2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

中世ヨーロッパの武術

1 :世界@名無史さん:2007/11/10(土) 09:37:43 0
ヨハネス・リヒテナウアー、ジークモント・リンゲック、ジョージ・シルバー、フィオレ・ディ・リベリ、剣術、マーシャルアーツを語ろう。

2 :世界@名無史さん:2007/11/10(土) 09:41:44 0
あたたたたたたたたたたたたたたたたたたたたたたたほあったあああああああ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

3 :世界@名無史さん:2007/11/10(土) 10:45:28 O
有名な流派ってドイツ流だけ?

4 :世界@名無史さん:2007/11/10(土) 23:49:46 O
欧州に於ての剣術(片手半剣など)のレッスンってどんな感じだったんだろ?
竹刀の様なもので打ち合ったんかな?

5 :世界@名無史さん:2007/11/13(火) 08:51:56 0
武術といえるようなものが記録上に現れてくるのは中世というより
近世に片足突っ込んでるくらいの時代だよな。
どこでもそうらしいが。

6 :世界@名無史さん:2007/11/17(土) 17:57:14 O
ほぉ〜

7 :世界@名無史さん:2007/11/17(土) 18:03:28 0
わチョーーーー!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

8 :世界@名無史さん:2007/11/18(日) 21:06:10 0
バリツ

9 :世界@名無史さん:2007/11/19(月) 14:16:04 0
112 名前:名無しさん@一本勝ち[] 投稿日:2006/12/13(水) 19:16:39 ID:f2R0XtYC0
ルネサンス期の殺人指南書(強い騎士が書いたとされる)には
鎖分銅でキンタマを叩き潰すテクが面白おかしく載っている。
「左手で上段の攻防と同時に、右の鎖分銅ですくい上げてキンタマを潰す。
 日常と違って興奮している相手は怯まないのだが、
 生きて帰っても種を残せないのでざまみろである(笑)」

10 :世界@名無史さん:2007/12/05(水) 17:15:17 0
剣術は基本的に「○○流」みたいなものはないけど
2種類の教本がある

みたいなことを聞いたことがあるな

11 :世界@名無史さん:2007/12/17(月) 23:25:50 0
鷹の構えがどうとかいっていた
映画の解説で

12 :世界@名無史さん:2007/12/21(金) 00:00:49 0
それはキングダムオブヘブンだな

13 :名無し:2007/12/22(土) 21:27:36 0

中世ヨーロッパの武器の中で意外に役に立ったのが【棍棒】なぜこんな原始的な
武器が役に立ったのかと言うと、中世の騎士は全身をヨロイカブトに覆われてい

てカタナやヤリで傷つけることは出来ない。しかし当時のヨロイは今のヘルメッ
トのような緩衝材が入っていないため打撃がそのまま身体に伝わる。そのため【

棍棒】で頭をひっぱたくとめまいがするほど痛いし腕をひっぱたくと腕がしびれ
て動かなくなる。打ち所が悪いと腕の骨が折れまたり首の骨が折れたりする。

14 :世界@名無史さん:2007/12/22(土) 22:31:50 0
>>13
中世盛期の主防具だったメイル・ホウバークなんかだと
剣でも突き刺せたらしいよ。

3 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)