2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

世界見渡しても武士ほど凄い連中はいなかった!

1 :武士:2010/02/06(土) 15:43:52 0
戦をしてはモンゴル帝国、大明国、帝政ロシアを打ち破り、政治では常に民・百姓の暮らしの成り立ちを考え。
その精神の美しさは明治維新を引き起こし、世界でも「サムライ」と言われ現在でも光を放っている

こんな素晴らしい出身・階級は世界でも稀有だっただろう。

2 :世界@名無史さん:2010/02/06(土) 15:45:22 0
世界の支配・貴族階級は、己の欲望のみにふけり浅ましき歴史を残したため
なんら顧みられなくなってしまったのとは大違い

3 :世界@名無史さん:2010/02/06(土) 15:49:23 0
鉄砲という圧倒的な武器をもっていながら、相手側を見下したために、補給路を確保できず
朝鮮から敗退しなければならなかった武士。

4 :世界@名無史さん:2010/02/06(土) 15:55:18 0
アメリカ大陸縦断すら成し遂げた、ドロンズの石本武士

5 :世界@名無史さん:2010/02/06(土) 15:55:39 0
頭にガンを乗せている東洋の珍奇な人種のことだね?

6 :世界@名無史さん:2010/02/06(土) 16:40:21 0
>>3
主催者の秀吉が死んだから撤退しただけですが何か?

>>5
珍妙ではございません、あれは兜をかぶると蒸れるために編み出された極めて合理的で実践的な髪型です


7 :世界@名無史さん:2010/02/06(土) 16:43:53 0
世界史を学ぶと唖然とする、そのおぞましき歴史の数々には
未だに外国人の民度が低く、犯罪率が高いのはうなずけるだろう

8 :世界@名無史さん:2010/02/06(土) 16:54:45 0
ゆとりの世界史厨がよく言う古代ローマ(笑)やアレキサンダー(笑)なんて武士と比較すると笑えるよな
桃太郎なんかのおとぎ話の世界を史実と思ってんだからw

9 :世界@名無史さん:2010/02/06(土) 16:57:48 0
世界史板なので、戦士階級国の成り立ちなら、プロイセンを軸にドイツのあゆみを
知ると結構面白いとおもうよ。
折れはこの流れで理解してるつもり。

  ↓

†††十字軍の歴史††† ttp://academy6.2ch.net/test/read.cgi/whis/1117464840/l50

バルト三国とドイツ・リヴォニア騎士団を語るスレ ttp://academy6.2ch.net/test/read.cgi/whis/1210502593/l50

【威風堂々】ポーランド=リトアニア同君連合王国! ttp://academy6.2ch.net/test/read.cgi/whis/1209095991/l50

【Deutsch】バルト・ドイツ人の歴史【Balten】 ttp://academy6.2ch.net/test/read.cgi/whis/1218895911/l50

【Preuszlig;en】プロイセンの歴史【Prussia】 ttp://academy6.2ch.net/test/read.cgi/whis/1170677889/l50

【鉄血】オットーフォン・ビルマルク【宰相】 ttp://academy6.2ch.net/test/read.cgi/whis/1233754855/l50

ヴァイマル共和政時代のドイツ国 ttp://academy6.2ch.net/test/read.cgi/whis/1215057059/l50

【卍】ドイツ第三帝国総合スレ【ナチス】 ttp://academy6.2ch.net/test/read.cgi/whis/1240071183/l50

中国清朝も八旗制度を基盤とした戦士階級国だけど、いわゆる奉仕精神の
“武士道”“騎士道”的ロマンへ発達するには何かが欠けると思う。




10 :世界@名無史さん:2010/02/06(土) 21:28:03 0
鎌倉武士>モンゴル軍>>>>>>欧州、中国

11 :世界@名無史さん:2010/02/06(土) 21:31:51 0
然り!

12 :世界@名無史さん:2010/02/06(土) 21:32:29 0
>>10
元寇はたまたま法則発動しただけだろ?

13 :世界@名無史さん:2010/02/06(土) 21:37:36 0
たまたま陸上して、たまたまぼこられて、たまたま撤退して、たまたまぜんめつしたのか

14 :世界@名無史さん:2010/02/06(土) 22:53:58 0
秀吉が生きてたらもっと、ごり押しで連戦し明をねじ伏せることは可能だったね
豊臣の富はうなるほどあったから
その後すぐに大戦の関が原、さらには大阪冬の陣・夏の陣までやってんだから  

15 :世界@名無史さん:2010/02/06(土) 22:57:26 0
>>408
ほら、やっぱ補給に失敗してるじゃんw
補給がきれて戦線を後退させるなんて補給の失敗以外の何物でもない。
半島程度の距離で補給切れ起こすんじゃ、秀吉の能力が大したこと無い証拠だろ。

16 :世界@名無史さん:2010/02/06(土) 23:00:53 0
2度戦って朝鮮すら占領できなかったのにか。
ここは>>14のような厨房的妄想を披露しあうスレですか。そうですか。

17 :世界@名無史さん:2010/02/06(土) 23:20:59 0
>>16
朝鮮すら、って歴代の中国王朝が諦めた最強軍団だぞ?

18 :世界@名無史さん:2010/02/06(土) 23:33:42 0
当時の朝鮮が最強みたいになったのは、日本から朝鮮に寝返ったサヤカって人とその一族が
鉄砲に関する技術を持っていて、それを朝鮮に広げたのが大きい。

それで、ロシアとの戦闘でも明から頼まれて兵隊を派遣して勝っているわけだ。

いずれにせよ、外国への寝返り者を出す武士ってのは「凄い連中」なのかあ?

19 :世界@名無史さん:2010/02/06(土) 23:40:33 0
それを寝返りととるのはどうかな
日系人を寝返りととるのか

20 :世界@名無史さん:2010/02/06(土) 23:42:15 0
はあ? お前はどう取るんだよw

21 :世界@名無史さん:2010/02/06(土) 23:44:47 0
>>18
そんな中、小早川秀秋さんは一人静かに狂って行ったのであった....

22 :世界@名無史さん:2010/02/06(土) 23:45:05 0
つーか、明じゃなく清ね。

23 :世界@名無史さん:2010/02/06(土) 23:52:46 0
>>17
おいおい、秀吉が侵攻した当時の李氏朝鮮は常備軍は僅か8000人。動員をかけて
かき集めれば14万人体制だが、鉄砲も知らない百姓ばかりですぐには戦力にならない。
そんな文弱の国を2度攻めて2度失敗したなんて話、自慢げに人に語るなよな。

24 :世界@名無史さん:2010/02/06(土) 23:58:08 0
国内対抗勢力の口減らしの戦いに、勝ったの負けたのと何いってんだ。

25 :世界@名無史さん:2010/02/07(日) 00:02:44 0
士族リストラの戦いで明はあっさり滅んじゃったけどな
どんだけ強すぎるんだよ武士はwww

26 :世界@名無史さん:2010/02/07(日) 00:05:32 0
>>24
徳川を最前線に出せば今頃大阪が日本の首都だった、ということですね。

27 :世界@名無史さん:2010/02/07(日) 00:08:28 0
一番強いのは百姓だったって七人の侍で言ってた。

28 :世界@名無史さん:2010/02/07(日) 00:11:42 0
>>24 
勝てなかったら目的は人減らしのためとか
どんだけヘタレな言い訳だ

29 :世界@名無史さん:2010/02/07(日) 00:16:40 0
明ちゃんと滅ぼしてるし、日清戦争でも軽くぼこったじゃん

30 :世界@名無史さん:2010/02/07(日) 00:24:34 0
>>28
今宵暇なのはお互い様でも、盛り上げてみたいなら歴史好き
のセンスをチラつかせて書け。

31 :世界@名無史さん:2010/02/07(日) 00:56:46 0
清>明>>朝鮮>>豊臣

32 :世界@名無史さん:2010/02/07(日) 01:07:23 0
>>5
アレは海苔巻きです。フランスパンを乗せたダリの先を行ってました。

33 :世界@名無史さん:2010/02/07(日) 03:04:03 0
>>28
ほら、あれだ。
さきの大戦も民主主義を実現するために必要なプロセスだったんだよw
最初から勝敗なんかド返しした戦争に突入したのもこれが理由さ。

34 :世界@名無史さん:2010/02/07(日) 03:56:34 0
まぁでも実際明との戦争は与える土地なくなった失業対策の側面もあるけどな

35 :世界@名無史さん:2010/02/07(日) 11:34:30 0

大航海時代以降の白人のほうがすごいと思うが。


あいつら、仲間が海に出て沈没したり難破したりしてるのに、
どんどん送り出してくるんだぜ。
あげくに、新大陸で大虐殺、アフリカで奴隷狩り、もう半端ねーよ。

36 :世界@名無史さん:2010/02/07(日) 13:02:09 0
大航海時代の西欧人は生還率が2割を切っていても続々と海外進出するからな。
サムライなんか頭からボリボリ食べてしまうくらい連中はハングリーだ。

37 :世界@名無史さん:2010/02/07(日) 17:13:43 0
しかし武士はなぜ強くなったのか

38 :世界@名無史さん:2010/02/07(日) 19:18:43 0
>>37
『葉隠』『武士道』を嫁。 
こういうのが出て大成されると、それまで単なる職業で別にそうでも無いものが、立派で(強く)あるように
感じるようになるのでは無いかと。 
こういうのは得てして人々にウケる。“プロフェッショナル仕事の流儀”みたいに。
ちなみに、折れは読んだ事ない(笑

39 :世界@名無史さん:2010/02/07(日) 19:21:35 0
『葉隠』『武士道』ってあくまでも太平の江戸期の教養物だぜ

40 :世界@名無史さん:2010/02/07(日) 19:36:11 0
太平の世に、昔を懐古して書かれるものの例、あるいは後世がでっちあげる例として
書いたまでだ。
書物とはそういう役割が大きいって事。

41 :世界@名無史さん:2010/02/07(日) 19:50:00 0
平家物語のセンチメンタリズムが変な方向性を固定化してしまったのさ。

42 :世界@名無史さん:2010/02/07(日) 21:44:43 0
弘安の役の元艦隊 兵員約14万人
レパントの海戦のオスマン艦隊 兵員約8万8000人
アルマダの海戦のスペイン無敵艦隊 兵員約3万人

弘安の役の勝利は世界の海戦史に燦然と輝く偉業

43 :世界@名無史さん:2010/02/07(日) 22:45:46 0
http://books.google.com/books?id=

44 :世界@名無史さん:2010/02/07(日) 22:52:48 0
http://books.google.com/books?id=

45 :世界@名無史さん:2010/02/07(日) 22:53:38 0
http://books.google.com/books?id=hRIF69OcTGcC&pg=

46 :世界@名無史さん:2010/02/07(日) 23:48:35 0
武士なんてそのDQNぶりは騎士と大差ない気がするが
武士の格言に『武士たるもの七度主君を変えねば武士とは言えぬ』とあれば
騎士には『臣下の臣下は臣下でない』なる言葉がある。

戦争で落とした街を略奪して殺戮するのも全く一緒。

封建制が似たような発達を遂げた所為かもしれんが。

十字軍や大航海はDQNを物理的に厄介払いしようとした側面もあったんだよ。
生きて富を掴んで戻ってきてもよし、死んでくれてもよしだった。
日本も其れをやろうとしたら徳川の世になって鎖国になっちゃった。
何しろ、鎖国前の東インド会社の傭兵としての最大のお得意様は日本だったんだから。

47 :世界@名無史さん:2010/02/08(月) 17:04:36 0
『武士たるもの七度主君を変えねば武士とは言えぬ』これは戦国の武士の誇り高さを表しむしろ好意的に取れるぜよ

48 :世界@名無史さん:2010/02/10(水) 01:46:22 O
ニンジャに比べたら武士(笑)とか雑魚じゃん
サムライが徒手空拳全裸で敵の首を刎ねたりできねーだろ

49 :世界@名無史さん:2010/02/11(木) 16:02:03 0
忍者で武士もいるだろ

50 :世界@名無史さん:2010/02/11(木) 16:27:59 0
武士も時代によって異なる。
>>1
モンゴルはインドネシアも撃退してたろ。要は、渡海戦ではモンゴルは勝てなかった。
帝政ロシアを破ったのは武士ではない。
あれは、国民国家・近代国家が旧式の帝国を破ったお話。

51 :世界@名無史さん:2010/02/11(木) 17:01:58 0
>>50
モンゴルは渡海戦で三別抄に勝ってるし、克Rの戦いでは南宋の大艦隊も全滅させてる。
弘安の役で武士が3500隻、10万人の江南艦隊全滅させたんだから、それ以後モンゴルの海軍力が
弱体化するのは当たり前。
もともと渡海戦で勝てなかったのではなく、元寇で日本に負けたせいで勝てなくなったんだよ。

52 :世界@名無史さん:2010/02/16(火) 11:48:10 0
アジア独立と発展は全て日本のおかげだもんな


53 :世界@名無史さん:2010/02/18(木) 16:36:37 0
これ騎士厨を叩くスレでしょ
ぼくにはわかるんだよねふふふ

54 :世界@名無史さん:2010/02/18(木) 17:43:45 0
馬鹿じゃねーの アジアは独立したから、発展しないんだよ

アジアが貧しいのは、独立したから

ベトナム戦争、ポルポト、ミャンマー・ラオス軍事政権・・・

きっちり支配してれば 豊かになっていた


55 :世界@名無史さん:2010/02/18(木) 19:21:42 0
刀とレイピアってどっちが強いの?

もちろん、刀だよね。このスレ的に。

56 :世界@名無史さん:2010/02/19(金) 00:57:54 0
このスレじゃなくても刀は世界最強の切れ味を誇る剣
倭寇の刀に明は散々悩まされ正式装備にしたくらい
レイピアなんてのは相手をしとめられないし

57 :世界@名無史さん:2010/02/20(土) 13:12:33 0
突く槍と切る薙刀では、先制攻撃の出来る槍が優れてるってのが宮本武蔵の見解だな

58 :世界@名無史さん:2010/02/21(日) 18:27:42 0
重さ勢いで威力をつける槍と違い、レイピアじゃ即死や致命傷に追い込めないだろう

59 :世界@名無史さん:2010/02/21(日) 18:41:15 0
ここは世界史板だろ?
レイピアで死んだ兵士に聞いて見ろよ。
基本的にレイピアは「切る」のではなくて「突く」ことを主眼にした武器。
鈍器であっても、一気に突けば人は死ぬ。ましてレイピアだ。
切るより突く方が、戦場では多量に殺すのに向いているらしいしね。

日本刀とレイピアの優劣を言っている訳ではないが、このスレは日本マンセーらしいから危険なネタか?w


60 :世界@名無史さん:2010/02/21(日) 19:05:38 0
ならレイピアはなんで主要な装備にならなかったんだろうな?w
日本刀は1000年以上形は変わっていないのにw

明治でも西洋剣はサーベルが主要でレイピアではない

西洋の合戦のほとんど戦闘中に相手を気絶させるのが主で
剣といえば重い大剣でレイピアじゃないw

61 :世界@名無史さん:2010/02/21(日) 19:37:18 O
>>60
日本でも戦場で主流だったのは日本刀じゃなくて槍だな

62 :世界@名無史さん:2010/02/21(日) 19:40:39 0
剣を論じてるのに槍を持ち出されてもなぁ
そんなこと言ったら弓が主流だし

63 :世界@名無史さん:2010/02/22(月) 06:53:44 O
>>61
日本刀もセイバーも馬上刀であって、歩兵装備としては槍に劣るのは当然

64 :世界@名無史さん:2010/02/22(月) 08:28:50 0
レピアって先に血を流した方が負けという決闘向けに最適化された武器だと思ってたが
実戦にも使われたのか

65 :世界@名無史さん:2010/02/22(月) 22:53:57 0
明征服といいながら半島半分しか戦線維持できなかった侍たち

66 :世界@名無史さん:2010/02/23(火) 01:19:52 0
槍の優位性は長さにある
同じ長さなら突けて斬れる剣が有利であろう

67 :世界@名無史さん:2010/02/25(木) 00:33:02 0
>>65
本来の秀吉はまず倒す相手の反勢力を見方につけて内紛や派閥闘争を起こさせ
あるいは巧みに利用して、最小の兵力で勝利を得るのが戦の常套手段だったのだが
朝鮮の役ではそれらを利用した形跡が見られないのがミステリー。
もし朝鮮の朝廷内に秀吉に懐柔された者が居たら、こんな苦戦はしなくて済んだだろう。
文字通り、明への案内役として半島素通りして北京に攻め込めた筈。
勿論、明の朝廷内にも事前に秀吉に内通する者を作っておき、加藤清正は紫禁城を無血開城の下で
落とせた筈。

68 :世界@名無史さん:2010/02/28(日) 16:45:48 0
通常レイピアは戦場では使わない
銃が普及し始めた当初、重装甲冑が廃れても
依然として胸甲は装着してる場合が多いし、レイピアでは胸甲は貫けない
胸甲が廃れた18世紀では、短槍術とも言うべき銃剣術が普及し
細身で軟なレイピアでは銃剣の刺突は防げず不利
戦場では防御にも使える幅広のサーベルが使用された

69 :世界@名無史さん:2010/03/01(月) 09:07:25 0
tumari日本刀が最高でした

70 :世界@名無史さん:2010/03/03(水) 01:53:11 P
騎士からノブリオブリジを差っぴいたら、大体、武士だな。

71 :世界@名無史さん:2010/03/06(土) 12:00:27 0
どっかの外人が日本刀より精養軒が強いとか言う動画やってたな

72 :世界@名無史さん:2010/03/13(土) 02:59:18 0
外人は馬鹿だな

73 :世界@名無史さん:2010/03/13(土) 03:23:35 P
この板も好きに使ってくれ
ttp://jbbs.livedoor.jp/internet/8001/

74 :世界@名無史さん:2010/05/22(土) 22:34:42 0
>>71
ドイツの鍛冶が自分で作った日本刀モドキでテストした結果です。

75 :世界@名無史さん:2010/05/22(土) 22:59:11 0
>>70
あと信仰と貴婦人への献身も引いといて

76 :世界@名無史さん:2010/05/26(水) 23:16:17 0
>>70
忠臣蔵みたいに主君のために死ぬのが武士の高貴な義務だろ(俺は忠臣蔵嫌いだけど)。
私費で武具を揃えて鍛錬に励み、有事の際は鎌倉へ

>>75
イミフ

77 :世界@名無史さん:2010/05/29(土) 01:48:19 0
結局強かったのは武士階級じゃなくて徴募された百姓町人だったんだけどね。
島原の乱では1万4千の武装百姓を12万6千掛かりで4ヶ月落とせなかった。
下関戦争で戦死31人のほとんどが百姓町人。武士は戦死2人、処刑1人、自殺1人。

78 :世界@名無史さん:2010/05/29(土) 22:18:13 0
原城がなかなか落とせなかったのは
徹底した火力防御と、土塁や石垣を使った陣地構築の巧みさゆえだろ。

79 :世界@名無史さん:2010/06/04(金) 21:46:43 0
島原の乱のキリシタン衆は江戸時代は百姓身分でも
かつてはキリシタン大名配下の武士でした。

80 :世界@名無史さん:2010/06/04(金) 21:51:12 0
島原の乱のキリシタン衆は江戸時代は百姓身分でも
かつてはキリシタン大名配下の武士でした。

81 :世界@名無史さん:2010/06/06(日) 20:26:55 0
造船技術で朝鮮に劣ってたこと
現地住民の支持を得る事を考えなかった事
等が痛かったね
この二つが改善されていて、秀吉がもっと長生きしていればアレキサンダーやチンギス・ハーンみたいになれてたかも

82 :世界@名無史さん:2010/06/06(日) 22:41:13 O
>>81
わかりやすくお願いします

83 :世界@名無史さん:2010/06/08(火) 05:17:15 0
>>67
外国だからなかなか渡りを付けにくかったのかね。
それとも、天下取りになった事で正常な判断力を失ったか。

84 :世界@名無史さん:2010/06/10(木) 00:47:09 0
>>81
秀吉の寿命があと400年くらい長ければ可能だったかもしれないね

85 :世界@名無史さん:2010/06/15(火) 20:28:56 0
日本の船が沿岸用の域を脱していなかったのは事実だが
朝鮮の船も同等かそれ以下だぞ
当の朝鮮人は亀甲船神話作って喜んでるけど、
あれ渡洋能力0の手コキ船で、もちろん鉄甲船でもない。

86 :世界@名無史さん:2010/06/17(木) 07:07:22 0
どんぐりの背比べ

87 :世界@名無史さん:2010/06/30(水) 21:35:18 0
>>60
>西洋の合戦のほとんど戦闘中に相手を気絶させるのが主で

ソース

18 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)