 ID:07US0ODy
野地産ー>の資産
でス。失礼

265 :(・゜ω゜・) ☆まじめこて☆ ◆rgujENbs.s :2007/12/02(日) 00:04:26 ID:Mur/1k5h
とりあえず日本語かけるようになってから書き込めや。

266 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/02(日) 00:07:27 ID:07US0ODy
貧乏なユダヤ人はパレスチナに送ればいいんです。
金持ちのユダヤ人人に居住権を与える。

267 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/02(日) 00:10:42 ID:07US0ODy
大体スイス銀行本店なんかで、取引しませんよ。
リヒテンシュタインとかああいうとこでするんです

268 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/02(日) 00:12:22 ID:07US0ODy
>>265
235万の負債、精神的ダメージ。

269 :かつて○だった男:2007/12/02(日) 11:35:50 ID:ySxnRplj
>>266
とゆうことはイスラエル建国は史実どおりやるわけですな。
でパレスチナ問題は生まれる。
で、金持ちだけを日本に?日本はウハウハ?
そんな虫のいい話。うまくいきっこない。
うまくいっても、どこの国も日本をよく思わないでしょう。

どーも、塾長の思考は、楽して儲かる・生活できるには?ばかりですな。
個人の生き方としてそれもあり(周囲に迷惑をかけねば野話ですが)。
が、国家にまでそのやり方を推奨するのは、どうかとw.

270 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/02(日) 15:11:13 ID:07US0ODy
スイスだってうまくやってますな。かねもち層はイスラエルにはいませんよ
パレスチナは二枚舌外交と入植をやめればうなくいくでしょう



271 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/02(日) 15:18:21 ID:07US0ODy
私が楽して見えるのは金持ち層の行動をなぞっているからです。

272 :かつて○だった男:2007/12/02(日) 18:21:59 ID:ySxnRplj
>金持ちのユダヤ人人に居住権を与える
といいつつ
>かねもち層はイスラエルにはいませんよ
とは、なんのこっちゃ?

日本のことを心配する前に、自分のことを心配しなさい。


273 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/02(日) 21:23:58 ID:vwgU1ocQ
アメリカのユダヤ人は金持ちってこと?

274 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/02(日) 21:34:51 ID:07US0ODy
つまり、本物のユダヤ人の金持ちは欧米に住みますよ。

275 :かつて○だった男:2007/12/02(日) 21:36:21 ID:ySxnRplj
少なくとも塾長が日本の首相になれば、大混乱になることだけはわかった。

276 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/02(日) 21:38:28 ID:07US0ODy
イスラエルにいるような連中は本当の金持ちはと違います。
ダイヤの代理人入るでしょうけど。心配しても解決しませんよ。

277 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/02(日) 21:40:16 ID:07US0ODy
>>275
意味不明ですね。また逃走ですか?

278 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/02(日) 21:54:32 ID:07US0ODy
私の言ってるのは金持ちユダヤ層には日本への居住を認める。
その他のイスラエル人はパレチナへということです。

279 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/02(日) 21:55:42 ID:07US0ODy
そんなの欧米はいくらでもやってる。

280 :かつて○だった男:2007/12/02(日) 22:01:35 ID:ySxnRplj
>そんなの欧米はいくらでもやってる。

その通り。
しかし欧米はそれを国家の政策として喧伝してやってるわけではない。
@金持ちのユダヤ層が日本に移住する;
ということと
A金持ちのユダヤ層を日本に移住させる
とは大違い。
欧米は@.塾長のはAだ。しかも金持ち以外はパレスチナにときている。
これが国際世論の批判を浴びず、日本を混乱させないわけないだろうw.


281 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/02(日) 22:17:01 ID:07US0ODy
金持ちの外国人を無理やり移住させるなんて、書いてませよ。
ただ日本版スイス銀行を作れはす見たい金持ちもいるから
「そういう人」にはどうぞといってるまでで。

282 :かつて○だった男:2007/12/02(日) 22:29:19 ID:ySxnRplj
私も「無理やり」などとは言ったつもりはないよ。
Aの移住させるとは政府が何らかの政策でユダヤ富裕層の日本移住を支援・奨励するという意味だ。
しかもそれを意識的に周囲に喧伝する、ということもある。
そんな政策はとるべきではない、と考えている。




283 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/02(日) 22:38:49 ID:07US0ODy
理由がわかりませんな。代理人を送ってもいいんだし。
スイスにロスチャイルドはいないでしょう?

284 :かつて○だった男:2007/12/02(日) 22:49:11 ID:ySxnRplj
>>283
移民政策を行うのなら、特定の人種・民族のみを対象にしてはできないよ。
ユダヤ人を受け入れるのなら、アラブ人でも誰でも同じように受け入れるべきだ。
そうでないと国際社会の理解は得られない。
しかも金持ちだけだときている。
そんな政策の施行を国家ができるはずがない(やれば世界から非難される)。

285 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/02(日) 22:57:04 ID:07US0ODy
金持ちの中でも何人とは限りませんよ。
それに今貧困層にはブレーンがいない。

286 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/02(日) 22:59:36 ID:07US0ODy
こうすればいいでしょう。日本版スイス銀行の預金上限を
高くして、貧乏人をはねつければいい。


287 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/02(日) 23:01:54 ID:07US0ODy
失礼下限ですね

288 :かつて○だった男:2007/12/02(日) 23:13:30 ID:ySxnRplj
>日本版スイス銀行の預金下限を高くして、

それは日本版スイス銀行の意思決定による。
彼らがいやだといったらそれまでだよ。

289 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/03(月) 00:01:45 ID:2/4oLZnZ
そんなナンバー制の秘密口座作れる銀行はとっくに血縁で権力者と結びついてますよ。

290 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/03(月) 08:06:48 ID:2/4oLZnZ
怪しくありませんか?
ナンバーだけで口座が出来る。
世の独裁者や犯罪者が使う銀行です。
普通の銀行業務もあるけど、ナンバー制です。

291 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/04(火) 09:37:26 ID:PNOnMhF6
しかし旧体制を批判するときはその機能を十分に知らなければならないと思う。
スイス銀行も人間の裏を扱ったからここまで必要意があるのではないか?
○エン派未来についてかたら過ぎた。この姿勢は正すべきだろう。

292 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/05(水) 13:59:26 ID:Cp9wIdFN
さて不変資本を考えると丸経派大体壊れます壊して別のものつくろうよ。

293 :Jimmy:2007/12/05(水) 21:16:51 ID:K8kMfZTM
諸般の事情により、暫く「休会」と致します。

294 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/05(水) 22:05:05 ID:aJZp8ijK
>>293
なんでよジミーちゃん?

295 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/05(水) 23:49:50 ID:Cp9wIdFN
ジミ単は除名。あらすだけだし追放されろ。このごぼう。

296 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/05(水) 23:57:01 ID:Cp9wIdFN
能無しだから謹啓も破れない。多少数学使えるから一般的な商品搾取定理
をやったけどアレ以後やることが見つからない。5流6流。

297 :Jimmy:2007/12/06(木) 04:09:20 ID:BVvlyDzb
>>294
全然別テーマに集中したいためです。私に残された時間は、限られている。

298 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/06(木) 08:34:09 ID:zUbmwHgV
http://jp.youtube.com/watch?v=7CjapVTaOlo

299 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/06(木) 08:34:19 ID:Sfado0AQ
>>297
悟ったかジみたん。それでこそ男だ。

300 :前スレの871:2007/12/06(木) 14:59:01 ID:a/0Ud3vN
>>297休会ですか?前のスレでかつマル、ジミー両先生にレスを頂いたものです。
さらに返事を書き込もうと思ってたのですが、アラシのまきぞえを食らい、
アク禁が解除されたときはきっかけがなくなってました。あしからず。

301 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/06(木) 16:00:54 ID:xrdzZXjf
>>292
そんなことはレーニンみたいに修正すればいいだけの話。マルクスは剰余価値を発明、機械が剰余価値を生んでると観測している。利潤率の傾向的低下の法則も証明された。十分。糞しろーの異次元みたいに俺様経済学でもつくりたいのか?

302 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/06(木) 16:03:13 ID:78wps2HT
>>296
数式が扱えないで大口叩くお前はそれ以下か?

303 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/06(木) 16:16:39 ID:fDXfY0rz
マルクスの理論に功績に比べれば些細なミスがあっただけで糠喜びするマルクス訓古学くずれの末路。見苦しくてかなわない。

304 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/06(木) 16:21:57 ID:8eSHux4A
マルクスってまじすげーよな。

305 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/06(木) 16:33:02 ID:Sfado0AQ
>>301
一般的な商品搾取定理自体が可変資本と不変資本の決定力のなさを
ついたものだから、それが文系で出来るなら決定的にアウト。
>>302
いや資本についておれ自身チャレンジした。結果は大失敗だがここの
誰かでそのようなことをしたか? 底辺のレベルが低すぎるんだよ。
>>303
マルクスの功績と刷毛kk得一億人もの死者をだしたことだ。
民主主義を軽く評価しすぎていた。何を持って功績なのか
恥知らず。

306 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/06(木) 16:35:18 ID:Sfado0AQ
刷毛kk得ー>結局

307 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/06(木) 16:48:52 ID:Sfado0AQ
不変資本だけではないよ。需要を考えないモデル。
大体このくらいの議論は高校生でも論破できるレベル。
やってることが低すぎる。

308 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/06(木) 16:53:35 ID:Sfado0AQ
まあ、チャレンジしてください.ブログはただですよ。
僕以上のあなた方は当然参加決定ですね。

309 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/06(木) 19:26:41 ID:TzOG285M
これを読むと如何にマルクス訓古学くずれが恥知らずかよくわかる。http://www.nikkeibp.co.jp/archives/420/420016.html

310 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/06(木) 19:31:44 ID:9Qp81ND5
功績がないだって?戦前の生産量計画と戦後の傾斜生産で我が国がどれだけ恩恵を受けたか。

311 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/06(木) 19:44:06 ID:i/6bEHNA
>>305
固定資本がどうとかわかりきった話はマルクスが残した記述からすれば重大ではない。マルクスが真理たりえるのは「利潤率の傾向的低下の法則」が証明されたからであり、シュンペーターもその意味でマルクスを支持している。

312 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/06(木) 20:36:17 ID:Sfado0AQ
>>309
少なくともアナマル・エリックオリン・ライト以下の階級分析は認めない
>>310過去は過去今は今だろ。アメリカにも恩を言え
>>311いや不変資本これだと利潤率低下の法則が狂ってしまう。


313 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/06(木) 20:42:02 ID:Sfado0AQ
利潤率低下はマルクスの可変資本の変化から証明されるべきではない。
つまり物あまりから分析すべきである。マルクスが不変資本といってい
る中にはk魔辺資本もあり、労働価値説は間違いだ。

314 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/06(木) 21:34:18 ID:Sfado0AQ
k魔辺資本ー>可変資本

315 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/07(金) 04:02:15 ID:vgoGvkJR
だから機械は剰余価値を生み出してるように見えるという観測的な記述をマルクスは残している。つまり全然気づかなかったわけじゃないってこと。>>309は自称マルクス主義者がマルクスの小さな言葉も無視している例として挙げただけ。

316 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/07(金) 04:09:35 ID:RPwaRbIX
>>312
私はアメリカを愛している。マルクスに特派員の職を与えたニューヨーク最大紙がある偉大な共和主義の国を。建国の父ジェファーソンもユダヤ初の大統領として尊敬している。もし金をケチらなかったらマルクスはアメリカに移住した。

317 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/07(金) 04:13:32 ID:hVFyn0LK
さらに言えばレーニンに早く祝電を送った最も賢明な人物はウィルソン大統領であった。ウィルソンとレーニンは外交方針で共通していた。そして今、元トロツキストのネオコン主導でウィルソン主義は復活した。

318 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/07(金) 04:29:22 ID:VsL555Di
そしてアメリカはニューディール時代、財務次官から政府高官がマルクス主義共産主義に支配されていたのはアメリカも認めている有名な話である。マルクス主義者のエドマンド・ウィルソンも大統領自由勲章を受章している。

319 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/07(金) 10:36:00 ID:eTMHFGxQ
アメリカうを愛したからどうした。アメリカはロックフェラーやモルガンの国
正直大助かりしただろう。利潤を搾取に絞ってくれて。そこに新中間層を生み出せば
ファシストやアカ狩りに走らなくてよい。

320 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/07(金) 12:25:04 ID:eTMHFGxQ
まあ、つまんないことはいいよ。そういうのを虚勢という。


321 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/07(金) 14:53:35 ID:eTMHFGxQ
じゃあはっきりいおう。今の君たちって労働者の邪魔なだけ。
実際は可変資本なのに不変資本といって、もしかしたら可変資本か
もしれないって気付いてたか喪。それっって病院でいえる?
研修医なんてものは医者じゃない。しかもお前らは医者になる
こともなく研修医でおわるはずだ。そんな奴らの嗜好は社会じゃ
役たたない。だから俺はここで丸刈りするってきめたわけ。

322 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/07(金) 14:56:33 ID:eTMHFGxQ
アメリカが巣切手やついたよなガチンコならたこなぐりなところだ。
プラザ合意で、バブル作り出してソ連の崩壊でイミなしってつぶし
たアメリカ。とても許せる相手じゃねえ。

323 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/07(金) 15:08:27 ID:eTMHFGxQ
まあ不変資本の話をしよう。道具や機械は確実に生産に結びつき
生産オンリーのマルクスのモデルでは可変資本だ。しかも何倍もの
固形資本だってそうだ。石炭は、使用前の何倍ものカロリーで燃える。
これも可変資本だ。ほかの固形資本にしろ流動資本にしろ無駄はない。
みんな可変資本だ。入力前と入力後の価格が変わるということ。
利潤率低下の法則についてはものあまりだろう。
もともと需要以上に生産する傾向のある資本主義は者あまりを起しやすい。
物が売れなくなれば利潤率は減っていく。安くするしかないからだ。

324 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/07(金) 15:10:22 ID:eTMHFGxQ
者あまりー>モノあまり。

325 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/07(金) 15:12:55 ID:eTMHFGxQ

>>322
巣切手ー>好きって

326 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/07(金) 15:26:13 ID:eTMHFGxQ
まず経済学自体を変える必要が去るだろう。
企業史・数学・英語が受験かも苦にならねばならないだろう。
それから1年目はじっくり企業史をやる。今では企業史は
広瀬隆が怪しげに独占している。この体制を変える。
2年目は理論だ資本について謹啓ではなんらモデルがつかないことも
丸経が駄目なことも教えるべきだ選ろう。
そして才能あるもののみが資本への学級の道を行き、残りは労働者だ。
これでもわかれば、どこにどの程度の資本を築くことが出来るのか
わかるかもしれない。まあ厳しいが、そういう対策が必要だ。


327 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/07(金) 16:18:28 ID:eTMHFGxQ
去るだろうー>あるだろう

328 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/07(金) 23:32:42 ID:/xx87q7v

「マル経難民」の床屋談義

金子勝 『反グローバリズム』岩波書店

著者は、経済理論学会(マルクス経済学の学会)に所属する経済学者では随一のマスコミの人気者である。「ブッシュはバカだ」とか「小泉改革はニセモノだ」というような床屋政談が受けるらしい。
この本も、最初から最後まで学問とは無縁の「ぼやき漫才」のようなもので、まあそういう読み物としてはいいが、まじめに受け取るべきではない。
マル経は、今でも一部の大学には講座の枠が残っているので、無能な学者でも職にありつける「穴場」である。しかし、よりどころとする理論が崩壊してしまったので、「きわもの」的なテーマを探すしかない。
こういう「マル経難民」が好んで選ぶテーマが「国際」「情報」である。このフレーズさえつければ文部省から科研費が引っ張れるし、状況の変化が激しくて「近経」の理論がついていけないので、「床屋理論」でも何かいえそうだからである。
そもそも著者のいう「グローバリズム」とは何なのか、ちゃんとした定義も書かれていない。国際会計基準と年金改革の話がごちゃごちゃに並んで、「グローバル・スタンダード」への非難が繰り返されているだけだ。
改革を批判するときの根拠は、いつも「リストラしたら景気が悪くなる」というだけで終わりだ。「市場の失敗」を非難するが、「政府の失敗」については何もいわない。
こういう介入主義もマル経の悪しき遺産である。著者は「主流派経済学」を批判するが、それを理解していないことは明白である。「情報の非対称」や「ゲーム論」についての孫引きをもとにした一知半解の「批判」はなかなか笑える。
この程度の学者でも慶応大学に職を得られるぐらい、日本のマル経業界は「売り手市場」になっているわけだ。先進国で最低レベルといわれる日本の大学の恩恵を受けている著者が「グローバリズム」に反対する理由はよくわかる

http://www003.upp.so-net.ne.jp/ikeda/Kaneko0.html

329 :かつて○だった男:2007/12/08(土) 00:34:48 ID:2LGE9i46
>>328
ああ、「マル経難民」の床屋談義ね。
これは以前に読んだよ。
なかなか手厳しい批判w。

>よりどころとする理論が崩壊してしまったので、「きわもの」的なテーマを探すしかない。
こういう「マル経難民」が好んで選ぶテーマが「国際」「情報」である。

これはその通りだねえ。連中のやることときたら・・・。
もう怒りを通り越して、哀れみすら感じるな。
ほんと恥ずかしくないのか、と思うのだが。

一つ付け加えると、
○の謹啓批判の元祖は70年あたりのラジカルエコノミックス運動が源流だが、
そこから一歩も進んでいないな。
最近では複雑系とか進化とがいってるが、箔をつけるアクセサリーにしかなっていない。
いつになったら、日本からこういう腐れ果てた知の系譜なくなるのだろうか?
学問の世界はグローバリぜーション賛成だな。

330 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/08(土) 00:46:22 ID:zpvCxXPg
http://shiga.s287.xrea.com/upload/src/up1985.jpg

331 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/08(土) 00:48:46 ID:cshsGb6S
○経難民は「労働時間の減少」「資本」「搾取」でマルクス
「なぜソ連が滅んだか?」を専門に自分の頭でマルクスに頼
らず思考せよ。


332 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/08(土) 00:51:51 ID:cshsGb6S
すまん
○経難民は「労働時間の減少」「資本」「搾取」
「なぜソ連が滅んだか?」を専門に自分の頭でマルクスに頼
らず思考せよ。



333 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/08(土) 01:43:45 ID:kl2c4Ic/
蒋介石も知らない奴にコケにされまくりの○経なんてホント糞だよな!

334 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/08(土) 08:51:34 ID:cshsGb6S
>>329
まず大学受験を、近代史、数学、英語にして
企業史や財閥史をやる。生き残った奴はゼミへ
駄目なやつはどうせ営業だからバイトのタイムカー
ドも単位に加えるとか
>>333
誤解があるようだけど、そうじゃなくて英米帝国主義のもとでは
主権なんか発揮できないって言いたかったわけ

335 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/08(土) 09:00:16 ID:cshsGb6S
もうしわけない
まず大学受験を、近代史、数学、英語にして
一年目を企業史や財閥史をやる。
二年目を経済理論をやる。
生き残った奴はゼミへ
駄目なやつはどうせ営業だからバイトのタイムカー
ドも単位に加えるとか

ただし本ごとき説明できない(元手はなし)謹啓も
そうとう変えなきゃ駄目でしょうなあ


336 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/08(土) 09:18:05 ID:cshsGb6S
し本ー>資本

337 :(・゜ω゜・) ☆まじめこて☆ ◆rgujENbs.s :2007/12/08(土) 11:00:29 ID:WU5hgWo1
呆れて物も言えん。

338 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/08(土) 12:05:15 ID:cshsGb6S
ハイ400万円の指針被害追加

339 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/08(土) 12:11:52 ID:cshsGb6S
資本家は存在しない。ぷw

340 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/08(土) 12:28:53 ID:cshsGb6S
じゃあ可変資本と不変資本の定義言ってみ? 糞みじめ

341 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/08(土) 12:30:53 ID:cshsGb6S
呆れてものもいえん。w
理解不能w
資本家は存在しないw


342 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/08(土) 12:38:57 ID:cshsGb6S
このスレは丸狩り、だけでもなく、まるがさっぱりわからん奴も狩ります

343 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/08(土) 13:38:02 ID:0ZgV2zAp
まじめは資本主義などないといってたからな。
資本主義がどんなあり方をしているかを示したのがマルなのに。
マルを読まなければ、そういうものがないと思ってしまうのも無理はない。

344 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/08(土) 18:51:43 ID:B7pXKC9a
だが資本論は間違いだ。資本をきちんと表した経済学はない。

345 :張学良:2007/12/08(土) 20:08:33 ID:SnhFHhUL
234 :かつて○だった男:2007/11/29(木) 23:24:16 ID:0f/+uDLd
マリアナ陥落の直後、蒋介石は連合国側にたったのだ。
塾長は中国に政権はなかったといったが、この当時には蒋介石・毛沢東の連立政権ができていた。
中国は日本の負けを予想し、勝ち馬に乗ったのだ。

244 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/30(金) 04:42:53 ID:QNd/YEqY
NHK特集 御前会議 紹介
平成3年8月15日放送ダイジェスト

このとき(昭和16年11月)、蒋介石が出した秘密電報が台湾に残されている。
……ハル国務長官は洪水のごとく大量の電報が寄せられたと後に述べている。
中国の反対は功を奏し、……11月26日、アメリカは従来の四原則に加えさらに厳しく中国・インドシナからの全面的な

333 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/08(土) 01:43:45 ID:kl2c4Ic/
蒋介石も知らない奴にコケにされまくりの○経なんてホント糞だよな!

334 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/08(土) 08:51:34 ID:cshsGb6S
>>333
誤解があるようだけど、そうじゃなくて英米帝国主義のもとでは
主権なんか発揮できないって言いたかったわけ

346 :支那革命外史:2007/12/08(土) 20:14:50 ID:SnhFHhUL
234 :かつて○だった男:2007/11/29(木) 23:24:16 ID:0f/+uDLd
マリアナ陥落の直後、蒋介石は連合国側にたったのだ。
塾長は中国に政権はなかったといったが、この当時には蒋介石・毛沢東の連立政権ができていた。
中国は日本の負けを予想し、勝ち馬に乗ったのだ。

244 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/30(金) 04:42:53 ID:QNd/YEqY
NHK特集 御前会議 紹介
平成3年8月15日放送ダイジェスト

このとき(昭和16年11月)、蒋介石が出した秘密電報が台湾に残されている。
……ハル国務長官は洪水のごとく大量の電報が寄せられたと後に述べている。
中国の反対は功を奏し、……11月26日、アメリカは従来の四原則に加えさらに厳しく中国・インドシナからの全面的な撤兵を要求した、いわゆる「ハル・ノート」を日本に提示した。事実上の最後通告であった。

333 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/08(土) 01:43:45 ID:kl2c4Ic/
蒋介石も知らない奴にコケにされまくりの○経なんてホント糞だよな!

334 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/08(土) 08:51:34 ID:cshsGb6S
>>333
誤解があるようだけど、そうじゃなくて英米帝国主義のもとでは
主権なんか発揮できないって言いたかったわけ

347 :支那革命外史:2007/12/08(土) 20:16:56 ID:SnhFHhUL
234 :かつて○だった男:2007/11/29(木) 23:24:16 ID:0f/+uDLd
マリアナ陥落の直後、蒋介石は連合国側にたったのだ。
塾長は中国に政権はなかったといったが、この当時には蒋介石・毛沢東の連立政権ができていた。
中国は日本の負けを予想し、勝ち馬に乗ったのだ。

244 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/30(金) 04:42:53 ID:QNd/YEqY
NHK特集 御前会議 紹介
平成3年8月15日放送ダイジェスト

このとき(昭和16年11月)、蒋介石が出した秘密電報が台湾に残されている。
……ハル国務長官は洪水のごとく大量の電報が寄せられたと後に述べている。
中国の反対は功を奏し、……11月26日、アメリカは従来の四原則に加えさらに厳しく中国・インドシナからの全面的な撤兵を要求した、いわゆる「ハル・ノート」を日本に提示した。事実上の最後通告であった。

333 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/08(土) 01:43:45 ID:kl2c4Ic/
蒋介石も知らない奴にコケにされまくりの○経なんてホント糞だよな!

334 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/08(土) 08:51:34 ID:cshsGb6S
>>333
誤解があるようだけど、そうじゃなくて英米帝国主義のもとでは
主権なんか発揮できないって言いたかったわけ

348 :支那革命外史:2007/12/08(土) 20:38:13 ID:SnhFHhUL
234 :かつて○だった男:2007/11/29(木) 23:24:16 ID:0f/+uDLd
マリアナ陥落の直後、蒋介石は連合国側にたったのだ。
塾長は中国に政権はなかったといったが、この当時には蒋介石・毛沢東の連立政権ができていた。
中国は日本の負けを予想し、勝ち馬に乗ったのだ。

244 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/30(金) 04:42:53 ID:QNd/YEqY
NHK特集 御前会議 紹介
平成3年8月15日放送ダイジェスト

このとき(昭和16年11月)、蒋介石が出した秘密電報が台湾に残されている。
……ハル国務長官は洪水のごとく大量の電報が寄せられたと後に述べている。
中国の反対は功を奏し、……11月26日、アメリカは従来の四原則に加えさらに厳しく中国・インドシナからの全面的な撤兵を要求した、いわゆる「ハル・ノート」を日本に提示した。事実上の最後通告であった。

333 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/08(土) 01:43:45 ID:kl2c4Ic/
蒋介石も知らない奴にコケにされまくりの○経なんてホント糞だよな!

334 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/08(土) 08:51:34 ID:cshsGb6S
>>333
誤解があるようだけど、そうじゃなくて英米帝国主義のもとでは
主権なんか発揮できないって言いたかったわけ

349 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/08(土) 20:40:21 ID:SnhFHhUL
 スマン、接続がおかしくて重複投稿になってしまった。

350 :かつて○だった男:2007/12/08(土) 20:53:44 ID:NLX0auBc
中国に政権がなかったわけではない。
ただ複数の政権、蒋介石、毛沢東、その他があった。
日本はその中のどれを中国側の交渉責任者とするか、統一の見解がなかった。
いや、あえて統一しないことによって中国側とは交渉できないとし、侵略戦争を遂行して言ったのかもしれない。
アメリカはハルノートで蒋介石を政権として認めよ、と日本に要求した。

351 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/08(土) 22:33:04 ID:cshsGb6S
例えばアパルトヘイトでやられた南アフリカのように英米に完全に
植民地にされれば悲惨極まりない。

>誤解があるようだけど、そうじゃなくて英米帝国主義のもとでは
>主権なんか発揮できないって言いたかったわけ


といったのはそういうケースを想定して書いた。

中国は独自の勢力や日本などの勢力もいて完全ではなかった。


352 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/08(土) 22:36:50 ID:cshsGb6S
しかし共産化されるのも悲惨だな。今ドイツイデオロギー
読んでるけど丸くすって要するに赤ちゃん帰りなわけよ。
分業が生産力をあげるので書いてあってそれを否定する。
正しく狂気。

353 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/08(土) 22:50:24 ID:1vXoeG0k
>>マリアナ陥落の直後、蒋介石は連合国側にたったのだ。

ここが問題なだけなんだけど、まあいいや。

354 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/08(土) 22:53:14 ID:1vXoeG0k
>>352 分業が生産力をあげるので書いてあってそれを否定する。
正しく狂気。

 実際、藻前のような読解力で分業を否定しようとしたのがポルポト派だわな。桑原桑原

355 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/08(土) 23:03:48 ID:cshsGb6S
要するにキョウサン革命の成功するのは遅れて混乱した農業国
そこで収穫を農民の必要カロリー未満まで打って工業化したりする
ことで何千マンの餓死者がでる。

356 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/08(土) 23:47:30 ID:cshsGb6S
>>356
荒らすことしか出来ないのに減らず口だけは達者だな。


357 :(・゜ω゜・) ☆まじめこて☆ ◆rgujENbs.s :2007/12/09(日) 01:12:38 ID:l1Xht/4A
>>339
俺は「資本家しか存在しない」とは書いたけど。

>>340
定義?
定義っつーのは暗記してそれまで。
それを言わせて何の意味があるんだ?

>>343
その通り。
資本主義など存在しないし、全ては資本主義だ。
なぜならば資本家しか存在しないから。
実に単純明快な論理。

あほくさ。

358 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/09(日) 03:00:01 ID:vz9o4yxE
>>357
資本主義しかないとしても、その資本主義がどうなっているかは自明ではないだろ。

359 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/09(日) 10:43:59 ID:R4e3jD+H
>>257
資本家は自分の資本(元手)で人を雇える人のことだよ。
よって全てが資本家、全ては資本主義はあやまり。

定義はこの場合マルクス批判をするお前が頓珍漢なことを言うと
俺と一緒にされかねないから聞いたんだ。

要するにお子ちゃまのマイ経済学なわけね。
ならやめてくれないかなあ。この国には資本家になれない労働者
がたくさんいてけいきもよくない。そのときすがるのは○と昔
は短絡的にいけたけど、意味なかった。
今では○の無効説が流れていて、
違う経済学を作らなきゃならない。それには丸をある程度知っていて
勝つ新しいものにつなげられる人が一番。残念ながら俺はそうではないが丸
のロジックは壊すことが出来る。
そのじゃまになるんだよ。

360 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/09(日) 10:50:42 ID:R4e3jD+H
しかしネット難民にも全ては資本家っていえるのかよ? お子茶まもいい加減にしろよ。

361 :かつて○だった男:2007/12/09(日) 11:49:46 ID:IOY1bKqy
資本家=資本の担い手
労働者=労働の担い手
サラリーマンで株をやっている人は、会社で働いている時は労働者、ネットで買い注文してる時は資本家だ。
マルクス経済学の良さを一つあげるとすれば、資本の増殖が目的化してしまい、経済のあらゆる活動がそれに従属する様を描こうとしたことだろう。
地元の生活を支えている商店街。日々の生計を立てればそれでよいと考えている従業員とお客。
ここで大手スーパーのチェーン店が乗り込み、この世界を破壊していく。
そんなイメージかな。
新古典派の静態的・調和的な一般均衡モデルやゲーム論のモデルでは、こういうダイナミックな資本の有様を記述する子とは不可能だ。

362 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/09(日) 16:17:39 ID:R4e3jD+H
ええ? 資本の表現むりなんですか?

363 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/09(日) 16:20:30 ID:R4e3jD+H
例えば競争市場の利益が出ているモデルから始まり、
「でかい一発」があって独占モデルに、それが何年も続いて
利潤が蓄積される様とかじゃ駄目なんですか?

364 :かつて○だった男:2007/12/09(日) 16:30:49 ID:IOY1bKqy
>>362
私もそこまではわからんけれども。
○の場合、資本そのものではなく、資本の運動形式・図式全体で考える必要がある。
例のG→W→Gかな。
資本そのものがまるで一個の意思ある生き物のように運動し、自己増殖そのものを目的化し、暴走する。
資本家・労働者を含めて人間はその増殖システムに取り込まれ、その担い手となって与えられた役割を演じる他なくなる。
こういう図式を描き、分析するのが資本論でのテーマではなかったのか、と考える。
資本家が支配階級となって労働者を搾取する、ということも彼ら(資本家)が明確な意思を持って行動した結果そうなったのではなくて、
資本の運動そのものがそのような資本家・労働者の関係を生み出した、ということか。

365 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/09(日) 16:32:15 ID:DfwIzSa3
過度に煩雑になるわな。既存の○では過度に雑駁かも試練が。

366 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/09(日) 16:42:31 ID:R4e3jD+H
丸は産モデルだけで需要モデルがない。
人事コストでリストラとか表現できない。


367 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/09(日) 16:43:38 ID:R4e3jD+H
産ー>生産

368 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/09(日) 16:47:18 ID:R4e3jD+H
AGILで需要と供給を表現どうだ?

369 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/09(日) 17:08:28 ID:R4e3jD+H
AGILでマルクスの上部構造ー下部構造を論破した俺だが、
その際に需要と供給ではAGILは違うと気がついた。
ここから利潤を発生できれば、それを地億席させて資本も。。。

370 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/09(日) 17:20:47 ID:R4e3jD+H
地億席->蓄積

なるほど供給、需要、コストで利潤がわかり、それを蓄積させればいいだけの話だ。

371 :丸山圭子:2007/12/09(日) 17:29:47 ID:DfwIzSa3
近景といっても、第二次大戦前までは資本金と利子、資本財と準レントなどについてちゃんと分析していた。
そことなら、マルクスの資本概念は対比が可能かも。
いまの公務員教科書的な近景の本には、そういったことがわかるように説明されていない。

>>366
 好況末期の賃金騰貴→利子率上昇→恐慌→大量リストラ
が宇野理論の基本中の基本なんだが?

372 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/09(日) 18:29:08 ID:R4e3jD+H
>>371
搾取率100%
として
100V+100C+100M=300
のモデルを「虚心」に見てください
利潤が労働から鹿ありえない以上利潤低下にリストラ
はありえないんですよ。

373 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/09(日) 22:04:39 ID:R4e3jD+H
>>364
金に魂を売った世界
http://d.hatena.ne.jp/kurosiro1/20071114/p1

374 :丸山圭子:2007/12/10(月) 08:17:26 ID:JGK87RVi
>>372
100V+100C+100M=300
から資本蓄積が行われて
150C+150C+150M=450
になったとしよか。しかし、もはや130Vで労働者は全員雇用されてしまうとしよか。
すると、労働者に対して資本が過剰な状態になってしまい、現実にはこのような資本蓄積は
不可能となる。そこで、技術革新によって合理化・リストラを遂行して、たとえば
200C+100V+100M=500
にしなければならないことになる。
このようなことが恐慌・不況を通じて行われると考えるのが景気循環論だ。

375 :丸山圭子:2007/12/10(月) 08:19:24 ID:JGK87RVi
失礼、
150C+150C+150M=450

150C+150V+150M=450
の誤植。

376 :(・゜ω゜・) ☆まじめこて☆ ◆rgujENbs.s :2007/12/10(月) 12:38:14 ID:3gFgnKef
>>359
>資本家は自分の資本(元手)で人を雇える人のことだよ。

あいた口がふさがらないほどの知ったかぶり、炸裂。
いつものことなんで別に驚きはないが、
ただただあきれ返るばかり。

377 :かつて○だった男:2007/12/10(月) 20:50:24 ID:u/bgxB2b
ムム? ニューフェイスの登場とまじめこての参戦。
再び塾長包囲網が形成されておる。
くろしろー塾長の覚醒なるか?
異次元経済学の爆裂を期待しておりますぞ。

378 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/10(月) 21:00:08 ID:UIFLTvCB
>>374
おかしいですなあ。生産拡大すればぜんぶうれずはずでっしゃろ?
それを制限するモデルがないと

みじめですよ。かつまるさん用語は正しく使いましょう。

379 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/10(月) 21:07:01 ID:UIFLTvCB
ああまマルクスは需要のたびに”命がけの飛躍”みたいなかっこいい
呼び方を考えていたのですな。だからモデル化を避けたと。

380 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/10(月) 21:09:37 ID:UIFLTvCB
前はみじめコテって名前だったんだけど毛誰も相手にしないんで
みじめになりました。4歳くらいの知能です。

381 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/10(月) 21:17:37 ID:UIFLTvCB
>>378
売れずー>売れる

382 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/10(月) 21:20:03 ID:UIFLTvCB
本当のみじめは自分のみじめさに自殺したそうですから遺族ですかな。

383 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/10(月) 21:38:45 ID:UIFLTvCB
みじめは朝鮮人でパンダに育てられたそうです。
だから自分でもみじめと書きたいのにまじめと書いてしまうみじめっぷり、
4歳児にしては漢字も書けるのもそのせいです。


384 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/10(月) 21:40:37 ID:UIFLTvCB
あのコテの絵はパンダなんですよ。

385 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/10(月) 21:44:11 ID:UIFLTvCB
カットブぜ、今宵=需要

ということですな

386 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/10(月) 21:48:23 ID:UIFLTvCB
みじめの遺書

アイゴー
アイゴー
自愛死

まじめコテ

387 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/10(月) 21:58:14 ID:UIFLTvCB
遺族の言葉
マンせー
マンセー
子鬼死


388 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/10(月) 22:07:14 ID:UIFLTvCB
親族は「しょぼい焼肉」です。みじめの自殺日は特別休日でみんなで喜びます。

389 :(・゜ω゜・) ☆まじめこて☆ ◆rgujENbs.s :2007/12/11(火) 00:08:51 ID:sQry2hcA
おいおい、こんなんでいちいち壊れてんじゃねーよ。
ナイーヴなやつだなぁ。
思春期の乙女かよw

390 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/11(火) 02:01:45 ID:+WFKxISG
4歳児のパンダとだと話す趣味はないね

391 :Jimmy:2007/12/11(火) 03:41:59 ID:VQDtbSjJ
トップ 1%の世界で仕事します。サヨウナラ!

392 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/11(火) 06:43:35 ID:+WFKxISG
こっちはアムウェイは逝っちゃうし。

393 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/11(火) 06:47:50 ID:+WFKxISG
しかしマルスレでありながらまるをけなせる。民主主義ですなあ。
ミクシイじゃあらしだって。

394 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/11(火) 08:10:11 ID:+WFKxISG
http://mixi.jp/view_community.pl?id=2879402
マルクスがある程度わかる人の経済がくサイトみじめは拒否します。

395 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/11(火) 08:14:32 ID:+WFKxISG
丸経狩り 滅びよ経済学

リンクは出来ん。このタイトルに来たれ。

396 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/11(火) 10:22:55 ID:+WFKxISG
ミクシイで「フランスにおける革命」でぐぐれ。一発だ。

397 :(・゜ω゜・) ☆まじめこて☆ ◆rgujENbs.s :2007/12/11(火) 12:28:05 ID:sQry2hcA
【竹島】 全国から集まった大学生、独島で大統領選挙投票の予定[12/09]
http://news24.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1197297929/

朝鮮人ってホント気持ち悪いですねw
この幼稚性何とかならんのだろうか。

398 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/11(火) 19:26:10 ID:+vVIZf7Z
>>361
>マルクス経済学の良さ
都市の降伏でつ
○のビジョンは、牧歌的な農村生活にあると見ますた
違う??

ちなみに、今月のニュートンは次元についての特集
塾長は余剰次元に隔離されちゃうのかなー

399 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/12(水) 01:01:07 ID:c2HMAso8
いや普通に古代ギリシャの生活。しかしいつからこのスレはゲ○ル派の戯れになったのか。

400 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/12(水) 02:30:37 ID:tXONA5rr
いや俺の目差すところは革命じゃなくて革命後の国づくり。
そこまで出来なきゃ駄目。

401 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/12(水) 02:53:50 ID:tXONA5rr
>>398
いやだから赤ちゃん帰りdayo.それじゃ人口を維持できない。
俺もマルに限ればかなり崩せせるようになった。でも破壊の後の創造
ができーん。


402 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/12(水) 08:46:36 ID:tXONA5rr
>>397
大蔵キャリア度アメリカの方がきもいわい。

403 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/12(水) 09:48:43 ID:tXONA5rr
度ー>と

404 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/12(水) 14:30:08 ID:tXONA5rr
右翼または国家の単位で物事を考える人に言う。
竹島問題よりも9アメリカや官僚の問題を考えろ。

405 :かつて○だった男:2007/12/12(水) 21:33:57 ID:9yMd5plB
>竹島問題よりも9アメリカや官僚の問題を考えろ。

厚労省や防衛省の不祥事のことですか?
そういえば、くろしろー塾長も官僚の1人ですわなw.
つまり勤務時間中に2ちゃんに書き込み連発の問題も考えろとw。

406 :(・゜ω゜・) ☆まじめこて☆ ◆rgujENbs.s :2007/12/13(木) 02:14:30 ID:qyE429l+
うんこ君がいくら話をそらせようと無駄。
朝鮮が糞であることに何の変わりもないし、それを隠すことも出来ない。

407 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/13(木) 02:45:57 ID:A1SSGbYZ
>>401
>破壊の後の創造
エゴを否定した経済システムがうまくいった試しがないと、船井幸雄氏が述べているでつ
理由はよく分からないお
なぜなんだろ??

408 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/13(木) 02:52:08 ID:DRHCzjVe
人間がダメだから。

409 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/13(木) 10:42:33 ID:w/LyFmsE
>>405
はははは休職中
>>406
優先順位を考えろ



ああああとこのスレは丸経を僕が破壊したため、同人会でなければ学術的にはいおしまい

410 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/13(木) 10:46:45 ID:w/LyFmsE
>>厚労省や防衛省の不祥事のこと

バブルとバブル崩壊のこと。

411 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/13(木) 19:20:34 ID:A1SSGbYZ
>>407
でも、船井幸雄はエゴの経済の次はエバだと逝っていたでつ
そのEVAHはHAVEのアナグラムなんだよ、たぶん
塾長、オカ板にもマルクススレを、、

412 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/13(木) 19:53:12 ID:w/LyFmsE
マル経を殺した男にたのむのは筋ちがいだろう。
だが破壊だけでは駄目だと思った。明日から数一をやらナ阿寒。
小悦はこれで十分だろう。マル経の死。

413 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/13(木) 20:02:36 ID:w/LyFmsE
マル経ごろし
不変資本というものが編である、道具や機械は労働をむしろ倍加
するものであるし、材料は生産を得て別の価値を得る。つまり財・サー
ビスの希少性。抽象的人間路動画価値であるのは道具・機械からも
フィクション。

414 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/13(木) 20:08:24 ID:w/LyFmsE
これが財・サービスの希少性の価値となると謹啓の教科書の初めである。
このとおり丸経は死んだ。俺が殺した。OFW横のざまで満足か?
しかし破壊の後には想像がなければいけない。私は一般用エンタメ
丸経小説を2年以内に書こう。それから数学を数一から学び資本のモデルを考えよう。

415 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/13(木) 20:12:14 ID:w/LyFmsE
資本は一人じゃ無理っぽいんで学者の人も考えてくれ。

12月13日マル経亡チーン。

416 :(・゜ω゜・) ☆まじめこて☆ ◆rgujENbs.s :2007/12/13(木) 23:41:27 ID:qyE429l+
ついに分限されましたかw

417 :かつて○だった男:2007/12/13(木) 23:55:33 ID:5DNgxlfS
>エゴを否定した経済システムがうまくいった試しがないと

正しくは利己心を否定した経済システムがうまくいった試しがないと

自己中心主義者:自分が自己の利益を追求するのはいい。しかし他人は駄目。
利己主義者:自分が自己利益を追求するのがいいならば、他人も同じ行動をとることも否定はしない。

両者は似て非なるものなり。
共に自己の利益の追求を否定しないが、エゴイストはそれが自分のみに許されるとし、
利己主義者は自分のみならず他者が自己利益を目指すことを否定はしない。

そういえば、このスレで身の上の不幸を日記風に書き綴って、すれ違いな話を延々としていた御仁がいた。
で、このお方、将棋の話が話題に上った時、すれ違いだから止めろ、といったなw.
このお方、公務員だそうだがw.
まあ休職になるのも致し方ないかw.

418 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/14(金) 02:39:55 ID:W6gcvTJL
再生産を考慮しているマルクスの世界に希少性ってあるのかなー
よく分からないでつ

確かに、単なる自己中心と利己主義は違いまつでつね
スミスは公平なる傍観者を主張してましたし、、

419 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/14(金) 03:02:36 ID:W6gcvTJL
ちなみに、オカルト船井幸雄は量子力学と心理学、科学と宗教の統合を主張していますた
異次元経済学では、唯物論と唯心論、上部構造と下部構造の統合をお願いしますでつ
塾長の復職をお祈り申し上げますでつ、南無、南無

420 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/14(金) 03:37:07 ID:iNiR8H8j
※参考:「図解これがネットウヨク(保守派)」

    / ̄ ̄ ̄ ̄\←日教組への反発を言い訳に勉強しなかったので中身からっぽ。
   (  人____)
    |ミ/  ー◎-◎-)←「株」という字が「妹」に見えてしまうほどのヲタク。
   (6     (_ _) )
  _| ∴ ノ  3 ノ←元慰安婦の女性を「売春婦」呼ばわりして恥じない。
 (__/\_____ノ__
 / (__))     )
[]_ |  |  日本会議ヽ←国民の歴史という「大きな物語」との一体感に酔い痴れている。
|[] |  |______)
 \_(___)三三三[□]三)← いま童貞。これからもずーっと童貞。
  /(_)\:::::::::::::::::::::::/
 | 正論 |::::::::/:::::::/
 (_____);;;;;/;;;;;;;/
     (___|)_|)←戦争被害者の声を踏みにじることによってしかアイデンティティーを維持できない。

421 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/14(金) 03:43:12 ID:Vfad+E7p
>>413
そんな指摘は前からある、馬鹿の一つ覚えの上受け売りだな。機械が特別剰余価値を生んでいるように見えることを強調した観測記述がある。不変資本は、解釈によっては重大ではない。

422 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/14(金) 04:04:21 ID:Av99ETXq
塾長の素性は独学の門外漢。ありふれた反米反ユダヤ主義者。全く失せない、懲りないから、とうとう頭が焼かれる。

423 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/14(金) 11:21:19 ID:b1Us2W40
>>421
特別剰余価値は特許モノである。
それと普通の道具・機械は違う。
ほかのところでは明らかに道具・機械を不変資本に使っている。
12月13日マルクス経済学死亡の日

424 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/14(金) 11:28:17 ID:b1Us2W40
>>422
反米ではなく性格には財界だが、どうにかならないのですかそのユダヤ
って発想はユダヤ人は金融資本家になりやすく目立つので、ユダヤと
とばれるが貧しいユダヤ人はごろごろいる。ユダヤはヨーロッパで、
アメリカは無論ワスプが強い。

425 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/14(金) 11:31:00 ID:b1Us2W40
いちいち不変使用の際道具・機会は特別剰余価値といいそのモデル
を作ったか? 全部不変資本で亜盆だろう。

426 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/14(金) 11:32:24 ID:b1Us2W40
休職は病気療養

427 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/14(金) 11:46:58 ID:b1Us2W40
かつまる氏の素性秦だのノーマルな経済学者、だから経済学
に批判もできず。何故資本がないんか主流派で資本ったら元で
のことですな。ブルジョアが喜びまっせ。ブルジョア経済学者さん。
といったら切れて逃げた。実際に今謹啓も勉強中だが、最低賃金法
何か邪魔だよという浅い議論がある。高校生のアルバイトで均衡す
るものと最低賃金法、ワーキングプアにどちらが有効か。

428 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/14(金) 12:08:06 ID:b1Us2W40
まあマルクス経済学我消えたから将棋の話でもいいよ。

429 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/14(金) 13:07:14 ID:b1Us2W40
>>424
ユダヤー>ユダヤ資本

430 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/14(金) 15:22:00 ID:b1Us2W40
私は変わりましょうか。

431 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/14(金) 21:47:35 ID:b1Us2W40
今日からここはバーになりましたくろしろーさんが丸経を壊したせいです。
バー・マルクス&エンゲルス
くろしろーさんは人生の目的を見つけて旅立ってしまいました。

432 :かつて○だった男:2007/12/14(金) 23:06:15 ID:tVriRmtF
>>427
社会科学は党派性を帯びてはならない。
マックス・ウェーバーの価値自由の立場を述べただけのこと。
ウェーバーだけでなく、ミュルダールやムア(倫理学)もほぼ同じことを述べている。
ある特定の党派の利益を代弁するために科学は利用されてはならない、ということだ。

433 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/15(土) 00:47:45 ID:KIStGOWq
>>424
それはワスプの希望的観測。CIAはワスプの最後の牙城だったから潰してやった。これからはペンタゴンが支配する。そして帝国によって世界化される。残念でした亜盆

434 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/15(土) 00:54:41 ID:DcOAvqgh
アインシュタインがマンスリーレヴュー第一号でマルクス主義は正しいと言ったが、アインシュタインが間違っていたとでも言うのか。そんな無礼な君は絶対量子革命の恩恵を受けられないだろう。

435 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/15(土) 01:04:00 ID:cwy6P36l
>>425
独仏英語、数学に通じてないばかりか、オカルトヲタを自称するわりには偽史がわからんとは。その程度だとは、私が野暮でした。抽象度の高い記述、ましてやマルクスが戸惑い気味な概念は幾等でも解釈できるんだよ。

436 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/15(土) 01:39:17 ID:OR5END3p
>>434
その党派性を帯びないのが不可能。
例えば中庸。
例えば100だと50の立場になる。
50だと25の立場、200で100の立場
常に中庸は中庸という党派性。
>>425アインシュタインはマルクスにおいて間違っていた。

437 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/15(土) 01:40:58 ID:OR5END3p
>>425−>>>434
失礼

438 :かつて○だった男:2007/12/15(土) 08:35:47 ID:aVGJ4hNi
>>436
これ以上は説明はしない。
価値自由の議論をネットで検索でもして、自分で調べるといいと思う。
その上で労働者の立場からの経済学を構築するなり、新古典派をブルジョア経済学と呼ぶことの正当性を自分で考えるといいだろう。
少なくともアンタが考えているほど事情は単純ではないよ。

439 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/15(土) 12:20:20 ID:OR5END3p
ウェーバーの概念か? これしかレスをしない。
すると観察外部にいるときはそうできるがそれの内部では出来ない。
何らかの立場にいる思考をめぐらす学者という立場見たって初めて
自分のみているものがわかる。この場合有効的なのは1複座的視野
だ。様々な立場に立っ手価値に干渉することだ。第二は自分の立場
表明これで何を見ているかはっきりする。
で第二の立場で搾取も資本もない新古典派はブルジョア経済学だと
逝ったのだ。複座で見るにも資本概念がなきゃしゃーない。
まあ数一からはじめるのが妥当だろう。マルクス経済学は機能しない
以上。

440 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/15(土) 12:24:44 ID:OR5END3p
書きなおす
ウェーバーの概念か? これしかレスをしない。
すると観察外部にいるときはそうできるがそれの内部では出来ない。
何らかの立場にいる思考をめぐらす学者という立場見たって初めて
自分のみているものがわかる。この場合有効的なのは第一は複座的視野
だ。様々な立場に立っ手価値に干渉することだ。第二は自分の立場
表明これで何を見ているかはっきりする。
で第二の立場で搾取も資本もない新古典派はブルジョア経済学だと
逝ったのだ。複座で見るにも資本概念がなきゃしゃーない。
まあ数一からはじめるのが妥当だろう。マルクス経済学は機能しない
以上。


441 :かつて○だった男:2007/12/15(土) 19:37:40 ID:aVGJ4hNi
様々な立場から社会を見る?
その考えとウェーバーの価値自由性はなんら関係ないよ。

442 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/15(土) 20:42:09 ID:OR5END3p
そりゃ俺の考えですから

443 :ご質問いたします。:2007/12/15(土) 21:44:21 ID:M1jD54Ed
『バスティアとケアリ』は
1958年、大月書店版『経済学批判要綱草案』の
何分冊目に収録されていますでしょうか?
わかります方、よろしくお願いいたします。

444 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/16(日) 07:59:31 ID:jEXF5tcf
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BE%A1%E5%80%A4%E8%87%AA%E7%94%B1

445 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/16(日) 12:09:25 ID:hLxEpJsC
何度言ったらわかる。記述なんぞマルクス以前の哲学、デカルトの問題だ。不可能なことをレーニンはやったのだ。サージェントも認めているが、合理的期待形成派が導いた定量的予測は全知全能の自由人(全エージェントロボット)による共産主義社会だ。

446 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/16(日) 12:17:03 ID:oUqShLhg
そこでは経済に関する全ての知識を共有している。そしてかつて自動車工場から解放された「今日はこれをし、明日はあれをする」ロボットは構成複雑高度化により亡霊(人格)が現れている。ひとりはみんな、みんなはひとりのハイブマインド

447 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/16(日) 13:27:18 ID:jEXF5tcf
全知全能のスターリンを生み出したのはレーニン

448 :1111111111111:2007/12/16(日) 13:29:01 ID:H8Y2ikg+
 そろそろ西欧的な全知全能=神モデルを基礎とした学問は廃業
 しなきゃならん時にあるかもな

 無を前提に何か生み出せないのだろうか

449 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/16(日) 13:39:10 ID:jEXF5tcf
マ、いずれにせよ一般語レベルで丸経は死んだ。
お後は勝手に。

450 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/16(日) 19:50:47 ID:jEXF5tcf
誰か俺を破ってみろ。マルに博識なもの、主流派の大学の先生。いろいろいるからロジックの間違い
があるかも知れん。

451 :(・゜ω゜・) ☆まじめこて☆ ◆rgujENbs.s :2007/12/16(日) 20:22:59 ID:CAZBkZg8
「破ってみろ」も破れる訳ないじゃないか。
端から破綻しているものを。

こいつはどこまで気が狂っているんだろうか。

452 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/16(日) 20:26:36 ID:jEXF5tcf
お前じゃ真贋はわからんよ。丸経知らんもん。

453 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/16(日) 20:27:37 ID:jEXF5tcf
アアそれと君の暴言で3500万の損害賠償がしたい。払え

454 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/16(日) 20:31:29 ID:jEXF5tcf
不変資本ってわからんだろばか。

455 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/16(日) 20:34:40 ID:jEXF5tcf
どこまでみじめなのやら。

456 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/16(日) 20:39:58 ID:jEXF5tcf
ロックフェラーの本見たけどどこまで資本家を知らんのか。

457 :(・゜ω゜・) ☆まじめこて☆ ◆rgujENbs.s :2007/12/16(日) 20:44:34 ID:CAZBkZg8
>ロックフェラーの本見たけどどこまで資本家を知らんのか。
>ロックフェラーの本見たけどどこまで資本家を知らんのか。
>ロックフェラーの本見たけどどこまで資本家を知らんのか。
>ロックフェラーの本見たけどどこまで資本家を知らんのか。
>ロックフェラーの本見たけどどこまで資本家を知らんのか。

いいねぇ、これw
笑っちまった。

もっと強烈なやつも頼むww

458 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/16(日) 20:46:39 ID:jEXF5tcf
お前のマイ経済学はいいよだれもが資本家とか

459 :(・゜ω゜・) ☆まじめこて☆ ◆rgujENbs.s :2007/12/16(日) 20:47:23 ID:CAZBkZg8
ちなみに資本家のことならよく知ってるよ。
俺自身も公務員でありながら資本家だし。

人間界から離れれば、ハキリアリなんか非常に高度な資本経済を営んでいるね。
くそしろーなんかよりはアリの方が資本を理解していそうだねw

460 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/16(日) 20:48:17 ID:jEXF5tcf
早く不変資本について話せよ。

461 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/16(日) 20:50:11 ID:jEXF5tcf
だからお前しかいないって、全てが資本家っての。マイ経済学でしょ。それ馬鹿みたい。馬鹿か。

462 :(・゜ω゜・) ☆まじめこて☆ ◆rgujENbs.s :2007/12/16(日) 20:51:09 ID:CAZBkZg8
>誰もが資本家

マイ経済学でもなんでもない。
「資本家=生産手段の保有者」という誰もが認める定義によれば、
誰もが資本家になると言う当たり前の話。

算数からやり直しとけ。

463 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/16(日) 20:52:51 ID:jEXF5tcf
ダー、誰かを雇える資本。自分一人でもやっていける資本をもってないと資本家とはいわんよ

464 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/16(日) 20:53:53 ID:jEXF5tcf
生産手段が自立してなければならん。労働力なんて一部でしょ。

465 :(・゜ω゜・) ☆まじめこて☆ ◆rgujENbs.s :2007/12/16(日) 20:55:44 ID:CAZBkZg8

マイ経済学をぶち上げないでください。

誰かを雇える資本?
意味不明。
誰だって労働者を雇える。
仮に世界に存在する人間が一人としても、
自分は自分の労働力を雇える。

馬鹿も大概にしなさいw

466 :(・゜ω゜・) ☆まじめこて☆ ◆rgujENbs.s :2007/12/16(日) 20:56:32 ID:CAZBkZg8
生産手段の自立?

これこそ全く意味不明。
マイ経済学ぶち上げないでくださいw

467 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/16(日) 21:00:11 ID:z8EDf2YS
いや、まいりました。あなたもメンヘルですね。

468 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/16(日) 21:02:44 ID:jEXF5tcf


469 :(・゜ω゜・) ☆まじめこて☆ ◆rgujENbs.s :2007/12/16(日) 21:02:49 ID:CAZBkZg8
いやいや、俺はいたってふつーの人ですよw

で、生産手段の自立って何ですか?
はぐらかしちゃあ駄目ですよ。
さっさとマイ経済学、ぶち上げちゃってくださいw

470 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/16(日) 21:03:56 ID:jEXF5tcf
丸の知識がないにしろびょ―きですな。

471 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/16(日) 21:04:29 ID:jEXF5tcf
プチブルジョアってわかりますか?

472 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/16(日) 21:06:14 ID:jEXF5tcf
要するに人は雇えないけど自分で独立して生産手段があるのがブルジョアで、プチブルジョア
喪それに入ります。後はプロレタリアート

473 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/16(日) 21:07:07 ID:jEXF5tcf
まあプロレタリアートにも格差がありますがね

474 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/16(日) 21:09:34 ID:jEXF5tcf
君もおもいっきり、プロレタリア

475 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/16(日) 21:10:34 ID:jEXF5tcf
雑用プロレタリアですな

476 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/16(日) 21:12:46 ID:jEXF5tcf
もちろんプロレタリアでもいろいろいすぎですよね。そこらへんは
アナリティカル・マルキシズムのライトの第二期がいい感じですよ
組織資産と技能資産の導入ですな

477 :(・゜ω゜・) ☆まじめこて☆ ◆rgujENbs.s :2007/12/16(日) 21:14:58 ID:CAZBkZg8
なるほど、株主ってやつは資本家じゃあないわけだね。
そして独立して生産手段を有しながら人すなわち労働力を雇えないなんていう、
訳のわからない存在がブルジョアなわけだ。

 全 然 意 味 わ か り ま せ ん w

もっとギャグおかわりww

478 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/16(日) 21:17:40 ID:jEXF5tcf
だから株主は代理人に経営負かしてるだけでしょ。ブルジョアですよ。
一人だけってのはプチブルジョアとプチがつく

479 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/16(日) 21:18:45 ID:jEXF5tcf
負かすー>任す

480 :(・゜ω゜・) ☆まじめこて☆ ◆rgujENbs.s :2007/12/16(日) 21:23:05 ID:CAZBkZg8
じゃあ俺ブルジョアじゃんw
アホかw

481 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/16(日) 21:26:08 ID:z8EDf2YS
株でくえてれば

482 :(・゜ω゜・) ☆まじめこて☆ ◆rgujENbs.s :2007/12/16(日) 21:28:28 ID:CAZBkZg8
は?株主はブルジョアなんだろ?
全く意味不明なんだが?

どこまで頭が悪いんだお前は。

483 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/16(日) 21:31:44 ID:z8EDf2YS
だからただの株主じゃなくて株でくえるひと

484 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/16(日) 21:33:41 ID:z8EDf2YS
みじめはプロレタリアがいやなのね

485 :(・゜ω゜・) ☆まじめこて☆ ◆rgujENbs.s :2007/12/16(日) 21:34:29 ID:CAZBkZg8
>>478では、「株主はブルジョア」
>>481でじゃ、「株で食えていればブルジョア」

たった3レスで自ら破綻。
これをどう「破ってみろ」と?w

いや、君はホント本物の馬鹿だな。

486 :ご質問いたします。:2007/12/16(日) 21:38:02 ID:qgRQx66v
『バスティアとケアリ』は
1958年、大月書店版『経済学批判要綱草案』の
何分冊目に収録されていますでしょうか?
わかります方、よろしくお願いいたします。


487 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/16(日) 22:01:00 ID:HhkSXJeV
第5分冊じゃね?

488 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/16(日) 22:01:21 ID:jEXF5tcf
資本論破りをやぶってほしいんだよ。
資本家と労働者の区別がつかない厨房は初めてでね。

489 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/16(日) 22:04:05 ID:jEXF5tcf
http://jbbs.livedoor.jp/study/8876/#2
こっちにきて、アク金なんだ。

490 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/16(日) 22:10:57 ID:jEXF5tcf
本でも読むか。相手をするにもアク禁では

491 :(・゜ω゜・) ☆まじめこて☆ ◆rgujENbs.s :2007/12/16(日) 22:16:29 ID:CAZBkZg8
資本家ろ労働者の区別がつかない厨房って誰?w

ちなみに俺は労働者ですよ。
ハキリアリも労働者だしロックフェラーも労働者。
この世に存在する全ての経済主体は労働者なんでね。

あまりにも当たり前すぎてアホくさw

492 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/16(日) 23:40:04 ID:jEXF5tcf
そうか労働者がいやで資本家言ってるのか
幼稚だな。お前くらいの粘着がマルに通じてればいいのだが

493 :(・゜ω゜・) ☆まじめこて☆ ◆rgujENbs.s :2007/12/17(月) 00:03:24 ID:ahHmG/uz
どうしようもないな。
この馬鹿は。

494 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/17(月) 03:18:05 ID:Fm6npot5
一口株主でも資本家は資本家だとどうでもいいことを言い募るのは、「自然界にも存在するレベルの放射能と同程度の放射能」で騒ぎ立てるのと同じ精神構造だな。

495 :(・゜ω゜・) ☆まじめこて☆ ◆rgujENbs.s :2007/12/17(月) 07:53:10 ID:ahHmG/uz
資本は資本、労働は労働、放射線は放射線、水は水、酸素は酸素。
精神構造云々はここに何の関係もない。
科学なのだから。

逆に科学の立場から全く意味不明なのが、
なぜ「株で食える株主は資本家」で「株で食えない株主は資本家でない」のか、
そのメルクマール(メルクマール君元気かなw)は一体どっからきたのよ?って感じ。

科学的に客観的に論述せよ。

496 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/17(月) 10:12:34 ID:K0A3XgiX
あのな
言葉面じゃなくて階級というものを前提に言ってるの。
必ずしもくつがえずにあらず、アメリカンドリームや、革命アリ。
すると労働者は自分の労働を売る。それで生活するに過ぎない階級。
株やっておこずかいにしてる奴も入るな。
プチブルジョアとは自分も働かなければならないが、生産手段
は自分の分、全て持ってる階級。自分の持ってる株で自分だけ
食ってるのもこれに属するな。
ブルジョアは人を働かせるだけ生産手段を独占した階級。自分で
働こうとしても、株式で資本を持っていてもいい。
うう、こんなアホ相手のレスしか出来ず、資本論破りは誰もレス
してくれない。かなしい。

497 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/17(月) 10:16:06 ID:K0A3XgiX
おれ自身はアナリティカルマルキシズムのライトの第二期のシンパ
だが。

498 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/17(月) 10:30:08 ID:K0A3XgiX
労働者階級にしろ技術でもらえる金が違う。
また入った組織でまた違う。俺も公務員じゃなきゃ
こんなに優雅に休職できない。
この二つがと上記の階級論が組み合わさったものが
ライトの階級論だ。

資本論破りは不変資本破りから。ここでいう不変資本と
は過去の労働とされ道具、機械、材料等だが
ちょっと待った道具、機械は労働を倍化させるし
道具、機械を作ったときのカロリーと道具機械で生産したときの
カロリーは違う、よって可変資本である。
材料は生産により質の違うものになる。これもまた過去の労働とは
違う現在の労働でそうなったのだ。それもまた価格を得る。
価値自体の抽象的人間労働が間違っていたのではないか?
財・サービスの希少性と書けば速やかにすっきり。

499 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/17(月) 10:39:48 ID:K0A3XgiX
そこで再生産表式も、平均利潤も駄目の丸経ぶっ潰し。
もはや過去のイギリスの労働者の惨状くらいにしかならない。
ならエンゲルスの嫁や
という話になるのだが一般化された商品搾取理論の前に言っとけば
違ったかなー。

500 :(・゜ω゜・) ☆まじめこて☆ ◆rgujENbs.s :2007/12/17(月) 12:30:01 ID:ahHmG/uz
いやね、お前以外の全員がわかってることだけど、馬鹿はお前。
「階級というものを前提に言ってるの。」と自らのイデオロギー告白してどうすんの?
宗教やりたいんならオカ板行けって話。
>>432で指摘されただろ?
つかもうかれこれ一年以上指摘され続けているわけだが。

お前の主張がオカルトではなく科学であると言うのならば、
なぜ「株で食える株主は資本家」で「株で食えない株主は資本家でない」のか、
科学的に客観的に論述せよ。
こういうお話。

ここまで書いてやらんとわからんのかなぁ。
低次元にも程がある。
うぜーから小学校からやり直せ。
算数からな。

501 :(・゜ω゜・) ☆まじめこて☆ ◆rgujENbs.s :2007/12/17(月) 12:42:30 ID:ahHmG/uz
つか、「言葉面」だって?w
俺がンな「言葉面」の話を書くわけがないだろ。
お前と違って常に熟考した書き込みしかしてねーから。
こっちは常に社会科学の基礎を踏襲してんのよ。
わかる?

 マ イ 経 済 学 開 陳 し て ん の は お 前 

ってこと。
まだ気づけないのかなぁ?
かれこれ一年は「指導」してやってるわけだが。

お前が馬鹿だからといって人様が馬鹿だと思うな。
そこからお前は始めろ。

502 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/17(月) 12:47:48 ID:K0A3XgiX
いや階級はあるよ。おれ自身経験したし。イデオロギーは誰もがその立ち位置
によってできるものない人間などいない。
お前は主流派経済学イデオロギーだ。
餓死しそうな難民が主流派経済学を語るか? 普通の暮らしが出来て
主流派の教科書買える階級にいるからだよ。
何故株で食える株主はロっクフェラーなど少数発見され、
株で食えない株主は多数発見され分類され名前を資本家と資本家以外
煮付けられたに過ぎない。

503 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/17(月) 12:49:45 ID:K0A3XgiX
謹啓の本でもみじめのような話資本家云々はない。
よってマイ経済学だろう。

504 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/17(月) 12:53:08 ID:K0A3XgiX
まあしゅりゅうはでもこれ宗教かもナと思っていたほうがいい。
それがまともだ。自然科学に比べ社会科学は実験の困難さから
正しさに欠ける傾向がある。

505 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/17(月) 12:56:33 ID:K0A3XgiX
アマルティア・センが飢餓について書く。
でも彼はルンペン・プロレタリアートではない。
別階級、関心がそこにあるというだけ。

506 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/17(月) 13:01:00 ID:K0A3XgiX
それにマイ経済学でしか満足できないほど経済学が貧弱
だから、誰もがマイ経済学に走るのだろう。

507 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/17(月) 13:02:45 ID:K0A3XgiX
一昔前のマルクス経済学徒はみじめみたいな自分の立ち居地もわからん奴だった
のだろう。

508 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/17(月) 14:33:38 ID:dLGdRGC+
 【】医学部や司法試験よりはるかに難しい最難関試験である国家T種試験【】

    ★☆★☆  真のエリートを輩出する実力校はここだ  ☆★☆★
 
    07年度国家公務員1種試験合格者 私立大学別(10人以上合格)          

           
          早稲田大   85   さすがは早稲田の一言に尽きる      
          慶応義塾   72   さすがは慶応の一言に尽きる      
          中央大学   35   さすがは資格試験でも早慶に次ぐ実績を誇る中央     
          東京理科   32   さすがは理系私大NO,1の王者の風格      
          立命館大   31   さすがは関西私大NO,1の実力を披露   
          法政大学   13   さすがは東京六大学の実力校   
          上智大学   10   さすがは早慶上と並び評されるエリート校 

509 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/17(月) 17:57:56 ID:onF+a1tr
2匹のコミュニケーション障害が独り言を続けているのはここですか?

510 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/17(月) 18:10:27 ID:B7p/wOJR
くだらないジミーもきます

511 :かつて○だった男:2007/12/17(月) 19:04:08 ID:rJHVNo0I
社会科学の難しい所は用語の使い方。
日常用語を特殊な意味に限定して使う。
資本、労働、階級などなど。
これらの語が各々の専門分野の議論の中で登場する時、それはもはや日常的な意味ではなく、
専門用語としてその意味は限定される。
専門分野での議論としているのか、それともそこを離れもっと広い論脈の中で議論しているのか、
これに十分自覚的ではないと、議論は混迷する。
異次元経済学はこの区別にどうも無頓着らしい。

>いや階級はあるよ。おれ自身経験したし
イデオロギーは誰もがその立ち位置
によってできるものない人間などいない。
お前は主流派経済学イデオロギーだ。

などの記述からこれは明白である。
これでは、この世の住民から馬鹿呼ばわりさせても致し方ないだろうね。


512 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/17(月) 21:05:36 ID:K0A3XgiX
俺は、中小印刷会社、無職、公務員と転職したが、マルクス主義で言う
階級とは確かにあるが実情はちょっと違う。マルクスのプロレタリアート
をかなり変えた感じで、はっきり逝って民間より公務員は気楽という
ことを体感した。まあメンヘル問題もあるが、5時15分に帰ることも
出来る。中間管理職でも8時がいいところだろう。ただし中央は民間並
みらしい。民間中小では11時とか1時とかに帰っていた。今私はのんび
り休職中だが中小では、クビだろう、ここら辺の待遇の違いが、私が言い
たい階級である。その意味でマルクスともまた違おう。アナリティカル
・マルキシズムでエリック・オリン・ライト第二期の組織資産という考
えがぴったりだ。技能的に何もすぐれていないにかかわらず。5時15分
に帰れる。休職も出来る。組織基盤がしっかりしているからだ。
給与面でも安月給だが中小印刷会社と同じくらいだ。
よく新中間層といわれるがブルーカラーに近いものとそうでないものがあ
るし、思考停止だ。
ここら辺の階級論は新古典派では見られないことでどじもどじ、それを
飯の種にしているなどとても恥ずかしくて人に言えたもんじゃない。
マルの資本論破りもあっさり決まったように、一般語でも資本論は破れたし
日本の経営の含み資産システム、株と土地もゼミナール現代企業入門(絶版)
で見たものである。プラザ合意を発した相手も広瀬隆「億万長者はハリウッド
を殺す」の下巻に載っている。バブルのピンチはもっと学会ブレーン層が
しっかりしていれば避けれたことであった。今の日本のすさみようは回避
出来たのだ。新古典派というとんちきが何か皮肉を言おうとしても、私は軽蔑
を強くするだけである。


513 :かつて○だった男:2007/12/17(月) 21:20:01 ID:rJHVNo0I
いやいや、そんな大げさな話ではないも。
アンタが階級とか労働とかいう言葉を○の専門用語として使っているのか、日常用語として使っているのか、
どっちとも取れるラフな議論をしているから、そこを質問されているだけ。
そして、その質問に対して明確な回答を出していないから、議論が紛糾しているのよ。
それだけの話だ。

514 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/17(月) 21:24:09 ID:6l1d2zNI
公務員もいずれは正社員でもボーナスなし、退職金なしのアルバイトも増える。
「普通のアルバイトよりはマシだが大学出たのにボーナスもない仕事は嫌だ」
役所の仕事はその程度でいい。
広く薄く安く公務員を増やすほうがいいと思うよ。

515 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/17(月) 21:24:21 ID:K0A3XgiX
このことはサービス業としての学問を強く逸脱する。「マルクスって駄目なんだってね」「ええ、マルクスの資本論っていうものはこういうもので、
資本論破りってこういうものですよ」と説明できる芸がないのだ。学問とは何か? それは諸事項を科学的に文字化したものに過ぎない。
私は思い出す。どこか対人恐怖症のような社会性のなさそうな講師たち。自己紹介にものんびりしたいからこの道を選んだとかふざけたことを
書いているが「芸」がない学問人のせいでバブルや失われた10年など確実にこの国が回避できた。いや団塊の世代にマルクスを無力化させる
時「これこれこういう理由でマルクスは駄目、代わりにこんなの考えたよ」という展開が出来たはずである。そうであればそれに取って代わる学問が
この国をもっと豊かにしただろう。「マルクスの階級論が駄目ならば、ほかのないの?」「エリック・オリン・ライト二期はどうでしょう?」など知の
総合商社として学問が売られなければ、駄目だ。


516 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/17(月) 21:27:49 ID:K0A3XgiX
>>512
ではその批判を受け入れた上で知が駄目になると国がどんなに駄目になるか考えていただきたい
アンタプロだし民間ならクレームに改善策を見つけるものである。

517 :かつて○だった男:2007/12/17(月) 21:40:49 ID:rJHVNo0I
オオ。自分の言葉使いのラフさは棚に上げて、学問論をぶつとはw.
論点拡大・論点ずらし、の論法だな。
おあいにく様。その手には乗らんよ。
アンタ、マルクスが馬鹿だ、どうだといってるが。
そういう自分はどうなのよ?
自分のこと棚に上げて、人様のことをあしざまにいうものではありません。
フロイド(精神分析)が弟子のアドラーやユングに批判されて、こういったそうな。
「巨人の肩に乗ってれば、誰でも遠くまで見えると言うものさ」とね。

518 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/17(月) 21:48:13 ID:K0A3XgiX
大体この国は知の連関が出来ていない。私は日本史、英語、国語で法政大学社会学部応用経済学科に入門したが
経済学には数学と近代史が必要不可欠である。それさえまともになってないのに入試で落とせよという感じである。
ちなみ私立で8位の経営状態。いんちきだ。
60年代は挫折の時代だった。社会学的には「若者」が誕生し「我々の新しい未来のために頑張ろう」という時代だったの
にマルクスで破れた。でもなんで敗れたかわかれば、やり直すことも出来る「マルクス破り」は60年代にあるべきであった。
そうすればマルクスは正しいはずなのにとニヒリズムでサブカルチャーに逃げ込み、90年代以降島宇宙化〔総オタク化)した
日本にはならなかったはずだ。今起きている異常な殺人事件などの母体はそこにある。学の不在である。柄谷とか浅田とか
ああいうのは全部屑だ。骨太のマルクス破りがあればいい。そこから新古典派も資本とは何かを問うべきであった。学ぶべきを
学ばないから社会むちゃくちゃ、学ぶものがないから学校むちゃくちゃ。

519 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/17(月) 21:57:13 ID:K0A3XgiX
>>517
見てのとおりメンヘルの馬鹿だ。ただししこうなったのにも原因がある
1マルクス破りが戦前なかった。
2そこから学問が発展しなかった。
3産学が協働して世を発展させようとは思わなかった。
マルクスの論法は一般語で敗れる。そこから非マルクスにしても
わからないでやめてみじめのようにアレルギーを示すのと、わかってやめて
その守備範囲を代替するエネルギーがあれば、社会はこうはならなかった
俺は流されてこの始末。

520 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/17(月) 22:17:11 ID:K0A3XgiX
ゼミナール現代企業入門〔絶版)によると、この国は財閥解体され、銀行の元に企業グループを作らざるを得ず、
担保を必要とした。土地と、株式の値上がりだこの含み資産のおかげで借金して企業は発展した。
これがプラザ合意の際、暴走した、土地、株式のバブルである。アメリカ人は非常によくそれを分析した
アメリカはロックフェラーとモルガンの国である。国務長官もみなその閨閥にはいる。
日本が邪魔になるとブレディ国務長官〔ロックフェラー財団の理事長C・ダグラス・ディロンが形成した
投資銀行ディロン・リードの会長)がバブル狙い打ったと「ゼミナール現代金融入門」320Pに書いてある。
これが怪しげな広瀬隆とか言うジャーナリストの手でなされる人物調査も知の不在で学会のチェッカーがいない。
ちなみに俺は法政大学教授の経済原論のゼミの先生がゼミ紹介で推薦していた「赤い盾」を買って驚いて
これも購入したものである。
つまり日本の基本的な経営スタイルが壊された。これを何とかしなければ日本は真の意味で立ち直れないだろうが
ここでまた知の不在である。

521 :ご質問いたします。:2007/12/17(月) 22:18:38 ID:zuBG0Jtp
>487

ありがとうございます。

522 :(・゜ω゜・) ☆まじめこて☆ ◆rgujENbs.s :2007/12/17(月) 22:23:43 ID:ahHmG/uz
>>502
>いや階級はあるよ。

こんなのお前の主観そのものだっつーの。
一行目から社会科学否定してどうすんのお前?
もういいからオカ板でも行ってやってろ。

>>503
ん?
お前が持ち出した資本家の定義に沿って、
「お前の行っていることは破綻しているよ」とやっているだけだが?
つまり、俺がやっているのは「マイ経済学」ではなく「お前経済学(もどき)」。

 わ か ん な い の ?

まぁ馬鹿だからわかんなくても無理ないか。
実にお前は使い物にならんな。

523 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/17(月) 22:25:37 ID:K0A3XgiX
俺が不思議に思うのは何故8時間労働で日本を労働者に優しい国にしよう。一生懸命働いていれば
体や精神を壊しても何とかなる国にしようという。研究がなされていないのかマニアックなのか
やられていない件だ。ここでもマルクス破り、それを代替するエネルギー、産学共同の学問がない。

524 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/17(月) 22:30:42 ID:K0A3XgiX
>>522
主観ではあるまい。私の体験は方々で観察されるだろうから。

資本家の定義はお前が馬鹿すぎるからわからない。
後のレスで修正版のせたのに
気 付 か な い の

525 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/17(月) 22:37:32 ID:K0A3XgiX
それに開き直れば俺はマイ経済学だね。だって主流派も労働時間を短縮してとか研究
マニアックみたいだもん。

526 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/17(月) 22:42:05 ID:K0A3XgiX
>何故株で食える株主はロっクフェラーなど少数発見され、
>株で食えない株主は多数発見され分類され名前を資本家と資本家以外
>煮付けられたに過ぎない。
ほらやさしく解説してやっただろう。


527 :(・゜ω゜・) ☆まじめこて☆ ◆rgujENbs.s :2007/12/17(月) 22:43:55 ID:ahHmG/uz
>>524
お前は始め、>>478において「株主は資本家」と書いた。
俺すぐさま>>480で破綻を指摘した。
お前は>>481で自ら破綻を認めた。

 俺 が 教 え た や っ た か ら お 前 は 修 正 で き た わ け

わかるかな僕ちゃん。
時系列くらい把握しろや。

ちなみに
「株で食えていれば資本家」「株で食えていなければ資本家ではない」
なんつーのはお前の主観そのものです。
お前の「マイ経済学」です。
なぜならばそれはお前が言っているだけだから。

客観的、ってわかる?
水は水、酸素は酸素、誰もが覆しようのないイデオロギーの介在余地のないもののこと。
酸素を酸素と分類するためのメルクマールは人類みな共通なわけ。
資本家を資本家と分類するためのメルクマールは、お前と俺のような二者の関係の中ですら違うわけ。
なぜならばこれは主観的なイデオロギー的な問題だからなわけ。
そしてお前が「株で食えていれば資本家」「株で食えていなければ資本家ではない」を客観的というならば、
それを全人類みな共通に承認できるレベルまで昇華しなければならないわけ。
それが「科学」の手続きなわけ。
もう何百篇同じ事を繰り返し教えてやってるかわからんけどさ。

いい加減わかるよね?
幼稚園以下の脳ミソ気狂いヤロー君でも。

528 :(・゜ω゜・) ☆まじめこて☆ ◆rgujENbs.s :2007/12/17(月) 22:45:17 ID:ahHmG/uz
>>526
で、それがお前の「マイ経済学」なわけ。
いい加減自覚しな。
うんこ野郎。

529 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/17(月) 22:48:47 ID:K0A3XgiX
まあ問題はいろいろあるが、やっぱ8時間労働がなっていないってこれを問題にするべきじゃね?
それとも何故むりなのか? どうすれば解消できるのか?
マルクスのごまかしのもう一つは必要労働を具体的なモデルを上げず資本論で提示したことじゃね?

530 :(・゜ω゜・) ☆まじめこて☆ ◆rgujENbs.s :2007/12/17(月) 22:49:08 ID:ahHmG/uz
つか、

>何故株で食える株主はロっクフェラーなど少数発見され、
>株で食えない株主は多数発見され分類され名前を資本家と資本家以外
>煮付けられたに過ぎない。

よくもまぁこんな日本語として意味を成していない文章を
人様に読ませようとできるわ。
しかも馬鹿呼ばわり。

世の中なめてんの?
そろそろリアルに死んだほうがよくない?

531 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/17(月) 22:52:21 ID:K0A3XgiX
>>527
>ちなみに
>「株で食えていれば資本家」「株で食えていなければ資本家ではない」
>なんつーのはお前の主観そのものです。
>お前の「マイ経済学」です。
>なぜならばそれはお前が言っているだけだから。

別に客観的にも観測できるがね。論理ってわかる?
お前がアンケート取ればいいだけ


532 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/17(月) 22:53:48 ID:K0A3XgiX
>水は水、酸素は酸素、誰もが覆しようのないイデオロギーの介在余地のないもののこと。
>酸素を酸素と分類するためのメルクマールは人類みな共通なわけ。

甘いね、幻覚・催眠術・薬物このどれでもひっくり返せるよ。

533 :(・゜ω゜・) ☆まじめこて☆ ◆rgujENbs.s :2007/12/17(月) 22:55:34 ID:ahHmG/uz
>>531
わからんやつだね。
「なぜそのように分類されなければならないのか」
なんだよ。
基準の設定がお前の主観に基づくんだよタコ。
死ね。

534 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/17(月) 22:57:12 ID:K0A3XgiX
それにお前の問題を解決するには莫大な予算が要るね。
一個人に社会科学はむり。後押しがないと。

535 :(・゜ω゜・) ☆まじめこて☆ ◆rgujENbs.s :2007/12/17(月) 22:57:19 ID:ahHmG/uz
>>532
お前がいくら錯乱しようが酸素は酸素。
お前が死のうが酸素は酸素。

お前が死んでも何の変わりもなく世界は存在するよ。
だから安心して死ね。

536 :(・゜ω゜・) ☆まじめこて☆ ◆rgujENbs.s :2007/12/17(月) 22:58:23 ID:ahHmG/uz
>>534
意味不明。
おれは何の問題も提示していない。
安心して死ねや。

537 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/17(月) 23:01:09 ID:K0A3XgiX
どうも氏ねとかビビル犬みたいだな。基準はマルクスが作って大勢のマルキストが見つけたよ。
お前の言わんことはこうだろ? お前の主観を引っ込めて莫大な資本にひれ伏せ〔研究には金が絡むから)
だが俺は俺の主観によって生きるし、金は悪魔で道具でしかない。

538 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/17(月) 23:02:49 ID:K0A3XgiX
>535
わからないのかねお前がではなく人類全部がそうです。、

539 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/17(月) 23:04:11 ID:K0A3XgiX
>>536
資本家の問題だよ。

540 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/17(月) 23:05:24 ID:K0A3XgiX
どうもお前は死にそうになると死ね死ねおびえだしてかっこ悪いね。

541 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/17(月) 23:08:08 ID:K0A3XgiX
しかし繰り返すが8時間労働ってもんを成し遂げる研究が巻き起こらないものかね。

542 :(・゜ω゜・) ☆まじめこて☆ ◆rgujENbs.s :2007/12/17(月) 23:08:19 ID:ahHmG/uz
>基準はマルクスが作って大勢のマルキストが見つけたよ。

その基準はマルクスの主観。
本当にマルクスが「株で食えていれば資本家」「株で食えていなければ資本家ではない」
なんて基準を作ったのかどうかひたすら怪しいが。
そしてその基準が仮にマルクスのものだったとして、
それは信者内のみに共通なものであって、
党派の域を脱し得ない。
よって科学ではない。

以下全く意味不明。
オカ板行け。
終了。

543 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/17(月) 23:12:05 ID:K0A3XgiX
その基準はマルクスの主観。
どんな基準だろうが初めは誰かの主観だ。客観客観うるさい割には
オカバン逝けとか主観を押し付ける。何が怖いの?

544 :(・゜ω゜・) ☆まじめこて☆ ◆rgujENbs.s :2007/12/17(月) 23:13:44 ID:ahHmG/uz
>>539
意味不明。
資本家の定義を設定しようと必死なのはお前。
俺はそんなものに何の関心もないし、そんな定義を必要としない。

>>540
いや、自分の頭が余りに悪いと絶望するでしょ?
早く死んで楽になれよ、って話。

俺もお前が死ぬとすっきりするし。
馬鹿が一人消えてそれだけ資源の浪費が減るわけだし、
馬鹿に指導してやる手間も省ける。
俺はジミ氏とは違ってとことん博愛主義者なんで、
馬鹿見ると助けてやりたくなっちまうんだ。
糞忙しいのにね。
なもんだから、俺のためにもさっさと死んでくれ。

545 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/17(月) 23:15:24 ID:K0A3XgiX
客観って何? 俺は幻覚をみたことがあるが現実とはあまりにももろかった。幻覚ってね現実と同じ
なsんだよ。
パトナムの脳実験もやぶられてないだろ?
都合のいいようにそういう疑問を押しつぶしているようにしか見えないね。

546 :(・゜ω゜・) ☆まじめこて☆ ◆rgujENbs.s :2007/12/17(月) 23:15:56 ID:ahHmG/uz
>>543
>どんな基準だろうが初めは誰かの主観だ。

その通り。
そして決定的な差は、酸素は誰もが酸素と認め、
資本家は誰もが資本家とは認めないことだ。
前者は科学の一部に組み込まれて使用可能であり、
後者は科学的な議論には耐えられないということだ。

いい加減理解できて来たかな?


547 :かつて○だった男:2007/12/17(月) 23:18:27 ID:rJHVNo0I
Jimmyさんも博愛主義者だと思うぞw.
しかし・・・。
まじめこての毒舌、連続炸裂!
塾長苦戦!
いい加減塾長もHNを復活させるべきですな。
あの伝説のHNを。
それしかこの苦境を打開する手はありませんぞ!

548 :(・゜ω゜・) ☆まじめこて☆ ◆rgujENbs.s :2007/12/17(月) 23:19:26 ID:ahHmG/uz
>>545
破るも何も破る必要がない。
なぜなら破ることがそもそも不可能なものなのだから。

再三繰り返したが、認識不可能なものを認識する必要はどこにもない。
なぜならば認識できないからだ。

終了。

549 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/17(月) 23:21:09 ID:K0A3XgiX
>>544
嘘付けこの話には絶対乗ってくるくせに
資本家に過剰に敏感だよね。
絶対異常だよ。
お前馬鹿?
1博愛主義者といいつつ、お前の救いは死でしかない」。矛盾する。
2本当に馬鹿なら、お前の話は理解できない。
怖いなら怖いっていえよ。

550 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/17(月) 23:22:59 ID:K0A3XgiX
そして決定的な差は、酸素は誰もが酸素と認め、
じゃあ俺は酸素なんかみとめねえ。


551 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/17(月) 23:24:34 ID:K0A3XgiX
>>548
じゃあ誰しもがというお前の科学の定義は破綻する。にんしきできないものがいるから


552 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/17(月) 23:26:09 ID:K0A3XgiX
結局科学の限界がわからんらしい。きみもヘロインをやるべきだ。

553 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/17(月) 23:29:46 ID:K0A3XgiX
>550
まじめってこれなんだな
ググれば資本家の定義なんていくらでも出てくる
でも自分は認めない
現実じゃない
死ね←チャームポイント

554 :(・゜ω゜・) ☆まじめこて☆ ◆rgujENbs.s :2007/12/17(月) 23:30:54 ID:ahHmG/uz
>>547
ジミ氏は何年もこの馬鹿に付き合って色々懇切丁寧に教授して、
結果挫折したんですよねぇ。
まだくそしろー暦(おそらく)2年未満の俺が言うことじゃあなかったっすね。

>>549
確かにお前の底知れぬ馬鹿さ加減には恐ろしさを感じるけどね。
ここまで理解能力に劣るやつはなかなか居ないわ。
吃驚。

>博愛主義者といいつつ、お前の救いは死でしかない

うん。死んだほうがましなやつって居るからね。
苦しむことはないよ。
お前はさっさと死んだほうがいい。

>本当に馬鹿なら、お前の話は理解できない

きたきたw
お前は資本家に「程度」を設け、「これ以上は資本家」「これ以下は資本家ではない」とやるくせに、
都合の悪いときには「程度」を設けない。
「馬鹿」はすべからく「理解能力が全く無い」とする。

たった一スレのなかでも徹底的に破綻する馬鹿の論理。
世が世ならこんな口先ヤローは速攻で切腹だったものを。

555 :(・゜ω゜・) ☆まじめこて☆ ◆rgujENbs.s :2007/12/17(月) 23:34:37 ID:ahHmG/uz
>>550
残念だが、お前が認めようが認めまいが酸素は酸素。
お前が錯乱しようがしまいが酸素は酸素。
お前が死のうが酸素は酸素。
覆しようが無い。

お前が認めようが認めまいが地球は回ってんの。
それと同じ。

さ、安心して死になさい。

>>551
認識できないものがいることをどうやって認識したの?
つかオカ板行くか死ぬか、どっちか決めてさっさとやれ。

556 :くろ:2007/12/17(月) 23:48:38 ID:K0A3XgiX
ククク、じぶんがみえるのだろうしんだほうがいいと思うのだろ。
だが死ぬのって難しいよ。躁うつ病の俺は常に苦悩する。
ヘロインと銃が必要だ。そんなもん手に入らんし、入ったからって
何だっての? 死にたいという感情は表れては消える。
それにお前殺されそうになったことないだろ?
人間の根本的な欲望は生きたいなんだよ。
それにお前の科学が見えてきた。
誰にもわかるといいながら、わからない奴は消す
汚い野糞め。

557 :しろ:2007/12/17(月) 23:50:50 ID:K0A3XgiX
まじめさんは博愛主義者だね。メンヘルは全員ヘロインと銃で殺す法律があればいいなあとおもうもん。
勿論まじめさんも一緒に逝こうね。

558 :くろ:2007/12/17(月) 23:53:17 ID:K0A3XgiX
まじめは要は科学の限界を知らぬアホ。自ら思い知ったであろう科学の限界を。
科学とは集団の思い込みでしかないのだ。

559 :しろ:2007/12/17(月) 23:54:24 ID:K0A3XgiX
まじめさん8時間労働はどうして駄目なの? 教えて。

560 :しろ:2007/12/18(火) 00:02:42 ID:UsUIckq5
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%B3%87%E6%9C%AC%E5%AE%B6
まじめさんwikiに資本家がアア。
資本家 の検索結果 約 416,000 件中 1 - 10 件目 (0.19 秒)
ぐぐったら41万6千ものひっとがああ
ころさなきゃならないね?
まじめさんのいない資本家を信じてる奴は。

561 :くろ:2007/12/18(火) 00:09:07 ID:UsUIckq5
>>558
まじめはエリートヤンキー三郎
はしってるよな。
アレで幻覚剤飲ませて誰もが空を飛んでるように見せる話
があっただろう。
科学もそうだよ。っていうかおまえみじめだろ!
氏ねや。

562 :(・゜ω゜・) ☆まじめこて☆ ◆rgujENbs.s :2007/12/18(火) 00:12:00 ID:1CSOQqmK
>>558
これが思い込みであることの証明は?
水素と酸素を結合させれば水が出来る。
これが思い込みですか?

証明が出来ないのであれば、これは思い込みで無いと見做してよい。
矛盾なく常に成立するのだから。

>>559
8時間労働でいいならいいよ。
そんなものは主観の問題。
勝手にしろ。

>>560
意味不明。

>企業体に資本を提供し、経営を担う人、または、その利益配分にあずかる人。

つか、これは「株主は資本家」という定義に相当する。
そしてこれは全ての経済主体に当てはまる。
ロックフェラーだろうが、ハキリアリだろうが、俺だろうが。

アホくさ。

そして>>561にて糞が錯乱。
いつもの光景。

563 :くろ:2007/12/18(火) 00:15:54 ID:UsUIckq5
糞寝やがった。水を水と認識しない人間は例えばアメリカ人waterだ。
じゃあ本筋をとくか社会科学は科学ではない。新古典派も党派性。終了。
まじめは死にたくなってきている。日ごとに死にたくなってきている。

564 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/18(火) 00:17:43 ID:UsUIckq5
majimesann>>560


565 :くろ:2007/12/18(火) 00:19:26 ID:UsUIckq5
>>560
こいつらの存在は無視ですか?
まじめさんの科学のそこが割れましたな。

566 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/18(火) 00:22:27 ID:UsUIckq5
水素と酸素って自然科学だろ!
社会科学と一緒にするな。

567 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/18(火) 00:23:51 ID:UsUIckq5
>>560
意味不明
アハハハハハハハまじめさんらしい。
意味不明で済ましますか。意味不明。

568 :(・゜ω゜・) ☆まじめこて☆ ◆rgujENbs.s :2007/12/18(火) 00:24:00 ID:1CSOQqmK
>>563
>水を水と認識しない人間は例えばアメリカ人waterだ。

こんなものはまさに「言葉面」の問題。
「言葉面」云々で人様にイチャモンつけた口で、よくもまぁのたまうな。

>>565
>>562に書いただろ。

>つか、これは「株主は資本家」という定義に相当する。
>そしてこれは全ての経済主体に当てはまる。

お前の定義を>>560は否定してんだよ。
その>>560を俺に対して引用して何がやりたいんだ?って話。
日本語くらい理解しろ。

じゃあな。

569 :(・゜ω゜・) ☆まじめこて☆ ◆rgujENbs.s :2007/12/18(火) 00:25:14 ID:1CSOQqmK
>>567
意味不明なものは意味不明だからな。
お前の文章を理解できるやつなんぞ居ないってこった。
日本語になってないからな。

ま、そんなことろだ。

570 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/18(火) 00:25:38 ID:UsUIckq5
自然科学>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>乗り越えられぬ壁>>>>>社会科学
>>560
は意味不明。アハハハハ。

571 :OFW:2007/12/18(火) 00:27:22 ID:UsUIckq5
>>560
これ全部論破してくだ祭。まじめさんなら世ゆーですよね

572 :くろ:2007/12/18(火) 00:30:22 ID:UsUIckq5
>>567
意味不明なものは意味不明だからな。
あはははははは、それだけのウェブサイトが資本家を定義してますよ
この事実には目をつぶる。まじめさん面白すぎですわ。

573 :OFW:2007/12/18(火) 00:32:52 ID:UsUIckq5
日本は戦後教育において次のことを認識していなかった。
つまり>>560

574 :OFW:2007/12/18(火) 00:39:34 ID:UsUIckq5
http://search.yahoo.co.jp/search?p=%E8%B3%87%E6%9C%AC%E5%AE%B6&search.x=1&fr=top_beta&tid=top_beta&ei=UTF-8

アハハハまじめさんが資本家は科学じゃないって言うまでにものすごく時間がかかりそうですね。
大体自然科学と社会科学を一緒にしないでください。自然科学>>>>>>>>>>>>>>>>>>>乗り越えられない壁>>>社会科学


575 :OFW:2007/12/18(火) 00:46:37 ID:UsUIckq5
>企業体に資本を提供し、経営を担う人、または、その利益配分にあずかる人。

つか、これは「株主は資本家」という定義に相当する。
そしてこれは全ての経済主体に当てはまる。
ロックフェラーだろうが、ハキリアリだろうが、俺だろうが。


アハハハハまじめさん。wikiの都合の良いところばかりぬきだしてる。2以降を忘れちゃ駄目ですよ。

1誰もが共有する事象=科学
2党派性を持つ主流派経済学
3主流派経済学は科学ではない

576 :(・゜ω゜・) ☆まじめこて☆ ◆rgujENbs.s :2007/12/18(火) 00:52:39 ID:1CSOQqmK
>>560にあげらる第一の定義。
それは俺が用いる場合の資本家の定義。

「資本家の定義は主観を伴うので科学において用いることが出来ない」
これが俺の主張。
そしてそれを証左するように百花繚乱する「資本家」の定義。
検索すればいちいち中をあらためる事すらためらわれるほど「資本家」がヒット。
その中には当然糞が定義した「株で食えれば資本家」というゴミも。

「資本家」の定義が時代とともに変遷し、未だ確定しない。
「人の数」だけ「資本家」がある。
それは到底科学の構成要素足りえない。


つか、どれをとっても俺の主張の補強にしかなっていないわけだが、
にも拘らず、何を粋がっているのかさっぱりわからん。
いい加減救いようの無い馬鹿は死んでくれ。

577 :(・゜ω゜・) ☆まじめこて☆ ◆rgujENbs.s :2007/12/18(火) 00:55:40 ID:1CSOQqmK
>>575
都合のいいも何も、これだけ「資本家」がヒットすること、
2以降の「資本家」の定義が「ずれる」こと、
全て俺の主張である、

「資本家の定義は人の数だけ主観を含み、科学の構成要素足りえない」

を補強しかしていないわけ。
理解したら死んでくれ。
今日一日破綻しかしていない糞は。

578 :(・゜ω゜・) ☆まじめこて☆ ◆rgujENbs.s :2007/12/18(火) 00:57:15 ID:1CSOQqmK
×「資本家の定義は人の数だけ主観を含み、科学の構成要素足りえない」
○「資本家の定義は人の数だけ存在する主観的なものであり、科学の構成要素足りえない」

579 :(・゜ω゜・) ☆まじめこて☆ ◆rgujENbs.s :2007/12/18(火) 00:58:03 ID:1CSOQqmK
んじゃ、せっせと一日中自分の首絞めることだけに熱心だった馬鹿はほっといて、
いい加減寝ますか。

580 :OFW:2007/12/18(火) 01:17:33 ID:UsUIckq5
まじめこて敗走の理由
まじめこてはそれなりの学歴のある家に育ったようである。
そして大学へ行き国一をうけてうかった。だが希望官庁ではなくやめてしまう。
この滑稽さから死ねがでてくるようである。
よほどの挫折感だったのだろう。
そして彼は死ねを言わないと自分が高まっているときにはどうしようも
なくなってしまった。
まじめが鬱になって死を考え、博愛主義者と称して自殺を奨励するのも
まじめが自殺志願者であるからに違いない。
党派性のある主流派経済学のみを科学と盲信し、
丸経を信奉する私とは正反対のような人物である。
彼は誰にでも信じられる事象自然科学を社会科学の例に出したが
自然科学に社会科学はなれないのである。方法論を移植してそれっぽくみせているため。
水でもwaterでも何でもいいがこれなら科学となろう。
だが社会形態に関しては諸個人の主観から抜け出せられない。
よって統一された科学はない。しかしくろしろーは
私にマルクス経済学への関心を植えつけられ、ついには
資本論殺しまで思いついてしまう。マルクスに博識な人ならたくさんいる。
私もその一人だ。しかしくろしろーは怖かった。資本論破りを出されたら
私は逃げることも出来なかっただろう。それから彼がマルクスの時代に生まれていれば
彼は天才と呼ばれ、マルクスを大いに破ったであろう。
天才に博識がかなうわけがないのだ。
イヤー逃げてよかった。あとくろしろーは昔から必要労働の具体性にうるさかった。
彼なら8時間労働を実現するかもしtれない。
いや実現した。
それどころか休職である。
さすがだ。

581 :OFW:2007/12/18(火) 01:26:29 ID:UsUIckq5
くろしろは資本家コンプレックスのまじめ(ああ実家が金持ちなのかも〕の資本家論に興味はない。
彼の追及するのは8時間労働における資本家である。天才の彼ならいつの日にか実現するかもしれない。
アア間違えていた。くろしろーであった。この名の由来は太極図だという。
無から生じる老荘思想が彼の本質であるのか?
さて寝よう。

582 :OFW:2007/12/18(火) 01:51:34 ID:UsUIckq5
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%A4%BE%E4%BC%9A%E7%A7%91%E5%AD%A6
今後は社会疑似科学とよぶことにする。
みじめの資本家論につきあわない。
彼の求めるのは8時間労働で働ける社会における資本家しか興味がない。

583 :OFW:2007/12/18(火) 01:54:05 ID:UsUIckq5
私はマルクスの権威である。資本論殺しをしたくろしろーは
もはやこの名を名乗るに値する。

584 :かつて○だった男:2007/12/18(火) 07:05:42 ID:fUHPD88x
OFWって・・・w。
虎の威を借る狐かなw.
人のHNを勝手に使うとは。
塾長も落ちたものですな。

585 :OFW2世:2007/12/18(火) 13:46:27 ID:UsUIckq5
いえいえ、OFWは私のかつての師、マルクス主義正統派でへーゲリアンでしたが
私が丸経ごろしを体得したので、名前を継ぎました。私の丸経ごろしを破れれは
すぐにお返ししましょう。本人はいきなり失踪したのでいいでしょう。

586 :OFW2世:2007/12/18(火) 13:52:47 ID:UsUIckq5
くろしろーも使いますよ。下のアイディアのようにくろがダークサイド、
しろがエンジェルサイドで使うのが目的です。あとこれは太極図も表します。

587 :OFW2世:2007/12/18(火) 13:58:55 ID:UsUIckq5
復活せよOFW私の丸経ごろしをあじわうがよい。
昨日はまじめ君がマルクスみたいで面白かったですな。
科学万能主義で、私が目差すのは8時間労働制そのための
社会疑似科学。

588 :OFW2世:2007/12/18(火) 14:08:41 ID:UsUIckq5
まず1科学は万能ではない。宗教・酒、抗鬱剤でごまかしてるから人間や
っていける。
2自然科学は実験が容易、社会科学は実験が不可能が多いため社会疑似科学
と呼ぶのが正しい。
3人間の社会は8時間労働制〔6時間でも可〕で逝くべきである。
それは主観により決めることだ、です。


589 :OFW2世:2007/12/18(火) 14:11:39 ID:UsUIckq5
>>587科学万能主義で、→科学万能主義で。

590 :OFW2世:2007/12/18(火) 14:21:45 ID:UsUIckq5
>>584
8時間労働制を追求舌主流派のテキストでいいものがあれば教えてください。

591 :OFW2世:2007/12/18(火) 14:26:33 ID:UsUIckq5
失礼
(かつまるさん)<−OFWチャーミングポイント
8時間労働制を追求した主流派のテキストでいいものがあれば教えてください。

592 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/18(火) 18:10:45 ID:3hwgN1Va
OFW=Old Fucked Woman.
つまりOFW2世ってのは、ニセやられババアってことよ。

カミさんが浮気したからって、OFWごときに目くじらたてなさんなって。
OFW以下ってことがバレルぜ。(藁

593 :OFW2世:2007/12/18(火) 19:08:30 ID:UsUIckq5
ククク、ジミーお前もかなうまい.OFWの名を出すのは
マル経ごろしをた召す為だ。

594 :OFW2世:2007/12/18(火) 19:20:02 ID:UsUIckq5
〔ジミーさん)
OFW信者は根深い。当然狙いに来るだろう丸経ごろしを
くろしろーの名じゃちょっときついのさ。

た召すー>試す。失礼。

595 :OFW2世:2007/12/18(火) 19:26:35 ID:UsUIckq5
Old Fashoned Well
古井戸。

596 :OFW2世:2007/12/18(火) 19:31:33 ID:UsUIckq5
さあ、かかって来い。かてばOFWの称号が君へ。OFW名誉回復
派でもいいぜ。

597 :かつて○だった男:2007/12/18(火) 19:33:25 ID:fUHPD88x
まあころころカメレオンのごとくHNを替えることw.
しかし、肝心の思考の方はなんら進歩もない。
あほらしくて付き合ってられんわ。
気が済むまでやんなさい。

598 :OFW2世:2007/12/18(火) 20:26:56 ID:UsUIckq5
マル経ごろし
http://d.hatena.ne.jp/kurosiro1/20071027/p1
フフフ私を試したいわけじゃない。マル経ごろし
を試したいだけです。

599 :OFW2世:2007/12/18(火) 21:07:30 ID:UsUIckq5
今8時間労働制の本をアマゾンとイーエスで探しましが
それを目指すためじゃなくて労務管理の実用本しかなかったですよ。
腐ってますわいこの国は。図書館でカリってどんなものか見よう。

600 :Jimmy:2007/12/19(水) 03:25:48 ID:WEze6+hT
まあひどいゴミスレになったね。

601 :かつて○だった男:2007/12/19(水) 08:08:34 ID:7HI/rJ9Y
8時間労働では日本企業はやっていけないのよ。
欧米企業は8時間で切り上げ、残業なし。
日本の労働者はだらだら働き、能率悪し、というが。
これは認識不足。
欧米の連中は業務内容がはっきり分かれ、自分の仕事と他人の仕事を線引きがキチンとできている。
だから自分に割り当てられた仕事をさっさと済ませば、それで終わり。
同僚が苦労してアフター5も働いていても関係なし。
ところが日本は部署全体で仕事をシェアする方式。
皆がてきぱき仕事できる社員ならば、残業もないだろうけど、
必ず1人か2人は要領の悪い奴がいる。
そいつらのカバーを全員でしなければならない。
で、超過勤務となる。
アンタが休職でほうり投げた仕事を誰かが今頃カバーしてやってるはず。
人に残業させといて、8時間労働を、とは何たる言い草。
朝から晩まで2ちゃんでカキコする暇があれば、ちゃんと働きなさい。

602 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/19(水) 08:24:08 ID:5mnjcSUq
あれだけOFWから懇切丁寧に教示を受けたのにな〜んも理解できなかった
脳梅毒患者で禁治産者の糞シロがOFW偽(OFW2世)を詐称するたぁ、
これ以上笑止なこたぁねーな。
糞シロよ、いやさ脳梅毒患者のOFW偽よ、フーテン病院に逝けや。



603 :OFW2世:2007/12/19(水) 10:41:25 ID:8+n5vH7T
ふふふ、あまいな。俺のように16時間労働を経験したものから言うと
線引きはちゃんとあった。ただ業務内容が長いだけだ。
それに休職は悪いが元は役所のせい。自殺ものの身体障害を受けたのだからな
このくらいのうまみはないと暴発するぞ。

604 :OFW2世:2007/12/19(水) 10:45:01 ID:8+n5vH7T
例えば営業は5時まで帰ってくるななどは明らかに残業
を意識してのもの。まあいまはDTPの発達で知らんが。


605 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/19(水) 10:46:36 ID:8+n5vH7T
だがこのOFW作戦は失敗だ。誰も引っかからん。

606 :かつて○だった男:2007/12/19(水) 18:48:53 ID:7HI/rJ9Y
>>603
>>603
私言っていることは日米のオフィスワークの実体比較で専門家がよく言っていることを下敷きにして書いているだけ。
それをお前は自分のわずかな経験だけで否定しようとしている。
図書館から何の本借りて読むのか知らんが、そんな姿勢では何も身につかんよ。
あんたの読み方はまず自分の結論が先にあり、それと合致した部分だけを取り出し、読み込むだけだろう?
あんたが批判している俗流○の資本論の読み方そっくりだよ。
ご愁傷様w。

607 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/19(水) 19:08:55 ID:8+n5vH7T
>>606
そんなことは重々承知さ。俺のは体験だし。デスク・トップ・プリンティング
つまり工程をコンピュータでカットできるようになったんだ。だから世間一般
にも知識はない以上、絶対的真理ではないよ。
その専門家の方が詳しかろう。ただその理屈で逝けば欧米のやり方を何故日本
は取り入れられないのか? という疑問がでるが。

608 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/19(水) 19:11:18 ID:8+n5vH7T
正直こじきに戻る。その専門家の本があれば〔日本語なら)
紹介いただきたい。

609 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/19(水) 19:16:08 ID:8+n5vH7T
>>607
をもうちょっと書くと印刷業界のシステムが変わったので、
今の状態は知る由もなし、ということだ。


610 :かつて○だった男:2007/12/19(水) 19:20:18 ID:7HI/rJ9Y
>ただその理屈で逝けば欧米のやり方を何故日本
は取り入れられないのか? という疑問がでるが

日本は日本のやり方でうまくいってきた、からだろう。
日本式の協業方式は日本の風土・文化・慣習に合致し、
欧米式の分業方式は欧米の風土・文化・慣習に合致していた。
どちらの方式が上かはその方式を導入する国の事情によって変わりうるということだ。

>その専門家の本があれば〔日本語なら)
紹介いただきたい。

そんなの東洋経済やエコノミストの記事でいくらでも書いているよ。

611 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/19(水) 19:48:33 ID:8+n5vH7T
なるほど東洋経済なら手に入りそうだ。ありがとうございます。

612 :かつて○だった男:2007/12/19(水) 20:12:04 ID:7HI/rJ9Y
因みにもう一点。
欧米方式を日本に導入するとどうなるか?
シュミレートしよう。各自の仕事はキチンと割り当てられ、それさえ済ませばかえってよい。
能率のいい人は残業はない。しかしそうでない人は日本方式より長い残業を。
誰も手伝ってくれないから。
それだけならまだいい。
部局全体としては一人でも能率の悪い労働者がいれば、それだけで業績が悪化する。
こういう労働者は給与カット、更には解雇するしかない。
個人の成果だけで組織全体の業績が決まるのだから、組織は能力の低い労働者は解雇し、
高い能力の労働者をヘッドハントすることになる。
分業・成果主義・労働市場の流動化はワンセットで機能するわけ。
日本方式は
協業・一律賃金・終身雇用がワンセットになっていたのだ。
欧米方式導入・残業なし、万歳、と簡単にはいかない。

613 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/19(水) 21:06:57 ID:8+n5vH7T
なるほど失業者が増えるわけですね。日本の場合社内失業者を
カウントしてないとかなんかで読みましたね。
でもすっきりして俺はいいけど。

614 :かつて○だった男:2007/12/19(水) 22:22:12 ID:7HI/rJ9Y
>でもすっきりして俺はいいけど。

そうかあ?休職して2ちゃんに朝から晩までカキコしてたら、間違いなく首になるぞw。
この日本方式の就業形態が最近崩れだしている、とよく言われるな。
理由は色々だろう。
@2次産業からサービス産業へ転換:
労働の熟練度はたいして必要ではなくなり、作業工程のマニュアル化が進み、未熟練労働でもできるようになった。
終身雇用で労働者を育てる必要がなくなった。
A国際競争の激化:中国・インドらの追い上げ。人件費を抑える必要から成果主義の導入が進んだ。

こういうのが背景的理由としてあり、バブル崩壊以降の停滞が引き金となって、企業に人を育てる余裕がなくなり、派遣労働などに頼るようになったのかな。
将来これでいいかと言う不安は残る。
個人的には日本のお家芸、熟練労働による質の高い所運品・サービスを生みだす。
短期的利益はなくても、長期的には利益を生む、従来型の日本方式を堅持したほうがいい気がするが・・・。
あくまで個人的見解だ。

615 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/20(木) 13:10:25 ID:50YpQ9qQ
age

616 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/20(木) 14:29:32 ID:EvxLsJ8o
>>614
生活保護

617 :前スレの871:2007/12/20(木) 14:39:16 ID:wby3lkIu
>>612
なるほど。
ところで、だいぶ前ですが、塾長と社長との対話「アナマルかカクマルかしらんが
ややこしい団体とつながりがあるんじゃないだろうな。」には笑いました。
かつまる先生は実家が中小企業の経営者で苦労をまじかに見ていたとかーーーー
2チャンネルでこういうことを聞いてはいけないのかもしれんがーーー

618 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/20(木) 14:40:00 ID:EvxLsJ8o
利点変わった場合
@即刻生活保護
A働くにしても8時間労働
損点
@公務員のほうがいい生活
A風俗にいけない

619 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/20(木) 17:53:25 ID:rky0gXhY
国民文庫と日本実業どっちがいい??

620 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/20(木) 23:07:14 ID:50YpQ9qQ
>>619
新日本

621 :かつて○だった男:2007/12/20(木) 23:33:14 ID:GdZ+FfY0
>>617
ああ、そうね、あったね。そんな話。
まあ、あれは全くの創作。
>実家が中小企業の経営者
いいえ、そんなことはありません。ただ経営者の親戚はいるけど。
まあ、金にうるさいというか、しっかりしているねw.
私は生粋の大学人。
組合の委員をやってたこともあり、その経験で創作したまで。
小中高及び大学の教員の組合というのはね、共産党の手先なのだ。
そんなこともあってもう組合も脱退した。
「組合を脱退したら不利だよ。待遇改善のどうする?自分でやるのか?」
とか
「待遇改善を組合員に任せ、自分はその成果にただ乗りするきか?フリーライダーだ!」
とか散々いわれたなw.
馬鹿たれ、何ぬかすかw.
ろくな研究・教育もせず、高収入を得ている大学教員が偉そうなことぬかすな。
世間から見て、十分すぎる待遇を享受して、これ以上何を望むのか?
って感じだったな。
そういえば、関西の有名私学。ボーナス一ヶ月カットに怒ってストやったらしいが・・・。
残念ながら世間の共感を得ることはできなかったらしい。
そりゃそうだろう。
年収1千万以上。出勤は週3日以内。
正直授業以外の時間はパチンコして遊んでも大丈夫。
論文も教授になれば書かなくてもでもよし。
こんな天国みたいな境遇でこれ以上何を望むの?
世間知らずもいいところだなw.


622 :(・゜ω゜・) ☆まじめこて☆ ◆rgujENbs.s :2007/12/20(木) 23:50:34 ID:pY0JBhbg
結局のところ、搾取だの不当だのゴネてる連中は、
てめーの主観やら党派で語ってるだけなんですよね〜。

どっかの糞馬鹿を代表としてw

623 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/21(金) 03:22:47 ID:hVgHmhVU
自殺、売春、虐待、大量殺戮、女性差別は農耕社会になってから始まりました

天皇はA型で朝鮮の出身です。A型は2000年前に日本に来たから帰ればいいのに。
A型は100%農耕民族とはいえないがO型かB型にぜんぜん好かれないA型は
農耕民度が高すぎるから2000年前に日本の先住民族を大量に殺してきた
遺伝子、多そうだね。

遊牧民族は厳しい自然の中を小さい家族で移動しながら生活してきたので家族と他人の線引きをはっきりさせたと思う。
これをクールと感じる。だから、そのぶん身内にはあつくなるのか。

B型は遊牧民族、O型は狩猟採取民族。
A型は農耕民族。農耕民族は2千年前(つい最近)に、中国から日本に来た。A型は2万5千年ごろ誕生して農耕社会を
作ってきた。農耕民族社会になってから狩猟採取民族が大量に殺され滅び吸収され、ホームレス、虐待、売春、
女性差別 が始まり、強制的に横並び結婚し横並び子作りしないと女が生きていけない社会になる。
横並びの群れ社会(農耕民族社会)は無理やり敵を作り差別しないと作れない。これが、いじめ。
ブサイクで、もてない農耕民族はとくに性欲として横並びの群れ社会を作りたがる。

農耕民族社会はA型女も不幸になります。


624 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/21(金) 16:22:49 ID:xcQOHAIf
労働法に違反してない限りにおいてな。

625 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/21(金) 16:29:59 ID:xcQOHAIf
何もいわんということ

626 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/21(金) 16:34:50 ID:xcQOHAIf
うちは連合で民主党系。組合があるってだけで貴族だよ。

627 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/21(金) 16:58:41 ID:ypIL5vmN
『資本論』おもすれー( ^ω^)

628 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/21(金) 17:34:38 ID:Lw+6ULg5
また産業資本の搾取の分配というのがくだらなくて資本論には死んでもらった。

629 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/21(金) 17:54:19 ID:+Eo38bWW
622クン。君はアホなんだから思想史を一から勉強して、少しはまともなことを
言えるようになろうね。ロートルと同居してるとカビが生えるよ。

630 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/21(金) 18:20:03 ID:ypIL5vmN
労働価値説って当たってるの?

631 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/21(金) 18:31:30 ID:uVd2pHG9
>>630
ああ、150年前には大ヒットしたけどな。

632 :(・゜ω゜・) ☆まじめこて☆ ◆rgujENbs.s :2007/12/21(金) 20:19:36 ID:8ww1o566
>>629
まぁ、思想とか最高に下らないんで興味ないっすね。
んなことやる暇あったら百マス計算でもやったほうが楽しいし、身のためになるっしょ。

633 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/21(金) 20:50:46 ID:BZq+EsU6
思想は下らなくないし、まともな人間にとっては、百マス計算より楽しいし、身のためにもなる。

634 :かつて○だった男:2007/12/22(土) 10:24:54 ID:2ydy1J6u
別に思想はくだらないとは思わないが。
しかし、日本で思想を推奨する連中にろくな奴がいない。
左翼系が多いからね。日本の思想界は。
だから、私もあまり興味がない。
思想より哲学の方がずっとためになるし、面白い。

635 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/22(土) 12:26:19 ID:tQHYyCBt
おい、糞しろ、相変わらず間抜けたカキコで自家発電してんのか?
もっとも、禁治産者にゃオンナなんぞできねーよな。(激藁

636 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/22(土) 13:41:31 ID:UWIYdNnN
俺は禁治産者じゃねえ。おめえこそ使いもんにならなくなって
孤独死がまってるんだよな。

637 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/22(土) 14:45:15 ID:tQHYyCBt
>>636
可愛そうにな。
自分が禁治産者宣告を受けたことさえ今ではもう理解できないらしい。
糞シロよ、早く脳天病院に戻ってその精神分裂を解剖してもらえや。

638 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/22(土) 16:16:06 ID:UWIYdNnN
>>637
ウンコくさいからくるなや。


639 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/22(土) 16:34:14 ID:tQHYyCBt
>>638
やっぱな。
自己確認つか自己対象化がもう出来なくなってきてる。
脳梅毒の顕在4期に突入だな。
そろそろ耳か鼻から膿汁が出始めるぞ。










640 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/22(土) 16:38:09 ID:UWIYdNnN
何がそこまでお前を駆り立てる? 俺はそこまでのことをしたか? ウンコちゃん。

641 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/22(土) 22:03:44 ID:tQHYyCBt
>>640
気にすんなって。
ただのヒマ潰しの一つさ。
今夜は暖かくして早く寝ろ。
明日の朝は寒そうだが、気分はスッキリだろうぜ。


642 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/23(日) 12:50:26 ID:IHaysrMZ
じゃあよかった。俺も好きに呼ばしてもらうぜ。うんこちゃん。
糞食うなよ。

643 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/23(日) 13:00:00 ID:vOtbsYU8
>>642
少なくとも糞シロ!の糞は食しないつもりだ。


644 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/23(日) 14:30:43 ID:IHaysrMZ
自分の糞は食うと。

645 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/23(日) 17:17:43 ID:vOtbsYU8
必要があればな。(激藁

646 :(・゜ω゜・) ☆まじめこて☆ ◆rgujENbs.s :2007/12/24(月) 02:02:02 ID:gKaHpV5+
【ネット】 「こじきのくせに」と差別発言、東大“ミスキャン”の高島美紀子のブログが炎上★29
http://mamono.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1198427202/

俺はこの子と何度か顔をあわせたことがある。
確かにかわいい子だった。
気位も高そうだった。

つか、こんなことで経歴に傷をつけちゃってもったいないな。

647 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/24(月) 03:36:51 ID:J7o5c9Mg
気いが高そうに見えて、内面は醜かったわけか。
単に馬鹿なだけかもしれんが。
謹啓などというイデオロギーに満ちたもので洗脳されていたらどうなるかという好例だなw

648 :(・゜ω゜・) ☆まじめこて☆ ◆rgujENbs.s :2007/12/24(月) 09:29:30 ID:gKaHpV5+
いやぁ、チミの内面も相当醜いと思いますよ?w
そんな便所の書き込みやってる時点で。

649 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/24(月) 11:03:49 ID:J7o5c9Mg
は?
俺は乞食呼ばわりすることはないが?

650 :(・゜ω゜・) ☆まじめこて☆ ◆rgujENbs.s :2007/12/24(月) 11:15:49 ID:gKaHpV5+
>>649
まさか自覚できてないのかな?

自らを高みに置きながら、人様を「醜い」と蔑ます態度。
自らを高みに置きながら、人様を「馬鹿」呼ばわりする態度。
人様を「謹啓などというイデオロギー」とレッテル張りし、
自分はそのようなイデオロギーには属さないと自らを高み置きながら、
自らのイデオロギーを内省しないその態度。

乞食と人様を呼ぶ行為は何故醜いのか?
それは自らを「乞食ではない」という高みに置きながら「乞食のくせに」と蔑む態度、
これに他ならないと考えられるが、
お前の場合は「醜い」「馬鹿」「謹啓イデオロギー」と3つの「蔑み」を
当該個人に対して行っている。

これが醜くないとでも?

651 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/24(月) 12:12:54 ID:J7o5c9Mg
>>650
お前は本当に馬鹿だな。
蔑むことが醜いなど一言も言っていない。
貧しい社会的境遇にある者に食べ物を与えようとして拒否されたときに、乞食のくせにと思うことが、醜いと言っているわけだ。馬鹿かもしれないというのはフォローだろ。
こうしたことを蔑むことが許されないとしたら、道徳などありえない。
経済学を学んだ者がこういうことを思うのは、謹啓のイデオロギー性に無自覚なのが遠因の一つなんじゃないかね。

652 :(・゜ω゜・) ☆まじめこて☆ ◆rgujENbs.s :2007/12/24(月) 12:36:02 ID:gKaHpV5+
>>651
お前は本当に馬鹿だな。

>貧しい社会的境遇にある者に食べ物を与えようとして拒否されたときに、
>乞食のくせにと思うことが、醜いと言っているわけだ。

なんだかよくわからん特殊ケース挙げて誤魔化そうとしている様だが、構造は明白。
「乞食のくせにと思うことが、醜いと言っているわけだ。」
という命題に、
「貧しい社会的境遇にある者に食べ物を与えようとして拒否されたときに、」
という制約条件をつけているだけ。
じゃあ
「裕福な社会的境遇にある者に食べ物を与えようとして拒否されたときに、」
「貧しい社会的境遇にある者から食べ物を奪おうとして拒否されたときに、」
「貧しい社会的境遇にある者に食べ物を与えようとして受け入れられたときに、」
などの制約条件をつけようか?(仮定)
このとき、
「乞食のくせにと思うことは、醜くくない」
となるだろうか?
ならない。(矛盾)

要は最初に指摘したとおり、「乞食のくせにと思う⇒醜い」と言っているだけ。
こんな制約条件をつけた所で、何の反論にもなっていない。(背理法)

>馬鹿かもしれないというのはフォローだろ。

全くフォローになっていない。
人様を「馬鹿」呼ばわりしておいてそれを「美徳の一種」と開き直るこの醜さ。
そしておまえ自身の他者への配慮の徹底的な欠落に対する自覚の無さ。
まるでいじめで自殺した被害者に自らの行為を「あれは親しみの表現」と開き直る下衆のようだ。
お前の人間性の醜くさは群を抜いて性質が悪いな。

>こうしたことを蔑むことが許されないとしたら、道徳などありえない。

なるほど。
お前のような最低な下衆人間を蔑む俺は、いっぱしの道徳家というわけだ。


やぁ下衆人間>>651

>経済学を学んだ者がこういうことを思うのは、謹啓のイデオロギー性に
>無自覚なのが遠因の一つなんじゃないかね。

とか、訳のわからん珍説を開陳するのもいいが、
テメー様の下衆っぷりを内省して、なぜそのような因果関係が生まれるのかの説明を行ってから、
悦に浸ろうや。

まぁ、マルクスカルト下衆野郎には無理か。
(↑実に「道徳家」らしい蔑みで〆w)

653 :(・゜ω゜・) ☆まじめこて☆ ◆rgujENbs.s :2007/12/24(月) 12:39:01 ID:gKaHpV5+
あ、ひょっとしたら女子大生が「乞食のくせに」と蔑むのは、
彼女が「道徳家」だからなのかもしれないNE☆
「乞食なんかやってちゃあ駄目だ」というフォローなのかもしれない(はーと



ちょーうけるwwww

654 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/24(月) 12:48:41 ID:J7o5c9Mg
>>652
お前がどう言おうと、俺は断固として、こういう行為を醜いと表現してはばからないね。
弁解の余地がないよ。彼女の言葉に、他にどういう解釈があるかね?
擁護するなら彼女の行為を代わりに弁明してみせろよ。

655 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/24(月) 14:22:50 ID:RfpOl3qD
自らを高みに置きながら、悪くないかもしれんこじきと言った
様を「醜い」と蔑ます態度。
自らを高みに置きながら、悪い人を「馬鹿」呼ばわりする態度。


656 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/24(月) 14:31:25 ID:RfpOl3qD
悪くないかも知れんひとを「こじきのくせに」と高みからさげすむ態度
そして高みからそれを悪という態度

657 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/24(月) 14:41:03 ID:RfpOl3qD
その悪を守るために詭弁を老ずるまじめ
なけるで、直木賞や。

658 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/24(月) 16:14:34 ID:J7o5c9Mg
ま国家に保護された公務員や勘違いした東大卒には、貧困を馬鹿にすることには怒りも感じられないんだろな。

659 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/24(月) 17:03:22 ID:RfpOl3qD
ばかいえ、民間の苦労はしっとるわい。公務員になると言った日には
俺らのことを忘れんでくれといわれたものよ。
それにみじめはさらさないほうが広まらなくていーんじゃねーか。
マルクス経済学は単利で利潤を考えて等価交換などというパチンコみたいな
経済学だから消えてホシーがね。邪魔だ。


660 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/24(月) 17:04:50 ID:RfpOl3qD
マルクスは「カイジ」を読め
ざわ ざわ

661 :かつて○だった男:2007/12/24(月) 18:42:16 ID:YCQKbYl8
15年ぐらい前の出来事。
帰宅途中で、車椅子の身障者に呼び止められた。
家に帰りたいのだが、1人では帰れない。
ボランティアの人が来る予定だったが、急用でこれなくなった。
で、私に付き添って欲しい、とのこと。
私の帰路の反対方向だったので、断ろうとした。
幸い近くに交番があったので、そちらに助けをよぼう、といったら、
警察のお世話になりたくない、とのこと。
我侭な身障者だねえ、と思ったw。
それにしてもボランティアの人も無責任だよなあ。
どんな事情か知らんが、約束を反故にするとは。
ボランティアなんて生半可な覚悟でできるものじゃないのにね。
で、結局付き合って介護してやったよw。
当時はネットもなかったから、ブログにはかけんが。
こんなこと書いたら私も炎上するのだろうかw.

662 :かな:2007/12/24(月) 20:06:22 ID:FpmtLQWL
暴力革命を擁護しているお兄ちゃんたち、こんにちは。
今日もヘルメットにグラサン、マスクしてゲバ棒を元気に
振り回していますか?

ところで、マルクス経済学の根幹である「労働価値説」は
論破されたと聞いたんだけど、ホント?
要点を3行にまとめて教えて!お兄ちゃん!

663 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/24(月) 22:24:56 ID:RfpOl3qD
機械だろうと人間だろうと生産するのは同じ。
機械のほうが生産性が高い。
資本論1巻の生産性と労働は相反するのはイミなし。同じ生産ベクトル。

664 :かな:2007/12/24(月) 22:34:10 ID:FpmtLQWL
>>663
お兄ちゃん、ちゃんと資本論読んでいるのカナ、カナ……
機械生産が進めば社会的平均労働時間が短くなって、その分
時間あたりの労働の価値は下がっちゃうんだよ、ここ、メモね。
というか、「労働価値説」には何にも関係ないんじゃないカナ、カナ……

665 :(・゜ω゜・) ☆まじめこて☆ ◆rgujENbs.s :2007/12/24(月) 23:02:55 ID:gKaHpV5+
>>654
>>658
意味不明。
俺は彼女を擁護など一瞬たりとも無いわけだが?

俺はただ単に>>647の様な偽善が鼻持ちならないだけ。
自分の醜さを自覚してから人様の醜さにケチつけろタコ。

666 :(・゜ω゜・) ☆まじめこて☆ ◆rgujENbs.s :2007/12/24(月) 23:18:34 ID:gKaHpV5+
ちなみに俺は東大卒でもなんでもないから。
しがないマーチ卒。
何をどう勘違いしたら俺が東大卒になるのやら。

つかまぁ、俺は道徳家というやつが嫌いでね。
テメーのイデオロギーを根拠に人様を頭からこき下ろす様が例え様も無く嫌い。
つー事で俺は、蔑む態度を蔑む馬鹿を蔑むわけだ。

>>661
炎上しないと思いますよ。

今回炎上した第一の原因は、乞食が子供(=本人に過失はほぼ無い)だからでしょう。
子供の多少の我侭は大人なら目をつぶるものですが、
それを「乞食のくせに」じゃあ随分薄情じゃあないですか。
しかもそれを開発経済学専攻の東大生がやってしまった。
かなりの特殊事情が重なった結果だと思います。

667 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/24(月) 23:19:15 ID:RfpOl3qD
http://d.hatena.ne.jp/kurosiro1/20071110
でたーマルクス生産関数を超えるモデル
新たな資本論の幕開けだ。見るのが2人ではさびしいな。

668 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/24(月) 23:54:12 ID:RfpOl3qD
>>664
下からそれが資本論のペテン。機械の生産も人間の生産も同じと一行目にかいてある。
労働価値などない。「財とサービスの希少性」が価値の本質

669 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/24(月) 23:55:23 ID:RfpOl3qD
下からー>だから

670 :かな:2007/12/24(月) 23:59:09 ID:FpmtLQWL
>>668
>>労働価値などない。「財とサービスの希少性」が価値の本質
それだと、どうして異なる使用価値が交換可能な価値を持つのか
答えてないよ。質の異なる商品同士が交換されるためには、量と
して計測される「なにか」が無いといけないんだから。それはな〜に?

671 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/25(火) 00:12:05 ID:dI9JJeMQ
財とサービスの希少性

672 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/25(火) 00:15:39 ID:dI9JJeMQ
つまりダイヤモンドは高い。それは労働もそうだけどデビアスが独占販売してるから。この財とサービスの希少性
がつまり価値

673 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/25(火) 00:17:53 ID:dI9JJeMQ
価格の高いもの「財とサービスの希少性」が高い
価格の低いもの「財とサービスの希少性」が低い

674 :かな:2007/12/25(火) 00:28:28 ID:Evlv/jZz
お兄ちゃんたち、てんで資本論読んでないね?
希少性は労働がそれだけ集約されているから、
社会的必要労働時間が長くなって、結果として
価値が上がるんだよ。全然反論になってないんじゃないかな、カナ…

675 :かな:2007/12/25(火) 00:29:19 ID:Evlv/jZz
あと、「デビアス」って聞いて、テッド・デビアスが真っ先に
頭に浮かんだのはないしょだぞっっっっっっっっっ!

676 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/25(火) 00:38:32 ID:dI9JJeMQ
今日も読んだよ。資本論じたいがペテン
便益のうち商品になるのが財とサービスそしてそのありがたみが価値
ということだ。
今日資本論を読んですごいことを発見した。
マルクスはいわゆる単利
で利潤を計測している
100円のゴマは110円で10円が利潤120円のしょうゆは10円の利子だから10円損している。等価交換
だがこの世の流通は複利
100えんのごまの10%が利潤110円これに10%乗っけて11円の利潤つまり交換が進むほど不等価交換で儲ける。

677 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/25(火) 00:40:27 ID:dI9JJeMQ
マルクスのような考えでは労働力商品にしか利潤を発見できなかったのもうなずける。


678 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/25(火) 00:43:00 ID:dI9JJeMQ
借金しまくってたのにこれは痛いミス。おかげで資本論はどんどん屑に。w

679 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/25(火) 00:50:16 ID:dI9JJeMQ
それを信じる奴もすごいね。俺一読して違和感を持ったが今日なぞは全て解けた。

680 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/25(火) 00:52:49 ID:dI9JJeMQ
>>676
利潤

681 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/25(火) 00:54:45 ID:dI9JJeMQ
利子ー>利潤

682 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/25(火) 01:03:46 ID:dI9JJeMQ
つまり単利だからどこかで利潤を吹っかけても材料で損するわけだ。いつまでたっても剰余がでない。
だがそりゃマルクスが馬鹿だからだよ。

683 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/25(火) 01:12:01 ID:dI9JJeMQ
で考え出したのが労働力商品人間を奴隷として買う。必要労働以上に剰余労働させる。
流通は単利だから等価交換その分も搾取。馬鹿理論にもほどがある。
元は利潤を流通面で間違えただけだろ。

684 :(・゜ω゜・) ☆まじめこて☆ ◆rgujENbs.s :2007/12/25(火) 07:41:29 ID:rkFQ7APm
朝起きて
くそしろーのあまりのうましかっぷりに唖然とし
仕事にでる

字余り

685 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/25(火) 11:46:13 ID:dI9JJeMQ
資本論読んだくせもないのに。wwwwwwww

686 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/25(火) 13:22:23 ID:48J0zlPZ
しかしマーチとはな

687 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/25(火) 14:19:02 ID:dI9JJeMQ
だから資本論読めなかったんだ。なるほど。

688 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/25(火) 14:21:40 ID:dI9JJeMQ
マ、みじめコテにはかかわらないのが基本

689 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/25(火) 14:23:57 ID:dI9JJeMQ
異次元資本論クイズ1
人間建築士を赤面させるのは?

690 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/25(火) 16:23:03 ID:8uhHyIqA
>>666
ま美意識・倫理観は人それぞれだからな。
別に俺は道徳家ではなく、ただ純粋に怒りを感じて醜いと感じただけだ。
彼女が施そうとしたのは自己満足のためにすぎない。だからその子は拒否した。わがままとかそういう話じゃない。それをわがままと捉えることこそ、施す側の傲慢なのだ。
それがわからない、つまり認識不足のくせに、俺を蔑んでみるのはみじめと言うほかない。

691 :かつて○だった男:2007/12/25(火) 16:36:07 ID:k9ZuZfHB
>>690
>彼女が施そうとしたのは自己満足のためにすぎない。だからその子は拒否した。

フフフそれは後づけの理屈。事が終わった後での解釈だよ。
施しを受けようとした時点で「彼女が施そうとしたのは自己満足のためにすぎない」
などと子供が認識できたとは考えにくい。

692 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/25(火) 17:31:15 ID:48J0zlPZ
怪しい外国人に興味もつなとしつけられたからじゃね?こじきにみえてこじきじゃなかった

693 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/25(火) 17:37:45 ID:48J0zlPZ
ロスチャイルド家の幼児教育だった。俺もそうやって育った。

694 :かつて○だった男:2007/12/25(火) 18:02:42 ID:k9ZuZfHB
まあ、要するにその女子学生と子供の思いがすれ違っただけだろう。
親切心でやっても、相手にとってはありがた迷惑。
そして「こっちは親切でやってあげてるのに、それがわからんとは、○○のくせに・・・」
と心の中で毒づく。
こういうの、よく経験することじゃないかね。
だからその女子学生をこれだけのことで非難するにはあたらない。
非難できる資格を有する者は「そんな感情を一度たりとも抱いたことがない」人だけだ。

ただ、そのことをブログに書いたという精神構造は?だがねw.
「Xをした」ということは非難にあたらないが、
「「Xをした」という事実を公表した」ことは非難に値する、というべきか。

695 :クロシロー・ド・ロスチャイルド:2007/12/25(火) 18:37:41 ID:48J0zlPZ
労働時間は8時間週休2日制休職制度ありにしてみせるわ。次期当主クロシロー・ド・ロスチャイルド

696 :クロシロー・ド・ロスチャイルド:2007/12/25(火) 18:47:00 ID:48J0zlPZ
ブログをさがせ。真実はそこにある。日記の一覧をみよ。

697 :クロシロー・ド・ロスチャイルド:2007/12/25(火) 18:52:48 ID:48J0zlPZ
クイズ答え蜜蜂

698 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/25(火) 18:57:50 ID:8uhHyIqA
>>691
その子がどう思ったかは推測するしかない=確言できないが、少なくともただのわがままではないだろうし、わがままというのは傲慢な解釈だ。

699 :クロシロー・ド・ロスチャイルド:2007/12/25(火) 19:29:55 ID:48J0zlPZ
サービス残業など廃止してくれるわ。

700 :クロシロー・ロスチャイルド:2007/12/25(火) 19:51:09 ID:48J0zlPZ
色々あってこの名になった。

701 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/25(火) 21:01:44 ID:WSdg7GF8
知的障害を持つ男の子でも年頃になると女性に興味をもつ。
実年齢18才、知能レベル3才の場合、教育実習にきた女子大生に走り寄り顔をのぞき込んで喜ぶ。その子はここまで。
知能レベル6才の場合、若い女の先生と肩を組んだり服の袖口を指でつまむようなことをする。
この子は女性の肌に興味を示して触りたがる。
言語能力がなくて意味不明な単語をわめく子でさえ女の先生の胸を直接触る。
そんな子供たちでも24才で既婚の先生には近づかなくて29才でも独身の先生を触りたがる傾向がある。
言葉では理解できない代わりに本能の部分で感じ取る能力が現れてくるみたい。

障害者が雑踏の中で「○かつ」に助けを求めたのは偶然に声をかけたのではなくて
相手の親切そうな雰囲気を見抜く力があって多数の中から選んだはず。
こじきの子供でも女子学生の気持ちを見抜いたから施しを断った。

702 :クロシロー・ロスチャイルド:2007/12/25(火) 21:48:46 ID:dI9JJeMQ
まあ、子の女は惨めのために評価を百落とした。貼る馬鹿もいたもんだ。

703 :(・゜ω゜・) ☆まじめこて☆ ◆rgujENbs.s :2007/12/25(火) 23:22:54 ID:kWA4nUQZ
>>690
私は悪くない〜私は潔白だ〜♪

法廷で突如歌いだす麻原みたいでうんざり。
てめーの傲慢をこっちの認識不足とかせっせこ摩り替えては、
またご自身は高みに上っちゃいましたか。

たいした聖人さまですわw

704 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/26(水) 00:03:43 ID:5rIds6FJ
>>703
わがままという自分の表現については釈明なしか。

705 :(・゜ω゜・) ☆まじめこて☆ ◆rgujENbs.s :2007/12/26(水) 00:25:30 ID:QpgU4+Th
聖人さまがまたまたこの世の悪に正義の鉄槌を下したくてウズウズなされている様子ですな。


  正  直  き  っ  し  ょ  い


死んでくれ。
お前のようなカルト雑魚は。

706 :(・゜ω゜・) ☆まじめこて☆ ◆rgujENbs.s :2007/12/26(水) 00:33:09 ID:QpgU4+Th
ちなみに、物乞いをして生きている人間が、その場の気分で善意を拒絶する。
これは紛れもない 我 侭 です。
まさに自己都合で拒絶しているわけですから。
これを 我 侭 といわずに何を 我 侭 と言えばいいのかわからないほどの、
典型的な 我 侭 です。

以上。
聖人君主様の正義の鉄槌、面白おかしい気分でお待ちいたしておりますw

707 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/26(水) 01:09:43 ID:5rIds6FJ
なるほど。そのように日頃考えていれば、自然と「乞食のくせに」が出てくるわけだ。
まさに施しを与える気位の高さを感じさせるな。

708 :(・゜ω゜・) ☆まじめこて☆ ◆rgujENbs.s :2007/12/26(水) 07:28:06 ID:QpgU4+Th
>>707
意味不明。
俺は全く「乞食のくせに」などと考えない。
施しを「与える」ような面倒もやらない。

聖人君主様は、せいぜい全てを見通したような気になって、天に上っちゃってて下さい。
実際は全く見当はずれな妄想膨らまして、人様にケチつけて悦に浸っているだけだが。
もっといえばリアルで天に召されてもらうのが、皆様の気分を害さずに済むベストの選択肢かな?

聖人君主なんだからその辺をさっさと見通して、腹でも捌いてくれ。
はっきり言って目障り。
さもなくば自分が人間の屑だという事を自覚して、人様を見下すのをやめろ。
見下す前にお前が屑なんだからな。

709 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/26(水) 18:21:00 ID:x0oaUNia
反省をうながすにはたかいところに出る必要がある。

710 :(・゜ω゜・) ☆まじめこて☆ ◆rgujENbs.s :2007/12/27(木) 07:43:23 ID:n39pSnf3
てめーは人様に説教を食らわせられるような器じゃねーつってんの。
いい加減理解しろ。

テメーのやってることは人様の弱みに付け込んだリンチに過ぎない。

711 :1111111111111:2007/12/27(木) 11:59:26 ID:oIbVKgtp
 まじめこてっていくつなの?
 
 中学生?w

 幼稚さに溢れてるレス…

712 :クロシロー・ロスチャイルド:2007/12/27(木) 17:38:33 ID:mXMb/9Pd
お前だろ? いつも高見に登って反省をうながすどころか罵詈雑言で相手を貶めるのは。

713 :クロシロー・ロスチャイルド:2007/12/27(木) 17:45:32 ID:mXMb/9Pd
俺の考えではまだ子供たしこの子をきりはしないが反省してやり直させる。そもそもこじきに子供がなるのが異常。そこから変えなきゃいかん。

714 :1111111111111:2007/12/27(木) 18:21:01 ID:oIbVKgtp
 高見? だって俺まじめこて嫌いだもんw

 どうしようも無いじゃん それw

 

715 :1111111111111:2007/12/27(木) 18:25:33 ID:oIbVKgtp
 黒白ーも永久のネットで粘着なんかして無いで自己の哲学を
 応用すべく社会に対して何か行動したら?

 マルクソの格言は今までの哲学者は喋りすぎたから行動せよ
 じゃなかった?

 俺は行動しない,喋るだけ,喋るだけで自分の考えを理解しない
 社会が悪いと思ってるこの板多数のアホが大嫌いなんだよなw
 (特にアホ近代経済学者)
 

716 :かつて○だった男:2007/12/27(木) 18:29:10 ID:bwtZoBMa
>>694
障害者が雑踏の中で「○かつ」に助けを求めたのは偶然に声をかけたのではなくて
相手の親切そうな雰囲気を見抜く力があって多数の中から選んだはず。

親切そうかどうかはしらんが、よく道を尋ねられるな。それも外国人にw。
相手の目があったとき私はそらさないからね、それでだろうとおもう。
外国のセミナーや学会では報告の際、質問者から目をそらすのはよくないこと。その習慣が身についているからね。

>こじきの子供でも女子学生の気持ちを見抜いたから施しを断った。
確かに人間は直感で相手の心を読む力がある。ただこの場合、どうだかはブログの書き込みだけからではなんともいえんね。

こういう道徳問題でいつも気になる点が一つ。
例えばJR福知山線の脱線事故で、関係ない第3者が責任取れ、といってたことがあった。
自己で肉親をなくした遺族などがこういうのは気持ちとしてわかる。
しかし、第3者がそこまでいえるのかねえ?
確かに大変な事後であることは認めるが。
「責任取れ」といった人は自分が同様な事故を起こした場合、相手からも同じように言われるわけだ。
その非難を甘んじて受ける覚悟があっての発言なのか、非常に気になる。
自分に甘く、他人に厳しい人が多くなりすぎだ。
モラルの低下、日本人の劣化だね。


717 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/27(木) 18:36:21 ID:mXMb/9Pd
ごめん上のレスはみじめ向け。

718 :クロシロー・ロスチャイルド:2007/12/27(木) 18:44:02 ID:mXMb/9Pd
ジミたんのは説教じゃなくことばの暴力。禁治産者とかな。俺もそのほうが楽さ。でも出来ん。

719 :クロシロー・ロスチャイルド:2007/12/27(木) 18:44:39 ID:mXMb/9Pd
ジミたんのは説教じゃなくことばの暴力。禁治産者とかな。俺もそのほうが楽さ。でも出来ん。

720 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/27(木) 19:43:56 ID:K7UV3EmQ
責任は個別的に個人間に生じるものではない。追及された責任は社会的責任であり、責任追求は第3者の義務でさえある。

721 :かつて○だった男:2007/12/27(木) 20:54:10 ID:bwtZoBMa
>>720
ということは、アンタはJRと同じ事故起こして第3者から「責任取れ」といわれてもそれを甘んじて受けるというわけだな。
いや、見上げた心がけだ。

722 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/27(木) 21:11:52 ID:K7UV3EmQ
同じ社会的責任なら誰が主張しようと同じこと。

723 :かつて○だった男:2007/12/27(木) 21:19:53 ID:bwtZoBMa
>>722
あなたは一つ勘違いしている。
私がその光景をTYで見たとき、その事件の真相はまだ十分には把握できていなかった。
その事件が「社会的責任」を負うべき事件であったかどうか、まだわからない段階での発言だった。
これを軽率な発言、他者の立場を十分に慮らない暴力的な物言いだ、と私が感じたからとって何がおかしいのだ?
それに社会的責任があるからといって、当事者に何を言ってもかまわない、とは断じていえない。
「社会的責任を」追及したこと」に対する社会的責任も発生するからだ。
あんたの論理からだとこうなるな。

724 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/28(金) 16:17:06 ID:Pt4Dfwz1
その通りだな。
もちろん間違いだった場合にはその責任を負うつもりで、責任追求をしなければならないだろう。

725 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/28(金) 19:26:11 ID:Ggov5pPd
糞シロが出入りするスレは例外なく糞レスになるな。
ここがそのいい例だ。


726 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/28(金) 22:24:08 ID:3gJdpJx0
ジミにいわれたくない

727 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/28(金) 22:28:34 ID:3gJdpJx0
じゃあ良レス。うんこたべるなよ。

728 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/28(金) 22:29:00 ID:3gJdpJx0
じゃあ良レス。うんこたべるなよ。

729 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/28(金) 22:32:13 ID:3gJdpJx0
ジミのレスでこの一年まともなレスなし いいよもうこないから。良スレにしてみろ。うんこくせえ

730 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/29(土) 07:43:09 ID:J3sz/3h8
おい、糞シロよ、いやさ、禁治産者よ、
脳梅毒が一段と進行悪化してるな。
今やどこの脳天病院も受け入れてくれないそうだな。


731 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/29(土) 13:19:09 ID:n3TjCnUU
クソレスしかしないジミーにクソレス呼ばわりされたら終わりだなw

732 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/29(土) 18:00:44 ID:2UEUTqOZ
シュンペーター「自分の考えや目的がマルクスの経済学の基礎にあるものだとは、はじめ気づかなかった」

松原隆一郎「私は、高度経済成長のころなら、マルクス主義というのは間違っていたと思うんです。でも、現実はマルクスの言うようなところに近づいています・・・いまは廃業してしまったマルクス主義経済学者が、求められている気さえします。」

ラビ・バトラ(w「マルクス哲学の美しさは根本的なところで否定できない」

森嶋通夫「マルクスはフォ ン・ノイマンとならぶ最高の数理数学者」(現にマルクスのエッセンスである搾取も利潤率の傾向的低下も証明された)

サージェント←結果的に合理的期待仮説学派の定量的予測は共産主義社会を導いてしまった(ルーカスは確信犯だが)

野口悠紀雄もいよいよグローバリゼーション(世界化)でマルクスの図式が蘇っていると言っている。

シュンペーター以降、マルクスの「亡霊」はケインジアン(すべての商品は流動性の異なる貨幣であるだなんてマルクスが既に述べている内容を表面的(没概念的)に繰り返しているに過ぎない。
流動性は、価値存在がもつ交換可能性あるいは変容可能性を指した用語であるが、それは、価値とは商品に凝固して対象性を獲得した普遍的な労働力の支出であることを、暗に示している。
マルクスはケインズを超越しており、でなかったらケインズと握手していた米ホワイト財務次官が隠れマルクス主義者のスパイになるはずがない、第一ケインズがソ連に行って「人生の実験室」
と呼んで「この同志たちの予言が当たりはしないとわれわれは確信することができるだろうか」なんて感想を残すか)
にもマネタリスト(サッチャーなんかシュンペーターを読んだ強迫症、マネタリストとマル経は結構似ている、『経済学という教養』でも読め)にも憑いてるのだよ。
ファシズムもそうだ。ムッソリーニは元マルクス主義者だ、ヒトラーも四箇年計画という目標で初めて成功した、我が闘争なんかマルクス労働価値説を大前提にレーニン帝国主義論に
国際ユダヤ金融資本なるものを代入して資本論の論理的帰結を導いてるわけだ。
開発独裁者の朴正熙も蒋経国も元共産党で、政策なんかソ連-日本モデルのパクリなのだ。

733 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/29(土) 18:02:10 ID:2UEUTqOZ
よく考えれば宮崎正義がソ連に行って原単位計算の生産量計画を持ち込んで戦前日本は栄え、
戦後は大内兵衛の提言のお陰でインフレが数百倍〜1.000倍程度で収束し、有沢の再生産表式
モデルである傾斜生産で日本の高度経済成長エンジンが始動した。
今もロボットを作る時とかに経産省は五ヵ年計画を敷いている。

734 :モサド:2007/12/29(土) 18:13:30 ID:jSXarnA5
糞しろーって親米反ユダヤ主義者でしょ。おめでた。フォードやIBMがドイツのみならずソ連にガス車やパンチカードを供給していたの知らん?こういうどこかのポストモダン豚みたいな人はユダヤ人の鉄拳としてハーバーボッシュ合成でシュヴァルツシルトホールに葬らなきゃね。

735 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/29(土) 18:31:04 ID:2UEUTqOZ
80年代90年代モラトリアムの死に損ないかww
まぁ、ジェファーソンがユダヤなのは誰でも知ってる。
第二代のアダムス大統領「ユダヤ人は、ほかのどの民族よりも人類の文明化に大きな役割を果たした、と私は思う。仮に私が無神論者であったとしても、・・それでもなお、運命が
ユダヤ人に世界の諸民族を文明化するという最も重要な使命を与えたということを信じるだろう。・・私が全ての道徳性と従って全ての文明の最重要の偉大な原理であると
信じているところの、至高・利発・賢明なる宇宙の全能なる主権者の教義を全人類のために保持し、普及することを、偶然がユダヤ人に命じたと信じるだろう。」(1809年手紙)
要はあの国はユダヤなんだな。ルーズヴェルトはクラース・ヴァン・ルーズベルトに始まるユダヤでお札に「イルミナティの目」を印させたし。
レーガンはユダヤ贔屓でFRB・国防長官もユダヤよ。ま、オカルトブームは武田崇元、中沢新一と漏れが考えた革命プロトコル失敗作だから今も後遺症なのは哀れだな。

736 :クロシロー・ロスチャイルド:2007/12/29(土) 18:32:15 ID:Y5extvQF
反米財閥・反ユダヤ財閥主義者だ。訂正レスは入れる。
広瀬を見ればロックフェラー・モルガンがファシストをあおり、
またE・H・カー「独ソ関係史」を見るとソ連とドイツの蜜月
ぶりはわかる

737 :クロシロー・ロスチャイルド:2007/12/29(土) 18:37:30 ID:Y5extvQF
アメリカはロックフェラーもモルガンもワスプそれとユダヤ財閥とのせ
めぎあいがあると見ている。

738 :クロシロー・ロスチャイルド:2007/12/29(土) 18:40:04 ID:Y5extvQF
つまりそれが暴発したのがWW2だろ。

739 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/30(日) 06:57:26 ID:kjkOC1uA
糞しろ=脳梅毒患者=禁治産者よ、
来年も魯鈍か?

740 :(・゜ω゜・) ☆まじめこて☆ ◆rgujENbs.s :2007/12/30(日) 20:22:35 ID:HdVafkOP
【韓国】米オレゴン州免許取得HPの“独島記述削除”〜韓国ネチズン、「独島が欲しいなら日本全土と交換しろ」★2[12/30]
http://news24.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1199012049/

朝鮮人ってホント見てて笑える。
くそしろー並に幼稚で面白い。

741 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/31(月) 00:02:33 ID:2NQ0rVYq
そして、ふたりだけになった……

742 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/31(月) 01:26:18 ID:+3ZW0x2F
くろしろーはいなくなったからジミーとまじめの争いか。

743 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/31(月) 04:09:41 ID:+3ZW0x2F
大した良スレになりそうだな。

744 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/31(月) 18:52:23 ID:ALkaBdJm
コロンブスはユダヤ人だが何か?

745 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/01(火) 10:57:46 ID:yn0KeEYD
あけおめ
今年こそこのスレのみんなで革命起こそうぜ!

746 :かつて○だった男:2008/01/01(火) 16:11:05 ID:jICgS+gv
今年こそくろしろー塾長が学習・進化いたしますよう、念じております。


747 : 【小吉】 :2008/01/01(火) 23:46:28 ID:qj1qS+9J
てすと

748 :!otosidama:2008/01/01(火) 23:47:12 ID:qj1qS+9J
てすと

749 : 【1925円】 :2008/01/01(火) 23:48:18 ID:qj1qS+9J
てすと

750 :(・゜ω゜・) ☆まじめこて☆ ◆rgujENbs.s :2008/01/01(火) 23:48:53 ID:qj1qS+9J
まずまずかのう(・゜ω゜・)

751 :(・゜ω゜・) ☆まじめこて☆ ◆rgujENbs.s :2008/01/02(水) 00:50:00 ID:IMTyTz4g
http://jp.youtube.com/watch?v=YD4yKYP7Tvs

いやはや。
朝鮮人というのは実に気違いぞろいで困りますな。
まるでくそしろーのようだ。

752 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/03(木) 09:03:39 ID:J3sz/3h8
あけおめ&ことよろ、と時代遅れの挨拶が馴染んでしまった。

>>751
そんなこと言ったら鮮人どもが気を悪くするよ。


753 :(・゜ω゜・) ☆まじめこて☆ ◆rgujENbs.s :2008/01/03(木) 10:46:24 ID:UQCTBFRI
あけおめ〜
つかあんたIDすごいね。

754 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/03(木) 18:15:58 ID:SMmh/WJu
>>751
差別はいけません

755 :(・゜ω゜・) ☆まじめこて☆ ◆rgujENbs.s :2008/01/03(木) 21:03:01 ID:UQCTBFRI
>>754
まったくもって。
奴らの差別意識は異常なものがありますからね。
ウリナラは世界文明の発祥地、とか言う妄想に取り付かれ続ける限り、
矯正は不可能でしょうが。
残念な話です。

756 :(・゜ω゜・) ☆まじめこて☆ ◆rgujENbs.s :2008/01/05(土) 09:11:37 ID:mKkWcp+U
【中国】「健全な環境をつくるため」…北京五輪に向け、北京市警察当局が物乞いする人々を強制排除へ[1/4]
http://news24.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1199450809/

聖人君主様の出番じゃんw
早速北京に殴りこんで指導部こき下ろしてこいやww

757 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/05(土) 14:09:30 ID:/bYiHo/U
中国様は一体どこへ向かうのでありましょうか?

758 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/05(土) 17:19:35 ID:2Iw2njK9
>>756
黙れよアホw

759 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/06(日) 01:20:45 ID:VEIPQ4Kd
シカトシカト

760 :(・゜ω゜・) ☆まじめこて☆ ◆rgujENbs.s :2008/01/06(日) 23:12:08 ID:AAKO3MB5
いたたたたw
北京政府様には全面服従の姿勢、ってか?w
俺が前に指摘したとおり、まさに「弱者(弱みを見せた女子大生)へのリンチ」だったわけね。

雑魚過ぎるぞ、聖人君主様wwwwww
俺の手のひらの上で転がされまくりw

761 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/07(月) 06:07:28 ID:39jevO1k
>>760
何を言っているんだ。
物乞いをする人を排除するのはあの出来事のような独特の醜さがない。俺は中国政府はそう言うもんだと思ってるんで、
いまさら驚かないだけだ。
おまえごときの手のひらの上で転がされる人間はいない。図に乗るのもいい加減にしたらどうだ?

762 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/07(月) 06:50:12 ID:g82yT79d
よくわっかないけど, マルクス経済学とW社会主義国家”のことはちょと無関係じゃないですか??
政治経済学は哲学とロジックだと思う。さらに、ソ連という″社会主義国家”は本物のマルクス経済哲学を大分否定じゃないですか?
個人favのマルクスと新マルクス(neoーmarxism)著者は以下:
K.Marx(政治経済学), Antonio Gramsci(政治科学、社会学), Karl Polanyi(社会学), Michael Kalesci(経済学), Pierro Sraffa(とても面白の経済学), Louis Althusser(社会学).


763 :(・゜ω゜・) ☆まじめこて☆ ◆rgujENbs.s :2008/01/07(月) 07:55:09 ID:vyJhbtxG
>>761
へぇ〜〜〜〜
あんた「驚いた」んで一特定個人を袋叩きにしちゃったわけだ?
俺なんか「共産主義の政府が貧者を虐げてる」この矛盾に驚愕しているわけですがw
で、「あの出来事のような独特の醜さ」って?
そんなてめーの「内心のご都合」で人様をよくもまぁ人格攻撃できますなぁ。
しかもまた「おまえごとき」とか高みに登って悦に浸っちゃってるし。

いい加減見苦しいよ?
せっせこその場限りの言い訳繕っては人様見下して、
お前の様な人格破綻者は一刻も早く死んだほうがいいと思うね。
つーわけで、

   さ   っ   さ   と   死   ね   


こう言ったテメーの「内心の都合」で政治をやるのが共産主義者。
何をもって共産主義とするかすら「内心の都合」で、どんな政策が共産主義なのかすら定められない。
全てその場の気分次第、テメーを取り繕って終わり。
果ては「美しい国日本」だの「あの出来事のような独特の醜さ」とか言い出す。
んな訳のわからんテメーの価値観なんぞを、政治に持ち込むなボケ。

聖人君主様にしろ北京政府にしろ安倍にしろ同類だな。

764 :(・゜ω゜・) ☆まじめこて☆ ◆rgujENbs.s :2008/01/07(月) 08:23:14 ID:vyJhbtxG
「驚き」があればボロクソこき下ろす。
「驚き」が無ければこき下ろさない。
すげぇw

俺なんかが見ると、特定個人をボロクソ吊るし上げるのなんか最高に醜いし、
強権集団の貧者弾圧なんかを「驚きが無い」とか何とか言って見てみぬ振りする
のなんかも最高に醜い。
でもまぁ俺ごときの萎びた価値観なんぞは聖人君主様の意にも介されないんでしょうなぁ。
実に残念ですわ。
聖人君主様の価値観は雲の上の高みにありますからなぁ。

つか共産主義者ってやつは特定個人の吊るし上げはやって、
強健集団の弱者弾圧には目をつぶるんだね。
ああ、文革のときに散々見た光景か。
となると別に驚きも無いかw
こりゃ驚き無いから聖人君主様叩いちゃ駄目だなwwww

765 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/07(月) 08:41:11 ID:39jevO1k
おい、みじめw
俺は中国政府の今回の対応を肯定してはいないぞ。俺はアンチ国家社会主義、反権力だからな。
しかしだからと言って、俺が2chのこのスレで、なにかのレスをつける義務があるとはまったく思わない。
俺がレスを付けなかったところで、以前の批判と矛盾するわけではないだろ。
第一、俺がここでどうこうしたところで、なにが変わるわけでもない。

766 :1111111111111:2008/01/07(月) 16:45:45 ID:tXc+L37m
 もうこのスレまじめこてとかいう精神的中学生に占拠されて
 別のところでこいつだけ荒らし認定してもらってまじめ
 に進めることを希望

 資本論もろくに読んじゃいなさそうじゃん.

 読んだ事無いなら無いでいいけど別にただの中学生のカキ子
 だからなぁ

767 :(・゜ω゜・) ☆まじめこて☆ ◆rgujENbs.s :2008/01/07(月) 23:48:48 ID:vyJhbtxG
>>765
つか俺がどこで「お前は北京を肯定してる」だなんて書いた?
聖人君主の上に文盲じゃあ話にならんのだけど。

>第一、俺がここでどうこうしたところで、なにが変わるわけでもない。

ほ〜なるほど、達観された聖人君主様が「よわっちい個人」を叩くのは、
差し詰め何かが変わるからといったところですか。
女子大生がPTSDで首くくったりとかw
こりゃ女子大生一人分、世の中変わっちゃいますな><

まぁ、ここぞとばかり「よわっちい個人」はいたぶり、
北京の強面には何も言わん聖人君主っぷりを俺は皮肉っただけ。
聖人君主らしく、小人の戯言など気にスンナwwww

768 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/08(火) 01:01:38 ID:235cr7ga
>>767
何の皮肉にもなっていないだろ(苦笑

>つか俺がどこで「お前は北京を肯定してる」だなんて書いた?
いやお前が書いたかどうかではなく、俺が書かなかったんだよw

>差し詰め何かが変わるからといったところですか。
2chの書き込みごときで何かが変わるとは思っていないw
あと俺はそれほど叩いていないだろ。言うまでもないがブログ炎上にも加担してないよw
>>766が言っているが、ほんと、おまえ幼稚だわ。

769 :(・゜ω゜・) ☆まじめこて☆ ◆rgujENbs.s :2008/01/08(火) 02:47:02 ID:cWeKBI+d
>>768
>いやお前が書いたかどうかではなく、俺が書かなかったんだよw

リアルで日本語わかんないんだね。
さすが北京通ですわ。

お前は>>765
>俺は中国政府の今回の対応を肯定してはいない
などと訳のわからないことをお前は書いているが、
「お前は北京を肯定している」だの俺は一言も書いていない。
よって>>765は俺に対する何のレスにもなっていない。

ここまで噛み砕いてやらにゃーならんの?
日本語わかりますか?
つか小学校からやり直せ。

>あと俺はそれほど叩いていないだろ。

特定個人を匿名で叩いた挙句、「ワタシハケッパクデース」ってか?
見上げた根性だな。
さすが聖人君主を気取るだけある。
つか最初っから最後までオウムの麻原みてーな腐った根性。
カス以下。

>言うまでもないがブログ炎上にも加担してないよw

お前がブログ炎上に加担したなどと俺がいつ書いたんだ?
俺はお前がこのスレでお前が披露した糞以下のレスを叩いただけ。
馬鹿か?
マジで日本語能力ゼロだなお前は。
死ね。

>>766が言っているが、ほんと、おまえ幼稚だわ。

溺れる者は気違いのレスをも掴む。
気違い同士よろしくやってな。

770 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/08(火) 16:17:38 ID:SXasTXo9
>>769
おまえほんっとアホだなw
さすがマーチ卒w
人を麻原呼ばわりするおまえもクソ以下のキチガイ、朝鮮人を差別するのもクソ以下のキチガイというしかないなw
俺は韓国人の友人もいるし、貴様みたいな差別主義者は軽蔑するね。というより哀れむよ。

771 :(・゜ω゜・) ☆まじめこて☆ ◆rgujENbs.s :2008/01/09(水) 01:41:45 ID:PeySak69
いや、俺にもふつーに韓国人の友達いるけど?w
そんな友達の人種で悦に浸れるアホに乾杯。

つか、レイシストは朝鮮人。
いちいち例示する暇も無いほどの、最悪のレイシストが朝鮮人。
ホント、世界の狭いやつは手に負えない。
テメーの馬鹿を勝手に俺に投影してんじゃねぇw

772 :(・゜ω゜・) ☆まじめこて☆ ◆rgujENbs.s :2008/01/09(水) 01:44:45 ID:PeySak69
ウリナラマンセー朝鮮人。
今日もウリ民族の優越性に浸って将軍様マンセー。
日本人にはとても理解できない、スーパーレイシストが朝鮮人。

常識。

773 :(・゜ω゜・) ☆まじめこて☆ ◆rgujENbs.s :2008/01/09(水) 01:47:53 ID:PeySak69
【日韓歴史】 天皇家に流れる金海金氏の血〜歴史研究家の研究大公開-1.日本皇室の根[01/07]
http://news24.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1199801706/

さて、今日も朝鮮人の民族主義が炸裂。
天皇は朝鮮出身、日本は朝鮮のモノだそーです。
おめでたいものですね、朝鮮ファシストの日本差別はw

774 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/09(水) 02:02:48 ID:JnCXibej
>>773
そういう記事に過剰に反応するのがむしろレイシストだろ。
日本人の血に朝鮮人の血が混ざっていないほうがおかしい。
坂口安吾も遠まわしに>>773の記事と似たことを言っている。
日本人というものがもともとある、日本というのはアプリオリにある、というのは、妄想だよ。

775 :(・゜ω゜・) ☆まじめこて☆ ◆rgujENbs.s :2008/01/09(水) 02:13:11 ID:PeySak69
なるほど。
レイシズムへのカウンターパートはレイシズム。
帝国主義へのカウンターパートは帝国主義。
資本主義へのカウンターパートは資本主義。
馬鹿というやつが馬鹿、か。

まぁ否定はしない。
共産主義者は帝国主義者であり、資本主義者であると常日頃思うしな。

つか、俺は日本というものが先天的に存在するなどとは全く考えていない。
全く的外れな批判。
残念ながら。

776 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/09(水) 11:03:04 ID:WG5RPM8t
人間ユーモアも大切だねhttp://hobby10.2ch.net/test/read.cgi/insect/1153536126/気晴らしでもどうぞ

777 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/11(金) 16:00:17 ID:z7mYO71W
あげ

778 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/13(日) 15:55:50 ID:2rIxZiXn
過疎だな。

779 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/13(日) 20:26:14 ID:0/sn5b9V
ちんぽがきもちいいの

780 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/18(金) 04:18:48 ID:CSjyGh2C
これはどう?

「現代の通貨とは何か――「銀行券」の発展を見る」
http://www.mcg-j.org/mcgtext/tuka/tuka.html


781 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/18(金) 09:10:27 ID:VLfnkXH+
>>780
マルクス主義同志会ってOFWが褒めてた同好会だよな?

782 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/19(土) 15:40:26 ID:iOSV67WI
>>781
そっか、もう党派どころか、好き者の集まりにまで格下げしたか。
で、OFWってやっぱマルクス主義同志会の会員なんだろ?

783 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/20(日) 12:45:07 ID:4KLyCagZ
終了

784 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/20(日) 13:50:57 ID:KkF0v4/2
革命だーーーーーーーーーーーーーーーーーー!!!

785 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/24(木) 01:07:09 ID:TKYb9vfO
労働者ですが、働いても働いても給料は上がりません。サー残業ばかり。雇い主は経費でベンツ買ったそうな…最近マルクスに興味を持ちました。こんな私はプロレタリアートですよね、トホホ

786 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/24(木) 21:07:17 ID:pvxSG6k2
>>785
あとおよそ20年後に世界各地で革命が起きます。それまでに準備しておきましょう。

787 :1111111111111:2008/01/24(木) 22:29:44 ID:xc/eG7nP
 あんたは別に真の労働者じゃないだろ

 真の労働者は金持ち妬まないしサービス残業など拒否(=
 カネを失うことの恐怖=いずれ金持ちになりたいという願望)

 真の労働者は金などという物象化された物体を追うのではなく
 真に労働そのものを楽しめるような社会にしたい人々の事を言います.

 俺は基本的に今の時代の企業の労働者など所詮金持ちを妬むだけの
 (そして自分が金持ちになった日にはそれが当たり前だと思う人々)
 人々でしか無いと感じています.

788 :1111111111111:2008/01/24(木) 22:40:03 ID:xc/eG7nP
 俺はOFW氏くらい誠実そうかつ論理的な文章を書ける人は
 共産主義社会の真の構成員にはなれそうな気はします.

 でも自分の悪いポジションを嘆くだけで結局はカネを追う
 人々(世の大半)はまあなれないでしょうな 俺も含めて

789 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/26(土) 19:05:30 ID:5CIg0VOY
>>788
そのOFWのカキコ調を指して、あの脳梅病みが
典型的なオグルの文章と看破してたぜ。

そのOFWも脳梅病みも両方とも逝ってしまったがな。

790 :(・゜ω゜・) ☆まじめこて☆ ◆rgujENbs.s :2008/01/26(土) 21:27:58 ID:HnUFl6DP
オグルってなんだよw

791 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/27(日) 05:19:29 ID:vXbqtZH+

「マル経難民」の床屋談義

金子勝 『反グローバリズム』岩波書店

著者は、経済理論学会(マルクス経済学の学会)に所属する経済学者では随一のマスコミの人気者である。「ブッシュはバカだ」とか「小泉改革はニセモノだ」というような床屋政談が受けるらしい。
この本も、最初から最後まで学問とは無縁の「ぼやき漫才」のようなもので、まあそういう読み物としてはいいが、まじめに受け取るべきではない。
マル経は、今でも一部の大学には講座の枠が残っているので、無能な学者でも職にありつける「穴場」である。しかし、よりどころとする理論が崩壊してしまったので、「きわもの」的なテーマを探すしかない。
こういう「マル経難民」が好んで選ぶテーマが「国際」「情報」である。このフレーズさえつければ文部省から科研費が引っ張れるし、状況の変化が激しくて「近経」の理論がついていけないので、「床屋理論」でも何かいえそうだからである。
そもそも著者のいう「グローバリズム」とは何なのか、ちゃんとした定義も書かれていない。国際会計基準と年金改革の話がごちゃごちゃに並んで、「グローバル・スタンダード」への非難が繰り返されているだけだ。
改革を批判するときの根拠は、いつも「リストラしたら景気が悪くなる」というだけで終わりだ。「市場の失敗」を非難するが、「政府の失敗」については何もいわない。
こういう介入主義もマル経の悪しき遺産である。著者は「主流派経済学」を批判するが、それを理解していないことは明白である。「情報の非対称」や「ゲーム論」についての孫引きをもとにした一知半解の「批判」はなかなか笑える。
この程度の学者でも慶応大学に職を得られるぐらい、日本のマル経業界は「売り手市場」になっているわけだ。先進国で最低レベルといわれる日本の大学の恩恵を受けている著者が「グローバリズム」に反対する理由はよくわかる

http://www003.upp.so-net.ne.jp/ikeda/Kaneko0.html




792 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/27(日) 13:28:05 ID:plVyt+Qq
この体たらくになると、Jimmyの存在が懐かしいな。

793 :(・゜ω゜・) ☆まじめこて☆ ◆rgujENbs.s :2008/01/27(日) 14:07:28 ID:N1NPgONZ
【中国】20年後、中国の経済力は日本の10倍に―香港の経済学者[01/16]
http://news24.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1200464680/1

全国の共産主義者の皆さん。
中国の同胞を解放するため今すぐ北京に渡り、行動してください。
そして日本には二度と帰ってこないでくださいw

794 :1111111111111:2008/01/27(日) 16:48:03 ID:Rm2lKr6X
 とりあえず又資本論1巻から読み始めてるは…(岩波)

 とりあえず多数の商品=1商品たる等価形態から貨幣に
 いたるまでの論証が『商品交換が社会的に***慣習化して***』
 最早全ての商品に共通な等価が現れるようになると…という
 文章があるが(前後で断絶があるが少なくともマルクスは商品
 交換が『慣習化』することが貨幣の出現条件だとも思える文章
 にあたった)本当なのかぁ?

 まあ1巻だけではどうしようも無いからさらに読み進める.
 (ていうか7年前に読んで大体考えの骨格しか覚えてないなぁ…
  まあそれでいいのか悪いのかは知らん)

795 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/27(日) 20:28:42 ID:Fe63b0gk
>>794がJimmy

796 :(・゜ω゜・) ☆まじめこて☆ ◆rgujENbs.s :2008/01/27(日) 20:38:29 ID:N1NPgONZ
ジミ氏はこんなに頭悪く無いよ。

797 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/27(日) 20:56:06 ID:Fe63b0gk
>>766
本音

798 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/28(月) 02:59:39 ID:G2WAqhxs
>>794
>前後で断絶があるが少なくともマルクスは商品
>交換が『慣習化』することが貨幣の出現条件だとも思える文章
>にあたった)
そういう理解はされてないだろ。貨幣の立脚する論理的構造分析をして貨幣存在の分析をしているだけで、発生的原因論ではない。

799 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/28(月) 09:28:35 ID:03bJ/oHQ
>>794
『資本論』を読むこと自体が目的なんですか?
それとも、何かの目的に資する為に『資本論』を読むんですか?

800 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/28(月) 09:45:33 ID:N/kdfR76
国債が借金であることは事実であるが、それは形式的な議論でのみ妥当
するのであり、国債とは本質的には、総支出(総需要)を調節するため
の手段でしかないのだ (ラーナー『雇用の経済学』第一章)
それはまた、庶民が想像するところの借金とは異なるものである。すな
わち日銀が国債をたとえば、500兆円買取って保有した場合に、その
利息収入は日銀の手にはいるが、その利益は政府に納めなければならず、
単なる帳簿上の債権債務となることから明らかである。
さらに明確に国債の本質をとらえるためには、政府の子会社である日銀
を、年末30日に政府に吸収合併するところを想像すれば良い。そうな
ると国債の債権者が政府となるのであり、債権債務が同一人格に帰属す
ることになり、民法における混同の法理により、債権債務が消滅するの
である。これを借金と呼称することには、いささかの無理があることが
分かるだろうと思う。


801 :1111111111111:2008/01/28(月) 13:12:40 ID:sjDZsuyQ
 >>798

 まだ読み途中ですので大層には言いませんがそれそのものの
 文章が存在します。面倒なので書きませんが(1巻)

 >>799

 その通りです.でも俺に目的を聞いて何かなるんでしょうか.

802 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/28(月) 17:08:25 ID:Qhbq7x1G
>>801
マルクスがそのように書いているとしても、そう理解すべきじゃないだろ。

803 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/28(月) 19:16:06 ID:lA5P3g7d
>>800
貴方の論理は、その通りでよいでしょう。
国債は国家の事業達成の為に発行されるものです。
ですから、国債発行と引き換えに、何らかの事業が達成されるわけです。
市中にばら撒かれた貨幣は、企業や個人の財布に入り、
銀行などの金融機関に預けられます。

ここからが問題です。この貨幣を必要とする人や企業がいないのです。
これが、今日の第三次産業革命の時代です。
どうすれば良いか、
それは7時間労働制の施行などの、労働制度の改革だと考えます。
労働制度の改革で、コストインフレを起こすのです。
間違っていたら、ご指摘下さい。


804 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/28(月) 19:32:21 ID:4ccYZ/Mb
うるさいしね

805 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/28(月) 19:32:52 ID:4ccYZ/Mb
>>803
おまえのことだよしね

806 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/28(月) 19:33:21 ID:4ccYZ/Mb
>>804
はげしくどうい

807 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/28(月) 19:34:27 ID:4ccYZ/Mb
>>806
自演キターー

808 :1111111111111:2008/01/30(水) 04:21:07 ID:7rgV9uNu
 世の中に無数に存在する商品同士の相対的価値形態から
 その商品世界から排除された何らかの単一商品に等価形態が
 押し付けられてその単一商品が貨幣として現れるのは人間が
 個別的具体的な生産を行う最中にその社会的性格をも(持ってるだろう)
 労働が社会的なものであると確認せざるを得ない衝動からか?



809 :1111111111111:2008/01/30(水) 04:24:29 ID:7rgV9uNu
 このスレは俺が資本論を読み進めて乾燥を書くスレに決定

 以後レス不要

810 :(・゜ω゜・) ☆まじめこて☆ ◆rgujENbs.s :2008/01/30(水) 07:37:41 ID:CZq4Oxtn
精神病の開陳はてめーのブログでやってくれ。
2chのサーバーはてめーのためにあるわけじゃあない。

811 :1111111111111:2008/01/30(水) 08:38:48 ID:7rgV9uNu
 は? 読んでれば解るだろ バカw

812 :かつて○だった男:2008/01/30(水) 10:03:25 ID:l3PvmlcG
>>808
その説はいわゆる商品貨幣説の一つだね。
今日の通貨制度を説明できていない。
貨幣の発生的説明としては不完全だと思う。

813 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/30(水) 10:30:45 ID:2Z3p8ymf
>>812
だから発生的説明じゃないってw
論理的存立構造の分析。貨幣存在の分析。
この分析によって貨幣がなぜ物神化されているのかを説明し、同時に貨幣を物神化するような見方を相対化できる。

814 :1111111111111:2008/01/30(水) 11:34:00 ID:7rgV9uNu
 お まともな人々もいるんですね.

 読むの遅いですが勝手にレスつけますので宜しくお願いします.
 (基本無視で結構です)

815 :かつて○だった男:2008/01/30(水) 12:27:33 ID:l3PvmlcG
>>貨幣がなぜ物神化されているのか
@物神化とは何か?
A貨幣以外に物神化される事物の例を挙げよ。

よろしく。

816 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/30(水) 13:59:33 ID:54SvMX3l
「今日の通貨制度」?信用論で通貨については説明しているんだけど。
ちなみに「今日の通貨制度」を説明している経済学なんてあるのかな?

817 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/30(水) 17:30:20 ID:4sVLh+sL
上の >>780 ではダメ?

「現代の通貨とは何か――「銀行券」の発展を見る」
http://www.mcg-j.org/mcgtext/tuka/tuka.html

818 :(・゜ω゜・) ☆まじめこて☆ ◆rgujENbs.s :2008/01/30(水) 21:45:06 ID:CZq4Oxtn
>>811
ん?日本語読めないのかな?

>809 名前:1111111111111[] 投稿日:2008/01/30(水) 04:24:29 ID:7rgV9uNu
>このスレは俺が資本論を読み進めて乾燥を書くスレに決定



経済学板@2ch掲示板 ローカルルール

ここは近代経済学,その他大学経済学部で研究される分野について学術的に議論する板です。
以下の話題は板違いとなるので、適切な板をご利用下さい。

経済理論や実証を無視したイデオロギー等の開陳、景気談義など学問的アプローチ
を伴わない議論、マル経と近経の比較により煽り合いや相互介入が発生するもの、
などの学術的ではない話題は経済板へ                                  ←これ

資格試験の一科目としての話題は資格全般板、会計試験板、公務員試験へ
政治的な話題は政治板、議員・選挙板へ
経営学の話題で、経済学と関連が高い(金融工学等)分野以外のものは経営学板へ

経済学と関係ないマルクス思想やマルクス主義は哲学板や共産党板へ               ←これ



わかるかな?僕ちゃん。

こむつかしい言葉使って頭よろしくなった気になっちゃってるのかもしれんけど、
はっきり言って君、ただの馬鹿。

理解したらさっさと消えなさいw

819 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/30(水) 23:54:10 ID:U/xG9pFQ
まじめは資本論読んでないからこの程度も分からないらしいw
池沼はほっといて読書日記続けてくれ

820 :かつて○だった男:2008/01/31(木) 00:08:01 ID:1GgCvnEM
>>819
わかるように解るように説明してあげなさい。
私が学生時代に○を捨てた理由の一つ。
資本論読んで解らないところを尋ねたら、まさに「この程度もわからないのか」といった答えだけ。
大学院は謹啓に替えたけど、そんな反応の人は殆どいなかったよ。
○:解らないのは「解らない方が馬鹿だから」
近:解らないのは「教える方が実はよくわかってないから」
おおよそ色分けするとこうなるな。私の経験では。

821 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/31(木) 08:04:20 ID:aU6D10i7
プロレタ→ワープア。ブルジョア→経団連
って入れ替えて『宣言』よんだら説得力有りすぎてワロタよ。

822 :(・゜ω゜・) ☆まじめこて☆ ◆rgujENbs.s :2008/01/31(木) 08:08:11 ID:OV+P5j9K
そうそう。

○は「労働者のための科学」を自称しながら、
実際は似非インテリが「この愚民(異教徒)どもめ」と優越感に浸るための道具に過ぎない。
しかも実に曖昧模糊な価値規範を前提に議論を展開するために統一した理解を得られず、
構造的に自分の理解を理解できない他人を「愚民(異教徒)」化することとなり、
そのためお互いがお互いを「愚民(異教徒)」とし、宗教戦争に陥る。
その結果が「革命」を自称するジェノサイド、「総括」に名を借りたリンチ殺人。

散々指摘したとは思うがw

823 :1111111111111:2008/01/31(木) 10:12:50 ID:AE2IrQ+0
とりあえず今商品の物神的性格のところ読んでる

遅くてスマソ

マルクスの第1の功績はそもそも労働の社会的関係が外部に物像化
となって現れるそれが倒錯されて社会に理解されていると突いた
所か? まだ読み途中なので断言しないがここまでの感想
 
ていうか俺哲学知らなさ杉か

824 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/31(木) 13:00:12 ID:9e8l32gc
>>812

俺思うに、今日の通貨制度が異常であり、いつ崩壊してもおかしくない
危機的状況だと思う。

重要なのは『なぜ商品貨幣説から逸脱した、今日の状況に
陥ってしまったのか』
また、『いかなる作用により、今日の異常事態が保たれているのか」
ということではないだろうか?



825 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/31(木) 18:01:28 ID:4YcKYN1H
>>822
>曖昧模糊な価値規範
ナンセンス! マルクスは労働価値説で徹底して一貫している。
何かを価値とすることがどうしてまずいのだ?
まさか経済学は科学であるべきだ、なんていうんじゃないだろうねw

826 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/31(木) 20:49:12 ID:EL4fTb0o
>>825
もちろん、経済学は科学であるべき、です。

827 :かつて○だった男:2008/01/31(木) 21:07:44 ID:CP2JR4I+
>>825
アンタは新顔かね?価値論に関してはこのスレで散々議論があった。
何かを価値とすることがどうしてまずいのだ
別に拙くはないが、経済学に寄与する所は殆どない(これまでもなかった)。
そういう問題設定はかえって議論を混乱させ、見える物まで曇らせてしまう。
これが私の見解だった。
過去ログでも覗いてくれ。

828 :(・゜ω゜・) ☆まじめこて☆ ◆rgujENbs.s :2008/01/31(木) 21:34:16 ID:OV+P5j9K
中国共産党の公式地図
ttp://www.gov.cn/jingtai/map/3482.jpg

おもしれーもん拾ったから置いておこう。


>>825
空想から科学へ。
誰の台詞だったか?w

つか、その労働価値説が曖昧模糊なんだよ。
「労働に価値がある」と言い切るのはいいが、
その価値を正当に評価するための手段は存在し無い。
計測できないものを議論の根底に置いたところで議論は進展しない。
計測できないものを誰もが好き好きに「これだけ」「これだけ」と好き勝手に評価したところで、
それは資源の希少性によって満たされるものでもなく、
よって満たされないと不平を主張しても正当な評価が与えられないのだから結局解決出来ず、
その評価方法が他の宗派から認められないからといって「総括」してみたり、
チャンチャラおかしいという話だ。


>>824
「危機的状況だ」という判断が先行して、何故危機的なのか理屈が後からくっつく。
そういった論法に価値があるの?

「あ〜もう駄目だ〜おしまいだ〜」から始まって、その理由はさっぱりわかりませんとは?

829 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/31(木) 21:52:03 ID:4YcKYN1H
>>828
労働価値説を抜きにしてマルクス語ることもできるけどなw

830 :(・゜ω゜・) ☆まじめこて☆ ◆rgujENbs.s :2008/01/31(木) 22:29:27 ID:OV+P5j9K
なら、「労働価値説で一貫している」なんつー見当違いな話題振るな。
んなもんそもそも論の大勢には何の影響も与えない枝葉の話。
枝葉に噛み付いといてやっぱり必要ありません、ってアホ?

重要なのは、「労働者がえらい」という判断が先行し、
何故「えらい」のかはさっぱり説明できず、
「えらい」と言わない異教徒を殺し、
どのように「えらい」のか意見が違えば異教徒として殺し、
たいしたカルト様だなぁ、ということ。

831 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/31(木) 22:42:43 ID:4YcKYN1H
労働者が偉い?
『資本論』を誤読したのか?っていうか読んでないのか。
労働者が偉いなんて思わないヨ読んでも。ただ資本のやむことのないすさまじい運動過程を見るだけ。

832 :(・゜ω゜・) ☆まじめこて☆ ◆rgujENbs.s :2008/01/31(木) 23:12:35 ID:OV+P5j9K


            笑


マルクスなんぞそもそも読むわけねーだろ馬鹿w

833 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/31(木) 23:35:22 ID:bPrKEk+D
>>832
じゃあ来るな。

834 :1111111111111:2008/01/31(木) 23:39:23 ID:AE2IrQ+0
 だから逝ってるじゃんこいつはただの荒らしだって何度も…

835 :(・゜ω゜・) ☆まじめこて☆ ◆rgujENbs.s :2008/02/01(金) 00:50:59 ID:lhAiERRP
こっちが指摘されたことにゃあ何一つ反論できず遂には逆切れですか。
なるほど億単位で人殺ししちゃうわけですねぇ。

つかお前らが板違い。
カルト板に帰れ、精神病患者は。

836 :(・゜ω゜・) ☆まじめこて☆ ◆rgujENbs.s :2008/02/01(金) 00:53:14 ID:lhAiERRP
つかまぁ、「労働者はえらい」に終始するのがお前ら似非インテリの自称労働者階級。
そのために掲げる金科玉条、印籠がマルクス。

印籠振り回してはせっせと人殺しに励む共産主義者。
今度は毒入り餃子ですか?wwwww

837 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/02/01(金) 02:01:16 ID:C0g5sxN7
まあ何言おうとマルクス読んでないからな。

838 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/02/01(金) 02:27:45 ID:Qu1jo1jS
参考になる?

「資本主義講座〜マルクス経済学 『資本論』を学ぶために」
http://www.mcg-j.org/mcgtext/sihonkoza/sihonkoza.htm

839 :1111111111111:2008/02/01(金) 03:21:33 ID:Ysufgf+I
結局あれだな

私的労働の形態をとらざるを得ない今までの人間社会はそもそも
 人々が何かを生産するにあたって集まるという事をしなければ
 ならずその集合において自然と指揮する側の人間(=所謂資本家)
 と指揮される側の人間(いわゆる労働者)に分かれないとその組織
 そのものを人間として認識することが出来ず本来労働者が手に
 しその手にした商品を介して社会的な交換をそれぞれの労働者
 が個人個人で行わなければならないはずなのにそれが資本家という
 代表者によって管理されてしまうのはどうしても人間の認識として
 の限界があるような希ガスんな

 ここにおいて私的労働(=企業)間の競争を活発化させながら(=
 商品の進化を生む源)かつその内的矛盾が出無いように工夫するには
 最早企業に対する重税以外には無いだろうがそれは程度の問題かな

 しかしどう考えても自然環境破壊問題は私的労働でも個人労働でも
 解決しない問題だね

 つー事は狩猟採集時代に戻るのが一番! ピコーン 終わり

840 :1111111111111:2008/02/01(金) 03:31:13 ID:Ysufgf+I
 結局ラメトリあたりの人間機械論からやり直さなきゃダメだね

 どこまで人間は自分自身を認識可能なのか

 って10年前も考えて放棄したなwww

841 :1111111111111:2008/02/01(金) 03:45:16 ID:Ysufgf+I
 そろそろマジ自分でもうざくなったから消えるわ…

 

842 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/02/01(金) 04:25:43 ID:Qu1jo1jS
これも発掘した。
  ↓
「ブルジョア的俗論と折衷と 
 労働価値説排撃に執念――ベーム・バベルク「効用価値」説」
http://mcg-j.org/japan/theory/theo-pet/theo-1019.html



843 :(・゜ω゜・) ☆まじめこて☆ ◆rgujENbs.s :2008/02/01(金) 08:54:57 ID:lhAiERRP
>>839
こういう糞以下の雑文がよくもまぁ書けたものだ。
気持ち悪い。

二度と病院から出てくんじゃねぇ。

844 :(・゜ω゜・) ☆まじめこて☆ ◆rgujENbs.s :2008/02/01(金) 09:04:21 ID:lhAiERRP
他者攻撃のためのアドホックな二分論。
全く意味不明の論理展開の果ての笑いを禁じえない結論。
しかも得意げ。
こんなに頭のいい自分は高みに登っちゃいますか?
さては理解できない愚民君たちに優越感ですか?

殺人カルトの誕生の瞬間を、ここに目撃しちゃいましたw

845 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/02/01(金) 09:54:09 ID:FCKvEIvF
今の米最高裁長官ジョン・ロバーツもマルクス主義の理論を理解してるのに。こんな水掛け論、アメリカの知識人が見たら笑うぜ。お前らインテリ気取りはどうせマーチ大東亜帝国の域を出ねぇよ。

846 :かつて○だった男:2008/02/01(金) 11:17:16 ID:luSlp0EB
>>839
文章が長すぎて読めないよ。
学術系の文章は2行に収まるように書くべき。


847 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/02/01(金) 12:34:53 ID:2xZFaN6o
まあ、飯が食える学問が出来る国の価値中立なんてそんなものよ。
マンキューなど読むと資源配分の学とあるが片腹痛い。自然科学
と比べれば、権力構造の中に科学と証する連中がいて主流派です
よと馬鹿の語源があるから調べなさい。
マルクスも引きこもってどうするんだって、権力構造の中に入れって、
それじゃなきゃ真実はわからん。笑ったなダイヤモンドが労働が大変
だから価値があるとかいうのは。

848 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/02/01(金) 12:42:17 ID:2xZFaN6o
まあマルクスは『教えてやる』傾向が本そのものからでてるね。
天才だから何でもわかるとw
しかも痛い。だから読む気しない。

849 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/02/01(金) 13:04:04 ID:2xZFaN6o
>>847
科学ー>社会科学

850 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/02/01(金) 13:36:33 ID:2xZFaN6o
まあまじめ君は正しいんだな。きちんと尺度を決めて物事を計れと
でも出すのに困難な富豪層がいるから無理。
でもってマルクスに引きこもって、ああだこうだ言ったところで
どこの富豪層も堪えない。
まあ主流派経済学は新中間層経済学。
マルクス経済学はガンダム経済学。ミノフスキー物理学に続くでしょう。

851 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/02/01(金) 16:17:48 ID:C0g5sxN7
>>836
おい、勝手にコミュニストのせいにしてんじゃねーよwww
それこそ精神病的だろwwwwwwwwwwwwwwwwww

852 :かつて○だった男:2008/02/01(金) 20:17:49 ID:luSlp0EB
>>847
今度のは文章は短いが、意味不明だ。
とりあえず現状に何か不満を抱いていることはわかったw。

853 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/02/01(金) 20:37:17 ID:2xZFaN6o
まあはっきり言っちまえば金持ちでないということだ。w

854 :かつて○だった男:2008/02/01(金) 21:08:44 ID:luSlp0EB
>>847
ムム!この文章は、何か見覚えが?
あの伝説のHNのお方か?
(1)公務員で休職中;
(2)チンシュが大好き;
(3)IQ測定不能。昆虫並みという説あり;
(4)出身地:異次元空間の彼方

855 :(・゜ω゜・) ☆まじめこて☆ ◆rgujENbs.s :2008/02/01(金) 21:23:38 ID:WkyH2HZz
>>851
ちょwwwwwおまwwwww
wが多すぎwwwwwwwwww
芝刈りする人の身にもなってみろよwwwwwwwwwww

856 :(・゜ω゜・) ☆まじめこて☆ ◆rgujENbs.s :2008/02/01(金) 21:33:54 ID:WkyH2HZz
自分の理解が正しいかどうかはわからんけど、
謹啓の手法っつーのは、わからんものはわからんまま扱う。
例えば個々人の価値観の問題は、需要関数なる財の選択の事後にしか決定し得ないモノにぶち込んでおき、
価値の問題には触れずにわかることだけを追っていく感じだな。

つかくそしろー先生も堪え性が無いねw
もう舞い戻ってきやがったww

857 :1111111111111:2008/02/01(金) 22:15:08 ID:Ysufgf+I
 ダイヤモンドは労働が大変だから価値あんだろ?
 (まさか昨今の技術改良による人工ダイヤのこと考えてんのか?)

 空気は効用があるのに何故商品じゃないんだ? 労働によって
 媒介されないからじゃないのかぁ???

 

858 :かつて○だった男:2008/02/01(金) 22:32:55 ID:luSlp0EB
>>857
ムム。もう1人異次元思考のお方が。
このスレ、どうも読めなくなってきた。

859 :(・゜ω゜・) ☆まじめこて☆ ◆rgujENbs.s :2008/02/01(金) 22:34:18 ID:WkyH2HZz
それはお前が思っているだけ。
もっと言ってしまえば労働価値説に囚われているからそう感じているだけと推測される。

ダイヤ好きのオバサンが、ダイヤ掘るのが大変だから金をたくさん出すのか?
違うだろう。
じゃあなぜダイヤに金を出すのか?

きれいだから?
珍しいから?
持っていると自分のステータスがあがるから?
ダイヤの価格が上がると見込んでとうきで買った?
騙されて買わされた?
ダイヤの硬さが有用だから?

なぜダイヤに価値があるのかは個々人の選好の問題であって、
人の数だけある価値観の問題。
そういうものは論じたところで永遠に結論が出ない。

ただひとつわかること。
それは資源は有限であるということで、それは実際に観察可能であり、
その資源の有限性が財の価格に影響を与えるということ。

ダイヤは希少性が高く、空気は希少性が低い。
仮に空気の希少性が最大限に高まる宇宙空間に出てみろ。
空気はダイヤより貴重なものとなる。

何にも難しいことは無い。

860 :1111111111111:2008/02/01(金) 22:37:23 ID:Ysufgf+I
 すまん.俺はオマエにはレスしない.お前まじめじゃないから.

861 :1111111111111:2008/02/01(金) 22:38:08 ID:Ysufgf+I
 以後俺に話しかけないでくれ.俺も話しかけないから.

 真面目に宜しく.お互い無視で逝こう.

862 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/02/01(金) 22:38:18 ID:I5PxajFQ
http://life9.2ch.net/test/read.cgi/loser/1194832126/

863 :(・゜ω゜・) ☆まじめこて☆ ◆rgujENbs.s :2008/02/01(金) 22:39:16 ID:WkyH2HZz
上のはかつ○さんへのレスじゃあないよ。
見りゃあわかるだろーけどw

864 :1111111111111:2008/02/01(金) 22:39:36 ID:Ysufgf+I
 >>858

 かつ○さんは労働価値説否定派なんですか?

 簡単でいいので宜しくお願いします.(俺は労働抜きの価値
 などアリエナイと考えていますが)
 

865 :(・゜ω゜・) ☆まじめこて☆ ◆rgujENbs.s :2008/02/01(金) 22:40:14 ID:WkyH2HZz
ちょwwwwwwwwwwwww
人がまじレスつけてんのによwwwwwwwwwwwww

866 :(・゜ω゜・) ☆まじめこて☆ ◆rgujENbs.s :2008/02/01(金) 22:42:12 ID:WkyH2HZz
またマジレスつけてやんよ。
労働には価値があるだろうが、それを計測する方法は存在しない。
よって論じない。
以上wwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

867 :1111111111111:2008/02/01(金) 22:45:34 ID:Ysufgf+I
 てか○○派とか言うとどうも狭量な考えの枠にはまりますね.

 資本論等読みながらかかないとどうも狂うな.普段簿記系のことばかり
 してるんで.

868 :かつて○だった男:2008/02/01(金) 22:51:24 ID:luSlp0EB
>>864
商品の価格を決定する要因の一つとして投下労働量があることは否定はしない。
しかしそれだけで価格が決まるわけではない。
労働以外の生産要素に対する費用や需要側の要因も関係してくる。
だから、投下労働量によってのみ価格が決まるという説には賛同しかねる。
(ただし収穫一定の競争経済ではこの説は妥当)

とりあえずこんな所が回答。
主流派経済学者なら皆こう答えると思うよ。


もう一つ。
>労働抜きの価値
この言葉は意味不明だね。
そもそも価値という言葉自体が何を指すのかはっきりしない。


869 :1111111111111:2008/02/01(金) 22:53:36 ID:Ysufgf+I
 なるほど.とりあえずどうも.

 一応俺も『主流派経済学』メッカの某H大卒ですが
 関心全く無いです.興味ありそうなら勉強します.

 どうも.

870 :(・゜ω゜・) ☆まじめこて☆ ◆rgujENbs.s :2008/02/01(金) 22:56:13 ID:WkyH2HZz
なぜ収穫一定の競争経済では投下労働量によってのみ価格が決定されうるのか。
以前から疑問に思っているのですが、わたしにゃーわかりませんwwwww

そのうちわかるだろうけど。

871 :かつて○だった男:2008/02/01(金) 23:15:53 ID:luSlp0EB
>>870
簡単な話。ある生産物の市場を考える。
労働のみが生産要素とする。
収穫一定ならば生産物の供給曲線は水平になる。
だから需要曲線がいくらシフトしても生産物価格は変動しない。
これが労働価値説の世界だ。
私が思うにマルクスの先輩リカードが考えた経済がまさにこれ。
そのリカードを後継したマルクスは、やはりリカードと同じ世界で考えていたのだ。



872 :(・゜ω゜・) ☆まじめこて☆ ◆rgujENbs.s :2008/02/02(土) 00:07:28 ID:d9WSI6Ur
ん〜。

労働をL、生産物をyとする。
生産要素は労働のみなので、生産関数はy=f(L)としよう。
しかも収穫一定だから、てきとーにy=Lとか置いておこう。

供給関数(利潤最大化)を求めたいんだから費用関数を求めよう。
費用関数C=C(y)はどのくらいyを作ればどのくらい費用がかかるかをプロットした曲線。
生産要素はLのみだから労働の価格を適当にwとでも置いといて、
C=wL=wyてなもんだろうか。

さて、利潤最大化してみよう。
max π=py-wy
⇒ dπ/dy=p-w=0
∴p=w

つーわけで供給関数はp=wで水平になりました。

ん〜。
確かに水平になりましたし、これにどんな需要関数乗っけても市場での価格は変動しないことも理解できるんですが、
ん〜いまいちピンとこないっすね。

一連の数学的処理の持つ経済学的意味を読み取る力が、ぼかぁ欠如しているなぁ。

873 :(・゜ω゜・) ☆まじめこて☆ ◆rgujENbs.s :2008/02/02(土) 00:14:40 ID:d9WSI6Ur
むむむ。

需要関数をいくらシフトさせても生産物価格に影響を与えない、
つまりは生産物価格から需要者側の要因(選好問題)を排除可能ということか。
そしてハナから生産要素を労働力のみと仮定している。
これによって生産物価格に影響を与えうる要因は労働力価格wedgeのみとなる。

おお〜まさに労働価値説の世界じゃんwwwwwwwwwwwwww
さすがかつ○先生\(^o^)/

874 :(・゜ω゜・) ☆まじめこて☆ ◆rgujENbs.s :2008/02/02(土) 00:16:36 ID:d9WSI6Ur
ある程度の理解が出来た気がするので寝落ちしちゃおwwwww
明日も仕事だしwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

875 :かつて○だった男:2008/02/02(土) 00:26:34 ID:dlqmQLw8
例えば需要が2倍になったとする。
現在の市場価格で今までの2倍商品が売れることになる。
このとき市場での取引価格は上がるだろうか?
通常は上がると予想できる。
生産量を2倍にするためには労働投入を2倍以上にしないと駄目だからだ(収穫逓減)。
しかし収穫一定の世界ではそれはありえない。
生産量を2倍にするには投下労働量を2倍にすればいいだけ。
企業の単位あたり生産コストは変わらないので、従来のと同じ価格で販売できる。
均衡点の移動をトラックするとここでは労働価値説が成り立っている。
労働価値説は
商品価格=商品1単位あたりの投下労働量
この等式が成立しているからだ。

>一連の数学的処理の持つ経済学的意味を読み取る力が、ぼかぁ欠如しているなぁ。
ここが難しい所。経済学部の多くの学生はこの症状で悩む。
しかしどちらも欠如しているよりまし。
この病例は稀だが、異次元経済学症候群と呼ばれるらしいw。

876 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/02/02(土) 00:31:21 ID:4HSxT6On
>>869
まじめはむかつくけど根はいいやつだよ。

877 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/02/02(土) 00:32:05 ID:4HSxT6On
やっべマルクス読んでたら近経忘れたw

878 :1111111111111:2008/02/02(土) 00:41:47 ID:+hfb0ZyC
 知りませんがマルクス読む気無いのならこなけりゃいいと思うん
 ですよw

 他にスレいっぱい有るんだからw

 義務でも無いし 読まないなら(少なくとも読もうとも思わない
 なら)うざいだけでしょう?

879 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/02/02(土) 00:57:41 ID:4HSxT6On
>>878
まじめはここでマルクス主義者狩りをやってる。
少し右よりなんじゃないかと思う。

880 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/02/02(土) 02:36:50 ID:8AWArSCd
今夜も発掘。
毒餃子問題、食糧安保論を根底的に考えるためにイイかも。

「農業保護主義と労働者」
http://www.mcg-j.org/mcgtext/hogoshugi/hogoshugi.htm

881 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/02/02(土) 10:56:01 ID:/vpSNsaC
くくくiQなど昆虫以下の方が生き易いワイ。
マルクスいわくミツバチの巣に大工が嫉妬するくだりがあるしな。
まあこのスレは俺も監視している。
なーんにもつかないのか活性化してるときもな。
科学で価値中立というが社会科学でそれが出来るのか?
ということを皮肉ったに過ぎん。自然科学でも怪しいのだがな。

882 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/02/02(土) 11:05:17 ID:/vpSNsaC
まじめどの、それより、そのコテのアスキーアートはなんなのか
かねてから疑問だったが。

883 :1111111111111:2008/02/02(土) 17:31:30 ID:+hfb0ZyC
 ここで東京で開催してるらしい『資本論を読む会』を知る事が
 出来たことは真に感謝です.

 いずれ出席するつもりです.多謝.やはり書物を通して情報交換
 することは(誠実な人と当たれば)これほど楽しい事は無いですな.

 どこかのネットウヨみたいのじゃなくて.

884 :かつて○だった男:2008/02/02(土) 21:29:26 ID:5vBPVQyr
>>881
公務員にまで成り上がって、休職。
そしてこのスレを監視している。
確かに昆虫程度の脳みそでそこまでできるとは脅威である!
流石は伝説のくろしろー塾長のことだけあるわい。


885 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/02/03(日) 12:06:00 ID:laCupJ9A
まあ休職も3年の上限がついた。公務員ごとき貧乏暮らし望まれるとは
日本も終わってるな。まあ経済学とは資源の分配の額、だが迷走を続け
ておけることで答えを出せない状況。そんなものはあてにならんさ。

886 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/02/03(日) 12:15:02 ID:laCupJ9A
マルクス主義者に言わしめれば金がなくなる国家がなくなるということは絶対
ないよ。まあ絶対ではないけどサルにでも戻るか? 確かに金が人間を支配し
てるのだが、金というものをじっと見つめていればそれは国家の資源の指標
であって、資源の中でしか人間生きれぬよ。

887 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/02/03(日) 12:27:33 ID:laCupJ9A
>>885
分配の額ー>分配の学

888 :(・゜ω゜・) ☆まじめこて☆ ◆rgujENbs.s :2008/02/03(日) 15:44:59 ID:eG6pOmn2
どうしてこんなになるまで放っておいたんだ!
 三           三三
      /;:"ゝ  三三  f;:二iュ  三三三
三   _ゞ::.ニ!    ,..'´ ̄`ヽノン
    /.;: .:}^(     <;:::::i:::::::.::: :}:}  三三
  〈::::.´ .:;.へに)二/.::i :::::::,.イ ト ヽ__
  ,へ;:ヾ-、ll__/.:::::、:::::f=ー'==、`ー-="⌒ヽ←>>886
. 〈::ミ/;;;iー゙ii====|:::::::.` Y ̄ ̄ ̄,.シ'=llー一'";;;ド'
  };;;};;;;;! ̄ll ̄ ̄|:::::::::.ヽ\-‐'"´ ̄ ̄ll


889 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/02/04(月) 07:11:00 ID:5HFgcats
☆も笑わせるな。

890 :仲正昌樹:2008/02/04(月) 09:16:09 ID:Pt8pefnL
>>879
いやミイラ取りがミイラになるかもしれないから期待しときな。漏れなんか元原理研だし。まじめもまじめになったってことだろ。

891 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/02/04(月) 10:54:05 ID:NGEbZwKa
希少な財は生産するのに、需要の大きさに関係なく大きな資本を必要とする。
だから、その生産された商品には大きな価値が含まれる。

892 :かつて○だった男:2008/02/04(月) 11:10:24 ID:bzGa8Bh+
>>891
異次元空間の経済では確かにその通りでしょうな。

893 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/02/04(月) 11:16:50 ID:NGEbZwKa
>>892
学生??

需要と供給は「どうして商品Aが価格aになるのか」
ということを説明できなくね?

894 :かつて○だった男:2008/02/04(月) 11:49:56 ID:bzGa8Bh+
>>893
意味不明。

895 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/02/04(月) 12:19:18 ID:NGEbZwKa
なぜ商品Aは価格aになるのか?なぜ価格bではなかったのか?

需要と供給が一致したとき、この価格aはいったい何なのかを
説明できなくね?

896 :(・゜ω゜・) ☆まじめこて☆ ◆rgujENbs.s :2008/02/04(月) 12:45:23 ID:c3iMncSw
新顔きた〜\(^o^)/

897 :1111111111111:2008/02/04(月) 13:22:19 ID:9vuS0/Re
 新顔に期待

898 :ばか:2008/02/04(月) 17:52:06 ID:zM+EatAy
すみません、剰余価値説についてわかりやすく説明してもらえませんか?

899 :かつて○だった男:2008/02/04(月) 17:56:35 ID:bzGa8Bh+
>>895
益々意味不明。


900 :ばか:2008/02/04(月) 18:12:44 ID:zM+EatAy
あとマルクスはトマス=モアの影響を強く受けた学者なのですか?

901 :剣闘士スパルタクス:2008/02/04(月) 22:09:10 ID:zdmorImE
革命だー!!!!!!!!!!!!

902 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/02/06(水) 12:40:39 ID:eciodPN5
マルクスの原風景はヘブライ世界。昼は家畜を追い、夜は仕事を振り返り、長老が出来事を韻律に乗せて語り、皆が記憶する。
そんで明日の労働をより良いものにしていくんだね。

903 :マルクスなんて論外:2008/02/06(水) 15:50:57 ID:ITIastH7
【全国の旧司受験生・同志法曹界よ団結せよ!】

【全国の旧司受験生・同志法曹界よ立ち上がれ!】


【団結せよ!】


【団結せよ!!】

【バカで無責任な政治家・官僚・法学者を糾弾、政策白紙へ説得せよ!】

【まだ間に合う】











【全国の旧司受験生・同志法曹界よ団結せよ!】

904 :マルコス:2008/02/06(水) 16:44:28 ID:qaDMCyaf
マルクスから見た市民革命ってなんでしょうかね・・・???

905 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/02/06(水) 21:28:54 ID:kqNcN6+o
マルクスから見たら市民革命はうんこ革命で産業革命の方が大事。
全然知られてないが、古いヨーロッパの連中はマルクスを世界中の動乱や革命の黒幕と考えていた。
だからフンボルトが追い回した。でもアメリカとイギリスだけが庇護してくれた。
アメリカの最大手新聞がインタビューと寄稿で給料を与え、イギリスは住家を与えた。

906 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/02/06(水) 23:18:05 ID:Nx4ioUFE
剰余価値率

907 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/02/06(水) 23:30:40 ID:ln53xEJj
>>903
お前は死ぬまで司法試験浪人やってろよ。バカじゃねえの??

908 :(・゜ω゜・) ☆まじめこて☆ ◆rgujENbs.s :2008/02/07(木) 22:48:13 ID:u7VoUpDv
新顔の人には粘り腰ってもんがたりねーな。
もっと面白い書き込みしてくれや。

909 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/02/09(土) 23:46:24 ID:49LEdO3W
「レッド」山本直樹は入手したか? 皆の者。

910 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/02/09(土) 23:52:53 ID:49LEdO3W
真面目も先輩面するなら岡崎次郎『資本論入門』でも読みやがれ。

911 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/02/10(日) 00:01:51 ID:x1URGsMJ
あとコテのアスキーアートと星印も何とかならんかね。

912 :1111111111111:2008/02/10(日) 20:24:09 ID:AZ/Kt5iJ
 資本論読まんと…

913 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/02/11(月) 08:27:36 ID:31cXi449
>>912
ほな、岡崎はんの訳がお薦めでっせ。

914 :1111111111111:2008/02/11(月) 11:29:45 ID:Cb25ZeQc
 岩波の全部持ってますので一応

 ていうか自分戒めるために書いただけです スンマソ…

915 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/02/11(月) 17:56:23 ID:31cXi449
>>914
ええでんな。
こっちは図書館から岡崎訳借りてバイト先で無断コピーですがな。
そん時のオドオド感、ドキドキ感、今でも忘れられへんですがな。

916 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/02/13(水) 22:07:39 ID:Lg45ivaD
お前らマルクスいい加減卒業しろよ。だが真面目はけなす教養として資本論
入門読んどけ。

917 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/02/13(水) 22:09:04 ID:Lg45ivaD
アスキーアートと星印も卒業しろ。

918 :(・゜ω゜・) ☆☆☆☆☆(・゜ω゜・) ◆rgujENbs.s :2008/02/13(水) 23:33:55 ID:YcoyUm19
超余計なお世話だ馬鹿w

919 :(・゜ω゜・) ☆まじめこて☆ ◆rgujENbs.s :2008/02/13(水) 23:47:02 ID:YcoyUm19
【フィギュアスケート】 安藤美姫に対する大誤解「在日韓国人三世、アン・ミフィ?」[02/13]
http://news24.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1202910038/

でたw在日認定wwwww

920 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/02/14(木) 09:12:28 ID:S3QBfHsR
>915
岩波の向坂訳も下訳は全て岡崎訳って聞いてますよ。
つーことは、向坂本と岡崎本は基本的な違いは無い、のかと。

921 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/02/14(木) 09:54:55 ID:HOL07Mc7
まあ、マルクスはもう経済学じゃなくて美学だろ。滅美(滅び)

922 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/02/14(木) 10:30:00 ID:HOL07Mc7
30近いのに、アスキーアートと星印。

923 :アカ:2008/02/14(木) 11:21:43 ID:9kQDS68M
>>921
滅ぶ?あ!IDからしてお前ホロン部だなw

924 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/02/14(木) 19:05:56 ID:HOL07Mc7
このスレのなんともいえぬうだうだがもはやすでに滅美だな。

925 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/02/15(金) 11:53:36 ID:glZd+Lg0
くろしろ終わってんな
人類がコミュニズムを卒業することなどありえない

926 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/02/15(金) 17:56:54 ID:MRuwJuMJ
君の意見は的を得ている。宗教のパワーは恐ろしい。

927 :(・゜ω゜・) ☆まじめこて☆ ◆rgujENbs.s :2008/02/16(土) 20:25:47 ID:u/cUNfU4
まぁ、コミュニズムの本質は
「あいつ気にいらねぇ。あいつから金せしめてぇ。」
だから、永遠に無くならんでしょうな。

928 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/02/16(土) 23:15:39 ID:tdnQ3wpA
エリートは、理想としての共産主義。

庶民は、ルサンチマンの発露としての共産主義。

同床異夢という奴でしょうな。

929 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/02/17(日) 01:18:20 ID:dEcIbFVe
るさんちまんという言葉を使うのは道徳の系譜を読んでからにしてね

930 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/02/17(日) 03:41:19 ID:qpxfnxIp
OFWってまだ生きてたのね

931 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/02/17(日) 07:36:35 ID:GoYNgKVp
>>930
えッ、何処で?

932 :(・゜ω゜・) ☆まじめこて☆ ◆rgujENbs.s :2008/02/17(日) 13:32:45 ID:q2UWtiJZ
【社会】 「ネット掲示板等の『ついてゆく少女も悪い』意見があるうちは、被害はなくならない」…女性団体、米兵事件抗議活動へ★12
http://mamono.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1203220406/

米兵が悪いであろうことは思うが、ついて行く方も行く方。
非難されてしかるべきなのに、こうやって馬鹿団体が「飯の種」が出来たとおおはしゃぎ。

実にうんこですな。



933 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/02/20(水) 17:11:26 ID:9/CS1obm
晒しage

934 :1111111111111:2008/02/26(火) 18:58:21 ID:493x1J/w
 明日から再開! 決定!

 面白いところあったカキコ勝手にします.

935 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/02/26(火) 21:50:18 ID:64CefWQb
>>932
かわいそうに。少女からキモがられてるのねww
発言からしてキミはウンコ臭いもんねw

936 :(・゜ω゜・) ☆まじめこて☆ ◆rgujENbs.s :2008/02/26(火) 23:44:47 ID:+uIEG/nK
↑意味不明です><;

937 :(・゜ω゜・) ☆まじめこて☆ ◆rgujENbs.s :2008/02/26(火) 23:59:12 ID:+uIEG/nK
【政治】「福田政権は破綻している」「日雇い派遣の禁止や最低賃金時給1000円への引き上げ」 共産党市田書記局長が講演
http://mamono.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1203850555/


日本では↑こんな調子。
一方中国では↓こんな調子。


【中国】20年後、中国の経済力は日本の10倍に―香港の経済学者[01/16]
http://news24.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1200464680/1

>また、労働契約法、最低賃金などは経済成長にマイナスになると指摘、「中国の青年には自力で発展
>する機会を与えるべきで、最低賃金制度は何の役にも立たない」と批判、「改革の成功は中国人自身
>の発想の成果であり、最低賃金制度などは“西洋の二流思想”に過ぎない」と発言した。(翻訳・編集/KT)


この一見明らか過ぎる論理矛盾wwww

アカってホント馬鹿の博覧会だよね。
日中両国のアカ(馬鹿)が集まって万(馬鹿)国博覧会だwwwww

938 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/02/27(水) 02:17:40 ID:+Ke8cs6p
くしかつの口真似ww バカはいつもおんなじこと言うねwwキモくん

939 :(・゜ω゜・) ☆まじめこて☆ ◆rgujENbs.s :2008/02/27(水) 07:31:09 ID:DMyelYy9
くしかつってなんだい?w
そんなローカルなキャラ持ち出されても誰もわからんし、
公の場ではそんなローカルキャラを持ち出さないのが、常識ってもんだ。
もっと広い世界に出て生きなきゃ駄目だぞ?ww

ふ〜幼稚園児の指導は全くもって疲れますなぁ><;

940 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/02/29(金) 19:19:46 ID:guwxDfzH
晒し上げ

941 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/02/29(金) 21:37:22 ID:lEQxC5X5
>>937
馬鹿はマジメだろ。
中国は○経なんか捨ててしまってるから経済発展してるんでしょ。
この香港の学者も○経の人じゃないじゃん。
論理矛盾って?

942 :(・゜ω゜・) ☆まじめこて☆ ◆rgujENbs.s :2008/02/29(金) 23:34:38 ID:q0lr4sZd
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%AD%E5%9B%BD%E5%85%B1%E7%94%A3%E5%85%9A

>思想
>2005年現在、指導思想として、マルクス・レーニン主義(マルクス主義)、
>毛沢東思想、ケ小平理論、さらに江沢民が提唱した思想理論「3つの代表」思想
>を掲げている。

ふ〜ん。

で、この香港の学者(?)が○で無いって?
その根拠は?
この学者(?)が○でないならば、憲法上唯一の指導的立場にある政党である
天下の共産党様の思想信条に真っ向から対立することになるが。
言論統制下の中共にあって。

命知らずなおっさんだなぁ。
政治犯で公開処刑も免れませんな。

943 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/01(土) 00:41:07 ID:TX0x6FQA
根拠は例えばこれ。その「香港の経済学者」について。
   ↓
http://buyiliuxing.sakura.ne.jp/tyumokugakusya/post_97.html

まじめは現実の中国のことなんて全く知らないんだね。
○経にしたがって経済運営してたら、現在の経済発展はないでしょ?

944 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/01(土) 00:46:13 ID:TX0x6FQA
これも。
関志雄氏の」「中国制度学派のパイオニア張五常」
http://buyiliuxing.sakura.ne.jp/index/wuchang.htm
「張五常が82年に発表した「中国は資本主義となるか」("Will China
Go 'Capitalist," Steven N.S. Cheung, Hobart Paper 94,
The Institute of Economic Affairs, 1982)は、新制度派のアプロー
チを本格的に中国経済に応用する最初の試みである。同書において、
張氏は、当時まだ改革・開放政策に転換して間もない中国はいずれ
私有財産を基本とする市場経済に変わっていくだろうと大胆に予測
した。」

945 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/01(土) 00:52:27 ID:TX0x6FQA
しつこいけど、張五常は「1980年代後半に、先ごろ逝去されたマネタリ
ストの大家F・フリードマン教授を中国政府幹部に紹介して、保守派か
ら厳しい批判を招いた」んだって。

http://buyiliuxing.sakura.ne.jp/tyumokugakusya/post_97.html


946 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/01(土) 01:04:11 ID:TX0x6FQA
そういえば、「最低賃金制度は何の役にも立たない」って、フリードマン
が言ってたじゃん。
まじめも経済学を勉強したんだったら、気付くべきだったんじゃないだろか?


947 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/01(土) 02:52:44 ID:yAnKEfaZ
中国の科学的発展観はマルの影響大だろ。

948 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/01(土) 04:07:32 ID:TX0x6FQA
中国の経済学についてはこういうのもあったよ。
    ↓
「“穏和な”新自由主義 シカゴ学派シュルツの愛弟子・林毅夫」
http://mcg-j.org/japan/petrel/text/W_1059.html#10

949 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/01(土) 04:38:16 ID:Q1b0wfZT
この糞コテバカだね
経済オタクなだけでまったくわかってねぇwww
お前は一生マルクスとかいってろwww

950 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/01(土) 05:27:35 ID:TX0x6FQA
朝生が終わったんで寝ます。
まじめはいい加減なことを書いた罰に、次の本を読んでレポートしなさい。
       ↓
『中国を動かす経済学者たち〜改革開放の水先案内人』
(関 志雄・著)  



951 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/01(土) 05:31:37 ID:TX0x6FQA
『中国を動かす経済学者たち〜改革開放の水先案内人』
http://www.toyokeizai.co.jp/CGI/kensaku/syousai.cgi?isbn=44342-8

952 :(・゜ω゜・) ☆まじめこて☆ ◆rgujENbs.s :2008/03/01(土) 10:21:27 ID:MkE0+Uz4
>>943
新制度論っていうのは、思いっきり○を含むんだよ。
その経済主体の持つ制度が発生するための歴史的経緯を分析するからな。
新制度論を主張するからといって、すなわち非○であることにはならない。

むしろ日本では、新制度論は○の巣窟。
ゲーム理論で階級闘争をモデル化したりとか、やってんだろ。
つか、前々から俺は「○こそゲーム理論勉強しろ」と書いていたはずだが?w

>>945
で?
頭カチコチのカルト宗教家では無いというだけだろ。
アメリカにはこういう考えもあります、と比較制度分析やって、
それにカルト宗教家が噛み付いたのだけの話だろ。
張五常が○ではないことの証明にはならない。

むしろ政府幹部がマネタリストに過敏な反応を示すことが、
中共の体質を示す例にしかなっていない。

>>946
うん。
俺も最低賃金制度は貧者救済の手段にはなりえないと思うね。
貧者から雇用を奪っているだけだろw

効率的資源配分を達成するために企業の国有をやめ、
かつ失業率を低下させるためには、最低賃金制度は必要ない。
こういう方向に進む共産主義者だっているだろ。

>>948
おいおい。
カルト宗教家が、自分は中国共産党相手の「内ゲバ」引っ張ってきて
何が「中共マルクスじゃあない」だよ。
林毅夫は農業経済学やら制度学派です。

農業経済学は毛沢東の農村戦略の発展系、
制度論は言わずもがな○の発展系。

見当違いオツカレ。

953 :(・゜ω゜・) ☆まじめこて☆ ◆rgujENbs.s :2008/03/01(土) 10:24:44 ID:MkE0+Uz4
思うに、日本のマルクス主義者っているのは、
異常に保守的で頭コチコチだよね。

それが>>937のような「論理矛盾」「神学論争」に至り、
>>948のような「内ゲバ」「虐殺」へ発展解消されるわけデツなwwwwwww



散々俺が指摘したいつもの結論で、オチwww

954 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/01(土) 16:57:46 ID:EEra2YE5
まじめの○の定義ってなんなの?
私有財産マンセーの○って、キリストを認めないキリスト教みたいなもんでしょ。
中国の○ってのは、共産党官僚の支配を聖化するイデオロギーとして存在している
だけだと思うんだが。
現実の経済運営では○を捨ててきたからこそ、現在の経済発展があったんじゃないの?

955 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/01(土) 18:55:12 ID:PUaoCQ3X
まじめは資本論読んでないからまじめのいう○はイメージだろ。

956 :(・゜ω゜・) ☆まじめこて☆ ◆rgujENbs.s :2008/03/02(日) 19:07:23 ID:5M7upckU
>>954

そもそも私有財産制だとか共有財産制だとか言うやりかたが原始的。

全ての財は外部性を有し、完全なる私有財産など存在しない。
全ての財は共有財産である。

共産主義者の方々もいい加減気付いたらどうでしょうかw

957 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/02(日) 20:57:46 ID:6kRwrlnN
>>956
マルクス読んでないからそういうこと言う。
マルクスは、私有財産を否定してないし、共有財産を主張してもないです。
まじめのいう○はやっぱりイメージだな。

958 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/02(日) 21:02:20 ID:R2QZ11p7
話をそらしては駄目だよ。
中国の経済発展は○経を捨てたからこそじゃないの?
計画経済を放棄し、市場経済に移行したからこそ
ソ連や東欧諸国の道をたどらなかったんじゃないのか?
もっとも、経済発展は結局、思想としての○の放棄=
共産党の独裁の崩壊をもたらすだろうが。


959 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/02(日) 21:03:10 ID:R2QZ11p7
958は>>956ね。

960 :(・゜ω゜・) ☆まじめこて☆ ◆rgujENbs.s :2008/03/02(日) 22:25:16 ID:5M7upckU
>>957
んなことは>>954に言ってくれw
私有だの共有だの言ってるのは>>954なんだから。

>>958
中国共産党に言わせれば、株式会社とは共産主義の制度だそ〜です。
面白いよねw

961 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/02(日) 22:35:43 ID:R2QZ11p7
>>960
だから話をそらすなって。
中国の経済運営は○の教義に従ってなされているのか
どうかって聞いているんだけど。
「株式会社とは共産主義の制度」って、○が残っているのは
看板としてだけってことを示しているんじゃないの。

962 :(・゜ω゜・) ☆まじめこて☆ ◆rgujENbs.s :2008/03/02(日) 23:22:25 ID:5M7upckU
>>961
いや〜ずっと核心の話だけど?

○の教義ってなんだ?
株式会社は生産手段の共有に他ならないわけだが、
なぜ株式会社は共産主義の教義に反するのか?

面白いですね〜ww

963 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/02(日) 23:28:39 ID:Qtjjmth/
同志諸君、神聖私有財産帝国を滅ぼそう。知識が共有された今、我々は最後の私有財産は人間の意識とみた。骨の壁をドリルで貫き、脳を共有しようではないか。これからのシンボルは鎌でも鎚でもなくドリルだ!

964 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/02(日) 23:33:46 ID:Qtjjmth/
同志諸君、まじめこて君がいうように私有とは観念的なものだ。物理的ではない。しかし未だに一部の人間はプライバシーだとかほざいて不自然な権力を持っている。法律も紙幣も紙の無駄使い、博物館に送れ!物理的力に変えよう!

965 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/03(月) 01:08:22 ID:j8O1lKMI
>>962
おいおい質問に質問で返すなよ。
こっちが先に聞いてるんだろ、
「まじめの○の定義ってなんなの?」って。

966 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/03(月) 04:06:27 ID:xr54yDEz
>>961
コテではないが、不勉強なのはあんたのほうだと思うよ。
株式会社と社会主義の関係なんて扱ってる理論や主張は幾らでもある。

有名どころではドラッカーの「年金基金社会主義」
年金基金や生保に加入している労働大衆が株式会社を共同統治するって状況になったという考え方。

あとはバーリ・ミーンズの「近代株式会社と私有財産」や
バーナムの「経営者革命論」、ヴェブレンの「技術者革命」
この辺の制度派経済学の経典的な本でも、
株式会社制度は私有財産の保有者から企業の支配権を剥奪し、
財産を持たぬ被庸経営者やテクノクラートが企業を支配するというような
ことが書いてある。
ちなみにバーナムはゴチゴチのトロツキストだったらしいし、
ヴェブレンはマルケイとのつながりは全く無いものの、アメリカでは社会主義者に信奉されてきた。

株式会社を利用した国だからといって「○が残っているのは看板」なんてことにはならない。

967 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/03(月) 14:03:35 ID:32K9ruYf
株式会社は資本主義内における資本主義の止揚、だったけかな?
もう忘れたけど。。
中国は黒猫白猫論に代表されるように、ホントに結果オーライだから
教義は後付けのものでしょう。株式会社が現にあるのに、共産主義の
制度ではないといえば、あかんでしょう。

968 :(・゜ω゜・) ☆まじめこて☆ ◆rgujENbs.s :2008/03/03(月) 23:07:08 ID:afuKpmOO
別に中国特有の現象ではない。
何をもって共産主義とするか統一的な基準は存在せず、
ただ場当たりの「難癖」が存在するのみ。
何をもって資本家とするか。
何をもって労働者とするか。
それすらままならない。

したがって現実世界において「共産主義」が実行された場合、
制御不能の官僚機構が恣意的な解釈を繰り返すだけの人治集団となり、
その旧来からの慣習や制度を否定する姿勢も相俟って、
結果「内ゲバ」「虐殺」を繰り返すこととなる。

散々指摘したとおり。

969 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/04(火) 02:33:55 ID:An0jAKiR
>>968
それはつまり、現在の中国の経済学の主流は○ではなくなりつつあるってこと
だよね。
これでも読めばいいのでは。
   ↓
「中国におけるマルクス経済学の凋落」
http://www.rieti.go.jp/users/china-tr/jp/060112gakusya.htm

970 :(・゜ω゜・) ☆まじめこて☆ ◆rgujENbs.s :2008/03/04(火) 07:12:59 ID:mN5WDR+I
本物の馬鹿か・・・
馬鹿につける薬は無し。

971 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/04(火) 09:28:12 ID:IrgTlKKO
>>968
やっぱJimmyが来ないと間抜けが大出を振ってカキコするんだな。

972 :(・゜ω゜・) ☆まじめこて☆ ◆rgujENbs.s :2008/03/04(火) 23:52:10 ID:mN5WDR+I
失笑

973 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/05(水) 11:03:39 ID:l0SRDKSa
マルクス主義の批判は山のようにあるけど、
何故人々がマルクス主義に傾倒するのかを
心理的に解明しようとする試みがなされた解説書はないのでしょうか。

ざっと調べただけでも、「共産主義黒書」がそれに近い内容のような気がしましたが、
どちらかというと影響による被害の告発が主張の中心のようです。

たとえばブログなどでマルクス主義を批判すると、
「それはあなたの理解が間違っている。マルクスを読めていない」
と言う人が必ず出てくるのが疑問の出発点です。

「マルクスの理論には説得力と、人を動かす強い影響力がある」

と言った意味ではなく、マルクス主義を理解できるほど知性があるはずの人が、
何故マルクス主義の批判することを許容できないのか
マルクス主義以外の主義が存在し、それがマルクス主義以上に機能する場合があることを
認められないのかと言った点が疑問なのです。

974 :(・゜ω゜・) ☆まじめこて☆ ◆rgujENbs.s :2008/03/05(水) 12:37:13 ID:u5D9nTEL
○っつーのは

神を信じなさい。
信じれば救われる。
信心の無いものは地獄に落ちるであろう(ギロチン台で)。

程度の話なんで、関わらんほうがいいよ。

あなたまじめそうだし、俺みたいに○いじめて遊ぶやつはともかくとして、
付き合ったらそれだけ損させられると思う。

975 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/05(水) 15:57:59 ID:Jxm+SzUa
当時の社会情勢てのもあっただろうし、その文言には何らかの妥当性を
人々は見出したのでしょう。

976 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/05(水) 17:20:35 ID:JsU3JTQl
>>968
共産主義と自由は共存できるだろ。

977 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/05(水) 17:23:00 ID:JsU3JTQl
>>973
あのな、マルクスは基本的に正しいわけ。正しいから知的に優れた人が凝るんだよ。
批判者が言っているようなことは、マルクス自身がすでに言ってるんだから。
とりあえず『資本論』読んだほうがいいよ。

978 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/05(水) 19:32:26 ID:l0SRDKSa
>>977
マルクス主義の是非を問題にしているのではありません。その問題には興味がありません。
主義思想に固執する人間全般に見られる心理状態が特にマルクス主義者には顕著である理由が知りたいのです。





979 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/05(水) 19:48:07 ID:Hjni8Dg0
>>978
だから答えたでしょ。それは単に主義思想じゃない。正しいんだ、真実なのだって。

980 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/05(水) 19:49:28 ID:Hjni8Dg0
誤謬に固執するという表現なら分かるが、正しいことに固執するというのは表現として変だ。

981 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/05(水) 20:18:28 ID:l0SRDKSa
なぜ高度な内容の資本論を理解する程の人が、マルクス主義者の心理状態を求めるだけの意見に対し
ただ主義の正当性を主張するばかりなのかというのも疑問です。皮肉ではなく純粋な疑問として。

別にそのように主張せずとも、マルクス主義の正当性を否定したりはしません。
現在の状況でマルクス主義であり続けることができる心理状況を説明するか、
それを説明した解説書などを教えていただければ、十分です。

ただ、内部から冷静にその動機を考察することは困難だとは思います。
外部の研究者の意見でよいものはないでしょうか?

982 :(・゜ω゜・) ☆まじめこて☆ ◆rgujENbs.s :2008/03/05(水) 21:48:38 ID:u5D9nTEL
>>981
ID:Hjni8Dg0を見ればわかるでしょ?
>>974で書いたことが○の全て。

信仰ありきの単なるカルトです。

>>976
共産主義と自由の定義が明らかにされない限り、
何の論評も出来ません。
あしからず。

983 :(・゜ω゜・) ☆まじめこて☆ ◆rgujENbs.s :2008/03/05(水) 21:50:53 ID:u5D9nTEL
正しいから信じろ。
理解できないやつは馬鹿で不信心で地獄行きだ。

それをかれこれ100年言い続けているだけのカルト教団。

984 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/05(水) 22:00:38 ID:K2ea3r6N
質問なんですが、マルクスの『資本論』では宗教は人類の害であると述べているというのは本当ですか?どなたかお教え下さい。

985 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/05(水) 22:19:52 ID:+VUCzEhS
>>981
 1970年前後までは超エリート層は皆、高校、大学までにマルクス主義と格闘し、それぞれなりの判断で
それぞれの方向に進んだものだ。戦後の日本社会の支配階級はほとんどそういう知的コースを辿ったものだ。
 それに対して、欧米ではマックス・ヴェーバーからダニエル・ベルまで、ボェーム・バヴェルク、
シュンペーターからサミュエルソンまで、マルクスとの対決を経なかった一流の社会科学者など皆無だ。
悪名高いネオコンでさえ、トロツキズムを経過して思想形成したといわれている。

 だから、問題は、マルクスと格闘しそれを換骨奪胎することもできずに化石化している「マルクス主義者」
たちの心理構造の問題ということになるであろう。
 たしかに、これは「信の構造」を精神分析的に問うことになるしかないし、それについて研究が進められて
いるのかは興味がある。

 しかし、ネオコンのような狂信者が先制攻撃をやってしまう現状からして、そうしたことの研究などは依然
として手つかずの状態なのではないだろうか。

986 :1111111111111:2008/03/05(水) 23:47:17 ID:9Clgi2Dr
 とりあえず批判してる香具師は資本論くらい最低でも嫁や...

 具体的な争点ゼロで単なるオーバーオールな批判ばかりで
 とりつくしまが無いというのが正解じゃないのぉ.

987 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/06(木) 00:47:26 ID:TEsxzOY3
>>986
はげどうwww
読みもせずに、ていうか読む能力すらないのに、資本論がどうこう共産主義がどうこう論評できると思ってるんだから笑える。
まじめしかり、sage厨しかり。

988 :(・゜ω゜・) ☆まじめこて☆ ◆rgujENbs.s :2008/03/06(木) 07:45:18 ID:rI+k4tye
失笑

読む価値の無い経文に割く暇があったら、
百マス計算でもやって遊んだほうがましですわw

そして残念だけど、読解は国T国Uで何も勉強しなくとも満点だったんでなぁ。
得意なほうなんですわ。
残念だけどさw

つか、文章を小学生に読ませてやるには、
小学生並みの文体を書かなければならないわけ。
わかる?
実際の話、こっちはこむつかしーい文体で書こうと思えばいくらでも書けるのよ。
そんな「知の欺瞞」を、俺はやらないだけ。

わざわざ理解しにくい文章、理解できない文章を書いて議論を混乱させて、
自分を高みに引き上げるような宗教家の手法を、俺はやらないだけ。

989 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/06(木) 08:18:22 ID:TEsxzOY3
>>988
国1国2の文章理解とかwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww
あんなのサルでも解ける。
マルクスを馬鹿にするのもいい加減にしろよ。マルクスは大学時代法学部だったが、独学で哲学を勉強し、哲学の教授になるつもりだったんだぞ。ぶっちゃけ文章理解に出てくるレベルの文章の比じゃない。
理解しにくい文章を書いているんじゃなくて、難解なことを明晰に書こうとしてる。頭がよくないと分からないんだよ。

990 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/06(木) 08:19:17 ID:TEsxzOY3
ていうか知の欺瞞を書いたソーカルはマルクシストでもあるんだがw

991 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/06(木) 09:42:43 ID:ZNP8O3Cq
>>985
どちらかというとカルトや原理主義の心理構造に近いのかも知れません。
そう言うとマルクス主義者は嫌な顔をされるかもしれませんが、それらと決定的に異なるのが、
論理的に説得力があるという点です。しかし一方で同様の論理的な批判に晒されたとき、
正当性を主張するだけの感情的な反論しか出てこないのが興味深い点です。

このような強固な心理的束縛を強いる思想が知識階級に作用したらどうなるのか、という点で
マルクス主義者の心理分析は非常に興味深い。
功罪を問うだけではなく、そういった研究はもっと成されるべきだと思うのですが。

992 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/06(木) 09:58:08 ID:52ym5qFc
>わざわざ理解しにくい文章、理解できない文章を書いて議論を混乱させて、
自分を高みに引き上げるような宗教家の手法

ソーカル事件参照。

マルクス主義者の心理分析は非常に興味深い。
功罪を問うだけではなく、そういった研究はもっと成されるべきだと思うのですが。

激しく同意。

993 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/06(木) 10:52:39 ID:52ym5qFc
ソーカル事件(ソーカルじけん)とは、ニューヨーク大学物理学教授(素粒子理論)だったアラン・ソーカル(Alan Sokal、1955年-)が起こした事件。
数学・科学用語を権威付けとして不適切に使用した哲学者を批判するために、同じように、科学用語と数式をちりばめた疑似哲学論文を執筆し、これを著名な評論誌に送ったところ、見事に掲載された事件。掲載と同時に論文が出鱈目であることを発表。
フランス現代思想系の哲学の批判の一翼となった。

994 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/06(木) 10:55:44 ID:52ym5qFc
20年前にソーカル事件と似た事件が日本で起こった。
東大教養学部で中沢新一(当時ポストモダンの旗手と話題になっていた)を社会学で採用しようとした所、オオもめ。
ある物理学者が「中沢氏はフラクタル理論を誤解して使っている」と指摘。
結局、これだけが原因だったわけではないが、人事は不成立。
審査の主査を務めた西部邁(現評論家)は東大にはまともな学者は3割もいない、
と怒って東大を辞職。
週刊朝日にその物理学者のポストモダン批判論文が載っている。


995 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/06(木) 22:05:38 ID:hTbg4AFA
>>991
>論理的に説得力があるという点です。しかし一方で同様の論理的な批判に晒されたとき、
>正当性を主張するだけの感情的な反論しか出てこないのが興味深い点です。
??? 論理的に反論しているのに、資本論を読む能力もないほど阿呆だから、理解できないだけでしょう。

996 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/06(木) 22:16:55 ID:hTbg4AFA
 本書の「エピローグ」では、科学方法論や認識論の問題から更に議論が広がって、政治的左翼性との関係といったことにまで話
が及んでいる(二六一‐二七一頁)。ここで指摘されている事柄――左翼の混迷、政治への失望感の広がり、口先だけのラディカ
ルさ、合理主義への十把一絡げでやみくもな攻撃等々――の多くも、私が前稿で述べたことと重なるところがあり、その範囲内で
はうなずける。だが、ここでも著者たちは論敵を叩くことに集中していて、そこから何をくみ出すかという積極的主張になると、安易
な結論にとどまっているという印象を否めない。政治的左翼の混迷を嘆いたり、口先だけのラディカル派が実は何ら建設的展望を
出していないではないかと批判するのは易しいが、混迷を実際に克服するための積極的指針を打ち出すのははるかに難しい。ソ
ーカルらは「政治的左派を自認するわれわれ」(二七五頁)と宣言するのだが、その場合の「左翼」ということの意味を明確にして
いるわけでもなければ、それがどのような展望をもちうるのかを示しているわけでもない。物理学者にそれを求めるのはお門違い
かもしれないが、彼ら自身が政治についても一家言あるかのごとくに振る舞っており、他者に対して偉そうな批判を提起している以
上は、「そういうお前はどうなのか」という問いにさらされざるを得ないだろう(これはちょうど、哲学者が物理学に通じている必要は
一般的にはないが、物理学用語を乱発し、あたかもよく通じているかに振る舞っている哲学者の場合は、その認識が問われるとい
うのと同じことである)。
塩川伸明「ソーカル、ブリクモン『知の欺瞞』読書ノート」http://www.j.u-tokyo.ac.jp/~shiokawa/ongoing/books/sokal.htmから引用

997 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/06(木) 22:58:46 ID:52ym5qFc
??? 論理的に反論しているのに、資本論を読む能力もないほど阿呆だから、理解できないだけでしょう。

資本論には興味ない。
しかしあの矛盾だらけの資本論を理解できると称する人の頭の構造は興味深いw.

998 :(・゜ω゜・) ☆まじめこて☆ ◆rgujENbs.s :2008/03/06(木) 23:40:02 ID:rI+k4tye
所詮宗教家の戯言。
俺の心には響かない。

なんつってなwwwwwwwwwwwwwww

>>989
残念だけど、○は>>871のような馬鹿馬鹿しい前提を置いていることが
バレてしまっている。
ジミ氏も以前認めてたしなぁ。

こんなあり得ないほどアドホックな前提置かれた話の何が高度なんだかさっぱりわからん。
それを難しい話を明晰に書こうとしているだ?w
こんな糞のように単純過ぎ、かつ間違ったモデルは、謹啓では絶対に採用されない。
これを難解だというお前がありえない。
そしてこんな糞簡単なモデルをよくもまあこんなにまでわかりにくく書けるものだと、○には感服する。
経文書いて「知」を気取りたいのはわかるがw

ま、雑魚は糞して寝とけw

999 :(・゜ω゜・) ☆まじめこて☆ ◆rgujENbs.s :2008/03/06(木) 23:46:02 ID:rI+k4tye
ちなみにソーカルがサンディニスタに参加していたのは有名な話。
そんなソーカルに見放されるほどの糞がゲイ学趣味の馬鹿達。

そういや、かつ○先生は以前、逆に東大にはまともな学者は3割もいるのかと驚いていたっけw
いまでこそ東大はゲームセンターだが、昔はひどかったんだろうなぁww

1000 :パピコ:2008/03/07(金) 00:00:10 ID:mvrC8rDo
ほれ

1001 :1001:Over 1000 Thread
このスレッドは1000を超えました。
もう書けないので、新しいスレッドを立ててくださいです。。。

314 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)