2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

日本陸軍最強師団、連隊はどこ?

1 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/02/23(月) 19:32:52 ID:TzJKYeHD0
戦前の日本軍は東京の第一師団、熊本の第六師団など
地方ごとに徴兵していたが
どこの師団もしくは連隊が一番強かったのか

2 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/02/23(月) 20:26:39 ID:FLLwnTSN0
九州と東北が強かったと聞くね。特に久留米。

3 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/02/23(月) 20:33:35 ID:TzJKYeHD0
戊辰戦争を見るに東北は
庄内以外は強そうに思えないが

4 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/02/23(月) 21:08:19 ID:NGWSwBQR0
最強は第6師団だって中国人が言ってた。

5 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/02/23(月) 21:23:52 ID:TzJKYeHD0
ちょいとググってみたが

歩兵第22連隊が強いんだそうだ
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%AD%A9%E5%85%B5%E7%AC%AC22%E9%80%A3%E9%9A%8A

6 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/02/23(月) 21:42:13 ID:vqPis2NbO
NHKでは久留米の菊兵団だと

7 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/02/23(月) 23:56:14 ID:TzJKYeHD0
ビルマの菊兵団?

8 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/02/24(火) 00:12:01 ID:Q6ht/1nN0
個人感状はどこの県民が一番多くもらっていたんだろうか

9 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/02/24(火) 13:02:55 ID:2AnwnL0C0
第36師団 「雪」兵団 - 師団長:田上八郎中将
歩兵第222、223、224連隊、捜索第36連隊、山砲兵第36連隊、工兵第36連隊、輜重兵第36連隊基幹

ニューギニアのサルミに上陸して来た米軍と交戦、対峙した。

10 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/02/24(火) 19:50:31 ID:Q6ht/1nN0
長州征伐を見るに
山口の兵隊が日本最強では

11 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/02/24(火) 20:02:56 ID:QNOdTY260
どっかスレじゃ佐賀が強かったとか言ってた。
久留米もほとんど佐賀と言ってもいいくらいの位置にあるけど・・・


12 :白馬青牛 ◆B3h9hvY9bA :2009/02/24(火) 22:11:39 ID:CfcMYYh90
>>1
この板の【第5師団】廣島連隊【第二総軍】と重複スレじゃのう。
まあ、歴戦の実績と武勲で「日本陸軍最強師団、連隊」は広島じゃ。
風評で強いと云われた地域兵なら、
http://www.warmovie.com/bbs_log/log_02/index32.html
http://www.warbirds.jp/ansq/6/F2000690.html
上の方のNo.177氏は、「軍歴のある私の父親に部隊の強弱を聞いたことが
ありますが、やはり、精鋭部隊としては、仙台、福井、広島、久留米、
熊本、鹿児島あたりが挙がり」と、される。
下の方の1.でも、鹿児島・熊本・久留米の九州の聯隊や第2師団や弘前聯隊、
広島第5師団、高知、金沢、北海道、鳥取の聯隊が出とる。
まあ、強いと評判の部隊は、北から旭川師団・弘前師団・仙台師団・
金沢師団・広島師団・善通寺師団・久留米師団・熊本師団ら隷下の
聯隊の名が挙がる。逆に宇都宮師団・東京師団・近衛師団・京都師団・
大阪師団らは、関東・関西の都会兵で弱兵の代名詞にもされた。
名古屋師団や姫路師団の世評はあんまし高うないが、共に歴戦の師団で
特に姫路師団は、広島5Dと共に徐州で戦闘した姫路10D、華北の戦闘で
東北・関東・九州の各師団より強かった姫路101D、ビルマ派遣軍最強の
姫路54Dは、久留米師団の菊や龍以上に強かったけぇ、風評と一致せんよ。

13 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/02/24(火) 23:08:36 ID:LndZIo2AO
皇国最強は近衛教導連隊

14 :白馬青牛 ◆B3h9hvY9bA :2009/02/25(水) 01:45:07 ID:l5jcDGZt0
>>12
弱兵の東京101Dと混同されたらいけんのう。華北最強は姫路110D。

15 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/02/25(水) 07:20:27 ID:3LBnvRyqO
都市部よりも地方の駐屯地の方がより質の高い野戦演習を行なっていたとされる。
若松郊外などは野戦演習に理想的な地形らしい。

つまり大陸でシナ兵をどつきまわしてた歩兵第六十五連隊最強ですねわかりました。

16 :白馬青牛 ◆B3h9hvY9bA :2009/02/26(木) 00:24:45 ID:VX8JRDvJ0
>>13
全国選抜でも郷土性に欠ける近衛の師団、聯隊に最強はないのう。
>>15
会津若松の白虎聯隊を含め、仙台師団の訓練は周到じゃったんか疑問じゃ。
会津若松第六十五聯隊は、南京で敵の捕虜を虐殺したが、冬季作戦じゃあ、
逆に中国軍にどつきまわされたけんのう。
「二十三日我が大隊(広島231聯隊第二大隊)は、多宝湾に向かった。
そこの友軍(仙台第十三師団の一部)は、敵の三個師団に包囲され、
とくに周辺分哨は、敵の奇襲をくらって全滅していた。
第十三師団の立花聯隊(仙台第十三師団、若松第六十五聯隊)は、甚大な
損害を出し、全員が穴倉に入っていた。これが、帝国陸軍であり、
皇軍の姿なのか、と思うほど、哀れで悲惨な姿だった。
かろうじて生存していた警備隊の兵隊が、「敵襲した支那兵が、日本馬の
肉を喰っていた。わが大隊は、完全に全滅した。」と、細々と力なく
話した。」
「歩哨が首を切られたり、拉致されたりで、立花聯隊は全滅に近かった。
生存者は生存者はほんのわずかで、苦戦のもようがありありと
感ぜられた。馬も敵に喰われて骨だけが転がっている。
我々の到着も遅かったようだ。「日の丸を振ったのに何故射ったか」
「敵も日の丸を振って近づいて来た」と、返答が返ってきた。
(その誤射により大隊副官佐伯中尉が戦死した云うのに。)」
つまり、会津若松第六十五聯隊はボロ負けしとるよ。
長沙作戦の宜昌敵反攻にも仙台や若松の兵は、敵と確認せず乱射しとるが、
どがぁな訓練しとるんかのう。広島第三十九師団の救援で救われたけど。
それにしても仙台師団の酔っ払い乱射する癖は頂けんのう。

17 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/02/27(金) 12:50:15 ID:GqVx2ZYh0
>>1
ほらみろ。また白馬鹿が出てきちゃったではないか。
どうせ広島師団以外は箸にも棒にもかからない方向に行っちゃうんだからもうこの手のスレを立てるのヤメレ。

18 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/02/28(土) 18:58:39 ID:ZbVNbvlm0
第9師団は強かったらしい

19 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/02/28(土) 19:22:07 ID:4PpLpW4w0
待ってました、白馬青牛の御大!

20 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/03/13(金) 19:17:12 ID:4+kuBM0i0
連隊というか
台湾の高砂族で編成された部隊は強かったらしい

21 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/03/13(金) 19:26:43 ID:rMLc7FKX0
それは何に対する賛美の言葉ですか
もしや暗喩を用いて不正を肯定している訳ではあるまいね

22 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/04/05(日) 00:12:45 ID:XeiL2Gys0
第14師団

23 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/04/05(日) 02:15:16 ID:/s+WylKz0
歩兵第15連隊はどうだったの?

24 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/04/05(日) 07:26:49 ID:Fr3wueWN0
最強は菊兵団と龍兵団だろうな
特に久留米龍兵団は世界最強レベルだ。彼らにもう少しまともな装備
で戦わせてあげたかった。

25 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/04/05(日) 11:36:36 ID:L0beka0m0
『義烈空挺部隊』
http://www.youtube.com/watch?gl=JP&hl=ja&v=0j2bbABRQYw&feature=related

昭和20年5月24日午後6時40分、沖縄に向けて出撃。

沖縄防衛の犠牲になられた全将兵、沖縄県民に対し、敬礼。

26 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/04/07(火) 00:57:13 ID:pO79M7mu0
大阪の第四師団は口だけ師団、逃亡師団などと呼ばれていたらしいな

27 :白馬青牛 ◆B3h9hvY9bA :2009/04/10(金) 01:18:35 ID:YKaKYpRB0
>>23
高崎聯隊は日露戦争時、東京兵団で関東の兵団限定なら、都会兵の多い
東京師団の中ではましな方の部隊。
>>24
九州ハッタリ坊やは、戦国板やこの板の廣島聯隊スレでも、九州人らしゅう
ハッタリ虚言癖、喇叭吹きよったのう。まともな装備があれば、広島39D
も、中国軍の猛攻に対してもっと主導権を取れたが結果論になるけんのう。
広島部隊は紙一重で中国軍に勝ったが、久留米師団は中国軍に敗北した
事実が残るだけじゃ。

28 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/04/10(金) 04:51:13 ID:ROL39aI0O
豚骨ラーメンおいしかですよ。紅ショウガがうまか!!
おいは具は焼き豚と海苔とキクラゲが好きよ。
薬味はネギと紅ショウガね。
マジうまかさ。スープのたまらんもん。あんにおいがよかね!
ああ〜また食いたくなってきた〜。
明日も食うけん!!

29 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/04/14(火) 13:25:58 ID:ybEf8fwb0
>>26
それは西南戦争の話。当時は帝国陸軍草創期で、百姓・町人の次男三男がロクに
訓練も受けずに銃を持たされて戦場に送り込まれていた時代。
士族で固められていた近衞兵を除いては、どこの師団も似たようなもの。
後に日本最強を謳われた熊本師団だって、神風連の乱では熊本城に切り込んできた
不平士族に対して兵士達が恐怖で逃げ回っていただけだった。

ちゃんと兵制が整い、兵士が操典に基づいた正式訓練を受けた明治25年以降で、
戦場で兵士が軍紀を乱して、銃を捨てて我先に逃げ出す情けない壊乱を起こしたのは
日露戦争での、大石橋の戦いの第一師団(東京)ぐらいだな。

第四師団(大阪)は、南山・遼陽・奉天でも、第二軍に属して勇敢に闘い、
兵士が逃げ出すような事は全くなかった。

30 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/04/15(水) 20:22:58 ID:cx4zlqN40
ただ、大阪の兵隊は足腰の強い丹波の兵隊に
行軍訓練でいつもおいてけぼりをくらった

31 :白馬青牛 ◆B3h9hvY9bA :2009/04/15(水) 22:06:54 ID:2fUwCHwo0
>>29
西南戦争でも後半は鎮台兵も真っ当になったけど、戦闘馴れするにゃあ
三ヶ月はかかるけんのう。士族じゃ士族じゃないじゃの関係ないわ。
戊辰戦争でも安芸神機隊は士族出身が少なかった平民が大多数の部隊
じゃったが、奥羽同盟軍を白兵斬り込み攻撃で撃退しとるよ。
熊本師団は日本の辺境兵ゆえ、強弱以前に風評評価は高い。
http://www.rakuten.co.jp/ishii-fruit/owner.html
http://homepage2.nifty.com/ijn-2600/6d.html
上の方で、青森でも「熊本師団、広島師団と並び国内最強師団と言われた
弘前第八師団」とあり、全国でも有名じゃったけんのう。
下の方では、仙台第二師団、広島第五師団、旭川第七師団とともに、最精鋭
・最強師団の名前をほしいままにした、熊本第六師団」と、勇猛さでは、
名高かったけんのう。
日露戦争の大石橋の戦いの武勲云うたら、広島師団よのう。

32 :白馬青牛 ◆B3h9hvY9bA :2009/04/15(水) 23:00:50 ID:2fUwCHwo0
>>29
>>31の続き。大石橋の戦いで武勲を挙げた広島第五師団の活躍は天聴
に達し、天皇の勅語を拝受し、第二軍司令官奥保鞏氏の賞詞も
載せてこう。(カタカナでは読み難いので、ひらかなを使う)
「   勅語 
 第二軍は大石橋付近に於いて優勢なる敵を攻撃し次て第五師団を
して夜襲をなさしめ遂に之を破り防禦堅固なる陣地を陥れ併せて
営口を占領し水路の利を占む朕深く毎度能く其功を奏したるを嘉す」
「  賞 詞
 明治三十七年七月二十四日五師団は困難なる地区を跋渉して
太平嶺付近の堅固なる敵陣地に対し攻撃を実施せしに敵の頑固なる
抵抗に由り日暮一旦戦闘を中止せしも夜長更に全力を挙げて決意
敵塁に突入し以て其拠点を奪取せり此夜襲の効果は我軍全般の作戦を
有利ならしめたるものにして敵の主力か敗退せしは蓋し此勇敢なる
動作によるもの多かるへし仍て本職は特に五師団の功績を賞賛し
且つ茲に其将卒に対し感謝の意を表す」
第二軍は名古屋3D、大阪4D、広島5D、熊本6Dの各師団で構成された。
各師団とも攻撃が頓挫したが突破口を開き、戦勝に導いたんは、
真の精強の広島5Dじゃった。第二軍司令官奥氏の「特に五師団の
功績を賞賛し」と、あるように。

33 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/04/15(水) 23:52:51 ID:cx4zlqN40
風評評価はあてにならないと言いたいわけ?

34 :白馬青牛 ◆B3h9hvY9bA :2009/04/16(木) 23:55:54 ID:kza3Ey1L0
>>33
辺境兵は強兵論じゃ。室町期に書かれたとされる『人国記』にも
辺境ほど勇猛に描いとる。列島に異民族の少ない処から、権力側は
どうしても半異民族的な辺境兵を信頼する。じゃけぇ戦闘する前の
前評判でも列島辺境の九州や東北の兵は高う評価され、列島中心部の都会兵
である近畿や関東の兵は弱いと云う前提が作られるわけじゃ。
広島師団は、辺境ではないが、前評判よりも歴戦の実力で、真の精強と、
日本最強師団の名声を勝ち取ったんじゃ。

35 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/04/17(金) 00:04:20 ID:cJ+EozuQO
質問  
廣島師団最強は 
国民として基礎教養くらいあたりまえの事実なんですか?

36 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/04/17(金) 00:39:30 ID:JGUfBgme0
わしの師団

37 :白馬青牛 ◆B3h9hvY9bA :2009/04/17(金) 01:32:09 ID:eBXbNalH0
>>35
実戦の実例から事実でしょう。その事実を覆したいんなら、
広島師団と共に戦闘して広島師団以上の活躍した根拠を
提示すりゃあええことです。

38 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/04/17(金) 04:44:54 ID:Mx1frCsf0
あのぐちゃぐちゃのインパール戦で緒戦から殿軍まで奮戦した58連隊が最強だろう。
優勢な時に勝つことなら並みの連隊でもできるが、劣勢で踏ん張るのは困難。

39 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/04/17(金) 21:45:02 ID:eLX8Tlp80
>>2
歴史的に敗北し続けた東北が強いというのはありえない

40 :白馬青牛 ◆B3h9hvY9bA :2009/04/17(金) 22:45:31 ID:eBXbNalH0
>>38
「如何に五八の兵とて山砲三発では如何せん」云うわけか。
まあ、高田第58聯隊は、仙台第13師団より越後健児集う精鋭として、
烈兵団の中でも、久留米第18師団の菊兵団から転出した福岡第124聯隊や
奈良138聯隊以上に戦力を期待されとったけんのう。
高田第58聯隊云うと、宜昌の広島第39師団広島第231聯隊第一大隊の
中島高地の戦闘を思うのう。「中島高地は高田第五十八聯隊の守備した
とき、一度敵の敵も猛攻に屈した所で、敵は自信を持っており、勝手の
知られた陣地である。仙台第十三師団の高田聯隊が広島聯隊の三倍
近い兵力を持ってしても守れなかった陣地である。」
結果として、広島部隊は敵を撃退させたが「勝利の要因は、広島部隊の
精強に俟つことは云うまでもないが、訓練の合間に兵隊たちが創意工夫
した、一例としてビール瓶や小石等の活用であった。長時間の射撃で、
小銃、軽機関銃の銃身は焼けて使用できなくなる。衆を恃む敵にとって、
日本陣地が火を吐かなくなれば勝ったも同然、破壊された鉄条網を踏み越え
て、大挙して最後の詰めの突撃をしてくる。
そこへ、降って湧いたような小石や空瓶、木材、土塊の一斉投下である。
空瓶の破片は匍匐する肌を切り、土塊や石は手榴弾と思い込んで逃げ
まわり、投下物が散ると時として目をやられる。そこへ軽機関銃、
マキシム機銃等、残り少ない貴重な残弾の一発必中の射撃を集中する。
仙台第十三師団高田聯隊のときには、日本軍陣地の銃火の衰えに、最後の
詰めの突撃に成功して中国軍が勝利したが、広島聯隊はこの最後の五分間
の戦闘に勝利し嬌敵を撃退した。」

41 :白馬青牛 ◆B3h9hvY9bA :2009/04/17(金) 23:20:38 ID:eBXbNalH0
>>38
ほいで>>39の中島高地の戦闘なんか、広島部隊の特質が出とる。
仙台人の今村均将軍は、広島将兵の「闘志と粘り強さ」に感心
されるとともに、広島の将兵は「気が利いていてズルくさい」と
云われた。もちろん、貶す言葉じゃのうて、広島将兵の老練、
戦闘における老獪さ、最悪の状況でも明るく、機転が利く
利口さについてのことよ。
中島高地の戦闘でも、原始的な道具を利用する、「武に徹した者は、
至る処に武器あり。」と喧嘩上手じゃ。紙一重の戦闘を勝利するんは
精神力のタフさと機転が利くかどうかで勝負が決まるけんのう。
>>39
確かに、郷土兵団の地域の歴史的実例から郷土部隊を運用したほうが
ええ。日本の辺境は奈良期の南九州の隼人や平安期にかけての
東北の蝦夷は忠実兵士として権力者側から信頼された反面、反乱を
起こすと討伐された敗者の歴史を持っとるけんのう。
東北の兵に防御戦は荷が重いよ。やはり防御戦の実力と実績に
おいても比類なき武勲を持つ広島師団しかあるまい。

42 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/04/18(土) 00:39:36 ID:ykzrtDEYO
結局 廣島師団最強説 

田中正造はホラ吹きドンキホーテっていうスレを思い出した。 
総軍負け戦の完敗で 
実地部隊の勇怯を語ることに 何の意味があるんだろう。戦争国防板で語ったほうがよいのでは。 
白馬の御大は自費出版でもして世間に多いにひろめてくれ。 


43 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/04/18(土) 01:02:00 ID:uXEgE2V60
>>田中正造はホラ吹きドンキホーテっていうスレを思い出した。 

何これ?どうせ2ちゃんのネトウヨが
社会主義者の秋水と関係があったり
政府に逆らった田中のことを偏見で見たスレだろ
ネトウヨ様は権力に逆らうやつは許さないからな

44 :関東軍:2009/04/19(日) 01:12:46 ID:z5zkdtKL0
第112師団
満州東部のソ連国境の南端に位置する琿春、間島地区の警備と治安維持に当る。
1945年(昭和20年)8月9日、ソ連軍の侵攻(ソ連対日参戦)を受け、多くの犠牲
を出しながら琿春の防衛に当たった。
8月17日、第1方面軍の命により停戦し、翌日に中村師団長、安木参謀長が自決した。

第124師団
1945年8月9日、ソ連対日参戦に伴い、ソ連軍極東方面軍の奇襲攻撃を受けた。
8月12日、第124師団主力が陣を敷く穆陵西側にソ連軍の総攻撃を受けた。善戦を
するも次第に優勢なソ連軍の攻撃により全滅する陣地が続き、椎名師団長は司令部
による斬込み全滅を覚悟するまでになった。そのような状況であったとき、撤退命令
が発令され敦化へ後退。
8月23日に停戦が成立し武装解除となった。

第135師団
虎林から東安方面に所在していた。第5軍司令部は、第135師団と第126師団に掖河まで
退却を命令した。両師団は第124師団がソ連軍との激しい戦闘を継続する中、牡丹江の
防備を強化しソ連軍の攻撃を防ぎながら、牡丹江市街の在留邦人の脱出を助けた。
8月15日に第135師団と第126師団は第5軍司令部から命令を受け、
8月17日には牡丹江北西の横道河子まで退却し、その地で停戦命令を受けた。
wikiより
http://www.youtube.com/watch?v=IZwZ-wkff0Q&feature=related

45 :関東軍の歌:2009/04/19(日) 01:15:48 ID:z5zkdtKL0
作詞 関東軍参謀部
作曲 陸軍戸山学校軍楽隊
一、
暁雲の下見よはるか 起伏果なき幾山河
わが精鋭がその威武に 盟邦の民いま安し
栄光に満つ関東軍
二、
興安嶺下見よ広野 父祖が護国の霊ねむり
いま同胞が生命を 正義に託す新天地
前衛に立つ関東軍
三、
烈々の士気見よ歩武を 野ゆき山ゆき土に臥し
寒熱何ぞ死を越えて 挺身血湧く真男児
風雲に侍す関東軍
四、
北斗の星座見よ使命 暗雲天をとざすとも
神輿の剣ひらめけば 妖魔散じて影空し
東亜の護り関東軍
五、
旭日の下見よ瑞気 八紘一宇共栄の
大道ここに拓かれて 燦々たりや大陵威
皇軍の華関東軍

46 :沖縄護郷隊隊歌 :2009/04/19(日) 01:17:41 ID:z5zkdtKL0
作詞:菅江 敬三
作曲:不詳
著作権:無登録
一、
運命(さだめ)かけたる沖縄島(じま)に
我等 召されて護郷の戦士
奢れる米兵撃ちてし止まん
二、
お召を受けて感激の日々
死所を求めて ああ死所を得たり
郷土を護るはこの俺達よ
三、
赤き心で断じてなせば
骨も砕けよ肉また散れよ
君に捧げて微笑む男児
四、
いらぬは手柄 浮世の如く
意気に感ぜし人生こそは
神よ与えよ万難われに

昭和二十年

47 :硫黄島防備の歌:2009/04/19(日) 01:22:10 ID:z5zkdtKL0
太平洋の波の上
帝都の南千余キロ
浮かぶ小さな一孤島
今日本の興廃を
決する要所硫黄島

吾等がこの地にある限り
本土は安し永遠に
日本男児の名を賭して
苦難に勝ちて守り抜く
誉れも高き硫黄島
http://www.youtube.com/watch?v=45ys7AkgSSk&feature=related

48 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/04/19(日) 01:27:39 ID:z5zkdtKL0
【軍歌】婦人従軍歌
http://www.youtube.com/watch?v=PSlQ3PuXU34&feature=channel
婦人従軍歌 青江三奈
http://www.youtube.com/watch?v=LttWQanQtTY&feature=related

49 :落下傘部隊:2009/04/19(日) 01:35:02 ID:z5zkdtKL0
空の神兵
http://www.youtube.com/watch?v=dDggURZirxQ
空の神兵(附:大本?發表一九二號)
http://www.youtube.com/watch?v=K5m1q605_xM&feature=related
パレンバン敵前上陸
http://www.youtube.com/watch?v=pPc0YZ8GEuQ&feature=related
Imperial Japanese Army Airborne Forces Assault (1942~44)
http://www.youtube.com/watch?v=XqbOSmM9LCY&feature=related
Imperial Japanese Army Airborne Forces Exercise (1941~42)
http://www.youtube.com/watch?v=etq9yZ0keYg&feature=related

50 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/04/19(日) 01:52:04 ID:z5zkdtKL0
分列行進曲
http://www.youtube.com/watch?v=UDbHBHH8BHU&feature=channel_page
出征兵士を送る歌
http://www.youtube.com/watch?v=GVMqmJbvNwQ&feature=channel
愛國行進曲
http://www.youtube.com/watch?v=jJeb9jB0EjU&feature=channel
学徒出陣
http://www.youtube.com/watch?v=uaAN3txVzBk&feature=channel
靖國神社
http://www.youtube.com/watch?v=FnTFCOcPX78&feature=channel

51 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/04/19(日) 01:59:45 ID:z5zkdtKL0
Indonesia Raya
http://www.youtube.com/watch?v=6QvyLkdl1_s&feature=related
Russo-Japanese Warmovie_part1
http://www.youtube.com/watch?v=89CQS_Z-uaM&feature=channel_page
Japan's War in Color 7 of 10
http://www.youtube.com/watch?v=QiL4Ckgs25A&feature=related

52 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/04/21(火) 23:26:46 ID:fw60sYfJ0
死にかけ、乙。

53 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/04/24(金) 23:16:01 ID:mtWJMAN10
じゃあ逆に最弱師団、最弱連隊や
兵隊として評価が低い地方はどこなんだと思う

54 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/04/24(金) 23:43:17 ID:Dn0zAjzl0
第一師団が原隊の団隊だろうなぁ・・。


55 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/04/25(土) 00:07:44 ID:alkP8MUe0
1 :名無し三等兵:2009/04/22(水) 19:30:51 ID:xy2JR6O8
最強師団、最強連隊はどこかと
あちこちで議論されているが
じゃあ、最弱師団はどこだろうと思って建てた。

自分としては
日露戦争で部隊ごと壊走した第一師団。
黒溝台でロシア軍に瞬殺され
太平洋戦争のフィリピンの戦いでは
フィリピンゲリラとアメリカ軍のサンドバッグとかしていた
第八師団だと思うが。

56 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/04/26(日) 01:18:01 ID:TypE1ucB0
>>9
おおニューギニア戦分かる人がいたか!!
36師団は頑張ったよな
ビアク島で一個連隊で孤軍奮闘したし、サルミでは何度も大規模夜襲に成功しとる
その後の米軍の猛攻も二個大隊を包囲する勢いもあって米軍を混乱させた
ビアクにあった一個連隊もサルミにあったならかなりいいとこまでいけたと思う

最強で有名な6師団、20師団より貢献したと思う
20師団もかなり強かったが、いかんせん補給状況が最悪過ぎた

57 :白馬青牛 ◆B3h9hvY9bA :2009/04/26(日) 01:21:45 ID:QIqunFYv0
>>55
じゃけど、強弱は別として、弘前第八師団は、フィリピンでも、「自身の
生命の危険よりも、使命感と戦友愛を持って、米軍国旗を盗んできた
兵隊。車載重機を掻き払ってきた兵隊、何も食うものがない食事どきに
皆を笑わせた兵隊と愛すべき兵士達」で、東北兵団に配属されたとき、
与えられた命令は必ず解除しない限り、兵隊は臨機の処置をとらないと、
される東北兵の純朴さが、見えるんじゃないか。
九州兵団の眉間を撃ち抜かれた犠牲者が多いんと同様、伝説になった
けんのう。団結力があった彼らが全くの弱兵とは云えまい。
黒溝台の福山や浜田の部隊の武功を感状に示しながら、黒溝台攻略自体に
活躍した広島聯隊の武功を省いた立見司令官の自部隊身贔屓とは、
別のこととして。

58 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/04/26(日) 01:29:31 ID:TypE1ucB0
大事なことは過去の栄光にとらわれて相手を過小評価しないことだな
名門部隊驕りが多いからいつも失敗している(最弱な中国軍相手に善戦したからなんなんだ)

59 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/04/26(日) 08:23:52 ID:cHorI3780
日本相手の最強は米軍に協力したフィリピンの民間ボランティアだもんなぁ(ワラ

60 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/04/26(日) 13:09:19 ID:XRILWgbD0
アメリカどころかオーストラリアにも負けていたよね

61 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/04/26(日) 17:04:02 ID:5FBoEupC0
>>55
極東最弱のオランダ軍にも苦戦した挙句、他部隊の戦功を横取りした仙台師団こそ最弱の名に相応しい。
案の定ガ島では米軍に、ビルマでは英印軍にフルボッコ。
まあ、ご先祖がドンゴリ仙台藩と虚名ばかりが高い弓張嶺の夜襲だって言うのだからそれも頷ける。

62 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/04/26(日) 18:16:55 ID:XRILWgbD0
第2師団はガダルカナルはともかく
ビルマでは負けていないでしょ

63 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/04/26(日) 22:44:41 ID:3VsSkfmTO
ここの諸兄に質問なんだけど 
中国軍は強かった? 
弱かった? 
毛沢東を指導者とする 
共産党軍(主にゲリラ活動?治安撹乱目的?)
蒋介石を指導者とする 
国民政府と軍閥が合体した軍が一応の正規軍かな? 昔読んだ本では 
強かったとも書いてあったし 
また逆のことも聞いたこともある。 
それによっても変わると思う。 
八路軍は日本の天敵とも 聞いたこともある。 

たしかに負けはしたたけど旧日本軍は
団結力や行動力、戦友愛は世界に比して比類ないと思った。 


64 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/04/27(月) 00:31:09 ID:7KBWS1OZ0
強い弱い言ったら激弱だろう。
中国軍ってのはカッコ良く言っただけで本当は軍閥だから
傭兵には国の為に戦うという概念はなかった。その辺日本人が常識な考え方をしている限り理解できないのかな。
要するに大陸中を逃げ回っていただけで仕掛けてくるのもゲリラ戦だけ。
だから終戦まで兵力にしてはあり得ないほどの小被害しかだしていなかった。
ただの追いかけっこ。

共産党の宣伝の上手さなら日本を凌駕してるな。

65 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/04/27(月) 00:32:55 ID:7KBWS1OZ0
オーストラリア陸軍、ドイツ相手に3日で壊滅w

66 :白馬青牛 ◆B3h9hvY9bA :2009/04/27(月) 01:03:14 ID:vOgrrrfw0
>>58-63
最弱な中国兵云うとるが、中国兵は個々の兵士の戦闘技量は高かった
よ。特に手榴弾投下技術と射撃技量は日本兵より上じゃった。
兵士個人の質なら中国兵は、英米豪の兵士より質が高いが、装備の
悪さと戦法下手で日本軍は助かったけんのう。
部隊煽り以前に軍上層部の「支那蔑視」の方が問題じゃろう。
軍閥でも、精悍、獰猛な広西兵、鈍重で精悍性に欠けるが、
素朴で困苦欠乏に耐える山西兵、粘り強さと精悍性を合わせ持った
四川兵等強かったが、中国でも地域によって兵団の気質がある。
八路軍は軍紀厳正で団結力、戦友愛も強かったよ。
元陸軍大尉、越智春海氏が云われるよう、「日本人だけが、
忠誠で愛国心の強い民族でもないし、戦闘に適した肉体を持って
いるわけでもない。支那人の方が、そのいずれの点でも、日本人
より、優れているかも知れないのに、なぜ「一対十」なのか。
いわずと知れた装備の差なのだ。この原理を先入観の魔術で見失い、
支那軍蔑視の観念が生成・固着した。」と、旧日本軍だけが、
団結力や戦友愛に優っとったとも云えんよ。

67 :敵は幾万:2009/04/27(月) 10:13:02 ID:7V9YkC+P0
一、
敵は幾万ありとても
すべて烏合(うごう)の勢(せい)なるぞ
烏合の勢にあらずとも
味方に正しき道理あり
邪はそれ正に勝ちがたく
直(ちょく)は曲(きょく)にぞ勝栗の
堅き心の一徹(いってつ)は
石に矢の立つためしあり
石に立つ矢のためしあり
などて恐るる事やある
などてたゆとう事やある

二、
風に閃(ひらめ)く連隊旗
記紋(しるし)は昇る朝日子よ
旗は飛びくる弾丸に
破るることこそ誉れなれ
身は日の本の兵士(つわもの)よ
旗にな愧(は)じそ進めよや
斃(たお)るるまでも進めよや
裂かるるまでも進めよや
旗にな愧(は)じそ耻(は)じなせそ
などて恐るる事やある
などてたゆとう事やある

三、
破れて逃ぐるは国の耻(はじ)
進みて死ぬるは身の誉れ
瓦となりて残るより
玉となりつつ砕けよや
畳の上にて死ぬことは
武士の為すべき道ならず
骸(むくろ)を馬蹄(ばてい)にかけられつ
身を野晒(のざらし)になしてこそ
世に武士(もののふ)の義といわめ
などて恐るる事やある
などてたゆとう事やある
明治二十四年七月
「国民唱歌集」

68 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/04/27(月) 11:43:29 ID:D3zP4hoO0
弄ってはいけないコテかもしれんが真面目に書いているのなら↓をもう少し詳しく書いて

>手榴弾投下技術と射撃技量は日本兵より上
>兵士個人の質なら中国兵は、英米豪の兵士より質が高い


あと標準語で書いてくれると嬉しい


69 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/04/27(月) 19:59:13 ID:+BkHOr080
>兵士個人の質なら中国兵は、英米豪の兵士より質が高いが、装備の悪さと戦法下手で日本軍は助かったけんのう。
正反対なことをいわれてもな。
序盤はドイツの最新鋭の兵器に中盤には英米の兵器も。
常に三倍近くの兵力に日本より数段上な兵器。

なんといっても日本兵の方が中国語の文字が分かるという教養レベルでは
質の良い軍隊など作れるのは夢の中くらいだ。

70 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/04/27(月) 20:46:28 ID:RXeLl7gP0
>>66
でも、仙台人だけが不忠で愛国心がないし、戦闘に適した肉体を持っていない。支那人の方が仙台人より優れているので装備の差を入
れると対等ってところですね。

71 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/04/27(月) 21:46:18 ID:s7Pn6P1k0
兵士個人の質は中国は最下位だろw
むしろ英米独の装備捕獲できて研究できるわ

72 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/04/27(月) 22:08:02 ID:IhdM2Ws50
国民党はしらんが八路軍は強かったようだ

鈴木啓久氏回想
、「大部隊を補足することは極めて稀であって、多くの場合、空撃するのは常」
であったとし、「魯家峪で殲滅したような成果を挙げたのは全く例外で、其他は殆ど空撃であった」
「だが、討伐はいつも空撃であろうか、いやそうではなく之は大部隊を以って討伐した場合のことで、
小部隊で出掛けると殆ど補足するのである。しかし、此の場合には之亦、
殆ど例外なく不利な戦斗となるのが多い。」

「全般に公表されることが少ないので、一般からはあまり目に立たないのであるが、
損害を累計すると敵に比して我が方が非常に多いことになるのである。」
http://home.att.ne.jp/blue/gendai-shi/suzuki-117sidantyo/117-jittai.html


73 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/04/27(月) 22:16:26 ID:IhdM2Ws50
>>軍閥でも、精悍、獰猛な広西兵

確か李宗仁は一度日本軍に勝ったことがあったように思う

74 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/04/27(月) 22:17:56 ID:1kN0jLnFO
八路軍は遊撃部隊 
日本軍にもしられてた強豪だが 
基本的戦略は治安攪乱 
人民扇動 
やみくもに日本が厳しく取締のもわからなくもない。なんかで読んだ証言に 

終戦あたりの中国軍を甘く見てて 
その粘り強い攻撃と戦意に内心危機感を抱いてた指揮官まいたらしい。 
あの日本を中国から駆逐したその自信がのちの 
核兵器おとされるともの 発言の背景にあるのかもしれない。 


75 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/04/27(月) 22:22:52 ID:2zkZQ7aD0
>>71

戦争を兵器だけで考えるバカオタの見本だな、こいつw

76 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/04/27(月) 22:23:22 ID:+BkHOr080
だいいち共産党は国民党を狩っていただけだしな。

77 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/04/27(月) 22:24:46 ID:IhdM2Ws50
>>76
で日本軍も狩られていたわけだな

78 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/04/27(月) 22:33:06 ID:wwL9CJox0
>あの日本を中国から駆逐したその自信がのちの

なんか発想が朝鮮人っぽいw

79 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/04/27(月) 22:41:21 ID:+BkHOr080
>で日本軍も狩られていたわけだな
要するに寝首をかいていたということ。

80 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/04/27(月) 23:00:16 ID:1kN0jLnFO
ベトナムに首いれたアメリカ状態だな 
しかも現地軍も 
まとまりがあったわけではない。 
けど中国軍を弱いと断定もできない 
最後まで戦ったんだから 戦後中国の飛躍をみるに 日本に勝利したということは 
人民の強固な自信になったかもしれない 
のちに 
原爆を落とすなら 
落としてくれていいよ 
みたいな発言は 
内乱から立ち直り 
あの日本を追い払ったという自信もあったのだろうか

81 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/04/27(月) 23:18:59 ID:R7nefQEj0
>ID:1kN0jLnFO

その発言があった時、ソ連が保有していた核弾頭の数と核の運搬手段がなんだったのか分かってる?
腐るほど戦術核弾頭を量産していた時代じゃないんだよ

82 :白馬青牛 ◆B3h9hvY9bA :2009/04/28(火) 02:50:34 ID:MZJXDrMk0
>>68
「日本軍が手榴弾を投げると、爆発寸前にそれに駆け寄り拾って投げ返す
中国軍は図太い。」爆発寸前の手榴弾を投げ返す器用なまねは、大抵の
日本人に無理ではあったが、ニューギニアでは豪米軍に中国式で手榴弾投げ
返しで敵側を翻弄させた。
「「中国兵の奴、なめとる。立ったままでこちらを見とりゃあがる」
中国兵は勇敢というのか、無神経というのか、日本兵よりはるかに図太く、
度胸の大きいものを感じさせ、小さなことでもすぐに敏感に反応して
血をのぼらせる日本人と対照的で大陸民族と繊細でデリケートな島国民族の
相違とでもいうのであろう。中国兵は元来精強な軍であった。個々の狙撃は
十年選手の中国兵はざらであり、ニ〜三年兵中心の日本兵よりも優秀正確」
じゃった。
>>69
中国軍のチェコ機銃は世界最高水準で、日本の大正十四年式軽機より優って
おったが、全体的に日本軍の九ニ重機関銃や火砲が中国軍を圧倒しとった。
>>71
そりゃあ軍上層部に見られる、「支那蔑視」と云う日本の「夜郎自大症」。
世界中の民族に優秀な民族も下等な民族も存在せんのに。そう云う思考を
持つんはナチス優生学でレイシストしかおるまい。
>>72
兵隊ヤクザのモデル万年東一氏も八路軍の精強さには感心しておられたね。
>>73
李宗仁軍は、冬季作戦の反攻で名古屋3Dと仙台13Dに勝ったよ。
>>80
侵攻作戦は速度じゃけぇ、長期化した時点で戦闘主導権は地の利のある
地元軍にありじゃ。撤退する決断の有無になる。

83 :むっちー:2009/04/28(火) 12:56:55 ID:sMDwfg7J0
15軍が最強にきまっておるだろう?

84 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/04/28(火) 16:48:32 ID:+g6O8XvD0
>>82
> 李宗仁軍は、冬季作戦の反攻で名古屋3Dと仙台13Dに勝ったよ。

やはり日本最弱は仙台師団だ。ドンゴリの伝統が近代に至っても生きているのだな。

85 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/04/28(火) 16:58:24 ID:NyokASfT0
>>「支那蔑視」と云う日本の「夜郎自大症」。
>>世界中の民族に優秀な民族も下等な民族も存在せんのに。そう云う思考を
>>持つんはナチス優生学でレイシストしかおるまい。

つまり日本はナチスとヒトラーを笑えないということだな

86 :68:2009/04/28(火) 23:38:26 ID:PXFxs69O0
>82
多分何かの引用なのだろうけど、英米豪の兵士より質が高い理由が何故日本兵との比較なの?

それと“兵士の質”にかんしての認識が私とは異なるようだね。
君の引用文は日本の兵卒が見た敵兵の評価のようだが、そもそも日本人と中国人ではバックグランドが異なる。
詳述すると長くなるので省くが、君の言う質の高い兵とは中国人やネイティブアメリカンをイメージすれば良いのだろうか。
戦場での敵兵を賞賛することは悪い事では無い、だが「次の戦争では日本人の連隊を率いて戦いたい」と言った
米軍人はいるが、好んで中国兵を率いたいと望む軍人の例を寡聞にして私は知らない。
質の高い兵とは上官の命令に疑問を持たず、「死ね」と言われたら慫慂と死地に赴く、上官にとって使い勝手の良い兵の
ことではないかと私は考える。
まぁこれは考え方が異なるということなので議論にはならないね。

>手榴弾投下技術
これは何かの戦記に書いてあったの?それとも君の用語?
手榴弾の投擲では中国より日本軍の方が一日の長があると思うよ。
日本軍の鹵獲兵器には目もくれない米軍が日本陸軍の擲弾筒は部隊間で奪い合う程人気があったらしいからね。
何より当の中国(両方)が戦後正式な兵装として取り入れている。




87 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/04/28(火) 23:51:01 ID:NyokASfT0
>>日本軍の鹵獲兵器には目もくれない米軍が日本陸軍の擲弾筒は部隊間で奪い合う程人気があったらしいからね。

兵器のレベルが高かったことはわかったが
兵隊の投下技術が高かったかどうかはわからない

多分
「日本軍が手榴弾を投げると、爆発寸前にそれに駆け寄り拾って投げ返す
中国軍は図太い。」爆発寸前の手榴弾を投げ返す器用なまねは、大抵の
日本人に無理ではあったが、ニューギニアでは豪米軍に中国式で手榴弾投げ
返しで敵側を翻弄させた。

牛はこの事で中国兵の手榴弾の扱い方を褒めているんだろうと思うが。
日本兵が中国兵よりうまく手りゅう弾を扱った事例ってないもんかね?

>>だが「次の戦争では日本人の連隊を率いて戦いたい」と言った米軍人
その米軍人の名前なんていうの?

88 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/04/28(火) 23:56:10 ID:NyokASfT0
多分牛は中国兵が命令に忠実かどうかというより
射撃、投下、士気といった面を評価しているんだろう。

あといま思い出したが、日本軍を指揮したいといったアメリカ人て
アイケルバーガーの事?

89 :白馬青牛 ◆B3h9hvY9bA :2009/04/29(水) 00:57:30 ID:2mBaILvO0
>>86-87
>>82の、手榴弾投下においての巧みさは、広島第五師団第八中隊史の
徐州会戦の項の要約じゃが、藤部隊(広島第三十九師団)第一中隊戦記にも、
宜昌作戦の項で「中国軍は日本軍の突撃と同じように手榴弾の投擲は得意
だった。」とある。戦争体験者も云われたことで、戦記から確認した次第
じゃ。日本兵が中国兵よりうまく手榴弾を扱うた事例は探せばそがん特殊な
事例も出てくるか知れん。それが中国軍でも精強な師団の例か弱い師団の
例かを考慮せんといけんけど、概ね前線におった中国兵の手榴弾の扱い
云うか、無神経なほどの度胸云うか、日本兵よりも上じゃった。
>>88
そのように戦闘技術に巧みな中国兵でも、一つの陣地が陥落しそうになっ
たら、他の陣地でも死守するよりも逃げることに専念する弱さもあったね。

90 :白馬青牛 ◆B3h9hvY9bA :2009/04/29(水) 14:37:55 ID:2mBaILvO0
>>85
そう云うこと。上層部の人達はドイツ崇拝じゃった。
>>86
ネイティブアメリカン(アメリカ先住民)も質が高いよ。先住民は高砂族も
そうじゃし、ビルマのカチン族、中国の少数民族壮族、苗族も勇猛じゃ
けんのう。彼らは夜目がきくし、足音をたてずに襲うてくる。普段の生活が
戦闘に適した能力を培う面が強い。生活が文明化しとった欧米兵よりも
兵士として優れた点が多い。今でも英軍は最前線ではネパールのグルカ兵を
使う。まあ、アジア兵は、ベトナム戦争参加国の中で一番強かった韓国兵も
含めて精強じや。
前線で上官の拙劣な攻撃法に疑問を持たん、戦闘知力に乏しい兵隊じゃ
質は低いね。前線の下士官や熟練古参兵らの判断力、知力があった処が
日本兵の強さじゃったんで。
しかも自分の部下に「死ね」じゃ云う上官は、低脳下劣でしかない。
上官は兵士を預ってとるんで、出来るだけ部下兵の損害を少のうするよう
心がけるもんじゃ。ほいで前線指揮官の小隊長は先頭に立って指揮せにゃあ
いけんかった。まあ、適切な判断力がない小隊長や臆病な小隊長も
おったけぇ、その場合は熟練下士官が作戦指導する。星(階級)の数より
味噌汁(軍隊生活の長さ)の数よ。

91 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/04/29(水) 15:30:37 ID:BEG59Hy0O
>>90
ネトウヨではないけど、ベトナムで韓国は強かったのか?
蛮行の話ししか聞かないが。

その他の部族は同意。

92 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/04/29(水) 17:19:45 ID:sEF9vGUgO
なんでみんなこんなに 
詳しいの?

93 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/04/29(水) 21:04:07 ID:MRHmr1ZF0
http://zip.2chan.net/6/src/1240998040425.jpg

94 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/04/29(水) 21:28:43 ID:eVi5/doj0
>>90
ナチス云々以前に
日本の他民族を下に見る傾向は
白村江の敗戦国の分際で
新羅を脳内属国にした時からの伝統行事だからね

95 :白馬青牛 ◆B3h9hvY9bA :2009/04/29(水) 23:01:36 ID:2mBaILvO0
>>91
http://www.special-warfare.net/data_base/101_war_data/vietnam_war/korean.html
http://www.jca.apc.org/beheiren/kameyama.html
上の方に「戦術も米軍とは違い空軍や機甲部隊には頼らず歩兵を中心
とした接近戦闘を主体とした。」「共産主義勢力との戦いは韓国軍を
勇猛果敢な世界でも最高峰の軍隊に育て上げた。」
下の方の◆韓国兵のまじめさが、救いようのない悲劇だった 
に、「韓国軍はヘリや火器に依存する米軍を臆病だといい(中略)
洞くつのなかにも飛び込んで、そのなかにひそむベトナム人を
短剣で刺し殺す。」と、あるが火力戦の勝ち負けと違い、
接近戦闘、つまり白兵戦で負けた方は、劣等感で負け癖がつく
けんのう。戦闘行動以前に部隊対抗の喧嘩でも同様じゃ。
人間の有史以前からの生物的闘争本能と云うべきか。
白兵戦で勝った方は戦闘主導権を握れる。
「白兵格闘ーそれは敵兵と直接肌を接して刺殺し、組みつき、
殴りつけ、瞬間の動作が、そのいずれかの生命を奪うことになる。
余程の自信と気迫がなければ、相手に気負けして討ちとられて
しまう。
白兵戦は戦闘の最終の場面であり、最も原始的なものである。
いかに最新兵器を駆使して、莫大な物量を叩き込んでも、所詮は
人間の対決である。」
韓国兵は強いよ。蛮行については、上の方では軍紀厳正と
あるが、下の方ではベトナム人に恨みを買うた面も出とるよ。

96 :白馬青牛 ◆B3h9hvY9bA :2009/04/29(水) 23:31:03 ID:2mBaILvO0
>>94
白村江の敗戦劣等感で、記紀で強がりを云うことになる。
新羅に対しても、遣唐使が難破して日本に戻りたかったら新羅船に
頼るしかなかった頃の脳内妄想じゃけど。
江戸期の儒教朱子学の影響を受けた水戸学の排外攘夷中華思想は
朝鮮半島の朱子学攘夷思想に優るとも劣らんかった。それは、現代
でも>>93の漫画を描くことでも明らかなこと。逆に優秀な民族は
日本と妄想を云いたいんじゃないか。世界に優秀な民族なんか
おらんし、日本民族も朝鮮民族も何ら優劣なんか無いのにのう。
それに近代にはドイツ観念論や人種他民族蔑視の優生学が浸透した
けぇ、よいよ日本は、空理空論の現在進行形、御伽の国になって
仕舞うた。

97 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/04/29(水) 23:45:11 ID:2sOx+hPL0
こっちの手投げ弾は東洋人の体格に合わせて改良してあるけど
あちらさんの西洋人用そのままやもん。
威力あるぞ・・。

98 :68:2009/04/30(木) 00:31:48 ID:gY56iBeq0
>87
>兵隊の投下技術
手榴弾の投下と言われるとWWTの複葉機かブービートラップの話なのか、屋根の上から落とすとか特殊な状況を想定しての発言に読めるので、
用語の定義をきちんと行うか、俺流でもなんでも構わないが一般的な用法で用いないのならその理由を明示してくれ。でないと話にならない。

>牛はこの事で中国兵の手榴弾の扱い方を褒めているんだろうと思うが。
>日本兵が中国兵よりうまく手りゅう弾を扱った事例ってないもんかね?
一般的な日本や欧米の兵士はそういうリスキーなことをやらないだけで上手い下手は関係無い。
付け加えると日本の手榴弾は欧米の手榴弾より遅延なので中国兵が投げ返してくるのは単なる経験則。もっとも全てが遅延だったわけではないから実際の戦場では悲喜交交と言ったところか(苦笑

>米軍人の名前
442連隊絡みのやっかみと、米海兵隊の(確か)少将。自軍の不甲斐無さに腹を立てて「日本軍の連隊を俺が指揮すればこの海岸に橋頭堡を築くことなど容易い」とほざいたらしい。
すまんが名前は記憶に無い。近現代の書物は簡単にとりだせない場所に放り込んでいるのに、君の口調は俺が労力を費やしても説明責任を果たすべきだと考えるレベルに達していない。

99 :68:2009/04/30(木) 00:34:28 ID:gY56iBeq0
>89
この板が出来た当初、名無しの君と二・三度遣り合ってないかな?
太平洋戦争初期の米軍渡洋進行能力や五航戦についての話で。
出鱈目な用語を用いたり、字が読めて、読んで意味の通じる文章を書く論述能力もあるのに、戦史叢書を読んだ(だけで)そこに何が書いてあるのか内容を全く理解していない人物には覚えがある。
映画や漫画のイメージを優先させて現実を放置する発想に辟易して、事後数年間この板では質問スレしか俺は見なくなったのだがw

最初に確認しておくが、君は中国兵は小銃や軽機の有効射程距離より遠距離である数百メートル遠方迄手榴弾を投げることが出来たとでも考えているのか?
君の脳内戦場では実際に手榴弾を投擲する状況はどうなっているのかな。
両軍の兵士が遮蔽物に身を隠しながら銃撃戦を展開している最中に、数十メートル先へ手榴弾を投擲しようとするならばどういう姿勢をとる必要があるのか何故想像出来ないの?
戦場で君と向き合っている敵兵が半身を曝け出し手榴弾を投擲する体勢が目に入ったら、君は何もせず相手が投げ終わるのを黙って見ているのかな。
そういう新兵の愚かな行為を目にすれば最優先で銃口を向けようとは考えられないの?
>「中国兵の奴、なめとる。立ったままでこちらを見とりゃあがる」
>中国兵は勇敢というのか、無神経というのか、日本兵よりはるかに図太く度胸の大きい
俺はこの記述や手榴弾云云からは日本兵の中国人に対する侮蔑しか読み取れない。
これは先述の米将校の日本兵に関する発言と通底していると感じたが、君に同意を望みはしない。
繰り返しになるが君とは考え方が相容れないことは理解している。

>90
>アジア兵は、ベトナム戦争参加国の中で一番強かった韓国兵も含めて精強じや。
↑こういう発想が無知に基ずくレイシスト的発言であると何故気づかない?
バイキングやヌミア兵が精強ではないと断じる思想の愚かしさには語るべき言葉もない。

君が好んで読む戦記ものの底は知れたが、同傾向の本ばかり読まず古代の欧州史や外国人の書いた傭兵ものとか読んでごらん。
君の論が如何に近視眼的で無自覚無批判に他者の言葉をなぞっているのか自覚できる(かもしれない)から。

>94
一匹釣れたねw

>95
頼まれてもいないのに参戦するから金遣せと厚顔無恥に米へ要求し、碌な装備も補給手段も持たず戦場に追いやられた軍隊の強弁か…
どこかの国にも同じ事を言っている将校がいたね。今時牟田口を支持している人間がいるとは一寸驚いた(苦笑

100 :白馬青牛 ◆B3h9hvY9bA :2009/04/30(木) 02:14:49 ID:x/GEeZG30
>>97
手榴弾を東洋人の体格に合わせた云う根拠はあるんか?
>>98-99
あんたの妄想推定論や空理空論抽象論は意味がない。具体的な例がないし、
元来戦記とか読まん人間であることは、わしが>>90で指摘した通りで、
兵士を戦争の駒ぐらいに蔑視し、自分が指揮官になった気分で妄想垂れる。
ほいで小銃や軽機の有効射程距離たぁ何メートルか提示せえ。
ほいで重機、チェコ銃、小銃における一回の装填数も提示せえや。
戦場に向き合うとる敵兵じゃの、新兵の愚かな行為じゃの、どの戦記を
参考にして云うとるんか提示出来んのか?
あんたの妄想読み取り論こそ捏造好きのネット右翼の体質そのものじゃ
ないか。韓国兵が強かったと事実を云うたら何でレイシストになるんなら。
バイキングじゃの抽象的言語で誤魔化すなや。戦記を読むんに無駄な戦記
なんか無いし、底が知れたじゃの戦記類を読まんあんたの低脳振りを
ここで発表しょうるようなもんじゃないか。古代の欧州史云うてバイキング
が活動した時代は西洋の概念じゃあ中世ど。そがんことも知らんのか。
日本史の独善的中世を西洋に強制してどうすんなら。わしゃあ戦闘体験者の
書かれた現実を提示しとるだけじゃ。戦闘体験者の他者の言葉が、
妄想論おどれの都合に悪りいだけのことよ。牟田口氏を支持したことも
無いんに勝手に妄想すなや。まあ、あんたの嫌韓レイシストの本性を
現わしとる書き方じゃのう。困難な戦闘を韓国軍にやらせた米軍の
弁護たぁ米国に隷属根性を持っとるのう。

101 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/04/30(木) 13:27:21 ID:71HAJNm30
>>100
捏造好きのネット右翼はお前だろw

102 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/04/30(木) 14:35:31 ID:mHM8P4sX0
だけど南京政府軍の高級将校と日本将校が整列して撮られた写真見ると
中国人かなりでかかった・・・
10pは身長差あったと思うよ

当時の日本人はやはり小柄だったんだな

103 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/04/30(木) 16:20:25 ID:I1teUPJzO
>>95
多少サヨ臭いけど、ネトウヨが言うほど韓国軍は弱くなかったのか。
白兵戦は多少野蛮な方が有利なんかな?現代日本人が関ヶ原に放り込まれると、既知害になるわ。

>>102
同じ日本人でも、(兄弟)満州育ちと内地育ちでは、背丈が全然違うよ。

勿論大陸育ちの方が大きい。15cmは違う。性格も大陸育ちは、おっとりしている。逆に内地育ちは、小さいけど性格は、旧日本軍w


104 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/04/30(木) 16:57:12 ID:5v9njAai0
>>93
つーか、これって元ネタあるの?

105 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/04/30(木) 20:19:51 ID:kAlnr0QLO
てゆーか 
あんたら詳しすぎ 
白馬の御大もね。  


106 :白馬青牛 ◆B3h9hvY9bA :2009/04/30(木) 22:36:14 ID:x/GEeZG30
>>103
下の方は政治思想的には左じゃけど、韓国の左翼系ハンギョレ新聞なら
もっと韓国軍を糾弾しとるよ。日本のネット右翼が左翼系のハンギョレ新聞
の見解に迎合するんも敵(韓国ナショナリズム)を批判するもんは利用したい
心情じゃないか。日本軍の批判したら吠えるくせにのう。
現代は兎も角戦闘馴れしとった戦前の日本人が関ヶ原におったら、
相当活躍出来る兵士じゃろうね。戦闘馴れがあった戦国期から江戸期は
戦闘経験がないけぇ、質が堕ち、戊辰から向上し明治期に士気錬度共
高まった。幸運な時期にロシアと対決できたとも云える。

107 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/04/30(木) 23:32:03 ID:dNd5vs1A0
「ハンギョレ21 1999年 05月 06日 第256号」
ベトナム戦 24周年にして見た、私たちの恥部, ベトナム戦犯調査委のおぞましい記録
http://www.altasia.org/hangyore/hangyore99256.htm



108 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/05/03(日) 20:48:05 ID:vdGZ7nef0
最強師団は第四師団で、最強連隊は第八連隊でしょう。
これ、世の常識!!

109 :白馬青牛 ◆B3h9hvY9bA :2009/05/04(月) 23:45:22 ID:/8uGm03z0
>>108
大阪第四師団は、南山の戦いで武勲を立てたけんのう。奉天では一番乗り。
同じ第二軍でロシア軍と正面で激闘しとった広島第五師団は一番乗りする
余裕も無かったわい。ほいじゃが奉天会戦で最も激闘した第五師団には
奥第二軍司令官より感状が授与された。ほいで第三軍の乃木さんが、
第二軍に感状を授与された師団かおるけぇ、自分の隷下師団にも云うことで
第三軍では金沢第九師団に感状が授与されたんじゃないか(日露戦争新史)。
大阪師団を誉めても、畿内文化人の司馬遼太郎氏なんか、奉天一番乗りを
熊本第六師団と云う捏造をしてまで、あるいは熊本師団関係者の九州人の
虚言癖を信じて誤認したんかも知れんけど、畿内自虐も甚だしいのう。

110 :名無しさん@お腹いっぱい:2009/05/05(火) 01:28:27 ID:BG2/nXTX0
第4師団が奉天一番乗りと言っても、露助が退却した空っぽの城に先に入っただけのこと。
奉天では日本が苦戦した。第10師団は万宝山で大損害。第1師団は露助の攻撃で無様な大潰乱。
第6師団だけは、評判通りの強さで沙河堡と漢城堡を占領。その後、露助1万人を捕虜にした。
同時期、あんたの好きな第5師団は露助の逆襲にあって下沙子で大損害を受けた。牛も歴史の
真実をちゃんと受け止めなさい。

111 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/05/05(火) 12:58:51 ID:54yIHMEo0
>牛も歴史の真実をちゃんと受け止めなさい。

ムリ

112 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/05/05(火) 14:44:32 ID:VyyOE9SS0
中国兵といっても国民党、南京政府、八路軍といろいろある
多分一番強いのは八路軍だろう。
日本は国民党の兵隊とやっと互角程度だから
八路軍にかなわなかったのは仕方ない

113 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/05/05(火) 19:28:38 ID:4kCN1HEt0
※世界最大級の日本アニメ質問サイトの和訳

日本で韓国マンガがANIMEにならないのはなぜ?
ttp://ask-john.cocolog-nifty.com/blog/2009/04/anime-df05.html

日本の制作現場の人間や制作者がどういう考えなのか私には分からないので、韓国コミックスがめったに
ANIMEにならない理由が韓国作品への差別意識に根差しているのかどうかはなんともいえません。
日本人が韓国を見下しているからという可能性は捨て切れないとしても、本当はもっと実際的な制作上の
利便性や業界的な実際性の問題理由ゆえではないかと思います。



世界の常識「日本人の差別意識は異常」

114 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/05/05(火) 20:41:39 ID:VdYgCIyP0

>>94
日本人「日本書紀に『391年に神宮皇后が百済と新羅を征服したと書いてある。』」
韓国人「捏造だ。」
日本人「三国史記「新羅本記」にも慶州を倭兵に包囲されたと言う記録がある。」
     新羅は何回も王子を人質に差し出している。百済の武寧王は人質の子として日本で生まれた。」
韓国人「捏造だ。」
中国人「満州にある碑文にも倭国が海を渡って百済と新羅を臣下にしたと書いてある。」
韓国人「捏造だ。」
中国人「中国の歴史書の宋書にも倭国が朝鮮半島南部を支配した記録がある。」
韓国人「捏造だ。」
中国人「中国の歴史書の魏志倭人伝には既に3世紀から倭国では鉄の鏃を使ったと書いてある。」
韓国人「捏造だ。」
中国人「中国の歴史書の随書にも倭国は産物も豊かで鉄の鏃で武装した軍隊を持つ。
     百済と新羅は倭国を大国として敬ったと書いてある。」
韓国人「捏造だ。」
日本人「日本や中国の歴史書や発掘品は全て捏造なのか?」
韓国人「そうだ!韓国に都合の悪い歴史書は全て捏造だ。」
中国人「中国の歴史書まで捏造か?」
韓国人「捏造だ!」
日本人「三国史記に「670年の十二月に、倭国が国号を日本と改名した。日の出る
     所に近いから、これをもって「日本国」としたとの事である。」とあるが?」
韓国人「捏造だ!
中国人「中国政府も外交部のホームページ(www.fmprc.gov.cn)で「5世紀はじめ、
     大和国が隆盛した時期に、日本の支配が朝鮮半島の南部にまで拡大した。」
     と公式に認めている。」
韓国人「中国人の捏造だ!!」
英国人「イギリスのオックスフォード大学の出版社(www.oup.com/ca)の教科書が、
        「5世紀の日本の勢力は朝鮮半島南部まで支配した。」 書いている。
        それを世界50か国の学校に発行している。」
韓国人「オックスフォード大学の捏造だ!!」
韓国人以外の一同「ではそれらの捏造を裏付ける証拠は?」
韓国人「・・・・・・。」

115 :白馬青牛 ◆B3h9hvY9bA :2009/05/05(火) 22:28:34 ID:3PDu6ZcW0
>>110
松川満州軍作戦主任参謀は各兵団批評に、「第四師団(大阪)は能く
働けり」と書いとられるど。ちなみに第六師団の批評がない。
まあ、大した活躍した師団じゃないし。その熊本第六師団云うたら、
遼陽で23iが壊滅的打撃を受けたのう。沙河の会戦で第五師団は、
下沙子で大損害?奉天の沙陀子付近の戦闘と混同しとるんか?
ほいで奉天の沙陀子の激闘じゃぁ、堀江42i(山口)長以下
多大な犠牲を払うたが、一度占領した地は一歩も敵に譲らず3月10日
41i(福山)が下陀子を占領しとるよ。
沙河の会戦で沙河堡を確保しとったんは、熊本第六師団と違うて、
右隣の名古屋第三師団じゃ。だいたい、熊本第六師団や名古屋
第三師団の前進攻略が遅いけぇ、突出した万宝山の福山41iが孤立し
苦闘することになったんじゃ。
あんたこそ、歴史の真実をちゃんと受け止めんさい。

116 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/05/05(火) 22:39:04 ID:nPVMcKN60
>あんたこそ、歴史の真実をちゃんと受け止めんさい。

346年 倭の軍隊が突然に風島を襲い、さらに進軍して金城(新羅首都)を包囲して激しく攻めた。【三国史記・新羅本紀】
364年 倭兵大いに至る。 王はこれを聞き、とても敵わないと恐れる。【三国史記・新羅本紀】
391年 倭が海を渡り、百残(百済)、□□新羅を破り、これを臣民とする【広開土王碑】
393年 倭人が侵入し、金城を包囲して5日間も解かなかった。【三国史記・新羅本紀】
397年 百済、倭国と国交を結び王子の腆支(テンシ)を人質に送る。【三国史記・百済本紀】
399年 倭が新羅の国境に満ち城池を潰破し民を奴客とし、百済は誓いを違えて倭に通じた。【広開土王碑】
400年 倭が、新羅城のうちに満ちる。新羅救援の高句麗軍が接近すると倭賊は任那・加羅に退いた。【広開土王碑】
402年 新羅、倭国と国交を結び奈忽王の子の未斯欣(ミシキン)を人質に送る。【三国史記・新羅本紀】
404年 倭、不軌にも帯方界に侵入し、高句麗軍と戦う。【広開土王碑】
405年 倭国に人質となっていた百済王子の腆支、倭国の護衛により海中の島にて待機してのち百済王として即位。【三国史記・百済本紀】
405年 倭兵が侵入し、明活城(慶州市普門里)を攻撃。【三国史記・新羅本紀】
407年 倭人が東部と南部へ侵入。【三国史記・新羅本紀】
407年 万を超える倭が進出。【広開土王碑】

425〜443年の間 倭国王珍が、自ら使持節都督・倭・百済・新羅・任那・秦韓・慕韓・六国諸軍事・安東大将軍・倭国王と称す。【『宋書』倭国伝】
451年 宋が倭国王済を、使持節都督・倭・新羅・任那・加羅・秦韓・慕韓・六国諸軍事・安東将軍・倭国王に任ず。【『宋書』倭国伝】
462〜478年の間 倭国王武が、自ら使持節都督・倭・百済・新羅・任那・加羅・秦韓・慕韓・七国諸軍事・安東大将軍・倭国王と称す。【『宋書』倭国伝】
478年 宋が倭国王武を、使持節都督・倭・新羅・任那・加羅・秦韓・慕韓・六国諸軍事・安東大将軍・倭王に任ず。【『宋書』倭国伝】




117 :白馬青牛 ◆B3h9hvY9bA :2009/05/05(火) 22:55:55 ID:3PDu6ZcW0
>>111
>>110氏に追従するあんたにも真実を受け止めるんは無理じゃ。
>>112
正面でガチンコで戦闘したら、広西軍や栄誉第一師の方が強いんじゃ
ないか。その国民党軍に第二次長沙作戦で負けた熊本第六師団の
立場がないじゃないか。
>>113-114
今度はナチズム嫌韓厨の登場か。『日本書紀』のように後世に
書かれたもんが歴史的史実にするんなら、『豫章記』の推古天皇の
時、鉄人を大将に三韓から攻めて来た、三韓日本列島遠征も真実に
なるじゃないか。倭人の飢えた連中が新羅に糧を求めとるけぇ、
倭は朝鮮南部の伽耶地方の事じゃ。倭≒日本人じゃないで。
中国が列島側にあったとされる倭が生口(奴隷)を献上した史実に
言及したら、現に中国人はそう云うが嫌韓厨は沈黙するんかのう。
中国の権威を持って韓国を貶め、西洋の権威を持って中国を貶める。
ネット右翼の典型じゃのう。

118 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/05/05(火) 23:10:25 ID:rAaintgr0
壺のリンクは踏まない主義なのだが>113も嫌韓の類なのか?

この板の軍関係スレはここしか見てないから知らんけど、コノバカコテは何処のスレでも同一スレに自分が一日・二日前に何を書いたのか認識できずに整合性のない主張を繰り返すパラノイアなの?

広島の韓国土下座旅行で有名な高校出身なのかなってのは推察できるが・・・
たんにカワイソウな奴なのか精神に問題があるのか判断に悩む(苦笑

119 :白馬青牛 ◆B3h9hvY9bA :2009/05/06(水) 01:14:38 ID:OKlKcQZ70
>>118
わしゃは世羅高校とは縁がないが、韓国土下座旅行云うて何なら?
嫌韓サイト以外の根拠を提示せんかい。精神に問題があるんは、
ナチズムに汚染され、戦後左翼史観の自民族発展段階説に汚染された
おどれのことよ。

120 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/05/06(水) 21:45:24 ID:TOoZI3rG0
>>12-13 >>16
どっちなんだw
南方の近衛が一番だと思っているが

121 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/05/06(水) 21:57:32 ID:TLym1h1x0
彼は彼なりに精一杯生きているのだから
追い込んだりせず生温かく見守ってやれw

122 :白馬青牛 ◆B3h9hvY9bA :2009/05/06(水) 22:33:40 ID:OKlKcQZ70
>>120
>>16で云うたよう郷土性が薄い全国選抜の近衛に一番はないよ。
全国から兵を集めた雑軍と同程度じゃろう。
マレー作戦では、エースの広島第五師団は別格して近衛師団は、
久留米第十八と比べたら、劣るもので無かった程度じゃろう。
まあ、近衛師団だけ感状を貰えんかったことに、近衛OBの人達は不満に
思うとられるけんのう。不満むは兎も角、歴戦の広島師団将兵から見たら
戦闘馴れに乏しい小奇麗な兵団で、同じ脇役のバッテン(久留米18D)より、
戦闘馴れで多少劣った兵団が近衛師団じゃ。

123 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/05/06(水) 23:10:43 ID:TOoZI3rG0
近衛がそんなことで不満なんかあるかよ
近衛たることが既に感状モノだぞ
敢えて言えば他の師団より昇進しにくかったことぐらい

124 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/05/07(木) 00:10:12 ID:YKCzNeArO
近衛は大活躍してなかったか?

125 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/05/07(木) 00:24:17 ID:Dof4k0dK0
>>124
うん
まず>>12で言うところの都会兵・弱兵というのが間違い
それから>>16だの>>122だのの雑軍というのも間違い

最も甲種の中で甲種を選りすぐり集めたのが近衛
そのなかで戦線に投入されたのが南方の近衛

126 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/05/07(木) 00:56:16 ID:g1C4DYO50
585 名前:世界@名無史さん 投稿日:2009/05/07(木) 00:05:16 O
日本と中国の研究で水田稲作は中国の長江河口域から黒潮に乗って日本の北九州に伝わり、その後に半島に伝播したことがほぼ確実視されてるはずだが。
これは遺伝学的にも考古学的にも(炭素年代測定方とか)にも裏付けされてる。
ソースは松尾孝嶺著「栽培稲に関する種生態学的研究」とか。
もっともその説や測定方にケチをつけて頑張ってる朝鮮人や左翼研究者はまだいるけどね。


586 名前:世界@名無史さん 投稿日:2009/05/07(木) 00:32:32 0
だとすると、倭人が新羅を建国したという伝承も俄然真実味を帯びてくるね。


587 名前:世界@名無史さん 投稿日:2009/05/07(木) 00:44:47 0
新羅も倭人
倭も倭人

127 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/05/07(木) 23:39:37 ID:DYn+dAt+0
日本最弱師団なら第二師団で、とりわけ第四連隊が極めつけの弱小連隊だって言うのは証明済みの真実。
1.先祖が土下座大名とドンゴリである。
2.ジャワで極東最弱のオランダ軍に苦戦。悔し紛れに他師団の戦功を妬んで入城式を先にやらせろとダダをこねる。
3.ガダルカナルでアメリカ海兵隊に鎧袖一触で敗れ、太平洋戦争において師団単位で惨敗した第一号の栄誉に輝く。
4.ビルマで英印軍に惨敗。先祖に負けじ劣らじの逃げっぷりでタイまで潰走したところで終戦になる。
中世から近代にかけて、弱兵の名を恣にしてきたのが仙台兵。

128 :白馬青牛 ◆B3h9hvY9bA :2009/05/08(金) 00:08:22 ID:RGO0+EPO0
>>123
近衛云う名前だけで特別じゃけんのう。武勲に乏しくとも。
>>124
マレー作戦でも山下司令官や辻参謀も近衛の戦力をアテにされんかった
けんのう。シンガポールではそれなりに活躍したけど、大活躍は誇大広告
じゃろう。
>>125
近衛は全国選抜じゃけぇ、郷土の団結心は薄うなる。他地域の者に負けて
たまるか云う精神が薄うなるわけじゃ。全国の兵を集めたら成績優秀の
甲種合格者でも雑軍化するよ。しかも戦場では歴戦の経験が戦闘を左右する
けぇ、再招集兵の方が戦闘馴れしとらん現役師団よりも強い。
また、実戦豊富な士気旺盛な志願者から選別して優秀な特殊部隊を造って
も、最も勇敢な人達は選別されて選ばれた人達よりも、上官に逆らい、
中隊を追放された人や上官を暴行した悪兵、云うなれば兵隊ヤクザの人達
じゃった。

129 :白馬青牛 ◆B3h9hvY9bA :2009/05/08(金) 00:32:44 ID:RGO0+EPO0
>>126
スレ違いじゃが、一応簡単に答えとこうよ。黒潮は遣唐使が如く、
遭難ルートで航海の軸線じゃないし、歴博の年代測定じゃアテにならんよ。
歴博の連中が石器捏造を応援して結局藤村氏一人に責任を負わせたこと
からも解ろうもんじゃ。時代を繰り上げて古うすりゃあええもんじゃない。
しかも亡くなられた歴博の佐原真氏は左翼じゃろうに。
新羅の支配層は北方から南下したスキタイ様式の積石木槨墓人で、
土着の韓人や倭人を支配したんで。
戦後左翼史観の自民族発展段階説そのものの書き込みじゃのう。

130 :名無しさん@お腹いっぱい:2009/05/08(金) 00:42:57 ID:3W/6iv570
>122 第5師団がマレー侵攻の主役とおっしゃるが、国軍きっての機械化部隊で電撃戦に適していたからでしょう。近衛もジョホールバルあたりでは
けっこう頑張ったんじゃないの?第25軍の構想は、電撃侵攻戦は第5と近衛で(まあ主役は第5だろう)、奇襲決戦は(奇襲上陸も含めて)第18師団
と考えていたのじゃないかな。師団の特徴とも合致する。大本営がシンガポール攻略を重視し、ここに国軍最強で実績のある第5と第18をあてたということ。
近衛が入ったのは機械化師団という理由かな?

131 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/05/08(金) 01:54:16 ID:7GLHWb0n0
>新羅の支配層は北方から南下したスキタイ様式の積石木槨墓人で、
>土着の韓人や倭人を支配した

何を根拠に?
新羅の5世紀からの高塚墳墓こそ倭の影響なんだが。
好太王碑にも新羅は倭の臣下にされたと書かれてるよね。

132 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/05/08(金) 04:13:37 ID:0fXDQ5B30
>>130
じゃあ、蘭印に第二師団を持っていったのは、中国相手にも通用しないし、イギリスに当てたら潰れるだろうからって意味では適材適所だな。

133 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/05/08(金) 06:48:48 ID:NensShUC0
>>128
近衛も他の師団に負けてたまるかというところを見せているぞ
ソースは岩波か中公

134 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/05/08(金) 13:00:57 ID:7YfnKEt00
>>133
> 近衛も他の師団に負けてたまるかというところを見せているぞ

第二師団も入城式だけは他の師団に負けてたまるかというところを見せているぞ。戦場では違うけど。

135 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/05/08(金) 18:28:06 ID:IxQf/PfH0
ちょっと質問
宮城事件で有名な近衛第一師団の方面軍ってどこ?
第二は南方軍、第七方面軍、第25軍、スマトラ
第三は第一総軍、第十二方面軍、第52軍、千葉

じゃあ第一は?とググったが東部軍管区隷下になってる
東部軍管区なのに第十二方面軍に継承されなかった?
第一総軍直轄になった?
詳しい人頼む

136 :白馬青牛 ◆B3h9hvY9bA :2009/05/08(金) 23:40:51 ID:RGO0+EPO0
>>130
その機械化云うんが自転車で、軍は何個師団もの機械化を計画したが、
当時車輛生産力に限度があったんです。元陸軍大尉越智春海氏は、
「近衛そのものがスマートな師団だった。しかし戦場では、スマートさなど
必要はない。自転車が、どんなに歩兵を苦しめたか、スマートな近衛師団
との協同作戦で第五師団がどんなに苦戦したか」銀輪部隊も「二人乗り
とはヒド過ぎる。人間と装具で二百キロほどになる踏む者も、自転車も、
さほどの耐久力はない。舗道ならまだしも、そこは不整備の小道で、時には
湿地を通過しているのだった。」「やれんのゥ、これが銀輪部隊かァ。
どだい、自転車の走れる道じゃァないてぇ」「われァどしたんならァ」
担架上の兵士は、「あがァな所が崖になっとるたァ思わなんだもんです
けぇ」と、機械化銀輪部隊は負傷者を増やす結果になった。機械化の
実態とはこの程度のもんでした。
マレー半島で近衛師団が頑張ったんはバクリ付近の戦闘でしょう。
「広島第五師団はジョホール州内の戦闘で上海に残留していた浜田第二十一
聯隊が加わった。本道を南下する第五師団がゲマスの堅陣を抜いたとき
には、近衛師団は、まだバクリ付近で苦戦中であった。東海岸を前進出来ぬ
久留米第十八師団に対し軍司令部は援隊派遣を第五師団に申しいれた。
第五師団としては、最も敵兵力の多い、しかも幾十段にとなく構築された
陣地帯を突破しつつ前進していたので、そうそう余力はない。両翼師団
(近衛、久留米)の不甲斐なさには腹が立ってくる。他師団の尻ぬぐいまで
引き受けさせられたのでは、たまったものではないと、言う次第だ。」
結局、辻参謀の作戦指導でジットラで兵力を半数以上失っていた
捜索第五聯隊長佐伯中佐がその役を買って出た。」と、広島第五師団は、
第二十五軍のエースゆえ、他師団の尻も拭かにゃあいけんし。
日露戦争の時は、近衛と久留米に師団司令部を移す以前の小倉師団は
第一軍じゃったことで、イケイケを期待されとったかも知れませんが、
日露戦争の兵力がロシア軍に上回っとった例とマレーは違いますから、
どうして近衛と久留米第十八師団を加えたんか、軍の思惑は解りませんね。

137 :白馬青牛 ◆B3h9hvY9bA :2009/05/09(土) 00:02:46 ID:Jx+j9jKQ0
>>131
おいおい、世界中にある高塚墳の起源が倭じゃったら人類の起源も
倭になるんか?妄想論はやめとけ。新羅のスキタイーアルタイ様式の
積石木槨も外部構造は天馬塚のように高塚墓で。
http://avantdoublier.blogspot.com/2009/01/blog-post_27.html
倭は朝鮮南部〜日本列島にかけての地域で、好太王碑の倭は、
伽耶で韓人や倭人を支配した、南下勢力の北方木槨墓人の兵団の
ことよ。ほんま基本的知識がのうて、嫌韓サイトを真に受けて
妄想する馬鹿たれじゃのう。


138 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/05/09(土) 00:42:56 ID:xFEMVLH8O
白馬の御大は 
満州紛争から太平洋戦争をどのように 
解釈してるんですか?

139 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/05/09(土) 01:26:53 ID:UVi6t6SK0
>>137
安価先の文すらよう読めずにレスつけとるんか。恥ずかしいのう。

140 :名無しさん@お腹いっぱい:2009/05/09(土) 02:20:49 ID:e0ga798x0
>136 機械化の実態が自転車だったというのはいかにも日本らしい話ですね。しかし第5師団には
戦車団の協力があったでしょう。電撃戦の立役者となった佐伯部隊と協同
し、ジットララインで苦楽を共にしたのは、久留米の戦車連隊ですよね。ゲマスの苦闘も。


まあ、近衛が第5の足を引っ張ったのはうなずけますな。第25軍司令部の信頼が得られない部隊は辛い。
近衛の将兵はそれなりに頑張ったと思うが、シンガポール上陸戦の一騒動で完全に信頼を失った。

18への援隊派遣というのは、18師団主力の輸送に車輌を派遣したことですか?それなら、助けを求めてきたのとは
別の話になりますね。

141 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/05/09(土) 09:04:02 ID:kRLAnYXp0
アフリカ戦線さえなければ英軍の戦車部隊がマレーに出てきて
・・。
あんまし楽しくない構図ですなぁ。

142 :137 :2009/05/09(土) 11:50:34 ID:SivdiMuy0
>>726
>おいおい、世界中にある高塚墳の起源が倭じゃったら人類の起源も
>倭になるんか?妄想論はやめとけ

アホ?
誰が世界中なんて言った?おまえ日本語もまともに読めないのか?

韓国の三国時代墳墓の高塚化過程については林永珍(全南大学校博物館館長)も、
日本からの強い刺激と言ってる。

143 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/05/09(土) 11:51:35 ID:SivdiMuy0
>>137
>おいおい、世界中にある高塚墳の起源が倭じゃったら人類の起源も
>倭になるんか?妄想論はやめとけ

アホ?
誰が世界中なんて言った?おまえ日本語もまともに読めないのか?

韓国の三国時代墳墓の高塚化過程については林永珍(全南大学校博物館館長)も、
日本からの強い刺激と言ってる。


144 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/05/09(土) 13:19:30 ID:Qq84oq2X0
>>140
逆!逆!
司令部中枢から「名ばかり栄転」になったのが近衛の師団長や連隊長
クアラルンプール以北で疲弊した第五師団の代わりに戦い、
シンガポールでは陽動をやらされた

145 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/05/09(土) 16:20:11 ID:bAabawyp0
ttp://cgi.2chan.net/f/src/1241777947935

146 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/05/10(日) 00:59:58 ID:+rSmNSOD0
>>117
三国史記(新羅本紀)より
295年の春に王が臣下に問うた。

倭人が度々攻めてくるので百姓が安心して生活できない。
我々も百済と同盟して海を渡って倭を攻めてみようか。

重臣達はこう答えた。

我々は海戦は苦手であります。
百済も信用できないし、不測の事態を招くでしょうからやめた方がいいと思います。

それもそうだ、と王は納得した。

船に関しては縄文時代にも遠洋漁業をやっていた証拠があるから、伝統的に船の扱いには
慣れていたんじゃないか。船形埴輪も古墳の副葬品として多数出土する。
白村江の戦いでは、『旧唐書』では倭国水軍の船400艘、『三国史記』では倭国水軍
の船数1000艘と記述される。割り引いて考えても、決して少なくない数だと思うが。

『旧唐書』の400艘は焼き払った船の数、『三国史記』の1000艘は白沙に停泊した船の数と
いうことらしい。1000艘というのはにわかに信じられないが、『旧唐書』の方は誇大な数字を掲げていな
い分だけ信憑性がある。それも焼き払った船の数として掲げているから、実際に動員した船はもっと多かっ
たのかもしれない。唐水軍170艘ということだから、推測される当時の唐と倭国の国力の格差でこの問題を
処理してしまうのは誤解のもとだ。ここで倭国が勝利し、百済が復興したなら、東アジアの歴史はまた違っ
たものとなった可能性があるね。

147 :白馬青牛 ◆B3h9hvY9bA :2009/05/10(日) 01:56:55 ID:bg07M8Lf0
>>138
満州事変から太平洋戦争至るまで、日本の独善的思考でど壷に嵌って
仕舞うたと云う解釈ですかね。
>>140
ジットラでの、戦車隊の協力も、闇夜の戦車砲での集中砲撃でしたから
大した効果もなかったですし、戦車の微光灯が闇の中の前進に多少役に
立った程度で、云うてもどの辺りを走っておるんか誰も判りません。
佐伯捜索隊が前線戦闘した頃戦車隊は、本道上に縦列のまま止まり、
(軽戦車の方は砲塔射撃はやっておったそうですが、)戦況の好転を待つだけ
で何もすることがなかった程度です。それに久留米の戦車隊じゃない
でしょう。
久留米第十八師団へは、佐伯支隊を援隊として派遣しました。敵軍が
佐伯支隊に対し警戒しとる間、木庭部隊(大村第五十五聯隊)が奇襲して、
メルシンを陣地を攻略しました。久留米第十八師団へ車輌供出させられ
たのは、マレー半島攻略後のことです。
>>142-143
高塚化なら高句麗や北方諸民族の南下過程の問題じゃ。だいたいあんたが、
倭を日本列島限定と妄想しとる時点で可笑しいんじゃ。
>>144
第五師団は、クワラルンプール以南でも、ゲマス、メンキボールで
第一線で戦闘しとるで。近衛が代わりに戦うた云う表現は可笑しげなのう。

148 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/05/10(日) 10:31:39 ID:Bibw8uHb0
ほんま基本的知識がのうて、朝鮮人サイトを真に受けて
妄想する馬鹿たれじゃのう。

149 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/05/10(日) 12:49:34 ID:toddye5G0
>>147
じゃあ何カ月も不眠不休で戦い続ければいい
さらには十八師団の代わりにインパールをやっていたら成功していたんだな

はいはい

150 :白馬青牛 ◆B3h9hvY9bA :2009/05/11(月) 00:44:55 ID:DicCTaW30
>>146
新羅が建国されたんは、北方民族の南下期の4世紀以降で、
295年に新羅なんかのうて韓の時代じゃ。新羅だけじゃのうて、
日本の記紀も起源を古うしとるけどのう。縄文時代に遠洋漁業?
空想しても意味があるまい。共産主義の自民族発展段階説の妄想云うて
どうすんなら。
>>149
その広島第五師団の不眠不休の戦いで、それまで作戦中一兵にも表れん
かったマラリア病が、シンガポール陥落を待っていたかに、各隊患者を
多発した。精神力で身体を支えとった云うことよ。大陸でも師団として
唯一の侵攻作戦の宜昌作戦で広島第三十九師団も当陽陣地を一聯隊で
攻略した等武勲を挙げたが、戦闘以後マラリア患者を多数出した
けんのう。マレー・シンガポール戦て、コタバル上陸とシンガポール戦だけ
の久留米師団と違い、不眠不休で全面に活躍した広島師団が回復しとらん
のに、ビルマへ行けれるわけあるまい。

151 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/05/11(月) 01:54:38 ID:+1NGSu/80
>新羅が建国されたんは、北方民族の南下期の4世紀以降で295年に新羅なんかのうて韓の時代

『三国史記』の新羅本紀は「斯蘆国」の時代から含めて一貫した新羅の歴史としている


ほんま基本的知識がのうて、かくあらねばならぬつー思い込みで歴史を妄想する馬鹿たれじゃのう。

152 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/05/11(月) 12:22:36 ID:xd9k7NGE0
満州事変勃発時の駐留師団が仙台師団だったせいで、時間がかかって列強の反感を買ってしまったのが太平洋戦争の遠因。
広島師団が駐留の時に満州事変を始めていれば、それこそ瞬きする間に満州は日本の勢力圏になっていた。
あまりの鮮やかさに、満州は昔から日本の勢力圏だったと勘違いしてしまい苦情は出なかったに違いない。

つまり、大日本帝国を滅ぼしたのは仙台師団のトロさ、ということになる。

153 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/05/11(月) 23:50:04 ID:Wvxias6e0
新資料をもってきましたよ。

日本建国の驚くべき史実   

応神=ヤマトタケルは朝鮮人だった

 「応神天皇=昆支=倭王武=ヤマトタケル=八幡神=大国主命=スサノヲ、すべて同一人物である」と著者は主張する。

 日本で最大級の古墳といえば、仁徳陵(大阪府堺市堺区大仙町)。二番目に大きいのが仁徳陵から東へ14キロメートル
にある応神陵(大阪府羽曳野市誉田6丁目)。この二つの古墳に埋葬されているのは兄弟であり、仁徳陵の被葬者は弟の
余紀、応神陵に埋葬されているのが兄の昆支である。二人は百済の蓋鹵王(即位455年〜没475年)の弟である。仁徳陵
は全長486メートル、応神陵はわずかに小さく全長425メートル。前方後円墳の形もほぼ同じで、築造年代も10年と違わ
ない。

 一、二位と争う日本最大の古墳に、なぜ、百済から渡来した二人の王子が埋葬されているのか、その秘密を解き明かした
のが本書である。

 在野の古代史研究者の石渡信一郎の研究をうけて、加羅と百済から渡来した新旧二つの朝鮮渡来集団による古代日本
国家建国の驚くべき史実を明らかにする。

 序章 本当にあったこと
 第1章 五つの金石文
 第2章 百済から渡来した王子昆支
 第3章 倭の五王「讃・珍・済・興・武」
 第4章 墨田八番鏡
 第5章 隠された蘇我王朝
 第6章 アマテラス誕生と「日本」
 終章  終章 蘇我入鹿の「差別名」を考える。
 
 古代朝・日関係史に関心のある人にとっては謎解きの喜びが味わえる。(林順治著)

http://www1.korea-np.co.jp/sinboj/j-2009/06/0906j0511-00007.htm

154 :白馬青牛 ◆B3h9hvY9bA :2009/05/12(火) 00:30:51 ID:M798oko+0
>>151
ゲルマン・エフタル・匈奴や鮮卑の五胡、夫餘・高句麗と世界的に
北方民族の南下は、4世紀以降で。極東だけ例外云う鎖国史観は、
あんたの脳内妄想よ。辰韓の「斯蘆国」が新羅になったと云える
根拠でもあるんか?土着原住民移行説の共産主義史観で解釈すな。
基本的知識がのうて左翼的鎖国主義に歴史を還元すな。
>>154
八幡神は、『宇佐八幡御託宣集』に、「辛国(韓国)の城にて始て
八流の幡天降りて、吾は日本神となれり。」渡来神、軍旗、鍛冶屋
でもあるね。
兎も角、日本は渡来人が造った国であることに違いあるまい。

155 :153:2009/05/12(火) 00:46:53 ID:MFQBduMN0
いくらなんでも、こんなトンデモ本は批判するだろうと思ったが…
どうやらストライクのようでw
喜んでもらえて良かったよ(ハァー

156 :白馬青牛 ◆B3h9hvY9bA :2009/05/13(水) 00:41:07 ID:zGfrTofk0
>>155
トンデモ本でも、細部の飛躍解釈は兎も角、全体的には日本人も朝鮮人の
島国移住バージョンであるゆえ、さほどのトンデモじゃあるまい。
それたぁ鎖国的、共産主義的自民族発展段階説の学者の方がトンデモじゃ
思うで。真っ当なら渡来人が日本を造った解釈になるわ。
http://www1.megaegg.ne.jp/~myfriend/higeki.htm
日本史板にも挙げたが、このブログの 朝鮮半島の百済王朝と大和朝廷は
ルーツが同じではないのか に、鹿児島県人の海音寺潮五郎氏と畿内人の
司馬遼太郎氏の対談「日本歴史を点検する」の引用文が出とるが、
海音寺氏 「魏志倭人伝」の記述を真正直に読めば、倭の境は朝鮮半島に
ありますね。つまり、三国志の頃の中国人は南朝鮮から日本列島全体を
倭・日本と考えていたのですね。ですからおそらく南朝鮮の人間と日本人
とは同種族でしょう。

と、八幡神、新羅の習俗を継続した、薩摩人の海音寺潮五郎氏の真っ当な
見解じゃ。

157 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/05/13(水) 02:38:13 ID:kQfQWtZs0
司馬遼太郎w

158 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/05/13(水) 03:09:25 ID:mIDS1VydO
>>39
>歴史的に敗北し続けた東北が強いというのはありえない

三十八年戦争宝亀合戦では、「東北」の伊治公呰麻呂が朝廷側の紀広純、石川浄足、大伴真綱らの軍を大敗させていますが?

巣伏合戦では「東北」の阿弖流爲が紀古佐美、丈部善理らの朝廷軍を壊滅・敗死させていますが?

また、前九年合戦中の黄海合戦では、河内源氏統領で陸奥守の源頼義軍を潰滅させ、頼義-義家父子を敗死寸前にまで追い込んだ「東北」の安倍貞任がいますが?
尚、この敗戦のダメージにより自軍の再編が不可能となった頼義は、安倍氏と同じ「東北」の豪族である出羽清原に頭を下げ捲って、やっとその助勢を得、軍の立て直しを計るという屈辱的な外交を演じている。
最終的に安倍氏を討つことができたのも、この「東北」の清原氏の軍事力によるもの。


これらの「歴史的」事実を無視ですかそうですか。



159 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/05/13(水) 11:11:26 ID:mym1FOTZ0
一時的な戦闘に敗れる事と、戦争に敗れることがごっちゃになっているスレはここですか?

160 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/05/13(水) 13:11:25 ID:6KKhgE8q0
そりゃ戦いに勝ったって次から次へと新手の軍勢を差し向けてくる国全体を相手にして最終的に勝てるわきゃない罠w。
特に対奥羽戦争なんていうのは、いつもその時代その時代における覇権争いの総仕上げとしての戦争になってしまうことが圧倒的に多い。
第二次世界大戦の末期が世界中対日本一国になってしまったように、
日本全体対奥羽の構図なってしまうわけだよ。
それに勝てなきゃ弱兵だと言ってる訳w?

第一その理屈だと国の覇者になったことがない地域は必ず弱兵だと決まってるって言ってる事とおなじだぞ!
だとしたらほとんどの地域は弱兵地帯ってことだよなw。



161 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/05/14(木) 00:14:16 ID:BHJBYhUIO
トーホグは弱いこれガチ

162 :白馬青牛 ◆B3h9hvY9bA :2009/05/14(木) 01:44:05 ID:DRN11QdP0
>>160
あんたの言じゃあ、あたかも日本全国の兵対東北兵と誤解を招くよ。
http://homepage2.nifty.com/rekikon/kaisou_touhoku.html
ブログの14.えみしの社会 和銅二年の陸奥・越後の蝦夷討伐の兵士
は、近江・駿河・甲斐・信濃・上野・越前・越中と越後の討伐を
中心とした近隣地域から兵士を徴発しとるし、25.えみしの社会 
延暦十二年でも、駿河・甲斐・相模・武蔵・上総・下総・常陸・
信濃・上野・下野の浪人ら。じゃけぇ近隣の地域の兵で討伐軍を
構成するわけじゃ。つまり関東・中部地方の兵と東北との戦いで、
逆に元寇や文禄慶長の役では、九州・四国・中国地方の兵と
他民族との戦いになるわけじゃし。近代以前はそういうもんよ。
戊辰戦争で初めて、西国諸藩兵と奥羽同盟軍の前線での戦いが
実現したわいのう。
まあ、奈良・平安期の東北での戦争は、金と鉄の利権じゃろう。
百済、伽耶、鮮卑系の漢氏系坂上氏や河内の百済王氏が近隣の東国兵
を連れて、後に百済王氏と同じ河内の源氏が関東兵を連れて、
東北討伐も東北の利権が欲しかったんじゃろう。
ほいで、討伐される側になった辺境兵は、歴史的実例から防御戦は
無理じゃわい。覇者となった地域は、近隣を侵攻した面と共に近隣
から蹂躙された歴史ゆえ、勢いがある時は良いが、苦戦に耐える
観点からは、難しいんじゃないか。

163 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/05/14(木) 20:51:10 ID:DPWGdndA0
>>158
蝦夷は異民族だからな東北人という日本人じゃない

後三年の役、鎌倉幕府の平泉攻め、葛西大崎一揆、戊辰戦争
東北は負け続け。
それと南北朝での奥羽勢力は北畠が連れてきた関東武者によって
制圧、服従を余儀なくされている。特に甲斐の南部師行はすごかったね。

164 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/05/15(金) 00:05:19 ID:ox0oKzxZ0
次から次って局地的な勝利も庄内以外ないだろ

兵力や金は重要なものだがそれだけでは戦いはきまらない
勢力で決まるなら
遼は宋に滅ぼされてるし、ギリシャ諸都市はペルシャに占領されていたろう
フィンランドは冬戦争であれほどの善戦を見せられなかった。

東北は勢力だの物量を敗北の理由にできるほど
強兵ではない。

165 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/05/15(金) 06:36:41 ID:pvBxnSgPO
>>163

>>39には
>「歴史的」に敗北し続けた「東北」が強いというのはありえない

とありますが、
「歴史的」と表現した場合の「東北」には大和朝廷の王化に服していない時代は含めない、という決まりでもあったのですか?
初めて聞きました(笑)。

〉蝦夷は異民族だからな東北人という日本人じゃない

「異民族」なのかどうかには研究者たちの間でも様々な見解があるようですね。

「蝦夷」にはアイヌ(の直接の先祖になるグループ)もいたでしょうし、粛慎や靺蝎のようなツングースもいたでしょうし、倭人たちのグループもいたことでしょう。
要するに様々なエスニックグループがあったようですが、それは既に王化に服していた他の地域も同じでしょう?

最後にあなたの言う「日本人」の定義についても是非教えて下さいね(笑)。

166 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/05/15(金) 06:42:10 ID:pvBxnSgPO
>>164
>局地的な勝利も庄内以外ないだろ

白河の戦いでも一度は奪回してますが何か?

167 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/05/15(金) 07:51:08 ID:oZzlA8Rp0
言い訳しても無駄w東北は実積がまるでない。関東にやられ放しじゃねえか
wwwいつも負けてばかりdw越後は上杉が強かったが伊達はびびってすぐ
降参



168 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/05/15(金) 07:52:18 ID:oZzlA8Rp0
永遠の負け犬=東北

169 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/05/15(金) 08:15:08 ID:pvBxnSgPO
>>167
戊辰戦争では「関東がやられ放し」だから東北が引き受けることになったんでしたっけね(爆)。

170 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/05/15(金) 13:41:44 ID:oZzlA8Rp0
永遠の敗北者、負け犬がつまんねえ揚げ足取ってんなw
で、おまえら戊辰で勝ったのかwwwおまえらは永遠に
関東の下僕なんだからwwwww田舎っぺえは言い訳っ
きり出来ねぇんだからbwあと、おめカッコが左右違う
ぞ。イイか揚げ足ってのはこうやって取んだぜ、解った
かこの下僕wwwwwww

171 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/05/15(金) 15:13:04 ID:7oq7a2K80
>>170
何を寝言言ってる。関東人なんか東北人がいなければ最下層じゃないか。
そんな偉そうな口をきいてもいいのは薩長人と関西人だけだ。

172 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/05/15(金) 15:16:38 ID:MRpbUW080
韓国のベトナム派兵 戦闘部隊
青竜 海兵第2旅団
猛虎 首都師団
白馬 第9師団   延べ30万名、 戦死4407名

ソウル大学の予備役将校訓練団出身者で大佐で退役した人の話。
「歩兵の小隊長だったが、あんまり面白いので、義務1年のところ志願して
もう1年やった。」
彼の話によると、
敵ゲリラは待ち伏せ攻撃を主体とするが、こちらも待ち伏せをすれば良い。
ゲリラの移動経路を掴む。
その場所に照明弾を打ち上げる仕掛けや対人地雷を敷設、
それを囲むように八の字陣地を構築、クレイモア地雷を準備する。
昼間は寝て、夕方から配備に就く。
照明弾が上がったら、クレイモアを発火、一撃する。
標定しておいた81mm迫撃砲の集中射、小火器の猛射。
手榴弾の多投が効果的。              パンツァー2005、7

173 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/05/15(金) 18:06:04 ID:ox0oKzxZ0
>>165
蝦夷は言葉が通じないとあるから
多分アイヌの先祖だと思う
今の東北人は西国からの移住者の子孫でしょう
朝廷に臣従した蝦夷は九州や西国に流されたとか

ベトナム戦争時の北ベトナムとか中華の北方の異民族は
よく国力が上の南を制圧していたが
日本の東北は逆によく南に制圧されてしまう。
宋のように元に何十年も抵抗したというならまだしも
平泉も奥羽越もあっという間に滅亡。
俺も東北の出身なんであまり弱いとは言いたくないが
強くもないと思う。
戊辰戦争は装備の問題というが
アフガン人やグルカ兵は英軍よりはるかに劣悪な装備で
善戦敢闘した。グルカ兵は精強さを買われてイギリス軍に採用されてる。
んで東北は?負けたけど強かったと評価されたことはあるか?
装備だけでなく戦術にもすぐれた庄内以外は(庄内は装備が火縄銃のままだろうと
いい戦いをしただろう)


174 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/05/15(金) 18:20:01 ID:ox0oKzxZ0
ふと思ったが、東北は兵隊より政治力が問題なのかもしれない
彼我の戦力差を認識せずに戦いを選んで滅亡するという
ことが多いようだ

175 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/05/15(金) 19:14:55 ID:HZAemCQ+0
いまの東北はアテルイなんかが滅んだ前後から投入された柵戸の子孫だろ。
蝦夷が投降したら、その蝦夷を退けて空いたところに屯田兵として柵戸を大量に住まわす。
柵戸のほとんどは関東の出身。あとは信州とか越後あたり。


176 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/05/15(金) 22:21:13 ID:oZzlA8Rp0
戦国の東北なんて、秀吉軍がまだ関東の入り口に
来た段階で、競うように命乞いしてるしwwwww

177 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/05/15(金) 23:32:12 ID:ox0oKzxZ0
一揆起こした葛西晴信は戦後前田の配下となったんだってな

178 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/05/16(土) 00:23:18 ID:5XxgFlpb0
>>176
それが利口なことかも知れないね

さて、最強連隊はどこかという話題だが
俺は沖縄戦で奮戦した松山の22連隊だと思う

179 :白馬青牛 ◆B3h9hvY9bA :2009/05/16(土) 02:08:38 ID:MFic6E6E0
>>163
蝦夷が異民族なら、その末裔の一部である広島人も日本人じゃのうなるよ。
http://www.cyclesforum.net/cyclepicnic/course_syoukai/shimanami/02/02.htm
古墳時代まで広島県は蝦夷系じゃけんのう。
安芸国造の佐伯直は佐伯郡すなわち蝦夷の集団を管理する役目。
広島西部の佐伯部と三原市の沼田川流域の東西佐伯部よ。
その葛西氏の子孫が文中にある郵便局、生口島の黒田氏じゃけんのう。
>>178
伊予藩は、筑前藩と同様、戊辰戦争の相馬口の戦闘で仙台藩や相馬藩に
負けとるけど。相馬方面で活躍したんは、特に広島藩の神機隊で、
次に岩国藩、鳥取藩と中国地方兵で、九州や四国の兵は余り活躍
しとらんよ。
>>173
グルカ兵は現代世界最強の名声も高いが、ネパール、インド、中国の
周辺少数民族は、質の高い兵士を産出する。
http://honin.spaces.live.com/blog/cns!9DAA889CEE2D0AB0!5283.entry
清朝なら、(九)多民族的健鋭営 1.「番子営」の歴史 金川人、つまり
チベット羌系嘉戎蔵族(ギャロン・チベット族)の「番兵」は、対グルカ、
台湾、甘粛と武勲に名高い。明時代なら、苗族とチベット・
羌系被差別民の混成「土兵」や広西の壮族の山岳兵を集めた「狼兵」も
精強とされとった。
ちなみに、ギャロン・チベット族の女性は美人として有名である。

180 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/05/16(土) 10:58:41 ID:5XxgFlpb0
日本人は蝦夷と大和の混血ということなんだろうよ

181 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/05/16(土) 11:41:15 ID:5XxgFlpb0
>>苗族とチベット・羌系被差別民の混成「土兵」
項羽の楚も確か苗族の国なんだよな
そりゃ強いわけだ

182 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/05/16(土) 16:24:44 ID:8WmMElj/O
最近 
日本陸軍がアメリカ並みの装備があれば 
ほとんどの師団長や旅団長クラスは名将になるんじゃないかと思うようになった。 
日本陸軍はよく健闘したと思うようになった。 


183 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/05/16(土) 20:44:47 ID:B6225I6SO
アイヌ、琉球は?

184 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/05/16(土) 21:39:32 ID:ulJOdzOe0
北千島、占守島の戦い 
昭和19年5月11日
戦車第十一連隊は占守島の第九十一師団に配属される。
同年8月9日
ソ連が参戦
8月18日
此の日、連隊は終戦により、戦車を海に投棄する予定だった。
午前2時頃、ソ連軍が艦砲射撃の支援下に竹田浜一帯に上陸を開始。
0210
堤師団長は全兵団に戦闘準備を下令。
0230
戦車第十一連隊に対して、国端方面に急進し、1600までに敵を水際に
殲滅することを命令。
0320
戦車連隊各中隊は三好野飛行場に集合、連隊長車を先頭に発進した。
四嶺山では、既に守備隊が激戦を展開していた。
池田連隊長は師団長に突入を報告するとともに決別の辞を発し、敵陣に突入した。
敵歩兵を蹂躙したので、敵を竹田浜に退却させることに成功した。
此の戦闘で池田連隊長と連隊本部指揮班長 丹生勝少佐、他94名が戦死。
戦車27輌がかく座した。
8月21日
停戦命令が下達、戦闘は終了した。 月刊グランドパワー2001、4

185 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/05/16(土) 21:56:13 ID:ulJOdzOe0
戦車第十一連隊は独立戦車第2中隊を編組内に収めて戦車中隊6個と
整備中隊1個の編成で、その装備は、
九十七式中戦車改 19輌
九十七式中戦車  20輌
九十五式軽戦車  25輌  計64輌を保有していた。

連隊マークは漢数字の十一を組み合わせ、「士」と読ませるもので、
砲塔側面に書かれた。

月刊グランドパワー2001、4


186 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/05/16(土) 23:15:44 ID:B6225I6SO
熊襲、隼人は?

187 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/05/16(土) 23:16:25 ID:B6225I6SO
日本人なのかW

188 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/05/17(日) 00:35:15 ID:kuipCxGAO
蝦夷佐伯隼人熊襲肥人高志国栖土蜘蛛みな日本人(^o^)ノ

189 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/05/17(日) 00:43:47 ID:kuipCxGAO
久米アイヌ琉球も追加で( ^▽^)

190 :白馬青牛 ◆B3h9hvY9bA :2009/05/17(日) 01:22:34 ID:UypBBPBV0
>>181
楚は、山地焼畑狩猟民族である苗族の可能性が強い。中国を統一した秦も
元来山地牧畜民のチベット系羌族であろう。その子孫で精強で鳴る>>179
「金川人」ギャロン・チベット人の「番兵」の地は、
http://home.catv.ne.jp/kk/komai/newpage107jooudani2.htm
http://55tibet.way-nifty.com/tibemono/2007/11/alan_fe97.html
上の方のブログにあるよう、大金川の流れる山岳地帯で、如何にも強兵を
産む産地じゃ。また美人の宝庫として知られ、下のブログでは、美女谷、
ギャロン・チベット族出身の歌手アランさんも同地の出身じゃそうな。

191 :白馬青牛 ◆B3h9hvY9bA :2009/05/17(日) 01:54:21 ID:UypBBPBV0
>>182
アメリカ並みの装備があったとしても、対中国相手と限定しても、
日本軍の撤退が早いか遅いかの問題であって、当然勝利の
目はない。日華事変が長期化した時点で。
自民族独善で他民族蔑視の低脳旧日本軍上層部の体質じゃ、
どこの国と戦闘しても勝てまい。日本の上層将校はどこの国でも
愚将よ。
>>188
日本人は渡来系が主流じゃけど、蝦夷、隼人、熊襲、高志、
国栖、土蜘蛛の原住民系も傍流じゃが日本人に違いない。
>>190の追加として、ギャロン・チベット族の阿蘭ちゃん。
http://ameblo.jp/hirolyn/entry-10116192419.html

192 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/05/17(日) 02:03:23 ID:7dUPIoKn0
>>184
昭和20年8月9日
ソ連が参戦

193 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/05/17(日) 02:08:30 ID:6KYBP+cX0
>>191どこの国と戦闘しても勝てまい。

はぁ?モンゴルやロシア、清には勝ってるじゃんか


194 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/05/17(日) 02:15:27 ID:7dUPIoKn0
1937年7月29日 発生
通州事件
シナ軍による日本人居留民虐殺事件
全居留民  350名
生存者   135名
被虐殺者  215名

映像資料 Battle of Shanghai 1937 1of 4 Background of Battle
http://www.youtube.com/watch?v=K4qfH8tf4cQ&feature=channel_page

シナ軍の上海租界空襲

外人、シナ人避難民、数千人の中に爆弾を投下。
シナ空軍の照準定まらず、租界内に被害。

被害者数
死者    940名
負傷者 約1400名

映像資料 Battle of Shanghai 1937 3of4 Air Operation of IJNAF
http://www.youtube.com/watch?v=ucaZM0-5IN0&feature=channel

195 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/05/17(日) 08:28:30 ID:7dUPIoKn0
大日本帝国陸軍戦線二万粁1/4
http://www.youtube.com/watch?v=yKkrYUhiHY4&feature=channel_page
大日本帝国陸軍コレヒドール総攻撃昭和17年1/4
http://www.youtube.com/watch?v=BIYzqvxC0hQ&feature=channel_page
大日本帝国陸軍聖戦参年四年  昭和14年15年 1/5
http://www.youtube.com/watch?v=PPqohZssUkY&feature=channel_page

196 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/05/17(日) 08:42:27 ID:7dUPIoKn0
南京陥落後の記録映像
便衣兵の摘発、南京入城、慰霊祭、従軍看護婦、将校の訓示、
難民収容所、南京市民の保護、
道路、電気などインフラの復旧、シナ病院

Precious film of soon after the Fall of Nanking(1-6)sub
http://www.youtube.com/watch?v=xkkcQR50ej4&feature=channel

Precious film of soon after the Fall of Nanking(2-6)sub
http://www.youtube.com/watch?v=8LMguN5nOEo&feature=channel

Precious film of soon after the Fall of Nanking(3-6)sub
http://www.youtube.com/watch?v=bpIQ7wQbKaE&feature=channel

precious film of soon after the Fall of Nanking(4-6)sub
http://www.youtube.com/watch?v=wy9cC8ozj1g&feature=channel

Precious film of soon after the Fall of Nanking(5-6)sub
http://www.youtube.com/watch?v=mLME_hW0CCg&feature=channel

precious film of soon after the Fall of Nanking(6-6)sub
http://www.youtube.com/watch?v=ID8wxiluml8&feature=channel


197 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/05/17(日) 08:49:19 ID:7dUPIoKn0
Tokubetsu K?geki Tai
http://www.youtube.com/watch?v=Eq5WtKpiLdE&feature=channel

Yamato Damashii
http://www.youtube.com/watch?v=pxd1RGdT7h8&feature=channel_page

WW II SINGAPORE FALLS 3 of 3 1942 RARE COLOR FILM
http://www.youtube.com/watch?v=iwMk5i6Vr_w&feature=related

198 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/05/17(日) 17:04:36 ID:6KYBP+cX0
>>195
いい仕事ドモ

199 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/05/17(日) 21:32:15 ID:aFNbVGuEO
しかしさぁ 
白馬の御大  
太平洋の孤島や降伏後の ソ連の樺太侵攻には果敢に奮戦してない? 
しかもアメリカの後備師団程度の兵装しかない日本陸軍がだよ。 
まあ硫黄や沖縄では野砲や山砲また機関銃がある程度集中できたとはいえ 
しょせんはある程度。 
中国での日本軍はしまりがなさげに見えるけど 
孤島などでの陸軍は 
大善戦だとは思わない? インパールでの木庭さんなんかすごいと思うよ。 
経験豊かな前線指揮官は結構そろってると思う。まあ中枢にいる人は大局を読み違えてるぽいけどさ 
スレ違いすまん。


200 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/05/17(日) 23:39:25 ID:t3sDsA530
>>199
ビルマの日本軍の精強さは戦史上でも異常だろ。

まる1年以上、兵力倍、火力数倍の敵に無茶苦茶に叩かれ、
戦力半減以下なのに、まだ組織的抵抗力を失わずに、
果敢に反撃を試みる・・・スゴすぎる。

まあ、近代化・機械化が進んでいなかったから、
前線兵力の減少に対して耐久力があったとは言えるだろうが。
(機械化が進むと後方支援の割合が大きくなり、
 数字的にはわずかな損害で実効戦力を減らしてしまう)

201 :白馬青牛 ◆B3h9hvY9bA :2009/05/18(月) 02:28:33 ID:xCsIhkok0
>>193
時代を広げよるが、わしが云うたんは、昭和の低脳エリート軍人が作戦を
立案し、指揮したら云うことで。
>>199
果敢に奮戦せよ、勝利なら兎も角、負け戦ですからね。負け戦を美化しても
他国の人たちからは、負け犬の遠吠えでしかないわけです。
中国ではしまりが無いんじゃ無く、孤島の戦闘では退路が絶たれるわけ
です。しかも孤島でも硫黄島の戦闘なんか自然要塞が米軍をして
攻略に日数を要したわけで地の利もあったわけです。

202 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/05/18(月) 15:44:12 ID:Zt9mNB1T0
>>200
そんな精強なビルマの日本軍が崩れたのも、仙台師団という堤防の一穴があったればこそ。

203 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/05/18(月) 16:41:22 ID:U/kao+2EO
東北人いらね

204 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/05/18(月) 17:26:53 ID:qBb6y+6H0
>>201
ビルマも大陸も日本軍の基本は同じだろ。

・異常な徒歩行軍能力
・独断専行の奨励による、アメーバのような浸透能力
 (功名にはやり、小部隊で無謀な攻撃をしがちという欠点はある)
・一兵に至るまで任務のために死を覚悟


205 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/05/18(月) 20:56:21 ID:U/kao+2EO
「菊」「龍」「明」最精強↑

206 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/05/18(月) 21:30:00 ID:0/uTwHrR0
日本兵ってなんで玉があるのに
物陰から敵を討とうとせずに
銃剣突撃して自ら的になるんだろうか

海兵隊からお嬢さんと馬鹿にされるわけだ

207 :白馬青牛 ◆B3h9hvY9bA :2009/05/19(火) 00:57:16 ID:Oh9YM5Cm0
>>205
久留米の「菊」18D、「龍」56Dと「明」熊本6Dと敗北で名高い九州の兵団
ばっかしじゃのう。その中で軍紀厳正なんは「龍」兵団だけじゃわい。
>>206
敵軍の破棄遺体収容に物陰が敵を射つんは関東の兵団の特徴で、
広島師団なら慈悲の心、情義をもってこれを見逃した。東北の兵団も
敵軍の背中に銃撃する行為を恥としたようじゃ。その点関東や九州の
兵団は、勝つ為なら手段を選ばん非情さが優先したんじゃないんか。
(じゃが、結果的に関東や九州の兵団の戦績は、良くは無いゆえ、負け戦を
誇る癖がある)
東北兵の強弱は別として、逃げる敵に銃を浴びせる行為を恥としたんは、
東北人が日本人の誇りをしめした立派な、よき気風を持った兵団であった
ことの証左でもある。

208 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/05/19(火) 01:04:54 ID:6uOfcG3e0
無為徒食の末の白旗で名高い広島兵団にだけは
言われたかないがねw

209 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/05/19(火) 01:09:28 ID:6uOfcG3e0
それと「軍紀厳正」と「精強」は無関係だべw


210 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/05/19(火) 01:47:47 ID:6uOfcG3e0
usiのアキレス腱「橘丸」


211 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/05/19(火) 02:32:43 ID:VKd5WARmO
>>209牛さん見解は??

212 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/05/19(火) 16:13:41 ID:jAdYeRmO0
>>207
> 久留米の「菊」18D、「龍」56Dと「明」熊本6Dと敗北で名高い九州の兵団

失礼な。敗北で名高いといえば仙台師団の左に出る者はありえん。日本最弱の座は断じて譲らん!

213 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/05/19(火) 16:59:17 ID:04nTMtcw0
>>209
> それと「軍紀厳正」と「精強」は無関係だべw

直接的には関係ないように見える。
でも軍紀のゆるみは、戦闘時の上官の命令に対する遵守率をも下げて、
軍隊の戦闘力を不確かなものにする。

214 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/05/19(火) 18:21:29 ID:W/FZqB/60
>>188
そいつらとの混血が今の日本人なんだろう
東日本にはアイヌ語地名が多いが昔は東日本全域にアイヌが住んでいたと思われる

アイヌといえば
人類館事件
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BA%BA%E9%A1%9E%E9%A4%A8%E4%BA%8B%E4%BB%B6
ここで琉球、マレーともに博物館で陳列される事件が起こったが
この時の日本政府はアイヌや琉球までも異民族扱いしていたようだ
(ウィキの最後には「差別したのは日本人だけじゃない」という
一種の自己弁護(しかも小学生がやるような)の一文があるのは気に食わないが)

まあ遺伝的に日本人は北方中国人とあまり変わらないという調査結果が出ているようだが
ともかく日本人だって混血してるでしょ

215 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/05/19(火) 18:46:48 ID:6uOfcG3e0
長い歴史の間に交ざりまくりだからな

特に人口流動が激しくなった近代以降はなおさら。
首都圏なんか大混血地帯ま、合衆国だ罠wwwww

216 :白馬青牛 ◆B3h9hvY9bA :2009/05/19(火) 23:57:44 ID:Oh9YM5Cm0
>>209-210
「精強は軍紀にかかる」と、大切な言葉じゃ。軍紀の弛緩は隙を生むよ。
しかも現地民まで敵にしたら勝てる目はないわ。
橘丸で、戦闘出来るわけあるまいに。
>>213
上官の命令に従順なんがええ思うとるようじゃが、日本の組織は上へ行く
ほど低脳が増えるんは戦前の軍人に限らず現在進行形じゃ。
ほいで、元陸軍大尉、越智春海氏が、広島師団の軍紀厳正、
規律の正しさに、「こういうことは、各部隊長よりも(郷土)部隊の気風ー
全将兵の生活態度ーに係わる問題」と、書いておられる。
まあ、九州や関東の兵団の指揮官も、やねこい(難儀)のう。小隊長なら
先頭に立たにゃあいけんけぇ、兵隊を軍紀で縛りつけよったら、後ろ弾で
味方の部下から撃ち殺されることになるけぇのう。
ほいでも下剋上は悪りいことだけじゃないわ。拙劣な戦闘指揮をする
小隊長より、歴戦の下士官の戦闘指示で兵隊は動くけんのう。
>>214
遺伝的には、総合的に日本人は北中国人よりも、チベット人や朝鮮人に
近いよ。

217 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/05/20(水) 00:26:35 ID:ArmWUWEC0
>213
アニメ脳のバカコテなんか相手にするなよ(苦笑

何が現実で何が正しいのかの議論は可能だが
誤った思い込みを他者に押し付けるだけで
自分の頭でモノを考えることの出来ない愚か者に
モノを言うのは壁を相手に話すようなもので徒労でしかない

218 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/05/20(水) 00:36:55 ID:0kd6MNX+0
金鵄勲章の数/各師団の延べ人員数

これで真実が判明するんじゃないか?


219 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/05/20(水) 01:12:20 ID:3jowK8vVO
>>216俎上の『鯉』でつな

220 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/05/20(水) 21:31:36 ID:oSPDL8SZO
完璧に白馬の御大の 
独壇場になった。 
硫黄島の小笠原兵団はすごいと個人的に思う。 
どこの師団が根幹? 
父島では蛮行やらかしたが

221 :白馬青牛 ◆B3h9hvY9bA :2009/05/20(水) 23:17:28 ID:pnVS4QgG0
>>220
硫黄島は昭和19年5月に編成された第109師団。
ほいじゃが、昭和12年9月に編成され、復員後解散した
金沢第109師団とは違う。

222 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/05/20(水) 23:31:57 ID:pHZ3U64y0
硫黄島は要塞に立てこもって迎撃したから善戦したんだと思う
他にもタラワ、ビアク、ペリリューと似たような戦いで善戦できたところもある
サイパンだって始めから山地で迎え撃っていたらもっといい戦いができた

223 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/05/21(木) 22:24:18 ID:prEdhtNx0
>220
父島は絶対に食う方間違えた罠。

50年後の世界をおもえば・・。

224 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/05/22(金) 05:53:24 ID:2w77A8ek0
父島でなにがあったの


225 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/05/22(金) 07:59:42 ID:seObUIIOO
父島では米軍飛行士の捕虜を打ち首にして 
食っちまったんだよ。 
関係者は戦後死刑になったよ。 


226 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/05/22(金) 08:30:54 ID:PxDiKWpnO
それはやり杉

227 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/05/23(土) 00:12:36 ID:ZONeFsp6O
レバ刺しにでもしたか

228 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/05/23(土) 00:29:16 ID:KcNlNUZZ0
南京大虐殺の際、中国軍は何処で何をしていた?
 南京大虐殺に対する日本と中国の認識には一定の溝が存在するようだ。中国側は2―3カ月という期間に30万人の中国人が日本軍によって虐殺されたと主張している。
このブログは中国人ブロガーが南京大虐殺が行われていた期間中、中国の軍隊は何処で何をしていたのかという質問に対しての考えを綴ったものである。以下はそのブログより。

  米国人の友人と食事をした際、一つの質問を受けた。

  「中国人はずっと、日本人は南京大虐殺で中国人を大量に殺害したと言っている。この大虐殺は2―3カ月もの間続いたと言っているが、その間中国の軍人はどこにいたのか?
2カ月も続いていたとすれば、どこにいても駆けつけることができたはずだ。日本軍人はわずかに5000人だったそうだが、中国軍はなぜ南京の市民を守らなかったのか?」
http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2009&d=0522&f=national_0522_003.shtml

229 :白馬青牛 ◆B3h9hvY9bA :2009/05/23(土) 01:23:25 ID:5DoT8Bug0
>>225
「私は貝になりたい」が如く、米軍は日本軍の上官の命令であろうと
自国の捕虜を直接殺害した下手人を許さんよ。
中国国府軍でも、中国人を処刑した憲兵や兵士を追求したけんのう。
中共だけは、ソ連に抑留された者の犯罪行為を犯した下手人を
ソ連から引渡して貰い、引渡された日本人を処刑せず、自己反省させ
ると云う巧妙な手段を採ったけんのう。実に老獪なのう。
>>228
日本の上級将校さえ、南京の蛮行は認めとるけぇ、虐殺を隠蔽しても
意味はないよ。30万は中国側の誇張としても虐殺は事実じゃけん
のう。

230 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/05/23(土) 01:58:41 ID:J4eIvB2A0
南京で全く蛮行が無かった訳ではないだろう。便衣ゲリラ相手では
それも止むを得ぬ場面もあっただろう。しかし、誇張は頂けぬ。
300000馬鹿も休み休みにしろといいたい。
盗られた一万円を百万と言い張るようなもので到底、話にもならない。
この問題についてはあらゆる手段で反駁しなければならない。さもな
ければ、300000虐殺の捏造は捏造ではなく事実として、世界に
認定され記憶されてしまうだろう。
ひいては日本はナチ同様の極悪国家とされるだろう。



231 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/05/23(土) 07:16:07 ID:ZONeFsp6O
禿同

232 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/05/23(土) 09:11:35 ID:l0Kjo6Zi0
まあ30万人ってのは原爆被害者との対比なんだろうけどね。

にしても、「中国軍は何をしていた?」と聞かれて「南京で虐殺はあったのだから何も考えるな」ってレス…
言論の自由がない国を信奉している奴の思考経路ってのは、やはり一味違うねw

233 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/05/23(土) 10:11:01 ID:NXiNqTJO0
>224

アメリカ大統領を討ち取り損ねた。
何やった大統領かはぐぐってみろや。

234 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/05/23(土) 13:23:38 ID:9q/uDoDX0
沖縄で戦った、戦車第二十七連隊の編成と装備

連隊の編成と装備は、狭小な島嶼地域の戦闘に適合すべく、戦車師団を縮小
したような諸兵連合の態勢になっている。
     人員           装備
連隊本部 約90名  九十七式中戦車改、八十九式中戦車 計3輌、
           九十五式軽戦車1輌
第1中隊 約60名  九十五式軽戦車11輌(中隊は3個小隊)
第2中隊 約70名  九十七式中戦車改、八十九式中戦車 計11輌、
           九十五式軽戦車1輌
第3中隊 約70名  第2中隊に同じ、宮古島に分遣
第4中隊 約70名  戦車の配当無く、九十七式車載重機関銃24挺を装備
歩兵中隊 約120名 九十二式重機関銃6挺、一式機動47mm砲2門を装備
砲兵中隊 約150名 機動九十式野砲4門、九十二式重機関銃2挺を装備
工兵中隊 約40名  九十七式車載重機関銃24挺、工兵機材を装備
整備中隊 約120名 九十七式車載重機関銃6挺、整備機材を装備

連隊長は騎兵出身の村上乙中佐(36期)である。
1945年5月27日未明、転進の途中に迫撃砲弾により戦死。
此の時、連隊の総人員はわずか137名に減少していた。

月刊グランドパワー2001、4

235 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/05/23(土) 13:33:24 ID:9q/uDoDX0
九七式中戦車
http://www.youtube.com/watch?v=Jv-ziTyeniY

236 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/05/23(土) 14:58:15 ID:NXiNqTJO0
第4中隊 約70名  戦車の配当無く、九十七式車載重機関銃24挺を装備


なんで戦車貰えなかったんかいな?



237 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/05/23(土) 19:46:28 ID:cfrFQUTj0
>日本の上級将校さえ、南京の蛮行は認めとるけぇ事実

こんな論法が通用するなら大本営発表も事実だと確定だ罠
『我が部隊は10月12日以降、連日、台湾及びルソン東方海面の新機動部隊を猛攻し、その過半の兵力を壊滅して、これを遁走せしめたり』

@我が方の収めたる戦果綜合次の如し
 轟撃沈 航空母艦11隻、戦艦2隻、巡洋艦3隻、巡洋艦もしくは駆逐艦1隻
 撃破 航空母艦8隻、戦艦2隻、巡洋艦4隻、巡洋艦もしくは駆逐艦1隻、艦種不詳13隻
 撃墜 112機(基地における撃墜を含めず)
A我が方の損害
 飛行機未帰還312機

(中略)
http://ww31.tiki.ne.jp/~isao-o/battleplane-9taiwan.htm

238 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/05/23(土) 20:00:58 ID:ZONeFsp6O
かつて国のために、故郷を遠く離れた、南の孤島でジャングルで、大陸の泥沼で、暗く深い海で、命を散らした人たちのおかげで今のこの平和がある。こうやって菓子をくいながらカキコできるのも英霊あってこそ。 

日本人として英霊が不当なあつかいを受けるのを阻止すること、祖先が、捏造や誇張によって極悪人にされることを阻止することは、今を生きる我々の祖先と子孫に対するお勤めだ。 



239 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/05/23(土) 20:47:16 ID:J4eIvB2A0
南京で全然蛮行が無かった訳ではない。第六師団で漢口攻略の
際、鹿児島や熊本を避けて、風紀厳正で温厚な都城の連隊に、
故意に一番入城させた例もある。
事実は事実としてある程度認める必要もある。が捏造、誇張は
許してはならないネ。

240 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/05/23(土) 21:07:48 ID:Q3Eb9nVO0
松井石根
我軍の南京入城に当り幾多我軍の暴行奪掠事件を惹起し、
皇軍の威徳を傷くること尠少ならさるに至れるや。
岡村寧次
南京攻略戦では大暴行が行われたとの噂を聞き、
それら前科のある部隊を率いて武漢攻略に任ずるのであるから大に軍、
風紀の維持に努力しなければならないと覚悟し、差し当り
「討蒋愛民」の訓示標語を掲げることにした
http://www.geocities.jp/yu77799/gunjin.html#matuiiwane


241 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/05/23(土) 21:12:28 ID:Q3Eb9nVO0
秦郁彦氏『南京事件』
命令の有無はともかく、住民の無差別殺害は現実に横行した。
第十軍に従軍した前記の河野カメラマンは、「川沿いに、
女たちが首だけ出して隠れているのを引き揚げてはぶっ殺し、
陰部に竹を突きさしたりした。杭州湾から崑山まで道端に
延々とそういう死体がころがっていた」
( 『証言記録・三光作戦』四六〜四七ページ )
という見聞を書きとどめている。

 敗残兵や捕虜の処刑も当然のように続発した。第十八師団に
下士官で従軍した作家火野葦平の『土と兵隊』にもいくつかの
処刑場面が描かれているが、同じ師団の村田和志郎伍長
(歩百二十四連隊)が書いた『日中戦争日記』には、小人数の女性殺害、
捕虜斬殺が数件あるほか、十一月二十四日湖州城外で、三百人の捕虜が刺殺、
焼殺された惨劇のあとを記している。

ttp://www.geocities.jp/yu77799/nankin/saigen1.html


242 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/05/23(土) 21:15:53 ID:Q3Eb9nVO0
つまり、たとえ国際法違反の行為があったとしても、その処罰については軍事裁判(軍律法廷)
の手続きが必要不可欠だった。南京事件の場合、軍事裁判の手続きをまったく省略したままで、
日本側が「戦時重罪人」と一方的にみなした中国軍将兵の処刑・殺害を強行したところにこそ
大きな問題があったのである。

虐殺否定派の人々は交戦法規違反の行為があった場合には、直ちにその違反者を
殺害・処刑できるように誤解(曲解?)しているが、その処罰には適法的な
手続きが必要だったことを忘れてはならない。
http://www.geocities.jp/yu77799/nankin/saigen8.html



243 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/05/23(土) 23:07:32 ID:TFdvL8uC0
>>236
よく分からない。
戦車第二十七連隊は首里防衛の任に就いていたが、米軍の奇襲によって戦力が激減、
戦闘末期には車輌を放棄し、徒歩部隊となって移動した。
沖縄戦では、日本軍はオトリとしてダミー・タンクを置いた。写真が残されている。

日本軍の戦車は装甲が薄くて、アメリカ軍の戦車、対戦車砲に太刀打ちできなかった。
フィリピン、クラーク基地防衛のために送り込まれたものの、あえなく撃破された戦車
第六連隊第2中隊の九十七式中戦車改3輌の写真がある。
これを見ると移動中に一気に撃破されているようだ。

米軍戦車部隊の戦力に対し、日本軍戦車部隊の存在は無いに等しかったようだ。



244 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/05/23(土) 23:07:57 ID:cfrFQUTj0
ねぇねぇ
南京で虐殺や蛮行が何一つなかったと
だ・れ・も、このスレで言っていないのに
蛮行は確かにあったんだと言っている人って何?
この人は何と闘っているの?



で、日本軍よりはるかに優秀で、アマチュアの集団の日本軍では有り得ないほどの
高い技量を均質に保有していた精鋭ぞろいの中国軍は何をしていたの?


245 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/05/23(土) 23:35:40 ID:J4eIvB2A0
アホか、義士から追い剥ぎ、愚連隊の類まで寄せ集め
雑軍の中華兵は、とうに逃げ散っていたわw

246 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/05/23(土) 23:50:29 ID:cfrFQUTj0
でもさぁーこのスレのコテは、
小説のネタになる(ありふれていればネタにならない)其れ故に現実には殆ど存在しないステレオタイプの無能な指揮官しかいない日本軍とは違い、中国軍は将校も兵卒も全てが識見高邁にして戦術・戦闘・個人技のプロだって、
ず〜と言い続けているよ?

247 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/05/24(日) 00:06:16 ID:iqIzwcMA0
アホか、識字率も低く、愛国心もピンきり。同じ中国人にも
悪さし、督戦隊まで必要な中国がwwおまえアホか。

248 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/05/24(日) 00:14:30 ID:QLCBj7FoO
↑IDが「マオ」ワロタ

249 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/05/24(日) 00:34:46 ID:iqIzwcMA0
>>241頭だけだして隠れるアホがいるかw

250 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/05/24(日) 00:36:52 ID:OAkdk/jS0

関川夏央(作家)/古田博司(筑波大学大学院教授)

古 日韓歴史共同研究委員会も似てますよ(笑)。当事者なのであまい詳しくはお話できないのですが、
たとえば意見が対立しますね。日本側の研究者が「資料をご覧になってください」と言うと、
韓国側は立ち上がって、「韓国に対する愛情はないのかー!」と怒鳴る(笑)。

関 「ない!」と答えてはいけないのですか(笑)。

古 さらに「資料を見てくれ」と言い返すと、「資料はそうだけれど」とブツブツ呟いて、
再び「研究者としての良心はあるのかーっ!」と始まるのです。

関 歴史の実証的研究では韓国に勝ち目はないでしょう。事実よりも自分の願望と言うか、
「かくあるべき歴史の物語」を優先させるようですから。 

(中略)

古 民族的感情を満足させるストーリーがまずあって、
それに都合のいい資料を貼り付けてくるだけなんですね。
当然、それ以外の様々な資料を検討していくと、矛盾、欠落、誤読がいっぱい出てくる。

櫻 それは、韓国の大学の歴史研究者ですか。

古 イエス。これは韓国の伝統的な論争の流儀であり、思考パターンなのですね。
李朝時代の両班の儒教論争も、みなこれですから。 
要するに、「自分が正しい」というところからすべてが始まる。
しかし、実はこの「自分が正しい」という命題は実証不可能なんです。

この思想が突出したものが、北朝鮮の主体思想に他なりません。
その本質は何かといえば、「自己絶対主義」にほかならない。
したがって、何をやろうと、彼らの「正義」は揺らがないのです。

251 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/05/24(日) 00:39:06 ID:UV0n1qHM0
実はまたも負けたか……の八連隊最強。
西南戦争時の戦歴から実は負けらしい負けなし。
天皇直々の勅詔による戦功褒詞をいただいた唯一の連隊。

252 :白馬青牛 ◆B3h9hvY9bA :2009/05/24(日) 00:45:06 ID:qrbFEbkg0
>>230
徐州会戦で中国国府軍は、自国民にも発砲しよったが、日本軍の蛮行を
払拭することにならんのじゃ。国府軍も酷いことやったが、日本軍も
同様に現地民に酷いことをした事実は変わらんよ。
戦時中の日本は、ナチスや現代の北朝鮮同様の全体主義国家で、
民主主義国家では無かったけじゃし、日本の行為を隠蔽しても何ら
意味をなさんよ。
>>237
日本軍の発表した成果なんか、日本軍の戦死、戦傷者に敵軍の犠牲者を
上乗せさせとるけぇ正確な数字じゃないけぇのう。大本営発表と同じよ。
>>238
英霊となられた方達も個人によって様々な見解があられた訳じゃし、
「お母さん」と叫んで死んだ兵士と「天皇陛下万歳」と叫んで死んだ
兵士も英霊であることに違いはない。しかも英霊でもないあんたが、
英霊云う権威を持ってものを云う権威依存体質が気に入らんよ。
靖国神社に祭られておらん日本人の慰安婦についてどう思うとるんか?
あんたの意見を聞きたいもんじゃ。
>>239
強姦部隊で名高い熊本や鹿児島よりも、温厚な宮崎県の都城聯隊を漢口入城
させたんは、日本軍においても適切な処置じゃろうね。
>>246
日本軍は無能な指揮官が全てじゃないが概ね無能な指揮官が多かったのう。
中国軍は将校クラスにおいて有能と云うた覚えはないど。日本の上層指揮官
よりはましじゃが。ほいで小説ネタ云うて何なら?
おどれが如くわしの見解を捏造宣伝するもんがおるけぇ、日本人全体が
嘘吐きと誤解されるんじゃ。

253 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/05/24(日) 01:09:35 ID:He9NSK+z0
>247
コテと同様、誰も話題にしていないのに南京云々ではと熱弁したり
コテと同様、汚い罵り言葉を交えないと会話が成立しなかったり
ID:J4eIvB2A0=iqIzwcMA0?が
コテには何も言えないチキンだってのはよく分かった
本心からそう思っているのなら次はコテにそう言ってね

同一人物認定されたとファビョるなよw
俺は一言もそんなことを言っていないから




254 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/05/24(日) 01:10:27 ID:UV0n1qHM0
中国大陸での風紀紊乱に頭痛めた経験から、山下将軍はシンガポールに憲兵しかいれず兵を入れなかった。
不用意に民間人接触させるとめちゃくちゃになるってわかってたから。

ところが、今度はその憲兵隊と隊長・参謀(ぶっちゃけ牟田口と辻)が命令あったとでっちあげて虐殺かましちゃいましたとさ。
はぁ……。

255 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/05/24(日) 01:26:10 ID:iqIzwcMA0
同一人物は前後の脈絡からガラスだろ。
てめーこの野郎、調子こいてんじゃねーぞwww
んでコテに聞いてみるが、あんたは中国の捏造誇
張を日本人として許せるのか?

ここんとこははっきり聞きたい
張を日本人として許せるの?

256 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/05/24(日) 01:27:13 ID:iqIzwcMA0
最後の一行はミス消しといて

257 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/05/24(日) 01:29:06 ID:UV0n1qHM0
>>255
中国の、ではなく当時の日本人が確認した事例ではないの?
南京虐殺については、日本軍自身の幹部含めて相当当時の人間が頭痛めたこと記録したり回想したりしているぜ。

258 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/05/24(日) 01:38:32 ID:He9NSK+z0
>日本軍自身の幹部含めて相当当時の人間が頭痛めたこと記録したり回想

東京裁判以前か撫順帰り以外でそういうことを言っていた人って誰?
俺も読んでみたい。



259 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/05/24(日) 01:41:57 ID:UV0n1qHM0
>>258

私は、従来書物によって日清戦争、北清事変、日露戦争当時における我軍将兵の軍、風紀森厳で神兵であったことを知らされ、日露戦争の末期には自ら小隊長として樺太の戦線に加わり、
大尉のときには青島戦に従軍し、関東軍参謀副長および第二師団長として満州に出動したが、至るところ戦場における軍、風紀は昔時と大差なく良好であったことを憶えている。
それなのにこのたび東京で、南京攻略戦では大暴行が行われたとの噂を聞き、それら前科のある部隊を率いて武漢攻略に任ずるのであるから大に軍、風紀の維持に努力しなければならないと覚悟し、
差し当り「討蒋愛民」の訓示標語を掲げることにした、それはわれらの目的は蒋介石の軍隊を倒滅することであって無辜の人民には仁愛を以て接すべしというに在った。

 上海に上陸して、一、二日の間に、このことに関して先遣の宮崎周一参謀、中支派遣軍特務部長原田少将、抗州特務機関長萩原中佐等から聴取したところを総合すれば次のとおりであった。

一、南京攻略時、数万の市民に対する掠奪強姦等の大暴行があったことは事実である。

一、第一線部隊は給養困難を名として俘虜を殺してしまう弊がある。

 註 後には荷物運搬のため俘虜を同行せしめる弊も生じた。

一、上海には相当多数の俘虜を収容しているがその待遇は不良である。

一、最近捕虜となったある敵将校は、われらは日本軍に捕らえられれば殺され、退却すれば督戦者に殺されるから、ただ頑強に抵抗するだけであると云ったという。

 

 七月十五日正午、私は南京においてこの日から第十一軍司令官として指揮を執ることとなり、同十七日から第一線部隊巡視の途に上り、十八日潜山に在る第六師団司令部を訪れた。
着任日浅いが公正の士である同師団長稲葉中将は云う。
わが師団将兵は戦闘第一主義に徹し豪勇絶倫なるも掠奪強姦などの非行を軽視する、団結心強いが排他心も強く、配営部隊に対し配慮が薄いと云う。

(岡村寧次大将)
 以上の諸報告により、私はますます厳格に愛民の方針を実行しようと覚悟を決めたことであった。

260 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/05/24(日) 01:46:15 ID:iqIzwcMA0
>>257
だから全然なかったとはいってねーだろ。おめえみてえ
なタコは資料の出所や信憑性も考えずに鵜呑みにしちまう
からなw俺がいいてえのは、捏造や誇張を許すなってこと
だよ。



261 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/05/24(日) 01:52:08 ID:UV0n1qHM0
>>260
まて。オレがいつ鵜呑みにした?w
ストローマン詭弁はやめてくれ。
こっちが触れている(出している)当時の日本人記者や軍人が記録したことなんだから。

262 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/05/24(日) 01:53:05 ID:iqIzwcMA0
ストローマンてなんだ?

263 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/05/24(日) 01:59:00 ID:UV0n1qHM0
>>262
詭弁の一種。
相手がいってないことを、さもいっているように付け加えてたりしてそれを責めてみせ、さも相手がトンデモいってるように見せかける詭弁のこと。
ほかに、不完全な擁護意見をさもそいつの意見のように強弁して非難したりな。

264 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/05/24(日) 02:03:07 ID:UV0n1qHM0

 上海附近作戦の経過に鑑み南京攻略戦開始に当り、我軍の軍紀風紀を厳粛ならしめん為め各部隊に対し再三留意を促せしこと前記の如し。図らさりき、
我軍の南京入城に当り幾多我軍の暴行奪掠事件を惹起し、皇軍の威徳を傷くること尠少ならさるに至れるや。

 是思ふに

一、上海上陸以来の悪戦苦闘か著く我将兵の敵愾心を強烈ならしめたること。

二、急劇迅速なる追撃戦に当り、我軍の給養其他に於ける補給の不完全なりしこと。

等に起因するも亦予始め各部隊長の監督到らさりし責を免る能す。

因て予は南京入城翌日(十二月十七日)特に部下将校を集めて厳に之を叱責して善後の措置を要求し、
犯罪者に対しては厳格なる処断の法を執るへき旨を厳命せり。然れとも戦闘の混雑中惹起せる是等の不祥事件を尽く充分に処断し能わさりし実情は已むなきことなり。
(松井石根大将)

265 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/05/24(日) 02:06:40 ID:iqIzwcMA0
ふーん、なんかドイツ人かなんかかw
ま、それはともかく、何度でもいうが捏造、誇張を
許すなってことだよ。そして相手の民族性も考慮し
なよ

266 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/05/24(日) 02:09:12 ID:iqIzwcMA0
てめえ、まあだ書いてやがったな。しつこい野郎だなあw


267 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/05/24(日) 02:11:06 ID:UV0n1qHM0
あと条件に当てはまるかは微妙だが、南京軍事法廷での谷寿夫の上申より

被告の聞知する所にては南京大屠殺は、中島部隊の属せる南京攻略軍の主力方面の出来事にして、
其の被害者に対しては真に気の毒の至りなるも、柳川軍方面の関係なき事項にして、即ち被告の部隊に関係なき事項なり。

268 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/05/24(日) 02:12:37 ID:UV0n1qHM0
>>265
だからストローマン乙。オレは誇張した中共とやらの主張は一語たりと引用してないがw

>>266
しつこい、もなにもお前以外の相手に要求されたから書いてるだけだがw

269 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/05/24(日) 02:15:30 ID:iqIzwcMA0
>>264
要するに君は南京で三十万人虐殺ありましたと、こういう
ことだね。

270 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/05/24(日) 02:16:07 ID:S1u+tvij0
日本軍の特に予備役兵の素行が悪かったらしい

271 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/05/24(日) 02:16:51 ID:iqIzwcMA0
>>264
要するに君は南京で三十万人虐殺ありましたと、こういう
ことだね。

272 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/05/24(日) 02:17:39 ID:UV0n1qHM0
12月27日。----下関の処刑場に近づくと、この日もまた、域内の方から、中国人を乗せた無蓋のトラックが、続々とやってきて、倉庫地帯に消えていた。 
 再び、警戒中の哨兵にことわって、門を入ったところ、前々日と同じような処刑が行なわれていた。----「日本刀や銃剣で処刑しているのはなぜか」と質問したところ、上官から、弾薬を節約するために、
そうするように命じられているからです」との答が返ってきた。

 このような処刑が、南京占領から二週間近くを経た後の25日と27日に手際よく行なわれていた。もっとも、26日と25日前と27日後にどのような処刑が行なわれていたかは分からなかったが、
二日間のことから察して、それが戦場にありがちな、一時的な、興奮状態での対敵行動であるとは私には思われなかった。この日もまた、一連の処刑が、ある種の統制のとれた行動であるように感じた。
(奥宮正武)

これは海軍参謀。

273 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/05/24(日) 02:19:02 ID:UV0n1qHM0
>>269
だからストr(ry

>>270
シナ事変全般の風紀紊乱を扱った陸軍自身の研究でも、応召兵の犯罪率は現役に比べて高かったそうだしね。

274 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/05/24(日) 02:26:54 ID:UV0n1qHM0
  一、斯くて敗走する敵は大部分第十六師団の作戦地境内の森林村落地帯に出て又一方鎮江要塞より逃げ来るものありて至る処に捕虜を見
到底其始末に堪へざる程なり
 一、大体捕虜はせぬ方針なれば片端より之を片付くることとなしたるも千五千一万の群衆となれば之が武装を解除することすら出来ず
  唯彼等が全く戦意を失いゾロゾロついて来るから安全なるものの之が一旦騒擾せば始末に困るので部隊をトラックにて増派して監視と誘導に任じ
 十三日夕はトラックの大活動を要したり
 乍併戦勝直後のことなれば中々実行は敏速には出来ず
   斯る処置は当初より予想だにせざりし処なれば参謀部は大多忙を極めたり

一、後に至りて知る処に拠りて佐々木部隊丈にて処理せしもの約一万五千、太平門に於ける守備の一中隊長が処理せしもの約一三〇〇
 其仙鶴門附近に集結したるもの約七八千人あり尚続々投降し来る

一、此七八千人、之を片付くるには相当大なる壕を要し中々見当らず一案としては百二百二分割したる後適当のカ処に誘きて処理する予定なり
(中島今朝吾)

この中島は、個人的にも自分の軍刀の試し切りのためだけに捕虜殺したり、略奪物を師団郵便で堂々と送って軍律に罰せられたり。
内地から視察にきた連中に軍規の乱れを責められると当たり前だ、と開き直ったり相当の問題師団長。

275 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/05/24(日) 02:27:45 ID:iqIzwcMA0
てめ、もういいから祖国に帰れよwww
あとてめえの与太レスなんかだれも待っちゃいねえぜw

捏造、誇張はなにも中共だけじゃねえしなwwwww

276 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/05/24(日) 02:30:16 ID:UV0n1qHM0
「支那派遣軍も作戦一段落と共に軍紀風紀漸く類廃、掠奪、強姦類の誠に忌はしき行為も少からざる様なれは、此際召集予后備役者を内地に帰らしめ現役兵と交代せしめ、
又上海方面にある松井大将も現役者を以て代らしめ、又軍司令官、師団長等の召集者も逐次現役者を以て交代せしむるの必要あり
(畑俊六)

277 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/05/24(日) 02:32:01 ID:UV0n1qHM0
>>275
祖国は日本だ。
だから中共の誇張、とやらには一切組せず、日本人自身の証言を挙げているわけだが?w
あと要求者はお前じゃなくて>>258
だからお前には関係ないのに突っかかってくるなよ。
嫌なら見なきゃいいだけじゃんw

278 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/05/24(日) 02:41:50 ID:iqIzwcMA0
っせー、んの野郎。ほんとに日本人なら日本を貶める
ようなことしねーよwwwこのエセ日本人がwwww

279 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/05/24(日) 02:57:40 ID:iqIzwcMA0
ハア、やっと祖国にお帰りか。
なんかくたびれちまったww

280 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/05/24(日) 03:19:13 ID:UV0n1qHM0
>>278
ハァ?w なぜ日本人の証言を挙げることが日本を貶めることになるんだよ?w
もしかして>>279の情けないレスのために必死に張り付いてたのか? 乙wwwwwww

281 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/05/24(日) 03:23:29 ID:iqIzwcMA0
いいからキムチ食って寝なよww

282 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/05/24(日) 03:23:55 ID:UV0n1qHM0
 それに次いで家永先生は、幾人かの先覚者の言葉を次のように紹介している。
 「たとえば、植村正久というキリスト者は、明治二九年六月二六日の『福音新報』という個人雑誌にこういうことを書いております。『よく自国の罪科を感覚し、
その逃避せる責任を記憶しその蹂躪せし人道を反省するは愛国心の至れるものに非ずや』と。これに対して、
現在いたずらに悲憤慷慨して意地を張ろうとするものとか、あるいはいたずらに歴史に心酔するものばかりしかないが、こういうものは良心を痴鈍ならしむるの愛国心である。
はなはだしきはさきほど述べたような『自国の罪科を率直に反省する愛国心をもって非難するに国賊の名をもってす』と。こういうような『良心を痴鈍ならしむる愛国心は亡国の心なり。
これがために国を誤りしもの、古今その例少なからず』といっておられます。
(中略)憲法学者佐々木惣一博士が「学問と社会」という昭和三三年に発行された『道草記』という随筆集の中に収めた論文の中で、こういっておられます。
『我々個人についても自分自身を反省せぬ人は発達しない人です。社会についても社会自身が終始何か反省している客観的標準をもって、現にあるままの
社会というものは欠陥があるということを明らかにすることによって、社会が進歩するのだということを理解する人でないと、学問に対して危険性を感ずるということになる』というふうにいっておられまして、
個人についても社会についても、
欠陥を反省することが一番大切であって、学問の使命は社会の欠陥を明らかにして、それを是正するにあるということを書いておられます。」
(家永三郎)

また同じ轍を踏んで日本を滅ぼしたいのかねぇ?

283 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/05/24(日) 03:25:37 ID:Ep1z9Mlu0
>>281完敗ウヨ乙。反論不能なら黙ってればまだ恥かかないのに

284 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/05/24(日) 03:43:29 ID:iqIzwcMA0
>>283外野はすっこんどけ
>>282こうやって夜中に延々返事する誠実さ?は買うよ。



285 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/05/24(日) 04:03:28 ID:AhAD83ia0
>>267
ワルぶりでの最強部隊は、友軍からもこういわれる中島部隊=第16師団か。

286 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/05/24(日) 05:04:15 ID:I8QYdRLPO
>>282>>283サヨは死んでも治らないWWW

287 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/05/24(日) 05:20:14 ID:i1Y03DUb0
具体的な反論反証がゼロで煽りとレッテル貼りしかできないネトウヨがなんか泣いてるなまだw

>>243
日本の戦車ってノモンハンでBT戦車にすら苦戦したレベルから全然進化してないからな。
チハの主砲ではBT戦車の装甲すらぶち抜けず(砲弾の質が悪く、当たると装甲より早く弾頭が割れて)
慌ててチハ改作ったはいいが、何をトチ狂ったのか太平洋戦争開戦でアメリカのM3軽戦車に旧来チハが役立たず、と再度証明されるまで生産遅らせ。
結局、最後まで主力は無印チハという。

288 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/05/24(日) 05:29:58 ID:I8QYdRLPO
>>ブサヨが得意気WWWレッテルはりはおまえだろ。基地外に反論?WWW

289 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/05/24(日) 06:14:46 ID:mScYo2yt0
南京大虐殺かました、日本軍の最強に極悪な師団は
3・6・9・16・18・114の各師団
そして5・13師団の一部
このうちどれが一番極悪だろう

290 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/05/24(日) 06:21:37 ID:I8QYdRLPO
バカサヨがW

291 ::2009/05/24(日) 08:27:44 ID:H+KPVnvmO
負けいぬだほんとう

292 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/05/24(日) 08:49:31 ID:I8QYdRLPO
まったくだなW

293 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/05/24(日) 11:21:22 ID:S1u+tvij0
チハはソ連戦車に対抗するために作られたのでは

294 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/05/24(日) 11:39:47 ID:NV1mCmFK0
ノモンハンの戦いの評価が変わってきているようだ。
意外と日本軍が善戦していたという説が出てきた。


295 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/05/24(日) 15:46:55 ID:wa24gg0gO
私、存在感がないと言われる福井県の者です

でも鯖江の三六連隊は郷土の誇りだと、死んだ婆ちゃんが言ってました
だから愛してやって下さい

296 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/05/24(日) 17:02:05 ID:1e0MSjDB0
>>294
それはウヨクの渡部昇一とかが、ミスリードのために言い立てているやつでは?w
現実にはガダルカナル戦以上の損耗率くらって、指揮官達は独断撤退余儀なくされ自決強要されているほどの負け戦。

297 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/05/24(日) 22:18:13 ID:I8QYdRLPO
先人をけなし、嘲笑する輩は直ちに日本から出ていけ。北の楽園にでも移住しろw

298 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/05/24(日) 22:23:33 ID:I8QYdRLPO
>>296は速やかに祖国に帰れ!

299 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/05/24(日) 22:24:10 ID:nQZyx5+G0
他地域をけなし、嘲笑する輩は直ちに日本から出ていけ。北の楽園にでも移住しろw

300 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/05/24(日) 22:28:56 ID:S1u+tvij0
ノモンハン戦いではソ連と日本の戦死者数は同じぐらいだったが
ソ連の領土要求を飲ませれ、日本側は懲罰人事を行っている。
あれは日本の負けだろう。
ソ連って戦争には勝つが戦死者数は敵より多いことが多々ある。
>>296
援軍の師団がもっと早くくればと思ってしまうが
結果は変わらなかったんだろうか。

301 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/05/24(日) 22:29:11 ID:I8QYdRLPO
先人をけなし、嘲笑する輩、感謝と尊敬を知らぬ輩はとっとと帰れ! 


302 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/05/24(日) 22:31:28 ID:I8QYdRLPO
とっとと日本から出ていけ!

303 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/05/24(日) 22:35:00 ID:I8QYdRLPO
>>299ハ、いつ他地域をけなした?

304 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/05/24(日) 22:41:59 ID:I8QYdRLPO
>>299のようなバカの見本は速やかに祖国に帰れ!www

305 :258:2009/05/24(日) 23:11:07 ID:+2MINWka0
>259
いや、俺が尋ねたのは史料名。
君のPCにこの種のコピペが大量に常備してあるのかどうかを知りたいわけではないのだが(苦笑
第三者が検証できるようにしなければ意味が無いという理屈は分かるよね?

どうもこのスレの流れは不自然だね。
日本史板では南京の話題を長いことを見かけないが、以前の日本史板や現在の世界史板だと虐殺が無かった派と、小・中・大虐殺派が入り乱れるのが普通の光景なのに、
このスレでは「南京」というキーワードが書き込まれた途端、だれも否定していないのに「南京で虐殺がおこなわれたことは間違いない」と小・中虐殺派(←どちらか不明)の三人が一斉に主張しはじめている。

コテとUV0n1qHM0は、典拠も示さずコピペで何事かとの論が張れると勘違いしていて、学問板には相応しくないしディベートの経験も無い非社会人であるというところに共通項があるし、
コテとJ4eIvB2A0=iqIzwcMA0は汚い言葉を相手に投げかけることに何らかの必要性(低学歴の劣等感?)を感じているところに共通項がある。
そしてこの三人はこのスレで誰も主張していない南京虐殺否定派という仮想の敵を突然攻撃しはじめている。

コテはまぁカワイソウな子だからしょうがないとしても他の二人は一体何なのだろうか・・・
この三人は同一人物だと言われた方が余程すっきりする。
小動物が外部からの干渉に対して一様に同一反応を示す、言い換えれば北朝鮮のような全体主義国家で思想教育を受けてきたかのような気味の悪い連中だね。

306 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/05/24(日) 23:39:55 ID:S1u+tvij0
>>305
史料は上げてるでしょ
史料をコピペしたらいかんのか

詳しく知りたいなら
岡村寧次大将資料 (回想録)
南京大虐殺否定論13のウソ
畑俊六の日記
とか当たってみるといい


307 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/05/24(日) 23:41:17 ID:S1u+tvij0
ほかにも日本軍人、官僚、南京を訪れた文化人の回想録や日記などが多数ある

308 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/05/24(日) 23:47:24 ID:1e0MSjDB0
都合悪い当時の日本人自身の史料出されて、それをなんとか貶めようとウヨが顔真っ赤なわけですね。
わかります、藪蛇してまずったな、と思ったんだろ今更w

309 :258:2009/05/25(月) 00:06:01 ID:6gXb9Skn0
>306
>史料は上げてるでしょ
258宛に何時どのレスで?

>史料をコピペしたらいかんのか
壺に十年も居るとね(一次史料を改竄した)コピペ合戦だの、多数派を装う自作自演なんぞうんざりするほど見てるのよ(苦笑

で、258に書いたことをもう一度繰り返さねばならないの?
多数あるというのなら伝聞情報ではない史料名の十や二十は挙げれるんだよね?
っていうか俺が258で書いたことをちゃんと読んだの?

310 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/05/25(月) 00:14:00 ID:B8XpRzg/0
>>309
はいはい必死ですねw
ってか、リアルタイムで書かれた師団長の陣中日誌とかまであるのにそれが伝聞とはこれいかに?
都合悪い史料出されてそんなにあたふたするぐらいなら、最初から余計なこと聞かなきゃいいのにw

311 :258:2009/05/25(月) 00:14:35 ID:6gXb9Skn0
>南京大虐殺否定論13のウソ

こういう本は俺の中では嫌韓本と大差ない。
書店で手に取るのも恥かしいし本棚にあるのを友人知人に見られるのも恥かしい。

このスレのコテのようにイデオロギーに凝り固まった恥かしい本では無くてマトモな本なのかと
アマゾンの書評を見にいったら、・・・

史料名はマトモな本だけにしてね(ハァー
あと東京裁判後に出版された回想録とかもいらないから

312 :258:2009/05/25(月) 00:17:11 ID:6gXb9Skn0
あぁもういいや
webを漁るだけのゴミは相手にしてもしょうがない
まともな史料を手にとって読んでいるんじゃないのか
時間の無駄だったようだ


勝手に勝利宣言をやってくれ(苦笑

313 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/05/25(月) 00:19:12 ID:E74k3Lzj0
グゥの音もでないのなら黙っていればいいのに
余計な負け惜しみをいって傷広げるのがウヨクオリティ
伝聞や回想は一切信じられる、と強弁してもそれ以外の当時のリアルタイムの当事者の記録とかまでしっかり上げられているから惨めになるだけだな

314 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/05/25(月) 00:19:14 ID:8jstSQxL0
日本軍について頭悩まさせていた
人が存在した資料でしょ
東京裁判以前の

岡村寧次大将資料には戦前の日記とかが収められているから
南京戦史資料集とかにも南京当時の日本軍の回想や日記とかある

315 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/05/25(月) 00:20:59 ID:E74k3Lzj0
訂正

信じられる→信じられぬ

316 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/05/25(月) 00:31:10 ID:8jstSQxL0
お偉いさんの陣中日記の原本は防衛省にいけばみつかるかもしれん

317 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/05/25(月) 00:32:58 ID:E74k3Lzj0
>>316
まぁ見せてもらえるかどうかは難しいだろうけどね
確かに改ざんは多いからな
ウヨクの田中正明が、松井大将陣中日誌を改ざんしまくったりしたのは有名

318 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/05/25(月) 00:57:48 ID:EDKWJw1RO
↑ああ、日本の未来は暗い

319 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/05/25(月) 01:24:15 ID:EDKWJw1RO
国を売るサヨは直ちに日本から去れ!

320 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/05/25(月) 01:29:28 ID:hjgy16c60
日本をダメにする自称だけ愛国者の方々は、毎日百回>>282を読めば洗脳もとけるかな


321 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/05/25(月) 01:39:50 ID:EDKWJw1RO
あのねぇ、愛国心にも正しいそれと、間違ったそれとがあるの、先人をはづかしめる愛国心こそ国を滅ぼす。日本のまわりは狡猾な敵だらけなんだから、それらに付け入る隙を与える愛国心は間違い。相手がキリストやお釈迦様なら別だが。
わかる?わかんねぇだろーなぁ…

322 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/05/25(月) 01:41:06 ID:EDKWJw1RO
サヨは直ちに日本から出てゆけー/以下繰り返し

323 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/05/25(月) 01:42:20 ID:hjgy16c60
>>321
日本を現実に滅ぼした種類の愛国心のほうが間違っていると、歴史が証明してくれるわけですがw

324 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/05/25(月) 01:43:34 ID:NESZP7uu0
完全敗北の負け犬ウヨで遊ぶのはその辺にな
スレ違いだぜ一応

325 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/05/25(月) 01:46:46 ID:EDKWJw1RO
↑一生チョーセンのけつなめてろw

326 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/05/25(月) 01:47:44 ID:NESZP7uu0
>>325
断るw
ウヨクのように自慰史観する趣味もないが、そっちの気もないんでなw

327 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/05/25(月) 02:11:58 ID:EDKWJw1RO
↑おまえ自虐史観がすでにけつなめなんだよw

328 :白馬青牛 ◆B3h9hvY9bA :2009/05/25(月) 02:15:49 ID:gZRHWSsE0
>>270-289
予備役に限ったことじゃのうて、地域郷土兵団の性質の問題じゃろう。
最も極悪な師団は岡村寧次氏認定の慰安婦を連れていても強姦する赤鬼で
名高い熊本第6師団じゃが、上海戦から参加した「私らの部隊は、戦闘では
弱いけど、悪いことでは天下一品だった。だから鬼部隊と呼ばれてね。
街に入ったら強い。なにしろ略奪や強姦はお手のもので」と所属された
坂田甚助氏が云われるよう、東京101Dを忘れてはいけまい。
「暴力団部隊」101D103iの麻布暴力団と対抗出来るんは、宇都宮114Dで、
現地民強姦、殺害に「中隊長もみてみぬふりだった。将校だろうと下士官だ
ろうと、文句をつけても『ウシロダマ(後ろ弾)だぞとおどしちゃう。」
まあ、凶悪度では、一に九州兵団、ニに関東兵団、三、四番手は近畿と
東北の兵団と云うことになろう。辺境と都市部の兵は蛮行に激しい。
中国地方、北陸、東海の辺境と都市部の中間地域の兵は個々人は兎も角、
概ね軍紀厳正で占領地でも乱暴すの兵は少ない。
今村均大将が「南支攻略軍(久留米18D・大阪104D)の占領した市街の多く
は、広東をはじめ、市民がことごとく避難して、無人の境をなしている
のに、仏山地区(広島5Dの占領した地域)とその一帯は、一人も離散せず、
日本軍と生活起居を同じくしていることは、珍しい風景だった。皆この
ようにあらねばならぬのに、正に反対の状況を呈しているもの方が多い。
これは国軍の仁義性に、もとるものであり、遺憾のきわみだった。
この点からも、第五師団(広島)の各部隊長に、私は大きな敬意を感じた」
今村均氏の回顧録に対して、元陸軍大尉、越智春海氏は、
「こういうことは、各部隊長よりも、部隊の気風ーつまり全将兵の生活態度
ーに係わる問題だ」と雲の上の上層将校の見解を、現場を知る前線将校の
立場として越智氏は今村氏の文章が不備であるとされる。
このことは、前にも書いたか。

329 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/05/25(月) 04:50:44 ID:wIAyeH0x0
ババル島大虐殺で名高い広島師団がよくいえるねw
この事件についての見解は?
広島師団に他地域のことを言う資格はないよwww


330 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/05/25(月) 10:12:24 ID:R6HIQYJ7O
>>328こいつほんと気持ち悪いなw頭どーなってんだろ?

331 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/05/25(月) 19:51:39 ID:hH/4zOal0
>>329
ババル島大虐殺とかサヨクの受け売りみたいなこという奴はこのスレから消えろ。

332 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/05/25(月) 19:53:59 ID:AQNjEijw0
>>329
あれは最悪だよな。女子供を虐殺した挙句、敗戦になると軍の記録改竄して責任逃れ。

333 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/05/25(月) 20:21:36 ID:EDKWJw1RO
老若男女無差別ホロコースト…広島師団は極悪師団

334 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/05/25(月) 23:02:24 ID:4qME6XGp0
ここは南京問題のスレではないはず。

335 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/05/25(月) 23:05:40 ID:EDKWJw1RO
ええババル島問題のスレですから

336 :白馬青牛 ◆B3h9hvY9bA :2009/05/26(火) 00:25:49 ID:jU+oethO0
>>329-332
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200807/article_1.html
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200806/article_10.html
広島第五師団、山口第四十二連隊第十二中隊が関った
700名以上の殺害とされとるが、全てが第二中隊の兵士じゃつたんか、
悪名高い憲兵隊が混じっておったんか、今ん処解らんけぇのう。
連合国側も空爆で現地民を殺害しとる。
進駐した山口第四十二連隊の将兵に対する現地住民の方々の様々な
意見があるが、概ね現地の人達に酷いことはしとらんよ。
じゃが、討伐となるとどうしても、後ろに軍命令が付くけんのう。
しかも島じゃあ兵士がワザと弾が当らんよう撃ったり、現地民を
見逃す機会が無かったことが悲劇に繋がった。
広島第十一連隊の華人虐殺事件でも、軍命令を真面目に実行する
兵士は別として、要領が解っとる兵士は、出来るだけ
華人ゲリラ側の逃げ道をつくってあげたが、相手側は逃げずに
抵抗した為の悲劇のある。じゃが広島第十一連隊、第三大隊の
ように、敵のスパイと判っておっても、憲兵隊から匿い、
戦後、スパイであった華人が証言して呉れ市川少佐の命が助かった
事例なんか、情義に厚い広島兵団の誇りを示したと云えよう。
だいたい、明治期から軍紀厳正を誇った広島師団と、
現地民に酷うて強姦好きな兵団と一緒にすな。

337 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/05/26(火) 12:13:41 ID:EdhcqivAO
かなり苦しい言い訳乙

338 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/05/26(火) 12:15:47 ID:EdhcqivAO
ババル師団乙w

339 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/05/26(火) 18:07:40 ID:N+vn0tT20
明治とは別物、というのならそれこそ他の虐殺師団も同じだろうしなw

340 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/05/26(火) 18:55:27 ID:EdhcqivAO
憲兵隊がまじってようがなかろうが、広島師団の兵隊が虐殺したことは事実だろ?W

341 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/05/26(火) 19:14:11 ID:6A1ENwpgO
白馬氏土俵際

342 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/05/26(火) 20:00:23 ID:EdhcqivAO
>>336兵士個人の情義=意志と軍規厳正は両立しないだろw

343 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/05/27(水) 14:58:49 ID:mxR8WAq30
1944 Attack on Peleliu - UNEDITED Raw Color Footage
http://www.youtube.com/watch?v=KBPITlEdA4w&feature=channel_page
関東軍の日常
http://www.youtube.com/watch?v=nHfmirQ86Zg&feature=related
関東軍参謀物語
http://www.youtube.com/watch?v=HNuuFENsRKs
Japanese Type-38 6.5mm Arisaka rifle 三八式歩兵銃
http://www.youtube.com/watch?v=lrbBZ3dDdxA&feature=related

全長の短い38式騎兵銃?

344 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/05/27(水) 15:02:45 ID:mxR8WAq30
1/2【高部正樹】実弾射撃レポート in グアム [桜 H21/5/27]
多様な銃の試射が出来る「WORLD GUN」をグアムに訪ね、
南部十四年式拳銃や三八式歩兵銃、99式歩兵銃など、
旧軍時 代の貴重な銃を含む約20種類もの拳銃・小銃の
実弾射撃をなさったという取材時の模様 について、
特典映像からも一部をご紹介しつつ、お話を伺います。
http://www.youtube.com/watch?v=6Sri8J6VXQg&feature=channel

2/2【高部正樹】実弾射撃レポート in グアム [桜 H21/5/27]
http://www.youtube.com/watch?v=H3irQF1Gju4

345 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/05/27(水) 15:15:34 ID:mxR8WAq30
【軍歌】愛馬進軍歌
http://www.youtube.com/watch?v=4Nwh3iT6E3Q&feature=channel
一番 くにを出てから幾月ぞ ともに死ぬ気でこの馬と 
攻めて進んだ山や河 とった手綱に血が通う

346 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/05/27(水) 15:17:47 ID:mxR8WAq30
歌う、オミさん
http://www.youtube.com/watch?v=EyMscOY4vhs&feature=channel

日本軍軍属として、ビルマ解放作戦に従事したオミさんが歌います 。

347 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/05/27(水) 15:37:04 ID:mxR8WAq30
オミさん
http://www.youtube.com/watch?v=VvayvawjAFE&feature=channel

1/3 【高部正樹】 カレン民族解放軍−特殊破壊工作 [桜 H21/3/9]
http://www.youtube.com/watch?v=QEydKiqgDSU&feature=channel_page
2/3 【高部正樹】 カレン民族解放軍−ワンカー攻防戦 [桜 H21/3/9]
http://www.youtube.com/watch?v=YTZgCd29okQ&feature=channel
3/3 【高部正樹】 カレン民族解放軍−革命記念日式典 [H21/3/9]
http://www.youtube.com/watch?v=BBYdtoZOSzo&feature=related

ビルマで戦う日本兵 過去と現在

KNLA Wangkah Camp カレン民族解放軍拠点「ワンカー」
http://www.youtube.com/watch?v=2ersG9nV_Pc



348 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/05/27(水) 21:28:54 ID:mxR8WAq30
『日本包囲へ!米英の策謀』
http://www.youtube.com/watch?v=eOtoew7NFz4&feature=channel_page
『南京城頭日章旗翻る』&『南京入城式』
http://www.youtube.com/watch?v=-ogS_LgyodI&feature=channel
済南事変・満州事変
http://www.youtube.com/watch?v=tOSp-DdTyOQ&feature=channel
『敗残の米俘虜護送』
http://www.youtube.com/watch?v=a7ZLUPKou2s&feature=channel_page
『本土空襲機搭乗員、軍律に照し処分』
http://www.youtube.com/watch?v=9t9yPUKPWSE&feature=channel_page

349 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/05/27(水) 21:45:23 ID:FRNFfsMn0
  軍歌 戰爭小唄
      泉谷しげる


 戰爭だ 戰爭だ 戰爭だ
 待ちに待つた 戰爭だ
 國が認めた 戰爭だ 
 みんなで殺さう 戰爭だ

 鐵砲マニアは集まれや
 慾求不滿の奴も來い
 暴れたい人待つてます
 ストレス解消これ一番

 いくら殺しても大丈夫
 何を盜んでも平氣さ
 やればやるほどほめられる
 鼻血だしだしそれすゝめ

 どうせ一度は死んでゆく
 どうせ死ぬなら男らしく
 きたなく咲いては激しく散る
 これぞ男の生きる道

 映畫で見たよなあの場面が
 今こそ實現できるのだ
 戰車飛行機のりまはし
 敵陣めがけてそれすゝめ

 女が慾しけりや戰爭へいかう
 敵の女をとつ捕まへて
 慾求不滿のはけ口にしやう
 戰爭だから誰にもおこられない

 戰爭だ 戰爭だ 戰爭だ
 待ちに待つた 戰爭だ
 國が認めた 戰爭だ 
 みんなで殺さう 戰爭だ


350 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/05/27(水) 23:16:42 ID:mxR8WAq30
大東亜決戦の歌
一、
起(た)つや忽(たちま)ち撃滅の
かちどき挙がる太平洋
東亜侵略百年の
野望をここに覆(くつがえ)す
いま決戦の時来(きた)る

二、
征くや激しき皇軍の
砲火は哮(たけ)ぶ大東亜
一発必中肉弾と
散って悔いなき大和魂
いま尽忠の時来る

三、
見よや燦(さん)たる皇国の
歴史をまもる大決意
前線銃後一丸(いちがん)に
燃えて轟くこの歩調
いま興国の時来る

四、
いざや果たさん十億の
アジアを興す大使命
断乎(だんこ)膺懲(ようちょう)堂々と
正義貫く鉄石心
いま決戦の時来る

351 :白馬青牛 ◆B3h9hvY9bA :2009/05/28(木) 00:48:10 ID:/RcegZMK0
>>337-338
また、扇動工作の一言コメントか。
>>339
明治期と昭和期を比べたら、明治期の方が軍紀厳正で規律が良かったが、
明治期でも総州、常陸の兵がやらかした旅順事件のように、国軍の恥と
なった事例もあるけんのう。北清事変(義和団事件)に日本軍の軍紀厳正を
知らしめ、世界に誇りを示した広島第五師団と関東雑魚師団との違いよ。
>>341
土俵際云うたら、土俵際で踏ん張り逆転するんが、広島師団で、
投げ出される弱兵が関東兵団じゃろう。
>>342
何で両立せんのんか。上のもんが命令で強制しても、下の兵士は
バレんかったら済む話じゃし、兵士の軍隊で外部からもたらされた思想か、
地元の両親や村落の先輩の築いてきた伝統的価値観、宗教観の伝統を
どっちを優先させるかの問題じゃ。情義と規律は一致するよ。

352 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/05/28(木) 04:29:01 ID:aZ343lAg0
>>340
戦場で武器を取り抵抗する人間たちは女子供であっても民間人ではない。
シナ人は女子供を戦闘に巻き込んで盾にする戦法をとっていたのは有名な話。
それを虐殺だというお前らは左翼やシナ人たちの策略にまんまと乗せられて
旧日本軍を悪者に仕立て上げようとする腐った輩であり卑劣な売国奴だ。

353 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/05/28(木) 09:28:40 ID:/UgAQYxe0
>>352
ちゃんと読んでからかけよ。>>340はババル島での話しだよ。中国とは
状況が全然違うからwwwババル島民は、ゲリラ戦なぞしてないのに
ホロコーストされた。中国では九州や関東の師団が蛮行したと、コテ
はいうが、相手は普段着で襲ってきて、もう兵隊だか市民だか区別で
きないことも多かった場面での話し。止むを得ぬ場合も多かった。
自分の兵団の事は棚に上げて、他の地域の兵団の国の為、家族の為に
死んでいった英霊を、悪者に仕立てあげようとするコテこそ売国奴w

354 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/05/28(木) 09:36:57 ID:/UgAQYxe0
あとコテさん、>>340に反論がないが都合悪いとスルー?
それと上官の命令は、絶対が軍隊組織の基本じゃないの?
兵士が個人の感情で、手心加えたりする軍隊は三流だよw
さすが広島兵団は橘丸投降事件起こしてるだけあるねwww


355 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/05/28(木) 14:30:30 ID:9uF0JBzKO
>>349低能過ぎてワロタ

356 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/05/28(木) 20:09:56 ID:twIXcrV2O
ある程度は地域性は反映されてるだろう 
家風とか社風とかいうじゃん。あんな感じ 
強弱はよくわからない。 連隊毎に大抵のヤツは自分の連隊が一番だと誇りに思ってるだろうし
下士官兵と士官との意識の隔たりは海軍の方がきつい。 
陸軍はそういう意味では ある程度一体感をもってる感じか

海軍でも古参の下士官はできの悪い現場指揮者にはそっぽむいたり 
非協力だったりしたみたいだよ 
これは海軍にいた方から聞いた話

357 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/05/28(木) 23:19:54 ID:/UgAQYxe0
コテさん、>>336で連合国側も空爆で現地民を殺害しとる。とあるが、他は
関係ないだろ。天地神明にかけて己が胸に手をあてて愧じる処がないかが
問題だろう。他人を引っ張りだして己が間違いを、分散、軽減しようとする
下衆な思考回路だw広島の兵団は広島の人間はそんなに卑怯者なのか?

同じ日本人として残念だ

358 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/05/28(木) 23:31:05 ID:/UgAQYxe0
コテ氏は今まで、貶め、馬鹿にして来た他地域兵団の英霊に謝罪せよ。

359 :白馬青牛 ◆B3h9hvY9bA :2009/05/28(木) 23:31:55 ID:/RcegZMK0
>>353-354
東京第一師団は、中国で陽高事件、レイテ島でも住民虐殺を
しとるけど。兵団の為、家族の為以外に欲望の為、出世の為に
戦うた人もおったわけじゃし、奇麗な部分だけ云うたらいけんよう。
http://www.geocities.co.jp/SiliconValley-SanJose/2112/sing.txt
元陸軍大尉 越智春海氏の『マレー戦記』の第八章の引用が出とる
が、p374〜p376の「昭南の逆転」に出とるよう、華僑の粛清指令や
参謀殿の催促に十一名処刑の偽報告を提出し、重慶政府のスパイと
解っておっても、悪名高い憲兵隊から匿うたんは、あんた流に
云うたら命令違反になるが、わしから見たら情義に厚い、
郷土広島部隊の先人の人達を誇れるし、日本軍は冷酷だけじゃない
ことを世界に示した事例じゃと云えよう。
まあ、あんたの左翼共産主義的解釈ー兵士や大衆の下部に属する
者を非合理的で情緒的非理性的存在に位置づけ、人民の代表たる
党幹部ら前衛エリートによる大衆操作となる。ーとする理論から、
兵士や下級指揮官を上層指揮官の命令に従がう操り機械人形ぐらいに
思うとるんじゃないか?あんたが、兵士が個人の感情で手心加えるん
は、非理性的な大衆の価値判断になるけぇ、三流と云うわけか。
科学的左翼史観では、個人の主観的感情は認めんけぇのう。
勧善懲悪で被害者の大衆と加害者の侵略者と侵略者の思い通りに
動く侵略者の兵士と云う解釈論じゃ。左翼連中が、戦闘詳報の
文を額面通り受け取り、殺害の証拠にするが、詳報なんか、
上の連中に「偽報告」を作成した文であり、実際の殺害数は遥かに
少ない。公式文書に事実を書かんのは、歴史を考察する者の常識で
あるが、戦後左翼史観の影響の強いネット右翼も公式文書主義で
書かれたことが証拠とするけぇ、低脳ネット右翼が左翼の見解の
同じ土俵に上がっても、そりゃあ勝てんわい。
後半は話がそれたが、識見として大切なことじゃけぇのう。

360 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/05/28(木) 23:39:36 ID:/UgAQYxe0
コテ氏は今まで、貶め、馬鹿にして来た他地域兵団の英霊に謝罪せよ。

361 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/05/29(金) 00:16:22 ID:og7XN38y0
>>359
前線の将兵がそれぞれの価値観で、バラバラの行動を取って戦争ができるか?
上官の命令は絶対は、なにも個人の感情や価値観を否定するものではない。
もし、その重慶のスパイが何か
重大な任務を帯びかつそれを成就せんとしていたとしたらどうだろう?
それとも広島の兵隊は、エスパーなのか?
戦争でも仕事でも、それぞれが個を殺して、組織、いいかえれば公に従って
こそ大きな力が生まれるのではないか。

362 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/05/29(金) 00:18:38 ID:og7XN38y0
>>359
前線の将兵がそれぞれの価値観で、バラバラの行動を取って戦争ができるか?
上官の命令は絶対は、なにも個人の感情や価値観を否定するものではない。
もし、その重慶のスパイが何か
重大な任務を帯びかつそれを成就せんとしていたとしたらどうだろう?
それとも広島の兵隊は、エスパーなのか?
戦争でも仕事でも、それぞれが個を殺して、組織、いいかえれば公に従って
こそ大きな力が生まれるのではないか。

363 :白馬青牛 ◆B3h9hvY9bA :2009/05/29(金) 00:31:37 ID:GevCaePZ0
>>354
ほいから>>340の憲兵隊が混じっておるかおらんかでも違うが、
虐殺自体否定したことも無いど。広島の『第十一聯隊史』でも、
華僑粛清の事実は隠蔽しとらんし、どこぞの郷土兵団史のように南京虐殺や
中国国府軍との戦闘で負けた事実を隠蔽するんと違うよ。
『第十一聯隊史』では「中国人粛清工作の実施責任者は辻政信参謀で、
参謀長鈴木宗作中将も作戦命令としてこれを決裁したとすれば非戦闘員殺害
の責めを免れることはできなかったであろう。」
「中国人摘発の第一線に立った第二野戦憲兵隊の胸三寸で中国人たちの
不幸な運命が決められた。しかし指揮下にあった第五師団の第三大隊は
無益な殺戮を全く行わなかった。市川正少佐、大川幸三郎大尉が無罪として
釈放されたのは判断を誤らなかった行動の証左である。」
悲劇は第二大隊で、「鈴木参謀長の敵性華僑を処断せよの催促に山中に
潜んでいたゲリラは、軍服を着用せず、判別しようがなく、鉄道爆破、
襲撃事件を起したのでセレバン〜タンビンの治安粛清作戦となった。
敵に投降勧告しても、全く応ずる気配を見せず突如ガソリンを
各小屋にかけてた。」鞍○上等兵の回想に「H少尉は、「火の回りが早く
手の出しようもなかった。今でも赤ん坊の泣き声が耳に残って胸が痛む」
日頃豪放磊落な立ち振る舞いの反面、駐屯地の子供達にキャラメルや
金平糖を与えて親しまれていたH少尉だけに、一層の苦悩が秘められている
ようであった。」と、粛清する側も個々人の心に葛藤があった訳じゃが、
左翼は、個人の主観は非理性的存在で侵略者の機械人間の殺戮に還元する
けんのう。


364 :某コテ:2009/05/29(金) 00:41:55 ID:iUMn9tX30
一日中このスレに張り付いているのにレスは一日一度。
空いている時間はネットで検索しています。
即レスなんかして議論なんか始めちゃったら無知がばれちゃいまつ。

365 :白馬青牛 ◆B3h9hvY9bA :2009/05/29(金) 00:57:13 ID:GevCaePZ0
>>356
陸軍は将校も兵卒も同じ釜の飯を喰うが、海軍は船の中じゃけぇ、
将校、下士官、兵卒が喰う物は区別されるよ。階級性が強いと云う
か。海軍上級将校の子弟たちなんか、海軍の街、戦前の広島県呉市
でも、小学校でさえ女中さんが、昼食前に温かい弁当を持って
来ょったんじゃ。わしの身内が海軍将校の家へ遊びに行ったら、
洗面所に消毒液まであって驚いたそうじゃ。一般の子供は冷や飯でも
贅沢で、貧乏人の子供の弁当は芋も時代に、温かい弁当なんか
贅沢三昧よのう。
>>357
他人に対し、日本人にとって最大侮辱語である卑怯者と浴びせる
自体、日本人としての誇りは皆無な人間であることを告白しとる
じゃないか。関東では、「卑怯者」がそがん軽い言葉なんか?
じゃけぇ、現地民の弱い者虐めが好きなんか?
>>358-360
英霊なら、現地民虐殺指導した連中や、日本を滅ぼすような
拙劣な作戦指導した上層将校も英霊になるわけじゃが、
その点はどう考えとんなら。英霊として靖国に祭られておらん
日本人慰安婦について言及してから云えぃや。

366 :白馬青牛 ◆B3h9hvY9bA :2009/05/29(金) 01:29:13 ID:GevCaePZ0
>>361
敵のスパイが重大な任務を帯びておろうと、日本人の価値観である
「窮鳥懐に入れば、猟師もこれを殺さず」の価値観を政治や思想より
優先するんが人間の心情じゃないか。その心が欠落してどがんして
日本人の誇りを保てるんか?
ほいで、個々の陣地が独立した防御戦では命令指示を待たず、
個人の戦闘能力が勝敗を左右するど。個人の判断力の無い、
命令に忠実な機械人間に防御戦は無理じゃ。
その点広島の部隊が防御戦で他兵団と違い、比類なき実績を
持っとるけんのう。
あんたぁ、個のスタンドプレーと混同されとるんじゃないか。
>>364
一言コメントしか出来んあんたの知識たぁ何なら?
どの点が無知か指摘せず抽象論で逃げても意味がないど。

367 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/05/29(金) 01:33:22 ID:og7XN38y0
>>365
死者に鞭打つ気か?実に非寛容な大陸的な思考だ。
死んだら皆仏というのが日本人の美徳じゃないのか?

前線の兵士達の無聊を慰め、命をなくした日本人従軍慰安婦に
就いては勿論感謝と哀悼の念をわすれてはならないだろう。
撫子神社を造営して、同じく命を散らした従軍看護婦の方々等
と共にお祀りすべきだと考える。只、今の段階では時期尚早だが。



368 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/05/29(金) 01:40:39 ID:og7XN38y0
窮鳥懐に、の価値観、美徳は日本人として重々承知している。
だが、国の運命を左右しかねない、前線に於いて、諜報戦に
於いては残念ながら、みだりにそれを発揮してはならない。
惻隠の情は、サムライ以来の日本の美徳だが国際戦には通用
しない。


369 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/05/29(金) 01:46:02 ID:8WxUiOej0
死者に鞭打つ、という美徳を。
過去やらかしたことを黙って免罪しろ、というふざけた自己弁護に使われるとあら不思議、一転悪徳にwww

370 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/05/29(金) 01:46:55 ID:8WxUiOej0
訂正。

死者に鞭打たぬ、だ。

371 :白馬青牛 ◆B3h9hvY9bA :2009/05/29(金) 02:37:18 ID:GevCaePZ0
>>367
死者に鞭打っとらんのなら、中帰連の人達にも云えるんか?
中帰連の人達は、中国側による住民虐殺を隠蔽した面があっても、
思想的面を除けば、旧日本軍の命令に忠実な立派な将兵じゃないか。
少なくとも、軍人恩給目当ての臆病な上級将校よりもましじゃろう。
>>368
国の運命と云う思想性よりも、日本人の伝統的価値観を優先した
けぇ、市川少佐らは無罪を証明出来たわけじゃ。どこが通用せんの
かいのう。あんたら左翼史観に洗脳された連中にだけにしか
通用せんだけのことよ。

372 :白馬青牛 ◆B3h9hvY9bA :2009/05/29(金) 02:42:38 ID:GevCaePZ0
>>367
従軍慰安婦の方々に時期尚早の言い訳なんか通用せん。
西南戦争の賊軍であった西郷隆盛さんでさえ英霊と認定されとらん
ので。

373 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/05/29(金) 20:35:57 ID:HoPE8zMg0
【韓国】行楽地に出かけると、どこも人・人・人の大混雑……。日帝のせいです
日帝、行楽概念さえも変えた
  〜 黄ギウォン教授:「総督府の旅行制限で、特定の場所に人々が殺到するようになった」

行楽という単語からは、「行楽シーズン」「行楽客」「行楽施設」のような単語と、ごった返す人
の波、無秩序な場面が連想される。しかし我々の先祖が楽しんだ伝統的な行楽は、こんな姿
とは程遠かった。

ソウル大学環境大学院の黄ギウォン教授は最近刊行した研究書『韓国行楽文化の変遷過程』
(ソウル大学校出版文化院)の中で、「朝鮮王朝時代、人々の行楽は自然を通じた省察の過程
であり、自らの修練の延長だった」と述べた。
それが、日帝強占期に行われた旅行統制のため、
限定されたいくつかの空間に人々が殺到するようになり、団体観光へ誘導した日帝の政策で
行楽の行動が変わったというのだ。

374 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/05/30(土) 05:35:51 ID:26Jlemg/0
>>371彼等は中共の老獪な思想工作に嵌った、気の毒な同胞だ
と考える。仏様に右も左もない。

敗戦裁判では通用するかも知れないが、国の命運を賭した国際
戦争では暗に慎むべきだといっているのだ。若しその重慶のス
パイが、もたらした情報がもとで、虚を衝かれ多くの友軍が死
傷する事態となったら、お国に対してそして本人に対して、な
により、遺族に対してどう申し訳が立つというのか?

只し、市川少佐が発露した日本人の伝統的価値観には敬意を表
したい。しかし重ねていうが、国際戦争では、みだりにこれを
発揮すべきでない。

>>372
女英霊の方々や西郷さんの了見はそんなに狭くはない。

重ねていう。

コテ氏は今まで貶め馬鹿にしてきた他地域兵団の英霊に謝罪せよ。



375 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/05/30(土) 07:14:09 ID:9s2Z/W1VO
>死者に鞭打つ気か?実に非寛容な大陸的な思考だ

実際は島国の日本人もかな〜り死者に鞭打つよ。
たとえば戦前の足利尊氏に対するものなんかはモロお上が主導。尊氏ファンや尊氏ゆかりの人々にとってはさぞや辛いことだったと思われる。

376 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/05/30(土) 07:25:59 ID:yV8VQiWd0
実際、皇国史観全盛期は足利市民きまずかったらしいね

377 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/05/30(土) 09:03:37 ID:bTzjWuLx0
ご子孫の方々は非常な苦労をされたようですな。

378 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/05/30(土) 11:29:51 ID:90b04rB70
江戸時代には犯罪者の墓にはかごをかけられたという

379 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/05/30(土) 12:17:05 ID:MkVYh1le0
>>375
足利尊氏って「おまえどんだけ後醍醐天皇が好きなんだ!?」って感じの
尊王家だと思うけど・・・ねえ。


380 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/05/30(土) 13:16:49 ID:90b04rB70
新撰組は墓を破壊されたという

381 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/05/30(土) 13:20:07 ID:I+k/brk2O
白馬氏崖っぷちw

382 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/05/30(土) 14:45:46 ID:7+GtQmvr0
ウラルの彼方〜広瀬中佐
http://www.youtube.com/watch?v=AyGmDUaI3ok
【軍歌】広瀬中佐
http://www.youtube.com/watch?v=8xYa_zLmROU&feature=related

383 :白馬青牛 ◆B3h9hvY9bA :2009/05/30(土) 23:42:10 ID:pwMyxszu0
>>374
中国に恩義のある中帰連の人達は、中国側の犯罪を語られんけど、
日本軍の犯罪については全くの嘘を云うておられんし、中共の思想工作に
染まったけえ、全て嘘と云う根拠にならんよ。
国の命運が賭したんなら尚のこと、国軍の仁義が必要じゃないか。
もたらした情報の虚実やその取捨に判断力があたかも国軍の上層部の
人達にあったような期待論を前提にしとるが、残念じゃがIQ秀才の
国軍上層部の人達にその能力が無いことは、歴史が示しとるよ。
後の結果で友軍の死傷者が大勢出ても、窮鳥は助けにゃあならんよ。
憲兵にチンコロしたら彼らの運命は実例から処分されるんは判っとろうに。
密告する恥、見殺しにした恥と上塗りして自身の誇りを自らが汚した
ことになるんど。
作家のC.W.ニコル氏が祖父のエピソードで、第一次大戦中上官で
ある軍曹を撃ち殺したそうじゃ。六人のドイツ人捕虜を銃殺しょうとした
ゆえに。ニコル氏の祖父は以前にも、その軍曹を殴っており、今度やったら
軍法会議、しかも上官を殺害したら処刑は確実じゃった。数秒の間、
いろいろ思いが頭の中を駆け巡った末、腹を決め「これは単なる軍曹一人と
捕虜六人の問題ではない。いわんや、イギリス人、ドイツ人の問題では
ない。正しいか、間違っているか、それだけだ」ニコル氏に「お前にも、
同じような状況が人生の中で訪れるかも知れないけれども、その時には、
自分の正直な心の声を聞いてそれに従がいなさい」と。
国際戦争じゃろうと、なんじゃろうと思想のような後天的に外部から
植えつけられたもんより、一人の人間として内面の心で判断する問題じゃ。
あんたが了見が狭くない云うても、実際靖国に英霊として祭られとらんよ。
他地域兵団批判で、英霊に謝罪するんなら、戦争体験者の多くは謝罪せ
にゃあいけんようになるど。他地域兵団の弱さは酒の肴にもなり、
戦記でも読んだら他地域兵団批判がぞろぞろ出てくるわい。
戦前の広島は宇品港から各地の兵士が出征した地じゃけぇ、他地域の兵団の
強弱の品評会までしょったわい。当時の旧制中学生でも他地域兵士と
喧嘩して負けようもんなら家へ入れてもらえんかったぐらいじゃ。
広島人は他地域のもんに対して負けは許されん土地柄じゃけぇのう。

384 :白馬青牛 ◆B3h9hvY9bA :2009/05/31(日) 00:03:42 ID:BNB9KeM+0
>>375-378
日本も賊軍とされた者には酷かったよ。江戸期や幕末維新ものう。
死者に鞭打つ文化も日本にあったが、鎖国派は大陸じゃの他国の
せいにして自国の歴史を知らんのか、誤魔化すかよ。
廃仏毀釈の破壊性もひどいもんじゃ。
他にも食人は大陸の習慣で日本には食人の習慣が無かったとか、
大陸と違い日本で人肉を市場で売ったことは無いと平気で嘘を
吐くけんのう。
人身売買は南蛮人がやったことで、日本に奴隷制度なんか無いじゃ
ことの嘘吐きの連続じゃわい。
>>381
あんたが崖っぷちにおるんじゃないか。

385 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/05/31(日) 08:32:02 ID:6ofTk9juO
>>384日本で人肉市場、食人習慣Ψ(`∀´#)具体的にヨロ

386 :白馬青牛 ◆B3h9hvY9bA :2009/05/31(日) 21:40:13 ID:BNB9KeM+0
>>385
http://d.hatena.ne.jp/mujin/20060331
にも、日本における食人例が出とるよ。岩手では、「老母の死体を五百文で
売買し、嬰児を食う母親もあり(胆沢町史より)」と、人肉が売買の
対象じゃったわけじゃ。嫌中韓の独善他悪たぁ、文化相対主義じゃないと、
そもそも電波過ぎて話しにならんのじゃが。

387 :■■■■■■■■:2009/06/01(月) 05:15:11 ID:ya4OXW0v0

おう、座っちゃあかんか? 反省や申し訳ない気持ちはない。自分への後悔だけ 
100人でも1000人でも同じ 父親を殺していれば・・・ 世の中のやつは全部敵や 
不条理さを世の中に分からせたかった ダンプで大阪・戎橋に突っ込む/
拳銃で女子高を襲撃する/空港でスチュワーデスらを無差別に刺す 謝罪する気持ちもない 
30秒あれば1人ぐらい殺せる。かかってこい 幼稚園ならもっと殺せた 
死ぬことは全くびびっていない 

http://www004.upp.so-net.ne.jp/kuhiwo/takmar2.html
宅間守資料2 事件後の宅間暴言集

いやぁ、ホント宅間守っていいこと言ってるよ。どうせ何をやっても死刑になる凶悪犯なら、
殺せるだけ殺してそれから死刑になったほうがスッキリするんじゃないかと。
皇軍だってどうせ全てが凶悪な侵略戦争として極刑になるのなら、もっともっと殺せるだけ
の中国人を殺して、自分が死刑になるのはそれからでも遅くはなかったはずだ



388 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/06/01(月) 08:12:05 ID:JZpAlpRY0
>>386
わざわざ東北の例を出してくるところがいやらしいな、あんたは。
>これは飢饉によるものです。
と書かれている。
つまり、食べ物が無くてどうしようもないから、やむを得ずの事態で起こったことなのに。

389 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/06/01(月) 12:21:49 ID:my+n10sU0
>>387
あなたも宅間守のような人間か?

390 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/06/01(月) 18:14:18 ID:/Dl2ca5T0
>>386
飢饉以外にもいろいろあるんだね
人丹だの人で作った油だの
しかも明治まで
>>388
あくまで人肉食があった事例だから
人肉の理由は問題じゃない

391 :某コテ:2009/06/01(月) 18:28:41 ID:lesSKYR30
自演でもしないとやってられないよね実際

392 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/06/01(月) 22:43:29 ID:PFBMFI4FO
大阪師団歩兵第8聯隊で決まり!

393 :白馬青牛 ◆B3h9hvY9bA :2009/06/02(火) 00:45:48 ID:5LcKSAQq0
>>388-390
東北地方じゃのうて、薩摩の「ひえもんとり」はどうか?
処刑された人間の胆を血まみれになって取り合い、海音寺潮五郎氏に
よると、「取り得た胆は陰干にして、アサマン丸と称し(浅右衛門丸
の薩摩訛り)重病にかかった時、少しずつ削って服用した。ぼくの
少年時代までは、ぼくの家にもそれがあった。」と。
薬用としても利用したし、油にも活用出来て、人肉に無駄な
部分は無いと云えよう。
日華事変では、梅毒に効くと日本軍の兵士にも信じて、中国人の
人肉は食べられた例もあるし。
九州の熊本兵団なら、強姦して殺害した女性や捕虜の人肉を喰い、
活用しとった例もある。戦争体験者の人によると、逆に日本人の
人肉は勇敢な兵士として華南では中国人の人肉より値が高かった
そうで。

394 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/06/02(火) 07:49:44 ID:C4SUj/VwO
↑具体的なソースヨロΨ(`∀´#

395 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/06/02(火) 12:58:12 ID:FQtg+uGB0
涙の慰問袋 塩 まさる
http://www.youtube.com/watch?v=sOlAdcij3FM&feature=channel_page
婦人愛国の歌 コロムビア女声合唱団 (ステレオ)
http://www.youtube.com/watch?v=UuGol4MOXhA&feature=related
「銃後憂ひなし」1/2
http://www.youtube.com/watch?v=TCSKdyZJYo0&feature=related
The capital of Manchuria 1/2 満州国国都、新京
http://www.youtube.com/watch?v=7LAAM2JSnr4&feature=related
WWII RARE COLOR FILM IWO JIMA 1 OF 3 MOUNT HOT ROCKS
http://www.youtube.com/watch?v=B9nATGE2y04&feature=related

396 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/06/02(火) 13:03:34 ID:FQtg+uGB0
満洲国皇帝陛下奉迎歌
http://www.youtube.com/watch?v=fO_ovatus58&feature=channel
連盟よさらば 米倉俊英
http://www.youtube.com/watch?v=ZCNf-xtotH8&feature=related
橘中佐
http://www.youtube.com/watch?v=_AzOqwFK0fI&feature=related

397 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/06/02(火) 18:37:31 ID:K/ym6zVh0
別に人肉ぐらい食ってもいいだろ
当時と今じゃ価値観がまるで違う

398 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/06/02(火) 19:53:57 ID:K/ym6zVh0
日本でも人肉食った事例があるんだから
中国の人肉とやらを批判しなければいい

399 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/06/02(火) 22:08:37 ID:4JExHB/a0
コテの屁理屈は本より論外だが、

そもそも客に「乳幼児を食ったことがない」といわれて料理人が我が子を殺して貴人に差し出す国と、
人のみならず馬ですら去勢できない本邦とを同列にすることがおかしい。
中国に限らず、近代以前の欧米やアラブと日本ではこの種の話柄には絶対に越えられない一線が引かれているのは明らか。

日本の例外的な事例と、公設市場で人肉が隠語で売られている国とを比較している奴は精神の平衡を疑ったほうがよい。

400 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/06/03(水) 00:23:07 ID:Wt0xeksf0
>>386のブログを全部見た?
例外的な事例?
飢餓でもないのに肝を加工したり
人間の肉から脂を売りさばいたりと
大昔の日本でも人肉の風習があったんだよ

今とは価値観が違う世の中では中国でも日本でも
人肉があったんだよ、それでいいじゃないか
今では悪習だが昔は人肉は普通だったんだ
今の習慣も後世から避難される習慣があるかもしれない

今の価値観で昔の習慣を一方的に避難してはいけない

401 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/06/03(水) 00:31:55 ID:Wt0xeksf0
>>客に「乳幼児を食ったことがない」といわれて料理人が我が子を殺して貴人に差し出す
三国志演義か?

確かに中国でも安禄山の軍が飢饉で人を食いまくっていたという話があるが
それこそ飢饉と戦争の非常事態だからだろう

特に中国大陸は大規模な内乱や飢饉で人口の半分が軽く消える所だし

402 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/06/03(水) 00:49:02 ID:kRVX52jn0
IDの出る板でageとsageって、、、

一部地域でイルカを食う地域があればその国の全ての地域で恒常的にイルカを食うと決め付けるってのは
このスレのコテと同じで馬鹿杉(苦笑

コテと同じ時間帯に書き込んでいるし、馬鹿論理がコテっぽいので知恵をつけてやる気は無いよ
・壺のリンクは踏まない
・ソースが信用できない(←素人相手にクドクドと理由の説明はしない
・>三国志演義
 複数の意味で間違えている

403 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/06/03(水) 00:51:58 ID:Wt0xeksf0
うん?三国志でそういう話なかったか?

404 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/06/03(水) 00:53:17 ID:Wt0xeksf0
劉備に食わせるものがないから
赤ん坊を料理してくわせてしまったという話

405 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/06/03(水) 00:55:17 ID:Wt0xeksf0
>>・壺のリンクは踏まない
見てもいないのかよ


406 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/06/03(水) 01:00:25 ID:Wt0xeksf0
>>客に「乳幼児を食ったことがない」といわれて料理人が我が子を殺して貴人に差し出す
ああ、確かによく見たら演義の話とも微妙に違うようだな

407 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/06/03(水) 01:04:54 ID:Wt0xeksf0
http://d.hatena.ne.jp/mujin/20060331

灰屋紹益が愛人の吉野太夫の死亡した時、火葬した遺骸の灰を酒に
浸して嚥下したことは、今になお人口に膾炙している。
けれども斯様な事柄は必ずしも珍しいことで無く、
愛人や肉親の死を悲しみ惜しむあまりにその肉を食し或は遺骨を
口にするが如きことは我国に於ても古くから世に行われていた。
今も肉親の遺骨を食ふ風習が伊豆(田方加茂の両郡地方)
及び沼津近在に行はれていることは民俗学の権威たる
中山太郎先生の記述された所である(『日本民俗学論考』)。

田中香涯著「我国に於ける食人の風習」



408 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/06/03(水) 01:05:56 ID:Wt0xeksf0
>>文学作品にでてくると、結構習慣が広がっているようで
人を食っちゃう文学は日本にもたくさんありますが。
人間喰う山賊の話とか江戸時代の小説には少なくありませんが、
人肉工場が出てくる『安積山』とか、子供をなべで料理する『破
几帳』とか。こんな挿絵があるくらいで
http://img.gazo-ch.net/dl.php?x=/white.gazo-ch.net/bbsx/18/img/253325.jpg

民話なんかも人喰う話が一杯ありますよね。
最近じゃあ『湘南人肉医』なんて小説もありますよね。映画化されてますが。
http://www.cinematopics.com/cinema/works/output2.php?oid=5330

日本の実際の食人慣習を反映しているのでしょうね


愛人や肉親の死を悲しみ惜しむあまりにその肉を食し或は遺骨を
口にするが如きことは我国に於ても古くから世に行われていた。
今も肉親の遺骨を食ふ風習が伊豆(田方加茂の両郡地方)
及び沼津近在に行はれていることは民俗学の権威たる
中山太郎先生の記述された所である(『日本民俗学論考』)。

田中香涯著「我国に於ける食人の風習」



409 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/06/03(水) 01:08:10 ID:Wt0xeksf0
「明治大正昭和 事件犯罪大辞典」、「新聞集成 明治編年史」より。

明治25年 大分県
河野儀平 妻を殺して、その生肝を眼病の母に食べさせる。

明治26年 三重県
高島久次郎 墓を暴いて小児の死体を掘り出し、蒲焼にして食う。

明治35年 東京都
野口男三郎 少年を殺して臀部と踵の肉を切り取る。それで人肉スープを作り、
ハンセン病の義兄に飲ませる。

明治35年 島根県
持田捨太郎 梅毒薬として利用するため、墓から人骨を掘り出す。
人骨は黒焼きにし、木炭やイタチの黒焼きと配合して薬とした。

明治35年 大阪府
安藤小三郎 共同墓地の番人であった同人が生首を密売。



410 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/06/03(水) 01:09:40 ID:Wt0xeksf0
明治39年 長野県
馬場勝太郎 女性とその子ども、子守りの3人、さらに別の女性ひとりを殺害して、肝を取る。
「ハンセン病の薬にするので、女の肝を手に入れれば150円の報酬を払う」と
“大阪の男”に誘われる。

明治40年 福島県
大竹某 墓から死体を掘り出して、梅毒薬を作る。

明治41年 三重県
小林助五郎、広松兄弟 7年間に渡って、火葬場の死体から脳漿を抉り出して
「人油」として売る。

昭和8年 群馬県
火葬場従業員が性病患者に依頼されて、死体を焼かずに脳を密売。
火葬場の敷地内には焼かれなかった死体が1570体埋めてあった。

[77]九大の捕虜生体解剖人肉試食事件 05/06/26 13:17 Lnm2Ss7wyR

「九大の捕虜生体解剖人肉試食事件
太平洋戦争末期の1945年5〜6月、米軍捕虜8名を生きたまま解剖し、
その肝臓を試食した事件。・・・起訴されたのは、(中略)解剖に付された
捕虜1名の肝臓を食った少将・堀内清真ら5名である。」

http://www6.ocn.ne.jp/~tensino/houritu/zikenbo02.htm

他にも父島の事件があったな。別に餓えていなかったというのに



411 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/06/03(水) 01:12:34 ID:Wt0xeksf0
大江戸死体考 人斬り浅右衛門の時代

(平凡社新書 16)

氏家幹人=著

第四章 胆(きも)を取る話
臀肉切り取り事件/人間の脂肪を薬に?/キモを抜かれた少年/生ギモ信仰
ある東洋史家の“誤解”/「ひえもんとり」/文明開化の決断/キモ蔵があった浅右衛門邸
人胆売ります、「胴」も売ります/ジンタンかニンタンか
明治以降も絶えなかったキモ信仰/山田家にたかる小役人たち
上質のキモは健康な死体から/死体商売/小塚原に死体保管小屋を!

412 :白馬青牛 ◆B3h9hvY9bA :2009/06/03(水) 01:15:13 ID:VZ/2E+PM0
>>394
南京では、熊本第十三聯隊が金山栄で強姦し殺害した女性の
人肉を食べた。暴行した兵は豚の肉と云うたが、翌朝深田小隊長が
確認しに行くと、そこで見たものは、無残にも両大腿部を
えぐられてる若い女性の死体だった。その兵は「暴行が
わかると、軍事裁判所に送られ、無期懲役か、死刑になることを
恐れた」と言った。深田小隊長はそれを聞いても怒らなかった。
兵らは、「弾は前からだけでない」といっており、隊長が怒ったり、
打ったりすると、兵の士気をそぐからと黙認した。
「後ろ弾」に脅された小隊長と兵の暴走は日本軍の負の部分じゃ
けんのう。熊本第六師団には「揚子江が哭いている」でも、
長沙作戦で中国軍に負けた腹いせに、殺した捕虜の人肉を
喰うた話もあるのう。「揚子江が哭いている」が創価学会編集に
せよ、兵士の証言に嘘はあるまい。
>>399
古代において日本と朝鮮には去勢が無かったようになっとるが、
当時はモンゴルの柔然でも去勢牛の特性を知らんかった時代じゃし、
徐々に浸透した程度じゃった。技術が一旦流入したら現代の日本でも
馬を去勢をするわけじゃ。中国は赤子殺しの間引きが多かったが、
日本でも東日本では赤子殺しの間引きが激しかった。
西日本の沿岸部と浄土真宗地帯は間引きの習慣は無かったが、
現代では生まれる前に、セックスの享楽の結果、中絶して殺す
形態が日本全国の未婚女性にも拡散しとるわけじゃし、
昔の赤子殺しとどっちが残酷か判らんのう。
昔の広島は真宗地域で瀬戸内の風土ゆえ、赤子殺しはせんかったが、
人間性中心主義の為、自然破壊は激しかった欠点もあるのう。
東日本や中国のように人口増加抑制の為に殺害するんと
どっちが残酷かは個々の判断によるであろう。
ほいで、屁理屈云うて、論理云うんは学者から一般人において、
個人的主観による屁理屈で。論外云う表現は可笑しかろうに。

413 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/06/03(水) 01:18:47 ID:Wt0xeksf0
リンク先から引用したが
中国のみならず
南方の島々にも人肉の風習とかあったし

人肉は昔では結構普遍的だよ

414 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/06/03(水) 01:28:49 ID:Wt0xeksf0
>>リンク先から引用したが
全部じゃないけどな

415 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/06/03(水) 14:03:32 ID:zBUocrBgO
広島は橘丸投降事件があったのぅ。

416 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/06/03(水) 14:07:33 ID:zBUocrBgO
天王山でも惨敗したのぅ。

417 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/06/03(水) 14:10:42 ID:zBUocrBgO
広島は基本的に二軍じゃ。

418 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/06/03(水) 14:17:22 ID:zBUocrBgO
ババル師団ですけぇ。

419 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/06/03(水) 14:19:04 ID:zBUocrBgO
広島は品がないわぃ。

420 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/06/03(水) 14:23:32 ID:zBUocrBgO
ザワザワ。ザワザワ。

421 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/06/03(水) 14:24:15 ID:zBUocrBgO
あれが…橘丸の?w

422 :白馬青牛 ◆B3h9hvY9bA :2009/06/03(水) 23:00:15 ID:VZ/2E+PM0
>>415>>421まで、関東か九州のヒステリー君がまた発狂しとるんか。

423 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/06/03(水) 23:08:10 ID:+GsH2qVn0
>>403>>414まで、ヒステリー君がまた発狂しとるんか。


424 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/06/04(木) 00:06:22 ID:aCR0ZXks0
We are the Sun
http://www.youtube.com/watch?v=JZMC4Rgl3lI&feature=channel
The Power of the Black Sun
http://www.youtube.com/watch?v=qukzYFW1uww&feature=channel

質問がある。
日本の国旗とナチスドイツの鍵十字のデザインが似ていることについて。
白色と赤色、鍵十字。

これは偶然なのか、否か?

ヒトラーの「我が闘争」の中に日本について書かれている箇所がある。
ドイツ軍は何故、ソ連に攻め込んだのか?
日露戦争でロシア軍を降伏させた日本に特別の共感をヒトラーは抱いていたのか?

425 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/06/04(木) 00:15:24 ID:Wv4kFNMx0
そういうオカルト信じてる奴もいたな



おまえみたいに

426 :白馬青牛 ◆B3h9hvY9bA :2009/06/04(木) 01:22:21 ID:DxXM9JS60
>>424
万字も逆万字のハーケン・クロイツも車のコロの車馬の轆轤を
現わしたインド・アーリア系世界観と、戦前に云われたよう、
車馬文化の表現図式でしょう。中華思想も、ギリシャと
同様周辺民族をバルバロイ(野蛮人)と考えたので、漢民族が
アーリア系ではないかじゃの唱えられたこともありました。
殷の車馬文化は西方文化の影響であることは、現代でも
否定出来ませんし、インド・アーリア系の仏教文化と中華思想を
受け継いだ日本も間接的に関連があったわけで、完全に無関係とは
断言できませんけど、ヒトラーが個人的にアーリア民族の世界観の
民族拡散を信じておったまでは解りませんね。
明治期のお抱え外国人学者であったドイツ人のベルツ氏も、
満州・朝鮮型のエレガントな容貌はコーカソイド(白人種)の影響が
あり、中国文明を築いたのも彼らで、中国人は混血し、
純粋な満州・朝鮮型は、満州南部〜朝鮮北部に残存し、
日本の本州西南部や上流階級の公家顔(長州型)はその影響とされとる
けど、現代の形質人類学じゃあ、高顔北方系新モンゴロイドで、
コーカソイド説は廃れましたねえ。

427 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/06/05(金) 01:56:59 ID:AAdLx9mbO
スワスチカはキリスト教の十字の変形
マンジはインド発祥

まったく起源が違う

428 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/06/05(金) 08:26:52 ID:lrtQO9lpO
関東軍が最強で最凶のベルセルク

429 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/06/05(金) 09:35:08 ID:JRMV/tcc0
>>424「ヒトラーのテーブルトーク(卓上談義)」て本知ってるかな?

複数社から出版があるので入手は簡単だと思うよ。

今、手元にないが、日本については、かなり触れられている。魚食の効用
をひとくさり説いたとき、日本の力士を世界最強の戦士と呼んだり、日本
が対米戦に突入した際、我々はこの戦争に負ける筈がない、何故なら我々
には三千年間一度も負けたことがない民族がついていると、叫んだり、日
本と連動しての対米宣戦布告を諫める将軍に、私はそのような形で日本と
の同盟を形骸化したくないといったり。今思い出せないが他にも沢山ある。
ヒトラーの日本観を知る上で貴重な一書。むかーしの彼女の実家の倉庫に
他の愛読書達と眠ってる・・・


430 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/06/05(金) 15:39:13 ID:vxpOGlxLO
八千万の好戦的な国民BYチャーチル

431 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/06/05(金) 18:40:24 ID:LWLvXFUi0
>>三千年間一度も負けたことがない民族がついていると、叫んだり、
>>日本と連動しての対米宣戦布告を諫める将軍に、私はそのような形で日本と
>>の同盟を形骸化したくないといったり

やはりヒトラーは梅毒が脳まで進行していたんだな
白村江、蝦夷戦、高句麗など
負けた戦いはいくつもある。
戦う理由がないソ連に攻め込んだり
アメリカに宣戦布告したり
フランス占領したあたりで暗殺されていれば
英雄のままで死ねたのに
ドイツ軍はポーランドとの戦いも絶望視していたというが
(英仏がついてるから)次から次に敵を作る総統をもって難儀なことだ

432 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/06/05(金) 21:57:55 ID:69EwGHtd0
PC内の反日フォルダーに大量のコピペ(南京とか、一人でも殺人犯のいる国は国民皆殺人者とか)を保有しているお馬鹿さんっぽい文体だね(苦笑

釣りにしては釣り針が露骨だし(我が闘争読んでねぃのか)、話相手でも欲しいのか?

433 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/06/05(金) 22:03:15 ID:vxpOGlxLO
>>432同感だね。読んでないのはガラス

434 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/06/05(金) 22:37:30 ID:REH48nhCO
スレチだが 
ヒトラーの政策は 
対外戦争おこすことで 
はじめてペイできる
膨張政策
みたいなことを何かの本で読んだ。 
忘れたけど 



435 :白馬青牛 ◆B3h9hvY9bA :2009/06/05(金) 22:41:00 ID:Cb28VHfV0
>>427
ハーケンクロイツから、スワスチカに話を変えとるが、
シュリーマン以降、アーリア民族の象徴説があったけんのう。
キリスト教の十字の変形と云う後付け解釈たぁ、アーリア民族ー
インド・ヨーロッパ語族の太陽信仰と轆轤による世界観を
表したものじゃないか。イランにも卍模様があるけぇのう。
起源が違うと断定出来る事でもないど。あんたが西洋とインドの
アーリア世界観、起源が絶対に違う根拠でもあるんか?
>>429
ヒトラーが、魚食じゃのうて豆腐の効用を云うても、日本の歴史が
三千年じゃの負けたことが無いじゃの電波じゃないか。
>>431
白村江は史実に近いと思うが、対高句麗戦の史実なんか無かろう。
ネット右翼や教条的マルクス史観者の倭=日本は電波論じゃし。

436 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/06/05(金) 22:50:15 ID:vxpOGlxLO
白馬の媚中媚韓、売国癖は治療不可能だな。。

437 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/06/05(金) 22:51:16 ID:69EwGHtd0
ビミョーに軌道修正してきたが
もはや何が言いたいのか意味不明(苦笑

438 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/06/05(金) 22:53:34 ID:vxpOGlxLO
>>431おまえもかなりな馬鹿っぷりだよ。。

439 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/06/05(金) 23:03:36 ID:69EwGHtd0
今、気がついた

コテが方言に拘るのは馬鹿文体を誤魔化すのと
突っ込まれないように文意を読み取りにくくするためか(苦笑

440 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/06/05(金) 23:10:38 ID:vxpOGlxLO
↑あんた69て好きだねぇW

441 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/06/05(金) 23:26:05 ID:LWLvXFUi0
>>432
わが闘争は知ってるヒトラーが
「書かなきゃよかったな」って言ってた本だ

442 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/06/05(金) 23:29:40 ID:LWLvXFUi0
>>438
どうせ、日本も負けたことがあるって言う所が
気に入らないだけだろ。
残念だったな、日本は別におたくが思っているほど
特別な国じゃないんだよ。戦いにだって負けたことがある。

443 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/06/05(金) 23:40:37 ID:69EwGHtd0
戦いに負けたことがないと
素面で言えるのは半万年属国であり続けた国ぐらいじゃねぃ(苦笑

444 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/06/05(金) 23:44:03 ID:s6uKeXXv0
>>435
http://en.wikipedia.org/wiki/Swastika#Historical_use_in_the_West

445 :白馬青牛 ◆B3h9hvY9bA :2009/06/06(土) 00:50:04 ID:iKQHlnnN0
>>436
わしゃあ、媚中媚韓になったことは無いが、旧軍エリートは媚米媚中
じゃったのう。媚中は江戸期の慕夏主義からで、日本の国粋主義なんか、
朱子学の攘夷思想に憧れた、中華隷属に過ぎん。
ほいから、売国癖は事実を隠蔽する「ネット右翼」の連中じゃし、
わしに関連するもんが一つも無いじゃないか。
>>439
文体を誤魔化すんは、おどれら左翼史観の継続者であるネット右翼の
特徴じゃないか。わしが、云い返したら、わしに対する個人、人格罵倒に
終始する。それが、日本人の誇りと思うとるんか?
じゃとしたら、日本人の誇りを汚しとるんは、わしじゃのうて、おどれら
外道連中よ。

446 :白馬青牛 ◆B3h9hvY9bA :2009/06/06(土) 01:05:50 ID:iKQHlnnN0
>>443
半万年属国ほど歴史を持った国なんかあるまい。
日本や朝鮮でも1300年〜1400年の歴史しか無いけぇのう。
>>444
http://www5e.biglobe.ne.jp/~taikai77/ume3/3-1-2.htm
イラン様式とどう違うんか?

447 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/06/06(土) 01:16:02 ID:EwTBgfgK0
牛は、高句麗の広開土王が戦った倭は
日本とは違う国と思っているの?

448 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/06/06(土) 01:40:18 ID:+MgknLwB0
中国天安門事件  中国人 戦車でペチャンコ!!
http://www.boxun.com/hero/64/52_1.shtml

天安門1989年6月4日全体の流れ
http://www.ngensis.com/june4/june4a.htm

清朝時代の中国人の残忍性 
http://blogimg.goo.ne.jp/user_image/2c/43/7604ddb86274dea4be726f370121c2d6.jpg

警告。
かなり残酷な写真が含まれている。


449 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/06/06(土) 01:51:54 ID:1hc26IIL0
>半万年属国ほど歴史を持った国なんかあるまい。
>日本や朝鮮でも1300年〜1400年の歴史しか無いけぇのう。

馬鹿なの?死ぬの?



450 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/06/06(土) 02:08:02 ID:kBz/Mafk0
>447
そいつの古代史認識はニュース+の住民にフルボッコされるレベル。
ここは過疎っているし板違いだから(突っつく程度で)誰も相手にせんがw

でも、まぁ俺も中国の史書に書かれている倭や古墳をつくったのは誰なのって疑問はもった(苦笑
しかしながら、そのコテは何が正しいのかを論じるためにココにいるのでは無く、
誰かに押し付けられた間違った認識をカーボンコピーするためにココにいるのだから議論にはならないと思われ・・・

451 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/06/06(土) 08:27:50 ID:9bHOAW140
>>438
この場合の負けたことないは、外国に国土を蹂躙されたことがないの意。

452 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/06/06(土) 08:37:57 ID:9bHOAW140
しかし、中○連や走可の資料は鵜呑みにして、自分に合わない資料は受け
つけないコテの恐中媚韓、侮日癖。。。。

453 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/06/06(土) 20:17:25 ID:W2rbUcUSO
都城第23連隊【祝】漢口一番乗り


454 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/06/06(土) 20:21:05 ID:W2rbUcUSO
都城第23連隊【祝】威海衛一番乗り

455 :白馬青牛 ◆B3h9hvY9bA :2009/06/07(日) 00:29:45 ID:Mq3K1zOF0
>>447
広開土王碑文の倭は、朝鮮半島の韓と倭を支配した伽耶の北方木槨墓人。
日本列島のことじゃないよ。このスレの>>156でも引用した、
海音寺潮五郎氏が云われるよう、倭は朝鮮南部から日本列島に及んどった
わけじゃし。しかも「鉄は国家なり」と鉄の産地を押さえとったんは、
伽耶の北方から南下した木槨墓人じゃ。受給して貰う立場の韓や倭とは
違うよ。
>>450
東アジアニュース板で、わしは左翼史観の継続者や中華主義者の妄想を
叩いたんじゃが、叩かれた者がフルボッコと強がり云う、戦時中の大本営
発表の負け戦さを勝ち戦さにするんと同様じゃわい。
ほいで、あんた考古学板の「任那日本府」スレに、わしに反論すべく、
助っ人募集までしとったのう。同板でわしが書き込みよる「日本人どっから
来たんだ?7」で中華隷属者たちとの馴れ合いを壊されて、わしに対する
個人罵倒宣伝工作に出よったんか?誰かに押し付けられたと云う処、
あんた、朱子学中華隷属慕夏主義者の依頼で書き込みよるんか?
>>452
中国側の犯罪に対して述べておられん、中帰連の人達の全文を肯定した
こたぁ無いど。中共側の色がかかったら証言の全てが嘘とする方が
電波になるわい。日本側の蛮行は戦史叢書には書かれて無いが、
師団史、聯隊史、中隊史となるにつれて、蛮行があったことが明白に
なるけぇのう。下に行く程前線将兵の証言が出てくるけぇ当然の
ことじゃが、中帰連の証言者と前線将兵の証言の違いよりも、
蛮行を隠蔽する公文書の方が異端なんじゃ。
中韓の民衆の悲哀を云うたら媚中韓になるんか?
日本の低脳上層部を批判したら侮日に成るんか?
低脳の上層部に媚びて、独善他悪の他民族蔑視しとるんは、おどれじゃ
ろうが。
>>453-454
宮崎県の壮丁の都城聯隊は、強姦部隊で名高い熊本兵団の中において、
温厚で犯罪が少ない部隊であったことは、岡本寧次大将の言からも、
確認出来るのう。一番乗りには最適な部隊じゃったろう。

456 :白馬青牛 ◆B3h9hvY9bA :2009/06/07(日) 01:41:32 ID:Mq3K1zOF0
誤解されんよう云うとくが、熊本兵団の肥後や薩摩の人間の全てが
強姦魔や権威に弱い人間であった訳でも無い。
このスレでも、わしが度々引用しとる海音寺潮五郎氏は鹿児島県人が
誇るべき、真の薩摩武士じゃ。
http://www1.megaegg.ne.jp/~myfriend/higeki.htm
http://punkhermit.jugem.cc/?eid=2776
上の方の「朝鮮半島の百済王朝と大和朝廷はルーツが同じではない
のか」に、司馬遼太郎氏との対談でも、「朝鮮がイギリス、日本が
アメリカ」と日本が移民国であったと真っ当な意見を云うて
おられる。
下の方に、海音寺氏が陸軍報道班員の時のエピソードに、
井伏鱒二氏が云われるよう、大阪の連隊の宣誓式の時、輸送指揮官が
『貴様らの命は俺があずかった。ぐずぐず言うものは、ぶった
斬るぞ』と云うたのに対し、海音寺氏は、『ぶった斬ってみろ』と
言われた。その指揮官は『あの中に非国民がいるから危ない』と
言って「輸送中、船室から出てきませんでしたね」
「末富(海音寺潮五郎の本名)家伝来の刀を引っさげて宣誓式に臨んだ
海音寺は、その4尺の長刀で床を激しく突いて大声を出した」ゆえ、
「非国民がいるから危ない」と指揮官は尻尾を巻いた」わけじゃ。
概ね軍人恩給目当ての日本の上層軍人なんか、軍の権威で威張るが、
反抗され、ビビリよったら、反抗した者を「非国民」と言う。
そがぁな武人でも無い連中に憧れるんが「ネット右翼」よ。
威張るだけなら軟弱な「ネット右翼」でも出来るけんのう。
少年時代、在日のもんから、シゴされて、恐喝された経験が
あるもんが「ネット右翼」になるんじゃろう。
じゃけぇ、軍の権威さえあれば、上の立場に立って威張れることを
夢見よる軟弱もんじゃけぇのう。
それたぁ、自身の軟弱さと向き合うたらええのに、負け犬は陰険に
なるけんのう。日本人として自身が誇りを持っとったら嫌中韓に
ならんし、島国の日本が移民の国として認識出来ると思うんじゃが。

457 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/06/08(月) 00:08:57 ID:tT9GizzS0
中国の死刑執行についての論評と写真

http://redfox2667.blog111.fc2.com/blog-entry-56.html

有益なサイトだと思う。
中国は2001年に公開処刑を行っている。
通州事件についても詳しい記事がある。


458 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/06/08(月) 12:37:04 ID:M3LxO5wvO
日露戦に限っていうなら 11師団は? 
四国善通寺だったかな

459 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/06/08(月) 21:56:51 ID:jPR7LbqWO
>>457通州事件生存者座談会は見ごたえあった。乙!

460 :白馬青牛 ◆B3h9hvY9bA :2009/06/08(月) 23:32:16 ID:6aH7cdu80
>>458
善通寺11Dも、旅順で健闘したが、それ以上に金沢師団の健闘が
目立ったけぇ残念と云えよう。

461 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/06/09(火) 16:20:31 ID:YQz96ZPJO
>>460宗主様の行いはスルーかよ、牛よ。

462 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/06/09(火) 21:43:52 ID:oLOEH2k/0
水師営の会見
http://www.youtube.com/watch?v=gygW6RYROhg

463 :450:2009/06/10(水) 01:50:14 ID:vz4aS92N0
455は精神科医のマニュアルをみれば症例が判別できそうな程酷いね・・・
まぁこの板では、IDを知らない初心者にはageとsageを使い分けることで多数者の意見として装えると考えている奴もいるし、所有PCが一台

でプロバイダー契約が一社だとIDの切り替えが出来ないと信じている情弱もいるようなので、一寸補足しておく。

コテに関しては手榴弾云云の時点で相手にする価値が無いと見切っているのに、俺が他板で助っ人なんぞを求めているのだろうと推測する

(困ったことがあれば他者に助けを求めれば良いとする)思考の幼稚さには失笑を禁じえない。
俺は現実世界であろうと匿名掲示板であろうと徒党を組むことはしない。
常に俺が正しいと考えることを主張するし多数派に阿ることもない。
そもそも考古板のような、人が殆どいない板に俺が書き込んだことは一度も無い。
妄想の翼を羽ばたかせるのは脳内に留めて置いてはどうだろうか・・・

・・・しかしながらコノコテに有用なのは(経験のあるカウンセラーとの)対話と、自らが他者と異なるとしたらその差異は何かを知ろうとす

る欲求を持つことであって、百万の語を費やして何を間違えているかを理解させようとしても徒労におわるのは自明なので、以下はコテを

除く者へのレスとする。
おそらくコノコテは>98に対する>100のようにゲシュタルト崩壊を起したかのようなレスを返してくるだろうが、どう考えるかはこのスレにいる

者の判断に委ねる。

>452
コノコテはディベートの経験が無いから(苦笑
日本書紀を否定するのに豫章記を持ってきたり、自分の電波を肯定するのに司馬や海音寺を引っ張りだしてきたりと形振りなんぞ一切かま

っていない。
どうすれば自分の主張が他者に受け入れられるのか社会経験が欠如しているので、その方法を知らないんだよ。他者に自己の主張を認知さ

せたければ言動に説得力を持たさねばならないという当たり前の理屈がコノコテには理解出来ていない。
自らの主張に沿えばカストリ誌であっても引用するし、否定したければ同じカストリ誌を持ち出すことも辞さないだろね。それで自説が通

ると本気で信じている。コノコテにとって全ての媒体は同価値なんだよ。
ニュース板では意味不明の用語を繰り返し使用し、用語の説明を求められても応じず、同じことを繰り返し主張している。誰もが相手にし

なくなることを勝利したと勘違いする傾向がある。
他者とのコミュニケーション力が明らかに欠如しているのはみていて可哀相。

464 :450:2009/06/10(水) 01:50:56 ID:vz4aS92N0
>司馬や海音寺
コノコテが自身のPC内の反日フォルダーに所有していて、誰もが何度も見たことがあるコピペを飽きもせずに貼り続けるという行為を真似てもしょ

うがないのでオリジナルネタを一つ提供しようか。
司馬の旧陸軍批判で有名なネタで、「駐屯地から敵が上陸してきた海岸へ向かう際、多数の避難民が路上に溢れているはずだが上官の説明

には民間人への対処が抜けている。」と司馬が指摘すると上官は怒って「民間人なんぞ戦車で轢き殺して行け」と非人道的な発言があった

と司馬は著述し旧陸軍の体質を批判している。
困ったことに戦後長い間陸軍悪玉論が幅をきかせ、且つ戦争経験者の言動を尊ぶという呆れた風潮がこの国にはあるので多くの人間が司馬

の言葉を真に受けている。
恐らくこの上官は素人が賢しげな口を利いて職業軍人の足を払おうととする行為に腹を立てたのであろう。
事実は、司馬が軍の移動や交通管制がどのように行われているのかを全く知らず、職制上知る必要も無いことを言い立て小人の智をひけら

かすというインテリぶった行為に、上官は説明する気が失せただけのことではないかと俺は考えている。

>449
古代史に関しては現代中国の見解より韓国の国定教科書をなぞる傾向がコノコテにはあるが、流石に半万年の歴史云云には付いていけないよう

でw

今初めて>426を読んだがコノコテの電波元が高齢なのか当人が中年なのか判断に迷うな・・・
てっきりコノコテは二十歳前後だと考えていたのだが書いていることが怖ろしく古い。
近年の本は全く読んでいないのかw

>405
ソースを見ていないのはお互い様だと思うが?胆沢町史を読んだのか?
多分俺が「朝鮮人は猫を食うんだぜキモー」って書くと、君はすかさず反日フォルダーを開いて日本人も猫を食うと(無駄な)コピペをするん

だろ(苦笑

繰り返しになるが、この国では去勢という知識はあっても人や動物には行わなかった。(コテがググっただけの薄い知識で間違ったことを書

いているが)江戸時代中期に行われた馬への去勢は広まらなかったし、植物や金魚の交配は盛んに行われたが動物に対しては行わなかった

。(下記b/c項は除く)
贄を奉げるという行為も大陸文化が廃れると形骸化している。
一方で馬が歩行する際見栄が良くなると無駄に馬を傷つける(我国特有の)行為は平然と行われた。
この国の生命に対する倫理は特別で、諸外国とは明確に一線を引く必要があるのは自明。

465 :450:2009/06/10(水) 01:51:40 ID:vz4aS92N0
ちと脱線する。
ゲティスバーグの戦場で戦闘終了後死体から回収された銃の内、発砲した形跡が無い銃は全体の90%であったらしい。つまり、
a.義務として軍に入隊し戦場に赴くことと、人を殺しても良いと考えることは別であり、例え戦場であっても人を殺すことは出来ないと考

える多数の人間。
b.戦場という特殊な環境であれば人を殺すことは容認されると考える少数の人間。
c.戦場であろうが平時であろうが人を殺すことを躊躇しない例外的な犯罪者。
ちなみにWWU時、戦場で上官の命令に従って発砲できた米軍の新兵は全体の15%だったそうな。
日本陸軍はこの問題に対して直接的な解決を用いたが、戦後コノコテが好んで読む本の中ではこうした行為を意図的に誤導し悪宣伝に供せられ

ている。
一方中国人の軍隊でこの種の問題が発生したという話は寡聞にして知らない。

405が食人について、日本人も中国人と同じであると主張したいのであればb/c項では無くa項に該当する書物をコピペすべきであろう。
中国人の食人については、戦前の日本や欧米で多数の本が出版されていることはそれだけのコピペを収集する過程で何度も見かけているは

ずなのだから、それと同等の文献を提示できなければ話にならない。

コテの醜い文章は読むに耐えないのですっとばして

>100についての所見。(妄想推定論や空理空論抽象論。具体的な例がない個所は除く。書きようが無い)
>あんたの妄想推定論や空理空論抽象論は意味がない。具体的な例がないし
誰にでも理解できるように具体的に話そう。
通常の社会生活を行っている人間であれば球技を通じて正確に物を投げるにはどうすれば良いのか身についているものだ。
加えて児童心理学でいうところのギャングエイジ世代に男の子であれば風船に水に入れて投げ合うという遊びに一度は興じたはずだ。
こうした経験があれば水風船での陣地戦では、どこのクラスにも(不思議と)一人はいる御調子者が全身に水を被る覚悟で突っ込まないと

盛り上がらないということはコテ以外の全員が承知していると思う。
家に帰った時母親に怒られるのが嫌でリスクを負わない人間ばかりの集団では実につまらない遊びでしかない。

手榴弾を正確に投げようとするには(中心軸がぶれないという意味で)数秒間静止する必要がある。そして陸戦においては、その時点での

最大の脅威目標に対して全ての火力が集中するという常識を弁えていれば、銃火の飛び交う戦場で手榴弾を正確に投げようという行為は狂

気の沙汰でしかないという結論に達する。
つまり中国兵が手榴弾を正確に投げるという記述の行間には、所詮中国兵は素人だという日本側の認識が読み取れる。字面を追いかけるし

か能が無く現実世界と縁の無い人間には、アニメの戦場がリアルに見えるのだろうが、幼少期に誰もが経験する当たり前の事例と少しばか

りの知識があれば現実と物語を混同させることはない。
コテ以外の人にはこの説明で認識を共有できたと思う。

466 :450:2009/06/10(水) 01:52:22 ID:vz4aS92N0
>元来戦記とか読まん人間であることは、わしが>>90で指摘した通りで
>戦記を読むんに無駄な戦記なんか無いし、底が知れたじゃの戦記類を読まんあんたの低脳振り
・・・で戦記は読まないのか読んでいるのか(苦笑

>兵士を戦争の駒ぐらいに蔑視し、自分が指揮官になった気分で妄想垂れる。
>古代の欧州史云うてバイキングが活動した時代は西洋の概念じゃあ中世
(>446)>日本や朝鮮でも1300年〜1400年の歴史しか無い
日本史にしろヴァイキングにしろ人の営みが見えていないから、こういう教科書的な発想になる。
人は突然湧きだすものではなく社会を形成するには長い年月が必要なのである。
人間を全く見ていないのは君。
ちなみにヴァイキングと謂えばサガと連想できるのが本当の教養。
バイキングやヌミア兵と、古代の欧州史とは一行空けているのだが・・・

>韓国兵が強かったと事実を云うたら何でレイシストになる
では弱い兵とはどこか?
欧米ではコリアが侮蔑的に用いられていると韓国人は不平を言うが、何かというと韓国人は優秀であると主張するその行為が正に劣等な民

族とはどの民族なのかと欧米から不審がられ、レイシストのレッテルを貼られていることに君は何故気づかないのか?

>日本史の独善的中世を西洋に強制
どうでもよいが西洋の中世を日本が輸入。事実認識が逆。

>牟田口氏を支持したことも無いんに勝手に妄想すなや。困難な戦闘を韓国軍にやらせた米軍
困難な戦闘を韓国軍にやらせた米軍というのはアノ民族の主観ね、主導的な地位にいる米軍が多国籍軍を指揮するさい他国に困難な任務を

与えた事例が何かあるのか?
まぁ社会性が欠如している君には理解できないことであろうが、そんなことを他国に強要して多国籍軍の和が保たれるとは常人には思いも

つかない発想ではある。
韓国軍は補給や軍の移動に際して、(多国籍軍下の)英や仏のように自己完結した軍を派兵したのか?
牟田口のように自国以外の物資を期待して派兵したのではないというなら資料を提示してくれ。
海賊退治に軍艦を派兵しても、海上自衛隊やその他の国に補給を要求してくる国に何を期待しているのやらw
湾岸戦争の時の仏軍ぐらいのポリシーを発揮すれば少しは応援してやるよ。

これを書いていて思ったのだが、現実より主観や思い込みを優先し他者とのコミュニケーションが一切とれないコノコテ、、、
恐らくはコノコテが好んで読む小説のステレオタイプな無能な上官とコノコテは奇妙な一致があるということに、コノコテが気付く日は来るのであろう

か(苦笑

467 :白馬青牛 ◆B3h9hvY9bA :2009/06/10(水) 02:19:52 ID:a9w8xdBa0
>>450
>>464で司馬氏が昭和の軍人云うより陸軍軍人に対して批判の
矛先を向かうて、海軍に対して美化しとることや明治の陸軍に
対して概ね好評価しとることも知らんと見える。あんたが
書物を読まず妄想羅列しとるんは明白じゃないか。
司馬氏の合理主義的解釈に批判的なわしでも、司馬氏の著作、
特に本音が出る随筆や対談集は全部じゃないが、目を通しとるよ。
あんたのような空虚な長文の妄想羅列じゃあるまいし。

468 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/06/10(水) 14:33:07 ID:fy8Kmyrh0
>>467日本で南朝や、佐幕の子孫が財産を没収されたりしただろうか?
足利尊氏や西郷隆盛の像が死後、衆人環視のなかで罵倒されたり、唾
されたりしただろうか?>>464のいうよう日本の生命に対する倫理は
他所とは違う。あんたは何故そんなに日本に自信がないの?何故そん
なに韓国朝鮮の肩持つの?広島さえマンセーしてればいいの?






469 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/06/10(水) 14:35:34 ID:fy8Kmyrh0
あんた日本人?

日本と韓国と中国と、どこが一番好きなん?

470 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/06/10(水) 17:31:19 ID:AABl8xYk0
一応日本じゃね?

471 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/06/10(水) 17:33:23 ID:AABl8xYk0
>>司馬氏が昭和の軍人云うより陸軍軍人に対して批判の
>>矛先を向かうて、海軍に対して美化しとることや明治の陸軍に
>>対して概ね好評価しとることも知らんと見える
司馬って昭和の軍が嫌いだからね
自分も陸軍にいたことがあるからいろいろ体験したんだろう

472 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/06/10(水) 17:39:05 ID:AABl8xYk0
ところで牛はかつて一向一揆が盛んだった地域の兵を評価しているように見えるんだが

473 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/06/10(水) 17:45:28 ID:AABl8xYk0
>>468
足利尊氏を擁護した学者だったか閣僚だったかが
首になったことはある

それと江戸時代には犯罪者の墓はかごで囲まれていた
他ほど過激ではないが
日本だって似たようなことはある

474 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/06/10(水) 17:48:21 ID:AABl8xYk0
>>何故そんなに韓国朝鮮の肩持つの?
2ちゃんねらーは韓国朝鮮のあらさがしばかりしてるから
バランス取れてるんじゃね?(笑)

475 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/06/10(水) 18:29:16 ID:AABl8xYk0
スレタイに戻るが
フィリピンの第一師団が
アメリカ軍から日本軍最強師団と
評価されたときいたことがある

476 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/06/10(水) 19:40:32 ID:fy8Kmyrh0
>>473いやいや、だから他より余ほど優しいよ。
一線を画すべき

477 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/06/10(水) 20:14:52 ID:AABl8xYk0
五十歩百歩という言葉がある
百歩逃げた兵士を五十歩逃げた兵士が
笑うことはできないように
程度の差こそあれやっていることは似ている

478 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/06/10(水) 21:10:31 ID:fy8Kmyrh0
一歩と百歩は全然ちがうし

479 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/06/10(水) 21:18:00 ID:CNox4PhV0
>fy8Kmyrh0
現代の中国・朝鮮では、日本の前近代で行われていたことが未だに行われているという論旨ならともかく、
その書き込みでは、コテが溜飲を下げるために君を集中攻撃するのは明らかだよ。
多分今頃はヒッシにググっている最中だと思う。

>何故そんなに韓国朝鮮の肩持つの
2ch情報だからあてにはならんが、広島の公立校に勤めている教員で、我が子を公立の小・中・高校へ通わせている親は一人もいないと聞く。
他人の子であればコノコテのような歪な人間を作りあげても平気だが、自分の子をここまで愚かな人間に仕立て上げることは出来ないんだろうね。

コノコテの脳内では
・左翼や反政府団体が情報にベクトルをかけているから、韓国軍によるベトナムでの蛮行情報は鵜呑みに出来ない。
・左翼や反政府団体であるかどうかは問題では無く日本の南京虐殺は事実である。
という考え方は両立可能なんだよ。

だから>95で、補給を省みずに戦場へ行き弾薬が無いから白兵戦をせざるをえない韓国軍のみっともない言い訳を、賞賛と憧憬一色に染め上げ、韓国軍が優秀であることの証左足りうると考えているし、
全く同じことを日本人の牟田口が語れば、この一事で日本の全将校の無能を糾弾できると考えられるんだよ。
コノコテの考え方には一切のブレが無い。
同じ文章であっても、朝鮮・中国フィルターであれば肯定的に、日本フィルターであれば否定的に見れば良いという教育を広島で長年受けてきたのだから。既に自分の頭で物を考えるということが出来なくなってしまっている可哀相な子だね。

>467
まともな対話が可能だなどとは期待していないがコノコテの妄想の連鎖は凄まじいね(苦笑
司馬が軍事に素人であることは過去十年2chで議論し尽くしてきたというのに、何をもって俺が司馬を知らんなどという結論に到達しえたのかコノコテの思考経路は理解不能。

>司馬氏が昭和の軍人云うより陸軍軍人に対して批判の矛先を向かうて、海軍に対して美化しとることや
>明治の陸軍に対して概ね好評価しとることも知らんと見える。
元元一つの文章で正反対の事を書く傾向が強いし、誤字と広島弁で何が書いてあるのか正確には読みとれんが、

>司馬氏が昭和の軍人云うより陸軍軍人に対して批判の矛先を向かう
司馬は日本陸軍が組織としての健全性を失ったのは昭和になってからだと何度も断言している。碌に読んでいないのは君。
>明治の陸軍に対して概ね好評価
乃木の人格は肯定しても、第三軍と乃木自身の軍人としての素養や乃木を容認する全てを徹底的に糾弾していたことを知らないのか?日清・日露を通じての明治陸軍における体質の批判が読み取れないのであれば本当に司馬の本を読んだのかどうか、かなり疑わしい。

480 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/06/10(水) 21:36:50 ID:AABl8xYk0
>>司馬は日本陸軍が組織としての健全性を失ったのは昭和になってからだと何度も断言している。碌に読んでいないのは君。

司馬は明治の日本はよかったけど
昭和の日本は魔法がかかったように愚かな国だったと
思っているからな

481 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/06/10(水) 22:02:23 ID:fy8Kmyrh0
>>479中国では秦檜や汪兆名の像がいまでも侮辱されてるよ。
韓国では戦前の親日派を糾弾する法律が最近つくられて実際
財産が没収されたりしてる。中国では東の暗刻と索子を組あわ
せた東条処刑なんて麻雀役もあるみたいだ。東条さんはともかく
同じ中国人に対しても過酷。広島の教育現場はほんとひどいみ
たいだね。例の生徒たちを韓国の老人たちに土下座させた、自虐
就学旅行で名高い高校も広島だし、元々、・・の人たちやチョソ
が多いうえに日○組が幅きかしてるから。一般の教員は大変だろね。

コテなんかも並みの教員ではなにもいえないだろ。旅行ならともかく
住む気は全然起こらない。元々は浄土真宗の寛容な精神風土を持つた
いい土地だつたんだろうけどね。
それはそうとコテの韓国朝鮮擁護は普通じゃないよね。
コテはおそらくハーフかクオーターなんだと思う。じゃなかつたら、
今の身内か。あるいはただのバカサヨか。ようくわからない。





482 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/06/10(水) 22:17:38 ID:CNox4PhV0
>中国では
いや、そういう話じゃないんだけど・・・
今晩の書き込みを見れば分かるよ。
アッチ系の思想に被れた奴は自分より弱い(叩ける)人間は容赦しないから、通常の日本人の感覚では理解出来ない程執拗に叩く。

>広島の教育
東部地区が特に酷いという話は広島出身の人から聞いたことがある。
食べ残した朝食をテーブルに残したまま、教員一家全員がダム湖に沈んだ事件も、急いで出かけねばならない理由が何一つなくても警察は只の自動車事故で処理しちゃうしね・・・

483 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/06/10(水) 22:21:44 ID:AABl8xYk0
>>コテはおそらくハーフかクオーターなんだと思う
自分じゃ関東武者の子孫とか言っているな

484 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/06/10(水) 22:22:42 ID:fy8Kmyrh0
東部地区というと備後だね。むかし福山出身の人とつるんでたが
優しいいい人だつたよ。
>いや、そういう
じゃあどうよう話なの?

485 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/06/10(水) 22:26:31 ID:fy8Kmyrh0
>>483
ハーフかクオーターで関東武士の子孫は十分ありえるだろ

486 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/06/10(水) 22:29:46 ID:AABl8xYk0
>>485
ハーフ説の否定はしないよ

487 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/06/10(水) 22:30:46 ID:CNox4PhV0
>484
>473の話を今山のように検索し、日本人も死者を冒涜するだの犯罪者の眷属を容赦しないだの、コピペの切り貼りに夢中なんじゃねぃのコテ。

コノコテ同一文書内に方向性の違うことを平気で書き込んでいるところをみると、実は自分が何を書いているのか殆ど理解していないんじゃないかと思う。
司馬や海音寺の引用もwebで見つけたものを切り貼りしているだけで実は一冊も読んだことがなかったりして(苦笑

488 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/06/10(水) 22:36:04 ID:fy8Kmyrh0
>>486
うむ、コテには二つの祖国がある。
かれも迷子なんだ。

489 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/06/10(水) 22:44:28 ID:AABl8xYk0
>>478
強弱はあるが同じ事やってるよ

490 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/06/10(水) 22:48:53 ID:fy8Kmyrh0
誤解のないようにいつておくが、おれはハーフだからクオーターだからどうの
こうのおいうんじゃないよ。ハーフだろうがクオーターだろうが、ほんとに
日本を愛し日本人になつてくれる人は大歓迎だし尊敬したい。これはありえないが
純製半島でもそんなひといたら尊重する。ありえないけど


491 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/06/10(水) 22:54:10 ID:No4vme0U0
>>490
日本で育った在日の中には、すっかり日本人化してしまって、
韓国の文化や民度についていけないと感じるのが結構居るだろうよ。


492 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/06/10(水) 22:56:43 ID:AABl8xYk0
だが韓国擁護の牛と韓国攻撃の2ch
結構バランス取れているようにも思う

493 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/06/10(水) 22:57:12 ID:CNox4PhV0
在日で救急救命が専門だという医者がいるがかなり真面目だったね。
それ以外でも韓国人とは数年に一度くらい仕事で面を合わす事が時折あるけど、人柄は日本人よりマシだと思うことが多い。
正し絶対に仕事を共にしたくないと思うのは韓国人。仕事に対する姿勢が根本から俺とは合わない。奴等はアバウトすぎる。

494 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/06/10(水) 23:24:12 ID:fy8Kmyrh0
>>493
そこが結局連中が日本に永遠に勝てないユエンだね。
ケンチャンナヨ

495 :白馬青牛 ◆B3h9hvY9bA :2009/06/11(木) 00:30:29 ID:UCNaGrIS0
まあ、>>464の朝鮮でイザベラ・バード女史が去勢されとらん馬で
旅行した紀文も無視して我が国特有も可笑しいんじゃが。
しかも笑えるんは>>465の風船に水を入れて遊戯をしとる処じゃ。
戦争ごっこもせんかった時代の子じゃのう。
わしらん頃は石と白兵用の棒じゃし、水じゃあ意味があるまい。
ほいで接近距離で砂を使うて。敵側の眼を使えんようにするんじゃ。
敵側の眼が使えんようになったら突撃じゃ。わしらん頃は観戦されて
おられた戦争体験者のアドバイスがあったけんのう。風船と水?
幼稚過ぎるわいや。わしに対する個人罵倒の割りに内容は乏しい幼稚な
文を羅列しても意味があるまぁで。
>>468
足利将軍累代の菩提寺で木像の首をはねて、さらし者にした行為を
美化しても意味があるまい。どこの民族でも命のやり取りは必死の
覚悟で戦闘しとる。日本人の専売特許にする自体可笑しかろうに。
韓国、つまり朝鮮人の終戦後の日本人に対する行為を美化した
こたぁないが。肩を持ったことも無い。
>>469
韓国の冷戦期の軍独裁政権も北朝鮮や中共の共産主義も嫌いなことは、
他板でも云うとろうに。まあ日本の中共べったりで批判をせん左翼が
中道左派リベラルぶるんも嫌いじゃし、南京事件の虐殺が無かったと電波を
世界に飛ばし旧軍賛美でひんしゅくを買う中道右派の保守政権もナチスと
同様、左翼と変わらん現実認識に乏しい連中に過ぎん。
上層エリートなんか政治思想左右に限らず鎖国主義ぶりを海外に
喧伝しとる連中に過ぎんし、左右の全体主義を好むけぇ、両者は
似た者同士じゃ。ネット右翼の連中は時代によって左翼と右翼と、
使い分けするんじゃろうけど。全体主義賛美の体質は変わるまい。


496 :白馬青牛 ◆B3h9hvY9bA :2009/06/11(木) 00:56:51 ID:UCNaGrIS0
>>472
一向一揆が盛んじゃった地域、浄土真宗の伝統が根強い地域の部隊は
強いよ。広島兵団、金沢兵団、衡陽で死闘を制した三重県の津聯隊。
>>475
他スレでも云うたが、敗者の健闘を誉めるんは勝者の余裕よ。
弱兵を以って鳴る関東兵団でものう。
>>479
嫌韓サイトをググって、妄想を真実と思う洗脳人間よのう。
広島の公立学校に勤めとる親でも子供を公立に通わせとるもんもおるんに、
妄想が好きじゃのう。公立学校に勤める真っ当な教員なら、
自分の子供が成績優秀で私立中学に入れる学力があっても、
公立学校に入れるもんじゃ。それが世間に対する仁義じゃ。
自分の子供を学力が高い学校へ入れて、公立の学力一般程度の子弟を
教育する云うたら周りのもんは外道と批判しょうで。
現代は教育者の程度が下がって、私情の自身の子供に高等教育を
願う教師が増えたにしても、そがぁな教師ばっかしじゃとあんたが
断言したら嘘になるど。


497 :白馬青牛 ◆B3h9hvY9bA :2009/06/11(木) 01:44:28 ID:UCNaGrIS0
>>487
海音寺氏と司馬氏の対談『日本歴史を点検する』の講談社文庫板では、
p19の海音寺氏の日韓同祖論をネットで検索したら引っかかったんで。
あんたこそ読んどらんのじゃないか。P73の司馬氏が「国粋主義という
のは、つきつめてしまえばロマンチシズムであり、とても政治の救済には
ならないし、その方策もなにも持っていない。もっていないだけにその
信奉者の心情は常に悲痛で発するところ、かならず暴発といった行動に
なるように思います。政治の原理ではありませんから、やることは
非常に妙なことばかりやる。」
現代のネット右翼と幕末明治期の朱子学や国学派も同類であることを
表しておられるのう。朱子学の国粋主義でしかナショナリズムを
表現出来ん日本人であることを洗脳されたネット右翼らは認識しとらん。
ネット右翼自身が中韓の朱子学の継続者で中華隷属の自覚が無いけぇ
幸せ回路よのう。
>>488
わしの祖国は日本じゃし、具体的には広島じゃのう。
>>492
わしゃあ韓国を擁護したことも無いけど。ネット右翼のわしに対する
印象を代弁してどうすんなら。
>>493
仕事を韓国人と一緒にするもんじゃあるまい。技術を教えいじゃの
傲慢になるけぇのう。中国人も漢字の使用料を払えじゃの、
かつて日本は中国に奴隷を供給しましたね。じゃの現代と関係ない
古代の事例を持って要求してくるけんのう。まあ歴史的には事実じゃけど。
日本人から見たら中国や韓国の人柄は図々しいとは思うけど、
一旦信頼出来たらプライベートでは良好な関係になるけぇのう。
まあ、広島人から見たら、東京の連中も中韓の連中と同様人間関係で
図々しいじゃないか、と、思えるけぇ他地域の連中の価値観は、
日本人であろうと中韓の連中であろうと、広島に来た、旅の人間で
あることに変わらんよ。

498 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/06/11(木) 17:38:10 ID:Nklhsa9r0
>>493
韓国人の仕事意識の水準は
日本の昭和40〜50年代とおなじくらいか

499 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/06/11(木) 17:45:51 ID:Nklhsa9r0
>>弱兵を以って鳴る関東兵団でものう。

関東そう弱いか?
新田義貞、長野業政、上泉信綱がいた上野や
敵の侵攻を撃退し続けた那須
北条と闘い続けた房総など
関東にも強兵の地域があるように思うが?

500 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/06/11(木) 18:24:56 ID:Nklhsa9r0
>>一向一揆が盛んじゃった地域、浄土真宗の伝統が根強い地域の部隊は強いよ。
ふと思ったが何で一向一揆の盛んな所は強いんだろうな
一向一揆が盛んだった三河や本願寺があった摂津も強いんだろうか

501 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/06/11(木) 20:50:16 ID:dFuTp6Mz0
>>498>韓国人の仕事意識の水準は江戸のお百姓にも及ばない。
ましてや昭和日本人の足元にもとおく及ばない。
ケンチャンナヨ
>>499関東はつよいだろ。

502 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/06/11(木) 20:58:31 ID:dFuTp6Mz0
>>497>他地域の連中の価値観は、日本人であろうと中韓の連中であろうと
、広島に来た、旅の人間であることは変わらんよ。

何気に他地域の日本人と中韓人を相対化してるが、コテさんは、他地域の
日本人と中韓人どちらが好きなの?大切なの?

>>495
石と白兵用の棒、戦争体験者のアドバイス。
コテさんはそんな年配の人なのか?戦前の話かな???

503 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/06/11(木) 21:22:28 ID:dFuTp6Mz0
>>468>足利将軍累代の菩提寺で木造の首をはねて、さらし者にした
行為を美化しても意味があるまい。

別に美化した覚えはないけど。

一部の過激派の行動と、一般大衆や政府機関のそれを同列に論じても意味が
あるまいw

日本と中韓との、生命に対する倫理感は一線を画すべき。



504 :とあるコテの妄想日記:2009/06/11(木) 22:07:50 ID:roIpwiYp0
海音寺氏と司馬氏の対談『日本歴史を点検する』の講談社文庫板webで摘み食い。

p18けっ!魏では日本列島から朝鮮半島南部を倭と認識だと〜海音寺ってのは所詮作家じゃ、ほいで同調する司馬も糞じゃ〜こんな阿呆の言うことをネトウヨは真に受けやがるからのぉどいつもこいつも無知な奴ばかりで疲れるぜ。

p19海音寺氏が日韓同祖論を支持しておられる。そうじゃろぅ海音寺氏つーたら有名な大先生じゃネトウヨも海音寺氏の名をだせば平伏すじゃろうてぇコピペコピペっと。

p73ほぅほぅ司馬氏が何よら書いておるの〜何を書いておるのかさっぱり分からんが何やらワシの魂に響きよるコピペコピペっと。
p75なんじゃ?よう分からんままコピペしとったんは平田国学から自由民権運動の流れを説明しとったんか〜まぁえぇわ。
朱子学がどうのこうのと、何か話とるが阿呆同士でいくら話しとってもあかんのじゃ。日本の朱子学は中国様と韓国様。ん?
韓国様はスルーかい。ほんまに阿呆どもじゃしまいにはいわすでしかし。
よう考えたら仏の左翼も中国も南北朝鮮も皆平田国学で説明できるのぉ便利な言葉じゃ。
しかしワシの敵はネット右翼。右翼がなんかなんちゅうのはよう説明できんが、説明できんでもええ!感性や。わかっとるんやろうなお前等!

505 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/06/11(木) 22:08:55 ID:roIpwiYp0
>497
>海音寺氏と司馬氏の対談『日本歴史を点検する』の講談社文庫板をネットで検索
一知半解とか曲学とか換骨奪胎とか言葉はいろいろあるし、引用の心得を説いても良いのだが全て無駄だろうね(はぁ
この引用文が何に対するレスなのか分かる人いる?

>仕事を韓国人と一緒にするもんじゃあるまい。技術を教えいじゃの
嫌韓サイトをググって、妄想を真実と思う洗脳人間よのう。カリカチュアされたゴミ知識だけで生きていける君と違って、現実の世界ではね、もっと高い観点(国や民族ではなく世界全体)から
指導や技術の提供・資金援助をせざるをえない事もあるんだよ。まぁ現実とwebを分離出来ない君が知る必要もない事柄ではあるが(苦笑

>495
>朝鮮でイザベラ・バード女史が去勢されとらん馬で旅行した紀文も無視して我が国特有も可笑しい
文章の読解力が足りない事をいいかげん自覚してね。
で、全ての馬を去勢したらどうやって数を増やすんだ?持久力が必要な馬を去勢しないことは君の知らない現実世界では常識。
それとイザベラ・バードを引用するのであれば「朝鮮は世界中で一番不潔だの朝鮮人は最も醜い民族だの」って記述も肯定するんだよね?
司馬や海音寺の引用と同じで都合の良いところだけ使うのか?
>426満州・朝鮮型のエレガントな容貌
↑ベルツの日記しか読んでないが、こんなこと書いてたかな。某教授(当時は助教授)はベルツに批判的だったが、、、

>わしらん頃は石と白兵用の棒じゃし
なんだろう。幼稚園児の頃、親の職業を自慢しあっていると、負けたくない一身で「親は地球大統領」と言っていた子のことを思いだした。

506 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/06/11(木) 22:31:40 ID:dFuTp6Mz0
>>505広島弁が下手杉。

507 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/06/11(木) 22:45:38 ID:roIpwiYp0
気分であちこちの方言(近畿)や横山やすしとか入れたんだが。

508 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/06/11(木) 22:55:52 ID:dFuTp6Mz0
いや、それはそれでおもろいよ。

509 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/06/11(木) 23:02:47 ID:Nklhsa9r0
>>501
そうでもない

日本人は勤勉なので、戦後の焼け野原から驚異的な回復と発展を遂げたのだ――
これは、「昔はよかった名言シリーズ」の中でも、最も好まれるもののひとつです。
でもはたして、本当に高度成長期の日本人は真面目で勤勉だったのでしょうか。

そんなことより、勤勉さの検証です。加藤日出男さんはこう語ります。
昭和40年代には店員や職人の給料がもの凄い勢いであがりました。
そのため、苦労してつまんない職場にいるのはバカらしい、といって、
イヤな職場はすぐにやめる人が多かったのです。

また、こんな話もあります。農家の息子が家を継ぐのをいやがります。
父親は「ばかやろう、農家をやらないのか」と叱りますが、息子は都会へ出ていきました。
数年後、息子が帰郷すると、父親は農業をやめて、ドライブインのオーナーになっていました。

勤勉の象徴であるはずの農家でさえ、土地を売ってガソリンスタンドやレストラン経営に
鞍替えする例が少なくなかったのです。
http://mazzan.at.infoseek.co.jp/lesson7.html

510 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/06/11(木) 23:04:47 ID:Nklhsa9r0
高度成長期ファンクラブのみなさんからの反論。「運がよかったのは事実だ。
だが、勤勉さと実力があったからこそ、運をつかんで活かすことが可能だったのだ」
そうでしょうか。現在、日本中で鉄筋コンクリート建築が崩壊の兆しを見せています。
小林一輔さんの『コンクリートが危ない』によれば、そういった手抜き工事のほとんどが、
東京オリンピック(昭和39年)以降の高度成長期に作られたものだとのことです。
材料をケチり、工期を短縮し、ただひたすら純利益をあげることにのみ邁進する。
これが高度成長期の「勤勉」の正体だったのです。どんなインチキ仕事でも、
やっつけ仕事でも、数さえこなして金が儲かりゃいいんだ。会社は慈善事業じゃねえんだよ――

高度成長期とは、職人気質がカネの力に負けた悲しい時代でもあったのです


ttp://mazzan.at.infoseek.co.jp/lesson7.html

511 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/06/11(木) 23:09:30 ID:dFuTp6Mz0
>>510
テ・ハン・ミン・グック!よりはましですがなにか?

512 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/06/11(木) 23:16:34 ID:roIpwiYp0
ID:Nklhsa9r0は専制君主が厳格な法治主義を貫くのが理想なのか資本主義が嫌いなのかさっぱり分からん。

何が言いたいのか要旨をまとめてくれない?三行ぐらいで。

513 :白馬青牛 ◆B3h9hvY9bA :2009/06/11(木) 23:37:21 ID:UCNaGrIS0
>>498-501
日本がバブル以降韓国人の仕事意識に近づいたんじゃないか。
手抜き工事や金銭取得の欲望なんか。
江戸期に北関東の農民は、東北から数珠つなぎに連行された子供を
最上婆が売りにきて、労働奴隷にしたけぇのう。
>>499
新田義貞は播磨の悪党に負けとるよ。千葉県壮丁の佐倉聯隊は
関東限定なら強い。今村均大将も「佐倉歩兵第五十七連隊の兵員は、
悉く千葉県下、房総地方出身の青年であり、大部分は半農半漁を
業とした者たちなので、自然、第一師団(東京)に属する四つの
歩兵連隊中、その体力は、断然他よりすぐれ」と、云われた。
>>502
他地域の日本人と中韓人か。まあ同じ日本国じゃけぇ、
スポーツの試合でも日本を応援するわいや。
韓国人の性格が嫌い云うたら、似た気質の九州人、特に韓国の
慶尚道人気質に似た鹿児島人の立場があるまい。
戦争ごっこは、戦後の高度経済成長期のことじゃ。
>>503
生命倫理において日本と中韓と分けるより、日本の中でも
瀬戸内地域、浄土真宗地域は、赤子殺し、間引きをタブーとした
地域で、東日本のように赤子殺し、間引きで人口抑制の為殺す
地域とは違うよ。中国なんか東日本と同様人口抑制で殺したけど。
じゃが、満州や蒙古は赤子殺しはせん地域で、つまり大乗仏教の
教えが強い地域は生まれた幼児を殺害せん。中国、朝鮮、九州、
東日本は朱子学の影響が強いけぇ、生命価値観も異なるよ。

514 :白馬青牛 ◆B3h9hvY9bA :2009/06/12(金) 00:12:02 ID:VtCKguVK0
>>504
所詮作家云うて、文筆業であることは学者と違わんど。
むしろ学者の方が、学界の親分、子分、派閥の関係で自由に
記述出来んけぇのう。しかも政治思想を絡めるし。『日本歴史を
点検する』講談社文庫版のp21で、海音寺氏が「日本が嫌いで
ロシアが好きだったり、中共が好きだったり、ナチスドイツの
さかりの頃はナチスドイツが好きだった人さえいます。いつでも
学者ってそういうものですよ。
自分の学問によって一つの理想的かたちを描いて、それが現実の
ロシア、現実の中共と思いこんでいるのです。それは彼らの観念の
中にのみあって、決して実在はしていないんですのにね。
それで都合のいい科挙制度があって、学才のすぐれた者は出世できる
ということね、それくらいのことをタネにして、理想国家を描いて
いるんでしょうね。」
逆にネット右翼は、中韓を夷狄として観念論でネガティブに
描きよるけぇ同類じゃわい。
日本の国粋主義は、南宋の朱子学から水戸学、山崎闇斎派、
国学との経緯があるが、本質は慕夏主義で、中国が北方民族に
支配され、中華文明の残っておるのは日本とすり替えた、
中華隷属主義に過ぎん。そのせいか、日本のネット右翼と
愛国無罪を叫ぶ中共の反日連中、韓国の国粋主義者を含め、
朱子学思想兄弟と云えよう。反日政策を採った江沢民氏も
南宋朱子学の本場江南の出身じゃったのう。

515 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/06/12(金) 00:28:51 ID:pSeKfE7q0
>497
>現代のネット右翼と幕末明治期の朱子学や国学派も同類であることを表しておられるのう。朱子学の国粋主義でしかナショナリズムを表現出来ん日本人であることを洗脳されたネット右翼らは認識しとらん。
>ネット右翼自身が中韓の朱子学の継続者で中華隷属の自覚が無いけぇ
>514
>日本の国粋主義は、南宋の朱子学から水戸学、山崎闇斎派、国学との経緯がある

韓国が抜けたようだが?

>日本の国粋主義
司馬や海音寺が語っていないことを主張したいなら、こんな薄い文庫から一一意図不明な引用をする意味があるのか?

516 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/06/12(金) 00:31:08 ID:+gHiEnuI0
>>514>中華隷属
それは違うと思う。取つて変わつた、もしくは日本文明に取りこんだというべき。
隷属ではあり得ない。

>日本の右翼と中韓の反日連中が朱子学兄弟なのは同意。

517 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/06/12(金) 00:34:59 ID:+gHiEnuI0
>>513まあ同じ日本国じゃけえ以下

なんか投げやりな言いかたなのが気になるが、一応安堵。

518 :白馬青牛 ◆B3h9hvY9bA :2009/06/12(金) 00:42:23 ID:VtCKguVK0
>>505
また、妄想君か。イザベラ・バード女史の『朝鮮紀行』を
ほんまに読んだんか?講談社学術文庫版なら、p23で「朝鮮人は
たしかに顔だちの美しい人種である」と朝鮮人の容貌を
誉めとる部分を嫌韓サイトはわざと省いとるんじゃないか。
満州・朝鮮型(日本の上流階級や本州西南部に多い長州型)の
容貌を誉めたベルツ氏もイザベラ・バード女史と同様、
朝鮮の社会は腐敗しとる。と、される。「朝鮮社会は怠惰で、
無気力で、不敗しきっており、自力ではけして一人前の国に
なれなかったでしょう。」と。またベルツ氏は、「神功皇后が
朝鮮半島に遠征、この遠征は厳密な歴史的批判に耐える史実では
ない」と、日本側の妄想も指摘されとる。
イザベラ・バード女史も『日本奥地紀行』で東日本の庶民の不潔さに
ついて記述しておられることは無視か。
ほいで、あんたすり替えが好きじゃのう。種馬を残さにゃあ、
去勢して頭数が増えるわけあるまい。御都合主義はあんたの方で。

519 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/06/12(金) 00:54:09 ID:pSeKfE7q0
まったくチョロチョロと逃げ回りやがって

>朝鮮人はたしかに顔だちの美しい人種である」
>朝鮮人の容貌を誉めとる部分を嫌韓サイトはわざと省いとるんじゃないか
例外的な特異例を取り上げているのはどちらかwebに落ちている写真をみれば一目瞭然。

ベルツの伊藤博文に関する記述も肯定するのか?
ベルツの著述した巡幸や日本の庶民の描写全てを肯定できるのか?
明日図書館で岩波文庫を読みにいけ。

>ほいで、あんたすり替えが好きじゃのう。
ログは有る。幼稚園児の言ったもん勝ち論は止めてくれ。願望のママ俺の発言を捻じ曲げるな。

520 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/06/12(金) 06:39:50 ID:meaJBDAcO
>>503
〉一部の過激派の行動と、一般大衆や政府機関のそれを同列に論じても意味が
あるまいw

これって仕向けたのは時の体制側の人たちたちなんじゃね?


521 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/06/12(金) 13:30:32 ID:hRj5lPN9O
完全に白馬氏と問答するスレになった。(笑) 
 
白馬氏に出張してほしいスレもここであげようよ。 


522 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/06/12(金) 14:12:55 ID:LNN2aQ7/O
↑白馬氏を忙殺するつもりか(笑

523 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/06/12(金) 15:31:30 ID:LNN2aQ7/O
白馬さんはいい意味でも悪い意味でもなくてはならない人物だね。たまに、おおっ!というような新しい視点を提供してくれることもあれば、面白いお話やサイトを教えてくれたりもする。 

かと思うと、うんざりするほど他地域をけなしたり、中国、韓国の味方をしたりもする。 

かくいく私め白馬ウォッチャーの一人。

524 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/06/12(金) 15:32:57 ID:LNN2aQ7/O
かくいう私も白馬ウオッチャーの一人。

525 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/06/12(金) 16:27:10 ID:hRj5lPN9O
連隊の話はどっかにいっちまったなー(笑) 
次スレいけるんじゃないか? 


526 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/06/12(金) 16:54:51 ID:LNN2aQ7/O
白馬さんの常駐するスレはシリーズ化けするね!

527 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/06/12(金) 18:23:45 ID:+gHiEnuI0
>>520あの事件は平田国学の体制転覆派の仕事。
なんで体制=武家政権側が同じ源氏武家政権の木像の首をはねなきやならないんだ?w

528 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/06/12(金) 22:27:42 ID:+gHiEnuI0
>>519ベルツはなんていつたの??教えてちゃん???

529 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/06/12(金) 22:29:45 ID:+gHiEnuI0
>>519ベルツはなんていつたの??教えてちよ???

530 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/06/12(金) 22:47:26 ID:FVxmcvQH0
>528
今日はもう寝る。もしかしたらインフルエンザにやられたかもorz

>523
>一向一揆が盛んじゃった地域、浄土真宗の伝統が根強い地域の部隊は強い
↑の理由は司馬が何度も書いている。そのことにまったくふれないコテは俺もオクユカシイと思うよ(苦笑

>518
俺が妄想・すり替え・etc.etc.だとレッテルつけるのはかまわんが、どういう理由でそう決め付けたのかレスアンカーと引用で、誰がみても分かるようにしてくれ。
俺もいいかげん、唐突に別の話を持ち出すわ追求しようとすると又別の話題を繰り出すわっていう君のスタイルには疲れた。
日本の国粋主義や司馬・海音寺の話はもういいのか?
外人が日本をどう評価したかがレスの遣り取りにどういう意味があるのか、常人にも分かるように説明してくれ。
それと引用するときに都合の悪い部分を省略するのも止めてくれ。

531 :とあるコテの妄想日記・2:2009/06/12(金) 22:48:36 ID:FVxmcvQH0
ベルツの日記・韓国旅行記

>朝鮮の都市は来るたびに清潔に洗練されていく。
そうじゃろう。ネット右翼は妄想の垂れ流しじゃけんのぅ〜
>日本
ん?今何か嫌な文字が見えたが・・・
>日本人は、韓国の町の将来がどうあらねばならぬかを心得ており、その準備を整えている。
けっ!日帝の悪行はふれずに日帝賛美か!ネット右翼とかわらんのぅ〜
>寺で僧に来歴等にふれた文献を見たいと言うと「そんなものは無い」と断られた。
秀吉じゃぁ秀吉が何もかも燃してしもうたんじゃ。三百年前に日本人は韓国に酷いことをしたからのぅ〜
三百年、三百年前。か、何か引っ掛かるが韓国の寺に記録が一切残っていないのは全て秀吉、日本人のせいじゃ〜
>朝鮮人の子は皆矮小で所作も子供らしくない。
ほぅほぅ白人に比べれば亜細亜人は皆小さいからのぅ。子供が白人に媚を売らねばあかん理由もあるまいて。
>その年齢の朝鮮人にしては明らかに小さい子供たちの群の中で、一人だけ体格も順当で健常者に見える子供がいた。この子の父は欧州人で母親は日本人だ。人種の優
・・・何んや?何んも読めんようになってしもうた。まて、しばし。落ち着け、落ち着くんだ。
これを書いとるんは人種偏見の酷かった時代の白人や、現にベルツは日本女性も醜悪や言うとる。
ベトナム人を猿やとも言うとる。
ベルツが存命であればぁのぅ・・・共産圏と朝鮮人以外の発言(特に日本人)に一寸でも隙があれば、ワシラ広島の市民団体が、骨の髄までワシラの恐ろしさをしらしめてやったもんを・・・残念じゃ。
>この朝鮮の将軍は・・・・・・知的で、美麗である。
>この朝鮮の将軍は・・・・・・知的で、美麗である。
>この朝鮮の将軍は・・・・・・知的で、美麗である。
あぁ、朝鮮人への賛美は何度読み直しても目に心地良い。
しかし何んでや?何んで間の文字が読めへんのやろう?ワシの目、どうかしてもうたんやろか?
め・ず・ら・し・く・・・ほ・と・ん・ど・い・な・い・・・ん?
・・・・・・
・・・・・・
・・・・・・
ぶち殺すぞわれ!ケトウがなんぼのもんや!
・・・・・・
・・・・・・
・・・・・・
まて、しばし。落ち着け、落ち着くんだ。
白人が朝鮮人を褒めてくれた。褒めてくれたんだ。褒めてくれたんだよ!
これを利用しない手は無い。どうせネット右翼の低能共も捏造やでっち上げで嘘ばかりを書いているんだ。
ワシが嘘ついて何が悪いんや!

532 :勃起伝説 ◆WBRXcNtpf. :2009/06/12(金) 22:54:21 ID:y6fKWHkq0
最強なのは16師団に決まってんだろうがボケ
南京!南京!見てみろや

533 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/06/12(金) 22:59:03 ID:+gHiEnuI0
>>531いやなんか相当おもろい。俺もそれ読んでみたくなつてきた。

534 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/06/12(金) 23:00:46 ID:+gHiEnuI0
>>531ありがとちゃん。いやなんか相当おもろい。俺もそれ読んでみたくなつてきた。

535 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/06/12(金) 23:07:25 ID:+gHiEnuI0
>>532
南京!南京あれはやばいな。まだ予告編しか見てないが。
善良な日本兵を登場させるとこに中共の老獪さといやらしさを感じたわ。


536 :白馬青牛 ◆B3h9hvY9bA :2009/06/13(土) 00:52:43 ID:oUkYmta70
>>515-516
韓国も朱子学国粋主義から慕夏主義で、日本と同様朱熹が夷狄とした
満州ツングース女真族の清朝が中華たる明朝を滅ぼしたゆえよ。
日本も朝鮮も文化的宗主国様が夷狄に支配され、本当に中華文明が
残っとるんは我が国なりと妄想しだしたけんのう。
取り込んだ云うより、中国人に成りたかったんじゃないか。
現代でも日本の朱子学系国粋主義は、共産主義史観者と同様、
江上氏の騎馬民族説を嫌うけぇのう。夷狄であるツングース系が
日本を征服したら朱子学派の立場がないけぇのう。
>>519
こんな、誰が逃げとるんなら。おどれど。
web写真が根拠じゃけぇつまらんわい。朝鮮半島の北朝鮮北部が美人が
多かったことは、戦前世代の人たちが認める処。
ベルツ氏は伊藤博文氏を、「日本のビスマルクと呼ばれ、その一方鉄血宰相
よりもはるかに柔軟であり、「時流にしなやかに」を常に基本姿勢として
きた。」(『ベルツ日本文化論集』東海大学出版会p479)と、好評価
じゃのう。岩波文庫のは読んどらんが、わら提示せえや。
>>522
さっきも、考古学板の日本人はどっから来た?に書きよったけぇ、
忙しいねえ。


537 :白馬青牛 ◆B3h9hvY9bA :2009/06/13(土) 01:21:09 ID:oUkYmta70
>>530
司馬氏は金沢兵団の兵士が南無阿弥陀仏云うて突撃したことを
云われとるが、伊藤桂一氏の影響かどうか知らんが、東北や
九州の辺境兵の評価が高いのう。
海音寺氏の話や外国人の話は都合が悪りんか?
>>531
こんなぁ、引用書物、ページを銘記せにゃあ。
伊藤博文氏を好評価するベルツ氏は、朝鮮が飛躍的に前進したんは
「伊藤公が初代統監となって以来のことである。おだやかな手段を
好む人柄ゆえ、強権の発動は極力避けた。」
(『ベルツ日本文化論集』p211)。
それを日本統治時代全てに印象工作しょうる、おどりゃあ何なら。
ほいでわりゃ、「からのぅ。」「極悪や」じゃの広島弁が下手
すぎるわい。

538 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/06/13(土) 10:14:34 ID:7AO0/QC0O
日清戦争では〇〇師団が活躍した
日露戦争では〇〇師団が活躍した
とかに別けて話しをしないと駄目じゃないか?

539 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/06/13(土) 14:16:20 ID:mJYwo7TR0
>>499
中世、安芸国山県郡の『田植草紙』から

坂東殿ばらは弓は上手なるもの
空立つ鳥を射て落といたり
さても上手や空飛ぶ鶴を落といた
若い殿御が翔け鳥射たる弓手は
さても射たのふ見事や弓の姿は
(『田植草紙』晩歌一番)

重籐巻いたる弓のふりをしてな
坂東殿ばらの肩に掛からばやな
弓のふりして坂東殿御にほれたよ
何と言うても思うに寄らぬ我が身や
厳しいは坂東殿御の姿よ
(『田植草紙』晩歌三番)

540 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/06/13(土) 14:18:10 ID:mJYwo7TR0
『海道記』

抑相模国鎌倉郡ハ、下界ノ鹿渋苑、天朝ノ築塩洲也。
武将ノ林ヲナス、万栄ノ花万ニヒラケ、勇士ノ道ニ昌ヘタリ、
百歩ノ柳百タヒ中ル。
弓ハ暁ノ月ニ似タリ、一張ソハタチテ胸ヲ照ラシ、
剣ハ秋ノ霜ノ如シ、三尺タレテ腰ススシ。
勝闘ノ一陣ニハ爪ヲ楯ニシテ寇ヲ此ニ伏ス。
猛蒙ノ三兵ハ手ニシタカへテ互ニ雄称ス。
干戈威厳シテ梟鳥敢テカケラス。
誅戮罪キヒシクシテ虎狼永ク絶タリ。
此故ニ一朝の春ノ梢ハ東風ニアフカレテ恵ヲマシ、
四海ノ潮ノ音ハ東日ニ照サレテ波ヲ澄セリ。
貴賤臣妾ノ往還スル多駅ノ道隣ヲシメ、
朝儀国務ノ理乱ハ万諸ノ機カタカタニ織ナス。


(新日本古典文学大系)
鹿渋苑→麁渋苑。帝釈天の城外にある武器庫のごとき園
築塩洲→塩洲。唐代ここに築かれた城壁が匈奴の侵攻を防いだ
万栄ノ花万ニヒラケ…→養由基のような弓の名人がたくさんいる
勝闘ノ一陣ニハ爪ヲ楯ニシテ寇ヲ此ニ伏ス→死物狂いの白兵戦で敵を降伏させる
一朝の春ノ梢ハ東風ニアフカレテ恵ヲマシ→朝廷は幕府の威光によって栄え
四海ノ潮ノ音ハ東日ニ照サレテ波ヲ澄セリ→天下は幕府の威光によって平穏である
朝儀国務ノ理乱ハ→朝廷の儀式や政治の治乱は
万諸ノ機カタカタニ織ナス→機が多くの糸をさまざまに織るように、政務万端が見事に採られている

541 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/06/13(土) 16:40:29 ID:auo3xj+J0
>>538ナイスアイデア。日清、日露、支那、大東亜、それぞれで
チヤンピオン決定もおましろいね。

542 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/06/13(土) 16:50:42 ID:auo3xj+J0
>>537>それを日本統治時代全てに印象工作しょうる。
論理の飛躍もはなはだしいな。

被害妄想??

やはりコテ氏は・・

543 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/06/13(土) 22:04:27 ID:MC8kn+jo0
日露戦争なら橘中佐の静岡連隊だろうな

東日本最強は個人的に信濃だと思うが
いや戦国時代のイメージなんだけどね

544 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/06/13(土) 22:10:26 ID:MC8kn+jo0
日清戦争とか義和団事件とかなら
牛さんがおす広島師団の活躍が光る

545 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/06/13(土) 22:34:47 ID:gsamYW+1O
義和団事件は満州事変や、山東出兵、青島出兵、済南出兵などとともに、一括りにする。 

まぁ牛のきらいな東北、九州が総合的には上位です。

546 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/06/13(土) 22:42:05 ID:auo3xj+J0
恨み重なるチャンチャン坊主

西郷殺すも彼の為、大久保殺すも彼の為

とソウセキがいつてました

547 :名無し募集中。。。:2009/06/13(土) 22:59:11 ID:4EsS7RujO
皆さんにお聞きしたいのですが会津若松の二十九連隊はどうだったのでしょうか本で調べたんですが終戦間際の事しか書いて無かったので

548 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/06/13(土) 23:45:35 ID:7AO0/QC0O
>>541賛同ありがとう。
江戸の大関よりもおらの街の十両w
日露戦争第七師団が好きです。
北海道は人口が少なく東北との混成師団に成りましたが健闘したと思います。

549 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/06/13(土) 23:49:11 ID:MC8kn+jo0
北海道の部隊はノモンハンとかガダルカナルとか
危険な場所に送られとるね

550 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/06/14(日) 00:26:25 ID:dfNHcQOg0
243 :人間七七四年:2009/06/13(土) 11:36:26 ID:bbb4QrBJ
別所や播磨国衆が離反し秀吉窮地⇒もたもたしてて結局切り取られる
寝返ったのは南条宇喜多くらいで他は自力で侵略されまくりだしな
播磨や鳥取救援部隊も見事蹴散らされる
南条宇喜多にすら撃退される
いいとこなしの雑魚ゴミ大名
統制云々言うなら他の大名だってそこまで差ないだろ

244 :人間七七四年:2009/06/13(土) 11:40:03 ID:iudGri/m
国力や兵力に恵まれながら中央との戦いでいいとこなしなのは弱い証拠
中国はどうみてもレベルが低い

245 :人間七七四年:2009/06/13(土) 11:45:03 ID:y/DfNKN+
熊見川は毛利の捏造。播州軍記にしかない

橋津川対陣の逸話や三本の矢の教え、厳島の戦い。

捏造ばかりの毛利家

551 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/06/14(日) 17:03:54 ID:0stHdLSa0
>>540
一天万乗の大君に
手向かいする奴を
トコトンヤレ♪トンヤレナ♪
狙い外さず
ドンドン撃ち出す薩長土
トコトンヤレトンヤレナ♪


音に聞こえた関東武士
どっちヘ逃げたと問うたれば
トコトンヤレ♪トンヤレナ♪
城も気概も捨てて吾妻へ逃げたげな
トコトンヤレ♪トンヤレナ♪


トンヤレ節より抜粋


552 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/06/15(月) 00:30:42 ID:oGJCssin0
>>551
都市生活者の徳川武士は関東武士じゃないけどな
課せられた軍役負担の内容も、戦国関東大名とは全く違う


『続日本紀』
(天平宝字3年3月=759年)
東国の防人を罷(や)めしより、辺戍(へんじゅう)日に荒散せり。
如(も)し慮(おも)はぬ表(ほか)に、万一変有らば何を以(もち)てか卒に応へ、何を以てか威を示さむ。

(天平神護2年2月=766年)
賊を防ぎ辺を戍るは、本より東国の軍に資れり。衆を恃み威を宣ぶるは、是れ筑紫の兵のみに非ず。
人勇健に非ずは、防守済し難し。望み請わくは、東国の防人旧に依りて戍に配せむことを。

553 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/06/15(月) 00:31:09 ID:aPYxX5dT0
白馬青牛は何処へ?

554 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/06/15(月) 00:44:30 ID:DszTqSfI0
関東在住の武者だから関東武者でいいだろ別に
最新式の銃やら大砲持っている連中には
どうやったって勝てん

555 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/06/15(月) 15:18:20 ID:csZFQhoOO
時代と共に最強地域も移ろう。 

【兵は世につれ世は兵につれ】こんばんわ 中西東です。

556 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/06/15(月) 23:31:37 ID:aPYxX5dT0
>>531は変異型の新型インフルを患い旅立ちますた。。

557 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/06/16(火) 00:49:10 ID:1sdccewn0
勝手に死亡認定せんでくれ(苦笑
漢方薬(突っ込み禁止。生薬って意)を服用したら朝には全快していた。だから病院にも行かずにすんでたよ。

ベルツ日本文化論集も斜め読みした。ネタ満載なので妄想日記3も書けるんだけどね。
コテの恣意的な引用にうんざりしてモチベーションが失せただけ。

朝鮮北部に日本人が来たのは近近(唐入りの頃)のことであるのに住民は古代遺跡を日本人が作ったと信じていると有史以降に神話が形作られた例としているが当人も唐入りについて近代に作られた伝説を史実だと信じ込んでいたり、
明が救援に来なくても朝鮮軍単独で日本を海に追い落とせたってノリで唐入りを書いていたりする。
極めつけは朝鮮軍が日本軍に対して毒ガス兵器を使用したってとこかなw
コテは日本軍が毒ガス兵器を使用していたと記述があれば非人道的な兵器であることとベルツの記述が間違いであることを口を極めて主張するのだろうが、朝鮮軍が日本軍に使用していたのであれば朝鮮軍を擁護するんだろうかね?偉大な科学技術の勝利とか…



日本史板にも日教組主観の歴史観を主張するイタイコは偶にくるけどココが学問板だっていう自覚はあるから対応に困ったことは無い。
ブヨーって下品なコテですらこれは理解してくれている。自らの願望を演説するのが目的なコテってのは初めて。
強いて言えば伊達がこのコテに似てるかw
伊達はトンデモ電波をトンデモソースで騙っていたし一切の理論も受け付けなかったんだよな。
コノコテの場合はトンデモ電波を実在の文献に書いていると、話し手の意図と正反対の嘘をつくから始末が悪い。

これまでなら俺が電波を叩きはじめたら、当事者以外は話のけりがつくまで沈黙するのが普通。(世界史板は加勢が来ることもあるが)
>523のような奴が出てきたのも初めての経験。

今の心境は某アニメの主人公だねw誰か指紋認証前のアノ携帯俺にくれないかな。
>523のような奴ばかりがコノスレにいるのならコノイタの軍関係スレからは撤退して記憶を消してしまいたいね。
専門でもない分野の本を誰のために読んで時間を消費しているのかと思うと徒労感しか残らない。


558 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/06/16(火) 22:30:51 ID:XS7NhkdF0
全快オメwしかし、あんたはなかなか文才あるわ。長文にわたるのも一種の
誠実さのあらわれだろうw
一人の人物の著作、見方とゆうのは、抽出の仕方で諸刃の剣だね。

イザベラとベルちゃんの本、今度読んでみるわ


559 :白馬青牛 ◆B3h9hvY9bA :2009/06/17(水) 23:25:12 ID:kMUiTg3Y0
>>539
他スレでも云うたが、梶原の板東殿を討ち取った吉香の子孫の住まう
山県郡で創作話を押し付けてものう。まあ、関東勢は、駿河の新羅人の
反乱にも人海戦術でしか対処出来んほど弱兵じったが。

560 :白馬青牛 ◆B3h9hvY9bA :2009/06/18(木) 00:03:34 ID:Y1gpqaVY0
>>541
日清日露戦争から日華事変、大東亜戦争のチャンピオンは広島師団以外に
どこの師団があるんなら。広島師団長になられた仙台人の今村均将軍曰く
「明治以来、このように多くの戦場にやられた師団は、他になく、いつも
赫々たる武勲を立てている。こんな比類なき戦歴を、私のときにけがす
ようなことがあっては、君国に対し奉り、又郷党父老に対し、かつ幾十万の
師団の先輩に対して申し訳ないことになるとの責任感が、身と心を
ひきしめた。」と、まあ広島師団は他地域師団と違う「比類なき武勲」の
特別の師団じゃけぇのう。
>>542
あんたの朱子学的勧善懲悪論で、日本は善で中韓は悪と云う前提が
出来とるだけじゃ。中韓にも長短あり、日本民族にも長短ありと
普通に考えられるもんじゃが。
>>543
遼陽の一戦闘だけで、静岡連隊やら近衛の花の梅沢旅団じゃの、
たまたま命令違反でも発砲したらロシア軍が逃げたおとぼけ仙台師団の
お笑い夜襲じゃのたぁ、第二軍、第四軍で正面でロシア軍と
ガチンコで戦闘した広島師団や金沢師団が日露戦争の真の武勲師団よ。
まあ、名古屋師団も、兵力で優る第一軍の小倉、仙台、近衛の各師団よりは
実績で優っとるが。
>>544
日清、北清、日露、日華、大東亜(マレー戦のエース広島師団)と全てじゃ
けど。
>>545
ほう、東北や九州の兵団に広島師団以上の戦歴と実績なんかあったん
かいのう?総合的上位云う戦績を具体的に云うてみい。
広島師団に及ばんだけじゃのうて、姫路や金沢の師団にも及ばんのが、
東北や九州の師団よ。

561 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/06/18(木) 00:23:35 ID:rEBdxjUoO
奉天開戦で一番乗りしたのは 
熊本6師団では? 



562 :白馬青牛 ◆B3h9hvY9bA :2009/06/18(木) 00:48:22 ID:Y1gpqaVY0
>>549
若松29iは、ガ島で軍旗と共に玉砕。昭和19年に再軍旗を授与され
ビルマ方面に行ったんですよ。
>>548-549
戦場は何処でも危険ですわ。北海道の兵団はノモンハン〜ガ島まで負け戦で
健闘はしましたけど、勝利に繋がっておりませんねぇ。
>>550
反毛利厨のコピーか。中央との戦いなんかしとらんよ。羽柴勢の多くは
中国東部勢じゃし。宇喜多と戦闘して負けた根拠すら提示しとらんじゃ
ないか。
>>552
軍役なんか正確な兵力なわけあるまいに。非正規軍が状況によって、
どっちに付くか判らんのが戦国期じゃ。
磐井の乱や肥前通牒事件で新羅寄りの新羅の九州に設置された東国防人
奴隷兵なんか、駿河の新羅人反乱で人海戦術でしか戦力にならんことは、
判りきっとろう。新羅人一人に対し、東国人は十人か二十人で互角に
なるんかのう?
>>554
幕末に丹波山国隊は小銃で関東勢を蹴散らしたが。
南北朝の頃も、播磨悪党に蹴散らかされた新田軍ものう。
関東は近畿に対して全敗じゃないか。源平の頃は熊野や河野の水軍が
仲間に加わっとるし、関東勢だけで近畿勢を制圧した歴史なんか無いよ。
逆に、河内源氏が東国の豪族を支配化したことはあるけど。
関東の負け癖劣等感が奥羽藩士出身の原勝郎氏や石母田正氏の左翼史観で
敗北した西日本に対する劣等感の鬱憤を晴らす気分なんじゃろうけど。

563 :白馬青牛 ◆B3h9hvY9bA :2009/06/18(木) 01:19:56 ID:Y1gpqaVY0
>>553
何処に云うか、アク禁中でここに書けんかったよ。
>>557
日教組主観の歴史観は、あんたら朱子学国粋主義歴史観と違いがあるんか?
話し手の意図と正反対の嘘たぁ具体的に提示せにゃあ。おどれは
わしを嘘つきと云うたんじゃけぇ、吐いた唾飲まんとこのスレに提示
せいや。
あんたが他者に対するわしを嘘つき者工作をしょうるが、
他者に対する工作活動が、日本人の誇りを示す行為であると断言出来るかも
問いたいが返答は如何に?ほいで名無しで罵倒すなや、売国奴の外道の
分際で。わりゃわしに因縁つけよるんならコテをつけんかい。
まあ、全体的にあんたの文は抽象的で具体性に欠けるのう。
>>561
熊本第6師団のは、武勲を野蛮視する畿内文化人の司馬遼太郎氏の
「坂の上の雲」の創作で、奉天一番乗りは、3月10日15時に、風評低き
大阪第4師団じゃったよ。まあ広島師団は決勝戦の奉天会戦で、
正面でガチンコで戦闘しとるけぇ、一番乗りには無縁じゃが、
他板に書いとるよう功績から軍感状を授与されたわい。

564 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/06/18(木) 13:06:55 ID:wYaslnur0
こんな左翼運動とも深い「つながり」が……

民主党と「慰安婦」問題との結びつきは深く、民主党議員のなかには公費で出張し、
ソウルの日本大使館前で行われた「慰安婦」による反日デモに参加した国会議員も
いるほどです。民主党の「慰安婦」法案は、日本では「バウネット」という団体が
もともと主張していた内容ですが、この団体はかつて「女性国際戦犯法廷」なるものを開き、
昭和天皇と日本政府に「慰安婦」問題で有罪を主張したという左翼団体。民主党幹部は昨年11月
にバウネットを中心とした「アジア連帯会議」に対して、「慰安婦」法案の推進を約束しています。

 また、「戦争被害調査法」は、民間では「戦争被害調査会法を実現する市民会議」
が推進していますが、この団体は靖国参拝反対運動の中心人物とバウネットの代表者
の二人が共同代表の団体です。

 さらに、フェミニズム政策は民主党議員と「北京JAC」
(ジェンダー概念を導入した北京会議行動綱領の実現を目指して作られたフェミニズム組織)
とが一体となって推進しています。
この北京ジャックの共同代表の一人は、あの「女性国際戦犯法廷」の呼びかけ人の一人でもあります。

日本政策研究センター
民主党は「第二社会党」!?
http://www.seisaku-center.net/modules/wordpress/index.php?p=610
2009年2月4日(水曜日)

565 :名無しさん@お腹いっぱい:2009/06/18(木) 21:49:11 ID:6fZCFS+D0
太平洋戦争の第一線で血みどろの戦いをしたのは九州や東北の兵団。ガダルの青葉支隊の勇戦。フーコン、ミートキーナと
戦い抜いた菊と龍。?国軍最強?の廣島師団はいずこにありや?植民地軍ではなく米軍を相手にどの程度の戦績を挙げたか是非教えてほしい。

566 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/06/18(木) 23:32:35 ID:VJ7XxoW/O
橘丸に乗ってましたよ。。

567 :白馬青牛 ◆B3h9hvY9bA :2009/06/19(金) 01:33:42 ID:GL3vpPnr0
>>565
負け戦さの羅列か。しかも菊と龍は米軍とは戦闘しとらんよ。
廣島師団はマレー戦の連続戦闘で疲労し、戦後マラリア患者が多発して
使える状態に無かったよ。コタバル上陸とシンガポール戦だけにお茶を
濁した脇役の久留米の菊たぁ違うよ。廣島師団として対米戦闘は無かった
が、ニューギニアでは浜田連隊第三大隊が参加し対米豪軍と戦闘し、
宇都宮51Dにも戦闘指導しとるよ。中野51D長が5Dから派遣された浜田聯隊を
君らの部隊は羨ましいとされたのも、歴戦の廣島師団と関東兵団の
兵の資質の違いであろう。

568 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/06/19(金) 19:16:34 ID:LR8sB/bC0
尾張兵は弱いという風説は司馬亮太郎の小説からきているというが
東北兵、九州兵は強いというのも司馬の風説なわけか?
他の地域と比べて特別戦績がいいように思えないんだ

569 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/06/19(金) 19:24:04 ID:LR8sB/bC0
>>565
ガダルカナルでいいとこはあったか?

570 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/06/19(金) 20:42:27 ID:YccQ9F5SO
白地図に補給も満足に受けられない部隊に、活躍を求めるのは酷だろ?

571 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/06/19(金) 21:22:34 ID:LR8sB/bC0
ガダルカナルで勇戦とはいえない
川口支隊は700名の海兵に撃退されたし

572 :名無しさん@お腹いっぱい:2009/06/19(金) 22:41:20 ID:4ccFgSWi0
567>コタバル上陸とシンガポール戦だけにお茶を
濁した脇役の久留米の菊たぁ違うよ。
  
  菊の主力は強襲上陸のために待機を命ぜられていたわけで、別に脇役というわけではない。
>ニューギニアでは浜田連隊第三大隊が参加し対米豪軍と戦闘し、
 宇都宮51Dにも戦闘指導しとるよ。

 それで勝ったのか?第5師団を悪く言うつもりはないが、婦女子を相手にババルの虐殺やったり、
体質は他の師団と変わらんよ。最前線で国のために悪戦苦闘した東北や九州の師団のほうがまし。
  

573 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/06/19(金) 22:59:12 ID:LR8sB/bC0
九州や東北の部隊だけが最前線で悪戦苦闘したわけじゃなし
第6師団の軍紀は悪かったらしいし


574 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/06/20(土) 00:06:06 ID:nyasatVj0
しかし九州師団がエース視されつねに、激戦地や重要な、作戦に投入されたの
は事実。

575 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/06/20(土) 00:14:24 ID:+b9NJ5ht0
九州と他地域の連隊の
戦果や戦場を見ても
それほど差があるとは思えない

576 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/06/20(土) 01:10:17 ID:bZojKhlU0
週刊新潮 [ 2009年06月25日号]
ノモンハンは「勝った」−辻政信・未公開手記は語る
http://s03.megalodon.jp/2009-0620-0104-23/www.excite.co.jp/News/magazine/MAG5/20090618/74/

新たに公開された手記によれば、現地軍は「勝った」と思い、攻勢をかけようとしていたのに、
参謀本部が負けたと思い込んでしまったらしい。
新潮記事は全体として、従来の「日本が大敗した」という見方はロシア側が公開し始めた資料
によって覆されつつあるという前提。
そして、辻政信は、そのことに誰よりも早く気付いていたという記事内容。
記事には書いてないが、実際、関東軍は大規模な援軍を送ろうとしていて、ソ連軍はそれに
おののいていたのは事実だ。

577 :白馬青牛 ◆B3h9hvY9bA :2009/06/20(土) 01:33:03 ID:9qPEcgMf0
>>568
東北や九州の辺境兵が強い云う風説は司馬氏以前に、東国人が
書いた戦国期の『人国記』にネタ元があるよ。
実際の戦績と一致せんけどね。まあ、東国人は畿内に対する劣等感で
自らを辺境人として、文明的脆弱に犯された畿内や西国の人間と
して妄想設定しよる。明治期に南部藩士の原勝郎氏なんか、
畿内・西国だけじゃのうて九州までシナ文明に侵された軟弱な
人間とされとるが、戊辰戦争に敗れた劣等感が西日本全体憎しに
つながっとるんじゃろう。
鎌倉幕府を賛美する関東史観よりの司馬遼太郎氏も東国流の
辺境強兵説に従がうたわけじゃ。
辺境は征伐された歴史から、負け癖が付いとるけぇ、ガチンコの戦闘
に不向きなんが現実じゃけどね。
>>572
久留米の「菊」は、マレー戦で連闘しとらんし、マレー作戦参加予定
じゃった久留米兄弟の「龍」は結局必要無しと判断されとる。
脇役の雑魚久留米兵団程度に期待しとらんかった云うことよ。
久留米師団の体質と広島師団の体質の違いは今村均将軍も
広東の占領地域で差があったことに言及しておられるよ。
久留米菊師団が占領した地域は、そりゃあ現地民は逃げるよ。
強姦・略奪・盗人部隊として悪名高かったけんのう。
>>574
九州師団がエース視された?確か第二次長沙作戦では
熊本第六師団は、名古屋第三師団と互角のエースとして投入
されたが、中国国府軍相手に敗北して逃げ帰ったよ。
後の熊本第六師団は南方戦線で逃げ道が無かったけぇ残念なのう。

578 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/06/20(土) 03:36:46 ID:UxTKXDih0
誰かさんみたく投降なんかせず自活してますたがなにか?

579 :名無しさん@お腹いっぱい:2009/06/20(土) 15:07:29 ID:vHM/8hvF0
>577 あなたはホント廣島マンセーだね。久留米「龍」はマレー戦に投入予定だったが、順調に戦局が推移したのと
南方軍がフィリピン方面への助勢を要請したので、山下司令官が「龍」と砲兵部隊の転用を決断した。龍はシンガポール
攻略時の決戦兵力として期待され、その頃は内地で準備中だった。これが真実です。
     
>久留米の「菊」は、マレー戦で連闘しとらんし・・・
 用兵上、そうなっただけのこと。山下将軍は第18師団に大きな期待をかけ、菊の敵前上陸を最終的に回避させ、
 これをシンガポール戦にまにあうように車両輸送を行った。こうした高配は山下将軍と牟田口師団長の人間関係に
 よるものとされている。 
  

580 :白馬青牛 ◆B3h9hvY9bA :2009/06/20(土) 23:01:48 ID:9qPEcgMf0
>>579
こんなあ、久留米の菊と龍をマンセーしとるのう。
龍がシンガポール決戦に期待されたんなら、山下司令官や辻さんが
嫌うた近衛師団をマレー戦に投入せずに、龍を使うわいや。
菊の第18師団に大きな期待があったんなら、廣島第5師団の替わりに
マレー戦の主力として連闘させとるよ。
功名心が強い牟田口師団長は、マレー戦で休養させ、シンガポール攻略で
入城を望んだんじゃろう。ほいで大村第55聯隊が英軍の逆襲で
壊滅的打撃を受けて、多くの部下を死なせたけぇ自分も死ぬじゃの
芝居じみた演出を披露しただけのことよ。
じゃが、大村聯隊が茶釜にされて、脇役久留米は英軍の士気を高めた
けぇ、久留米は脇役のくせにエースの廣島の邪魔だけはするわい。

581 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/06/21(日) 00:26:12 ID:+lbALEYF0
>>580
茶釜ってなんですか?
あと投降より自活のほうが上ですがなにか?

582 :名無しさん@お腹いっぱい:2009/06/21(日) 10:22:20 ID:gj/cK2rm0
>580龍がシンガポール決戦に期待されたんなら、山下司令官や辻さんが
嫌うた近衛師団をマレー戦に投入せずに、龍を使うわいや。

  1000キロを70日で縦断するには機械化師団が必要だったということ。龍は新設師団で11月に動員完了したばかり。
  急場には間に合わなかった。16年3月に佐世保大演習をやった第5師団のようにはいかんよ。

>菊の第18師団に大きな期待があったんなら、廣島第5師団の替わりに
 マレー戦の主力として連闘させとるよ。

 菊は歩兵師団。それくらいわかってるでしょうに。よって電撃戦には不向き。
 杭州湾、バイアス湾と敵前の強襲上陸に多用された。




583 :白馬青牛 ◆B3h9hvY9bA :2009/06/22(月) 01:06:34 ID:tfN4DQFd0
>>581
茶釜たぁ、軍隊用語で、処置が無いほど敵に負けとる状態のことよ。
>>582
機械化云うてもマレーの湿地で役に立たん自転車で。
龍は新設師団でも菊の歴戦の兵士が再招集されとるけぇズブの素人じゃ
あるまいし。菊は電撃戦云うか、連闘に不向きじゃろう。
杭州湾の先陣は広島第五師団から派遣された福山第41聯隊(国崎支隊)で
柳川司令官より感状を授与されとる。先陣二番手は熊本師団の中で
最も勇猛な熊本第13聯隊で、久留米の菊は雑魚程度にしか見なされとらん。
バイアス湾上陸でも沿岸部を占拠した久留米の菊と南寧攻略の予行の為、
内陸部の山地へ行軍した広島師団とは違うのう。所詮久留米は脇役よ。
しかも、現地民が避難するほどの嫌われ者の菊じゃ。
上陸師団の実績としては、広島師団>>>善通寺師団=久留米師団じゃろう。

584 :名無しさん@お腹いっぱい:2009/06/22(月) 23:21:54 ID:GBTk+ivY0
583>久留米の菊は雑魚程度にしか見なされとらん。

ホント、あなたは廣島マンセー、我田引水。杭州湾の主役が国崎支隊というのはどこから出た話なの?
菊の精強ぶりが評判になったのがこの時期。熊本6師団は定評通りの強さだが残虐性も
発揮した。国崎支隊は感状をもらったというが、目立った活躍を示す資料をみつけられない。
感状なら、たとえば第6師団都城聯隊は日露戦役だけで11回も感状を受けてるよ。
勲章と違って手続きも簡単。加藤隼戦隊も7度重なる感状・・・ってのがあったなあ。
それにしても、ホント菊には廣島がつきまとってるよ。

585 :白馬青牛 ◆B3h9hvY9bA :2009/06/23(火) 02:27:18 ID:Y75vBGyQ0
>>584
国崎支隊への感状は、12月16日の日付けで、状文には、「軍主力
上陸成功ノ根基ヲ形成セリ」とある。
菊の精強ぶり云う具体的戦闘による根拠は?
第6師団の都城聯隊が日露戦役だけで何と11回の感状?
部隊じゃのうて兵士の個人感状まで加算しとるんか?
どこの史料を引用したんか知らんが、ハッタリ吹くのう九州人は。
山砲隊なら久留米独山のように十回以上感状が授与されるが、
歩兵部隊じゃあ、連続感状自体、異例なんで。

586 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/06/23(火) 20:01:22 ID:6CtkpXLjO
>>584都城の感状のソースはなんなの?

587 :名無しさん@お腹いっぱい:2009/06/23(火) 21:13:33 ID:kIZoUguc0
>586『熊本兵団戦史』 同編さん委員会 熊本日日新聞社.

588 :名無しさん@お腹いっぱい:2009/06/23(火) 21:34:57 ID:kIZoUguc0

>585 http://yfm24651.iza.ne.jp/blog/entry/625736/

589 :名無しさん@お腹いっぱい:2009/06/23(火) 23:08:34 ID:kIZoUguc0
585>国崎支隊への感状は、12月16日の日付けで、状文には、「軍主力
   上陸成功ノ根基ヲ形成セリ」とある。

要するに、脇役としての役目をよく果たした、ということね。

590 :白馬青牛 ◆B3h9hvY9bA :2009/06/24(水) 00:29:51 ID:/zrIeWdE0
>>587
『熊本兵団戦史』は、熊本第6師団敗戦の第二次長沙作戦の記述が
無く、南京事件の虐殺も都合が悪りいことは隠蔽しとる史料として
評判は良うないのう。日露のどこの戦場で感状を授与されたんか?
11回云うたら会戦回数を上回るけぇ、一会戦に数度感状云う
ことになるじゃないか。兵士個人感状を加算せんと妄想の
世界になるど。
>>588
ほいで久留米第18師団は、杭州湾上陸の雑魚じゃったが、
感状は授与されとるんか?
勇名云うて中文ウィキにも、第18師団にそういう文言は無かったど。
日本最強なんか夢もまた夢で、自己妄想も甚だしい。
「菊」を御紋章にこじつけ、虚勢を張るところは九州人の特性じゃ
のう。虎の威を借る狐よ。マレー戦でもコタバル上陸しか
大した武勲も無い。マレー戦の戦闘経過は参加しとらんけぇ
以下省略で九州人らしいラッパばっかし吹きよる。
ハッタリ、虚言癖は朱子学の影響の強い、九州人の特徴じゃけぇ
しょうもないが。
>>589
「根基ヲ形成セリ」のどこが脇役なんか?

591 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/06/24(水) 00:53:55 ID:AJxATbLgO
>>590久留米には「龍」もおるで

592 :名無しさん@お腹いっぱい:2009/06/24(水) 22:25:08 ID:ocAtHga30
>590 菊が強かったというのはあんたが認めんでも敵将や敵兵が認めてるよ。大東亜戦争第一撃の敵前上陸が廣島師団でなくて
残念だったねえ。菊の強襲上陸によって、軍主力は空襲にも遭わずに済んだ。感謝しなさい。

「菊」は天皇家の御紋章。軍艦の舳先にも小銃にも御紋章が輝く。陛下の承諾なしに「菊」を名乗ることは
できない。武勇の誉れ高いからこそ第18師団にこの秘匿名がゆるされた。588読んだの?
まあ、何を言っても池の鯉君にはわからんか。

593 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/06/24(水) 22:30:39 ID:L8HhsZSZ0
第六師団の兵たちは皆、前を向いて額を打ち抜かれて死んでいた。
これが虚勢だろうか?虚勢というのは死ぬる覚悟もない癖に日頃
は、大きな事ばかり抜かす、益せん坊のヨカブイのことであって
前を向いて死んだ英霊に虚勢というのは実にばちあたり。






594 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/06/24(水) 22:40:05 ID:L8HhsZSZ0
また伝家の宝刀、第二次長沙を出すんだろうが、出すなら
証拠も出してもらえますか。。

595 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/06/24(水) 22:42:59 ID:L8HhsZSZ0
>>592大東亜戦争の陸の先陣が九州師団か・・

天皇陛下万歳!!

596 :白馬青牛 ◆B3h9hvY9bA :2009/06/24(水) 23:18:28 ID:/zrIeWdE0
>>591
「龍の方は、九州兵団に珍しゅう軍紀厳正じゃった。
ビルマでは「菊は戦争も強いが、乱暴略奪も人一倍やる。
菊の通過した跡にはネコの子一匹いない。龍も戦争は強いが、
乱暴略奪はしない」と兄弟師団の評価があった。
「龍」の方が再召集された兵が多い為か、金光氏のような
立派な部隊長がおられた為か。まあ慰安婦付きじゃったけんのう。
伊藤桂一氏は「慰安婦がいちばん兵隊の役に立ってくれていることは
事実だが、慰安婦も多くは欺されて連れてこられたのである。
 女っ気がないと、夜も日も明けないのは九州兵団らしく、
久留米の「龍兵団」は北ビルマまで女を連れて行っている。
ついて行ったのは大半が天草女で、おそらく好きで?ついて行った
のであろう。」とオブラートに包んだ表現で書いておられるが、
「女っ気がないと、夜も日も明けないのは九州兵団らしく、」
はっきり云うと九州兵団の兵隊は歩く生殖器じゃけぇ、
現地の女性にとって剣呑じゃわい。

597 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/06/24(水) 23:41:09 ID:L8HhsZSZ0
>>596
歩く生殖器おおきに結構。若き日本男児たるものそのくらいで
ないといかん。戦争もsexも生存の為に他ならない。
戦争とsexはそもそも同義である。

奇麗事ばかりで歴史が語れるか!

天○女性は底抜けに明るく、したたかで好きモンである。




598 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/06/24(水) 23:46:02 ID:L8HhsZSZ0
>>596
>現地の女性にとって剣呑じゃわい。

現地人の粗チンに比べ九州男児の天を衝く怒張は
まさしく「剣」だったでしょう。

599 :白馬青牛 ◆B3h9hvY9bA :2009/06/24(水) 23:48:17 ID:/zrIeWdE0
>>591の続き。伊藤桂一氏は他にも「これはビルマでの話しだが、
某兵団で、どうしても強姦事件が絶えないとみて、内々に強姦を
認めた。一度も内地に還れず戦場に在る。この兵隊たちに、
軍紀厳正、強姦必罰というような公式は、いかに軍隊でも押しつけ
られなかった。しかしビルマは親日国で、かつ民衆は熱心な仏教徒
であり、強姦などは行えない。残された方法は証拠の湮滅ーつまり、
犯した相手をその場で殺してしまうことであった。」
「某兵団」とは「乱暴略奪も人一倍やる。菊の通過した跡にはネコの
子一匹いない。」>>592が九州人らしゅうハッタリ吹かす、
御紋章部隊じゃ。天皇陛下が何月何日の日付けで、承諾したんか?
根拠も提示しとらんが、その御紋章を汚しとるのう。
「菊」はビルマ行軍中、女を見つけたら、強姦しては殺し、
強姦されたビルマ女性の遺体には陰部に棒を突っ込んどった。
親日国でも、そんなの関係ねえ!オッパッピー。じゃのう。

600 :白馬青牛 ◆B3h9hvY9bA :2009/06/25(木) 00:41:51 ID:VpxkrIoS0
>>592
マレー戦で「菊」がコタバルじゃのうて、シンゴラへ行っとても、
強引な強襲で犠牲者を出して、広島師団に泣きを入れるんじゃろうのう。
ビルマでも、派遣軍最強はリード大佐が世界最強の評価した姫路の「兵」
じゃし、「菊」の強さは、敵の兵器・弾薬を盗ってくる略奪の腕前じゃ
ろう。さすが盗人部隊。ガ島でも、ビルマでは「烈」兵団に属した、
久留米「菊」から離された、福岡124iは、同じ日本軍の友軍からも、
盗人しとったけぇ、手癖の悪さは相当なもんじゃ。
>>593-594
熊本第六師団に限らず、久留米師団でも、九州兵団の戦死者は眉間を
射抜かれて死んだ者が多かったことは、伊藤桂一氏の云われとるのう。
特に熊本兵団の立ち撃ちは、強弱は別として上層将校で観戦しとる連中は
九州兵団の命知らずの勇猛振りは楽しかろう。肉を切らして骨を断つ強引な
強襲じゃけぇのう。じゃが敵が逃げ道が無うて、士気旺盛の場合は
熊本58Dの衡陽攻略のようにほぼ全滅になろうで。敵とガチンコしたら
熊本兵団も大して強うも無い。
結局立ち撃ちなんかも戦友や敵に対する見栄っぱりの自己の内面の弱さを
隠す虚勢じゃけんのう。九州人はハッタリ虚勢張り、弱さや都合の
悪りいことは隠蔽する体質じゃ。第二次長沙作戦の敗北も余程隠蔽した
かったじゃのう。
ほいで「英霊」云う権威に頼る弱さも九州人の特徴で、強い者には諂い、
弱い者には威張るけぇ、つまらんよ。
>>595-597
マレーで久留米は先陣じゃのうて攻撃開始時間が早かっただけで。
女は力づくで犯す九州人らしい見解じゃのう。
戦前から天草女は好きもんで知られとるが、九州は男も女も好きもんじゃ
けぇのう。
>>598
久留米第十二師団の「剣」は、兄弟「菊」の女の陰部に棒を突っ込む
象徴と云うわけか。

601 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/06/25(木) 00:52:41 ID:0IkEleKc0
日本兵より数段強いモロ族やグルカ兵やモンゴル・テュルクからみたら
広島も九州も大してかわらないだろ

602 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/06/25(木) 21:15:02 ID:ft7s5wa90
>>600>見栄っぱりの自己の内面の弱さ
見栄で命を捨てられるだろうか?仮に見栄があったとしても命を
捨てた時点でそれは見栄ではなくなるし、人の命はそんなに軽い
ものではない。

人間は木の股から生まれた訳ではない!!

>第二次長沙作戦の敗北も余程隠蔽したかったようじゃのう。
しつこい!この叔父貴にリアルでネタを握られたが最期、終生
引っ張られそうで怖い・・
それに第二次長沙は辻の基地外の作戦と、身の程もわきまえずに
第6師団に先陣争いを挑んだ第3師団の責任もある。

余程橘丸投降事件を隠蔽したいようじゃのう。



603 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/06/25(木) 21:26:42 ID:ft7s5wa90
>>600
先陣じゃのうて攻撃開始時間が「早かった」だけで。

それこそが先陣じゃないか?

いずれにせよ久留米師団が大東亜戦争の「一番槍」をつけたことには間違いない。

604 :名無しさん@お腹いっぱい。::2009/06/25(木) 21:42:00 ID:zf4RVjYD0
>600 「兵」はビルマ最強ということなので楽しみに「ビルマ最強」でググってみたら、出てくるのは菊兵団のことばかりだよ。
なんとも奥ゆかしい師団だ。最強の兵団が、なんでインターネットでヒットしないのか不思議だ。

烈の124iはガダルで壊滅して補充兵だらけ。往事の面影はないよ。

第6師団は南九州人の特徴がよく表れてる。強襲には強いが受けには弱い。
イケイケだが、大ざっぱで熱が冷めやすい。長沙戦はアホな司令官がアホな
作戦をやったのが敗北の原因。兵の強弱とは関係がない。

菊は攻めも受けも強い。特に筑豊川筋者と山口豊浦出身者の勇敢さが目立つ。
塹壕掘りは得意中の得意。発破もお手のもの。銃剣術も総じてレベルが高いので
白兵戦には強い。

あんなと違って「鯉」を悪く言ったりはせんよ。紳士的じゃろう。

605 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/06/25(木) 22:01:42 ID:ft7s5wa90
>>604
受けには弱いってあんた。具体的なソースは???

606 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/06/25(木) 22:07:02 ID:ft7s5wa90
>>604朝鮮陣の島津は脅威的な受けの強さを発揮しているよ

607 :白馬青牛 ◆B3h9hvY9bA :2009/06/25(木) 23:14:43 ID:VpxkrIoS0
>>601
グルカ兵は、マレー戦でも英印軍に加わっとったが、
広島第五師団の銃剣突撃にビビッたよ。モンゴルや特にチュルク系は
騎兵に強いが、接近白兵戦闘は苦手じゃろう。ノモンハンのモンゴル
軍でものう。
>>602
再び伊藤桂一氏の書かれた第二次長沙作戦。
「日中戦争間の一番乗り争いで、伝説的に知られているのは第二次
長沙作戦であろう。これについては、第四十師団歩兵ニ三六連隊の
中隊長を勤めていた久米滋三元大尉の記す「ある中隊の手記」の
中の一節を抜粋しておこう。第三(名古屋師団)と第六(熊本師団)の
せり合いのおかげで、鯨(第四十師団)は大いに巻き添えの迷惑を
蒙っているのである。
「(中略)大きな作戦になってしまった原因は、第三(名古屋師団)第六
(熊本師団)の両師団が、平素から日本一の精強を誇り、お互いに
競争意識が強かったが、たまたまこの作戦においても並列された
ため、先陣争いとなり、軍司令部もこれを制止することができず、
(しかし事実は阿南軍司令官の決意によるもの)特に弾薬不足のため
大きな損害を生じ、第六師団の一コ大隊が丸々行方不明になって
しまうなど、真に悲惨なものとなった。」以下続く。

608 :名無しさん@お腹いっぱい。::2009/06/25(木) 23:34:03 ID:zf4RVjYD0
>606 「島津奔る」読んでみたけどね、ホントつり野伏せ好きだよね。明軍も四国勢(場面は変わるが)も
これに引っかかるからね。しかし輜重隊を持ち足軽まで銃装した秀吉の近代軍に敵わぬと見るや直ちに降伏、
西南の役でも形勢が不利になると熱も冷め、大量の投降者を出して主力は山中放浪。
その点、熊本兵の方が剽悍だと思う。四境戦争の小倉赤坂峠では戦慣れした長州奇兵隊を敗走させている。その時は
白兵戦でも互角以上の戦いをしている。

609 :白馬青牛 ◆B3h9hvY9bA :2009/06/25(木) 23:53:02 ID:VpxkrIoS0
>>607の続き。「軍主力である第三、第六師団の一部は、湘江西岸岳麓山に
陣地を占領していた重砲から猛射を受け、かつ両師団とも優勢な敵の
反撃を受けて損害続出し、脱出も困難になり、わが第四十師団に対し、
長沙方面へ急進、亀川連隊(高知236連隊)に大山塘付近の要点を確保させ」
このため、亀川連隊は苦戦を重ね、陣地撤退時の戦闘に堪える兵力わずか
四十名でしかなかったという。
たしかに第三師団も鎮台以来の精鋭師団であり、第六師団も「胸をたたけば
ひと押しにたちまち落とす城の数、日本一の六師団」と歌の文句通りの
強豪師団である。長沙城の先陣争いが話題になるはずである。
しかし「熊本兵団戦史」には第二次長沙作戦の記述はない。」
ほいじゃが、名古屋師団と熊本師団の両師団はどっちが強いんじゃろうか。
軍上層部の人達は案外どっちが強いか賭けしとったんかも知れんのう。
どうせ死ぬんは兵士じゃし。ところが両師団とも散々にやられて、
あわてて四国の第四十師団に救援させたが、これも茶釜になってしもうた
程度の軽い気持ちで作戦立てとったんかも知れん。
熊本師団は歌の文句と違い、「ひと逃げに遁走する六師団」を演じ、
九州の都合の悪りい事象は隠蔽する体質で、第二次長沙作戦の敗北は
記述する気が無いんじゃろう。橘丸は戦闘しとらんし、広島の郷土戦史にも
隠しとらんが、熊本第六師団が中国国府軍に敗北遁走した事実は
余程都合が悪りいんじゃのう。

610 :白馬青牛 ◆B3h9hvY9bA :2009/06/26(金) 00:27:18 ID:8epi43kv0
>>603
シンゴラとコタバルが同一戦場じゃあるまいし。
いずれにせよ、久留米師団はコタバルで死傷者続出で連闘出来ん。
強引な強襲で肉を切らして骨を断つ九州兵団の個性じゃが、
相手がガチンコの時はシンガポール戦の大村聯隊のように茶釜になるのう。
>>604
菊兵団賛美のハッタリ九州人が電波飛ばすけぇのう。
アラカン山で奮戦した姫路の「兵」のことが出とらんけぇのう。
伊藤正徳氏はビルマ派遣軍最強とされ、英軍のリード大佐も世界最強と
されとるよ。
菊の白兵戦が強い云うんは初耳でどがいな根拠があるんか?
九州兵団は、元熊本58Dの川崎春彦氏がほとんど白兵戦なんか無かったと
されとるけど。正面の接近で白兵戦となる展開が多かった広島師団に
較べ白兵戦の経験は乏しいんじゃないか。むしろ九州兵団は、距離を
とった立ち撃ちじゃろうに。
>>606-608
島津は、泗川の戦いじゃの明らかにバレる誇張のホラ吹いとるのう。
島津は、毛利や黒田勢に勝ったこともない。黒田には近国野郎の根を断つと
釣り野伏り要員も、磔にされたよ。
まあ、熊本は九州で一番強いじゃろうよ。文禄・慶長の役でも島津よりは
比べ物にならん激闘を経験しとるし。熊本藩は奥羽相馬方面にも参加した
が、広島藩の最強の安芸神機隊や鳥取藩の活躍で今一つ活躍しとらんかった
けど、筑前藩が仙台藩に負けたんと較べたらましじゃ。

611 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/06/26(金) 06:19:37 ID:ziwntKgD0
1











http://gac.main.jp/numbers/index.html


612 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/06/26(金) 20:43:45 ID:vXoaTort0
>>607
> 第六師団の一コ大隊が丸々行方不明になってしまうなど、真に悲惨なものとなった。

2個大隊が、全く無傷で隊長ごと丸々捕虜になった間抜けな歩兵連隊がありましたなぁ。あれはどこの師団の連隊でおましたかのぅ。
wikiや新人物とかの連隊史では、終戦時所在地が豪北になってはりましたが、3個大隊のうち2個大隊が終戦をマニラの捕虜収容所で
迎えてるんですから、終戦時所在地はマニラでよさそうなもんですがのぅ。
こういうのこそ「真に悲惨なものとなった」って言うべきなんじゃいないんですかのぅ。

613 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/06/26(金) 21:38:44 ID:0VCM6owH0
>>608
>ほんと釣り野伏せ好きだよね。
まあ、相当効果的な戦術だったんだろうね。その反面、かなり難易度
も高かったんじゃないかな?しせんの時は、立花宗茂や対馬の宗さんの
加勢申し出を断って、釣り野伏せで明軍をやつけている。
相当、連携と熟練が必要だったんじゃないかな?
武名高い立花氏や、対外戦慣れした宗氏の応援を断ったんだから。
この後、義弘は、五大老から、このたびの働き実に古今無双と
激賞され、加増されている。ちなみに朝鮮陣で加増されたのは
島津だけ。義久にせがんで釣り野伏せの話を聞いた家康いわく
「おそるべき計りごとなり」だってよ。








614 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/06/26(金) 21:50:21 ID:0VCM6owH0
>>610
明らかにバレる誇張のホラ
ソースはなんですか???
島津とは比べ物にならん激闘??

ほいじゃが、名古屋師団と熊本の両師団と・・

織田徳川や今川斉藤の兵の末の名古屋師団もかなり強かったでしょうね。

615 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/06/26(金) 22:18:14 ID:0VCM6owH0
>>612
あれが九州の部隊なら、自沈をえらぶか、船内蜂起で気骨を
見せただろうね。
寺内大将は、前代未聞の友軍撃沈命令をだしてるし、他地域
出身の師団長は戦後追い腹を切った。
無傷の部隊が戦わずまるごと投降。光輝ある帝國陸軍史実の
一大汚点と云うほかない。


616 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/06/27(土) 00:27:22 ID:J0zAE79mO
基本的に九州人(特に北部九州)は、
個人プレーをやりたいから群れるタイプ。
群れの力をバックに個人個人が好き勝手をやるから。

基本纏まりがないし、
ガチンコでこられると、直ぐに散り散りになるし粘りもない、軍規も守らない。
だけど目立ちたがりやの個人プレーで行き腰だけはある、無茶もやる。


それと、ネトウヨじゃないが陰部に棒切れ、これは、兵隊の出地をもっと細かく調べた方がいい。




617 :白馬青牛 ◆B3h9hvY9bA :2009/06/27(土) 00:30:55 ID:E4JyBD410
>>612-614及び>>615
熊本師団あるいは久留米師団でもええが、先の大戦で一名も捕虜を
出さす、皆戦死した云うんか?玉砕せずに生き残った兵士には、
「あなたは死ぬべきです。生き残ったのは恥知らずです。これでは、
橘丸で捕虜になった他師団に優位を示すことが出来ませんから、
あなたは、生き残るべきでは無かった」と云うんじゃろうか。
九州人が虚勢を張ってハッタリかましても、おのが地元の生き残った
人達に冷酷な言葉を浴びせてから、カバチ垂れりゃあええのに。
朝鮮の役も先の日華事変のように、敵の被害数を増やすんは常識で
戦国時代だけ正確に数字云う電波が可笑しい。
日華事変でも、一つの中隊が通過すると戦果となり、次に通過した中隊も
戦闘成果として加えるけぇ、三つの中隊が通過したら敵一人の戦死者が
三倍にもなるよ。特に九州は朱子学の影響が強いせえか、
白髪三千丈が好きじゃけんのう。
http://www.geocities.jp/yu77799/kyoudobutai.html
高崎隆治氏の書かれた赤字の部分なんか熊本兵団の隠蔽体質で、「一名の
弱兵もなければ一名の無能指揮官も存在せず、全員が勇戦奮闘した
忠勇無比の精鋭ということになり、掠奪・強姦・暴行・抗命・逃亡などと
いう「不祥事」はまったく存在しなかったという」ファンタジーになろう。
下記の他地域部隊の「戦史」と比較しても、九州の連中がバレる嘘を
平気でつく連中じゃと解るじゃろうに。以前にも御紋章部隊云々の
ホラ吹きもあったが。昔の広島のもんは、九州や韓国の連中の話は
嘘こきじゃけぇ信用すな云われとったもんじゃ。これは、朱子学の影響の
土地柄ゆえであり、広島人と九州人や韓国人の間に人間としての
優劣の差は無い。
じゃが、九州人と韓国人は道義正義感の強い長所と、大言壮語して
虚言を交えてホラを吹く短所の性格といい、似とるのう。
わしが長所・短所云うた部分は、他者から見たら逆に捉えるかも知れん。

618 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/06/27(土) 00:40:48 ID:A2u9sfsI0
源為朝や今川貞世にやぶれさった九州

619 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/06/27(土) 00:42:47 ID:A2u9sfsI0
とはいえ元寇を戦ったのは九州の部隊だし
弱くはないと思う

620 :白馬青牛 ◆B3h9hvY9bA :2009/06/27(土) 01:35:35 ID:E4JyBD410
>>616
九州人(南北に限らず)は、集団主義で韓国人や関東人に似た気質じゃろう。
http://onayamifree.com/dispthrep.cgi?th=632303&disp=1
http://www.umeboshi-yokocho.com/jnikki/?q=114
上のブログのNO.60「いろんな職場でたくさんの広島人と出会いましたが、
確かにクールというか、サバサバしててベッタリとした付き合いはない
ですね。」「福岡出身で広島に住んでる方たちは皆さん広島は合わないと
言っていました。」福岡人は大阪人や東京、神奈川人と気質が合うても
個人主義の広島人たぁ合わんね。
NO62.「福岡は割りと集団で動く・・・例えば昼食に女子がゾロゾロ・・・
私は嫌いだったんで広島は個人主義というか余りゾロゾロ昼食していないん
でホッとしました。」
下の方のブログでは、イギリスの方が「全般的な日本人と比べると
広島県民が特にイギリス人と近いところがあるのが明らかになる。
広島県民と多くの日本人とは確かに微妙に違う特徴だし、(中略)
広島の人が何だか馴染みにくいような気がする。(中略)広島の人が
「よその人」をすぐに仲間に入れず、判断してから仲間に入れる
(か入れないか)というのは、多くのイギリス人の性格に近い。(中略)
広島県民は日本人でありながらも、日本人であるプライドを持ちながらも、
日本よりも広島を愛し、「広島人」であるプライドを持っている。」
と、韓国人の気質と似た九州人とイギリス人の気質と似た広島人は
性格が違うよ。
広島師団が防禦戦で比類なき実績を持つんも、「防禦戦闘では、いちいち
細かい命令指示を待たずに、各個人が自信を持って戦闘行動できる能力が
要求される。」個々人に独立独歩の自立心無くば、防禦戦に勝てることも、
出来ん。広島人の個人主義が比類なき防禦実績を築いたわけじゃ。

621 :白馬青牛 ◆B3h9hvY9bA :2009/06/27(土) 01:54:53 ID:E4JyBD410
>>620
の下の方が出とらんかった。
http://www.umeboshi-yokocho.com/jnikki/?m=200704
しゃったか。

622 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/06/27(土) 03:59:51 ID:BmUUhoRfO
>615前代未聞の友軍撃沈命令ワロタW

623 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/06/27(土) 05:31:51 ID:BmUUhoRfO
>>615拉孟やペリリュー守備隊の爪の垢煎じて飲ませたいわW

624 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/06/27(土) 20:19:26 ID:e2ryNbEE0
広島師団には大昔の海兵隊のように敵の船を乗っ取って欲しかった。
弱きを挫き、強気を助く、広島師団最強伝説を地でいっちゃったね。
大体、負け知らずなんてのは強いのとは戦わないものだ。
勝てると踏んだ相手としか戦わなかった広島師団は賢かったということか。

最近の田舎の人は都会と比べて体力面においてはぜんぜん駄目だね。
少しは歩かないとね。

625 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/06/27(土) 20:58:11 ID:A2u9sfsI0
山がちな甲信越の兵隊は強そうだよね
>>624
無理だよ、乗っ取ろうと行動起こしたら
米兵に虐殺されて終わりだよ
武器抑えられてるし

626 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/06/27(土) 21:14:04 ID:A2u9sfsI0
オーストラリアの脱走事件のような
無駄死にはしない分賢かったと思うよ

627 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/06/27(土) 21:31:54 ID:J0zAE79mO
>>620
九州は関東みたいな、完全縦社会じゃないと思う。

縦社会は関東と朝鮮。
九州人は、派手な勝ち方が好きというか、義経の一ノ谷?とか信長の桶狭間とか好きだね。

防衛戦とか地味な、戦いは苦手、九州人にはまず無理。

あれは軍隊というより海賊、族や輩の類いw

八路軍の様に、打つては逃げ、逃げては打つ様な相手じゃ局地的に派手な勝ち方はあっても、最終的に九州兵は勝てない。
中国人を相手にするなら粘り強い(ねちっこい)東北や名古屋、広島の軍隊の方が、優秀に決まってる。

九州人は飛行機乗りとかがあってると思う。

628 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/06/27(土) 21:47:53 ID:Rw8NBWr40
>>617廣島聯隊あるいは山口聯隊でもええが、先の大戦で一人の
住民も虐殺せず、皆復員した云うんか?虐殺して生き残った兵士
には、「あなたは死ぬべきです。復員したのは恥知らずです。こ
れでは、大陸で蛮行した他師團に優位を示すことが出来ませんから、
あなたは生き残るべきでは無かった」と云うんじゃろうか。

この顰にならえば、あの「ババル島虐殺」「馬来昭南・華人虐殺」
の廣島師團は、今後、他師團の蛮行に就いて一切、非難言及出来な
くなるのではないか??

命惜しさに、病院船に変装して移動中を拿捕されるや一矢も放たず
「生け捕」られ、友軍諸兄がアジア各地で、悪戦苦闘しつつある刻、
あろうことかアメ兵にケツをさし出して媚びを売りタバコを吸って
いた連中と、遠い異郷で血反吐をはきながらの敢闘の末、或いは
昭和二十年八月十五日、畏くも昭和先帝の御玉音を拝し奉り、承詔必謹
涙を呑んで武装解除に応じた人たちが同列だと云うのか!

返答や如何に?

629 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/06/27(土) 21:53:43 ID:Rw8NBWr40
ちと云い杉田かもわからんが、この叔父貴にはこの位
が調度よかろう・・
あまり刺激し過ぎて卒中でも起こされるとまずいけど(笑)

630 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/06/27(土) 21:58:46 ID:A2u9sfsI0
病院戦に返送させたのは師団の上層部だし
>>一矢も放たず
海のど真ん中で武器も確保された状態で
戦闘行うなぞ馬鹿の勇気に他ならない
勝ち目がないなら降伏するというのは正しい
橘丸の降伏はやむを得ないし正しいことだと思うよ

631 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/06/27(土) 22:11:39 ID:Rw8NBWr40
>>630
>勝ち目がないなら降伏するというのは正しい

残念ながら君はコピーを残せないよ。

632 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/06/27(土) 22:16:08 ID:A2u9sfsI0
フィリピンやサイパンも降伏していたらよかったのに
あれは無駄死にだよ

633 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/06/27(土) 22:17:11 ID:Rw8NBWr40
>>617
明側の記録では戦死八万ですがなにか?(島津側の記録は四万弱)

被害は白髪三千丈式に縮小するのが彼の国の慣習ですがなにか?

彼の国は朱子学の本家本元ですがなにか?

634 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/06/27(土) 22:27:57 ID:A2u9sfsI0
>>633
いや、被害も戦果も拡大する傾向にあるだろう
明の朝鮮援兵は十数万ぐらいなのに
数十万も死人が出たとか書いとるし

635 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/06/27(土) 22:34:01 ID:A2u9sfsI0
数字の過大は中国だけではないと思うけれども


636 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/06/27(土) 22:56:52 ID:BmUUhoRfO
>>632>>634>>635おまえアホなの?チョソなの?短小なの?

637 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/06/27(土) 23:29:57 ID:A2u9sfsI0
>>九州人は飛行機乗りとかがあってると思う。
坂井三郎は佐賀の出身だったね

638 :白馬青牛 ◆B3h9hvY9bA :2009/06/27(土) 23:45:08 ID:E4JyBD410
>>619
元寇で最も活躍したんは、伊予河野氏の後築地で、後に引かん戦闘よ。
九州じゃあ松浦じゃの水軍の活躍が目立つのう。
>>622
九州人の牟田口さんは、戦後も生き残り、言い訳ばっかし垂れとるが、
九州人は黙して語らんけぇのう。つまり、>>617の「熊本兵団史」の
文言と同じように、「一名の無能指揮官も存在せず」と嘘を垂れる
九州人の特徴が出て面白い。旧国軍の上層部の中で今村均将軍の
ように反省された方が少数派じゃけぇ、九州ばっかし非難しても
意味が無いが、九州人のハッタリとバレる嘘を平気でつく性質は
浄土真宗風土の広島人にゃあ理解出来んのう。
>>623
宜昌防禦戦に勝利した広島第39師団に嫉妬して、負け戦さを誇っても
意味があるまい。
>>624
結果的に勝利したが、日清戦争の平壌も、日露戦争の奉天も、
日華事変の徐州等も久留米師団のような雑魚と違う激闘の連続じゃったよ。
大昔の海兵隊云うてとがぁな事例からか?
>>625
甲府聯隊は佐倉聯隊と比べたら劣るんじゃないか。

639 :白馬青牛 ◆B3h9hvY9bA :2009/06/28(日) 00:25:08 ID:HTmI0k+C0
>>627
九州は基盤として横社会じゃが、文化的に東シナ海文化圏の東シナ人
じゃし、儒教の影響も強い。じゃけえ気質が本州日本人よりも韓国人に
近いんじゃ。
>>628
>>359のように、広島師団は多くの華人の命を救うたけぇ、久留米の強姦
部隊と違う処じゃ。あんた郷里の久留米師団の生き残りの方々に、
命惜しさに生き延びる行為は死ぬべきと宣言せにゃあ、筋が通らんで。
強姦犯罪も糾弾せにゃあ。
まぁ、あんたに出来るはずも無いけど。
>>630
九州のホラ吹きは、場所如何を問わず、敵を攻撃したはず。と云う期待論で
毎度のハッタリ虚勢を張っとるで。
>>633
明側の記録なんか日華事変の国府軍側の戦死戦傷被害者数加算と
変わらんよ。日本側は敵の死傷者数を実数より増やすことに熱心じゃし。
白髪三千丈は、世界的にもそうじゃろうが、九州、朝鮮、中国は
朱子学三兄弟ゆえ、ラッパ吹くけんのう。
彼の国じゃのうて、我が国も江戸期は朱子学国家じゃし、幕末の尊王攘夷
思想も朱子学よ。南北朝期も宋学じゃし、鎌倉文化も宋学無しに成立せん。
>>636
あんたのような朱子学中華隷属慕夏主義者は、論破される度に、
相手を朝鮮人や中国人、>>456の輸送司令官が如く、「非国民」じゃ
云う軟弱軍人弁護派じゃけぇつまらんよ。
おそらく自己の軟弱さを自己弁護したいんじゃろう。

640 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/06/28(日) 01:14:36 ID:Ya9HzNFOO
この広島人って曲学阿世って言葉がピッタリだな
そもそもド田舎の広島人には分からんだろうが九州と一括りしても理解出来るわけがない
福岡と鹿児島、大分と長崎全く県民性が違うっての


641 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/06/28(日) 01:17:10 ID:sXFUHCLIO
↑おまえ今からコージエン買ってこい。話はそれからだ。

642 :白馬青牛 ◆B3h9hvY9bA :2009/06/28(日) 01:26:54 ID:HTmI0k+C0
>>640
九州人でも、東シナ海側の東シナ人の方が九州人らしい
気質でホラ吹きじゃのう。
九州は、朝鮮人作家の金達寿氏が云われるよう、
朝鮮人、特に慶尚道人の気質に似とるよ。
九州人で韓国人と最も気質が近いんは、薩南学派の郷土の鹿児島
県人じゃろう。

643 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/06/28(日) 01:57:30 ID:Z9rEmVTYO
本当に広島人か?広島を貶めようとしてる他県人じゃないの?

644 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/06/28(日) 03:31:32 ID:hB+qCHpV0
広島はケロイド^^

645 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/06/28(日) 03:33:44 ID:nlrkjyZZ0
島津がシ川で大勝したことは事実。
なんの反論材料も根拠もなく電波と言い張るのは、強烈な
疾妬故か?
大体日中韓三国の歴史的資料はすべて白髪三千丈とでもいうの
だろうか?



646 :名無しさん@お腹いっぱい。::2009/06/28(日) 15:49:40 ID:m3qqRSty0
>617 あなたは、博識の御仁のようで敬意を表するが、唯一の欠点は廣島マンセーであること。
廣島だけを語っていればいいのに、他を侮辱するからエンドレスバトルが続く。菊や龍が強いという
評価が気に入らないから、「ドロボー部隊」「強姦魔」「ハッタリホラフキ」といいたか放題。まあ、
いくら中傷しても太平洋戦争を最後まで敢闘した菊と龍(タツ)の強さばかりが目立つ。廣島師団が
登場するのは植民地軍を相手にしたマレー戦だけ。その後はバッタリと消息が途絶える。満足な補給
もないフーコンやミチナで数十倍の敵と激闘を重ねた菊や龍を中傷する資格なし。


647 :名無しさん@お腹いっぱい。::2009/06/28(日) 17:37:13 ID:m3qqRSty0
今日は児島襄の日露戦争を読んだ。241頁「第4軍が5里台子の攻略を担任させた第5師団は、しかし、期待した
成果をあげず、5里台子は、前述したごとく第2軍第3師団第5旅団が確保した。
第5師団の動きの鈍さは・・・・。」

259頁「日本軍は全線にわたって沙河南岸に接近したが。。。第5師団第9旅団は、突然の夜襲を受けて後退した。
・・・ロシヤ軍は「砲11門、機銃1挺を捕獲したが損害も大きく・・・
クロパトキン大将は、しかし、この万宝山の勝利で沙河会戦の面目がたったと満足し・・・。

大村連隊が敵を勢いづかしたなどと言ってるが、大砲奪われて逃げ出すようじゃねえ。
菊や龍の敢闘精神を見習いなさい。









648 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/06/28(日) 22:31:16 ID:j4sYfwRSO
広島師団が凄いのはわかったが、日本中の師団の揚げ足取りをしてどんなメリットが有るのよ?
普通利益の無い擁護は有り得ないから、朝鮮人か中国人と疑われるのでな。

俺は北海道第七師団が大好きだと書いた者だが、貴方が見識なのは認めるが、視野狭窄に陥っているのでは無いかな?

はっきり言おう、地方分断を狙う中国共産党のシンパなのかな?

返答は要らない。

君の工作の成功を祈る。

649 :名無しさん@お腹いっぱい。::2009/06/28(日) 23:21:58 ID:m3qqRSty0
>648広島師団が凄いのはわかったが、

ちっとも強くないよ。

650 :白馬青牛 ◆B3h9hvY9bA :2009/06/29(月) 01:08:53 ID:1QaHjjG40
>>614-633及び>>645
戦闘の成果の敵側の戦死・戦傷者は出鱈目じゃと以前にも云うたが、
戦利品で計算しとるんか、戦国期なら敵兵の耳を集めて、まあ証拠と
するんなら兵卒でもない現地民の耳でも鼻でも斬りそいで手柄にしたら
加算数になるじゃろう。
日華事変の中国側でも、一個師一万以上と建前で云うとるだけで、
実際は一個師、四五千人が普通で、中国軍が捕まえた拉夫をにわか兵員に
して兵員数を誤魔化しとるだけで、戦場で逃げる連中を含めたら一個師、
三千名ぐらいになるよ。日本側が死傷者数を同一戦場を通過する部隊で
遺体数の加算で三倍として、中国側の兵力が実際の三分の一程度の
兵力として計算するんが妥当じゃろう。しかも中国側は、兵力の
過大数と共に被害者、死傷者も過大に宣伝する。少なくとも
実際の戦死・戦傷者よりも三倍は加算しとろう。
近代戦でも加算されとるんに、戦国期だけ正確な戦果云う妄想も
可笑しい。特に薩摩が泗川の戦いで、過大な戦果を云うとるんは、
朝鮮の他の戦闘と較べて、加算が激しいんは、九州人のハッタリ気質で
、蛮行も激しいけぇ、非戦闘員を殺害して加算しとると考えるが普通じゃ。

651 :白馬青牛 ◆B3h9hvY9bA :2009/06/29(月) 01:25:18 ID:1QaHjjG40
>>646
植民地軍云うとるが、グルカ、インド兵は強いよ。欧州戦線でも、
敵の猛攻に逃げる米黒人兵と違い、インド兵は勇敢じゃったのう。
そのマレー・シンガポール戦で菊の大村聯隊は茶釜にされたのう。
シンガポール戦でも、脇役の「菊」は弱かったんか?
満足な補給が無かった戦闘は、広島五師団の南寧防御戦でも、
そうじゃし、南寧戦じゃあ兵器すら無かったい。
他師団の苦闘も知らず、ハッタリで強がるんが、九州の特徴じゃ
けぇのう。云いたい放題はおどれらの地元の九州のハッタリ
虚勢張りのホラ吹きの方じゃ。

652 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/06/29(月) 01:34:10 ID:sm06B5IXO
天皇皇后両陛下を、国民の御手本と考えることは、教育勅語で朱子学なんだろうか?

別に天皇陛下がアジアを統治するべきとか思ってないし、誰より血を嫌う陛下が自分の為に国民が、血を流す事を喜ぶはずかないと思う。

良く分からんが、朱子学がなくなれば、派遣奴隷とか官僚支配とかネトウヨとかなくなるのか?

朱子学がなければ、帝国陸軍はどんな組織になってたんだろう?

白馬青牛の広島至上主義は朱子学じゃないのか?
よくわからん。

653 :白馬青牛 ◆B3h9hvY9bA :2009/06/29(月) 01:47:11 ID:1QaHjjG40
>>647
沙河会戦で第四十一聯隊の万宝山撤退が俗説として流言しとるが、
突出した、第四十一聯隊を左右の連係上、下げた軍司令官命令に
よるもので、前進出来んかった他師団は何をやりよったんか?
児島襄氏や司馬遼太郎氏根拠じゃあのう。
>>648
揚げ足取りは、広島師団の武勲に嫉妬しよる、九州ハッタリ連中ど。
わしを地方分断じゃの中共シンパのレッテルを貼って、云うか
工作活動して溜飲で自分を慰めよるんはおどれの奴隷根性よ。
わりゃ、日本人として恥ずかしゅうないか?
>>649
九州ハッタリ師団が、比類なき戦歴を残す広島師団に嫉妬しても。


654 :白馬青牛 ◆B3h9hvY9bA :2009/06/29(月) 02:15:21 ID:1QaHjjG40
>>652
日本の国粋主義は朱子学の尊皇攘夷で、慕夏主義から
中朝論で、異民族に支配された中国よりも、日本が中華文明を
継続しとるする系統論よ。朱子学の勧善懲悪は、左翼のマルクス
史観の勧善懲悪論と違いがない。日本が朱子学の影響が強いけぇ、
共産主義的理論も批判無しに受け入れたんじゃないか。
今だに、水戸黄門のドラマが人気がある。
印籠を出したら、権威に屈する悪者なんか奴隷根性丸出しじゃ
けんのう。印籠や中納言殿の権威なんかで屈する悪者なんか、
外国人から見たら、日本人は権威に屈する奴隷民に写るじゃろう。
あしゃあ、水戸黄門のドラマなんか嫌いじゃが、
奴隷根性が好きな連中もおるけんのう。
官僚なんか、科挙のマンダリンに過ぎん。官僚の精神も中華に
あるよ。帝国陸軍も中国人に成りたかったんが本音じゃないか。
広島は、浄土真宗風土で、中華奴隷の朱子学の影響が強い九州や、
朱子学を教科書とした関東の江戸政権たぁ違うよ。
ほいで、わしゃあ広島至上主義なんか唱えたことも無い。
戦歴から広島師団よりも武勲を持つ師団なんか無い云うとるだけで。
しかも広島の風土、浄土真宗の人道主義は人間中心主義で
自然破壊助長じゃし。
関東のように赤児殺しして、人口抑制も出来んよ。

655 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/06/29(月) 02:19:38 ID:eB4W9djz0
アメ兵にケツを振って媚びを売り煙草吸ってた「広島歩兵第11連隊」
の末裔がなにをいうかwww

656 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/06/29(月) 03:04:29 ID:3Fuuisu90
みんながホラ吹き、はったり好きで社会が成立するかよ。

他所からきた殿様にこうべをたれてたものが水戸黄門について語るのは滑稽。

657 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/06/29(月) 23:38:09 ID:88jFGBOB0
>>日本人は権威に屈する奴隷民に写るじゃろう
聞いたことあるな、日本人が海外でブランド品買いまくってた時に
水戸黄門みた外国人が「日本人てやはりブランド物に弱いんだな」
て感想を抱いたとか

658 :白馬青牛 ◆B3h9hvY9bA :2009/06/30(火) 01:01:35 ID:8IEQCydS0
>>655
アメリカ兵にケツを振って媚びたんは、上層将校に甚だしいのう。
また伊藤桂一氏の引用「日本軍は一たん降伏して収容所入りすると、
意外に脆弱性を発揮して、高級将校ほど、米軍に阿諛してしまう者も
多かった」云うことじゃ。
広島師団の兵士は、シベリアでも建制で屈せず、
南方で捕虜になっても、米壕軍や収容所に入ると途端に居丈高に
なった台湾の高砂兵にも屈しとらんよ。
>>656
九州人の、みんながホラ吹き、ハッタリ好きじゃ云うとらんよ。
海音寺潮五郎氏のような人もおるけんのう。じゃが、九州人は
ホラ吹きのハッタリ屋さんが多いことも事実じゃ。
ほいで他所から来た殿様は、家系コンプレックスがあったけんのう。
>>657
日本人は、特に軍上層部や官僚のエリートは、権威主義、朝貢根性、
慕夏主義が染み付いとるけぇ。
ほいじゃが、日本人の上層部の連中の扱い方は、アメリカ人が
上手いね。幕末の黒船以降、恫喝したら諂うことを経験的に
知っとる。
外国人が水戸黄門とブランド品を重ね合わせて日本人を観察しとる
んも面白い。所詮日本人は奴隷根性を持った「土人」(近代西洋的
価値観から異質な人間)に過ぎんと思うたんじゃないか。

659 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/06/30(火) 01:32:26 ID:0O/oXdAqO
三河土人の徳川が、儒教の劣化コピーの朱子学で日本人を洗脳し、
義だの忠だのサムライだのとたぶらかして日本人に奴隷根性をスリ込んだわけですね。


660 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/06/30(火) 02:15:35 ID:4L8ncMI4O
>>659
米軍は平時と戦時で、指揮官を大幅に変更してた、日本軍は戦時もほぼ平時の年功序列のまま。

このへんも、三河土人の朱子学が関係するかもしれないね。
結果、冨永恭次の様な腐れ外道を長生きさてしまうんだな。


661 :白馬青牛 ◆B3h9hvY9bA :2009/06/30(火) 22:59:56 ID:8IEQCydS0
>>659
徳川の江戸政権以前の中世でも朱子学の影響は強いよ。
『太平記』なんか、朱子学思想物語じゃし。鎌倉文化も南宋文化の
影響が強いけんのう。特に九州なんか、菊池氏の地の熊本や薩南学派の
鹿児島は朱子学の伝統が強い地域であろう。
義や情は大切なことじゃ思うよ。忠は上に対する忠誠で、関東の親方子方制
の縦社会にとって都合がえかったんじゃろう。
>>660
日本軍の年功序列制は古参兵が新兵を殴る欠点もあったが、
悪いだけじゃのうて、「星の数(軍の階級)より味噌汁の数(軍隊生活年数)が
重視されたけぇ、上官の完全な奴隷にならずに済んだし、軍隊年数の長い
歴戦の下士官が、新米の将校に代わって戦闘指導した処にも日本軍の
強さがあったよ。
まあ、年功序列は日本や韓国には顕著じゃが、中国には乏しかろう。
西洋ならイギリスの上層部なんかパブリック・スクール出身者が
多いけぇ先輩、後輩の序列は厳しいんじゃないか。

662 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/01(水) 01:29:16 ID:KOIj5vKoO
>>661
新米将校の変わりに、戦歴豊富な下士官が指揮をとる場合、一時的に繰り上げで下士官を指揮官、将校をその補佐にすればいいのに。
勿論戦闘が終われば元に戻す。

何も恥ずかしいことじゃないし、威張ることでもない。
兵隊の命が掛かってるのだから。

こうすれば、
「で、お次はどう致しましょう?少尉どのぉ〜」
てことはないし、馬鹿な上官に殺される事もないと思うのだが。

終戦直後、虐めていた兵隊にボコボコにされる古参兵とか

尉官以下には、なんか歪な年功序列や身分制があるよなぁ。

663 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/01(水) 11:13:20 ID:JvNbz+mT0
>>658
>南方で捕虜になっても、米壕軍や収容所に入ると途端に居丈高に
>なった台湾の高砂兵にも屈しとらんよ。

なんで朝鮮人はスルーするの?ここらへん意図を感じるな―
事実、広島人が収容された収容所には朝鮮人はいなかったってこと?

664 :白馬青牛 ◆B3h9hvY9bA :2009/07/02(木) 01:27:02 ID:Ee3q4URP0
>>662
何が云いたいんか要領を得ん。馬鹿な上官が誰を殺したんか?
>>663
南方の広島部隊が収容された収容所で朝鮮人の記述は見とらんのう。
大陸の中国の収容所なら、朝鮮人のことが出とるわいや。
「朝鮮人と雖も、元と貸せば日本軍の占領バスに乗って、昨日まで
日本人として中国人の上にあぐらをかいて生活していた人種で、
日本の敗戦と同時に昨日まで日本軍を背景に生きて来た事実を否定し、
掌を返したように昨日まで同胞であった日本人に敵対して、国府に
日本人を売りつけるような行為は、恩を仇で返す低劣非道な背信行為と
して、収容所内の全日本人から腹わたが煮えかえるような憤りを買った。」
まあ、朝鮮人は明から清へ掌を返して寝返った歴史を持っとるけぇのう。
まるで、薩摩が会津から長州と変わり身が早い、掌を返して寝返りを
するように。朝鮮人の節操のない背信行為は、九州人以外は理解出来ん。
朝鮮人と気質が近い九州人なら理解出来るんじゃないか。
まあ、朝鮮人や九州人に節操を求めても、掌を返すけぇ信用できんのう。

665 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/03(金) 01:29:04 ID:KvgYa6STO
>>664
「星の数より味噌汁の数」
は何処まで許されてたのか?

新米少尉が間違った判断を繰り返した場合、軍曹や伍長は、独断で少尉から指揮権を奪えるのか?

であれば馬鹿な上官が兵隊を無駄死にさせずにむなと、思ったのだが。

それと、九州人は、「虎の衣を借る狐」なところはあるし、寝返りや居直りも良くやるし、
節操がないかも知れんが、広島やその他の日本人より、少しばかり、その傾向が強いだけで、九州人と朝鮮人だけが、そうである的な言い方はあんまりだろ。
あんまりだ。

666 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/03(金) 10:17:23 ID:onwFsYYdO
>>664謝れ!!九州君に謝れ!!

667 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/03(金) 11:16:01 ID:onwFsYYdO
>>664チョーセン人を単体で罵倒する度胸がないのかのう(藁

668 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/03(金) 22:51:50 ID:RxAgMwAC0
6月26日中国広東省で起きたウイグル人労働者襲撃事件映像。
http://www.youtube.com/watch?v=YEko0KL2Jc4

669 :白馬青牛 ◆B3h9hvY9bA :2009/07/03(金) 23:55:33 ID:VKTmk/ey0
>>665-666
真っ当な新米少尉なら、指揮能力のないことゆえ、分隊長の
指示通りに命令を出すが、歴戦の分隊長や古参兵の云うことを
聞かん少尉は、また伊藤桂一氏の引用で、
「一人の小隊長は、彼我交戦中、突撃をかけて飛びだしたが、
兵隊は命令を聞かず一人も出なかった。小隊長は敵の弾雨に
さらされて身動きできず、岩陰につかまり、部下を呶鳴ったが、
誰も救援しない。遂に哀願した。すると古参兵は張切って救出した。
古参の兵隊は、あきらかに不利と分かっている戦闘には出ないし、
指揮拙劣な小隊長は弾雨下で教育されたのである。そうせねば
自分たちが死ぬし、一兵の損傷も辛かったのだ。これは必死な、
兵隊の防衛本能であった。またそれが戦場行動の原則でもあった。」
小隊長殿も古参兵に泣きを入れた場合、歴戦の古参兵に助けて
もらえるが、部下に威張る態度を変えん小隊長は名誉な戦死という
褒美が待っとるよ。

670 :白馬青牛 ◆B3h9hvY9bA :2009/07/04(土) 00:26:34 ID:8ohllMmn0
>>665-666
九州人(とりわけ鹿児島人)は、朝鮮人と、特に慶尚道人と気質が
似とるけぇしょうがないよ。
http://uub.jp/frm/26300.html
http://abemihoko.herbmint.jp/bbs/titles/show/804
http://www.eonet.ne.jp/~mansonge/mjf/mjf-51.html
一番上の[26366]2004年3月19日(金)12:27:21の
「余談ですが、鹿児島県の「ぼっけもん」気質と、韓国の慶尚
(南・北)道の気質は非常によく似てます。」
真ん中の慶尚道人≒九州男児との意見もある。
一番下の、(三)新羅、秦氏、八幡神の信仰の広がり
 島津氏は渡来系秦氏(惟宗氏)出身で、美少年崇拝は新羅の
花郎道に近いことが出とる。鹿児島人の習俗も慶尚道の地に
あった新羅に近いけんのう。


671 :白馬青牛 ◆B3h9hvY9bA :2009/07/04(土) 00:54:27 ID:8ohllMmn0
>>665-666
九州は、陳瞬臣氏司馬遼太郎氏との鼎談で、朝鮮人作家の
金達寿氏が、
「九州というと、一番日本の中で我々の体質に合うようですね。
日本にこんなところがあるか、という感じです。九州人というのは、
どちらかというと慶尚道の人間に気質が似ているんじゃないかな。」
P194〜195引用と一致する。
九州は平安期の貞観八年(866)肥前郡司の新羅通牒事件もあった
のう。新羅に「造兵弩器械之術」国家機密のハイテク技術を新羅側に
伝える云うことで、当時水際作戦で弩戦で撃退するしか手段が
なかった日本にとって大事件じゃったのう。
九州は日本から新羅へと状況次第によって掌を返すけんのう。
>>667
朝鮮人単体云うより、九州は国籍、言語において日本に含まれるが、
文化習俗では、日本と朝鮮の中間じゃろうに。地図を見たら分かる
よう、朝鮮半島の延長上に九州島はある。近代国家領域概念以前の
問題じゃ。

672 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/04(土) 02:29:33 ID:ZnGZhxrkO
↑日本分断工作員乙

673 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/04(土) 02:46:17 ID:dr5pG4aP0
>>669
> 小隊長殿も古参兵に泣きを入れた場合、歴戦の古参兵に助けて
> もらえるが、部下に威張る態度を変えん小隊長は名誉な戦死という
> 褒美が待っとるよ。
では、恥を晒しても戦争を生き延びた上級将校達はよっぽど部下思いの
人格者だったわけですね。

674 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/04(土) 06:50:20 ID:ZnGZhxrkO
>>671関門海峡と玄海灘が等距離とでもいうの?  
チョソなんかと一緒にしたら九州くんたちに失礼杉。。

675 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/04(土) 10:28:19 ID:wQIT6NeS0
>671
>朝鮮半島の延長上に九州島がある。
それをいったら、朝鮮半島の延長上に日本列島があるともいえるんじゃない?

大体、半島と一諸にされて喜ぶ九州人なぞいない。


676 :白馬青牛 ◆B3h9hvY9bA :2009/07/04(土) 23:38:55 ID:8ohllMmn0
>>673
熟練兵士に戦闘を委ねるんのどこが恥なんか?恥を晒したんは、
戦場でわざとらしゅう遅れて来て、部下が陣地攻略したことを
自分の手柄とする連中よ。
>>672-674
日本分断工作員云う自体、あんたが政治思想に洗脳された低脳じゃと
自己宣伝しよるようなもんじゃ。九州人が朝鮮人に似とるんは気質、文化的
な問題であって政治的なもんじゃないど。
関門海峡と玄界灘の距離?対馬は九州島より朝鮮本土に近いど。
九州は、平安期の新羅人に蹂躙された歴史も、朝鮮側が侵攻するんは
九州じゃし、九州は、大和文化圏し朝鮮の東シナ海文化圏の両者の
影響を受けた文化圏じゃ。じゃけぇ九州人と朝鮮人の気質も似とるん
じゃ。
>>675
本土日本人も中国人に較べたら、朝鮮人の気質に近いよ。
日本人の権威主義、朝貢根性、慕夏主義も朝鮮人と同じかそれ以上じゃ。
特にネット右翼のベースは、朱子学の排外攘夷思想じゃけぇ朝鮮的とも
云えよう。わしゃあ、人種的には、本土日本人、特に西日本人が
朝鮮人に近いことは否定したことは無いど。じゃが気質は朝鮮人と九州人が
近く、特に、人種的に朝鮮人に近い九州北部よりも、縄文形質の残存が
強い南九州の方が朝鮮人の気質により近い。文化的に儒教、朱子学の
影響と朝鮮の古い文化が>>670のように鹿児島に継続されたけぇのう。
九州人が、ムクリ・コクリ云うて、モンゴル人や朝鮮人を怖れる気持から
嫌悪感があるんじゃろう。ほいじゃが、本州日本人から観たら、
九州人のガタイを立派にし、肉体をタフにしたら朝鮮人になる。
逆に朝鮮人の肉体を貧弱にしたら九州人になる云う程度じゃろう。

677 :白馬青牛 ◆B3h9hvY9bA :2009/07/04(土) 23:58:35 ID:8ohllMmn0
>>676の補足として、九州人は、兄貴分の朝鮮人には喧嘩でも
勝てんのう。兄貴分の朝鮮人に弟分の九州人がお仕置きされたと
云うべきか。
http://www.youtube.com/watch?v=3NLd059ALyo&feature=related
舞台は60年代後半じゃが、京都の朝高が長崎の海○高校をシゴしたん
は、1970年代後半で時代がずれとるが、井筒監督もバスの
「長崎観光」は正直過ぎる。ほいじゃが面白い映画じゃったよ。

678 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/05(日) 01:01:11 ID:7BpWvITyO
>>676
同意
それは「恥」ではないね。
「恥さらし」とは、牟田口とか牟田口とか牟田口とかの事をいうのだね。

牟田口閣下も九州人だけど、佐賀の産まれ、九州は各県で、「色」がはっきり別れる。

朝高の件も京都の敵地で温和な長崎人じゃ負けるよ。
旅行気分で、調子に乗ったんだろ。

福岡の北九州や筑豊や熊本人や鹿児島人なら、話は変わってくるかも知れん。

しかし、九州の雄はやっぱり鹿児島人だね。

白馬青牛が、どう思うか知らんが、九州を纏める事が出来るのは鹿児島人だね。

679 :白馬青牛 ◆B3h9hvY9bA :2009/07/05(日) 01:27:18 ID:JlWpCnbY0
>>678
牟田口氏のことを云うたわけじゃない。牟田口氏ら九州人に限らず、
軍人恩給を貰うことと出世欲の強い下級将校は、自己保身が強い
ことを云うたんじゃ。
福岡の北九州や筑豊の連中は朝鮮人が多く住む地域で喧嘩馴れ
しとるけど、熊本や鹿児島じゃあ、京都の朝鮮人じゃのうても、
京都の日本人相手に喧嘩しても勝てる確率は低いんじゃないか。
長崎の佐世保あたりの連中をシゴしてから、次に博多や東区の連中に
勝ってから、九州制圧に小倉や筑豊相手は無理じゃけぇ、
そのあたりのランクぐらいでえかろう。
北九州や筑豊に便乗しても、熊本や鹿児島は集団としての武勇は
九州一、二としても個人の喧嘩じゃあ九州ローカルでも上位は
難しいんじゃないか。

680 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/05(日) 01:45:44 ID:mjqLJSzk0
多くの将校が名誉な戦死をとげたエゲレスと違って
戦場をよく知る部下に現場を任せたわが国、日本は
優れた将校を多く抱えていたということでいいのですかね。

広島師団の活躍も偶然にも優れた将校が赴任したのも大きいのかな。

681 :白馬青牛 ◆B3h9hvY9bA :2009/07/05(日) 02:13:47 ID:JlWpCnbY0
>>680
広島師団は北支戦線から辻政信参謀殿とは縁が深いけんのう。
辻参謀の作戦のおかげで、平型関やそれ以上に忻口鎮で
犠牲者を増やしたよ。しかも広島師団が苦闘の中激戦し太原まで
攻略したことで、辻氏は出世しマレー作戦でも再び顔を合わす
わけじゃ。辻氏は広島師団のおかげで出世し、他地域の部隊の
作戦で見事に名を汚すわけじゃが、上層将校は、広島師団の
戦闘に関ったら武勲として出世するのう。上層部の出世条件は、
比類なき武勲を誇る広島師団に赴任することよ。

682 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/05(日) 03:52:04 ID:NsJtQ+I20
>>679
リアルに鹿児島や熊本の人間を知らないようだね。
自分の思い込みだけで書いている。

根拠はあるのかね?ソースは?

それとそんなに朝鮮を持ちあげてなにが楽しいんだ?



683 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/05(日) 04:04:37 ID:NsJtQ+I20
私のせまい見聞でも、鹿児島県人が五島や大阪など他県の人間に
圧勝した例がある。
まぁ、北九や筑豊の人間がやばいのはガチだが・・

いずれにしろ、その異常な朝鮮崇拝はやめたほうがいい。

そういう属国根性が旺盛なあたり、余程広島人が韓国人に似とるんじゃないか?

684 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/05(日) 10:35:28 ID:g9pwuOJiO
つーか京都の日本人が在日に負けるの?どんな統計?さっき体格が違うとか言ってたけどどう?

685 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/05(日) 14:50:04 ID:i1mMVzoLO
>>679こらっ!七条署事件知らんのかい

686 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/05(日) 17:09:31 ID:bnkWSiFL0
私刑であっても、庶民の手で悪事が裁かれていれば、将校さんも
白馬青牛のようなものにあれこれと愚痴述べさせることもなかっただろうに。
それにしても白馬青牛は女々しいったらありゃしない。

広島には「ゆきゆきて、神軍」に出てくる奥崎謙三のようなキチガイはいなかったのか。

687 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/05(日) 17:52:37 ID:NsJtQ+I20

>>677
半島人を兄貴分と思う九州人?
そんなことを思う九州人などいるはずもない。

冗談は顔だけにしなさい。

西郷隆盛や大久保利通、頭山満や内田良平、大隈重信や江藤新平、
島津義弘や立花宗茂、東郷平八郎や大山巌、島津斎彬や鍋島閑捜、
吉田磯吉や幡随院長兵衛

が半島人のことを兄貴と思っていたのかね。

願望は脳内だけにしてくれんかね?





688 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/05(日) 18:09:03 ID:QTPkYd0j0
朝鮮じゃなくて
(親日国の)台湾に似ている
トルコを兄貴分と思っている

だったらここまで反発されなくて済んだのに
みんな朝鮮だからここまで反応しているんだよ

689 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/05(日) 18:18:04 ID:i1mMVzoLO
ルートコは遠すぎるよW

690 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/05(日) 19:43:53 ID:3Z94CgDjO
会津厨扱いされると思うけど服部卓四郎が指揮した若松連隊は強かったらしい

691 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/05(日) 20:31:23 ID:88IclJSfO
東北と九州は強いイメージがあるなぁ。
あとは近衛師団くらいか
全国から集めるし

692 :白馬青牛 ◆B3h9hvY9bA :2009/07/05(日) 23:28:06 ID:JlWpCnbY0
>>682-683
佐世保の者は熊本や鹿児島の者は弱い云うし、小倉の者は熊本や鹿児島者は
佐世保より弱いんじゃないかと云う。熊本や鹿児島は長崎県に勝ってから
カバチ垂れたらえかろうに。五島や大阪の多分無抵抗の連中への
武勇伝じゃつまらん。西日本の中でも、九州じゃあ、山陽道の延長で
ある北九州、筑豊を除いた九州は、熊本、鹿児島も西日本の雑魚じゃとの
認識を自覚すりゃあええのに。熊本や鹿児島なら当然京都に勝てんね。
韓国人の気質は九州人に似て、広島人の気質は>>620->>621のように
イギリス人に似る。しかもわしゃあ朝鮮崇拝なんかしとらんよ。
>>684
喧嘩に体格なんか関係ないよ。ほいで九州は、九州の朝高相手に
そがん勝ちよるんかのう。小倉の人間は朝高は強いとため息吐いとった
のう。小倉や筑豊は在日多住の同地域じゃけぇのう。
熊本や鹿児島のような西日本の中でも雑魚じゃ勝負が見えとろうに。

693 :白馬青牛 ◆B3h9hvY9bA :2009/07/05(日) 23:52:49 ID:JlWpCnbY0
>>686
結局、わしへの個人罵倒に終始する処は、九州男児の特質を見たりじゃ。
>>687
西郷、大久保は薩摩の商人気質で、頭山、内田は朱子学思想狂信者。
大隈は、西洋隷属の朱子学慕夏主義、江藤は、正義感押し売りの官僚。
島津の義弘は、九州でしか通用せん田舎者で、朝鮮の役で電波吐くぐらい
で、立花宗茂云うたらハッタリ立花文書の嘘吐き一家。
朝鮮の役でも小早川の武勲をおのが自慢としとる。
大山巌は知能が低いにしても、それゆえ名将であったと認めるよ。
東郷も大山ほどの人徳が無くとも、名将であったろう。
島津の斉彬さんは、名君のうちに入るんじゃないか。近代薩摩の基礎を
築いた。残念じゃが広島にゃあそういう人物がおらんのう。
鍋島は近代西洋技術面を導入しただけで、人物評価は出来ん。
半島人は九州人の文化習俗気質的兄貴分よ。わしの願望じゃのうて
>>670のように事実じゃけんのう。

694 :白馬青牛 ◆B3h9hvY9bA :2009/07/06(月) 00:04:59 ID:rNypupFr0
>>688
台湾が親日国なんも国府軍が台湾で現地民を苛めたおかげで、
日本統治時代の方がましじゃたと云う懐古に浸るしかあるまい。
>>690
会津白虎聯隊が宜昌で全滅の危機を救うたんは、広島39Dじゃけど
のう。
>>691
辺境強兵イメージじゃろ。実際は広島師団ほどの武勲を持つ師団は
九州・東北の師団に無いけど。全国から優秀な兵を集めたら、
強兵になるわけも無い。鼻つまみになって追放された兵士も
集めにゃあ、兵士の性質の平衡が崩れるよ。

695 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/06(月) 18:25:30 ID:JalxGE2B0
>>689
そうでもない
元々トルコ人は東アジアにいた
匈奴はトルコ系という説があるし
中央アジアを支配した突厥もトルコ系


696 :白馬青牛 ◆B3h9hvY9bA :2009/07/06(月) 23:56:18 ID:rNypupFr0
>>695
狄、匈奴、高車、丁令、突厥、鉄勒はトルコ系じゃった確率が高い。
新羅の支配層の積石木槨墓人も、日本へ渡来して鹿児島の島津氏の先祖
秦氏の一部にも、トルコ系の可能性は否定出来んほどじゃ。
朝鮮人は彼ら北方民族の親戚であることで、他民族の業績を自己投影と
して、中華対抗軸においても根幹としとるんじゃろうけど。
日本は、朱子学の総本山江南崇拝の慕夏主義者が多いけぇ、
日本の方が中華隷属度が強いんかと思える部分もあるねえ。

697 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/07(火) 00:44:12 ID:p1YBXmjy0
■瀬戸内海の沿岸県人が嫌われるのは何故?■
http://academy6.2ch.net/test/read.cgi/geo/1246802728/

698 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/07(火) 18:36:05 ID:jq7vveZ10
第五師団そんなに強いのか?
日露でも山田支隊がぼろ糞にやられてるし
牛は他の師団ぼろ糞に叩いてるくせに第5師団だけには評価甘くないか?

699 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/07(火) 20:54:00 ID:JA7+KCiO0
大体だなあ、広島は大本営が置かれた大都会だぞ。
山口、岡山の糞田舎もんがかなり移り住んでんだぞ。
もちろん九州からも。
白馬青牛が罵倒する九州から本籍を広島に移してれば
赤紙で広島師団にその血を引く勇敢な「九州人」も多く
含まれていただろうに、なんて言い草しやがんだ。

700 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/07(火) 22:34:59 ID:UlJ8UhvqO
山下大将は、高知生まれだが、廣島陸軍幼年学校卒だ。

その後中央に出てる。
此れはどうカウントするんだ?
精神が育成される幼少期を廣島で過ごした事は影響が大きいのか?


前にも書いたが、
酒の飲みっぷり
芸者遊びっぷり
部下の殴りっぷり
敵前逃亡っぷり
が豪快な牟田口中将は佐賀の生まれだ。


701 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/07(火) 22:49:01 ID:jq7vveZ10
ムッチーは猛将

702 :白馬青牛 ◆B3h9hvY9bA :2009/07/08(水) 01:13:45 ID:9vULRSL60
>>698
じゃけぇ、山田支隊がぼろ糞にやられた根拠は何か?云うとるんで。
広島第五師団は、五里台子・北大山を攻略占領した後、
第四十一聯隊基幹の山田支隊は、紅宝山を占領した。
10月16日名古屋第三師団が沙河堡から後退を第二軍から命じられ
後退した為、第四軍からの後退命令時に孤立無援となった
山田支隊は万宝山で後退中、露軍に包囲され野砲九門、山砲五門が
奪われたことで、山田支隊の敗退云う俗説が出たんじゃ。
配属の砲兵第十聯隊、野砲第十四聯隊の聯隊長が、
砲兵に護衛を付けんかった山田少将に、砲兵の軍旗である
砲車を奪われた責任を取れと抗議したんじゃ。
結局、この事件の責任は砲兵の大隊長、中隊長各一名が
停職処分に処せられ、山田保永少将には何の追求もなく、
後に中将に名誉進級する。
どうせ、あんたの根拠は児島氏の俗説引用じゃろう。
>>699
また、ハッタリ強がりの九州人か。本籍まで移した連中が何割
おるゆうんなら。移民県の広島人の方が、九州、特に筑豊に
移住した方が遥かに多かろうに。
>>700
山下大将も、廣島陸幼じゃが、廣島陸幼は、明治期は山口人、
昭和期には理知的岡山人が多数を占めとったけんのう。
学力知能程度の低い、出世欲も薄い広島県人にゃあ縁が薄いよ。

703 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/08(水) 10:16:47 ID:SbF8DgCj0
近衛師団の評判てどうなの?
選民意識があって他を見下す傾向があったとかないとか…

704 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/08(水) 14:00:26 ID:UT5MR2xo0
>>694
> 辺境強兵イメージじゃろ。実際は広島師団ほどの武勲を持つ師団は
> 九州・東北の師団に無いけど。

もしそれが正しかったとしても、広島師団ほど「まとまった人数が無傷で」捕虜になった師団は九州・東北の師団に無いのは確かだ。

705 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/08(水) 16:12:21 ID:5iC4ZjTJ0
>>703
選抜意識はあったみたいだけど
強さはどうなんだろう

706 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/08(水) 17:14:08 ID:esmzX/7u0
>>703
海の真中なら仕方がない
降伏は妥当な結果
「降伏は恥」は愚かな考え

707 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/08(水) 19:20:24 ID:fMglZJkKO
>>706
東條ォォー!!
戦陣訓はどうした?


708 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/08(水) 23:39:09 ID:esmzX/7u0
だからその生きて虜囚云々が
愚かなことだといいたいんだよ

アメリカとかじゃ捕虜に送られる勲章さえあるのに
捕虜は恥なんて感覚さえなければ
もっと多くの人命が救われただろう
大勢が決した後のニューギニア、フィリピン、沖縄も
降伏すべきだった
犬死だよあれは

709 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/08(水) 23:52:00 ID:esmzX/7u0
もっとも戦陣訓以前に
日本全体に捕虜を恥とする雰囲気が
蔓延していたという話もあるけどね

710 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/09(木) 00:31:59 ID:iOb1uSLB0
武士道か?>捕虜になるぐらいなら

711 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/09(木) 00:39:00 ID:iOb1uSLB0
第五師団って日中戦争で張自忠にメチャクチャ苦戦してなかったけ?

712 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/09(木) 01:09:38 ID:tQnTc5Br0
>>710
日中戦争始まりのころから
捕虜はタブ-という
ような雰囲気が民衆の間で漂っていたそうな
 非人道的

713 :白馬青牛 ◆B3h9hvY9bA :2009/07/09(木) 02:00:40 ID:bVYwxrY80
>>703-705
近衛は、全国選抜で宮城を守る名誉師団として自負があったが、
郷土愛意識が薄いけぇ、団結に欠ける欠点もあった。マレー作戦でも、
強さはバッテン(久留米の菊)より若干劣る程度じゃろう。
>>704
同じ場面に遭遇したら九州や東北の師団は戦うんか?
ほいじゃあ、九州や東北の師団に捕虜者となった者は一人もおらんのか?
>>709-710
捕虜や降伏した者は尖兵となったんが、戊辰戦争の頃は当たり前
じゃったよ。武士道たぁ降伏したもの寛容に扱うことじゃ。
実際は非道に走った武将が多かったが。
>>711
この板の「廣島連隊」スレや他板にも書いとることじゃが、
広島第五師団は、張自忠上将とキン州で戦うとる。強かったそうじゃ。
前進がはばまれたこともあったけんのう。まさに好敵手じゃったよ。
その張自忠上将に冬季作戦で敗北したんが仙台第十三師団で、
会津若松の第65聯隊なんかほぼ全滅の状態じゃった。
その仙台第十三師団を救援し、宜昌作戦において張自忠上将を討ち取った
武勲を挙げたんは、広島第三十九師団の広島第231聯隊、第十一中隊よ。

714 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/09(木) 03:24:24 ID:0GOdhhd5O
だれだよ 
日本史板にも関連スレできてるじゃん 

白馬の御大の出張先増えてるぞ

715 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/09(木) 12:19:15 ID:RYH/ahAG0
>>713
> ほいじゃあ、九州や東北の師団に捕虜者となった者は一人もおらんのか?

「無傷で」しかも「大隊規模で」捕虜になった話は他では聞かんなぁ。
負傷して人事不省になって捕虜になったとか、部隊としての組織が壊滅後に食うに困って三々五々投降したという話なら聞くが。
とにかく、日本軍で無傷の部隊がそっくり捕虜になるという不祥事を起こしたのは広島師団の一手専売。
リメンバー橘丸、ノーモア橘丸。

716 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/09(木) 14:41:48 ID:AWobld1vO
友軍撃沈命令も専売だネ…

717 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/09(木) 17:05:26 ID:tQnTc5Br0
戦闘後の壊滅状態で降伏
海上輸送中に米軍に見つけられ
武器もなかったため
戦う手段がないから降伏
どっちも責められるものじゃない

まさか橘丸を非難する人間は
まさか丸腰で米軍に戦いを挑んで
米兵に虐殺されて鮫のえさにされろ
とでもいうのだろうか

日本人てのはいまだに「生キテ虜囚ノ戒メヲ」
受けることを恥としているのか?


718 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/09(木) 17:12:34 ID:tQnTc5Br0
まさかって二回も書いちまった

719 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/09(木) 18:45:12 ID:iOb1uSLB0
>>717
白馬青牛の言い分だとそうなるんじゃない?


720 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/09(木) 18:52:54 ID:AWobld1vO
武器はありましたが?

721 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/09(木) 18:53:18 ID:g41+xzeK0
>>702
ああ、そうだった。
大阪のパチンコ店放火犯のように広島は犯罪者
の大量輸出国だったね。
九州の師団の蛮行は九州に移り住んだ「広島人」
によるもので広島師団の武勲は広島に移り住んだ
「九州人」の勇敢さによるものだね。
>>713
広島人は女子供であろうとも後に自分の立場を
危うくする可能性があるなら容赦しない。
許されるのは呆けた抜け作くらいだ。

722 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/09(木) 18:56:34 ID:Ksok8mxwO
>>717
捕虜になるのは、仕方ないとして、その後の態度次第だな。
命乞いをして、味方の情報をゲロしまくったとしたら最悪だ。

723 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/09(木) 19:38:46 ID:tQnTc5Br0
日本軍は捕虜になった後どうすればいいか
教えていなかったので

アメリカ軍が聞いてもいないことをべらべら話してしまったそうな

724 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/09(木) 20:09:47 ID:RT5KZc0S0
>>713
答えはこの>>615>>628にあるよ。

725 :白馬青牛 ◆B3h9hvY9bA :2009/07/10(金) 00:03:46 ID:aZIdrA3l0
>>714
昨日も、考古学板、民俗・神話板、日本史板、この板と忙しかったけぇ、
このスレでも書く部分を削ったよ。
>>715
大規模じゃろうと小規模じゃろうと捕まったにら捕虜よ。
>>721
一人の犯罪者の例を持って全体に還元する処、九州人の姑息な性格が
よう出とるのう。軍隊のように郷土の者が多く集まると、地域にょって
蛮行部隊か現地民に寛容かは、前にも云うた今村均将軍の言でも
解ることじゃ。ほいで、戦前の広島に九州のもんはようけおらん
かったど。広島の人間が九州に移住しても、九州の地の者の方が多数を
占めるけぇ、九州の蛮行を軍紀厳正な広島に責任転嫁しても意味をなさん。
>>723
特に上層将校はね。聞いてもないことでも、しゃべったら、得点になって
日本に戻れる思うたんじゃないか。不始末は部下の責任で、自分は止めたが
と自己弁護も交えてべらべらと。

726 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/10(金) 02:08:55 ID:7v5Xd0gL0
>>717
常陸丸と近衛後備歩兵第1連隊に謝れ!(AAry

727 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/10(金) 02:12:09 ID:7v5Xd0gL0
>>725
> 大規模じゃろうと小規模じゃろうと捕まったにら捕虜よ。

アッツや硫黄島でボロボロになるまで戦った末に武運つたなく捕虜になった兵士と、国際法違反の病院船で輸送中に2個大隊が無傷で
そっくり捕虜になったタワケを同じと申すか。我田引水も極まれりと言うべきか。

728 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/10(金) 04:32:35 ID:mz0B1TB30
>>725
ようけおらんて、あんたのような焼け野原に縄張って
不法占拠した人間に戦前のことがなぜ分かるんだい。
お亡くなりなった方の戸籍操作はお手のものってか?

729 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/10(金) 14:48:42 ID:5DcQNU6b0
>>725
> 占めるけぇ、九州の蛮行を軍紀厳正な広島に責任転嫁しても意味をなさん。

軍紀厳正ってここ笑うところですよね? 国際法違反の間違いでは?

730 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/10(金) 16:56:30 ID:mzzOFjX00
>>アッツや硫黄島でボロボロ
そうなる前にさっさと降伏すればよかったのに
外国だったらそうしている
日本は異常だよ
まあ特攻隊なんて外道作戦思いつく国だからな
ついでに病院戦偽装は師団の上層部が決めたことでしょ
降伏を決めたのも上だし
犬死するよりは理性的な決断だったと思うよ

731 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/10(金) 17:06:25 ID:od9KN8Ry0
>>730
降伏して普通に捕虜にしてくれればいいけどな

732 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/10(金) 17:13:17 ID:mzzOFjX00
確かにアメリカ軍も捕虜を殺している兵隊はいるが
それをさし引いても日本の捕虜の数は異様
戦前はそういうなってはいけないという教育とか空気とかが
あったんだろうね

733 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/10(金) 18:15:12 ID:6qC7khvUO
>>732
戦前、敵といえばソ連と中国→共に捕虜の扱い劣悪

734 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/10(金) 18:35:25 ID:CCcU0lRsO
金沢第九師団だろ
昭和天皇も認めた精強師団
ホウテンでも数倍のロシア相手に活躍した

735 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/10(金) 18:47:31 ID:+t1HRhdFO
>>733
捕虜の扱いは辻参謀 に聞けw

736 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/10(金) 19:01:57 ID:DHmODsBxO
>730〜独断〜で降伏すますた

737 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/10(金) 20:26:24 ID:mzzOFjX00
>>733
ソ連に投降した欧州の枢軸国の兵隊は大勢いたがね
(死んだけど)
日本兵の場合投降すらない
日本は投稿すら許そうとしなかった

738 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/10(金) 20:27:39 ID:mzzOFjX00
投降だ
間違えた

739 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/10(金) 20:38:14 ID:3TOGbv100
常陸丸はえらいなぁ。それにひきかえW

740 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/10(金) 20:43:31 ID:3TOGbv100
>>717
武器は持ってたぞ!
少しは調べろ!
常陸丸は小銃で応戦し自沈を選び、何人もが船のなかではらを切った!!

741 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/11(土) 00:01:07 ID:7ew5N+Xp0
>>常陸丸は小銃で応戦し
馬鹿な連中だね

742 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/11(土) 00:05:40 ID:7ew5N+Xp0
橘丸は小銃と弾薬は没収されてる

743 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/11(土) 00:06:56 ID:7ew5N+Xp0
>>常陸丸は小銃で応戦し自沈を選び、何人もが船のなかではらを切った!!

馬鹿な連中といったのは言いすぎだった
捕虜になるなという
日本の狂った教育の被害者だな彼らは

744 :白馬青牛 ◆B3h9hvY9bA :2009/07/11(土) 00:10:20 ID:5y0nS4e20
>>727-729
病院船で兵士を乗せたんは、軍上層部のしでかしたことで、広島第五師団が
独断でやったわけじゃあるまいし。しかも戦後の裁判で上層部の連中は
広島第五師団に責任転嫁しとる。軍上層部の弁護ばっかしする処、
権威に弱いが弱者に強い九州人の性格が見えるのう。
>>733
捕虜の扱いの一番寛大な処置をしたんは、中国国府軍、次いで中共軍。
次に米軍あたりじゃろう。英国軍は階級社会性が強いゆえ、
日本の将校には寛大な処置じゃが、兵士は強制労働じゃ。
最悪なんがソ連軍なんは云うまでもない。
>>734
金沢師団も強い。中文ウイキにも、広島師団と共に金沢師団は、
日本の最精鋭部隊と出とったのう。
じゃが、奉天で一番激闘したんは、第二軍で中でも当時第二軍隷下の
広島第五師団じゃ。
ほいで、広島第五師団が感状を貰うたけぇ、第三軍乃木将軍がうちも、
云うことにして、金沢第九師団も感状を貰うたと「日露戦争新史」に
書かれとる。
>>737
敵に投降したら以前に不幸にして捕虜になっても、戻ってきたら軍法会議で
寛容な処置になる可能性は低いね。

745 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/13(月) 10:12:06 ID:XEqNRPMR0
花の梅沢旅団は何処の師団所属?

746 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/14(火) 09:28:10 ID:Po30iv2E0
板垣師団が最強

747 :白馬青牛 ◆B3h9hvY9bA :2009/07/15(水) 01:22:35 ID:C7Dxpwf90
>>745
日露の梅沢旅団は近衛じゃ。
>>746
板垣師団云うんは、広島第五師団の北支戦線の時の名称。

748 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/16(木) 18:31:07 ID:Ulj4d09t0
林彪に負けた師団だね

749 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/18(土) 08:39:11 ID:iYXzXqLD0
アメ公にけつを突き出してヒイヒイいってた広島の兵隊より、圧倒的な
米軍に立ち向かい全滅した水戸の兵隊が俺は好きだ。

750 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/18(土) 14:32:07 ID:fqrmkgVS0
フィリピンの民間人ゲリラ>日本軍最強師団
オーストラリア軍最弱師団>日本軍最強師団

751 :白馬青牛 ◆B3h9hvY9bA :2009/07/19(日) 01:22:47 ID:Kc+9gWg10
>>748
http://shanxi.nekoyamada.com/archives/000362.html
平型関の戦闘は、鈍重で精悍性に欠けるが、素朴で困苦欠乏に耐える
評判のあった山西軍との戦闘じゃ。中共軍は後方の広島師団と
宇都宮師団の輜重隊を襲撃しただけじゃ。
真っ当な戦闘もしとらん中共側の尻馬に乗って喜びよるが、中共側も
トーンダウンしとるけぇ残念じゃのう。
じゃが中国国府軍は「広島の兵隊には退却しろ。そして後方を衝け」
と云うたけえ、中共軍による後方部隊の潰滅はイメージに残ったん
じゃろう。正面でガチンコで戦闘しても広島の兵隊にゃあ勝てんし。
同じく輜重部隊がやられた宇都宮師団の場合はどうかのう?
まあ、中国軍からしても、とるに足る師団じゃない日本の雑魚師団じゃけぇ
のう。
>>749
広島の兵隊は、捕虜となってもアメリカ人にケツを突き出してヒイヒイ
云うた例はあるまい。
中国兵よりも、兵士個々人の質が低いアメリカ兵に負けて、全滅した
宇都宮師団の水戸聯隊の方がヒイヒイそのものじゃないか。

752 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/19(日) 03:47:13 ID:B89hxhKcO
もっ、もっと突いてつかいっ!ハウーン

753 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/20(月) 02:28:27 ID:PozDHdraO
I LOVE橘丸

754 :マンチカン:2009/07/21(火) 23:25:43 ID:C2IhQUV7O
マンチカン

755 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/03(月) 23:12:52 ID:TvItAbLEO
白馬青牛は謝罪せよー!

756 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/04(火) 01:10:04 ID:nXS6lhiL0
別に謝罪しなくてもいいけど氏んでほしい

757 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/04(火) 12:21:16 ID:3H4xHeRU0
キスカから逃げ帰ったのは、どこの師団ですか?

758 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/15(土) 05:12:56 ID:Mf9M4+LeO
広島です

759 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/17(月) 21:03:23 ID:A/XsqCjmO
白馬青牛はどこへ?

760 :FunnyJapanese:2009/08/17(月) 23:02:45 ID:spS+2zAk0
日本陸軍最強師団?
不過蒋介石の手下敗將

761 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/19(水) 23:06:00 ID:Je1haEL00
日本陸軍最弱師団、連隊はどこかスレにいるよ牛

762 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/29(土) 20:16:48 ID:B6SUWtye0
旧日本軍:松江の元兵士と市民団体、39師団の記録発刊へ 中国人虐殺、克明に
ttp://mainichi.jp/kansai/news/20090827ddn041040016000c.html
「『病院を掃討せよ』。大隊長の命令で、中国・当陽の病院を襲った。
兵士は動けない抗日軍負傷兵を銃剣でめった突きにした」「
曹長の命令を受け、今度は看護婦に襲いかかる。
(その前に)看護婦は毒薬を飲み自決した」(いずれも要約)
 同史には、師団編成の39年10月から終戦までの行動が記録されている。
国際法に反する毒ガスの使用、捕虜の生体解剖などもあったという。
難波さん自身も作戦でガスマスクを着用し、ガス弾の残骸(ざんがい)を見たことがあると証言する。
また同じ兵舎の衛生兵が「晩ご飯はいらない」といい、理由を聞くと、医務室で生体解剖を見たと話したという。
 同管理所には、旧日本軍兵士969人が50年から6年間、戦犯として収容された。
うち39師団は197人。執筆した12人は広島、島根、山口各県出身の古参兵だった。
難波さんによると、収容者は55年から師団の行動についてまとめ始めた。
図書係の難波さんは、図書室の隅で12人が記録していた光景を覚えている。



突かれてはいないかもしれないが、病院で負傷兵を突いてるな。
生体解剖というのも半端じゃないわ。

763 :白馬青牛 ◆B3h9hvY9bA :2009/09/01(火) 23:42:01 ID:THD4Oh0X0
>>762
http://anchorage.2ch.net/test/read.cgi/army/1240396251/
http://love6.2ch.net/test/read.cgi/chiri/1144579367/
と、宣伝工作しとるのう。毒ガスについては、下のお国自慢板の、>443
>445>446でも「あか」と「きい」の違いも云うとろうに。
ガス弾云うスローガンで誤魔化すなや。しかも中帰連の人たちの証言は
思想性が強いけぇ、ご本人の犯罪以外を真実とする根拠も無いんじゃ。

764 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/09/02(水) 10:38:42 ID:pcj39/aR0
広島宇宙最強師団の証言もしてくれ
http://www.nhk.or.jp/shogenarchives/search/shozoku/#/main

765 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/09/02(水) 19:35:27 ID:NW+x7uhc0
>>763
余程都合が悪いと見える。
本当に確信が有るのならデンと構えておればよいものを。
工作だと思うんなら通報でも削除依頼でもせえや。
スローガンという言葉で誤魔化すな、毒ガスは毒ガスじゃし
その違法性・非人道性は変わらんわい。
あんた自身が以前、別の部隊の毒ガス使用を糾弾しとったじゃろうが。
根拠が無い無い言うなら、今回の証言がウソであると証明してみい。

766 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/09/02(水) 21:38:24 ID:QlpCqmVLO
山下奉文
木村兵太郎
他県出身だが廣島で幼年期を過ごした人物。

白馬青牛にとっては、この二人も旅のもんなのかな?


767 :白馬青牛 ◆B3h9hvY9bA :2009/09/03(木) 01:22:10 ID:TBWLA6U30
>>764
わしゃあ、戦争体験があるほどの歳じゃないど。
>>765
都合悪い部分なんか無いど。毒ガスにしても、あかは、デモ鎮圧の発炎筒
レベルであることは、>>776の>446でも言及しとるよ。>445の仙台13Dが
使うたきい剤は非人道的なのう。
中帰連の人たちの、中国軍は善、日本軍は全て悪云う、勧善懲悪の
スローガンを連呼しとるんは、あんたじゃないか。
中帰連の人たちの証言は、日本軍の蛮行や中国軍の蛮行についても証言
された元広島39Dの兵士の証言と事象記述の異なる。旧日本軍と同様、
独善他悪の証言をされる中帰連の人たちと、思想に犯されて無い一般兵士の
証言のどっちに信憑性があるか云うたら、思想性が薄い一般兵士に
なるのう。歴史に証明なんか不可能で、自身が会うた人物意外証明なんか
出来んのに、勧善懲悪好きの共産主義者やネット右翼の用語「証明」だけは
連呼だけはしよる。あんた歴史的事象や人物に証明なんか出来る思う
とるんか?
>>766
広島陸幼にしても、知的学力の無い広島人の入学は少なかったよ。
両氏も旅の人間じゃわい。山下氏は辻氏に結局取り込まれ、辻氏の
意のままに動いた人物に過ぎん。官僚の言いなりになった政治家程度の
人物でしか無い。


768 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/09/03(木) 20:44:17 ID:eDSv9aotO
白馬御大 
お久しぶりです。
広島健児は素朴にして性勇猛、威あっておごらず。ってことですよね。
逆に 
なぜ広島健児がそういう資質を持ち合わせたんでしょうか? 
突き詰めれば県民性なんでしょうか? 
そのあたりをご教示いただきたいです。

769 :白馬青牛 ◆B3h9hvY9bA :2009/09/04(金) 00:54:21 ID:rTj2beHa0
>>768
お久しぶりです。広島健児は、山口人の石田義顕元陸軍少将の云われる
よう、「広島聯隊管区の壮丁は、「誠実機敏」にして勇敢で、
各種の競技大会においても、多くは広島師団の最上位にあった」と、
云われるよう、山口人の広島部隊に憧れる気持はあったでしょう。
しかし、陸大入学試験に、十年近く合格者皆無のように、学力知能では、
山口人や岡山人に及びません。薩摩人の知力の低さを笑えんわけです。
ただし、広島の青年将校は自己の栄達よりも、平素の訓練を重視した
面もありますし、個性の強さを持った一癖も二癖も持ち合わせた人間の
将校が多かった面もあります。
その性質は、広島人の個々の独立心ですし、分散した陣地でも指揮官の
命令を待たず、個々が戦闘行動できる資質でもあります。
その資質も、各地域の独立心の強い風土から生まれたものでしょう。
ほいで、薩摩人は九州の風土の中でも、朱子学の思想性も強いんですが、
朱子学理念と現実状況から後者を選ぶ賢明さがありますね。
思想が文明的柔弱さを量る指標としても、薩摩人は集団的でも商人気質で
現実的な判断をする。広島人は独立心があっても、古い体制に義理立て
しますから、鹿児島人ほど節操に欠けると思える軽快な行動が出来んの
です。その点、鹿児島人は感性で判断する健全さを持っております。
有能な指揮官が出た土地柄でならではでしょう。

770 ::2009/09/06(日) 19:07:43 ID:2ujX6DOA0
ベトナムにも日本陸軍士官学校が創設されていた

http://pwvx.hp.infoseek.co.jp/02/5/58C.html

ベトナム政府から元日本兵が表彰されていた。

771 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/09/07(月) 09:19:29 ID:HmBxubmX0

http://www.warbirds.jp/heiki/kanamaru2.htm

772 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/09/15(火) 20:47:49 ID:oSNvdlHB0
蛮行の九州、ビビリの廣島。

773 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/09/15(火) 21:07:25 ID:Gbd+/Mn+0
外人が日本人を特別視してるってのは、自分の国の歴史少しでも知ってたら誰でも分かるだろ。まず、資源が全くないってことはすごいこと。もう両手両足もがれたぐらいのハンデ。
しかもすごいのは、米国の3分の1の人口、わずか25分の1の領土で、その上ただでさえ極小の国土の7割が山、山、山。なーんにもない、山・・・。
だから農業で輸出して食べていくことすらできない。条件からして最貧国でもおかしくない国。
そんな国が、100年ほど前で当時世界最強クラスだった露助とか清をあっさり倒して、非白人国家で普通に白人常任倶楽部仲間入りしちゃってて、おまけに米国敵に回してガチで戦争して、
世界で唯一米国本土爆撃して、英国の無敵艦隊フルボッコにして、オランダ倒して、世界で唯一原爆落とさせるほどてこずらせて。しかも二発だよ。二発。考えられない。
敗戦とか言ってるけど日本のせいでアジアから白人の植民地全部消されたし。
しかも信じられないのは、戦争に負けてただでさえ何にもない国がさらにインフラまで全部叩き潰されて、多額の賠償金まで背負わせて100%再起不能にしといた極貧衰弱国家で、
今度こそ生意気なイエローモンキーが消えて数百年はウザイ顔見ないで済むと思ってたら、直ちに再び白人社会に経済で参戦して来くさって、参戦どころかごぼう抜きでたった2,30年であっという間に米国さえ抜いて世界第一位。
東京の土地だけで米国全土が買えるほどの呆れた価値になっちゃう程の超絶経済力で世界中( ゚Д゚)ポカーン・・・状態。
その後もずーっと二位維持。頭一本でそれ。しかも経済の80%が内需。内需だけでそれ。
金融とかでまだ全然進出してないし車や家電、工業製品ももまだまだ進出しきってなくてそれ。
もうキチガイの域。伸びしろありすぎワロタ。戦後60年一発も打たずに侵略せずにこれ。
何気に世界最長寿国とかなってる。んで今度は漫画・アニメ・ゲーム。気がつけばハリウッドの規模とっくに超えてる。
アメリカの検索で一位になってるのが日本のアニメとか。世界中で一番人気の映像作品が日本のアニメとか。
しかも最近の話をすると日本の防衛庁がガチでガンダムとファンネル開発してる。
挙句に光学迷彩まで研究開発してる始末。どんだけ夢を求める国なんだと。
極めつけは世界一長い国号、2000年のどの白人より長い王室ならぬ、その上の皇室保有。エンペラーに代表される歴史。

普通の神経してたらこんな国怖くて関わりたくない。

774 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/09/15(火) 21:37:46 ID:hF+NuL1aO
よう云った。ありがとう。

775 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/09/17(木) 00:21:35 ID:eyi9314PO
久留米最強

776 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/09/17(木) 16:35:57 ID:2hB/2n58O
牛が黙っちゃいないぜ

777 :白馬青牛 ◆B3h9hvY9bA :2009/09/17(木) 23:08:32 ID:0aaFFfgY0
>>772
九州兵の蛮行は事実じゃか、廣島兵団は敵にビビッタ実例は無いのう。
廣島兵団より実績も無い九州兵団はクソビビリになろうに。
>>773
日本的「夜郎自大症」を賛美しても意味があるまあ。実例として日本は、
文禄・慶長の役や先の大戦でも戦争に弱かった事実は隠蔽出来んので。
>>774
よう云ったじゃあるまあ。越智春海元陸軍大尉の云われるよう、
『「夜郎自大症」の裏面の「敵状軽視」という精神構造から「日本軍には
不可能ということはない」と思い込んでいる反面「敵軍には、これは
不可能だ」と、ろくに検討せずして、いち早く「判断」してしまうクセが、
ある(現在形!)のだ」
日本人の上層部は、敵を見くびる天才とも云えるけぇ、戦争に勝つんは
難しいのう。
>>775
ハッタリの久留米師団は、勝てもせんかった玉砕戦を誇るマゾヒストよ
のう。

778 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/09/17(木) 23:52:42 ID:e7eoroRQO
橘丸ビビりヨロクソ広島兵団!

779 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/09/18(金) 17:00:41 ID:uN0GZnRL0
>>777
> 日本的「夜郎自大症」を賛美しても意味があるまあ。

広島的「夜郎自大症」の患者が何の寝言を言うっちゃ。

780 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/09/18(金) 19:34:12 ID:N+0Rk3AIO
朝鮮的夜朗自大より百倍ましだろ

781 :白馬青牛 ◆B3h9hvY9bA :2009/09/19(土) 01:49:25 ID:o97OSR+k0
>>778
橘丸に乗せたんは軍上層部じゃし、第五師団に責任転嫁すな。
しかも船内じゃあ、爆撃それたら終わりじゃ。
>>779
広島師団は他師団と違い比類なき歴戦実績があるけぇ夜郎自大じゃ
ないのう。
>>780
夜郎自大は、朝鮮より日本の方が陥っとる思うが、朝鮮的と気質の近い
九州人、特に朝鮮人と気質の似とる鹿児島人は判断力に優れとるん
じゃないか。

782 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/09/19(土) 11:32:57 ID:qPZfzI9g0
>>781
> 広島師団は他師団と違い比類なき歴戦実績があるけぇ夜郎自大じゃ
> ないのう。

目を覚ましたまま寝言を自動書記する特技を披露しなくていいですw

783 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/09/20(日) 19:09:18 ID:46cgfNaN0
まあ広島に大本営があったし、帝国議会も日進だか日露戦争の時には開かれた

784 :白馬青牛 ◆B3h9hvY9bA :2009/09/21(月) 23:15:22 ID:xpN7pRGq0
>>782
実例も提示せんで、寝言云いよるんはあんたど。

785 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/09/23(水) 17:41:46 ID:cD+gjlgA0
>>784
広島師団は他師団と違い比類なき大量の無傷な捕虜を出した実績があるけぇ夜郎自大じゃ
ないのう。

こうですか? わかりません><

786 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/09/23(水) 19:00:09 ID:QNy3Cj2E0
項羽時代の楚兵とアメリカの海兵隊は
戦地での悪行で有名だが戦いでも強かった。

日本でも性格荒い地方や
犯罪発生率がちょいと高い所が強いんじゃないんだろうか。

787 :白馬青牛 ◆B3h9hvY9bA :2009/09/24(木) 00:55:16 ID:APdPKqeZ0
>>786
ベトナム戦争じゃあ、米海兵隊より韓国軍の方が断然強かったよ。
性格は荒い方が戦闘向きじゃろうが、犯罪発生率とは関係ない。
そういうんは都市化のデータで、軍隊の集団郷土性質と関連せんよ。
また、軍隊には「精強さは軍紀にかかる。」と云う言葉もあるよう、
軍務の日常でも現地民に暴行するような弱い者苛めせん師団の方が強い
とも云えよう。例えば軍紀厳正をカラーとする広島師団が精強である
よう。

788 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/09/24(木) 08:56:54 ID:Txu4/WT20
>>787
米海兵隊も韓国軍も現地民アボーンしまくってるんだけど

789 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/09/24(木) 13:22:40 ID:1duXst1c0
シンガポールで華僑殺しまくって絞首刑になった旅団長は確か広島師団だよな?
実に軍機厳正だw

790 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/09/24(木) 13:45:52 ID:O9DenNkh0
今の日本で性格が荒い地方はどこだろうか
案外人が多くて競争が激しい関東地区だったりな

791 :白馬青牛 ◆B3h9hvY9bA :2009/09/24(木) 22:26:25 ID:APdPKqeZ0
>>788
>>95に挙げたブログにあるよう、火力戦に頼った米軍と違い、
韓国軍は接近白兵戦じゃけぇ精強さは韓国軍の方がはるかに上じゃ。
米軍は陸軍でも海兵隊でも、ベトコンと接近白兵戦じゅあ負けるけえ、
ベトナム戦争参加国最強の韓国軍に頼るしかあるまい。
>>789
華僑処断は、河村旅団長より辻政信参謀の責任が大きかろうに。
>>359で云うたよう市川正氏は戦犯扱いされたが、広島第十一聯隊、第三
大隊は敵のスパイと解っておりながら、憲兵から匿うたけぇ、
華僑のスパイの方が証言され、市川氏の無罪の証明となった。
こういう武士道を守る処も軍紀厳正をカラーとする広島師団ならでは。
まあ、広島師団でも、真面目な軍国青年は、郷土の価値観、武士道を
忘れ、軍国思想に洗脳され華僑処断に真面目に殺した兵士もおったが、
討伐する時、郷土広島の価値観の情義を守った人は、テロを起こす
華人ゲリラにも逃げ道を作ってやったり、狙撃の時も狙いを外したり
して、出来るだけ、華人を助けるようにしたんでぇ。
蛮行で有名な師団の性質と一緒にすな。

792 :白馬青牛 ◆B3h9hvY9bA :2009/09/24(木) 22:45:02 ID:APdPKqeZ0
>>790
関東人が日常で気性が荒いと全然思わんが、戦争の蛮行じゃあ荒いのう。
元東京101Dの坂田甚蔵氏は、「私ら部隊は、戦闘は弱いけど、
悪いことでは天下一品だった。だから鬼部隊と呼ばれてね。
街に入ったら強い。なにしろ略奪や強姦はお手のもので、部隊に
ちゃんと火つけ班までてきていたんだからね。部落から部落を
かたっぱしから焼いていった。二階へ避難民を押し上げて、
はしごをはずして火をつけたこともある。」
と、九州の「赤鬼」第六師団ほどでないにしても、関東兵団は、
九州兵団の次に蛮行、弱い者苛めが好きじゃけぇのう。
じゃが関東兵団は、戦闘に弱いけえ、占領地で鬱憤を晴らした面も
あるじゃろう。

793 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/09/25(金) 09:10:09 ID:SZBqYAB/0
そんな精強だった韓国軍が太平洋戦争ではアイゴーと泣き叫ぶだけで役に立たなかったのは何でじゃ?

794 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/09/25(金) 13:57:24 ID:NIZm+tVJ0
所詮支配者のために戦う気など湧かなかったのだろう

795 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/09/25(金) 15:09:10 ID:QJTAu4PR0
>>791
九州人・関東人・東北人の虐殺は悪い虐殺
広島人の虐殺はいい虐殺

こうですか。わかりません><

796 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/09/25(金) 18:56:49 ID:SiYGI/gHO
韓国軍のベトナム蛮行はスルー?

797 : ◆26IT/WpOkg :2009/09/25(金) 20:58:54 ID:EkQzJb+L0
『人国記』における評価 (成立年代:戦国期、著者:信州人か)

【安房】
人の気尖(するど)なること、譬えば刃(やいば)の如く…。男女ともに死する事を手柄とのみ覚えて、…。
【上総】
大体安房に替ることなし。
然りと雖も、この国の人は別して気質偏屈にして、その勤むるところ諸民ともに、常に山賊・夜討を本と覚えて、正道を知る人、百人に九十人これ無し。
然りと雖もその健気(けなげ)なること、関東に二番と劣るべからざる風儀なり。
唯気質に勝りて、勇を強く行ふ風俗なり。危ふき事のみ多し。
【下総】
上総に同じ。然れども結城の人は律儀にして、一国の内にも珍しき事なり。
【常陸】
ただ盗賊多くして、夜討・押込・辻切等をして、その悪事顕はれ、罪科に行はるるといへども、恥辱とも曾て思わず。
…ただ肝胆の間、逞しく生れ付きてかくの如きと見えたり。
【下野】
…常に業(わざ)する事とては、辻切・強盗の類にて少しも恥づる事なく、…。
勇気の強きことは、上方(かみがた)の五か国七か国を合はせたるよりは猶も上なるべけれども、更に理非を弁ふることなきが故に、法外のみ多し。
【武蔵】
闊達(かつたつ)にして気広し。…名人の風俗なり。
ただ道理に因る時は気に乗じ、不可なる時は己が非を知りて、承けて制するを上とす。然れどもこの風俗は、最も潔き風俗なり。
次に気広きを以て驕る気強し。
【相模】
豆州(伊豆)に似るといへども、人の気転変し安き所なり。
…常に栄花を好み、好味を求めて酒色をもて翫(もてあそ)ぶ風儀、十人に八、九人かくの如くなり。
…智あって智に迷ひ、義を知って義に迷ふ。誠に悪を備ふる風俗なり。
【伊豆】
強中の強にして、その気に乗る時は強し。その気に乗らざる時も強し。
【甲斐】
人の気質尖にかたくへなり。…死する事を厭はずして、傍若無人の事多し。
【上野】
碓氷・吾妻・利根三郡は、人の形儀信州に似たり。
勢多・佐位・新田・片岡四郡は、風儀信州より上分の風俗なり。然れども詰まるところの意地少なく、信濃よりも足らざるなり。
【信濃】
武士の風天下一なり。百姓・町人の風儀も、健やかなること他国の及ぶ事にあらず。

798 :白馬青牛 ◆B3h9hvY9bA :2009/09/25(金) 23:18:24 ID:Gi2XMzyM0
>>793
朝鮮人通訳が、日本軍の威を借り、現地民に酷かったことや、輜重
後方部隊に配属させると無気力と成ったり、終戦直前に脱走兵が
多かったじゃの朝鮮兵の欠点は挙げられるが、出世が叶う前線で闘うた
朝鮮兵は強かったよ。ビルマの狼兵団は日本人壮丁と遜色無かったし、
元東京第59師団の菊池氏も「半島人は強かったですよ。頭脳が優れている
のも特徴でしたね。ですから下士官も出ました。」と、朝鮮兵は昔から
勇猛精強じゃったよ。
>>795
広島師団は軍紀厳正を師団カラーとして、無益な殺戮を日華事変に
おいても真面目な九州や関東、東北の師団ほどしとらんよ。
>>796
>>95の下に挙げたブログでも読め。真面目な韓国兵は殺害せずに
見逃す要領に欠けとったんじゃ。思想性が強い民族性が生んだ
悲劇じゃ。日本の郷土兵団でも思想性の強い土地柄の兵士は、
思想による正義から、容赦せん傾向にあるのう。
>>797
信州人の書いた『人国記』の西国偏見は強いが、東国諸国は近隣じゃけぇ
真っ当に評価しとる面もあるのう。今村均大将が千葉県佐倉聯隊の壮丁に
ついて「千葉県下、房総地方出身の青年であり、大部分は半農半漁を業と
した者たちなので、自然、第一師団(東京)に属する四つの歩兵連隊中、
その体力は、断然詫りすぐれ、」と、云われたが、安房、上総の
関東最強の裏付けにもなろうね。



799 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/09/25(金) 23:20:04 ID:NIZm+tVJ0
高麗時代は契丹の攻撃を退けているからな

800 :白馬青牛 ◆B3h9hvY9bA :2009/09/27(日) 01:05:46 ID:U4GHGL8I0
>>799
嫌韓厨は、元や清の属国となった面を強調するけんのう。
高麗は契丹、新羅は大唐帝国を撃退しとる。

801 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/09/27(日) 23:08:49 ID:ngEPdLKyO
朝鮮牛ワロスw

802 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/09/30(水) 12:15:32 ID:gq0rcb9HO
昭和20年8月3日、戦時国際法に違反して第5師団歩兵第11連隊第1・第2大隊、歩兵第42連隊1個中隊の総勢1562人と武器弾薬を病院船「橘丸」に積載しバンダ海を航行していて拿捕された橘丸事件について牛の見解は如何に?

803 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/09/30(水) 13:07:01 ID:StQ/0Hvo0
爆弾三勇士に祭り上げられた独立工兵第18大隊を擁する久留米も捨て難い。

804 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/09/30(水) 20:33:51 ID:Xr6o6ORd0
なんで大坂の連帯は弱かったのかなあ

805 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/09/30(水) 21:34:14 ID:U48Zl6H/0
西武ニューギニアの山形224連隊が最強
山西での戦績も申し分なし

806 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/01(木) 14:40:57 ID:a3PyFkVz0
>>805
西武ニューギニア線沿線ワロス。どこの三多摩・埼玉だよw

807 :白馬青牛 ◆B3h9hvY9bA :2009/10/01(木) 22:04:08 ID:qAjJ3GXe0
>>802
何回も云うとるが、軍命令じゃし、辻政信氏がマレー戦でタイの軍服を
着せペラ川まで潜行させようとして、結果タイ軍と銃撃戦となって
姑息な計画が頓挫したが、広島師団の将兵が計画してやったことじゃ
ないど。もし計画が成功しとったら広島師団は、タイの軍服を着て、
ペラ川まで行った。久留米18Dの菊は激闘してコタバル上陸を果たしたと、
あんた吠えとるじゃろうのう。
>>803
爆弾三勇士の久留米18Dは、杭州湾上陸で先陣は広島5Dの北支戦線の
中、派遣された福山41iは先陣で戦闘し軍感状を授与されとるが、
次に熊本6Dで、久留米18Dは尻の方じゃったのう。
>>804
実際には大阪の連隊は弱うは無いけど。
>>805
弘前36Dの中では岩手県壮丁が多かった弘前第222連隊が師団最強じゃ
ないんか。

808 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/02(金) 11:42:42 ID:7mZn7md60
史上最強広島師団、史上最弱ドンゴリ師団、ほどほど弱いは東京・大阪、はガチです。

809 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/02(金) 21:54:01 ID:/wgIKMRE0
シンガポールでの日本軍は悪評高い

810 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/04(日) 01:33:31 ID:ks8+ZkNB0
>>809
ああ、それは敵がいないところでは強い近衛師団と先天性強姦魔の集団久留米師団の仕業ですね。軍紀厳正高潔無比の広島師団の
将兵とは何のかかわりもないことです。

811 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/04(日) 17:46:43 ID:8A2YE9xH0
アイヌ人兵士が一番強い

812 :白馬青牛 ◆B3h9hvY9bA :2009/10/04(日) 21:53:14 ID:RjCnsZVo0
>>810
広島師団も広島第11連隊の第二大隊は軍命令でやもうえず、
華僑粛清に加わったけど、出来るだけ敵のゲリラを救うよう
見逃したにしたが、敵が逃げん場合に粛清となったけぇのう。
何の関りも無いたぁ云えんですよ。
>>811
江戸期の松前藩に対しては勇猛じゃったけど。

813 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/05(月) 00:22:35 ID:RDs16U6M0
>>812
いや、広島師団に限ってはそのような不法行為に関わっているはずがありません。
他の地域にあまり気を使う余り、広島師団の名誉に傷をつけないほうがいいと思いますが?

814 :白馬青牛 ◆B3h9hvY9bA :2009/10/05(月) 00:50:10 ID:suVhZQm00
>>813
軍命令でやもう得ずやったにしても事実は事実ですど。
隠蔽するんなら、軍上層部や九州兵団と変わらんじゃないですか。
隠蔽は郷土広島師団を貶めることであって、日本国にとっても為に
ならんですよ。

815 :名無しさん@お腹いっぱい:2009/10/08(木) 23:17:54 ID:fG5SHdEH0
第56連隊歌
米英傲砕かんと 宣戦の勅かしこみて
へきれき襲うコタバルに 肉弾死屍を乗り越えて
壮烈緒戦の凱歌なる 嗚呼挺身の我が部隊

菊18Dに先を越されて、鯉は悔しいのう、悔しいのう。

816 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/09(金) 00:52:03 ID:nWGfz+taO
牛に友愛来たーっ━(゜∀゜)━(゜∀゜)━━━━

817 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/09(金) 16:32:49 ID:XgsusIct0
日本兵にはアイヌやウィルタやナナイの兵士がいたんだよね
連隊というほど数は多くなかったろうけど
少数民族出身兵士は強かったと思う

818 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/09(金) 22:52:21 ID:CxqaDI8B0
━ 白馬青牛の特徴 ━

━━━━━━━━━━━━━╋━━━━━━━━━━━━━━━
A 脳内ソースを持ち出し.    ┃B 得意技は悪魔の証明
  根拠の無いことをわめく   ┃   「ほうじゃ無かった根拠を提示せえや」
  ∧_∧.....               ┃    │     |   │彡
 <#`Д´>O  Y染色体は    ┃    │   .i|○ │彡<「ないことの証明」をしろ
Oー、 //|  父系遺伝しない! ┃    │     |   │    
ビリビリ\ (;;V;;)/             ┃    │     └― ┘ 
━━━━━━━━━━━━━╋━━━━━━━━━━━━━━━
C なぜか右翼の話しをする  i.┃D 理屈で反論できなくなると
   从_从人_从_从人_       ┃  レッテル貼りか人格攻撃
从从ゞ ウヨの妄言ウザい !/,   ┃     ∧_∧ <分子生物学者は全員ナチス
ウヨクタバレ∧__∧  从_从人__....  ┃     <♯`Д┌―――┐
⌒WWY´<#`Д´>ナチスダマレ! ┃     /    . | i ̄ ̄i |
 从_从( |   | )⌒WW⌒⌒Y..┃    jm==== | i :: i |
━━━━━━━━━━━━━╋━━━━━━━━━━━━━━━
E ムキになって駄文荒らし   .┃F 事実に対して都合のいい仮定を持ち出す
     ((((( ))))))         ┃ +   ∧_∧   .. ' ,:'.
       | |           .┃  ,:'.<  `∀´>   ,:'     
       ∧__∧    从_从人__....┃+ , ..⊂    つ     +  
   ∩<#`Д´>'') フザケヤガッテ┃  ' ,:'ノ  つ ノ    +  。  , .. .    + 
   ヾ      ノ  WW⌒⌒Y ┃      レ レ  〜 幸せ回路作動中 〜
━━━━━━━━━━━━━╋━━━━━━━━━━━━━━━



819 :白馬青牛 ◆B3h9hvY9bA :2009/10/09(金) 23:57:59 ID:8jqhuj800
>>815
久留米の菊のコタバル上陸が広島の鯉のシンゴラ上陸より半日
早いだけで、しかも久留米のコタバル上陸は陸軍航空部隊の護衛や
海軍航空部隊の英極東艦隊の攻撃と援助付きじゃけぇのう。
上陸した56iは犠牲者が多大で爾後使いもんにならんようになって、
正面戦闘の広島5Dだけが連闘したんじゃ。茶釜になって悔しいんは
久留米18Dの方じゃ。
>>817
少数民族だけで部隊は作れんかったけぇのう。琉球の壮丁も
九州の熊本師団と久留米師団に配属されたし。

820 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/10(土) 21:30:24 ID:+FdcBo+k0
自衛隊の人が書いた本を立ち読みしていたら。
旧日本軍では予備兵より若年兵の方が評価が高かった、
若年兵の方が命令に従っていたから。
という一文があった。

実際の戦闘力はともかく東北兵が評価されていた理由がわかった。
命令には従っていたからだろうな。

821 :名無しさん@お腹いっぱい:2009/10/10(土) 22:50:00 ID:SuvZ4Kp10
56iは、文字通りの敵前上陸、しかも夜間は役にたたぬ陸軍航空隊のために、敵機の跳梁を許し、輸送船は沈没および大破。
戦死者の半数は水没によるもの。それでも予定通りコタバル飛行場を占領し、シンゴラの鯉君を空襲から守ってあげたんよ。
ありがたく思いなさい。
 56iはその後も転戦してクワンタンを占領し、シンガポール戦にも参加した。師団フル参加の鯉と違って、56iはわずか1個
支隊で緒戦を戦った。太平洋戦争を火ぶたを切ったのも、感状第1号も56i。菊師団に感謝しなさい。

822 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/11(日) 00:30:57 ID:mZLcTOfBO
バンダ海にて米軍に料理された戦時国際法違反のまな板の「鯉」。本当に陸軍の面汚しだな。
牛は軍命令であって師団の意志ではないと逃げの一手。
実行した当事者には罪はないとでもいいたげだな。

823 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/11(日) 01:32:12 ID:LaZy0YCjO
青牛さん 良い人だし博学だよ でも広島人でもないし オサンでもないよ 敬礼

824 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/11(日) 13:50:22 ID:t1yvPAk00
牛さんはただの嘘つき。

825 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/11(日) 14:33:29 ID:iqykcRsgO
>>818
カワイイ フイタ w

826 :白馬青牛 ◆B3h9hvY9bA :2009/10/13(火) 00:15:39 ID:nCJ8CRDw0
>>820
東北兵は命令に従順じゃが個々の兵士の錬度は低いし精強たぁ云えんのう。
>>821
コタバル陣地で犠牲者を多発した久留米56iがのう。しかもコタバル
上陸は、陸海航空隊の制海権があったけぇ成功しとる。
56iは犠牲者が多く、投入された大村55iもメルシンまで進出が遅れ、
エースの広島5Dに迷惑かけたのう。久留米師団はコタバルから
シンガポールと途中の戦闘に欠けとるし、そのシンガポールでも、
大村55iが英軍の反攻で茶釜にされとるし。久留米はあんまし強う無い
のう。脇役の久留米が如何に広島の邪魔をせんかの問題じゃ。
>>822
軍上層部の命令を広島師団のせいにする、九州人らしい姑息な連投じゃ
のう。戦時国際法違反なら、強姦部隊で名高い九州兵団はどうなら。
軍命令よりも率先して強姦する歩く生殖器じゃないか。
>>823
わしゃあ広島のもんじゃし、オッサンじゃ。
>>824
わしの言のどこが嘘なら。具体的に書かんかい。
>>825
わしゃあ、>>818のようなエラの張った薩摩人特徴じゃないよ。

827 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/13(火) 12:48:14 ID:6ZAcF/ASO
やっぱり牛は軍命令の逃げの一手。「鯉」が本当に誇り高き最強師団ならアボルダージでも仕掛ければ良い。無抵抗で米軍の捕虜になった「鯉」に敵と戦って死んでいった他師団を誹謗する資格はない。

828 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/13(火) 16:11:11 ID:pyDuCyX50
>>アボルダージでも仕掛ければ良い
それを無駄死にというんだ
降伏を認めず兵士に死を強要した日本軍は負けて当然

829 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/13(火) 21:23:24 ID:91DSSY3I0
牛はただの馬鹿で卑怯者。
こんな奴が存在することが信じられない!

830 :名無しさん@お腹いっぱい:2009/10/13(火) 22:42:00 ID:rQbRxf7f0
826>コタバル陣地で犠牲者を多発した久留米56iがのう。
  コタバル敵前上陸は危険性が大きいとして大本営は躊躇し、最終的に現地軍の判断に任せた。敵が待ちかまえる中を
  敢えて突入したのは、コタバル飛行場の電撃制圧が5Dと近衛の上陸軍の安全確保に必要不可欠だったから。数段に構えた
  トーチカ群に突入したから犠牲も多かったが、強兵屈せず飛行場を制圧した。5Dの現実主義者なら、機関銃の十字
  砲火にひるんで逃げ帰るんじゃないか?
>久留米師団はコタバルからシンガポールと途中の戦闘に欠けとるし・・・
  別に18Dの責任ではないだろう。あんたもわかってるように、18Dは、5Dとは違って敵前上陸に使用されるため、
  待機を命ぜられていただけのこと。
>そのシンガポールでも、大村55iが英軍の反攻で茶釜にされとるし・・・
  苦戦に陥ったことは事実だが、別に負けたわけではないだろう。ブキテマは本来5Dの担当。5Dは戦車の援護もあるし
  敵をなめきって苦戦。辻が18Dと5Dを競り合わせようとしたために、さらに戦況が悪化した。
  5Dと18D
 

831 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/14(水) 00:04:54 ID:DY1uSnXrO
白馬さんピンチ

832 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/14(水) 00:35:29 ID:CJClLrMD0
最強は第二師団(東北)で決定だろ。
兵も強いが将が優秀にして勇敢。
牛の愛県心はわかるが歴史を捏造していかんよ。
これぐらいにしとかないと朝鮮人と同列視されるよ。

833 :白馬青牛 ◆B3h9hvY9bA :2009/10/14(水) 00:35:32 ID:Ls9sy2XF0
>>827
九州兵団なら軍命令に従がわず船に乗らんかった根拠でもあるんか?
>>829
軍隊で他者を卑怯者云うたらただじゃあ済まんど。まあ、日常でも
他者に日本人にとって最大侮辱語である卑怯者云うんは、
親の躾が悪かったせえじゃろう。
>>830
広島5Dは、第二次長沙作戦の熊本6Dのように遁走した実例も無いのに
広島5Dを貶める時には希望的観測の妄想するのう。
シンガポールでも、大村55iは茶釜にされ退却したことが悔しいんじゃ
のう。しかも広島11iに戦車隊の援護なんか無かったし、戦車隊なんか、
前線に出しても敵の砲撃で仕舞いじゃ。
>>831
>>830の尻馬に乗って印象工作か。九州人のやることは毎度姑息で陰湿
じゃのう。


834 :sage:2009/10/14(水) 01:08:00 ID:jCk+yrYDO
友軍撃沈命令の対象になった唯一の部隊だな

835 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/14(水) 04:36:49 ID:t08FWojz0
無敵の板垣師団マンセーしようぜ

836 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/14(水) 15:51:17 ID:OsZjCjVX0
>>826
> 軍上層部の命令を広島師団のせいにする、

終戦後捕虜殺害・虐待で死刑になったBC級戦犯もそんな理屈が通って命が助かればと願っていただろうね。
帝国陸軍においては上官の命令は絶対ですからな。
自分の命を捨てても捕虜の殺害・虐待を拒めという欧米的倫理は通用しない世界ですじゃ。

よって、広島師団がその責任を逃れることはできないのである。

837 :名無しさん@お腹いっぱい:2009/10/14(水) 22:08:10 ID:yNoAqn6T0
>833 ほんとあなたは救いがたい。何で突然熊本6Dに話を転じるの?そして最後はエース
廣島師団とくる。鯉も何度も茶釜にされとるよ。その都度救援したのは九州兵団。

>第2次上海事変では、鯉は平型関と忻口鎮の戦闘で大苦戦。保定方面からあんたの嫌いな九州兵団(第20師団)の
救援を受けている事実はどうなるの?
>南寧でも鯉は戦死1500名を出して包囲殲滅される寸前。九州兵団(菊第18師団)が救援に赴き、広州北方の英徳を
攻撃したので、蒋介石軍が広州方面へ反転し、鯉は窮地を脱した。

素直に九州兵団に感謝しなさい。

838 :sage:2009/10/14(水) 22:10:00 ID:5iJ+wlD40
>833参謀や師団長が責任を感じて腹切したことや、南方総軍から
橘丸に撃沈命令がでたことへの見解は???
恥ずかしすぎないか???橘丸事件。

839 :sage:2009/10/14(水) 22:11:05 ID:5iJ+wlD40
戦わずに投降??情けない

840 :sage:2009/10/14(水) 22:13:06 ID:5iJ+wlD40
戦わずに投降??情けない

841 :白馬青牛 ◆B3h9hvY9bA :2009/10/15(木) 00:32:27 ID:PpgZe6Fe0
>>832
鈍重な仙台第二師団のどこが最強なんか。仙台第二師団よりも戦闘馴れ
しとった仙台第十三師団ですら、一人の兵が射つと、つられて敵を
確認せんのに部隊ごと一斉射撃する。個々の兵士の能力が低いけぇ、
防御戦に弱かったんじゃ。ほいでわしの文のどこが捏造なら。
具体的に云わんかい。抽象的な文言しかよう云わん癖にしったげな
(生意気な)ど。
>>836
広島師団が橘丸で捕虜虐殺しとらんし、九州兵団のように強姦した後、
証拠湮滅に殺害したんじゃあるまいし。あんた馬鹿じゃないか。
>>838>>839>>840も同様じゃのう。昔から九州人のやることは陰湿で
姑息なのう。
>>837
上海会戦じゃのうて、北支戦線じゃし、第20師団は九州と近畿の兵の
多かった師団で、九州の郷土部隊じゃ無いし、第20師団自体直接広島第5
師団を救援しとらんよ。出鱈目ぬかすな。正太線沿いに西進した
第20師団は苦戦し金沢第109師団に救援された事実はあってものう。
南寧で、包囲殲滅されかけても、福山第41連隊の奇襲の成功から反転攻勢
した後に加わった久留米第18師団のどこが救援なんか。
久留米師団はマレー戦のメルシン攻略で広島師団に救援の泣きを入れたくせ
に、逆ギレして広島師団に感謝せぇじゃと。わりゃタコのクソが頭へ
登ったんか。

842 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/15(木) 10:28:50 ID:OfI9v01yO
牛は九州人を卑怯で姑息とコキ降ろすが、その九州人が創設した早稲田や慶應義塾で大勢の広島人が学んでますよ。
それらの教育機関で学びたいと入学したり卒業生だと胸を張る広島人は一体何なのでしょうか?


843 :sage:2009/10/15(木) 12:17:44 ID:B8WE6xDdO
近代日本は九州人が造ったな

844 :白馬青牛 ◆B3h9hvY9bA :2009/10/15(木) 23:25:40 ID:PpgZe6Fe0
>>842
他板で卑怯者を連呼する連中と違うて、わしゃあ、卑怯云う言葉を
使わんですよ。わしが使うたら日本人、広島人全体の恥になりますけぇ
のう。
わしの親戚筋も戦前早稲田や慶応義塾の卒業生でしたよ。
まあ、わしの親戚筋はわし同様知能指数が高うなかったけぇ、帝大へ
合格した人は一人もおりません。戦前の慶応、早稲田は知能指数が低くとも
合格出来ましたからね。大学進学率も低かったし、私学なんか大学行ける
裕福な家の子であれば、旧制中学はまだしも、小学校でも成績下位でも
合格出来たそうですから。現代で早稲田や慶応に入学して胸を張る広島人は
広島人らしゅうない俗物でしょう。山口人や岡山人に比べ知力の低い
広島人が不得意の分野のIQで喜んでも意味がありませんね。

845 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/16(金) 14:48:07 ID:xMhyQ8ky0
>>841
> 広島師団が橘丸で捕虜虐殺しとらんし、九州兵団のように強姦した後、
> 証拠湮滅に殺害したんじゃあるまいし。あんた馬鹿じゃないか。
> >>838>>839>>840も同様じゃのう。昔から九州人のやることは陰湿で
> 姑息なのう。

誰がそんなこと言った。味噌糞一緒にとはこのことだな。
命令とそれに盲従したことにより生じる責任との関係について問うているだけだ。
そもそも、上官の無茶な命令に従わない選択は帝国陸軍の兵士には存在しないし、その命令に従ったことにより生じた戦後の戦争犯罪
者としての責任を否認することは日本とは背景の異なる米英流の文化ではありえないということを言っている。
無茶な命令に従って捕虜を殺害したBC級戦犯が有罪なら、無茶な命令に従って戦争法規違反をした広島連隊もまた有罪。
無茶な命令だが反抗することが自らの死につながる上官の命令でやむを得ず捕虜を殺害したBC級戦犯が当事者責任を免れた場合のみ
同様にやむを得ず病院船で輸送された広島連隊も無罪となる。
法治国家の裁判というものは、同様の違反行為をした者を同様に罰するのが定め。

846 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/16(金) 20:09:44 ID:uMN3AUTM0
白馬さんよ、あんたは卑怯者という言葉を決して使ってはいけない。
卑怯者はあんた自身のことで、あなた以外の人は卑怯じゃないんだから。
それと、あんたが広島県人を代表しているなんて誰も思っていない。
あんたみたいな異常な人格破壊者は一人だけで十分だ。
あんたの存在は恥だと思うけど、本人は自覚がないようだね。

847 :白馬青牛 ◆B3h9hvY9bA :2009/10/16(金) 22:56:42 ID:0iPe6Ar+0
>>845
さっき、お国自慢板の郷土の英雄。陸軍師団の歴史スレでも云うたが、
九州の第四十八師団が、赤十字のマークを付け武器を積んでチモールから
スラバヤ迄の航海がバレんかったけぇ正しいんか?広島第五師団はバレた
けぇ師団の責任なんか?
捕虜虐殺は前線で見逃せる場合は見逃せるが思想に犯された兵士は殺す
んと、船内の中じゃあ状況が全く違うことを云うところ低脳じゃのう。
>>846
卑怯じゃの卑怯者と他者に浴びせる時点で、命のやり取りになる言葉ど。
その自覚が無いあんたは、日本人じゃないわ。

848 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/16(金) 23:18:29 ID:uMN3AUTM0
白馬よ、「命のやり取り」って。
あんた、やくざかよ。
おおこわ! やっぱ白馬って下卑。
気持ち悪すぎ。

849 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/17(土) 15:22:40 ID:1P+jDIyu0
>>847
> さっき、お国自慢板の郷土の英雄。陸軍師団の歴史スレでも云うたが、
> 九州の第四十八師団が、赤十字のマークを付け武器を積んでチモールから
> スラバヤ迄の航海がバレんかったけぇ正しいんか?広島第五師団はバレた
> けぇ師団の責任なんか?

英米流の裁判で裁けばどちらの師団も実行犯としての責任は生じる。ばれようがばれまいがそのことに違いはない。
ところで、おまいの言い分はネズミ捕りや駐車違反摘発で捕まったドライバーと言ってる事が変わらんぞなもし。
捕まらなかったのは運が良かっただけで、捕まろうが捕まるまいがもともと最初から病院船で武装兵を運んじゃいかんのだ。

850 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/17(土) 15:51:06 ID:OrbBA3a/0
師団を構成する郷土の方々の資質じゃなくて
軍の上層部の問題でしょ。


851 :sage:2009/10/17(土) 20:23:19 ID:NqncZ5zc0
牛よ。
橘丸に、九州や東北の兵隊が乗っていたと仮定して彼らもまた
廣島11iの腰抜けと同じく独断で組織的に投降したと云う根拠
はあるのか?ないだろう?

歴史に仮定は要らない。結果が全てだ。

橘丸の組織的投降、日本武士道への背信に弁解の余地はない。

責任を取って自決した、他県出身の参謀と師団長に感謝なさい。

852 :sage:2009/10/17(土) 23:11:49 ID:NqncZ5zc0
牛よ。
返答せよ。

853 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/17(土) 23:13:18 ID:NqncZ5zc0
牛よ。
返答せよ。

854 :白馬青牛 ◆B3h9hvY9bA :2009/10/17(土) 23:21:55 ID:JtRKRcjS0
>>848
実際に他者に卑怯云うたら、軍隊じゃあ命の「やり取り」になるし、
日常生活でも卑怯云うたら、血をみにゃあ収まらんよ。わしゃあ、ヤクザ
じゃのうてカタギじゃ。
>>849
「運んじゃあいかんのだ。」なら>>850氏の云われるよう、運ぶように
命令した軍上層部の責任で、師団や聯隊の責任じゃあるまあに。
>>851
橘丸でも、暴挙に出ようとする将兵を説得して抑えたんは、横小路少佐
じゃと、お国自慢板でも云うとろう。
http://love6.2ch.net/test/read.cgi/chiri/1144579367/
の>920でも。人徳の士である横小路少佐の行動を非難したいんか?
組織的投降のどこが武士道の背信なら?しかも、終戦の日、
山田第五師団長は自決された。そがぁなことも知らんたぁのう。
例えば、九州の龍兵団が同様の場合金光氏のような人徳を持たれた方が
説得したら、久留米師団の連中はどう対処するんなら?
そがあな仮定がまずいんなら、日本が無条件降伏しても、九州や東北の
兵団で戦後も戦い続けた兵団は皆無じゃ。それが実例じゃろうが。
結果から、戦後も戦い続けんかった九州や東北の兵団もヘタレになるのう。

855 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/17(土) 23:36:15 ID:qzoZVZ+1O
>戦後も戦い続けんかった九州や東北の兵団もヘタレになるのう。

終戦の詔勅が煥発されているのを知らんのか。
橘丸事件当時は戦争中だろうが。



856 :九州sage:2009/10/17(土) 23:52:46 ID:NqncZ5zc0
臆病者は常に弁解の達人である。(マキャべリ)

あんた論点をズラシまくリだな。

全ての帝国軍人は昭和陛下の御聖断を仰ぎ、而して後承詔必謹涙を呑んで
武装解除に応じた。
若し、更に激情に駆られて抗戦を継続せんか、其れ即ち昭和先帝の大御心
に沿うこと能わず。
この精神で九州も東北も関東、名古屋北陸全ての軍人は矛を捨て総力を将来
の建設に傾けた。
然るに廣島たるや何事であるか!!
御聖断未だ下らず、大東亜の各戦域に友軍諸兄が泥水啜り草を噛んで血戦
奮闘しつつあるとき、独断で組織的に敵に下るとは何事であるか!!
恥を知れ!!恥を!!

終戦の日、廣島の汚辱の責任を取って自決された美濃男児、山田師団長には心からの敬意を表する。

857 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/18(日) 00:19:04 ID:cbIyT4X9O
>卑怯じゃの卑怯者と他者に浴びせる時点で、命のやり取りになる言葉ど。
その自覚が無いあんたは、日本人じゃないわ。
卑怯も低脳も姑息も他者を侮蔑するのには変わりはない。
その自覚が無い牛は広島人の恥さらしだ。


858 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/18(日) 20:35:16 ID:fdgLODSz0
http://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=%E7%AC%AC5%E5%B8%AB%E5%9B%A3_(%E6%97%A5%E6%9C%AC%E8%BB%8D)&diff=prev&oldid=28484737

859 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/18(日) 22:56:02 ID:qCdVmssK0
アメリカじゃ捕虜に勲章やるのに

860 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/19(月) 00:15:22 ID:c1M/AcJBO
白馬絶体絶命

861 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/19(月) 01:09:15 ID:m4kkv/t5O
牛は九州人を姑息で陰湿とか強姦魔とか罵倒しているが
その九州人が創設した日本赤十字社の救護活動や血液提供で幾多の広島人の生命が救われてますよ。
侮蔑する九州人が創設した団体に命を救われる広島人には誇りとかプライドは皆無だろうか。
牛が病気やら怪我をして輸血が必要になった場合でも侮蔑する九州人が創設した日本赤十字社の血液は当然使用しないのだろうな。



862 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/19(月) 01:18:34 ID:c1M/AcJBO
牛の九州敵視はなんなんだ?

863 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/19(月) 20:13:49 ID:4mD11ClU0
劣等感。嫉妬。

864 :白馬青牛 ◆B3h9hvY9bA :2009/10/19(月) 23:02:40 ID:HNVaifaH0
>>855
終戦の詔勅が出ても権威に屈せず戦いたい意思があるんなら
戦うたらええじゃないか。
まあ、現実の問題として南洋の島々じゃ、餓死するけぇ出来んわいのう。
どこの部隊でも結局敗戦を受け入れ俘虜になったわけじゃし、あんた流に
云うと帝国陸軍のほとんどの部隊がヘタレになるのう。
>>856
マキャベリーの権謀術数は、九州人の陰湿な性格と合うんじゃろうて。
結局九州人らしい権威の追従の奴隷根性を発揮を羅列しとるだけじゃ
ないか。九州兵団のヘタレぶりを弁解がましゅう陛下に転嫁すな。
それと、敵に降るんが恥云うんは教条主義の昭和の軍隊の特徴にすぎず、
日本の伝統ですら無いど。
>>857
低脳と云われて怒る兵隊はほとんどおらんが、卑怯者云われた兵隊は
臆病者の指揮官やらを除いてほとんどの者は怒り心頭でキレるわい。
日本人にとって戦闘者にとって卑怯者は最大の侮辱語で。
そがあな自覚ものう親からも躾を受けとらんあんたこそ自覚が
足りんのじゃ。
>>859
捕虜は元来恥では無いが、昭和の軍隊は捕虜にならんよう強要したけぇ、
つまらんよ。

865 :白馬青牛 ◆B3h9hvY9bA :2009/10/19(月) 23:14:03 ID:HNVaifaH0
>>861-862
わしゃあ、九州人を罵倒しとらんよ。強姦部隊じゃと事実を云うたら
罵倒になるんか?逆に九州人、特に九州女性は誉めとるじゃろうに。
九州人創設が好きじゃのう。九州人が西洋を真似て創設しただけのことに
過ぎんのに、韓国人の気質に似とるけぇ九州人は創設をお題目にしたがる
んじゃろうのう。

866 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/20(火) 09:21:37 ID:pxUmYAdJO
その九州人が西洋の物真似で作った団体に生命を救われる広島人が現在過去を問わず大勢いる。
これもまた事実。
この事実を認めたくないので物真似だの韓国気質だのと訳の分からない事言い出す始末。
西洋の物真似を批判するのであれば和装にちょんまげでもやってみなさいよ。
要は広島人には西洋の物真似すら出来なかったのでしょう。



867 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/20(火) 13:19:44 ID:pxUmYAdJO
広島人の陰湿・無節操・権威に屈した事例を思い出した。
2007年の夏の甲子園大会決勝戦における審判のジャッジに立腹した広島人監督が試合終了後にマスコミに対して、
牛が言うところの「カバチ」を散々たれ流す。
当該審判や高野連に直接抗議せず、マスコミに垂れ流すのは陰湿極まりない。
その「カバチ」を受けて高野連は広島人監督を叱責。
その後「間違いでした」と謝罪。高野連という権威に屈した無節操な広島人監督の姿がそこにはあった。
広島県内屈指の伝統校で教鞭を取る教師の程度と広島県の教育水準は推して知るべしかと思った。


868 :白馬青牛 ◆B3h9hvY9bA :2009/10/21(水) 01:11:51 ID:pE1llj0C0
>>866-867
西洋の物真似で造った赤十字が、全て九州人で構成されたわけじゃ
あるまいし。
今度は高校野球か。中井監督は野球部生徒にとってええ監督じゃないか。
まあ、抗議してもくつがえらんことは承知で云うたんじゃろうけど、
広陵は夏に優勝した実績が無いけぇ、やっぱし夏は優勝出来んかった
事実が残っただけの話じゃ。敗者は何を云うても弁解になるけぇのう。
その点中井監督が生徒の気持を代弁したとしても、誉められた行為じゃ
無いのう。久留米師団や宇都宮師団の負け戦さを誇るんと同レベルに
見られるけぇのう。
中井監督は、言質を取られるじゃの配慮に欠けとっただけで、愚痴を
云うんは広島人の特徴で、陰湿な意思じゃのうて、つい口が滑っただけの
ことじゃ。そがぁなこまぁことで九州兵団の名誉回復なんか出来んのに、
何とか広島人を貶める材料がないかと工作する自体が陰湿で姑息なんど。

869 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/21(水) 02:03:38 ID:FdIk0rJJO
その論法ならば、どんなに九州師団を貶めても中立国の泰国と戦闘したり、組織的に華僑やババル島民の虐殺と橘丸事件の事実は消せません。
多大な武勲があろうとも橘丸事件という満塁弾を食らって帳消しだね。


870 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/21(水) 02:19:39 ID:FdIk0rJJO
九州人の先進性を示す事例ね。
 1867年人類の英知を結集し、文明の到達点を示すパリ万国博覧会に日本が初めて出展(徳川幕府・薩摩藩・佐賀藩)
薩摩や佐賀はそれだけの産業や科学技術を有していた訳ですが、その頃広島藩は何をしていたのですか?
念仏でも唱えながら火縄銃とか作ってましたか?それともまだ文明の到達点が低かったのでしょうか?



871 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/21(水) 02:33:43 ID:XlbVoKy0O
>>869「多大な」×「多少の」◎

872 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/21(水) 14:15:27 ID:0AuQrisy0
>>832
東北兵が強いと言われたことは戦国時代、南北朝時代、戊辰戦争通じてない。
大体平均的だろう

それと師団の将校はその土地の人間がつくわけではない

873 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/21(水) 14:23:46 ID:0AuQrisy0
弱いという評判が立ったこともないので
牛が言うほどひどくはないと思うがね。

874 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/21(水) 21:35:22 ID:pNiZfUdv0
やっぱり牛は低脳。こいつ本当に馬鹿だ。
そして嘘つきで卑怯者。最低です。

875 :白馬青牛 ◆B3h9hvY9bA :2009/10/22(木) 01:59:48 ID:cVKOlCES0
>>869
親日国のビルマで強姦して証拠湮滅の為殺害した久留米師団の方が
国軍の恥じゃろうが。
伊藤桂一氏は、「女っ気がないと、夜も日も明けない九州兵団」と前置き
してビルマの話で「某兵団で、どうしても強姦事件が絶えないとみて、
内々に強姦を認めた。しかしビルマは親日国で、強姦など行えない。
残された方法は証拠の湮滅ーつまり、犯した相手をその場で殺して
しまうことであった。」九州兵団の兵士の体験談も聞く立場にあった
伊藤桂一氏は曖昧な表現になるんは無理もあるまい。九州兵団の
蛮行を詳しく書くと九州の元兵士は戦場の回想を語ることは否定される
けぇのう。
ほいで、久留米18Dの従軍カメラマンの石井周二氏は、「部隊の通った後を
行くと、道路の真ん中に女が大の字になって死んでるんですよ。開いた
股のあそこには、トウキビが一本突き刺してあるなんてザラですね。田の
稲の間に穴を掘って女が隠れていねんですな。兵隊はそれを知っているから
、女を捜し出して犯ったあと、バン!と一発です。殺しちゃうんです。」
と、これが実態じゃ。ビルマが親日国でも、歩く生殖器の九州人は
「そんなの関係ねえ!オッパッピー」よのう。
>>870
江戸末期安芸広島は文明的脆弱よりも、喰うために出稼ぎや移民
しとったよ。九州でも種をまいたけぇ九州人の中でも広島人の血が
入っとるもんも多いんじゃないか。あんたもその一人なら笑えるのう。

876 :白馬青牛 ◆B3h9hvY9bA :2009/10/22(木) 02:30:15 ID:cVKOlCES0
>>872
室町期信州人が書いたとされる『人国記』じゃあ、東北の陸奥が
日本で一番強いじゃの書いてとるけぇ、東日本人は東北人が
最強じゃ思うとったんじゃなんか。逆に近畿地方は弱兵じゃの
ボロクソに貶しとる。東国の連中が南北朝期、戊辰戦争に一度も
勝ったことが無い丹波までもボロクソじゃ。
実際の戦績よりも辺境の兵が強いと考える妄想風評のたぐいじゃ
けど、近代軍隊でも辺境の東北や九州は強いであろうと、
戦績に関係のう『人国記』の辺境強兵説を信用して前評判の神話が
創られたわけじゃ。辺境じゃない広島師団は実績の戦歴で最強師団の
評判を確保したんと違い、九州や東北は風評神話の中で泳いでおった
程度に過ぎんよ。
>>873
東北兵の短所で鈍重云う評判はあったのう。実際の戦闘でも
行軍速度はのろかったし、敵を確認せず集団乱射するなど、
錬度が低い、個々の兵士の判断力に欠ける面があったよ。
まあ広島師団と比較してのことで、関東の兵団と比べたら強いかも
知れんのう。じゃが、九州と東北はどっちが強いんかのう?
陣地戦、防御戦は両者下手で、短期遭遇戦なら九州が強かろう。
持続力なら東北兵の方が強かろうし。

877 :白馬青牛 ◆B3h9hvY9bA :2009/10/22(木) 02:39:47 ID:cVKOlCES0
>>875
文中の間違え。「穴を掘って女が隠れているんですな」と訂正。

878 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/22(木) 03:38:02 ID:0AjaReZxO
一兵士レベルの強姦殺人より
師団や連隊レベルでの組織的な虐殺や病院船での軍事輸送のほうが歴史に残ってますな。兵隊やくざ張りに収容所から脱走も試みるし。


879 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/22(木) 03:51:11 ID:T7q2PkkWO
返り討チワロタw

880 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/22(木) 07:57:14 ID:0AjaReZxO
>>明治期から軍紀厳正を誇った広島師団
その軍規に背いて敵に投降しても軍規厳正なのか。
へそで茶を沸かすな。


881 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/22(木) 19:15:39 ID:1WZcx4aQ0
日本では九州と東北の兵が強いのは定説。
東北の兵が強いのは命令に忠実で素直だからだそうだ。
東北兵のエピソードとしてこんな話がある。
前線である将校が数人の歩哨を出した。、、、がそのまま忘れてしまった。
ほっぽらかしにされた兵たちはそれぞれ「これはおかしい」と順次帰還したが、
一人だけ東北出身の兵がいて、これはとにかく命令された通り頑張っていた。
そのうち白旗を掲げた将校を含む数名の敵がやってきた。
もちろん降伏にきたのだが、東北兵は敬礼してきた敵の将校に直立不動で敬礼を返した。
上官には敬礼しろと教育されてきたからである。
その後、彼は自軍の陣地まで道案内しながら帰還した。あくまで彼にとっては親切心からである。

882 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/22(木) 20:13:30 ID:j+2fyLFV0
その人国記てなんだ
今の県民性本と大して変わらない信憑性なんじゃないか

883 :白馬青牛 ◆B3h9hvY9bA :2009/10/23(金) 00:12:25 ID:hOqSt+qB0
>>878
師団ぐるみ聯隊なら九州兵団の方じゃないか。強姦犯罪が載るんは毎度
九州の部隊に偏っとるけぇのう。病院船の偽装輸送も熊本48Dの件は
わざとわしゅう無視しよる。収容所からの脱走?何のことなら?
>>880
広島5Dの軍紀厳正は北清事変でも先進国の軍でも脱帽したくらいじゃ。
伝統よのう。敵に投降するんと軍紀厳正を同一視しても意味があるまあ。
まず軍紀厳正とは、現地民に対する態度じゃし、規律にしても、
夜遅う酒を飲む熊本師団の方が軍紀が弛緩しとる。広島師団じゃあ考え
られんことじゃ。
>>881
九州や東北の兵が強いと云う戦闘実例が無いし、風評レベルじゃのう。
あんた東北師団ファンである伊藤桂一氏の引用載せとるのう。
東北兵が命令に忠実なことは、戦さの強弱に関係無いし、孤立した陣地の
防御戦では、命令を待たず戦闘行動出来る能力が要求される。
その辺が防御戦に比類無き強さを発揮した広島師団と防御戦に弱い東北
師団の差じゃのう。伊藤桂一氏は東北兵団が防御戦に弱かったことが
バレるけぇ、広島39Dの戦記物は書かんようにされとるんじゃないか。
>>882
『人国記』は戦国時代、信濃人が書いたとされる西国偏見の県民本程度
じゃけぇのう。東日本に関しては身近な土地じゃけぇ信憑性もあろうけど、
西日本は出鱈目偏見じゃのう。肥後の熊本が肥前の佐賀、長崎より弱い
ように書いてある。九州一勇猛を以て鳴ると自負する熊本人は
怒るじゃろうのう。まあ、辺境強兵説で畿内は弱いとする近代郷土兵団の
風評のネタ本は『人国記』じゃろう。

884 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/23(金) 09:24:36 ID:da+SLGZoO
マレーやババル島での組織的な虐殺と橘丸事件がやつのアキレス腱だね。今度はカウラ事件でも考察しましょうか。
九州の師団がババル島や橘丸みたいな組織的に強姦殺人やったとか聞かないし。あくまで一兵士レベルでのお話。
広島師団でも開闢以来ただの一件も窃盗だの強姦だのがなかった訳ではあるまいし。
軍法と軍律を勘違いしてるのかもしれないが。

885 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/23(金) 10:09:48 ID:znW9cr5cO
広島師団に対抗出来る師団がドイツにあるぞ。
その名はディレルベンガー師団又の名を囚人部隊と言う。
こいつらの移動には憲兵部隊が多数同行したそうだ。

886 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/23(金) 10:31:04 ID:znW9cr5cO
軍板で広島もみじこと白馬青牛が広島人は英国のフーリガンより強いと言ってます。
国際試合出入り禁止の輩やグループを越える輩が多数いるフーリガンを越える広島人がいる広島は北斗の拳や真・女神転生な都市なのですか?


887 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/23(金) 12:36:23 ID:L1+MzysP0
太平洋戦争最後の戦場沖縄、そしてその最後の激戦地である本島南端三和村は主力部隊旭川師団終焉の地である。

日本最強は、北海道の旭川師団である。
ついで、東北の師団が続く。

九州の第六師団は弱すぎた。
弱兵だったからこそ、南京大虐殺をしでかした。


日本軍の最強師団は『旭川師団』である。証拠は、
第7師団は、1904年(明治37年)日露戦争に出征し、旅順攻略戦・奉天会戦に参加する。

ここで、ロシア軍を破ったのが旭川師団である。

第6師団が、何をしたかは下を見なさい。
「南京虐殺」について、中国側は一般住民に対し30万人の虐殺が行われその内の20万人は熊本の第六師団が行ったとして、南京裁判において南京攻略 当時の第六師団長谷寿夫中将を処刑している。


九州の師団が強かったなんて、言っていると笑われるぞ。

現在も最強は、旭川である。

888 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/23(金) 12:37:06 ID:L1+MzysP0
追記、
「熊本兵団戦史」(熊本日日新聞社)より
 それではわが郷土の第六師団はこの南京事件にどんな役割を果たしたのだろうか。

 中国側軍事裁判の資料によれば虐殺された者は四十三万人、うち第六師団によると推定される者二十三万人。第十六師団十四万人、その他六万人という数字をあげている。

 のみならず南京攻略戦では南京城西側・長江河岸間は敵の退路に当たり、敗兵と難民がごっちゃになって第六師団の眼前を壊走した。師団の歩砲兵は任務上当然追撃の銃砲弾を浴びせ、このため一帯の沼沢は死屍で埋められたという。
(「熊本師団戦史」P128〜P129)

敵兵もろとも、難民を殺しまくっていたのだ。

889 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/23(金) 15:29:59 ID:da+SLGZoO
>>今度は法かいのう。法も権威の一種じゃし、九州人は隷属奴隷根性が 強いのう。そもそも日本が法治国家であったことは一度も無く(現在進行形)
要領が利く処に日本の長所と短所があるんじゃ。長所では情状酌量が
ついたり、短所ではなし崩しで物事を決めたりするけぇのう。

牛の理論では法を遵守すると奴隷隷属根性になるとの事。即ち広島県では殺人・強盗・強姦・脱税やスピード違反や信号無視等を率先して行わなければ奴隷隷属根性の発露と見られるな。



890 :名無しさん@お腹いっぱい:2009/10/23(金) 21:48:00 ID:IooR2Dlz0
>887 沖縄で第7師団が戦ったかなあ?私のような九州人から見ると、旭川師団は
悲劇の師団に思えるよ。旅順、白襷隊、ノモンハン、太平洋戦争の一木支隊。実力はあった(?)
と思われるが、華々しい戦歴がない。しかも、太平洋戦争が佳境にさしかかった
時には戦史の表舞台から姿を消して、どこで何をしてるのかさえ定かでない。九州兵団が
太平洋の諸戦場で悪戦苦闘を重ねているときには、どこに行ったか姿も見せぬ。
 牛の自慢する第5師団と一緒。肝心かなめで役に立たぬ。

891 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/23(金) 22:07:31 ID:37fYN4Fh0
もっと役に立たないのは牛本人だろう。

892 :九州sage:2009/10/23(金) 22:21:55 ID:EKY/vnN/0
>>890
旭川師団は終戦の頃には故郷に戻ってたみたいだよ。
>>887
蒋介石曰く「第6師団は本当に強い」「拉孟守備隊の様に戦え」
前者は熊本師団、後者は久留米師団を指すが、特に後者は配下の
国民党軍への訓示のなかでの言質であり「蒋介石」の逆感状とし
て知られる。
敵の総大将が云うんだから間違いない。
旭川も強かったが他所の先人をけなすのは感心しない。



893 :九州sage:2009/10/23(金) 22:49:07 ID:EKY/vnN/0
牛よ。
相変わらず九州師団を攻撃している様だがいい加減にしないか。
あなたもそうだろうが、郷土の先人を英霊をバカにされたら誰
でも腹が立つし反撃もしたくなるだろう。
この世に完璧な人間などいない様に完璧な軍隊もまたない。
蛮行に走ることもあるだろう。
投降することもあるだろう。
敗北することもあるだろう。
しかし、そこには目をつむって我々後世の為に戦った先人達を
顕彰するのが正しい道ではありませんか?
「橘丸」にしても、貴牛の口から
「あれは残念な事件じゃった。」
「じゃが、わしには廣島師団の先人達を責めることはどうしても出来んのじゃ。」
の言葉があれば、破廉恥な輩以外は誰もそれ以上追及することはなかったでしょう。
貴牛は広島に生まれ広島に育ち、おそらくは広島の土に帰る生き
粋の広島人ですから広島を偏愛する気持ちもわかります。

しかし貴牛は広島人であると同時に日本人ではないですか。
もっと広い視座に立って日本の為に戦ってくれた他師団の先達を
顕彰しても良いのではないですか。

罵り合いに終わりはない。

どうか徳を以ってレスしてください。
そうすれば私を含め多くのねらーが貴牛の門前に馬を繋ぐでしょう。

「わしにゃあ権力欲はないど」かな?






894 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/23(金) 22:51:02 ID:zYpjrVmi0
>>885
囚人部隊といえばソ連軍だな。
こいつら無茶しよったな。

895 :九州sage:2009/10/23(金) 23:01:34 ID:EKY/vnN/0
>>893
生き粋×生粋に訂正

>>894
満州虐殺はひどかったな。


896 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/23(金) 23:41:34 ID:0E4uO4YF0
中国人からすれば日本人の虐殺や原爆投下は
正義の鉄鎚のように思えただろうな

897 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/23(金) 23:52:45 ID:4SMLfbDG0
太平洋戦争が始まる前から中国戦線で戦ってて
終戦後、軍馬も一緒に連れて帰ってきた
親戚のおじさんが最強。

898 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/24(土) 00:14:54 ID:3Bd1oBh50
>>敵兵もろとも、難民を殺しまくっていたのだ。

おそらく区別するのが面倒だったので
まとめて始末したのだろう

899 :白馬青牛 ◆B3h9hvY9bA :2009/10/24(土) 00:52:37 ID:Ht6kTrkK0
>>884
広島師団にアキレス腱なんか無いよ。橘丸も横小路少佐の人徳じゃし。
華僑虐殺なら久留米師団の方が短期間で殺害しとるんじゃないか。
しかもシンガポール滞在日数が少ない割りには。
>>885
日本の憲兵隊はひどかったね。華僑虐殺も憲兵隊主導じゃけぇ。
まるで九州師団と同列じゃ。
>>886
英国のフーリガン如きに奴隷根性を持っとるあんたは何人かいのう。
>>887
旭川師団は兵員数が少ないけぇ仙台師団区からの兵隊が混じっとるよ。
まあ、ガ島の緒戦で負けたりして最強たぁ云えんのう。
旅順でロシア軍を倒した最大の功績は金沢第九師団で、旭川第七師団は
途中参加。奉天でも第二軍の広島第五師団は最も激闘したが、戦闘の体を
なしとらん第三軍で激闘したんは金沢第九師団じゃし、旭川第七師団は
見劣りするのう。まあ、旭川第七師団は、ロシア軍と陣地戦でガチンコ
しただけに、兵力の優るイケイケの戦闘をしとった第一軍の
小倉第十二師団や仙台第二師団よりはまし云う程度。まあ東北兵の
集団酔っぱらい乱射と同様個々の兵士の能力は低かったんじゃろうけど。

900 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/24(土) 01:15:52 ID:mVhHfO/rO
>>日本の憲兵隊はひどかったね。華僑虐殺も憲兵隊主導じゃけぇ。
まるで九州師団と同列じゃ。
華僑虐殺やババル島民の虐殺は広島師団主導だろ?


901 :白馬青牛 ◆B3h9hvY9bA :2009/10/24(土) 01:33:49 ID:Ht6kTrkK0
>>889
お国自慢板で云うたが、広島人だけじゃのうて日本人に遵法精神は無いよ。
あるとしたらドイツ思想の影響が強い保守系知識人、ナチスが好きな
ネット右翼や、ドイツ思想好きな共産主義者、法律畑の出身の社民党の
人たちじゃ。まあ軍命令を無視し強姦部隊で名高い九州兵も遵法精神なんか
無いのう。
>>890
マレー作戦のおり、一聯隊救援して呉れと第二十五軍のエースたる広島第五
師団に泣きを入れた久留米第十八師団はみっともないのう。
しかもシンガポールで英軍に士気を回復させる失態じゃ。マレー作戦の
脇役の菊兵団は、役に立たんのう。
>>892-893
蒋介石氏が攻略出来ず悔しがったんが、南寧と宜昌で両方とも広島師団の
防御戦に敗れた。蒋介石氏が誉めたわりには、熊本第六師団は
第二次長沙作戦に脆くも敗れたのう。
九州人や北関東人が挑発してきたけぇ火の粉は振り払わにゃあいけん。
本質がズレとるわい。しかも橘丸が残念な事件じゃあるまいし、
船で歩兵が闘えんけぇ、横小路少佐の判断を批判する気は無い。
あんた横小路少佐の判断に因縁付けたいんか?
>じゃが、わしには廣島師団の先人達をどうしても責めることは出来んの
じゃ。と、わりゃ廣島師団を馬鹿にするんもええ加減にせえ。
九州兵団のような強姦部隊じゃあるまあし。全国の英霊の権威を持ち
出しやがって、廣島師団を九州師団と同等概念を第三者に植えつける
工作は姑息過ぎるど。ほんま九州の人間にろくなんはおらんのう。
九州人は姑息で陰湿で強がりハッタリ虚言だきゃあ一人前じゃ。

902 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/24(土) 01:43:09 ID:3Bd1oBh50
ナチス好きなのは一部のネット右翼だけで
大多数のネット右翼はナチぎらいだよ
なぜなら樋口氏や杉原氏のユダヤ人救出の件で
優越感に使える材料にすぎないから
あと左翼がやけに左傾化したドイツを褒めていたから
それに対する反発もある。(最もドイツだけじゃなく西欧全体が左傾化していたが
アフリカ人に謝罪せよという声が強くなったりもしたし。)

903 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/24(土) 01:44:25 ID:3Bd1oBh50
ネット右翼が文句なく好きなのはトルコ、台湾、タイあたりだな
特にトルコ好きはすごい。
アルメニア人虐殺でトルコに反発しているアルメニアを
朝鮮人扱いしてたし。

904 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/24(土) 01:46:20 ID:3Bd1oBh50
>>(最もドイツだけじゃなく西欧全体が左傾化していたが
アフリカ人に謝罪せよという声が強くなったりもしたし。)

戦後な

905 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/24(土) 01:49:51 ID:3Bd1oBh50
順法精神とやらは
おそらく人治国家とされる中国に対する反発だろう

未開な中共と違ってわが偉大なる日本は近代的な法治国家であると
自慢したいんだろう。

906 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/24(土) 09:58:41 ID:w9QaidZ50
白馬青牛よ馬鹿もほどほどにして、早く病院に行け。
少しでも早く治療した方が、君のためにも家族のためにも良いと思うよ。

907 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/24(土) 14:08:56 ID:pFESh7an0
>白馬さん

アジ歴で広島最強を裏付ける資料ありますか?
検索ワード教えてください。

908 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/24(土) 15:38:39 ID:qXjn/e+k0
40師団の強さはどのくらいの位置なんでしょうか?

909 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/24(土) 17:13:21 ID:lkuYlAYsO
白馬さんの推す広島を含めて
Aクラスの師団をいくつかだしてみては

A 広島 熊本 弘前 くらいか?
といっても戦闘区分で師団戦力も性格も任務もかわるんだろうけどさ

910 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/24(土) 17:51:49 ID:3Bd1oBh50
牛さんが結構押しているのは広島以外は
山形、和歌山、静岡、浜田だな

911 :九州sage:2009/10/24(土) 19:52:31 ID:OWl09wbj0
>>901
ふっふっふっふぉっふぉっかぁっはっはっは(東野黄門風)

牛よ。

世界最強の九州師団に広島如き二軍が太刀打ち出来ると思っているのか。





912 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/24(土) 20:15:18 ID:mVhHfO/rO
硫黄島戦で思い出したが、アメリカ大統領フランクリン・ルーズベルトに宛てた『ルーズベルトニ与フル書』を認めた、市丸利之助海軍少将も九州人だ。牛のような俗っぽい広島人にこのような高尚な文が書けるのだろうか?



913 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/24(土) 21:32:42 ID:moIcwjBS0
源田じゃ無理だな

914 :白馬青牛 ◆B3h9hvY9bA :2009/10/24(土) 22:33:49 ID:Ht6kTrkK0
>>902-903及び>>904-905
ネット右翼は、造る会のドイツ帰りの西尾幹二から、ドイツ流のナチス的
民族拡張論を喧伝しとるよ。欧州の社民は日本の社民と違い、中国の
チベット弾圧に抗議しとる側で欧州の保守政党の方が親中派じゃろうに。
欧州の社民は民主主義の枠内で左傾化とは思えんのう。
ネット右翼は、ドイツナチズムと水戸学国粋主義の朱子学が好きなんじゃ
ろう。未開な中国とは、関東史観にして共産主義者の石母田正氏が
封建制から日本の近代化、中国の非近代化云うておられたが、
封建制度のイスラムのイクター制は近代化に結びついておらんし、
中共が米国の国債を持っとる現代破綻した説をネット右翼は、
頑迷共産主義者同様、観念論で継続しとる連中じゃけぇ、独善的妄想世界に
留まりたいだけの連中よ。
>>906
病院に行った方がええんはあんたじゃろう。
>>907
戦歴を調べたら、解ることですよ。北支南支と歴戦し、ノモンハン事件の
時も他氏団から派遣すりゃあええのに、結局軍は、広島第五師団を頼る
けぇのう。
>>908
善通寺第40師団は、宜昌作戦や第二次長沙作戦では脇役にされたけど、
大陸打通作戦では、名古屋3D仙台13Dの両翼師団に次ぐ精強として
準エースとして認識されとったでしょう。四国の辺境としても前評判を汚す
失態は無いので中以上の強さはあったでしょう。
>>909
日本軍の三精強と名高い、広島、熊本、弘前の中でも、辺境強兵説の風評に
外れとるんは広島だけで、広島師団は戦闘実績で最強師団の称号を持った
ゆえ、辺境前評判の風評期待論で賞賛された熊本や弘前とは違うわけ
ですよ。風評は低くとも姫路師団のように強い師団もあったわけですし。
>>910
東北なら岩手、東海なら三重、中国地方なら鳥取や岡山も。あと福井、
金沢ら北陸兵や近畿の丹波も加えたいのう。
>>911
第二十五軍のエースの広島師団に対し、第二十五軍の脇役雑魚の久留米師団
こそ二軍で、英軍の反攻に茶釜にされた久留米師団が国軍のエース
広島師団に太刀打ちなんか出来んよ。
>>912
わしを含め広島人は知的水準が低いけぇ難しいのう。
ほいじゃが広島人は出世欲も無いし、立身出世欲の強い俗物じゃあ無いよ。

915 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/24(土) 23:50:58 ID:mVhHfO/rO
>>ほいじゃが広島人は出世欲も無いし、立身出世欲の強い俗物じゃあ無いよ。

池田勇人・宮澤喜一・中川(女)は俗っぽいじゃん。


916 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/25(日) 00:14:31 ID:dAPPdpJDO
立身出世欲の強い代表的な俗物広島人・源田實がおったな。
自分の部隊を特攻隊にしようと源田が画策した際に部下である九州人・坂井三郎に「あなた自身が特攻一番機で出撃されてはどうか」と詰め寄られ顔面蒼白で絶句したというエピソードが知られている。


917 :白馬青牛 ◆B3h9hvY9bA :2009/10/25(日) 00:55:45 ID:8TdAkxqs0
>>915
政治家は全国共通で地域性なんか無いわ。池田氏や宮澤氏は
広島県人じゃが、中川氏は養子で広島県人じゃあるまあ。
>>916
軍上層部は、広島人の源田氏であろうと坂井氏と同郷の牟田口氏で
あろうと大した差は無いわ。
広島聯隊のカラーとして自己の栄達よりも伝統を尚び個性に生きた
癖の強い人間が多かったことじゃ。将校でも陸大入試の合格者も
低く、「その資質を持っておる将校すら頭からこれを受験しない
者が相当あった。」(山口人の石田義顕元陸軍少将の回想)こと、
陸軍幼年学校も明治期の山口人、大正昭和期の岡山人の多数に
比べ広島人は少ない。基本的に広島人は上層志向や出世慾に
乏しいよ。

918 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/25(日) 02:27:04 ID:UWazmZ1JO
白馬やもみじよ見よ!硫黄島には広島師団及び広島県は全く関わってない証拠を示す。
第109師団…金沢にて編成され廃止され後に小笠原にて編成。
小笠原で編成された後は補充担当は甲府(山梨県全域及び神奈川県の大半を所轄)
後に組み込まれた西男爵率いる戦車第26連隊。
満州の牡丹江にて編成され補充担当は福岡、後に硫黄島に移動。
同じく組み込まれた歩兵第145連隊…編成されたのは鹿児島、補充担当も鹿児島。
全くと言って関わりはありませんな。

919 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/25(日) 02:51:22 ID:k/aBIrL60
硫黄島は自然でできた洞窟に立てこもったからよかったのであって
どこ出身の兵が出てきたって大して変わらなかたっただろう

920 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/25(日) 05:00:55 ID:SxOnS0FW0
>>919
いや、ドンゴリ師団なら泳いででも逃げ出したろうw

921 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/25(日) 10:23:55 ID:NmZh3G4FO
916
それを言ったのは坂井三郎じゃなくて
松山基地の副長ではなかった?
搭乗員の居並ぶ中で
承知しました。
まず私がいきます。
最後は司令もいきますよね?
源田司令は絶句したと

基本的に松山基地のパイロットは精鋭を集めて編成され
本土防空が主任務

922 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/25(日) 15:11:23 ID:k/aBIrL60
じゃあ逆に戦いに弱かった県はどこなんだ

923 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/25(日) 19:46:03 ID:LK4d4Odc0
>>876
北畠顕家

924 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/25(日) 20:27:28 ID:MAxToGNt0
>>918
白馬青牛という人物は当たり前のように嘘を書くんだな。
彼には罪悪感などないのかなあ。

925 :白馬青牛 ◆B3h9hvY9bA :2009/10/26(月) 00:54:09 ID:UUtK2RjK0
>>918
広島39Dから再召集され硫黄島で戦死された方もおるんに、何で史実に
目をつぶるんか?しかも昭和16年以降に郷土編成は崩れとるし、
昭和19年に編成された109Dに郷土編成なんか無いよ。
>>924
わしの言が嘘じゃ云う根拠を書けぇや。>>918の尻馬に乗って嘘に加担
しとるんはわれど。

926 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/26(月) 03:26:49 ID:K3nddWv90
牟田口 軍人以前に人間として最低。 インパール作戦 立案 現場指揮した
最高司令官。日本参加将兵8万6千 戦死者3万2千戦病死者4万(7万
2千のほとんど飢餓死。生存者は、戦死した戦友の生肉で飢えをしのいだ。)
戦況が不利と見るや、牟田口、1人、飛行機で逃げ帰った。戦後、戦犯として
とらえられるも、なぜか不起訴。
自決おろか、最後まで自己の責任を認めず、部下の将兵の無能を主張。
昭和41死去、葬儀の際も参列者にインパールの失敗は、部下の無能が
原因だという主旨のチラシを配布。したがって7万2千の英霊に対して
死ぬまで一切の謝罪なし。

927 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/26(月) 07:27:14 ID:RwHGMiWg0
>>917
初めまして

池田氏はともかく、宮沢氏を広島県人いうんはどうかのう?
たしかに父親は広島県人じゃが、世襲では無いが二世。
いまの谷垣総裁や町村氏、故中川氏らと同様、学校は小学校から
東京でたまたま選挙の関係で親の地元に来た人。
広島県人という感は薄い。一区の岸田氏や落選した宮沢裕jr.
のようなもんじゃのう。

>広島聯隊のカラーとして自己の栄達よりも伝統を尚び個性に生きた
>癖の強い人間が多かったことじゃ。将校でも陸大入試の合格者も
>低く、「その資質を持っておる将校すら頭からこれを受験しない
>者が相当あった。」(山口人の石田義顕元陸軍少将の回想)

わしの母親の伯父(祖母の兄)が苗字出自はモロ山口県人じゃが、
本人は広島生まれの広島育ち、最後は某連隊長で豪北方面で終戦
迎えたが、上記のようなタイプの人だったらしい。
陸大には合格したんじゃが、家庭の事情で結局東京行きが
伴うので断念とか。



928 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/26(月) 08:25:21 ID:RwHGMiWg0
>>927
宮沢裕jr(これじゃあ宮沢三兄弟) 
じゃのうて ⇒ 宮沢弘jr 、洋一氏のことね。

929 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/26(月) 11:14:37 ID:rk1fELSs0
陸大は東京にあるんだから行けばよかったのに

930 :白馬青牛 ◆B3h9hvY9bA :2009/10/27(火) 00:34:31 ID:F6AUEXpH0
>>926
牟田口氏が九州人の典型じゃ無いよう、広島人の源田氏も含め軍上層部の
人たちは、全国から集められた秀才に過ぎんのに、九州人は広島罵倒したい
が為、自己地域の人物は棚に上げる幸せ回路じゃけぇのう。
>>927
こちらこそ、初めまして。確かに宮沢氏は東京育ちじゃけぇ、風土の影響を
受けた純粋な広島人じゃないのう。
あなたの母方の祖母の兄のよう、広島育ちの方は中央志向に薄い傾向が
ある。広島と他の地域を別世界ように区別する傾向があるけぇのう。
家庭の事情ならまた別問題じゃけど。

931 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/30(金) 21:12:47 ID:pjI4KK2OO
見よ、これが広島のホモ野郎の白馬青牛こと広島もみじ兵団が否定するフォークランド戦争の英国の雄姿だ!
まずは序曲のグースグリーン攻防戦。
27日深夜グースグリーン周辺に対してアントリムが艦砲射撃を実施。
続いて第二空挺大隊450人が地峡の付け根に当たるカミラ水路まで前進する。
この地区を守備するア軍はほぼ同数の500人程度と英国側は予測していた。
しかし実際にはその三倍、千数百人が強固な塹壕で待ち構えていた。


932 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/30(金) 21:19:31 ID:pjI4KK2OO
>>931の続き。
28日に入り、部隊は三方に分かれる進撃を開始、一個中隊は中央突破を、
そして残る二個中隊は前面に立ちはだかるポーカ、ダーウィンの両高地を目指した。
海に挟まれた高台を巡る戦い。
規模こそは違うものの、それは日露戦争時の旅順攻防戦を思い起こさせるものであった。
英国軍が前進を始めるや、いきなりア軍の猛烈な砲撃が牙をむき、機銃掃射が鳴り響いた。

933 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/30(金) 21:25:31 ID:pjI4KK2OO
>>932の続き。
両高地とも敵の塹壕が幾重にも掘られ、英国軍の進撃のスピードは極端に弱った。
英国側の損害は時を追うごとに酷くなっていったが、果敢に敵陣に突入、白兵戦を挑んだ。
敵味方入り乱れる中、空挺隊は66ミリ、84ミリ対戦車ロケットやミラン対戦車ミサイル(ATM)までも駆使して、
ア軍の陣地を一つ一つ沈黙させていく。


934 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/30(金) 21:33:11 ID:pjI4KK2OO
>>933の続き。
かなりの犠牲を出しつつも空挺隊は高地地帯を突破。
ダーウィンの集落を陥落させた後、2キロ程南にあるグースグリーンに歩を進める。
朝までに町の包囲を完了した英国軍は立て籠もるア軍に対して降伏を促した。
市街地への突入は、かなりの出血を強いられるばかりか、町民までも危険にさらす恐れがあるからである。

935 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/30(金) 21:49:33 ID:pjI4KK2OO
>>934の続き。
ア軍守備隊はこの申し入れを受け入れ28日午後一時過ぎ武器を捨てる。
この戦闘で英国側は死者17人、負傷者31人、ア軍側は死者25人をそれぞれ出している。
この作戦については単なる空挺隊の点数稼ぎとの批判が英国のマスコミの一部から出ていた。
上陸部隊は首都の攻略だけに傾注すべきであり全く別方向にある小さな町を多大な犠牲を払って占領した作戦には疑問符が投げ掛けられた。
しかし、ア軍守備隊の兵士多数が降伏したことは少なからず首都に居座るア軍主力に動揺を与えたに違いない。
加えて英国軍の戦闘能力や士気の高さを見せ付ける効果も十分あった。
その点紛争の早期終結に貢献した戦闘とも評価できる。

936 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/30(金) 21:59:14 ID:pjI4KK2OO
ア軍が最後の砦として踏みとどまるポートスタンリーは前述した通りいわば突き出た半島の脇腹にある。
しかも付け根部分には、ワイヤレス尾根、ロングドン山、ツーシスターズ(姉妹尾根)、ダンブルダウン山、ハリエット山といった具合に、
南北に小高い山々が連なっている。
これら連峰と町との距離は五〜六キロ。
守る側にとっては天然の防御線といえる。
ア軍はここにガルチェリラインと名付けた強固な防衛戦を構築し、英国軍を返り討ちにしようと準備していた。


937 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/30(金) 22:06:04 ID:pjI4KK2OO
>>936の続き。
さて英国地上部隊は三つに分かれて町を目指した。
・ロングドン山の北麓からワイヤレス尾根を通って前進するルート。
ここは第二、第三の両空挺大隊が担当。
・中央のツーシスターズ(姉妹尾根)からダンブルダウン山へと進むルート。第45海兵大隊と陸軍スコットランド近衛大隊、グルカ部隊が担当。
・チャレンジャー山からハリエット山な進む南ルート。第42海兵大隊と陸軍ウェールズ近衛大隊が担当。


938 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/30(金) 22:11:41 ID:pjI4KK2OO
>>937の続き。
戦端はまず中央ルートで切って落とされた。
姉妹尾根まで進出した英国軍は、ア軍が陣地を構えるダンブルダウン山に猛攻撃を加える。
完全な夜間戦闘となり双方とも迫撃砲、機関銃を総動員して攻防を繰り返していた。
しかし英国軍側の攻勢圧力にア軍側は屈し、夜明け迄に陣地は陥落、守備隊は後方へと遁走してしまった。


939 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/30(金) 22:19:23 ID:pjI4KK2OO
>>938の続き。
一方、北でも同じく激戦が繰り広げられていた。
この地区には首都へと通じる街道が通っており、戦略上最も重要な箇所である。
そのため守備側もここに極めて厚い防衛ラインを敷いていたため、英国軍は苦戦を強いられた。
ロングドン山からワイヤレス尾根を抜ける途中、英国軍は狙撃に悩まされる。
ア軍は夜間戦闘に備えて暗視装置を多数持ち込んでいたのだった。
それでも英国軍はジリジリと敵陣地に接近し白兵戦を挑んだのち、ようやくこの地を制圧する。


940 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/30(金) 22:24:33 ID:pjI4KK2OO
>>939の続き。
しかし主役を務めた第三空挺大隊の被害は大きく、死者23人、負傷者50人を出している。
ロングドン山での友軍の健闘に呼応して、さらに北に陣取る第二空挺大隊も、海岸づたいに一路ワイヤレス尾根を目指す。
こちらは76ミリ砲を持つスコーピオン軽戦車の援護を受けて、一気に守備隊を圧倒した。


941 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/30(金) 22:33:44 ID:pjI4KK2OO
>>940の続き。
しかし、中央に聳えるダンブルダウン山を巡る戦闘は困難を極めた。
ここには士気の高いア軍部隊が岩陰に多数潜み、スコットランド近衛大隊に凄まじい砲火を浴びせてきたのである。
英国軍はここでも一歩も引かなかった。
塹壕、高地を一つ一つ潰しながら、時には手榴弾を投げ合い銃剣突撃を加え、ア軍を徐々にではあるが押していった。
ア軍はこのように最後の力を振り絞って防御ラインの死守を試みたが、
もはや勢いに乗る相手の攻勢を止めることは出来ず、
高地に配備されていた部隊すべてを後退させて、首都籠城に最後の望みをかけた。


942 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/30(金) 22:37:19 ID:pjI4KK2OO
>>941の続き。
13日までにガルチェリラインを突破した英国軍は、最後の詰めに入る。
首都の西1キロにあるサッパー高地に翌14日ウェールズ近衛大隊の一群が攻勢を仕掛け、難なく制圧、ア軍に一層の圧力をかける。


943 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/30(金) 22:48:54 ID:pjI4KK2OO
>>942の続き。
しばしの間、両軍は睨み合いを続けた。
そして無益な犠牲を嫌ったア軍守備隊の総司令官メネンデス将軍は、英国側の説得に応じついに降伏を宣言、白旗を掲げたのである。
6月15日午後9時、メネンデス将軍は英国部隊司令官ムーア少将と正式な降伏文書を取り交わした。
そして政庁舎には74日ぶりにユニオンジャックが掲げられた。
四月二日から続けられた再果ての孤島を巡る戦闘は、2カ月半という比較的短い期間で決着しフォークランド諸島はもとの所有者に帰ることで幕を下ろした。


944 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/30(金) 22:58:54 ID:pjI4KK2OO
>>943の続き。
ソースは
株式会社朝日ソノラマが出版した湾岸戦争、フォークランド/マルビナス紛争。
この本を作る際の参考文献は
フォークランド諸島…原書房。
フォークランド戦争の内幕・狂ったシナリオ…朝日新聞。
防衛ハンドブック…朝雲新聞社。
世界年鑑…共同通信社。
現代史再訪…東京書籍。
ミリタリーバランス…メイナード出版。
Weapons of Folkland…Patrick Stephens LTD
Folkland Weapon Handbook…Patrick Stephens LTD
だ。


945 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/30(金) 23:12:16 ID:pjI4KK2OO
このように、艦艇、航空機、戦車に支援された部隊が多数上陸したらどうなるのかな?
ア軍はミラン対戦車ミサイル、LVTP7装甲兵員輸送車、エリコン20ミリ、30ミリといったスコーピオンを撃破出来る兵器を有しながら撃破出来なかった。
水平打ちでいいならスティンガーも有していました。
沖縄、硫黄島、ペリリュー、アンガウル等の島々では玉砕しましたがア軍より多大な戦果を出しているのは強兵な証ではないのですか?
ホモ野郎の白馬青牛こと広島もみじ兵団よ。
貴様ならどうシャーマンやマチルダUをどう撃破するんだ? 
沖縄、硫黄島、ペリリュー、アンガウル、フォークランド、沖縄で用いられた戦法以外でお答え願おう。


946 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/31(土) 20:38:42 ID:3vGY+9sU0
>>923
率いたのは東北兵だけど盗伐したのが尊氏の関東兵だからなあ

947 :白馬青牛 ◆B3h9hvY9bA :2009/11/02(月) 02:06:07 ID:Jl2jc3NM0
>>931から>>945までつまらん羅列よのう。
だいたい、あんた戦史叢書を信奉する軍板の低能じゃろうが。
イギリス軍を事大する奴隷根性で、グルカ兵や他のアジア兵を過小評価
したいだけが目的じゃし、上層部の上から目線だけで戦闘を捉えようと
するけぇつまらん文章になるんじゃ。兵士の証言は相変わらず皆無じゃ
のう。フォークランドの英国軍は補給に難渋した面を無視しても意味が
あるまあ。どうなるかじゃ、どうするかじゃ、戦闘を経験したもんじゃ
ないと解らん問題を上から目線で机上の空論を云うても意味があるまあ。
沖縄、硫黄島、ペリリュウ島、アンガウル全て負け戦の例を羅列しても
意味があるまあ。これらは戦果すら無かったんに。
馬鹿が妄想すると負け戦でも大本営発表同様、勝利の戦闘になるらしい。

948 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/11/02(月) 05:08:39 ID:QJQf8NvKO
豚骨ラーメンおいしかですよ。紅ショウガがうまか!!
おいは具は焼き豚と海苔とキクラゲが好きよ。
薬味はネギと紅ショウガね。
マジうまかさ。スープのたまらんもん。あんにおいがよかね!
ああ〜また食いたくなってきた〜。
明日も食うけん!!

949 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/11/02(月) 07:41:12 ID:m8RKvluj0
>>923
GJ!白馬恥ずかしいw

950 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/11/03(火) 01:32:09 ID:DffCToBkO
シャーマンやマチルダUとどう戦うのかのう?
それさえも答えられんとは。
さすがに国際法違反や戦争犯罪といった重罪を讚美する阿呆といったところか…


951 :白馬青牛 ◆B3h9hvY9bA :2009/11/04(水) 01:34:50 ID:1LqdIuGA0
>>948
広島のラーメンは醤油豚骨じゃが、ラーメン自体塩分が多いし、
美味いラーメンなんか、全国でも喰うたことは無いのう。
紅ショウガなんか色子で合成着色料じゃろう。
豚骨に昆布を煮て饂飩を喰うた方がましじゃ。
広島でもお好み焼きで最近紅ショウガのトッピングがあるが、
わしゃあ好かん。

952 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/11/04(水) 20:28:17 ID:M4b4TaUxO
紅しょうがは合成着色料を使わない高級品もある。
流石、フレンチ、懐石、イタリアンを食えなくて女が好きなとこにも行けない負け組だ。


953 :白馬青牛 ◆B3h9hvY9bA :2009/11/05(木) 22:42:32 ID:yQNK2FaP0
>>952
フレンチ、懐石、イタリアンじゃ、美味いもんは金をようけ払わんと
食えん思うとる処、味覚音痴の俗物よのう。こういう馬鹿げな
食通文化を発信したんは、日常に普段美味いもんが少ない江戸っ子、
東京人が美味い店を探したり、高級店云うブランドだけで喜ぶ俗物の
低俗文化じゃ。

954 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/11/06(金) 00:28:59 ID:DNySHTfAO
白馬さん
巡回スレ増えたね
日本史板にも…


955 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/11/06(金) 00:50:21 ID:8/HejfVwO
イタリアンは安いぞ。
それに中華も飲茶なんか安いわ。
軍事板に来てグダグダ言うならばもう少しどころかかなり舌や見識を肥えさせてくるべきだな。
まともなラーメンは広島にはないのかのう?
だからお好み焼きとカキしかないんじゃないの?
それともヤンキーに占領されてるのが長かったから味覚もヤンキーになっちまったのかのう?


956 :(_´Д`)ノ~~:2009/11/06(金) 01:07:01 ID:8/HejfVwO
>>952
よぉ!(^Q^)/^
味覚音痴にしてBOOK・OFFやAmazonで本も買えず、厨房LVの英語どころか日本語や漢字がわからんホモ野郎!
パスタなんぞ、パスタを茹でてソースと絡めるだけだぞ。
バター醤油やトマトケチャップでもいいぞ。
軍は食文化を語れんと通用しないぞ。(笑)


957 :白馬青牛 ◆B3h9hvY9bA :2009/11/06(金) 01:24:44 ID:hQHE0JOG0
>>954
今日は久しぶりに日本史板にも書いたよ。
>>955
イタリアンが安い思うたことは無いが、周りにスパゲティを音を
たてて、喰う無作法な人間がおると不愉快になるのう。
舌や見識なんか普段美味いもんを喰うとらんと養えんよ。
その点広島は恵まれとる。瀬戸内の魚は日本海や太平洋の魚が如き
大味じゃのうて繊細じゃ。
ラーメンなんか広島以外のどこの地域でも美味いもんに出会わん
のう。マグロのトロや脂肪の多い肉で脳内脂ドーパミングになっとる
あんたたぁ違うわい。ほいで、広島風のお好み焼きは関西風より
美味いし、カキを喰わにゃあ、亜鉛不足で味覚音痴になろうに。

958 :白馬青牛 ◆B3h9hvY9bA :2009/11/06(金) 01:40:51 ID:hQHE0JOG0
>>956
わしゃあ、日本海側や太平洋側に住んとる味覚音痴じゃ無いど。
ほいで、アマゾンで本を買うたことは無いのう。本は書店か
古本屋で買うわいのう。
英語は解らんけぇ英和辞典をめくっても一日たったら忘れる。
漢字も解らん。同じ形は同音じゃと誤認するし、少年期、若干名を
若いの千人かと勘違いしとった程度じゃけぇのう。
勝小吉さんの『夢酔独言』の誤字を笑えんけぇのう。英雄を
えい勇と書いても前後の文脈から理解するんが読解力じゃし。
つまらん細部に拘るんもんこそ、低脳じゃわいや。

959 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/11/06(金) 05:27:25 ID:e2s04YWgO
豚骨ラーメンおいしかですよ。紅ショウガがうまか!!
おいは具は焼き豚と海苔とキクラゲが好きよ。
薬味はネギと紅ショウガね。
マジうまかさ。スープのたまらんもん。あんにおいがよかね!
ああ〜また食いたくなってきた〜。
明日も食うけん!!

960 :(_´Д`)ノ~~:2009/11/06(金) 13:21:58 ID:8/HejfVwO
パスタやソバ、うどん、ラーメンはすする音をさせながら食うのが粋ってもんや。
させないで食うのは粋じゃないな。
イタリアンやフレンチ、懐石どころか麺類も知らんとは流石、北斗の拳や真・女神転生な都市だな。


961 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/11/06(金) 19:15:19 ID:EDy8ScQwO
関東のどす黒文化は、水のせいだろ。
味が素材に染み込みにくいんだよ。

後、関東は着物も、どす黒い色好きだからなぁ
表黒で裏地が赤とか。
関東伊達だな。

962 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/11/06(金) 21:01:55 ID:wTRMMmGrO
うすくち醤油や、しろ醤油を使う地域のヤツには言われたくないな

963 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/11/06(金) 23:10:34 ID:8/HejfVwO
ソバは関東風濃い口。
うどんは関西風薄口。
すき焼きは関東風。
だな。
うちやうちの周りは。



964 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/11/06(金) 23:13:52 ID:8/HejfVwO
カキは当たったから食わん。
鍋はすき焼きかおでん。
二日酔いの朝には湯豆腐も捨てがたい。

965 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/11/07(土) 00:08:21 ID:J1DSv02PO
関西風だろうが広島風だろうが、どっちが美味いかはその人の好みの問題。
そもそも、お好み焼きは東京のもんじゃ焼きが発祥。
牡蠣を喰わなくても、豚レバー等を食えば亜鉛なんか摂取できる。
とんこつラーメンなんか臭くて食えない人もいる。
食い物なんてものは小さい頃から食い慣れたものが美味いと感じるのは当たり前。
瀬戸内の魚が日本海や太平洋で獲れた魚より繊細かどうかは時期によって違う。

966 :白馬青牛 ◆B3h9hvY9bA :2009/11/07(土) 00:35:54 ID:96D5qeGi0
>>960
おいおい、うどんやラーメンと違うてパスタはイタリアのもんでぇ。
イタリアじゃのうても、西洋料理で音を出してすするんは礼儀に
外れとる。テーブルに肘を着くフランスとか肘をつけん英国とかの
細部な問題じゃのうて、西洋料理を喰う時に音を出してすするんは
マナー違反も甚だしい。周りの人間を不快にさせる食い方を実演する人間が
フレンチじゃのイタリアンじゃよう云えたもんじゃのう。笑わせるわい。
わしゃあカチンと来た時フォークで他人の頭を突いてやったが、
本人は自覚しとらんのよのう。広島でも躾を受けとらん外道は
やりよるけぇ、他地域を笑えんけど、躾を知らんあんたは笑えるよ。
>>961
味は素材の邪魔をしちゃあいけんので。何でも醤油をかける味覚音痴の
関東人は馬鹿じゃのう。裏地に凝るんは伊達じゃ云わんよ。
>>962
薄口醤油の方が塩分は多いけど、醤油の香りが強い濃口醤油の方が素材の
味を殺す可能性の方が強い。わしゃあ刺身を喰う時も醤油はほとんど
使わんよ。ポン酢か塩をかけるだけでええ。刺身に醤油を使うんなら
醤油を一滴二滴か橋で垂らす程度にしとけ。
>>963
関東のすき焼きは牛鍋であって、すき焼きたぁ云えんよ。
江戸時代広島県では牛肉をヘカ(鍬)で焼いたよう、すき焼きは、あくまで
焼くもんじゃけぇのう。
>>964
すき焼きが鍋云う処東日本人じゃのう。米国の日系二世部隊は、
広島出身二世が多いせえか、肉料理をヘカ焼き云うたけど、
東日本人ならどう表現したんじゃろうかのう。

967 :白馬青牛 ◆B3h9hvY9bA :2009/11/07(土) 02:27:36 ID:96D5qeGi0
>>965
東京のへとべとしたもんじゃ焼きと、一銭洋食のクレープに焼く
広島のお好み焼きは元来別物じゃし、東京文化の起源云う根拠も
あるまい。小麦文化は西日本から東日本へ輸出したんど。
大阪のお好み焼きは混ぜ焼きでもんじゃに近いが。
しかも大阪近辺でもクレープ状に焼くお好み焼きもあるけえのう。
瀬戸内の魚より日本海や太平洋の魚が繊細な時期たぁ、
どの季節なら。提示せえや。日本海や太平洋の身も締まらん
フニャフニャした刺身の食感も、脂の多い大味な外洋な魚なんか
不味いとしか云いようが無いけんのう。
東京じゃあ、日本海のノドグロでも高級魚扱いされとるけぇ、
味覚音痴振りは変わらんのう。現代の東京人は大味で脂の乗った
脂中毒症状の味覚しか無い。まだ程度の差こそあれ、江戸期の
脂の乗り過ぎた魚を嫌うた江戸の大工や職人の味覚の方が
ましじゃ。

968 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/11/07(土) 04:04:58 ID:J1DSv02PO
>>967
わざわざ自分の無知を晒さなくてもいいよ
明治時代、東京で生まれたもんじゃ焼き・どんどん焼きが大阪に伝わり、蒟蒻や豆の具などを入れて醤油味で食べるようになり、それが派生して鉄板料理になり関西地方や広島で現在のお好み焼きに発展した。
初めは大阪も広島のように「のせ焼き」が主流だったが、ボリュームを重視するためキャベツを入れて「混ぜ焼き」が主流になった。
大阪や関西地方のお好み焼きは昭和初期、広島は戦後生まれ。
混ぜ焼きはピザがモデルになったと伝えられる。

偉そうな事言う前に中国新聞で調べてみろよ?

魚にしたって時期や場所で味が違うもんだよ
アンタは年寄りだから脂が苦手なだけだろ
何でもかんでも広島が一番だと思ってるアンタが一番味覚音痴だな
どっかの半島人そっくりだよ

969 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/11/07(土) 13:37:17 ID:yMHjCm8uO
パスタやピザはイタリアの庶民料理な。
日本のうどんやお好み焼きみたいなもんだ。
イタリア出身のジローラモ曰くパスタはソバやうどんみたく音を出して食うもんだそうだ。


970 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/11/07(土) 16:45:56 ID:J1DSv02PO
イタリア料理は、楽しく食事をすることが一番のマナー。
食べたいものを食べたいだけ、いかに美味しく、柔軟に食べるのがイタリア料理。
この時、他人の頭をフォークで突いてはいけない。

971 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/11/07(土) 20:24:41 ID:yMHjCm8uO
お好み焼き誕生には2つの説がある。
1、東京のもんじゃ焼きが関西で変化しお好み焼きになった。
2、千利休が考案した。
1にしても2にしても全く広島は関係してない。
2の場合はルーツがモロに大阪もしくは京都。


972 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/11/07(土) 22:27:25 ID:J1DSv02PO
あ、そうだと思う。
「麩の焼き」というのを千利休が作らせていたらしく、その麩の焼きを起源として東京・麹町で江戸末期から明治にかけて助惣焼というのが生まれ、「もんじゃ焼き」「どんどん焼き」が生まれる。
千利休が作らせた「麩の焼き」というのが起源だけど、大阪や京などで食されていたかは不明。
あくまでも庶民の主食的な地位にまでなったのは大正時代の東京らしい。
何れにせよ広島は一番最後。

973 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/11/07(土) 22:42:32 ID:ApIJ9Xw+0
欧米中国じゃめんは音をすするのは控えた方がいいよ
本当に

974 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/11/07(土) 22:44:14 ID:ApIJ9Xw+0
書きなおす。

麺類を食う時は音は立てない方がいいよ。

975 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/11/07(土) 22:48:26 ID:ApIJ9Xw+0
まあ日本で食う時はいくらすすってもいいと思うけどね

ぶちまけた話すすった方が早く食えるし食いやすいしね

976 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/11/07(土) 23:36:09 ID:EPzNSj61O
初めてこのスレを開いたんだが、何の話をしてるんだ?

977 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/11/08(日) 01:26:14 ID:3xg8MrlPO
口を開いたまんまクッチャクチャ音発てて物喰うな

978 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/11/08(日) 10:48:53 ID:d1BBOosE0
大東亜戦争における日本軍軍人の真実は?
http://academy6.2ch.net/test/read.cgi/history2/1140253858/

979 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/11/08(日) 10:49:36 ID:d1BBOosE0
【世界屈指の】日本海軍・日本陸軍【軍隊】
http://academy6.2ch.net/test/read.cgi/history2/1143308448/

980 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/11/08(日) 10:52:56 ID:d1BBOosE0
帝国陸軍二等兵
http://academy6.2ch.net/test/read.cgi/history2/1195008563/

981 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/11/08(日) 10:55:01 ID:d1BBOosE0
【西郷】薩摩と昭和日本陸軍は似てる【東条】
http://academy6.2ch.net/test/read.cgi/history2/1156773226/

982 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/11/08(日) 11:25:32 ID:WB5t+fJE0
さあ1000取り合戦だ

983 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/11/08(日) 14:04:17 ID:YQ7GFzdbO
よし乗った。
戦争にはまけたが日本の食文化はまけてない。
音をたてて一気にすするのもまた日本の食文化の美風

984 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/11/08(日) 21:23:51 ID:d1BBOosE0
なににのったんだ

985 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/11/08(日) 21:28:49 ID:d1BBOosE0
985

986 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/11/08(日) 21:30:42 ID:d1BBOosE0
986

987 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/11/08(日) 21:32:55 ID:d1BBOosE0
987

988 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/11/08(日) 22:33:59 ID:d1BBOosE0
988

989 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/11/08(日) 22:34:50 ID:d1BBOosE0
989

990 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/11/08(日) 22:43:28 ID:d1BBOosE0
990

991 :奇矯屋onぷらっと ◆SRGKIKYOUM :2009/11/08(日) 23:50:03 ID:y1pHF8bH0
http//academy6.2ch.net/test/read.cgi/history2/1235385172/
>>968-970及び>>971-972
http://hanax.co.jp/?p=208
「明治時代には、『一銭洋食』(京都)(広島)」とあるよう、
広島は明治期からお好み焼きを食いよったんじゃ。戦後からじゃ
云うて嘘吐くなや。
広島の「一銭洋食」は、『聞き書き広島の食事』(農文協)にも、
〔大正十年ころから一銭洋食を食べている古田正三郎さんの話〕に
、メリケン粉の水溶きお玉ですくって、円形に広げる。
きざんだ青ねぎを、地がかくれるほど一面に散らす。
ねぎの上にも水溶きメリケン粉を少し流してひっくり返して焼く。」
とクレープ状のお好み焼きのルーツじゃ。
広島の老人の証言でも聞いてこいや。現代の学校給食や外食で
脂中毒になった魚の時期も場所も具体的なことは書かん
味覚音痴君よ。
イタリアで音出して喰うたら、あんたが日本人の恥を晒すだけじゃ。
西洋のマナーではイギリスやイタリアも階級差を越え音を出して喰う
ヒッシングは下品じゃ。そがんことも知らん馬鹿タレが景気の
ええカバチ(文句)垂れよるのう。

992 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/11/09(月) 01:08:38 ID:Ajb8WS9bO
丸二日かけてそんな大雑把なもんしか見つけられなかったんかよ?
http://www.chugoku-np.co.jp/okonomi/mystery/O405040601.html
中国新聞(炎の鉄板)おこのミステリー第21回
現在の広島風の形になったのは1955年頃。
何でもかんでも広島が起源だと思って恥かいてろよ!
魚の旬が知りたければ自分で探せよ。脂ものってないショボい魚しか食えないからって僻むなよ。
広島・山口・岡山から関東に来た知人3人が、「関東の魚は美味い」って驚いてたよ。
海が無い北関東に連れてって魚料理を食った時も「なんでこんなに美味いの?」だってよ。
どっかみたいに山の中じゃないから交通機関が発達してて、北関東でも海の幸が美味いんだな。
オマエみたいに狭い世界でしか物を語れないヤツは恥ずかしいな!
日本国内でイタリアンを食べる話をしてんのに、なに他人の目を気にしてんだ?
気が小せぇヤツだな( ̄^ ̄)
他人の頭をフォークで突くようなDQNがマナーを語るなよ(笑)
言っただろ?楽しく食事をすることが一番のマナーなんだよ!?

993 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/11/09(月) 01:24:22 ID:oVYvyPx8O
ていうか、うどんやソバ、パスタはすする音を出していいが、他の料理に出してもいいとは誰が言ったかね?
イタリアンやフレンチのコースを食ったコトがないのかのう?
流石、二千円もしない本を買えない奴よのう。
んで、一銭洋食のルーツは何かのう?
千利休のコトも知らないとは流石、畿内や幕府のお膝元、長崎とは縁遠い田舎侍やのう。


994 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/11/09(月) 01:29:00 ID:oVYvyPx8O
そういや、伊豆では伊勢海老が解禁になったそうだ。
そろそろ日本海側ではカニ、ブリが美味くなるころだ。
関東だとアンコウの季節かのう。
それにしても、伊豆や外房の伊勢海老、キンメ、金沢のボタンエビ、カニ、ブリは美味いのう。
日本海のノドクロやハチメも美味いようだがまだ食べてないから食いたいのう。


995 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/11/09(月) 01:38:12 ID:oVYvyPx8O
ちなみに信州では信州サーモンの料理が出るぞ。
トロにも負けない脂のノリが名産のワインにも合い絶品だったのう。
他にも馬刺や信州ソバも旨かったのう。


996 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/11/09(月) 01:49:20 ID:oVYvyPx8O
フロリダで食べたワニはワニとはわからんかった。
書かれなければあれは地鶏や鶏だな。


997 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/11/09(月) 02:00:19 ID:Ajb8WS9bO
パスタの中でもスパゲッティに関しては
18世紀の初め頃までは民衆の食べ物で、チーズだけをかけて手でつかみ、頭上にかざして下から食べてた。
1770年代、ナポリ国王フェルディナンド2世が宮廷で毎日スパゲッティを食べるようになり、この時スパゲッティを品良く食べるため、からみやすいように先が四本のフォークが考案された説がある。
19世紀半ばまでにはトマトソースで食べるようになる。

こんなモン自分の好きなように食えばいいだけで、回りの視線ばっかり気にして食ったって美味い訳ねぇよ。
しかも自分の国なのに(笑)
フォークが嫌なら箸で食っても何も言われねぇしな!

998 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/11/09(月) 02:07:04 ID:oVYvyPx8O
イギリスでまともに食える料理は中華料理、インド料理、ローストビーフ、ティータイムに出る食い物くらだそうだ。
貴様はアナルにハギスか?

999 :白馬青牛 ◆B3h9hvY9bA :2009/11/09(月) 02:11:45 ID:g4qTVWve0
やっと、規制情報版を見たらアク禁解除となったわい。
11時頃規制中>>991のぷらっと氏に代載して貰うて、ぷらっと氏に
ありがとう。感謝しております。
>>992
中国新聞がネタじゃあ、マスメディアに踊らされる低脳じゃないか。
>>991の古田氏の証言から明らかなことを、あんたの根拠は中国新聞
でお好み焼きの歴史も知らん若造の見識たぁ笑わすわい。
http://www.yamaken.org/mt/kuidaore/archives/archives/000171.html
http://blog.livedoor.jp/hhirano20/archives/50847401.html
上の方の愛媛県の方のシャコは茹でて汁をすすりながら喰うんが
美味いんじゃ。江戸前鮨の乾いた鮨ネタのシャコは邪道じゃし、
下の方の倉敷の方の「新潟の魚は大味だし、沖縄の魚は淡白で
旨みが少ないの。」と、瀬戸内沿岸で育った者なら、
誰しも思うもんじゃ。あんた架空の広島・山口・岡山人を
造るなや。嘘吐きはええ加減やめとけぇや。
>>993-994及び>>995
パスタ喰う時に音出すんは、マナー違反じゃ云うとろう。
トロが美味い思う時点で味覚音痴の脂中毒じゃ。

1000 :白馬青牛 ◆B3h9hvY9bA :2009/11/09(月) 02:19:00 ID:g4qTVWve0
>>999
上の方は、
http://www.yamaken.org/mt/kuidaore/archives/000171.html
じゃったか。

1001 :1001:Over 1000 Thread
このスレッドは1000を超えました。
もう書けないので、新しいスレッドを立ててくださいです。。。

459 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)