2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

朝鮮戦争を語ろう

1 :世界@名無史さん:2009/11/27(金) 22:04:32 0
朝鮮戦争
ttp://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9C%9D%E9%AE%AE%E6%88%A6%E4%BA%89

2 :世界@名無史さん:2009/11/27(金) 22:11:55 0
ジェット戦闘機が主流となった画期的な出来事ですね。

3 :世界@名無史さん:2009/11/27(金) 22:13:51 0
丁一権カッコよすぎワロタ

4 :世界@名無史さん:2009/11/27(金) 22:39:12 O
北を滅ぼせなかったのは、後世に禍根を残したな…w

5 :世界@名無史さん :2009/11/27(金) 22:45:25 0
冷戦下で起きた内訌というだけ。


6 :世界@名無史さん:2009/11/28(土) 01:13:02 O
起きたのは何故か日本のせいにされたりしてね。あー笑えねえ!

7 :世界@名無史さん:2009/11/28(土) 01:19:35 0
日本が勝っていれば起きなかった。

8 :世界@名無史さん:2009/11/28(土) 01:32:50 0
朝鮮戦争の時に北朝鮮の女性兵士が捕虜になったアメリカの男性兵士
をむちで何回もなぐる事があったと思う?

9 :世界@名無史さん:2009/11/28(土) 01:36:19 0
>>6
なぜか韓国の学生はヒデヨシと戦った戦争だと思っているらしい>朝鮮戦争

10 :世界@名無史さん:2009/11/28(土) 01:49:41 0
北に横流ししたり、すぐ武器ほっぽりだして逃げるから
アメリカから戦車や野戦重砲をもらえなかった
んで、ソ連の戦車に対抗出来なかった

ヘタレですぐ逃げ出すのは北も南もお偉いさんも同じだったようだけどな
そのくせ制圧した地域には真っ先に入りたがる

11 :世界@名無史さん:2009/11/28(土) 02:09:33 0
>>8
シベリアに抑留された日本兵がロシア女監守に陵辱された事実を鑑みて
そんな状況を想定するお前も弁護される可能性はあると思う。

12 :世界@名無史さん:2009/11/28(土) 03:20:23 0
全く素朴な疑問だが、どうして「朝鮮戦争はアメリカが起こした」なんていう
デマが長年通用してたんだろう。開戦直後の戦況を見ただけでも議論の余地
がないのに。

13 :世界@名無史さん:2009/11/28(土) 07:23:35 O
一部でロスト・ウォーと呼ばれるのはなんでだろう?
目と鼻の先の日本人でさぇ殆ど何があったか知らない。個人的にはレシプロVSジェットのロマン溢れる殺し合いなのに

14 :世界@名無史さん:2009/11/28(土) 09:57:09 0
20年くらい前オレが学生だったころ、国際政治学の講義の教科書に、
韓国が朝鮮戦争を始めたように書かれてて吃驚した覚えがある。

冷戦が終わる前はそんな本が結構幅を利かせていたのかな。

15 :世界@名無史さん:2009/11/28(土) 13:12:00 0
>>14
ひどいもんだったよ。左翼の連中はそろってそのように書き立てていたし、
俺が知る限り左翼教師はほとんど例外なくそう信じこんでいた。
岩波新書の「昭和史」もそのように断言していたし、家永三郎のように
「穏健中正」と自称しながら朝鮮戦争について「アメリカの侵略による」と
決め付けていた奴もいる。松本清張なんか1970年代になっても「今でも
朝鮮戦争は共産側がおこしたと思い込んでいる人がいる」と不満そうだった
(その通りなのに)。そのため俺の友人でノンポリの奴でさえそう思い込ん
でいた奴がいた位さ。岩波の日本歴史講座なんかも「朝鮮戦争はアメリカが
おこした」というのを自明の前提にしていた。いくらか事情が変わったのは
80年代に日本共産党が見解を変えてからだが、そんな時期でも家永三郎や
井上清は「朝鮮戦争アメリカ侵略説」に固執していた。家永が渋々見解を
変えたのはソ連崩壊後ロシアから多くの史料が公表されてから。




16 :世界@名無史さん:2009/11/28(土) 14:00:11 0
>>15
松本清張の黒い霧に影響されて、国鉄総裁が自殺した下山事件は
GHQの陰謀だとする説をさも真実のように放送するテレビ番組が
後を絶たない。先週もNHKでそのような放送をしていた。
ほんの少しでも調べてみればまったくありえないということが誰にでも
すぐに分かるはずだが。

17 :世界@名無史さん:2009/11/29(日) 01:47:50 0
朝鮮戦争でアメリカ軍がかなりやられた事をどう思う?

18 :世界@名無史さん:2009/11/29(日) 02:05:30 O
あいつら、少なくとも「味方」のはずの、マッカーサー像まで引き倒そうとしたらしい。
つい最近の話。

19 :世界@名無史さん:2009/11/29(日) 02:15:43 0
あれ?韓国ではマッカーサーはかなり評価されていたのでは?

20 :世界@名無史さん:2009/11/29(日) 16:46:52 0
>>17
開戦当初はMIG15/17に勝てる戦闘機がなかった。
ソ連が既に核実験に成功していたので報復される可能性があった。
物量作戦が得意な米軍も中国人の多さには驚いた。


21 :世界@名無史さん:2009/12/01(火) 18:20:32 0
朝鮮戦争の時に北朝鮮の女性兵士がアメリカの男性兵士
を殺す事も多かったと思う?

22 :世界@名無史さん:2009/12/01(火) 19:09:23 0
ザ・コールデスト・ウインターって読んだ?
すげえよ、やっぱ

23 :世界@名無史さん:2009/12/01(火) 19:46:13 0
>>17
歩兵同士のガチ陸戦なら日本軍最強だとおもた

24 :世界@名無史さん:2009/12/01(火) 23:05:04 O
何故か『名古屋はエ〜エ〜でー』スレになった。

25 :世界@名無史さん:2009/12/01(火) 23:08:29 O
書き込みで指摘した後いったんスレから出ていって、その後直ぐスレに入ったら正常になった。

26 :世界@名無史さん:2009/12/01(火) 23:44:48 0
>>21
何か不都合でも?

27 :世界@名無史さん:2009/12/09(水) 01:10:50 0
女が偉そうにするのは気にくわない

28 :世界@名無史さん:2009/12/10(木) 00:42:18 0
>>21
人民解放軍は(というか抗美援朝義勇軍は)現地朝鮮人の女子供を一番先頭に並ばせて
今でいう「人間の盾」にして行軍したらしいが
米軍も流石に撃てなかったらしい

まあ組織だってやったのかどうかは不明だが
ソースは朝鮮日報のアメリカへ逃げた朝鮮人による証言

29 :世界@名無史さん:2009/12/10(木) 12:30:17 0
家永三郎はソ連崩壊後になってやっと「北朝鮮が最初の一発を撃った」こと
を認めたが、それまでアメリカや韓国を「戦争挑発者」といって罵倒、中傷
してきたことへの反省や謝罪の言葉は一言もいわなかったね。それで自分は
「穏健中正」で「共産主義を贔屓した事は一度もない」という。
家永は「いかなる理由があろうと戦争を起こすことだけは絶対に許されない」
「日本は自衛のための軍備さえ持つべきではない」と主張していたが、共産側
が朝鮮戦争をおこした点については、その後も北朝鮮を非難したことがない。

30 :世界@名無史さん:2009/12/10(木) 16:56:19 0
女だからうたないというのは男女差別だな

31 :世界@名無史さん:2009/12/10(木) 20:55:22 0
家永三郎の態度も差別的

32 :世界@名無史さん:2009/12/10(木) 21:51:03 0
>>28
抗美援朝義勇軍って国民党派の敗残兵たちの粛清も兼ねてたって聞いたけど
あんな大規模な懲罰軍作って陳勝呉広の乱みたいにならなかったのかね?

でも毛沢東の子供がこの戦争で戦死したりしてるから
必ずも懲罰一色ってわけでは無かったのかな

33 :世界@名無史さん:2009/12/10(木) 21:58:36 0
世傑のMig−15の記事だと、米軍機を撃墜した北朝鮮の女性パイロットがいたそうだ。
ソ連では女のエースが複数いるからありえる。

34 :世界@名無史さん:2009/12/11(金) 15:21:54 0
>>29
家永三郎ってのはひどい男だね。自分の最終的な思想的立場は曖昧
なままにして最後の逃げ場所を確保して、結局自分の言動について
責任を取らない。

35 :世界@名無史さん:2009/12/13(日) 12:27:21 0
ストーンという人物の「秘史朝鮮戦争」という本が「朝鮮戦争アメリカ侵略説」
の「聖典」として持て囃された時代がある。しかし実はストーンはこの本で「朝鮮
戦争はアメリカが起こした」とは言ってないんだよね。「アメリカは共産側が開戦
を決意したのを察知してどれを待ち構えていた」と言っているに過ぎない。
それを曲解、歪曲して自分に都合のいい宣伝をしてたんだから左翼ってのはヒドイ
連中だね。

36 :世界@名無史さん:2009/12/13(日) 14:22:47 0
>>22
読んだ
あの本だとマッカーサーがただのDQNだな
あの本読むとなんで共産中国が北朝鮮との関係を絶てないか分かる
中国にとってあの戦争は近代国家とはじめてまともに戦えた戦争だから

37 :北朝鮮なんか相手にされないね☆:2009/12/13(日) 15:51:54 O
国会議員多数を含む大規模訪中団を率い得意満面の民主党小沢幹事長は、先の選挙で当選した右も左も判らぬ新人議員にチベット虐殺の責任者・胡錦濤とツーショットを取らせ、親中イデオロギーと自分の「偉大さ」を刷り込んでいます。
しかしそれにもまして由々しいことは、14日に来日する胡の後継者最右翼であるウイグル弾圧の責任者・習近平(国家副主席)への謁見を天皇陛下に強い奉っていることです。
通常外国要人への謁見には「一ヶ月ルール」(予定日の一ヶ月前には宮内庁に文書で打診する)がありますがこれを無視、国家元首ですらない人権と少数民族を抑圧する独裁国家の、
それも直近の弾圧事件の責任者を、自分の一存で鳩山首相を通じ宮内庁に強引に謁見をセットさせたのです(宮内庁羽毛田長官は遺憾の意を表明)。
これは「日本国王」気取りの小沢の「朝貢」外交です。
小沢は議会制民主政治というシステムを通じた「数の論理」を頼み、制度の変遷を超えて日本国民象徴の統合であられる天皇陛下の尊貴な御位を、自己の媚中外交の「引き出物」にし、せせら笑っているのです。
そして「来年夏の決定的勝利に向けて野戦の司令官として戦っている」などと言っています。
これは五十年前、二千万人の死者を出した経済政策の失敗の中で核兵器開発をやり抜いた中共と肩を組み「アメリカ帝国主義は日中人民共同の敵」と嘯いた、浅沼稲次郎社会党委員長に比すべき売国振りと言わざるをえません。
陛下の謁見を賜るということは、中共の強欲悪辣な覇権主義と人権・少数民族に対する抑圧を、単なる民主党政権ではなく、歴史的な存在としての日本国家・国民が認証したということにつながるのです。
これは中共の対日取り込み工作の一環であり、それに呼応する民主党による不敬不遜な皇室の政治利用です。
国民は怒りをこめてこの暴挙に抗議の意思表示を行うべきです。

プギャ━━━≡≡≡≡≡⊂`⌒m9^Д^)⊃ 今や日本が併合の危機なんだからな☆



38 :世界@名無史さん:2009/12/13(日) 16:17:38 0
朝鮮戦争は北に勝たせたかったな
そして、日本も北のような国になれば良かった。
日本は物凄く幸せな国になっただろうな

39 :世界@名無史さん:2009/12/18(金) 11:33:04 0
>>34->>35
俺の高校時代の教師が「アメリカは朝鮮戦争を引き起こし・・・」と
憎悪に目を血走らせて語っていたのを思い出す。
そいつも家永三郎を崇拝していた。

40 :世界@名無史さん:2009/12/18(金) 20:41:10 0
>>39

そんな何十年前の話を持ち出されても。
今となっては「大昔にはそんな奴もいたんだな」ってぐらいの話だな。
まぁ学説史としては興味があるが、既に死滅したといっていい説を今更糺弾しても仕方あるまい。

41 :世界@名無史さん:2009/12/19(土) 00:24:12 O
大学には何故か生き残りがいる。

大学の独立は素晴らしいとは思うが、社会の発展に一ミリも貢献しない学者はなんとか減らすべきだとは思うが
勿論絶滅させるのは反対だが

意外に団塊時代の思想専門じゃない学者に変な左翼学者がいる

環境問題専門家やら

非常に気持ち悪いです

42 :世界@名無史さん:2009/12/19(土) 00:52:16 0
家永なんて見てくれからして朝鮮両班みたいなジジイだったぞ

43 :世界@名無史さん:2009/12/19(土) 02:16:54 0
>>41

凄いな。まだそんなのいるんだ。
どの程度の影響力があるのかな?

44 :世界@名無史さん:2009/12/19(土) 09:20:29 O
>>43
大学教授の間では嫌われている
少数の仲間がいる。
よくわからない研究をして無駄飯を食らってる
勿論学生にも嫌われているから研究室には変人しかいかない。

うちは東京の国立大だが何故か東北大の元学生が出入りしたりしてる。
東北大だから多分アレ
講義内容はクソ


45 :世界@名無史さん:2009/12/19(土) 09:27:27 O
■同志社大学で、戦後初めて「天皇陛下 万歳」の声が鳴り響く

 昨17日夕方、同志社大学京田辺キャンパス多目的ホールにおいて、同大日本文化研究会が主催して「奉祝 天皇陛下ご即位二十年 記念講演会IN同志社大学」が開催された。小生も同志社大学OBとして参加した。
 同志社大学日本文化研究会が小生が学生時代に所属していたサークルであり、今日の自分が活動しているのも、このサークルの扉を叩いてことがきっかけであるが、当時のこと
を考えると御即位二十年奉祝の記念講演会が学内の校舎を利用してできること自体、時代の変遷を感じざるを得ない。
 学生時代は、今出川キャンパスと新町キャンパスといった非常の狭い中に2万人の学生がおり、当時は狭い感じがしたものの、常に学友とともにいるという家族的な雰囲気もあったことは事実だ。
 ところが初めて京田辺キャンパスを訪れて驚いたことには、寒風の中、学生の数もまばらであったが、実に広大なキャンパスが広がっていることにびっくりするとともに、人里
離れた立地から地域の人々と隔絶したところもあり、何となく寂しさも覚えた。学ぶには適したところからもしれないが、学生運動が根付くことはあり得ないと感じた。
 多目的ホールの前では軽快な音楽に合わせて、踊りを踊っている学生がいた。
  今回の講演会までは同大日文研だけでなく、全近畿学生文化会議の有志の学生が協力し合って、立て看板を作成したり、チラシ配布をしたりして呼びかけを行って来た。
また11月下旬には「皇室と国民の絆」と題して、今出川キャンパスでパネル展示も行ってきた。講演会の1週間前位になって、大学当局から奉祝式典という形式をやめてほしい、
会場に国旗は掲揚をするな、天皇陛下の御即位二十年を「祝う」のではなく、「契機として」という言葉にしろといった、いやがらせが入ったのだが、結局のところ、「黙認」と
いう形になった。結局、奉祝式典という形ととらずに、講演会の中で、主催者の挨拶や祝意表明という形で、式典の要素を入れることで決着するようになった。これも心ある学生達の努力によるところが大きい。

46 :世界@名無史さん:2009/12/19(土) 09:31:15 O
 なにしろ記念講演の講師が金美麗先生ということもあったが、場内は300名の学生で満杯、国民祭典のビデオを流した後に、スクリーンが上がると檀上には国旗が掲揚され、
自然な流れの中で国歌斉唱、主催者の挨拶、記念講演、祝意表明、聖寿万歳という式次第が粛々と進められた。
 国歌斉唱は、参加した学生は少し戸惑った様子もあったが、テープが流れると歌うこと自体、慣れていない者もいたが、小生も大きな声を出して歌ったこともあり、2回目の時
にはかなり落ち着いて歌っている姿があった。大学でいかに国歌を歌っている経験が少ないかも実感した。
 金先生の講演は学生に向けて、何故、勉強しなければならないかに始まり、人類の知的遺産を自分のものとする喜びがあること、直接、体験することと学生時代に読書をするこ
との大切さ、そして人間関係を築き上げていくことの大切さを、自らの体験を基に学生一人一人に厳しくも愛情をもった語り口で、感動的なものであった。
 とくに日本は努力が報われる国であり、自分達夫婦が外国人だからということで、どんなに大変であったか、就職口がないことでも決して弱音を吐くことなく、努力をしてきた
結果、道が開けたこと、日本人のパスポートを持っているだけで、ビザなしにどこの国にも渡航することができること、従って日本に生まれただけで半分以上は勝利であること、
日本が皇室という世界に稀にみる宝物を持っていることなど、日本人としての誇りを呼び覚ます内容であった。
 それにしても金先生は、この忙しい中でも遥々、ここまで来たことを強調されていたが、先生の若者に対する限りない期待感を感じた。その緊張感は講演中に私語一つなかったことでもわかった。
 講演後、日文研の学生から阪神淡路大震災の折りに両陛下が励まされた被災された方々に、直接、話を聞いた体験発表があり、その後、参加者で聖寿万歳を行った。
 実に戦後の同志社大学にあって、「天皇陛下 万歳」の声を学生が発したのは初めての快挙であり、現役の学生の頑張りが、小生達が学生時代にできなかった偉業を成し遂げたことに、感謝の思い一入であった。
 大学当局が奉祝式典を開催するな、このような行事に日章旗を掲げてはならないという、新島先生の建学精神とは異なった解釈をする中、校風を変えていくきっかけとなることを願わずにはおれない。

47 :世界@名無史さん:2009/12/19(土) 12:24:25 0
荒らしが来たら、はい削除
http://qb5.2ch.net/saku/subback.html

48 :世界@名無史さん:2009/12/27(日) 02:38:31 0
朝鮮戦争の時に北朝鮮の女性兵士が捕虜になったアメリカの男性兵士
をむちで何回もなぐる事があったと思う?

49 :世界@名無史さん:2009/12/29(火) 00:03:45 0
松本清張は死ぬまで「朝鮮戦争はアメリカが起こした」と
信じていたのかな。

50 :世界@名無史さん:2009/12/30(水) 20:16:48 0
松本清張はハッキリ「自分は共産主義を支持する」と言っていたのだから
家永三郎よりはマシ。

51 ::2010/01/03(日) 10:27:57 0
朝鮮戦争と沖縄戦とには繋がりがあった

http://akiba.geocities.jp/pxzuwp/02/6/65.html

朝鮮戦争は沖縄戦の戦闘終了から丁度5年目に勃発した。

52 :世界@名無史さん:2010/01/03(日) 14:58:50 0
休戦という形で事実上、戦争が終結するって、世界史上よくある例なの?

53 :世界@名無史さん:2010/01/04(月) 15:19:18 0
第一次大戦も形式的には休戦。停戦とは違うのか?

54 :世界@名無史さん:2010/01/05(火) 22:08:49 0
朝鮮戦争の航空戦について詳しい日本語書籍はないか?

55 :世界@名無史さん:2010/01/08(金) 00:09:47 0
土井たか子はいつ頃まで「朝鮮戦争はアメリカが起こした」と
信じていたのかな?

56 :世界@名無史さん:2010/01/08(金) 11:51:40 0
北朝鮮軍は、事前に相当な準備を要する着上陸作戦を開戦劈頭に実施しているんだから、どう考えても北朝鮮の先制で始まった戦だな


57 :世界@名無史さん:2010/01/08(金) 17:42:04 0
高校生のころ学校の図書館にある本を調べた事があるが10冊中9冊までが
「朝鮮戦争はアメリカが起こした」と断言していた。左翼のデマ宣伝がいかに
大規模かつ組織的に行われていたかを知るべし。
家永三郎なんか著書「太平洋戦争」の索引の「朝鮮戦争」の項目にまで
「アメリカの侵略による」という「注」をつけるという念の入れようだった。

58 :世界@名無史さん:2010/01/11(月) 15:03:01 0
今でも中国政府の連中は公式の席上で平然と「朝鮮戦争はアメリカが
起こした」と言ってのけるそうだ。

59 :世界@名無史さん:2010/01/11(月) 23:03:45 0
ロシアの方は北朝鮮の先制攻撃を認めてるね


60 :世界@名無史さん:2010/01/11(月) 23:35:15 0
>>59
ロシアはソ連崩壊後当時の史料を公開している位だからね。
家永三郎が渋々「北側が最初の一発を撃った」ことを認めたのも
ロシアが史料を公開したからだよ。

61 :世界@名無史さん:2010/01/12(火) 00:08:52 0
どうせ上陸するなら、
仁川じゃなくて、
一気に鴨緑江あたりにしときゃ良かったのにな

62 :(・3・):2010/01/12(火) 01:49:50 0
>>61
鴨緑江上陸は制海権が中国にあるから無理だろ。

63 :世界@名無史さん:2010/01/12(火) 03:07:21 0
>>61
クロマイト計画は仁川上陸した部隊を鉄床とし、
米第八軍と韓国軍を鎚とする作戦。実際には
仁川に上陸しても第八軍と韓国軍への圧力が
下がらなかったのを見ると、鴨緑江に上陸して
も効果を実感するのは随分と後になっただろう。

64 :世界@名無史さん:2010/01/12(火) 14:36:44 0
大都市ソウルを制圧するのが目標なのだから、仁川上陸は合理的だろ。

そもそも米ソで協力して朝鮮占領したのだから、
あんまり北朝鮮まで攻めていく権利はアメリカ軍には無いんだぜ。

65 :世界@名無史さん:2010/01/12(火) 19:12:45 0
>>64
事情が違うよ。国連は総会で南北全域で一斉に自由選挙をすることを決議
したのに共産側は国連代表が38度線以北に入るのを拒否して自分たちで
勝手に「選挙」をして共産政権をでっち上げた。そこで国連はやむを得ず
南側だけで選挙をして大韓民国を発足させた。そのようにして成立した
北側の政権が大韓民国を攻撃してきたんだから国連軍(米軍が主力だったが)
には当然北朝鮮まで進撃する権利があるはず。

66 :世界@名無史さん:2010/01/12(火) 19:40:31 0
鴨緑江近辺に上陸した場合、中共軍の参戦が危惧されたんでしょ
またそうなったら、上陸軍が非常にやばい状況に置かれることになるし

67 :世界@名無史さん:2010/01/13(水) 17:09:34 0
「朝鮮戦争はアメリカが起こした」と明記した井上清の「日本の歴史」や
遠山茂樹・今井清一・藤原彰共著の「昭和史」(いずれも岩波新書)は
今でも市販されている。

68 :世界@名無史さん:2010/01/14(木) 20:04:25 0
1969〜70年に金日成をベタ褒めした伝記が出版されたとき
家永三郎はその本の帯に推薦文を書いていたな。金日成を「軍事的天才」
なんて書いていた。

69 :世界@名無史さん:2010/01/14(木) 22:55:59 0
初期の北朝鮮の作戦を立案したのは誰なん?

70 :世界@名無史さん:2010/01/14(木) 23:26:08 0
ソ連の軍人らしい。

71 :世界@名無史さん:2010/01/15(金) 01:15:27 0
もし朝鮮戦争で半島がどちらかの国に統一されてたらその後の東アジア情勢はどうなってたんだろうな

72 :■■:2010/01/15(金) 01:38:29 0
どうなるって、それなりだろうね。

アメリカ軍が強ければ南が勝ち、
ソ連軍が強ければ北が勝つだろう。

簡単なことだ。

73 :世界@名無史さん:2010/01/15(金) 16:08:08 0
映画監督の熊井啓は1981年の作品「謀殺・下山事件」で朝鮮戦争を
アメリカ側が一方的に起こしたものとしてえがいていた。
手塚治虫の漫画にもそのような作品があったように思う。
左翼の宣伝を無邪気に信じ込んでいたんだね。


74 :世界@名無史さん:2010/01/15(金) 16:57:40 0
松本清張はあんなに「朝鮮戦争はアメリカが起こした」と喚いていた
のに晩年は朝鮮戦争について何も言わなくなった。
かといって自分がそれまで言ってきたことを否定したわけでもない。
無責任だね。

75 :世界@名無史さん:2010/01/15(金) 19:36:51 0
>>71
南は例え半島から追い出されたとしても、
チェジュドで踏ん張ってたと思う

76 :世界@名無史さん:2010/01/15(金) 19:58:57 0
>>75
韓国が台湾みたいな状態になるのか

77 :世界@名無史さん:2010/01/15(金) 20:09:05 0
>>76
そっ、そんな感じ
もしそうなっていたら、流石に親日的にならざるを得なかっただろうねw

78 :世界@名無史さん:2010/01/15(金) 20:47:30 0
清張の「北の詩人」という小説を知ってるか?
あれを読むと清張が朝鮮戦争直後に北朝鮮で行われた粛清裁判について
金日成政権の公式発表を鵜呑みにしていたことがわかる。
またその「あとがき」によると清張は朝鮮総連ともいい仲だったらしい。

79 :世界@名無史さん:2010/01/16(土) 22:29:04 0
そういえば日本は半島北部に結構なインフラを残していったけど、
あれらは賠償の際にはちゃんと勘案されるのかね?

80 :世界@名無史さん:2010/01/16(土) 22:44:33 0
でもさ、70年代までは北の宣伝もあっただろうけど、北の方が南よりは発展していて南よりは
より正義があるのではないかと思われても仕方ないこと沢山あったんだよな。

南は軍事政権だし、日本で政治家の拉致事件を起こすし。
北は色々宣伝して、虚構だけど発展の様子が紹介されていたし。

81 :世界@名無史さん:2010/01/16(土) 23:07:04 0
李承晩ラインやらの話もあるしね。

82 :世界@名無史さん:2010/01/17(日) 00:02:56 0
おまけに、ベトナムもあった。ベトナムでは、共産国の北の方が圧倒的に共感を得ていたし、
南は政治的に腐敗してたし、アメリカ軍はソンミ村とかの悲惨な事件がいろいろあった。

ベトナムの状況が、そのまま朝鮮での状況に重なってたわけだ。ボートピープル流出はなんだかな
とは思ったが、カンボジアの虐殺を止めたのも結局はベトナムで、カンボジアからすぐ撤退したのも
野心から戦闘行為をしたのではないという現れだったしな。

情報がきちんと集まると、北朝鮮は酷いってことが分かってきたが、それが次第に分かってくるのは、
90年代中頃の元朝鮮総連の人たちの告発からだったと思う。

バブルがはじけて、北へ思うように送金できなくなってきた頃からだよな。

83 :世界@名無史さん:2010/01/17(日) 01:22:11 0
エドガー・スノーは1960年ごろの日本の経済も同じ頃の韓国並みだと
思っていたらしい。1962年に出した本のなかでこんな意味のことを書いている。
「アメリカにとってアジアでもっとも弱い輪(箇所)は日本である」
「(日本の)大衆の低い生活水準が危険なほど下がらないようにアメリカが
何十億ドルもの補助を与え続ける限りは保守党政権は存続するかもしれない」
「アメリカへの依存は(日本の)経済を不安定なものにしている」
「(日本の)社会党は失業者と農民の不満が危険なほど高まったときにそなえて
政策案を発表したが絶大な支持をえた。社会党が日本の政策を根本的に変える
日がもうすぐ来るに違いない」。所得倍増政策の時代の日本についてスノーは
こんな風に考えていたらしい。同じ本の中でスノーは「大躍進」時代の中国に
ついてこう書いていた。「中国には飢えで苦しんでいる人間はいない」。

84 :世界@名無史さん:2010/01/17(日) 01:35:17 0
意外とB-29は34機しか落とされてないんだな
もっとボコボコ餌食になってるのかと思った

85 :世界@名無史さん:2010/01/17(日) 01:38:44 0
>>83の続き
同じ本の1970年の改訂版でスノーは前掲の「(日本の)失業者と農民の不満が
危険なほど高まる日がもうすぐ来るであろう」という文章の後にこう書いている。
「この日が延期されたのはベトナム特需によるものであろう」。どうやらスノーは
最後まで日本で失業者や農民の暴動が起こることを期待していたらしい。
一方でスノーは1968年に次のように予言していた。
「20年後には中国人の生活水準はアメリカに追いついているだろう」。

86 :世界@名無史さん:2010/01/17(日) 04:39:46 0
朝鮮戦争が再開された場合なんと呼ぶのだろうか
第二次朝鮮戦争?

87 :世界@名無史さん:2010/01/17(日) 06:28:51 0
>>20
物量はコンビニ列島日本がある米国の方がやはり
豊富だったんだよ。中国軍はソ連からの北朝鮮向け物資の
中抜きまで始めるんだよw

また中国軍は日本兵との戦闘で鍛えられていたから
米兵をあまり強いとは感じてなかった。
>>59
ばかw
そもそも朝鮮戦争はスターリンが北朝鮮や中国に強いた戦争だ。
当時の共産国にスターリンに逆らえる力はない。
だからスターリンの死まで板門店会議は締結できなかったんだよ。

88 :世界@名無史さん:2010/01/17(日) 06:40:00 0
>>61
毛沢東は仁川上陸を予測していたらしいな。
>>36
マッカーサーは以前から勝手に会見したりして政界から睨まれていた。
もともと政治的パフォーマンスが好きで、演説も上手い人間だ。
だから解任されたんだよ。

政治家ならいいが軍人としてはまずかったな。
しかしどういうわけか解任後政界には行かなかった。
行けば大統領もありえた人間らしいけどな。

アイゼンハワーは上官マッカーサーにはパフォーマンスの重要性を学んだとか
なんとか言っているはずだw
マッカーサーは若い頃から問題児だったんだよ。
この老齢化した将軍を再任させたのがローズベルトだよ。
扱いずらい人間を上手く使いこなしたらしいなwトルーマンには無理だったんだろw

89 :世界@名無史さん:2010/01/17(日) 07:02:45 0
>>71
ベトナム戦争から推測すると統一された方が南北ともに良くなっていただろ。
>>82>>80
米国が中国承認するまでは米国は外交が下手だった。
李、ゴ、蒋、全てクリスチャンの政権を支持するんだよ。
日本の吉田もクリスチャンだ。
>>82
いや北朝鮮に数万人移住させたころから大概はわかっていたろ。
1970年代までの日本は労働力が過剰で移民を推奨してたんだよ。
小泉政権でドミニカ移民訴訟が和解したが1970年代の移民だよ。

当時は嘘八百並べ立てでも移民させたかったんだよ。内実は棄民だけどなw

90 :I like Ike!:2010/01/17(日) 10:39:35 O

    ∧_∧ ♪
   (´・ω・`)  ♪マックも大統領を目指したけれど
   ( つ☆つ
 (( (⌒ __) ))
    し' っ
 ♪
  ♪ ∧_∧
    ∩´・ω・`) ♪アイク人気に勝てないからアクィラめた☆
    ヽ ☆⊂ノ
    (( (  ⌒)  ))
      c し'



91 :世界@名無史さん:2010/01/17(日) 11:26:51 0
>>84
最初に大打撃を受けたんで、後は夜間やMig15のいないところなどに
限定して運用していたからね。

92 :世界@名無史さん:2010/01/17(日) 15:02:06 0
なぜ警告を受けても仁川の防衛を考えなかったのかというと
予備兵力が底をついてたからか?

93 :■■:2010/01/17(日) 19:14:01 0
>>91
大打撃なんて受けてないって。
朝鮮戦争でB-29は、10,125回の昼間爆撃と10,323の夜間爆撃を実行してる。

The B-29s had flown 20,448 sorties (10,125 by day and 10,323
at night), and had dropped 168,368 tons of bombs.
http://www.fas.org/nuke/guide/dprk/target/overview.htm

94 :■■:2010/01/17(日) 19:24:31 0
実は日本軍のほうが北朝鮮とかよりもよほどB-29を破壊してる。
そりゃそうだろ、
腐っても工業化を成し遂げていた日本の軍隊だからな。

いまでも中国やアメリカが実は日本の軍備拡大を警戒してるのはそういうことよ。

95 :■■:2010/01/17(日) 19:30:21 0
20,448回もあの巨大なB-29が爆弾満載にして飛んでくるんだぜ。
それにしても痛々しいわ。

96 :世界@名無史さん:2010/01/17(日) 19:37:11 0
なんだこの気持ち悪い名前の人は
豆腐二丁とでも読めばいいのか?

97 :世界@名無史さん:2010/01/17(日) 22:03:50 0
>>93
以前、別スレに書いたんだが、
>1951年10月23日の南市攻撃で、攻撃目標手前で迎撃を受けた8機のB-29(出撃した
>9機のうち1機は往路で引き返した)のうち、3機が撃墜され、2機は緊急着陸後廃棄で、
>嘉手納に帰ったのは3機のみ(うち2機は被弾)という大損害を受けています。(B-29の
>射手はMiG15を3機撃墜と報告したものの、実際は戦果なし。) この被害を受けての
>検討段階で、第八航空軍式の消耗戦をやるのは、乗員と機材双方の補充面で不可能
>と判断され、結局10月末の段階でB-29による北朝鮮への昼間爆撃は中止になってい
>ます。 ソ連のMiGは政治的理由で行動範囲の制限を受けている(その産物がいわゆ
>るMiGアレイ)んで、危険区域を避けて行動していれば、撃墜される数は少ないに決まっ
>ています。 当時は、極東空軍によるF-86の追加要求すら、機材や運用能力不足を理
>由に却下されるような状態ですから、WW2の時のような消耗戦は全く不可能でしょう。」
このときの爆撃部隊は、F-86を含む多数の戦闘機に護衛されていたにも関わらず、壊滅
しています。
WW2のときのような消耗戦は当時のアメリカではすでに不可能な情勢。しかも、B-29は
貴重な核戦力なんで、東洋の果てでスターリンの手先あいてにすり減らすことはできない
という判断だね。

98 :世界@名無史さん:2010/01/18(月) 03:18:03 0
いやいや、朝鮮戦争でB-29は、10,125回の昼間爆撃と10,323の夜間爆撃を実行してる。

そんで損害はわずか三十四機。

99 :世界@名無史さん:2010/01/18(月) 03:33:51 0
1951年10月23日といえば、もう開戦から一年以上経ってる。
そうなると北朝鮮の都市なんて焼き尽くしてしまったあとだろ。

100 :世界@名無史さん:2010/01/18(月) 10:19:54 0
この戦争で米軍は北朝鮮に史上最多(ベトナム戦をさらに凌ぐ)の
ナパーム弾を投下し完全破壊したらしいな。
ドレスデン並の完全破壊が全ての都市に行われ、人口の3割が殺されたとか
うーん恐ろしい。

ググっても爆撃の詳細な情報がでてこないし、この件で誰か詳しい方
いませんかね

101 :世界@名無史さん:2010/01/18(月) 14:34:28 0
朝鮮戦争で米軍はあの巨大なB-29でもって、10,125回の昼間爆撃と10,323の夜間爆撃を実行

損害はわずか三十四機。

これだけでだいたい想像がつく。

102 :世界@名無史さん:2010/01/18(月) 14:39:36 0
対独戦で米陸空軍は延べ1,693,565機の出撃で、戦死に負傷と行方不明加えて94,565人。
対日戦で米陸空軍は延べ669,235機の出撃で、戦死に負傷と行方不明加えて27,142人。
朝鮮戦争でFEAFは延べ720,980機の出撃で、戦死に負傷と行方不明加えて1,841人。

103 :世界@名無史さん:2010/01/18(月) 14:40:59 0
大東亜戦争でB-29は延べ28558機出撃で喪失518機、
(史料によって違うが出撃毎重爆喪失率は日独ともに1.5%前後)
朝鮮戦争では延べ21000機出撃で喪失34機。

104 :世界@名無史さん:2010/01/18(月) 15:41:32 0
当時の北朝鮮の対空戦力は、ほぼ日本軍十分の一だ。

105 :世界@名無史さん:2010/01/18(月) 18:02:52 0
北朝鮮にそれほどの戦略目標があったのかな
ダムなら分かるけど市街とかろくな価値があったとは思えん

106 :世界@名無史さん:2010/01/18(月) 18:30:38 0
戦略目標?
それは敵の支配する都市を丸ごと破壊するというものに決まってるだろ。
そんなこともわからないの?

日本への都市空襲とほぼ同様だよ。

107 :世界@名無史さん:2010/01/18(月) 18:38:56 0
で、効果あったの?
日本のような密集地域のイメージがわかない
北朝鮮て寒村だらけみたいなイメージ

108 :世界@名無史さん:2010/01/18(月) 18:43:03 0
効果はそれなりだろ。

韓国という反ソ国家を六十年以上も維持できたという程度の成果だが。

109 :世界@名無史さん:2010/01/18(月) 19:32:00 0
北朝鮮も、日本の四分の一程度の国土に約2300万人もいるからね。

山岳地帯も多いし、普通に都市への密集はあるわけだが。

110 :世界@名無史さん:2010/01/18(月) 20:00:55 0
日本の三分の一程度の面積だな

111 :世界@名無史さん:2010/01/18(月) 21:35:25 0
まず対日戦でのB-29喪失理由の最大のものは事故だよ。マリアナまでの遠距離往復
中の故障による墜落の方が日本上空での被撃墜数より多いはず。
もちろん、この中には銃砲弾による被害が原因での「故障」や迎撃を回避するための無
理な機動による故障も含まれているだろうが。
朝鮮戦争の場合、嘉手納からの往復であり距離がはるかに近い上、金浦が不時着に
使えたという利点が大きい。(>>97に上げた南市の例でも、嘉手納に直接帰れたのは
1機のみで、4機は金浦に降りている。で、そのうち2機は全損でそのまま廃棄された。)
戦争の初期は大した迎撃を受けていないから爆撃はし放題だったんだが、最初にMiG
の本格的迎撃を受けたのが>>97の件。
敵と同等以上の数のジェット戦闘機が護衛していたにも関わらず爆撃機が壊滅的打撃
を受けたことで、米軍はB-29を危険な空域に投入することはあきらめ、MiG15の迎撃を
受けない場合に限定して投入している。
要はとっとと見切りをつけたから、損害が少ないということだよ。コピペ馬鹿には悪いが、
当時の米軍の判断が全てを物語っている。
あいつが引いているリンク先でも、↓こう明記されているしね。
For a time the B-29s continued bombing targets in northwest Korea by day, but when
MiG-15s shot down five Superfortresses in a week in October 1951, the big bombers
began attacking only at night.

112 :世界@名無史さん:2010/01/18(月) 22:02:56 0
朝鮮戦争で米軍はB-29でもって、10,125回の昼間爆撃と10,323の夜間爆撃を実行

喪失はわずか三十四機。

これが史実

113 :世界@名無史さん:2010/01/18(月) 22:20:26 0
大東亜戦争でB-29は延べ28558機出撃で喪失518機、
(史料によって違うが出撃毎重爆喪失率は日独ともに1.5%前後)
朝鮮戦争では延べ21000機出撃で喪失34機

これが史実

114 :世界@名無史さん:2010/01/18(月) 22:41:41 0
うーむ、
恐るべし、MiG15

115 :世界@名無史さん:2010/01/18(月) 23:04:55 0
いささか古いが…
>>10
むしろ、李承晩が警戒されていたという方が大きい。
狂信的な反日、反共主義者なんで、うっかり武力を与えると
自分のほうから北に攻め込んだり日本を攻撃したりしかね
ないからね。

116 :世界@名無史さん:2010/01/19(火) 00:33:40 0
北朝鮮が金正日の急死やクーデターで体制崩壊したら中国が介入して傀儡国家を造る事が有力視されているけど、
そうなったら中国は北朝鮮と接する東北三省だけで1億数千万人も人口がいて、
日高義樹によると、北朝鮮は大量の餓死者の影響で人口が1千8百万人しかいなくて、
中国は北朝鮮を巻き込んだ東北開発をやりたがっているから、もの凄い人口圧力で大量の中国人がやって来て、
内モンゴルや新疆がの様に同化して名実共に北朝鮮は中国の属国になると思う。
ケ小平は中国が混乱したら日本に5千万人の難民が行きますよって発言してるから、
東北開発をやれば陸続きの北朝鮮に1千万人単位の労働者や移民なんてすぐでしょ。

117 :世界@名無史さん:2010/01/19(火) 06:59:41 0
この戦争も代理戦争と見做してよかですか?

118 :世界@名無史さん:2010/01/19(火) 12:46:49 0
>>116
おまえ滅茶苦茶だな。
東北開発をやれば北朝鮮なんかにいきたがる労働者や移民なんてのは減るだろ。

119 :世界@名無史さん:2010/01/19(火) 18:35:56 0
ソ連のパイロットが米空軍と空中戦をしてたな。

120 :世界@名無史さん:2010/01/21(木) 01:52:50 0
大東亜戦争でB-29は延べ28558機出撃で喪失518機、
(史料によって違うが出撃毎重爆喪失率は日独ともに1.5%前後)
朝鮮戦争では延べ21000機出撃で喪失34機

なんどもいうがこれが史実。
これだけやっても朝鮮の南半分だけしか取れなかった米軍ってなんなの

121 :世界@名無史さん:2010/01/21(木) 02:00:21 0
空襲は北朝鮮を痛めつけるのが目的だから、それでいいんだよ

122 :世界@名無史さん:2010/01/21(木) 21:45:52 0
ナパーム弾を初めて大量使用したらしいな
これは油脂焼夷弾(ただ炎がでるだけ)ではなく
リンとかの化学物質も放出される残虐なやつ
北朝鮮でもこれがくっついて焼けどしたやついっぱいでたんだろうな

123 :世界@名無史さん:2010/01/25(月) 02:15:37 0
ベトナムは統一するまでとことん戦争やったのに朝鮮戦争は結局統一がならなかったな
同じ中国に隣接した国家なのにこの違いはなんだろう

124 :世界@名無史さん:2010/01/25(月) 07:44:25 0
>>123

そりゃ、ナムはソ連と隣接してねぇからだろ。

125 :世界@名無史さん:2010/01/25(月) 12:36:15 0
うーむ、なぜベトナムは統一できたか、難しいが

朝鮮は米ソという超大国の占領下におかれたが、
ベトナムはフランスとか比較的弱い国が占領したので、
その点だけみてもベトナムのほうが有利だ。統一しやすいわ。

126 :世界@名無史さん:2010/01/25(月) 13:23:38 0
朝鮮戦争じゃ南がいよいよピンチになったら米が核を使用するから
北も適当なところで妥協するしかなかった。
南(国連軍)から見ても当時はスターリンが居た時代だから
北はいくらでも数出して来るだろうから
核使用しないかぎり決定的勝利は無理だとわかっていた。
どっちも妥協するしかなかった。

越南はもう米国内の反戦運動は激しく
北が南を攻め落としても米が核なんか使えるわけもないことがわかってた。

127 :世界@名無史さん:2010/01/25(月) 23:17:50 0
一番の違いは、当事者同士の戦いだったかどうかじゃないかと
思うんだが。
朝鮮戦争の場合、南も北も早々に軍が壊滅して、残りの部分は
援助国の部隊が戦っていたようなもんだから。
(南はそれでもアメリカの援助で軍を再建はしているけど。)
国連軍が北に攻め込んだのは、「中国介入の危険あり」という
警告を無視したマッカーサーのスタンドプレーであり、中国の
介入で打撃を受けた後で再度攻め込む理由は、アメリカには
無い。
中国にしても、元々参戦に及び腰だった上、すでに息切れ状態。
国境付近から米韓軍がいなくなれば目的が達せられる以上、
あえて「統一」なんてところまでのめりこむ義理は無い。
で、結局南北の頭越しに停戦が決まったというような話でしょう。

128 :世界@名無史さん:2010/01/26(火) 01:12:53 0
うん、実は米中関係は伝統的に悪くないんだよね。これを忘れると近代史を見誤る。
朝鮮戦争は米中の手打ちで一応終結したが、
ベトナム戦争はそういうわけにいかなかったということかな。

129 :世界@名無史さん:2010/01/26(火) 17:44:09 0
朝鮮戦争について書かれた本を探しているのですが、どういった本がお勧めでしょうか?
よろしくお願いします。



130 :世界@名無史さん:2010/01/26(火) 21:51:27 0
朝鮮戦争で援助各国が疲弊して、これ以上続けては、第一戦線である欧州の勢力均衡が崩れると警戒したから。
北ベトナムでの戦いも、フランス任せになり、ラオスなんてのは、各国とも直接介入戦争すら嫌がった。
南ベトナムでの戦いも、SEATO軍は結局結成されず、その結束力の弱さを見透かされ、北ベトナムに徹底抗戦を続けられた。

131 :世界@名無史さん:2010/01/27(水) 19:01:57 0
>>129
リッジウェイ「朝鮮戦争」

132 :世界@名無史さん:2010/01/30(土) 20:40:36 0
神谷不二先生は偉かったな。日本ではじめて容易に一般人の目に止まる形で
「最初の一発は北側が撃った」ということを主張したのは神谷先生の「朝鮮
戦争(中公新書)」で1966年に出たが左翼から人格的攻撃まで受けた。
続いて69年に信夫清三郎の「朝鮮戦争の勃発」が出た。信夫先生はこの本
の中で従来流布されていた「米韓侵略説」の根拠なるものがほとんど事実無根
であることを論証した。それに比べて家永三郎なんて無責任なアジテーターだな。
松本清張はそのような本なんか読みもしなかったらしい。つくずく当時の日本の
世論は狂っていたと思う。

133 :世界@名無史さん:2010/01/30(土) 22:31:06 0
朝鮮戦争の時の韓国大統領は李承晩だからね。
元々北進を叫び続けていて、アメリカからも「あいつに武力を与えたら
北や日本に勝手に攻め込みかねない」と警戒されていた男だ。
おまけに、彼奴はいわゆる「李承晩ライン」を一方的に宣言し、不法に
日本船を拿捕したり、竹島を占拠したりといった行動を繰り返していた。
アメリカはともかく、「李承晩の韓国」は当時の日本にとってはほとんど
敵国に等しい存在だった。

無論、今では真相が明らかでは歩けど、情報が限られていた時代に、
「奴ならやりかねない」というバイアスがかかっていたのはやむを得な
いと思うね。

134 :世界@名無史さん:2010/01/30(土) 23:12:59 0
しかし家永三郎は「朝鮮戦争共産側発起説」を唱える人達を
「反共・反民主主義者」と罵倒の限りを尽くしていたのに
真相が明らかになった後もそういう人達に謝罪や反省なんて
一切しなかったね。ここまで来ると人格の問題だよ。

135 :世界@名無史さん:2010/01/30(土) 23:28:47 0
まあね。間違いが分かったのなら直ぐに修正して、酷いこと過去に言ったなら謝罪するのは当たり前だな。
「当時は普通の考えかただった」みたいなのがそれをじゃましているんだろうが、人間としてそれではいかんよな。


136 :世界@名無史さん:2010/01/31(日) 01:41:15 0
家永三郎は「自分は終戦まで満州事変のきっかけになった柳条湖事件についての
軍部の宣伝を信じていた。同じ過ちを繰り返してはならない」と言っていた。
そして戦後は「朝鮮戦争は米韓側が起こした」という宣伝を信じこんでいたわけだ。
これでは戦前は右翼の宣伝に騙され、戦後は左翼の宣伝に騙され、騙され通しの
人生ということになる。

137 :世界@名無史さん:2010/01/31(日) 03:14:45 0
>>136
その人つまり一貫してるのは、親ソ反米なんだろ。

そう考えれば完全につじつまが合うよ。

138 :世界@名無史さん:2010/01/31(日) 12:32:50 0
>>132
神谷不二や信夫清三郎の本も読んでいなかったとすると、松本清張が
「万巻の書を読んでいる」という話も疑わしくなってくる。

139 :世界@名無史さん:2010/01/31(日) 17:23:00 0
松本清張の「日本の黒い霧」の末尾の「謀略朝鮮戦争」の章なんか
読むに耐えないお粗末な記述だよな。
俺は松本清張の推理小説は面白いと思っているが、彼の政治評論や
時事評論は「左翼の床屋政談」だと思っている。

140 :世界@名無史さん:2010/02/01(月) 01:55:10 0
色川大吉なんかはいまでも「どちらが戦争を起こしたかについて断定は不可能」
なんて言っている。いまだに米韓侵略説に未練があるらしい。

141 :世界@名無史さん:2010/02/01(月) 03:01:31 0
アメリカがこの戦争の規模を大きくしたのは間違いない。

142 :世界@名無史さん:2010/02/01(月) 03:31:57 0
北朝鮮が攻撃を仕掛けてきた以上、アメリカが反撃に出て38度線を
突破するのは勢いのようなものだろう。それにアメリカほ中国本土までの
進撃というようなことは考えていなかった。仮にアメリカが38度線で停止
したとしても両軍はこの線をはさんで戦闘を続けただろうし北朝鮮だけでは
もちこたえられないということになれば中国は援軍を送っただろう。
朝鮮戦争3年間のうち最初の1年を除く2年間はそのように38度線をはさんで
ズルズルと戦闘が続いたわけだし。




143 :世界@名無史さん:2010/02/02(火) 15:04:48 0
なぜ核を使わなかった?

144 :世界@名無史さん:2010/02/02(火) 18:51:57 0
使ったら、報復されて第3次対戦になる可能性があったからな。

マッカーサーは中国領内の本拠地を核でたたこうとしてたから、
そうなった可能性は非常に高い。

145 :世界@名無史さん:2010/02/02(火) 20:01:07 0
>>143
英仏が大反対した。
報復にヨーロッパでの核使用だけは、なんとしても英仏は避けたかった。

146 :世界@名無史さん:2010/02/02(火) 20:19:44 0
朝鮮半島に核撃って誰か報復してやろうって気になる国あるの?
北に撃たれたら南に撃ってそしたら北に撃ってってならない?

147 :世界@名無史さん:2010/02/02(火) 21:36:20 0
>>146
スターリンって、そんな信用ないでしょ
だから口実を与えたくなかった。

148 :世界@名無史さん:2010/02/02(火) 22:15:00 0
史実でさ、ピョンヤンとか普通の爆弾で壊滅してるわけよ。

核必要なかったんだろ。

しかも中国軍は国境を越えて続々とやってくるし

149 :世界@名無史さん:2010/02/02(火) 22:21:28 0
もうひとつ大きな要素は、戦史を眺めてみても中国とアメリカの関係は悪くなったことは殆どないということ。
だから核爆弾で壊滅とかそういうむちゃくちゃなことにはならずに、引き分けというこで休戦成立となったのだろう。

150 :世界@名無史さん:2010/02/02(火) 22:53:49 0
>>143
核を使うメリットなんて、馬鹿マッカーサーの面子を保つこと
以外に皆無だからね。
当時は核攻撃の訓練を受けた部隊そのものが貴重だし、
ミグアレイを突っ切らせて撃墜、捕獲されるような危険を冒す
だけのメリットはなかった。

151 :世界@名無史さん:2010/02/02(火) 23:09:34 0
朝鮮半島を消失させておいてくれれば良かったのにって思った人いる?

152 :世界@名無史さん:2010/02/02(火) 23:16:27 0
良かったかもしらんが、それ無理だ。
そんな幼稚な認識だとまた日本は戦争で負けるぞ。

153 :世界@名無史さん:2010/02/03(水) 00:59:34 0
朝鮮戦争当時ってアメリカ以外も核持ってたっけ?

154 :世界@名無史さん:2010/02/03(水) 01:10:37 0
ソ連が持ってたよ。

日本では語られることは少ないが、
実はソ連の強さって半端じゃないんだよね。
まあアメ公には一歩譲るが。

155 :世界@名無史さん:2010/02/03(水) 06:45:49 0
でも自衛隊には勝てないだろ

156 :世界@名無史さん:2010/02/04(木) 17:01:29 0
>>155
君が、ロシアやソ連に不の感情を抱いていない
前提で話すが。実際問題、ソ連軍は強かった。
スレタイから脱線するが、1980年に出版された
「仮想敵国ソ連 われらこう迎え撃つ」を読むと
良いと思う、当時の自衛隊関係者が如何にソ連
と戦おうかと悩んだかが分かるから。ちなみに
本の著者は栗栖発言の栗栖弘臣。


157 :世界@名無史さん:2010/02/05(金) 22:05:11 0
>>143
トルーマン自身が原爆投下にいくらか道義的負担を感じていたらしい。
「日本に原爆を二発投下する」というにはルーズベルトの決定をそのまま
実行したに過ぎない。広島、長崎に原爆を投下したとき、ある上院議員が
「もっとドンドン原爆を落とせ」と言ったのに対して「日本の軍国主義者
と日本の婦女子を同一視することは私にはできない」と答えたという話が
ある。ましてや「満州に数十発の原爆を投下する」なんて論外だったんだ
ろう。この点は評価されてもいい。

158 :世界@名無史さん:2010/02/06(土) 05:28:10 0
もし朝鮮戦争で核が実際に使われてたらどうなってたんだろうな

159 :世界@名無史さん:2010/02/06(土) 11:39:47 0
ヨーロッパに飛び火しなかったとしても
日本がやばかっただろ
聖域じゃなくなるし

160 :世界@名無史さん:2010/02/06(土) 11:41:36 0
ピョンヤンにぶち込んでも大して変わらないようにおもえる。
なぜなら、中国軍は北朝鮮を本拠地にしてるのではないからね。

しかも史実ではピョンヤンはB29が普通の爆弾によって壊滅してるわけだし。

161 : ◆Q.tHeM26sI :2010/02/06(土) 12:53:19 P
平壌といえば、平壌が攻撃を受けた時、金日成は平壌防衛を武亭に任せて中国へ遁走し、
停戦後に平壌陥落の責任を武亭に擦り付けて解任した。

162 :世界@名無史さん:2010/02/06(土) 14:00:05 0
別に半島の目標に核を使うとかマッカーサーですら言ってないだろ

163 :世界@名無史さん:2010/02/06(土) 16:35:57 0
リッジウェイが言及してたのは香港への影響
国連軍にイギリスもいたし

164 :世界@名無史さん:2010/02/06(土) 23:00:08 0
土井たか子は拉致疑惑が発覚するまで「朝鮮戦争はアメリカが起こした」と
思っていたのかな。

165 :世界@名無史さん:2010/02/07(日) 00:29:47 0
核戦争より国民党軍の投入の方がまだ可能性あったのでは。

166 :世界@名無史さん:2010/02/07(日) 01:08:47 0
>>165
実際に蒋介石からそのような申し出があったがアメリカは謝絶したそうだ。

167 :世界@名無史さん:2010/02/07(日) 02:46:27 0
>>166
戦争を拡大させるようなことは、核であれなんであれしたくないと。

トルコはなぜ明確に西側支持ができたんだ?
昨今の米露関係を見ているとトルコこそ緩衝地帯なんだが。

168 :世界@名無史さん:2010/02/07(日) 22:24:22 0
毛沢東が「義勇軍」と称して部隊を送り込んで来たのも、
「戦場を半島に限定したい」というメッセージだろうしね。
アメリカとしても、わざわざ泥沼にはまり込みたくはない
のは当然。
まあ、マッカーサーは別だろうけど。

169 :世界@名無史さん:2010/02/07(日) 22:54:43 0
結構種類があるんだな
ttp://kapon3.web.infoseek.co.jp/miritary/cinema/military-cinema-korea.html

170 :世界@名無史さん:2010/02/08(月) 00:14:49 0
>>168
「義勇軍」ってのは美称だとおもう。

つまり中国自身のためだけじゃなくて、朝鮮のために米軍と戦うということが「義勇」であるということだ。
本音はどうあれそういう建前だ。

171 :世界@名無史さん:2010/02/08(月) 00:35:36 0
>>170
義勇軍とも志願軍とも称していたようだが、重要なのは「正規軍の派遣」という
形にしなかったこと。
で、「中共としての正式に参戦」ということにしたくないという方針がお互いに
都合が良かったから、みえみえの名称が通用したんだろう。

172 :世界@名無史さん:2010/02/08(月) 00:55:39 0
やっぱり中国とアメリカの関係は、歴史上ほぼ一貫して悪くないんだな。

日米関係と比べてみると、その差は歴然。

173 :世界@名無史さん:2010/02/08(月) 01:35:33 0
帰還した義勇兵や遺族って、恩給や遺族年金など貰えているのでしょうか。
傍から見れば、それだけの事をやった人たちだと思うのですが。

174 :世界@名無史さん:2010/02/08(月) 23:49:27 0
関係の良し悪しというより、利害の一致だろうな。
全面戦争するほどのメリットが双方になかったわけだから、
出来る限り避けたいというのは当然だし。

175 :世界@名無史さん:2010/02/09(火) 00:46:53 0
>>169
統一教会が作った「仁川」がないな
あまりにもクソすぎて誰も見てないらしいが
金の力で集めた俳優陣はそれなりに豪華

Inchon (1981)
ttp://www.imdb.com/title/tt0084132/

Laurence Olivier ... Gen. Douglas MacArthur
Jacqueline Bisset ... Barbara Hallsworth
Ben Gazzara ... Maj. Frank Hallsworth
Toshiro^ Mifune ... Saito-San
Richard Roundtree ... Sgt. Augustus Henderson

176 :世界@名無史さん:2010/02/09(火) 21:54:21 0
朝鮮戦争の被害を日本のせいにしたりしてるの?

177 :世界@名無史さん:2010/02/09(火) 22:25:46 0
北鮮 金王朝

http://dubai.2ch.net/test/read.cgi/emperor/1229650052/

178 :世界@名無史さん:2010/02/10(水) 18:23:34 0
Toshiro^ Mifune ... Saito-San

なんの役だよwww

179 :世界@名無史さん:2010/02/11(木) 18:25:05 0
>>115
李承晩の反日はgdgdな草創期韓国をまとめるためのジェスチャーだよ。
李承晩自身は大日本帝国陸軍出身で、日本の凄さも底力も、朝鮮の劣等性も民度の低さも熟知していた。
強要もイデオロギーも無い朝鮮人をまとめるには反日ポーズくらいしか手は無かった。

180 :世界@名無史さん:2010/02/11(木) 19:43:48 0
>>179
何を馬鹿なこと言ってるのさ。李承晩は1874年生まれで日韓併合のとき
もう36歳だぞ。

181 :世界@名無史さん:2010/02/11(木) 20:04:59 0
>>179
ネトウヨの捏造w

182 :世界@名無史さん:2010/02/11(木) 20:12:57 0
パクチョンヒとかその当たりと混同してんだろどうせ

183 :世界@名無史さん:2010/02/11(木) 20:46:53 0
パクチョンヒって誰?
漢字で書いてくれよ、朝鮮人。

184 :世界@名無史さん:2010/02/11(木) 21:30:02 0
うるせー愚グレよ倭猿野郎w

185 :世界@名無史さん:2010/02/11(木) 22:05:08 0
なんでチョン語をググらなければいけないんだ?
チョンしか読めない愚民文字しか知らないチョンが周りに合わせるべきだろう。

186 :世界@名無史さん:2010/02/11(木) 22:17:01 0
と、無知をごまかす図々しい倭猿であったw

187 :世界@名無史さん:2010/02/11(木) 22:27:03 0
倭猿とか差別的なこと言ってごめんなさい
ぼくせいき、で打っても一発変換しないからパクチョンヒと打っただけです

188 :世界@名無史さん:2010/02/11(木) 23:14:04 0
朝鮮戦争で中国軍の死者は100万人以上にもなるんだよな。

189 :世界@名無史さん:2010/02/11(木) 23:16:28 0
倭猿とか言われても日本人は何とも思わないんだが。
逆にチョンは何と読んでも差別だとファビョる。
だからイットとしか呼ばれないんだよ・・・。

190 :世界@名無史さん:2010/02/11(木) 23:17:28 0
>>188
その数が朝鮮人に足されていればよかったのに。

191 :世界@名無史さん:2010/02/11(木) 23:18:29 0
>>187
MSの日本語変換ソフトは朝鮮人に作らせているからなぁ・・・・。

192 :世界@名無史さん:2010/02/11(木) 23:27:56 0
倭猿ってチョンにしか通用しない単語だろう、そんなことに無知でも何も困らない。

193 :世界@名無史さん:2010/02/11(木) 23:31:48 0
>>2
第二次大戦で活躍したロッキードのプロペラ戦闘機がミグのジェット戦闘機にぼこぼこにされてF100セイバーが開発されたんだよな。
当時のパイロットには「ジェットエンジンにまたがって飛んでいるような感じ」とくそみそに言われていたがミグとは互角だったようだ。
ちなみに自衛隊の初代主力戦闘機。

194 :世界@名無史さん:2010/02/11(木) 23:39:59 0
>>188
共産側の発表によると米軍の死傷者は39万8000人だそうだ(実際には
14万人)。左翼の連中の中には今でもこの数字を無批判に引用している者
がいる。

195 :世界@名無史さん:2010/02/11(木) 23:42:18 0
>>194
米軍の数字はあてになるの?

196 :世界@名無史さん:2010/02/12(金) 00:12:35 0
>>195
アメリカのような国では戦死公報があるし、戦死者の遺族や負傷者への補償金
があって、しかもそれは予算の一部として議会の同意を必要とするのだから
一応信用できると思う。もし誤魔化しをすれば「どうして俺は補償金をもらえ
ないのか」とか「私の家族は朝鮮戦争に行ったのに帰還せず、戦死公報もない
のはどういうわけか」と騒ぎだす人がいるはず。

197 :世界@名無史さん:2010/02/12(金) 00:15:39 0
>>196
なるほど。了解。

198 :世界@名無史さん:2010/02/12(金) 02:03:05 0
アメリカ軍の場合、行方不明者って、統計上最終的にどうなる訳?
戦死と明確に対応が異なるの?
ジェンキンス氏は、脱走が明らかだったんだっけ。

199 :世界@名無史さん:2010/02/12(金) 03:07:22 0
ジェンキンスさんが脱走したのは休戦後だし、脱走数日後に北朝鮮側が
南側にスピーカーで「勇敢な兵士ジェンキンスは脱走した」とアナウンス
しているんだから戦争中の死傷者とは違うよ。

戦争中の行方不明者の扱いだが一般に欧米では戦闘中に行方不明になり
戦後の捕虜交換でも帰ってこなかった者は戦死者として扱われるみたい。

200 :世界@名無史さん:2010/02/12(金) 12:31:30 0
どうでもいいけど日本では7年刊音信不通行方不明だと見なし死亡で離婚できる。

201 :世界@名無史さん:2010/02/12(金) 21:58:49 0
日本軍の捕虜収容所が今だに問題になるのに
朝鮮戦争で共産側に捕まった捕虜の虐待がスルーなのはなぜだぜ?

202 :世界@名無史さん:2010/02/13(土) 11:19:01 0
>>201
ちゃんと毛沢東思想の教育を受けて幸せになったからじゃね?

203 :世界@名無史さん:2010/02/16(火) 14:14:34 0
朝鮮戦争によって多くの韓国人がアメリカに移住したんだって。
第二次朝鮮戦争になったら日本にも来るだろうな。
http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2010&d=0215&f=national_0215_025.shtml


204 :世界@名無史さん:2010/02/16(火) 21:46:05 0
>>201
スルーされてたっけ?
逆に、問題にされすぎて「もういいや」となったんだと思うけど。
「洗脳」という言葉をはじめて読んだのは朝鮮戦争での向こうの収容所
絡みでだし。

205 :世界@名無史さん:2010/02/16(火) 23:59:49 0
今現在ってことじゃないの
影なき狙撃者の時代じゃなくて

206 :世界@名無史さん:2010/02/17(水) 00:23:56 0
>>205
一番の理由は、日本との直接のかかわりが薄いからでしょ?
日本軍の収容所やら、逆に日本兵が収容された収容所なんか
であれば、何らかの形で当事者になっているわけだから、なか
なか問題、話題が消滅することはない。
朝鮮戦争の収容所なんかは、「過去に他所で起きたこと」という
見られ方になるから、どうしても関心は薄れてくるよ。
過去には実際にいろいろ取り上げられてきたわけで、決して
スルーされてきたわけじゃないし。

207 :世界@名無史さん:2010/02/17(水) 12:18:38 0
日本視点じゃなくて
例えば中国の主席がアメリカ行くと元捕虜がパイ投げしないのかとかそういう事じゃないのか

208 :世界@名無史さん:2010/02/19(金) 19:57:21 0
休戦交渉が長引いたのは捕虜交換の問題のためだよな。
結局インドが共産国に帰るのを拒否する捕虜を引き取って各自が希望する
国に送るという形で決着したけど、それを左翼の連中は「アメリカが故意
に戦争を引き伸ばした」というんだから呆れた話だね。

209 :184:2010/03/17(水) 09:36:54 0
私は日本人です


などといっても最早誰も信じないであろう
そもそも「倭猿」などという差別的暴言を吐いた時点で弁明する資格などないのかもしれない

私がそのような発言をしたのは
朴正煕大統領を「パクチョンヒ」と朝鮮語読みで呼んだだけで
朝鮮人呼ばわりした>>183に怒りを覚えたからである

当然ながら私に朝鮮人の人名を朝鮮語読みで強制しようなどという意図はない
だが朝鮮人の人名を日本語読みで言おうと朝鮮語読みで言おうと自由のはずである
別に朝鮮語読みに愛着があるわけではない。>>187で言ったとおり「ぼくせいき」と打つと変換に不自由だから
朝鮮語読みでパクチョンヒと打ったまでだ
ここが朝鮮戦争について語るスレッドならば、朴正煕の朝鮮語読みぐらいは知っていてもおかしくはないはずであり、
朝鮮語読みを使ったくらいで朝鮮人呼ばわりされるのは心外であった

ここで私に軽率な発想が浮かんだ
すなわち、「ならばいっそ本当に朝鮮人のフリをしてからかってやろう」と考えてしまったのである

それ自体愚かな発想であるが、もし行動に移すなら最後まで筋を通すべきであった
しかし私はこうも考えた
「このスレはよくある朝鮮を題材にした糞スレと違い、朝鮮戦争を語るというごく真面目なテーマのスレなのだから、荒らし紛いの書き込みはよくない」と
それが>>187の謝罪に繋がった

210 :184:2010/03/17(水) 09:37:39 0
そして私は「朝鮮人」のままとなり、散々非難されるだけの結果に終わった
もちろんそれが自業自得であることはわかっている
しかし、この三点ははっきりさせておきたい
1、現代朝鮮半島史を扱ったスレで現代朝鮮半島史における世間的にも有名な重要人物の名前を朝鮮語読みしたところで
  非難され、あまつさえ「朝鮮人」のレッテルを貼られる覚えは無い
  まして朝鮮半島史を扱ったスレで(もちろん朝鮮戦争は狭い地域史よりも冷戦という世界全体の歴史に関わる重要事件であることはわかっている
  しかし発端が朝鮮半島の国家同士の戦争にあり、また戦場も朝鮮半島であることから、朝鮮史としても語りうることは明白である)
  「なんでチョン語をググらなければ〜」などというのはおかしいではないか
2、>>189はそういうが、「倭」を蔑称として受け取る人は日本人にもおり
  (実際、2chのあるスレで古代日本の外交史を扱ったNHKの番組が当時の日本を指して「倭」と呼んでいたことを「倭は蔑称だ」と非難している人がいた)
  ましてや「猿」と呼ぶのは蔑称以外の何物でもない
  >>189のように何も感じない人ばかりではないはずである
3、>>192は勘違いしているが、私が「無知」と言ったのは>>183>>185の発言に対してである
  もっとも>>183>>185は知っていて悪意を持って言ったのかもしれない。信じたくはないが・・・

スレ汚しの長文失礼しました

211 :世界@名無史さん:2010/03/17(水) 10:09:11 0
>>509
そりゃ、講義の話でしょ。ゼミは別なんじゃないのか。

212 :世界@名無史さん:2010/03/17(水) 10:33:42 0
現在でもアメリカは朝鮮戦争中に満州に細菌兵器を
ばらまいたことになっている。
日中戦争中に中国各地の伝染病の発生が日本軍のばらまきと
されていることと同じ。

213 :世界@名無史さん:2010/03/18(木) 01:43:09 0
>>212
ん?731部隊はノモンハンでも実験やってたし、ばらまいてたんじゃないの?
成功不成功は分からないけど。

214 :世界@名無史さん:2010/03/18(木) 03:11:29 0
アレは完璧に中共の宣伝で、最近になって中国もうそだと認めただろ。
どうも、共産国家は細菌作戦に過大な期待をしている節があって、
独ソ戦でもソ連が細菌作戦やったのは確実らしい。
元日本の憲兵の回想録では、ソ連のスパイが越境する場合、必ず細菌入り
瓶を携帯してたと書いてあるのも読んだねえ・・。

B29が大損害の話は裏があって、幾らでも使い捨て可能な徴兵乗員が
いたWW2の時と違い、パイロットとクルーの補充が出来ない平時なので、
少しの損害でも痛かったって話だ。


215 :世界@名無史さん:2010/03/19(金) 00:19:03 0
>>213
いくらなんでも、満州国内のノモンハン事件のことを中共がねつ造するかあw

216 :世界@名無史さん:2010/03/20(土) 18:43:23 0
あの損耗率はWW2当時でも許容できないレベルだろ?
8機のうち5機喪失(うち3機は被墜)だから、被撃墜率だけでも3割を
越えているし、F-86を含むジェット戦闘機群の護衛を受けた上での
損害であり、早急に改善する見込みもなかったから。
もちろん、WW2時点のように大編隊で出撃させられれば損害は減っ
ていただろうし、
> この被害を受けての
> >検討段階で、第八航空軍式の消耗戦をやるのは、乗員と機材双方の補充面で不可能
> >と判断され、
ということではあるけど。

217 :世界@名無史さん:2010/03/20(土) 19:30:13 0
あんまり 歴史の表舞台に出てこないけど

物凄い激戦だったんだね

218 :世界@名無史さん:2010/03/24(水) 00:53:06 0
あくまでもアメリカにとって、”片手でやってる戦争”なんだよね。
それでも戦場での史上最高砲弾使用量はww1のベルダンを抜いて
この戦争で出たんだったな。

まあ、40cm砲まで繰り出して、双方撃ち合ったベルダンと違い、
米軍が一方的に撃ちまくっただけだがw

219 :世界@名無史さん:2010/03/24(水) 10:20:44 0
>>218
そうなんだよね。あくまでこの当時の主敵はソヴィエトで、ヨーロッパが冷戦の表舞台。朝鮮にはそんなに思い切った兵力は送ってないんだよな。
それと、マッカーサーにとっても欧州戦線の連中に自分の縄張りを荒らされたくないという意識が少なからずあったかもな。

220 :世界@名無史さん:2010/03/24(水) 19:43:11 0
朝鮮戦争は、実はアメリカでは殆ど報道されていなかったとか…。
ニュースでも格下の扱いだった。

だからこそ、華々しい勝利が必要だったのだが、戦線が硬直しちゃえば継続は不可能…と。

221 :世界@名無史さん:2010/03/25(木) 01:13:10 0
>>6
>>12

私は五輪代表合宿に入るチーム青森を激励しようと、選手達の到着を
待ちわびていた。 そうこうするうちに選手達を乗せたバスが駐車場に
到着して、選手達が会場へ向けて歩いてきた。

そうこうするうちに、目黒さんや石崎さんに混じって、 明らかにオーラが
出てる選手が二人、こっちへ歩いてきたんだ。
それが近江谷さんと本橋さんだった。

二人で並んで歩いて来た。仲良かったんだろうな。
私、ミーハーみたいに凄いって思ったよ

私は目の前まで歩いて来た本橋さんに
「サイン頂けますか?」と訊ねたんだ。
けど、本橋さんは私を無視してスタスタ歩いて行こうとしたんだ。
そうしたら今までニコニコ微笑んでいた近江谷さんが急に険しい顔になって
「ねぇ!マリリン!!まちなよ!」 って本橋さんを呼び止めたんだ。

びっくりして振り返る本橋さんに近江谷さんは
「ファンがいてこそのチーム青森だよ」 って語りかけたんだ。
そうしたら、本橋さん、こっちへ戻ってきてサインしてくれた。
もちろん、近江谷さんもサインしてくれた。
近江谷さん、おしっこちびるくらい格好良かったよ。

その時の本橋 さんのサインは私の宝物。
近江谷さんのサインはネットオークションに出した。




222 :世界@名無史さん:2010/03/29(月) 11:43:57 0
ベトナム戦争に参戦した韓国軍、撃ちまくってます。
Vietnam War Film (South Korea Tiger,Whitehorse,Bluedragon division)
http://www.youtube.com/watch?v=B1zdecjniVc
韓国のベトナム戦争記念館
The Vietnam War dispatch of troops Memorial opening in Korea
http://www.youtube.com/watch?v=KS6LyRAbOBQ&feature=related
Korean Army in the Vietnam War (1/5)
http://www.youtube.com/watch?v=MjAtu9aj1qw
ROK Military in Viet Nam Tribute
http://www.youtube.com/watch?v=dgGf-HQibNY&feature=related

223 :世界@名無史さん:2010/04/07(水) 21:47:16 0
朝鮮戦争フラッシュはっとくぜ
http://www.geocities.jp/whis_shosin/koreanwar1950.html

224 :世界@名無史さん:2010/04/21(水) 23:47:35 0
前回の朝鮮戦争では8人に1人位が死んだけど、現在では北朝鮮が核兵器を保有しており全面核戦争になる可能性がある事、
ソウルで1000万人が暮らしているように韓国では大都市に人口が集中している事、
北朝鮮がアメリカ及び韓国の手に落ちる事を安全保障上許容できない中国が確実に参戦する事、
以上の事から第二次朝鮮戦争が起これば南北朝鮮で3000万人位死ぬな。


225 :世界@名無史さん:2010/04/27(火) 07:00:55 0
太平洋戦争は忘れない戦争、ベトナム戦争は忘れたい戦争、朝鮮戦争は忘れた戦争・・・・・

226 :世界@名無史さん:2010/04/27(火) 07:29:21 0
>>224
日本もとばっちりでそれぐらいの被害が出る可能性があるね

227 :世界@名無史さん:2010/04/27(火) 23:39:21 0
少なくとも幸運にも直接的戦闘が日本で無かったとしても、朝鮮半島の核施設から出てきた放射性降下物を巡り
日本人があちこち逃げ回ったり、親父は働いていても子どもだけはなんとかしようてんで、色々工作したり、野菜
は輸入物が高騰したり、気象予報に放射性降下物の予報がかならず載るようになったり…。

まあ、かなり影響あるわな。

228 :世界@名無史さん:2010/05/21(金) 23:22:14 0
そういや今こういうのやってるんだけどね

朝鮮戦争から60年 戦場の記録
−N.Y.デーリー・ニューズ写真コレクションより
ttp://newspark.jp/newspark/

229 :世界@名無史さん:2010/05/22(土) 03:31:56 0

南北開戦を期待している人が多いが、中国は人民解放軍系の企業が
北朝鮮の採掘利権をもっているし、東北部の開発を進めなければならないので、
開戦を許さない。

北朝鮮が暴発しそうになったり、崩壊しそうになったら、
中国は人民解放軍を越境させ、先手を打って治安占領する。
だから、難民の流出はない。

中国は独裁者の首をすげ換え、完全傀儡政権を作る。
北朝鮮という国は名目的には残るが、中ではチベットやウイグルのようになる。

韓国は表面的には抗議するが、統一しなくてすむので、黙認する。
ロシアも羅津港の利用権を貰って、黙認する。




230 :世界@名無史さん:2010/05/22(土) 08:28:37 0
>南北開戦を期待している人
誰だか知らんがそいつバカだな。
工作員がばら撒いた炭疽菌であの世行きになるのが関の山。

231 :世界@名無史さん:2010/05/25(火) 22:35:06 0
もし現時点で第二次朝鮮戦争が始まったとしてもさすがに「米韓侵略説」を信じる
者はいないだろうな。

232 :世界@名無史さん:2010/07/05(月) 18:45:50 0
そりゃどうかな。韓国の哨戒艦「天安」の沈没だって、
米国の陰謀なんて書き立てている輩は結構いる。
いつの時代にも正常な判断ができない者はおり、
それにつけ込む者も後を絶たない。


233 :世界@名無史さん:2010/07/05(月) 22:33:44 0
エチオピア軍って結局何かしたの?
国連軍の中で言えば、日本掃海隊の方がよほど活躍したんじゃないのか

234 :世界@名無史さん:2010/07/06(火) 07:17:10 0
↑少しくらい調べてから書けよ

エチオピア帝国は1200人の部隊を送って、戦死者122名を出している。
ttp://www.geocities.jp/viva_saharawi_tt/ROK_report_2008.htm


235 :世界@名無史さん:2010/07/06(火) 13:15:18 O
さすが、イタ公を槍で圧倒した国だなw

236 :世界@名無史さん:2010/07/06(火) 22:08:17 0
>>234
おー。結構な前線で闘っているじゃないか。

237 :世界@名無史さん:2010/07/29(木) 22:33:11 0
カラーで見る朝鮮戦争
前編 8/22 (日) 23:00〜00:00 他
ディスカバリーチャンネル
http://japan.discovery.com/episode/index.php?eid1=891073&eid2=000000

69 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)