2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

助けてください。特に米中韓の近代史

1 :世界@名無史さん:2009/10/10(土) 23:03:19 0
第二次大戦後、アメリカは蒋介石率いる国民党を間接的に支援し、
その関与をできるだけすくなくしようとしていましたが、
朝鮮戦争が勃発すると、アメリカは朝鮮半島に兵士を派遣する前に、
台湾に第七艦隊を派遣を決定しました。

時系列でいうと、1950年1月にアチソンは台湾と韓国は
アメリカの防衛ラインから明らかにはずし(日本列島からフィリピンまでと宣言)、
トルーマンは台湾は守らないと宣言しましたが、
6月に朝鮮戦争が勃発すると、
アメリカは今までの中途半端な台湾への関与をやめ、
艦隊を送り、今日でもアメリカは台湾を守ってます。

なぜアメリカは台湾と韓国を守ろうと政策を変え、介入したのでしょうか?

ヤフーの知恵袋にも書いたけど、書き込みがなくって。。
レポートの締め切りが月曜です。
だれか助けてください。。

2 :世界@名無史さん:2009/10/10(土) 23:05:22 0
米中露の間違い

3 :世界@名無史さん:2009/10/10(土) 23:13:18 0
東側諸国の防波堤のためでしょ
韓国は最前線基地 台湾や日本は後方兵站基地として必要だった

4 :世界@名無史さん:2009/10/10(土) 23:17:50 0
それはいつぐらいからアメリカは必要って思い始めたんですか?
まさか、戦争始ってから?
でも朝鮮に兵を送るのは最初ためらってましたし、
トルーマンは第七艦隊を台湾に派兵したけど、朝鮮戦争終わったら、
引き上げるって言ってました。。

アチソン、トルーマンの宣言の1月で、6月の朝鮮戦争までの6ヶ月間
何がアメリカであったんですか??

わけわかめ。。。

5 :世界@名無史さん:2009/10/10(土) 23:36:24 0
朝鮮戦争が勃発したことで、
防衛ラインをひろげたのでは?


6 :世界@名無史さん:2009/10/10(土) 23:44:26 O
真面目に図書館に行きなさい。
必ず資料はある。


7 :世界@名無史さん:2009/10/11(日) 00:10:56 0
その広げた理由は、
ソ連の脅威?
中国共産党の脅威?
それとも共産主義そのものへの恐れ?
orミックス?

ってか韓国が前線基地なら、
なんで途中で兵力を500人にまでアメリカは減らしちゃうの?

財政難だから?
今読んでる資料だと、アメリカ李承晩が統一したい、北を攻めたい
って言いまくってたせいで、アメリカのリーダーたちは
彼にいっぱい援助をするの(武器提供及び金銭)を恐れていたらしいです。
だから、アメリカの下院でKorean Act Billが1月に否決されています。



8 :世界@名無史さん:2009/10/11(日) 00:12:27 0
長かったので、わけてみました。

アメリカは韓国を戦略的には重要視してなかった。
また李承晩の極度のナショナリズムを恐れていた

一方の台湾(国民党)は第二次世界大戦の同盟国でもあるので、
支援はしたかった。
がアメリカには、中国全土を国民党が支配できるぐらいの援助が
できない。
(財政難+国民の減税の声)



9 :世界@名無史さん:2009/10/11(日) 00:13:15 0
改行大杉らしい。

NSC−68に書かれているように、
共産主義の拡大への防御失敗はすなわち、
世界の失敗であり、西側文明への脅威でもあるという、
いわゆるドミノ理論により、
北朝鮮の進行を共産主義そのものの拡大とアメリカは捉えた。
(この時アメリカは金日成が中国共産党やコミンテルンと
どのぐらい繋がりがあった知っていたんですかねぇー?)

あと、第二次世界大戦でのナチの拡大をゆるしてしまったという
アメリカのトラウマ。(早めに目を摘むんでおかなければ!と思ったのかも!)

そして、48年に選挙を監視した国連も、
この戦争はUNへの戦争でもあると、当時の事務総長が言ったこと、
プラストルーマンは国連を使って多国籍で韓国を守る、



10 :世界@名無史さん:2009/10/11(日) 00:14:20 0
一方の台湾は朝鮮戦争が飛び火ないためにも、
中国共産党は攻めてこないためにも、
日本への距離も考え、
アメリカが率先して守るために、第七艦隊を派遣した。

いかがでしょうか?
図書館に行って、すでに5つ以上の英文の本を読破してますが、
断言できないことが多すぎる。

アメリカはどのぐらい財政何だったのか?
マーシャルプランは出せるのに。

韓国を重要視してないなら、なんでいきなり北が攻めてきて、
引き返したアメリカ軍を戻したんだ?

そして何がやっぱりこの6っ月で変わったのかが分からない。
赤狩りがどの程度アメリカ国内で緊張感があったのだろうか?

うーん。月曜までにだれかぁ。。


11 :世界@名無史さん:2009/10/11(日) 08:07:35 0
50年1月の宣言から、アメリカが台湾韓国に介入する気が全く無かった、とは言い切れないみたい

http://www.wufi.org.tw/jpn/jng07.htm
>1・5声明はアメリカ政府が国府との関係を清算する意味があるにしても、台湾放棄、またはいかなる情勢下でも台湾を防衛しない意味を持つものではないと思われる。

http://ir.lib.u-ryukyu.ac.jp/bitstream/123456789/2829/1/No7p177.pdf
>金日成が米国は介入せずという楽観的な見方をしたのとは対照的に、スターリンは最後まで米国の介入可能性を疑っていた

http://nels.nii.ac.jp/els/110006261860.pdf?id=ART0008278659&type=pdf&lang=jp&host=cinii&order_no=&ppv_type=0&lang_sw=&no=1255212645&cp=
>そのなかでは防衛地帯に属していなかった韓国が日本ついで取り上げられ、
>このアメリカと国連が「協力して樹立した主権国家」を全面的に支援する必要が力説された。
※そのなか=アチソン宣言の一部

http://www1.korea-np.co.jp/sinboj/j-2006/05/0605j0630-00001.htm
>アチソン演説の原文では、このすぐ後につづく部分で「防衛線」にふくまれてない地域に対しても攻撃があった場合には「文明諸国は介入して戦う」とぬかりなく付け加えている。
※この=防衛線についての言及

アチソン・トルーマン宣言の捉え方如何では、この問題の前提が揺らぎそうな予感。

12 :11:2009/10/11(日) 08:13:39 0
三つ目の引用は58(3・51)421から。
原文が長すぎるねごめんね。
それと、URLがおかしかったごめんね。
http://ci.nii.ac.jp/lognavi?name=nels&lang=jp&type=pdf&id=ART0008278659

13 :世界@名無史さん:2009/10/11(日) 13:46:30 0
11番さん、ほんとうにありがとうございます。神です!!!!
助かりました。レポート書くぞ!!!!!!

14 :11:2009/10/11(日) 13:52:55 0
「なぜ」の部分には全く答えられてないけどいいのかなw

あと、俺が引用によくつかう論文検索サイト
http://ci.nii.ac.jp/
知ってたらごめんね〜

15 :世界@名無史さん:2009/10/11(日) 14:27:59 0
いや、知りませんでした。とても助かります!!!
ありがとうございました。

今海外で勉強しているので、あまり日本語文献に
アクセスできないのですが(本とか)、こうやってインターネットで見れて、
うれしいです。

ありがとうございました。

7 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)