2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

法を記述する道具として言語は不完全

1 :法の下の名無し:2008/07/08(火) 19:14:15 ID:ervMowSx
法律の条文は、読んだ者が皆同じ意味として受け取れる必要がある
そう考えると、自然言語による記述は曖昧な点が少なからず存在し、
読み手によって解釈が異なってしまう可能性がある
よって、一義的な意味しか持たない論理式や数式を取り入れて、
客観的かつ論理的な条文を作るべき

2 :法の下の名無し:2008/07/08(火) 19:22:26 ID:tm4qdUS8
『青の時代』を思い出した

3 :法の下の名無し:2008/07/09(水) 04:56:07 ID:0tNF/L/P
さすが理科馬鹿は斜め上に無教養だな

4 :法の下の名無し:2008/07/09(水) 09:29:44 ID:FKnfcloZ
>>3
反論があるなら言ってみろ


5 :法の下の名無し:2008/07/09(水) 11:18:59 ID:vtfGpAQ+
>>1
例えばどういう条文にするのか書いてくれ。
立て逃げしないでね。

6 :法の下の名無し:2008/07/09(水) 22:24:32 ID:6WoY0c9r
最低限刑法レベルに簡素かつ論理的な条文にせよ

7 :法の下の名無し:2008/07/09(水) 22:54:55 ID:2shDYvU2
>>1
法律では,構文論より意味論が重要。
論理性を振り回しても言いうることは限られている。

8 :法の下の名無し:2008/07/09(水) 23:51:37 ID:iIE5wbUI
言語だけでは曖昧さがつきまとうので
それを補完するためには法を上手く解釈する法学者が必要

美しい流れだ

9 :法の下の名無し:2008/07/11(金) 11:25:32 ID:1TnB142V
法学と様相論理学

1 :132人目の素数さん[]:04/11/18 21:43:24
法学と様相論理学の関係を考えよう。
http://www.heiwaboke.net/2ch/unkar02.php/science6.2ch.net/math/1100781804

10 :法の下の名無し:2008/07/11(金) 22:32:46 ID:l62djTIs
法は色んな解釈が出来るように作られてる


11 :法の下の名無し:2008/07/12(土) 09:05:06 ID:3CR7s2AQ
時代によって文化や習慣、人々の考え方は変化する。一時代前の常識は現代の常識に当てはまらないことは多々ある。
だから曖昧さを残して解釈をする余地がないと、柔軟な対応ができなくなる。
意味の曖昧さを無くし、数学理論的な精密さを持った法律は、机上の空論に過ぎない。
>>3>>1にそれを言いたいんじゃないのか。
法学やってたら曖昧さも大事ってことは大学1年でも習うようなことだし。

12 :法の下の名無し:2008/07/17(木) 08:41:46 ID:GmMszLph
予断を廃して言うなら、>>1の言っていることは、間違いではない。
法律をすべて言語で記述するのは、かえってわかりにくくしている。
簡単な数式なのに、わざわざ文章で書くからわかりにくい事この上ない法律がある。

13 :sage:2008/07/19(土) 04:50:49 ID:HUFw+6oT
絵で描けばよし。
具体例書くとなおよし。

14 :法の下の名無し:2008/07/19(土) 15:31:52 ID:CSf/jHQg
>>12
同意。図や絵も入れるべき。数式やグラフとかもあり。漫画を挿入して子供にもわかりやすくするという手もある。

15 :法の下の名無し:2008/07/19(土) 17:25:22 ID:HUFw+6oT
施行令、政令、通達は全部廃止して、法律に書け。
準用とかも意味不明だから、地の分で書け。
立法時に想定していた具体例も書いておけ。

小細工しても、結局、全部見なきゃいかんのだから、法律の量は総体としては増加しない。

むしろ、あちこち参照する手間が省けて、効率アップする。
官公庁の特殊六法編纂バイトもなくせるし、御用学者や元立法担当者の怪しげなオーラもこれで消滅だ。



16 :法の下の名無し:2008/07/22(火) 02:24:03 ID:1UOpssOv
法令データ提供システムをもっと便利にしてほしい。法令は公器だ。
・下位法令との相互リンクを充実する
・過去の法令をさかのぼって調べやすくする
・英文翻訳とのリンクをつける
・各担当官庁の法令解説とリンクする(←縦割りを越える)
・最高裁判例HPともリンクする

17 :法の下の名無し:2008/07/22(火) 16:43:24 ID:c+HZC7Qe
>>15-16
こういう作業こそ、法務省が率先してするべきなんだよね。

総務省のデータでは、民訴規則すら載ってない(理由は最高裁管轄だからとか。お前は馬鹿かと。)。
租税通達も証券関連通達も、全然、法令データ提供システムとリンクされてないし。

法令・判例・通達の提供業界(第一法規、新日本法規、ぎょうせい、大蔵財務協会)の保護官庁じゃないんだからさ。





18 :法の下の名無し:2008/07/23(水) 00:39:36 ID:rfdmE+ww
>>1
過失やら善管注意義務やらを含む条文を「一義的な意味しか持たない論理式や数式を取り入れて、客観的かつ論理的な条文」にしてくれ。

19 :法の下の名無し:2008/07/23(水) 00:42:44 ID:LHxdd/27
>>18
規範的構成要件要素に関する部分については、場合わけをしたうえで、
具体的事例を列挙して、黒・灰色・白領域に分類する形式で、条文化してほしいね。

場面によって、図解・数式が良い場合もあれば、端的な規範文言が良い場合もあれば、具体事例の蓄積の方がわかりやすい場合もある。
要は法の予定している規範を明確化する点が目的だから、それに適した表現方法を用いるべきということ。



20 :法の下の名無し:2008/07/23(水) 01:12:55 ID:bUAdubcV
>>19
六法をコンメンタールみたいにしろ
ってこと?

21 :法の下の名無し:2008/07/23(水) 02:21:37 ID:LHxdd/27
コンメンタール廃止するか(判例の拘束力もなし)、
注釈書情報をも含めて法だというなら、それも国民に明示しろということ。

条文に書いてないことを、したり顔で説明するのは、どうかと思う。
最たるものは、解雇権濫用の法理について、労働法の条文に記載しないことだ。
そのくせ法規範として存在しているんだから、始末が悪い。



22 :法の下の名無し:2008/07/23(水) 02:22:34 ID:LHxdd/27
米国の条文なんて、主要なものは、注釈つきで出てるだろ。
それくらいするのが法規範性を市民に示すには当然だということ。



23 :法の下の名無し:2008/07/23(水) 02:25:35 ID:LHxdd/27
中国だって、主要法令の解釈については、立法府や裁判所から解釈通達が出ている。

そのかわり、個別判例には先例的拘束力をもたせておらず、必要になった都度、下級審が上級審にお伺いを立てて、
上級審が新通達を発布するという形で運用している。

中国のような専制国家・後進国家ですら、この程度やってるんだから、日本のような先進国が遅れとって良いのかね。


24 :法の下の名無し:2008/07/23(水) 05:59:56 ID:Md+iQNkS
中国は資本主義で
日本は社会主義だから

25 :某173 ◆HsV9Lpvnw. :2008/09/08(月) 17:30:21 ID:cuNC//J3
ここでゲーデルの不完全性定理を話題に出すのは
お門違いですか?

7 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)