2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

フィリピン(1941年〜1944年)

1 :世界@名無史さん:2009/12/26(土) 19:52:44 0
マッカーサーが去って、再び上陸してくるまでの3年間
フィリピンでは日本軍とフグハラハップ、ユサッフェゲリラ、モロ族
との戦いが繰り広げられていた。

あまり知られていないフィリピンの日本の軍政とゲリラとの戦いを語る

2 :世界@名無史さん:2009/12/26(土) 19:57:23 0
フィリピンの2割ほどしか支配できなかった

3 :世界@名無史さん:2009/12/26(土) 20:03:13 0
日本軍が比の気候風土を無視した農作物を強制したせいで
餓死者が戦死者以上に。
インパール級の災難。

4 :世界@名無史さん:2009/12/26(土) 20:05:23 0
日本人がイタリア人のことをへたれ扱いしているのを
フィリピン人が聞いたら鼻で笑うだろう
フィリピンゲリラには歯が立たなかった(特にモロ族)

5 :世界@名無史さん:2009/12/26(土) 20:07:35 0
くそ統治でハイパーインフレ

6 :世界@名無史さん:2009/12/26(土) 20:21:35 0
43年から形式的には軍政じゃなくて独立国でしょいちおう

7 :世界@名無史さん:2009/12/26(土) 20:26:49 0
占領支配なんてもんじゃない

あれはもう戦争だ
フィリピンとの戦争だったんだ
アメリカ軍が上陸しなくても
フィリピンからの撤退を余儀なくされたのではないか

8 :世界@名無史さん:2009/12/26(土) 20:49:03 0
死にたい日本軍におすすめの戦場フィリピン
300人の兵で討伐すれば大丈夫だろうと思っていたら100人ぐらいのモロ族に皆殺しにされた
司令部から徒歩一分の路上で歩哨が首を切られて倒れていた
連隊が襲撃され、気がついたら連隊長が殺されていた
ダバオから半径2キロはゲリラに狙撃される可能性が150% 一度狙撃されてまた狙撃される確立が50%の意
足下がぐにゃりとしたのでござをめくってみると兵士の首が転がっていた
「そんな危険なわけがない」といってジャングルに行った中隊がフグハラハップに皆殺しにされた

9 :世界@名無史さん:2009/12/26(土) 20:50:35 0
>>1
糞スレ立ててんじゃねーよボケ。死ね。

10 :世界@名無史さん:2009/12/26(土) 20:53:56 0
フィリピンて1946年に独立する予定だったんだな

11 :嗚呼・大東亞聖戦:2009/12/26(土) 21:31:59 O

それよりも早く昭和18年5月5日、東條首相はマニラを訪問して
数万の観衆の前で独立の公約を行い、10月14日、大東亞共栄圏の一国

比律濱共和國は、ホセ・パシアノ・ラウレルを大統領として正式に独立宣言を行い、
独立戦争の勇者、アギナルド将軍によって国旗の掲揚が行われた。

国会議事堂を取り巻いた30万にも及ぶ大観衆は独立の喜びにあふれた。



12 :世界@名無史さん:2009/12/26(土) 21:48:29 0
しかし……

13 :世界@名無史さん:2009/12/26(土) 21:53:44 0
1946年に独立する予定だったフィリピンにとって
日本は侵略者にしか思えなかった

14 :世界@名無史さん:2009/12/26(土) 22:24:12 0
NHKの特集で、頭を前後左右に振りながら朦朧として目を文字通り泳がせていた
日本兵の映像が忘れられないよ。ゲリラに捕虜になった時の映像。

あの兵隊さん、生きて日本に帰れたんだろうか?
それとも処刑されてしまったんだろうか?

フィリピン侵攻については美化しようがない。
フィリピン人にとっては「大きなお世話」なんてもんじゃなかったろう。

大岡昇平『俘虜記』によると、山下大将は戦後法廷で、残虐行為について
知らないことと述べて、それがラジオ中継されて
一挙に捕虜将兵の間で人望を失ったらしい。
処刑されたことで美化されることも多い大将だけど
あれだけ死者が出ていて「残虐行為について何も知らなかった」はやはりないだろうよ。

15 :世界@名無史さん:2009/12/26(土) 22:43:18 O
捕虜が将校や士官、参謀の場合は米軍に引き渡しだろ。


16 :世界@名無史さん:2009/12/26(土) 23:12:59 0
普通は捕虜もとらずに射殺

17 :世界@名無史さん:2009/12/27(日) 00:00:36 0
おれ、フィリピーナと結婚するんだ……

18 :世界@名無史さん:2009/12/27(日) 00:47:14 O
  (⌒⌒)
     ii!i!i   ピナツボドッカーン
    ノ~~~\
,,,,,,,/´・ω・` \,,,,,,,,,,


日本人と結婚したフィリピ-ナは親日になるというけどな



19 :世界@名無史さん:2009/12/27(日) 01:05:28 O
日本とフィリピンには、ある種の共通点があるのではないか。大まかに言ってそれは、憲法と外交権と軍事権である。
日本国憲法は、アメリカ製でアメリカから押し付けられたものである。日本人が自主的になって創ったものではない。
アメリカは日本が二度と軍事的に立ち上がれないように、民族意識を骨抜きにしたものである。
そして、この憲法は、フィリピン植民地憲法に、日本の皇室を上乗せしただけの憲法であると言われている。
日本国憲法は、フィリピン憲法に非常によく似ていると言われる所以は正にここにある。
日本もフィリピンも民族意識の統一がなされていないので、外交、軍事に関しては何時もアメリカの顔色を伺っている。
これらのことは真の独立国家とは言えない。やはり日本もフィリピンも、アメリカの巧妙な支配の下に置かれているのである。


20 :世界@名無史さん:2009/12/27(日) 01:06:55 0
モロ族はなんであれほど強かったんだ

21 :世界@名無史さん:2009/12/27(日) 01:39:52 0
>>19
誰が書いたコピペか知らんが、これ書いた人フィリピンに行ったことないだろ。
実際には、日本とフィリピンほど共通点のない国も珍しいのだが。

フィリピンって、道路には常にライフルを持った兵隊が見張っていて、
新聞は本当に毎日毎日、汚職と暴動の記事ばかりしか載っていない国だよ。
日本は男が一生懸命働いて女を甘やかしてる国だが、
フィリピンでは基本、女に働かせて、男は昼間から遊んでいる。

22 :世界@名無史さん:2009/12/27(日) 02:00:07 0
なにその昭和30年代の風景

23 :世界@名無史さん:2009/12/27(日) 07:55:12 0
フィリピンhttp://academy6.2ch.net/test/read.cgi/geo/1260728944/l50

24 :世界@名無史さん:2009/12/27(日) 10:09:45 0
>>21
>道路には常にライフルを持った兵隊が見張っていて
>>22
>なにその昭和30年代の風景

そんな昭和30年代だったら、逆に見直すわw

25 :世界@名無史さん:2009/12/27(日) 10:16:41 0
最近もフィリピン知事選で、
現知事側が対立する候補者の親族等を50人以上殺害とか
一体どういう国だって思うよね

26 :世界@名無史さん:2009/12/27(日) 10:20:11 0
まるで西部劇の無法地帯だな。

27 :世界@名無史さん:2009/12/27(日) 10:48:39 0
明日から行くんだが……

28 :世界@名無史さん:2009/12/27(日) 11:01:48 0
○ 柏崎刈羽原発(日本)
・住民の反対運動等もあり、事前に詳細な調査を実施。政府や東京電力は、「活断層の上ではない」と主張。
・日立・東芝の最新技術により、7基の原子炉を建設、運転。
・2007年、東京電力の想定に反し、予想以上の大地震が直撃。
・非常装置が働いたため、原子炉自身は無傷。
・耐震設計の見直し、補強工事等を2年間行い、現在再起動中。

○ バターン原発(フィリピン)
・マルコス政権時代に、首都マニラの近くに建設。
・米国企業に多額の借金をした上、政治汚職もあり、建設費用が巨額に膨れ上がる。
 国家財政を著しく悪化させ、国民の反政府感情の象徴となる。
・建設がほぼ完了した段階で、政変によりアキノ政権が誕生。
・建設された原発は活断層の真上にあると言われ、運転開始を見送る。
 その後、現在に至るまで運転されないまま放置。
・現在、20年以上放置された原発を再び修復し、運転することを画策中。


同じく「地震国で断層の上に原発を建設!」っていっても、
これ位違うんだよ、日本とフィリピンはw

29 :辞世の歌:2009/12/27(日) 12:22:42 O
甦る皇御國の祭壇に生贄として命捧げむ

榮へゆく御國の末を疑はず心ゆたかに消ゆるわれはも

予てより捧げむ生命いまここに死所を得たりと微笑みてゆく

戰友等眠るバタンの山を眺めつつマニラの土となるもまたよ志

恥多き世とはなりたりもののふの死ぬべき時と思ひ定めぬ

  大日本帝國陸軍中将 本間 雅晴遺詠




30 :世界@名無史さん:2009/12/27(日) 14:51:47 0
陸軍の独裁政権が戦後も続いた国がフィリピン


31 :世界@名無史さん:2009/12/27(日) 14:56:22 0
>>24
昭和の時代て結構荒れてる次代だよ
三丁目の夕日のような生易しい時代じゃない

基地外が銃ぶっぱなして山手線停止させたり
右翼や左翼が暴れまくったり
デモやストライキ多発したり
戦中抑圧されていた反動だろうかと思えるぐらい

32 :世界@名無史さん:2009/12/27(日) 15:00:14 0
アメリカ植民地の下マニラは発展していた
結構経済的に裕福だった
戦争とその後の独裁政権による腐敗によって
没落した

33 :世界@名無史さん:2009/12/27(日) 18:10:14 0
フィリピンじゃ日本軍雑魚扱いされてそ

34 :世界@名無史さん:2009/12/27(日) 18:54:12 0
つうか、恨みに思ってる人はいる。
そしてそれ以上に、普通に接する人もいる。

35 :世界@名無史さん:2009/12/28(月) 09:43:35 0
小野田さんは彼の地では知られているの?

36 :世界@名無史さん:2009/12/28(月) 15:58:50 0
小野田さんもフィリピンにとっては迷惑千万どころじゃない人だったな。
何人も軍や警察の人が殺されているんだろ。

諜報機関の将校としてあの振る舞いは評価できるのか?
戦後何十年もの間、帝国陸軍はとうに解体しているのに
宙に浮いた命令に固執して。
それに感激する人もいるんだろうが、俺は無理だ。

37 :世界@名無史さん:2009/12/28(月) 16:11:33 O
小野田氏の場合は、現地の生活を続けながら、日本の繁栄や新幹線の開通まで把握していた
という情報収集能力も驚きだが、それ以上に、それだけの情報を得ていながら、
「日本の敗戦」だけは、敵国によるデマだろう、と最後まで全く疑っていなかった、というのがすごい。
まあ、「もし戦争が終っているのなら、軍から何らかの命令が下るはずだ」という判断自体は正しいんだが、
軍そのものがなくなってしまう、とまでは思わなかったんだな。

そういう点で根本的に判断を誤っていた、というのは勿論だが、
しかし本人がそう認識していた以上、
「宙に浮いた命令に固執した」というのは違う。
もし彼が「宙に浮いた」と思ったなら、彼とてもそれ以上に固執はしなかったはずだ。

38 :世界@名無史さん:2009/12/28(月) 20:33:56 0
>>35
フィリピンでも「軍人の鑑」だとそれなりに高く評価されているらしい。
フィリピン政府としては日本との外交関係を考慮して、訴追を見送ったので
悪く言うと政府批判に繋がりかねない。
と言うワケで「英雄」と言うことにした方が都合がいい。

39 :名無し募集中。。。:2009/12/28(月) 21:25:44 0
>>38
んなわけないだろw
狂った日本人だとお持ってるわ

40 :世界@名無史さん:2009/12/28(月) 21:44:08 0
小野田氏が出てきたとき、フィリピンの大統領(マルコス)が高い礼を持って迎え、
軍人の鑑と称賛した、というのは事実だが?

41 :世界@名無史さん:2009/12/28(月) 21:53:49 0
第二次大戦終了後に何十年もジャングルで戦い続けた日本人が何人もいた、
っていう話は欧米でも小ネタとしてそれなりに有名で、
何度かいろんな場所で引用されるのを聞いたことがある。
勿論、それは肯定的な文脈で語られるのが普通。
(アッホじゃねww でもすげーな、って感じ)
「現地の人々に迷惑」とか「軍国主義賛美イクナイ!」って反応は、日本人からしか聞いたことないな。

42 :世界@名無史さん:2009/12/29(火) 00:02:18 0
http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2009&d=0629&f=national_0629_018.shtml
【中国対日観】軍人精神に賞賛の声―ルバング島・小野田さん

中国でも賞賛の声の方が多いらしい。

43 :名無し募集中。。。:2009/12/29(火) 04:48:42 0
たしかに凄いんだけど柔軟性が無いよね


44 :世界@名無史さん:2009/12/29(火) 08:47:27 0
「現地の人々に迷惑」とかアホだろw
そういうこと言う人って、何を聞いても軍国主義批判に結び付けたがるタイプの人だろうね

45 :世界@名無史さん:2009/12/29(火) 08:53:58 0
小野田少尉が帰還したときに、アナウンサーで
「小野田さん、あなたは現地で人を殺したんですか?!」ってマジで聞いた奴がいたらしい。
日本人は平和ボケしてしまって、戦争ってものがどういうものか、全然わかってない。
小野田氏の落胆は察するに余りある

46 :世界@名無史さん:2009/12/29(火) 10:02:19 0
小野田氏がいたルバン島では、現地の人々からは、
「あの山には主がいるから、近づいてはいけない」と言われていたそうな。
でも戦後何十年も経って、そんなの都市伝説(山村伝説か)だろう?って思われたころに
小野田氏と小塚一等兵が現地の警察と遭遇、小塚一等兵が射殺される、という事件が起きる。
射殺された日本人の死体、という明らかな証拠があれば、これはただの都市伝説ではない。
ってことで再度、捜索熱が高まり、ついに発見された。
まあ、すごい話だな。

47 :世界@名無史さん:2009/12/29(火) 11:44:38 0
>アホだろw
現に現地人に本来なら出ないはずの戦後の戦死者が出ているじゃないか。

国家間の戦争が完全に終了したのに
諜報将校が戦い続けてる。それで現地人に死者も出ている。

俺にはやはり醜悪な悲劇にしか思えないな。

48 :世界@名無史さん:2009/12/29(火) 12:34:19 0
哀れな奴だな。

49 :世界@名無史さん:2009/12/29(火) 13:21:26 0
>>47
醜悪な悲劇っていうのは同意だが、それは「戦争」というもの自体が「醜悪な悲劇」だ、ってこと。
もちろんそんなこと言ってみたところで、世の中から戦争はなくならない。

じゃあ、小野田少尉という人自身をどう評価するか。
ある人を正しく評価するためには、その人自身の立場に立って考えなくてはならない。
小野田少尉の場合、日本の戦後の繁栄や皇太子のご成婚まで知っていながら、
戦争はまだ終わっていない、と考えていたその判断ミスは、非難されても仕方がない。
(もちろん、「もし戦争が終ったのならそのような通達が軍から来るはずだ」っていう判断は
軍組織が解体していないなら、という仮定の下では正しいから、同情の余地はある。)

しかし、一旦そう判断した以上、これはガチで戦争なわけで、
人を数人殺すことが良いとか悪いとか、そういう話は全く議論にならない。

勿論、現地の殺された警官にだって家族はいただろうし、それはそれで悲劇だろうけど、
でもそれは「日本は軍の指揮系統が一気に消滅するような負け方をした、それで色々な悲劇が起った」
っていうことなわけであって、
小野田少尉自身をどう評価するか、という時には、とりあえずそれは関係ない。

50 :世界@名無史さん:2009/12/29(火) 13:21:42 0
ほとんどフィリピンじゃなくて小野田さんのスレになってしまったなw
関連スレ貼っときます。


陸軍少尉 小野田寛郎
http://academy6.2ch.net/test/read.cgi/history/1126713027/l50


51 :世界@名無史さん:2009/12/29(火) 14:43:35 0
じゃあ本題に戻すとNHKで10年あまり前にドキュメントで
フィリピンにおける対日感情をやっていたけど、そこで女教師が
生徒に日本軍の残虐行為を教えて感想を聞いたら
「過去の事は許せないが現在の友好関係の方が大事」
と言う結論を生徒が出したので、その教師が泣き出した話があったな。
フィリピンの大多数の感情はそんなもんなんだろうか。

52 :世界@名無史さん:2009/12/29(火) 16:45:53 0
アメリカ軍が上陸する前から
軍事的にフィリピン軍に敗北していた日本軍

日本じゃイタリアがヘタレ扱いされていると同様
フィリピンじゃ日本がヘタレ扱いされている

53 :世界@名無史さん:2009/12/29(火) 19:55:15 O

【卍】 ≦予 ̄>
  G\(^■^ ラ 早逃げマックが帰って来たせいで百万人も巻添えになったん余な
   \ <!>+\
  ∠ ̄∬ゝ ∠ ̄∬ゝ ∠ ̄∬ゝ
G\(^∀^ G\(^∀^ G\(^∀^ ク じーげんおーだーしゅてるべん!

フランス・ベルギーだって連合軍が来て迷惑した住民も沢山いただろうしな



54 :世界@名無史さん:2009/12/29(火) 21:35:44 0
福留中将の海軍乙事件は恥そのものだな。

「生きて虜囚の辱め」以外の何物でもないのに
訳分からん理屈を捏ねて何らお咎めなし。

下級兵士にも同じように辻褄合わせていたのならいいけどさ。
開戦直後に搭乗機が撃墜されて米軍の捕虜になりマニラに収監されて
進撃してきた陸軍に救出された海軍飛行兵らは全員自殺同然の戦死を強要されている。

何度も何度も全員死ぬまで死地へ出撃させられたそうな。
監視役の僚機が付けられて。

55 :世界@名無史さん:2009/12/29(火) 21:49:22 0
フィリピン占領中ゴルフに耽るだけで無為に日々を過ごした黒田比島軍司令官。
(梅毒だって噂もあったらしい。フランスのガムラン参謀総長も梅毒で
独軍侵攻時にまともな判断が出来ずに無為に時間を過ごした。
部下から火急の報告を受けてもぼーっとしていたそうな。)

部下将兵による残虐行為に知らぬ存ぜぬを通した後任の山下大将。
捕虜収容所で同じく残虐行為について師団長らに口裏あわせをしていた武藤参謀長。

ろくな奴がいない・・・。
マニラ玉砕の時には自暴自棄になった兵士らが
「俺たちはどうせ死ぬんだ」と叫びながら現地人少女らを強姦した。
山中では食人もあった。従軍看護婦らは
「やらせてくれなければ食糧をやらんぞ」と脅迫されて
体を差し出したらしい。
何もかもこの時期のフィリピンの日本軍は暗過ぎる。

56 :世界@名無史さん:2009/12/29(火) 21:58:03 0
フィリピンじゃないがトラック島の司令長官も
大空襲の時に呑気に海で魚釣りしていたとか。
真珠湾の被害どころではない帝国海軍根拠地壊滅。

既に明らかに負け戦に入っていたのに
黒田にせよこの緊張感の無さって何だろうな、と思う。
或いは現実逃避?

57 :世界@名無史さん:2009/12/30(水) 02:46:38 0
アメリカ軍上陸前に
すでにフィリピン人に負けていたんだよ

58 :世界@名無史さん:2009/12/30(水) 02:49:53 0
危機におちいった時に現れる人間の本性というのは
こういうものなんだろうな
と思えてくる
勇敢な行動を取れるのは一握りだけである

59 :世界@名無史さん:2009/12/30(水) 02:58:10 0
日本人は黄色い猿。
アジアの人々を大虐殺し、ピリピンに迷惑をかけました。


60 :世界@名無史さん:2009/12/30(水) 03:08:37 0
フィリピン民間人を虐殺したが
フィリピンゲリラには一方的に虐殺されていた日本軍

61 :世界@名無史さん:2009/12/30(水) 03:31:36 0
キルレシオは日本軍の方がはるか上だろ

62 :世界@名無史さん:2009/12/30(水) 03:36:13 0
ゲリラ討伐にいっていつも返り討ちにあってたよ
ゲリラのほうははほとんど死傷者なし

63 :世界@名無史さん:2009/12/30(水) 23:49:22 0
マニラに行ってきた。
雑多な街路だったなぁ。
いっぺん更地にして新しく作りなおしたくなるわw
格差もすごいことになってると今更ながらに。
あとクリスマスなのに、気温は日本の夏。

64 :世界@名無史さん:2009/12/31(木) 00:42:29 0
>>62
マジ?もってないけどそれ記録あるの?
伝聞とかでなくきちんとした話で当時の交戦記録とか。

65 :世界@名無史さん:2009/12/31(木) 00:53:06 0
>>63
俺も今月行ったけど都市計画が完全に失敗してる印象だね。
結構古そうな建造物が多くて、いつどのようにして建てられた物なのか興味をそそる。


66 :世界@名無史さん:2009/12/31(木) 02:46:01 0
あの戦火を乗り越えた建造物があったのか

67 :世界@名無史さん:2009/12/31(木) 09:17:25 0
>>66
スペイン占領時代のもの、結構あったりするよ。
行くことはあんまりお勧めはしないけど、たしかに歴史好きには
興味をそそられるものも多いよ。
あと、高山右近とかw

68 :世界@名無史さん:2009/12/31(木) 11:10:44 0
フィリピンって旧スペイン領のわりに、メキシコとか南米と比べたら、
スペイン系白人がほとんどいないよね。
ぱっと見た感じは、白人系混血よりも先住民や華僑の割合が高そう。

アヤラ財閥のアヤラ家みたな純白人みたいなのは例外中の例外だし。

69 :世界@名無史さん:2009/12/31(木) 16:39:17 0
アメリカ領でもあったのにやはり白人少ないな

70 :世界@名無史さん:2009/12/31(木) 18:37:36 0
フィリピン厨ってのもいたのかw
泥棒と詐欺師と娼婦の国・フィリピンってなイメージしか無いな。

・・・どっかの半島とイメージかぶる。

71 :世界@名無史さん:2009/12/31(木) 18:49:46 0
フィリピン厨w
はじめて聞いた。
厨厨ってのかね、こういうのは

72 :世界@名無史さん:2009/12/31(木) 20:56:52 0
日本軍が現地人に対して行ったびんたは
かなり反発をかったらしい

73 :比島の國柱:2009/12/31(木) 21:05:17 O
大日本帝国陸軍望月中尉

に対する批難だけは絶対に許さん☆



74 :世界@名無史さん:2010/01/01(金) 00:02:47 0
批難はしないが、批判はする

75 :世界@名無史さん:2010/01/01(金) 00:07:10 0
フィリピン人って日本軍にたいしてゲリラ戦までしてるくせに
日本軍上陸以前の白人占領者には手も足もでなかったんだなw

76 :世界@名無史さん:2010/01/01(金) 00:11:22 0
アメリカはまあ善政をしいていたからな
何もなければ1947年に独立する予定だった

77 :世界@名無史さん:2010/01/01(金) 00:29:53 0
米軍基地だ軍事政権だなんだと色々あったが、似た境遇の他の国々は経済発展
してもフィリピンだけは置いてけぼりだな。

78 :世界@名無史さん:2010/01/01(金) 09:11:51 0
日本とちがい農地改革せず日本のように中央集権化できず
各地の実力者が私兵集団を養って独立国家状態で
中央政府が把握できてないのに発展できる訳ないだろ。

79 :世界@名無史さん:2010/01/01(金) 09:28:47 0
旧日本がスーパー大きなお世話をしてくれたからだなw
旧日本のあほな農耕政策がなければ、餓死者も最小限に
食い止められたかもしらん。

80 :世界@名無史さん:2010/01/01(金) 10:04:33 0
>>39
それは違うと思うぞ。
フィリピンには20数回行っているが、ここの書き込みは間違った認識も多い。
マニラのPAFには小野田さんの当時の記事や写真、感謝の手紙などが展示してある。
その他、当時の総評も開示しているから行ってみたらええねん。

81 :世界@名無史さん:2010/01/01(金) 15:15:48 0
本音と建前
国民感情と政治事情

82 :世界@名無史さん:2010/01/01(金) 15:18:16 0

中央政府に(東京)やたら対抗心や
反骨を訴える日本の地方人もモロ族の
中央に対する反抗を見習ったほうがいいんじゃねぇの

83 :世界@名無史さん:2010/01/01(金) 17:41:33 0
これからそうなるだろう。
橋下とか地方分権を求める声は次第に大きくなりつつある


84 :世界@名無史さん:2010/01/01(金) 18:32:10 0
>>82
戦後の日本も終戦直後は無法地帯で数年間は警察が中央集権化されておらず
独自に活動した。なんとヤクザと協力して治安活動したこともある
安藤組あたりがなぜ急速に伸びて、警察が再度中央集権化した過程で切られたか
考えてみると興味深い。

ちなみに終戦直後の日本のGNPはピリピン以下だった。
それがGHQの思惑もあるといえ、財閥解体、華族制度解体、農地改革断行、労働基準法の施行、
タコ部屋の消滅で大きく様変わりした。

しかしピリピンはそういうことができず腐敗する中央政府と好き勝手に地方を領国経営する地方の実力者と
いう構造になってしまった。
私兵集団を中央政府は容認しているし、まともに租税徴収が国家に払われているかどうかも怪しい。

っていうか、ピリピンの歴代大統領は大抵実力者が大統領になっているからな
まったくそういう基盤がなかったのは汚職で失脚したがエストラダぐらいじゃね?

85 :世界@名無史さん:2010/01/01(金) 18:38:45 0
>>81
きみはふぃりっぴんにいったことないだろ。

86 :世界@名無史さん:2010/01/01(金) 21:54:45 0
>>51
日韓中みたいなネトウヨが出てくるのは、ある程度金と暇がある苦労知らずの
中流層が背景に必要なんではないかな。フィリピンじゃ日々を暮らすのに精一杯で
歴史がどうのなんて言ってらんないんだろう。

>>68
http://blog.goo.ne.jp/debuo2006/e/d720435228347304e73a0b8450834457
南に行くほどスペイン系のメスティーソが多いのだとか

87 :世界@名無史さん:2010/01/02(土) 08:21:53 P
>>69
どっちかというと、移住先というよりは、労働者の供給地だったから出超なんだろう。
アングロ系は、経営に関して、最終的な決定権は手放さないけれど、結構、現地の中ボスに
権限もたせて儲かっている限りはあまり口出さないというやりかたをするから、プランテーション
やなんかでも、整地と作付と最初の収穫が済んで軌道に乗った時期あたりから不在地主化して
しまうだろうし。


88 :世界@名無史さん:2010/01/14(木) 18:06:24 0
不在地主はローマの伝統

89 :世界@名無史さん:2010/01/14(木) 20:06:48 0
中国は日本軍を追い出したが
それは大きな犠牲があってのことだった
だがフィリピンゲリラは完全に戦闘で日本軍を圧倒し
戦うたびに日本軍を殲滅していた

反日度合いはその差だと思う

90 :世界@名無史さん:2010/01/16(土) 19:24:43 0
>>89
そうだね。アメリカや中国、韓国のプロパガンダは強力だから。

91 :世界@名無史さん:2010/01/16(土) 19:36:12 0
日本軍兵士とフィリピン人がアメリカ軍の戦車の前で記念撮影

http://www.ww2incolor.com/japan/getimage23.html

日本軍兵士にアイスクリームを手渡すフィリピン人

http://www.ww2incolor.com/japan/icecream.html

日本軍兵士とイギリス軍捕虜が記念撮影

http://www.ww2incolor.com/japan/d+Malaya+_46_.html


92 :世界@名無史さん:2010/01/16(土) 19:50:11 0
プロパガンタも何も
日本軍はフィリピンゲリラに歯が立たなかったのは事実だし

93 :世界@名無史さん:2010/01/17(日) 20:21:33 0
歯が立たない?

94 :世界@名無史さん:2010/01/18(月) 01:53:29 0
また朝鮮人か>>92国に帰れよ。

95 :世界@名無史さん:2010/01/18(月) 08:12:19 0
>>94
なんでそこで朝鮮人だ?
ふつうに考えたらフィリピン人だろ。
おまえの頭の構造がよくわからんわw

96 :世界@名無史さん:2010/01/18(月) 19:02:09 0
日本を悪く言う奴は朝鮮人に決まってる!ってことでしょ

97 :世界@名無史さん:2010/01/18(月) 22:14:35 0
ショートサーキット

98 :世界@名無史さん:2010/01/19(火) 07:08:52 0
エアコン?

99 :世界@名無史さん:2010/01/25(月) 01:13:30 0
>>95
普通に、日本語で煽りを書き込むフィリピン人は殆どいないのに対して
韓国人は腐るほどいるし、実際にいつも煽りばかり書いてるからじゃね?
何か問題でもあるのか

100 :世界@名無史さん:2010/01/25(月) 01:24:31 0
ふつうに考えたらフィリピン人がこんなところに日本語で書きこまんよな

101 :世界@名無史さん:2010/01/25(月) 08:08:12 0
だがここはフィリピンスレだ。
ふつうに考えたら単なる日本人に落ち着くだろ。
韓国人がちょくで出てくるあたり、思考の歪みを感じるなw

102 :世界@名無史さん:2010/01/25(月) 09:23:44 0
俺は別に>>94ではないが、
実際にそういうこと言いだす在日朝鮮人が結構いるから「お前朝鮮人だろ」って言われるわけで。
>>94が朝鮮人嫌いなのはよくわかるが、別に言ってること自体はそれほどおかしくはないだろ。

むしろ>>101「ここはフィリピンスレ」だから「単なる日本人に落ち着く」ていうのは、
そっちの方が論理的じゃないな。
何でフィリピンスレだと「日本人に落ち着く」んだよ。論理性が全くない。

103 :世界@名無史さん:2010/01/25(月) 09:41:48 0
まあ結論としては、>>94みたいにすぐ朝鮮人言いだす奴もどうかと思うが、
それに対して「普通に考えたらフィリピン人だろ」「思考が歪んでる」とかいう言い方も違うだろ、
ってことだな。

しかしそれ以上に問題なのは、>>92みたいに、何かというとすぐ脈絡もなく日本人の悪口を言いたがる人種
(それが朝鮮人なのか日本人なのかはわからない。恐らく両方いる)が、今の日本には何故か沢山いる、という事実。

104 :世界@名無史さん:2010/01/25(月) 12:16:01 0
>>92って日本人に対する悪口なのか?

105 :世界@名無史さん:2010/01/25(月) 13:58:17 0
実際フィリピンゲリラは強かったらしいな。
日本軍が歯が立たないとは言いすぎだが。

日本軍による討伐も残酷だった。
大岡昇平が『俘虜記』で言ってたと思うが
作戦では現地で道案内させた一般のフィリピン人ですら必ず殺害していたと。
それを「戦時だから情報漏れを防ぐ為に仕方ない」と正当化するなら
大東亜諸民族の解放だのと言う資格もないな。



106 :世界@名無史さん:2010/01/25(月) 14:41:02 0
>>105
ほう、日本も結構残虐なことやってたんだな。
戦争中とはいえ、ひどいもんだ。


107 :世界@名無史さん:2010/01/25(月) 18:28:17 0
>>102
>>「ここはフィリピンスレ」だから「単なる日本人に落ち着く」ていうのは、
そっちの方が論理的じゃないな。
何でフィリピンスレだと「日本人に落ち着く」んだよ。論理性が全くない。

書かれているのが日本語だからだよ。
最初は、日本語のできる比人というのも考えたが、
>>日本語で煽りを書き込む韓国人は腐るほどいる
というので、ならもっとも多いのは普通の日本人ではないのか?
なぜ韓国人でないといけないのか、そこが理解できん。

フィリピン関連スレで日本語で書かれて、そこに韓国人が登場するほうが
よっぽど不自然だろ。
可能性の順序として、韓国人がないわけではないが、最初にでてきたことに
面を食らった。否定するとなにか問題でもあるのか?

>>103
言い方が悪かったのは謝る。
売り言葉に買い言葉ってやつだと思って大目に見て欲しい。
人種でどうこうは思っていないから。

108 :世界@名無史さん:2010/01/27(水) 01:30:41 0
潜水艦で兵器を得ていたという

109 :世界@名無史さん:2010/01/27(水) 18:15:33 0
アメリカ軍上陸前のフィリピンゲリラは
武装も完全に日本軍を上回っていたという
何でかって言うとアメリカ軍が武器を渡していたから

110 :世界@名無史さん:2010/01/28(木) 15:26:34 0
>>99
>>韓国人は腐るほどいるし、実際にいつも煽りばかり書いてるからじゃね?

>>102
>>実際にそういうこと言いだす在日朝鮮人が結構いるから「お前朝鮮人だろ」って言われるわけで。

なんか、なんの疑問も無く思い込ん出るけど、
朝鮮人がいつも煽りの書き込みしてるっていうソースはあんの?

111 :世界@名無史さん:2010/02/02(火) 10:27:44 0
>>110
子供 チョン ゆとり 厨
これらはただの悪口だから、意味なんか求めても無駄。

112 :世界@名無史さん:2010/02/04(木) 11:38:01 0
>>105
白人に対する解放戦争なんだから当たり前の話だろ。
現地人のゴミの100人や1000人しんだところで世界の運命に大差はない。

113 :世界@名無史さん:2010/02/04(木) 12:31:58 0
>>112のようなゴミが1人しんだところで世界の運命に大差はない。

114 :世界@名無史さん:2010/02/04(木) 12:50:15 0
まあ作戦の案内人を解放すれば、情報漏れるのは当然だからな
その案内人に悪意があろうとなかろうと、その日の晩に家族に話すだろうしな


115 :世界@名無史さん:2010/02/04(木) 14:45:06 0
そんな戦争する連中が「フィリピン人を解放する」
なんていう資格はねえだろ。

116 :世界@名無史さん:2010/02/04(木) 15:16:32 0
この世の苦しみから解放してやったんだよ。

117 :世界@名無史さん:2010/02/04(木) 19:11:03 0
>>115
元々土人にすぎない人モドキを人間にしてやろうというのだ。
大義の前の小事などどうでもよい。
カス民族の1人や2人しんだところで誰が困るのかw

118 :世界@名無史さん:2010/02/04(木) 19:15:43 0
考え方を変えてみよう。
道案内をすることがこの世に生まれてきた使命だったんだよ。
用がすんだら始末するただそれだけの話しだよ。
日本軍は遊びで戦争しているんじゃないんだよ。
大東亜共栄圏をつくり、白人諸国家からアジア全体を解放する
聖戦を戦っているんだ。
そのためには機密保持の為に死んでもらわないといけないことも
当然ある。
誰が悪い訳でもない。牛や豚を食うのにためらいなんか無いだろう?
くったパンの枚数なんか憶えてないだろう。
それだけの話だよ。

119 :世界@名無史さん:2010/02/04(木) 19:19:08 0
確かに>>117のようなカスが1人や2人しんだところで誰も困らないな

120 :世界@名無史さん:2010/02/04(木) 21:50:48 0
>>119
朝鮮人乙

121 :世界@名無史さん:2010/02/04(木) 22:02:40 0
案内人殺害というのは残虐でもなんでもない。
当たり前の話だろう。
おまえらは解放戦争の大義をなんだと思っている。
1人1人が皇民として五族協和八紘一宇の理想を揚げて
戦う。人種間戦争とはそういうものだ!

122 :世界@名無史さん:2010/02/04(木) 23:35:24 0
>>120
あれれ、傷ついちゃった?ごめんね〜^^

123 :世界@名無史さん:2010/02/05(金) 03:49:57 0
フィリピン猿の10万匹や100万匹、くたばった所でどうでもいいよ。
世界にはもっと重要な事がいくらでもあるからな。
何時になったら高速道路が完全無料化されるのかとかな。

124 :世界@名無史さん:2010/02/05(金) 04:56:47 0
あの猿どもは所詮、スペイン人の性交用奴隷の子孫だろ。
はっきりいってどうでもいい。

125 :世界@名無史さん:2010/02/05(金) 18:23:08 0
フィリピン人って、黒いし臭いし気持ち悪いし、なんか撃ち殺したくなった日本兵の気持ちも分かる。

126 :世界@名無史さん:2010/02/06(土) 14:10:38 0
久々に見たら全く糞スレ化してるね。

127 :世界@名無史さん:2010/02/06(土) 23:36:54 0
フィリピン自体が糞だからな。
フィリピンのスレが糞化するのも当然だろ。

128 :世界@名無史さん:2010/02/07(日) 00:01:00 0
案内していた人間=日本人
案内人を殺した軍=どっかの外国軍
でも「案内人を殺したのは機密保持のために当然」
なんていえるか?

129 :世界@名無史さん:2010/02/07(日) 00:08:30 0
あんまりフィリピン人をサルとかいうなよ
その猿に負けた日本兵が惨めに見えてくるだろ

130 :世界@名無史さん:2010/02/07(日) 00:11:08 0
アメ公には負けたが、南国の猿に負けた覚えはない。

131 :世界@名無史さん:2010/02/07(日) 00:13:15 0
実質フィリピンゲリラに負けてましたが?
フィリピンをほとんどまともに統治できてませんでしたが
マッカーサーが去ってからも
フィリピンの大部分はゲリラの勢力下でしたが?

132 :世界@名無史さん:2010/02/07(日) 00:14:13 0
>>128
言うわけねーだろタコ。
とんでもなく非人道的な犯罪行為だわ。

フィリピンモンキーの駆除と一緒にすんな。

133 :世界@名無史さん:2010/02/07(日) 00:16:20 0
外国軍がやったら非人道的だが
日本軍がやったら許されるのかよ

134 :世界@名無史さん:2010/02/07(日) 00:16:41 0
>>131
ベトナムやアフガンと同じだろ。
民衆の陰にかくれてコソコソ撃ってるだけ。
そんな戦い方してるから案内人を殺されるんだよ。

ま、ベトナムやアフガンはそれでも自力で侵略者を追い払ったが、
フィリピンの場合は単にアメ公の尻馬に乗っただけ。
そんなんで勝利面された所で臍で茶が湧くわ。

135 :世界@名無史さん:2010/02/07(日) 00:19:16 0
ベトナムやアフガンはそれこそ
前者は中国、ソ連。後者はアメリカが後ろ盾だったろ
フィリピンも米軍が潜水艦で武器送ってたらしいが
マッカーサーがこなくても日本軍はフィリピン撤退してたんじゃないか
てぐらい激しいゲリラ活動してたぞ

136 :世界@名無史さん:2010/02/07(日) 00:19:31 0
>>133
あ?
道案内してくれた人間を殺すなんて非人道的な犯罪行為に決まってるだろ?
お前そんな事の分からないの?ヒトとしてヤバくね?倫理観を疑うんだけど。

くっさい色黒モンキーの駆除と一緒にすんなよ。

137 :世界@名無史さん:2010/02/07(日) 00:20:59 0
サルがサルをサルと呼ぶ姿は
滑稽以外の何者でもない

138 :世界@名無史さん:2010/02/07(日) 00:24:08 0
>>道案内してくれた人間を殺すなんて非人道的な犯罪行為に決まってるだろ
それを日本軍はフィリピンでやらかしたわけだが

139 :世界@名無史さん:2010/02/07(日) 00:24:45 0
>>135
何を基本的な事を。
なんの後ろ盾も無い戦争の方が珍しいわ。
後ろ盾や援助があろうが、戦ってる主体がベトナムゲリラで有った以上、ベトナムの勝利だろうが。
中国軍やソ連軍が大軍をもってアメリカ軍と対峙したかあ?

フィリピンはアメリカ軍がバカスカ爆撃して侵攻して日本軍を破ったんだよ。
戦闘の主体は完全にアメリカ。誰がどう見てもアメリカ。
フィリピン猿なんて民衆とアメ公の陰でちょこちょこ動いてただけ。
1941年からのフィリピンの戦いはアメリカと日本軍との戦争というのが常識だ。

米軍がこなくても撤退してた?
んなわけねえだろボケ。
ギャグにもならねえIFを持ち出して悦に入ってんじぇねえ。

140 :世界@名無史さん:2010/02/07(日) 00:34:23 0
>>フィリピンはアメリカ軍がバカスカ爆撃
それをやったのは1944年からだな
それ以前は?
42年にマッカーサーがI shall returnとか言って去った後も
フクバラやユサッフェなどが健在で
日本軍は連中を鎮圧できず討伐を試みては損害を出すばかりだったが
結局フィリピンのほんの少ししか制圧できなかったわけだが?
実質的にフィリピンに負けていたが?

141 :世界@名無史さん:2010/02/07(日) 00:36:04 0
フィリピンに行った日本軍は
中国駐屯の日本軍さえも比較にならないほど
ぐだぐだである


142 :世界@名無史さん:2010/02/07(日) 00:42:13 0
>>140
お前が言ってる事は抽象論ばかりだな。
フィリピンのほんの少し?
ルソンもミンダナオもサマールもセブも、主要な島は全て占領して
マニラもケソンもダバオもカガヤも、主要都市は全部支配下に置いて「ほんの少し」ってんなら
ほんの少しで結講だわw
何の戦略的価値も無いジャングルの奥まで枯葉剤撒いてナパームで焼き払って
逃げ隠れしてるゲリラを軒並み殺すなんて物量作戦は米軍くらいしか不可能だし、
アメリカだって失敗してるしな。

大都市から追い出されてジャングルでちょこちょこゲリラ戦して
それで「勝ってた」とほざけるんなら安いものだなw

ベトナムやアフガンでは、それでも最期に自力で侵略者を追い出したが、
フィリピンじゃ他国の軍(アメリカ)に駆逐してもらっただけ。
そんなんで実質的な勝利ですかあ。ぽじてぃぶしんきんぐですなあ(笑)

143 :世界@名無史さん:2010/02/07(日) 00:52:26 0
ほんの少しだよ
日本軍の占領の報告書見ても
日本軍の征圧下を示す青色で塗られた土地は少しだけ
あとは全部ゲリラの勢力地を示す真っ赤に塗られている

ああ、確かにダバオやマニラといった主要都市は日本軍が抑えてたな
だから?仏印戦争のころのフランス軍も主要都市部は抑えていたが
最終的に撤退に追い込まれた。
たとえマッカーサーがこなくても、1944年よりは開放は遅れたかもしれないし。
もしかしたらベトナムのように何十年もかかったも知れないが
フィリピン人は自力で日本軍を撤退させただろうよ

144 :世界@名無史さん:2010/02/07(日) 00:56:15 0
フィリピンの日本軍て
中国の日本軍やベトナムのころのアメリカ軍と同様に
都市部と通路という点と線は抑えたが
面は占領できなかったという感覚でいいの?

145 :世界@名無史さん:2010/02/07(日) 00:58:09 0
そもそもスペインだって
南部のイスラム勢力は征圧できなかったし
フィリピン人を押さえ込んだアメリカもモロ族には
苦戦して完全に占領できなかった

イスラム教徒のモロ族っていうのは別格なんだよ
日本軍も苦戦して当然

146 :世界@名無史さん:2010/02/07(日) 01:02:06 0
>>143
分かってねえなあオメエ・・・。
占領っていうのは戦略的価値のある重要な「点」を支配する事なんだよ。
そしてその点と点を線で繋ぐ事だ。
フランスだってイギリスだって当時の列強はみんなそうやって支配してた。
み〜〜〜んなそうやって何百年も植民地統治してたんだよ。
フィリピンの土地を「面」で支配するなんてことになったら、日本軍全兵力を持ってしても不可能だわw
何千万人兵力が必要になるんだあ?
しかも植民地でもない占領地だ。

主要都市(しかも首都)や港湾を抑えられてる時点で支配下なんだよ。
実質勝ってたってのは、自分たちの都市を奪い返して侵略者をジャングルにまで追い立てる事を指すんだよ。
んで?
アメリカの本格的な侵攻の時の状況はどうだ?
主要都市を支配してたのは依然として日本軍で、お前さんの言うお強いお強いフィリピンゲリラは
都市を奪還できずにジャングルでピーピー泣いてたじゃねえかw
不甲斐ないゲリラが都市を奪還できなかったせいで、アメ公の爆撃で何十万ものフィリピン猿が
巻き添え食って死んだってな。

147 :世界@名無史さん:2010/02/07(日) 03:17:00 0
>>146
ゲリラってどういうものかわかってる?
点と線の支配を、面の支配で無効にするんだよ。
犠牲が出るのは当たり前、自分の縄張りに引き込んでる時点で捨て身なわけだから。


148 :世界@名無史さん:2010/02/07(日) 10:30:47 0
点と線すら奪還できなかったフィリピンが面で支配するなんて夢物語なわけだが。
山やジャングルを支配して「面の支配だ。フィリピンの殆どは俺達が支配してるんだウヒョー」とか
粋がったって何の意味もねーんだが。

149 :世界@名無史さん:2010/02/08(月) 05:28:00 0
モロ族ってなんでそんなにつよかったの
火器で武装でもしてたの

150 :世界@名無史さん:2010/03/22(月) 21:00:48 0
関西学院大学の人は、ミッション系ということもあってか国際協力や国際援助が大好きだけども、
一方で、ご自分はのうのうと高級家具に囲まれ ブランド物を重装備し 高級車を乗り回したりするような人もおり
まるでアグネス・チャン と有名ですね。




◆参考◆ アグネス・チャン

高級家具に囲まれながら貧しい国の子供達について語るアグネス・チャンの写真
http://gazou61.hp.infoseek.co.jp/agunesu.jpg
http://ime.nu/dl5.getuploader.com/g/4%7Cwwolfvct/16/agunesu.JPG
http://2ch-ita.net/upfiles/file2004.jpg

高級家具に囲まれながらソマリア(実はソマリーランド)について語るアグネス・チャンの動画
http://www.youtube.com/watch?v=GEL9Ozg2u48&fmt=37

151 :世界@名無史さん:2010/04/23(金) 20:59:16 0
>>149
拳銃弾ぐらいではモロ族戦士の突進を止められない
強靭な肉体と狂信と麻薬が強さの理由
槍や蛮刀を持っているだけでも怖い連中に米軍が銃器を渡したから
文字通り鬼に金棒


152 :世界@名無史さん:2010/06/11(金) 02:52:58 0
義和団の乱じゃああるまいし、実際に有効な戦法なんかそれ?
そういうやり方は列強の軍隊には全く通用しなかったんだが。

153 :世界@名無史さん:2010/06/11(金) 02:54:50 0
米軍が武器渡した?

スペイン時代でも、その後のピリピン侵略でもモロってかなり手を焼いているだろ。
米軍が武器渡すっていつの話? スペイン時代の後方確認とか?

154 :世界@名無史さん:2010/06/12(土) 01:20:06 0
名曲紹介「比島決戦の歌」
                 / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                 | ♪決戦輝く亜細亜の曙
                  \     
/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄      ̄|/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
| ♪命惜しまぬ若桜
\__  ______
     ∨               |  ,
                /■\∩⊂⊃
           ⊂´⊃ ( ´D` ) / , .|   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
             | !⌒!!⌒!つ ,-=-   | ♪いま咲き競うフィリッピン
        〔〕    ||,─、(⌒)─、 | |   \_  ________
   /■\|||o   ( ○ )( ○ )||.|      |/
   ( ´∀`|||   / `ー ´ `ー- /へ
   (  つ/|||ゝ               ∩/■\
    > / へ゜>       ._    .    (´∀` )
    し´し´         非      ┌┴--っ )
         /■\   .//       | [|≡(===◇
        ( ´∀`)ハ_/Cハ /■\ `(_)~丿
        ⊂    .) 呂~/ .(´∀` )    ∪
          .)  .(__.)  θ、⊂ )   _/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
         (_/\_.)   ⊂二(\/    \ ♪いざ来いニミッツ マッカーサー
     .                し \|/   \__________
                      ./|
            ∧
       / ̄ ̄   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
       | ♪出て来りゃ地獄へ逆落とし
       \___________





155 :世界@名無史さん:2010/07/23(金) 14:14:05 0
367 :異邦人さん:2010/03/23(火) 23:46:45 ID:9P5RZJfh
 20人ほどから成る牧野さんの部隊は、終戦の1年前の1944年、戦艦大和に乗船し他の1500人部隊
とともにフィリピンのミンダナオ(Mindanao)島に上陸。牧野さんの部隊は、敵機の偵察が任務だった。
 しかし、牧野さんらがミンダナオ島西部のザンボアンガ(Zamboanga)の日本軍基地に到着した後
軍本部からの連絡が途絶え、軍需物資はおろか医療品も不足。状況は日ごとに悪化の一途をたどった。
 困窮する状況の中で、牧野さんの部隊を苦しめたのは、イスラム系の少数民族モロ(Moros)族の
ゲリラ攻撃だった。モロ族について、牧野さんらは、槍で敵を襲撃する残忍な部族だと聞かされていた。
また、モロ族に襲われた人々を救い出したこともあったという。
 牧野さんの部隊が捕らえた捕虜のほとんどもモロ族だった。
「そりゃ捕まえておかんといかんですけれど、そこで処分したってかまわないんですよ。
もうそこで処分しちゃうんですよ」
 その場で斬首された捕虜もいたが、多くは人体実験用に軍医に引き渡されたという。軍医は衛生兵らに
手術の方法を教える素材として捕虜を使用した。
 衛生兵らが麻酔注射や酸素ガスを施すと、数秒で捕虜は気を失ったという。その後、軍医は意識の
ない捕虜の身体にメスを入れ、牧野さんら衛生兵の目の前で解剖を始めた。
 人体実験後の数日間は、牧野さんは食物を口にすることができなかったが、じきに慣れてしまったという。
「やけくそ半分ですわ、はっきりいうたら。私がそうやったですわ。やけくそですわ。なるたけならしたくない
ですよそんなことは。だけど、やれっていわれたら、軍人は命令には絶対に従わなくちゃならないということ
があるわけですよ。やらな今度はこっちがやられるわ」 
 牧野さんの告白は、中国東北部で旧日本陸軍の石井四郎(Shiro Ishii)軍医中将軍が細菌を用いた
人体実験を行った「731部隊」を彷彿とさせる。

156 :世界@名無史さん:2010/07/23(金) 20:33:26 O
>>70
というかただの反日バカだろ。
てめえも日本人の癖してジャップだの猿だの言ってるバカだよ。
フィリピン贔屓とかじゃなくて日本をバカに出来たらそれでよしというスタンス。
このスレで連投してるバカ、以前軍板でも見かけたぜ。
その前は全く関係ないフィリピンの話題スレに湧いてたな。

157 :世界@名無史さん:2010/07/24(土) 07:44:02 0
以前、コピペで見たのだが、太平洋戦争初期、南方(フィリピン?)を占領した日本軍は、
女子大?の寄宿舎を襲って、みんな高級将校の慰安婦というか情婦にしてしまったとか。

当時、内地からきた記者?(戦後、新聞社やTV局の経営者になった、わりと有名な人?)が
高級将校との会話でそんな話を聞かされて呆れたとかそんな話が書いてあった。

158 :世界@名無史さん:2010/07/24(土) 10:18:52 O
コピペかよ

159 :世界@名無史さん:2010/07/24(土) 11:33:04 0
コピペばかりしている酷使様のダブスタはじまったw

46 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)