2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

社会的矛盾と存在意義について

1 :エレベーター X ◆e1ZcXxeB0Q :2009/09/13(日) 11:04:07 0
何故俺はカオスの中にいるのか?
何故俺は自分の部屋と矛盾した人格を有してそれを正当化しているのか?
人は何故争うのか? 
人は死んだら何所に行くのか? 何故死んだら自由が奪われるのか?
自由とは何なのか?
人は何故生まれてくるのか?
女とは何なのか? ハーレムは天国では無いか?
生きるとは何か? 視界は本物なのか?
民主党は何故存在するのか? 睡眠は必要なのか?
何故追われるのか?神は何故生まれたのか? 哲学とは何か?
人は何故生きるのか? 夢とは何か?
 <なぜ歩くのか?>
何故考えるのか? 何故崇拝するのか? 何故この世界なのか?
何故盗聴するのか?
組織は居るのか? たぶん居ないだろう
俺は追われているのか? 何故俺は夢で敵に脳手術していたのか?
組織に操られた物は居るのか? 
マンホールみたいに寄生虫が前頭葉について本当に思考を制御できるのか?
又それを組織が作っているのか?
其れならば思考は幻想なのか?
何故生きるのか?
何故死ぬのか?
電気グルーブの20周年CDに何故だ?と言う曲があったのは何故か?
何故地下は繋がっているのか?音は存在するのか?ナノプラントで音を聞かせるのか?
何故ほしがるのか?共同骨伝導が武器になるとはどういう事か?
俺は安全なのか?何故走るのか?
何故疲れるのか?何故ひげは生えるのか?そして女性は生えないのか? それなら生える事は正しいのか?法律は正しいのか? 
<何故寝るのか?> 何故動けるのか?
何故壊れるのか? どうやって壊すのか?
時計は何故動くのか? 人間は正しいのか?
エスカレーターは何故左にのるのか? 階段は何故上るのか?

2 :考える名無しさん:2009/09/13(日) 11:45:50 0
すべては言語ゲームに回収されます。
エロピカ理論の基礎中の基礎ですね。・・念のため。

3 :考える名無しさん:2009/09/13(日) 11:50:23 0
プラトン『国家』 アリストテレス『形而上学』 ショーペンハウアー『意志と表象としての世界』 
ヘーゲル『精神現象学』 デカルト『省察』 パスカル『パンセ』 ライプニッツ『単子論』 
カント『純粋理性批判』 キェルケゴール『死に至る病』 バーク『フランス革命の省察』 
ジェイムズ『宗教的経験の諸相』 ニーチェ『道徳の系譜』 ベーコン『ノヴム・オルガヌム』 
フッサール『ヨーロッパ諸学の危機と超越論的現象学』 メルロ=ポンティ『知覚の現象学』 
ハイデッガー『存在と時間』 アーレント『精神の生活』 ヨナス『責任という原理』 
サルトル『存在と無』 ベルグソン『時間と自由』 レヴィナス『全体性と無限』 
フロイト『快感原則の彼岸』 ドゥルーズ=ガタリ『アンチ・オイディプス』 
フォーダー『精神のモジュール形式』 ヤスパース『精神病理学総論』 エレンベルガー『無意識の発見』 
ラカン『精神分析の四基本概念』 フーコー『言葉と物』 ソシュール『一般言語学講義』  
ヴェイユ『重力と恩寵』 ディルタイ『精神科学序説』 ブーバー『我と汝・対話』 ウィトゲンシュタイン『論理哲学論考』 
ミンスキー『心の社会』 ライル『心の概念』 バタイユ『エロティシズム』 アガンベン『ホモ・サケル』 
ラッセル『西洋哲学史』

4 :考える名無しさん:2009/09/13(日) 11:52:36 0
>>1
心理的なものと、論理的なものと、カオス的なものは区別しような


5 :エレベーター X ◆e1ZcXxeB0Q :2009/09/13(日) 12:00:49 0
>>4
全て繋がっていると考えるのが正しい
その前に何で分ける必要があるのか? 何故分けるのか? カオスはどの様に定義できるのか



6 :考える名無しさん:2009/09/13(日) 12:03:36 0
485 :第三の波平 ◆JXLBbnYqTY :2009/09/13(日) 00:44:53 O
結局、すべてはラカンなのかと思うわけ。
たとえばこの金融不況にしても、ボクは二つの面を重視してる。
1つは数字の力。数字はほんとにすごい。文化を越える力をもつ。それはまさにグローバルネットワークを駆け巡る。
確かな言語も伝達されるが文化的な差異があり、遅い。その点、数字は文化的な差異を越える。すなわち数字とはマネーのこと。
これがラカンとどう繋がるか。これは象徴界なんだよ。レヴィの構造主義は未開社会に隠れる数学法則からはじまった。
ラカンの象徴界の言語とは意味(シニフィエ)ときりはなされたシニフィアンであり、その法則性だ。
現代はマネーというグローバルな象徴界の世界といえる。

このように考えるといろんなものが見えてくる。
現代の欲望とはなにか。マネーという数字(シニフィアン)の動きに
大きく影響をつけている。
マネー資本主義が、富そのものを目的としてるというよりも、
数字としてもマネーの額を増やそうとするゲームであるということ。

さらにグローバル化=高速でマネーという数字が飛び交うことで、
巨大になったマネーが、容易に偏在すること。
ある部分に巨大に貯まり、また流れていく。

もう一つは想像的な面だ。その流れはとても繊細で
想像的な関係において、人の些細な思惑に直結し、
そして一気に世界へ伝搬される。
ある人の気持ちの振れが世界へ影響を与えることが起こりえる。

7 :考える名無しさん:2009/09/13(日) 13:00:49 0
>>5

「世界は起こっていることの総体である」
「世界に謎はない」


”なぜ”という問いに対する答えは世界には起こっていない(存在しない)
ただ>>1を謎だと思っている>>1が存在しているだけである。

>>1の疑問には答えはなく、言語のもつれから生じているにすぎない。

8 :副島隆彦の仲間:2009/09/13(日) 13:50:34 0
日本では、戦後、学者・知識人が圧倒的な数で、「科学的社会主義」などという、ソビエト帝国型の考えに
集団で脳を犯されたので、「科学的」といえば「社会主義(共産主義)のことだと信じ込んで、この
「科学的社会主義」という宗教を日本国民に、各種高級学問の振りをして押し付けた。それを商売として
やったのが、岩波書店である。だから日本国民の方が、すっかりイヤ気がして、「科学」というコトバを
使わなくなった。なぜなら使ってみても、ちっとも「科学的」ではないからだ。「君の考えは科学的だね」
と友人に言ってみると、まるで、馬鹿丸出しで、「一体、オマエは何が言いたいんだ」と、相手から嘲笑
されるからである。ソビエト教の信者以外の世界では通用しない。だから、日本人の「科学」不振は物凄く
深い。そこで、私が、「哲学は科学じゃないんだよ」というと、日本人はケゲンな顔をする。何を言って
いるのか分からない。哲学というのは、日本では「文学部哲学科」だから「文学」のお友達で、これは、
絶対に「文科系」だよ、となる。そうではない。哲学は、科学の一種とは違う。神学の一族なのだ。
Philosophy is not a science!
アメリカ人やイギリス人の大卒の人に尋ねてみるとよい。彼らは、必ずこう言う。例外はない。
こんなことも知らないで日本人は、「自分達も欧米人に負けない高等学問をやっている国民なのだ」と
思いこんでいる。日本の大学生が、学制(カリキュラム)として大学で受けている講義は学問などでは
ない。あれは「土人のコトバ遊び」だ。
副島隆彦「決然たる政治学への道」P171〜177


9 :考える名無しさん:2009/09/13(日) 13:58:03 O
人間がいなくなれば全て解決

10 :考える名無しさん:2009/09/13(日) 20:19:44 0
>>9
問題が解決しないままいなくなってどうするんだよ。
今ある問題は解決されない。

11 :エレベーター X ◆e1ZcXxeB0Q :2009/11/28(土) 05:43:30 0
人間は思考の中に存在しているので思考のベールの中に居る事で人間は、疑問を
持つ。
疑問と言うのは、寄生虫や人間自身の思考であり疑問自体が寄生虫の作用ならば
我々の文明は寄生虫に等しい。
だが、我々の思考は存在していて寄生虫の影響を受けていなければ我々の思考は
存在において、文明的であり哲学的疑問を含んでいるのである。

12 :考える名無しさん:2009/12/23(水) 03:07:51 0


「アンチノミーは解消されない。ヘーゲル哲学が全体として根本的にダメなところはここだ。
アンチノミーをなす二つの項は互いに、あるいは、他のアンチノミックな二項との間でバランスをとる」
http://www.minc.ne.jp/~saito-/travaux/vive.html

13 :考える名無しさん:2010/06/07(月) 06:17:24 0
>7
同意

8 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)