2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

武田騎馬軍団は鉄砲三段撃ちで全滅した その2

374 :日本@名無史さん:2007/09/06(木) 22:03:52
>>373
秀吉VS家康だよw
どこに信雄の判断による戦闘があったんだ?

それに家康は、結果として5ヶ国をそのまま保持し、兵力もほとんど損なわなかった。
(実は長久手で一気に500余り失う事態に遭遇しているが、それも敗因にはならなかった。)

信長の死からここまでの家康の成長の意味をきちんと理解できている人がどれくらいいるのかな?
家康は、小牧長久手の戦い当時、もっている領土の石高は246万石。
これがどれだけ桁外れか。天下統一後の秀吉でさえ、210万石だ。
そして、小田原征伐後、家康は関東に移封になるが、これで256万石になってしまった。
これが、秀吉死後にそのまま生きてくるんだ。

信長生前、武田滅亡後で家康は駿河・遠江・三河の3カ国。これは昔の今川領と考えれば、戦国時代の有力大名程度だと理解できるだろう。
それが、信長死後に大化けしたんだ。今川+武田に匹敵する大勢力。
毛利は120万石、島津は全盛期で170万石、秀吉の九州征伐後に100万石以下。
あと、前田ですら80万石。家康の桁外れが分かろうというもの。

秀吉の死後は、徳川単独で6万5千動員できる軍事力を保有。その中核は三河武士と旧武田衆。質量ともにダントツ。
この勢力を、秀吉は、あれだけの優位な状況で、何ひとつ奪ったり、減殺することが出来なかったんだ。
戦略的には、家康が目的を達成した戦いだよ。秀吉の次は家康、のポジションを磐石にした。


256 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)