2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

世界史なんでも質問スレッド72

1 :世界@名無史さん:2009/12/23(水) 01:04:12 0
スレッドを立てるまでもない質問はここへどうぞ。
単発質問スレを立てる前にまずこちらへお越しください。
専門的な質問については、各分野の専門スレで聞くほうが、より詳しい説明を得られるかも知れません。
回答に時間がかかったり、回答が得られなかったりしても、怒らないでください。
回答者にソースや文献を尋ねることは禁止します。
特定アジアの現代史に関する質問も、他のふさわしい場所でどうぞ。
議論は各分野のスレで。

なお、このスレは常時age進行でお願いします。

※まずは下記のFAQサイトでチェックすること。
世界史は妄想を超えて(世界史FAQ)
ttp://www.geocities.jp/asamayamanobore/
日本史・世界史FAQ
ttp://www.geocities.jp/magurogyosenn2000/index.html

■世界史板内関連スレ
中・高生用質問スレ Part12
ttp://academy6.2ch.net/test/read.cgi/whis/1200816363/

■歴史系他板質問スレ
●☆■2010年度世界史勉強法 Part5■☆● 《大学受験板》
ttp://namidame.2ch.net/test/read.cgi/kouri/1259678164/

【初心者】スレッド立てる前に質問をPart24【歓迎】《日本史板》
ttp://academy6.2ch.net/test/read.cgi/history/1237698914/
※日本近代史板の初質スレは落ちたあと新スレ立っていない模様

前スレ
世界史なんでも質問スレッド71
ttp://academy6.2ch.net/test/read.cgi/whis/1255960677/

952 :世界@名無史さん:2010/02/06(土) 23:54:46 0
>>948
皇室しか粛清されてなかったのかね、今知った

立憲君主制のいい所は人民から独裁者が生まれにくい事なんだが
ロシアの帝政復古とか永劫無理なのだろうか

953 :世界@名無史さん:2010/02/07(日) 00:08:50 0
>>952
ロシアは昔から強い独裁者マンセーでイワン雷帝やスターリンが今でも尊敬されてるお国柄だから、
国民の手で独裁者を作り出せる今の政治制度を手放そうとはせんだろ?
立憲君主制なんてそんな弱い君主やだって嫌がるんじゃね?

954 :世界@名無史さん:2010/02/07(日) 00:35:29 0
フランスの王党派もそうだけど王政復古したって王位継承者本人やその周辺の連中以外誰も得しないじゃん
現代の立憲君主政国だって所詮「廃止するのに必要なコスト>共和政移行で得られる利益」だから続いてるだけ。
そもそも独裁者を産みたくなければ憲法で制限すればいいだけ。憲法が許していれば君主が居ようと独裁者は生まれる

955 :世界@名無史さん:2010/02/07(日) 00:41:00 0
イワン雷帝のエリザベス女王への求婚は、格差があり過ぎの有りえ
ないダメもと話とは言え、間違いなく歴史の地図が今とは大きく違っ
たと思うとゾクゾクする。

956 :世界@名無史さん:2010/02/07(日) 00:42:32 0
「悪魔の詩」の訳者が殺された事件で、犯人はイスラムの刺客という
説が有力なんですよね?
なんで訳者が殺されるんだよと思ったんですが、他の国でもこの本の
訳者が殺された事例ってあるんですか?

957 :世界@名無史さん:2010/02/07(日) 01:38:29 0
>>929
当時の考えでは、ソ連が朝鮮半島経由で日本に侵略してくるという脅威があった。
「満蒙は日本の生命線」というのがそれを反映している。
とにかく大陸から朝鮮半島経由、樺太経由で日本が侵略されるのを防がなくてはならない。
だからあれは「防衛戦」という考え。
で、いったん戦争を始めてしまったら、負けるわけには行かない。
でも勝てない。でも負けて終わるわけには行かない…で、ズルズル。

>>947
公爵ではなく「王家」でないと吊り合わないのでは。
でももともとフランツ・ヨーゼフの母親のゾフィ大公妃の肝いりで
大公妃の妹の娘とお見合いの段取りをしたわけだから、
「身分が低い」なんて言ってるのは一部のやっかみかも。

958 :世界@名無史さん:2010/02/07(日) 02:03:38 0
結局ABCD包囲網敷かれた時点で詰んでたんだよな
政治は軍事に優越する

959 :世界@名無史さん:2010/02/07(日) 04:37:56 0
質問です。
「東宮」が皇太子を指すというのは日本限定ですか?
それとも、中国でも東宮は皇太子を指していた?

960 :世界@名無史さん:2010/02/07(日) 06:31:24 0
中国で、帝宮の東隣に皇太子宮殿が置かれたことに由来。
また「東」は春の意味もあるので「春宮」とも書かれる。

現在の日本の皇太子居宅は西側にあるんだけどw

961 :世界@名無史さん:2010/02/07(日) 13:14:54 0
でも教皇から王権を頂いた、とかいうなら国内の有力貴族でもいいのでは?=イギリス

962 :世界@名無史さん:2010/02/07(日) 15:14:33 0
>>952
ムッソリーニ時代のイタリアは王国だがね。
954の言うように、立憲君主制であることと独裁者が生まれにくいか
どうかなんて関係ないと思うね。

もっとも、憲法が許してなくても独裁者は現れると思うぞ。

963 :世界@名無史さん:2010/02/07(日) 18:06:58 0
権威が分かれてるってのは利点だけどな
権力を集中させても権威が得られるかどうかは別だし
ムッソリーニの時代のイタリア王族は積極的に支持して政治介入してたからなぁ

964 :世界@名無史さん:2010/02/07(日) 18:27:49 0
>>962
憲法が許さなくても、国民か議会の支持があれば、
独裁に等しいことはできるし、憲法自体変えられるからね。
あと、ムッソリーニは独裁者じゃないよ。
国王の支持のもと、大きな権力を振るった権臣に過ぎないよ。
もちろん国民の支持もあったけど。
だから、やばくなったら国王に切られた。

965 :世界@名無史さん:2010/02/07(日) 18:53:58 0
>国王の支持、議会の支持、国民の支持
国民は支持だろうけど、議会や国王の場合は信任もしくは信認だとおもゆよ。

966 :世界@名無史さん:2010/02/07(日) 19:14:02 0
イタリアにしても日本にしても、君主が政府・議会を上回る力を潜在的に持っていたことが独裁につながってるね。
君主の意思を飛び越えて、君主権だけが一人歩きした。

967 :世界@名無史さん:2010/02/07(日) 19:17:10 0
日本って戦前でも別に独裁じゃねーじゃん
軍部を支持したのは国民だし

968 :世界@名無史さん:2010/02/07(日) 19:22:42 0
はいはいw

969 :世界@名無史さん:2010/02/07(日) 19:34:34 0
ロシアが王政復古だって?冗談じゃない。
ロシアは首から上がツァーリーだろうが書記長だろうが大統領だろうが、独裁じゃなきゃまとまらない国。
同様な国に中国があるけど。

970 :世界@名無史さん:2010/02/07(日) 20:15:49 0
それはユダヤ人がいないと何もできない知的障害者の西側といい勝負だと
思うの

971 :世界@名無史さん:2010/02/07(日) 20:23:59 0
>>970
たしかにw

972 :世界@名無史さん:2010/02/07(日) 20:37:02 0
>>969
世界を見渡すと、独裁じゃないとまとまらない国の方が多いんじゃないかね?
無理やり民主化して、政治が混乱してる国がどれだけあることか。

973 :世界@名無史さん:2010/02/07(日) 20:39:01 0
856 :闇の声:2010/02/07(日) 10:09:06 ID:gwrS1Jr6
あとね、面白い話を一つ教えてあげるよ。
日産関係に送り込まれたフランス人に対して、こういうお達しが下ってる。
1,絶対日本文化を学ぶな。学ぶ必要はない。
2,征服者として行動せよ。彼らは占領されたのだ。
3,日本人には英語で話し、重要なテーマはフランス語で話せ。
4,食事に日本人を混ぜるな。日本食を食べるな。
5,家族の事を聞かれたら、プライベートな問題に口を出すなと毅然と傲慢な態度を取れ。
6,握手の時に日本人の手をしっかり握らず、目を合わさずスマイルを浮かべるな。
7,日本人の名刺を見る必要はない。受け取ったら見ずにテーブルに置け。
8,お茶をすぐ出すな。
9,質問をされたら「君の考えは?君の意見を聞かない限りこちらから言う事はない」と
  毅然として臨め。
10,七時以降日本人と付き合うな。SEXしたかったら金で解決しろ。
11,もし、日本人がフランス語を喋ったら「申し訳ないが、こちらの通訳を使わせて頂く」として
   主導権を取らせるな・・・

こういうマニュアルがあるんだよ。



これは本当ですか?

974 :世界@名無史さん:2010/02/07(日) 20:43:39 0
東西ドイツがなぜ朝鮮のように戦争にならなかったのかご教授ください。
対立しなかったのでしょうか。 全面戦争の恐れがあった?

975 :世界@名無史さん:2010/02/07(日) 20:44:43 0
民主化=アメリカ化

976 :世界@名無史さん:2010/02/07(日) 20:50:57 0
ゴーンは大事な場面では積極的に日本語。

977 :世界@名無史さん:2010/02/07(日) 21:02:10 0
>>974
朝鮮では、
(1) トルーマンが日本までしか防衛しないという誤ったメッセージを発した
(2) 李承晩が日本敵視政策を取っていたため、アメリカは韓国に重武装を許可できなかった
(3) 金日成に半島武力統一を達成するという個人的野心があった
といった要素が絡み合って開戦に至ったものと考えられます。

ドイツでも武力統一を夢想する指導者はいたかもしれませんが、(1)や(2)に相当する事象がなかったので、結果として開戦は現実的ではなかった、ということになるでしょうかね。

978 :世界@名無史さん:2010/02/07(日) 21:08:42 0
質問であります。
インディアンのステレオタイプなイメージに、

「口に手を当てながら『アワワワワワワ』と叫ぶ」

というものがありますが、
本当に叫ぶのですか?
叫ぶとしたら、どの部族が、どういう意味で叫ぶのですか?

979 :世界@名無史さん:2010/02/08(月) 03:03:19 0
戦争や襲撃の際の「雄たけび」や「ときの声」に意味はない
古代マケドニア人だってアッララララーーイとか叫んでいた(ほんまかいな)

まあ、ああいうのは西部劇映画で作り出されたイメージなんですがね
雄たけびは上げただろうけど、手を口にやって声出すのは女性のしぐさともいうし

980 :世界@名無史さん:2010/02/09(火) 01:56:50 0
清の雍正帝がはじめた太子密建ってのは素晴らしい制度のようにいわれていますが、
実際問題、本当に有効に機能したのでしょうか?
その後、大した皇帝は出てないように見えますが。

981 :世界@名無史さん:2010/02/09(火) 06:51:18 0
どうしょうもない皇帝も出ていない。

982 :世界@名無史さん:2010/02/09(火) 16:39:03 0
中華民国や中華人民共和国を五徳終始説にあてはめると何徳でしょうか。

983 :世界@名無史さん:2010/02/09(火) 17:54:42 0
>>982
>五徳終始説
「それ何?」と思ってググったら五行説でも相克説と相生説が有るらしい。
史記の高祖本紀に出てくる劉邦にまつわる伝説は相克説に基づいて金徳の秦を破った
漢は火徳としている。しかしそれがいつの間にか秦が木徳で漢が土徳ということになっている。
さらに前漢の終わり頃に相生説に基づいて木徳の秦を継承した漢は火徳とする理論が唱え
られたという。
つまり、その国家が自分で決めるモノだから後付けでどうこうは言いようが無い。

984 :世界@名無史さん:2010/02/09(火) 19:20:52 0
ナポレオンって天才って言われてるけど、具体的に何に秀でてたの?
法典とかまとめたから行政とか?

985 :世界@名無史さん:2010/02/09(火) 19:33:39 0
>>984
軍隊を率いて敵に勝つ能力。自分自身が軍を率いた戦場では、
どんなに劣勢でもほとんど負けを知らなかった。
軍事的才能だけでヨーロッパの地図を塗り替えた。
政治面でもそれなりに有能だったが、天才と言うほどではない。
ナポレオンの政治面の業績は、ナポレオン個人の能力より、
優秀な政治家や官僚や学者を多く抱えていたことによるところが大きい。

986 :世界@名無史さん:2010/02/09(火) 22:57:00 0
明が火徳、清が水徳。
民国が清から禅譲されたと見れば水生木で木徳。
中共に本土の天命が移ったとすれば木生火で火徳かな。文字通り赤旗だし。

987 :世界@名無史さん:2010/02/09(火) 23:28:41 0
>優秀な政治家や官僚や学者を多く抱えていたことによるところが大きい。
そーいう人たちを飼いならすのは立派な才能では…

988 :世界@名無史さん:2010/02/09(火) 23:40:48 0
人心掌握術も天才的だしね。
士官学校時代の非リア充ぶりはなんだったのかと思うぐらい

989 :世界@名無史さん:2010/02/09(火) 23:44:42 0
>>986
>明が火徳、清が水徳
これは水剋火だから相剋説を取るならば民国は土剋水の土徳では。

990 :世界@名無史さん:2010/02/09(火) 23:53:19 0
本人自身は「戦場での勝利よりナポレオン法典が俺様の大業績」
と主張しているがな

991 :世界@名無史さん:2010/02/10(水) 00:14:29 0
>>990
しかし、ナポレオンの戦場での勝利はナポレオン自身の功績だが、
ナポレオン法典はカンバセレスの功績だからな。

992 :世界@名無史さん:2010/02/10(水) 01:58:23 0
世界史なんでも質問スレッド73
http://academy6.2ch.net/test/read.cgi/whis/1265734674/


993 :世界@名無史さん:2010/02/10(水) 09:27:25 0
>>909>>917の会話の滅茶苦茶さにワロタw
かなりたくさんの事実誤認がある

まずソ連というのがいまでいうどの国々を差すのか調べて来いw


994 :世界@名無史さん:2010/02/10(水) 09:34:00 0
>>938
神聖ローマ帝国内のうちの有力な領邦の君主は、
帝国外の独立国家の君主と同じ格だったから

たとえばザクセンの君主はハンガリーの君主やポーランドの君主と同等の格

995 :世界@名無史さん:2010/02/10(水) 09:37:26 0
>>953
コーポラティズムに内在する利権構造がいつまでも頑固に残ってるのがロシアの特徴で、
利権屋は透明性が求められる議会制民主主義の発展よりも
直接政権にアクセスできる絶対主義やその構造の存続を好むから

この状況は大なり小なりどんな国にも認められる
ただしロシアは大のうちの大、ということ

996 :世界@名無史さん:2010/02/10(水) 09:42:28 0
>>979
アラブやイランの人たちはいまでもそういう雄たけびをあげる
結婚式など有名

古代マケドニア人をはじめとした当時のギリシャ人はみなペルシャ等々の影響を強く受けているから

997 :世界@名無史さん:2010/02/10(水) 10:39:00 0
>>994
帝国内の領邦君主が、他の国家の君主と同等とみなされるようになったのは30年戦争前後?

小さいながらも主権国家の主であることが重要なのか、
カール大帝以来の古い家名を持ってることが重要なのかいまいちわからんのですが。

998 :世界@名無史さん:2010/02/10(水) 11:57:51 0
>>980
太子密建の主要目的は、
候補になりそうな皇子を取り巻く家臣達が派閥を形成して闘争し始めるような事態を避けるため。
皇帝が大したモノになるかどうかは二の次。

実際に有効に機能したかどうかを測ることは簡単ではない。
銀河系をもう一つ用意して、太子密建制度の有無だけに差を付け、他は全て同条件にした上で
数百年の経過を観察し、有意な差が生じたか否かを判定する。
それができたなら、有効に機能したかどうかの結論を出せる。

999 :世界@名無史さん:2010/02/10(水) 17:37:47 0
へぇ〜

1000 :世界@名無史さん:2010/02/10(水) 17:49:05 0
1000うめ
続きは次スレで

1001 :1001:Over 1000 Thread
このスレッドは1000を超えました。
もう書けないので、新しいスレッドを立ててくださいです。。。

278 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)