2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

日琉祖語を再建して新共通語を作るべき。

1 :名無し象は鼻がウナギだ!:2009/11/28(土) 23:33:07 0
今の標準語は関東の特定の方言に依存しすぎています。
これは差別です。

再建された日本祖語を元にした人工言語を共通語にするべきです。

2 :名無し象は鼻がウナギだ!:2009/11/28(土) 23:41:13 0
日本祖語ってどこまで再建されてるの?
ハ行の音がpだったことしかしらない。

3 :名無し象は鼻がウナギだ!:2009/11/29(日) 02:11:39 O
ちゃんと琉球方言まで取り込んで祖語を再建したのは見たことがない。
仮に再建したとして現代語とは発音も語彙も文法もあまりに遠いだろう。

それにしても言語学板に立てるべきか方言板に立てるべきか微妙なスレだな。
日本語史と方言学の知識を総動員するならこの板のほうが良さそうだが。

4 :名無し象は鼻がウナギだ!:2009/11/29(日) 07:33:25 0
proto-japnicで書籍検索したらこれくらいしかでなかったな。
ttp://books.google.co.jp/books?id=aun8BRHTDEAC&printsec=frontcover
ttp://ci.nii.ac.jp/naid/110000425340/en

日琉祖語で検索したらこのスレがトップに来て吹いた
日本祖語の方が主流なのかな?

九州方言と西日本方言が分岐してから、九州方言と分岐したんだっけ?


なんか詳しい人自体いなさげな予感。

5 :名無し象は鼻がウナギだ!:2009/11/29(日) 07:54:46 O
縄文時代の日本語か?
奈良時代の日本語か?

6 :名無し象は鼻がウナギだ!:2009/11/29(日) 15:28:02 0
日本語と沖縄弁が分かれたのが奈良時代?
一番古い説で弥生時代だっけ?


質問する人ばかりで議論できる人がいないスレ。
まあいいか。

7 :名無し象は鼻がウナギだ!:2009/11/29(日) 23:32:56 0
おもろそうしに代表される流求語の古い文献は1500年〜1600年頃のものであって、日本の室町時代に相当する。
しかも当時の王都であった首里の方言が用いられており、他の地域の方言については分からない点は多い。
1604年ごろに出た宣教師ロドリゲスによる文法書ロドリゲス大文典では断片的に方言について書かれているが、
その中でワ行五段動詞の促音便、形容詞の連用形がウ音便にならないこと、「-べい」を用いることなどがあげられており、
このころには現在と大体同じような方言差があったと考えられる。
同様にロドリゲス大文典の少し前の流求でも現在に近い大きな方言差があったと考えられ、
もっぱら首里方言を用いて流求語の代表とし、日本語のほうはそれと時代が大きく離れた奈良時代の畿内の方言で、
子音は確実としても母音の数と音価(=上代特殊仮名遣いの問題)が不明とくれば、
日流祖語というものがどこまで正確に復元できるのか、比較のもとになる材料自体が信用できない。
まず流求語の各方言の祖形を確定させろ。それすらできてない段階だろう。

8 :名無し象は鼻がウナギだ!:2009/11/30(月) 00:31:08 O
その誤字はわざとやってるのか
その誤字があって似た内容の書き込みを前に見たことがある気がするがコピペか?

9 :名無し象は鼻がウナギだ!:2009/11/30(月) 19:09:24 0
日本祖語の再建とか琉球祖語の再建とか、誰でも興味持つものだけど
未だにできてないってことは、何かそうしにくい問題があるのかな。
再建できたかどうかの基準からして知らないけど。

10 :名無し象は鼻がウナギだ!:2009/12/01(火) 03:53:20 0
>>8
「琉球」を「流求」と書くのは、言ってみればたかが地名に玉へんの漢字をつける価値はないというある種のこころみですよ。
日本の地名を漢字で書くとき、その漢字は本来当て字でしかありません。「なら」ならば「奈良」、「とさ」ならば「土佐」という具合です。
「良」という語と、奈良という土地には何のつながりもありません。
琉球も同様に、「りゅうきゅう」という地名と「琉」の字は何の関係もありません。
それならば、わざわざ「琉球」としてやらずとも、「流求」で読めるのだからそれでいいのではないか。そういうことです。
毒を吐いていうならば、「琉球」と書くのは、昔のある人が縁起がいいから
玉へんをつけようかといって「琉球」と書きだしたのを無意味に受け入れているだけののうなしですよ。
もし現代で「讃岐」を「珊h」、「能登」を「瑙璒」と書く人がいたらどう思います?また無駄に要らん漢字を使いおってからにと思いませんか?

>>9
このスレ的には「実用にたえるレベルまでその言語の音韻・形態・統語・語彙について判明」したら再建したといえるのではないでしょうか。
共通語を作って現在の共通語にとってかえるべきと言っているのですから、その共通語が現在の共通語と同等に機能しなければ意味がありません。
ということは、かなりの程度日流祖語が分かっていないといけませんね。
しかしもう奈良時代の時点でそれはアウトなんですよね。母音の音価が分かっていませんから。発音しようがありません。
日流祖語は奈良時代より前の段階の日本語ですから、当然ながら音韻も不明でしょう。
平安時代の五母音を使って(=奈良時代の母音を飛ばして)祖語にたどり着くかといえば、その可能性は薄いでしょう。
日流祖語を元に共通語を作るというのは、そのまま受け取れば始めから不可能なんですね。

11 :名無し象は鼻がウナギだ!:2009/12/01(火) 04:10:24 O
>>9
琉球方言を活用しても、本土方言で最古の文献記録がある奈良時代以前まで遡るのが難しいのが原因では?
例えば本土方言だけから古形を再構しようとしても、室町時代以前に遡るのは難しい。
例えば二段活用は九州方言から再構できるが鎌倉時代に消えた終止形や連体形の区別となると難しい。
八丈方言にあることはあるがそのまま引き継がれてるわけではない。

琉球方言も、古形もあるにはあるが、独自の改新も多すぎて、確実に本土の文献時代以前に遡れる部分が案外ない。
結局、方言を辿るより奈良時代の奈良語から内的再構で探っていったほうが確実なんだろう。
琉球方言は補助的に使う感じ。
北琉球方言より南琉球方言のほうが分岐が古いようなので、そちらが鍵になるだろう。

12 :名無し象は鼻がウナギだ!:2009/12/01(火) 04:22:39 0
標準語が特定の方言に依存しているというのは正しいですが、それが悪いことだというのは酷だと思いますね。
標準語という概念と標準語が広まったのは明治時代からですが、方言に関する研究自体も明治時代から始まっているのですね。
江戸時代にも方言辞典はありましたが、語彙以外の音韻や形態やの部分は明治以後です。有名な伊波普猷も明治生まれの人です。
まともに方言について把握していない時期に、特定の方言に依存しないように標準語を作ろうと言ってもそれは無理な話ですよ。
そういうことを構想する人がいても、「方言の調査のコストと、標準語の制定までの時間のロスはどうなるのよ?」という実用性を盾にされては、それに対抗するものがありません。
明治時代の時点で標準語が特定の方言に依存するのはやむをえないことですよ。
また昭和20年の敗戦をきっかけに標準語を変えるということも無理でした。
経済復興を目指す中言葉をあれこれいじって遊ぶ場合じゃないですし、漢字と仮名は可能でも、
今までの学校教育で教えていた標準語を全部チャラにしますよというのはさすがに負担が大きすぎます。
大正時代の時点で文語もほぼ言文一致体になっていましたから、
標準語をかえるとなると、東京の方言に依存した文語も変えることになります。

13 :名無し象は鼻がウナギだ!:2009/12/01(火) 21:14:43 O
国家の言語の標準語は特定方言に大いに依存しているのが普通。
日本の日本語なら東京方言、韓国の韓国語ならソウル方言、中国の中国語なら北京方言、
イギリスの英語ならロンドン方言、ドイツのドイツ語ならベルリン方言、フランスのフランス語ならパリ方言が基盤。
基盤どころかほぼそのままで、どうしても相応しくない極端な特徴を取り除く程度。

各地の方言から一部を採って標準語を人工的に作った例はバスク語(「首都の方言」がない)などわずか。
ましてや祖語を再建しそれを標準語にするなどという例はない。
強いて言えば中世ヨーロッパのラテン語がロマンス語圏にとっては近いか。
これは「再建」の必要がなかった例だが。

14 :名無し象は鼻がウナギだ!:2009/12/02(水) 07:23:41 0
日本祖語と日琉祖語ってどっちが主流な表現?
>>4みるとproto-Japonicよりproto-Japaneseの方が主流だったりする?

8 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)