2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

活用形の覚え方

1 :名無氏物語:2007/06/16(土) 15:30:01 ID:lfcYXZm5
四段、上一段、下一段、上二段、下二段
ラ変、ナ変、サ変、カ変の活用動詞の違いや
未然、連用、終止、連体、已然、命令形への変形が
どうしても理解できません。

今度テストなのですが、何か良い方法があれば教えてください。

2 :名無氏物語:2007/06/16(土) 16:16:48 ID:KAFSvmjb
 完了・存続の「り」が基本。「あり」や四段の活用変化との異同を、深く思い巡らしてみよう

3 :「勇俊(冬のオイラ):2007/06/23(土) 11:55:42 ID:Zbv4Z2ak
3なら女性専用スレ

4 :名無氏物語:2007/06/23(土) 12:48:20 ID:P6CAjw9f
 ら・り・り・る・れ・れ、で未然・連用・終止・連体・已然・命令の各活用形。四段動詞「知る」は、ら・り・る・る・れ・れ、で語尾変化は、「り・る」が「る・る」になっている。

5 :名無氏物語:2007/06/23(土) 12:51:17 ID:P6CAjw9f
つまり、「り・り」と「り・る」の各連用・終止の形が、どちらが発生的に古いかがポイントです

6 :名無氏物語:2007/06/23(土) 12:55:20 ID:P6CAjw9f
 「り・り」は、ラ変型の「あり・をり」など存在を表すパターンの語ですが、実は助動詞「り」が、それよりも古く発生していると考えないと、あり・をり・はべり、などとの繋がりを示唆できない訳です。

7 :名無氏物語:2007/06/23(土) 12:58:31 ID:P6CAjw9f
 では、「り・り」と「り・る」は、どちらが先に古代の言語学者達に依って造作されたのか。同時の可能性もある

8 :名無氏物語:2007/06/23(土) 13:01:42 ID:P6CAjw9f
 つまり、「り・り」は、連用・終止が共通、「り・る」は、終止・連体形が共通。「り」は存続・継続を意味するので終止形による断定化が、抑制されて、連用形のままになった。

9 :名無氏物語:2007/06/23(土) 13:03:32 ID:P6CAjw9f
 また、四段型の「り・る」は、終止・連体形が共通。終止形による断定化により、寧ろより確定化している連体形が用いられた。

10 :名無氏物語:2007/06/23(土) 13:06:18 ID:P6CAjw9f
 と考えると、幾分、存続の意味の助動詞「り」の発生こそが 、古代的に最もデリケートな存在ないし造作であったと思うのです。

11 :「勇俊(冬のオイラ):2007/06/23(土) 19:54:25 ID:TtXTs9UI
渋谷の愛人社長専用スレ

2 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)