2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

径百余歩の円墳出現か?

1 :桂川光和:2009/07/01(水) 14:39:48
私が卑弥呼の墓とする場所である。地元では『きつね塚』とよばれる円墳である。
尾根全体を墳丘と見ればまさに径百余歩の円墳である。

http://www.max.hi-ho.ne.jp/m-kat/keizibann/Project-H.html

ここは現在宮内庁が六代孝安天皇の玉手丘陵とする場所のとなりの尾根である。
そのことに大きな意味がある。

古代有力豪族である和邇氏系譜によれば、孝安は私が卑弥呼とする宇那比姫の義理の弟にあたる。
すなわち孝安は『男弟ありてたすけて国を治』とする男弟なのである。
詳しくは下記にアクセスしてIDとパスワードを取得し、返信メールのURLにアクセスして下さい。
http://kodai.sakura.ne.jp/fmaildx/index.cgi

2 :日本@名無史さん:2009/07/01(水) 14:48:20
すげえな

3 :日本@名無史さん:2009/07/01(水) 14:55:39
>>1
詳しく

4 :日本@名無史さん:2009/07/01(水) 15:02:49
サガミハラハラさん。いいんですか、こんな事いわせておいて。

5 :日本@名無史さん:2009/07/01(水) 15:24:24
>>1
詳しく

6 :日本@名無史さん:2009/07/01(水) 15:27:17
>>1
詳しく

7 :日本@名無史さん:2009/07/01(水) 18:48:20
>>1
詳しく

8 :日本@名無史さん:2009/07/01(水) 19:40:59
>>1
詳しく

9 :日本@名無史さん:2009/07/01(水) 20:22:48
>>1
詳しく

10 :日本@名無史さん:2009/07/01(水) 20:39:06
>>1
詳しく

11 :ローガン:2009/07/01(水) 20:45:43
曲学さん。結果はどうであれ、その行動力には素直に頭が下がります。

12 :サガミハラハラ:2009/07/01(水) 20:55:44
ほんと、そう思います。

13 :後藤幸彦:2009/07/02(木) 23:13:38
フンガアアアッ!!!ゴケラゴキ、ペッペ。

14 :ローガン:2009/07/02(木) 23:25:44
サガミ先生? 何なん?

15 :日本@名無史さん:2009/07/03(金) 00:02:53
>>1 桂川光和 いや、曲学の徒さん

貴方の論説、ここで聞かせてくれる?

謎の女王卑弥呼は誰か?邪馬台国問題に終止符!31
http://academy6.2ch.net/test/read.cgi/history/1244608713/

16 :サガミハラハラ:2009/07/03(金) 08:02:41
>>14
ですから、あなたの曲学の徒さんへの感想に同感だということです。

17 :日本@名無史さん:2009/07/03(金) 09:57:05
盗掘!墓泥棒!イケナイ!

18 :日本@名無史さん:2009/07/03(金) 13:02:09
ゴケラゴキってプルコギの仲間かね。

19 :日本@名無史さん:2009/07/03(金) 13:50:06
レーダーとか使えば、棺があるかないかくらいわからないものかな。
まあ、仮に棺があったとしても、誰のものかはわからないわけだが。

20 :ローガン:2009/07/03(金) 14:14:11
>>13の後藤さんってサガミ先生じゃなかったのね



21 :サガミハラハラ:2009/07/03(金) 20:51:10
偽者が私の名をかたっています。

22 :日本@名無史さん:2009/07/03(金) 20:52:08
2CHにスレ立てすることは、「墜ちる」っていうんだよ。

23 :縦目仮面:2009/07/05(日) 19:18:05
上記HPにアクセスしてIDとパスワードをいただきました。中国考古学専攻の大学生、剣道
部員です。どうぞよろしくお願いします。


24 :唐松山 ◆V0F34EbmQA :2009/07/06(月) 21:15:16
お〜い剣道部員、横目も使えよ。
視野が狭いとろくな事は無い。


25 :縦目仮面:2009/07/06(月) 21:23:15
縦目は古代蜀の王にして山海経の燭龍、養蚕の神蚕叢。

26 :唐松山 ◆V0F34EbmQA :2009/07/06(月) 21:48:55
そういえば、ガキの頃 家のクルミの木に”シラガダユウ”ちゅうでかい山蚕が居てな
この糸を腹から取り出して、薄酢の中で引き延ばすと「テグス」が出来る。
言われてやったが強い糸は取れなかった。ガキの遊びじゃ美味く行く訳がない。
ただ是が本物のテグスだろう。


27 :縦目仮面:2009/07/06(月) 21:55:17
>>26
うーん、いいレスですね。幼き日の詩情と郷愁がありますよ。ホツマよりずっといい。こちら
の方面で攻めればフアンがもっと増えますね。純情詩人系で。

28 :唐松山 ◆V0F34EbmQA :2009/07/06(月) 22:07:46
ダメだ、それでは、
官に伊支馬有り。次を彌馬升と日い、次を彌馬獲支と日い、
彌馬升=タタネコ ヤマシロ
 ホ37048 ミワのタタネコ ヤマシロが

こういう書き込みが出来なくなる。


29 :縦目仮面:2009/07/06(月) 22:21:59
いやいや、そのレスは深淵すぎて理解できる人はほとんどいないでしょう。人は自分が理解
できないものを嫌う習性があります。そうして「ヤマタイ馬鹿四天王」などと呼ばれることに
なる。・・・天才の不遇ですね、お察しします。

30 :ローガン:2009/07/06(月) 22:49:43
なんの為、スレ建てたん? ほったらかして。
1000迄、世間話でもしますか?縦目さん、唐松山さん。

31 :縦目仮面:2009/07/06(月) 23:27:34
うーん、俺はHPをざっと目を通させてもらったんですが、諸氏族の系図については不勉強で
よくわかりませんでした。掲示板の九州説や古田説に対する批判はそれなりに当を得たもの
だと思います。ただし、「九州の倭国王帥升の国が東進」の部分は、俺とは高地性集落につい
ての解釈の違いがあるようです。

ところで桂川さんに質問なのですが、箸中山古墳についてはどう考えておられますか。被葬者
は 倭迹迹日百襲媛命でよいのでしょうか。また、年代はいつ頃と想定しておられるのでしょう。

32 :カミハミテイル:2009/07/07(火) 05:50:36
私みていました。
箸墓に葬られたのはヤマトトトヒモモソ媛に間違いありません。
陰部を箸で撞いて死んだというのもほんとうです。墓の形は最初から前方後円墳でした。
人々が大坂山の石を手渡しにして運んでいるさまは、壮観のひとことにつきました。
それほどひとびとの畏敬をあつめていたのでしょう。
私、見ていました。

33 :唐松山 ◆V0F34EbmQA :2009/07/07(火) 18:24:11
ホ37149 ヤソナホの キサラギヰカに  垂仁87年2月5日

 ヰニシミコ ヰモトにいわく ワレおひぬ ミタカラもれよ オナカヒメ 
いなみていわく タヲヤメの ホコラたかくて またいわく 
たかければこそ わがつくる カミのホコラも カケハシの まゝとうたえば …

「カミのホコラも カケハシの まゝ」 このカケハシは、箸墓を指す。カケハシ=橋
箸墓築造以降 漸次古墳も大きく造られる様に成る、ヰニシミコは、「私の墓は、カケハシ(箸墓)
と同じで良い」散財をせずミタカラもれよ。と諭しているのです。

「橋」が「箸」に変わると共に、場所、大きさも変わっています。
今の「箸墓」はその造られた場所「大市」から外れている。


34 :日本@名無史さん:2009/07/07(火) 22:02:42
大市ー和名称に大和国城上郡大市郷がある。今の奈良県桜井市の北部。
だそうです。巻向の現在の位置でよろしいのでは?

35 :唐松山 ◆V0F34EbmQA :2009/07/07(火) 22:07:36
大市は、箸墓より少し北まででは、ないか。


36 :ローガン:2009/07/08(水) 16:38:01
紀天武元年「是日三輪君高市麻呂置始連菟當上道戦于箸陵」
上道での場所特定に「箸陵」と。
現箸墓も上道に有り

37 :唐松山 ◆V0F34EbmQA :2009/07/08(水) 17:56:21
「上道」は箸墓と関係ないが、これが問題だ。

「上道」の位置が変わっているのでは無いか?と考えている。
これには、考古学の助けがいるが、今次のように考えている。

崇神時代頃の「上道」は、水田と畑作の境界線を通っていた、
その後の用水路、水田開発により、水田地帯は、山の近くまで伸びる、
畑は、山際。
「上道」も新しい水田と畑の境に移動。


38 :ローガン:2009/07/08(水) 18:01:29
>>37
根拠ありますか?

39 :太国 ◆yVAs7uaYlY :2009/07/08(水) 20:05:11
>>37
>崇神時代頃←自後相違ww
   ↓
曲学の徒氏掲示板

 No.9295 唐松山

   >天皇の無い時代に天皇の名を持ってきてどうする?

40 :縦目仮面:2009/07/08(水) 21:08:29
上つ道が本格的に整備されたのは、6世紀後半から7世紀にかけての頃なので、壬申の乱当
時、箸中山の周囲を通っていたのは間違いないでしょう。発掘調査により道路幅43mとされ、
中つ道、下つ道と平行になるよう計画的に整備されています。崇神朝当時がどうであったか
はなんともいえませんが、俺的にはあまり変化はなかっただろうと思います。

41 :唐松山 ◆V0F34EbmQA :2009/07/09(木) 17:31:05
小さめの書紀古墳が何処に造られたか?

まさか 水田を潰して造られた、事は無いと思う。
さすれば、古墳は、畑地を潰して造られた。
書紀に書かれた位置は「上道」の上 に中ると思う。
「上道」は、水田と畑地を別ける位置を通っていたのでは無いか?


42 :ローガン:2009/07/09(木) 18:04:59
何を言ってるんですか?意味がよく判らない。
天武紀に書かれた上道にある箸陵は現在の箸墓です。

43 :縦目仮面:2009/07/09(木) 20:39:17
唐松山さんは時空を超越した幻視者ですから、レスの意味がわからない我々が悪いのでし
よう。ww しかし、崇神陵が柳本行燈山とすれば、古事記に「山邊道勾之岡上」とあるように
山辺の道沿い。もともと山辺の道があるのに、唐松山さんの言うように田地の広がりによって
も、上つ道が山際に移動していく必要はないと思います。

44 :縦目仮面:2009/07/10(金) 00:20:29
それに、他スレにも書きましたが、俺は崇神陵=西殿塚古墳説です。
崇神帝は古事記によれば、山邊道勾(まがり)之岡上に葬られたとあり、また、かなり後代
になりますが、延喜諸陵墓式に、手白髪皇女(継体天皇后)の衾田陵について、
>守戸なし、山邊道勾之岡上の陵戸をして兼守せしむ。 とあるように、崇神陵と近接して
存在していると考えられます。

衾田陵については東殿塚古墳説もありましたが、近年、真の継体陵とされる今城塚古墳と
同じ新池埴輪窯で焼成された埴輪の出土が見られた、西山塚古墳に比定することがほぼ
定説となりつつあります。つまり、西山塚古墳に近い大型古墳として、西殿塚古墳=崇神陵
であると推定できます。

45 :縦目仮面:2009/07/10(金) 00:25:42
手白髪皇女が継体帝の后となった理由については、よく言われるように、応神帝五世の子
孫といわれる継体帝に古くからの血筋を繋ぐためのものであったでしょう。そして、崇神帝
からの血をひく最後の女性である手白髪皇女は、大阪高槻にある継体陵の近くではなく、
その一族発祥の地である崇神陵の近在に葬られたと考えます。

そして、俺はこの崇神帝を卑弥呼後に立った男王に比定します。この点で桂川さんとは年
代観の違いがあるようです。

46 :日本@名無史さん:2009/08/04(火) 19:04:25
>崇神帝を卑弥呼後に立った男王に比定します。

ここに4次元の世界を再現する、資料が無い。
否定する資料は有る。


47 :サガミハラハラ:2009/08/10(月) 21:33:44
卑弥呼後の男王は在位期間が非常にみじかかったようです。(1年未満)
なぜなら、魏使張政が卑弥呼の死から男王、内戦、壱与までを一貫してみているからです。
檄をとばすために来た人が何年も滞在するはずがないからです。風待ちを計算しても1年そこらでしょう。
たいして、崇神天皇は十数年在位しています。同一人物ではありません。

11 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)