2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【悲劇の清朝王女】川島芳子4【男装の麗人】

1 :世界@名無史さん:2010/01/07(木) 16:13:31 0
男装の麗人川島芳子嬢こと清朝王女愛新覚羅顕シ(シは王へんに子)様について語りましょう。



2 :世界@名無史さん:2010/01/07(木) 16:15:01 0
去年はいろいろあったけど、2010年もはりきっていきましょう

3 :世界@名無史さん:2010/01/08(金) 05:51:31 0

スレ立てもありがとう! (*^o^*)


4 :世界@名無史さん:2010/01/08(金) 05:55:33 0
2009年12月30日 13時47分
「諜報活動家・川島芳子」の処刑証言など資料保存=身代わり説はデマ―台湾法務部

http://www.excite.co.jp/News/china/20091230/Recordchina_20091230015.html




5 :世界@名無史さん:2010/01/08(金) 18:48:02 0
山口敏太郎の怪奇探偵

男装の麗人川島芳子生存説 その信憑性とは

http://www.tanteifile.com/onryo/kaiki/2009/12/04_01/index.html

6 :世界@名無史さん:2010/01/08(金) 19:02:30 0
過去スレ
【悲劇の清朝王女】川島芳子3【男装の麗人】
http://academy6.2ch.net/test/read.cgi/whis/1252927586/

前スレのage厨連投荒らしの恥ずかしい発言1

895 名前:世界@名無史さん[] 投稿日:2009/12/28(月) 19:07:07 0
このスレは30日が終わるまでに落とします。
もしも次をたてたとしたら、
次のスレからは4月13日以前の姿に戻してください。

詐欺団は私が一緒に連れていきます。

野崎もちゃんとついてこいよ。

896 名前:世界@名無史さん[] 投稿日:2009/12/28(月) 19:08:46 0
それと、次のスレからはもうお前のことにも触れることは
ないと思うから、茶々は入れないでやってくれ。

897 名前:世界@名無史さん[] 投稿日:2009/12/28(月) 19:12:03 0
 
それではお嬢さん またいつか 月下の淡い光の下で お会いしましょう

7 :世界@名無史さん:2010/01/08(金) 19:04:56 0
前スレage厨連投荒らしの恥ずかしい発言2

955 名前:世界@名無史さん[] 投稿日:2009/12/30(水) 08:26:42 0
野崎か 俺はこのスレを今年中に落とす必要があると思ってるからやってんだよ。

おまえらが考えてないことをいろいろ考えてるのさ。

997 名前:世界@名無史さん[] 投稿日:2009/12/30(水) 13:35:11 0
今だから教えてやる。俺はこの日に備えてプロバイダーがバラバラの
投稿場所を複数確保してんだ。規制かけようが何しようが止められねえよ。

998 名前:世界@名無史さん[] 投稿日:2009/12/30(水) 13:37:44 0
一部に誤解があるかもしれないが、それはやむおえん。

おまえらみたいな悪党を閻魔様に引き渡すのが俺の仕事さ。
これからじっくりと地獄の釜で茹でてもらうんだな。

1000 名前:世界@名無史さん[] 投稿日:2009/12/30(水) 13:39:57 0

おまえにみせてやるよ この世でたったひとつの真実ってやつをな


8 :世界@名無史さん:2010/01/08(金) 20:10:07 0
もうやめようよそういうの
せっかくおかしな人たちどっかいっちゃったのにさぁ
あんたのほうがよっぽどアラシだよ

芳子サマのこと マターリ語りたいよぉ

9 :世界@名無史さん:2010/01/08(金) 20:25:01 0
・・・とage厨が申しております
連投荒らしにダンマリしていたので説得力なし
つーか同一人物の疑い濃厚

10 :世界@名無史さん:2010/01/08(金) 20:28:58 0
>おかしな人たち

複数形で誤魔化すな
アニオタ=age厨=罵詈雑言厨=連投荒らし=コペピ荒らし

11 :世界@名無史さん:2010/01/08(金) 21:05:01 0
>>8
同感 野崎とかもうどーでもいい。
マジうざい。関係ねえ。出てけ。

12 :世界@名無史さん:2010/01/08(金) 21:11:29 0
実に分かりやすい

13 :一生追求宣言:2010/01/08(金) 21:22:46 0
私も最近某所で5月10日に放送された「ドキュメンタリ宣言・追跡sp」
をようやく見ることができました。
10分くらいのコーナーですが、内容は、そこにも書いてあるように
雛という人の祖父が川島芳子の手によって731部隊から救い出され、
以後交流がはじまり、後に芳子から薬の処方箋(漢方薬で全部中国語!)
をもらい、それを専門家に分析してもらったら、コレラや炭疽菌の
特効薬の処方箋だとわかった、というもの。

ああ・・書いててバカバカしくなる。漢方でコレラや炭疽菌に効く薬
があるなんてはじめて聞いたぜ。もしそれが本当ならテロに悩む
アメリカ政府に提供しちゃあどうだい?ま、ご丁重にお断りされるのが
オチだろうけどさ。
中国語で書いてあったのは、化学式で書いてあるとウソが一発でわかるから
だろうし、「処方箋はカメラで写さないでくれ」ってのも、その筋の専門家が
見たら、デタラメだってわかるからだろ?
この件にかかわってる奴ら、もう奴らっていうけどさ、ホントどいつも
こいつもレベルが低くてお話にもならないよ。制作会社は暴走しっぱなし
だし、テレ朝にもそれを見抜ける頭がある奴がいない。
遺物の「鑑定」も一般人に堂々と間違いを指摘されるレベル。
野崎に至っては、学者として終わったといってもいいと思う。
モノ事の真偽を見とおす目が全くない。国立大学の研究者らしいが、
税金の無駄使いもいいとこだよ。
自分は最初に張トの話を聞いたときに、一発でウソいってるとわかった
もの。現代中国史を全く無視だからね。唯一ブツの出所が気になった
だけ。それももう、敗戦時の日本人の遺棄物でほぼ確定だし、
中国人からも全く同じ意見が出てる。
どこをどう叩いたら野崎はこういうヨタ話が信じられるんだろうね。
知的レベルを疑うよ。まあ、一生この件については追及してやっから
楽しみにしてんだね。


14 :恥ずかしい発言集:2010/01/08(金) 21:44:56 0
193 名前:世界@名無史さん[] 投稿日:2009/10/12(月) 23:33:17 0
野崎晃市と後藤はなは歴史捏造を認めて謝罪せよ!
テレビ朝日は歴史捏造番組を放送したことを認めて、訂正放送をしろ!

↑これ以降、キチガイじみてくる

197 名前:世界@名無史さん[] 投稿日:2009/10/13(火) 18:51:53 0

野崎は李剛詐欺団のゲッベルス
積極的に捏造に参加していた
ニセ有栖川宮と同じ
逮捕されてもおかしくはない


15 :世界@名無史さん:2010/01/09(土) 01:21:29 0
おいおい、新スレが立った途端にこれかよ。
世界史板をずっと監視していたんかw


16 :世界@名無史さん:2010/01/09(土) 01:34:27 0
>>1
乙!


前スレ
http://academy6.2ch.net/test/read.cgi/whis/1252927586/l50
http://academy6.2ch.net/test/read.cgi/whis/1149180192/l50x
http://academy3.2ch.net/test/read.cgi/whis/1042167850


17 :恥ずかしい発言集:2010/01/09(土) 06:31:22 0
205 名前:世界@名無史さん[] 投稿日:2009/10/14(水) 14:18:59 0
詐欺団のスポークスマンとしてご活躍の野崎センセイ
テレビを使って詐欺団の捏造歴史を日本に広めた後藤女史

詐欺団の共犯者たるこの2人の責任は重い。
徹底的に追求しなくてはならない

18 :世界@名無史さん:2010/01/09(土) 08:19:24 0
よくみといたほうがいいよ。
この怨念が全部くるんだよ。
耐えられる?

19 :世界@名無史さん:2010/01/09(土) 09:37:41 0
新年おめでとう。
芳子さんの新しいネタない?

生存説否定派、肯定派、生存説とは無関係な話、なんでもいいんだ。
ちゃんと議論になれば。
ただし荒らしは勘弁な。


20 :世界@名無史さん:2010/01/09(土) 09:43:42 0
>>4
が紹介している台湾刑務所行政100年資料ってもう出版されているの?
台湾の本を買うにはどうしたらいいでしょうか。
原資料は台湾の国史館に行けば見られるってこと?
詳しい方、教えてください。

21 :世界@名無史さん:2010/01/09(土) 10:03:03 0
華南トラ事件遂に集結
http://www.recordchina.co.jp/group.php?groupid=27158
写真捏造の張本人「再び目撃」と証言
http://www.recordchina.co.jp/group.php?groupid=38681
党中央宣伝部お墨付きの写真大賞で盗作疑惑、本人は「一緒に撮りに行っただけ」と否定―中国
http://news.livedoor.com/article/detail/4540252/


22 :世界@名無史さん:2010/01/09(土) 10:27:45 0
華南トラ 免職の元局長に給与支給・捏造の張本人は豪華洋館
http://www.recordchina.co.jp/group.php?groupid=38408
拾ってきたヤマネコがユキヒョウ?第二の華南トラ事件か
http://www.recordchina.co.jp/group.php?groupid=26057


23 :世界@名無史さん:2010/01/09(土) 10:50:08 0
>>20
公開してる出版物かどうか知らない。
日本の大手書店に入手可能かどうか聞くか台湾のメディアか
本屋にでも直接聞くか 自分で努力してみろよ。

その程度できないようじゃ入手したって読めないんじゃないか。

24 :世界@名無史さん:2010/01/09(土) 11:43:58 0
18 名前:世界@名無史さん[] 投稿日:2010/01/09(土) 08:19:24 0
よくみといたほうがいいよ。
この怨念が全部くるんだよ。
耐えられる?

↑怨念=ルサンチマン爆発(笑)

25 :世界@名無史さん:2010/01/09(土) 11:47:28 0
>ちゃんと議論になれば。
>ただし荒らしは勘弁な。

お前が言うなキチガイw


26 :世界@名無史さん:2010/01/09(土) 12:08:29 0
また荒れてる。いい加減にしろよ。

ちゃんと芳子さんの話ができないやつは来るな!

27 :恥ずかしい発言集:2010/01/09(土) 12:14:11 0
>>26
↓の目標向かって邁進ですねage厨さんw

895 名前:世界@名無史さん[] 投稿日:2009/12/28(月) 19:07:07 0
このスレは30日が終わるまでに落とします。
もしも次をたてたとしたら、
次のスレからは4月13日以前の姿に戻してください。

詐欺団は私が一緒に連れていきます。

野崎もちゃんとついてこいよ。

896 名前:世界@名無史さん[] 投稿日:2009/12/28(月) 19:08:46 0
それと、次のスレからはもうお前のことにも触れることは
ないと思うから、茶々は入れないでやってくれ。



28 :世界@名無史さん:2010/01/09(土) 12:27:11 0
>>26
お前が
アニオタ=age厨=野崎粘着厨=連投荒らし=コペピ荒らし
=自問自答成りすまし=複数パソで複数人成りすまして話題そらし厨
=一人でスレの推定9割程度を消費した私物化厨

でないとするならば、まずは前スレのキチガイを満腔の怒りをもって非難しな。
そうしたら信じてやるよ。
一言もキチガイ行為に対して抗議しなかったクセにw
コウギのコの字もなかったもんな。
なぜか?お前が犯人だからw

29 :世界@名無史さん:2010/01/09(土) 12:37:39 0
言いがかりも甚だしい。
もちろんスレ私物化して強制的に落としたやつには抗議したい。
だが、新年になって新スレ立ってようやくまた川島芳子の話ができるかと思ったら、
相変わらず粘着に荒らされている。
普通に芳子さんの話をしたいスレ住人にとっては全部ひっくるめて迷惑なんだよ。
ここは芳子スレなんだから芳子の話ができないやつは来るな。

30 :世界@名無史さん:2010/01/09(土) 12:47:13 0
>>29
キチガイの目標通りの言い訳ご苦労さん。
だいたい何で野崎と後藤に名誉毀損・侮辱罪の疑惑があるキチガイ粘着の
思惑に従わなくちゃならないの?
野崎に触れるか触れないかは各参加者の自由。
俺に文句たれる前に前スレで野崎野崎と絶叫してた奴に
一言も言わなかったんだ?いくらでも言うチャンスはあつたがな。
だからお前が俺にブーたれても説得力ゼロだってw

なあ、第三者成りすましのキチガイ君w
ま、俺はお前の半分も粘着しねーから安心しろw

31 :恥ずかしい発言集:2010/01/09(土) 12:54:12 0
209 名前:世界@名無史さん[] 投稿日:2009/10/14(水) 20:14:59 0
野崎ってもともと川島芳子と全然関係なかったのに
新聞見てのこのこ詐欺団に加わってきて芳子のデマを広げた。
売名のために自分から志願して詐欺団のスポークスマンをつとめた。
今、方おばあさんの正体までばれてしまい、これまでのすべてが嘘だったことが明らかになった。
今までの発言は消えないぜ。世間は決して忘れないだろう。
本当にアフォだね。

これからも気が向いたらいくらでも再掲してやるからな。怨念君w

32 :世界@名無史さん:2010/01/09(土) 17:36:15 0
テレビ朝日HP
http://www.tv-asahi.co.jp/d-sengen/sp/index.html

以前はここのページの右下に「情報募集」ってメール欄があったんだけど
いつのまにか消えちゃったね。
もう続編はやらないって事なのかな。

33 :世界@名無史さん:2010/01/09(土) 19:26:21 0
めーるちぇっく

34 :世界@名無史さん:2010/01/10(日) 04:51:41 0
関係者があせっとるな。
粘着くんも荒らしてないで、方ばあさん説の新しい証拠でも出したら?
学術的批判歓迎なんでしょ

35 :世界@名無史さん:2010/01/10(日) 09:45:21 0

あなたは起きたとこですか これからねるとこですか
そんな時間におきてて 日常生活に支障ありませんか
それがこわいわ(笑

36 :世界@名無史さん:2010/01/10(日) 13:47:49 0
>>22
貼ってあったのでなんとなくみちゃったけどスゴイねぇ
写真ちょっといじっただけでそんな大金が入るんだ
中国で270万なんてったらとんでもないお金でしょ?
どこからそんなお金が入るのかなぁ

37 :世界@名無史さん:2010/01/10(日) 20:06:51 0

なに考えてるかしらないけど
苦しい道を選択することはないのよ
今ならまだ引き返せるから

さがりなさい

38 :世界@名無史さん:2010/01/11(月) 22:00:29 0

軍都・旅順を対外開放 中国政府、日本人観光客に期待
http://www.asahi.com/international/update/0110/TKY201001100255.html

これから芳子さんの旧居とか、わりと自由に見学したりとかできるのかな

39 :世界@名無史さん:2010/01/12(火) 01:56:20 0
旅順市街地が完全に開放されたんですね。
昔は中国人のふりしてこっそり行ったものですが、これからは堂々と行けるようになるのでうれしいです。
芳子さん関係の史跡だと、旅順粛親王府とカンジュルジャップと結婚式を挙げた旅順大和ホテルに行ってみてください。

40 :世界@名無史さん:2010/01/12(火) 19:17:06 0
そんなに何回もいくんですか・・・

41 :世界@名無史さん:2010/01/13(水) 00:18:50 0
一度行き癖がつくととまらなくなって病みつきになる中国観光

42 :世界@名無史さん:2010/01/13(水) 06:37:26 0
東北っておもしろいですよね

43 :世界@名無史さん:2010/01/13(水) 06:47:33 0
そうそう。何回でも行きたくなる。

44 :世界@名無史さん:2010/01/13(水) 16:55:54 0
ぺ様は勘弁してだけど、ぺのロケ地めぐりする気持ちがわかるんだよなあ。

45 :世界@名無史さん:2010/01/13(水) 22:10:19 0
あらぺー様も素敵ですのことよ ぺー様のじゃないけど、済州島の新羅ホテルの中庭に
「シュリ」のラストシーンで使われた海の見えるベンチがあってなかなか感動しましたのことよ

スレチご免あそばせ


46 :世界@名無史さん:2010/01/13(水) 22:36:51 0
なんじゃそりゃ???

ところで、たまに上海とかいくんだけど、上海で芳子さん絡みの建物とかない?

47 :世界@名無史さん:2010/01/14(木) 13:38:26 0
キャセイホテルに芳子がよく泊まっていたっていうのを聞いたことがあるけど、
本とか文献にはあんまりこうゆうこと書いているのがなくて本当かどうか確認できない。
というか、上海時代の芳子の資料が少なすぎてどれがフィクションやら真実やら。

48 :世界@名無史さん:2010/01/14(木) 13:51:57 0
聖地巡礼といえば松本だよね。
芳子関係の史跡周りしているうちに松本にはまってすっかりリピーターになってしまった。
温泉や城下町の雰囲気がいい。山菜料理や手打ちそばもうまい。

松本の史跡
正鱗寺の川島家墓
松本歴史の里内の川島芳子記念室
松本高等女学校(現蟻ヶ崎高校)
浅間温泉の川島家跡(残念ながら取り壊されて説明看板のみ)


49 :世界@名無史さん:2010/01/14(木) 19:23:06 0
川島芳子は、上海はブロードウエイマンションが定宿だよ。当時は日本軍が徴収して
15階16階を児玉機関が使っていた。
日本の会社関係者はこっちだったみたい。皇后美智子さんのお母さん達家族もこっち。

和平飯店は李香蘭 
当時は和平飯店は社交場だから芳子も行ってたんじゃないのかね。

50 :世界@名無史さん:2010/01/15(金) 06:42:47 0
和平飯店ね 文革派ご用達の宿だわ

51 :世界@名無史さん:2010/01/15(金) 11:01:23 0
芳子の上海での活動って、離婚後から第一次上海事変の頃までじゃないか?
その後は満州国建国にともない熱河安国軍創設やらで満州国や北京天津地域など
北方に活動地域を移していったという印象なんだが、
日中戦争勃発後にも上海で活動していたのかねえ?
児玉とは本当に面識があったのだろうか?
その辺のこと書いている本ってない?

52 :世界@名無史さん:2010/01/15(金) 18:08:32 0
和平飯店と聞いて川島芳子を連想するか王洪文を連想するかでだいぶ違う

53 :世界@名無史さん:2010/01/15(金) 20:13:49 0
「二人のヨシコ」はもうやめて!

「三人のヨシコ」にしましょう。

ヨシコA 「ボクは生きたいんだぁ!」
ヨシコB 「李香蘭は死にました」
ヨシコc 「おやつあげないわよ!」

54 :世界@名無史さん:2010/01/15(金) 20:36:06 0
さてクイズです。↑ A-C のうちどれが川島芳子でしょう

55 :世界@名無史さん:2010/01/16(土) 00:05:57 0
Cはシャドーハーツの芳子ちゃんか!

56 :世界@名無史さん:2010/01/16(土) 00:10:37 0
ブー Cはこれだよw

http://www.youtube.com/watch?v=YI7nflOW9VM&feature=related

57 :世界@名無史さん:2010/01/16(土) 04:09:12 0
年齢が・・・

58 :世界@名無史さん:2010/01/16(土) 06:39:55 0
26さんが「いやぁん」とか言ってるとこが見てみたい

59 :世界@名無史さん:2010/01/16(土) 12:21:06 0
ブロードウェイマンションは1934年竣工だから、芳子が上海事変の頃行っていたのはキャセイホテルの方だと思う。

60 :世界@名無史さん:2010/01/16(土) 14:20:51 0
ブロードウエイ調べてみたら
1930年に起工し、1934年10月に正式に開業となってる。
開業前に勝手に住んでたんじゃないのか?
芳子の宿だって事になっているから何かの本に書いてあるのだと思う。
上海からどっかに行った時とか上海在住の時ともかぎらないな。

和平にいたら李香蘭とかともう少し会ってそうだが?
どっちにしろ当時日本人が泊まるホテルはこの2つくらいだろうから、
どっちも泊まったのでは?

田中隆吉のところに転がり込んだようだから田中隆吉はどこに住んでいたのだろうか?
田中隆吉が滞在していたところが芳子の上海の定宿といえるかもしれない。

61 :世界@名無史さん:2010/01/16(土) 16:42:55 0
田中の回想によると、芳子のために一軒家を買ってやって同棲したと言っているが、
村松によると、芳子は自分でアパートを借りていて、田中も訪ねてきていたようだが
芳子は邪険にしていたそうだ。


62 :世界@名無史さん:2010/01/16(土) 18:25:30 0
議論活発になってるみたいだね。

でも、「井戸は掘ったけど飲める水はまだ出ない」って阿部さんがいってたな・・

63 :世界@名無史さん:2010/01/16(土) 20:35:20 0
>芳子は自分でアパートを借りていて
それならブロードウェイマンションもあるかもしれないぞ?

当時は1軒家はあまりなさそうだよ。
上海は長屋みたい家ばかりだが、そういうのも一軒家といえばそうかもだが・・日本の一軒家とはかなり感覚が違うなあ
白人ユダヤの金持ちは一軒家を建てて住んでたけど、土日用で平日は中心地に住んでたようだし。。
何にせよ足がないから中心地に住まないと不便だよね?

当時の上海公使館はどこだったのだろうか?その近くでは?

64 :世界@名無史さん:2010/01/17(日) 03:15:43 0
村松の書いたものによると、ブロードウェイみたいな高層マンションではなく
大家もいる普通のアパートっぽいよ。
ただし何部屋もある結構広いもののようだ。
そこに使用人の女の子と一緒に住んでいて、使用人のための部屋とかもあった。

それから、竣工1934年のブロードウェイに、それ以前に住み着くというのは
やはり無理があるのでは…

65 :世界@名無史さん:2010/01/17(日) 08:02:15 0
>>51
「川島芳子」とタイトルがついてなくても、他の人の回想記にひょこっと
芳子のことなんかが出てくることはあるから、当時上海にいた人の本の
中になんか書いてあるかも。そういうことはよくある。

66 :世界@名無史さん:2010/01/17(日) 13:32:17 0
お、中央宣伝部の干渉か?

67 :世界@名無史さん:2010/01/17(日) 15:12:13 0
芳子がいたのは1932年頃ならできたところから使っていった可能性はあると思うよ
今の中国でも出来あがったところからビルは勝手に入りこんで使っている。
日本みたいに出来あがるまで(完成式まで)一切誰にも使用不可という厳密な感覚はほとんどないと思う。

だが、ブロードウエイマンションが芳子の宿とこんなに広まったのは何か書いたものがあるのだと思う。
上海から福岡とか上海の港からどこかへ行った時に宿として利用したのでは?
目撃談があるとか?
もしくは、中国人の上海研究している人が書いた本とか?などだと思う。

68 :世界@名無史さん:2010/01/17(日) 22:18:27 0
>>20 関連ニュースがあったぞ。資料もちょこっと映ってる。

http://news.chinayes.com/Content/20091229/KAPZOGG5C7UTK.shtml

69 :世界@名無史さん:2010/01/17(日) 22:24:45 0
こりゃ台湾のwikiか? 早速台湾当局の発表を書きこんでるな

http://zh.wikipedia.org/zh-cn/%E5%B7%9D%E5%B3%B6%E8%8A%B3%E5%AD%90

70 :世界@名無史さん:2010/01/17(日) 22:37:21 0
や、すまん大陸のだった。「百年狱政档案」とか「台湾狱政档案」とかで
かなりの記事がヒットする。
方ばあさんの件は報道ストップされても、この記事を大陸のネットとかが
転載するのは規制されてないようだよ。



71 :世界@名無史さん:2010/01/17(日) 22:44:09 0
だいたいこれと同じ内容。

http://culture.haixiachina.com/article/2009/1230/bbfzxdkhmf7eiqlxi23ikpee.html?p=1

72 :世界@名無史さん:2010/01/18(月) 19:16:56 0
いつも思うのだが、遺骨のDNA鑑定くらいは積極的にしたらと思う。
昔なら、偉い人が言ったからそうだ。で通るだろうけど、
現代のことなのだから、DNA鑑定をしてすっきりしたいよ。
歴史の一部としての真実は解明できるだろう。

73 :世界@名無史さん:2010/01/18(月) 19:43:38 0
いつも思うのだが、遺骨は火葬されてるってのはおわかり?

http://www3.kmu.ac.jp/legalmed/faq.html#q14

高温で焼かれてたら、組織が分解してDNA抽出できないよ。
むしろ歯があればまだ歯のほうがいい。現代なら治療痕を調べられる
し、年代が離れていればすりへり方とかでわかる。
もっとも、芳子とさして違わない年齢なら難しいけどね。

遺髪も保存状態がよければいろいろわかる。

74 :世界@名無史さん:2010/01/18(月) 22:41:41 0
今は、火葬されてもDNA鑑定ができるんだよ。
埋葬されたの大昔だよそんなに火力があるわけないよ



75 :世界@名無史さん:2010/01/19(火) 15:13:42 0
歯は日本の歯医者や医者に通っていた可能性があるなら
歯型などの治療カルテは残っているかもしれない。

火葬してDNAがわからなくなるのは1200℃の高温炉だろ、
昔の日本の葬儀場で高温炉なんて無かったように当時の中国にあるわけない。
現代でも西洋では火葬というのは、骨が残らないような粉にするのに、
日本人は骨で綺麗に残してくれないと困るってことで
低い温度で骨が残るように焼くように調節を欧米ではしてるくらいだよ。(気味悪がられてる)

ちょっと考えたほうがいいのは、
中国も日本もまだ土葬が多かった時代だろ?
犯罪者だといわれた芳子を火葬してくれるような高温炉火葬場や大きな火葬場が当時の中国にあったのか?
ないだろ?
火葬を国が推奨しだしたのは、たしかもう少し後の時代じゃないのか?
今の中国でも火葬は凄く嫌がる強制でしょうがないからやっているだけで
アメリカ香港シンガポールの金持ち中国人はカナダに墓地買ったりして火葬しないことも多い。

また、当時のことなら火葬したということも違うという可能性もありうるかもしれない。
土葬っていうのは、骨洗いをやるために再度骨を掘り起こして骨だけ拾うことをやる。
その骨だけになったのをまた墓に納骨するはずだ。(厳密な手順おぼえてないが)

寒い北京では土葬から掘り起しまでの時期が短いと完全に骨になっていないので、
日本に綺麗な骨の形で持っていけない。
そこで、掘り起こして集めた骨を軽く焼いた程度のことを火葬したと言った可能性もあると思う。

当時の中国で火葬にしたにしても火葬の火力は人力で炊いた焚き火みたいなもので焼いたのでは?
と推測するぞ。

76 :世界@名無史さん:2010/01/19(火) 18:25:33 0

動いてるとこはじめて見たw

77 :世界@名無史さん:2010/01/19(火) 19:55:41 0
>>75 それじゃ火葬されてもDNA鑑定ができるんだって根拠にはならない。

自分が「高温で」と書いたのはたき火や焼き肉とかと比較しての場合だ。基本的に火葬なら全部同じ。

> Q:遺骨(火葬)からでもDNA鑑定は可能ですか?

      A:骨の中には骨細胞、骨芽細胞などの生きた細胞があり

        これらの細胞には当然DNAが含まれているので
        他の細胞と同じようにDNAを抽出してDNA鑑定を行うことができます。
        但し、骨の中にはカルシウムが多く含まれているため
        骨から抽出したDNAを検査する場合にはEDTAなどのキレート剤を使うなどし
        カルシウムを除去してやる必要があります。
        火葬場で荼毘にふされた場合、火葬炉の焼却能力によっても異なりますが
        通常800〜1200℃程度の熱が加わるために軟部組織は灰となってなくなり
        骨も灰化していまいDNAも細かく分断されてしまいます。
        このように分解されたDNAからの検査は不可能ではありませんが
        通常のDNA鑑定を行うのは極めて困難です。


78 :世界@名無史さん:2010/01/19(火) 20:01:04 0
あんまり火葬談義とかしたくはないのだが。

ちなみに、炭や木炭でも800度くらいは普通に出る。そんなこと「鉄腕ダッシュ」でも見てれば知識はつくと思うが。
もっとも当時の火葬の主力は薪だったと思うけど、北京くらいなら重油とかもあったかもしれないぞ。

まさか古川僧侶が骨付きカルビみたいな芳子の遺骨を日本にもってかえったとか思ってないだろうな。


79 :世界@名無史さん:2010/01/19(火) 20:10:11 0
中国が火葬を強要してるのは耕地保護(確保)のためだ。

一般的に儒教の思想の強い国は火葬を嫌う「人を二度殺す」という意味につながるかららしい。
韓国は火葬が主力になりつつあるが、燃料のない北朝鮮では、今だに土葬が主だ。そんな薪があったらメシでもたいたほうがいい。

茂山にでもいってみろ。山の斜面は土まんじゅうだらけだぞ。


80 :世界@名無史さん:2010/01/19(火) 20:15:31 0
>土葬っていうのは

全く違うね。掘り出したりしたら土葬をした意味がない。そもそも君は「水戸黄門」とかの時代劇で、なんで墓の上に土まんじゅうつくるのか知ってるのか?
あれは、時間がたって、死体とか棺桶が腐敗したら「ボコッ」と沈むからだよ。それを埋めるための土をあらかじめ上に用意しとくんだ。

こいつは穴の深さとか相当考えてやらないと、イナカだと下手するとキツネが穴を掘って死体を掘り出してくっちまうんだぜw

81 :世界@名無史さん:2010/01/19(火) 20:23:38 0
書物などによると、東京などでは、昭和20年代には、もう土葬なんか珍しい風習だとか書いてある。

実は自分は昔、某所で土葬を2回経験したことがある。土葬にした場合、最初の埋葬から半年くらいは放置して「ボコ」が起きた後に
土をかけて平らにし、その後に墓石を建てる。だから、土葬の場合、ひとつの墓に入ってるの通常多くても夫婦2人くらいまでだ。
そんな作業、一か所で何度もできないからな。中国がどうしてるのかは知らない。

まあ、聞きかじった程度の土葬の話はやめときなよ。で、あとは?

82 :世界@名無史さん:2010/01/19(火) 20:25:12 0
>今は、火葬されてもDNA鑑定ができるんだよ。

こいつのソースがないようだけど?

83 :世界@名無史さん:2010/01/19(火) 22:08:44 0
ミスター土葬

84 :世界@名無史さん:2010/01/20(水) 00:14:50 0
中国とか中華式は、洗骨しますよ。

当時の可能性くらい色々考えてみたらどうだ?
DNA鑑定ができるとネットでもどこでも出ている。
高温で焼いてない可能性があるのだからDNA鑑定をやってみる事も必要だよ。

それを、頭からとにかく芳子は高温で焼いたんだ俺が正しいんだ。
DNA鑑定なんか出来ないまで焼き尽くしたんだ俺が正しいんだ。
と否定して断定しているのも大人でないぞ。
遺骨の科学的な判定を何もしないというのは、よくないな。

鑑定できる可能性があるのならDNA鑑定はやるべきだろ。
高温で焼いていてDNA鑑定できないという結果ならそれはそれで良いと思う。

現代の科学で証明できることなら、
とにかく試してみるというスタンスは欲しいよね。
なぜ、そんなに鑑定否定するのかがわからないぞ。




85 :世界@名無史さん:2010/01/20(水) 00:24:15 0
<中国の葬儀は土葬であった。柩に遺骸をいれて土に埋める。だが、五年か十年
たつと、これをいったん掘りおこし、「洗骨」ということをする。遺骸について
いる腐肉をきれいにそぎおとし、きれいな白骨に仕上げるのだ。なにか特殊な薬
を使っていたかもしれない。洗骨をして、再び埋葬するのだが、なかにはそれを
機会に、新しい棺にいれて、故国に送って祖先の墳墓も地に葬り直すこともあった。
船のタリフ(運賃表)には「死人」の項があって、ほかの貨物にくらべて、
きわめて高かったのはいうまでもない。>(P48-49)


86 :世界@名無史さん:2010/01/20(水) 00:33:43 0
1995.01 中国の葬儀事情
中国人は死を生と同じように重要視した国民である。また中国は2000年の間
「儒教」という宗教を通して先祖崇拝を続けてきた。これは祖先の墓を立派に
することが生きている者に繁栄と幸福をもたらすと信じてきたことからもわかる。
国では共和国成立後、そうした信仰が批判され、故毛東沢主席は国民に火葬を提唱
した。しかし長年つちかった土葬の信仰は根深く、火葬率は30%(90年)である。
中国の人口は11億人で、年間の死亡者数は、1,500万人というから死者の数では
日本の約20倍。蘇州は中国の景勝地であるが、上海人の墓がここに集中している。
毎年上海の死亡者6万人のうち、3分の1が蘇州をめざしているという。坑州・西湖で
も83年にお墓禁止令が出されたが、効き目はなかった。土葬から火葬に変わってから
も、彼らにとって亡くなった人の骨灰を納める墓が必要なのである。
確かに葬式は大いに簡略化され、火葬が増えている。政府は1985年に全土を沿岸
地域と内陸部とに分け、沿岸部については火葬が義務づけられた。

87 :世界@名無史さん:2010/01/20(水) 00:44:09 0
そもそも、
中国での土葬の風習を話題にしてるのに、
日本の土葬のやり方を説明するってのは、違うだろ?


88 :世界@名無史さん:2010/01/20(水) 13:35:08 0
>>85 またつまらない本もってるな。それはつまり、死体の肉を落とすのに
土中のバクテリアを使ってるってことだな。

わかった。中国の土葬にそういう風習があるのは認める。ただし、全土で
一律に同じことをしているとは思えない。
恐らく、土葬にしても掘り返して骨を取り出すというのは、同じ土地にずっと
住み続けている日本人と違い、しょっちゅう異民族の侵入に悩まされた大陸
の人間の習慣だろうな。骨だけでも移動できるようにとか考えたんだろう。

89 :世界@名無史さん:2010/01/20(水) 13:43:32 0
>否定して断定しているのも大人でないぞ

>昔の日本の葬儀場で高温炉なんて無かったように当時の中国にあるわけない。

自分だって否定して断定してるじゃないか。 当時の可能性くらい色々考えてみたらどうだ?
別に自分は「絶対できない」とか「あるわけない」とか断定してないよ。
極めて常識的な一般論を語っているつもりだけど。

>DNA鑑定ができるとネットでもどこでも出ている。

ではそのソースを出すべきだろう。火葬された骨からあたり前のようにDNA鑑定
ができるんだとか言ってたら、その方がよっぽどおかしいぞ。
例え条件がよくてDNA抽出に成功したとしても、そんなのはレアケースだ。
何百件に一件そういうものがあったからといって、それを一般化して言うのは
正しくないと思う。




90 :世界@名無史さん:2010/01/20(水) 13:52:43 0
>>75 また、当時のことなら火葬したということも違うという可能性もありうるかもしれない。
土葬っていうのは、骨洗いをやるために再度骨を掘り起こして骨だけ拾うことをやる。
その骨だけになったのをまた墓に納骨するはずだ。(厳密な手順おぼえてないが)
寒い北京では土葬から掘り起しまでの時期が短いと完全に骨になっていないので、
日本に綺麗な骨の形で持っていけない。 そこで、掘り起こして集めた骨を軽く焼いた
程度のことを火葬したと言った可能性もあると思う。 当時の中国で火葬にしたに
しても火葬の火力は人力で炊いた焚き火みたいなもので焼いたのでは? と推測するぞ。

たぶんそういうことはなかった思う。「男装の麗人川島芳子伝」p242-245の古川師が
芳子の遺体を引き取った状況についても、「遺骸を引き取って自動車で火葬場に送り、
荼毘に付した」とちゃんと書いてある。どうして一旦土葬にする必要があるのか。




91 :世界@名無史さん:2010/01/20(水) 13:55:48 0
これは苛めてるんじゃないからな。議論してるだけだぞ。

苛めるわけないだろ♡ 

92 :世界@名無史さん:2010/01/20(水) 14:14:09 0
一連の意見を見ていると、通常の火葬ではDNA鑑定できないと認識したから
「いや、最初に土葬して後で骨を軽く焼いた程度のことを火葬したと言った」
という風に繕って言ってるようにもとれるぞ。

>埋葬されたの大昔だよそんなに火力があるわけないよ

揚げ足をとるみたいだが、石油やガスがない大昔だって、数千度の火力を
出す方法はいくらでもある。製鉄や鋳造の時は火葬よりはるかに火力が必要だが、技術
は紀元前からある。自分は葬儀屋じゃないから詳しく調べたことはないけど、高温炉
というのは、焼却時間の短縮や「骨は少なめに」というリクエストに答えたものじゃ
ないか?後、長時間火を入れると炉が痛むとか。昔ながらの薪とかでも、面倒ではあるが
800度以上の火力で焼くという基本のことはできてると思う。

93 :世界@名無史さん:2010/01/20(水) 14:21:24 0
戦前の中国だって、鞍山の製鉄所やら火力発電所やらダムやら革新技術はあったのに、
北京にまともな火葬場ひとつないって考えるのが自分にはわからん。そんなにバカにしたものでもないと思うが。

ただ、自己矛盾してるようだけど、04年に起こったある事件を引用すれば「DNA鑑定は可能」と反論できる
んだけど、どうやらその事件のことは知らないようだね。一言で足りるのに。

94 :世界@名無史さん:2010/01/20(水) 14:29:13 0
自分は、芳子の遺体を引き取った状況などからして、通常の火葬にされた可能性大。
すると、普通に考えればDNA鑑定は無理だから、やってもしょうがないんじゃないかと考えてる。
恐らくその道のプロなら、鑑定するまでもなく、骨を見ただけで「あ、こりゃ無理ですね」と
言うと思うよ。それをやれニセモンが出たの噂があるだので死者を眠りから起こすのは
どうかと思うね。

それと、ここでいくら書いても、テレ朝や正鱗寺、川島家に手紙やメール出したり
してるわけじゃないんでしょ?「可能性があるのならDNA鑑定はやるべきだろ」というなら
アクションのひとつも起こしてみたらどうですか。やってるんならスマンだけど。

95 :世界@名無史さん:2010/01/20(水) 15:41:55 0
可能性があるのだから、DNA鑑定はやりたいね。

火葬にしてもDNA鑑定が出来る場合があるのだから、
やってみたいという希望をなぜやりもせず必死に否定するのがわからん。

何が理由でダメだとそこまで必死なのかわからないが、
DNA鑑定ができるようになったらよいだろうな。
本人だと判明すれば良し、DNA判定が判定不能ならそれもよしだ。

まあ、数年経ったら金を払ったら墓の調査として出来るようになるかもな。
朝日でもやってくれるのではないかな。

94みたいに
「ジャーお前が墓を掘り返すようにしろ、金払って調査しろよ、何かヤレや」
という意見を言い出すのは、違うと思うよ。
こういう場では、それを言いだしたら子供の喧嘩だよ。



96 :世界@名無史さん:2010/01/20(水) 16:35:28 0
当時の土葬中心の中国で火葬をするだけでも顰蹙なのに、
油をかけて遺体を燃やすなんて、
遺体に対してそこまで人間的でないことを平気で僧侶がやるとは思えない。
ましてや、僧侶がついていたなら日本の感覚できちんと丁寧に火葬するだろう。
早く焼ければ良いのだという意味で
重油などをかけて芳子の遺体を焼くなど遺体に対して不敬なことするわけない。もってのほかだと思う。
そんな火葬をするなら、何をしに僧侶がいたのだ?と思う。
火葬場というのは、火葬する場所、火葬できる場所という意味だろう。

現代的な火葬場の今の火力でも、
炉の中の温度は、700度から900度に保たれる。ということだよ。
現代でも火葬場の火力は700度から900度なのだから、
中国での火葬場で火葬したとしても、これ以上の火力が出ていたとは限らない。

結論
中国の火葬場で火葬された芳子のDNA鑑定もかなりの確率で可能である。

日本の埋葬文化(埋葬の諸形態と歴史的変遷)
いづれの方式においても、炉の中の温度は、700度から900度に保たれる。屈強の成人でも一時間余りで焼きあがり、きれいさっぱり骨ばかりとなるのである。
http://japanese.hix05.com/Folklore/Burial/burial02.cremation.html

97 :世界@名無史さん:2010/01/20(水) 16:55:49 0
検索すると、古い火葬場の説明や体験などが出てきた。
戦後すぐの土葬中心の中国で日本以上の火葬施設があったとは考えられないな。
最近の炉は火力が強いから骨もバラバラになり灰にもなりますが、
昔の炉は火力が弱かったのでほとんど骨格標本の様な焼き上がりでした。

佐賀のあたりは数十年前まで土葬が一般的であったそうなので、
まさかこんな古い火葬場があるとは思いませんでした。
私はいままで薪や藁などで焚く火葬炉の構造がよく解らなかったのですが、
この火葬炉をみたところ、薪を焚いたその直接の火ではなくてオーブンのように熱風で焼くようです。
http://www4.rocketbbs.com/441/bbs.cgi?id=nickyama&page=17

昭和中期あたりの話ですが、火葬場で遺体を焼くのは一日がかりで、翌日にお骨を拾いに行っていたと親族から聞きました。
http://keroyume.exblog.jp/6713034

木を燃やすので火力が弱く、火葬は臭いがきつかったので、夜に行なわれた。骨は家族が翌朝に拾った。
http://www.oldphotosjapan.com/ja/photos/367/sogi-meiji

日本葬送文化学会
3.5時間の火葬時間がかかる(夕方終える)翌朝集骨する。バーナーを使用しているが火力が弱い、野焼きのような感じである。
http://sobunken.jp/reports/2002/2002_10/index.htm

98 :世界@名無史さん:2010/01/20(水) 16:58:18 0
673 : 本当にあった怖い名無し:2008/10/23(木) 14:13:38 昭和30年頃の焼き場を話そうか?
当時は燃料と云えば石炭と薪だったから煙突から凄い煙が出たんだ
火力が弱いので焼き上がるまで相当時間を要し、小生子供だったので
退屈凌ぎに釜元へ行き係のおじさんと話をしてたんだけど
覗き窓があって焼け具合を見てた。そしたら死体が踊り出すんだな
だから拾骨する時は頭の所に足とか手があるのが普通だった

726 : 東博君 ◆TKTgvMKYyU [sage]:2008/11/12(水) 03:06:53
>>700
野焼きだとあまり動かないという話しもあります。
大手火葬炉製造メーカーの創業者さんが書いた本で、ああ火葬という本があります。 (そこから一部引用)
私たちは、短時間に熱量を加えると、御遺体自体に非常に大きい熱の力が加わり、炉内で急激に変化(御遺体が反ったり、伸びたり)することがいたたまれませんでした。
野焼きの場合、比較的低温で行われますから、御遺体はほとんど熱による形状の変化を受けないので、自然体のまま火葬され収骨できます。
これは薪と藁を組み合わせて燃やすことによって発生した均一な温度が、御遺体の可燃成分に静かに働きかけ、上昇気流に乗って運ばれてきた空気によって、自分自身で燃えることができるからです。
(以上引用)
http://occult4cica.blog50.fc2.com/?mode=m&no=243

昭和53年(1978)というと、直上再燃式火葬炉が開発されて
数年程度の装置と思われます。
(当方の手持ちの資料では、昭和48年頃に実用化)

99 :世界@名無史さん:2010/01/20(水) 17:42:59 0
現代の火葬場

火葬場
http://d.hatena.ne.jp/nisinojinnjya/20080204

平成15年10月6日に鹿児島県の与論島では、島で初めての火葬場がオープンした。
火葬炉の温度は800℃〜1,200℃。多くは1,100℃で設定されているが、故人の筋肉のつき具合、体格によって温度を調節している。漁師のような筋肉質の人もしくは肥満の人の場合、炉内は高温になる。
http://www.sousaiken.com/ssk/naruhodo/takeda.html


世界の火葬状況と日本火葬の未来
〜人口飽和状態の中国を中心に〜
公益社 エンバーミングセンター宇 屋 貴
http://www.sousaiken.com/ssk/ronbun/uya.html

100 :世界@名無史さん:2010/01/20(水) 17:55:23 0
おーい。いろいろ検索してひっぱってきたのはいいけれど、たぶん全然回答になってないと思うぞ。
>>96の中に「油」とか「重油」とかあるけど、それをいつ遺体にかけるといった?
燃やす燃料にきまってるだろ。じゃ炭や木炭や石炭を遺体にバラバラかけるのかよ。

101 :世界@名無史さん:2010/01/20(水) 18:02:03 0
1、土葬中心の当時の北京で火葬場が日本の火葬場以上の火力で
遺体を焼けたことはないだろう。

2、当時の火葬場や薪や藁などで焚く火葬炉は高温で遺体を焼かない。

3、中国(清朝、日本が占領時代、戦後)の土葬中心の北京において、
火葬先進国である当時の日本以上の高温炉や火葬炉が北京で存在することは不可能である。

これらは、↓の記述
日本の昭和の火葬場や薪や藁などで焚く火葬炉での火葬方式で確認されている。

佐賀のあたりは数十年前まで土葬が一般的であったそうなので、
まさかこんな古い火葬場があるとは思いませんでした。
私はいままで薪や藁などで焚く火葬炉の構造がよく解らなかったのですが、
この火葬炉をみたところ、薪を焚いたその直接の火ではなくてオーブンのように熱風で焼くようです。

野焼きの場合、比較的低温で行われますから、御遺体はほとんど熱による形状の変化を受けないので、
自然体のまま火葬され収骨できます。
これは薪と藁を組み合わせて燃やすことによって発生した均一な温度が、
御遺体の可燃成分に静かに働きかけ、上昇気流に乗って運ばれてきた空気によって、
自分自身で燃えることができるからです。

結論
中国の当時の火葬場で火葬された芳子のDNA鑑定はかなりの確率で可能である。


102 :世界@名無史さん:2010/01/20(水) 18:03:18 0
>>100 揚げ足ばかりとってみっともないよ。

103 :世界@名無史さん:2010/01/20(水) 18:05:56 0
>>96
現代的な火葬場の今の火力でも、
炉の中の温度は、700度から900度に保たれる。ということだよ。
現代でも火葬場の火力は700度から900度なのだから、
中国での火葬場で火葬したとしても、これ以上の火力が出ていたとは限らない。
結論
中国の火葬場で火葬された芳子のDNA鑑定もかなりの確率で可能である。


自分が引用した記事とは100度違うけど、逆に現在全ての火葬場がその温度に
保たれているなら、全ての記事で「DNA鑑定は可能です」って書いてあるはず
じゃないか。ないってことはも基本的にその温度じゃもうムリってことだろ。
法医学関係者でもない君の結論を求めてるんじゃないよ。

>>84
>DNA鑑定ができるとネットでもどこでも出ている

というソースを出しなさいって言ってるの。

104 :世界@名無史さん:2010/01/20(水) 18:09:50 0
>>103
検索くらいしましょう。きちんと読みましょう。
火葬場といっても、火力は、地方の火葬場、最新の火葬場によってそれぞれです。
良く上の火葬の説明を読みましょう。

近代の火葬場の1100度で火葬する新しい火葬場のことではありません。

何度もいっていますが、芳子が火葬された当時の火葬場は、低温で焼く火葬です。
近代の火葬場の温度ではありません。昭和30年代まで低温での火葬場が多かったのです。

みっともないですよ。




105 :世界@名無史さん:2010/01/20(水) 18:10:35 0
1、土葬中心の当時の北京で火葬場が日本の火葬場以上の火力で
遺体を焼けたことはないだろう。

2、当時の火葬場や薪や藁などで焚く火葬炉は高温で遺体を焼かない。

3、中国(清朝、日本が占領時代、戦後)の土葬中心の北京において、
火葬先進国である当時の日本以上の高温炉や火葬炉が北京で存在することは不可能である。

これらは、↓の記述
日本の昭和の火葬場や薪や藁などで焚く火葬炉での火葬方式で確認されている。

佐賀のあたりは数十年前まで土葬が一般的であったそうなので、
まさかこんな古い火葬場があるとは思いませんでした。
私はいままで薪や藁などで焚く火葬炉の構造がよく解らなかったのですが、
この火葬炉をみたところ、薪を焚いたその直接の火ではなくてオーブンのように熱風で焼くようです。

野焼きの場合、比較的低温で行われますから、御遺体はほとんど熱による形状の変化を受けないので、
自然体のまま火葬され収骨できます。
これは薪と藁を組み合わせて燃やすことによって発生した均一な温度が、
御遺体の可燃成分に静かに働きかけ、上昇気流に乗って運ばれてきた空気によって、
自分自身で燃えることができるからです。

結論
中国の当時の火葬場で火葬された芳子のDNA鑑定はかなりの確率で可能である。



106 :世界@名無史さん:2010/01/20(水) 18:27:44 0
103って読解能力無いのかもね。
DNA鑑定できるソースは103がここに出した
DNA鑑定は、高温不可、低温はOKだっていう内容だよ。

芳子は当時の火葬は高温で焼かれてない可能性があるからDNA鑑定可能だろうと
何度言っても揚げ足とりばかり。

当時の火葬事情なんか知らなかったのだから、
素直に知らないことを認めればいいじゃないか。



107 :世界@名無史さん:2010/01/20(水) 18:31:46 0
>>104 別にみっともなくないよ。最初から書いてることに一貫性がないじゃないか。

芳子が死んだ当時の火葬の方法が今と違って比較的低温で、骨以外の部分も
残りやすいというのはわかった。
だけど、それでDNA鑑定が可能というのはまた別の話だと思うぞ。確率は
あがるかもしれないけど。その結論は君が資料見てだした結論だろ。
法医学関係者なら「そんなに簡単に考えてもらっちゃ困る」というかもしれないぞ。

108 :世界@名無史さん:2010/01/20(水) 18:35:45 0
みっともないなあ

109 :世界@名無史さん:2010/01/20(水) 18:39:17 0
科学的証明としてDNA鑑定をやったら良い。

結論がどうかはDNA鑑定をした後のこと。やらなければ何もない。

できる可能性があるならDNA鑑定はやるべきだね。

110 :世界@名無史さん:2010/01/20(水) 18:39:30 0
>>108
わかったよ。じゃ君の努力に免じて芳子の時代の火葬なDNA鑑定できるかも
しれないというのは認めてやる。
だが、現代の一般の火葬方法では通常できないんだということもちゃんと
認めろよ。前はあきらかに「今はできるんだ」って書いてたんだから。

111 :世界@名無史さん:2010/01/20(水) 18:53:57 0
>>109
君は閲覧率が相当低いこのスレに何度もそういうことを書いてあるだけで満足なのか。
じゃ、それを実現させるためにどうすれば一歩近づけるのかとか考えないのか?

まあ・・・この部分に関しては自分も多少意地悪をしてるのはわかってる。
おまえさんにゃできないだろうな。

また後から違う資料を見せる。おかげで「いろいろ」わかったよ。


112 :世界@名無史さん:2010/01/20(水) 18:57:27 0
中国には「指桑罵槐」って言葉があったなあ。

あ、こいつはひとりごとだ。気にしないでくれ。

113 :世界@名無史さん:2010/01/20(水) 21:14:49 0
かわいいW

114 :世界@名無史さん:2010/01/20(水) 21:25:39 0
>現代の一般の火葬方法では通常できないんだということもちゃんと
芳子の火葬の時の話をしているのに現代の火葬で芳子を火葬するわけないだろ。
とことん、困ったチャンだな みっともない奴だ。

115 :世界@名無史さん:2010/01/20(水) 21:34:14 0
はいはい。

116 :世界@名無史さん:2010/01/20(水) 21:35:58 0
往生際が悪過ぎ! 強がりが負け犬の遠吠えで余計に惨めだぞ、男らしくいけよ。

いろいろと勉強になったぞ。


117 :世界@名無史さん:2010/01/20(水) 22:45:03 0
第31回 王女はなぜ”女スパイ”になったのか?
〜男装の麗人・川島芳子の生涯〜
平成22年1月27日(水)22:00〜22:43 NHK総合

118 :世界@名無史さん:2010/01/21(木) 15:49:32 0
NHKにはせめてちゃんとした番組を作ってほしい

119 :世界@名無史さん:2010/01/22(金) 00:24:30 0
討論者ではありませんが、
芳子の火葬は、渡辺龍策の本によると薪を使ったもののようです。
北京に滞在していて芳子の火葬に立ち会った人から川島浪速へ宛てた手紙

「…古川大航師が、昭和二十三年三月初旬、御養女の事件を屡々新聞にて承知し、
某氏と相談の上律師(弁護士)を経て、遺骸引取方を裁判所に出頭し、許可を得たりとの事(中略)
一般中国人の遺骸は刑執行後は一ヶ所に遺棄同様に処置することを聞き及び、急遽出頭せしとの事に候。(中略)
同夜火葬する筈なりしも、何分急速の事にて、薪万端準備なく、明日朝点火することとし(中略)
夜間附近の中国人百余名程来り、遺骸を拝ませてくれとの事なりしも、官庁の命令なりとて、凡て謝絶せりと。
而し何れも哀悼の意を表せんとするものなるが如しと。(中略)
翌二六日午前十時、古川師と共に火葬場に参りたるも、未だ二、三時間を経ざれば焼了せずとの事故、
分骨の埋葬地を選び、穴を掘らすうち、午後一時半頃焼却を終わりしを以て、火屋より出し、
古川師、深沢師、小生等お骨拾ひをなし、貴下にお届けする分と、残余の埋葬する分とを分ち読経の上
一は容器に収め、一は墓地に埋葬し、焼香しお骨拾いを終わる。
聞く処に依れば、毎日中国人の参詣する者跡をたへずとの事。(後略)」



120 :世界@名無史さん:2010/01/22(金) 00:33:29 0
薪を使って2,3時間かけて焼いた。
分骨し、一部は川島浪速のもとに届けたが、一部は中国の墓地に葬った。(どこなんだろうか?)
中国人は哀悼の意を表し、毎日参詣者が来ていた。

漢奸裁判の処刑者にも関わらず、中国人が唾を吐きかけるどころか、哀悼の意を表していたというのが意外ですが、
北京人たちは、漢奸裁判などというものがただの国民党のパフォーマンスで、芳子はその生贄にすぎないということに気づいていたということなのでしょう。

121 :世界@名無史さん:2010/01/22(金) 18:26:59 0
>>119-120 乙です。薪でしたか。でもそれももうどうでもいいことですよ。

>>116 どうもそういうわけにもいかないようだよ。

なぜなら、君のいってることは間違いだからだ。

122 :世界@名無史さん:2010/01/22(金) 18:30:19 0

先日来議論になっている、遺骨のDNA鑑定の件、専門家に電話をして意見を聞きました。

Q:「通常、現在行われている火葬の方式だと、遺骨のDNA鑑定はできないといわれています。
  しかし、昭和30年代以前の旧式の炉で、火力の低い時のものなら、火葬であってもDNA鑑定
  は可能だと主張している人がいるのですが、本当にDNA鑑定はできるのでしょうか?」

123 :世界@名無史さん:2010/01/22(金) 18:32:30 0

法科学鑑定研究所 DNA鑑定担当係

A:昨年沖縄で旧日本軍兵士の遺体をDNA鑑定しまして、それはDNAが出ました。しかし、これは
 ジャングルの中で戦死した人を、その場で木炭で蒸し焼きにしたようなもので、
 かなり特殊な例外のケースです。
 今まで2000体以上の遺体の骨をDNA鑑定してきました。年代に関しては、質問にあるような
 ものも含め、古いものから新しいものまであります。しかし、ちゃんとした火葬場で火葬された
 ものについては、今までDNAの抽出・鑑定に成功した例は一件もありません。

 学術書などによると「火葬されたものでもDNA鑑定は可能である」と書いてあるもの
 もあるんですが、実際に現場で鑑定に携わっている身からすると、火葬された
 遺骨のDNA鑑定は、できない、というのが私の意見ですね。

124 :世界@名無史さん:2010/01/22(金) 18:33:50 0

科学警察研究所 (科警研・千葉)

A:一般論になりますが、ご指摘の年代のものを含め、火葬場で火葬された遺骨を
 DNA鑑定するというのは無理です。


125 :世界@名無史さん:2010/01/22(金) 18:35:11 0

千葉大学大学院 医学研究院 法医学教室

保存状態の問題もありますね。私達は遺骨をDNA鑑定する時、すぐにエタノール(?)
で固定して冷凍するんですが、それだけ昔のもので、かつ何の保存措置もとられて
いずに放置されているものは、骨の中がカスカスになっていると思いますので、
鑑定は難しいでしょう。
(生の)遺骨ですらそうですから、ましてや火葬してあるものをDNA鑑定するのは
とても難しいと思います。

126 :世界@名無史さん:2010/01/22(金) 18:38:12 0

だから「専門家の見方は違うかもしれないぞ」と言っただろう。
疑うのなら、当該の研究機関に直接電話して聞いてみろよ。
全く反対のことはいわないと思うから。

さて、この回答結果について何か意見があればどうぞ。

127 :世界@名無史さん:2010/01/22(金) 18:40:23 0
これは苛めてるんじゃないぞ。DNA鑑定の専門家の意見を正確に書いてるだけだからな。

128 :世界@名無史さん:2010/01/23(土) 10:45:43 0

116さんがどういう弁明をするのかみんな注目してます

まさかこのまま逃げたりしないですよね?

129 :世界@名無史さん:2010/01/23(土) 11:45:44 0
川島さんって英語話せるんだっけ?

130 :世界@名無史さん:2010/01/23(土) 13:12:31 0
これこれあんまり窮鼠を追い詰めるんじゃないよ

131 :世界@名無史さん:2010/01/23(土) 13:13:50 0
英語、中国語のほかにフランス語もできたみたいだよ。

132 :世界@名無史さん:2010/01/23(土) 15:54:36 0
こんなスレがたってるようだよ
【台湾】「東洋のマタ・ハリ」川島芳子(愛新覺羅 顯シ−シは王偏に子)銃殺刑の確認文書公開 出版資料集で[01/23]
http://yutori7.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1264225186/1-100

47ニュース/共同通信 2010/01/22
http://www.47news.jp/CN/201001/CN2010012201000809.html

写真
http://img.47news.jp/PN/201001/PN2010012201000927.-.-.CI0003.jpg

133 :世界@名無史さん:2010/01/23(土) 16:13:01 0
「東洋のマタ・ハリ」やはり処刑? 台湾で公文書発見
http://www.asahi.com/international/update/0119/TKY201001190482.html

134 :世界@名無史さん:2010/01/23(土) 19:53:54 0
24時間以上待ったが何も反論しないようだね。反論する意思無しか?
このまま嘘を流布させるわけにもいかないからはっきりと否定させてもらうぞ。
悪く思うな。

>>96>>97>>98>>99>>101>>104>>105>>106 等で力説されている

「昭和30年代以前の低温の火葬場で焼かれた遺体の遺骨はかなりの確率でDNA鑑定可能」
という主張は、複数のDNA鑑定専門機関より、
「そのくらいの年代のものであっても、火葬された遺骨のDNA鑑定は無理」
という回答をもらってはっきりと否定されています。

ですから、くれぐれも信じないようにしてください。

135 :世界@名無史さん:2010/01/23(土) 20:00:57 0
君の最大のミステイクは、火葬された遺骨がDNA鑑定できないということを知らなかったことではなく
「わからないことは専門家や担当当局に直接聞く」という基本を疎かにしたことだ。

君が本やらネットやらをいろいろ調べて努力したことは評価する。
しかし、いくら努力しても、間違いは間違いだし、できないものはできないんだ。

それと、生半可な知識を振り回して他人を非難したこと、おおいに反省しなくては
いけないぞ。まあそれは「若さゆえの過ち」ということで不問にしとく。

このまま間違った知識を信じ込むより、早々に真実を知っておいてよかったという
ものだよ。現実世界でこんなことをいっていたら「トンデモ」扱いされるぞ。

以上。

136 :世界@名無史さん:2010/01/23(土) 23:07:18 0
日本史板で朝っぱらから強い電波飛ばしてるのが一匹いるな
http://academy6.2ch.net/test/read.cgi/history2/1237461894/

137 :世界@名無史さん:2010/01/24(日) 11:54:27 0

結局116さんは何も弁明することなく逃げたんですね

あれだけ自信満々に他人を罵っておいて恥ずかしくないのですかね

138 :世界@名無史さん:2010/01/24(日) 13:48:52 0
まあまあw

139 :世界@名無史さん:2010/01/24(日) 20:25:45 0
いつのか知らないけど

http://space.btv.com.cn/video/VIDE1262158511364980

オールスター総出演だなw

140 :世界@名無史さん:2010/01/24(日) 20:32:10 0

http://www.peacehall.com/news/gb/pubvp/2009/02/200902040933.shtml

まあ気持ちはわかるw

141 :世界@名無史さん:2010/01/25(月) 20:09:20 0
歴史秘話ヒストリア

第31回放送予定 王女はなぜ”女スパイ”になったのか?
〜男装の麗人・川島芳子の生涯〜
平成22年1月27日(水)22:00〜22:43 NHK総合
ttp://www.nhk.or.jp/historia/schedule/index.html

明後日放送

142 :世界@名無史さん:2010/01/25(月) 20:29:47 0
女スパイなんてのは作り話w

143 :世界@名無史さん:2010/01/25(月) 22:04:15 0
自己顕示欲が旺盛なスパイ

144 :世界@名無史さん:2010/01/26(火) 01:18:02 0
1、土葬中心の当時の北京で火葬場が日本の火葬場以上の火力で
遺体を焼けたことはないだろう。

2、当時の火葬場や薪や藁などで焚く火葬炉は高温で遺体を焼かない。

3、中国(清朝、日本が占領時代、戦後)の土葬中心の北京において、
火葬先進国である当時の日本以上の高温炉や火葬炉が北京で存在することは不可能である。

これらは、↓の記述
日本の昭和の火葬場や薪や藁などで焚く火葬炉での火葬方式で確認されている。

佐賀のあたりは数十年前まで土葬が一般的であったそうなので、
まさかこんな古い火葬場があるとは思いませんでした。
私はいままで薪や藁などで焚く火葬炉の構造がよく解らなかったのですが、
この火葬炉をみたところ、薪を焚いたその直接の火ではなくてオーブンのように熱風で焼くようです。

野焼きの場合、比較的低温で行われますから、御遺体はほとんど熱による形状の変化を受けないので、
自然体のまま火葬され収骨できます。
これは薪と藁を組み合わせて燃やすことによって発生した均一な温度が、
御遺体の可燃成分に静かに働きかけ、上昇気流に乗って運ばれてきた空気によって、
自分自身で燃えることができるからです。

結論
中国の当時の火葬場で火葬された芳子のDNA鑑定はかなりの確率で可能である。



145 :世界@名無史さん:2010/01/26(火) 20:13:04 0

明日のテレビの話しようよ

146 :世界@名無史さん:2010/01/26(火) 21:06:51 0
前番組の「その時歴史は動いた」でとりあげたほうがよかったな

でも、芳子に「その時」ってあったのだろうか

147 :世界@名無史さん:2010/01/26(火) 22:18:05 0
永遠に女を清算した日

148 :世界@名無史さん:2010/01/27(水) 03:39:42 0
NHK頼むぞ。
せめてどっかのテレビ局みたいに失望させないでくれ。

149 :世界@名無史さん:2010/01/27(水) 18:07:49 0
永遠に女達を清算した日

それはちょっとマズイか

150 :世界@名無史さん:2010/01/27(水) 19:16:00 0
「そして、その時は やってきたのです」(松平定知)

-再現シーン-

雄たけびをあげながら芳子に襲いかかる浪速十三。

151 :世界@名無史さん:2010/01/27(水) 19:25:13 0

コンバトラーVで?

152 :世界@名無史さん:2010/01/27(水) 19:53:05 0

日本史板で「この番組は田中隆吉ののホラ話が根拠となっている」って書いてた人がいたけど、放送する前になんでそんなことがわかるんだろ

153 :世界@名無史さん:2010/01/27(水) 20:36:48 0

歴史秘話ヒストリア

第31回放送予定 王女はなぜ”女スパイ”になったのか?
〜男装の麗人・川島芳子の生涯〜
平成22年1月27日(水)22:00〜22:43 NHK総合
ttp://www.nhk.or.jp/historia/schedule/index.html

このあと10時から


154 :世界@名無史さん:2010/01/27(水) 21:01:49 0
>>117

155 :世界@名無史さん:2010/01/27(水) 21:17:46 0
実況板があるようだよ・・・こんなマイナー番組にw

歴史秘話ヒストリア「男装の麗人 川島芳子」
http://live23.2ch.net/test/read.cgi/livenhk/1264593976/1-100

あ、実況板は人大杉だったw

156 :世界@名無史さん:2010/01/27(水) 22:18:15 0
絶望した NHKに絶望した

友人のチャンチャンボー差別発言 (だから芳子が切れて殴った)
養父の強姦

NHK自己規制しすぎだ orz


157 :世界@名無史さん:2010/01/27(水) 22:52:46 0
地味だったけどまあまあなんじゃなかろうか

158 :世界@名無史さん:2010/01/27(水) 22:53:08 0
あっさりさらっとしすぎてて、感想も何もない番組だった・・・

159 :世界@名無史さん:2010/01/27(水) 22:54:33 0
45分じゃあんなもんだべ

160 :世界@名無史さん:2010/01/27(水) 23:31:15 0
芳子が友人をぶったのは、友人が「チャンチャンボーだって女になんて負けやしない」
などと差別発言したからで、女うんぬんではなく差別発言されたことに怒ったのだ。
そこを伝えないと芳子の真意が全然伝わらない。
なんでそこをちゃんと伝えてくれないのだ。

161 :世界@名無史さん:2010/01/27(水) 23:51:53 0
浪速の強姦シーンを期待してる人って
「水戸黄門」で由美かおるの入浴シーンを心待ちしてる
オヤジみたいなもんなのか

162 :世界@名無史さん:2010/01/28(木) 00:14:54 0
当たり障りのない無難な内容だったな。
強姦はなかった、あれは遺産問題でもめた粛親王家遺族の中傷だ
っていうのが松本側の公式見解だから。

163 :世界@名無史さん:2010/01/28(木) 06:34:40 0
チャンチャンボーって何 ?

164 :世界@名無史さん:2010/01/28(木) 06:39:09 0
支那のチャンコロと同じ意味だよ。
芳子はそうゆう風に中国人を馬鹿にされるのが大嫌いだった。
松本高女時代も、中国を馬鹿にする歴史教師に反発して授業をボイコットしたほどだ。

165 :世界@名無史さん:2010/01/28(木) 07:36:45 0
レズ相手が登場しネエのは駄作だゼッ!!!

166 :世界@名無史さん:2010/01/28(木) 18:07:32 0
誰だ昨日の番組を田中隆吉のプロデュースだとかいった奴は

167 :世界@名無史さん:2010/01/28(木) 18:59:11 0
>>162 いかにあたりさわりのない番組をつくるかがNHKスタッフの腕のみせどころですからね。

例え、史実に忠実なリアリティのあるドラマや構成にしても、クレームがバンバン
きたのではしょうがないのでは。大河ドラマなんかは、毎回多かれ少なかれ登場人物の子孫筋から
クレームが入ってると聞いてるし、近代大河の「春の波涛」にいたっては、モメて随分長い間
再放送もソフト化もできなかったと聞いてます。
本当に史実に忠実なものを作りたいのなら、裁判も覚悟で、規制のゆるい映画をつくったほうが
いいと思いますね。

168 :世界@名無史さん:2010/01/28(木) 19:51:59 0
大河といえば、第二次大戦前後を扱った大河ドラマなんて、我々が生きている
あいだに見ることができるんだろうか。(除「いのち」)
民放では、極端な美化やあいまいな設定、架空の人物設定とかでこのあたりの
時代も結構やっているが、やはり「大河」は敷居が高いのか。

芳子や李香蘭の登場する大河なんて、生きているあいだは無理かもしれぬな。

169 :世界@名無史さん:2010/01/28(木) 21:19:18 0
李香蘭とのリンクがない芳子モノってのもはじめてだが
考えてみれば浪速とオヤジ以外具体的人物名全く出てないのでは ?

170 :世界@名無史さん:2010/01/28(木) 21:19:50 0
芳子主人公のドラマ化
NHKで芳子の番組製作

数年前までは夢としか思っていなかったことが続々と実現して怖いくらいだ
こうなったら願掛けするぞ。
芳子主人公で大河化!


171 :世界@名無史さん:2010/01/28(木) 21:19:58 0
溥儀がいたか

172 :世界@名無史さん:2010/01/28(木) 21:28:23 0
ハハハいきなり芳子主演ですか でも仮にあのあたりの時代を扱った場合
純粋な「日本モノ」より「戦前中国・満州モノ」のほうが大衆の興味をひくので
そうすると芳子が出てくる可能性は高いですよ。

http://www.youtube.com/watch?v=Q69qUt_RTKc

↑テーマ曲はこんな感じ?個人的にオススメ。三枝ってときどきいいメロディが
あるんですよね。

173 :世界@名無史さん:2010/01/28(木) 22:09:49 0
大河のテーマ聞くとその頃を思いだすな

174 :世界@名無史さん:2010/01/29(金) 18:10:50 0
人が拾ってきたニュース、早速資料として引用してる!
ちゃっかりしてるなあ。

175 :世界@名無史さん:2010/01/29(金) 21:42:53 0
最近あんたのことが偉いと思えるようになってきたよ。ある理由でな。

それに引き換え中国のことを書いてメシ食ってるような奴らはどいつもこいつも腰抜けばかりだ。ちょっと問題がありそうなことを書いたら、テレビ局に使って
もらえないとか、入国禁止になるんじゃないかとか、そんなことばっかり考えてやがる。たまにホネのありそうな奴がいても、目が全く曇っていてなんにも見えてやしない。
ネットニュース貼り付けて論評して、それで何か変わんのかよ。インターネットになんかちょろっと書いた程度で世の中動かせると思ったら大間違いだぞ。
俺が昔いろいろ教えてやったオバサンで、最初は何もしらなかったが、今じゃメガホンもって街頭にたって署名活動やってるよ。そうやって汗かいてこそ人も振り向くしも世の中動かせるんだ。
運動のやり方知らねえんだよ、根本的に。中国屋のやつらは本当に腰抜けばっかりだ!情けない!あんなことやってても100年たっても何も達成できねえよ。

自分でどうにもなりゃしねえ天下国家のことをしたり顔で語るより、あんたのペンひとつで動かせる問題が足元にころがってるだろうが。
おまえの目についてんのはガラス玉か!せいぜい毎日友達んとこめぐって酒でものんでろ!

こうなったら意地でもこいつはあいつらには渡さないからな。今後も一切何も言わせない。何かコメントだしやがったら徹底的に攻撃してやる。

本当に腸が煮えくりかえって抑えきれねえぜ!


176 :世界@名無史さん:2010/01/29(金) 21:56:29 0

http://www.youtube.com/watch?v=-wjMilEXPJE

177 :世界@名無史さん:2010/01/31(日) 01:39:56 O
ハ〜ホ〜ン♪

178 :世界@名無史さん:2010/01/31(日) 13:38:35 0
『男装の麗人』の主人公が若い頃の美輪明弘だった件

179 :世界@名無史さん:2010/01/31(日) 19:19:50 0
満洲族の友人が、芳子は満洲族のために戦ってくれた、漢族が芳子を悪く言うのを聞くと腹が立つと言っていた。
漢族の前では言えないけど、芳子のことを慕っている満洲族は多いよ。

180 :世界@名無史さん:2010/02/01(月) 00:44:31 0
心配しなくても一般ピープルサンのこといってんじゃねえぜ。俺がいってんのは、盆栽みたいな変名使ってアルバイトに精を出してる輩とかそういう奴らのことさ。
あれでわからないと思ってんのかね!なめられたもんだぜ。ま、調べたかぎりじゃ公にはなってないらしいがな。

日替わりでやれチベットだのウイグルだの北京五輪だのグーグルだの齧って、お次は上海万博か?
書き飛ばすだけ書き飛ばしといてそいつが後どういう顛末に落ち着いたか興味すらもとうとしない、俺から見りゃ単なる「金儲けの道具」に
中国をあてがってるだけのような、そんな連中が言論の中心にいるかのように見られている、この現状にイラついてるだけさ。

興味が続かないのさ。集中力がなくて。子供が新しい玩具に飛びついて飽きてすぐ放り出すようなもんだ。
仮にも自分がそれでメシを食ってると自負してんのなら、今までの自分のライター人生振り返って、何の実績を残したのか考えてみりゃいい。
何かあんのかよ。自分が書いたことで世論が大きく動いたとか、重大問題が解決したとか、闇に沈んだ歴史を掘り返したとか。
日本にはゴマンと中国屋さんがいるんだろうが、俺は知らねえな。誰かそんな奴いたか?いたら後学の為に教えてくれよ。

あんたの嫌いな上坂冬子(いっとくがこれはペンネームだぞ)は埋もれた歴史を少しは掘り起こしたと思う。だかもう死んじまった。
今生きてる奴で上坂ほどの実績をすでに残してる奴もいないね、多分。つまりはどいつもドングリの背比べで何人かいなくなってもちっとも困らねえと思うぜ。

ま、右だろうが左だろうが、あの姿勢じゃ日本の中国屋サンには今後も世間を揺るがすような活躍は期待できそうもないね。

181 :世界@名無史さん:2010/02/01(月) 01:28:47 0
上坂のこと嫌っている芳子ファンは多いと思うけど
(上坂が小方八郎の手紙を奪ったことは長野ローカル新聞にも書かれていた有名な話)
上海万博について書いているのって誰?

182 :世界@名無史さん:2010/02/01(月) 09:57:44 0
上坂が小方さんにしたことと芳子の私物化は本当に頭にくる

183 :世界@名無史さん:2010/02/01(月) 11:46:30 0
たとえ話にあんまりつっこむな

184 :世界@名無史さん:2010/02/01(月) 19:05:52 0
中国屋は中国屋ばっかりでつるんでるからあの程度のレベルでいいと思ってるのさ。
反北朝鮮運動やってる奴らが普段からどれほどエゲツないことやってるか少しは勉強したほうがいいぜ。
今じゃ地元の北の人間に隠しカメラ持たせて内部撮影させてくるなんてあたり前にやってるし、やる方だって捕まって拷問されたり、
殺されたりするのは覚悟の上だ。それでも「やる」といってる。

スレ違いだがいってやる。昨日某所である集会があって、萩原遼(元赤旗記者・駐平壌特派員)に話を聞く機会があったので、94年の通称「RENK事件」について質問した。
「RENK事件」ってのは、94年4月に大阪城公園で、反北朝鮮団体と朝鮮総連の突撃隊、大阪府警の機動隊数百人がいり乱れて大乱闘になった事件だ。

http://piza.2ch.net/giin/kako/966/966817331.html
http://asyura2.com/sora/bd15/msg/463.html

185 :世界@名無史さん:2010/02/01(月) 19:08:14 0
萩原遼も自身顔や腹を殴られ、一緒にいた証言者の在日女性は蹴られて腰の骨にヒビが入ったそうだ。
主催者の李英和は機動隊に担がれ、身体保護の為警察の護送車の中にほうりこまれた。
それでも萩原遼は「やめない。北朝鮮や総連の嫌がることはなんでもやる。殴られてもやめない」と今でも意気軒昂だ。骨折した女性も、その後も活動はやめてない。
そりゃそうだろう。彼らは友人や兄弟を北朝鮮に殺されている。今では信じられないだろうが、昔は反北朝鮮集会なんて開こうものなら、必ず総連の暴力を伴った妨害
が入ったんだよ。「反北」運動をやってる奴らは、根性の入り方が違う。もっとも、萩原遼は脱北者に資金援助したりして、今や赤貧一歩手前だから、やりすぎの面もあるがな。

以前、テレビで金美齢が李英和になんのかんのと文句をつけていたが、とんでもない話だ。昔はともかく今や金美齢は李英和に教えを請う立場だよ。
李英和の前任のRENK代表は殺されてるし、叔父さん一家は今でも北朝鮮の山の中だ。満州に「李英和を捕まえろ」という手配書が出回ってるのも事実だ。それでも彼は運動をやめない。
そういうことを金美齢はちっとも知らないんだね。
それに比べて中国屋サンなんて、酒飲みながらおもしろおかしく中国談義してるだけだろ。んなもんキンタマ抜かれた宦官の集会じゃないか。
殴られても蹴られても中国に言いたいことは言うんだなんて根性のある奴、日本の中国屋サンにいるのかよ。だから「腰ぬけばかり」っていってるのさ。

186 :世界@名無史さん:2010/02/01(月) 19:13:02 0
キチガイアニオタの一人芝居が再発したようです。
前スレから延々と独演していますが。

187 :世界@名無史さん:2010/02/01(月) 19:29:50 0
それはよかったですね

188 :世界@名無史さん:2010/02/01(月) 19:45:46 0
>>187
確かに。
キチガイを眺めてみるのも一興ですね。

189 :世界@名無史さん:2010/02/02(火) 19:57:56 0
先週の芳子の番組のエンドロールに「資料提供:阿部由美子、寺尾紗穂」とかあったけど

あんたらちゃんとここ見てるんだろうな

190 :世界@名無史さん:2010/02/02(火) 22:01:54 0
NHKの製作スタッフはたぶんここを見て居ると思ふ

191 :世界@名無史さん:2010/02/02(火) 22:06:34 0
チョンの話なんてどうでもいい。
スレ違いすんな

192 :世界@名無史さん:2010/02/03(水) 02:47:20 0
チョンうぜええええええええ
朝鮮が南北分断したのは日本の責任だから北の乞食難民まで日本が世話しろとかいっていってる連中だろ
ふざけんなよ。ゆすりたかりの寄生虫が。
日本に面倒見てもらいたかったら土下座して、もう一度併合してくださいって言えや

193 :世界@名無史さん:2010/02/03(水) 06:37:18 0
......なら人間性疑われますよ
いいたいことはわかるけど

中国だってそんなほめられたもんじゃない
あんたもよくしってるだろ

194 :世界@名無史さん:2010/02/03(水) 10:21:22 0
朝鮮とは関わらないのが一番。
外国人参政権なんてもってのほか。
ただでさえ日本国内で犯罪やり放題なのに、国政への発言権を与えようなどとは、考えただけで恐ろしいことだ。
国賊小沢に天誅が下りますように。

朝鮮大好きくんが押している李英和も外国人参政権を与えろと騒いでいる活動家だったな。
調子に乗るなよ、在日。分をわきまえろ。


195 :世界@名無史さん:2010/02/03(水) 19:17:33 0
>>194
そう
併合なんてしたのがそもそもの間違いだったな。
かかわっちゃいけなかった。

文句は当時の政権に言えよw

196 :世界@名無史さん:2010/02/03(水) 19:39:15 0
>>192 なら別にそれはそれでいいよ。

芳子の話に繋いでやるから以下の質問にこたえろ。

現在、チベットやウイグルではくさんの人が共産党や漢族に抑圧され、多くの人が殺されたり投獄されている。中には漢族自身もだ。それは他民族、他国のことだから別に日本や
我々は関わらず、ほうっとけばいいということか?
あるいは、今日本にもたくさんの亡命チベット人やウイグル人や中には漢族も来ているが、それも「寄生虫」「乞食」の類だから追い返せという話か?

またあるいは、そいつらならいいが、朝鮮人はほうっとけという話か?そうならその理由を明確に述べろ。





197 :世界@名無史さん:2010/02/03(水) 19:45:05 0
>>194 なにが「朝鮮大好き君」だ。人のことがいえるのか。

外国人参政権は俺も反対だよ。李英和のことを引き合いに出したのは、今中国のことを言ったり書いたりしてる奴にほとんどパワーや魅力を感じないからだ。
その原因はどこにあるかというと「中国に睨まれてブラックリストにのって入国拒否とかにあわない程度にしとこう」とかいう姿勢だろ。
入国拒否されたらメシの種がなくなるからな。そういう考えがあるうちは何も達成できないと思うぜ。

198 :世界@名無史さん:2010/02/03(水) 19:57:35 0
人間だれしも完全なことは言わないし、100%いってることが支持できる奴なんてのもいねえよ。
勘違いしてもらっちゃ困るが俺は金美齢はすきだぜ。あの人が自民党の機関紙に連載してたやつは名文だし
台湾の選挙ツアーにもいきたかった。しかし、十数年前の台湾や中国のことだけいってた頃に比べると
最近の金美齢はおかしい。「太田総理」とかで日本国内のことを言ってる時も首をかしげることが多い。
また、彼女は李英和のことをよく調べもせずに文句つけてた。だから「とんでもない」といったのさ。

李英和は考えの特殊な人だ。他の拉致事件とかに関わってる人間ともだいぶ違う。それは日本人じゃないからしょうがない。
日本人でも西村真悟とかかなりムチャなこともいってるぞ。しかし、アイツほどパワーのある奴は他にいないのも事実だ。
中国に関わってる奴ら(大学で古典とかシコシコやってるジイさんとかじゃないぞ)もあの心意気は学ばないとダメだと思う。

199 :世界@名無史さん:2010/02/03(水) 20:03:02 0
>分をわきまえろ

現在起こってる他の事件でそういうことを思ってる日本人も多いぞ。
自分がご熱心なことも、他者からみれば「関わらないのが一番」って思ってる人多いんじゃないか。

そういう線引きしてたら世間の支持・関心なんていつまでたっても広がらないと思うが。


200 :世界@名無史さん:2010/02/03(水) 20:24:15 0
共産党の同時攻撃はいつになったらやってくるんだ!

201 :世界@名無史さん:2010/02/03(水) 20:45:02 0
男装の麗人川島芳子と母2008-11-24

今朝テレビで男装の麗人の話が放映されて居ました。
私は全く違った川島芳子の顔を知って居ます。
年はハッキリとは記憶に無いのですが。天津の日本租界に居た頃ですから、西暦1938年か1939年の頃と思います。私が小学校の六年生だったと思います。
母が川島芳子さんに頼まれ、農村へ毛糸の機会編みを教えに行った事が有りました。(支那事変)が始まって間も無くの事でした。
当時内地(日本)でも家庭での機械編みは始まったばかりだったと思います。
父が現地で(天津市)編み機を作り、母が教えに行きました。小さかった私は何処へ行ったとかは全く知りません。ただ川島芳子に頼まれた仕事と言う事だけ覚えて居ます。
父は日本軍の糧秣倉庫の責任者で、精米機を現地で作り精米工場を建てる為に1936年に軍から派遣されました。軍人では有りません。
戦争の始まる前の事です。
母は亡くなる迄川島芳子の事は一度も話は致しませんでした。
其れは18歳の私が23歳迄シベリアに抑留されたせいかも知れません。
今にして思えば母は、何処でも出かけて行く肝っ玉母さんでした。
母からの話から川島芳子は、占領された村や町の中国夫人の手助けをして居る人と思って居ました(宣撫工作)。天津でも川島芳子に付いては色んな噂は出ていました。
私達は李香蘭と同じでマスコミや関係者のでっち上げと思って居りました今でも。
今でもその様に思って居ります。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
これは、ある個人サイトから拾ったもの。先週のNHKの番組では「芳子が中国で何をしていたのか実はあまり
しられていない」といっていたが、本当の歴史学者などからいわせたら実はそうなのかもしれない。
なんだか弘法大師みたいな話だが、こんな話、他にもあるんだろうか。

202 :世界@名無史さん:2010/02/05(金) 02:35:59 0
やれやれ。よほど朝鮮が好きなんだな。
なんでチベット人、ウイグル人と朝鮮人を一緒にするかね。
自分たちの国を持ちながら、日本にたかり続ける朝鮮人と、国を持てない、もしくは他国に占領されてしまっているチベット、ウイグルの人を一緒にするなんて、実に馬鹿馬鹿しい。
北の政治体制が嫌なら同胞の韓国を頼ればいいだろう。
それとも、日本は未来永劫朝鮮人にたかられろというのか?
それから、
在日チベット、ウイグル人は朝鮮人のように日本で犯罪を犯さない。
在日チベット、ウイグル人は朝鮮人のように選挙権をよこせとか、不当な内政干渉をしない。
在日チベット、ウイグル人は朝鮮人のように日本の領土を占拠しない。
在日チベット、ウイグル人は朝鮮人のように反日教育、反日活動をしない。
在日チベット、ウイグル人は朝鮮人のように日本にたかって当然のような厚かましい態度はとらない。
在日チベット、ウイグル人は朝鮮人のように日本のものをぱくって朝鮮発祥などと歴史捏造をしない。



203 :世界@名無史さん:2010/02/05(金) 06:30:31 0
指桑罵槐

204 :世界@名無史さん:2010/02/05(金) 19:30:39 0
最初にいっとくが、俺は>>192に聞いたんであって、>>194に聞いたんじゃないぞ。
192=194と解釈してもいいのか? 違うのなら早目に訂正要請をだせよ。

これから、おまえに反論する為に「あえて本意でないこと」を言うからな。勘違いするなよ。

まず、朝鮮が南北に分裂したのは日本の責任じゃないと俺も思う。あれは朝鮮内部の
問題と米ソの思惑だ。しかし、昭和30年代から行われた「帰国事業」においては
日本政府や一部マスコミの責任もいくらかあるだろう。実態を知っておいて
嘘をついて死地においやったのだからな。似たようなことは「ドミニカ移民」にもある。
今日本に来ている脱北者は260人程度らしいが、ほとんどは帰国者の子孫とかで
なにがしか日本にゆかりがあり、帰化申請をすればすぐにも認められるような
人たちばかりだ。日本政府も北朝鮮だからといって、タダの経済難民はうけいれていない。
現在のこの日本政府の態度でよいと思う。現実的に数万人が押し寄せるなんて
ありえないし、仮にそれだけきたら、それはチベット人だってモンゴル人だって
ウイグル人だって問題になるだろう。同じことだ。朝鮮だけ差別する理由はない。
また、その260人がなにがしか重大犯罪をしでかしたとかいうことも聞かない。

205 :世界@名無史さん:2010/02/05(金) 19:32:27 0
日本と朝鮮は隣接している国だから、歴史上いろいろ軋轢があった。チベットやウイグルは
たまたま隣接していないから、そういう問題がなかっただけだ。仮に日本がチベットやウイグルの
隣にあったら、やはり似たような問題は生じていただろう。隣接する国家はどこも仲が悪い。
切手の国境線の引き方が気に食わないといって戦争をはじめたところもあるぞ。
台湾だって沖縄のことを「あれは琉球であって日本じゃない」と堂々といってるだろう。
沖縄県知事のことを「琉球主席」とか呼んでいるそうではないか。
確かに日本とチベット、ウイグルの間で問題は生じていない。しかし、逆にいえば
積極的に助けてやる必要もない。
ウイグルはトルコや他のイスラム諸国に助けてもらえばよいし、チベットは
インドやアメリカにでも助けてもらえばよい。日本が積極的に彼らを助けてやらなければ
ならない歴史的理由があるのか。

206 :世界@名無史さん:2010/02/05(金) 19:34:13 0
チベットやウイグルが中華人民共和国に併合されたのは、自らの国力がないからで
あって、日本の責任ではない。よって自浄努力と関係他国に助けてもらえばいい。
日本に亡命しているチベットやウイグルの人間は、亡命申請する時にそれなりに
チエックがあるから、高学歴のエリートみたいのしか今はいないだろう。
しかし、仮に中国で大動乱が起こり、数千、数万の人間が難民となってきたとき、「彼らは
朝鮮人と違っていい人達だから」といって、見境なく受け入れるのか。
チベットやウイグルの土着の人間は漢族よりも文盲など教育レベルは低いはずだ。
日本にきたって仕事なんかない。社会が混乱するはずだ。少数を受け入れたら
多数を断る理由がないので、早々に他国にいってもらったほうがよい。

関わらないのが一番だ。

また、彼らが「乞食」「寄生虫」の類でないというなら、義捐金やカンパの類は
つのるべきではないし、日本の税金も使うべきではない。自分で働いて稼げばよろしい。

207 :世界@名無史さん:2010/02/05(金) 19:35:54 0
それから、おまえは巧みに「漢族」のことを除外してるな。
上に書いてるやつで、参政権以外は中国人も該当しているだろう。

「増えて犯罪を犯して困る」とかいうなら中国人、漢族も問題ではないか。
参政権の問題は、長期的に見れば、減る一方の在日よりも、中国人のほうが
問題だと青山繁晴もいってるぞ。
福岡一家殺害事件、大分保証人殺人事件などを見ても、中国人の凶悪犯罪は
目に余る。併合だの徴用だの帰国事業だなどのややこしい問題がある朝鮮と
違って、中国人は好きで来ているだけだ。いてもらう必要はないから
以後お断りし、今いる人間は帰ってもらったよい。金が稼ぎたいとかいうなら
日本企業がバンバン中国に工場を作っているからそこで働けばよい。
漢族の中で一部宗教者や活動家やその他共産党に迫害されている人間がいる
ようだが、あくまで、中国内の漢族同士の諍いだ。日本は関係無い。
日本が助けてやる必要があるのか。他国に内政干渉すべきではない。

助けてほしいのなら、世界中に華人や華僑が山ほどいるし、華人国家のシンガポール
だってある。関係ない日本を頼って巻き込まないでほしい。
同じく、「乞食」「寄生虫」の類でないというなら、義捐金やカンパはつのるべきで
ないし、日本の税金も使うべきではない。

208 :世界@名無史さん:2010/02/05(金) 19:37:36 0
川島芳子は「日本人である前にアジア人であれ」といった。確かに芳子は破天荒な
ことをする人だったようだが、こと人種差別をするようなケツの穴の小さい人間
だったとは思えない。それは数々のエピソードがもの語っているし、「五族協和」
という理念も、建前であっても共鳴していただろう。
しかるに、>>192のような、朝鮮人を捕まえて「チョン」といって憚らないような輩は
全く芳子の理念を理解しておらず、よって芳子のことを語る資格はない。
この場に芳子がいたら、>>192のことを殴っていたであろう。

なんなら、以後芳子のことを「シナチャンコロ」とか「チャンチャンボー」とか
呼んでやってもよいのだぞ。
朝鮮人なら「チョン」と呼んでも平気で、芳子ならダメだという理屈があるか。

あるなら、それは、そいつの頭の中にある趣味趣向から発生した「ご都合主義」
でしかなく、そんな理屈は世間や国際社会で通用しないぞ。
また同様に中国人も「チャンコロ」と呼んでよいのだな。ダメならその理由を言え。

209 :世界@名無史さん:2010/02/05(金) 22:36:47 0
関係のない朝鮮の話なんか出したから荒れたじゃないか

210 :世界@名無史さん:2010/02/06(土) 07:06:34 0
【韓国】韓国人の血筋、誰と最も近い?女真族と満洲族の歴史を韓国史に新しく編入させなければならない[01/06]
http://yutori7.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1262748816/l50

朝鮮人は満洲族からも嫌われている。こんなめちゃくちゃなことを言っていれば当たり前だろうが。
あいつらに言わせれば満洲も、清朝も、愛新覚羅も川島芳子も朝鮮由来ということになっちまう。
愛新覚羅が新羅を愛する意味だとか、愛新覚羅の漢姓の金は朝鮮の金だとか、
よくもまあこんな妄想できたもんだ。
芳子の先祖のホンタイジに都を攻め落とされて三跪九叩頭して詫びて属国になったくせに。
芳子も朝鮮人のこんな捏造を聞いたらぶち切れるだろうよ。
自分の愛新覚羅王女としての血に誇りを持っていたから。


211 :世界@名無史さん:2010/02/06(土) 11:20:22 0
全くのご都合主義だよ。そんなものは韓国の一学者が何かいってるとかいうレベルの
話だろう。では、国全体で第二次大戦前後の話を捏造している中国はどうなんだ。
ブチきれないのか。それをしってても中国人をつかまえてシナチャンコロとはいわないんだろ。

俺は例え国家レベルで捏造をする国だって、飢えて死にそうな子供はなんとかしてやらないと
いけないと考えるぞ。政治犯収容所で生まれ育ち、外の世界も知らない子供に何の罪があるというのか。


212 :世界@名無史さん:2010/02/06(土) 11:59:34 0

川島芳子の肖像画など松本市に寄贈
http://www.shinmai.co.jp/news/20100206/m-2.htm

213 :世界@名無史さん:2010/02/06(土) 15:16:01 0
>会社役員穂苅甲子男さん(85)

この人はすごい。
芳子記念室もこの人が発起人みたいなものだし、
この人がいなかったら芳子の資料はそれまでのトンデモ本程度にしか残っていなかっただろう。
特に芳子の遺作である詩歌を編集出版したというのが大きい功績だ。

214 :世界@名無史さん:2010/02/06(土) 15:35:23 0
>>213

「川島芳子を偲ぶ会」会長。

215 :世界@名無史さん:2010/02/07(日) 12:37:53 0
さいきんいろいろおもしろい動きがあるようだよ

またいつか教えてあげる

216 :世界@名無史さん:2010/02/07(日) 13:16:32 0
检验证实:被“枪决”的川岛芳子确为“替身”

http://bbs.news.163.com/bbs/zhongri/161650026.html

此消息公布后,中国长春川岛芳子生死之谜课题考证负责人
李先生连续接到好友们的关切问询电话。李先生表示,
《联合报》所登不是什么“新闻”,关于当年川岛芳子在北平监狱被
“枪决”之后,社会传出刘凤玲替死风波,以及一个月后,
司法行政部行文河北高等法院调查・・・・


217 :世界@名無史さん:2010/02/09(火) 21:28:31 0
中国は芳子のことについても上海事変起こしたとか満州事変にかかわったとかあることないこといってるね
でも、今現時点では中国のこの芳子に対する評価が我々に有利に作用しているともいえるんだ

218 :世界@名無史さん:2010/02/11(木) 19:38:06 0
NHK 歴史秘話ヒストリア〜男装の麗人・川島芳子の生涯〜
ttp://ameblo.jp/lcing/entry-10442926564.html

219 :世界@名無史さん:2010/02/11(木) 20:25:32 0
男装の麗人川島芳子と母2008-11-24

今朝テレビで男装の麗人の話が放映されて居ました。
私は全く違った川島芳子の顔を知って居ます。 年はハッキリとは記憶に無いのですが。
天津の日本租界に居た頃ですから、西暦1938年か1939年の頃と思います。
私が小学校の六年生だったと思います。
母が川島芳子さんに頼まれ、農村へ毛糸の機会編みを教えに行った事が有りました。
(支那事変)が始まって間も無くの事でした。
当時内地(日本)でも家庭での機械編みは始まったばかりだったと思います。
父が現地で(天津市)編み機を作り、母が教えに行きました。小さかった私は何処へ
行ったとかは全く知りません。ただ川島芳子に頼まれた仕事と言う事だけ覚えて居ます。
父は日本軍の糧秣倉庫の責任者で、精米機を現地で作り精米工場を建てる為に
1936年に軍から派遣されました。軍人では有りません。
戦争の始まる前の事です。
母は亡くなる迄川島芳子の事は一度も話は致しませんでした。
其れは18歳の私が23歳迄シベリアに抑留されたせいかも知れません。
今にして思えば母は、何処でも出かけて行く肝っ玉母さんでした。
母からの話から川島芳子は、占領された村や町の中国夫人の手助けをして居る
人と思って居ました(宣撫工作)。
天津でも川島芳子に付いては色んな噂は出ていました。
私達は李香蘭と同じでマスコミや関係者のでっち上げと思って居りました今でも。
今でもその様に思って居ります。

220 :世界@名無史さん:2010/02/12(金) 14:15:19 0
川島芳子さんは変な噂ばっかりたてられているけど、本当はあんなんじゃない。
楳本捨三だとか渡辺龍策だとかは、ろくに調べもしないで適当に噂だけ採集して
見てきたように嘘をつくから、読んでいてすごく不快。
上坂冬子は一応親族とかを調べているけど、自分の本に小方さんから手紙を預かったと書いているくせに
後からあれは自分のものだとか、とんでもないこと言いだす非常識人間だからな。
初期に芳子の子と書いている人間にはろくなのがいない。

221 :世界@名無史さん:2010/02/12(金) 18:13:22 0
源義経(幼少時)にしても水戸光圀にしても大岡忠相にしても、実像よりも
伝記や講談の類のほうが世の中に流布してしまっていて、実像のイメージ
と乖離してしまっている。もっとも彼らはいい方にUPしたほうだが。
宮本武蔵も吉川英治の小説で有名になってイメージが定着したが、それより前
はたいして有名な人ではなかったらしい。もちろん小説には事実でない部分
も多い。(出生地とか)芳子もそういう系譜に入ってしまったのであろう。

>>219こういう話がもっと出てこないかねー

222 :世界@名無史さん:2010/02/12(金) 21:01:59 0
手塚治虫の「火の鳥・乱世編」では、若い頃の源義経を、盗賊団の一員と設定し、
自分の目的を達成する為には人を殺すこともなんとも思わない悪人として描いて
いるが、これは通説からすると非常に珍しい描き方だ。
しかし、実際の義経には、戦に勝つためにはそういう非情なこともしたという
記録があり、手塚の説はそれに基づいて、ある意味極めて実像に忠実といえる。

芳子の場合、よくも悪くも今出回っているのは「男装の麗人」の亜流。
もっと史実に忠実なバイアスのかかっていない芳子伝を誰か執筆する必要があるのでは。

223 :世界@名無史さん:2010/02/13(土) 18:40:45 0
金美齢は土方歳三だな

224 :世界@名無史さん:2010/02/13(土) 21:06:35 0
前に気色悪いと言われたとき「おまえだけにはいわれたくない」と内心思った

225 :世界@名無史さん:2010/02/13(土) 21:10:01 0

They can be both of God and the devil
Since they're trying to raise the dead against the stream of time

226 :世界@名無史さん:2010/02/14(日) 09:57:18 0
   ,-‐―‐- 、   ,,-‐―‐-、
   γ:::::::::::::::::::::`Y:::::::∧∧:0:::ヽ、
    i:::::::∧∧:::::::::: !:::(゚ー゚*)::○:i:|
    i::::::(*゚ー゚):::::::::':::::∪∪:::::::::i:i
    'i::::::::∪∪::::::::::::::::::::::::::::::::::i:|
    i:::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::: ::::i:i
    'ヽ::::valentine's::day:;;:::j;://
      ヽ:::::::;;:::::::::::::::::::::::::::;:://
       ヽ::::::::::::::::::;;:;;;;;:::::イ/
        `ー─―─一'"


227 :世界@名無史さん:2010/02/14(日) 09:58:34 0

http://www.youtube.com/watch?v=zBLBdHHyV74

228 :世界@名無史さん:2010/02/15(月) 06:29:12 0
残る謎はあとふたつ

229 :世界@名無史さん:2010/02/15(月) 19:23:25 0
また中国か

230 :世界@名無史さん:2010/02/16(火) 20:47:44 0

【04月08日】人・川島芳子の演劇と映画

http://otona.yomiuri.co.jp/news/post_18.htm

231 :世界@名無史さん:2010/02/17(水) 14:10:42 0
前スレで「リボンの騎士」とか「姫ちゃんのリボン」とかが川島芳子の設定
を拝借していて、芳子がモデルになった話だとか書いてあったがとんでもない!

川島芳子の正統たる後継者はこのお方に決まっているだろうが!
http://anime.geocities.jp/grysk171/selgapatalliro1.jpg

みろ!芳子に生き写しではないか!
http://www.matsu-haku.com/maruhaku/cms_img/large/2008041618062778.jpg

これだって芳子の「十五夜の娘」に着想を得て作ったに違いないのだ!
http://www.youtube.com/watch?v=lt1RC9NCB4w&feature=related

このお方こそが芳子のエスプリとエッセンスを全て体得した芳子の正統たる後継者なのだ!

異論は認めない!


232 :世界@名無史さん:2010/02/17(水) 16:39:21 0
異議なし

233 :世界@名無史さん:2010/02/17(水) 17:31:20 0
まさに男装の麗人

234 :世界@名無史さん:2010/02/17(水) 18:41:18 0
ネイチャーに発表すべきだ

235 :世界@名無史さん:2010/02/18(木) 00:42:24 0
くっだらねえー

236 :世界@名無史さん:2010/02/18(木) 20:22:46 0
女はなぜにホモマンガが好きなのだろう

237 :世界@名無史さん:2010/02/18(木) 21:52:07 0
ぼくマタハリ

238 :世界@名無史さん:2010/02/18(木) 23:49:15 0
ぺ様はキライでもBLは好きだったりして

239 :世界@名無史さん:2010/02/18(木) 23:51:15 O
GLが好きだ

240 :世界@名無史さん:2010/02/19(金) 06:41:24 0
おねえさんのころは「や・お・い」って言っていましたよ。

wwww

241 :世界@名無史さん:2010/02/19(金) 09:13:10 0
また同性愛の話題か
芳子はレズじゃないと何度言わせれば(以下略

242 :世界@名無史さん:2010/02/19(金) 18:09:23 0
芳子がレズって話は出てないぞ

243 :世界@名無史さん:2010/02/19(金) 19:15:18 0
話が核心に近づいているので焦ってゐる

244 :世界@名無史さん:2010/02/19(金) 20:31:52 0
まんが喫茶やブックオフでそんなものばかり読んでいたのか

245 :世界@名無史さん:2010/02/19(金) 21:24:42 0
やおい本ならいっぱいもってるぞ

「MIBの謀略」とか
「人類は地球人だけではなかった」とか

あ、それは矢追本か

246 :世界@名無史さん:2010/02/19(金) 22:03:40 O
確かに持っているだけで恥ずかしい
矢追本w

247 :世界@名無史さん:2010/02/19(金) 22:15:49 0
そういえば歌舞伎も男しかいないよな・・・

なるほど、そういうことか

248 :世界@名無史さん:2010/02/19(金) 23:05:53 0
そういうことなんですよ

249 :世界@名無史さん:2010/02/20(土) 01:20:58 0
歴女とか腐女子とかけがらわしいわ
一遍と言わず何度でも氏ね

250 :世界@名無史さん:2010/02/20(土) 07:39:51 0
昔、知り合いのイケメンで京劇界に結構食いこんでる奴がいた。
奴曰く「京劇俳優はみんなホモだ」といっていた。
「いくらなんでもみんなってことはないだろう」というと
「いや、みんなだ。ホモでないと京劇俳優になれない」といっていた。

聞かなかったが、相当言い寄られたらしい・・怖い・・

251 :世界@名無史さん:2010/02/20(土) 07:56:34 0
昔はそうだったかも知れないが、今は京劇女形って女ばっかりじゃね?
文革で女形の伝統は完全に潰されてしまって、最近になってようやく復活させようと
養成を始めたばかりだって前テレビで見たぞ。

252 :世界@名無史さん:2010/02/20(土) 08:18:04 0
>昔はそうだったかも知れないが

www 以前聞いた話だがも天安門広場の近くのどこぞの公衆トイレはホモの
「ハッテン場」なので夜中には近づくな、といわれたことがある。

253 :世界@名無史さん:2010/02/20(土) 10:04:25 0

オマケに筋肉萌え

254 :世界@名無史さん:2010/02/20(土) 13:15:14 0
マジレスだが、女はマンガの中に自分以外の女がいると嫉妬に狂うので
男同士の絡みにしてると聞いたことがある

255 :世界@名無史さん:2010/02/20(土) 16:02:57 0
こいつ美人だから変な同情買ってるけど、中身はただのDQN・ボダだろ。


256 :世界@名無史さん:2010/02/20(土) 19:31:25 0
他人にはすぐ謝るくせに俺にばっかり辛くあたるんだからな

257 :世界@名無史さん:2010/02/21(日) 10:59:29 0
↓以下、あるサイトの記事から転載。

川島廉子、尚子母娘の話だが、残念なことに筆者は
芳子が日本人だと思っているらしい。

258 :世界@名無史さん:2010/02/21(日) 11:00:12 0
2010.01.23 Saturday

川島芳子余談 またまたわき道に入ります。
おととい20日の読売新聞に「男装の麗人」処刑裏付け?
旧日本軍スパイ川島芳子 台湾で死刑確認の公文書発見
という記事が出ていました。
川島芳子のことについては、外国人の方はよくご存じないでしょうが、
日本人の年配の方であればおおよそはお分かりだと思います。
川島芳子は、旧日本軍のスパイとして活躍し、「東洋のマタハリ」とも
呼ばれた女性ですが、父親も本人も長野県の松本市出身です。いまでは
「マタハリ」のほうが分からないですね。
1949年にまだ権力をもっていた国民党政権によって死刑にされましたが、
一説によると根強い「替え玉説」が存在しており、昨年末ころにもテレビ
で生存説の特集が組まれていました。しかし、台湾が保管する当時の公文書
の中から、このほど死刑が確認されたとする文書が発見されたとの報道です。
いずれにしろ、戦前の日本支配層が台湾・朝鮮への侵略のあとに中国大陸への
支配を企み、傀儡満州国を作って、すでに廃帝となった清朝最後の皇帝を担ぎ
出して「満州皇帝」としたころ、その先兵として暗躍した女性です。
話を急ぎますので、ご存じのない方には申し訳ありませんがインターネットで
ご覧ください。

259 :世界@名無史さん:2010/02/21(日) 11:00:45 0
1960年代半ば、北京の大学に留学していた私にある女性の同級生がいました。
彼女はたどたどしい日本語で「私に日本語を教えてくれませんか?」と話し
かけてきました。
当時の中国はまだ、日本との国交も回復していませんでしたし、かつての日本
の侵略の傷痕が人びとの記憶にも生々しく残っていた時期でした。驚いた私は
喜んで放課後の学内のベンチで2〜3回教えたことがありました。
また当時は、文革の初期の直前でしたが、その直後から同じ日本から留学した
ものたちが、毛沢東語録を打ち振ってすっかり毛沢東かぶれになり、日本人と
しての魂を失うことを拒否した私に、その後、1年近くにわたって暴力を含めた
攻撃を繰り返して、何度か殺されそうな経験をしていました。
わが身が殺されそうな時期でしたから、彼女がどうなっているかなど想像も
できませんでした。
私が日本に帰国して10数年後だったか、娘が高校生でしたから、たぶん80年代半ば
頃だったと思います。ある人から「長野県松本市に住んでいる川島さんという人
から中国で○○さんに会ったことがあるので会いたいと連絡してきましたが、
どうしますか?」との電話がありました。
私は「北京の同じ大学にいた日本人の名前は全部知っていますが、そのような人
はいませんでしたよ」と言ったのですが、相手ははっきり私のことを知っている
とのことでした。
ちょうど家族と北アルプスに行く予定があったので松本のホテルでお会いする
ことにしました。

260 :世界@名無史さん:2010/02/21(日) 11:02:03 0
私たちが待っているホテルに、真っ白なジーパンを身につけて、
車でさっそうとやってきた彼女を見て私は驚きました。北京の大学で
「日本語を教えてください」と言ってきたあの女性の同級生でした。
それから彼女の長い体験談が始まりました。
私と私の家族は、世にも恐ろしい彼女の体験談と、毛沢東の個人権力を
うちたてるために恣意的に起こされた文革というものが、いかに無慈悲で
非人道的なものであったかということを改めて聞くことになりました。
在学中に文革に遭遇した私は、何度か殺されそうになった経験をしましたが、
1966年末にどうやら日本に生還することができました。しかし、中国人の彼女
はどこにも行けません。しかも、彼女の正体は満州族の愛親覚羅家の一員、
いうなれば満州皇帝の親族だったのです。

261 :世界@名無史さん:2010/02/21(日) 11:03:34 0
国民党でもなく、富農でもなく、いやそれよりももっと高いレベルの打倒
の対象であった旧偽満州国皇帝の親族であった彼女たち一家とその一族は
極めて悲惨な目に逢いました。
大学卒業後、新劇俳優と結婚した彼女は、新婚1週間で夫が「反革命罪」
で逮捕され、新疆に流刑となりました。何の犯罪を犯してもいないのに、
です。
彼女と年老いた母親は北京城内の家の壁がはがされ、暖房も布団も奪われ、
毛布1枚で母と娘がくるまって厳寒の北京でやっと生き延びたといいます。
10年後、釈放された夫はすでに精神を病んでいて、やっと10年ぶりに妻の
もとに帰ってきて、相手が愛する妻ということも分からないまま、わずか
1週間で自殺してしまいました。

262 :世界@名無史さん:2010/02/21(日) 11:05:31 0
「10年の災厄」とも「10年の大動乱」ともいわれた文革のあと、彼女と母親は
やっとのことで父の出身地であった松本市に来ることができました。
話を聞いて理解できました。そうです、彼女の母親は川島芳子の姪だったのです。
同級生だった彼女はその娘です。
彼女の長く悲惨な体験談を、息をつめるような気持ちで聞いていた多感な
わが娘は、「お父さんが若いころ北京ですごく大変な目に会ったことは聞いて
いたけれど、この方はそれ以上、もともっと大変な目に会っていたのだ」
と思って、一晩中まんじりともできなかったとあとから聞きました。
50年代後半の毛沢東が発動した「大躍進」政策の失敗と自然災害による
大飢饉で1億近くの人びとが犠牲になり、文革でもそれに近い人びとが犠牲に
なり、ほとんどすべての人びとが何らかの被害にあったというこの根本原因と
責任は、挙げて毛沢東にあります。彼女の一族もその犠牲者のわずかな一滴
ですが、その一人ひとりの犠牲には、大きな大きな痛みが伴っているのです。

263 :世界@名無史さん:2010/02/21(日) 11:07:09 0
彼女の母親はその後、残念ながら毛沢東語録を打ちふるった側であった
「松本日中友好協会」の会長となり、娘の彼女は商売をしながら体験談を
出版しました。
私がうかがってからしばらくあとに、彼女の母親が他界されたことを新聞で
知りました。彼女はあまりの悲しみからか、その後、行方不明になったと
いう噂も聞きました。
日本の松本市でやっと小さな幸せをつかんだこの母と娘にも、毛沢東は
無慈悲な災厄の追い打ちをかけたのでした。
中国共産党は文革を否定はしましたが、「毛沢東の過ちは4分だったが、
功績は6分」という評価です。これもまた1人の為政者が独裁をしき、
それを拒否できなかった中国共産党にも責任があります。
ですから現在の政治にも「共産党の執政(独裁)」をしいて、人権もなにも
認めない」政策となって表れているのです。
地下の毛沢東よ、これをなんと思うか! (引用終わり)

264 :世界@名無史さん:2010/02/21(日) 20:59:36 0
休息たいむ

http://www.youtube.com/watch?v=sJVHupcP9R8&feature=related

http://www.youtube.com/watch?v=4u0J10pl7TQ&feature=related

265 :世界@名無史さん:2010/02/23(火) 18:44:21 0
ビジュアル的にはファーストガンダムのマチルダが一番芳子に似てそうな

http://stat001.ameba.jp/user_images/5e/95/10127128376_s.gif

声は今をときめく戸田恵子。(鮎あけみの直後)
短髪で、「ボク」とは言わないがアムロのことを「キミ」という
キャラクターデザインは「虹色のトロツキー」の安彦良和。
これも何かの因縁か・・・

266 :世界@名無史さん:2010/02/25(木) 00:57:38 0
只の観光ならもっとあったかい時にいけよと小一時間

267 :世界@名無史さん:2010/02/25(木) 11:18:41 0
大満州帝国万歳!

268 :世界@名無史さん:2010/02/25(木) 19:09:43 0

さてと

そろそろ先生の所に挨拶にいくか    な

269 :世界@名無史さん:2010/02/27(土) 09:02:32 0
あーあ だからあんなのやめとけばいいのに
デリヘルにおんなじのいるやんけ

270 :世界@名無史さん:2010/02/27(土) 12:56:32 0
結局ホモの話が一番ウケるのか
世界史板も病んでるな

271 :世界@名無史さん:2010/02/27(土) 19:17:56 0
>京劇役者はみんなホモ

このスレ最大のヒット

272 :世界@名無史さん:2010/02/28(日) 09:39:54 0
なんにしても
できもしないことをデカい声で宣言しないこったな
聞いてるほうが恥ずかしいわ

273 :世界@名無史さん:2010/02/28(日) 21:15:59 0

http://www.youtube.com/watch?v=OjEGObQ7oRk&feature=related

274 :世界@名無史さん:2010/03/01(月) 00:22:02 0
せーたいごうらぶ

275 :世界@名無史さん:2010/03/02(火) 21:41:37 0
確定申告の季節ですね

276 :世界@名無史さん:2010/03/03(水) 18:24:04 0
[511] スタルヒン 投稿者:×××× 投稿日:2004/05/10(Mon) 18:23:05

「芸名変更」で、芸人ではありませんが当時巨人にいた白系ロシア人の野球選手「スタルヒン」にも改名命令がでたんです。「須田宏」だったかな・・・。
白系ロシア人は日本人にもさからえませんでした。
国が無い。ユダヤ人も同じ。
さて洋語廃絶になった暗い時代でした。
「パァマネントはやめませう」とか「不急不要の旅行は自粛」
ディック・ミネもう持ち歌の「ダイナ」「マイ・ブルゥ・ヘヴン」(資生堂の宣伝に今使用中)「セントルイス・ブルース」「月光価千金」・・。
そのくせ、陸軍は「李香蘭」はかわいがるんです。
昭和16年開戦のあの年、「日撃七廻り半事件」社会現象に。
同時に宝塚にも軍は圧力をかけてもろ川島芳子の「男装の麗人」を強制的に中止においこんでいます。
残念な話ですが皇軍慰問に強制的に行かされた「タカラ・ジェンヌ」のなかには「慰安婦的行為」
をさせられた人もいた、といいます・・・。
-------------------------------------------------------------------------------------------

とあるサイトで拾ったもの。前に「芳子こそ宝塚に相応しい」って話があったが、
ホントに宝塚で「男装の麗人」やってたのか? そんなことwikiにも書いてないような。


277 :世界@名無史さん:2010/03/04(木) 15:31:03 0
>大河といえば、第二次大戦前後を扱った大河ドラマ

正直、女の出世物以外は、暗くて視聴率とれないだろ。
もんぺと日の丸ばかりで画面も暗い
昔はそんなに視聴率を煩く言われなかったからそこそこ冒険できのだろう。
今は、海外売りも視野に入れているからうかつに扱いたくないだろ
時代物ならアジア圏でも売れる

278 :世界@名無史さん:2010/03/04(木) 19:41:20 0
>女の出世物

なんだ?「おしん」か?そりゃまた思考がステロタイプな・・
外国がどう思うかなんて、待ってたら実現に800年かかるよ。
切り方しだいでは面白くなると思うけどね。

279 :世界@名無史さん:2010/03/04(木) 20:29:16 0
>外国がどう思うかなんて、待ってたら実現に800年かかるよ

「元寇のロマン」by 朝日新聞

280 :世界@名無史さん:2010/03/06(土) 11:32:33 0

「南京のロマン」by志方俊之

281 :世界@名無史さん:2010/03/07(日) 00:36:58 0
>>263
仮に廉子母娘が松本にいってから不幸な人生を歩んだとしても
それは別に毛沢東のせいじゃないだろう。ルバング島から帰って
きた小野田寛郎なんかめちゃくちゃポジティブ思考の持ち主だし。
毛沢東のせいにしだした時点でもう負けだよな。

282 :世界@名無史さん:2010/03/07(日) 12:06:25 0
ほう えらく反応が早いじゃん
たまにはこっちにも顔だしなよ

俺はまだヒットは1本も打たれてないぜ

283 :世界@名無史さん:2010/03/08(月) 02:01:06 0
>京劇役者はみんなホモ

そこらへんの詳細な話は日本まではなかなか伝わってこないのか

284 :世界@名無史さん:2010/03/08(月) 18:12:00 0
おいおいむあんまりホモネタひっぱると上杉が匂いを嗅ぎつけてよってくるぞw

285 :世界@名無史さん:2010/03/08(月) 22:50:27 0
ドキュメンタリ宣言今日ので終わりだったらしいね

286 :世界@名無史さん:2010/03/10(水) 19:10:00 0

http://academy6.2ch.net/test/read.cgi/history2/1237461894/


287 :世界@名無史さん:2010/03/10(水) 22:02:48 0


【憲兵】   甘粕正彦を語る   【満映】
http://academy6.2ch.net/test/read.cgi/history2/1268218596/1-100
【憲兵】   甘粕正彦を語る   【満映】
http://academy6.2ch.net/test/read.cgi/history2/1268218596/1-100
【憲兵】   甘粕正彦を語る   【満映】
http://academy6.2ch.net/test/read.cgi/history2/1268218596/1-100
【憲兵】   甘粕正彦を語る   【満映】
http://academy6.2ch.net/test/read.cgi/history2/1268218596/1-100
【憲兵】   甘粕正彦を語る   【満映】
http://academy6.2ch.net/test/read.cgi/history2/1268218596/1-100
【憲兵】   甘粕正彦を語る   【満映】
http://academy6.2ch.net/test/read.cgi/history2/1268218596/1-100
【憲兵】   甘粕正彦を語る   【満映】
http://academy6.2ch.net/test/read.cgi/history2/1268218596/1-100
【憲兵】   甘粕正彦を語る   【満映】
http://academy6.2ch.net/test/read.cgi/history2/1268218596/1-100
【憲兵】   甘粕正彦を語る   【満映】
http://academy6.2ch.net/test/read.cgi/history2/1268218596/1-100




288 :世界@名無史さん:2010/03/11(木) 20:34:14 0
だんだん表と裏の区別がつかなくなってきてるな

289 :世界@名無史さん:2010/03/12(金) 14:02:56 0
なるほどな 誕生日に秘密があったんだ

これは気がつかなかったぜ

290 :世界@名無史さん:2010/03/12(金) 19:24:58 0
振り返ってみるとボクの人生は何だったのだろう。
人間は世間でもてはやされているうちがハナだぞ。
利用しようとする奴がやたらとむらがってくる。
そんな連中に引きずられてはいかん。
キミ自身が本当にやりたいことをやりなさい。
人に利用されてカスのように捨てられた人間の良い例がここにある。
ボクをよく見ろよ。
現在のボクは茫漠とした広野に日が沈むのを見詰めている心境だ。
ボクは孤独だよ。ひとりでどこへ歩いていけばいいんだい

。゜。゜(ノД`)゜。゜。



291 :世界@名無史さん:2010/03/12(金) 22:01:05 0
誰も芳子の名誉を守ってくれないんだよね・・・

292 :世界@名無史さん:2010/03/12(金) 23:25:25 0
死人に口なしだもんな。反論することも名誉回復される機会も与えられない。
李香蘭も溥儀も生き残って語る機会を与えられたのに、芳子だけないんだよな。
不公平だ。

293 :世界@名無史さん:2010/03/13(土) 18:18:17 0
俺予言能力があんのかね
なんか最近怖くなってきたわ

294 :世界@名無史さん:2010/03/13(土) 19:30:28 0
おもしろいから適当に書いておこう

江頭2:50
宅八郎
出川哲郎
なべやかん
猫ひろし

295 :世界@名無史さん:2010/03/13(土) 19:36:09 0
森本レオ

296 :世界@名無史さん:2010/03/13(土) 22:43:53 0
ここはチラシの裏じゃねえ!

297 :世界@名無史さん:2010/03/13(土) 23:52:06 0
やっぱ生エガちゃんは嫌か

298 :世界@名無史さん:2010/03/14(日) 03:05:06 0
十五夜の娘を音楽プレイヤーに取り込みたいのですが・・・どうすれば良いか分かる方いますか?

299 :世界@名無史さん:2010/03/14(日) 10:54:03 0
基本的に違法と思いますが、音楽配信板あたりにいってきけばどうですか

300 :世界@名無史さん:2010/03/14(日) 12:46:21 0
>>285 土曜5時に移行して継続らしい(一部地域除く)

301 :世界@名無史さん:2010/03/14(日) 23:08:29 0
最近芳子が本当に気の毒に思えてきたよ

実子もおらず
一番近しい実の妹ですら
彼女の名誉を積極的に守ろうとはしていない
育った川島家とは血縁関係がなく
正式に籍も入れていない
実家である粛親王家は
奸漢扱いされてる芳子と距離を置きたがっている
誰も芳子と関わりたくないのさ

たぶん芳子は今だに成仏できず
救いを求めてさ迷っていることだろうよ

302 :世界@名無史さん:2010/03/14(日) 23:09:31 0
だから芳子の魂は先生を頼っていったんだろうな・・・

303 :世界@名無史さん:2010/03/14(日) 23:11:36 0
>>289

304 :世界@名無史さん:2010/03/15(月) 02:48:04 0
おっ知らねえあいだになんかおもしろいことになってますなw

305 :世界@名無史さん:2010/03/15(月) 02:59:17 0
ひとついっとくけどさあ
あれって、正式なニュースとかではなく、一般人が
勝手に書いて投稿したもんだぞ「天涯社区」見てみろや
投稿主の名前書いてあるでぇ
そういう動きはあるんだろうが、どこまで本当だか

306 :世界@名無史さん:2010/03/16(火) 01:57:25 0
太田尚樹の『愛新覚羅王女の悲劇―川島芳子の謎―』を読んだ。
すげー下品な内容で怒りがこみ上げてきた。なんだこりゃ。ひどすぎる。
1941年生まれだそうだが、いい年してこんな下品な文章書いて恥ずかしくないのだろうか。

「十六歳から松本を去る十九歳までの三年の月日に、浪速と同じ屋根の下に住む芳子は
あまりにも重い、アブノーマルな生活を強いられていたはずである。乙女が髪を下ろしたぐらいでピリオドが
打たれるほど、男と女の関係は単純ではない。拒否すればするほど、いつしか自ら受け入れながら養父との情交を
重ねていたに違いないのである。」p72

これはまだかわいらしい方で、他にももっとひどいエロ表現、性描写のオンパレードだが、お下劣過ぎて書く気もおきない。
それも巻末に挙げている参考文献にも出てこないような捏造ばかり。
講談社もよくこんなエロじじいの妄想出版するよな。
初めからこれは芳子をモチーフにして自分のエロ妄想を書いただけのフィクションだってことわっておけ。
信じちまう読者が出るかもしれないじゃんか。

307 :世界@名無史さん:2010/03/16(火) 02:35:44 0
>>306
そんなこと書いた人がいるのか

祖母が東京で川島芳子さんと同級生で方向が近いので
一緒に帰ったり遊んだりしたというが、しっかりしてて頭が
よかったというんだな。情の厚い人だったともいってたが、
養父で恩義があるといっても、そういう状態になるような
人とは思えないんだけどね。実際何があったかわからないが。
大人になったらまた違うとはいえ、本来根っこにあるのは、
明るくて正義感ある、いい意味でのお嬢様気質のはず。

憶測でしかないことを、そうやって書く奴がいるのは
許せないなあ。

308 :世界@名無史さん:2010/03/16(火) 03:23:32 0
こうゆう思考の男は、抵抗できない立場の女をレイプしておいて、抵抗されなかったから和姦だなんて言うんだろうな。

>>307
お祖母様が芳子さんと同級生というのはいいですね。
豊島師範学校付属小学校ですか、それとも跡見女学校ですか。
芳子さんの少女時代のエピソードとかもっとないですか。
お祖母様がお元気でしたらもっとお話聞いてきていただけませんか。

309 :世界@名無史さん:2010/03/16(火) 18:25:58 0
だから太田尚樹の本なんて、芳子の身内が見たら噴飯もので
ノンフィクションと思って読んだら大変だっていったじゃん。

それも数百年くらい前の人間ならまだ許せるんだよ。
吉川英治の「宮本武蔵」だってほとんどフィクションだし大河ドラマ
だってそう。そんな近代の人間のことを扱ったら、まー普通は
遺族から山ほど苦情がきて裁判になったりするもんだ。
太田氏は歳くってるくせに三島由紀夫の「宴のあと事件」とか知らんのかね?

それでも「芳子の本が出た」って喜ぶ人もいるんだから、救いようがないね。

310 :世界@名無史さん:2010/03/16(火) 19:00:55 0
>>308
芳子と同級生なら今いくつだよw
そんなに元気ならNHKの「百歳万歳」に推薦してやるよ

311 :世界@名無史さん:2010/03/16(火) 19:17:16 0
さすがに103歳の同級生はいないか。
いや、日本の100歳以上人口の多さからすれば、もしや…
芳子のこと知っている高齢者を知っている人の書き込み求む。

312 :世界@名無史さん:2010/03/16(火) 19:55:55 0
昭和23年まで生きてた人だからな。
昭和10年以前の生まれの人なら、知ってる人はまだいるだろな。

313 :世界@名無史さん:2010/03/16(火) 21:26:16 0
だいたいなんで今日はこんな時間にいるんだよw

314 :世界@名無史さん:2010/03/17(水) 08:04:48 0
>>拒否すればするほど、いつしか自ら受け入れながら養父との情交を重ねていたに違いないのである。

( ゚Д゚) はあ???
気持ち悪い文章だなあ。
このじいさん、自分が浪速になったつもりで芳子を犯しているつもりにでもなっているんだろうか。
こんな下劣なこと書くなんて作者の人柄がしのばれる。

315 :世界@名無史さん:2010/03/17(水) 20:53:00 0
その太田氏の本の中で、芳子が小方八郎に宛てた手紙で、飼っていた猿達
を懐かしんでいるとかなんとか書いているが、本当はそうではないと思う。
他の人の本でも似たようなことは書いているが、あの一連の芳子の手紙の真意は、
自らの助命嘆願と、それに伴う日本国籍の取得計画及びその進捗状況確認
にあるのであって、思い出話の類は検閲の目をごまかすためのオマケだろう。
文字もわざと判読しにくいように乱暴に書いたのだろうし、文法も故意に間違えて
書いているはずだ。何も猿の話がしたいわけじゃない。そうやって思い出話に
浸っているように国府側に思わせるための策略だ。
ギリギリのせっぱつまった状況の中でも、芳子は冷静に手をうっているように
読んでいるかぎりでは思える。

316 :世界@名無史さん:2010/03/18(木) 15:57:01 0
芳子さんを下品なポルノのネタにしてもらいたくない。
こうゆうのを書くやつは許せない。恥を知れ!

317 :世界@名無史さん:2010/03/18(木) 17:50:04 0
こうゆうの書く人って、川島さんはもう死んでいるし、中国人だし、直系子孫もいないから
訴えられることもないだろうって安心して無責任なこと書くんだろうね。作者の良識、見識を疑う。
川島さんばかり、目を覆いたくなるようなひどいことを書かれまくっているような感じがする。



318 :世界@名無史さん:2010/03/18(木) 18:14:29 0
エロ部分はそんなにたいしたことねえよ。
そうでなくて、世間に流布してる噂の類をいかにも本当のように
書いてるって事。
なんら新しい視点なり思想なりが無い。
過去の著作をまとめて抜き書きして、ない部分は適当に妄想でつないでるだけ。
関係者の一人にも取材をかけてないだろう。
ま、大学のセンセイのヒマ潰しさ。
こんな人を専門家として呼ぶどっかのテレビ局もおかしいんだよ。

319 :世界@名無史さん:2010/03/18(木) 20:01:58 0
古い本の焼き直しと妄想の融合だったら俺でも書けるぞ
元大学教授がこんなの書くとはな

320 :世界@名無史さん:2010/03/18(木) 20:27:40 0
あのー最近何かありました?

321 :世界@名無史さん:2010/03/18(木) 21:39:28 0
もうすぐ川島芳子さんの命日だ。
3月になると悲しくなる…

322 :世界@名無史さん:2010/03/18(木) 22:07:36 0
そういや芳子と小沢一郎って誕生日同じなんだってねw

323 :世界@名無史さん:2010/03/19(金) 07:59:00 0
>320
2chの期待だった長春地方志編纂委員会が紅衛兵につかまって
人民裁判でつるし上げにあって、とんがり帽子かぶせられて
市中引き回しの上で批判大会開かれたらしい。

324 :世界@名無史さん:2010/03/19(金) 11:26:16 0
いまだにとんがり帽子で批判大会とかやってるのかい?
そりゃ面白そうだ。ぜひ写真うpしてくれよ。
本当にやってるなら写真くらいあるんだろう。

325 :世界@名無史さん:2010/03/19(金) 20:36:21 0
やっぱり最近おかしいぞ

326 :世界@名無史さん:2010/03/19(金) 21:19:18 0
実の妹だって、中国共産党の下で散々な目にあっているから、
これ以上なにか証言して迷惑こうむるの嫌だろうと思う。

本からも芳子のことを好意的には書いてない。
まあ、それも書けなかったってこともあるかもしれないが。

妹老人が下手すると牢屋に入るかもしれないって時代だから無理ないよな。
共産党だし。

327 :世界@名無史さん:2010/03/19(金) 21:41:44 0
あんたが知らないことがいろいろあるのさ。
この話はまた後でな。

328 :世界@名無史さん:2010/03/20(土) 01:17:23 0
いくら長年日本に住んでいても
チャンコロはやっぱりチャンコロだな
いくら帰化して名前を日本風にしてても
日本人からは考えられない言動すんだよな。
日本人から見たら眉をひそめるようなDQNなことも平気だし
むしろそれを自慢げにやってスター気取りときたもんだ。

329 :世界@名無史さん:2010/03/20(土) 08:01:38 0
えっ王さんってそんなDQNだったの?結構知的に見えるけど。

330 :世界@名無史さん:2010/03/20(土) 23:40:05 0
>>323 >>328
太田尚樹本人乙

331 :世界@名無史さん:2010/03/20(土) 23:58:58 0
なりすましチャンコロがまた馬鹿なこと
だからお前はDQNていうんだ。
妄想ひどすぎ精神病院行ってこい。
ていうか日本から早く出ていけ。
あ、中国の方でもお前なんかいらねえか。

332 :世界@名無史さん:2010/03/21(日) 08:34:15 0
太田尚樹必死杉

ワロタw

333 :世界@名無史さん:2010/03/21(日) 11:07:56 0
あのチャンコロのどこが知的なんだ
もともとチャンだから中国のことお前らより詳しいのはあたりまえなんだよ
ただあいつがここでえらそうに講釈たれてんのは
ほとんど中国のネットに出てることの受け売りだ
自身には何の力も知識もありゃしねえの

334 :世界@名無史さん:2010/03/21(日) 12:19:13 0
王さんてすごいなあ
あんなにホームラン打って
いつそんなに中国のこと勉強したんだろ

335 :世界@名無史さん:2010/03/21(日) 15:51:28 0
なにくだらんはぐらかししてんだ
野球選手の王は帰化してねえぞ
今も立派な台湾人だろーが。
名前も中国人の名前だろうが。
おまえだおまえなりすましチャンコロ、
お前は瀋陽あたりの出身だろ

336 :世界@名無史さん:2010/03/21(日) 15:58:34 0
Oh! Are you Japanese?

337 :世界@名無史さん:2010/03/21(日) 21:54:19 0
お彼岸だ。
芳子さんのお墓参りしてきた。
他の人もたくさん花を供えていた。
合掌。

338 :世界@名無史さん:2010/03/21(日) 22:56:06 0
春が近いとオツムがイカれた人もでてくるみたいですね

339 :世界@名無史さん:2010/03/24(水) 14:24:46 0
まだまだあるぞ、太田尚樹のでたらめ

粛親王、家族とともに北京脱出(P27)→粛親王が先に脱出して、家族は後から旅順へ逃れた。
会田勉『川島浪速翁』とかちゃんと読んだか?参考文献にも載ってないけど。

松本高女の制服がセーラー服(→P59)→セーラー服は芳子が勝手に着ていただけ。
松本高女の制服は袴で、すそに一本白線が入るのがトレードマーク。
洋服化されてからもジャンパースカートにブレザーみたいな制服だから
セーラー服は関係ない。

ちょっと見ただけででたらめだらけ。
芳子物を書く上で必ず参照しなきゃいけない基本中の基本文献さえ読んでいない。
でたらめ散布は犯罪である。
こんないい加減なことを書くのは本当に恥ずかしい限り。
こんな人物でも、元大学教授っていうだけでマスコミは川島芳子の専門家扱いするのだから、
あきれる限りである。

340 :世界@名無史さん:2010/03/24(水) 14:40:13 0
芳子のセーラー服も、普段から着ていたわけじゃないと思う。
記念室に展示してある写真とかに芳子のセーラー服写真があるけど、
あれは写真を撮るから、わざわざおしゃれしてセーラー服を着たのだろう。
写真館のようなところで撮った写真だし。
松本高女に通っていた時は、みんなと同じ袴をはいていたんじゃないかな。
だって松本高女まで馬で通ったんだぞ。セーラー服なんて着て馬乗ったらパンツ丸見えになっちゃうじゃないか。


341 :世界@名無史さん:2010/03/24(水) 17:37:19 0
袴で馬には乗れないと思う。ズボンを穿いて乗馬している写真を見たことがある。

342 :世界@名無史さん:2010/03/24(水) 18:35:16 0
明日のおもいっきりDON! で芳子の命日にちなんで特集があるそうだ。
「今日は何の日」

↑の太田氏も出るそうだぞ

343 :世界@名無史さん:2010/03/24(水) 18:41:31 0
公共の電波ででたらめ語るなよ
恥の上塗りだ

344 :世界@名無史さん:2010/03/24(水) 20:46:49 0
>>341
袴はいて馬に乗れないんじゃ、昔の日本人は何着て馬に乗っていたの?

345 :世界@名無史さん:2010/03/25(木) 11:41:05 0
今日がご命日。
合掌。

346 :世界@名無史さん:2010/03/25(木) 20:57:47 0
>>342
ワンコーナーにしちゃ長かったな。
しかし、太田尚樹は芳子の強姦シーンにしか興味ないのか。

347 :世界@名無史さん:2010/03/26(金) 00:57:23 0
太田氏談
「歪んだ愛情で親子の壁を越えてしまった…」

歪んでるのはお前のおつむじゃねーの、エロじじい。( ゚Д゚) キモー
なんで強姦ばっかり強調するんだろうか、このじいさん。
そうゆう説もある、くらいにとどめておけばいいのに、見てきたように断言して。
本当に恥ずかしいわ。

予想通りの低レベル番組でした。写真とドラマシーン並べているだけで、松本取材すらしてないみたいだし。
よんできたのがエロ小説家太田とはね…
スパイ工作を暴露したのが『男装の麗人』だって?
村松本人でさえあれはフィクションと断言しているのに。
あのめちゃくちゃな小説のせいで芳子は死刑になったのに。
適当なこと放送するなよ、日テレ!

348 :世界@名無史さん:2010/03/26(金) 06:28:27 0
>「歪んだ愛情で親子の壁を越えてしまった…」

なんか昔からよくある
「女なんか抱いてしまえばこっちのもの」とかいう
封建思想がにじみでてるよねw


349 :世界@名無史さん:2010/03/26(金) 08:48:56 0
芳子が強姦されたシーンを妄想しながらニヤニヤしていたかと思うと本当に気持ちが悪いです。
太田の本は村松梢風、楳本捨三、渡辺竜策などの本と比較してもダントツに下品でエロ妄想に満ちています。


350 :世界@名無史さん:2010/03/26(金) 20:15:01 0

そういえば昔同じ名前の国会議員で、スーパーフリーの集団レイプを
「元気があっていいんじゃないですか」とかいった馬鹿な議員がいましたね。

その場面テレビで見たけど、あきれた。そばにいた森喜郎とかもニヤニヤ。

太田って名前の奴はこういう時代錯誤の封建思想に染まるのかね。

351 :世界@名無史さん:2010/03/27(土) 02:26:25 0
>拒否すればするほど、いつしか自ら受け入れながら養父との情交を重ねていたに違いないのである。

妄想だけでここまで書けるってすごいね。
まるで芳子がレイプされて喜んでいるかのような書き方。
このじいさん、レイプ推奨者?
まじで嫌悪感がわいてくる。


352 :世界@名無史さん:2010/03/27(土) 09:11:52 0

「十八歳から大学を去る二十二歳までの四年の月日に、教授と同じ学舎の下に
学ぶ生徒A子は あまりにも重い、アブノーマルな生活を強いられていたはずで
ある。A子が髪を下ろしたぐらいでピリオドが
打たれるほど、男と女の関係は単純ではない。拒否すればするほど、いつしか
自ら受け入れながら教授との情交を 重ねていた」

・・・という妄想を一人研究室でいつも抱いていたに違いないのである。


353 :世界@名無史さん:2010/03/27(土) 12:01:48 0
太田ナオキも自分が主人公の小説かかれりゃ気分がよくわかるだろうよ。
妄想も全部「ナニナニに違いないのである」で全部事実認定さw

354 :世界@名無史さん:2010/03/27(土) 14:30:33 0
しかし、よくこんな恥ずかしい文章を実名と肩書き出して発表できるね。
ペンネームで同人雑誌とかに出すならともかく、テレビで顔までさらしてさ。
自らさらし者になって。俺だったらこんなの絶対無理!勇気あるね。ある意味感心するわ。
大学教授出身のポルノ作家としてデビューしたいわけ?
年取って理性が退化して色欲だけが暴走している状態なんだろうか。

汚らわしいからもう二度と川島芳子のこと語るな!
てめえの本は3割が昔の本の丸写し、7割はエロと妄想でできている。
芳子と田中がSMプレイしていたっていう根拠はどこにあるんだ?俺はそんなの見たことないぞ。
こんなでたらめ垂れ流すやつが、川島芳子の専門家でございますと、テレビにノコノコ出てくるとは、
厚顔無恥とはまさにお前のようなゲスのことを言うんだよ。エロじじい!恥を知れ!

355 :世界@名無史さん:2010/03/27(土) 14:54:16 0
>年取って理性が退化して色欲だけが暴走している状態なんだろうか

たぶん年齢からしてもはや色欲もあんまりない  に違いないのである
はっきりいってリアル世界ではもう  Ω\ζ°)チーン
の状態 に違いないのである
それで、心と体のアンバランスが生じ妄想に妄想が暴走し
このようなお下劣な文章を書いてしまう のに違いないのである

356 :世界@名無史さん:2010/03/27(土) 20:42:40 0

きょうは何の日2010/03/25「1948年 女スパイ・川島芳子が亡くなった日」

http://www.ntv.co.jp/don/don_02/contents_02/2010/03/post-75.html

357 :世界@名無史さん:2010/03/27(土) 21:07:50 0
年取っても、色ボケじじいなんて言われないような老後を送りたいですね。
m9(^Д^)プギャー!

358 :世界@名無史さん:2010/03/27(土) 21:44:47 0
「愛新覚羅 王女の悲劇―川島芳子の謎」 自薦の弁

http://officematsunaga.livedoor.biz/archives/50797185.html

太田尚樹(おおた なおき、1941年 - )は東海大学名誉教授、
青山学院大学講師。東京水産大学卒業、渡米し米国サンフランシスコ大学、
カリフォルニア大学バークレー校に留学、その後スペインのマドリード大学
に留学。専門を南欧文明史としていたが、近年は昭和の歴史をテーマとする
歴史ノンフィクションの分野における活動が続いている。スペイン史学会
およびスペイン中近世史研究会会員、東京都出身。


359 :世界@名無史さん:2010/03/27(土) 21:52:44 0
ノンフィクション・ノベル?(太田本人の本にはドキュメント・ノベルとか書かれているけど)
ノンフィクションでもドキュメンタリーでもない。
妄想系歴史ポルノです。近年まれに見るとんでもない駄本。

360 :世界@名無史さん:2010/03/27(土) 21:56:42 0
陸軍参謀次長にまでなった多田駿大将と愛人関係にあったと
『歴代陸軍大将総覧 太平洋戦争期』(中央公論新書ラクレ)で書いてあったけど本当なの?



361 :世界@名無史さん:2010/03/27(土) 22:28:02 0
兄憲立はそんなこと言ってたね。
兄の言うことがみんな真実かはまた別問題だけど

362 :世界@名無史さん:2010/03/27(土) 22:39:50 0
>東京水産大学

さかなクンのほうが100倍マシだよねw

363 :世界@名無史さん:2010/03/27(土) 22:43:11 0
東京水産大学卒から欧米留学、南欧文明史から昭和史へ行って川島芳子のポルノ執筆。
太田氏の軌跡がわけわからん。


364 :世界@名無史さん:2010/03/27(土) 22:56:58 0
きっと自分の妄想を適当にまとめて出版してしまえば、川島芳子のネームバリューで売れるだろうと踏んで出版したんだろうね。
世間の人間なんてどうせたいして知らないから、こんないい加減な本でも納得するだろうと、あまーく考えていたんだろうね。

お前の考え、甘すぎだよ!読者を馬鹿にしているんか?
駄本なんて出して、傷ついたのは自分の評判だよ。
お前の他の本は読んでないけど、どうせこの本と同じでテキトーな仕事しているんだろうなと想像がつく。



365 :世界@名無史さん:2010/03/27(土) 23:04:59 0
>>361
上坂冬子の当時の技量とか、時代背景によるんだろうが、後に汪精衛の取材
をしたときに比べると、芳子の本は、取材にあたった家族の数が少なすぎる。
汪精衛の場合、断られた兄弟以外にはみんな接触して取材かけたのに。
憲立がいかがわしい人物で、数日間の取材に200万も要求したことは、
後の上坂冬子の本にものべられている。
芳子の本がもう10年後に書かれたものなら、他の関係者の取材もみっちり
とれて、内容も、もう少し違うものになったんじゃないか。

366 :世界@名無史さん:2010/03/27(土) 23:10:14 0
憲立の商売は妹のスキャンダルを売ることだからなw

367 :世界@名無史さん:2010/03/28(日) 00:11:14 0
最近ゴキゲンだな
なんかいいことでもあったか?

368 :世界@名無史さん:2010/03/28(日) 11:28:36 0
>>354
芳子と田中隆吉の関係を、前出の渡辺龍策はサゾ・マゾの関係だったともいう。
あのいかつい田中がベッドではまるで芳子にかしずいて言いなりになり、
馬乗りになった芳子がロデオのカウボーイのようにムチを入れていた光景が、
使用人に目撃されていた。芳子の「この男に犯されてみたい」という心理が、
いつのまにか逆転して、「この男を犯してみたい」という奇形の心理に逆転
してしまうのである。
こうして芳子は上海で田中隆吉と出会ったことで、風変わりな女から一種の
変質者へと変わってしまった。

「愛新覚羅 王女の悲劇―川島芳子の謎」111-112P


369 :世界@名無史さん:2010/03/28(日) 11:35:32 0
彼女が男を誘う場合、もう一つ、別の目的を持つ場合があった。それはライオン
のメスが強いオスしか相手にしないように、セックス依存症になっていた芳子を
満足させてくれる相手とみれば、にじり寄っていく性癖があったことである。
これは、阿片を吸引すると性的興奮が高まることから、彼女の本来的な性癖を、
阿片が助長させたのかもしれない。

「愛新覚羅 王女の悲劇―川島芳子の謎」233P

370 :世界@名無史さん:2010/03/28(日) 11:42:20 0
タイガーウッズを思いだした

371 :世界@名無史さん:2010/03/28(日) 11:46:55 0
なんて下品な文章だ。
SM願望があるのはこんな文章書いた本人じゃねーの?
間違いなく歴代芳子本でワーストワンの糞本。
お下劣文章書いて平気でテレビで顔を晒す恥知らず。
こいつの人格ってどうなっているんだ。


372 :世界@名無史さん:2010/03/28(日) 11:49:01 0
一方、養父浪速の眼にも、近頃の芳子は胸も膨らみ、体に丸みを帯びてきて、
女の匂いも気になっていた。五十八歳の男でも、それは刺激的過ぎた。
今目の前にいるのは、養女とはいえ自分が手塩にかけた娘ではなく、一人の女
であった。そしてその夜、娘に向けられた養父のそれは、明らかに男の激しい
視線であり、か弱い子羊を狙うような、獰猛なオス狼と化した目付きであった。

「愛新覚羅 王女の悲劇―川島芳子の謎」68P


373 :世界@名無史さん:2010/03/28(日) 11:52:48 0
妄想だけでこんないやらしい中傷書きまくるなんて、ひどすぎる。
あの世で芳子さんに謝れ!
早くお迎えが来ればいいのに。

374 :世界@名無史さん:2010/03/28(日) 11:57:18 0
こんな下品な駄本に自推の文章書いたりテレビ出演している太田尚樹って頭おかしいの?
ぼけちゃってるの?まともじゃないよ。狂っている。

375 :世界@名無史さん:2010/03/28(日) 12:00:03 0
恐らく世間一般の人間は、細かい内容も知らず、芳子の本を書いたから
太田はなんか芳子の専門家なんだろうと思っているのだろうが、
実際はこういう名誉棄損スレスレの断定口調で、なんの根拠もないことを
あたかも本当のように書いて、川島芳子や浪速の名誉を傷つけている輩である。
矢追純一や五島勉も真っ青の「見てきたような」講釈師である。

いいかげんこういう破廉恥な輩を芳子の専門家とかいうのはやめたらどうか。
川島家も太田を訴えたほうがいいと思うのだが。

こういう根拠のない話を事実みたいに強調する手法は、どっかのテレビ局に
ソックリではないか。

376 :世界@名無史さん:2010/03/28(日) 12:03:17 0
このじじい、絶対許さない。
まさかここまで下品だとは思っても見なかった。
どの面下げてマスコミに出まくっているんだろうか。
地獄に落ちればいいのに。

377 :世界@名無史さん:2010/03/28(日) 12:08:23 0
いくら血が繋がっていないとはいえ、四十も歳の違う、それも自分の子供と
して育ててきた娘を手篭めにするのは、たしかに異常である。世上いわれるように、
大陸浪人は女と金には見境がなくても、である。
あるいは手塩にかけた娘が日に日に成長していく姿に、もこれを他人に奪われたく
ないという、男のエゴを通り越した、歪んだ父性の暴発なのか。

「愛新覚羅 王女の悲劇―川島芳子の謎」70P

378 :世界@名無史さん:2010/03/28(日) 12:12:23 0
東海大学の名誉教授がお下劣文章書いて自画自賛。
今年69歳だというのに、いやらしい妄想全開。
嘘つき、でたらめだらけ。見てきたように嘘をつく破廉恥。
セックス願望強すぎ。ぼけて理性が吹っ飛んで頭の中いやらしい妄想でいっぱいになっちゃったの?


恥ずかしくないの?恥ずかしくないの?恥ずかしくないの?恥ずかしくないの?
恥ずかしくないの?恥ずかしくないの?恥ずかしくないの?恥ずかしくないの?
恥ずかしくないの?恥ずかしくないの?恥ずかしくないの?恥ずかしくないの?


379 :世界@名無史さん:2010/03/28(日) 12:17:48 0
そのとき田中は、芳子を自由に操るにはまず男女の関係になることだと考えた。
それでこそ理想的な女スパイができ上がる。そう思っていた矢先に彼女のほうから
仕掛けてきて、キャセイホテルでの一件となるのだが、案の定、貞操を守って
かしずくような女と違って、遊び慣れた女の味はまた格別であった。夫のもと
を離れて自由奔放な生活に慣れた芳子は、もう昔のような女ではなかったのである。

「愛新覚羅 王女の悲劇―川島芳子の謎」105P

380 :世界@名無史さん:2010/03/28(日) 12:26:18 0
また不細工な男はプライドの高い芳子の女心を満足させてくれた。
芳子の美貌が男への優越感となって、女心をくすぐるからである。
さらに醜男の心底には女の母性をかきたてる、えもいわれぬ湿度がある。
こういう男にはコンプレックスがあるから、それを補完するように妙な色気
が体内から発散されることになる。
人間の体に備わった自然治癒力みたいなもので、マイナス面をカバーするために
逆のベクトルが働いて、色気という武器で武装するからである。実際、芳子は
男が発散するこの手の武器にはめっぽう弱かった。

「愛新覚羅 王女の悲劇―川島芳子の謎」111P

381 :世界@名無史さん:2010/03/28(日) 12:28:06 0
気持ち悪い文章。このエロじじいの精神世界がよーくわかる文章だ。
こうゆうエロ願望持ちながら芳子の写真とか見てるんだろ?
芳子のこと考えながら下品な妄想にふけってこの本書いたんだろ?
ふざけんなよ。糞じじい。芳子が汚れる。二度と川島芳子を語るな。
氏ねじゃなくて死ね。
地獄に落ちろ、地獄に落ちろ、地獄に落ちろ、地獄に落ちろ、地獄に落ちろ、
地獄に落ちろ、地獄に落ちろ、地獄に落ちろ、地獄に落ちろ、地獄に落ちろ、
地獄に落ちろ、地獄に落ちろ、地獄に落ちろ、地獄に落ちろ、地獄に落ちろ、

382 :世界@名無史さん:2010/03/28(日) 12:43:06 0
当惑している藤田をよそに、芳子はスラスラとセーラー服を脱ぎだし、上半身
裸になると男のように腕組みしてポーズをとったという。藤田の記憶では、
ふっくらした胸の左右に、処女らしく蕾のように可愛い二つの乳房が並んでいた。
(中略)笹川良一は、彼女が太ももを開いて注射している姿を見ている。
それでも男の目を意識しているとは限らず、李香蘭も同じ光景を
見せつけられているから、露出狂、つまり自ら裸体を晒すことを好む、性的
倒錯の一種だろう。そこまでいかなくても、肉体を隠すというガードのバリアー
がかなり低いことは確かだ。

「愛新覚羅 王女の悲劇―川島芳子の謎」64-65P

383 :世界@名無史さん:2010/03/28(日) 12:50:28 0


(・∀・)ニヤニヤ

↑この本を書いている時の太田の想像図

384 :世界@名無史さん:2010/03/28(日) 12:57:55 0
                               気持ち悪いんだよ、エロじじい!
                                 / ̄ ̄三二ニ―     
                               /  ヽ_   三二ニ―      
                               (●)(● )   三二ニ―     
                            l⌒l, (__人__)     三二ニ―    
                            |'''`|  l`⌒ ´     三二ニ―    
                            |  |   {     三⌒三二ニ―      
                            l  l__ . {    三  へ 三二ニ―  
    /⌒⌒⌒⌒⌒⌒\             ヽ   !、       二\ 三二ニ―  
 ∩   \从_人、ノヽ/ ヽ                `/       三  !、 _三二ニ―  
( ⊂) <    ,r'´ ̄`'┘―‐―''゙ ̄ ̄  ゛'' ‐- ,,_/       三二ニ―   
 | |煤@  !、 __                        三二ニ―
トニィ く        そ   |   ̄゛'' ‐- ,,_           ,三二ニ― 
.|  i/V^ヽl⌒ヽ/V\/          ̄ /     三二ニ―     
 \  \         ,/         /     三二ニ―
  \  ヽ        ノ         /     三二ニ―
    ン `ー---一 ' \      /     三二ニ―
    ./ イ( /  /   \  
    太田尚樹(69)

385 :世界@名無史さん:2010/03/28(日) 13:09:02 0
彼女は変装するたびに、その完璧さに満足感を覚える以上に、一種異様な快感
が体中を突き抜けるのを感じた。女から男への変身。そしてまた女に戻る歓び。
(中略)そしてスパイへの変装に成功した歓びは、性の転換を成しとげたときの
倒錯した、名状しがたい心持ちをさらに増幅されてくれた。だから、その歓びを
表現しないと彼女は収まらない。

「愛新覚羅 王女の悲劇―川島芳子の謎」175-177P

386 :世界@名無史さん:2010/03/28(日) 13:15:28 0
村松はベッドが一間ほど隔てているとはいえ、芳子と同室で生活していたので、
田中は妄想と嫉妬に苦しむ自分に奇妙な快感を味わっていたとみられる。
(中略)虚構を作り上げる作家でなくても、不可解な謎の女性というところに
惹かれてしまうのは、無理もない。覗いてみたくなるのは人情だし、それが
妙齢の女性となれば、不思議な玉虫色はさらに輝きを増すものである。
だが毒をたっぷり含んだこの女の誘惑に乗れば、カマキリのように食いちぎられて
しまうのは分かっていたから、生身の男としては辛いのである。

「愛新覚羅 王女の悲劇―川島芳子の謎」186P

387 :世界@名無史さん:2010/03/28(日) 13:23:03 0
だがそのさなかに、焼けぼっくいに火が付いて、また男と女のドロドロした
絡み合いに逆戻りしていた。田中を相変わらず、「誰のお陰で今の地位がある
んだ!」と罵倒しておいて、その夜はまたケロッとした顔をして田中の宿舎を
訪ねるといった、だらだらした関係が続いていた(中略)
「川島芳子なんて国際的淫婦だ。日本の国辱ものだよ」と言う者もあれば
「でも中国人だよ。それを武器にして、有名になっただけなんだ」
と言う者までいた。

「愛新覚羅 王女の悲劇―川島芳子の謎」187-188P

388 :世界@名無史さん:2010/03/28(日) 13:24:32 0

>川島芳子なんて国際的淫婦だ。

(・∀・)ニヤニヤ

↑太田尚樹


389 :世界@名無史さん:2010/03/28(日) 13:42:43 0
                              エロ妄想オナニーもいい加減にしろ!

                                 / ̄ ̄三二ニ―     
                               /  ヽ_   三二ニ―      
                               (●)(● )   三二ニ―     
                            l⌒l, (__人__)     三二ニ―    
                            |'''`|  l`⌒ ´     三二ニ―    
                            |  |   {     三⌒三二ニ―      
                            l  l__ . {    三  へ 三二ニ―  
    /⌒⌒⌒⌒⌒⌒\             ヽ   !、       二\ 三二ニ―  
 ∩   \从_人、ノヽ/ ヽ                `/       三  !、 _三二ニ―  
( ⊂) <    ,r'´ ̄`'┘―‐―''゙ ̄ ̄  ゛'' ‐- ,,_/       三二ニ―   
 | |煤@  !、 __                        三二ニ―
トニィ く        そ   |   ̄゛'' ‐- ,,_           ,三二ニ― 
.|  i/V^ヽl⌒ヽ/V\/          ̄ /     三二ニ―     
 \  \         ,/         /     三二ニ―
  \  ヽ        ノ         /     三二ニ―
    ン `ー---一 ' \      /     三二ニ―
    ./ イ( /  /   \  
    太田尚樹(69)


390 :世界@名無史さん:2010/03/28(日) 13:53:22 0
お嬢様も
くれぐれもアカハラには
お気をつけくださいしましね

391 :世界@名無史さん:2010/03/28(日) 14:18:42 0
69にもなってエロ妄想でいっぱいの教授すげーよ。
その調子で女子学生に劣情もっていたんだろ?
マジで笑えるんだけど。キモイじいさんだ。

392 :世界@名無史さん:2010/03/28(日) 14:45:06 0
>遊び慣れた女の味はまた格別であった。

(・∀・)ニヤニヤ

↑太田尚樹



393 :世界@名無史さん:2010/03/28(日) 16:25:47 0
ttp://d.hatena.ne.jp/banka-an/20090512

評伝でもない、かといって小説でもない「ドキュメント・ノベル」という
スタイル。作者の自由な想像力が羽ばたいている。うん、こういうスタイル
も読みやすくて良いんじゃないですか。学者先生が書いたとは思えない。
テンポもいい。まるで講談を聞くようないい心持ち。
惹句に曰く、「動乱の満州、中国で暗躍し、「東洋のマタ・ハリ」
「男装の麗人」と称された川島芳子のミステリアスな生涯と死の真相に迫る。」
だけど「死の真相」にはそれほど迫っていない。昨日も書いたけど、
「死の真相」にはあまり迫らないほうが良い。
他の川島ものと比べると「男の性」がよくかけているってことが特長かな、
俗な言い方だけど。そういえば現在手に入る川島ものってすべて女性の
書き手だったんだよね。
男性の書き手だけに、芳子みたいな剣呑な女についつい近づいていって
しまう悲しい男の性がよく描けているような気がするのだ。まぁ、
どいつもこいつもろくでもない連中なんだけど、芳子を巡る男の中で唯一
かっこよく描かれているのが、笹川良一。ご存知、競艇の胴元にして政財界
の黒幕。戸締り用心、火の用心の人。
これはちょっとかっこいいぞ。良過ぎるくらい。度量の大きな男としての
かっこよさが存分に描かれている。このへんも「ドキュメント・ノベル」
の醍醐味かもしれない。

394 :世界@名無史さん:2010/03/28(日) 16:33:27 0
アマゾンのレビューもメチャクチャ?

偶然、昨日のテレビ(Nテレ)のワイドショーで太田氏が川島芳子の解説を
しているところを見ました。3月25日が川島芳子の命日ということで。
ふと思い立ちレビューを書いてみました。私は正月に読んだのですが、
テレビの内容は少々簡単にまとめ過ぎていたと思います。解説者である
太田氏の考えなのか、編集側の意向なのか判りませんが。正月に読んだ時には、
不明な点がいろいろあるということを含めて、ドキドキして読んだのですが。
ワイドショーだから、何も知らない人に対して適当に簡略化してまとめたんで
しょうね。
川島芳子にしてもマイケル・ジャクソンにしても有名人の真相は謎が多いもので、
知っているかのように否定的なレビューを書く方もいるようですが、本当の事は
誰にもわかるはずがないのだから、謎は謎として楽しんで読書すればいいのだと
思います。そうでなかったら、大河ドラマなんて見ていられないし。
テレビのコメントは兎も角、とても興味深い本です。

395 :世界@名無史さん:2010/03/28(日) 18:02:57 0
ドキュメント・ノベルって憶測と妄想を駆使してエロ話を書き散らすことなんだ。
へー、新しいジャンル?
ドキュメントって記録っていう意味じゃなかったの?
妄想の癖にドキュメントとは何ぞや。
都合悪くなかったら、これはノベル、小説だって逃げるつもりだったの?
ふざけんなよ、卑怯者!
こんなでたらめ妄想書きやがって。脳みそ腐ってるんじゃないの?



396 :世界@名無史さん:2010/03/28(日) 18:30:32 0
      ∧_∧  くだらないエロ妄想書いているんじゃねーよ!
     _(  ´Д`)
    /      )     ドゴォォォ _  /
∩  / ,イ 、  ノ/    ∧ ∧―= ̄ `ヽ, _
| | / / |   ( 〈 ∵. ・(   〈__ >  ゛ 、_
| | | |  ヽ  ー=- ̄ ̄=_、  (/ , ´ノ \
| | | |   `iー__=―_ ;, / / /
| |ニ(!、)   =_二__ ̄_=;, / / ,'
∪     /  /       /  /|  |
     /  /       !、_/ /   〉
    / _/             |_/
    ヽ、_ヽ           太田尚樹(69)東海大学名誉教授

397 :世界@名無史さん:2010/03/28(日) 18:39:28 0
東海大学さん、こんなエロじじいを名誉教授になんてしておいてたら、大学の名誉が傷ついちゃうよ

398 :世界@名無史さん:2010/03/28(日) 20:09:32 0

>いやー東海大学は天国ですよ

(・∀・)ニヤニヤ

↑太田尚樹


399 :世界@名無史さん:2010/03/28(日) 20:13:17 0
渡辺龍策『川島芳子その生涯―見果てぬ滄海―』
この養父から芳子は、思い出すのも死ぬほどつらいいまわしい振舞にあったという噂が流れた。
真偽のほどはつかみえないので、ここはただ芳子の兄憲立自らの言葉に頼るよりしかたがない。
それによると、両親の死後の財産整理その他の用務で川島浪速が芳子を伴って旅順に行ったとき、
浪速は突然に憲立にこうゆうことを言ったそうである。
「あなたのお父さん、粛親王は仁者である。わたしは勇者である。しかし、仁者だけでは天下はとれない。
勇者だけでも失敗する。そこで仁者と勇者の血を結合させたならば、そこに生まれた子は必ず仁勇兼備であると思う。
そのことをあなたは賛成してくれるだろうね」

400 :世界@名無史さん:2010/03/28(日) 20:16:47 0
楳本捨三『妖花川島芳子伝』
川島浪速に対する評価は多種多様である。なかでも芳子の兄、愛新覚羅憲立の言葉は悪罵に近い。
芳子が訴えたのか、憲立がじかに感じたのか、山家やカンジュルジャップ以上に芳子の肉体を欲していた
ように書いている。まあ、真偽は別としてその言葉をきくこととしよう。
(以下憲立の言葉)

401 :世界@名無史さん:2010/03/28(日) 20:20:19 0
太田尚樹『愛新覚羅王女の悲劇 川島芳子の謎』
いくら血が繋がっていないとはいえ、四十も歳の違う、それも自分の子供と
して育ててきた娘を手篭めにするのは、たしかに異常である。世上いわれるように、
大陸浪人は女と金には見境がなくても、である。
あるいは手塩にかけた娘が日に日に成長していく姿に、もこれを他人に奪われたく
ないという、男のエゴを通り越した、歪んだ父性の暴発なのか。

十六歳から松本を去る十九歳までの三年の月日に、浪速と同じ屋根の下に住む芳子は
あまりにも重い、アブノーマルな生活を強いられていたはずである。乙女が髪を下ろしたぐらいでピリオドが
打たれるほど、男と女の関係は単純ではない。拒否すればするほど、いつしか自ら受け入れながら養父との情交を
重ねていたに違いないのである。

402 :世界@名無史さん:2010/03/28(日) 20:21:27 0
どー見ても歴代川島芳子本の中で最低最悪の糞本です。

太田尚樹氏にはエロ妄想大賞を進呈いたします!

403 :世界@名無史さん:2010/03/28(日) 20:46:56 0
なにがムカつくって、このジジイの筆調がスケベ心まるだしの癖に女性蔑視に満ち溢れていること。
妄想を駆使して芳子を淫乱女に仕立てて、自分のエロ願望を書きまくっていること。
太田の頭の中では淫乱な女を蔑んでいる癖に、淫乱な女とやりたくて仕方がないのでしょう。
なーにが「遊び慣れた女の味はまた格別であった」だよ!
本当に気持ち悪いし、読んでいてヘドが出るつーの!

404 :世界@名無史さん:2010/03/28(日) 21:43:21 0
東海大学に娘を通わせている父兄は、太田のこの文章を読んでどう思うのかね

405 :世界@名無史さん:2010/03/28(日) 22:41:58 0
仮にどっかの高校教師が、こういう妄想小説を発表したら、いくら
小説であっても必ず父兄から苦情が来て、さんざん叩かれるはずだ。
大学教授なら許されるというもんでもなかろう。こういうエロ思想を
もっている教授に娘を預ける(ゼミ・研究生など)親はどういう心境に
なるのだろうか。
こういう小説をありがたがっている>>394みたいな女も、自分の担当教授
が、こういう思想をもっている奴だったらどうするのか。授業を受ける気に
なるのか。どっか他人事で神経が一本とんでいるというしかない。

406 :世界@名無史さん:2010/03/28(日) 23:18:34 0
「遊び慣れた女の味はまた格別であった」

うげー、最悪。なに考えてるんだこいつ。こいつの思想いやらしすぎる。
二度と川島芳子に関わるな!ボケ!

407 :世界@名無史さん:2010/03/28(日) 23:22:10 0

>遊び慣れた女の味はまた格別であった。

(・∀・)ニヤニヤ

↑太田尚樹


408 :世界@名無史さん:2010/03/28(日) 23:26:27 0
              ̄ ̄ ̄ ̄-----________ \ | /  -- ̄
      ---------------------------------  。←>>太田尚樹(69)
           _______----------- ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
               ∩      ∧ ∧    / / |  \   イ
               | |     (   )  /  ./  |    \ /
地獄に落ちろ!     | |  _ /    )/   /  |     /|
               | |ニぅ/ /   //    /   |    / .|
               ∪ノ  ,/   /'    /    |│ /|
 _____      ,./ /∠__|     /   .─┼─ |
(_____二二二二)  ノ (\__,/|    / ┼┐─┼─
              ^^^'  ヽ, |  |   /.  ││  .│


409 :世界@名無史さん:2010/03/28(日) 23:47:14 0

「銀髪の妄想の巨塔」太田尚樹の画像を発見しますた↓

http://www.athome-academy.jp/archive/history/0000000184_all.html

http://www.tsc.u-tokai.ac.jp/shonan/csoudan/staff02.html
(下のほうにあります)

この顔にピンときたら即保健所へ通報を !

410 :世界@名無史さん:2010/03/28(日) 23:49:09 0
>>409

>若いときには50CCのバイクでヨーロッパを一周したり、
>野宿をしたりして青春を謳歌しましたが、今でも気持ちは若いです。

(・∀・)ニヤニヤ

411 :世界@名無史さん:2010/03/28(日) 23:53:01 0
「今でも気持ちは若いです」
エロ妄想で頭いっぱいなのは中学生くらいまでにしてくれる?

412 :世界@名無史さん:2010/03/29(月) 00:19:29 0
>>409
太田氏談
「しかし、史料というのは空白が付き物。想像を膨らませてそこを埋めていくのが、この研究の楽しみであり醍醐味です。」

想像で埋めるのは研究じゃないから!それはただの空想であり妄想だから!
資料的裏づけのできないものは全然学術的価値ないから!
こんなこと言っているようじゃ、他の著書も押して知るべしだね。
おそらく日本史学会でも西洋史学会でもただの電波爺さん扱いなんじゃないかな。
だいたい、ちゃんとしたアカデミズムの教授は小説形式の文章なんて書かないから、変だと思ったんだよ。
こんないい加減なことやっている人間でも教授になれるんだ。逆に驚いたよ!どんなコネ使ったの?

413 :世界@名無史さん:2010/03/29(月) 00:52:03 0
史料がなくても妄想で埋めちゃう、それが太田尚樹クオリティ♪

414 :世界@名無史さん:2010/03/29(月) 01:25:10 0

「太田尚樹まつり」開催中!

415 :世界@名無史さん:2010/03/29(月) 01:43:18 0
太田の爺さん、東京水産大学卒の後、サンフランシスコ大学、 カリフォルニア大学バークレー校、
マドリード大学に留学といろいろな大学の名前を書いているけど、修士学位も博士学位も取ったと書いてないな。
留学して何やっていたの?バイクでヨーロッパ一周して青春を謳歌しただけ?
いったい留学してどんな学問を修めてきたんだよ?
歴史学の基礎もないんじゃねえの?



416 :世界@名無史さん:2010/03/29(月) 06:23:23 0
太田の本の234ページに
「上坂冬子の『男装の麗人川島芳子伝』には、芳子の親族の話として、
彼女が日本でラッパ管(卵管)の手術を受けていた、という話が書かれている。
婦人科系病気に罹っていたか、堕胎処置を受け、その影響で不妊症になっていたのかもしれない。」

とあります。これを読んであまりのひどさに怒りで涙が出ました。
なんで太田という人間は芳子さんにこんなひどい中傷をするのでしょうか。
上坂の本には、兄憲立の言葉として芳子が結婚前に喇叭管の手術をして子供が生めない体になっていたと書いているのみで
堕胎なんて一言も書いてありません。どうして憶測でこんなひどいことを書けるのでしょうか。
捏造、あまりにも悪質な捏造。下品で、いやらしくて、根拠のないことを書き連ねる最低の人間だ。
ここまで芳子さんを貶めて、芳子さんに何か恨みでもあるのでしょうか?
あまりのひどさに怒りで手が震えます。太田がやっているのは、とてつもなく悪質な名誉毀損です。
芳子さんだって子供が生めないことを気にしていたかもしれないじゃないか。
カンジュルジャップと別れたのだって、その後別れたダンナとも交流を続けていたことを考えれば
互いに嫌いで別れたのではなく、跡継ぎができるように、子供を生めない自分は身を引いたのかもしれない。
彼女なりに悩んでいたと思う。
太田尚樹よ、お前はもし芳子さんが生きていたとして、彼女に面と向かって
「あんたが子供が生めなかったのは堕胎したからだろう」なんて言えるのか?
この卑怯者め。もう死んだ人間なら何を書いてもいいと思っているのか?
太田の頭の中では不妊の女性というのは堕胎したということなのか。
芳子だけでなく、女性に対する蔑視丸出しで、絶対に許すことができません。
太田尚樹は全女性の敵です。

417 :世界@名無史さん:2010/03/29(月) 06:35:10 0
そこまでは気がつかなんだ

418 :世界@名無史さん:2010/03/29(月) 13:32:57 0
これは酷すぎる…
子供ができない体→堕胎処置の影響で不妊症になったのかもしれない

それも根拠無しの憶測、妄想で書いているだけ。
本当に女性を冒涜しているわ。
これ書いたとき何とも思わなかったのだろうか。異常だね。

太田尚樹はすでに痴呆症を発症しているか、脳の病に罹り、
その影響でこのようなゴミ文を書いてしまった のかもしれない。

「のかもしれない」「に違いないのである」ってつければ何書いてもいいんでしょ?

419 :世界@名無史さん:2010/03/29(月) 13:45:14 0
太田尚樹、貴様は自己の欲求を満たすために川島芳子を題材にして
くだらない憶測、妄想、捏造をあたかも真実のように書いて読者を騙し、
川島芳子を冒涜した。

このことは絶対に許されることではない!!!!!
貴様の罪は万死に値する!!!!!!!

川島芳子と読者に向かって、嘘でたらめを書いたことを土下座して謝罪せよ!!!!

420 :世界@名無史さん:2010/03/29(月) 15:07:07 0
太田「不妊の女なんて堕胎したか病気にでも罹っているんだろう」

ってか?太田マジ許さん。こいつ本当に腐っている。
太田こそ梅毒でも脳に周って妄想に取り付かれてしまった のかもしれない。

421 :世界@名無史さん:2010/03/29(月) 17:01:00 0
ゲス太田は人間のクズ
川島芳子の妄想をでっち上げて金儲けして、川島芳子の専門家みたいな顔して
テレビに出てくる恥知らず。
ここまでひどい本出したやつは今までいないぜ。
史上最悪ワーストワンのゴミ。

422 :世界@名無史さん:2010/03/29(月) 18:06:17 0
>>418>>420

太田の患っている病気が判明しました

「妄想依存症」です

423 :世界@名無史さん:2010/03/29(月) 18:21:16 0
太田尚樹に天罰が下りますように。
思いっきり苦しんで死ねばいいのに。
地獄に落ちろ!地獄に落ちろ!地獄に落ちろ!地獄に落ちろ!地獄に落ちろ!
地獄に落ちろ!地獄に落ちろ!地獄に落ちろ!地獄に落ちろ!地獄に落ちろ!
地獄に落ちろ!地獄に落ちろ!地獄に落ちろ!地獄に落ちろ!地獄に落ちろ!

424 :世界@名無史さん:2010/03/29(月) 20:32:15 0
まだまだあるよ。太田尚樹のでたらめ

汪が蒋介石らと共に北伐の国民党革命軍戦士として北京にいたとき、
清朝政府の要人暗殺を企てて捕えられたことがあった。
そのとき、芳子の父粛親王が「見所のある若者だ」ということで、
密かに他の死刑囚とすり替えて、汪の命を助けたのである。p297-298

汪兆銘が溥儀の父醇親王を暗殺しようとして捕えられ粛親王が助命したこと言っているの?
汪兆銘が捕えられたのは1910年だよ。さて問題です北伐は何年でしょう?
答えは1926-28年だよ。こんなの高校の世界史でもやるさ。
それから国民党ができたのは1919年で、清末に国民党なんてねーよ。
ついでに、汪兆銘は辛亥革命の大赦で釈放されたんで、死刑囚とすり替わって出てきたんじゃねーよ。

歴史事実も知らないなら歴史物なんて書くな!!!
太田尚樹って何なの?アホなの?本当に痴呆症発症しているの?妄想と史実の区別がつかなくなっちゃったの?
講談社もひどい本を出版したもんだ。誰が見てもおかしいでしょ、これ。
高校の世界史レベルだよ。編集者かなんかがチェックしなかったの?
こんなでたらめ出版する講談社にも失望した。今後こんな嘘つき爺さんには本書かせるなよ!


425 :世界@名無史さん:2010/03/29(月) 22:31:56 0
阿呆博政の本も平気で出版するくらいだからねえ。
「逮捕される前に身代わり使って逃げた」ってw
じゃ裁判に出て写真に写ってるの誰なのさw

426 :世界@名無史さん:2010/03/30(火) 20:38:30 0

太田センセイ、今度は「竜馬ブーム」に便乗か
-------------------------------------------------------------------
太田尚樹 (2009年11月20日 11:40)
○○様

東海大学名誉教授の太田尚樹と申します。「万次郎日記」
(安政6年7月26日〜同年10月22日)のなかに、「坂本龍馬」
に関する記述があるかどうか、あれば何と書いているのか知りたいと
思っております。あるいは子孫の方の連絡先でも教えていただけたら
思います。よろしくお願いいたします。

427 :世界@名無史さん:2010/03/30(火) 21:12:41 P
竜馬、逃げて〜逃げてぇ〜〜ッ!!

そのサイト見てきたけど、返信を頂きながらお礼の書き込みもしてないんですね。

428 :世界@名無史さん:2010/03/30(火) 21:37:59 0
もう一回見てきなよ

しかも名前間違えてんだよなw

429 :世界@名無史さん:2010/03/30(火) 22:01:02 0
太田尚樹氏(東海大学教員、異文化交流研究会代表)、
著書に『スペインは太陽の香り』、『サフランの花香る大地ラマンチャ』
(中央公論社)、『ヨーロッパに消えたサムライたち』(角川書店)など。
近著に『死は易きことなり――陸軍大将山下奉文の決断』(講談社)。


この場合の「異文化交流」ってのは森本レオの使ってる意味でおK?

430 :世界@名無史さん:2010/03/30(火) 22:09:41 P
>>428
ちょっ!ほんとだw
失礼すぎるw

431 :世界@名無史さん:2010/03/30(火) 22:13:25 0
えーと太田尚樹への苦情ってどこ宛なのかな

東海大学
http://www.u-tokai.ac.jp/info/inquiry/index.html

432 :世界@名無史さん:2010/03/31(水) 06:35:37 0
自分で名誉教授ですとかいうなよ恥ずかしい奴だな

433 :世界@名無史さん:2010/04/01(木) 23:57:12 0
太田、節操ないなあ。
今度は龍馬でエロ妄想小説?

434 :世界@名無史さん:2010/04/02(金) 00:16:33 0
太田は自分が何をしても許されると思っているのだろうか。
実在の人物を憶測と妄想で中傷して、故人への冒涜だし、遺族や関係者の気持ちも考えないのだろうか。
とてつもない傲慢さを感じる。
東海大学の名誉教授様が書いてやるんだ、ありがたく思えとでも言いたいのだろうか。

龍馬に手を出すなんて、やめておけ。
専門外の癖に、ちょちょっと小手先で調べて、あとは妄想で補完するようなお粗末な本出したら
龍馬ファンを激怒させること確実。
だいたい史実調べもできないようじゃ、歴史物を書く資格無し!
これ以上恥をさらすな。

435 :世界@名無史さん:2010/04/02(金) 02:53:25 0
出版から1年もたってこれだけ話題にしてもらえるなんて
太田も果報者だよなw

436 :世界@名無史さん:2010/04/02(金) 04:11:40 0
事情が全然わからないのに、卵管の手術受けて子供が生めない体になった女性に
根拠もなしに「堕胎で不妊になった」とか平気で書ける太田は狂っている。
卵管の手術受けた女性は堕胎したことになるんですか?????
川島芳子を淫乱な女性として読者に印象付けようとして、悪質な名誉毀損と根拠のない中傷をしている。
二度と川島芳子に関わるな!ボケ!

437 :世界@名無史さん:2010/04/02(金) 05:49:39 0

>ふっくらした胸の左右に、処女らしく蕾のように可愛い二つの乳房が並んでいた。

(・∀・)ニヤニヤ

↑太田尚樹


438 :世界@名無史さん:2010/04/02(金) 06:25:15 0
龍馬には手を出さんほうがいいぞ。
龍馬ファンを怒らせたら、芳子とは比べ物にならないくらい恐ろしいことになるだようよ。

439 :世界@名無史さん:2010/04/02(金) 08:01:31 0
太田の本 あとがき
本書を書き上げた今、あらためて川島芳子とはどんな人物かと問われれば、
「わからない」としか言いようがない。しかし、「人間とは何ぞや」という
普遍的なテーマを見つめることを自らに課している筆者には、
得がたいサンプルであったことは間違いない。

すげー上から目線で笑ったw
よくわからない人物のことについて、根拠もないのに堕胎とか書くなよ!
人の人生について偉そうなこと書く前に、自分のこと見つめなおしてみたら?

440 :世界@名無史さん:2010/04/02(金) 10:35:19 0
勝手な憶測だけで堕胎したとか言われたらたまらないね。
芳子さんかわいそう。太田は最低。

441 :世界@名無史さん:2010/04/02(金) 13:44:40 0
太田のでたらめシリーズ

ノンナイジャップは満洲事変後、匪賊かあるいは関東軍の手で暗殺されたらしく
二度と姿を現すことはなかった。p85

上坂冬子の本、よーく読んでみな。ノンナイジャップは外モンゴルで消息不明になったんであって
関東軍は関係ないから。
おそらく外モンゴルの1930年代の粛清にあって殺されてしまったのだろう。

知ったかぶりして適当に書くのは恥ずかしいね。太田の本は間違いの宝庫。
まだまだ間違いが出てきそう。

442 :世界@名無史さん:2010/04/02(金) 14:12:48 0
人の本からあちこちつまみ食いしているだけで、それも不正確にコピーして、
こうゆうのを劣化コピーっていうんだよ。
太田の本=劣化コピー+エロ妄想

443 :世界@名無史さん:2010/04/02(金) 18:05:51 P
わからないなら本なんか書くな、バカ

444 :世界@名無史さん:2010/04/02(金) 18:22:26 0
>>442多少スレチだが。

嵯峨浩の「流転の王妃」を読んでから、渡辺みどりの「愛新覚羅浩の生涯 昭和の貴婦人」を
読んでみな。唖然とするよ。最初の1/3くらいは、ほとんど全部丸写し。
ただ、微妙に書き方はかえてあるけどね。
笑っちゃうのは、元の書き手の浩はちゃんと意味がわかって書いてるのに、
渡辺みどりは意味がわからないもんだから、トンチンカンなことを書いてる
箇所がなん箇所もあるw
まあ、よく恥ずかしげもなく、ただの一冊の本からここまで丸写しできるなと
ある種感動したよ。普通は引用するにしても複数の本読んで組み合わせたりするもんだが。
それ以来、渡辺みどりか゛テレビに出ても、全く信用できなくなった。

445 :世界@名無史さん:2010/04/03(土) 12:43:08 0

「遊び慣れた女の味」ってどういう味なんですか?

わからないなぁ

教えてください 太田センセイ!

446 :世界@名無史さん:2010/04/03(土) 13:43:49 0
「苦みばしった男の味」みたいなもんだろう

447 :世界@名無史さん:2010/04/04(日) 12:08:14 0

ttp://plaza.rakuten.co.jp/yamanoha/diary/200712200000/
「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」 通巻第2033号  増大号 上 [ カテゴリ未分類 ]
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◆◇◆◇
「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」 
平成19年(2007年) 12月20日(木曜日) 
通巻第2033号  増大号
△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△
((((((( 今週の書棚 )))))))
   ♪
山崎厚子『秋瑾 火焔の女』(河出書房新社)
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
 あの革命前夜、清朝の腐敗堕落にたちあがり新政治を目指した烈女がいた ▽
 男装の令嬢といえば、川島芳子(満州浪人の頭目だった川島浪速の養女。
本当はカラチン皇女。またの名は「東洋のマタハリ」という)。

 革命烈士はと言えば、男と相場が決まっているが、革命列女が孫文の時代にいた。
 その名は秋瑾。清朝末を駆け抜けて革命前夜の裂帛の精神を遺した。
本書の主人公である。幼名を玉姑、あざなは玉叡。山崎厚子さんの
『秋瑾 火焔の女』は、彼女の全生涯を追及した労作となった。
-------------------------------------------------------------------------
これもひどいな。わざとやってんのか、これ。誤字脱字のレベルじゃねーぞ。
芳子のことモンゴル人だと思ってんのかね。芳子の本なんかまともに読んだこともないんだろう。
下のほうの記事でもなんか事実誤認みたいなこと書いてるし。これで中国の専門家? あきれたわ。

まあ、単なる観光旅行を「中国全省取材した」とか誇大広告してるおっちゃん
だからしゃーねーか。テレビ見ない主義らしいけど、みなくてもいいけど事実くらい
正しく把握してモノ書いてください。恥ずかしいですよ。

448 :世界@名無史さん:2010/04/04(日) 23:00:58 0
http://www.melma.com/backnumber_45206_1459475/

宮崎正弘の国際ニュース・早読み発行日: 2004/8/17
△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△
「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」
     平成16年(2004)8月18日(水曜日)
         通巻 第888号  
△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△
本日分もニュース解説はありません。888号記念 増刊号。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(旧満州 旅酒日記?) △
ようやく見つけた王府址はみごとな観光施設に化け、清朝の服装をした女性ガイド
が十人近い。片言の英語を喋る女性ガイドも一人いたが、あとは方言が強い普通語だ。
それだけ国内からの観光バスツアーが多い。日本人はくる?と聞くと「そうね。一年に
数人くらいですかねぇ」。
山に囲まれた緑の台地に、当時の巨大なモンゴルの王都が偲べる。カラチン王家の
何代目かが川島芳子の父親、この地には日本が河原某女史を派遣した。そのときの
記念写真が一枚だけ、王府の展示品に残っていた。
 敷地は広く、設計はミニ故宮。往時の満州浪人や馬賊となって活躍した伊達順之介
やら、胡桃沢耕二の浪漫的な小説を思い出しながらカラチン王府を歩く。
(ちなみにカラチンは中国語では「客喇沁」と宛て字)。ともかく寒い。
-----------------------------------------------------------------------------
だから、芳子の父親の名前はなんつーんだよ。粛親王だろうが。モンゴル王家
の人間かよ。そりゃ姻戚関係はあったろうから、芳子にもモンゴル王家の血が
流れていないとはいわないが、それは今の皇室を藤原の道長の子孫だとかいってんのと
同じだろう。それに、なんでモンゴルで「清朝の服装をした女性ガイド」っての
変じゃないか?モンゴル族の衣装と満州族の衣装の区別がついてないのでは?
このおっちゃにのいうことなんかまともに聞いてたらおかしな中国知識がつくぞ。





449 :世界@名無史さん:2010/04/04(日) 23:10:39 0
http://www.melma.com/backnumber_108241_4172695/

(宮崎正弘のコメント)文中の日本テレビの番組、おそらく川島芳子と
山口淑子の、大げさな物語ですね。偶然、旅先にあったので小生もその
番組を見ましたが、総じて、番組担当者の教養のなさ、歴史的無知を感
じて、あれは噴飯ものですね。
満洲建国の理想や五族協和の精神が、すべて中国共産党の歴史解釈風に
ねじ曲げられていました。
------------------------------------------------------------------
小生もこの文章を読みましたが、総じて、芳子をカラチン皇女だと思ってる
宮崎正弘の教養のなさ、歴史的無知を感じて、これは噴飯ものですね。

450 :世界@名無史さん:2010/04/04(日) 23:26:19 0
http://www.asyura.com/0406/hasan36/msg/135.html
△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△
「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」
平成16年(2004)8月7日(土曜日)
          通巻 第879号 
△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△
“西気東送”プロジェクトから欧米三社が撤退へ
       市場経済を度外視したガス輸送を懸念?
****************************************
(宮崎正弘のコメント)中国の北朝鮮国境のまち、集安は、意外に発展していて何処へ行っても
「韓国人か?」と聞かれました。涼しかったうえ、結構、料理も旨かった。
 通化を経由して瀋陽から錦州、阜新、そこから夜行寝台で赤峰(内モンゴル)
などを廻って帰国しました。赤峰からは、もちろんカラチン王府へ行ってきました。
いつぞや北京駅から夜行でのおすすめでしたが、結局、遼寧の阜新という炭坑町から
夜行寝台で、赤峰へ。豪雨となり、仕方なくタクシーを雇ってカラチン王府まで、
往復五時間、260元。その運チャンは満州族で、カラチンのファンらしく、
「そいじゃ、昼飯奢ろう」と誘って、カラチン市内のホテルへ戻って、いろいろと
面白いはなしを聞き出しました。その話はまたあとで〔羊肉鍋には参りましたが〕。
 ところで現在「日本経済新聞」に連載されている山口淑子の「わたしの履歴書」
は、川島芳子が出てきます。数奇の運命をたどった川島はカラチン王の子供でしたよね。
男装の麗人が山口淑子と親交があった!
------------------------------------------------------------------------------
川島芳子と山口芳子が親交があったてのを、2004年になってはじめて知って
おどろいてるのかよ!おまえの頭は世間から何年遅れてんだ?
いいかげん芳子は愛新覚羅の粛親王の十四女ということくらい覚えろ!
おまえそのままで一生いく気かよ。誰か宮崎の爺さんに本当のこと教えて
やってくれ。恥ずかしく見てられねえわ。こんなクソ文。

451 :世界@名無史さん:2010/04/04(日) 23:28:13 0
>>450

山口芳子→山口淑子

452 :世界@名無史さん:2010/04/04(日) 23:33:44 0
太田尚樹と宮崎正弘はいい友達になれそうだ 

453 :世界@名無史さん:2010/04/05(月) 00:21:34 0
中国屋サンには口出しはさせねえよ
もっともたいして役にもたちそうもないがな

454 :世界@名無史さん:2010/04/05(月) 20:12:37 0

太田尚樹!! 貴様の罪は万死に値する!!!!!!!
川島芳子と読者に向かって、嘘でたらめを書いたことを土下座して謝罪せよ!!!!

ゴラァァァァァ!!!!!!   ヽ《 ゚Д゚》ノ  ゴラアァァァァ!!!!!



455 :世界@名無史さん:2010/04/06(火) 02:42:19 0
大学教授だろうがジャーナリストだろうが、
でたらめ言うやつには騙されないようにね。
みんな気をつけよう!

456 :世界@名無史さん:2010/04/06(火) 07:36:25 0
渡辺みどりなんて、『西太后とフランス帰りの通訳』でも徳齢の本の内容そのまま書き写しているだけの
糞つまらない本を出してたなあ。オリジナリティーゼロ。
こんなもん平気で出版しているようじゃ、日本の出版界もレベル低いよなあ。

457 :世界@名無史さん:2010/04/06(火) 10:35:30 0
まあ、カラチン王府に清朝の服装でもいいけどさ。
カラチン王家は代々清朝の姫を妃に迎えているから、満洲の影響も相当受けていたはず。
河原操子の本に出てくるカラチン王夫妻と操子の3人撮った写真とかみると
王は清朝の官服、王妃は満洲旗袍で典型的な清朝宮廷スタイル。
王公貴族階級だと満洲、モンゴルは通婚が進んで、文化的にチャンポン状態だったと思う。

だけど、川島芳子のことをカラチンの皇女と思っていたなんて、宮崎も無知すぎる。
現代専門の人でも、少しは歴史を勉強してほしいね。
大学教授とか、名前の通った人が書いたものって、それだけで信じ込んでしまう人がいるから影響力は馬鹿にできない。
間違った知識を世に広めないでほしい。
太田とか、わざと川島芳子の悪質なでたらめ広めているのかねえ?
お前ら、自分が書いたものに責任を持て!こら!

458 :世界@名無史さん:2010/04/07(水) 00:01:22 0
破廉恥太田が根拠もなく唱えている川島芳子堕胎説とか大馬鹿説が世間に広まったら嫌だから
ここはしっかり太田を叩いておかないとね。
太田の本は嘘でたらめとエロ妄想でできている産業廃棄物。
こんなゴミ本書いて、何が名誉教授だ。
これを読んだ人たちも、太田の本のひどさを他所でも広めてほしい。

459 :世界@名無史さん:2010/04/07(水) 00:34:35 0
>川島芳子のことをカラチンの皇女と思っていたなんて、宮崎も無知すぎる

今現在でもそう思ってます 過去形ではない

460 :世界@名無史さん:2010/04/07(水) 00:39:24 0
でたらめを垂れ流すおっさんらはさっさと引退しなさい

461 :世界@名無史さん:2010/04/07(水) 11:08:41 0
まだまだ続くよ、太田のでたらめシリーズ

興安嶺の西北、崑崙山脈北側の麓にようやく砂の嵐が収まったこの日…p8
確かに崑崙山脈や天山山脈の麓に広がる砂漠は、乾燥して死の世界を連想させる不毛な大地と思われがりである。p16
…夫は馬乳酒をあおりながら、崑崙山脈の麓に出没する狼の遠吠えを真似た民謡を口ずさむこともあった。
芳子も酸味の強いこのモンゴル酒は好きだった。p86

崑崙山脈って言葉が大好きみたいだけどさあ、中国の地図見たことある?
芳子のいた東部内蒙古とどれだけ離れていると思っているんだよ。
天山とか崑崙とか新疆ウイグル自治区じゃないか!シルクロードかよ!
適当な地名出すな!どうせ芳子がどの辺にいたかもわかってないくせに。
太田って歴史も地理も全然だめだね。これで大学教授だって?名誉教授だって?
こんなアホでも名誉教授になれる東海大学って一体…。



462 :世界@名無史さん:2010/04/07(水) 20:48:50 0

これもひでえな。太田を上回る妄想ぶりだ。あってる部分がほとんど無い。

http://anarchist.seesaa.net/article/127159068.html

11.26 男装の麗人で「東洋のマタハリ」と呼ばれていた川島芳子(26)が結婚。
新郎は粛親王に仕えた蒙古軍将軍の次男。ただし芳子はレズだったから、
新婚初夜に行方をくらました。

※有名女性の首とすげ替えたヌード写真やエロ写真が横行。人気があったのは
清純派女優の筑波雪子を筆頭に、夏川静江、粟島すみ子、川田芳子など。
この頃からアイコラってあったんですねぇ。


芳子のヌード写真って、昭和初期に一般に出回ってたのか???

463 :世界@名無史さん:2010/04/07(水) 20:49:56 0
あ、写真のほうは一字違いだったw

464 :世界@名無史さん:2010/04/08(木) 01:29:47 0
えっと、まじめに突っ込むと、
結婚時の年齢が間違っている、レズじゃないし、新婚初夜に行方をくらませていない。
これを書いた人は何か変なもんでも見て書いているんだろうか?
太田のアホ本でも、信じて別のところに書き写して広めてしまう読者が現れて
二次被害が広まってしまうかもしれない。
太田の本は嘘でたらめで、そんなのを信じてしまう読者も馬鹿だということを
ちゃんと伝えないといかんな。

川島芳子と川田芳子は紛らわしいけど全然関係ない別人。
他にもよくある混同例だと、
川島芳子と山口淑子 
川島芳子と河原操子
川島芳子と中島成子
川島芳子と岡田嘉子
とかいろいろ。

465 :世界@名無史さん:2010/04/08(木) 02:00:52 0
太田尚樹くんは歴史も地理も落第点です。
高校の世界史と地理から勉強しなおしてください。

でもこんな馬鹿でも大学で授業もって教えていたんだよね?
こいつに授業もたれた学生がかわいそう。

466 :世界@名無史さん:2010/04/08(木) 05:11:57 0
親戚が東海大の理事でもやってたんじゃないか

467 :世界@名無史さん:2010/04/09(金) 06:32:47 0

太田尚樹!! 貴様の罪は万死に値する!!!!!!!
川島芳子と読者に向かって、嘘でたらめを書いたことを土下座して謝罪せよ!!!!

ゴラァァァァァ!!!!!!   ヽ《 ゚Д゚》ノ  ゴラアァァァァ!!!!!



468 :世界@名無史さん:2010/04/10(土) 10:23:52 0
太田の頭の中では興安嶺と崑崙山脈が隣り合っているのかね。
これだからボケ老人は…。
だけど性描写には余念がない。
エロボケじじいの妄想が大暴走!

469 :世界@名無史さん:2010/04/10(土) 15:09:19 P
太田スレになってる件w

470 :世界@名無史さん:2010/04/11(日) 11:57:45 0
太田尚樹の私が総理大臣になったら・・・秘書田中隆吉。

471 :世界@名無史さん:2010/04/12(月) 00:15:57 0
太田は田中隆吉となら気があいそうだな

472 :世界@名無史さん:2010/04/12(月) 13:23:25 0
↑妄想・虚言癖的な意味で

473 :世界@名無史さん:2010/04/14(水) 15:36:04 0
こないだ芳子の墓にいったら、墓地のまわりにカラスがウジャウジャいた

ゲゲゲの鬼太郎を思いだした

474 :世界@名無史さん:2010/04/14(水) 16:37:00 0

太田の本で唯一利点があるとしたら、田中隆吉がいかに嘘つきだかを強調していること
田中の讒言で死刑になったA級戦犯もいるとかなんとか
そういう人物が、すでに亡くなった芳子についてのみ、真実を語るのだろうか



475 :世界@名無史さん:2010/04/14(水) 20:58:27 0
これもどうなんだろうねぇ

http://www.youtube.com/watch?v=h6goWACVyP8

476 :世界@名無史さん:2010/04/15(木) 13:40:53 0
↑その芳子下品すぎる。なんだこりゃ。

小方八郎さんが言っていたそうだ。
芳子は見る人によって全く違った姿に見える不思議な人だと。
人格的に高貴なひとの目には高貴に、卑しい人の目には卑しく見えるのだ。
太田の描く芳子があまりにも下品なのは、書いている人が卑しいからでしょう。

477 :世界@名無史さん:2010/04/15(木) 16:02:38 0 ?2BP(0)

川島芳子と季香蘭

http://akiba.geocities.jp/pxzuwp/0202/1/1111.html

日本のスパイの最前線は女スパイだ。

集団ストーカーの最前線も、優秀な女たちだ。

この女戦士たちは、大本営にとおて煙たいサラリーマン、公務員、教師などを、

体当たりで、社会から葬り去る。

ニュースで、ストーカー殺人事件がクローズ・アップされるが、

これらのほとんどは、捏造で、事実の目くらましに使われる。

国内のストーカーは、圧倒的の「女」が多い。

弱者に弱者をいじめさせる、徳川家康の教えが守られている。



478 :世界@名無史さん:2010/04/15(木) 17:06:34 0
これ書いた人、頭だいじょうぶ?

479 :世界@名無史さん:2010/04/16(金) 20:25:47 0
>>283 他スレで情報入手。

39 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/04/15(日) 03:08:26 ID:MDupf4l80
京劇役者はパトロンの貴族と大抵男色関係にある。
映画『さらばわが愛覇王別姫』でも主人公がパトロンにそうゆう関係を迫られてた。
男色もたしなみの一つと考えられていた。

480 :世界@名無史さん:2010/04/18(日) 00:26:50 0
あるサイトより。

隣の金さんと芳子さん  O.S さん
昭和二十年までの、私の住宅は大連市聖徳街五丁目七十六番地で、日本人高級住宅街の一角にあった。
道路を隔てて南側隣家は、満州国人の「金さん」の高級住宅があり、日頃から顔を合わせる時には挨拶を
する位の付き合いであった。金さん宅には年配の奥様と二人の上品な娘さんがおられ、時々、満州国
高級軍人の出入りもあり、私達は満州国の貴族階級の家柄であると思っていた。
私が小学生の三・四年生の頃と思うが、誰だかは覚えていないが友達と金さん宅の玄関の呼鈴を押しては
隠れていると、女中さんが出てきてキョロキョロと見るが誰もいないので引き返すのが面白く悪戯した記憶がある。
しかし、その金さん一家も昭和二十年初期頃には、何の話や挨拶もなくどこかに引っ越して行った。後で考えると、
上層部では日本敗戦の読みを感知していたように思われるのである。
さて、話は隣家の金さんの家系と私の昔の事を述べる事とする。両親から聞き伝えられている話は、
私の赤ん坊の頃には、金さん宅には一時、川島芳子さんが居て赤ん坊の私を抱っこしたりして可愛がってもらったと
聞かされているが、赤ん坊の私には記憶にあることはないが、その事で今でも「男装の麗人・川島芳子」フアンとして
心に思っている
金さん一家は、満蒙独立、ジンギスカン以来の勇猛と機敏できこえた、蒙古軍の将軍「パプジャプ将軍」の遺族で、
息子の「カンジュルジャップ」の母子家庭であった。一方の川島芳子は、清王朝の粛親王の王女であり、愛新覚羅顕b、
又は金東珍とも言い、カンジュルジャップと結婚した。式は大連で盛大に挙げたが、新郎新婦の新居は適当なところを
探すまでという事で、聖徳街の母親の家にしばらく同居することになった。この時期に隣の金さん宅に芳子さんが居て、
私達との交際があったことになる。当時有名な「ショートル市場」は金さんが権利を持っており、その収入が金さん一家
の生活費になっていたようです。
終わりに、当時は川島芳子を「東洋のジャンダルク」と激賞されたが、日本の敗戦を機に逮捕され、処刑されている。

481 :世界@名無史さん:2010/04/18(日) 22:28:19 0
太田に対抗して「宇野鴻一郎風芳子」←知ってる人は知ってる

「アタシ、小さい頃はヨコちゃんって呼ばれてたンです」


        うぉえっぷ
           〃⌒ ヽフ
          /   rノ
         Ο Ο_)***


482 :世界@名無史さん:2010/04/19(月) 00:22:19 0

キミが居てボクがゐる

483 :世界@名無史さん:2010/04/21(水) 13:33:40 0

太田尚樹!! 貴様の罪は万死に値する!!!!!!!
川島芳子と読者に向かって、嘘でたらめを書いたことを土下座して謝罪せよ!!!!

ゴラァァァァァ!!!!!!   ヽ《 ゚Д゚》ノ  ゴラアァァァァ!!!!!



484 :世界@名無史さん:2010/04/24(土) 06:52:18 0
水木しげるの昭和史にもちょっとだけ芳子が出てくる。
結構美人に描いている。
水木先生も川島芳子が好きだったのかな。

485 :世界@名無史さん:2010/04/24(土) 13:42:53 0
だから芳子の墓のまわりにカラスが寄ってくんじゃないのか。
親近感があるんだろうw

486 :世界@名無史さん:2010/04/24(土) 14:14:45 0
あの世代のおじいさんたちにとっては、川島芳子はアイドル

487 :世界@名無史さん:2010/04/24(土) 22:48:25 0
他地方の人間の感想でスマンが
芳子の墓のある墓地、なんの石か知らないが、真っ黒の墓石
が多いんだよね。正直気持ち悪かった。
真っ黒の墓石なんてウチらのほうじゃ考えられない。

土葬でもいい。真っ黒の墓石よりはマシだ・・

488 :世界@名無史さん:2010/04/24(土) 23:13:04 0
別に、黒っぽい墓石なんてよくあるもんだけど。
むしろ高級っぽいイメージ。
いや、本当の値段なんて知らないけど。墓石なんて買ったことないから。

489 :世界@名無史さん:2010/04/25(日) 01:24:43 0
だから集合墓地は嫌なんだ

墓は個人所有に限る・・

490 :世界@名無史さん:2010/04/25(日) 21:24:09 0
まぁまぁアイドルに毛がはえたくらいの人気はあったのでせぅ

491 :世界@名無史さん:2010/05/01(土) 19:36:23 0
太田センセイ、急がないと竜馬ブームに間に合わないぞw

492 :世界@名無史さん:2010/05/05(水) 23:23:33 0
先月の講演会の後、芳子を直接見たことがあるという婆さん(91)と立ち話をした。
昭和15年、20歳の時、松本の病院の廊下で、向こうから歩いてくる芳子をみたらしい。
黒か深い紺の服に、龍の図柄をあしらった服にチャイナ帽をかぶっていて、
「こんにちは!」と挨拶すると、さっそうといってしまったとか。歩いてくる姿はまるで
後光がさしていたみたいだったという。
後で考えてみると、当時そこに川島浪速が入院しており、それを見舞にきたのではないかということ。

「ヒトラーと単独会見した」というハラケンもすごいが(生きて動いてるヒトラー自体がすごい)
「生芳子」を見たことがある、というのも今になってはすごいことだ。
やはり当時では一種の芸能人みたいなものだったのだろう。

493 :世界@名無史さん:2010/05/06(木) 19:59:11 0
川島芳子さんは特別なオーラを出していた人だったのでしょうね

494 :世界@名無史さん:2010/05/25(火) 23:01:08 0
あ、昨日は芳子の誕生日だよ。

すっかり忘れちまってた。

495 :世界@名無史さん:2010/05/26(水) 20:51:46 0
happy birthday yoshiko

496 :世界@名無史さん:2010/05/29(土) 00:12:54 0

よしこさーん   



       by林家三平

497 :世界@名無史さん:2010/05/29(土) 11:26:35 0
昭和史最大のスクープ!!男装の麗人川島芳子はまだ生きていた!!

御歳なんと103歳!!

498 :世界@名無史さん:2010/05/29(土) 11:54:46 0
『川島芳子生死の謎 ― 長春での生存説調査記録』
李剛/著 何景方/著 野崎晃市

発売されたようだから興味ある人はどうぞ。

499 :世界@名無史さん:2010/05/30(日) 09:01:20 0

中華民国政府が公式HPで「川島芳子の処刑が確認された」と発表。

http://www.taiwanembassy.org/mp.asp?mp=2
中華民國駐外單位聯合網站 Overseas Office Republic Of China ( Taiwan )
http://www.roc-taiwan.org/cz/fp.asp?xItem=140942&ctNode=2237&mp=2

国父紀念館で開催の「刑務行政展」に川島芳子銃殺刑関連の資料展示
法務部と行政院研究発展考核委員会の共同主催による「歴史印記―百件珍貴獄政档案展覧(歴史の記録―刑務行政の貴重な保存文献100点展示)」が5月11日〜同29日の会期で台北市内にある国父紀念館で開催されている。
法務部は保存されている12万点の関係文献から101点の代表的な資料を選び展示している。さらに展示会場には刑務所の様子のモデルエリアも設営しており、参観者が刑務所の状況を知ることができるようになっている。
 展示文献の中で、「川島芳子(本名、金璧輝)」の死刑調査の文献が注目を集めている。(清朝の皇族粛親王の第十四王女である)川島芳子は、1948年3月25日に政府から漢奸の罪名で銃殺刑となったが、処刑後、匿名の告発があり、
それは劉鳳玲という女性が10本の金の延べ棒を代償に川島芳子の身代わりになり銃殺されたが、処刑後に遺族は4本しか受け取らなかったことから関係者同士が大きくもめたという内容だった。

500 :世界@名無史さん:2010/05/30(日) 09:03:17 0
そのため、当時の司法行政部は、河北監察使署(現在の高等裁判所に相当)に公文書を送り、この流言を調査するよう要求した。今回展示している河北監察使署の調査報告の公文書によると、当時は川島芳子の銃殺後、「その遺体を監獄の外に置き、
確認および写真撮影のために供した」のみならず、検察官は3回も検死確認を行っており、この流言は「事実と乖離した虚構」であると回答している。これにより川島芳子の生死の謎は決着がついたのだった。
 当時の公文書の内容は、「漢奸、金璧輝は国際的に知名度の高い女性スパイであり、・・・司法および警察の全関係者、多くの新聞記者および一般の人々も金璧輝を知らぬものはなく、敢えて身代わりとなる人物はおらず、多くの目が見ており、
身代わりを立てて騙す余地はないのみならず、処刑後、その遺体を監獄の外に置き、確認および写真撮影をさせた・・・」「処刑執行人は一発で絶命させ、その後、検察官が検死官を伴い3回検死確認を行い、その後に遺体を非常口の外に放置し、
それにより各新聞記者の確認および写真撮影に供した」などの内容が含まれている。
 同展は国父紀念館での展示終了後、6月18日〜7月8日の会期で、高雄市立歴史博物館でも展示する予定である。
《2010年5月12日》写真提供:中央社

501 :世界@名無史さん:2010/05/30(日) 09:08:50 0
それのマスコミ転載版記事
http://japanese.dbw.cn/system/2010/05/13/000232847.shtml
http://www.taiwanembassy.org/fp.asp?xItem=140942&ctNode=1453&mp=202

台湾のテレビニュース動画
http://www.youtube.com/watch?v=olUx92okhy8
http://www.youtube.com/watch?gl=JP&hl=ja&v=9IEd-kFmTcc

中華民国政府行政院長、法務部長も出演。

502 :世界@名無史さん:2010/05/30(日) 12:27:04 0
芳子さん、やっぱり処刑されちゃったのか。
悲しいけど、それが一番しっくりくるもんな。
改めて合掌。

503 :世界@名無史さん:2010/05/30(日) 13:48:53 0

「武士道と云ふは死ぬ事と見付けたり」という言葉もあるぞ

504 :世界@名無史さん:2010/05/30(日) 14:35:15 0
まあ、しかし当時の国民政府の「調査」とやらが信用できるかどうかは疑問。
腐敗具合が半端じゃないし。
肝心の写真が高い確率で別人ということじゃなあ。
しかもあさったら(タイミング良く)出てきたので今更公開って(笑)


505 :世界@名無史さん:2010/05/30(日) 15:07:37 0
昔、北朝鮮の黄長Yが韓国に亡命した後、
「95-98年の自然災害の時、北では総計で約250万人が餓死した」と述べた。
ある人が「その数字は何が根拠なのだ?信用できる数字なのか?」と問うた。
すると黄長Yは表情を強張らせ、

「その数字は私が党(朝鮮労働党)の担当書記から直接聞いたものだ。
それ以上に正確な数字が一体どこにあるというんだね?」と言い放った。

506 :世界@名無史さん:2010/05/30(日) 15:23:13 0
全く関係ないじゃん。

507 :世界@名無史さん:2010/05/30(日) 15:51:40 0
写真鑑定は当てにならないしなあ

508 :世界@名無史さん:2010/05/30(日) 16:31:00 0
>>499-501 資料追加

(日本)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100512-00000024-rcdc-cn
(中台)
http://www.huaxia.com/thpl/jwgc/2010/05/1882895.html
http://v.ifeng.com/news/taiwan/201005/ebd867c7-c573-455c-b76d-d5590fd7d815.shtml


509 :世界@名無史さん:2010/05/30(日) 21:57:31 0
台北駐日経済文化代表処(事実上の中華民国の駐日大使館)公式HPでも発表。

http://www.taiwanembassy.org/JP/ct.asp?xItem=140942&ctNode=1453&mp=202&nowPage=3&pagesize=15

510 :世界@名無史さん:2010/05/30(日) 22:20:58 0

中華民国法務部公式HPでも発表。(5月7日付の記事)
http://www.moj.gov.tw/lp.asp?CtNode=79&CtUnit=24&BaseDSD=7&mp=001&nowPage=1&pagesize=15

法務部プレスリリース
http://www.moj.gov.tw/public/Data/057112451864.pdf

(動画)
http://www.dailymotion.com/video/xd97oa_yyyyyyyyyyyyyyy_news

511 :世界@名無史さん:2010/05/30(日) 23:31:11 0
ネタ元が一緒の大本営発表を必死に貼られてもな。
一斉に同一報道をするところが中共と同じ臭いがして不気味だわ。
それはさておき
>検察官が検死官を伴い3回検死確認を行い
この辺がいかにも中国的発想の胡散臭さを感じてしまう。
中国人には自然な弁解・釈明なのかもしれんが、日本人から見ると変。

512 :世界@名無史さん:2010/05/31(月) 00:23:00 0
>・・司法および警察の全関係者、多くの新聞記者および一般の人々も
>金璧輝を知らぬものはなく、
>敢えて身代わりとなる人物はおらず、多くの目が見ており、
>身代わりを立てて騙す余地はないのみならず、処刑後、
>その遺体を監獄の外に置き、確認および写真撮影をさせた・・・

この釈明も胡散臭い。多くの目とか言ってるが、新聞記者が処刑の直前及び処刑時に
立ち会ったわけではないし、顔面ぐちゃぐちゃで誰だか判別不能だったから
遺体見て写真撮った記者も確信が持てなかったんじゃねーか。
さらに、写真見た人が本人じゃないのでは?と疑問を持った。
そして鑑定でも別人の可能性が極めて高いと出てる。
綺麗に顔面狙ってるし、普通銃殺刑は胸部を狙うんだが、
至近距離で撃ったのによほど腕が悪かったのか?
これまでの疑問の答えに全くなっていない。

513 :世界@名無史さん:2010/05/31(月) 00:54:31 0
名探偵コナンなら台湾側発表の資料及び断定報道を聞いたら
おかしいと思うはずw
            , ‐'" ̄ ̄""丶、.
         , .‐'"          `丶、.
      ,,.‐'                 丶、
    /´                    ヽ.
   /                        `、
   |                         ヽ
   丶.____,,,                      i
   / /  ``''丶、         ,,,... へ,     i
   | /       "''ヽ,   _,、‐'"     ヽ.    |
   |i        /i i''"         ヽ    i
    i _      |/ヽi           i   /
    | ``,,丶、  ヾ、 '    ,,,,....,,,,___  |   /
   へi "´ ``0"':    ,,..、,‐'0`"''ヽ、:  /  /
  | |`/  `'' ---       丶--- ''   / へ/
  | |`ヽ        |           /へ丶
  ヽヽ `、       i           ノ __ノ ノ
   `、`、       ノ          /i / //
    \ヽ    ヽ、 .         /   /
      ヽ i'' " ")  /`丶、      /--/
      `、 '' " "  `丶、丿    / |
       ヽ  ヽ ̄ ̄ヽ     /   >、
      '"ヽ          /   / /ヽ、
 __ // | ヽ        /   /  /  ヽ \
   / /  ヽ ヽ、_______/  /   /    /`ヽ


       「台湾の発表は絶対正しい!」

早くこいつを麻酔銃で眠らせてくれw


514 :世界@名無史さん:2010/05/31(月) 06:35:30 0
当時の銃殺刑(血が苦手な方は見ないでください)
http://tieba.baidu.com/f?kz=334925957

これを見ると背後から頸部から頭部辺りを近距離から狙撃
うつ伏せに寝かせられるので口や傷口から出る血が顔のあたりに血が付く
場合が多いと思う。
問題は本人と識別出来ないほどの顔面に他の漢奸達はなったのか?
ケースバイケースだとは思うけど。

>>512
3回検死はどうかと思うがアメリカ人記者が立ち会ったらしい。
写真撮影は不可だったらしい。
銃殺の模様は上の通りなので直接的に胸部を狙うものではない。

疑問1 民衆非公開にしたのは何故か?
疑問2 アメリカ人記者は何故処刑前とその直後の写真撮影が禁止されたのか?
疑問3 中国人記者は何故閉めだされたのか?
疑問4 検察官が検死官を伴い3回も検死したのは何故か?
疑問5 替え玉処刑は頻繁にあったというのは本当か?



515 :世界@名無史さん:2010/05/31(月) 12:43:39 0
>そして鑑定でも別人の可能性が極めて高いと出てる。

テレ朝の写真鑑定のこと言っているなら、あれは当てにならんよ。
あの鑑定で使った芳子の立ち姿の写真は芳子じゃないから。
あの写真を転載した歴史読本かなんかも、本人ではないという説があるって注意書き入れていたし。
別人の写真使って鑑定したら、そりゃ別人になるだろう。
あの番組、本当にいい加減で鑑定とやらも全然信用に足らない。

516 :世界@名無史さん:2010/06/01(火) 22:45:28 0

>この辺がいかにも中国的発想の胡散臭さを感じてしまう。

「川島芳子生死の謎」ほどは胡散臭く無い



517 :世界@名無史さん:2010/06/01(火) 23:18:56 0
どっちもどっちだな
>>514の疑問について知っている人がいたらプリーズ

518 :世界@名無史さん:2010/06/01(火) 23:35:20 0
>>516
つまり民国の無茶な断定も胡散臭いんだなw
お前は遠慮しないで「野崎!野崎!」続けろよ。
台湾ニュース紹介はもう終わりか?
どんどんやってお里を明かしてくれ。
一番胡散臭いのは邦人とは思えないキチガイじみたお前だけど。
え?何、邦人じゃないって?w

519 :世界@名無史さん:2010/06/01(火) 23:46:48 0
『川島芳子生死の謎長春での生存説調査記録』
http://www.v2-solution.com/
野崎晃市 訳/李剛・何景方 著

昭和最大のミステリー
「方おばあさん」=川島芳子!?

共産党も国民党も隠蔽してきた驚愕の真実がいま明らかに!!




520 :世界@名無史さん:2010/06/02(水) 01:05:33 0
例のトンデモ本の翻訳?
アホくさ

521 :世界@名無史さん:2010/06/02(水) 01:13:22 0
( ´,_ゝ`)プッ


522 :世界@名無史さん:2010/06/03(木) 21:31:38 0
妄想幻覚小説なんてどうでもいいよ

ホンモノの芳子の話をしよう

523 :世界@名無史さん:2010/06/03(木) 23:05:59 0
そうだね。
最近芳子に便乗した低俗小説が多くて困る。


524 :世界@名無史さん:2010/06/04(金) 09:22:36 0
こないだ寺尾さえの本を読んでいたら
芳子の生年は1906年説と1907年説があるが
同腹の兄が1906年生まれなので、
妊娠期間が10か月と考えると芳子が
1906年生まれではありえないと書いてあったが、
これは、へえなるほどそういう推理の仕方もあるかと
なかなか感心した。

知ってる人は知ってるのかもしれないが

525 :世界@名無史さん:2010/06/04(金) 13:41:59 0
まあ、芳子の兄弟全員の生まれた年を並べてみれば誰にでもわかることだ。
いまだに1906年って書いているものがあれば、基本的な調べもしていないってすぐわかる。

526 :世界@名無史さん:2010/06/04(金) 17:37:00 0
中国や台湾ではほとんど1906年説をとってるぞ。

ウィキペディア
http://zh.wikipedia.org/zh/%E5%B7%9D%E5%B3%B6%E8%8A%B3%E5%AD%90
百度
http://baike.baidu.com/view/13683.htm

確かにそういわれれば「あ、そうか」と思うんだが、誰でも気づくってもの
でもないのでは。それに、中国や台湾で1906年説が主流になってるのも、
それなりの「理由」があるんだろうし。何かのもっともらしい文献にそう書いてあるとか。

527 :世界@名無史さん:2010/06/04(金) 20:14:02 0
中国、台湾は数え年と満年齢でよく混乱がおきる。
宋美齢の生まれ年とかも論争があるほどだ。
皇族男子の場合、宗譜も復刻されて簡単に利用できるようになったから
芳子の兄の年齢も簡単に調べられる。
最近は基本情報の調べもできていないのに安易に本を出す馬鹿が多いが、
読者をなめているとしか言いようがない。OとかNとかはアホかと。
勉強しなおして来い。

528 :世界@名無史さん:2010/06/04(金) 21:13:52 0
んにゃ。死んだ時の年齢が「41歳」か「42歳」かの表記の違いなら
そうだろうが、(1906-1948)とかいう書き方は、数え年と満年齢とかの
ミスではないと思う。
どっちにしても1907年が正解なのはわかるが、中華圏で1906年説が主流に
なったのは、別の理由があると考える。
wikiや百度は、単に自分で調べずに、そこいらのいいかげんな本やネット
情報から引用しているだけ、というのはわかるが。

529 :世界@名無史さん:2010/06/04(金) 21:21:08 0
ある人が最初数え年齢で自称していたが、途中から満年齢を使うようになると、
それから逆算すると生年が混乱するんだよ。
特に女性の場合はある程度年がいくと、満年齢の方を使いたがる。
そんなわけで特に女性の場合混乱がおきやすいと宋美齢の年齢議論を紹介した先生から聞いたことがある。

530 :世界@名無史さん:2010/06/04(金) 21:24:44 0
中国人相手に数え年齢を名乗り、外国人相手には満年齢を名乗ったりしても
どっちを基準に逆算するかで混乱してしまう

531 :世界@名無史さん:2010/06/04(金) 21:58:24 0
川島芳子は40そこそこで死んでるし、裁判の時には、罪を逃れるために
10歳くらい歳をサバよんでいったりしてるから、芳子のケースはまた違うのでは。

532 :世界@名無史さん:2010/06/04(金) 22:07:51 0
どうでもいいが、1906年は「丙午(ひのえうま)」らしいな。
日本では「丙午(ひのえうま)」生まれの女は災いをもたらすとか
なんとかで嫌われる傾向がある。現に1966年だけ出生率がガンと
落ちたのはそのため。
中国ではどうかしらんが、女でその年に生まれたことにしたいかね?
日本なら本当は1906年生まれでも、次の年生まれとサバ読みそうだ。

533 :世界@名無史さん:2010/06/04(金) 22:34:41 0
中国は丙午はないんじゃないか?
出産が不吉だとして避けられるのは寅年。

534 :世界@名無史さん:2010/06/04(金) 22:43:33 0
だが、芳子は実質頭は日本語でモノを考えてる日本人だからな。
生粋の中国人なら「丙午」は知らないかもしれないが、芳子本人はしってただろう。

あと、俺の記憶だと溥儀も本によって生年表記に結構バラつきがあったぞ。

皇帝の生年もはっきりしないのか。
はたまた、溥儀も若くみられたくてサバ読んでたのか。

535 :世界@名無史さん:2010/06/04(金) 22:58:12 0
溥儀の年間違えているようじゃ、レベル低すぎる

536 :世界@名無史さん:2010/06/04(金) 23:03:07 0
ネット上に氾濫している情報は間違いが多いから気をつけないと


537 :世界@名無史さん:2010/06/05(土) 02:10:17 0
まあ、1906年でも1907年でもいいんだよ。
生年をサバ読むなんてかわいいものだ。

没年をサバ読むのはけしからんけどな。

538 :世界@名無史さん:2010/06/06(日) 02:55:59 0
野球界のONは偉大だったけど、芳子に便乗するONはろくでないな。

539 :世界@名無史さん:2010/06/06(日) 08:40:09 0
サバは読まないが筋読みはしますw

540 :世界@名無史さん:2010/06/06(日) 12:55:14 0
3/25 日テレ「おもいっきりDON!」での太田センセイのありがた-いお言葉


「7歳のときからずっと(芳子を)育てていますから、当初はもちろん子供として見て
いたんですけれども、芳子の両親も亡くなっていましたし、(芳子が)成長するにしたがって
女として意識するようになる。まさにそれが歪んだ愛情なんですけれども、
親子の壁を越えてしまって、男と女という意識にかわってしまったわけですね」

「中国の民衆が大勢殺されていきます。そこで彼女は決定的に日本軍と決別することになります。
ピエロの役だっということに芳子は気づいていきます」


541 :世界@名無史さん:2010/06/06(日) 13:40:33 0
太田は自分が芳子をいやらしい目で見ているということを言いたかったのだな。
こいつのテレビでの発言、本の内容を見ると、破廉恥エロジジイという言葉しか思い浮かばない。


542 :世界@名無史さん:2010/06/06(日) 16:03:40 0
18歳のときからずっと(A子を)教えていますから、当初はもちろん子供として見て
いたんですけれども、A子の両親も離れて住んでいましたし、(A子が)成長するにしたがって
女として意識するようになる。まさにそれが歪んだ愛情なんですけれども、
師弟の壁を越えてしまって、男と女という意識にかわってしまったわけですね

 ̄ ̄ ̄ ̄∨ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
   _____
   /::::::::::::::::::::::::::\                  _
  /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\            /  ̄   ̄ \
  |:::::::::::::::::|_|_|_|_|           /、          ヽ 
  |;;;;;;;;;;ノ   \,, ,,/ ヽ          |・ |―-、       |
  |::( 6  ー─◎─◎ )          q -´ 二 ヽ      |
  |ノ  (∵∴ ( o o)∴)          ノ_ ー  |     | それが本音か
/|   <  ∵   3 ∵>          \. ̄`  |      /
::::::\  ヽ        ノ\           O===== |
:::::::::::::\_____ノ:::::::::::\        /          |




543 :世界@名無史さん:2010/06/09(水) 18:13:40 0
こんなんがあった

http://www.animecharactersdatabase.com/viewone.php?id=11586

ゲーム?

544 :世界@名無史さん:2010/06/10(木) 21:06:31 0
うーんこの写真は見たことないな

ttp://laiba.tianya.cn/laiba/CommMsgs?cmm=102489&tid=2738471390628730268&ref=regulartopics

545 :世界@名無史さん:2010/06/11(金) 01:43:58 0
新刊漫画雑誌に川島芳子の読み切り見つけたけど、
女スパイで半陰陽だった…
どこが実在人物伝だよ!

546 :世界@名無史さん:2010/06/11(金) 18:18:22 0
なんちゅう漫画?

547 :世界@名無史さん:2010/06/11(金) 22:19:17 0

つ http://anime.geocities.jp/grysk171/selgapatalliro1.jpg



548 :世界@名無史さん:2010/06/11(金) 23:02:52 O
アニタ・ムイ!
だな。(ρ_;)

549 :世界@名無史さん:2010/06/12(土) 19:32:50 0
アニタ・ムイって漫画あるの?

550 :世界@名無史さん:2010/06/15(火) 20:47:37 0

中華民国総統馬英九が国民に重要講話:「方おばあさんは川島芳子ではない」2010.5.31

http://news.xinhuanet.com/tw/2010-05/31/c_12160998.htm

551 :世界@名無史さん:2010/06/16(水) 16:30:37 0
ホモ馬英九が言いたいのは、さてどっちでしょう。

1、僕はホモじゃない!レズの芳子とは無関係だ!

2、陳水扁も牢屋を出たければ芳子みたいに金出せよ!

白金台の台北経済事務所にいるコナン君
答えはどっちよ?

552 :世界@名無史さん:2010/06/16(水) 18:10:02 0
ちょっと意訳しただけじゃないか

冗談のわからない奴だな

553 :世界@名無史さん:2010/06/16(水) 21:07:03 0
>>551

野崎氏ですか?

554 :世界@名無史さん:2010/06/16(水) 21:57:54 0
ほう、野崎は芳子はレズだと思ってんのか

そういうことはてめえの正体がバレないという前提でやれよ馬鹿野郎

555 :世界@名無史さん:2010/06/17(木) 21:32:39 0
昨年このスレでも「芳子のことが出ている」と話題になった、
阿尾博政著『自衛隊秘密諜報機関』(講談社)
http://shop.kodansha.jp/bc2_bc/search_view.jsp?b=2154633

やはり「とんでもないトンデモ本」と退任自衛隊幹部から指摘が出ているようです。
http://www.jas21.com/athenaeum/athenaeum124.htm

   いかがわしい本を見抜く見識
              ──一つのケーススタディ──

  伊原註:
  暫く前、阿尾博政の『自衛隊秘密諜報機関』(講談社)を紹介しました。
  そしたら最近、自衛隊の元東部方面調査隊・相馬原派遣隊長の高井三郎さんから、
  あれはとんでもない出鱈目本ですよ、との指摘を受けました。
  いい加減な本を、留保なしに紹介したのは、私の「見識の無さ」を暴露したもので、
  讀者に愼んでお詫びします。
  ご教示を得た高井さんに、「問題點を見抜く見識を鍛へるためのケーススタディになるので」と、
  高井さんの問題指摘の一文の本欄への掲載をお願いし、快諾を得ましたので、以下に載せます。
  高井さんは阿尾さんの4期下ださうですが、阿尾さんの本は、言葉の使ひ方からして素人つぽく、
  とても專門家とは言へない由です。
  讀者は、以下の高井さんの指摘をお讀みの上、情報問題に對するご自分の見識を磨かれんことを。
  ご注意頂いた高井さんに、衷心から感謝致します。

556 :世界@名無史さん:2010/06/17(木) 21:35:17 0
「自衛隊秘密諜報機関:青桐の戦士と呼ばれて」:阿尾博政(講談社:09.6.5) の記述内容の壮大な虚構を暴く
元東部方面調査隊・相馬原派遣隊長 高井三郎
----------------------------------------------------------------------------------------------
著者は、埼玉県浦和市(現さいたま市)に在る古谷元済南機関長(戦後は内閣調査室要員)の自宅で、
戦時中に日本軍のために働いた有名な男装の麗人スパイ、川島芳子を見掛けたと主張するが、
その時期を明らかにしていない。
  1948年3月25日に、国民党当局により反逆者として処刑された彼女の生存説は絶える事がない。
最近、中国と日本のメデイアは、彼女が終戦直後から1978年まで吉林省長春市で生存していたと言う
地域住民の述懐を報道したが、確証に欠ける。思うに、著者の目撃証言も信憑性に乏しい風説の一つと
見做されるであろう。

557 :世界@名無史さん:2010/06/17(木) 21:37:52 0
http://www.jas21.com/athenaeum/athenaeum121.htm

紹 介:  平成21年9月14日 伊原吉之助追記:
  この紹介を掲載後、自衛隊の元東部方面調査隊の高木三郎氏から
「後半の記述は出鱈目」との指摘を受け、その詳しい説明文を「いかがはしい本を見抜く見識」
と題して本欄に掲載しました。
  高木さんの批判を理解するには、この紹介を殘して置かねばなりません。
  しかし無條件で殘して置くと、これを丸々信ずる人が出て來る恐れがあるので、
但書が必要となります。
-------------------------------------------------------------------------
  第三、「生きてゐた川島芳子」(111頁以下)。
  この箇所を讀み、浦和市ほどの都會に住んでゐて、川島芳子の噂が立たぬ筈がない。
その噂が立つてゐないところを見ると、川島芳子ではなかつたのではないか、
と考へました。
  それなら、この段階で「本書は出鱈目本」と斷定すべきでしたが、著者は信じてゐる
んだなあ……と思つて通り過ぎました。
  この邊り、評者 (私) の「見識」「洞察力」が問はれます。
  結論:結局、私は著者の言ふ大筋を信じて、本書を紹介した次第です。

558 :世界@名無史さん:2010/06/17(木) 21:41:08 0
               報道・出版のモラルの問題

  例え、低水準で、いかさまな中身の軍事又は情報関係の図書や雑誌の記事でも、
裏面史の暴露、秘密戦、諜報、謀略など、大衆の興味を引くスローガンを掲げると
売れ行きが好調になる。したがって、一般大衆の軍事や情報に関する無知に乗ずる、
このような戦術は、営業戦略の進展に利用される場合が多く、今回の自衛隊秘密諜報
機関の図書も、その代表的な存在である。既に、幾つかの大衆からの書評では、
幹部自衛官の思想動向の調査、ソ連領内航空基地の墓参団への撮影依頼など
荒唐無稽な作り話を、すっかり信じ込んでいる。
  ところで、営利本位で、いかさま図書を軽易に出す営業戦略は、本来、
一般国民に、真実を伝える使命を担う報道・出版のモラルが問われる問題である。
大勢の国民はすべて無知ではなく、中には、虚構を見抜いて正論を叫ぶ幾人かの
慧眼の士が存在するので注意しなければならない。
 1980年代に米陸軍大佐の著書を盗用した偽グリンベレ−大尉の虚構戦記、
それに最近では、赤報隊、朝日新聞記者殺人事件の創作記事が載る週刊誌が
大ヒットしたが、いずれも、社会から痛烈な批判を浴びて、関係者は収益では
償えない高価な代償を支払わされている。
  それ以上に、一般国民に対し、誤った軍事知識と犯罪情報を与えた悪影響を
無視する訳には行かず、その罪は深い。今回、出た売れ行きが良い情報関係図書
も報道と出版のモラルを再考する好個の材料を与えている。■
-------------------------------------------------------------------------
( ;∀;)イイハナシダナー

559 :世界@名無史さん:2010/06/18(金) 19:34:48 0
ありもしない妄想を周囲に吹聴したり、あまつさえ本にして出版したりする破廉恥な輩がいるんですって?

嫌ねえ親の顔が見てみたいわ

560 :世界@名無史さん:2010/06/23(水) 19:01:34 0
いかがわしい本w

561 :世界@名無史さん:2010/06/26(土) 09:02:01 0
ちょっと個人サイトにかかってて悪いんだけど面白かったので。

ttp://4travel.jp/traveler/need/pict/15949163/src.html

>札は新しいが、肩書はギョッとするようなのもあります。
『朝鮮総督』だって・・。
朝鮮半島を植民地支配した人たちじゃん。
この神社でそーいうのを「出世」って扱って良いのか??
「えらい」と表現してしてしまってよいのか分からないですが、いろんな人の名前が並んでいます。
あんま知らない人のほうが多いんですけどー。
トラベラーの○○さんから書き込みがあって、端っこで切れてる『川島芳子』という人も有名らしいっす。
------------------------------------------------------------------------------------------------

こういう話も聞いたことないなぁ。いつ頃いったんだろうか。


562 :世界@名無史さん:2010/06/26(土) 19:31:18 0
>>512
>綺麗に顔面狙ってるし、普通銃殺刑は胸部を狙うんだが、

処刑で頭の後ろから撃つのは普通にあるぞ。アメリカ映画だって
後ろ手に縛ってる相手は、普通は後頭部を撃つだろ。

日本だって処刑のやり方はひとつじゃない。「武士の情け」があるなら
本人に切腹させてのち、介錯するが、近藤勇なんかは「武士」と認められ
なかったから、切腹も許されず、即首を刎ねられた。
信長なんかは残忍にも、通行人に有名な「のこぎりびき」をやらせたし。
(「黄金の日々」にでてくる)
処刑のやり方が通常と違うからニセものだなんて証拠になるもんかよ。


563 :世界@名無史さん:2010/07/08(木) 09:52:09 0
昔の中国の記録映像の処刑シーン見たけど、芳子と同じで座らせて後頭部を撃っていた。

564 :世界@名無史さん:2010/07/13(火) 20:38:40 0
余計な話だが、中国(共産党)の場合、一見「ドキュメント」に見えて
実は「映画(演技)」ってのが結構あるからな・・・




565 :世界@名無史さん:2010/07/15(木) 19:16:09 0
え?台湾から刺客ゴルゴ13が送られてきた?
最近は台湾から飛行機で直通だからな
中共の国家安全局も手が回らねえだろうな。
しばらく別の都市のホテルにでも隠れてるんだな。


566 :世界@名無史さん:2010/07/15(木) 20:25:00 0
どうせスパイを送ってくるんならゴルゴみたいなおっさんじゃなくて
美少女留学生にしてくれよ。ミニスカであなたの胸をバッキューン☆みたいな。
それだったらたとえ殺されても会いに行くんだけどな。
ねえ、ホテルでちょっと会いたいんだけどとか言われたらもうイチコロ。

567 :世界@名無史さん:2010/07/16(金) 11:46:19 0
なぜ台湾が川島芳子生存説否定に必死なのか?↓

馬英九も情報系統と深いつながりがある。馬英九の父母は杜月笙の
第5夫人に付随してホンコンから台北に移り住み、彼らは台北の和
平西路にあった日本人の花柳病院病棟を接収して住んでいたと言わ
れる。馬英九の父親・馬鶴陵は政治工作部の中佐だったが、母親・
秦厚修は国防部総政治部の少佐、彼女の父親・秦承志は有名な戴笠
の部下だった。世間では馬英九がハーバード留学時代に台湾人留学
生の監視をしていた特務だと言う。父母が古くから国民党特務の系
列だったことを見れば「職業学生・特務」は本当と思われる。

ああそうですか、総統閣下の御家族とご本人が関係者でしたか。

568 :世界@名無史さん:2010/07/16(金) 13:15:33 0
馬英九が金溥聰を国民党秘書長に任命したことが話題となっている。
この男は愛新覚羅金溥聰といって満州皇族の後裔だ。
金溥聰は満州皇帝の親戚、愛新覚羅の一族である。
満州皇族は名前の第二字で親族関係がわかる、
溥儀、溥儒など人偏の付く者は直系で、
溥聰は耳偏だから傍系だとわかる。
国民党員は金溥聰を「金小刀」と呼び、
忍者、謀略工作に富む、背後から人を刺す男としている。
つまり馬英九の「懐刀」、正確に言えば懐刀よりも影武者である。
隠れた任務を帯びて行動する男である。
またこの男は馬英九との同性愛関係やエイズ感染も噂されている。

ああそうですか、国民党の秘書長さんも関係者でしたか。
そりゃゴルゴ13を大陸に送って口封じもしたくなりますね。

569 :世界@名無史さん:2010/07/17(土) 22:00:03 0


以上で「野○晃市 今日も満州の夜空におおいに吠える」を終わります。

570 :世界@名無史さん:2010/07/21(水) 18:39:15 0
定期的に沸いてきて同性愛ネタ書いていくアホは失せろ。

571 :世界@名無史さん:2010/07/22(木) 22:56:45 0
さっきNHKのみんなで日本GOで言ったけど、
僕っ娘は明治初期の女学生にもすでにいたらしい。
男子学生と対等になりたいという女子学生の理想の表れだったようだ。
芳子も男性と対等になりたくて僕を使ったのかな。

572 :世界@名無史さん:2010/07/23(金) 18:40:48 0
中国の田舎娘だと、自分のことを「俺(アン)」という奴もいるからな。
「それはおかしいだろ」ってのは今の日本の基準からしてであって、
外国やら(芳子は大陸の人間)昔の人間なら、今の常識からして
おかしな呼称を使ってたってことは十分ありうるさ。

573 :世界@名無史さん:2010/07/30(金) 22:14:17 0

ちょっと古いが愛新覚羅顕gさんのインタビュー記事があった。

愛新覚羅顕gさんに聞く (東京新聞)

http://www.asyura2.com/0601/senkyo25/msg/548.html

202 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)