2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

日本史上の身分・家格について

1 :日本@名無史さん:2009/11/10(火) 00:00:50
○大王・大臣・大連・大夫・公・君・臣・連・伴造
○眞人・朝臣・宿禰・忌寸
○太上天皇・天皇
○治天下・院・女院
○太皇太后・皇太后・皇后・准三后・国母・准母・妃・夫人・嬪・女御・更衣
○皇太子・親王・内親王・王・女王
○貴・通貴・良民・賤
○殿上人・地下人
○公卿・公達・諸大夫・侍・凡下
○攝家・清華家・大臣家・羽林家・名家・半家
○催官人・並官人・下官人
○御門葉
○御内・外様
○御一家・三職・御相伴衆・国持衆・外様衆・御供衆・御部屋衆・申次衆・番頭・節朔衆・走衆・奉行衆(右筆方)・奉公衆(番衆)
○公方号・御所号・屋形号
○武家関白家・武家清華家・公家成・諸大夫成・侍
○大廊下・大広間・溜詰・帝鑑間・柳間・雁間・菊間
○国持・城主・陣屋
○御台所・御簾中・御守殿・御住居・御前・奥方・奥・御新造
○大名・旗本・御家人・陪臣
○布衣以上・御目見得以上・御目見得以下
○高家・交代寄合
○寄合席・小普請組
○与力・徒・同心
○譜代席・二半場・御抱席
○大名分・年寄列・用人列・番頭・物頭・馬廻・与力・徒・足軽同心
○若党・中間・小者
○士農工商穢多非人
○皇族・王公族・華族・朝鮮貴族・士族・平民
etc. etc...

日本史上の身分や家格について何でも語りましょう

2 :日本@名無史さん:2009/11/10(火) 23:12:36
日本史好きってほぼ例外なく、官位・爵位とか身分とか家柄とかの話が大好きだよね。
何でだろう。

3 :日本@名無史さん:2009/11/14(土) 00:43:15
ずいぶん書き込んだもんだ

4 :日本@名無史さん:2009/11/15(日) 22:21:49
斯波と吉良ってどっちが偉いの?
斯波>石橋渋川ってのはわかるけど

普通に考えれば斯波だけど
管領(=家臣)になっちゃったら足利惣領の相続権放棄したようなもんだし

5 :日本@名無史さん:2009/11/16(月) 00:10:44
信長の時代にそれを争ったっていう有名な逸話があるだろ
要は、どっちも自分が偉いと思っていて「正解はない」というのが正解。

6 :日本@名無史さん:2009/11/16(月) 00:45:15
戦国の世にそんな些細な席次で争ってくだらねーって言う奴は多いが
実際そう言う人がもしその吉良なり斯波なりの立場になったら、必ずきっと席次で争うだろうね。

7 :日本@名無史さん:2009/11/16(月) 02:24:03
戦国大名だって権威に弱いから席次で争うぐらいでガタガタ言われたくない

8 :日本@名無史さん:2009/11/16(月) 03:04:25
>>2
日本史好きに限らず、男は力関係の話が好き。
身分、地位の話もその一端。

女は力に興味無いから政治やスポーツが嫌い。
女でスポーツ観戦好きは例外なくキャラ萌してるだけ


9 :日本@名無史さん:2009/11/16(月) 03:56:57
>>8
女は被差別が好きだよw

10 :日本@名無史さん:2009/11/16(月) 22:38:47
>>8
歴女さんたちだって公家・大名とか身分制度とか、大好きですが何か?

11 :日本@名無史さん:2009/11/16(月) 23:20:58
大兄もそうだろ

12 :日本@名無史さん:2009/11/20(金) 17:25:23
斯波・吉良が争ってたときの石橋のリアクションが見たい

13 :日本@名無史さん:2009/11/21(土) 01:02:16
>>8
何つーかさ、
「政治」を権力とかステータスとかでしか見られないところが女の限界だよね。
政治っていうのはマジで自分たちが生きるか死ぬかの必死の戦いなんで、
だからこそ責任感の強い奴は政治にコミットせざるを得ないんだが、それがわからないのな。

つまり、父親が必死になって稼いでくる金で安楽に暮していながら、
「お父さんって会社で偉くなって威張りたいから仕事してるんでしょ?私はそんなの興味ないな」
とか言ってる子供と同じ。要するに何もわかってない。
スレ違いすまん

14 :日本@名無史さん:2009/12/08(火) 00:27:48
>>1
知らん用語ばかりだから誰か一個一個解説してや

15 :日本@名無史さん:2009/12/08(火) 16:50:10
○大王・大臣・大連・大夫・公・君・臣・連・伴造
 ヒント:まえつぎみとか姓(かばね)、大臣〜大夫は職務っぽい、公以下は身分?
○眞人・朝臣・宿禰・忌寸
 ヒント:八種の姓、7世紀末制定、公式には身分かな?
○太上天皇・天皇
 さすがにこれは解説いらないだろう
○治天下・院・女院
 退位天皇とかそれに準ずる人とかに関連した用語
○太皇太后・皇太后・皇后・准三后・国母・准母・妃・夫人・嬪・女御・更衣
 天皇の配偶者&女性の尊属関係
○皇太子・親王・内親王・王・女王
 天皇の子孫関係つまり皇族
○貴・通貴・良民・賤
 律令制下における身分、最初の二つは位階が関係
○殿上人・地下人
 律令制が変質して以後の身分?、天皇との遠近関係
○公卿・公達・諸大夫・侍・凡下
 平安中期以降?の身分?
○攝家・清華家・大臣家・羽林家・名家・半家
 中世以後の公家の身分
○催官人・並官人・下官人
 江戸時代あたり(いつまでさかのぼるかは知らない)の地下官人の区分
多少間違ってるかもしれないけどこんなところ、細かいことは調べられるんじゃあ。

16 :日本@名無史さん:2009/12/09(水) 04:25:10
>○太皇太后・皇太后・皇后・准三后・国母・准母・妃・夫人・嬪・女御・更衣

>>准三后

ちょっとまて

17 :日本@名無史さん:2009/12/09(水) 11:44:41
ggrks

18 :日本@名無史さん:2009/12/09(水) 13:29:49
天皇のお姉ちゃんとかが准三后や准母になってたりするし
別にいいんじゃねえの

19 :日本@名無史さん:2009/12/09(水) 13:59:13
嗚呼、准后に性別は関係ないな

20 :日本@名無史さん:2009/12/21(月) 16:22:30
治天下はただの退位天皇じゃないだろ

21 :日本@名無史さん:2010/02/10(水) 22:49:06
今「清華家」(華族・英雄)という家格が(ついでに大臣家あるいは公達も)気になってる
事典的な説明だと太政大臣にまで昇れて近衛大将を兼ねることができる公家の家格だけど…
まとまってないが疑問点等をズラズラ書き連ねてみる

清華は発生としては院政期に(摂家から遅れて)天皇の外戚になったり(閑院家・花山院家)
摂家の猶子または外戚になったり(村上源氏)したものだろう
(大臣家は清華の分家で天皇の外戚になるのがさらに遅れた家筋と思われる)

一般に清華家とされるのは(轉法輪)三條・西園寺・徳大寺・今出川(菊亭)・花山院・大炊御門・醍醐・久我・廣幡の九清華(および正親町三條(嵯峨)・三條西(西三條)・中院の三大臣家)だけど
中世には洞院・土御門・堀川なども清華とされることがある
また松殿家も成立期より時代が下ると清華と呼ばれている

ところで清華・華族には後の大臣家をも含めるという説もある
大臣家は公達家ともいうが一説に公達とは清華のことだという
羽林家をも含めて公達とされることがある
ついでに言えば何故か白川伯王家も羽林家とされることがある(確かに近衛中将の官途を経る)

さらに一度でも太政大臣に昇ったことのある家は清華とされるという記述を目にしたことがあるが(この記述に従えばなるほど先に挙げた村上源氏の土御門や堀川は清華になる)
六波羅殿(平家)は清華と言えるか
六波羅殿は公家の「イエ」制が固まる過渡期に興ったものだが確かに重盛や宗盛は大臣大将を兼ねている
そしてその子弟は公達と呼ばれている

武家つながりで言えば室町殿(足利将軍家)は中世当時公家衆から清華家と見なされていたようだ(事実上の日本国王という立場は別として)
事実明治になってから義輝の末裔を称する熊本藩士永山家が旧阿波公方平島家とともに足利将軍家は清華家だからという理由で華族取立の請願をしてた
豊臣時代に武家清華家とされた羽柴・織田・徳川・前田・宇喜多・上杉・毛利・小早川などの諸氏のことも気になる

甚だまとまっていない書き込みで恐縮だが
「清華家」という家格・名称をどう考えればよいのだろう

22 :日本@名無史さん:2010/03/12(金) 12:49:40
控えおろう

23 :日本@名無史さん:2010/03/26(金) 01:00:52
ほほー

8 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)