2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【ゴルベーザ】古谷利裕の偽日記6【さんまいぐみ】

1 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/10/26(日) 13:50:00
美術作家・批評家の古谷利裕について語りましょう。
古谷の単著が出ました。
『世界へと滲み出す脳――感覚の論理、イメージのみる夢』(青土社、2008.7)
岡崎乾二郎、平倉圭、四谷アートステュディウム、石岡良治、『artitoc』、module、
林道郎、松浦寿夫、宮川淳、松岡新一郎、
『Review House』、photographer's galleryおよび『photographer's gallery press』、
蓮實重彦、保坂和志、樫村晴香。
『October』派やロザリンド・クラウスなど諸論者から、
英米仏の映画・芸術・文学の理論・研究・批評・動向まで。
ttp://d.hatena.ne.jp/furuyatoshihiro/(08/05/31(土)〜)
ttp://www008.upp.so-net.ne.jp/wildlife/nisenikki.html(08/05/30(金)以来、更新停止中)

過去スレ(美術鑑賞板)
【文芸誌】古谷利裕の偽日記5【常連】
http://academy6.2ch.net/test/read.cgi/gallery/1223498288/
【樫村保坂と岡崎】古谷利裕の偽日記4【試行錯誤】
http://academy6.2ch.net/test/read.cgi/gallery/1222617034/
【本が】古谷利裕の偽日記3【出るよ】
http://academy6.2ch.net/test/read.cgi/gallery/1210727674/
【ラノベも】古谷利裕の偽日記2【よりぬき批評】
http://academy6.2ch.net/test/read.cgi/gallery/1159206551/
【美術家の】古谷利裕の偽日記【よりぬき批評】
http://academy4.2ch.net/test/read.cgi/gallery/1104207341/

過去スレ(哲学板)
【男もすなる】古谷利裕の偽日記【日記なるもの】
ttp://academy3.2ch.net/test/read.cgi/philo/1078673801/
【日記なるもの】古谷利裕の偽日記2【だと思う】
ttp://academy3.2ch.net/test/read.cgi/philo/1087452000/

2 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/10/26(日) 14:04:28
関連リンク

岡崎乾二郎
ttp://kenjirookazaki.com/
平倉圭
ttp://hirakura.exblog.jp/
四谷アートステュディウム
ttp://artstudium.org/
『artitoc』
ttp://artictoc.com/
module
ttp://fralippo.eris.aisnet.jp/module
林道郎ゼミ
ttp://www.arttrace.org/seminar/hayashi/hayashi.html
neotrad.jp
(加治屋健司、近藤學、鈴木範裕、手塚美和子、
 森一大、鈴木真紀、宮坂奈由、平野千枝子)
ttp://snori.ciao.jp/
FLOWER WILD
ttp://www.flowerwild.net/
『Review House』
ttp://www.reviewhousemag.com/
photographer's gallery
ttp://www.pg-web.net/
保坂和志
ttp://www.k-hosaka.com/
樫村晴香
ttp://www.k-hosaka.com/kashimura/kashi.html
『October』
ttp://www.mitpressjournals.org/loi/octo?cookieSet=1

3 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/10/26(日) 14:06:33
>>前スレ999
日記見る限り、面白そうな座談なので、活字化されたのを読んでみたいな。

4 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/10/26(日) 14:08:29
>>1

>>3
活字化するでしょ
ただ、フルヤンがだんまりだった様子がみたかったぜ

5 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/10/26(日) 14:09:25
たまにブラウザで開いて確認すると驚くものだな

前スレ
キーワード【 岡崎 樫村 黒瀬 古谷 南川 美術 批評 】
■ おすすめ2ちゃんねる 開発中。。。 by FOX ★
このスレを見ている人はこんなスレも見ています。(ver 0.20)
【ワセブン10時間】東浩紀スレッド184【論プ秋の祭典】 [哲学]
超寡作の人・樫村晴香について part2 [哲学]
【200スレ記念】東浩紀スレッド190【降臨中止】 [哲学]
【東理論炎上】東浩紀スレッド185【ゼロアカピンチ】 [哲学]
【ピカッ】Chim↑Pom【チュウ】 [芸術デザイン]

今スレ
キーワード【 古谷 日記 岡崎 gallery 樫村 ゴルベーザ 批評 】
取りに行ったけどなかった。次は一時間後に取りに行くです。

記念に魚拓的に書き込んでおく

6 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/10/26(日) 14:12:42
今頃おすすめ2ちゃんかよ
人文系はスキル低い

7 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/10/26(日) 14:14:18
フルヤンの執拗な二枚組叩きが三枚組を生んだんだとするなら感慨深いな

8 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/10/26(日) 14:23:07
そういやなんで福住が攻撃されてんの?

9 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/10/26(日) 14:24:56
特に攻撃されてないよ。

10 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/10/26(日) 14:25:40
チンポム絡みで晒されてね?

11 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/10/26(日) 14:34:59
ニュー速とか芸デ板の方のことか・・

12 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/10/26(日) 14:37:09
福住って駄目なカルスタだよな

13 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/10/26(日) 16:19:47
「外傷」ってはやってるの? 概念やことばとして?
モギ氏の本にも書いてあった気がするけど

世界自体が外傷化するって、意味としてはわかりやすすぎて、
かえって、ぜんぜんわかんないよ〜 
 

14 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/10/26(日) 16:34:50
古谷がかわいそうだから、石屋も最低限の古谷のもってる教養ぐらい追跡してください。
っていうか、外傷がわかんないのに象徴界はスルーとか、お前字面だけでわかった気分になってるだろ。
あれ全部、ラカン概念。ただし、あの日記では樫村流の読解を下地に重視してるんだろうが。

15 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/10/26(日) 16:57:01
ラカン、樫村氏を経由してからでないと、古谷氏の書いた物には辿り着けないということ?

16 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/10/26(日) 17:09:41
>>15
特定の理論に依拠するのって嫌なのかなと思ってたからラカン、樫村にはまってるのは意外
そのくせ岡崎理論は否定するんだから

17 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/10/26(日) 17:24:38
http://www.gallerykobayashi.jp/img/2008/08_09_08l.jpg

日本の抽象画ってこういうの?

18 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/10/26(日) 17:48:42
>>16
普通の古谷の日記ですら、力動の話をやってるんだから、あからさまにそうだろ。
古谷が可愛そうだ。石屋もファン面するのなら、古谷の本ぐらい読んだらどうだ。
絵画論以外ではかなり精神分析系統の議論枠を(もちろん緩くではあるが)使ってるんだよ。

お前は一体いままで古谷の何を読んできたんだと・・。

一番頭抱えてるのは日記で石屋をへんにヨイショしちゃった古谷に思えるw

19 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/10/26(日) 17:52:33
アンカーミス >>15へのレスだった

20 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/10/26(日) 18:19:15
>>16
偽日記で樫村の言葉が貼ってある日は、なんか辛いことがあったときっぽいよ
人生の支えになっちゃってる

21 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/10/26(日) 18:28:53
日本の抽象って、勇気がない具象画家なのが駄目

22 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/10/26(日) 18:39:57
岡崎の言ってた重力が外傷って、シモーヌ・ヴェーユかよ!と思った

23 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/10/26(日) 18:46:41
WEB重力に書いたことが外傷になってるんじゃないの

24 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/10/26(日) 18:52:42
www

25 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/10/26(日) 19:06:03
木村覚も晒されてるのか


26 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/10/26(日) 19:27:24
磯崎氏、古谷氏のことを「かわいそう」なんて言わないで

小説はいいのに、、

27 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/10/26(日) 19:27:56
外傷は、身体にでる

28 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/10/26(日) 19:43:15
古谷が岡崎(の理論と作品)を好きになりきれないのはなんとなくわかったけど、
岡崎の方はどうなんだろうね?
少なくとも樫村とかを気に入るようには見えない

29 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/10/26(日) 20:39:05
>>26
磯崎のその言葉はやさしさだろ……

30 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/10/26(日) 22:36:28
イソケン良いやつだな

31 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/10/26(日) 23:08:31
全然関係ないけれど、猫も子猫のころから飼い主が完全に受動的だと、けっこうすごいよ(笑)

32 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/10/26(日) 23:30:59
>>26
えっその発言って何? ソースは?

33 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/10/26(日) 23:38:09
W140×D50×H151cm
のスチール製のケージなら、2〜3mなら、噛んで引きずるし、

34 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/10/26(日) 23:41:16
なんじゃそりゃw

35 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/10/26(日) 23:41:24
ケージはいつも開放状態(そこへの出入り自由)なのだけど、
子猫のころは、指をすうわけ、私の。それで、血まみれ手仕事ができなくて
(ペンも握れないからね)、

36 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/10/26(日) 23:43:43
http://www.tadanoriyokoo.com/vision/index.htm

37 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/10/26(日) 23:48:01
横尾をめぐるフルヤンと黒瀬の闘争がはじまった

38 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/10/26(日) 23:48:39
黒瀬〜ここ見てる〜?イェーイ

39 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/10/26(日) 23:50:31
磯崎ナイスアシストw

40 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/10/26(日) 23:51:39
銭湯にあったポスターのかたですね

41 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/10/26(日) 23:52:20
古谷が油絵の描き方を指導した横尾かw

42 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/10/26(日) 23:52:36
黒瀬は明らかに書き込(ry

43 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/10/26(日) 23:54:12
>>38
またあんたかw

44 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/10/26(日) 23:56:03
>>21
黒瀬に院展みたいだと言われてたな

45 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/10/26(日) 23:57:38
>マンガは小説を読むより難しい。
うんうん。

46 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/10/26(日) 23:58:30
そうか?

47 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/10/26(日) 23:59:36
ゴルベーザのさんまいぐみをフルヤンは倒したつもりでいるんだろうか?
言葉でいくら叩いても絵で頑張らないと無意味だし、
なによりもフルヤンが嫌いなはずの理屈野郎になってしまっているんじゃね?

48 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/10/27(月) 00:00:01
絵のほうをしげしげみてしまう、先になかなかすすめない
絵が類型となってみえてくるまで時間がかかる

49 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/10/27(月) 00:01:06
>コスタリカ、タイ、アフリカ的な風景

>タイにはゲイが多いけど、そこにはグラデーションがあり、どこまで本気でゲイなのか分からない、たんに女性的なイメージと同一化しているだけみたいな人も多い

こういうの読むと、樫村が左翼気取りだったことに心底頭にくるわ

50 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/10/27(月) 00:04:50
左翼はみんな若い頃にかかる麻疹

51 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/10/27(月) 00:06:02
タイって、表象?(ポルノグラィとかね)としての性って禁止されてる(とういうか、出合わないみたい)
だけど、

52 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/10/27(月) 00:17:05
ところで、コルベーザーってどういうニュアンス?
”ゴルベーザとは - はてなキーワード”
を読んだけれど、よくわからない


53 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/10/27(月) 00:24:38
樫村氏の声(肉声)はマイルドだったとおもう。ツンツンした感じはまったくしなかった

54 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/10/27(月) 00:26:57
磯崎は横尾に、偽日記の5月10日の記述も一緒に渡さなかったのだろうか。

55 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/10/27(月) 00:27:49
まあしかし、樫村のトークは実に凄まじかったな。
「頭が良すぎてビビる」という経験を久々にしたよ。

56 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/10/27(月) 00:29:26
>>52
パーティ全滅

57 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/10/27(月) 00:31:03
出入り口のところにいた、女性のすこしだけふっくらした書店員さん?が
こまったというか、なんともいえいない表情で会場をみてた(笑)

58 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/10/27(月) 00:45:30
>>49
ああ、ゲイリベレーションみたいな文脈で樫村が言ってるってことか。

59 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/10/27(月) 00:47:52
あそこ(青山ブックセンターの会場?)って、いつもカーテン締切りなの?

タイガか〜

60 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/10/27(月) 00:48:47
>>58
そうじゃねえよ
最悪の植民地主義的視線だろ
ジェンダーやポスコロ的観点から叩かれても仕方ない
あまりPCっぽいのは好きじゃないが、
樫村のようなやつがこうも偏見丸出しだとさすがにどうよと言いたい

61 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/10/27(月) 00:49:20
>>55
いいなあ、そういうのマジ羨ましい
めったにチャンスないんだよね、オーラルな場でビビっと衝撃食らうのって。
一度食らうと数年は衝撃が反響したりする。その発言者の主旨や立場を超えて残響が。

62 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/10/27(月) 00:52:34
>>60
「どこまで本気でゲイなのか分からない」
というのがすでに「ゲイなるもの」を本質主義的に規定した発言のように見え、
それがヤバイという意味で>>58を書いたんだけど、
>>49の着眼点は「タイ=アジア=女性的」みたいなオリエンタリズムにどっぷり漬かってる
みたいな意味での苛立ちだったってこと?

無知だから、さらに曲解してるかもしれない。すまん。

63 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/10/27(月) 00:54:34
>>62
両方だね
樫村は賢者でも何でもなく、単なる高等遊民にすぎないことを痛感させられる

64 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/10/27(月) 00:56:34
樫村の無意味な神格化は心底信じがたい


65 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/10/27(月) 00:57:11
ただ、タイに同性愛者やトランスセクシュアルが多いのはたしか事実なんじゃなかったかな。
だとしてもああいう言い方してたら叩かれても文句言えないよというのはそうだろうけど。

66 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/10/27(月) 00:58:01
トランスセクシュアルじゃなくて、トランスベスタイトだっけ。
クイア、ゲイ/レズビアンリべレーションの語彙って最近触れてないからすっかり忘れてしまった。

67 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/10/27(月) 00:58:02
病者の光学気取りの常人にすぎないぜ
ドゥルーズ以上にそのへんは無自覚

68 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/10/27(月) 00:59:07
>>65
もちろん、誰も樫村の言説内容を真に受けず、
「伝説の天才」として遇しているわけだから、実際には無害なんだけどね

69 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/10/27(月) 00:59:10
傲慢な「旅行者」という立場をむき出しにした発言ではある感じがするね。

70 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/10/27(月) 01:03:41
樫村を褒め称える人たちは、
自分が樫村にとっては単なる民草に過ぎず、
彼の孤独な視点を共有することが許されていない厳然たる事実に気付くべきだ
要するに、保坂・樫村・古谷が描き出す共同体に感情移入しない限り、
一連の放言にはついていけないはず。

71 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/10/27(月) 01:05:19
全く恣意的なあの分類は、安楽椅子人類学にすぎないでしょう


72 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/10/27(月) 01:08:51
樫村流紀行エッセイ、ぐらいのもんだね、せいぜい。真に受けてはならない。

73 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/10/27(月) 01:09:56
樫村エッセイ読みたい!

74 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/10/27(月) 01:11:31
哲学を腐して科学を褒める文章も、結局エッセイだもんな
その意味でこの三人は同じジャンルの書き手だな
いずれも「文学」が扱う範囲の人

75 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/10/27(月) 01:13:09
>>74
古谷が言う金属的な、というのはわからんでもないんだが、
樫村のあの奇妙な修辞やエッセイ文体でなくてもそれは可能なんじゃないか、とは思ったな。

古谷はあの文体が好きなんだろうが、どうもなあ…

76 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/10/27(月) 01:15:28
金属的って80年代浅田のレトリックじゃん

77 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/10/27(月) 01:16:16
>>75
でも樫村のカルト的人気は、
あの妙に色々な物を断罪する文体と切り離せないよ

78 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/10/27(月) 01:16:40
樫村氏の絶倫エッセイ!!

79 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/10/27(月) 01:18:14
うん、son metaliqueとかね。強度のこと言ってたわけだけど。

古谷の今日の日記の「金属質の感触の強い力と圧倒的に凝縮された密度をもった言葉」
というのを見て思ったのは、要するに言葉と論理構成に負荷かければいいじゃね、と。
強度と言わずに何か考えられないかとふと思ってね。

80 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/10/27(月) 01:18:46
たとえばああいう隠遁的態度や世に受け入れられていない事実について、
保坂あたりは
「世の中が樫村を必要としていないのではなく、樫村が世の中を必要としていない」
みたいな反時代性として賞賛してしまいそうだ


81 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/10/27(月) 01:20:17
>>77
岡崎は岡崎で癖のある展開をもった文章だけど、結構クリアに書くでしょう。
俺は岡崎文体は好ましいけれど、樫村みたいなのって不要な気取り、省略過多にばかり見えてね。
あんなものの何がいいのかと、俺は理解を拒みつづけている

82 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/10/27(月) 01:22:55
>>80
そもそも、「必要とされる」哲学というものが、普通ないんだから、
そのレトリックはすでに転倒してると思うね。
まあ、マイノリティを気取る人ってこういう所感におぼれる人よくいるけど。

保坂ってやっぱりそういう感じなの? たまに保坂の小文を読むと
自意識の臭みと馬鹿臭をまのあたりにして嫌気を感じるんだが。

83 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/10/27(月) 01:23:41
>>81
病の露呈なんでしょw
樫村について、古谷はスキゾフレニックといいたいのだと思うけど、
俺にはボーダーにしか見えないわ

84 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/10/27(月) 01:24:36
>>82
新潮の保坂古谷対談がグロテスクだ
「分かってない人」がウザイみたいな話に終始している

85 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/10/27(月) 01:27:27
>>83
まあ、病とまで言うのは可哀想だし、それこそPCな微妙さがあるのでそうは言わないとしても、
一種の美文主義なんだろうねえ。そんで、古谷はそこに共振してるんだろう。

俺は美文よりもベンヤミン的貧しさに惹かれるので、
美文なんぞに魅入られるのは田吾作じゃねえの、とか先入観に近い嫌悪をしちゃうな。

あと、散文的な修辞をからめれば現前性を確保できるって暗黙の前提も相当やばい気がする。

86 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/10/27(月) 01:29:38
>>84
その要約だけを聞くと「蓮実派シネフィルの悪癖と一緒ですね。
んなことより議論の成果出せば?」と即答してFAだな俺は。
自意識をむきだしにして共有しあって癒されててどうすんのよ、としか思わない。

87 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/10/27(月) 01:34:19
対話形式の販促文なんだから、なにもそこまで、、

88 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/10/27(月) 01:34:56
保坂古谷「俺たちはわかってんだぜ!」

89 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/10/27(月) 01:36:35
>>87
だってお前も実際には「分かってないやつ」なんだぜ?
そこに目をつぶることで始めてああいうのが好きになれる

90 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/10/27(月) 01:37:58
岡崎がすごいのは、そういう言葉を全く言わないことなんだよな。すんごいタフだと思う。
というか趣味的な選民会話みたいなのが大嫌いなのかもしれないが。

91 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/10/27(月) 01:38:52
>>88
しかしそんな猿山みたいなトリックにひっかかる読者が今時いるのだろうか・・・

92 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/10/27(月) 01:39:06
何が不快かというと、
樫村流の断罪を真に論理的に遂行すれば、
保坂や古谷がその刃の餌食になることはほぼ自明なのに、そうしないことにある。

また、分かっている/分かってないの識別も保坂の裁量一つだ。

蓮實と似て非なる部分は、彼は自分の趣味に基準を設定しているところ。

93 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/10/27(月) 01:39:07
わかるところもあれば、わからないところもある
んだとおもう

94 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/10/27(月) 01:39:34
>>91
>>55とかそんなじゃんw

95 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/10/27(月) 01:42:05
いや、>>55みたいな反応は、ある種の口頭の場の・・・
なんていうかなあ、一気にしゃべりながらも話の筋が明確であり、
かつ展開していき、他の発言者の主旨を絡めながらつながっていく、という光景が展開されると、
出てくる反応だと思うよ。そういうのは一種の快感で、
樫村・保坂のヤバさとはまた別に生じたりはすると思う。

96 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/10/27(月) 01:43:53
いまにして思えば、批評空間HPで古谷が書いた岡崎展レヴューってのは、
「わかってるんだぜ」の側の語彙に引き寄せる行為だったんだよな。
で、古谷自身の「俺はわかるぜ」語りに自ら淫するという最悪なことになった。

97 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/10/27(月) 01:44:49
面白い電波を浴びたわw
みたいな気楽な感想ってことだろ?
そんなのは分かるけど、当の発言内容が、
「コスタリカ、タイ、アフリカ」みたいな類だから困る

98 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/10/27(月) 01:45:25
>>92
樫村って大して読めてないけど、そんな断罪なのか・・・!

99 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/10/27(月) 01:46:25
>>96
あれなら「岡崎理論で岡崎を語る」方がよっぽど愚直でまっとうだと思うんだが
作家研究に作家の言葉を使うのってほとんど常識だし

フルヤンが好きなゴッホ・セザンヌ・マティスを、
彼が画家の言葉から厳密に切り離しているとはとうてい思えないんだ

100 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/10/27(月) 01:46:52
さすがにあんなことばかり言ってたわけでもないと願いたいがw

まあ、泡風呂の衝撃みたいなもんかもしれんね。

101 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/10/27(月) 01:47:33
>>98
ドゥルーズ論とか大島弓子論とか見ると、
「嘘」とか「欺瞞」みたいな物言いが異様に目立つぜ
あれってようは少々ロジカルな鎌田哲哉だろ

102 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/10/27(月) 01:48:00
>>100
>泡風呂の衝撃
俺はお前が心配だわwww

103 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/10/27(月) 01:48:19
>>100>>97へのレス。

104 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/10/27(月) 01:51:46
>>101
>ロジカルな鎌田哲哉だろ
ああ、なるほど。どういうことを言ってるのかそれでわかりやすくなった。
前スレで言われてた保坂・樫村って「無謬の論理」だろ、っていうのもそこにかかるのか。

ああ、古谷はこの手の言説構成にはまりやすいだろうなあ…。
俺は鎌田が大嫌いなんだよなあ。
議論の成果も何にもなくってさ、単にかくあれかし、と何かを指差すだけの人だと見てる。
樫村の場合、その対象を成型してるってぐらいの差がある程度なのかな。

105 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/10/27(月) 01:54:04
政治的左右で言えば左にシンパシーあるけど、
大西巨人の満場一致の賛美とか、何かと気持ち悪いんだよね


106 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/10/27(月) 01:55:37
古谷は作品主義のように見えて、実際には作家の生の全体性を愛する批評だろう。

107 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/10/27(月) 01:56:10
(和泉式部とかどうなのかな?ちょっとダサイはいってるかも
紫式部にくらべると)
小説や詩の趣味には一貫しているものをかんじたけれども、、
大文字の名前しかでてこなかったのが気になったけれど

108 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/10/27(月) 02:09:14
>保坂さんが、でもそれってあんまり実感ないんだよね、ウチには猫がいるし、この猫は情報化されてないから、猫がいれば大丈夫、という話をして

石屋って保坂か?w

109 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/10/27(月) 02:11:49
その単純さはたしかに似ているが・・・ww

まあ、保坂は素朴なんでどうでもいいや

110 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/10/27(月) 02:12:36
古谷は嫁をもらえって結論でおk

111 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/10/27(月) 02:39:34
浅田と保坂の関係ってどうなの?

112 :55:2008/10/27(月) 08:44:58
>>95
そういうこと。代弁ありがとう。

113 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/10/27(月) 09:12:34
本人とは上手くいかないくせにその周辺のことは気に入ってるんだよね
樫村をGSや批評空間に書かせたり、古屋を発見したり

114 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/10/27(月) 09:20:41
鎌田は柄谷行人は永遠に正しいとか言ってたな
アホかと

115 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/10/27(月) 09:35:31
>>110
永瀬は子育て頑張れの人?w

116 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/10/27(月) 09:37:08
>>113
ていうか浅田のほうが保坂より先でしょ

117 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/10/27(月) 09:53:49
保坂が昔からの友人面しているだけ

118 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/10/27(月) 09:55:46
>>54
読んでみると、5/10-11は横尾をぼろくそに叩いてるなw
古谷としては「俺の身体、俺の経験の蓄積は、横尾絵とあまりに馴染めない。
いやそもそも馴染む人間などいないのではないかという絵だ」といったことを書きたかったんだろうけど。
ttp://www008.upp.so-net.ne.jp/wildlife/nisenikki.html

119 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/10/27(月) 11:14:41
美術史の知識が適当すぎるんだが……
>横尾忠則は、美術史的には、80年代に世界的に流行したニューペインティング(新表現主義)の画家の一員ということになるだろう。イラストレーターから「画家宣言」をしたのも、そのような流れのなかでのことだ。
>ただこれは、美術史上の出来事というより、特定の画廊が仕掛けた流行という側面が強くて、今では、新表現主義として活躍した画家の名前を聞くことはほとんどなくなってしまった。


120 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/10/27(月) 13:21:07
それにしても、みんなは樫村のドゥルーズがどうのこうのって言うのはよんだのか?
このスレの住人は、美大生とかふるやん同様自称美術家だからそういう知識は
ないか・・。

いちおう、樫村のドゥルーズ批判はデコンブの批判と似てるね。
彼は、鏡に映ったヘーゲル主義者だね。

121 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/10/27(月) 13:34:01
読んだ上で批判してるよ

122 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/10/27(月) 13:36:59
それと樫村の楳図論は楳図と全然関係ないと思った

123 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/10/27(月) 13:57:22
>昨日の話で樫村さんが、鈍い人だからこそ、カントやヘーゲルの研究なんかを一生やってられるんだ、というような発言をしていたけど、

フルヤンの近代絵画フェチもこれと同類じゃね?
で、反論したいけど思いきっていうことが出来ないから、こうなる。

>しかしまさにその「鈍さ」によってこそ、転移の持続が保証され、そこから力が供給されるという側面もある。


124 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/10/27(月) 15:45:40
●Chim↑Pom(チンポム)を当初から持ち上げ、ネズミ殺しを誉め続けた評論家
福住廉 東京藝術大学講師
(九州大学大学院比較社会文化学府博士課程単位取得退学)
http://www.dnp.co.jp/artscape/exhibition/review/070201_02.html

>ナディッフの地下はChim↑Pomのおしっこでビシャビシャになってしまった。
(中略)ほんとうに見なければならないのは、「こっくりさん」の名を借りてメンバーが
嬉々として水野くんの背中にタトゥーを彫りこむ映像作品である。このテンションを感じ取れ。
[7月11日(金) 福住廉]

東京藝術大学へのお問い合わせ
https://www.geidai.ac.jp/inquiry/index.html

●木村 覚 日本女子大学人間社会学部文化学科専任講師・批評・美学研究者
http://wikiwiki.jp/jcdnmdfj/?OTHERS%2FKmuraSatoru

Chim↑Pomの作品はオチンチンがいつもぶらんぶらんしていると絶賛
http://the-rotators.com/news/2007/10/ujino_and_the_rotators_vs_chim.html

日本女子大学へのお問い合わせ
http://www.jwu.ac.jp/grp/contact.html


125 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/10/27(月) 15:57:30
とうとう炎上の犠牲になったか……


126 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/10/27(月) 16:16:57
犠牲というか自業自得

127 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/10/27(月) 16:23:39
(略)
(そういうことを認めたうえで)、私はヤギがヤギ的であるようにキツネもあくまでキッネで、ヤギにはなれない。
そんなことをくどくどとくりかえすことよりも、(私が前にいったように)、
ヤギはヤギであることによって、力をもっていてすこしも井戸から出て行ったキツネに劣るものではなく、
外に出て嘲笑しているキツネは、穴の中にいて餓死する運命にあり、一ぱいくわされたと
思いなげいているヤギと較べて、すこしもすぐれているとは思えない。というより、
いかにもキツネがおり、いかにもヤギがあり、生き生きとしてそこにいるものだから、(略)
訓(おし)えをかいくぐって二つの動物は互いに存在を主張し、私どもは、
生暖かい彼らの身体や眼つきや、もしその時間さえあれば何から何まで思いうかべることが出来、
どこかの古井戸のあるところへ出かけて行き、(略)

※略と括弧は引用者

 フルヤンにたいしてではなく、<私ども>に ▼o・ェ・o▼

128 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/10/27(月) 16:27:18
スレ民はキツネって言いたいのね
ずっと意味不明な寓話を投げ続けているけど、
127がどうしてヤギなどと言えるのか。



129 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/10/27(月) 16:40:05
唐心=キツネ
やまとごころ=ヤギ

130 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/10/27(月) 16:45:25
読まずに食べるから

131 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/10/27(月) 16:47:49
でも、ほんとうは、前提にあるテーゼが間違っている。
「ヤギは紙を食べない」

132 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/10/27(月) 17:01:17
どうして、自称美術家が作品についての批評理論など書くのだ?
岡崎も市場では一切評価されていないみたいだけど、だからか?
単なる抽象絵画の絵描きではだめなのか?画家が理論書を書いた
り批評書(それも美術だけではない他分野の)を書いたりするの
はなぜ?それほど、知的なハク付けが必要な業界なのか?

133 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/10/27(月) 18:26:11
>>132
批評は単純に面白いからやってるだけだろ
それにフルヤンは
批評というより
整理と要約

134 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/10/27(月) 18:38:34
生樫村はここの馬鹿どもが霞む

135 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/10/27(月) 18:44:56
>>133

絵を描くより面白いってわけだね。そういう理論をこねくり
まわさなければならないような環境があるってこと。

136 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/10/27(月) 18:57:29
>>132
>>135

結局、画家では食っていけないからさ。

最後に大学なり専門学校なりの教師になれば今まで無名で
売れなかったけど難しい本が読めるほど俺って頭が良いって
思っていたプライドも満足できるからだよ。実際、大学教授
になった批評家や自称w画家wなんて好々爺そのものだもん。



137 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/10/27(月) 19:06:22
>>136
当たってる部分もあるけど理論は理論であったっていいだろ

138 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/10/27(月) 19:14:45
>>137

自称w画家wが書いてるのがね〜・・。でも、理論って
ほどじゃないぞ!w。あえていえば、弁解かなw

139 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/10/27(月) 20:03:54
生き方にはいろいろあってよいのでは
大成しなかったら無意味だなんてのは極論だし



140 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/10/27(月) 20:14:48
どっかにURLでも貼られたのか、ずいぶん空気が以前と変わってるな。
>>120は「このスレの住人は、美大生とかふるやん同様自称美術家だから」
って言うが、とても過去スレから逸脱している推測で驚きだ。

141 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/10/27(月) 20:17:10
実際見る目のある人って少ないよ
フルヤンのようにそれを逆手に安住するのはダメだけど

142 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/10/27(月) 20:18:20
>>140
美術鑑賞板で煽る時の常套句

143 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/10/27(月) 20:19:22
総合スレをスレタイにして新たに立てるとこうなったんだろうな、といういい見本だよなあ。
やっぱり古谷スレの名目をゲートとして維持した方がいいみたいね。

144 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/10/27(月) 21:55:40
多分、木村の名前が上の方に出ているので、ワード検索か何かで流れてきたんだろうな。
しばらくここはさよなら

145 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/10/27(月) 21:56:44
ちなみに、あの例の「チ〜」騒ぎでね。

146 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/10/27(月) 22:02:26
まあ、楽しかったとはいえネタ展開にもなっていたし、
じっくりテキストなり何なり取り掛かってできる議論もあるから、
しばらく過疎スレ化させておいた方がいいかもね。
俺もとうぶん去っておくよ

147 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/10/27(月) 22:08:07
やっぱり、自称wだらけだったってわけね♪
残念w

148 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/10/27(月) 22:12:05
こんなスレで煽っても意味無いよ

149 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/10/27(月) 22:13:59
>>140

ほんとうのことを言われて怒ったりしちゃだめぇ〜〜〜^^

それにしても平面の作家に限って理論をこねくるとは
これいかに。

どうも遠くから眺めていると自分は特別だって言いたいわけだな
ってことがわかる。

150 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/10/27(月) 22:15:49
どう見ても美大生や自称美術家より東大関係が多いわけだが。


151 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/10/27(月) 22:31:52
>>150

東大だったらwもっと美大生や自称美術家より頭よれならなくっちゃねw
同じにみられて東大だせばおそれいるだろうwっていう貧しい発想が
落ちこぼれた現代美術関係者とどっこいだなw

せいぜいお勉強がんばってねw

152 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/10/27(月) 23:25:17
恐れいらせようとして東大という名前を出したと思う方が貧しい発想なんじゃないの。
前スレかなにかで、このスレは東大関係が多いよねという話になったから言ったまでだが。
今時東大ぐらいで恐れ入ると思うかよw

153 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/10/28(火) 00:15:31
誰かがレス一個貼っただけでこんなになるのかw



154 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/10/28(火) 00:41:17
レビューハウスってどこに売ってんの?

155 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/10/28(火) 00:42:23
なでぃふ

156 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/10/28(火) 01:00:31
なるほど
恵比寿になってから行ってないんだよな
表参道は駅の近くで楽だった

157 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/10/28(火) 01:08:58
辺鄙な場所にあるよ
一財産できたので、ビルを建てたらしいが

158 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/10/28(火) 02:35:57
なんかやることがあるような気がするのだが為替トレードしかやることが思いつかん
ーヒー牛乳飲もう

159 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/10/28(火) 08:28:37
あんな荒らし一匹程度でしばらくさよならって、お前ら沸点低すぎだろ


160 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/10/28(火) 08:56:55
他人をそんな風に簡単に貶すお前も同類だから二匹でいいだろ

161 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/10/28(火) 09:03:11
荒らしは荒らし
批評に興味を持つ画家がそのまま駄目って、どんだけ頭悪いのかと
しかも「平面」という言葉の使い方から見ても、昔岡崎スレを荒らしてた馬鹿だろ


162 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/10/28(火) 09:47:21
>>161

そのままだめとか頭悪いとかは書いていないんじゃないか?

163 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/10/28(火) 09:51:32
>>162
132以降のレスは、さんざん聞き飽きた美大卒中年の戯れ言だろう


164 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/10/28(火) 10:03:19
ダ・ヴィンチのような人がいなければ、美術はクラフトのままだったんだ
日本の美大教育はアートをクラフトのまま賞味したい人が多すぎる

165 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/10/28(火) 10:37:01
>>164

ダヴィンチのような人っているの?

166 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/10/28(火) 10:40:28
>>165
美術史上の各時代にいるでしょ
ディゼーニョ(構想としてのデッサン)なしにアートの普遍性はあり得ないし
コンセプトと言ってもいいよ

167 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/10/28(火) 12:49:29
朝のバルコンから 波のやうにおしよせ
そこらぢゆうあふれてしまふ
私は山のみちで溺れさうになり
息がつまつていく度もまへのめりになるのを支える
視力のなかの街は夢がまはるやうに開いたり閉ぢたりする
それらをめぐつて彼らはおそろしい勢で崩れかかる

揺籃はごんごん鳴つてゐる
しぶきがまひあがり
羽毛を掻きむしつたやうだ
眠れるものの帰りを待つ
音楽が明るい時刻を知らせる
私は大声をだし訴へようとし
波はあとから消してしまふ



168 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/10/28(火) 12:55:49
果樹園を昆虫が緑色に貫き
葉裏をはひ
たえず繁殖してゐる。
鼻孔から吐きだす粘液、
それは青い霧がふつてゐるやうに思はれる。
時々、彼らは
音もなく羽搏きをして空へ消える。
婦人らはいつもただれた目付で
未熟な実を拾つてゆく。
空には無数の瘡痕がついてゐる。
肘のやうにぶらさがつて。
そして私は見る、
果樹園がまん中から裂けてしまふのを。
そこから雲のやうにもえてゐる地肌が現はれる。

ttp://soredemo.org/archives_sagawa1.html

169 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/10/28(火) 18:12:03
>>163

そうですか。言い方を間違えました。自称美術家と瑣末な理論好きの
美大卒中年男性の方々ですね。

170 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/10/28(火) 18:48:36

口惜しいですっ !


171 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/10/28(火) 20:50:20
>批評に興味を持つ画家がそのまま駄目って、どんだけ頭悪いのかと
まあ批評に興味をもつことで堕ちていく芸術家は多いがな
一芸芸術家


172 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/10/28(火) 22:49:43
どこかの学校の先生が、今の学生は全く勉強をしないし、勉強をするやつはするやつで、半世紀前の絵を描いてると嘆いていた。

173 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/10/28(火) 22:52:05
時事批評みたいのは難しい状況でしょう?
で、他に読むものがないから、昔の批評が読まれている。

どっかの美大の先生がいうには、勉強をする奴は半世紀前の絵を描くし、今風の作品を作る奴は勉強を全くしないと。







174 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/10/29(水) 01:58:26
一気にスレのレベルが下がってて吹いた

175 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/10/29(水) 02:35:25
横尾に関して本で取り繕ってもな……

176 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/10/29(水) 18:27:41
ワロス

>関係ないけど、ぼくは去年の冬からまったく風邪をひいていなくて(ちょっとヤバいかな、ということは何度かあったけど)、それはおそらく髪が長くなって、後頭部と首の後ろが直接冷気に触れていないからじゃないかと思う。

177 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/10/29(水) 18:38:09
>>176
実用的だなw

178 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/10/29(水) 18:49:00
いかにも地頭が悪そうな発言はなごむw

179 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/10/29(水) 18:50:02
レビューハウスは買いなのかい?
明日ジュンクに行くつもりだぜ

180 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/10/29(水) 18:56:36
安いし試しに買ってみたら?
ジャンク堂なら座り読みできるが

181 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/10/29(水) 18:57:18
そうだな。座り読みしてみる
あとユリイカのピカソ論のレポ頼む

182 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/10/29(水) 18:58:31
いや、三人称的視点(実際に三人称にするかは別にして)から書ければ、小説になる。
>おそらく 
以下を、せめてワンクッション以上の視点を挟んでから言わせる。で、かたちとしては
小説になるんだけど、それだけでは、かたちとしてだけで、、

183 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/10/29(水) 19:12:39
フルヤンは絵画においても「私」の視点を外せないのが駄目だ

184 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/10/29(水) 19:21:02
福○と木○がマシ危険ワードになってる 試しに「福○ ch×××m」でググったら、
検索結果の1ページ目に、このスレがでたw

RHネタも少し抑えた方がいいと思うのは俺だけか また荒らされたりしたら...









185 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/10/29(水) 19:23:42
抑えなくていいでしょ


186 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/10/29(水) 19:28:49
前スレだと、結局石岡の文章は面白いのか肩すかしなのか分からなかった

187 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/10/29(水) 19:37:41
伊藤、黒瀬(笑)

188 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/10/29(水) 19:43:38
の、工作

189 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/10/29(水) 19:53:10
自演があってもかまわん
むしろその方が情報の精度が上がる

190 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/10/29(水) 20:00:00
自演に客観性は...w

191 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/10/29(水) 20:05:47
朝日新聞夕刊に岡崎さんまいぐみktkr

192 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/10/29(水) 20:07:20
客観性=叩きw

193 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/10/29(水) 20:24:00
ttp://d.hatena.ne.jp/rt0420/20081029/1225250905
他の人の書いたレポート見つけた

194 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/10/29(水) 20:26:32
ピカソ論はほとんど妄想だけどね。まじめに批判するのもばからしいっつうか。
ピカソはマッスでもボリュームでもない、なんてたいした根拠もないくせにあえて書く必要あんのかと。
基底面の重なり合いとかいうのは、前からのネタだけど、あの理屈なら木目だって壁の染みだって基底面の重なり合いw
まあ、だからこそセザンヌと村上隆が同じにもなるんだろうけど。



195 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/10/29(水) 20:27:43
>二種類の人間 ある種の訓練、お勉強を経なければ芸術的感性が身につかない人間と、文化的訓練を経ずに、作品から伝わってくる感触をそのままつかめる人間

こういうのってこの三人っぽいな
彼ら自身を含めて後者に位置付けて前者を嗤う

196 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/10/29(水) 20:28:42
>>194
つうか普通に考えたらマッスかつボリュームじゃね?
まだ読んでないから何言ってるのかわからないけど


197 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/10/29(水) 21:37:17
古谷って蓮實を避けてるのかな

198 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/10/29(水) 21:39:57
>>195
そんなことわざわざ言うことないのに
他に話題がないんだろうな


199 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/10/29(水) 21:49:34
>>198
選ばれし者みたいな言説はどうもな……

200 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/10/29(水) 21:52:25
>>199
そこで話が止まるよな
残念だがお前らはわかってないと言ってあげるしかないかも

201 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/10/30(木) 00:06:01
樫村って盛期を迎えないで後期ヘルダーリンになっちゃった人だろ

202 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/10/30(木) 21:53:15
マイナーなところがくすぐるんだろう

203 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/10/31(金) 00:59:29
今美術界のドンって誰なんですか?


204 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/10/31(金) 01:44:17
千住博?

205 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/10/31(金) 01:47:27
>選ばれし者みたいな言説
そんなのどこにも書かれてないとおもう

206 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/10/31(金) 02:12:22
>>205
少なくとも保坂や樫村は徹頭徹尾そういう言説だよ
そう思わないのはかなり鈍感

207 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/10/31(金) 09:28:49
>>203
野見山暁治

208 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/10/31(金) 09:32:42
岡崎はドンにならなさそうなのが美点
なれないってのもあると思うが

209 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/10/31(金) 10:19:35
>>206
樫村氏に関してはわからない(正確にはほとんど知らないので、わかるともわからないともいえない)けれど、
保坂氏は「言説」にならないようにならないように、書き継いでいるんだとおもう。
ディスクールとか、そうしたことには関心がないとおもう(むしろどちらかといえば嫌っていると思う)。

210 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/10/31(金) 10:56:35
言説ってここから言説でここから言説じゃないなんて内外の境界あったのか?

「理論的言説」にならないように、と言ってるのならわかるが。
でも、反理論的言説が同時にさまざまな論理を形成していることはよくあることだ、
というのがグリーンバーグや蓮実について語られた過去スレで言われたことで、
反理論を標榜しても回避できないものなんじゃないかな。

古谷だって当人主観では理論的に振舞っているつもりがない、経験の語りをやっても、
同時にそれは論理を構成しているえわけでね。
ゆえにその素朴さがこのスレでは突付かれがちだってことになってる。

211 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/10/31(金) 19:01:06
言説の言葉上の定義自体はおそらくあまり重要でなくて、
1)言説が現実を抑圧するように働いているのだったら問題で、
2)言説がすでに現実だったらさらに問題で、
1)は充分にありえる(ある側面はいま実際に抑圧されていると痛感する)
けど、
2)はありえないんじゃないかな、
現実は言葉にならないことのほうが多いのだから。
(現実そのものはは、そのなかにいる自分には定義できません。
考えてもしかたがないことのような気がしています。
具体的なことでないと、、)
>グリーンバーグや蓮実
に関しては、実際に権力を持ってしまったところが
問題視されてるのかもしれないけれど、現実において
どれだけ問題だったのか、当事者でない私には
わかりかねるのです。

<批評分野>に限ぎっては、実害(?)を被ったひとが
いるということでしょうか?
上のひとによって発言を抑圧されている人々が
いるということ?
 うん、でもいるということだよね〜、このスレの
感じでは。偉そうにすいません<(_ _)>
 保坂氏の「非理論」(?)が、そもそも、理論−非理論と
対比できるか、もしくは同一できるものとしてか、いずれであるとも
私は受けとっていないのだけれど。この無自覚さが、
ある種の言説にやられてしまっているといわれればそれまでだけれど、、
(言表領域においては、言説に外部はないってことで、それは
それでわかる気がします)


212 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/10/31(金) 19:01:45
文章読むときって、それを読んで元気がでるかでないかと
いうことで私は読んでいて、理論の整合性により
元気がでるタイプではないのです(むしろ凹む)。
理論の超越性、説得性、明快性、公平性・・・に勇気づけられる、
言葉においてはそうしたことにしか関心がない、といったひとが
いるのも知っています。ただ、両方あっていいんじゃないでしょうか。
互いを抑圧しないということでいいんじゃないかな〜
>グリーンバーグや蓮実
は、へんな所にいるみたいだね。このスレの文脈では。
「非理論」をよそおって、「理論」を否定しているのであれば、
もうそれ自体は充分な「理論」っていうことだと思います。
(そうして、この文章自体がイライラするといわれれば、
すいませんとしか申し上げられないのです)

言葉は、ひとりでは成立しないから、レスありがとうございます!

213 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/10/31(金) 19:18:57
…もう放っとこう

214 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/10/31(金) 23:27:26
フルヤン的には斎藤環ってどうなの?リンチとか、かぶってるけど。

215 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/01(土) 00:48:12
樫村理論で斎藤環を撃つというスタンス

216 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/01(土) 01:14:30
ほー



217 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/01(土) 01:31:40
>>207

冗談のつもり?

218 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/01(土) 01:56:56
>>217
日本にドンと呼べるほどの人物はいない

219 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/01(土) 02:29:04
各自がプライベートの領域で好き勝手やってるだけだもの、
ドンなんて存在のしようがないよ。

220 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/01(土) 02:38:57
古谷や岡崎どうのなんて言ってるのも、微小グループ内の自慰行為みたいなもんだしね

221 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/01(土) 07:50:51
チ○にかかわらず、このスレの悪化はも止まりそうにないのかね

222 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/01(土) 11:12:12
チキがなんかしでかしたの?
伏せ字キモイ

223 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/01(土) 12:45:00
>>214
ラカンを引用する割に斎藤への言及がないのはたしかに気になる。

224 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/01(土) 12:50:45
ラカニアンからみれば斉藤環は邪道
でも古谷はもともと偽日記でも嫌ってたよ
それを言うなら蓮實ガン無視とか色々あるでしょ

225 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/01(土) 13:28:46
環の変な批評って、困ったものだと思う。


226 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/01(土) 13:36:33
美術批評家の怠慢が原因だと思う。

227 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/01(土) 13:42:34
美術批評家連盟って機能してんの?
確か岡崎も会員だったと思うが

228 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/01(土) 13:55:29
機能してないでしょうそんなもん。


229 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/01(土) 14:19:36
学芸員が物を言わずに業界を仕切っている

230 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/01(土) 14:23:47
学芸員って、官僚みたいな存在だな。


231 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/01(土) 14:28:46
学芸員はアメリカみたいにバリバリ批評やっていいと思うんだが

232 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/01(土) 14:32:28
――木はどうしてまっすぐ上に伸びる? 冒頭近くにそう書かれた文章をよんでいて、パソコンを起動させ
メールを送受信している間に、偽日記のサイトに行ってびっくりしました。
ちょっと元気でた。先日、わたしもイチョウの切り株をみていました。いや、見上げていました。
私より背よりも高い位置で切り株を空にさらしているイチョウ
と書くと詩的ですが、切り株はそこから腐らないように配慮されてか、なにか金属のようなもので閉じているようでした。
でも、その木の私の背たけのくらいの高さから別れている枝には、葉が茂っていました。

233 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/01(土) 14:34:34
>>212
保坂はあからさまに抑圧的でしょ
あの人セゾンで講演会とか企画してたんだぜ

234 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/01(土) 14:51:28
このスレの加齢臭はヒドイ

235 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/01(土) 14:58:55
古谷の読者に若者がいない

236 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/01(土) 15:09:28
書き込み人の年齢とかどうでもいい

237 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/01(土) 17:58:06
けっきょく古谷にとって大事なのは自分の身体感覚なんだろうな

238 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/01(土) 19:02:10
岡崎展見てきたよ。面白かった。
三枚組と言われていったいどうなってることかと思っていたけれど、
一枚目と二枚目の間の余白(画廊壁面)が大きいからずいぶん変わってるね。

あと、以前に比べて筆触個々は外形輪郭と筆触内部のフォルムのせめぎ合いが
すごくなってて、2000年前後の作品とはまた違った方向に向かっているのかなと思った。
ああなるとあみだくじと言いにくくなるな。

画廊には2007年の図版「zero thumbnail」が販売されていたのもうれしかった。

239 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/01(土) 20:35:59
色彩がしみったれてないのがいいよな

240 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/01(土) 20:41:25
異様な透明感があったり、かと思えば上書きされてたり、
ものすごいマッス感のある筆触といい、すごい世界になってきてるよね

241 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/01(土) 21:08:24
マジでフルヤンが枚数にこだわるのが謎だわ
奴の趣味と岡崎の絵は別物だというのに

242 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/01(土) 22:30:38
なんで道を歩くだけでセザンヌになれるのかわからん
30日の日記

243 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/01(土) 22:39:24
さすがにセザンヌになれるとは言ってないだろうl

244 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/01(土) 23:08:59
  ,,,,,
 (・e・)チッチッッピピ
彡,,, ノ


245 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/01(土) 23:13:07
何その謎のAAww

246 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/02(日) 00:49:46
今日、中央線の下りの電車のなかから、三鷹のホームをみると、セザンヌのポスター?が2種類(2枚並んで)あった。
いまなんかセザンヌの展覧会やってるの?
ことばにしたとき、セザンヌの絵でなく、ゼザンヌとなってしまう、、

247 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/02(日) 01:14:31
余白をおきながら色を並べるって、
わりと無難だと思うのだけどね。


248 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/02(日) 02:17:07
Chim Pomスレへ移動中www

935 名前:ФゝФ〕Иαηα∫н!∫αη :2008/11/02(日) 02:14:05
美術鑑賞板の、古谷スレの住人がここにいる!以外と下世話な話題が好きなんだね、哲学がどうのとか言いつつww



249 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/02(日) 02:37:11
いないんじゃね

250 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/02(日) 03:18:29
古谷の絵って古谷理論がないと厳しい

251 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/02(日) 04:17:29
横浜美術館 セザンヌ主義

252 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/02(日) 08:46:00
まあ要は批評家なんて肩書きを持つわけわかんないのがいることでしょう
批評家=職業とする変なのがいなくなれば、自然に学芸員が批評を担うよ

253 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/02(日) 09:06:24
このスレ、もう駄目っぽいな・・・

254 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/02(日) 11:07:54
>>252
逆だっつうの……

255 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/02(日) 11:08:31
>>253
アホが時々来るぐらいで耐性なさ過ぎ
ここは2ちゃん

256 :252:2008/11/02(日) 11:18:18
どう逆なのかアホに説明してくれ
学芸員が批評できない無能ってこと?
そもそも批評家って学芸員になりたいの?
批評だけやってるやつってどういう自意識で批評なんてすんの?

257 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/02(日) 11:24:54
ボードレールぐらいよめよ……

258 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/02(日) 11:25:47
学芸員はスポイルされているから、市場価値を下げるような批評は絶対に出来ない

259 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/02(日) 11:35:00
市場VS批評

260 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/02(日) 11:42:43
252みたいな人は、仕事を黙々とやってる職人は偉くて、
批評家みたいな小理屈をこねる奴はチャラチャラしてる程度の印象論で物を言ってるんだろう



261 :252:2008/11/02(日) 11:53:31
>学芸員はスポイルされているから、市場価値を下げるような批評は絶対に出来ない

レスありがと
ってことは批評家はスポイルされるから学芸員にはならない・なりたくない
ってこと?
市場価値を下げる批評なんてできないっていうけど、市場価値を上げたい作家
を展示という形で紹介できる気がするんだが
市場価値を下げる批評をできること、市場原理に拘束されないことが批評家の
価値なのかもしれませんが、かといって別の原理というか慣習にとらわれてい
る(その意味でスポイルされている)御用批評家が多いのも確かなのでは?
いずれにせよ学芸員がスポイルされてる・・なんて嘆かずに批評家が学芸員
になって現状打破するか、学芸員が批評をもっとやってくべきだと思うんだけど。
あとそもそも批評に耐えうる作品があるのかってのはまた別の問題だと思うけど。
アホな発言でごめん。でもご意見いただけるとウレシー



262 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/02(日) 11:58:27
そもそも学芸員にこだわるのはなぜ?
もちろん御用ライターが多いのは分かりきってることですが


263 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/02(日) 11:59:57
>>261
>批評家が学芸員になって現状打破するか、学芸員が批評をもっとやってくべき

こういう二択しかでない理由が知りたい

個人的には学芸員は批評じゃなくて学者的な文章を書くべきだと思う

264 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/02(日) 12:00:06
批評家にも色々いる、学芸員にも色々いる
当たり前の事 261は2度と来ないでくれ

265 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/02(日) 12:04:37
そんな殺生なこと言わんでも・・・

266 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/02(日) 12:11:06
今のところ、ほとんどの学芸員の文章が半端きわまりないのが問題


267 :252:2008/11/02(日) 12:12:25
うーん自分の学芸員・批評家像はかなり偏りのあるものかもしれないけど、
なんというか上の市場VS批評のように
学芸員VS批評家になっている感じに違和感があるのかな
市場に参画する批評家がもっといていいし、市場に訴えることによる批評ってあると思う
「批評家みたいな小理屈をこねる奴はチャラチャラしてる」と思ってるんじゃなくて、
自分の印象ではおとなしすぎる。テクストと市場の評価の乖離に甘んじているという印象かな。


268 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/02(日) 12:12:45
すれ違いすぎる

269 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/02(日) 12:18:19
市場が強すぎて多くの作家は正当な評価を得ていないと思い込んでいる

270 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/02(日) 12:21:00
>>268
そんなことはない

むしろ問題はコレクターが作家を支配してしまう状況ではなかろうか
今は美術手帖とかでもコレクターが取り上げられるようになってるけど、
俺はかなりドン引きだわ

あと学芸員も含めて、特定ギャラリーの言うがままになってる

271 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/02(日) 12:22:34
>>267
フルヤンみたいに、今の美術界が間違っているのだ!と開き直るのも一つの手じゃね?

272 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/02(日) 12:26:36
>>270
特定ギャラリーを叩くべき
>>271
なんの効果もないよ

273 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/02(日) 12:30:08
広島の件のせいで他所の人達がここに流れ込んでいるけど、結果異趣混交で
スレ議論が活性化されているともとれるw

274 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/02(日) 12:32:14
>>273
古株の住人はウザそうにしてるけどなw

275 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/02(日) 12:35:25
いや、>>273は半角wからして、たぶん古株。

276 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/02(日) 12:38:45
>>272
まず小山とミヅマ

277 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/02(日) 12:43:39
3スレぐらい前の、キュレーター、コレクター、批評、美術館の機能に関する継続にもなるから、
全くスレつながりがないわけでもないんだよね。
>>270 >>272 >>はそのときにも明確な意見を言ってた人だろうと思う。

278 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/02(日) 12:44:01
>>276
最大のガンだな

279 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/02(日) 12:47:25
特定ギャラリーに所属しないと海外に出て行けないんだよ

280 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/02(日) 12:50:20
海外に行かなくても国内が盛り上がれば向こうから来る
欧州からアメリカに覇権が移ったようにアメリカから日本に移せばいいんだから

281 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/02(日) 13:06:58
>>280
会田誠と同じ思想

282 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/02(日) 13:10:53
>>280

日本の経済状況をかんがえてみれば、自ずと答えが出ている。
チャンスがあったとすればバブルのときかな。

283 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/02(日) 13:21:17
00年代は圧倒的にチャイナの時代だったろ
さすがにバブルは弾けそうだけど

284 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/02(日) 13:22:22
>>281
会田はメジャーギャラリーの人だから十分海外に出ている
欧米受けしないのは彼の作品の力

285 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/02(日) 13:36:41
>>284
山下裕二がフィクサーだったんでしょ
逆輸入戦略

286 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/02(日) 13:39:40
出たw
真のガンは山下裕二
こいつは悪辣

287 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/02(日) 13:46:54
>>286
最近冬子が近づいてるねw
日本美術荒らされっぱなし

288 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/02(日) 13:48:11
椹木野衣がしくじったのは、山下みたいな奴と区別が付かなくなってることだと思うね

289 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/02(日) 13:48:59
山下がフィクサーなのは、
会田じゃなくて山口晃ではなかろうか

290 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/02(日) 13:55:29
>>289
上野での二人展も奴が糸引いてたのか
とすると岡崎批判の作品も・・・

291 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/02(日) 13:56:36
荒らしなんていうと、逆に神秘化されてしまいかねないのだけれども、
会田や冬子みたいな、キチッと輪郭線でくくって、塗り分けていくような人物画って、
日本画とかを見ていると以前から多かったような気がするし、
近代派が乗り越えようとしてたのもこういう表現だったような。

292 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/02(日) 13:57:02
>>288
柄谷のパクリ本以降元気ないね

293 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/02(日) 13:57:49
>>290
かなり怪しいと睨んでいる


294 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/02(日) 13:58:53
椹木は山口みたいな単なるコンサバを褒めるタイプではないはず
今なら日和るかもしれないが

295 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/02(日) 13:59:13
>>291
安田靫彦みたいなもんだろ
手法として古臭いんだよ
画題が現代的になっただけで

296 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/02(日) 14:02:02
>>295
山下裕二を経たことで、ポストモダン的な論理に居直れるだろ
手法が古くて何が悪い?と。


297 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/02(日) 14:13:25
>>296
ボケてきた赤瀬川に近づいたり見え透いてるんだよな

298 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/02(日) 15:45:06
奇想の系譜をただの権威に変えてしまった罪は重い

299 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/02(日) 16:54:56
だれか業界勢力分布図を書いてくれー


300 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/02(日) 18:10:58
Review House買ってきた
荒れるかもしれないけど松下学gj

301 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/02(日) 18:13:53
●ポストモダン派

           赤瀬川(美学校)−建築探偵
           (権威付け) 
            ↓              ミヅマ
辻惟雄←(私淑)山下裕二(フィクサー)→会田誠→(ライバル)村上隆→(戦友)奈良→(ビジネス)小山登美夫
                          chimpom      kaikaikiki
             ↑
            冬子 (接近)


             ↓対立(会田・山口展)


○モダニズム派
                              松浦(友人)
                               ↑
彦坂(Bゼミ)・宇佐美・浅田(批評空間)←(師匠)岡崎乾二郎→石岡(弟子)
                               ↓
                         (二枚組緊張関係)
                樫村(友人)←保坂←フルヤン(保坂派)


302 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/02(日) 18:16:26
石岡はゲーオタだからモダニズムじゃないんじゃね

303 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/02(日) 18:38:56
>>302
次世代は位置づけが微妙だね

304 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/02(日) 19:16:57
イエーイ黒瀬君見てるー?AA略

305 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/02(日) 19:19:46
お前何回その書き込みやってんだよw

306 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/02(日) 19:20:58
東 浅田 岡崎 磯崎
↓  ↓  ↓   ↓
     黒瀬

307 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/02(日) 19:24:05
黒瀬降臨まだ〜?チンチン

308 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/02(日) 19:24:29
岡崎は、赤瀬川と仲がいい藤森と親しい

309 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/02(日) 19:26:28
ループしてんだよな

310 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/02(日) 19:26:33
俺たちが黒瀬だ

311 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/02(日) 19:26:47
久々に来たらとんでもなく荒れているw

312 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/02(日) 19:27:10
椹木のアイディアの多くは岡崎経由だしな

313 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/02(日) 19:29:44
>>311
この程度では荒れてるとは言わない

314 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/02(日) 19:30:47
椹木って自分で「私は本を読まないんです」とか言っている
こいつが批評ってだけで吐き気する ディレッタンティズムの始祖

315 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/02(日) 19:32:06
会田誠「ワシはミヅマの岩鬼じゃーい!」

316 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/02(日) 19:33:30
>>314
昔はそんなことなかった
俺は初期のファン

317 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/02(日) 19:35:11
椹木野衣(さわらぎのい、1962年-)は、美術評論家。埼玉県秩父市出身。

同志社大学文学部(専攻は科学哲学)を卒業後、1987年から1990年にかけて『美術手帖』(美術出版社)編集部に在籍。
1991年に評論集『シミュレーショニズム ハウス・ミュージックと盗用芸術』(洋泉社)を刊行。シミュレーション・アートとハウス
・ミュージックを〈サンプリング・カットアップ・リミックス〉というキーワードで横断的に論じ、1990年代の文化を予見した。
1992年にはレントゲン藝術研究所で展覧会『アノーマリー』を企画、村上隆やヤノベケンジを美術界の新しい波として紹介した。
1995年の「地下鉄サリン事件」をきっかけに戦後日本美術の論考に転じ、1997年に『日本・現代・美術』を刊行。戦後日本には
「歴史」がなく、蓄積なき忘却と悪しき反復を繰り返す「悪い場所」であると論じ、大きな波紋を起こした。2005年にはその続編
というべき『戦争と万博』を刊行。大阪万博と太平洋戦争の類似性を「万博芸術」という観点から語り、話題となった。

実証的な美術史とジャーナリスティックな解説の二極分裂に陥りやすい日本の美術評論界にあって、例外的にアクチュアルな
視点を提供している貴重な評論家といえる。日本の現代美術をリセットすると公言して賛否両論を巻き起こした『日本ゼロ年』
(水戸芸術館)など展覧会のキュレーションを行っているほか、2003年のイラク戦争の際には〈アート=反戦ユニット〉「殺す・な」
を組織し、アクティヴィストとしての面も見せている。現在、多摩美術大学美術学部助教授。

318 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/02(日) 19:35:41
>>316
アイデアは浅田の受け売り 引用する哲学思想を表面的にしか理解していない(引くためだけ)
これがシミュレーショニズムという名の自己宣伝広告戦略

319 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/02(日) 19:36:43
>>318
どんだけ私怨なんだよw


320 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/02(日) 19:37:25
くろせくんさぁ〜
書き込むの横の「名前」のところに、く・ろ・せ ってすればイイノ 皆知ってるんだからねw

321 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/02(日) 19:38:42
椹木と黒瀬を煽ってる荒らしマジウゼー

322 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/02(日) 19:39:48
319は、浅田の暴露を全力で阻止した、あの一件を知らないんだよね。。

323 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/02(日) 19:43:17
浅田が自分の真似してるって言ったの?

324 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/02(日) 19:44:03
>>322
こういう奴が批評を書かないで悪口ばかり言う風土が良くないんだぜ

325 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/02(日) 19:44:59
ソウ でもここに人達あまりその件知らないみたいだから、もういいよ。

326 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/02(日) 19:49:17
こんにちは、最近2ch美術鑑賞板の某スレがおもしろすぎて、毎日見ている黒瀬ですw
美術板のスレに福嶋さんや濱野さん、宇野さん、チキさんらの名前が出るなんて、
ちょっと前には考えられなかったことですが、どうかこの盛り上がりがそのまま続いて欲しいと願ってます。
突発的な荒らしにめげることなく、ね。

327 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/02(日) 19:51:53
つい黒瀬ブログ開いちまったじゃないかwww

328 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/02(日) 19:52:52
まあでも、前々スレ、前スレあたりの流れだね、黒瀬が言ってるのは。

とりあえずRHは買ったと応援レスしておこう。

329 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/02(日) 19:57:10
ここの人は信じやすすぎ
前に石岡が降臨?したときもそうだった

330 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/02(日) 19:58:29
いや、降臨は特に信じてないけど、>>326の引用文が黒瀬ブログ転載なのは本当だぞ。
書き込んでないとは思ってる。

331 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/02(日) 20:01:05
いつしか2ch最注目スレになってるな

332 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/02(日) 20:04:37
>>330 書き込んでないとは思ってる。
いやいやいや。w

333 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/02(日) 20:06:01
ぶっちゃけフルヤンの自己申告も疑わしい

334 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/02(日) 20:06:40
明後日は四谷でオフ会だなw

335 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/02(日) 20:06:46
黒瀬ってエゴとか根拠ない自信が強そうでウザ

某板で炎上の犠牲になった「RH」の人達みたいにならないようにね♪w

336 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/02(日) 20:07:40
お調子者の黒瀬が書き込まないわけが・・・

337 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/02(日) 20:08:04
エゴが弱そうな上の世代よりは面白いんじゃね


338 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/02(日) 20:13:15
>>333
古谷からすると「さすがにそんな読まれ方されるとむかつくよ!」
となりそうなレスもかなりあるから、書き込まない方が精神衛生的にはいいと思うんだがな。

住人にしてもレスの傾向にぴったり一致してるわけでもないだろうし、
割とROM専も多かろうと思ってる。

339 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/02(日) 20:16:30
>>338
古谷の日記のエントリー内容は、どう考えてもここ見てるとしか思えない

340 :330:2008/11/02(日) 20:17:06
>>332 >>336
そう言われると辛いw

341 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/02(日) 20:18:32
>>339
この二月ほど見てはいるだろうことは間違いないが、
毎日かどうかはわからないってのと、
「書き込んでない」の自己申告はそうかもね、って意味。

見てはいるんじゃないかな。

342 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/02(日) 20:22:22
上の勢力分布図もっと批評家の名前追加できないかな?


343 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/02(日) 20:24:05
モダニズム派のほとんどがモダニストじゃないのが欠点

344 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/02(日) 20:25:46
>>342
さっきまでの話をする分にはあのぐらいの分布図の方がいいけど、
批評文脈を考えると、分布図の暴力性が際立ってしまうから、批評家分布図はよした方がいいのでは。

ただ、ギャラリー、コレクター、美術館、学芸員、批評家の
傾向分布図、人脈分布図なんかはたしかに重宝しそうではある。

345 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/02(日) 20:27:05
福住なんかの話題を避けたいのが本音なんでしょw

346 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/02(日) 20:28:20
分布図に林道郎とかは入れてもよさげ。前に話題に出た近藤や加治屋も入るし

347 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/02(日) 20:33:23
ゴルベーザに会うにはどうすればいいの?

348 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/02(日) 20:34:09
>>345
ぶっちゃけ福住にかんして何も知らないので、
なんでこのスレでたまに不思議な文脈で名前が挙げられるのかわからないでいる。

批評家をくくるって難しいと思ってね。石岡はフーコー研究でもあるし、
ドゥルーズの美術論近辺の人でもあるし、田中純界隈の人でもあるし、
灰塚参加者でもあるし…。

グリンバーグー藤枝ー上田とかだったら、まあ、クリアに書けるんだけどさw

349 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/02(日) 20:35:20
>>347
四谷にいくのが一番の早道ではないかと。

350 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/02(日) 20:39:35
石岡ってイマイチ全貌が見えないよな

351 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/02(日) 21:58:30
改訂版

●ポストモダン派 (マーケット重視)

           赤瀬川(美学校)−建築探偵
           (権威付け)                                            西村画廊
            ↓              ミヅマ                                 ↑(丁稚奉公)                               
辻惟雄←(私淑)山下裕二(フィクサー)→会田誠→(ライバル)村上隆→(戦友)奈良→(ビジネス)小山登美夫
                          chimpom      kaikaikiki
             ↑                           ↓(微妙な関係)
            冬子(接近)-NHK-上野千鶴子         東浩紀
                                          ↓
                                         黒瀬
             ↓対立(会田・山口展)


○モダニズム派 (批評重視)

グリーンバーグ→フリード→クラウス→林道郎→加治屋・近藤
 ↓                                          田中純(表象)
藤枝→上田(弟子)                                  ↑
               柄谷              松浦寿夫(友人)-小林康夫→(弟子)平倉
 ↑(学ぶ)        ↑                ↑
彦坂(Bゼミ)・宇佐美・浅田(批評空間)←(師匠)岡崎乾二郎→石岡(弟子)
                                ↓
                          (二枚組緊張関係)
                樫村(友人)←保坂←フルヤン(保坂派)
                                ↓
                               蓮実派

352 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/02(日) 22:13:05
どこからどう突っ込んでいいのか...

353 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/02(日) 22:30:48
>>344
学芸員はまだしもコレクターまではよくわからないね
詳しい人頼む

354 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/02(日) 22:34:26
美術手帖ではしばしばコレクターが取り上げられる

355 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/02(日) 22:37:51
ポストモダン派が大幅に見当違いな件について

356 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/02(日) 22:39:24
こんな狭いところで図式化なんて出来る訳ないだろう

357 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/02(日) 22:51:49
平倉は田中純の弟子だろ。

358 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/02(日) 23:00:34
林道郎みたいにアメリカで研究して日本で活躍してる批評家って他にはいないの?

359 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/02(日) 23:06:32
というか図式を正確に書ける奴はインサイダーだけだろw


360 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/02(日) 23:07:22
>>358
加治屋・近藤とか、松岡新一郎みたいな人になっちゃうのでは。

361 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/02(日) 23:08:00
>>351
>(二枚組緊張関係)
ここは好きw

362 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/02(日) 23:16:20
ユリイカのフルヤンはどうだったの?
雑誌媒体だといつも反応が薄い気がする

363 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/02(日) 23:36:15
テキストなんてどうでもいいんだよ

364 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/02(日) 23:37:12
ひでーw
フルヤンの職業はライターだよ?

365 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/02(日) 23:45:04
ただのはてなダイアラーかと思ってた

366 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/02(日) 23:45:13
黒瀬はフルヤン本読んだかしら

367 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/02(日) 23:48:41
黒瀬はもう寝たかしら

368 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/02(日) 23:50:36
黒瀬君かんなぎ見てるよね?
正直退屈じゃない?

369 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/03(月) 00:16:15
ここにいる古谷ファンは、あくまでも散歩の話が読みたいのであって、雑誌の批評には興味がないんだと思う

370 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/03(月) 00:26:07
正直みんな今回のチ○○ムについてはどう思ってる?ここの住人たちの意見を聴きたい

371 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/03(月) 00:29:36
RHの松下gjって書いたのはおれ
これ以上はタイトルから察してくれ

372 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/03(月) 00:31:16
読んでないんだけど松下ってのはチ...を批判してたって事?

373 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/03(月) 00:31:30
古谷、永瀬、黒瀬、池田まとめてみんな、はてなダイヤラーだ


374 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/03(月) 00:33:02
そして全員、チ...をスルー

375 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/03(月) 00:34:04
>>372
単なる批判じゃないのがミソ
「弱虫のハイジャック」てのはうますぎ
件の事件が飛行機雲だったのとかw

376 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/03(月) 01:04:14
スレ民は本買わないからユリイカとか映画芸術とか読んでない

377 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/03(月) 01:08:02
買えないんだよ

378 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/03(月) 01:09:23
それじゃだめじゃん
ロスジェネ的な贔屓でフルヤンを推してただけか

379 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/03(月) 01:20:11
フルヤン本も高くて買えねーよ

380 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/03(月) 02:57:46
貧しきものは幸いなり。

381 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/03(月) 03:31:56
時間を区切って使ってたら見えないものがあるってことか
1日の日記
猿に何かを教えると死ぬまで何かをやり続けるらしいけど
猿の境地に憧れてるのかな



382 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/03(月) 04:45:58
>>369
黒瀬・古谷文章が入ってるユリイカ買ったけどまだしっかり読んでねぇ。

古谷の文章は結論部が>>194で突っ込まれてるが、
出だしの、セザンヌとピカソは一見似てるようでありながらぜんぜん違い、
セザンヌが筆触を絵の単位とするところをピカソならば立体形態を単位にする、
といった組織単位のズレがありながらも微妙に平行している、という指摘は
読んでてなるほどと思った。

383 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/03(月) 08:04:11
>>382
なるほどね

384 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/03(月) 12:39:50
なんでもセザンヌと比べちゃうのな

385 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/03(月) 12:48:28
フルヤンのはユリイカのなかではマシなほうだと思うよ。
斉藤環なんてひどいものだった。ピカソがロリコンかどうかとか。

386 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/03(月) 12:58:36
ピカソがロリだったら男は全員ロリになってしまわね?

387 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/03(月) 13:21:18
>>384
セザンヌが全ての基準です

388 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/03(月) 13:22:16
芸大での公開講義も「ロリコンとアート」..なんでもオタクと結ぶのはどうかと。




389 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/03(月) 13:26:57
>>388
ロリとオタクを結ぶお前がどうかと
ショタなめんな

390 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/03(月) 13:27:57
>>385
黒瀬は?

391 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/03(月) 13:29:25
スレ民は本が買えないんじゃなくて表に出られないんじゃないの?
今ならジュンクとかで座り読みできるのにさ

392 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/03(月) 13:30:56
斉藤環は正直ダメダメだと思う
何で色々なところに書いているのか分からない。読んでも何も発見がない

393 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/03(月) 13:35:27
>>390
美術の素人なので割り引いて聞いて欲しいが、そこそこ面白かった。
でも論文としてみると、ちょっと論理に飛躍があるような。
最後の記憶云々の話はもうちょっと展開してくれないと、はっきりと分からない。

394 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/03(月) 14:34:40
>>393
これから読むつもりだけど、本人がブログで弁解してたのはそういうことじゃね

395 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/03(月) 14:47:48
>>392
編集者から見ればこういう人が欲しいんじゃないの
個人的には松岡新一郎もかなりダメだった

396 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/03(月) 14:52:00
一回表に出たものを、ブログで弁解はちょっとどうかと

397 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/03(月) 14:56:06
ブロガーってみんなそうじゃん
フルヤンも図版の間違いを弁解してる

398 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/03(月) 15:19:34
フルヤンも納得いかない批判には抗議する言ってたね

399 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/03(月) 15:26:03
フルヤン自身がすでに色々な人に対して納得いかない批判をしてそうだ


400 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/03(月) 15:59:49
古谷の文章はウェブでこそ映えるな
最近は出し惜しみしてるから散歩日記ぐらいしか面白くない

401 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/03(月) 17:21:47
>歩いて3、40分のところに大きな敷地の少年院があって
あまりにシンクロするのでこわくなった。感激した。
今日、刑務所の敷地のなかを見てきた。

さすがフルヤン、ありがとん(^o_o^)

402 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/03(月) 17:31:58
1.57.2

403 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/03(月) 17:33:09
斎藤は宮崎駿については以前からよく語っているな

404 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/03(月) 17:43:05
なんで松岡の文章ってあんなにひどいの

405 :382:2008/11/03(月) 18:12:03
>>385
そんな感じするね。ほんとユリイカって思いつきの随筆みたいなものばかりで、
古谷がまだしも面白くなるから困る。

406 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/03(月) 18:16:01
翻訳禁止になってからずっとそんな感じ

407 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/03(月) 18:22:26
>>406
ジャン=クロード・レーベンシュタインが昔ユリイカで訳出されてたとか、嘘みたいだよね…

408 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/03(月) 18:28:42
>>407
つうか松岡は意味分からんクラウス叩きやってないで翻訳するべき

409 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/03(月) 18:33:33
たぶん青土社の社長の方針なんじゃないの


410 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/03(月) 18:36:41
言説の右傾化でしょ

411 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/03(月) 18:43:23
それは粗雑すぎる

412 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/03(月) 18:50:08
だって最近流行の「考える人」とか「風の旅人」って単なる右翼雑誌じゃん

413 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/03(月) 18:53:53
>>408
たしかに松岡には翻訳・紹介してほしい感はすごくある。
彼は勉強家っぽいから、せめて紹介してほしい。
たしか留学時代はダミッシュ講義受けてたんだっけ。

414 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/03(月) 19:01:57
>>413
ダミッシュの文体の悪影響であんなになっちゃったと思う

415 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/03(月) 19:02:34
>>412
そこは区別するべき
東大の比較文学は翻訳しまくるけど右翼

416 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/03(月) 19:09:30
>>406
翻訳禁止って?

417 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/03(月) 19:12:50
>>416
原則的に翻訳載せない方針でしょ


418 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/03(月) 19:14:28
90年代中盤ぐらいまでは多少翻訳があったのが、ぱったりなくなった。

419 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/03(月) 19:16:13
翻訳だけが読みどころだったのに・・・

420 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/03(月) 19:20:59
古本屋に行くと、ごく初期のユリイカも翻訳載ってないことに気付く

421 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/03(月) 19:22:00
>>420
特集号によるよ。70年代前半のフランス現代詩特集を持ってるが、
ポンジュとか訳されてたりする。

422 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/03(月) 20:15:50
>>421
それは今も一緒w
つまり昔に戻った

423 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/03(月) 20:46:44
>>419
こういう考えにも問題はあったけどね

424 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/03(月) 20:49:12
>>422
しかし特集タイトルは割と変わったと思うよ。
ブランショ、セザンヌ、ドゥルーズ『シネマ』、ボードレール、アルトーなどを
立て続けに特集していた90年代初頭〜中盤とは違うんじゃないかな。

2000年前後から、〜〜が文庫化したから、新訳が出たから、
云々の流れとのマッチポンプがきつくなった気がする。ベンヤミン特集、バルト特集とか。
そして翻訳論文は減ってきている。

425 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/03(月) 20:52:01
>>424
俺が言う「昔」は、ごく初期ね


426 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/03(月) 20:56:07
>>425
ほんと初期って、70年代ぐらいになるよね。
あのころは特集も全然違った。あのころに近づいてきてるってのはあるかもしれん。

427 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/03(月) 21:03:30
>>426
わりい
そのつもりで書いてた
青土社はオーナーの意向が重要みたいよ
弱小出版はどこもそうだけど

428 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/03(月) 21:11:49
http://www.tokinowasuremono.com/artist-b29-trisha/imglarge/news060521.jpg

429 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/03(月) 21:26:38
>>428
ありがたい。保存した。

430 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/03(月) 22:18:16
そりゃ翻訳したのより質の高いものを日本人執筆者が書いてくれればいいんだが、
どう考えても無理だからな。
翻訳だろうとなんだろうと質の高いものを読みたい。

431 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/03(月) 22:34:17
寂しいな

432 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/03(月) 22:38:03
翻訳しか能がない人はどんどん訳して欲しいよな

433 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/03(月) 22:39:38
松岡さんよろしく。

434 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/03(月) 22:39:46
それこそ不勉強でもへっちゃらな雰囲気は、雑誌に翻訳が載らないからというのが大きい。
昨今の編集者はこういう状況を狙ってるんでしょう。
敷居が高いとライターに不利だし。

435 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/03(月) 22:41:55
敷居が高いと書けないライターなんていらね

436 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/03(月) 22:57:29
>>434
その情勢判断は大いに同感

437 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/03(月) 23:13:09
>>435
フルヤン

438 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/03(月) 23:17:08
>東大の比較文学は翻訳しまくるけど右翼
だろうな〜
それに気づいている大江はさすが

439 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/03(月) 23:18:33
>>437
+佐々木敦+股先生

440 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/03(月) 23:20:48
大江の嗅覚は凄い
ある意味嗅覚だけの男

441 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/03(月) 23:26:05
保坂も気づいてる。古井も。気づいてないのは鈍すぎでは ?

442 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/03(月) 23:30:11
カラヤンは露骨

443 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/03(月) 23:30:26
比較文学というと四方田を思い出すんだが

444 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/03(月) 23:33:18
四方田、中沢、ダメだろ〜

445 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/03(月) 23:35:35
笙野もすごいとおもう

446 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/03(月) 23:38:22
>>415>>438-442の流れが正直つかめん。
比較文学の人って誰だろう。(人名出しても別に荒れないよね?)

現在の研究スタッフ在籍でも、門脇俊介、野矢茂樹は哲学の方だし。
北川東子は・・よくわからん。
三浦篤は『西洋美術研究』にも寄稿してる新進だがどうも興味が薄い。

比較文学出身って意味かな。
でも、(総合文化研究科の)地域文化研究と対比されてるわけでもないのか。
四方田や沼野とかはたしか比較文化出身だが・・・

447 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/03(月) 23:43:39
文学比較してどうすんの?

448 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/04(火) 00:37:19
>>446
芳賀徹とか平川祐弘とかモロ右翼
稲賀重美だって

449 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/04(火) 00:56:56
なんか他人に対して、言いたい放題だね。ここはあまり2ちゃんねるぽくなくていいと思っていたのに。
自分たちの実力を伸ばしなよ。

450 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/04(火) 01:01:00
809 名前:考える名無しさん[] 投稿日:2008/11/03(月) 22:17:03 0
>右翼のすくつの比文
>>800
なんでヒブンは右翼の巣窟なの?
比較することで日本の優位性を誇示するの?教えて。


柄谷スレでも同じ話題がw

451 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/04(火) 01:04:52
>>449
すでに実力がある人も暗躍してるんじゃないかな

452 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/04(火) 02:09:42
2008-11-03
■今日!
日付変わって今日、11月4日、四谷アート・ステュディウムにて「批評(創造)の現在」レクチャーです。
「キャラクターが、見ている。」のその後。美術の話も、『かんなぎ』の話もします。
当日の方もぜひぜひ、お越しください!

レポよろ

453 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/04(火) 02:10:31
>>452


454 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/04(火) 02:15:14
ktkr

455 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/04(火) 02:19:32
そういえば黒瀬はまだ動画デビューしていないな…

456 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/04(火) 02:20:18
けっこう慎重なんじゃないの

457 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/04(火) 02:22:30
東のブロ具で写真デビューはしてる

458 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/04(火) 02:23:53
なにげに池田も出るのな

459 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/04(火) 03:43:32
http://d.hatena.ne.jp/kaichoo/
http://d.hatena.ne.jp/kosuke_ikeda/



460 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/04(火) 08:33:18
池田の作品って面白くないなと思いつつ、
文章をよんでも、あんまり利口そうでもない。
何故、こんなに元気なんだろうというか、奴は金があるのか?

461 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/04(火) 08:38:00
翻訳業が忙しいらしい

462 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/04(火) 09:19:03
浅田が気に入ってるみたい

463 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/04(火) 09:21:44
なんか批評ブームというか、有象無象の低レベルかが著しい。
勢いあるのはいいけど、実力が伴ってないのばっか

464 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/04(火) 09:23:39
463
芸大の先端出身が良い例

465 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/04(火) 09:24:13
池田はMITにインターンにいってたからその辺が武器になるのだろう

MITといっても前橋工科大学のことだが

466 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/04(火) 09:25:00
60年代後半から70年代生まれの人が、
実力あっても勢いなかったから仕方ない

467 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/04(火) 09:25:54
先端って絵が描けなくても入れるの?

468 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/04(火) 09:27:13
たしか小理屈(小論)でも入れる
池田と黒瀬ってふたりとも芸大先端の木幡研究室?

469 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/04(火) 09:28:54
>>468
そっか
だから目端の利く奴は先端に入るんだな

470 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/04(火) 09:39:04
木幡か、そもそも木幡だもんな...この人翻訳業やってるけど、喋りはまずい
シンポジウムで「How come 主語+動詞」を、ずっと「動詞+主語」の語順にまちがえていた。
先端はどうしても胡散臭い

471 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/04(火) 09:42:17
だって教授が日比野だろ

472 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/04(火) 09:42:25
表象がうさんくさいってのと同じ偏見じゃね


473 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/04(火) 09:58:49
表象と比べても更にってことじゃね
先端的な表現はどうしても胡散臭いわけだが

474 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/04(火) 10:00:09
もともと芸大が油絵科にコンテンポラリーを収容できなかった。
度量が狭すぎ

475 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/04(火) 10:01:34
でもこのスレでは手堅い論文とか評判悪いじゃん
加治屋とか近藤を評価する流れなら、
表象や先端を断固として退けられると思うけど、
フルヤンなんかアカデミズム界隈を回避することでなんとか頑張ってるんだぜ?

476 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/04(火) 10:02:54
宮島も油絵科だろ
制度から外れたとこに価値があったんじゃないの?
制度化したらつまらなくなるのはよくあること

477 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/04(火) 10:04:16
それはない
そういう前衛主義なんかあんたも好きじゃないだろうに

478 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/04(火) 10:04:38
>>475
加治屋とか近藤を評価したほうがいいのかもね
もうちょっと面白いものを書いてくれれば・・

479 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/04(火) 10:05:57
多摩美武蔵美が現代美術を担っていた時期がある
でも今はどうなんだろう

480 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/04(火) 10:05:58
>>477
前衛主義は確かに嫌だけど、囲い込まれた前衛なんて最悪でしょ

481 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/04(火) 10:06:40
>>478
面白くないんじゃんw
ああいう人はたぶん面白さ=うさんくささと解して、批評を嫌ってるんだよ

482 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/04(火) 10:07:21
>>480
嘘つけw
なら「あえて」反動のアカデミズムを評価するの?
浅田みたいなポーズだけモダニズムじゃん

483 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/04(火) 10:08:27
あと、松岡新一郎を褒める気になる?
彼はきっと実力あるぜ?

484 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/04(火) 10:09:12
>>482
消去法的にアカデミズムを評価せざるを得ないところまで状況は切迫しているw

485 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/04(火) 10:10:02
>>483
彼は翻訳だけしてくれればいいよ

486 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/04(火) 10:11:22
>>484
日本だと結局日展系ですがw
新国立とかw

487 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/04(火) 10:12:22
だから結論として、スレ民は結局面白さを欲してるんだと思うね


488 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/04(火) 10:16:36
>>486
それは反動すぎw

489 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/04(火) 10:17:19
俺は自分の実力に全然自信ないよw
池田が空っぽだなんてとても言えないやw


490 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/04(火) 10:18:02
>>488
でも芸大油絵が現代美術を受け入れられないってのはそっち系の影響力だぜ

491 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/04(火) 10:23:12
>>490
そんなに影響力あんのかよ・・・
芸術やるやつなんて9割方駄目だからその弊害だな

492 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/04(火) 10:30:07
<芸術やるやつなんて9割方駄目

全否定w

493 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/04(火) 10:38:53
1割でもいいのがいれがめっけもの

494 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/04(火) 10:45:58
先端学生からのカキコ希望w

495 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/04(火) 10:47:46
こんなとこ見てないだろ

496 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/04(火) 10:54:36
>>449
このスレは、話題が息切れするとすぐに人脈話に陥って言いたい放題になるのが悪いところ。
過去スレでもすぐそうなってるね。

497 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/04(火) 10:55:26
>>496
なら新しい話をしなされ
あんただってスレ民

498 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/04(火) 10:56:20
先端が脆弱なのは、日本の美術教育が硬直していることと関係あるよ

499 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/04(火) 10:58:53
>>497
すまんかった。だがまだ先日ドカ買いした本・雑誌が読めてないので話題提供できずじまい。
SITE ZERO2号が面白そうな特集であった。翻訳もあるよ。

500 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/04(火) 11:01:05
つうかReview Houseの話すらできてないし


501 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/04(火) 11:01:46
人脈話と言い放ってしまったあとで言うのもなんだが、>>498の言うのはそのとおりだとは思う。
しかしこれを詳細に論じ始めると、どうしても散漫な人脈エピソードとかになっちゃうのかな

502 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/04(火) 11:02:39
>>500
一応買ってきたんだけどね。このスレで持ってる人、3,4人ぐらいしかいなさそうだな。

503 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/04(火) 11:03:37
試しに人脈無しで語ってみれ

504 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/04(火) 11:03:54
502さんが面白かった記事は?

505 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/04(火) 11:04:08
もっといるでしょ

506 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/04(火) 11:04:49
>>503 難しそうだな…

507 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/04(火) 11:06:15
石岡ふつうに面白かった
でもふつうだな

508 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/04(火) 11:17:30
芸大や東大が今のありように対応した事自体はいいんじゃないの
彼らのふがいなさを叩くのもいいが、
むしろもっと彼らがいろいろやってくれた方がマシと俺は考える

509 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/04(火) 11:22:52
>>507
石岡のは詰め込みすぎていて何だかどうも

510 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/04(火) 11:26:15
石岡文体は癖があるな

511 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/04(火) 11:38:52
全然レトリカルではないけどな

512 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/04(火) 11:41:43
>>509
あのまま文章がうまくなればいいんじゃね

513 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/04(火) 11:42:10
まあ、癖があるのは珍しいことではないし、論旨が飛躍してなければいいんじゃないの。

514 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/04(火) 11:43:58
皆 自分の事は棚上げか

515 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/04(火) 11:46:59
自分のことをスレでしゃべるか普通?

516 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/04(火) 11:57:58
いや、自分はこう読んだ、こういう論点に関心もった、って意味のことだろう。
>>514 このスレは回避の傾向がやたら強いよ。

517 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/04(火) 12:02:34
514です 516が上手くパラフレーズしてくれた

518 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/04(火) 12:03:29
フルヤンと保坂の対談読んだ
前のページに載ってる大澤の柄谷論を簡単にした感じだった

519 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/04(火) 12:04:58
じゃあふつうと書いた俺の感想
単なる研究は超えてるし密度もある
身体で終わりにしてないのもよい


520 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/04(火) 12:14:43
でもその後のしょぼいモリスに一言ほしい
安易な批判を避けてるんだろうけど

521 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/04(火) 12:27:15
でもそれは最初に言ってるんだよな
だから欠点とは言いにくい

自分を棚上げしないように言うと、
もっと迂闊な事を書いてもいいんじゃないかな


522 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/04(火) 12:33:22
厳密にやっても詰め込みすぎとかつまらんとか言われるんだし、
結局ほどほどが受けるんじゃね
松岡とは違うタイプだから頑張ってほしいね

523 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/04(火) 12:40:03
詰め込みすぎって、字数っていう意味なんでないの

524 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/04(火) 12:44:54
>>523
前スレでは話題の方で言われていた

 872 名前:わたしはダリ?名無しさん?[sage] 投稿日:2008/10/26(日) 02:46:54
 871は石岡の感想ね
 範囲を絞っているわりにかなり色々なこと書いてる感じだ

 876 名前:わたしはダリ?名無しさん?[sage] 投稿日:2008/10/26(日) 02:52:00
 >>875
 話題が多すぎるぐらいってのは一応石岡の感想なんだが

525 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/04(火) 12:52:13
書いたぜw
何だかどうもなんて曖昧じゃなくなw
結局フルヤンみたいな方が文芸誌で書けるから得だな
その意味では石岡はうまくない

526 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/04(火) 12:55:30
石岡の話題になると、なんかすごい気張る人いるけど、
ちょっと怖いんですがw

527 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/04(火) 12:56:31
>>525
逆に言えば、古谷は「何だか」「どうも」「僕は」「思う」とか付け足してるだけなんだよな。
それは同時にアリバイ作りにもなるってわけだ。
文芸誌はああいうアリバイ作りに弱いんだろう。

528 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/04(火) 12:57:01
まあ、自分のこといわれれば気張るわなw

529 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/04(火) 12:58:34
こういうふうにあたかも降臨してるように誘導してるのが
結局人脈話と同じ流れになるってのがわかんないんだろうな

降臨だの本人書き込みだの意識するほど、いい議論ではないだろ、率直に言って。
自意識過剰すぎる。

530 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/04(火) 12:59:59
人脈の話を嫌がるやつも、具体的な文章の話をするでもないし
ようするにつらつらエッセイの方が需要があるんだよw
あまり本屋に行かない人が多いし、
誰かの文章をうpしないと話が進まないんだな

531 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/04(火) 13:05:28
石岡認定されちゃったよ


532 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/04(火) 13:09:31
ちょっと内容に踏み込むとこうなるんだよな
やっぱ人脈話でいいよ
散歩たのすぃw

533 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/04(火) 13:10:24
このスレって、まともにつっこんでもレスの期待値があまり成立しないだろう。
過去スレでも何度かそういうレスが死産してるし。
その上で書くって人はどうしても希少にならざるを得ない。
>>253>>255は「ここは2ちゃん」で返しているが、
まともなレスがつく期待・見込みが減り、書かなくなる状況を
ここは2ちゃん、で済まんだろう。

そうした結果、だから人脈話だの業界分布図だのにどうしても流れやすくなり、
叩きやすい・言及しやすいweb日記へのレスが増える。

結局、このスレは怠惰に流れやすいし、
意欲があって書き込んでくれる人が来ないことには何も始まらないんじゃないかな。
>>530だって言ってることが自分のレスにそのまま当てはまるんだから。

534 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/04(火) 13:16:32
>>533
だって立ち入ったこと書くと本人乙になるじゃん

535 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/04(火) 13:17:11
先端なんて取手だぜ、あんなとこで何をしろと・・?

536 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/04(火) 13:18:41
>>534
「まともにつっこんでもレスの期待値があまり成立しない」の一例がそれ。


537 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/04(火) 13:27:24
岡崎ゴルべーザってなんでここまで有名というか、力をもってるの?
作品売れてんの?

538 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/04(火) 13:28:24
面白いから。以上。

539 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/04(火) 13:28:44
>>537
一応パブリックコレクションはいくつかあるみたいだ
ホームページに記載の通り

540 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/04(火) 13:30:15
ああ、なんだ浅田を師匠にしたからか

541 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/04(火) 13:31:29
むしろ逆だろ

542 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/04(火) 13:39:34
売れたい時の浅田頼み

543 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/04(火) 13:45:43
84 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/03(月) 14:50:28
岡崎シンパ キモスキ&必死すぎwww
この人の話し方って、新興宗教の教祖みたいでキモイ 目とかいっちゃってるし
教祖様を崇めるニートを引き寄せ 美術関係者にガン無視される駄作をムリヤリ誉めさせる

この点において岡崎は長けているのかな。

544 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/04(火) 13:48:00
ソースが2ちゃんwww
どんだけ2ちゃん脳なんだよ

545 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/04(火) 13:48:15
>>475
ていうか加治屋って表象だろ。近藤もそうなんじゃないの?

546 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/04(火) 13:50:59
じゃあ、その教祖岡崎ゴルべーザに支配され、また教祖を崇める
場となっているのが四谷アート何たらってことでおK?
あすこに行く人はみんなシンパっていう意識なん?
んで岡崎ゴルべーザに対立してるのって誰?


547 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/04(火) 13:52:38
くだらねえ

548 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/04(火) 13:53:22
宗教だって言うとまた信者が出てくるよ

549 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/04(火) 13:56:41
馬鹿はこのスレにこなくていいよ

>>545
加治屋表象はそのとおり。近藤学歴は忘れた。
たしか彼のグリンバーグ論所収の『西洋美術研究』に載ってたと思うが。

550 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/04(火) 13:58:35
>>548の一言によって、今後このスレで岡崎を好意的に語る人間は全員信者にされてしまうということですね、わかります

551 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/04(火) 14:00:45
近藤はハーバードじゃね?

552 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/04(火) 14:04:09
いきなりハーバードじゃないでしょ?
表象周辺にいるから勝手に表象出身だと思ってたんだが。

553 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/04(火) 14:04:26
>>550
そんなことはない
熱くなりすぎ

554 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/04(火) 14:04:32
博士課程を留学先でとってるのは加治屋だって一緒。
そのとき籍をおいてた国内の院がどこかって話だろ。
地域研究にしろ表象にしろ、研究者になる人で留学してない人の方がまれ。

555 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/04(火) 14:08:39
ネットで見る限り書いてないッぽい

556 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/04(火) 14:12:24
前に加治屋の英語論文張ってくれたひといたよね
あれ見たら、ニューヨーク大学で美術史の博士号取得と書いてある

557 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/04(火) 14:53:32
定期的に信者乙本人乙になるのはどうもならんの?


558 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/04(火) 14:57:39
他人に褒められた経験がないんじゃないか

559 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/04(火) 14:58:21
>>557
とりあえず>>255的にその種のレスにめげず、徹底して無視するほかない、って感じだね。
それでも何か踏み込んで書き込もうとする人がどれほどいるかはかなり疑問だが。

このスレから俺は当分離れて、RHを読むなり手持ちピカソ論とユリイカを平行して読むなり
しようかと思ってるけど。このスレは無駄に流れが速いので、
スレの速度、流れを無視するのが一番いいんじゃないかな。
駄レスに付き合うと馬鹿を見るし・・・

560 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/04(火) 15:00:48
岡崎は浅田がいなくても作家として知られてたよな
美術についてはむしろ浅田が岡崎にいろいろ学んだのでは
会田誠のアレのせいかな

561 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/04(火) 15:01:47
>>560
スタインバーグ、フラットベッドあたりの議論を浅田がやるようになったのは、
たぶん岡崎からの影響と見ていいと思うよ

562 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/04(火) 15:03:32
>>560
美術プロパーでは有名だったけど浅田との付き合いで一気にブレイクした

563 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/04(火) 15:05:05
今日って岡崎その他大勢が来てるって認識でおk?

564 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/04(火) 15:06:38
石岡も来てるでしょ

565 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/04(火) 15:07:26
このスレの住人が勢ぞろい

566 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/04(火) 15:40:22
ものをつくるひとの視点や感じ方や方法や、もうすこしいうと"触れる"ということかな〜 "INTERFACE"
 実作者の感じ方みたいなものが、古谷氏の書くものにはあるような気がするよ

 ここからは完全な憶測だけれど、、
 アカデミズム、編集者、画廊…>実作者という力関係があるんじゃないかな〜? 
いまこそ、実作者と批評家とが垣根を取り払って、あたらしい関係をきづいていく時期なんじゃ、、
 批評性をもたない実作者はいなんだから、おそらく 
実作者性(?)をもたない批評ってもないと思うのだけど ?


567 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/04(火) 15:41:27
石屋はどうか、名前欄か文中に署名してほしい。
石屋と思わずまともにレスをつけて馬鹿展開になるのはもう十分だ

568 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/04(火) 15:43:21
フルヤンも来なよー


569 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/04(火) 15:47:45
ぜってーいかね
あんな若造の話なんぞ聞いたってしょうがねーがな

570 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/04(火) 15:57:23
大事な時期、こないで、参考になることだけひろってって

571 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/04(火) 16:08:54
照屋勇賢ってどこにでも出てくるな

572 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/04(火) 19:47:24
のろまったから行けねー
静かなのはみんな四谷にいるから?

573 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/04(火) 20:05:02
四谷でオフ会中

574 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/04(火) 22:16:58
>消去法的にアカデミズムを評価せざるを得ないところまで
もう、大学でさえ新たに常勤は雇わないしね

575 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/04(火) 22:17:57
大学こそ に訂正

576 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/04(火) 23:01:35
レポ期待age

577 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/04(火) 23:22:22
若造の粋がりトークは興味ないから

578 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/04(火) 23:28:11
まあまあそう言わずに

579 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/05(水) 00:43:58
  ,,,,,
 (・e・)チッチッッピピ
彡,,, ノ

580 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/05(水) 00:46:06
  ,,,,,
 (・e・)ピピチッチッッ
彡,,, ノ


581 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/05(水) 01:16:35
レポまだー??
みんな飲み会とか行ってんじゃないだろうな・・平日だぜ?

582 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/05(水) 01:59:33
RH読んだ。名前をぜんぜn知らない人達のが、けっこう面白かったよ。面倒くさいから書かないけど
逆にしらないジャンルのが新鮮だったな。あと、荒れるから、石岡のモリスについてはノーコメ。
黒瀬のゴジラは後半の持っていき方が少し無理矢理な印象 ナカザワは、レヴィーン論よりインタビューの方が○
以上、あくまで個人の感想 お願いだから荒らさないでね




583 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/05(水) 02:05:03
>>573 本当にスレのオフでもしてるのか

584 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/05(水) 02:31:04
石岡涙目w

585 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/05(水) 03:19:39
>午前中には、駅前の塀に子供たちが絵

フルアが僕は画家になるって意識して絵を描き始めたのはいつなんだろ
そういやそういう自分語りって読んだことない気がする



586 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/05(水) 06:59:35
九周年おめ

587 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/05(水) 09:19:25
>>582
>逆にしらないジャンルのが新鮮だったな。
実は俺も俺も。『ヒストリエ』論とか入ってるなんて思いもしなかった。
まあ、目次画像UPをしっかり見てなかったんだが。

588 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/05(水) 10:19:36
>電話機はやはり必要なので、買い替えなければならず、また出費が....。
誰か、使ってない(できればFAX付きの)電話もってないかな〜
みんなで千円ずつカンパすれば、二十人いれば、2万円で、
安いFAX付きの電話買えるかな ?

589 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/05(水) 11:04:36
いくらなんでも馬鹿だろ

590 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/05(水) 11:23:22
石屋は古谷の本を買ってやれよww 俺は買ったよ。
実現しないカンパ妄想するより、本を買ってやれと。

591 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/05(水) 11:33:19
石屋は微妙にストーカ化してきたな
自宅を突き止める日も近い

592 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/05(水) 11:38:50
手紙があれば電話なんていらないだろ

593 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/05(水) 11:41:16
本より作品買ってやればフルヤンがしばらく遊んで暮らせるよ

594 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/05(水) 11:59:46
俺の作品は高いよwって言ってなかったっけ

595 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/05(水) 12:07:24
言ってたね
それでも本当は割りに合わないと書いてた

596 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/05(水) 13:27:46
月給取りと比べたら気楽だと思ってくれw
郵便局の課長代理なんて営業ノルマ消化のために年賀ハガキ千枚とか自分で買うし
とても異様な感じがするけど中の人々は当たり前のようにやってるんだよな

597 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/05(水) 16:20:17
オフ会情報出ないね

598 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/05(水) 17:26:04
  ,,,,,
 (・e・)チッチッッピピ
 (・e・)ピピチッチッッ
彡,,, ノ

599 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/05(水) 17:31:49
 ,,,,,
 (・e・)チッチッッピピ
彡,,, ノ


  ,,,,,
 (・e・)チッチッッピピ
彡,,, ノ



600 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/05(水) 17:45:54
最近はオナガが来ない
昔はオナガの大群が柿を襲


601 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/05(水) 20:26:27
知るを楽しむ 人生の歩き方 ?

ttp://www.nhk.or.jp/shiruraku/200811/wednesday.html

602 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/05(水) 20:30:54
石屋スレになっとる

603 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/05(水) 21:27:42
>>559のようにじっくり沈静して何か読んだりしてるのでは、と希望的観測をしてみる

604 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/05(水) 21:52:07
樫村氏のいった源氏は、

源氏物語 ウェイリー版 かな〜

るーせるといい、このライブラリーって、、

(樫村氏の場合、英語訳と“日本語“を往還して読んでいる、、?)

源氏の原典?は、残ってないわけだけど、、
写本で、受容されてきたなら、それをモトとして考えていいとおもう。

ねー、いまだに、日本の小説が、源氏っていうのは、、
素直なところ、カンバンなしで、いきなりおもしろいか?
ねむたくなるよ、、ウェイリー版でないと、、
ねむれるものは、いいものなわけだけど、、、

美術的な価値も高い(らしい)、源氏絵巻さまざまややその他(の美術品)について・・・


605 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/05(水) 22:06:08
石屋、お前本当は古谷のことなんかどうでもいいんだろ…。
チラ裏書き込みが過ぎる。古谷なりの議論形成もないわけではいのに、
そういうのには徹底的ノータッチでは古谷がかわいそうだ。
過去スレの古谷批判レスにしたって、もっと古谷の議論に食いつきながらやるぐらいの気概はあったんだぜ。
いい加減にしてくれ。

606 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/05(水) 23:07:54
ダーウィンが来たを見てるんだなフルヤン


607 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/05(水) 23:11:30
>>606
今日のエントリーは、前スレでコウガイビルの日のエントリーの文章が褒められたから
今回もやってみましたという感じだね。磯崎テキストを一度挟んで、
さらにその人の描写に移って、その後「で、たった今まで、その番組を観ていた。」とつなぐあたり、
かなり意識したんだろうな。ただ、コウガイビルの時のほうがなんか好きだったが。

608 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/05(水) 23:28:28
フルヤン彼女いるっぽいよな

609 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/05(水) 23:29:16
いいことじゃないか

610 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/05(水) 23:37:16
でも同居は無理だろ

611 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/05(水) 23:41:23
同居なんていらん

612 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/05(水) 23:55:47
RHって何気に色々とバランス取ってるよな

613 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/06(木) 01:29:18
>ねー、いまだに、日本の小説が、源氏っていうのは

日本の小説は源氏物語から西鶴へ飛んで終わりって
古いほうのノーベル受賞作家が言ってた
フルヤの切抜きだけ読んでみると樫村という人は康成全集を
隠れて読んでいそうだ
読んでなくてもいいけど

614 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/06(木) 02:59:18
で実際、古谷とか岡崎の作品って幾らくらいなの

615 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/06(木) 03:33:05
南天子の岡崎展で値段わかるよ

616 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/06(木) 09:09:21
サイズで考えたらフルヤンのほうが高いかも

617 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/06(木) 10:55:13
モーリスルイス展やってること知らんかったのか、フルヤン。
このルイス展って見ておいたほうがいいかな? ロスコ展は行こうと思ってたんだが。

618 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/06(木) 12:30:19
いい画家だけど、グリーンバーグとかフリードの行き詰まりもわかるからぜひ見るべき

619 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/06(木) 12:44:11
そうか、今度の日曜日でも行こうかな。フルヤンもいるかもしれないし。
あの顔ならすぐ分かりそうだ。声は掛けないけど。

620 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/06(木) 12:55:53
西洋美術史の集大成のわけねーよwと思えるはず


621 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/06(木) 12:58:47
http://d.hatena.ne.jp/nagase001/20081105
絵描きなら富裕層が絵を買う可能性も考えるべきw


622 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/06(木) 14:46:11
フルヤンは作品を手放す勇気ぐらい持てと

623 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/06(木) 15:42:50
最近の富裕層って審美眼あるの?

624 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/06(木) 15:46:06
>600

ttp://jp.youtube.com/watch?v=tkaQ13KjzSY&feature=related

625 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/06(木) 15:49:28
ttp://jp.youtube.com/watch?v=y1Am0FlQP4I

626 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/06(木) 16:16:54
http://www.youtube.com/watch?v=_sUvdJa7qkg

627 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/06(木) 16:20:17
現在のこのスレの勢力は主に三つ。

1石屋・野鳥派

2フルヤン周辺派

3四谷関係派

628 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/06(木) 16:36:19
 ,,,,,
 (・e・)チッチッッピピ
彡,,, ノ




629 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/06(木) 16:38:02
>>623
もともと美術批評には、富裕層が審美眼を持つことを促す役割があった
今の日本ではどうなんだろう?

630 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/06(木) 16:40:10
>>629
そうなの?
批評家と富裕層の付き合いとかよく知らん

631 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/06(木) 16:42:35
>>630
ディドロとかボードレールの「サロン」評が起源だぜ

日本の文芸批評だと小林秀雄がそれに近い
今は青山二郎を経て白州正子まで弱体化した

632 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/06(木) 16:43:41
4モダニズムのハードコア熟読系

633 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/06(木) 16:55:52
>>631
小林はそうかもな
今は財力と教養を兼ね備えた御仁が少ない

634 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/06(木) 16:59:21
古谷は富裕層を一本釣りするべき
今の文芸路線を続けるならなんとかなる可能性がある
こういう保守的な趣味なら、けっこうコレクターと気が合うかもしれない

>ロバート・ライマン展を実現させ、ルイス展も実現させたのだから、是非ともつづいて、ブライス・マーデンとヘレン・フランケンサーラーのまとまった展示もお願いしたい。


635 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/06(木) 17:00:56
源氏物語を片手に散歩した方がいいよw

636 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/06(木) 17:01:03
,,,,,
 (・e・)ピピチッチッッ
ノ,,,  ミ

637 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/06(木) 17:04:11
そういえばRyota Sakanakaが古谷作品買ったとブログに書いてたな

638 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/06(木) 17:06:03
#  
 (・e・)チッチッッピピッチチ
彡,,, ノ



639 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/06(木) 17:14:06
   ♪
 (・e・)ピッピッッチチッピピ
彡,,, ノ

640 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/06(木) 17:27:09
ttp://jp.youtube.com/watch?v=mYMLWxvtpKs

641 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/06(木) 17:46:14
そろそろ小鳥は荒らしだろ
連投は自重してくれ

642 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/06(木) 17:48:54
君も鳥の鳴き声で話してみなよ
楽しいよ

643 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/06(木) 17:50:17
正当化ウザス
ようはログを流したいだけだろう

644 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/06(木) 17:51:16
http://d.hatena.ne.jp/Ryo-ta/
けっこう古谷派っぽい趣があるブログだね
ただし思い詰めたドグマは感じない

645 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/06(木) 18:02:02
フルヤンにとって理想的なフォロワーって感じ

646 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/06(木) 19:12:12
ニートがどうやって富裕層に認められんだよw元の育ちがよくないとねえ

647 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/06(木) 19:29:07
ニートって何? 富裕層って何?
せんじちゅうせんそうにつれていかれたせんせで、「がくせいのことはしんじね〜」っていっていた
ひとがいた(くちでそういっているだけで、がくせいのことだれよりもしんじていた)

そのせんせがいうには、ぐんたんにいたとき、せんじょうで、だれかが、食べ物なくしたら、
ひゃしょうあがり(もろもろの姓 だからじっさいはいい意味なんだけど、、)は、
じぶんらのたべものすこしずつ、なくしたひとにだしてあげるんだけど、
がくせいは、じぶんのぶんは、じぶんのぶん、きまりだから って、、
まあ、その。


648 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/06(木) 21:02:33
そうすると富裕層の奥様相手になんちゃって美術講座とか開いてる山師の役割は大きいな

649 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/06(木) 21:10:43
フルヤンもジェッソ画の講座持てばいい

650 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/06(木) 21:26:19
永瀬みたいなものの考え方に興味を持つと無能が伝染りそうで厭だ

651 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/06(木) 21:27:45
ブログ見なきゃいい

652 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/06(木) 23:44:12
>>650

ナガセは、本気なのか冗談なのかわからないところが怖い。
阿呆なことを得意気に書くのはいい加減止めて欲しい。





653 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/07(金) 00:20:37
ブログなんてやるもんじゃないな・・

654 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/07(金) 00:39:58
>>653
わりと欲望がストレートにでるみたいだからね。


655 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/07(金) 00:59:34
欲望?

656 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/07(金) 01:20:31
永瀬は自分が芸術という経済活動の中にいるとは考えていないんだろう


657 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/07(金) 01:37:25
四谷の人って実際には書き込んでないっぽいな


658 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/07(金) 01:38:07
なんとなく自覚はありそうだけど

659 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/07(金) 01:39:17
>>658
だったらあんな気楽なエントリー書かないだろう
なんとなくインスタレーションを敵視していればいいって感じでイージーだと思う

660 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/07(金) 01:39:32
で、トークはどうだったの?

661 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/07(金) 01:40:45
池田のトークがどうだったのかが気になる


662 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/07(金) 03:21:50
名和浩平とフランシスベーコン、早口だった
内容はあんま記憶にない

663 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/07(金) 05:52:19
黒瀬は?

664 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/07(金) 10:03:48
>>653
いろんな意味で、そうだと思う。
論文しかないとは決して思わないが、ブログ記事特有の甘さ、
それによる当人のスポイルってかなりあると思う。

やるとしても、自分で縛り作ってやるしかないんだろうと思うね。

665 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/07(金) 10:51:52
批評言説じたいがブログ化しているしね。某板でさんざん叩かれた輩も、ある意味自己責任
かと思えば、院の研究発表みたいなのが「批評」と称される。基準なき過渡期って感じだ

666 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/07(金) 11:22:07
具体例がないから何言ってんかわかんねー


667 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/07(金) 11:46:05
名和浩平って面白い?

668 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/07(金) 12:10:05
>>665
>院の研究発表みたいなのが「批評」と称される。
これ何?


669 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/07(金) 12:45:45
わからないんならそれでいいんでは?

670 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/07(金) 12:59:14
そういう曖昧な叩きってよくないよ
大学教師全員ダメって言説かもしれないし

671 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/07(金) 13:02:50
もったいぶるなよ

672 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/07(金) 13:03:59
むしろ院の研究発表以下のものが横行してるんじゃないの。美術ライターとか。
院の研究発表みたいならまだマシ。

673 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/07(金) 13:04:34
IDでないんだから誰が誰にいってるのかも

674 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/07(金) 13:06:25
妙につっかかってくる奴ってコンプ丸出し
所詮匿名なんだから反応なければ流しておけよ

675 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/07(金) 13:06:51
665でしょ
でも「自己責任」なんて最低な言葉を使ってるから信用ならん
あれって人を見殺しにするだけで批評の放棄だったろ

676 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/07(金) 13:08:08
冷笑的な奴こそがコンプ丸出しなんだぜ

「古谷信者とか馬鹿じゃねw」みたいな奴はフルヤンに嫉妬しているのだ

677 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/07(金) 13:08:56

 ,,,,,
 (・e・)チッチッッピピ
彡,,, ノ



678 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/07(金) 13:09:21
こいつアタマワリー

679 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/07(金) 13:13:07
聞き手:福住廉(美術評論家)
■美術評論家や学芸員の話はもう聞き飽きた。

680 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/07(金) 13:13:56
おもしろくもない

681 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/07(金) 13:15:58
>>679
お前最低だな。もうそっとしておいてやれよ。ここに貼る何の意味があるんだ

682 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/07(金) 13:23:25
お散歩が一番


683 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/07(金) 13:29:04
結局レビューハウスの話も誰もしなくなっちまったよね


684 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/07(金) 13:47:20
福住はもっとサブカル評論をやってみればいいと思う


685 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/07(金) 13:55:58
古谷は80年代文化に怨念持ちまくってるね


686 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/07(金) 14:03:32
池田は美術業界にすり寄ってるようにしか思えないんだが。名和とか。

687 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/07(金) 14:06:45
有名になった名和に憧れてんだろうな

688 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/07(金) 14:08:28
取手に色々な人を呼びたいんだと思う

689 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/07(金) 14:21:13
取手遠いからなあ
近所の人はいいけど

690 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/07(金) 14:30:37
池田は大学教員狙いでしょう

691 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/07(金) 14:37:05
古谷は生理的嫌悪感を克服できないんだな
二枚組や三枚組にもそういう態度だったのだとわかる

692 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/07(金) 14:39:41
数年で勝負決めてやるって教員のことだったの

693 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/07(金) 14:40:51
二枚組みを嫌がるのはモダニストの潔癖症

694 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/07(金) 14:43:06
アヴァンギャルドなら当たり前の手法じゃね?

695 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/07(金) 14:44:05
>>692
池田のような人は美大にとっては便利でしょう

696 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/07(金) 14:47:25
モダニストの物言いってやつですか


697 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/07(金) 14:50:04
>>695
色々学生を啓蒙してくれそうだもんね

698 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/07(金) 15:15:59
>>697
もちろん本人に不安は残るけどね



699 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/07(金) 15:18:26
若いしゴルベーザの安定感を求めても酷だけどね

700 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/07(金) 15:20:38
インタビュアーとしてのソツのなさを見ると、黒瀬の方が安定しそう

701 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/07(金) 15:29:38
ゴルベーザは永続的に安定しないことで安定感を作ってる

702 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/07(金) 15:52:09
>何を言っているか全くわからない... そんなに夢中になれることがあるのは良いことだ。

ttp://jp.youtube.com/watch?v=aistt87WK-8&feature=related

703 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/07(金) 16:01:39
へんな日課はよせ

704 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/07(金) 17:16:39
ペコリ、たしかに鳥はおんもにいるのが自然だー

>美術講座とか開いてる山師の役割は大きいな
カルチャーセンターも山師しだいなのかもしれませんね

>ブログなんてやるもんじゃないな・・
手書きだと書きながらそのときの体調がつかみやすいのだけど、
パソは、縛りを設けないと、、ですね〜
物書きでブログや日記やってるひとがいるけど、、
? 
広告ですかね〜、ばななさんとか、
原稿用紙換算にすると結構な量の日も、、
なんでこんなに書けるのだろう??
(フルヤンの場合は、媒体としてブログが大切だから
別です。ブログからデビューしたのでないひとが
ブログにはまるんだから、コワイ)

ダーウィンが来た! おもしろいですね〜

わたりで留守になります。

("チラ裏"へのお叱り?)
  ↓

705 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/07(金) 17:23:41
  ,,,,,
 (・e・)チッチッッピピ
彡,,, ノ


706 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/07(金) 17:34:58
馬鹿を装う賢い人のつもりの馬鹿、の好例というべきか。
「自分のことは客観的に把握できてるよ 自己分析できてるよ」
と自意識を強化しながら真逆のことを繰り返す。
字面しか読んでないんだろうな。

あなたが日記帳レスに熱中するのと同様に、
プロアマ問わず「はまり」がちなんだということに気づかないのかね・・・。

「媒体としてブログが大切だから」と言い切って、
どういう意味でというのを抜かすのが自明な感覚になってるあたり、もう手がつけられない。
日記帳だって「媒体」ですが何か? と突っ込んでおくわ。
言葉の勉強からやり直したらどう?

俺様キーワードでお話しないでね。まあ、人が「ブログにはまる」理由もそんなもんだよ。

707 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/07(金) 17:55:42
石屋は変な動画や鳥AAを貼ることで、
からごころからフルヤンを守っているんだよ
わかりやすすぎるパフォーマンス

708 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/07(金) 18:03:19
石屋の言うことは自分への救済措置図をりまくりだからなあ
「作家だから」特権で議論回避、
「個人じゃなくて環境とか場次第だから」で主張に対する責任放棄とか。
逃げ道を作って特権的に偉ぶるのが作家なんですね、わかります。
とでも返してほしいのかと。

自分のアピールのダシに古谷を使いたいだけなんだろう。
エクスキューズが全部用意されてるし。
この点でもブログ記事の成立動機と根が一緒。

2ch用語と2ch論法に溺れてる馬鹿と大差無く見える。

709 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/07(金) 18:16:46
実際問題古谷が気にするのは石屋のレスだけ

710 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/07(金) 18:20:17
>>709
あの石屋レス引用は、古谷なりのかっこつけだったとも思った。
石屋レスだけ一本釣りすればスレの議論にタッチしなくていいもの。
あのレスの時期は石屋も一見まともそうだったしね。
今では引用を後悔してるだろうけど…。

気にしてる云々で言うと、欝記事になったりコウガイビルエントリーの構成を反復したりと
割と気にはされてるんじゃないかな。
ただ、スレの議論がこのところ停滞してるからもうチェックしてないかもしれないが。

711 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/07(金) 18:25:35
まああれがフルヤン的な処世術だったのかもしれない
スレの話題は以前から気にしてる雰囲気はあるから定期的にチェックはしてそう

712 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/07(金) 18:26:32
議論の停滞は具体的に打開すべきなんだぜ
もっとも「誰々乙」呼ばわりのせいでやりにくいわけだが

俺が知りたいのは、なぜ特定世代がみんな研究に走ったのかったこと

713 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/07(金) 18:28:50
特定世代って具体的に?
注の多い批評空間スタイルの影響じゃないの

714 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/07(金) 18:32:08
みんな話題を避けてる木村覚や福住って、東浩紀の世代だけど、多くは研究に専念したんだと思う。
だからこそ件の問題が起きたとも言える

715 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/07(金) 18:33:34
あとは、本当に石屋レスにギクっとしたってのもあったんだろうね。
書くこととイメージの関係についての実存的な突っ込みでもあったから。
古谷にとっては「そういう実存的なところをスレでも突付いてくんないかな」という要望だったなのかとも思う。
散歩とか生活を単に叩くんじゃなくて、と。

その後のスレの流れでも結果的に、テクストへのコメンタリー手法であるとか、
引用文と地の文の関係であるとか、コウガイビルエントリーなどについても触れられたんだし、
なんだかんだ言って引用された石屋レスに近い指摘も出るようになってて、
単純に他のレス傾向と分離してるわけでもないし。
それを受けてのトビウオ話でもあるんだろうしね。

ただ、古谷の媒介を経た引用テキストの反復だとか、
日常雑記や散歩と光景の関係が考察と混ざることについて議論ができなくもないが、
特定の論点を形成しないから、どうもあやふやになりがちなんで微妙なんだよね。

716 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/07(金) 18:36:26
ライターと学者の乖離が激しくなってる隙に、小山とかミヅマがどんどんのさばるように。
で、残念ながらフルヤンもライターに過ぎないと思う。

717 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/07(金) 18:38:25
古谷にもある種の言い訳の配置があって、
それはライターとしてのポジションのもつ言い訳というか境界設定だという意味では、
そのとおりだと思う。

718 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/07(金) 18:39:33
>>715
そういうのは文学の問題じゃね?
文芸としての洗練は、
フルヤンが美術批評にあまり絡んでこない理由でもある

719 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/07(金) 18:45:37
>>718
書き手の実存を提示するのが文章の役目に移行してしまい、
論点や議論の局面が後退するという意味では、文学になってるんじゃないかな。
古谷自身、それを目指してしまっていて、だから石屋みたいな人間が釣られているわけだ。

俺は書き手の実存で引っ張る、逃げるのではなく、
議論、論理形成こそで戦わなきゃやばいと思うので、
もちろんこうした問題を積極的に無視するのも手ではある。

ただ、日記枠といい、日常雑記といい、文学的に救済措置を張って維持したがってるんだよね…。
保坂-古谷ラインが成立しちゃってるのはこのためだろうと思う。

720 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/07(金) 18:52:03
論理的な人がみんな研究に行ってしまったのでは
しかしそうなるとこのスレ民ですら読みにくくなる

721 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/07(金) 18:55:11
美術研究の人間が批評にいかなくなった理由はよくわからないが、
仏文独文あたりでも近い現象が起きてるよ。
80年代の不毛な面を目の当たりにした層がいま40代だし、
30代以下は現在の40−50代と接して勉強してきたから。

まっとうにものを考える→研究 みたいなのが強力になってる。
批評はさまざまあったが、かなり放言だらけの無責任世界になってたからね。
それゆえ、どうしても批評がろくなものに思えないといった流れに。

722 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/07(金) 19:01:50
批評家なんて50年に一人出ればいいほうなんじゃないの?

723 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/07(金) 19:03:02
美術手帖の評論賞系とユリイカ方面との解離なんて、昔からあったじゃん。
それがネットで色々名前がわかるようになって、バラバラした構図が分かり
やすくなったってだけだと思う。

面白そうなのは、黒瀬池田の芸大先端系 これは前にはなかった 後の図式は今も昔も。
ただ、福住の批評の質があぶり出されたのは、別のところの問題なきはするが

724 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/07(金) 19:06:11
古谷永瀬の造形大系も昔はなかった

725 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/07(金) 19:14:20
要するに激しくすみ分けされているだけかと。
このスレ住民的にはマシューバーニーとか失笑に付されるだけだが、そういうのをテーマに
まともな論文を書いている大学人は欧米にはおそらくいる。それが評価される土壌も多分ある
しかし、それが「論理的な研究」と無縁の時事文というならそこで話はオワリってだけで

726 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/07(金) 19:17:05
大きな物語が失効して小さな無数の物語が住み分けるポストモダンを地で行ってるだけかと

727 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/07(金) 19:18:23
美術の理論・分析の下地みたいなのがあるかないかってあたりなのかな。
欧米でそのような論文が書かれても、必ずしも極度にモノグラフィーというわけでもない、
しかし論文と言うべき記述、分析、注釈、解釈のものにはなってる。

この箇所がどうも日本だとうまく成立してないという感じになるのかな。

728 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/07(金) 19:19:08
黒瀬のニコ動にしろ池田の名和にしろ物凄くマイナーだもんな

729 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/07(金) 19:20:48
マシューバーニーは失笑なんかされてないだろ
当人は失速したけど90年代美術の重要な担い手では

730 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/07(金) 19:23:14
>>727
日本ではアカデミズムが弱すぎる
アカデミズムが打倒すべき前提にさえなっていない
そのくせ表象やら比較文学のような周縁系の鼻息が荒いと

731 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/07(金) 19:37:13
>>727
欧米だとシャーマンホルツァーは大勢回収できるが、それ以降の時代は市原研太郎とか
だろうから、学問的な下地も糞も



732 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/07(金) 19:42:00
周縁系の鼻息って荒いか?
おとなしいんちゃうかと
平倉一人勝ちなのとか

733 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/07(金) 19:51:26
>>732
田中純の鼻息を知らないの?

734 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/07(金) 19:54:30
田中純がおとなしい人筆頭だと思う

735 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/07(金) 19:57:35
甘い
ブログ見てみるといい

736 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/07(金) 20:00:55
みてるっつうの
よっぽど駒場が嫌いなんだな

737 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/07(金) 20:04:12
ちなみに木村覚は一応研究もやってる

738 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/07(金) 21:25:55
http://www.youtube.com/watch?v=JPg9CpZydXk

石屋動画見つけたので張っとく

739 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/07(金) 21:41:22
がんばれ池田 がんばれ黒瀬

740 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/07(金) 21:43:45
>>739
でもこの二人って作り手なんじゃなかったけ?
もうやめたの?
最近は作り手の立場じゃないと批評とかやる気にならない感じ?

741 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/07(金) 21:55:23
黒瀬の作品は見たことないね

742 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/07(金) 21:58:43
鑑賞者よりは作り手の方が有利な時代かも

743 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/07(金) 22:20:45
田中純は怒らせたら怖い。股先生は怒らせた。

744 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/07(金) 22:23:52
>>743
kwsk

745 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/07(金) 22:38:06
でも股先生の元気に走り回ってる姿は健在

746 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/07(金) 22:39:36
股先生映画化

747 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/07(金) 22:41:58
>>744
田中純の本に関して、例によってテキトウな書評を書いて批判。
田中純怒って、「批評も批評されるんだ」と反論を書く。
股先生逃げる。

股先生が一度ブログを辞めたのもここら辺に遠因がある。

748 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/07(金) 22:48:40
田中純は女性的というかヒステリック

749 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/07(金) 22:50:36
<池田 数年で教員狙うって随分なご身分だな 作家としても研究者としても
何の業績があるんだか 芸大そんなイージーなの

750 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/07(金) 22:50:39
>>747
そんなことがあったとは・・・
フルヤンの本のほうがよっぽど突っ込みどころがあると思うが、
股先生なぜかフルヤンはリスペクトしてるからなあ

751 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/07(金) 22:54:09
>>749
数年で作家としての身分を狙うのかも

752 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/07(金) 23:08:11
>>751

さすがにそれは情けないw
黒瀬の目標ならわかるが

753 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/07(金) 23:17:13
フルヤンの怒りはここの人ぐらいしか苛立せないからなあ
公的に指摘する価値がないと思われているうちに流通してるんだよな

754 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/08(土) 02:07:22
池田って、色とりどりの金魚を貼り付けてる香具師だっけ?
どんな理屈がつこうがあの作品は陳腐だろ。


755 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/08(土) 02:13:42
池田乙

756 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/08(土) 02:20:57
ここのカキコしている奴って、ひょっとしてライター志望君たちかな。

757 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/08(土) 02:30:18
そりゃそうでしょ
研究にたいして関心がないことからも

758 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/08(土) 02:40:39
こんにちは 研究者です

759 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/08(土) 02:45:47
俺も研究者だYO

760 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/08(土) 02:56:57
ジャッドにせよ、コスースにせよ、
アート系の作品って、作品そのものが批評のようなところがあるね。
絵画でも彫刻でもないもので、絵画や彫刻についての批評をしているような、
更にそれについて批評をする必要があるのかと、、
浅田が、村上を評価しても東を評価しなかったのも一理あるし、

論文読んでるほうが楽しいと思うことあるな。







761 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/08(土) 03:05:06
批評家より作家が知的だった時代


762 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/08(土) 07:53:37
>>760
だから岡崎の作品を語ると批評についての批評みたくなっちゃうんだよね

763 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/08(土) 07:57:50
>>754
ttp://d.hatena.ne.jp/eyck/20080804

764 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/08(土) 09:29:58
>>762
それが悪いことだと思われているのが不思議
フルヤンってジャッドやコスースに対する感性がないでしょ
そういう人の岡崎論を鵜呑みにしていいのか?

765 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/08(土) 10:37:26
>>764

別に鵜呑みにする必要ない。

見た目通り、処世として書いてるんじゃないかい。




766 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/08(土) 10:47:42
>>763

ナガセはつくづく厚顔無知

最近もルイスについてこんなことかいてるけど、

>ただし、オールオーバーに絵の具が画面を覆ってはいないため、いわゆる抽象表現主義における深奥空間とは異なる。

たとえば、ポロックの no'30を思い浮かべれば、この記述が出鱈目であるのはあきらか。




767 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/08(土) 10:53:53
>「アンビII」の黒は、事実上一切他の色彩と協調することなく関係を断っていて、半ば画面を潰そうとしている印象なのだ。

こういう世迷いごとも相変わらずだ。

768 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/08(土) 12:50:45
そもそも抽象表現主義って「浅い」深奥空間だからルイスと相反しない

769 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/08(土) 14:06:24
ブログは恥の書き捨て、


770 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/08(土) 18:47:16
かんなぎって見るべき?

771 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/08(土) 21:45:39
>>766
多分ポロックじゃなくてロスコが念頭にあるんでしょ
抽象表現主義なんて曖昧に書かなければいいのに

772 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/08(土) 21:48:00
画家の癖にグリーンバーグを通してしか彼らを見てないっぽいよね

773 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/08(土) 21:52:14
レビューハウスってもう次の号はなさそうな気する

774 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/08(土) 21:54:45
あるだろ

775 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/08(土) 22:01:15
みんなここを「最近話題の美術鑑賞某スレ」って書くけど話題になってるのはごく狭い範囲だよな

776 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/08(土) 22:05:01
295 名前:ФゝФ〕Иαηα∫н!∫αη :2008/11/08(土) 21:57:35
福住廉って批評家マジできっついな。こいつチンポムと完全同類だろ、こういう無意味な兆発とか↓

本展の全体を貫いていたのは、時代錯誤も甚だしい貴族的な態度だが、
こうした勘違いしたエリート意識をもっとも体現しているのが、公式
ホームページに発表されている「ゲームの規則」という一文だ。どう
やら展覧会主旨として書かれているらしいこと、そして翻訳文である
らしいことは、どうにか推測できる。だが、その文章が悪文極まりな
いことに加えて、そもそも筆者名が隠されているので、だれが書いているのかすら、まったくわからない。

296 名前:ФゝФ〕Иαηα∫н!∫αη :2008/11/08(土) 22:00:30
読んでいて本気で胸くそ悪くなった。こいつ美術の何をそんなに知ってるんだよ、福住とやら・・

777 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/08(土) 22:12:12
福住は自己撞着だな
富裕層向けにアートを売り込む文章を書きまくっている現実から目を背けている

778 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/08(土) 22:16:46
福住はなんでこんなに。。天狗

779 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/08(土) 22:17:57
>>775
>スタジオから帰ってきて最近話題の美術鑑賞某スレをのぞくと、なんだかスゴいことになってますね。レクチャーなどを話題にしてもらうのはいいが、「本人乙」的なのはさすがに..しかし、某オタク評論の権威の方ならまだしも、僕ではつまんないかと。 ...
このあたりか。すでにブログから抹消されてるね。
池田もこのスレを気にしすぎだろ。

ぶっちゃけ、黒瀬、古谷にしても気にしすぎだし、
プロ付近にいるのならスレ言及しない方がいいんだよ。
スレ荒廃が始まるきっかけになりやすいし、ブログ内で言及してしまうと
スレの言及傾向を何らかの確固たるものに見せてしまいかねないんだから。

2chのスレ議論、そこでのコンセンサスは5人以下の書き手の関心の連鎖で
簡単に作られてしまいがちであり、それゆえの甘さもあるんだから、
「議論としてカウントしない」という扱いがスレにとっても、
プロとして活動する点でも(きちっとした言説・批評活動だけをカウントするという姿勢を維持するためにも)
望ましいはずなんだ。

まあ、ブログよりも2chの方がつい人の意見が出やすい偏った日本国内のネット特殊性はあって、
彼らのような批評スタイル人間には気になってしまいがちなんだろうが。

780 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/08(土) 22:18:24
親の七光りでしょ
あと経歴詐称がひどいな
非常勤でしかも音楽学部のくせに東京芸術大学「講師」とか

781 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/08(土) 22:19:15
>>779
お前が言うなよw

782 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/08(土) 22:22:16
>>776
純粋に、これは不快感しか与えないな。
抜粋だからあれだけど 。

783 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/08(土) 22:26:00
福住の攻撃対象って意味不明なんだよ
フルヤンもそうだ
だから批評をやってるようでいても安全なライターになってしまう

784 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/08(土) 22:51:55
>>783
批判する対象が明示されてないってこと?

785 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/08(土) 22:57:11
>>784
先行する「権威」を撃つかに見えて、内実がないこと。


786 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/08(土) 23:01:38
福住と一緒にしたら、古谷に失礼w

787 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/08(土) 23:05:35
古谷が嫌いな対象に見せる攻撃性はかなり幼稚だから、福住と一緒にしてもかまわんと思うね

788 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/08(土) 23:06:14
>だから、ほかのジャンルについても批評が書けるひとは、もはやアニメについて批評を書かなくなっている。『思想地図』に『らき☆すた』論を書いた黒瀬さんも、ネットで枝葉末節ばかり突っ込まれていたので、
>そのあとはすっかり現代美術の世界に戻ってしまいました(ぼくの印象だから本人の意識としては違うかもしれないけど)。
>そうやって、アニメについてしか書けないひと、語らないひとばかりが、アニメ批評を占有していくことになる。

789 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/08(土) 23:07:24
福住の攻撃性って、何かもはや病的なものを感じるよな、神経的な。
それとちがって古谷は真摯で、道を間違ってはいないよ。

790 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/08(土) 23:08:36
>>789
現代美術を十把一絡げにしているところとか、かなり軽率だと思うが

791 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/08(土) 23:10:51
>>790
788に言ってる?

792 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/08(土) 23:11:49
このスレには現代美術ファンがいるのかな

793 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/08(土) 23:12:38
自己愛性人格障害

794 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/08(土) 23:12:54
たとえばこれ。またかよwって感じだ。

>(ちなみに、現在当たり前のように行われている、印刷物をモチーフに絵画を描く、というような、平面から平面へと移行-変換させる行為は、
>大衆的な印刷物と、アートで手描きである絵画というような、「あらかじめある社会的文脈」の違いに依存し、
>「はじめから分かっているズレ」に帰着するしかないので、表現として脆弱にならざるを得ない)。

795 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/08(土) 23:13:54
>>792
「現代美術」と括ることで軽蔑的なポーズを取ることには何の意味もない

796 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/08(土) 23:14:02
>>779の主旨ではスレ的な中傷を認める立場になるということで
>>788が東のブログから抜粋してきたのなら、
東のその話はアニメ論、オタク論の問題であってまた別だろう? と返しておく。

797 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/08(土) 23:14:36
>>794
これフルヤン?

798 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/08(土) 23:16:52
>>797
フルヤン


799 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/08(土) 23:37:20
>>796
そう単純にわけちゃっていいの?

800 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/08(土) 23:47:16
>>799
事態は一見似ているようだが違う。
東のあの記事ではこうある。

>アニメ批評の読者が育っていないことこそが、問題なのです。
>批評というだけでヒステリーを起こし、くだらない揚げ足取りをするひとばかりが目立つのでは、
>だれもアニメについて批評なんかしなくなるに決まっている。

このスレでは批評であることへのヒステリー、反感はそんなに無い。
むしろ、批評としての議論進行が曖昧だったり(さっきの例で言うと「抽象表現主義」とか)、
仮想敵に対する空を撃つ振る舞いだったり(福住、古谷のまずい面)、
議論の成長が無いままに言い訳が増え続けていたり繰り返しになっていたり
などへの不満というのが多い。

ちょっと前の論文、アカデミズム近辺の話にしても、
そうした下地が弱いから批評も弱くなっているということであって、
批評では駄目というほど単純な話じゃない。
むしろ、批評にもっと力がついて欲しいのだし、
英米仏の議論の紹介、翻訳がもっと出てほしいというのもそれにつながってる。

あと、東の主旨だ読者層が批評を求めてないから、批評をする人間にリターンが無く、
意欲が減退すると言うが、リターンを求める動機付けもそれはそれで結構やばい。
リターン=反応を求めるがゆえに宇野みたいなカルスタじみた議論が多発する結果になってるのだから。

801 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/08(土) 23:49:40
本来なら福住が宇野の美術版じゃないといけないのに、
そういう議論すらないのはアレだと思うなあ
俺はむやみにカルスタを嘲笑すればいいとは思わないので。

802 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/08(土) 23:51:22
いや、カルスタはカルスタでいいところもあるけど、
作品読解が平易な構図に回収する議論に後退しかねないだろう。
宇野にいたってはものすごくペラペラな議論になってしまっていると思うが。

一見アクチュアルであるかのように見えて、実は隘路なんじゃないかな。

803 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/08(土) 23:51:32
結局、ブログで知名度を上げるような方法論を結果的に古谷が確立してしまい、
知名度をあげたい若手がブログで鼻息を粗くしている、と。
大学も少子化でタレント養成学校化しているから、活きのいい若手は司会者などに使いやすい。
啓蒙にもなるから。

だが、実力は?言説の内実は? 今回のチン○○の騒ぎは、こうしたネットを駆使した虚像構築と無縁の話しでもない。

804 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/08(土) 23:55:47
福住はカルスタでもないだろ、あれ。

勉強なぞなにもしてこなかったに等しいぞ、ネットにでまわってるの読んでみ。中二病の凡例

805 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/08(土) 23:59:37
取手の山奥が、妙なタコツボ化してそうな悪寒w

806 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/09(日) 00:00:04
福住の師匠はカルスタだろう

あと、そこまで批判的だと誰もいなくならね?
平倉とか石岡もだめっぽい流れみたいだし

807 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/09(日) 00:00:54
>>800
>あと、東の主旨だ読者層が批評を求めてないから、批評をする人間にリターンが無く、
意欲が減退すると言うが、リターンを求める動機付けもそれはそれで結構やばい。
リターン=反応を求めるがゆえに宇野みたいなカルスタじみた議論が多発する結果になってるのだから。

これは同意。前から感じてたけど東には批評してやってるみたいな傲慢な面がある。
批評は批評家が必要だと思ったらやればいいわけで、別に誰も頼んでいない。
ちょっと叩かれたくらいで何甘えたこと言ってるのかと。

808 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/09(日) 00:15:10
福住とか松井みどりとかって批評家じゃなくて美術ライターだろ
書いてるもの目にしても署名原稿だとも思わない

809 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/09(日) 00:15:39
その種の傲慢さは批評家の条件だと思うんだけど。
謙虚を装うやつが一番怪しい世界だし、手の内を晒す東はまだマシな方。

810 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/09(日) 00:18:39
>>808
随所で欧米の批評理論をつまみ食いしているのが半端な印象

811 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/09(日) 00:19:21
F住クンは今回叩かれようがすさまじかったし、干されてしまうんでない?
彼は美術と、アカデミズムが嫌いなんです。
でもって、それを美術とアカデミズムの「中」で言っているの。だって評論家を叩いて自分は「評論家」
なんだからw
メッキはメッキでも、やっすいメッキw

812 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/09(日) 00:21:00
二世はめったなことでは干されないよ

813 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/09(日) 00:23:30
最低だよな。まあ今後ガン無視されるだろ

814 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/09(日) 00:26:57
木村はすでにアカポス持ちだし、ダンスだし、論文も書けるからね

815 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/09(日) 00:29:47
なんでフルヤンはフランケンズに毎回行くの?

816 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/09(日) 00:38:06
好きなんじゃないの?

817 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/09(日) 00:39:10
>>809
まあ悪いやつではないんだろうけど・・

818 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/09(日) 00:40:20
>>817
保坂の方がずっと傲慢なのはわかるだろ?

819 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/09(日) 00:41:39
>>818
そりゃそうだ
でもそんなこと言い出したらいくらでも上には上がいる

820 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/09(日) 00:44:39
>>819
ある種の傲慢さがないと、研究者にはなれても批評家にはなれない
これは絶対条件だと思うんだよ

821 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/09(日) 00:54:31
土屋誠一はどう?

822 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/09(日) 01:05:34
もっとがんばれ

823 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/09(日) 01:06:24
しらみつぶしに批評家を挙げていって叩いても、それはそれでニュー速と変わらない

824 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/09(日) 01:09:30
ぶっちゃけ持ち上げても同じ

825 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/09(日) 08:51:37
http://jp.youtube.com/watch?v=tUqrzLEepHI

826 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/09(日) 09:40:34
>>807
批評してやるといった傲慢というよりも、
東は仲間を求めすぎだと思う。思考の孤独に耐えろと言いたくなる。

827 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/09(日) 09:46:44
>>806
心構えは昭和初期ぐらいの作家・批評家ぐらいでいいと思うんだけどね。
国内に誰かがいなければならないという前提があの頃の連中には無く、
しかし自分で海外のものを読んでいたんだろうと思っている。
その意味では、小説家を含め、翻訳・紹介を兼ねてる連中が今よりはるかに多かった。

何も日本人のものをしゃにむになって読むことは無いと本気で思うよ。
もちろん鋭い人が育ってきて、面白い状況になるに越したことはないが、
自分の思考の糧になるかならないかだろう、大事なのは。

世界性が欠如して、場当たり的なアクチュアリティに振り回されるのが一番まずい。
もちろん、アクチュアルであることを捨てろと言ってるわけではないんだけど。

まあ、ネオリベとグローバリゼーションへの対抗、といった軸ばかりが出やすい昨今、
おそらく批評の対象、場の設定のごときものがしにくい事態になってきてるんだろうな今は。

828 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/09(日) 11:34:04
>>825
フルヤンと言ってることは同じだな

829 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/09(日) 11:42:13
>>827
>国内に誰かがいなければならないという前提があの頃の連中には無く、
あったろw
昔は文人に選良意識があるのは当然だった

830 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/09(日) 11:45:12
タイトルなしでつべ貼ると散歩かと思うじゃないかw

831 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/09(日) 11:55:12
>>830
一応チェックしなきゃw

832 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/09(日) 13:27:25
>>829
でも選良意識は、同時に啓蒙や翻訳とも容易に結びついていて、
国内的立ち位置取りで済まなかったよ

833 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/09(日) 13:28:55
http://www.youtube.com/watch?v=KkDp-6t-keA

834 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/09(日) 13:30:07
>>832
今の人もそう大差ないと思うんだが


835 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/09(日) 13:32:48
福住はとにかくエスクァイアの文章がひどい

836 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/09(日) 13:54:59
なんか、立ち位置とか「批評とは何か」って別に肩に力入れずやりたいように個々がやってもいいんでね?
どうせ基準は作れない訳だから。

それでも俺も福住は酷いに一票。他人のなじり方が、人間性のレベルで首をかしげさせる。
福住のような稚拙な無思想が美術批評として流通していた状況は、おそらく今後への反省として考えるに値するとは思う。



837 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/09(日) 14:14:49
でも福住はそう簡単に消えないでしょう

838 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/09(日) 14:23:29
>>836
ただのライター

839 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/09(日) 14:27:56
限界芸術がどうのみたいな本を出すみたいだからそれ次第では

840 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/09(日) 14:49:48
今度の一見でもうだめだろ イメージが悪すぎる
どうせ本だすっつったって珍ポムほめ殺してんだろうから

841 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/09(日) 17:17:12
微妙なダメージ程度で終わると思う


842 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/09(日) 18:26:53
>>837=839=841?w

843 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/09(日) 19:01:45
そうだけど、擁護なんてしてねーぞ
コネ的な後ろ盾あるから干されるわけないという諦念だ
エスクァイア編集とかと切れないだろ
ああいう雑誌は格差社会の富裕層狙いだし、本人が二世な書き手を必要としている
社会派ポーズのボンボンがちょっとミスった程度だね

844 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/09(日) 19:02:19
んだね。


845 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/09(日) 19:06:46
福住は二世じゃないって。2ちゃん情報鵜呑みするな。

あと業界もイメージで捉えすぎだろ、「富裕層」とかw

846 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/09(日) 19:10:00
二世だってば
ライターは同じポジションのやつが出るまで安泰だから、
誰かが福住以上のクオリティで凌駕するのが一番

847 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/09(日) 19:10:29
どのみち批評家でも研究者でもないからスレ違い

848 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/09(日) 19:13:20
ここだけマジレスしてあげる。
福住廉のお父さんが美術手帖の昔のどうのってのは、
名字が同じだけで、まったく違う人だよ。

849 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/09(日) 19:14:48
話題そのものを嫌がるのはどうかと


850 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/09(日) 19:18:32
やっぱり擁護派ではないとかいいつつ、必死なのが約一名
お願いだから止めてください ただでさえ最近荒れぎみで、古株が離れていってるんだから。
スレ住人的には大半がどうでもいいと思っている筈、

851 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/09(日) 19:21:10
要するに広島の事件を話題から締め出したいんだろ?
しかし批評はこういうケースで試されるんだぜ
高踏派ですますというフルヤン作戦がすべてではない

852 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/09(日) 19:24:04
俺も古株w
美術を巡る言説状況について考える必要はあるだろ
俺が研究ネタだしても食いつかないじゃん

853 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/09(日) 19:28:10
じゃあ木村は?木村は、あれでいいの?
今後はダンスだけに批評のわくを狭めれば、もうそれですむ?
広島の件は、まず評価していた人間がキッチリ今後の姿勢を示すべきだろう、しかも早急に。




854 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/09(日) 19:29:37
小鳥とか散歩の話題の連投が過疎化の原因だよ

855 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/09(日) 19:33:04
>>853
それは同感
単なる糾弾じゃだめだけどね
レビューハウスの次号とかいいんじゃないの
批判的な松下学の論考もあったし

856 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/09(日) 20:13:47
アルマジロ問題について書いた岡崎なら絶対に関心を持つテーマだろう。

857 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/09(日) 20:30:22
関心はもつだろうけど具体的に何かは言わないだろう

858 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/09(日) 20:34:39
そうかなあ?シンポジウムとかで話題にすると思うよ

859 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/09(日) 21:34:08
ここの人は潔癖すぎるきらいがある

860 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/09(日) 22:22:52
広島ネタ粘着ウザイ。

861 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/09(日) 22:22:53
それは言えてる

862 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/09(日) 22:31:30
嫌悪感で遠ざけるんじゃなくて理論的に叩けよ
じゃないとフルヤン理論と一緒

863 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/09(日) 22:39:48
>>862
周囲から人が遠ざかって幾タイプ

864 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/09(日) 22:48:46
同調圧力乙

865 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/09(日) 22:55:58
なんでフルヤンスレでチンポン叩かなきゃいけないんだ

866 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/09(日) 23:13:25
批評の現在とか考えるなら徴候的

867 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/09(日) 23:15:07
じゃ、862が最初に口火を切って自身の考えを披歴してみればどうですか?
↓ハイ。

868 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/09(日) 23:17:34
批評の現在を語るスレじゃありませんから

869 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/09(日) 23:19:50
批評(創造)の現在――3[11月18日] 講師=千葉雅也/平倉圭/福嶋亮大
http://www.artstudium.org/news/2008/11/31118.htm

870 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/09(日) 23:23:34
ここもID制にすればキチガイをNG登録できるのに。

871 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/09(日) 23:23:49
なら1を変えるべきだろ
色々な話題を排除するつもりならもっと狭いスレにしないと

872 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/09(日) 23:24:22
>>870
RHの話なのに駄目ですか

873 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/09(日) 23:26:25
古谷スレなんだから批評の話もフルヤンに関連する範囲だな。
批評の現在を語りたいなら新スレでも立てたら?
うざいから次スレではもっと限定したスレにしたほうがいいかもね。

874 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/09(日) 23:27:53
>>872
フルヤンはRHと全く関係ないからね。

875 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/09(日) 23:28:29
野鳥はアリって事ですか

876 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/09(日) 23:29:00
しろいろ君がせっかく話題を拡げていたのに

877 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/09(日) 23:30:15
じゃあ岡崎とか四谷関連も外すべき
今の古谷とはもうほとんど関係ないから

878 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/09(日) 23:30:58
で、柴崎由香とかフランケンズの話をしよう

879 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/09(日) 23:31:50
まあそもそも2ちゃんでまともに話そうというのが間違ってるだろうな。

880 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/09(日) 23:32:35
広島の一件はRHと直接関係ないじゃ

881 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/09(日) 23:36:10
話題狭めるのは反対
ウザイとか言ってる奴がうざいよ
それ以外言うことないのかって感じ

882 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/09(日) 23:41:36
広島の件にこだわってる奴こそまさに「それ以外言うことないのかって感じ」だがw


883 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/09(日) 23:42:53
批評がさ、ブームなんだよね、今。
だからどうしても批評を批評したくなるんだと思うんだけど、
やはりそれでは「きりがない」。
どっかで区切ってあとは別スレ立てろってのも正当な意見だよ

884 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/10(月) 06:00:27
フルヤンに特化したスレ作ってもしゃべることないと思うよ
ここも数ヶ月前まで過疎スレ化してたし

885 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/10(月) 06:03:45
まあチンモムに粘着するのもつまらないけど


886 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/10(月) 06:43:48
http://www.yomiuri.co.jp/book/review/20081104bk06.htm



887 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/10(月) 09:57:55
このスレの古株自治厨マジうぜえな


888 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/10(月) 10:03:31
せっかく色々な話題ができるようにしたのにな
椹木とか東方面の話題を嫌悪してるって事なんだろうな

889 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/10(月) 10:11:59
モダニストの潔癖症

890 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/10(月) 10:19:16
じゃ、書き込みたいこと好きに書き込めばいいんじゃ?
それで誰も食いつかないから吠えるってのはおかしい

891 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/10(月) 10:23:01
吠えてるのは排除厨だろ

892 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/10(月) 10:49:29
吠えてたのは福住廉や朕ポみたいな、超どうでもいい輩に固執してたからなんでは
語るにも値しないじゃん

893 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/10(月) 10:54:22
じゃ軽いのを〜
柴崎友香と付き合ってるのってみんな知ってんの?
フルヤン隠してるっぽいけど

894 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/10(月) 11:02:26
>>893
なんでそんなこと知ってんの?
最近ウキウキした文面なのはその影響なのか?

895 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/10(月) 11:08:39
じゃ軽いのを
柴崎友香と付き合ってるのってみんな知ってんの?
フルヤン隠してるっぽいけど

896 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/10(月) 11:13:23
フルヤン、ピカソ展もルイス展も見ておいたほうがいいよ。
ルイス展の図録は買わなくてもいいかもね。あの薄さで1600円はねえ。俺は買っちゃったけど。
新美術館のピカソ展の充実ぶりはすごい。サントリーはまだ行ってない。
ルイス展はちょっと出品数が少ないがしょうがないか。

897 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/10(月) 11:58:18
「そう云うあなたも随分の御年じゃあ、ありませんか。そんなに年をとっても、
やっぱり、惚れたの、腫れたの、にきびが出来たのってえ事が面白いんですか」
「ええ、面白いんです、死ぬまで面白いんです」
「おやそう。それだから画工(えかき)なんぞになれるんですね」
「全くです。画工だから、小説なんか初からしまいまで読む必要はないんです。けれども、
どこを読んでも面白いのです。あなたと話をするのも面白い。ここへ逗留しているうちは
毎日話をしたいくらいです。何ならあなたに惚れ込んでもいい。そうなるとなお面白い。
しかしいくら惚れてもあなたと夫婦になる必要はないんです。
惚れて夫婦になる必要があるうちは、小説を初からしまいまで読む必要があるんです」
「すると不人情(ふにんじょう)な惚れ方をするのが画工なんですね」
「不人情じゃありません。非人情な惚れ方をするんです。小説も非人情で読むから、
筋なんかどうでもいいんです。こうして、御籤を引くように、ぱっと開けて、
開いた所を、漫然と読んでるのが面白いんです」

夏目漱石『草枕』より
ttp://www.aozora.gr.jp/cards/000148/files/776_14941.html

898 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/10(月) 13:42:57
さいきん漱石の小説を深刻に?、またそいいう箇所ばかり、とりあげる有識者がいるけど、
それがわるいとはおもわないけれど、、
漱石の小説に出てくる男性って、だめんず?みたいなのばっかりだよね〜
(じぶんがそうだからよくわかる)

スレ違い?

899 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/10(月) 14:18:13
>深刻に?、またそいいう箇所ばかり、とりあげる有識者
たとえば、誰の批評or論文のこと言ってるの?

大正時代以来、「こころ」は教科書に取り上げられる傾向にあり、
大正教養主義と旧制高校下の感情教育のもとで漱石が読まれ、
ある種の「深刻なる悩み」の漱石像というものがあったのは石原千秋が言うように事実だが
それは今に始まったことではなく、
むしろ90年代前半あたりにはじまる文芸批評での漱石論の潮流は
一旦それを切断するものだったのだが。

900 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/10(月) 18:10:37
たぶん昨日カンサンジュンを案内人とする漱石特集番組をやってたから
書き込んだだけじゃね?

901 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/10(月) 18:16:39
>>900
そっか。それ見てないから知らないな。内容はどういうものだったの?

902 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/10(月) 18:27:55
>>898はどうせ石屋だろうけど、
>>800でいう「仮想敵に対する空を撃つ振る舞いだったり(福住、古谷のまずい面)」
と同じことになってるね。「有識者がいるけど」って誰のことなんだと。
そこで人名を隠したら、インテリはみんなこう、みたいに代表の構図を持ち込むことになる。

よそよそしいからごころ=深刻 vs 身近にも感じられる人物造形=だめんず
って感じなんだろう。人物に注目をするのが悪いとはいわないが、
3・4行目を言いたいがために引き合いに対比を使うこともないんじゃないかと。

しかしほんと日記帳だな・・

903 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/10(月) 19:07:45
鳥やめただけでも進歩w

904 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/10(月) 21:58:08
石屋のバカあたま

905 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/10(月) 22:26:39
ちなみに、草枕は批評空間方面で特に高い評価になってないが、
石原千秋は「朝日新聞社入社以前で、『虞美人草』のように
売れるために同時代の小説を意識して作ってるところも少なく、かなり野心的な作品」と評したり、
岡崎は近代美術の機制を見抜いた上で模索していると評すするなど、
議論されきってはいない、面白い作品なんじゃないかな。

柄谷は草枕をヌーヴォーロマンに近いと言ってたこともあったが、
何気に「漱石と描写」という問題はまだしっかり議論されていないようにも思う。
なお、初期東の「写生文的認識と恋愛」という批評文は、
記述というかたちでメタレベルにいるほかないにもかかわらず、
恋愛というメタレベルになりようがない主題との相克を論じたものだった。

小森・石原らが主宰していた『漱石研究』所収の論文はチェックしてないから知らないけど、
意外にいろんな読解がされてるんじゃないかと思う。

906 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/10(月) 23:05:12
というか草枕ってグールドのフェイバリットじゃん

907 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/10(月) 23:07:44
そうそう。グールドって漱石好きだよね。
謎のような愛しっぷりだったが、あそこにどんな結びつきがあったのかと考えると、刺激されるものがある

908 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/10(月) 23:38:13
謎ではないとおもう。
グールドが草枕を読んでいることを知らなかったのに、
草枕読みながら、グールドを聴いていたひとってけっこういるから

909 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/10(月) 23:41:57
>>899
質問が浅すぎます。
そんなことは手持ちの論文に書いてあります。

910 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/10(月) 23:44:08
また日記ですか

911 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/10(月) 23:45:03
909は何の冗談だ

912 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/10(月) 23:47:34
浅い・深いの軸はもういいよ

913 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/10(月) 23:49:58
>大正教養主義と旧制高校下の感情教育のもとで漱石が読まれ、
こうした文脈でもうされるならば、
石原千秋のまえに、今井清一、竹内洋、見田宗介くらいは読んでますね。
そんなの漱石の「こころ」にかぎらないでしょ

>90年代前半あたり
ざっくりいって、テクスト…論ってやつですね
名前はもうあなたの頭にあるので出しません

914 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/10(月) 23:51:47
この流れってフルヤンの文学教養のなさを指摘ってことですかw

915 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/10(月) 23:52:45
また面白い流れになってきましたなw

916 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/10(月) 23:54:25
どんな脱線でもいいと思えてきたw


917 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/10(月) 23:56:31
教養って何?

918 :899:2008/11/10(月) 23:58:29
いや、俺はあなたほどは知見ないと思う。
「こころ」には限らないというのはそのとおりだね。
漱石が白樺派に好んで受容されたことや、
大正時代に私学が増えて大卒作家層が出てきたこととか、
そういうのも関係してるんじゃなかったかな。

>ざっくりいって、テクスト…論ってやつですね
そうです。テクスト論の後で何ができるかみたいなのが今の状況だと思う。
文芸批評だとまた別に微妙な漱石ブームもあったけど。

俺は馬脚がそろそろ出まくりそうなので、ひっこもります。。

919 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/11(火) 00:03:43
「立身出世・英雄」のイデオロギーそのものは、
「個人の野心追求と国家の興隆との幸福な予定調和観」
(見田宗介「「立身出世主義」の構造」『現代日本の心情と論理』、筑摩書房、1971、195頁)
に立脚しており、国家の枠組みを超えていく普遍的な方向性を持ち得なかったと考えられる。
ただし、その構造を図式としてとらえるだけでなく、「立身出世に物語性をあたえた風景」に
注目する観点も重要である(竹内洋『立身出世主義――近代日本のロマンと欲望』、
日本放送協会、1997、6頁)。


920 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/11(火) 00:08:05
教養主義については、
ジェンダー的視点が暑苦しくない程度に入ってる高田里恵子が面白い


921 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/11(火) 00:17:47
いまどき、「である」はないね〜

922 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/11(火) 00:29:31
>大正時代に私学が増えて大卒作家層が出てきたこととか、
>そういうのも関係してる
それではうわずみですよ〜
そうしたものをもたらしたものをゆっくりかんがえてー

923 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/11(火) 00:31:18
石屋は文学が専門か

924 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/11(火) 00:43:03
1918年

925 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/11(火) 00:57:31
もうこのスレ目茶苦茶w

926 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/11(火) 09:24:20
>>923
いや、>>909>>913は石屋じゃないんじゃない?
文章の作り方から何から違う。

927 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/11(火) 09:43:56
http://d.hatena.ne.jp/solar/20081111
股先生がまた吹いてる

928 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/11(火) 10:05:20
仲俣はスルー対象だからノーコメントにしておくわ。

929 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/11(火) 10:49:51
平日のこんな時間に2chに書き込める俺超勝ち組^^

930 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/11(火) 10:51:46
仲俣は「知」を腐せばいいと思ってるフシがある
よくあるライター

931 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/11(火) 10:58:16
股先生すごいなw フルヤンもこのぐらいとんでも文章で楽しませられるようにならないと駄目だよ。
水村についていまさら岩井だ柄谷だと言ってるなんて、股先生は全く批評空間を読んでなかったことがバレバレだなw
そもそもポール・ド・マンの弟子じゃないか。

932 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/11(火) 10:59:01
このスレで仕入れて今度はド・マンを叩くよw


933 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/11(火) 11:00:07
フルヤンも斉藤環あたりに噛みつくときは、こんな感じのエンタメになってると思う
最近はそういうのを控えすぎている印象だけど

934 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/11(火) 11:03:10
股先生はド・マンを知らないと見た

935 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/11(火) 11:19:58
水村のその本は読んでないんだが、彼女は決して理論的に冴えてるわけでも
頭がいいわけでもない、という微妙なところがあるのも事実なんだよなあ…。
嫌いにはなれない作家、どまりになってしまう。

>>931>>934
水村の『私小説』ではフェルマンとド・マンが出てくるね。

936 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/11(火) 11:50:00
柄谷の亡くなった奥さんもド・マンが出てくる私小説書いてたね

937 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/11(火) 11:58:43
それは知らなかった。冥王ってそんな小説も書いてたのか。

938 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/11(火) 12:04:08
「天馬空を行く」だったかな
柄谷とのアメリカ行きがテーマ

939 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/11(火) 12:18:00
http://www.youtube.com/watch?v=JqbuCvBP0hU

940 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/11(火) 13:50:04
http://www.hirokiazuma.com/archives/000460.html
http://d.hatena.ne.jp/nitar/20081107#p1
>『思想地図』に『らき☆すた』論を書いた黒瀬さんも、
>ネットで枝葉末節ばかり突っ込まれていたので、
>そのあとはすっかり現代美術の世界に戻ってしまいました
>(ぼくの印象だから本人の意識としては違うかもしれないけど)。

>「思想地図」で黒瀬陽平くんに書いてもらったけど、
>色々批判があって疲弊していた
>そこで2つの道がある
>・芸大とか出てるんだし、ブロガーなんてスルー
>・ガチで戦って新しい世界を開く
>黒瀬くんは華麗にスルーして、また一人消えていったかなあと

あずまん的には消えた人扱いになりかけてるようだけど
黒瀬自身としては今後どうしたいのだろう

941 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/11(火) 13:53:11
>・芸大とか出てるんだし
先端表現を、芸大のアブラみたいなイメージでとってるよな、これ。。難易度違うだろ
黒瀬はとにかく、作品をどんどん見せるべきだろ。批評ばっかで名前売ってると存在が胡散臭くなってくるぞ

942 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/11(火) 14:14:01
先端って他大からの編入が多いだろ
学部から油入れるやつは院で先端なんて行かない

943 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/11(火) 20:53:03
油絵と先端では取る基準が違うでしょう。
油絵は素朴な作家系だから

944 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/11(火) 20:54:30
基礎が大事

945 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/11(火) 21:00:53
>>652
自分たちの枠内を指す用語で何かやってるぶんには生ぬるく見守れるんだけどねえ
「富裕層」がどうたらこうたら言ってるのを見ると何だこいつは…ってねえw
差別に差別で対抗してどうすんだ俺って気もするけどね
ところで永瀬ってのは「本気なのか冗談なのかわからないところが怖い」とのことですが
その正体は組織暴力組織の構成員なのだったってオチってことで納得していいですか?



946 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/11(火) 21:05:01
つまんね

947 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/11(火) 22:31:55
すまん。永瀬の分析面白かった。

http://d.hatena.ne.jp/eyck/20081110

948 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/11(火) 22:47:50
>>947
面白い分析はそれはそれで取り上げたいものだね。

と、…参考図版のところがうまく表示されないのだが…。947のブラウザは表示できた?

949 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/11(火) 22:52:42
見られないね

950 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/11(火) 23:06:09
>>947
純粋な疑問なんだけど、これ書いている暇あったら自分の制作に力入れればいいのに、
なんでこんなことしてんの?

951 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/11(火) 23:14:12
うーん、そんなに時間は削らなくてもできると思うけど。
使ってるソフトや加工の手間は知らないけど、
かかってる時間で言ったら、美術館でじっくり見る時間にちょっと足したぐらいのものじゃないかな。

こういう手探りでいじる作業は、図版見ながらあれこれ空想するのとそんなに変わらない。
(特に皮肉で言うわけではないが)本読みながら頭ひねって無理矢理試行錯誤するよりは
この記事書くのに、そこまで言うほどの時間コストはかからないと思う。

俺はこういう記事好きだけどね。ああ、やるやるw とか思って見てた。別に俺は画家でもなんでもないが。

952 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/12(水) 00:07:02
あ、図版と加工の画像が見れるようになった。
やっと何の話をしてるのかわかった。

953 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/12(水) 01:05:28
というか、この程度の解析って、実物みなくても、
それこそ、画集の図版からでも起こせるっしょ。

っていうか、ナガセもカタログからおこしてるね。

リ・ウファンの絵の筆順を、わざわざ解説するバカおらんでしょう?
そのレベルでないの?





954 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/12(水) 01:10:27
>>945

>その正体は組織暴力組織の構成員なのだったってオチってことで納得していいですか?

ソウカ?
たしかに匂うね。


955 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/12(水) 01:14:24
>>945

>その正体は組織暴力組織の構成員なのだったってオチってことで納得していいですか?

ソウカ?



956 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/12(水) 01:21:31
そういえば、内海の「三千世界」とか、ひくものがある。


957 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/12(水) 01:22:27
>>953
馬鹿とまで言ったらかわいそうでしょ。
制作プロセスを考えてみたいってのはあるだろうよ。

958 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/12(水) 01:25:59
ユリイカのバックナンバーで、
宮島某が、ポロックの絵のレイヤー解析という的外れなことを書いてたのをみたことがある。




959 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/12(水) 01:28:40
宮島ってソウカだっけか?

960 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/12(水) 01:38:13
シュールのオートマチズムの影響かもしれないけれども、
半ば、制作プロセスをみせることが、主題化された制作だろ?

精神医学を意識して制作された作品を、
精神医学の言葉で分析するようなもんだ。








961 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/12(水) 01:41:25
>>958
それって15年近く前のポロック特集号?
宮島はともかくとして、あの号はなんとなく買わずじまいだったが、
今古書で好奇心で買うとしたら、お勧め?

962 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/12(水) 01:45:03
>>960
こう見ました、というプロセスを加工画像使って示していると思えばいいじゃないかな

963 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/12(水) 01:46:58
>>961

>今古書で好奇心で買うとしたら、お勧め?

薦められません。
キーファーの特集号もつまらなかったし、
ユリイカの美術関係特集はクオリティが低いような印象がある。



964 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/12(水) 01:50:27
>>963
そっか、レスありがとう。
たしかにキーファー特集は酷かった。
セザンヌ特集はさほど悲惨ではなかった気もするが…
これは不勉強な頃に見たからただの錯覚かもしれない。
ユリイカの美術特集は悲惨なのは同意。

965 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/12(水) 01:53:47
そういえばそろそろ次スレのタイトル考えようか。
今回は停滞もあったけど、途中から和んできて楽しげなスレにはなったね。

ゴルベーザネタはもう時期外れだろうし、
この和気藹々な雰囲気を反映させた、適度にgdgdタイトルがいいかも。
変にスレタイで張り切ると幸先不安になるし。

966 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/12(水) 01:56:42
RHや黒瀬関係は排除って事でいい?

967 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/12(水) 02:01:08
>>966
>>1-2から排除ってこと? あっても話題に出ることが約束されているわけでもないんだし、
あってもいいんじゃないかぐらいに思ってる。

情勢や人脈の話に傾きさえしなきゃ、そんなにくだらない項目でもないし。
話題選択の問題というより、このスレに定着してる語り方の悪癖も目立つような。

とりあえず思うのは、のんびりしたスレになってほしいものだと。

968 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/12(水) 08:28:12
誰だ!?俺のことゴルべーザって呼んでる奴は!!

969 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/12(水) 08:56:31
黒瀬です

970 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/12(水) 10:49:13
あいつ〜!

やっちまったなぁ〜!!

971 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/12(水) 11:03:55
          ,;r'"´;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;`ヽ、
         ,r'";;;;:::::;彡-=―-=:、;;;;;;ヽ、
        /;;ィ''"´  _,,,,....ニ、 ,.,_ `ヾ;;;;〉
         `i!:: ,rニ彡三=、' ゙''ニ≧=、!´  屋上へ行こうぜ・・・・・・
        r'ニヽ,   ( ・ソ,; (、・')  i'
         ll' '゙ ,;:'''"´~~,f_,,j  ヾ~`''ヾ.  久しぶりに・・・・・・
        ヽ) , :    ''" `ー''^ヘ   i!
        ll`7´    _,r''二ニヽ.     l  キレちまったよ・・・・・・
        !:::     ^''"''ー-=゙ゝ    リ
        l;:::      ヾ゙゙`^''フ    /
        人、      `゙’゙::.   イ


972 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/12(水) 12:22:59
RHや黒瀬を排除する理由ってあるの?

973 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/12(水) 12:29:09
フルヤンの論敵だし入れておいてもいい

974 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/12(水) 12:34:05
松岡がいらないんじゃないの

975 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/12(水) 12:48:08
あと宮川淳
このへんの人はほとんど話題になっていない

976 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/12(水) 12:51:21
問題は範囲を広げすぎると荒れやすいということだと思う。
チンポみたいなことがあるとね。

977 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/12(水) 12:53:26
それを防ぎたいなら、翻訳書の読書会を延々続けるのが一番いいんだよ
でもそうなってないから現状がある


978 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/12(水) 12:58:07
そんなことを言ってしまったら、オクトーバー系の人らは重要だが
話題になってないわけで、話題になってないことを理由に削除というのはおかしいのでは。

>>977の意見はそのとおりっすね。
読書会進行も含めてのんびりスレになれば望ましいかも

979 :976:2008/11/12(水) 12:59:21
読書会やりたいねえ。でもここ2ちゃんでやるのは無理だろうな。

980 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/12(水) 13:07:33
黒瀬の話題って何気に荒れるよな。

981 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/12(水) 13:07:47
学問系板のスレでは読書会進行はできるし、俺もやりたいけど、うーん

・モノグラフィカルな参考テキストを補助線にしながら、代表的なテキストをじっくり読む
 ・一定の論脈の議論を理解、身に着けることが暗黙の目的となり、
  そのため意見交換や参考文献の相互紹介なども進みやすい
 ・基本的にそれ一つでスレが進む

って感じになりやすいのね。
このスレの良さは和気藹々、ざっくばらんに話が進むことでもあるので、
読書会進行で失うものも多いかもしれない、と考えると悩ましい。
あと、テキスト設定が難しい? かも。

ざっくばらんを生かして、読書会も平行進行、みたいにやれば、
途切れ途切れに維持しやすいし、進行速度に悩まされずに済むかもしれない。

982 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/12(水) 13:12:34
英語文献読むのが一番だよw
でもそうならない
なぜか?
そういうスキル持ちが限られているから面がわれやすい

983 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/12(水) 13:15:22
そうならない理由は、面割れだけじゃなくて、テキスト選択で意見が割れるからとか、
入手で頭数が減るとか、英語文献を読む時間コスト問題とかもあって、
メンタル面でハードルがあがるからって理由もあるだろ

(まあpdfで論文ぐらいのサイズをアップするって手もあるが・・)

984 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/12(水) 13:19:51
例えば今だったらフリードのモーリス・ルイス論読むとかすればいいと思うんだよね
永瀬はその劣化版なわけだし

985 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/12(水) 13:22:14
>>1-2のリンク、人名等はそのままにするとして、
せめてスレタイだけでも決めないとかないと、990番台になって困るよ。

【そろそろ】古谷利裕の偽日記7【読書会する?】

こんなんでいいか。

986 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/12(水) 13:26:17
>>985
それいいw

987 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/12(水) 13:31:33
>>985
おk


988 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/12(水) 13:32:46
外語文献は短いものにするか、よほど代表的なものにするなどしないと、
モチベーションの一致が難しいと思うよ
永瀬のルイス記事一本への関心から
FriedのMorris Louis(1970)一冊読むというのは、ちょっとモチベーション維持力に疑問が。

それだったら、クラウスの既訳物読みながら、
クラウスの短い英語論文読んでみるとかの方がとっつきいいんじゃないかな。
もっといい選択肢もあるかもしれんけど。

989 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/12(水) 13:35:50
Art and Objecthoodに入ってるよ
スレ民なら必読だろう

990 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/12(水) 13:36:20
じゃあ、995あたりになったらスレタイは>>985仕様で立ててこよう
>>2はとりあえずそのまま。>>1はこんなんで。

【そろそろ】古谷利裕の偽日記7【読書会する?】

(中略)

過去スレ(美術鑑賞板)
【ゴルベーザ】古谷利裕の偽日記6【さんまいぐみ】
ttp://academy6.2ch.net/test/read.cgi/gallery/1224996600/l50
【文芸誌】古谷利裕の偽日記5【常連】
http://academy6.2ch.net/test/read.cgi/gallery/1223498288/
【樫村保坂と岡崎】古谷利裕の偽日記4【試行錯誤】
http://academy6.2ch.net/test/read.cgi/gallery/1222617034/
【本が】古谷利裕の偽日記3【出るよ】
http://academy6.2ch.net/test/read.cgi/gallery/1210727674/
【ラノベも】古谷利裕の偽日記2【よりぬき批評】
http://academy6.2ch.net/test/read.cgi/gallery/1159206551/
【美術家の】古谷利裕の偽日記【よりぬき批評】
http://academy4.2ch.net/test/read.cgi/gallery/1104207341/

過去スレ(哲学板)
【男もすなる】古谷利裕の偽日記【日記なるもの】
ttp://academy3.2ch.net/test/read.cgi/philo/1078673801/
【日記なるもの】古谷利裕の偽日記2【だと思う】
ttp://academy3.2ch.net/test/read.cgi/philo/1087452000/


991 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/12(水) 13:37:42
>>989
あの30pほどのか。あれなら長さ的にもいけるかな。

992 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/12(水) 13:39:23
>>991
だいたい単行本のは画集だしレアだし

993 :976:2008/11/12(水) 13:39:47
Art and Objecthoodか。持ってるけど、ルイス論は読んでなかったわw

994 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/12(水) 13:48:40
それだとフルヤンその他を笑えないなw

995 :988:2008/11/12(水) 13:49:38
>>992
70年刊ハードカバー版以来ペーパーバック版も出てないようなので、
マジでこれやるんか、と目が飛び出そうになった

996 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/12(水) 13:56:06
次スレ立ててきた。>>2はそのまんま。
【そろそろ】古谷利裕の偽日記7【読書会する?】
http://academy6.2ch.net/test/read.cgi/gallery/1226465657/l50

997 :976:2008/11/12(水) 13:57:25
>>994
まあ美術は素人なんでねw だからここではあまり偉そうなことも書き込んでない。
フリードの例の論文が必要で買っただけだから。

>>996
乙です。

998 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/12(水) 21:20:58
どうせお前らリアルで駒場本郷で顔合わせてんだから、そこでやればいいだろ。

実はねらーなんです、って皆で一斉にいえばいいだけの話www

999 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/12(水) 22:27:49
ROMならけっこういるんじゃないか
ぐぐれば出るし

1000 :わたしはダリ?名無しさん?:2008/11/13(木) 00:56:23








                                    糸冬
                               ---------------
                                制作・著作 NHK

1001 :1001:Over 1000 Thread
このスレッドは1000を超えました。
もう書けないので、新しいスレッドを立ててくださいです。。。

201 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)