2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【偉人】福沢諭吉について(その2)【悪人】

1 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/11/17(月) 13:32:39 ID:psqcnwCY0
とかく評価にバラつきのある人物。いったいどっちなの? それともどっちでもないの?


2 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/11/17(月) 13:47:59 ID:88Jm0xtz0
前スレ
【偉人】福沢諭吉について語るスレ【悪人】
http://academy6.2ch.net/test/read.cgi/history2/1147733623/

3 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/11/17(月) 14:12:46 ID:4VLQtFEb0
福沢について何を語ってもいいが、コピペニートだけは来ないでほしい。
もちろんまじめに議論する気があるのなら歓迎なんだけど。

4 :蛆虫ニート:2008/11/17(月) 18:12:26 ID:TxJMBRcX0
ニートは俺でコピペマンはニートじゃないだろ。
わかんねーけど。

5 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/11/18(火) 08:26:55 ID:ZOdqF2Z/0
>>4
前スレ最後を分析したら、確かに君(昨日のID:TxJMBRcX0)と、
コピペマン(ID:Hr6KlvoI0)は別人だ。

蛆虫ニート君はきちんと議論に参加しているからいいけれど、
コピペマンは人に迷惑をかけるだけ。

6 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/11/18(火) 10:16:25 ID:vr3CdMkx0
コピペマンがアラシをしている別板の過去スレ

●慶應■■奥様塾員集合!■■大学●創立2年目
http://changi.2ch.net/test/read.cgi/ms/1213072379/

の687で指摘されていることなんだけど、コピペマンは
2回線を自由に使っている。
福沢スレの前スレでも、8月21日分をじっと見ると分かる。
通常IDは変更できるが、もとに戻すことはできない。
ところがその日、コピペマンは慶應奥様スレで、
午前2時39分から午前3時52分まで、ID:XWKEcr4P0で6レス
午前4時01分から午前9時09分まで、ID:v9q/Lr1b0で16レス
そして、
午前9時37分から午後4時28分まで、ID:XWKEcr4P0で5レス
アラシをしている。
2回線を一日中自由に使えるニートなんていない。
パラサイトかもしれないが、なぜ自宅に複数の回線が敷かれているんだ?
要するに、私用と業務用に分けられているんじゃないかと思う。



7 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/11/18(火) 11:54:10 ID:kB2PtNx60
http://kuzuto.exblog.jp/2140999/
▲▲日吉祭の経済効果▲▲女子高生わらわら in 日吉。

http://kuzuto.exblog.jp/2140999/
▲▲日吉祭の経済効果▲▲女子高生わらわら in 日吉。

http://kuzuto.exblog.jp/2140999/
▲▲日吉祭の経済効果▲▲女子高生わらわら in 日吉。


8 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/11/18(火) 17:07:08 ID:YpaiInGq0
回線なの?ここのIDって?PCを複数持ってたらID変わるんじゃないか?>6
携帯でも書き込めるんでしょ?
でも、そんなにも慶応に恨みを持っていると思しき人には、発散させてやるのも善行かもしれんぞ。
福沢スレ、コピペが邪魔で見なくなってしまったけど....

9 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/11/19(水) 06:48:24 ID:R8Yc6Oub0
前スレ

962 名前: 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 投稿日: 2008/11/16(日) 10:13:56 ID:8ZLGjOBQ0
>>956
だから安川寿之輔なんてもう誰も相手にしていない、って。www
コピペニート、あんた安川配下の学習塾教師だろ。もちろん党員の。
安川も自著の謝辞に、あんたの実名を挙げなけりゃ、よかったな。

963 名前: 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 投稿日: 2008/11/16(日) 14:37:54 ID:+UPZuweM0
>>959
そんなのはどうでもいいだろ。
言論人の福沢が昔の言葉に執着してたこと。

964 名前: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日: 2008/11/16(日) 15:03:42 ID:MhH6/jg0O
コピペニートと片輪に2ch、丁度よき取合わせならん

965 名前: 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 投稿日: 2008/11/16(日) 15:21:15 ID:+UPZuweM0
このスレは慶應OBを立ち入り禁止にしようぜ。
どうしてもコピペに反応してるのは慶應OBに見える。
話題がないからコピペでも歓迎なんだけど。

966 名前: 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 投稿日: 2008/11/16(日) 17:50:51 ID:OsKp3zpO0
>>965
それよりもコピペニートの活動が>>962のレス以後ぴたりと止んだことが重要なんだよ。
つまり、   

             図 星 だ っ た

ってことさ。
福沢スレに慶応出身者を出入り禁止にする?
バカだなお前、というより、さすがは言論を弾圧したがる政党は、考えることが、
オソロシイ。


10 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/11/19(水) 06:51:08 ID:R8Yc6Oub0
前スレ(続)

968 名前: 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 投稿日: 2008/11/16(日) 18:20:49 ID:+UPZuweM0
>>966
図星でもどうということはないだろ。
塾員らしく福沢について語れよ。
969 名前: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日: 2008/11/17(月) 10:51:44 ID:31xAZ8eAO
塾員らしく福沢について語るってのも、意味が不明瞭だし。
ひょっとして、以前このスレで暴れてた「蛆虫ニート」かな?w
970 名前: 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 投稿日: 2008/11/17(月) 11:01:07 ID:psqcnwCY0
>>968
必死だな。

「第二刷の機会に、気づいた誤植と誤りをとりあえず訂正した。そのさい、川村利秋さんと
吉川卓治さんなどに助けていただき」(安川寿之輔著『福沢諭吉のアジア認識』二刷、3頁
2001年3月)

「『前著』刊行を契機に懇意になった川村利秋さん(金沢中央予備校非常勤講師)から、あ
の程度では若い世代にとても読んでもらえない、とお叱りを受けた。そこで本書では、数学
の講師でありながら私以上に日本思想史の造詣も教養も深い川村さんに、人名索引の作
成とあわせて、そのルビの仕事をお願いした」(『福沢諭吉と丸山真男』10頁、2003年7月)

「前著『福沢諭吉と丸山真男』同様に、異色の数学教師(金沢中央予備校)の川村利秋さん
に人名索引の作成、ルビふり、すべての引用文のチェックなどの骨のおれる仕事の協力を
いただき」(『福沢諭吉の戦争論と天皇制論』384頁、2006年7月))

もちろんおれは、夏以来アラシをしてきた「コピペニート」が、「川村利秋」だ、なんて言っちゃ
いないぜ。>>962を読んで朝一番に図書館に走って、安川本を借り出し、そこから引用した
だけだ。

でもかまわないよね、図星でも。君自身はコピペニートではないのだし。wwwwwwwww

11 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/11/19(水) 08:10:20 ID:7D1dHIch0
>>8
2chIDは日替わりの電話番号のようなもの。
同じ家で複数のPCを無線LANにつないだ場合、
別のPCから書き込んでも同じIDが出る。
多数のPCを備えた大学のコンピュータ室からだと、
同じ日なら同じIDになって、しばしば混乱のもとになる。
前スレの最初のほうで、同じIDで正反対の意見が、
いつのまにか書かれていて驚いた、というのがあった。
同日に同じ大学から同一スレに書き込まれる確率は決して低くない、
ということ。





12 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/11/19(水) 10:14:17 ID:sCBp/CZo0


名誉毀損の成立条件について
http://oshiete1.goo.ne.jp/qa1531379.html?ans_count_asc=1

13 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/11/19(水) 10:17:59 ID:sCBp/CZo0
永田元議員を略式起訴 創価学会への名誉棄損罪
07/18 22:28
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/politics/politicsit/162322/
参加者約30人に対し「(創価学会員が)




14 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/11/19(水) 13:33:12 ID:PUF7B43lO
コピペニートクンは名誉毀損を主張しているようです.


…コピペでwww

15 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/11/19(水) 14:56:26 ID:bqCzwp1n0
「豊国」 李東初 会長 インタビュー 2008.11.19
http://up4.pandoravote.net/img/panflash001990.jpg

「韓国は黒字が発生しているのに、円が高騰したために私たちは大損だ」
「日本は自分たちの間違いを韓国に押し付けている」
「日本は経済先進国として韓国を助けなければならない」
「我々はマネーゲームの犠牲者である」


韓国・在日コリアンに屈してる日本のテレビ
お約束通り日本を悪者にして日本人の税金からユスリタカリする工作活動を始めたぞ
いい加減次はしっかりまともなとこに投票しよう

16 :蛆虫ニート:2008/11/19(水) 18:34:19 ID:2QG2i/bt0
>>14
ニートじゃねえだろ。ニートは俺だって。
慶應のくせにレベル低いな。

まあアンチ慶應勢力の俺から見ればコピペマンは偉大だぜ。安川並み。福沢先生も言ってただろ。
むつかしき仕事する者を身分重き人と名づけ、と
自分の意見を言うよりあれだけのコピー元を探す方が大変だ。むつかしい。

お前らも福沢先生と慶應と金のためにむつかしい仕事しろよ。
煽りなんてやすい仕事じゃなくて。

17 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/11/20(木) 00:28:58 ID:HH2jtU8eO
↑コピペニートクンの自演かな?w

違うにしても君も重度の脳障害がありそうだ…

18 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/11/20(木) 04:08:48 ID:9USy8CA/0
これは晒しageしてくれと言ってるようなものだな


16 :蛆虫ニート:2008/11/19(水) 18:34:19 ID:2QG2i/bt0
>>14
ニートじゃねえだろ。ニートは俺だって。
慶應のくせにレベル低いな。

まあアンチ慶應勢力の俺から見ればコピペマンは偉大だぜ。安川並み。福沢先生も言ってただろ。
むつかしき仕事する者を身分重き人と名づけ、と
自分の意見を言うよりあれだけのコピー元を探す方が大変だ。むつかしい。

お前らも福沢先生と慶應と金のためにむつかしい仕事しろよ。
煽りなんてやすい仕事じゃなくて。




19 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/11/20(木) 09:53:34 ID:7xGkIfIl0
>>6,>>9,>>10だけど、蛆虫ニートとコピペマンは確かに別人だ。
前スレでは、両方がごっちゃになってコピペニートと呼ばれていたが、
「奥様三田会スレ」では、こちらと同じコピペばかり貼る奴がコピペマンと呼ばれて、
忌み嫌われていた。こちらの蛆虫ニートはそんなスレの存在すら知らないだろ?

コピペマンの正体については、>>10に推定があるが、正直よく分からない。
前スレ962の発言で、コピペが止んだのは事実。

ここ1ヶ月ばかりのコピペマンの日曜の活動状況を見ると、
10月12日(日) 午前10時55分から午後9時34分まで11レス
10月19日(日) 書き込みなし
10月26日(日) 午後7時23分から7時36分まで3レス
11月 2日(日) 午前6時44分から午後1時42分まで6レス
11月 9日(日) 午前7時51分と11時20分に2レス
問題の
11月16日(日) 午前10時1分と10時7分に2レスコピペしたところ、10時13分に962が
投稿されて、次のコピペは、966の指摘(なぜコピペが止まったんだよ?)の直後の
午後6時15分だった。この日はこの3回。

11月17日(月)には午後12時26分からなんと12回。止めたら不自然だ、ということに
気づいたためだろうが、そのため16日午後の6時間の空白が余計不自然に見えた。

ともかく蛆虫ニートとコピペマンは別人。
コピペマンは蛆虫ニートに自分の罪をなすりつけているように見える。 



20 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/11/20(木) 10:25:54 ID:PaHhSvim0
>>16
君がコピペマンではないことは分かった。
そこで聞きたいのだけれど、なぜアンチ慶應なの?
慶應より上の大学は、東大・京大・一橋とまだいくつかあるが、
東大ですら慶應ほど嫌われているとは思えない。
ここは福沢スレで慶應スレじゃないけれど、ちょっと聞きたい。


21 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/11/20(木) 10:49:21 ID:pYA9x1KI0
慶応が92年ぶり全国大会優勝/神宮大会
www.nikkansports.com/baseball/highschool/news/p-bb-tp3-20081120-431455.html

http://schiphol.2ch.net/test/read.cgi/hsb/1218662967/54
144 :名無しさん@実況は実況板で:2008/08/15(金) 08:49:30 ID:XZUXmTTiO
節操ない外人部隊が嫌いだから慶應を叩いているのに
叩くと学歴コンプとか勘違い発言をする慶應(早実)
新聞に『OBとして快進撃を誇りに思う』とかよく言えたもんだ

慶応義塾の野球と入試制度
www.hs.keio.ac.jp/clubs/baseball/ForCandidates_examination.html
(1)推薦入試 これには2つのハードルがあります
@中学3年の2学期の成績が38以上
Aスポーツや文芸面での顕著な活動成績


通信簿に“インフレ現象” 評価「1」つかない!? (1/2ページ)
sankei.jp.msn.com/life/education/080506/edc0805060121000-n1.htm
公立中学校の通信簿の5段階評価で、学校や地域の差が依然としてある。
「相対評価」から「絶対評価」に変わり7年目を迎えるが、
成績のインフレ傾向が目立ち、
生徒の9割に「5」をつけるケースも。

22 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/11/20(木) 10:59:41 ID:pYA9x1KI0
【悪質】慶應義塾は超外人部隊
http://schiphol.2ch.net/test/read.cgi/hsb/1218662967/

23 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/11/20(木) 11:34:58 ID:5gk50S2x0

大学資産運用評価損 慶応225億円 駒沢154億円 経済学部で何を教えているの? - 真相世界(The truth world)
http://blog.goo.ne.jp/warabidaniyuukoku/e/a72ecf64d5314ef5b0eb45e95ce3a109

24 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/11/20(木) 11:38:59 ID:W9pzeXjB0
コピペが誰でもいいから、福沢の話しよーぜ。
それか、誰か慶応関係者にわからんスレタイつくってくれよw

25 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/11/20(木) 11:42:17 ID:7xGkIfIl0
>>21,>>22
コピペマンさん、いらっしゃい!
ところで俺、君の詳細な活動記録を作りはじめているんだ。
それと、コピペマンはじつはテロを企画しているんじゃないか、とも疑っている。
山口剛彦元厚生事務次官の事件のようなね。
このスレも警察の監視下にあって、すでに君に関心が向いているのは、知っているだろ。
カーテンを開けて外を見てごらんよ。角のところに見慣れない車が止まっていないかい?

26 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/11/20(木) 11:48:14 ID:V7u4N6kW0
>>24
慶応関係者に分からない福沢スレなんて、できるわけないよ!
そうそう、最近見つけた、福沢評価をめぐっての左翼同士のバトルについて、とりあえず貼っておく。

http://electric-heel.cocolog-nifty.com/blog/2008/11/post-dc20.html

週刊金曜日社長の佐高信(慶応卒)を、安川系の左翼が罵倒、というところがオモシロイ。

27 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/11/20(木) 14:02:58 ID:pYA9x1KI0
>>10
>>12

28 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/11/20(木) 16:11:30 ID:p5/mjpI50
河野太郎衆院議員のブログが「炎上」してる・・・

29 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/11/20(木) 16:41:52 ID:HH2jtU8eO
↑名誉毀損を主張するコピペニートクンw
悔しかったら自分で立件してみれば?ww

30 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/11/20(木) 16:46:16 ID:7xGkIfIl0
>>27
いったい誰の名誉を毀損したことになるの?

31 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/11/20(木) 17:11:13 ID:HH2jtU8eO
>>26
左翼ってホント香ばしい連中だね

32 :蛆虫ニート:2008/11/20(木) 18:33:19 ID:wcXVE8Bl0
おいそこのお前!
ID:HH2jtU8eOクン!お前が俺に対しての名誉毀損はどうだろう?
前スレで蛆虫と名づけ(アンカーなし)、メールで社会の底辺とか罵ったことは法はどうであれ俺にとって侮辱罪だ。
>>17
名誉毀損の時効は3年間らしいから検討してみる。


http://electric-heel.cocolog-nifty.com/blog/2008/11/post-dc20.html
簡単に読みました。先生は政治的過激派のことなどまったく念頭にない
とおっしゃりますが、それは服部氏や安川氏を過激派だと言っていないだけで、
スタイルや手法を政治的過激派に二重写しのニュアンスを持って語っていますよね。
ちがいますか?私は最初からそう受け取っていますが。

33 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/11/20(木) 18:46:11 ID:wcXVE8Bl0
スレ立てちゃった。
【他校】福沢諭吉について【塾員立ち入り禁止】
http://academy6.2ch.net/test/read.cgi/history2/1227174314/

34 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/11/20(木) 19:13:20 ID:HH2jtU8eO
>>32
少しでも知識があれば、それが侮辱罪や名誉毀損罪にはなり得ないことは容易に分かるはずなんだが。

俺にとっては侮辱罪?警察でそう言ってこいよw

35 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/11/20(木) 19:24:24 ID:wcXVE8Bl0
>>34
つまり俺には知識がないってこと?

36 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/11/20(木) 19:26:22 ID:wcXVE8Bl0
562 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[] 投稿日:2008/09/19(金) 01:58:26 ID:I3Bn0nwC0
ID:uNJk6nO20
ID:01+aysrB0

この真性ニートは酷い。この世にココまで救いようの無い馬鹿っているんだな…。
被害妄想や思い込みから福沢や慶應や特定の書き込み者に対して罵倒や八つ当たりしてるだけじゃねーかwww

おまけに学問のススメの要旨も知らずに、どっかで聞いた冒頭部分だけ引用して大恥晒してるしwww
まぁそっからニートの火病が始まってるわけだが。

恐らく福沢はニートをかなり嫌うと予想しておく。
なぜなら、「一身独立して一国独立す」だからね。

とりあえずさっさと回線切って職安行くか、嫌なら樹海行くかどっちかにしろ。

37 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/11/20(木) 19:26:59 ID:wcXVE8Bl0
おいおいこれは↑名誉毀損じゃないのか?
日本の法律はどうなってんだ!

38 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/11/20(木) 19:30:44 ID:HH2jtU8eO
蛆虫クンの無知ぶりに笑いが止まらんw

39 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/11/20(木) 19:34:25 ID:wcXVE8Bl0
また書いたな!蛆虫と!
面と向かって言ってみろよ。チキン!
あっやべ俺も侮辱罪か

40 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/11/20(木) 19:38:20 ID:HH2jtU8eO
>>39
面と向かって言って欲しいなら、このスレで自分の名前と顔写真晒せよ蛆虫w

41 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/11/20(木) 19:40:01 ID:wcXVE8Bl0
>>40
hirokono111@mail.goo.ne.jp

42 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/11/20(木) 19:56:07 ID:HH2jtU8eO
>>41
ん?このスレで顔を晒せないならお前もチキンじゃんw

43 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/11/20(木) 20:04:23 ID:wcXVE8Bl0
いやお前はチキンじゃないよ。
俺に立ち向かおうとする勇気があるw

44 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/11/20(木) 20:15:57 ID:HH2jtU8eO
おやおや、侮辱罪や名誉毀損罪を主張するくせに顔も素性を明かせないとはww
その時点で2つとも成立するはずがないという皮肉ww

45 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/11/20(木) 20:17:45 ID:wcXVE8Bl0
じゃあお前は素性を明かせるの?
慶應じゃないんだろお前は。
俺の立てたスレに来いよ

46 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/11/20(木) 20:22:45 ID:wcXVE8Bl0
何十年後か知らんが紙幣から顔が消える時がターニングポイントだな。

47 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/11/20(木) 20:24:34 ID:HH2jtU8eO
>>45
明かす気はないよ^^
侮辱罪を主張するお前と違って明かす義務もない。
匿名でお前をからかって晒すのが楽しいから^^

48 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/11/20(木) 20:26:38 ID:wcXVE8Bl0
>>47
いいからこっち来いよ。
http://academy6.2ch.net/test/read.cgi/history2/1227174314/
塾員塾生立ち入り禁止だぞ

49 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/11/20(木) 20:41:34 ID:HH2jtU8eO
さて今日も蛆虫を駆除完了^^

50 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/11/21(金) 08:16:23 ID:wxHCYjjm0
>>32
蛆虫ニート君に用事というよりも、君が引用している>>26のブログの米欄に興味をもった。

単純化していうと、福沢擁護派が安川派を批判すると、安川派は、それを蔑視だの、偏見だの、
政治的過激派扱いだの、言葉の表面には現れていないことからまぜきかえすように見える。

どんなに親切な言い方で接しても、「君はぼくをバカにしている」とか、「それは差別だ」としか
言わない、どの小学校にもいたクラスの嫌われ者のようだ。

福沢の「脱亜論」の扱いについても、文面には侵略的なことは書かれていないのに、
「その背後には…」というような書き方で、めちゃくちゃな解釈をする。

「批判はかまわないのだよ」と言っても、議論に負けるのを恐れてか、くだらないコピペばかり貼る。
これはコピペマン(コピペニート)のことだよ。蛆虫ニート君のことじゃない。


51 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/11/21(金) 09:41:41 ID:PYRyOAnV0
>>50
おれはあの書評ブログとコメ欄を読んで、安川一派にはほんとうに後ろ暗いところがあるんじゃないか、と感じた。
安川はもともと神戸大学の教育の出で、同和教育の研究者として出発した。もちろんそれはそれでいい。
だが、60年代の末、まだ名を上げる前に、何かあったのかもしらん、とは思う。


52 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/11/21(金) 10:44:56 ID:DjeRg5740
>>15
関係ないカキコかと思ったら>>26とその後の流れを見て、
ようするに福沢批判は党派的行動なのね、と分かった。

支持政党別福沢好感度調査
自民党  ◎←現閣僚の3分の1が慶応
民主党  ◎←小沢はじめ長妻・長島など
公明党  ◎←エリートに慶応卒多し
国民新党 ◎←綿貫・青山
社民党  ○←佐高信はここのサポーター
共産党  ×←福沢は階級の敵で差別主義者だ!

分かりやすすぎて、ツマンネー。



53 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/11/21(金) 15:34:56 ID:IvS076oX0
結局、福沢の作った慶応義塾ってものは、近代史の板だってこともわからんあふぉ
が取り囲んでる世界を作ったってことでおk?

54 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/11/21(金) 20:05:43 ID:QAN6hjO/0
>>53
日本語で書き込んでくれないか?
あるいは蛆虫ニートが立てたスレ>>33へ行くか。

55 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/11/22(土) 16:04:59 ID:Q10QzQmP0
>>51
まず周辺に北朝鮮がらみで行方不明になっている人物がいないかどうかだね

56 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/11/24(月) 13:39:16 ID:N3Bds+HD0
740 名前:可愛い奥様[sage] 投稿日:2008/11/23(日) 16:20:19 ID:Eqc+4/0j0
>>735
なかなか勝てませんねぇ、ラグビー早慶戦。今年はいけるか、と思ったんだけれど。
ところでコピペマンさん、まだいらしているのね。
わたし、知っているんですよ。
あなたが先週の日曜日、>>660を投稿した直後に、福沢スレにも同じカキコをしようとしたとき、
>>698の中のレス962を発見して、金縛りにあってしまったことを。

>>739
なかなか得がたい経験ですね!

57 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/11/25(火) 13:30:49 ID:S9eKqlGT0
石川好「「外縁評伝作家」の誕生ー佐高信著『福沢諭吉伝説』」(『新潮45』2008年12月号208〜209頁)終結部

「どんな人間であっても人物論なんぞおもしろくはないが、その人物の周辺にいたヒトが語ったエピソードがお
もしろいのである。エピソードは必ずしも事実とはいえないが、真実には限りなく近いからだ。「外縁評伝作家」
佐高信が誕生した一冊である。」

高い評価だね〜〜




58 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/11/25(火) 14:42:06 ID:8y5AdKSr0
静かな日というのは
コピペマンの来ない日

59 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/11/25(火) 15:37:39 ID:7Xk5d3ee0
>>57

713 名前:文責・名無しさん 投稿日:2008/10/27(月) 14:14:06 ID:yCmp0IEm0
沙汰かが福沢の脱亜論を覆したかどうかが議論を呼んでいるのではなく、人の著作を丸写し
しただけで福沢脱亜論を覆した気になっている沙汰かのもの書きとしての倫理観と品位が
議論になっている。

というか、誰も佐高を擁護するものはいない。

というわけで今日の東スポでまたCMをすることを予想。


714 名前:文責・名無しさん 投稿日:2008/10/27(月) 14:46:10 ID:BPPBiBuX0
佐高が『福沢諭吉伝説』の最終章で、あたかも新発見のように述べている
金玉均支援は、石河幹明の『福沢諭吉伝』に、すでに詳述されているんだよ。

そのストーリー展開は、1870年代に金ら朝鮮独立党と接触して、
維新への理想に感じ入った福沢は彼らを支援、
しかし彼らは84年の甲申政変で敗退してしまう。
以後亡命してきた金らを10年間援助するが、94年の日清戦争直前の時期に、
金が李朝の暗殺者によって殺されたのを期に、福沢は、李朝は滅ぼされなければ、
と決心して、以後朝鮮の日本への併合を画策する、となっている。

つまり、誠心誠意支援した金玉均を殺した李朝は滅ぼされるべきだ、
ということが福沢の侵略論の根底にあるわけで、
それまでの福沢の主張と侵略主義は、金支援を介してスムーズにつながっているわけさ。

金玉均を福沢が助けていたのは、戦前からよく知られていた。
そしてそのことは、福沢の侵略論と矛盾するとは受け取られていなかったのさ。
石河の策略がつい最近まで気づかれなかったのは当然だろ?




60 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/11/25(火) 15:58:15 ID:8y5AdKSr0
やっぱり来たか
でも何か違うような

61 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/11/25(火) 16:45:42 ID:1oHh20w20
>>59
外国の維新への理想には感じ入ったくせに慶應をつくったなんて酷い奴だな。

132 :エリート街道さん:2007/12/23(日) 15:38:26 ID:YaVbBKa2
三田会はカルト教団と同じだから、上流階級の人間はかかわらない。

かかわっているのは、赤福とか不二家のバカ息子みたいな奴。

慶応大学では同窓会の三田会において先輩からフリーメーソンの入会を勧誘されるといううわさです。
http://benjaminfulford.typepad.com/benjaminfulford/2007/09/post-22.html

社会的な格差の拡大が言われるなかで、三田会は上層階級の共同体としての性格をもっています。
http://blog.livedoor.jp/shhiro/archives/cat_50018662.html

62 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/11/25(火) 18:08:45 ID:1oHh20w20
日本の天皇は象徴であって専制君主国家では有りません。
民主主義と何ら矛盾しません。
http://soudan1.biglobe.ne.jp/qa905402.html

天皇制を「容認」したか?
http://www5f.biglobe.ne.jp/~kokumin-shinbun/H16/1601/1601070sway.html

63 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/11/26(水) 18:51:37 ID:znrWOww20
>>61>>62
別人かな?
それともコピペマンがとうとう壊れたか。

64 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/11/27(木) 10:57:39 ID:KNhr/4J90
>>61が探してきた、このブログ、オモロー!
http://benjaminfulford.typepad.com/benjaminfulford/2007/09/post-22.html

じゅんさんへ:
 慶応大学では同窓会の三田会において先輩からフリーメーソンの入会を勧誘されるといううわさです。
 フリーメーソンは2人以上の推薦で入会希望者の入会を認めるそうなので、先輩二人が目をつけた
後輩を推薦すれば入会させやすく、このせいか慶応大学のOBにはフリーメーソンの会員が多いようで
す。
 参考に三田会のホームページのURLを次にあげときます。
 インターネット三田会
 http://www.inet-mitakai.com/index.html

 週刊誌でしたか、慶応大学出身者が日本の陰謀の元凶だという記事がでましたが、やはりフリーメー
ソンであるためかもしれませんね。すると竹中元平蔵さんや小泉元首相がフリーメーソンであるかどうか
は興味深い話題になるでしょう。
 福沢諭吉がフランスのフリーメーソンであるグランド・オリエントに入会したのは、英米系のフリーメーソ
ンと違って推薦が必要とか面倒な入会条件がなかったからでないでしょうか。

Posted by: 哲也 | 09/27/2007 at 21:13


65 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/11/27(木) 12:15:42 ID:GYsqJ14p0
>>64
安川も、福沢=フリーメーソン説をとれば、
自説を補強できると思うよ

66 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/11/27(木) 15:32:29 ID:f9BHE9ymO
>>61-62は蛆虫ニートだろw

67 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/11/27(木) 16:06:17 ID:+pCB4bgF0
蛆虫の立てたスレ、閑古鳥が鳴いてる


68 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/11/28(金) 07:38:26 ID:aZHcg2nL0
>>65
それにしても安川本って売れていないんだな。
版元の社長が自ら販売促進をやっているくらいだもの。
http://electric-heel.cocolog-nifty.com/blog/2008/11/post-dc20.html


69 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/11/29(土) 22:59:35 ID:Aglr3F/b0
>>68
>興味があれば、安川寿之輔『福沢諭吉のアジア認識』を読んでほしい。

70 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/11/30(日) 18:31:08 ID:FFe7lVbe0
ここ数年の福沢批判は、結局人格攻撃になってしまったようだね。
肯定する立場の人たちの意見に、正面から反論しようとする姿勢が見られない。
もう打つ手がないんだろう。
夏以来このスレと慶応奥様スレにアラシを仕掛けていたコピペマンの正体も
暴かれてしまったし、安川本マンセーブログの主が出版社の社長というのが本当なら、
もう笑うしかない。


71 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/12/01(月) 08:10:34 ID:+ZOyBVfb0
ようやく静かになったことだし、福沢諭吉についてに話を戻そうよ


72 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/12/01(月) 20:08:00 ID:3i4JuqpF0
なんの前提知識もなく『学問のすすめ』を読みたいなら、講談社学術文庫版を推奨。
注や解説も行き届いていて好印象。「漢字→かな」の書き換えはあるけどね。

73 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/12/02(火) 09:35:54 ID:wQOZAaoT0
>>72
伊藤正雄校注の奴だね。確かに解説が詳しくて、読みやすい。
岩波文庫は字が小さいし解説も古い。

新たな話題が見つかるまで、
「福沢ならこれを読め」とでもいう主題を設定するか。

『福沢諭吉のアジア認識』を推薦したい奴がいるなら、
それでもいいよ。
コピペでなく、自分の言葉で説明できるなら。

74 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/12/02(火) 19:57:04 ID:GVJT8sHz0
東北王朝の実在を証明する「東日流外三群誌」を真作とし
「学問のすすめ」冒頭の「天は人の上に。。。」を
江戸時代の日本人からの盗作であることを支持する
安川寿之輔先生の「福沢諭吉の戦争論と天皇制論」は
福沢研究の必読文献だと思う


75 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/12/03(水) 00:24:27 ID:7liq7KWn0
『文明論之概略』の英訳が出版されました。

"An Outline of a Theory of Civilization"
Keio University Press, 2008. Translation by David A. Dilworth, G. Cameron Hurst, III.
ISBN 978-4-7664-1560-5
http://www.keio-up.co.jp/np/isbn/9784766415605/

ひきつづき、次の3冊が英訳されるようです。

“The Thought of Fukuzawa”(福澤の思想)シリーズ
vol.2 "An Encouragement of Learning and Other Essays on Education"
(『学問のすすめ』、教育関連エッセイ)
vol.3 "The Autobiography of Fukuzawa Yukichi"
(『福翁自伝』)
vol.4 "Essays on Family and Women"
(『家族論・女性論集』)

19世紀の本が、21世紀にもなって英訳されるとはすごいです。

おそらく、教育関連エッセイは、岩波文庫『福沢諭吉教育論集』
http://www.amazon.co.jp/dp/4003310241/
に収録されているもの、
家族論・女性論集は、岩波文庫『福沢諭吉家族論集』
http://www.amazon.co.jp/dp/400331025X/
に収録されているものと思われ。
もしそうなら、どれも岩波文庫から出ている本ばかりということになる。


76 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/12/03(水) 11:11:54 ID:3fYnzltK0
ゴーストライター石河が書いたんじゃないの?

77 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/12/03(水) 16:58:26 ID:bUQNWp0q0
>>76
「文明論之概略」と「学問のすすめ」は石河入学前だからその可能性はないけれど、
「教育論集」と「家族論集」に入っているものには、疑いが残るね。


78 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/12/04(木) 08:15:59 ID:s0V+AW+N0
>>75
福沢諭吉の著作そのものが、
『文明論之概略』は、バックルやギゾーの、
『学問のすすめ』と『福翁自伝』は、フランクリンの、
「女性論」と「家族論」は、JSミルの、
それぞれ翻案なのだから、
それをまた英訳するというのは無意味なんじゃね?

79 :外人:2008/12/04(木) 13:53:59 ID:eV8TWHZ30
翻案で東洋人テイストを混ぜればどうなるか読んでみたいデース。

80 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/12/04(木) 14:17:19 ID:D7ONVNlM0
>>79
確かに『文明論之概略』や『学問のすすめ』の楠木正成評価をめぐる記述が、どのように
翻訳されているのかは、知りたい気がするね。
天皇制自体が外国人には理解しにくいだろうし、ましてや南北朝はなおさら。
日本が南北に分かれて戦った、とアメリカ人は思うんじゃないだろうか?
しかも負けた南朝の武将が楠木で、現天皇家は北朝だという。
「モーワカリマセン」だろうな。

81 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/12/04(木) 14:32:08 ID:eV8TWHZ30
日本人でさえ偉人か悪人かわからないもんね

82 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/12/04(木) 14:47:07 ID:D7ONVNlM0
>>81
外人にしちゃ日本語がうまいな!


83 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/12/04(木) 18:46:53 ID:Bb2Nvv9v0
>>81
日本人(共産党員)、特定アジア人にとっては悪人
その他の日本人にとっては偉人

84 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/12/04(木) 20:07:21 ID:aCpQH0XpO
安川って共産党支持者?
Wiki見ると加入してる団体がかなり香ばしいんだが…

85 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/12/05(金) 00:02:15 ID:xXHigSkf0
>>77
うーむ、すこし心配になったので、『教育論集』と『家族論集』とを
図書館で借りてきて調べてみました。以下の[12],[13],[15]が怪しいです。
特に、[15]は1898年に脳出血で倒れた後の作で石河執筆の可能性が高いですね。

『福沢諭吉教育論集』(岩波文庫)収録の論文一覧

○[01]中津留別の書 (『新聞雑誌』第37号付録、1872年(明治5年3月))
○[02]京都学校の記 (1872年(明治5年申5月6日)執筆)
○[03]教育の目的 (『東京学士会院雑誌』第1号、1879年6月)
○[04]学者安心論 (1876年4月刊)
○[05]小学教育の事 (『福沢文集二編』、1879年8月)
○[06]徳育如何 (『時事新報』社説、1882年10月21日ー25日;小冊子として11月刊行)

○[07]学問の独立 (『時事新報』社説、1883年1月20日ー2月5日;小冊子として2月刊行)
●[08]政事と教育と分離すべし (『時事新報』社説、1884年12月7日ー8日)□☆
●[09]読倫理教科書 (『時事新報』社説、1890年3月18日)■☆
●[10]文明教育論 (『時事新報』社説、1889年8月5日)■☆
●[11]子弟教育費 (『時事新報』社説、1891年9月11日)■☆
●[12]教育の方針変化の結果 (『時事新報』社説、1892年11月30日)■
●[13]教科書の編纂検定 (『時事新報』社説、1897年4月2日)■
○[14]新女大学 (『時事新報』掲載、1899年4月1日ー7月23日;小冊子として11月刊行)
●[15]文明の政と教育の振作 (『時事新報』社説、1900年11月16日)■

○[16]慶応義塾の記 (1868年(慶応4年4月)執筆)
○[17]中元祝酒の記 (1868年(慶応4年戊辰7月)執筆)
○[18]慶応義塾新議 (1869年(明治2年己巳8月)執筆)
○[19]学校の説(一名、慶応義塾学校の説) (1870年(明治3年庚午3月)執筆)
◎[20]物理学の要用 (『時事新報』社説、1882年3月22日)
◎[21]経世の学、また講究すべし (『時事新報』社説、1882年3月23日)
◎[22]慶応義塾学生諸氏に告ぐ (『時事新報』社説、1886年2月2日)
◎[23]成学即身実業の説、学生諸氏に告ぐ (『時事新報』社説、1886年2月18日)

○[24]世界国尽(抄) (1869年(明治2年己巳初冬)刊)

  ○:福澤署名著作 ●:無署名論説   ◎:福澤諭吉演説
  □:直筆原稿あり ■:原稿未発見
  ☆:福澤執筆判定(平山洋氏による)

参考:
  大正版『福澤全集』「時事論集」所収論説一覧及び起筆者推定
  http://blechmusik.xrea.jp/d/hirayama/h17/#article
  福澤諭吉直筆草稿残存社説目録
  http://blechmusik.xrea.jp/d/hirayama/h71/#id_3


86 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/12/05(金) 00:02:52 ID:xXHigSkf0
『家族論集』では、以下の[09]が怪しいようですね。
以下の[03]は「直筆原稿あり」ですが、[09]は無しです。

『福沢諭吉家族論集』(岩波文庫)収録の論文一覧

○[01]天道人に可なり(『福翁百話』3) (『時事新報』掲載、1896年(明治29年)3月6日)
○[02]智徳の独立(『福翁百余話』8) (『時事新報』掲載、1897年(明治30年)10月24日)
●[03]教育の方向如何 (『時事新報』社説、1886年(明治19年)2月24日)□
○[04]前途の望(『福翁百話』4) (『時事新報』掲載、1896年(明治29年)3月13日)

○[05]中津留別の書 (『新聞雑誌』第37号付録、1872年(明治5年3月))
○[06]日本婦人論 後編(『時事新報』社説、1885年(明治18年)7月7日ー17日;小冊子として8月刊行)
○[07]男女交際論 (『時事新報』社説、1886年(明治19年)5月26日ー6月3日;小冊子として6月刊行)
○[08]日本男子論 (『時事新報』社説、1888年(明治21年)1月13日ー24日;小冊子として3月刊行)
●[09]離婚の弊害 (『時事新報』社説、1886年(明治19年)7月28日)■
○[10]一夫一婦偕老同穴(『福翁百話』20) (『時事新報』掲載、1896年(明治29年)4月30日)
○[11]独立の孝(『福翁百余話』10) (『時事新報』掲載、1897年(明治30年)12月5日)
○[12]子に対して多を求むるなかれ(『福翁百話』26) (『時事新報』掲載、1896年(明治29年)5月17日)
○[13]家庭習慣の教えを論ず (『家庭叢談』第9号、1876年(明治9年)10月)
○[14]教育の事 (『福沢文集』巻之一、1878年(明治11年)1月刊)
○[15]子として家産に依頼すべからず(『福翁百話』27) (『時事新報』掲載、1896年(明治29年)5月21日)
○[16]成年に達すれば独立すべし(『福翁百話』29) (『時事新報』掲載、1896年(明治29年)5月28日)
○[17]世話の字の義を誤るなかれ(『福翁百話』30) (『時事新報』掲載、1896年(明治29年)5月31日)
○[18]文明の家庭は親友の集合なり(『福翁百余話』7) (『時事新報』掲載、1897年(明治30年)10月17日)

○[19]政論(『福翁百話』94) (『時事新報』掲載、1897年(明治30年)5月23日)
○[20]『文明論之概略』巻之四より (1875年(明治8年)8月刊)

参考:
  福澤諭吉直筆草稿残存社説目録
  http://blechmusik.xrea.jp/d/hirayama/h71/#id_3
  福澤諭吉コレクション
  http://project.lib.keio.ac.jp/dg_kul/fukuzawa_tbl.php


87 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/12/05(金) 00:23:41 ID:xXHigSkf0
>>83
中国では、福沢諭吉は「アジア侵略論者」といわれているようです。

『歴史の嘘を見破る』について
http://blechmusik.xrea.jp/d/hirayama/h26/
「福沢諭吉は『アジア侵略論』者と言われたら」
http://blechmusik.xrea.jp/d/hirayama/h82/


88 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/12/05(金) 02:06:08 ID:Gr+5CqUN0
>>81
慶應内部進学者にとっては偉人
安川にとっては悪人

89 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/12/05(金) 10:18:57 ID:CciUwZlI0
>>85-87

GJ!

こうでなくっちゃ! ここは文系学問板だもんね! 

これは、無署名論説の真偽判定について、文体判定とは別の方法論として使えそう。
安川派は、井田・平山による文体判定の曖昧さを攻撃の根拠としてきたけれど、
文体判定以前に、ホンモノらしいものは、
@明治版全集所収か、A大正版全集所収か、B原稿残存か、
によって相当絞り込めることが分かる。

文体判定が重要になるのは、@〜Bのいずれでもないものに限られるが、
安川が批判しているのは、いずれも、証拠のないもんばっか、
という感じだ。(リンク先参照)





90 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/12/05(金) 11:02:56 ID:weUhXqoz0
>>84
ばりばりっすよ
党および日教組の関係でここまできた
「脱亜論」を教科書に載せろ! と騒いできた連中

福沢批判については運動方針によるらしい

24年前に1万円札の肖像が福沢諭吉になったとき
「アジア軽侮の諭吉なぜ札に」(朝日新聞1984年11月14日付声欄)
という投書が
木村万平(無職60歳)という人物からあったが
この人89年の京都市長選挙に共産党から出馬して
落選したんだとサ

http://blechmusik.xrea.jp/d/hirayama/h29/#introduction



91 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/12/05(金) 11:42:38 ID:E3j56ZXe0
>>88
慶應の外部進学者にとってもナカナカなんだな、これが。
東大・一橋に落ちて慶應に入るだろ、
がっかりしている奴ばかりだが、就職してみると内部の奴らが使ってくれて、
結構いいところにいけるんだよ。早稲田政経・法とはエライ違いだ。
トヨタ自動車の現社長は「外部」、副社長は豊田家の御曹司の「内部」。
現社長は御曹司の番頭として、お坊ちゃまを守り通してここまで出世した。
御曹司の露払いとして、今社長をやっている。
大政奉還の準備だね。
東大ならともかく、早稲田でトヨタの社長になれるかい?



92 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/12/05(金) 17:06:10 ID:CciUwZlI0
>>85>>86にリンクされている

 福澤諭吉直筆草稿残存社説目録
  http://blechmusik.xrea.jp/d/hirayama/h71/#id_3

を見ていて、すごいことを発見しちまった。
石河がまったく信用できないという決定的証拠で、
これは安川の立論を完全に覆すことだ。

リストでは、全92編の直筆草稿が掲げらているが、
内大正版所収は20編、昭和版所収は22編だ。

つまり、石河は、時事新報のバックナンバー全てに目を通していたにもかかわらず、
福沢直筆の論説を42編しか発見できなかったことになる。

残り50編は、原稿が見つかって初めて福沢のものだと分かった。
要するに、半分以上を石河は見落としていた、ということだ!

結論:「石河に判定眼はなかった。現行版時事新報論集はデタラメである」。



93 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/12/06(土) 18:26:17 ID:iUCKzDs00
>>92
判定眼がなかったとはかぎらないよ。
故意に落としたとも考えられる。
直筆原稿残存の論説の内容を検討して、
大正昭和版に採録されているものと、石河が落としたものに、
内容上の傾向差があるかどうかで、故意かどうかの推測ができる。
卒業論文かなにかのテーマに最適だな。


94 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/12/07(日) 00:10:30 ID:mn/zNnFT0
『正論』1月号に以下の記事があるようです。
  衆議院議員 平沼赳夫「福沢諭吉の皇室論を読み解く」
  平成の混迷の今こそ、古典に学び賢哲の洞察の深さを味わう

『正論』1月号目次
http://www.sankei.co.jp/seiron/wnews/0812/mokji.html

福沢諭吉の皇室論とは、『帝室論』と『尊王論』のことです↓

平沼赳夫/監修『福沢諭吉の日本皇室論 現代語訳(原文総ルビ付き)』
http://www.7andy.jp/books/detail/-/accd/32029390
(Amazonでは品切れ)


95 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/12/07(日) 07:06:50 ID:NjL8IR2Z0
>>94
それ、読んだ。福沢の天皇論の理解としては、まずは適切だし、立憲君主制下の君主論として
現在も通用するものだ、という評価にも賛成。ただし、このスレにも、右派からの批判があって(前スレ251)、
それは、

>帝室論等はたんなるバジョットの引き写しにすぎません。
>日本は国民主体の国造りをすべきといった福澤に本当の尊皇心があったはずはなく、
>その皇室への立場はそのほうが便利だからそう契約するのだ
>というあたりの功利主義的発想に過ぎないでしょう。

というものだった。
投稿者は福沢を功利主義者と否定的意味で呼んでいるが、福沢にとって功利主義者というのは
ホメ言葉。ミルの後継者を自認していたわけだから。

福沢の天皇論を要約すれば、「天皇は君臨すれども統治せず。政治は国民代表たる政府がする。
天皇はその政府の追認機関。ただし国民の敬愛を集めるように振舞うべきだ」というもの。
現憲法の象徴天皇と中身にほとんど差はないが、
形式上天皇大権を有するとされるところは、整備された立憲君主制とでもいうべきものである。
日本以外の立憲君主国では、どの憲法でもだいたいそうなっている。元首というのは、そうしたもの。

左派からの批判は、福沢による「国民を弄する詐術」という立憲君主制のたとえに反応したもの。
天皇に実権を認めない以上、そういう見方もできる、という当時の憲法論の一見解を、福沢流にアレンジしたにすぎない。
左派は天皇に実権を与えたほうがよい、と考えているのであろうか?
(いやない。天皇制度自体をやめたほうがよい、と考えているわけだよね?)




96 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/12/07(日) 20:08:38 ID:yi3t83UQ0
平和を求めんとするに、之を妨げたる者は慶應なり、之を妨げたる者は大卒なり、之を妨げたる者は学閥の同類なり。
今の学閥の無神論を以て外国人の良友と為すべきとは、大いに其の理を変じたる後のことなるべし。
学閥は最初天皇を妨げたる説を変じて、近来は頻に外国の文化を勉め、自国の諸港を尽く開きて交流を為さんと欲せり。 
斯く交流の説ならば、統一政府の非占領を妨げたるは何故なる哉。
是他なし、日本全国の為め筋を思はずして、自己三田会の私利を謀て躬から盛大たらんことを欲するのみ。

97 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/12/07(日) 21:51:55 ID:T3mrePXQ0
基本的に福沢は朝鮮に対してはとことん冷淡だったけど、その背景には次のような経験に裏打ちされた認識がある。
「朝鮮人は数百年来儒教の中毒症に陥りたる人民にて、常に道徳仁義を口にしながら其の衷心の腐敗醜穢殆ど名状す可らず。
上下一般、共に偽君子の巣窟にして、一人として信を置くに足るものなきは、我輩が年来の経験に徴するも明白なり。」

それゆえ、日本が膨大な国家予算や人材を朝鮮の近代化ために投じる愚行を、すぐさま断念せよと何度も警告してる。
「我輩は朝鮮の扶養を日本の独力に負担して義侠の名を成さんとするの空想を懐かず。」
「彼ら(朝鮮人)の頑冥不霊は南洋の土人にも譲らずして、
其道を行く能はざるのみか、折角の親切を仇にして却て教導者を嫌ふに至りしこそ是非なけれ。」

しかし残念なことに長州人が朝鮮との癒着に熱心だったことから、福沢の卓見は無視され、
日本は朝鮮との係わりにより取り返しのつかない損失を蒙ることになる。

98 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/12/08(月) 00:24:40 ID:u1UHsQ2C0
>>95
要約ありがとう。

あと、『帝室論』の「人主が愚民を籠絡するの一欺術」というのは、
福沢先生の説ではなくて、
「そういう説を唱える人もいるけど、的を外しているね」と、
引き合いに出しているもの。

----
人或(あるい)は立君の政治を評して、人主が愚民を
籠絡(ろうらく)するの一欺術などとて笑う者なきに非ざれども、この説を作(な)す者は畢
竟(ひつきよう)政事の艱難(かんなん)に逢わずして民心軋轢(あつれき)の惨状を知らざるの罪なり。
http://project.lib.keio.ac.jp/dg_kul/fukuzawa_text.php?ID=99&PAGE=29&KEY=%E6%AC%BA%E8%A1%93
----


99 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/12/08(月) 00:27:34 ID:u1UHsQ2C0
>>97
ソースの情報きぼん。
ひょっとすると、石河執筆の「時事新報」社説かもしれない。


100 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/12/08(月) 00:45:12 ID:HlFRDtuD0
平山の胡散臭さの理由がわかったよ。
功利主義だろ

101 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/12/08(月) 09:05:58 ID:FJzms2jP0
>>100
功利主義のどこがいけないのだい?
最大多数の最大幸福をめざすことが。

民主主義というのは功利主義の現実政治への適応なのだよ。
多数者に従うというのは、最大幸福により近い、ということだからね。

自分の幸福のみ追求する立場は利己主義といって、功利主義とは区別される。

なお、ロールズは功利主義を批判しているが、その理解には偏りがみられる。
政治的リベラリズムは、内容上はJSミルと大差が無い。

102 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/12/08(月) 09:38:25 ID:ohY67q+J0
>>98
な、なんと、コピペニートが夏以来バカの一つ覚えのように、
福沢批判の材料としていた、
立君制(天皇制)は「愚民を篭絡するの一詐術」というのは、
福沢自身の意見じゃなかったの?!


103 :屁理屈:2008/12/08(月) 10:28:18 ID:HlFRDtuD0
>>101
いけないとは書いてない。
最大多数の最大幸福を目指すのは共産主義も同じだ。
幸福は平等なのだ。
福澤先生が幕府を裏切ったように秩序の破壊から平等が生まれる。

104 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/12/08(月) 10:53:41 ID:FJzms2jP0
>>103
共産主義が最大多数の最大幸福を目指しているとは初耳だ。
共産圏では民主的な選挙が行われないのに、なぜ政府が多数派を代表していると分かる?

105 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/12/08(月) 11:08:57 ID:HlFRDtuD0
>>104
よく知らないんだけど共産圏の国って中国以外にどこにある?
そして民主的な選挙もわかりません。
昔に比べて中国政府は市場を開放して自由主義を取り入れた。ソ連政府がゴルバチョフが共産党の活動を停止した。崩壊させた。
政府が多数派の意見を代表してるともいえるのでは?

106 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/12/08(月) 11:53:59 ID:FJzms2jP0
>>105
経済的自由と政治的自由はとりあえずは別物さ。
君が言っているのが事実なら、中国でも普通選挙をすればいいだけのことなんだよ。
人口の大きなインドでもしているんだから。
そうそう、福沢の『時事小言』(1881)に、
「政府が自由選挙を恐れて実施しないのは、自らの正統性に自信がもてないせいだ」、
と書いてある。参考になるかい?


107 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/12/08(月) 12:17:54 ID:piXe8Zst0
>>100
もういい加減にしろよ。前スレで君が大恥さらしたことは皆が知ってんだからサ www

166 名前: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日: 2008/05/23(金) 11:14:42 ID:KajJNI+f0
平山洋氏は慶大出身で、その言い分は
独特の「三田」系学者の言い分と同じ。
特に新基軸はありません。
論文がひどいのは弁解しようがないので、
本人の著作ではないと言い出す。
この路線も従来からの「三田」学そのものです。

108 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/12/08(月) 13:02:17 ID:DxGXjDCzO
暴れてるのは「蛆虫ニート」とかいう真性の池沼だろw

>>103
秩序の破壊から平等ねぇ。例えば軍事クーデターも「秩序の破壊」なんだけど。


>>105
政府が多数派を代表していると言えるのは、国民による自由で平等な選挙によって選ばれた場合のみ。
それによって「正統性」が生まれる。
直接民主制を別としてな。
ソ連や中国は既存の政治権力主導の「上からの改革」であって、
そのプロセスに国民は不在。

109 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/12/08(月) 18:10:59 ID:DqTSrP7G0
>>96
せっかくの苦心の作なのだから、目立たせてやんねーと

110 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/12/09(火) 08:20:10 ID:1wWaTRzg0
>>103
屁理屈さんは、慶大OBなの?

111 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/12/09(火) 12:07:40 ID:nSXi7Iq+0
逸話から導き出した福沢諭吉の真実
2008年12月01日10時00分 / 提供:ゲンダイネット
「福沢諭吉伝説」佐高信著(角川学芸出版 1700円)

 激動の明治時代に、近代日本を築く大きな礎となった福沢諭吉。
慶応義塾大学の創立、時事新報の創始などを通じて日本の国際化
に献身して、ついにお札の顔にまでなったが、第2次大戦中は「西
洋かぶれ」として批判を受けていた。果たして福沢諭吉とはどんな人
物であり、彼の残した思想は現実をどう動かしたのか。本書は、さま
ざまな文献を参考にしながら福沢から多大な影響を受けた人々と福
沢の関係を取り上げ、新たな福沢諭吉像を浮かび上がらせていく。

 たとえば福沢の暗殺を狙っていた増田宋太郎との関係においては、
開国を巡る人々の動揺とともに、先駆的な思想ゆえに常に危険にさ
らされていた福沢の身辺事情がよくわかる。また窮地に陥っていた北
里柴三郎を救ったエピソードや、「脱亜論」は福沢が書いたのではな
いとする平山洋の説も紹介。福沢が生きていた明治時代と、グローバ
リゼーションで社会構造が激変する今の時代を重ねて読むのも一興だ。

(日刊ゲンダイ2008年11月28日掲載)





112 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/12/09(火) 12:38:19 ID:9+q5niiB0
>>111

>「脱亜論」は福沢が書いたのではな いとする平山洋の説

そうだったっけ?


113 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/12/09(火) 19:58:20 ID:qdhlL2Z00
>>112

2007年02月20日付 安川寿之輔氏への書簡
http://blechmusik.xrea.jp/d/hirayama/h43/
の中で、平山洋氏は次のように記しています。
----
なお、私は1885年掲載の、「朝鮮独立党の処刑」・「脱亜論」・「朝鮮人民の為にその国の滅亡を賀す」などを、いずれも福沢真筆と考えております。ただし、アジア蔑視や侵略とは無関係な、誠実な批判の論説として。
----


114 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/12/10(水) 07:19:21 ID:XRYDu5S40
>>113
日刊ゲンダイの書評はアテにならんな
たしか「福沢諭吉の真実」にも、「脱亜論」はホンモノと書いてあったぞ

115 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/12/10(水) 09:40:41 ID:/TFp99ub0
平山の検証は、予断による推論の積み重ねであり、
説得力のある合理的論拠というものをほとんど提示していない。
http://electric-heel.cocolog-nifty.com/blog/2008/11/post-dc20.html



116 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/12/10(水) 11:47:38 ID:AeeyJK2q0
>>115
このブログ主は狂人なのでは


117 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/12/10(水) 16:30:33 ID:VUeNh2e70
福沢は今みたいな深刻な不況に突入したらどうするべきか、
対応策について何か書いてんの?

118 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/12/10(水) 18:56:32 ID:bip/iZhC0
>>117
「貧富論」とかいう論説があったはず

119 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/12/11(木) 09:35:35 ID:G4iJLoc60
>>118
http://blechmusik.xrea.jp/d/hirayama/h17/
によれば、「貧富論」には1884年と1891年の2種類あるようだ。
1884年は自筆草稿ありで確実に福沢、
1891年は草稿なしだが大正版所載で、おそらく福沢、くらいか。
図書館で調べてみる。報告は午後、かな。




120 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/12/11(木) 11:30:00 ID:KZNOrvLb0
>>119
最近「軽い」レスが多かったので、「重い」のを待っているヨ

121 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/12/11(木) 16:43:46 ID:G4iJLoc60
二つの「貧富論」をざっと読んでみた。
貧富について論ずるとはいいながら、結局、時事新報の読者の子弟を、
いかにして貧者にならないようにするか、というような問題関心から書かれていることが分かった。

媒体を考えれば当然のことで、時事新報は支配層向け高級紙で、
そこに労働者階級からの視点を探せ、といっても無理な話。
文藝春秋が庶民の目線をとらないのと同じだ。

ただ、問題関心として、社会を変動させる貧民の蜂起については、
あくまで上から目線で、何とか防止せにゃならん、とはいっている。

その方策は、第二「貧富論」の最後のほうにあって、

@宗教を奨励することにより、民心を穏やかにする、
A庶民は庶民なりの教育を施し、革命思想に向かわないようにする、
B富者にはチャリティの精神を奨励して、たくさんの寄付を募って福祉に役立てさせる、
C貧者の海外移住を奨励して、人口の過度の集中を防ぐ、

の4点がその中心。

今日でも参考になるのは、AとBで、自民党保守派がいいそうなこと。
@は事実上国家神道がその役を担い、Cは満蒙開拓やブラジル移民政策となった。
べつに福沢が言ったからそうなった、わけではなかろうが。
こうしてみると、福沢を左翼が嫌うのも当然だわな。


122 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/12/11(木) 17:35:35 ID:gyUr/c7y0
>>121
なかなか興味深い報告だった。d
ようするに福沢には強固な階級意識があり、
富者(資本家)と貧者(労働者)を一括するような視点はなかったことになるね。
それと「門閥は親の敵」意識は矛盾しているのかな?
安川さんや礫川さんは、二重基準だ、と福沢を批判するわけだが。


123 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/12/11(木) 22:41:49 ID:5bDP3ywh0
『新版 福翁自伝』が出ています。

『新版 福翁自伝』(角川ソフィア文庫)
http://www.amazon.co.jp/dp/4043073046/

平山洋氏が解説を書いています。
解説は以下のサイトで読めます↓

『福翁自伝』解説全文
http://blechmusik.xrea.jp/d/hirayama/h83/


124 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/12/12(金) 08:48:45 ID:sjJKY1kn0
>>123
読んだ。『フランクリン自伝』と『福翁自伝』の比較研究は、平川祐弘さんがやっていたね。

125 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/12/12(金) 10:18:06 ID:z2x7L/AD0
>>122
一般的な理解では、「門閥制度は親の敵」という場合の、門閥とは封建的身分制度のことで、
福沢はそれを打破して、精神の近代化を図ったが、その結果として、
資本主義的階級制度を擁護した、と理解されている。
つまり、制度上職業選択の自由は実現されたのだから、
階級間の意識のずれは残っていても仕方ないでしょ、ということ。
どうやら、階級間の区別を解消するべきだ、という考えはもっていなかったようだ。



126 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/12/12(金) 11:33:46 ID:Mt89LaXl0
>>125
現在まで残る福沢に対する好悪の感情というのも、
けっきょく読み手が「どちら側」にいるか、
によって決まってしまうようだ。
労働者階級出身だと、「けっ、何言っていやがる」になり、
もともと中産階級なら、「さすがは福沢先生だ」になる。


127 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/12/12(金) 16:09:49 ID:E/WaBwSC0
昔だと士族階級から嫌われて庶民から慕われてそうな感じだけどね。
小泉と同じ。

128 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/12/13(土) 12:59:54 ID:w5epI/G90
>>124

平川祐弘『進歩がまだ希望であった頃―フランクリンと福沢諭吉』(講談社学術文庫)
http://www.amazon.co.jp/dp/4061589105/
のことでしょうか?

題名からはよく分らないけど、『フランクリン自伝』と『福翁自伝』を比較したもの
らしいです。今は絶版のようだけど、図書館で見つけたら、読んでみたいです。


129 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/12/13(土) 13:01:01 ID:w5epI/G90
Yahoo!百科事典の「福沢諭吉」の項目を見てみました。

・福沢諭吉(ふくざわゆきち)
 http://100.yahoo.co.jp/detail/%E7%A6%8F%E6%B2%A2%E8%AB%AD%E5%90%89/

気が付いた点を一点。

----
日清(にっしん)戦争に際しては、文明と野蛮の戦争と断じ、献金運動に奔走。
----

これは昭和版掲載の無署名論説「日清の戦争は文野の戦争なり」のことかな?
平山判定によると、石河執筆の論説ですね↓
http://blechmusik.xrea.jp/d/hirayama/h29/


130 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/12/14(日) 08:17:30 ID:unvKaGE10
>>129
>日清(にっしん)戦争に際しては、文明と野蛮の戦争と断じ、献金運動に奔走。

この記述は石河の『福澤諭吉伝』第3巻(1932年)からの引用です。
この社説は、石河の伝記で最初に紹介されたものにすぎず、
翌年刊行の石河編『続福澤全集』で、全集初所載になっています。

1932年になるまで福澤とは結び付けられていなかった社説ということね。

つまり、石河が「福澤先生がこんなことをおっしゃっている!」と1932年に紹介し、
石河自身が編纂した続全集に翌年になって入った、ということです。
直筆草稿は存在せず、で平山だけではなく、井田も、下書きは石河、との判断。

http://blechmusik.xrea.jp/d/hirayama/h24/#Toyama_Hattori
あたりをご覧。

なお、福澤の当時の直筆社説には、清国を野蛮としているものはない、とのこと。
『福沢諭吉の真実』に書いてあるヨ。



131 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/12/15(月) 09:16:18 ID:Yqw3yTvo0
>>130
福沢の位置づけをめぐる論争で、決定的に重要な点は、
時事新報社説のうち、福沢が関与した証拠のない多くの社説が、
福沢の意見とみなされるかどうか、
ということにかかっているな。

安川ほか福沢批判派も、「書いたのは石河」というところまでは認めている。
あとは、「文野の戦争」などを福沢が指示して書かせたかどうか、だが、
ウーム、何ともいえんな。

この問題は、昭和天皇の戦争責任問題に似ていて、しかも、
その責任を強調する勢力は、福沢を批判する勢力とぴったり重なるようだ。

132 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/12/15(月) 12:29:51 ID:CamMHhA30
>>131
指示しなかった証拠、なんて出せるわけないから、
「文野の戦争」も、石河の伝記を根拠に、「福沢の命令だったのだ!」
と批判派は言い続けることができる。
平山は、同時期の社説で、まともなもの(「シナ人親しむべし」など)には、関与の証拠があるのに、
ひどいと批判されているものには関与の証拠がない、という方向から反論しているけれど、どうかなあ。
そもそも程度の差、という気もするし。
といって、現在の全集はまったく信用できない、という点は、>>92によっても論証されているから、
安川に賛同もできないね。


133 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/12/15(月) 14:53:45 ID:Hvpm0snN0
研究上の問題点が分かりやすく解説されているなこのスレ。
ここに来れば単位レポートなんか簡単に書けそう。

134 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/12/15(月) 15:12:40 ID:wJ2vUzXt0
安川にとって決定打になるような、侵略主義的・アジア蔑視的記述は、署名入り著作や書簡の中にはないの?

あれば、一発逆転で、「ヤスカワの勝ちーっ!!!」ってことになるはずだけれど。

135 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/12/15(月) 16:05:03 ID:CamMHhA30
>>134
おお、なかなか鋭い着眼点。
「アジア認識」には差別表現リストみたいのが付いているから、
それらの実例を、署名と無署名に分けて考察すればよい。
両方のグループに表現上の差がなければ、
福沢は署名入りでもひどいことを言っていたことになるから安川の勝ち。
ただ、数だけからだと、無署名からの用例が圧倒的に多いということは、
すでに「真実」で指摘されていたように思う。

136 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/12/16(火) 09:29:58 ID:+6wuYz+S0
まあヤスカワがどんなに福沢批判をしようが、
それで共産党シンパが増えるとは思えんな。

べつに 「美化」派が東大・慶応といった有力大学出身者を背景にしているから、
ということではなく、労働者階級はそもそも思想に関心を示すことはないから。

今まで日教組は公立小中学校を拠点にして、
労働者階級の子弟になんとか左翼思想を吹き込もうとしたが、
逆に「ウザイ教師」のレッテルを貼られ、
教え子である下層の子供たちは、ナショナリストになっちゃった。

誇りのよりどころは、日本人であることだけ、という人々から、
愛国心を奪ったら、何も残らなくなることを、サヨクたちは気づかない。
なんだかんだいったって、彼らは大学を出ているから。


137 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/12/16(火) 12:29:06 ID:0cwh/VDV0
不況があまりに急速に進行して、
だれも落ち着いて勉強できなくなった、かな?
西南戦争のさなか、福沢は、
「こういう時こそ、学問を実地(実業)に生かせ」
と言ったそうだよ。

138 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/12/17(水) 08:48:58 ID:RopQAZOw0
日本共産党は、国家共産主義日本労働者党に党名を変えればいいんだよ。
得票率15パーセントくらいいくかもしれん。

139 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/12/17(水) 14:07:50 ID:Wr/f6t7M0
>>138
略称NCJLPって、どう発音すればいいんじゃ?

ニュクジュルプ?

140 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/12/17(水) 18:51:16 ID:gh/h69SQ0
福沢の話をしませう

141 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/12/17(水) 19:42:42 ID:gwIUDZzM0
>>132
> 平山は、同時期の社説で、まともなもの(「シナ人親しむべし」など)には、関与の証拠があるのに、
> ひどいと批判されているものには関与の証拠がない、という方向から反論しているけれど、どうかなあ。

うーむ、平山氏は、無署名論説「支那人親しむ可し」については、
福澤演説「明治三十一年三月十二日三田演説会に於ける演説」との
内容上の整合性を重視していました。

つまり、「演説」と論説「支那人」とは、発表時期もほぼ同時期で、
(「演説」は1898年3月12日、論説「支那人」は同月22日)
内容がほぼ同じだから、論説「支那人」を福澤真筆と仮定しても、
矛盾が発生しないとしているのです。

一方、ひどいと批判されているもの(「台湾の騒動」など)を
福澤真筆と仮定すると、「演説」と内容が正反対だから、
矛盾が発生する、と主張されています。(『福沢諭吉の真実』163ー183頁)

・「明治三十一年三月十二日三田演説会に於ける演説」(1898年3月12日)
 http://blechmusik.xrea.jp/d/hirayama/h39/

・「支那人親しむ可し」(1898年3月22日)
 http://blechmusik.xrea.jp/d/hirayama/h38/


142 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/12/17(水) 19:58:39 ID:gwIUDZzM0
井田メソッドは、語彙や文体の特徴から執筆者を推定する手法で、
井田進也氏や平山洋氏により、『時事新報』の無署名論説の執筆者判定に
使われていますが、
 (1) キーワードの選択に主観が入る、
 (2) 執筆者の最終判定に主観が入る、
などの可能性が考えられます。

そこで、統計的に尤度を計算して、客観的な数値で執筆者判定を
行おうとする試みが、実行されているようです↓

・安形輝,上田修一『時事新報』初期の社説の著者推定(PDF)
 2007年度三田図書館・情報学会研究大会発表論文集.2007. (2007-11-10)
 http://www.slis.keio.ac.jp/~ueda/fukuzawa200701.pdf

いわば「統計的計量井田メソッド」とも言うべき新手法ですね。

143 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/12/18(木) 02:39:26 ID:W0TiPZwI0
>>141>>142
安川、古井戸らは、ひどい社説も、福沢の脳卒中発作前に掲載されているのだから、
それらが石河執筆であろうとも、福沢の思想のうちと解釈しているけれど、どうなの?

つまり読売の日々の社説を、ナベツネ自身が書いていないだろうが、
主筆であるナベツネの考えを体現しているだろう、ということと同じなんだけど。

144 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/12/18(木) 10:32:54 ID:iFas6S9/0
>>142
結局この安形先生は「脱亜論」は福沢執筆だと断定しているの?
レジュメには肝心のところが書いてないように思うのだけれど。

学会発表では、その部分をあえて口頭だけで示したのかな?
「脱亜論」の真贋、気になるな。


145 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/12/18(木) 12:10:28 ID:Nd6cNfCA0
>>143
どうなのって?
我々慶應は保身だけ考えればいいんだよ。

146 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/12/18(木) 12:31:55 ID:iFas6S9/0
>>145
ところで君、何年卒?

147 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/12/18(木) 12:39:50 ID:Nd6cNfCA0
>>146
平成4年度1993卒だが

148 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/12/18(木) 12:44:56 ID:iFas6S9/0
>>147
おお、先輩ではありませぬか。
こっちは院生ですんで、暇なんだけど、
アナタは40近くなって、どこから書き込んでいるんです?

149 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/12/18(木) 12:45:03 ID:Nd6cNfCA0
福沢先生の心訓
世の中で一番悲しいことは、うそをつく事です。
↑これも贋作だとか

150 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/12/18(木) 12:51:40 ID:iFas6S9/0
>>149
ねえ、質問に答えてよ。

151 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/12/18(木) 12:51:46 ID:Nd6cNfCA0
>>148
慶応の先輩でもひどいのがいるからな。
後輩の君は慶応の名を高めるためにがんばって貰いたい。
特にひどいのは捏造記事を書いた石河幹明とそれを現代の世の中に暴いた平山洋だ。
奴らが義塾の名を落とした先輩達だ。まあそこまでして福沢先生を持ち上げたかったのだろうが。

152 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/12/18(木) 12:52:25 ID:Nd6cNfCA0
>>150
自宅ですよ

153 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/12/18(木) 12:55:15 ID:iFas6S9/0
>>151
簡単なことじゃん。
どうして答えられないの?
会社からだとしたら、そろそろ昼休みも終わりだよね。


154 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/12/18(木) 12:58:43 ID:iFas6S9/0
>>152
レスが行き違っちゃった。
40歳自宅警備員の93年慶応卒が、こんなところに来るほどヒマだとはね!驚き!
福沢の勉強は主に、岩波書店の「福沢選集」を使っているの?

155 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/12/18(木) 13:19:32 ID:RvRK1NHM0
>>151
>特にひどいのは捏造記事を書いた石河幹明とそれを現代の世の中に暴いた平山洋だ。
平山さんが石河の捏造を暴いたのなら、
平山さんは立派なことをしたことになるんではないの?

156 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/12/18(木) 13:44:48 ID:KF33yMeK0
ID:Nd6cNfCA0>>145,>>147,>>149,>>151,>>152は、
やっぱり詐称だったんだな。

自宅にいるんだろ。出てきて申し開きをしろ!

157 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/12/18(木) 14:41:10 ID:iFas6S9/0
>>152
>>149の心訓は、ID:Nd6cNfCA0さんのためにあるようなものですね。


158 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/12/18(木) 15:48:10 ID:/gyNtXj60
それにしても、この>>151のレスは頭が悪すぎる。>>155の言うとおりだ。
サヨの一般的な議論がこの水準だとすると、もうこの論争は終わっている。

安川らは、平山の判定は信用できない、ということしか主張しないが、
「判定が信用できない」ことと、「石河による全集が信用できる」ということは、
まったくの別問題。

安川らがしなければならないのは、現行版全集の時事新報論集が、
「信用できる」根拠を示すことだが、そんなことは全然していない。

「信用できない」という根拠は、判定など持ち出すまでもなく、すでに>>92に明らか。
福沢の時事評論について論じたければ、証拠のあるもののみ、にとどめるしかないが、
その中にひどいものは含まれていない。




159 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/12/18(木) 18:49:54 ID:Nd6cNfCA0
福沢の弟子は平気で嘘をつく。
ラーメン二郎本店に通ってた俺を信用しないのかw

160 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/12/18(木) 20:37:50 ID:zoqoRqXeO
>>159
二郎はどうでもいいからさ、
そんなことより学位記うpしな。

161 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/12/18(木) 20:53:14 ID:FZIQ/ysp0
ヤフオクに『福澤諭吉全集』が出品されています。

福沢諭吉全集 全21巻揃 慶應義塾著 岩波書店 昭和45年
http://page5.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/e88011909

開始時の価格 : 10,000 円
開始日時 : 12月 17日 18時 6分
終了日時 : 12月 24日 19時 5分

別巻が欠けているけど、21巻で10,000円なら送料込みで1冊500円!


162 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/12/19(金) 07:20:00 ID:b/oMK3bc0
>>159
信用できないよ。二郎と慶應三田の関係なんて、誰でも知っているもの。
ところであなたが本当に慶應関係者なら、
150年関係で寄付のおねだりメールがたくさん届いただろ。
そのどれかについて、特定の頁の1行目をカキコしてくんない?

たとえば、「慶應SPIRIT」2008No.4、12ページ1行目には何て書いてある?
これ「すべての塾員の皆様へ」とあるから、
あなたのところにも届いているはずだけど。

163 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/12/19(金) 10:41:27 ID:I1uNScya0
全集の時事新報論集の信憑性に関する問題の解決のために、
平山さんがミネルヴァから出した新伝記には、
何か手がかりになるような記述はないの?
もちろん「真実」と矛盾するようなことは書いていないだろう、
ということは分かっているがね。
石河編纂の伝記と全集の間に矛盾がないように。


164 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/12/19(金) 12:10:38 ID:ljHC4wUc0
在日中華人口が今や在日韓国人口とほぼ同数もいる!
在日台湾人を筆頭とする在日中華人口が在日韓国人の陰でドーンドン増えている!


中国  (台湾)  76万0,322人 ( 〃  16.4%)
中     国    27万6,297人 ( 〃   6.0%)
中国 (香港)    16万0,426人 ( 〃   3.5%)
英国 (香港)     9万3,914人 ( 〃   2.0%)
合     計     129万0959人 (構成比 27.9%)

 
◆国籍(出身地)別新規入

韓     国   129万3,809人 (構成比 27.9%)
中国  (台湾)  76万0,322人 ( 〃  16.4%)←注目!!!!!!
米     国    59万6,494人 ( 〃  12.9%)
中     国    27万6,297人 ( 〃   6.0%)←注目!!!!!!
英     国    17万6,940人 ( 〃   3.8%)
中国 (香港)    16万0,426人 ( 〃   3.5%)←注目!!!!!!
オーストラリア    15万6,418人 ( 〃   3.4%)
フ ィ リ ピ ン    13万1,834人 ( 〃   2.8%)
カ  ナ  ダ   11万2,744人 ( 〃   2.4%)
英国 (香港)     9万3,914人 ( 〃   2.0%)←注目!!!!!!
そ  の  他    87万4,694人 ( 〃  18.9%)
合     計   463万3,892人 ( 〃 100.0%)

法務省の犯罪白書「平成15年における外国人及び日本人の出入国者統計について」より

165 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/12/19(金) 16:37:28 ID:2xsssfkh0
平山は石河を犯罪人呼ばわりしてるらしいな。
石河がいなかったら靖国の英霊もいなかったってことか。

166 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/12/19(金) 16:43:36 ID:l+sumGky0
>>163
『福澤諭吉』では360頁から366頁あたりまでがそのことについて触れているが、
圧縮された書き方で、どうも分かりにくい。

無理に要点をまとめると、

@明治27・28年の日清戦争時に掲載された大正版所収の社説は22編で、
それに原稿残存10編を加えた32編は、同両年の全社説の5%未満である。
これらには問題がない(安川リストに抽出されていない)。
A明治26年6月以降は『福翁百話』(明治30年刊)の準備に入っている。
この百話には侵略的要素はみられない(安川リストに抽出されていない)。
B石河幹明は、国民新聞(民友社)の徳富蘇峰をライバル視していたのでは
ないか。蘇峰こそ「国家膨張論」の代表者だった。

というところかな。
要するに、福沢が関与した証拠があるものは、安川の目をもってしても、
「問題なし」という判定だったということ。

とはいえ、「全くその通りだ!」と諸手を挙げて賛成、とまではいかんわな。
福沢が、石河に指示して多数の社説を書かせた可能性は、ある。
そうしたほうが新聞はよく売れるのだから。
これらの社説を個人全集に入れてもよいかどうかは、また別問題ということで。


167 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/12/19(金) 16:47:36 ID:b/oMK3bc0
>>165
そんなことより、>>162に答えておくれよ。>>159さん w




168 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/12/19(金) 17:00:20 ID:l+sumGky0
>>165
あ、そうそう、石河幹明の妻は、桜田門外の変の首謀者関鉄之介の姪。
この井伊直弼暗殺犯が靖国神社に合祀されたのを聞いて、
次男捨次郎宛書簡(明治24年5月15日)に、奇妙なことがあるものだ、
と書いているそうな(『福澤諭吉』352頁)。


169 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/12/19(金) 19:12:10 ID:2xsssfkh0
>>167
いい加減にしろよ平山の真似か知らんが嘘を暴きたいのか?
ちなみにネットで慶應SPIRITみれるぞw


>>168
それってどういうこと?
攘夷思想だと靖国神社に祀られるなら奇妙でもない。
戦争犯罪と英雄は同じってことを平山は言いたいのかな。A級戦犯と同じで。
左翼は天皇陛下を戦争犯罪人だというしな。

170 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/12/19(金) 19:51:09 ID:zDkUvk7e0
>>169
まずは平山さんによる伝記を読んでみては?

171 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/12/19(金) 19:54:22 ID:2xsssfkh0
>>170
あんた平山本人だろw

172 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/12/19(金) 19:57:54 ID:2xsssfkh0
平山さん、石河に対して思想犯罪、というような言葉はやめたほうがよいのでは。
思想は機略、
平山さんの解釈によれば、日清戦争は通常の戦争であり侵略戦争でもなんでもない。
ならば、通常の戦争行為を積極支援する石河は、なぜ、英雄でないのだろう?
平山解釈によれば、普通の戦争に手をこまねいている福沢こそ犯罪人ではないか。

173 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/12/19(金) 20:29:38 ID:zDkUvk7e0
>>171>>172
平山さん自身は、「思想犯罪」という言葉など使っていない、と言っている。

http://blechmusik.xrea.jp/d/hirayama/h31/01/
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
これらの文章を書いたのは私ではない。文藝春秋社新書編集部である。
私自身刊行までまったく知らなかった。しかも、全文のテキストファイルで
検索したのではっきりと言えるのだが、「トリック」も「情念」も「思想犯罪」
も「犯人」も、私の本の中で1度も使われてはいない語彙なのである。井
田メソッドによって、<これらの文章が平山によるものではない>、という
ことは証明できる、と思う。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「石河幹明」と「思想犯罪」でググると、トップに出てくるよ。
これくらい調べてからカキコしては?

174 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/12/19(金) 21:45:17 ID:sOMn2zuu0
『産経新聞』に【現代(いま)に生きる時事新報】が連載されていました。

最終回の(24)で「脱亜論」に言及しています。
また、(24)の【メモ】で井田進也氏と平山洋氏の説を紹介しています↓
http://sankei.jp.msn.com/culture/academic/081219/acd0812190856003-n3.htm

(1)「独立不羈」「不偏不党」…生みの親・福澤諭吉
http://sankei.jp.msn.com/economy/business/081111/biz0811110833004-n1.htm
(2)“影”の社主兼編集長だった諭吉
http://sankei.jp.msn.com/culture/academic/081112/acd0811120843006-n1.htm
(3)創刊のきっかけ“官製クーデター”
http://sankei.jp.msn.com/culture/academic/081113/acd0811130821003-n1.htm
(4)諭吉の精神込められた「交詢社」
http://sankei.jp.msn.com/life/education/081114/edc0811140838011-n1.htm
(5)諭吉「敵たるものは敵になれ…」
http://sankei.jp.msn.com/economy/business/081118/biz0811180834002-n1.htm
(6)諭吉の社説原因で発行停止に
http://sankei.jp.msn.com/economy/business/081119/biz0811190820002-n1.htm
(7)大成功の出版人「福澤屋諭吉」
http://sankei.jp.msn.com/culture/academic/081120/acd0811200808002-n1.htm
(8)“女のくせに” 大澤豊子、25年間の闘い
http://sankei.jp.msn.com/culture/academic/081121/acd0811210843005-n1.htm
(9)1世紀前に「象徴天皇制」示唆した福澤
http://sankei.jp.msn.com/culture/imperial/081125/imp0811250755000-n1.htm
(10)女系家族で生まれた諭吉の男女同権論
http://sankei.jp.msn.com/culture/academic/081126/acd0811260828004-n1.htm
(11)福澤の最高傑作「文明論之概略」
http://sankei.jp.msn.com/culture/academic/081127/acd0811270901002-n1.htm
(12)「天下の双福」がリード 明治・大正の新聞
http://sankei.jp.msn.com/culture/academic/081128/acd0811280826004-n1.htm
(13)「簿記の日」元祖は福澤
http://sankei.jp.msn.com/culture/academic/081202/acd0812020826002-n1.htm
(14)経済倫理訴えた「尚商立国論」
http://sankei.jp.msn.com/life/education/081203/edc0812030847005-n1.htm
(15)「福澤山脈」が輩出した多士済々
http://sankei.jp.msn.com/culture/academic/081204/acd0812040826002-n1.htm
(16)福澤が育てた漫画ジャーナリズム
http://sankei.jp.msn.com/life/education/081205/edc0812050828001-n1.htm
(17)地球を駆け巡った世界的スクープ
http://sankei.jp.msn.com/world/asia/081209/asi0812090828001-n1.htm
(18)広告重視の福澤−社説で“広告のすゝめ”
http://sankei.jp.msn.com/culture/academic/081210/acd0812100828001-n1.htm
(19)初の大相撲優勝額や美女コン
http://sankei.jp.msn.com/culture/academic/081211/acd0812110827006-n1.htm
(20)“ゼネラルプロデューサー”としての福澤
http://sankei.jp.msn.com/culture/academic/081212/acd0812120815001-n1.htm
(21)福澤の個人事業だった新聞経営
http://sankei.jp.msn.com/culture/academic/081216/acd0812160836002-n1.htm
(22)人材輩出した福澤の「散歩党」
http://sankei.jp.msn.com/culture/academic/081217/acd0812170901005-n1.htm
(23)大阪進出、関東大震災…斜陽の兆候
http://sankei.jp.msn.com/culture/academic/081218/acd0812180828003-n1.htm
(24)現代の諸問題の処方箋示した先導力
http://sankei.jp.msn.com/culture/academic/081219/acd0812190856003-n1.htm


175 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/12/19(金) 22:23:41 ID:sOMn2zuu0
>>149
「福沢心訓」は清水義範さんが
・『福沢諭吉は謎だらけ。心訓小説』(小学館)
 http://skygarden.shogakukan.co.jp/skygarden/owa/sol_detail?isbn=4093861676
 http://www.amazon.co.jp/dp/4093861676
で取り上げていました。

途中で作者が登場して、謎解きを続けるのが面白いです。
第八章「ついに福沢諭吉の最大の謎にぶつかる章」で、
「脱亜論」を取り上げています。

・2006年10月23日付 作家清水義範氏宛ての書簡
 http://blechmusik.xrea.jp/d/hirayama/h35/
・2006年11月05日付 作家清水義範氏からの書簡
 http://blechmusik.xrea.jp/d/hirayama/h36/


176 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/12/19(金) 22:25:14 ID:sOMn2zuu0
>>161
『福澤全集』と一万円札、丁度よき取合せならん


177 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/12/20(土) 11:27:55 ID:DBP8Kz310
>>172

>>173への反論は? ww

ドサクサ紛れに逃げたらいかんぜよ



178 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/12/21(日) 12:11:07 ID:AJRMckhN0
>>172の卑怯さにはあきれる。
塾員を騙ってこのスレを混乱させるばかりか、
都合が悪くなるとすぐに逃亡。
だからサヨは支持されないんだよ。
お前は>>136でも音読しろ。
よく噛み締めてな。

179 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/12/22(月) 09:14:25 ID:RmGBIhQD0
小泉路線の継承者は中川秀直(KO卒)かな?
竹中などがブレインでついている。
自民党を割って、新自由党でもつくればいいのに。
福沢諭吉の直系の政党で、サンケイなんかも支持するだろう。

これからの日本は新自由党と民主党の2大政党政治が望ましい。

180 :168:2008/12/22(月) 09:45:45 ID:79Mxn8mw0
>>169
べつにどうってことないよ。調べていたら出てきたもんでね。
それにしても支離滅裂なレスをつけるな、あなたは。

181 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/12/22(月) 13:00:01 ID:1EtKg2HD0
なんだよ>>172はコピペじゃんか! それとも古井戸本人なのか? 

>福沢諭吉の真実、再読。 (その3):試稿錯誤:So-net blog

>平山さん、石河に対して思想犯罪、というような言葉はやめたほうがよいのでは。
>思想は機略、思想はバトル(注)。平山さんの解釈によれば、日清戦争は通常の
>戦争であり侵略戦争でもなんでもない。ならば、通常の戦争行為を積極支援する
>石河は、なぜ ...

http://furuido.blog.so-net.ne.jp/2006-04-15


182 :168:2008/12/22(月) 13:32:47 ID:79Mxn8mw0
>>181
道理で滅茶苦茶なわけだ。そういえば、こんなこと前にもなかったっけ?
と、上を見たら、>>107に引用されている。
今年の5月に似たようなアラシがやってきて、
あとで古井戸本人だとばれた。

183 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/12/22(月) 15:02:32 ID:1EtKg2HD0
>>182
あった、あった ww
これだね

230 名前: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日: 2008/07/02(水) 04:57:23 ID:F8EhzGmj0
>>187,>>207,>>208やっぱり古井戸=井上昇だった
http://blog.goo.ne.jp/ikedanobuo/e/d2c535a39522975b633aa0d6ab594f1f
の※欄にInoue名で同じ事を書いている
金筋入りのバカだね
この中古サヨクは! wwwwww


184 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/12/22(月) 15:10:01 ID:1EtKg2HD0
前スレ

>182 名前: 中年を自覚してる男 投稿日: 2008/05/26(月) 11:14:46 ID:diI2N1HA0
>なんかよくわからないけど、覚えておきます。あはは。

>187 名前: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日: 2008/05/26(月) 17:46:22 ID:diI2N1HA0
>氷川清話の好戦的な記述部分は勝海舟のものではない
>ことを原典照合で証明した松浦玲「明治の海舟とアジア」は、
>結局黙殺されたまま。各社の氷川清話も
>訂正されないまま現在に至る。これが現実。

いっぽう池田ブログ

>氷川清話も後世の改作 (Inoue)

>2008-06-15 12:45:41

>勝海舟が明治30ごろに、新聞雑誌に発表した文章をまとめたとされる「氷川清話」も、
>編集者による改変がひどく、原典とかけ離れていると、講談社学術文庫版において、
>江藤淳が序文で批判してます。原典から収録しなおした氷川清話が出版されたのは、
>実に、1980年代になってからです。
>勝海舟は100年近くも、言ってもいないことを言ったとされ、言っていることを削除され、
>誤解されてきたのです。





185 :168:2008/12/22(月) 15:45:22 ID:79Mxn8mw0
>>184
これで、このスレの、

2008/12/08(月) ID:HlFRDtuD0 >>100など
2008/12/18(木) ID:Nd6cNfCA0 >>145など
2008/12/19(金) ID:2xsssfkh0 >>165など

などは、古井戸本人ということで、キマリだな。
これからは塾員を騙ったりせずに、正々堂々と平山に反論しなよ。

それから、言っておくが、おれ自身は、平山の研究には推測が多すぎる、
と感じている。>>132>>166 念のため。

186 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/12/22(月) 19:49:33 ID:O5v9g3Wn0
>>172は恥ずかしくてもう出て来れないだろうな w


187 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/12/22(月) 22:11:47 ID:2R8LXDgK0
恥ずかしい奴らだな

188 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/12/23(火) 00:24:52 ID:qn98GmgA0
朝日文庫から『瘠我慢の精神 福沢諭吉「丁丑公論」「瘠我慢の説」を読む』が
出ています。

・『瘠我慢の精神 福沢諭吉「丁丑公論」「瘠我慢の説」を読む』
 http://www.amazon.co.jp/dp/4022616008/

みすずセミナー「幕末・維新期の政治と思想――福沢諭吉研究」の講演録
だそうです。
付録に原テキストが収録されていますが、本来は付録の
原テキストが本文で、講演録が付録になるのではないかな。


189 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/12/23(火) 07:52:22 ID:aPAvY2jK0
上で話題の古井戸とは、コイツのことだよ
http://blechmusik.xrea.jp/d/hirayama/h24/

190 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/12/23(火) 08:40:56 ID:CXW/bDsY0
こういう個人批判は禁止されてんじゃないの?ねぇ、ひろゆき、どーよ?

福沢スレ、前のときは面白かったのに、ひさびさ見たら腹立った。
すげ感じ悪い。

191 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/12/23(火) 12:45:17 ID:QhJqv4ar0
以上、よろしくお願いいたします。


192 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/12/23(火) 12:46:26 ID:QhJqv4ar0
>>176
『福澤全集』を一万円札で買うべきか、買わざるべきか、どうしよう?


193 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/12/23(火) 18:29:13 ID:OAw1XYmr0

自ら労して自ら食うは人生独立の本願なり。

                            福沢 諭吉



194 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/12/23(火) 19:43:10 ID:m8qXf6dw0
Yahoo!百科事典の「福沢諭吉」の項目
http://100.yahoo.co.jp/detail/%E7%A6%8F%E6%B2%A2%E8%AB%AD%E5%90%89/
についてですが、以下のような記述があります↓

----
1881年の『時事小言』では「天然の自由民権論は正道にして、人為の国権論は権道なり、我輩(わがはい)は権道に従ふ者なり」と宣言
----

ここだけを読むと、「」内はひとつの文で、その内容は
自由民権論者から権力主義者に転向したことを宣言したように読めますが、
慶應大学図書館の「福澤著作コレクション」で調べてみると、違いました。

福澤諭吉著作コレクション 慶應義塾大学 図書館 時事小言
http://project.lib.keio.ac.jp/dg_kul/fukuzawa_title.php?id=97

「天然の自由民権論は正道にして、人為の国権論は権道なり」の部分は、
『時事小言』の19ページで、
「我輩(わがはい)は権道に従ふ者なり」の部分は、
『時事小言』の33ページなのです。ひとつの文ではなかったのです。

では、19ページから33ページまでは何が書いてあるかというと、
理想主義と現実主義の違いが書いてあって、自分は現実主義を選ぶ
と言っているだけです。別に権力主義者に転向した訳ではないのです。


195 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/12/23(火) 20:03:34 ID:m8qXf6dw0
>>193
>自ら労して自ら食うは人生独立の本願なり。
                ^^^^
 自ら労して自ら食うは人生独立の本源なり。
                ^^^^
「本願」じゃなくて「本源」ですね。
『修身要領』第3条より、続きは、

 独立自尊の人は自労自活の人たらざる可(べか)らず。

[慶應義塾豆百科] No.59 修身要領
http://www.keio.ac.jp/ja/contents/mamehyakka/59.html


196 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/12/25(木) 09:37:32 ID:poaBGvXx0
>>195
諭吉は浄土真宗本願寺派だから、「本願」もアリかと思ったら
やっぱそれでは変だわ

197 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/12/25(木) 10:03:04 ID:NLwksDz+0
>>194
ほう、それは面白い。間に中略の表記も無いわけね。
Yahoo!はとくに反福沢とは思えないけれど、
小ざかしい捏造はそんなところにもあるんですな。

198 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/12/25(木) 12:44:42 ID:/0WfnOd20
女性解放論を書いた福沢だけど晩年は女性蔑視が激しかったと聞くね。
どっちが本当なんだろうか?

199 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/12/25(木) 13:02:25 ID:8OjDYL2e0
>>198
どこで聞いたか教えてくれない?

200 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/12/25(木) 13:07:23 ID:oZrp9pOU0
>>198
福沢の家庭論・婦人論についてなら、これが参考になるよ
http://www33.atwiki.jp/fyukiti-katei/pages/63.html


201 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/12/25(木) 13:09:25 ID:oZrp9pOU0
スマソ、むしろこっちか
http://www33.atwiki.jp/fyukiti-katei/pages/1.html

202 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/12/25(木) 13:13:05 ID:/0WfnOd20
>>199
覚えてないんだよ。
インターネットで見たんだ。金髪少女との写真写りの顔が気持ち悪いとも書いてあったと思う。
たしかに福沢諭吉は男が高で女が低だとか記憶あるし

203 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/12/25(木) 13:13:57 ID:/0WfnOd20
金髪じゃなくて白人かな?

204 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/12/25(木) 13:21:39 ID:/0WfnOd20
>>200
そこ見たことありましたw

205 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/12/25(木) 13:48:47 ID:oZrp9pOU0
>>204
じゃあ大して役には立てないな
女大学評論や新女大学は晩年の作なのだから
晩年に女性蔑視が激しくなる
というのは変じゃないの?

206 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/12/25(木) 13:53:58 ID:/0WfnOd20
>>205
確かに変だけど井田メソッドでは判定できないと思う

207 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/12/25(木) 14:29:01 ID:poaBGvXx0
>>206
? 何か変なレスだね

208 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/12/25(木) 15:37:12 ID:NLwksDz+0
>>206
判定も何も、草稿残存ですから、間違いないですよ。
http://blechmusik.xrea.jp/d/hirayama/h30/02/#ref

209 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/12/25(木) 20:05:16 ID:6+i31Sl20
>>197
Yahoo!百科事典は福澤先生に冷たいですね↓

----
彼は朝鮮の開明派金玉均(きんぎょくきん)らの亡命を保護したりしたが、基本的にはアジア諸国を犠牲にしても日本が欧米列強に伍(ご)していく道を選ぶのである。
----

いつ福澤先生が「アジア諸国を犠牲」にしたのか?教えて。


210 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/12/26(金) 09:26:36 ID:aGsE+r370
>>209
>基本的にはアジア諸国を犠牲にしても日本が欧米列強に伍(ご)していく道を選ぶのである。
この部分は福沢のことではなく、近代日本がとった道についての説明にすぎませんよ。
おそらく服部之総の論文の一部。


211 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/12/26(金) 22:38:35 ID:vC6+IIPI0
>>209
福沢の署名著作にアジア進出をテーマとするものはないんだが。


212 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/12/27(土) 11:44:26 ID:+rnVYHTC0
>>210
なるほど、近代日本がとった道についての説明と解釈する訳ですね。

もしそうだとしても、近代日本がそのような道をとった原因が、
福澤先生の論説にあると、暗黙に仮定しているように感じます。

福澤先生を侵略的絶対主義者とみなす考えの系譜で、
遠山茂樹→服部之総→竹内好の路線といったところでしょうか。


213 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/12/27(土) 11:45:38 ID:+rnVYHTC0
ついでに、Yahoo!百科事典の「脱亜論」も見てみました。
http://100.yahoo.co.jp/detail/%E8%84%B1%E4%BA%9C%E8%AB%96/

----
85年3月16日には福沢諭吉(ゆきち)が『時事新報』の社説で「脱亜論」を発表し、
「我国は隣国の開明を待て共に亜細亜(アジア)を興すの猶予(ゆうよ)ある可(べか)らず、
寧(むし)ろ其伍(そのご)を脱して西洋の文明国と進退を共にし、(略)亜細亜東方の悪友
を謝絶する」と論じた。以来、脱亜意識が国民意識をしだいにとらえ、日本人の対アジア認識
をリードしていくことになる。
----

うーん、こう書くと「脱亜論」が戦前に影響力を持っていたかのように読み取れますが、
『福沢諭吉の真実』の第五章によると、1950年以前の「脱亜論」への言及は
ひとつも発見されておらず、戦前の影響を示す証拠は無いそうです。

つまり、「日本人の対アジア認識をリード」したという証拠は無いんですね。


214 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/12/27(土) 15:11:55 ID:kZ6AKgiV0
>>213
1885年3月発表の「脱亜論」は、前年暮れの朝鮮独立党の敗北により、
日本型近代化が不可能になったかにみえた状況下で書かれた。
「朝鮮は明治維新のような近代化政策をとりたくないのね、じゃあバイバイ」
と言う意味。積極的に朝鮮を侵略する意図をそこに見ることなんてできないよ。

ついでにいうと、社説「脱亜論」が遠山茂樹によって最初に言及されたのは、
1951年。ネタ本はあんたと同じ。ウィキにも説明がある。



215 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/12/29(月) 09:43:34 ID:oqFbEXh90
福沢が平和主義でもその他の日本人は違った。

216 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/12/29(月) 09:55:32 ID:cNpToghf0
慶応は無くなったほうが、日本のためになるんじゃないか



思う

217 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/12/29(月) 10:01:51 ID:cNpToghf0
一万円札の肖像を見れば性質がわかる
不誠実な能面ヅラ
忌み嫌われた山県有朋のほうがよっぽど人間的な顔をしているよ

218 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/12/29(月) 10:07:10 ID:cNpToghf0
列強に伍するためと、強弁するのなら
一切の利得を図らないこと

219 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/12/29(月) 13:52:56 ID:W2URcSAl0
>>217
山県は日本の経済力を高めたりはしなかったでしょ?
軍事力強化のためにムダ金を費やしただけで。

220 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/12/29(月) 13:59:03 ID:pwKk5MWL0
軍事力が弱ければ、欧米列強の言いなりとなり不平等条約も改正されなかっただろう。
英国は、以外に強力な軍事力をもっていた日本と同盟する事で、
ロシアの南下を阻止するという考えがあった。その為に不平等条約改正に力強い味方になってくれた。


221 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/12/29(月) 13:59:07 ID:cNpToghf0
どっちも同じだろ富国強兵政策。
山県は申し訳ないと思っていて、福沢は割と淡白だ

222 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/12/29(月) 14:26:37 ID:cNpToghf0
人の求めに対し、些細なことでも首を振って値打ちを付け
人への要求は傲慢極まりない、究極の商人顔
山口組の6代目組長と顔面相似

223 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/12/29(月) 16:07:34 ID:qzJSaPVgO
↑ただの容姿批判か。レベル低いね君。

224 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/12/29(月) 16:43:53 ID:cNpToghf0
うん俺は「言葉」を信じないんだ

225 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/12/29(月) 17:00:24 ID:cNpToghf0
あれは有名な仏師でも彫れない顔だと思う
ああいう創造物は神様にしか作れないねw

226 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/12/29(月) 17:53:11 ID:qzJSaPVgO
何だ例の蛆虫ニートか

227 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/12/29(月) 18:09:27 ID:cNpToghf0
おかまのヘビ君こんにちは

228 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/12/29(月) 19:39:41 ID:BuPxz7vV0
>>224
んじゃ「言葉」をココに書くなよw

229 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/12/29(月) 19:50:38 ID:cNpToghf0
俺のはひとり言なんだ


230 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/12/30(火) 04:51:30 ID:Ysk5+eMiO
あれでしょ?あのすき焼きの脂のヤツ。
うまいよね。諭吉100年分!!
ファイナルアンサー!!
みのさーん!!

231 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/12/30(火) 09:07:49 ID:mMDqdnF90
いい年して「にらめっこ」仕掛けてくる人でしょ
「みのさん」って

232 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/12/30(火) 18:39:14 ID:Gh9o+qk70
大学院生の常連が帰省しちまって
急にレベルが下がったようだなこのスレ


233 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/12/30(火) 19:15:51 ID:mMDqdnF90
大学院生は、もう一回おかあさんに抱かれて人間に立ち返ったほうがいいよ

234 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/01/02(金) 20:31:24 ID:NlDN92Hl0
ことしはどうなるかな

235 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/01/02(金) 20:55:26 ID:np/2Xf8t0
利益を誘導するための屁理屈には聞き飽きた

236 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/01/03(土) 13:16:03 ID:xqIJu+o/0
>>235
どのような発言だって、結局はその発話者が自分の利益を求めてするのさ。
屁理屈でも何でもない。
当然するべきことをしているだけ。

それはさておき、これからますます階層の固定化が進行すると思うが、
それは福沢諭吉の考えに則っているのかな?
そうだとすると、独立自尊の福沢精神は、
社会的混乱を必然的に引き起こすだけということになるのだが。

237 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/01/03(土) 13:20:29 ID:pKUi1rEp0
【日本人差別?】             (ばRAまKIよROしKU)
遊技業の規制緩和を 鄭進団長らが民主党訪問   小沢代表に陳情書      (2008.4.16 民団新聞)
http://www.mindan.org/sibu/sibu_view.php?newsid=9616&page=2&subpage=2425&sselect=&skey=
李次期大統領が小沢代表と会談、参政権付与など要請 2008/02/21 KST
http://japanese.yonhapnews.co.kr/Politics2/2008/02/21/0900000000AJP20080221003500882.HTML
グラフ「パチンコCMは4年で10倍に」
http://business.nikkeibp.co.jp/article/topics/20081120/177883/zu_02.jpg
パチンコ経営者の割合
http://blog.zaq.ne.jp/tachikoma/img/img_box/article150.jpg
http://sylphys.ddo.jp/upld2nd/gamble/img-box/img20080224103330.jpg
ソフトバンク携帯、在日韓国人に特別激安プラン提供  (民団新聞広告 )
http://s02.megalodon.jp/2008-0206-1944-56/news23.jeez.jp/img/imgnews12844.jpg
「パチンコマルダイ」経営の父子1億円脱税で逮捕/弘前 (陸奥日報 2008/11/28 金曜日)
http://www.mutusinpou.co.jp/news/2008/11/4443.html
パチンコ収益、毎年2億ドル余が北朝鮮に送金されている 〜ウォールストリートジャーナル
‘パチンコ送金額’は金正日(キム・ジョンイル)国防委員長が制限を受けずに確保できる唯一の現金だと指摘
http://japanese.joins.com/article/article.php?aid=81993&servcode=500

238 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/01/03(土) 13:21:17 ID:JNXXLicL0
今時、階級闘争かよ
挙国一致が自立への近道なのに、放逸を繰り返して不和の原因になる人間は
寄生虫だ

239 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/01/03(土) 14:06:02 ID:xqIJu+o/0
>>238
挙国一致といわれても、俺たちにどんな分け前がある?
というのがサヨクの言い分。
でも、特亜にすりよっても、向こうに馬鹿にされるだけだ、
というのがウヨク側の反論。


240 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/01/03(土) 14:12:16 ID:JNXXLicL0
日本人の社稷なんてないよ
国民を教育しているのはテレビなどのメディア

241 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/01/06(火) 08:00:19 ID:g6czIERD0
福沢関連で新ネタはありませんね。

そこで、うちの大学では、こんなレポ課題が出てます、
なんていう情報交換はどう?


242 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/01/06(火) 18:34:06 ID:jB11nRAu0
慶應大学で福沢諭吉批判をしました、っていう情報は?

243 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/01/06(火) 18:55:25 ID:eR4ttJO80
慶應なんてないほうがいいよ

244 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/01/06(火) 20:18:19 ID:RhUKavzl0
>>242
いいんじゃない?
でもそれガセでしょ。

245 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/01/06(火) 20:38:17 ID:eR4ttJO80
福沢なんて日本人じゃないよ

246 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/01/06(火) 21:28:48 ID:1vNT+jbx0
>>241
今週の1月10日は、福澤先生の生誕174年目ですね。

その1月10日から3月8日まで、東京国立博物館で
「未来をひらく福沢諭吉展ー慶応義塾創立150年記念ー」
が開催されます。
http://www.fukuzawa2009.jp/

展覧会名:慶應義塾創立150年記念
     未来をひらく福澤諭吉展 FUKUZAWA Yukichi:Living the Future
会期:2009年1月10日(土)〜3月8日(日)
会場:東京国立博物館 表慶館(〒110−8712東京都台東区上野公園13−9)
開館時間 9:30〜17:00(入館は閉館の30分前まで)
休館日:毎週月曜日(ただし、月曜日が祝日の場合は開館、翌火曜日休館)
入館料 一般:当日1,200円、前売1,000円、団体900円
    大学生:当日1,000円、前売 800円、団体700円
    高校生:当日 800円、前売 600円、団体500円
巡回
福岡展:2009年5月2日(土)〜6月14日(日)、福岡市美術館
大阪展:2009年8月4日(火)〜9月6日(日)、大阪市立美術館


247 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/01/07(水) 10:55:46 ID:vYx7JhJo0
>>238
自立したらどんないいことがあるんですか?
福沢先生は独立自尊の意味とは人に迷惑をかけないことだと言われたらしい。
国が独立したら人に迷惑をかけがちですよね?属国の方が人に迷惑をかけない。
というイメージ

248 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/01/07(水) 11:58:18 ID:nIlEQl+c0
>>247
福祉にすがろうとする卑しいやつらがいなくなる

249 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/01/07(水) 13:52:07 ID:vYx7JhJo0
>>248
たしかに自給自足自立国であったと思われる江戸時代には「姥捨て山」に代表される間引き文化があった。
日本人は誰かにすがる卑しい老人になる前に死んでいった。

でもそういう無福祉の環境って良いことか?
卑しい人間なんていつの時代もいるでしょ。
人間をなくす方法じゃなくて要は残酷な風習を復活させない戒律、宗教が国としては大事。
福沢先生だって息子をクリスチャンにさせたみたいだよ。
>>238の放逸は仏教用語です。

250 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/01/07(水) 18:43:42 ID:TdxwW+hM0
>>249
福沢の独立は、通商を盛大にして経済的自立を果たす、ということだから、
自給自足とは逆の意味では?

251 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/01/07(水) 18:51:10 ID:AZYR0J5Z0
他国に依存しながら、武器をもってそれを正当化する国家かぁ
さすが福沢せんせえ頭が下がる


252 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/01/07(水) 18:52:32 ID:AZYR0J5Z0
ドロボーじゃん

253 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/01/07(水) 18:55:28 ID:AZYR0J5Z0
自分の顔を印刷した渡し、その対価は絶対に払わない

ですねw

福沢先生空手形を連発す

254 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/01/08(木) 08:26:03 ID:iETLIBh80
>>251
貿易なのだから、べつに依存ではないよ。
それから軍事力は防衛目的で、全ての主権国家が保持するのを許されている。

255 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/01/08(木) 11:57:34 ID:v7fHsG3w0
俺は許してないけどねw

256 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/01/08(木) 12:55:16 ID:+0R6mhuc0
>>255
ほほう? ではどうやって自国を守る?
おれはハマスの攻撃に対してガザに進攻したイスラエル軍は、
正しいことをしていると思っているぞ。

257 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/01/08(木) 13:32:44 ID:v7fHsG3w0
>>256
ごめん、答えられないしよくわからないから許すわw

258 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/01/08(木) 16:27:01 ID:QSxBQyui0
>254
敵がいなければ、防衛の必要は無い
みずから喧嘩の原因を作って、自衛隊に頼られても隊員が困るだろう
彼らは商人の尻拭いをするために、訓練しているのではないハズだ
それから貿易は、ギブアンドテイクの関係でないとね



259 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/01/08(木) 16:27:45 ID:QSxBQyui0
中国と日本の貿易の収支について教えて

260 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/01/08(木) 16:28:21 ID:QSxBQyui0
アメリカと世界でもいいよ

261 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/01/08(木) 16:29:39 ID:QSxBQyui0
商人の尻拭いをするのは警察で十分。
そんな破廉恥な職務は真っ平御免であります

262 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/01/08(木) 16:35:51 ID:iETLIBh80
>>258
敵のない国家などありえない。
国境線がある限り、自国と他国に区別があり、
国境の向こうには何らか違う人々がいる。
彼らは決して100パーセントの味方ではない。
もちろんアメリカも。

263 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/01/08(木) 16:47:00 ID:+0R6mhuc0
>>261
相手が軍隊で来たなら、軍隊で応戦するのがルールなんだよ。

264 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/01/08(木) 18:20:53 ID:Ss6HFUO1O
>>251
池沼か?貿易を辞めて内需だけで生きろと?
そしたら日本の企業は大幅な事業縮小→失業率大幅上昇は確実なわけだが。


265 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/01/08(木) 20:05:24 ID:QSxBQyui0
>263
無知蒙昧こそが商人の利益になるんだよ
人の不幸がすなわち儲け。。

266 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/01/08(木) 20:14:20 ID:QSxBQyui0
私立福沢造幣局。

しょせん、贋金は通用せず「すかし」でこう書かれている

言うこと聞かんとぶっころすど

当然、金融危機に至るわけだ

267 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/01/08(木) 20:16:59 ID:QSxBQyui0
そこで自衛隊が必要になるわけだ

「相手が軍隊で来たなら、軍隊で応戦するのがルールです」www

もんすたーぺあれんとIN KEIOU

268 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/01/08(木) 20:19:16 ID:QSxBQyui0
醜き夷の優雅な口先。

269 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/01/08(木) 20:43:04 ID:QSxBQyui0
なんで自衛隊が、お前らの尻ぬぐいをしなきゃならん
瀬島龍三と言う人はシベリアで、左官の仕事をされたとか
壁をきれいに塗りなおすのが「左官」で隠蔽と口封じの暗喩だと思われる

270 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/01/08(木) 20:47:08 ID:QSxBQyui0
上海の租界は酷かったらしいね
企業の尻拭いをさせられた軍人もいたそうだ

271 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/01/09(金) 00:28:35 ID:UDsO6fFZ0
ID:QSxBQyui0

言ってることが支離滅裂だぞ。

蛆  虫  ニ  ー  ト  乙  wwwwwwwwwwwwwww

272 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/01/09(金) 00:42:36 ID:UVnYczqu0
低所得で献身的に働く人間をニートと呼ぶ人間が本当のニート。
こういう人間に関わると大概の人間はダメになる
人を批判するのに、理由は何でもよいと言うタイプだな
罪があるから罰せられるのではなく、罰するために罪を作る
そこには必ず利益が付きまとうんだよな


273 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/01/09(金) 00:43:32 ID:UVnYczqu0
慶応はニートの集まりだなw

274 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/01/09(金) 00:44:22 ID:UVnYczqu0
福沢警察学校w

275 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/01/09(金) 00:55:47 ID:UDsO6fFZ0
と、低所得蛆虫ニートが喚き散らしております。

276 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/01/09(金) 01:00:32 ID:UVnYczqu0
ちゃんと働きなさい労働者として

277 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/01/09(金) 01:01:49 ID:UVnYczqu0
お前みたいな人間を養う力は、もう日本には無いよ

278 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/01/09(金) 01:03:21 ID:UVnYczqu0
自分で作った借金を国債に添加し、他人に払わせるんだから呆れる

279 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/01/09(金) 01:10:25 ID:UDsO6fFZ0
ID:UVnYczqu0の紹介(通称:蛆虫ニート)

以前から福沢スレに粘着するニート。(本人が認めた)
発言内容の支離滅裂さ、病的な粘着気質などから「蛆虫ニート」と命名され、現在に至る。

280 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/01/09(金) 01:16:30 ID:UVnYczqu0
にゅー学問のすすめ
それはただのペテン。

281 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/01/09(金) 07:16:12 ID:k8yrYPdv0
竹中平蔵君の新著、いいぞ。
蛆虫ニートもこの本を読め。

282 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/01/09(金) 16:41:49 ID:UVnYczqu0
なんとか勉強法とか言うものが日経新聞の広告に出てたね
興味なし。
竹中平蔵という人は苦手だ
余り本を読まないが、フランスのユゴーと言う人はスケールの大きい人だな
こう言う人は、日本にいないのか


283 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/01/09(金) 16:44:52 ID:UVnYczqu0
徳と才能、実行力を持った人。
才能という言葉は嫌いだが適当な言葉が無いから使った


284 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/01/10(土) 18:58:12 ID:xqMdi8TA0
本日は福澤諭吉の誕生日だ
1835年1月10日生まれ
174歳

285 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/01/10(土) 22:40:26 ID:KsumCsnC0
竹中平蔵と言う人の本をぱらぱらめくってみたら
言葉は丁寧だけれども不誠実な感じがしたから読むのやめた

286 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/01/10(土) 22:42:42 ID:KsumCsnC0
東京都知事の文章もコンピューターの文字のような感じがするから苦手
随分クールな人だね

287 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/01/11(日) 08:38:16 ID:WxH3VTSh0
本屋に並んでいる本を読むと、孤独な気持ちになるんだよなぁ

288 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/01/11(日) 09:48:06 ID:Fu3Iq8T90
>>285
どういうところが不誠実だと感じられたの?

289 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/01/11(日) 09:56:22 ID:WxH3VTSh0
生産以上の消費ができないことは子供にでも分かる道理だよ

290 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/01/11(日) 10:03:37 ID:WxH3VTSh0
それをしようとすると他人を圧迫することになる
本を手にした人は何を求めているんでしょう〜
自分自身の首を絞めていると言える

291 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/01/11(日) 14:16:06 ID:Fu3Iq8T90
>>289,>>290
いったい何を言いたいのかわからん
酔っているんですか?

292 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/01/12(月) 00:31:44 ID:XQTWWebU0
子供の頃から、一方的な対抗意識をもたれるのだが、一体なぜだ???


UZeeeee

293 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/01/12(月) 11:06:55 ID:5qtm533R0
>>292
気のせいですよ

294 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/01/12(月) 11:23:02 ID:XQTWWebU0
酒に酔う人と、自分に酔う人。
嫉妬は相対的なものだから、解決されないだろう

295 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/01/12(月) 11:39:09 ID:XQTWWebU0
竹田さんがおかしな人だと言うのはもう固定観念だ

296 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/01/12(月) 12:05:40 ID:XQTWWebU0
逸脱に慣れっこになった人間は気がふれる
善悪の区別が付かなくなる哲学者と一緒だな
きたない所の舐めまわし合いがその原因。

297 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/01/12(月) 12:07:02 ID:XQTWWebU0
ともさん舐めにくるかなw

298 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/01/12(月) 12:08:15 ID:XQTWWebU0
それは「愛」だw

299 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/01/13(火) 10:45:01 ID:HGwC+JDd0
>>295
誰?

300 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/01/14(水) 08:05:43 ID:lSgYcM3d0
299
ポリバケツ

301 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/01/14(水) 11:40:29 ID:on5XdM820
未来をひらく福澤諭吉展 開催中

上野国立博物館 9時半から17時まで月曜休館

302 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/01/14(水) 11:45:04 ID:lSgYcM3d0
私立の大学なんていらねーよ
えらい迷惑だ

303 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/01/14(水) 17:11:42 ID:PnwglsfF0
>>302
国公立大学こそいらないさ。
財政負担になるからね。

今は国公立大学法人になっているから、
もう国公立ともいえないけどね。



304 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/01/14(水) 19:36:44 ID:jBtHmUQx0
>>301
どなたか見に行かれた方はいらっしゃいますか?

・「未来をひらく福澤諭吉展」始まるー期間限定の名品も公開ー
http://www.keio.ac.jp/ja/news/2008/kr7a43000000mvya.html
・【集う】未来をひらく福澤諭吉展オープニングレセプション
http://sankei.jp.msn.com/region/kanto/tokyo/090112/tky0901120803000-n1.htm
・「未来をひらく福澤諭吉展」10日開幕 高円宮妃久子さま内覧会ご見学
http://sankei.jp.msn.com/life/lifestyle/090109/sty0901092107006-n1.htm
・「未来をひらく福澤諭吉展」始まる 福澤174回目の誕生日
http://sankei.jp.msn.com/culture/academic/090110/acd0901101058007-n1.htm


305 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/01/15(木) 16:49:44 ID:BhFRtG+X0
>>304
不況で寒いのに福沢展ですか。

306 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/01/16(金) 01:16:04 ID:m2Gz7ilh0
303
学生の内ならまだましで、社会人になれば数倍社会に負担をかける存在になる
はっきり言おう、私立大学とそこに出入りする息子と親父はいらん

307 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/01/16(金) 01:24:34 ID:m2Gz7ilh0
ヒルズの連中はビルの外から一歩も出てないんじゃないか
強欲さが消費を停滞させ、現在の状況を作り出しているのに
まだ詭弁を繰り返して、要求を続けますか…
スーパー行ったら買い物客が少なくてビックリした
みんな何食べてるんだろう…

308 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/01/16(金) 01:28:18 ID:m2Gz7ilh0
何も生産せず人から取り上げるのが仕事と思っていなければ
人の十倍、百倍は稼げないよねw
近所の大学のそばにある本屋では、まさにそんな本が売れている
くだらね

309 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/01/16(金) 01:29:52 ID:m2Gz7ilh0
慶応は無くなったほうがいいよ
学長自体がイカサマ師みたいな野郎だから

310 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/01/16(金) 02:17:57 ID:tdFb+drmO
また慶應コンプ君が湧いてるのか。
とっととハローワーク行くなりなんなりしろって。

311 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/01/16(金) 02:20:46 ID:m2Gz7ilh0
頼まれても嫌ですね
卑屈な人間にはなりたくないもんで

312 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/01/16(金) 11:43:24 ID:uO/Jhtgt0
>>306
私大出身者がなぜ社会の負担になるんだ?
経営者の多くは私立出だぞ。



313 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/01/16(金) 11:58:57 ID:rylzw68A0
>>311
ハロワに行くのが卑屈と考えるなんて、ちょっと変
国民の当然の権利なんだが

314 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/01/16(金) 13:47:55 ID:m2Gz7ilh0
イナゴは経営者って言わないよ
赤字じゃんか

315 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/01/16(金) 13:58:42 ID:m2Gz7ilh0
食い荒らして、経済を荒地にしその席を他人に求める
ニートと言う言葉は英国生まれなんだってね

316 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/01/16(金) 14:15:54 ID:uO/Jhtgt0
>>314
バカだね。
わざと赤字にしているんだよ。
そうすれば法人税を納めなくてよくなるからね。

317 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/01/17(土) 14:47:07 ID:SZFRe4J30
>>315
英国の労働者階級の質の低下によって生まれた言葉だが、
それがこのスレとどんな関係が。

318 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/01/17(土) 15:20:56 ID:up+8M57r0
ばーか
経済の本質から逸脱した「錬金術」が慶応の得意技だろう〜
質の低下とはどう言うことなのか言ってみなさい

コジキは失せろ

319 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/01/17(土) 15:22:03 ID:up+8M57r0
ここは人攫いが来るからなW

仲買人

320 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/01/17(土) 15:22:45 ID:up+8M57r0
わたくしたちの扱う商品は「人間」でありますW

321 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/01/18(日) 02:12:01 ID:tkW11rhxO
>>318
人に言葉の定義を聞くなら自分もそうしようね、蛆虫クン。
「経済の本質」とは?
「錬金術」とは?
「慶應が得意」の根拠は?

322 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/01/18(日) 08:26:43 ID:F/JUz0xf0
経済の本質は、生活に必要なものを生産すること
生産なくして、利益を得るのが錬金術だ
ところで、労働者の質とはなんでしょう
貧困や、失業が企業に有利な雇用関係を結ぶ上で必要不可欠だし
基準以下の、賃金で働く人達は生活苦から犯罪を犯す可能性があり
それを見越した企業側は、前もって様々な虐待を行い人間を変質せしめ
自分たちに罪が無いことや、雇用者の反社会性を社会にアピールするわけだ
これがお前らの「経済」か

323 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/01/18(日) 08:29:31 ID:F/JUz0xf0
刑務所に入ることを強要するような反社会的企業で働く必要は無いが
「選べなく」するのも金融だよな(笑

324 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/01/18(日) 08:33:23 ID:F/JUz0xf0
福沢先生はカスですなW

325 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/01/18(日) 15:22:18 ID:rEuJFuii0
>>322
労働者の質とは、当該国の経済水準に応じた労働者個々の教育水準のことさ。
経済水準に比べて教育水準が劣ると、自国労働者たちに相応の賃金が払えなくなって、
労働力を外注せざるをえなくなる。
今問題の派遣切も、彼らが切られた理由は、
ずっと安い労働力が外国にあるため、企業はそちらで確保できるから。


326 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/01/18(日) 15:42:29 ID:F/JUz0xf0
それは違うと思うよ
供給が過剰になれば、賃金を低く抑えられる
ただそれだけのこと
企業の潜在的な資産というのは貧困や失業者のことだからね

327 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/01/18(日) 15:47:33 ID:F/JUz0xf0
彼らは、必要なものを自分たちで作ることが出来れば
もっと豊かな生活が出来ると思うよ
そもそもお前みたいな人間の主張では、人間の社会は存在しないし
通貨そのものが無意味だ
金融危機以前の問題。

328 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/01/18(日) 15:49:50 ID:F/JUz0xf0
殆どの人が他の選択肢を選ぼうとしているのが現実。
ノーサンキューです

329 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/01/18(日) 15:52:02 ID:F/JUz0xf0
慶応は日本から出て行け!

330 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/01/18(日) 16:21:27 ID:szE7V9x30
>>74
捏造された福沢諭吉像―今も進行する『東日流外三郡誌』汚染―
http://www8.ocn.ne.jp/~douji/yukichi.htm


331 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/01/18(日) 16:35:47 ID:szE7V9x30
>>161
ヤフオクに『福澤諭吉全集』出品中。

☆福沢諭吉全集 全21巻+別巻 附録付☆
http://page4.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/d90978457

開始時の価格 : 8,000 円
開始日時 : 1月 16日 8時 35分
終了日時 : 1月 21日 8時 35分

全22巻で8,000円なら送料込みで1冊400円!


332 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/01/18(日) 18:16:26 ID:rEuJFuii0
>>326
だーかーらー、日本には最低賃金の制約があるから、
一定以下の賃金では雇えないでしょ。
そのため日本国内で派遣切をして、同質の労働力を外国で調達するのさ。

日産がマーチをタイだけで生産するというのは、そういうことなんだよ。

333 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/01/18(日) 18:53:14 ID:F/JUz0xf0
最低賃金の制約なんて実質的に無いよ
パートやアルバイト、日雇い派遣を見れば分かるだろう
俺、色々な労働現場を見たけれど凄いぞ
精神的、肉体的虐待の嵐。彼らが犯罪を起こす前に、社会に対し危険であることを印象付けるために行う
牢番や警察がすることを民間でするようになった
日本にも西部劇時代の極悪インディアンが出現するかもしれないぞ
そんなことをしてはした金を得て恥ずかしくないのかお前ら

334 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/01/18(日) 18:54:31 ID:F/JUz0xf0
ネイティブインディアン100の教えWWW

335 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/01/18(日) 19:00:14 ID:F/JUz0xf0
332
お前物知りのようだけど
景気対策と呼ばれる政策が
人々の生活する術を奪うこと、家族と隔離すること、一文無しにすること
であることに気が付かないのか
東北の出稼ぎ労働者しかり、派遣しかり
移民もそうだし、アメリカの開拓民もそうだ

336 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/01/18(日) 19:02:33 ID:F/JUz0xf0
金融業者は人の不幸が利益になる特殊な業種だな
横文字の金融商品の意味するところはそう言うことだ

337 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/01/18(日) 19:12:42 ID:F/JUz0xf0
ファイナンシャルプランナ〜(笑

338 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/01/19(月) 11:53:34 ID:hvez17qm0
>>333
じゃあ、日本の労働者が自給50円で働くのかよ?
タイの労働者なら、喜んで働くぞ。

339 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/01/19(月) 11:54:57 ID:hvez17qm0
>>335
それならどうすればいい?
やらなければ益々破滅だ。
教えてくれよ、
って、福沢がらみで話してね。

340 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/01/19(月) 13:19:31 ID:ym5edV5FO
ID:F/JUz0xf0

蛆虫ニートクンにとって経済の本質は「生産」だけ?笑わすなよwwwwww
生産無しに利益を得ることがダメなら、銀行も保険も必要ないってことだよな?
まぁニートらしい浅い思考だな…。

因みに蛆虫ニートクンは批判には責任が伴うって知ってる?
批判するからにはベターな対案を示してもらおうか。
それと蛆虫クンの主張内容に慶應大学や福沢は直接的に何ら関係ないじゃねーかwwwwww


341 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/01/19(月) 15:58:50 ID:cJCPW1Vl0
低所得で働く人間をドロボーと誹謗したり
悪い人間と印象付ける為に、虐待を行うのはいけないと思います
そんなことをする位なら、されるほうを選べ

342 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/01/20(火) 09:40:18 ID:guqoWqEI0
>>341
いったい何の話なのか?

343 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/01/20(火) 11:49:58 ID:guqoWqEI0
平山 洋 福澤諭吉――文明の政治には六つの要訣あり―― ミネルヴァ書房 二〇〇八年五月
 四六判四〇一頁(+三〇頁) 三一五〇円 ISBN 978-4623051663

「重要な事柄が省略されていたり、または軽く扱われていたりするため、『福翁自伝』は全体として
幕末維新明朗時代劇の様相を呈している。その影響なのか、現在よく読まれている伝記は講談調が
多いが、そこで描かれる福澤像は実相からかけ離れたものである。また石河幹明の『福澤諭吉伝』が
示し、遠山茂樹の『福沢諭吉』へと引き継がれた〈侵略的絶対主義者福澤〉という像も依然有力とされ
ており、現行版全集の「時書新報論集」を信じる限り、その思想を整合的に理解するのは困難である。
/こうした従来の見吉に対し、本書において私が提示した福澤像は、〈文明政治の六条件を日本に広
めようとした伝道者〉というものである」(あとがき)。

しかし『時事新報』社説、端的にいえば福沢本人が書いたのか、否かをめぐる近年の論争に対して、
その問題設定自体への根本的な批判が提出されている。これを看過することはできまい。すなわち、
社説そのものが「福沢の思想と無関係のものである」とは「考えられず」、「福沢が書いたものとそうで
ないものを選り分けねばならないほど、社説記者の意見が福沢の考えと相反していたとするならば、
2千数百通も確認されている福沢の書簡中には晩年になるほどその形跡が見えるはずだが、そのよう
な気配は毛頭見えない」。つまり、『時事新報』社説を書いたのが福沢か、他の記者か、を「選り分ける
必要性の論証は成功しているとは言い難い」。

それだけではない。福訳筆でないと「判定」される社説のいくつかは、実際には「福沢の全文直筆原
稿が存在している」。したがって、「選り分けの技術論としても」、「成功しているとは言い難い」(以上、
都倉武之、前掲、寺崎編『福沢諭吉の思想と近代化構想』所収)。

http://blechmusik.xrea.jp/d/hirayama/h84/




344 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/01/20(火) 12:13:02 ID:YVOy/XuZ0
342
収入が不安定なアルバイトなどに対し、経営者が結果責任から逃れるために
前もって誹謗するんだよ
「レジの金が無くなった」そう言われて泣いて辞めていった女の子も知っているし
親戚のおばさんも、高校生時代に同じ目にあった
前者は、銀行員がよく手伝いに来てましたけどねWWW
屑野郎!


345 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/01/20(火) 12:19:59 ID:Zj3Vezda0
>>343
何が言いたいのか、よく分からん書評だな



346 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/01/20(火) 12:20:19 ID:YVOy/XuZ0
派遣労働者も退職した後、本人の知らないところで
ドロボウ呼ばわりされますよ
職長が、朝礼のときにわざわざものが無くなった話を聞かす…
自分の場合はそれが嫌だから、退職したときに挨拶に行こうとしたら
派遣会社の社員に暴行を受けた挙句「ドロボードロボー」と叫ばれましたけどね

右翼って言うのはコジキのことなんじゃないか?

347 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/01/20(火) 12:20:50 ID:YVOy/XuZ0
345
コジキか

348 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/01/20(火) 12:22:53 ID:guqoWqEI0
>>344
そのことと福沢とどんな関係があるんだよ。
いいかげん話を戻そうぜ。

349 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/01/20(火) 12:24:48 ID:YVOy/XuZ0
銀行の真似事をして、露命をつないでいるのが昨今の腐れ右翼だから
最早、存在の意義が無いね
これからは名詞に「コジキ業」と書いとけ


350 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/01/20(火) 12:28:33 ID:Zj3Vezda0
>>347
人違いすんなよ!
こっちは勉強がしたいんだ


351 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/01/20(火) 12:29:20 ID:YVOy/XuZ0
348
ばーか
慶応のバカ息子とクソ親父のお世辞を言うのがコジキ業者のお勤めだろうが

352 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/01/20(火) 12:31:30 ID:YVOy/XuZ0
金融業などの人攫いの実践はベトナムでやって来なさい
ここはお前たちの住む所じゃない

353 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/01/20(火) 12:33:56 ID:/E4ec3PC0
悪友を親しめば自らも悪友となる。アジアの悪友を謝絶する

偉人っすね。

354 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/01/20(火) 12:34:04 ID:guqoWqEI0
>>349
お前、まったく無関係な相手をどやしつけているぞ。
IDをよく見ろ。
>>345はおれが貼ったコピペの中身についてカキコしたんだ。

355 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/01/20(火) 12:47:42 ID:YVOy/XuZ0
まあどうでもいいけれど
詭弁と妄言を繰り返して、無知と貧困を作ろうとするのは止めなさい

356 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/01/20(火) 12:49:41 ID:tq3vXHET0
>>250
福沢の独立は経済的自立を果たす、という意味ではないと思う。
専業主婦の塾員が外で職に就かないのは人助けの意味があるんだよ。

710 名前:可愛い奥様[sage] 投稿日:2008/09/01(月) 15:37:57 ID:DWzw59/M0
>>709
私程度の能力の者でも、働きに出ようと思えば出られるでしょう。いくらかの
収入を得ることができるということです。しかしそうすれば、私と同じくらいの能
力をお持ちの方から、職を一つ奪うことになるのですよ。私が働いていない、
ということは、むしろ人助けになっているはずです。

やはり福沢諭吉の独立自尊の第一義は「他人に迷惑をかけない」であり、「経済的自立」は二の次。
日本国の独立自尊は他人に迷惑をかけていない今こそ出来ている。

反論求む>>238

357 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/01/20(火) 13:00:08 ID:YVOy/XuZ0
悪知恵は、能力と言わないだろう
それは、経済の実態を食い荒らしてしまうイナゴとかシロアリと言う

358 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/01/20(火) 13:05:31 ID:YVOy/XuZ0
自分は資本主義、社会主義にかかわらず
組織に於いて、階層が出来るのは仕方が無いと思っている
それは「島耕作」みたいな虚飾では無いよ

359 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/01/20(火) 13:19:16 ID:tq3vXHET0
アメリカ追従の小泉純一郎首相が慶應出身なのに独立自尊の観点で三田会、慶應学者からの批判がでなかったのはこういうことです↑
決して権力主義者のコバンザメ金魚の糞の三田会だからではなく、既に日本国として独立自尊を達成していたからです。
ちなみにニートという単語も小泉政権の時に出ました。
「テロ=他人への迷惑行為」は許さない。
ならば民間人の香田証生氏含む邦人の犠牲者は独立自尊の国ゆえに出た被害者です。
彼らはテロリストと戦う気がなかった。敵国の人間と通じようとした。
しかし敵と和解しなかったらいつこの戦争は終わるのか?いつからこの国はアメリカになったのか。
独立自尊とアメリカは共存する。

360 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/01/20(火) 15:57:10 ID:YVOy/XuZ0
なんの義務感の無い連中が「元帥」になりたがる腐れた軍人バーにたむろする
バカヒルズのお陰で、日本の政治や経済は滅茶苦茶だ
失せろバカ野郎!


361 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/01/20(火) 19:22:47 ID:lkip6rqS0
>>359
小泉政権が、アメリカ追従というのは、間違いさ。
普遍的な正しさを求めていただけだよ。


362 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/01/20(火) 22:21:24 ID:YVOy/XuZ0
みずから戦う力を削いで、労働力を外国資本に開放するのが
普遍的な正しさなのか

363 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/01/20(火) 22:23:30 ID:YVOy/XuZ0
織 田 信 長 WWW

364 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/01/20(火) 23:07:28 ID:WAHv0LeC0
ID:YVOy/XuZ0

そろそろこの蛆虫ニートアク禁にしたいね。
発言内容が支離滅裂且つ、福沢に関係がない。

365 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/01/20(火) 23:24:16 ID:YVOy/XuZ0
織田信長は、義務を放棄して日本人の労働力を外国人に売ろうとした
売国奴の先駆けだぞ
どこが支離滅裂なんだ

366 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/01/20(火) 23:27:36 ID:YVOy/XuZ0
しかも性酷薄で残忍な性質は、現代の資本主義社会の中枢に見られる
性的退廃が原因の精神疾患を想起させるじゃんか

367 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/01/20(火) 23:30:10 ID:YVOy/XuZ0
福沢は退廃の始めの一歩

368 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/01/20(火) 23:30:41 ID:YVOy/XuZ0
信長は堕落の完成形だ

369 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/01/21(水) 18:40:50 ID:ePnK+asH0
もう出てくるなよ ID:YVOy/XuZ0

370 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/01/21(水) 20:08:34 ID:2Wk1yeql0
お前こそ人に後ろ指差されるようなことすんなよ
罵るのだって嫌なんだから
ページ開くとき、怖くて開けなくなるような書き込みはやめてよ

371 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/01/22(木) 22:44:56 ID:btGKxTod0
>>361
普遍的な正しさを求めていたからアメリカ追従だろ?

372 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/01/23(金) 01:03:03 ID:8G50CEDK0
とっても賢い福沢さんには、慶喜や原市之進なんてバカにしか見えなかっただろうね。

で、武士や中津や幕府を批判したわりには、幕府が瓦解する前に武士をやめることはおろか
脱藩も幕府致仕もしなかったのはなんで?



373 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/01/23(金) 01:44:07 ID:ii487U+r0
それはミネルヴァの『福澤諭吉』をどうぞ。

福澤は、自伝の記述とは違って、実際には幕府存続のため努力していました。
別に批判だけして、他にはなんにもしてなかったわけでもありません。
自伝を口述しているときは第三次伊藤内閣です。
明治14年の政変以降は伊藤と関係が悪化していますので、
伊藤ににらまれないような記述にしてあるのです。

374 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/01/23(金) 07:29:23 ID:gi2gqET50
>>372
まあ、自伝は青年時代から40年近く経ってから書かれたものだからネ。
中津藩の下士から旗本に成り上がった青年が、せっかく入った幕府の倒壊を望むはずもないだろ。
いろいろ手を尽くして幕府(慶喜)を支えようとしたが結局ダメで、引っ込んじゃった。
戊辰戦争に旧幕府の側から参加しなかったのは、慶喜の帰順命令が出たせいだろう。
あとは>>373の通り。

375 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/01/23(金) 21:00:20 ID:Nkdp7rxH0
>>330
『福沢諭吉の戦争論と天皇制論』と『東日流外三郡誌』との関係については、
Amazonの書評にコメントがあります:
http://www.amazon.co.jp/dp/4874983669/

『東日流外三郡誌』に関しては、Wikipediaに項目があります:
・東日流外三郡誌(つがるそとさんぐんし)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9D%B1%E6%97%A5%E6%B5%81%E5%A4%96%E4%B8%89%E9%83%A1%E8%AA%8C


376 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/01/26(月) 09:29:54 ID:hXO3qACD0
上野の博物館でやっている
「未来を開く福沢諭吉展」
行ってきた

各時期の表題が、
「仮面ライダーヒビキ」
のタイトルみたいだった

377 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/01/26(月) 11:19:15 ID:hUBlkjGA0
上野公園にいる沢山のホームレスに付いてどう思っているのかな福沢は…
東照宮で、おみくじを引いたら「お金を払え」と言われたよ
その偽神主は、お金を入れるところを見ていたのにだ
みんなで作業服を着て上野の東照宮に出かけよう

378 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/01/26(月) 11:21:27 ID:hUBlkjGA0
慶応大学は無いほうがいいよ

379 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/01/26(月) 12:04:35 ID:WlcL8lTI0
福翁自伝では実にナチュラルに被差別階級を差別している福沢さん
自分の業績を全否定するようなこと、福沢自身がやってる。

福沢は武士の身分にしがみつき、藩士・旗本の地位をありがたがって
最後まで脱却しなかった。
慶応4年以降には、幕臣の身でありながら慶喜のため徳川のために何一つしなかった。
明治になっては時の権力を恐れて自分の履歴の記述を曲げた。

そんな人間がやせ我慢の説だの独立自尊だの人間皆平等だの、片腹痛い。


380 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/01/26(月) 12:25:30 ID:Qk62acWf0
>>377
努力が足りない!
介護ヘルパー2級をとって、福祉の場で働け!

>>379
『福翁自伝』の中のエピソードは、

適塾生は解剖など西洋医学の修練を積んでいたので、
自分たちが被差別民のように見られても、平気だった、

という内容。これがどーして差別肯定になるんだ?



381 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/01/26(月) 12:30:00 ID:hUBlkjGA0
おばちゃん介護だけはやめとけよ
姥捨て山って知ってるか、病院では合法的に人が殺されていて
看護婦が嫌がって逃げている

382 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/01/26(月) 12:31:42 ID:hUBlkjGA0
ボクのお父さんも殺されましたぁー

383 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/01/26(月) 18:45:11 ID:hIsQoomW0
わけわからん批判してる人、福澤の伝記の一冊も読んでないのがモロバレ。
慶応四年以降って、明治二年にさっそく榎本助命運動をやってるじゃないか。
自伝の内容についても、福澤の記述はすすんで嘘を書いたわけでもないし、だいぶ良心的なほう。
時代背景や世情を気にせず、なんでもかんでも書かねば評価しないってのは、
まあ厚顔無恥もはなはだしいな。
幕府のためにあんなこともこんなこともやりましたと書くなんて、
当時としては「ボク失脚したいです」といってるようなもんだ。

ついでに言っとくと、片腹じゃなくて「傍らいたし」だよ。

384 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/01/26(月) 19:44:58 ID:0Jm+Q8uA0
>>383
たぶん安川さんの本しか読んでいないんだよ。>>379は。

385 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/01/27(火) 08:00:16 ID:VrBwWM/o0
サヨはホントに勉強しないなあ
60年くらい同じことを言っている
新しい情報を受け取ることができないんだろうか?

386 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/01/27(火) 09:57:50 ID:SnC3Gmcw0
国家間の争いが、権力増強の流れの原因になる
「人は何によって動くか」それを権力者は追及する。
権力は、人々のさまざまな欲求によって生まれるが、
それを維持するために貧困や心の渇望を永遠に要求することになるんだ
決して手の届くことの無い星に手を伸ばすのと一緒なんだぞ

387 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/01/27(火) 10:02:44 ID:SnC3Gmcw0
そして権力生成の為に創造された「人」が己の欲望のおもむくままに
権力に触れるとどうなるか
推して知るべしだ
人を指導する、剣は天から授かるものだからその意思に反したとき
罰が下るんだよ

388 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/01/27(火) 10:49:48 ID:RBkcnNXc0
>>386>>387
そんなくだを巻いた酔っ払いみたいなタワゴトではなく
具体的な話をしろよ

389 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/01/27(火) 10:56:56 ID:SnC3Gmcw0
>そんなくだを巻いた酔っ払いみたいなタワゴトではなく
>具体的な話をしろよ

それは誰に「聞かせる」言葉なんだろう
少なくとも俺に言っているのでは無いのはわかるぞ
くだらねー人間だなお前は


390 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/01/27(火) 11:05:46 ID:SnC3Gmcw0
相手の落ち度を作って、それをお殿様に報告するのが
「色小姓」
現代の言葉で警察と言う

391 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/01/27(火) 11:30:52 ID:RBkcnNXc0
>>389>>390
せめて福沢の話をしろ!

392 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/01/27(火) 11:32:01 ID:SnC3Gmcw0
警察の話をきいていたら警察になっちゃうが
それは畏れ多いことなんじゃないか
人に嫌われる人間になることを望むのは、破滅を望むのと一緒だよね

393 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/01/27(火) 13:02:47 ID:YPlB5dF20
シンポテキな言説は福沢諭吉にとって商売道具だったって気がする

お金をもうけて人から尊敬される為の手段だから
不利益をこうむってまで日ごろの主張を実行する気なんかさらさらない。
平気で主張と正反対のことを言うし。

福翁自伝の中では、被差別階級に対する侮蔑的な言辞のほかにも
「朝鮮人のように金に汚い」とか
「私は身分が卑しい者以外に対しては、誰にでも丁寧な言葉で接した」とか
平気で言ってるんだよ。

これが差別でも欺瞞でもないっていうんならもーいいや。


394 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/01/27(火) 13:26:00 ID:SnC3Gmcw0
人間知らないことはわからないから
礼は説くよりも実践が大切なんだろうな
また、功罪を明かにしない限り善悪の区別は付かないはずだ
それを差別と言うのなら一切の法を放棄しろ
お前は本当に社会人なのか?
子供だましも大概にしろよ偽善者!

395 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/01/27(火) 14:32:55 ID:1znmD1fL0
>>393

「朝鮮人のように金に汚い」は、過去の自分について言っているんだよ。

>仮初にも自分の手に握れば、借りた金も貰った金も同じことで、後のことは
>少しも思わず、義理も廉恥もないその有様は、今の朝鮮人が金を貪ると何
>にも変わったことはない。

「私は身分が卑しい者以外に対しては、誰にでも丁寧な言葉で接した」は、
原文ではちょうど逆になっているね。

>その以下の者に向かって自分が軽蔑されただけソレだけ軽蔑してやれば、
>いわゆる江戸の敵(かたき)を長崎で討って、勘定の立つようなものだが、
>ソレが出来ない。出来ないどころではない、その反対に私は下(しも)の方
>に向かっては大変丁寧にしていました。

『福翁自伝』は全文がhtm化されているから、すぐに出典を探せます。

サヨは嘘つきが多くて困る。(これも差別かな? いや、ただの事実さ)

396 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/01/27(火) 15:20:18 ID:YPlB5dF20
岩波文庫版187〜188P
「王政維新」の章・幕府の攘夷主義の項目に書かれてることだよ。

「車夫・馬丁・人足・小商人のごとき下等社会のものは別にして、
いやしくも話のできる人間らしい人に対しては無礼な言葉を用いたことがない」云々。

下等社会って…
人間らしい人って…
だいたい「朝鮮人」を「金に汚い」の代名詞に使うことをおかしいと思わないんですね。


397 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/01/27(火) 16:15:39 ID:1znmD1fL0
>>396
まあ当然の階級意識という気もするがね。

398 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/01/27(火) 16:29:17 ID:4lpbP1Bb0
過去の人間をやたら批判するやつって、まず確実に歴史的背景を無視するよな。
>>393のいう「差別でも欺瞞でもない」という現代からみても立派な態度を生涯つらぬいた人なんて、いないから。
こういう基準で過去の人を批判すると、けっきょく過去の人間全員が悪人になっちゃうから、
そのうちに「徳川時代の人間は階級意識があるからけしからん!」とか、
あげくのはてには「縄文人は人権意識に欠けている、けしからん!」とか言いだしそうだ。
あるいは「類人猿はヒューマニズムを学ぶ意欲が欠けている、けしからん!」とかw

自分の価値基準を絶対的なものにして判断するんじゃなくて、
せめて、当時の人間としては相対的には立派だった(あるいは立派でなかった)って評価はできんのかな。
まあ、評価できるorできないの問題じゃないんだって気はするけど。
批判しつづけるのが楽しくてしょうがないんだよな。もうそれが娯楽化してる。
結局、榎本助命運動やったこと書いたら反論できなくなっちまったみたいに、
新しい知識を仕入れる気はないのね。

399 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/01/27(火) 22:53:37 ID:l+l5IQ5q0
>>395
> 『福翁自伝』は全文がhtm化されているから、すぐに出典を探せます。

ググってみたら次のページが見つかりました。

・福翁自伝(電子図書館 書籍デジタル化委員会)
http://www.eonet.ne.jp/~log-inn/fukuzawa/fukuou.htm
・福翁自伝 福沢諭吉(福岡工業大学准教授 田中豊氏のサイト)
http://www.fit.ac.jp/~y-tanaka/fukuzawa/fukuzawa.htm

あと慶應義塾図書館の<デジタルで読む福澤諭吉>で署名著作の全文検索ができます。
http://project.lib.keio.ac.jp/dg_kul/fukuzawa_search.php

ここで検索するとおもしろいよ。


400 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/01/27(火) 23:03:00 ID:YPlB5dF20
だぁーも言いたいこと全然理解されてないんだな。
どんな偉人にだって光と影があるってことぐらいわかってるよ。
坂本龍馬は当たり屋詐欺しよったんやてぇーなんて
喜々として書き込んだりしないって。

江戸や明治の人間なら、差別意識は持っても
ある程度は仕方なかったと言える。
しかし「差別はダメ。絶対。人間皆平等。」と吹聴して
平等主義の率先者とみなされた人間が差別をするのは、
古代人だろうが何時代の人間だろうがまずいだろ。
おまけに「自分は階級差別しなかった」ということを根拠に
幕府時代の上級武士を罵倒しながら
数ページ後にはけろっと階級差別して、
さらにそれを「階級差別せず、権威も気にしない自分」を
宣伝する道具にしちゃえる神経が理解できない。

それと榎本の助命嘆願をしたことぐらい一般常識として知ってます。
だが別に徳川のためにしたことじゃないだろ。
新政府に出仕しなかったのだって、
徳川に義理立てしたわけじゃないくせにな。
武士で幕臣なら、情勢がカオスになってるときにこそ
幕府のために働けよ!
それで働いた幕臣のうち一番頭を使ったのが勝海舟で、
頭を使わなかったのが彰義隊だな。
働かなかったのなら、働いた人間が新政府に出仕しようが
どうしようが黙ってろ。

福沢伝を書く人間ってのは、結局痩せ我慢の説にも
自伝の差別的な文句にも違和感を感じない人間ということだから。
あと新しい知識と言えば、松浦玲『明治の海舟とアジア』の
「足尾鉱毒問題をめぐって」を読むと良いよ。


401 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/01/28(水) 00:43:21 ID:x8L7KMaQ0
さっすが学習院!

402 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/01/28(水) 05:32:05 ID:bNez3Baf0
素人意見として言わせて貰うと、「車夫・馬丁・人足・小商人のごとき下等社会のもの」ってのは、
当時の価値観では「階級」にすら入らないレベルでしょう。
従って福沢はそのレベルの人間のことは話の念頭に置いていないってこと。
福沢の限界であり、明治時代の価値観の限界。
もともと福沢の考えは「無学なる者は貧人となり下人となるなり」だからね。


ID:YPlB5dF20

↑この安川の手先みたいな左翼クンは、「当時の価値観や時代を念頭において歴史を見る」っていう姿勢を見につけたほうがいいのでは?
まぁ君の左翼同胞の方々(笑)にもいえるが。


403 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/01/28(水) 05:41:35 ID:bNez3Baf0
>武士で幕臣なら、情勢がカオスになってるときにこそ
>幕府のために働けよ!
>それで働いた幕臣のうち一番頭を使ったのが勝海舟で、
>頭を使わなかったのが彰義隊だな。
>働かなかったのなら、働いた人間が新政府に出仕しようが
>どうしようが黙ってろ。


随分感情的で、知性を感じないと思うのは俺だけ?
幕府のために何もしなかったから、福沢の言う、勝の「オポチュニズム」とやらを批判してはいけないって、
論理的な整合性あるか?

あと、命令口調になってるが、誰に対して言ってるんだろうね?


すぐ感情的になるあたり、もしかして蛆虫ニート君??


404 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/01/28(水) 07:02:02 ID:x8L7KMaQ0
>蛆虫ニート
それはお前のことで本人に自覚が無いだけ
低賃金で献身的に働く人間に対しそれを言ったらお終い

405 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/01/28(水) 08:09:18 ID:x8L7KMaQ0
アルバイトや派遣がいなくなったら、儲からなくなるのは誰でも知っている理屈
そして究極の自己責任が労働者の虐待。


406 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/01/28(水) 08:25:44 ID:bNez3Baf0
>>404-405
蛆虫ニートって固有名詞なんだけど。
あと、ニートの意味分かってるの君?
分かってたらそんなレス恥ずかしくて出来ないよw

407 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/01/28(水) 09:46:57 ID:x8L7KMaQ0
ニートは英国で生まれた差別用語だよ
金融が、失業と貧困を必要としそれが再生産されることから生まれた言葉だろう
自分達が利益の為に作った失業者をドロボーと呼ぶのも
虐待を行って怒らせ凶悪犯罪者のように印章づけるのも酷いよね
人間のすることじゃ無い

408 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/01/28(水) 09:48:20 ID:x8L7KMaQ0
ふぁびょ〜んってか
本当に酷いね

409 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/01/28(水) 09:55:00 ID:x8L7KMaQ0
何もそんな所までアメリカ等諸外国の真似すること無いと思うが

410 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/01/28(水) 11:57:47 ID:LHcvhUyf0
>>400
やっぱり誤解している。
君は「身分」と「階級」の区別がついていない。
「身分」は生来のもので動かせないが、
「階級」は努力次第で動かせんるんだよ。

福沢先生は、「身分」を否定して「階級」を肯定したんだ。
石川忠雄塾長は大工の倅で夜学出だが、苦学して慶應を出て塾長になった。
塾長は交詢社理事長でもあるわけだから、
日本を代表する社交クラブのトップになったわけだ。

身分制社会ではそんなことは許さないが、現代日本では可能。
福沢先生がめざした社会の、それが真の姿だよ。


411 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/01/28(水) 12:23:29 ID:x8L7KMaQ0
努力とは、自己陶酔と尊大、他人に対する卑下のことか


412 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/01/28(水) 12:26:39 ID:LHcvhUyf0
>>411
まず日本語を勉強しては?

413 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/01/28(水) 12:29:57 ID:x8L7KMaQ0
410
お前は犯罪心理学の見本みたいな人間だな
小学生からやり直したほうがいいぞ

414 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/01/28(水) 12:31:37 ID:x8L7KMaQ0
ただのパンパンじゃんか外人さんの

415 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/01/28(水) 19:06:23 ID:uGQCkVNM0
>>414
年がばれるよ、じいさん。

416 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/01/28(水) 19:38:11 ID:L7+hCwZy0
「当時の価値観や時代を念頭において歴史を見る」っていう姿勢を見につけてみたら、

江戸時代の上級武士が下級武士や庶民を見下すのを批判するのもおかしいんじゃね
当時はそれが正義だったんだからさ。
榎本や勝が明治政府に仕えたのも深い事情があってのことだったんだし。

つうか「当時の価値観を〜」って、福沢信者にかぎらず歴史上の人物の信者が
好きな人物の非行をを批判されたときの反論の常套句だよねー
しかし最初は、ゆっきーは平等主義者だバーカと吹いておいて、
いざ動かぬ証拠をつきつけられると、階級意識があって当然だなどと開き直るとは…


417 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/01/28(水) 20:21:16 ID:uGQCkVNM0
>>416

>>410のカキコは常識、やっぱり理解できないんだね。

もっとも、分からないこと自体がすでに差なんだが。

418 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/01/29(木) 08:01:56 ID:MeY63kVW0
>>416
福沢が榎本武楊を批判したことには、深いわけがあったようだ。
どうも福沢の奥さんの錦は、榎本の親戚らしく、幕臣時代から親密だった。
「あの頃と、言ってることが違うだろ!」ということ。

今は警察庁の高官となっている男が、昔は東大全共闘だった、みたいな話。
「マークスの山」だっけ。

419 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/01/29(木) 08:25:37 ID:aIQCRc2H0
>>416
>階級意識があって当然だなどと開き直るとは
人気の>>416さんは、誤解なさっているんですよ。
「階級意識」とは、どの階級に属していようとも、同じ階級なら同じように有している意識のことで、
別に中・上流だけではなく、労働者階級にもあるものです。
おそらく坂本竜馬にもあったと思いますよ。明治まで生きて自伝を書いたら、それが表出されたはず。



420 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/01/29(木) 08:40:47 ID:yrd1Y9b40
言葉を左右にし、惑わせ
お前は馬鹿だ!と言って暴力を振るう
現代日本の労働現場で実際に目にした光景で
2ちゃんねるでも見かけるね
誰しも矛盾があるものだが、それを故意にやってはいけないと思うよ
そうやって階級は作られる

421 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/01/29(木) 08:42:00 ID:s/RikyZR0
>>400
>新政府に出仕しなかったのだって、
>徳川に義理立てしたわけじゃないくせにな。

どうもそうだったらしい。最新の福沢研究をフォローしてくれ。
こっちが恥ずかしくなる。

422 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/01/29(木) 08:54:18 ID:yrd1Y9b40
それから妄言を吐いて、本質にベールをかぶせるのも偽善者の特徴だな
偽善者の行動は一貫してる

423 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/01/29(木) 08:57:14 ID:IVtn/IM50
>>420
話になりませんね。
福沢が自伝で言っていることに、とくに矛盾はありませんよ。


424 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/01/29(木) 08:57:47 ID:yrd1Y9b40
日経新聞読むとわかるよ
読むと馬鹿になる

425 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/01/29(木) 09:00:52 ID:yrd1Y9b40
論より証拠と言われるとおり、結果がどうなるかが一番重要
嘘は見る人から見れば、欲望まるだしの裸の人間そのものだ

426 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/01/29(木) 09:02:27 ID:MeY63kVW0
>>422
それなら、危険を顧みず、新政府に拘束されていた榎本武楊を助けたのは、なぜ?
見捨ててもよかったはずなのに。

427 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/01/29(木) 09:04:56 ID:yrd1Y9b40
ホント話にならないな、子供を虐待するのはやめて欲しい。
しかも、自分で傷つけた人間を「きたない」「くさい」と言って際限が無くなるんだから

428 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/01/29(木) 09:08:24 ID:MeY63kVW0
>>427

やっぱりこの人…。

他の住人様もお気をつけください。

429 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/01/29(木) 09:08:47 ID:yrd1Y9b40
コジキ右翼の仕事は、金に困らせた人間を小学生の列に突っ込ませることだ
カーミーカーゼーW

430 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/01/29(木) 09:10:50 ID:yrd1Y9b40
428
法の束縛を受けない人間が、どれだけ変質するかこいつを見ればわかる

431 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/01/29(木) 09:27:52 ID:O55UqLFt0
>426
もう政治情勢は固まった後だし。
東京には徳川への懐旧の情と明治政府への反発という空気があったし。

東京で商売していく上で、ちょっとは徳川のために動いたよんってパフォーマンスしておかないと
外聞が悪くて今後の営業に差し支えると思ったんでしょ。
榎本が助からずに死罪になっても福沢の恥にはならない。
むしろ福沢も、悲劇の英雄像のおすそわけにあずかることさえ…

勝を批判したのは、借金の申し込みをことわられて逆ギレしたからってだけ。
それで勝単独を非難するのはあからさまだから榎本をお相伴にした。
ただ、自分に助けられたような男が明治政府の高官になって爵位までもらってることへの
悔しさみたいなものはあった。

だいたい勝を批判するなら山岡鉄舟や大久保一翁は?
榎本を批判するなら人見勝太郎や大鳥圭介は?

つうか最近の研究とやらでは、幕臣福沢諭吉は戊辰戦争の時には

「伏見の敗余江戸に帰るもさらに佐幕の諸藩に令して再挙を謀り、
再挙三拳ついに成らざれば退て江戸城を守り、
たとい一日にても家の運命を長くしてなお万一を僥倖し、
いよいよ策竭るに至りて城を枕に討死するのみ」

という態度だったんですねこりゃ初耳だ。



432 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/01/29(木) 09:32:59 ID:O55UqLFt0
しかし、「天は人の上に人を作らず人の下に人を作らず」(笑)とのたまった
平等主義の先駆者(爆笑)福沢諭吉の自伝に差別的な語句が頻出するという指摘に対する反論が
二分されてないか?

・当時の時代や社会の状況を考えろ
→福沢真理教スレ内ではともかく、世間でそれに納得する人はいないと思うよ?

・生まれによる身分差は駄目だが、努力で克服できる懐旧は是
→これも上に同じく…
それに、それなら努力では克服できない民族や被差別身分を差別していることへの
弁解がたたないんだけどね。



433 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/01/29(木) 09:35:24 ID:MeY63kVW0
>>431
ID:yrd1Y9b40と同じ人なら、もう相手にしませんよ。

434 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/01/29(木) 09:42:59 ID:yrd1Y9b40
経済的に人間を屠殺する為に派生した文化が「学問のすすめ」
加害者側の弁護と正当化、被害者側の誹謗と卑下が本質で
自己尊大、他者を蔑視するために書かれた代表的な悪書と言える

435 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/01/29(木) 09:46:28 ID:yrd1Y9b40
433
お前みたいなゲスと関わるのは真っ平御免だね

436 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/01/29(木) 10:03:40 ID:MeY63kVW0
>>431
福沢が機会主義者なら、明治政府に入ったほうが得策だったのでは?

あと戊辰戦争時には、すでに慶喜により従順の命令が出されていたのだから、
抵抗を続けるのはその命令違反になるでしょ?

>>432
差別なんてしていないですよ。

437 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/01/29(木) 10:14:56 ID:yrd1Y9b40
福沢みたいな人間に関わったらダメにされちゃうよ
人間を陵辱し穢すのは理由付けであって、その批判は悔悛を認めないただの強要だよ
福沢の形だけの正論は、若者から素直さと勤勉さを奪うもので
本人に対する言葉ではなく周りの人間に聞かせるものなんだ
高度経済成長期に東南アジアの労働者は怠け者とされたよね


438 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/01/29(木) 10:17:13 ID:yrd1Y9b40
今や日本の労働階級の若者はニートと呼ばれているw
ホント懲りないよな
だから慶応は嫌なんだ

439 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/01/29(木) 10:19:26 ID:yrd1Y9b40
>悔悛を認めないただの強要
表情に表れてる、守銭奴の山口組みたいな顔してるじゃんか
みんな一万円札見てみなさい

440 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/01/29(木) 10:21:59 ID:yrd1Y9b40
甘言と脅迫が西洋人の特徴だから覚えておけデスヨw


441 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/01/29(木) 10:36:58 ID:q5H64BTp0
>・当時の時代や社会の状況を考えろ
>→福沢真理教スレ内ではともかく、世間でそれに納得する人はいないと思うよ?


お前みたいな池沼左翼が納得しないだけだろwwwwwwww

442 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/01/29(木) 11:14:58 ID:yrd1Y9b40
そもそも階級意識は他人と比較しなければ成り立たないんだから
納得させる方が難しい。根拠が無く互いに譲らなければ喧嘩になるのも
当然となる
これは散歩中の犬と同じだなぁ

443 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/01/29(木) 11:17:44 ID:yrd1Y9b40
人に笑われて育ったトモヒト親王殿下の反動だと思うよ
昨今の日本社会の乱れは


444 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/01/29(木) 12:10:14 ID:q5H64BTp0
ID:yrd1Y9b40

蛆虫ニート君、いつになったら働くの?

445 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/01/29(木) 12:31:12 ID:yrd1Y9b40
それはお前のことだな
彼らはきちんと働くし、選択が出来ればそちらを選ぶ

446 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/01/29(木) 12:52:34 ID:q5H64BTp0
日本語が意味不明だよ。
早くハローワーク逝けよ、蛆虫ニート君w

447 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/01/29(木) 13:00:06 ID:yrd1Y9b40
ハローワークは、困った人の足元を見る所で
職員の言うことに従っていたらあっと言う間に貯金がなくなるよ
失業手当を支給する条件から除外する為に
資料を投げつけて求職を辞退していただく
または、架空の求人を紹介し「本人の意思で辞退した」とされてしまうんだから
お前こそハローワーク行け
どう言う所か知ってるんだろW

448 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/01/29(木) 13:03:11 ID:yrd1Y9b40
俺はどちらかと言うとそのような立場のほうがいい
派遣先で、社員になることを薦められたが
自分には労働者の虐待なんて出来ないね

449 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/01/29(木) 17:08:27 ID:aIQCRc2H0
学校から帰ってきたら、スゴイことに。

自分としてはID:O55UqLFt0の再登場を望みますね。
ID:yrd1Y9b40は壊れたとしか言いようが無い。

450 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/01/29(木) 18:08:27 ID:aoqI/A0/O
『福翁自伝』は無自覚な偽善者の手に成る稀有の悪書と言えよう。


451 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/01/30(金) 07:23:12 ID:DhZenAZu0
>>450
『福翁自伝』をけなすなんて、ホントにどうかしている。
あれくらい「面白くてためになる」本は、そうはないよ。

http://blechmusik.xrea.jp/d/hirayama/h83/

452 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/01/30(金) 08:03:31 ID:N+RpYUwJ0
449
こういう人間が社会に紛れているわけだ普通の人間の顔をして
国は思想チェックした方がいいかも知れないね

453 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/01/30(金) 08:10:40 ID:N+RpYUwJ0
ここの板の上位を占めているのが、歴史的に不幸とされる人達への陵辱するためのスレッドで
アメリカ人が黒人にしていたようなことを
明確な意思を持って、実行しているに過ぎないんだよね

454 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/01/30(金) 08:56:49 ID:8YJU72ro0
>>452
ID:yrd1Y9b40の思想チェックなら、おれも賛成だな。危険すぎる。



455 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/01/30(金) 20:46:08 ID:+9fk3D9Q0
>>453
日本語でね

456 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/01/31(土) 07:42:20 ID:ywRI1n97O
もうじき雪池忌ですが
一般の参拝っておKなんでしょうか

457 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/01/31(土) 07:43:11 ID:HSk9npsH0
>>451
福沢先生の価値観を受け入れられない愚かな人間は、
結局成功できなくて、
「みんな社会が悪い」、なんて言いながら、
一生イジケつつ、滅びて行くんだろうな。

福沢先生を批判する金持ちなんか、見たことない。
批判するのは貧乏人ばかり。



458 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/01/31(土) 07:51:59 ID:j6L533RJ0
福沢先生の価値観を受け入れた人間は全て金持ちになれます
間違いない
何も生産せず学問に打ち込むだけで幸せに成れる
成功間違いなし

459 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/01/31(土) 08:00:45 ID:HSk9npsH0
>>458
おまえ「学問のすすめ」を読んだことないだろ

実業に役立つ実学を学んで、
生産や流通、通商で生かせ、
と書いてあるんだよ

460 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/01/31(土) 08:06:20 ID:j6L533RJ0
虚業の間違いだろう、小泉さんの振舞いを見てると

461 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/01/31(土) 08:19:25 ID:j6L533RJ0
サラリーマン金太郎はすばらしい
人の欲望の源泉である、物質的価値を独占する意味は何処にあるんだろう
つまらない権力感の持ち主で無いことを祈る

462 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/01/31(土) 08:41:01 ID:HSk9npsH0
>>460
福沢先生の時代に、虚業というのはなかったんだよ。
120年前の虚業って、何なんだ?

463 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/01/31(土) 08:58:25 ID:j6L533RJ0
学問が虚業であることは、明治以前に知られていたし
実際、江戸の町民のほうが経済に明るいぞ


464 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/01/31(土) 09:36:59 ID:g297w3+90
>>457
中村彰彦・山内昌之の「黒船以降」と言う本には

福沢諭吉の英語力も理科系の素養も貧弱だったこと
幕府の公金を私費流用・横領して本来なら切腹ものだけど幕府倒壊で上手く逃れたことが
描かれている

適塾出身だよね?
翻訳方だよね?
しかしそれ以上に、死刑を免れた公金横領犯罪者が最高額紙幣の肖像になっている国……




     最  高  だ



465 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/01/31(土) 09:40:43 ID:HSk9npsH0
>>463
だーかーらー、虚学ではなく実学(科学と経済学)をやれ、と言ったんだよ。

それに、福沢先生は、維新後すぐに商人の組合に入って、
「福沢屋諭吉」の名で出版業を営んだのさ。

466 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/01/31(土) 09:42:19 ID:HSk9npsH0
>>464
あーあ、これだから貧乏人はry

467 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/01/31(土) 09:47:04 ID:j6L533RJ0
上杉鷹山と対をなす人物だね福沢は。

468 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/01/31(土) 11:03:24 ID:7TtFmYHZO
>>463
明治以前からあった東洋の学問ではなく、
実践的な西洋の学問を学べってことだ。
貴様が毎日使ってるPCは西洋の物理学で作ったものだぞw

469 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/01/31(土) 11:09:24 ID:j6L533RJ0
PCは物理学じゃないだろう
ITなんて虚業そのものじゃんか
人を失業させるために生まれた産業だから、いまだに拒絶する人も多い
またアスキっちゃったよ

470 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/01/31(土) 11:16:22 ID:j6L533RJ0
西洋の学問は物質崇拝を基本とし、ITも金融工学の一種
物質崇拝は、戦争の為に生み出された権力醸成法だ

471 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/01/31(土) 11:20:03 ID:XgLvMT1KO
あのオジサン、万年反抗期だよね。

472 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/01/31(土) 11:20:04 ID:j6L533RJ0
世界平和が実現したら、人の幸せを願う公権力(権威とも言う)以外は
消滅すべきだと思う

473 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/01/31(土) 11:24:32 ID:j6L533RJ0
みんな気付かないが、自分たちは権力生成の為に作られた飢えた鬼なんだぞ

474 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/01/31(土) 13:25:10 ID:ywRI1n97O
当時としては諭吉さんは背も高いしイケメンだとおもw

475 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/02/01(日) 07:59:41 ID:1CNAA03D0
>>472
やっぱりおかしい、この人

世界平和なんか実現しっこないのにね
まあ、これを読みなよ

http://blechmusik.xrea.jp/d/hirayama/h63/
「平和思想は世界平和に貢献したか?」

発表時の音声もある

476 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/02/01(日) 08:13:33 ID:VynIt5xY0
↑本当にしつこいね流石金融業者さまだ

477 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/02/01(日) 09:19:46 ID:1CNAA03D0
↑愚か者を啓蒙する義務があるからね

478 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/02/01(日) 09:42:38 ID:VynIt5xY0
↑それでお前にご飯を食べさせる愚か者はどうやって啓蒙するんだW

479 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/02/01(日) 10:05:26 ID:VynIt5xY0
全員「啓蒙」されたら商売が成り立たない単純な理屈なのです。。

480 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/02/01(日) 11:33:56 ID:1CNAA03D0
>>479
そういう意味ではアナタ様は貴重な顧客候補ですね。

481 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/02/01(日) 11:52:09 ID:VynIt5xY0
千円位ならあげてもいいよ
お金持ちの君に

482 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/02/01(日) 13:39:14 ID:zJaqS8g90
結局どうでもいい人

483 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/02/01(日) 14:17:56 ID:u9xeMKUp0
ベタだけど、
放送大学の簿記テキストの序文に紹介されていた『帳合之法』凡例を読んでみた。

やっぱり福沢先生すごいね。
この文章をネットで公開している慶應義塾大学も。

484 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/02/01(日) 15:06:43 ID:VynIt5xY0
子供の消費者根性は、何が原因なんだろう
商品と扱われ、卑下されて育ったから、そういう態度で臨むんだろうな
自分にそれを教えた人間は何を望んでいるのか考えたほうがいいな
賢い子は…
口の上手い人攫いの女がこの板にはいるからな
注意すべし



485 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/02/01(日) 15:07:39 ID:VynIt5xY0
ファイナンシャルプランナ〜w

486 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/02/01(日) 15:09:26 ID:VynIt5xY0
銀行屋の仕事は安価な労働力を作ることなんだよな
わたしはお客であり、お前はその奉仕者なのだ

487 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/02/01(日) 15:11:37 ID:VynIt5xY0
奉仕者に人格はいらないし、同情などもっての他だ
学問をしないものはクズである

488 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/02/01(日) 15:12:13 ID:VynIt5xY0
読売新聞みたいだな

489 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/02/01(日) 16:15:56 ID:qpcTHFSf0
ひとを傷つけて、それを理由に難癖つけるって、
金融業者だの読売新聞だのいってる自分でしょう。
むこうでは金融業者とかいってたね。

490 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/02/01(日) 17:07:52 ID:1CNAA03D0
ID:VynIt5xY0
もういい加減にしなよ

491 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/02/01(日) 18:25:01 ID:COlJV5CKO
明後日雪池忌いくよ

492 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/02/01(日) 18:46:43 ID:VynIt5xY0
489
お尻にヒモ付いてるよ
490、491は友人なのかな

493 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/02/01(日) 18:49:15 ID:VynIt5xY0
パートのおばさんとか、派遣の労働者は虐待を受けていますが
君たち知らないの

494 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/02/01(日) 19:02:54 ID:VynIt5xY0
女性の精神の荒廃は、性的欲求不満が原因だから
それを悟られるような底意地の悪い振舞いはよせ
恥かしい

495 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/02/01(日) 19:05:04 ID:VynIt5xY0
ほとんど恋愛中心に出来ているのな女の頭って


496 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/02/01(日) 19:07:14 ID:VynIt5xY0
それの機嫌をとってアワヨクバと期待に胸を膨らますカマみたいな野郎も一緒だ
このタコー

497 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/02/02(月) 09:39:46 ID:RgxWLpwn0
>>483
「帳合之法」は、日本に近代的な会計法を導入するために福沢先生が苦労して翻訳されたものです。
「福沢全集緒言」にその苦労話が載っています。

498 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/02/02(月) 10:54:19 ID:Vur0WSyG0
>>464
第2回渡米時のトラブルについては、まったく別の事柄が混同されているようだ。

(1)公金横領は、現地で雇用した英国人チャールズによる500ドル
(2)帰国後の謹慎処分の理由は、私用で購入した書籍の公費による搬送

福沢による公金横領が本当なら、なぜ死刑にならなかったのか?
帰国時点ではまだ幕府は存在していた。


499 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/02/02(月) 18:44:45 ID:T8GiZjwt0
公金で荷物を送ろうとしたのも別に自分の荷物だけではない。
他の人の荷物も公金で送ろうとしている。
自分だけ得をしようとしたわけではない。

500 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/02/02(月) 20:28:18 ID:rIS7++SXO


501 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/02/02(月) 21:10:31 ID:s+tOdZUYO
諭吉さんて小さい頃から飲酒してたのね…
何か笑えたw

502 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/02/03(火) 00:08:07 ID:KpdNHv6i0
実は口だけ外道の福沢

503 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/02/03(火) 00:10:40 ID:/0q1n1E10
>>501

福澤先生は、『福翁自傳』の103ページで、次のように述べています。
----
抑(そもそ)も私の酒癖(しゆへき)は、年齢の次第に成長するに従(したがつ)て飲(のみ)覚え、飲慣
れたと云(い)うでなくして、生(うま)れたまゝ物心(ものごころ)の出来た時から自然に数寄(すき)で
した。今に記憶して居(い)る事を申せば、幼少の頃、月代(さかいき)を剃(そ)るとき、頭の盆(ぼん)
の窪(くぼ)を剃ると痛いから嫌がる。スルト剃(そつ)て呉(く)れる母が、「酒を給(た)べさせるか
ら此処(ここ)を剃らせろと云(い)うその酒が飲みたさ計(ばか)りに、痛いのを我慢して泣
かずに剃らして居た事は幽(かすか)に覚えて居ます。天性の悪癖、誠に愧(は)ずべき
事です。
http://project.lib.keio.ac.jp/dg_kul/fukuzawa_text.php?ID=116&PAGE=103
----


504 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/02/03(火) 05:23:43 ID:FMIAL7T+O
>>503
有難うございます
諭吉さん、可愛すぎw

505 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/02/03(火) 06:41:22 ID:yq6+cUNn0
>>498
福沢全集には、小野による告発文自体が所収されている。
「英人小使の者え五百ドルラル相渡し候処、其儘待ち逃げいたし」(第21巻286頁)
とあって、小野の申し立てでも、公金横領はチャールズなる人物になっている。

私物の公費持ち帰りについては、
「一同の荷物不残飛脚船え積込、御用意金の内にて運賃相払い」(287頁)
で、小野の分も含めて公費で輸送したことが書かれている。
福沢の分が多すぎたんで、小野が文句を言った、ということ。

というわけで、汚名は晴らされましたよ、福沢先生。

今日は雪池忌です。

506 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/02/03(火) 08:11:24 ID:AmyDSQbH0
>>464
「黒船以降」にはホントはどう書かれているの?
ちょっと引用してくんない。

>>505を読む限り、

>福沢諭吉の英語力も理科系の素養も貧弱だったこと
>幕府の公金を私費流用・横領して本来なら切腹ものだけど幕府倒壊で上手く逃れたことが
>描かれている

なんて結論は出てきそうもないんだが。


507 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/02/03(火) 22:46:59 ID:FMIAL7T+O
松永耳庵さんの本で、諭吉さんが手塚って女郎遊びの激しいイケメン男をはめた話が笑えました。学問ノススメっていうより稲中卓球部ってカンジだし。

508 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/02/03(火) 23:55:45 ID:lLKfdHJq0
>>507
手塚良庵(手塚治虫の曽祖父)ですね。
手塚治虫の『陽だまりの樹』に出てきます。

・手塚良仙(良庵)(てづかりょうせん(りょうあん))
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%89%8B%E5%A1%9A%E8%89%AF%E5%BA%B5
・陽だまりの樹
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%99%BD%E3%81%A0%E3%81%BE%E3%82%8A%E3%81%AE%E6%A8%B9

『福翁自傳』では、「遊女の贋手紙」の章(129ページから132ページ)に登場します:

・福翁自傳 - 129 ページ
http://project.lib.keio.ac.jp/dg_kul/fukuzawa_text.php?ID=116&PAGE=129&KEY=%E6%89%8B%E5%A1%9A
・福翁自傳 - 130 ページ
http://project.lib.keio.ac.jp/dg_kul/fukuzawa_text.php?ID=116&PAGE=130&KEY=%E6%89%8B%E5%A1%9A
・福翁自傳 - 131 ページ
http://project.lib.keio.ac.jp/dg_kul/fukuzawa_text.php?ID=116&PAGE=131&KEY=%E6%89%8B%E5%A1%9A
・福翁自傳 - 132 ページ
http://project.lib.keio.ac.jp/dg_kul/fukuzawa_text.php?ID=116&PAGE=132&KEY=%E6%89%8B%E5%A1%9A


509 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/02/04(水) 00:20:18 ID:ybGi3aCz0
>>505
> 今日は雪池忌です。

MSN産経ニュースに、雪池忌の記事がありました。
----
 慶応義塾の創立者、福澤諭吉氏の命日を追悼する「雪池忌(ゆきちき)」が3日、
東京都港区の麻布山善福寺で営まれ、現役の塾生、卒業生と安西祐一郎塾長(62)
ら学校関係者が墓前に参列、冥福を祈った。
----
・諭吉「雪池忌」塾生ら冥福祈る
http://sankei.jp.msn.com/life/lifestyle/090203/sty0902032202005-n1.htm
・【福澤諭吉】諭吉「雪池忌」塾生ら冥福祈る【慶応義塾】
http://gimpo.2ch.net/test/read.cgi/wildplus/1233667119/


510 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/02/04(水) 02:00:12 ID:u11+RQR80
大風呂敷とは福沢のことだ。

511 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/02/04(水) 08:58:05 ID:xNYiwHilO
508さん
そうだったんですか
有難うございます
諭吉さんちは一杯動物がいて、ライオンて名前の犬も飼ってたようですよね
今三越百貨店前にいるライオンちゃんはそれにちなんでるとか。

512 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/02/04(水) 12:21:58 ID:m0dCQeJW0
>>508
手塚良庵とは、江戸に移ってからも交流があったらしいね

513 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/02/04(水) 16:21:50 ID:/a+mZkYA0
>>512
手塚律蔵って人?

514 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/02/04(水) 17:56:55 ID:1ThgME4n0
天は人の上に人を作らず人の下に人を作らずと云へり。

「云へり」は「言われている」の意味で現代と違うので注意。
アメリカ独立宣言の意訳ですね。

だから冒頭は

天は人の上に人を作らず人の下に人を作らずと言われているがしかし、今広くこの人間世界を見渡すと、
賢い人愚かな人貧乏な人金持ちの人身分の高い人低い人とある。
その違いは何であろう。
それは甚だ明らかだ。賢人と愚人との別は学ぶと学ばざるとに由ってできるものなのだ。

515 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/02/04(水) 18:36:03 ID:vq8GRacb0
福沢先生、みんな学んでしまったらどうするの

516 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/02/04(水) 18:38:02 ID:vq8GRacb0
試験を難しくしますw

517 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/02/04(水) 19:41:13 ID:ybGi3aCz0
インターネットの電子図書館、青空文庫
http://www.aozora.gr.jp/
で次の作品が新規公開されています。

『日本男子論』
http://www.aozora.gr.jp/cards/000296/card47293.html
『成学即身実業の説、学生諸氏に告ぐ』
http://www.aozora.gr.jp/cards/000296/card49757.html
『慶応義塾学生諸氏に告ぐ』
http://www.aozora.gr.jp/cards/000296/card49756.html
『家庭習慣の教えを論ず』
http://www.aozora.gr.jp/cards/000296/card47219.html

『成学即身実業の説』は、安部元総理が施政方針演説で引用したものですね。


518 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/02/04(水) 20:54:31 ID:vq8GRacb0
駄文じゃんか

519 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/02/04(水) 20:57:20 ID:vq8GRacb0
人間が小さく自分にはとても満足出来ないな

520 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/02/04(水) 21:02:56 ID:vq8GRacb0
福沢先生は、どうして教育を志したのだろう
それで一番大事なことだが先生の論理に従うと日本人は幸せになれますか

521 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/02/04(水) 21:03:59 ID:vq8GRacb0
福沢法は天下の公法にあらざらんw

522 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/02/04(水) 23:57:47 ID:ybGi3aCz0
「立国のあらん限り、遠く思えば人類のあらん限り、
数理と独立のほかによるところなし」
                  (福沢諭吉)

【次代への名言】2月3日・福沢諭吉
http://sankei.jp.msn.com/culture/academic/090203/acd0902030317001-n1.htm

原文は、『福翁自傳』の366ページにあります:
----
近く論ずれば今の所謂(いわゆる)立国の有らん限り、遠く思えば人類
のあらん限り、人間万事、数理の外(ほか)に逸(いつ)することは叶わず、独立の外に依(よ)
る所なし
http://project.lib.keio.ac.jp/dg_kul/fukuzawa_text.php?ID=116&PAGE=366
----


523 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/02/05(木) 08:33:46 ID:V/5Cq6aeO
>>520
イデオロギーにおわらず、コスモロジーに生かす必要ありとオモ

524 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/02/05(木) 08:50:55 ID:s/CSLr420
>>520
なれるんじゃないかな。
福沢の思想は基本的に資本家養成だろうけれど、
資本家は自分の会社で働いている労働者の待遇向上に努めなければならないからね。

「派遣切り」というけれど派遣労働者は自社の社員じゃない。派遣会社の社員。
労働組合が「労働者の雇用を守れ」というから自社の労働者を守っているだけなんだよ。


525 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/02/05(木) 23:31:01 ID:bsTpCCjZ0
>>514
『学問のすすめ』は、ニンテンドーDSの『DS文学全集』にも収録されています。
『DS文学全集』で『学問のすすめ』を読んだことある方はいらっしゃいますか?

・DS文学全集
http://ja.wikipedia.org/wiki/DS%E6%96%87%E5%AD%A6%E5%85%A8%E9%9B%86


526 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/02/06(金) 07:53:47 ID:3ruUK9+F0
>>525
『学問のすすめ』なら、ネットで全文が読めるよ

http://www.slis.keio.ac.jp/~ueda/gakumon.html

527 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/02/06(金) 10:57:21 ID:XyCoue8h0
中津藩士時代の暮らし向きはどうだったんだろうね
そしてその後の福沢さん
人間、収入を得る術を無くしたときどのように振舞えば良いのか
先生に聞いてみよう

528 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/02/06(金) 12:30:17 ID:KhTdAhGoO
♪好きです〜好きです〜諭吉さん〜

529 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/02/06(金) 14:03:27 ID:ueudfXgf0
>>527
そうとうな貧乏だったらしい。母子家庭で子沢山(5人兄弟姉妹)だからね。
中津時代は手内職の手伝いをし、あんま術も学んだとか。
長崎での勉学は、有力者の従僕として肉体労働に従事するかわりに、
授業への同席を許された。
適塾では、上役所有のオランダ語原本の写本を翻訳するすることで学費免除、
咸臨丸には軍艦奉行の従僕として乗り組みを許されて、
サンフランシスコで購入した、中英対訳会話テキストを帰りの船中で翻訳。
英語は訳せないので漢文を訳したらしい。
それを和英対訳会話テキストとして売り出して大ヒット。
金が無いなら頭を使え、の典型。


530 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/02/06(金) 14:13:23 ID:XyCoue8h0
頭を使って母子家庭大量生産♪

531 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/02/06(金) 14:15:48 ID:XyCoue8h0
人間世界を見渡すに,かしこき人あり、おろかなる人あり、その有様雲と泥との相違あるに似たるは何ぞやW

532 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/02/06(金) 14:28:39 ID:XyCoue8h0
もっとずるくなりなさいよ

533 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/02/06(金) 17:33:15 ID:KhTdAhGoO
諭吉さんてほんとに苦労したんですね。しかも、若い頃は攘夷派に命を狙われていたとか…時事新報社の隣が寄席で、義太夫の名調子が聞こえてくると彼は泣いていたらしいけど、分かる気がする…

534 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/02/06(金) 17:44:30 ID:XyCoue8h0
福沢の苦労などまだ序の口、論語読んでみろよ

535 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/02/06(金) 17:48:47 ID:XyCoue8h0
人の苦しみを知ろうとし、天下ったのが日本の神さまだからな
仏教が伝来する前に「行」があったんだ

536 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/02/06(金) 18:45:17 ID:pKCBbXW40
>>534
論語に孔子の苦労話なんてあったっけ?

537 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/02/06(金) 18:52:37 ID:XyCoue8h0
さぁ誰の為に書かれたんだろうねw

538 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/02/06(金) 18:56:17 ID:XyCoue8h0
2ちゃんねらは文学を知ろうとせず評論するからなw
そのような思考法を植え付けるのもオシゴトwww

539 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/02/06(金) 18:57:44 ID:XyCoue8h0
金融は人の生活する術を奪い、孤立させ助ける者を排除することです〜☆

540 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/02/06(金) 19:01:44 ID:KhTdAhGoO
>>536
夫子、就職できなかったんじゃ…

541 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/02/06(金) 19:17:13 ID:pKCBbXW40
>>540
確かに就職は遅かったようだけれど、
論語のテーマは、役人の心得を弟子が先生に聞く、というところにあったわけで。

542 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/02/06(金) 19:23:00 ID:XyCoue8h0
違うよ
先生を慕って弟子が編纂したのが論語。
「優しかった先生はこうおっしゃられていた」

543 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/02/06(金) 19:26:46 ID:XyCoue8h0
「心得」じゃないよなw
自分みたいな不届き者は、それを皮肉に使う
540>巧言令色少なし仁
541>小人閑居して不善をなす

544 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/02/06(金) 19:55:51 ID:XyCoue8h0
もっとずるくなりなさいよ

545 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/02/07(土) 08:10:32 ID:HgjsEXRhO
ハアハア、諭吉タン

546 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/02/07(土) 13:13:33 ID:fJ0/+XYC0
>>544
福沢は、フランクリンのモットー、正直・勤勉・実直を実践していた。

ずるいことをすると必ず制裁を受ける。

547 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/02/07(土) 14:02:09 ID:HgjsEXRhO
>>546
私見なんだけど、最近自分のしたことが割に早く自分に帰ってくるな

548 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/02/07(土) 17:20:22 ID:KMsmqgBT0
自分は本を読むとき、何度も読み返し理解に勤めるが
福沢先生の本はその期待を裏切らない本なのか


549 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/02/08(日) 00:31:49 ID:qMxf9CJI0
上野で展示会やってるって? 誰か行った人いる? ぜひ行きたい

550 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/02/08(日) 07:10:05 ID:XWcrLcE2O
写真が多く、諭吉さんの功績ごとに展示していた 散歩中に古川の四の橋であったホームレス、オカマの助に描かせたイラストなんかも。福澤山脈のコレクションである茶道具もお宝でよかった

551 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/02/08(日) 07:54:52 ID:qMxf9CJI0
すげえ行きてぇ
有名なアメリカで写真館の女の子と撮った写真も展示してある?

552 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/02/08(日) 08:12:25 ID:OwiZNJN30
>>551
あの写真はどうだったかなぁ。
それより、戦前からの映像資料が興味深かった。
昭和三年の医学部とか、戦後まもなくのカラー映像とか。



553 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/02/08(日) 09:15:42 ID:XWcrLcE2O
昔の建物や風景の写真も興味深いよね。諭吉さんがなかなかイケメンで、洋服も似合ってるのは少し意外だった。

554 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/02/08(日) 14:11:07 ID:OwiZNJN30
>>553
福沢先生の写真は、少女との写真をはじめ、とにかく数が多い。
どうも自分のルックスには自信があったもよう。

ヨーロッパで撮った写真が当時の百科事典に掲載され、
典型的日本人の顔として紹介されたとか。



555 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/02/08(日) 15:45:10 ID:XWcrLcE2O
若い頃に外国で撮影した横顔なぞ、鼻の形はいいし伏し目がちでシャイな感じで「諭吉写真集」って感じw
愛用の股引も展示されてて笑えるが、なかなか脚も長いとオモ

556 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/02/08(日) 22:19:32 ID:i4ifynaG0
特定アジアの本質を見切って
付き合うべきでないと言い切った点が凄い

557 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/02/08(日) 22:22:40 ID:i4ifynaG0
最高額紙幣の肖像には未来永劫福沢先生でよい
裏面に日本語、中国語とハングルで脱亜論を書き加えるとさらによいと思う

558 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/02/08(日) 22:49:43 ID:xxI91Kzd0
自分は東洋好きだけどな
三蔵法師がシルクロードを旅したのは何を求めて旅をしたのか

559 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/02/08(日) 22:51:38 ID:xxI91Kzd0
福沢諭吉って藤堂高虎に似てるよな

560 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/02/09(月) 07:11:14 ID:JdflwpZ/O
諭吉さんてルックスもスタイルもよくてもてそうだけど女郎遊びはしなかったんだな。やはり、日本におけるフェミニズムの先駆とみていいんだろうか。

561 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/02/09(月) 10:14:32 ID:/GBwAuFu0
>>560
フェミニズムかどうかははっきりとはいえないが、
同時期にキリスト教系の思想家による廃娼論というのがあった。
この点については福沢は否定的で、必要悪としての売春は認めている。
ただ、本人は春町(風俗店ね)に決して足を踏み入れなかったし、
もちろん愛人もいなかった。
ここの過去レスのどっかにあったが、
「おれは妻一人しか知らないが、子供は九人だぜぇ」みたいなことを、
主治医に言ったらしい。

562 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/02/09(月) 10:25:07 ID:JdflwpZ/O
詳細有難うございます
浮気だとか遊びににげることなく、一人の女性と向き合い続けるのは相当な腕力がいるよな

563 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/02/09(月) 16:00:09 ID:JdflwpZ/O
連打かついささかニューエイジですいません。諭吉さんのはじめの菩提寺である上大崎の常光寺って風水のパワースポット池田山の近くだと聞いてさすが〜!と思いました。

564 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/02/10(火) 09:29:03 ID:zzZljeyM0
>>562
一番下の四男大四郎が生まれたのは、諭吉50歳のときで、奥さんは39歳。
もういい、って感じじゃね?
学校や新聞社の経営もあるんだし。


565 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/02/10(火) 12:10:05 ID:Ml9BGteWO
まあまあ、夫婦によるよ…子供一杯ほしかったんだろうし(^o^;
一般論にあてはまらないんだろな

566 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/02/11(水) 08:20:14 ID:wSUmN4VtO
スレ違だけど、武士の社会って普通に「念友」というか精神的な同性愛はあったんだろな

567 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/02/11(水) 14:15:58 ID:yYdETelB0
>>566
大久保と西郷とかな
西南戦争は痴情関係のもつれが原因

568 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/02/11(水) 14:25:28 ID:wSUmN4VtO
>>567
そうなんだ…彼らステディだったんだ
しかし迷惑だなw
諭吉さんはそんな戦争に大事な学生を出させないと頑張ったんだっけ

569 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/02/11(水) 16:24:05 ID:yYdETelB0
西郷は僧月照ともデキていた
安政の大獄から逃れて無理心中をしようとしたが
西郷だけ助かった

太宰治との違いは、相方がオトコだったこと

570 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/02/11(水) 18:58:49 ID:dOD8SJYz0
よほどの好き者でない限り、女性が好きなんて人間はいないよ

571 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/02/11(水) 19:02:19 ID:dOD8SJYz0
女性は生まれつき好き者で、閉経するまでその価値基準によって行動する
著しく社会性が低い。


572 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/02/11(水) 20:22:19 ID:SdsY7Y2xP
福沢諭吉 帝室論
http://www.nicovideo.jp/watch/sm5120245
http://jp.youtube.com/watch?v=fBPZpWK10QQ

福沢諭吉 尊王論
http://www.nicovideo.jp/watch/sm5129355
http://jp.youtube.com/watch?v=Lnhp9MrCF_o

未来をひらく 福澤諭吉展
http://fukuzawa2009.jp/

573 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/02/11(水) 21:35:21 ID:wSUmN4VtO
しかし同性から見てもイケメンだね諭吉さん…
念友の話のあとだからいいにくいけど(笑)

574 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/02/11(水) 22:12:50 ID:yYdETelB0
(前スレからのコピペ)

友人で主治医の松山という人物の証言。

ーーーーー
福沢先生とは三十七年来のお馴染であるが、種々普通の我々とは違がつた所があつた。
第一身体は見た所からあの通り御丈夫であったが、種々の場合に臨んで見れば見るほ
ど隙のない健康なお方であつた。近くは三十一年の大患が癒つた計か、心身機関の不
調子がアヽ迄迅速に解けて行くとは何うも不思議で堪らない。或時先生にお話すると「左
様か。生来の健康の外に別段人と異つた所もないが、唯一つの心当りと云ふのは、子供
の前でも話されぬ事だが、私は妻を貰ふ前にも後にも、未だ嘗て一度も婦人に接した事
がない。随分方々を流浪して居るし、緒方塾に居た時は放蕩者等を、引ずつて来るため
に不潔な所に行つた事もあるが、金玉の身体をむざむざ汚す様な機会をつくらぬのだ」と。
先生は嘘をつく方ではない。先生の御夫婦ほど純潔な結合が、今の世界に幾人あるだら
う。(「故福沢翁」『福沢先生哀悼録』193/194頁)
ーーーーー

福沢翁、女性関係はなんと生涯で唯一人、奥様だけ。しかも9人の子持ち。

思想家としてはどうだか知らんが、少なくともそっちのほうは偉い!


575 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/02/12(木) 09:32:36 ID:ih0R24pp0
>>573
福沢によらずあの時代の有名人はイケメンが多い。
徳川慶喜を筆頭に、榎本武揚、大鳥圭介といった旧幕軍もハンサムなら、
大久保利通、木戸孝允もなかなか。
坂本竜馬も水準以上。西郷はどう評価していいか分からん。写真がないし。

576 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/02/12(木) 09:35:04 ID:ih0R24pp0
連投スマソ

旧幕では、小柄だが勝海舟も。ジャニーズ系としてなら。

577 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/02/12(木) 10:07:12 ID:km80hs/60
明治時代の役人で女にだらしが無いのはやっぱり伊藤博文か

578 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/02/13(金) 13:15:11 ID:nQHWMQsUO
諭吉さんは当時の人にしてはたっぱもあるし手足が長くて洋服似合うな

579 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/02/13(金) 13:24:19 ID:yhK/M0jm0
マドモアゼル史子さん

580 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/02/13(金) 13:24:39 ID:yhK/M0jm0
あずみwww

581 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/02/14(土) 08:31:50 ID:vmU4Q6Or0
974 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[sage] 投稿日:2009/02/13(金) 08:57:22 ID:QBEYzSV6O
そういえば『福沢諭吉の真実』はのゆう先生が絶賛してたね。

975 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[sage] 投稿日:2009/02/13(金) 09:01:24 ID:e37edd3s0
>>974
あの本はドウモ分析がねぇ。肝心の文体判定の部分がバッサリと。
おれを信じてくれ、と言っているとしか思えん。

977 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[sage] 投稿日:2009/02/13(金) 09:14:59 ID:xv6sNncg0
>>975
『真実』の話だろ。
原型は、これ。http://blechmusik.xrea.jp/d/hirayama/h30/00/#text_info


昨日の近代史家スレより


582 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/02/14(土) 12:48:39 ID:tx412NG70
>>561
必要悪って
暴力はダメだけど「子供への良質な躾(体罰含む)」は必要悪。
とか
戦争はダメだけど「反テロリズムへの武力解決」は必要悪。
とか
差別はダメだけど「社会秩序の為の区別」は必要悪。
嘘はダメだけど方便としては必要悪。
とかのことだよ?それぞれ子供や反テロリズムなどの大義がある。

売春には大義がないよ。男優位の理由だけでしょ。
福沢諭吉先生にとってどういう必要があったんだろう?

583 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/02/14(土) 13:22:55 ID:sa6vHMYX0
貧困から、身体を提供することを強要されるのが売春
性的欲求を高めるために女性同士を競争させるのだとか
嫉妬に狂った女性は、積極的になる
けれども、他人の求めには故意に応じないのが商人だからね
自分の価値を高め、他者を卑下する。
徹底的に人間を商品として扱うんだね


584 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/02/14(土) 13:29:39 ID:sa6vHMYX0
嫉妬に狂った女性は、人の不幸を望むような人間になる
良いことをすると誉められ、悪いことをすれば叱られる
それが普通なのに
賛美されるような行いを憎み、人に非難される行いを望むようになるのだから
そう言う人間の干渉を受けた人間がどういう人間になるか想像が付く
本当に憎悪って醜いね

585 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/02/14(土) 13:30:13 ID:vmU4Q6Or0
>>583
売春は全て禁止されるべきだ、と君は言うんだね。
そんなことしたら、売春で生活している女性たちに殺されるんじゃないか?
生きるための手段を奪うのか、ってね。

586 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/02/14(土) 13:33:41 ID:sa6vHMYX0
教養のある女性は、それを知っているから男性を遠ざけ
自分の心を守ろうとする
別に坊主になれとは言わないが、女性は生理的にその危険性が高い
男優位じゃなくてそれが現実です

587 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/02/14(土) 13:35:16 ID:sa6vHMYX0
売春しなければならないのは、他に生活する手段が無いから
そうさせるのが「金融」だろう

ばーか

588 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/02/14(土) 14:32:08 ID:foIgGNwGO
Newsweekにアメリカにおける性労働従事者の権利を求めるデモのようすが載っていたな
売春は労働問題なのかも…

589 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/02/14(土) 15:52:12 ID:vmU4Q6Or0
>>587
別に貧困が売春を生んでいるわけじゃないさ。
売春婦は気の毒だ、などという古臭い考えは捨てて、
セックスワークは誇り高い仕事だ、という考えに同調したまえ。

これは福沢の考えとは違うがね。

590 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/02/14(土) 19:26:22 ID:Vmx3I/RK0
>>587
またお前か

591 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/02/15(日) 08:27:37 ID:RMnefyhAO
>>575
ある意味イケメンパラダイスだよねw

592 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/02/15(日) 09:37:30 ID:FHqNglhc0
>>591
冗談ではなく本当にそう思う。
とくに慶喜のポートレートの美しさには驚く。
大河で慶喜を演じたもっくんよりすごい。

593 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/02/15(日) 10:00:03 ID:RMnefyhAO
>>592
自分は先祖に幕臣いるが、全っ然知らなかった…代々綺麗な奥方、側室を迎えていたから?うらやましい。巣鴨のメガネドラッグ前に慶喜さんち跡の碑あるけど、歩いていけます。

594 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/02/15(日) 10:13:48 ID:FHqNglhc0
>>593
これがそのポートレート。本の表紙になっているがな。
http://www.amazon.co.jp/gp/reader/4794215983/ref=sib_dp_pt#reader-link

595 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/02/15(日) 10:30:09 ID:RMnefyhAO
>>594
へー、ありがとう。よく考えたら慶喜さんはおじさんになってからの肖像しか知らなかった。涼しげというか、この世ならぬ風情というか。気品が漂ってる。

596 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/02/15(日) 11:03:17 ID:FHqNglhc0
>>595
他にもフランス式(ナポレオン風)軍服の慶喜、っていうのもある。ググればすぐ出てくる。
そういや、福沢はこの慶喜の直接の部下だったことがあるんだな。
将軍後見職は外交を管轄していたから、外国方職員だった福沢にとって上司にあたる。
旗本の福沢はお目見え以上だから、意見もできたはず。


597 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/02/15(日) 12:40:04 ID:RMnefyhAO
<<596
色々詳細有難うございます!今で言う外務省みたいなもんなのかな…
時に福澤さんの八幡さまの御神体事件てご存じでわ??(≧▼≦)

598 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/02/15(日) 12:52:14 ID:tRKCArug0
福翁自伝に出てるよ。>八幡様

599 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/02/15(日) 13:25:02 ID:RMnefyhAO
598さん、有難うございます(^-^)

600 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/02/15(日) 22:16:13 ID:obAmVFyl0
>>551
> 有名なアメリカで写真館の女の子と撮った写真も展示してある?

「福澤諭吉写真 写真館の少女と共に(サンフランシスコ)」
の展示は、2月24日からのようです。

・東京国立博物館 特別展「未来をひらく福澤諭吉展」 展示品リスト
http://www.tnm.go.jp/jp/exhibition/special/200901fukuzawa_list.html#6


601 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/02/16(月) 13:10:04 ID:GL9sPZvAO
特別塾員の昭一は仕方ねえなあ…
酒は飲んでも飲まれない
福翁に学べって…

602 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/02/16(月) 13:13:29 ID:mRpqGCDy0
酒なんか飲むわけ無いだろうばーか

603 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/02/18(水) 11:34:16 ID:67Fs97xV0
中川昭一が特選塾員である理由を、誰か教えてくれ!

604 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/02/19(木) 04:35:27 ID:XoE4Wd++O
スレ違ですが、福澤諭吉展いってきました。諭吉さんて思ったより男前で意外でした。もてそうなのに嫁ひとすじ…奥さん幸せヽ(´▽`)/スタイルがいいし、今風のちょい悪ファッションとかもいけそうですね。


605 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/02/20(金) 08:14:07 ID:KMRP/CQEO
諭吉さんのエピソードなんかが一番のってるのは既出の松永耳庵さんのエッセイなの?

606 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/02/20(金) 12:11:04 ID:QTEh5w7K0
>>603
中川氏は麻布から東大文Tおちて滑り止めの慶応経済に一旦入学、
翌年文Tに入りなおした。



607 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/02/21(土) 08:15:49 ID:X68I4Ef+O
諭吉さんは居合の達人らしいね

608 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/02/22(日) 19:35:04 ID:zp8nFPnPO
福翁自伝、禿ワロス

609 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/02/22(日) 20:24:00 ID:sBMsS9HY0
口とかわきの下が臭そう

610 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/02/22(日) 22:13:42 ID:BFgWWFoa0
馬鹿と片輪に宗教、丁度よき取合せならん

611 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/02/22(日) 22:15:35 ID:BFgWWFoa0
「馬鹿と片輪に宗教、丁度よき取合せならん」(1881年「宗教の説」福沢諭吉全集題20巻232n).
内村鑑三は「福沢がみずから宗教を信ぜずして宗教を奨励したのは、宗教に対する最大の侮辱」(「宗教の大敵」)と糾弾しています

612 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/02/22(日) 22:19:12 ID:sBMsS9HY0
お金儲けに邪魔なものは徹底的に排除するのが金融ですな
「義」こそ商売の敵なわけだ
お前は、靖国も批判してたよな(ワラ

613 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/02/23(月) 06:05:26 ID:kY7/eDmE0
>>612
金儲けのどこが悪いのですか?

614 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/02/23(月) 16:25:42 ID:KMVWIZbyO
>>551
二人ともカメラをにらみつけてるから何となくヤンキーっぽくて笑える奴でしょ 諭吉さんは腕組んで顎あげてるし…昔は写真に向かって笑う習慣はなかったのかな

615 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/02/23(月) 17:16:57 ID:c9enSPxP0
613
人を困らせて、足元を見、意にそぐわない方法で働かせる
これはいけないだろう
二宮尊徳さんのように働き者ならいいけれど
実体経済を、縮小させるような、倫理を逸脱した金融は戒めるべき

616 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/02/24(火) 07:49:10 ID:F9xTpLel0
>>615
あなたがネガティブに語っていることは、福沢の考えの真逆なことですよ。
福沢は経済の拡大を目指していましたから。
金本位制についても、それでは本位貨幣が少なくなるので、
江戸時代以来の金銀両本位制がよい、と主張していたハズ。

617 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/02/24(火) 11:38:49 ID:iU5x0evhO
諭吉さんちは子沢山
立派な子供さんが多いんだろうけど、そうでない人もいたんだろうか

618 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/02/25(水) 01:48:18 ID:U+qhLZkIO
このスレ、時々安川の手先みたいな発狂君が出てくるのはなぜ?

619 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/02/25(水) 01:57:03 ID:ag8aPxg70
昔、女が包丁を研ぐシーンを見たことあるけれど
欲求不満から人を憎悪し、競争相手を痛め付ける方法を模索する女は結構一杯いるよ

620 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/02/25(水) 01:57:48 ID:ag8aPxg70
おかしなことをされたらすぐに保健所に通報!

621 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/02/25(水) 07:24:16 ID:04cNjnHD0
>>618
それは党の指令なんだよ
選挙が近いだろ?

622 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/02/26(木) 07:20:20 ID:VFdqZpiZ0
>>464
文庫で出てたんで読んだ。「黒船以降」(中公文庫)

問題の部分(265頁)は中村彰彦や山内昌之の意見ではなく、
藤井哲博という人の、「咸臨丸航海長小野友五郎の生涯」(中公新書)からの孫引き。
この人がどんな資料に基づいて福沢の公金横領について言っているのかが次の焦点、


623 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/02/26(木) 16:25:13 ID:UeCfxQ/zO
>>564
実は北里研究所開発の「やりたがりX」みたいな強壮剤を夫婦で服用した

624 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/02/28(土) 04:00:54 ID:toXtM7Jd0
「馬鹿と片輪に宗教、丁度よき取合せならん」(1881年「宗教の説」福沢諭吉全集題20巻232n).
内村鑑三は「福沢がみずから宗教を信ぜずして宗教を奨励したのは、宗教に対する最大の侮辱」(「宗教の大敵」)と糾弾しています

625 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/02/28(土) 04:08:05 ID:oFYRTs/w0
西洋の神様は、醜いピノキオを見て悲しみこそすれ嫌ったりはしないだろう
むしろ心配で心配で仕方が無いのだと思う

626 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/02/28(土) 14:24:48 ID:ETYmd2KQ0
もうすぐ春だねぇ

627 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/03/01(日) 12:20:19 ID:VWYFppsi0
とうとう3月になりやした

628 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/03/01(日) 12:51:29 ID:FiTMOXb00
家でのんびりパソコンを弄っていると、今の季節は寂しいでしょ

629 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/03/01(日) 12:53:45 ID:FiTMOXb00
これは王さまに裸の服を着せた詐欺師のチャンスだな

630 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/03/01(日) 12:58:07 ID:FiTMOXb00
戦後、博打がはやったが、それはマネーゲームに名を変えて現在に至る

631 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/03/01(日) 13:33:00 ID:FiTMOXb00
警察の話によると、博打に狂う人間は覚醒剤を使用している可能性が高いのだとか
要するに脳の同じ部分に電気が流れているんですね

632 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/03/01(日) 13:34:18 ID:FiTMOXb00
本当にヒルズは日本の癌だね
あのビルに飛行機でも突っ込めばいののに

633 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/03/01(日) 13:41:30 ID:FiTMOXb00
すみません私の失言です

634 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/03/01(日) 14:04:44 ID:FiTMOXb00
コジキのヒルズ

635 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/03/02(月) 09:02:42 ID:0Ny3cVj10
>>624
福沢諭吉先生は、敬虔な浄土真宗門徒ですよ。

636 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/03/03(火) 12:41:00 ID:D+vVb7LB0
>>622
とんでもない話だね

637 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/03/03(火) 18:54:49 ID:rGVM8xBQ0
福沢先生が15000ドルの公金横領なんて、
ありえない話だろ。

638 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/03/03(火) 19:43:10 ID:rGVM8xBQ0
http://mamono.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1236058928/

639 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/03/04(水) 12:41:05 ID:uCT48ZLY0
>>609
わろす

640 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/03/04(水) 12:55:19 ID:mkxkQtuXO
>>609
そこに萌えるんじゃねえか

641 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/03/04(水) 13:49:19 ID:wdReXYXL0
ホステスわきが

642 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/03/04(水) 13:59:14 ID:wdReXYXL0
シャブとアルコールの混じった天然の香水はあまりにも臭い

643 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/03/04(水) 14:45:55 ID:uCT48ZLY0
福沢となんの関係もない話になっていく。
てか、そこかよ。。。福沢の魅力。。。なにものだ、おまえw>640

644 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/03/04(水) 19:16:26 ID:I+m+dRGs0
福沢諭吉はなぜ嫌われるのか?
http://blechmusik.xrea.jp/resources/hirayama/KawaneHighSchool/

645 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/03/04(水) 19:45:19 ID:wdReXYXL0
個人の自由の尊重 X →人間を単なる労働力とし資本家へ開放、
貧困を日常化することで束縛
信教の自由の保障 X →政教分離、世俗化、内容の改変
学校教育の充実  X →マスコミによる国民の白痴化、迷信の流布
法治主義     X →国民の腐敗、嘘(詭弁、強弁)による形骸化、裁判員制度
国民の福祉の向上 X →そんなものは無い

不自由だから、自由を求め
束縛されるから自主独立を願う、その仕組みを看破した福沢は
疑うことを知らぬ、まっさらな日本人に一杯食わせた
要するにアスキーの西と一緒。

646 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/03/04(水) 19:51:07 ID:wdReXYXL0
最新鋭のペテン術を、何も知らない人間に使う
この構造は大航海時代以来変わってない

647 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/03/04(水) 19:54:35 ID:wdReXYXL0
開発の名の元に行われる、二番煎じは詐欺のことです

648 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/03/04(水) 19:59:55 ID:wdReXYXL0
経 済 発 展w

649 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/03/04(水) 20:20:50 ID:wdReXYXL0
学問のすすめは、ねずみ講と一緒で直ぐに破綻する
だから朝鮮半島、中国へ進出しなければならなくなる
これは酷い本だな哲学も何にも無い

650 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/03/04(水) 22:38:56 ID:wdReXYXL0
自分の生きている間は破綻しないだろう
と言う福沢のしたたかな計算www」

651 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/03/05(木) 05:55:35 ID:33ogW2kPO
諭吉ラヴ

652 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/03/06(金) 05:33:22 ID:Ej5tC+/W0
ここは慶応に落ちた早稲田が巣食ってるスレですか?

653 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/03/06(金) 08:19:34 ID:my9facYR0
どっちも同じだよ

654 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/03/06(金) 12:24:38 ID:mqxTLMED0
明治日本の外交思潮を代表するオピニオンリーダーが、福澤諭吉である。
福澤の「脱亜論」を、アジア蔑視(べっし)論の元凶であるかのようにいう
歴史学者が日本にはいまなお少なくないのは驚くべきことである。
往時の日本がおかれた国際的与件の中で、日本と日本人がどう行動したのかを
怜悧(れいり)に分析し記述する営為が歴史学に他ならない。現代の価値観で
歴史を断罪するのであれば、こんな楽な商売もない。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
安川のことだナ
http://sankei.jp.msn.com/culture/academic/090303/acd0903030318002-n1.htm


655 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/03/06(金) 15:24:22 ID:my9facYR0
その「現代の価値観」で保身を図ったのが福沢先生ですね


656 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/03/06(金) 15:26:22 ID:my9facYR0
己の惨めさをケレン味をもって誤魔化す
案外、アジア蔑視も、福沢自身が蔑視された反動なのかも知れない

657 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/03/06(金) 16:02:12 ID:uwkqxQkx0
広島座談会2009.02.21】Richard Koshimizu
http://video.google.com/videoplay?docid=-6891360202794305694

658 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/03/06(金) 18:20:07 ID:bniitY73O
諭吉展いったらたくさん写真が展示されていたけど、意外とイケメンで驚いたw

659 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/03/06(金) 19:18:45 ID:my9facYR0
福沢だが、
「ありもしない、悲劇をでっち上げる会津の恨文化」
などと金融の邪魔になる「仁義」を辱めればいい訳だな

660 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/03/06(金) 19:19:41 ID:my9facYR0
小泉改革って末端でこんなことしてたんだねWWWW

661 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/03/06(金) 19:21:49 ID:my9facYR0
目的のためなら、男の金玉をさすって不正を働かせる
それが小泉改革かよWWWW
おーい
お前らの親分のアーミテージ呼んで来い
お前頭が良いなWWW

662 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/03/06(金) 19:26:30 ID:my9facYR0
ぶひっぶひっぶひっ

663 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/03/07(土) 02:42:25 ID:B08tzXFF0
諭吉展、昨日、大雨で平日だったのに凄い人の数だったから今日、明日は移動もままならないほど混むかも

664 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/03/07(土) 06:17:26 ID:Z1lmK7Nm0
折角、漢字ハングル混じり書式を教育してやったのに
チョソときたら

665 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/03/07(土) 07:03:31 ID:2xQR1OQq0
今こそ福沢諭吉、というところですね!

666 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/03/07(土) 08:46:28 ID:s2HLFtjB0
他民族蔑視は、結して忘れてはならない戒めのために残されている
そう言う可能性も考えたけれど
福沢の時代にそれは無いだろうから
単なる、経済侵略を前提とした蔑視なのかもね

667 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/03/07(土) 09:21:26 ID:9XeMjglrO
諭吉カワユス

668 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/03/07(土) 16:59:06 ID:2xQR1OQq0
>>666
蔑視蔑視とサヨが…の一つ覚えで言うから、くだらないことが大きな問題になるんだよ。
シナと朝鮮の思想家で、日本蔑視をしなかった人物を教えてほしい。
お互い様さ。

669 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/03/07(土) 17:10:36 ID:s2HLFtjB0
経済侵略を前提とし他民族を侮るのと、法に従わない連中を軽蔑するのは
一緒にしたらおかしいだろう
バカ

670 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/03/07(土) 17:36:49 ID:2xQR1OQq0
>>669
福沢は経済侵略を前提になんかしていないさ。


671 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/03/07(土) 17:44:11 ID:s2HLFtjB0
じゃあどうやって「自分の説」を現実にするんだよ
文章を書くと、食べ物や洋服が空から降ってくる道理は無い
それは「絵に描いた餅」です


672 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/03/07(土) 17:49:41 ID:2xQR1OQq0
>>671
対等な関係で貿易をすれば、両方のメリットになるだろ?

商売の相手を蔑視しちゃいかん、という演説が福沢にはあるんだよ。
http://blechmusik.xrea.jp/d/hirayama/h39/
直後に社説「シナ人親しむべし」http://blechmusik.xrea.jp/d/hirayama/h38/
になっている。

673 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/03/07(土) 18:09:29 ID:s2HLFtjB0
物価が十倍も開いているのに何が対等なんだよ

それから日本国内の格差

これは一体なんだ

674 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/03/07(土) 18:16:55 ID:2xQR1OQq0
>>673
あ、俺は福沢の話をしているんだけれど。110年前の。
君は現在の日中関係について言っているの?

675 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/03/07(土) 18:31:05 ID:s2HLFtjB0
673
それが「学問のすすめ」の本質でアメリカ帰りの福沢の単なる二番煎じ
しかも著作権料取られてるしwwww

676 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/03/07(土) 18:32:42 ID:s2HLFtjB0
金のきたなさを現代に伝える福沢先生はやっぱり偉人ですかw

677 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/03/07(土) 18:41:50 ID:s2HLFtjB0
きたない顔は毎日拝めるしなw神棚に飾っとけw

678 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/03/07(土) 19:37:29 ID:9XeMjglrO
諭吉はイケメンだお

679 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/03/08(日) 06:51:39 ID:tkIJ3+XK0
いけ麺という説と、ワキガで口が臭そうという説があるようだ。
ワキガに一票。
福沢が1万円で大隈がないってのは、どーゆー了見だ、ばかやろぉ。
慶応も早稲田もどうでもいいが、大隈のが好き。
なんで福沢のがえらいように思われてるのかわからん。

680 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/03/08(日) 09:42:40 ID:+Wr++yVg0
>>679
1984年に福沢万札が出たときの大蔵大臣は橋本竜太郎。
2004年に福沢新万札が出たときの財務大臣は塩爺。
その共通点は?

681 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/03/08(日) 14:23:08 ID:E2ZzumMgO
また安川(笑)支持の共産党員か

682 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/03/08(日) 17:25:04 ID:mBq49Y4XO
ミッキー安川

683 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/03/09(月) 09:21:04 ID:LnaqxJPi0
この不景気で、これからますます慶応の時代になりそうだね

684 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/03/09(月) 13:40:10 ID:kbjf5bOZ0
貨幣なんか発行するの止めちゃったらどうだろう
福沢の信用は無い

685 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/03/09(月) 14:10:36 ID:dBvURwJn0
天は人の下にチョウセンヒトモドキをつくる

686 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/03/09(月) 14:44:59 ID:kbjf5bOZ0
横柄なコジキに礼を持って接する、韓国の人々。

687 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/03/09(月) 16:46:27 ID:Senl0Yqz0
>>684>>686
おまい、大物近代史家スレにもくだらねーこと書き込んでいるだろ

688 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/03/09(月) 17:04:47 ID:kbjf5bOZ0
お前がな

689 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/03/10(火) 19:46:49 ID:Zy3DCoBKO
『学問ノススメ』の冒頭って、なんか旧約聖書みたいにドラマチックだな

690 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/03/10(火) 20:32:42 ID:lnXrtr8h0
仲間を売ることで、貧乏のどん底から這い上がれる
そう思った福沢の希望に満ち溢れているんだろう

691 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/03/11(水) 19:55:55 ID:yZRdsgDdO
諭吉ガンバ

692 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/03/12(木) 20:51:01 ID:Kfs217hcO
イケメン諭吉サイコー

693 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/03/13(金) 19:18:29 ID:egqVXqtW0
福沢嫌いの君、理由を述べてよ。

694 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/03/13(金) 19:30:05 ID:rMLc7FKX0
保身と金銭の為に、同じ日本人の悪口を言ったから

695 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/03/13(金) 20:36:08 ID:sdiOSUgD0
>>694
日本人の批判すると、悪口になり反日になるのか?
低レベルの見解だな。

愛国心があり、国を思うからこそ
国を批判できるわけで。本当に保身を考えてる人間なら
他人など批判せず事なかれ主義の八方美人になるだろ



696 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/03/14(土) 06:35:23 ID:AKmm8ehP0
>>694
具体的にはどの話のことだい?

697 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/03/14(土) 06:53:39 ID:T3rP0RLG0
国家とは、全ての人を雨風から守る存在と自分は考える
少数の人間を犠牲にしその上に成り立つ生活を肯定したら国の概念などありえないだろう
溺れた人間が船の上で味わう安逸と
未だ海の中に残されている人を眺め仲間と一緒に誇らしげに笑うのが
福沢の考える独自の国家観(船)なんじゃないの
自己尊大と他民族卑下はそれを表していると思う



698 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/03/14(土) 06:56:30 ID:T3rP0RLG0
学問のすすめはありえない話し
日本人全員が学者になり、生産することを忘れたらその場から赤字だよ

699 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/03/14(土) 06:58:37 ID:T3rP0RLG0
溺れた人を見捨てて船に乗った
だから福沢は嫌い

わかったか

700 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/03/14(土) 07:02:38 ID:AKmm8ehP0
>>699
だから福沢はそれとちょうど逆のことを言っているんだよ。>>672のリンク先をみなよ。
君は具体的にどの論説の事を言っているんだ?

701 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/03/14(土) 07:38:18 ID:T3rP0RLG0
それは批判に抗し切れなくなった福沢のごまかしだよ

702 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/03/14(土) 09:55:12 ID:B/yPekFKO
諭吉タンのガーワキをスゥーハァーしたい

703 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/03/14(土) 11:33:10 ID:AKmm8ehP0
>>701
あのリンク先の演説がされた頃に、
福沢が侵略主義者として批判なんかされていなかったのは知っているだろ?


704 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/03/14(土) 18:59:38 ID:sYUogA+C0
>>698
あのね、福沢がいう「学者」というのは、
「学卒者」(大卒ホワイトカラー)くらいの意味なんだよ。

705 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/03/14(土) 19:39:21 ID:T3rP0RLG0
万物の因果を調べるのが学者。その対象にあるのが世間の人々に虚像を見せる偽善者。
福沢は、迷信家です

706 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/03/16(月) 11:34:37 ID:B/rfoYIL0
慶応の出身者って、福沢を読んでいるのかな?

707 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/03/16(月) 13:36:00 ID:JkSxcx5n0
読むとどうなるか、で十分

708 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/03/16(月) 13:54:08 ID:hkhvc90u0
何か別物に変質するんじゃないかな。
ヒトラーの演説を聴いて、ナチ党への入党を決意する、みたいな。

709 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/03/17(火) 07:49:11 ID:wkSxtKTR0
福沢諭吉は、やっぱり偉大だ!

710 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/03/17(火) 09:18:08 ID:eeASeBFp0
今年の大河は天地人だが、世論を誘導するために小細工を弄する人間は
国民の窮状を訴えても真実味が無い
何故なら、自分がその原因を作っているわけだから
しかもそれを国民が気付かないと思って、陶酔していたら目も当てられない
ヒトラーが人々の心を掴んだのは、自己破綻が無かったからだろう



711 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/03/17(火) 12:35:08 ID:2NWK5dN0O
福澤その人よりも、なんちゃって塾員なんとかしてほしい…恥ずかしいし面汚しだよ

712 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/03/17(火) 12:53:54 ID:jVTowbgY0
>>711
たとえば誰?

713 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/03/17(火) 14:08:11 ID:2NWK5dN0O
ニュースゼロ 自称塾員女優…キャンパスでみたことねえぞ

714 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/03/18(水) 06:15:24 ID:J2pbPVzXO
尊敬できる塾員は竹田圭吾くらいだw

715 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/03/18(水) 10:06:17 ID:FAOVghWv0
女性の愛の巣理論ですね

716 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/03/19(木) 05:40:53 ID:itfbVwVHO
>>715
愛の巣理論てなんですか

717 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/03/19(木) 16:52:38 ID:TSnZ/H9/0
小泉改革の後退には、心底懸念を感じる。
自民党の次期総裁には石原伸晃が就任して、改革を推進してほしい。
もちろん郵政は民営化して、合理化を進めないと。
格差社会の進行は、どのみち食い止められない。


718 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/03/21(土) 16:16:07 ID:cJwB3GC+O
諭吉さんはイケメンだし、今でも信者がたくさんいるのも分かる
しかし酒飲み伝説ワロタ

719 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/03/21(土) 16:45:07 ID:R+fKmcQb0
716
自分の身内で身辺を固め、社会資本を独占すること
又は、好きな異性と狭い所へ入りたがり、外界との関係を遮断しようとすること


720 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/03/21(土) 16:47:12 ID:R+fKmcQb0
女性の編集する、雑誌やホームページなどはその傾向が顕著。
口で偉そうなことを言っても内実はそうなんだ
言いたかないけれど女性はダメだね

721 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/03/21(土) 16:48:46 ID:R+fKmcQb0
SEXにだらしが無い

722 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/03/21(土) 16:49:25 ID:R+fKmcQb0
オトコもそうだけどな

723 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/03/21(土) 16:50:24 ID:R+fKmcQb0
福沢なんて惰弱な性格してるでしょ
数行読んだだけで嫌になるよ

724 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/03/22(日) 23:26:18 ID:5VdLb9CXO
テヘッ

725 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/03/23(月) 18:15:29 ID:72J7Xo+d0
>>723
『学問のすすめ』はすばらしいぞ!
斎藤孝訳ででも読めよ

726 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/03/23(月) 18:53:43 ID:TrXuGoak0
福沢さんってどんな人なの偉い人?

727 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/03/23(月) 21:40:49 ID:XfIikgYLO
愛してるぞ

728 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/03/23(月) 22:03:49 ID:cvjMczFs0
726
お前バカだなオレだよオレw違うところから試しに書き込んでみたんだが
案の定、色目を使ってくるバカが来おったwww


729 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/03/23(月) 22:06:46 ID:cvjMczFs0
ここは危ない所だね。どんな見返りを求められるのか分からんぞ
何だか、風俗店の面接受けてるみたいだ

730 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/03/24(火) 14:57:01 ID:oCUqsZMdO
やかましいやい!今日本が勝ったぞ

731 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/03/24(火) 19:00:55 ID:cxbCgmmR0
おめでとう。でも日本人が下種であることには変わりが無い
>アメリカ様

732 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/03/25(水) 18:46:49 ID:HZYVvDRY0
>>731
日本が困ったって、中国や韓国は助けてくれやしないさ

733 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/03/25(水) 20:25:51 ID:HmWq4y4KO
ラーメンと冷麺があるから許す!!

734 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/03/27(金) 14:17:28 ID:u45Qv5qlO
諭吉愛してるぞ

735 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/03/28(土) 12:22:36 ID:mF2AyvyY0
>>725
齋藤孝/訳
『学問のすすめ 現代語訳』(ちくま新書)
筑摩書房 (ISBN:978-4-480-06470-7)
http://www.amazon.co.jp/dp/4480064702/


736 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/03/28(土) 12:24:14 ID:mF2AyvyY0
新刊情報です。

鈴木隆敏/編著
『新聞人福澤諭吉に学ぶ―現代に生きる『時事新報』』
産経新聞出版 (ISBN:978-4-8191-1048-8)
http://www.amazon.co.jp/dp/4819110489/

産経新聞の連載「現代に生きる時事新報」を本にしたもののようです。
http://search.sankei.jp.msn.com/resultarchive.aspx?q=%8C%BB%91%E3%81i%82%A2%82%DC%81j%82%C9%90%B6%82%AB%82%E9%8E%9E%8E%96%90V%95%F1&cp=932


737 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/03/30(月) 09:18:30 ID:uFTn7sct0
>>733
二郎はもっとうまいぞ!

738 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/04/01(水) 16:14:56 ID:EKLOxADX0
>>737
小ブタが700円になっていた!!!

739 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/04/02(木) 09:44:18 ID:MoEE4mB20
>>736
時事新報主筆石河幹明が、福沢像をゆがめた張本人だったな

740 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/04/02(木) 09:46:47 ID:ap25RtVh0
売国一号

741 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/04/02(木) 15:53:49 ID:xsOCy0M20
金の亡者慶應を作ったのは一万円札の顔福沢諭吉であり資本主義自由アメリカ万歳!
だけどソ連が崩壊したのは日本人の力でも福沢諭吉に先見の明があったからでも慶應義塾員の努力があったからでもない。
冷戦で東西逆転していれば日本人のこのスレの馬鹿共の価値観を覆せたというのに。
蛆虫ニート
黒人を見下していた白人がchangeしたようにchangeだよ。
陸の王者は金の亡者からchangeしろ。

742 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/04/02(木) 17:17:32 ID:MoEE4mB20
>>741
あいかわらず酔っ払っていますね

743 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/04/03(金) 00:08:14 ID:MCh2WV120
そういや安川寿之輔はどこに行っちまったんだろ?
トントうわさを聞かないが。
もう自分が誰かも分からなくなっているのかも。

744 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/04/03(金) 09:01:14 ID:4YdUKmPJ0
YAHOOコメント欄で「サクラ」やってる

745 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/04/03(金) 09:06:43 ID:MCh2WV120
>>744
kwsk

746 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/04/04(土) 01:36:54 ID:WCPHJ28u0
>>743
「大泉ブラウス裁判」についての著作を執筆しているらしい。

・2008年01月08日付 安川寿之輔氏への書簡
http://blechmusik.xrea.jp/d/hirayama/h72/

----
安川さんの次回作として、「福澤諭吉の女性論」批判が出されることを期待していたのですが、
「大泉ブラウス裁判」についての著作が先になるかもしれないとのこと、内心残念に思ってお
ります。公務員が法律違反をしたから処分されたに過ぎない本件に関する著作が、人の関心を
惹くとも思えませんので。
----


747 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/04/04(土) 16:38:16 ID:dQ2LA6hP0
このスレの人は安川と平山のどちらの説が正しいと思う?

748 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/04/04(土) 19:50:48 ID:rScocvy30
Jブンガクの第1回目は『学問のすゝめ』ですね。

NHK教育テレビ 英訳で楽しむ日本文学「Jブンガク」
3月31日(火) 午前00:25〜午前00:30 日本語版★
4月6日 (月) 午前06:25〜午前06:30 再放送★
5月26日(火) 午前00:25〜午前00:30 再放送★
6月1日 (月) 午前06:25〜午前06:30 再放送★
4月7日 (火) 午前00:25〜午前00:30 英語版☆
4月13日(月) 午前06:25〜午前06:30 再放送☆
http://www.nhk.or.jp/gogaku/2009/pop-2009-55.html
http://www.nhk-book.co.jp/shop/main.jsp?trxID=0130&textCategoryCode=09463

★日本語版の底本は、
『福澤諭吉著作集 第3巻 学問のすゝめ』慶應義塾大学出版会
http://www.keio-up.co.jp/np/isbn/4766408799
が使われています。

☆英語版の底本は、
Yukichi Fukuzawa, An Encouragement of Learning, tr. With an introd. By David A. Dilworth and Umeyo Hirano (A Monumenta Nipponica Monograph), Tokyo:Sophia University 1969
が使われています。


749 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/04/06(月) 08:43:55 ID:p7mPP6Zi0
>>747
圧倒的に平山説だろうね。
安川らは「真実」の曖昧な点をあげつらっているけれど、
それらを指摘したところで、石河編纂の全集の確実性が高まるワケでもない。

福沢が署名入りで書いた著作に帝国主義や民族蔑視の表明がほとんどないことは、
安川の「アジア認識」付録のリストからも証明されている。

750 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/04/07(火) 05:30:12 ID:j+hsYF92O
諭吉タンかわゆす

751 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/04/07(火) 08:46:19 ID:YIjaa/s00
>>749
福沢の意見と異なるような社説は掲載できなかったろう、
という弁護論については?

752 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/04/07(火) 09:19:35 ID:YIjaa/s00
安川に有利な石河弁護論、ね。訂正。

753 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/04/07(火) 11:20:51 ID:vlGOL2sy0
>>751
新聞は石河だけで作っているわけではないから、
福沢はある時点から編集部に一任して、
よっぽどのことがないかぎり口出ししなかった、
ということでは?

754 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/04/07(火) 16:28:59 ID:YIjaa/s00
>>753
そうなのかどうか、証明はできんわな。
グレーゾーン社説については、福沢は関与していたかもしれないし、
していなかったかもしれない、と、ふりだしに戻る。


755 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/04/08(水) 07:04:00 ID:YKj9Nc0n0
>>754
新聞の社説というのは、共同作業で作られるものなんだよ。
だから無署名なのさ。
それらを福沢の思想とみなすこと自体に無理があるのさ。

756 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/04/08(水) 08:07:35 ID:rgddqN/s0
>>754
上のほうに、石河には社説の選択眼がまったくなかったか、
あったとしても、分かっていながら福沢執筆のものさえ落として、
自分のだけ全集に入れた、というのがあったな。>>92>>93

だとすると、そもそも全集の時事新報論集なんて、何の根拠もないことになる。


757 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/04/08(水) 10:18:26 ID:NpLPdDVN0
本気かよ
平山洋が『笑って学べる「福翁自伝」』という本を出すってサ
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/AAY00670/

758 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/04/08(水) 10:34:44 ID:YKj9Nc0n0
>>757
ほほう。アマゾンでは『諭吉の流儀』という題名になっているね。ISBNも同じだ。
去年出した伝記の二番煎じ企画かも。

759 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/04/08(水) 21:20:13 ID:ouCCnmojO
みんな俺の諭吉を使って金儲けしているナッッッ

760 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/04/08(水) 21:37:39 ID:tkzxaTcZ0
>>753
『福翁自伝』でも以下のようにおっしゃってますね。
----
併(しか)し私も次第に年をとり、何時(いつ)までもコンな
事に勉強するでもなし、老余は成る丈(た)け閑静に日を送る積りで、新聞紙
の事も若い者に譲り渡して段々遠くなって、紙上の論説なども石河幹
明(いしかわみきあき)、北川礼弼(きたがわれいすけ)、堀江帰一(ほりえきいち)などが専ら執筆して、私は時々立案してその出来た
文章を見て一寸(ちよい)々々(ちよい)加筆する位にして居ます。
----
福翁自傳 - 546 ページ :
http://project.lib.keio.ac.jp/dg_kul/fukuzawa_text.php?ID=116&PAGE=546



761 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/04/08(水) 21:40:12 ID:tkzxaTcZ0
>>757
内容は『福翁自伝』の解説書のようですね。

書籍紹介:日本一その名と顔を知られた男、福沢諭吉。その豪快で魅力的な人柄や人生を伝える『福翁自伝』を読む、初めての解説書が誕生!

>>758
ホントだ。5月12日に発売予定のようです。
http://www.amazon.co.jp/dp/4569709419/

平山先生は、福沢諭吉『福翁自伝』<新版>(角川ソフィア文庫)の「解説」を
書いてます。この解説を引き伸ばして一冊の本にしたんジャマイカ。

2008年8月 『福翁自伝』解説全文
http://blechmusik.xrea.jp/d/hirayama/h83/


762 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/04/09(木) 10:13:43 ID:OvZkrrai0
>>761
角川学芸版の『福翁自伝』の発売は去年の8月23日、
新著の刊行予定日は来月5月12日、って、スゲー早書き!

中身は大丈夫なんかい?

角川学芸といえば、去年の問題作、引用文学の最高峰たる
佐高信の『福沢諭吉伝説』の版元でもあるな。





763 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/04/09(木) 11:58:23 ID:w/fvl+6l0
>>760
福沢による時事新報社説にかんする言及は、これだけのよう。
今の全集に入っている1500編は、この「時々立案」したもの、
ということなんだが、本当にそうなのか、証拠はない。

石河幹明が、「このオレを信じてくれ」と言っているだけで。

でも信じられないよー。福沢真筆を半分以上見落としているんだから。>>92



764 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/04/09(木) 16:44:20 ID:Mk3gAq7o0
福翁自伝は俺も好きな本だが、
あれを読んでも、安川が言うような福沢像は浮かんでこないな。
日清戦争以後に福沢が侵略主義に転じたなら、
自伝にそれらしいことが書いてあっても不思議はないのに、
自伝に領土拡大について触れていたところなんて、あったっけ?

765 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/04/09(木) 22:25:05 ID:bjm2KKUd0
>>763
時事新報論説1500編の内、どれだけ福沢先生の筆になるものかが問題ですが、
平山先生は、1500編の中で約700が関係が薄いと見なしているようですね。
----
 【メモ】平成8年、大妻女子大教授の井田進也(52)は『福沢諭吉全集』で
時事新報社説を分析し福澤以外の執筆者が含まれている可能性を指摘。
静岡県立大助教、平山洋(47)は『福沢諭吉の真実』(文春新書)で、
1500の社説中約700が「福澤が関与していないか、度合いが低い」とし、
その多くは論説担当の石河幹明が筆者−とみる。
----
http://sankei.jp.msn.com/culture/academic/081219/acd0812190856003-n3.htm



766 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/04/09(木) 22:26:04 ID:bjm2KKUd0
>>764
『福翁自伝』の中には、領土拡大について触れた箇所は見つかりませんでした。

「福澤諭吉直筆草稿残存社説」の中から探してみると、
・1894-07-05「土地は併呑す可らず国事は改革す可し」現14巻436頁
が見つかりました。でも、コレは領土拡大に反対したものですよね。

・福澤諭吉直筆草稿残存社説目録
http://blechmusik.xrea.jp/d/hirayama/h71/


767 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/04/09(木) 22:35:32 ID:CTkvkiqk0
田中正造が「生きることは苦しい」とかいう言葉を遺したのに対して福沢諭吉の言葉はどんなのだっけ?
「人生って素晴らしい」みたいな感じだよね。

768 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/04/10(金) 07:10:30 ID:AmXGualV0
>>766
この社説は現行版にしか載っていない草稿残存社説、ってことは、
石河は意図的に昭和版(1933年刊)に入れなかった可能性が大、
ということになるね。>>93説は有力だ。


769 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/04/10(金) 07:26:59 ID:AmXGualV0
>>765
連投で、しかもレス番も前後するが、
平山氏が1500編のうち700編は関与が薄い、
とする根拠はどこにあるの?

逆に言うと800編は関係が濃い、となるけれど、
大正版の224編に、新発見の原稿残存社説を加えても、
だいたい300編にしかならない。

残りの500編について、関係が濃い、とする根拠は?


770 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/04/10(金) 21:10:03 ID:xXly1YnsO
諭吉(;´д`)ハァハァ

771 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/04/10(金) 21:51:04 ID:Q5EV4ngw0
>>769
根拠は、井田メソッドの結果じゃないかな。
700編については、井田メソッドの結果、関与が薄いと言えても、
残りの800編については、どちらとも言えない
グレーゾーンのものが含まれているとおもわれ。


772 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/04/11(土) 06:44:53 ID:kByCtaHt0
>>771
今手元に『福沢諭吉の真実』がないのではっきりしないのだが、
いくら平山さんでも、2004年の段階で1500編全部を判定できたはずはない。

1500編中700編は怪しいという情報は、当時から流れていたと記憶する。

この5年で判定したなら、平山サイトに結果報告があるはずだが、
『真実』原型や、大正版社説一覧、原稿残存社説一覧はアップされてはいても、
現行版所収社説全ての判定結果は見つけられない。


773 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/04/12(日) 18:14:34 ID:us5gavm20
>>767
「人生はウジムシだ!」みたいな発言がありますね。

----
宇宙無辺の考を以(もつ)て独(ひと)り自(みず)から観(かん)ずれば、日月も小なり地球も微(び)な
り。況(ま)して人間の如き、無智無力、見る影もなき蛆虫(うじむし)同様の小動物にして、
石火電光の瞬間、偶然この世に呼吸眠食し、喜怒哀楽の一夢中、忽(たちま)ち消え
て痕(あと)なきのみ。
----
福翁百話 - 51 ページ :
http://project.lib.keio.ac.jp/dg_kul/fukuzawa_text.php?ID=113&PAGE=51

----
既(すで)に世界に生れ出
たる上は蛆虫ながらも相応の覚悟なきを得ず。即(すなわ)ちその覚悟とは何ぞや。
人生本来戯(たわむれ)と知りながら、この一場の戯を戯とせずして恰(あたか)も真面目(まじめ)に勤
め、貧苦を去て富楽に志し、同類の邪魔せずして自(みず)から安楽を求め、五十、
七十の寿命も永きものと思うて、父母に事(つか)え夫婦相親(あいした)しみ、子孫の計を(はかりごと)
為(な)し又戸外の公益を謀(はか)り、生涯一点の過失なからんことに心(こころ)掛(がく)るこそ
蛆虫の本分なれ。否(い)な蛆虫の事に非ず、万物の霊として人間の独り誇る
所のものなり。
----
福翁百話 - 52 ページ :
http://project.lib.keio.ac.jp/dg_kul/fukuzawa_text.php?ID=113&PAGE=52

----
人生は見る影もなき蛆虫(うじむし)に等しく、朝の露の乾く間(ま)もなき五十年か七
十年の間を戯れて過ぎ逝(ゆ)くまでのことなれば、我一身を始め万事万物
を軽く視(み)て熱心に過ぐることあるべからず。生まるゝは即(すなわ)ち死するの約
束にして、死も亦(また)驚くに足らず。況(いわ)んや浮世の貧富苦楽に於てをや。その浮
----
福翁百話 - 57 ページ :
http://project.lib.keio.ac.jp/dg_kul/fukuzawa_text.php?ID=113&PAGE=57

----
沈常ならざるのみか、貧者必ずしも苦痛のみにあらず、富者必ずしも安
楽のみにあらず、唯是(ただこ)れ一時の戯(たわむれ)にして、その時を過ぐれば消えて痕(あと)なき
ものと知るべし。之を根本の安心法として深く胸の中に蔵(おさ)め置き、扨(さて)今
日の浮世を渡るにその法を如何(いかん)すべきやと云うに、蛆虫は素(もと)より蛆虫に
して、仮令い高尚なる心あるも蛆虫と雑居しながら高尚なる手段を施
すべきに非(あら)ざれば、生を愛し死を悪み、貧富苦楽を喜憂して浮世の務(つとめ)を
務め、苦しみては楽しみ、楽しみては苦しみ、苦楽平均して楽(たのしみ)の多からん
ことを願うは勿論(もちろん)、或(あるい)はその快楽を大にせんが為めに格別に辛苦(しんく)し、十年の
功を積んで一朝の心を慰むることもあるべし。辛苦経営、独(ひと)り自身の為め
のみに非ず、父母の為めにし夫婦相互(あいたがい)の為めにし、子供の為めにし親戚
朋友の為めにし、尚(な)お進んでは広く天下公衆の為めにすることも多し。
斯(か)くありてこそ始めて人間渡世の本分を尽したるものと云(い)うべし。
----
福翁百話 - 58 ページ :
http://project.lib.keio.ac.jp/dg_kul/fukuzawa_text.php?ID=113&PAGE=58


774 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/04/12(日) 22:18:26 ID:DbFohNlMO
そうか…
釣り針に蛆虫を引っかけて釣りをやるのが趣味なおいらだけど、諭吉さんの言葉だと感慨新た。

775 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/04/13(月) 09:34:07 ID:NXL1uO0Q0
>>772
全集収録1500編のうち、怪しいのが700編というのは、どうやら
福沢は時事新報が創刊されて10年間は強く関与し、
その後は手を引いた、という推測に基づいているらしい。

根拠は、『真実』177ページ。


776 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/04/13(月) 16:06:25 ID:o9EBN7Pp0
このブログ、興味深い。
最初のエントリが投稿されてから、1年4ヶ月もたって2つめが
アップされている。
http://hibari-yukichi.blogspot.com/2007/12/blog-post.html

777 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/04/14(火) 06:40:51 ID:/epdTgVl0
平山さんの新著の前書きhttp://blechmusik.xrea.jp/d/hirayama/h85/

778 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/04/14(火) 08:41:39 ID:aXNaov2Y0
>>776
こういう手合いはいつまでたってもいなくならないんだね。
自分の話など、もう誰も聞いてくれはしない、という現実を直視できない。
気の毒だとは思う。

779 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/04/14(火) 09:13:13 ID:UrkNQ0zP0
>>778
2chで書こうがblogで書こうが同じだろ。
権威主義というか。。
平山さんだってアニヲタだからな。
ネットがない時代だったらダサくて相手にされなかっただろう。

780 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/04/14(火) 09:14:42 ID:KQ8PQxg/0
>>743
『福沢諭吉の真実』アマゾン・レビュー

24 人中、11人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
『福沢諭吉の戦争論と天皇制論』も併せて読むべき, 2006/8/17
By 良識派市民

この新書を徹底的に批判している安川寿之助『福沢諭吉の戦争論と天皇
制論』が上梓された。この新書を読了した人は是非とも読むべき本である。
安川はこの新書を、「福沢の思想への内在的考察を怠った、形をかえた新
たな福沢諭吉美化論にすぎない」(p.69)と、平山を論駁している。その根拠
の一つとして、石川幹明が福沢の思想に忠実であったことを論証しており
(p.73-)、非常に興味深い。
また安川は平山批判にとどまらず、古田武彦の「"天は人の上に…"の出
典は『東日流外三郡誌』」説を基本的に支持する意向を表明する(p.369)な
ど、福沢研究を発展させている。
この新書の「あとがき」(p.240-)によれば、安川・平山間での論争が発端とな
り出版されたということである。以上の点につき、平山の再反論を読んでみ
たい。


781 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/04/14(火) 09:16:54 ID:KQ8PQxg/0
標題「埼大 コーマン・エリア」

安川寿之助※におどらされ
女のケツを追っかける

女性解放の名の下に
合宿ゼミでやりまくる

理論も 実践も コーマンの口実

埼大 コーマン・エリア
埼大 コーマン・エリア

※安川寿之助
当時埼玉大学にいた共産党シンパ
(党員だったかは不明)の教授。
フェミニズムのゼミを開き、
真の女性解放とは性からの解放だと唱え、
ゼミの学生に複数の男女関係を強いたり、
合宿ゼミで乱交させたりしていた模様。
勉強ばかりの軟弱左翼学生が、コーマン
したさに入信していた。

瀬戸口 2009-03-12 14:51:34 >>このコメントに返信

■訂正

すみません、「安川 寿之輔」が正しいみたいです。
どうでもいいけど。

瀬戸口 2009-03-12 14:56:15 >>このコメントに返信

http://ameblo.jp/bankrobber-hr/entry-10222487107.html

782 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/04/14(火) 10:03:06 ID:aXNaov2Y0
>>779
平山洋先生がアニヲタとは初耳だ。
ソースよろしく。

783 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/04/14(火) 14:10:47 ID:mbNty6Em0
>>781
ハハハ、こりゃオモロ!!!

784 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/04/14(火) 17:03:39 ID:okwT0WKmO
てす

785 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/04/14(火) 22:37:18 ID:iuFH/Z640
>>777
情報ありがとう。読みました。
新著の題名は『諭吉の流儀―「福翁自伝」を読む』に決まりのようですね。


786 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/04/15(水) 08:39:19 ID:d0LPzGz00
>>779は、平山洋さんと、同い年、同じ神奈川出身の平山夢明(デルモンテ平山)さんを
混同しているんジャマイカ。

787 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/04/15(水) 13:23:58 ID:kEpFf7T30
>>780
このレビューもなんだかな。
今どき古田武彦の東北王朝説を信じている、というだけで、
安川の信憑性はゼロ、と自ら宣言しているようなモノ。

788 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/04/15(水) 16:38:05 ID:8EU+xhjK0
>>785
今までの本の評価は総じて高かったのだから、
伝記を書いたついでのヤッツケ仕事ではないことを祈るな。

原武史や小熊英二の哀れな末路を知っている身としては。

それにしてもこいつら、何でほとんど同じ年なの?


789 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/04/15(水) 22:25:17 ID:liKpDJUt0
>>779
平山洋サイトを調べてみたが、アニヲタっぽいエントリはなかったぞ。
映画「ブレードランナー」に関する対談がひとつあっただけだ。
http://blechmusik.xrea.jp/d/hirayama/h73/

790 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/04/16(木) 09:06:46 ID:WnfLDicI0
ここには貼られなかったが、各方面にマルチ投稿されていた、安川系レス(中国板より)

790 名前:ささき のぶひこ[sasaki.nobuhiko@gmail.com] 投稿日:2009/04/11(土) 03:23:00
「天皇制は、国民をダマスための一つの手段」
「天皇制は、支配者がバカな国民をダマスための一つの手段だ」 ─ 福沢諭吉の理解!
 
 「立君の政治」は、「人主が愚民を篭絡するの一欺術」 
(福沢諭吉全集 第5巻271ページ)

諭吉は、こう書いています.
「天皇制は、支配者がバカな国民をダマスための一つの手段だ」という意味です.


なぜ、彼はそう書いたのか?
それは、次の理由によります.
◆自分は金持ちになりたい.(「日本一の大金持ちになりたい」
これが、彼の少年時代の夢だった(岩波文庫「福翁自伝」)
◆金持ちは、多数の者の生命と財産の犠牲の上に可能となる
◆支配者が国民の生活を犠牲にして、初めて金持ちが可能となる
◆自分は、支配者の側に立ちたい.
門閥制度で一生下級武士はいやだ!
◆一方国民は、だまって生活を犠牲にはしてくれない.
◆だから、国民をだまさなければならない.
◆国民をだますためには、天皇制をもってくるのが一番よい.
◆天皇のために、命も財産も投げ出す.「お国のため、大義のために死ぬ」ということが
できる.(若くして殺された特攻隊員がそうだった)
◆彼らと遺族が、がっかりしないように靖国神社(1879年)をつくっておこう.
◆自分は表向き、教育(慶応義塾)と新聞(時事新報)の責任者ということで行こう.
◆実際には「暗に政府のお師匠さま」(全集第20巻頁)として、侵略戦争を推し進め、そ
こで上前をはねよう.(実際に戦争報道で大もうけをした)

これが、福沢諭吉の真実です.
いくら大もうけをしたかは、文献上明らかになるはずです.
http://koheina-hoso.blogspot.com

791 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/04/16(木) 10:03:01 ID:Ed+BEbzi0
>>790
こりゃまた、突っ込みどころ満載の笑えるコピペだな。
そもそも、 

「立君の政治」は、「人主が愚民を篭絡するの一欺術」 
(福沢諭吉全集 第5巻271ページ)

というのは、福沢が、「そうではない!」反対していた
意見を引用している部分じゃん。


792 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/04/16(木) 14:39:22 ID:5QHDduug0
>>791
>>790のオリジナルは4月9日付けのこのブログ
http://hibari-yukichi.blogspot.com/2009/04/blog-post_3847.html

作者のyukichiは、下の「お金が一番!」の作者でもある
http://yukichi2.blogspot.com/2007_11_21_archive.html

そのプロフィール欄には、

yukichi
Age: 71
Gender: Male
Astrological Sign: Taurus
Zodiac Year: Rat

とあって、これが本当なら、「ささきのぶひこ」はともかく、yukichiは
相当な年寄り(現在73歳)ということになる。

現在73歳といえばry



793 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/04/16(木) 16:41:01 ID:Ed+BEbzi0
>>792
ヤスカワとかいう先生も確か今年73歳のはずだが、もちろんカンケーないだろっ!


794 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/04/16(木) 17:29:45 ID:UaRXYPkb0
>>790のコピペのはられ具合を調べてみたんだが、
どうやらIDの出ないスレを狙って、集中してやったようだね。
天皇夫妻成婚50周年特番の祝賀ムードに、冷や水を浴びせるためだろう。

yukichiと ささきのぶひこ の関係は分からない。
同一人物なんだろうか。

795 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/04/17(金) 06:30:02 ID:aNgcoreb0
>>792で紹介されてる2つのブログは、どうやら安川さん本人のもののようだ。
どうしているんだろう、と思ったら、こんなところにいたんだね。
それにしても進歩のない人物だ。


796 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/04/17(金) 11:47:19 ID:iHUcvN3+0
>>795
美空ひばりとか特攻隊員とか、ジュノーンの話題はどこまでも懐旧的だな。w

あれじゃ新しい支持者の獲得なんて、とうていおぼつかないね。

797 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/04/17(金) 12:30:01 ID:nmpLQk8+0
世界史
「天皇制は、国民をダマスための一つの手段」
http://academy6.2ch.net/test/read.cgi/whis/1239387307/
男性論女性論
「天皇制は、国民をダマスための一つの手段」
http://love6.2ch.net/test/read.cgi/gender/1239386756/
経済学
「天皇制は、国民をダマスための一つの手段」
http://academy6.2ch.net/test/read.cgi/economics/1239386681/
皇室・王侯貴族
「天皇制は、国民をダマスための一つの手段」
http://dubai.2ch.net/test/read.cgi/emperor/1239387262/
中国
「天皇制は、国民をダマスための一つの手段」
http://academy6.2ch.net/test/read.cgi/china/1239386566/
国際情勢
「天皇制は、国民をダマスための手段だ」
http://society6.2ch.net/test/read.cgi/kokusai/1239386199/



798 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/04/17(金) 12:58:44 ID:aNgcoreb0
ささき のぶひこ は、ドメインが表示される土浦・つくばスレにまで投稿していたんだね。けっこうマヌケだ。

名前: ささき のぶひこ 投稿日: 2009/04/11(土) 03:17:41 ID:irDNkDqQ [ 61-24-71-172.rev.home.ne.jp ]

799 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/04/17(金) 13:23:17 ID:+WVWrXf/0
こんなカキコが見つかったヨ

>投稿日:2005/12/12(Mon) 21:44:02 【61-24-71-179.rev.home.ne.jp】

投稿場所は「東京都板橋区」近辺

800 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/04/17(金) 13:40:59 ID:iHUcvN3+0
>>798>>799

ほほう


801 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/04/17(金) 19:47:12 ID:mK+XrDDE0
しかも>>798のドメインは、このスレの>>61と同じだ。
ここでアラシをしたのがバレてしまうから、>>790をここに貼らなかったんだね。

802 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/04/18(土) 07:44:00 ID:BSzc3rYV0
>>801
ドメインでレスを検索することはできないよ。
ささきのドメインの最初が61なので、レス番61が表示されただけ。

803 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/04/18(土) 07:56:22 ID:BSzc3rYV0
まず何より、ドメインが表示される「つくば土浦」
http://kanto.machi.to/bbs/read.cgi/kanto/1238672442/291
「沖縄アニメ」
http://www.machibbs.com/bbs/read.cgi/okinawa/1158933280/l50
の736に投稿したのが不思議。
それまで天皇制のことなど話題にもなっていなかったのに。
わざわざアシがつくようなことをしている。

804 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/04/19(日) 04:26:10 ID:bXOPNiNi0
「お金が一番!」のyukichiと
「公正な放送を」その他の「ささきのぶひこ」は間違いなく同一人(同一勢力)だ。

少し前まで「公正な放送を」の管理人は「ささきのぶひこ」だったのに、
今ではyukichiに変更されている。
が、yukichiのGmailアドレスはsasaki名のままだ。
おそらく某政党関係者の共同ネームだろう。

今回のマルチポストのもとになった4月9日付けの「お金が一番!」
のエントリと同趣旨のエントリが、3月15日付けの「公正な放送を」にある。
いずれも安川寿之輔の著作の孫引きで、いつも同じ、だ。

4月11日午前2時半ころ始まったマルチポストが、その勢力による
政治工作かどうかは、にわかに判断できない。今まで「ささき」らはそのような
稚拙なことはしてこなかった。

今回のマルチポストは、福沢諭吉や慶応に反感を持つものが、
「ささき」らを騙って仕組んだものではないか?

なお、その場合最優先で貼られても不思議ではない本スレに、
そのコピペが「貼られなかった」理由については、なお検討の余地がある。




805 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/04/19(日) 09:16:59 ID:bXOPNiNi0
上の「公正な放送を」は「公平な放送を」に訂正

以下Peace Night 9のHPの書き込み
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ささき のぶひこ
九条の会全国交流集会に参加しました.

1.全国の協力のネットが広がっている.
2.世代間のバランスが十分とれていない.(青年が少ない)
3.配布資料約60枚(60組織)のうち、URLをもっているところが、約45%
4.各組織とも、活動費に苦労している

以上を見ると、以下の方向が見えてくる.

1.中・高齢者が主力の組織が多く、若いエネルギーを迎えたい.
2.若いエネルギーもがんばっているが、1.との交流が少ない.
3.1の層は、2ほど、ITになれていない.
4.1、2とも、活動費に苦しんでいる.
5.1〜4の解決の一手段は、ホームページ(HP)作成である.
- 若い人が、HPをもっていない組織のHPをつくる.(距離・時間のへだた
りなく、大きな費用をかけないで、協力ができる)
- それにより、世代間の思想の交流、協力の密度が広がる.

提案:
peace_night_9 がそのセンターをつくる.
全国で、HPをつくる(Wordが使える)若い人を、合理的に、HPを持たない
組織と合コンさせる.
この場合、HPのプラットフォームを、できれば統一した方がよい.

以上
[ このコメントを通報する ]
November 25 [Tue], 2008, 0:27
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・




806 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/04/20(月) 01:05:17 ID:hXagQThf0
>>805
ようするに、今度のマルチポストは、
この活動方針に則って実施されたわけね。

一連の反福沢・反慶応・反皇室の動きが、
某政治勢力の指導によって行われている、
という動かぬ証拠じゃん。

807 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/04/20(月) 09:00:07 ID:TTDUaQE40
>>792のyukichiのプロフがホンモノだとすると、
子年は1936年だから、1935年生まれのジュノーンとはちょっとズレるな。。。


808 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/04/20(月) 10:07:11 ID:9rAfx4FB0
yukichi(ささきのぶひこ)が1936年生まれだとすると、こちらのお方の可能性が高いかナ。

ヤスカワ本の版元、高文研の代表。
それなら、どんなにバカにされても、>>790のようなヤスカワ礼賛エントリを
アップしなきゃならない理由も分かる。

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
梅田 正己(うめだ・まさき) 1936年、佐賀県に生まれる。書籍編集者として、
教育書をはじめ沖縄問題、安保・防衛問題、核問題、憲法問題、歴史認識・
アジア認識の問題、ジャーナリズム問題、現代史への証言などの書籍を編
集・出版しながら、自分でも執筆活動を続けてきた。日本ジャーナリスト会議
会員。
著書:『変貌する自衛隊と日米同盟』『「非戦の国」が崩れゆく』『有事法制か、
平和憲法か』『「市民の時代」の教育を求めて』(以上、高文研)『この国のゆ
くえ?教科書・日の丸・靖国』(岩波ジュニア新書)ほか



809 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/04/20(月) 15:07:56 ID:TTDUaQE40
>>808
梅田正己
 しかし、明治一五年、伊藤博文らの要請を受け、自由民権運動への対抗言論機関
として時事新報社を設立、ここを舞台に論陣を張った福沢が、日清戦争時には全国
第二位の一万円の献金を拠出するほどに意気軒昂だったのに、新聞社にとって最重
要の社説を記者まかせにすることなど到底考えられません。
http://www.koubunken.co.jp/0375/0366.html#edi

yukichi
国民をバカにしてだまし、日清・日露戦争へと誘導し、自分は戦争のニュース報道で
「時事新報」の発行部数をのばして、金もうけをしていたのです.(後の司馬遼太郎
も、日露戦争では大もうけをしています)
http://yukichi2.blogspot.com/2007_11_28_archive.html

まー、似とるといえば似とるな。。。
皆さんも比べてミソ、、、そんなにヒマじゃないか。

810 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/04/20(月) 17:55:37 ID:CUWfnkS30
>>790>>792でリンクされているブログを読んだが、
yukichiが誰であれ、ブログ主はスゲー確信犯だな。
きっと北朝鮮はあんな内容のプロパガンダで充満しているんだろうよ。

オソロシー!!!

811 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/04/21(火) 08:02:24 ID:f9KVmGqv0
>>790からの流れで、ヤッパリと腑に落ちることが多かった。
1960年代の、「脱亜論」を利用しての反福沢キャンペーンもそうだったが、
ようするにyukichi(ささきのぶひこ)らは、「日本資本主義」なるものを巨悪とみなして、
その頭目として福沢や、実働部隊としての慶応がある、
という宣伝をしているだけだ。
でも、それはけっして成功しないと思うよ。
次の総選挙でも、共産党はボロ負けするだろうし。



812 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/04/21(火) 10:07:18 ID:rPgOkH980
>>809
この梅田正己の引用を見ていて気づいたんだが、ここで「明治一五年」とこともなげに使っているのは、
なんだか不自然だな。

高文研のサイトで検索したら、元号だけで暦年を表記しているのは、この一箇所だけだ。

yukichiや ささきのぶひこ はもちろん元号などいっさい使わない。
これは、「1882年」と「時事新報」でググられて、このページと「お金が一番!」が結び付けられるのを、
防ぐためじゃないか?


813 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/04/21(火) 10:50:23 ID:ajYGImmE0
これで、高文研やyukichiのサイトが改竄されたり、削除されたりしたら、
関係者がここを見ていることの証明になるね w

しかも、梅田とyukichiの同一性を、自ら認めたことになる ww

みんな注意して見守りましょう



814 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/04/21(火) 11:41:22 ID:f9KVmGqv0
>>812
君はいいセンスしているね。

815 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/04/21(火) 13:53:58 ID:iNacXvED0
なんだ、ずいぶん前から指摘されていたんだ

http://love6.2ch.net/test/read.cgi/books/1186734611/

440 名前:無名草子さん 投稿日:2007/12/14(金) 07:32:31
高文研社長のブログが面白いhttp://yukichi2.blogspot.com/

816 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/04/21(火) 14:21:26 ID:rPgOkH980
>>814
ありがとうよ。


817 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/04/21(火) 18:19:43 ID:ajYGImmE0
それにしても、あれだけの反福沢プロパガンダが、
けっきょく自分とこの本を売るための宣伝にすぎなかったとは!!

大笑いだね www

818 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/04/22(水) 12:06:19 ID:6vFJUfH60
「美空ひばりと福沢諭吉」は4月9日の「天皇制は…」でストップしている。
そのかわり、そのエントリをネタにしたカキコがあちこちに貼られている。

yukichiの狙いは、どうやら、良識ある国民の神経を逆なでにして、
ネット住民の関心を「公平な放送を!」にひきつけることにあるらしい。



819 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/04/22(水) 12:39:40 ID:PFFgSPf00
>>790のさわりは、ここの前スレ349ですでに使われていたね。
去年の夏の荒らしも、yukichiの仕業だったのかな?

349 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[sage] 投稿日:2008/08/21(木) 17:47:31 ID:NeU3tHVo0
「門閥は親の敵で御座る」

天皇制は「愚民を篭絡するの一欺術」(福沢諭吉全集 第5巻 「帝室論」 271ページ)

「馬鹿と片輪に宗教、丁度よき取り合わせ」(福沢諭吉全集 第20巻 「宗教の説」 232ページ)

「遠慮(えんりょ)なくアジアを押領(おうりょう)して、わが手をもって新築するも可なり」とのべてい
ます.(「時事小言」福沢諭吉全集第5巻)


820 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/04/22(水) 13:05:01 ID:6vFJUfH60
>>819
夏どころか、去年11月の本スレ>>6-10をみなよ。
当時はコピペマンと呼ばれていたyukichiらしき人物がプロファイルされている。


821 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/04/22(水) 14:58:09 ID:wJKSQobo0
オマイラみたようなのがいるから、
ユキチはここに>>790をはらなかったのさ。

822 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/04/22(水) 16:03:36 ID:OgfSXivj0
>>819の、

「遠慮(えんりょ)なくアジアを押領(おうりょう)して、わが手をもって新築するも可なり」とのべてい
ます.(「時事小言」福沢諭吉全集第5巻)

に出典ページが書かれていない理由が分かったよ。
正しくは、

「無遠慮にその地面を押領して、我手を以て新築するも可なり」(著作集第8巻136ページ)

だ。安全保障上の一般的な事柄として述べている部分で、アジアなどとは書いていない。
それがバレるので、ページを入れていないんだね。

この形での引用を必死チェッカーもどきで検索したら、びっくりだった。



823 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/04/22(水) 16:30:27 ID:6vFJUfH60
>>822
今調べてみた。この引用を含むすごいアラシがようだ。
それにしても、この調子じゃ、ほかにどんな改ざんがあるか分からんワナ。
さすがは人を陥れたり糾弾したりするのが得意な集団だ。

824 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/04/22(水) 16:32:33 ID:6vFJUfH60
連投
訂正 ×アラシがようだ
    ○アラシがあったようだ

825 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/04/23(木) 09:16:25 ID:HEHtC2+f0
去年の夏から秋にかけて、ここと奥様三田会スレであったアラシの犯人と、
今回の>>790コピペ貼り付けの犯人が同一勢力だとすると、
慶応や福沢、さらには皇室へのウラミは尋常じゃないな。
その慶応じゃ、皇室と縁続きの現塾長が退陣することになったらしいが。


826 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/04/23(木) 09:45:13 ID:T3dnniMq0
さすがは福沢諭吉先生、いいことを言いますね

明治18年(1885)8月13日時事新報社説
「朝鮮人民のために其国の滅亡を賀す」

http://blechmusik.xrea.jp/d/hirayama/h13/

827 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/04/23(木) 15:01:27 ID:2xQ1w1bo0
ブランド好きが高じて見下し差別する人間まで作り出すか慶應は

828 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/04/23(木) 15:45:52 ID:HEHtC2+f0
>>827
煽りならアゲたほうがいいぜ。

829 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/04/24(金) 00:03:29 ID:lyGk8Vjn0
>>826
さらに、平山先生の論説も合わせて読むと吉です。

「朝鮮よ、滅亡せよ」と福沢諭吉は言ったのか?
http://blechmusik.xrea.jp/d/hirayama/h23/


830 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/04/24(金) 08:04:40 ID:dMkuR0/J0
それにしても、福沢諭吉研究者は、
平山洋と安川寿之輔の二人しかいないのか?

まったく別の視点からの優れた見解とか、解釈とか、そういうのはないの?

831 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/04/24(金) 10:09:22 ID:A9ZAdRoO0
またまた面白いことが分かった。
梅田正己は横浜事件の主要な関係者だが、
この横浜事件について、yukichi(ささきのぶひこ)が単独のブログを作っている。

横浜事件 第4次最審請求 「実質無罪」獲得!(世紀をまたいで)
http://yokohamajiken.blogspot.com/

その主張は、梅田と100%同一だ。
しかも奇妙なことに、このブログ主のyukichiは、この中で、
「福沢」や「諭吉」を一度も使用していない。「お金が一番!」ではあれほど
口汚く福沢をののしっているというのに。

検索で関連性がバレないように、注意してエントリを作成しているんだね。



832 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/04/24(金) 10:38:59 ID:6fSeQzfz0
>>830
まーあの論争自体ノラ犬同士のケンカみたいなところがあったからね。

下手に手を出して自分が咬まれてはタマランという研究者も多いのだろう。


833 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/04/24(金) 13:26:57 ID:A9ZAdRoO0
ささきのぶひこ くん。
2ちゃんで素性がバレたので、大学別掲示板に張ってやがる。よくやるなぁ。

http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/study/491/1240508037/l50

834 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/04/24(金) 14:57:32 ID:TAAbYpnl0
反福沢・反慶応・反皇室工作に従事している諸君は、
ある意味偉いな。
誰にも尊重も尊敬もされず、ただ黙々とコピペを貼る日々…。
いつの日か「奴ら」を見返せる日がやってくる、と信じて。
でも>>800のカキコもあることだし、
いくら似たようなHPをたくさん作っても、
やっている人間がいつも同じ、ということが露見した今となっては、
あーご苦労さん、という言葉しか、出てこないわな。


835 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/04/24(金) 15:00:35 ID:TAAbYpnl0
訂正:800ではなく>>805だよ。

836 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/04/24(金) 16:15:35 ID:6fSeQzfz0
平山さんの論文は全てネット上で読めるから参照しやすいということはある。

入手しやすいといっても中身が正しいという保証はない。

だがそれ以上によい論文がどこにあるのかが分からない。



837 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/04/25(土) 04:28:24 ID:UFdV4CiV0
平山の主張って大したこといってねえだろw
ただ侵略主義者は福沢の弟子でしたってだけ。
福沢を持ち上げつつ塾に気を遣ってあんまり石川をこき下ろさない。
侵略戦争の自分の定義も曖昧のままにする。
安川がいう福沢の監督責任教育責任思想責任はどこへいったの?
三田学者とかいう奴じゃないの?

838 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/04/26(日) 07:56:32 ID:ff/YzdWYP
>>837
三田学者って?

839 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/04/27(月) 08:51:49 ID:IXvwKgzP0
福沢の理想は、全ての人(日本人だけでなく全世界の人)が、豊かで幸福な生活を営めるような世界を作ることだった。

840 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/04/27(月) 09:13:43 ID:qwM5r7B00
OKコンピューターOK?愛OK?無視OK?

841 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/04/27(月) 09:15:57 ID:qwM5r7B00
OKcomputer?


842 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/04/27(月) 09:19:37 ID:qwM5r7B00
OKコンピューター?OK?

843 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/04/27(月) 09:22:36 ID:qwM5r7B00
まちがいなしOK?まちがいなない方がいい良い?
おとな間違いOK?

844 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/04/27(月) 09:27:07 ID:qwM5r7B00
OKコンピューター?ミすてぃっくリバー深い河OK?

845 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/04/27(月) 09:31:03 ID:qwM5r7B00
OKコンピューター

846 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/04/27(月) 09:40:37 ID:qwM5r7B00
OKコンピューター?4

847 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/04/27(月) 09:43:16 ID:qwM5r7B00
インドロシア中国東南アジア北朝鮮OK?OK?OKコンピューター?

848 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/04/27(月) 09:46:33 ID:qwM5r7B00
セットOK?

849 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/04/27(月) 09:53:40 ID:qwM5r7B00
中国東南アジア北朝鮮OK下
しろOK?

850 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/04/27(月) 10:02:25 ID:qwM5r7B00
にくPKOK。OKコンピューター?

851 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/04/27(月) 10:18:05 ID:qwM5r7B00
コンピューターOK。

852 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/04/27(月) 10:23:08 ID:qwM5r7B00
中国東南アジア北朝鮮OK下
しろOK?


850 名前:名無しさん@お腹いっぱい。 :2009/04/27(月) 10:02:25 ID:qwM5r7B00
にくPKOK。OKコンピューター?




853 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/04/27(月) 10:25:52 ID:qwM5r7B00
冴場りょうOK?

854 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/04/27(月) 10:34:40 ID:qwM5r7B00
セットOK?

855 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/04/27(月) 10:35:25 ID:qwM5r7B00
OKコンピューター

856 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/04/27(月) 10:43:24 ID:x+WZND5L0
821 :四ノ宮:2009/04/27(月) 02:46:54 ID:qwM5r7B00
らくがいい
606 :やすだ:2009/04/27(月) 02:47:35 ID:qwM5r7B00
みち
607 :安田三沙子:2009/04/27(月) 02:48:39 ID:qwM5r7B00
志村けん
86 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/04/27(月) 03:07:56 ID:qwM5r7B00
全員がよろこぶほうがいい
87 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/04/27(月) 03:08:49 ID:qwM5r7B00
へんにならないほうがいい
38 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/04/27(月) 09:10:59 ID:qwM5r7B00
OKコンぴゅーター?OK?
    ↓
    白コート

=============================================================

暇な奴


857 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/04/27(月) 10:50:18 ID:qwM5r7B00
セット?白いソナタOK?

858 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/04/27(月) 10:54:11 ID:qwM5r7B00
まちがいなしOK?OK?コンピューター?

859 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/04/27(月) 10:54:56 ID:qwM5r7B00
OKコンぴゅーター?OK?
    ↓
    白コート

=============================================================

暇な奴



857 名前:名無しさん@お腹いっぱい。 :2009

860 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/04/27(月) 10:59:08 ID:5LBXEdakO
でOKコンピューター?いいの?

861 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/04/27(月) 11:11:32 ID:qwM5r7B00
東南アジアインドOK?

862 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/04/27(月) 11:40:47 ID:9MQZoHUR0
>>837
福沢の研究をしているのだから、石河にあまり触れないのはアタリマエ。
それに君、去年でた『福沢諭吉』は読んでいないのだろ?

863 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/04/27(月) 16:50:00 ID:nDeRdRyE0
>>862
あ、オレは>>837じゃないよ。

>>862に付け加えるなら、平山の『福澤諭吉』は、
『福沢諭吉の真実』とアプローチが違う。

その内容を一言でまとめるなら、
「福沢の人生は明治14年までで面白いことは出尽くしました、
あとは余生にすぎなかったのです」
というもので、
結果として時事新報社説を軽いものとして扱っている。

安川なら、「それ自体欺瞞で怪しからん」と言うのだろうが、
明治15年以降を重く記述しているのが、ほかならぬ石河の伝記な
わけだから。ねぇ。


864 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/04/27(月) 17:26:49 ID:9MQZoHUR0
>>863
おそらく、広い視野でものごとを見ることができないのだと思うよ。

865 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/04/27(月) 17:40:38 ID:5LBXEdakO
O.Kコンピューター?

866 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/04/28(火) 00:32:01 ID:diNeCyXt0
Yahoo!百科事典で「学問のすすめ」と「文明論之概略」を引いてみました。

「学問のすゝめ(がくもんのすすめ)」
----
日本における近代的、合理主義的な人間観、社会観、学問観の出発を示す書であるが、
学問による差別を生んだという批判もある。
----
http://100.yahoo.co.jp/detail/%E5%AD%A6%E5%95%8F%E3%81%AE%E3%81%99%E3%82%9D%E3%82%81/

そんな批判、あったっけ?

「文明論之概略」
----
ことに西洋文明を他国の侵略のうえに築かれた存在であるとする指摘には瞠目(どうもく)させられるが、
また今日では国家独立のためにやむをえぬと国家エゴイズムの容認をも示している。
----
http://100.yahoo.co.jp/detail/%E6%96%87%E6%98%8E%E8%AB%96%E4%B9%8B%E6%A6%82%E7%95%A5/

うーむ、なんだか最後の一言が余計なような気がします…


867 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/04/28(火) 07:03:22 ID:2SLQJMVG0
>>866
まーヤフーは中国系の資本だから。
日本の近代を悪く言うためには、そーとー無理な論理を展開するのさ。
その手の宣伝に乗せられる日本のサヨクもバカだが。

868 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/04/28(火) 12:26:45 ID:eoRf4HLQ0
慶応の内部ニュースには、いちいち福沢諭吉が登場するんだね。以下コピペ

======================================================

慶應義塾は、福澤諭吉建学の精神を受け継ぎ、気品の泉源 智徳の模範たらんこと
を期し続けて、間もなく創立150年を迎える、伝統ある学塾であります。その義塾に
おいて、とくに最近、公的研究資金の不適切な使用、人に危害を及ぼしかねない非
常識な行動、医師のモラルに反する出来事など世間の耳目を集める事件が続いて
おります。

これらの不祥事について、多くの皆様、また社会に対し、多大なご迷惑をお掛けして
おりますことを、深くお詫び申し上げます。こうした不祥事が起こっている状況は、倫
理を自ら律すべき独立自尊の学塾として、なんとしても是正していくべきことでありま
す。義塾に所属する者すべてが義塾の精神に則り自らの行動を律することを旨とす
るとともに、慶應義塾が気品の泉源 智徳の模範たるにふさわしい学塾であり続ける
ことができるよう、最善を尽くす所存です。

2006年3月29日
塾長 安西祐一郎


869 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/04/28(火) 12:29:40 ID:cIh7bqzt0
安川って慶應で福沢について講演したことがあるんだね。どうして慶應は創立者を
悪く言う人を呼んだんだろうか?

870 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/04/28(火) 12:39:33 ID:PE90EPlE0
>>869
ソレハデスネ、学内に松村高夫とゆー共産党系の教員がいて、手引きしたからデスヨ。


871 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/04/28(火) 12:54:38 ID:cIh7bqzt0
ということは、慶應は共産党系の教員が幅を利かせているの?

872 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/04/28(火) 13:28:09 ID:PE90EPlE0
>>871
考えても御覧なさい。
誰が法政から金子勝を引き抜いたのか。
幅を利かせている、というほどじゃないけれど、声がデカイのでねェ。

すごーい問題教員もいる。
たとえばこの人。
http://k-ris.keio.ac.jp/Profiles/0030/0005414/profile.html


873 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/04/28(火) 16:57:06 ID:eoRf4HLQ0
>>872  ハハハ、こりゃスゲエ 慶大経済学部講師蔦木能雄君! 

<平成18年1月27日 2限 60分 持ち込み不可>
「山川理論」と「福本理論」が登場してくる時代的背景を日本社会主
義思想・運動史の観点から説明した上で、「山川理論」と「福本理論」
とのあいだにある思想の対立点と問題点を論述しなさい。

2004年度過去問 蔦木能雄 平成17年1月28日金曜日2時限施行
次の3問から1問のみを選択して答えなさい。(2問以上選択したも
のは採点の対象としない)
1)日本社会主義同盟と「アナ・ボル論争」との関連について論述し
なさい。
2)山川均の「方向転換論」の意義(否定的な側面も含めて)を論述
しなさい。
3)福本和夫の「分離・結合」理論について論述しなさい。

2003年度
次の設問から1題のみを選択して回答しなさい。
問1 日本社会主義同盟の創立背景とその意義について論述しなさい。
問2 「山川理論」と「福本理論」とを巡る思想的対立点について論述し
なさい。
問3 山川均の「方向転換論」を説明して、その積極的側面と消極的側
面について論述しなさい。

2002年度
次の3問から1問を選択して答えなさい。
問1 日本社会主義同盟の成立とその意義について論述しなさい。
問2 日本社会主義思想史における山川均の「方向転換論」の意義につ
いて論述しなさい。
問3 「福本理論」と「山川理論」との思想的対立点を挙げて、それぞれの
長所、短所を論述しなさい。

2001年度
問1 日本社会主義同盟の意義と限界を論述しなさい。
問2 山川均の「方向転換論」について論述して、それが打ち出されてくる
時代背景を述べなさい。
問3 「昭和金融恐慌期」から「満州事変期」に至るまでの日本社会主義
運動の発展過程を述べて、「1927年テーゼ」と「1932年テーゼ」の相違
を論述しなさい。

2000年度
問1 日本社会主義同盟の意義と限界を記述しなさい。
問2 山川均の「方向転換論」について論述しなさい。
問3 大正期から昭和初頭期にかけての「マルクシズム」

874 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/04/29(水) 08:51:57 ID:yy/2QKcGP
>>873
こういう前世紀の遺物みたいな人を何十年も雇い続けるとは、
慶応も太っ腹だね。

875 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/04/30(木) 09:04:10 ID:zjSRlnNI0
>>874
負けた現塾長派は腹いせに、このあたりから三田を攻めるかな?

876 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/04/30(木) 12:10:05 ID:ysqrLH8p0
ささきのぶひこ クン しばらく静かにしていたと思ったら、またやっているんだね。

http://qb5.2ch.net/test/read.cgi/sec2chd/1241024382/

いつ、どこに、どこから、を調べて、また犯人に肉薄しようゼ。

877 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/04/30(木) 12:47:30 ID:dmIPqxj90
>>876
どうやら4月26日が最後で、今日の明け方からアク禁になったようだ。
複数犯と思っていたが、単独らしい。
ホンモノ?の「ささきのぶひこ」と、アラシ屋との関係は不明。
こんなことしたら逆効果だと某政党関係者だって知っているだろう。
単独の愉快犯がささき名を騙っているだけかも。
それから、本スレには貼られない、というのは、意外に重要なことかもしれない。
昨年秋のコピペマン消失と、今度の「ささきのぶひこ」の出現は近接している。

878 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/04/30(木) 16:42:48 ID:ysqrLH8p0
>>877
問題は犯人が「天皇制嫌い」なのか、それともただの「慶応嫌い」なのか、ということだな。

879 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/04/30(木) 19:51:20 ID:N64GeJGIO
諭吉タソ、カワユス

880 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/05/01(金) 07:33:18 ID:A6UWsbUI0
>>878
>>876で調べてみると、天皇制などとは無縁のスレに、意味もなく貼られている。
どうも福沢嫌いが、サヨになりすましているようだ。

881 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/05/01(金) 11:59:52 ID:5Zj4bvF20
>>880
茨城県坂東市スレにまで貼っている。
前にはつくば土浦スレでわざわざアシのつくようなことをして不思議がられていた。
JCOM茨城管内の奴ではないか。偽「ささきのぶひこ」は。

882 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/05/02(土) 06:26:31 ID:YDJHH8pLP
前には板橋区近郊居住説があったが

883 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/05/03(日) 23:30:19 ID:ld2w1Tbg0
2009/05/06 13:55〜14:00 の放送内容 NHK総合
世界と出会った日本人「一身独立して一国独立す 福沢諭吉」

万延元年(1860)咸臨丸で渡米した福沢諭吉は、自由で自立したアメリカ人を見て、
独立した個人こそが国家の独立を支えると感じ、そのための勉学の大切さを説いた。
万延元年(1860年)、福沢諭吉は軍艦奉行に頼み込み、従者として咸臨丸で渡米する。
初めて見るカリフォルニアの繁栄に驚くが、最も注目したのは、社会の仕組みや
人々の考え方だった。民主主義という価値観の存在を知り、また写真館でアメリカの
娘と写真を撮るなど、自立した個人に許された自由を満喫する。
帰国後、文明社会の本質を探究。独立した個人こそが国家を支える基本であると考え、
そのために学ぶことを説き続けた。
http://tv.yahoo.co.jp/program/118984/?date=20090423&stime=2255&ch=8200


884 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/05/04(月) 03:58:03 ID:3bz+mAg6O
ハンバーガー好きの人ね。
天は人の上にパテを作らず。
人の下にレタスを作らず。


















バカかwwwwwwwwwwwwwww
ウケたやろ?な?な?wwwwwwwwwwwwwww

885 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/05/05(火) 08:20:16 ID:EifELoKFO
諭吉カワユス

886 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/05/06(水) 01:11:24 ID:pWSOUXKeO
酒を飲んで屋形船にものを投げた話、全裸で恩師の奥さんの前に出た話…一見草なぎ君のようだが、やはり諭吉さんはスケール大きいっすわ

887 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/05/06(水) 01:15:14 ID:+uLneDQDP
>>886
大阪の夏は暑いので、みんな裸だったとありますよ、自伝には。

888 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/05/07(木) 10:21:46 ID:1xCGRPpQ0
茂木健一郎解説の福翁自伝って、いったいどんなものなのかいな

http://www.amazon.co.jp/%E7%A6%8F%E7%BF%81%E8%87%AA%E4%BC%9D-%E7%A6%8F%E6%BE%A4-%E8%AB%AD%E5%90%89/dp/4569708641

889 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/05/07(木) 15:07:19 ID:bqOw+Nps0
>>888
茂木さんの福沢観。なかなかいいこといってるじゃん。

>福澤諭吉のすぐれた資質の一つは、自分が今まで知らなかった
>何ものかに出会った時に、素直に心を開き、それを受容する点に
>見い出される。それまでの世界観を頑なに守ろうとするのでは、
>新世界の美点を自分のものにすることはできない。
http://kenmogi.cocolog-nifty.com/qualia/2008/12/post-ef99.html

890 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/05/08(金) 04:41:58 ID:Yj+aFFlv0
保守の人間がなに言ってんだよw

891 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/05/08(金) 07:21:37 ID:7vn5HyKv0
>>890
福沢が生きていた時代には、
彼の生き方は革新だったのだよ。
今は保守に見えるかもしれないけれどね。
それに保守というのは悪い意味なのかな。
そのあたりにも、認識のズレがあるようで。

892 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/05/08(金) 18:15:02 ID:KM8vrwdrO
諭吉さんてお茶目で可愛い

893 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/05/09(土) 03:45:29 ID:gXNIzq9NO
ハンバーガーのバンズに胡麻をふったのは諭吉

894 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/05/10(日) 06:03:20 ID:UVbYucw0P
諭吉の流儀――本書の題名は、自伝中の一節、
「私は私の流儀を守って生涯このまま変えずに終わることであろう」によっています。
福沢諭吉が生涯変えずにいた流儀とはいったい何なのか、
それはこの本の中で明かされることになります。(まえがきより)
日本一顔と名前を知られた男、福沢諭吉。その爽快で力強い生涯をご存知だろうか?
悪さありいたずらありの幼少期から、笑いと学びに満ちた青年期、
日本のキーパーソンとなった壮年期、そして、かけ抜けた人生をふり返り
「愉快なことばかりであるが、人間の欲には際限のないもので、
不平をいえばまだまだいくらもある」と話した老年期まで、
人を惹きつけるエピソードがつまっている。
そんな福沢諭吉が自らの人生を語り本になったのが、『福翁自伝』である。
これまでは新訳を読むことでしか触れられなかったこの名著の、
初めての解説本が『諭吉の流儀』である。福沢諭吉の人となり、そして魅力がつまった一冊。

895 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/05/10(日) 07:25:28 ID:hx85c4c0O
スレ違だが、日清戦争頃に識者とジャーナリストのシンポジウムで幕末明治で最強の剣客は福澤諭吉と言うことになったらしいな

896 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/05/10(日) 12:25:38 ID:5HA/QuB30
信じられん。
デカイだけのでくの坊福沢にビビって勝てないとは志士達を見損なったよ。

897 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/05/11(月) 05:31:44 ID:nEjsTNf5P
諭吉先生が熱心に取り組んでいたのは居合い抜きで、
実戦的な剣術ではなかたはず。
試合も真剣勝負もしたことはないと思う。
>>895のソースは怪しいね。

898 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/05/11(月) 08:22:31 ID:CG9p7ZADO
まあまあ、自分も武道やりこんでると、他人の力量って何となくだいたい分かるようになる。空手の大会なんかでるとつくづく思う。諭吉さんこそ文武両道にふさわしい人物なのは確か。

899 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/05/11(月) 08:38:02 ID:63xNuDfw0
ソースが怪しい

900 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/05/12(火) 06:52:36 ID:UpqAuEgM0
平山さんの本、出たのかな。
誰か入手したらレポよろ。

901 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/05/12(火) 15:13:55 ID:ebATb62q0
今現在慶応に在職している福沢研究者って、どんなのがいるの?


902 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/05/13(水) 07:58:48 ID:GTk8KC3S0
>>901
小室正紀、米山光儀、山内慶太、西沢直子、都倉武之、あたりかな

903 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/05/13(水) 10:30:37 ID:7H13mLbG0
>>902
情報ありがd! ざっと見たところ、福沢で単著のある人はいないみたいですね。

904 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/05/13(水) 23:00:18 ID:4Qo9i3IKP
慶応内の有名人は皆退職したのか…

905 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/05/15(金) 08:48:45 ID:y0k+Xj7K0
平山さんの新著がアマゾンから届いていた。
まだパラパラめくった程度だが、少なくとも読みやすそう、ではある。
伝記は情報がリッチすぎて、なかなか読み進めなかったので。

906 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/05/15(金) 21:08:45 ID:xnBuKrV10
塾長が替わったことで慶応内の福沢研究の状況に変化が出るかな。

907 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/05/15(金) 22:14:07 ID:pPpNjP+m0
>>900
>>905
平山さんの『諭吉の流儀』ですが、本屋さんで探したら、
自己啓発のコーナーに、茂木さん解説の『福翁自伝』と並んで
置いてあるのを見つけました。どちらもPHP研究所の本ですね。

内容ですが、見開き2ページをひとまとまりの1節として、全部で100節あります。
各節は、まず『福翁自伝』から数行を引用して、平山さんがそれを解説する
というスタイルで、読みやすいと思います。
底本は『福澤諭吉著作集 第12巻 福翁自伝 福澤全集緒言』です。

自己啓発のコーナーで黄表紙の本を探せば、すぐ見つかると思います。

・『諭吉の流儀~『福翁自伝』を読む~』(PHP研究所)
http://www.amazon.co.jp/dp/4569709419/
・『福澤諭吉著作集 第12巻 福翁自伝 福澤全集緒言』(慶應義塾大学出版会)
http://www.keio-up.co.jp/np/isbn/4766408888

茂木さん解説の『福翁自伝』もパラパラと見てみました。
ボリュームから見ると、ダイジェスト版のようです。
底本は『福翁自傳』(時事新報社)の版を使ったようです。
こちらも、読みやすいスタイルだと思います。

・『福翁自伝』(PHP研究所)
http://www.amazon.co.jp/dp/4569708641/
・『福翁自傳』(時事新報社)
http://project.lib.keio.ac.jp/dg_kul/fukuzawa_title.php?id=116


908 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/05/17(日) 18:38:52 ID:1FldDmigP
福翁自伝って、自己啓発ですかね
たしかにそういう要素もあるが…

909 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/05/17(日) 21:10:11 ID:v8OcezW5O
福翁自伝は笑えた…
それだけでも一読の価値あり

910 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/05/18(月) 03:32:28 ID:tYSd/qTfP
>>909
だが必ずしも全部が本当というわけではないらしい。


911 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/05/18(月) 08:09:14 ID:3qa/JkPjO
自分としては福翁自伝は明らかに受け狙いというか、ビートたけしの『菊次郎とさき』に通じる感じもあると感じました。

912 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/05/18(月) 09:15:16 ID:hJxN84jJ0
>>911
何十年も後に、記憶だけをたよりに書いているのだからね。
そりゃ物語になってしまうのはアタリマエ。

913 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/05/18(月) 12:40:50 ID:swY4kGbT0
>>912
諭吉の流儀、パラパラめくると、どうもその記憶の曖昧な部分を
同時代の記録によってはっきりさせてるっぽい。

長崎遊学で、大村益次郎と知り合いになっていた、とか、
英語の勉強は横浜に行く前から始めていた、とか。

914 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/05/18(月) 13:20:05 ID:3qa/JkPjO
自分、こうみえても諭吉さんも福翁自伝も大好きです。

915 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/05/18(月) 14:43:39 ID:hJxN84jJ0
>>914
君が誰かは知らんガナ

916 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/05/19(火) 07:27:30 ID:3fXsghgV0
>>913
ほんまかいな、とおいような新見地もちらほら。
たとえば、大阪にいたころの福沢一家は、少年時代の緒方洪庵と交際していたとか、
榎本武揚と諭吉の妻錦はイトコだったとか。

917 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/05/19(火) 14:25:17 ID:XNZyEh8u0


49 :さしすなお( ^ω^) ◆wwl2Gi2u4E :2009/05/19(火) 02:58:34 ID:4YfMZnHJ
と、気を取り直して、久々に書評でも。

平山洋「福沢諭吉の真実」文春(←あ)新書、
学術論文の焼き直しにつき、本そのものが面白かったわけではないが、
書いてある内容は、大変に興味深いものだった。

「天は人の上に人をつくらず」で有名なのに、アジア蔑視思想!?ふしぎ!
いや、福沢こそが、後年の戦争に言質をあたえた、侵略主義的イデオローグだったんだよ!と、
戦後になって、他の業績などまるで無きがごとく全否定され、
各地のKO主義者に肩身の狭い思いをさせることとなった、かの「脱亜論」。
著者によれば、じつは、これは、石河幹明とゆう福沢の弟子が執筆したものであったらしい。

ここには、福沢の「時事新報」の記事が無署名だったことなどが関係しているのだが、
最大の問題は、その後、この石河が「福沢諭吉全集」の編者となったことにあって、
なんと、石河は、おそろしいことに、
自らが執筆した記事を、「福沢のもの」として全集に入れたり(「脱亜論」もその中のひとつ)、
逆に、自分の「理想」にあわないような記事は、福沢のものであっても削除したり、
ある意味で偽書制作ともいえる行為へと、手を染めてしまったという。

ただ、ここで面白いのは、この石河幹明の経歴であって、
彼は、将来の「時事新報」の幹部たるべく、二十代のころに同郷の幾人かと共に推挙されて
親子ほどに年の違う福沢の門下となるわけだが、
福沢自身は石河のことをまったく認めておらず、身内への手紙にも、「石河?あれはダメだ」的なことを書いているという。

しかし、明治の風雲時代のこととて、他の有為な人材は政界や財界などに転身してしまい、
結局、最後まで社に残って「福沢遺愛の弟子」となったのは、この石河。
そして、そのポジションを利用しての「福沢全集」編纂により、百年の禍根を残した。。。

それは「不肖の弟子」の愚かな過ちか、それとも綿密なるサイレント・リヴェンジか・・・?




918 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/05/19(火) 14:26:10 ID:XNZyEh8u0
50 :さしすなお( ^ω^) ◆wwl2Gi2u4E :2009/05/19(火) 03:22:39 ID:4YfMZnHJ
もっとも、
これってKO主義者が福沢擁護のために、全ての罪を石河になすりつけてんじゃァないのか?
って見方もできるけどね、本書には。
(あまりにも書き様が極端だし、学者さんにしては感情的になり過ぎてる部分もあるし。)
それをめぐっては、いろいろと論争があるようですが・・・。

ただ、KO主義者にとっては、大福沢先生が貶められるきっかけを作った
この石河、頃しても飽き足らない存在でしょうが、
いつぞや http://d.hatena.ne.jp/ponnadict/20061023
三遊亭圓朝の伝記を読んで、そのダメ息子のほうに共感してしまった時のように、
ワシは可哀相な人だと思ったけどね〜〜〜

「福沢全集」を捏造する時の心地も、

「パパン!パパン!どうしてボクを愛してくれないの?認めてくれないの?パパン!」
   ↓
( 記 事 讒 入 )ざんにゅう、とゆう言葉を使ってみましょう
   ↓
「ハァハァ・・・これでやっと一つになれたね♪大好きなパパン!」

みたいな、甚だ気色悪い状況だったと思うんだわ(笑)


919 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/05/19(火) 14:30:16 ID:XNZyEh8u0
>>917の中の人、よく読みなよ。
真実には、「脱亜論」はホンモノってあるぜ。


920 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/05/19(火) 15:16:19 ID:R7TDqYI50
「福沢諭吉の真実」には、「脱亜論」がニセモノだと書いてある、
と信じている奴が未だにいるんだね。
正解は、「脱亜論」は真作で、しかもそこには立派なことが書いてある、
ということなんだが。
「朝鮮人民のためにその国の滅亡を賀す」もまた然り。

921 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/05/19(火) 22:43:25 ID:6sRa7sap0
>>919>>920
ただし、井田メソッドの考案者である井田進也教授は、
「高橋義雄が脱亜論を起稿した可能性を排除できない」
としていますね。
(井田進也『歴史とテクスト』光芒社、2001年、104頁)


922 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/05/20(水) 07:26:12 ID:nmoLJQYX0
>>921
このあたりが井田さんと平山さんの見解の相違だな。
安川さんは一緒くたに批判しているから、差が見えにくくなっている。
今まで安川さんが批判してきた社説のうち、
半数くらいは福沢のものと、平山さんも認定しているんだが。
認定した上で、別に侵略でも蔑視でもない、というわけだ。

もし弁護のための弁護だとしたら、全部石河だ、と言うはずなのに、そうはしていない。

>これってKO主義者が福沢擁護のために、全ての罪を石河になすりつけてんじゃァないのか?

というのはもともとサヨウの宣伝で、「真実」の読者でさえもその呪縛から逃れられないとすると、
彼らのプロパガンダの能力が未だに侮れないことを示している。

923 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/05/20(水) 20:43:54 ID:KLElqSk1O
やっぱりご都合主義くさいな

924 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/05/21(木) 00:18:58 ID:MACXaQmL0
>>922
> 彼らのプロパガンダの能力が未だに侮れないことを示している。

それは、反福沢プロパガンダは現在なおも継続中だからです。

「朝鮮よ、滅亡せよ」と福沢諭吉は言ったのか?
http://blechmusik.xrea.jp/d/hirayama/h23/#c7


925 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/05/21(木) 01:34:16 ID:wuz38gxF0
福沢諭吉が親亜論だったことは慶應の出身者が物語っているのに。

926 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/05/21(木) 01:51:06 ID:eAMhquG8P
>>925
アジア諸国(当時独立していたのは清国と朝鮮だけ)の文明化を望んでいた、
という意味なら親亜論者ともいえるが、
通常はやはり「脱亜論」者、すなわち西洋化推進論者というべき。

日清戦争の勝利に喜んだのはまごうかたなき事実で、
それは清国が中華思想にこりかたまった専制君主国家だったから。

それをきっかけに中国も西洋的近代化を推進すれば、その人民も救われる、
と考えた。諭吉の期待は彼の死後10年を経た辛亥革命で実現した。

927 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/05/21(木) 02:18:04 ID:wuz38gxF0
なるほど、それなら福沢諭吉が現代に生きてれば日本の敗戦を喜んだかもね。
西洋化推進論者で先制帝国が嫌いなのだから。

「原爆投下しょうがない」の久間元防衛大臣と同じスタンスだろう。
久間も先見の明がある。
公人の中で1番早く「ブッシュは間違った」発言をしたのではなかろうか?

928 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/05/21(木) 06:10:05 ID:hCPCsVvyO
http://www5.atwiki.jp/divine_revelation/m/pages/240.html
スレ違だけどこんなのをみつけましたw


929 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/05/21(木) 08:51:34 ID:oMLy9fRb0
>>927
いくら何でも日本が戦争に負けて喜ぶということはないんじゃないか。
ただ、戦後大日本帝国憲法を改正して九条抜きの日本国憲法に近い憲法を作ろうと運動しただろう。
もともと福沢が作らせた交詢社憲法草案(明治13年)は日本国憲法に近いものだったことは、
坂野潤治らによって明らかにされている。

930 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/05/21(木) 19:32:08 ID:Du5rcKXPO
へえ、交詢社案というのは、聞いたことがないな。

931 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/05/21(木) 21:36:44 ID:hCPCsVvyO
鶴仙て寄席のとなり

932 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/05/22(金) 03:16:56 ID:A/jka058O
交詢社案についての参考書として良い本を教えてください。

933 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/05/22(金) 12:33:32 ID:fQGxCA3c0
>>932
平山さんが『福澤諭吉―文明の政治には六つの要訣あり』の中で、
交詢社の私擬憲法に触れていて、
そのときに参考文献として挙げたのが、これですね。

『新編 明治前期の憲法構想』
家永 三郎、江村 栄一、 松永 昌三 (単行本 - 2005/10)
新品: ¥ 18,900
http://www.amazon.co.jp/dp/4571310129/


934 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/05/22(金) 18:47:57 ID:A/jka058O
情報ありがとう。高い本ですね。図書館で探して見ます。

935 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/05/23(土) 02:41:02 ID:JGwzU4bxP
諭吉の流儀、本屋で見つけられなかった

936 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/05/23(土) 10:30:13 ID:zTVn5uw10
>>935
本屋さんの自己啓発コーナーで黄表紙の本を探すと
見つかるかもしれませんね。

あるいは、Amazonで注文するのも吉かと。
諭吉の流儀~『福翁自伝』を読む~
平山 洋 (著)
価格: ¥ 1,365
http://www.amazon.co.jp/dp/4569709419/


937 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/05/23(土) 13:44:55 ID:JGwzU4bxP
>>936
自己啓発のコーナーがある本屋さんは、かなり大きなところですね。
どおりでないわけだ。それなら大型店にいってみるか。
アマゾンでは中身がわからないので、やはり実物を見てからでないと。

938 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/05/23(土) 17:05:05 ID:Sm6jB/3lO
大きな本屋で名前を出してさがしてもらうと買わされそうw

939 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/05/23(土) 18:16:30 ID:JGwzU4bxP
それはそうですね。
「断る力」を断る力があるかというと、確かに疑問。

940 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/05/24(日) 13:27:27 ID:wmr2EK7AO
150年が終わり、安西君も落選となると、福沢の話題もあまりないか。

941 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/05/24(日) 13:57:58 ID:HP13Tofh0
>>940
本屋さんに行ってみたら、
岩波文庫の『福翁自伝』と『学問のすすめ』が改版されて、
活字が大きくなって読みやすくなっていました。
もしお買いになる場合は、改版された新版を選びましょう。


942 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/05/24(日) 16:45:04 ID:nDpGwIIkO
諭吉さんは、女性よりもまさに男に受けるイケメンて感じです…変な意味でなく。もちろん外見のみならず中身も。

943 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/05/24(日) 21:31:46 ID:woZuDWyBP
>>942
そうだよ。だから数多くの若者が「先生」「先生」とこぞって入門したのさ。

944 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/05/24(日) 21:57:08 ID:G/l6+hil0
どう考えても女に受ける。
男は土方歳三のような一本筋が通ったイケメンに憧れるもの。
幕府を裏切り民間として戦争を煽るような国粋主義者には憧れん。
死ぬ理由がたくさんあったのに生き延びたって感じ。
そこが死を恐れる年寄りには受けるのかもね。

945 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/05/24(日) 22:17:42 ID:erfQ789D0
耄碌してんのか?意味不明w

946 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/05/24(日) 22:26:01 ID:G/l6+hil0
女受け悪そうなところは娼廃論を攻撃したところじゃないか?

まず福沢諭吉は男尊女卑、そして女性解放をかなり主張していました
女は自立して強く生きていかねばならない!と言っている珍しい人であります
ちなみに日本の女性は西洋人と比較して心身が弱い!それは性欲が満たされていないからだぁ!とまで言っちゃってます
ってことで、女性はめいっぱい外出して男女交際を楽しみなさい!親が決めた結婚相手ではなく、自分の意思で結婚したい人を決めなさいと言ってます
ほんと、珍しいでしょ?
さらにさらに、結婚してからも夫に従うだけの女にはなるな!それにダンナが死んだからといっていつまでたっても未亡人じゃいけない。再婚して楽しく暮らすべきです!そうすれば神経症やヒステリーなどにならないよ。健康的な生活がおくれるよ・・・と説きました
この頃は女性に財産権がなかったんだけど、女性にも財産を与えるべきだ!それに男性は妻を尊敬して家事や育児に協力するべきだぁ!!
とまで言ってます
明治だよ?すごいでしょー!?
実際、福沢諭吉はかなりのマイホームパパだった
妻のことがだーーいスキで、九人の子供を産み、毎年のように家族旅行してました
かなりの子煩悩でした

947 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/05/25(月) 13:43:29 ID:qt69ja5hO
確かに男に受ける諭吉さん…でも本物の女性は表面的、時代的なものに左右されず彼のすごさが分かるはずだ

948 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/05/25(月) 19:27:37 ID:uABB+esXO
いわゆるフェミニストには、福沢の評価は低いわな。

949 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/05/25(月) 22:40:03 ID:qt69ja5hO
自分なんか諭吉さん愛しちゃってるけどなw

950 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/05/26(火) 01:04:28 ID:0A3ExOuH0
稀代の詐欺師という側面で男にも受けるかもね

951 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/05/26(火) 01:04:52 ID:fz7EI/p60
>>946
> まず福沢諭吉は男尊女卑、そして女性解放をかなり主張していました

男尊女卑を主張していたんじゃなくて、
男尊女卑を批判していたんじゃまいか?


952 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/05/26(火) 06:19:39 ID:BIVsgBc2O
自伝では、アメリカの女尊男卑に驚いた、とあるな。
それと諭吉の家庭論との関係は知らない。

953 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/05/26(火) 06:55:38 ID:ck9Y1N78O
諭吉さんの金玉均への入れ込みにはみんな焼きもち焼いたんだろうな

954 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/05/26(火) 10:43:33 ID:La7cDVSk0
金玉 均 という名前はよく見ると卑猥だな

955 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/05/27(水) 13:23:45 ID:8ZffEv0D0
ここでの応答がブログ化されている
http://d.hatena.ne.jp/ponnadict/20090523

956 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/05/28(木) 07:10:04 ID:pcB80PxhO
朝鮮独立の闘士というだけでそんなに入れ込めるものなのかな。写真みると線の細い優男だね。

957 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/05/28(木) 10:13:50 ID:u6mfze3a0
>>956
金玉均は有力な貴族で、甲申政変までは独立党を率いていた。
諭吉としては朝鮮の亡命政権の首班ということで、大切に扱っていた。
その間朝鮮は事大党が政権を握っていて、日本には金らの引渡しを要求、
困った日本政府は金を小笠原諸島に島流しにしてしまう。

その金玉均を救出したのは、諭吉の命を受けた慶應関係者だった。

958 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/05/28(木) 10:22:38 ID:pcB80PxhO
>>957
詳細有難うございました

959 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/05/28(木) 10:39:20 ID:JUeBCI+G0
朝鮮独立の闘士というだけでそんなに入れ込めるものなのかな。

960 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/05/28(木) 21:01:34 ID:ps9N0MqGO
そこは狙いがあるったいね。
キムチ利権とかサムギョッサル関連とかいろいろた。
分からんね?

961 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/05/28(木) 21:09:02 ID:JUeBCI+G0
>>960
なるほどお。
中津繋がりで黒田官兵衛を思い出した。
息子をアメリカと家康の違いあれど競争相手に送るところもそっくりだし。
松本人志が黒田如水を好きらしいね。

962 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/05/29(金) 08:30:25 ID:vVKfCCpuO
>>956
性別民族を超えて惚れるってことはあるよ
駒込真浄寺が菩提寺なのかな?

963 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/05/29(金) 09:48:09 ID:zyHgPLC30
3. 自分たちは、幕府を倒す先棒になるつもりはない(傍観主義)。(p.99)

964 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/05/29(金) 10:46:57 ID:9U/NqZBV0
>>963
自伝の記述は、30年も経過した後になって書かれている。
実際の諭吉は幕末に傍観主義の立場ではなかったことは、
すでに明白。
自伝では自分が佐幕派であったことを隠しているのさ。

965 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/05/29(金) 11:22:53 ID:pLPOeisT0
ふーん、で、慶応4年の際、幕府瓦解の混乱に対して諭吉はどれだけの働きをしたの?


966 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/05/29(金) 12:00:22 ID:9U/NqZBV0
>>965
慶應四年三月に徳川家に辞職願いを出した(許可は六月)。
大政奉還は前年十月のことだから、慶應四年にはすでに幕府は存在していなかった。
ついでに徳川家の江戸から静岡への転封に際し、混乱は起きていない。


967 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/05/29(金) 12:17:18 ID:7JK5q+PU0
>>965は幕末の歴史的経過を理解していないね。
慶応3年10月に慶喜が大政奉還して、幕府は消滅したが、
江戸の徳川藩(約600万石)はそのまま続いていたんだよ。

慶応4年1月の鳥羽伏見の戦い以降、慶喜は朝敵とされたが、
2月に朝廷に帰順を表明、徳川家の家督を家達に譲った。

3月に江戸に進駐した薩長の部隊は、朝廷の軍(官軍)だから、
それに抗うことなど許されない。

朝廷は徳川藩に江戸から静岡(60万石)への領地換えを命じて、
多くの家臣はそれに従った。

もともと幕府再興を求めての戦争など、慶応4年から翌明治2年にかけて、
まったく起きていない。奥州戦争は、会津・庄内両藩の赦免を求めていただけだし、
函館戦争はエゾ地利権がからんでいる。

968 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/05/29(金) 12:35:37 ID:pLPOeisT0
屁理屈すぎるわそれあ

では、勝海舟や大久保一翁はその間何をしていたのかな?

幕臣は皆大政奉還を即座に受け入れ、慶応三年の時点で幕府の消滅を認め、
帰還してきた慶喜に再戦を求めた幕臣は皆無で、皆こぞって恭順を唱え、
もちろん新政府側にも戦争と慶喜処刑をする気は皆無で官軍は平和の使者で、
勝や大久保はきわめて和やかな状況の中スムーズに仕事が出来たとでも?

ま、いずれにせよ「朝廷の軍(官軍)だから、それに抗うことなど許されない」
なら勝や榎本が新政府に請われて出仕することには何の問題もないどころか
むしろ褒められるべきことなんだけどね。


969 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/05/29(金) 13:01:21 ID:9U/NqZBV0
>>968
俺に言っているのか?
なら、勝評価については君と同意見だ。
「やせ我慢」は福沢らしからぬ不合理な内容を含んでいる。
われわれの知らない感情的な対立があったのかも。


970 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/05/29(金) 13:12:29 ID:51jnhu2+0
あと薩長軍と戦わなかった理由としては、初期の慶応義塾に薩摩出身者が多く、
進駐部隊にも弟子が数多く含まれていた、ということもあるね。自伝に書いてある。

971 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/05/29(金) 13:36:06 ID:7JK5q+PU0
>>968
どうも私に向けてのことばのようだけれど。

>幕臣は皆大政奉還を即座に受け入れ、慶応三年の時点で幕府の消滅を認め、
>帰還してきた慶喜に再戦を求めた幕臣は皆無で、皆こぞって恭順を唱え、
>もちろん新政府側にも戦争と慶喜処刑をする気は皆無で官軍は平和の使者で、
>勝や大久保はきわめて和やかな状況の中スムーズに仕事が出来たとでも?

全体としてはその通り。
その経過は昭和20年8月にポツダム宣言を受諾して後の国内情勢に類似している。

上野戦争は薩長軍が江戸に入ってから3ヶ月も経過して後のことで、
旧彰義隊が武装解除を拒んだために起こった。
それまで上野の山のごく限られた場所の外では、通常の生活が営まれていた。

972 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/05/29(金) 18:33:36 ID:zyHgPLC30
福沢諭吉が佐幕派との論拠はなんだ?弱い

同年齢に土方がいたのだから五稜郭に1人でも参戦すべき。
>>970
なんで弟子を戦わせる方向で考えるんだよ。
幕府の金で遊学してる身なら新撰組自体が子弟みたいなものだろ。
販売員=新撰組で新聞社社員=幕臣みたいなもの。
販売員に人殺しさせておいて社員が逃げるのかよ

一応wikiより
帰国後、『西洋事情』などの著書を通じて啓蒙活動を開始。一時は幕臣として幕府機構の改革を唱えた。

佐幕派と考えるには無理がある。野心家説の黒田官兵衛に似てるんだよ。

973 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/05/29(金) 18:44:07 ID:zyHgPLC30
後世に遺したものとして学問のすすめが黒田節に当たる。

974 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/05/29(金) 20:19:23 ID:Yj26INW3P
また変なのが出てきたなぁ

975 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/05/29(金) 21:20:25 ID:zyHgPLC30
とりあえず飲め(黒田節)とりあえず勉強しろ(学問のすすめ)

976 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/05/29(金) 22:51:24 ID:lZM7Bw9wO
酒は飲んでも酔うだけだが、学問は人生をより良くしますぜ。

977 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/05/29(金) 23:05:01 ID:zyHgPLC30
昔の酒も人生をより良くしたんだよきっと

978 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/05/29(金) 23:40:49 ID:vVKfCCpuO
酒もいっぱい飲んでた諭吉さん

979 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/05/30(土) 11:31:35 ID:cku1OUzL0
>>972
慶応三年に第二回のアメリカ渡航をしたとき、
仙台藩の依頼で後の奥羽越列藩同盟のために数千挺のライフル銃を輸入しようとして、
小野友五郎に阻止された。「諭吉の流儀」135ページ

980 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/05/31(日) 23:30:40 ID:dNzHuSuKO
ヨーロッパで撮影したとかいう、諭吉さんの横顔アップがイケメンすぎてびびりました。

981 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/06/01(月) 10:03:49 ID:WSj+qbCa0
今回の財務の失敗を、諭吉先生自身はどうみるか?

【慶應義塾】証券下落・・・慶応義塾269億円の赤字、金融危機で「含み損」拡大
http://tsushima.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1243647960/


982 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/06/01(月) 21:47:15 ID:rCf7AV8qO
諭吉スープレックスじゃね?

983 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/06/02(火) 02:39:39 ID:74J5fwyiO
>981
この財務の失敗は、選ばれたる民である我ら慶應義塾社中に
天がお与えになった試練じゃ!


984 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/06/02(火) 07:47:30 ID:zCam3fDz0
「天は人の上に人を造らず、人の下に人を造らず」だからね!
上の人が、下に転がってきたことを、福沢も喜んでいるだろうよ。

985 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/06/02(火) 08:19:41 ID:x1p4F84u0
それにしても、ケケ中が賛美するアメリカの強欲資本主義が、
慶応自体を呑み込んでしまったとは!!!

ク・ク・ク・ク・ク・ク

986 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/06/02(火) 08:24:49 ID:ce/uYih60
次スレ

【偉人】福沢諭吉について(その3)【悪人】
http://academy6.2ch.net/test/read.cgi/history2/1243898641/


987 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/06/02(火) 14:16:25 ID:wzgbxuKQ0
>>985
福沢自身がいわゆる強欲資本主義を唱えていた、と考えるのは間違い。
実際には福祉の充実を主張して、文明政治の6条件の中に追加している。


988 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/06/02(火) 15:45:11 ID:wy/isv2TO
>>986
スレ立て有難うございます\(^O^)/

989 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/06/02(火) 16:22:29 ID:ce/uYih60
>>988
どういたしまして。
それにしても、福沢諭吉や慶應義塾は、どこでも嫌われていますね。
反論すれば関係者だと言われるし、どうしたもんかな。


990 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/06/02(火) 16:35:11 ID:uMmdMwfb0
>>989
一部の連中が嫌っているだけでしょう。

991 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/06/02(火) 16:43:51 ID:UxqH+V0P0
福沢については安川と平山どちらの見解が説得力あるだろう?

992 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/06/02(火) 17:42:41 ID:wzgbxuKQ0
>>991
これまで何度も取り上げられてきたが、
そのつど痛みわけみたいな形で決着が付かずにいる問題だね。

両派共通の見解としては、
@署名入り著作(明治版全集所収)と原稿残存社説には問題がほとんどない
A原稿非残存社説には、アジア蔑視の侵略論とみなしうるものが多数ある
の2点だ。

さらに平山は、創刊10年までの社説は、非残存でも問題なし、といっているらしい(未確認)。
>>775 これで現全集に入っている1500編のうち800編は福沢と矛盾しない、となる。

問題は残り700編で、そのうち原稿が残っているのはごくわずかで、それ以外は福沢と無関係と
平山はいい、それじゃおかしいだろ、と安川はいう。

どうすれば決着がつけられるか、ここの住人もそれなりに努力しているんだが、状況証拠
以上のものは出てこない。

ま、次スレもあることだし、気長にやろうや。








993 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/06/02(火) 19:24:38 ID:7/xack2/0
署名入り著作にはアジア蔑視の侵略論がないということ。

994 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/06/02(火) 20:03:12 ID:74J5fwyiO
>993

で?


995 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/06/02(火) 23:27:22 ID:MNNNRq470
>>992
> さらに平山は、創刊10年までの社説は、非残存でも問題なし、といっているらしい(未確認)。

いや、創刊10年(1892年)までの社説でも、
・「東洋の政略果たして如何せん」(1882-12-07/12)…草稿残存
・「東洋の波蘭」(1884-10-15,16)………………………草稿非残存
・「脱亜論」(1885-03-16)………………………………草稿非残存
などの、侵略的とも解釈できる論説がある訳です。
(大正版『福澤全集』「時事論集」所収論説一覧及び起筆者推定
http://blechmusik.xrea.jp/d/hirayama/h17/#c1 による。)

それで、平山さんが指摘しているのは、
「創刊10年(1892年)以降に、石河幹明の書いた社説が目立って増加してくる」
という点ですね。
http://blechmusik.xrea.jp/d/hirayama/h17/#n18

石河自身は、昭和版全集第5巻の「附記」で、次のように記しています。
----
「(明治)二十四五(1891、2)年頃からは自ら草せらるゝ重要なる説の他は主として私に起稿を命ぜられ、其晩年に及んでは殆ど全く私の起稿といつてもよいほどであつた」
----
http://blechmusik.xrea.jp/d/hirayama/h17/#c4

> どうすれば決着がつけられるか、ここの住人もそれなりに努力しているんだが、状況証拠
以上のものは出てこない。

そうですね。残り700編全体については、その通りなんですが、
個別の論説に関しては、平山さんの言う方が納得いく場合がありますよ。

例えば、「支那人親しむ可し」(1898-03-22)については、
安川さんは「嘘」と判定する訳ですが、仮に嘘とすると、
なぜそのような嘘を吐く必要があるのか、説明がつかないのです。

平山さんは「真筆」だと判断していて、そうすると、直前の演説
「明治三十一年三月十二日三田演説会に於ける演説」
とほとんど同じ内容だから、整合がとれる訳ですね。

・「支那人親しむ可し」(1898-03-22)
http://blechmusik.xrea.jp/d/hirayama/h38/
・「明治三十一年三月十二日三田演説会に於ける演説」(1898-03-12)
http://blechmusik.xrea.jp/d/hirayama/h39/


996 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/06/03(水) 01:14:01 ID:Ky1OgqN0O
スレの最後で突然重くなっている。

次スレに、今スレの重要なレスを貼っておいてくれ。

有意義な議論が出来そう。

997 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/06/03(水) 22:11:00 ID:JJSSsluj0
輪吉

998 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/06/03(水) 22:27:15 ID:1Xv577Q40
>>992
安川さんの評価ですが、米原謙氏の書評では、以下のように、
「思想論としては取るに足りない。」とされていますね。
----
「安川は自著で『時事新報』論説などを中心に、福澤のアジア蔑視を徹底して糾弾した。
平山の主張は、安川が論拠にした論説は福澤が執筆したものではないと批判することである。
安川の本は、福澤の思想をアジア蔑視という道徳論に解消したもので、思想論としては取るに足りない。」
----
http://www2.osipp.osaka-u.ac.jp/~yonehara/trend_1.041010.html

もっとも、平山さんの『福沢諭吉の真実』についても、
----
「本書は安川の本と好一対で、比喩を使えば、真っ黒いカンバスを真っ白に塗り替えたもの。
薄っぺらい福澤像を提出した点では、安川に劣らない。」
----
とされていて、どっちもどっちと云うところかな?


999 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/06/04(木) 09:33:04 ID:9HnDO98w0
>>998
この書評は、移動中にざっと読んだ、と冒頭にあって、
ずいぶん失礼なやりかたに不快感が残る

1000 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/06/04(木) 09:34:24 ID:9HnDO98w0
ついでに1000ゲット

1001 :1001:Over 1000 Thread
このスレッドは1000を超えました。
もう書けないので、新しいスレッドを立ててくださいです。。。

314 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)