2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

新羅は日本人が作った国家である

1 :日本@名無史さん:2009/10/11(日) 08:37:21
瓠公(ここう、生没年不詳)は新羅の建国時(紀元前後)に諸王に仕えた重臣。
また金氏王統の始祖となる金閼智の育て親。もとは倭人とされる。
新羅の3王統の始祖の全てに関わる、新羅の建国時代の重要人物である。
瓠(ひさご)を腰に下げて海を渡ってきたことからその名がついたと『三国史記』は伝えている。

初代新羅王の赫居世居西干の朴姓も同じ瓠から取られているため、
同一人物を指しているのではないかという説がある。

そして、新羅の王冠が日本からの交易品の勾玉である。

『三国史記』卷一・新羅本紀第一・始祖赫居世三十八年(紀元前20年)条 : 瓠公者、未詳其族姓。
本倭人。初以瓠繋腰、度海而来。故称瓠公。

2 :日本@名無史さん:2009/10/12(月) 01:48:07
中国の史書では百済に関し、その元来の住民については倭人が頗る多いと記されているが、
王族はツングース系の扶余であったという。
しかし新羅の場合、なんと日本列島から渡来した倭人が王になって王統をも伝え、述べ8代の王を輩出したとされる。

初代 赫居世居西干(朴氏)
*2代 南解次次雄(朴氏)
*3代 儒理尼叱今(朴氏)
*4代 脱解尼叱今(昔氏) ←倭人。丹波の国出身説が有力。
*5代 娑婆尼叱今(朴氏)
*6代 祗摩尼叱今(朴氏)
*7代 逸聖尼叱今(朴氏)
*8代 阿達羅尼叱今(朴氏)
*9代 伐休尼叱今(昔氏) 13代 味鄒尼叱今(金氏)
10代 奈解尼叱今(昔氏) 14代 儒礼尼叱今(昔氏)
11代 助賁尼叱今(昔氏) 15代 基臨尼叱今(昔氏)
12代 沾解尼叱今(昔氏) 16代 訖解尼叱今(昔氏)
..                17代 奈勿尼叱今(金氏)

そしてさらに、それ以上に興味深いのが建国時に新羅の宰相となって影の王のように振る舞い活躍した瓢公という、
瓢箪を腰に付けて船で渡来したとされる倭人で、
この人物は現代の朝鮮人のアイデンティティの根幹を揺るがしかねない問題を孕んでいる。
というのも、現代の朝鮮人の姓名は"中華"への服属意識を如実に表す、
漢字/漢字音を用いた姓=一字、名=二字という漢族式で、
実際の姓自体も漢族が使用するものの借用が殆どという有様だが、
新羅の初代王の朴赫居世に始まる「朴」という姓だけは、
辰韓の語の「バク」という単語を借字で音写した独自の姓とされ、特殊な姓と言える。
ではこの「バク」という辰韓の語が何を意味するかと言うと、「瓢」。
宰相として影の王のように振る舞った倭人の「瓢」公となんと同じ。
このことから、瓢公と朴赫居世は共に倭国から渡来した同族、あるいは同一人物であるとも言われている。
ちなみに金氏の祖は、件の、倭人である昔氏初代にして第四代新羅王脱解の治世時に、
これまた件の倭人宰相瓢公が拾って来たとされている。
瓢公(あるいは朴氏も)や昔氏一族といった倭人たちが新羅建国に深く関わり、王、宰相として支えたわけです。非常に興味深いですね。

3 :日本@名無史さん:2009/10/12(月) 05:22:45
俺は異存はないが、火病った奴らにスレが汚されない事を祈るよ。

4 :日本@名無史さん:2009/10/12(月) 05:39:47
中公新書10月の新刊

正倉院ガラスは何を語るか
由水常雄著

5 :日本@名無史さん:2009/10/12(月) 06:11:34
朝鮮南部は元々

「勾玉文化圏」「甕棺文化圏」「前方後円墳文化圏」「南式支石墓文化圏」
縄文「土器,石匙(携行ナイフ),漁労(釣り針同系)」文化圏

6 :日本@名無史さん:2009/10/12(月) 06:16:08
アメノヒボコが新羅の王子だったというのも倭人が新羅王だったことの証明だな。


7 :日本@名無史さん:2009/10/12(月) 06:41:26
>稲飯命(神武天皇の兄)は新羅王の祖である。

『新撰姓氏録』右京皇別下新良貴条は、「是出於新良国 即為国主 稲飯命出於新羅国王者組合」とあり稲飯命は新羅王の祖であるとする異説を載せている
(朝鮮の歴史書『三国史記』新羅本紀・脱解尼師今紀では、「脱解本多婆那國所生也 其國在倭國東北一千里」とあり新羅の4代目の王にして昔氏王統の初代である脱解尼師今は
倭国の東北千里にある本多婆那國の出であるとされており、関連性が見られる)。なお尼師今は日本語のニシキと思われる

8 :日本@名無史さん:2009/10/12(月) 07:07:43
脱解は丹波出身だからな

9 :日本@名無史さん:2009/10/12(月) 08:34:09
しかし・・・中華から倭人と呼ばれる人間でなければ
古代から東アジアにすんでいたことにならなくなる。

が、韓国人は日本人を倭人と呼び続けてきたので
かれらは倭人では無い。
高麗の記録に、新羅の王が倭人だったとあるなら
高麗は自分が倭人では無いと思っていたことになり
その記録を否定しなかった韓国人も、やはり同じように倭人では無い。

ようするに、韓国人は日本の都市部の在日韓国人のように
焼け野原になったような戦乱の後に
勝手に住み着いて、古代から居るような顔をしている連中であると言える。

10 :日本@名無史さん:2009/10/12(月) 08:39:21
韓とか韓人ってのは、中華の記録によると
秦の時代に圧政から逃亡した人々、のことを指してるんだから
韓を名乗るということは中国人の一種を名乗ることになるわけで。

例えば、日本列島も同じように越や呉という地名や伝説もあるが
それを民族名、国家名として名乗ってたら中国人になる。
やまと、という独自の民族名があるから良いものの。

半島は、漢人の名付けた朝鮮、あるいは韓にしても
まあ漢字で表現するのは日本も同じだが
独自の民族の「発音」の名が無いわけだから、どうにもならんよな。

11 :日本@名無史さん:2009/10/12(月) 12:29:37
新羅が滅んだときの王は朴氏。本来の金氏は絶えていた。
朴氏は、自分たちの地位を正当化するため、金姓の王統の前に遡って、朴姓の王統をねじ込んだ、
と聞いたが? 違うの?

12 :日本@名無史さん:2009/10/12(月) 13:59:56
>>7-8
その話に関連が有ると思われるのが、むかし丹波の国の一部だった丹後半島
丹後の宮津(天の橋立が有る処)の丹後には浦島神社が有り、かの有名な浦島伝説の故郷

腰にヒョウタンをぶら下げ若い時に龍宮城へ行き、老後隠居さんに成って故郷に帰って来た
昔話を近所さん達に聞かせながら良い人生を送ったとさ。

浦島太郎って脱解(タカ?,タケ?)(天の日矛アメノヒボコ)(ツヌガアラシト)の事じゃ無いか!
丹後半島地域に有る(宮津)(天の橋立のアマ)(天の日矛アメノヒボコ)(羽衣伝説)(聖徳太子の母,間人タイザの波斯人ハシヒト(ペルシャ人)の故郷)
なんか匂うな!!!あっそれと舞鶴湾の西が丹後の宮津で、東が越前のツヌガアラシトの敦賀(ツルガ)なんか匂うな!!!

13 :日本@名無史さん:2009/10/12(月) 14:03:45
>>1
んなわけねぇだろw
頭冷やせよ。

14 :日本@名無史さん:2009/10/12(月) 18:01:20
西暦前108年まで、朝鮮半島は漢の領土だった。
玄兎郡は高句麗(高句麗の首都は丸都)
楽浪郡は平壌
真蕃郡は大伽耶

それで行くと、新羅は臨屯郡の1都市では、と思っていたのだが?

15 :日本@名無史さん:2009/10/12(月) 18:37:19
だからよ新羅を作ったのが日本人なんて言ってるやつは世界中で
日本人だけなんだよw(しかも2ちゃんねらーw)

中国だってそんなこと言ってないし、日本の学者だって主張してるヤツなんて
訊いたことない



16 :日本@名無史さん:2009/10/12(月) 19:21:10
>>15
高麗王朝が12世紀に新羅の王族は倭人だったと公式に認めてますが!三国史記は偽書??

『三国史記』卷一・新羅本紀第一・始祖赫居世三十八年(紀元前20年)条 : 瓠公者、未詳其族姓。
本倭人。初以瓠繋腰、度海而来。故称瓠公。

朝鮮の歴史書『三国史記』新羅本紀・脱解尼師今紀では、
「脱解本多婆那國所生也 其國在倭國東北一千里」とあり新羅の4代目の王にして昔氏王統の初代である脱解尼師今は
倭国の東北千里にある本多婆那國の出であるとされており、関連性が見られる

17 :日本@名無史さん:2009/10/12(月) 19:31:17
「倭」の始まりは「弁韓」「馬韓」の小国の集まりが九州に移民をしたのが始まり。
その後、「馬韓」は「百済」となり、家族付き合いを続けており、
最終的に「百済」消滅後、「倭」と統合し、現在の「日本」となる。
「朱蒙(チュモン)」は日本の歴史番組でもある。
卑弥呼はプヨから派遣された巫女。

大和王朝 … 扶余系高句麗人の騎馬軍団が日本に来て倭国に王朝を建てたのが始まり

「白村江の戦い」以降の武蔵(東京)での朝鮮半島からの移民の歴史
●666年(天智5年)……「百済人男女約2000人東国移住」
●684年(天武13年)……「百済人僧尼以下23人を武蔵國へ移す」
●687年(持統元年)……「高麗人56人を常陸國、新羅人14人を下野國へ移住」「高麗の僧侶を含む22人を武蔵國へ移住」
●716年(霊亀2年)……高麗郡の設置(駿河・甲斐・相模・上総・下総・常陸・下野七カ国の高麗人1779人を武蔵國に移す)
●733年(天平5年)……「埼玉郡の新羅人徳師ら53人に金姓を与える」
●758年(天平宝字2年)……新羅郡の設置(日本に帰化した新羅の僧32人、尼2人、男19人、女21人を武蔵國に移住)
●760年(天平宝字4年)……「新羅人131人を武蔵の地へ移り住む」


18 :日本@名無史さん:2009/10/12(月) 19:51:16
>>16

「脱解尼師今」の血筋が継体天皇。
つまり今の天皇は高句麗、百済、新羅の三国の血を引く王様と言う事だろう。
蘇我氏の努力だろう。

19 :日本@名無史さん:2009/10/12(月) 21:45:11
頭蓋計測8項目に基づく縄文人からのマハラノビス距離

アイヌ2.8
沖縄人3.7
東北人6.1
関東人7.6
近畿人10.2
華南人12.2
朝鮮人15.8
華北人19.4

20 :日本@名無史さん:2009/10/12(月) 22:00:47
>19
また、埴原さんの古いデータを持ち出してきたな。

21 :日本@名無史さん:2009/10/12(月) 22:47:28
畿内古墳人は韓国・朝鮮現代人に類似する畿内現代人と同じグループに属し縄文人から最も離れている
(池田次郎・京都大学名誉教授)

22 :日本@名無史さん:2009/10/12(月) 23:05:11
■天孫降臨神話は朝鮮の檀君神話そのもの

日本の古代神話の中の「天孫降臨神話」についての研究は、過去多くの研究者達によって解明が進められてきた。
松村武雄、三品彰英、大林太良、西郷信綱、松前健、吉田敦彦などの学者たちが考察を重ね、現在、日本の天孫降
臨神話が朝鮮半島から内陸アジアにかけてひろく分布する「天降り神話」に起源を持っていることは定説化している。

天孫降臨神話には多くの型があるが、「古事記」に現れる神話は、「大国主命の国譲りがあって、天照大神と高木神は
日つぎの御子の天押穂耳命に降臨を命じた。そのとき天押穂耳命と高木神の娘、豊秋津子媛のあいだに子が生まれたので
、その子、穂邇邇伎命をかわって天下りさせて瑞穂国を統治させることになった。
そのとき猿田彦が八衢(やちまた)にあらわれて道案内をした。
五つの族長が供につき、三種の神器があたえられたのち、天照大神は、「この鏡を我が魂としてまつれ」と命じた。
準備が整い、穂邇邇祇命は筑紫の日向の高千穂の久士布流岳に天降った。」

この部分は、「日本書紀」では高御巣神が穂邇邇祇命をマドコオウフスマにくるんで降臨させた」とあり、しかも神器はあらわれない。
また、「日向国風土記逸文」には穂邇邇祇命が稲穂を散布しながら高千穂峰にくだる話になっている。
これは以下に見るように、朝鮮神話の「檀君神話」(三国遺事)とそっくりである。

http://inoues.net/shoki/kojiki_shoki10.html

23 :日本@名無史さん:2009/10/12(月) 23:15:35

高麗王朝が12世紀に新羅の王族は倭人だったと公式に認めてますが!三国史記は偽書??

『三国史記』卷一・新羅本紀第一・始祖赫居世三十八年(紀元前20年)条 : 瓠公者、未詳其族姓。
本倭人。初以瓠繋腰、度海而来。故称瓠公。

朝鮮の歴史書『三国史記』新羅本紀・脱解尼師今紀では、
「脱解本多婆那國所生也 其國在倭國東北一千里」とあり新羅の4代目の王にして昔氏王統の初代である脱解尼師今は
倭国の東北千里にある本多婆那國の出であるとされており、関連性が見られる


24 :日本@名無史さん:2009/10/12(月) 23:33:43
[偽書とされる書における檀君]  <清の嘉慶5年(1800年)に命名された地名「長春」が見え>
                     <20世紀に入ってから作られた男女平等、父権などの用語が使用されている>

『桓檀古記』に含まれる「檀君世紀」上編[2]によれば、檀君朝鮮は始祖王倹より古列加まで47代続いた王朝であったという。
しかし、同書や同じく『桓檀古記』にある「太白逸史」には清の嘉慶5年(1800年)に命名された地名「長春」が見え、
「太白逸史」の引用書「朝代記」に至っては男女平等、父権などの近代になって登場した用語が使用されている。
このことから、20世紀に入ってから作られた新しい偽書であることが確実視されている。



25 :美濃もん太 ◆RoY2GHF3nI :2009/10/12(月) 23:41:22
>>15
百済や斎州島の建国神話も倭人が田畑を開拓し稲作などの文明を伝えた様子が書いてあるよ

てか記紀にも神が国作りに向かった事や女王が韓国を治めてた事は書いてあるじゃん

三国史ってどんな時代の話の事なのか知らないの?
三国志演義は中国を舞台にしたフィクションで、三国史は元々は中国とかは関係ない話だよ


現代の学者達が何を言おうが、当時の人達が倭人が開拓し建国したと伝えてるんだから、当時を知らない奴がそれを否定する方がおかしいじゃん

26 :日本@名無史さん:2009/10/12(月) 23:43:17
糞コテ

27 :日本@名無史さん:2009/10/12(月) 23:48:02
俺はもん太好きだよ

28 :日本@名無史さん:2009/10/13(火) 00:58:15
東アジアには、男の遺伝子から見て、大きな派閥が4っつある。
中国北方系のO3系
中国南方系のO2系
出アフリカ系のD系
シベリア系、モンゴル系などのC系

で、よく見かける高句麗のなんとかの
フヨってCかね。満州だし。
でも日本はC系の男は凄く少ないぞ。
源氏や平氏の子孫も莫大だから、神武天皇と同じ血統はDかOになると思うが。

29 :美濃もん太 ◆RoY2GHF3nI :2009/10/13(火) 02:37:57
>>28
遺伝子w
まあ100歩譲って遺伝子に4つの系統があるって事で良いわ

ただその「中国北系」とか「アフリカ系」とか「モンゴル系」とかって名前は何なの?

まず日本人に多く見られる遺伝子を「日本系」として話してくんね?
日本人って人口1億2千万人からなる世界人口の60分の1をも占める民族なんだから
人口が13億人もある中国でも民族人口では上海民族の1億人が最高
次に重慶民族の8千万人とかじゃ無かったかな?
日本人がその4つの中のどの系統に入るのか知らないけど、○○系ってのは、最も人口が多い民族の名前を当てて話してよ


30 :日本@名無史さん:2009/10/13(火) 03:13:56
■前史■

紀元前から4世紀頃まで朝鮮半島南部は漢人・夫余人・倭人・韓人の雑居地帯だった。
       
・300年頃  ヤマト朝廷発足
・313年   中国植民都市=楽浪郡、高句麗によって滅ぶ=半島大混乱
・346/356年 百済・新羅建国。ミマナ含む伽耶諸国は倭の後援を得て小国分立。
           
■戦争前夜■ 
         
・360年頃  百済・高句麗国境地帯に鉄鉱山発見される=紛争の火種
・367-371年 百済、倭に遣使。軍事援助を要請
・372年   百済倭軍事同盟締結。百済、誓約の証として倭に七支刀を贈る
            
この頃、軍事介入に反対した仲哀天皇は暗殺される。(363年)
代わりに未亡人の神功皇后が司令官、武内宿禰が副官に就任。
七支刀は石上神宮に現存。この神社は服属部族の神宝保管庫なので百済が臣従したことがわかる。
武内宿禰は蘇我氏の先祖。

31 :日本@名無史さん:2009/10/13(火) 03:20:49
三韓より百済より新羅よりヤマト朝廷発足の方が早いんですよ
新羅は海を渡って戦闘もできなかった雑魚
新羅の王は海を渡った倭人
これは史実に書いてある事実

そして、半島は多民族国家
「其人雜有新羅、高麗、倭等、亦有中國人」
(そこの人は新羅、高句麗、倭などが混在しており、また中国人もいる。)

「其人雜有華夏、高麗、百濟之屬」
(そこの人々は華夏(漢族)、高句麗、百済に属す人々が雑居しており)





32 :美濃もん太 ◆RoY2GHF3nI :2009/10/13(火) 03:31:08
>>31
中国=中つ国

中心の地の意味で固有名詞じゃないよ
倭人の中つ国は、倭の都が置かれた場所だろうし、モンゴル帝国の中つ国は帝都だろうし、卑弥呼にとっての中つ国は、倭の朝廷だろうし


芦原中国とあれば芦原の中心の地の事だし

33 :日本@名無史さん:2009/10/13(火) 03:35:36
新羅の王は日本から渡った倭人で、民衆は中国からの移民だったよな

「弁韓・辰韓には文身(入れ墨)をした倭人が数多くいた」
「先祖が秦の労役から逃れてきた亡命人だという」
との記述とも一致する

34 :美濃もん太 ◆RoY2GHF3nI :2009/10/13(火) 03:51:05
>>33
だかは中国は「なかつくに」だってば

秦ってのは大秦(ローマ)や太秦(イスラエル)だよ

中東からシルクロードを渡って蚕を日本に伝えた移民だよ
そもそも秦てのは中国じゃないってば

あと秦も漢も韓も同じ意味の漢字で、イスラエルから半島南部に移民してきた秦氏の事だよ
和爾氏とか羽田氏が秦だよ


35 :日本@名無史さん:2009/10/13(火) 03:52:53
高句麗や百済から亡命してきた一派と海を渡って来た倭人の末裔が新羅人

36 :日本@名無史さん:2009/10/13(火) 03:58:37
>>17
「弁韓」「馬韓」以前に倭はとっくに存在していたんだよ。
「弁韓・辰韓には文身(入れ墨)をした倭人が数多くいた」って書いてあったでしょ。
移民?といってもごく僅かだね。
それに、前方後円墳を見ても解るとおり、それ以前に倭人は日本から半島に移民していたんだよね。
騎馬民族が王朝を建てた?
魏志韓伝はもとより高句麗伝を読んでも、3世紀半ば当時、韓半島に騎馬軍の存在は有り得ないよ。
九州の古墳に馬具なんて無いんだよね。
お前が書いてることが事実なら、伝承や史実に書いてあると思うが、一切そんな記述は無いのよね

37 :日本@名無史さん:2009/10/13(火) 05:14:10
卑弥呼の三韓征伐とか、逆のことなら伝承にあるけどな

38 :日本@名無史さん:2009/10/13(火) 06:09:45
春秋戦国の「韓」と朝鮮半島の「韓」は、
西周時代の成王がペキンに「燕」を建てる以前に武王が建てていた「韓」が元。
燕と入れ替わりで河南省へ移転したのが後にでかくなって戦国の「韓」に。
(張良はこの出身)一方ペキンの住民も韓という姓をなのったので
燕(河北)には韓氏が多かった。かれらが後世、楽浪郡経由で移民して馬韓・弁韓・辰韓ができた。

39 :日本@名無史さん:2009/10/13(火) 06:36:04
>>15
中国の教科書に任那日本府が載っていて古代から日本は南朝鮮を支配していたと教えてるよ。
弁韓は日本領だったとも。

上海人民出版社の『世界史講』に、
「新羅は、半島南方で 早くから長期間にわたって倭人の基盤となっていた任那地区を回復した」と記述している。

40 :日本@名無史さん:2009/10/13(火) 06:46:35
>>37 三韓征伐は、神功皇后で、卑弥呼じゃない。

41 :日本@名無史さん:2009/10/13(火) 07:16:51

調べてみたが、日本に騎馬民族は来て無いな。
モンゴル系はY遺伝子C3だが、日本は1%。
朝鮮はモンゴルや満州にやられてC3が20%近く居る。

日本には南方C系のC1ならもう少し居るが、これは日本に最も早く来た系統。
C系から見ても、日本は朝鮮と違うな。

フヨ族はC3だろうから、帰化人の1%程度だけで
天皇の系統はその子孫の数から考えるとDかO。
土着文化で、先祖の名が中華では無いのでD系だろう、となる。


42 :日本@名無史さん:2009/10/13(火) 07:21:51
>>41
これは文化の話。
実際の人間の遺伝子は交換されている可能性がある。

D系の文化を生きるO系の人間もいれば
O系の文化を生きるD系、C系の人間も居るのが民族というもの。

日本の場合、中枢がD系文化などで、
O系文化などによって発展した民族と言える。
所属している人間の系統は多種。
天皇も、たまたまD系の中に混ざっていたほかの男の可能性もある。
文化と人間は常に同じでは無いから。



43 :日本@名無史さん:2009/10/13(火) 07:48:47
白村江の戦いってのは、日本からの独立戦争だったのかもね。唐の力を借りて。

44 :日本@名無史さん:2009/10/13(火) 07:50:25
中国の教科書は、国定だからね。
間違いなく国が認定しているね。

45 :日本@名無史さん:2009/10/13(火) 08:29:30
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
自演基地害貧乏まちう本スレは ↓ 【無職】30代真知宇☆本スレ☆観察【童貞】
http://society6.2ch.net/test/read.cgi/shugi/1252417433/
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

46 :日本@名無史さん:2009/10/13(火) 08:43:40
>>41
C系統も日本からモンゴルへ流れたって説が主流だったりするよな

47 :日本@名無史さん:2009/10/13(火) 19:23:50
>>39
中国の公式な歴史関連のホームページに「任那日本府」が掲載されてて
韓国の執拗な抗議で突然「任那日本府」関係の全文が削除されたと聞いてたが

その内容は「4世紀、大和国が隆盛になり朝鮮半島に進出して百済、新羅を
臣下にしてこれを支配した」という記述
韓国の猛抗議で削除されたそうだが・・別の教科書に載ってるの?

>>34
中国の秦って色んな民族によって成り立ってたらしいね
何しろ始皇帝自身がペルシャ系の血を引いてるとか言う説もあるぐらい
秦は漢民族の王朝とは言えないぐらいの多民族連合の王朝

だから中国大陸やや朝鮮半島にペルシャ人が住んでてもおかしくないし
日本にも渡来してきている





48 :日本@名無史さん:2009/10/13(火) 20:09:10
今,右京に居る[新良貴氏]は稲飯命の後也。是新羅国に出ず!
>稲飯命本人じゃなく子孫の新良貴氏は新羅出身だと言う事<

┌──────────「原文」
新良貴彦波瀲武{盧鳥}{↑茲↓鳥}草葺不合尊男稲飯命之後也。是出於新良国。
即為国主。稲飯命出於新羅国王者組合。日本紀不見。
└──────────
┌──────────「現代訳」
新良貴[しらき](氏)は、彦波瀲武[盧鳥][↑茲↓鳥]草葺不合尊[ひこなぎさた
け・うがやふきあえずのみこと]の男[むすこ]である稲飯命[いなひのみこと]
の後[のち]也。是[これ]新羅国に出ず。即[すなわ]ち国主なり。
稲飯命は新羅国に出て、王は祖合す。日本紀[やまとのふみ]には見えず。
└──────────


49 :日本@名無史さん:2009/10/14(水) 04:22:41
>>47
削除されたというのは聞いた事がないな
半島は古代から弱小だったというのが中国のスタンスなので、
ヤマトが南朝鮮を支配したというのは日中の常識的な認識だろう


東北工程:百済・新羅の歴史も「中国史の一部」=中国社科院
ttp://www.chosunonline.com/article/20070604000018

公式研究書に百済と新羅の歴史も「中国史の一部」と記述していたことが3日、分かった。
百済に対しては「(高句麗と)同様に古代中国の辺境にいた少数民族である夫余人の一部が興した政権」
とし、新羅については「唐は(百済が滅亡した)660年以前には羈縻政策を、それ以降には直接統治を行った」
と記述した。また、新羅は「中国の秦の亡命者が樹立した政権」であり、
「中国の藩属国として唐が管轄権を持っていた」とした。

「王建は決して<朝鮮>半島の新羅人の子孫ではなく、
中国・淮河流域から来た漢人の末裔・・」と主張し、933年に後唐の明宗が
太祖・王建に送った冊封詔書などをその根拠として提示した。
冊封詔書には太祖・王建を「長淮の茂族」と呼んでいる部分があり、
この論文は「長淮は淮河流域を意味する言葉で、
太祖・王建の本籍地が中国であるため、高麗は中国人が建国した国」と主張している。


50 :日本@名無史さん:2009/10/14(水) 06:12:07
高句麗=扶余系=満州系なんだわな。
高句麗の発祥地は中国の東北地方で、高句麗の数百年の歴史のうちの最初からの半分以上が中国東北地方にしか版図がなく、朝鮮半島には存在はしてなかった。
そして、彼らが滅亡した後は、ほとんど満州の部族に移行している。つまり、どう考えても、高句麗は中国東北系の国なんだわな。

高句麗と朝鮮の関係って大日本帝国の朝鮮と似たようなもんでしょ。
朝鮮に日本家屋があることを理由に、朝鮮人が江戸文明を作ったとかぬかすくらいあつかましい主張でしょ。
何しろ、文明が継承されてないんだもの。
満州人はきっちり高句麗文明を継承してるけど朝鮮は100年前は土人文明だもの。
高句麗はシナと新羅(朝鮮)が連合して消滅させた異民族の古代国家にすぎない。
百済も、高句麗の後継国家、渤海も同じ。


51 :日本@名無史さん:2009/10/14(水) 06:13:02

韓国人=朝鮮人の先祖は、古代半島の東北部、 いわゆる中国領・楽浪郡の東部地方(日本海沿岸地方)に 住んでいたワイ族。
百済人、高句麗人は古代の満州地方に住んでいた遊牧民族=フヨ族。

ウィキペディア-朝鮮民族
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9C%9D%E9%AE%AE%E6%B0%91%E6%97%8F

歴史
朝鮮半島では4世紀頃までに高句麗、新羅、百済の三国が興り三国時代と呼ばれるが、7世紀に中国の唐が新羅と結んで高句麗、百済を相次いで滅ぼし、さらに新羅が唐の勢力を追放して朝鮮半島を統一した。
高句麗や百済の支配層は扶余系とみられ、韓系である新羅人とは別系統の言語を話した。
一般的に現在の朝鮮語の祖語は新羅語とされている。このことから言語をもって民族の基準とすると、朝鮮民族を形成していった主流は新羅人であると考えられる。

ウィキペディア-新羅
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%96%B0%E7%BE%85

脚註
^ なお韓国では、高句麗の滅亡後にその遺民が靺鞨族と共同して満州に建国した渤海を高句麗の後継国家と見なし、新羅・渤海をあわせて南北国時代と呼び、朝鮮民族史の及ぶ地理的範囲を朝鮮半島から満洲・沿海州を含めた領域としている。
しかしながら、言語的観点から現代の韓国・北朝鮮の祖とされる新羅と、高句麗・渤海とでは、民族的・言語的に隔たりがあり(金芳漢著・大林直樹訳『韓国語の系統』)、
高句麗・渤海を現在の韓国・北朝鮮へ連続する国家と見なす十全な根拠がないため、高句麗・渤海の故地を領土に含み、また高句麗・渤海と民族的に同系である満州族を国民として多数抱える中国との間に軋轢が生じている(→東北工程)。


52 :日本@名無史さん:2009/10/14(水) 06:13:44
朝鮮人(高麗族、コリョ族)は中国東北部起源の北の蛮族
「楽浪半島、もしくは東シナ半島」の歴史(中国と日本の歴史)
前1000年頃 殷の廷臣、箕氏(中国人)が周の武王から楽浪(半島北部)に封じられる?(周の属国)その後、周の凋落で王を称す?
戦国期 編纂されはじめていた地理書「山海経」に「楽浪の南に、燕に朝貢する倭がある」旨、記される。 辰国(半島南部、百越人の国)は倭そのものか? 百越人(弥生人)とは、失われた長江文明の担い手。現在そのDNAは半島、日本、ベトナム以南にしか残されていない。
前195年 秦に滅ぼされた燕からの亡命武将、衛満(中国人)が箕氏楽浪を乗っ取る。 このころから辰国は三韓に分かれはじめる。 馬韓(後の百済)は百越人の国。秦韓(辰韓、後の新羅)は始皇帝から逃れてきた秦民の国。弁韓(後の任那)も秦韓に似る。
前108年 中国皇帝の武帝が衛氏を滅ぼし楽浪郡を設置、植民地とする。
前37年 東胡を祖とするコリョ族(高麗族)が中国東北部に高句麗(前高麗)を建国。
2世紀 遼東太守、公孫度が扶余族(穢族からコリョ族と分岐)の王、尉仇台に嫁を与え馬韓(後の百済) の王とする。先から三韓の王族は全て扶余族となっていた? 倭王も同族? 新羅三王家のふたつに倭出自伝説が残されている。
3世紀初 公孫康 、曹操の許可を得て楽浪郡南部を帯方郡(後の百済)として設置。
4世紀 晋の八王の乱の混乱に乗じて、高句麗が楽浪郡を不当占拠。百済、新羅が建国。日本を大国と崇め、人質を送る。任那も併せ三韓は日本の勢力下にあった。
7世紀 任那、百済と順に滅亡、遣隋使と合わせて日本は半島から手を引く。新羅、高句麗を征伐。統一新羅は中国の属国となり、独自の名前と年号を捨て、中国式の名前と年号を使い出す。
918年 新羅滅亡、高麗(後高麗)建国。新羅内に雌伏していたコリョ族が国を乗っ取った。

ここまでは、朝鮮人の歴史ではない。


53 :日本@名無史さん:2009/10/14(水) 06:15:25
朝鮮人とは朝鮮半島の南側に住んでた原住民で、三韓(馬韓、弁韓、辰韓)人

それに対して高句麗(※)も百済も朝鮮人を支配してた扶余(ツングース)民族だな


広辞苑より
【扶余】前一世紀から五世紀まで、中国東北地方北部に活動した民族。
また、その建てた国。ツングース族の一。一〜三世紀中頃が全盛期、もと百済の別称。
【高句麗】紀元前後、ツングース族の扶余の朱蒙(東明王)の建国という。
中国東北地方の南東部から朝鮮北部にわたり、四世紀広開土王の時に全盛。
都は二○九年より丸都城、四二七年以来平壌。唐の高宗に滅ぼされた。高麗(コマ)。
【渤海】八〜一○世紀、中国東北地方の東部および朝鮮半島北部のあたりに起った国。
靺鞨(マツカツ)族の首長大祚栄が建国。唐の文化を模倣し高句麗(コウクリ)の旧領地を
併せて栄え、七二七年以来しばしばわが国と通交。一五代で契丹に滅ぼされた。
【靺鞨】(マツカツ)ツングース族の一。有力な部族が七部あり、その一である
粟末(ゾクマツ)靺鞨の首長大祚栄は渤海国を起し、また黒水靺鞨は後に女真と称した。
【女真】中国東北地方の東北部から沿海州方面に住したツングース系の民族。
五代の頃より女真と称し1115年完顔(ワンヤン)部の首長阿骨打(アクダ)が金を
建国し宋に対抗。後に清朝を興した満州族も同一民族である。

一方朝鮮人は、朝鮮半島の原住民の事です。
馬韓、弁韓、辰韓の民族ですね。
なので

百済≒高句麗≒渤海  ≠  三韓=朝鮮民族


54 :日本@名無史さん:2009/10/14(水) 06:16:46
なぜ朝鮮人は嘘をつくのか Why does the Korean tell a lie?
http://www.youtube.com/watch?v=9ATZG6pyY88
http://www.youtube.com/watch?v=jbgbbXk0n1k
http://www.youtube.com/watch?v=KR7z_-jagCE

■朝鮮人が認められない歴史的事実一覧

・弥生人が長江流域からやってきた百越系民族であること
・半島南部の先住民が倭人(=弥生人=百越系民族)であること
・新羅の建国時の宰相が倭人であり、王家の二つが倭人系統であること、また始祖の朴赫居世についても倭人説があること
・百済、新羅が大和朝廷に対し従属的地位にあったこと
・大和朝廷による伽耶地域の支配(半島南部における多数の前方後円墳の存在)
・半島における文化的独自性の欠落(あらゆる分野での古典の不在)
・常に某かの国の属国として歩んできた歴史
・姓が中国文化の影響を受け、みずから改名し、中国語氏名であること
・朝鮮征伐が日本と明との戦争であったこと(李朝の軍は明の将の指揮下に入り、和平交渉も日本と明の間で行われている)
・朝鮮通信使が実質的に朝貢使節であったこと(琉球の江戸上りと同じ)
・オンモン(朝鮮文字)がパスパ文字、契丹小字をもとにしたものであり、しかもカナより600年遅れて作られたものであること


55 :日本@名無史さん:2009/10/14(水) 06:21:42
長い歴史の中で数多くの国や王朝に朝貢し冊封され支配、統治され
朝鮮人は混血も重ねています(大きいところでは中国諸民族、縄文人、倭人、蒙古人、満州人、大日本帝国)

近年韓国で医学界等の遺伝子や血液の分析で朝鮮のルーツは北方である事
南部からの流入(日本の縄文人や倭人、倭人王については完全にスルーしてますが)との
混血である事も徐々に指摘、新聞でも報道されはじめました

血液分析により民族の移動経路を判明する 東亜日報
韓国 台湾 日本、もっとも単一民族に近いのは日本人
http://japan.donga.com/srv/service.php3?biid=2001010317828

"韓民族は単一民族ではない!" 韓国 朝鮮日報
http://news.chosun.com/site/data/html_dir/2009/01/09/2009010901296.html

韓国人、違う民族の血40%位まじっている 韓国 朝鮮日報
http://www.chosun.com/national/news/200604/200604050360.html

顔で見た韓国人、すでに他民族血統…“80%が北方系” 日本版 中央日報
http://japanese.joins.com/article/article.php?aid=90507&servcode=400

もし日本人、韓国人が似てると感じれば、それは激しく混血を重ねた朝鮮人が似てるのであって
日本人が似ているのではないのです

朝鮮はこの通り朝鮮民族だけの物ではありません、
今後は友愛の精神で朝鮮半島は異民族を多く受け入れ多民族多人種社会となり
それぞれの民族の国籍を認め韓国朝鮮人と同じ権利を持ってもらい共生すべきです

国連、「韓国の単一民族強調」人権侵害の恐れ 日本版 中央日報
http://japanese.joins.com/article/article.php?aid=90362&servcode=400

韓国の民族主義を告発、スタンフォード大シン教授(上)
http://www.chosunonline.com/news/20090623000056

56 :日本@名無史さん:2009/10/14(水) 06:22:42
【質問】『「我々韓国人は高句麗人(フヨ族)の子孫だ。高句麗は韓国人が建国した国だ」と主張していますが、 これは事実でしょうか?』

【回答】 完全なウソです。韓国人の作り話です。韓国人と高句麗人はまったく別種の民族です。高句麗人は
古代の満州地方に住んでいた 遊牧民族=フヨ族の一派ですが、韓国人=朝鮮人の先祖は、古代半島の東北部、
いわゆる中国領・楽浪郡の東部地方(日本海沿岸地方)に 住んでいたユウロウ族です。狩猟民族=ユウロウ族の子孫が
現在の韓国人です。このユウロウ族はシベリア奥地の山岳部から半島東北部に移住してきた民族です。
 満州地方に住んでいた遊牧民である高句麗人(フヨ族)とは何の関係もありません。強いて関連付けるならば、
一時期、フヨ族がワイ族を 支配化に置いていたこと、くらいです。
 では、高句麗人の子孫にあたる民族とはどのような民族なのか。それは女真族(満州族)です。
高句麗が唐によって滅ぼされた後、高句麗人(フヨ族)は彼らの故郷である『満州』に逃げました。
 高句麗人はこの地において契丹族や鮮卑族、モンゴル族と混血しました。それによって誕生したのが
女真族(満州族)なのです。 この女真族が、1115年に満州地方から中国北部にまで版図を有する
『金国』を建国しました。金国が滅びた後、1616年に、 同じく女真族の国である第2次金国=後金国が建てられ、
この『後金国』が清国へと発展していきます。


57 :日本@名無史さん:2009/10/14(水) 06:23:40
高句麗人(フヨ族)の歴史を図にすると、下記のような流れになります。

〔フヨ国→ 高句麗→ 金国→ 後金国=清国 (高句麗滅亡後に建国された渤海国も『高句麗人の国』という説がある) 〕

 見ての通り、高句麗と韓国人は何の関係もありません。高句麗人の末裔と呼ぶべき民族は満州族であり、
韓国人=朝鮮人ではないのです。 韓国人は高句麗人の子孫ではないだけでなく、高句麗人の歴史を受け継ぐ
満州族(女真族)のことを『オランケ』と呼び、蔑んでいました。 オランケとは韓国語で「野蛮人」の意味です。
 韓国人は、「我々は高句麗人の子孫だ」と自称する一方で、本物の『高句麗人の子孫』である満州族のことを、
野蛮人呼ばわりして 見下しているのです。
 ところが最近の韓国人は、時と場所によって「満州族と韓国人は兄弟民族だ」と言ったり、「満州族はオランケであり、
韓国人と違う民族だ」と、 言ったりしています。まさに『ご都合主義』です。自分たちの都合により、歴史を捏造し
歪曲しているのです。 日本人は倭人の子孫である。一方、朝鮮人はユウロウ族の子孫である。この2つの民族は
最初から別種なのだ。


58 :日本@名無史さん:2009/10/14(水) 06:24:23
百済→王族は扶余族、倭人と混血 、民衆は長江文明の遺臣の弥生人(百越人ともいう)
新羅→王族は扶余族、三王家のふたつに倭人出自説あり、民衆は弥生人と、始皇帝から逃げてきた秦人(漢族)
高句麗→ツングース系女真人
高麗→ツングース系女真人
渤海→ツングース系女真人

渤海と高句麗の民族的人種的なつながりははっきりとはわからないが、
新羅に滅ぼされた高句麗の遺民が建国した国ではないか、とは言われている。
何度も日本に朝貢している。
渤海が滅んだのち、今度はその遺民が高麗を建国した、というのがだいたいの流れ。
中国東北部にいた人々が一時期朝鮮半島に国を作ったとも言えるし、それが朝鮮人であるとも言える。
朝鮮半島は漢族、倭人、中国東北部族、モンゴル人等々、種々雑多な人種が入り乱れている。
日本と違って、半島というのはどこでもそういうもの。いわば人種民族の通り道的な存在。



59 :日本@名無史さん:2009/10/14(水) 06:25:04

高句麗は、夫餘から出た別種である。(『旧唐書』高麗伝 :「高麗者、出自扶餘之別種也。」)
高句麗は本来夫餘の別種である。(『新唐書』高麗伝 :「高麗、本夫餘別種也。」)
という記述にもあるように、高句麗族はその起源伝説の類似点から、ツングース系と考えられる
扶余と同じ民族と見られることが多い[2]。史上でも扶余の流民を受け容れていることが記されているが、
民族を同一とするにたる明証はなく、墓制の違いを見る限りは扶余と高句麗との差は歴然としている[3]。
但し、『魏書』百済伝の百済王蓋鹵王の上表文には、「臣と高句麗は源は夫余より出る」
(臣與高句麗源出夫餘)とあり、当時の百済人は高句麗人を同種の夫余とみていたことになる。
なお、扶余族は他に、沃沮(東沃沮・北沃沮)・?・百済(王族)など朝鮮半島に広く分布していた。

wiki より

上記からも、高句麗はツングース系と確定している。当然、朝鮮民族ではない。


60 :日本@名無史さん:2009/10/14(水) 06:27:12

          /\
        / 大\
      / / ̄\ \
    /清|へノ⌒|国/\
    \  \_//  .\
      \属 . /      \
       \/         \
             ∧∧∧∧ \
            <  `/)  >ヽ∧
            /   /  / `∀> ∧∧
          ◇(   イ◇  (   ,つ`∀´>
          /ヽ  )) ヽ  )ヽ )と  , イ
          (_/(_/(_/(_/ノ(_/⊂ノ> )J
      / ̄Y ̄`|/ ̄^Y ̄ヽ/ ̄ ̄Y `´ ̄\
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
見ろチョッパリ! これがウリ達の誇らしい国旗ニダ!


昔の韓国の国旗は、清(中国)の属国と書かれていた

最古の太極旗の絵が発見
http://www.chosunonline.com/article/20040126000072
http://file.chosunonline.com//article/2004/01/26/096308444610326967.jpg

韓国の国旗自体が、中国の清の属国国旗だと言ってるじゃないか


61 :日本@名無史さん:2009/10/14(水) 06:27:54
中央日報 2004.09.27 スペイン紙「韓国4228年間、中国の属国」

スペインの有力紙「エル・ムンド」のウェブ版(www.elmundo.es)が
「韓国は4228年間にわたって中国の植民地だった」と紹介した。
「エル・ムンド」は「韓半島は長い歴史のなかで数多くの侵略を受けてきた。中国に1895年まで属していた(略)
「▽韓国が元々中国植民地だったと伝えた米CNNテレビ▽平壌を中国植民地だと紹介したヒストリーチャンネル−−などのケースと同じ脈絡のもの」(略)
http://japanese.joins.com/article/article.php?aid=56213

http://blog.goo.ne.jp/think_pod/e/0b306f901f4daf3e42a18ba5e2664129
世界の教科書
◎ ドイツの教科書
「日本が大陸に最初の足がかりを築いたのは4世紀の事だった。その後300年、
日本は朝鮮半島を支配する地位にあったが、唐との戦争に敗れ、17世紀になるまで待たなくてはならなかった」
◎ フィリピンの教科書
「朝鮮は、その歴史の大部分中国の属国であり、その支配は19世紀に日本に引き継がれた。
日本は自由な新しい秩序を樹立する事によって、朝鮮に平和と安全をもたらそうとした」
◎ インドネシアの教科書
朝鮮を中国の属国として記した。
「朝鮮の文化と芸術は中国・モンゴル・日本文化の影響を受けた」
「朝鮮は言論・宗教の自由が制約を受ける国」
「北部はロシアが、南部はアメリカが占領している」
◎ タイの教科書
「朝鮮は中国の支配下に入り、これが19世紀まで続いた」
◎ ポーランドの教科書
「AD1世紀以来、日本と中国は朝鮮半島の領有権を巡って衝突した」
◎ アメリカの教科書
「朝鮮は中国の従属国」
◎ カナダの教科書
「朝鮮は、数百年間中国の属国」
「日本は<中略>朝鮮に鉄道・道路・港を建設し、産業を発達させて教育の機会を拡大させようと努力した」
◎ イギリスの教科書
「西暦366年から562年まで、日本が朝鮮半島を支配した」

62 :日本@名無史さん:2009/10/14(水) 06:29:03
朝鮮の歴史は半万年ではなく千百年弱

「朝鮮、属国史」の始まり
918年 高麗建国
10世紀 宋に朝貢、契丹(東胡の末)に朝貢。
12世紀 金(女真族、東胡の末)に朝貢。
13世紀 高麗はモンゴルの属国となる。劣等感から、一然という僧が檀君神話を捏造し、忠烈王がモンゴルに日本侵略を唆す。
14世紀 高麗滅亡、李朝建国。李朝は最初から明の冊封国で、国名も中国に決めてもらった。
17世紀 清(女真満州族)に服属、三跪九叩頭の礼に甘んじる。
19世紀 日本が日清戦争で中国を破り、属国の李朝は独立させてもらう。(日本の保護国)
1910年 李完用の要請により日本に併合してもらう。李氏朝鮮(大韓帝国)滅亡。
1948年 戦後アメリカ軍政庁の統治下にあったが、アメリカの後押しで大韓民国が成立。
1950年 アメリカとソ連の代理戦争である朝鮮戦争が起き分断国家となる。
1991年 ようやく国連加盟、史上初めて世界から独立国家として認められる。 
1993年 韓国、軍事独裁制を脱し、史上初めて独立民主政体となる。
現在 いまだ言論、学問の自由もなく民主主義とは程遠い国である。北は論外。




63 :日本@名無史さん:2009/10/14(水) 06:29:45
======== 偉大な韓国の歴史 ==========
10世紀 長白山が過去2000年間で世界最大級とも言われる巨大噴火を起こす(リセット)

1010年 「契丹」に侵略される。首都開城が陥落。(キタン人化)
1013年から1019年まで継続して侵略される。   (キタン人化)
12世紀 「女真」の侵入。侵略。「金」に朝貢。   (満洲人化)
1231年 「蒙古」に侵略される。首都開城が陥落。国王江華島に逃亡
    長い間、無抵抗の半島はモンゴル軍に蹂躙される。(モンゴル人化)
1247年 「蒙古」に再侵略される。しばらく蹂躙が続く。 (モンゴル人化)
1258年 雙城総管府を置かれる。翌年、王子を人質に降伏。(モンゴル人化)
    国内には多くの蒙古軍人が駐留。        (モンゴル人化)
1270年 東寧府を置かれる。              (モンゴル人化)
    反対派が済州島に移って徹底抗戦。1273年に鎮圧 (モンゴル人化)
1274年と1281年「元寇」(半島人主力で日本侵略。が、全滅(モンゴル人化)
1356年から1362年までの紅巾賊侵入により首都開京が陥落 (シナ人化)
1419年 「応永の外寇」 17000人で対馬を襲撃。船、家を焼き、住民を虐殺する。
    しかし、少数の対馬軍に撃退される。
1592年 と1598年秀吉の「唐入り」 首都漢城が陥落(短期でヤマト化は無理)
1627年 「後金」に侵略される。平壌を超え、侵略されるが漢城までは来なかった。
    しかし、国王は江華島に逃亡(満洲人化)
1636年 「清」に侵略される。首都漢城が陥落。清軍が、す早く江華島への道を遮断。
    泥濘の中、朝鮮王仁祖は清の太宗に降伏、大清国属国となる。(満洲人化)

「屈辱の象徴」三田渡碑の移転決定
http://tosi.iza.ne.jp/blog/entry/610163/
韓国マイナー観光
http://www.geocities.co.jp/HeartLand-Kikyo/1239/w-18.htm


64 :日本@名無史さん:2009/10/14(水) 06:34:25
宗主国をかさに、高麗や朝鮮国王にゆすりたかりを働き、一族の利益を図るのが、
朝鮮 半島の鉄則のようなものだ。千余年来、たいてい同じようなことを繰り返したのであった。
だから千年進入され、千回とも敵を撃退したのではなく、属国になると誓ってから宗主国が
兵を引いたという歴史事実が繰り返されている。
 ではなぜ戦後になると韓国知識人の歴史歪曲が、日を追ってますます神話まがいのものまでに
変化していったかというと、それはどの民族も自存自衛のために欠かせない民族の自尊心にある。

韓国は壬辰倭乱(豊臣秀吉公の朝鮮征伐のこと)で焦土と化した。だから三百年もへても立ち
直れなかった。いやがうえにも倭乱のひどさを強調した いという気持ちはわからないでもない。
しかし、考えてもみると、一回の大乱だけで三百年も立ち直れない民族は、世界中のどこにいるのか。
もしあるとす れば、もっと恥を知るべきであろう。戦後、焦土化した日本は半世紀もたたずに
再び経済大国になったではないか。千回も侵略され、すべての侵略者を撃退 したという自慢話と、
三百年も立ち直れないでいるという論理を矛盾することもなく主張することに自己撞着はないのであろうか。
 韓国知識人はつねにこのような歴史歪曲で「反日」を正当化する。

              韓国人の反日台湾人の親日  黄文雄 光文社



65 :日本@名無史さん:2009/10/14(水) 06:38:29
日本人 = 日本書紀に「391年に神宮皇后が百済と新羅を征服したと書いてある。」
韓国人 = 捏造だ。
日本人 = 三国史記「新羅本記」にも慶州を倭兵に包囲されたと言う記録がある。
新羅は何回も王子を人質に差し出している。百済の武寧王は人質の子として日本で生まれた。
韓国人 = 捏造だ。
中国人 = 満州にある碑文にも倭国が海を渡って百済と新羅を臣下にしたと書いてある。
韓国人 = 捏造だ。
中国人 = 中国の歴史書の宋書にも倭国が朝鮮半島南部を支配した記録がある。
韓国人 = 捏造だ。
中国人 = 中国の歴史書の魏志倭人伝には既に3世紀から倭国では鉄の鏃を使ったと書いてある。
韓国人 = 捏造だ。
中国人 = 中国の歴史書の随書にも倭国は産物も豊かで鉄の鏃で武装した軍隊を持つ。
百済と新羅は倭国を大国として敬ったと書いてある。
日本人 = 日本や中国の歴史書や発掘品は全て捏造なのか?
韓国人 = そうだ!韓国に都合の悪い歴史書は全て捏造だ。
中国人 = 中国の歴史書まで捏造か?
韓国人 = そうだ。歴史書が本物だとしても,日本という名前は7世紀まで無かった。倭と日本は違う。
日本人 = 三国史記に「670年の十二月に、倭国が国号を日本と改名した。
日の出る所に近いから、これをもって「日本国」としたとの事である。」とあるが?
中国人 = 中国政府も外交部のホームページ(www.fmprc.gov.cn)で
「5世紀はじめ、大和国が隆盛した時期に、日本の支配が朝鮮半島の南部にまで拡大した。」と公式に認めている。
日本人 = イギリスのオックスフォード大学の出版社(www.oup.com/ca)の教科書が、
「5世紀の日本の勢力は朝鮮半島南部まで支配した。」 書いている。それを世界50か国の学校に発行している。
日本人 = アメリカのコロンビア大学やアメリカ議会図書館が「5世紀の朝鮮半島南部は日本の大和政権の支配下にあった。」と記載している。
韓国人 = 世界中が朝鮮半島を捏造している!!
韓国人以外の一同「ではそれらの捏造を裏付ける証拠は?」
韓国人「・・・・・・韓国に対する愛はないのか!!ー!!」

66 :日本@名無史さん:2009/10/14(水) 06:39:40
■『三田渡碑』、またの名を『大清皇帝功徳碑』、韓国人には『恥辱碑』

『三田渡碑』丙子胡乱で朝鮮が負けた時に、朝鮮王が清国皇帝に9回地面に頭を擦り付けて服従を誓った記念碑。

それに刻まれている文章を要約すると
★『大馬鹿な朝鮮王は愚かにも、偉大な清国皇帝に逆らった』
★『清国皇帝は愚かな朝鮮王を窘め、己の大罪を諭してやった』
★『良心に目覚めた朝鮮王は自分の愚かさを猛省し、偉大な清国皇帝の臣下になることを誓った』
★『我が朝鮮はこの清国皇帝の功徳を永遠に忘れず、また清国に逆らった愚かな罪を反省するために、この石碑を建てることにする』
★『大馬鹿な朝鮮王は愚かにも、偉大な清国皇帝に逆らった』
★『清国皇帝は愚かな朝鮮王を窘め、己の大罪を諭してやった』
★『良心に目覚めた朝鮮王は自分の愚かさを猛省し、偉大な清国皇帝の臣下になることを誓った』
★『我が朝鮮はこの清国皇帝の功徳を永遠に忘れず、また清国に逆らった愚かな罪を反省するために、この石碑を建てることにする』

さらに1637年1月30日に朝鮮が清国に結ばされた和約の内容は、
★朝鮮は清国に対し、臣としての礼を尽くすこと
★朝鮮は明の元号を廃し、明との交易を禁じ、明から送られた誥命と明から与えられた朝鮮王の印璽を清へ引き渡すこと 
★王の長子と次男、および大臣の子女を人質として送ること 
★清が明を征服する時には、求められた期日までに、遅滞なく援軍を派遣すること 
★内外(清)の諸臣と婚姻を結び、誼を固くすること
★城郭の増築や修理については、清に事前に承諾を得ること 
★清に対して黄金100両・白銀1000両と二十余種の物品を毎年上納すること 
★清国皇帝の誕生日である聖節・正朔である正月一日・冬至と慶弔の使者は、明との旧例に従って送ること 
★清が鴨緑江の河口にある?島を攻撃する時に、兵船五十隻を送ること 
★清からの逃亡者を隠してはいけない 
★日本との交流を許すこと
『二十余種の物品』の具体的には、清国に毎年美女3000名、牛馬各々3000を献上等々。

▼なお、「この和約は下関条約で無効となる」  ← ここ重要


67 :日本@名無史さん:2009/10/14(水) 06:40:27

アメリカ大使館「朝鮮に歴史無し。昔から中国、日本、偏狭蛮族の属国」
http://s04.megalodon.jp/2008-0104-0331-22/www.enjoykorea.jp/tbbs/read.php?board_id=teconomy&page=9&nid=3182743
http://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=%E6%9C%9D%E9%AE%AE%E3%81%AE%E6%AD%B4%E5%8F%B2&diff=8434966&oldid=8280871



68 :日本@名無史さん:2009/10/14(水) 18:49:41
本当に新羅を建国したのが日本列島出身の倭人ならうれしいけど
信憑性がないから日本の学会でも取り上げられることさえないんだろ


69 :日本@名無史さん:2009/10/14(水) 19:19:34

「シラギ」というころの新羅というよりは、その前に倭人の領域として
存在してた倭の話ではないか?
後々、シラキと新羅をまぜこぜに考えてしまった、と。

高麗も、滅ぼした新羅が倭人の国だったとしたほうが
高麗の半島統治に都合が良かっただろうし。

なんにしても、大昔は半島は倭人が多く住んでいたことは確かだが
今では半島に倭人は欠片も無いので、シラギやらそういう記憶は
ほとんど残って無いからどうにもならん。


70 :日本@名無史さん:2009/10/14(水) 21:43:17
http://japanese.joins.com/article/article.php?aid=79526&servcode=400§code=400
■高句麗象徴する「三足烏」、韓国の代表ブランドに

韓国だけでなく日本でも昔から三足烏を神聖視していたことを示す事例がある、と指摘した。
日本の王が即位式のときに着る服に三足烏が描きこまれてあったり、日本サッカー協会(JFA)のエンブレムも三足烏だとのこと。

これについてネットユーザーは「韓民族の風習が日本に伝えられたもの」とし「高句麗の遺物に現れる三足烏の形が日本のものよりデザイン的に優れている」と主張した。
他のネットユーザーは「東夷族が初めて三足烏を崇め、近隣諸国に伝えたのだろう」とし「三足烏の元祖は韓半島」と強調した。



71 :日本@名無史さん:2009/10/14(水) 21:52:17
http://beaverland.web.fc2.com/oldhist/menu.html
●日本は古代韓国の植民地だった?

もし、私が「日本は古代韓国の植民地だった」と、本気で言いだしたなら、おそらく、上のような罵詈雑言が返ってくるだろうと思います。
実は、全く同じことを、私は、韓国人から言われたことがあって、そのとき、ちょうど、言葉には出さなかったものの、上に書いたような
罵詈雑言をはきたくなったことを覚えています。

その韓国人は言ったものです。「そんなことは、韓国では常識になっている。第一、昔は、文化も、軍隊も、韓国のほうがずっと上を行っていたんだ。
だから、日本が植民地になるのは分かるが、その逆はありえない。ちょっと考えれば分かるじゃないか!」
確かに、海軍が強かったということは過去にありました。かの有名な豊臣秀吉が朝鮮を征服しようとして2度にわたって半島へ軍隊を派遣したわけですが
朝鮮では、季舜臣(りしゅんしんーいすんしん、と言う人もいる)という有能な将軍が現れて、亀甲船(きこうせん)という鉄板で
防御を固めた船を作り、見事日本軍を撃退したという過去を持っている。

韓国人の多くは、世界で初めて鉄鋼船を造ったのは、この将軍だと固く信じています。
しかも、韓国では現在、この季舜臣将軍を民族の太陽として、かつてないほど高くあがめ、その故郷には、顕彰碑が建てられ、聖域化しているほどです。


72 :日本@名無史さん:2009/10/14(水) 22:22:54
>>68
記述があるのが他でもない半島の歴史書だからねw



73 :日本@名無史さん:2009/10/14(水) 23:27:05
『山海経』
「蓋國在鉅燕南 倭北 倭屬燕」(山海經 第十二 海内北經)
蓋国(北朝鮮北部蓋馬高原地域?)は鉅燕(渤海湾北部,遼東一帯)の南、倭(半島南部と九州北部)の北にあり。
倭(半島南部と九州北部)は燕に属す。

『後漢書』「東夷傳」
「建武中元二年 倭奴國奉貢朝賀 使人自稱大夫 倭國之極南界也 光武賜以印綬」

建武中元二年(57年)、倭奴国(現在の福岡市)、貢を奉じて朝賀す。使人自ら大夫と称す。
倭国の極南界(最南部)なり。光武賜うに印綬を以てす



74 :日本@名無史さん:2009/10/14(水) 23:30:19
朝鮮南部は元々倭人文化圏

「東アジアのゴホウラやイモガイ,オオツタノハ製品,その他の南海産貝製品出土圏」
http://www.geocities.jp/ikoh12/honnronn5/005_06/kai448.jpg
「朝鮮半島南部の勾玉文化圏」
http://yamatai.cside.com/katudou/image/241-5.gif
「甕棺文化圏」 「前方後円墳文化圏」 「南式支石墓文化圏」
縄文「土器,石匙(携行ナイフ),漁労(釣り針同系)」文化圏


75 :日本@名無史さん:2009/10/14(水) 23:31:44
>稲飯命(神武天皇の兄)は新羅王の祖である。

『新撰姓氏録』右京皇別下新良貴条は、「是出於新良国 即為国主 稲飯命出於新羅国王者組合」とあり稲飯命は新羅王の祖であるとする異説を載せている
(朝鮮の歴史書『三国史記』新羅本紀・脱解尼師今紀では、「脱解本多婆那國所生也 其國在倭國東北一千里」とあり新羅の4代目の王にして昔氏王統の初代である脱解尼師今は
倭国の東北千里にある本多婆那國の出であるとされており、関連性が見られる)。なお尼師今は日本語のニシキと思われる


76 :日本@名無史さん:2009/10/14(水) 23:33:44

高麗王朝が12世紀に新羅の王族は倭人だったと公式に認めてますが!三国史記は偽書??

『三国史記』卷一・新羅本紀第一・始祖赫居世三十八年(紀元前20年)条 : 瓠公者、未詳其族姓。
本倭人。初以瓠繋腰、度海而来。故称瓠公。

朝鮮の歴史書『三国史記』新羅本紀・脱解尼師今紀では、
「脱解本多婆那國所生也 其國在倭國東北一千里」とあり新羅の4代目の王にして昔氏王統の初代である脱解尼師今は
倭国の東北千里にある本多婆那國の出であるとされており、関連性が見られる


77 :日本@名無史さん:2009/10/14(水) 23:38:55
奈良の都,右京に居る[新良貴氏]は稲飯命の後也。是新羅国に出ず!
>稲飯命本人じゃなく子孫、奈良の都,右京住いの新良貴氏は新羅出身だと言う事<

┌──────────「原文」
新良貴彦波瀲武{盧鳥}{↑茲↓鳥}草葺不合尊男稲飯命之後也。是出於新良国。
即為国主。稲飯命出於新羅国王者組合。日本紀不見。
└──────────
┌──────────「現代訳」
新良貴[しらき](氏)は、彦波瀲武[盧鳥][↑茲↓鳥]草葺不合尊[ひこなぎさた
け・うがやふきあえずのみこと]の男[むすこ]である稲飯命[いなひのみこと]
の後[のち]也。是[これ]新羅国に出ず。即[すなわ]ち国主なり。
稲飯命は新羅国に出て、王は祖合す。日本紀[やまとのふみ]には見えず。
└──────────


78 :日本@名無史さん:2009/10/14(水) 23:41:55
[偽書とされる書における檀君]  <清の嘉慶5年(1800年)に命名された地名「長春」が見え>
                     <20世紀に入ってから作られた男女平等、父権などの用語が使用されている>

『桓檀古記』に含まれる「檀君世紀」上編[2]によれば、檀君朝鮮は始祖王倹より古列加まで47代続いた王朝であったという。
しかし、同書や同じく『桓檀古記』にある「太白逸史」には清の嘉慶5年(1800年)に命名された地名「長春」が見え、
「太白逸史」の引用書「朝代記」に至っては男女平等、父権などの近代になって登場した用語が使用されている。
このことから、20世紀に入ってから作られた新しい偽書であることが確実視されている。


79 :日本@名無史さん:2009/10/14(水) 23:57:59
丹後半島ー瓢箪ヒサゴ,うらしま太郎  うら島とは新羅のこと???
丹後半島ー新羅の王子「天の日矛」アメノヒボコ
敦賀ーツヌガアラシト

>>みなさんお忘れなく!


80 :日本@名無史さん:2009/10/15(木) 00:34:43
でも新羅って、王の系統が明らかに入れ替わってるだろ。
高麗の記録でも初期シラギは倭とかにしても、
金王朝は倭では無いことを示してる。

どっちにしても
滅んだ国なんて適当な想像でいいわな。末裔自称してるのも居るが
滅んだ国の末裔自称して何になるのかね。


81 :日本@名無史さん:2009/10/15(木) 03:00:09
>中国の書物の伝える新羅建国......新羅王家は本百済人で[姓は募、名は秦] 金姓は征服した金官国の王家の姓を百済との絶縁の象徴として名乗る。

隋書東夷伝によれば、その王はもと百済人で、海から逃げて新羅に入り、ついにその国に王となった。祚を伝えて金真平に至った・・・。
その先には百済に附庸していたが、のち百済が高句麗を征するのに困って、高句麗人は戎役に堪えられず、あい率いてこれに帰したので、ついに強盛を致し、困って百済を襲い、迦羅国に附庸となった。

三国史記では法興王の時代521年に中国南朝の梁に使を遣わした新羅王は、[姓は募、名は秦]と伝えられる。564年に北斉の鄴に使を遣わした新羅王は金真興であった。
募という姓は慕韓とも書かれる馬韓のことで、新羅王家が百済系だという「隋東藩風俗記」の伝承が史実であることを示している。
新羅は532年に金官国の王である金仇亥を降し、536年に初めて国号を立て建元元年とし、545年には初めての国史を編纂、554年には百済の聖王を管山の戦いで殺し、
562年に加耶国を征服して任那を完全に併合した。その2年後の564年に金真興が現れるので、金姓は金官国の王家の姓を百済との絶縁の象徴として採用され、
金氏の系図もこの頃造られたものである。

法興王(ほうこうおう、生年不詳 - 540年)は、新羅の第23代の王(在位:514年 - 540年)であり、姓は金、諱は原宗。
『冊府元亀』には姓を募、名を泰(『梁書』『南史』では名は秦)として伝えられる。先代の智証麻立干の長子であり、母は朴登欣伊飡(2等官)の娘の延帝夫人
王妃は朴氏の保刀夫人(『三国遺事』王暦では巴刁夫人)。



82 :美濃もん太 ◆RoY2GHF3nI :2009/10/15(木) 09:10:37
>>80
新羅や百済の王がまず何人なのかだよ

はっきり「倭人」と書いてる訳でしょ?
>倭人でない事を示している
どの記述をそう解釈してるのか知らないけど、例えば「フヨ人だ」と書いてあれば「○○王はフヨ人」と民族が特定出来るから倭人では無いと言う言い方が出来るわけでしょ?


それとも「○○王は倭人では無い」なんて記述があるとでも言うんかあ?
その王が何人なのかも書かずに、倭人では無いなんて事を書いてたりするん?

倭人を否定したければ、倭人じゃなく何民族なのかを特定しなよ
そも新羅や百済を建国した民族は何人と思ってる訳?

83 :日本@名無史さん:2009/10/15(木) 16:30:48
>>81
倭王武がしつっこく「慕韓六国諸軍事」称号を要求するのは、
新羅法興王[姓は募、名は秦]募という姓は慕韓とも書かれる馬韓の事と関係有るかも!

[宋書]より
詔除武、使持節都督倭新羅任那加羅秦韓慕韓六国諸軍事安東大将軍倭王。
<訳>「詔して武を使持節都督倭・新羅・任那・加羅・秦韓・慕韓六国諸軍事、安東大将軍、倭王に除す。」


84 :日本@名無史さん:2009/10/15(木) 20:28:37
■日本は,百済の継承国家である!  2009/02/11(水)

世界中,どの国の国民も自国の「建国の歴史」を明確に理解している
ただし,一国だけ例外がある. わが日本国である、日本だけは「建国の歴史」が
曖昧模糊(あいまいもこ)としている
日本という国がどのようにつくられてきたのか? ほとんどの国民が知らない、
日本にも「建国の日」があるが,神話(つくり話)上の日なので 出鱈目である
だから 「建国の日」が,賛成・反対,右派vs左派,「分裂の日」になっている

国民こぞって皆が祝える 「建国の日」 にするには,どうしたらいいのか?
それには,先ず “建国の歴史” をより明確・明瞭にする作業が必要だ
難問は,日本には “歴史のタブー” があることだ

タブーとは 「日本国は外国人(渡来人)がつくった」 ということだ
このことを,過去1400年間,日本国の支配者層はタブーにしてきた
日本古代唯一の歴史書 『日本書紀』 も,渡来人が天皇になって日本国をつくった
ことを隠すために書かれている
ところが,ご聡明な平成天皇は…,
「桓武天皇の生母は百済の武寧王の子孫である…」
と,先祖に百済人がいることを明確にされた.さらに天皇陛下は…,
「宮内庁楽部の楽師の中には,当時の移住者の子孫で,代々楽師を務め,今も折々に雅楽を演奏している人があります」
と,現在においても “渡来人の子孫” が宮内庁にいることを明らかにしておられる
 平成天皇は,御自ら 「歴史のタブー」 を解き放たれたのである
http://www.geocities.jp/o1180/more7.html#ws0211
http://www.geocities.jp/o1180/html/16kodaisi.html

>タブーとは 「日本国は外国人(渡来人)がつくった」 ということだ
>タブーとは 「日本国は外国人(渡来人)がつくった」 ということだ

85 :日本@名無史さん:2009/10/15(木) 21:00:08
■「武寧王」も九州(佐賀県)生れの倭人だった。

『日本書紀』雄略紀

百済の文斤王がなくなり、天皇は昆支王の五人の子の中で、二番目の末多王が、
幼くとも聡明なので、内裏へ呼んだ。親しく頭を撫でねんごろに戒めて、その国の王とし、
武器を与え、筑紫国の兵五百人を遣わして国に送り届けた。これが東城王である。…

【廿三年夏四月、百済文斤王薨。天王、以昆支王五子中、第二末多王、幼年聡明、勅喚内裏。
親撫頭面、誡勅慇懃、使王其国。仍賜兵器、并遣筑紫国軍士五百人、衛送於国。是為東城王。】

こうして479年、東城王(末多王)が百済王に即位したが、この即位も倭国(天皇)によって決められたことが判る。

86 :日本@名無史さん:2009/10/15(木) 21:28:55
【爆笑ニュース】 爆笑!小麦作、6000年前には、もうあった!(爆爆


縄文時代前期とされる岡山県灘崎町、彦崎貝塚の約6000年前の地層から、
稲の細胞化石「プラント・オパール」=写真=が出土したと、同町教委が18日、発表した。
同時期としては朝寝鼻貝塚(岡山市)に次いで2例目だが、今回は化石が大量で、
小麦などのプラント・オパールも見つかり、町教委は「縄文前期の本格的農耕生活が
初めて裏付けられる資料」としている。

http://osaka.yomiuri.co.jp/inishie/news/is50219a.htm
小麦などのプラント・オパールも見つかり
小麦などのプラント・オパールも見つかり
小麦などのプラント・オパールも見つかり
小麦などのプラント・オパールも見つかり

87 :日本@名無史さん:2009/10/16(金) 00:27:20
小麦などのプラント・オパールも見つかり

88 :日本@名無史さん:2009/10/16(金) 02:42:14
>>幾ら人の往来があっても技能の伝達は簡単じゃないよ、半島人は隣からパクルのに2000年も掛かったよね!!

遼東半島南部には紀元前2600〜前1650年頃竜山文化の黒陶、灰陶が出土するがすぐ南隣(僅か200k程)の朝鮮楽浪地域に黒灰陶器が出現するのは
紀元前100年頃に成ってから、どうしてかな?まさか人の往来が一切無かった?そんな訳ないよね。!!!

山東竜山文化は、山東省を中心に北は河北省から遼東半島南部に、南は江蘇省中部に分布する。基本的には大?口文化を継承して発展させた黒陶文化といえる。
ロクロ成型により焼成温度もあがって硬質となった黒陶は、器壁がうすく独特の光沢をもつ。初期には灰陶もあったが、のちに黒陶が主体となった。
単耳坏・烏頭足鼎・高柄足坏など特殊な器もある。文様には弦文・竹節文・透かし孔などがあり、一部に商(殷)周時代の青銅器にある雲雷文や饕餮(とうてつ)文などに似たものもある。
習俗として抜歯・頭骨変形・卜占(ぼくせん)など、大?口文化からひきついだものがみられる。年代は炭素14法でおよそ前2600〜前1650年。後続する遼東半島新石器文化にも大きな影響をあたえた。
黒陶. 前2500〜前2000年の山東竜山文化の高脚坏(こうきゃくはい)。高質な黒陶は、ろくろで成形され、土器表面はみがかれているものが多い。


89 :日本@名無史さん:2009/10/16(金) 03:07:39
>>1
『新撰姓氏録』は新良貴氏を瀲武鵜葺草葺不合尊の男稲飯命の子孫とし、稲飯命を
新羅国王の祖と伝えている。『記紀』によれば、鵜茅葺不合尊(うがやふきあえず)は
神武天皇の父とされており、稲飯命は神武天皇の兄に当る。従って、神武も新羅(加耶)国
と係わりがあることになる。
http://www.shiga-miidera.or.jp/serialization/shinra/118.htm

『日本書紀』における八岐大蛇の記述がある一書第4では、天から追放されたスサノオは、
新羅の曽尸茂梨(そしもり)[2]に降り、この地吾居ること欲さず「乃興言曰 此地吾不欲居」と
言い息子の五十猛神(イソタケル)と共に土船で東に渡り出雲国斐伊川上の鳥上の峰へ
到った(「遂以埴土作舟 乘之東渡 到出雲國簸川上所在 鳥上之峯」)後八岐大蛇を退治した。
そのとき五十猛神が天から持ち帰った木々の種を、韓(から、朝鮮)の地には植えず、
大八洲(おおやしま、本州のこと)に植えたので、大八州は山の地になったと言う。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B9%E3%82%B5%E3%83%8E%E3%82%AA

これらも史実と何らかの関係があるかもね。

90 :日本@名無史さん:2009/10/16(金) 03:44:43
>>85
武寧王が倭人って本当?ネタ?

91 :日本@名無史さん:2009/10/16(金) 04:55:36
>>90
筑紫の各羅嶋(加唐島)で生まれたという伝承が雄略紀に見える。

92 :日本@名無史さん:2009/10/16(金) 15:33:00
日本で生まれたというだけだろw

93 :日本@名無史さん:2009/10/16(金) 18:30:05
倭人では無い。
百済の王族はフヨを名乗っていた。
日本で生まれたのは、百済の王族は日本へ人質に来てたからだろう。

白村江の戦いでの百済の動員兵力は五千人。
ヤマトは5万人。
軍事的に弱い百済が生きるため、日本へ王が人質に来ていたのは当たり前のことだった。


94 :日本@名無史さん:2009/10/16(金) 20:27:11
でも武寧王は倭国が王に選んだわけだし、
しかも武寧王の王棺に使われてるのは日本にしか自生しないコウヤマキ。

95 :日本@名無史さん:2009/10/16(金) 20:42:14
武寧王は在日百済人で、倭国の傀儡だったのだ。


96 :日本@名無史さん:2009/10/16(金) 21:15:26
武寧王の本名は志麻というんだが、「シマ」はもちろん日本語。>>91の言うように筑紫の島で生まれたのでこう名付けられた。
今から40年ほど前に、墓から墓誌が出土して、確かにこの名前であったことが確認された。

97 :日本@名無史さん:2009/10/16(金) 22:42:20
!!住民の数,軍事力,財力の差は歴然>新石器時代の遺構、朝鮮半島405カ所、日本列島約10万カ所

「朝鮮半島の考古学」(早乙女雅博 同成社 2000年 p32)によると、
新石器時代の遺構は半島全体で1995年までに405カ所。
うち、貝塚が122カ所。住居址は僅か26カ所。だそうです

同時代日本列島の縄文時代の遺跡総数は約10万カ所あります。(小学館百科全書)
発掘状況に違いはあるでしょうが、その差は歴然です。


98 :日本@名無史さん:2009/10/16(金) 23:57:16
まあ朝鮮なんてみんな日本のコピーだろ

99 :日本@名無史さん:2009/10/17(土) 02:21:05
>96なんで日本語とわかるの

100 :日本@名無史さん:2009/10/17(土) 06:23:56
武寧王の名がシマなのは朝鮮の史料にも書いてあったけど日本の史料とは
漢字が違ってたのが、墓だか墓碑だかが最近発見されて、日本の史料の漢字の
ほうが正解だった、って話でしょ。

101 :日本@名無史さん:2009/10/17(土) 07:54:17
そう考えると日本のほうが資料は残っているのだな

102 :美濃もん太 ◆RoY2GHF3nI :2009/10/17(土) 09:36:29
新羅王や百済王が倭人だなんて話は、記紀にも治める様子や百済や新羅を治めた倭人の氏族と日本の朝廷の関わりの様子とか詳しく書いてある話だってのにね


「百済や新羅は倭が治めてた倭人の王の国」
これを否定する人は、そもそも百済や新羅の王族が何民族だと思ってる訳?


もしかして朝鮮人?
だとして何を根拠にそう思ってるの?
百済や新羅が朝鮮人だったなんて、日本の歴史書にも漢籍書にも三国史にも一言も書いてないよ


いま日本人が沖縄や北海道を支配してるからって、琉球朝廷やアイヌ朝廷は倭人の朝廷や国じゃ無いだろ?


103 :日本@名無史さん:2009/10/17(土) 10:41:32
天皇家は何処からきたの?記紀だと日本の外からきて近畿を征服したみたいに書いてあるけど

104 :美濃もん太 ◆RoY2GHF3nI :2009/10/17(土) 12:01:55
>>103
それは明治政府が流布した解釈
俺が読む限り天皇て単なるニニギの氏族だよ

国の常立の降り立った地やアマテラスの産まれた土地とか教えてあげよか?
ってもこんなの別に記紀に書いてある通りの場所を自分で調べれば解る事だけど


105 :日本@名無史さん:2009/10/17(土) 12:33:26
>>104
すべて日本国内の話だしな

106 :日本@名無史さん:2009/10/17(土) 16:27:45
>>102
去年出版された「甦る海上の道・日本と琉球」(著者:谷川健一)での折口信夫説によると
琉球王朝は熊本の名和氏の残党によって建てられた王朝なんだそうですよ。

折口信夫によると、肥後八代の古麓に城をかまえ、八代の近くの佐敷城も根拠地としたこともある名和氏は、
南北朝の対立が南朝方の敗北となって終焉を見た後、次第に海賊化し、南下して沖縄本島にわたり、
東南海岸のヤマトバンタに上陸、肥後の佐敷にあやかって、その地を佐敷(沖縄県南城市佐敷)と称したという。
134頁より

アイヌ朝廷の事は知りませぬが、琉球に関しては磐井の乱や南北朝の敗残者が辿り着いた島
だと聞いております。
琉球の古書、おもろ草紙にそのような記録があるそうですよ。
琉球は倭人の国です。
倭人の活動範囲の広さを誇りに思います。




107 :日本@名無史さん:2009/10/17(土) 16:39:46
いや、ニニギがどこからきたか知りたいんだけど。首露王の神話とそっくりだが無関係ではないだろ

108 :日本@名無史さん:2009/10/17(土) 16:44:39
しんら

109 :日本@名無史さん:2009/10/17(土) 17:23:47
>>107 ニニギが朝鮮から来たとしても半島南部の倭人だろう。

 ニニギという名前が和語だしな(禰宜)。

110 :日本@名無史さん:2009/10/17(土) 19:22:09
新羅王も日本人名じゃないけど

111 :日本@名無史さん:2009/10/17(土) 19:49:43
8世紀に成立した記紀と13世紀末の三国遺事にある神話の一部が「そっくり」なのは
偶然かそれとも同一の事件を伝えているのか、どうなんでしょうね。

112 :日本@名無史さん:2009/10/17(土) 20:20:38
倭人が日本も朝鮮も征服したのか

113 :日本@名無史さん:2009/10/17(土) 22:01:06
瓠公は名前不詳でしたね。
縄文系倭人なのか、弥生系倭人なのか、まぁ合わさって形成された民族だろうけど、
入ってきた人間をサクっと征服する縄文人って凄いな

114 :日本@名無史さん:2009/10/17(土) 22:03:30
しんら

115 :美濃もん太 ◆RoY2GHF3nI :2009/10/17(土) 22:11:12
>>114
「シラギ」だってば

116 :日本@名無史さん:2009/10/17(土) 23:12:23
新羅はネトウヨ

117 :日本@名無史さん:2009/10/17(土) 23:19:47
縄文の場合、津軽海峡を含めて一つの文化圏を成している。
言葉が通じるから行ったり来たしているんです。
ところが、宗谷海峡を通ってカラフトにも行っているのですが、一度も手を結ばない。
また、朝鮮海峡については、
対馬は日本より朝鮮半島寄りなのにも関わらず、対馬は日本側です。
その文化圏の根底にあるのは、言葉の問題です。

対馬が朝鮮に属さないというのは、広開土王碑の記述にあるように
朝鮮半島の南側が古代から日本の影響下にあった事実を証明する物の一つでしょう

118 :日本@名無史さん:2009/10/17(土) 23:49:40
>>796  朝鮮南部は元もと縄文,倭人文化圏

「東アジアのゴホウラやイモガイ,オオツタノハ製品,その他の南海産貝製品出土圏」
http://www.geocities.jp/ikoh12/honnronn5/005_06/kai448.jpg
日本と韓国の結合式釣針の分布
http://www.geocities.jp/ikoh12/honnronn1/11nihonnkaibunnkakenn/nihontokankokunoketugousikituribari_Rnobunpu.jpg
「朝鮮半島南部の勾玉文化圏」
http://yamatai.cside.com/katudou/image/241-5.gif
韓国全羅南道の前方後円墳分布図
http://www.oct-net.ne.jp/~hatahata/img_1583928_39577794_21.jpg
1七岩里古墳2月桂1号墳3古城里古墳4月桂洞2号墳5月里古墳6月桂洞1号墳7明花洞古墳8新徳1号墳9咸平長鼓山古墳10杓山古墳11チャランポン古墳12龍頭里古墳13海南長鼓山古墳

「甕棺文化圏」「南式支石墓文化圏」 縄文,弥生「土器,石匙(携行ナイフ)」


119 :日本@名無史さん:2009/10/17(土) 23:52:01
!!住民の数,軍事力,財力の差は歴然
>新石器時代の遺構、朝鮮半島405カ所、日本列島約10万カ所

「朝鮮半島の考古学」(早乙女雅博 同成社 2000年 p32)によると、
新石器時代の遺構は半島全体で1995年までに405カ所。
うち、貝塚が122カ所。住居址は僅か26カ所。だそうです

同時代日本列島の縄文時代の遺跡総数は約10万カ所あります。(小学館百科全書)
発掘状況に違いはあるでしょうが、その差は歴然です。



120 :日本@名無史さん:2009/10/18(日) 00:05:59
縄文頃の朝鮮半島って
ほとんど縄文人しか居てなかったんじゃないの
北東部にわずかに沿海州方面のツングース系部族が居たくらいで
西北部には青銅器時代に入るまで余り人が居た形跡がないね



121 :日本@名無史さん:2009/10/18(日) 00:23:01
アメノヒボコが新羅の王子って年代的におかしくないか

「新羅」という国号が、対外的にも認められ、『新羅傅』として記載される様
になるのは6世紀頃からであり、四百年代成立の文献記録中には「斯羅」、或い
は、「斯盧」であり、それも旧弁辰の一属邦的存在として出てくるのみである。

古事記(712年)や日本書紀(720)に記載されてる新羅という国名は
古事記や日本書記編纂の頃の時代で呼ばれていた「新羅」という国名を記載したにすぎず
アメノヒボコの時代では新羅なんて呼び方ではない
だから実際は新羅の王子かどうかわからない



122 :日本@名無史さん:2009/10/18(日) 00:38:54
>113
なら畿内や西日本の平野部に縄文人の形質がうすいのはなんで?

123 :日本@名無史さん:2009/10/18(日) 00:41:38
>>121
それは720年代の一般的な呼び名で記しただけ
倭国時代の内容を含むんでも「日本書記」と書いてる
任那の日本府でも実際は「任那の倭府」だったろうと言われてる

高句麗でも中国や日本では当時「高麗」「狛」と記録してるし
高句麗と言い出したのは王氏高麗と混同しない様可なり後の記録

124 :日本@名無史さん:2009/10/18(日) 02:14:01
縄文系のY染色体の異常な増殖は、言語学による知見とも整合する。日本語は朝鮮語と余り似ていないのである。

安本美典博士による計量言語学の研究によれば、首里語(琉球方言)は日本語に近く、
孤立語の日本語からするとほとんど方言にすぎない。しかし、日本語と韓国語はかなり異なる。
文法以外に類縁性を見いだせないほど離れている。韓国語と日本語より、日本語とアイヌ語の方が近い。

日本語は現代語も上古代語も、現代および中期朝鮮語とはかけ離れている。
基礎二百語の音の類似度から測って、日本語と現代朝鮮語の距離がどれだけ離れているかを他言語と比較すると、
日本語とカンボジア語、ネパール語、ベンガル語、インドネシア語、
アタヤル語(台湾先住民の方言の一つ)くらい離れている。

中期朝鮮語より、現代朝鮮語の方が、なぜかずっと日本語に近い!
古代の朝鮮語と日本語が現在より似ていたという証拠はほとんどない。むしろ逆なのである。
琉球は『日本書紀』や『古事記』には出てこない。出てくるのは種子島までである。
もちろん、朝鮮半島に関係する記事は大量にある。しかし、古代には既に日本語と朝鮮語ははっきり異なっていて、
そのころから既に琉球語が、日本の方言であったのである。
沖縄人が縄文人の血を強く受けていることを考えると、
日本語は弥生時代の渡来人系由来の言語ではなく、縄文の影響を強く受けている可能性が高い。

言語は父系伝達の要素のほうが大きいのである。
これはフランスのノルマンディー公がイングランドを征服してノルマン朝を作り、
フランス語の影響を受けたからである。また、南米の多くの国家では先住民系の遺伝子のほうが高いにもかかわらず、
征服者であるスペインやポルトガル語に統一されてしまった。
宗教もそうだが言語も遺伝子よりも強く征服者の影響を受ける。


125 :日本@名無史さん:2009/10/18(日) 02:16:20
>>122
なんで畿内なんだ?

126 :日本@名無史さん:2009/10/18(日) 02:27:17
天皇たちがいて、しかも日本の中心地じゃない

127 :日本@名無史さん:2009/10/18(日) 02:30:25
■日本を作ったのは百済人 これは常識だ

ほとんどの日本人は,日本人あるいは日本国のルーツをキチンと言えない.自分たちのルーツが分からない…,世界でも珍しい現象だ
この原因は,日本には歴史書がないことだ.
『日本書紀』『古事記』.これらは日本に渡来した百済人によって書かれたものだ.両書とも,台本は『百済本紀』等々,百済國の歴史書だ
ではいったい,どうしたら日本のルーツが分かるのか?

中国は文字の国,そして歴史の国で,膨大な量の歴史書が残っている.韓国にも古い歴史書が沢山ある
もちろん『日本書紀』も重要な資料だ.
この日中韓の歴史書を読み抜き,徹底的に読み比べるのだ、すると,ルーツが辿(たど)れ,謎が解け,見えてくるのだ
いったい,我々の先祖はどこから来たのか?
……結論を急ごう.
7世紀,日本国は百済人がつくった.これは常識だ.では,百済のルーツは?
百済のルーツは,いくつもの中国史書に明確に書いてある.たとえば,『旧唐書』百済伝には「百濟國,本亦扶餘之別種」とある
これは,百済のルーツは「扶余」である,という意味だ.そう書いてある
つまり,「扶余」→「百済」→「日本」.日本のルーツ,それは「扶余」である
「扶余」とはツングース語の鹿(ブヨ)の漢字表記.「扶余」は鹿(ブヨ)なのだ

http://www.geocities.jp/o1180/more3.html#TG0417

128 :日本@名無史さん:2009/10/18(日) 02:51:44
百済系帰化人は最初は一応、下級官僚になっていますがすぐに人民に降下していますね。

129 :日本@名無史さん:2009/10/18(日) 03:07:50
九州は7割が縄文系ですよ

130 :日本@名無史さん:2009/10/18(日) 09:24:33
しんら

131 :日本@名無史さん:2009/10/18(日) 09:25:51
>129
そうなんですか?データとかありませんか?


132 :日本@名無史さん:2009/10/18(日) 11:35:39
赫居世居西干はやはり瓠公なんだろうな

133 :日本@名無史さん:2009/10/18(日) 19:10:56
【三十七年 春正月 高句麗遣使 王以高句麗強盛 送伊 大西知子実聖為質】
春正月に高句麗で使者を派遣してきた。
王は高句麗が強勢であるので、伊の大西知の息子 実聖を人質として送った。

134 :日本@名無史さん:2009/10/18(日) 19:16:23
>>127
>■日本を作ったのは百済人 これは常識だ

そうそう常識だね。朝鮮人の常識だ。
朝鮮人の常識は世界の非常識。

135 :日本@名無史さん:2009/10/18(日) 19:47:51
しんら

136 :日本@名無史さん:2009/10/18(日) 20:39:33
だいたい百済の首都はクマナリという日本語だから、倭の属国と言っているようなものだ。


137 :日本@名無史さん:2009/10/18(日) 21:23:11
10世紀以前は、烏合の衆。
20世紀初頭まで、古代。

だから、今も混乱してるんだよ。

138 :日本@名無史さん:2009/10/18(日) 21:53:49
『新羅本紀』
元年三月、與倭国通好。以奈勿王子未斯欣為質。
「元年(402年)三月、倭国と通好し、奈勿王の子の未斯欣を質に差し出した。」

『日本書記』気長足姫尊(神功皇后)
神功皇后は、軍船を率いて新羅に進んだ。
新羅王は降伏し、微叱己知波珍干岐を人質に差し出した。


139 :日本@名無史さん:2009/10/18(日) 23:31:58
でも、新羅ってのは王の系統がころころ変わってるだろ。
高麗も、自分の敵の系統など真面目に書くわけないしな。

適当に倭人とか卵がどうのとか書いたと見るべきだろ。
卵って何だよ。

それに、日本人は倭人であるが、倭人だから日本人とは限らん。
倭人の一部の少数の半島に残ったと思える残党は、朝鮮人になってるわけで。
逆に、日本に帰化した古代半島人は日本人になっている。
まあそれも大半は元々倭人だろうけどな。

140 :日本@名無史さん:2009/10/18(日) 23:41:47
”倭人”というの名前の由来は日本語から来てるから元々日本出目だろう

141 :日本@名無史さん:2009/10/19(月) 00:11:26
「倭人」って江南あたりにすんでた稲作漁労の民族じゃないの

142 :日本@名無史さん:2009/10/19(月) 00:13:24
証拠が無い

143 :日本@名無史さん:2009/10/19(月) 00:48:40
江南あたりにすんでたのは呉人や越人だから。
倭人、と中華が呼んでいたのは日本列島に主に住んでいた人々。

日本の古墳時代開始時期の記録にあたる、
魏志倭人伝
女王國東渡海千餘里 復有國 皆倭種

今で言う日本列島に住んでいる人間は、倭の系統だと書いてある。
呉や越も名残や地名で残ってるので、彼らも混ざっているが
基本は日本列島の原住民のことを倭人と呼んでいたことがわかる。


144 :日本@名無史さん:2009/10/19(月) 16:16:32
日本を作ったのは百済人なら分かるけど
新羅を作ったのは日本人ってのはあり得ない妄想

145 :日本@名無史さん:2009/10/19(月) 16:19:07
百済を作ったのは日本人なら分かるけど
日本を作ったのは百済人ってのはあり得ない妄想

146 :日本@名無史さん:2009/10/19(月) 16:33:34
百済の武寧王は日本生まれでシマくんという名前だった

147 :日本@名無史さん:2009/10/19(月) 16:43:10
秦からの亡命中国人が建国したのが辰韓(前2世紀〜4世紀)で、
それが12カ国に分裂して、その一つの斯蘆国が新羅になった。
だから新羅を造ったのは中国人。

148 :日本@名無史さん:2009/10/19(月) 16:53:27
秦からの亡命中国人「秦一族」が来たのは事実だが
そこにはすでに縄文系倭人達が先住民として暮らしてたよ。

149 :日本@名無史さん:2009/10/19(月) 16:56:48
>>147 >結合式釣針の分布をみれば判るよ  朝鮮南部は元もと縄文,倭人文化圏

「東アジアのゴホウラやイモガイ,オオツタノハ製品,その他の南海産貝製品出土圏」
http://www.geocities.jp/ikoh12/honnronn5/005_06/kai448.jpg
日本と韓国の結合式釣針の分布
http://www.geocities.jp/ikoh12/honnronn1/11nihonnkaibunnkakenn/nihontokankokunoketugousikituribari_Rnobunpu.jpg
「朝鮮半島南部の勾玉文化圏」
http://yamatai.cside.com/katudou/image/241-5.gif
韓国全羅南道の前方後円墳分布図
http://www.oct-net.ne.jp/~hatahata/img_1583928_39577794_21.jpg
1七岩里古墳2月桂1号墳3古城里古墳4月桂洞2号墳5月里古墳6月桂洞1号墳7明花洞古墳8新徳1号墳9咸平長鼓山古墳10杓山古墳11チャランポン古墳12龍頭里古墳13海南長鼓山古墳

「甕棺文化圏」「南式支石墓文化圏」 縄文,弥生「土器,石匙(携行ナイフ)」


150 :日本@名無史さん:2009/10/19(月) 21:43:54
>>147
それが一番史実に近い
ただ王は亡命してきた漢人ではなく百済人みたいだが
倭人が海を越えてやってきて新羅を建国なんて日本の学者でも主張しない


151 :日本@名無史さん:2009/10/19(月) 22:50:31
考古学的遺物も有り
自国の日本書記にも記録され
高麗王朝も王は倭人だと記録し
中国の古記録にも三韓の王は倭国王だと記録

何か問題でも有るんかな?やっぱり学者先生はストーカーが怖いんだ、ホームに立つのが怖いね。

152 :日本@名無史さん:2009/10/19(月) 23:52:44
「高天原」はどこにあるかということについては、日本にはいくつも高天原と称する所があり、韓国にも
あるようですが、高松塚古墳の壁画で有名な奈良県明日香村の古代の地名の「飛鳥」は
古代韓国語の「ASUKU」(ふるさと)に由来するといわれていることや、九州の霧島連山の高千穂の峰の隣の峰が
韓国岳(からくにだけ)と呼ばれていることから、やはり「高天原」は朝鮮半島にそのルーツがあると考えるのが
妥当なようです。

>古代の地名の「飛鳥」は古代韓国語の「ASUKU」(ふるさと)に由来する
>古代の地名の「飛鳥」は古代韓国語の「ASUKU」(ふるさと)に由来する

>高千穂の峰の隣の峰が韓国岳(からくにだけ)と呼ばれている
>高千穂の峰の隣の峰が韓国岳(からくにだけ)と呼ばれている

153 :日本@名無史さん:2009/10/20(火) 00:14:39
「あすか」の語源については外来語由来説、地形名称由来説などがあるがはっきりとしたことは判っていない。

『万葉集』に「飛ぶ鳥の」歌がいくつか見える。
飛鳥(とぶとり)の 明日香の里を置きて去(い)なば君が辺は見えずかもあらむ(1-78)
飛鳥の 明日香の河の上ッ瀬に生(お)ふる玉藻は下ッ瀬に流れ触らふ玉藻なす(略)(2-194)
飛鳥の 明日香の川の上ッ瀬に石橋渡し下ッ瀬に打橋渡す石橋に生ひ靡(なび)ける(略)(2-194)

「飛鳥」を「飛ぶ鳥」と読ませ、「明日香」の枕詞となっていることがわかる。
飛鳥の地に鳥類が多く飛んできたことと名称が関係があると思われる。


154 :日本@名無史さん:2009/10/20(火) 00:55:01
しんら

155 :日本@名無史さん:2009/10/20(火) 01:08:57
韓国人は日本語で言う「音読み」「訓読み」見たいな
民族語音と外来語の漢音の区別が付かなく成ってるんじゃ無いかなハングルのせいで

だからアンスクを民族語と勘違いして、中国の漢音だと気ずいてない様な??




156 :日本@名無史さん:2009/10/20(火) 01:20:52
元年三月、與倭国通好。以奈勿王子未斯欣為質。

157 :日本@名無史さん:2009/10/20(火) 01:39:31
高千穂の峰と書けばいいのにわざわざ古事記は「久士布流」という形容をしている。
亀旨と同じです。高千穂の峰にクシという言葉がついている。

「曾褒理能耶麻」と云ふ。わざわざ「そほりの山」と読むと書いてある。
朝鮮半島では聖なる場所のことを「ソホリ」と言う。
韓国の都をソウルというのは聖なる場所という意味なんです。


158 :日本@名無史さん:2009/10/20(火) 02:13:37
>>151
>高麗王朝も王は倭人だと記録し
>中国の古記録にも三韓の王は倭国王だと記録

詳しく。



159 :日本@名無史さん:2009/10/20(火) 03:08:15

結論


秦からの亡命中国人が朝鮮半島南部に建国したのが辰韓(秦韓とも言う。前2世紀〜4世紀)で、
それが後に12カ国に分裂して、その一つの斯蘆国が新羅になった。だから新羅を造ったのは中国人。



160 :日本@名無史さん:2009/10/20(火) 03:21:11
まあ、史料批判もせずに結論を下す輩は日本にも韓国にもいるようで。

161 :日本@名無史さん:2009/10/20(火) 11:24:04

東北工程:百済・新羅の歴史も「中国史の一部」=中国社科院 『朝鮮日報2007年6月4日』
http://www.chosunonline.com/article/20070604000018

公式研究書に百済と新羅の歴史も「中国史の一部」と記述していたことが3日、分かった。
百済に対しては「(高句麗と)同様に古代中国の辺境にいた少数民族である夫余人の一部が興した政権」とし、
新羅については「唐は(百済が滅亡した)660年以前には羈縻政策を、それ以降には直接統治を行った」と記述した。
また、新羅は「中国の秦の亡命者が樹立した政権」であり、「中国の藩属国として唐が管轄権を持っていた」とした。



東北工程・高麗も中国が建てた国『朝鮮日報2007年6月6日』
http://www.chosunonline.com/article/20070606000006  

高麗について、「箕子朝鮮、高句麗に続き、中国が朝鮮半島に打ち建てた3番目の政権」と主張したところの、
吉林省社会科学院が隔月刊で発行する歴史雑誌『東北史地』の2007年第3号に掲載された「後唐の明宗が、高麗を建国した太祖・王建の族籍を明らかにした」と題する論文の存在が確認された。
この論文は、「王建は決して朝鮮半島の新羅人の子孫ではなく、中国・淮河流域から来た漢人の末裔」と主張し、
933年に後唐の2代目の明宗が太祖・王建に送った冊封詔書などをその根拠として提示した。冊封詔書には太祖・王建を「長淮の茂族」と呼んでいる部分があり、この論文は「長淮は淮河流域を意味する言葉で、太祖・王建の本籍地が中国であるため、高麗は中国人が建国した国



162 :日本@名無史さん:2009/10/20(火) 11:42:11
>結合式釣針の分布をみれば判るよ  朝鮮南部は元もと縄文,倭人文化圏

「東アジアのゴホウラやイモガイ,オオツタノハ製品,その他の南海産貝製品出土圏」
http://www.geocities.jp/ikoh12/honnronn5/005_06/kai448.jpg
日本と韓国の結合式釣針の分布
http://www.geocities.jp/ikoh12/honnronn1/11nihonnkaibunnkakenn/nihontokankokunoketugousikituribari_Rnobunpu.jpg
「朝鮮半島南部の勾玉文化圏」
http://yamatai.cside.com/katudou/image/241-5.gif
韓国全羅南道の前方後円墳分布図
http://www.oct-net.ne.jp/~hatahata/img_1583928_39577794_21.jpg
1七岩里古墳2月桂1号墳3古城里古墳4月桂洞2号墳5月里古墳6月桂洞1号墳7明花洞古墳8新徳1号墳9咸平長鼓山古墳10杓山古墳11チャランポン古墳12龍頭里古墳13海南長鼓山古墳

「甕棺文化圏」「南式支石墓文化圏」 縄文,弥生「土器,石匙(携行ナイフ)」


163 :日本@名無史さん:2009/10/20(火) 11:44:15
瓠公(ここう、生没年不詳)は新羅の建国時(紀元前後)に諸王に仕えた重臣。
また金氏王統の始祖となる金閼智の育て親。もとは倭人とされる。
新羅の3王統の始祖の全てに関わる、新羅の建国時代の重要人物である。
瓠(ひさご)を腰に下げて海を渡ってきたことからその名がついたと『三国史記』は伝えている。

初代新羅王の赫居世居西干の朴姓も同じ瓠から取られているため、
同一人物を指しているのではないかという説がある。

そして、新羅の王冠が日本からの交易品の勾玉である。

『三国史記』卷一・新羅本紀第一・始祖赫居世三十八年(紀元前20年)条 : 瓠公者、未詳其族姓。
本倭人。初以瓠繋腰、度海而来。故称瓠公。


164 :日本@名無史さん:2009/10/20(火) 11:49:55

高麗王朝が12世紀に新羅の王族は倭人だったと公式に認めてますが!
高麗王朝,公式記録,三国史記は偽書??

『三国史記』卷一・新羅本紀第一・始祖赫居世三十八年(紀元前20年)条 : 瓠公者、未詳其族姓。
本倭人。初以瓠繋腰、度海而来。故称瓠公。

朝鮮の歴史書『三国史記』新羅本紀・脱解尼師今紀では、
「脱解本多婆那國所生也 其國在倭國東北一千里」とあり新羅の4代目の王にして昔氏王統の初代である脱解尼師今は
倭国の東北千里にある本多婆那國の出であるとされており、関連性が見られる


165 :日本@名無史さん:2009/10/20(火) 11:55:21
413年 東晋 義熙9 讃 東晋に貢物を献ずる。(『晋書』安帝紀、『太平御覧』)[1]
421年 宋 永初2 讃 宋に朝献し、武帝から除綬の詔をうける。おそらく安東将軍倭国王。(『宋書』倭国伝)

438年 宋 元嘉15 珍 これより先(後の意味以下同)、倭王讃没し、弟珍立つ。この年、宋に朝献し、自ら「使持節都督・百済・新羅・任那・秦韓・慕韓六国諸軍事安東大将軍倭国王」と称し、正式の任命を求める。(『宋書』倭国伝)
4月、宋文帝、珍を安東将軍倭国王とする。(『宋書』文帝紀)
珍はまた、倭隋ら13人を平西・征虜・冠軍・輔国将軍にされんことを求め、許される。(『宋書』倭国伝)

443年 宋 元嘉20 済 宋に朝献して、安東将軍倭国王とされる。(『宋書』倭国伝)


166 :日本@名無史さん:2009/10/20(火) 11:58:40
451年 宋 元嘉28 済 宋朝から「使持節都督・新羅・任那・加羅・秦韓・慕韓六国諸軍事」を加号される。安東将軍はもとのまま。(『宋書』倭国伝)
7月、安東大将軍に進号する。(『宋書』文帝紀)
また、上った23人は、宋朝から軍・郡に関する称号を与えられる。(『宋書』倭国伝)

462年 宋 大明6 興 3月、宋孝武帝、済の世子の興を安東将軍倭国王とする。(『宋書』孝武帝紀、倭国伝)

477年 宋 昇明1 興(武) 11月、遣使して貢物を献ずる。(『宋書』順帝紀)
これより先、興没し、弟の武立つ。武は自ら「使持節都督倭・百済・新羅・任那・加羅・秦韓・慕韓七国諸軍事安東大将軍倭国王」と称する。(『宋書』倭国伝) (ワカタケル大王の銘文ーー672)

167 :日本@名無史さん:2009/10/20(火) 12:02:09
478年 宋 昇明2 武 上表して、自ら開府儀同三司と称し、叙正を求める。順帝、武を「使持節都督倭・新羅・任那・加羅・秦韓・慕韓六国諸軍事安東大将軍倭国王」とする。(『宋書』順帝紀、倭国伝)(「武」と明記したもので初めて)

479年 南斉 建元1 武 南斉の高帝、王朝樹立に伴い、倭王の武を鎮東大将軍(征東将軍)に進号。(『南斉書』倭国伝)

502年 梁 天監1 武 4月、梁の武帝、王朝樹立に伴い、倭王武を征東大将軍に進号する。(『梁書』武帝紀)[2]

168 :日本@名無史さん:2009/10/20(火) 12:04:40

『新撰姓氏録』は新良貴氏を瀲武鵜葺草葺不合尊の男稲飯命の子孫とし、稲飯命を
新羅国王の祖と伝えている。『記紀』によれば、鵜茅葺不合尊(うがやふきあえず)は
神武天皇の父とされており、稲飯命は神武天皇の兄に当る。従って、神武も新羅(加耶)国
と係わりがあることになる。
http://www.shiga-miidera.or.jp/serialization/shinra/118.htm


169 :日本@名無史さん:2009/10/20(火) 12:06:33
>稲飯命(神武天皇の兄)は新羅王の祖である。

『新撰姓氏録』右京皇別下新良貴条は、「是出於新良国 即為国主 稲飯命出於新羅国王者組合」とあり稲飯命は新羅王の祖であるとする異説を載せている
(朝鮮の歴史書『三国史記』新羅本紀・脱解尼師今紀では、「脱解本多婆那國所生也 其國在倭國東北一千里」とあり新羅の4代目の王にして昔氏王統の初代である脱解尼師今は
倭国の東北千里にある本多婆那國の出であるとされており、関連性が見られる)。なお尼師今は日本語のニシキと思われる


170 :日本@名無史さん:2009/10/20(火) 12:11:13
『山海経』
「蓋國在鉅燕南 倭北 倭屬燕」(山海經 第十二 海内北經)
蓋国(北朝鮮北部蓋馬高原地域?)は鉅燕(渤海湾北部,遼東一帯)の南、倭(半島南部と九州北部)の北にあり。
倭(半島南部と九州北部)は燕に属す。

『後漢書』「東夷傳」
「建武中元二年 倭奴國奉貢朝賀 使人自稱大夫 倭國之極南界也 光武賜以印綬」

建武中元二年(57年)、倭奴国(現在の福岡市)、貢を奉じて朝賀す。使人自ら大夫と称す。
倭国の極南界(最南部)なり。光武賜うに印綬を以てす


171 :日本@名無史さん:2009/10/20(火) 13:02:33
百済の住人の多くは倭人でしたからね

【隋書 百済伝】
>其人雜有新羅、高麗、倭等、亦有中國人。

「そこの人は新羅、高句麗、倭などが混在しており、また中国人もいる。」


[梁書,百済伝] >その国は倭に近く、身体に刺青を施している者がとても多い。

其國有二十二檐魯、皆以子弟宗族分據之。其人形長、衣服淨潔。其國近倭、頗有文身者。
今言語服章略與高驪同、行不張拱、拜不申足則異。呼帽曰冠、襦曰複衫、○曰褌。其言參諸夏、亦秦、韓之遺俗云。

その国には二十二の檐魯があり、いずれも子弟や宗族にこれを分与している。人の姿形は身長があり、衣服は清潔に洗っている。
その国は倭に近く、身体に刺青を施している者がとても多い。今も言語、服装、規約などはほぼ高句麗と同じだが、道では大仰な拱手はせず、
拝礼は述べずとも足りる則りが異なる。呼称では冠を帽、複衫を襦、褌を○という。その言葉には中華諸国や秦(の方言)が加わっており、韓に遺された習俗だという。


172 :日本@名無史さん:2009/10/20(火) 13:04:45
>結合式釣針の分布をみれば判るよ  朝鮮南部は元もと縄文,倭人文化圏

「東アジアのゴホウラやイモガイ,オオツタノハ製品,その他の南海産貝製品出土圏」
http://www.geocities.jp/ikoh12/honnronn5/005_06/kai448.jpg
日本と韓国の結合式釣針の分布
http://www.geocities.jp/ikoh12/honnronn1/11nihonnkaibunnkakenn/nihontokankokunoketugousikituribari_Rnobunpu.jpg
「朝鮮半島南部の勾玉文化圏」
http://yamatai.cside.com/katudou/image/241-5.gif
韓国全羅南道の前方後円墳分布図
http://www.oct-net.ne.jp/~hatahata/img_1583928_39577794_21.jpg
1七岩里古墳2月桂1号墳3古城里古墳4月桂洞2号墳5月里古墳6月桂洞1号墳7明花洞古墳8新徳1号墳9咸平長鼓山古墳10杓山古墳11チャランポン古墳12龍頭里古墳13海南長鼓山古墳

「甕棺文化圏」「南式支石墓文化圏」 縄文,弥生「土器,石匙(携行ナイフ)」


173 :158:2009/10/20(火) 13:58:48
>>164
それは高麗王朝が新羅王が倭人と認めてるってことね。
「高麗王朝も王は倭人だと記録」って書いてあるから高麗王が倭人と思った。

174 :日本@名無史さん:2009/10/20(火) 18:35:03

『新羅神社』社伝

社伝によれば、朝鮮新羅城の新良貴氏の祖神「稲飯命」或いは「白城宿禰」を祭るといわれているが、『神社誌』及び『遠敷郡誌』は「天日矛命の後裔が此国に留まり、
其の遠祖である鵜茅葺不合尊、又は稲飯命を祀りしもの。地名のシラキは日倉族の新羅人の住みしことあるにより起り、その祖神を祀りしとの説がありこれに従う」としている。

『新撰姓氏録』は新良貴氏を瀲武鵜葺草葺不合尊の男稲飯命の子孫とし、稲飯命を新羅国王の祖と伝えている。『記紀』によれば、鵜茅葺不合尊(うがやふきあえず)は
神武天皇の父とされており、稲飯命は神武天皇の兄に当る。

175 :日本@名無史さん:2009/10/20(火) 18:39:05

「瓠公」

赫居世治世三十八年(前20年)条に「瓠公は、その族と姓は未詳。本は倭人。初めは腰に瓢箪をぶらさげて海を渡って来たことから、瓠公と称される」とある。
だが、中国の宰相にあたる「大輔」の官職に任命するほどの人物の「族と姓は未詳」というのは怪しい。

瓠公は唐突に赫居世の治世三十八年条に登場するが、その翌年には脱解が辰韓に漂着したというのに全く記述がない。
そして、瓠公は78年後に大輔に任命されるが、彼は何歳なのだろう。少なく見積もっても九十歳は超えているはず。

176 :日本@名無史さん:2009/10/20(火) 18:44:31
赫居世も脱解も「卵から生まれ」ており、脱解は「倭国の東北一千里、多婆那国で誕生」したとあり、脱解も瓠公も倭人である。
おそらく「赫居世、脱解、瓠公」の三人は同一人物である可能性が高い。それ故に、第二代の南解は脱解に禅譲したいと言い、実際は第三代の儒理が脱解に禅譲するのだろう。

ここから、南解と儒理は脱解が強引な易姓革命ではなく、徳によって禅譲を受けたという美談にするために創作された架空の人物ではないかと筆者は考える。

177 :日本@名無史さん:2009/10/20(火) 18:44:41
>>175
そう、だから赫居世居西干と同一人物の可能性があるんだよ

178 :日本@名無史さん:2009/10/20(火) 19:22:46
>>176
脱解も瓠公も倭国出身
ということは同一人物とされる初代新羅王の赫居世も倭人ってことかもな

179 :日本@名無史さん:2009/10/20(火) 20:41:29
中国から直接日本に伝来した事にされているRM1-b遺伝子の稲の
調査が日本に水田稲作が伝わったBC10Cより前の朝鮮の炭化米で
なされていない。

かつては朝鮮半島にもRM1-b遺伝子の稲は存在したが朝鮮半島の自然環境に
適応できず遺伝子が消滅欠損してしまった可能性が十分に考えられる。

佐藤洋一郎容疑者はただちに日本に水田稲作が伝わったBC10Cより前の
朝鮮の炭化米でRM1-b遺伝子の有無を調査し、その結果を国民に公表せよ。

考古学界を混乱させた貴方にはその責任がある。

それをしない内はペテン、詐欺と言われてもしかたがない。
http://www.athome-academy.jp/archive/images/0000000116_discussion_004.gif

180 :日本@名無史さん:2009/10/21(水) 00:29:07
しんら

181 :日本@名無史さん:2009/10/21(水) 03:10:22
>>179
それじゃどのみち朝鮮経由で伝わるのは無理じゃね?

182 :日本@名無史さん:2009/10/21(水) 10:19:11
朝鮮人ってなんでジャポニカ種が半島から伝わったとすることに異様にこだわるのかね
百歩譲って半島経由だったとしても、起源は長江以南であることに変わりないし、
ジャポニカ種が定着しなかったって事は、ジャポニカ種を耕作してた民族・部族は半島には居着かなかったって事なのにね……

183 :日本@名無史さん:2009/10/21(水) 18:28:17
■韓国人は東洋のユダヤ人(笑)

ユダヤ人のノーベル賞受賞について、ユダヤ人情報というサイトで調べたところ、1901年から今年までに179人を輩出している。
これは、国境なき記者団といった組織や団体を除き、受賞者全体の22%に当たる。
そのうち経済学賞は41%、医学賞は27%、物理学賞は25%を占めた。しかも同サイトによると、家系の2分の1以上がユダヤ人の
場合に限定しているという。後日、ポーランド系ユダヤ人ということが分かった今年のノーベル医学賞の受賞者
ジャック・W・ショスタク(米国)のように、「隠れユダヤ人」を含めると、3分の1を超えるといわれている。

本国の人口が13億人の中国人の場合、受賞者はこれまで6人。15億人のイスラム系の場合は9人。
それからすると、世界の人口の0.25%(1330万人)に過ぎないユダヤ人のノーベル賞受賞は奇跡に近い。
人口730万人のイスラエルも、建国後61年で9人を輩出している。人口比率から換算すると、韓国は60人ほど
受賞しなければならない。

このようにユダヤ人の受賞者が多いとはいえ、ユダヤ人の知能指数(IQ)が際立って高いというわけではない。
ヘルシンキ大が2002年に世界185カ国のIQを調べたところ、イスラエルのIQは平均95で、同106の韓国や米国の98より低かった。

教育熱心とバイタリティーで、「東洋のユダヤ人」といわれている韓国はどうか。
家庭での子どもの教育は学習塾や予備校などに任せきりで、学校では創造性や想像力とはかけ離れた詰め込み式の
学習に熱を上げている始末だ。「ノーベル賞大国」の夢が少しずつ遠ざかっているのではないかと心配だ。

産業部=宋義達(ソン・ウィダル)次長待遇
http://www.chosunonline.com/news/20091021000069
【コラム】ユダヤ人と韓国人(上)

http://www.chosunonline.com/news/20091021000070
【コラム】ユダヤ人と韓国人(下)

184 :日本@名無史さん:2009/10/21(水) 19:25:14
【爆笑ニュース】 爆笑!小麦作、6000年前には、もうあった!(爆


岡山市の縄文時代の貝塚「朝寝鼻(あさねばな)」を調査している岡山理科大の
考古学チームが1999年4月21日、「縄文前期の土壌から稲の細胞に含まれる
プラントオパールが見つかった」と、発表。約6000年前に「米作り」が
行なわれていたとする発見で、稲作の歴史が縄文前期にまでさかのぼることになった。
このプラントオパールはイネ科の葉の細胞内に含まれるケイ酸体の粒子で、同貝塚の
下層(深さ2メートルの土壌)からのサンプルを採り調査したところ、356点の
サンプルから10点、形状からジャポニカ(短粒種)とみられる稲のプラントオパール
が検出された。また、稲のほか小麦とハトムギのプラントオパールも見つかった。
http://www.local.co.jp/news-drift/agri-99kome.html
稲のほか小麦とハトムギのプラントオパールも見つかった
稲のほか小麦とハトムギのプラントオパールも見つかった
稲のほか小麦とハトムギのプラントオパールも見つかった
稲のほか小麦とハトムギのプラントオパールも見つかった

185 :日本@名無史さん:2009/10/21(水) 19:47:17
倭国の東北一千里なるタバナ国がなんで倭国なのか、それがさっぱり
わからない。
百済の西北一千里にある高句麗は百済なのか?

186 :日本@名無史さん:2009/10/21(水) 20:52:37
普通に考えて蝦夷だろ。

187 :日本@名無史さん:2009/10/21(水) 20:56:03
なるほど、新羅はアイヌが作ったのか。
そう言えば朝鮮語は日本語よりアイヌ語に近いという説もあったような・・

188 :日本@名無史さん:2009/10/21(水) 22:42:12
>>174
>稲飯命出於新羅国、王祖合。

稲飯命は新羅国より出づ、王は祖合す。

稲飯命は新羅国の出身で、その先祖は王と共通だ、という意味だろう。

189 :日本@名無史さん:2009/10/22(木) 01:13:40
>>188
奈良の都,右京に居る[新良貴氏]は稲飯命の後也。是新羅国に出ず!
>稲飯命本人じゃなく子孫。奈良の都,右京住いの新良貴氏は新羅出身だと言う事<

┌──────────「原文」
新良貴彦波瀲武{盧鳥}{↑茲↓鳥}草葺不合尊男稲飯命之後也。是出於新良国。
即為国主。稲飯命出於新羅国王者祖合。日本紀不見。
└──────────
┌──────────「現代訳」
新良貴[しらき](氏)は、彦波瀲武[盧鳥][↑茲↓鳥]草葺不合尊[ひこなぎさた
け・うがやふきあえずのみこと]の男[むすこ]である稲飯命[いなひのみこと]
の後[のち]也。是[これ]新羅国に出ず。即[すなわ]ち国主なり。
稲飯命は新羅国に出て、王は祖合す。日本紀[やまとのふみ]には見えず。
└──────────


190 :日本@名無史さん:2009/10/22(木) 01:14:03
新羅を造ったのは中国人で確定済み。
秦の始皇帝の圧政から亡命した中国人が前2世紀〜4世紀に朝鮮半島南部に建国したのが辰韓(秦韓)で、
それが後に12カ国に分裂して、その一つの斯蘆国が新羅になった。


191 :日本@名無史さん:2009/10/22(木) 01:21:25
>>185
魏志倭人伝
魏志倭人伝において邪馬壹國(邪馬臺國)が支配下に置いていたとされる「一大國」という名の島国である。
対海國(対馬国)から南に一千里(当時の度量衡で400Km)の所、ということになるが、仮に対海國を現在の
対馬島とすれば、これは鹿児島県の南方海上になるため、実際にどこであるかには論争がある。

※当時の中国では「一里=400〜500m」という「長里」が使われて来た。 また。『三国史』の魏(・西晋)朝では、
「一里=75mないし90mで、75mに近い」長さの「短里」が使用されている。なお日本の近代では一里=4Kmであり、中国の距離とは異なる。



192 :日本@名無史さん:2009/10/22(木) 03:15:35
>>175-176
http://members3.jcom.home.ne.jp/sadabe/sinkan-siragi/siragi.-king4-dakkai.htm

コピペするなら、ちゃんとソースをリンクしろよ。

>>185
「倭国の東北一千里、多婆那国」とは、「多婆那国が倭国に属し、倭国の中心部から
東北に向けて一千里の距離に位置する」という意味の中国語の典型的用法。
その辺のことは、『倭人伝を徹底して読む』古田武彦(朝日文庫)にも書いてある。
瓠公のこともこの本に書いてある。他にも、半島南部が古くから倭人の領域だった
ことも文献を示して書いてある。

193 :日本@名無史さん:2009/10/22(木) 10:21:17
>>189
その解釈は、「出於新羅国」を「新羅国へ出国した」と解釈する恣意的な
読み方を含んでいる。
「出於新羅国」は「新羅国より出づ」つまり「新羅国の出身である」以外の
読み方はない。

>>192
その説話には民話的なバージョンがあって、それを読めばタバナ国が竜宮城
みたいなおとぎの国であることがよくわかるよ。

194 :日本@名無史さん:2009/10/22(木) 12:30:20
>>185 倭国が九州だろうと近畿だろうとその東北一千里(100km程度か)なら日本列島内だろう。

 九州とすれば山陰(出雲?)、近畿とすれば能登半島あたりか。


195 :日本@名無史さん:2009/10/22(木) 14:12:05
小滝透著「反日嫌韓の謎88」に書いてあったけど、
清朝末期に清国は朝鮮半島が外国の植民地になったら安全保障上危険だから、
朝鮮半島を直轄領にして併合する計画があったんだって。
そうしてたら今頃韓国・北朝鮮はウイグル自治区やチベット自治区や内モンゴル自治区の様に朝鮮自治区になってたかも。
そして前12世紀〜前2世紀の中国人の箕子が建国した箕子朝鮮、そして箕子朝鮮を滅ぼして前2世紀〜前1世紀の中国人の衛氏が建国した衛氏朝鮮、
そして衛氏朝鮮を滅ぼした前1世紀〜後3世紀の中国植民地の楽浪郡の計1500年は朝鮮は中国の一部だった事で、
朝鮮は中国人の造った国家でもともとは中国の一部だったという認識が中国人にはあるらしい。
中嶋嶺雄著「日中対決がなぜ必要か」によると、毛沢東は、朝鮮・台湾・琉球・ベトナムは中国領という論文を書いたらしい。

196 :日本@名無史さん:2009/10/22(木) 14:48:43
王氏高麗の正史,歴史書『三国史記』新羅本紀・脱解尼師今紀では、
「脱解本多婆那國所生也 其國在倭國東北一千里」とあり新羅の4代目の王にして昔氏王統の初代である脱解尼師今は
倭国の東北千里にある本多婆那國の出であるとされており、関連性が見られる
>>193
じゃそれが真実であれば高麗王朝は正史に倭国王は新羅の出であると記録すれば済むこと。
なぜわざわざ「新羅王は倭国の東北千里にある本多婆那國の出」と混乱記事を記録する必要があるのか。

答え  新羅王は倭国出身の倭人だから、これが真実だから。



197 :日本@名無史さん:2009/10/22(木) 17:22:56
>>196
三国史記に書いてあるから真実だと言うのなら、王朝の始祖が卵から生まれたり
するのも真実と言わなければならない。
古代にあっては、日本神話だってそうであるように、王朝の由来を神秘的に
して権威づけるのも「歴史」のうちなのだ。

>高麗王朝は正史に倭国王は新羅の出であると記録すれば済むこと。

高麗王朝というのは新羅王朝の誤記だとして、なんで新羅の「正史」が
倭国王の由来を書く必要があるのか?
日本書紀や古事記が、新羅や百済の王朝の由来を書いているか?

もう一度書く。
「出於新羅国」は「新羅国より出づ」つまり「新羅国の出身である」以外の
読み方はない。

これは異説だよ。異説であるからには、日本神話のすじがきと合わなく
てもいいのだ。
スサノオがまず新羅に天下ってから日本に来た、という異説だって
日本神話のすじがきとは合わない。

198 :日本@名無史さん:2009/10/22(木) 20:01:35
新羅って呼び名は6世紀になって一般的に使われるようになる
「新羅を作ったのは日本人」って・・6世紀に朝鮮半島に移住して建国したのか?

赫居世治世とか瓠公とかってもっと古い時代の話だろ
 


199 :日本@名無史さん:2009/10/22(木) 20:05:18
>>197  >三国史記の中の一書,新羅本記は高麗王の命によって書かれてますが!

三国史記 - Wikipedia
『三国史記』(さんごくしき)は、高麗17代仁宗の命を受けて金富軾らが作成した、三国時代(新羅・高句麗・百済)から
統一新羅末期までを対象とする紀伝体の歴史書。朝鮮半島に現存する最古の歴史書である。1143年執筆開始、1145年完成、全50巻。 ...

>なんで新羅の「正史」が倭国王の由来を書く必要があるのか?

三國史記 卷第一 新羅本紀第一 脱解尼師今
http://www001.upp.so-net.ne.jp/dassai/sangokushiki/shiragi/010104gen.htm
「脱解本多婆那國所生也 其國在倭國東北一千里」<「新羅王は倭国の東北千里にある本多婆那國の出身である」

!!事実書いてあるんだから認めなきゃ、理由を俺に聞かれても困る。
それとも三国史記,新羅本記は偽書????



200 :日本@名無史さん:2009/10/22(木) 20:16:10
【爆笑ニュース】 爆笑!小麦作、6000年前には、もうあった!(爆爆


縄文時代前期とされる岡山県灘崎町、彦崎貝塚の約6000年前の地層から、
稲の細胞化石「プラント・オパール」=写真=が出土したと、同町教委が18日、発表した。
同時期としては朝寝鼻貝塚(岡山市)に次いで2例目だが、今回は化石が大量で、
小麦などのプラント・オパールも見つかり、町教委は「縄文前期の本格的農耕生活が
初めて裏付けられる資料」としている。

http://osaka.yomiuri.co.jp/inishie/news/is50219a.htm
小麦などのプラント・オパールも見つかり
小麦などのプラント・オパールも見つかり
小麦などのプラント・オパールも見つかり
小麦などのプラント・オパールも見つかり

201 :日本@名無史さん:2009/10/22(木) 20:29:23
>>199
>>三国史記の中の一書,新羅本記は高麗王の命によって書かれてますが

それならなおのこと、倭国王の由来など正史に書かせる必要はないではないか。

>事実書いてあるんだから認めなきゃ、理由を俺に聞かれても困る。
>それとも三国史記,新羅本記は偽書????

書いてあるのは間違いないよ。
書いてある内容が「事実」とは限らないと言っているのだ。
繰り返すが、古代人にとってはおとぎ話も神話も「歴史」のうちなのだ。
古代とも限らない。ジンギスカンだって蒼き狼から生まれたのでは
なかったか?

202 :日本@名無史さん:2009/10/22(木) 21:01:08
むしろ、何故わざわざ倭国から来たのかと言う点を議論するべきだろ。
「日王は百済の王族ニダ!」とか朝鮮人と同じレベルになっちゃいかん。

203 :日本@名無史さん:2009/10/22(木) 21:43:23
>>201
三国史記に倭国王の由来なんて書いてあるか?

204 :日本@名無史さん:2009/10/22(木) 23:15:54
>>202
>何故わざわざ倭国から来たのかと言う点を議論するべきだろ。

だから倭国から来たとはどこにも書いてない。タバナ国はおとぎの国だ。

>>203
>三国史記に倭国王の由来なんて書いてあるか?

もちろん書いてない。
事実なら書くはずだと言ったのは>>196だ。
私は他国の王朝の由来など書くはずがないと言っている。


205 :日本@名無史さん:2009/10/23(金) 01:59:18
新羅王の王家の二つが倭人というのは、あくまでも神話だからね。
史実かどうかは分からない。

206 :日本@名無史さん:2009/10/23(金) 02:14:33
>>205
しかし、スサノオの話とか、傍証もある。
なんで神功皇后のとき、大和朝廷が半島に出兵して新羅を討伐(三韓征伐)しようと
したのかも、それで説明がつく。
倭人王家が韓人王家に打倒されて、駆逐されたからじゃないか?

207 :日本@名無史さん:2009/10/23(金) 02:29:38
神功皇后の三韓征伐は後世の創作だけどね。
史実ではない。

208 :日本@名無史さん:2009/10/23(金) 12:50:04
新撰姓氏録右京皇別条に
「新良貴 彦波瀲武鸕鶿草葺不合尊男稲飯命之後也。是出於新良国。即為国主。
稲飯命出於新羅国王者祖合。日本紀不見。」の記事がある。 

また古事記に「稲氷命は妣の国と為して、海原に入り坐しし也」とあり、
新良貴氏祖稲飯命は新羅始祖赫居世と同一人物と思われる。

延暦二年七月紀に「左京人散位六位上金肆順、姓を海原連を賜う」、
「右京人正六位上金五百依、姓を海原造を賜う」、姓氏録右京諸蕃条に
「海原造、新羅国人進広肆金加志毛礼の後也」と新羅帰化族に海原姓下賜の記事があり、
海原が新羅の別称であることは明らかである。
(参考:御毛沼命の赴いた常世国は燕の別称)

209 :日本@名無史さん:2009/10/23(金) 15:11:46
>>208
>稲飯命出於新羅国王者祖合

稲飯命、新羅国より出づ。王は祖合す。

稲飯命は新羅国の出身である。王と祖先を共にする。

210 :日本@名無史さん:2009/10/23(金) 15:52:46
稲飯命は新羅国に出て、王は祖合す。
稲飯命は新羅王の祖先

211 :日本@名無史さん:2009/10/23(金) 15:54:30
はっきりと瓠公は倭人と書いてるからなあ

212 :日本@名無史さん:2009/10/23(金) 17:52:52
>>209
高校からやり直せ

213 :日本@名無史さん:2009/10/23(金) 18:06:24
>>210
「出於新羅国」は「新羅国に出て(出国して)」とは読めない。

「以其出於金、姓金氏」
その金より出づるを以て、金氏を姓とす

「青出於藍、勝於藍」
青は藍より出でて藍に勝る

「出」の後の「於」は「より、から」だ。

>>211
瓠公は脱解とは別の説話だ。

214 :日本@名無史さん:2009/10/23(金) 18:48:52
413年 東晋 義熙9 讃 東晋に貢物を献ずる。(『晋書』安帝紀、『太平御覧』)[1]
421年 宋 永初2 讃 宋に朝献し、武帝から除綬の詔をうける。おそらく安東将軍倭国王。(『宋書』倭国伝)

438年 宋 元嘉15 珍 これより先(後の意味以下同)、倭王讃没し、弟珍立つ。この年、宋に朝献し、自ら「使持節都督・百済・新羅・任那・秦韓・慕韓六国諸軍事安東大将軍倭国王」と称し、正式の任命を求める。(『宋書』倭国伝)
4月、宋文帝、珍を安東将軍倭国王とする。(『宋書』文帝紀)
珍はまた、倭隋ら13人を平西・征虜・冠軍・輔国将軍にされんことを求め、許される。(『宋書』倭国伝)

443年 宋 元嘉20 済 宋に朝献して、安東将軍倭国王とされる。(『宋書』倭国伝)


215 :日本@名無史さん:2009/10/23(金) 18:50:23
451年 宋 元嘉28 済 宋朝から「使持節都督・新羅・任那・加羅・秦韓・慕韓六国諸軍事」を加号される。安東将軍はもとのまま。(『宋書』倭国伝)
7月、安東大将軍に進号する。(『宋書』文帝紀)
また、上った23人は、宋朝から軍・郡に関する称号を与えられる。(『宋書』倭国伝)

462年 宋 大明6 興 3月、宋孝武帝、済の世子の興を安東将軍倭国王とする。(『宋書』孝武帝紀、倭国伝)

477年 宋 昇明1 興(武) 11月、遣使して貢物を献ずる。(『宋書』順帝紀)
これより先、興没し、弟の武立つ。武は自ら「使持節都督倭・百済・新羅・任那・加羅・秦韓・慕韓七国諸軍事安東大将軍倭国王」と称する。(『宋書』倭国伝) (ワカタケル大王の銘文ーー672)


216 :日本@名無史さん:2009/10/23(金) 18:52:19
478年 宋 昇明2 武 上表して、自ら開府儀同三司と称し、叙正を求める。順帝、武を「使持節都督倭・新羅・任那・加羅・秦韓・慕韓六国諸軍事安東大将軍倭国王」とする。(『宋書』順帝紀、倭国伝)(「武」と明記したもので初めて)

479年 南斉 建元1 武 南斉の高帝、王朝樹立に伴い、倭王の武を鎮東大将軍(征東将軍)に進号。(『南斉書』倭国伝)

502年 梁 天監1 武 4月、梁の武帝、王朝樹立に伴い、倭王武を征東大将軍に進号する。(『梁書』武帝紀)[2]


217 :日本@名無史さん:2009/10/23(金) 19:01:17
>結合式釣針の分布をみれば判るよ  朝鮮南部は元もと縄文,倭人文化圏

「東アジアのゴホウラやイモガイ,オオツタノハ製品,その他の南海産貝製品出土圏」
http://www.geocities.jp/ikoh12/honnronn5/005_06/kai448.jpg
日本と韓国の結合式釣針の分布
http://www.geocities.jp/ikoh12/honnronn1/11nihonnkaibunnkakenn/nihontokankokunoketugousikituribari_Rnobunpu.jpg
「朝鮮半島南部の勾玉文化圏」
http://yamatai.cside.com/katudou/image/241-5.gif
韓国全羅南道の前方後円墳分布図
http://www.oct-net.ne.jp/~hatahata/img_1583928_39577794_21.jpg
1七岩里古墳2月桂1号墳3古城里古墳4月桂洞2号墳5月里古墳6月桂洞1号墳7明花洞古墳8新徳1号墳9咸平長鼓山古墳10杓山古墳11チャランポン古墳12龍頭里古墳13海南長鼓山古墳

「甕棺文化圏」「南式支石墓文化圏」 縄文,弥生「土器,石匙(携行ナイフ)」


218 :日本@名無史さん:2009/10/23(金) 19:03:07
『山海経』
「蓋國在鉅燕南 倭北 倭屬燕」(山海經 第十二 海内北經)
蓋国(北朝鮮北部蓋馬高原地域?)は鉅燕(渤海湾北部,遼東一帯)の南、倭(半島南部と九州北部)の北にあり。
倭(半島南部と九州北部)は燕に属す。

『後漢書』「東夷傳」
「建武中元二年 倭奴國奉貢朝賀 使人自稱大夫 倭國之極南界也 光武賜以印綬」

建武中元二年(57年)、倭奴国(現在の福岡市)、貢を奉じて朝賀す。使人自ら大夫と称す。
倭国の極南界(最南部)なり。光武賜うに印綬を以てす


219 :日本@名無史さん:2009/10/23(金) 19:04:36
瓠公(ここう、生没年不詳)は新羅の建国時(紀元前後)に諸王に仕えた重臣。
また金氏王統の始祖となる金閼智の育て親。もとは倭人とされる。
新羅の3王統の始祖の全てに関わる、新羅の建国時代の重要人物である。
瓠(ひさご)を腰に下げて海を渡ってきたことからその名がついたと『三国史記』は伝えている。

初代新羅王の赫居世居西干の朴姓も同じ瓠から取られているため、
同一人物を指しているのではないかという説がある。

そして、新羅の王冠が日本からの交易品の勾玉である。

『三国史記』卷一・新羅本紀第一・始祖赫居世三十八年(紀元前20年)条 : 瓠公者、未詳其族姓。
本倭人。初以瓠繋腰、度海而来。故称瓠公。


220 :日本@名無史さん:2009/10/23(金) 19:07:05

『新撰姓氏録』は新良貴氏を瀲武鵜葺草葺不合尊の男稲飯命の子孫とし、稲飯命を
新羅国王の祖と伝えている。『記紀』によれば、鵜茅葺不合尊(うがやふきあえず)は
神武天皇の父とされており、稲飯命は神武天皇の兄に当る。従って、神武も新羅(加耶)国
と係わりがあることになる。
http://www.shiga-miidera.or.jp/serialization/shinra/118.htm


221 :日本@名無史さん:2009/10/23(金) 19:08:26

>稲飯命(神武天皇の兄)は新羅王の祖である。

『新撰姓氏録』右京皇別下新良貴条は、「是出於新良国 即為国主 稲飯命出於新羅国王者組合」とあり稲飯命は新羅王の祖であるとする異説を載せている
(朝鮮の歴史書『三国史記』新羅本紀・脱解尼師今紀では、「脱解本多婆那國所生也 其國在倭國東北一千里」とあり新羅の4代目の王にして昔氏王統の初代である脱解尼師今は
倭国の東北千里にある本多婆那國の出であるとされており、関連性が見られる)。なお尼師今は日本語のニシキと思われる


222 :日本@名無史さん:2009/10/23(金) 19:11:10

『新羅神社』社伝

社伝によれば、朝鮮新羅城の新良貴氏の祖神「稲飯命」或いは「白城宿禰」を祭るといわれているが、『神社誌』及び『遠敷郡誌』は「天日矛命の後裔が此国に留まり、
其の遠祖である鵜茅葺不合尊、又は稲飯命を祀りしもの。地名のシラキは日倉族の新羅人の住みしことあるにより起り、その祖神を祀りしとの説がありこれに従う」としている。

『新撰姓氏録』は新良貴氏を瀲武鵜葺草葺不合尊の男稲飯命の子孫とし、稲飯命を新羅国王の祖と伝えている。『記紀』によれば、鵜茅葺不合尊(うがやふきあえず)は
神武天皇の父とされており、稲飯命は神武天皇の兄に当る。


223 :日本@名無史さん:2009/10/23(金) 19:13:06

「瓠公」

赫居世治世三十八年(前20年)条に「瓠公は、その族と姓は未詳。本は倭人。初めは腰に瓢箪をぶらさげて海を渡って来たことから、瓠公と称される」とある。
だが、中国の宰相にあたる「大輔」の官職に任命するほどの人物の「族と姓は未詳」というのは怪しい。

瓠公は唐突に赫居世の治世三十八年条に登場するが、その翌年には脱解が辰韓に漂着したというのに全く記述がない。
そして、瓠公は78年後に大輔に任命されるが、彼は何歳なのだろう。少なく見積もっても九十歳は超えているはず。


224 :日本@名無史さん:2009/10/23(金) 19:15:03

赫居世も脱解も「卵から生まれ」ており、脱解は「倭国の東北一千里、多婆那国で誕生」したとあり、脱解も瓠公も倭人である。
おそらく「赫居世、脱解、瓠公」の三人は同一人物である可能性が高い。それ故に、第二代の南解は脱解に禅譲したいと言い、実際は第三代の儒理が脱解に禅譲するのだろう。

ここから、南解と儒理は脱解が強引な易姓革命ではなく、徳によって禅譲を受けたという美談にするために創作された架空の人物ではないかと筆者は考える。


225 :日本@名無史さん:2009/10/23(金) 20:38:30

高麗王朝が12世紀に新羅の王族は倭人だったと公式に認めてますが!
高麗王朝,公式記録,三国史記は偽書??

『三国史記』卷一・新羅本紀第一・始祖赫居世三十八年(紀元前20年)条 : 瓠公者、未詳其族姓。
本倭人。初以瓠繋腰、度海而来。故称瓠公。

朝鮮の歴史書『三国史記』新羅本紀・脱解尼師今紀では、
「脱解本多婆那國所生也 其國在倭國東北一千里」とあり新羅の4代目の王にして昔氏王統の初代である脱解尼師今は
倭国の東北千里にある本多婆那國の出であるとされており、関連性が見られる


226 :日本@名無史さん:2009/10/23(金) 20:40:24

奈良の都,右京に居る[新良貴氏]は稲飯命の後也。是新羅国に出ず!
>稲飯命本人じゃなく子孫。奈良の都,右京住いの新良貴氏は新羅出身だと言う事<

┌──────────「原文」
新良貴彦波瀲武{盧鳥}{↑茲↓鳥}草葺不合尊男稲飯命之後也。是出於新良国。
即為国主。稲飯命出於新羅国王者祖合。日本紀不見。
└──────────
┌──────────「現代訳」
新良貴[しらき](氏)は、彦波瀲武[盧鳥][↑茲↓鳥]草葺不合尊[ひこなぎさた
け・うがやふきあえずのみこと]の男[むすこ]である稲飯命[いなひのみこと]
の後[のち]也。是[これ]新羅国に出ず。即[すなわ]ち国主なり。
稲飯命は新羅国に出て、王は祖合す。日本紀[やまとのふみ]には見えず。
└──────────


227 :日本@名無史さん:2009/10/23(金) 20:42:53
新撰姓氏録右京皇別条に
「新良貴 彦波瀲武鸕鶿草葺不合尊男稲飯命之後也。是出於新良国。即為国主。
稲飯命出於新羅国王者祖合。日本紀不見。」の記事がある。 

また古事記に「稲氷命は妣の国と為して、海原に入り坐しし也」とあり、
新良貴氏祖稲飯命は新羅始祖赫居世と同一人物と思われる。

延暦二年七月紀に「左京人散位六位上金肆順、姓を海原連を賜う」、
「右京人正六位上金五百依、姓を海原造を賜う」、姓氏録右京諸蕃条に
「海原造、新羅国人進広肆金加志毛礼の後也」と新羅帰化族に海原姓下賜の記事があり、
海原が新羅の別称であることは明らかである。
(参考:御毛沼命の赴いた常世国は燕の別称)


228 :日本@名無史さん:2009/10/23(金) 20:44:56
百済の住人の多くは倭人でしたからね

【隋書 百済伝】
>其人雜有新羅、高麗、倭等、亦有中國人。

「そこの人は新羅、高句麗、倭などが混在しており、また中国人もいる。」


[梁書,百済伝] >その国は倭に近く、身体に刺青を施している者がとても多い。

其國有二十二檐魯、皆以子弟宗族分據之。其人形長、衣服淨潔。其國近倭、頗有文身者。
今言語服章略與高驪同、行不張拱、拜不申足則異。呼帽曰冠、襦曰複衫、○曰褌。其言參諸夏、亦秦、韓之遺俗云。

その国には二十二の檐魯があり、いずれも子弟や宗族にこれを分与している。人の姿形は身長があり、衣服は清潔に洗っている。
その国は倭に近く、身体に刺青を施している者がとても多い。今も言語、服装、規約などはほぼ高句麗と同じだが、道では大仰な拱手はせず、
拝礼は述べずとも足りる則りが異なる。呼称では冠を帽、複衫を襦、褌を○という。その言葉には中華諸国や秦(の方言)が加わっており、韓に遺された習俗だという。


229 :日本@名無史さん:2009/10/23(金) 20:49:50
>>206
対馬海峡を越えて、政治的進出が起こった例というのは、
有史以来、殆どが「南(日本列島)→北(朝鮮半島)」だからね。
南下した例ももちろんあるが、
第一次元寇が典型だが、朝鮮は廊下となっているだけ。
朝鮮在地勢力が、対馬海峡を渡って「進出した」という例は、本当に皆無だ。


スサノオの神話の示唆するところは大きいね。
高天原から、罰ゲームで新羅に追放されたが、「オラはこんなところ嫌だ」と言って、
本州の山陰地方に大脱走した。
つまり、新羅行きが、罰ゲームになるのだから、
少なくとも高天原は朝鮮半島だということは、絶対にあり得ない。
少なくとも、天津神系氏族すべての故地は、朝鮮半島ではないということだ。

230 :日本@名無史さん:2009/10/23(金) 20:57:21
!!住民の数,軍事力,財力の差は歴然>新石器時代の遺構、朝鮮半島405カ所、日本列島約10万カ所

「朝鮮半島の考古学」(早乙女雅博 同成社 2000年 p32)によると、
新石器時代の遺構は半島全体で1995年までに405カ所。
うち、貝塚が122カ所。住居址は僅か26カ所。だそうです

同時代日本列島の縄文時代の遺跡総数は約10万カ所あります。(小学館百科全書)
発掘状況に違いはあるでしょうが、その差は歴然です。


231 :日本@名無史さん:2009/10/23(金) 21:00:26
中国から直接日本に伝来した事にされているRM1-b遺伝子の稲の
調査が日本に水田稲作が伝わったBC10Cより前の朝鮮の炭化米で
なされていない。

かつては朝鮮半島にもRM1-b遺伝子の稲は存在したが朝鮮半島の自然環境に
適応できず遺伝子が消滅欠損してしまった可能性が十分に考えられる。

佐藤洋一郎容疑者はただちに日本に水田稲作が伝わったBC10Cより前の
朝鮮の炭化米でRM1-b遺伝子の有無を調査し、その結果を国民に公表せよ。

考古学界を混乱させた貴方にはその責任がある。

それをしない内はペテン、詐欺と言われてもしかたがない。
http://www.athome-academy.jp/archive/images/0000000116_discussion_004.gif

232 :日本@名無史さん:2009/10/23(金) 21:02:08
>>225
>瓠公者、未詳其族姓。 本倭人。初以瓠繋腰、度海而来。故称瓠公。

瓠公はその族も姓もつまびらかでない。もと倭人である。はじめ瓠を腰に
つけて海を渡って来たので、俗称を瓠公と言う。

王族でもなんでもない、正体不明の風来坊だと、高麗王朝・公式記録・三国史記は
公式に認めてますが?

>倭国の東北千里にある本多婆那國の出であるとされており、関連性が見られる

これはウィキのコピペだが、多婆那國は倭国の東北千里にあるのだから
倭国そのものではない。
倭国じたいが新羅から見れば海の彼方の国なのだから、それよりさらに
千里離れることによってシャングリラ性を強調しているに過ぎない。

233 :日本@名無史さん:2009/10/23(金) 21:06:56
[偽書とされる書における檀君]  <清の嘉慶5年(1800年)に命名された地名「長春」が見え>
                     <20世紀に入ってから作られた男女平等、父権などの用語が使用されている>

『桓檀古記』に含まれる「檀君世紀」上編[2]によれば、檀君朝鮮は始祖王倹より古列加まで47代続いた王朝であったという。
しかし、同書や同じく『桓檀古記』にある「太白逸史」には清の嘉慶5年(1800年)に命名された地名「長春」が見え、
「太白逸史」の引用書「朝代記」に至っては男女平等、父権などの近代になって登場した用語が使用されている。
このことから、20世紀に入ってから作られた新しい偽書であることが確実視されている。


234 :日本@名無史さん:2009/10/23(金) 21:22:19
>>232  高麗王朝が12世紀に新羅の王族は倭人だったと公式に認めてますが!
     高麗王朝,公式記録,三国史記は偽書??

『三国史記』卷一・新羅本紀第一・始祖赫居世三十八年(紀元前20年)条 : 瓠公者、未詳其族姓。
本倭人。初以瓠繋腰、度海而来。故称瓠公。

『三国史記』新羅本紀・脱解尼師今紀では、「脱解本多婆那國所生也 其國在倭國東北一千里」とあり
新羅の4代目の王にして昔氏王統の初代である脱解尼師今は、倭国の東北千里にある本多婆那國の出であるとされる。

>>対海國(対馬国)から南に一千里(当時の度量衡で400Km)の所、ということになるが、仮に対海國を現在の
対馬島とすれば、これは鹿児島県の南方海上になるため、実際にどこであるかには論争がある。

※当時の中国では「一里=400〜500m」という「長里」が使われて来た。 また。『三国史』の魏(・西晋)朝では、
「一里=75mないし90mで、75mに近い」長さの「短里」が使用されている。なお日本の近代では一里=4Kmであり、中国の距離とは異なる。

235 :日本@名無史さん:2009/10/23(金) 23:09:18
>>234
>対海國(対馬国)から南に一千里(当時の度量衡で400Km)の所、ということ
>になるが、仮に対海國を現在の 対馬島とすれば、これは鹿児島県の南方海上
>になるため、実際にどこであるかには論争がある。

これはウィキペディアの「一大国」のコピペだ。
もはやヤミクモにコピペするだけになったな。

236 :日本@名無史さん:2009/10/23(金) 23:45:17
>>232
なんでそんな風来坊ごときの事を正史に、書かなければいけないんだね。
何か重要な人物だからじゃないかね。

237 :日本@名無史さん:2009/10/24(土) 02:05:49
神功皇后の新羅征伐は創作ではないでしょう。
三国史記のミシキンに関する部分と、昔于老に関する部分を読めば
日本書紀の記述と合致するところが多々あるからね。
あと、朴提上とモマリシチ、ウレシホツ、ホラモチの説話の一致も興味深いですね。

238 :日本@名無史さん:2009/10/24(土) 02:17:51
>>237
広開土王の碑文もあるしな。

239 :日本@名無史さん:2009/10/24(土) 02:34:16
三国史記では昔于老はソボルカンという位についた人物で立太子の記事もあり列伝も立てられているほどの人。日本書紀ではウル・ソウリチカ。
ウル=于老、ソウリチカ=ソボルカン。ソボルは韓国語のソウル、カンは王様の意味。ジンギスカンのカン。
彼は三国史記では倭の将軍のウドウシュクンに焼き殺される。日本書紀では神功皇后に膝骨を砕かれて殺される。
一方、ミシキンは三国史記では王の弟で倭国に質に出される人。日本書紀ではミシコチまたはミシコと呼ばれている。神功皇后が新羅を征服した際に
倭国に連れ去られる。
彼を助けに来た人物が三国史記では朴提上で、ミシキンを逃がした後、倭王に焼き殺される。日本書紀では三人の新羅人がミシコチを逃がしたと言う記述がある。その三人がホラモチ、ウレシホツ、モマリシチ。この三人は葛城ソツヒコに焼き殺される。
三国史記と日本書紀がこれほど一致することを考えれば、神功皇后の新羅征伐が創造されたものなどとは決していえない。
図書館にでも行って日本書紀の神功皇后紀と三国史記の列伝の昔于老伝を読み比べてみよう。

240 :美濃もん太 ◆RoY2GHF3nI :2009/10/24(土) 03:25:51
つかさ、「新羅を造り治めてたのは、倭から半島へ渡来して来てた倭人の王です」
って事を否定したいのならば


「○○の歴史書物に、新羅を造った新羅王は○○人(朝鮮人?モンゴル人?マンチュリ人?)って記述があるから、倭人の治めた国ではない!」
って言い方をしないと、なんの根拠もなく否定したいだけにしか見えないよ
朝鮮半島を治めてた新羅の王が倭人か倭人じゃないかの話じゃなく
新羅を造り朝鮮半島南部を治めてた新羅王ってのが、どの民族だったのかって話をしてる訳なんだから

241 :日本@名無史さん:2009/10/24(土) 08:44:53
>>236
>なんでそんな風来坊ごときの事を正史に、書かなければいけないんだね。

そんなことを私に聞かれても困る。三国史記の著者に聞いてくれ。

>何か重要な人物だからじゃないかね。

そりゃ、史記に載るからには重要な人物には違いないよ。その重要な人物の
由来が風来坊同然に描かれている、ということを言ったのだ。
少なくとも>>225の言うような王族ではない。


242 :日本@名無史さん:2009/10/24(土) 08:47:06
しんら

243 :日本@名無史さん:2009/10/24(土) 08:59:02
ウィキペディアはじめ多くの資料が、稲飯命に関する「出於新羅国」を
「新羅国に出国した」と解釈する恣意的な読み方に基づいていることは
非常に恥ずかしいことだ。
これでは広開土王碑文を強引にねじ曲げる韓国・朝鮮人を笑えない。

「出於新羅国」は「新羅国より出づ」すなわち「新羅国の出身である」以外の
読み方はない。
これを「出国した」と解釈するのは、日本神話のすじがきに基づいて
稲飯命は神武天皇の兄弟なのだから日本にいるはず、という先入観念に
支配されるからだ。

先入観念をとっぱらって素直に読めば、この異説は日本神話のすじがき
に反して、稲飯命が新羅出身であるということを述べているのだ。

異説は神話のすじがきによらないからこそ異説である。
前にも書いたが、スサノオは日本に来る前に新羅に天下ったという
異説もある。これだって神話のすじがきには反する。

244 :日本@名無史さん:2009/10/24(土) 09:09:30
倭国東北千里の多婆那国は普通に考えたら丹波でしょ。

丹波の宮津には昔海を渡って新羅の王になった者がいるという伝承もあり、
三国史記の記述とも一致している。

更に宮津には「加悦(かや)」という地名まであり、
アメノヒボコ伝説も含めてこの地方が
昔から半島南部との関係は深いのは言うまでもない。

日本海を隔てて倭人が頻繁に行き来していたのは確実です。

245 :日本@名無史さん:2009/10/24(土) 09:23:01
>>243
スサノオの件は、異説でも何でもないぞ。
上にもあるが、神話を素直に読めば、
朝鮮半島(新羅)『に』、罰ゲーム(流刑)で追放されたんだ。
朝鮮は、日本神話の上では、史上最初の「遠島流刑の地」だった。
そしてスサノオは、この刑罰に堪えられず、
「新羅収容所」から、「大脱走」を図る。

これは、日本神話の筋書きとは全く矛盾しない。
高天原は、「新羅が流刑の地」扱いできる地域である。
つまり、新羅(朝鮮半島)とは全く別の場所だ。
後の任那や百済の地域ということもない。新羅が流刑の地にならない。
そして、新羅(朝鮮南部)より、植生が豊かで降水量が多い地域であったことが推測される。
間違いなく、日本列島のどこかだろうな。対馬かもしれないが、済州島ではない。


246 :日本@名無史さん:2009/10/24(土) 09:40:46
島は日本なんだから「陸流し」?

247 :日本@名無史さん:2009/10/24(土) 09:44:56
森羅万象

248 :日本@名無史さん:2009/10/24(土) 13:22:27
>>245
古事記によればスサノオは、まず命じられて「海原」を治め、高天が原へ戻り、
追放されて出雲に行ったのだ。
君が書いているのは君が創作した日本神話だ。

249 :日本@名無史さん:2009/10/24(土) 13:28:40
高天が原は葛城地方です。

250 :日本@名無史さん:2009/10/24(土) 16:52:08
新良貴は稲飯命の後裔である。これ新良国に出て国王となる。
稲飯命は新羅国王の祖。

251 :日本@名無史さん:2009/10/24(土) 16:52:11
阪神の代打葛城です

252 :日本@名無史さん:2009/10/24(土) 17:18:45
>>250
「出於**」を「**に出る(出国する)」と読む他の例を、
一つでもいいから挙げてみよ。

253 :日本@名無史さん:2009/10/24(土) 17:30:18
稲氷命は妣の国と為して、海原に入り坐しし也

254 :日本@名無史さん:2009/10/24(土) 19:17:42
倭人が祖である可能性は極めて高い。
理由として
1、古代半島南部は倭人が非常に多い地域だったように中国の記録にある
2、高麗の記録にそうある
3、日本の記録にもそう見える部分(スサノオ、稲飯命)がある。

だが、当時倭人だから今の日本人とは言えないし、なにより
新羅は後に出自不明の金一族に乗っ取られたように見えるし
さらに滅亡しているから現在では調べようが無い。

255 :日本@名無史さん:2009/10/24(土) 19:32:44
>>254
>高麗の記録にそうある

タバナ国であって倭国ではない。タバナ国は三国遺事では龍城国であり、
おとぎの国であることは明らか。

>日本の記録にもそう見える部分(スサノオ、稲飯命)がある。

そう見えるのは願望に過ぎない。
スサノオは新羅に天下った(異説)のだが、倭国から天下ったとは
書いてない。
また稲飯命は新羅国に出国したのではなく、新羅国の出身である。
これらは、逆に天孫族が新羅から出自していることを示す、とも言える。


256 :日本@名無史さん:2009/10/24(土) 19:37:48
>>255
>倭国から天下ったとは書いてない。

これは余計な議論を呼ぶから書き直す。
曰く、高天が原が倭国であるとは限らない。


257 :日本@名無史さん:2009/10/24(土) 19:39:56
>>255
新羅の祖は何人だと思うわけ?
当時の民族分布では、倭人か漢人くらいだろ。
それなら倭人じゃないか、とこのスレでは言われてるわけで。

258 :日本@名無史さん:2009/10/24(土) 19:43:24
天孫降臨の神話に近い話もあったりするのは百済では

259 :日本@名無史さん:2009/10/24(土) 19:45:42
昔脱解のことですか?倭人でしょう。
倭国の東北一千里のタバナ国とあるのは倭国の中心(北部九州?)からか、倭国とは別の国としているのかは不明ですが、
いずれにしても日本列島からの渡来を示しているのはまず間違いないでしょう。
また、三国史記でも三国イジでも半島南部を経由したという記事がありますよね。そこから辰韓にたどり着いたとある。
日本列島からの侵入ルートです。
また、倭人の瓠公とのかかわりも深い。瓠公の邸を騙し取ったことや、そこが新羅の王城の半月城になったこと、
瓠公をタイホという位につけていることなど、相当なつながりがある。
普通に考えれば倭人でしょう。

260 :日本@名無史さん:2009/10/24(土) 19:46:36
このスレタイの日本人が〜というのはおかしいわな。
倭人が、なら理解できるが。

日本人、という倭人のヤマト民族の新たな自称が生まれたのは
新羅建国よりだいぶ後だし。


261 :日本@名無史さん:2009/10/24(土) 19:50:45
そもそも、歴史の年代を考えると
日本側の史料編纂者も失態を犯している。

スサノオや稲飯命は2600年前かそれ以上前の存在でなければならないのに
新羅、という3世紀以後にできた国家に行かせたりしている。
7世紀、8世紀のころに書かれた資料ならば
その当時なら年代の計算くらいできたろうに。

安易に隣の国家の名前を使っただけなのか、それにしても日本側としては
浅はかじゃないか?


262 :日本@名無史さん:2009/10/24(土) 19:51:09
まあこの板には織田信長が愛知県民なんて言ってるスレもあるからな

263 :日本@名無史さん:2009/10/24(土) 19:51:30
朴氏の始祖の瓢箪、昔氏の始祖の箱、金氏の始祖の箱。
いずれも船を暗示しているのは明らか。つまり土着民の韓人ではなく、異郷からの渡来人ということなんだろうね。



264 :日本@名無史さん:2009/10/24(土) 19:57:39
高麗の記録、それも12〜13世紀、14世紀頃の記録だからな。
しかも高麗から見て滅ぼした敵国の。何がなんだかわからんよ。
高麗が日本書紀とか見て、適当に書いただけと思うのが普通だわ。

全くまともな記録が無いのに。半島には。
半島人はよくアイデンティティを保てるよなあ。

265 :日本@名無史さん:2009/10/24(土) 20:46:10
新羅の時に漢文化以外の文献は
みんな失ったんだっけか?

266 :日本@名無史さん:2009/10/24(土) 21:08:41
つ武列王

267 :日本@名無史さん:2009/10/24(土) 21:50:51
>>257
>当時の民族分布では、倭人か漢人くらいだろ。
>それなら倭人じゃないか、とこのスレでは言われてるわけで。

そう言ってるのは君だけだ。
東夷伝ぐらい読んでから書いたら?



268 :日本@名無史さん:2009/10/24(土) 22:52:25
>>267
そんなことを言ってるのもおまえだけな

269 :日本@名無史さん:2009/10/24(土) 23:21:13
しんら

270 :日本@名無史さん:2009/10/25(日) 00:01:23
新羅の始まりなんてどうでもいいのよな。
高麗はきっちり、百済や新羅は倭の属国だと書いてあるし、遠慮無しだ。
高麗にとって敵国だった新羅が
倭の属国で、倭人が大臣で倭から流れてきた奴が王で・・・
と情け無い国だったとしたほうが都合がよかったのだろ。

普通に考えたら
朴はワイバクのバクが語源だろう?
他は朝鮮人も途中から王になった金氏くらいしか興味無いだろ。
昔氏ってのは適当なツナギだろ。

>>267
なにか遊牧系や漢字表記の難しい民族も居たようだが
軍事的な集団を構成できるほどの影響があったとも思えんし。
騎馬についての記述あったっけ?
当時は漢民族も騎馬隊は無くて、まさに北方の人たちだけが騎馬軍を持ってたはず。


271 :日本@名無史さん:2009/10/25(日) 00:15:07
【岡田外相 「民主党が"天皇は植木職人になるべき"と言うのならば、そうなる」】


植木職人発言オフレコ(岡田外相・金曜夜プレ懇) デスクオンリー/オフレコテープ起こしママ/公表不可 納品 2009年10月24日 02:11:40

1/5 Q.「まず、今回の外相の発言の真意をお伺いしたい。ご発言は、天皇の国事行為を前提とした、という理解でいいんですよね?つまり、あくまで内閣の助言と承認…(カブリ。聞き取れず)」
岡田氏「(さえぎり。カブリ)内閣とか国事行為とは無関係だ。あくまで陛下の……(聞き取れず) ご自身のお考え…お声を知りたいということだ」

2/5 Q.「では、宮内庁というのは?」
岡田氏「宮内庁というのは方便…というかレトリック(聞き取れず)とでも…。  陛下自身のお考えが聞きたいという趣旨。もちろん、宮内庁が陛下のお考えを聞いて起案し、文章化するとか措辞を整え とかあるだろうが、陛下自身のご意見が問題だ」

3/5 Q.「ズバリ、大臣は、陛下にどのようなお言葉が…(カブリ)」
岡田氏「(カブリ)そりゃ…政権交代ですよもちろん。
"勝てば官軍"といえば言い過ぎでしょうけど(数名笑い声)、民主党がこうして 勝った訳ですから、陛下もそれに恭順…(…間…)というかその支持をご自身のお言葉で表明してほしいですよね? 
このままじゃ"自民党の皇室"のままだ」

4/5 Q.「大臣のそういうお考えは内閣としても憲法上問題である、という見解が…」
岡田氏「内閣といっても法制局でしょ。"官"ですよ。政権がかわれば、憲法解釈もかわります。我々は政治主導です。そういうくだらないことを言うんであれば、法制局長官
をクビにするだけです。それが政治主導です」

5/5 Q.「陛下の政治的中立を守らないと皇室の維持の将来にも問題が…」
岡田氏「政治的中立とか…(…間…)政治的中立って憲法に書いてあるんですか?マニフェストに書いてあります?皇室の将来より民意ですよ。民意は民主党支持なんです。
民意より皇室の維持が重要なんてあり得ない。民主主義です民意が"天皇は植木職人になるべき"というのならばそうなるんでしょ」(了)

272 :日本@名無史さん:2009/10/25(日) 00:21:25
>>239
葛那古 = 葛城襲津彦 =百済「沙至比跪」

于道朱君  = 武内宿禰


273 :日本@名無史さん:2009/10/25(日) 02:01:19
前12世紀〜前2世紀の箕子朝鮮は中国人の箕子が建国した中国人国家。
箕子朝鮮を滅ぼして前2世紀〜前1世紀の衛氏朝鮮は中国人の衛氏が建国した中国人国家。
衛氏朝鮮を滅ぼして前1世紀〜後3世紀の漢四郡は中国植民地。
百済と高句麗はツングース系民族の夫余族の国家。夫余族は満州族の母体。
秦からの亡命中国人が朝鮮半島南部に建国したのが辰韓(秦韓とも言う。前2世紀〜4世紀)で、後に12カ国に分裂して、その一つの斯蘆国が新羅。


274 :日本@名無史さん:2009/10/25(日) 03:31:17
最後がこじつけっぽいな。

275 :銀河 秋彩:2009/10/25(日) 04:16:11
  【倭国・九州筑紫王朝・物部系<夏>】側
【▲矛圏】……『魏志倭人伝(通称)』に記載は、明帝と司馬懿(→晋・中国南朝)が支持した、
(★傍流)太伯後の、共立された女王・卑弥呼(物部系)の「邪馬壹(連合国)」
=《筑紫平野・久留米高良山(神籠石あり)》
西暦247年崩壊【西暦247年3月24日の日の入り時の日蝕(卑弥呼=壹与の死を揶揄)】
「伊都国(いづら)」=《佐賀県小城市牛津町》、東行百里の「不彌国」=【魏の城塞都市(木柵)・吉野ヶ里】
「其地無牛馬虎豹羊鵲。兵用矛、楯、木弓。木弓短下長上、竹箭或鐵鏃或骨鏃。」=『魏志倭人伝(通称)』
 「卑彌呼以死大作冢徑百餘歩jun葬者奴婢百餘人」
=【ガラス管と剣が副葬の「1002号墳」が卑弥呼(難升米)の墓・径百歩】
卑弥呼の都【魏使が来るに及んで、久留米から遷都、隼人町が記載されている】・「★倭国は極南界」
  ▲卑弥呼の都・直接統治国「壹国(薩摩)」=「周旋可五千餘里(275km余)」=「55m/倭人里」
http://photos.yahoo.co.jp/ph/zan23647/vwp?.dir=/761d&.dnm=ac0e.jpg&.src=ph&.view=t&.hires=t
【▲矛(→▲剣)圏・倭国(九州筑紫王朝)・物部氏】、「白村江(はくすきのえ)の戦い」で、一旦滅亡。
「「日出處天子(南朝の後継を名乗った、泉蓋蘇文=天武)致書日没處天子(北朝・隋の煬帝)無恙〜」
倭王・多利思比孤・【『万葉集』の「軍王」、のちに、天武天皇】は、こちら側。
天武は、(復活)倭国王。

276 :日本@名無史さん:2009/10/25(日) 08:57:33
>>273
おおすじではその通りだろうが、伽耶の要素がすっぽり抜けている。
3世紀末、倭人国であったクヤ韓国が北方化、軍事化、騎馬化して金官国
となる。このとき支配層が北方民族に変わったかどうかは諸説ある。
この金官が一時、新羅を支配下に置いたことは、新羅の墓制が金官と
同じになるなどの考古学的知見から推定される。

新羅は金官から独立する過程でナショナリティを獲得したとも言える。

この金官は早い段階から大和と関係を持ったことは、筒型銅器や巴型銅器
の出土でわかる。
昔氏伝説などに現れる新羅への倭の影響は、この金官を通じて及んだとも
考えられる。

277 :日本@名無史さん:2009/10/25(日) 08:57:34
>>273
昔から疑問だったんだよな。
秦から韓が逃げるのはわかる。韓は最初に秦に滅ぼされたわけで。
しかし秦も項羽や劉邦に滅ぼされる。
秦氏とかの秦人も半島の韓人地方に逃げることになる。
で、なんで韓人は秦人に復讐しなかったのか?


278 :日本@名無史さん:2009/10/25(日) 11:14:58
>>277
おまえ、絶望的に馬鹿なんだなw

279 :日本@名無史さん:2009/10/25(日) 12:20:37
>>277
それこそ余計なお世話というものだw

280 :日本@名無史さん:2009/10/25(日) 13:19:45
しんら

281 :日本@名無史さん:2009/10/25(日) 13:31:15
(´・ω・`)新羅がな

282 :日本@名無史さん:2009/10/25(日) 15:22:14
>>277
だから一足飛びに日本列島n(ry

283 :日本@名無史さん:2009/10/25(日) 16:12:50
【爆笑ニュース】 爆笑!小麦作、6000年前には、もうあった!(爆爆


縄文時代前期とされる岡山県灘崎町、彦崎貝塚の約6000年前の地層から、
稲の細胞化石「プラント・オパール」=写真=が出土したと、同町教委が18日、発表した。
同時期としては朝寝鼻貝塚(岡山市)に次いで2例目だが、今回は化石が大量で、
小麦などのプラント・オパールも見つかり、町教委は「縄文前期の本格的農耕生活が
初めて裏付けられる資料」としている。

http://osaka.yomiuri.co.jp/inishie/news/is50219a.htm
小麦などのプラント・オパールも見つかり
小麦などのプラント・オパールも見つかり
小麦などのプラント・オパールも見つかり
小麦などのプラント・オパールも見つかり

284 :日本@名無史さん:2009/10/25(日) 16:16:34
日本はチョンに乗っ取られた。

285 :日本@名無史さん:2009/10/25(日) 16:36:36
貧すればチョンする。


286 :日本@名無史さん:2009/10/25(日) 17:30:27
>>285
そうかそれは可哀そうだなw

287 :日本@名無史さん:2009/10/25(日) 21:00:56
しんら

288 :日本@名無史さん:2009/10/25(日) 21:03:25
しらぎ

289 :日本@名無史さん:2009/10/25(日) 22:06:36
新羅三郎義光見参!

290 :日本@名無史さん:2009/10/25(日) 22:52:09
白衣,白着の意味だから「しらき」が正解
白は太陽信仰の太陽を表す色,白衣を着るのは
太陽神ソル,ソウルに包まれ守られると言う意味

291 :日本@名無史さん:2009/10/26(月) 00:38:50
>>289
源義光は、新羅神社でたまたま元服したから
三兄弟を言い分けるときにほかの人が言うようになったわけで
本人が新羅〜と名乗ってたわけじゃ無いぞ。

292 :日本@名無史さん:2009/10/26(月) 05:38:25
それがどうした

293 :日本@名無史さん:2009/10/26(月) 06:42:31
しんら

294 :日本@名無史さん:2009/10/26(月) 09:04:01
しらぎ

295 :日本@名無史さん:2009/10/26(月) 10:11:54
>>277
韓人は韓国人かと勘違いしてしまいそう。
両者を区別するための良い表現はないかな。

韓(かん)は、中国の地方名、王朝名。地方名としての韓は
現在の河南省北部の一部、山西省南部の一部、陝西省東部の一部。
戦国時代に存在した戦国七雄の一つの韓(紀元前403年 - 紀元前230年)


296 :日本@名無史さん:2009/10/26(月) 10:20:04
からひと

297 :日本@名無史さん:2009/10/26(月) 16:54:38
韓人(かんじん)は、朝鮮人・韓国人のこと。
カラヒトと呼称する事もある。

概念 [編集]
日本国内でも上記の呼び方を使う地域がある。ただし、大韓民国においては
在外の韓国人、韓国籍を離脱した人やその子孫のことを言う(中国における華人に相当)。

詳細は朝鮮民族を参照の事。 wikiより



298 :日本@名無史さん:2009/10/26(月) 19:07:16
【統一新羅】

統一新羅(朝鮮語)は、676年の朝鮮半島の統一から935年に滅亡するまでの新羅の事を差す。
この統一新羅、いわゆる新羅は、現在の韓国、朝鮮両国の共通の先祖の国家の初代といえる。

それ以前の国家は民族・言語・文化的につながりが薄い。当然、統一新羅の前身である新羅と統一新羅は連続している。
統一の過程で滅んだ、高句麗、百済は現在の韓国及び朝鮮とは連続性があまりない。

高句麗は実質的に後継国家として渤海があり、現在の中国東北部に小さく民族移動して国家を再建設している。

299 :日本@名無史さん:2009/10/26(月) 20:07:34
中国から直接日本に伝来した事にされているRM1-b遺伝子の稲の
調査が日本に水田稲作が伝わったBC10Cより前の朝鮮の炭化米で
なされていない。

かつては朝鮮半島にもRM1-b遺伝子の稲は存在したが朝鮮半島の自然環境に
適応できず遺伝子が消滅欠損してしまった可能性が十分に考えられる。

佐藤洋一郎容疑者はただちに日本に水田稲作が伝わったBC10Cより前の
朝鮮の炭化米でRM1-b遺伝子の有無を調査し、その結果を国民に公表せよ。

考古学界を混乱させた貴方にはその責任がある。

それをしない内はペテン、詐欺と言われてもしかたがない。
http://www.athome-academy.jp/archive/images/0000000116_discussion_004.gif

300 :日本@名無史さん:2009/10/26(月) 22:11:34
300げt

301 :日本@名無史さん:2009/10/26(月) 22:52:59
ニート

302 :日本@名無史さん:2009/10/29(木) 08:12:04
朝鮮ごときが韓などと名乗る事がそもそもの間違い。

303 :日本@名無史さん:2009/10/29(木) 21:20:46
朝鮮って明につけてもらったんだろ?
つまり子分としての名称

304 :日本@名無史さん:2009/11/01(日) 10:18:03
しんら

305 :日本@名無史さん:2009/11/01(日) 23:58:45
李成桂が朝鮮と和寧の2案を提示して
明の皇帝が朝鮮を選んだ

李氏朝鮮の国号が和寧だったら・・・

日韓併合が日和併合に
韓流が和流に

306 :日本@名無史さん:2009/11/02(月) 09:11:00
>>305
いや、日韓併合も韓流も大韓帝国の韓でしょ……

307 :日本@名無史さん:2009/11/02(月) 22:02:06
>>305
『朝鮮』:中国の植民地
『和寧』:李成桂の出身地

日清戦争後の下関条約で独立したので
植民地の『朝鮮』を捨て『大韓』に改名した

国名が『朝鮮』ではなく李成桂の出身地『和寧』なら改名する必要がない

308 :日本@名無史さん:2009/11/03(火) 20:25:16
しんら

309 :日本@名無史さん:2009/11/04(水) 03:45:44
李氏朝鮮が満州人の系統って本当?

310 :日本@名無史さん:2009/11/04(水) 15:13:59
1882年、壬午事変において、清国の監督長官馬建忠は、朝鮮国王の実父にして時の執権大院君を引っこ抜くように拉致して清国に幽閉した。
それに対して朝鮮国王は「朝鮮国王李熙陳情表」を清国皇帝に提出し、

「皇帝陛下の臣下であります私の心は震えています。実父は悪くありません。罪はみな臣であります私にあります。
天下に善政をされる人倫の聖なる極みの皇帝陛下に伏して願います。実父を許してくださるなら、小国の私たちは感激して皇恩を永遠に称えます。」

と大院君の赦免を陳情した。


うんうん。属国というのはホント辛いねえw


311 :日本@名無史さん:2009/11/05(木) 04:51:44
   【朝鮮出兵の際の朝鮮側の記録 「武藝圖譜通志」の記述】
「倭軍と対陣すると、倭軍はたちまち死に物狂いで突進してくる。
我が軍は、手に槍を持ち、剣を帯びていても、その剣は鞘を出る暇も無く、
槍は矛先を交えることもできずに、凶刃のもとにやられてしまうのである」

   【朝鮮側の記録「宣祖修正実録」の記述】
「天兵(明兵)は短剣を持ち騎馬であり火器はなく、道は険しく、
泥深くして駆けることができない。賊(日本軍)は長刀を奮って左右に突撃し鋭鋒であり、敵なしだった」

   【朝鮮側の記録「懲録」の記述】
「賊(日本軍)のほうは皆歩兵で、彼らの打ち振る刀は、三、四尺に及び、
鋭利無比の物であった。賊はその鋭い刀を左右に激しく打ち振るい、人、馬の区別なく斬り伏せた。
全くその勢いには抵抗する術がなかった」

   【宣教師ルイス・フロイス「日本史」の記述】
「朝鮮ー人は頭上に振り翳される日本人の太刀の威力に対抗できず、ついに征服された」
「(朝鮮の兵士は)足に羽が生えたかのように戦場を逃げ出した」

【中国側の記録「明史」の記述】
「自倭乱朝鮮七載、喪師数十万、餉数百万、中朝与属国無勝算、至関白 死而禍始息」
(意訳)「我が国とその属国(朝鮮)に勝算は無かったが、関白(豊臣秀吉)の死によって戦争は終わった」

【朝鮮王朝実録の記述】
「日本兵との接近戦を禁じた」
「日本兵捕虜に熱心に剣術を習った」

倭寇の時代から、中国人は日本の剣術の威力に驚き、日本刀を真似て「苗刀」を作り、
日本の剣術を真似た「倭刀術」を生み出しました。^^
http://maokapostamt.jugem.jp/?page=1&cid=30


312 :日本@名無史さん:2009/11/06(金) 04:45:39
【韓国】 「アイゴー!シンガポールヤフーが韓国を中国領と表記してるニダ!」

シンガポールヤフー、誤りを是正

シンガポール ヤフー(sg.travel.yahoo.com)とカナダのブリティッシュコロンビア(BC)州政府サイト
(www.protocol.gov.bc.ca)が韓国関連の誤りを訂正した。

サイバー外交使節団「バンク」は「1週間前までシンガポールヤフーはアジア地図で韓国を中国の領土と表記していたが、5日現在、『韓国領』に是正された」と明らかにした。
またBC州サイトは、韓国の大統領を「盧武鉉」と表記していたのを、同日現在、「李明博大統領」に直したと伝えた。
バンクは2日、在外韓国人と海外留学生を対象に、韓国領土と歴史を守る「21世紀の安龍福(アン・リョンボク)養成プロジェクト」サイトを開いた。
このプロジェクトは世界200カ国に10人ずつの「安龍福」を育てて、韓国を正しく広報するという戦略だ。<連合>

http://www.worldtimes.co.jp/kansok/kan/shakai/090106-3.html

313 :日本@名無史さん:2009/11/06(金) 05:09:51
韓国紙・中央日報が韓国人のプライドをめちゃめちゃにする事実を報道していた

『有名教科書と地図「韓国は中国領土」』

英国オックスフォード大の出版社が制作している教科書をはじめ、世界の教育機関、博物館、テレビ局、新聞社、ポータルサイト、
百科事典など総34個の世界有名機関の世界地図53個が、韓国の領土全体または一部を中国領土に表記していることが分かった。

http://japanese.joins.com/article/article.php?aid=65416


『スペイン紙「韓国4228年間、中国の属国」』

スペインの有力紙「エル・ムンド」のウェブ版(www.elmundo.es)が「韓国は4228年間にわたって中国の植民地だった」と紹介した。
「エル・ムンド」は「韓半島は長い歴史のなかで数多くの侵略を受けてきた。中国に1895年まで属していた(略)

http://japanese.joins.com/article/article.php?aid=56213


314 :日本@名無史さん:2009/11/06(金) 05:10:43
各国教科書に見る朝鮮半島
http://bansensyukai.blog23.fc2.com/blog-entry-7.html
◎ ポーランドの教科書
「AD1世紀以来、日本と中国は朝鮮半島の領有権を巡って衝突した」
◎ ドイツの教科書
「日本が大陸に最初の足がかりを築いたのは4世紀の事だった。その後300年、日本は朝鮮半島を支配する地位にあったが、唐との戦争に敗れ、17世紀になるまで待たなくてはならなかった」
◎ オーストラリアの教科書
「朝鮮は近代に到るまで、その国内での抵抗に関わらず、中国と日本の属国だった」
◎ フィリピンの教科書
「朝鮮は、その歴史の大部分中国の属国であり、その支配は19世紀に日本に引き継がれた。日本は自由な新しい秩序を樹立する事によって、朝鮮に平和と安全をもたらそうとした」
◎ インドネシアの教科書
朝鮮を中国の属国として記した。
「朝鮮の文化と芸術は中国・モンゴル・日本文化の影響を受けた」
「朝鮮は言論・宗教の自由が制約を受ける国」
「北部はロシアが、南部はアメリカが占領している」
◎ タイの教科書
「朝鮮は中国の支配下に入り、これが19世紀まで続いた」
◎ アメリカの教科書
「朝鮮は中国の従属国」
◎ カナダの教科書
「朝鮮は、数百年間中国の属国」
「日本は<中略>朝鮮に鉄道・道路・港を建設し、産業を発達させて教育の機会を拡大させようと努力した」
◎ インドの教科書
「朝鮮は永らく中国の属国だった」
◎ イギリスの教科書
「西暦366年から562年まで、日本が朝鮮半島を支配した」

韓国と北朝鮮の国内でどれだけ洗脳教育をしても勝手ですが外の世界に出れば朝鮮半島は古代から下関条約まで常に属国。
これが世界の一般的な認識ということです。

315 :日本@名無史さん:2009/11/06(金) 22:36:02
しかし、大宰府は邪馬台国の跡というより、磐井の乱で筑紫君磐井を滅ぼした大伴氏や毛野氏が
九州支配のために作った都市なのだから、倉庫が奈良正倉院より大きいからと言って大した意味はない。

316 :日本@名無史さん:2009/11/06(金) 23:41:29
【爆笑ニュース】 爆笑!小麦作、6000年前には、もうあった!(爆爆


縄文時代前期とされる岡山県灘崎町、彦崎貝塚の約6000年前の地層から、
稲の細胞化石「プラント・オパール」=写真=が出土したと、同町教委が18日、発表した。
同時期としては朝寝鼻貝塚(岡山市)に次いで2例目だが、今回は化石が大量で、
小麦などのプラント・オパールも見つかり、町教委は「縄文前期の本格的農耕生活が
初めて裏付けられる資料」としている。

http://osaka.yomiuri.co.jp/inishie/news/is50219a.htm
小麦などのプラント・オパールも見つかり
小麦などのプラント・オパールも見つかり
小麦などのプラント・オパールも見つかり
小麦などのプラント・オパールも見つかり

317 :日本@名無史さん:2009/11/07(土) 00:18:37
しんら

318 :日本@名無史さん:2009/11/07(土) 03:36:17
シラギ

319 :日本@名無史さん:2009/11/07(土) 03:37:29
シラケ

320 :日本@名無史さん:2009/11/07(土) 04:46:18
朝鮮半島の歴史、有史以来、朝鮮半島は、その行止まり袋小路状の形態から中国、モンゴル、
韃靼、ツングース、オロチョン、契丹そして我が日本は、倭寇(日本海族)、大和朝廷の三韓征伐、
豊臣秀吉の二度に亘るチョウセン征伐、最後の止めに日本帝国の属国奴隷植民地・・・チョウセン女は片っ端から拉致強姦性奴隷
つまりつい最近まで他国に侵略朝鮮人男子は皆殺し女は全員無差別強姦、また強姦による強姦・・・朝鮮人は
逃げ惑うが行き止まりの袋小路・・やむなく強姦による強姦をうけまくり世界史上にも稀な雑種民族朝鮮人が誕生した。
遺伝子的に強姦遺伝子が濃厚に表れているのはそのためだろう。強姦発生率は断然世界一なのはむべなるかなだ。

321 :日本@名無史さん:2009/11/08(日) 10:57:51
しんら

322 :日本@名無史さん:2009/11/08(日) 14:34:16
新羅の初代王、朴赫居世の重臣は倭人の瓠公であり、
第4代の脱解尼師今は多婆那国(丹波国)の日本人だったと『三国史記』にあります。

初代王、朴赫居世については瓠公が朴赫居世ではないかという説もあるそうです。

新羅の王墓には勾玉がたくさん副葬されています。
弓月君が百二十県の人と共に帰ってきても日本語に韓国語の痕跡がありません。

栄山江流域には前方後円墳がいくつもあります。
欽明天皇の頃、百済は王子を人質として倭に出しています。
武寧王の墓は棺が日本のコウヤマキで作られていて、勾玉を副葬し、
中国南朝の舶来品はあっても百済製の土器はひとつもありません。


323 :日本@名無史さん:2009/11/08(日) 15:16:54
稲飯命の後裔と主張する新羅王族の分家(ワケ)が
平安京右京に住んでいたことは、姓氏録の記載からみてほぼ間違いないでしょう。

324 :日本@名無史さん:2009/11/08(日) 17:07:14
【三国史記】

> 三十七年 春正月 高句麗遣使 王以高句麗強盛 送伊? 大西知子実聖為質
「春正月に高句麗で使者を派遣してきた。
王は高句麗が強勢であるので、伊?の大西知の息子 実聖を人質として送った。」

>元年三月、與倭国通好。以奈勿王子未斯欣為質。
「元年三月、倭国と通好し、奈勿王の子の未斯欣を質に差し出した。」

>十一年、以奈勿王子卜好、質於高句麗。
「十一年、奈勿王の子の卜好を、高句麗に人質として差し出した。」


325 :日本@名無史さん:2009/11/09(月) 02:34:57
朝鮮人は倭人である瓠公に感謝したまえ

326 :日本@名無史さん:2009/11/09(月) 18:45:41

よく読むと瓠公の「瓠」がPakakないしPakであるので
その主人にして始祖王である朴赫居世干とじつは本来は同一人物であったのでは

327 :日本@名無史さん:2009/11/09(月) 22:32:11
秦の亡命中国人が前2世紀〜4世紀に朝鮮半島南部に建国したのが辰韓(秦韓)で、後に12カ国に分裂して、その一つの斯蘆国が新羅。
だから新羅は中国人が作った国。事実中国政府直属のシンクタンク中国社会科学院も新羅は中国の秦の亡命者が樹立した政権と主張している。


東北工程:百済・新羅の歴史も「中国史の一部」=中国社科院 『朝鮮日報2007年6月4日』
http://www.chosunonline.com/article/20070604000018

公式研究書に百済と新羅の歴史も「中国史の一部」と記述していたことが3日、分かった。
百済に対しては「(高句麗と)同様に古代中国の辺境にいた少数民族である夫余人の一部が興した政権」とし、
新羅については「唐は(百済が滅亡した)660年以前には羈縻政策を、それ以降には直接統治を行った」と記述した。
また、新羅は「中国の秦の亡命者が樹立した政権」であり、「中国の藩属国として唐が管轄権を持っていた」とした。


328 :日本@名無史さん:2009/11/10(火) 12:20:55
>>327
まあ、当たり前だろうな。

だいたい、半島にアイデンティティを持つ人間というのは
古代には存在し無い。

漢人や韓人は、中国中原を祖とし
フヨ族などの遊牧系は、満州のような北方を祖とする。
倭人は、日本列島を中心とした勢力。

どこにも半島で育まれた民族が無い。
ヤマト、ハヤト、イズモ・・・のような倭人が独自に名乗ったような民族名称も無い。

朝鮮、韓というのは中国人が名付けた名であり
だから半島の歴史は、ほぼ確実に中国中原民族の一部となるだろう。
半島出自の民族を名乗るには、まず「固有の名」を名乗る民族が
歴史を主張しなければならない。

329 :日本@名無史さん:2009/11/10(火) 20:45:20
日本語の起源は百済にある、と言いたげな書籍が本屋にあった。
また馬鹿なこと書いてるチョンがいるな〜っと思ったが、ほかの本棚見ているうちにフト「竹之内文書」について書かれている本が気になった。

そこに、「伊勢神宮文庫に書かれている稗田阿礼の文字」という紹介書きで木板に書いてある文字群を見て俺はびっくりした。
まるで・・・・ハングル文字そっくり

330 :日本@名無史さん:2009/11/13(金) 01:15:52
日本が単一民族国家と言うことは、その広大な海に囲まれた地理的形状からいえるが、
朝鮮人は単一民族ではない。朝鮮半島の盲腸状地形から有史以来幾多の民族が侵略した。
朝鮮原住民は、行き詰まり地形のため逃げることもできず。なされるがまま、強姦に次ぐ強姦、
略奪が繰り返された。男達は皆殺しか金抜きが繰り返され女は侵略者の種を宿し、世界的にも稀な雑種民族となった。
漢、満州、韃靼、モンゴル、ツング−ス、オロチョン、神功皇后の三韓征伐、倭寇(日本人)、秀吉の二度の朝鮮征伐、
そして再び日本人による属国植民地支配だ。朝鮮人どもの証言によれば、朝鮮女は、片っ端から拉致強姦の上、性奴隷とされ
朝鮮男達は強制連行で糞を垂れかぶる程こき使われ、挙句に金抜きされた。
この様な朝鮮人が何故?単一民族か?DNA鑑定してみろ!!世界にも稀な雑種だ。


331 :日本@名無史さん:2009/11/13(金) 02:32:24
単一民族とか近代の概念なのに。
激しくどーでもよい
犬でもあるまいしなんらかの形質がでとるもんでなし。

石ノ森だったかが「日本人は雑種」と発言したと捏造した新聞があったが

すぐチョンの捏造とわかった

日本人は民族の血統などに興味ない

チョンはこだわる。

332 :日本@名無史さん:2009/11/13(金) 02:47:12
んなこたないよ

333 :日本@名無史さん:2009/11/13(金) 11:25:13
金姓のひとはホントに新羅王とかの子孫だと思ってるわけ?
後の時代の高麗王の子孫は一人もいないのに?

334 :日本@名無史さん:2009/11/13(金) 13:03:14
331=台湾広鼻ブラック

335 :日本@名無史さん:2009/11/13(金) 20:26:40
日本人は、単一民族じゃないよ。いまどき、こんなこと言ってたら、無知の極みと失笑を買うぞ。
まず、縄文時代から半島民は入ってきてた。だいたい、こんだけ近いんだからお粗末な船でも漂流できるよ。

それと、最近の研究で分かってきたのは、日本にはユダヤの文化が相当入ってるということ。
ユダヤ民族がはるか昔に入ってきて、日本に色々持ち込んだ。
紋章やら言葉やら、ユダヤ独特の風習のはずなのに何故か、はるか昔から日本にも同じものがある。
まあ、色々な学者やジャーナリストが本出してるから読めばいい。

あと今すぐ自分の目で確かめたいと思ったら、陸奥宗光(知る人ぞ知る、伝説的な外交員)の顔写真でも見て来い。
奥さんもついでに見るといい。
どうみてもユダヤ人顔です。ありがとうございました。

336 :日本@名無史さん:2009/11/13(金) 21:12:19
【爆笑ニュース】 爆笑!小麦作、6000年前には、もうあった!(爆


岡山市の縄文時代の貝塚「朝寝鼻(あさねばな)」を調査している岡山理科大の
考古学チームが1999年4月21日、「縄文前期の土壌から稲の細胞に含まれる
プラントオパールが見つかった」と、発表。約6000年前に「米作り」が
行なわれていたとする発見で、稲作の歴史が縄文前期にまでさかのぼることになった。
このプラントオパールはイネ科の葉の細胞内に含まれるケイ酸体の粒子で、同貝塚の
下層(深さ2メートルの土壌)からのサンプルを採り調査したところ、356点の
サンプルから10点、形状からジャポニカ(短粒種)とみられる稲のプラントオパール
が検出された。また、稲のほか小麦とハトムギのプラントオパールも見つかった。
http://www.local.co.jp/news-drift/agri-99kome.html
稲のほか小麦とハトムギのプラントオパールも見つかった
稲のほか小麦とハトムギのプラントオパールも見つかった
稲のほか小麦とハトムギのプラントオパールも見つかった
稲のほか小麦とハトムギのプラントオパールも見つかった

337 :日本@名無史さん:2009/11/13(金) 21:15:16
日本くさくさ列島は朝鮮人の奴隷(笑)

338 :日本@名無史さん:2009/11/13(金) 21:20:16
↑江南褐色広鼻ゴリラの台湾ハッカク土人

339 :日本@名無史さん:2009/11/13(金) 23:46:34
しんら

340 :日本@名無史さん:2009/11/14(土) 00:40:22
日本国が単一民族国家として生き残るには、常に民族和合が必要ですよ。
一部の高給取り以外は、似た者同士が自由恋愛で結婚するケースが増えています。
これでは、医師の子は医師、DQNのこはニートになってしまいます。
ここは、法律で結婚相手を同年齢の中から無作為に選ぶ仕組みを作って、
民族間の融合を図らないと将来とんでもないことになると思います。
結婚相手を教会が決める統一教会の施策、あれは、なかなかいいと思うのですが。

341 :日本@名無史さん:2009/11/15(日) 02:23:07
統一教会の子は統一教会・・・・・・・最悪だな

342 :日本@名無史さん:2009/11/15(日) 04:56:39

『太平御覧』で引用する『秦書』には、377年に前秦に初めて新羅が朝貢したと記されており、
382年には新羅王楼寒(ろうかん、ヌハン)の朝貢が行われ、その際に新羅の前身が辰韓の斯盧国であることを前秦に述べたとされる。




343 :日本@名無史さん:2009/11/15(日) 05:39:27
>>341
新婚初夜は必ず膣内射精しなければならないそうだ

344 :日本@名無史さん:2009/11/17(火) 00:27:19
三国志東夷伝には「辰王不得自立為王」、辰王は自ら王となることができない、という奇妙な一節があります。
王族ではあるが外来者のために、その地では先住者の賛同がなければ王にはなれなかった・・という意味と解釈しておきます。
http://www.asahi-net.or.jp/~vm3s-kwkm/kodai/kf09.html

百済辰王家≠韓民族

百済王家は中国亡国の民の建国だ、百済八姓はいずれも中国亡国の民、百済王家の姓は余氏、百済扶餘氏ともいう。
もともとは夫慨の子が名乗った。呉人である。呉王家の姫氏、百済の木氏、倭の紀氏はいずれも同族。
いまの朝鮮人のルーツである新羅の土着人は半島から出ていないだろう。

百済と新羅は多民族国家。
百済王は夫余族。しかも后は倭人。だから混血を繰り返しているから後期百済王は実質は倭人。
高麗王がモンゴル帝国に征服されて以降、后や王族をモンゴル人から受け入れてモンゴル化した様に。
新羅王は3つの王家の内二つが倭人。


■百済(隋書 百済伝)
>「百済百濟之先、出自高麗國。其人雜有新羅、高麗、倭等、亦有中國人。」
(百済の先祖は高句麗国より出る。そこの人は新羅、高句麗、倭などが混在しており、また中国人もいる。)


■新羅(梁書 新羅伝)
>「新羅者、其先本辰韓種也。其人雜有華夏、高麗、百濟之屬」
(新羅、その先祖は元の辰韓(秦の逃亡者)の苗裔である。
そこの人々は華夏(漢族)、高句麗、百済に属す人々が雑居している)

345 :日本@名無史さん:2009/11/17(火) 00:29:27
現朝鮮人の祖先、すなわち穢族は、半島の新参者だよ。
大陸北方から流れ込み、倭人が開拓、文明化した新羅を簒奪した新入りの蛮族なんだよ。
唐に事大して半島を乗っ取った、卑劣な敵の穢族。
朝鮮人は半島に住んでいた古代人の子孫ではないし、その文化も継承していない。
異民族(倭人系)に対する蔑視と虐殺、文化破壊については、済州島の歴史を見ると良くわかる。
現朝鮮人が日本へ大量流入するようになったのは、近代に入ってから……特に昭和時代。
古代に日本へ渡来し、帰化した半島人は、現朝鮮人と赤の他人。別の民族だ。
弥生人は半島から来たわけじゃない。
古代の半島人≠朝鮮人
朝鮮人は半島の新参者。
朝鮮人の祖先は、大陸北方から流れてきた、エベンキ族などと近しい穢族であり、
日本と縁の深かった新羅を簒奪、百済を滅ぼし、唐に事大して日本人を半島から追い出した。
彼らは農耕や牧畜をしてたわけじゃない。日本に文化も伝えていない。
当時、穢族は半島で一番未開の後進的部族だった。
半島が立ち遅れ、支那や日本に追いつけないのは、この穢族の末裔だから。
現在、朝鮮半島にすんでいる朝鮮民族(ワイ族)は4世紀ころ半島北部から南下してきたワイ人の末裔である。
この事実を司馬遼太郎が作家・金寿達との対談で述べたとき、金は真っ赤になって怒り
「朝鮮人は半万年官庁船半島に住み民族移動なんかデタラメダ」とさけんだ。
司馬は「朝鮮人はリアエイズム(事実)の尊重を学ばないといけない」といった。

346 :日本@名無史さん:2009/11/17(火) 00:32:38
高野新笠の由来を懐疑的に見る説もある。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%AB%98%E9%87%8E%E6%96%B0%E7%AC%A0

桓武天皇の生母問題3
[5 母親・高野新笠の血統潤色]
http://web.archive.org/web/20070208141541/http://www.kenkenfukuyo.org/reki/ormoru/seibo/seibo03.html
http://www31.ocn.ne.jp/~matsuo2000/EM/BBS1E.htm
http://www.23ch.info/test/read.cgi/history/1182935186/の「247-248」

▲『神皇正統記』の文の解説

注目すべき記述で、なぜ『新撰姓氏録』が編纂されたかの理由がわかります。
要するに、桓武天皇の御代の前後には、半島大陸が重んじられたため、百済の王様の子孫である――といった偽系図がたくさん作られたので、
その弊害を除くために編纂されたというのです。
これは桓武天皇の生母の血統を飾るための部下による粉飾が原因らしいのですが、
後には桓武天皇にも御反省があって、偽系図を除こうとされた事が記されています。
http://www.asahi-net.or.jp/~xx8f-ishr/seishi_keizu.htm


347 :日本@名無史さん:2009/11/17(火) 00:36:26
(新笠が武寧王の後裔かどうかも明らかではない。続日本紀という史料には武寧王の太子淳陀後裔だと記されているが、
韓国側の史料には淳陀という名は確認できない。その他色々、非常に疑わしい。
桓武天皇の出自を潤色するために行われた粉飾だったのではないか。- 李根雨・釜慶大学校史学科教授「現代コリア2005年6月号」より ) 
http://medlibrary.org/medwiki/Talk:Imperial_House_of_Japan

あんまりネタがないので、現代コリア6月号から野平俊水ネタ(てきとーに要約)。

天皇の「ゆかり」発言で注目された高野新笠の血筋、韓国でも「まともな研究者」は認めていないらしい。
李根雨・釜慶大学校史学科教授は次のように言う。

−理由は略−

つまり、高野新笠の祖先は、淳陀太子でも斯我君でもなく、倭君でも百済王でもないということになるのである。

新笠が武寧王の後裔かどうかも明らかではない。続日本紀という史料には武寧王の太子淳陀後裔だと記されているが、
韓国側の史料には淳陀という名は確認できない。

その他色々、非常に疑わしい。桓武天皇の出自を潤色するために行われた粉飾だったのではないか。
http://iijimalink5.hp.infoseek.co.jp/log419.html

「−理由は略−」の部分については、水野俊平著『韓vs日「偽史ワールド」』(小学館)にも詳しく書いてある。

このHPの内容に近い。
      ↓ ↓
■和氏は武寧王の子孫か?
http://members.jcom.home.ne.jp/bamen/souke1.htm


348 :日本@名無史さん:2009/11/17(火) 00:37:46
ウィキペディアの百済のページ。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%99%BE%E6%B8%88

百済の中期には、高句麗の軍事的圧力に対抗するために和通したと記録されている、『日本書紀』の中には、領土を奪われた百済に任那の一部を割譲した記録や援軍を供出した記録、さらには倭朝廷に朝貢したり、王族を人質として差し出した記録などが数多く残っている。
また中国の『隋書』にも、新羅・百濟は、みな倭を以て大国にして珍物多しとなし、並びにこれを敬い仰ぎて、恒に使いを通わせ往来す。(新羅百濟皆以倭為大國多珍物並敬仰之恒通使往來)という記述があり朝貢関係があったことをうかがわせる。
さらに、広開土王碑でも倭について、百済■■新羅を破り以って臣民と為す(「倭ロ<耒卯年来渡海破百殘■■新羅以爲臣民」)という部分があり百済が辛卯年(391年)に倭によって支配を受けていたことも明らかとなっており主従関係が存在しており、
倭の重臣と百済との間で家臣上下に関わる席順の取り合いのエピソードも残されている。
これらのような記述が史実であるのかに関しては異論も多いが、友好的であったのは確かであろう。
また王族については、百済の王族は倭によってその婚姻が決められており中国ーツングース系と倭人との混血が繰り返された。基本的に百済王の后が倭人の中から選ばれ、その王子が王位に付くまでの間、倭が王子を人質として扱った。

349 :日本@名無史さん:2009/11/17(火) 01:08:08
朝鮮人は、単一民族じゃないよ。いまどき、こんなこと言ってたら、無知の極みと失笑を買うぞ。
まず、縄文時代から列島や大陸から入ってきてた。だいたい、こんだけ近いんだからお粗末な船でも漂流できるよ。
日本にしかない黒曜石が半島から出るのがその証拠だよ。
しらぎの王も倭人だったと書いてあるよ。

350 :日本@名無史さん:2009/11/17(火) 02:05:50
↓の書き込みがあったけどコレ本当?


125 :世界@名無史さん:2009/11/16(月) 14:40:43 0
三韓を朝鮮族としていることが間違い。
韓を名乗るのは全て楽浪帯方に送られた漢民族系の人間。
中央の支配を嫌った者がさらに奥地に入って建国したのが三韓だ。
彼らがそれぞれ馬韓辰韓弁韓と名乗ったとでも思っているのか?
これらは中国史書が区別した言葉だけのことで朝鮮文献では存在しない。
原住民はいただろうが、国家を作ったのは全て漢民族系だ。
高麗も例外ではない。

351 :日本@名無史さん:2009/11/17(火) 02:49:14
>>349
いや、半島は単一民族で押し通せ国連の胡散臭い連中の言う事は聞く事ない。

メリケン始め超大国連中にとっちゃぁ「民族」は国家戦略の道具だからよ
裏には目的がある。

そろそろ妄想史観やめて国家の中心性を北方系民族に置き北に逃げろ北に

352 :日本@名無史さん:2009/11/17(火) 02:57:27
>>350
その通りだろう
半島は超多民族国家


東北工程:百済・新羅の歴史も「中国史の一部」=中国社科院 『朝鮮日報2007年6月4日』
http://www.chosunonline.com/article/20070604000018

公式研究書に百済と新羅の歴史も「中国史の一部」と記述していたことが3日、分かった。
百済に対しては「(高句麗と)同様に古代中国の辺境にいた少数民族である夫余人の一部が興した政権」とし、
新羅については「唐は(百済が滅亡した)660年以前には羈縻政策を、それ以降には直接統治を行った」と記述した。
また、新羅は「中国の秦の亡命者が樹立した政権」であり「中国の藩属国として唐が管轄権を持っていた」とした。


東北工程・高麗も中国が建てた国『朝鮮日報2007年6月6日』
http://www.chosunonline.com/article/20070606000006  

高麗について、「箕子朝鮮、高句麗に続き、中国が朝鮮半島に打ち建てた3番目の政権」と主張したところの、
吉林省社会科学院が隔月刊で発行する歴史雑誌『東北史地』の2007年第3号に掲載された
「後唐の明宗が、高麗を建国した太祖・王建の族籍を明らかにした」と題する論文の存在が確認された。
この論文は、「王建は決して朝鮮半島の新羅人の子孫ではなく、中国・淮河流域から来た漢人の末裔」と主張し、
933年に後唐の2代目の明宗が太祖・王建に送った冊封詔書などをその根拠として提示した。
冊封詔書には太祖・王建を「長淮の茂族」と呼んでいる部分があり、
この論文は「長淮は淮河流域を意味する言葉で、太祖・王建の本籍地が中国であるため、高麗は中国人が建国した国


353 :日本@名無史さん:2009/11/17(火) 09:08:46
>>347
なんで天皇の后の出自を渡来系とすることが、天皇の出自を潤色する
ことになるのか?

それとも桓武天皇をおとしめる立場から書かれたとでも?

354 :日本@名無史さん:2009/11/17(火) 09:27:41
>>353
家系図の無いただの貧しい平民よりは、外国の王家の子孫の方がまだ名前に箔が付く
天皇家を初めとする国内の有力氏族につなぐのは突っ込まれやすいから難しい
すでに滅んだ友好国の王家の家系図につなぐのは誰にも迷惑かからないし楽で良い

355 :日本@名無史さん:2009/11/17(火) 20:00:17
>>354
逆だ逆。宝亀元年、井上皇后は光仁天皇の姉、難波内親王を呪い殺したとして、また他戸親王
の早期即位を願って天皇を呪詛したとして百川の詮索を受け、皇后と皇太子が廃される。
そこで山部親王(後の桓武天皇)が皇太子となった。親王の立太子には親王の母である高野新笠
が百済系渡来人の出身であることから反対の声も上がったが、百川が押し切った。
箔がつくなんてことはなく、障害だった。

帰化人は王族であっても身分が低い。百済王敬福が最高。

356 :日本@名無史さん:2009/11/19(木) 05:51:19
朝鮮乃箕子封國漢唐皆中國郡邑
今爲朝貢屬國之首古有
三韓穢貊渤海悉直駕洛扶餘新羅百濟耽羅等國今皆併入

読み下し
朝鮮すなわち箕子の封国にして漢唐皆中国の郡邑なり。
今朝貢属国の首たり。古(いにしえ)より
三韓穢貊渤海悉直駕洛扶余新羅百済耽羅等の国あり。今皆併入す。


朝鮮は箕子の封国(箕子朝鮮、箕子は殷の王族)であり漢代も唐代も皆中国の郡邑であった。
(中国の郡県であった、の意。漢代は楽浪郡・帯方郡、唐代は百済と高句麗の滅亡後に唐が旧高句麗領を安東都護府、
旧百済領を熊津都督府、新羅を鶏林大都督府として半島全域を藩属国から羈縻(きび)州=中国国内扱いにした事を指す、
このため一時的に朝鮮に「国」はなくなった)
今は朝貢属国の筆頭である(中国に最も臣従している藩属国である、の意)。古くは
三韓・穢貊・渤海・悉直・駕洛・扶余・新羅・百済・耽羅等の国があった。今は皆朝鮮に含まれる。



357 :日本@名無史さん:2009/11/19(木) 09:12:00
>>355
なるほど。その話はリアリティがあるな。
逆に言えば、高野新笠の渡来系は動かなくなるわけだ。

358 :日本@名無史さん:2009/11/19(木) 09:49:57
>>357
いや、多分>>355は和気清麻呂と津連真道(後に菅野朝臣を賜姓)らによる、相次ぐ
血統粉飾を軽く見ているんだと思う。加えて続日本紀に続く国史・日本後紀に記述される
風紀紊乱(我も我もと渡来系由来に先祖を書き換える悪弊の続出を強く戒める詔)をも。

確かに渡来系がある意味蔑視され、箔がつくどころかというのは確かだが、親子二代に
わたる僥倖(クーデタ)で皇位についたものの、仮にそれがなければ軽格な吏僚に終わる
運命であったに違いない山部親王としては、その権威を演出する源泉を国内には
求められなかった、その窮余の一策が、文物が伝播する経由地でもあり、日本にも
馴染みある百済だったのだろう。

事実、高野新笠の家系は、父・乙継以前は実際は謎であり、渡来系の書き役方に多く
与えられている「史」姓も、彼の家系が実際にそう称していたかは疑問らしい。また、仮に
渡来系であっても、かなり古い時代にやってきた家系で、渡来系とするには無理があると
指摘する声も少なくない。

359 :日本@名無史さん:2009/11/19(木) 22:00:28
土師氏には歌垣の習慣があったらしいですね。
全国の前方後円墳に埴輪を作って回った土師氏。
その子孫は最後は関東でその役目を終えて土着したらしいです。

360 :日本@名無史さん:2009/11/20(金) 12:46:02
とてつもなく日本 : 民団メンバー御用達ID変換機能付き荒らしツール2009年9月16日 ... 民団メンバー御用達荒らしツール 1253084434711 http://triple-aaa.org/home/up/asia/src/1253084434711.jpg ...
懐かしいツールだな結構不具合があると聞くが、バージョンあがったのかな? ◆雑談スレ99◆今日をどう生きる ...
awfuljapan.livedoor.biz/archives/51276969.html - キャッシュ


【民潭工作員のツール】プロパ切り替え自由 ネット荒らしツール2009年9月26日 ... 2chの民潭工作員のツールを・・。 民潭の人が、あるウィルスにひっかかってくれて、写真を暴露してくれました。 ...
正直、吃驚しちゃいました。 参考写真:ネトウヨ/阿呆太郎・連呼厨愛用 民潭謹製 ネット荒らしツール ...
namidame.2ch.net/test/read.cgi/seiji/1253966293/ - キャッシュ
少数精鋭のクソスレ製造機「ネトサヨ」‎ - 2009年10月26日
【民団】ネトウヨ連呼厨はやはり朝鮮人【自白】‎ - 2009年9月3日
民団が応援した民主をニヤニヤ見るスレ‎ - 2009年8月31日namidame.2ch.net からの検索結果 »

361 :日本@名無史さん:2009/11/22(日) 15:31:23
しんら

362 :日本@名無史さん:2009/11/29(日) 11:48:39
しらぎ

363 :日本@名無史さん:2009/11/30(月) 11:16:40
百済人ってのは、王族がフヨという満州系だったり、あと倭人が半分くらい住んでいた国とされてるので漢族の名前は当時から半分程度だっただろうと思える。
王仁などは漢人だったから中国名のままだが。
今現在の半島人は、韓を祖としている(とりあえずそう思い込んでいるようだ)わけで、韓ってのは中国の秦の時代の国の名だからそこに住む人間は当然中国名になる。
彼らの先祖に、倭人の自覚のあった人間が居たなら名を変えたことになるが、もともと中華系の韓人などだとするともともと中華名のはずだ。

364 :日本@名無史さん:2009/11/30(月) 11:58:11
■■■悪の王者『台湾人工作部隊』の卑怯で卑劣で悪辣な工作の手口■■■


@まず日本人のふりをしながら朝鮮煙幕を炊き付け、それを自ら叩いて
自家発電でもって正義の味方を装う。
(朝鮮人を叩く正義のおじちゃんだ!と、この時点でバカ落ちる)

Aバカがダマサれ切ったのを見計らって、何十年もかけて作り上げてきた
それはそれは高度な誘導用の捏造創作を使って勝手に自分たちの祖先、
長江江南人が渡来したと狂言しまくる。
(バカ、ダマサれ信じ込む)

Bバレかけたら、邪魔な日本人に対して朝鮮人呼ばわりをする卑劣な狂言を
働く事で防衛し、再び@に戻って、A、@、A、@、を無限に繰り返す。

Cハイ、直接的関係など何も無い台湾人祖先「江南土人」が日本人の祖先になりました。

365 :日本@名無史さん:2009/11/30(月) 13:24:16
秦始皇统一中国最后灭掉燕国,灭燕国时最后障U到暑]里?平壤!大韩民国千万不要和中国捯历史旧账,历史上可没有所谓的“大韩民国”呀。
(始皇帝が中国を統一する時、最後に『燕国』を滅ぼしたんだが、その燕国が攻められて最後に行きついたのが現在の平壌さ。韓国は中国と歴史で勝負するのはやめた方がいい。歴史上、いわゆる『大韓民国』なんて存在してないんだからな。)
http://ansan01.blog121.fc2.com/blog-entry-283.html

366 :日本@名無史さん:2009/11/30(月) 14:48:17
なぜ朝鮮人は嘘をつくのか Why does the Korean tell a lie?
http://www.youtube.com/watch?v=9ATZG6pyY88
http://www.youtube.com/watch?v=jbgbbXk0n1k
http://www.youtube.com/watch?v=KR7z_-jagCE

■朝鮮人が認められない歴史的事実一覧
・弥生人が長江流域からやってきた百越系民族であること
・半島南部の先住民が倭人(=弥生人=百越系民族)であること
・新羅の建国時の宰相が倭人であり、王家の二つが倭人系統であること、また始祖の朴赫居世についても倭人説があること
・百済、新羅が大和朝廷に対し従属的地位にあったこと
・大和朝廷による伽耶地域の支配(半島南部における多数の前方後円墳の存在)
・半島における文化的独自性の欠落(あらゆる分野での古典の不在)
・常に某かの国の属国として歩んできた歴史
・姓が中国文化の影響を受け、みずから改名し、中国語氏名であること
・朝鮮征伐が日本と明との戦争であったこと(李朝の軍は明の将の指揮下に入り、和平交渉も日本と明の間で行われている)
・朝鮮通信使が実質的に朝貢使節であったこと(琉球の江戸上りと同じ)
・オンモン(朝鮮文字)がパスパ文字、契丹小字をもとにしたものであり、しかもカナより600年遅れて作られたものであること
・焼肉はモンゴルのパクリ!焼肉メニューはモンゴル語ばかり
・キムチは秀吉が朝鮮出兵の時に落とした唐辛子の種が増殖したのが起源
・テコンドーは日本空手をパクリ!そのままだとまずいのでキック特化にした
・中国の太極図案と五行八卦の中の四卦と陰陽魚が韓国国旗であること
・大韓民国の国名の民国は中華民国の民国の借用であること
・大韓民国憲法は、全て1948年に南京で制定された中華民国憲法を剽窃したものであること
・韓国の法律は、台湾の六法全書、「憲法、刑法、民法、商法、刑事訴訟法、民事訴訟法」と全く同じであること
・中国原産の木槿(むくげ)の花を、勝手に改名し、無窮花として韓国の国花にしたこと
・朝鮮という国号は明の永楽帝が下賜したこと
・古代高句麗人と現代の韓国人は全く違う民族で高句麗は古扶余人で東胡の一部であること

367 :日本@名無史さん:2009/11/30(月) 22:05:28
■■■悪の王者『台湾人工作部隊』の卑怯で卑劣で悪辣な工作の手口■■■


@まず日本人のふりをしながら朝鮮煙幕を炊き付け、それを自ら叩いて
自家発電でもって正義の味方を装う。
(朝鮮人を叩く正義のおじちゃんだ!と、この時点でバカ落ちる)

Aバカがダマサれ切ったのを見計らって、何十年もかけて作り上げてきた
それはそれは高度な誘導用の捏造創作を使って勝手に自分たちの祖先、
長江江南人が渡来したと狂言しまくる。
(バカ、ダマサれ信じ込む)

Bバレかけたら、邪魔な日本人に対して朝鮮人呼ばわりをする卑劣な狂言を
働く事で防衛し、再び@に戻って、A、@、A、@、を無限に繰り返す。

Cハイ、直接的関係など何も無い台湾人祖先「江南土人」が日本人の祖先になりました。

368 :日本@名無史さん:2009/12/01(火) 07:12:07
>>367
しつこいストーカーか

369 :日本@名無史さん:2009/12/01(火) 12:13:07
自分に言えよ台湾ウジ虫w

370 :日本@名無史さん:2009/12/01(火) 13:05:44
新羅(シンラ)って韓国語だと意味をなさないんでしょ?
で、もともとの国名が、斯盧(シロ)国だと・・・

新羅(シラ)
斯盧(シロ)

本当は日本語で 「白国」 でしょ? 日本人なら小学生でもわかる当て字だw
白衣民族とかって呼び名にもにも整合するしね


371 :日本@名無史さん:2009/12/01(火) 15:09:59
>>367
証拠、ネタ元希望

372 :日本@名無史さん:2009/12/01(火) 15:13:27
>>369
オレが台湾人だと言う証拠は?

373 :日本@名無史さん:2009/12/01(火) 15:21:43
朝鮮起源ニダとかいう捏造が説得力を失ったことへの腹いせで
適当なこと言いふらして
無関係な台湾人に八つ当たりしているだけにしか聞こえないよねー

おおかた同じ職場に台湾人がいる在日かなにかが
「チョッパリは台湾人には優しいのにウリにはよそよそしいニダ!不公平ニダ!
」とか根拠のない嫉妬でもしているんだろう

374 :日本@名無史さん:2009/12/01(火) 21:37:29
渡来系から在来系に変える話なら良く聞くが、逆なんてあったっけ?

375 :日本@名無史さん:2009/12/01(火) 21:49:21
渡来人の意味わかってる?
現在でも渡米とか渡仏とか言うだろ?
渡っているのは何人なんだよw


376 :日本@名無史さん:2009/12/01(火) 22:56:32
「渡来系」は秦、漢、三韓などだろう

377 :日本@名無史さん:2009/12/01(火) 23:00:20
秦、漢、三韓なら秦、漢、三韓だろうが
渡来というのは単に今で言えば日本人を区別しているわけでしょうがw
日本列島に住んでいる日本人とそれ以外に住んでいる日本人を

378 :日本@名無史さん:2009/12/01(火) 23:03:10
>375
渡来系は「諸蕃」のことでは?

379 :日本@名無史さん:2009/12/01(火) 23:59:04
■■■悪の王者『台湾人工作部隊』の卑怯で卑劣で悪辣な工作の手口■■■


@まず日本人のふりをしながら朝鮮煙幕を炊き付け、それを自ら叩いて
自家発電でもって正義の味方を装う。
(朝鮮人を叩く正義のおじちゃんだ!と、この時点でバカ落ちる)

Aバカがダマサれ切ったのを見計らって、何十年もかけて作り上げてきた
それはそれは高度な誘導用の捏造創作を使って勝手に自分たちの祖先、
長江江南人が渡来したと狂言しまくる。
(バカ、ダマサれ信じ込む)

Bバレかけたら、邪魔な日本人に対して朝鮮人呼ばわりをする卑劣な狂言を
働く事で防衛し、再び@に戻って、A、@、A、@、を無限に繰り返す。

Cハイ、直接的関係など何も無い台湾人祖先「江南土人」が日本人の祖先になりました。

380 :日本@名無史さん:2009/12/02(水) 19:31:48
>>379
ネタ元を教えて下さい。
口からでまかせならスルーして結構です。

381 :日本@名無史さん:2009/12/02(水) 19:50:43
もうワケ解んないでつw

382 :日本@名無史さん:2009/12/03(木) 01:44:14
古代の半島には、倭人が居たが、後に消滅した(日本に総帰化か)ってのは
歴史をみるとはっきりしてるわけで、
残ったのはどう考えても「中国人」になる。
韓人ってのも、秦から逃亡した中華の人間と記されてるわけで。


383 :日本@名無史さん:2009/12/05(土) 11:15:15
しんら

384 :日本@名無史さん:2009/12/06(日) 17:09:54
「高句麗の主要民族は満州族の一種であって、漢族とは縁もゆかりもない。
韓国・朝鮮人はこんにちでも高句麗の末裔を以って任じている。
さらに、現在の東北地方に住む朝鮮族たちはみずから渤海の後裔を任じ、朝鮮・韓国との関係のほうを重く見ている。
             〜(略)〜
高句麗人と共に渤海建国の民族である靺鞨はツングース系で、現在の中国の少数民族の一つ、満州族の祖先である。
             〜(略)〜
渤海は、唐の高宗の代に高句麗が唐・新羅の連合軍に討滅された後、唐の玄宗から渤海郡王に封ぜられた大祚栄氏がつくったツングース系の国であった。」


黄文雄『満州国は日本の植民地ではなかった』より


385 :日本@名無史さん:2009/12/07(月) 09:35:59
朝鮮起源ニダとかいう捏造が説得力を失ったことへの腹いせで
適当なこと言いふらして
無関係な台湾人に八つ当たりしているだけにしか聞こえないよねー

おおかた同じ職場に台湾人がいる在日かなにかが
「チョッパリは台湾人には優しいのにウリにはよそよそしいニダ!不公平ニダ!
」とか根拠のない嫉妬でもしているんだろう

386 :日本@名無史さん:2009/12/08(火) 11:00:32
現在の朝鮮人は秀吉軍の子孫。だから日本人の子孫ということになる。
ついでにいえば中国人も日本軍の子孫。当時の日本軍の兵隊さんと中国女性との間に生まれた子供が現在の中国人であり、
中国といっても日本の一部にすぎない。


387 :日本@名無史さん:2009/12/08(火) 20:33:28
・・なのだ。それでいいのだ。のだ、ニダ。
高句麗や新羅からの帰化人の多い関東は朝鮮語の影響を強く受けていたことがわかります。


388 :日本@名無史さん:2009/12/08(火) 20:53:55
好太王碑(公開土王)
「百済・新羅はもと是属民なり。由来朝具す。しかるに倭
391年よりこのかた、海を渡りて百済・○○○羅を破り、
もって臣民と為す」

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%82%A1%E3%82%A4%E3%83%AB:Rubbing_of_the_Gwanggaeto_Stele.jpg

倭は新羅・百済を臣民となす


389 :日本@名無史さん:2009/12/09(水) 04:25:32
朝鮮語とはどんな言葉だったんでしょうねえw

390 :日本@名無史さん:2009/12/10(木) 02:52:21
仏教が伝来するのが538年だろ?
その頃、半島は日本が統治していた。
となると日本の属国「百済」からの伝来となるわけか?

391 :日本@名無史さん:2009/12/13(日) 05:08:13
実は天武天皇時代に唐と新羅が日本を占領統治したという説がある
白村江の戦いに負けて統治されたのを「記紀」では隠して記載されてない


392 :日本@名無史さん:2009/12/13(日) 08:07:32
>>335
陸奥宗光を外交員ww
保険の勧誘でもやってたのか

393 :日本@名無史さん:2009/12/13(日) 09:47:50
倭人の瓠公が新羅を造ったと歴史書にはっきり書いてありますね
チョンは瓠公を崇め奉りなさい

394 :日本@名無史さん:2009/12/13(日) 10:03:10
>>393
http://file.chosunonline.com//article/2009/11/18/531878986271207034.jpg
http://file.chosunonline.com//article/2009/11/23/462539926892758365.jpg
http://file.chosunonline.com//article/2009/11/18/661751630474619475.jpg
http://file.chosunonline.com//article/2009/12/09/593708047972991142.jpg
7世紀の新羅の鎧兜と王冠

倭人にこんなものは作れない
16世紀の日本の戦国時代の甲冑よりカッコいいし


395 :日本@名無史さん:2009/12/13(日) 10:05:53
【三国史記】

> 三十七年 春正月 高句麗遣使 王以高句麗強盛 送伊? 大西知子実聖為質
「春正月に高句麗で使者を派遣してきた。
王は高句麗が強勢であるので、伊?の大西知の息子 実聖を人質として送った。」

>元年三月、與倭国通好。以奈勿王子未斯欣為質。
「元年三月、倭国と通好し、奈勿王の子の未斯欣を質に差し出した。」

>十一年、以奈勿王子卜好、質於高句麗。
「十一年、奈勿王の子の卜好を、高句麗に人質として差し出した。」

396 :日本@名無史さん:2009/12/13(日) 10:09:31
>>392日本の外交なんてその程度のものだ。岡田外相なんてジャスコの外商員。

397 :日本@名無史さん:2009/12/13(日) 10:13:29
強国に媚を売るチョンの人質外交
高句麗と倭国は新羅の宗主国だったからな

398 :日本@名無史さん:2009/12/13(日) 11:22:06
●白村江で敗れ日本は唐、新羅に占領されていた

http://blogs.yahoo.co.jp/manase8775/folder/1034962.html
「大化」は新羅最後の年号「太和」

http://blogs.yahoo.co.jp/manase8775/folder/1025041.html
大唐国進駐政府の倭国王『郭務悰』

399 :日本@名無史さん:2009/12/13(日) 11:59:07
マッカーサーのようにレイバンのサングラスにパイプ咥えて颯爽と神船から降りてきたのが神武天皇だというのか?
遮光土器として残されている。

400 :日本@名無史さん:2009/12/13(日) 12:04:46
倭人の瓠公が新羅を造ったと歴史書にはっきり書いてありますね
チョンは瓠公を崇め奉りなさい

401 :日本@名無史さん:2009/12/13(日) 12:06:04
>>399
日本のことに話題を変えたがるチョンが必死で笑える

402 :日本@名無史さん:2009/12/13(日) 12:06:41

>白村江で敗れ日本は唐、新羅に占領されていた.

占領軍の規模は?、上陸した地点は?、侵攻ルートは?




403 :日本@名無史さん:2009/12/13(日) 12:12:40
久しぶりに覗いたら……電波がキッツイなぁ()笑

404 :日本@名無史さん:2009/12/13(日) 12:33:57
>>394 この甲冑は、映画撮影用の衣装で、たぶん四天王が身につけている甲冑を参考にして新たに作ったもの。実際の新羅とは何の関係もない。新羅の甲冑については、資料が存在しない。
水戸黄門や銭形平次を見て歴史を語るようなもの。まあ、半島の歴史観とはそんなもんだが。


405 :日本@名無史さん:2009/12/13(日) 12:38:22
第一、紀元前前後に半島に住んでた人の子孫は、今はもう半島にほとんど残っていないというのが現実なんだから、
18世紀以降にアメリカに入植したアングロサクソンが、古代アメリカインディアンの残した遺跡を発見する
ようなもので、あんたらとは全然関係ないんですからね。と、強く言っておく必要がある。

406 :日本@名無史さん:2009/12/13(日) 13:02:34
●大唐国の支配下に落ちた倭国

白村江で大敗した倭国が勝者である唐や新羅になんのお咎めもなく
向こうから貢物を送ってくるなんてありえないだろ

唐・新羅連合が朝鮮半島の統一を果たしたとき、滅んだのは、百済国 、倭国(九州)、
その後の高句麗だ
滅ぼした地域には唐は、都督府を置く、この時期2つの都督府をおいた、熊津と筑紫であった
669年 同上8年 一二月 大唐が、郭務悰ら二〇〇〇余人を〔派〕遣してきた
実はこれが唐、新羅の倭国占領軍(GHQ)であり郭務悰はマッカーサーだった

唐の柵封状態にあった朝鮮半島と倭国は、同じ制度が敷かれてあった
唐の「永昌」などという則天武后の年号が、倭国の那須あたりまで、普及した
那須には、その金石文がある、しかし「日本書紀」では唐の使者が天皇にお土産を
持ってやってきたなんて大嘘を記述している

実際は百済は滅び倭国は占領され唐と新羅の支配を受けたのだ
その事実を隠すかのように「日本書紀」では捏造がおこなわれた
しかし随所に新羅の支配下にあった証拠も出てきている
歴代天皇の名前、「年号」「大化の改新」やそれに関った人物などは
全部新羅のコピーである、「大化の改新」などは実際倭国で起こったことではなく
新羅で起きたことを日本書記で記述しているにすぎないのである






407 :日本@名無史さん:2009/12/13(日) 13:06:57
要措置入院ってレベル(笑)

408 :日本@名無史さん:2009/12/13(日) 13:26:31
開放病棟なら2ちゃんねるは、やり放題。
社会復帰のリハビリにもなりますね。

409 :日本@名無史さん:2009/12/13(日) 13:35:14
http://japanese.joins.com/article/article.php?aid=123896&servcode=A00§code=A00
【小沢氏来韓】「在日韓国人ら外国人地方参政権を現実化させる」

上波夫教授から直接聞いた「騎馬民族日本征服説」を紹介した。
「韓半島南部の地域権力者が海を渡って来て今の奈良県に政権を樹立したという」と語った。
「この話をもっと強調すれば日本に帰れないから、これ以上強く話すことはできない」と話すと、聴衆から笑いが起こった。
「天皇も8世紀、日本の桓武天皇の生母は百済(ペクチェ)の武寧(ムリョン)王の子孫だと言われた」と

>韓半島南部の地域権力者が海を渡って来て今の奈良県に政権を樹立した
>韓半島南部の地域権力者が海を渡って来て今の奈良県に政権を樹立した

やっぱ小沢だなwwwww



410 :日本@名無史さん:2009/12/13(日) 15:34:06
名前が中国人と同じ朝鮮人が何を言ってもムダ

411 :日本@名無史さん:2009/12/14(月) 03:28:25
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%9F%93%E5%9B%BD%E8%B5%B7%E6%BA%90%E8%AA%AC

例えば、小学校の社会の教科書には
「百済の文化を日本に伝えてあげた王仁」
「(三国時代)わが先祖は発達したわが文化をとなりの日本にも教えてあげた」
「高句麗の文化を日本に伝えてあげた」
「今も日本人は、王仁を日本文化の先生として崇めている」

のように他にも書かれている。ただし王仁は日本側の資料にのみ登場する人物であり、朝鮮側の資料には一切登場しない。ちなみに、朝鮮における王仁の漢字伝承説は比較的最近になってから注目されるようになったものである。

また、高校の歴史教科書には

「優秀な朝鮮民族と劣等な日本民族」
「東アジアの文化的後進国であった日本」
「朝鮮半島の先進文化を未開な日本に教えてあげた」
「近代化以前の日本の文化はすべて偉大な先進文化を持つ朝鮮半島から由来したもの」
「野卑な日本はいつも朝鮮半島を侵略して財物を奪っていった」

の様に他にも書かれている。

一方で現実には、例えば日本を訪れた朝鮮通信使の日記の例がある。そこには日本での貨幣経済の発達に受けた感銘や
先進文化への嫉妬等が率直に書かれており、韓国の公教育で展開されている説とはかなり相違が見受けられる。

National Defense Journalも日本の侍は文字も知らぬ野蛮人であり必死になって日本に来た朝鮮通信使から教えを
請うて知識を吸収しようとしたと書いているが、実際は室町時代に来日した通信使が日本の全体的な識字率の高さに
驚いた事を書き残しており、これまた事実とは相当異なるのではないかと思われる(特に江戸時代に入ってから
文官化した侍の識字率は相当なものだったと言われている→江戸の識字率)。


412 :日本@名無史さん:2009/12/15(火) 22:39:52
しんら

413 :日本@名無史さん:2009/12/15(火) 22:51:27
大朝鮮帝国史
http://members.at.infoseek.co.jp/koreawatcher/docs/jushin.htm

http://members.at.infoseek.co.jp/koreawatcher/docs/jushin/daejusin04.jpg
http://members.at.infoseek.co.jp/koreawatcher/docs/jushin/daejusin05.jpg
http://members.at.infoseek.co.jp/koreawatcher/docs/jushin/daejusin03.jpg

第1巻
*我が民族が住む全世界を朝鮮(チュシン)という。

*我が民族はパミール高原に源を発して、バイカル湖を経て不咸山に移動、
 定着した不咸山に到着した我々の先祖はそこを中心に集団定着、
 文化を発達させ、紀元前6000年頃には紅山文明を、続いて黄河文明を起こした。

*我々の先祖は既に紀元前3898年に倍達国を建て、農耕民族である中華族を制圧し、大帝国を建設していた。

414 :日本@名無史さん:2009/12/16(水) 11:15:12
倭国は新羅に統治されていた


415 :日本@名無史さん:2009/12/16(水) 14:41:36
>>414
【三国史記】

> 三十七年 春正月 高句麗遣使 王以高句麗強盛 送伊? 大西知子実聖為質
「春正月に高句麗で使者を派遣してきた。
王は高句麗が強勢であるので、伊?の大西知の息子 実聖を人質として送った。」

>元年三月、與倭国通好。以奈勿王子未斯欣為質。
「元年三月、倭国と通好し、奈勿王の子の未斯欣を質に差し出した。」

>十一年、以奈勿王子卜好、質於高句麗。
「十一年、奈勿王の子の卜好を、高句麗に人質として差し出した。」

416 :日本@名無史さん:2009/12/18(金) 23:11:12
新羅三王家の二つが倭人だっけ。

417 :日本@名無史さん:2009/12/19(土) 15:02:23
唐と新羅に間接統治されて年号まで新羅の年号使ってる


418 :日本@名無史さん:2009/12/23(水) 01:37:17
しかし最も重要なことは朝鮮に関わらないこと、排除すること
これに尽きる


419 :日本@名無史さん:2009/12/23(水) 03:49:29
>>417
何ていう年号?
教えて頂戴
まさか○和なんて事無いでしょうね

420 :日本@名無史さん:2009/12/23(水) 17:31:46
■■■悪の王者『台湾人工作部隊』の卑怯で卑劣で悪辣な工作の手口■■■


@まず日本人のふりをしながら組織で劇団型工作で朝鮮煙幕を炊き付け、
それを自ら叩いて自家発電でもって正義の味方を装う。
(朝鮮人を叩く正義のおじちゃんだ!と、この時点でバカ落ちる)

Aバカがダマサれ切ったのを見計らって、何十年もかけて作り上げてきた
それはそれは高度な誘導用の捏造創作を使って勝手に自分たちの祖先、
長江江南人が渡来したと狂言しまくる。
(バカ、ダマサれ信じ込む)

Bバレかけたら、邪魔な日本人に対して朝鮮人呼ばわりをする卑劣な狂言を
働く事で防衛し、再び@に戻って、A、@、A、@・・・と無限に繰り返す。

Cハイ、直接的関係など何も無い台湾人祖先「江南土人」が日本人の祖先になりました。

421 :日本@名無史さん:2009/12/24(木) 20:22:43
●日本書紀に見える百済戦・白村江の敗戦や、その後に倭国にやってきた戦勝将軍(劉仁願・劉仁軌・劉徳高・司馬法包)AD 667年 ころ 
その部下である「郭 務悰」は、有名な人物だが、彼の記録は、日本書紀だけに残り、消息は不明である唐の歴史にも残らない。
あのように日本で活躍した人物が唐に帰ったら出世しているはずだ。
この記録に残らない状況から考えられるのは、
彼は、唐に帰国せず、自分が駐屯した九州倭国の勢力と手を結び、奈良大和の地を奪取したのではないだろうか。
だから、 近畿地方は、一時的に言葉が変わり*3、地名もそれまでの倭国風の表記を漢字二文字の唐風表記に改めさせられた。
*4・ 「天武天皇が天皇となったこの直後、近畿地区でありえないような現象が起きた。

奈良では、上代特殊仮名遣いの消滅がおこった。 
どういうことかというと万葉仮名で描かれた地名を漢字表記をしたのだ。
出羽=伊テ波(イデハ)飛鳥=明日香
まさしく少し前に起きた新羅の固有の苗字文化を捨てて唐風に改めたのと同じことがわが国でも発生したのだ。
ご存知のように我が国の歴史書は、このころから漢文で書かれている。、
http://blogs.yahoo.co.jp/manase8775/folder/965762.html

422 :日本@名無史さん:2009/12/24(木) 20:37:53
>>421
そんなことがあったら
地方に分散していた皇族の子孫や、家臣の子孫など忌部氏とか
それにそれ以前からの帰化家臣団の秦氏などが黙ってないだろう。

そういう言葉の変化は、百済の亡命者が多く来たから。
それに「漢字表記をしたのだ」と言っても
出羽、飛鳥をでわ、アスカ、と言う発音をするのは変わって無いし
その発音はヤマト言葉だろうに。


423 :日本@名無史さん:2009/12/24(木) 23:05:43
しんら

424 :日本@名無史さん:2009/12/25(金) 01:59:34
古代朝鮮は中国の一部だったらしい。


「中国がまだ統一される前、都市国家から発展した諸国が各地で覇権を争っていた時代の紀元前三三四年、「燕は東に朝鮮、遼東がある」と司馬遷著『史記』は記した。
つまり、戦国七雄の一つで、いまの北京を中心とした燕国が、遼河下流域から朝鮮半島北部までを、このとき独占的商業圏に入れたのである。
これより百年ほどあとの前三世紀、全盛時代の燕国は朝鮮半島の大同江から漢江にかけての先住民「朝鮮」と、洛東江渓谷の先住民「真番」を支配下に入れ、要地には砦を築いて官吏を駐在させ、商人の権益を保護していた。
 (略) 秦の始皇帝は、燕国をほろぼし中国を統一したあと天下を三六郡に分けた。『史記』「朝鮮列伝」によると、朝鮮と真番は「遼東の外徼に属した」。
つまり、朝鮮半島は三六郡の一つの遼東郡の、直接統治ではなく保護下にあった。
 (略) このとき燕人の満(衛満)が、1000余人の仲間とともに先住民の服装をして朝鮮に亡命し、真番、朝鮮の先住民と、燕や斉(山東)加羅の亡命者を従えて王となり、王険(平壌)に都を置いた。
これが朝鮮半島におけるはじめての政権「朝鮮王国」である。漢にはこれを討伐する力がなかったため、遼東太守は満と契約を結んで外臣とし、皇帝の許可を得た。


宮脇淳子著「世界史のなかの満州帝国(PHP新書)」


425 :フレスベルグ:2009/12/25(金) 23:23:29
「ローマ文化王国新羅」を読めばよくわかる。

426 :日本@名無史さん:2009/12/26(土) 20:51:25
新羅は日本を支配してたらしい

427 :日本@名無史さん:2009/12/26(土) 23:11:30
しんら

428 :日本@名無史さん:2009/12/27(日) 00:17:45
>>426
ソース

429 :日本@名無史さん:2009/12/27(日) 20:16:42
はじめから書き込みを読んで見たが。
トンスラーからの有効な反論は0だな。
何も根拠はない。
物的証拠新羅の金冠にぶら下がった日本産の翡翠の勾玉を見れば、古代新羅に対する日本の影響は明らか。
俺が以前犬HKに問いあわせをしたことのに対する犬NKの答えを貼り付けておく。

http://messages.yahoo.co.jp/bbs?action=m&board=1143582&tid=a4a4a4ha4a4a4h4z9qbeclga4xa5aba5a6a5sa5ha5c0a5a6a5sa1aa&sid=1143582&mid=57720

すなわち、犬NKですら翡翠の勾玉は日本起源と認めざるを得ない。
それは翡翠の成因による、翡翠輝石は低温高圧の変成作用を受けて出来る。
これは、プレートの沈み込みにより冷たい海底の堆積物が地下深く引きずり込まれる事によって出来る。
従ってプレートの沈み込みの無いトンスル半島で翡翠が産出することはあり得ない。
従ってトンスル半島で産出する翡翠の勾玉は全て日本産と断言出来る。


430 :日本@名無史さん:2009/12/28(月) 00:19:10
日本が南鮮を支配していたのは明らか。
http://gimpo.2ch.net/test/read.cgi/scienceplus/1260516149/130-131

431 :日本@名無史さん:2010/01/03(日) 06:18:48
「新羅は倭人の国、朝鮮人の国じゃない」
・『三国史記』に、三王家のふたつに倭起源伝説がある旨、記されている。
・新羅と出雲に残された四隅突出型墳丘墓、スサノオが新羅を建国した伝説。
・『新撰姓氏録』に新羅初代王は神武天皇の兄、稲飯命(イナヒノミコト)とある。
・『隋書東夷伝』に、辰韓(後の新羅)の王は百済人、とある。百済の王族は扶余族、倭王族とは親戚であるという。
・『山海経』に、楽浪の南に燕に朝貢する倭がある旨、記されている。当時のそこは三韓に別れる前の辰国であった。
・辰国は倭人の国? DNA研究により辰国の倭人と思しき民族が長江文明人の末裔(弥生人、百越人とも)であることがわかっている。
・失われた長江文明人の血は、現代ではベトナム以南、朝鮮、日本にしか残されていない。山東省から、日本から、海路で半島に渡ったと考えられている。
・その弥生人と共に、長江原産ジャポニカ水稲が日本から半島に伝わったこともDNA研究により判明している。
・中国史料によると、先住民の穢族が高句麗、扶余、沃沮の四族に別れたとある。穢族は東胡の末といわれている。
・東胡はツングース系、テュルクが混血しているとも言われる。BC209年に匈奴に敗れ四散、鮮卑や蒙古に別れた。女真もその末。
・同様にその後、遼東太守の公孫度が扶余王、尉仇台に嫁を与え、後の百済の地の王とした旨、記されている。
・倭、百済、任那、新羅の支配層は全て扶余族と見るべきか。ただし、全て民衆とは別民族。(扶余が天皇家とは限らない、蘇我氏説もあり)
・中国史料によると、秦韓(辰韓)の民衆は先住の倭人と始皇帝から逃げてきた秦人(漢族)、とある。
・『隋書』、記紀からも、任那、百済、新羅がその当初、日本を宗主国として仰ぎ、往来していた旨、明らかである。
・現朝鮮民族にも、ツングース系(高句麗、扶余、蒙古、女真)の血(一割)、漢族の血(四割)、倭人の血(五割)が残っている。
・先住民たる倭人の五割にも及ぶ血だが、それでも大幅に粛清された結果だろう。(倭人は奴隷階級に落とされていたから。日本人に似た済州島民の例もある)
これらを総合するに新羅も百済、任那同様、日本の親戚国と見るのが正しい。民衆の血筋は現在の朝鮮と近い点もあるが、その支配層の歴史的出自が全く違うということだ。支配層の扶余族は高麗族に抹殺されてしまったのだ。

432 :日本@名無史さん:2010/01/03(日) 21:10:43
BSKHKでやってた「古代日本のハイウェー」って番組で
誰が何のために6300キロにも及ぶ古代ハイウェー計画についての
記述がどの文献にも記載されてないそうだ

両側の堀をほるだけで3000万人が従事し最終的にはその3〜4倍の
人口が必要だった古代最大のプロジェクトなのに誰が指示し作らせたのか
分からないそうだ

今の県庁にあたる国府も発掘であることがわかってるいるが誰が国府を
置いたのか、誰の命令でその場所にしたのかなどは分かってない

問題はこの古代日本のハイウェーが天智天皇〜天武天皇の時代に作られたということ
こんな大規模な公共事業は天皇が命じたに決まっているのにその記述がない
なぜなのか?天皇でなければ誰が命じたのか?

白村江の戦いで敗れた倭国に進駐してきた唐、新羅連合軍のGHQ郭 務悰
が命じたのならつじつまがあうのではないだろうか




433 :日本@名無史さん:2010/01/03(日) 21:39:18
律令国家をマジで作ろうとした天武じゃないか?


434 :日本@名無史さん:2010/01/03(日) 21:51:34
朝鮮人(高麗族、コリョ族)は中国東北部起源の北の蛮族

「楽浪半島、もしくは東シナ半島」の歴史(中国と日本の歴史)
前1000年頃 殷の廷臣、箕氏(中国人)が周の武王から楽浪(半島北部)に封じられる?(周の属国)その後、周の凋落で王を称す?
戦国期 編纂されはじめていた地理書「山海経」に「楽浪の南に、燕に朝貢する倭がある」旨、記される。 辰国(半島南部、百越人の国)は倭そのものか?
百越人(倭人、弥生人)とは、失われた長江文明の担い手。現在そのDNAは半島、日本、ベトナム以南にしか残されていない。
前195年 秦に滅ぼされた燕からの亡命武将、衛満(中国人)が箕氏楽浪を乗っ取る。 このころから辰国は三韓に分かれはじめる。
馬韓(後の百済)は倭人の国。秦韓(辰韓、後の新羅)は始皇帝から逃れてきた秦民(漢族)と倭人の国。弁韓(後の任那)も秦韓に似る。
前108年 中国皇帝の武帝が衛氏を滅ぼし楽浪郡を設置、植民地とする。
前37年 東胡を祖とするコリョ族(高麗族)が中国東北部に高句麗(前高麗)を建国。
2世紀 遼東太守、公孫度が扶余族(穢族からコリョ族と分岐)の王、尉仇台に嫁を与え馬韓(後の百済) の王とする。
先から三韓の王族は全て扶余族となっていた? 倭王も同族? 新羅三王家のふたつに倭出自伝説が残されている。
3世紀初 公孫康 、曹操の許可を得て楽浪郡南部を帯方郡(後の百済)として設置。
4世紀 晋の八王の乱の混乱に乗じて、高句麗が楽浪郡を不当占拠。百済、新羅が建国。日本を大国と崇め、人質を送る。任那も併せ三韓は日本の勢力下にあった。
7世紀 任那日本府、百済と順に滅亡、遣隋使と合わせて日本は半島から手を引く。新羅、高句麗を征伐。統一新羅は中国の属国となり、独自の名前と年号を捨て、中国式の名前と年号を使い出す。
935年 高麗(後高麗)により新羅滅ぼされる。新羅内に雌伏していたコリョ族が扶余族を殲滅し国を乗っ取った。

ここまでは、朝鮮人の歴史ではない。


435 :日本@名無史さん:2010/01/03(日) 21:53:23
朝鮮の歴史は半万年ではなく千百年弱

「朝鮮、属国史」の始まり
918年 高麗建国
10世紀 宋に朝貢、契丹(東胡の末)に朝貢。
12世紀 金(女真族、東胡の末)に朝貢。
13世紀 高麗はモンゴルの属国となる。劣等感から、一然という僧が檀君神話を捏造し、忠烈王がモンゴルに日本侵略を唆す。(コリョ族もモンゴル族も同祖、東胡が匈奴に破れ四散したのは2200年前、ゆえに彼らの歴史も最長2200年)
14世紀 高麗滅亡、李朝建国。李朝は最初から明の冊封国で、国名も中国に決めてもらっていた。
17世紀 清(女真満州族)に服属、三跪九叩頭の礼に甘んじる。
19世紀 日本が日清戦争で中国を破り、属国の李朝は独立させてもらう。(日本の保護国)
1910年 李完用の要請により日本に併合してもらう。李氏朝鮮(大韓帝国)滅亡。
1948年 戦後アメリカ軍政庁の統治下にあったが、アメリカの後押しで大韓民国が成立。
1950年 アメリカとソ連の代理戦争である朝鮮戦争が起き分断国家となる。
1991年 ようやく国連加盟、史上初めて世界から独立国家として認められる。 
1993年 韓国、軍事独裁制を脱し、史上初めて独立民主政体となる。
現在 いまだ言論、学問の自由もなく民主主義とは程遠い国である。北は論外。

高句麗、渤海はどちらもコリョ族(高麗族、今の朝鮮人)が関わった国ですが、いずれも中国東北部の地方政権です。
ほんとうの朝鮮人の歴史は、918年高麗建国をもって始まります。
それまでの「楽浪もしくは東シナ半島」は北半分中国、南半分日本の物だったのです。

436 :日本@名無史さん:2010/01/05(火) 10:52:29
ウィキペディア-百済

民族と言語 [編集]
民族については、百済王・高句麗王(夫余)等に代表されるツングース系中国人の国家であったと言う説、
また現在の朝鮮で提唱されるツングース系中国人の支配層(王族・臣・一部土民)と被支配層(土民中心)の朝鮮人であったとの2説がある。
中国政府のシンクタンクである中国社会科学院は、公式研究書で百済に対して「(高句麗と)同様に古代中国の辺境にいた少数民族である夫余人の一部が興した政権」と主張している。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%99%BE%E6%B8%88


437 :日本@名無史さん:2010/01/05(火) 18:40:01
http://www.chosunonline.com/news/20100104000043
【コラム】 100年前の新聞に載っていた「誇らしい歴史」(上)

http://www.chosunonline.com/news/20100104000044
【コラム】 100年前の新聞に載っていた「誇らしい歴史」(下)

「韓国は常に日本の先進であって、韓国の文明が日本に比べ上等であったのに、近来西洋文明を受け入れ実力を
向上させることに一時遅れを取ったがゆえ、このような雲泥の差がついてしまったが、伝来する古い文明はむしろ
日本を覆うものであるからには…」

>韓国は常に日本の先進であって、韓国の文明が日本に比べ上等であったのに
>韓国は常に日本の先進であって、韓国の文明が日本に比べ上等であったのに


438 :文責O2bさん:2010/01/07(木) 11:34:54
<私は朝鮮学派と日教組シンパの『日本への押し付け朝鮮文化論』を排除したい、「日本の誇りを取り戻したい」と考える者です>

第一に、縄文人は非常に古い血統を持ち、極東に最初にたどり着いたかもしれない一族なのです。そして北海道から北琉球まで遍く広がっています。
他所には存在しない日本統合の象徴の血筋は、日本人を日本人たらしめるオリジナルのアイデンティティーを我々に与えてくれています。

第二に、比較的平和裏に日本に溶け込んだ弥生人の血筋は、ジャポニカ水稲を携えて長江から海路直接日本に渡ってきたことがわかっています。
その血筋は、黄河文明よりも9千年も古いかもしれない失われた長江文明の担い手のものなのです。誇らしいことではありませんか。
そして弥生人は低温耐性のついた水稲を手に朝鮮半島に渡りました。
紀元前から朝鮮半島に住んでいたという倭人(中国の言う倭人の対象は時代により変わります。定義などありません)が実は、その弥生人であることが遺伝子研究によりわかってきました。


439 :文責O2bさん:2010/01/07(木) 11:36:43
第三に、古代朝鮮史料を調べるうちに三韓諸国(任那、百済、新羅)が現朝鮮とは全く連ならない国に思えてきたのです。
そして統一新羅の内乱で始まった10世紀、ようやく王氏高麗の統一を見た途端に長白山大噴火が起こります。
どうもこの世界気象にまで影響を与えたらしい大噴火を境に、半島に文化の断裂が起こったようなのです。
確かに朝鮮語は新羅語をルーツにしているようでもあり、現朝鮮民族を構成する遺伝子も新羅のそれと大きくは変わらないようにも思えます。
ところが、新羅までは日中史料にたくさんの交流が記され、日本にも伝わっていた素晴らしい文化を持っていたはずなのに、半島そのものにはそれらがあまり残っていないのです。
大噴火を伝える民謡、伝承といった民族の記憶さえ失われていたのです。数少ない新羅の文書や王氏高麗の歌が今の言語で読めないという摩訶不思議もあるそうです。

私は思い出しました。19世紀末、日本が清を破り朝鮮に入ってみると半島には原始人のような社会が広がっていたことを。
そして疑念を持ちました。「王氏高麗と李氏朝鮮が、高い文化を誇る辰国・三韓・新羅と連なる朝鮮半島の社会をズタズタに破壊したのではないか?」と。
高麗族や王氏高麗を調べるうちに疑念は確信に変わりました。「新羅までの半島国家は日中文化に彩られた文明国家で朝鮮ではない」
そして「王氏高麗と李氏朝鮮こそが北の蛮族朝鮮人で、半島住民を千年の暗黒社会に押しやった元凶である」と。

この仮説の信憑性が高まり正史にまでなると、日教組の自虐史観「朝鮮が日本に文化を伝えた」「天皇は半島の血」などという戯言が根底から覆され、我々は日本の誇りが取り戻せるのです。
決して「日韓併合の根拠」やら「中共の東北工程」のための議論ではありません。むしろ困り者の隣国と手を切りたいという思いからなのです。
私はその前提になる論を進めています。皆さんの批判や指摘からどんどん史料や肉付けとなる附説も膨らんでいます。ご協力いただければ幸いです。
もちろん全く役にも立たないファンタジー史観の批判の為の批判もありますが、それは無視無視。
志あるかたの賛同があると喜ばしい限りです。

440 :日本@名無史さん:2010/01/07(木) 12:12:41
>>438
名前がO2bだけに、O2bだけを倭にしてるけど
倭人の定義が決まった、というか倭と呼ばれ始める頃は
日本はすでにD2系の男が最大多数になってたと思うが。

なぜなら、古墳時代以後も渡来人は来て、明治も昭和も
そして戦勝国人を名乗った韓国人も大量に住み着いた。
彼らはほとんどO系だろう。

それでも日本で最も多いのはD2だから、倭が半島を征伐してたり
倭が半島を属国にしているとされている古代は
もっとD2が多かったと見るべきで。

倭というのはD2中心の勢力と見るべきだよ。

441 :日本@名無史さん:2010/01/07(木) 20:30:41
●朝鮮文献

◎三国史記 (百済本紀)

397年 夏五月 王は倭国と友好関係を結び、太子の腆支を人質として倭に送った。

◎三国史記 (新羅本紀)

121年 夏四月に倭人が東の辺境を攻めた。
123年 春三年に倭国と講和した。
158年 倭人が交際のために訪れた。
173年 倭の女王卑弥呼が使わした使者が訪れた。
232年 夏四月に倭人が金城を包囲。
233年 五月 倭兵が東辺を攻めた。
249年 夏四月に倭人が舒弗邯、于老を殺した。
287年 夏四月に倭人が一礼部を襲う。
289年 夏五月に、倭兵が攻めてくるということを聞いて、戦船を修理し、
鎧と武器を修理した。
292年 夏六月に倭兵が沙道城を攻め落とす。
294年 夏 倭兵が長峯城を攻めて来た。

この年代で新羅は「倭人が来た」「倭人が攻めてきた」
つまり自分達とは違う種が来たと記述していることから
新羅は倭人が作ったというのはありえないわな
倭人が作ったんならこの年代で倭人とは言わないだろ
だって倭人同士なんだからw


442 :日本@名無史さん:2010/01/09(土) 00:16:56
日教組シンパ朝鮮学派が必死だなwww

443 :日本@名無史さん:2010/01/09(土) 19:28:51
■■■悪の王者『台湾人工作部隊』の卑怯で卑劣で悪辣な工作の手口■■■


@まず日本人のふりをしながら組織で劇団型工作で朝鮮煙幕を炊き付け、
それを自ら叩いて自家発電でもって正義の味方を装う。
(朝鮮人を叩く正義のおじちゃんだ!と、この時点でバカ落ちる)

Aバカがダマサれ切ったのを見計らって、何十年もかけて作り上げてきた
それはそれは高度な誘導用の捏造創作を使って勝手に自分たちの祖先、
長江江南人が渡来したと狂言しまくる。
(バカ、ダマサれ信じ込む)

Bバレかけたら、邪魔な日本人に対して朝鮮人呼ばわりをする卑劣な狂言を
働く事で防衛し、再び@に戻って、A、@、A、@・・・と無限に繰り返す。

Cハイ、直接的関係など何も無い台湾人祖先「江南土人」が日本人の祖先になりました。

444 :日本@名無史さん:2010/01/11(月) 03:40:35


















終了














445 :文責O2bさん:2010/01/11(月) 10:06:34
「倭人」に定義などない。
中国人が勝手につけた呼称にすぎない。
その範囲は時代により下記のように移り代わった。
1、日本、朝鮮に住む鯨面の者。
2、東夷の海人族全体(朝鮮、日本、琉球)。倭寇のほとんどが日本人ではない。
3、日本に住む者。

ここは3にばかりこだわる連中ばかり、よほど中国の言う倭人が朝鮮にいたという記述が気に入らないのだろう。
倭人とはちっぽけな奴という蔑名であり、まともな日本人なら「倭は日本人全体だけを差す呼称、ウリは関係ないニダ」などとは言わない。


446 :日本@名無史さん:2010/01/14(木) 00:46:21
半島人が倭人と呼ばれたことはないよ

447 :文責O2bさん:2010/01/16(土) 06:51:34
紀元前から朝鮮南部に住んでいた原住民「中国の言う倭人」は、
日本から水稲を携え渡ってきた長江文明人の末裔(いわゆる弥生人)であることがわかってきました。
古代朝鮮南部は「中国の言う倭人の国」すなわち「弥生人の国」だったのです。

<文化的社会>
・楽浪郡以前の北朝鮮は中国起源。
・辰国→三韓→任那・百済・新羅は全て日本起源。日本と血脈を交わし文化も交流。
(朝鮮人のいない素晴らしい文明社会)

10C後半、長白山大噴火(明らかな文明断裂)

<朝鮮人支配による千年の暗黒社会>
・異民族高麗(穢系高麗族「コリョ族、東胡ツングース系」)の侵略、王氏高麗建国。
・北の蛮族高麗の不徳の証、「大噴火・大凶作・社会混乱の記憶」を抹消するために大民衆弾圧が行われたのではないか?
・この高麗から新羅以前の素晴らしい文化、民衆文化が失われている。焚書坑儒、文革のようなものが延々と行われたと考えればいいだろう。
・李氏朝鮮建国(同族同士の身内争い、貴族武将のクーデター)、仏教、寺、経典、墓、信者を抹殺。全国民の9割を奴隷化、文盲化。
(日本が清を破り朝鮮に入ってみると、半島には原始時代のような暗黒社会が広がっていた)

この説が実証されると「日本人は誇りを取り戻し、うるさい朝鮮人とサヨナラできる」んだけどなあ〜。


448 :日本@名無史さん:2010/01/16(土) 21:19:40
■■■悪の王者『台湾人工作部隊』の卑怯で卑劣で悪辣な工作の手口■■■


@まず日本人のふりをしながら組織で劇団型工作で朝鮮煙幕を炊き付け、
それを自ら叩いて自家発電でもって正義の味方を装う。
(朝鮮人を叩く正義のおじちゃんだ!と、この時点でバカ落ちる)

Aバカがダマサれ切ったのを見計らって、何十年もかけて作り上げてきた
それはそれは高度な誘導用の捏造創作を使って勝手に自分たちの祖先、
長江江南人が渡来したと狂言しまくる。
(バカ、ダマサれ信じ込む)

Bバレかけたら、邪魔な日本人に対して朝鮮人呼ばわりをする卑劣な狂言を
働く事で防衛し、再び@に戻って、A、@、A、@・・・と無限に繰り返す。

Cハイ、直接的関係など何も無い台湾人祖先「江南土人」が日本人の祖先になりました。

449 :日本@名無史さん:2010/01/20(水) 09:16:20
済州島を作ったのも日本人です


■高麗史・巻五七・地理志(地理誌)耽羅神話(三姓神話)
「我是日本國使也(我れ是れ日本国の使いなり)」

日本の使いが来て耽羅を開国させたことなどを伝えている。
http://image.blog.livedoor.jp/hash0153/imgs/c/c/cc68f147.jpg

高麗史によると済州島の神話は、済州島に日本から3人の女性がやって来て、
「ここに国を作りましょう」と言い、耽羅を作ったと記されている。


450 :日本@名無史さん:2010/01/20(水) 11:34:19
そもそも日本人とはなんなのか…
日本にいれば日本人なのか、日本に住めば日本人なのか、日本にいる人間と結婚すれば日本人なのか
いやそもそも人間とはなんなのか

451 :日本@名無史さん:2010/01/20(水) 15:27:39
そもそも朝鮮人とはなんなのか…
朝鮮にいれば朝鮮人なのか、朝鮮に住めば朝鮮人なのか、朝鮮にいる人間と結婚すれば朝鮮人なのか
いやそもそも人間とはなんなのか

452 :日本@名無史さん:2010/01/20(水) 15:41:45
そうつまりこの時代のこの地域に日本人も朝鮮人も存在するわけがない。
日本も朝鮮も存在しないから

453 :日本@名無史さん:2010/01/30(土) 11:57:16
>>450 日本人の定義は昔は明快だった。天皇に従う者が日本人である(古代においては日本人という言い方はしなかったが)。これは、日本という国名と天皇位が生まれた7世紀終わりごろからのことである。
それ以外の人間は日本列島内に住んでいようと「日本人」ではなかったが、天皇の支配をいったん受け入れれば出自を問わず日本人になれた。


454 :日本@名無史さん:2010/01/31(日) 13:44:11
従うという定義が曖昧だからなぁ

そういう意味では区分がはっきりしない曖昧な存在だったともいえてしまうな

455 :文責O2bさん:2010/02/04(木) 00:49:08
>>446
・『北書』、『唐書』百済傳 其人雑有新羅、高麗、倭等、亦有中国人。(其の人達は新羅人、高句麗人、倭人等が混雑しており、また中国人もいる。)
朝鮮に倭人が住むという中国史書は多いが、現朝鮮人から縄文人D2型はほとんど確認されていない。(よっぽど太古で無い限り残ります。内緒ですが三韓の前方後円墳からは出てます)
・古代史・文化人類学研究者の鳥越憲三郎の言う倭族とは「稲作を伴って日本列島に渡来した倭人、つまり弥生人と祖先を同じくし、また同系の文化を共有する人たちを総称した用語」である。
他にも多くの学者さんが研究してます。
・古代中国の言う「倭人」とは朝鮮半島から日本、琉球くらいまでの海洋民を差している、との説もあります。
・長江文明人O2b型は満州を除く中国では残っていません。残虐な漢族の南下に東の海上へ、南へ逃げたからです。
同じ長江文明人O2a型は江南にも残っています。漢族に抵抗した呉越楚の子孫なのかもしれません。
倭人(弥生人、長江文明人)がO2b型というのは今現在の定説です。もちろん朝鮮学派と日教組シンパだけは完全否定しています。


456 :日本@名無史さん:2010/02/04(木) 00:57:11
>>455
倭「九夷所居、與中夏懸隔、然天性柔順」

倭は九夷の居るところだと書かれてあるし
九夷は孔子の言ってた日本のあたりに居るとされるいろいろな集団。

だから
倭ってのは特定の集団だけを表すものでは無いとおもうが。

457 :文責O2bさん:2010/02/04(木) 01:32:34
>>456
>>445 参照のこと。

458 :日本@名無史さん:2010/02/04(木) 01:39:05
もともと倭って、周に朝貢してた南方系の土人(周から見て)
が倭の語源だったはず。
だからそれっぽい奴は、みんな倭人と呼んでたわけで。

縄文人というのは今の日本人が定義したものだから
当時の中華人から見れば、縄文人とされてる人も倭人になる。
というか倭以外に呼称が無かった。

それになにより、実際の部族名や民族名は倭では無い。
倭とされてた大陸南方の人は、呉や越という自称があったし
倭とされてる日本の人も、やまと、いずも、くまそ、などの自称。

459 :日本@名無史さん:2010/02/14(日) 19:25:31
そもそも自分達以外は蛮族扱いだろ

東夷なんてまんまだよな

460 :日本@名無史さん:2010/02/20(土) 21:47:34
この板でこんなこと言うのなんだけどさ
大昔の民族のことなんて、言い出したらキリがないよ

461 :日本@名無史さん:2010/02/26(金) 12:11:53
まぁ民族なんて幻想みたいなもんだしねー

462 :日本@名無史さん:2010/03/06(土) 12:42:13
周に朝貢していたと言ってるけど、それ以前は余国があって余族の属国だった
周が捏造し始めたのが始まりといわれているよね。

余国の継承国である渤海国が日本に朝貢した時の国書に日本も渤海国も
元々、余国の流れを汲むわけだから仲良くしましょうというような記述がある。

所謂、中華思想は倭族と余族の混血である日本人や余族に対する劣等感から
生まれた物とされている。

話が飛ぶけど、耽羅、新羅、加羅って羅という字があるけど、羅って絹織物だろ?
どうも倭人国家という意味合いがありそうだな。

463 :日本@名無史さん:2010/03/06(土) 13:32:21
高句麗の移民が造った国が渤海国なんでしょ、日本が成立する前は小国だらけでなんとも言えないんでしょ

464 :日本@名無史さん:2010/03/15(月) 19:12:06
まぁ新羅って4世紀に出来た国だからな

465 :日本@名無史さん:2010/03/17(水) 22:13:13
■■■悪の王者『台湾人工作部隊』の卑怯で卑劣で悪辣な工作の手口■■■


@まず日本人のふりをしながら朝鮮煙幕を炊き付け、それを自ら叩いて
自家発電でもって正義の味方を装う。
(朝鮮人を叩く正義のおじちゃんだ!と、この時点でバカ落ちる)

Aバカがダマサれ切ったのを見計らって、何十年もかけて作り上げてきた
それはそれは高度な誘導用の捏造創作を使って勝手に自分たちの祖先、
長江江南人が渡来したと狂言しまくる。
(バカ、ダマサれ信じ込む)

Bバレかけたら、邪魔な日本人に対して朝鮮人呼ばわりをする卑劣な狂言を
働く事で防衛し、再び@に戻って、A、@、A、@・・・と無限に繰り返す。

Cハイ、直接的関係など何も無い台湾人祖先「江南土人」が日本人の祖先になりました。

466 :日本@名無史さん:2010/03/19(金) 20:19:37
新羅や百済が文化国家だったかのような書き込みが多いが、トンスル半島は古代より文化とは無縁の地だ。
1500年以上進歩しない地域それがトンスル半島。

『三國志』魏書第三十烏丸鮮卑東夷傳の馬韓に関する記述。
現在のトンスラーの先祖は馬韓=百済人とはえんもゆかりもない野蛮人エベンキ族と判明している。

其俗少綱紀、國邑雖有主帥、邑落雜居、不能善相制御。無跪拜之禮。居處作草屋土室、形如冢。其戸在上舉家共在中、無長幼男女之別。

その習俗には綱紀が少なく、国邑に主帥(主君)がいるけれど、邑落で雑居し、善く互いを制御することができない。跪拜の礼はない。住居は草屋根に土の室とし、形は家の如し。その扉は上部にあり、家族全員で共に暮らし、長幼男女の別はない。

http://members3.jcom.home.ne.jp/sadabe/kanbun/kanbun-mokuji.htm

恐るべきことにトンスル半島で日本人は1500年以上経って同じ光景をみることになる。

一般民家

 その家屋は石と泥をもって築立し、稲藁を葺いて屋根としている。茅は焚き火の用に使うという。窓が小さく、大人が家に入って立つことが出来ないようだ。たいていの家に「床」というものが無く、土の上に藁むしろを敷いて座す。その狭さ不潔さといい殆ど穴居の類である。
 そういう家が表裏の別なく密集し、路地には乱石が磊落して、ほとんど足をいれることが出来ない。村の中央の家に行こうとするには、どの路地をどう曲がっていけばよいのか分からないぐらいである。
 寝起きするのも容易でないような家の中にはわずかに1、2の炊具を見る。
 ただ、日本人の眼に入るのは、貧家に不釣合いなほど大きな黒色の磁器甕がどこの家にもあるということである。これは木の樽が無いゆえの水を溜める甕であろう。質は頗る堅牢である。

http://f48.aaa.livedoor.jp/~adsawada/siryou/index.htm

魏志の記録と全く同じではないか。
100年前のトンスラーは木を曲げる技術が存在せず、従って土の甕。
こんな状況で、どうやって朝鮮通信士が何の文化を伝えたんだろうか?
古代よりトンスル半島は文化・文明と無縁の土地だ。

467 :日本@名無史さん:2010/03/20(土) 14:35:48
トンスラーの先祖 人食い土人
日本人の先祖  高度文明を築いたフェニキア人

468 :日本@名無史さん:2010/03/26(金) 20:23:12
ちなみに、三國志』魏書第三十烏丸鮮卑東夷傳の倭国に関する記述。
当時から日本の方が先進地帯であっととシナ人には見えたようだ。
すなわちトンスル半島とは文明の辺境、気候は寒冷で稲作に適さず最近までトンスラーの主食は雑穀であった。
なにがトンスラーが稲作を伝えただ、馬鹿言うな。
過去も現在もおそらく未来も文明不毛の地それがトンスル半島。


倭地溫暖、冬夏食生菜、皆徒跣。有屋室、父母兄弟臥息異處、以朱丹塗其身體、如中國用粉也。食飲用籩豆、手食。

 倭の地は温暖、冬や夏も生野菜を食べ、皆が裸足で歩いている。屋室があるが、父母兄弟は寝室を別とする。



469 :日本@名無史さん:2010/03/26(金) 22:07:30



韓国の遺跡で出土した炭化米にも熱帯ジャポニカ。
趙現鐘・国立済州博物館長と佐藤洋一郎・静岡大学助教授が
大阪府和泉市のシンポジウムで発表。[共同通信]
http://www.tt.rim.or.jp/~shr/nl/2001xc.html
韓国の遺跡で出土した炭化米にも熱帯ジャポニカ
韓国の遺跡で出土した炭化米にも熱帯ジャポニカ
韓国の遺跡で出土した炭化米にも熱帯ジャポニカ
韓国の遺跡で出土した炭化米にも熱帯ジャポニカ




470 :日本@名無史さん:2010/03/27(土) 18:31:03
趙:  光州新昌洞遺跡から出土した炭化米を、1996年佐藤先生に分析依頼しました。その中に熱帯ジャポニカ
    の資料があって驚きました。韓国は温帯ジャポニカしかないと思っていたので。その辺り佐藤先生に。

佐藤: えーっと、ひどく困っています。

金関: なぜでしょうか?

佐藤: 私も韓国に熱帯ジャポニカがあるなんて、考えもしなかったんですね。

金関: これがでた意義は?

佐藤: 1粒でしたので、もっと慎重に考えないといけませんが、我々は稲が中国や韓国から来たとばかり
     思っているが、反対方向を向いていったやつもいたかもしれない。

金関: むしろ日本の熱帯ジャポニカが向こうへ行った可能性もあると。

佐藤: あり得るでしょうね。

金関: 王先生、渡来ルートについて。

王:  特に、Bのルート。長江下流域ではたくさんの稲作遺跡が見つかっています。
    日本の古代を考える場合、やはり長江下流域のものが多く伝わっているということは言えると思います。
    唯一ではないですが、主要なルートだと思います。


471 :日本@名無史さん:2010/03/29(月) 16:25:24
http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2010&d=0329&f=national_0329_010.shtml
韓国TV「明朝の初代皇帝は高麗人」…中国で再び“炎上”現象

472 :日本@名無史さん:2010/04/10(土) 03:12:22
日本へ王子を人質に差し出してた百済新羅(笑)

473 :日本@名無史さん:2010/04/24(土) 05:08:13
【日韓】「日本、鉄の伝来を浦項製鉄で韓国に恩返し」 梅原猛氏「出雲王朝の創立者は韓国から、日本書紀の一部文書は‘韓国系’」[04/14]
http://yutori7.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1271244093/

梅原猛=中国の先進文化は韓国を経由して日本に入った。私は今月、『葬られた王朝―
古代出雲の謎を解く』という本を出すが、出雲王朝の創立者は韓国から来たと考えている。
『日本書紀』に多くの文書があるが、そのうち3つの文書は‘韓国系’と把握している。
これは新しい考えだ。弥生(BC200−AD300)時代には日本海(東海の日本式表現)側が
日本の中心部だった。したがって越の国、今の新潟県から移ってきた国が出雲を
支配していたが、韓国から来たスサノオ(日本神話の人物)が出雲を越の国の支配から
独立させた。出雲王朝の創立者は韓国系と考える。その証拠に出雲王朝の遺跡から
銅鐸が出てきた。大和王朝の鏡に代わるものだ。銅鐸の起源は韓国の貴族が双頭馬車に
付けて入った鈴だ。(神話に出てくる)スサノオが韓国から渡ってきたとする説はますます
有力になっている。新しい日韓関係を見せてくれる。韓国にまた注目しなければならない。
古代日本にとって韓国は文明国であったし、さまざまな文化を伝えてくれた恩人だった。

474 :新羅明王ψ ◆i85SSHINRA :2010/05/01(土) 17:42:50 ?2BP(501)

絶望した!私の家系はこの国家で、スパイ家系であることに絶望した!

475 :日本@名無史さん:2010/05/10(月) 22:59:57
李氏朝鮮って満州人国家なんだね

ウィキペディア- 李成桂
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9D%8E%E6%88%90%E6%A1%82

女真人説 [編集]
池内宏[8]や山内弘一[4]らは李成桂が女真人或いは女真人の血を引いている可能性を指摘している。

状況証拠としては次のことが挙げられる。

李一族の出身地の咸鏡道は15世紀までは女真人の地だったこと。

李一族は女真人の配下を多数抱え李一族が頭角を現したのはかれらの助けが大きかったこと。

のちに15世紀になって編纂された王朝創建の偉業を称えた『龍飛御天歌』によると、李一族は全羅道の全州出身で古くは新羅に仕えたがやがて咸鏡道に移住した、と書かれているが、後世に潤色されて書かれているため信憑性が疑わしいこと。

モンゴル語で書かれた李家の家系図から、李一族の女直名は完全に記載されているが朝鮮名は不完全にしか書かれいないこと。

ダルガチは原則としてモンゴル人であり、稀に女真人や色目人が任命される事があるが、被支配民族の漢人、ましてや漢人の子分の高麗人が任命されることは非常に不自然であること。

千戸として女真人の統治を行っていたこと。

姓を李氏と言ってはいるが、祖先が元朝の家来で、元の開元路出身であることは明らかであり、モンゴル名を持っていること。(ただし、当時は高麗人貴族もモンゴル名を持っているから、これだけでは女真人とはいえない)


476 :日本@名無史さん:2010/05/10(月) 23:01:35
岡田英弘と宮脇淳子は13世紀モンゴル時代の朝鮮半島と大陸の関係と李氏朝鮮勃興を概説し、
朝鮮の太祖李成桂女真人説について次のように論証している[9]。
その上で史料証拠として『李朝実録』の冒頭『太祖実録』の内容[10]を用いて次のことを挙げている[9]。

『李朝太祖実録』冒頭には「太祖康獻至仁啓運聖文神武大王、姓李氏、諱旦、字君晋、古諱成桂、號松軒、全州大姓也」とあり、本貫が全州李氏であること、新羅の司空李翰を始祖として、以下21代を経て李成桂に至ったとするが、
第16代まではほとんど名だけが知られるにすぎず、第17代(李成桂4代の祖)からやや詳しい伝記がある。その第17代以後の祖先の活動舞台と居住地を通観すると、
前16代につなげるために全羅北道全州(完山)を出発点として、東海岸の三陟から豆満江畔にわたり、
そのほぼ中央に位置する咸興をもって活動の根拠地としたように書いてある。すなわち、全州李氏の出身だというのは後世の捏造で、その証拠に、李氏朝鮮王室で、全州李氏の誰一人として祖先として祀られた人はいない[9]。

『李朝太祖実録』巻一、九頁下、には次のような記事がある。「初三海陽(今吉州)達魯花赤金方卦、娶度祖女、生三善三介、於太祖、為外兄弟也。生長女真、膂力過人、善騎射、聚悪少、横行北邊、畏太祖、不敢肆。」
これを訳すると、「三海陽(咸鏡北道の吉州)にいた元のダルガチだった金方卦(女真人と思われる)が、度祖(モンゴル名ブヤンテムル、三頁下、李子春の父)の娘を娶って生まれたのが三善三介で、太祖の外兄弟(姓が違う兄弟)である。
彼は女真で育ち(女真の族長になった)、腕の力が人並み外れて強く、騎射をよくし、悪い奴らを集めて、北辺に横行したが、太祖を畏れて、敢えてほしいままにしなかった」というのである。
これによると、太祖も女真族としか考えられない。なぜなら、遊牧民や狩猟民は族外婚制をとり、姓の違う集団と結婚関係を結ぶのを習慣とする。
女真族の族長である三善三介が太祖李成桂の外兄弟であるというならば、太祖自身も女真族であったと考えるのが自然である。
『李朝実録』は、朝鮮時代になってからの正史であるから、朝鮮王の家系について、なるべく高麗との関係を重んじるような書き方をしているが、どうしても書き残さざるを得なかったのが、この「三善三介」についての記事である[9]。


477 :日本@名無史さん:2010/05/11(火) 13:26:13
>>471 >>異民族王朝の元を破った朱元璋は、漢族再興の功績者とされる。

一方で朱元璋は皇帝即位後、官僚・知識人の大量殺戮(さつりく)や、陰謀を含むさまざまな手段でそれまでの盟友を次々に殺し、
出身だった白蓮教も弾圧したことなどで、「陰険な独裁者」とされる。

・・・毛沢東や金日成にそっくりだな。

478 :日本@名無史さん:2010/05/11(火) 14:18:50
考えが逆なんだよな。
大陸から、満州や朝鮮へ古代の中華人が殖民、あるいは亡命して
満州族や朝鮮人の中に多くの中華の姓が残ったわけだ。
で、かれらが大陸に戻ったところで
中華の血統が中華に移動しただけだから、コリアンの手柄では無い。

コリア系、というならコリアン独自の名を名乗った王が必要だが?
コリアの王ってのは、李、王とか中華の名ばかりだろ。
それはコリアの王が中華系ということになるのであって、
コリア固有の王が勢力を拡大したわけでは無い。


479 :日本@名無史さん:2010/05/11(火) 14:39:16
高麗人は満州族じゃないんか?
とにかく朝鮮人とは違うわけだが

ところで、北朝鮮と韓国は結構違う気がしてる
北朝鮮は寄生虫の国、韓国は虫も食わぬ人々が生き延びた国
日本は虫の害から逃れた人々の国w

でも日本にもその人種は確実に巣食ってる。国が始まった頃から。

480 :日本@名無史さん:2010/05/11(火) 15:29:19
>>479
というか半島の土着民なんか滅んでる。
半島には大陸からの移民しかいないから人種も何も無いよ。

半島人は中国人と同じ

481 :日本@名無史さん:2010/05/11(火) 15:37:57
百済人が最も多く逃げたのは中国だから、中国にはもっとその人種が巣食ってるのね。

中国は朝鮮族が56の民族を構成しているという・・・ああ・・恐ろしい・・・

482 :日本@名無史さん:2010/05/11(火) 15:49:34
いや百済人は匈奴と夫余(満州系?)とその他いろいろだから。
中国に戻るわけない。

匈奴なんて、チョンを嫌ってエスキモーになったり北欧まで行ったりしたくらいだ

483 :日本@名無史さん:2010/05/11(火) 15:49:36
まぁどう考えても陸続きで名前が同じシナ人の方がヤヴァイ罠

484 :日本@名無史さん:2010/05/11(火) 15:50:21
>>482
・東夷傳百済
其地自此為新羅及渤海靺鞨所分、百済之種遂絶。
(その地の者は新羅及び渤海や靺鞨へ逃げ、遂に百済の種は絶滅した。)

485 :日本@名無史さん:2010/05/11(火) 15:58:07
>>484
王・臣以外の種族の被支配者層はどこへでも散っただろうね

百済より新羅のほうがチョン率高いよ
新羅と結んだ唐もね。

486 :日本@名無史さん:2010/05/11(火) 18:26:19
簡単30ステップで学ぶ半島の2000年史!

【“朝鮮”の歴史は朝鮮人の歴史ではなかった!!】
1.檀君朝鮮はまったくの神話、中国のどの歴史書にも登場しない
2.箕子朝鮮は伝説上の国、中国人の箕子が建国した中国人の国家。
  唯一その存在をまともに確認できるのは12世紀に成立した『三国遺事』
3.衛氏朝鮮は考古学的に証明できる朝鮮の最初の国家
4.朝鮮は燕の全盛期その配下に入っていたが、燕が秦に滅ぼされて後は国外の属国という状態にあった。
5.衛氏朝鮮は燕王盧綰の部将であった、衛満が朝鮮に亡命し建てた亡命政権
6.もちろん衛氏朝鮮の王も朝鮮人ではない
『史記』・朝鮮列伝「朝鮮王滿者、故燕人也」
         「朝鮮王、満は燕国人である」
7・その燕国人の作った、朝鮮もBC108年に漢に支配され滅亡してしまう
8・百済は扶余系民族だから言語的にも民族的にも今の韓国人は殆ど関係ない
9・高句麗も扶余系民族だから、今の朝鮮人とは関係ない、
 扶餘→高句麗→金国→後金国=清国(女真族のご先祖)

10.では今の朝鮮人は何処からきたか?
 『後漢書』辰韓伝
  「辰韓、耆老自言秦之亡人、避苦役、適韓國、馬韓割東界地與之。」
  (辰韓は、老人がいうには、秦国から苦しい労働を避け韓国に逃げてきた人だ馬韓の土地東に
  分けてもらっている)
  ↑韓国人のご先祖発見w


487 :日本@名無史さん:2010/05/11(火) 18:27:59
1.結論として朝鮮民族は新羅が直接のご先祖
 でも・・・悲しいことに
12.その新羅も王は朝鮮人ではありません、日本人でした。
  金氏王統の始祖瓠公は日本人
 (瓠公は新羅の3王統の始祖の全てに関わる、新羅の建国時代の重要人物)
 『三国史記』新羅本紀
「瓠公者、未詳其族姓。本倭人。初以瓠繋腰、度海而来。故称瓠公。」
   (瓠公は、その族と姓は未詳。本は倭人。
  初めは腰に瓢箪をぶらさげて海を渡って来たことから、瓠公と称される。)

 昔氏初代の昔脱解(第4代脱解尼師今)は日本人
 『三国史記』新羅本紀 
 「脱解本多婆那國所生也。其國在倭國東北一千里。」
 (脱解、本来は多婆那国で生まれた。その国は倭国の東北一千里に在る。)
13.それもそのはず古代において半島南部は日本の属国でした
 『隋書倭人伝』
 新羅 百濟皆以倭為大國 多珎物 並敬仰之 恒通使往來
 (新羅と百済は倭国を大国で珍しい物が多い国だとしており、ともに倭国を大国として
 敬い仰ぎ、つねに使いを送り、往来している。)

 広開土王碑文
 百殘新羅舊是屬民由来朝貢而倭以耒卯年来渡海破百殘■■新羅以爲臣民
 そもそも新羅・百残は(高句麗の)属民であり、朝貢していた。
しかし、倭が辛卯の年(391年)に海を渡り、百残・■■新羅を破り、臣民となしてしまった。

14.倭国=日本国である
 『三国史記』「新羅本紀」文武王十年十二月
  670年 十二月
 「倭國更號日本 自言近日所出以爲名」
 (倭国が国号を日本と改めた。自ら言うところでは、
 日の出る所に近いから、これをもって名としたとの事である)

488 :日本@名無史さん:2010/05/11(火) 18:28:48
15.ちなみに弥生人は朝鮮人ではない1999年3月18日に、すでに江南人骨日中共同調査団が
 「長江下流域の古人骨と北部九州・山口の渡来系弥生人骨のミトコンドリアDNAが一致した」と発表している。
16.元朝になり忠烈王が日本侵攻を執拗に要請し蒙古襲来→鎌倉武士によって撃退
17.高麗王は代々モンゴル人の后をもらい蒙古名を名乗りモンゴル装束着てモンゴル人化

18.李朝も実は、朝鮮人の王朝では無かった
19.李成桂の四代前の李安社は元朝に仕える地方官吏(地域の統治官・行政長官)だった
20.例外はあってもモンゴルか女真(満州人)との血縁が無ければ地域の統治官・行政長官にはなれない
21.李朝開祖の李成桂はウルス-ブハと言うモンゴル名があったの。
22.そればかりか、伯父も、 親せきもみーんなモンゴル名があった
23.それなのに女真人をオランケと呼び差別していた
24.被征服民族が征服民族を怨むのが半島の伝統w
25.大清帝国成立、明の滅亡
 1637年、清国がホンタイジの皇帝即位を認めない朝鮮を征伐し完全属国化

26.日清戦争により冊封体制から朝鮮は独立
  大韓帝国を名乗る
  属国から開放させて貰った恩を忘れ親ロシア派が台頭→閔妃暗殺
27.日露戦争→日本勝利保護国化  
28. 日韓併合条約によって併合、当時の国際法的にも合法
29.大日本帝国連合軍に敗れる→ソ連、アメリカによる38度線分割統治→独立


30. 北朝鮮建国、韓国建国
   ※朝鮮民族が建てた朝鮮民族による朝鮮民族の為の国家は有史以来存在しません。

489 :日本@名無史さん:2010/05/24(月) 05:11:30
中国、山東省に「21世紀版新羅坊」建設
http://japanese.joins.com/article/article.php?aid=126054&servcode=A00§code=A30

中国に「21世紀版新羅坊」が建つ予定だ。
韓国文化を体験できる専用テーマパークだ。山東省威海市に建立される。
統一新羅時代、山東半島一帯には新羅坊(シルラバン、新羅人の居住地)があった。


237 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)