2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

井伊直弼は開国の父

1 :日本@名無史さん:2009/04/14(火) 23:23:35
悲劇の最後をとげたものの、直弼公の開国へのかじとりこそ
近代日本の夜明けにつながったと思われる。
その偉業を語り合うスレです。

2 :|ω・`):2009/04/14(火) 23:28:18
わかった

3 :日本@名無史さん:2009/04/14(火) 23:33:18
>2
わかってないだろうが!

4 :日本@名無史さん:2009/04/15(水) 00:30:52
はいはいわろすわろす

5 :日本@名無史さん:2009/04/16(木) 00:09:57
ひこにゃん

6 :日本@名無史さん:2009/04/17(金) 09:23:29
やちにゃん

7 :日本@名無史さん:2009/04/17(金) 21:02:38
桜田門外の変がなければ
幕府権威をたもったままで
公武合体が実現できたと思う
つくづく水戸の暴挙に腹が立つね

8 :日本@名無史さん:2009/04/18(土) 01:37:08
>>7
そんなことになってたら、日本の近代化は100年遅れたんじゃまいか

9 :日本@名無史さん:2009/04/19(日) 09:44:46
いや幕府の下で近代化をすすめればいいだけの話

10 :日本@名無史さん:2009/04/19(日) 11:23:20
外国の圧力に屈してよく調べずに不平等条約に調印
天子様に対し飛脚の使いで事後承諾という無礼
水戸烈公をはじめとする憂国の士を弾圧
ただの売国奴の逆賊である。


11 :日本@名無史さん:2009/04/19(日) 14:55:45
岩瀬忠震のほうがはるかに上を行っていたね

12 :日本@名無史さん:2009/04/20(月) 00:45:23
ステレオタイプの反論。。。
教科書的だなあ。。。

13 :日本@名無史さん:2009/04/20(月) 00:50:40
井伊が開国をやった大政治家なんて話がそもそもステレオタイプ

14 :日本@名無史さん:2009/04/20(月) 00:53:17
>>9
武士っていう非生産的な特権階級を残して近代化しても、たかが知れてるだろ。
清国でも康有為とかがそれをやろうとしてみごとに失敗し、
結局辛亥革命に至ったわけだが。

15 :日本@名無史さん:2009/04/20(月) 01:23:28
>>9
武士っていう非生産的な特権階級を残して近代化しても、たかが知れてるだろ。
清国でも康有為とかがそれをやろうとしてみごとに失敗し、
結局辛亥革命に至ったわけだが。

16 :日本@名無史さん:2009/04/25(土) 03:09:49
そもそも
安政の大獄とかおおげさ。あんなの大獄でない。単なる犯罪者逮捕

明治新政府の自由民権取締りとか
福島事件とかのほうが死者も逮捕者も多かった。


17 :日本@名無史さん:2009/04/25(土) 03:12:19
井伊の安政の逮捕は、法律による適正な逮捕
一方、明治の大獄は選挙妨害という違法行為。

18 :日本@名無史さん:2009/04/25(土) 11:25:35
大獄と同時に開国派を失脚させたのはおかしいと思うけれどね。
大義なくぶれたら、批判されるのも仕方ない。

19 :日本@名無史さん:2009/04/30(木) 23:45:12
井伊とすれば、開国派であると同時に一橋派であれば
失脚させて当然では?

20 :日本@名無史さん:2009/04/30(木) 23:53:56
>>18
開国派が処分されたのではなく、勅許工作人たちが処分されたんだよ。
大老を辞めさせろ・将軍を慶喜にせよ・という2つのとんでも勅許を
圧力工作した犯人が処分されただけ。

21 :日本@名無史さん:2009/05/01(金) 01:28:20
百歩譲って、安政の大獄は、社会(幕府)秩序を乱す過激派の処分で当然だとしても、
継嗣問題で反対派だった大名(伊達宗城、徳川慶篤、徳川斉昭、松平慶永、山内豊信..)を処罰、
やはり継嗣問題で反対派だった開明派幕府官僚の岩瀬忠震、川路聖謨、永井尚志、
大久保忠寛らを追放し、処罰するなど、ただの私怨をはらすための報復人事にすぎない。
安政の大獄で処刑された橋本左内なども、評定所の罪案では国許に送り返して蟄居程度だったが、
罪案に附箋して処刑したのは、左内が継嗣問題で、最も活躍した敵だったから。
情勢も考えず、ライバルの蹴落としに狂奔するバカオヤジで、その反動でコロリと浪人に殺られた。
福沢諭吉も言ってるが、直弼は攘夷主義であって、無勅許調印は成り行き。



22 :日本@名無史さん:2009/05/01(金) 01:42:20
>>21
逆に聞くが、なんで外交に天皇の勅許なんか得なければならないの?
尊皇派の立場からしか見ない意見だな。
そもそも勅許など、今の天皇と同じく形式手形でそれを悪用して
政治に参加する勢力が処罰されるのは当然では。

23 :日本@名無史さん:2009/05/01(金) 01:44:31
勅令がそんなに大事なら
なぜ勅令で戦争を始めた昭和天皇の首が切られなかったんだろう?

24 :日本@名無史さん:2009/05/01(金) 01:48:57
>>21
>>直弼は攘夷主義

どういう根拠なんだよw
攘夷主義なのに通商条約結ぶの?
開国したのを非難されて超攘夷派に斬られたんだろ。

25 :日本@名無史さん:2009/05/01(金) 01:54:23
いまどき戦前の史観で、井伊大老を貶めようとしても無駄だよ。

攘夷派が責めたてる無勅許も井伊大老が好き好んでやったわけでなく
侵略をほのめかす外国の脅されて、ぎりぎりの線で行った行為だろ。
(本来なら外交は幕府の専任事項なんだから、勅許など必要ないのに)

開国勅許を政治的妨害工作した連中が、勅許を得ないのがおかしいというのは
ちゃんちゃらおかしいじゃないか。

26 :日本@名無史さん:2009/05/01(金) 02:00:02
>>22
尊皇とか譲位とか関係なく、私怨をはらすために血道をあげるバカ殿という論旨のとうだが。
尊皇派の立場w。

27 :日本@名無史さん:2009/05/01(金) 02:06:12
>>25
なにも、知らないんだね。
「井伊直弼攘夷祈願祝詞」嘉永7年11月
神宮徴古館に行けば見られるよ。

28 :日本@名無史さん:2009/05/01(金) 02:06:36
そもそも勅許を得ないことが悪という論理自体が現代的史観ではない。
井伊大老は、勅許を勝手に振りかざすのが誰かが見抜いていたから処分したんだろ。
これは孝明天皇も同じで、自分の意見と反対な勅許がどんどん勝手にだされてしまうこと
を悩んでいたんだよ。


29 :日本@名無史さん:2009/05/01(金) 02:08:59
>>27
だから、それは根本的には鎖国を支持したいが
日本のために開国したという証拠だろ。

30 :日本@名無史さん:2009/05/01(金) 02:11:10
>>28
「筋を通さないのは邪道」
これは永遠の価値観ですよ?

31 :日本@名無史さん:2009/05/01(金) 02:12:44
>>27
薩長も同じじゃないか。
根本的には、鎖国をしたいが外国の文化を学ぶ必要があるから
開国に転宗したんだろ。
井伊大老の場合、政治責任者として植民地化を避けなければ
ならないからずっと進歩的に開国をしただけだろ。

32 :日本@名無史さん:2009/05/01(金) 02:14:32
>>30
政治参加ができないはずの外様や公家や浪人が私権で、勅許をたてに外国人嫌いを
通そうとするのは筋が通らないね。

33 :日本@名無史さん:2009/05/01(金) 02:24:23
直弼は、安政5年、自分の本意は「従来の国法(鎖国)に復することである」と九条尚忠に述べたり、
堀田正睦には同じ年に「外国人に一歩一歩譲歩するのは嘆かわしい」と述べたりで、
本音は尊王攘夷(死後の手記には勅許を得なかったことの苦悩が書かれている)なのだが、
開国は、薩摩や水戸などの幕政への介入を防止するための方便にすぎない。
幕府に実権が確立したら、再び鎖国をするつもりだった。

34 :日本@名無史さん:2009/05/02(土) 18:09:27
>>10
手こぎ船しかない日本が蒸気船の欧米と勝負して勝てると思う?
そして欧米に負けていたらその締結した条約より
もっと苛烈な条件を押し付けられていたのでは?
だからこそ直弼は「国力を付ける為の時間稼ぎ」として
条約を締結するという苦渋の決断をしたんだよ。

35 :日本@名無史さん:2009/05/04(月) 02:25:21
少なくとも井伊大老が幕府の実権を握っていてくれてよかった。
水戸のバカ親父だったらと思うとぞっとするよ。
吉田松陰なんてのも、あのとき斬っておかなければ
あとあととんでもないことやりかねないわけで
井伊直弼の判断はおおむね正しい。

36 :日本@名無史さん:2009/05/04(月) 03:36:14
>>35
まあ、勝てば官軍だからね。
井伊直弼の一番の失態は、警備を怠って暗殺されたことではないか。
桜田門外の変の当日、水戸牢人に狙われてることを知っていながら
家来にも知らせず丸腰ででかけたのは「自殺願望があった」という説があるくらいだから。

江戸城から、大勢の警備を呼び寄せ返り討ちにするくらいの
周到さがほしかったね。
生き延びる・あるいは反対派の息の根を止めていれば幕府を守った
大英雄の評価だったわけで。

37 :日本@名無史さん:2009/05/06(水) 12:09:09
>>36
たしかにそうですな
過信があったのか、規律意識があまりに高かったのか
いずれにしても桜田事変は歴史を変えてしまいました。
残念です。

38 :日本@名無史さん:2009/05/06(水) 12:27:55
武陽陰士っていうコテが文学板を荒らして困ってます。
どうにかして下さい。ちなみにあだ名は芋姉ちゃんw

39 :日本@名無史さん:2009/05/08(金) 12:56:27
>>37
歴史を変えてしまってよかったですな。
下級武士の主導で維新が成功したおかげで、ドラスチックな改革ができたわけで。

40 :日本@名無史さん:2009/05/09(土) 15:51:06
>>37
ひとつの御意見としてうかがっておきましょうw



41 :日本@名無史さん:2009/05/10(日) 00:58:48
>>20
> >>18
> 開国派が処分されたのではなく、勅許工作人たちが処分されたんだよ。
> 大老を辞めさせろ・将軍を慶喜にせよ・という2つのとんでも勅許を
> 圧力工作した犯人が処分されただけ。

結局政争を重視して有為の人材を殺しまくったわけで。
そんなやつに日本の将来をまかせられるわけないだろ。

42 :日本@名無史さん:2009/05/10(日) 13:28:57
>41
それもまたひとつの御意見w



43 :日本@名無史さん:2009/05/30(土) 07:20:36
虐殺大老悪井直弼

44 :日本@名無史さん:2009/06/06(土) 05:16:59
世直し大老、いいなおすけ

45 :日本@名無史さん:2009/06/07(日) 01:56:36
殺戮大老悪井壊弼

46 :日本@名無史さん:2009/06/07(日) 02:00:13
>>21
> やはり継嗣問題で反対派だった開明派幕府官僚の岩瀬忠震、川路聖謨、永井尚志、
> 大久保忠寛らを追放し、処罰するなど、ただの私怨をはらすための報復人事にすぎない。

ここらへんの官僚って積極的に一橋派だったもの以外も粛清されてるからな。
単に一橋派の阿部正弘に登用されたというだけで。
本当に単なる派閥争いだよ。

47 :日本@名無史さん:2009/06/10(水) 16:02:05
埋木舎時代からの国学の師匠だった長野主膳に操られる
哀れな大老井伊掃部頭直弼。

48 :日本@名無史さん:2009/06/10(水) 18:22:59
悲劇の最後とは聞き捨てならないな!
殺されちゃって当たり前

49 :日本@名無史さん:2009/06/10(水) 19:41:17
動あれば反動あり。

50 :日本@名無史さん:2009/06/11(木) 06:59:25
幕閣首脳部の不統一に悩む大老井伊直弼。

51 :日本@名無史さん:2009/06/17(水) 21:53:25
長野主膳はなかなかの人物

52 :日本@名無史さん:2009/06/21(日) 13:59:51
井伊直弼は開国の父?

開国の父ならば、何で開国したにも関わらず、

老中阿部正弘が推し進めた開国路線を否定するような政策(開明派の官僚群の粛清、西洋式軍備→和式軍備の復活等)を採るんな?

井伊大老の政策を見ると、
どう考えても、保守反動としか思えんような政策(幕府独裁体制の維持強化)ばかり行っているが…。

(もっとも、彼の出自を考えると、幕府独裁体制の維持が念頭にあるのは無理からぬ事ではあるが…。)

53 :日本@名無史さん:2009/06/28(日) 00:58:20
井伊にしてみれば、外様も夷狄も大差はないよ。
あくまでも幕府を支え、日本を守るのは三河以来の忠義の譜代と旗本八万騎


54 :日本@名無史さん:2009/07/10(金) 07:08:07
>>11 岩瀬は売国奴

55 :日本@名無史さん:2009/07/14(火) 23:38:20
人の運命は定められており拙者の命が刺客によって落とされるならば たとえ警護の人数を増やしたとてその運命を変えることは出来ない。

56 :日本@名無史さん:2009/07/15(水) 00:03:35
不平等条約を結びまくったカス

57 :日本@名無史さん:2009/07/15(水) 00:12:13
岩瀬のせいだ

58 :日本@名無史さん:2009/07/16(木) 10:06:39
阿部のせいだろ

59 :日本@名無史さん:2009/07/18(土) 08:25:38
井伊直弼に好意はないが、先祖の井伊直政が好きである。
忠臣だから。

60 :日本@名無史さん:2009/07/25(土) 08:11:54
直政って勝ち軍の掃討戦で島津にボコボコにされ、その傷が元でおっ死んだ無能じゃん。

61 :日本@名無史さん:2009/07/25(土) 10:18:14
直政は猛将だけど名将ではないと思う
部隊の指揮投げ出して大将が真っ先に戦場に突っ込んだり

62 :日本@名無史さん:2009/07/25(土) 13:45:10
ボコボコにされたのは島津なんだけど・・・

63 :日本@名無史さん:2009/08/10(月) 22:09:27
島津は関ヶ原でボコボコにされた私怨で徳川にたてついた
井伊は譜代筆頭として、それを阻止しようとした

64 :日本@名無史さん:2009/08/11(火) 10:18:11
井伊も最後は幕府裏切ったけどな

65 :日本@名無史さん:2009/08/13(木) 20:55:17
>>41
それは一橋派も同じ。暗殺蜂起と逮捕処刑の差があるだけで。
卑怯とか言い出したら条約と朝廷を自分らの発言力強化のために結びつけたのが一番のルール違反だろ。

ほかの反論探した方がいいよ。

66 :日本@名無史さん:2009/08/18(火) 03:10:49
井伊大老の最大の失敗は性格が優しすぎたこと。

犯罪者をたった数人しか処刑しなかった。
水戸や不逞浪人を500人くらい殺してくれれば
日本は安泰だった。


67 :日本@名無史さん:2009/08/18(火) 04:31:18
それじゃ国内の対立が後々まで尾を引くような決定的なものになるんじゃないか?

68 :日本@名無史さん:2009/08/18(火) 05:00:32
安政の大獄により、治安が乱れたというのは右翼のプロパガンダ。

現実は、大幅に治安が回復したのが現実。
もっと強烈に処罰すれば、大老暗殺テロは起こらなかった。

69 :日本@名無史さん:2009/08/22(土) 23:40:49
大老暗殺テロさえなければ
その後の侵略国家日本もなかったのである

70 :日本@名無史さん:2009/08/23(日) 01:31:36
徳川のままで明治維新と同等か、それ以上の改革を成し遂げられたと思っている奴って多いよね〜。


71 :日本@名無史さん:2009/08/23(日) 01:43:06
>>69
大老暗殺がなければ日本は植民地にされていたかもな。

72 :日本@名無史さん:2009/08/23(日) 02:08:15
直助って風呂屋の三助みたいな名前だな

73 :日本@名無史さん:2009/08/26(水) 23:29:02
>70
徳川のままでも、歴史は大きく変わりませんよ。
>71
徳川のままでも植民地にはなりませんよ。

74 :日本@名無史さん:2009/08/27(木) 00:20:07
徳川の世の中を経験していないのに、何で言い切れるんだw


75 :日本@名無史さん:2009/09/05(土) 18:55:21
>74
歴史学とはそういうものですw
歴史とはそういうものですww

76 :日本@名無史さん:2009/09/06(日) 02:31:55
徳川なんて潰れて良かったじゃん。
薩長は偉いよ。日本のために良くやったw

77 :日本@名無史さん:2009/09/20(日) 22:21:01
長い目で見た意見は今を知っているから言えることじゃない?
その時々の最善の選択を良しとしないと話がかみ合わないよ

78 :日本@名無史さん:2009/10/03(土) 08:17:20
井伊家 彦根藩って桜田門外の変が切っ掛けで
徳川家の先鋒で譜代筆頭なのに官軍側につくんだよね。

79 :日本@名無史さん:2009/10/18(日) 19:16:11
長野…殿 本日のご登城は、お差し控えくだされそれがしの手の者によりますれば 水戸の浪士数十名が不穏な動きをいたしており本日桜田門において襲撃の計画がありとのことにござりますれば

80 :日本@名無史さん:2009/10/18(日) 19:40:23
井伊…主善よ、拙者のこの命、大老職に就いた時からすでに国に差し出す覚悟はしておった。
本日、登城を控えたとて襲撃計画がなくなるわけでもない。また、人の運命とは定められており この命が刺客に落とされるならば 例え警護の人数を増やしたとって運命をかえることではない。
警護の武士25名、足軽、駕籠持合わせて60名。
いつもの人数。しかし 警護の武士は 雪よけのため雨合羽に刀には、つか袋、大老はそのなりを目にしたが、何も言わず いつものように駕籠へ乗った。

81 :日本@名無史さん:2009/12/27(日) 12:38:51
すげえぜよ

82 :日本@名無史さん:2010/01/19(火) 03:34:00
>>71
大嘘言うなよ。
井伊大老を殺したのは、外国と戦争をしようとした
基地外だろ。
幕府が条約を結ばなかったらどうなったか?

朝鮮や清国を見れば分かるだろ。
井伊大老のおかげで、日本は救われた。

83 :日本@名無史さん:2010/01/19(火) 03:37:20
若手大老井伊直弼を中心とする開国派と、沿岸警備・市中見回りを厳にし、
外国船は打ち払うべしとする御三家筆頭水戸斉昭を中心とする攘夷派が対立する嘉永・安政の政局において、
みずからの位牌までつくって江戸に乗り込み、一刀両断に水戸家の朝廷工作を粉砕した手腕はほめられるべきだと思います。
おととい彦根城にいってきました


84 :日本@名無史さん:2010/01/24(日) 08:22:09
でも水戸派の主張の方が正当なんだよね
井伊は朝廷や将軍の意向を無視して独断専攻したわけだから暴挙であることは間違いない
しかも安易に不平等な条約を締結してしまった
その後、この不平等を覆す為に日本は多大な犠牲を払いながら戦争し続けたが
結局今でも覆す事ができないでいる
200年(継続中)に及ぶ負債を残した井伊の政治は日本史上類を見ない失策

85 :日本@名無史さん:2010/01/24(日) 08:55:18
>>84
ペリーも戦争にならないように厳命されていたけど空砲うって威嚇したりしてるし、井伊大老の立場で条約を
結ばずに戦争にでもなったら腹切っても済まされない大失態。
薩英戦争や下関戦争のようなマネを幕府がやっていたら日本は列強の植民地になっていた。

>結局今でも覆す事ができないでいる
はぁ?

86 :日本@名無史さん:2010/01/25(月) 21:47:24
>>82
フランスが植民地にする前に、まずはものや貿易で飼いならし測量や関税の許可を求め
そのうち植民地にする方法に井伊はまんまとはまりかけてたわけだがw

87 :日本@名無史さん:2010/01/25(月) 23:35:39
>>85
2千人程度で日本占領できるとか本気で思ってるの?馬鹿なの?死ぬの?

88 :日本@名無史さん:2010/01/26(火) 00:11:35
>>87
莫迦だなぁ。2千人を撃退したらアメリカが国家の威信をかけて総力で攻めてくるだろ。

89 :日本@名無史さん:2010/01/26(火) 00:37:33
当時、井伊の選択以外により良い選択は無かった。攘夷を主張し幕府を
非難していた薩長が幕府の結んだ条約を引き継いだのは、その証明だよ。
ただし幕府では、武士階級の廃止、日本の工業化は不可能だっただろう。

幕府には、小栗のような優秀な官僚はいてもテロ組織(w)、革命政権に
ありがちなファナティックさといでもいうか、政策実現に邁進する果断さ、
蛮勇はなかったと思う。

90 :日本@名無史さん:2010/01/26(火) 08:42:01
>>87
想像力のないヤツだなw
なぜ最後まで2000人なのかがわからないしw

歴史を知らないのか?なんで東南アジアの国々や中国が占領されたのかとか考えろよ
2000人でも武器があれば藩を滅ぼすことが出来るだろ

91 :日本@名無史さん:2010/01/27(水) 01:20:17
確かに40分足らずで終わった下関戦争は2000人程度だな

アームストロング砲4丁があれば一つの街を占領できた

92 :日本@名無史さん:2010/01/27(水) 02:44:12
そもそも人数の問題ではない

93 :日本@名無史さん:2010/01/28(木) 01:22:59
そもそも外国船問題はペリー来航の20年も前からあり
海防論が持ち上がっていたのに幕府は何の対策も取らずに放置
アメリカが日本を狙っていると言う情報が入っても動かず
目の前に現れてから慌てると言う無能ぶり
しかも言われるがままにいい加減な条約を結んでしまった
スイスのような海もないような国とまで言われるがまま不平等条約を結んでるあたりもはや救いようがない

94 :日本@名無史さん:2010/01/28(木) 03:08:52
>>93
そのほとんどは直弼の責任じゃないだろ。

95 :日本@名無史さん:2010/01/28(木) 20:31:23
田沼意次はロシアと貿易しようとしてたけど、
無視されてる。ちょっと気の毒。

96 :日本@名無史さん:2010/01/28(木) 22:00:49
プロシア、ベルギー、スイスとの不平等条約締結当時のばっかくの要路者は、
久世大和守廣周、安藤対馬守信睦、本多美濃守忠民、脇坂中務大輔安宅


97 :日本@名無史さん:2010/01/29(金) 21:53:53
>>94
んなこたぁないw

98 :日本@名無史さん:2010/02/11(木) 22:28:36
>>97
んなこたぁあるw

99 :日本@名無史さん:2010/02/13(土) 07:46:07

江戸時代の大老井伊直弼の屋敷の跡

http://akiba.geocities.jp/pxzuwp/0203/35/238.html

今では国会議事堂となっていた。

100 :日本@名無史さん:2010/02/13(土) 09:05:38
何もそんな電波リンク貼らんでも。
と思ったが巧妙な宣伝なのか?

101 :日本@名無史さん:2010/02/13(土) 09:09:58
>>96
プロイセンとの条約のときは、日本側はプロイセン一国が相手と思ってたのに、
向こうはドイツ関税同盟全体のつもりだったから、それを知った安藤老中は驚愕して、
交渉担当者の堀織部正が板挟みになった自害したとか。

102 :日本@名無史さん:2010/02/13(土) 13:20:47
横浜の桜木町に掃部山公園というのがあって
そこに井伊直弼の銅像があった。
なんでも昔は反対運動が起こり銅像の首が切られたとか。
まぁ関係ない話だけどこのスレ読んで思い出したからカキコ。

103 :日本@名無史さん:2010/02/27(土) 07:18:38

日本という国家の基本は安政の大獄にあった。

http://akiba.geocities.jp/pxzuwp/0203/35/238.html

詳しく、この大獄の経緯を分析するとわかってくる。

104 :日本@名無史さん:2010/03/03(水) 14:05:19
桜田門外の変記念あげ、っと…正式には24日なんだがね。

105 :日本@名無史さん:2010/03/06(土) 17:57:11
桜田の暴挙が侵略国家日本をつくる契機となったのである
水戸のバカどもめ

106 :日本@名無史さん:2010/03/22(月) 19:53:53
開国したのは良いけど、
その開国に尽力した開明派官僚や外様大名を弾圧し、
開国備えて海外事情を調査するために設立されていた蕃書調所を潰すなど、
やってることが支離滅裂。

吉田松陰や橋本佐内の処刑なんて当時の刑法すら無視したものであり、
どうやったって擁護できない。

107 :日本@名無史さん:2010/03/25(木) 00:16:54
没後百五十年記念出遅れカキコ

108 :日本@名無史さん:2010/06/19(土) 02:00:14
 
江戸幕府大老井伊直弼と警視庁を祝う成人式

http://akiba.geocities.jp/pxzuwp/0203/38/261.html

成人式の起源は、蕨市の青年祭だった。

この青年祭は1946年の旧暦10月29日に始まった。

この日は、井伊直弼の誕生日だった。

その後、政府は、成人式として、1月15日を祝日に制定する。

この日は、東京警視庁(現在の警視庁)創設記念日だった。

109 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2010/07/11(日) 02:08:16
ttp://www.yomiuri.co.jp/national/culture/news/20100711-OYT1T00147.htm
「井伊大老警護の武士逃げた」奉公人の証言発見

幕末の大老・井伊直弼が暗殺された「桜田門外の変」で、
居合わせた中間(ちゅうげん)(奉公人)の証言とされる記録が、広島県立歴史博物館(福山市)で見つかった。
故郷の安芸に帰る途中に役人に語ったもので、襲撃時の慌てた状況が読み取れる。

記述があったのは、福山藩の儒学者・菅茶山(かんちゃざん)(1748〜1827)の弟子、
門田朴斎の五男が、「変」に関する伝聞や風説などを集めた「骨董(こっとう)録」(縦22センチ、横15・2センチ、100ページ)。
茶山の子孫が館へ寄贈した資料約1万点の中にあった。

中間は事件の朝、登城する約60人の行列中、駕籠(かご)の後方で馬を引いていた。
<殿様御駕籠へ誰に候哉、刀抜連切て掛り候者数人有之、其勢之烈しく怖しき事言んかたなし>
(殿様の駕籠に何者か分からないが、数人が刀を抜いて切りかかった。その勢いの激しさと言ったら、恐ろしくて言葉もない)

〈其内に御駕籠の内か外か不存候へ共、大なる声にて一声叫び候声ハ耳本へ響て聞へ候、
御供方ハ前後へ颯と逃散り、抜合候士も無之様に者相見候へ〉
(そのうち駕籠の内か外か分からないが、大きな声が一声聞こえると、警護の武士は前後に逃げ散り、応戦する者はいないようだった)

中間は恐ろしくなって馬を引いて井伊邸に戻った。

10月には映画「桜田門外ノ変」が公開予定。
時代考証を担当した西脇康・早大講師(日本近世史)は「井伊の家臣は口を閉ざした部分が多く、これだけの証言は残っていない。
突然襲われて慌てふためいた行列の様子が分かる」と話す。

◇桜田門外の変=1860年3月3日朝、江戸城桜田門外で、大老で彦根藩主の井伊直弼を水戸浪士らが殺害した。
尊王攘夷(じょうい)派への弾圧「安政の大獄」を実行した井伊への反感などが背景にあったとされる。
警護した彦根藩士の一部は討ち死にし、生き残った者も切腹、斬首(ざんしゅ)などとなった。 

(2010年7月11日01時37分 読売新聞)


110 :日本@名無史さん:2010/07/13(火) 03:18:43
開国が外圧に屈指幕藩体制の維持がその目的なら意味はないなわ

25 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)