2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

大人のための古文参考書

1 :名無氏物語:2007/09/07(金) 13:22:23 ID:yHw46hpv
こんにちは。
私は20代後半の者です。
古文は中学高校としか学んでいません。
つまり10年近く全く古文とは縁がない状態です。
しかし、最近になって古文に興味を持ち始めました。
平家物語や徒然草などを原文で読めるようになりたいんですが、
一から古文を勉強するとなるとやはり大学受験用の高校生が
する参考書で勉強したほうが早いでしょうか?
それとも(例えだけど)大人のための初歩古文的な参考書みたい
なのはあるのでしょうか?
ご存知の方ご伝授お願いいたします。

2 :名無氏物語:2007/09/07(金) 21:02:57 ID:jxIBfuRl
おらおら、WWF(World Wide Fund for Nature:世界自然保護基金)の
愛くるしいパンダ様が>>2ゲットだぜ! 頭が高いんだよ、ボケ!

.         ,:::-、       __     >1 クソスレ建ててんじゃねーよ。ビンスみてーに裁判で潰しちまうぞ。
    ,,r   〈:::::::::)    ィ::::::ヽ    >3 >>2ゲットも満足にできねーお前は、俺の着ぐるみ着てプラカード持ってろ(プ
  〃   ,::::;r‐'´       ヽ::ノ     >4 お前はカキフライのAAでも貼ってりゃいいんだよ、リア厨ヒッキー(プ
  ,'::;'   /::/  __            >5 汗臭いキモヲタデブは2ちゃんと一緒に人生終了させろ、バーカ。
.  l:::l   l::::l /:::::)   ,:::::、  ji     >6 いまさら>>2ゲット狙ってんじゃねーよ、タコ。すっトロいんだよ。
  |::::ヽ j::::l、ゝ‐′  ゙:;;:ノ ,j:l     >7 ラッキーセブンついでに教えてやるが、俺はストーンコールドが好きだぜ。
  }:::::::ヽ!::::::::ゝ、 <:::.ァ __ノ::;!     >8 知性のねーカキコだが、お前の人生の中で精一杯の自己表現かもな(プ
.  {::::::::::::::::::::::::::::`='=‐'´:::::::::/      >9 つーか、自作自演でこのスレ盛り上げて何が楽しいんだ?
  ';::::::::::::ト、::::::::::::::i^i::::::::::::/      >10-999 WWEなんか見てるヒマがあったら、俺に募金しろカスども。
.   `ー--' ヽ:::::::::::l l;;;;::::ノ       >1000 1000ゲットしたって、WWF時代の映像物に販売許可は出さねーよ。
        `ー-"


3 :名無氏物語:2007/09/07(金) 23:22:13 ID:N49ilkPe
俺は、30過ぎて古文に興味を持ちました。
やはり、大学受験用の参考書、問題集が一番いいとおもう。
書店の参考書コーナーで高校生紛れて立ち読みし、選んでます。
大人買いができるのも、昔とは違っておもしろい。

4 :名無氏物語:2007/09/07(金) 23:32:32 ID:TaljN6z0
日栄社の薄い古典文法の問題集かなんかで、助詞、助動詞、敬語を
ざっと勉強して、新潮社の『日本古典集成』などの、原文のわきに
現代語訳が載っているものを辞書片手にどんどん読むのがいいと思
います。

受験用の参考書はこまかい文法まで説明しているわりに読解に資する
ことが少ないと思うからです。

かくいう私は、ただいま岩波文庫で「源氏物語」を読み直しています。


5 :名無氏物語:2007/09/07(金) 23:50:42 ID:ZtcpQKGe
先生のための古典文法Q&A100
ttp://www.amazon.co.jp/dp/4842192100/

6 :「勇俊(冬のオイラ):2007/09/08(土) 01:47:52 ID:cXZ1Q1O+

         /   /┼   ┼`  .土_  ┼‐  l7 l7 
        /\ 二l二 <ノ⌒) >|  ) / こ o o
                           /   )
                , ─‐ 、  _     j  ァ'´
       /⌒{ヽ     / ,.-、―シ´  \  / /
       ゞ _  ヘ     ,'/   ィv、、   ∨ /
     .    ヽ \.  〃  l /{ {""}_}ヽ}  lド/
          \ \ハ   lレ >` <リl /!l/
            \ 杁  ハ. r― ┐ノイ 八
               A. ∧{ヽ l、ヽ ノ,.ィ /ヽ>
             / V /  リ`マア7 ル'/
     .       /  \ V" ∨{}V ヽ′
           /    /`¨{  ∨/  }

7 :名無氏物語:2007/09/08(土) 03:09:50 ID:apANBjot
こんばんは。
1の者です。
返事・アドバイス・参考書紹介など、本当にありがとうございます。
私も高校生に紛れて参考書コーナーに行って立ち読みしてみたり、
>>5さんの先生用の本を買ってみようと思います。
ちなみに>>5さん紹介の先生用の本はやっぱりある程度古典文法が
わかってる人用ということでしょうか?
あるいは一から文法を解説してくれてる本なんでしょうか?
もしよければお返事くださると幸いです。

8 :名無氏物語:2007/09/08(土) 08:03:27 ID:L9M1yAQ2
>>7
前半が教師用のQ&Aで後半は生徒用の普通の古典文法の教科書だよ。
後半を普通に通読して息抜きに前半のQ&Aをパラパラめくるといいよ。

9 :名無氏物語:2007/09/09(日) 18:36:29 ID:S6N95A+f

せっかく大人になってから参考書に手をつけるんだったら、現役高校生が使わ(え)ないような昔の重厚な参考書を読んでみてはいかが。

たとえば、『古文研究法』とか。

10 :名無氏物語:2007/09/09(日) 22:43:59 ID:al6C5XdH
>>9
それも手に取ったのだが、字が小さくてダメでした。
老化です。

11 :名無氏物語:2007/09/09(日) 23:10:36 ID:zmUzKdwb
ハァ? 20代後半なんだろ。ほんとはもっとジジイか

12 :名無氏物語:2007/09/10(月) 07:29:48 ID:z79bvOSK
>>11
10は1の私ではありませんよ(笑)
『古文研究法』をアマゾンで検索しました。
評価もとても良く買ってみようと思いました。
が、全くの古文素人の私でも内容についていけるでしょうか?
『古文研究法』の前に何か軽くでも参考書を読んでおいたほうがよいでしょうか?

13 :名無氏物語:2007/09/10(月) 09:31:21 ID:dweVLwE+
>>12

「助動詞とは何か」という説明が必要な人は読む資格がないと著者が書いています。

そこで、同じ小西氏による国文法入門書に『国文法ちかみち』というのがあります。これも有名な本で、こちらから読めば問題ないと思います。

ただし、国文法と謳っている通り、現代口語文法の解説も入っているので、それが面倒ならば、上のレスにあった『先生のための古典文法Q&A100』の後半部を読んでおくといいかもしれません。


14 :名無氏物語:2007/09/18(火) 18:11:21 ID:0xtBJOgD
age

15 :名無氏物語:2007/09/24(月) 00:56:24 ID:4bT5DA1W
1さんより年上だけど、古文勉強中。
繰返し音読するのが正攻法だろうと思って、
「チャート式 解釈力がつく 新古文」を3周終了。

参考資料に 山川書店「詳説 日本史B」もゲット。
wikipediaやgoogleも色々調べながらやってるけど、楽しいね。

徒然草に出てくる、味噌少しで喜んで酒飲んだ人と、「鉢の木」の人が同一人物なんて、
今の今まで知りませんでしたよ。

大鏡で弓を大きくはずしたヘタレ役の人が、枕草子ではいい人役で出てきていて、
日本史の教科書にも名前が出てきてたりして。

断片的な知識がつながってきたよ。

16 :名無氏物語:2007/09/29(土) 01:19:58 ID:nFTBoiAB
いいもん見っけ

NHK高校講座 古典
ttp://www.nhk.or.jp/kokokoza/radio/r2_koten/index.html

17 :名無氏物語:2007/10/09(火) 00:16:39 ID:eVsschB9
古文をとりあえず終了して漢文に突入。
「シグマ漢文の探求」をやっています。
漢詩の章に入ったのですが、おいしそうにお酒を飲んでいる詩が多いですね。
酒を飲みながら勉強してます。これは現役学生時代にはなかった楽しみだな。

18 :名無氏物語:2007/10/10(水) 15:27:07 ID:WzImtd17
age

19 :名無氏物語:2007/10/10(水) 15:55:21 ID:E82v5+Zw
大修館から『漢詩漢文小百科』という本が出ています

漢文の習俗は、我々と大分ちがうので、googleのイメージ検索で写真を探したり、楽しんで読んでください

20 :名無氏物語:2007/10/15(月) 11:41:14 ID:8PBRIguM
>>17の「シグマ漢文の探求」もいいけど、「シグマ古文の探求」もかなりいい。
鑑賞面でもすぐれた説明が多い。

21 :名無氏物語:2007/10/18(木) 18:50:19 ID:Zo9/ZzzC
>19
>『漢詩漢文小百科』
よさそうですね。チェックしてみます。
完璧の「璧」をぐーぐるのイメージ検索で見てみました。


>20
>「シグマ古文の探求」
はじめに古文の参考書を探したときはそれはなかったのですが、
後日別の本屋でそれを見て、よさげな参考書と思いました。
これを2冊目に、、、とは、まだ思わずに、1冊目の「チャート式 解釈力がつく 新古文」を
まだまだ読みまわし続けることにします。

22 :20:2007/10/19(金) 03:04:19 ID:jFFbuljq
>>21
>これを2冊目に、、、とは、まだ思わずに、1冊目の「チャート式 解釈力がつく 新古文」を
>まだまだ読みまわし続けることにします。

「チャート式 新古文」を数回まわすだけでも相当力が付くと思います。
古文の基本的な文法や語彙の力を付けるには十分です。

「古文の探求」の展開編と応用編は、「───線部はどういうことか説明
せよ」とか、「──線部を分かりやすく現代語訳せよ」とかいう国立の2
次試験のような問題に答える形で内容に踏み込んだ解説がなされており、
読んでいておもしろいですよ。ただ、文法の説明はほとんどありません。

「古文研究法」を平易に現代的にした感じで、入門期の国文科の学生が
読んでもいいんじゃないかと思います。

23 :名無氏物語:2008/07/03(木) 02:03:27 ID:8E2z7JWY
           イ三三三三 \
         /イニニニニ\ヽ\ゝ_
       /イニニニニニ\\V/彡\、
       |三ニ>───、\V//彡\ヽヽ
       |三ニ|         ̄ \\ヽ|
       ハ三シ∠ミヽ,        \ミ l
      {!レ/  ミゝ.,_     ∠三ゝ |ミ l
       | レ  彡ヽ`'ゝ   f=・xミ;  |ミ/
       '┤      ノ  i `''     /}
       l  ーイ⌒(、  ':i      / /  サァン!
       |   《三ヲ`7≦     〃
       ト、   斤  ̄`''キ≧   /´
      <| 丶  ヽニ--ソ'"   /
     ノ| \ \    ̄   /\
    / l / ヽ、ヽミ _彡'´.〉  /\
__/   .ト、ヽ  i    |  /  |.  \_  

24 :名無氏物語:2008/08/02(土) 15:14:47 ID:fJuv9c34
エッチな参考書じゃないのか

25 :名無氏物語:2008/08/04(月) 14:01:00 ID:P1obR+Zq
えっちなことはやっぱり身近な人としてるから文学の世界でまで味わいたいとは思わないよw

26 :名無氏物語:2008/08/05(火) 22:57:22 ID:1qdiO1fx
>>25
童貞丸出しw

27 :名無氏物語:2008/11/05(水) 18:51:53 ID:q4vqTBZg
一生使える古典文法書を探しています。
大学の国文科の生徒等が使っている定番物の古典文法書を教えていただけないでしょうか?

ちなみに私の古文の実力は、学生時代に「古文研究法」は数回読んでいます。
予備校時代に桑原岩雄の本は全て、それ以外に「古文読解教則本」も完全マスターしました。
大学受験の問題では何処の問題でも合格点は確実に取れる位の実力がありました。

だから今欲しいのは、受験用の参考書ではなく、一生使える、困った時に引くと
大抵のことがわかるような古典文法書です。
英語でいうと江川泰一朗の「英文法解説」のようなレベルの文法書です。

よろしくお願いします。

28 :名無氏物語:2008/11/05(水) 22:16:27 ID:6s+IfDZ6
国文法全般を扱っている本ではありませんが、古文解釈のための参考書なら、
松尾聡の「古文解釈のための 国文法入門」(研究者)を勧めます。
助動詞の解釈が大変詳しい本です。
いまあるかどうかはわかりません。

29 :名無氏物語:2008/11/05(水) 23:05:42 ID:LRYnM+yv
>>28
アドバイスありがとうございます。
調べてみたら、確かに凄く良さそうな本で欲しくなりました。
ただし現在絶版、古書ではプレミアが付いているようです。
再販されたらいいのですが。

30 :名無氏物語:2008/11/06(木) 06:32:10 ID:jSTwSwwT
>>28
> 松尾聡の「古文解釈のための 国文法入門」(研究者)を勧めます。

この本、名著だと思いますが、構文は扱わないと著者が前書きでことわっています。

文法中心古典文解釈の公式 (整理法・公式シリーズ)
ttp://www.amazon.co.jp/dp/4053008271/

この本は、高校程度の古典文法に加えて構文の解説が詳しいです。

文語文法詳説 湯沢幸吉郎 著
ttp://www.amazon.co.jp/dp/4842170034/

これは未見なので、構文等扱っているかわかりませんが、明治文語文まで対応できると聞いたことがあります。
分厚い本だそうです。



31 :名無氏物語:2008/11/07(金) 10:36:32 ID:o4hRvOLa
俺は「マドンナ古文」にすら苦戦してるよw
現役時代には物足りなく感じてたのに

32 :名無氏物語:2008/11/08(土) 07:08:31 ID:bGX84xM7
構文の研究というのがよくわかりません、文法自体を研究する人は別として、
ふつう大人が古典文法書を必要とする場合は、古文を読む場合でせう、一通り
高校程度の文法の知識があれば(受験古典に毛の生えた程度の知識は必須?)、
外国語と違って構文は研究する必要ないでせう、
>>4さんも書いているように、新潮社の「古典集成」は一般読者向きには
最適の本だと思います、

33 :名無氏物語:2008/11/15(土) 23:50:58 ID:B4nhqmg1
●助動詞・助詞をくわしく学ぶなら・・・
  松尾聡『古文解釈のための国文法入門 改訂増補』
  藤井貞和『古文の読み方』


●文法・構文の知識を使って、古文を正確に読む練習・・・
  関谷浩『古文解釈の方法』
  関谷浩『古文解釈 はじめの一歩』


  

34 :名無氏物語:2008/11/16(日) 14:09:55 ID:5vKf5U3E
「古文解釈のための 国文法入門」にしろ評価の高い本は絶版が
多いようですが、国文科の学生は一体何を使って勉強しているのですか?
特に大学院生はどうしているのでしょうか?

35 :名無氏物語:2008/11/17(月) 01:28:45 ID:xzR9+Z55

うちの大学院志望者は、『最強の古文』(Z会)をやれ、と言われている。
あるいは、
岩波新大系の源氏や平家や歌論集を、辞書を引きながら読め、と言われている。

36 :名無氏物語:2008/11/17(月) 22:41:43 ID:F4kI7LhK
松尾聡『古文解釈のための国文法入門」は昭和27年初版発行です。
その「はしがき」に「高校生の諸君」とあります。
昔の高校生は偉かった。

37 :名無氏物語:2008/11/18(火) 00:05:55 ID:2T3SmpLB
昔は高校以上行こうって奴は国を背負ってたんだよ

38 :名無氏物語:2008/11/18(火) 01:10:03 ID:6kg8iMCx
>>36
昭和27年なんて、中卒が当たり前の時代じゃないか!

39 :名無氏物語:2008/11/18(火) 01:39:38 ID:7UhJKoDm
大学院志望生が「最強の古文」で本当にいいんだろうか?
大学院を目指す程の学生なら高校時代に、いやせめて学部生の時代に
「最強の古文」とか「古文研究法」を仕上げて、更に高度な勉強をし
ていなければいけないのでは?
古典を辞書を引きながら読むのは当然として、それと並行して文法
も高度なものを勉強していて当然と思うのですが。

40 :名無氏物語:2008/11/18(火) 03:36:59 ID:0KDPJAzy
>39
大学院志望者は、大学受験参考書などやらない。
日本古典文学大系(旧or新)を全巻読むよう、教授から言われる。

41 :名無氏物語:2008/11/18(火) 14:22:26 ID:PQGE5150
で、その際、細かい文法だとか構文を調べたい時、どういった
参考書を利用するの?
それがこのスレの本旨だと思うんだけど。

42 :名無氏物語:2008/11/18(火) 21:18:32 ID:0KDPJAzy
佐伯梅友『源氏物語講読』、松尾聡『全釈源氏物語』は、
助詞助動詞から、構文まで、きわめて詳細な解説が付いているので、
この2点(および古語辞典)を使えば、学習参考書など不要である。
なお、文法について調べるときは、明治書院の『日本語文法大辞典』を見る。
また、国文科学生向けの構文書としては、中村幸弘『古典語の構文』、および、小田勝『古代日本語文法』の2書が出色である。

43 :名無氏物語:2008/11/18(火) 23:35:18 ID:/q4Y8Nlg
>>40
> 大学院志望者は、大学受験参考書などやらない。

『古文研究法』くらいならOKじゃない?

44 :名無氏物語:2008/11/18(火) 23:39:52 ID:/q4Y8Nlg
>>42
> 中村幸弘『古典語の構文』

この本、横書きだったので思わずのけぞった。

45 :名無氏物語:2008/11/19(水) 00:34:06 ID:nPZymkev
(1) 『日本文法講義』 山田孝雄著 宝文館
(2) 『日本文法論』 山田孝雄著 宝文館
(3) 『日本文法 文語篇』 時枝誠記著 岩波書店 岩波全書
(4) 『国文法体系論』 橋本進吉著 岩波書店 橋本進吉博士著作集 第7冊
(5) 『助詞・助動詞の研究』 橋本進吉著 岩波書店 橋本進吉博士著作集 第8冊
(6) 『助詞の歴史的研究』 石垣謙二著 岩波書店
(7) 『古文解釈のための国文法入門』 松尾聡著 研究社
(8) 『古典解釈文法』 遠藤嘉基著 和泉書院
(9) 『概説文語文法』 亀井孝著 吉川弘文館


46 :名無氏物語:2008/11/19(水) 20:51:04 ID:CQCIYEye
今日はじめて閲覧しましたが、ここは良スレですね。
自分も独学で古文を学んでいます。
今は予備校の講習会のテキストを古語辞典片手に復習しています。
現代語訳もノートもありますが、
ノートを見てもなぜそのような訳になるのか理解できない場合が多くて困ります。
いずれこのスレで話題になっている参考書類にも挑戦したいと思います。

47 :名無氏物語:2008/11/19(水) 22:49:16 ID:75v3ZiMS
>>46
高校で使った文法のテキストはいいですよ。
もし捨てずに持っておられたなら。

48 :名無氏物語:2008/11/19(水) 22:56:59 ID:hSuq/ELY
ある程度読めるようになったら、くずし字を学ぶといいですよ。
くずし字で読む古文は格別です。
「妖怪草紙―くずし字入門」「くずし字の知識と読み方」を勉強した後、
最近は伊勢物語を影印本で読んでます。
辞書等なしでスラスラ読めるようになったら、本を片手に奈良・京都を
旅したいと思っています。

49 :名無氏物語:2008/11/20(木) 22:07:21 ID:JLssDH3a
>>45
これだけ文法書を読んでいたら、「古文ならふ暇なくて、年寄りにけり」、だな。

50 :名無氏物語:2008/11/20(木) 23:09:35 ID:EXF7Zvg8
>>47
高校の文法テキストは捨てずに持っています。
ただ文法書の例文は味気ないので、いきなりまとまっと文章の読解から始めました。
英語は読解→文法の順番で復習してある程度モノになりました。

51 :名無氏物語:2008/11/20(木) 23:10:22 ID:EXF7Zvg8
まとまっと→まとまった

52 :名無氏物語:2008/11/22(土) 16:15:22 ID:u+QOpJNC
「つれづれ草」「伊勢物語」くらいから読み始めるのがいいんじゃない。
高校時代に習った文も多いしね。短文だから読みやすい。

53 :名無氏物語:2008/11/23(日) 00:41:33 ID:wZLixBxD


  佐伯梅友『古文読解のための文法』上・下  三省堂

「読解のため」に書かれた文法書です。「はさみこみ(挿入句)」や「筆のそれ」まで詳しく解説されている稀少な本です。



54 :名無氏物語:2008/11/23(日) 08:55:34 ID:3Rz84z8I
>>53

これは分冊版と合冊版が出ていたんだけど、どっちも品切れのまま。買いたいよう。

55 :名無氏物語:2008/11/23(日) 10:53:40 ID:kseiD9Cv
分冊でも1冊15000円するよね。
高すぎて手が出ない・・・

56 :名無氏物語:2008/11/24(月) 02:11:28 ID:O+iMqMB6
>>53の大元になった概説書が、佐伯梅友『明解古典文法』。

この名著は、『佐伯文法 形成過程とその特質』森野宗明・小松英雄・北原保雄 編、三省堂
の中に そのまま復刻されている。

57 :名無氏物語:2008/11/24(月) 20:05:23 ID:Na8Lj0Gw
「大人のための古文参考書」というスレタイから枕絵関係のネタを
書くスレかと思ったw

58 :名無氏物語:2008/11/24(月) 21:49:30 ID:PKmBaeGH
>>56
> 森野宗明・小松英雄・北原保雄 編
→ 近年、小松英雄先生は、その著作で北原保雄先生を批判しているが、四半世紀前は中が良かったのだろうか。

59 :名無氏物語:2008/11/24(月) 22:22:48 ID:c5BSev8s
一念発起

いちねんぼっき


飢えすぎw

60 :名無氏物語:2008/11/25(火) 00:19:09 ID:8tGqhfrN
>58
森野、小松、北原は、同門(佐伯梅友門下)
かつては、三省堂例解古語辞典を一緒に執筆していた。
佐伯の没後、この辞書は小松の独擅場となった。
従って、北原は、別の古語辞典の編纂に向かうこととなった。

61 :名無氏物語:2008/11/25(火) 06:54:24 ID:1nAsrZJf
>>60
だから、小松英雄先生は、北原保雄先生が編集した全文全訳を《便利しごくで信用できない古語辞典》と批判しているのだな。

62 :名無氏物語:2008/11/26(水) 17:21:33 ID:nrFHO9JJ
>>56
この本もプレミアがついている。
古文の良い参考書は何故全部絶版なの?
今時の学生さんは買わないの?

63 :名無氏物語:2008/11/26(水) 22:41:43 ID:hiE17S6Y

山崎良幸『古典語の文法』武蔵野書院
がおすすめ。
松尾聡『古文解釈のための国文法入門』を簡潔にまとめたような内容。名著。
しかも絶版だが、廉価で買える。

64 :名無氏物語:2008/11/28(金) 07:16:21 ID:FPjZD6Dl
>>63

Amazon以外だと在庫あるみたいですよ。ただ、発行年(1966か1988)、判型(函入りか新書版)、値段に違いがあるのが混在していますが。

ISBNは違わないのにどうしてだろう。

65 :名無氏物語:2008/11/29(土) 12:08:11 ID:Ba5xZW61
>>63

早速注文したのが届きました。コンパクトながら内容の濃さそうな本ですね。紹介していただいてありがとうございます。

66 :名無氏物語:2008/12/06(土) 21:36:23 ID:1h7c0XK8
どこできいたらいいのかわからないので、ここで質問します。
吉野拾遺が収録されているものを探しています。
文学全集のようなものでもかまいませんが手に入りやすいもので
紹介お願いします。できれば現代語訳がついているものがいいです。

67 :名無氏物語:2008/12/08(月) 11:28:25 ID:G+ROzGEI
日本の古本屋のサイトで検索すれば色々出てくるんじゃないですか?
http://www.kosho.or.jp/public/book/basicresult.do;jsessionid=7C5EDAE7CBE73A3455C3C17847B5A446

68 :名無氏物語:2008/12/13(土) 14:19:03 ID:d6gjiHvJ
>>63

両書とも形容動詞を認めていないんだね。橋本文法から入った身としては居心地がちょっと悪いのう。

69 :名無氏物語:2009/02/07(土) 17:16:13 ID:aVpO1d63

佐伯梅友・福島邦道(著) 『古文解釈のための古典文法要講』(武蔵野書院)ってお持ちの方おられますか?

どういった内容・レベルか、評価を教えていただきたく存じます。

70 :名無氏物語:2009/02/08(日) 01:19:48 ID:93Da+4SU
>69
ふつうの古典文法の本。佐伯梅友は名前だけで、執筆していない(前書き参照)。

そんなの買うなら、『古文読解のための文法』上下を、何とかして買うべし。

それが「高い」というなら、『例解古語辞典』(三省堂)もしくは『源氏物語講読』(武蔵野書院)の各所を読めば済む。



71 :69:2009/02/08(日) 03:36:35 ID:6cWzuSD3
>>70
> ふつうの古典文法の本。佐伯梅友は名前だけで、執筆していない(前書き参照)。

ええっ、そうなんですか? はしがきにはそんなことは何も書いていなかったのに。


> そんなの買うなら、『古文読解のための文法』上下を、何とかして買うべし。
>
> それが「高い」というなら、『例解古語辞典』(三省堂)もしくは『源氏物語講読』(武蔵野書院)の各所を読めば済む。

『古文読解のための文法』は合冊のやつを長いこと探しているんですが、ないんですよね。

『例解古語辞典』は持っております。が、やはり文法書を備えておきたいですね。

大野晋(著)『日本語の文法〈古典編〉』の評価はどうでしょうか?

72 :名無氏物語:2009/02/10(火) 13:45:36 ID:vQLSRZ13

謙譲語の部分を、謙譲語Iと謙譲語IIに分けて解説している古典文法書はありますか?

自分の知る限りでは、駿台文庫の『正しく読める古典文法』だけです。

73 :名無氏物語:2009/02/12(木) 17:47:24 ID:we7L60Pg
高校古文の学習や大学受験のためではなく、ただ純粋に古文に触れる
ために使う辞書というのは、どんなのがいいんでしょうか?

高校で使う古文辞典で間に合いますかね?

74 :名無氏物語:2009/02/12(木) 18:52:00 ID:1dr7SONC
間に合います。
辞書は意外と受験なんかに囚われずに
学問上の良心に基づいて編集されています。

75 :74 :2009/02/12(木) 19:13:35 ID:we7L60Pg
>>74
有難うございます。

76 :73:2009/02/12(木) 19:14:36 ID:we7L60Pg
名前訂正。失礼しました。

77 :名無氏物語:2009/02/17(火) 19:14:43 ID:c8wCefc0

『古典解釈文法』 (遠藤嘉基著・和泉書院)をお持ちの方おられますか?

どういった内容・レベルか、評価を教えていただきたく存じます。


78 :名無氏物語:2009/02/24(火) 21:02:01 ID:AF4znF5z
>>42
> および、小田勝『古代日本語文法』の2書が出色である。

『古代日本語文法』という本には、従来の古典文法書のように、助動詞・助詞の解説も載っているんでしょうか?

79 :名無氏物語:2009/02/25(水) 08:10:54 ID:D2+asnon
>>77
激しいマルチw

80 :名無氏物語:2009/02/25(水) 10:52:42 ID:SuVeT843
お前もだよ

81 :名無氏物語:2009/02/26(木) 01:25:01 ID:mz31sEtR
ウンコだよw

82 :名無氏物語:2009/03/02(月) 01:23:14 ID:itspuHgJ
>>77
>>78
ごちゃごちゃ言ってるまえに、さっさと買って読んでみればよろしい。両方とも良書だと言っておろうに。

83 :名無氏物語:2009/03/02(月) 08:12:35 ID:x4ixiJvg
キモッ

84 :名無氏物語:2009/03/02(月) 18:36:44 ID:ihqpH+Pk
>>82

『古典解釈文法』、買っちゃいましたよ。

しかし、序文に

> はたして「終止形なり」は、一部の啓蒙的参考書が力んで説いているように、
> 「絶対的に」伝聞推定とみるのが正しいものだろうか。
>    (中略)
> わたくしは伝聞推定説には賛成いたしかねる為、従来の詠嘆説を保存している旨
> を述べたのであった。

とあって、買ったのを後悔しました。


85 :名無氏物語:2009/03/02(月) 19:21:53 ID:XaTksOiz
馬鹿ほど一箇所見ただけで判断しようとするね。
脳容量低いから仕方ないのかな。

86 :名無氏物語:2009/03/02(月) 21:47:33 ID:ihqpH+Pk
>>85

後悔したというのは言い過ぎました。

松尾聡『古文解釈のための国文法入門』で、その「終止形なり」の詠嘆説を徹底的に排除していたのが印象に残っていたので、守旧的な本を買ってしまったのかと思い込んでしまいました。

87 :名無氏物語:2009/03/02(月) 22:12:40 ID:nanmIOB9
キモッ

88 :名無氏物語:2009/03/03(火) 21:57:06 ID:S0xaEJN1
高校生用古文教科書と教科書ガイドが一番だと思う。
なぜなら学識者によって読むべき作品からもっとも読まれるべき箇所である名文が選んであるから。



89 :名無氏物語:2009/03/03(火) 22:24:29 ID:OrTjRIae
>>88
教科書ガイドなんか信用するなよ・・・
俺が院生の時にアルバイトで何冊か書いたが・・・
今読むと恥ずかしいことが書いてあるからな・・・

90 :名無氏物語:2009/03/07(土) 02:16:29 ID:Bjdn+W1c
>84
遠藤の『古典解釈文法』(実際の中味は、『ことばと文法 解釈問題編』の復刻)は、昭和30年。
松尾聡の『国文法入門』より前だから、84氏が言う点は、いわば、いたしかたない。
ただし、遠藤の本は、巻末の付録論文を含め、「解釈」に比重が置かれており、今もなお価値を失っていない。

91 :84:2009/03/07(土) 05:27:03 ID:/ITOLOYb
>>90

レスありがとうございます。実は東京学芸大のサイトで『国文法入門』と一緒に挙げられていて、かつ購入可能だったので手に入れたのですよね。

小西甚一の参考書に「詠嘆の『なり』という学説を引っ込めてくださらない先生方がおられるから…」という趣旨のことが書いてあったのを思い出しました。

気を取り直してこの本に取り組んでみたいと思います。

92 :名無氏物語:2009/05/06(水) 19:45:04 ID:A7OHm++J
黄金比。。。

93 :名無氏物語:2009/05/16(土) 22:46:53 ID:Kn81i/DQ
www

94 :名無氏物語:2009/05/17(日) 01:20:11 ID:SZu9vSkp
「大人のための古文参考書」というけれど、高度成長期からそれ以前の学習参考書だったら、大人向けでも通用するんじゃない?

95 :名無氏物語:2009/05/17(日) 06:34:38 ID:bHLx90wg
http://page7.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/g73357324

噂の名著、珍しく出てるな

96 :名無氏物語:2009/05/17(日) 17:03:56 ID:rro6VEVf
黒だね。

97 :名無氏物語:2009/05/17(日) 17:39:45 ID:FkQ+sqM+
「国文法ちかみち」はどうですか?
小西甚一だし、一生モノでは?

98 :名無氏物語:2009/05/17(日) 17:48:11 ID:rro6VEVf
小西なんて、既に過去の人。
信者以外に支持者なし。

99 :名無氏物語:2009/05/17(日) 19:08:13 ID:FkQ+sqM+
なら、今大人の鑑賞にも耐えうる古文参考書を挙げよ!

100 :名無氏物語:2009/05/17(日) 21:22:59 ID:SZu9vSkp
学校文法が橋本文法から変わらない限り、小西甚一の参考書は未だに有効です。

101 :名無氏物語:2009/05/17(日) 22:39:06 ID:z9ol5zpW
>>100
君は終風先生のところから来た人だなw

102 :名無氏物語:2009/05/17(日) 23:13:56 ID:rro6VEVf
小西真奈美の方が可愛い。

103 :名無氏物語:2009/05/17(日) 23:25:33 ID:rro6VEVf
小西のは、大学受験に使うならともかく、大人が使うには不向きだろ。
大学で国文法の授業を受講したら、橋本文法は真っ先に否定されるんだから。

104 :名無氏物語:2009/05/18(月) 00:29:21 ID:cgDDx/re
小西は大学生以上には不適だよ

105 :名無氏物語:2009/05/18(月) 02:50:07 ID:pIVy2PCk
受験参考書とは違う古典文法の解説書を求める一般人は
苦労するしかないようだね。

106 :名無氏物語:2009/05/18(月) 14:00:29 ID:cgDDx/re
まあ、日本語の文法は学者の数だけ種類があるって言われてるからね。
現代文法・古典文法共に。。。

107 :名無氏物語:2009/05/18(月) 16:14:09 ID:NPRtpyBZ
受験参考書じゃない古文参考書ってどんなのがあるかね。自分の知ってるのはこの本ぐらいしかないよ。

古典入門―古文解釈の方法と実際
ttp://www.amazon.co.jp/dp/4480917195/



108 :名無氏物語:2009/05/18(月) 23:11:22 ID:JaLZGm9i
煩悩だね・・・

109 :名無氏物語:2009/05/18(月) 23:42:21 ID:cgDDx/re
大学の教授が作った文法テキストがあるけど、独自見解が多すぎて使い物にならない場合もあるよ。

110 :名無氏物語:2009/05/18(月) 23:50:54 ID:cgDDx/re
間違えた(笑)

大学の教授が作った文法テキストがあるけど、独自見解が多すぎて使い物にならない場合が多いよ。

111 :名無氏物語:2009/05/18(月) 23:51:42 ID:JaLZGm9i
111ゲット・・・

112 :名無氏物語:2009/05/18(月) 23:57:09 ID:cgDDx/re
小西も橋本も大学教授だったけどな。

113 :名無氏物語:2009/05/19(火) 20:57:07 ID:4/tZpU8a
>>95
5000円。
意外と高くならなかったね。
参戦すべきだったと後悔してる。

114 :名無氏物語:2009/05/19(火) 22:11:17 ID:/Kj3TxJA
出品者?
残念でしたね。

115 :名無氏物語:2009/05/20(水) 01:55:19 ID:wsE6tVe/
大学院生には時枝誠記先生の『古典解釈のための日本文法』(至文堂・絶版)、松尾聡先生の『古文解釈のため
の国文法入門』(研究社出版・絶版)がいいでせう。どちらも絶版といふことは今の学生院生がいかに勉強して
ゐないかよくわかりますね。時枝先生には『日本文法・文語編』(岩波全書)といふ本もありますがやはり絶版
です。

116 :名無氏物語:2009/05/20(水) 02:05:42 ID:SfCxdD2P
大学院生(国文・日文など)が参考書を使わなければならないのか?

117 :名無氏物語:2009/05/20(水) 03:32:33 ID:wsE6tVe/
ほんとは大学院生には文法学説を体系的に学んでもらひたいと思ひます。先日出身大学の指導教授と久しぶりに
お話したのですが、最近の学生院生は言語の勉強をしてくれない。文法的に正確な解釈をしなければ文学研究は
できなのに、と嘆いてゐました。嫌がられることを承知で、大槻文彦、松下大二郎、山田孝雄、橋本進吉、時枝
誠記、三上章の各先生の文法学説を、実際の本で読まれることを希望します。

118 :名無氏物語:2009/05/20(水) 10:19:37 ID:IYPUPXy5
旧時代の遺物ばかりだね。
現代日本語文法が、外国人への日本語教育の実績を通して
格段に進歩しまた分かりやすくなっているのと比べると
古典文法参考書の旧態依然ぶりは唖然とするばかり。

119 :名無氏物語:2009/05/20(水) 12:55:25 ID:wsE6tVe/
>>118
そんなあたなたにはこれ。

古代日本語文法
ttp://www.amazon.co.jp/dp/4273034743/


120 :名無氏物語:2009/05/20(水) 16:08:13 ID:BxQ//cdK
二度目の還暦ですね・・・

121 :名無氏物語:2009/05/20(水) 19:06:56 ID:vkvzM3Qj
本日ジュンク堂へ行って受験参考書と国文学の棚を見てきた。
現状では小西の「国文法ちかみち」がベストの選択としか思えない。

122 :名無氏物語:2009/05/20(水) 23:18:29 ID:SfCxdD2P
受験用?

123 :名無氏物語:2009/05/21(木) 07:41:41 ID:xcfGYr04
ドン小西といえば古文、古文といえばドン小西。

124 :名無氏物語:2009/05/21(木) 14:37:20 ID:64zz1ur0
過去の汚物

125 :名無氏物語:2009/05/21(木) 15:13:22 ID:xcfGYr04
最近の軽佻浮薄・阿諛追従の受験参考書と違って、昔の受験参考書は重厚で味わい深いのだよ。

126 :名無氏物語:2009/05/21(木) 15:32:47 ID:2u+3lUUk
哀れ懐古厨

127 :名無氏物語:2009/05/21(木) 17:08:39 ID:yiDCyBXI
>>122
違う。一般も含めて。
国文学の棚も覗いてみたけど、良い本がほとんどなかった。
で、結局「国文法ちかみち」がベストということ。
もちろん、松尾、遠藤、時枝の本が今も発売されていたら、結果は
異なってくると思うが、現状では全て絶版。
仕方ない。

128 :名無氏物語:2009/05/21(木) 17:45:09 ID:xcfGYr04
>>127
『古文研究法』を選ばなかったのはなぜ? 文法書を求めていたから?

129 :名無氏物語:2009/05/21(木) 18:33:12 ID:OMKzGz1+
>>128
そう。

130 :名無氏物語:2009/05/21(木) 22:35:46 ID:FFhifG1d
英語なんて、イェスペルセンとかの外国人が書いた文法書まで文庫で手に入るのに。

131 :名無氏物語:2009/05/21(木) 23:40:13 ID:64zz1ur0
売れないから絶版に(ry

132 :名無氏物語:2009/05/22(金) 01:13:36 ID:RoAROSxi
>>131
ドン小西が嫌いなの?

133 :名無氏物語:2009/05/22(金) 01:18:52 ID:+KLvex6T
過去の汚物を大切にするのが古典文学研究者&愛好者なのである。

134 :名無氏物語:2009/05/30(土) 17:09:59 ID:3jaDxjz3
小松英雄が既存の国文学者の古今和歌集や徒然草の解釈を批判していますが
学会ではどう評価されているのですか?

135 :名無氏物語:2009/05/30(土) 23:59:37 ID:mYG6iH8u
二松ひでぇよ?

136 :名無氏物語:2009/06/02(火) 23:03:54 ID:tnRwebPY
『古文研究法』に並ぶ名著、『精講古典国語』(鈴木一雄著・学生社)の復刊にご協力ください。

ttp://www.fukkan.com/fk/VoteDetail?no=34427

137 :名無氏物語:2009/06/03(水) 17:55:06 ID:mqGGK3Sk
必死だね。

138 :名無氏物語:2009/06/03(水) 18:42:03 ID:LpSdMEWY
「古文研究法」と同レベルなら「古文研究法」をやればいいと思う。
『精講古典国語』でなければならない理由は何ですか?

139 :名無氏物語:2009/06/04(木) 12:55:51 ID:edd84lq8
http://page4.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/d95916781

140 :名無氏物語:2009/06/04(木) 15:49:05 ID:8hzkmUa9
出品者が必死に宣伝してるけど、こんな過疎板に書き込んでも無駄だぞ。

141 :名無氏物語:2009/06/04(木) 18:27:49 ID:/AoYX1zg
>>138
内容の違う同水準の優れた参考書がいくつかあった方がいいじゃないですか。

142 :名無氏物語:2009/06/04(木) 21:00:59 ID:xVLYMmLj
古文の参考書に対する需要は限りなく小さい。
同レベルの本が2冊も発売されれば共倒れになる。

143 :名無氏物語:2009/06/05(金) 14:10:45 ID:zIhmKa4i
>>142
予備校講師風情でなく、立派な学者が著した参考書を絶版にしてしまうのは惜しいではないか。

144 :名無氏物語:2009/06/05(金) 17:16:32 ID:HEVGnrt9
それで、出版社が倒産したらどうなるんだよ。

145 :名無氏物語:2009/06/05(金) 19:56:59 ID:SGaohu27
>>139
高すぎだろ・・・

146 :名無氏物語:2009/06/06(土) 00:34:36 ID:Z/wI62UB
>>139
絶版前に買っておいてよかったよ。

147 :名無氏物語:2009/06/06(土) 01:07:02 ID:lfT1lxHI
>>143
予備校講師にも大学教授はいるし、能力的に劣らない人は少なからず
いると思うけどなあ。
例えば「古文読解教則本」の高橋正治なんか当時大学教授だったでしょ。
予備校で習ったけど、いい先生だったよ。
同時期に駿台にいた桑原岩雄も昔の時代からやってきたような古風な
風格のある先生だったよ。

148 :名無氏物語:2009/06/06(土) 11:50:17 ID:RBpjoQh6
予備校でバイトしてるようなさもしい奴が立派な学者なわけねえだろ

149 :名無氏物語:2009/06/06(土) 15:38:11 ID:5fEqFHMi
>>148
あなたのことが書かれていますよ。
http://clam.milkcafe.net/test/read.cgi/gyokai/1074371873/

150 :名無氏物語:2009/06/07(日) 08:49:54 ID:wwGEaaS0
駿台の古文解釈の方法はいい本

151 :名無氏物語:2009/06/08(月) 09:06:44 ID:YjA9b2Or
漢字がヤバイ予備校講師って(ry

152 :名無氏物語:2009/09/10(木) 16:20:06 ID:N7Oohd3c
【こういう質問の仕方は避けましょう】
下記のような質問の仕方は、返答のしようがありませんので避けましょう。
・「最強、最短、完璧、満点な参考書、勉強法を教えてください!」…世の中に完璧なんてものはありえません。
・「参考書○周すれば…」…回数よりもどれだけ内容を自分のものにしたかが大事。やった回数に自己満足することのないように。
・「偏差値△にするには…」…個人差があるのでなんともいえません
・「○○大学に受かるには…」…まず過去問を買ってきて、自分でやってみてください。何をすればいいか知るには、それが一番手っ取り早いです。
・「○○(参考書名)ってどうですか?」…「どう」って言われても…何が?
・「○○(参考書名)をやれば偏差値どこまで行きますか?」…人によります。習得度合いによって個人差があるので。
・「○○大学に●●(参考書)は必要ですか?」…だからまず過去問を(略)
・「●●(参考書)やったら○○大学いけますか?」…(略)
・「○○(参考書)と△△、どっちがいいですか?」…一概に言えません。参考書は人によって合う合わないがあるので。

153 :名無氏物語:2009/09/11(金) 04:51:01 ID:0BVILaPZ
書くのは勝手だが、
読まないよ、誰も


154 :名無氏物語:2009/09/12(土) 02:21:44 ID:ouvxWB9/
リストアップとコピペだけで何か語ったつもりのバカが多すぎる。
自分の言葉で語ってみろ。

155 :名無氏物語:2009/09/12(土) 03:11:00 ID:TP3gAnBJ
と、阿呆がおっしゃっていますが、他にご意見のある方はいませんか?

156 :名無氏物語:2009/09/12(土) 09:07:11 ID:vY4LDJO0
>>155
くだらない。知ってることは教えてやれ。
唯でさえ過疎なのにw

もっと意味あること書いてね

157 :155:2009/09/12(土) 13:18:47 ID:ouvxWB9/
ごめんなさい(´・ω・`)

158 :名無氏物語:2009/09/12(土) 15:36:11 ID:vY4LDJO0
>>157
え?


159 :156:2009/09/12(土) 17:09:47 ID:qluwd9IV
あ、まちがってました、ごめんなさい(´・ω・`)

160 :名無氏物語:2009/09/12(土) 22:02:33 ID:vY4LDJO0
なに、自演なの?

161 :名無氏物語:2009/09/12(土) 22:42:38 ID:8vrgKfyG
二松のヘタレさん?

162 :名無氏物語:2009/09/12(土) 22:57:43 ID:vY4LDJO0
>>161
オレのことか? 違うけど。そういう言い方はよくないだろ。



163 :名無氏物語:2009/09/12(土) 23:11:36 ID:8vrgKfyG
自覚してるから気になるんだよな?

164 :名無氏物語:2009/09/13(日) 00:11:18 ID:5528aLPc
>>163
くだらねな。ちょっとした慢心の鏡か。


165 :ID:vY4LDJO0:2009/09/13(日) 00:24:43 ID:FNkOA3DI
お前ら糞ばっかだな。これからこのスレは俺が仕切る。

166 :名無氏物語:2009/09/13(日) 01:21:17 ID:wNizY2pb
二松って、馬鹿?

167 :名無氏物語:2009/09/13(日) 07:03:03 ID:5528aLPc
>>165
なりすまし、やめれ

168 :名無氏物語:2009/09/13(日) 07:46:41 ID:4JkTyXOD
二松って・・・

169 :名無氏物語:2009/09/13(日) 12:44:55 ID:5528aLPc
nga nyi-sho ma ras | nyi-sho bod skad shes srid mtha' tsam yin pa |
khyod 'di lta kyi sprod pa ma ldog na 'grigs kyi ma ras |

ha ha!


170 :名無氏物語:2009/10/08(木) 16:49:54 ID:6RMrItor
阿呆?

171 :名無氏物語:2010/01/07(木) 01:13:34 ID:AR3Zvgj7
小西甚一先生の名著『古文の読解』がちくま学芸文庫で復刊される模様。

ttp://www.7netshopping.jp/books/detail/-/accd/1102827167/


172 :名無氏物語:2010/01/11(月) 22:24:49 ID:ZgHOYrJL
宣伝、必死だな。
マルチ小僧君。

173 :名無氏物語:2010/04/20(火) 14:29:37 ID:oWogZUce
>>171
3冊も買ってしまった

174 :名無氏物語:2010/06/29(火) 23:06:35 ID:hREYezJX
キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!

41 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)