2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

◆百済・高句麗滅亡時の東亜状況◆

1 :世界@名無史さん:2009/05/20(水) 23:54:18 0
660年の百済、668年の高句麗が相次いで滅亡しましたが当時の
中国(唐)、朝鮮(新羅)、日本(倭)はかなりの混乱と激動の
時代だったと思います。その頃の東亜三国の状況について色々と
語ってみましょう。

2 :世界@名無史さん:2009/05/21(木) 00:52:00 0
中国は則天武后の時代で親新羅、日本は天智天皇の時代で親百済だった。
660年に百済が滅びると当時の大和朝廷は百済再興にかけて663年に白村江の
戦いをするも負ける。実はこの時大和朝廷はいったん滅んだと見る学者もいる。

完全に倒されたのは天智天皇の息子の弘文天皇を倒して大海人皇子が天武天皇
になった時といわれる。天武天皇は兄や甥と違い新羅人を重んじたがそれも
天武天皇が新羅人の金多遂で皇室を乗っ取ったに他ならないとも。
http://www004.upp.so-net.ne.jp/teikoku-denmo/no_frame/history/honbun/jinshin.html

3 :世界@名無史さん:2009/05/21(木) 01:18:55 O
なんだこの電波?

4 :世界@名無史さん:2009/05/21(木) 02:05:31 0
満州部や朝鮮半島はかなりの混乱を模様していただろうな。
高句麗や百済のゲリラ狩りも盛んに行われていたかもね。

5 :世界@名無史さん:2009/05/21(木) 07:14:36 0
最終的に百済から何人ぐらい日本に亡命者が来たんだろう。
亡命組は一部の貴族階級だけだったのかな。


6 :世界@名無史さん:2009/05/21(木) 10:45:18 O
>>2
百済なーい(笑)

7 :世界@名無史さん:2009/05/21(木) 10:52:09 0
>>5
武蔵国高麗郡には大体1000〜2000人の遺民が入植したっぽい



8 :世界@名無史さん:2009/05/22(金) 01:35:51 0
このころまでの日本と朝鮮、中国は互いに意思疎通が容易で
滅亡前の時代から百済や高句麗からの移住者が多かったのかも。

9 :世界@名無史さん:2009/05/23(土) 07:22:43 0
普通に考えて、朝鮮の人々が日本を征服したんだろな(´・ω・`)

10 :世界@名無史さん:2009/05/23(土) 07:59:09 0
いや百済からの遺民が武器持参って記録は無いから
住みついて何代かするうちに自然と日本人に同化したんだろうね。

11 :世界@名無史さん:2009/05/23(土) 20:32:39 0
同化もなにも・・・

まして朝鮮の人々なんて当時いないだろ

12 :世界@名無史さん:2009/05/24(日) 05:08:09 0
韓国は60年前に誕生したからな。 それまでは日本人だったんだよ。

13 :世界@名無史さん:2009/05/24(日) 21:20:43 0
同化もなにも・・・

まして日本の人々なんて当時いないだろ

14 :世界@名無史さん:2009/05/24(日) 22:44:04 0
当時の日本列島はみんな朝鮮人でしたから。

15 :世界@名無史さん:2009/05/25(月) 12:02:49 0
百済は朝鮮人と関係ありません。高句麗も関係ありません

16 :世界@名無史さん:2009/05/25(月) 16:00:03 0
>>15
百済はどういう民族?

17 :世界@名無史さん:2009/05/25(月) 18:08:58 0
なんで単一民族を前提とするんだw

18 :世界@名無史さん:2009/05/25(月) 18:21:31 0
いろんな民族が混ざって出来たのが、味わい豊かな日本人シチュー。
百済人の亡命者は最後の仕上げの隠し味。


19 :世界@名無史さん:2009/05/25(月) 18:58:54 0
韓族って昔から半島にいるんだけど、酷使様はそういうの理解できない池沼だから

20 :世界@名無史さん:2009/05/25(月) 20:33:38 0
高句麗や百済といった扶余系民族は韓族とは別民族。

21 :世界@名無史さん:2009/05/25(月) 21:37:47 O
百済王の称号許されてる百済の王子の子孫が従五位上なんだが。
ギリギリ貴族の下から二番目。

文化的影響はあるが、政治的権力はほぼ皆無と考えてよいだろう。

22 :世界@名無史さん:2009/05/25(月) 21:52:17 0
少なくとも中央貴族ではない。地方官のレベル。

23 :世界@名無史さん:2009/05/25(月) 21:57:24 0
百済は、王族が高句麗と同系で倭王の王女と婚姻関係を結んでいる。知識人は漢人。
馬韓人は被支配民族。

ということで、女真系・日本系・中国系が支配者で、韓民族系は被支配者。

まあ、東アジアの歴史のエッセンスをギュッと詰めた感じの国だったようだ。

24 :世界@名無史さん:2009/05/25(月) 22:13:08 0
>>23
もっと雑多な部族の連合体だよ

25 :世界@名無史さん:2009/05/25(月) 22:13:16 O
高句麗に圧迫された五世紀あたりには新羅王族と結婚したり、
貴族の範囲を非扶余系に拡大したみたいだからますます混ざっとるな。

26 :世界@名無史さん:2009/05/26(火) 18:03:45 0
>>20
扶余系民族というが、今の韓国人の祖先でもある。
日本人が、幾多の民族のハイブリッドであるように、韓国人も同様の経緯を
辿っている訳だが。

27 :世界@名無史さん:2009/05/26(火) 18:12:31 0
>>26
その扶余系王朝は朝鮮民族形成以前に滅びていたし
それ以外の非支配民の比率が相当高いだろうから
直接の祖先とかいうのは誇大な主張だろ

28 :世界@名無史さん:2009/05/26(火) 18:20:03 0
>>27
王朝が滅びる=根絶を意味しないし、
日本に置き換えて考えてみても、今の日本の国土の半分近くが、
ヤマト王権に属さない民だったが、今日の日本人の祖先でもあるだろう。

>それ以外の非支配民の比率が相当高いだろうから
王朝が滅びた後、大半が土着してるでしょ。
というか、ハン板などで、よく朝鮮民族は存在しなかったっていう主張を
このむ輩って大抵酷使様の類だし。

29 :世界@名無史さん:2009/05/31(日) 09:49:50 0
朝鮮式山城(古代山城)が、あちこちに造られた時期でしたね。
大和朝廷は白村江の敗戦直後で台所事情は苦しかったと思うけど、頑張りましたね。


30 :世界@名無史さん:2009/05/31(日) 12:16:37 O
国力に余裕あったんだよ。

31 :世界@名無史さん:2009/05/31(日) 13:01:57 0
台所事情といっても貨幣経済でもないから時間かければ何とかなるんじゃね

32 :世界@名無史さん:2009/05/31(日) 14:03:43 0
663年 白村江で敗退
664年 対馬・壱岐・筑紫に防人と烽台を配置 大宰府の守りとして水城を築く
665年 長門城・大野城・基肄城など築城
667年 金田城・屋嶋城・高安城など築城 近江大津宮へ遷都
 
このほか神籠石遺跡も同時期に築かれた防御拠点だとすれば超建築ラッシュ。
民をどの程度までタダで働かせられるかがポイントだけど、租庸調の「庸」だけ
じゃ足りないから、米や布で払ってを人手を集めたんではないかと勝手に想像。


33 :世界@名無史さん:2009/05/31(日) 19:34:22 O
豪族の力をそぎ、天皇に権力を集中させた一連の改革と裏腹なんだろうね。
権力があるから外征できたのか、
外征に敗北したから国防のため権力の集中が必要だったのか。

34 :世界@名無史さん:2009/06/01(月) 23:05:07 0
>>31
7、8年ぐらいで4つぐらいつくったんだから、人民総動員して北朝鮮モードだろw

ああいうの自弁で現地まで旅行させんだから生き返りに行き倒れになる奴が多かったしw

35 :世界@名無史さん:2009/06/03(水) 18:46:33 0
大敗してから慌てて防備をし始めるのって、まるで太平洋戦争みたいじゃね

36 :世界@名無史さん:2009/06/03(水) 22:32:10 0
島国だからいまひとつ民族闘争には大陸や半東ほどの切実さがないのは、
唐や新羅も結局内訌おこして日本には来なかったから余裕という変な意味での
安心感ができてしまったんだろうな。

37 :世界@名無史さん:2009/06/04(木) 00:06:54 O
その後の奈良時代に大陸への反攻は画策されてたようだけどね。
数世紀前から古墳を造る能力があったのだから人を動員する技術はあったろう。
白村江で負けて一番痛かった損害は船舶の損失と思う。


38 :世界@名無史さん:2009/06/05(金) 07:41:42 0
また国士様の妄想かw

39 :世界@名無史さん:2009/06/05(金) 07:52:58 0
白村江での負けがよほど応えたのか、
記録に残る防衛策は山城ばかりだよな。
海戦や水際の迎撃はほとんど諦めてたのかな。


40 :世界@名無史さん:2009/06/05(金) 21:08:17 0
何言ってるんだ なんのために近江に遷都したと思ってるんだ
チャンとチョンの特亜侵略軍撃退を想定しての事だろ。

41 :世界@名無史さん:2009/06/05(金) 21:13:18 0
それと少なくとも屋島城っててあれ山城といってよいのかなあ?
今は陸地と完全につながっているけど、当時から400年以上あとの源平の戦の時は
屋島と四国本土は分離していて、遠浅の海だったんだよね。
西暦600年ごろの屋島ってむしろ瀬戸内に進軍してくる敵軍を睨んだ水城だったんじゃねえのか?
まあたしかに屋島は偉くごつい山なんだが。

42 :世界@名無史さん:2009/06/05(金) 21:24:40 0
>>40 だから内陸に遷都して本土決戦なんだろ。


43 :世界@名無史さん:2009/06/05(金) 22:03:27 0
本土決戦って太平洋戦争の思考そのままじゃんw
日本人って戦争からきし駄目だよなそういう発想しかできないのだろうか

44 :世界@名無史さん:2009/06/05(金) 23:29:26 0
>>41
標高100〜300メートルの海城なんてありゃせんわ。


45 :世界@名無史さん:2009/06/06(土) 06:53:10 0
海城?

46 :世界@名無史さん:2009/06/06(土) 10:15:29 0
水軍・海軍と連携しなけりゃ、水城・海城は意味がないね。
屋嶋城には水軍の基地としての機能はないだろ。
あんな高いところに石垣を築いたのでは、軍港としても、
海岸要塞としても役に立たない。

47 :世界@名無史さん:2009/06/06(土) 17:17:49 0
>>43
水軍/連合艦隊が壊滅してしまったんだから、他に選択肢がなかろう。
>>43だったらもっとマシな発想があるのかな。


48 :世界@名無史さん:2009/06/06(土) 20:35:13 0
城を築く費用があるなら、軍艦を建造して、水軍整備に回せばいいじゃないか。日本本土は無傷なのだから。
それとも、白村江のために、日本の造船所は壊滅したとでも。
そもそも、城を築いて守るという発想自体が亡国の発想。城を守るには、兵隊が必要なのだから。兵隊を第一に整備すべき。
そして、唐・新羅の侵攻を阻止するなら、海軍を再整備するのが、最優先だろう。
万里の長城は騎馬民族の侵攻を阻止できなかったし、武田家は新府城を、豊臣家は大阪城を築城して滅びたが。

49 :世界@名無史さん:2009/06/06(土) 22:16:22 0
当時の日本は兵船の建造と水上戦のノウハウで大きく唐に立ち後れていた。
唐の船は格段に大きく甲板も高い。そこから火矢が撃ち下ろされてくる。
対して日本側の船は数こそ多いが唐のそれに比べいずれも小舟ばかりだ。
体当たりされれば簡単に覆る。かくして白村江の戦いでは日本側の損失が
400隻という一方的な大敗を喫した。

このまま日本が水軍を再編しても、同様の敗北を喫するのみで勝利の見込みは
皆無としか言えない。しかし技術の差を埋め、唐の水軍に質で対抗するのは
一朝一夕の事業ではない。だが時間はない、選択肢は二つに一つ。
敗北必至の水軍を再建するか、消極策ながら朝鮮半島で唐軍撃退に実績のある
山城を築くか。天智天皇の決断は賢明であったと言える。

50 :世界@名無史さん:2009/06/06(土) 22:53:43 O
例え唐の造船技術があっても当時の技術では
海上をある程度でも封鎖できるほどの船はないんでは。
朝鮮出兵の日本側の戦略とられたらおしまいでしょ。やっぱり陸上が大事

51 :世界@名無史さん:2009/06/06(土) 23:27:49 0
レーダーも無いし通信も遅いからね。
対馬海峡にて唐の艦隊を今や遅しと待ち受ける精鋭倭国艦隊は、
迂回して紀伊から上陸した唐軍が首都大津宮を壊滅させた知らせを
その10日後に受けることになった、とかいうのがオチ。


52 :世界@名無史さん:2009/06/07(日) 01:28:28 O
>>51
おまえ馬鹿だろう。

53 :世界@名無史さん:2009/06/07(日) 06:43:47 O
煽るなw
紀伊から上陸とか無理だがそんなん解って書いてると思うよ

54 :世界@名無史さん:2009/06/07(日) 08:11:22 0
>>49
具体的な根拠はあるの。日本側の軍船が小型だったという。
遣唐使船なら残っているが、日本や唐の軍船のサイズが判明したいう資料は見たことがないのだが。
それに、日本書紀を読む限り、日本側は、こちらが進めば敵は自滅する、と判断して突撃を白村江で行っている。
日本側が小型船なら、大型船に自信満々で突っ込むというのはおかしいと思う。
やはり、サイズに大きな差は無かったと見るべきだろう。
それに小型船が一方的に不利というのは理解に苦しむ。
アクティウムの海戦や第一次木津河口の戦い等、小型船の方が小回りが利いて優勢に戦った戦例は、大砲発明前は多数ある。
ついでにいうと、衝角は当時の唐の船には無いはず。衝角のない軍船で体当たりするというのは、理解に苦しむ。

55 :世界@名無史さん:2009/06/07(日) 10:30:04 0
いやむしろ>>53がなぜ紀伊からの上陸が無理だと思ったのか、そちらの方が興味深いな。

たとえば神武天皇の東征では紀伊から回り込んで上陸している。唐が軍船を多数連ねて紀伊に
やって来ても何も上陸に問題はない。
しかし普通に考えれば神武東征のような遠回りをせずに、上陸地点は紀伊半島西側の紀ノ川に
するのが便利だろう。紀ノ川を上って吉野〜大和盆地〜畿内へ至るルートは当時の交通の要路。
紀伊は軍船を建造する重要拠点でもあり、唐にしてみればここを上陸の橋頭堡にすることで、
軍船の修理・補充も出来るメリットがある。

まあ紀伊の他にも上陸候補地点はいくらでもあるので、日本側が海上で迎撃を主眼に置いて
作戦を立てても、確率の低い博打にならざるを得ないだろうね。

56 :世界@名無史さん:2009/06/07(日) 11:50:57 0
>具体的な根拠はあるの。日本側の軍船が小型だったという。
日本・百済側が400隻(または1000隻)であるのに対して唐側は170隻。
これで敗北を喫したのだから、ふつうに考えれば船の大きさが戦力差の原因だよ。
船のサイズ等という物量的な面の差を否定するのであれば、敗因を用兵の拙さとか
に求めざるを得ないが、>>54はそういう意見なの?

>日本側が小型船なら、大型船に自信満々で突っ込むというのはおかしいと思う。
その後で>>54は小型船は別に不利ではないとか書いているのと矛盾してて可笑しいね。
小型船の方が有利と思いこんでいれば、自信たっぷりで突っ込むことであろうよ。


57 :世界@名無史さん:2009/06/07(日) 15:52:10 0
7世紀、日本列島には様々な出自の人々がいた。それが、自分たちの「民族」を主張して、多民族を排斥し始めたら収拾がつかなくなる。
各人の出自は置いておいて、ともかく一つにまとまろうとして出来たのが日本という国だ。そしてその中心に置かれたのが天皇だ。
つまり、天皇に忠誠を誓う存在、が日本人のそもそもの定義なのだ。日本が単一民族というのは、事実ではなく、天皇のもとにあつまり、各民族の違いを克服しようという共通の目標なのだ。
日本人は、国連が好きだが、7世紀、日本列島内に作られた国連が「日本」であることを思えば、それも当然である。

58 :世界@名無史さん:2009/06/07(日) 15:57:56 0
>>57
日本という民族は無かったのに
「出自の人々」には「民族」があったのかいや?

59 :世界@名無史さん:2009/06/07(日) 15:58:07 0
NHKによるとこんな感じ
http://sky.geocities.jp/jyunpujyunpu/nhksptaikanokaisin/hakusonkou

60 :世界@名無史さん:2009/06/07(日) 16:00:27 0
国連が好きなのは外務官僚と小沢一郎くらいじゃないのか

61 :世界@名無史さん:2009/06/07(日) 19:12:24 O
ほんの七十年前は国際連盟離脱に国民は狂喜したが。
五大国だったのに。

62 :世界@名無史さん:2009/06/07(日) 19:20:38 0
五大国っても海軍力のパラメータによるものであって
独ソのような大陸軍国は除外されている。
しかも無理な軍拡で背伸びに背伸びを重ねての地位。
北朝鮮が核保有国に名を連ねているようなもんだ。

63 :世界@名無史さん:2009/06/07(日) 19:51:24 0
>>56
白村江の地形は、河口の縊路で、そんなところに統制もなく突っ込んだら、どんな大軍でも惨敗するのが戦史の常識だが。
サラミスの海戦で、ペルシャ海軍が惨敗した戦例等は有名だと思っていたのだが、56は知らないのだろうか。

64 :世界@名無史さん:2009/06/07(日) 20:51:26 0
↑日本側水軍の作戦立案能力は、唐軍に比べてお話にならないほど低かったと言いたいらしい。

65 :伝聞小僧:2009/06/07(日) 21:25:24 0
4度戦って4度敗れたって
倭国と百済の水軍は潮目も弁えずがむしゃらに突進したって
左右から挟撃されて反転することもできなかったって
400隻が炎上して白村江の水は赤く染まったって


66 :世界@名無史さん:2009/06/08(月) 13:28:12 0
倭水軍の主力が埴輪船だったら漕ぎ手が沢山乗ってるから、機動力だけなら唐の楼船
相手に劣ると思えないな。これはイカンと思えばすぐに逃げられた気がする。
日本書紀には「気象を観ずして」攻め込んだとしているが、この「気象」がひとつの
ポイントじゃなかろうか。
もしかしたら倭水軍の主力は遣唐使船の簡易量産型みたいな代物で、戦局不利と
分かっても追い風に吹かれると、方向転換して逃げられなかったんじゃね?
かくなる上はってことでバンザイチャージかけて潰えたみたいな感じ。


67 :世界@名無史さん:2009/06/09(火) 18:44:18 0
当時の大和朝廷には「水軍」なんて概念自体無いんじゃねぇの?
あるのはただの輸送船の群れ。

68 :世界@名無史さん:2009/06/09(火) 22:06:42 0
>>67
それ言い出すと、唐にも河川水軍の概念ならまだしも、海軍の概念があったか、極めて怪しい。
海軍の概念が成立するには、海上交易の存在が前提として不可欠だが、当時、海上交易があったのだろうか。
中国から、何を輸入し、日本から何を輸出していたという話を読んだことがない。

69 :世界@名無史さん:2009/06/10(水) 01:22:29 0
>>67

> あるのはただの輸送船の群れ。

俺もそう思う。アボルダージュして切り込みを掛ける戦い方だったんじゃないのかな。

70 :世界@名無史さん:2009/06/10(水) 02:37:33 0
それなんて倭寇

てか同時代のヴァンダル族やヴィーキングとおんなじだな

71 :世界@名無史さん:2009/06/10(水) 22:57:22 0
>中国から、何を輸入し、日本から何を輸出していたという話を読んだことがない。

まじかよ・・・よし!ちひろちゃんといっしょに勉強だ!
『高校講座世界史 隋唐帝国を訪れた日本人』 
http://www.nhk.or.jp/kokokoza/tv/sekaishi/archive/chapter008.html
(15:20あたり)


72 :世界@名無史さん:2009/06/11(木) 19:23:53 0
>>68
>河川水軍の概念ならまだしも、海軍の概念があったか、極めて怪しい
沿岸伝いに航海してれば水軍も海軍も大した変わりはないよ。
レッドクリフとまではいかないまでも、中国には
フネ対フネで戦う水上戦力の概念はあったろうね。

73 :世界@名無史さん:2009/06/13(土) 09:27:22 0
>>55
それ、唐側によほど日本の地勢に通じている人材がいないと無理な作戦だから
机上の空論って奴だよw

74 :世界@名無史さん:2009/06/13(土) 11:00:03 0
うんにゃ。唐側には白村江で捕まえた日本人捕虜がいるからね。
また行く先々で捕まえるなり雇うなりしてもいいし、
日本侵攻の場合も水先案内人に不自由はないだろう。


75 :世界@名無史さん:2009/06/13(土) 16:58:34 O
日本人捕虜が日本すべての地理知ってるのか?

当時の民度と移動手段の制限を考えろよ。

ほとんどの奴は日本列島の形さえ知らんぞ。

補給も受けれないし

76 :世界@名無史さん:2009/06/13(土) 19:07:17 0
日本人捕虜が日本すべての地理を知っている必要などは全くない。

当時の移動手段は沿岸航海であるから、夜間は錨を下ろして仮泊する。

地元の漁師を徴発して次の1日行程の海路を聞き出すだけでよい。

また当時の戦争は現地徴発が基本であり、補給できない等は見当はずれな意見だ。


77 :世界@名無史さん:2009/06/14(日) 08:07:52 0
>>76
日本制圧するには元寇時の10万超える軍勢でも大宰府すら陥落できなかったw
まして近江まで進軍するとなれば途中の占領軍の人員考えても20万人はいるだろう。
途中の現地調達だけでまかなえるような代物なのかよ 

78 :世界@名無史さん:2009/06/14(日) 08:13:06 0
>>75
そもそも日本は大平原なんかひとつもないから大軍が行動するには不向き
ながーい列島を九州から上陸して山陽道あるいは瀬戸内海を制圧しつつ(山陰や四国は人口が少ない
現地調達前提にするなら10−20万単位の軍を養える集落がそうないだろう どうしても山陰か、瀬戸内海ルートになる)
補給も受けられないし、敵国の首都までの距離が異常に遠いしあらゆる意味で大陸と違うんだよねぇ。

79 :世界@名無史さん:2009/06/14(日) 08:44:19 0
半島も日本以上に平原が無いよ

80 :世界@名無史さん:2009/06/14(日) 14:47:30 O
新羅は唐を裏切り、唐と日本の接近を警戒し、遣唐使を妨害した。
朝鮮人の妄想で仏教文化の伝播は、唐→半島→日本だが、実際には朝鮮は日唐の交流を邪魔していた。

81 :世界@名無史さん:2009/06/14(日) 14:54:51 0
>>80
えっそうなんですか?
じゃあ百済の聖明王が日本に仏教を伝えたという話もうそなんですか?

82 :世界@名無史さん:2009/06/14(日) 18:09:35 0
奈良時代以前の日本の人口なんて、700万人程度だよ。根こそぎ動員をかけても、20万人の兵士を集めるのがせいぜいだろう。
占領軍が20万人も必要とは思えんが。

83 :世界@名無史さん:2009/06/14(日) 19:05:32 0
動員数二十万は律令制施行後だろうから、白村江直後では到底無理だろう。

84 :世界@名無史さん:2009/06/15(月) 10:14:12 O
>>77
だから元は暴風雨で艦船に被害受けたから撤収しただけだろ
10万なんて言ったって多くは南宋の敗残した老兵で
元が処理に困って日本に植民目的で武器より農具を積み込み派遣した者たち
また兵力数の中には非戦闘要員の船員が多数含まれている

大宰府を落とせなかったw
ていうか日本側は対馬や壱岐でガッチリ惨敗してますがw

多数のモンゴル本隊も参加しウリャンハダイやドゴンのような一線級の将帥に率いられ侵攻したベトナム遠征では
ベトナム軍の反撃で司令官クラスを含め多数の元軍を捕虜にされた

モンゴル本隊が殆どいなかった日本侵攻だが
さて日本側は大勝したと喧伝する割には敵の高級指揮官は勿論、多数の捕虜を得ていない
しかも敵の退路は陸路じゃないんだぜ
この時代の騎馬武者には馬上槍すら存在せず、騎乗での直接打撃による戦闘は殆ど行われなかった
というより出来なかった
日本で直接打撃戦闘を行う騎馬武者が現れるのは南北朝期
こんなんで本格的戦闘は行われたんかねぇ?

85 :世界@名無史さん:2009/06/15(月) 12:30:57 0
元寇スレに書きこんでくれれば良いのに

86 :世界@名無史さん:2009/06/15(月) 13:12:33 0
こいつ元寇スレでは過去に何度もフルボッコされているからね
もう恐くて書けないんじゃねぃ?

87 :世界@名無史さん:2009/06/15(月) 18:15:26 0
実際にフルボッコされてたのは>>86だったりして。
どの元寇スレか教えてちょ。


88 :世界@名無史さん:2009/06/15(月) 20:45:19 0
>>84の言いたいことをまとめると、モンゴル本体が含まれない雑魚集団相手に
戦ったのに日本側は捕虜すら得られていない。モンゴル本体の精鋭部隊
が来ていれば圧勝だったぜ、などと暗に主張している中二病。

89 :世界@名無史さん:2009/06/15(月) 20:53:03 0
>>88
前半はその通りだな。
後半についてはどの程度フビライが本気かによるが。


90 :世界@名無史さん:2009/06/15(月) 20:58:11 0
ふびらいはほんきださずにしにました

91 :世界@名無史さん:2009/06/15(月) 22:06:12 0
>>88
間違ってはいないような・・・

92 :世界@名無史さん:2009/06/16(火) 00:06:17 0
元寇といい赤壁といい、相手にやられたというよりも自滅したといった感じだな。
船酔いと疫病の蔓延

93 :世界@名無史さん:2009/06/16(火) 14:33:06 O
粘るのは立派な戦術やん。
籠城して相手の疲弊をまつようなもん。

船の中は不潔だから疫病でるのはかなり高い確率だし。

94 :世界@名無史さん:2009/06/16(火) 14:50:17 O
元冦一回目でも赤坂門(現在の福岡市)あたりで武士が元軍を急襲して蹴散らしていた。
元冦二回目は武士の活躍と防塁で上陸を阻止したし、日本の勝利だった。

95 :世界@名無史さん:2009/06/16(火) 14:55:51 0
適当な返書を送って朝貢貿易の利を得りゃ良かったのに
時宗が粋がって使者を斬ったりしたもんだから
元も引っ込みがつかなくなり、やりたくもない戦争をやる羽目になった。
時頼が長生きしていればなあ・・・

96 :世界@名無史さん:2009/06/16(火) 15:33:15 0
女子供は人身売買できるけど、成人男性奴隷の市場が無い。
敵兵は首にして恩賞と引き換える他ない。

97 :世界@名無史さん:2009/06/16(火) 16:42:56 O
高麗人がフビライに日本侵略を再三進言していたからな。
北条氏が応じていたならば元冦が起きなかったかは疑問だ。

98 :世界@名無史さん:2009/06/16(火) 16:58:53 0
日元貿易の中継利益を狙っていた高麗も
時宗がここまで空気読めなかったことは計算外だったろう。

99 :世界@名無史さん:2009/06/17(水) 01:18:44 0
まともに上陸できてないのにどうやって司令官クラスを捕らえるの?
海に小船でいって捕らえるの?

100 :世界@名無史さん:2009/06/17(水) 01:23:34 0
>>91
詳しく聞かせて

101 :世界@名無史さん:2009/06/17(水) 13:38:12 0
元寇に関しては日本側のおとぎばなしなんだから
大事に夢みさせてあげなよ
YOUら大人気ないよ

102 :世界@名無史さん:2009/06/17(水) 18:36:38 0
一度大敗しているのにまた雑魚だけで来襲したうえに負けて、負けたのは
雑魚のせいとかどんだけ中二病なんだよ。だったら精鋭掻き集めて
三度攻めてくりゃいいだろ。

103 :世界@名無史さん:2009/06/17(水) 18:54:00 0
>>81
新羅と百済は別の国だから混ぜちゃだめ。
朝鮮人は、高句麗と楽浪郡も朝鮮の栄光に数えがちだけど、
これも混ぜちゃだめ。

104 :世界@名無史さん:2009/06/17(水) 20:12:36 0
>>103
混ぜちゃだめって・・・
>>80は「半島」って言ってるから新羅と限定して無いじゃん

105 :世界@名無史さん:2009/06/18(木) 21:54:48 0
元寇に脱線しまくってるなw
モンゴルスレは山ほどあるだろうに

106 :世界@名無史さん:2009/06/19(金) 01:11:12 0
前から疑問に思っていたけど、古代山城って分布が北九州と瀬戸内海に偏りすぎと思うわ。
日本海側があまりにも手薄すぎる。大和朝廷はどういうつもりだったんだろ。

107 :世界@名無史さん:2009/06/19(金) 02:09:58 0
白村江の戦いの後唐の使節は二千名の兵隊と
いっしょに日本に来たって話があるけどこれって
事実上の占領だよね?

108 :世界@名無史さん:2009/06/19(金) 10:50:26 0
5000の兵隊じゃなかったっけ?
こいつらは日本でなにしてたの?何ヶ月滞在したの?
その間米兵みたいに、倭人の娘をレイプして倭人らと衝突とかおきなかったのだろうか。


109 :世界@名無史さん:2009/06/20(土) 09:36:53 0
>>108
5000も兵が駐留したなんて文献あったっけ?
2000なら聞いたことがあるけど。

110 :世界@名無史さん:2009/06/21(日) 06:44:55 0
>>107
2000名と来たという記載があるのは、日本書紀だったと思うが、兵隊とは明記されていない。
もし、占領のための兵隊なら、率いるための将軍がいるはずで、その将軍の氏名が使節団長だった可能性は否定しないが、旧唐書にそれらしい記載がない。
私としては、白村江の戦い等で捕虜となった日本兵を送還してきた可能性が高いと思う。
この頃、捕虜は身代金を得られれば解放され、得られなければ、奴隷にされていた。
続日本紀や日本霊異記には、お金を払うことで、唐軍の捕虜とされて奴隷になっていたのが、自由の身になった例が出てくる。
2000の人員は、豪族の子弟等で、唐にとって送還することで、身代金を得る等、利益を得られると考えられた日本兵捕虜ではないだろうか。
もし、本当に占領軍だったとしたら、旧唐書等、中国の史書にどこに駐屯したという記載がないのが不自然極まりないと思う。

111 :世界@名無史さん:2009/06/21(日) 13:59:03 0
日本の側にも2000人が捕虜送還だと書かれていないのは、不自然至極だと思うな。
普通に読めば、使節の安全を守るために護衛をつけて47隻分の船乗りも含めれば総計2000人ってことじゃないかな。
捕虜も若干は居たかもしれないけど、日本に送還してまで身代金が取れそうなクラスが2000人も居たとは思えないし。


112 :世界@名無史さん:2009/06/21(日) 14:05:56 0
確かにペリーが軍艦率いてやってきたからって、日本が占領されたわけじゃないからな。

敵地に使者を派遣するんだから、相手を威圧するに十分な護衛の兵力連れて行かないと、
元寇の直前の蒙古使節みたいに首はねられるのがオチ。

113 :世界@名無史さん:2009/06/21(日) 14:09:12 O
二千人でどうやって日本占領すんだよw
蝦夷の動員兵力と変わんないじゃねーか

114 :世界@名無史さん:2009/06/21(日) 14:54:00 0
要するに唐軍2000は、占領軍でも日本侵攻軍でもなく、
単なる使節の護衛ってことでいいんだな。

115 :世界@名無史さん:2009/06/21(日) 21:54:16 0
むげに追い払えないという意味では「進駐」かな。
少なくともこの使節サマ(郭務宗)を怒らせると大変なことになるのは確か。
だからお土産を渡してお帰りいただいたのです。

116 :世界@名無史さん:2009/06/21(日) 22:52:49 0
>>115
その理屈でいえば、ペリー艦隊も「進駐」軍ということになるんだが。

117 :世界@名無史さん:2009/06/21(日) 23:04:18 0
ペリーは長居してないけど、郭務宗は半年ぐらい居座っているね。
ペリーも陸戦隊を率いてそれくらい横浜に粘っていれば「進駐」したと
歴史書に書かれたかもね。

118 :世界@名無史さん:2009/06/22(月) 00:31:05 0
軍隊がやってきて滞在してるって意味で「進駐」というのはわからんでもないが、
戦後日本の「進駐軍=占領軍」的なニュアンスとはちがうんじゃないか?

敵地倭国に乗り込んだ唐の使節に随行した護衛部隊が、その間滞在してたってだけだろ。
もちろん、無言の圧力になったことは否定できんが。

119 :世界@名無史さん:2009/06/22(月) 02:33:41 0
半年も男ばかり2000人も接待するのは難しいぞ。目的はなんだったんだろう。

120 :世界@名無史さん:2009/06/22(月) 03:44:39 0
ヘラスとペルシアの関係と日本と唐の関係はかなり似てると思う。
元々大陸の陸軍国が島国(ヘラスは北方が踏破困難だったので島国同然)と戦うために水軍を持ってる属国を先鋒に仕立て上げて、結局失敗したってことでしょ。
日本列島は九州から瀬戸内海、それから畿内に攻め込む戦略に対しては異常に縦深があるからね。
こんな奥地まで入り込む必要性は唐としても認められないだろ。
それ以前に高句麗征伐に失敗してるんだし。

元もそうだったけど、関門海峡を抉じ開けるのが至難の業。


因みにサラミスの海戦ではテミストクレスがアテナイ本土を捨ててまで海上決戦に拘ったのは、
「ペルシア方の水軍を殲滅すればエーゲ海の制海権はヘラス方に帰し、ヘレスポントスを封鎖すればクセルクセス以下のペルシア高官は補給を絶たれ袋の鼠になる」
って勝算があったからだろ。
マルドニオスは実際玉砕したし。

大陸国家には島国を攻略するノウハウが少ないから唐も占領地を固める方が重要。
その上に新羅が半島全土を制圧する動きを抑えられなかった。
日本に攻め込む余裕なんてないって。


121 :世界@名無史さん:2009/06/22(月) 04:52:20 O
当時の船の技術からして人間を大量に運ぶのも大変だし、
補給も現地調達だけでは無理だろうから、補給も大変。
地中海みたいに航海は楽ではないし。

122 :世界@名無史さん:2009/06/22(月) 06:12:44 0
>>118
占領軍という印象を和らげようと進駐軍と呼べとGHQが命令していたような気がした。

123 :世界@名無史さん:2009/06/22(月) 18:50:34 0
>>119
当然護衛部隊だろ。
使節が殺される例は腐るほどあるじゃん。

124 :世界@名無史さん:2009/06/22(月) 19:09:18 0
実際、後世でDQN執権がやってくれたからな。
さすが東方蛮族。

125 :世界@名無史さん:2009/06/22(月) 19:43:44 O
まぁ昔の宣戦布告のやり方としてはメジャーだな

126 :世界@名無史さん:2009/06/29(月) 20:26:52 0
>>106
古代山城って唐の使節に見せつけるために作ったんじゃないかな

唐の使節を太宰府に迎えた日本側の外交担当者は大野城の城壁をアゴでしゃくり
隋唐帝国はいままで朝鮮半島でずいぶんこのテの城に悩まされたそうですな?
わが日本にもこれと同じ城が千箇所ぐらい出来てますぞ・・・とか吹いてみる



127 :世界@名無史さん:2009/06/30(火) 18:25:14 0
2000名の唐の使者は捕虜交換に訪れたって書いてもないから、
長期滞在することで倭の内情を偵察しにきたんだろう。

そして百済の技術者を使って迅速に山城を築き上げている様と
2000名に対する手厚い歓待の様を見て、征伐する必要なしと判断させたに違いない。


128 :世界@名無史さん:2009/07/02(木) 01:30:11 0
>>125
This is Sparta!!! と同じだな。 史実は、「土と水がほしけりゃ好きなだけ取れよ」と
いって井戸に突き落としたわけだが。

129 :世界@名無史さん:2009/07/14(火) 04:43:36 0
>>5
この頃は朝鮮半島に関わらず、中国もそうだが、いわゆる王朝人と被支配層は民族も違えば言語も違う。
ちょうど日本がアメリカに負けて、GHQが日本を統治していたような状態だ。
アメリカには大統領という、まあ王様みたいなのが居るが、GHQのトップはマッカーサーという軍人だ。

マッカーサーはアメリカの出先機関の監督に過ぎないが、当時の日本では日本の王と言うことになる。
マッカーサーの家族や、取り巻きの役人がさしずめ王族であり、進駐軍が日本の正規軍となる。
そして被支配層が先住日本民族となる。

で、高句麗は扶余族、百済も扶余族(と言われているが高句麗とはちょっと距離がある)、
新羅は建国時は倭人だったと言われるが血統は断絶し、後の統一新羅の中の人ということになる。
まず高句麗と百済の王朝人は扶余族であり、現在の朝鮮族とは血統的にも文化的にも全く関係がない。
百済の日本への亡命者が日本に先進文化を伝えたと韓国人は自慢するが、彼らは全く関係有りません。

そして統一新羅の中の人が朝鮮族のルーツとなる。
(但し現在の朝鮮族は1000年以上に渡る民族浄化により、当時の統一新羅のDNAは数%程度しか残っていない)
蒙古に注進して日本を侵略しようと強行したのは高麗人であり、統一新羅の子孫の一つである。
まさに現在の朝鮮人の先祖が日本人を虐殺したわけです。しかし韓国人はこのことを一切触れません。

話を戻すと、日本に亡命した百済人は当然のことながら支配層であり王朝人であった数百人〜千人規模
の人たちで、ただし上でも書いたように現在の朝鮮人とは何の関係もありません。
古今東西、朝鮮族が日本にもたらしたのは犯罪だけです。

130 :世界@名無史さん:2009/07/14(火) 22:44:09 0
>>129
新羅は百済と高句麗の貴族を官位を下げて新羅の官位に統合したようなのだが。

131 :世界@名無史さん:2009/07/15(水) 22:06:36 0
>>129
妄想乙

132 :世界@名無史さん:2009/07/15(水) 23:05:01 0
>>129

>(百済人と現住朝鮮人は)全く関係有りません。
>そして統一新羅の中の人が朝鮮族のルーツとなる。

なるほどねぇ。歴史に詳しくなくても理解できる。

高句麗人は騎馬民族って話を聞いたことあるし、百済人は親日で高い技術力。
残る新羅は事大主義。

どう考えても、今の朝鮮人の祖は新羅でしょ!
百済人の子孫なら、こうも日本に差をつけられなかったでしょうね。
ご先祖様までコリエイトか…。

133 :世界@名無史さん:2009/07/15(水) 23:08:22 0
>>132
根拠なしの妄想乙

134 :世界@名無史さん:2009/07/16(木) 00:10:27 O
高句麗や百済に水爆でもおちたのだろうか

135 :世界@名無史さん:2009/07/17(金) 04:37:01 0
>>132
朝鮮半島の国家にどれだけの少数民族が住んでたかの検証がないと新羅、高麗、朝鮮の繋がりも分からないよ。
もちっと気を付けてみよう。

136 :世界@名無史さん:2009/07/17(金) 21:46:34 O
日本も朝鮮も晨(渤海)も「中国の東」という意味の漢語なのね

137 :世界@名無史さん:2009/07/17(金) 23:18:29 0
日本に亡命した百済人と高句麗人は仲良くできただろうか。
同じ境遇になったとはいえ、人間はそう簡単に過去を忘れて
和解することはできないだろうか。


138 :世界@名無史さん:2009/07/21(火) 14:05:16 0
高句麗時代と推定される遺物、渤海で初めて見つかる
http://news.imagista.com/news/world/korea/

139 :世界@名無史さん:2009/07/26(日) 02:45:40 O
旧唐書 東夷伝 百済伝

仁願、仁軌等既還,隆懼新羅,尋歸京師。儀鳳二年,拜光祿大夫、太常員外卿兼熊津都督、
帶方郡王,令歸本蕃,安輯餘衆。時百濟本地荒毀,漸為新羅所據,隆竟不敢還舊國而卒。
其孫敬,則天朝襲封帶方郡王、授衛尉卿。其地自此為新羅及渤海靺鞨所分,百濟之種遂絶。

>百濟之種遂絶
>百濟之種遂絶
>百濟之種遂絶



140 :世界@名無史さん:2009/07/26(日) 14:22:47 0
つまりキムチどもの祖先がジェノサイドしちゃったわけか!

141 :世界@名無史さん:2009/07/26(日) 23:39:12 0
NHKでちょうどここのスレの時期が対象のETV特集を放送したけど
スタジオに反日歴史吹聴団体である東北アジア歴史財団の研究員を出演させて延々と語らせるNHKって何?

「東北アジア歴史財団」で検索してみ、独島とか慰安婦とかいっぱい出てくるから

142 :世界@名無史さん:2009/07/26(日) 23:58:42 0
こんなとこの人間を連れてきて古代史を延々と語らせるNHK
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

「東北アジア歴史財団」
独島研究所
http://japanese.dokdohistory.com/
東海の独島は明らかに
大韓民国の領土

↑↑↑↑↑↑
こんなとこの人間を連れてきて古代史を延々と語らせるNHK

143 :世界@名無史さん:2009/07/28(火) 11:02:03 0
で、具体的に番組内での東北アジア歴史財団の人のどの発言がおかしかったの?


144 :世界@名無史さん:2009/07/30(木) 23:23:01 0
答えられません・・・

145 :世界@名無史さん:2009/07/31(金) 11:47:55 0
wwww

146 :「白村江の戦い」を教えない韓国の歴史教育:2009/07/31(金) 13:26:37 0
毎日新聞web版 2006年9月26日
http://www.mainichi-msn.co.jp/kokusai/asia/column/seoul/news/p20060926org00m030069000c.html
ソウル発人&風:第53回 「白村江の戦い」はなかった?!

錦江河口近くの風景
 2年ほど前、東京にいたころだ。駐日韓国大使館の幹部と話をしていて、彼が「白村江の戦い」(663年)を知らないのに気付き、驚いたことがある。

 この幹部は、40歳代後半。日韓関係史に関する知識はアマチュア水準の人だったが、「白村江の戦い」といえば、日本の高校教科書にもしっかり載っている歴史的事件である。
外交官として長いキャリアがある人物が「そんなことがあったのですか」と首をかしげるのを見て、仰天するしかなかった。

 韓国で「白村江の戦い」はどう教えられているか。それ以来、いささか気になっていた。


群山港
 最近、この戦いが行われた錦江(白村江の現在名)の河口にある韓国・群山市に出かけたのを機会に、その実像が分かってきた。

   *         *

 「広辞苑」(第5版)に、こう書いてある。

 <白村江(はくそんこう)の戦> 663年、日本・百済連合軍と唐・新羅連合軍の間で行われた海戦。日本は百済王子豊璋を救援するため軍を進めたが、唐の水軍に敗れ、百済は滅亡した。

   *         *

 群山市の公式ホームページ(日本語)には、こう書いてある。

 「二回目の闘いは663年、倒れた国の再興をかけた百済の復興軍と羅唐連合軍との伎伐浦海戰、又は白村江海戰と呼ばれる闘いが、この地域である錦江河口で繰り広げられた。
この闘いで百済の復興軍の敗北により百済は完全に滅亡することとなる」http://www.gunsan.go.kr/japanese/tour/tour0101.jsp

 ここには「倭(日本)」は、登場しない。地元の歴史記述に「日本はない」のである。どうしたことだろうか?

147 :「白村江の戦い」を教えない韓国の歴史教育:2009/07/31(金) 13:27:53 0
「歴史を歪曲する韓国人」の表紙
 答えは、簡単に見つかった。

 ソウルの大型書店の歴史書コーナーにならんでいる単行本「歴史を歪曲する韓国人」(バンディ出版社、2006年5月20日初版刊行)に、その理由が明確に書いてあったからだ。

 この本の副題は「オントリ教科書を批判する」。オントリというのは「でたらめ」「いんちき」「うそ」と言った意味の韓国語だ。著者のキム・ビョンフン氏は、1959年生まれの元新聞記者であるという。

 その28、29ページ。翻訳してみると、

 「(高校)教科書の<百済と高句麗の滅亡>(54ページ)には、『この時、倭の水軍が百済復興軍を支援するために、百江入り口まで来たが、敗れて追い出された」とだけ書いてある。
『韓国史新論』には出て来もしない。(中略)。おかげで韓国人たちの大部分は、百済復興のために日本の大軍が海を越えてきたという事実すら知らない」

 つまり、教科書(国定高校国史教科書)には1行ほどしか「倭の支援」について記述がなく、韓国の代表的通史である「韓国史新論」(李基白著)には、まったく記述がないということなのだ。

 これで、群山市のホームページの記述の仕方も、韓国では例外的なことではないことが分かる。

 どうしてなのか?

 群山市の歴史研究家2人に問いただしたが、2人はその理由について沈黙するばかりだった。

 別の大学教授(薬学専攻)は、「日本は常に侵略者という韓国側の固定概念からすると、説明しにくい事実だからじゃないんですかね」と語った。まあ、そういうことだろうか。

148 :世界@名無史さん:2009/08/02(日) 05:16:45 0
都合の悪いことは古代の話でも教えられない、と。
本当屑だな。

まあ百済の偉いさんは倭国が引き取ったので、以後百済がどうのとか半島の人間が言うの禁止な。

149 :世界@名無史さん:2009/08/02(日) 07:49:25 0
じゃあ韓国で百済の事を教えないのは正しいということになるな。


150 :世界@名無史さん:2009/08/02(日) 08:05:18 0
>百済の偉いさん
当時の朝鮮半島は支配層と被支配層は全く異なる民族で言語も共有していない状態だったので
単純に偉い人と言うと階層的エリートと勘違いしてしまうので一言。

・支配層
 王族:権力を相続する血族
 朝廷:王族と同じ民族で近親者などで構成
 専門技術者:王族と同じ民族または特殊な専門性を持った優れた移民
ここから下は民族が異なる
・一般層
 周辺地域からの交易者、関係国からの移住者
・被支配層
 雑多な中国系先住民(亡国者)
 ワイ族などの未開人(朝鮮族のルーツとなった沿海州からの流民)

日本が受け入れたのは支配層の一部

151 :世界@名無史さん:2009/08/02(日) 19:19:20 0
唐書によれば百済は76万戸。日本が受け入れたのが数千人とすれば
0.1%ほどを受け入れたことになるか?

152 :世界@名無史さん:2009/08/02(日) 22:26:34 0
>>151
百済王族とその近親者
土木技術者、陶器職人などの専門職(頭領クラスは元々帰化移民だが、子弟は百済人)

亡命できなかった百済人のほとんどが新羅人(ワイ族)に虐殺された。

韓国人が自分たちのルーツである百済人が日本を作ったというのは完璧な嘘です。
・韓国人と百済人は全くの別物
 奴隷として連れてこられたアフリカンの子孫の黒人が、インカ帝国を作ったのはウリたちと言ってるような物。
 まず血の繋がりがない、文化的継承もない。韓国人が誕生したのは百済の時代から800年以上後のことだし。
・日本は百済より数百年も以前より存在する古い国であり、百済は日本の植民地的存在であり、それゆえ
 忠義が厚く、専門技術を持った亡命者を受け入れてあげただけのこと。

153 :世界@名無史さん:2009/08/02(日) 23:29:49 0
>>152
ワイ族は新羅人より扶余人や高句麗人に近いのではないか?

154 :世界@名無史さん:2009/08/03(月) 00:59:46 0
ワイ族は扶余系だもんね
強いて言うと、新羅より扶余系である百済人のほうが
ワイ族の可能性は高いかも。

155 :世界@名無史さん:2009/08/03(月) 01:44:16 0
>>152
植民地的存在というのは言いすぎ。
外交的に優越していた、くらい。

日本から総督が派遣されてたわけじゃないし、任那4県割譲とか不穏な事態になったときもあったし。


156 :世界@名無史さん:2009/08/05(水) 05:27:41 0
任那って古くから半島南部に住んでた倭人の末裔じゃないの?
大和政権の固執振りは尋常じゃない。
海を挟んで二分された同族の居住地だからあれだけ拘ったんじゃないの。

ギリシアにとってのイオニアみたいなもんでしょ。

157 :世界@名無史さん:2009/08/05(水) 08:15:54 0
倭人=日本人ではない。日本人のルーツの一グループではあるが。

倭人とは中国沿岸〜朝鮮半島西南沿岸〜九州北部を勢力範囲とする海洋民族集団で
その一部(九州や瀬戸内海に土着したグループ)は日本人となった。
中国沿岸の倭人は大陸勢力に押されて歴史の中に消えていった。

後世倭人と称して朝鮮西南部で海賊行為をしていたのは、倭人ではなく中国人や当時の新羅系朝鮮人。

半島の倭人は日本と良好な関係を持った国=三韓などを築いたが、唐の軍事的圧力の中で消えていった。
半島南部の倭人は民族浄化(唐とか新羅とか元とか)により混血が進み、倭人の血は1%未満になった。

158 :世界@名無史さん:2009/08/05(水) 11:25:05 0
>>156
鉄の産地だからです

159 :世界@名無史さん:2009/08/05(水) 13:12:44 0
ところで日本列島で鉄の原材料が産出されるようになるのは何時からですか?

160 :世界@名無史さん:2009/08/06(木) 05:00:22 0
>>159
遅くとも弥生時代じゃなかった?
砂鉄を溶かして成型する「たたら製鉄」の起源はかなり古いよ。

時代が下ると金・銀・銅・鉄なんかが完全に自給出来るようになるけど。

161 :世界@名無史さん:2009/08/06(木) 12:04:01 0
とすると朝鮮半島に鉄を求めた理由が分からなくなる。

162 :世界@名無史さん:2009/08/06(木) 18:35:34 0
倭人と韓人と漢人ははっきりと区別されてた罠

163 :世界@名無史さん:2009/08/06(木) 18:58:53 0
弥生時代の鉄は朝鮮半島から輸入されたものだよ。
http://www.geocities.jp/tyuou59/tetubunnpu1.html

164 :世界@名無史さん:2009/08/10(月) 15:02:47 0
新羅や百済の製鉄遺跡は3世紀ぐらいのが見つかってるけど、
日本最古の製鉄遺跡は6世紀後半のカナクロ谷遺跡だったかな。


165 :世界@名無史さん:2009/08/11(火) 10:39:21 0
>>157
三韓が倭人の国なら新羅も倭人の国ってことにならないか

166 :世界@名無史さん:2009/08/11(火) 13:47:37 0
新羅の成立は倭人(これは古文書にきちんと記録があったはず)、
ところが沿海州からワイ族が流れ込んできて国を乗っ取ってしまった。
新羅王族というのは前期は倭人、後期以降はワイ族であり、統一新羅の頃は既にワイ族国家だった。
その背景には半島を支配下に置こうとする唐の力が強く働いていた。

これはちょうど今の日本に似ている。
日本に数百万人の朝鮮系が移住し、外圧を利用して
(戦後間もない頃はGHQの対日傀儡支配政策として、現在は中共の対日侵略の走狗として)
朝鮮人が日本の政財界を乗っ取り、今まさに中共傀儡政権としての朝鮮族国家を作ろうとしている。

167 :世界@名無史さん:2009/08/12(水) 00:07:34 0
>新羅の成立は倭人

意味不明だが、善意解釈して、新羅を成立させたのは倭人だと言いたかったのだと解釈しよう。
それは倭人の老臣がかかわったと言うあれのことか?
だったら新羅=倭人というのは無理があると思うぞ。


168 :世界@名無史さん:2009/08/13(木) 00:37:28 0
>>166
ワイ族ってことは高句麗や百済や渤海と同系ってことか?
統合されていったのも納得ってとこか?

169 :世界@名無史さん:2009/08/23(日) 10:16:29 0
 邪馬台国はどこにあったのか‐畿内説と北九州説を中心に幾つかの推論があり、決着はついていない。
ことほどさように古代史はミステリアスであり、重点を置く資料や切り口によって異なった推論が成り立つ。

 「四世紀前半、南朝鮮の加羅から北部九州に渡来した加羅系渡来集団は、邪馬台国を滅ぼし、
北部九州に前進基地をつくりました。彼ら渡来集団は瀬戸内海を東進して……」。このような記述から、
著者の立場ははっきりしているが、それはともかく、仁徳陵と次に大きい応神陵の被葬者がともに百済・
蓋鹵王(即位455〜没475年)の弟であり、前者が余紀、後者が昆支だと特定し、
倭王武=ヤマトタケル=八幡神=大国主命=スサノヲがすべて昆支と同一人物だと主張する。

 日本最大級の古墳になぜ百済から渡来した二人の王子が埋葬されているのか、をキーワードに、
江上波夫氏の「騎馬民族征服王朝説」を継承しつつ、「その説を乗り越えた」在野の古代史研究者の
石渡信一郎氏の説を受けて、韓半島南端の加羅と、百済から渡来した新旧二つの集団による古代
日本国家建国の史実に迫ろうとしたものだ。

 古代史の大事件が百済系と新羅系(加羅を含む)の相克であったと解釈する人が少なくない。これを
補強する緻密な研究と言っていいだろう。

(林順治著、河出書房新社、1800円+税)

(2009.6.17 民団新聞)
http://www.mindan.org/shinbun/news_bk_view.php?page=1&subpage=2054&corner=6


170 :世界@名無史さん:2009/08/23(日) 14:15:55 0
もし北方騎馬民族が大和を征服したのなら、なぜ北方騎馬民族の誇り高き武器、
彎弓(中国・朝鮮の弓はみなこの形式である)、短弓が広がらず日本古来の和弓、
長弓のままなのかね?
http://yamatai.cside.com/katudou/image/265-1.jpg
http://yamatai.cside.com/katudou/image/265-2.jpg

日本では弥生から現代まで長弓を下3/1(唯一倭人だけ)の所で射るやり方だよ。
騎馬戦法でも短弓の方が便利なのに、無理して長弓を使うどうしてかな?倭人の誇りだから。
『魏志倭人伝』に「木弓は下が短く、上が長い」と記されているのも、この弓のこと。
http://yamatai.cside.com/katudou/image/265-9.gif

それに、誇り高き北方騎馬民族が、征服者なのに名前が倭人系の名になるはずが無いだろ。
先祖や神の名も倭人系なのを消すはずだろ。朱蒙や檀君の神話は一切無いね。!!!!


171 :世界@名無史さん:2009/08/23(日) 14:27:02 0
それにそんな事件あれば中国人が記録してるだろう( `ハ´)

172 :世界@名無史さん:2009/08/23(日) 18:07:52 O
天孫降臨はカラ由来だったか?

173 :世界@名無史さん:2009/08/23(日) 23:17:57 0
>>170の話題の主旨は只単に長弓短弓を使ってる使ってないの問題じゃ無く

射撃法の問題で下3/1辺り、下を短く上を長く取った位置で矢を射る
射撃法は倭人しかやらないって事なんだよ。
http://img.houseco.jp/blog/photo/5244.jpg
http://yamatai.cside.com/katudou/image/265-1.jpg
http://yamatai.cside.com/katudou/image/265-9.gif
長弓を使う民族は太平洋島嶼部に何部族かは居るみたいだけど全て
弓の中心で射撃を行なってる。
http://yamatai.cside.com/katudou/image/265-10.gif
http://yamatai.cside.com/katudou/image/265-7.jpg
http://yamatai.cside.com/katudou/image/265-9.jpg
http://yamatai.cside.com/katudou/image/265-12.jpg
彎弓 ・・・・・モンゴル、朝鮮、ペルシャ
http://yamatai.cside.com/katudou/image/265-6.jpg
http://yamatai.cside.com/katudou/image/265-8.gif


174 :世界@名無史さん:2009/08/24(月) 00:24:46 0
>>170->>173>>169への反論?

175 :世界@名無史さん:2009/08/24(月) 00:43:37 0
あちこち同じの貼り付けてるタダの基地外だよ

176 :世界@名無史さん:2009/08/24(月) 08:53:47 O
>>175
たしかに>>169は、前に別のスレで、見たな。
本を売る為の宣伝かな?

177 :世界@名無史さん:2009/08/24(月) 17:54:26 0
日本列島に人類が移住してくるが、其の順序が分かっていない。また、渡ってきても
それが軍人なのか、職人なのか、役人なのか、坊さんか、外交官なのかで違ってくる。
一般には、食い潰して海を渡ってくることもあるし、商売で遣ってくる場合もあるし、
秦朝の徐福みたいにハッタリで遣ってくる場合もあった。結果は、先住民と喧嘩となり、
戦争となるのだ。食料・水の奪い合いと領土(畑・道・家屋)の奪い合いと女(継承)
の奪い合いとイデオロギー・宗教・呪術の論争と言語の違いでぶつかり、調停が出来な
いから覇権争いとなり、それが原因となり戦争が起きて国家が出来る。
扶余族が東北地方よりも更に北西から旧満州を経て朝鮮半島に5-6波に分かれて
遣ってくる。次々に、3韓を作る。馬韓・弁韓・辰韓だ。其の後で、朝鮮半島に来る
扶余族が来る時は海を渡ってくる訳だ。それが、出雲とか、九州に来る。出雲王朝は
方型墳で、九州王朝は円型墳墓だ。統一されると、合体して前方後円墳となる。日本
の古代国家を纏めるので、大和となる時に、応神天皇稜とか言われるものを作って、
公共事業で食べ物とか衣服を支給するのだ。

178 :世界@名無史さん:2009/08/24(月) 17:58:20 0
つまり、国家に依る有効需要の創造と言う New Deal を遣った。それでも、働き口が
ないから、軍隊を作って軍人を養う事になる。日本領土内では、無理だから、元北朝
鮮半島に出て行くのである。其処は故郷でもある。そこで、遠くもない親戚である扶
余族の王朝が在るから、相談を受ける事になる。彼等朝鮮半島の扶余族は、其のうち
経営の仕方が分からないから、経営権を委任される。それが、任那である。旨く行く
ので、加羅国(カラグク)· 安羅国(アンラグク)·斯二岐国(サイギグク)·卒麻国(チョ
ルマグク)·古嗟国(コチャグク)·子他国(チャタグク)·散半下国(サンバンハグク)·乞
飡国(コルチャングク)·稔禮国(ヨムリェグク)と任那4県以上を経営する。今の全羅
南道・北道を経営する。時代が過ぎると、統治上の姻戚関係が複雑となる。兄弟喧
嘩が親戚の喧嘩となり物凄い騒動となる。その時に、百済とか、新羅とか、名乗り
始める。何故かと言うと、国家経営が旨く行き始めて、領土が重なると、利害関係
を調停できなくなり、軍隊が出てくるときに、格好善い名前を付けたいからだ。
任那は、人偏だ。何故ならば、徐福が日本列島に行ったことになり、倭人は中国人
の親戚だと言う観念が、中国からはあるからだ。任那は、倭人なので、中国からは
特別扱いである。新羅と百済は、獣編だった。

179 :世界@名無史さん:2009/08/24(月) 18:07:35 0
他人に読ませるつもりがないのか、まったくもって自閉症的な文章だな。

180 :世界@名無史さん:2009/08/25(火) 04:17:00 0
>>179
そこまで言わんけど、読み辛い文章であることは間違いない。
せめて改行しろよと。

181 :世界@名無史さん:2009/08/26(水) 06:31:39 0
このスレでも質問しますが、
百済と新羅は日本に朝貢して服属してたけど、
百済王族は倭によって婚姻が決められており倭人との混血が繰り返され、
基本的に百済王の后が倭人の中から選ばれ、その王子が王位に付くまでの間、倭が王子を人質として扱ったけど、
新羅王族も新羅王も倭人との混血児だったの?


182 :世界@名無史さん:2009/08/27(木) 23:48:59 0
中国のやる朝貢ではなく、たんなる同盟もしくは従属関係だろ。

朝貢は贈り物よりも大きな贈り物を返さないといけないが
倭が百済新羅に大きな贈り物を持たせて返した物品などない。
軍事的支援をしてただけだ。だから朝貢ではなく、同盟もしくは従属させてた。

183 :世界@名無史さん:2009/08/28(金) 14:08:09 0
朝貢なんてのは、実際のところ単に外交使節の渡来や貿易関係を言い表す表現に過ぎない。
よって朝貢という言葉に拘るよりも、実質的にどのような国家間関係であったを見たほうがよい。

ここで『日本書記』に書かれた国家間関係を見ると

高句麗は、たまに朝貢し、たまに交戦する関係。

百済は、常態的に朝貢し、王族を送ってきている。
王位に誰がつくかもコントロール下。即ち従属的立場にある。

新羅は、本来常態的に朝貢しなければならい義務があるが、
しょっちゅう朝貢義務を怠るので、しょっちゅう征伐する。
征伐すると屈服するので、許すけど、また朝貢せずに叛く。
また征伐。 この繰り返し。

三国による朝貢記事は、外交使節の来航ぐらいに受け取ればよい。

『日本書記』『三国史記』『広開土王碑』それぞれプロパガンダもあるので
適度に差し引いて読むと、大和朝廷が半島に進出して、ある程度の影響力
を確保していたとみて大方調和する。
そのことは、中立的立場にある中国『宋書・倭国伝』においても確認できる。

ただ>>181の↓これはない。
>百済王族は倭によって婚姻が決められており倭人との混血が繰り返され、
>基本的に百済王の后が倭人の中から選ばれ、

184 :世界@名無史さん:2009/08/29(土) 07:28:13 0
現在の韓国人・北朝鮮人である朝鮮民族と百済人や高句麗人は別言語を話す別系統の民族じゃなかったっけ?
韓国人=朝鮮人の先祖は、古代半島の東北部、 いわゆる中国領・楽浪郡の東部地方(日本海沿岸地方)に 住んでいたワイ族。
百済人、高句麗人は古代の満州地方に住んでいた遊牧民族=フヨ族。

ウィキペディア-朝鮮民族
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9C%9D%E9%AE%AE%E6%B0%91%E6%97%8F

歴史
朝鮮半島では4世紀頃までに高句麗、新羅、百済の三国が興り三国時代と呼ばれるが、7世紀に中国の唐が新羅と結んで高句麗、百済を相次いで滅ぼし、さらに新羅が唐の勢力を追放して朝鮮半島を統一した。
高句麗や百済の支配層は扶余系とみられ、韓系である新羅人とは別系統の言語を話した。
一般的に現在の朝鮮語の祖語は新羅語とされている。このことから言語をもって民族の基準とすると、朝鮮民族を形成していった主流は新羅人であると考えられる。

ウィキペディア-新羅
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%96%B0%E7%BE%85

脚註
^ なお韓国では、高句麗の滅亡後にその遺民が靺鞨族と共同して満州に建国した渤海を高句麗の後継国家と見なし、新羅・渤海をあわせて南北国時代と呼び、朝鮮民族史の及ぶ地理的範囲を朝鮮半島から満洲・沿海州を含めた領域としている。
しかしながら、言語的観点から現代の韓国・北朝鮮の祖とされる新羅と、高句麗・渤海とでは、民族的・言語的に隔たりがあり(金芳漢著・大林直樹訳『韓国語の系統』)、
高句麗・渤海を現在の韓国・北朝鮮へ連続する国家と見なす十全な根拠がないため、高句麗・渤海の故地を領土に含み、また高句麗・渤海と民族的に同系である満州族を国民として多数抱える中国との間に軋轢が生じている(→東北工程)。


185 :世界@名無史さん:2009/08/29(土) 12:45:00 0
そもそも百済や高句麗は一枚岩だったのか?
支配階級さえ複合的かもしれない

186 :世界@名無史さん:2009/08/29(土) 17:58:56 O
日本人(ヤマト民族)も一枚岩だったか?

187 :世界@名無史さん:2009/08/29(土) 21:02:45 0
ワイも扶余だというのに

188 :世界@名無史さん:2009/09/01(火) 03:56:20 0
>>186
現存の日本人全部と言うなら明治まで一枚岩じゃなかったろ。
もう少し基準を緩くしても、本州全体が「日本」に一統されるのは鎌倉時代。
古代史を語るのに引き合いに出すべき命題じゃない。

そもそも畿内政権が競争者を完全に屈服させたのがいつかも分かってないのに。

189 :世界@名無史さん:2009/09/06(日) 15:12:49 O
大和イコール新羅とすると高麗は将門政権か鎌倉みたいなもんか

190 :世界@名無史さん:2009/09/09(水) 11:24:31 0
【韓国】中国は反省せよ・・・我々の祖先の国は「韓国古代国家」と明らかになったではないか
http://maokapostamt.jugem.jp/?eid=2035

【韓国】漢字は東夷族が作った文字。我が国は漢字教育を堂々と推進すべきだ … 朝鮮日報コラム ★3 [09/22]
http://jsmind.blog18.fc2.com/blog-entry-1388.html

【韓国歴史】 私たちの先祖が作った漢字には韓民族の哲学思想が込められている〜韓民族史観定立意識改革会講義[11/05]
http://maokapostamt.jugem.jp/?eid=5462

【韓国】 殷は東夷族の国だった〜漢族はその事実を信じたくなくて意図的に無視した[03/18]
http://news24.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1206025708/

【サーチナ/中韓歴史論争】韓国KBS「満州はわが領土だった」、中国紙応戦「でっちあげ」[9/8]
http://yutori7.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1252385147/

【韓国】教育現場に日本植民地時代の痕跡多数、清算めぐり見解差も 中学校校長「満州と朝鮮半島は単一圏とみなすのが正しい」[08/13]
http://yutori7.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1250143141/


191 :世界@名無史さん:2009/09/13(日) 17:59:03 0

中国が高句麗は中国の国家だったと主張してるのは北朝鮮崩壊後に介入した際に、
朝鮮半島北部を支配する為だって。元毎日新聞中国総局長や勝谷誠彦が言ってる。

中国 vs 韓国 歴史問題
http://www.youtube.com/watch?v=9nfJ6j9EBxw

中国 vs 韓国 歴史問題 2
http://www.youtube.com/watch?v=Et8qBnSPlYM&feature=related


せと弘幸 街頭演説 中国は高句麗は支那民族の国であると主張し始め、北朝鮮崩壊後に支配する事を目論んでいる。
http://www.youtube.com/watch?v=xdnNAU7o4Y0


192 :世界@名無史さん:2009/09/14(月) 03:22:27 0


193 :世界@名無史さん:2009/09/14(月) 03:23:38 0


194 :世界@名無史さん:2009/09/14(月) 03:24:29 0


195 :世界@名無史さん:2009/09/14(月) 03:25:14 0


196 :世界@名無史さん:2009/09/14(月) 03:26:18 0


197 :世界@名無史さん:2009/09/14(月) 03:27:11 0


198 :世界@名無史さん:2009/09/14(月) 03:28:45 0


199 :世界@名無史さん:2009/09/14(月) 03:29:30 0


200 :世界@名無史さん:2009/09/14(月) 15:08:36 0


201 :世界@名無史さん:2009/09/14(月) 15:12:30 0
朝鮮半島の大体の民族構成はこれに書いてある感じか
http://koreaunion.hp.infoseek.co.jp/main.html#one


202 :世界@名無史さん:2009/09/15(火) 13:15:45 0
40 <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん New! 2009/09/15(火) 09:52:20 ID:qaD0OjZL
9月27日(日)にNHKで放送予定の「日本と朝鮮半島2000年 第6回 蒙古襲来の衝撃」の
 内容の説明がNHKのサイトに書いてあった。
 ちょっと読んだだけであまりの空想、妄想に笑ってしまった。
 例えば以下の一文を読んでもらいた。
 
「近年の研究で三別抄の激しい抵抗が日本攻撃を大幅に遅らせるなど、蒙古軍の敗因のひとつに
 なったことがわかってきた。」

 三別抄というのは高麗軍のごく一部が珍島に拠って抵抗したがモンゴル軍に撃破され、済州島に
 逃れて抵抗したが、程なく全滅したというグループだ。
 この程度の集団の抵抗が蒙古軍の敗因の一つになるなどあり得ない話だ。
 しかもこれは元軍の第一回目の襲来の数年前のことであって、第一回目の襲来は対馬の島民を
 虐殺して島民の一部を誘拐して、九州には上陸せずにほとんど戦いらしい戦いもしないで
 引き上げている。
 元軍の艦船が暴風雨によって沈没して大規模な被害を蒙って日本軍に追い立てられて逃げ帰ったのは
 第一回の襲来から7年後の第二回目の襲来時であって、しかもこのときの主力は第一回の襲来後に
 蒙古に服属した南宋の軍隊である。朝鮮の三別抄など影響するはずも無いww

 しかも三別抄が徹底抗戦したというのも?で、実際には蒙古に対して「軍を引いてくだされば
 降伏いたします。」という内容の文書を送っている。
 日本が援軍を出さなかったなどというイチャモンに関しては戦略上から見ても当然の行動であって
 モンゴル軍のような当時の最強軍隊に対して、わざわざ敵地に赴いて戦う馬鹿はいない。

 NHKの番組はここまで朝鮮人のアホの言いなりになっているのかと思うと情けない。
 こんな団体が受信料を半強制的に取り立てる権利はないだろう。 

203 :世界@名無史さん:2009/09/15(火) 15:21:32 0
女子アナの大半が在日と帰化朝鮮
海外特派員も男女を問わず欧米先進国はほぼ朝鮮系オンリー
まさに伏魔殿の外務省駐在員並の貴族暮らしとか
日本人特派員がいるのは命がけの紛争地域派遣くらいでしょ
バラエティー・歌番組は在日層価責め、勿論大河ドラマも日本の武将を在日俳優がw
紅白は言うまでもなし
酷いのは教育番組に在日893事務所タレントがざくざく
民放もローカルのキャスターなんてエラ張ったのばっかりだよ

受信料は日本人から在日貴族への上納金だと思ってるから取って当然!

204 :世界@名無史さん:2009/09/16(水) 01:15:16 0

韓国人=朝鮮人の先祖は、古代半島の東北部、 いわゆる中国領・楽浪郡の東部地方(日本海沿岸地方)に 住んでいたワイ族。
百済人、高句麗人は古代の満州地方に住んでいた遊牧民族=フヨ族。

ウィキペディア-朝鮮民族
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9C%9D%E9%AE%AE%E6%B0%91%E6%97%8F

歴史
朝鮮半島では4世紀頃までに高句麗、新羅、百済の三国が興り三国時代と呼ばれるが、7世紀に中国の唐が新羅と結んで高句麗、百済を相次いで滅ぼし、さらに新羅が唐の勢力を追放して朝鮮半島を統一した。
高句麗や百済の支配層は扶余系とみられ、韓系である新羅人とは別系統の言語を話した。
一般的に現在の朝鮮語の祖語は新羅語とされている。このことから言語をもって民族の基準とすると、朝鮮民族を形成していった主流は新羅人であると考えられる。

ウィキペディア-新羅
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%96%B0%E7%BE%85

脚註
^ なお韓国では、高句麗の滅亡後にその遺民が靺鞨族と共同して満州に建国した渤海を高句麗の後継国家と見なし、新羅・渤海をあわせて南北国時代と呼び、朝鮮民族史の及ぶ地理的範囲を朝鮮半島から満洲・沿海州を含めた領域としている。
しかしながら、言語的観点から現代の韓国・北朝鮮の祖とされる新羅と、高句麗・渤海とでは、民族的・言語的に隔たりがあり(金芳漢著・大林直樹訳『韓国語の系統』)、
高句麗・渤海を現在の韓国・北朝鮮へ連続する国家と見なす十全な根拠がないため、高句麗・渤海の故地を領土に含み、また高句麗・渤海と民族的に同系である満州族を国民として多数抱える中国との間に軋轢が生じている(→東北工程)。



205 :世界@名無史さん:2009/09/16(水) 01:16:13 0
高句麗=扶余系=満州系なんだわな。
高句麗の発祥地は中国の東北地方で、高句麗の数百年の歴史のうちの最初からの半分以上が中国東北地方にしか版図がなく、朝鮮半島には存在はしてなかった。
そして、彼らが滅亡した後は、ほとんど満州の部族に移行している。つまり、どう考えても、高句麗は中国東北系の国なんだわな。

高句麗と朝鮮の関係って大日本帝国の朝鮮と似たようなもんでしょ。
朝鮮に日本家屋があることを理由に、朝鮮人が江戸文明を作ったとかぬかすくらいあつかましい主張でしょ。
何しろ、文明が継承されてないんだもの。
満州人はきっちり高句麗文明を継承してるけど朝鮮は100年前は土人文明だもの。
高句麗はシナと新羅(朝鮮)が連合して消滅させた異民族の古代国家にすぎない。
百済も、高句麗の後継国家、渤海も同じ。


206 :世界@名無史さん:2009/09/16(水) 01:16:54 0
朝鮮人は高句麗とは関係ないポキール族です。

■朝鮮民族の故郷はシベリア・ヤクーツク地方

 朝鮮人は、アムール河流域に住んでいるツングース系諸民族と同種のようである。
アムール河流域の民族には、熊や虎を「山の主」「森の主」として崇拝する信仰があるらしい。
どうやら、朝鮮民族(ワイ族)は、アムール河の以北のシベリア地方から南下してきたようだ。
 朝鮮人の先祖は、狩猟民族のワイ族であるが、このワイ族はロシア領=シベリア・ヤクーツク地方に
住んでいるヤクート族やエベンキ族、エベン族と同種の民族である。
 ワイ族は紀元前の時代、シベリア地方でトナカイやカモシカ、猪などの狩猟をしながら生活していたらしいが、
獲物であるカモシカや猪を求めて南下していき、やがて古代カラ半島の東北部(現在の江原道地方)に
辿りついたようである。南下のルートは下記のような流れであろう。

 シベリア=ヤクーツク地方→ アムール河中流域→ アムール河下流域→ カラ半島東北部

【ヤクーツク地方】
http://www.khabarovsk.ru.emb-japan.go.jp/j/shinai/ykt.htm

【アムール河】
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%A0%E3%83%BC%E3%83%AB%E5%B7%9D

 朝鮮・韓国人は、「自分たちの先祖は満州地方からやって来た高句麗人(フヨ族)だ」と、
主張しているが、これは誤りなのである。
 朝鮮・韓国人とフヨ族はまったく無関係であり、別種である。朝鮮民族はシベリアから南下してきた
狩猟民族=ワイ族の子孫なのである。
 朝鮮人の土着文化がヤクート族やエベンキ族の文化に似ているのは、そのためなのだ。

★朝鮮民族とエベンキ族
http://bbs.enjoykorea.jp/tbbs/read.php?board_id=thistory&nid=1553866


207 :世界@名無史さん:2009/09/16(水) 01:17:43 0
無しさん@お腹いっぱい。:2009/09/15(火) 23:50:48 ID:A47NwTEX
朝鮮人(高麗族、コリョ族)は中国東北部起源の北の蛮族
「楽浪半島、もしくは東シナ半島」の歴史(中国と日本の歴史)
前1000年頃 殷の廷臣、箕氏(中国人)が周の武王から楽浪(半島北部)に封じられる?(周の属国)その後、周の凋落で王を称す?
戦国期 編纂されはじめていた地理書「山海経」に「楽浪の南に、燕に朝貢する倭がある」旨、記される。 辰国(半島南部、百越人の国)は倭そのものか? 百越人(弥生人)とは、失われた長江文明の担い手。現在そのDNAは半島、日本、ベトナム以南にしか残されていない。
前195年 秦に滅ぼされた燕からの亡命武将、衛満(中国人)が箕氏楽浪を乗っ取る。 このころから辰国は三韓に分かれはじめる。 馬韓(後の百済)は百越人の国。秦韓(辰韓、後の新羅)は始皇帝から逃れてきた秦民の国。弁韓(後の任那)も秦韓に似る。
前108年 中国皇帝の武帝が衛氏を滅ぼし楽浪郡を設置、植民地とする。
前37年 東胡を祖とするコリョ族(高麗族)が中国東北部に高句麗(前高麗)を建国。
2世紀 遼東太守、公孫度が扶余族(穢族からコリョ族と分岐)の王、尉仇台に嫁を与え馬韓(後の百済) の王とする。先から三韓の王族は全て扶余族となっていた? 倭王も同族? 新羅三王家のふたつに倭出自伝説が残されている。
3世紀初 公孫康 、曹操の許可を得て楽浪郡南部を帯方郡(後の百済)として設置。
4世紀 晋の八王の乱の混乱に乗じて、高句麗が楽浪郡を不当占拠。百済、新羅が建国。日本を大国と崇め、人質を送る。任那も併せ三韓は日本の勢力下にあった。
7世紀 任那、百済と順に滅亡、遣隋使と合わせて日本は半島から手を引く。新羅、高句麗を征伐。統一新羅は中国の属国となり、独自の名前と年号を捨て、中国式の名前と年号を使い出す。
918年 新羅滅亡、高麗(後高麗)建国。新羅内に雌伏していたコリョ族が国を乗っ取った。

ここまでは、朝鮮人の歴史ではない。


208 :世界@名無史さん:2009/09/16(水) 01:18:47 0
朝鮮人とは朝鮮半島の南側に住んでた原住民で、三韓(馬韓、弁韓、辰韓)人

それに対して高句麗(※)も百済も朝鮮人を支配してた扶余(ツングース)民族だな


広辞苑より
【扶余】前一世紀から五世紀まで、中国東北地方北部に活動した民族。
また、その建てた国。ツングース族の一。一〜三世紀中頃が全盛期、もと百済の別称。
【高句麗】紀元前後、ツングース族の扶余の朱蒙(東明王)の建国という。
中国東北地方の南東部から朝鮮北部にわたり、四世紀広開土王の時に全盛。
都は二○九年より丸都城、四二七年以来平壌。唐の高宗に滅ぼされた。高麗(コマ)。
【渤海】八〜一○世紀、中国東北地方の東部および朝鮮半島北部のあたりに起った国。
靺鞨(マツカツ)族の首長大祚栄が建国。唐の文化を模倣し高句麗(コウクリ)の旧領地を
併せて栄え、七二七年以来しばしばわが国と通交。一五代で契丹に滅ぼされた。
【靺鞨】(マツカツ)ツングース族の一。有力な部族が七部あり、その一である
粟末(ゾクマツ)靺鞨の首長大祚栄は渤海国を起し、また黒水靺鞨は後に女真と称した。
【女真】中国東北地方の東北部から沿海州方面に住したツングース系の民族。
五代の頃より女真と称し1115年完顔(ワンヤン)部の首長阿骨打(アクダ)が金を
建国し宋に対抗。後に清朝を興した満州族も同一民族である。

一方朝鮮人は、朝鮮半島の原住民の事です。
馬韓、弁韓、辰韓の民族ですね。
なので

百済≒高句麗≒渤海  ≠  三韓=朝鮮民族



209 :世界@名無史さん:2009/09/16(水) 01:24:21 0
なぜ朝鮮人は嘘をつくのか Why does the Korean tell a lie?
http://www.youtube.com/watch?v=9ATZG6pyY88
http://www.youtube.com/watch?v=jbgbbXk0n1k
http://www.youtube.com/watch?v=KR7z_-jagCE

■朝鮮人が認められない歴史的事実一覧

・弥生人が長江流域からやってきた百越系民族であること
・半島南部の先住民が倭人(=弥生人=百越系民族)であること
・新羅の建国時の宰相が倭人であり、王家の二つが倭人系統であること、また始祖の朴赫居世についても倭人説があること
・百済、新羅が大和朝廷に対し従属的地位にあったこと
・大和朝廷による伽耶地域の支配(半島南部における多数の前方後円墳の存在)
・半島における文化的独自性の欠落(あらゆる分野での古典の不在)
・常に某かの国の属国として歩んできた歴史
・姓が中国文化の影響を受け、みずから改名し、中国語氏名であること
・朝鮮征伐が日本と明との戦争であったこと(李朝の軍は明の将の指揮下に入り、和平交渉も日本と明の間で行われている)
・朝鮮通信使が実質的に朝貢使節であったこと(琉球の江戸上りと同じ)
・オンモン(朝鮮文字)がパスパ文字、契丹小字をもとにしたものであり、しかもカナより600年遅れて作られたものであること


210 :世界@名無史さん:2009/09/16(水) 01:26:37 0
長い歴史の中で数多くの国や王朝に朝貢し冊封され支配、統治され
朝鮮人は混血も重ねています(大きいところでは中国諸民族、縄文人、倭人、蒙古人、満州人、大日本帝国)

近年韓国で医学界等の遺伝子や血液の分析で朝鮮のルーツは北方である事
南部からの流入(日本の縄文人や倭人、倭人王については完全にスルーしてますが)との
混血である事も徐々に指摘、新聞でも報道されはじめました

血液分析により民族の移動経路を判明する 東亜日報
韓国 台湾 日本、もっとも単一民族に近いのは日本人
http://japan.donga.com/srv/service.php3?biid=2001010317828

"韓民族は単一民族ではない!" 韓国 朝鮮日報
http://news.chosun.com/site/data/html_dir/2009/01/09/2009010901296.html

韓国人、違う民族の血40%位まじっている 韓国 朝鮮日報
http://www.chosun.com/national/news/200604/200604050360.html

顔で見た韓国人、すでに他民族血統…“80%が北方系” 日本版 中央日報
http://japanese.joins.com/article/article.php?aid=90507&servcode=400

もし日本人、韓国人が似てると感じれば、それは激しく混血を重ねた朝鮮人が似てるのであって
日本人が似ているのではないのです

朝鮮はこの通り朝鮮民族だけの物ではありません、
今後は友愛の精神で朝鮮半島は異民族を多く受け入れ多民族多人種社会となり
それぞれの民族の国籍を認め韓国朝鮮人と同じ権利を持ってもらい共生すべきです

国連、「韓国の単一民族強調」人権侵害の恐れ 日本版 中央日報
http://japanese.joins.com/article/article.php?aid=90362&servcode=400

韓国の民族主義を告発、スタンフォード大シン教授(上)
http://www.chosunonline.com/news/20090623000056

211 :世界@名無史さん:2009/09/16(水) 01:28:38 0
【質問】『「我々韓国人は高句麗人(フヨ族)の子孫だ。高句麗は韓国人が建国した国だ」と主張していますが、 これは事実でしょうか?』

【回答】 完全なウソです。韓国人の作り話です。韓国人と高句麗人はまったく別種の民族です。高句麗人は
古代の満州地方に住んでいた 遊牧民族=フヨ族の一派ですが、韓国人=朝鮮人の先祖は、古代半島の東北部、
いわゆる中国領・楽浪郡の東部地方(日本海沿岸地方)に 住んでいたユウロウ族です。狩猟民族=ユウロウ族の子孫が
現在の韓国人です。このユウロウ族はシベリア奥地の山岳部から半島東北部に移住してきた民族です。
 満州地方に住んでいた遊牧民である高句麗人(フヨ族)とは何の関係もありません。強いて関連付けるならば、
一時期、フヨ族がワイ族を 支配化に置いていたこと、くらいです。
 では、高句麗人の子孫にあたる民族とはどのような民族なのか。それは女真族(満州族)です。
高句麗が唐によって滅ぼされた後、高句麗人(フヨ族)は彼らの故郷である『満州』に逃げました。
 高句麗人はこの地において契丹族や鮮卑族、モンゴル族と混血しました。それによって誕生したのが
女真族(満州族)なのです。 この女真族が、1115年に満州地方から中国北部にまで版図を有する
『金国』を建国しました。金国が滅びた後、1616年に、 同じく女真族の国である第2次金国=後金国が建てられ、
この『後金国』が清国へと発展していきます。


212 :世界@名無史さん:2009/09/16(水) 01:29:43 0
高句麗人(フヨ族)の歴史を図にすると、下記のような流れになります。

〔フヨ国→ 高句麗→ 金国→ 後金国=清国 (高句麗滅亡後に建国された渤海国も『高句麗人の国』という説がある) 〕

 見ての通り、高句麗と韓国人は何の関係もありません。高句麗人の末裔と呼ぶべき民族は満州族であり、
韓国人=朝鮮人ではないのです。 韓国人は高句麗人の子孫ではないだけでなく、高句麗人の歴史を受け継ぐ
満州族(女真族)のことを『オランケ』と呼び、蔑んでいました。 オランケとは韓国語で「野蛮人」の意味です。
 韓国人は、「我々は高句麗人の子孫だ」と自称する一方で、本物の『高句麗人の子孫』である満州族のことを、
野蛮人呼ばわりして 見下しているのです。
 ところが最近の韓国人は、時と場所によって「満州族と韓国人は兄弟民族だ」と言ったり、「満州族はオランケであり、
韓国人と違う民族だ」と、 言ったりしています。まさに『ご都合主義』です。自分たちの都合により、歴史を捏造し
歪曲しているのです。 日本人は倭人の子孫である。一方、朝鮮人はユウロウ族の子孫である。この2つの民族は
最初から別種なのだ。


213 :世界@名無史さん:2009/09/16(水) 01:30:58 0


          /\
        / 大\
      / / ̄\ \
    /清|へノ⌒|国/\
    \  \_//  .\
      \属 . /      \
       \/         \
             ∧∧∧∧ \
            <  `/)  >ヽ∧
            /   /  / `∀> ∧∧
          ◇(   イ◇  (   ,つ`∀´>
          /ヽ  )) ヽ  )ヽ )と  , イ
          (_/(_/(_/(_/ノ(_/⊂ノ> )J
      / ̄Y ̄`|/ ̄^Y ̄ヽ/ ̄ ̄Y `´ ̄\
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
見ろチョッパリ! これがウリ達の誇らしい国旗ニダ!


昔の韓国の国旗は、清(中国)の属国と書かれていた

最古の太極旗の絵が発見
http://www.chosunonline.com/article/20040126000072
http://file.chosunonline.com//article/2004/01/26/096308444610326967.jpg

韓国の国旗自体が、中国の清の属国国旗だと言ってるじゃないか


214 :世界@名無史さん:2009/09/16(水) 01:32:30 0
中央日報 2004.09.27 スペイン紙「韓国4228年間、中国の属国」

スペインの有力紙「エル・ムンド」のウェブ版(www.elmundo.es)が
「韓国は4228年間にわたって中国の植民地だった」と紹介した。
「エル・ムンド」は「韓半島は長い歴史のなかで数多くの侵略を受けてきた。中国に1895年まで属していた(略)
「▽韓国が元々中国植民地だったと伝えた米CNNテレビ▽平壌を中国植民地だと紹介したヒストリーチャンネル−−などのケースと同じ脈絡のもの」(略)
http://japanese.joins.com/article/article.php?aid=56213

http://blog.goo.ne.jp/think_pod/e/0b306f901f4daf3e42a18ba5e2664129
世界の教科書
◎ ドイツの教科書
「日本が大陸に最初の足がかりを築いたのは4世紀の事だった。その後300年、
日本は朝鮮半島を支配する地位にあったが、唐との戦争に敗れ、17世紀になるまで待たなくてはならなかった」
◎ フィリピンの教科書
「朝鮮は、その歴史の大部分中国の属国であり、その支配は19世紀に日本に引き継がれた。
日本は自由な新しい秩序を樹立する事によって、朝鮮に平和と安全をもたらそうとした」
◎ インドネシアの教科書
朝鮮を中国の属国として記した。
「朝鮮の文化と芸術は中国・モンゴル・日本文化の影響を受けた」
「朝鮮は言論・宗教の自由が制約を受ける国」
「北部はロシアが、南部はアメリカが占領している」
◎ タイの教科書
「朝鮮は中国の支配下に入り、これが19世紀まで続いた」
◎ ポーランドの教科書
「AD1世紀以来、日本と中国は朝鮮半島の領有権を巡って衝突した」
◎ アメリカの教科書
「朝鮮は中国の従属国」
◎ カナダの教科書
「朝鮮は、数百年間中国の属国」
「日本は<中略>朝鮮に鉄道・道路・港を建設し、産業を発達させて教育の機会を拡大させようと努力した」
◎ イギリスの教科書
「西暦366年から562年まで、日本が朝鮮半島を支配した」

215 :世界@名無史さん:2009/09/16(水) 01:34:26 0
朝鮮の歴史は半万年ではなく千百年弱

「朝鮮、属国史」の始まり
918年 高麗建国
10世紀 宋に朝貢、契丹(東胡の末)に朝貢。
12世紀 金(女真族、東胡の末)に朝貢。
13世紀 高麗はモンゴルの属国となる。劣等感から、一然という僧が檀君神話を捏造し、忠烈王がモンゴルに日本侵略を唆す。
14世紀 高麗滅亡、李朝建国。李朝は最初から明の冊封国で、国名も中国に決めてもらった。
17世紀 清(女真満州族)に服属、三跪九叩頭の礼に甘んじる。
19世紀 日本が日清戦争で中国を破り、属国の李朝は独立させてもらう。(日本の保護国)
1910年 李完用の要請により日本に併合してもらう。李氏朝鮮(大韓帝国)滅亡。
1948年 戦後アメリカ軍政庁の統治下にあったが、アメリカの後押しで大韓民国が成立。
1950年 アメリカとソ連の代理戦争である朝鮮戦争が起き分断国家となる。
1991年 ようやく国連加盟、史上初めて世界から独立国家として認められる。 
1993年 韓国、軍事独裁制を脱し、史上初めて独立民主政体となる。
現在 いまだ言論、学問の自由もなく民主主義とは程遠い国である。北は論外。


216 :世界@名無史さん:2009/09/16(水) 01:35:36 0
百済→王族は扶余族、倭人と混血 、民衆は長江文明の遺臣の弥生人(百越人ともいう)
新羅→王族は扶余族、三王家のふたつに倭人出自説あり、民衆は弥生人と、始皇帝から逃げてきた秦人(漢族)
高句麗→ツングース系女真人
高麗→ツングース系女真人
渤海→ツングース系女真人

渤海と高句麗の民族的人種的なつながりははっきりとはわからないが、
新羅に滅ぼされた高句麗の遺民が建国した国ではないか、とは言われている。
何度も日本に朝貢している。
渤海が滅んだのち、今度はその遺民が高麗を建国した、というのがだいたいの流れ。
中国東北部にいた人々が一時期朝鮮半島に国を作ったとも言えるし、それが朝鮮人であるとも言える。
朝鮮半島は漢族、倭人、中国東北部族、モンゴル人等々、種々雑多な人種が入り乱れている。
日本と違って、半島というのはどこでもそういうもの。いわば人種民族の通り道的な存在。


217 :世界@名無史さん:2009/09/16(水) 01:36:42 0

高句麗は、夫餘から出た別種である。(『旧唐書』高麗伝 :「高麗者、出自扶餘之別種也。」)
高句麗は本来夫餘の別種である。(『新唐書』高麗伝 :「高麗、本夫餘別種也。」)
という記述にもあるように、高句麗族はその起源伝説の類似点から、ツングース系と考えられる
扶余と同じ民族と見られることが多い[2]。史上でも扶余の流民を受け容れていることが記されているが、
民族を同一とするにたる明証はなく、墓制の違いを見る限りは扶余と高句麗との差は歴然としている[3]。
但し、『魏書』百済伝の百済王蓋鹵王の上表文には、「臣と高句麗は源は夫余より出る」
(臣與高句麗源出夫餘)とあり、当時の百済人は高句麗人を同種の夫余とみていたことになる。
なお、扶余族は他に、沃沮(東沃沮・北沃沮)・?・百済(王族)など朝鮮半島に広く分布していた。

wiki より

上記からも、高句麗はツングース系と確定している。当然、朝鮮民族ではない。



218 :世界@名無史さん:2009/09/16(水) 02:01:00 0
======== 偉大な韓国の歴史 ==========
10世紀 長白山が過去2000年間で世界最大級とも言われる巨大噴火を起こす(リセット)

1010年 「契丹」に侵略される。首都開城が陥落。(キタン人化)
1013年から1019年まで継続して侵略される。   (キタン人化)
12世紀 「女真」の侵入。侵略。「金」に朝貢。   (満洲人化)
1231年 「蒙古」に侵略される。首都開城が陥落。国王江華島に逃亡
    長い間、無抵抗の半島はモンゴル軍に蹂躙される。(モンゴル人化)
1247年 「蒙古」に再侵略される。しばらく蹂躙が続く。 (モンゴル人化)
1258年 雙城総管府を置かれる。翌年、王子を人質に降伏。(モンゴル人化)
    国内には多くの蒙古軍人が駐留。        (モンゴル人化)
1270年 東寧府を置かれる。              (モンゴル人化)
    反対派が済州島に移って徹底抗戦。1273年に鎮圧 (モンゴル人化)
1274年と1281年「元寇」(半島人主力で日本侵略。が、全滅(モンゴル人化)
1356年から1362年までの紅巾賊侵入により首都開京が陥落 (シナ人化)
1419年 「応永の外寇」 17000人で対馬を襲撃。船、家を焼き、住民を虐殺する。
    しかし、少数の対馬軍に撃退される。
1592年 と1598年秀吉の「唐入り」 首都漢城が陥落(短期でヤマト化は無理)
1627年 「後金」に侵略される。平壌を超え、侵略されるが漢城までは来なかった。
    しかし、国王は江華島に逃亡(満洲人化)
1636年 「清」に侵略される。首都漢城が陥落。清軍が、す早く江華島への道を遮断。
    泥濘の中、朝鮮王仁祖は清の太宗に降伏、大清国属国となる。(満洲人化)

「屈辱の象徴」三田渡碑の移転決定
http://tosi.iza.ne.jp/blog/entry/610163/
韓国マイナー観光
http://www.geocities.co.jp/HeartLand-Kikyo/1239/w-18.htm


219 :世界@名無史さん:2009/09/16(水) 02:02:09 0
宗主国をかさに、高麗や朝鮮国王にゆすりたかりを働き、一族の利益を図るのが、
朝鮮 半島の鉄則のようなものだ。千余年来、たいてい同じようなことを繰り返したのであった。
だから千年進入され、千回とも敵を撃退したのではなく、属国になると誓ってから宗主国が
兵を引いたという歴史事実が繰り返されている。
 ではなぜ戦後になると韓国知識人の歴史歪曲が、日を追ってますます神話まがいのものまでに
変化していったかというと、それはどの民族も自存自衛のために欠かせない民族の自尊心にある。

韓国は壬辰倭乱(豊臣秀吉公の朝鮮征伐のこと)で焦土と化した。だから三百年もへても立ち
直れなかった。いやがうえにも倭乱のひどさを強調した いという気持ちはわからないでもない。
しかし、考えてもみると、一回の大乱だけで三百年も立ち直れない民族は、世界中のどこにいるのか。
もしあるとす れば、もっと恥を知るべきであろう。戦後、焦土化した日本は半世紀もたたずに
再び経済大国になったではないか。千回も侵略され、すべての侵略者を撃退 したという自慢話と、
三百年も立ち直れないでいるという論理を矛盾することもなく主張することに自己撞着はないのであろうか。
 韓国知識人はつねにこのような歴史歪曲で「反日」を正当化する。

              韓国人の反日台湾人の親日  黄文雄 光文社


220 :世界@名無史さん:2009/09/16(水) 02:03:02 0
日本人「日本書紀に『391年に神宮皇后が百済と新羅を征服したと書いてある。』」
韓国人「捏造だ。」
日本人「三国史記「新羅本記」にも慶州を倭兵に包囲されたと言う記録がある。」
「新羅は何回も王子を人質に差し出している。百済の武寧王は人質の子として日本で生まれた。」
韓国人「捏造だ。」
中国人「満州にある碑文にも倭国が海を渡って百済と新羅を臣下にしたと書いてある。」
韓国人「捏造だ。」
中国人「中国の歴史書の宋書にも倭国が朝鮮半島南部を支配した記録がある。」
韓国人「捏造だ。」
中国人「中国の歴史書の魏志倭人伝には既に3世紀から倭国では鉄の鏃を使ったと書いてある。」
韓国人「捏造だ。」
中国人「中国の歴史書の随書にも倭国は産物も豊かで鉄の鏃で武装した軍隊を持つ。百済と新羅は倭国を大国として敬ったと書いてある。」
韓国人「捏造だ。」
日本人「日本や中国の歴史書や発掘品は全て捏造なのか?」
韓国人「そうだ!韓国に都合の悪い歴史書は全て捏造だ。」
中国人「中国の歴史書まで捏造か?」
韓国人「捏造だ!」
日本人「三国史記に「670年の十二月に、倭国が国号を日本と改名した。日の出る 所に近いから、これをもって「日本国」としたとの事である。」とあるが?」
韓国人「捏造だ!
中国人「中国政府も外交部のホームページ(www.fmprc.gov.cn)で「5世紀はじめ、大和国が隆盛した時期に、日本の支配が朝鮮半島の南部にまで拡大した。」 と公式に認めている。」
韓国人「中国人の捏造だ!!」
英国人「イギリスのオックスフォード大学の出版社(www.oup.com/ca)の教科書が、「5世紀の日本の勢力は朝鮮半島南部まで支配した。」と書いている。それを世界50か国の学校に発行している。」
韓国人「オックスフォード大学の捏造だ!!」
韓国人以外の一同「ではそれらの捏造を裏付ける証拠は?」
韓国人「・・・・・・韓国に対する愛はないのか!!ー!!」


221 :世界@名無史さん:2009/09/16(水) 02:03:59 0
わが国の中・高等学校教科書を見ると、百済・高句麗・新羅三国の文化が日本に
伝えられた話が出てきますが、その内容は日本古代史書である 「日本書紀」を
土台にしているもので、わが国の史書にはありません。(そもそも韓国に古代の
文献はほとんどない)ところが、日本の学者が 「日本書紀」を土台にして、古代日本が
二百年余り朝鮮半島南部の伽耶(日本名任那)地域を支配したという「任那日本府説」を
主張すると、 韓国の学界ではそれは信じることができないと主張しています。
これは明白な矛盾であり、こうした姿勢ゆえに日本の学界が韓国の学界を軽く見るのでは
ありませんか、という身の程を知らぬ質問をした。そしたらL教授は黙り込んで答えず、
横に居られたC教授が「自信がないんだよ」とおっしゃった。「日本書紀」 には日本が
「任那日本府」という機構を置いて朝鮮半島南部を支配しつつ、三国文化を運んでいった
ようになっている。しかし、韓国の中・高等学校 では三国文化が日本に伝播される国際
関係に関しては何の説明もされず、ただ高句麗・新羅・百済の三国が日本に文化を伝えた
事実だけを教えている。
そこで学生達は日本を客観的に理解できずに、無条件、対日優越意識だけを 助長する結果を
もたらせた。外国に出かけたわが国の学生が「任那日本説」に接して戸惑うのも無理はない。
高麗大学教授 金鉉球

鄭大均 「日本のイメージ」より


222 :世界@名無史さん:2009/09/16(水) 02:05:54 0
朝鮮人は、シベリアから南下してきた原始的狩猟民族の子孫だよ。
少なくとも新羅とは赤の他人。高麗とも、なぜか縁が薄い。
だから、新羅や高麗の言葉が、朝鮮語では全く解読できない。
この「全く」というのがミソ。 少しつながりがあるのなら、民族の混交や変化があっても、少しは解読できる。
また、山野の木々の乱伐、灌漑の知識・技術の欠如、車輪や水車・染色など基礎的な
テクノロジーの欠如は、朝鮮人がまだ定住民として完成されていない証拠。

もしかすると、
古代末期に起きた長白山の大噴火というより、高麗王朝の末期に何か半島で自然災害(疫病、旱魃、洪水他)が起こり、
民族の絶滅(もしくは大幅減少)が起こり、シベリア狩猟民族の南下を招いたのでは?
新羅や高麗の時代までは高かった女性の地位が、李氏朝鮮の時代に入ると異様に低くなる。
家族制度という人間の基本的部分で、こんな急激な変化が起こるのは奇怪すぎる。

10世紀の有史2000年来の最大の噴火を起こした白頭山・中国名長伯山の大噴火(M7.4)で
古代在住朝鮮人は絶滅か僅少残っても後に南下在住した新朝鮮人に飲み込まれて消滅
しただろう。文献的、実証的記録すら絶無で、日本や中国は文献的、実証的記録を持ってる。


223 :世界@名無史さん:2009/09/16(水) 02:06:57 0
日本海をはさんで10世紀に相次いで起こった二つの大噴火
http://www.edu.gunma-u.ac.jp/~hayakawa/paper/946/

火山爆発指数(英:Volcanic Explosivity Index, VEI)とは1982年にアメリカ地質調査所の
クリス・ニューホール (Christopher G. Newhall) とハワイ大学マノア校 (University of Hawaiiat Manoa) の
ステフェン・セルフ (Steve Self) が提案した火山の爆発の大きさを示す区分。
火山そのものの大きさではなく、その時々の爆発の大きさの指標である。区分は、噴出物の量で
なされる[1]。0から8に区分され、8が最大規模である。VEI=0はテフラの量が104立方メートル未満の
状況を指す。VEI=8はテフラの量が1012立方メートル以上の爆発を指す。
それぞれの区分には噴火の状況を示す名称(「小規模(gentle)」など)が付けられている。

5 ヴェスヴィオ (ポンペイ eruption) 79年 セント・ヘレンズ山 (1980年の噴火) 1980年
樽前山 1739年
6 白頭山 (Tianchi eruption) 969 ± 20 年
7 Kurile 紀元前6440 ± 25 年
8 トバ湖 73,000 BP
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%81%AB%E5%B1%B1%E7%88%86%E7%99%BA%E6%8C%87%E6%95%B0


224 :世界@名無史さん:2009/09/16(水) 02:08:03 0
朝鮮民族とツングース系の代表民族であるエベンキ、エベン族とは共通風習、歌、言葉などから、
「朝鮮民族」とは同じ流れと分かる。馬を持たなかったエベンキ族の代表的な歌は、
遠くの人々を懐かしむ「アリラン(迎える)・スーリ(感じとる)」。
朝鮮のアリランには「アーリアリラン、スールスーリラン」とそっくりな言葉が続く。節回しも酷似している。
アリランという言葉、スーリも意味不明と言ってるが、エベンキの言葉では意味はハッキリしているw
朝鮮とエベンキ、ワイ族には、棒を立てたソッテ、トーテムポールのチャンスンが共通。
朝鮮の神社にあたるものであるソッテって、こんなものなんだよねw
いずれにしても、森を大事にする神社とは似ても似つかぬもの。
http://www.flet.keio.ac.jp/~shnomura/mura/contents/mid/Img2046m.jpg
http://www.flet.keio.ac.jp/~shnomura/mura/contents/mid/Img2052m.jpg
http://www.flet.keio.ac.jp/~shnomura/mura/contents/mid/Img2051m.jpg

これも、エベンキなどと同じ風習。中国や日本にはない。
チャンソンと呼ばれるトーテムポールの様な木像と同じで、エベンキ族と朝鮮でだけ見られる。
チャンソン
http://zaiwakan.hp.infoseek.co.jp/hanguku0311.files/image043.jpg
http://busan.nekonote.jp/korea/old/life/kokoro/chn.jpg
http://www.flet.keio.ac.jp/~shnomura/mura/contents/mid/Img2075m.jpg
http://www.flet.keio.ac.jp/~shnomura/mura/contents/mid/Img2073m.jpg
http://www.flet.keio.ac.jp/~shnomura/mura/contents/mid/Img2049m.jpg

225 :世界@名無史さん:2009/09/16(水) 13:54:05 0

アメリカ大使館「朝鮮に歴史無し。昔から中国、日本、偏狭蛮族の属国」
http://s04.megalodon.jp/2008-0104-0331-22/www.enjoykorea.jp/tbbs/read.php?board_id=teconomy&page=9&nid=3182743
http://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=%E6%9C%9D%E9%AE%AE%E3%81%AE%E6%AD%B4%E5%8F%B2&diff=8434966&oldid=8280871




226 :世界@名無史さん:2009/09/16(水) 21:01:27 0
コピペ者に朝鮮ツングース系説の人と朝鮮非ツングース系説の人
の両方がいるようじゃのう。

227 :世界@名無史さん:2009/09/16(水) 21:12:08 O
常に朝鮮を罵倒し続けないと発狂してしまうような人はここには多いのかな

228 :世界@名無史さん:2009/09/16(水) 23:02:43 0
罵倒じゃなくて、普通に在日や朝鮮人の捏造を放置できないってことだろ。

日本人もルーツがよく分からない。
まず言語、日本列島に最初に定住した先住民が使っていた言語だったにしろ、
ある時代に日本に入ってきた文化的に進んだ勢力の持ち込んだ言語だったにしろ、
世界の言語から孤立した特殊な言語であり、
しかも脳の言語野の使い方が日本語をネオティブとする日本人だけがなぜか他と異なっている。
こういう特殊性がありながら、そのルーツが分からない。つまり世界に日本語の痕跡がない。
単語レベルでは外国に起源を求めることはできても、日本語そのものが全く孤立した言語である。

日本人はどうかというと、南方アジア系、大陸系、北アジア系にルーツを持つことが理解されているが
日本人固有の遺伝子(チベット人に一部共通)があり、やはり遺伝的に孤立している。

しかしアイヌから琉球に至るまで、顔つきに違いはあれど、日本人固有の遺伝子を共有している。
かつ1600年以上に渡り、外国の支配を受けず、日本人の遺伝的特徴が変化してしまうような
異民族との混血はなかった。(戦後は微妙だが)
少なくとも日本人には飛鳥時代以来の史跡や仏教建造物、あるいは伊勢神宮を心の故郷と感じる
日本人というアイデンティティーが存在し、多くの日本人が共感する文化的世界観を持つする。

ところが朝鮮族というのは大陸の端っこにあり100年ごとの異民族襲来と民族浄化の波を被り
いったい何人なのか?という文化的な心棒が、歴史に翻弄され続けて来たために存在しない。
売春宿の売春婦の産んだ子供が、次の世代になって外来客の子を産んで・・・を繰り返せば
そりゃいったい自分は何者かという民族的歴史なんて残るわけがない。

日本による半島統治には朝鮮人にとって100%弊害がなかったとは言わないが、日本人の手によって
歴史上初めて原始的生活を抜けだし、近代国家へと一気に引き上げられ文明生活を享受できるようになった
という事実を否定し、朝鮮半島に歴史上存在した自分たちと無関係な文明を身にまとい、存在しない過去の
偉大な文明を妄想し、恩ある日本を怨み続ける限り真実は永久に見えてこないだろう。
仮に希望通りに日本を侵略し、日本人を滅亡に追いやったとしても、何れ自滅の道を歩むしかない。

229 :世界@名無史さん:2009/09/16(水) 23:25:23 O
朝鮮語も同じように孤立しているとか、本州日本人(特に西日本)と韓国人のほうが本州日本人とアイヌより遺伝的共通性が大きいとか、なんで民族総入れ替えが起こったのに金だの朴だのが多数をしめてるのとか

230 :世界@名無史さん:2009/09/16(水) 23:28:17 0
憂国の士なのねw
何か必死に啓蒙しようとしてくれてるらしいが、
自閉的で気持ち悪い文章なので読む気にならないね。

231 :世界@名無史さん:2009/09/16(水) 23:37:18 O
なんだよ「心の故郷」って。教育によっていくらでも刷り込めるし、げんに韓国でも同じようなことやってるだろ

232 :世界@名無史さん:2009/09/16(水) 23:58:26 O
確かに228は変。「国民の歴史」にでも影響されたか?

233 :世界@名無史さん:2009/09/17(木) 13:38:58 O
心の故郷は変だが全体的にはまぁいいんじゃない。

まぁ国士風味もまたよし。
朝鮮味もまたよし

234 :世界@名無史さん:2009/09/17(木) 17:11:47 0
国民すべてが毎年聖地に赴き、全身全霊で礼拝するというイスラム的熱気はそもそも日本人にはないが
江戸時代には伊勢神宮を初めとする古の神社仏閣に参拝するのを楽しみとし、町人から農民まで
貯金を貯めて数年に一度は日本の聖地を旅したというのも事実だよ。

今の日本人は初詣を除けば、一部の人が伊勢神宮を参拝くらいだろうけど、それでも多くの人が
伊勢神宮を訪れたら、日本人の故郷に来たような安堵感を得ると思う。
それは自分の先祖もきっとここを訪れて同じ思いをしただろうという繋がりを感じるからではないかな?

伊勢神宮を訪れるのは日本人ばかりではなく、最近は中国人観光客の姿も多い。
そこではやはり歴史の重みや深遠な雰囲気を味わうだろうけど、日本人がエジプトのピラミッドを訪れた
時のような古代への思いはあっても、自分との霊的な繋がりは感じないだろう。

日本人というのが、少なくとも1600年は同じ血統が続いているということが歴史的聖地へのシンパシーを
感じさせる理由だと思う。そういう意味では心の故郷という表現も有りかな。

235 :世界@名無史さん:2009/09/17(木) 22:24:45 O
伊勢神宮の主神二人はどちらも女性。
一人は凄い恥ずかしがりやの引きこもり。
もう一人は男に貢ぐタイプ。

つまりは俺たちの嫁ってこった。

236 :世界@名無史さん:2009/09/17(木) 23:24:45 0
>今の日本人は初詣を除けば、一部の人が伊勢神宮を参拝くらいだろうけど
関西の小学校では修学旅行の定番

>伊勢神宮を訪れるのは日本人ばかりではなく、最近は中国人観光客の姿も多い。
俺が最後に行ったのは十年程前だったが、今は多いんだろうな…
四国の片田舎の城でも中国人の団体を見かけるからな

237 :世界@名無史さん:2009/09/17(木) 23:26:11 0
俺が最後に行ったのは十年程前だったが、今は多いんだろうな…

俺が最後に行ったのは十年程前でその時はほとんど見かけなかったが、今は多いんだろうな…

238 :世界@名無史さん:2009/09/18(金) 01:31:14 0
    
      朝鮮半島    日本

     新羅   百済   倭
      |      |     |
      |      |     |
4世紀  .|      | ̄ ̄ ̄|
      |     ×    大和
      |           |
      | 蒙古       |
13世紀 |  |         |
       ̄|         |
        |         |
        |         |
        |         |
2009年 韓国人    天皇家


239 :世界@名無史さん:2009/09/18(金) 07:41:04 O
>234
別に日本を否定する気は毛頭ないけど228が凄まじく変だったので… 朝鮮語も日本語と同じように孤立した言語とか知らないみたいだし

240 :世界@名無史さん:2009/09/18(金) 23:59:29 0
>>238
おい、なんで天皇家が2009年に出現してるんだ。
倭の頃からあっただろが。百済とは同時並行的に独立してたぞ。

あと新羅の前身は中国移民(秦時代)だろ。

241 :世界@名無史さん:2009/09/19(土) 03:13:36 0
>>240
天皇と韓国人は無関係って意味だよ。
天皇は韓国系とか言ってる奴いるからね。

242 :世界@名無史さん:2009/09/19(土) 12:01:58 0
百済も高句麗も別ものだよw

243 :世界@名無史さん:2009/09/20(日) 00:54:32 0
>>238
百済から横線がのびてるんで、無関係とは言えないと思うんですけど

244 :世界@名無史さん:2009/09/20(日) 19:21:11 0
だから今の朝鮮人は新羅とモンゴル人の子孫じゃないか

245 :世界@名無史さん:2009/09/20(日) 23:51:43 0
>>244
あほか、天皇家が百済と倭の末裔みたいな書き方してることを指摘してるんであって
今の朝鮮人がどうかなんて指摘してねーよ

246 :世界@名無史さん:2009/09/21(月) 11:17:03 0
おーk−

247 :世界@名無史さん:2009/09/22(火) 22:26:57 0
>>238-246のまとめ

1)百済と高句麗は日本に少し関係あるが朝鮮人には関係ない。
2)朝鮮人は新羅の子孫。百済と高句麗は関係ない。

248 :世界@名無史さん:2009/09/22(火) 23:56:50 0
まじキチ…ユダヤが人工地震を起こすぞ

【緊急情報カクサンよろしく】

ついに来ました。

大きい動きです。250nT超えてきました。ほぼ間違いありません。もう一度言います。

友人、知人、親類縁者、あらゆるつながりを駆使して巨大地震がくることを教えて下さい。

四川地震より大きいのが来る可能性があります。
http://g★olde★ntam★atama.b★lo★g84.fc2.c★om/

★★★★★危険度MAX★★★★★
★★★★★★★★★★★★★★★★

★千葉、静岡、東京、関東で大地震が起きる可能性が非常に高くなっています★★★
★千葉、静岡、東京、関東で大地震が起きる可能性が非常に高くなっています★★★
★千葉、静岡、東京、関東で大地震が起きる可能性が非常に高くなっています★★★
★千葉、静岡、東京、関東で大地震が起きる可能性が非常に高くなっています★★★

★★★★★★★★★★★★★★★★
★★★★★危険度MAX★★★★★

警告!連休中の21、22、23日が危ない!かも2
http://live24.2ch.net/test/read.cgi/eq/1★253494015/
【大気イオン】e-PISCO Part11【また延長】
http://live24.2ch.net/test/read.cgi/eq/1★252991726/

本当に地震が来たら、犯人は特権階級全員だということになる

249 :世界@名無史さん:2009/09/23(水) 22:44:27 0
>>247
新羅に征服された百済、高句麗南部の住民は新羅の構成員になったんだし
その新羅の構成員が後の朝鮮人になったんだから、現在の朝鮮人と百済高句麗は
関係あるだろ。

このスレはマジレスしちゃだめなの?


250 :世界@名無史さん:2009/09/23(水) 23:14:36 0
土人の住む半島村がありました。

北方から百済人がやってきて先住土人を支配し百済国を作りました。
(支配層=百済人、被支配層=土人)

新羅人が攻めてきて、百済国は滅ぼされました。

百済国の王族や支配層は一部は故郷の北方に逃げ延び、多くは倭国へ亡命しました。

脱出に失敗した百済人は新羅人に皆殺しにされました。

また百済人の作った建物は破壊され尽くし、百済人の痕跡は跡形もなく消されました。

旧百済国の土地を支配した新羅人と百済人はどういう繋がりがあるでしょうか?
(支配層=新羅人、被支配層=土人)

言ってる意味解る?

251 :世界@名無史さん:2009/09/23(水) 23:25:53 0
ふむ、百済の三百数十万人をせいぜい数百万人の新羅でが殺しつくすとは
恐るべき戦闘能力じゃの。
そういえば新羅は百済や高句麗の官人をいくらか格下げして新羅の
官位に統合してましたな。

252 :世界@名無史さん:2009/09/23(水) 23:29:26 0
何にせよ数百万人の日本に数千人の百済人が逃れてきたようだが、
その日本が百済の後裔を称するのだから百済人の影響力は
凄まじいものがあったということか。

253 :世界@名無史さん:2009/09/24(木) 01:28:12 0
>>250
2ちゃんの被害者だな・・・

254 :世界@名無史さん:2009/09/26(土) 01:32:24 0
小滝透著「反日嫌韓の謎88」に書いてあったけど、
清朝末期に清国は朝鮮半島が外国の植民地になったら安全保障上危険だから、
朝鮮半島を直轄領にして併合する計画があったんだって。
そうしてたら今頃韓国・北朝鮮はウイグル自治区やチベット自治区や内モンゴル自治区の様に朝鮮自治区になってたかも。
そして前12世紀〜前2世紀の箕子朝鮮、そしてその箕子朝鮮を滅ぼした前2世紀〜前1世紀の衛氏朝鮮、そして衛氏朝鮮を滅ぼした前1世紀〜後3世紀の中国植民地の楽浪郡の計1500年は朝鮮は中国の一部だった事で、
朝鮮は中国人の造った国家でもともとは中国の一部だったという認識が中国人にはあるらしい。
中嶋嶺雄著「日中対決がなぜ必要か」によると、毛沢東は、朝鮮・台湾・琉球・ベトナムは中国領という論文を書いたらしい。


255 :世界@名無史さん:2009/09/26(土) 20:13:20 0
元朝の時代にも高麗の地は元々中国領だから
直轄地にしようという意見があった。

256 :世界@名無史さん:2009/09/27(日) 12:32:28 0
>>252
大陸の勢力拡大に伴い倭人が朝鮮南部を手放したに過ぎない

257 :世界@名無史さん:2009/09/27(日) 13:10:56 O
>252
桓武母の影響が大きいのでは

258 :世界@名無史さん:2009/09/27(日) 18:19:38 0
>>256,>>257
高野新笠たんは古い百済系。神功皇后の母方は新羅王子の天日矛。
一番古くから密接に倭と交流があったのは金官伽耶だろうけど、
韓国最大の氏族集団たる金海金氏は金官伽耶王系と伝えられる。
なんだかんだと縁が深いですなー腐れ縁。

259 :世界@名無史さん:2009/09/28(月) 03:29:34 0

韓国人は韓国は中国の属国だったけど、日本は属国ではなかった、と正しく認識してるみたい。


【韓中】韓国人教授ら:「中国の反韓感情の根は嫉妬。属国の筈の我が国が経済大国・スポーツ大国になったから妬んでいる」[08/22]
http://news24.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1219446028/


>平沢大学の中国学科長である池世樺教授は通話取材に対して、
>「中国人の考えの中には、韓国は過去『属国』だったという概念が定着しているのに、北京五輪などで韓国が上手くやっているので、
>こうした部分に対するコンプレックス的な思考の発露が起きたものだ」と指摘した。
>池教授は、「これは中国国民の日本人に対する態度を見ればよく分かる。日本人が上手くやっても容易に受け入れられるが、私たちが上手くやることは容易には受け入れられない。
>このような中国人の(韓国に対する)根本的な情緒が底辺にあり、最近の一連の事件が現実に(反韓感情表出に)火を点けたわけだ」と語った。


260 :世界@名無史さん:2009/09/28(月) 05:40:05 0

中国人は日本は大国だけど、韓国は歴史を持たない小国だと認識してるみたい。


【中国ブログ】中国人が語る「韓国を尊重できない理由」
http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2009&d=0730&f=national_0730_035.shtml

>中国ですら5000年の歴史だというのに、歴史を持たない小国である韓国は、厚かましいことに6000年の歴史を持つと吹聴し、
>さらには韓国文明が中国文明を作り上げた、中国人は韓国人の末裔だと吹聴している。



【中国のアンケ】韓国がアジアのリーダーに?「資質ない」96%
http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2009&d=0409&f=national_0409_027.shtml

>「世界的に見れば、韓国は小国だ。中国、日本がある以上、経済力、影響力ともに韓国には勝ち目がない」



【中国のアンケ】中国と交戦の可能性がある国、第1位は?
http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2009&d=0428&f=national_0428_005.shtml

>1位インド26.5%(4812票)、2位日本24%(4263票)、3位ベトナム16.2%(2893票)、4位フィリピン8.2%(1459票)。
>2位日本の意見もまた、日本海問題や尖閣諸島など領土問題に関するものが多かった。
>現在、文化侵略問題で険悪となっている韓国はわずか4.6%であった。理由としては「韓国は中国の足元にも及ばない」
>「相手にもならない」と軽視した意見が目立った。


261 :世界@名無史さん:2009/09/28(月) 19:44:14 O
桓武ママが百済王の子孫というのは嘘くさい。実際は庶民で、日本へカマドを作りに来たんだろうな

262 :世界@名無史さん:2009/09/28(月) 20:39:37 O
へうげものを見ての適当な書き込みか

263 :世界@名無史さん:2009/09/28(月) 20:49:40 0
たしかに武寧王の末裔というのは怪しいけれど、和氏は史のカバネを
帯びているわけですから、単なる職工てことはないと思います。

故角田文衛氏は、「百済王等者朕外戚也」という桓武の詔から
和氏と百済王氏との婚姻関係をも推測していますが、それは考えすぎ
にしても、土師氏との婚姻関係は確かなのですから、中くらいの豪族
だったのではないかと。

264 :世界@名無史さん:2009/10/14(水) 05:35:36 0


東北工程:百済・新羅の歴史も「中国史の一部」=中国社科院
http://www.chosunonline.com/article/20070604000018

公式研究書に百済と新羅の歴史も「中国史の一部」と記述していたことが3日、分かった。
百済に対しては「(高句麗と)同様に古代中国の辺境にいた少数民族である夫余人の一部が興した政権」
とし、新羅については「唐は(百済が滅亡した)660年以前には羈縻政策を、それ以降には直接統治を行った」
と記述した。また、新羅は「中国の秦の亡命者が樹立した政権」であり、
「中国の藩属国として唐が管轄権を持っていた」とした。


「王建は決して<朝鮮>半島の新羅人の子孫ではなく、
中国・淮河流域から来た漢人の末裔・・」と主張し、933年に後唐の明宗が
太祖・王建に送った冊封詔書などをその根拠として提示した。
冊封詔書には太祖・王建を「長淮の茂族」と呼んでいる部分があり、
この論文は「長淮は淮河流域を意味する言葉で、
太祖・王建の本籍地が中国であるため、高麗は中国人が建国した国」と主張している。


265 :世界@名無史さん:2009/10/25(日) 02:03:08 0
前12世紀〜前2世紀の箕子朝鮮は中国人の箕子が建国した中国人国家。
箕子朝鮮を滅ぼして前2世紀〜前1世紀の衛氏朝鮮は中国人の衛氏が建国した中国人国家。
衛氏朝鮮を滅ぼして前1世紀〜後3世紀の漢四郡は中国植民地。
百済と高句麗はツングース系民族の夫余族の国家。夫余族は満州族の母体。
秦からの亡命中国人が朝鮮半島南部に建国したのが辰韓(秦韓、前2世紀〜4世紀)で、後に12カ国に分裂して、その一つの斯蘆国が新羅。

266 :世界@名無史さん:2009/11/04(水) 15:14:53 0
1882年、壬午事変において、清国の監督長官馬建忠は、朝鮮国王の実父にして時の執権大院君を引っこ抜くように拉致して清国に幽閉した。
それに対して朝鮮国王は「朝鮮国王李熙陳情表」を清国皇帝に提出し、

「皇帝陛下の臣下であります私の心は震えています。実父は悪くありません。罪はみな臣であります私にあります。
天下に善政をされる人倫の聖なる極みの皇帝陛下に伏して願います。実父を許してくださるなら、小国の私たちは感激して皇恩を永遠に称えます。」

と大院君の赦免を陳情した。


うんうん。属国というのはホント辛いねえw


267 :世界@名無史さん:2009/11/04(水) 15:16:22 0
中華民族提出36問無恥的韓国人
http://chiquita.blog17.fc2.com/blog-entry-3926.html

中国の「孫」姓は韓国人が起源だ。だから孫文も韓国人なのだ
http://chiquita.blog17.fc2.com/blog-entry-3434.html

中国人の韓国観
http://chiquita.blog17.fc2.com/blog-entry-2873.html

釈迦は韓国人の末裔
http://chiquita.blog17.fc2.com/blog-entry-2988.html

「ヘタリア」への韓国ネチズンの抗議、中国の反応は?
http://chiquita.blog17.fc2.com/blog-entry-3915.html





268 :世界@名無史さん:2009/11/04(水) 15:17:15 0
韓国が領土問題で中国に噛み付く!間島はウリナラ領土!
http://ansan01.blog121.fc2.com/blog-entry-269.html

【お約束の韓国ネタ】中国清朝の愛新覚羅は韓国人!で中国人の反応。
http://ansan01.blog121.fc2.com/blog-entry-283.html

高麗棒子が最近調子に乗ってると、中国様がお怒りです。
http://ansan01.blog121.fc2.com/blog-entry-192.html

飛行機を最初に発明したのは韓国人!
http://ansan01.blog121.fc2.com/blog-entry-51.html

日本語の起源は百済語。今回はこれでイルボン攻撃ニダw
http://ansan01.blog121.fc2.com/blog-entry-216.html

中国を激怒させる韓国起源の主張(豆乳編)
http://ansan01.blog121.fc2.com/blog-entry-28.html

中国を激怒させる韓国起源の主張(漢方編)
http://ansan01.blog121.fc2.com/blog-entry-37.html



269 :世界@名無史さん:2009/11/04(水) 15:20:12 0


【お約束の韓国ネタ】中国清朝の愛新覚羅は韓国人!で中国人の反応。
http://ansan01.blog121.fc2.com/blog-entry-283.html

古代高句?民族和?代?国人根本就不是一个民族,属于古扶余人,??是?胡的一部分
(古代高句麗人と現代の韓国人は全く違う民族。高句麗は古扶余人で東胡の一部分だろ。)



270 :世界@名無史さん:2009/11/04(水) 15:21:58 0

東北工程:百済・新羅の歴史も「中国史の一部」=中国社科院 『朝鮮日報2007年6月4日』
http://www.chosunonline.com/article/20070604000018

公式研究書に百済と新羅の歴史も「中国史の一部」と記述していたことが3日、分かった。
百済に対しては「(高句麗と)同様に古代中国の辺境にいた少数民族である夫余人の一部が興した政権」とし、
新羅については「唐は(百済が滅亡した)660年以前には羈縻政策を、それ以降には直接統治を行った」と記述した。
また、新羅は「中国の秦の亡命者が樹立した政権」であり、「中国の藩属国として唐が管轄権を持っていた」とした。



東北工程・高麗も中国が建てた国『朝鮮日報2007年6月6日』
http://www.chosunonline.com/article/20070606000006  

高麗について、「箕子朝鮮、高句麗に続き、中国が朝鮮半島に打ち建てた3番目の政権」と主張したところの、
吉林省社会科学院が隔月刊で発行する歴史雑誌『東北史地』の2007年第3号に掲載された「後唐の明宗が、高麗を建国した太祖・王建の族籍を明らかにした」と題する論文の存在が確認された。
この論文は、「王建は決して朝鮮半島の新羅人の子孫ではなく、中国・淮河流域から来た漢人の末裔」と主張し、
933年に後唐の2代目の明宗が太祖・王建に送った冊封詔書などをその根拠として提示した。冊封詔書には太祖・王建を「長淮の茂族」と呼んでいる部分があり、この論文は「長淮は淮河流域を意味する言葉で、太祖・王建の本籍地が中国であるため、高麗は中国人が建国した国



271 :世界@名無史さん:2009/11/04(水) 15:22:53 0
統一新羅
http://www.memomsg.com/dictionary/D1096/390.html

統一新羅は、676年の朝鮮半島の統一から935年に滅亡するまでの新羅の事を差す。
この統一新羅、いわゆる新羅は、現在の韓国、朝鮮両国の共通の先祖の国家の初代といえる。
それ以前の国家は民族・言語・文化的につながりが薄い。当然、統一新羅の前身である新羅と統一新羅は連続している。
統一の過程で滅んだ、高句麗、百済は現在の韓国及び朝鮮とは連続性があまりない。
高句麗は実質的に後継国家として渤海があり、現在の中国東北部に小さく民族移動して国家を再建設している。



272 :世界@名無史さん:2009/11/16(月) 06:21:33 0
百済と新羅は多民族国家。
百済王は夫余族。しかも后は倭人。だから混血を繰り返しているから後期百済王は実質は倭人。
高麗王がモンゴル帝国に征服されて以降、后や王族をモンゴル人から受け入れてモンゴル化した様に。
新羅王は3つの王家の内二つが倭人。


■百済(隋書 百済伝)
>「百済百濟之先、出自高麗國。其人雜有新羅、高麗、倭等、亦有中國人。」
(百済の先祖は高句麗国より出る。そこの人は新羅、高句麗、倭などが混在しており、また中国人もいる。)


■新羅(梁書 新羅伝)
>「新羅者、其先本辰韓種也。其人雜有華夏、高麗、百濟之屬」
(新羅、その先祖は元の辰韓(秦の逃亡者)の苗裔である。
そこの人々は華夏(漢族)、高句麗、百済に属す人々が雑居している)




273 :世界@名無史さん:2009/11/16(月) 06:33:05 0
現朝鮮人の祖先、すなわち穢族は、半島の新参者だよ。
大陸北方から流れ込み、倭人が開拓、文明化した新羅を簒奪した新入りの蛮族なんだよ。
唐に事大して半島を乗っ取った、卑劣な敵の穢族。
朝鮮人は半島に住んでいた古代人の子孫ではないし、その文化も継承していない。
異民族(倭人系)に対する蔑視と虐殺、文化破壊については、済州島の歴史を見ると良くわかる。
現朝鮮人が日本へ大量流入するようになったのは、近代に入ってから……特に昭和時代。
古代に日本へ渡来し、帰化した半島人は、現朝鮮人と赤の他人。別の民族だ。
弥生人は半島から来たわけじゃない。
古代の半島人≠朝鮮人
朝鮮人は半島の新参者。
朝鮮人の祖先は、大陸北方から流れてきた、エベンキ族などと近しい穢族であり、
日本と縁の深かった新羅を簒奪、百済を滅ぼし、唐に事大して日本人を半島から追い出した。
彼らは農耕や牧畜をしてたわけじゃない。日本に文化も伝えていない。
当時、穢族は半島で一番未開の後進的部族だった。
半島が立ち遅れ、支那や日本に追いつけないのは、この穢族の末裔だから。
現在、朝鮮半島にすんでいる朝鮮民族(ワイ族)は4世紀ころ半島北部から南下してきたワイ人の末裔である。
この事実を司馬遼太郎が作家・金寿達との対談で述べたとき、金は真っ赤になって怒り
「朝鮮人は半万年官庁船半島に住み民族移動なんかデタラメダ」とさけんだ。
司馬は「朝鮮人はリアエイズム(事実)の尊重を学ばないといけない」といった。


274 :世界@名無史さん:2009/11/16(月) 06:37:28 0
高野新笠の由来を懐疑的に見る説もある。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%AB%98%E9%87%8E%E6%96%B0%E7%AC%A0

桓武天皇の生母問題3
[5 母親・高野新笠の血統潤色]
http://web.archive.org/web/20070208141541/http://www.kenkenfukuyo.org/reki/ormoru/seibo/seibo03.html
http://www31.ocn.ne.jp/~matsuo2000/EM/BBS1E.htm
http://www.23ch.info/test/read.cgi/history/1182935186/の「247-248」

▲『神皇正統記』の文の解説

注目すべき記述で、なぜ『新撰姓氏録』が編纂されたかの理由がわかります。
要するに、桓武天皇の御代の前後には、半島大陸が重んじられたため、百済の王様の子孫である――といった偽系図がたくさん作られたので、
その弊害を除くために編纂されたというのです。
これは桓武天皇の生母の血統を飾るための部下による粉飾が原因らしいのですが、
後には桓武天皇にも御反省があって、偽系図を除こうとされた事が記されています。
http://www.asahi-net.or.jp/~xx8f-ishr/seishi_keizu.htm


275 :世界@名無史さん:2009/11/16(月) 06:40:03 0
(新笠が武寧王の後裔かどうかも明らかではない。続日本紀という史料には武寧王の太子淳陀後裔だと記されているが、
韓国側の史料には淳陀という名は確認できない。その他色々、非常に疑わしい。
桓武天皇の出自を潤色するために行われた粉飾だったのではないか。- 李根雨・釜慶大学校史学科教授「現代コリア2005年6月号」より ) 
http://medlibrary.org/medwiki/Talk:Imperial_House_of_Japan

あんまりネタがないので、現代コリア6月号から野平俊水ネタ(てきとーに要約)。

天皇の「ゆかり」発言で注目された高野新笠の血筋、韓国でも「まともな研究者」は認めていないらしい。
李根雨・釜慶大学校史学科教授は次のように言う。

−理由は略−

つまり、高野新笠の祖先は、淳陀太子でも斯我君でもなく、倭君でも百済王でもないということになるのである。

新笠が武寧王の後裔かどうかも明らかではない。続日本紀という史料には武寧王の太子淳陀後裔だと記されているが、
韓国側の史料には淳陀という名は確認できない。

その他色々、非常に疑わしい。桓武天皇の出自を潤色するために行われた粉飾だったのではないか。
http://iijimalink5.hp.infoseek.co.jp/log419.html

「−理由は略−」の部分については、水野俊平著『韓vs日「偽史ワールド」』(小学館)にも詳しく書いてある。

このHPの内容に近い。
      ↓ ↓
■和氏は武寧王の子孫か?
http://members.jcom.home.ne.jp/bamen/souke1.htm

276 :世界@名無史さん:2009/11/16(月) 06:42:13 0
三国志東夷伝には「辰王不得自立為王」、辰王は自ら王となることができない、という奇妙な一節があります。
王族ではあるが外来者のために、その地では先住者の賛同がなければ王にはなれなかった・・という意味と解釈しておきます。
http://www.asahi-net.or.jp/~vm3s-kwkm/kodai/kf09.html

百済辰王家≠韓民族

百済王家は中国亡国の民の建国だ、百済八姓はいずれも中国亡国の民、百済王家の姓は余氏、百済扶餘氏ともいう。
もともとは夫慨の子が名乗った。呉人である。呉王家の姫氏、百済の木氏、倭の紀氏はいずれも同族。
いまの朝鮮人のルーツである新羅の土着人は半島から出ていないだろう。



277 :世界@名無史さん:2009/11/16(月) 06:58:03 0
ウィキペディアの百済のページ。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%99%BE%E6%B8%88

百済の中期には、高句麗の軍事的圧力に対抗するために和通したと記録されている、『日本書紀』の中には、領土を奪われた百済に任那の一部を割譲した記録や援軍を供出した記録、さらには倭朝廷に朝貢したり、王族を人質として差し出した記録などが数多く残っている。
また中国の『隋書』にも、新羅・百濟は、みな倭を以て大国にして珍物多しとなし、並びにこれを敬い仰ぎて、恒に使いを通わせ往来す。(新羅百濟皆以倭為大國多珍物並敬仰之恒通使往來)という記述があり朝貢関係があったことをうかがわせる。
さらに、広開土王碑でも倭について、百済■■新羅を破り以って臣民と為す(「倭ロ<耒卯年来渡海破百殘■■新羅以爲臣民」)という部分があり百済が辛卯年(391年)に倭によって支配を受けていたことも明らかとなっており主従関係が存在しており、
倭の重臣と百済との間で家臣上下に関わる席順の取り合いのエピソードも残されている。
これらのような記述が史実であるのかに関しては異論も多いが、友好的であったのは確かであろう。
また王族については、百済の王族は倭によってその婚姻が決められており中国ーツングース系と倭人との混血が繰り返された。基本的に百済王の后が倭人の中から選ばれ、その王子が王位に付くまでの間、倭が王子を人質として扱った。

278 :世界@名無史さん:2009/11/17(火) 00:25:12 O
ただ土器を作りにきた渡来人の子孫という可能性もあるわけか

279 :世界@名無史さん:2009/11/20(金) 13:39:10 0
韓国人は高句麗に拘ってるけど、この地図見る限りじゃ、それほどの版図があった訳じゃないよね。
旧満州国の半分程度。ウィキには最盛期は満州南部を領土にしたって書いてあるから満州全域を支配下に入れたわけじゃない。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%82%A1%E3%82%A4%E3%83%AB:Three_Kingdoms_of_Korea_Map.png


>高句麗や渤海など半島を領土とした王朝が歴史的に満州地域の一部を領有していたのは事実だが満州全域を支配していた事はない。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%9F%93%E5%9B%BD%E8%B5%B7%E6%BA%90%E8%AA%AC




280 :世界@名無史さん:2009/11/21(土) 00:39:54 0
そもそも今で言う満洲の領域が一体的に考えられるようになった
時期って清の後半ぐらいからのような気もしますなー。

281 :世界@名無史さん:2009/11/22(日) 03:28:49 0
百済は倭の属国。新羅も属国で、白村江で日本が敗退した後も、高句麗を滅ぼすまで日本に朝貢w
百済王は倭人との混血を繰り返しており事実上倭人。

ウィキペディアの百済のページ。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%99%BE%E6%B8%88
また王族については、百済の王族は倭によってその婚姻が決められており中国ーツングース系と倭人との混血が繰り返された。
基本的に百済王の后が倭人の中から選ばれ、その王子が王位に付くまでの間、倭が王子を人質として扱った。

新羅王の3つの王系(朴氏・昔氏・金氏)が順繰りにあって、そのうちの昔氏と朴氏が倭人。初期の宰相も倭人。

ウィキペディアの瓠公のページ。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%93%A0%E5%85%AC
瓠公(ここう、生没年不詳)は新羅の建国時(紀元前後)に諸王に仕えた重臣。も
とは倭人[1]とされる。新羅の3王統の始祖の全てに関わる、新羅の建国時代の重要
人物である。瓠を腰に下げて海を渡ってきたことからその名がついたと『三国史記』は伝えている。
初代新羅王の赫居世居西干の朴姓も同じ瓠から取られているため、同一人物を指しているのではないかという説がある。

282 :世界@名無史さん:2009/11/22(日) 09:14:47 O
百済からきた=百済王族という安易な発想で名乗ったんだろ、新笠の先祖は

283 :世界@名無史さん:2009/11/22(日) 11:21:04 O
でも土師氏と結んでいるから渡来系のなかではそこそこだらう

284 :世界@名無史さん:2009/12/01(火) 08:02:23 O
土師氏も職業上渡来系と見る人もいる。新笠の氏神も竈の神だし。

285 :世界@名無史さん:2009/12/06(日) 16:59:21 0
高句麗の主要民族は満州族の一種であって、漢族とは縁もゆかりもない。
韓国・朝鮮人はこんにちでも高句麗の末裔を以って任じている。
さらに、現在の東北地方に住む朝鮮族たちはみずから渤海の後裔を任じ、朝鮮・韓国との関係のほうを重く見ている。
             〜(略)〜
高句麗人と共に渤海建国の民族である靺鞨はツングース系で、現在の中国の少数民族の一つ、満州族の祖先である。
             〜(略)〜
渤海は、唐の高宗の代に高句麗が唐・新羅の連合軍に討滅された後、唐の玄宗から渤海郡王に封ぜられた大祚栄氏がつくったツングース系の国であった。


黄文雄『満州国は日本の植民地ではなかった』

286 :世界@名無史さん:2009/12/07(月) 17:54:35 0
高句麗と韓国(朝鮮)の関係って例えるなら、
モンゴル人の元朝や満州人の清朝は中国史の国家だけど中国人(漢人)の国家ではないってのと同じ感じ?
高句麗は朝鮮史の国家だけど朝鮮人の国家ではないっていう。


287 :世界@名無史さん:2009/12/07(月) 23:46:43 0
朝鮮半島の歴史においては、過去に存在した国家だったけど、朝鮮人の国家の歴史ではない
ということだろう。

288 :世界@名無史さん:2009/12/25(金) 02:04:29 0
古代朝鮮は中国の一部だったらしい。


「中国がまだ統一される前、都市国家から発展した諸国が各地で覇権を争っていた時代の紀元前三三四年、「燕は東に朝鮮、遼東がある」と司馬遷著『史記』は記した。
つまり、戦国七雄の一つで、いまの北京を中心とした燕国が、遼河下流域から朝鮮半島北部までを、このとき独占的商業圏に入れたのである。
これより百年ほどあとの前三世紀、全盛時代の燕国は朝鮮半島の大同江から漢江にかけての先住民「朝鮮」と、洛東江渓谷の先住民「真番」を支配下に入れ、要地には砦を築いて官吏を駐在させ、商人の権益を保護していた。
 (略) 秦の始皇帝は、燕国をほろぼし中国を統一したあと天下を三六郡に分けた。『史記』「朝鮮列伝」によると、朝鮮と真番は「遼東の外徼に属した」。
つまり、朝鮮半島は三六郡の一つの遼東郡の、直接統治ではなく保護下にあった。
 (略) このとき燕人の満(衛満)が、1000余人の仲間とともに先住民の服装をして朝鮮に亡命し、真番、朝鮮の先住民と、燕や斉(山東)加羅の亡命者を従えて王となり、王険(平壌)に都を置いた。
これが朝鮮半島におけるはじめての政権「朝鮮王国」である。漢にはこれを討伐する力がなかったため、遼東太守は満と契約を結んで外臣とし、皇帝の許可を得た。


宮脇淳子著「世界史のなかの満州帝国(PHP新書)」


289 :世界@名無史さん:2009/12/25(金) 02:37:50 0
コンビニで「コアムック442 発禁タブー報道 (コアマガジン)」っての立ち読みしてきた。
ウリナラ起源説の特集が何ページかあって面白いよ。このスレの人は全部知っている話だけどね。




290 :世界@名無史さん:2010/01/02(土) 16:30:44 0
『後漢書』辰韓伝
辰韓、耆老自言秦之亡人、避苦役、適韓國、馬韓割東界地與之。
(辰韓、古老は秦の逃亡者で、苦役を避けて韓国に往き、馬韓は東界の地を
彼らに割譲したのだと自称する。)

『三国志魏書』辰韓伝
 辰韓在馬韓之東、其耆老傳世、自言古之亡人避秦役來適韓國、馬韓割其東界地與之。有城
(辰韓は馬韓の東、そこの古老の伝承では、秦の苦役を避けて韓国にやって来た昔の逃亡者で、
馬韓が東界の地を彼らに割譲したのだと自称している)

この後漢書の一節は、馬韓が辰(秦)韓より古いことも意味してる。
更に、弁韓人は先に南下(温暖地域を先取してたわけだから馬韓人、辰韓人より
古い移民集団だったことを意味する。
http://members3.jcom.home.ne.jp/sadabe/kanbun/sankan-sinkan.htm


291 :世界@名無史さん:2010/01/02(土) 16:42:58 0
半島は逃亡者の国だとはっきり書かれてるんだよなw


【三国志魏書 辰韓伝】

>辰韓在馬韓之東、其耆老傳世、自言古之亡人避秦役來適韓國、馬韓割其東界地與之。有城柵。

辰韓は馬韓の東、そこの古老の伝承では、秦の苦役を避けて韓国にやって来た昔の逃亡者で、
馬韓が東界の地を彼らに割譲したのだと自称している。城柵あり。



【唐会要 百済伝 】

>百濟者、本扶餘之別種、當馬韓之故地。其後有仇台者、為高麗所破、以百家濟海。
>因號百濟焉。大海之北、小海之南、東北至新羅、西至越州、南渡海至倭國、北渡至高麗。

百済とは、本は扶余の別種で、(所在は)馬韓の故地にあたる。
その後裔に仇台なる者がおり、高句麗に国を破られ、百家で海を渡った。因って百済と号する。

大海(黄海)の北、小海(楽浪湾)の南、東北は新羅に至り、西は越州に至り、
南に海を渡れば倭国に至り、北に渡れば高句麗に至る。


292 :世界@名無史さん:2010/01/02(土) 16:45:01 0
20世紀に作られた神話を実話として学校で教えてる国だからね。

【韓国】実在の人物となった”檀君”・・・古朝鮮「神話」から「実話」に…高校課程教科書修正(中央日報)08/01/16

今年から高校1年が習う韓国史教科書の「檀君王倹の古朝鮮建国」に関連した部分が「物語」から
「歴史的事実」に変わる。
教育人的資源部(教育部)は、23日「古朝鮮と青銅器文化」の部分がこのように修正された国定の
韓国史教科書を、新学期から普及すると伝えた。修正した部分は「韓国史」の32ページにある「三国
遺事(サムグクユサ)と東国通鑑の記述によれば檀君王倹が古朝鮮を建国したという(紀元前2333年)」
の部分。

教育部はこれを「三国遺事と東国通鑑の記述によれば檀君王倹が古朝鮮を建国した」と断定する表現に
変えた。国史編さん委員会のチャン・ドクジン室長は「これまで、史書には出てくるが、考古学的な証拠が
不十分だった古朝鮮の建国時代が、最近の研究成果を通じて明確になったため、記述を変えた」と説明
した。以下略

http://japanese.joins.com/article/article.php?aid=84883&servcode=400§code=400

この「桓檀古記」って、五千年前にはまだ存在していない仏教の帝釈天が登場したり、
紀元後の仏教説話や明治時代に作られた和製漢語が所々に入っていたり、明らかに20
世紀以降に作られた偽書なのに、韓国の学校では実話として教育してますw
しかも、熊女はにんにくが好物だったと言ってるけど、にんにくが朝鮮半島には伝播したのは早くても
4世紀以降なのに...

(関連)
【韓国】 四千三百年前の檀君が復活する〜SBSが初のドラマ化06/12/27
http://news18.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1167313319/
【中韓】 熊トーテム神話争奪戦〜根拠のない檀君神話に中国が批判(聨合ニュース)07/11/14
http://news21.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1195046057/
【韓国】 偽書論争続く「桓檀古記」〜本当なら世界文明の始源が韓民族に[09/07/04]
http://takeshima.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1246775811/

293 :世界@名無史さん:2010/01/02(土) 17:23:01 0
私は日本人ですが百済・高句麗は日本を征服したが、日本軍が韓国併合した時に民族の歴史書を全て焚書処分にしてしまい。
真実が葬りされたそうです。

294 :世界@名無史さん:2010/01/03(日) 12:36:00 0
>>241
天皇家は朝鮮半島系と言えばいいんですかね

295 :文責O2bさん:2010/01/04(月) 02:21:57 0
[新羅は倭人の国、朝鮮人の国じゃない]
・『三国史記』に、三王家のふたつに倭起源伝説がある旨、記されている。
・新羅と出雲に残された四隅突出型墳丘墓、スサノオが新羅を建国した伝説。
・『新撰姓氏録』に新羅初代王は神武天皇の兄、稲飯命(イナヒノミコト)とある。
・『隋書東夷伝』に、辰韓(後の新羅)の王は百済人、とある。百済の王族は扶余族、倭王族とは親戚であるという。
・『山海経』に、楽浪の南に燕に朝貢する倭がある旨、記されている。当時のそこは三韓に別れる前の辰国であった。
・辰国は倭人の国? DNA研究により辰国の倭人と思しき民族が長江文明人の末裔(弥生人、百越人とも)であることがわかっている。
・失われた長江文明人の血は、現代ではベトナム以南、朝鮮、日本にしか残されていない。山東省から、日本から、海路で半島に渡ったと考えられている。
・その弥生人と共に、長江原産ジャポニカ水稲が日本から半島に伝わったこともDNA研究により判明している。
・中国史料によると、先住民の穢族が高句麗、扶余、沃沮の四族に別れたとある。穢族は東胡の末といわれている。
・東胡はツングース系、テュルクが混血しているとも言われる。BC209年に匈奴に敗れ四散、鮮卑や蒙古に別れた。女真もその末。
・同様にその後、遼東太守の公孫度が扶余王、尉仇台に嫁を与え、後の百済の地の王とした旨、記されている。
・倭、百済、任那、新羅の支配層は全て扶余族と見るべきか。ただし、全て民衆とは別民族。(扶余が天皇家とは限らない、蘇我氏説もあり)
・中国史料によると、秦韓(辰韓)の民衆は先住の倭人と始皇帝から逃げてきた秦人(漢族)、とある。
・『隋書』、記紀からも、任那、百済、新羅がその当初、日本を宗主国として仰ぎ、往来していた旨、明らかである。
・現朝鮮民族にも、ツングース系(高句麗、扶余、蒙古、女真)の血(一割)、漢族の血(四割)、倭人の血(五割)が残っている。
・先住民たる倭人の五割にも及ぶ血だが、それでも大幅に粛清された結果だろう。(倭人は奴隷階級に落とされていたから。日本人に似た済州島民の例もある)
これらを総合するに新羅も百済、任那同様、日本の親戚国と見るのが正しい。民衆の血筋は現在の朝鮮と近い点もあるが、その支配層の歴史的出自が全く違うということだ。支配層の扶余族は高麗族に抹殺されてしまったのだ。

296 :世界@名無史さん:2010/01/04(月) 05:50:09 0
つーか百済・高句麗の史書を焚書したのは新羅。

297 :世界@名無史さん:2010/01/05(火) 03:55:32 0
と日帝が韓国民を洗脳使用としても無駄だよ
我が国が倭人を支配していた事実は変わらない
平伏せよ。

298 :世界@名無史さん:2010/01/05(火) 10:38:53 0


299 :世界@名無史さん:2010/01/05(火) 10:39:59 0


300 :世界@名無史さん:2010/01/05(火) 10:40:59 0


301 :世界@名無史さん:2010/01/05(火) 10:43:12 0
ウィキペディア-百済

民族と言語 [編集]
民族については、百済王・高句麗王(夫余)等に代表されるツングース系中国人の国家であったと言う説、
また現在の朝鮮で提唱されるツングース系中国人の支配層(王族・臣・一部土民)と被支配層(土民中心)の朝鮮人であったとの2説がある。
中国政府のシンクタンクである中国社会科学院は、公式研究書で百済に対して「(高句麗と)同様に古代中国の辺境にいた少数民族である夫余人の一部が興した政権」と主張している。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%99%BE%E6%B8%88

302 :世界@名無史さん:2010/01/19(火) 22:48:45 0
秦韓のイスラエルの民は日本に渡ってしまった。
今のチョンとは何の関係もない民族。

303 :世界@名無史さん:2010/01/20(水) 11:15:40 0
>>297
ソース

304 :世界@名無史さん:2010/01/21(木) 18:29:19 0
ただの釣りレスであろう

305 :文責O2bさん:2010/02/04(木) 03:40:33 0
コリアはコリョ(高麗)が語源、ロシア・満州の朝鮮人は「コリョ族」を自称している。

コリョ族は穢(ワイ)族から分岐した東胡ツングース系民族である。
そしてアジアでも最古級の、シベリアバイカル湖近辺で遺伝的特徴が固定された血筋である。
ロシアではツングースカ隕石でも有名なツングース系と呼称され、今でもオロチョン族、エヴェンキ族、ブリヤート族が独特な文化・血脈を維持している。
ツングース民族を特徴化しているC3型父系Y染色体がそれぞれの部族血脈に占める、いわゆる「民族の血の濃さ」を以下に示す。
( C3型9割のオロチョン>ブリヤート>エヴェンキ>蒙古>満州>北朝鮮>韓国>チベット>日本1% )

中国のツングース系は地政学上、シベリアの部族のような孤高独立維持は許されず、混血・中華文明を受け入れざるをえなかった。
その民族名称の音に合わせ東胡と呼称されたツングース民族は、中華文明地域に南下大勢力を築いたが、BC209年「匈奴(テュルク系?)」に大敗北を喫し四散した。
中国史書を調べると、鮮卑(隋・唐を建国?)・室韋(しつい、蒙古の前身)・靺鞨(まっかつ、渤海と女真に分裂)・穢族(ワイ族、さんずいでカイ族とも)などに分裂したようだ。
契丹、柔然、粛慎なども東胡の末といわれている。
BC2世紀、朝鮮半島に進出したツングース民族が穢族。
・東胡→鮮卑?→穢族→穢四族(高麗、扶余、沃沮、東穢)に分裂、四族は互いに潰しあいコリョ族だけが勝ち残った。

918年の王氏高麗建国以来、ツングース系コリョ族が朝鮮の支配階級に収まった。
現在の平均的朝鮮人染色体構成は、ツングース系C3型1割、黄河文明起源の漢族系O3型4割、朝鮮半島の原住民(わかっている限り最古)で長江文明人・弥生人O2b型5割、他。
「アリラン」をはじめ、現朝鮮文化にシベリアツングース民族のそれが色濃く残されている。

306 :世界@名無史さん:2010/02/04(木) 18:12:38 0
韓国人=朝鮮人の先祖は、古代半島の東北部、 いわゆる中国領・楽浪郡の東部地方(日本海沿岸地方)に 住んでいたワイ族。
百済人、高句麗人は古代の満州地方に住んでいた遊牧民族=フヨ族。

ウィキペディア-朝鮮民族
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9C%9D%E9%AE%AE%E6%B0%91%E6%97%8F

歴史
朝鮮半島では4世紀頃までに高句麗、新羅、百済の三国が興り三国時代と呼ばれるが、7世紀に中国の唐が新羅と結んで高句麗、百済を相次いで滅ぼし、さらに新羅が唐の勢力を追放して朝鮮半島を統一した。
高句麗や百済の支配層は扶余系とみられ、韓系である新羅人とは別系統の言語を話した。
一般的に現在の朝鮮語の祖語は新羅語とされている。このことから言語をもって民族の基準とすると、朝鮮民族を形成していった主流は新羅人であると考えられる。

ウィキペディア-新羅
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%96%B0%E7%BE%85

脚註
^ なお韓国では、高句麗の滅亡後にその遺民が靺鞨族と共同して満州に建国した渤海を高句麗の後継国家と見なし、新羅・渤海をあわせて南北国時代と呼び、朝鮮民族史の及ぶ地理的範囲を朝鮮半島から満洲・沿海州を含めた領域としている。
しかしながら、言語的観点から現代の韓国・北朝鮮の祖とされる新羅と、高句麗・渤海とでは、民族的・言語的に隔たりがあり(金芳漢著・大林直樹訳『韓国語の系統』)、
高句麗・渤海を現在の韓国・北朝鮮へ連続する国家と見なす十全な根拠がないため、高句麗・渤海の故地を領土に含み、また高句麗・渤海と民族的に同系である満州族を国民として多数抱える中国との間に軋轢が生じている(→東北工程)。



307 :世界@名無史さん:2010/02/04(木) 18:13:55 0
朝鮮人(高麗族、コリョ族)は中国東北部起源の北の蛮族
「楽浪半島、もしくは東シナ半島」の歴史(中国と日本の歴史)
前1000年頃 殷の廷臣、箕氏(中国人)が周の武王から楽浪(半島北部)に封じられる?(周の属国)その後、周の凋落で王を称す?
戦国期 編纂されはじめていた地理書「山海経」に「楽浪の南に、燕に朝貢する倭がある」旨、記される。 辰国(半島南部、百越人の国)は倭そのものか? 百越人(弥生人)とは、失われた長江文明の担い手。現在そのDNAは半島、日本、ベトナム以南にしか残されていない。
前195年 秦に滅ぼされた燕からの亡命武将、衛満(中国人)が箕氏楽浪を乗っ取る。 このころから辰国は三韓に分かれはじめる。 馬韓(後の百済)は百越人の国。秦韓(辰韓、後の新羅)は始皇帝から逃れてきた秦民の国。弁韓(後の任那)も秦韓に似る。
前108年 中国皇帝の武帝が衛氏を滅ぼし楽浪郡を設置、植民地とする。
前37年 東胡を祖とするコリョ族(高麗族)が中国東北部に高句麗(前高麗)を建国。
2世紀 遼東太守、公孫度が扶余族(穢族からコリョ族と分岐)の王、尉仇台に嫁を与え馬韓(後の百済) の王とする。先から三韓の王族は全て扶余族となっていた? 倭王も同族? 新羅三王家のふたつに倭出自伝説が残されている。
3世紀初 公孫康 、曹操の許可を得て楽浪郡南部を帯方郡(後の百済)として設置。
4世紀 晋の八王の乱の混乱に乗じて、高句麗が楽浪郡を不当占拠。百済、新羅が建国。日本を大国と崇め、人質を送る。任那も併せ三韓は日本の勢力下にあった。
7世紀 任那、百済と順に滅亡、遣隋使と合わせて日本は半島から手を引く。新羅、高句麗を征伐。統一新羅は中国の属国となり、独自の名前と年号を捨て、中国式の名前と年号を使い出す。
918年 新羅滅亡、高麗(後高麗)建国。新羅内に雌伏していたコリョ族が国を乗っ取った。

ここまでは、朝鮮人の歴史ではない。


308 :世界@名無史さん:2010/02/04(木) 18:17:13 0
高句麗=扶余系=満州系なんだわな。
高句麗の発祥地は中国の東北地方で、高句麗の数百年の歴史のうちの最初からの半分以上が中国東北地方にしか版図がなく、朝鮮半島には存在はしてなかった。
そして、彼らが滅亡した後は、ほとんど満州の部族に移行している。つまり、どう考えても、高句麗は中国東北系の国なんだわな。

高句麗と朝鮮の関係って大日本帝国の朝鮮と似たようなもんでしょ。
朝鮮に日本家屋があることを理由に、朝鮮人が江戸文明を作ったとかぬかすくらいあつかましい主張でしょ。
何しろ、文明が継承されてないんだもの。
満州人はきっちり高句麗文明を継承してるけど朝鮮は100年前は土人文明だもの。
高句麗はシナと新羅(朝鮮)が連合して消滅させた異民族の古代国家にすぎない。
百済も、高句麗の後継国家、渤海も同じ。

なぜ朝鮮人は嘘をつくのか Why does the Korean tell a lie?
http://www.youtube.com/watch?v=9ATZG6pyY88
http://www.youtube.com/watch?v=jbgbbXk0n1k
http://www.youtube.com/watch?v=KR7z_-jagCE


309 :世界@名無史さん:2010/02/04(木) 18:17:58 0

朝鮮人とは朝鮮半島の南側に住んでた原住民で、三韓(馬韓、弁韓、辰韓)人
それに対して高句麗(※)も百済も朝鮮人を支配してた扶余(ツングース)民族だな

広辞苑より
【扶余】前一世紀から五世紀まで、中国東北地方北部に活動した民族。
また、その建てた国。ツングース族の一。一〜三世紀中頃が全盛期、もと百済の別称。
【高句麗】紀元前後、ツングース族の扶余の朱蒙(東明王)の建国という。
中国東北地方の南東部から朝鮮北部にわたり、四世紀広開土王の時に全盛。
都は二○九年より丸都城、四二七年以来平壌。唐の高宗に滅ぼされた。高麗(コマ)。
【渤海】八〜一○世紀、中国東北地方の東部および朝鮮半島北部のあたりに起った国。
靺鞨(マツカツ)族の首長大祚栄が建国。唐の文化を模倣し高句麗(コウクリ)の旧領地を
併せて栄え、七二七年以来しばしばわが国と通交。一五代で契丹に滅ぼされた。
【靺鞨】(マツカツ)ツングース族の一。有力な部族が七部あり、その一である
粟末(ゾクマツ)靺鞨の首長大祚栄は渤海国を起し、また黒水靺鞨は後に女真と称した。
【女真】中国東北地方の東北部から沿海州方面に住したツングース系の民族。
五代の頃より女真と称し1115年完顔(ワンヤン)部の首長阿骨打(アクダ)が金を
建国し宋に対抗。後に清朝を興した満州族も同一民族である。

一方朝鮮人は、朝鮮半島の原住民の事です。 馬韓、弁韓、辰韓の民族ですね。
なので 百済≒高句麗≒渤海  ≠  三韓=朝鮮民族


310 :世界@名無史さん:2010/02/04(木) 18:18:59 0
■朝鮮人が認められない歴史的事実一覧
・弥生人が長江流域からやってきた百越系民族であること
・半島南部の先住民が倭人(=弥生人=百越系民族)であること
・新羅の建国時の宰相が倭人であり、王家の二つが倭人系統であること、また始祖の朴赫居世についても倭人説があること
・百済、新羅が大和朝廷に対し従属的地位にあったこと
・大和朝廷による伽耶地域の支配(半島南部における多数の前方後円墳の存在)
・半島における文化的独自性の欠落(あらゆる分野での古典の不在)
・常に某かの国の属国として歩んできた歴史
・姓が中国文化の影響を受け、みずから改名し、中国語氏名であること
・朝鮮征伐が日本と明との戦争であったこと(李朝の軍は明の将の指揮下に入り、和平交渉も日本と明の間で行われている)
・朝鮮通信使が実質的に朝貢使節であったこと(琉球の江戸上りと同じ)
・オンモン(朝鮮文字)がパスパ文字、契丹小字をもとにしたものであり、しかもカナより600年遅れて作られたものであること
・焼肉はモンゴルのパクリで焼肉メニューはモンゴル語ばかりであること
・キムチは秀吉が朝鮮出兵の時に落とした唐辛子の種が増殖したのが起源であること
・テコンドーは日本空手のパクリでそのままだとまずいのでキック特化にしたこと
・中国の太極図案と五行八卦の中の四卦と陰陽魚が韓国国旗であること
・大韓民国の国名の民国は中華民国の民国の借用であること
・大韓民国憲法は、全て1948年に南京で制定された中華民国憲法を剽窃したものであること
・韓国の法律は、台湾の六法全書、「憲法、刑法、民法、商法、刑事訴訟法、民事訴訟法」と全く同じであること
・中国原産の木槿の花を、勝手に改名し、無窮花として韓国の国花にしたこと
・朝鮮という国号は明の永楽帝が下賜したこと
・韓国国歌「愛国歌」が満州国国歌のパクリであること
・服も鎧も王権装身具も古墳も宮殿も中国のパクリであること
・文明も中国のパクリであること(日本は一国一文明の国・韓国は中国文明 Samuel Hnatington『文明の衝突』より)
・古代高句麗人と現代の韓国人は全く違う民族で高句麗は古扶余人で東胡の一部であること


311 :世界@名無史さん:2010/02/04(木) 18:20:08 0
長い歴史の中で数多くの国や王朝に朝貢し冊封され支配、統治され
朝鮮人は混血も重ねています(大きいところでは中国諸民族、縄文人、倭人、蒙古人、満州人、大日本帝国)

近年韓国で医学界等の遺伝子や血液の分析で朝鮮のルーツは北方である事
南部からの流入(日本の縄文人や倭人、倭人王については完全にスルーしてますが)との
混血である事も徐々に指摘、新聞でも報道されはじめました

血液分析により民族の移動経路を判明する 東亜日報
韓国 台湾 日本、もっとも単一民族に近いのは日本人
http://japan.donga.com/srv/service.php3?biid=2001010317828

"韓民族は単一民族ではない!" 韓国 朝鮮日報
http://news.chosun.com/site/data/html_dir/2009/01/09/2009010901296.html

韓国人、違う民族の血40%位まじっている 韓国 朝鮮日報
http://www.chosun.com/national/news/200604/200604050360.html

顔で見た韓国人、すでに他民族血統…“80%が北方系” 日本版 中央日報
http://japanese.joins.com/article/article.php?aid=90507&servcode=400

もし日本人、韓国人が似てると感じれば、それは激しく混血を重ねた朝鮮人が似てるのであって
日本人が似ているのではないのです

朝鮮はこの通り朝鮮民族だけの物ではありません、
今後は友愛の精神で朝鮮半島は異民族を多く受け入れ多民族多人種社会となり
それぞれの民族の国籍を認め韓国朝鮮人と同じ権利を持ってもらい共生すべきです

国連、「韓国の単一民族強調」人権侵害の恐れ 日本版 中央日報
http://japanese.joins.com/article/article.php?aid=90362&servcode=400

韓国の民族主義を告発、スタンフォード大シン教授(上)
http://www.chosunonline.com/news/20090623000056

312 :世界@名無史さん:2010/02/04(木) 18:20:53 0
【質問】『「我々韓国人は高句麗人(フヨ族)の子孫だ。高句麗は韓国人が建国した国だ」と主張していますが、 これは事実でしょうか?』

【回答】 完全なウソです。韓国人の作り話です。韓国人と高句麗人はまったく別種の民族です。高句麗人は
古代の満州地方に住んでいた 遊牧民族=フヨ族の一派ですが、韓国人=朝鮮人の先祖は、古代半島の東北部、
いわゆる中国領・楽浪郡の東部地方(日本海沿岸地方)に 住んでいたユウロウ族です。狩猟民族=ユウロウ族の子孫が
現在の韓国人です。このユウロウ族はシベリア奥地の山岳部から半島東北部に移住してきた民族です。
 満州地方に住んでいた遊牧民である高句麗人(フヨ族)とは何の関係もありません。強いて関連付けるならば、
一時期、フヨ族がワイ族を 支配化に置いていたこと、くらいです。
 では、高句麗人の子孫にあたる民族とはどのような民族なのか。それは女真族(満州族)です。
高句麗が唐によって滅ぼされた後、高句麗人(フヨ族)は彼らの故郷である『満州』に逃げました。
 高句麗人はこの地において契丹族や鮮卑族、モンゴル族と混血しました。それによって誕生したのが
女真族(満州族)なのです。 この女真族が、1115年に満州地方から中国北部にまで版図を有する
『金国』を建国しました。金国が滅びた後、1616年に、 同じく女真族の国である第2次金国=後金国が建てられ、
この『後金国』が清国へと発展していきます。



313 :世界@名無史さん:2010/02/04(木) 18:21:45 0
高句麗人(フヨ族)の歴史を図にすると、下記のような流れになります。

〔フヨ国→ 高句麗→ 金国→ 後金国=清国 (高句麗滅亡後に建国された渤海国も『高句麗人の国』という説がある) 〕

 見ての通り、高句麗と韓国人は何の関係もありません。高句麗人の末裔と呼ぶべき民族は満州族であり、
韓国人=朝鮮人ではないのです。 韓国人は高句麗人の子孫ではないだけでなく、高句麗人の歴史を受け継ぐ
満州族(女真族)のことを『オランケ』と呼び、蔑んでいました。 オランケとは韓国語で「野蛮人」の意味です。
 韓国人は、「我々は高句麗人の子孫だ」と自称する一方で、本物の『高句麗人の子孫』である満州族のことを、
野蛮人呼ばわりして 見下しているのです。
 ところが最近の韓国人は、時と場所によって「満州族と韓国人は兄弟民族だ」と言ったり、「満州族はオランケであり、
韓国人と違う民族だ」と、 言ったりしています。まさに『ご都合主義』です。自分たちの都合により、歴史を捏造し
歪曲しているのです。 日本人は倭人の子孫である。一方、朝鮮人はユウロウ族の子孫である。この2つの民族は
最初から別種なのだ。


314 :世界@名無史さん:2010/02/04(木) 18:23:23 0
高句麗は、夫餘から出た別種である。(『旧唐書』高麗伝 :「高麗者、出自扶餘之別種也。」)
高句麗は本来夫餘の別種である。(『新唐書』高麗伝 :「高麗、本夫餘別種也。」)
という記述にもあるように、高句麗族はその起源伝説の類似点から、ツングース系と考えられる
扶余と同じ民族と見られることが多い[2]。史上でも扶余の流民を受け容れていることが記されているが、
民族を同一とするにたる明証はなく、墓制の違いを見る限りは扶余と高句麗との差は歴然としている[3]。
但し、『魏書』百済伝の百済王蓋鹵王の上表文には、「臣と高句麗は源は夫余より出る」
(臣與高句麗源出夫餘)とあり、当時の百済人は高句麗人を同種の夫余とみていたことになる。
なお、扶余族は他に、沃沮(東沃沮・北沃沮)・?・百済(王族)など朝鮮半島に広く分布していた。

wiki より

上記からも、高句麗はツングース系と確定している。当然、朝鮮民族ではない。



百済→王族は扶余族、倭人と混血 、民衆は長江文明の遺臣の弥生人(百越人ともいう)
新羅→王族は扶余族、三王家のふたつに倭人出自説あり、民衆は弥生人と、始皇帝から逃げてきた秦人(漢族)
高句麗→ツングース系女真人
高麗→ツングース系女真人
渤海→ツングース系女真人

渤海と高句麗の民族的人種的なつながりははっきりとはわからないが、
新羅に滅ぼされた高句麗の遺民が建国した国ではないか、とは言われている。
何度も日本に朝貢している。
渤海が滅んだのち、今度はその遺民が高麗を建国した、というのがだいたいの流れ。
中国東北部にいた人々が一時期朝鮮半島に国を作ったとも言えるし、それが朝鮮人であるとも言える。
朝鮮半島は漢族、倭人、中国東北部族、モンゴル人等々、種々雑多な人種が入り乱れている。
日本と違って、半島というのはどこでもそういうもの。いわば人種民族の通り道的な存在。


315 :世界@名無史さん:2010/02/04(木) 18:24:11 0
前12世紀〜前2世紀の箕子朝鮮は中国人の箕子が建国した中国人国家。
箕子朝鮮を滅ぼして前2世紀〜前1世紀の衛氏朝鮮は中国人の衛満が建国した中国人国家。
前漢の武帝が衛氏朝鮮を滅ぼして朝鮮半島北部に前1世紀〜後3世紀に設置した漢四郡(楽浪郡・真番郡・臨屯郡・玄菟郡)は中国植民地。
百済と高句麗はツングース系民族の夫余族の国家。渤海は夫余族と靺鞨の国家。夫余族と靺鞨は中国・満州族の母体。
秦からの亡命中国人が前2世紀〜4世紀に朝鮮半島南部に建国したのが辰韓(秦韓)で、後に12カ国に分裂して、その一つの斯蘆国が新羅。
百済と高句麗を滅ぼしたのは新羅ではなく唐。唐は百済と高句麗の滅亡後に旧高句麗領を安東都護府、旧百済領を熊津都督府、新羅を鶏林大都督府として半島全域を藩属国から羈縻州(中国国内扱いにした事を指す)にした。
このため一時的に朝鮮に「国」はなくなった。

朝鮮の歴史は半万年ではなく千百年弱

「朝鮮、属国史」の始まり
918年 高麗建国
10世紀 宋に朝貢、契丹(東胡の末)に朝貢。
12世紀 金(女真族、東胡の末)に朝貢。
13世紀 高麗はモンゴルの属国となる。劣等感から、一然という僧が檀君神話を捏造し、忠烈王がモンゴルに日本侵略を唆す。
14世紀 高麗滅亡、李朝建国。李朝は最初から明の冊封国で、国名も中国に決めてもらった。
17世紀 清(女真満州族)に服属、三跪九叩頭の礼に甘んじる。
19世紀 日本が日清戦争で中国を破り、属国の李朝は独立させてもらう。(日本の保護国)
1910年 李完用の要請により日本に併合してもらう。李氏朝鮮(大韓帝国)滅亡。
1948年 戦後アメリカ軍政庁の統治下にあったが、アメリカの後押しで大韓民国が成立。
1950年 アメリカとソ連の代理戦争である朝鮮戦争が起き分断国家となる。
1991年 ようやく国連加盟、史上初めて世界から独立国家として認められる。 
1993年 韓国、軍事独裁制を脱し、史上初めて独立民主政体となる。
現在 いまだ言論、学問の自由もなく民主主義とは程遠い国である。北は論外。


316 :世界@名無史さん:2010/02/04(木) 18:24:52 0
======== 偉大な韓国の歴史 ==========
10世紀 長白山が過去2000年間で世界最大級とも言われる巨大噴火を起こす(リセット)

1010年 「契丹」に侵略される。首都開城が陥落。(キタン人化)
1013年から1019年まで継続して侵略される。   (キタン人化)
12世紀 「女真」の侵入。侵略。「金」に朝貢。   (満洲人化)
1231年 「蒙古」に侵略される。首都開城が陥落。国王江華島に逃亡
    長い間、無抵抗の半島はモンゴル軍に蹂躙される。(モンゴル人化)
1247年 「蒙古」に再侵略される。しばらく蹂躙が続く。 (モンゴル人化)
1258年 雙城総管府を置かれる。翌年、王子を人質に降伏。(モンゴル人化)
    国内には多くの蒙古軍人が駐留。        (モンゴル人化)
1270年 東寧府を置かれる。              (モンゴル人化)
    反対派が済州島に移って徹底抗戦。1273年に鎮圧 (モンゴル人化)
1274年と1281年「元寇」(半島人主力で日本侵略。が、全滅(モンゴル人化)
1356年から1362年までの紅巾賊侵入により首都開京が陥落 (シナ人化)
1419年 「応永の外寇」 17000人で対馬を襲撃。船、家を焼き、住民を虐殺する。
    しかし、少数の対馬軍に撃退される。
1592年 と1598年秀吉の「唐入り」 首都漢城が陥落(短期でヤマト化は無理)
1627年 「後金」に侵略される。平壌を超え、侵略されるが漢城までは来なかった。
    しかし、国王は江華島に逃亡(満洲人化)
1636年 「清」に侵略される。首都漢城が陥落。清軍が、す早く江華島への道を遮断。
    泥濘の中、朝鮮王仁祖は清の太宗に降伏、大清国属国となる。(満洲人化)

「屈辱の象徴」三田渡碑の移転決定
http://tosi.iza.ne.jp/blog/entry/610163/
韓国マイナー観光
http://www.geocities.co.jp/HeartLand-Kikyo/1239/w-18.htm



317 :世界@名無史さん:2010/02/04(木) 18:25:51 0
「アイゴー!シンガポールヤフーが韓国を中国領と表記してるニダ!」

シンガポール ヤフー(sg.travel.yahoo.com)とカナダのブリティッシュコロンビア(BC)州政府サイト
(www.protocol.gov.bc.ca)が韓国関連の誤りを訂正した。
サイバー外交使節団「バンク」は「1週間前までシンガポールヤフーはアジア地図で韓国を中国の領土と表記していたが、5日現在、『韓国領』に是正された」と明らかにした。(略)

http://www.worldtimes.co.jp/kansok/kan/shakai/090106-3.html


韓国紙・中央日報が韓国人のプライドをめちゃめちゃにする事実を報道していた


『有名教科書と地図「韓国は中国領土」』

英国オックスフォード大の出版社が制作している教科書をはじめ、世界の教育機関、博物館、テレビ局、新聞社、ポータルサイト、
百科事典など総34個の世界有名機関の世界地図53個が、韓国の領土全体または一部を中国領土に表記していることが分かった。
http://japanese.joins.com/article/article.php?aid=65416


『スペイン紙「韓国4228年間、中国の属国」』

スペインの有力紙「エル・ムンド」のウェブ版(www.elmundo.es)が「韓国は4228年間にわたって中国の植民地だった」と紹介した。
「エル・ムンド」は「韓半島は長い歴史のなかで数多くの侵略を受けてきた。中国に1895年まで属していた(略)
http://japanese.joins.com/article/article.php?aid=56213



アメリカ大使館「朝鮮に歴史無し。昔から中国、日本、偏狭蛮族の属国」
http://s04.megalodon.jp/2008-0104-0331-22/www.enjoykorea.jp/tbbs/read.php?board_id=teconomy&page=9&nid=3182743
http://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=%E6%9C%9D%E9%AE%AE%E3%81%AE%E6%AD%B4%E5%8F%B2&diff=8434966&oldid=8280871



318 :世界@名無史さん:2010/02/04(木) 18:26:38 0
各国教科書に見る朝鮮半島
http://bansensyukai.blog23.fc2.com/blog-entry-7.html
◎ ポーランドの教科書
「AD1世紀以来、日本と中国は朝鮮半島の領有権を巡って衝突した」
◎ ドイツの教科書
「日本が大陸に最初の足がかりを築いたのは4世紀の事だった。その後300年、日本は朝鮮半島を支配する地位にあったが、唐との戦争に敗れ、17世紀になるまで待たなくてはならなかった」
◎ オーストラリアの教科書
「朝鮮は近代に到るまで、その国内での抵抗に関わらず、中国と日本の属国だった」
◎ フィリピンの教科書
「朝鮮は、その歴史の大部分中国の属国であり、その支配は19世紀に日本に引き継がれた。日本は自由な新しい秩序を樹立する事によって、朝鮮に平和と安全をもたらそうとした」
◎ インドネシアの教科書
朝鮮を中国の属国として記した。
「朝鮮の文化と芸術は中国・モンゴル・日本文化の影響を受けた」
「朝鮮は言論・宗教の自由が制約を受ける国」
「北部はロシアが、南部はアメリカが占領している」
◎ タイの教科書
「朝鮮は中国の支配下に入り、これが19世紀まで続いた」
◎ アメリカの教科書
「朝鮮は中国の従属国」
◎ カナダの教科書
「朝鮮は、数百年間中国の属国」
「日本は<中略>朝鮮に鉄道・道路・港を建設し、産業を発達させて教育の機会を拡大させようと努力した」
◎ インドの教科書
「朝鮮は永らく中国の属国だった」
◎ イギリスの教科書
「西暦366年から562年まで、日本が朝鮮半島を支配した」

韓国と北朝鮮の国内でどれだけ洗脳教育をしても勝手ですが外の世界に出れば朝鮮半島は古代から下関条約まで常に属国。
これが世界の一般的な認識ということです。


319 :世界@名無史さん:2010/02/04(木) 18:28:03 0
統一新羅
http://www.memomsg.com/dictionary/D1096/390.html

統一新羅は、676年の朝鮮半島の統一から935年に滅亡するまでの新羅の事を差す。
この統一新羅、いわゆる新羅は、現在の韓国、朝鮮両国の共通の先祖の国家の初代といえる。
それ以前の国家は民族・言語・文化的につながりが薄い。当然、統一新羅の前身である新羅と統一新羅は連続している。
統一の過程で滅んだ、高句麗、百済は現在の韓国及び朝鮮とは連続性があまりない。
高句麗は実質的に後継国家として渤海があり、現在の中国東北部に小さく民族移動して国家を再建設している。



東北工程:百済・新羅の歴史も「中国史の一部」=中国社科院 『朝鮮日報2007年6月4日』
http://www.chosunonline.com/article/20070604000018

公式研究書に百済と新羅の歴史も「中国史の一部」と記述していたことが3日、分かった。
百済に対しては「(高句麗と)同様に古代中国の辺境にいた少数民族である夫余人の一部が興した政権」とし、
新羅については「唐は(百済が滅亡した)660年以前には羈縻政策を、それ以降には直接統治を行った」と記述した。
また、新羅は「中国の秦の亡命者が樹立した政権」であり、「中国の藩属国として唐が管轄権を持っていた」とした。



東北工程・高麗も中国が建てた国『朝鮮日報2007年6月6日』
http://www.chosunonline.com/article/20070606000006  

高麗について、「箕子朝鮮、高句麗に続き、中国が朝鮮半島に打ち建てた3番目の政権」と主張したところの、
吉林省社会科学院が隔月刊で発行する歴史雑誌『東北史地』の2007年第3号に掲載された「後唐の明宗が、高麗を建国した太祖・王建の族籍を明らかにした」と題する論文の存在が確認された。
この論文は、「王建は決して朝鮮半島の新羅人の子孫ではなく、中国・淮河流域から来た漢人の末裔」と主張し、
933年に後唐の2代目の明宗が太祖・王建に送った冊封詔書などをその根拠として提示した。冊封詔書には太祖・王建を「長淮の茂族」と呼んでいる部分があり、この論文は「長淮は淮河流域を意味する言葉で、太祖・王建の本籍地が中国であるため、高麗は中国人が建国した国





320 :世界@名無史さん:2010/02/05(金) 01:32:40 0
島根や広島の中国地方は、歴史的に、出雲神社・新羅神社のある新羅系の人間の土地。
近畿から信州は百済系で、兵庫の出石神社は、天之日矛神=百済王子を祭った神社で、この、百済民族が日ユ同祖論の南ルート渡来白色系人種の土地柄。
関東圏の蝦夷は、中世期中国の北斉と高句麗のワイ族(コリョ族)=満州人の渡来系豪族の土地。
奈良にも、筒井豪族や葛城豪族などの沢山渡来人が居た。

古代蝦夷の関東平野で蒙古系豪族(高句麗の隣の北斉渡来系)の末裔たる会津藩士=江戸っ子都民と秦の始皇帝、満州人と高麗=朝鮮人とは、祖先が漢族と身内のワイ族で繋がっていたらしいね。
なら、日本の歴史の違和感が、全て、納得行く
百済渡来系の近畿〜信州出身の木下藤吉郎・・豊臣秀吉が朝鮮攻めして、会津藩士の徳川家康が鎖国したのは、周りが同族の満州人だったからだろう。
現在の天皇家が蒙古系なのも、この為
大戦中の同化政策は、満州系民族の統合に思える。
戦後、天皇が、アメリカとの密約で行われた、日本の民族改造、地位逆転を黙認した理由・・
在日朝鮮人の強制連行の意味も・・
右翼の在日朝鮮人が多い理由も・・
北朝鮮が、旧大日本帝国陸軍の関東軍な焼き回しなのも・・
昔の韓国大統領が、徳川家康の本を愛読していた理由も・・
現在の大相撲の現状・・
先の前政権がやった、右向傾化人心陽動の裏で、ASEAN通貨統合やビザなし、難民受け入れ、永住権・・
そして、自民党から離党した現政権も、官僚指導維持に東京一極集中体制継続、在日参政権へと・・
全てが、意図してきた歴史に思える。
八百万の神々の末裔たる、倭人文化圏の関西人を、頑なに否定する都民ウヨの真意が、そこにあったのだね!

倭族分布・・台湾、関西、韓国
満州系民族分布・・中国、北朝鮮、関東


西暦200年の新疆ウイグル人自治区にあった、楼蘭と・・西暦600年代の百済は共に古代ヨーロッパ装飾品を身に付けた白色人種だったなら、百済建国とシルクロードの交易で密接に繋がっていたのでは・・?

321 :世界@名無史さん:2010/02/07(日) 04:31:02 0
んじゃあぁぁ・・
ここの通説通りの民族分布に直してみます。

中国から近畿地方は、歴史的に、出雲神社・新羅神社のある新羅系の人間の土地。
秋田が百済系で、兵庫の出石神社は、天之日矛神=新羅王子を祭った神社で、この、新羅民族の土地柄。
関東圏の蝦夷は、中世期中国の北斉と高句麗のワイ族(コリョ族)=満州人の渡来系豪族の土地。
奈良にも、筒井豪族や葛城豪族などの沢山渡来人が居た。

古代蝦夷の関東平野で蒙古系豪族(高句麗の隣の北斉渡来系)の末裔たる会津藩士=江戸っ子都民と秦の始皇帝、満州人と高麗=朝鮮人とは、祖先が漢族と身内のワイ族で繋がってるね。
なら、日本の歴史の違和感が、全て、納得行く
新羅渡来の中国〜近畿出身の木下藤吉郎・・豊臣秀吉が朝鮮攻めして、会津藩士の徳川家康が鎖国したのは、周りが同族の満州人だったからだろう。
現在の天皇家が蒙古系なのも、この為
大戦中の同化政策は、満州系民族の統合に思える。
戦後、天皇が、アメリカとの密約で行われた、日本の民族改造、地位逆転を黙認した理由・・
在日朝鮮人の強制連行の意味も・・
右翼の在日朝鮮人が多い理由も・・
北朝鮮が、旧大日本帝国陸軍の関東軍な焼き回しなのも・・
昔の韓国大統領が、徳川家康の本を愛読していた理由も・・
現在の大相撲の現状・・
先の前政権がやった、右向傾化人心陽動の裏で、ASEAN通貨統合やビザなし、難民受け入れ、永住権・・
そして、自民党から離党した現政権も、官僚指導維持に東京一極集中体制継続、在日参政権へと・・
全てが、意図してきた歴史に思える。
八百万の神々の末裔たる、出雲族前期渡来倭人文化圏と出石族後期渡来倭系の関西人を、頑なに否定する都民ウヨの真意が、そこにあったのだね!

倭族分布・・台湾、関西
満州系民族分布・・中国、北朝鮮、関東


西暦200年の新疆ウイグル人自治区にあった、楼蘭と・・西暦600年代の百済は共に古代ヨーロッパ装飾品を身に付けた白色人種だったなら、百済建国とシルクロードの交易で密接に繋がっていたのでは・・?

322 :世界@名無史さん:2010/02/08(月) 07:32:10 0
中国地方から近畿地方は、歴史的に、新羅系地域、関西の兵庫県にある出石神社は、天之日矛神=新羅王子を祭った神社で、この、出石民族=新羅系民族が天孫降臨伝説の天津神神族の末裔です。
天孫降臨伝説の国津神神族の側が、出雲大社縁の出雲民族です。
では、国津神系とは、土着系アイヌと交わった台湾と日本に最初に渡来した倭人族で、天津神系とは、後の新羅王朝国から最後に、日本へ移住してきた大陸側の倭系民族の事です。
関東圏の蝦夷は、中世期大陸の北斉と高句麗のワイ族(コリョ族)=満州人の渡来系豪族の土地・・会津人は、その豪族の末裔。
会津藩士=江戸っ子都民と秦の始皇帝、満州人とは、高麗=朝鮮人が、祖先で漢族と身内のワイ族で繋がってるね。
関東人は、土着系アイヌ人と今の満州人の混血です。
奈良にも、筒井豪族や葛城豪族などの沢山渡来人が居たが、葛城豪族は9つある天皇家の1つ。

天孫降臨伝説でサルタヒコとアメノウズメが出会う馴れ初めは、民族単位で表すと、婚姻、渡来系の天津神新羅民族と土着系の国津神出雲民族の同族との再会、同化、共生を表しています。
全国に、配祀する新羅神社の氏子地域は、天津神系民族が定住した足跡です。


323 :世界@名無史さん:2010/02/24(水) 01:16:27 0
誰か助けてください。
多分在日朝鮮人だろうと思いますが、思いっきり朝鮮寄りな視点で編集して朝鮮に不都合な記述を削除していきます。


利用者の投稿記録
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%89%B9%E5%88%A5:%E6%8A%95%E7%A8%BF%E8%A8%98%E9%8C%B2/121.109.122.152

ウィキ-東北工程
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9D%B1%E5%8C%97%E5%B7%A5%E7%A8%8B




324 :世界@名無史さん:2010/02/24(水) 23:02:36 0
電波さんか

325 :世界@名無史さん:2010/04/15(木) 23:00:32 0
ツングースの国だろうがコレアンの国だろうが
日本には直接関係ない

326 :世界@名無史さん:2010/04/15(木) 23:05:18 0
そんなことシルラ(新羅)?

327 :世界@名無史さん:2010/04/16(金) 12:51:24 0
百済ない

328 :世界@名無史さん:2010/05/10(月) 22:42:32 0
李氏朝鮮って満州人国家なんだね

ウィキペディア- 李成桂
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9D%8E%E6%88%90%E6%A1%82

女真人説 [編集]
池内宏[8]や山内弘一[4]らは李成桂が女真人或いは女真人の血を引いている可能性を指摘している。

状況証拠としては次のことが挙げられる。

李一族の出身地の咸鏡道は15世紀までは女真人の地だったこと。

李一族は女真人の配下を多数抱え李一族が頭角を現したのはかれらの助けが大きかったこと。

のちに15世紀になって編纂された王朝創建の偉業を称えた『龍飛御天歌』によると、李一族は全羅道の全州出身で古くは新羅に仕えたがやがて咸鏡道に移住した、と書かれているが、後世に潤色されて書かれているため信憑性が疑わしいこと。

モンゴル語で書かれた李家の家系図から、李一族の女直名は完全に記載されているが朝鮮名は不完全にしか書かれいないこと。

ダルガチは原則としてモンゴル人であり、稀に女真人や色目人が任命される事があるが、被支配民族の漢人、ましてや漢人の子分の高麗人が任命されることは非常に不自然であること。

千戸として女真人の統治を行っていたこと。

姓を李氏と言ってはいるが、祖先が元朝の家来で、元の開元路出身であることは明らかであり、モンゴル名を持っていること。(ただし、当時は高麗人貴族もモンゴル名を持っているから、これだけでは女真人とはいえない)


329 :世界@名無史さん:2010/05/10(月) 22:46:53 0
岡田英弘と宮脇淳子は13世紀モンゴル時代の朝鮮半島と大陸の関係と李氏朝鮮勃興を概説し、
朝鮮の太祖李成桂女真人説について次のように論証している[9]。
その上で史料証拠として『李朝実録』の冒頭『太祖実録』の内容[10]を用いて次のことを挙げている[9]。

『李朝太祖実録』冒頭には「太祖康獻至仁啓運聖文神武大王、姓李氏、諱旦、字君晋、古諱成桂、號松軒、全州大姓也」とあり、本貫が全州李氏であること、新羅の司空李翰を始祖として、以下21代を経て李成桂に至ったとするが、
第16代まではほとんど名だけが知られるにすぎず、第17代(李成桂4代の祖)からやや詳しい伝記がある。その第17代以後の祖先の活動舞台と居住地を通観すると、
前16代につなげるために全羅北道全州(完山)を出発点として、東海岸の三陟から豆満江畔にわたり、
そのほぼ中央に位置する咸興をもって活動の根拠地としたように書いてある。すなわち、全州李氏の出身だというのは後世の捏造で、その証拠に、李氏朝鮮王室で、全州李氏の誰一人として祖先として祀られた人はいない[9]。

『李朝太祖実録』巻一、九頁下、には次のような記事がある。「初三海陽(今吉州)達魯花赤金方卦、娶度祖女、生三善三介、於太祖、為外兄弟也。生長女真、膂力過人、善騎射、聚悪少、横行北邊、畏太祖、不敢肆。」
これを訳すると、「三海陽(咸鏡北道の吉州)にいた元のダルガチだった金方卦(女真人と思われる)が、度祖(モンゴル名ブヤンテムル、三頁下、李子春の父)の娘を娶って生まれたのが三善三介で、太祖の外兄弟(姓が違う兄弟)である。
彼は女真で育ち(女真の族長になった)、腕の力が人並み外れて強く、騎射をよくし、悪い奴らを集めて、北辺に横行したが、太祖を畏れて、敢えてほしいままにしなかった」というのである。
これによると、太祖も女真族としか考えられない。なぜなら、遊牧民や狩猟民は族外婚制をとり、姓の違う集団と結婚関係を結ぶのを習慣とする。
女真族の族長である三善三介が太祖李成桂の外兄弟であるというならば、太祖自身も女真族であったと考えるのが自然である。
『李朝実録』は、朝鮮時代になってからの正史であるから、朝鮮王の家系について、なるべく高麗との関係を重んじるような書き方をしているが、どうしても書き残さざるを得なかったのが、この「三善三介」についての記事である[9]。

330 :世界@名無史さん:2010/05/26(水) 05:23:01 0
またコピペ既知外が湧いてるのかw

161 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)