2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

日本の旧植民地は何故経済発展しているか?

1 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/03/17(火) 02:06:24 ID:Vxl7oxSQO
なんでだろうね

2 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/03/17(火) 02:09:53 ID:eeASeBFp0
スラムなんてものも出来るしな

3 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/03/17(火) 09:25:23 ID:oFMRVH7R0
小説家の井沢元彦によれば、儒教の支配構造を破壊されたから、だそうだ。

4 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/03/17(火) 22:47:07 ID:VNArbYMZP
大東亜維新史観 概説
http://www.nicovideo.jp/watch/sm5193993
http://jp.youtube.com/watch?v=EC2rwzYh890

【マスコミ】コミンテルンと大東亜戦争【田母神閣下支持】
http://society6.2ch.net/test/read.cgi/mass/1228229525/

田母神塾―これが誇りある日本の教科書だ (単行本) 田母神 俊雄 (著)
http://www.amazon.co.jp/dp/4575301108

5 :203.188.44.15:2009/03/24(火) 22:01:52 ID:ke2a46bY0
経済発展しないのがおかしいでしょ
基本的に経済ってのは緩やかなインフレなんだよ
俺は今、タイに住んでいるのだが、庶民も日本と変わりない生活をしているよ
ってか、日本よりいい生活かも?物価が違うし、生活にお金がかからないし

例 日本で飲もうと思えば居酒屋だが、こっちはバーがたくさんあるから安く済む
  屋台が多すぎる、路面店は道まで不法占拠している
  子供が夜中の3時とかでもたくさん遊びまわってる、公園で寝てる家族多数(ホームレスじゃないよ、そーいう文化がある)

6 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/03/25(水) 07:24:59 ID:jm6Dvk3QO
貧富の差は無視かい

7 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/03/25(水) 17:22:31 ID:xHf+26ZcO
>>1
大日本帝国解体後、アメリカ様に引き取られて文明教育を施していただいたからです
(その証拠に、日本が戦前一番重点的に投資したはずの北朝鮮は
戦後アメリカ様に引き取ってもらえなかったばかりにあのザマ)。
だいたい、植民地以前に日本本体からしてそうだろ。

ソ連に加え中国まで赤化しちまった極東に、はじめ人間ギャートルズを地で行くような
土人列島と土人半島と土人島をほったらかしといたら、
共産主義との武力を使用しない戦いを選択したアメリカ様的にはシャレにならんからな。
これらの土人生息地が空腹のあまり共産圏に転がりこまないよう、
とにかくズブズブに資本注入して飽食の豚を養殖する必要があった。

8 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/03/25(水) 20:57:55 ID:TU7UAwPV0
日本の近くだから日本から輸入したり輸出したりで一緒に発展できたからじゃね?

9 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/03/25(水) 21:07:45 ID:AX5sWABf0
穴で儲けるのが得意な民族。

10 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/03/29(日) 23:36:07 ID:IJ1MAWwpO
朝鮮では、日本のおかげで水路が整い、お米がたくさん穫れるようになりました。
けれど、水路が整った条件の良い田んぼは、ほとんどが日本人地主のものとなり、多くの朝鮮人は小作農になりました。
日本人地主は高い小作料を取り、怠けた者からは容赦なく土地を取り上げ、朝鮮人小作農に激しい競争をさせました。
その結果、朝鮮の人々は経済的には等しく困窮した小作農同士であっても、互いに互いをライバル視し、隣人を蹴落とし出し抜くことに懸命になりました。
米がたくさん穫れるようになっても、いや、米がたくさん穫れるようになったからこそ、朝鮮人小作農の人々はバラバラになり、非人間的な暮らしを強いられることになったのです。



11 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/04/01(水) 13:05:27 ID:NDOUa76b0
1931年のタイと朝鮮の記録映像

Siam To Korea 1931

http://www.youtube.com/watch?v=d_98jT7XmZw&feature=channel


12 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/04/01(水) 13:09:32 ID:NDOUa76b0
1938年の満州の記録映像 経済開発、文化発展、教育、

Manchukuo (Manchuria) 1938

http://www.youtube.com/watch?v=16IVkiVQut8&feature=related


13 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/04/01(水) 15:25:56 ID:z9lY3mfi0
まあ東アジア人ということと資本主義国家と言うのが大きい
んじゃないかな。後は日本を真似したからかな。
農業に関しては日本の植民地時代の貢献が大きそう。

14 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/04/01(水) 15:36:21 ID:rUVhVuHG0
大英帝国下のインド帝国なんて、戦前は世界各国に対して貿易黒字を
達成していたし、日本にも銑鉄など半原料を供給する中進国

シンガポールや香港も中継貿易地として発展し、戦後はアジアNIESの一翼に

日本だけの話じゃないだろうにな

15 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/04/01(水) 16:15:40 ID:QijgBjm4O
旧植民地で高度な発展をしたのは日本の場合だけ、なのはそうだと思う
タイプとしては、かつてのローマの征服地がその後発展したのと似てる
今でも当時の最新技術の上下水道や道路なんかがイタリア以外に残ってたりね

16 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/04/01(水) 18:35:44 ID:rUVhVuHG0
>>15
また適当なことを
アメリカ合衆国やカナダ、オーストラリアなどイギリスの植民地なんか、いまや
先進国だらけじゃん

17 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/04/01(水) 19:02:57 ID:0Eq/y7DCO
アフリカや中東みたいにそもそも水(工業や農業に不可欠)すらない土地を植民地にするのと、
朝鮮のようにとりあえず文字や水や国家が存在する土地を植民地にするのはまた勝手が違うだろう

18 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/04/02(木) 00:26:58 ID:zCC7BeYe0
しかもインフラ整備の恩恵にあずかったのは主人として乗り込んだ日本人だしな。現地民にもおこぼれぐらいあるのはほか植民地でも同じだし。

19 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/05/28(木) 13:06:32 ID:oHCXWz8u0
北朝鮮なんて日本の植民地だったけど悲惨な有様じゃないか

20 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/06/22(月) 16:52:06 ID:FDYVL3V80
日本は植民地を持つべきではなかった
http://kuantan-bin-ibrahim.blogspot.com/2009/06/blog-post_22.html


21 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/06/24(水) 00:44:21 ID:+v7YWgm5O
>>1
戦前戦中日本により庶民レベルの儒教文化圏となり
(ウェーバーのいうところの近代資本主義の精神が浸透した)、
その下地に戦後アメリカにより合理的思考と市場を与えられたから。

22 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/06/24(水) 06:56:58 ID:BmDIXdCL0
>>21
>ウェーバーのいうところの近代資本主義の精神が浸透した

ウェーバー読んでないな、おたく
資本主義の精神とは、資本主義が生まれる一回切りに作用する話で、
一度生まれてしまった資本主義は、もはや宗教の影響は排除してひたすら
合理性を志向する精神のみ貫徹されると言ってる

また儒教からは資本主義の精神が生まれでないこともウェーバーは指摘してる

多分>>21は間違いだと思うよ

23 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/06/24(水) 14:26:20 ID:kAzLLkRn0
>>20 日本の場合は植民地というより軍事的緩衝地帯をもった意味がほとんどだからな。

 台湾、朝鮮、満州経営など大赤字だったが、ロシア、欧米と直接対峙するよりはましだった。

 今、シナが北鮮、ベトナムを援助しているのと同じことだ。


24 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/06/24(水) 18:09:23 ID:BmDIXdCL0
>>23
>台湾、朝鮮、満州経営など大赤字だったが

これも大嘘
台湾は1900年代に既に財政黒字を実現し、国庫支出は受けてない
しかも国庫から植民地に支出されたのは平時で支出総額の1%程度、
多い時でも2〜3%

それよりも大きかったのは国策会社を通じた投資だけど、それらの会社は
外債募集を行い各種投資を行った

つまり日本は欧米に借金して植民地経営していただけのこと


25 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/06/24(水) 18:10:56 ID:jH7o5hhN0
【韓国ブログ】「併合前の大韓帝国は腐敗と無能、貧困と無知の暗黒時代。日本の強圧無しに近代化の人材は育たなかった」★2[06/24]
http://takeshima.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1245833315/

26 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/06/24(水) 18:44:31 ID:bMkV0Y7L0
>>24
それ、台湾だけが特別だったということじゃねえの?
つか台湾だけが独立採算制に移行できたわけなんだが、
だからといって国庫に金が入ってくるほど栄えた訳でも無し、
あとの朝鮮、満州は露骨な赤字。大筋は間違いない。

27 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/06/24(水) 18:45:17 ID:bMkV0Y7L0
とゆ〜か、19世紀からこっちインド以外で植民地経営の成功例なんかあったっけ?

28 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/06/24(水) 18:54:47 ID:+YrthtNu0
戦争になると、軍事会計とかで莫大な金が本国に吸い上げられたりしているしね>植民地
そもそも植民地経営の成功の定義ってなんなんだろ?
金を本国に吸い上げられた点か、植民地自身の発展か、微妙っちゃ微妙。
建前はともかく、実際は本国の為に植民地ぶんどっていたわけで。

29 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/06/24(水) 19:15:03 ID:BmDIXdCL0
>>26
>あとの朝鮮、満州は露骨な赤字

朝鮮は東洋拓殖、満州は満鉄の、それぞれ外債による投資の額の方が大きい

日本は欧米に金を借りながら植民地経営していたというのが実相

30 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/06/24(水) 20:42:52 ID:bMkV0Y7L0
>>28
植民地経営の成功の定義って難しいんだけど、
例えば貿易が盛んになっても儲けているのは貿易業者だけ、
彼らの納める税金の額からすれば支出される国税とはとても見合わないというので、
国家全体で見れば失敗というのが大半の植民地経営だったりする。
むしろ大航海時代のただの強盗なみの収奪の方が国家としては儲かった場合が多い。
それくらい近代国家って金がかかるものって時代になっちゃったってことなんだろうけど、
かといって古くさい収奪式の植民地経営なんて非効率なことをやればまともにもうかりゃしない。

31 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/06/27(土) 00:03:34 ID:13T4nWUDO
>>22
前半は参考になった。
だが、後半については、儒教は資本主義の精神たりうるが
中国では支配層だけの教養だから資本主義は発展しないって言ってなかったか?

32 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/06/27(土) 01:49:33 ID:YYh2kTo70
>>28
実際には、戦時でも軍事費は本国政府から出ていて、軍事会計はその一部を
バックしているだけ。
なのでやっぱりトータルすると持ち出しだったりする。

33 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/06/27(土) 05:21:37 ID:w3vAUXCM0
>>32
>なのでやっぱりトータルすると持ち出しだったりする。

台湾は1905年から財政自立してるけど
がっつり税金とって専売制も広範にしいたおかげだし、台湾住民もそれに耐えら
れるくらい裕福だったってことだ

34 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/06/28(日) 13:40:41 ID:ru7WTH9t0
>>32
まてまて。植民地の総督府の税収会計から本国に繰り入れられているんだぞ?
何かと勘違いしていないか?

35 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/03(金) 19:55:35 ID:sRrjYPNH0
日本語名称で「国」が無い。(世界人口年鑑1989他)
●いわゆる英連邦
アイルランド、アンティグア・バーブーダ、インド、オーストラリア、カナダ、
グレナダ、ジャマイカ、セントクリストファー・ネイビス連邦、
セントビンセントおよびグレナディーン諸島、 セントルシア、パプアニューギニア、
ソロモン諸島、ツバル、ニュージーランド、バルバドス、ベリーズ、

●政治的分裂問題で国が付かない
ウクライナ、グルジア、スイス連邦、スペイン、ソマリア、
トルクメニスタン、ブルキナファソ、ボスニア・ヘルツェゴビナ、マレーシア、ミクロネシア連邦、
ミャンマー連邦、モンテネグロ、ルーマニア、ロシア連邦、

●旧イギリス領で国が付く
アメリカ合衆国、アラブ首長国連邦、イエメン共和国、イスラエル国、イラク共和国、
ウガンダ共和国、エジプト・アラブ共和国、オマーン国、ガーナ共和国、ガイアナ共和国、
カタール国、ガンビア共和国、キリバス共和国、クウェート国、ケニア共和国、
サモア独立国、ザンビア共和国、シエラレオネ共和国、シンガポール共和国、ジンバブエ共和国、
スーダン共和国、スリランカ民主社会主義共和国、スワジランド王国、セーシェル共和国、タンザニア連合共和国、
ドミニカ国、トリニダード・トバゴ共和国、トンガ王国、ナイジェリア連邦共和国、ナウル共和国、
ナミビア共和国、パキスタン・イスラム共和国、バヌアツ共和国 バハマ国、バーレーン王国、
バングラデシュ人民共和国、フィジー諸島共和国、ブルネイ・ダルサラーム国、ボツワナ共和国、マラウイ共和国、
マルタ共和国、南アフリカ共和国、モーリシャス共和国、モルディブ共和国、ルワンダ共和国、レソト王国、

●イギリスそのものは国が付く
グレートブリテンおよび北アイルランド連合王国

イギリスの旧植民地で経済発展している地域は、アメリカを除くと、
イギリスから独立はしてるが国ではない地域つまり実質いまだイギリス

36 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/19(日) 17:17:44 ID:sDfNHjIV0
1.15世紀の朝鮮、ハングルを作った国王世宗の治世。中国で貨幣が流通していることを知った
世宗は中国から貨幣を輸入して、「貨幣を使わない者は処罰する」という法律まで作って、貨幣を
流通させようとしたが、結局失敗している。それは農民と官僚が主体の社会で、物々交換が行われ
ていたからである。(世宗実録より)

2.12世紀の日本、平家の治世。平清盛は周囲の反対を押し切って、中国から貨幣を輸入して、
流通させようとしたら、爆発的に大流行したという記録が残っている。世宗と清盛を比較する人は
いないが、やろうとしたことは全く同じである。

3.15世紀の世宗の治世。朝鮮から役人が来日して、漢文の見聞録を書き残している。それによ
ると、当時の日本(室町時代)は社会の隅々にまで貨幣が浸透していて、乞食でさえ米を欲しがら
ず金をほしがる様子に驚いている。さらに有料の宿屋、渡し舟、馬まで用意されていて、日本では
金さえ持っていれば旅ができるので驚いているのである。(老松堂日本行録より)

37 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/19(日) 17:18:25 ID:sDfNHjIV0
4.17世紀、江戸時代初期の日本。米などの物資が集積するのが大阪で、巨大消費地が江戸に
なったため、代金をいちいち運んでいては不便で危険であった。そのため、手形で決済する仕組
みが成立した。さらにそれが発展して、18世紀初頭には米が収穫される以前に権利を売買して
おく、いわゆる先物取引市場が大阪堂島に世界で最初に成立するのである。(NHK出版「マネー革命」より)

5.19世紀末の朝鮮。イギリス人女性イザベラバードは、日中韓を旅してそれぞれ旅行記を書
き残している。当時の朝鮮半島の様子を、ソウルとその周辺で銅銭が流通しているのみであり、
地方に行くとそれさえも流通しておらず、物々交換が行われていると指摘している。(朝鮮紀行より)


15 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)